5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説の匠(たくみ) 吉村昭スレッド

1 :無名草子さん:01/11/28 15:51
ベストセラー作家にあらず、ロングセラー作家。
小説の匠、吉村昭先生について語ろう。

405 :無名草子さん:03/12/24 18:07
吉村昭のベスト1は、
やっぱり「漂流」で決まりですよね。

406 :無名草子さん:03/12/25 22:17
『長英逃亡』がいいと思うけど。

407 :無名草子さん:04/01/05 00:37
天狗争乱 あげ

408 :無名草子さん:04/01/06 23:58
仮釈放読破しました。
いやーいままで体験したことが無いような客観的な文章だけど
なぜか引き込まれるって感じで、すごい良かったです。


409 :無名草子さん:04/01/09 03:26
「北天の星」あげ

410 :無名草子さん:04/01/10 23:13
敵討。いいですね。
特に火事が起きなかったら遠島にされて
敵討ちが不可能になるところだった、
というところが劇的です。


411 :無名草子さん:04/01/15 21:00
熊さんシリーズが好きだ。ほかには、

私の好きな作品

「破獄」・・・これは絶対にお勧め。脱獄の天才人間を描いた作品。
「赤い人」・・・北海道開拓残酷史。
「ポーツマスの旗」・・・外交交渉の戦いを描く

412 :無名草子さん:04/01/23 20:32
ジョン・トーランド氏亡くなったけど、なんとなく吉村昭と
手法が似ていると感じる

413 :無名草子さん:04/02/05 09:32
とりあえず、あげときます

この前、新撰組で桜田門外の変やってて思い出した
久しぶりにまた読もう

414 :無名草子さん:04/02/06 00:56
「深海の使者」って面白いですか?
昔読み始めて、途中でなぜかくじけてそれっきりなんですが・・・


415 :無名草子さん:04/02/06 14:12
>>414
第二次大戦中に日本とドイツを往復した潜水艦の話だね。
軍事モノに興味があるんなら、絶対おもしろいと思う。
映画「Uボート」とか見ると、さらに気分が出るw

416 :無名草子さん:04/02/07 05:18
>>414-415

マジで面白かった。
巻末にある航海地図を何度も見ながら一気に読んだよ。

「旧フランス領ブレスト軍港」なんて記述も出て来て、
あ〜、当時フランスはドイツ領だったんだなぁ、なんて感慨に耽った。
現代史が好きでないと興味が出ないかも知れないけどね・・・・

417 :無名草子さん:04/02/14 18:39
大黒屋光太夫は毎日新聞社から出てるのか
文庫になるとしたら中公なのかな

418 :無名草子さん:04/02/15 23:05
エッセイ集はちょっとイタゲな所も発見してしまい、
読むんじゃなかったと後悔

419 :無名草子さん:04/02/16 02:04
>>418
どのへんがイタゲでしたか?

420 :無名草子さん:04/02/23 13:39
「大黒屋光太夫」読みました。「おろしや国酔夢譚」もおもしろいんだけど、
荒筋だけ読まされたような印象でちと物足りなかったんで、満足しました。
吉村さんの文章は陰翳があっていいですね。「身じろぎ」も5回ほど出てきて
安心しましたw
光太夫が通ったルートをそのまま追った、椎名誠の「シベリア追跡」も
合わせて読むと、おもしろさ倍増です。

421 :無名草子さん:04/02/23 19:45
小学生の時に父親の書棚にあった「破船」を読んで、この人すごいな、
と思いました。社会人になってからもいろいろと本を読んだけど、
あの「破船」を読んだとき以上の衝撃を味わったことがないな。
先生の小説でおススメあったら教えてくださいー。

422 :無名草子さん:04/02/24 02:16
「海の祭礼」が一番好きだけど、
どこの書店にも、もう売ってないようだ。
僕は図書館で借りて呼んだ。

423 :無名草子さん:04/02/26 22:23
>>419
禁煙の喫茶店の話とか寿司屋の掛け声の話とか、
変に邪知してて引いた。

424 :無名草子さん:04/02/26 23:47
邪知なんて小説家の職業病みたいなもんだからな

425 :無名草子さん:04/02/28 03:04
「少女架刑」を読みましたが
「ヒーメン」というのは処女膜のことでいいんですか?

426 :無名草子さん:04/02/28 04:00
>>425
その通り。ドイツ語だね。

427 :無名草子さん:04/02/28 10:35
>>421
「赤い人」講談社

428 :無名草子さん:04/02/28 21:55
渋いところで「冬の鷹」がいいっす。解体新書なんて教科書に昔載ってたけど、それが
作られていく過程と、それを純粋に研究のためと考えて歴史に残る偉業の主役を譲って
しまった前野良沢の潔さに感動しました。他に読んだ人いませんか?

429 :無名草子さん:04/02/29 08:43
>>428
読んだよ。
「日本医家伝」で前野良沢を採り上げることになり、それから興味を持って「冬の鷹」を書くことになったとか。

430 :無名草子さん:04/02/29 23:23
>>429
それはそれは。「日本医科伝」って何ですか?どこかの出版社から出るんですか?

