5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蓮実重彦の文体

1 :吾輩は名無しである:03/04/16 01:04
まるで電波受信の悪いテレビジョンのようだ。

237 :吾輩は名無しである:04/02/18 21:18
映画板のスレの方が面白いな。

238 :吾輩は名無しである:04/02/27 12:52
じゃあリンクしとく
http://tv4.2ch.net/test/read.cgi/movie/1071640579/l50

239 :吾輩は名無しである:04/02/27 16:26
映画板の蓮實すれ見ると、
東京の人はいいなあ、と思う。

240 :吾輩は名無しである:04/02/28 02:00
蓮實は映画評論家だからね。

241 :まみゅー:04/03/13 19:52
 蓮實重彦について、みなのども、
語りあうのだ!!

242 :まみゅー:04/03/13 20:09
 『ボヴァリー夫人論』
が待ち遠しい。
 同時執筆だったらしい
『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論』
は全部読んじまったい。

243 :まみゅー:04/03/13 20:10
 『ボヴァリー夫人論』
が待ち遠しい。
 同時執筆だったらしい
『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論』
は全部読んじまったい。

244 :まみゅー:04/03/13 20:12
 わわっ、ゴメン。

245 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:24
『反=日本語論』は読んだ?

246 :まみゅー:04/03/13 20:44
 読んでない。
っていうかマクシム論だけで
充分だなあ。

247 :まみゅー:04/03/13 21:13
 後藤明生の言葉を
借りるなら、
《一本の木によって森を把握する》
ということだろう。

248 :まみゅー:04/03/13 21:54
 補遺

 星をちらりと見ることが――
網膜の外側を
(そこは内側よりも弱い光線を感じやすいのだ)
星の方へ向けて横目で見ることが、
星をはっきり見ることになる、――
星の輝きがいちばんよくわかるのだ。
その輝きは眼を星に《十分に》
真正面に向けるにつれてぼんやりしてゆく。
そりゃああとの場合には
実際たくさん光線が眼に入るさ。
が前の場合にはもっと安全な感受能力があるのだ。
過度の深さは考えを惑わし力を弱める。
あまり長く、一心に、あるいはまともに、
じっと見ていれば、金星だって大空から
消えて見えなくなるかもしれんよ。

 《参考文献》

 エドガー・ポー『モルグ街の殺人事件』p.30


249 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:58
テレビで初めてみたよ、けっこうふつうのおっさんだね。

250 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:06
話の内容が普通だった。
本当に面白い部分は編集されてんだろうけど。
スマップだし。

251 :蓮実は嫌いじゃない:04/03/14 06:44
蓮実に関して思うこと。
1,今月号のユリイカで首に巻いてるマフラー(?)のようなものは何なのか。
  欲しくてたまらない。
2,なぜなかなか教授にならなかったのか?松浦寿輝が表象に32才で助教授として
就任したときも、師である蓮実は助教授だった。
3,孫はいるのだろうか?こんなおじいちゃんだったら幸せだと思う。
誰か知ってる人いたら教えて。

252 :まみゅー:04/03/14 11:13
 1. 『ユリイカ』って雑誌?
    編集者に聴けばわかるかも。

 2. ポストに興味がないから。

 3. 知らねー。
   直(=じか)に会ってはなしがしたい。



 

253 :ウサギウサギ:04/03/14 11:51
>>252
青土社から出てる雑誌です。
今月号は「論文作法」の特集なのですが、そこで蓮実さんが誰かと対談してて、
写真が載ってます。

254 :まみゅー:04/03/14 12:34

 青土社か。
Aクラス。
対談相手は?
 
 

255 :吾輩は名無しである:04/03/14 12:39
ポストに興味ないわけない
東大の総長までやってるのに

256 :まみゅー:04/03/14 12:50

 『中央公論』バックナンバーによると
選出投票は観るのもイヤだったと
インタビューで述べているよ。

257 :吾輩は名無しである:04/03/14 13:36
>>226 いまさらですがウマスギ。宇宙ヤバイを蓮実節で語ってください。

258 :まみゅー:04/03/14 13:59

  ○    ×
 われわれ  我々

 まだまだじゃな。
ホッホッホッ。

259 :まみゅー:04/03/14 17:43

 ○ われわれ
 × 我々

 修正。

260 :ウサギウサギ:04/03/14 17:43
>>254
ブックデザイナーの鈴木なんとか。
スキンヘッドの人。

261 :まみゅー:04/03/14 18:37
 知らん。

262 :吾輩は名無しである:04/03/14 18:43
蓮實は小説家だからね。

263 :まみゅー:04/03/16 09:33
 
 いや、
ヤツは映画批評家だ。

264 :吾輩は名無しである:04/03/16 12:31
蓮實は元東大総長だからね。

265 :吾輩は名無しである:04/03/16 13:56
あの文体はどう考えても虚栄だろう。
ああする必然性を教えてほしいもんだ。

266 :吾輩は名無しである:04/03/16 14:19
>>260
鈴木一誌?

