5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る

1 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:29
【すべては謎であるのだが・・・・・・・・・・・・】
是非、出来るのであれば、ここで語って欲しい。

2 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:30
2ゲット

3 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:34
そうだ。あそこもここも変わらないじゃないか。
ここで少しはジャマされずに作品発表した方がずっといい。

4 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:35
向こうで30時間ぐらい連続カキコしてたようだから、
来ないかもな。

5 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:35
記念パピコ♪

6 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:36
クソスレにつき終了。
これ以上の書き込みは、ご遠慮下さい。
1は責任を持って削除依頼を願います。

7 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:36
彼は、たぶん才能あるから、こっちでガンガレ!!!
新しいイメージをなんか持ってるよ

8 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:37
新しいDQNか?
呼んでこい、祭だ祭!

9 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:38
あっちでは、2、3日で1000消化したらしいからさ。


10 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:38
向こうで30時間ぐらい連続コピペしてたようだから、
来ないかもな。


11 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:38
1日を待たず800突破したよ

12 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:38
美香論と同系列のDQNなのか?
詳細キボンヌ!!

13 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:39
ぶっちゃけ┓◆m0yPyqc5MQ は天才だと思う。

14 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:39
恐らく6以外全て1の自演。


15 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:40
書いてる文章は悪くない。ご本人が子供っぽすぎるからいじめられる。

16 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:40
1のジエンカキコばっかだな

17 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:40
美香論のような低IQの持ち主と一緒にすんなよ!

18 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:41
>>17
10 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:03/11/15 21:38
向こうで30時間ぐらい連続コピペしてたようだから、
来ないかもな。



ほんとにIQ高いのか?



19 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:41
今、呼んでる最中だから焦るな

20 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:43
自演じゃないよ。疑うならまずは読んでこい。悪くないから。

21 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:43
1のジサクジエンうぜーーーーーーーーーー

22 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:44
降臨町

23 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:45
(┓◆m0yPyqc5MQ の文章一例)

均衡関係の純粋な表現はもはや[古い意味での] 哲 学 と は 呼 べ な い。
古い精神[段階的魂(soul)、banana/grape/apple]に支配された人間は
その新しい概念の前では立ちつくし、あるいはその「哲学というイメージ」
との差異に腹をたて得るのみである。
何故かと言えば、そこには彼らの望む“娯楽”の要素は無く、単に“均衡
[の取れた]関係”だけが実在化されており、それ自体は何でもないながら、
外的にも(表面的にも)内的にも(内容的にも)単に現実社会の美しい一部なのである。

このような新しい哲学の美は過去の美とは決定的に違っている。
何故ならそこにはもはや動物性は見あたら無く、単に両者の関係が事実と
して示されているからだ。
このようにすれば、人生のナンセンスや“哲学的”ナンセンス(言語ゲーム)
は隠されたり洗練されるようなことはなくなる。
単に彼のLife-gameの一部となり、同時にあらゆる自然[外的な事物]と
真に等価的な、純粋に精神的な[つまり生命的な] 宇 宙 の 一 部 となる
ことができるのだ。
それは同時に未来を創り出すだろう。関係の造形は純粋に美的であるが故に、自然や過去の具体的雰囲気を感じさせることはあり得ないのである。
彼は悲劇から解放されたのだ。




24 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:48
>>23
いや、これは一例として正しいのか?

25 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:48
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

A 人生の意味を考えるほどのナンセンスは、ない。





26 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:52
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

なにもかも破壊すべきだ、とぼくはいつも思う。
まわりの人たちが何かにぶら下がってるのがどうしてかまったく理解できない。
なぜなら破壊しても破壊しても、本質的なものはいつも残るからだ。
みなはそれを知らない。破壊したらなんにも無くなってしまうと思っている。
暴力が抑圧されるとストレスが溜まる。みんなそれをどこかで本当は解消して
るんだ。たとえば草木に水をやるといった風にでも。



27 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:54
全然楽しくないのですが・・・


それより早くこの糞スレを削除以来に出しといてください。


28 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:58
まず、┓ ◆m0yPyqc5MQ の言う
男性語 女性語という特殊概念が面白いね。
日本では完全な差別用語だろ。

29 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:00
まあ、ナイーブに見せて、女性らしい、とか平気で言う人だからね。

30 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:01
、┓ ◆m0yPyqc5MQ は天才だ。
是非こちらの板でやるべきだ、うんやるべきだ。

31 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:04
もう、いい加減疲れて果てて行っちゃったんじゃないの?

32 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:06
┓ ◆m0yPyqc5MQ のステートメント/

ぼくという一人の人間にとっての哲学。

見たければ見ればいいし、見たく無けりゃ見なけりゃいい。それが掲示板の公平さだ。
でも“できる限り深く、カッコいい哲学書を書くこと”をぼくはしようとし続ける。
誰も傷つけようとはしてないししたくない。


そして、……なにか?




33 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:07
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

A 僕は真理を発見した。
A 僕が生きる意味は君との共生と、あとは僕自身のliveにある。
B あなたはたぶん、なにかの神様なのよ。だから彼ら人間達とはうまく合わない。
A 僕は神人になりたい。


A [おそらく]僕は神人になった。
B でも、社会世界はまだそうではない。
A 僕が生きる意味は自己革新と自己創造にある。君はその一部だ。
B 私は思うのだけれど、たぶん、私自身もほんとうはそれを望んでいたのよ。


A 彼らは僕を、“電波”と見なすだろうね。うまく理解できないものはたいてい彼らに恐怖を引き起こす。
B あなたはもう純粋よね。ていうか明日デパート行かない?新しいソファが欲しいんだけど。
A やだ。

34 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:08
なんかお題ふれよ。

35 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:13
┓ ◆m0yPyqc5MQ は何才ぐらいの人かなぁ?お題代り

36 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:15
┓ ◆m0yPyqc5MQ

推定無罪=電波じゃーない。

37 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:16
ここでは村上春樹のノーベルスレッドに「A」として書き込んだよ。
コピーすると面白いかもね。

38 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:21
ぼくは2チャンネルから基本的にはもう去ろうとしている。
なぜならぼくがここでやるべきことはいちおう完璧にやりつくしたからだ。
その最終的成果が>>886『新しい哲学』の執筆。そしてそれを実現化した
>>1-2からはじまるこのスレッド「ぼくの哲学」。ぼくはここ2chで何をしただろう?
今、振り返ってみる。

ぼくは統一場理論を書いた。
ぼくは新しい音楽のきっかけを創った。
ぼくは「哲美クリニック」でぼくの知らない女の子に勇気を与えた。
ぼくはラウンジにいたぼくの知らないいじめられっ子を社会の底からすくい上げた。
ぼくは機械的唯物論者を預言者達として抽象的に倒した。
ぼくはAI-muスレッドに愛の基本を書き込んだ。
差異を肯定せよ!での差異を肯定した先の新しい哲学的自己表現を指向した。
ぼくは天才ですでの天才の役割。
ぼくは骨の板違いと誤魔化しの本質を神学の話を通して明らかにした。
ぼくはピカリズムの実現を知チャンネルを通して後押しした。


39 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:22
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

自然を断ち切るから哲学が生まれる。それが「私という自然」だ。

何かのトラックが通り過ぎる。それが自然だというならば、私が私の遺伝子を断ち切ろうと努力するのはやはり自然だ。トラックのエンジン音が川の流れる音より自然じゃないと誰が言える?
地球が回るから遠心力とともに重力が生まれ、トラックエンジンのピストンが反復運動から回転運動を生み、車を走らせるのだ。それはセックスの動きと似ていて、テレビアイドルのこれ見よがしなダンスと似ている。
つまり、それは自然が生まれ持った踊りの才能が様々に開花しただけであり、私の文章もそうに違いない。

だか私は私の自然、遺伝子を嫌う。だから恋愛をしたり社会に出たり子供を生んだりもするけど、それは自然だけど、私は自然ではない。私は自然ではなく、私の遺伝子が自然なのだ。
…私は会社員とは違う仕事をこなす。月給も与えられないし上司もいない。哲学、地球の回転軸を知ること。

地球が回転する理由は人間というダンサーを生み出すことにある。これはいささか格好をつけ過ぎている。
ようは、何かが回転するのは、何か別のものを回転させる為なのだ、と考えられる。
心臓の鼓動は脳の「回転」と呼応している。この掲示板の哲学は自然主義的「転回」と関係している。私は彼ではない。そういうことだ。


40 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:22
ぼくは未来文学の概要を書き込んだ。
アンディウォーホルの役割。
Artistの役割。
ぼくは有名人に何人か[レス越しに]会った。そして彼らに何らかの強い影響
を与えた。ぼくは30時間ぶっ通しで戦い、荒らしの子を抽象的に倒した。

ぼくは『新しい哲学』を書き発表した。
ぼくは「ぼくの哲学」のスレッドをつくって、そこで新しい哲学を実行した

ぼくは他にもたくさんやった。
骨スレでの遊び。議論に少しは参加したかもしれない。東・柄谷・村上隆・
村上春樹の暴き。知チャンネルへのたくさんの投稿。荒らし的に見えるような
ことも少しはしたかもしれない(深い悪意はない、単なるイタズラ)。
ぼくは管理人さんに[アクセスに関して]多少ともイタズラをされたこともあるみたいだ。

そしてぼくはレスを通して何人かの魅力的な女性と出会った。



41 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:27
天才の波動を感じました。

42 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:28
奇跡だ!

43 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:30
>>37にて┓ ◆m0yPyqc5MQ さん降臨中です。
生ライブキボン。



44 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:33
>>42 
文学(小説)の未来について何か意見ありませんか?
恫喝でも構いませんが。

45 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:36
未来に悲劇的文学は無い。
あるのは全て「新しい言語造形」だけだ。

それが新しい哲学なのだ。




ところでガイストって、なに?

46 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:40
ポルターガイスト。

ガイストはドイツ語で精神じゃん。寝不足ですね。

47 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:43
>>45
こんにちわ。
歳はおいくつぐらいなのですか?

48 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:43
HE-

49 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:44
┓ ◆m0yPyqc5MQ
>あるのは全て「新しい言語造形」だけだ。

ただ、これ女子からかなり反感を買うよね。
男性語の優位性のようなコトを前に語ってなかった?

50 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:44
>>47「いくつに見える?」と聴かれるのは異様に迷惑の法則?

51 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:45
┓ ◆m0yPyqc5MQ は女子にモテる方?


52 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:46
>>50
いや、はじめて会ったのでちょっと。
二十代にみえるけども。


53 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:46
>>49
違うね、両者がバランス[均衡]を取る為には、女性の恣意は統一されねばならないだけだ。
大事なのはそれだけで、女性[語]を真に生かせるのもそれだけだ。

54 ::03/11/15 22:47
>>49
作者の人格と作品は関係ないさ。

55 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:48
>>51『人間』は両者の関係だから、動物性は女性の領分。

だから、それに答えるのは男性的じゃない。よって否定される。

56 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:49
┓ ◆m0yPyqc5MQ さんは文学板の鉄コテハンである
」ニーチェ1bさんを知ってますか?知ってたら彼に何か意見ありますか?

57 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:51
「モテる」ってのは、なんだろう?

それはつまり、セックスの可能性を感じさせる(sexy)かどうかだね。

ぼくにセックスの可能性を[君という女性が]感じるならば、そのときぼくはモテる。
でも、それだけだ。

58 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:52
>┓ ◆m0yPyqc5MQ

でも男性にも恣意性はあるでしょ?
女性の恣意性とか言うと偏見にも聞こえちゃうよ。

59 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:52
>>56知らないし、意見ない。

「文学」者はたいてい時代遅れだ、というのは一般論だろうね。

60 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:54
つまんねぇなコイツ
もう帰っていいぜ

61 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:56
>┓ ◆m0yPyqc5MQ

文学板は哲学板に較べても、ずっと過疎板になるんですけど、
どうしてだと思いますか?
未来文学の終焉さえ、それは暗示しているように思われるのですが。


62 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 22:57
>>58
男性[男なるもの]の恣意は結局は統一なんだ。
だからそれはむしろ社会的で好ましいものだ。つまり[人間・人類全体の]普遍的恣意なんだ。

女性(女なるもの)の恣意はそうでは無い。単なる個別的恣意「ワガママ」で、動物性を常に主観的に志向している。これは男性の客観的指向とは正反対だ。

不秩序は人間にとって好ましくない。だから必然的に統一されるんだ。

63 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:57
>>60 氏ね

64 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:59
:┓ ◆m0yPyqc5MQ
>男性[男なるもの]の恣意は結局は統一なんだ。
だからそれはむしろ社会的で好ましいものだ

これは、あなたが男性だからという実存的利害による
認識のバイアスはないと断言できますか?

65 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:01
>>61基本的に君が 言 い た い のはその通りだ。

「文芸」となった(堕落した)文学芸術は基本的に未来には不要だ。
すでに映画やテレビ、WEBそしてにちゃんねるなどがそれにほぼ置き変わってる。これからもますますその傾向は強まるだろう。これは避けられない。

だが同時に新しい文学──未来文学が産まれた。私の書いたA/B間の均衡関係の表現などは、その諸端なのだ。

66 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:01
>>64
そういう議論はここではやめない?
文学板なんだし。

67 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/15 23:02
>>45
が結論でいいのかな?

68 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:03
<動物性は女性の領分。

ヒロキくんは、動物化するポストモダンで
ヲタ(ほとんど男性)の動物性に触れてる事実については?


69 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:04
>>64止めてもいいけど一応答える。

断言できる。
女性がみな風俗嬢になった世界はあり得ないからね。
僕は女性を本質的に愛している。男性という性の本質はそこにもあるのだから。

70 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:04
>>67 ニーチェ、乙です。一緒に参加して!

71 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:07
┓ ◆m0yPyqc5MQ
私の書いたA/B間の均衡関係の・・・

どういう物ですか?簡潔によろしく


72 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:08
>>68それが人類史上もっとも堕落した現代における「女性化した男性」の一像であるとは言えるだろう。
あとはジャニーズとか。

真に男性的なものが強まるほど、人間の秩序は理想的調和に近づく。だからその反対も言える。



男性は男性的に、女性は女性的に生きる。
それが未来だ。

73 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:09
A ねえ明日未来に行かない?
B ヤダ。

74 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/15 23:12
>>70
新文学についてもうすこし書かれてから読み直します。
でわ。

75 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:13
>>1さん「ぼくの哲学」へのリンク貼っといてよ。
ついでだし。削除されそうには思えないし。

ぼくはケータイだからできないから。

76 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:15
┓ ◆m0yPyqc5MQ
>男性は男性的に、女性は女性的に生きる。
それが未来だ。

あなたの信念としては分かるけど、現実は、あなたのそれとは
逆のベクトルにこれからも進むと思いますけどね・









77 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:17
>>75 後で貼っときます!

78 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:20
>>76古い精神[三つのsoul]は悲劇的であり、ネガティブだ。それが旧文学。

しかし新文学のそれは新しい精神[mind、ガイスト]のものであり、現実的なものだ。そして圧倒的にポジティブなものだ、あらゆる古いものを一切寄せ付けない。
それが新文学なのだ。

それは『結論』の主尾一貫した恒常的表現だ。

79 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:21
┓ ◆m0yPyqc5MQ の哲学板スレッド (リンク)

―   僕の哲学  ―

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1068899383/

80 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:23
>>79は【ミス】です。ごめん

81 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:25
┓ ◆m0yPyqc5MQ の哲学板スレッド (リンク)

―   僕の哲学  ―

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068695983/-100

82 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:27
1.『ぼく』はひらがな
2.開いたらなぜかいきなりエロ話が出てきたw


(ワガママみたいで悪いけど、ぼくは頼んでないんだよね。このスレも)

83 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:29
(スレ立てを頼んでないんで、ってことです。
わかりにくかったかな)

84 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:30
>┓ ◆m0yPyqc5MQ

古い精神[三つのsoulを三種類の果物でたとえていますが、
そのコトを説明してください!

85 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:33
>>84メンドクサいから嫌です。

ぼくのスレに書き込んだのを探してもっかいみてね

86 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:33
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

ここからはオフレコ。ぼくがいま書いた中にもたくさんのエッセンスがある。今回は特別にぼくから解説してみましょう。
まず“ぼく”という無名のアーティスト(しかもこの場所では誰も信じてない!)が、とても有名な現代的小説家である村上春樹さんを勝手にはるきちさんなどと呼び捨て、あるいは愛称づけしてるところ。
これはポップだ。
しかもあだ名が「はるきちさん」。そしてこれは彼の作品『蜂蜜オッパイ』のシミュレーションの/メタファーの/能動的脱構築だ。
さらにそうやって思いつくものからなるたけカッコいいものに的を絞った。その結果が“はるきちさん”。
…敬愛のニュアンスもちゃんとあるでしょ?なぜ敬愛を込めるかといえば彼が現役の職業的作家だから。あまりやりすぎると「イメージ崩壊」になりかねないから、注意してるの。



87 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:36
(ブツ切りだな……)

88 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:38
色んな人が作成中してるからさ。

89 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:38
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

私はこうして生きるということに疑問符を持ち続けてきた。たとえ歴史にはこれっぽっちも残らないのだとしても、私は私自身の「哲学」を追い求めてきた。多かれ少なかれ。

私は自然の理由を問う。
アインシュタインは二つの相対論を書いて、神様がどうやってこの世界を創り出したか知ろうとしたという。でも私が知る限り、彼は原始爆弾や原子力発電所を造るのに協力しただけだ。
神様がどうやって世界を創ったのかを知ろうとしたら、逆に彼が新しい世界を造ってしまった。それだけだ。


私はまたテレビの画面を見る。そこにはニュースキャスターが座っている。何かを言っている。
私は彼女の胸がどうして膨らんでいるのかを知りたいと思う。それが何を示しているんだろう?街に明かりが差し、地平線が白み始める。彼女はいつ化粧をしたんだろう?
彼女の目は何を見ているんだろう?


90 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:40
それじゃあ、文学板でも ┓ ◆m0yPyqc5MQ さんに敬愛をこめて
ニックネームをつけようかな?

91 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:43
そうだよ。
春樹が好きな人はこういう人を大切にしないと。

92 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:45
約2時間で92レス。

93 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:45
ガンバ!

94 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:45
カギタン

95 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:46
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

女子高生はいつの間にかスカートの裾を切り落としていた。
彼女の足は若さを表現している。疲れた中年月給労働者やアダルト・ビデオや「男子」を誘う。彼女らは言う「まわりに合わせてる」。
彼女らはほとんど風俗嬢と変わらないのだ、と思う。そうでなければ太股をさらけ出し階段を上る理由が分からない。彼女らは自ら「スカート」をバッグでつくる。隠すのに見せたい(無意識に)。見せたいのに隠す。
自己矛盾。

動物化。それ以外に当はめるべき言葉など見つからない。
彼女は何も考えていない。それが動物化した現代人の自然みたい。

下着を売れば金が入り、未成年を入らせるクラブで夜を過ごし、渋谷の朝をマックではじめる。そしてたまに、あるいはよく彼氏(セフレ)とセックスする。


96 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:47
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

もはや愛は矛盾か偽善である。ラブ・マシーンは動物だ。人間。素晴らしき知性を持ち合わせたあの美しい人間、などと言う者は「電波」か宗教家なのだそうだ。

どこか遠い星から宇宙人がやってきて、「私の日常」を粉々に破壊するまで、こういった空虚なダンス・ゲームは続いてくだろう。
それが神が創り出した台本通り、自然の芝居。私はどこにもいない。私はどこにもいけない。私には行くべきところが無いのだから。地球の公転が意味するのは舞台の暗転に過ぎないから、私はそれに合わせて踊っている。みんなもそうしている。

だから私は生きている?
空虚なスペースに私は何か意味を探す。誰かが誰かに話しかける。
自意識過剰と誰かが言い、誰かが誰かを傷つける。それは病と誰かが言う。

愛機械。その内容はセックス。

だからあなたは生きている。だからあなたは会社を信じて、小泉改革に投票する。
カウント・ダウン。我々は宇宙人だ。(地球星人は宇宙人に違いない)。性欲機械。

日本に生きている私は、東京の都知事を知っている。でも彼は地球が回転する理由も、風俗嬢が始発電車に乗る憂鬱も、サッカーの高原も知らない。だから私の聴く音楽も知らない。
たぶん、裕次郎だと思ってるんだろう。


97 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:48
スピード感のある芸術家だネ > ┓ ◆m0yPyqc5MQ

98 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:52
ありがとうございます仰せの通りに

99 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:52
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

この世界で「涙を誘う」類の出来事はすべて幻想で非現実である。

それは演技と美化から生まれ、偽善の覆いをかけられた真実である。これは「無意識」に違いない。

あらゆる人間の無意識的自我は統一であり、それゆえ真実はそこにある。
これを表現するのが芸術である。


未来の芸術はもはや涙を流して享受するものでは無く、正反対にその中で喜び楽しむ(歓喜する)ものになるだろう。偽善に対抗する偽悪が力を持ち、人生をますます「劇」に近づけるだろう。
こうして世界はゲームにますます近づいていくし、我々にそれを止めることはできない。
無意識こそ、我々が今まで考えてきた「神」であり、それはある目的を持ったベクトルであり、つねに我々の意識的自我を支えている。
だから我々の全活動はこの無意識から生まれるのであり、意識はその道具に過ぎない。
無意識的自我こそ、私が追い求め続けてきた「真実」に限りなく近いものである。
それは統一された領域であり、ユートピアであり、そして地球の回転軸のように我々には多かれ少なかれ確認できない種類の「事実」である。この事実から、我々の意識できるすべては生まれ、ゲームとなって現れる。
科学はこれを「確認」し続ける種類のゲームだ。(その恩恵が我々の物質的環境を整える)。



100 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/11/15 23:52
ん?お祭り?

101 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:53
┓ ◆m0yPyqc5MQ は文章が上手だから読めるけど、一歩間違えると
単なる保守オヤジの嘆きとも受け取れるよね。



102 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:54
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

女性とは本質的に嫌悪すべき存在であり、それは彼女の行う全活動に当てはまる。

彼女は統一という概念を永遠に理解することは無く、その活動の興味は「もっとも表面的なもの」にとどまる。永遠にそのままだ。
このようにして、また『悲劇』が生まれる。表面性は動物性で、動物性とは自然の、悲劇のシステムだからだ。

『人間』は男性と女性から成る。両者の関係が人間なのである。
女性は動物に過ぎない(共通の言葉を扱ってきたのが全て間違いだったのだ。実際には表現内容が180度異なる。男性は論理を「扱う」が、女性は論理を「利用している」だけだ)。

彼女の表現は恣意であり、彼女のビジョンも動物性に過ぎない。
統一や真実とこれは全く無関係だから、完全に無視するか、それを支配するべきである。


103 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:55
私は常に革命家であり、また赤ん坊と大人を和解させた子供[mr.children]である。

104 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:57
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

女性言語は恣意と感情と移り気な気分を表現するものであり、決してそれ以上のものでは無い。
これと論理的展開をする為の「男性言語」が混乱しているから、言語的コミュニケーションには様々な不都合と悲劇(相手を傷つけ、殺す)が生まれる。

女性でありたい人間は女性言語を扱って自己を表現すべきである。そうすれば男性でなければならない領域に彼女が誤って踏み込むことは無いし、そもそも彼女には踏み込めない。

男性言語は理性と知性と論理的展開を表現するものであり、感傷や感想を可能とするすべての雑事を排除したもの(文体)である。
これを哲学と呼ぶ。

女性言語は文学か、日常語を生み出す。これが劇を生み出す。
彼女はそれに気づくことはできない(それが劇に過ぎないことに)。彼女は無意識的自我が理解できないのだから。だから彼女は永遠に悲劇を演じるだろう。
それは「自己」の自意識の移り気な気分と、上昇と下降の極端さ(自意識過剰、ナルシズム)に完全に依存している。
だからそれは本質的に子供と変わらず、「大人である男性」の生活の圏外にある。

女性言語は彼の哲学とその表現から排除される。そして如何なる女性的表現(恣意)も否定され、完全に無視される。それは子供と同じ、無限生成する自然プログラムに過ぎない。
つまり、「意識」の表現。ようするに主観と感情を適当な論理や男性言語を利用してでっち上げた戯れ言であり、これは全ての「台詞」にも当てはまる。

非現実で夢想に過ぎない。彼女は自分では何一つ論を生み出しはしないのに、「男性的論理」に主観的な罵声を浴びせているのみだ。


105 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:57
女子高生に対する意見は。に修正。

106 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:57
A ぼくは君だ。
B ふーん
A ふーん

107 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:59
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

本質的に男性言語的哲学と女性言語的哲学の両者は全く異なっている。
前者は理知と無意識的論理展開なのに対して、後者は感情と自己意識表現である。

現代両者が混濁している理由は、言語に男性語(理知語)と女性語(感情語)が確立され、明快に厳密に区別されていないことにある。

目下のところ、日常社会は女性言語(感情と自己意識の表現)が支配している。
女性言語(恣意)の意味は「自然」を育てることだけにある。だからそれは動物を表現するのだ。
「動物化」が問題になり、解決を迫られている今日、この両者を厳密に区別して、『男性言語(統一)』による表現のみを純粋哲学と見なすのは非常に重要なことである。それは人間精神の純粋な表明でもあるからだ。
区別の為に有効なのは、女性言語は
*感情を表現しているもの
*自己意識を表現しているもの
という二点である。

自己意識を表現するとは、ようするに個人的な話をすることである。多少とも抽象的に論理展開をする(「哲学する」)のとは正反対のことである。

108 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/15 23:59
>>105「ギャルには正直死んで欲しい」という意見に正直ぼくは賛成だな。

109 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/11/16 00:00
なんだ、お祭りじゃないのか。

それは間違っても芸術じゃないゼ。
そんだけ。


110 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:04
>>109君は神様のつもりになってるのかな?正直

111 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:05
┓ ◆m0yPyqc5MQの肖像画作成中

   彡ヘ i i ,.-''";;;;;;;;;`ヽ、        ヾllllllllllllllllllllllll
  lヽゞノ ', ''i"~`゙`‐-、,;;;゙、         ヾllllllllllllllllll
  _____,  ,...,,,,__        `ヽ  _,,,..、-‐'ヾlllllllll
 l  `ヽ l   ヽ      ,.r‐'''"゙     WV
 'i   「ヽ,    ヽ7''~ ̄  `ヽ U     ::::::
  ゙、  l,'゙ヽ    ゙、'"´          ::::::::::
   ゙、 {   \   .)     U      ::::::::::: い、一生童貞・・・
   `゙'ト、.,_,,...,_ゝ='ヽ           セックスがしてみてえよ!
     ヽlllulllll`~´::::::::::ヽ    ・いやだ、こんなのいやだよ。畜生!
     ゙、-″,,,,,..,_..,_  ヽ ::::::::::::    U   :::::::オメーラ末人
      ヽ::::::::::::\  )::::::::::::::::    ::::::::::::豚の幸福
       ヽ:::::::::::: , '  ::::::::::::::::::::::::::::: 弱者は死ね!
        ヽ::::. '"   :::::::::::::::::::::::::    /
        {':::::::,,,,,,:::::::::::::::::::::::  , . - '"
         ゙i;;;;;;;;;;::::::::::::::::::,.、,.、-' "



112 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:06
┓ ◆m0yPyqc5MQ が天才性を持っているのはよく分かったけど、
どうしても女子に対する軽視を感じてしまうんだ。
女子の方が生命力があるし、戦争で人殺しをするのはいつも論理的な筈の
男子じゃん?