431 :無名草子さん:04/03/01 02:45
>>430
まだ絶版になってないはずだと思うが、講談社文庫で3年前に出た。

432 :無名草子さん:04/03/02 09:06
NHK BS2

■03月06日(土) - 午後 10時30分 〜 翌 0時00分 - BS2
ポーツマスの旗(1)<4回シリーズ>
 −BS思い出館−
 
「戦争と平和」

  【原作】吉村  昭
  【脚本】大野 靖子

                         石坂 浩二
                         原田 芳雄
                         大原 麗子
                            ほか

433 :無名草子さん:04/03/02 13:09
仮釈放とそっくりな事件がおきたんだけど 触れられてないね

434 :無名草子さん:04/03/02 15:34
女子高生の尻触ってタイーホされた脱北北朝鮮兵士のことかい?

435 :無名草子さん:04/03/03 02:50
>>426
どうもありがとうございます。
今でもお医者さんはこう言うんですかね

436 :無名草子さん:04/03/04 05:35
昨日はじめてこの作者の本買ったよ。
『桜田門外の変』だけど、偶然にも事件は3月3日に起きたんだよね。
なんか運命的なものを感じてしまった(旧暦の3月3日だけど)。
なんというか、ずいぶん素っ気ない文体ですね。


437 :無名草子さん:04/03/04 05:54
>>436さん
かなりの長編ですが、ゆっくりと楽しんでください。
たくさん作品があり、題材も多彩な作家ですから、
お気に入りが見つかることかと思いますよ。

438 :無名草子さん:04/03/04 22:33
>>436
その素っ気ない文体が、あとから利いてきます。
そのときは、もう手遅れですよ(笑)。

439 :無名草子さん:04/03/05 12:12
「破船」読みました。
いいですねぇ、この後味の悪さ。
これぞ吉村文学の醍醐味。

440 :無名草子さん:04/03/05 17:36
短編の「鰭紙」って
さりげなく、ノンフィクションだったりするわけですか

441 :無名草子さん:04/03/06 02:37
>>439
そう。後味悪い作品も結構多いのがまた吉村作品の面白いところ。
高熱遂道とか。

442 :無名草子さん:04/03/06 13:30
>>441
仮釈放とか星への旅とか敵前逃亡とか鵜とか
特に初期の作品は、後味悪いのが多いね


443 :無名草子さん:04/03/08 04:19
『桜田門外の変』読了。
淡々とした描写が、浪士たちの運命をつとめて客観的に見ているようで
ぞくぞくしました。突き放しているとも言えるような怜悧な筆致ですな。

この人の幕末歴史ものをしばらく読んで見ます。
時間軸に沿うと、次は『生麦事件』ですかね?


444 :無名草子さん:04/03/08 10:53
昔の漁村や農村を描かれると、
話の趣旨に限らず、鬱になる。

445 :無名草子さん:04/03/08 14:18
かつて自費出版で出してたとかいう短編集て いまは読めるんでしょか? 新潮あたりで出てるんでしょうかね

446 :無名草子さん:04/03/09 08:23
やっぱ、一般的には知名度低いのか、検索してもほとんど引っかからん。

講演会の情報とか欲しいんだけど

447 :無名草子さん:04/03/09 08:52
>>445
短編集「青い骨」は角川から出ていたと思うが、多分絶版
古本屋で気合入れて探すしか


448 :445:04/03/09 10:35
>>447 う〜ん、根気よく探すしかないようですね。 ありがd

449 :無名草子さん:04/03/12 11:18
「破船」に出てくる"もがさ"って天然痘のこと?

「朱の丸御用船」はノンフィクションだけど、
この話は小説だよねえ

450 :無名草子さん:04/03/12 14:27
>>449
天然痘のことですね。
天然痘は非常に恐ろしい病気で、南米のインカやアステカ文明も、
白人が持ち込んだ天然痘のため人口の95%が死んでいます。
また、白人はアメリカ先住民に天然痘の患者が使っていた毛布をプレゼントし、
これを殺すということもやってます。

天然痘患者写真(★グロ画像につき注意してください★)
ttp://www-personal.engin.umich.edu/~kraghava/smallpox.jpg
ttp://www.alpharubicon.com/basicnbc/images/smallpox.jpg
ttp://www-personal.engin.umich.edu/~kraghava/smallpox2.jpg
ttp://www-personal.engin.umich.edu/~kraghava/smallpox3.jpg
ttp://www-personal.engin.umich.edu/~kraghava/smallpoxleg.jpg

451 :無名草子さん:04/03/13 01:12
今度読売夕刊で連載あるらしいね。元気で何より。

452 :無名草子さん:04/03/16 10:55
熱の花はヘルペスだよなあ。

天然痘のブツブツと形状はかなり違うけど、
無知な村民ゆえのことで有りかな。
http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/hifuk/image/tanherp1.jpg

453 :無名草子さん:04/03/17 23:00
「破船」の舞台は恐らく佐渡島北岸だね。あの辺には、秋刀魚を手掴みで獲る漁がある。

「熱の花」は梅毒じゃないのか?
しかし梅毒より疱瘡が日本においては「歴史ある」病なのに、村民が知らないのはおかしい!

454 :無名草子さん:04/03/18 19:08
佐渡なら三日も歩けば、一周しちゃいそうだけど、
気候や話の中での記述から察するに、あの辺りだろうね。

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★