5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「名作知っとかないと!!」に憤慨!!

1 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:47
さっき放送されてたNTVの「名作知っとかないと!!これが一億人のツボだ」
という番組では様々な小説の名作を紹介していたが、
その中で宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」をあまりにも独断的に解釈して
安っぽく紹介していたので腹が立った。
研究家の間でも結論が出ていない賢治作品の謎に勝手に結論を下し、
一般受けするように安っぽく歪曲して紹介するクソ番組。
この番組にみんなで抗議メールでも送ってやろうか?

2 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:51
「ではないでしょうか?」で終わっていたけど。

3 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/13 21:56
>>1

でも、「そんなんでなしにほんとうのかみさま」なんてこと
まで入れたら、1時間で1作品も終わらないからなぁ^^;

ま、一般にはああいう「死んじゃって悲しいね」系で読まれて
しまうんじゃないか。

4 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:57
見る前からだいたい予想はついてたでしょ、
あの番組で紹介された本を一冊も読んだことの無い人間向け
だからちょうどいいんだよ。

5 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:58
>>3
ごめんね。一般人で。本当にごめんね。

6 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:08
ixionって結局、おすぎが自分のことを棚に上げて、
何を着ても似合ういい女に必死でけちをつけてるのと同じ。

7 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:12
つうか、NTVだからこんなもんよ。

8 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:19
どうせなら「フィネガンズ・ウェイク」やれよ

9 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/13 22:19
>>3
「そんなんでなしにほんとうのかみさま」への志向はすぐ、
それが何か「わからない」という風に、ジョバンニ自身により脱臼させられています。
これはカント的な意味での、「サブライム」ではないでしょうか?







10 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:20
源一郎がでてたのってこれか
見ればよかった

11 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:20
>>8名作じゃない。ただのひとりよがり。

12 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:21
放送中にスレ立てろよ

13 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:22
名作といえばやはり、ガリバー旅行記

14 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:24
文豪達にまぎれて、一瞬だけ映った綿矢と金原が痛々しかった。

15 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:27
川端に比べたら、わたやりさなんて、、、、、、、、、




16 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:29
わたやりさに比べれば、>>15なんて、、、、、、、、

17 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:31
「ガリバー」でなく「奴碑訓」をやってくれたら拍手喝采ものだった。

18 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:35
あの番組、銀河鉄道は死者をのせた列車だとか、この作品は妹トシの死に
触発されて書いただとか、あまりにも短絡的な解釈ばかりしてた。
銀河鉄道の夜は妹トシのために書かれたとかぬかす三流研究家がたまに
いるが、そんな単純なもんじゃないだろ。天沢退二郎などもそういう見解
には否定的なようだし。それなのに勝手に結論づけて公共の電波を使って
大々的に紹介してたのがムカつく。
あげくの果てに、妹トシは賢治にとって創作の源だったなどと、
何の根拠もないでっちあげまで放送してた。
賢治は妹のためとかいうよりも、もっと社会全体の理想を考えて
生きてたのに、それを安っぽい家族のメロドラマみたいに何でも
妹に結び付けて紹介しやがって。
何でも妹のためとか言って紹介すれば女の視聴者が喜ぶと思ってやってるのか?
日頃安っぽい番組ばかり作ってる連中が、自分たちの次元に賢治をひきずり
おろして安っぽく紹介するなって感じ。

19 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:38
最低でもあの番組のおかげで「銀河鉄道の夜」読みたくなったよ。
近親相姦にも似た兄弟の絆の縮図としての物語か、、、、泣かせる。
物語の背景は大事だよ。

20 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:41
>>18そういうあんたは誰の解釈論の受け売りですか?
評論に一流、二流がたとえあったとしても、評論家フゼイに何がわかるのでしょうか。
評論家が語れるのは表装に過ぎない。しかもほんの少しの。

21 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:42
だから兄弟の絆なんかよりもっと深いテーマがある作品なんだよ、あれは。
それなのにさも兄弟の部分ばかり取り上げて紹介してたからムカつくの。