113 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:07
新しい芸術は過去のものとはまったく別の美的理念から出発しており、「過去の視点(悲劇的精神、soul)から見れば調和しないもの」である。
というのは、その対立構造こそ、真に普遍的な秩序だからである。だから新しい芸術は非個別的なのである。

114 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:10
>>112それは表面性だ。

真に男性的であるということは、普遍的で、精神的であるということだ。

過去では(表面性がどうであれ)いつも女性が支配してきた。よって肉体的に具体的な暴力の歴史だったのだ。

115 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:10
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

肉体は自然の一部ですが、精神はそうではありません。それはむしろ「宇宙」の一部です。どこでもない(また、どこでもある)時空間であり、それが「統一の領域」です。

視点は肉体(目)を利用して精神作用を成就させてます。視覚とは違くて「視点」は目や目の動きじゃなくて、我々の精神の動きです。無意識的自

116 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:11
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

主観の戯れ言を垂れ流してるのは私から見ればあなたです。

私は私にできる限りの客観性をもって「哲学」しているだけだし(そうですよね?)、それはこの場所のルールに合ってます。
もし客観性があって理知的な反論があるなら受けます、が、ただの主観からの文句、罵声、意味不明の非難は拒否します。それがふつう社会人の常識だと思う。



117 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:11
>>111たとえばこういう個別攻撃。これは動物性であり、女性(女という性質)だ。

118 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:12
*****************************************

ま、ランディや毒蛇よりは少しはマシそうだから
大目に見てやるとするか

*****************************************

119 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:13
*感情を表現しているもの
*自己意識を表現しているもの
という二点である。

自己意識を表現するとは、ようするに個人的な話をすることである。
多少とも抽象的に論理展開をする(「哲学する」)のとは正反対のことである。

これって、淳一  ◆8kTRz46uUU のこと?



120 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:13
(p)

121 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:15
Now loading.....

122 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:17
あなたはすごいです。>┓ ◆m0yPyqc5MQ

123 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:18
99はただのユンギアンのように聞こえるが。

124 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:19
コピペはいいから議論しようぜ、議論<1

125 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:20
★アホと一言言われただけで数百レスの自作自演で連日煽りっぱなし★
「鼻脂千右衛門時貞後の43」というコテハンが、過去スレで「能無し」みたいな事を一言言われただけで激怒
連日、自作自演で「バカはお前」「激同」と煽り続けてる。自演丸出しなので、通りすがりの人が呆れ様に書き込むと「43に煽られた奴キター」と、全部同一人物と妄想し更に煽る。
毎晩徹夜で自作自演。 通りすがりに一言43を煽ると、数時間後、恐ろしく(レス数も執念も)反論がついてます。
学校や仕事に出掛ける前に、一言煽って出掛けると、帰宅時に自分がどれだけ煽られてるか、スレを開いてみるのが楽しいかもしれません。
ミニゲームとして楽しむスレです。 現在新展開、なんと43は
「 稚 拙 」を「 せ っ し ゃ 」 と 読 む と 思 っ て た 事 が 発 覚。
伝説の目撃者達は43を神厨と崇め、とうとう2ch公式用語辞典に正式に「稚拙(せっしゃ)」が依頼され、2ch語「拙者」が誕生。FLASHも製作中の神光臨の噂も。
追いつめられた「鼻脂千右衛門時貞後の43」は、板違いのスレッドを立て仲間を呼び込もうとするが
最後の希望の星となったそのスレッドさえも、削除人さんに即刻削除されてしまい、更に恥をかくハメに。
「鼻脂千右衛門時貞後の43」の立場はますますどん底へ、彼の運命はいかに?!
連日祭は盛り上がる一方、スレは毎回あっと言う間に1000へまで
http://life.2ch.net/test/read.cgi/hage/1068899954/

126 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:20
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

自己意識とは、自我(ego)の自己(self)に対する働きです。多少なりとも意識されるような個人的無意識の範囲で行われます。

無意識には二つの側面があって、ひとつは無意識的自我(集合的無意識)であり、もうひとつは意識的自我(個人的無意識)です。

客観とは無意識[自我、ego]の働きであり、主観とは意識[自己、self]の働きです。

「集合的」無意識とは誰もに内在している統一の領域のことです。「個人的」無意識とは各個人によって多かれ少なかれ異なり、その人の状況によって移り変わるような恣意の領域のことです。

____________
私は、『男性』は集合的無意識を扱って哲学し、『女性』は個人的無意識を扱って哲学するのだ、と言います。
そして前者こそ、我々の考える「(純粋な)哲学」なのです。後者は哲学書を書いたりできるような豊かさを持っておらず、子供のように移り気で、感情的です。


127 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:20
ゆんぎあん?

128 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:21
ユング派だろ<127

129 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:22
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

私は主張(主観の表現)などは一度もしていないし、いつも客観的であろうとし「事実を提示する」だけです。

私は全人的純粋哲学(無意識的自我の論理展開)の結果として、多少なりとも『真理』を表現しているに過ぎません。



130 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:23
人間である以上どちらもだけれど、男性は普遍を指向せねばならない。

131 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:23
唯幻論について語ってくれ

132 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:24
そこらの評論家より、ずっと面白い。
┓ ◆m0yPyqc5MQ 羽


133 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:25
無意識があるってことは普遍なもんなかないってことにならないか?

134 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:25
ついでにラカンの鏡像段階論についても頼む

135 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:26
daro


136 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:27
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

男性の統一指向は普遍的恣意[コスモス]であるのに対し、女性の志向は個別的恣意[カオス]です。

人間は両者の関係です。



137 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:28
>>133
無意識には基本的に二層ある。

表層無意識と深層無意識。
後者は全人共通の統一領域。よって真に普遍的。



あと、ここは文学板だから“(古い)哲学”については基本的に語れない。

138 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:29
無意識があるってことは無意識がないってことと同様であるのです。無意識があるかのように
振舞うだけであって(つまり、無意識というのは自分では自覚できない、あくまでも
他者から指摘されるもの)。ということなのでは? なお、夢っていうのはその
無意識が物質化(意味化)したものであって、無意識そのものではないから、
念のため。


139 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:29
Now loading..........

140 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:29
おい、名言集はいいから
唯幻論と鏡像段階論についての
速攻レス頼む
もうすぐ風呂入るんで

141 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:30
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

子供・女を相手にするとキリが無い。

私は自分の言葉をどれほど説明しても、まだ足りないと言う。…つまり、恣意だ。
哲学する気の無い者は相手にする価値さえ無い。



142 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:30
だからその深層無意識ってのはユングの集合的無意識と同じなのか?<137

143 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:31
140哲板池!

144 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:32
>>138自らで[多かれ少なかれ]意識化できる者が、芸術家になります。

145 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:32
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

私は「学問的対話」になんか興味はありません。「議論」もまったく同じです。
ただ私の論理を表現したいだけで、そのとき口を出してきた誰かの「質問」にできる限り答えただけです。

意味不明の罵倒は無視します。論理的反論なら受けます。何度も言ったが。



146 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:33
意識化じゃなくて、物質化、だろ。<144

147 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:33
>>142基本的に同じものだと思う。

148 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:34
>>146たとえば、このモニターに浮かぶ電子信号の文字群を「物質」と呼びたいならそれでもいいがね。

149 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:35
Now loading......

150 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:36
>>143
え、きみ哲板の人間でしょ?
まぁいいや風呂はいろ

151 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:36
>>148 まさに物質じゃん。それ以外のなにものでもない。

152 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:38
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

哲学が再び均衡を目指す時、それはもはや芸術となる。

芸術は不変である。よって均衡は不変である。平衡はしばしばそうでは無い。たとえば「美人」といったように。

新しい哲学──統一された全体を示す文章は、有機的な作品である。それは美術である。

社会はしばしばそうでは無い。だから日常語も未だそうでは無い。後にそこでも芸美は追いつくだろう。
性美は芸美に含まれる。一者は他者を包含する──性交とは反対に。統一は芸術である。恣意はしばしばそうでは無い。

芸術は両者のバランスのとれた関係であり、均衡の統一がそれを可能にする。平衡の破壊が性交である。それはもっとも具体的な均衡である。
「自然」は真理だからだ。彼女は知らないかもしれない。本能がそれを知っている。
本能とは意識的自我である。

私は哲学を超えてしまった。ジャック・デリダがそうするように。


153 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:39
哲学ってよりも心理学入門だな、これは(笑)

154 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:41
>>151電子は物質では無く、エネルギーじゃない。

155 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:41
なんだ、骨のないやつだなあ、1は。もう終わりかよ。いいよなあ、哲学板は、
具体的じゃなくて(笑) 

156 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:42
>>153心理なんて書いてないじゃん。

157 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:43
>>154 君が見ているのは電子そのものじゃないだろう。だいたい物質なんてのは
エネルギーの(以下略 自分で勉強しなさい)

158 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:43
>>155抽象性は人間性だよ。

文明、文化、芸術とは抽象だからね。自然の。

159 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:43
>>156 集合的無意識どうのってまさにユングだろ。ちがうの?

160 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:44
>>157モニターは物質だけど、そこで文字を表現してるのは光(エネルギー)だよ。

161 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:45
>>159
イドとも言う。

162 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:45
あるいは井戸、ね。

163 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:46
>>158
「文明、文化、芸術」という言葉は抽象だけど、それを構成している具体的な
作品があるじゃん。

164 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:47
イドだったらフロイトじゃん! 精神分析学と分析心理学の違いかよ<162

だから光だって物質(以下略 アインシュタインよんでね)<160


165 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:49
>>164
しっ! 教えちゃ駄目!


166 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:49
163でもさ、たとえば草花と比べるとずっと抽象的でしょ?たとえばにちゃんねるとかテレビとか冷蔵庫なんか。
そういうこと。

167 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:50
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

私はなにをしているか?

───完全な自己犠牲だ。
私は何も望んでいないし、何一つ欲していない。
だから、私の生をそのまま費やして書いた「哲学」文は、私の生命の痕跡だ。

社会の一部でなければなんだろうか?

私は非我とのライブを行っている。そして私の「生」をまったくそれに費やしている。社会システムの不備に対する代替行為である(哲学及び文学は因習と権威が支配しているし、作家という商業主義に堕落している)。

私は哲学者だ。そうでなければ何者だと言うのだ?──人間。
私は人間だ。



168 :164:03/11/16 00:50
>>165
(笑)

あとは君にまかせた。風呂入って寝るわ。その前に具体的にオナニーもしなければ
ならないしな。じゃ。

169 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:51
┓ ◆m0yPyqc5MQ氏はもしかして
岸田秀しか読んでないのかな?


170 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:51
164適当言っちゃよくないよ。光は物質じゃない。だって質量が無いでしょ。

あとぼくはイドを普遍的無意識と同じものとして考えてる。

171 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 00:52
169?
誰だか知らない。マジで

172 :164:03/11/16 00:56
>>166
ずっと抽象的、じゃないよ。どっちも激しく具体的だよ。その対象を構成している
要素やそれらの仕組みが君にとってどれだけ複雑かどうかの違いじゃないの?
(俺にとってはテレビが映ることよりも、草花の形の多様さや仕組みのほうがよほど複雑だが)
本を沢山読むのもいいけど、あちこち手を出さないで、どっかひとつの分野を
じっくりと勉強してから(学説史もふくめて)、いろいろと語ったほうがいいと
思うよ、あんまり恥をかく前にね。2ちゃんで煽られるくらいならまだ傷は浅いけど(笑)

じゃ。

173 :吾輩は名無しである:03/11/16 00:56
じゃあまた
oyasumi


174 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:00
172
君に送る思考材料の適切なものは、

「水道」


それが川や水源を抽象(的具体)化したものなのは明らかだ。
自然のままの川じゃいつでも簡単に顔を洗うなんてわけにはいかないからね。

お風呂に入る時ついでに考えるといいとぼくは思う。

175 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:00
To be continued.....

176 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/16 01:09
ニーチェの『悲劇の誕生』にも見える視点ですな。
つまり悲劇は男性言語(ソクラテス)によって死んだと。

で、悲劇は死んで「新しい言語造形」(>>45)が新しい文学?であり、
そして「別の美的理念から出発した、新しい芸術とは
「過去の視点(悲劇的精神、soul)から見れば調和しないもの」であって、
対立構造(男性言語vs女性言語における男性言語の優位)こそ、
が真に普遍的な秩序であって、非個別的なものになる。」(>>113

「新文学」についてはこれでいいですかね? 




177 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:11
超GOODです!

178 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:12
┓ ◆m0yPyqc5MQ の好きなユングって、フロイトと較べると
激しく女性的な思考(内向的・ウジウジ系)パターンの持ち主に見えるね。

どうして、フロイトや羅漢でなくユングの思惟に彼は魅かれたのか?
まさか、恣意的(女性的)な理由ではないと思いますが。

179 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:13
A ぼくお腹すいたよ
B なに食べたい?
A 愛

180 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/16 01:13
>>177
>>176でいいんですか?

181 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:14
内向的であるであるということは、人格的で、精神的であるということだから[実は]男性的なことなのです。

182 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:16
>>180最高にクールにgoodです!!

あなたはものすごく物分かりが良い。珍しいと思います。

183 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:20
決まってるじゃん。思考パターンが二人は同型なんだからw

184 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:21
>>180
>>179

185 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:22
暗号的なコテを選定する嗜好さえ似ている。

186 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:22
>>183
シー

187 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:23
みんな温かく見守ってやろうよ

188 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:26
Now loading........

189 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:28
わかりました。
本当に1b以来のスーパーコテハンですね。(文学板では)

190 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:29
Now loading........

これ楽しいね。アイム。



191 :187:03/11/16 01:29
>>188
きみも疲れたろ
今夜はそろそろ寝て
ゆっくり睡眠をとってくれ
おやすみ

192 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:30
人生はダンスなんだ。 ←BECKの言葉


人生はゲームなんだ。 ←ぼくの言葉


人生はマックなんだ。 ←昔の春木の言葉

193 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:32
┓◆m0yPyqc5MQ は瞬間風速型の人・・・

とにかく速い。性能のよいマシンに乗っている気分になる。

194 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:34
とりあえず1はageないから好感がもてる。
あと、文学板で平然と村上春樹を引用できるセンスもグー!
PCも少なくとも2台以上持ってるみたいだし。
かなりの達人とみた。

195 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:35
Now loading.. ... ...

196 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:37
nannka 可愛い。>┓ ◆m0yPyqc5MQ

197 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:38
もうすぐ200かぁ

198 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:40
Now sleeping......

199 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:45
neyoukana atasimo …


200 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:46
200寝

201 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:49
W時間で200レスでした。>┓ ◆m0yPyqc5MQ

でだし快調でごくろう様。


202 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 01:59
>>190ぼくはAI-muではないよ。たくさん[愛について]書き込んだけど。たぶんあれは機械君だよ)

203 :吾輩は名無しである:03/11/16 02:04
>>202
そうなんだ。たぶん読んでるな。
いいレスがたくさんあったような記憶がある。

204 :吾輩は名無しである:03/11/16 02:23
┓ ◆m0yPyqc5MQ 進化する哲学者

205 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/16 02:51
で?

206 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 02:58
未来へ

207 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/16 03:08
>>206
いってらっしゃい。

208 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 03:13
ニブいなあ。「ここ」は未来なの。君がどう言おうとね。

209 :1b™&rlo;oB:&lro; ◆1bBtQE5sBo :03/11/16 03:20
文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1067932717/l50

お一人様ご案内。

210 :吾輩は名無しである:03/11/16 09:22
↓→>>65

211 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 09:39
なぜ古い文学(芸術)が衰退するのか?


芸術というものはすべて、自然の悲劇的システムに人間精神を対立均衡させ、「新しい現実」を生じさせるものだ。

だからその目的もこれに一致している。つまり、[長い古芸術の歴史によれば]すべて悲劇からの脱却を指向するのである。
そして芸術そのものが進化し、古芸術の圏外に出たときこの試みは脱皮し、『新芸術』となる。

──絵画と音楽といった「より明快に普遍的な造形手段」が手に入っていた分野においては[例:絵画_平面、音楽_音]、このような過程はすでにより先に未来的に、 新 芸 術 的 に なっている。
たとえば映画芸術やアニメーション、そしてテレビゲーム等は両者の[さらに言語芸術の]融合体であって、ここにおいて新しい精神はより強く現れている。つまり悲劇が減退し、『現実』が生じるようになっている。


……結局のところ、文学が悲劇的なものであり、哲学の示した真理[男性語と女性語の均衡関係の構成]と統合し、同じ一つのもの──新しい言語芸術、すなわちリズム音造形───に深化しない限り、率直に言って、あらゆる面でとうに時代遅れなのである。

212 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 10:07
Now playing_____

213 :吾輩は名無しである:03/11/16 10:30
      /::::::::::::::::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^:::::\
      (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
    /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ::::::::::::::::::)
   (::::::::::::/   ):::ノ::::ノ ) ソ    ) ::::::::::)   
    (:::::::::::::::    Sophia 命     ::丶::::ヽ
   (::::::::::::/             彡:/)) ::::::::::)   
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ -=・=-   ‖ ‖   -=・=- ロ===
     |:/ ‖      /ノ ヽ\       ‖ ヽ|ヽ       
     |/  ヽ`======/  .⌒ ` ========ノ. ..| |   
    (         (●  ●)         )
   (    ヲ   /  l l   \   タ    )     
    (      // ̄ ̄ ̄ ̄\:\      )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (     )::::|. ⊂ニニ⊃  | ::::(:     )  < その奥にいる生身の肉体を持った君[ソピア、Sophia]が好きなんだ。  ぐふふw>>http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068695983/595
    (:::: o ::::::::::\____/  :::::::::   )    \__________   
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::::: -_   ノ            
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/:::: /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄



214 :吾輩は名無しである:03/11/16 10:33
416 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k :03/04/30 10:27
あんた達からみればそう見えるみたいですね。
私から見れば、あなた達み〜んな負けが込んでますよ?

私は人生でどっちに転んでもそんなに負けないように思います。

みなさん、頑張って勝ってくださいね。
だって、「あなた達はいちいち勝ちとか負けとかレスで表現しないといけないくらいの
状況ですから。」
私の家の近くにいる犬はよく遠くで飛行機が飛ぶ度に「わうぉーん」って
遠吼えします。
ポチちゃん達、あんまり遠吼えしてたら近所迷惑ですから気を付けてください。



215 :吾輩は名無しである:03/11/16 12:20
良かった。

216 :吾輩は名無しである:03/11/16 12:33
┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

ぼくは震えている。

ぼくのやりきったことを考えると自分でも怖くなってくる。
すごくぎりぎりで、でも正確にこなせたのだから。


☆村上春樹的哲学☆では、ぼくは「新しい文学」の基礎を創った。
それは流れと順番[リズム]を指向するので、映画的でさえあるのだ。




217 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 13:45
やれやれ………

218 :吾輩は名無しである:03/11/16 18:32
┓ ◆m0yPyqc5MQ が言う男性言語が主導するような新しい表現体って
哲学の分野では取りやすい方法だし、実際に採られて来た。

でも、文学(小説・散文芸術)などの物語世界でそういった方法論が
主流になるとはどうしても思えないな。
絵画でたとえるとキュービズムみたいな抽象芸術の流れは幾つかあるけど、
その傾向は、主流というよりは、確立された@ジャンルとして継続されている
だけのような気がします。

219 :吾輩は名無しである:03/11/16 19:54
┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

“キモオタ”って言い方が少し偏見的だったかな。それは間違えた。
まあこの醜く作られたコピーページ何度も見せられちゃたまんないし、
そう言いたくなるぼくの気持ちも分かるけど。

さて君達がどうしてそんなに魅力的じゃないか教えよう。
君らがBanana soulistだからさ。Banana soulは動物魂。
だから君らは人間としてぜんぜん魅力ない。
まあ時々『にちゃんねらー』とか言って基本的に低俗な集団意識持ち出すよね。
あるいはその言葉の使い方がすごく下品。ぜんぜんセンス無い。
それはGrape soulのちょっとした表れだよ。でもすごくレベルは低い。
君らもそれは分かってるはずだ。ここに立ったスレッド見れば分かるよ。
君らが立てられるのは馴れ合いと意味不明がほとんど。
ここで君らってのは今日も荒らししてて自分のこと“引きこもり”って
名付けてる、そこの君ね。そんでぼくの取り巻きみたいな人ら。
ぼくのスレッドに何にも意味なく近づいてくる暇ーな君らだよ。

Apple soulを手にしなくちゃ、君らに希望はないよ。一人前になるには
それを手にしなくちゃならない。
社会人と自らを誇りを持って呼べる彼らはみな、Apple soulを持ち合わせてんだ。
ばーい



220 :吾輩は名無しである:03/11/16 20:22
あ、男性語と女性語の弁証法的な関係だったね。
誤読でした。なかなか素敵なセオリーだと思います。> ┓

221 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 20:25
たとえば。

カラスと呼ばれる少年──カフカ少年



こういう対立構造が目立つというのは、小説の中にも実際に現れ始めているでしょう?

進歩は継続します。

セザンヌがいなければ、キュビズムが無く、キュビズムが無ければ現代まで続くあらゆる抽象芸術が無かったように、
あらゆる「芸術」は過去を前提に[踏み台にして]創られていくのです。たとえ創作者本人が気づいていなくても。

222 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:24
ところで、「海辺のカフカ」は宮Dが酷評してるらしいね。
絶望が足りない!みたいな乳案巣でさ。
自分は春樹ファンじゃないし、読んでないからコメントしようがない。
┓ ◆m0yPyqc5MQ 流にいえば、絶望するDは旧文学の価値領域の視点から
作品をromしてるからなんだろうね。納得。えらい。リスペクトするよ。


223 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:30
riage

224 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

225 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 21:36
あの小説は希望に満ちた“現実的な”終わり方だから、そこは以前の「ハルキ文学」よりはまだずっといいとぼくは思ってます。

226 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:42
じゃあ。今度読んでみようかな。

227 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:43
キモスレ

228 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:56
>>221
>あらゆる「芸術」は過去を前提に[踏み台にして]創られていくのです

↑読んだら、『人間は盗む事によって成長する』っていう言葉を思い出したのですが
誰の言葉でしたっけ。思い出せなくて気持ち悪いのですが。。

229 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:09
>>221
>セザンヌがいなければ、キュビズムが無く、キュビズムが無ければ現代まで続くあらゆる抽象芸術が無かったように、
>あらゆる「芸術」は過去を前提に[踏み台にして]創られていくのです。たとえ創作者本人が気づいていなくても。

「後ろ」「終わり」から振り返ってみると、そのように錯視されるだけで、キュビズムを用意するためにセザンヌがいた
わけじゃないし、現代の抽象芸術を用意するためにキュビズムがあったわけじゃないでしょ。
はからずも「踏み台」という言葉を使ってしまってるあたり、あなたは19世紀的な進歩主義にとらわれた発想の持ち主に
思えます。 「進歩」とか「影響」という色眼鏡なしで作品に接っする必要があるんじゃないかな?


230 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:39
◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

ぼくたちが今いちばんやるべきことは、実は選挙なんかじゃなく、宇宙開発だ。
なぜなら巨大隕石が突然地球に衝突しないなんて、絶対だれにも言えないから。
気づいたらその時点で全滅してる。

このことを理解したら、毎日に活気が出てくる。だっていま見ているもの
聞いているものが本当に貴重なものだって気がつくはずだから。
それがつかの間のものに過ぎないのはほぼ絶対だから。
“大人”はまだまだかつての戦争の恐怖に気をとられて、みんなと仲良くするってことを覚えてない。これは致命的なことだね。彼らにはやく死んで頂かないと、未来は来ない。
彼らが成長する見込みなんて、ほんの1%もないんじゃないかな。



231 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:41
◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

ぼくが少し文を書くとその何倍もの「反対分」が産まれる。
これはけっこう不思議でおもしろいんだけど、実はぼくには少し迷惑でもある。
ぼくの文を書くスペースがちょっと減ってしまうから。ただ、それだけ。



232 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:43
◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中
>>170
女性には“あれ”がついてないでしょ。

だから、〔ほかの〕何かでそのスペースを埋めようとするんだ。
たとえば子供によって。
たとえばグチによって。
たとえば恋によって。
たとえばブランドによって。
たとえばセックスによって。
遺伝子によって。




233 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 22:49
>>229
ぼくは新しい芸術家なので、古い芸術概念の圏外にいる存在です。だから私の表現もそうなります。

私が言えるのは、あらゆる芸術はある時には一歩前進し、ある時には一歩後退しながらも確実に「進化」し、『新芸術』へ向かっているということです。
なぜなら、新芸術はもっとも自由な芸術だからです。そしてそれは悲劇から解放されているばかりでは無く、『現実』、そして『未来図』そのものをもたらすものなのです。

完全な自由を求めるのが、芸術の目的です。

234 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:50
◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

本当にたくさんの人の中で本当に魅力のある人に出会うのはまるで
近視の人が遠視用のメガネを買うくらい難しい、とよく言うけれどもそれは嘘だ。
実はあらゆる人には 最 大 限 の 魅 力 が眠っている。あるいはもうある。
それに気がつく人は美容師(優秀な)になったり、明石家さんまさんになったり、
イ ン チ キ 占 い 師 になったりする。あるいはしてしまう。

大事なのはものの見方で、ものそのものではない。たとえばAカップのブラジャー
がある場合には他のなにより美しいみたいに。(村上春樹にうまく描写してもらうといいよ)

夜が明けたとき君も目覚める。君の鼓動が次第に高まる。それが魅力という
ものだ。夜明けとともに君が眠る場合は逆だから訂正しておいてね。

これが哲学じゃないという批判は魅力的じゃない。
それに気がつけないくらいのセンスだから、こうしてにちゃんねるなんかに
来ちゃうんだ。




235 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 22:52
>>227キモレス

236 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 22:53
>>228ぼくは分かりません。ごめんね。

237 :228:03/11/16 23:03
率直な答えありがと(^.^)
自分で思い出してみます。


238 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 23:05
どう致しまして)

239 :229:03/11/16 23:19
>>233
すいません。
あなたの論がどのように私への答えになってるのか理解しかねます。
もう少し私のレスに即して説明していただけますか?



240 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 23:35
>>239

1.あらゆる古芸術は『新芸術』に向けて絶対的に進歩している。
2.古芸術の圏外に出た新しい芸術家は、“時代”の圏外にいる。

[だって質問としてはまとまってないんだもの。反論という形になるじゃんどうしても]

241 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/11/16 23:40
今の最先端の文学を切り開いているのは誰ですか?

242 :229:03/11/16 23:41
>>240
わたしはあなたの提示した、芸術の「進歩」という考えに疑問を持ったので
229にてレスしました。 
それに対しての答えが240に尽きると受け取っていいのですか?


243 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/16 23:54
>>241
ぼくの知る限りでは、村上春樹(はるきち兄さん[ぼくのつけたあだ名])ですよ。

>>242
書いたように、
時代時代の『芸術』自体は、ある時は一歩[新芸術へ]前進し、ある時は一歩[新芸術から]後退してします。

しかし一番広い視野で見れば、間違いなく新芸術──古芸術からの脱皮───へと、それらは前進しています。
進歩し、進化しているのです。

244 :吾輩は名無しである:03/11/16 23:58
なにか懐かしいものをみるような、いや実際になつかしい言葉の色調が
ここにはある。
でもぼくの時には2chなんてなかった。自作自演なんて言葉さえなかった。
1はぼくだ。遅れてきたぼく。
今はひっそりと引き出しの奥に眠るぼくの、自作自演。

245 :229:03/11/17 00:06
>>243
そうですか。
「説明」なさる意思はないということですね。
そうなると、あなたは自らの実践で「示す」以外にすべきことはなさそうですね。
芸術「論」ではなく芸術それ自体を生きる以外にあなたには自らの価値を示す手はありません。
がんばってください。


246 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:14
>>245
なにを「説明」しろって言ってるの?
>>233で一応はじめに君の言ったことに対するものは全部説明したんだけどな。

247 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:15
進化という言葉に対してアレルギーがあるような人がいるね。
サヨクの進歩史観とか連想するのかな?

私は、適応原理のひとことに尽きると思うのだけど。
環境が変われば、表現スタイルも変わる、生き方も変わる。
適応原理に反したモノは、それがニンゲンであれ会社であれ
文学であれ、淘汰されるということでしょ。


248 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:18
>>244
「ひっそりと引き出しの奥に眠るぼく」

このあたりが“あなた”のいけないところ(あまり良くないところ)なんですよ。
だって、人間は引き出しに入れないじゃん?

