5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

斎藤美奈子を語るスレ

1 :無名草子さん:03/06/11 21:55
斎藤美奈子ってみんなは好き?
俺は結構好きなんだけど。

2 :無名草子さん:03/06/11 21:59
2get。
いまハマッテマス。

3 :無名草子さん:03/06/11 22:10
アエラは斎藤の連載以外に読むとこないねぇ。

今までスレがないのが不思議だ。
よそにある(あった)んだったら謝罪します。

4 :無名草子さん:03/06/12 01:42
この人フェミニストなんだけど、今のフェミニストの運動の方法や
「見せ方」に強く違和感を持ってるみたい。

5 :無名草子さん:03/06/12 01:44
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku08.html

6 :無名草子さん:03/06/12 02:24
そういえば過去スレにあったような……。

7 :無名草子さん:03/06/12 03:00
むかしあったね。結構賛否両論だった

8 :無名草子さん:03/06/12 03:11
>>7
いつものことじゃね?

9 :_:03/06/12 03:16
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku02.html

10 :無名草子さん:03/06/12 14:42
大嫌い
こいつ、なにエラソーに人の文章取り上げて採点してるの?
文壇の裁判官のつもりかよ。
裏づけとなるどんな実力があるのか、こいつの業績知ってるひと詳細きぼんぬ

11 :無名草子さん:03/06/13 02:32
実力あるじゃん。書評である程度売れてる人って、他に誰がいる?
大体採点してるのは福田和也だろ。

12 :無名草子さん:03/06/13 08:03
ミス・ミナコ・サイトウですよね。ハイセンスで華麗な生き方が素敵でした。
急死しちゃってかわいそうでしたね。

13 :無名草子さん:03/06/13 08:17
ミス・ミナコ・サイトウを笑うスレッド
http://caramel.2ch.net/ms/kako/1013/10134/1013441602.html

14 :無名草子さん:03/06/13 19:16
>>12>>13
ひょっとして釣り?w

15 :無名草子さん:03/06/13 21:31
今は亡き朝日新聞社の女性誌「UNO」で「暮らしの手帳」を茶化していた。
 広告主による原稿チェックが非常に厳しい女性誌という媒体で、
「暮らしの手帳」の広告を載せない方針を揶揄する愚劣さにあきれて
しばらく彼女の文章を読まなかった。
「毒舌による媚び」…彼女の文章にはこれを感じる。


16 :_:03/06/13 21:31
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku03.html

17 :無名草子さん:03/06/14 21:45
朝日新聞、岩波書店、平凡社・・・という名門から続々本出してるよね。
意外(?)に世渡り上手。

18 :無名草子さん:03/06/14 22:08
生産性はまったくないような・・・・・

19 :無名草子さん:03/06/15 00:39
過去ログ

斎藤美奈子について
http://natto.2ch.net/books/kako/984/984609733.html

斎藤美奈子さん
http://book.2ch.net/books/kako/1012/10128/1012831539.html

20 :無名草子さん:03/06/15 01:15
妊娠小説、紅一点論は面白かった。
あと、文庫で読めるのはありますか?

21 :無名草子さん:03/06/15 19:42
裏が醜すぎるよ。この女。それが見えちゃだめ。

22 :無名草子さん:03/06/15 20:00
>>21
裏が醜いって?例えば?

23 :無名草子さん:03/06/15 20:21
エンターテイメント小説の評論が下手糞だよね。興味がないんだろうね。

24 :無名草子さん:03/06/16 15:52
エンターティメント小説下手に評論しないほうがいいと思う。
近代文学、日本語に関するものならそれなりに面白く読めるが、
雑誌評とかもアイタタ。

25 :無名草子さん:03/06/17 00:37
この人「釣り」にやけに詳しいのはどうして?

26 :無名草子さん:03/06/17 01:54
存在自体が釣りだから。

27 :犀ト産ミナ、子ドモヲ:03/06/17 02:17
村上春樹ヲッチャーの久居つばきに論破されたな

28 :無名草子さん:03/06/17 03:10
どんなふうに?

29 :無名草子さん:03/06/17 07:57
>>23
禿胴。
この人、気に入らない物を「嘲う」手腕は見事だと思うけど
小説なり何なり、エンターテイメントを「心から楽しんだ」経験が
恐らくは殆どないんだろうなあ…と思う。

30 :無名草子さん:03/06/17 19:05
>>29
どこで読んだか忘れた(「二十一世紀・文学の創造」シリーズの「男女という制度」だったかな?)けど、

以前は小説なんて馬鹿馬鹿しくて読んでらんなかったけど、
批判的に読んでもいいと知ってからは、読めるようになった。

という旨のことを書いてたよ。
だから、小説(物語)が好きな人の視点でものを書けないのは、しょうがないんじゃないかと。

だけど、『読者は踊る。』でも書いてたように、
そういう視点でしかものを書いちゃいけないわけじゃないんだし、別にいいんじゃ?
俺も小説は好きだし、斎藤視点が気に食わない人の言い分もわからなくはないんだけど。

31 :無名草子さん:03/06/17 19:26
>この人、気に入らない物を「嘲う」手腕は見事だと思うけど

    この人の好きなものって、何?

32 :無名草子さん:03/06/17 22:55
妊娠かな。つまりちんぽこ?

33 :無名草子さん:03/06/17 23:59
美奈子先生って未婚だっけ?

34 :無名草子さん:03/06/18 10:27
てか、ツッコミ藝は見事だけど
ほめるのヘタ。

35 :無名草子さん:03/06/18 12:04
と学会亜流の一人じゃないの?
『トンデモ本の世界』が売れたあと、「対象をわらう」という手法をマネしてる人を頻繁にみかけたが、
今でもそれつづけてるのはこの人ぐらいではないか。

36 :無名草子さん:03/06/18 15:51
確かに、ト学会の手法で、「文学」を切ってるのかもしれない。

どうせやるなら、「女」とか「芸術」とか「伝統」とか
もっと、手ごわい相手に切り込んでほしいね。
「文学」はすでに死んでるじゃん。切り込まんでも。

特に「女」とか「女性作家」とか、切り込んだら、
も少し、見直すけどね。

37 :無名草子さん:03/06/18 16:10
切り込む対象に関しては
必然性が感じられるでしょ


38 :無名草子さん:03/06/18 16:29
必然性?

39 :無名草子さん:03/06/18 17:48
この人の経歴は?
出身階層(親の職業)は?
     文学に切り込む必然性は?

40 :無名草子さん:03/06/18 17:52
女性作家に切り込んで、
「女の虫のよさ」みたいなものを暴いてほしいいね。

41 :無名草子さん:03/06/18 18:41
「L 文学完全読本」は、あまいですね。

42 :無名草子さん:03/06/18 18:51
>文学に切り込む必然性

最も人材不足の分野に目をつけたんだろ。
小林秀雄賞がいい例。

43 :無名草子さん:03/06/18 20:09
いくらなんでも、と学会と一緒にするなよ・・・

44 :37:03/06/18 22:15
本当にムカツクことに対して
かいてるって感じしません?

45 :無名草子さん:03/06/18 23:11
それでは、過去に、堕胎を強制された経験があって、そのトラウマで
一作書けたと?

46 :無名草子さん:03/06/18 23:12
その堕胎の強制は、理不尽なものだったがゆえに
自分がやすやすと男にしたがって、赤ん坊を始末してしまったのが
許せないと?

47 :無名草子さん:03/06/18 23:15
個人的に、その男に恨みを晴らせないものだから、
「男一般」なるものを標的にしぼり、
自分のうしろめたさややましさを昇華しようと?

48 :無名草子さん:03/06/18 23:16
でも、そんな男を選んでしまった、自分の選択眼のなさは、
とりあえず、問うまいと?

49 :無名草子さん:03/06/18 23:56
>>45-48
何か悲しいことでもあったのか?

50 :無名草子さん:03/06/19 00:18
避妊しろよ!

51 :無名草子さん:03/06/19 00:30
とりあえず、あまりにも本読んでなさすぎ。
特にいまどきのエンターテインメントはほとんど全滅。
もすこし本ヨメ!と言いたい。

52 :無名草子さん:03/06/19 02:22
美奈子先生って、角度によっては美人に見えるよね。

53 :無名草子さん:03/06/19 02:29

罪と罰のゲーム、皆さんもやりませんか?
http://gekiya77.gi-ga.net/cgi/
以下から、新規登録出来ますので。
http://gekiya77.gi-ga.net/cgi/ore_reg.cgi

<注>私は管理人ではなく、ただの利用者です。

54 :無名草子さん:03/06/19 02:36
悪い意味じゃなくてヤリマン系の顔。
その辺が賞とりにも影響したのかな。

55 :渡る世間は名無しばかり:03/06/19 02:52
なんか若い頃の林真理子のヌードの顔とソックリでワラタ

56 :30:03/06/19 05:48
訂正。『読者は踊る。』→『趣味は読書。』

と学会はあんまり好ましく思ってないみたいだけど。
『読者は踊る』所収の「ニッポンという異国」によると。

57 :無名草子さん:03/06/20 02:29
>>51
いや、そこそこしらべてるでしょ。
エンタメ系に関しては・・
どこで、そんなえらさふなこといってんの?


