5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

このコピペの翻訳希望

1 :吾輩は名無しである:03/12/10 08:55
いきなりローソン着いたら店員がなんか言ってるから
聞こえないから「なんだよ?」って言ったら
いきなり窓あけやがって「すみません、からあげ君ありませんか?」
って言ってきやがったから
「知らねーよ。てかいきなり開けんなよ」って言ったら
慌てて閉めやがって、ぱんの袋が挟まったから
「何してんだよ。てめー!ふざけんなよ!」って言ったら
肉まん入れる時に手がガタガタ震えてて笑ったw

わけわからんから解説してください

2 :吾輩は名無しである:03/12/10 08:58
2じゃなかったら一年間オナニー禁止する。

3 :吾輩は名無しである:03/12/10 10:09
>1

1名前:我?作?名本日的如果less投稿日:03
/12/1008:55突然?森到店?什?的?
着听不?「是??如果」?突
然窗?束和ga「从?不起,?出(?行)?没有??」
?的ya??「知
???。如果te突然不?na?」?
?慌??和ga,嵌pan的袋「
什?做?。teme?!不??na?!如果」?肉m
an放入的?候手喀?喀??抖着笑了的w

?不分?明白解?

4 :吾輩は名無しである:03/12/10 10:10
1名前:我輩作為名本日的如果less投稿日:03
/12/1008:55突然羅森到店員什麼的?
著聽不見「是??如果」?突
然窗結束和ga「從對不起,舉出(舉行)?沒有??」
?的ya鷹們「知
們??。如果te突然不開na?」?
驚慌關閉和ga,嵌pan的袋「
什麼做?。teme?!不調戲na?!如果」?肉m
an放入的時候手喀?喀?發抖著笑了的w

請不分開明白解?

5 :吾輩は名無しである:03/12/10 10:12
1 name: -- "知 and others whose I am namelessness - .
Today's RESU contribution day: -- 03/12/10 08:55 --
since the Lawson arrival いた salesclerks have said suddenly since it is not audible,
it is " -- ?」 -- って言った et al.
suddenly -- 窓あけ -- "-- I am sorry -- since --
it does not raise and those[ with you ]-ま -- " From って言ってき or がった て, なよ」 って言った et al.
who is not opened suddenly being confused -- shutting -- や -- since the bag of
ぱん was caught "-- what is not carried out -- だ . て -! Serious なよ! 」 って言った et al.
A hand is GATAGATA shaking てて笑ったw at the time of steamed-bun-with-meat ON れる.
Please divide, and since it does not understand, explain.

6 :吾輩は名無しである:03/12/15 22:31
翻訳ってそんなことだったのか汗

7 :吾輩は名無しである:03/12/20 18:01
理解できるようになったらまずいっしょ

8 :吾輩は名無しである:03/12/25 23:46
あげ

9 :吾輩は名無しである:03/12/26 00:57
まだ五歳の腹違いの弟がいきなり「うちにはサンタさんまた来なかったね」と
寂しく窓の外を見つめるもんだから、「サンタによっては今晩来るんだよ」と
つい嘘をついてしまい、何でもいいから買おうとローソンに着いたら、店頭で
新作エビフライの試食販売をしている店員がなんか言ってるから笑ってやり過ご
そうと手で否定のしぐさをした時、突然クラクションがなり、振り向くと後
ろに止まっていた車の男がなにか言ってて、でも店員の甲高い声で聞こえない
から「なんだよ?」って言ったら いきなり窓あけやがって「すみません、から
あげ君ありませんか?」って言ってきやがったから、こいつ俺を店員と間違って
やがるとかなりむっとして「知らねーよ。てかいきなり開けんなよ」って言ったら
そいつ慌てて閉めやがって、そのときそいつが食べかけていたぱんの袋が挟まった
からわざとひどく笑ってやった。店に入るとあろうことかモップで掃除していた店員
がまちがって俺の靴にもモップをかけやがったから 「何してんだよ。てめー!ふざ
けんなよ!」って言ったら、恐縮して「お詫びに肉まんを1個さしあげます」
というもんだから、しめた弟の分もせしめちまえと「2個にしてくれ」と要求すると
店の損失を憂慮したのか、肉まん入れる時にそいつの手がガタガタ震えてて笑ったw