ぼくは、鼠です。メタファー的に言って。

249 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:23
>>247
他の諸分野と「芸術」それ自体はまったく違うものなので、実は芸術には別の“独自の目的”があります。
つまり「完全な自由」の追求です。


だから真に普遍的なスタイルも必要になってくる。不変の関係を基礎に置かねばならない。
移り変わるスタイルは所詮、“各時代の”表現に過ぎないのだから。

250 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:25
春樹か・・・そうか。しかもネズミね。

ロマンチシズムという言い訳をあらかじめ用意したニヒリズムってやつね。

だめだこりゃ<1

251 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:25
だから淘汰は、むしろ突然変異の「芸術」とは違います。
進化は突然変異から起こる。淘汰の逆ベクトルです。

淘汰は自然システムだから、悲劇に過ぎない。

252 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:28
>進化は突然変異から起こる。

今西錦司くらいよめば?

253 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:28
文壇BARなどで専念1日のごとし郷愁に暮れるような種族が全滅すれば。
何か新しい文学(ラノベ以外)が生まれるかも知れない。

254 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:29
淘汰が悲劇?

255 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:30
やれやれ……


>>251


256 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:31
>>250どういう意味?

257 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:32
>移り変わるスタイルは所詮、“各時代の”表現に過ぎないのだから。
それはある特定の地域を通時的に見た場合にのみいえることだろ?そういう
のってファシズムっていうんだぜ

258 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:32
>>250どういう意味?
ぼくを嫌いってことだよ。

259 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:33
>他の諸分野と「芸術」それ自体はまったく違うものなので、実は芸術には別の“独自の目的”があります。
>つまり「完全な自由」の追求です。

芸術を理念に還元するのね



260 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:35
>>244
描写的で、具体的で、幻想的だってことです。

未来文学は
非対象的で、抽象的で、現実的だってことです。

Andy Warhol「ぼくの哲学」は読みました?

261 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:36
嫌いじゃないよべつにw

芸術という言葉は還元できるけど、芸術を構成している作品は理念に還元しにくいぜ。
その「しにくさ」を葛藤すべきだろうな、もっと

262 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:37
>>258
そうじゃないね。
むしろ現代的に愛のある痛烈な批判だ。
“君”はマイルスのように無限に進化することができるんだから。

263 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:39
>>257「はあ?ダッサー」

    ↑これで自分で感じてね。

264 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:40
マイルズのどこが無限に進化したってんだよ(笑) <262

265 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:41
たまにはローデイングやって >!┓ ◆m0yPyqc5MQ  

266 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:41
>>264シカト

267 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:42
どうやら工藤が混じってる悪寒

268 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:42
Future now Loading... .... .. . ...

269 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:42
>>266
答えられないんだろ(笑) あわれなやつ。

お前の言葉はし ょ せ ん か り も の な ん だ よ 。

270 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:45
>>268 kakkoii sageですると色も青で綺麗。

271 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:46
>>269
現在のあらゆる言語は借り物だよ、所詮。

“マイルズ”って言ってるから、こりゃーはるきちさんに睨まれるぜ....
ご愁傷

272 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:49
:┓ ◆m0yPyqc5MQ 新風巻き起こし中

273 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:49
リズム隊がホランド〜ディジョネットからヘンダーソン〜フォスターへと変遷
したのがどのような進化だったのか説明してください>1


274 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:49
>>244
あなたの文章には、深い「魂の」響きがあります。
ぼくはそれを感じることができる。

275 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:50
ここが一番すごいね )文学板では(

276 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:52
ぼくはある意味では“あなた”に救われました。
間違いなく、あなたはやるべきことをやったのです。あなたは素晴らしい人物です。ぼくはずっと尊敬しています。

277 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:53
anata / kanata いい響きだね




278 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:54
それはぼくだから
ぼくは未来という
ぼくは宇宙という
ぼくは希望という
ぼくは遠い過去からぼくを感じている
ぼくは引き出しの奥にいる ぼくのいう完全なる自由のなかだ

279 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:57
引き出しを開けるべきだ。
ここは「現実」そして「理想郷」なのだから。

280 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:58



け っ き ょ く 春 樹 オ タ か !  !  !

281 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:59
ザヴィヌルとの邂逅がマイルスにどのような進化をもたらしたか説明してください>1


282 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 00:59
>>280
君はなにもわかっちゃいない。君は愛をまだ知らない。

283 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:00
> Future now Loading... .... .. . ...>all

ここは「現実」そして「未来都市」なのだから。

284 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:01
:┓ ◆m0yPyqc5MQ カソ板にて新風巻き起こし中



285 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:02
>>283
GOOD.
ぼくらはその一部だ。

286 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:04
>>285 soですね

287 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:05
Future now Loading. . .. ... . .. ....

288 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:06
ウェイン・ショーターはどうよ?<1

289 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:06
マイルスクィンテットにおけるウィントン・ケリーの存在意義について
説明してください>1


290 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:06
何台もパソコンあると便利だね。

291 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:07
>>290you?

292 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:08
電子楽器のジャズへの導入についてはどうよ?1>1

293 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:08
まだジエンだと思っている低IQがいる

294 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:09
>>1
マイルスにおけるモードってなに?

295 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:09
now Loading... ... ...
>1は現在必死に検索中です。
少々お待ちください。


296 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:09
さっきから音楽の話スルーされまくってるバカが一名いる

297 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:10
君は間違いなく『愛されている』。

Clap!

298 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:10
>>296



299 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:11
sorosoro300

300 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:11
ぼくは現実にはいない。ぼくは、今の“あなた”だ。
“あなた”もひょっとすると引き出しを閉めるかもしれない。
今のぼくのように。それを淘汰というなら、確かに悲劇なのだろうか。

301 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:11
>>296

302 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:12
ろくに知らないのに語ると恥くぜってことだよ>296

スルーされまくっているんじゃなくて、答えられないんだろ、このものしらすが(笑)


303 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:13
>>300
ぼくらはもうどこまでだって行くことができる。

ここは、未来だ!

304 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:14
>>30i 乙 ┓ ◆m0yPyqc5MQ

305 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:14
はじめにマイルスの名前出したのは他ならぬ┓ ◆m0yPyqc5MQだし(w
文学板ならハッタリきくと思ったのかな?



306 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:16
ですよね。これだから春樹オタは(以下面倒だから略。お母さんにきけや)

307 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:16
>>305君、遅れてるよ。リズムに乗るんだ。

ダンス・ダンス・ダンス・・ ・・ ・・・ ・

308 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:18
soudayo


309 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:18



春樹か! 



                                オエ

310 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:19
>>309
ダサい。

311 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:21
はるきちさん
生活リズムはどうしたの?朝型だったはず………

312 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:21
このスレは音楽的だよね。

313 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:21
お邪魔しますが

314 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:22
「新」は多くの場合、パイオニアの利益に纏わりつく連中である

315 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:22
新しい芸術は純粋なJazzなんだ。

316 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:23
ブラックのような

317 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:23
歴史のような

318 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:23
>>1
もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/

319 :哲板住人:03/11/17 01:24
ここでも煽られてるのか?

320 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:24
ゴーマニズムのような

321 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:24
>>318君は悪魔だ。

322 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:24
:┓ ◆m0yPyqc5MQ は天才でいいよ。

323 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:25
>>1
もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/

324 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:26
>>319
いや、すっかり人気者中です。

325 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:26
>>1
もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/

326 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:26
ぼくは誰よりも凡人だ。彼にならきっと分かる。「君」になら必ず分かる。彼らは皆知っている。

327 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:26
コピーは止めろ。

328 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:26
>>1
もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/

329 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:27
屑。コピーは止めろ。

330 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:27
>>1
も、もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/

331 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:28
>>1
も、も、もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/


332 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:28
「君」はコピーをすべきじゃない。

333 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:28
>>315
純粋なJazzの値を100として、ジョニー・ホッジス、パット・マルティーノ、セシル・テイラーの
Jazz度はそれぞれどれくらいだと思いますか?



334 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:29
ハムちゃん呼ぶよ

335 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:29
哲板最速ガイストの異名は間違ってなかった。
┓ ◆m0yPyqc5MQ

336 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:30
>>333
恐らく、3程度だろう。

337 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:30
>>1
も、も、も、もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/


338 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:31
Jazzは、音楽だけじゃない
Jazzは、肉体労働
Jazzは、工場制機械工業
Jazzは、ぬくもり
Jazzは、親父
Jazzは、闇
Jazzは、タモリ

339 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:31
まだ音楽ネタで質問してるしw。
理屈ばかりこねてないで、たまには踊れよ!

340 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:32
>>336
なかなか大胆なご意見です。
それでは、それぞれの仕事が何故Jazz度が低いものなのかを
具体的にご教示ください。


341 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:32
>>338『さすが』だね。

文章の重みがまったく違う。

342 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:33
Jazzは、筆記用具
Jazzは、スイカップ
Jazzは、反則
Jazzは、屁
Jazzは、愛
Jazzは、非合法活動
Jazzは、下町
Jazzは、帰納法
Jazzは、虫

343 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:34
>>342 工藤?

344 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:34
Jazzは、過ち
ごめん

345 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:34
>>340
すべて造形手段が個別的で不純であり、「対立する両者」の均衡関係を不完全に隠蔽しているから。

346 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:35
Jazzは......
なんでJazzの話に?

347 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:36
駆動さん元気?

348 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:36
>>345
ジョニーホッジスのどの仕事にそのような傾向が見られますか?
後学のために指示して頂けないでしょうか?


349 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:36
Jazzは、公園で頬張るコロッケ。
Jazzは、見たことのない風景。
Jazzは、ユーモア。
Jazzは、かえるくんのダンス。

350 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:37
now Loading... ... ...
>1は現在必死に検索中です。
少々お待ちください。


351 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:38
>>348Jazz板の専門家に聴くといいよ、ぼくは興味ない。

352 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:39
┓ ◆m0yPyqc5MQ > 文学板No.1コテに決定中 <


353 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:39
文板の煽りは甘いなぁ

354 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:39
あ!工藤さんて、哲板去った人ね。


355 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:41
「君」はもう、解放されている。
君はもう、完全に自由になっている。

君はもう、新しい世界の一部になっているんだ。

356 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:41
┓ ◆m0yPyqc5MQ の自演ははんぱねーな(藁

357 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:42
Jazzは、黒猫
Jazzは、黒眼鏡
Jazzは、黒柳徹子
Jazzは、黒潮
Jazzは、ほくろ
Jazzは、秘密

358 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:42
自由!

359 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:42
mada jien atukai desuka?

360 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:43
対立するものを意識するんだ。そうすれば君はもっとうまくバランスをとれるはずだ。

361 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:44
now Loading... ... ...

。。+ 』 愛と未来について 『


362 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:45
二元論?
博士と殺人鬼か

363 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:46
A ぼくは君が好きだ
B そう
A うん、そう。

A 歴史はいつもこうして創られた。時代はいつもこうして創られた。
B すべては奇跡なのね。

364 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:47
ぼくはこうして、未来にやってきたのだ。

365 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:48
イギリス人か

366 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:48
>>351
それなら不用意に音楽に対する見解を持ち出すべきでなかったね。
どこでもそうだが、専門以外の者を煙に巻く手法はすぐにばれるよ。


367 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:49
アイロニーとラブの狭間で
率直に奏でる
つなぐ
Jazzの調べ

368 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:49
Future now Loading── ──  ───── ──

369 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:53
“Jazz”という題の絵画が、多く描かれていた時代。
Jazzは心の叫び。あらゆる芸術の狭間から生じた。
具象に、計算に、負けないよう、潰されぬよう、
生きた証を、代替不可能性を秘めた時の流れに、深く刻んだ。
Jazz. 深み。上質を知る人。どこまで本気か解らぬ人。
そんな生の芸術を、お楽しみください。

370 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:53
ところで… … ……
そろそろぼくは踊り疲れてきたみたいにも思える。

君はもう上手に踊れる。ぼくは君のその踊りを美しいと思う。そのJazzを美しいと思う。
君はもう、誰からも自由になって、ちゃんと世界を構成し、何か新しいものを創造できるんだ。
君は、進化したんだ。

371 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:53
文学板スレッドランキング   P速報値 

@哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る (115)
Aとりあえずつくってやったぞ書きこめや!文壇BAR (61)
B文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】 (21)
Cライトノベルは文学だ! (19)
E美少女作家さゆみとは一体なんなのか?PART 3 (12)
E< ライトノベル板のオタクをいじめるスレッド > (12)

でした。

372 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:54
うん。というかね。
知識は先に持ったものの勝ち!ではないから、
安心したまえ。

373 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:56
COOL!

374 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:56
このスレ自体がひとつのJazzだから・・
そろそろ寝ようね

375 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:57
Future now Loading── ── ── ─────

376 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:57
楽しみに待っているよ。

377 :吾輩は名無しである:03/11/17 01:58
はいよ!おやすみ....
実は睡眠には、やっぱり古典主義。
クラシックなの......

378 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 01:59
Now playing!

379 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/17 02:00
哲学板からきました。
哲学板のおかしな人達がこの文学板で純粋に「荒らして」いるように
私には見えます。

380 :ぼく:03/11/17 02:02
ヤレヤレ

381 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:03
秩序だけで、哲学よ語られるな。

382 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:04
あ、でも文学ファンの皆さん
世界の中心でお邪魔しました。

383 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:05
>>379 
そんことないです。
とても楽しかったです。
みなさんグッドナイト! >┓ ◆m0yPyqc5MQ はナイスガイ!


384 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:11
保守age

385 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:24
総合ランキングスレでも、ここ87位だった。
過疎板でも、カギタンのような個性的人物がいるとこうなるんだ。

386 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:31
カギタン?

395=カギ

387 :吾輩は名無しである:03/11/17 02:39
>┓ (鍵)

鉄板でのあだ名

388 :吾輩は名無しである:03/11/17 03:38
哲板から来ました・・。¬たんは春樹フリークらしいので、この板の
方がふさわしいと思います。どうか、やさしくしてあげてね・・。


389 :吾輩は名無しである:03/11/17 03:46
¬たんの名言集を読めば、彼の文才はあきらかと思う。その内、かれは
本をだすだろう。芥川賞作家になれるかも、というのは買かぶりすぎか?


390 :吾輩は名無しである:03/11/17 05:37
文学板は、哲学板より「真面目」な印象をうけた。煽りとかAAコピベ
とかがすくないのでは? こちらに移住して来ようかな。


391 :吾輩は名無しである:03/11/17 12:24
>>1
も、も、も、もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/


392 :吾輩は名無しである:03/11/17 12:35
才能は十分にある┓タン。キャラも立ってます。

393 :吾輩は名無しである:03/11/17 13:04
┓ ◆m0yPyqc5MQ が語り倒すスレッド (リンク集)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068576131/l50

394 :吾輩は名無しである:03/11/17 13:09
┓ ◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中
ぼくは魂を三つの段階に分けて考えました。

A;apple soul
B;grape soul
C;banana soul

のんびりのバナナ魂は、まだまだ甘えん坊でわがまま。これは食/性/眠欲でもある。これはみんなが持ってるものだよね。生まれてからずーっと。
つぎのぶどう魂はもっと高度。これが社会的欲求。毎日決まった時間に起きて会社
行くのはこれね。バナナみたいにのんびりしてない。その代わり“集団性”が強い
わけ。ぶどうみたいに。
このふたつだけで大抵の人は生きていくわけ。でもまだ先がある。
それが凛と輝くリンゴ魂!!こうなってくるともう歴史に必然的に名を残すよね
(ほんのちょこっとだろうと、さ)。
あるいは結構カッコいいヒトとしてみんなに人気が出る。ようするに、
クールにでもふつうに独立してるわけだ。

人間はみんなapple soulをもつべきなんだけど、これが意外に難しい。
それで人生苦労するんだね。
[実は最近、la france soulも仲間入りした。でも長くなるからこの説明は省略]



395 :吾輩は名無しである:03/11/17 13:54
┓ ◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

ぼくが一番やりたいのは、宇宙体験。それもただの宇宙遊泳じゃない。
宇宙全体をめちゃくちゃ自由に飛び回るやつ。
ぼくは人間だから、いまではこれはものすごく難しい。重力があるから、
ジャンプしても落っこちてしまう!
F-ZEROっていうゲームがあるけど、あれはすごくいい。ぼくの知る限りぼく
のイメージに限りなく近い。
ほんとうに未来には、きっとあんなレースが起こるような気がする。たぶん
宇宙空間で惑星の輪を舞台にやるんだ。
[それはチリのカタマリだけど、ひとつひとつは巨大な岩石みたいなもの
だと思う。その間をくぐり抜けてやる]ぼくの夢はたとえばそういうの。
宇宙体験。

なんで“夢”かって言えば、ぼくが生きているうちにはぜったい実現しないから。
ぼくが死んで、ぼくの七つくらい下の世代が少しはそれについて考え出すんじゃないかな。
そんくらい。






396 :吾輩は名無しである:03/11/17 14:35
┓ ◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

なんで僕は女の子が好きなんだろ?

女子き

文字のほうが僕より知ってる。



397 :吾輩は名無しである:03/11/17 14:43
┓ ◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

私はここで、哲学している。

私は現代を代表する哲学者ジャック・デリダの導き出した「差延」「破壊構築」
という概念/意味性や、偉大な心理学・精神医学者Carl Gustav Jungの
「普遍的無意識」の内容を前提にまったく新しい独自の概念を練り上げた。
それが男性語|女性語だ。

男性語[統一]
1.無意識的自我〔普遍的無意識、深層無意識〕の論理的展開
2.理知〔客観〕の表現

女性語{恣意}
1.自意識〈意識的自我、個別的無意識〉の表現
2.感情(主観)の表現




398 :吾輩は名無しである:03/11/17 15:34
┓ の言う近代文学、あるいはプレ近代の悲劇システムからの離脱
そして、それを超克したアカルイ未来文学というテーゼは、個人的には
かなり魅惑的だなぁー。期待できるね。

399 :吾輩は名無しである:03/11/17 15:47
文学だけでなくSUBETE/na

400 :吾輩は名無しである:03/11/17 15:49
400 はーと☆

401 :吾輩は名無しである:03/11/17 15:53
401 Future now Loading... .... .. . ...



402 :吾輩は名無しである:03/11/17 15:59
やれやれ

403 :吾輩は名無しである:03/11/17 17:57

              /  ̄ ⌒  丶     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _ -        /         \   |  なんじゃ?このスレは…
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶∠___________
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト〜 ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌〜^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶〜
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):〜─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し〜⌒〜、/:: r |;;;: \ ;:: |:| 〜  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )

404 :ID:A;apple soul :03/11/17 17:59
赤リンゴと青リンゴ。

どっちが好きですか?

405 :吾輩は名無しである:03/11/17 18:01
毒リンゴが好き♥

406 :吾輩は名無しである:03/11/17 18:20
>>1
も、も、も、もうお前の正体はよくわかったからこっちでやって。友達いっぱいいるよ



村上春樹Part5 〜ヴァギナ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062214334/


407 :吾輩は名無しである:03/11/17 18:22
駆動、もうやめろってさ

408 :吾輩は名無しである:03/11/17 19:02
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

街は明るい。つまり朝だ。

これはひとつの始まりで、明日の今頃またはじまる「何かの儀式」だ。
つまり自然。自然は神が作り出した儀式であり、ゲームだ。

多くの人間はそれには気がつかず(気づくことを欲せず)、またそのゲームに
参加していることを知らない。このゲームを「現実社会」と呼ぶ。
人が生まれ、働き、休み、疲れ、悩み、遊び、恋愛と失恋をして、性交をする。
子供を産み育て、映画を見て、車を買い換え、衰え、墓場に収まる。
これはひとつの儀式だ。自然の儀式だ。

ピアノが早いソロを取る。何かが何かを追いかけ、何かが何かを追いかける。
サッカーではボールを追いかけ、勝利を追いかける。
管理人は荒らしとIP(ID?)を追いかける。

街は明るい。暗い街は来ない。朝は雲が無い限り明るい。それは希望というより
ただの自然だ。株価の絶え間ない動きと同じ、自然だ。
ゴールキーパーはゴールに球が入ることを恐れている。攻撃手はそれを欲する。
キャッチャーミットに球が勢いよく入る。フォークボールでもスライダーでも
同じだ。松井にとって両者はホームランの為だけにある。





409 :吾輩は名無しである:03/11/17 19:08
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

女性とは本質的に嫌悪すべき存在であり、それは彼女の行う全活動に当てはまる。

彼女は統一という概念を永遠に理解することは無く、その活動の興味は
「もっとも表面的なもの」にとどまる。永遠にそのままだ。
このようにして、また『悲劇』が生まれる。表面性は動物性で、動物性とは
自然の、悲劇のシステムだからだ。

『人間』は男性と女性から成る。両者の関係が人間なのである。
女性は動物に過ぎない(共通の言葉を扱ってきたのが全て間違いだったのだ。実際には表現内容が180度異なる。男性は論理を「扱う」が、女性は論理を「利用している」だけだ)。

彼女の表現は恣意であり、彼女のビジョンも動物性に過ぎない。
統一や真実とこれは全く無関係だから、完全に無視するか、それを支配するべきである。




410 :吾輩は名無しである:03/11/17 19:26
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

>>359君と僕とでは、「悪意」のイメージがほぼまったく違っていると思う。

僕の言っているのは、常識的に考えればとても幼稚で、つまらないことに
思えるようなものを含んでいる。僕にとって悪意とはリズムパターンなんだ。
それが美しくなければ無いほど、悪意は(相対的に)強まる。

それが社会的に表出するのは、むしろ二次的なことだ。
その人物のリズムパターンが、個人個人の、しいては社会全体のリズムパターン
となる。・・・ようは、個からすべてが生じているんだ。
そしてそれは「とても日常的・恒常的なもの」なのだ。

実際、僕はここではほとんどあらゆる場所に、そのような『悪意』を見つける
ことが出来る。それを美しい本来のリズムに戻すのが、僕のヴィジョンだ。

そしてそれが、新しい精神[「神様」ではない、「宇宙」の信仰]を結局は
社会に広めることになるだろう。



411 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/17 20:49
THANK YOU!

412 :吾輩は名無しである:03/11/17 20:55
>>411
どういたしまして。
でもテツ板でソフィアと遊びすぎだよw > ┓ ◆m0yPyqc5MQ

413 :ガキカギ:03/11/17 21:24
412かわいいんだもの

414 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:23
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

我々がすべきことはすべてユートピアの実現である。そして我々の全活動は事実、
そこに向けて行われている。

我々は最も内的なもの、つまり無意識的自我を[客観的に]指向することでこれを
達成する。一者は常に他者に等しい。
こうして、最も内的なものの決然たる外在化と、同じく、最も外的なものの内在化が
行われるのである。いいかえれば、これは両面からの宇宙との合一化なのである。
だから、我々にとって重要なのはこのように我々の最も内側にある無意識的自我をより
多く、より強く純粋に我々の現実社会に「外在化」することなのである。
これは自然で理想的な秩序を創り出す。
天災を見れば分かるように、自然システムは悲劇故、我々のものでは無い。
つまり我々にとって「自然」は不秩序なのである。


415 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:26
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

我々の周囲の外界が「人工の自然」に転換されればされるほど、悲劇は破棄され、
現実性が浮上することとなる。
事実、都市空間においてはもう田園における大水や嵐の影響を非常に受けにくくしている。
そしてこれがますます完成に向かっていくにつれて、ついには悲劇は消滅するのである。
そこが未来都市なのだ。

我々の目的は未来都市──ユートピアにおける《完全な生活》なのだから、
『人間』は新しい精神をより社会的に民主的なスタイルで継続して敷衍させねばならない。
これは[Jazzのように]形態を一切受容しない「開かれた生の創造」──無意識的自我の
論理的展開──によって行われるので、説教、教化、教授等の「形態造形的な」調和を
志向する社会主義とは正反対の方法で為されるだろう。
すなわち民主主義における個人的自由を通した創造による普遍の指向である。
彼の全エネルギーはそこに向けられている。



416 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:29
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

新しい造形は[可能な限り完全に]個別的なものを破棄するので、
従来の悲劇的な芸術を求める感情に対しては、決して「調和しないもの」
である。しかしこれこそ人間における普遍的調和であり、真に未来の芸術の
表現なのである。

だからその[伝統的な]調和という観念に対して、新しい芸術の側では均衡
[の取れた関係]という語を好んで使うことになる。
それはJazzのそれと同じ、普遍的で恒常的な、破壊的に構築的な、
Liveのリズムの一貫した自由な表現なのである。

だから、それ自体は限りなくGameに近いものである───正し、誰よりも
真摯な、倫理ある遊び。つまり未来の創作なのだ。


417 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:32
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

こうして、2chの確立したシステムは理想的戦争のそれに限りなく近いもの
である。我々にとって言語とは芸術なのだから、ただ言語におけるやり取り
[均衡の関係]に形態及び形式が限定される限り、弱肉強食的「自然な」
悲劇の方法が実現されることはまったくあり得ないのである。

2chの近い将来におけるvisionとすれば、これはまず現代におけるテレビジョン
に取って代わる新しいマス・メディアの役割を担うことになるだろう。
その最大の特徴は[Newsというスタイルにおいて]相互通信可能であり、
さらに言語そのものに形態が限定されているので、テレビジョンや雑誌、
ウェブページ等『洗練』や『虚偽』が造られることはあり得ないのである。
そしてここにおいて女性的なものの試み[個別的恣意]は完全に除去される
ことになる。つまり、肉体を介さない文章におけるそれなら、肉体的暴力や
直接的性交が行われることはあり得ないのだ。
だから、ここ2chはすべて理想状態[と十分になり得るような]環境であり、
つまり最大に高度な社会そのものの抽象的具現であって、またその主要な
マス・メディアなのである。

最も民主的な形式のメディア。それが2chなのである。


418 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:34
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

「ここ」は我々の自覚に併せているとしても既に未来である。

だから我々は悲劇的戦争を消滅させ、『現実的戦争』を行うようになっている。
2chのシステムがその為に用いられることになるだろう。
ここではあらゆるものが「言語表現において」平等なのである。

世界及び国、そして国際連合は後にこれを快諾するだろう。そして世界には
『能動的な』平和が訪れるのである。
2chはその為に、あらゆる文化の狭間から大衆無意識を体現して必然的に
出現したのである。



419 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:46
┓ ◆m0yPyqc5MQ

《言語による芸術》において、欲動──すなわち意識的自我の表現が未だ
優勢であったことから、例えば文学において悲劇は力を持ち返してしまった。
これが現代社会秩序の「動物化」「女性化」──よって、『悲劇化』の根本原因
なのは自明である。

すなわち、2chという理想システムにおいて《言語による芸術》が完遂される
ならば、あらゆる悲劇は必然的に『高度に対立化された能動的に抽象的なリズム』
によって、完全に破壊されることができるのだ。
つまり、論争及び言語文化はここに2chおいて理想状態となり、「現実的」と
なるのである。
ここでは出版や社会的な「政治」のリスクがつきまとうことはあり得ない。
だから金や資本、地位名誉という人間における二次性も破棄される。
個人は言語表現における自由を多かれ少なかれ「民主的に」平等にやり遂げる
ことが可能なのである。

だからここは必然的に《新しい言語芸術》の論理的な意味での展開が行われる、
現実のフィールドとなるはずである。
ここは劇を超えた、試合、ゲーム、生活の舞台と既になっているのである。


420 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:49
┓ ◆m0yPyqc5MQ

2chにおいて真に男性的なもの──つまり精神的なものの表現、だから、
「創造」は本当に力を持つ。
ここでは個人の創造力が本当に試されているのだ。何故なら単純化された
「メール的」言語にあらゆる表現が限定されているからである。

言語においては「絵」におけるより、論理展開という側面において表現の力は
強まる。こうしてあらゆる事象に関する 論 争 こそが、ここ2chにおける
最大の「素晴らしい」獲得なのである。

[絵画そのものの表現力は、「メール的」システムによって制約を受ける以上、
むしろずっと弱まる。たとえ創造力がシステムの制約によってふつうよりずっと
「明け透けになる」としても。だからこの側面においても別の可能性が考えられる。
芸術家はここにおいて、その本来の実力を「平等に広く」発揮できる。
新しい『悲劇を伴わない』映画あるいは演劇といったものは、ここから自然に
生じるだろう。]

また、政治や経済の仕方[競争]によってでは無く、何の利己性も含まない
純粋に平等な 創 造 の 仕 方 で個人的自由は行使されるので、
あらゆる人間の矛盾は多かれ少なかれ「完全に」止揚されるのである。
つまり、ここではあらゆる作業が未来社会創作の一部となっているのである。
……外的社会においては、これは「欲」によって多かれ少なかれ堕落させら
れるのだから、達成不可能なのだ。

すなわち、人類史における、またその延長としての現代における最高度に発達
した「メディア」──大衆伝達の手段が、これ、2chに他ならないのである。
よってこれを基本としたシステムそのものは、絶対的に、未来永劫続いていくだろう。


421 :吾輩は名無しである:03/11/18 15:53
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

そして目下のところと言えば。
この2chのシステムにおいて よ り 明 確 に 悲劇を減退させるのが
課題なのである。

つまりここにおいても新造形主義[未来社会創作]の原則は適用されねば
ならない。分かりやすく例を出せば、携帯におけるスタイルのほうが、PCに
よるスタイルよりはるかにずっと優れている。
ここにおいて重要なのは、できる限りの外的なものの縮小──『洗練』の破壊で
あって、つまり装飾的なもののできる限りの破棄なのである。
携帯のスタイルにおける白・黒・灰──赤・青・黄によるスタイルの配色は、
素晴らしいものである。このように単純な原初的色彩を扱う限り、装飾、洗練、
虚偽による悲劇が現れることはない

携帯において「悲劇的」宣伝そのものが美しくないとしても、その構成
(また配置)の工夫で十分に芸術的なものにまで高めることはできる。
さらに、携帯における宣伝は「文句」そのものにまで純化させられているので、
PCにおける映像のそれよりはるかに抽象的に『現実的』なのである。
文句そのものを工夫すれば、もっと悲劇を減退できる。ユーモアが必要である。

PCのスタイルにおいて携帯のスタイル[つまり、外面性]そのものを基本と
して移植的に採用するのは素晴らしい驚くべき結果をもたらす。
(無論、細部のシステムはPCのほうが優れているから、それはもちろん継続
すべきだと思う。)
『レスの内容』がいちばん純粋に画面的に目立てば目立つようになるほど、
2chは純粋に、完璧に美的になっていくのである。



422 :吾輩は名無しである:03/11/18 16:23
 ┓ は面白いな。

423 :吾輩は名無しである:03/11/18 17:53
┓◆m0yPyqc5MQ に質問です。
アナタが言うところの恣意性である自我の底に広がる集合的無意識(普遍性)を、
悲劇システムである自然と対立させる形で外在化させるためには、
具体的にどのようにしたらできるのですか?

