5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart8

1 :吾輩は名無しである:02/04/21 00:07
急がなければならない。あなたが足を踏み入れようとしている田口ランディウォッチの世界に、
残された時間は少ないかも知れないのだ。わずか一年ほど前、ここは珍獣ウォッチャ=の
フロンティアだった。初期のメルマガも、昔のちくまの日記も読み放題だった。今は……
かなり削除されている。インパクのサイトはネット上に残っていないし、ランディ本体の
作家生命も、危機と衰弱の時代を迎えつつある。
けれど、まだ間に合う。思ったほどすぐには、ランディはネットから消え去らないかもしれない。
そしてこのスレをより面白くする力は、あなたが持っているのだ。
新たなパクり元を発見すること、興味深いURLを紹介すること、ニフの過去ログを発掘すること、
www.archive.org から失われたテキストを引っ張ってくること。
それがインターネットの希望を生かすことでもある。
……まだ間に合う。ただし急がなければ。

[前スレ]
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart8
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1016653706/l50
[元スレ]
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart6
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1014913379/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart5
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1012719593/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart4
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1002040907/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart3
http://mentai.2ch.net/book/kako/996/996562069.html
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart2
http://mentai.2ch.net/book/kako/993/993469828.html
なんやねん田口ランディって
http://mentai.2ch.net/book/kako/980/980096302.html

ログ倉庫
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/randay.shtml

関連スレ、著作、対談、インタビュー、写真は >>2-4


909 :吾輩は名無しである:02/07/02 13:49
age


910 :吾輩は名無しである:02/07/02 18:37
おつかれさまですー。>>908さん

911 :吾輩は名無しである:02/07/03 01:18
これ以上は名誉毀損罪に抵触する恐れがあるので、田口ランディの
話はそろそろやめましょう。

ということで、

□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□


912 :吾輩は名無しである:02/07/03 01:48
>911
おっ、終了妖怪が本音を出したねw
名誉棄損で訴えられるのは本人だけ……。
ということはヤパーリ、妖怪の正体は……w

913 :吾輩は名無しである:02/07/03 01:52
>名誉棄損で訴えられるのは本人だけ……。

そう思いますよねえ、やっぱり。(w

914 :吾輩は名無しである:02/07/03 01:59
裁判になってほすい。
マスコミ大喜び!

915 :吾輩は名無しである:02/07/03 02:01
検証本早く〜。

916 :書籍板から転載:02/07/03 02:20
「裁判」って、ランディがついに著作権侵害で提訴されたのかな?(w

松田ノータリンエンジンも伊達に年喰ってるわけじゃないだろうから
ご存じだとは思うが、訴えられれば誣告罪発動で、盗作疑惑そのものが
法定審理の争点になっていくよ。そして著作権侵害を幇助した
疑いが当然、筑摩書房・晶文社などに向けられます。

出版社としての評判を落とすのは幻冬舎だけではない。
松田クンは出版社の盗作幇助スキャンダルが
他人ごとだと思っていたら大間違いだ。

盗作疑惑だけではないよ。ランディについての言説が争点に
のだから、これまでの動物虐待や売春やストーキングや
兄弟・友人を故殺した疑いについてもきっちり審理することに
なるでしょう。松田は幻冬舎が廃棄した犯罪汚物に縋り付いて
いたことが広く文壇に知れ渡ることになるでしょうな。

……会社と自分自身の名誉を自爆で破壊し、他の版元や
関係者たちにまで予期せぬ被害を広げていくパンドラの箱を
ノータリンエンジンが開けるなら開ければいいさ。(w

-----------------------------------------------------------
問題なのは、社畜の松田に編集者人生を諦めるだけの覚悟が出来てるかってこと。(藁

917 : :02/07/03 08:05
ほっとけばいーじゃん。

918 :吾輩は名無しである:02/07/03 15:45
>917
おまえがこのスレをほっとけばいーじゃん。ほっとけないの?

