5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Deep Loveの何が面白いんだ?

1 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:29
評判につられて3巻全部読んだが、ひどい出来だな。

文章が稚拙+誤字が多い
エロシーンが現実的にありえない、作者の妄想入りすぎ
感動するはずのシーンが狙いすぎてて泣けない
AIDS、援交、ドラッグの描写で若者たちに警鐘を鳴らしているつもりだろうが、全然説得力がない
犬がいいように使われてる、便利な小道具扱い 人語理解しすぎ 警察犬でもそんなに賢くない

援助交際、ドラッグ、AIDS、密売、ヤクザ、ヘルス、ホームレス老人、一家四人で無理心中、保健所、動物虐待、ヤミ金。
とまぁこれだけ現代の闇を描いている小説なのだが、どいつもこいつも、描写が小説染み過ぎてて訴えるものが全く無い。
更に、欲張りすぎ感もある。無理して描こうとしすぎて、全部中途半端に終わってる。
悲しいかな、これが腕の見せ所の筈が、転じて汚点になってしまった。

キャラ設定には現実感を少しは感じたが、やはり違和感は否めない。
レイナが最後に働いていた店。割と主要キャラのはずの店長、結婚しても名は「店長」のまま。
結局最後まで「店長」だった。手抜きか?
義之のEp2〜3。眼力で何でもかんでも片付けすぎ。手抜きか?
喧嘩の腕を養う場所も、筋力を養う場所も機会も無かった筈が、なんだあの喧嘩の強さは。
あと、3枚目系キャラをすぐ殺しすぎ。悲劇っぽくしたかったかどうか知らないが、
後味の悪さだけが残る。いわゆる「ご都合主義」の払拭の効果が全く無い、何故ならば他所でご都合主義連発だからだ。

やっぱりこの作者、腕は世間で言われる「ヒット作品」の著者には遠く及ばないんじゃなかろうか。

2 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:35
2げと。そんな本知らない。

3 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:35
話題性だけが売りです。

4 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:36
「レイナ」とか言う名前の「キャラ」が出てくるような本は絶対に読みません。


5 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:40
おれは>>1の努力に忍耐力に拍手を送りたいと思う。
おつかれさん。

6 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:47
>>5さんに同感。
>>1さん、本当にお疲れ様でした。

7 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:47
削除依頼だしてきてね>1

8 :吾輩は名無しである:03/12/26 23:55
本屋で立ち読みしてたら
すげえ頭悪そうな女子校生やらOLやらが
どんどんこの本レジに持っていってたよ

9 :吾輩は名無しである:03/12/27 03:20
売れてるんだから何言ってもどうしようもない
>>1ご苦労さま

10 :吾輩は名無しである:03/12/27 10:16
売れてようが文学の枠組みで語るに耐える強さがないとこの板に存在する意味がない。

ほんとうに、ごくらうさま、1

11 :吾輩は名無しである:03/12/27 20:23
おろろーん

12 :吾輩は名無しである:03/12/27 21:48
おろろーん

13 :吾輩は名無しである:03/12/27 21:48
おろろーん

14 :吾輩は名無しである:03/12/27 22:25
ある意味、>>1の方が文学してる。

15 :吾輩は名無しである:03/12/28 07:29
>>1
誤字が多いというのは本当ですか?
そこは編集者の責任問題ですので…。

16 :吾輩は名無しである:03/12/28 08:04
1はえらい
あれを最後まで読み、その上でここに長々とカキコ。
常人にできることではないよ。尊敬します。

17 :吾輩は名無しである:03/12/28 09:40
偉大な1がいるのはここか?

18 :吾輩は名無しである:03/12/28 16:07
>>15
推定15箇所以上に存在するかと

19 :吾輩は名無しである:03/12/28 16:19
手に取る気もおきなかった本を、
まとめて解説してくれてありがとう>>1
もまえは漢だ!

20 :吾輩は名無しである:03/12/28 17:02
評判につられてって酷い評判しか聞かないが。

21 :吾輩は名無しである:03/12/28 17:41
茨城なのでいまだにガングロが多いんですがクラスのガングロどもが
しきりに褒めていました

22 :吾輩は名無しである:03/12/28 17:57
「Deep Love読んだ?あれ、マジ、ヤバくね?」
「やべー、やべー!俺、結構本とか好きだけどここまで感動したのは初めて」
「だよな!あれヤバすぎ!レイナとかヤバすぎだもんな」
「あれはヤバいね。なんか色々考えさせられて苦しくなった」
「深いよなー」

なんとなくDeep Loveの読者の会話が想像できる。

23 :吾輩は名無しである:03/12/28 17:58
で、文庫は出てるの?

24 :吾輩は名無しである:03/12/28 18:12
>>22
『なんとなくDeep Love』

25 :吾輩は名無しである:03/12/28 18:46
こないだ、その出版社の担当者がコメントしてたんだけど、
「正直、自分は面白くなかった。
けど、インディーズで売れてるから出してみた」
だって。


26 :吾輩は名無しである:03/12/28 19:08
バカなやつ(稚拙な文章しかよめず、むしろそんな文章しか理解できない)ほど感動しそうな本だな。

27 :吾輩は名無しである:03/12/28 23:05
文学の可能性を追求した傑作『Deep Love』

28 :1:03/12/29 00:07
>>26
それを言いたかった

29 :吾輩は名無しである:03/12/29 00:41
>1よく分析した。感動した!
さぁ、その努力を無駄にしないために
馬鹿に売れる本を書いて儲けるんだ。

30 :吾輩は名無しである:03/12/29 00:46
>>1
すげーな。
漏れは2ページ目で投げ出したよ。

31 :吾輩は名無しである:03/12/29 22:08
汚物

32 :吾輩は名無しである:03/12/29 22:12
このまま、虎舞竜の「ロード」みたいに本が出続ける。
まちがいない。

33 :吾輩は名無しである:03/12/29 23:38
永井秀和?

34 :吾輩は名無しである:03/12/30 00:59
字で書かれた本であって、文学ではない罠

35 :吾輩は名無しである:03/12/30 04:54
>>26
>>28
だが君らは大勢の馬鹿からすると・・・

36 :吾輩は名無しである:03/12/30 09:25
まず売れなきゃ話にならんからな。漱石も太宰も売れてきたから今までああした形で
残っているわけだ。
で、Deep Loveはテキストの面白さを問題にしてはいけない。確かにミスミナコサイ
トウは噂真でボロクソ言っているがそういうところが問題ではない。なぜ売れたのか
という時代背景をまず問題にするべきだろう。そしてこれに比して文学はなぜ売れな
いのかという事も同時に考えられるべきだろう。なんだかんだいってもDeep Loveは
ある意味矢沢の成り上がりと同じくある種の層の人々にとって心の本となるだろう。
そして大半の文学と称される諸々の書物は誰の心にも響かずに消えていくのだ。

37 :吾輩は名無しである:03/12/31 18:30
DeepなLoveってことだろ? そりゃ面白いだろうし感動するだろう。

38 :吾輩は名無しである:03/12/31 18:51
刺激的でそれっぽければ売れるってこと?

39 :1:03/12/31 22:32
>>38
普段小説読んでない人相手には、な。

40 :吾輩は名無しである:03/12/31 22:44
文体破壊、グロい内容・・・
セリーヌの再来かっ!!

41 :吾輩は名無しである:03/12/31 23:35
1はホントに凄いな。俺は古本屋で3行読んで投げ出したよ。
あれを3巻全て読むのは相当な精神力が無ければできまい。お疲れさん。

42 :吾輩は名無しである:04/01/01 14:07
自作予測
「結婚・出産」、「離婚・新興宗教」、「司法試験挑戦」、「合格・裁判・社会の悪との戦い」

43 ::吾輩は名無しである:04/01/01 20:36
終わってるよね。そう思う人は、そう思うよね。
  ほんとに同感だよ。
調子に乗った作者の姿が目に浮かび、むしろ、ウザイ。

44 :吾輩は名無しである:04/01/01 22:45
むしろ、文学ではない。

45 :吾輩は名無しである:04/01/01 22:51
そもそも「横書き」というのが気に入らん。
中身云々よりもスタイル重視で入る連中狙いがミエミエ。
てか、読みにくくない?

46 :吾輩は名無しである:04/01/01 23:35
横書きのほうが読みやすいのです。
欧米だってそうです。

47 :吾輩は名無しである:04/01/01 23:44
>>46
ここは日本

48 :吾輩は名無しである:04/01/01 23:47
詩とかは特にそうだけど、
原書読むこと多いんだよね。
綴じ方向とか横書きとか、
慣れちゃってるんだよねー。
だから俺は読みにくくない、
ってことだけ。

49 :吾輩は名無しである:04/01/02 01:58
>>1
次は片山恭一に挑戦してくれ!!!

50 :1:04/01/02 17:31
>>49
代表作品は何ですか?