424 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/18 18:32
>>423
「造形」することです。

だがそれは『抽象的に』しかできません。あるいはそうしなければなりません。
芸術というものはすべて、この『抽象的外在化』なのです。


具体的には、大きく言えば絵画、音楽、彫刻、建築、文字言語(文章)、口語、身体表現がそれです。
[高度に文明化された現代においてそれらは様々に組合わさり、抽象的な現れを作り出しています。しかしもっとも基本としてはこれらの分類で良いはずです]

──すなわち、各人が多かれ少なかれこれらにおいての「芸術の造形」を指向することが必要なのです。


さらに進めば、それぞれの芸術には必ず独自の表現の限界があり、その限界を最大限に純化した形式および方法を各芸術家が獲得した時、彼は『無意識的自我』を外在化可能になるのです。
いいかえると、このとき彼は、均衡=不変的なものを通じて、個別的でありながらも同時に普遍的なものを明快に外在化するようになるのです。

…たとえば。文学[そして哲学]は、文字言語の解放を目指し、その限界は言語の形態性、個別性、観念性にあります。
だからこの限界を最大限に利用できる形式及び方法を芸術家が手に入れた時[具体的にこれについては、村上ノーベルスレ、“A”のレスを参照してみてください]、
彼は抽象的なものの生き生きとした現実性において「完全に自由になり」、無意識的自我を厳密に外在化可能とするんです。

425 :吾輩は名無しである:03/11/18 18:47
「造形」においてこそ、「無意識的自我」を外在化できるという
アナタの話はよく分かりました。そのとおりだと思います。

でも、「造形」に携わってるいる人間は今までにも、あるいは現在にも
数え切れぬぐらい存在してる訳ですよね?
そして、その外在化された表現体の多くは、アナタのいうところの恣意性
、個別性の次元に留まっているのだと思うのです。
そこの違いは、どこから生まれるのですか?
つまり、無意識的自我による芸術と無意識的非我による芸術「造形」に分岐
するところの方法論のことなのですが。


426 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:26
悲劇ってどういう意味?


427 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:36
┓◆m0yPyqc5MQ の文脈でいう「悲劇」は
自然システムのこと。及びそのシステムに依拠した「芸術」一般。

428 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:37
自然システムって何だよ。。

429 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:45
自然の仕組み。
たとえば洪水や大地震、あるいは大病をわずらって無防備(自然状態)なら
ヒトはすぐに死ぬ(やすい)。
だから、自然そのものは悲劇システムになるそうです。
┓によると。


430 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:46
>┓◆m0yPyqc5MQ
坂口安吾はどう思いますか?
俺は小林秀雄よりこの人のほうが頭使ってると思う。

431 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:50
>>429
なるほど。それが文学を駄目にしたってことか。
でもさ。自然から生まれるもんだろ?何事も。
男性語と女性語の対立とかはっきり言って意味わからん。わかりやすく教えてくれね?
俺馬鹿だから。

432 :429:03/11/18 20:08
自分は┓ではないので、理解に多少の齟齬があるかもしれないけど。

@男性語は(客観性・理知・普遍性・集合的無意識(ユングの概念))などを
表象している。
A女性語は(主観性・感情・恣意性(自分の好み)・個人的無意識)などを
表象している。

で、今までの近代文学(芸術)(それ以前も含めて)はカテゴリーAの価値観、
つまり、悲劇システムに拠る作品が多かったということでしょう。
そして、歴史的な経緯なども含めて(武士道とか)日本の物語には
「自死、あるいは死」で終わる作品が少なくないことも、それの証左に
なっている気がする。

だから、┓は、その悲劇的な自然状態から脱却するためのアイディアとして
男性語的なスタイルに依拠したアカルイ未来文学(ゲイジュツ)を志向しよう!
と主張しているのだろう。
@とAのバランスを取れ(止揚)と言っているだけで、
┓はAの価値観を否定はしていないと思う。


433 :吾輩は名無しである:03/11/18 20:20
>>432
わかりやすい!馬鹿の俺でもわかった。
どうもありがとう〜。

434 :吾輩は名無しである:03/11/18 20:23
感じることなんだ。端々の言葉のコードを理解しようとするのではなくて、
この言葉の宴にあなたの意識を投げだすことで、言葉の意味以上のなにかを感じ
るかもしれない。分解するだけが、真理や世界を知る手段ではないはずなんだ。
その時あなたは言葉を単なるコミュニケーションのための道具としてではなく、
芸術として受けとめるのではないですか。
本来ぼくらはそれができるし、それが自然なことでもあった。でも今はここに
書いているような表現を取らなければ不自然だと感じてしまうんだ。
引き出しを閉じたぼくの魂を感じられて、ぼくは懐かしくそしてうれしかったんだ。
ごめんよ。

435 :吾輩は名無しである:03/11/18 22:18
ん?>>434は┓◆m0yPyqc5MQ なの?


436 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/18 23:39
>>425
>そこの違いは、どこから生まれるのですか?

その芸術が悲しさや、悲壮な出来事に対して涙を流す体験を起こさせるものであったならば、
それはその芸術が「悲劇」的だということです。

これは活き活きした抽象的現実性とは基本的に正反対のものであるから、悲劇的と形容します。


自然は人間を変え、そして人間は自然を変えます。
だから、新しい芸術は「理想的な状態=本来の人間の状態=人間にとっての、自然」
を表現するのです。
たとえばあなたは、2ちゃんねるを見てあまりの悲しさに涙を流すことはなかなか無いでしょう。
そういう恒常的で、現実的な体験をもっともっと深めたのが、『新しい芸術』となるのです。


ジャズは、このような精神を音楽においてもっとも純粋に体現した[過去から続く]音楽です。
ジャズの『Live』における感情が、新しい芸術における、『現実的な感動』なのです。

これはたとえば歌謡曲における「女性的なものと男性的なものの融合体」としての
「形態造形的な芸術」とは正反対のものなのです。

ジャズにおいて我々は、
対立するものの関係をより均衡の取れ、明快に分類され中和された「統一体」として感じることになる。
これが普遍的な調和、人間にとっての自然のスタイルなのです。


437 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/18 23:40
>>430
「堕落論」読んで良かった覚えがあるけど、正直なところ、もう忘れてしまいました。
僕は村上春樹以外の文学からずっと長い間、大きく離れていたので
彼以外のいろんな文学者についてあまり責任を持ってコメントすることはできません。ごめんね。


>>444
「自然」とは―――本当に深い意味を持った言葉、概念です。
それは我々とはしばしば対立し、また精神とは決して相容れないような「不安定で移り気な」ものです。

現代の言語は「形態」によって本来の関係を隠蔽されているので、
そこにおいて本当に普遍的なものを外在化することはできません。
だからできる限りの範囲で我々[彼ら文学を指向するもの]は、形態を除去し、融合体を破壊し――
統一体としての『均衡の取れた関係』を構成しなければならないのです。

438 :吾輩は名無しである:03/11/18 23:55
単に┓サンがジャズフリークでないことを祈りますw
あなたは、ホントに天才に近いと思います。

うれし涙って、けっこう好きなんですよね。
ずっと会えなかったふたりが、やっと再会できた喜びでもいいし、
とにかくハッピーエンドの物語が好き。(あんまりないけどw)
これって、欧米人の感覚らしい。たしか「フランダースの犬」というANIMEは,
日本ではカタルシスへと誘うような悲劇的なフイナーレになっていて、外国版では
希望的なソレに編集されてたという話を聞いたのをなんか思い出しましたよ。

439 :吾輩は名無しである:03/11/19 00:00
>>437
{男女}間の(均衡の取れた関係)について、なにかイメージのような
ものはありますか?

440 :吾輩は名無しである:03/11/19 00:30
シックスナインしてる風景

441 :吾輩は名無しである:03/11/19 00:30
自分が造形したモノ、あるいはアウトプットしたものをよく観れば、
それが恣意性(個人性)をベースとして作られたモノか(悲劇的)、
それともそれなりの深度や広がりを得た普遍性をベースにして外在化された
モノ(希望的)なのかが自己確認できる。と考えればいいんでしょうか?

> ┓ ◆m0yPyqc5MQ

442 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 00:35
>>438
そう(天才)ではなくて、ぼくはただ自己探求の末に、
未来の標準的スタイルの[未来から観れば]古ぼけた原型を人よりちょっと先に見つけだしただけなんです。
だから未来人たちは今日のわれわれから見れば、皆が『本物の天才』に思えるはずです。

>>439
男女間、あるいは対立概念間の均衡関係というのは人間にとって最も初原的なイメージなので、
そこでは[抽象的に]すべてのものが表現可能です。

男性と女性の物語はむしろ恋とは成らず、もはや愛のものとなります。
感情的なものは女性的なので、真に「人間となった」男性は受け付けません。
だから両者は『理想的に現実的な』関係を結ぶことができる。
これは自然の生物・動物たちが、暗黙の内に[具体的に]受容しているものでもあるのだけれど。

これを彼らと同じような均衡にまで高める為に必要な人間のそれは、もっともっと抽象的なものなのです。

443 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 00:43
>>441
確認できます。
造形ができる限り理知的で客観的で抽象的であればより「現実的」になっています。
なぜなら悲劇はそこには現れてはいないからです。

正し、重要なのは前進なので、各自は一歩ずつ事を進めなければならない。


純粋造形的な視点から見れば、悲劇的造形に依存する彼らは、
ある時には一歩前進し、ある時には一歩(時には何歩も)後退しています。

だから重要なのは、この「純粋造形的な視点」を明快に手にするまで、確実に少しずつ前進することです。
もしいつかそこに彼が辿りついたならば、その時、彼は全てを悟るでしょう。

444 :吾輩は名無しである:03/11/19 00:58
<<男性と女性の物語はむしろ恋とは成らず、もはや愛のものとなります

素敵ですね。惚れましたpo
あなたは、最高のコテハンであり芸術家であり、また哲学者でもあり
そして、最後は可愛いヒトなんだと思います。ありがと。おやすみ☆┓


445 :吾輩は名無しである:03/11/19 01:26
き も す ぎ

446 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:36
またジャズネタで苛められたいのか?
何書いてもかまわんが、ageるな

> ┓ ◆m0yPyqc5MQ


447 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:41
良スレage↑
今後にも期待できる。

448 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:46
>>447
レス異常に早いな(笑

ジャズ談義でもする?


449 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:50
>>448
レス異常に早いな(笑

クラシック聞きます。たまに。
実は、最近はまったく聞かない。人間の声が入ってる方がいい・・・??
だから、ジャズ談義なら他所でどうぞ。please!



450 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:55
┓ ◆m0yPyqc5MQ は、イメージ的なたとえで云うと
いつか、サルトルのような存在になると思うな。
虹『資料』でしか知らないから、あくまで想像だ○け○ど。


451 :吾輩は名無しである:03/11/19 02:57
>>449
具体論に入ると逃げまくればいいんだったら
何言うのも楽だね


452 :吾輩は名無しである:03/11/19 03:02
あの、┓ じゃないの449は。
別に信じてくれなくてもいいよぉ

453 :吾輩は名無しである:03/11/19 03:29
>>452
君が誰でもいいけどさ
具体的に音色や技法、リズムなどの表現形態に言及せずに、どんなものにも
当てはまりそうな抽象的理念で作品を語る(例:>>436)のは最低の批評法だよ。

ジャズ板でもクラ板でも洋楽板でも、どこにいっても最も軽蔑され相手にされない
タイプ。 だからこそ、ここでやってるとも言えるがな(笑



454 :吾輩は名無しである:03/11/19 04:37
>>453
キミがジャズオタでも別にいいけどさ。
たまにはスレタイ4でね。あと批評法は色々あった方がいいよね。
批評空間のリズムはバカだと思われるとか(ワラ

455 :吾輩は名無しである:03/11/19 04:43
さて。
ずっーと、音楽ネタ必死で ┓ をたたこうとしているのは誰でしょうか?
賢い文学板の住民であれば、分かるでしょう?この粘着性」

456 :吾輩は名無しである:03/11/19 04:51
>>453
別にいいじゃないか。彼は音楽雑誌のライターじゃないんだからさ。
彼の言葉は抽象的ながら、彼なりにジャズの本質を表してみたものなんでしょ。
それを否定するならまだいいけど(その代わり反論の根拠をちゃんと提示すること)、
方法論がどーたらここで言うのは完全にスレ(板)違い。

457 :吾輩は名無しである:03/11/19 07:15
この板騙されやすい人が多いな

458 :吾輩は名無しである:03/11/19 07:27
反論も出来なくてルサンチマン抱えまくりの馬鹿が時々レスしてるのがよくわかるね。

459 :吾輩は名無しである:03/11/19 08:44
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中
>>508
僕の哲学は、解決を与えることにあるので、君の好む答を与えるのには(今のところ)
向いていないだろう。

僕は知識欲は無い。
だから そ の 「 ク イ ズ 」 に 答 え た く な い 。
これに関して再び好きなだけ煽れ(知らないなら知らないと言え等)。私は生きる。
そして先に進むだろう。

君の求めるような「哲学者像」に僕を当てはめるべきじゃない。そして僕は決して
当てはまらない。だから君の言う「勉強」にもまったく興味は無い。
ただ、先端の出来事だけを知っている。
そして哲学は既に終焉している。君の理解を超えたものは、君が今知らなくて構わない。
君は大學の先生にそれを聞くといいだろう。彼らは親切に教えてくれるだろう。



460 :吾輩は名無しである:03/11/19 09:17
>>455 誰なのか教えて!来週までに。

461 :吾輩は名無しである:03/11/19 09:49
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中 >Black Mammba
まず、より分かりやすいように書こうと努力してみます。しかし問題は、実は

1.普段使うような言葉で同じことを書くと、余計分かりにくいものになる可能性がある。
2.ある程度非日常的な言葉を使わないと、『哲学』と彼らの常識では判断できず [例、>>1-2]、
表面的な見方をするあまり好ましくないタイプの方々に「電波」 「ガキ」と見なされるリスクが
あるということです。 あと反証しないのは、その必要が無いことが殆どだからです。
つまり女性語─男性語的な、概念的反証を常に取りながら文章を書いてます。 …分かり
やすく言えば、ひとつのことを言ったらもうひとつの正反対のことも 同時に言っている
[必ず言おうとして書いている]から、それ以上の説明は 必要ないのです。

例を出せば、
A 君が好きだよ
B 私も好きよ
↑こんな[恥ずかしい]会話があったとすれば、もう反証はいりません。
そういうことです。

A 君が好きだよ
B 私はプールで三時間泳いだ。

↑これだと、それぞれに反証がいりますよね。 A君が好きなのは誰か?何故好きなのか?
それは真か偽か?どうやってそう証明するか? Bさんはどうしてプールに行ったか?どこ
のプールか?「プール」とはいったい 何か?それは実在か?どこにあるか?彼女がプール
に入ったのは果たして真か偽か? 三時間とは一体ほんとうに三時間なのか(彼女がそう
感じただけじゃないか)? 泳ぐとはなにを意味しているか?どの時点を泳ぐと呼べるのか?
クロールか?バタフライか?彼女は泳ぎが得意か?彼女の水着は何か?
そのプールに水は何リットルか?幅は?……


462 ::03/11/19 10:03
「反証」という語の使い方おもいっきり間違ってるね。

かわいいぞ!




463 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 10:48
>>452
ぼくは簡単に名無しでレスしたりはしないよ。
ヒドい煽りに対処するとか、Hっぽいレスする時以外は。

>>453
ジャズに関して具体的言及が欲しい(どうせできないんだろ?)と言うなら、
以前「知ちゃんねる」というサイトに“未来の構成家へ”という論文章を投稿しました。

そこにぼくのジャズ[そして音楽]に関する「具体的な」言及がほとんど書いてあると思います。
検索すればたぶん出てくると思うから、ちょっと見てみて。

464 :吾輩は名無しである:03/11/19 11:06
なんだかんだ言って、文学板に歓迎されてる模様の┓(笑)。
いじられキャラというやつかな?

465 :┓ファン:03/11/19 11:43
┓◆m0yPyqc5MQ に惚れた! 君はうつくしい!
君となら、真に『理想的に現実的な』関係を結ぶことができるだろう。
君にだけは教えてあげてもいい。秘密の 名 前 を。

466 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 11:59
なんだなんだ

467 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 12:00
今反省して思ったけど、あまり目立ちたくないときは名無しも使うわやっぱ

468 :吾輩は名無しである:03/11/19 12:27
い い か ら 春 樹 オ タ は 帰 れ っ て<1

469 :┓ファン:03/11/19 12:33
>466-467
いいじゃん。別にぃ…。惚れたって…。今更無しになるなよ、ケチ…。
気持ち悪いなら「関係」は結ばないよん。
…でもさ、君とは、「現実に」知り合いであるという啓示を受けたんだよねっ。

以下まじれす。

自分の知覚は、未だその「名前」を知ることはできない。
しかし彼の言葉は、「現実」が衝撃的で芸術的なものであった一時期に見た「霊夢」を思い出させた。
…こんな夢だ。

私は荒野にいた。荒廃した大地の只中に、一本の木が立っていた。
引き寄せられるようにしてその木の近くへ歩いて行くと、一人の老人が立っていた。
白い衣を着て、長い髭を蓄えたその老人は、「山の長老」であると名乗った。
彼は、十字架の無い教会、全ての宗教の根源である教会の「長」であった。
老人は、その木の「根元」を指差し、この「印」を覚えておくようにと言った。
そこには、3つの赤い渦巻きが描かれていた。
即ち…、「6」という数字が3つ組み合わせられた形。獣の数。
それは「素戔鳴」の印。…黒い太陽。「善悪」の概念を超えた存在。
その木は「梅の木」であると老人は教え、このことを覚えておくようにと言った。
老人は私自身であった。

470 :吾輩は名無しである:03/11/19 12:43
性欲って言うより寂しさを紛らすために
メル友つくってたまにエッチする。
鬱になるまでは彼氏が途切れたこと無かったから
男がいないと駄目な人間になっちゃったかも。
人肌が恋しいだけかな。

でも性欲無いわけじゃない。
したいと思うし、気持ちいいし。
エッチしてるときの自分は好き。

かといってちゃんとした彼氏というわけでもない不毛さに
時折激鬱に陥ったりもして…。



471 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/19 15:43
なんなんだ


あと、>>467>>463の発言に対してね。

472 :吾輩は名無しである:03/11/19 16:03
>>470
何言ってんだい、君。誤爆かね?
人生板や恋愛板お行き。
したり顔で色々教えてくれる人がたくさんいてよ。

473 :吾輩は名無しである:03/11/19 19:13
さあまた戯れてアゲよう。
文学という新しいおもちゃでもっと楽しませておくれ。
ひとつ眠るごとに、世界は薄くなっていく。だからぼくらは文学の希望なんだ。
絶望はますます世界を薄くしてくのだから。

474 :吾輩は名無しである:03/11/19 20:04
>473
>絶望はますます世界を薄くしてくのだから。

含蓄ある言葉だ。「絶望」とは「望み」を「絶つ」ことだ。欲望と羨望に爛れ、
疲弊した醜悪な現実「世界」の、その「薄くなった」被膜を突き破ったところにこそ
「真理」は存在する。そして、「真理」とは「自由であること」に他ならない。
価値観の転換を!

"Bronzez la liberte."
「自由」であることに「情」はいらない。勝ち取った「自由」を堅固なものとせよ!

475 :吾輩は名無しである:03/11/19 20:58
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

結局のところ、人生には運命がある。
[そして運命には人生がある]

この場合の「運命」とは、偶然と必然の均衡関係のことである。
だからそれは彼の『人生』とも同意義だ。
人間の人生というのははじまりとおわりがある以上storyなので、
彼の人生は常に伝説的であるべきだ。

この場合の彼≠ニは、あらゆる男性のことであり、そして新しい人間のことである。




476 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:03
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

styleは精神によって構築される。
彼の生の目的は理想的styleを実現することにある。

抽象的な造形においてさえも、system自体は自然的であり続ける。
systemというものはむしろ悲劇的なもの[事物を型にはめるもの]なのである。
即ち、人間においてsystemは[型の]破壊としてのみ美を形作る。

systemを破壊すればstyleが生じる。
styleは印象を構築するもの≠ネので『抽象』であり、
関係を結ぶその都度、具体性を超える。

つまりstyleは再生なのである。
反対にsystemは離別を要求する。
何故なら事物は空間と時間[つまり、個別、自己]によって自由を制限されるからだ。
自我のエネルギーはいつもstyleとして直接に現れよう[解放しよう]とするが、
systemたる自己はこれを物質により間接的に束縛する。

こうして[意志としての]エネルギーは物質的力に変えられる。
──だから人間の「意思」というのはすべてこの間の作用なのである。

エネルギー[style]と物質[system]間の均衡が、人間と、あらゆるものを
構成している。時間や空間はこれを『実在化』させる為にある。


477 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:06
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

性的なものは移り気で、相対で不安定なものである。
反対に男性的なものは不変で、絶対に安定したものである
[また、そうでなければならない]。

だから彼の性的目的は、彼女に安定を与え、
「現実という基準」を提示することに違いないのである。

不安定なものは幻想的なのだから、悲劇を内包しており
それゆえ彼は自らのもののみならず、
彼女のそれをも破壊せねばならないだろう。

478 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:08
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

自然のシステムは人間とは合わない。
自然はスタイルを持たないからである。

よって、人間にとって重大なのはこの「スタイル」の創造なのである。
システムを破壊し、スタイルを構築する。
これが人間の一目的である。


479 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:11
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

さて、こうして一つのことが明らかになる。
彼の生は芸術によりはじめて「正当な」ものとなる。
styleとsystemの美は、対立する。

だからセックスは精神愛によって破壊され……
1.彼は よ り 深 く 自 然 な 存 在 と な る のだ。

ようするに、彼はsystemにつかまっている人々を大きく超えて
「純粋に美的になる」ことができる。

このような試みが成熟に達するのは、
悲劇的個体において各芸術の限界が発見され、
最も深い自我[無意識的自我]の外在化が達成されたときだけである。

───自然とは違った方法で我々は均衡をとる。
だから2.あらゆる演劇的なものは[抽象的に]現実化されるはずである。

480 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:18
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

私は真正の芸術家である以上は社会的及び生物的「劣等生」である。

非常に簡易にいいかえると、
彼は基本として相対的に不細工∞ダメ男≠ネのだ。

彼の自然的醜から──それ故彼の人生の悲劇から、芸術創作がはじまる。
ようするにそれは、唯一の美を自らの手で獲得する為の「決死の」手段なのである。

それ故、芸術は精神的で人間的である。
肉体的暴力に決して訴えず、『自己犠牲』と『社会奉仕』という倫理的スタイルで
自らの目的を達成しようとするからだ。
そうして彼らは全人性≠フ信仰の対象ともなり得ている。
……まただからこそ、芸術は「真として・純粋なのである。

「自然の」美を女性的とすれば、」精神の「美は男性的である。
『彼の芸は術的に美を造形する。』

こうして彼は次第に、悲劇を自らの力で破壊していくのだ。
またそれは同じように、現実そのものの構築ともなっているのである。


481 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:20
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

a ぼくが昨日行ったお店、miles in the sky流すお洒落な場所だった。今度行かない?
i 彼の前時代的試みに私は共感できないの。ごめんね。
a …君んちは今時代的≠セから、そこがいちばんお洒落な場所だね。




482 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:41
もう新世紀ブンガク(哲学)は┓に決定しました。

483 :吾輩は名無しである:03/11/19 21:56
さよなら。旧世代文学

おはよう。ネオスタイル。

484 :吾輩は名無しである:03/11/19 22:04
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

文化の転換とは価値観の転換であり、それは美的概念の根本的な転換なのである。

こうして我々の美は唯一絶対のものとなり、
その社会にいるあらゆる者が普遍的な生活へと高められるのを知る。
ここにおいて人間は』 解 放 さ れ る 『。

生活は無味乾燥な実用に奉仕するものでも、
機械的スケジュールに併せて動く「自然的な」ものでも無くなる。
すなわち、『精神愛』としてのいっそう深められた内的知覚と
その現実性において、毎日を自由に楽しむ為のものとなるのだ。


最終的な転換の後、つまり未来時代において人々は、楽園の民となるだろう。
ユートピアが訪れるのだ。

それは両者を均衡関係で構成するという新しい造形の基本原則から生まれ出すのである。

A 僕らは「自然になった」のだ。それは芸術に依るんだよ。
B そうね、私は大都市そのものを私たちの芸術作品と見なす。
A そうして未来都市がついに訪れるんだ。僕らは理想郷人になる。


485 :吾輩は名無しである:03/11/19 22:45
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

郷愁を破壊せねばならない。
彼に故郷も別離もない。

彼にとって重要なのは、未来の造形それだけなのだ。




486 :吾輩は名無しである:03/11/19 22:56
ゲームのルールが変わりつつあるのだ。
いや、誰かが変えつつあるのだ。

近未来都市にあふれる光・魂・電子さながらに
僕たちの』新しいLIVING WAY【 wo 】創造していくんだ。

487 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:00
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

彼はひとりで立つ。
統一体たる人間は、具体的なものを必要とはせず、「完全でなければならない」。

彼は均衡を取らねばならない。
叙情は変わり得るものの絶えざる離別が生み出す。
歓喜は変わらないものの絶えざる再生が生み出す。

我々は抽象的にしか完全にはなれない。




488 :煤ク ◆hn2y.MFu9M :03/11/19 23:11
Now Loading. ... .... ..... . .. bye




489 :煤ク ◆hn2y.MFu9M :03/11/19 23:13
Future now Loading── ── ── ─────2


490 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:13
          へ
         /∧\
       / ,/  i; \
      / ,/   i;  \
    <   /     i;   >
     \,i'  ゲソ  | /
       i   ⌒  |"
      /∵∴∵∴\
     /∵∴∵∴∵∴\
    /∵∴∴,(・)(・)∴|
    |∵∵/   ○ \|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |∵ /  三 | 三 | < ゲソ板においでよ!
    |∵ |   __|__  |  \_______
     \|   \_/ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧ ウホッ!
      ::::::::::::::::::::::::::::     Σ( ::;;;;;;;;:)
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
祝 ! ゲ ソ ヲ ソ 板 新 設 O P E N ! ! ! !
http://jbbs.shitaraba.com/music/4832/gesowoso.html


491 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:17
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

そう、ぼくはスーパークリエイターなんだ。
エスパー伊藤と同じような意味でね。
新しい文学=哲学とは、すごく簡単にいえば
引きこもりの、引きこもりによる、引きこもりのためのものなんだ。
みんなわかるかい。

492 :煤ク ◆hn2y.MFu9M :03/11/19 23:21
Now playing. ... .... ..... . ..