58 :無名草子さん:03/06/20 13:00
そこそこ読むのは当然だろうが、
その程度で文藝評論家名乗られてもねぇ

59 :無名草子さん:03/06/20 23:56
出版社界隈では相当に目立つ顔だよね。

60 :無名草子さん:03/06/21 00:26
何だか、意外と批判的な人が多いね。
昔の2ちゃんでは、「賞賛」以外の意見は抹殺されるような
カリスマ書評家だったのに。

61 :無名草子さん:03/06/21 00:50
イタイ信者もだんだん目が覚めてきたんだろ

62 :無名草子さん:03/06/21 01:13
>>60
>>61

信者さんにかかると、批判的な意見の書込みは
全員「同一人物」という事にされます(w

63 :無名草子さん:03/06/21 05:44
信者とかそういう書込みしか出来ない奴ってなんだかなー。
「趣味は読書」の「妻と私」の批評はゲラゲラワラタ。

64 :無名草子さん:03/06/21 06:22
斎藤さんって、何故そんなに男が嫌いなんだろうか。

65 :無名草子さん:03/06/21 06:37
堕胎させられたからでしょ。

66 :無名草子さん:03/06/21 06:55
>>4
>この人フェミニストなんだけど、今のフェミニストの運動の方法や
>「見せ方」に強く違和感を持ってるみたい。

そうかなあ?
文章にはそれなりの「目新しさ」があるけど、フェミ関係の記述になると
「男(オヤジ)はダメ!!女のほうが知的で優秀で現実的!!」
…のような、昔っぽいウーマンリブ系のノリになってない?
(斎藤氏がそう書いていたという訳ではなく、個人的に感じた雰囲気。)

私も、64じゃないけど「何で男がそんなに嫌いなの?」という疑問が残る。


67 :無名草子さん:03/06/21 07:15
この人の育ちとか、家庭環境って、わからない?
そういうところに、ヒントがあるかもねえ。

68 :無名草子さん:03/06/21 16:08
どこかにルサンチマン臭を感じるのは自分だけだろうか。
確か「あほらしやの鐘が鳴る」の中で、
“クイーンビー症候群”(自分の美貌や実力で、権力の座を勝ち取った一握りの女性のこと。
自分の地位を脅かされたくないために他の女性を蹴落とす傾向があるとか)
に嫌悪感を示していたはず。それよりも、泥臭いフェミニストのほうが
かっこいいと思う、みたいなこと書いてなかったっけ?
まぁ、ルサンチマンと言ってしまえば、
フェミニストのほとんどがそうなんだろうけど(笑

69 :無名草子さん:03/06/21 18:01
地方から出てきて成城大学に通ってたんだから、
家庭環境は結構、裕福だったんじゃないの?

70 :無名草子さん:03/06/21 18:05
敵を作りすぎて、女小沢一郎と呼ばれてるみたい。

71 :無名草子さん:03/06/21 18:21
なんで、敵ができるの?

72 :( ´_ゝ`):03/06/22 06:16
>>40
>女性作家に切り込んで、
>「女の虫のよさ」みたいなものを暴いてほしい

可能性は低いと思います。
斎藤氏は「女が女を叩くとオヤジが喜ぶ」とお考えのようですから。

「女の虫の良さ」に、違和感を抱く女も少なからず存在するのに( ´_ゝ`)

73 :無名草子さん:03/06/22 15:44
>>68
そんなこと書いてないよ。よく読め。
クイーンビーにしろフェミニストにしろ、自分を貫き通せばご立派
みたいな趣旨だったよ。

74 :無名草子さん:03/06/23 16:32
> …のような、昔っぽいウーマンリブ系のノリになってない?
> (斎藤氏がそう書いていたという訳ではなく、個人的に感じた雰囲気。)

雰囲気、ってオイオイ。
これだから女は非論理的と言われるのだ・笑

75 :無名草子さん:03/06/24 09:21
>>74
でもねえ…例の『噂の真相』の連載コラムなんか読んでると、
俎上の題材によっては「へぇー、この程度で“性差別的”とか
キャアキャア騒いでる人って未だにいるんだ」とか思うこともあるけど。

76 :もえっちょ君 ◆AIo1qlmVDI :03/06/30 18:12
田中康夫の作品は好きっぽいね

77 :無名草子さん:03/06/30 18:29
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その8●●●
http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html

266 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/02/13 14:19 ID:SyIqjfH5
TBSドラマ「プリティ・ウーマン」も、盗聴ネタ。
ドラマ盗聴は、もう言うまでもないか。
 
盗聴・盗撮ネタを使う雑誌
ジャンプ・サンデー・マガジン(週刊・月刊・ヤング)
チャンピオン モーニング スピリッツ アフタヌーン
ビッグコミック ビッグコミックスペリオール
まんが〇〇〇とつく、4コマ雑誌

他にも読んでいるもので、盗聴だと思ったものがあったら書き足してください。
著者によっては、盗聴ネタを使っていない人もあります。
使わない著者も、盗聴の危機にさらされていることと思う。
どうかご了承下さい。

288 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/02/14 11:09 ID:CCsCj3sO
被盗聴者が、行われてる盗聴に気づいたせいで
パニック状態等になったのを指差して、
「ほらアイツは精神病で危ないから監視が必要」
とか、ふれ回ってるんじゃないだろうな(藁)

危ないのはどっちだ。

78 :もえっちょ君 ◆AIo1qlmVDI :03/07/08 19:51
カーツ佐藤も評価してるみたいっすよ

79 :無名草子さん:03/07/10 10:29
永遠の「サブカル系不思議少女」気取り。

80 :山崎 渉:03/07/15 11:35

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

81 :無名草子:03/07/16 07:37
読者を挑発しているようだが、挑発になっていないような。
このズレが課題でしょう。

82 :無名草子さん:03/07/16 16:26
出版界は世間知らずが多いからな。
斉藤あたりの挑発でも「これはいける」と思ってしまうんだろ。

83 :_:03/07/16 16:27
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

84 :無名草子さん:03/07/16 16:56
それならどうしてこのスレッドに書き込んでしまうのか

85 :無名草子さん:03/07/16 17:41
時事問題についてのコラムを持っているのに、北朝鮮問題については一回も取り上げてないね。
拉致問題で世間が沸き返っていたときも、婦人公論のコラムのテーマは「タマちゃん」。
あくまで安全圏内で挑発するという、自分のポジションを知っているという意味で、賢いと言うべきだろう。
この問題は左派にとっては地雷。アホな奴はみんな踏んで自爆している。

86 :_:03/07/16 18:37
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

87 :_:03/07/16 19:28
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

88 :_:03/07/16 20:15
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

89 :無名草子さん:03/07/19 04:25
>>85
「長崎の12歳少年事件」については発言してないんだっけ?美奈子姫は。

90 :無名草子さん:03/07/19 20:59
AERAでTAKUROの「胸懐」を絶賛しとるが…

これは絶賛で矢沢永吉の「成り上がり」は駄目なわけですか。
その差はやはりオヤジは嫌、ってことなんでしょうか?
ひでぇな。

91 :無名草子さん:03/07/20 01:19
>>90
単にTAKUROファンだったりして。

92 :無名草子さん:03/07/21 08:28
>拉致問題で世間が沸き返っていたときも、
>婦人公論のコラムのテーマは「タマちゃん」。

その文章の出だしは、確か
「それはそうとタマちゃんである」
だったと思う。
故・ナンシー関風味…


93 :無名草子さん:03/07/22 06:21
噂の真相では、紅一点だな。

94 :無名草子さん:03/07/22 06:31
>>92
斎藤様、ナンシー関画伯の文体を模倣するのは控えて下さい。
貴女は貴女の文体で書けばいいじゃないっすか。
美人でスタイル抜群でFカップの巨乳で男にモテモテな貴女が、
何が悲しゅうて関画伯のマネすんですか。頼むよ。いい加減にしろよ。


95 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 06:01
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

96 :無名草子さん:03/08/02 19:41
うちの高校の先輩らしい。
「自分の通っていた高校は男子制服・女子私服だった」なんて文章を
新聞のコラムだったかで読んだ。
そんな高校はうちぐらいだろう。

97 :無名草子さん :03/08/04 11:08
成城でしょ?

98 :無名草子さん:03/08/13 02:46
「そうなのだ」を連発するのは勘弁してほしい。 バカボンパパじゃないんだから。

99 :無名草子さん:03/08/13 13:45
>>97
大学はね。

100 :山崎 渉:03/08/15 22:14
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

101 :山崎 渉:03/08/15 22:37
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

102 :無名草子さん:03/08/22 20:26
>>94

Fカップなのか!?

103 :無名草子さん:03/08/22 20:43
生理・・くさそう!

104 :無名草子さん:03/08/22 21:05
不潔よね、この方!

105 :無名草子さん:03/08/22 21:21
ネタもないのに叩いたって、、

106 :無名草子さん:03/08/22 21:54
脱いだら凄いんです、見る?

107 :無名草子さん:03/08/23 03:38

なんで前スレ無くなったんだろう。
この人のスレって荒れるからなあ。

108 :無名草子さん:03/09/04 03:44
俺はフェミ嫌いだから斎藤も嫌いだ。
(フェミ気取ってるくせいにフェミのこと知らないし)

ところで、斎藤って子供いるの?妊娠小説読んで疑問に
思ったんだが。


109 :無名草子さん:03/09/04 04:49
えっ,レズビアンじゃなかったの?

110 :無名草子さん:03/09/04 09:28
>>109

え!?そうなの?


111 :無名草子さん:03/09/04 09:55
>>94
ほんとにそうなのか。

112 :無名草子さん:03/09/04 09:56
オヤジの些細な失言をわざわざあげつらったり
ジェンダー教育叩きは「新しい歴史教科書」が
不首尾に終わったため保守派が矛先を変えた、
有事法案など「右傾化」の流れで出てきたのもの、
みたいなこと書いたりしてて
最近の斎藤は完膚なきだめぽの域に到達した感があるよ。
有事法案を「右傾化」って未だに言うか。
そのくせ85の言う通り北朝鮮関連は無視しっぱなしだし。

113 :無名草子さん:03/09/04 11:43
最初読んだときはいろんな著名人バッサリ切り捨てる感じがよかった。
でもそれなりに詳しいジャンルについて語られてるの読むとアレ?
って思うことがよくある。

114 :無名草子さん:03/09/04 23:23
>112 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/3867/ の反フェミサイトで斉藤のそのエッセイを取り上げてボロクソ 言ってる。どちらにもくみしない俺が読んでも、こっちの管理人の ほうが正しいと思うんだから斉藤も本当にだめぽ‥だな

115 :無名草子さん:03/09/05 15:57
ナンシー

116 :無名草子さん:03/09/05 18:34

前スレは斉藤マンセーが割と多くてマターリしてたところに
アンチが来て荒れまくって、いつの間にかスレ自体消えたけど、
このスレは始めからアンチが多いなあ。

117 :無名草子さん:03/09/05 21:22
私はまあ、中立かな。
ま、彼女の本で題名とか見て面白そうだと思ったら買うぐらいの。


118 :無名草子さん:03/09/05 21:59
ある種の「芸」はある
それは認める
しかし根っこが教条フェミなんでどうも途中でうんざりさせられることが多い

119 :無名草子さん:03/09/06 00:40
>>70
敵なんていないよ。
敵を作れるほどの本物のケンカはやってないもん、この人。

120 :無名草子さん:03/09/06 00:42
ぬるぽが好きな人はぬるぽ

121 :無名草子さん:03/09/06 00:43
あんまりカオ写真はださない方が・・・

122 :無名草子さん:03/09/06 00:51
「読者は踊る」「趣味は読書」両方ともとても楽しめたんだけど・・・
ただ気になる点がないわけでもない。彼女はこれらの著作でしきりに
「世の男性(特に中高年)がこういうベストセラーに踊らされる」
という趣旨の発言をしているが、ホントにそうか。
男だけじゃないだろう。挙げられてる本のうち相当数は、
女性もずっぽりハマってたと思うぞ。特に村上春樹なんて・・・。
これも多くの人が指摘してることだけど。

