5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

平野啓一郎『日蝕』

1 :ん?:03/12/16 01:07
どうゆう風に解釈したらいいのかな?
  皆さんは、どう思うこの作品。

2 :ん?:03/12/16 01:08
2ゲット

3 :吾輩は名無しである:03/12/16 01:11
やれやれ、酸か。
わからないな。

4 :吾輩は名無しである:03/12/16 01:23
>>1
結構同感だったり・・・・

5 :吾輩は名無しである:03/12/16 20:03
平野啓一郎はこの時点ではエリアーデのような小説を書きたいと言っていたんだよね。

6 :吾輩は名無しである:03/12/16 20:04
パラケルスス

7 :吾輩は名無しである:03/12/16 21:07
エリアーデ?て言われてもなぁ・・・・

8 :吾輩は名無しである:03/12/16 21:10
>>7
エリアーデ【Mircea Eliade】
ルーマニアの作家・宗教史家。ヨーロッパの大学で宗教学を講じ、のちシカゴ大学教授。
祖国とインドの神話を題材とする幻想的小説を多作。作「マイトレーイ」「聖ヨハネ祭の夜」など。(1907〜1986)

9 :吾輩は名無しである:03/12/16 21:11
 で、結局どう言う事が言いたいのさ!!

10 :吾輩は名無しである:03/12/16 21:13
>>9
 (続き)この『日蝕』って言う作品はよ!!

11 :吾輩は名無しである:03/12/16 22:20
ピラノはこういう作品をもう書かないの?

12 :吾輩は名無しである:03/12/16 22:56
ギミックってゆーか重複?

13 :吾輩は名無しである:03/12/17 18:53
確かに読みにくいが、“華麗”な文体かも。

14 :吾輩は名無しである:03/12/17 18:56
つーか平野の現時点での唯一の佳作だよね。
最近の現代詩に傾倒してるようなのよりずっとマシ。

15 :吾輩は名無しである:03/12/17 18:58
>>14
『葬送』っておもしろくないんですか?

16 :吾輩は名無しである:03/12/17 19:00
最後ら辺がわからん!!
>>1に同感!!

17 :吾輩は名無しである:03/12/17 23:46
佐藤亜紀の「鏡の影」を読めばこの作品の理解が深まるよ

18 :名無し:03/12/18 00:37
平野さんて鹿ケ谷山荘の懐石が好きなんですね。私もたまに行きますが
一度お会いして見たいです。月見台で一人で食べているのかしら。

19 :吾輩は名無しである:03/12/18 08:56
正直なんとも思わなかった。
中野翠が「感動したというより感心した」と言っていたが、
最大限に評価してもそれぐらい。

20 :吾輩は名無しである:03/12/18 19:08
一月物語も佳作なんじゃない?

21 :吾輩は名無しである:03/12/18 19:54
>>20
「切れぬ剣ならばそれまでのこと!」・・・そんな口説き文句がリアルにあると思うか?

22 :吾輩は名無しである:03/12/18 21:14
アンドロギュノス?

23 :吾輩は名無しである:03/12/21 22:10
最近読んだ中では私にとって最高傑作です。

24 :吾輩は名無しである:03/12/21 22:14
ばかじゃない?
最高傑作は綿矢りさちゃんのインストールと蹴りたい背中でしょ☆☆☆☆☆(五つ☆!)

25 :吾輩は名無しである:03/12/22 21:12
「日蝕」って、最近の文学史年表にちゃんと載ってるんだね。

26 :吾輩は名無しである:03/12/22 21:15
やっぱり名作なのかな?
 よく判らんが・・・。

27 :吾輩は名無しである:03/12/22 22:18
ttp://www.dd.iij4u.or.jp/~k-h/photo/photo-saimon.jpg


28 :吾輩は名無しである:03/12/22 22:53
>>26
まあ、吉本ばななの「キッチン」(別に悪いとは言わないが)も載ってる年表だから。

29 :吾輩は名無しである:03/12/23 10:52
>>27
ぬぉ〜!!