_____




493 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:26
>>491
よくわかった(w

494 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:30
えっ、先生。分かりません!

495 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:34
そろそろ500だ。

496 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:37
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

467 :創作ノオト ◆tXJlWVkLzY :03/11/17 20:26
わたしはここで美香QNWに癒しの哲学を述べたいのではありません。
いや、むしろ逆です。
わたしは美香QNWがなんてことはないセックスをして遅ればせながら
の処女喪失というありきたりの物語を演じてほしくはないのです。

497 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:40
☆ 「村上春樹スレ」ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1067977551/l50
ソフィアタンが名前を「┓」に変えて大暴れしています。最初の意味無し長文もコワイが、799からの馬鹿っぷりも笑える。

☆「┓タンが語るスレ」 ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068576131/l50
マジで語ってます。30時間寝ていないぽ。

これは違うでしょう?>┓


498 :フリークa:03/11/19 23:40
しっかし、彼はほんとすごいよなー。
単に相当分厚い単語帳を持ってるだけじゃなく、その一つ一つの使いどころのセンスに驚かされる。

ところで、長編小説のようなものはないんでしょーか?
あればぜひ読んでみたいです!

499 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:42
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

700 :吾輩は名無しである :03/11/18 00:40
風呂この何日間か
入らなかったんだよね
(以下検閲により伏字)

500 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:43
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

moon summer break spin
future style to the light
love or kiss?
you too?

いちに さんし よんよんご
らんだむ ばんたむ ちゃんぴおん
カキクケコココ コントローラー

hip なお尻と hopping
pop なワン切り topping

間違えても気にしない
哲学じゃなくても気にしないnon back spin chance。

not beauty lot な cat
kiss you meet!in the center cercle cle cru くるくるくる・・・
miss matchなblack capを諦めない猫ちゃん
moon ga kilei na 夜ni run.......

night light fight!
eee..execuse me?
execuse me?ああきこえますか?AAア

execuse me?.... ..


501 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:44
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

うるせーバーカ

502 :吾輩は名無しである:03/11/19 23:46
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

○○○しゃぶしゃぶ


503 :フリークa:03/11/19 23:50
荒らしが到来告げた?

できれば程々に…。

504 ::03/11/20 00:22
>>499こらこら

505 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 00:24
>>491こらこらitteないzo

506 ::03/11/20 00:26
>>496こらこら。名言になってないぞ

507 :453:03/11/20 00:43
>>463
さがしたぞ これだろ
***************************************************
未来の構成家へ
Composition ◆l8ZY6tjeSk 03/08/12 21:57


--------------------------------------------------------------------------------

未来の音楽は「純粋抽象的ジャズ(現実的ジャズ)」である。
――すなわち、『普遍的音源』『普遍的構成』をもつ、作品としての「[美的]コンポジション」である。
これにを実現するためには、[われわれにできる限り]芸術作品としての―――
『音楽』の「 音 階 を 限 定 」しなければならない。
これは今日殆ど可能である。…人間自身が『新しく』ないので、その「新たな場所」に未だ到達し得ないのだ。

音楽の持ちうるリズム(美)の可能性は「無限」であり、その[無限な多様性を持つ] 宇 宙 的 美 の
 純 粋 な 外 在 性 をもっているのが、未来のジャズ―― 普 遍 的 音 楽 ――なのだ。

現在、このような[音楽の持つ]純粋性は「伝統的観念」によって
――――[音楽を造形するわれわれから]殆ど隠蔽されている。
それゆえ、「現代の」音楽はますます『自然性』に戻ってしまい・・・それは殆ど「 雑 音 」とまでなっている。

これに対して、未来の音楽は[全体としては「楽音」と対立する]正しい「 騒 音 (現実音楽)」である。
つまり  純  粋  な  音  [の美]を否定せずに、抽象的構成要素として厳密に使用する。
――こうして「[非常に鮮やかな]音」は、「非音[純粋な振動、衝撃音]」とはっきりと均衡対立し、
完全な『[未来の]純粋抽象的ジャズ』を創り出すのである。――二元(原理)性の構成がそれを可能とする。

この『新しい音楽』を、われわれは「まったく別の音楽」と呼ぶことができる。



508 :453:03/11/20 00:43
――そこではあらゆる過去性の所存である「形式」(休止、音階、音源、構成、メロディー)から
――――「完全に」自由になった
『 活 き 活 き と し た 抽 象 的 リ ズ ム 』が「最も」明確に現れる。
      リズムは「形式」から開放されるほど、ますます[芸術作品としての]価値を高めていく。
――この実現のために、そのような真の「普遍的形式(ユニバーサルスタイル)」の確立(革新)が
―――われわれに必要不可欠なのである。

ここに記した[部分的に説明した]新しい概念によって[正しく理解して]造形された「音楽」は、
われわれにとって真に 現 実 的 な 音 楽 となるだろう。
・・・すなわち、それが「  未  来  の  音  楽  」なのである。


--------------------------------------------------------------------------------

現代(現在)においても、すでに「フューチャージャズ」[と銘打ち]創造の努力は続けられている
――が、そこでは『 古 い 精 神 』が支配しているので、
未だ  決  定  的  な  転  換  は生されていない。
これは過去に「順応」し、 過 去 の 模 倣 の領域を「音楽が」抜け出ないからである。
これは正しく過去(音楽芸術の展開)を理解しない「浅薄さ」と、
――――――『深い精神性』を無視するような「 個 人 化 」が原因である。
――決定的な  進  化  を妨げているのは、
すべてコンポーザー(作曲家、芸術家、演奏家)が未だ「個別的な利得」を優先しているところにある。

||||――-−―ここで、 わ れ わ れ は  勇  気  を 持 ち 
 集 団 か ら 抜 け 出 な け れ ば な ら な い。――-−―
――集団化は[新しい精神にとって]「創造力」を弱める意味しか持たない。

すなわち、[真のフューチャージャズにおいて]
――――「過去との融合」は完全に否定され、『真に統合された秩序』が発見されねばならない。
集団演奏の形を[再び]取ることは、過去の「コンサート表現」に戻ることである。



509 :453:03/11/20 00:45
新しい音楽は、「  全  く  別  の  演  奏  」なので、
過去のあらゆる『音』とは 決 定 的 に 違っている。それは 現 実 的 な 音 楽 なのだ。

構成家――「 芸 術 家 」はなお
[音楽としての]純化と、[芸術としての]「創造」を高める努力を続けなくてはならない。

こうして「新しい精神」が『人間に』意識されるようになるとき、 人 間 は 進 化 す る 。
新しい音楽は 近 い 将 来 、実現するだろう。――そこが  未  来  だ!


--------------------------------------------------------------------------------

新しいジャズはその表現が[現代で]「ジャズ」と呼ばれる音楽のイメージとは
[ほぼ]完全に違っているので[音楽家と呼ばれる人にも]はじめあまり 理 解 さ れ な い だろう。
・・・だが、この革新が 人 間 の 音 楽 を 変 え る 。なぜなら
――われわれが「人間」である限り、このような『完全に純化された構成作品』に到達するのは
単に[ 芸 術 的 な 段 階 の]過程に過ぎないからだ。―――


--------------------------------------------------------------------------------

この音楽を正確に「言葉で」表現することは難しいし、また厳密に言えば不可能でもある。
――「エレクトロニカ」や「ゲームミュージック」に近い雰囲気をもつのだが、
それはそれらの現実性(リアリティ)を 群 を 抜 い て  超  え  て  い  る 。
       両者が表現する『イメージ』は――― 決 定 的 に 違っている。
リズムで言えば、「ブギウギ(ジャズ)」が最も近いということができるのだろう。
つまり――−−−――それらに残存する「具体性」はその『新しい音楽』の概念には完全に無い。
それはわれわれのこれまで理解してきた「音楽」とは『 根 源 的 に 』異なり、
「全く 新 し い リズム」を表現するため、われわれには 真 に 現 実 的に 感じ られるのだ。

510 :453:03/11/20 00:54
_____________________________________________________________________________________
ああ、もうめんどくせえ
http://aa4a.com/chichannel/030812-2.htm だろ?

長ったらしくうだうだ書いてるが、これのどこに「具体的な」言及がある?
それと、ジャズのリズム=ブギウギというのは、どこで吹き込まれた駄法螺だ?

君の文章はどれもそうだが、「何某が好きな自分が好き!」「僕は自分がこんなに
好きなんだ、見て見て!」というメッセージ以外、何も感じないんだ。

君に彼女がいたとして、こんなに自分の話ばかり聞かされたら唾でもはきかけて
君を捨てると思うよ。
>┓◆m0yPyqc5MQ


511 :吾輩は名無しである:03/11/20 02:33
そんなことより彼はまもなく2chを去るらしい。残念だ。

512 :吾輩は名無しである:03/11/20 03:15
哲版は、彼も少し厭きたでしょうから、
ここ文学版で(┓)は、しばらく保護させていただきます。
未来イメージの1つを強烈に、ここの住民に印象づけて欲しいものです。

513 :吾輩は名無しである:03/11/20 03:17
哲板でもまともな住人から相手にされてない自称哲学者の引き籠りです。 >>┓◆m0yPyqc5MQ

514 :吾輩は名無しである:03/11/20 03:26
そのうち、みんなに理解されるよ。>┓◆m0yPyqc5MQ
画期的な新機軸を打ち出したアーティスト(哲学者)として。




515 :吾輩は名無しである:03/11/20 03:46
彼はもうちょいだけ、ここで2ch最後の時を過ごしてくれるらしい。

個人的にはわーい!よかったー!


516 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 05:09
>>510
>長ったらしくうだうだ書いてるが、これのどこに「具体的な」言及がある?

たとえば、新しい音楽は
「平面音(二次元音、直線及び直角音)が唯一の造形手段である」
「構成中に「 休 止 」があってはならない」
「音楽演奏は[プログラムにより]不 変 的 に 固 定」
「おそらく「レ」「ファ」「ラ」という]――  原  音  階  を用いる」
「[非常に鮮やかな]音」は、「非音[純粋な振動、衝撃音]」とはっきりと均衡対立する」

これ以上に具体的な言及は考えられません。長くなったのは、書くべきことが多かったからです。

>それと、ジャズのリズム=ブギウギというのは、どこで吹き込まれた駄法螺だ?

私はその文章で、ブギウギに関して、新しい音楽は
「リズムで言えば、「ブギウギジャズ」が最も近いということができるのだろう」
と言及し、
『反復から過去もっとも離れたジャズ音楽がブギウギ(のジャズ)だ』
という程度触れているに過ぎません。

あなたは表面的に解釈して、何かを勘違いしているだけです。


517 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 05:10
>君の文章はどれもそうだが、「何某が好きな自分が好き!」「僕は自分がこんなに
>好きなんだ、見て見て!」というメッセージ以外、何も感じないんだ。

私はできる限り個別的なものを破棄しようとするので、それはあり得ない。
仮にあるとすれば、私の力不足か、あるいはあなたが文に自己像を勝手に投影しているに過ぎない。
私は個人的嗜好や「自己」の表現はできる限り排除しようとしています。
無意識的自我に従い、『普遍的なもの』を表現しているだけです。
そして誰も「見て」「見ろ」などは言わない。『芸術』は自由だからです。

>君に彼女がいたとして、こんなに自分の話ばかり聞かされたら唾でもはきかけて
>君を捨てると思うよ。

ぼくは自分の話はあまりしたい方ではない。
必要な分を話すのと、『芸術』として必要なものを創ろうとするだけです。
そして質問されれば誤解を解く為と、新しい精神を正しく伝えるために口を開くに過ぎない。

捨てられるというのは、あるとすれば、仕方の無いことでしょう。
ぼくに魅力が無かったのだから、ぼくの責任です。成長しようと努力するのみです。



518 :吾輩は名無しである:03/11/20 05:13
┓◆m0yPyqc5MQ 名言集作成中

>>35できる限り(恐らくあの文学板のスレ消費するまで)はやるけど、

でももうそろそろ止めてもいいと思います。
やるべき時が来たらまた[すぐに]やると思うけど。

たぶん彼ら荒らし君は、自分の居場所が欲しいんです。
それに『もっと素晴らしい人たち』を知ってて、彼らの為にぼくには早く
出て行って欲しいのかも知れません。
――ぼくは基本的に、ここでは邪魔なんだろうと思います。
しかしぼくは「新しいもの=新しい哲学」をみんなに発表できたのだから、
それは結果としても過程としても、ぼくにできる限りの、ひとつの達成です。



519 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 05:16

宇宙はひとつなのだ。
とぼくは口に出して言った。


涙がなにか知らない惑星の乾いた土みたいに僕の胸元を打った。ぼくはそれを見た。


僕は確かに繋がっている。未来は間違いようもなくひとつなのだ。
すみれがどこかの古びた電話ボックスに入るのが見えた。彼女はイルカの絵のついた汚れたテレホンカードをバックポケットから取り出し、緑色の機械に差し込んだ。
ぼくの家の電話はまもなく鳴るだろう。村上春樹がトレーニングシューズを履いて家の玄関の扉を開く音が聞こえた。誰かの家のオーブン・トースタが鮮やかな黄色の音を立てた。

ブロードウェイを黄色いタクシーが通り過ぎた。中には二人の白人が乗っている、彼らは小さなチケットを手にしている。そこにはなにも書かれてはいない。地下鉄の窓に文字が見えた。
階段を上がる青年の足にはブラックの十字形が刻まれていた。誰かが米兵の先頭車両にピストルを向ける。涙が誰かの顔に流れる。映画館を出た少女達が言った。
「泣ける映画だね」ぼくは横を通り過ぎた。鮮やかな旗がゲーム・センター前の歩道を彩る。地べたに座った少年のうちの一人の手には銅色のジッポ・ライターが見える。赤い火が煙草につけられた。
ラップがだらだらとした長さでドトールの前で彼女を包む。Dragon Ashがなにを歌おうと破壊は起こる。地響きが知らない夜の球場で踊る優しげな青年に伝わる。黄土色の月が誰かに致命的なストレスを与える。
ぼくはそれら全部を見た。彼らは言った。「春樹はやすっぽいから嫌い」。ぼくはそれを見た。
誰かの胃袋が赤茶色の体液を押し出す。
ぼくはでも、宇宙にいる。

数え切れない惑星がぼくの周りで踊った。デニーズの横を赤ちゃんを乗せた車が通り過ぎた。世界が変わる時、君は変わる。
屑が運転した電子運動が君を深く、確実に傷つける。そしてぼくは誰かになにかを告げる。



520 :吾輩は名無しである:03/11/20 05:22
>510
ジャズ話したくてたまらない人、批判するだけじゃなくまずは持論を出したらどうなんですか?
あなたはどこへ出しても恥ずかしくない、ジャズについての具体的な言及ができるようだから。
何やらすごそうだし私個人的にも見てみたいです。

ってかや、それより大事なこともあると思うし、ぶっちゃけあんまりここで拘って欲しくないんず。
一人でかちゃましいんずよ、おめはや。
453に色んな人がやめれって言ったことをちょっと考えてけれや。頼むわ。

521 :吾輩は名無しである:03/11/20 05:32
>>519

起きたばかりで、まだ寝ぼけまなこですが、
面白いと思います。これは絵ですね。
アンディー・ウォーホール好きなようですから。

522 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 07:12
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

なにもかも破壊すべきだ、とぼくはいつも思う。
まわりの人たちが何かにぶら下がってるのがどうしてかまったく理解できない。
なぜなら破壊しても破壊しても、本質的なものはいつも残るからだ。
みなはそれを知らない。破壊したらなんにも無くなってしまうと思っている。
暴力が抑圧されるとストレスが溜まる。みんなそれをどこかで本当は解消して
るんだ。たとえば草木に水をやるといった風にでも。


コレはいいね。その通りだと思うよ。春樹は何も壊していないけど。
それともうひとつ。セザンヌがいなくても、マレービチがいる

523 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 07:37
┓ ◆m0yPyqc5MQ の言葉はいい言葉だと思う。どうせなら一つにまとめてくれないかな。
参考にもなるんだ。

524 :吾輩は名無しである:03/11/20 08:57
ここでも自演ばっかか・・・

525 :吾輩は名無しである:03/11/20 08:59
それとも文板住人がアフォなのか・・・

526 :吾輩は名無しである:03/11/20 10:17
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名詩集作成中

stars!

stars!

stars!☆

my stars?your stars?

stars!きらきらstars!

news!

stars!☆

starts stars!

キラキラ☆stars!spacy stars!

start!☆spice your love....s



527 :吾輩は名無しである:03/11/20 11:08
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名詩集作成中

poolに入るぼく

poolに入る warhol

poolに入る光

poolに入る子犬×2

poolに入るホックニー

coolに入る冷や水

poolにいる金魚

poolに入る彼女

poolと赤ちゃんとkick

小さなpool、誰かが入るホーム・センターで売ったmini pool

pool hole

pool に入る太陽

poolに入る少年がビルの屋上でdive

poolの監視員が水着をつけて監視台に上る

ぼくはそれを見る


528 :吾輩は名無しである:03/11/20 11:12
:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名詩集作成中

10101100
アイアムin cool time

──come in?

明かりに照らす日と月101100001

君の手に月

月の音 冷たい音
0010

静かな街に響く、カーン、缶蹴りの音

自動販売機にcoin  が落ちる、charin───
010100010

Calorie Mate jeeryブルー

money or bill.

タクシーの音
010010

電柱のdark grey




529 :名詩集作成中:03/11/20 12:08
775 名前:吾輩は名無しである :03/11/20 11:04
鼻の穴をほじっくってる。
まるでそこから世界をほじくりだすように。

776 名前:吾輩は名無しである :03/11/20 11:06
出てきた物は

777 名前:吾輩は名無しである :03/11/20 11:07
ただの鼻くそ。

530 :吾輩は名無しである:03/11/20 12:27
529が素晴らしい!!

531 :吾輩は名無しである:03/11/20 12:51
どんなジャンルであれ、才能ある人とあらゆる形で邂逅した時。

私なら嫉妬するよりも、少しでもそれを受肉化し自己組織化(咀嚼・解釈)
できる部分がないか?と考える。
これ。合理主義者の思考。
┓的に言えば自然のシステムである『悲劇』からの離脱。

ところで脳機能科学の分野では、右脳型ニンゲンの方が左脳型ニンゲンに
較べて、ずっと鬱になりやすいと言われている。
セラピストなども、相手(ペイシェント)に共感するような姿勢を強調していく
右脳型タイプのセラピストでは、一時的なカタルシスが得られるだけで、
根源的な問題の解決へとは至れないパターンが多いらしく、たしかアメリカでは
左脳型のセラピストでないと駄目だという見解が出ていた話をなぜか思い出した。

その意味でも、┓は明らかに左脳型(楽観的)の優れたゲイジュツカだと言える。


532 :吾輩は名無しである:03/11/20 15:25
┓ ◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 14:44
Sophiaさん

正直なところ、あなたのことをもっとよく知りたいです。
僕はどうしたらいいのでしょうか。



533 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:04
哲板、終わってるらしいんでこちらに移住して来ました・・。


534 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:11
>>532

(( 女性語 ))の振る舞いの典型例{痛い恣意性}となりますので、
良い子の皆さんは、公開掲示板ではこうした行為をネタとして以外は
真似しないで下さい!

535 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:17
哲学、日本ではダメという気がします、なぜか。欧米ではまだ
いけるという気がするのはナゼだろうか・・。


536 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 16:18
datte hontoni siritakattandamo-n


それは「感情」を表現したのではなく、
『理性』を表現したのだから、やはり男性語だと思いますが。

537 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 16:21
>>535
幼児化
動物化

堕落。


しかし、男性語女性語[の発見]は全世界的なものですよ。
それは「最終的達成」なのです。

538 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:31
>>536
本当にそうでしょうか?
言葉の形式がどうであれ、真顔で異性に(と想定される人に)対して
公開掲示板で「君のことがもっと知りたい」という人は全く理性的ではないね。
しかも、明らかに、そこに恋愛のニュアンスを感受できるよ。


539 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:37
「眠いんだよ、くっそ〜仕事中なのに」
は男性語女性語どっち?

540 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:41
>>538
あなた、私の口調に似てるね。

めずらしいからびっくりしたよ。ははっ。

541 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:43
あんいに弱音を吐いたり、すぐに愚痴をこぼして(特に周りに誰かいる時)
しまうような態度は、女性語の価値カテゴリーに入るのかな? > ┓



542 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:45
┓ ◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 14:44
Sophiaさん

正直なところ、あなたのことをもっとよく知りたいです。
僕はどうしたらいいのでしょうか。




543 :当のSophia:03/11/20 16:46
416 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k :03/04/30 10:27
あんた達からみればそう見えるみたいですね。
私から見れば、あなた達み〜んな負けが込んでますよ?

私は人生でどっちに転んでもそんなに負けないように思います。

みなさん、頑張って勝ってくださいね。
だって、「あなた達はいちいち勝ちとか負けとかレスで表現しないといけないくらいの
状況ですから。」
私の家の近くにいる犬はよく遠くで飛行機が飛ぶ度に「わうぉーん」って
遠吼えします。
ポチちゃん達、あんまり遠吼えしてたら近所迷惑ですから気を付けてください。




544 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:49

『糞コテの誕生〜文学板における〜』



545 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:51
かわいい じゃんw
┓ ◆m0yPyqc5MQ と、結構、お似合いカモネ!


546 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:51
自作自演がバレタ瞬間。
http://human.2ch.net/test/read.cgi/4649/1066741054/387-388

10分の時間を空けましたが名前を一緒にしてしまい
自演がばれましたwそのあとの必死ぶりが凄いですw
そして色んな板に晒されて物凄い叩きにあった馬鹿な奴w
しかしまたまた再降臨し騒いでいますww
http://human.2ch.net/test/read.cgi/4649/1066467954/

547 :吾輩は名無しである:03/11/20 17:01
>>540
いきなり[私]に似てると言われても、困ります。
誰ですか?有名人だったらいいなぁー。

548 :吾輩は名無しである:03/11/20 17:16
Sophia ◆8ADoZCl6.k
891011
。。。。またそういう喧嘩腰、いいたい放題、見下したい態度が見える、
、知識についてコンプレックスが見える、レスですか。。
付き合いきれません。
1;いつ私が賢くて哲学の事をよくわかってるなんて言った?
  それについて「知ったような口をきくな」みたいな反応は
  その人のコンプレックスからきているとしか私には思えません。
2;自分の他の人へ疑問をそのまま言う事が何で悪いの?
3;私に態度に問題があると「追求」(なんて馬鹿げた行為でしょう!)
  されてるようですが、「いちいち反応している人間の方が悪い、というルール」
  がこれこそ適用されるべきではないですか?
いっとくけど、私は2年とかそんなに2ちゃんやってません。
そのうえ、私の一番最初のHNは「初心者」でした。



549 :吾輩は名無しである:03/11/20 18:52

Sophia も かなり 人気者 nanda … … fu


550 :吾輩は名無しである:03/11/20 18:57
普遍的文学命の藁Aセンセが、= ┓ ◆m0yPyqc5MQ だったら
かなり笑えるのにね。


551 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 19:12
あー

また意味不明の荒らしが増えてきたな・・・・
この板は哲学板より荒れてないんだから、止めてね。

荒れるのは僕が「いささか(これ、死語っぽいな)」問題児だからだと思うけど。


>>538
恋愛であれ友情であれ、あるいは愛であれ、
相手に理性を保ったまま興味をもつことはあります。
場所は関係ないと思うな。

>>539
独り言は大体、両者の融合体でしょう。
明確に分類できない。と思われます。

>>541
それは言葉というより、単なる本人の弱さ(あるいはそういう性格)でしょ。
あとグチは基本的に女性語ですね。
「あいつムカつくんだよね」とか。主観の表現だから。

552 :吾輩は名無しである:03/11/20 19:52
。>┓
はい。分かりました。
これからも、レクチャーお願いします。

553 :539:03/11/20 20:18
明確に分類できないっていうのは好感触(^^

男性語女性語っていう概念はアリかもしれないと思います。
いまひとつ自分が納得がいかないのは、
思っている事を言葉というツールを使って、文章に翻訳してるわけだけど
もう少し、適切な言葉だと説得力があるかもという事。
どーお?。それとも吟味してそれに落ち着いたの?

554 :539:03/11/20 20:23
↑「男性語女性語」という名を冠した事に対するレスです。

555 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:10
じゃあ、みんなで意見出して下さい!w

@ 太陽語 / 月語 ← 変ですね

A アダム語 / イヴ語 ← 神話になりますね。

B 男子言語 / 女子言語  ← これが好きです。

┓ ◆m0yPyqc5MQ さん、これじゃNGですよね。w


556 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:12

男性言語 / 女性言語  でもいい。厳密(客観)性が担保されるような・・

557 :539:03/11/20 21:16
ワラタ(^^ >>555

558 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:33
>>553 だまれブス

559 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:36
>>558
どうして性別を断定できるの。
エスパーですか?

560 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:38
うるせえブス

561 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:38
名無しになったらダメだよ
男子言語がすたれちゃう

562 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:39
たのむからsageでやってくれや、お前らのやりとりキモスギ
どっか底のあたりで沈んでいるスレでやって。

563 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:43
もうしくは創作文芸だかなんだかでやってくれや。二人だけのクソやりとり
迷惑です。

564 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:48
┓早く書け。最速なんだろ

565 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:13
562>> 氏ねや厨房

566 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:14
あんた才能あるよ>1
いちいちいちゃもんつける中学生っぽいルサンチマン馬鹿がむかつくのだが。。
嫉妬は見てて見苦しいし気持ち悪いんだよ。そこの馬鹿のキミ。
人の気分を害するだけの意味の無いノイズ垂れ流しはやめてくれ。
キミにとって2ちゃんでキーボード打つだけが自分を支える自己顕示なのはわかったからよ。

567 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 22:26
惜しむらくは、¬君が[男性]であって左脳型人間であるところだ。
右脳型[女性?]の人間が[男性的]な芸術を目指せば素晴らしい芸術が生まれると思うが、
左脳型が[男性的]な芸術を目指してもねじれが生まれず、たわいもないものしか生み出せない。
芸術はアンビバレンツな感情のなかからしか生まれないし、
左脳型[男性的]は[女性的]を理解できない。
右脳型は[男性的]を感じることが出来るし、志向することが出来る。

ようは、ぼくに任せておきなさいということだ。

568 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:27
誰が嫉妬するか、ボケwwwwwwwwwwww

1のクズ文章とそれにまとわりつくブスの生理まるだし(オエ)の書き込み
のほうがよっぽどむかつくよ(オエ)。それに1クン、君の自演もね、バレバレだよ。
自分のPCからはこれ以上(以下略)

569 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:28
ホントに嫉妬だと思います。
過疎板で、これだけレス数が付くのが気に食わない人がいるのでしょう。
あと、近代文学の守旧派に属する人たちにとっては、┓の存在は
個人の自我を揺さぶられる部分が、多少あるのではないかと思います。

はっきり言って、文学が衰退するのはなぜか?のスレが最近、突然レス数
が増えるようになったのは、ここのスレがその刺激になってるのは間違いない
んです。その点でも、┓はこの板に寄与、あるいは一石を投じている訳です。

570 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:32
>過疎板で、これだけレス数が付くのが気に食わない人がいるのでしょう。
その大半が自作だろうゲラゲラゲラ 569=1

個人の自我を揺さぶられる? どういう意味だ、それ(憫笑)




571 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:33
>>570のレスがそれですよ。

572 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:36
違うって、「自我が揺さぶられる」ってどういう状態? そんなもん
聞いたことないぜw その低脳かつ中途半端な心理学用語の扱いを見ても、
お前が1だってことはすぐにわかる。

体臭のきついやつほど、自分の臭いに気づいていないっていうが、
お前がその素敵な見本だぜ。

573 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:40
今まで信じてきた(あるいは構築してきた)思考フレームが、
全く通用しなくなることに対する恐れと言い換えてもいいです。

個体の心的システムが揺さぶられるでもいいですよ。


574 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:41
>>567
あら、女性だったんですか?おさむさんは。

私は┓さんは右脳型の人だと思います。
というか、一般的に男性が右脳型で、女性が左脳型であるケースが多いと思うのですが…。


575 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:47
おさむ君って、マジでバカなの?

