5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【発明代価】「せいぜい1千万でよい」経済同友会幹事が判決を批判2

1 :仕事コネ━(゜A゜;)━!声優φ ★:04/02/06 22:49 ID:???
青色発光ダイオード(LED)を開発した研究者に対し、企業が200億円の対価を払うべきだという
東京地裁の一審判決に対し、北城恪太郎・経済同友会代表幹事は3日の記者会見で「研究者は給与が保障
されており、対価はボーナス程度でいい。せいぜい1千万円程度だろう。過大な企業の負担は開発拠点と
しての日本の魅力を失わせる」と批判した。
また、日本経団連が企業献金のための政党評価を公表したことに対し、「評価した政策項目は適切だ。
同友会では企業献金の賛否は拮抗(きっこう)しているが、個人としては、個人献金、政党助成金、
政党の事業費でまかなうのが国民の理解を得られるのではないかと思う」と述べた。

http://www.asahi.com/business/update/0203/115.html

前スレ
【燃料】青色LED判決「給与が保障されてるんだからせいぜい1千万円でいい」北城氏が東京地裁判決を批判
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1075821557/

952 :925:04/02/15 01:09 ID:2//V2F0A
>>950
「成功した分の報酬をすべて受け取る権利」
別におかしくはないぞ。
揚げ足取りは止めてくれ。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:09 ID:0DPIvAov
>>951
>>935にある
>所詮「サラリーマンにとって」のリスクだね。別に借金が出来るわけではない。
じゃ、サラリーマンに対比される借金ができるリスクは誰のこと?

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:11 ID:oOHPOSWb
>>940
修士ってのが、現役って事じゃないの?他はともかく

>だから、貢献度が特許独占の利益の50%だから
>50%分を「すべて」貰う権利があるって主張してるんじゃないの?
>リスクという要因を考えたら、貢献度がそのまま報酬にはならないことは理解できるはず。

職務として特許を書くため特許法とか研修受けたら、貢献度50%が大きすぎるって意見は
でても、貢献度がそのまま報酬にはならないなんてスットコドッコイな事言わんだろ。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:13 ID:0DPIvAov
「成功した分の報酬をすべて受け取る権利はないんだ」

はい。↑これの意味を、自分以外の考え方も持った
いろいろな立場の日本人として、客観的によく考えて見ましょうね。

ちなみに、発明に対する「貢献度」によって決めるべきだ
というのは、裁判所の今までの判例ですから。
日亜側の主張も、それを前提とした「貢献度」の比率の議論ですから。
この裁判官個人が、DQNなのじゃありません。

そうじゃないということでしたら、日亜にそう主張するように、
助言してはいかがでしょうかね?

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:14 ID:JbaUDsov
北城恪太郎という人は、日本に優秀な技術者はいらないといってるの?
そんなことで世界と戦えるの?

957 :925:04/02/15 01:15 ID:2//V2F0A
>>953
起業家。

自分で経営全般はもちろん、経理も総務も人事もこなしながら研究を続けた場合の話。
それをやれば、研究成果は主に自分のものだということが許されると思う。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:15 ID:eLyzU9k5
>「成功した分の報酬をすべて受け取る権利」
>別におかしくはないぞ。
>揚げ足取りは止めてくれ。

面白い日本語だね。
受け取る権利がなければ、その金は「報酬」じゃないよ。始めから。


959 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:16 ID:uHyEQpRP
まあ、なんせほら外資だし。
発言させられてる面もあるのかも知らん。

960 :925:04/02/15 01:17 ID:2//V2F0A
>>958
「報酬」の言葉の使い方はそうだな。
でも「すべて」についてはおかしくない。「部分中のすべて」という使い方はする。
揚げ足取りはいい加減止めて。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:19 ID:uHyEQpRP
企業自体の利益と、特許による利益の区別もついとらんし。
もう見ちゃおれんよ。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:20 ID:eLyzU9k5
>>960
まだわかってないのかあ
「報酬はすべて受け取る権利がある」んだよw

利益全体の一部が報酬で、
その報酬は「すべて受け取る権利がある」んだよw
高校レベルの集合論の話しだぞw


963 :925:04/02/15 01:21 ID:2//V2F0A
>>954
>職務として特許を書くため特許法とか研修受けたら、貢献度50%が大きすぎるって意見は
>でても、貢献度がそのまま報酬にはならないなんてスットコドッコイな事言わんだろ。

スットコドッコイかどうかを議論抜きで決めるのは独断的過ぎやしないか?
普通は、特許書いたりする場合、
あらかじめ「これこれの規定での報酬とする」という取り決めにサインしたりするはず。
売れたからってその分を要求する事は規定にない限りできないし、
売れなくて足が出ても、その分を支払わされる事はない。

どこがスットコドッコイだ?