30 :吾輩は名無しである:03/12/23 11:26
出されてすぐ読んだときの感想。

最後になってこけるなら、もっと筒井康隆みたいに
洒脱にこけろよ…と思いました。

ラノベののりなら文学賞の帯など巻かず、
そういう装丁で出しておいてくれれば
楽しめるのになと思ったよ。

31 :吾輩は名無しである:03/12/23 14:58
>>26
むしろ迷作かと。氏の作品は確かに「華麗な文体」なんだけど・・・
それを取っ払って話の骨のみを見てみると、絶賛されるほどのものでもないと思う。


拙い私の読解力では、
この作品は表現に遊んでいるようにしか……
・・・・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・     ・     ・   

32 :吾輩は名無しである:03/12/23 17:44
>>31
平野の作品は外見の崇高さと内容の陳腐さの差を意図的に作り上げて、現代社会の内部の空虚感を象徴的に表現したんだろ。

33 :吾輩は名無しである:03/12/23 17:49
あの文体を貫徹させるのは、やっぱ才能だよ

34 :吾輩は名無しである:03/12/23 19:22
>32
亜紀ちゃんの小説ぱくりながら?

35 :吾輩は名無しである:03/12/26 22:52
 私なりに、解説を
テーマは“陰と陽の融合”ところじゃないかな。
       (具体的には、基督教と異端哲学の)

   それを、“日蝕”に捩ったわけだ

36 :吾輩は名無しである:03/12/26 22:59
>>36
訂正
私なりに、解説を
テーマは“陰と陽の融合”ところじゃないかな。
       (具体的には、異端哲学と基督教の)

   それを、“日蝕”に捩ったわけだ


37 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:07
三島とユングの影響を受けてるらしいね。

38 :吾輩は名無しである:04/01/02 18:28
 一番の欠点は、主人公に感情移入できないことじゃないかな。
確かに、インテリ層には受ける作品だよね、でも、

39 : :04/01/07 14:20
平野は天才の域。批判されるのもわかるが。
サザエさんは面白いと言えても、エヴァンゲリオンは恥ずかしくて
面白いと言えないからな。

40 :吾輩は名無しである:04/01/09 22:29
最近は、あんまり他人を批判しないようなプロにまで露骨に評価ボロボロになりだしたなあ
これまではスガとか渡部とか蓮實とかそのへんのグループの批判はあったが、
普通に保守的な批評家や作家の批判が増えだした。
どっか忘れたけど川村二郎や秋山駿が出てた大手文芸誌の創作合評とか
SIGHTの源一郎と斎藤美奈子の対談でも。
つーかもともと一体誰がこの人評価したの?
新潮の編集長が「三島の再来! 天才!」っていったのかな?
「茶髪でピアスの京大法学部」って綿谷りさの売り出し方と一緒じゃん。
本当にこの先持つの? どの派閥も指示してくれなくなるよ。本も売れないだろうし。

41 :吾輩は名無しである:04/01/09 22:45
まぁ、確実に言えることは、
五十年後にはだーーーーーーーーーーーーーれも読まない小説だってことだ。

42 :吾輩は名無しである:04/01/09 23:12
最近文芸誌に掲載されたいくつかの作品は、
行き詰まったアフォの作品と思いました。
あおりではなく、まじめな話し。


43 :吾輩は名無しである:04/01/11 06:40
>>42
同感。だから、文学は衰退する!!だって、そんなんじゃ、面白くないじゃん。

44 :吾輩は名無しである:04/01/22 12:17
内容が難しい。

45 :吾輩は名無しである:04/01/22 12:20
古典的な書き方で読むのがすんげーむずかしい

46 :吾輩は名無しである:04/01/27 15:25
今さっき日蝕を読了。
話の大筋は大体読み取ることが出来たけど、
正直なにが言いたかったのか、はたまた面白いのか、
自分としてはサッパリ分からなかった。
これ幻想小説の部類に入るのかな?
スチュエーションとしては「バラの名前」の方が数倍面白いような気がする。(映画しか見たことないけど)

47 :吾輩は名無しである:04/01/27 18:56
平野が描こうとしているのは「絶対」らしい。
でも「絶対」って?


48 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:09
 読み終えました。
正直、一気に読めなくない?皆さんは如何ですが?
文体とか、表現力は確かにすごいものがあると思うが、何故こんなに、受けたのかな?


49 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:17
これ海外じゃ受けないっしょ?

50 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:33
この手のテーマであれば、海外にはうんと優れたものがいくらでもある。


51 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:55
今のうちに言っておくが、平野はおもしろい。何より文章うまいし、危うい感じの主人公に共感してしまう。小説読むのに、テーマが何かなんて考えるのはナンセンス。何かこう、人生の憂鬱感と乗り越え難い理不尽みたいのがたまらなく好き。No1とまではいわないが。

52 :吾輩は名無しである:04/02/02 07:42
??? 平野って誰や? ここは?

