5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本文学の海外での知名度

1 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:13
漱石ですら海外ではほぼ無名って聞いたけど,
日本の作家とか作品って世界的にはどれぐらい知名度あんの?


2 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:24
3

3 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:26
綿矢りさは今世界中で大人気です

4 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:30
三島は好きな人多いみたいだよ

5 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:35
ミシマとムラサキ(式部)は一般にも有名みたい

6 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:39
ミシマとムラサキ(式部)は一般にも有名っぽい

7 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:42
グレン・グールドが夏目漱石の『草枕』を愛読していたのは有名だな。
あと海外の書店覗いたことがある人ならわかるとおもうけど、村上春樹
の翻訳が滅茶苦茶多い。ミシマ好きな外人っては日本のオリエンタリズ
ム云々に惹かれてるだけか?

8 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:56
川端とか大江も読まれてるんじゃないの?当然。
『細雪』とか、『伊豆の踊り子』とか、いかにもって感じ。
外人の先生から名前が出てたような気がする。

あと三島の名前も。
オリエンタリズムではないと思うよ。耽美だからなんじゃないかな、単に

9 :吾輩は名無しである:04/01/26 03:59
外人にうけるコツってやっぱ東洋趣味?

10 :吾輩は名無しである:04/01/26 04:10
漱石の作品は人間の心理を描くことには優れてると思うけど,
海外の文豪にみるような鋭い社会性がない。
そこが,漱石を海外で広めるのにむずかしい点では?

11 :吾輩は名無しである:04/01/26 04:15
ばななの「キッチン」は欧米で売れたんじゃなかったけ?
ソースは漏れの脳内の片隅の残りわずかな記憶だが

12 :吾輩は名無しである:04/01/26 04:23
漱石の『文学論』と『文学評論』の海外的評価はどんなもんなの?

13 :吾輩は名無しである:04/01/26 04:27
>>11
ばななっちはイタリアで特に人気で、
賞も取ってるよ。


14 :吾輩は名無しである:04/01/26 04:53
鴎外の記念館がベルリンにあるけど,
ドイツでは有名なの?そうであってほしい・・・

15 :まさ:04/01/26 11:01
ちなみにトムヨークは春樹のファンだが

16 :吾輩は名無しである:04/01/26 11:14
日本文学の英訳って、訳者による註釈が全くないものが多いんだが、
あれで外人は理解できるんだろうか?

17 :吾輩は名無しである:04/01/26 11:26
amazon売上だと、アメリカでの日本文学は
春樹>川端>三島>>>>超えられない壁>>>>>その他大勢

18 :吾輩は名無しである:04/01/26 11:33
>>16
欧米人もあちらの文学作品の日本語訳について同じようなこと思ってんじゃないの。


19 :吾輩は名無しである:04/01/26 11:35
ていうか文学における翻訳ってどう捉えられてんの?

20 :吾輩は名無しである:04/01/26 12:46
残念ながら春樹なんだわな

21 :吾輩は名無しである:04/01/26 13:02
何で残念なの?
外国にも知られてるってことで、同じ日本人として春樹を誇りに思えばいいじゃない。

22 :吾輩は名無しである:04/01/26 13:05
だって嫌いなんだもん♪

23 :吾輩は名無しである:04/01/26 13:49
あえて同じ日本人として感じるとすれば 誇りよりは恥ずかしさだな

24 :吾輩は名無しである:04/01/26 14:30
安部公房は海外でも評価高いんじゃねーの?
>>15
_/ ̄|○

25 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:04
かなり高いよ、公房は。
ボルヘスもほめてた。
逆にもっと評価されてしかるべき武田泰淳は無名。

26 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:06
武田泰淳は日本でも無名

27 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:09
春樹がロシアでブームになってるってNHKでも特集してたな。
残念ながら見逃したけど。

28 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:22
春樹の何が、そんなに、高く、評価、されて、いる、の、です、か?

29 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:28
春樹は格国の甘えん坊に人気

30 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:32
いや、まじで何が評価されてんの?
ノルウェーの森読んで以来、読む気がしないんだが。

31 :吾輩は名無しである:04/01/26 17:52
アダルトチルドレンなところ

32 :吾輩は名無しである:04/01/26 18:05
世界の終わり読んでから読む気がry…

33 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:34
春樹が読まれてるのはわかったけど,
トルストイとかトーマス・マンなんかと同列に扱われてる日本の作家は
いないだろ
やっぱ日本文学のローカル性はぬぐえない

34 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:35
春樹が読まれてるのはわかったけど,
トルストイとかトーマス・マンなんかと同列に扱われてる日本の作家は
いないだろ
やっぱ日本文学のローカル性はぬぐえない

35 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:43
フランスの読書誌Lireが選んだ2000年の収穫ベスト10。
○第一位: Ebene par Ryszard Kapuscinski
○第二位: Ingrid Caven par Jean-Jacques Schuhl
○第三位: Le portail par Francois Bizot
○第四位: Dans ces bras-la par Camille Laurens
○第五位: Mes soldats de papier (1933-1941) par Victor Klemperer
○第六位: La correspondante par Eric Holder
○第七位: L'abolition par Robert Badinter
○第八位: Lignes par Murakami Ryu ←注目
○第九位: La memoire, l'histoire, l'oubli par Paul Ricoeurリクール
○第十位: Bleu par Michel Pastoureau

36 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:43
「砂の女」は旧ソ連をはじめ当時の共産圏各国でベストセラーを記録した、と何かで読んだ記憶がある。