22 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:42
>>17独りよがりな作品につき却下

23 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:43
川端に比べたら、わたやりさなんて、、、、、、、、、

24 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:44
20=NTVの工作員

25 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:45
あの西郷隆盛の写真、偽物なんだけどな。

26 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:45
視聴率操作ばんざあい

27 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:46
20は読解力ないのか?
18はその評論家フゼイを批判してるんだろうが

28 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:47
だから20はNTVの工作員なのです

29 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:51
評論家全員に対する不満と一流、二流という差別主義に対する怒りが転化されたのでしょう

30 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:55
まず最初にわかりやすく結論を下してあげるのは大事です。
疑問はその後で。

31 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:57
疑問をちゃんと持てるやつはどれだけいるんだろうか

32 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:57
スウィフトは発想が豊かですなあ。。。。。。。
ドストエフスキー?話になんねえ

33 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/03/13 22:57
古館一郎のクイズ番組か島田伸介の法律相談所じゃない方の後
を埋めるのに粗筋本が売れてるってだけで考えたんだろうな。
これ。
今、エンタの神様見てたんだけど、最近こういう身も蓋も無い
番組が多いな。



34 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/03/13 23:01
この時間帯からクイズ番組にしなきゃどうしようもないというのは
わかるけれど、……。「知っとかないと」なんなんだというところ
まで来てるか、それとも通り過ぎたのかが視聴率を見れば分かるわけ
か。

35 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:04
日本語勉強したほうがいいよ。1bって人。

36 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:05
そもそも銀河鉄道の夜は妹トシのために書かれたとかぬかしてる時点で
三流ってことだ

37 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:06
宮沢賢治の深層心理がわかるのか。36は、馬鹿ですね。

38 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:06
>>36
なんで違うって思うの?研究者が言ったから?

39 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:07
このスレたてたのって
研究者の人?

40 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:08
スウィフトは発想が豊かですなあ。。。。。。。
トルストイ?話になんねえ

41 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:11
20は「何でも妹のためとか言って紹介すれば女の視聴者が喜ぶと思って
やってるのか?」発言に憤慨した、何でも妹のためとか言って紹介すれば
喜ぶ女の視聴者

42 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:12
スウィフトほめるのやめとこう。俺の発言の影響で新人賞に出す人間がみんなスウィフトみたいな作品書いちまう

43 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:13
>>18そういうあんたは誰の解釈論の受け売りですか?
評論に一流、二流がたとえあったとしても、評論家フゼイに何がわかるのでしょうか。
評論家が語れるのは表装に過ぎない。しかもほんの少しの。




44 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:15
スウィフトは発想が豊かですなあ。。。。。。。
聖書?話になんねえ


45 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:18
ごん狐 最高

46 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:20
スウィフトは発想が豊かですなあ。。。。。。。
プルースト?話になんねえ

47 :18:04/03/13 23:21
これは誰の解釈の受け売りでもなく、賢治作品を読んで単なる兄弟愛程度の
テーマしか感じ取れない時点でカスだと思うわ

48 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:23
「雪国」で一番重要な、人差し指の思い出がなんで出てこねえんだよ

49 :20:04/03/13 23:23
読んでないからね、言っておきますが。

50 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:24
トシが死んだ後、樺太に所用で出かけているんだけど、
その時に書かれた詩を読むと、銀河鉄道へと続く物語の萌芽を感じるよ。

51 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:26
作者の意図なんてどうでもいいんだよ。
作品が全てなんだよ!
と言うのも実は狭い観点なんだけどな!

52 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:27
川端なら「水晶幻想」やれよ

53 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/03/13 23:27
あぶりだしのように現われたる20。W

54 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:27
現在の形が「決定稿」でなかった事実を紹介してるし、
わりかし穏当な見解を述べた番組だと思ったが。

55 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:29
確かに賢治がトシの死から何らかの精神的な影響を受けたというのは
確かだと思うけど、それが全てで銀河鉄道の夜ができたかのような
見解ってのもバカらしいと思う

56 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/13 23:30
その番組のことよく知らないんだけど毎週やるの?