10 :吾輩は名無しである:03/12/26 01:43
設定状況(本文より推察)
登場人物:俺(語り手)・・・ローソンに商品を運んでくるトラック運転手
       店員・・・ローソンの店員

いきなり(本題に入るけど、)
ローソン着いたら、店員がなんか言ってるから、
聞こえないから(俺が)「なんだよ?」って言ったら、
いきなり(店員が)窓(車のドアのことか?)あけやがって、「すみません、からあげ君ありませんか?」
って言ってきやがったから 、
(俺が)「知らねーよ。てかいきなり(車のドアを)開けんなよ」って言ったら、
(店員が)慌てて閉めやがって、(俺の)ぱんの袋が挟まったから
(俺が)「何してんだよ。てめー!ふざけんなよ!」って言ったら
(店員が)肉まん入れる時に手がガタガタ震えてて(俺は)笑ったw

だめだ・・・わからん・・・

11 :吾輩は名無しである:03/12/26 01:53
うん、>>10でいいんじゃないか。
一番分かりにくい

>(俺が)「何してんだよ。てめー!ふざけんなよ!」って言ったら
>(店員が)肉まん入れる時に手がガタガタ震えてて(俺は)笑ったw

この部分はつまり、店員が俺に怒鳴られてレジに戻り、客が注文した肉まんを袋に入れる
ときに手が震えているのを、俺が車の中から見ていて笑った、ということだろう。


12 :吾輩は名無しである:03/12/26 01:56
>>5
ちゃんと辞書ひいてるっぽいところが可愛い。
中学生?


13 :吾輩は名無しである:03/12/26 02:21
よし、まとめてみよう。

まず、商品搬入のトラックが搬入先のローソンに着いた。
そしたら、そこの店員がいきなり店から出てきて何か言っている。
何を言ってるのか聞き取れないので、トラックの中から「なんだよ?」と言ったら
いきなり店員がトラックのドアをあけて、品切れになっている「からあげ君」を運んできて
いるかどうかを聞いた。それが「すみません、からあげ君ありませんか?」という店員の
セリフ。
しかしトラックの運転手は、かってにドアを開けられたことに腹をたて、
「知らねーよ。てかいきなり開けんなよ」と言う。
するとびびった店員は慌ててドアを閉めた。
そのときに運転手がトラックの中で食べていたパンの袋がドアに挟まった。
で、「何してんだよ。てめー!ふざけんなよ!」と運転手。
店員は諦めてレジに戻り、客が注文した肉まんを袋に入れる。
そのとき店員の手が震えているのを運転手はトラックの中から見ていて笑った。

ということで、一応辻褄は合うが・・・。

14 :吾輩は名無しである:03/12/26 02:45
うん、これで決まり。

15 :吾輩は名無しである:03/12/26 11:43
>>1
ワラタ

16 :13:03/12/27 00:33
よし、次のコピペもってこいや。
翻訳したるで!

17 :吾輩は名無しである:03/12/28 00:35
>ここを見てくださっている方にお願いです。
> 既に発売されている「超ダイエット日記」を買ってください。

>「超ダイエット日記」は現在、打ち切りの危機にあります。
> 単行本が売り上げノルマに達しなかった場合、
>連載は打ち切られることが決定しました。
>このことは私が撒いた種ではありますが、このまま物語が完結することなく打ち切られるのは
>楽しみにしてくださっている読者さんから楽しみを奪ってしまうことになります。

>「超ダイエット日記」は第3巻で完結する予定で展開してきました。
>「超ダイエット日記」を未完にしたくはありません。第3巻まで書かせてください。
>お願いします。まだやり残したことがたくさんあるんです。
>こんな形では終われません。

>ノルマはそれほど無理な数字じゃないそうです。
>ちょっとした後押しで越えられるかもしれません。
>もし「超ダイエット日記」に興味があるけど手を出していない方がいましたら、
> 1巻だけでもいいです、1冊だけでもいいです、