123 :無名草子さん:03/09/06 12:47
男性嫌悪者(フェミ)だからそれは仕方がないよ

124 :無名草子さん:03/09/06 13:48
「妊娠小説」「文章読本」とかの方が良かったな、昔の小説好きとしては。
テーマがちゃんとあって。

ベストセラー手当たりしだいみたいなのの方が売れるんだろけど、
じっくり腰すえた仕事はもうやる気ないんかな。

125 :無名草子さん:03/09/06 15:24
なんだかんだいっても現状は、
批評家のなかで紅一点なわけで、
本人もモモレンジャーのドロップキックぐらいしか技は見せてないわけで、
同性のライバルが現れれば、また変わるんじゃないの?
あー、でもこの人場合、そしたらその同性をやっきになってつぶしにかかる気もするな。
オヤジ社会の悪いところ、建設的な仕事をする前に、まず覇権争い、みたいな悪習が身に付いてそうだもん。


126 :無名草子さん:03/09/06 15:28
処女作がベストということになりそうな悪寒。。。
>>124さんがいってるとおり、1つのテーマを設定した方がいい仕事
となってますね。
今のままじゃ、オヤジに毒づいているだけのオバハンになっちゃう。

127 :無名草子さん:03/09/06 17:31
ミナコのライバルになりそうな女性評論家、誰がいますかね?
逆に言えば、層が薄いということはそこがチャンスかもしれず、
若い女である程度読書体験があって、
マスゴミでちやほやされたいなら狙い目かもな。

128 :無名草子さん:03/09/06 19:00
>>127
西原理恵子がよく引き合いに出されるけど、
彼女は彼女で、子供ができてから所帯じみてきすぎ

129 :無名草子さん:03/09/06 20:59
>>128
引き合いに出されてるの?

130 :無名草子さん:03/09/06 22:25
今やってる仕事って、
噂の真相・婦人公論・アエラで全部?

131 :無名草子さん:03/09/06 23:56
大月の文庫に解説書いてる・・・・

132 :無名草子さん:03/09/07 02:25
だれか顔写真貼って九打差い、ミナコの。

133 :無名草子さん:03/09/07 02:56
意外とないもんだねえ。 Fカップの真偽に迫れる写真は。

www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/ images/saito.jpg
y-mag.yomiuri.co.jp/ yw/bak/8_4book.jpg


134 :無名草子さん:03/09/07 02:58
だめじゃん

http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/images/saito.jpg
http://y-mag.yomiuri.co.jp/yw/bak/8_4book.jpg

135 :無名草子さん:03/09/07 03:06
笙野頼子のやってることとか>美奈子のライバル
草柳大蔵の女の生き方本とか、「説教師カニバットと百人の美女」
L文学wの母子関係モノとか、「母の発達」
最近では古事記とか「水晶内制度」
えらい勢いで相対化してる。ケンカもするし。

ただ本人は純文学名乗ってるし、対象も方法もマニアックすぎて
一万部切るような人だからな・・

136 :無名草子さん:03/09/07 04:11
>>128

誰と間違えたんだ・・・?

137 :無名草子さん:03/09/07 04:13
性差万別は正直今までのなかで一番糞。
単行本になったらさらにその糞さが増すと思う。今は短いエッセイ
だから読めるけど

138 :無名草子さん:03/09/07 05:23
えー、おもしろいやん。

139 :無名草子さん:03/09/07 09:52
笙野頼子は自分で自分の意見を韜晦しちゃってるところがあるからな。
論理の組み立て方もすごい特殊だし。
わかりやすいものが喜ばれるのは仕方ないね。
オヤジのくすぐり方も心得てるし>ミナコ
だけど、わかりやすいものってのも両刃の剣で、ある日突然飽きられるんだよね。
反動で難解でエキセントリックなものが訳も分からず売れたりする。
そういう意味で、笙野頼子は時期を待てばブレイクしそうな爆発力を秘めてると思う。

140 :無名草子さん:03/09/07 13:50
でもまあ、こういう発想自体が、
「女の評論家が二人いるぐらいで何でライバル呼ばわりかしら?
 男の評論家は糞ほどいるのに。
 オヤジはキャットファイトがお好きね〜ププ」
って感じか、美奈子節だと。

141 :無名草子さん:03/09/07 15:25
>>140
いや、美奈子は口ではそう言いながらも、嬉々としてやりそう。
オヤジの期待を裏切らない女ですから、
表面的にはイヤーてそぶりで、下半身は濡れ濡れ、
オヤジにほらもうこんなになっちゃってるよ、美奈子はいやらしいね、
と言われたい女なんです。

142 :無名草子さん:03/09/07 15:33
エンターテイメント小説の評論はやらないでほしい。ミステリーのネタ晴らし
がなぜタブーなのか理解できないらしいが、理解しなくてもいいからネタ晴ら
しをしないでくれ。

143 :無名草子さん:03/09/07 16:16
しかし、美奈子で萌えれる藻前らって……
Fカップとか行ってるヴァカもいたけど、実物見てから言えたら神!
とてもじゃないけど、そんな対象じゃないぞ>>141

144 :無名草子さん:03/09/07 21:44
>>143
百も承知ですハイ。
笙野も言わずもがなのカオです

145 :無名草子さん:03/09/07 23:54
>133
さんきゅー、張ってくれてアリガトウ。
多分「自分で探せやカス」ってレスがくると思っていたから嬉しいよ。
キミ明日ちょっといい子とあるよ

146 :こま@レス代行者 ◆pDaIKoUBy2 :03/09/08 17:57
>>130
週刊朝日と読売新聞にリレー式連載あり。
「月刊言語」にコラム。「言語」のコラムは粗悪品。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
規制中に付き代行レスです

147 :130:03/09/09 02:19
>>146
サンクスコ。
時間に追われて雑誌連載ばかりしてちゃだめだよ〜

148 :無名草子さん:03/09/09 11:58
>>126
>>処女作がベストということになりそうな悪寒。。。

私も「妊娠小説」の頃は結構期待してたんだよ。
物事を相対化できる、というかバランス感覚のある人だなあと思ってた。

が、その“バランス感覚”が
偏 っ た 土 台 の 上 で 成 立 し て い る のに気付いて
一気に冷めた。今やヲチ専門のお笑い文化人。

149 :無名草子さん:03/09/09 14:09
>が、その“バランス感覚”が
>偏 っ た 土 台 の 上 で 成 立 し て い る

それは先月号の噂真のコラムに集約されている…ハァ

150 :無名草子さん:03/09/10 12:19
偏っているのは承知しているし、自分としてはそれが気に食わないのはわかって
いるんだけどこれからも読者続けると思う。やっぱりね、読書家だと思ったらあん
まり悪くいうつもりはない。左翼でもさっぴくよ。世間的にもウケがいいってのは
たぶん自分と同じように考える人がいるんじゃないかなーとも思ってるんだが。

勢古浩爾の『まれにみる馬鹿』を見たときも思ったんだけど、ひでえなコイツと
思っても大量の本を読んでそれを書き写している姿を思い浮かべると他人事とは
思えなくなるw

読書人氏は、読書家を悪くいわない。

151 :無名草子さん:03/09/10 18:20
セーラーヴィーナスを連想した俺はアホって事ですかい?

152 :無名草子さん:03/09/11 04:39
>>151
脳味噌と眼球洗って出直せ

153 :無名草子さん:03/09/11 23:31
age

154 :無名草子さん:03/09/13 05:46
斎藤美奈子の書くものを目にするたびに、
松原惇子というオバハンを思いだす。
オヤジ御用達フェミ、森瑶子まんせーばばあ。

155 :無名草子さん:03/09/14 05:10
美奈子タン良いよねー
俺様は好きだー

156 :無名草子さん:03/09/14 08:23
>>154
少なくともあなたの挙げた2項目は、斎藤美奈子とは
全然共通点なさそうだけど。
なんか思い込み激しいね。

オヤジマスコミは本当は斎藤美奈子を嫌ってる、というか
怖がってるでしょう。

157 :無名草子さん:03/09/14 09:14
>>156
怖がってたらあんなに便利に使わないと思われ。

154の言うように、オヤジ転がしのうまい営業かけてるのは明らか。
本人が意識しているかどうかは別だけど。

なにしろ、深沢某の芸能事務所所属だぞ<くらたまやうさぎとおんなじところ。

158 :無名草子さん:03/09/14 09:15
>>157
使われるようになってきたのは本当にごく最近。

事務所の所属で判断するの?
それだったら宮部と京極と新宿鮫の人は
みな同じってことになるよ(笑)

159 :無名草子さん:03/09/14 09:16
あ、158を補足しておこう。
ごく最近っていうのは1、2年ってことね。

160 :無名草子さん:03/09/14 15:19
>>157
>深沢某の芸能事務所所属だぞ

え!あそこって芸能事務所なのか。


161 :無名草子さん:03/09/14 17:19
確かに露骨にフェミ性が顕れることあるけど、生涯、学校の中だけで食っていけるフェミ関係の連中に比べれば、まだマシだと思うけど。
現実感覚ありそうだし。

162 :無名草子さん:03/09/14 18:20
つうか松原惇子って誰?

163 :無名草子さん:03/09/15 02:22
ウワシンでさかもと未明つついてたね。
でも未明は買わないだろな。

164 :無名草子さん:03/09/15 05:52
>>オヤジマスコミは本当は斎藤美奈子を嫌ってる、というか
>>怖がってるでしょう

美奈子姫は、オヤジマスコミ(保守系)を散々叩いて
「ある種のマスコミオヤジ」たちを喜ばせて庇護してもらってるんだよ。


165 :無名草子さん:03/09/15 17:10
松原淳子は「クロワッサン症候群」という香ばしい本を書いたオバサン。
トンデモ本だったが、三十代未婚女の惨めさを
同性の視点からたっぷり描きだしてくれたので、
結婚できない中年男や、オヤジ世代が溜飲を下げた。
同性をオヤジに売り渡したフェミの典型。

166 :無名草子さん:03/09/15 21:34
下品だと思う、このおばさんは。
批判にウィットがない、面白くない、カタルシスがない。代案もない、建設的でもない。
AERAの下世話な体質にピッタリなのかも。

167 :無名草子さん:03/09/15 22:45
上野千鶴子婆さんより、いいんでない?
出来もしない戦略をさせないしさ。

168 :無名草子さん:03/09/15 22:53
うーん、相手を「おばさん」呼ばわりする人が
下品・上品って論じてるのもなんか滑稽・・

169 :無名草子さん:03/09/16 00:43
168の発言は全く妥当性を欠く

170 :無名草子さん:03/09/16 00:46
>>169
どこが?