919 :吾輩は名無しである:02/07/03 17:52
「名誉毀損罪に抵触」って言い方は正確でないって
誰かに指摘されていたのに、ガンとして直さない。(藁
そういう体質のヤツが誤字脱字造語製造マシーンになるんだな、きっと。
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/randay-d.shtml

920 :チ?:02/07/03 19:13
「罪に触れる」って、盗作猿のやってること
そのままじゃん。(爆

触法という概念を理解できない馬鹿猿は氏んでよし!

921 :吾輩は名無しである:02/07/03 23:37
荒れているのは、文春や朝日の連載が取れなかったからとか。(憶測)

922 :吾輩は名無しである:02/07/04 00:08
名誉毀損罪は
1)「公共の利害に関する事実に係り、かつ、
その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合」に
2)「真実の証明があったとき」は、罰せられない。

名誉毀損で盗作問題究明側が訴えられることになったら、
「文筆における善良な秩序を守ったり著作権を保護したりする目的で
数々の盗作疑惑を究明することは1)に該当するか」
「猿の著作が盗作であると認められて2)に該当するか」
これを裁判所が判断してくれるんだよ。
困るのはどっちか、よーく考えてみたら?

あと、「裁判起こす」って脅すのも訴訟恫喝と言って立派な犯罪(脅迫罪)だよ。
実際に裁判起こしても犯罪は成立するからね。
検証本製作に不当な圧力かけようとして自分の手が後ろに回るってのも、
猿っぽやで個人的には面白いと思うけど。

923 :吾輩は名無しである:02/07/04 00:13
これ以上は名誉毀損罪に抵触する恐れがあるので、田口ランディの
話はそろそろやめましょう。

ということで、

□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□


924 :吾輩は名無しである:02/07/04 00:41
私は別に名誉毀損罪で訴えられても構わないけどね。
法律とか犯罪とか言えば相手がびびると思ってるお猿さん、
コピペばっかりしてないで実際に告訴してみなよ。

925 :吾輩は名無しである:02/07/04 02:26
「名誉毀損罪に抵触」などという無意味な言葉を発している猿は
弁護士にもすぐに見捨てられると思われ。

926 :吾輩は名無しである:02/07/04 04:53
早く訴えればいいんじゃん>猿
大歓迎なんですけど裁判。

927 :吾輩は名無しである:02/07/04 06:57
ていうか、裁判でどうしたいの?<猿
一か月で消えたとはいえ、幻冬舎のウェブサイトに
私は著作権侵害しました、すみませんと書いて公開しちゃっているよね。
「文責:田口ランディ」で。
あれやってしまった後で「盗作騒ぎはでっち上げ」で争ったって、ねえ。

しかも、幻冬舎の弁護士と自分とは見解が違うとか言って、
潔く謝る謙虚なアタシをアピールするために、引き立て役みたいにしてた。
それなのに今さら幻冬舎の弁護士に泣きつくの?
それとも他の会社から出した本の盗作問題を、他の会社の顧問弁護士の世話に
なりながら裁判するの?

928 :吾輩は名無しである:02/07/04 09:31
こういう電波ゆんゆんな人、弁護士のところにはよく来ますよ。
弁護士に相談してるってのは本当なんじゃないかな。
まあ遠まわしにたしなめられて帰されただけだと思うけど。
「弁護士に相談した」というだけで相手がびっくりすると思って吹聴する人の
ほとんどはこういうタイプです。

929 :吾輩は名無しである:02/07/04 14:40
検証本発売を名誉棄損で訴えて、発売をやめさせたいって
ことだろうね。大月さんにとっちゃ思うツボでしょ。
万一、裁判になったら、新聞が取り上げるからさw
なぜ裁判になったか、田口の盗作歴などずらずら新聞に書かれる
はめにになるでしょうよ。

930 :吾輩は名無しである:02/07/04 14:48
メルマガ(田口がアタシのメディアと言ってるんだから)で、
大月さんや2ちゃんに対して反論もせずにいきなり裁判という
手に出たら、田口は永遠の笑いものだね。
まずは言論で勝負しなよ。
あんた、なんのためにメルマガもってんのさ。

