5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学はなぜ衰退するのか本気で考えて見れ!【3】

1 :吾輩は名無しである:03/11/22 18:12
考えよう。

952 :780:03/12/14 19:24
伸びたな。いちお俺様関連にレス(こんどは大阪じゃなくて京都)。

>>891
>こんな風に非歴史的に思考停止してしまえばものを考えるのも楽でいいだろう。
>ただし、自然は nature 、自明は self-evident。 勝手な論理飛躍でナショナリズムを
>正当化されてもちっとも説得力がない。

ええどすか? 思考停止してはるんは、あんたはんでっしゃろ?
ここであてが、「自明=自然」ゆうとるんは、
構造主義でいう"Naturalization"の概念を踏まえたものどすえ!
人工的に作られたもんが、あたかも自然な、自明なものであるかのように、
規範化されてくプロセスいうことやいうこと、わかってくれてはります?
"Self-Evidennt"とちがいます!
あんたはんは、木曽の山ん中でも帰らはって、
英語を勉強し直しはってから、出て来はったらよろしい!
京の女をくどくんは、十年はよおます!






953 :780:03/12/14 19:28
あと番号を入れたのは、285と長丁場になると思ったので、
識別のために入れただけです。どうも285が出てこないと…

954 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:05
社会との関わりってことでいうと評論家の問題も大きいんじゃないか

955 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:08
つまり文藝評論家らしい文藝評論家がいなくなったんではないか

956 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:10
莫大な作品をよんでこれはこんなとこが面白いと読者に紹介するのが本来の評論家


957 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:11
しかし最近の評論家は哲学とか社会批判とか自分の主張ばかり

958 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:12
何気に、もうすぐ1000だな。

959 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:21
文学を語るときも何か大きな状況論とか思想論として語るにすぎない

960 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:22
それでは批評を読んでもそこにとどまり作品そのものまで行くことができない

961 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:33
またある種の批評家はロッキンオン顔負けのヨイショ宣伝レビューにうきみをやつす

962 :吾輩は名無しである:03/12/14 20:35
読んでみてなんだこりゃたとえば『シンセミア』どこが歴史的大作?

963 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:21
どこがどういいのか具体的に説明できてはじめて批評家といえるのでは?

964 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:26
大きな状況を語る前に目の前にある作品を自分はちゃんと読めてるか

965 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:27
ういういしく謙虚な気持ちで作品に向き合いその不思議さに驚くことができるか

966 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:49
ほんと選考する側、批評する側に知識もセンスもなさすぎ。
なんで平野啓一郎が評価されたりするわけ??

967 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:59
村上龍のほかだと、社会を導こうとしてる人、誰がいるかな?

968 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:01
次スレを立てる人は、1レスを一杯に使って、今までの議論を上手くまとめるんだな。
次スレの全てが1にかかあっている。

969 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:06
>>968

もう立ってるよ〜ん
またまた「考えよう」だけだよ〜ん

それよりあんた、今ここでそれやって!


970 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:11
>村上龍のほかだと、社会を導こうとしてる人、誰がいるかな?
              ↑
  だから浅田彰だって。「導こう」というより「導ける人」 


971 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:16
また政府税調が変なことやろうとしてる
もう税制いじるのやめてほしいんだよね
お金を稼いだ人は税金もたくさん払うという原則が崩れてから
日本はおかしくなって文学も衰退したんだよ

金銭的に差を広げすぎないというのは
社会の信頼と紐帯の問題で
その連帯がないと文学も役割をはたせない

もう死にたいよ、おれどんどん下層になってくんだよ!
なんでこんな高額所得者の優遇政策が通るんだよ!
ほかの人のことも考えろよ!

他人の立場を思いやる心を育てるのも
文学の役割だと思うんだけどな


972 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:22
村上龍の思想(なんてものはないが)は結局
所得再分配なんかやめろ!
弱肉強食の現実に直面しろ!
ということなんだろ?

そんなくだらない「現実」を超えるために
文学があるんだろうよお!
金持ちがすべての世の中なら
文学なんて誰もやんなくなるよ!
それと違う価値も必要だから文学があるんだろ!

ああもう俺は泣きたい、泣いて泣いて
涙の河で世界を沈めてしまいたいよう




973 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:26
>>970

浅田彰は累進税制を守れるのか?
それができないのなら、どんな知性も意味がないよお

結論 文学の衰退は、累進課税の原則が壊れたからである

974 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:30
>もう死にたいよ、おれどんどん下層になってくんだよ!
           ↑
  死んじゃだめだよ。あんたは価値があるよ。

>泣いて泣いて涙の河で世界を沈めてしまいたいよう
           ↑
  沈めちゃだめだよ。あんたも死んでしまうから。



975 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:47
知性と教養の問題ばかりで
まあ倫理は少しでたけど
情の問題がぜんぜん出てないよお

悲しいことに泣けること
その情が枯れたから文学が衰退したんだよお
文学は智でも善でもなくて情なんだよお
さいきんの文学は知的すぎるんだよ
文学は批評とはちがうんだよお
この主知主義なんとかしろよ