51 :吾輩は名無しである:04/01/02 18:35
>>50
参照。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1057704831/l50

代表作品は「世界の中心で愛をさけぶ」ですえ。

52 :吾輩は名無しである:04/01/03 06:41
あの本は子供の読み物じゃないのですか。

53 :1:04/01/03 17:25
>>50
あ、あれですか。
表紙と帯みた瞬間に読む気無くしましたね。
「どうせDeepLoveと同類だろ」っていう理由で。
今度読んでみます。

54 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/03 17:39
>>53
片山恭一さんは芥川賞への登竜門とも呼ばれる
文芸春秋の『文學界』にて新人賞を受賞していますから、
もともと純文学の作家ですよ。

55 :karaage:04/01/03 17:48
村上龍の新刊と吉田修一の新刊と一緒に並べてあってどれがどれだが
よくわかんなくなってた。

カポーティーの冷血を超えるとか書いてあったよ。

あと、文藝の新人賞の人のやつとか、すごいね。
本格派のエンターテインメントだよ。読んでないけど。
装丁が。

「青の炎」とkあいうのを思い出した。

56 :吾輩は名無しである:04/01/03 20:58
>>1の探求に惹かれ、私も本作品を分析してみることにした。

店頭で一見して、この平易に見える文章は、その稚拙に見える修辞によって、
作者が故意に主体を殺したものであり、あえてパターンを連発することにより、
その構造を浮かび上がらせることを意図したものであることが感じられた。
意識的に、現代の「これってあんまりにもパターンじゃない?」という
エピソードを満載することによって、物語を上滑りさせ、その中身の無さを
主張する実験作であろう。
また、記号学的なアプローチも見て取れる。一巻の途中に散りばめられた
文字を取り出してみると、「イラク」という言葉が浮かび上がってくる。
これは、万人の闘争社会であると映し出した暗喩ではないだろうか?
最後に、私は本作の二ページ目をめくらなかったことを付記しておきたい。

57 :1:04/01/03 21:57
>>56
最後の1行ワロタ

58 :吾輩は名無しである:04/01/03 22:08
>>58
ワロタ、、胸と腹が苦しくて、しばらく、曙のように立ち上がれなかった。

59 :吾輩は名無しである:04/01/04 12:00
映画化age

60 :吾輩は名無しである:04/01/05 22:16
>こんちは!うちもね、DLにめっちゃはまっちゃった。
>まだ2部までしか読んでないけど、私…変わったよ?Yosiに人生変えられ
>ちゃったよ!!とりあえず母に「生んでくれてありがとう!!」って言いたくなっ
>た。(uu*)ほかにもいっぱいいっぱい変わったけど…
>safeplaceさんはDLになんではまったの?聞かせて、聞かせて!

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835008&tid=deeplove&sid=1835008&mid=2

61 :吾輩は名無しである:04/01/05 23:40
まるで釣り師と釣り師の騙し合いだな

62 :吾輩は名無しである:04/01/06 20:23
まさにDeepな世界だ。

63 :1:04/01/07 03:31
ttp://www25.big.or.jp/~saturn6/uwasa2/books/index.html
日本もうだめぽ

64 :吾輩は名無しである:04/01/07 10:15
>>60
そのタイトルの「バリ嬉しい」って一瞬バリ島のことかとおもった

65 :吾輩は名無しである:04/01/07 15:26
彼女達は文学を読んでるのではなく刺激を求めているのである。
矛盾を気にしなければ、死などの刺激的な要素を扱った作品は全て心に突き刺さる
そういう意味で需要はあるんでないのかな?

66 :吾輩は名無しである:04/01/07 16:45
>>65に同感。
だが、この程度の刺激で満足するのも、なんだかなぁ

67 :吾輩は名無しである:04/01/07 21:51
deepすぎてついていけません

68 :1:04/01/08 21:29
>>65
だから女子高生はn(ry


69 :吾輩は名無しである:04/01/08 21:52
これってコンビニで売ってるんだよね、
雑誌のとなりの文庫棚とか、下手すると雑誌棚の中とか。
読者にとっては女性週刊誌の実録物の延長なんじゃないかな。

70 :吾輩は名無しである:04/01/09 12:36
>1
女子高生をひとくくりにして馬鹿にしないで下さい。
少しはまともな女子高生もいるんです…。

71 :吾輩は名無しである:04/01/09 17:56
>>70
ネタだから気にするな

72 :吾輩は名無しである:04/01/11 06:49
>>63
本当だ・・・・。
理解できない。

73 :吾輩は名無しである:04/01/11 07:26
>>63 
げげ、売れてるとは知ってたけど、生で褒めてるのを見たのは初めてだよ。
しかし俺は日本の将来に賭けたい。
つまりレスはすべてネカマのネタである!と
いや、これはこれでおわっとるか。

とりあえず>>1オツ

74 :吾輩は名無しである:04/01/12 18:23
「Deep Love」  96点

75 :吾輩は名無しである:04/01/13 02:53
100年後岩波文庫に入っている夢見た・・・。

76 :1:04/01/13 19:42
>>74
ネタ度がか?

ファンに「どこが面白い?」って聞いても大抵「そんなのも分からないの?(藁」と返ってくる。
ジャンプで言えばミスフルとか糞猫あたりのファンが言いそうなセリフだな とか思う。

やっぱり日本もうだめぽ

77 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:32
今日、茶髪でヴィトンのかばんを持った若い女性が、本屋で立ち読みしていた。
彼女の人生に幸あれ。

78 :セッター:04/01/13 22:39
deep love?あんなの評価するほうがおかしい。作者が何したいかみえみえ。
あんなので感動できるやつは、文学ってものがなんなのかわかってないんじゃないのか??



79 :セッター:04/01/13 22:41
もっといい本嫁!!あんなのが売れるようじゃ日本もだめだね。もっといい文学作品はいっぱいあるんじゃけえ。

80 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:06
>>79
その不自然な語尾どうにかしてくれ

81 :吾輩は名無しである:04/01/14 00:08
>>63
これってネタだよね?釣りだよね?

82 :吾輩は名無しである:04/01/14 00:27
というか本を媒体としてるだけで別に文学じゃないので
このスレは板違い

83 :吾輩は名無しである:04/01/15 18:38
僕の最近のお気に入りは宮本輝と平野だね、もう断トツで。
吉村萬壱や綿谷りさも文学ファンとしては外せないでしょ。
しぶいところでは 絲山秋子なんかもきっちり押さえてますよ。
文学以外でもいろいろ読んでいるなあ。ランディとか江國とか好きだし。
山田詠美も柳美里も両方好きだし。意外に思われるかもしれないけど、
村上龍とかyoshiなんかもたま〜に読んでる。
外国文学はねえ、フィッツジェラルドとオースターがメインかな。
でも近頃はスティーヴン・キングとかも好きになってきた。
あと落ち込んだ時なんかにはサリンジャーとか読んだりして・・・
うわ、マニアックだな俺(笑
まあ、こんなとこで匿名で文句ばかり言っているような人とは文学の話はしたくないね(笑)


84 :吾輩は名無しである:04/01/16 08:23
アユの物語ってw
この時点でセンスがまるわかりなんですが・・

85 :吾輩は名無しである:04/01/16 08:36
アユの物語

86 :吾輩は名無しである:04/01/16 08:57
ヒカルの物語や
コウの物語も
書けば?w

87 :吾輩は名無しである:04/01/16 09:39
現社会を考えると、これが数字とれるのは分かる。
あたま使わなくていいんだもの、脚本的というか。
文が破綻していても読み手の頭も破綻してるから
気にならないんだろう。
思考が一緒なんだろうね、これを支えてる読者と筆者は。

この本そのもの、筆者云々よりも
これは読んでも三島の三の字も知らないであろう若年層に哀しみを感じる。
同軸で語るのも些か不粋だが、まだ村上の「限り無く〜」が
リバイバルした方が一文好きとして救われる。
ここまでくると、日本の落日を見つめざるを得ない。

88 :吾輩は名無しである:04/01/16 14:24
ここ既出?お金の臭いぷんぷん…
http://www.zavn.net/

89 :吾輩は名無しである:04/01/16 15:21
yoshiの芥川賞受賞が現実味を帯びてきたわけだが

90 :吾輩は名無しである:04/01/16 16:00
>>89
それ、ありそうだ。
その前に映画で日本アカデミー大賞をとりそう。

91 :吾輩は名無しである:04/01/16 16:41
>>90
>日本アカデミー大賞
その前に綿矢が獲ります。
授賞式の似合わないドレス姿にファンは激萌えです。

92 :吾輩は名無しである:04/01/16 16:48
これは酷いよなw  おばあちゃんが戦争を語るとこなんておばあちゃんの侮蔑にしか思えない

93 :メグミ:04/01/16 17:14
は?ここの人たちyoshiのこと悪口言ってるけどマジわけわかんない
だから何?って感じ(笑) 感動できない、素直に涙流せない冷たい人間って
かわいそうだよね〜 そのくせ援交でアヘアヘ喜んでるくせに。犯罪者になんないように
暖かい心もてよ!!