931 :吾輩は名無しである:02/07/04 15:03
弁護士に「盗作検証本の出版を差し止めたい」と相談に行く。
「このケースで今の状態では、あなたの要求は通らない。
もう少し相手方の出方を見て、状況が整ったら提訴しましょう」と婉曲に断られる
(勿論、弁護士は「状況」が永遠に整わないことを知っている)。

これが猿の脳内では、「訴訟準備中」と変換される。
猿の大好きな権威が味方についた(と思っている)ので、
嬉しくて「訴訟、訴訟」と言って回る。

>>928の言う通り、真相はこんなところでしょ。

932 :吾輩は名無しである:02/07/04 16:01
筑摩の顧問弁護士に相談してるようですね、お猿さん。

933 :吾輩は名無しである:02/07/04 16:39
そう言えば最近、大月先生をバカにする書き込みないね。
大勢いた筈の大月先生アンチは一人残らずいなくなっちゃったの?
「あたし、大月先生の悪口書いたことなんか一度もないもん、えんえんえ〜ん」
なんて気色悪く擦り寄ってるの?

934 :吾輩は名無しである:02/07/04 18:00
裁判は無理、裁判をブラフに使うのも無理となれば、
恥も外聞もなく尻尾振るぐらいはやるかもな。

935 :吾輩は名無しである:02/07/04 22:18
ディープな内容だな

936 :吾輩は名無しである:02/07/04 22:26
ディープと言えば青い海。
そう、沖縄の海のような。
ランディ先生、沖縄経費旅行の報告コラムはまだですか?
インパクのときなんて、素人さんが翌日までにはルポをアップ、
本職(?)のランディ先生が数週間後にやっと拙いルポをアップという
情けない展開になっていましたが。
ウェブは速報性重視という世間の常識に挑戦なさっているのですね♪

937 :吾輩は名無しである:02/07/04 23:18
裁判になれば、ランディが建てた疑いのあるスレのIPは全部
証拠として公表されることになるね。

そうすれば、猿がいかに頻繁に2ちゃんねるに通っていたかが
一目瞭然になるだろうし、猿のほうが激しい誹謗中傷を続けて
いたことも公表されるでしょう。

さらに、ロリエロAA攻撃をしていた粘着変質者の正体も判明
する、というオマケつき!

そうすればランディを擁護しているらしい小谷センセも、猿との
付き合い方を考え直すだろうね。 あと、バナナちゃんも猿を
見捨てることは確実。

それでも裁判やりますか? それとも人間やめますか?(藁

938 :吾輩は名無しである:02/07/04 23:23
大月さん、とにかくインデプス出してよ。


939 :吾輩は名無しである:02/07/05 00:13
http://www.chikumashobo.co.jp/top.html

筑摩に一日一アクセスおながいします。
2ちゃんで監視されてるってことを思い知らせましょう。


940 :吾輩は名無しである:02/07/05 09:44
裁判裁判言ってるけど、猿はどんな裁判やるつもりなわけ?

大月先生の本の出版差し止め
→自分で盗作を認めているので、無意味。

2ちゃんのアンチ書き込みを名誉毀損として刑事告訴
>>922参照。つーか、逆に自分が訴えられる。

2ちゃんのアンチ書き込みを名誉毀損として損害賠償請求
→逆に自分が訴えられる。

自分の頭ではこの程度しか思いつかないけど、
電波さんはとんでもない訴えを提起しようとしてくるからな。
相手させられるちくまの弁護士も大変だ。

941 :吾輩は名無しである:02/07/05 09:55
村瀬だって弁護士に「負けるよ」といわれてたのに裁判起こしたからね。
キチガイは何するかわからないよ。

942 :吾輩は名無しである:02/07/05 10:38
世の中のルールには色々ありますが、常識も法律もその一つです。
常識は例えば「他人の名誉を傷つけてはいけない」「盗作してはいけない」、
法律は「刑法230条(名誉毀損罪)」「著作権法」です。
常識を知っていれば法律を知らなくてもまともな人間になれますが
(むしろ知らない方が健全だと私は思う)、
常識を知らない上に何か勘違いして他人を恫喝する手段として
生半可に法律知識を覚えようとすると訴訟バカになります。

田口先生、あなたに必要なのは法律ではなく常識ですよ。

943 :吾輩は名無しである:02/07/05 22:47
売春自慢していた件も、裁判になったら根ほり葉ほり尋問されて
マスコミでデカデカと暴露されるんだなー。

あー楽しみ!