18 :吾輩は名無しである:03/12/28 01:48
↓このコピペの翻訳をお願いします。6行目あたりから意味不明・・・。

今フジテレビを見ていたらめちゃいけなんだけれども、いきなり画面が真っ黒に
なってよくある放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面みたい
なのになって(名前は知らない)「ただいま放送を中止しております」という
アナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。編集か何かで失敗作を送り込まれた
フジテレビなのかどうかはしらないが、もしそうならば同情にも値しない
ような放送事故となる。自分とテレビの関係というものはこのフジテレビのアナウンス
によって補完されうる場合はこの場合ほとんど参照にならないといってよい例で、
この場合人々の脳裏や思考はフジテレビジョンに送付された編集済みの録画ビデオ
を送ったものと送られたものとの関係で、そこに自己的な仮称は存在することは
その時点で「自己」の判断によってなぜか、とがめられている。間に入るもの
というのは常にあるがその上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく筋を違えてしまうように捜索されてしまう
なにかしらの「意味」や「概念」というのはいずれにしてもこうした緊急事態の
場面においてはかなりの罠として突出する。文学を自己と対比されようと考えられた
レスでないものに対して自己の仮称を持ち出しレスとの間隙に誘い込もうとする
手段もまさにこれと類を共にする。文学においても同等である。

19 :13:03/12/28 11:32
>>17
これはもしかして疼き耐え粉のコピペでは?
ストリップオフってどんなことやるんですかね?

20 :13:03/12/28 11:35
>>18
翻訳不能・・・。


21 :13:03/12/28 12:01
>>18
とりあえず校正だけしてみる

今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なって放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面なって「ただいま放送を
中止しております」というアナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。
フジテレビは、番組制作会社の編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、
もしそうであっても今回の放送事故は同情に値しない。
自分とテレビの関係というものは、このフジテレビのアナウンスによって補完された場合、参照
にならないよい例で、この場合人々の思考はフジテレビジョンに送付された編集済みの
録画ビデオを送ったものと送られたものとの関係とイコールで、そこに自己的な仮称は存在
することが「自己」の判断によってなぜか、とがめられる。
間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといった
ことが緊急事態には罠として頻出する。文学を自己と対比されようとうとは思いもせずに書き込まれた
レスに対して、自己という仮称を持ち出し、レスと自己との間隙に誘い込もうとする手段は
こういったことと同じである。文学においても同様である。


うぐ〜うぐ〜・・・このコピペ書いた椰子、氏ね

22 :吾輩は名無しである:03/12/28 12:06
ただいま18を翻訳中。

23 :13:03/12/28 12:18
もう1回校正


今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なって放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面なって「ただいま放送を
中止しております」というアナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。
フジテレビは、番組制作会社の編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、
もしそうであっても今回の放送事故は同情に値しない。
自分とテレビの関係というものは、この放送事故がフジテレビのアナウンスによって許された場合
、それを観ていた人々は、フジテレビに送付された編集済みの録画ビデオを送ったものと
送られたものとの関係において、そこに自己的な名称が存在することが「自己」の判断に
よってなぜか、とがめられる。
何かと何かの間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといったことが
緊急事態には罠として頻出する。
文学を自己と対比されようなどとは思いもせずに書き込まれたレスに対して、自己という名称を持ち出し、
文学と自己との間隙に何か問題があるといったようなことに誘い込もうとするのはこういったことと同じである。
文学においても同様である。

24 :13:03/12/28 12:40
今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なって放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面なって「ただいま放送を
中止しております」というアナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。
フジテレビは、番組制作会社の編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、
もしそうであっても今回の放送事故は同情に値しない。
この放送事故の罪がフジテレビのアナウンス程度で埋め合わされた場合を考えてみると、それを観ていた
人々の心の中でその罪の責任の所在を追及することが躊躇われた場合である。
こういったことがテレビと自分の関係というものである。
何かと何かの間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといったことが
緊急事態には罠として頻出する。
文学を自己との関係で語っているのではないレスに対して、自己という名称を持ち出し、
文学と自己との間隙に何か問題があるといったようなことに誘い込もうとするのは、こういったことと同じである。
文学においても同様である。


だめだ・・・。


25 :13:03/12/28 12:50
今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なって放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面なって「ただいま放送を
中止しております」というアナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。
フジテレビは、番組制作会社の編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、
もしそうであっても今回の放送事故は同情に値しない。
この放送事故の罪が、フジテレビのアナウンス程度で追及されないのは、それを観ていた
人々の心の中でその罪の責任の所在を明らかにすることが何故か躊躇われるからである。
こういったことはテレビと自分の関係というものを解明するのには、参考にならない代表例である。
何かと何かの間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといったことが
緊急事態には罠として頻出する。
文学を自己との関係で語っているのではないレスに対して、自己という名称を持ち出し、
文学と自己との間隙に何か問題があるといったようなことに誘い込もうとするのは、こういったことと同じである。
文学においても同様である。


