5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新技術】日立、実用レベルの大きさの次世代太陽電池を作製-2008年めど実用化

1 :仕事コネ━(゜A゜;)━!声優φ ★:04/03/17 18:38 ID:???
日立製作所は大きさが12センチ角と実用レベルの色素増感型と呼ばれる次世代太陽電池の作製に成功した。
京都大学との共同成果。光を電気に効率よく変換する設計で、
製造コストはシリコンを使う現在の太陽電池の5分の一程度になる。軽くて折り曲げられ、
カバンに張り付けて携帯電話の充電などに使える。2008年をめどに製品化し太陽電池事業拡大を目指す。
色素増感型電池は有機色素で光を吸収し発電する。色素で発生した電子を電極に伝える酸化チタン層に
足立基斉京大教授が開発した材料を使用。ナノ(ナノは10億分の一)メートルレベルの制御により
結晶の向きが非常にそろっており、従来より電子が通りやすくなった。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20040317AT2G1600317032004.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:42 ID:on9loIDM
へー



で?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:45 ID:TLplo7U5
つまり携帯が電卓みたくなると

4 : :04/03/17 18:49 ID:sqwsurFH
これいいな
ほしい


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:52 ID:QPveh5p1
これは凄いぜ。マジで凄いことになる。

太陽光パネルに求められている事は最早、コストだけという状況だった。
安ければ普及すること間違い無しなのだが、残念ながら高かった。

それがコスト5分の1。
日本のエネルギー全てを賄うことなど無理ではあるが、原油の輸入量を減らし、
エネルギー自給率を上げることが出来れば、安全保障上も好ましいし、防災上も
好ましい。これに風力や海洋温度差発電が加われば、我が国のエネルギー自給率
も高まっていくに違いない。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:52 ID:dX0/OIdm
スレタイを太陽電池を炸裂と読んでしもた

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:54 ID:q/jPqUnG
これって凄いの?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:55 ID:QPveh5p1
従来の太陽光パネルと比較して良い点は、
1.コストが5分の1 → 安くで手に入る。同じ価格でより広い面積を設置できる。
2.曲げられる → 設置場所の自由度が高い。
3.高効率 → 同じ発電量なら、設置面積が狭くて済む。

これいいいよ。2008年から爆発的に普及するんじゃないかなぁ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:55 ID:PPO+ekau
で、この素材は経年劣化はあるの?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:56 ID:jxE4pyxU
重量はどうなんでしょ、軽いのかなあ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:03 ID:NDGl6qRV
>>9
太陽光パネル導入で二の足を踏む理由がそれ>経年劣化

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:06 ID:GdlI7Jh3
200円ぐらいで買えれば、半年毎に交換できるね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:07 ID:uJzCGGfe
素材の劣化原因は雨とか紫外線?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:10 ID:3ZecnA8m
劣化問題を無難にクリア出来れば
本格的、太陽光発電普及するな
安いし

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:11 ID:Rf0a5wcP
つまり、原発と核融合はいらないということだ。
そこに太陽がある限り。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:14 ID:+tPVAbYO
効率は具体的にどのくらいよ?従来比で

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:15 ID:3ZecnA8m
>16
そこが記事に書いてないな
都合悪いのかな?
安いが発電効率悪い、ってオチかもしれん


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:20 ID:FtGVhAZT
投資したエネルギー以上に発電できるようにはなったんですかね?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:21 ID:Ii7zgjyA
この太陽電池のすごいとこはメッキできるものは太陽電池になっちゃうとこですよ
車の塗装に利用すると簡単にソーラーカーの完成

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:23 ID:L0JKJt0r
>>9
今の太陽光発電も経年劣化無い、半永久的に使えます!ってハイムの営業が言ってたヨ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:24 ID:AcaM/STT
例えば街角に電気の募金箱みたいなのがあって
それに溜まった電気を寄付するみたいな事は可能ですか?