94 :吾輩は名無しである:04/01/16 17:15
>>93
ネカマ。

95 :吾輩は名無しである:04/01/16 17:28
ち、ばれたか

96 :吾輩は名無しである:04/01/16 17:30
>>95
ワラタ

97 :吾輩は名無しである:04/01/16 18:40
ひさしぶりに憧れのあの娘とデートした。
ふと立ち寄った某大型書店、1階のフロアに平積みされた『Deep Love』。
彼女はそれを指さして、「私、これ読んだ、けっこう感動したよ」と言った。

この瞬間、俺の長い片思いは、終わった。
せめて『世界の中心で、愛をさけぶ』だったら・・・。書店から出ると、外はすでに暗くなっていた。
食事のあと、僕は彼女を駅へと送った。

98 :吾輩は名無しである:04/01/16 19:02
>>97
エヴァのパクリがいいのかよ

99 :吾輩は名無しである:04/01/16 19:02
               _,,,,,,,,,,,,_
           , :'"´ _... --、 `゙丶、
          / _.. - ''    ..:   .:.::ヽ  
         /:, '       ` 、   .:.:::::',     妨害はなかった
        !    ,,:='''´    : .  : .:.:::::,!_   
         !,,:=、    _,,,,,_,   :  ` 、r',r ヽ
          ! _.. ;   ´ ̄    : .   ! iヽ :|    妬みでしょう
        l'´- /   -、       :   ! ー 'ノ
        !  r_  r=ノ    . :    :r-ィ'
        ヽ  `__............  :      ! l        今回の受賞は妥当ですよw
          ', , '___,,.--‐'´  .    :,' |
          ヽ、 ̄,,.. ''´   :   .:/  !、__
           ヽ.. .. : : :_,,. '" : : : :   l、!  \
            `ニi"´::::....         !   \―--- ....
       ,. -‐'''''"´/   l、:::: :. ...     _,,ノ     `i


100 :吾輩は名無しである:04/01/16 19:07
>>98
エヴァのぱくり?恥ずかしいなおまえ。

101 :吾輩は名無しである:04/01/16 19:15
普段、本なんか読まない女子高校生が面白いつってんだから
いいだろうが、こういうのあっても。何、上からモノ言ってんだ?おまえら。

102 :吾輩は名無しである:04/01/16 19:41

洋文学>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>邦ブンガク


103 :吾輩は名無しである:04/01/17 14:30
このスレはDeep Loveを云々するスレではなく、
わざわざシリーズ3作を読み、スレを立てた>>1に敬意を表するスレなのだ。

104 :1:04/01/17 15:09
>>93
どこを縦読みするんですか?

105 :吾輩は名無しである:04/01/17 15:27
>>103
まさにその通り。

106 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:02
第4部が出てるので少しだけ立ち読みした。

たくさんの殺されそうになる犬をアユが助けようとする話(だったような記憶が)。
命の大切さと動物愛護に目覚めるってところか。
大量虐殺みたいなのって、アウシュビッツのことを喩えているんだろうか?

このままだと本当に虎舞竜のロードみたいに物語が続きそう。

107 :1:04/01/19 21:35
>>106
第4部?4? 

kokeshiめ・・・・・。

108 :吾輩は名無しである:04/01/20 05:04
新シリーズ Dear Friendsってのを見たんだが。

109 :吾輩は名無しである:04/01/24 18:22
http://www9.org1.com/~egg/gh2/test/read.cgi/bbs/1059555098/l50

110 :吾輩は名無しである:04/01/27 10:38
やった! 第三部完

111 :吾輩は名無しである:04/01/27 10:52
>>1>>56の探求に惹かれ、私も店頭で見つけた本作を手にとった。

売れている、それも主に普段に本を読まない層が読んでいるということであった。
確かに表層だけを見れば、白痴を対象とした文献のように感じられる。
ただ、そこには意図として文学を講求し、現代社会における若者の智見への挑戦、
そういったものが感じられなくはなかった。
では、yoshiが我々に真に訴えたかったことは何か。
現代社会の汚物へのアンチテーゼ。
この本は彼の彼なりの氾濫する腐人へのシルバーブレッドの提示。
しかしながら残念なことに、感動をそこに見出すことが私にはできなかった。
最後に、私は手にとっただけで恥ずかしくなり、すぐ戻したことを付記しておきたい。

112 :吾輩は名無しである:04/01/27 12:20
名作コピペが生まれそうな悪寒

113 :kokoa:04/02/01 15:06
この本には、とても感動しました。何回読んでもあきません。しかも私は本が大好きですが、
買ったのは初めてです。なので宝物です。「アユの物語」「ホスト」「レイナの運命」
「パオの物語」4冊が宝物です。「ディアフレンズ」これも買おうと思っています。
アユ、義之、レイナ、私は思いました。なんてきれいな心を持っているんだろうと。
私も読み終え、心から誓った。この3人のようにきれいに美しい、温かい心を持とう。
人は人を助けるために、人を愛するために、神様が私たちの親に授けたのだろう。
私はそう思う。yoshiさんにこの本を書いてくださり、感謝をしています。
書いてくださったから私は今書いたように心に誓ったのだと思います。
本当にありがとうございました。













114 :kokoa:04/02/01 15:07
この本には、とても感動しました。何回読んでもあきません。しかも私は本が大好きですが、
買ったのは初めてです。なので宝物です。「アユの物語」「ホスト」「レイナの運命」
「パオの物語」4冊が宝物です。「ディアフレンズ」これも買おうと思っています。
アユ、義之、レイナ、私は思いました。なんてきれいな心を持っているんだろうと。
私も読み終え、心から誓った。この3人のようにきれいに美しい、温かい心を持とう。
人は人を助けるために、人を愛するために、神様が私たちの親に授けたのだろう。
私はそう思う。yoshiさんにこの本を書いてくださり、感謝をしています。
書いてくださったから私は今書いたように心に誓ったのだと思います。
本当にありがとうございました。













115 :1:04/02/01 20:00
>>113-114
どことなくyoshiくさいな
どっかのコピペ?

116 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:11
Yahooの本のレビュー見てみ、泣くよ。もうダメッポ・・・・

117 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:38
レビュアー: love佑磨.佑未子   兵庫県 Japan
私は最近ほの本に出会いました。
友達が読みながらおお泣きしていたので「どうしたの??」と聞くと
「この本めっちゃ感動すんねんよ。」と言われ、友達に貸してもらい、
読んでみると…今までこんなに泣いたことない!!って位、
おお泣きしました。。。どんな年代の方にも感動させてくれる
一冊だと私はおもいます!!!!!!!

この本に出会ったおかげで今まで本には全く興味がなかった私を
虜にしてくれました!!この本は横書きなので、とっても読みやすいです!!



118 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:42
日本もまだ、捨てたもんじゃないよな。

119 :吾輩は名無しである:04/02/05 03:32
そうだね。きっかけは何だっていいんだもんね。

120 :吾輩は名無しである:04/02/05 12:09
レビュアー: love佑磨.佑未子   兵庫県 Japan
私は最近ほの本に出会いました。
友達が読みながらおお泣きしていたので「どうしたの??」と聞くと
「この本めっちゃ感動すんねんよ。」と言われ、友達に貸してもらい、
読んでみると…今までこんなに泣いたことない!!って位、
おお泣きしました。。。どんな年代の方にも感動させてくれる
一冊だと私はおもいます!!!!!!!

この本に出会ったおかげで今まで本には全く興味がなかった私を
虜にしてくれました!!この本は横書きなので、とっても読みやすいです!!
最後に、私は本作の二ページ目をめくらなかったことを付記しておきたい。

121 :吾輩は名無しである:04/02/05 14:46
本屋でちょっとめくってみたら、
僕は彼女のマンコを舐め続けたとかなんとか
書いてあったのを見て即刻閉じた

122 :吾輩は名無しである:04/02/05 17:03
うん。俺もちょっと開いてみたんだけど、
最初から「クチュクチュ」とかってキモい擬音語があったんで苦笑しちゃいました。

123 :あpxそh:04/02/10 21:55

普段本を読まない女子高生は多数いるがそのなかでdeeploveを読んで「おもしろい」
と抜かす輩が大半をしめるが、それは同時に今の高校生の知能の低さ、
そしてその人の文学性の低さ、教養の無さをあらわしていると思う。
yoshiの作品はまるで三流作家のような文体で、
「え?この人本当に作家なのか?」と疑ったくらいだ。

性的描写も露骨とは言わないが下卑た擬音をつかったりしていて反吐が出るようだ。
しかし性的な関心事の多い今の高校生、中学生には十分魅力的な一冊だと思う。
またケータイ小説というのも現代の社会をいやというほど象徴しているし、
「渋谷の高校生の間で」
というのも、読まなくても内容の薄っぺらさが伺える作品だ。
また作者の低脳さ、作家としての志の低さが垣間見れる作品であった。
とわたしはおもった。

124 :123の続きです。すみません:04/02/10 21:59
アダルト作家だかなんだか知らないがそういう文学(性的描写を主とした作品)
が蔓延るのを私は見ているのが辛いと日々感じている。
そういう馬鹿げた本が売れる背景には、性を「商品化」する現代社会も少なからずありますが、
「援助交際」というかたちで逆に大人
(この小説の場合、高校生を性の対象としてしか見ていない中年男性)
の逆手をとっていると勘違いして優越感に浸っている愚弄な女子高校生が多いからだと思う。
援助交際をしている高校生に限らず、性を軽視している高校生は多分多い。
その中で、「本当の愛を知った」とか「傷つきながらも心を取り戻した…」とか
そういう台詞は綺麗事だ。
似たような内容がいったい何百万、何千万という書籍の中で何冊あると思っているのだろうか?
どれもこれも話題性ばかりの作品で共感できるところがひとつも無い。
レイプで出来た子だの、なんだのって同情を買う小道具にすぎないと思う。
被害者ぶってるような顔がしたいだけであって根本的な悪因は
援助交際だなんだかんだしている自分自信にある。
「わかっていてやっている。だからほっとけ」
なんていう人もいるが、事実、最悪の境遇に会った時に責任を負うのは親であって
結局自分ではない。結局は未成年と認められている時期は「若気の至り」なんて言葉はないのだ。
それをいいわけにして遊び狂っている渋谷(他等)の高校生を見ると自分と同じ高校生でいるのが嫌になってくる。
ながながと書いてしまって申し訳なかったです。
書ききれない事もまだあるのですが、暴走しそうなのでこのへんで止めておきます。