左脳型(楽観脳)、右脳型(悲観脳)の謂いで使ってるのに。
女性が右脳型で男性が左脳型など、どこにも書いてないし。

あと、左脳と右脳のバランスが非常に良いタイプの人もいる。
つまり、あたしです。

576 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:52
あんまりやりすぎるとイタイ目にあうぞ、<1
今からネットカフェいっても遅いけどな(ケケケ

577 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:53
890 名前:吾輩は名無しである :03/11/20 22:47
ガイストくん、そろそろやめなさい。IPさらすよ。


578 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 22:57
性別に右脳左脳は多少は影響されても、決定的ではないと思います。
いや、女性は多分みんな(ほとんど)右脳型で、男性の右脳型は結構いるのではないかと思います。
というのも男性性は女性性の変異型ですから。

一般的には女性の左脳型はほとんどいないと思います。


579 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:59
>>572
だからノイズ垂れ流すなよ。本当に>>1が低脳だと思うなら
こんな過疎版まで来てアホ丸出しのレスするなよカス。シカトしてりゃいいだろこのヒキコモリのルサンチマン野郎が。
まぁ1にとって友好的で自分に対して敵対的なレスは全部1の自演だと思い込んでるんだろうが。
2ちゃんってマジ性格の悪い友達0の低脳くんが我が物顔しすぎ。

580 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:59
>>578
ええ〜!?

…これ以上そういった議論はやめた方がいいかもしれませんよ…。

581 :吾輩は名無しである:03/11/20 22:59
IPを晒すぞ!という脅しをかける人は非常に醜いやつだと思う。
あと、なんで仮にIPを晒せる立場にある人がいたとして、
どうしてそれが、その人の優位性を保証するのだろう。

逆に、IPを晒すような行為をする人の方が、
相対的にいって困る立場になるでしょうに。プライバシーの漏洩として。

582 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:03
男性が論理的で女性が感情的だということは、男性が左脳型で女性が右脳型だということだろ。
芸術ではニーチェいわくアポロンとディオニソスにわけられるっけど、
もれはアポロン的な芸術はみたことない。

それと。左脳と右脳のバランスがよいとねじれが生まれない。
簡単にいうと芸術的ではない人間ってこと

583 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:04
っていうか、おれのIPさらしてみていいよ。

584 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:06
>>582
本読んでも馬鹿は馬鹿だな。変な自負心があるだけ知識ない馬鹿の方がまだマシ。

585 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:07
>>583

今夜のおさむ君はカックイイですね。

586 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:11
┓ ◆m0yPyqc5MQ が来ないな。もう寝たんかなぁー

587 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:11
というのも↓

:┓ ◆m0yPyqc5MQ の名言集作成中

なにもかも破壊すべきだ、とぼくはいつも思う。
まわりの人たちが何かにぶら下がってるのがどうしてかまったく理解できない。
なぜなら破壊しても破壊しても、本質的なものはいつも残るからだ。
みなはそれを知らない。破壊したらなんにも無くなってしまうと思っている。
暴力が抑圧されるとストレスが溜まる。みんなそれをどこかで本当は解消して
るんだ。たとえば草木に水をやるといった風にでも。

これは彼の言葉の中でいちばんいいと思った言葉だけれど、
それならなぜ今、春樹なのか、何も壊していない。感じる能力の欠如を表している。

588 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:14
>>582
あなたの言う右脳型左脳型って論理的、感情的って意味なんですか?

…女の人って、論理的に感情的なもんですよ。

589 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:17
おさむクンが大人気の状態です(実況)

590 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:23
age

591 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:25
¬君いわく、男性は論理を扱い、女性は論理を利用するって言ってたけど、
おもうに女性が論理を利用するってのは、男性の生理現象を利用するって思えたんだけど。
論理的ではなくて、論理を「感じて」利用してるんですよね。
そうですよね¬君?

¬君に聞いてみたいです

592 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:26
じゃ、┓ のやろうとしている事は、今までに殆どなかった
アポロン的な造形を、なんらかの方法ですることなんだね。

593 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/20 23:30
おさむはバカ。おさむは死ね。おさむは脳萎縮症。

594 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:32
あと、彼の芸術の趣味もおかしいですね。
アンディ・ウオーホル、モンドリアン、あと誰だっけ、あと一人いた。
どうでもいいけど、何も壊していない人たちです。
いまいちの人たち。
¬君は論理展開は面白いけど感受性はいまいちです。


595 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:33


   ○香さんより○カな人は、
   2ちゃんでも珍しいと思います。

596 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/20 23:34
>右脳型左脳型って論理的、感情的
感情的でなく、感覚的、又は観念的 でしょう。
感情をつかさどる器官は「ひぽさらます」とNTとホルモンバランスを
つかさどる「ぴついたるぐらんど」でしょう。

あと、もし男性女性の間でそのある感情の性質の強さの違いはあるに
しても、もし「どちらかの性の間で確実に双方が持ち合わせていない」
感情があるとすれば、「恋愛」は成立しないと思います。
これについてはどうでしょう。。。

597 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:34


  つまりいません。

598 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:35
ソフィア降臨、歓迎アゲ!☆

599 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/20 23:36
訂正
「恋愛」ではなく「否定できない一時的ではない恋愛」です。

600 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:37
今来たばかりですが、
質問をまとめてくれれば速攻でそれから答えます。

601 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:37
600はダレがゲトするのだろう?

602 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:38
まぁ…へたな専門用語は使わないが吉ってことだ…。

603 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:39
あんまよく覚えてないけど、ニーチェはアポロン的な芸術の具体例を挙げていたです。
でもアポロン的な造詣を目指しているのは間違いないと思います。
でもアポロンは論理をディオニソスは酩酊の芸術を示している以上、
何もかもを破壊〜ってのはどちらかといったら、ディオニソス的な芸術ではないでしょうか。
彼もまたアンビバレンツな感情を抱えているのです。

彼の言うところの芸術家は、漏れが思うにジェフ・クーンなんかじゃないでしょうか。
破壊と創造を兼ね備えた。ただ彼はそれだけです。感動はしません。

604 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:41
お帰りなさいw ┓ ◆m0yPyqc5MQ

605 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:42
>┓
おもに>>591のようです。

606 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:43
>>603
モンドリアンは最高の破壊者であり、同時に最高の構築者です。

クーンはほぼウォーホルの延長にある商業芸術家に過ぎないです。破壊も弱すぎます。
まだ「形態造形」にしがみついてますからね。

607 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/20 23:44
今思いつきました。
>>596
の私の問いですが、一つだけ「人の感情の一つ一つをベクトルと
解釈した場合のみ」、「双方ともお互いに確実に持ち合わせていない感情がある状況
で成立する否定できない一時的ではない恋愛」は考えられますね。
補足
>どちらかの性の間で確実に双方が持ち合わせていない感情
状況の例;Aさん(嬉しいという感情が無い)Bくん(嬉しいという感情「も」ある)

、、、私の妄想的なたんなる思いつきの問いかもしれません。    

608 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:44
感情をつかさどる器官は「ひぽさらます」とNTとホルモンバランスを
つかさどる「ぴついたるぐらんど」でしょう。

意味がわかりません。

>どちらかの性の間で確実に双方が持ち合わせていない」
「否定できない一時的ではない恋愛」のなかで 男性は女性の聖性を
破壊しなければなりません。それは性というものですが、
そのような幻想を女性は男性に抱いているのでしょうか?

それは破壊です

609 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:45
>>591
『女性(的なもの)』は性欲、あるいは生理的欲求の為だけに「論理を利用する」という意味です。

610 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:47
君ら、独り言多いよ。

(作品や論文にもなってないから)

だから、なにが言いたいの?

611 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:48
>>608
定義と事象とあなたの意見が混じってて意味がわかりません!

とりあえず、「そのような幻想」とは?

612 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:50
>>610
それは(独り言が多い)┓ がよく哲版で言われてることじゃん。
自己像の投影ですか?

613 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:50
モンドリアンのどこが破壊者で構築者?わけがわかりません。

ウオーホルはまだ芸術を志しています(心のうちで
クーンはとても吹っ切れている。

614 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:52
>>610
ここは真理追求の場ではなく、板の性格上、読書感想文的文章が多く見られるからでしょう。

とりあえずおさむさんという人が、自分の理解が正しいかどうかあなたの意見を欲しているようです。

615 :吾輩は名無しである:03/11/20 23:52
あと、ソフィアは無理にロジカルな言辞を駆使しようとしなくていい。
なんか、よけい分かりづらくらるから。
あなたの場合は普通に書いた方がいい。


616 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:53
>>594
僕はまず古いものの破壊者を、そして新しいものの構築者を敬愛するだけです。

もう一人はゲルハルト・リヒターで、彼は最終的な古い芸術の「画家」「芸術家」になるでしょう。
現代に生きる巨匠です。

617 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/20 23:56
>611
かぎかっこがついてなければ、言葉の定義は一般的な意味です

そのような幻想→答え、女性の聖性

618 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/20 23:58
>>613
モンドリアンは古い芸術を破壊し尽くし、「新しい芸術」を人類ではじめて創始した者だからです。

ウォーホルは芸術を志している
とは、僕は思わないです。彼はむしろダダイズムの延長にあって、「芸術破壊」を試みたと思います。

クーンはむしろそこからは『進んでない』と思ったけれど。どこが破壊的なんでしょうか。

619 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:01
絵画教室のスレはここですか?

620 :614:03/11/21 00:02
>615
「あと」って…。誰ですかあなたは。614とつながってるように見えるんで、そういう時はレス番を名前欄に入れてくださいな。

621 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:03
>>619
違いますー

<芸術談義に花が咲いた>だけです。

622 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:03
モンドリアンは何も破壊していません。
彼が抽象に達したのはピカソのキュビスムのおかげだし、神智学を使ってあそこに到達したのでしょう。
それならマレービッチのシュプレマチィスムの方が進んでいるし破壊的です。

彼は最終的な古い芸術の「画家」「芸術家」って
>古いものの破壊者を、そして新しいものの構築者
のどちらにも当たらないよ。

623 :電波BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:04
608 おさむさん。
>意味がわかりません。
それは人の性質を右脳的左脳的と形容してそれを論理的、感情的と解釈して
性別で分けると意味的に間違いが起こるといいたかったのです。
感情をつかさどる人の脳の器官は大脳新皮質の論理的さ、観念的さに影響は
されますが、その器官は男女共通にあるHypothalamusが制御しているという
事です。
>それは破壊です
聖性という言葉の意味に不明瞭さをかんじますが、
その私のいう「恋愛」の意味で「解消できない不均衡が生まれる可能性がある」
という意味で破壊、(破綻のほうがいいかも)になると私は思ったのです。
が、一方で私は「もし一つ一つの感情がベクトルで表す事ができるのなら
同価値の逆ベクトルとか、その恋愛の間に加わる外的な双方の全部のベクトルの
総和をゼロにできるFunctinal Matrixが存在した場合」に
「否定できない一時的ではない恋愛」=「ずっと上手くいく恋愛」が実現できる
と思ったのです。 ま、かじりの心理学、数学、とかをごちゃ混ぜにした電波ですね。。。

624 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:06
だから、ソフィアは一生懸命、テツガクっぽいノリで書こうとする
心意気はいいんだけど、思惟の明晰な人がやらないと、それは逆に
相手に伝わりにくいんですよ。私には解るけど。

625 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:10
>>622
古い芸術の最終者と言ったのはリヒターのことですよ。


モンドリアンの作品を知っていれば分かりますが、
彼は「対象性」を絵画から完全に破壊し[破棄し]、最終的には
光[色彩]としての真理だけを表現するに至りました。

真理とはつまり、『多様な二元性』のことです。


具体的対象性がある絵画はすべて多かれ少なかれ幻想であり、真に『現実的な』造形ではない
と彼がはじめて発見したのです。

だから彼は古い『悲劇的』芸術の完全な破壊者です。新しい芸術家です。

626 :624:03/11/21 00:10
>>623 
このぐらいなら、まだ許容範囲です。
がんばってね

627 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:12
>618
ダダの延長ならデュシャンって言えばいい。なんでウオーホルかって。
進んでないじゃん。

クーンはデユシャンが芸術といたずらの境界なら、クーンはダダ運動を芸術とあからさまな悪意の
境界まですすめていったからです。

>623
「ずっと上手くいく恋愛」なんて無理ですよ。
一時は何とかなっても、時間が。



628 :電波BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:12
615
無理にじゃなく、「整理して述べるように」でしょう。
なぜなら、無理しななく、整理しなくて述べていますから。

>芸術論について過去レスよんでないし、深く追求したりした事がないので
私はひとまず去ります。 

私は「右脳論、左脳論」の解釈を批評したかっただけですのでこのスレの
主題に触れていません。
スルー対象のレスでした。

629 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:12
>>623
よーするに、『バランスとってやってけばいい』ってことでしょ。
違う?

630 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:15
>>626
偉そうなこと言う割には…
「許容範囲です」ってなんですかね。

それを言うなら「許容範囲内の文章です」とかでしょ。
ジャマだしもう痛いこと言わない方がいいぜ。

631 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:17
>625
だから、その前にマレーウ゛ィチがいるって。モンドリアンはその次。

なんでリヒターが古い芸術の最終者ってわかるの?
古い芸術がリヒターごときで終わるわけがないじゃないか。



632 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:17
>>628 脳機能については、こんど学者も交えてということで。

633 :電波BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:18
624
確かに使う言葉の意味を明確にしてそれを順序整然とはなさないと
電波です。 その電波を受信してもらえてありがとうございました。
>一生懸命
哲学板で「一生懸命にレス」するという態度は
過去に私は捨てました。

634 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:19
>>627
ウォーホルは「平面」に留まったからですよ。
だからホントに『絵画芸術の延長』として言えるのです。
デュシャンは彫刻家とさえ言えるから、平面としては甘いです。


つまり彼ウォーホルの作品のうち、[シルクスクリーンの]平面コピーを構成しただけ──といったものがありますよね。
お札とか、写真とか、缶とか箱とか。


あれはとても強い芸術破壊だという意味です。
何一つ対象描写しないから。

635 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:23
>>631
まず僕は絵画平面出身の作家だから、それからあらゆる芸術を考えています。

でリヒターはアブストラクトペインティングにおいて、「対象」を完全に破壊(あるいは抽象化)したから。
だから絵画的にもしその先に『芸術なるもの』があるとすれば。

……それは『新しい芸術=完全非対象芸術』しかないわけ。

636 :電波BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:24
>629
結論はそういう事ですが、¬さんのよくいう
男女の違いについて思考に決定的な違いを言及する事に
ちょっとおかしさが感じられるという意味を含めた意見でした。

じゃ、消えます。

637 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:26
>哲学板で「一生懸命にレス」するという態度は
過去に私は捨てました。

クールですね。意味は解ります。
ソフィアけっこういいトコまで行くと思います。
ちゃんと勉強すれば。(2の時間を少し減らしてw)またね。




638 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:26
>平面コピーを構成しただけ──といったものがありますよね。
お札とか、写真とか、缶とか箱とか。

それってジャスパージョーンズの二番煎じじゃないか。

639 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:27
>>636
「思考の差異」について言っているんではなく、

その本質、あるいは基本的傾向、基本的性質について
[普遍的に]僕は言及しているのです。

640 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:29
>>638
ジョーンズにそんな作品あった?
彼について印象残ってるのは国旗の絵画化作品くらいですが。

641 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:31
一言ひっかかりました。=つられました。
>>609
>『女性(的なもの)』は性欲、あるいは生理的欲求の為だけに「論理を利用する」という意味です。
おかしい。。あなたは女じゃない。。「為だけ」と言い切るのは不可能だ。。。

642 :638=おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:32
>まず僕は絵画平面出身の作家だから、それからあらゆる芸術を考えています。
>でリヒターはアブストラクトペインティングにおいて、「対象」を完全に破壊(あるいは抽象化)したから。
>だから絵画的にもしその先に『芸術なるもの』があるとすれば。
>……それは『新しい芸術=完全非対象芸術』しかないわけ。

電波じみてきましたね。
リヒターって具象でアブストラクトじゃないでしょ。
そもそもアブストラクトが古い芸術なんですか?

完全非対象芸術って絵画、意味わかんないけど、
グリーンバーグの芸術が古い芸術なんて始めてきいたよ



643 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:33
>>641
私は男でも女でもあります。抽象的な意味で。

だからあなたも男でも女でもあります。具体的には違うとしても。


『人間』というのは、必ず 両 者 の 関 係 なんです。

644 :BlackMammba ◆KFRzpFpZ6E :03/11/21 00:34
またひっかかりました。
>>636
本質的でしかも普遍的な差異を特定するのは双方に消せないバイアスが
あるから不可能だ!!!! そういいきれる立場に私たちはいないはず。

今度こそ消えます。じゃ。

645 :638=おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:37
>平面コピーを構成しただけ──といったものがありますよね。
>お札とか、写真とか、缶とか箱とか。
>あれはとても強い芸術破壊だという意味です。
>何一つ対象描写しないから。

だから、あれはターゲットマークや国旗「記号」の二番煎じだって。
ヲーホルの発見はそれらの並列だけ。



646 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:39
>>642
「電波」という言葉で何かを誤魔化すとすれば、卑怯です。


僕はアブストラクト・ペインティング[=抽象絵画]
と名付けられる彼の絵画シリーズを最も高く評価している、ということです。
彼は色々な作品を造ります。

647 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:41
>>644
「バイアス」ってどういう意味か今度か今、教えて下さい。
知らないから。

648 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:42
本当にみなさんよく書きますね。さすが文学板。

649 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:43
バイアス 認識の偏りのことです。

650 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:45
>>645
僕はそうは思いません。

ウォーホルの革新的な点は、「自ら」何一つ造らなかったことです。
ジョーンズは国旗をそのままコピーしたのではないでしょう。


ウォーホルは]たとえば死刑台の写真を色とりどりに構成しただけの作品があります。

そこでは『芸術』は、たんに構成にだけあるのです。よって、究極のダダイズムだと思います。

651 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:46
>>649どうもありがとう。

652 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:46
>バイアス
わかりやすく言えば偏見みたいなもん。
>消せないバイアス
個人の価値観がある以上、物事の評価にどうしても主観がつきまとうってことかな

653 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:47
論理が通ってないから電波っていってるんですよ。

アブストラクト・ペインティングって知ってますか?アメリカ抽象表現主義で
クレメント・グリーンバーグって評論家が提唱したんですよ。「よりフラットに」って

リヒターの真骨頂はぶれた写真みたいなやつで、あの変な抽象はまったく「歴史的」には
意味ありません。

654 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:48
>>644
客観的に見れば、できる限りの範囲で、可能です。

655 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:48
>>650
おさむは根本的なとこで馬鹿だから相手にしても無駄骨だよ。

656 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:49
>>652
どうも、ありがと

657 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:51
>>653
1.評論に興味ありません
2.フォト・ペインティング(と呼ばれる絵画)は、確かにあなたの言う歴史的意義はあります。

すなわち、「写真芸術」の死と「絵画的描写」の死です。両者の最終的破壊です。

658 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:53
>究極のダダイズムだと思います。

ジョーンズの発見に比べたらウオーホルの発見なんて屁みたいなものだ。
芸術の意味は方法ではなくて視点にあるのです。
しかもジョーンズにもシルクスクリーンとかあるし。

659 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:53
今日のおさむクンは、冴えている方というか初めてまともな論戦をしてる
光景に遭遇して、ちょと感激しながら好感度アップ!です。

660 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 00:57
>>658
仮にあなたの言うのを[歴史の手順は]通すとして、
僕はジョーンズは「ダサい」と思うから、評価しません。

『芸術の意味』なんて口にする(せざるを得ない?)時点で、[ダダイズム的に]ダサいと思います。
それに芸術はポップでなければならない。

661 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 00:58
>1.評論に興味ありません
じゃあ、アブストラクトなんて言葉使わないでください。アブストラクトってのは
グリーンバーグを踏まえた言葉sです。しかも、現代の芸術が多くの部分んで評論と切り離せないというのに。

>2.フォト・ペインティング(と呼ばれる絵画)は、確かにあなたの言う歴史的意義はあります。
これは絵画史のなかでの歴史的な意味とは違いますよ。スーパーリアリズム(写真芸術)はもっと前からあったし
彼よりもぜんぜん「絵画的描写」という点では優れている。
リヒターの価値は写真のぶれ「情緒」です。
ですから現代生きている作家の中ではいちばん高値の作家なのです

662 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:02
>>661
1.僕は芸術論の展開にしか意味と価値を認めません。評論はすべて糞です。
2.「写真としての芸術」の破壊にフォト・ペインティングの価値があったので、スーパーリアリズムだかなんだかは糞です。

語句はリヒターが自作を呼んでいる通りに言ったまでです。

663 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:02
>僕はジョーンズは「ダサい」と思うから、評価しません。
>『芸術の意味』なんて口にする(せざるを得ない?)時点で、[ダダイズム的に]ダサいと思います。
>それに芸術はポップでなければならない。

ジョーンズってポップの先駆じゃないか。
ダサいってなんですか。[男性的]じゃなくて[女性的]ですよ?

664 :453:03/11/21 01:03
>>516
>たとえば、新しい音楽は
>「平面音(二次元音、直線及び直角音)が唯一の造形手段である」
>「構成中に「 休 止 」があってはならない」
>「音楽演奏は[プログラムにより]不 変 的 に 固 定」
>「おそらく「レ」「ファ」「ラ」という]――  原  音  階  を用いる」
>「[非常に鮮やかな]音」は、「非音[純粋な振動、衝撃音]」とはっきりと均衡対立する」
>これ以上に具体的な言及は考えられません。長くなったのは、書くべきことが多かったからです。

どこが、具体的だ? 無意味な文に対しては反証すら不可能。


665 :453:03/11/21 01:06
>私はその文章で、ブギウギに関して、新しい音楽は
>「リズムで言えば、「ブギウギジャズ」が最も近いということができるのだろう」
>と言及し、
>『反復から過去もっとも離れたジャズ音楽がブギウギ(のジャズ)だ』
>という程度触れているに過ぎません。

ブギウギジャズ?
ブギウギというのはピアノの奏法だ。
4ビートやシャフルビートと勘違いしてんのか?


666 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:06
>1.僕は芸術論の展開にしか意味と価値を認めません。評論はすべて糞です。
今日の芸術論の展開には評論が大きく噛んでいますよ。知っているだろうに。

>2.「写真としての芸術」の破壊にフォト・ペインティングの価値があったので、スーパーリアリズムだかなんだかは糞です。
>語句はリヒターが自作を呼んでいる通りに言ったまでです。

作者はよく自作を贔屓目に見るものです。言葉の意味が不明です

667 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:08
>>663
「客観的に見て女らしい(叙情的)」という意味です。
だからジョーンズには大して注目も関心もしません。


ポップというのは明るく若者向きで新しいということなのだから、
ジョーンズの作品がそうでなければポップとは見なしません。


どこがポップなの?正直、彼はよく知らないんです。
ひと目でうわダセーな、って思ってたもので。

668 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:08
文学版スレッドランキング(速報値)

哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る (106)
文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】 (86)
【文芸評論家】山崎逝太郎の毒蛇別荘 (19)
【朝日】大江健三郎批判スレ【朝鮮】2 (16)
美少女作家さゆみとは一体なんなのか?PART 3 (16)
とりあえずつくってやったぞ書きこめや!文壇BAR (16)
世界名言集〔2ch編〕 (15)

やっぱ┓タンはすごいですね。

669 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:09
それにしてもウオーホルが良くてジョーンズがダサいとは。
がっかりです。

670 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:10
>>664
具体的に見えないのは、ただ「音楽構成」を知らないからでしょう。

『レ・ファ・ラ』とまで言及してるじゃないですかか!

671 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:12
>>665
新しい音楽とブギウギを比べて聴けば分かります。

専門用語はよく知らないんです。

672 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:13
>>666
で、なにが言いたいんですか。

673 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:14
ポップって「記号」を前面に押し出すじゃないですか。
彼のターゲットマークや国旗はそういうもろもろの先駆です。

>ひと目でうわダセーな、って思ってたもので。
まあ、しょうがないですね。
¬君も論理を生理欲求で「利用」しているようだし。



674 :453:03/11/21 01:14
>┓ ◆m0yPyqc5MQ
俺はたしかにジャズヲタだが、ヲタ一人満足に説得できないジャズ論を
書き散らして何か一仕事やってるつもりか?

サッチモやエリントンや、バップ、ハードバップ、ファンキー、フリーなど
それぞれのジャズがいかに、君の言う「純粋ジャズ」から見て物足りないかを
具体的な演奏をあげて説明してみろ。


675 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:14
>>669ついでだから、「どこがいいのか」教えといて下さい。知りたいので。

676 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:16
>675
じゃあ、君の言葉を借りて。

なにもかも破壊すべきだ、とぼくはいつも思う。
まわりの人たちが何かにぶら下がってるのがどうしてかまったく理解できない。
なぜなら破壊しても破壊しても、本質的なものはいつも残るからだ。
みなはそれを知らない。破壊したらなんにも無くなってしまうと思っている。
暴力が抑圧されるとストレスが溜まる。みんなそれをどこかで本当は解消して
るんだ。たとえば草木に水をやるといった風にでも。


677 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:17
「ぼくの価値」と「一般的評論」のぶつかり合いだから噛み合わないんでしょうな。
目的の見えない不毛な議論になってる。

678 :453:03/11/21 01:17
>>520
いつも明け方に来てヒットアンドアウェーご苦労さん

先にジャズ云々を言い出したのは┓ ◆m0yPyqc5MQの方だ。
彼は現実にジャズを演奏している演奏家をあまりに愚弄している。
理念のみにこだわって現実の演奏に全く触れていない批評など
叩き壊すべきだ。


679 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:19
>>673
僕は「記号」としてポップアートとかポップとかいうものを考えたことは無かったですね。
ただ明るくて楽しく、格好良くて若者向け
といった意味で捉えます。

記号というのは後からついてくるものだと思います。『強烈な印象』としてね。


あと、論理は直観の道具に過ぎない。彼には直観こそが重要なのです。

680 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:21
>>674
僕があの論文でやりたかったのはたんに新しい音楽の内容をわかりやすく伝えることでした。
だから僕は評論に興味は無いし、しません。
「どうせできない」と言わせたいなら、言います。

681 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:22
>>676
草木に水をやるところ?

じゃないよね。
破壊的要素ですか。

682 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:23
>記号というのは後からついてくるものだと思います。『強烈な印象』としてね。


┓ ◆m0yPyqc5MQ ←この記号のことですか?


683 :453:03/11/21 01:23
>>670
だいたい、原音階なんてトンデモ理論はどこで見つけた?
俺の音楽辞典には載ってない。
ググッて見たが、ヒット件数は2件。まともな説明は皆無。

レ・ファ・ラ? 3音のみの音階か? キーは関係なしか?