>>18
天沢は、現実の妹トシと結びつけることに否定的なだけで
文学に描かれた存在としての「トシ」の問題は、銀河鉄道の解釈でも重視してるよ

てか賢治スレにいる賢治研究家、愛読者ってなんか話しづらいんだが・・・・
18氏も賢治スレに書いてる人なのか?


57 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:31
つーかここで問題になってるのは、どの解釈が正しい云々じゃなくて、
色々な解釈がある中で、その1つのみをとりあげてそれが真実で
あるかのように断定的に放送したTVに対する怒りだろ

58 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:32
そういえば「走れエロス」というAVがあった。

59 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:32
今日これ見て宮沢賢治読んでみようかなあって思った
番組での解釈なんていちいち覚えてないからどうでもいいよ
きっかけになればよし


60 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:32
いきなり学問的に正しいかもしれな解釈与えても
一般読者にはその実感なんか湧かないだろ。
テレビでは小学生に話すような内容を話すように。

61 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:34
O嬢の物語
とかやったりして。

62 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:34
カムパネルラのモデルは保坂嘉内という説もあるね


63 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:35
>>55
どうなんだろう?
死んだトシを法華宗に改宗させることが出来ないもどかしさを、
銀河鉄道の夜はよく表現しているように思えるのだが。
タイタニックの事故で死んだキリスト教徒が出て来るのも、
そういう流れだと思う。
しかし、トシの死を乗り越えて生きて行くべき自分のあり方を
綴った作品のように読める。

64 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:36
宮沢賢治ってたこ八郎に似てる

65 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:38
>>64
あっ。
それを言う人が増えたから、たこ八郎は消されたのに。

66 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/13 23:39
まあカンパネルラのモデルが誰か、というようなことは
そもそもどうでもいいことだと思うが・・・
やっぱテレビだと、ヒューマン・ドキュメントにしたほうが、わかりやすいんだろうな


67 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/03/13 23:41
色々なスレから一言ある人間が一言書いていくわけか。
いっそ、毎週やって欲しいもんだ。

68 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:41
「知ってるつもり」も、加山雄三がウンチクたれるだけの番組だったけどな

69 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:42
>>67 コテ以外はみんな自演だったりしてね

70 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/03/13 23:50
綿矢・金原の芥川賞騒ぎで本を手に取る機会云々といって
る斉藤何某というのがいたけれど、もしきっかけになるなら
こういう番組の方がいいだろうな。
美香が衰退スレで言ってたがこの二人から読書歴が広がること
はない。しかしこの番組で紹介されてた作品に触れれば広がる
かもしれない。まず触れるかどうかという問題はあるけれど。

71 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:53
何はともあれ、この番組が結構チープでやる気のなさげな
代物であったことは否定出来ない。

72 :吾輩は名無しである:04/03/13 23:54
言い添えておくと、作品の紹介なんて、
既存の映画から取って来てるのが多かったし。

73 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:10
「ちびくろサンボ」も取り上げてくれたら、高く評価してやったのだが。

74 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:10
このスレのまとめ
>>1>>18>>20色々いいたいことはあるだろうが、
      >>72やっすい作りなんだから、
      >>71気にすんな。

75 :吾輩は名無しである:04/03/14 09:59
この手の番組はだいたいクソ番組

76 :吾輩は名無しである:04/03/14 16:40
 まず、最初は、最も有名な『小人の国渡航記(Voyage Lilliput)』である。日本へ本格的に『ガリバー旅行記』を風刺小説として紹介した人は、なんとあの明治の文豪夏目漱石である。そういえば、漱石の代表作『我輩は猫である』も同じような感じのする小説である。

77 :吾輩は名無しである:04/03/18 21:35
>>63
トシも賢治と同じく国柱会の会員で、
本部に分骨するために、
わざわざ賢治は東京を訪れている。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)