5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ごん】新美南吉スレ【おまいだったのか】

1 :吾輩は名無しである:04/02/28 01:06
ごん狐 最高
おじいさんのランプ 感動
最後の胡弓弾き 悲しい
手袋を買いに 手がちんちんするよう

さあ、みなさん新美南吉をかたりましょう

2 :吾輩は名無しである:04/02/28 10:56
>>1
たててくれてありがたう

3 :吾輩は名無しである:04/02/28 11:48
>手袋を買いに 手がちんちんするよう

今これが追加されてたのにきづいた。 わらた

4 :吾輩は名無しである:04/02/28 12:26
ごん狐って学校でならうんだっけ?
話はわかるんだけど、ならった覚えない・・

5 :吾輩は名無しである:04/02/28 14:47
いいなあ新美南吉。好きだよ。「うた時計」とか「張紅倫」とかね。
けど「北の賢治南の南吉」なんて宮沢賢治と並び称されてるのに
だいたい「ごんぎつね」の作者としか認知されてない気がする。
やっぱ賢治と比べるとファンタジー度が足りないせいかな?


6 :吾輩は名無しである:04/02/28 18:39
>>5
そうだね。はっきりいうと『ごん狐』の作者としてしか
しられてないかもね。ちょとかなしい・・・・
他のもいい話あるのに。

>>4
自分も習った覚えないです。

7 :吾輩は名無しである:04/02/28 18:41
新美南吉って29だか30だかで死んじゃったんだよね。
はええよ

8 :吾輩は名無しである:04/02/28 23:29
赤い蝋燭 っつーのもなかなかおもろいね

9 :吾輩は名無しである:04/02/28 23:30
人魚が出て来るやつ?

10 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:14
んん、ちがう。なんか動物が集まって花火だと
思って火つけたらロウソクだったていうはなし。

赤とんぼ とか ひとつの火 っていうのも好きだなあ

11 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:15
そんな題名でオチを先に告げてしまうなんて。。。

12 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:26
でも結構マターリするいい話だよ。
短いし、青空文庫で読めるから暇だったらドゾー

13 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:27
新美南吉作品って動物たくさん出てくるね。

14 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:29
ろうそくの話は、確かにかわいい話だよね。

15 :吾輩は名無しである:04/02/29 01:00
手が○○○○する

16 :吾輩は名無しである:04/02/29 04:04
南吉の地元民ですが・・・
南吉の生家のあたりは、まだ割と野原なんかが残ってる。
風景が広々してるのが嬉しい。
生家の近くには川が流れてて大きな木があります。
シルエットがとても美しいです。

でも最近マンションラッシュで、うっかりしてたら
変な建物が建ってしまわないか危惧してます。

記念館は・・・まあ、良かったら寄ってみてくらさい。

17 :吾輩は名無しである:04/02/29 04:20
【人生相談】パンドラの箱 vol.7
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1077551453/

お前ら悩みがあるんだったらここで相談したらイイヨ。
かならずマジレスかえってきます。




18 :吾輩は名無しである:04/02/29 09:45
>>16
いいなあ。行ってみたい。
マンション建設反対運動やっとくれ

19 :吾輩は名無しである:04/02/29 10:24
オレは岩波文庫の『新美南吉童話集』もっとるよ。
あとは小学館から文庫が出てるな

20 :吾輩は名無しである:04/02/29 10:36
全集が全12巻で45000円だった(もちろん古本)。
井伏鱒二自選選集や、志賀直哉全集よりも高いよ。

21 :吾輩は名無しである:04/02/29 11:31
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062044129/qid=
1078021711/sr=1-22/ref=sr_1_2_22/250-1430082-5689861

これは全集じゃないのかな?随分たくさん入ってるけど


22 :吾輩は名無しである:04/02/29 11:31
>>20
たか

23 :吾輩は名無しである:04/02/29 11:38
http://item.easyseek.net/item/19228332/

>>21
新美南吉は小説も書いてるしねえ。

24 :吾輩は名無しである:04/02/29 22:51
ごん、おまいだったのか。いつも栗をくれたのは

しくしく

25 :吾輩は名無しである:04/02/29 22:59
おれ、栗が嫌いなんだ。

26 :吾輩は名無しである:04/02/29 23:28
最後の文章がいいよね ごん狐
なんかシーンとなる

27 :吾輩は名無しである:04/02/29 23:29
>>23
でも小説はあまり評価されてないんだっけ?