乱文長文もうしわけありませんでした

125 :吾輩は名無しである:04/02/11 01:25
ここまできて最後に

最後に、私は本作の二ページ目をめくらなかったことを付記しておきたい。

があったら面白かった

126 :吾輩は名無しである:04/02/11 01:31
>>123
内容については激しく同意。
僕も高校生だけど確かにそういう感じ。

>それをいいわけにして遊び狂っている渋谷(他等)の高校生
ぶっちゃけこいつらはかわいそうだと思う。
文学作品にも出会えず、自己の内面と向き合うことなく
大人の利益になるような目先の欲望に惑わされて、
人生のうちで最も空虚な青春をおくってる気がする。

127 :吾輩は名無しである:04/02/11 01:55
>>125
同意。

128 :吾輩は名無しである:04/02/11 06:18
>>123
なんか知らんがそんなに熱くなるなよ
DL読んで感動するのとカラマーゾフ読んで感動するのと大して変わらんと思うぞ
俺はDL読もうとは思わないけどさ
若者が真剣に若者叩きしてると、なんだかこっちが鼻白んじゃう

最後に、私は>>123の三行目以降を読む事が無かった事を付記しておきたい。

129 :123:04/02/11 09:47
ごめんなさい。やっぱり長かったですよね(苦笑)
でも読んでいてなんとなく腹がたってきて、(読むのやめましたけど)
だーっと雪崩のように書き綴ってしまったようです。
すみません。
では。

130 :吾輩は名無しである:04/02/11 10:31
>>128
お前の感性には脱帽だよ。カラマーゾフとは大きく出たなw
あとね、誰かが真剣な発言しないとこの国死んじゃうよほんと。
お前みたいなてきとー馬鹿ばかりだからな。

131 :吾輩は名無しである:04/02/11 11:11
>>130
いや、新しい読みの可能性だろう


132 :123:04/02/11 11:13
>>130禿同です。
いつかは今日の時代で言う「ギャル」「チャラ男」らが、
将来を担わなくてはならない時がやってくると思う。
そいつらが社会人となって日本を支えていくのだが
「なんで俺が、私が」って責任転換するようなのがでてくるに決まっている。
実際そういうのが多いからフリーターが増えてきてるのは否めないと思うんです。
けれど今現在、真面目に、真剣に取り組んでいる高校生はそいつら(ギャルたちに)
ダサイというレッテルのような目で見られるんですよね…。
「今時、あのスカート丈あるぅ〜?」なんて言われた日にはソイツを脳内殺人ですよ。
痴漢にあいたくないし、性的な目でみられるのも不快感。
だからこそスカート丈は短くしないです。
痴漢とかって多いいですけど私はスカート短くしている高校生のほうに負があると思うんですよね。
そう言う格好をしていれば嫌でも男性の目がいってしまうんだから(そんなことないと言う方すみません)
それに適応した格好すればいいんじゃないかな?
「今朝、痴漢にあった〜まじうざ」って言ってる女子高生に本当に物申したいです…

またまた乱長文ごめんなさい。





133 :吾輩は名無しである:04/02/11 16:11
>>132
>いつかは今日の時代で言う「ギャル」「チャラ男」らが、
 将来を担わなくてはならない時がやってくると思う。

それはないだろ。いつの時代も将来を担うのは学歴の高い官僚。

>>128
>DL読んで感動するのとカラマーゾフ読んで感動するのと大して変わらんと思うぞ
いや、これはないだろw
前者は表層の法的罪、後者は内面の自己的罪という点で理解に大きな差がある。

134 :吾輩は名無しである:04/02/11 18:01
>>130
では、真剣な発言を一つお願いしようかな。
ていうか、このスレにそんなのあったっけ?
ただ、適当にDLとその読者をてきとーに馬鹿にしてるだけかと思ったよ。アハハ。

135 :吾輩は名無しである:04/02/11 18:05
>>132
そうですか、としか言い様がないです。完全に。
あなたはあなたの生き方で、真っ当に生きていけばいいのではないでしょうか。

136 :123:04/02/11 20:47
>>133
そうですね。将来を担うのはやはり高学歴の方だとおもいます。
失言でしたね。
>>135
そのとおりだと思います。けれど
その「真っ当さ」も微妙に通用しない社会になっている気がするんですよね…。





137 :吾輩は名無しである:04/02/11 21:10
一般書籍板で見つけますた。

941 :無名草子さん :04/02/08 19:57
姉さん事件です。deeploveって韓国や台湾、ロサンゼルスでも翻訳されて
発売されるらしいです。お願いだからそれだけはやめて


……ネタであって欲しい

138 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:01
姉さん事件です。
deeploveって韓国や台湾、ロサンゼルスでも翻訳されて発売されるらしいです。
それがあんな日本人無学叩きになるなんて知る由もなく・・・・・・

139 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:05
>>123
ここは無記名だから好きなことが言える。
現実にその発言を世の中に向けてできるかどうかが問題だ。
同じ高校生として少なくとも俺はあんたに真っ当に生きて欲しいとは思うね。

140 :吾輩は名無しである:04/02/12 12:10
AllIw@ntisforlovetolive Letsleantogivelove,love Imcllingeveryonearoundme Wontyoupleasetelme Wh@tcanmaketheworldgrowstronger Lovecanlovecan

141 :吾輩は名無しである:04/02/12 12:32
背伸びしたがるのよねおぼっちゃまの高校生って。悟りでも開いたかのように。まさか 嫉妬かしら。 クフ

142 :123:04/02/12 17:50
>>139
そうですね。ここは無記名だから好きな事が言えるのは仰る通りです。
>同じ高校生として少なくとも俺はあんたに真っ当に生きて欲しいとは思うね。

それはお褒めのことばととってよいのでしょうか?
それとも嫌味ととったほうが良いのでしょうか?
曖昧なので是非w




143 :吾輩は名無しである:04/02/12 17:55
>>142
横レスだが、2chのわりにはふつうに激励してるような気がするけど。

144 :tree sea:04/02/12 17:58
ここはかわいそうな人ばかりですね。
素直に感動できなくなってしまったらおしまいだと思います。
中傷ばかりしていて淋しくないですか?
「いいもの」をどうして「いい」と言えないのですか?
けなすだけの人間なんて生きている価値がありませんよ。
どうか反省してください。

145 :吾輩は名無しである:04/02/12 18:58
>>142
ああ、139だが、もちろん褒めているよ。
クソみたいな同世代が多い中、
ある程度似た感性を持っているから共感したわけ。
しかし、俺は残念ながら真っ当な人間じゃない。
つまり、俺は
>>132の>今現在、真面目に、真剣に取り組んでいる高校生
になり損ねてしまった人間であるからこそ、
真っ当に生きようとしている人は頑張って欲しいと思ってる。
DeepLoveについては
「私は本作の二ページ目をめくらなかったことを付記しておきたい」
だけどねw

あと2chでの発言に深さを求めないほうが良いよ、慣れれば大体わかってくるし。
>>144みたいなカキコしたやつだって、どうせ
・DeepLoveを読んだことがない奴
・DeepLoveをクソだと思ってる奴
のどっちかなんだし。

146 :吾輩は名無しである:04/02/12 20:51
>>123
「負がある」じゃなくて「非がある」じゃないのか?

何と言うか、あんたは他人をどうこう言う前に
もっとやるべきことがあると思うんだけど。
自分と関わりのない種類の人間を類型的にしか捉えられないのって、
あんまりよろしいことでもないよ。

でも高校生だとそんなもんだったろうか。よくわからんけど。


147 :吾輩は名無しである:04/02/13 13:37
自分のレベルにあった本に感動するでファイナルアンサー

148 :吾輩は名無しである:04/02/13 18:48
>>146
すみません私ボーダーなもんで…
メンタル板にうつります。
酸いも甘いもしらない小娘がいろいろほざいてすみませんでした。
deeploveの不純さについカッっとなり感情のまま書き綴ってしまいました。
それでは。

149 :吾輩は名無しである:04/02/13 19:10
123 のどこが真っ当なんだか
どうしようもないよ


150 :吾輩は名無しである:04/02/13 21:42
ミステリー作家の気取った文体なんかより全然 親しみやすい。 斉藤美奈子だとかその辺の年寄りはついていけないだろうね

151 :1:04/02/13 22:55
盛り上がってるのを見ると主として喜んでいいのかどうなのか。

>>138
一般書籍板でも言われてたけど、理解不能な文章が理解可能になるだけ日本語版よりかはマシになるだろうなw
シナリオがクソなのは覆しようがないが・・・・海外。調子に乗りすぎ。

>>133
でも、将来「担う」とまでは行かずとも、その割合が多い時代は来るんじゃないか。
上だけしっかりしてても下が付いてこなけりゃどうにもならない。
高学歴と低学歴の差がどんどん広がってるしな。
で、もうすぐどうにもならなくなりそうだ、と。