964 :925:04/02/15 01:22 ID:2//V2F0A
>>962
だから「報酬」の使い方がおかしいと言うのはわかったよ。そう書いただろ。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:22 ID:0DPIvAov
>>957
有限会社で起業しただけじゃ、起業家も有限責任ですけどね。
まあ、日本の銀行から借金しようとすれば、
起業者個人を連帯保証人にしようとはしますが。

ちなみに、君の好きそうな起業家がたくさんいるアメリカでは、
債務の個人保証がなくても、“試し”に金を出してくれる
ベンチャーキャピタルがあるわけですよ。
起業家は、ベンチャーキャピタルに出資してもらうことで、
莫大な借金を負うリスクをとらずに起業できるわけですよ。

その代わり、儲けのかなりはベンチャーキャピタルに
吸い上げられるけど、社蓄に比べたら雲泥の差があるわけ。
おまけに、ベンチャーキャピタルは、起業家が安心して(笑)
発明の実用化に専念できるよう、総務や人事をやってくれるかもしれない。

966 :ビジネスゴンφ ★:04/02/15 01:23 ID:???
んで、次いる?

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:25 ID:9ujejAN9
>>966
関連スレが2つもあるから要らない。

【LED】日亜化学、経常益1000億円に
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1076712765/

【発明代価】青色LED訴訟200億円支払い、2審判決まで“お預け”【日亜】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1076329863/

968 :ビジネスゴンφ ★:04/02/15 01:26 ID:???
>>967
了解。ではおやすみなさい。

969 :925:04/02/15 01:31 ID:2//V2F0A
>>965
この場合の比較対照は、「社畜」の報酬ではなく、200億であるべきだと思うが。
事の発端が「多すぎる」という事なんだから。

アメリカで起業環境が整備されているのはわかった。
でも日本の法律で日本の企業の話を裁くのに、アメリカの起業環境の良さは関係ないと思うが。
それだけ企業環境が良くても、100億単位の発明報酬が支払われた事例なんかあるのか?

970 :932:04/02/15 01:33 ID:zcbrBrrr
つまり、中村氏の当時の立場では最大のリスクを犯したと言える訳で、
それをローリスクと言われても説得力が無い。
一方、企業は最大のリスクを背負ったと言えるのだろうか?
数億の出費があったにせよ、予定してた出費では?
ハイリスクだったは言えないと思う。


971 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:34 ID:eLyzU9k5
裁判で報酬額が決定したんだから
その報酬を受け取ればいいだけの話じゃん。
たとえサインした契約書があったとしても、
その契約書が当人の権利を著しく侵害する
可能性や契約書の有効性も裁判所では審議することもある。

裁判には契約内容を無効と判断する権限もあるんだからさ。


972 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:38 ID:hWOrDLmd
>>970
最大のリスクは自ら起業した場合でしょう。
所詮雇われの身ではね。
研究に失敗しようが自分の資産が減る訳でもなし。
破産するわけでもなし。
会社は失敗し続ければ倒産するしそんな会社山ほど
有るでしょ。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:38 ID:9ujejAN9
負ったリスクが自分にとってでかすぎだからなんて主観的な話で
貢献度が左右されませんよ。特許利益額に対する人と金の注ぎ込み額が
貢献度決定の全てです。
って判断が今回されたわけだが、これは判例によるものなのか?
地裁の独断?

974 : :04/02/15 01:39 ID:hWOrDLmd
>>973
独断だろうね。
まぁ多分ひっくり返るでしょ。

975 :925:04/02/15 01:41 ID:2//V2F0A
>>971
そういう立場も理解はするが、それでは三審が出るまで掲示板で議論する意味はない気がする。

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:42 ID:9ujejAN9
>>974
じゃあ、日立の20%が発明者ってのも地裁高裁の独断かね?

977 :925:04/02/15 01:42 ID:2//V2F0A
>>974
ひっくり返る、っていうか、減額はありえるでしょうな。


978 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:45 ID:YvOdO6Co
多分925君は、
業務命令で同実力の二人が別件の研究をし、共に成功しても
金になる方担当の奴だけが一獲千金するのは不公平で我慢出来ん、
て立場で間違い無いよね?

979 :925:04/02/15 01:46 ID:2//V2F0A
>>976
米ニューヨークの弁護士の一人は、
「日立製作所の1億6000万円だって法外だ。米国ではあり得ない」
と言ったとの事。。。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:47 ID:hWOrDLmd
>>976
日立のは詳しくないからわからないなぁ。
もう決まったの?
決まってないなら独断の可能性も有るんじゃない?
高裁は地裁に比べればおかしい判決を出すことは少ないけどね。

981 :925:04/02/15 01:49 ID:2//V2F0A
>>978
逆。
俺は、
「金にするためには色んな人間が絡むわけだから、研究者が半分ってのはおかしい」
とざっくり言ってしまえばこういうことだから、
その場合、金になる方担当の奴だけが一攫千金するべきだと思う。

なんで>>978の様に考えたの?

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:51 ID:hWOrDLmd
>>979
米国では特許報酬が11万くらいらしいね。
まぁそんな物だわな。
技術者には金に目がくらむより落ち着いて研究を
してもらったほうが有益だからね。
技術者たちにとっても。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 01:52 ID:VuTpz2Bv
>>935
>分野の違う人間の数比べて一体何の意味がある。
>世界の社長の数より、俺のやってる武術の人間のほうが少ないから俺は偉いのか?