28 :吾輩は名無しである:04/03/01 11:19
ごそ

29 :吾輩は名無しである:04/03/01 19:27
ごそぎつね 最高

30 :吾輩は名無しである:04/03/01 19:34
南吉DQN埼玉見学明日朗読公務員あほ氏ね。ひゅー。

31 :吾輩は名無しである:04/03/01 20:27
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person121.html#sakuhin_list_1

青空文庫で花のき村と盗人たち読んだら、
涙(なみだ)が、流(なが)れて流(なが)れてとまらないのでありました。

32 :吾輩は名無しである:04/03/02 05:22
その話もいいよね。
いい奴だよキャプテン

33 :吾輩は名無しである:04/03/02 21:30
最後の胡弓弾きは まじ後味わるいな

34 :吾輩は名無しである:04/03/04 08:03
村長んちに火つけてやるーー

さて何の作品でしょうか

35 :吾輩は名無しである:04/03/04 18:28
新美南吉大好き!!

おじいさんのランプ
坊さんの足百姓の足
さるとさむらい
丘の上の銅像(コレ傑作)
などなどーソスとユーモアが混じっていいお話ばっかり!!
「ごんぎつね」有名だけどユーモアのある話も
読んでもらいたい!!!



36 :吾輩は名無しである:04/03/04 18:29
>>33
人生ってそういうものだよ、、、、。

牛をつないだ椿の木

ラストがほろり。

37 :吾輩は名無しである:04/03/04 18:39
>>35
丘の上の銅像 これ読んだことないな。読もうっと

>>36
その話すき

38 :吾輩は名無しである:04/03/04 22:56
丘の上の銅像 青空文庫になかった

39 :吾輩は名無しである:04/03/05 09:03
赤とんぼ好き

40 :吾輩は名無しである:04/03/05 15:09
ごんの自己満足

41 :吾輩は名無しである:04/03/05 17:29
丘の上の銅像、、、知られてないのか。
話ばらしてもいいでしょうか?

42 :吾輩は名無しである:04/03/05 18:49
ごんはいいやつ!!!!!!

43 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:29
小学生のころ、ごんぎつねの感想文で、
「ちゃんと帰ってこれたんだから、
お母さんにきつねのほうの手を出したことをいわなくても
よかったと思います。わたしだったら、お母さんのいいつけを
守らなかったことをいうと、お母さんにぶたれるので
ぜったいいいません。」
という内容のことを書いたら、そこに大きくバツされた・・・・・・

44 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:34
>>43
それが「ごんぎつね」の感想であるならば、
なんでバツになったか、大人になった今、ちゃんとわかってるよな?

45 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:50
わらた

46 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:51
>44
まちがえた。これって「手袋を買いに」じゃねえか!!
すべての新美ファンへ。
すまん、逝ってくる。もう二度とおじゃましないよ

47 :吾輩は名無しである:04/03/05 23:41
いやいや、おじゃましてくれ。
たくさん居た方がおもしろい。
またきておくれ

48 :吾輩は名無しである:04/03/06 00:41
>>41
いいようなわるいような・・・・
知りたいような・・・

49 :吾輩は名無しである:04/03/06 01:03
新美南吉は『ごん狐』は超有名だけど、他の作品て
世間一般に知られてるのかな?他にもいいのたくさんあると思うんだけど。
新美南吉第2位作品はなんだろう
『手袋を買いに』かな?
小学感文庫でも『ごん狐』と『手袋を買いに』はそれぞれ独立で
文庫の表題になってるから

