5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

観念的小説の是非

1 :キッティー:03/07/04 19:03
観念的な小説について皆さんはいかが思われますか?
教えろ。

2 :吾輩は名無しである:03/07/04 19:04
うんちっち

3 :吾輩は名無しである:03/07/04 19:05
とぐろうんこを、ひり出す。ブリブリ

4 :吾輩は名無しである:03/07/04 21:35
観念小説と観念についての小説なら知っているが、
観念的小説とは?
具体的に作品名よろしく。

5 :吾輩は名無しである:03/07/05 02:37
>>1
作品名を具体的に挙げてよ。

6 :吾輩は名無しである:03/07/05 02:39
サルトル「嘔吐」は、いつも途中で躓くな。
あれ、面白いって人、現代人(とゆうか若い世代で)でいますか?

7 :キッティー:03/07/05 07:48
>>4
 観念小説の言い間違いということで。

>>5
 作品名は、例えば安部公房「異端者の告発」とか……。
 サルトル「嘔吐」もそうなのかな?
 具体的には何だっていいです。
 個人サイトに載っている小説なんかにも多いと思います。

 っていうか、観念小説の具体的な定義から書いてもらえるとありがたい。

8 :吾輩は名無しである:03/07/05 07:59
このスレは、10番くらいで終了かな?

9 :吾輩は名無しである:03/07/05 10:37
1があまりにもヘタレ過ぎ。スレをリードできてないじゃん。
あほくさ

10 :吾輩は名無しである:03/07/05 10:53
↑ヴァーーーーーーカ

11 :吾輩は名無しである:03/07/05 11:31
バークリーもの

12 :吾輩は名無しである:03/07/05 16:25
観念小説という如何にも格好よさそうな、それが何かを知らずとも、
口にしただけで賢く見えるのではと錯覚させる言葉には、
ゴキブリホイホイのような魅惑の効能があるのだろう。

川上眉山、泉鏡花といった作家の作品を読めといっても、多分読んでは
もらえぬだろう。思いながら、私はゴキブリホイホイを拾い上げる。
太った、茶羽のゴキブリが一匹、粘着の床にへばりついていた。
やはり、ゴキブリ如きに泉鏡花はわかるまい。川上眉山も、笙野頼子もわかるまい。


13 :キッティー:03/07/05 22:15
で、誰か観念小説の定義を書き込んで下さい。

14 :吾輩は名無しである:03/07/05 23:23
観念小説と言えば、泉鏡花『夜行巡査』川上眉山『書記官』
変わったとこで、坂口安吾の『吹雪物語』などが浮かぶが‥。
何かいつも現実に裏切られる「観念」といった
イメージが消えないね。
要するに個人の観念なぞ、俗世を相手にしたとき
全く非力になるってことかな。


15 :吾輩は名無しである:03/07/06 00:07
昔の人間が読んで小難しく感じた小説を
「観念」という語で括ったぐらいにしか思えないんだけどね。
「君ぃ、そりゃ観念的だよ」(どういう意味なのだ!)
といった寸評を小説に当て嵌めただけだろうな。

16 :吾輩は名無しである:03/07/06 00:08
馬鹿はだまってりゃいいのに

17 :_:03/07/06 00:13
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

18 :キッティー:03/07/06 08:39
つまり、批判用語というわけですかな、観念的というのは。

19 :吾輩は名無しである:03/07/06 08:41
可愛い娘たちが貴方を癒します・・・☆
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

20 :吾輩は名無しである:03/07/06 08:45
>キッティー

おもしろそうなスレだけど、あなたから例をあげていかないと・・・。
例文でもいいらさ、観念的小説という言葉(ジャンル)を、
このスレを見ることで初めて知った漏れにもわかりやすいように教えてくださいよ。

21 :吾輩は名無しである:03/07/06 13:17
観念小説ってのは、普通は作者がその小説をより
現実的にするために、意識して登場人物に仮託して
述べる台詞や行動を控えるのに対して、全面的に
作者の観念・主観たるものをその作品上にぶちまける
たものだと私は解しているが。

ただ、小説なんてものはみなそれぞれが観念的なのであり、
読者にとっては作中の人物の台詞・行動が如何にしても
理解し難い時はあるのだが‥その極北こそが観念小説
の世界と言えるのではなかろうか?
これ如何に?