「日本のミンナ!オラに電気をわけてくれ」
みたいな事になったら面白いな〜と。。。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:28 ID:FtGVhAZT
>>20
http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/14-1.html
によると、耐用年数は20年のようですね。
いつのデータでどのような環境下でという条件は分かりませんけど。

他を見ると諸説あって、20年以上、20年〜30年と言うのがあるよう
です。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:32 ID:L0JKJt0r
>>22
鵜呑みにしてる馬鹿兄に見せます。
おせわになりました。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:33 ID:82cOQMSQ
昨日テレビでやってなかったっけ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:39 ID:3ZecnA8m
>今の太陽光発電も経年劣化無い、半永久的に使えます!ってハイムの営業が言ってたヨ

商売人は、都合悪い事は言わないものです


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:48 ID:/spVoa3+
2008年かまだ先ですな

27 :  :04/03/17 19:48 ID:vfrQMt7+
ああ、やってたなTVで。
ま、どうせ小出しにしてくんだろ。

28 :経済:04/03/17 19:56 ID:5JzfJgs/
 >>18

 2〜3年で回収できると聞いたよ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:04 ID:FtGVhAZT
>>28
ありがとうございます。意外と短期間で回収できるんですね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:07 ID:PPO+ekau
屋根の上の太陽パネルの投資額が簡単に回収できるならもっと広まってる罠



31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:21 ID:vlHa55e0
昨日のTVでやってたやつとはちがうものだろ。
昨日のは岐阜大学の、植物から太陽電池をつくれるやつ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:27 ID:FGHIBgvU
有機モノは有機ELにしてもなんでも寿命が短い。
現在の太陽電池のコスト5分の1で寿命も5分の1というオチが付く可能性
も否定できない。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:27 ID:1DFAsMyZ
>>31
折れもそれ書きこもうとしたところなんだよ。奇遇だ。
「レインボーセル」ってか?なかなか良いネーミングを思いついた
  

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:34 ID:/Ou6Qxqx
これと大容量キャパシタが結びつけば、最強だな。
経済合理性のクリティカルなポイントを超える可能性あり。

ひょとすると、(日本発の)世界を変える大発明!?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:44 ID:4LT4xuYa
>32
薄幕ELは有機じゃなくても寿命短くないか?
ノートPC液晶のバックライトとか昔はこれしかなかったし。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:45 ID:DKnehbLR
テレビでやってたのはこれかな?

レインボーセル
http://apchem.gifu-u.ac.jp/~pcl/special/frame1.htm


テレビでは太陽電池は実は二酸化炭素の排出量がすごくて
地球を汚してしまうエネルギーなんだけど、
植物の色素からエネルギーを作り出すこのレインボーセルは
まさに夢のエコエネルギーだって紹介してたよ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:46 ID:JeNoY41R
元記事よく読めよ。応用先は、携帯の充電用だよ。
住宅用とか発電用なんてどこに書いてあるんだ。
効率なんて押して知るべしでしょ。
色素増感は、完全固体じゃない(色素が液体)だから、
使い道が限定される。
少なくとも電力需要が一番高い夏の日の昼、60-70℃になってる
屋根になんかおけない。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:53 ID:/Ou6Qxqx
>>37
なるほろ。勉強になります。

それにしったて、太陽光発電関連技術は「進化の踊り場」に差し掛かってるから、
何かしらのブレークスルーになるかも、と期待。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 21:00 ID:DqiklU4U
たしかに住宅用とかになると、真熱に高温になるしな
高温によって、色素なんてのは劣化しそうだもんね
素人考えだけど

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 22:08 ID:4LT4xuYa
こっちの方が詳しいやん。
効率9.2%と言ったら、アモルファスシリコン半導体なら10年前ぐらいのレベルか?
現行の低価格モジュールよりは少し落ちるぐらいかな。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/040317c.html


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 23:01 ID:SvqjhgJJ
家庭用太陽光発電システムの件で営業マンに聞いた。