944 :吾輩は名無しである:02/07/05 23:16
今夜はあちこちのスレに擁護ちゃん来てるのに、
このスレにはやっぱり来てくれないのか。

珍妙な法律論を聞かせてほしいのに。

945 :吾輩は名無しである:02/07/06 00:18
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1019094905/576-579でも
話題にあがっていた瀬名秀明氏からのパクり疑惑について。
本当はもっと似ている文面があったような気がするのだけど、とりあえず。

『コーリング』の第一回目
―――
急に呼吸が苦しくなってきた。記憶が消えたことに気がつくと、僕はいつもひどい
呼吸困難に陥るのだ。なにかもどかしくて息苦しくて胸をかきむしりたくなる。
そして頭の中でチカチカと白い強烈な光が点滅し、僕の意識はストロボをたかれた
みたいに細切れになってしまう。
 僕は机の抽き出しから、先生がくれる薬を取りだした。そして慌てて飲み込んだ。
本当は二錠なんだけど、怖くていつもたくさん飲んでしまう。癲癇の薬なのだと
先生は言っていた。この薬で死ぬことは絶対にないから安心だと言っていた。
―――

『BRAIN VALLEY』上 P.46 (単行本のほう)
―――
 一瞬、ちりちりっと音がして、指先とこめかみの間に電気が流れたような
気がした。インパルスが伝わったような気がした。
―――

『BRAIN VALLEY』下 P.37
―――
「お光様」とは、鏡子が見せる幻覚のことかもしれない。後頭葉の視覚野の
あたりを刺激すれば、網膜の裏に閃光が走る。そのときの状態を「お光様」
といっているのだろうか。
―――

『BRAIN VALLEY』下 P.94
―――
 もしかしたら、と孝岡は思った。ラファエロは、キリストの変容をてんかん
者の幻覚と同一に捕らえていたのではないか?
 てんかん者は発作時に幻覚を見る場合がある。宗教体験をする者も少なく
ない。一方、キリストの変容を見た三人の弟子たちの状況はどうだったか? 
てんかん様の発作によって、あたかもキリストが光に包まれたような幻覚を
見たのではないか?
―――


『BRAIN VALLEY』下 P.94
―――
 近年、Penfield 等によって、てんかん患者に大脳皮質の電気刺激を与える
ことにより、種々の幻覚が発生することが確認された。吾々は既に、側頭葉
皮質の電気刺激によって精神分裂症患者の幻覚及び幻聴が軽減されることを
示している。
―――



946 :吾輩は名無しである:02/07/06 00:43
それから、『アンテナ』で主人公の男 (「僕」こと佑一郎) と、
森氏をモデルにしてる?の TV 局の男 (相馬) の濡れ場 (P.155) で、
『BRAIN VALLEY』での主人公孝岡の息子と「パートナー」の男との
絡みがちょっと似ていたりします。

『アンテナ』(単行本、P.154-155)
―――
 いきなり、相馬が僕の体に覆いかぶさってきた。
〈略〉
 それから、相馬は僕を両腕で押さえ込むようにして唇を重ねてきた。混乱
してる。舌が触れあうと、どうしようもなく貪ってしまう。
 ああ、と相馬は呻き声を漏らした。
〈略〉
 相馬の手が僕の胸をまさぐる。二人のアンテナが触れ合う。
―――

『BRAIN VALLEY』下 P.124-125
―――
 その手をパートナーがおさえた。
 唇が、重なってくる。
 「……あ」
 その軽い呻きも、パートナーの舌によって封じられた。パートナーの舌が、
裕一の前歯の裏側をゆっくりと擦っていく。うなじのあたりにぞくぞくする
ような快感が閃った。パートナーの舌はいつも感じる。
 このところ、しばらくしていなかった。
 裕一はパートナーの腕に凭れながら、舌を動かした。口の中で互いの舌が
絡まり合う。パートナーの手が胸のあたりを探ってきた。〈中略〉緩やかに、
緩やかに、胸を撫でられる。痛いような、くすぐったような感じがする。
そして乳首の先に指先が当たったとき、裕一は声を上げ――。
―――