152 :吾輩は名無しである:04/02/14 04:58
>>151
差が広がっているとも思えんね。
両者の差は変わらないままに地盤沈下しているように思う。

>>123なんかは上で、盛んに「真っ当な生き方」を提唱しているがw
それをもって他人を貶め始めるあたりどうしようもない。
このスレを見る限りでは、どっちもどっち。

153 :1:04/02/14 12:27
>>152
俗に言う「お受験」の層とフリーター志望の層がどっちも増えつつある気はする。
飽くまで自分の周囲の話だが。

154 :吾輩は名無しである:04/02/14 17:23
>>153
そりゃ、今の状況じゃそうならざるを得ないだろうさ。
不況で一番割りを食ったのは上でも下でもない層の人たちだから、
そういう現状を見せ付けられた後続世代は上と下に分かれだすに決まってる。
つーかそれは差が広がってるとは言わない。
二極分化が進んでるというだけ。

それに「お受験」の層とフリーター志望の層は厳密には世代が違うから、
相互に比較するのは間違ってると思う。

まあ、スレ違いだあね。

155 :吾輩は名無しである:04/02/15 19:36
スレが変わっているような・・・・。

>>144
哀れに感じるよ。教養とかある?今まで何冊ぐらい本読んだ?”いいもの”?
掛けても良いよ。少し、貴方の世界が広がれば、この作品がその様な物であるか
どうかが判るよ。

156 :吾輩は名無しである:04/02/15 19:44
此れは、一種の流行だよ。たまごっちと同じ。群れでしか生きられない人々
が、仲間意識を求め買う物。良く評価しても、一次に感情的になっても(な物であっても)
一時代を示す物にしか過ぎないよ。

157 :吾輩は名無しである:04/02/15 19:49
えええええええええええええ海外て本気か

158 :吾輩は名無しである:04/02/16 04:41
オレ本屋でバイトしてるけど、もう、そんなに売れてないよ。

159 :吾輩は名無しである:04/02/16 16:13
元「お受験」校の厨房だが…
友達が(知っていることを)自慢したそうに叫んでいた。
「今ね、蹴りたい背中とディープラブがすんごい読みたいんよ!」
お前流されすぎ。
呆れてものも言えなくなったが、とりあえず
「両方チラッと読んだけど、国語の教科書を精読した方が絶対良いと思う。特に後者は。」
と言っておきました。

160 :吾輩は名無しである:04/02/16 20:36
女子高生がこの本を絶賛する心情としては
自分達のおバカっぷりを肯定したいだけだろ。
「全ては愛のためにバカをやってます〜」
みたいな言い訳をこの本に見つけてしまったワケだ。ヤレヤレ

161 :吾輩は名無しである:04/02/17 10:38
>>160
自分がバカなのを棚に上げて何言ってんのw
どうせお前は誰にも相手にされないキモヲタだろ。
その言い訳をするために2ちゃんねるに来てるワケだ。ヤレヤレ

162 :吾輩は名無しである:04/02/18 14:48
>159

マジレスすると教科書を精読してもダメだよ
教科書に出てくる文章は政治的な見地から切り取られた文章だからね
元の本を読むとまるで違ったものだったりする
指導書以外に一切の注意書きをせずにそれを掲載するなんてほとんど犯罪だよ
だから、どんなものであっても切り取られていない文章を読むのがいい

163 :吾輩は名無しである:04/02/18 15:21
黒沢明に映画化してほしかったな

164 :吾輩は名無しである:04/02/18 22:50
ネットで第1章だけ読んでみたが
あれは小説なのかい?

165 :吾輩は名無しである:04/02/18 23:31
小説だね。実験的な。

166 :吾輩は名無しである:04/02/19 00:10
私は悩んでいた。
Deep Loveを読み取ることができない自分の無能さが腹立たしかったのだ。

私は目の前の、平積みになったDeep Loveから、ふと視線を移した。
隣のコーナーに、懐かしの「3Dステレオグラム」の本があった。
3Dステレオグラムとは、コンピューター処理され、一見ただの模様に
見える絵柄から、特殊な見方で見ることによって、隠された立体を浮かびあが
ってみえる、というものである。
私の脳裏に衝撃が走った。
これか。
私は騙されていた。表層の意味に騙され、Deep Loveは、壮大な
3Dステレオグラムであったということに、気がつかなかったのである。

167 :吾輩は名無しである:04/02/19 00:10
私は再び、Deep Loveを手に取った(ポップカードに、映画化決定、
と書かれていたが、鼻で笑ってやった。騙されるものか)。
おもむろに本をひらいた腕を水平に伸ばし、眼を細めて遠くに視線を遣った。
(隣の女子高生が怪訝そうな顔をしていたが、バカだから相手にしなかった)

「あっ……もう1時間は舐め続けている。ハゲあがった頭を小刻みに揺らして、……」

おかしい。

そうか、表紙か。
私は女子高生に余裕の笑みを浮かべると、くるりと本を裏返した。

168 :166=167:04/02/19 00:12
166は、立体を→立体がでした。スマソ……。

169 :吾輩は名無しである:04/02/19 01:52
読んだ。
本当に面白かった。
内容が、じゃなく、一体いつまでこの文体が続くんだろうかと思って。
ずっと成長することなく、下手なままの文体が本当に嘘のようで面白かった。
本当にこのままで書いてくつもりなのか?と終始思ってました。
内容は糞。
なんだか、うぬぼれだ、作者。そんな感じ。

珍しく友達が本を読んでいたので、貸してもらったわけです。
正直言って、かなり涙もろい奴ですが、全然泣けんかった。
むしろ、作者の勘違いに泣けそうになった。
批判するつもりはない。だって、現代っ子(アタシを含む)には
文学なんてものわからないだろうから。
文学を知れなんていっても、メールで暗号みたいな文字使い出す始末なんだから
到底、無理でしょう。文学なんて立派なモン。
もちろんアタシも。
でも、アレはひどい。本当にあの本で感動する人っているのかな。伝わらない。
こんなアタシでも、あの本が売れていることに驚異を感じているのに。
二巻を読み終わってから別の友達に何読んでるの?と聞かれて思わず
「エロ本」
と、答えてしまう自分がいた!
エロ本バンザイ。

以上!感想でした。

170 :◆7sqafLs07s :04/02/19 02:02
文学なんてものはそんなに高尚なものじゃないから
わかりたきゃ誰にでもわかる。
っていうよりわかるための糸口は無数にある。
その多面性こそ優れた文学の証だとも言える。
世界を描こうとすれば
そこには簡単なもの、アホ臭いもの、雑なもの、いやらしいもの、
何だって入ってくる、当たり前だ。
そのどの部分に飛びつくかは読者の自由。
そして、だからこそ読者の側も「問われる」ことになる。

ここで話題になっている小説が文学として駄目だという理由は
その糸口がある意味で物凄く限定されているからだ。
多分。

エロ本バンザイ。

171 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/02/19 21:48
ミニマリズムとジャーナリズムと神様視点。
この3つにおいては、「表現物」として異彩をかもし出している。

そして  この小説のおもしろいところは、作者のアフォリズム的底流観念。

172 :渡邊照夫:04/02/19 21:52
>>162
いや教科書はバカにできんぞ
教科書に書いてない真実も、教科書に書いてある事を
知らんことには理解できんだろ



173 :図書員:04/02/20 14:46
学校にあったよ、これ。
誰も読んでいなかったよ(読んだやつがいたとして片手で数えて余る程度)。
俺は、表紙しか見てないがそんなに酷い?

174 :吾輩は名無しである:04/02/21 00:33
5分でたるくなって挫折しました。
バリつまらん。


175 :吾輩は名無しである:04/02/23 16:26
なんかスレ読むと、ガンヲタがサザエさんはつまらないと言ってるようで痛いんだけど。
単純で稚拙だからダメだって言えるなら、高度で難しすぎるからダメとも言えるだろう?

>>36とかの言ってることが大事だと思う。

176 :吾輩は名無しである:04/02/23 21:29
>>36の言ってる事はよくわからんが、>>1の忍耐に敬意を表するよ。

177 :吾輩は名無しである:04/02/23 23:28
うん、>>1はやっぱり偉大。

178 :吾輩は名無しである:04/02/24 01:33
最近のガキは学力も筋力も落ちてるみたいですね親の世代とくらべても、10年前と比べても。
読解力もなく、筋力もなく、あごも弱い。
だから顔もひょろ長くて、あごのとがった、雑魚が多い。いわゆるギャル男とかビジュアル系。
高校時代やってる男って、だいたいこの変のやつらか、あとはヤンキー、ギャング系の暇人。




179 :吾輩は名無しである:04/02/24 07:15
まあ、でも日本を腐らせたのは今のガキの親か10年前の奴なんだよ

180 :吾輩は名無しである:04/02/24 16:14
>>179
待て
それは違うぞ
それよりも一つ前の世代が戦犯

181 :吾輩は名無しである:04/02/24 17:44
ギリシャの壁画にこう記されてるんだってね。
"最近の若者は"って


182 :吾輩は名無しである:04/02/24 18:55
どうもDeep Loveを叩いているやつや最近の世の中を批判しているやつに
説得力を感じないんだけど。そこら辺と文学衰退と関連しているように思える。

なんというか、俺は人間なんていい加減な生き物、人生なんて不確定要素の
強いものと、真摯に向き合って(建て前上は)その真意を探究するという行為自体に
無理があると思うので、テキトーに書かれたものを読んで、テキトーに感動してしまう
ような感性は、実は人としてけっこうまともなんじゃないかと。

むしろ、10代や20代で文学なんて読んで、真剣に人生や世の行く末について
考えてるやつの方が、異常なことをやっている気がする。

まあ、これは皮肉でもあるんだけどね。

183 :吾輩は名無しである:04/02/24 20:15
DLとか綿谷りさを真面目に批判してる人が絶賛してる人より滑稽に見えるってのはある。

184 :吾輩は名無しである:04/02/24 23:33
DLはスゴイよな。箇条書きで小説書いてるもん

185 :吾輩は名無しである:04/02/25 00:00
もしかして、ウィトゲンシュタインを意識しているのか?