「パネルは20年は持つそうですが、インバータなんかは何年ぐらい持ちますか?」
「…10年が目安です」
「太陽光発電入れて黒字になるのも10年って言いませんでした?」
「…そうです」
「10年でインバータとか交換しても黒字ですか?」
「…赤字です」
「で、もう10年でまたインバータと、こんどはパネルも変えたら黒字ですか?」
「…赤字です」
「じゃあいつ黒字になるんですか?」
「新しい型が安く出れば…」
「出てから来てください」

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 23:27 ID:Rf0a5wcP
>>41
以前、住宅展示場で同じことを言われたなぁ。
(同じ突っ込みしました:-)

ま、俺の場合、相手見てこいつは、買えない、ひやかしと思われたんだろう。
買え買えっていう、押しがすくなかったし。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:02 ID:d/Lpp9G1
このまんまで2008年にでるって訳じゃないだろう。
採算性も性能も両立できる目処がついたところで販売だろうし、効率も耐久性も
向上して登場すると思うよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:05 ID:dRqX6M49
fsだds

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:07 ID:+rvvrdg4
太陽電池で元が取れると言っても、税金の補助、電気料金の高値買い上げで保護されてやっとだぜ。
風力発電も同じ。特に風力は日本には不向き。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:13 ID:5xoh192x
まあ、あまり深く考えない軽い新し物好きが、いい気分で流行りに乗って買ってくれて、
結果として開発費用が稼げて、我々が使う段になったら本当に実用的なものになってる
んだから、あんまり貶すのも考え物だ。

有難う! 新し物好きの軽い人たち! でもエネルギー償却出来るようにしっかりメンテ
だけはやってな!

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:27 ID:FuCQbUEu
>>3のような感じで使えるようにするにはどのくらいの面積(発電量)が必要なんですか?
教えてエロイ人

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 02:17 ID:7fao4xz8
自分の形態の電池容量(ラベルに書いてある)を、
使用可能時間で割れば必要な電力はわかるだろ。
後は「色素増感太陽電池」でぐぐって、単位面積あたりの発電量を見つけて、
計算したら出る。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 02:55 ID:Fii4HsxE
まあ太陽電池の良い所は、EPTが2年ぐらいだから、
二酸化炭素の排出量の削減には確実に貢献できる事だ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 03:06 ID:Fii4HsxE
>>36
太陽電池のEPTは2年ぐらいだから、20年使えば18年分の
発電量は純粋に二酸化炭素排出量の削減に役立ったことになる。
レインボーセルなら18年分が19年分とか19.5年分とかに
伸びるという意味なら正しいが、太陽電池を使う事が二酸化炭素
排出量の増加につながるというなら誤りだな。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 04:19 ID:7dzPizTW
これが普及すると、電気料金のデフレが起きる。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 04:29 ID:/cRd0w91
後4年か。
普及するのは更に2年後の2010年頃かな?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 06:44 ID:r1M6wTTo
sharpのホームページを見ると、大体の変換効率は10-17%という所だね。
標準的な3kWのモジュールで150-200万くらい。
ttp://www.sharp.co.jp/sunvista/housing/product/module.html

コスト1/5の計算の意味が分からないけど、同じ9%で1/5とすると約30万。
耐用年数が同じ20年かどうか分からないけど。

ところで周辺機器(インバータとか)のコストってどのくらいなの?
sharpのHPだとシステム価格が150-200万になっててモジュールと切り分けられないんだけど。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 13:30 ID:rmQzj1Bs
パワーコンディショナというのが制御装置じゃないのか?

