5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●芥川賞候補予想→受賞作予想 第八回●

1 :吾輩は名無しである:04/01/17 10:02
純然たる予想スレとして再出発します。

前スレ
●芥川賞候補予想→受賞作予想 第七回●
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1073809605/

候補者の顔ぶれ
・絲山秋子(三度目の正直に向けて意気盛ん)
・その他
 すばる文学賞で最終選考に残った吉野某氏は、最短でも「次の次」となりそう。
2ちゃんねらーの中では最も芥川賞に近い。
 新人賞に応募した2ちゃんねらーはここで名乗りを上げなさい。
 創作文芸板からの情報も求む。

623 :吾輩は名無しである:04/03/10 00:46
>>620
福田ってどういうのが好きなの?

624 :吾輩は名無しである:04/03/10 01:05
町田中原舞城

625 :吾輩は名無しである:04/03/10 01:35
>>596
おいおい、佐川光晴『灰色の瞳』or『極東アングラ正伝』もいれてくださいよ
最有力候補を無視ですか?

>>618
俺も谷崎賞は『シンセミア』かなと

626 :596:04/03/10 03:03
>>625
たしかに佐川『灰色の瞳』は最有力だと思ったんだけど、
連載物はどうかなと。今月中に刊行するなら候補に挙がるかも。
(『極東〜』はちょっと・・・)

谷崎賞は笙野ヨリタンの『水晶内制度』か矢作の『ららら科學の子』かなと。


627 :吾輩は名無しである:04/03/10 11:21
三島賞で戯曲や詩歌が候補になったことはありますか?

628 :吾輩は名無しである:04/03/10 12:16
蹴りたい背中だったら泣けるな

629 :吾輩は名無しである:04/03/10 16:27
宮本輝が芸術選奨か。ますます権力を手に入れたな。
芥川賞選考委員、直木賞選考委員は入れ替え制にせにゃいかんのう。

630 :吾輩は名無しである :04/03/10 23:25
谷崎賞の選考経過って中央公論に載るの?

631 :吾輩は名無しである:04/03/11 04:35
谷崎賞もそうだけど、新人賞でない文学賞って
選考委員はいて、受賞作へのコメントは書くけれど
候補作って一切あかされないじゃん。
あれって飾りでやってるだけなのかな?

632 :吾輩は名無しである:04/03/11 05:45
サカキバラ青年に決まってるだろ

633 :吾輩は名無しである:04/03/11 08:17
>>631
でも去年の谷崎賞の選評では筒井が、
「候補に挙がった他の人たちは以前に較べてテンションが落ちてる」
みたいなことを書いてたから(うろおぼえ)、
いちおう候補作は何作かあるんじゃないかな。
あと、木山捷平文学賞は候補作が発表されてるね。

634 :吾輩は名無しである:04/03/11 12:21
>>631
飾りっていったら公募の新人賞の選評の方がよっぽど飾りだよな。
受賞作以外の作品に言及してても、それを読めるのは選考委員と編集者だけ。
あと、候補作を書いた作者自身が自分の作品を。我々一般読者は何の事だかさっぱり。

635 :吾輩は名無しである:04/03/11 12:25
発行部数3000とかだよ。あんまり大勢の読者は意識してないような。

636 :吾輩は名無しである:04/03/11 18:24
賞って文壇のスタンプラリーみたいなもんだからな
芥川、三島、野間新くらいまでだよな、予想とかやって楽しめるの

637 :吾輩は名無しである:04/03/11 19:31
>627

 あります。わたしが知ってる範囲では戯曲では柳美里の「グリーンベンチ」、
詩歌では朝吹亮二の「opus」が挙がったことがあります。

638 :吾輩は名無しである:04/03/11 21:07
>>637
どうもどうも

639 :吾輩は名無しである:04/03/11 22:17
スタンプラリーという言葉はなかなか現状を捉えているのではなかろうか。
まあ芥川賞だけとれてしまえばええのですけどね。

640 :吾輩は名無しである:04/03/11 23:11
星野が三島と野間新をとって、いよいよチェックメイトか。

641 :吾輩は名無しである:04/03/11 23:35
星野智幸の芥川は無いだろう
佐伯一麦が野間新の選評で「まだ新人扱いなのか」っていってるぐらいだし

642 :吾輩は名無しである:04/03/11 23:41
星野は直木賞へ鞍替え
賢いというか当然か

643 :吾輩は名無しである:04/03/12 00:31
糸山、中村、中村、森、、、、 

644 :吾輩は名無しである:04/03/12 05:28
芥川賞はあれだろ、コッペパンがどうかしたってやつ。

645 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:22
中卒でも取れるなら誰でもとれるな>芥川笑w
 ↓
芥川賞の金原ひとみは中卒だから明治駒澤並みの知能
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/joke/1078571412/


646 :吾輩は名無しである:04/03/12 18:24
誰でも取れるってことは、まず自分には順番が回ってこない。
自分であることの必要性、必然性が生じて初めて自分が使われる。

647 :吾輩は名無しである:04/03/13 15:06
「中卒でも取れる」などと馬鹿にしている奴は、芥川賞が東大大学院を出て文学博士
の人間だけが取れるようになったら満足なのか?