男性同士でも、まず胸をまさぐるのが一般的なのか?と思いました。
そうでもないなら……。

947 :吾輩は名無しである:02/07/06 00:57
こういうのも。

『アンテナ』(単行本、P.161-162)
―――
 頭蓋骨の天蓋にパイプオルガンが鳴り響く。
 崩れ落ちていく。僕は変容している。何か別のものへと。確実に。
 身体がほどけていく。
 固い殻のように僕にまといついていた緊張した末梢神経がほどけていく。
 そして、不思議な力が流れ込んでくる。僕を満たしていく。
―――

『BRAIN VALLEY』下 P.288
―――
 孝岡は歓喜の声を上げた。鐘の音に被さるようにして、今度はパイプ
オルガンの響きが天井に谺したのだ。
―――

『BRAIN VALLEY』下 P.290
―――
身体のあちこちに蓄積していた澱や汚れが消え失せていく。抹消の細胞
ひとつひとつにまで赤血球が運搬され、ヘモグロビンから酸素が供給
されているのがわかる。
―――


948 :吾輩は名無しである:02/07/06 01:04
おまけ。瀬名氏は「シャーマン」ネタでもランディに先行しているかも。(w

『BRAIN VALLEY』下 P.202
―――
「そう、この女、けっこう絵になる。うまく仕掛けりゃ当たるかもしれん」
「…………」
「つまり、儀式と女のように興味があるってわけだよ。この女はシャーマン
だ。今回はいつもと違った方向で攻める。UFO の嘘を暴くってな。シャー
マンが呼び寄せる UFO、しかしそれは単なる幻影に過ぎない。我々はなぜ
そこまで UFO 神話を求めるのか?……てな寸法だ。どうする。やるかやら
ないか」
―――

949 :吾輩は名無しである:02/07/06 01:17
>>945
>そして頭の中でチカチカと白い強烈な光が点滅し、

は、こちらのほうが似ていたみたいです、すみません。↓
『BRAIN VALLEY』下 P.72
―――
 はじめのうち、光はランダムに瞬いた。だがしばらくするとフラッシュ
の感覚が次第に狭まり、やがて連続していた閃光となった。
―――

“このように、頭部を変動磁場に晒すことによって実際に存在しない
光の瞬きを近くしてしまう現象を「磁気閃光現象」と呼ぶ。”(P.73)
のだそうです。


950 :書籍板にて、神ネタ:02/07/06 03:57
私が読んだのは、

「日本の不思議を楽しもう!
        手に取るように
              民俗学
                 が解る本」
岸 祐二著 かんき出版れす

2002年 5月20日 初版発行なのでこの本から「盗作」したと言う事は無いと思いますが、
この本の執筆にあたり、数多くの他の参考文献が、巻末に載っていますので、引用先が
だぶっているのかもしれません。
この本は、最後にきちんと参考文献を載せていますが、コンセントには…

以下引用

「日本の不思議を楽しもう!
        手に取るように
              民俗学
                 が解る本」 より

P177
ユタになる者の条件
 ユタには少数の例外を除いてほとんどが女性で、地域によっては「カンカカリャ」
「ムヌス」(物知り)などとも呼ばれます。
 ユタとなる者はユタの家系(先天的に霊媒的な能力を持っている者)と後天的にユタと
なるものに分けられます。
 いずれの場合も霊的能力を得る場合には「神ダーリー」と呼ばれる神懸かりの状態となり、
高熱を発したり様々な幻覚に嘖まれると言う経験を経て初めてユタとなるのです。
 厳しい自然条件や苦難の歴史を持つ南島の人々が宗教的欲求を深めていったのは当然のこと。
ユタは産まれるべくして産まれた存在と言えるでしょう。

「コンセント」(ハードカバー版)より
P235(文庫版でページが変わっているかも知れません)

