5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中上健次を超えて

1 :吾輩は名無しである:04/03/17 01:17
柄谷行人と中上健次が「小林英雄をこえて」という
対談集を出していたけれども、私たちは今こそ
中上健次を超えて新たな地平を開くべきではないか。

2 :吾輩は名無しである:04/03/17 01:20
辻仁成>>>>>>>>>>>>>>超えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>>中上健次


3 :吾輩は名無しである:04/03/17 01:28
新宮の中上健次資料室に行った時に
辻が中上に出した葉書があった。
ライブに中上が来てくれたことに
対する礼状だった。

4 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:32
「中上健次をこえて」という対談集を出すために誰と誰を対談させるか
という深刻な問題をまず片づけなければならないな。

5 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:46
三島由紀夫と川端康成。

6 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:48
谷崎潤一郎と佐藤春夫。
(谷崎の妻も交えて)

7 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:51
フォークナ-とマルケス。
(マコンド市ジェファ-ソンで)

8 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:51
>2
なんで辻が中上より上なんだ?
逆だろ



9 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:54
8さん
2は相手にしなくていい。

10 :吾輩は名無しである:04/03/17 03:12
>>4
柳美里と辻仁成
柳美里と島田雅彦
柳美里と花村萬月
やるとしたら、この辺りが調子に乗ってやりそうなのが
現在の文学的状況。
で、柄谷行人を〜の場合は
東浩紀と…

11 :吾輩は名無しである:04/03/17 04:44
>>1
こばやしえいゆう?

12 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:32
秀雄


13 :吾輩は名無しである:04/03/18 08:04
1

14 :吾輩は名無しである:04/03/19 01:38
宮本輝と誰か

15 :吾輩は名無しである:04/03/19 10:14
中上の娘と宇多田ヒカルに対談させろ

16 :吾輩は名無しである:04/03/19 11:18
それなら中上娘と金原ひとみのほうがいい。

17 :吾輩は名無しである:04/03/19 12:21
中上娘、法政の教授娘、吉本隆明娘、鴎外娘、NTT社員娘、澁澤娘
36まで親に仕送りしてもらってた娘、阿川娘、幸田娘とさらにその娘
モーニング娘、俺の娘

18 :吾輩は名無しである:04/03/19 12:59
娘どもは村上龍を読まないように。

19 :吾輩は名無しである:04/03/19 13:48
浅田彰と島田雅彦でいいだろ。
仲違いしてるって? だからいいんだろ。

20 :吾輩は名無しである:04/03/19 16:28
ビジュアル的につっこみだけのお笑いコンビ。

21 :吾輩は名無しである:04/03/22 02:28
田中康夫と石原慎太郎。
和歌山県知事としての中上健次を論ず。
和歌山全県路地化案の否決をめぐって。

22 :吾輩は名無しである:04/03/22 03:10
まず中上までがどういう系譜にあるのか誰か説明してくれ。

23 :吾輩は名無しである:04/03/22 13:16
「全県路地化計画」、今だとマジでありそうな話。
「暴力と神秘のくに、わかやま」とかいって、
全県テーマパーク化。

24 :吾輩は名無しである:04/03/22 15:13
物語の系譜、私小説の系譜、神話の系譜、ギリシャ神話の換骨奪胎
など中上が意識的に引き受けた系譜は文学にとどまらない。
天皇そのものを文学化し、さらに無化を試みた。
右翼、左翼と関わり、根源的な思索を文学に反映させた。
近畿大学では身体表現論を担当し、演劇を指導した。
「中上は文学のためならば、何でもやった」、、、。


25 :吾輩は名無しである:04/03/22 16:06
その意識はすばらしい。でもそれをずば抜けて上手く出来てはいない。



26 :吾輩は名無しである:04/03/22 21:57
「上手に出来る」というのはまとまり、有機的に調和しているということ。
地の果て以降は破綻、ズレそのものが彼の主題になってゆく。
言葉に敏感であれば、言葉そのものがズレを孕んでいることに気づくはず。


27 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:33
「主題になっていく」って言ってる人もいるだけ。

28 :吾輩は名無しである:04/03/23 01:19
路地に資本が投入され他所と何ら変わらぬ平板化された状況において
中上の背負っていたものも平板化された。故にアジアや南方に目を向け
構造そのものを描いたような作品になっていった。
岬や枯木灘などで描かれた濃密な家族関係は、晩年の作品では名前を
剥奪され「一番目の姉」「二番目の姉」というふうにただ序列だけが
ある状態にまでなっている。
文学的豊穣と貧困の間で、それに引き裂かれながら偽装せずに作品化
したというところに中上の本領がある。

29 :吾輩は名無しである:04/03/23 01:38
最晩年は漫画の原作までやっていたらしいね。『南回帰船』だっけ?中上ほど人に読まれ
たいと思っていた作家は近年いないと思う。

30 :吾輩は名無しである:04/03/23 01:53
今週号の「週刊読書人」に大塚英志と高澤秀次の対談あり。

大塚「作家の基本的な素養が語る能力と世界像の構築だとしたら、
   本来は一体化してなくてはならないはずなのに、晩年の
   中上さんの中ではすでに分裂がはじまっていたんだろうというのが
   僕の印象なんです。」
 
大塚は中上の晩年の構造だけの作品を、物語作成能力の欠如とともに
批判している。

しかし、漫画の可能性はMONSTERやYASHAなどの作品から分かるように
構造を語る手段としては有効であると思う。
個人的には20世紀少年を推す。

31 :吾輩は名無しである:04/03/23 02:27
物語作成能力の欠如って、誰に向かって言ってるんだよ
大塚はよお


32 :吾輩は名無しである:04/03/23 02:49
大塚的な物語だと
物語自体の仕組みを読む方向にいっちゃって
個々の作品に対して愛着が湧かない。
白倉由美のマンガ、「物語」くさくて読めなかったな。
monsterも虚仮威しじゃない? 
あの人、原作つけて絵だけ描いてたほうがいいよ。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)