648 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/13 23:45
綿矢りさ「蹴りたい背中」を推した私だが、
実はこの小説が芥川賞の候補になることすら確信が持てなかった。
「直木賞には渡したくない!」と思ってしまったのですね。

で、次回なのだが、今のところ私が推すのは、
日本ファンタジーノベル大賞を受賞した三百枚超の作品、
森見登美彦「太陽の塔」。
「太陽の季節」なんて目じゃないぜ、といいたいぐらいだ。

649 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:05
>>648
「太陽の塔」って、タイトルからして、70年代にすでに小学生以上の年齢に
なっていた人が書いたのかと思って本の著者紹介を見たら、20代後半だった。
デビュー作で受賞だったら直木賞でもすごいが、芥川賞だったらものすごいな。
「太陽の塔」が受賞するというのは綿矢・金原の受賞の十倍すごい。

650 :吾輩は名無しである:04/03/14 17:38
今月の文春もまだ芥川賞を引きずってるな。
多くの識者たちのコメントです。
大方褒め捲くり。
筑紫ニュースの草野アナも「本屋をはしごして探し捲くった」とおおはしゃぎ。
適度に反対意見も混ぜてある辺りが
手馴れた門ですな。

651 :吾輩は名無しである:04/03/14 17:48
あんないい作品に出会ったのはひさしぶりだ。高橋源一郎は二作品に肯定でも否定でもないどっちつかずのスタンスだが
「あんたの作品よりはましだよ」
ささげます、あなたに

652 :吾輩は名無しである:04/03/14 23:52
昭和二年、谷崎、芥川の「小説の〈筋(プロット)〉論争」は二人の姿を端的に示している。谷崎はストーリーを真正面から考え、芥川は筋を二の次と考える。

 その直後、芥川は自殺し、谷崎は昭和四十年、その死まで旺盛な筆力を示した。



653 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/15 00:28
何はともあれ、辺見庸の脳出血程度では、
この文学板でのトピックにならないのですね。

654 :吾輩は名無しである:04/03/15 01:32
>>653
「自動起床装置」って、スゲーつまらないからね。

655 :吾輩は名無しである:04/03/15 04:08
文壇モー娘。化とか言って三島賞選考会のときはブーイングの嵐だったのに
今回は一変して絶賛の嵐。
やはりこうして世論を変えてたくましく書いていくしかないのだな。
不評をくつがえすガッツ。

656 :吾輩は名無しである:04/03/15 12:59
>>650
早坂茂三の感想、アレはギャグなのか?
本屋で立ち読みしてて噴出しそうになったんだが。

657 :吾輩は名無しである:04/03/16 03:04
ああした程度の反対因子を適度に混ぜておくところが計算高い文春

658 :吾輩は名無しである :04/03/16 17:54
>>656
禿童。皆も読んでみ。60年前で時が止まってる、ある意味貴重な人間。

659 :吾輩は名無しである:04/03/16 18:57
>>658
でも、腰ぎんちゃくな提灯記事を書いているおっさん連中よりは、漢らしいっす。


660 :吾輩は名無しである:04/03/17 16:15
まあ、受賞作を全否定しようが何しようが構わんのだが、書いている内容が
「最近の若いもんは(ry
「ワシの若かったころは(ry
「昔の文豪は(ry
だけなんだもんなあ…笑うしかないよ。

661 :吾輩は名無しである:04/03/17 19:06
作品の評論を書くべきなのに、自分のことばかりべらべら書くという
最悪手法だな。
だが評論家でないならOKだ。
逸れの方が面白かったりする。
でも評論家がそれをやり始めたらOUT!

662 :吾輩は名無しである:04/03/19 03:23
何の新人賞も取ってない人の作品が候補になるのはどういう事?
ってかそもそも何故新人賞とってない無名の人間の作品が文学雑誌に載るのか。

663 :吾輩は名無しである:04/03/19 17:52
出自なんてどうでもいいんだよ

664 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:33
>663
榊原は文学者になるべきとか思っちゃってる人ですか?

665 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:50
>>662
>何故新人賞とってない無名の人間の作品が文学雑誌に載るのか。

中上健次・・・・当時の文藝編集長寺田博宅へ原稿送付。姉と寺田が知り合いだった
      とのこと。
島田雅彦・・・・大学教授の紹介で当時の海燕編集部へ原稿を持ち込む。編集長は
      寺田博。
町田 康・・・・柳美里の紹介で文學界編集部へ原稿を持ち込む。
保坂和志・・・・群像編集部へ原稿を持ち込む。
川西 蘭・・・・文藝賞応募原稿最終選考に残るも落選、編集長判断で書き直し後
      掲載。
大塚銀悦・・・・文學界新人賞応募原稿最終選考に残るも落選、その後誌上に掲載
      される。経過は不明。
平野啓一郎・・当時の新潮編集長前田速夫へ手紙を送付。その後編集部へ原稿
      送付。




666 :吾輩は名無しである:04/03/20 01:24
何らかのコネがないと、持ち込みはタブーだよな。

667 :吾輩は名無しである:04/03/20 06:19
中上健次の世代はまだ同人誌が盛んだったから。
誰でも同人誌を作っては出版社に送って、
新人賞より同人誌からの抜粋でデビューする方が一般的だった。

668 :吾輩は名無しである:04/03/21 00:40
筒井康隆の大いなる助走を読むと、
デビューを狙う同人達の多くが、
自信作を同人誌に載せるのをやめ、新人賞応募に切り替えるというくだりがある。
どうも最近の新人作家は懸賞小説出身が多い、という動向を読み
多くの文芸誌では同人誌掲載済みの作品は不可となっているためだ。
その頃はまだ同人誌から成り上がる方が多数派だった。

669 :吾輩は名無しである:04/03/22 00:44
過去十年間ぐらいの芥川賞候補作家が知りたいです。
どこかに載っているサイトはないですかね……。


670 :吾輩は名無しである:04/03/22 01:11
>>669
なぜ知りたいのか、理由を詳しく述べたら教えてやる。

671 :吾輩は名無しである:04/03/22 07:52
>>669
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/ichiran121-140.htm
ここには候補まで載っている。


672 :669:04/03/22 12:57
>>671
多謝!!
受賞作家の平均的なノミネート回数を知りたかったのです。


149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)