 「(略)…そして、沖縄のユタに出会った。彼女たちの多くが、ユタになるまえに非常に
バットな精神状態になる。私たちなら即刻、警察に通報して病院に連れて行かせるような
状態だ。だけど、宮古島という共同社会の中では、そのような状態になった女性をカミダーリー
と言って、神様の仕事をする特別な存在として受け入れてしまうんだ。カミダーリーになった
女性は錯乱の後にシャーマン蘇り、人の心を癒す仕事をする。(以下略)」

P279 ユタ・上地ミヨ プロフィール2
「長男の死後、口述者は「カミダーリー」と呼ばれる激しいトランス状態を経験する。
そして親類によって縁続きのユタの所に連れて行かれる。ユタグトゥ(ユタの事=ユタの行う巫儀)によって「カミンチュ(ユタとなるべき者)」として認められた彼女は、七年にわたる長く
苦しい探索の後、独自の神的体系を構築していく。(以下略)」

こんなんです。
いや〜ランディさんて、ホントウに、ヤバアィですね!!

951 :一般書籍板のスレから:02/07/06 10:12
249 :無名草子さん :02/07/06 03:43
ググルしてみたら、こういうページが。
http://www.ne.jp/asahi/pasar/tokek/TG/mikoclub/yuta01.html
>ユタの多くは人生のあるときに、離婚や親族との死別などの不幸な体験をきっかけに
>神懸かりになり、「カミダーリー」と呼ばれる巫病を患う。
>この期間中は精神状態が不安定になり、人によっては不眠、拒食、意識喪失、大声で
>歌い騒ぐ、身体が震えるなどの状態が続き、精神病者と紙一重になる。
>しかし、これはほとんどのユタが経験する「関門」なのだ。
>この間、彼らは自分に憑いた神霊や先祖霊に命じられるままに、いろいろな御嶽を
>回って祈らされたりする。

>こうして彼らは自分と関係が深い神霊や先祖霊によって祖先の道を悟る。
>するとカミダーリが収まり、霊感が得られる。この状態をチヂアキという。
>そして、ユタと神霊との関係ができ、判示をする存在ができる。
>多くの人は「ユタ=霊能者」と思うだろうが、まったくイコールだとは言えない
>部分があるように思われる。
>ユタの多くは先祖ごとを主として行い、人々に「癒し」を与える。
>だが、宮古島のあるカンカカリャによると、男性のユタは先祖の生まれ変わりが
>多いが、女性のユタは社会や人間を罪から救うというもっと普遍的な目的のために
>この世に生まれてくることが多いという。
>こういう存在のことを「ジヂブン(守護霊)」などと呼ぶ。

ページの最初に「2000/04/01更新」とあるから『コンセント』より先。
当然、ページの最後に載っている「参考文献」は、もっと前に出ているはず。

>ユタと霊界の不思議な話 月刊沖縄社・編 月刊沖縄社
>1545ユタの入門書として最適。
>宮古島シャーマンの世界−シャーマニズムと民間心理療法 滝口直子 名著出版

>5980ユタのNTさん姉弟を中心にした研究書。宮古島カンカカリャ(ユタ)を知る
>ために必読。

>琉球文化の精神分析1 マブイとユタの世界又吉正治月刊沖縄社
>1500『ユタと霊界の不思議な話』の次に読むのに適した入門書。医学博士が
>精神分析の立場からユタの有効性を説く。


952 :吾輩は名無しである:02/07/06 10:22
まあ、普通の人なら「参考文献」のところにネタ元となった本の一冊や二冊
書くところを、なぜか断固拒否していた田口ランディ。

953 :吾輩は名無しである:02/07/06 11:32
『BRAIN VALLEY』には、北川というニューエイジオヤジ@悪役が登場するの
ですが、こいつのしゃべっていることは、ランディ先生そっくりで笑えます。
口調も、ある時期のランディのコラムに心なしか似ているような。
この本は1997年に初版発行というところがポイントかも。
シャーマンうんぬんもそうだけど、百匹目の猿だの人類の進化だの、1997年
より前に、ランディってネタにしていたかどうか。(ニフではやってた?)。
幽体離脱についてのコラムもこの本より後だし。