186 :吾輩は名無しである:04/02/25 00:11
新鮮な文体だよな。石原とかドラゴンには理解不能。

187 :◆7sqafLs07s :04/02/25 13:47
>>182

どこをどう読んでも

俺=人
俺の人生=すべての人生

と思い込んでいる君は、それは、幸せに違いないよ。
これは皮肉でもないけどね。

188 :吾輩は名無しである:04/02/25 13:56
「適当に書かれたものを読んで適当に感動する」のは俺も否定せんけど、
「適当に書いてはいけないもの」ってのも、世の中にはあるわけで。
Deep Loveが叩かれるのは、文章下手だとかショボいだとかの理由も
あるんだろうけど、一般書籍板のスレなんかを見るとそれ以外にも、
慎重に扱わなければならない題材(エイズとか)を、適当な知識で
適当に書き散らかしてるからってのが大きな理由に思えるんだな。

189 :吾輩は名無しである:04/02/25 13:59
>>187は皮肉。ややひねこびた自尊心。自分を上手にだますものが幸せになれる(どすと)

190 :吾輩は名無しである:04/02/25 14:23
>最近の世の中を批判しているやつに説得力を感じないんだけど
Yoshiじゃん、それ。「みんな時代が悪いんや」って。

>真剣に人生や世の行く末について考えてるやつの方が、異常なことをやっている気がする
Yoshiじゃん、それ。好きな言葉は「人生を変える」

そうか、そこらへんが皮肉なのか。

191 :吾輩は名無しである:04/02/25 14:47
皮肉ってなんて読むの?

192 :吾輩は名無しである:04/02/25 18:57
>>191
かわいたにく

193 :吾輩は名無しである:04/02/25 19:56
しかし、>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者どもは、何も分かっちゃいない。
ジュンク堂その他大型書店のねーちゃんに、カバーおかけしますか? とか聞かれて、
ニタニタしてるアホども。お前らみんな文学板住人失格だ。
本を買うなら古書店。しかも、ハードコア古書店で買わねばならぬ。
ハードコア古書店は、まず入るまでが大変。
平日の昼過ぎなどに足を運んでも、平気で店を閉めていたりする。
当然、休日の知らせなど記されていない。一週間通い詰めて、ようやくある日、
ああ、この店は営業していたのだと知る。
そのような店こそハードコア古書店。
ようやく店には入れたとしても気を抜いてはいけない。
店は暗く、店主がいないことなどざらだ。
三十分ほど立ち読みをしていて、ようやくのそりと現れた店主が電気をつけてくれる。
そのような店こそハードコア古書店。
見回せば店内の陳列は、たとえドンキホーテ店長が見たとしても卒倒するほどの過密だ。
もちろん販売効率は皆無。売る気も多分皆無。品の三十パーセントほどしか、確認できぬ。
そのような店こそハードコア古書店。
いいか>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者ども。
明日より襟を正してハードコア古書店に通い詰めろ。
閉まっていたとしても、爽やかな笑顔を浮かべ速やかに散れ。
で、翌日も崩れかけた木造モルタルに三顧の礼だ。
貴様らが、資本主義社会への誇り高い反逆の戦士となれることを、私は期待している。

194 :吾輩は名無しである:04/02/25 21:19
相変わらず批判派が袋小路に入っているわけだが。

195 :吾輩は名無しである:04/02/25 22:10
とりあえず187は皮肉じゃないだろ。

196 :◆7sqafLs07s :04/02/26 13:22
>>189
皮肉じゃねえって書いてるんだから皮肉にならねえだろうよ(笑
なんだひねこびたって。ヒゲ伸びたならわかるけどな。
どこもひねてないしこびてもいないぞ、
皮肉ではなくストレートな悪態なんだからな。
とりあえずおまえに相応しい捨て台詞を。

死ねのび太

197 :189 はアボンリーが全て再放送されないのを知って、飯食って激怒す。:04/02/26 16:53
実はかまわれただけでちょっと嬉しい。皆あんまかまってくれないんだもん。

Cさん、君は幸せだ。皮肉じゃないよ。


実存の深淵を見つめながら、絶望と祈り、諦め、地上の掟と、天の掟の前で、
神を擬視するかのように、贖罪の存在の可能性と、全ての許しの可能性を、
完全に拒否し、自意識の肯定的な解釈を拒否し、私欲の奴隷である論理を、
観察するだけの口調で「セーラ・ポリー(11〜13才当時)萌〜」

198 :吾輩は名無しである:04/02/26 17:11
読者は何がいいのかすらわかんないToT
http://www8.org1.com/~egg/gh2/test/read.cgi/bbs/1059555098/l50

199 :age:04/02/27 01:14
age

200 :age:04/02/27 10:34
http://www7.plala.or.jp/mio30p/hure-mu/s2.html

201 :age:04/02/27 14:50
age

202 :吾輩は名無しである:04/02/27 14:57
200の女の子は全然エロイとは言わない。実際にそういう状況に至ると寧ろ動揺するタイプ。マジレスすると。


203 :みんなの鞭:04/02/27 16:12
「幸せに違いないよ」は、そのまま完全に純粋な意味だと、純粋な賞賛を意味するので、187の言は厳密には皮肉。
ストレートな悪態でも皮肉にはなる。単に分かりやす過ぎるだけで、簡単か難しいかは、皮肉か皮肉であるかには関係はない。
皮肉の無い世界では、その様な発言は、純粋な賞賛を意味するので、187の発言は厳密には皮肉。


結論 189=197は善行中毒者の家族会 セーラ・ポリーは現在24才
善行中毒者の家族会はこんな所で媚態を晒してないでさっさと仕事に戻れ。欲情したcと愛しあうのはやめろ。

204 :みんなの鞭:04/02/27 16:24
 >皮肉か皮肉であるかには

訂正

皮肉か皮肉では無いかには


善行中毒者の家族会はふざけていないで仕事をしろ。


205 :◆7sqafLs07s :04/02/27 18:43
噛むなら芸人やめろ。

厳密に書くならば、皮肉とは言葉に含める意図であって、その言葉によって何者かが受ける印象のことではない。
である以上は、本人がこれは皮肉ではないと公言していることに第一の判断が置かれるべきである。
勿論、その公言がそもそも皮肉である可能性については別に考慮するべきだが、
本件に関してはそのような可能性が認められない。

反論の内容も含めて整理すれば、皮肉とは表面的な言及事実とは反対のことを伝える意図である。
上にも書いたように、今回、そのような意図は存在しないものと考えられる。

ゆえに、Cは無罪。噛んだ以上は芸人をやめなければならないみんなの鞭は有罪。
これからはみんなの無知と名乗って一生を底辺で暮らしてゆくように。

最高裁の判決は以上である。異議は認めません。

206 :吾輩は名無しである:04/02/27 18:58
じゃあ賞賛してたの?


207 :◆7sqafLs07s :04/02/27 19:06
>>206
「思い込んでいる君」の「幸せ」を言っているのだから、それはやっぱり事実そのままだ。
ただ、普通の人に向かって言ったら皮肉なんじゃないの?

208 :吾輩は名無しである:04/02/27 19:27
>>206
でも、どっちにしろ「思い込んでいる君」182はCさんより遥かに劣った、馬鹿には違いありませんね。
あと、みんなの鞭とかいう奴も、馬鹿ですね。
でも、僕も、頭が悪いからよく分からなかったんですけど、182は、どこらへんが、
間違っていて、気の毒なの所なのか説明してもらえませんか。182は、書き方からして、
ダメな奴ってきがします。僕のまわりにもいるんですよ、似た奴が、でも僕はあんまり
いつも言い返せなくて、くやしいんですだから。182のどこらへんがダメなのか、説明してもらえませんか。
Cさんお願いします。

209 :◆7sqafLs07s :04/02/27 19:44
>>208
そういうのを皮肉と言うんだ(笑)君の意図をね。

レクチャー終り。


210 :208:04/02/27 19:57
>>206>>207のまちがいでしたスマソ


211 :182:04/02/27 20:25
何か、勝手に話が進んでるな、、、
187の書き込みなんて虚栄心に蝕まれた痴呆なんだからほっけばいいのに。

208は釣りか。不様だね悪いけど。

俺=人
俺の人生=すべての人生
どこにそんな事が書いてあるのか、私の話を理解できなかったらしいね。

まあどうでもいいけどね。

212 :吾輩は名無しである:04/02/27 21:50
結論



1>>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>C=182



ということだな。


213 :吾輩は名無しである:04/02/27 22:07
DEEP LOVEの続編は「>>1の物語」できまりだな。

214 :吾輩は名無しである:04/02/27 22:10
「DEEP LOVE」と「蛇にピアス」

どっちが秀作?