976 :吾輩は名無しである:03/12/14 22:56
>>974

いやすまん。世界は沈めない。俺だけ死ねば
俺だけ沈むのが、正しい考え方だ。

価値がなくても、俺が死んだら、
家族が食えなくなるから、どのみち死ねないんだけどね。

ああもうこんな悲しく切ない景色のなかで
俺はいま何をすればいいのか

977 :吾輩は名無しである:03/12/14 23:00
田舎の親がもう年で病気もある
息子はおれひとりおれしかいないのに
これは東京で何をしてるのか

こないだ白鳥の「何処へ」を読んで
そこに描かれる老いた両親の心を思い泣いたよ
人のこういう生きる切なさ、心ぼそさを描く文学はどこへ消えたんだよお


978 :吾輩は名無しである:03/12/14 23:08
>俺はいま何をすればいいのか
>これは東京で何をしてるのか

私は親の介護で好きな仕事を辞め、その親もこの前亡くなってしまった。
そして今このレスを見てる。
下には下がいるってことよ。

979 :吾輩は名無しである:03/12/14 23:51
>975
>悲しいことに泣けること
>その情が枯れたから文学が衰退

あんたは演歌を聞いてなさいね

980 :吾輩は名無しである:03/12/14 23:59
まあとりあえず1000だな

981 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:09
でもさいきんは演歌も、しみじみ情にくるのは少ないんじゃないか?

982 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:14
こんな人もいるぞ @佐伯一麦スレより

271 名前:吾輩は名無しである :03/12/15 00:05
俺は先週のしか読んでないけど、
旋盤工(だっけ?)として働いてたとき、
疲労で小説も書けずというなか、
シモーヌ・ヴェーユを読んで、
労働そのものに喜びを見出すことを学んだ
というような内容だった。


983 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:16
こんな人もいるぞ A小谷野敦スレより

143 :ある上京物語 :03/12/02 21:24
むかしむかしある飯台に、女と見れば誰でも口説く助教授がいますた。
まあ相手の子達も、納得してそうする場合はいちおう「セクハラ」ではないのですけど、
これになびかない女はいない的に、自惚れを強めたこの男、
あるとき同僚の女性教師に手を出そうとして、拒絶されました。
そこで逆上したこの男、表面的には何でもない顔をしながら、
職場での地位を利用して、この女性教師の仕事を徹底的に妨害しました。
彼女はほとんどノイローゼになり、まともに勤務できなくなりました。
うすうす状況に気付いていた同僚達が、超絶的コネクションをもつこの男を恐れ、
見てみぬふりをするなか、学内では浮いていたけれども、
心に正義感をひめたある男性教師が、なんと学長に直接この問題を訴えました。
そこで学内に、調査委員会が設けられたのはいいのですが、
委員長はなんと、当のセクハラ男の身内ともいうべき人物だったのでした。
当然のように「事実なし」の報告がでて、正義感ある男性教師は、
こんどは「同僚を誹謗中傷した」と、逆に責められることになったのでした。
いろいろあったあと結局、彼はひとり飯台をあとにしたのでした。



984 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:18
こんな人もいるぞ B島本理生スレより

34 :吾輩は名無しである :03/11/08 13:01
>>33の続き。

自分が誰とも溶け合っておらず、校内のどこに逃げても居場所がないみたいでした。
一度、体育の授業中にチーム分けをしなくてはならず、
遅れて登校してきた私を人数の足りないチームの女の子たちがわざと無視して笑っているのを見たときから、
ますます高校へ行くのが嫌になりました。感じた通りに語ることが怖くなり、
クラスメートから話しかけられても何を言えばいいのか分からずに会話が続かない、
自分がすごくダメでつまらない人間になってしまったように感じました。
結局、高校を変わった後で似たような状況を経験した友達ができてようやく
「あれはたくさん数ある世界のうちの一つで、絶対ではなかったのだ」と気付きました。

私はもともと幼い頃から、自分を表現することがすごく苦手でした。こんなふうに言うと、
作家をしているのにおかしいと思われるかもしれないけれど、本心を誰にも言えないと感じることは多く、
むしろだから小説を書くようになったとも言えます。



985 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:33
確かにこの【3】はやや停滞したかもしれない。
ずっと「日本人はバカになった」という話をしてた気もする。

986 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:35
だがそのぶん歴史的な見通しがすっきりしてきたし
どういう事態が衰退なのか議論も深められたのではないだろうか

987 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:39
あと必要なのは具体性。作家や作品、資料を出すとかして、
議論が空回りしないように、無闇な空中戦にならないようにしないといけない。


988 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:44
やはり今の「衰退」は、80年くらいからの社会の変化によるのか。
それを不可避と見るか、けしからんと思うかで、議論が分かれたように思う。


989 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:45
>>985
荒らしもキタしなー

990 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:45
文学の衰退は人間の肥大化と矮小化が原因じゃないか?


991 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:46
この社会の変化を不可避のものと見れば、
変化に対応できない文学のほうに問題があることになるだろう。

992 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:47
人間の肥大化と矮小化って何???????

993 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:48
あと6レスじゃあ説明しきれないだろ。

994 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:48
この変化がけしからんということになれば、
教養なり愛国心なり、失われた価値の回復が叫ばれるだろう。

995 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:49
次スレで説明汁

996 :>>990:03/12/15 00:51
>>991

違うとおもう。まず人間と文学を二項対立で考えるのが
やっぱなぁ。思考法としてはありかもしれないが、
純粋理性に帰れというわけじゃなしに、
大乗仏教の三諦論的なとらえ方が大事だと思うよ。

997 :パピヨン ◆tQ.hdNBCT2 :03/12/15 00:51
をりゃ〜〜990辺りから潜伏してたパピヨンじゃあ〜
初の連続1000ゲットなるか

998 :吾輩は名無しである:03/12/15 00:52
短絡的。

999 :1000はパピヨンのもの:03/12/15 00:52
1000かな?

1000 :まあとりあえず1000だな:03/12/15 00:53
またこの、社会のバブル化という変化のあとに、
更なる変化、不況の深刻化と、家族・社会の崩壊という事態も訪れている。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)