37 :吾輩は名無しである:04/01/26 23:48
芭蕉は人気高い。英国出身作家志望の知り合いと
洋書コーナーうろついてたら芭蕉があって、
OH、BASHO!だって。あとミシマ、カワバタはよく聞く。
公房はあんまし周りでは聞いたことない。
結局ミシマカワバタシガらの「和」なところが少し興味を
引く程度で、大して眼中にないって感じだった。
英語で読める作家でミシマやカワバタをしのぐ作家っつったら
腐るほどいるからな。わざわざ読むまでもないのかもね。
ちょいとブルーだ。

38 :吾輩は名無しである:04/01/26 23:55
サルマンラシュディーやカズオがブッカー取って結構重要なポストを占めてるのを
見ると人種よりむしろ英語を利用して書くか書かないかが注目されるか否かの分かれ目じゃないか。

39 :吾輩は名無しである:04/01/27 16:23
カズオイシグロは質的には春樹と同系だよ。
軽い感じで受け入れられてる

40 :吾輩は名無しである:04/01/27 19:52
三島、川端、谷崎が三強。

41 :カツゲン ◆K2L5hJ/hTI :04/01/28 15:33
大江のおじさんはどうでつか?

42 :吾輩は名無しである:04/01/29 11:14
古井っちは????

43 :吾輩は名無しである:04/01/29 11:32
ごん狐 ゆうめいですか

44 :吾輩は名無しである:04/01/29 11:32
GON FOX になるんでしょうか

45 :吾輩は名無しである:04/01/29 11:40
foxy gon

46 :吾輩は名無しである:04/01/29 14:47
>>38
人種だろ、、
あの人、5歳までしか日本にいなかったんでしょ?

47 :名無しさん:04/01/29 23:48
辻仁成

48 :吾輩は名無しである:04/01/30 00:01
海外では三島が一番評価されてんじゃない?


49 :吾輩は名無しである:04/01/30 00:05
シンイチ・クドー「文学なんてうんざりだ」は海外で評価されてる

50 :吾輩は名無しである:04/01/30 00:08
ビョークがミシマ読んだって言ってた気がする。

51 :名無しさん:04/01/30 00:10
三島が一番読まれてるんだろうね。大江って辻より読まれてないん
じゃない?

52 :吾輩は名無しである:04/01/30 00:17
ヨーロッパ人の友達が三島の本に夢中になってて、三島はすごい、すごい、
とよく本を振りかざしていた。そしてその頃「潮騒」しか読んでなかった俺は
大恥をかいた。

53 :吾輩は名無しである:04/01/30 18:52
ロシアの友達(女)春樹すきだって言ってた。
台湾の友人(男)柳_がすきだって。

54 :吾輩は名無しである:04/01/30 19:02
まあ今は欧米でも文盲が増えてるし(特にアメリカ)
春樹や辻が売れるのも不思議ではないな

55 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:33
宮本輝がフランスだかドイツだかの何かの催しに招待され、パーティーで
向こうの連中が、Mr.ミヤモトはミシマをどのように評価していますか?
と、質問されたので「あんなクドい文章のどこがいいのか私にはわかりません」
みたいなこと言ったら、場が一気に白けてしまいましたとさ。
てなくらい三島マンセーなのだ。馬鹿なやつらだな。

56 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:24
浅田彰
『少年カフカ』ね。『海辺のカフカ』の読者から寄せられた質問や感想に村上春樹が
答えたのをまとめたっていうんでしょ。
ぼくは、村上春樹って、あの田舎くささと貧乏くささに耐えられなくて、
どうしても最後まで読めないから、田中康夫流に「読まずに評する」しかないんだけど、
率直にいって最低のものだと思うよ。
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』だって、旧来の野崎孝訳『ライ麦畑でつかまえて』
は、やや古臭いものの威勢のいい語り口で、なかなかよかった。
村上春樹はそれを去勢しちゃったわけね。
たとえば、お得意の「やれやれ」っていう言い回しで、外に対する怒りを内なるあきらめ
に転化して流しちゃう。小説だって同じでしょ。
 でも、たとえばノーベル文学賞が次に日本に回ってきたとき村上春樹が受賞する可能性は高いよ。
海外でものすごく翻訳されてるから。
彼は、アメリカのミニマリズムを日本に持ってきて、いわば翻訳小説を書いてるんだけど、
それをまた向こうに持っていくから、わかりやすいんだな。
そこはかとない日本的あきらめムードみたいなのをアメリカのミニマリズム風味で
書く、と。
ttp://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/200308/index.html


57 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:45
春樹―オースター―フィッツジェラルド―カフカ―サリンジャー―アーヴィング
これが最悪のラインなんですよ

58 :吾輩は名無しである:04/01/31 05:05
>>57
まあ浅田はカフカ好きみたいだけどね。確か『プレイバック高校時代』
とか言う本に書いてた。あとそこに初めて読んだペーパーバックがサリン
ジャーのらい麦ってのも書いてたな。

59 :吾輩は名無しである:04/01/31 05:10
>>57
好きなのばっかり
テヘヘ

60 :吾輩は名無しである:04/01/31 05:44
浅田彰なんて過去のしかも少しの価値もない野郎は死んで良し

61 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:52
>>35
龍が8位とはすごいな

62 :吾輩は名無しである:04/03/17 20:49
欧米キリスト教圏の評価はマスコミで時折みかけるけれど
インド圏、イスラム圏、漢人圏、小乗仏教圏、異なる文化
圏ごとの報告をインターネット使用者が書き込んでくれな
いかな。

63 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:13
漫画家なら、
・藤子不二夫
・士郎正宗
・鳥山明
てところかな。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)