171 :無名草子さん:03/09/16 03:02
松原惇子って、すごい人を出してきたね。
いくらなんでもこんなのと比較するのは美奈タンがかわいそうだよ。
仕事量も知名度も内容も実力もぜーんぜん違いすぎ。

172 :無名草子さん:03/09/16 03:07
ちゃんと調べて書くというストロングスタイルをいつまで続けられるのだろうか


173 :無名草子さん:03/09/16 04:02
語るほどの人ですか?

174 :無名草子さん:03/09/16 04:41
読売新聞の書評欄で「最近は無名の人が書いた本のほうが売れてる」
と書いていたけど、それは斎藤さんの商売がしにくくなってるということでもある。
無名の著者に斎藤美奈子がオチョクリを入れたら弱者に対する強者のイジメだからな。

175 :無名草子さん:03/09/16 10:58
>>166
>>批判にウィットがない、面白くない、カタルシスがない。代案もない、建設的でもない。
同意。
彼女が「オヤジ嫌い」と吠えてる文章を見ると「じゃあオヤジ社会をどう変えたいの?
それとも“オヤジのいない世界”を夢見てるの?」という気分になる。

176 :無名草子さん:03/09/16 16:36
単純に面白いから好き。
あほらし屋の鐘が鳴るの雑誌批評は笑った。

177 :無名草子さん:03/09/17 10:07
斎藤を面白がれる人は『AERA』広告のダジャレでも腹抱えて爆笑できるんだろうな。

178 :無名草子さん:03/09/17 11:55
面白がれない人はかわいそうだな。

179 :無名草子さん:03/09/17 16:20
>>177
いくらなんでも、あれと一緒にしちゃあ斎藤がかわいそ。w

180 :無名草子さん:03/09/17 23:03
と学会、松原惇子、AERAの駄洒落・・



















お前らの目は節穴ですか?

181 :無名草子さん:03/09/17 23:47
美奈子タン
か…。

噂真の連載は、あまり出来が良くないと思う。
意図的に煽ってるというか、決め打ちぎみ…。

182 :無名草子さん:03/09/18 00:01
>>177
なんかストレスでもたまってんの?

183 :無名草子さん:03/09/18 17:36
初期の頃は、オヤジ権威に喧嘩売ってる感じが果敢で面白かった。
最近は同性として読むのが辛い。
女性の生き方とか分類とか女性論とかやられると、
結局、女って奴は、的、
保守的男性至上主義に沿ってしまうのが・・・
そういうオヤジフィルタを通さないと、ただの偏見になってしまうのはわかるけど、
それを本人が自覚してないところが・・・
いや本当はわかってやって(同性をなめて)いるのかな?

184 :無名草子さん:03/09/18 18:24
俺は思うんだが、
(ちらと文庫で、いくつかの著者を斬ってたのを読んだだけだけど)
この斉藤美奈子というのは、
かなり育ちが悪そうに思えた。

ノーブルなものに対しての、天然自然の敬意というものがまったく感じられなかった。

だが、そういう斉藤の本を読むのは、
階級的に恵まれない人間たちだということもわかる。

185 :無名草子さん:03/09/18 18:36
ノーブルな物?
例えば、どの辺り?

186 :無名草子さん:03/09/18 18:42
上 気にしない
中 ↓下を攻撃
下 ↑上中を攻撃

*下克上*

下 気にしない
中 ↓下を攻撃
上 ↑上中を攻撃

187 :無名草子さん:03/09/18 18:44
>>184は万年中

188 :無名草子さん:03/09/19 00:51
> ノーブルなものに対しての、天然自然の敬意というものがまったく感じられなかった。

なんか最近多いっすね、こういう保守派気取りの勘違い野郎が。

189 :無名草子さん:03/09/19 01:33
多分、斉藤を支持する読者の階層をアンケートでもとってみたまえ。
中産階級下層、というところにおちつくのじゃないかと思うね。
それ以下は本は読まない。
中産階級中上層というのは、斉藤的なものを本質的に嫌うだろう。

190 :無名草子さん:03/09/19 01:35
>>189
おまえ養老スレにも書き込んでない?

191 :無名草子さん:03/09/19 02:36
書き込んでませんが、なにか?

192 :無名草子さん:03/09/19 03:10
斎藤は朝日、岩波、平凡社というミドル&アッパークラスが好む名門から
本を出しているのだが・・・

193 :無名草子さん:03/09/19 04:30
それね、オセロのクロがゴールデンタイムの番組に出てくるのと同じなんだよ。


194 :無名草子さん:03/09/19 04:50
朝日、岩波、平凡社は、
漫画雑誌を発行していないので、
そのかわりに、斉藤を使っている。
実際の読者は、
上記出版社のコア層とはかなり隔たっている。

195 :無名草子さん:03/09/19 07:36
>>194
論理展開が目茶目茶すぎるよ。

196 :無名草子さん:03/09/19 07:36
>>189
とりあえずアッパークラスに憧れていてものすごい妄想
抱いてそうなのは良く分かりますた。

197 :無名草子さん:03/09/19 11:28
>>189
ていうかミス・ミナコ・サイトウとごっちゃになってるのでは?
あ、ネタにマジツッコミ? こりゃ失礼しました

198 :無名草子さん:03/09/19 12:22
>>197
(・∀・)ソレダ!

199 :無名草子さん:03/09/19 12:24
あほ、俺は、確信犯だよ。

200 :無名草子さん:03/09/19 19:23
もう突っ込まんでええよ。

201 :無名草子さん:03/09/20 00:35
>>199
お前が何をしたいのかわかりません。

202 :無名草子さん:03/09/20 08:06
アホにアホ言われるとムカツクよな(プヒ

203 :無名草子さん:03/09/20 09:00
>>183
>>最近は同性として読むのが辛い。
>>女性の生き方とか分類とか女性論とかやられると、
>>結局、女って奴は、的、
>>保守的男性至上主義に沿ってしまうのが・・・

私もそんな感じ。
女を“自立した女性”vs“男に媚びるバカ女”で語ってるとこが何とも…


204 :無名草子さん:03/09/20 12:40
クダラネーしか感想ねーな。
フェミにしろ保守からの批判にしろ。
わかりやすーい思想で叩くしか能がねーのかよ。

保守的男性至上主義だのオヤジフィルタだのアンタらのほうがよっぽど最悪だよ。
ただの罵声だそりゃ。それとも女?からすればマトモな言葉だと思えるのか?

こりゃ馬鹿にされて当然だわな、フェミ。

205 :無名草子さん:03/09/20 23:02
美奈子先生のキュートな写真発見しますた

ttp://media.excite.co.jp/book/interview/200302/images/saito1.jpg
ttp://media.excite.co.jp/book/interview/200302/images/saito2.jpg
ttp://media.excite.co.jp/book/interview/200302/images/saito3.jpg

206 :無名草子さん:03/09/20 23:10
>204
美奈子自身がくだらない感想しか引きだせない物件なんだから死方ない。
馬鹿は馬鹿を呼び、馬鹿しか呼ばない。

207 :無名草子さん:03/09/20 23:33
    ↑
馬鹿を笑う馬鹿
    ↓

208 :無名草子さん:03/09/20 23:35
    ↑
   馬鹿

209 :無名草子さん:03/09/21 15:59
>>206
大月は2chから離れろや

210 :無名草子さん:03/09/21 23:53
週刊朝日で「作家の値打ち」をけなしていたが、その当時の週刊朝日は
「値打ち」で高く評価されていた桐野夏生の連載があり、
低く評価されていた高橋源一郎と林真理子には小説以外の仕事をさせていたので
何の説得力も無かった。(「文章とその発表媒体とをごっちゃにするな」
と言わないように。そのときの斎藤の文章には「発表媒体と文章の関係は
無視できない」と言うような事が書いてあった。)


211 :無名草子さん:03/09/22 00:13
態度でかすぎ。マネージメント会社も高飛車。何様だろう。

212 :そういや似てるわ:03/09/22 00:49
>>211

中小出版社の方ですか?

ミナコ・サイトウといえば超一流主義。
イワナミさんやアサヒさん、最低でもチクマさんぐらいでないと、ねぇ。

213 :無名草子さん:03/09/22 05:49
大橋巨泉より田嶋陽子のほうがマシ。と参議院選挙の後に逝ってたな。

214 :無名草子さん:03/09/22 10:31
>>210
美奈子タン、最新号のAERAでしっかり朝日に媚売ってるよ。

215 :無名草子さん:03/09/24 17:59
>>214
今週の「ほんのご挨拶」は大田昌国「「拉致」異論」だが、
この本、一月前に香山リカのSFマガジンのコラムでも持ち上げられていた。
戦後民主主義のフェミ左派女どもとしては、タブーに近い拉致問題に対して
自分らに近い意見の本を少しでも喧伝したいところなのだろうが…

「左右両派の論調に違和感を感じていた私には、腑に落ちることが
 多かった。目的は断罪ではなく明日への展望、フェアな本である
 と思う」

…だそうです。ワッツ?それでフェア?
左右どちらの論調も腑に落ちない、と言っておきながら断罪から”巧妙に”
目をそらせたがっているようにしか見えませぬ。
こういう小利口な態度の奴が多かったから、拉致は看過されてきたんだろうに。
モノ書きの端くれとして反省する、なんて事はないのだろう…。
フェミってのは日本人に冷たいね。

216 :無名草子さん:03/09/24 18:17
断罪から強引に目をそらせるのは保守派の得意技だけどな。

217 :無名草子さん:03/09/24 18:32
ほう相対化ですか…これもまた彼女らの得意技(ry

218 :無名草子さん:03/09/29 23:18
往年のフェミの連中が、婆婆ぁの呆けヅラを晒して「学校で一生暮らしていきまーす!安全な場所から批判だけはしまーす!」みたいなのがないだけマトモなんじゃない?