267 :吾輩は名無しである:04/03/16 14:58
凡庸さの群を前にして冷めてしまうしかない「蓮實的感性」が
かろうじてエクリチュールに熱を帯びさせる手立てとして
ああした晦渋な文体を操ることでしかそれを見出せないとすれば
そしてまたぞうした絶望を皮肉へと転嫁させることなくして
書くことができないとでもいいたげな身振りを演じることが
その感性にとって必然性に似たものを持ってしまうとすれば、
非「蓮實的感性」にとってそれがっただの「虚栄」に見えようとも
それが魂の唯物論的擁護のために必要だったと、
今日の日記には書いておくことにしてみちゃったりなんかして。

268 :吾輩は名無しである:04/03/16 15:05
勘弁してくれよ

269 :ウサギウサギ:04/03/16 16:13
>>266
そうそう

270 :吾輩は名無しである:04/03/16 16:20
>>267
蓮実調だけんど、
「ああした」というような言葉は蓮実は使わない気がする

271 :吾輩は名無しである:04/03/16 20:23
>>265
必然性なんてあるわけないジャン(w
蓮実は冗談でやってんだよ、最初から。
渡部とか金井みたいに真似する香具師が出て来てみんな真に受けちゃったけどさ、
本人はあくまで冗談のつもりなんよ。
最近はもうあんなのあまり書いてないんじゃない?知らんけど。

272 :吾輩は名無しである:04/03/16 22:26
いやぁ蓮實の小説って面白いねぇ。
こりゃ並の小説家じゃ太刀打ちできんわ。
ほんま、批評より小説のほうがええんちゃう?

273 :吾輩は名無しである:04/03/16 22:43
161 :吾輩は名無しである :04/03/11 19:56
『オペラ』はダメダメだよ。
『陥没地帯』ではあれほど丁寧に作りこんでいたのに
なんで『オペラ』ではあんなにつめが甘い作品を書いちゃったのか。

168 :吾輩は名無しである :04/03/14 18:36
『陥没』より『オペラ』はツメが甘いのはそうかもしれん。
しかし『オペラ』は何よりエロティックでいいじゃん。
『陥没』では「批評家が書いた小説」臭があったが。

171 :161 :04/03/15 08:39
>168
エロティック…『オペラ』はなんつーかその手の映画意識してますよーてのが出すぎで
あとなんでもかんでも反復すりゃいいってもんでもないでしょ?
と思ったのだが。

175 :吾輩は名無しである :04/03/15 22:25
『陥没』も『オペラ』も反復の手法を駆使したヌーヴォーロマンじゃない?
『陥没』は「物語」に自覚的なメタフィクションでもあったんだろうけど
『オペラ』は「反復」よりも「横揺れ」と「徒労」に身をまかせてるか。。。
あ、三枝『思いがけず風の蝶』を思い出してしまった。

178 :吾輩は名無しである :04/03/16 22:28
>175
オペラに徒労はない
サラーっと流れてっちゃうよ。
これ退屈じゃないからダメなんだよ。

274 :吾輩は名無しである:04/03/16 22:44
別スレより273に引用したが、
さて『陥没』と『オペラ』どっちがいいのか?

275 :吾輩は名無しである:04/03/17 08:06
『オペラ』って絶版なの?読みたいな

276 :吾輩は名無しである:04/03/17 15:10
>>271
蓮實くんは小学校の頃からああいう文体でしたよ。
先生は作文とかの評価に困っていたようです。


277 :吾輩は名無しである:04/03/18 22:27
『陥没』と『オペラ』どっちもいいよ。
なぜだれもハスミンに文学賞をあげないのだろうか?

278 :吾輩は名無しである:04/03/18 23:30
文学賞って必要?

279 :吾輩は名無しである:04/03/19 00:06
文学賞を与える→売れる→文庫化早くなる→ブックオフに出る→100円棚に並ぶ

280 :吾輩は名無しである:04/03/19 00:13
100円で買ったものを→絶版になるまで待つ→ヤフオクに出す→イクシオン入札
→値段吊り上げ操作→3000円台に跳ね上がる→イクシオン3500円で落札→儲かる

281 :吾輩は名無しである:04/03/19 01:01
>>280
絶版になった本でも売れるとは限らんのよ、これが。
で大量の在庫の山。あぼーんw

282 :吾輩は名無しである:04/03/19 02:15
>>274
『陥没』の方がいいと思う。
てゆーか個人的に蓮実ん中で(批評とかも含めて)一番好き。


283 :吾輩は名無しである:04/03/19 11:12
フランス思想はフランス語ともともとの難しさの壁がある
→その両面をよく分かった上でわざと難しく書く
→難しいものが分かる=頭がいいと思っているバカがほめる
→分からないバカは黙るしかない

簡単に書いてレベルを落とせとは言わないが、普通に
分かりやすく書くのが人間として当然だと思うぞ
それで駄目なものはどうせ駄目なわけで

284 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:21
バカにもかろうじてわかるように計算しつくして書いて
るだろうが、ハスミは。
「あー、分かる、俺、これ分かる。難しい文章だけど分かる。
ついでに、なんでこんな迂遠な書き方してるのかも分かる」
って有頂天にさせてくれるんだよ。「教師根性」で。
で、「まさか、俺の文体、真似ようとか思ってないよな?」
っていってるんだよ。
しかしイカレて真似ちまったのが俺だよ文句あるか。

あのエクリチュールは、明らかに「大衆消費で要求される芸」(『凡庸さについてお話させていただきます』)

285 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:40
おれも「陥没」のほうが好きだな。
「オペラ」は、なんか、主人公の男がカッコよさすぎ。

「陥没」では、言葉の<反復>という操作を通じて、
表象されたものの領域に物語が固着してしまうのを
回避しようと試みてはいたが、「オペラ」では、そうした
言説の側でなされる<反復>という契機が、その<反復>
を通じていつの間にか表象されたものの側に転位し――付録解説、芳川泰久

286 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:22
芳川の蓮實や金井に対する褒め方はヘンチクリンだ。
褒めるのが先にありきだ。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)