215 :吾輩は名無しである:04/02/27 22:12
>>214
蛇とピアスがどんなに素晴らしかろうが、DEEP LOVEと>>1の忍耐力には
敵わない。

216 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:02
>>208は釣る必要なんか無かったのにな。

 >どこをどう読んでも
 >俺=人
 >俺の人生=すべての人生
 >と思い込んでいる君は、

と書いて、自分は相手の考えを完全に理解して、相手よりも理解力のある、相手より頭が良い人間だと、
つまり自分よりお前は馬鹿なのだと言ってから。 >それは、幸せに違いないよ。 と言っているんだから。
二つ以上の異なる(反する意味である必要はない)意味を伝え最終的に非難の表明(散々侮辱、よかったね、馬鹿は幸せだね、
つまり救い難い馬鹿だな)という、形の文章になっている。

そもそも、皮肉じゃないよというから皮肉ではない、というのは反対で、皮肉だよといえば
皮肉にならない。散々馬鹿にしといて、馬鹿にしていないよというのは皮肉だろ。
逆に、馬鹿にしといて、馬鹿にしてるよというのは、まったくそのままだから、皮肉にはならない。

それと、>皮肉の無い世界では、その様な発言は、純粋な賞賛を意味するので、187の発言は厳密には皮肉。
はちょっと良いね。確かに187の発言は皮肉のない世界では賞賛になり(幸福は個人にとっては最大の栄光だからな。皆これ
を目指してガリガリしてやがる。他人を侮辱するのもこれの一つ。優越感に浸りたい、か)。皮肉のある世界では侮辱に
なるな。よって、悪態になるのは皮肉が有るからこそ、という事か。皮肉じゃなければどちらの世界でも賞賛になるな。皮肉だ
から侮辱が生まれると言う事か、わかりやすいね。でもあれは悪態なんだろう? そう書いてるしね。

それと皮肉の定義がいい加減すぎます。曖昧な点が多い。「表面的な言及事実」とは何か? 反対である必要が有るのか? 
反対ではなくとも程度の差によって皮肉は成り立たないのか。

しかし208おまえへたすぎ。

211も釣りか。本物だったら今さら出て来てもな。

それにしてもマジレスだ。

それとCの書き込みは詰まらな過ぎもっと面白い事を書け。笑いこそ人類の最終兵器で、最も明るい知性ではないか。

217 :◆7sqafLs07s :04/02/27 23:32
>>211
>ほっけばいいのに。

ほっけはいいよね。安いし旨いし。ただ、「ほっけば」じゃなくて「ほっけは」だね。

だから書いたじゃないか。噛むなら芸人やめろと。

218 :◆7sqafLs07s :04/02/27 23:34
>>216

ありがとう。書きにくいことを説明してくれて。で、みんな誰に釣られてたかわかった?

(笑)

じゃ、レクチャー終りだな。

代弁するが、208は釣りっていうか俺に対する皮肉をやろうとして
ナンバリングを間違えただけじゃないのか?

ま、いいけど。

219 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:50
誰が誰を釣っていたんだ?
善行中毒者の家族会とみんなの鞭はたしかに知り合いっぽいなどっちも異常
な描写をするみたいだから同一人物かも知れない。あとはよくわからないな
>>216の最後の一文は引用か?なんかいいな。


220 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:54
誰が誰でも、Cの相手をするような奴は皆阿呆

221 :◆7sqafLs07s :04/02/28 00:03
>>220
それ、正解。でもおまえも相手しちゃったから阿呆な。や〜い阿呆阿呆。

222 :吾輩は名無しである:04/02/28 00:27
まとめ


1>性病>>>>歯茎>>>>鬼>飢えと乾きに苦しむ助けを求める子ども>(アジアの壁)>>
>>216の最後の引用だけは良いあとはゴミ>>>海苔>>>>C=皮肉書き込み全部


1は偉大

223 :◆7sqafLs07s :04/02/28 00:30
>>222

それ、正解。俺はなんでも「一番」になりたい。よくわかってるな。褒美として俺の爪の垢一年分贈呈。

224 :吾輩は名無しである:04/02/28 09:36
>>216
cにマジレスをして懐かしさで私を感動させるのはやめなさい。此処ではcをま
ともに構うのは荒らしの一種と見なされているのですよ。
あんなに細かく書かずとも、罵倒を意図して賞賛の言葉を発したのだから、
と一言ですむではないですか? 足りなければ、皮肉ではないことの宣言は、
罵倒と賞賛のどちらとも解釈できる、とでも足せばすむことです。
まあそんなことはどうでも良いけど、兎に角最後の一言は何処からの引用なの?

225 :吾輩は名無しである:04/02/28 09:50
レクチャー



1>もち肌>>>噂師>肉骨粉>>>>>>>
>>>(二つの平行する直線)>>>>216の最後の引用だけは良いあとはバームクーヘン>>>
>>馬鹿によく取れる耳掻き>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>C=皮肉書き込み全部





1は核弾頭


226 :◆7sqafLs07s :04/02/28 15:07
人のアングルを盗んでまで自らのポジションを維持しようとする225=1さんに
ちょっと同情する。共感はしないが。

227 :◆7sqafLs07s :04/02/28 15:10
>>224
物事の順序くらいは確かめたほうがいいよ、自分の賢さを証明したくて仕方がない君。
賞賛の言葉なんて発してないだろ。何処が賞賛なんだ?幸福?それは賞賛か?
一言と言いながら補足説明までしちゃってかなりマジレスじゃん、自分こそ(笑)
あっさり片付けて退けばよかったものを、蛇足が全部無駄にしているよ。

芸人には引き際ってのも大事なんだ。学習しろ。

228 :吾輩は名無しである:04/02/28 17:59
Cさん

幸福は勿論純粋には賞賛ですよ。自分の発言では賞賛になっていないとの主張
ですが。それは皮肉だからです。皮肉が賞賛を意図していないのは当然です。
あなたは187において賞賛を意図せず賞賛を意味する言葉を使いましたが。幸福
は完全に純粋にストレートには最高級の賞賛を意味しています、文句のない純粋
な幸福を拒否する人間はいないのですから。
それ程の言葉が賞賛を意図して使われなかったとすれば。それはその言葉のスト
レートな意味を意図して使われたのでは無いからです。純粋には賞賛を意味する
言葉を、侮辱する意図で使うのが皮肉では無いと言える場合が、可能性がほんの
少しでもあると言えるでしょうか。皮肉以外でそれが成立する可能性が。


それに賢い賢く無いはどうでもいいのです。何が厳密に皮肉で何が厳密に皮肉とは
言えないか、というのが気になっただけです。悪口でも、自説の一方的な主張でも
なく、私の発言を覆すに十分な反論をしてください。勿論私の考えが完全に間違って
いるかもしれないと、考える事くらいは私にもできるつもりです。あなたの論証が
十分納得のいくものだと思えば、実際にすぐにでもあなたの論証を賞賛するつもりです。
それに私は硬くて、コツンと音がするほど生真面目なんですよ。

それと222と225は私です。212を見て退屈しのぎに書きました。
一応1さんの名誉のために。

229 :◆7sqafLs07s :04/02/28 18:19
>>228

幸福のどこが賞賛なのか説明してからにしてくれませんか?くだらない事はしたくないんで。
こちらの前提は提示しているのだから、反証責任はそちらにあります。

幸福は状態であり実感かもしれません。しかし賞賛ではないでしょう。おまえは幸福だ、
と言う時に、それがイコール賞賛になるとは思えない。誰にとっても客観視できるものではないから。

あなたがそれを賞賛と考える根拠は何か、まず示してください。

僕は退屈しのぎに巻き込まれてそろそろ退屈しかかっているので、よろしくお願いします。

230 :吾輩は名無しである:04/02/29 14:10
価値観は人それぞれだ。この本に感動する人は感動するんだ。他人が人の価値観に対してどうこう言う筋合いはないと思う。作者や女子高生を馬鹿にしないでほしい。人を馬鹿にする事しかできない人って、かわいそう。

231 :吾輩は名無しである:04/02/29 14:22
メグミさんにマジ同感!!!!なんか、日本はもうダメだ、とか言ってる奴いるけど、こんなこと言ってるお前らこそダメ人間だから。自覚してないとこが尚更かわいそ〜。

232 :吾輩は名無しである:04/02/29 14:43
単純におもしろいよね。金井美恵子とか大西巨人とかそのあたりの雑魚よりは画期的だしね。
江藤が生きてたら、それなりにほめたんじゃないかな

233 :吾輩は名無しである:04/02/29 16:33
>>231
論拠を述べよ。

234 :吾輩は名無しである:04/02/29 18:30
もっと本を読みなさいよ。なんてオタクみたいな発言する女はきもいね。
しかもこの時代文学なんて古いもの有難がって読んでる時代錯誤者。WWWW