55 :経済:04/03/18 13:32 ID:FTaJ/xHi
小泉君、もし公共事業やるんなら電柱地中化より

太陽電池で日本を埋め尽くせ。

まずは、中央省庁だけじゃなくて小中学校・県庁・市役所・市民体育館のような
公共機関の屋根に太陽電池強制設置からはじめよう。
学校の体育館なんか効率よく発電できそう。
(東京都みたいに浄水所のタンクの上なんかもイイ。)

次はODA総額の10の1ぐらいは太陽電池で現物支給。
先進国・産油国には高く売りつけよう。
その際は京都議定書をお忘れなく。排出権を獲得しよう。

最後は、二酸化炭素排出量の応じて民間企業に導入を義務付ける。
一般家庭には、国と住民で共同出資という形で自宅の屋根に設置してもらう。
割合は、半々ぐらいで。金もちは全額自己負担。
日当たりが悪い住宅の分は高速道路の側壁に投資分設置する。
こんなんどう?


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 13:46 ID:HI9W7+N9
まあ, 結局太陽電池は有線でひっぱりまわるわけにいかない物品に乗るのが良いのではないだろうか

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 20:11 ID:uGADx6Xb
>>56
最初はそういうところからでしょうね。
省電力の技術革新も進むし、電力の需要を抑えることが出来れば、太陽電池だけで
一般家庭の電力は賄えるようになることも夢じゃないと思う。
実際、某メーカーのシミュレーションで自分の家の電力消費で計算すると、年間では
100%近く賄える計算だった。季節によって足りなくなるのだが、その過不足を
パワーコンディショナーなどでやりくりできればほぼ、電気は買わなくて済むということだ。

そして、太陽電池が普及していれば、防災上もいいよね。電線が切れていても各家庭に
電源が有るんだから、壊れずに残った太陽電池で近所に電気分けたり。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 20:14 ID:fB3x4qFr
太陽電池ってシリコン使わないでも作れるんだ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 20:34 ID:wnml8bAC
ヨウ素溶液をミクロン単位のガラスの隙間に封止する形式なんだね。
いわゆる耐久性っていうのは何が決めているんだろ。
表面のガラスなのか、有感色素なのか、酸化チタンなのか。
ガラス材は特に問題ないように思うので、色素自体の劣化なのかな?
どういう色素を使っているのか記述がないので分からないけど。

ttp://www.hitachi.co.jp/New/cnews/040317c.html

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 20:48 ID:lW1BwEf5
日経BP の NE Online の記事だと、色素の寿命は10年以上なのは確認されていると
書かれてたな。ユーザー登録しないと読めないが。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 21:06 ID:wnml8bAC
>>60
これだね。トータルのシステムとしての寿命はこれからの研究課題なのかな?
あとEPTが8年というのは、Si太陽電池に比べると長すぎるような気がする。
どこにエネルギーがかかってるんだろ?

> 9.3%という光電変換効率は,現在主流のSi太陽電池の光電変換効率15%〜18%に比べると小さい。
>しかし得られる電流量はSi太陽電池に近いという。
>「アモルファスSiを使った太陽電池の市販品とはほぼ同じ効率」(同社の説明員)である。

> 課題はパネルの耐久性などだが,利用した有機色素は10年以上も使えることが分かっているという。
>「Siの溶融温度は+1400℃。+300℃〜+400℃で造れるこの方法では,製造コストがSi太陽電池の1/5程度で済む。
>8年の利用で製造時に投入するエネルギーを回収できる計算」(同社の説明員)という。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 01:59 ID:8C/5NHh+
>8年の利用で製造時に投入するエネルギーを回収できる計算

普通の太陽電池より長いのね・・・なんでだろ?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 06:56 ID:KhEoOEvx
たぶんチタンの採掘の方がシリコンよりずっと必要エネルギーが大きいんだろうね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 09:58 ID:8wKxrdGd
そうかチタンか。意外なとこでエネルギーを消費してるな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 07:06 ID:ESJ7pInH
太陽電池は、インジウムが酸化亜鉛で代用できるようになったら
それでパーフェクトになるな。
耐久性も、価格も、資源量も。
シリコンはいくらでもあるが、インジウムの埋蔵量が・・・