53 :吾輩は名無しである:04/02/02 08:02
神とか異端とかキリスト教とかマニ教とか神学とかにはまってる俺にとって「日蝕」は、オナニーもんで、気持ちよかった!

54 :吾輩は名無しである:04/02/02 08:56
平野ってのは「漫画」みたいなものです。
絵がへたなので文章でかいてるのでしょうけど
小説ではありません。
劇画の文章版ってところでしょう。
いや、それも悪くないけど。
小説とか文学などとは別カテゴリーです。

55 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:01
平野さんの『鏡の影』はいいですよね!

56 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:06
一見すごそうに見えますよね。
ただ、直感かなにかでウソくささも感じてしまう。
実際、彼は凄いと凄くないでいったら
どっちなんでしょうか?

57 :◆7sqafLs07s :04/02/22 00:15
デビューのとき「こういう小説が今の時代に選ばれるなんて」みたいなことを
言っていたでしょ。それが全てじゃないかな。

「こういう小説」を書く俺という選民思想。それを臭いと思うかそれこそ文学と思うか。

58 :吾輩は名無しである:04/02/22 10:51
>>51
お前綿矢すきだろ。

59 :吾輩は名無しである:04/02/22 10:59
<56
すごいと思います。ただ凄すぎてこっちの頭がぼんやりする。文体は好きです。

60 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:31
いまだに読めないこの作品。
文体も難しく、内容も難しい(と思う。)
予備知識がないと読めない。
いつになったら読めるんだろう…。
10年後、20年後になりそうな予感。

61 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:33
>>60
読まなくていいよ、こんなの。
他に読むべき本がたくさんある。

62 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:47
>>61
レ、レスありがとう。
平野氏の本『高瀬川』『一月物語』『文明の憂鬱』は
とりあえず、読んでおきました。
今は『葬送(上)』を少し読み進めました。

大学生から社会人になって
実用書とかハウツー本を中心に読んでおり、
文学作品(エッセイを含むだが)を読むのは何年かぶりでした。

スレ違いでスマソ

63 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:48
62=60ってことで。

64 :吾輩は名無しである:04/03/03 19:07
2年くらい前この板で、この作品がなかなか読めん、漢字難しすぎ
と書き込んだらあの程度の漢字も読めねぇのかよ厨房!
といいやがった奴、氏ね、呪われろ、
自演までしやがって。あの頃ピュアな俺の心は傷ついた

65 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:12
読んだ事ないけど、
文体はカコイイのか。
文体がカコイイのなら一度読んでみる価値はあるな。

66 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:17
>>57
むしろ「こういう時代」だからこそ読まれたんだけどね。
ラノベ、ファンタジーが人気の今だからこそ。

67 :吾輩は名無しである:04/03/03 23:12
難しくて意味が分かりにくいのが良作なら、この世から駄作っていうのがなくなるな。
古語を必死に勉強して、あとはいくらでも凡庸な話を書けば、
そこから勝手に馬鹿な評論家が意味を読み取ってくれるわけだ。


68 :吾輩は名無しである:04/03/03 23:22
『文明の憂鬱』を読んだけど、つまらない雑文なんだよな。
横丁の隠居の戯言みたいで、さしたる驚きも新鮮さもない。
筆者を知らなければ、爺さんの世間話と思ってしまうかも。
二十代の人間が書くような文章ではないね。

69 :吾輩は名無しである:04/03/04 11:41
本当に才能があって頭が良かったら簡潔になるんじゃないかな。
澁澤とか安部みたいに。
三島は頭良いけどストーリーの流れが少し下手。
平野は・・・(ry

70 :吾輩は名無しである:04/03/05 01:19
三島由紀夫の再来とか騒がれた割には、このスレのびね〜な。
綿谷、金原ばっかりだね。
まあ出てきた当初も綿谷、金原現象みたいなものだったのだろうか?
擬古文、茶髪、ピアスで話題になったってことか?
擬古文はさておき、茶髪ピアスなんて全然珍しくないのに。
そろそろぶっ飛んだパフォーマンスしてほしいね。
ボディビル始めるとか、モヒカンにするとか、
日の丸鉢巻しめてご登場となったら受けるかも。
今の風潮にあわせてそれこそ三島の真似事すりゃ、食うに困ることは
ないと思う。

71 :吾輩は名無しである:04/03/05 13:32
そうそう、「葬送」。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)