『BRAIN VALLEY』上 P.422
―――
ごく普通の人間が、たった一度の臨死体験を境に、慈愛と奉仕の精神と向学心
に満ち溢れた素晴らしい人格へと変化する。霊的 (スピリチュアル) なもの
への関心が昂まり、単一の宗教よりも全人類的な宗教を欲し、地球と宇宙の
心理を求め始める。その変化は強力で、しかも劇的だ。決して元に戻ることはない。
ひとたび神の光と愛に包まれた者には、意識の目覚めと成長が起こるのだ。
彼らの精神は、蛹が羽化して蝶になるのと同じように、完全なる変貌を
遂げる。臨死体験者の表情を見たことがあるかね。内側から輝いているのだ。
生まれ変わったといってもいい。彼らの姿は新しい人類の誕生を連想させる
のだ。彼らは我々より一足早く進化した新しい人類なのかもしれない。
―――

『BRAIN VALLEY』上 P.423
―――
「例えばこんなことがある。互いに連絡を取っていなかったはずの研究者たち
が、離れた場所で、ほぼ同時に同じ発見をすることがよくある。学術雑誌に、
同じ結果を示す論文が二報も三報も掲載されることなど珍しくない。不思議だと
思ったことはないかね? それだけではない。何かを調べようと思ったとき、
ちょうどそれに関する総説が雑誌に掲載されたり、タイミングよく誰かが情報
を教えてくれたりすることがよくある。これは単なる偶然だろうか? 偶然に
しては回数が多くないか?」
「…………」
「心理学の世界では、これを共時性 (シンクロニシティ) という。
―――

『BRAIN VALLEY』上 P.424
―――
 ライアル・ワトソンがこの現象に目をつけ、おもしろいことを書いている。
幸島でイモを洗うサルの数がある閾値を超えた時点で、『イモ洗い』という
形態は臨海質量を通過する。その閾値を超えると島全体のサルがイモ洗いを
行うようになるばかりか、他の群れでもイモ洗いが自然発生するようになる。
この閾値を、ワトソンは仮に一〇〇匹目とした。このアイデアは後に『一〇〇
匹目のサル』という呼び名で広く知られるようになる。つまりこういうことだ。
ひとりひとりの意識が集まり、ある閾値に達すると、その形態は広範囲に伝播
し、真実となって現れる……
―――


954 :吾輩は名無しである:02/07/06 11:34
>>953に引用した、イヤんなニューエイジオヤジの台詞に似ている
ランディの言葉にはこういうのがあるけど、これももっと似ているのが
どこかにあるかも。

http://www.asahi.com/culture/topics/K2001082600138.html
> 「スピリチュアルなものを信じる」気持ちが、その宇宙観を構成する。
>「人間は二足歩行をするようになって、それから精神的な発達を遂げて文化
>をもった。次の段階は魂の進化だって信じてる。そういう世界じゃないと、
>いやなの」

http://webmagazine.gentosha.co.jp/concent/concent.html
>強い人類愛、強い正義、そういった感情にも感応し、自己犠牲をいとわず
>奉仕に携わることもあります。すばらしい芸術、音楽、ダンス、ア−ト、
>そのようなものに触れると強い至福感、時にはエクスタシ−を感じることも
>あります。

>もし「コンセント」が世界中に溢れたら、私たちは「ひとつの望み」を
>伝えあうことができる。

> 私の友人が「100億という単位が次元のゲ−トだ」と言いました。脳細胞は
>100億を越えたところで意識を持ちました。なにかにつけて100億という数を
>越えると、そのもの自体がある質的変容を遂げるらしいのです。だとしたら、
>100億人を越えた時に、人類は質的変容を遂げるのかもしれません。その時、
>コンセントが地球に何人いるのだろうか……と考えたりします。

955 :吾輩は名無しである:02/07/06 19:47
新スレおながい。

956 :吾輩は名無しである:02/07/06 20:54
そうですね。そろそろ立てます。

957 :吾輩は名無しである:02/07/06 21:32
ということで、新スレ

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart9
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025957643/l50
よろしくお願いします。

958 :吾輩は名無しである:02/07/20 03:47


415 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)