5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【贋金づくり】アンドレ・ジッド【狭き門】

1 :吾輩は名無しである:03/10/28 07:37
過疎死覚悟でジッドスレ

2 :吾輩は名無しである:03/10/28 10:52
(◎Y◎)巨乳で2ゲト

3 :吾輩は名無しである:03/10/28 11:49
三時間経ってついたレスがこれか。

4 :吾輩は名無しである:03/10/29 00:55
えらく閑散としてるね・・・
俺のお薦めは岩波文庫の『贋金つくり』だね。
訳者の川口篤の気合が入りまくった入魂の翻訳だ。
しばしば文章が石川淳調になるのはたぶん川口篤が石川淳を愛読していたのでは
ないかと思わせるには充分だ。
じっさい石川淳はジイドを何冊か翻訳しているしね、影響を受けるのもわかる。
でもこの翻訳は手に入れにくい。岩波文庫、重版しろ。

5 :吾輩は名無しである:03/10/29 00:59
今までジッドスレ無かったのか・・・

6 :吾輩は名無しである:03/10/29 03:38
邦題の傑作「法王庁の抜け穴」

7 :吾輩は名無しである:03/10/29 06:43
>>6
原題は"Le Cave du Vatican"だったっけ?
たしかに絶妙な邦題だね。
だれが考えたんだろう。石川淳?じゃないか・・・

8 :吾輩は名無しである:03/10/29 06:57
大岡昇平の卒論がたしかジッドについてだったとか。
当時はすごい人気作家らしかったね。

9 :吾輩は名無しである:03/10/29 08:09
一応ノーベル文学賞受賞してるし。でも戦後は地位低下してますね。

10 :吾輩は名無しである:03/10/29 09:16
一時期新潮文庫からやたら翻訳が出ていたんだが、今いくつ残っているんだろう?
随分読んだはずなんだが、個々の作品についてはあまり憶えていない。
ただ宗教との結びつきが強くて、日本人には接近しづらいんじゃないかと思った憶えがある。

11 :吾輩は名無しである:03/10/29 09:30
今読もうと思ったら、図書館に行って全集借りるくらいしかないかも

12 :吾輩は名無しである:03/10/29 09:39
>>7
そうだよ。石川淳はじぶんの翻訳の仕事なんてつまらないが
「背徳者」「法王庁の抜け穴」の題名だけは名訳だと
自慢してる(ジイドむかしばなし)。

13 :吾輩は名無しである:03/10/29 11:55
>>10
ソヴィエト紀行とかコンゴ紀行なんかは宗教色うすいし、むしろこういうのが
日本では良く読まれてたのかも知れない。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)