22 :吾輩は名無しである:03/07/06 14:40
三島の代表作『仮面の告白』『金閣寺』がいずれも観念小説と言われているにゃー。
個人の観念と現実との葛藤が、これまた観念的にのみ捉えられている。自意識の合わせ鏡。
唯我論と相性が良いかな? 良くも悪くも青春小説だにゃー。





23 :キッティー:03/07/06 14:54
はい、>>21にそれっぽい定義が出てまいりました。
例文か・・・

――世界なんてくそっ喰らえだ。所詮は二人の男と女がいちゃつきながら鍋を掻き回
して出来たシチューに過ぎない。こんな所で生を営み続ける意味が一体どこにある?
というわけで俺はこの世界を終わらせる事にした。簡単な事だ、一本のロープと頑丈
な木の枝さえ用意すれば、恍惚の内に、快楽の内に、オーガスムの内に、楽しいユー
トピアへとトリップと行ける。一つの全天の法則を改革してやれる。所詮この世は一
壷天。貴様に反論の余地はない。

 ・・・めんどいな、こんなもんで許してくれ。とりあえず雰囲気はこういう感じで
合ってると思う。
 で、この駄文は置いといて、観念小説っていうのはやはり、ほぼ自己満足の産物
という感じなのかな、というのが多分スレの主旨。

24 :吾輩は名無しである:03/07/06 15:14
小説自体が根本的に作家の自己満足から生まれ出るもんだろ。

25 :吾輩は名無しである:03/07/06 19:14
文学史的には鏡花や眉山がそうだと言われていたんだけど、
彼らが自称していた訳ではなく、同時代の作家や批評家が
印象批評で括っただけだから定義と言えるものはないね。
これがもっと最近(でもないが)になると
例えば第二次戦後派に対しても適用されたりする。
仏教でも大陸合理主義でも構わないんだけど、
「観念」という語の意味を分かってて使ってんのかね?
何れにせよ自分の頭の悪さを棚に上げて
鏡花と眉山を同列に扱う勇気は、私にはありません。

26 :20:03/07/07 05:15
>>23
レス、サンクス。
でも、よくわからない。たとえば、ある思想や哲学みたいなものを、物語や登場人物を通して
表現する、といった感じでいいのかな?
その逆は、エンターテインメントしていてアッケラカンと思想も糞もない、と・・・。

27 :キッティー:03/07/08 16:56
>>26
 いや、観念小説→純文学かもしれないけど、純文学→観念小説じゃない。
 これは多分、はっきりしてるはず。
 だから逆がエンターテインメントってわけじゃない。
 それと、僕の駄文に思想や哲学が含まれていたのかな、とも思う。わからん。

 何だかスレの雰囲気からいうと観念小説が絶対悪とされてないな。僕、小説
書いて「こんな観念じみたの小説とも言えない」みたいに糞みそに言われたの
だが。

28 :吾輩は名無しである:03/07/08 17:08
それはたいへんだしたね。
とりあえずソイツをここに晒してみ。


29 :吾輩は名無しである:03/07/08 17:28
どんな作品でも作者の考えというのは入るもんだろうけど、
その比重がやたらと高いものというか、質が悪くて読者に狙いが
見透かされたものが観念小説とか呼ばれてるのかもね。

30 :吾輩は名無しである:03/07/08 17:29
馬鹿は黙ってればいいのに・・

31 :吾輩は名無しである:03/07/08 22:03
>>29
恐ろしく頭悪いな。。

32 :吾輩は名無しである:03/07/08 22:08
『嘔吐』がおもしろかったって香具師いるのか?
哲学史オタ以外でよ

33 :吾輩は名無しである:03/07/09 01:20
町田康は?

34 :吾輩は名無しである:03/07/09 01:54
笠井潔。

35 :キッティー:03/07/09 16:22
>>28
 いやー、それは出来ない。

>>33
 町田康は短編を読んだことがあるけど、あれは観念的っていうより幻覚的という
感じがした。
 作者の思想云々の前にストーリーがぐにゃりとしている。まあ面白かった。

36 :吾輩は名無しである:03/07/09 17:01
幻想的であることと観念的というのは必ずしも対立しませんわ。
町田のことはわかりませんけれど。



37 :吾輩は名無しである:03/07/09 17:15
>>33
お前性悪だな

38 :33:03/07/09 21:22
>>37
????????????

39 :_:03/07/09 21:30
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

40 :アッヒャー家の崩壊:03/07/09 21:31
釣り師だと思われたんだろ(w

41 :33:03/07/09 22:30
釣りじゃないです。
上で出てくる小説一個も読んだこと無いし観念って言葉の意味もよくわからないけど
僕の少ないボキャブラリーだとこんなのかなーと思ったのが町田康だったんです。

42 :吾輩は名無しである:03/07/10 01:30
死霊は観念小説?

43 :吾輩は名無しである:03/07/10 01:34
形而上小説

44 :キッティー:03/07/10 07:05
>>36
もちろん。むしろ一緒のことが多いかも。

45 :吾輩は名無しである:03/07/11 01:13
電波小説と受け取られがちな小説・・・というイメージになりますね。

46 :キッティー:03/07/12 17:17
むしろ、電波小説の定義を教えてもらいたい。

47 :O塚:03/07/12 17:42
http://life.fam.cx/a005/


48 :山崎 渉:03/07/15 08:58

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

49 :吾輩は名無しである:03/07/25 11:48
age

50 :山崎 渉:03/08/15 10:45
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)