219 :無名草子さん:03/09/29 23:30
あほらし屋の鐘が鳴る、カーーン

220 :無名草子さん:03/09/29 23:33
わりと面白いんだけど、文体がすごく下品だ。

221 :無名草子さん:03/09/30 00:14
性根が下品というほうが正しい。

222 :無名草子さん:03/09/30 23:22
俺様は上品だと思うが。
下品というのは、早死馬狸孤みたいなのを言うんだろ、普通。

223 :無名草子さん:03/09/30 23:24
んだ。

下品の上塗り、下品まみれだな

224 :無名草子さん:03/10/02 08:16
>>222
林には、「上品ぶるのはやめた」ことを隠さない、潔さはあると思うよ。
メンドイのは別タイプだよね。



225 :無名草子さん:03/10/03 08:29
漏れには醜さしか感じ取れないんだが>林

226 :無名草子さん:03/10/03 08:40
美奈子と真理子は顔の系統が似ているが、
ふんいきは美奈子の方がゲスっぽい。
真理子は愛らしい。

227 :無名草子さん:03/10/03 11:03
【ナンシー関と斎藤美奈子の比較】

女としての魅力
美奈子たん>>>>>ナンシー画伯

人間としての品性
ナンシー画伯>>>>>>∞>>>>>>>美奈子たん

228 :無名草子さん:03/10/03 12:36
意外と林って支持されてるもんなんだな…。
しかし美奈子さんも、まさか比べられるとは、思ってもみないだろう…。
林には、成り上がり者特有の卑しさを感じるんだけど、それが好きな人もいるんだね。まぁ、人それぞれの趣味だわな。

229 :無名草子さん:03/10/03 22:37
ナンシー関は痩せたら美人という説もあったな。

230 :無名草子さん:03/10/04 04:37
しかし、もう痩せることはない。

231 :cherryman7:03/10/05 02:41
「文壇アイドル論」今日買ってみました。
村上春樹の章は眠たかったけど、
俵万智の章では美奈子節がのってきたね。
彼女の毒舌と美奈子的思想が期待通りに展開するのでおもしろいよ。

けど1700円は高いなー。ひまつぶし本なのに。

232 :cherryman7:03/10/05 02:47
age


233 :cherryman7:03/10/05 02:47
age


234 :cherryman7:03/10/05 02:48
age


235 :cherryman7:03/10/05 02:49
お揚げ

236 :無名草子さん:03/10/06 20:40
小谷野の美奈子評はどう?
この方、斉藤美奈子を割りによくとりあげてますよね?

237 :無名草子さん:03/10/07 00:43
>>236

田中優子とかにも絡んでる。
好みなんだろ、単に。

238 :無名草子さん:03/10/07 11:02
>>237
小谷野、斉藤にストーカーまがいの手紙出してるの有名だよ。
斉藤マジでキモがってる。原稿でさらされないのは武士の情けだな(w

239 :cherryman7:03/10/08 02:13
あー、、、
なんかこのスレ自体が痛いスレになってるな、、、


さ よ う な ら






240 :無名草子さん:03/10/08 07:32
ところで、この人って、メンズリブあたりやフェミニズム方面からは距離をとってるよね?
学術フェミの人たちからも無視されてるっぽい。
ただ、そっち方面にどっぷり浸かると、使いにくくなるというマスコミの思惑もあるだろうしなあ。


241 :無名草子さん:03/10/08 21:47
学校の中で一生過ごすフェミおばさん達に染まることないよ。

242 :無名草子さん:03/10/15 09:44
一般の女から見れば斎藤美奈子も「香ばしいフェミおばさん」の一種ですが。

243 :無名草子さん:03/10/20 11:49
ハニャ?(文章読本さん江参照)

244 :包茎文学:03/10/20 22:43
趣味は読書。
ッてのを読んだけど「朗読者」という本の書評を読んで、とてもこんな本が
ベストセラーになるとは思えなかった。
 この人の文体は毒がありすぎて読むのを投げ出してしまいそうです。

245 :無名草子さん:03/10/22 18:42
斎藤美奈子は娯楽小説を娯楽として楽しむ素養がないのでしょうね。

246 :無名草子さん:03/10/22 21:37
この人の文章はたけしみたいって思ったっての(チャンチャン)。

247 :無名草子さん:03/10/22 22:55
澪奈子w

248 :無名草子さん:03/10/24 11:31
>>245
「毒がある」というより「下品でダサい」文体。

249 :無名草子さん:03/10/24 13:10
248が文体を評価する作家が知りたかったりする…。

250 :無名草子さん:03/10/24 15:00
斎藤美奈子のファンの方は、他にはどんな文筆家が御贔屓なのかな?
(煽りじゃなくて真面目に知りたいんです、すみません。)

251 :無名草子さん:03/10/24 16:06
>>250
うん。ぼくちゃんは柳瀬尚紀とか佐藤信夫とか廣松渉とか橋本治とか福田恆存とかが御贔屓だな。

252 :無名草子さん:03/10/27 00:32
このひと、ひねくれてないか?

253 :無名草子さん:03/10/31 02:47
美奈子タンハァハァ・・・

254 :無名草子さん:03/11/01 03:49
「下品」とか「毒がある」というより小谷野が言うように
「すみずみまで統制の取れた」文体。
>>130 >>146に書いてない「SIGHT」の連載が
斎藤に一番あった媒体だと思う。
渋谷陽一は隅々まで統制の取れた表現が好きだから。

255 :無名草子さん:03/11/03 06:31
ツェッペリン渋谷が美奈子タンを気に入る感覚はわかるな。
ところで美奈子タンは、音楽に関して、ことロックに関しての読みはどんな感じ?
単なるミーハーだったりするのかね?

256 :無名草子さん:03/11/03 07:22
ツェッペリンの悶絶DVDボックスを美奈子タンに論評してもらいたい。
しかし、あれは凄かったなぁ…。あの当時にして、既に決定打。

257 :無名草子さん:03/11/09 00:57
>>245
>>斎藤美奈子は娯楽小説を娯楽として楽しむ素養がないのでしょうね。

娯楽小説も含めて、美奈子タンは「享楽的なもの」がキライなのかもねw
音楽も多分嫌いなんじゃないの?

258 :無名草子さん:03/11/10 20:27
というか、楽しんで本を読んだことがないんじゃないの?

259 :無名草子さん:03/11/14 13:00
斎藤氏は「あらかじめ批判する対象を決めて、ツッコミどころを見つけて嘲笑する」のは
得意だけど、好きなものを語る文章を書くのは苦手なんだろうか。
それとも「こんなのが好きなのか( ´,_ゝ`)プッ」と言われるのを怖がってるのか?
この人の文章、切り口は鋭いんだけど“器の小ささ”を感じてしまう。

260 :無名草子さん:03/11/15 23:26
苦手なことをあえて書く必要もないしな。

261 :無名草子さん:03/11/16 17:21
その「あえて」を週刊朝日の保坂和志の新刊をテーマにしたコラムでやってしまった。
対象との距離感がメチャクチャ。斎藤ファンは読まない方がいいよ。

262 :無名草子さん:03/11/16 23:12
美奈子芸を堪能したい、今日この頃。

263 :無名草子さん:03/11/17 08:16
読売で書いてるのは普通に読めるんだが。

264 :無名草子さん:03/11/19 14:22
L文学完全読本を読んでるのだが、何が言いたいのかさっぱりわからん。

265 :無名草子さん:03/11/21 01:24
そのL文学の祖である「少女小説」だが、
少女小説の多くは、フェミニストにとってとうてい容認し得ないメッセージを含んでいることに
なぜ一言の言及もないのだろう。
男が書いた文章なら、それが少しでも女性の自立心を否定するような内容を含んでいれば
容赦なくたたくくせに。

266 :無名草子さん:03/11/21 22:58
>>265
真の意味でのフェミニストじゃないからだろ。
たたくことにかけては天下一品だが、自分がたたかれることにはなれてない、認めたがらないくちなんじゃないか?


267 :無名草子さん:03/11/22 05:27
実はチンチンついてたりして

268 :無名草子さん:03/11/24 18:48
女の子が幸福になれるかどうかは、素敵な殿方に出会えるかどうかにかかっている、
というふうな安直なメッセージを出してる少女小説って、はっきりいって多数派でしょ。

269 :無名草子さん:03/11/26 07:45
う〜む
特に安直だとは思わないんだが。
もとい
思えないんだが。

270 :無名草子さん:03/11/26 11:22
美奈子さん自身が、素敵な殿方に出会いたがってるんじゃないの。
だから少女小説を批判できない。
フェミニストと言われていても、微妙に「女」を捨てきれない人。

271 :無名草子:03/11/26 23:31
12月6日『モダンガール論』(文春文庫)発売!

272 :無名草子さん:03/11/27 14:46
文庫かぁ
買ぉ

273 :無名草子さん:03/12/04 06:01
もう発売されてる?

274 :無名草子さん:03/12/16 12:15
『男性誌探訪』(朝日新聞社)出てました。


275 :無名草子さん:03/12/16 14:31
>>270
つーか、もっと処世という面で、
あんまむきつけに出さないほうが良いと、
そう判断しての書き方なのかもね。
仕事していかなきゃいけないからそうする、みたいな。

276 :無名草子さん:03/12/22 18:06
>114
そのホームページ読んだよ。
自分はフェミニストじゃないけど、
あれはどう読んでものホームページがおかしい。
特に夫婦別姓反の頁。
「夫婦別姓は家族解体を導く」なんて書いてある。
夫婦別姓なんかで家族解体なんかしません。
なら、中国では全家庭が解体じゃ。(もっとも中国の
夫婦別姓はそれはそれで因習によるんだが)
おあいにくさま。

斎藤批判としては「趣味は読書。」の「だからあなたも生き抜いて」
について言いたい。
彼女はあの本で「読者が一番読みたいの極妻時代の苦労話なのに
勉強の話ばかりで、そのへんはぜんぜん書いてない」
と書いているけど、これは違う。読者が一番知りたいのは
「なんで中卒の元極妻が司法試験に受かったんだ?どうやって?(じゃあ
三流大卒の自分も受かるんだろうか)」のところだ。
なのであの本が改心後の勉強時代に一番ページをさいているのは
妥当なのである。