50 :吾輩は名無しである:04/03/06 06:07
やっぱ「手袋を買いに」でしょう。
あと「おじいさんのランプ」もそれなりに知られてるでしょうね。

わしの商売のやめ方はこれだ!
その潔よさに感動。映像化してほしいな。

51 :吾輩は名無しである:04/03/06 10:53
>>50
うん、俺は『おじいさんのランプ』の方が好きだ。

52 :吾輩は名無しである:04/03/06 16:01
江川なんとかざ衛門が出てくる話がすきだ。


53 :吾輩は名無しである:04/03/06 16:24
このスレあがってんの見るたびに高橋新吉と間違う

54 :吾輩は名無しである:04/03/06 16:28
吉しか合ってないじゃんか。

55 :吾輩は名無しである:04/03/06 16:48
>>52
ん?何の話だろう

56 :吾輩は名無しである:04/03/06 17:01
俺的NO3

1.ごん狐
2.おじいさんのランプ
3.ひとつの火

1,2はベタだね・・・・でもいいものはいい

57 :吾輩は名無しである:04/03/06 17:08
新美南吉記念館のホームページ
ttp://www.nankichi.gr.jp/index.html

58 :41:04/03/06 17:13
>>48
あの話はしんみりくる話と違って
西洋の童話みたい。ユーモラスで面白い。英訳したら受けると思う。

あと戯曲も好きです。


59 :吾輩は名無しである:04/03/06 18:26
>>57
いいねなかなか。
権狐

60 :吾輩は名無しである:04/03/07 10:49
「狐」って話も好き
文六ちゃんかわいい

61 :吾輩は名無しである:04/03/07 12:42
「狐」知っている人がいたか。
ごんぎつねの陰に隠れてあまり知られてないよね。

62 :吾輩は名無しである:04/03/07 20:15
「しんたのむね」って地名、漢字でどう書くの?

63 :吾輩は名無しである:04/03/07 23:46
>>58
じゃあ今度図書館だかどっかで、読んでくるかな。


新美南吉って 狐 好きなのかな。 まあかわいいけどね

64 :吾輩は名無しである:04/03/08 20:01
森の中で狐に出会ってみたひ

65 :吾輩は名無しである:04/03/08 22:28
狐をなでなでしたい

66 :吾輩は名無しである:04/03/08 22:57
エキノコックスに感染するぞ

67 :吾輩は名無しである:04/03/11 23:25
ごん狐 が国語教科書心に染み渡る話集みたいな本に
入っててうれしい。
他に スーホの白い馬 とか 渡瀬舟 とか こころ とか
入ってた。



68 :吾輩は名無しである:04/03/12 08:30
新美南吉に入門するのに最適な本はなんですか?
できれば、有名どころの本や手ごろな全集等から教えてもらいたいのですが…

69 :吾輩は名無しである:04/03/12 10:42
文庫なら岩波から『新美南吉童話集』
小学館から『ごんぎつね』『手袋を買いに』
がでてるよ。
岩波のは俺もってるけど、有名な話15入ってるよ。
小学館の方みてみたけど、字がでかいよ。
で、講談社からも確か文庫よりちょっと大きめのが>>21
あるけど、これは新美作品ほとんど入ってるみたい。
おすきなのを

70 :吾輩は名無しである:04/03/12 19:03
自分も岩波の持ってる。

71 :吾輩は名無しである:04/03/12 23:48
30歳ぐらいでしんじゃったんだよね。
で、死後に評価されたんだっけか

72 :吾輩は名無しである:04/03/13 12:17
ごんごんごんとっても大好き

73 :吾輩は名無しである:04/03/13 15:19
『ごんぎつね』って17歳ぐらいで書いた、と読んだのですが凄いですね。

74 :吾輩は名無しである:04/03/13 15:22
そうなんだ。メモメモ

75 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:14
おこんじょうるり

76 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:29
わーい、TVでやってるー。
18の時の作品だそうですよ>ごんぎつね


77 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:32
げげ新美南吉をゴールデンでやるとは

78 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:33
うわああああああ
ごん狐あげえええええええええ
名作

79 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:33
ごんぎつね、ゴールデンage

80 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:34
これ、源一郎にとっては簡単すぎないか……? クイズになるのか……。


81 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:34
ごめん。
バク天から目が離せない。

82 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:50
日テレ実況で
。・゚・(ノД`)・゚・。

連発!!!!!!!

83 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:55
今テレビで南吉やってたんでスレ探してみましたが
専門スレがあるとは!!!
新美南吉の地元の人間です。
地元出身では1番新美南吉が有名です。
地元には「南吉の生家」があります。
漏れ(20代後半1970代生まれ)なので
漏れが生まれたときは既に亡くなっており
リアルタイムで噂等を聞いたことはありません。

がやはり地元が同じだと嬉しいですね。
岩滑小学校も家から原付で5分ぐらいです。
今後も南吉文学を読み続けてください。

84 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:02
やだ。

85 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:58
リアルタイムで噂等を聞いたことはありません。


86 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:00
半田市だったよね。
「手がちんちんする」って言うの?

87 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:04
ちんちんするって標準語じゃないの?
関係ないけど「レンジでちんする」って言うのは変じゃない?

88 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:13
>>83
いいなあ。いつかいってみたい

89 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:24
こんなん勘違い男がケモノを殺すってだけの話だろ。ケモノ殺して悪いんかい。
おまえら肉食べるなよな

90 :吾輩は名無しである:04/03/14 01:50
ゴールデン放送の弊害あらわる

91 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/14 01:55
半田のあたりまでいくと、海♪って感じで風も手触りが違うんだよな
でも作品はなんか寒い感じなのは、なぜだろう?