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 07:23 ID:2zedluDi
>>65
何年分なの?
ぐぐったけど良く分らん。
世界最大の生産量、埋蔵量を誇る鉱山が日本にあることは分かったけど。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 09:36 ID:fIB6/GFr
>>62
普通の太陽電池って、製造時のエネルギー>運用時のエネルギー
つまり元が取れない装置だったと思うけど。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 09:44 ID:2zedluDi
>>67
一般的にはEPTは2年だそうだよ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 10:14 ID:ESJ7pInH
>>67
エネルギー収支的には2年で製造に必要なエネルギーが回収できますね。

70 :67:04/03/21 10:27 ID:fIB6/GFr
EPT値(エネルギーペイバックタイム) については、指摘の通り
1.5〜3年程度のようですね、全体のコストと勘違いしていたみたいです。


71 :名無しさん@:04/03/21 11:30 ID:JnUVYUXw
>>65
■液晶で世界初、酸化亜鉛の「透明導電膜」実用化 高知工大など
http://www.mainichi.co.jp/digital/computing/archive/200401/13/8.html

72 :名無しさん@:04/03/21 11:32 ID:JnUVYUXw
高知工科大の山本哲也教授と住友重機械工業、管理法人「四国産業・技術振興センター」などの
共同研究チームは12日、酸化亜鉛による「透明導電膜」の実用化に世界で初めて成功したと発表した。

液晶テレビのディスプレーや太陽光発電のパネルなどに使用されている透明導電膜には現在、
高価な酸化インジウムが使用されている。酸化亜鉛は安価で、導入されると4、5年で
液晶テレビの値段を半額程度にまで下げることができるという。

山本教授によると、約3年かけてガラス基板に亜鉛と酸素を吹きかけて定着させる技術を開発。
酸化インジウムを用いたのと同じ効果が期待できる。この技術で透明導電膜の最大1メートル
四方までの大型化にも成功した。

産業界では埋蔵量の少ないインジウムは06年ごろから不足すると予想されているため、
20数年前から酸化亜鉛の実用化に向けた取り組みが世界各国で行われている。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 14:42 ID:OIw45BZW
>>13
たぶんね、だから俺んちは太陽が出たらパネルを板で隠してるよ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 15:13 ID:2aRNBCmA
>>73
ん?ネタ、マジ?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 00:49 ID:bttGJuZp
>>72
インジウムって最終製品の価格を半額にするほど高価なの?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 11:38 ID:CK4+lOk3
太陽電池で透明導電酸化膜を使うのは、アモルファスシリコンなどの薄膜型。
太陽電池では、透明導電酸化膜にはインジウム系酸化膜ではなく、
酸化スズが使われてる。
酸化亜鉛も10年前ぐらいから一部では、使われてる。
酸化スズも酸化亜鉛もインジウム系酸化膜より安い、
耐水素プラズマ性が高い(アモルファスの場合)などが使われる理由。
ちなみに、今、量産で主力の多結晶シリコンには、透明導電酸化膜は、使われていない。

薄膜型は、屋根に使う場合には、屋根としての頑丈さが求められるので、
4mm厚ぐらいのガラスが使われる。
薄膜型で一番コストがかかるのは、この厚いガラスだったりする。

液晶の場合、平坦性(薄さ)と低シート抵抗を両立させるのが重要なので、
インジウム系の優位性は、しばらく揺るがないと思う。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 11:49 ID:fnGDAwax
屋根に太陽電池付けてる香具師いる?フルスペックで発電できるのは最初の2、3年くらい
と聞いたけど。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 11:53 ID:SoMt51X7
>>76
素人なんで分らんけど、増感色素系は透明導電酸化膜が使われているんじゃないの?
で、このスレの日立の奴はそれが酸化チタンだっていう話じゃないの?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 12:31 ID:SoMt51X7
>>77
今は10年保証が普通みたいだけど実態は良く知らない。
下の5年間の例を見ると、あんまり変わらないように見える。
ttp://www.mc.ccnw.ne.jp/koga/solar_power/s-gen.html

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 13:47 ID:/5uB+All
とりあえず鳥のフンは掃除した方がよさげ。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)