277 :無名草子さん:03/12/22 18:31
>>276
批判になってない。

あなたが読みたいのは改心後の猛勉強。
斉藤美奈子が読みたいのは極妻時代の苦労話。

どっちも読者が一番読みたい話かどうかはわからんだろう。
著者が改心後の猛勉強の方が書きたかったのではないか
という推論なら分かるが。

278 :無名草子さん:03/12/22 18:51
>277
そんな「ひとそれぞれ」みたいなこと
言ってたら書評はできないよ。
実際に皆が猛勉強の方を読みたかったから
ベストセラーになったんでしょ。
ただの極妻話なら、他にざくざくある。
この本が違うのは「司法試験合格」ゆえなんだよ。
もともと児童むけの本なんだけど、大人も読んだ
のは、自分の人生逆転のためのマニュアル本として
読んだんだよ。子供には「司法試験合格」のすごさが
わからない。司法試験という子供にはどうでもいいが
大人にはあこがれの勝利をつかんだ話だからこそ
子供よりは大人に読まれた。


279 :無名草子さん:03/12/22 19:12
今日のお昼のテレビに出てたね>大平光代
漏れは恥ずかしくて全部読めなかった、あの本。
特に「落ちるトコまで落ちて、養父に助けられて・・」
のくだり。
養父ってパパやろ?囲われもんしながら勉強しとったんやろ?
「出来ちゃう前に正式に婚約してましたぁ〜」と同等の、
みえみえのツクリ大概にせぇって。

テレビの講演会シーンでも、客は婆さんばっかり。
斉藤言う所の「子供向け」というより、
「人生終わってる人が子供や孫に読ませたがる本」だな。
人生真っ只中の人は
ノーリターンで済むパトロンが降ってくるのをアテにして生き抜いてなんかいられません。
読まずに逝ってるんで違ってたらスマソ。

280 :無名草子さん:03/12/22 19:15
>>278
ひとそれぞれだからいろんな書評があるんじゃないですか。
自分の感想と違うと言えばいいのに、「これは違う」だの
「妥当である」だのと言うから揚げ足を取ってしまいたくなるんだよ。

281 :無名草子さん:03/12/22 21:54
そうだとしたら、斎藤が「私が読みたいのは」ではなく
「読者が読みたいのは」と書いたのは大失敗だったと
いうことに。

282 :無名草子さん:03/12/22 22:15
>>281
もちろんそうです。

283 :無名草子さん:03/12/22 22:36
美奈子タン面白いですね。
この前の読売のエッセイで興味深く読んだのは、
今、女性があこがれる雅姫、三浦りさ子のような女性は
結婚して男性に養ってもらいながら
生活の不安もなく自分の趣味(道楽)で金を稼いで成功している。
何かズルーイって気持ちが現れていました。
男性陣はどう思うのかな。
もし絵描きや詩人、歌手など芸術に進みたいとき男性は周囲の反対が大きいと思う。
でも女性は家事手伝いや主婦の傍ら、実力さえあればその道に進む事もたやすい。
失敗も許される。
おんなはずるい?

284 :無名草子さん:03/12/22 23:32
ナメられぬための読書塾、読んでいる人いる?

285 :無名草子さん:03/12/23 04:39
>>283
だから、女のそういう「虫のよさ」みたいなものをどんどん暴けばいいんだよ。
本気ではやんないだろうけどな。

286 :無名草子さん:03/12/24 03:08
そういう
「女の醜さを女が暴く!」って路線は、
曽野綾子とか林真理子とか内舘マキコとかで埋まってるから
(なぜか?やんごとない席におられるかたばかり・・)
入る隙間はないんだよ。

287 :無名草子さん:03/12/24 09:04
曽野綾子とか林真理子とか内舘マキコとか

↑こんな連中より数段上だと思うがな
ただやらないだけだろ

288 :無名草子さん:03/12/24 11:23
上下というより横方向の違いとも思うが、
この三人が過去の人であるとは思う、
っていうか今の女にこの人たちの卑屈で屈折した視点は了解不可能なんじゃないかな。
今の主流は桐生夏生とか篠田節子とか、それこそL文学な人達。

289 :無名草子さん:03/12/24 16:56
>>281
斎藤美奈子は「ベタなもの」好きな多くの読書人をからかっている訳で、
彼女自身がそういったものを読みたいわけじゃないでしょ

290 :無名草子さん:03/12/29 23:28
>>289
「ベタなものを批判して嘲笑する」という姿勢そのものが、
とっくの昔にベタになって来ているような( ´∀`)
「誰が見ても突っ込みどころ満載の本」ばっかり批評してるのが不満。

あと、斎藤氏が本格的に漫画の批評をやったら面白いかも。
それも「ベストセラーではないけど高い評価を受けている作品」の批評。
みなもと太郎『風雲児たち』や、もりもと崇『難波銅鑼異本』みたいな作品は
彼女だったらどう読むんだろうか。

291 :無名草子さん:03/12/30 03:11
>>289
文壇アイドル論みてると彼女は春樹が好きなんだなあって思うが。

292 :無名草子さん:03/12/30 09:35
>斎藤氏が本格的に漫画の批評をやったら面白いかも。


まぁ、こういうことを読者が思ってくれてるうちが花な訳で。
このままじゃ、いずれ読者に飽きら(ry

293 :無名草子さん:03/12/30 15:51
>>290
「ベタなものを批判して嘲笑する」という姿勢そのものが、
とっくの昔にベタになって来ているような( ´∀`)
「誰が見ても突っ込みどころ満載の本」ばっかり批評してるのが不満。

同意。
ようは安全な喧嘩しかしないという姿勢か。

294 :無名草子さん:04/01/05 13:01
>>290
『風雲児たち』→「取り上げられる人物(歴史人物)が男ばっかりで、
女はみんな可愛く描いて飾り物扱いだからダメ。オヤジの趣味だねw」
『難波鉦異本』→「遊郭が舞台!?イヤらしい!そんな本燃やしちゃいなさいよ!!」

…美奈子様が読めば、名作漫画もこんなもんでしょう。

295 :無名草子さん:04/01/11 16:09
今日の読売の村上龍「13歳からのハローワーク」の書評は面白かった。

296 :無名草子さん:04/01/14 20:03
社民党への評価を読んでると、やっぱりフェミニストだなーと思う。
福島瑞穂に対してすら文脈いろいろあっても「期待している」と書いてしまうあたりがなんか悲しい。

297 :無名草子さん:04/01/15 11:05
くまなく読んでるわけじゃないので、そこをつっこまれると
ゴメンナサイだけど、斎藤美奈子は「いばる人」って感じが
する。「いばっていたい人」っていうか………
ようするに権威主義者。権威主義という差別主義の人。
どうもそんな気がする。やがてそこから中身スカスカが
はじまってくるんじゃないかと思えてならんのだが………

298 :無名草子さん:04/01/15 13:44
私もくなまく読んでるわけじゃないけど、
この人の書評、面白く読んでるけどな。
>>295
うん、よかったよね。
かくいう私は>>283を書きました。


299 :無名草子さん:04/01/16 07:37
この人、うわ真の連載でアエラのことぼろ糞言っていたのに
アエラにちゃっかり原稿のせているのは何故?
さかもと未明のことをおやじにこびてるとか批判しておきながら
自分はどうなんだ?と単純に疑問に感じたんだけど、知ってる方いますか?

300 :?:04/01/16 14:37
>299

アエラは懐深いのです。
いろんなことを揶揄してる雑誌ゆえ、
揶揄されても平気なの。
その人が書いても平気なの。

でも、もうすぐ斉藤連載終わるうわさ。
仲良しの編集担当が異動になったから、
特にアエラで書きたいわけでもない斉藤は、
やめるらしい。

301 :無名草子さん:04/01/16 17:57
朝日に芥川&直木賞のこと書いてるね。
なんかもうあそこまで強引な論調だと、同性の自分から見ても恥ずかしいやら情けないやら…。

302 : 無名草子さん:04/01/16 22:33
そういえばアエラ連載の男性誌のみ集めた単行本が出てたね

303 :無名草子さん:04/01/17 03:02
「変化したのは受け手側」斎藤美奈子(朝日新聞)

19〜20歳の女性作家が三人同時にノミネート、そして金原・綿矢両氏の
同時受賞が決まった。芥川賞の長い歴史の中でもはじめてのケースだっ
たから、メディアが浮き足立つのも無理はない。だけど、先に言ってお
こう。これをもって「話題づくり先行だ」と眉をひそめた人も「文学の
水準が下がった証拠」と嘆いた人も差別的な偏見にとらわれている。三
十代の男性作家が三人同時にノミネート(なんてことは過去にいくらで
もあった)だったら堅実な選択だとでも思った? それは「文学は大人
/男子の専有物」と思い込んでる証拠でしょう。だいたい女性作家の活
躍は、昨日今日、突然はじまったわけではない。80年代に林真理子や山
田詠美やよしもとばななが出、90年代になって笙野頼子や多和田葉子や
松浦理英子や赤坂真理が高い評価を得、川上弘美や江國香織や山本文緒
が人気を集め、一方では高村薫や宮部みゆきや桐野夏生が長編を出し続
け…といった経緯をみれば、現在の文学界はすでに女性作家でもってい
るといってもいいほどだ。ここ数年、大きな文学賞の受賞者に女性が目
立つとしたら「優秀な女性作家が増えた」のではなく「彼女達の作品を
理解する(誤解や幻想がまじっているにしても)中高年の文学者が増え
た」からだと私は思う。10代〜20代前半でデビューし、いまも第一線に
立つ女性作家は少なくない。かつての芥川賞にはそれを評価するセンス
がなかっただけの話。変化したのは受け入れる側。今回の結果もその意
味ではごく自然な流れ。「若い/女子」だからといって甘くみちゃだめ
です。


304 :無名草子さん:04/01/17 08:26

これがそのモンダイの、 同姓からみても 「恥ずかしいやら
情けないやら」 とされているところの “ 作品 ” でつか ?

で、 これ、 全文でつか ?