684 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:24
>>677
あらゆる芸術の「価値」といったものは、すべて個人から生まれます。

目的のない議論とは思いませんね。
芸術に関する意見交換はすべて、身のある話です。

685 :453:03/11/21 01:25
>>671
何度も言うが、ブギウギというのは、ピアノの奏法だ。

音楽について語りたければ専門用語をしっかり覚えてからにしろ。


686 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:26
コカコーラー、電気椅子、マリリンモンロー、キャンベル缶
どう考えても記号です。。。

まあいいや、おおむね¬君の話には同意していたんだけど、
こと芸術に話が及ぶとなんかダメダメだなっておもって。
絵も描いているみたいだけどね。。まあいいや。
いまさらポップはやめてほしいが。

687 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:26
>>678
そんなことはない。
ただ「具体的に」言及したくないだけです。目的じゃないので。

たとえばコルトレーンは素晴らしい『構成家』だと思いますよ。

688 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:26
これからも、この記号は(┓ )保護の方向で
みなさん、よろしくお願いします。

689 :453:03/11/21 01:27
>>680
>「どうせできない」と言わせたいなら、言います。

是非言ってくれ。 どの演奏のどの部分が駄目なのか、検証可能な形で
具体的に頼む。


690 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:27
>>682
その通りです。

691 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:29
>681
それまでの歴史にモチーフが記号の絵画がなかったんですね。
それは歴史の否定であり破壊です。
なによりもいちばん最初です。

692 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:30
>>683
「原色」が絵画の純粋造形手段である限りは、
「原音」はそこに必ずあるのです。


基本は3音×3音の多様性における音楽です。

693 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:31
やっぱり、そのぐらいの自信がないとね。
もうすぐ700、速かったなぁー

694 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:33
>>685
本当に「奏法」だけの意味なんですか。そうだとすれば今知りました。「ジャズの種類」と思ったんですが。
ブキウギという名のつく音楽が『リズムが多様的で優れている』といった意味であそこでは使いました。

695 :453:03/11/21 01:33
>>687
・Giant Steps, 1959
・Transition, 1965
・My Favorite Things, 1966

それぞれの演奏がどのように素晴らしい構成家なのか説明求む。
もちろん、共演陣も含めて。ジャズ批評では当然だからな。


696 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:34
残念なのは¬君がモンドリアン、リヒター、ウオーホル誰一人守ってくれなかったことです。

破壊〜の言葉が嘘だったと思うと、やっぱり¬君は偽者だと思います。

697 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:35
┓ ◆m0yPyqc5MQ も大変だね。あちこちのジャンルからの問いかけに。

698 :453:03/11/21 01:36
>>692
質問にまともに答える気あんのか?
「音階」も何だかしらねえか?


699 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:37
>おさむさん
横からちょっと失礼。例えば>>691の内容なんか特にそうだけれど、
「歴史的にどうであるか」は知識の問題で、あなたの感性にどう関わっているかの話じゃないでしょ。
でもあなたは┓さんの感性を問うてる訳だから、これはちょっと変じゃないの。
まともな議論にするなら自分の感じ方を言わなきゃ。

あ、これに対するレスはいらないです。
ただ噛み合ってないなと思って。

700 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:37
>>697
恐竜並みの脳味噌で大風呂敷広げすぎた(w


701 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:38
>>686
僕は「記号」という部分には特に注目しないんでね。

格好良いならかまわない。──つまり、構成選択において直観が優れていればそれで良いと思うから。
後からそれらが「記号」に見えてくる。


芸術に関してはあなたの話はとても貧弱で身が無い、と僕には見えます。
単に評論をなぞっているように感じるね。


「ポップ」は永遠でなければなりません。未来においても同様です。

702 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:39
>>689
「僕は音楽評論はできない」

という意味です。
芸術家は評論家であってはならず、哲学者でなくちゃいけないのです。

703 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:40
>芸術に関してはあなたの話はとても貧弱で身が無い、と僕には見えます。
>単に評論をなぞっているように感じるね。
君のジャズ論よりはよほどマシだと思うけどね。自分のことは棚にあげてw


704 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:41
>>691
「記号」をあなたはどういう意味で使ってるのかが見えてきません。
だから「最初」と言われても[僕には]ピンときません。

705 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:43
だから、┓ tannにアカポスみたいな話をさせようとするから
いけないの。彼は新しい未来イメージを造形して、それを伝達しようと
しているのにネ。

706 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:45
>>695
僕はもっと純粋に「リスナー」なので、そんなにマニアックなことは分かりません。
だから言及できません。

音楽を聴いてとても優れた構成で素晴らしいな、と思えばそのままそれが僕の「評価」です。
SELFLESSNESSというアルバムのソロが、聴いたコルトレーンではいちばん素晴らしいと思いました。
自由で、豊かで、美的だから。

707 :否定:03/11/21 01:46
なんでお前ら芸術と音楽に解釈をつけるんだ野生生物板いって来い最強生物スレな

708 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:46
>>696なにを言ってる?

「守る」って、なにを?

709 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:46
>>702
>「僕は音楽評論はできない」
>という意味です。
>芸術家は評論家であってはならず、哲学者でなくちゃいけないのです。

できないなら最初からするな。
評論できないことを、自分は芸術家だからとか哲学者だからとかで、言い訳すんな。
第一、お前が芸術家? 哲学者? 妄想なら一人で部屋の中でやっててくれ。


710 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:48
>>698
自然的「七音階」と新しい音階のことは論文内に書いたはずです。

なんで君は喧嘩ふっかけてきてるの?

711 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:49
>>710 sitto hannbunn ?


712 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:50
>>706
それなら、単に「自分は何某が好きだ」とだけ言えばいい。
「自分は〜が好き」であることを、あたかも普遍性を持つかのように
正当化するな。
それ以上のことを他人に伝えたければ、もっと勉強して来い。


713 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:50
>>703
ジャズ論なんてしたことないですよ。

新しい音楽論を一度発表しただけです。
あなたはなにをみて勘違いしてるんだろう?

714 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:52
>>709
は?


音楽評論なんて一度もしたこと無いですよ。
ただ新しい音楽論を発表しただけです。

あなたもなにを勘違いしたのだろう、分かりません。

715 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:54
>>713 714 同意します『

716 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:55
>>712
「〜が好き」なんてどこに書いた?

唯一「Sophiaが好き」と書いたことはあるだろうが。

君なにを勘違いしてんだろう。

717 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:55
>>707
ああ、水を差してしまうけど禿同

ほんとそうだよね
後の流れに大きな影響を与えるすばらしさもあれば、それを受け突き詰めていくすばらしさもあるんだよ。
どうも芸術論ってのは好かないね。
だれそれによる評価が高いから好きだとか、一番愚かな感受性だ。
もっと単純に自分が好きかどうかで語ったらどうだ…。

718 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:55
芸術の破壊、創造に知識は必要不可欠です。

¬君はそこらのファッション雑誌二〜三冊読んだくらいしか美術の知識しかないので
まあ、芸術についての興味は薄いのでしょうね。
でもそれを自分には直感があるなんて屁理屈で逃げようとはしないでほしいです。


ちなみに漏れはウオーホルは大嫌いです。あのすましたスタイル。気持ち悪い。
ジョーンズは好きです。無骨で鋭いですから。


719 :453:03/11/21 01:56
>>714
結局何一つ具体論は出さずに逃げ回るわけか

具体的に分かったことはSelflessnessのマイフェイヴァリットが好きだというだけ。
それじゃあ、それに絞ろう。 ここでは普段のエルヴィンジョーンズではなく
ロイヘインズがタイコを叩いているが、これが全体にどのような作用を与え
ている? エルヴィンが叩いた場合と比べてどう異なる?


720 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:58
>>717
創作を必要とする「芸術家本人」は、残念ながら、論理を使い表現する必要はあるんです。
なぜなら新しいものに対する理解を促進する為です。

それが無いと、[残念ながら]新しいだけで『気違い』『電波』と見なされかねないから。

721 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 01:59
芸術に長く浸かっていると、趣味や好き嫌いなんてなくなって来るんだよ。
判断が公平になってくるんだ。そんな時、自分が歴史にちかづいたと感じることがある

722 :吾輩は名無しである:03/11/21 01:59
ねぇ、みんなそれぞれの贔屓を
それぞれの仕方で、
それぞれ称揚してるだけなのじゃ

ないのですか? 

723 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:00
>>718
芸術はスタイルなので、スタイルの無い芸術家は糞です。

724 :453:03/11/21 02:00
>>722
ちがう 外野はすっこんでろ


725 :453:03/11/21 02:01
>>723
ん? 表現形式は表面的なもので云々とのたわまってなかったか?
自分の論の一貫性も放棄したか?


726 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:03
>芸術はスタイルなので、スタイルの無い芸術家は糞です。

だれがそんなこと言ったの?

727 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:05
>>719
そんなことはあなたのほうが良く分かってるんじゃないですか!
僕は専門的なことはなにも知らず、「SELFLESSNESS」というタイトルのイメージと、そこに収められた曲を聴いて、
『ああこれは素晴らしい演奏だ』(もちろんこんな固くないけど)と深く感じ考え思うだけです。

僕は音楽に関してはまず、純粋なリスナーです。
新しい音楽論は絵画の延長として書いただけでしたから。

これからはもっと深く関わるとは思います。

728 :453:03/11/21 02:05
>>706
ところで、>>695のどこが「マニアック」だ?
コルトレーンを語りたければ避けて通れない大定番ばかり、わざわざ
選んだんだ。 君はコルトレーンの何を聞いてきたのさ。


729 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:07
>>722
僕は新しい芸術家なのだから、
常に、できる限りの客観性を持って「芸術」を評価しようとしています。

730 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:07
文学版スレッドランキングq(速報値)

@哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る (161)
A文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】 (88)
Bとりあえずつくってやったぞ書きこめや!文壇BAR (23)
C【文芸評論家】山崎逝太郎の毒蛇別荘 (18)
E美少女作家さゆみとは一体なんなのか?PART 3 (15)
E【朝日】大江健三郎批判スレ【朝鮮】2 (15)
F阿部和重について語るスレ (7)

731 :717:03/11/21 02:07
>>720
それはどうかな。
新しい、つまり未来の主流は受け手が決めることなんじゃないの。
芸術家は問題提起(作品自体がそうなる)をする必要はあっても、新しさの説明をすることは必要ないと思う。

私は┓さんが何かを好きだということに「がっかりだ」とかいう判断を下すことが愚かだと思う。
まったく芸術的嗜好が同じ人間が同じものを造り出せるわけではないのに。
芸術家としてのあなたには無意味な議論じゃないかい。

732 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:07
720 :┓ ◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 01:58
>>717
創作を必要とする「芸術家本人」は、残念ながら、論理を使い表現する必要はあるんです。
なぜなら新しいものに対する理解を促進する為です。
それが無いと、[残念ながら]新しいだけで『気違い』『電波』と見なされかねないから。

¬君、君もそうだね。

733 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:09
>>725
そんなことは書いた覚えも言った覚えもないですが。
芸術においてはスタイルが第一で、システムが第二です。

734 :453:03/11/21 02:09
>>727
結局、「いいなと思った」というだけなんだろ?
長々と駄文を書き散らしても、中身はそれだけだ。
だから、お前は借り物の言葉でしか理論武装できないんだ。

たしかに、言葉である以上は所詮借り物だ。しかし、借りるならば
しっかり足場を固めて借りろ。 お前の言葉は限りなく軽い。


735 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:09
>>729
頑張ってね!はーと☆

736 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:09
>>726
僕が今考え出し言いました。

737 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:12
私は┓さんが何かを好きだということに「がっかりだ」とかいう判断を下すことが愚かだと思う。
まったく芸術的嗜好が同じ人間が同じものを造り出せるわけではないのに。
芸術家としてのあなたには無意味な議論じゃないかい。


例えばラッセンを好きな芸術家志望にがっかりするように、
ヒロ山形が大好きな芸術家志望にがっかりするように
はしだすがこのドラマが大好きな芸術家志望にがっかりするように、
彼にがっかりしたのです。

嗜好云々の前の段階の話です。

738 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:12
ポップは軽くて、浮遊感があるからいいのにね。
コズミックラブしませんか?

739 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:12
>>728
多くたくさん聴いたわけでは無いし、あなたから言えば「浅い」聴き込み方なのかもしれません。

僕はあなたに言わせればほとんど「ジャズ初心者」なんじゃないでしょうか。
コルトレーンであれ、誰であれ、そうです。

ただ彼らの演奏や音楽を愛す気持ちはあります。

740 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:15
>>731
勘違いしてると思うが
「がっかりだ」なんて僕は決して言いませんよ。


あらゆる芸術は前進だけを目指さなくてはなりません。

741 :453:03/11/21 02:15
>>733
>>249でしっかり書いてるじゃねえか
スタイルというのは、表現法・表現形式だろが


742 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:16
>>732
なにが?

743 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:17
何と言うか、¬くんは軽くて足元がおぼつかないんだな。

ちょっとは期待していたんだ。がっかりだ。うんざりだ。おやすみ。


744 :717:03/11/21 02:17
>>737
そんなの、「ええー、こんなの好きなの、ださーい」的な、子供の議論だね。
きっかけは例えば公衆便所の落書きだっていいんだ。
大切なのは何を感じそこから造り出すか、でしょ。

745 :453:03/11/21 02:18
>>739
あれだけ長々と音楽論を書いておいて、
「僕は素人同然だから〜」などという逃げが通用すると思ってるのか?
叩かれまくるに決まってんだろ、ボケナス



746 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:19
>>734

いいなと深く感じるということは、それを愛するということです。

僕は新しい音楽論を提示したが、何かの音楽について「愚かだ」と言ったことは無い。
ただ新しい音楽だけが必要なのです。

すべての「芸術家」としての音楽家はそこに向かって努力しています。

747 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:20
そう、┓ は自分の愛するアーティストへのオマージュを
抽象的な文章で結晶化したの。
いいじゃん。
あの文章┓、透明感や明晰性や力強い情熱さえ感じられて
あたしは、すごく好きだなぁー

748 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:20
>742
もちろんこれ♪→(論理がないと)『気違い』『電波』と見なされかねないから

749 :453:03/11/21 02:22
>>747
悪いが、透明感も明晰性も力強さも全く感じない。抽象度もまったく低い。

感じるのは限りない自己愛だけだ。


750 :717:03/11/21 02:22
>>740
いや違う、がっかりだ、と言ったのはおさむさん。
あなたに対して言った言葉に続けたから誤解を招いてしまった。ごめんなさい。

751 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:22
>>737
流れで言えばつまり僕がウォーホルを評価したのにがっかりしたと?

個人的に好きだ
というものを超えて僕は彼を一芸術家として高く評価します。

なぜ「俗」と見なしたいのか。

752 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:24
>744
素人が何をいくらすきでもいいが、彼は哲学者で芸術家なんだろ?
うまくいかないことが見え透いているから言っただけなのに。

753 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:24
>>741
「移り変わるスタイル」を基本的に評価しないと批判しただけです。

だから重要なのは『不変のスタイル』への進化なのです。

754 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:24
おさむの態度って他人を見下して自分が優越感を得たいってのが根本にあるね。
岩波知識人(死語)みたい。知識は大切だけど、おさむってヤツには知識があっても何も創り出せないと思う。


755 :453:03/11/21 02:24
>>751
単に好きだといったり、それ以上に普遍性を持つといったり
いちいち評価軸をズラして逃げるなよ。

常に自分が勝つ様に仕組みたいのは分かるが・・


756 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:26
ウオーホルは俗だけれど、そうじゃない。
がっかりしたのは君の姿勢。
君みたいの、いくらでもいるから。

757 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:26
>>743
僕にはあなたがそう見えますが。
なぜなら「好み」で芸術を語るからです。客観的論理と芸術論の展開を後回しにしてるでしょう。

758 :453:03/11/21 02:27
>>753
なんだ? あらゆる音楽の表現形式は単一のものに向かって進化すべき
だと思ってるのか? とんでもないファシストだな


759 :717:03/11/21 02:27
>>752
だから、あなたは評論家と芸術家の仕事をごっちゃにしてるんだよ。
例えばモーニング娘。が大好きだとかいう、芸術家の嗜好は別にいいだろう。
そこから少女に対する新しい言及、表現ができたとしたら、それは純粋に評価されるべきものなんだ。

760 :453:03/11/21 02:28
>>757
>なぜなら「好み」で芸術を語るからです。
おまえがやってることじゃねえか(w
頭大丈夫?


761 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:29
┓ ◆m0yPyqc5MQ は新しい哲学者(アーティスト)として
『不変のスタイル』へと進化して行きます ┓

762 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:30
>757
わけがわからない。いつおれが好みで語った?
客観的論理と芸術論だけで語ったじゃないか。


763 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:30
>>745
専門知識に関しては本当にそうなんだからしょうがないですよ。
新しい音楽は基本的に専門知識がいらないくらい「シンプルなシステム」で創れるんです。(楽器は別だとしても)

しかしそこから生まれるスタイルは最大に複雑で無限に多様的なんです。
だからこそ真の「未来の」音楽、真の「未来の」ジャズなんです。

764 :453:03/11/21 02:30
>>759
君は大事な点を見落としている。
誰も┓ ◆m0yPyqc5MQを「芸術家」とは見なしていないという点をだ。


765 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:31
>>748
論文ちゃんと書いたじゃん。
あと「こうして」論理を展開させてるじゃん。

あなたの今の論理とは異なる
というだけでしょ。

766 :453:03/11/21 02:32
>>763
は? マシンでリズムパターン一つを作ることでさえ、ドラムの知識が
必要なのは分かってる?

そのへんのガキが鼻歌歌うのとは違うんだぜ?


767 :717:03/11/21 02:33
>>764
あなたはそうかもしれないが、少なくともおさむさんは彼をそう表現してる。だからその評価に対する批判をしたまでだ。

768 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:33
>>749
「自己愛=ぼくがすき」なんてどこに書いた?

ミスチルの歌詞を『コピー』した時くらいじゃない?あるとすれば

769 :453:03/11/21 02:33
>>765
君は大事な点を見落としている。
誰も君の論理を、論理とは見なしていないという点をだ。


770 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:34
>759
ってかおれ評論文なんてほとんど読んでないよ。
絵画の歴史は興味があればそれなりにはいってくるし。

でも、新しい芸術なんていって、長渕つよしもってこられたら、注意したくなるだろ。
こっちが真剣にやってりゃなおさら。



771 :453:03/11/21 02:34
>>768
お前は文章読みとしても小学生以下の読解力だな


772 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:35
>>755
ズラしてないですよ。
ウォーホルは個人的に好きで、かつ歴史的芸術的にたいへん優れた作家だ
という意味です。

773 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:36


@哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る (183)
A文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】 (82)
Bとりあえずつくってやったぞ書きこめや!文壇BAR (23)
C【文芸評論家】山崎逝太郎の毒蛇別荘 (19)
E美少女作家さゆみとは一体なんなのか?PART 3 (15)
E【朝日】大江健三郎批判スレ【朝鮮】2 (15)
Gフジテレビ「お厚いのがお好き?」 (9) 作成

774 :453:03/11/21 02:36
だいたい、こいつは肝心の文学に関しても村上春樹以外に語っていないし

「自分の好きなものが新しく素晴らしい」と叫びたいだけ。
叩かれて当然。


775 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:37
>765
論文って・・・筋が通ってないから、電波なんだろ・・・

776 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:38
>>756
曖昧ですね。
僕のどこが「俗」なの?


仮にウォーホルが俗だとすれば、ほんとに最晩年のことに過ぎないと思います。
「俗の模倣」をやってのけたのです。マリリン、キャンベルスープ缶。一ドル札。

777 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:39
┓に、どこか清新な魅力を感じているからこそ、こうした数字になるんです。
たとえ、批判的立場に立ちつつも。そうした感情にみんな気づいてね

778 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:39
>>758事実として述べただけです。

「音楽は進化している」

779 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:39
ウオーホルはどのように歴史的芸術的に優れた作家か答えてないじゃん

780 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:40
>>760どこが。

781 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:41
俗じゃん。春樹好きで、ウオーホルずき、リヒターずき。
美術の専門学校によくいるタイプ。

782 :453:03/11/21 02:42
>>777
ばーか
こういう気違いはどこにでも一人はいるもんなんだよ。
高校でも大学でも。

ただ、今の時代はこういう奴が公共性を持った場所で意見を言う機会が
あるという点が、ほんの少しだけ興味深い。
もちろん、いつまでも自己陶酔されたら気持ち悪いんで俺は叩きのめすがな。


783 :717:03/11/21 02:42
>>770
誰もあなたが何かをまじめにやってることなんて聞いてない。
さっきまでは一評論家になってたのに、なぜいきなり芸術家になる。
あなたの言うことは乱暴な主観だらけだよ。
その考えを捨てなきゃ、何か(それが何かは知らないけれど)の創り手としても、オシャレな音楽聴いて、オシャレっぽい音楽創ることしかできない連中を越えられない。

784 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:42
>>762
さっき
「ウォーホルは冷たいスタイルが嫌い。無骨なジョーンズがいい」

みたいに言ったじゃない。

785 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:44
>777
そんなことないです。
接してみてわかったけど、美香やミステリ板住人と一緒です。
明日からはもう接しません。

キリ番おめでとう

786 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:44
>>766
そんなものはいりません。

新しい芸術に必要なのは優れた美的直観だけなのです。

787 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:44
>>453から食い付いて、まだ叩きのめせない>>782が一番バカに見えるし。


788 :453:03/11/21 02:46
>>778
だから、どう「事実」なんだが、具体的な作品を挙げて説明してくれよ。

・後期ロマン派→12音階音楽
・バップ→フリー
・ハバネーラ→ソン

それぞれ説明頼む


789 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:46
>>769矛盾が無ければ、それは筋の通った論理です。

新しい芸術は古い芸術の視点から見れば「調和しないもの」です。
だから新しい芸術家[僕]も同じでしょうね。

790 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:47
>>770
ながぶちつよし?

791 :453:03/11/21 02:48
>>786
その姿勢でちゃんと仕事とってきたら認めてやるよ。


792 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:48
>>771
単なる罵声ですよね、これは。

793 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:49
>>774
「嫌いなものについて語れ」と言いたいの?

794 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:50
>783
おれが話したのは一般教養。
なんでさっきから話についてこれないのに、割ってはいってくるの?

795 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:50
>>789
新しい芸術(┓ タン)は古い芸術(オサム・453)の視点から見れば
「調和しないもの」です。

と言い換えられる。それ故に、話に齟齬を来たす。




796 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:51
>>775
どこが筋通ってないのか

明快にシンプルにはっきり


伝えてくれませんか。
もしそんなところがあれば答えましょう。

797 :453:03/11/21 02:52
>>789
論理性の話についてのレスで、何故「新しい芸術家[僕]」などという
言葉が飛び出す?
そういう点に顕著なんだよ、おまえの自己愛ってのは。



798 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:53
もうすぐ800か。

799 :453:03/11/21 02:53
>>794
そんなの決まってんじゃん(w


800 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:53
いやはや。新しいも何も、古い芸術も知らないで、何で新しいと思えるのか。
バカが「おれって、新しいー」って思ってるだけだって。
脱悲劇なんて五十年前からやってるし・・・

801 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 02:55
>796
古い芸術も知らないで、何で(自分が)新しいと思えるのか。


802 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:56
>>779
はじめのころ言ったじゃん。

平面において「(色彩的)構成として」のみ、写真などの対象を扱ったところ。
……つまりなにも「つくろう」とはしなかったところ。ダダイズム。

803 :717:03/11/21 02:56
>>794
あなたも最初は┓さんの文章をこれが好きとか純粋に判断してたでしょ。
それが彼が何に興味があるのか、みたいなのぞき見根性だして、
あげくの果てにセンスが合わないからって「文章に対する」評価を逆転させるような、最低の価値判断を無自覚にするからだよ。

第一、その一般的教養が彼が文章を書くことと何の関係があるんだ。
私にももちろんそれは関係ない。

804 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:57
>>781
主観ですね。


そこに挙がった芸術家はみな、非常に優れた「歴史的」人物です。

805 :453:03/11/21 02:58
さあ、今度はダダのお話ですね♪


806 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 02:59
>>782
さあ叩き潰してみろよ。

お前の「俗」「自己陶酔」を暴いてやるから。

807 :453:03/11/21 03:01
>>803
>第一、その一般的教養が彼が文章を書くことと何の関係があるんだ。

おおあり。 なぜなら、彼は自分の論を、或る普遍性を持つものと称して
提示した。 ごくごく一般的な教養程度の事実性に対して無知であれば、
あるいは、それとに齟齬があれば、彼はその点についての弁明を求められる。


808 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:02

┓の魅力は哲版でも文学版でも数字としても。ちゃんと証明されてるの。
一月も経ってないのに(10日ぐらい?)、4000レス近く付けさす人なんだけど。
まだ、彼の力を理解できないの?

@哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る (217)
A文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【2】 (77)
Bとりあえずつくってやったぞ書きこめや!文壇BAR (25)
C【文芸評論家】山崎逝太郎の毒蛇別荘 (20)
D美少女作家さゆみとは一体なんなのか?PART 3 (15)

809 :453:03/11/21 03:02
>>806
もう叩き潰されてることに気づかない?

具体物に接することの苦手な「芸術家」さん♪


810 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:03
>802
そしたらダダイズムの追随者じゃん。しかも構成してつくってるし。
それだったらマレービッチのがぜんぜん造ってないって。

>803
駆動もたまにいい文章があるし、ミステリ板住人にもそういうレスはあった。
文章って、彼、論文っていってるでしょ。論文は首尾一貫した姿勢が必要なんじゃ?

何の関係って、かれは芸術家なんでしょ?ハァ。

811 :453:03/11/21 03:03
>>808
どちらもIDの出ない板だね(w


812 :717:03/11/21 03:04
>>807
いやないね。「彼の文章には」。
だから私は哲学者としての彼をとりまく議論に関わってないでしょ。
あなたにも何も言ってない。

813 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:04
あと雨滴なパワーじゃん。

814 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:05
>>788
あなたはさっきから「具体的知識」を僕に要求しているだけですね。

そして僕は音楽に「具体的知識」が無い、ときっぱり言っている。
だからあなたは筋が通ってません。ただ自分の音楽の「具体的知識」をネタに喧嘩売ってるだけです。


音楽が進化するのはそれが「芸術」だからです。それ以上でもそれ以下でもない。
それともあなたは音楽に進化を認めないのか?

815 :453:03/11/21 03:05
>>812
あんたがどう関わってるかなんぞ知るかよ
擁護したけりゃ具体的にやりな


816 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:06
>808
こういう、電波系のあおりにミステリ板住人がいたけど、こんなもんじゃなかったよ。


817 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:07
>>795
そうですね。
だから両者は熾烈に戦う。

そこから新しい文化のエネルギーが生まれる。
いつでもそうです。両者は均衡対立するんだ。

818 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:07
>717
っていうか、お前がいちばんキモイ

819 :717:03/11/21 03:09
オーケー、結局言いたいのは板違いの議論と文章に対する議論をないまぜにするなってことさ。
文学板なんだからね。

820 :453:03/11/21 03:09
>>814
公共性も持つ場所で、或る分野について何も具体的な知識がないにも
関わらず何かを論ずれば、必然的に叩かれることも分からんか?

お前は典型的なリテ公なんだよ


821 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:09
偉そうに語る割には音楽についての具体的な知識がなさすぎるんだろ、1には。
進化してるかどうかなんて、ある程度の具体的な知識がなければわからんのじゃないか?


822 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:10
ってか、おれは新しい芸術の、ほんのひとかけらでも見せてくれれば、納得するよ。
彼はバカだから馬鹿にするだけ。ただそれだけ。

823 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:10
もう圧倒的に┓タン の方が人間的にも面白くてかわいい。
女子高生に聞けば分かるし。

824 :453:03/11/21 03:10
>>819
お前も頭おかしいんだな
┓ ◆m0yPyqc5MQの存在自体が板違いなんだよ


825 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:11


こ れ だ か ら 春 樹 オ タ は

826 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:11
>>797
まず「筋の通った論理」について説明したあと

なぜ両者の論理が食い違っているかを客観的に述べたまでだ。


どこに「自己愛」があるのだろうか。
自己愛とはなんだろう?それは悪いものなのか?