235 :228:04/02/29 19:00
>>Cさん

確かに、賞賛まではいたらない可能性もあるかと思いますので賞賛ではなく、相当以上の賛意に改めます。
確かに幸福にいたる条件は人それぞれ、色々あるとは思います。条件を規定する事は私にはできませんが、
しかしもし、状態ということで考えてみますと、程度を規定せずに単に、幸福、とだけ呼んだ場合、純粋
な幸福と言うことですからそれは、少なくとも相当以上望ましい状態、ということでほぼ全人類に共通して
いると言えないでしょうか。相当以上望ましい状態というのはつまり、相当以上支持すべき状態であり、
それは相当以上賛意できる状態という事になるかと思います。つまり純粋には相当以上の賛意できる状態を
意味しているのではないかと思います。これはごく慎重な規定で、常に私欲を忠実に追求している生物に
とっては恐らくそれ以上のものでしょう。
そうなるとほぼ全人類、つまり当然あなたも相当以上の賛意を抱くべき状態に182さんがあると考える時、
誰だって、182さんの幸福いたった条件にでは無く、状態に相当以上の賛意抱いている事になるのではない
でしょうか。
ですから、お前は幸福だと言う時、純粋な意味では、言った人はその相手の状態に対して、相当以上の賛意
を抱いている事になるのではないでしょうか。


187の発言全体は、「馬鹿で幸せだね」、という昔から数限り無く使われてきた古典的な皮肉を示してから
それらの発言について、「皮肉でもないけどね」、とストレートな悪態である事を示しすという意図の発言
だった、という事には同意していただけると思いますが、それはつまり、この発言は全体の構図としては
皮肉を言ってからその皮肉についてこれは皮肉ではないと言う意図を持っている事になるのではないでしょうか。
そうなりますと、187の発言は皮肉を示しそれについて皮肉では無いと示す意図を持って発言し、発言全体
では非難を示すという構図になっているのではないでしょうか。それはつまり、あなたが205で主張していた
皮肉の定義 
皮肉とは表面的な言及事実(古典的な皮肉)とは反対のこと(皮肉でもないけどね)を伝える意図である。
を完全に満たしているのではないでしょうか。長文申し訳ありません。

236 :吾輩は名無しである:04/03/01 02:34
意外にも教育的な本だとオモタ。

237 :吾輩は名無しである:04/03/01 11:15
DeepLoveと関係ない喧嘩は外でやってくれないか?

238 :吾輩は名無しである:04/03/01 20:07
誰かyoshiのプロフィールとか素性知ってる人いる?

239 :吾輩は名無しである:04/03/01 20:11
>>238
版元で雑誌記事とかを書いているライターだったと思う。

240 :吾輩は名無しである:04/03/02 15:15
あんたらさぁ!
人を馬鹿にすることしか頭にないんとちゃう??
自分ら器ちいさいんとちゃう??
もういっぺん考えてミロや!
このドアホどたまかちわるぞ

241 :吾輩は名無しである:04/03/02 15:17
>>240
Deep Love並みに要領を得ない
カスみたいな煽りですな。

242 :吾輩は名無しである:04/03/02 15:21
おまえ一回死ねや!!
http://www.zavn.net/mv/mv-p-top
お前これ見てなんもおもわへんゆうたら
おまえこころないんとちゃう?


243 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/03/02 15:43
説教くさい本だけど、武者小路実篤のような理想論にとどまらず、問題提議としては、たとえ浅はかだという
世評のいちゃもんにさらされようとも、積極性に満ちた「社会と個」そして「大人と子供」という社会学における
エントロピー的概念を敷衍することに成功している。おそらくは作者にとっての社会学としての
ひとつの小説という容を借り物にした、説教である。
単純に解して、セリフも多く読みやすいというのは利点でもあり短所でもあるが。

244 :吾輩は名無しである:04/03/02 16:25
  ―――-―-―-−終了―――-―-―-−

245 :吾輩は名無しである:04/03/02 16:34
age

246 :◆7sqafLs07s :04/03/02 18:33
>>235
単純に書いてしまうなら、

僕は馬鹿で幸せだねなどととは一言も書いていません。
つまり、

彼=人
彼の人生=すべての人生

と思い込んでいる182を馬鹿だと思ったのはあなた自身なのです。
まずそれが一つ。

そのうえで僕はストレートな悪態だと書いた。
それはどういう意味か。
「思い込んでいる」という言葉がそのまま悪態だということです。

思い込んでいるという表現に良い意味はありませんから。
何を思い込んでいても、です。
たとえこの世界の真実を思い込んでいても、です。
(↑この表現は皮肉かもしれません)

そして「思い込んでいる君は」という条件つきで幸福だと書いたのは、
その場合(何かを思い込んでいる場合)事実そのまま幸福だろうと
思うからであってなんら皮肉ではありません。

つまり思い込んでいることに問題があるが、その世界では幸福だろうな、
という二面の意味を持ちますが、それぞれ別次元の話なので、
皮肉の持つ同次元での両面性とは趣を異にすると言えるでしょう。

247 :吾輩は名無しである:04/03/02 21:41
そうか。白樺派か。納得。

248 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:27
ウチのVAIOのHDDがどうにかなってしまった為1ヶ月ほど見れなかった。スマソ。

随分進んでるみたいだけど、お互い長文での煽り合いはやめて頂けないか?

何人か気付いてるかも知れんが、>>198のスレの中に俺の昔の発言があるね。
ツッコミはしないで下さいませ。責任は一切負いかねます。

249 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:36
志賀直哉の弟子かもしれない。

250 :リー:04/03/08 21:52
DeepLoveのバリ悪口言わないで!!!この話は私たちの中「学校」で実際にあった話を元にしてるん
だから!!!
この悲しさバリ分からないやつはバリおかしい。アユもバリバリそうだったぽい。この世の中本当に金目当てだよ!!!?!!
あたしたちはもういい加減に分かったけど。でもyoshiすげー!!!!まじかであった話を違う時代に変えて。うちらチョット安心!!!

これはわたしたちからのお願い!!!!!!!!!!!!
エンコウすると自分の気持ちが「どうでもいい」し「ハマルカラ」やめよう。
BY本ではレイナだったリーでした。チャンちゃん!!!


251 :1:04/03/09 19:36
ところで>>248=>>1

>>250
誰も釣られない

252 :吾輩は名無しである:04/03/10 11:32
私の友達は1ページ読んで
思わず本をばらばらに破いてしまったそうです。
学校の図書室に置いてあった本を。


253 :吾輩は名無しである:04/03/10 13:28
ばかやろう!!このスレのせいで最初の100ページくらい読んじゃった
じゃねえかよ・・・ ガキの売春なんてどうでもいいよ。

254 :吾輩は名無しである:04/03/11 06:05
私はDLの映画版を見ました。
あまりの陳腐さに、驚きを通り越して怒りを覚えました。
監督が悪いのかと思っていたのですが、
ここを読むとそんなレベルの話では無いようですね。

255 :1:04/03/11 20:04
>>253
俺は50ページを過ぎたあたりで校正ミス探しに走った


それは嘘だが、途中までマジに読んでた
あくまで途中まで

256 :吾輩は名無しである:04/03/17 14:25
http://www.zavn.net/mv/mv-p-st.php
おまいら、この映画の予告編見たか?
かなりアレだぞ。

257 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:43
>>256
>>242で既出だが、やっぱり改めて見るとアレだなぁ。

258 :吾輩は名無しである:04/03/18 11:47
>>257
既出でスマソ。
ちょっと逝って来ます・・・

259 :吾輩は名無しである:04/03/18 15:25
>>256
だあああああああああーーーーーーーーーーーーーーー
体の力が抜けていくわ。なんじゃい、この映画の予告はっ・・・!!!
侮辱か?おれを侮辱してるのか!!!

260 :吾輩は名無しである:04/03/18 21:05
>>256
凄いよねぇ、コレ。
何となくそれっぽい映像をバックに、ひたすらナレーションで
だらだらだらだらと解説解説解説解説。
恐ろしいほどの抑揚の無さ…まあ、原作に忠実ではあるが。

261 :吾輩は名無しである:04/03/20 09:02
>>256
この解説、ひょっとしてKokeshiがやってんじゃないの?
と思う程アレですな<解説

それにしても、こんな映画に出てしまった竹中直人も、黒田アーサーも可哀想だ。
心から同情してしまう。




262 :1:04/03/21 19:38
>>261
感動したっつうんだから同類じゃねえ?
アレで感動したなんて言ってる(言わされたかも知れんが)んだから、作品見る目はkokeshi程度って事だろ。
結構軽蔑したな、俺は。

263 :吾輩は名無しである:04/03/21 19:48
大衆文学としては稚拙だけど、伝わりやすく感動できるという点で売れたんだろうね。

一応 作家として認めることはできると思う。ヨシ氏

264 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:58
今、NHK−BSにヨシが出てる。
バカ丸出し、水商売上がりがもろに出てる。
恐らくホスト上がりだろう。恥ずかしいよ。

265 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:59
どこの田舎から出てきた男だろうね。年齢は30台前半か。
恥ずかしい。ホントに見てるだけで恥ずかしい。
こんなのテレビに出すなよ。

266 :吾輩は名無しである:04/03/22 01:05
下品で低脳なアホ男だな>ヨシ

267 :吾輩は名無しである:04/03/22 07:42
>>262
そ れ は 知 ら な か っ た
その事を知らずに書いてしまった・・・
ウツダ・・・
逝って来ます。

>>265
http://www.zavn.net/rajio_t.html
ニッポン放送の番組にも出ているそうだ。

━━内容の詳細
ラジオ内容は小説同様に、愛・夢・金などDeepな内容をはじめ
「人の変わるキッカケ」になりたいというものです。


_| ̄|○

268 :吾輩は名無しである:04/03/22 15:08
>>267
ラジオ内で放送されるラジオドラマには
Kokeshi先生wが珍作を書き下ろしてくださるんですかねw

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)