305 :無名草子さん:04/01/17 23:46
>>301,>>303
つうかそもそも『読者は踊る』で芥川賞・直木賞を揶揄してた
ように思うのだが。

306 :無名草子さん:04/01/18 00:28
女の小説家の名前をまあズラズラとならべたものでつが、
やっぱり字数かせぎなんでしょうか。

307 :斎藤ヘミナ子:04/01/18 03:33

 よく書きこんだもんだな。 ( 笑 )  >>303

  文中に、 【 「 話題づくり先行だ 」 と眉をひそめた人 】 っていうのと、
【 「 文学の水準が下がった証拠 」 と嘆いた人 】 っていうのとの、
2 種類の人をあらわす部分がでてくるが。

  んで、 この文章全体が、 この 2 種類の人たちにたいする反論って
いう話になっているんだが。

  いまのニッポン人のうち、 上の2種類の人って、 割合としてどんぐらい
いるんスかね ?  この2種類がもしも多数をしめていて、 つまり人口の多く
にあてはまるっていうんなら、 この文章は、 その世の多数派に はむかう
内容だってことになる。 世間サマを大むこうにまわして ひるむことを
しらない反逆の健筆だ。 さすがは斎藤美奈子。 フェミニズム ………
いや、 ここは呉智英にならって ヘミニズムの文筆闘士 ………

  じゃあデスね、 もしもこの 2 種類の人々の人口にしめる割合が、
まあゼロではないにしてもだナ、 あんまりとるに足るほどではないなアと
すると、 いったいこの文章って ……… ? ? ?   っつーことンなるなあ。

  それとも、 この 2 種類の意見が最近どこかで大々的にかかれたり、
あるいは、 それによって話題になったりしたのかな ?   で、 それに
たいして反論したってことなのかな、 われらが文筆闘士ちゃんがサ。

  そういうわけじゃなくて、 しかも、 その 2 種類の人の数がもしも
少ないとすると …………。  作家の名前ズラズラって、 まさかホント〜
に字数かせぎなのか ! ?  ……… いや、いやいや、ありえない。そんな
こたアありえない。 われらが健筆のヘミナ子ちゃんにかぎって ! ! !

308 :昭和43年生まれ:04/01/19 04:13
この人って私より一回り上の年女なんだね。プロフィールを見てびっくりした。
斎藤さんは文筆業の他に何かやってるの?山本夏彦がずっと「室内」の編集長
だったように、何か手仕事を持っておいた方が良いと思うんだが。

309 :無名草子さん:04/01/19 05:44
ともあれ、私みたいにさほど文学に詳しくない人間が
唯一知っている女性文芸評論家。
ちなみにマネージメントは中村うさぎの著作によく出て
くる深沢真紀。


310 :無名草子さん:04/01/19 19:11
やっぱ芥川賞とか結構話題になるんだなぁ
以前は、権威ある賞の受賞作だったら読んでみようかな?とか思ったこともあるけど、辻仁成が受賞してからは全く思わなくなったよ。
どちらかと言わなくても、音楽好きなもんなんで。
この感覚、わかってくれる人が多いと思うけど。

311 :無名草子さん:04/01/19 21:17
一回り上ってことはまだ50逝ってなかったのか・・・そっちの方が驚きだ

312 :無名草子さん:04/01/20 10:53
これで名実ともに「文壇アイドル論」が現実のものとなった訳だが

313 :無名草子さん:04/01/24 10:54
モダンガール論の解説はすごいね。
女性はすべてファーストネームで呼んでしまう
美奈子恩師の大学教授。
こんなオヤジといまだに親交がある美奈子って
やっぱ単なるお嬢サマライターなんだよ。


314 :無名草子さん:04/01/25 19:21
>>313
あの解説の名前は個人を特定しないために「A子さん」「B子さん」といってる記号
がわりではないのかと自分はオモタ。


315 :無名草子さん:04/01/26 00:40
>>314
「美奈子」VS「万里」と書いていたよ。
斉藤美奈子と米田万里のことね。

316 :cherryman7:04/02/01 02:48
斎藤美奈子と米原万里の読者はかぶるのか?
俺は二人とも好きだけど。

ただ斎藤美奈子の本は置いてる所少なくて探すの大変。
やっと見つけた「男性誌探訪」は興味の無い雑誌ばかりとりあげていたので
買いませんでした。

317 :無名草子さん:04/02/01 02:50
>>316
今は文庫でいろいろ手に入るよ。


318 :無名草子さん:04/02/01 17:03
>>316
違う。
斎藤美奈子の文庫の解説を米田万里が書いていたこと。
「男性誌探訪」はアエラ掲載だけあってつまらないから買わないでよし。

319 :無名草子さん:04/02/01 20:49
米原だって。

320 :無名草子さん:04/02/02 04:09
「週刊朝日」では小谷野敦と肩を並べ、
「噂の真相」では筒井康隆と肩を並べ、
「婦人公論」では林真理子の「文章読本」を別冊付録につけられ、
「読売新聞」では渡辺淳一の連載小説があるわ、アエラで「ケータイを持ったサル」
をけなした正高信男が読書欄の週代わりコラムのメンバーに加わるわ、
俺が斎藤の立場だったらいじめられているとしか思えない。

斎藤さんってひょっとしたらマゾヒストなのかもしれない。
あの毒舌は「もっといじめて」というサインなのかも。


321 :無名草子さん:04/02/05 10:15
>>297
>>くまなく読んでるわけじゃないので、そこをつっこまれると
>>ゴメンナサイだけど、斎藤美奈子は「いばる人」って感じが
>>する。「いばっていたい人」っていうか………
>>ようするに権威主義者。権威主義という差別主義の人。

表向き「権威あるもの」を揶揄するスタンスを取っているけど、
どうも「そんな“辛口”なアタシ☆」に酔っているような感じがする。
あと彼女の書評を読むと、対象の本(&書き手)を褒めるにしろ貶すにしろ
「この人、本当は書籍も雑誌も大して好きじゃないんじゃないの?」という気も。
↓難民板のナンシー関スレよりコピペ

186 :名無し草 :03/12/31 23:30
>>182
ナンシーは「テレビ&芸能人を辛辣かつ冷静に批評して、だけどテレビが好き」

斎藤美奈子は「マスコミ&文壇を辛辣かつ熱く批評して、そんな自分が一番好き」

…という感じがするな。

322 :297:04/02/05 18:52
>>321
   ナンシー関と斎藤ヘミナ子との比較 ! !

   いやア、 これは今までおもいつかなかった。 いやいやいや、 おもしろい。

   だれかこの本格的な比較論をやらんものかな。



   しかし、 ナンシー関との比較で批評家としての腕くらべ ・ 品さだめを

やられたんじゃ、 いくらヘミナ子ちゃんでもカワイソすぎるって気も ……… ( 笑 )

   でも、 >>321 をよむまではそれを思うことさえなかった。 いやア、 この比較は

画期的な視点かも。 だれか本格的にやらんかな。 でも、 ヘミナコちゃんのイノチ

とりになっちゃうだろうか ……… ? ?

323 :無名草子さん:04/02/06 07:14
結局、ナンシー関はすごすぎるという結論しかでないんだよな。

324 :無名草子さん:04/02/06 07:33
というより、ナンシーに美奈子女史を批評してほしかったな。
消しゴム版画付きで。

325 :無名草子さん:04/02/06 10:38

そのケシゴム版画の絵と実物と、どっちが美人かな?

326 :無名草子さん:04/02/06 11:06
むやみな改行すんなよ

327 :322:04/02/06 16:40
>>326
なんで ?

328 :無名草子さん:04/02/07 01:54
「モダンガール論」文庫で読んだ。想像していた内容と全然違って面白かった。
だってオビのコピーが「社長になりたいか、社長夫人になりたいか」みたいなヤツで
興味持てなかったので、単行本は見送ったのだが。
「雑誌を通して読む日本における近代女性史」なのだが、これフェミ学者でもやってないのでは?
雑誌に目をつけるところがうまいと思った。わかりやすく書いてあるし。
何だかんだいっても彼女は逸材。マスコミに使い捨てされないことを祈る。

329 :無名草子さん:04/02/07 05:33
ミナコは女性誌を扱うと上手いね。
男性誌探訪はダメでしたけど。

330 :無名草子さん:04/02/10 14:24
斎藤美奈子さんの著書を愛読しているうちに
なんか、斎藤さんに萌えるようになってしまった・・・・・
私のほかにも誰かこんな人いるだろうか
私の母くらいの年だってこと知ってなんだかかなしい。


331 :無名草子さん:04/02/10 14:25
斎藤美奈子さんの著書を愛読しているうちに
なんか、斎藤さんに萌えるようになってしまった・・・・・
私のほかにも誰かこんな人いるだろうか
私の母くらいの年だってこと知ってなんだかかなしい。


332 :無名草子さん:04/02/10 18:02
>308
斎藤美奈子は編集者としてずぅーっと業界に生息してきた人。
妊娠小説から、自身の名前を冠した著作も多く出すようになったけど、
基本は読んで書いてなんぼの地道な編集者だったんだよ。
そこらへんは文章読本さん江でもちょっと触れられているかもしれないけど。
で、普通、文芸の論壇に登場するのは、
アカデミズムの世界から一歩も外にでたことがなくて、
てすさびに書いた一般書が思いの外受けてしまった人とか、
自身作家として結構名を馳せた人、
もしくは最初から大なり小なり評論・書評家として活動してきた人、
だったりするんだけど、
斎藤美奈子は、丹念なリサーチというアカデミズムの手法を使い、
誰もがうなる(コヤノでさえも)文章力
(よく準備された著作に関してはね)を持って、
コアな読書家以外の一般人を惹きつけるコピーと切り口でデビュー、
しかしてその正体はキャリアの長い真っ当な編集者だった、
って隙のないところが
業界の人たち+我々一般のちょっと本を好きな人を
キューンとさせてしまったんだよ。
彼女の基本スタンスは読書オタ。
良書も悪書もフィクション、ノンフィクション、
トンデモ本もエロ本も漫画もなんでもござれだから。
彼女の守備範囲の広さを大風呂敷を広げているって取る人もいるけど、
いわゆるそうやって片っ端からどんなものでも読んでいくのが
彼女の本職だってこと。
これからも今までのようにもてはやされるかどうかはわからないけど
たとえ彼女自身のスタンスが古びても、
ん十年のキャリアにモノをいわせて、書評だけでなく、編集者としても
当分喰っていけると思うよ。
長文失礼。

333 :蹴りたいピアス:04/02/10 18:56
重箱の隅つつきの暇人だよ

334 :無名草子さん:04/02/10 19:15
>>332
ほんとに読んでると、思う?