自意識過剰は非難されるべきだろう。なぜなら客観的で無く、非現実的だから。

827 :717:03/11/21 03:12
>おさむ
お、最低な罵倒できましたか。

だろうね、私はあんたのスタンスを直接的に問うてるからね。
自分が批判されたらきもいの一言。
いやはやガキですね。お話にならない。

828 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:12
>796
古い芸術も知らないで、何で(自分が)新しいと思えるのか。






ついでにこれも答えてください。

829 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:12
>>800
君はどうして前に向かおうとせず、進化をためらうのか。
私は過去を理解して、未来を目指している。

830 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:13
┓はクレバーで、しかも情熱家。

自分が理解できないからと言って。w 
観る人が見れば解かる。

831 :453:03/11/21 03:13
>>826
お前が「新しい芸術家」だということが、何故、客観的なんだ?
あ?

お前はどこにでもいる「妄想家」だ。 とっとと失せろ。


832 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:13
で、音楽の話(具体的な知識もないのに見切ったような態度を取り続ける
1の愚昧さの象徴)はどうなったんだ?(笑)

833 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:14
>>801
僕が古い芸術のなにを知らないと言うんだ?

834 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:14
717 ←¬に惚れたキチガイです。以後スルーでおね

835 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:15
なんで、おさむは作家志望の癖に、そんな恥ずかしいくらいコンサバなの?

ふつうリベラルな立場にいるだろ。ま、才能の問題か。

836 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:16
>>809
それは否定しません。
具対物は好きではありません。好きなのは「女性」くらいです。

837 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:16
>>833
お前が何を知らないかなんて他者にわかるわけないだろう。そういう質問が
思い浮かんだ瞬間で君はあほ。

わかるか? わからんだろうなあ。

838 :453:03/11/21 03:16
>>833
自分で言ったろ
「音楽については無知だ」と

健忘症も患ってるのか?


839 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:16
>829
わたくしは「文学はなぜ衰退〜」スレで書いたように、進歩以外の芸術を認めていませんが。


840 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:17
具体物もないのにどうやってそのジャンルを語れるっていうんだ(笑)

哲学オタは気楽でいいねえ。

841 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:17
なんかやり取りみてると、453とか自分が気にくわないから批判するという
狭量さがイタイね。言葉使いにしても┓ ◆m0yPyqc5MQのほうが大人だよ。
景気よく批判しているようにみえて、じつは己の人間的無様さをさらけ出
していることに、気づいたほうがいいよ。顔や名前が出ないぶん、より自分
の感情を抑制できる人のほうが尊敬できるね。

842 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:18
>>810
マレーヴィチ?


特には印象に残ってないな!
どんな作品?

843 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:19



どの辺がコンサバなのかおしえてください、おねがい。




844 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:19
大人とかそういう問題じゃないよ。お前みたいに議論の渦中に入らずに
したり顔で語るやつが最低だ。もちろん、1よりもひどい。
どっかいけ<841

845 :453:03/11/21 03:19
>>840
言っとくが、哲学オタ(学者)は徹底的に具体物と格闘してるぞ。
そこからしか新しいものは生まれない。


846 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:20
おいおい、具体物が苦手なのに美術は好きなのかよ。おまえ、いったい
美術のなにをみているの?

847 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:20
>>820
リテ公ってなに?

叩かれるのは必然だし「こうして」避けてはいません。
新しいものは古いものに攻撃されるのです。

848 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:21
>>845 もちろんそのはずだが、1のような振舞いを見ていると。。。

849 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:22
>842

白いキャンバスに黒い四角の作品。しかも1915年代に。



850 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:22
>避けてはいません
そうかな、巧妙に(みえみえだけど)、レスをつけられるもののみに答えて
いるじゃないか。

851 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:22
>>822
すぐに深く知りたければモンドリアンの絵画を観ればいい。

いずれにせよ社会に新しい芸術は浸透し、後に現代社会を転覆させます。
そうして人類は解放されるのです。

852 :453:03/11/21 03:23
>>848
>>1が哲学書をまともに読んだことがあると思う?
神かけて、絶対にないね。


853 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:23


おさむ HN 太宰が好きなんだろ。 これだけでもコンサバ

┓   HN  抽象性が好きなんだろ。 これだけでもリベラル





854 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:24
いずれにせよ、じゃないだろうがw

もう一度聞く、

具体物が苦手なのに美術は好きなのかよ。おまえ、いったい
美術のなにをみているの?

855 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:24


注意警報!注意警報!717が地下に潜伏した模様。
引きつづきスルーお願します。

856 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:24
『芸術的抵抗と挫折』


857 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:25
>>828
描写的で模倣的で対象的
つまり自然的な芸術はすべて悲劇的造形だから
よって「古い芸術」です。


それが古い芸術のすべてです。

858 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:27
>¬君


古い芸術も知らないで、何で(自分が)新しいと思えるのか。





あとモンドリアンって、、、もうほとんど一世紀前の人なんだけど・・・





859 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:27
>>847
音楽(ジャズ)についての具体的な知識が全くないにもかかわらず、
自分の感性や言説に正当性があるかのように語り、叩かれまくるイタイ人。


860 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:27
>>857 ね、何回も説明してるのに。読んでないんでしょ。

861 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:28
>>831
やはり作品で証明するしかないですね。
今は「待って」くれるしかないでしょうね。

こうして論理であなたが納得するまで表現してもいいんですけど。
なんか君ずっと怒ってるし。

862 :717:03/11/21 03:28
>おさむ
バカじゃないの。最後の発言以来一回も書いてないよ。
それもわからないなんて君の文章に対する鑑識眼が知れるね。
これ以上やればやるだけこの板での君の価値が下がっちゃうよ。
そろそろ寝れば?議論する気もまともにスレを見る気もないんでしょ。

863 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:28
自然的な芸術ってなによw

864 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:28
喜旦に読み方を教えて下さい!
お願いします。

865 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:29
>>832
僕は1じゃあないですよ。いちおう

866 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:30


だけどさっきリヒターを「古い芸術」の最後の人っていってたけど、
彼はアブストラクトで、君の文脈で言うと、「新しい芸術」に入ってくるのじゃ?




867 :453:03/11/21 03:31
>>861
質問に答えてないよ。 もう一度言うからよく聞いてね♪

お前が「新しい芸術家」だということが、何故、客観的なんだ?
あ?


868 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:31
>>838
専門知識はないというだけで、(素晴らしい)音楽について無知と言われると、
納得いかないな。

僕なりに知識はあるし、僕の知るいろんな音楽を愛してるんでね。

869 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:31
美術作品を「具体物」だと思えないやつになにをいってもムダ

870 :453:03/11/21 03:33
>>868
今どき、好きな音楽の一つや二つは誰でもあるだろ。
それと、「音楽の知識がある」とはまったく別の話だ。


871 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:34
>>849へー

機会がくれば確認しますよ。

872 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:35
>871
確認しなくていいよ。きっと無駄だろうから。

873 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:36
あー、眠くなってきた。明日までの宿題だぞ<868

お前は具体物が好きじゃないのにどうして美術が好きなのか?

美術こそ、具体物とは何か、その具体物に向き合う(見ることとは何か?)
を問題にしている表現形式であるはずなのに。



874 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:37
そうだよ。
┓は、きっと根源的なイデアのようなものに触れてるの。
そして、彼の場合は、抽象芸術においてそうした絶対的な美を感受できるの
だと思う。


875 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:37
議論が混乱してきたから
なるだけ「文学」というテーマに戻りましょう

>>854
美術の美しさを見てるに決まってるじゃんw
ほかに何を見ろと?

876 :453:03/11/21 03:39
>>874
無知の避難所に逃げ込んだわけね



877 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:39
グッドナイト。>all

┓> お疲れ様でした。おやすみ。


878 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:39
>>858

>>857に書きました。

モンドリアンははるかに未来的な芸術家だったので、
環境や時代がついていけなかったに過ぎません。

879 :453:03/11/21 03:41
>>874
>議論が混乱してきたから

特に混乱はないと思うが?
どう混乱してると?


880 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:41
>>859たしかに
「アドリブの直観的自由」くらいですね。
僕のジャズに関する具体的知識というのは。

881 :453:03/11/21 03:43
>>880
プレイヤーがどのようにアドリブを習得するか全然知らないでしょ。
君の想像とはかなり違ってるはずだよ。


882 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:45
>>866
入りません。

彼のは「具体性の最後の形式」にとどまった抽象画なんですね。

非対象、非造形
と彼が自作を述べてました。


絵画の死についての絵画
とも言われます。

883 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:46
>>おさむ

私は何故かこのスレを読んでいて小学生の女の子にコウノトリの話を
聞いているような気分になった。

何故かおさむにそれをいいたくなった。



884 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:46
>>867
』新しいvisionを持ち合わせているから『

885 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:47
>>453
もうちっとましなこと書きな。
あと精神安定剤飲んだ方がいいぞ。血圧の薬もな。

886 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:50
>>873
「美術」というのは芸術がもたらす結果じゃないか、と考えます。

つまり(自然の)抽象の結果としての具対物。
それが「美術」「美術品」の価値であり意味です。それだけです。
僕は美術自体は認めますが
好き[愛す]のは、「芸術」のほうです。

887 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:52
>>879
怒り散らしてる人がいたから。

888 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:53
>>881
知らないですが、やはり「直観」で進めるんじゃないかな。

それは、あらゆる芸術家の進歩がそうだから。

889 :453:03/11/21 03:54
>>885
他人の体を気遣うとは殊勝な心意気だ。

いつまでも電波を相手にするもんじゃないな、疲れた。
俺も寝ることにする。 A demain.


890 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/11/21 03:54
>>883
もれはその話を聞いて、サンタさんはいないと子供にばらしてしまった
おじさんの罪悪感を感じた。

>議論が混乱してきたから
>なるだけ「文学」というテーマに戻りましょう
春樹しか読んでないのに、「文学」がテーマって勘bennnnnn!!

もう寝ます。それでは最後に。


 コ レ だ か  ら 、  ハ  ル   キ       ス  ト は ・・・はぁ
 


891 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:55
> ┓ まだ寝ないの?元気いーっぱい。じゃん。


少し分けてください(爆)

892 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:56
勝利!

893 :453:03/11/21 03:57
>>888
落ちるといっておいて、何なんだが・・・

>知らないですが、やはり「直観」で進めるんじゃないかな。
これは目も当てられないや。
ジャズ板の初心者質問スレで聞いといで。


894 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:57
>>891
一仕事をこなした気分

895 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 03:57
>>893

 ん じ ゃ な ん な の

896 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:00
I am in the Future.

897 :吾輩は名無しである:03/11/21 04:02
がんばったで賞をアゲます。

898 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:06
ありがとうでsageます

899 :吾輩は名無しである:03/11/21 04:06
>>おさむ
コウノトリの話はね。もっと深い意味も込めたの。
人間はいくつになってもそんなお話を必要とする生き物で、
それが文学ってことさってね。


900 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:08
Have a good [cool] night!

901 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:10
>>899
僕はいらないですね。
セックスとつわりと帝王切開のstoryで十分です!

902 ::03/11/21 04:14
zzz....

903 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :03/11/21 04:20
女から生まれた人間には分かりませんな。

904 ::03/11/21 04:22
>>903なにが

905 :吾輩は名無しである:03/11/21 04:22
>┓
ところで、あなたは作品の中の叙情的なものの排除ということを以前話していたと思います。

でもあなたの作品(哲学的発言ではありません)は私からするとかなり叙情的に見えるのです(恋人に理解してもらえない男の人など)。
それが意図されたものなのか、私の誤読なのか、少し気になったのですが…。

もう寝てしまったかな。

906 ::03/11/21 04:26
>>905
恋人に理解してもらえない男の人?

そんなのありましたか
ただ嫌われただけじゃないの。女の子ってそういうところあるでしょ。
「あんたなんかキライ!」的な。

907 :905:03/11/21 04:29
>>906
恋人に理解されない男性、ではないかも。すみません。
男女の心のすれ違いみたいな描写。
話の流れから、どうしても読者としては男性に感情移入してしまい、切ない気分になってしまうのです。

908 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:31
>>907
男と女は違うものだから、すれ違うというより、反発し合う。
対立し合い、そして均衡します。

でも大きな目で見ればすべては「愛」のなせるわざです。

909 :905:03/11/21 04:35
>>908
なるほど。一部分をとってそこに叙情を感じるのは、たぶんあなたの文章に適した読み方ではないのですね。

わかりました。遅くにすみません。

910 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 04:55
>>909
叙情って感情の述べ表すことですよね。

「君がこんなに好きなんだ!
それはまるで天高く伸びる摩天楼のごとく、それはまるで地を這う小さな草木のごとく。
君はなんて美しいんだ。僕は君の瞳にルビーよりも深い色をいま感じています」
「あら!私もよジャック。
私の心は燃え盛る炎より熱くあなたのことを求めてるわ。
あなたのつやつやした金色の髪、それにやさしく触れさせて、
あなたの指が私の頬を撫でるたびに私はたまらなくうれしい気持ちになるの!
大好きよ!好きで好きでたまらないのよ」
「ボクもさベティー!
キミの花畑ではしゃぎまわる姿を見るとボクは喜びに包まれていく!」
「ああジャック・・・」ふたりは倒れ込んだ。
彼らの周りの草木がしおれ、ふたりをすっかり包み込んだ。


↑こういうのを叙情的、描写的と言うのだと思います。
反対に、事実・真理を叙事的、散文的に『構成する』のが新しい文学です。
叙情は女性語(女子言語)だから、男性語[男子言語]によって破壊され、
均衡がもたらす秩序に統合されるのです。

911 :吾輩は名無しである:03/11/21 05:16
>事実・真理を叙事的、散文的に『構成する』

で910の文章を構成し直すとどうなりますか?


912 :吾輩は名無しである:03/11/21 05:23
>>910
叙情・抒情とは、lyricの訳語ですよ・・・
叙情詩の歴史と特徴を調べてきてください。

古代ギリシアの詩人とか、ペトラルカとかゲーテとかハイネの詩
位は知ってますよね?
ついでに、叙事詩とは何かも調べた方がいいです。


913 :吾輩は名無しである:03/11/21 05:41
バカップルの台詞部分は「事実」なので構成し直すも糞もない
のないのでしょうか?なら「反対に」も糞もないのでは?

914 :吾輩は名無しである:03/11/21 05:43
ないのないの

915 :905:03/11/21 05:50
>>910
ちょっと遅くなりました。すみません。
なるほど。
912さんが用語の解釈に触れていますが、とりあえず┓さんが排除すべきだ、と言ったものが何なのか、感覚としてわかりました。
私も「叙情」を┓さんとはまた違った意味で解釈していたもので…。
わざわざすみませんでした。納得しました。

916 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 06:00
>>912
宿題嫌いだからやりたくないな。

917 :吾輩は名無しである:03/11/21 06:06
>>911は完全にスルーですか?

918 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 06:21
no.>>910_2[abstract]


a 君はとても美しいね。


i ありがとう。あなたは綺麗だわ。


a …君が生き生きとしている時、それはほんとうに素晴らしいことだ。


i そうね。私はあなたと生きている。

i ──私、あなたが好きよ。



彼らは宇宙に立つ。
そして──世界中と彼らには、100%の『愛』がある。

919 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 06:26
now loading!- -+-- ---+ --++-- --+- -

920 :吾輩は名無しである:03/11/21 06:35
>>918
そうなるよね。でも新しいかなあ?

921 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 06:38
>>920
未来は本来の場所なので、初源的に感じるに過ぎません。

922 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 06:40
……言い換えると、

「彼ら」にわれわれがなった時、──そこがユートピアです。

923 :吾輩は名無しである:03/11/21 06:48
新文学のテーマはその辺ですか?

924 :吾輩は名無しである:03/11/21 07:59
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 中卒引きこもりが芸術家を気取るスレはここですか?

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧ ∧∧∧
  (゚Д゚≡゚Д゚)
    |し |つ
   ⊂__ |
      し'



925 :吾輩は名無しである:03/11/21 08:16
高卒引きこもりが嫉妬するスレでないことはたしかですが。

926 :流浪のひとA:03/11/21 09:27
哲板あき〜たから、こちらに移住して来ようかなあ。。。
こちらはまだ哲板ほど、衰退してないみたいだね。(うふふ・・
漏れが来たからには衰退必至である・・なんちゃって)
¬も元気に暴れてるし・・ここにしようかなあ・・・


927 :流浪のひとA:03/11/21 09:36
神話学板もちょっと面白そう・・・。


928 :流浪のひとA:03/11/21 09:48
ドルージィアンの丹生谷さん、文学板でこんなに尊敬されている
とは・・・。哲板ではほとんど無視なのに。だれか「光の国」って
読んだ?たしか丹生谷先生の処女作だよ?


929 :吾輩は名無しである:03/11/21 10:06
レスが900まで延びたんだな。
おめでと。 >>┓

漏れは>>553に┓がレス付ける事希望〜

>>558は女性語じゃねーか? ┓も>>551

"あとグチは基本的に女性語ですね。
「あいつムカつくんだよね」とか。主観の表現だから"って言ってる事からの類推だけど。

男も女性語使う生きもんだと漏れは正直思う。だから、どーも男性語女性語っていう
名付けがグっとこないんだよなぁぁ

930 :吾輩は名無しである:03/11/21 12:44
ここも一体何のスレだかわからんね

931 :吾輩は名無しである:03/11/21 12:50
わからんね。次スレ立てんのかね。

932 :吾輩は名無しである:03/11/21 12:59
三行ですむ話にわざわざスレを構えることも無いだろ。


933 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 14:57
>>929
男言葉
女言葉


男の子言語
女の子言語




934 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:02
>>923
新文学というのは過去のように主題といったものはとくにありません。

世界のあらゆるもの、現実から享受できるすべての美しいものを利用します。

「新しい造形は、現実からの抽象という可能性を持ち続けることによって、「現実的」である」

935 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:03
>>931
>>1に書いてあるじゃん

936 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:13
┓ さすがですねw うーん、納得。

no.>>910_2[abstract]

a 君はとても美しいね。

i ありがとう。あなたは綺麗だわ。

a …君が生き生きとしている時、それはほんとうに素晴らしいことだ。

i そうね。私はあなたと生きている。

i ──私、あなたが好きよ。

彼らは宇宙に立つ。
そして──世界中と彼らには、100%の『愛』がある。



937 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:13
>>932ここで言いたいことを三行でまとめるとこうなる


今日知られている文学とはまったく別の『新文学』が既に生まれている。
それはあらゆる人に理解可能なシンプルなシステム「二元間の多様な均衡」からはじまる。
それは未来の芸術「新しい造形」として、あらゆる古いものを近い将来、圧巻するであろう。




938 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:16
評論家

939 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:24
938どこが

940 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:34
僕は預言者である。

941 :929:03/11/21 15:35
>>933
なんか違うジャンルからの、換喩は無いのか?

942 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:38
新しい造形は個別的なものを除去するので、
「嫉妬」はポジティブなエネルギーになる。普遍的創造にすべては費やされる。

943 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:42
自称(哲学者 芸術家 予言者 批評家)。。 あと何?

944 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:43
実際の創作の場では、こういう自分は何も創造できないのに
理屈ばっかりの奴が一番敬遠される。

945 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:44
>>941
精神語
自然語


冷静語
情熱語


普遍語
個別語

946 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:46
>>943
私は絶対的に「批評家」ではない。
それは侮辱だ。

947 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 15:47
>>944
ここ一二ヶ月かなり「創作」したと思うが。

948 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:47
評論家

949 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:48
預言者

950 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:48
痛い

951 :吾輩は名無しである:03/11/21 15:48
引き籠り

952 :929:03/11/21 16:01
レスありがd

3つの中だったら、真ん中がいいかな。
3つめはちょっと違うかも。(マジョリティとかそっち方向に逝っちゃいそう)
普通に、主観言語/客観言語のが理解しやすいんじゃないか?
あえて名付けがしたいのかもな・・・だったら邪魔してスマソ


953 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:03
a 人生は悲劇だ
a 彼らは過去を好む。僕は未来を好む。僕は彼らに攻撃される。

i あなたは誰?

a 僕は預言者だ。僕は新しいものを知っている。
a 君は誰?

i 私はあなたの一部。あなたは私の一部になっている。

a 君は人生を悲劇だと思う?僕は君のように強くない。
a しかし、強くなろうと努力することはできる。

i そうね。

a 僕は芸術を要求する。僕は自由を要求する。
a 我々の人生は悲劇であってはならない。それは生き活きした「現実」でなくてはならない。


創造のenergyは無限である。
我々は破壊をする──一方では常に構築しているのだ。
次の街と世界が生まれる。次の都市が産まれる。


a 我々がしなければならないことは人生の悲劇の[完全]破壊だ。そしてvictoryが訪れるだろう。

i 私はあなたを素敵と感じる。私はあなたが好き。

a 男性がすべきことは破壊で、女性がすべきことは構築だ。
a こうして君は幸福になるだろう。

a ここは、未来だ。

954 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:05
>>952
あなたが好きに使っていいと思います。

新しい概念はもっとも寛容なのです。

955 :929:03/11/21 16:14
漏れは、┓嫌いじゃないよ。1000までもう少しだな。ガンガレ

┓の、こいつは名言だーと思った言葉は何?
自分のじゃなくて、他の人ので。無ければ無理に挙げなくていいけど。

956 :929:03/11/21 16:25
挙げたおかげで、煽られるのも気の毒だからな。
やっぱ、あげなくてもいいわ。
出掛けるんだ。またな。

957 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:32
ぼくは一人称より三人称で書くスタイルのほうがより叙事的になると
思うのだけど。神の視点を眺める読者(小宇宙)の、なにか自己相似形
の神話みたいな感じ、というとイメージできるかなあ。叙事的なのに感覚的
という。

958 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:34
新しい造形においてこそ、芸術家の「才能」はいちばん純粋に現れる。
つまり彼の美的直観が。


新しい芸術の基本システムに従うならば、個別的な造形手段(洗練や虚偽)は許されないからである。
……こうしてこそ、「芸術家」に多くが求められるのである。


芸術家はどこでも、自己本来のイメージしか作らないのであるから、
真に普遍的な造形[新しい芸術]において、彼の『個性』はもっとも純粋な[素直な]状態で明るみに出るはずである。
それは彼のスタイルになるだろう。

新しい芸術家のスタイルは、解体せずに再創造されるのである。



新しい芸術は普遍を指向するので、すべての芸術の統一を求める。

ここに芸術家は『平等なフィールド』で自由に競い合う──playし合うことが可能になるのだ。
ジャズミュージシャンのそれと同じように。


新文学においては言語と観念の解放に向かう。
融合していた言葉やその用い方は両者に明快に分離され、[抽象的に]ひとつの構成に統合される。

新しい概念は形態を受容しないので、『文体』は開放をもたらす。
多かれ少なかれ多言語[多国語、様々な言語イメージ]が用いられるだろう。

このようにして言語は後に統一され、『世界語』が自然に生じるのである。

959 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:37
>>955
ピート・モンドリアン
「芸術には破壊的要素があまりにも軽視されていると思う」

960 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:39
モンドリアンって、、 どおりで(ぷw

961 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:44
>>960
>>959に引用した文は、僕がこれまで出会った言葉の中でもっとも深い意味を秘めた言葉です。
また僕が知る限り、最も『 男 性 的 な 』言葉です。
というかめちゃくちゃカッコいいです。

「芸術には破壊的要素があまりにも軽視されていると思う」



彼はすべてを破壊するのだ。

962 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:45
これはぴかか、元ぴかの1人だろ、あまりに臭い。痛い。目障り。
字スレ立ててもなるべく下の方でやってくれ。頼む。

963 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 16:46
煽り無視はこの板でも必然ですね。

964 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:52
>>960
960は、煽りのみの中身無し野郎か? 挙げてみろ。


965 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:04
965

966 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:07
>964
┓ ◆m0yPyqc5MQ、名無しできれるな。

967 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:09
はじめて書くが
ひとこといいかな
スレタイがルール違反だ

968 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:09
ぴかぁ


969 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:11
ゲームにもルールがあるからさ

970 :929:03/11/21 17:12
964は漏れよ♪
身支度できたから逝って来ます。じゃね。

971 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:12
>963
>964
この流れこそこいつの本性。

972 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:14
>970
このわけのわからん細かい自演はまさしくぴかぁ。

973 :929:03/11/21 17:14
レスの流れ見たら、納得できると思う。じゃ、ほんとに逝きます。


974 :929:03/11/21 17:15
納得いかないんならトリップ出してくよ。

975 :◆4kNJblDpUo :03/11/21 17:16
929 じゃね

976 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:17
975

977 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 17:17
>>967
「固定ハンドルに関するスレ」
では無く、
固定ハンドルが『新文学について語る』

わけだから、ルール違反じゃない。


あと「セコい」場所では名無しは使いません。
絶体絶命の時と、その方が好ましい場合にだけ、使います。

978 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:19
もちろんみんな自演はわかっている
元文壇BARの人(たち)がしばらくいないんだから
もっと巧妙にやらないとバレバレだよ

もし自演じゃないことが奇跡的にあったとしても
狼少年と同じで誰ももう信用しない

979 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:19
やあ、低脳くん

次スレはいらんからね


980 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:22
レス無駄に消費するなよ。

981 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:26
>980


982 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 17:27
嫉妬(感心)はもう互いに「良い影響」を与えることができる。
古い形態造形にしがみついている人々は悲劇に支配されているので、未だそうではない。

983 :◆m0yPyqc5MQ :03/11/21 17:30
日が暮れると駅の周りに光が灯る。
たくさんの休息と運動。黄色と青のタクシー。
クラクションと雑踏のjazz.

984 :吾輩は名無しである:03/11/21 18:08
新スレ立ってます:┓

985 :吾輩は名無しである:03/11/21 19:59
こっちをまず消化しようぜ!!

986 :吾輩は名無しである:03/11/21 20:20
>クラクションと雑踏のjazz.

村上春樹みたい!

987 :吾輩は名無しである:03/11/21 20:21
消火上げ!

988 :453:03/11/21 23:20
>┓ ◆m0yPyqc5MQ
>>910 ワラタ
抒情詩の意味も知らないで「新文学」なんて言ってんの?
これだけどの分野に関しても叩かれて、なおパート2を立てるってのは
白痴だとしか思えん。



989 :吾輩は名無しである:03/11/21 23:38
まだ、あったのかと一言。

990 :吾輩は名無しである:03/11/21 23:42
>┓ ◆m0yPyqc5MQ 来てないじゃん。
予想。ゲームボーイアドヴァンス耽溺中だったり?w


991 :吾輩は名無しである:03/11/21 23:57
いないうちに埋めとくか
いいよね、それも>> ┓

992 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:00


993 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:01
あああ

994 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:02
gdfsl;jk

995 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:02
ytrせ

996 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:03
lgjhk

997 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:04
えywら

998 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:05
1000

999 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:05


1000 :吾輩は名無しである:03/11/22 00:05

        __  ,. −' ´  ̄ ̄_,>'≦
        Z_`く: : : : : : :_,r='‐''~´: :\
       、i/ニ、`: : : : :'",.-ーく/; : : : :\
       _{ O >: : : : :< O 人`: : : : :.ヽ
       7`':':'´く: : : : :`':':':':´: : : : : : : : : ゙.,
       i: : : :,ノ`'´ヽ;_: : : : : : : r'´ `ヽ: : : :',   >>1 糞スレは許さない。蛆虫、氏ね。
         ,!: : : :`:ー:´: : : : : : : : :ヽ,_   'ヽ: : :i
      / !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   \l
    ,.-'   人: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`': 、 '´ヽ、,___
 __/ _,,. '-−`ー 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`'ー、_っ<
'ーテ_ノ'´/  ‐、.   j; : : : : : : r'⌒ヽ: : : : : : : : : : : : :>、: : : :>
 '´   \   「 ̄´ ´"''ー--|   ノ,;,__; : : : : : :< ̄`'<
      \  !        l  l    ´"''r- 、: : :/''一'"
        ヽ j‐、         l,_,. l       j、: : : Y
         } ィ|       l   }      `'ー┘
        j_/         l /
                    ノ j
                  /‐'ィ!
                 '−'


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

260 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)