むりぽ・・・。

26 :13:03/12/28 13:07
今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なって放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面なって「ただいま放送を
中止しております」というアナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。
フジテレビは、番組制作会社の編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、
もしそうであっても今回の放送事故は同情に値しない。
この放送事故の罪が、フジテレビのアナウンス程度で追及されないのは、それを観ていた
人々の心の中でその罪の責任の所在を明らかにすることが何故か躊躇われるからである。
テレビと自分の関係というものを解明しようとするとき、何らかの具体例を参考にするものだが、
前述の事例は、参考にならない代表的なものである。
何かと何かの間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといったことが
緊急事態には罠として頻出する。
文学を自己との関係で語っているのではないレスに対して、自己という名称を持ち出し、文学と自己との
間隙に何か問題があるといったようなことに誘い込もうとするのは、こういった参考にならない具体例を参考
にせよと言うのと同じである。
文学においても同様である。


あぁ、くだらんことで時間潰した・・・。

27 :吾輩は名無しである:03/12/28 16:21
>>26
なんとなくクリアになってきたよ。あなたはえらい!

28 :吾輩は名無しである:03/12/28 18:18
>>21-26
見ててワロタ。乙。

29 :13:03/12/29 16:57
今フジテレビのめちゃいけを見ていたら、いきなり画面が真っ黒に
なってよくある放送テストみたいな(砂嵐ではない)七色のコード画面みたい
なのになって(名前は知らない)「ただいま放送を中止しております」という
アナウンスとともに数分間、放送が止まっていた。フジテレビは番組制作会社の
編集ミスか何かで失敗作を送り込まれたのかもしれないが、もしそうであったならば
同情にも値しない放送事故であったということになる。
この放送事故の罪が、こんなアナウンス程度で済まされてしまうのは、それを観ている人々が、
その罪の責任の所在である個人を明らかにすることを、何故か躊躇うからである。
テレビと自分の関係というものを解明しようとするとき、何らかの具体例を足掛かりに考えていくものだが、
この事例は参考にならない代表的なものである。
何かと何かの間に入るものというのは常にあるが、その上でそれを見続けている自己というものに思考が
追いついていかない、あるいはまったく見当外れの「意味」や「概念」を見出してしまうといったことが
緊急事態には陥り易い誤りとして頻出する。
文学を自己との関係で語っているのではないレスに対して、自己という名称を持ち出し、文学と自己との
間隙に何か問題があるといったようなことに誘い込もうとするのは、こういった参考にならない事例を参考
にせよと言うのと同じである。
文学においても同様である。


これでどうかな?
しかし、このコピペの作者は病院逝ったほうがいいな。

30 :18:03/12/29 20:20
うん、もうこれ以上はないね。THANKS!!

31 :吾輩は名無しである:03/12/29 20:55
たぶん、自己的な仮称 は 自己的な仮象 の書き損じ

32 :吾輩は名無しである:04/01/07 12:42
結局、本来はどういうことを言いたかったのか、分かりやすく説明できませんか?
なんか、考えているうちにこちらもこんがらがってきました。




僕はパンツが見たいとかあんまし思わないんですが、
なんで世の殿方はパンツとかパンチラとかを珍重するのでしょうか。布じゃん。
わかんない。田代とかもわかんない。得るものが少ないと思います。
したがってジャンプに載ってるパンツをメインテーマにしたラブコメというか
パンツコメディもよくわかりません。布です。

さらにそもそも女子はなぜパンツの出るような服を着るのですか。
あまつさえ学校の制服にしたりするのですか。僕は賛成ですが。
いや賛成なのはパンツが出るからじゃないです。なんとなくいいからです。
僕は女子高生の制服とかそういうものは大好きです。

いや問題なのは女子高生の制服ではなくてパンツです。
パンツが見えててもかまいませんが、布だと思います。

いやそうではなくて、なぜパンツの出るような服を着るかということです。僕は賛成ですが。

すいません。まちがいました。もういいです。

33 :吾輩は名無しである:04/01/10 14:30
>>12
馬鹿ですか?

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)