335 :無名草子さん:04/02/11 05:46
>>334
プロなんだから読んでいるに決まっているじゃん。
ただ、読解力がないだけで(w


336 :無名草子さん:04/02/11 20:54
>>332
確かに色々と読んでいるのかもしれないが、切り口がいつもジェンダーフリーだったりオヤジ批判だったりでつまらない。
能力というより、人格というか哲学に問題が有る。
だからこそ分かりやすく、本が売れるのかもしれないが。

337 :332:04/02/11 21:50
>336
それが一番鼻についたのは、男性誌探訪でしたね。
そろそろ系列的に論じるのはやめて、朝日の書評のように、
本に近いところで論じる書評家に落ち着いてほしいと思います。
文章の切れで十分に楽しめるので、私はそれで満足出来ます。
大体、文章読本さん江も結構うけた部分って、
丸谷才一らの物まね文だったりするんじゃないのかな。
他、男性誌・・での東洋経済は明治時代創刊だったことを指摘するあたり
雑誌編集者ってこういうところも気になるんだぁ、と、
面白く読みました。
やはり細部に神はやどるということで。

338 :無名草子さん:04/02/12 00:33

  斎藤をくまなく読んでいるわけじゃないので違うかもしれないが、 きわめて
ふるいたとえで恐縮ながら、 宮本 顕治 の 『 敗北の文学 』 をよんだときに
かんじたのとおなじ印象がうかんでくることが斎藤の作文にはおおい。 これは
ワシだけだろうか。

  『 敗北の文学 』 において宮本は 「 才気がある 」 といわれたそうだ。 この点
はある程度そのとおりだともおもうが、 その才気をすべてひっぺがしてみれば、
ものすごく単純なリクツしかのこらないようにおもえてならない。 つまり、逆にいう
と、 ものすごく単純なリクツにすぎないものを、 あふれるようなあまりある才気で
ゴテゴテとかざりたてただけのようによめる。

  斎藤の文章にもこれとそっくりの感想をおぼえるんだヨなあ。 ……… それとも、
ワシだけなのかなあ ………

339 :無名草子さん:04/02/12 05:37
>>332
 斎藤さんが編集者上がりだということは知っています。
村松友覗、宮脇俊三、高田宏など、編集者から文筆業へ転
じた人は数多くいるけれど、女性では珍しいのかな。
 私が知りたかったのは現在でもそういう現場にいるのかな?
ということです。たとえば大塚英志は文筆業もしながら編
集者でもあり続けています。

340 :無名草子さん:04/02/12 10:48
村松友みとか高田宏って編集者から作家というイメージでした。
「作家だけど書評もやってるぜ。」に入るんだけど、どうかな。
しかし彼らではなくても、よーく考えたら、ま、結構いるよね。
渋谷陽一とか。ちょっと違うか。

おそらく339さんの方がよくご存じでしょう。
大塚英志か。そういえば彼、斎藤美奈子のことなんか書いてましたね。

『脱文学と超文学 21世紀文学の創造4』斎藤美奈子(岩波書店)
         男女という制度7』斎藤美奈子(岩波書店)
『L文学完全読本』斎藤美奈子(マガジンハウス)
これらは名前を冠した編集。

>338
ものすごく単純なリクツにすぎないものを、
あふれるようなあまりある才気でゴテゴテと
かざりたてただけのようによめる。
同感。だから「モダンガール論」の書評に、
だからどうした!新しい在り方を呈示せよとか、
ズサンなフェミ論とか書かれるのだよね。

でも文学ではないものの、資料を使って研究を行っている私にとって、
「こんな素材からも、この説を補強することが出来ます」
という論文は充分に評価に値するとおもっちゃうんだよな。
とにかく、好きだからこそ、このごろのずさんな仕事が超!気になる。
とくにポパイの連載!
バカにしてんのか。いやばかにしてるんだろうな。
しかしバカにされている奴は絶対にそれがわかるのよ。匂うのよ。
美奈子、ポパイ読者をなめんなよ。

341 :無名草子さん:04/02/12 16:04
文藝賞選評の結び:
大手を振ってモミクチャにされてください。

今週日曜日の読売新聞のコラムの結び:
「話題作り優先だ」と読みもしないで文句を
いった人は、どうぞ裏切られてください。


ちょっと気の利いた表現の使い回し、カッコ悪い。

342 :無名草子さん:04/02/12 17:08
斉藤美奈子はかなり好きなんだけど
今回の芥川賞についてのコメントは、ツライ
読んで、つまらいからブーイングを言ってる人は除外されて
読まないで話題作りだと言う人、とかなり限定した批判である
なら具体的に受賞作のどこがいいのか教えてくれないと。
審査員してる身としてここは喝をいれとくべきだったんじゃないかな
あ、綿屋は斉藤さんが審査員してる賞出身でしたね。
なるほど、斉藤さんもそういうモノに組み込まれてる訳ね
そりゃ文句いえないわ


343 :無名草子さん:04/02/20 09:30
>>342
おおむね同感。馬脚現われたという感じだね。
お仲間のバランス感覚で世渡りしてきた限界が露呈。
綿矢バブルこそフェミ的にもぶっ叩かねばならないんでないのか?
っていうか、叩いてるフェミっているのか?

344 :無名草子さん:04/02/20 10:47
>>338
>>ものすごく単純なリクツにすぎないものを、 あふれるようなあまりある才気で
>>ゴテゴテとかざりたてただけのようによめる。

“誰でも多少は思ってるようなことを、乱暴な文体で冷笑的に書く”手法。
80年代に流行った「本音エッセイ」でつね。

345 :無名草子さん:04/02/20 12:10
やっぱり田舎者なの?

346 :無名草子さん:04/02/20 22:54
新潟の公立進学校のマジメなおねえちゃんだったんですと。
でもって、成城大学経済学部へ。
しかしどうして経済だったんだろ……文学部じゃなくて。

347 :無名草子さん:04/02/21 01:10

文学的商品学

斎藤美奈子(さいとう・みなこ)著

紀伊国屋書店
本体1600円  20cm 252p
4-314-00958-6 / 2004.02

ファッション、食べ物、ホテル、バンド、オートバイ、野球…。商品情報を読むように、小説を読んでみよう。庄司薫から渡辺淳一まで、のべ70人の82作品を自在に読みとく。

【著者紹介】
1956年新潟県生まれ。成城大学経済学部卒業。文芸評論家。「文章読本さん江」で第1回小林秀雄賞を受賞。著書に「妊娠小説」「紅一点論」「読者は踊る」など。

348 :無名草子さん:04/02/21 01:27
せいじょうへ行った時点で、まじめじゃないだろ。
田舎の効率新学校で、せいじょうは、中位以下の成績だぞ。

349 :無名草子さん:04/02/21 01:57
佐藤亜紀も新潟だ・・・

350 :338:04/02/21 21:02
>>347
  さきに 『 敗北の文学 』 をひきあいにだしたけど、 斎藤美奈子
って小林秀雄賞ってゆうのを受賞してるの。 ……… いやいや、
なんてグーゼンな。ちょっとビックリしちまったダよ。

351 :無名草子さん:04/02/22 12:25
大学教授の娘で成城つうのはつらいな。

352 :無名草子さん:04/02/22 14:08
小林秀雄賞?
聞いたことないや

353 :無名草子さん:04/02/22 16:55
小林秀雄賞選考委員

加藤典洋、河合隼雄、関川夏央、堀江敏幸、養老孟司

354 :無名草子さん:04/02/22 19:16
選考委員並べても無意味だっつうの。

355 :無名草子さん:04/02/22 20:00
>>348
優秀なやつが経済学部へ行く時代があったんだろう。
同い年の浅田彰が京大の経済学部に入ってるんだし。

356 :無名草子さん:04/02/23 00:05
だから、成城の偏差値調べてみろよ。
優秀なやつのいく大学違うから。

357 :無名草子さん:04/02/23 11:06
>351
大学教授の娘なの?その情報は一体どこから?

358 :無名草子さん:04/02/28 19:29
>>357
インタビュー記事とかによく書いてあるよ。
田舎の大学教授の娘。

359 :無名草子さん:04/03/03 20:25
えなりの先輩になるのか

360 :無名草子さん:04/03/04 01:24
斎藤は斎藤でも斎藤環のほうが好きじゃい!!

361 :無名草子さん:04/03/04 04:09
>>360
それはそれで不憫やのう……(;´Д`)

362 :無名草子さん:04/03/05 16:17
文学版に置いて女性が差別されています。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1078210049/

363 :唐突だけど:04/03/07 00:40
小澤征良『おわらない夏』についての書評は
斎藤美奈子の最高傑作の一つだと思う。
(アエラの連載)


364 :無名草子さん:04/03/07 00:46
この人の文章は、いやみ臭い文体が空回りしてて嫌い。
賢く見てもらいたいようだが知性が感じられない。


365 :美奈子肯定派:04/03/07 00:46
岩月謙司のクソ本『女は男のどこを見ているか』
についても書評書いてるな。
書評のタイトルに
「ベストセラー独走中 めまいを起こしそうな本」
とあるからぜひ読んでみたい。でもって溜飲を下げたい。


366 :無名草子さん:04/03/07 10:29
>364
>いやみ臭い文体
最近は、わざと美奈子反対派(?)の癪に障らせようと
あの文体を使い続けているのでは、とすら思うようになった。

367 :無名草子さん:04/03/13 11:01
「趣味は読書」はおもしろく読ませていただきました

368 :無名草子さん:04/03/13 12:39
妹尾河童の「少年H」をきちんと批判したのはこの人が最初だと思う。
(山中恒はその後では?)。
それ以来、書評家としては信頼してますが。確かにミステリなどエンタメ系は苦手みたいですが。

369 :無名草子さん:04/03/13 13:23
既出かもしれんが、「盗作猿=乱D」に「批評を読むと病気になる」
と言われたのもこの人の功績なんじゃない?
いまだに乱Dは、「美奈子」って名前を使って、ヒッキー少年との
嘘とも本当ともつかない駄文をwebで連載しているけど・・
そこでの「美奈子」は、一流大学を出でいるが、高校時代から
尻軽で、生活力のない男ばかり選んで、結婚に失敗。
息子の引きこもりも「美奈子」の過保護によって、スポイルされた
からだという設定?になっている。

http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/


370 :無名草子さん:04/03/13 14:38
斉藤美奈子は実際のところ、
>一流大学を出でいるが、高校時代から
>尻軽で、生活力のない男ばかり選んで、結婚に失敗

このあたりの記述がどのくらい当てはまるんだろうか?

371 :無名草子さん:04/03/14 02:54
>>328
>「雑誌を通して読む日本における近代女性史」なのだが、これフェミ学者でもやってないのでは?
”婦人誌を通して見る近代女性史”なら、いろんな研究があります。
女子大の卒論にはうってつけのテーマだし。
画像(口絵、挿絵)だけで分析した、若桑みどりの『戦争がつくる女性像』なんてのもあるくらいだし。


372 :無名草子さん:04/03/15 03:34
>>327
読みズらいでしょ!

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)