92 :吾輩は名無しである:04/03/14 02:43
半田の駅(名鉄)に降りると海の匂いがしますよ。
夏は特に。あと醸造の匂いとか(あんまり好きじゃないけど)。
半田の駅前は今大規模開発中(お金がなくて進んでない)で
ゴーストタウン化してます。とっても寂しいです。
JRの半田駅は現存する木造駅舎なので一見の価値はあるかも。
すぐそばにミツカンの本社があります。
南吉の生家の最寄りの駅は「半田口」という無人駅です。
歩いて5分くらいかな。

93 :吾輩は名無しである :04/03/14 13:36
>>92
おお、そうそう。そんな感じ。磯の匂いするんだよ〜。
駅も古くて味がある。人けがなくて寂れたところも妙に味がある。
オレも盛夏に中埜酢店最終面受けに行ったよ。本社は黒っぽいいでたちで
他に高いビルなかったから異様に目立っていた。近くではぷんと酢の匂いがしてね、
醸造工場見学ツアーのバスなんかも来てたよ。いやあ、懐かしいなあ。

94 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/14 22:08
>>92-93
高校生のとき、九月ごろ、学校の創立記念日で休みの日に、
電車であの辺りに行ったんだけど、半田では降りなかった。
この二つのレスを読んで、降りて街を歩いて見たくなった。


95 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/14 22:32
英訳あるんだな。誰か読んだ人いるか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0824821297/qid%3D1079271072/249-4583272-2112365

96 :吾輩は名無しである:04/03/14 23:34
外国でも人気かな?わくわく
自分は読んだことない。英訳

97 :吾輩は名無しである:04/03/14 23:51
新美南吉隠れた名作おしえてくれ。

前にも書いたけど『ひとつの火』はしんみりして
いい感じ

98 :吾輩は名無しである:04/03/14 23:59
「狐」は青空文庫によると最高傑作らしい


99 :吾輩は名無しである:04/03/15 00:07
岩波文庫の最後の方に入ってたなあ『狐』
後で読んでみるかな。忘れちった

100 :吾輩は名無しである:04/03/15 00:07
100ごん

101 :吾輩は名無しである:04/03/15 23:31
『狐』よんでみたよ。
中々よいね。
新美南吉の作品にでてくる 夜 がすきだ

102 :吾輩は名無しである:04/03/15 23:42
「ごんぎつね」をこないだ初めて読んでみた。
動物の擬人化としては、あまり高級なものじゃないかなと。
それでも最後の一行にはハッとさせられた。
あの物語で一番気の毒なのは、ごんを撃ってしまった男なんだろうねえ〜

103 :吾輩は名無しである:04/03/16 00:07
確か小学館文庫の『ごん狐』の解説に
書いてあったんだけど、最後の文のあとに
まだ文が続いていたらしいね。当初は
どういう文だか忘れちゃったけど。
今のないほうがイイ

104 :吾輩は名無しである:04/03/16 00:19
「狐」は絵本になっているから、図書館の児童室ででも
さがしてみてみそ。

夜の絵がとてもいい。画家は長野ヒデ子さん。

105 :吾輩は名無しである:04/03/16 20:36
味噌

106 :吾輩は名無しである:04/03/17 01:34
ごんの最後のシーンでも描写があっさりしてるのがいい


107 :吾輩は名無しである:04/03/17 18:11
小学館文庫クラシックで毎月童話作家の作品でがでてるなあ

108 :吾輩は名無しである:04/03/17 18:41
ごんを撃つところの文章って一文一文が短いよね。

109 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:49
『嘘』だったけな?なんか途中でブルーになった

110 :吾輩は名無しである:04/03/20 01:12
さあて、明日にでもまた ごん狐 読もうかな。
いつか暗記してやる

111 :吾輩は名無しである:04/03/20 01:51
ごん狐、最後の一文が変更になった結果の
現在、という記事よんだことある、、、

変更前は、なんだったかな、
ごんが「これでよかったんだ」とつぶやいたんだっけ?

112 :吾輩は名無しである:04/03/20 01:53
>>111
うん、なんかあるんだよね。
でも今のままがいいな。余韻が残るというか。

113 :吾輩は名無しである:04/03/20 11:18
調べてきた。
小学館文庫『ごんぎつね』最後の解説によると、『赤い鳥』掲載前の
原作では、最後の文を「権狐はぐつたりなつたままうれしくなりました。」
と書いてあるらしいよ。

うーん

114 :吾輩は名無しである:04/03/20 22:47
ぎょん

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)