「偉さ」の度合いをお金で測れるという前提でいえば、その金額は、
  ・その分野がどのくらい社会に貢献しているか。
  ・その分野でどのくらい希少な価値をもった人か。
の2つによって決まってくると思うがな。
中村氏は両方とも非常に高かったから、計算してみたら600億円になっちゃった。
チミのやってる武術は、社会になんの貢献もしないから、1円にもならない。
プロ野球のトップ選手は両方高いから、やっぱり何億ももらう。
世の社長さん達は、貢献度は高くても、代わりは沢山いるから、中村氏程には稼
げない。
ってことだと思うけど。
あ、「『偉さ』と『お金を稼げる』は違うだろ!」というのであれば、それは確かに
そうだといっておくよw


984 :Σ ◆projectlUY :04/02/15 01:54 ID:34UR7wG0
>>978
そして、残りの数十万人の弁護士は安すぎると言ったってオチか

985 :925:04/02/15 01:59 ID:2//V2F0A
>>983
「計算してみたら」って言うけど、別に算定式なんか乗ってなかったよな。
「・その分野でどのくらい希少な価値をもった人か」
これはどうだろうな。人に出すのではないと思う。
成果に出すんだろ。その成果は、リスクを負った人なども共同して出したものだ。

>>984
そんなオチはない。
「高すぎる」は日本のマスコミ関係で報道された事なので、
もしトンデモならそのことが報道されると思うが。

986 :925:04/02/15 02:01 ID:2//V2F0A
>>982
最後の三行激しく同意です。
中村氏も日亜にいたときはそう思ってたと思うんだよな。。。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:11 ID:9ujejAN9
>>979
そりゃ、アメリカの特許法には職務発明という物がないからでしょ。
日本では、労使契約だけでは雇用者側の力が大きすぎるから
職務発明の対価が盛り込まれてるわけだ。
ベンチャーキャピタルが発達していて、技術者が起業しやすいことが
当たり前の世界とは違うんだ。というところじゃないの?
アメリカ行ったこと無いけどね。

莫大な開発設備投資が必要な現代の技術発明にも関わらず
起業すれば良いのに、いや普通そうするってサラッと言えるんだろね。

988 :925:04/02/15 02:17 ID:2//V2F0A
>>987
>莫大な開発設備投資が必要な現代の技術発明にも関わらず
>起業すれば良いのに、いや普通そうするってサラッと言えるんだろね。

莫大な開発設備投資をやった企業が、
安定給料貰ってやった一個人に
その成果の半分を持っていかれるというのがおかしい、
ということです。


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:22 ID:uHyEQpRP
また前提を歪めようとしてるな。
何が莫大な開発設備投資だよ。w

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:24 ID:9ujejAN9
>>988
だから、見合う利益に対する投資額で貢献度が決まる
台所事情は考慮されないって。
日立並の企業貢献度に落ち着いたところで金額は200億を超えるがね。


991 :925:04/02/15 02:24 ID:2//V2F0A
>>989
俺が書いた事じゃないんだが。。。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:25 ID:eLyzU9k5
>おかしい、
>ということです。

「おかしい」と感想を持つのは自由。
でも感想は他人を説得する材料にはならない。
感想を正当化するために理屈を組み立てるのは他人から見ると面白い。


993 :925:04/02/15 02:25 ID:2//V2F0A
>>990
台所事情が考慮されないのは当たり前。
リスクが貢献とされてないのがおかしいのではないか、ということ。
資本主義社会では当然の事だと思うが。

994 :978:04/02/15 02:26 ID:YvOdO6Co
その一方が、当然金になった中村氏の発明なわけだが
あなた的には何パーくらいが妥当だろうってのを持ってるってこと?
ゼロじゃなくて

995 :925:04/02/15 02:26 ID:2//V2F0A
>>992
感想ありきではない。
安定とリスクの二重取り、という理屈から
感想が出ている。

人の主張をゆがめるのは止めてくれ。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:27 ID:SoGuEC/j
1000

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:27 ID:2yoImhDz
おろろ。なんだか凄い話に。今までなあなあだった所だったからここまで問題が
大きくなった訳で。海外だったら契約書をしっかり交わして、ここら辺りはかな
りびっちりやってると思うんだけどな。それしてないから問題となった訳だよね。
更に前例がない200億という凄い対価支払い判決と。
どちらにしても大中小を問わず大問題になるね。一個人の立場からするとこれは
将来に禍根を残すような話だと思う。下手すると会社自体が潰れちまうような
特許もこれから出てくると思うな。そんときにどうなるか。って所。

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 02:28 ID:9ujejAN9
>>993
台所事情のキツサがリスクだろ?
他企業で青色LEDの開発にどれくらいの規模で投資していたかを考えろよ。
元々体力に見合わない開発投資をしていたとしか思えない。

999 :925:04/02/15 02:28 ID:2//V2F0A
>>994
判決文にも具体的な事情は書いていないから数字を書くのは控えたい。
ただでさえ揚げ足とる人が多いんでね。

1000 :925:04/02/15 02:28 ID:2//V2F0A
>>998
違う。絶対額。巨大企業でも出資はリスク。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

337 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)