5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■□ スティーヴン・キングPart4 □■

1 :拳銃使い:03/08/10 15:40
     ■□ スティーヴン・キングPart4 □■
     “ Its the tale, not he who tells it. ”
     < 語る者ではなく、語られる話こそ >

前スレ   ■□ スティーヴン・キングPart2 □■ (実はPart3)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1047536319/
前々スレ  ■□ スティーヴン・キングPart2 □■
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1031371052/
前々々スレ スティーヴンキングについて語りませう
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1013792417/

■キングオフィシャルサイト
ttp://www.stephenking.com/
ガンスリンガーコンテスト
ttp://www.penguin.com/darktower/contest.html
ITオフィシャルサイト
ttp://www.nhk.or.jp/it-king/

お前がここに書き込みするのは”カ”だ。我々は”カ・テット”なのだ。

2 :無名草子さん:03/08/10 15:58
|   |  (:::::::::: )
|  <・> (:::::::::::)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|●  | (:::::ノ    <おまいらフワフワしようぜ!

3 :無名草子さん:03/08/10 16:35
>>1
あんた枯れてるよ






4 :無名草子さん:03/08/10 18:45
>>3
氏ね

5 :無名草子さん:03/08/10 19:13
>>1
乙かれー

6 :パングボーン:03/08/11 04:06
日本語訳された作品一覧

キャリー(新)映画化
呪われた町(集)テレビドラマ化→編集版が劇場公開
シャイニング(文映像化はキューブリック版とキング版の2種アリ
深夜勤務(扶)短編集 「トラック」、キング監督により映画化
トウモロコシ畑の子供(扶短編集
デッド・ゾーン(新) 映画化、映画とは別にテレビドラマ版アリ
ファイアスターター(新)映画版タイトル「炎の少女チャーリー」
クージョ(新)映画版タイトル「クジョー」
ゴールデン・ボーイ (恐怖の四季、春夏)(新)中篇集、タイトル作品の他「刑務所のリタヘイワース」収録
スタンド・バイ・ミー(恐怖の四季、秋冬)(新)中篇集、タイトル作品の他「マンハッタンの奇譚クラブ」収録
暗黒の塔T ガンスリンガー(角)
クリスティーン(新潮社) 映画化
人狼の四季(マーティ)(学研) 絵本
ペット・セマタリー(文)映画版タイトル「ペットセメタリー」
タリスマン(新)ピーター・ストラウブとの共作
骸骨乗組員(扶)短編集、「霧」等収録
神々のワード・プロセッサ(扶)短編集、「しなやかな銃弾のバラード」『ジョウント」等収録
ミルクマン(扶)短編集、「ノーナ」「生きのびるやつ」「浮き台」等収録
IT(文)テレビドラマ化
ミザリー(文)映画化
トミーノッカーズ(文)映画化


7 :_:03/08/11 04:08
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku03.html

8 :パングボーン:03/08/11 04:08
暗黒の塔U ザ・スリー(角川書店)
ダーク・ハーフ(文芸春秋)映画化
ランゴリアーズ Four Past Midnight I(文)中編集、タイトル作品テレビドラマ化 他「秘密の窓、秘密の庭」収録、映画化決定
図書館警察 Four Past Midnight II(文)中編集、タイトル作品の他「サンドッグ」収録
ニードフル・シングス(文)映画化
ドロレス・クレイボーン(文)映画版タイトル「黙秘」
ローズ・マダー(新)
グリーン・マイル 1-6(新)映画化 文庫発売後、愛蔵版としてハードカバーで一冊で出版
ジェラルドのゲーム(文)ドロレスクレイボーン関連作品
暗黒の塔V 荒地(角)
デスペレーション(新)レギュレイターズ関連作品
いかしたバンドのいる街で(文)短編集
ヘッド・ダウン ナイトメアズ(文)短編集
暗黒の塔W 魔導師の虹(角)
骨の袋(新)
ライディング・ザ・ブレット(ア)ネット配信→後にハードカバーで刊行
ザ・スタンド(文)テレビドラマ化
ドラゴンの眼(ア)
不眠症(文)
アトランティスのこころ(新)映画化
トム・ゴードンに恋した少女(新)
ドリームキャッチャー 1-4(新)映画化

9 :パングボーン:03/08/11 04:09
リチャード・バックマン名義

ハイスクール・パニック(扶)バックマンブックス 現在はスティーブンキング名義
死のロングウォーク(扶)バックマンブックス 現在はスティーブンキング名義
ロードワーク(最後の抵抗)(扶)バックマンブックス 現在はスティーブンキング名義
バトルランナー(ランニングマン)(扶)バカ映画化 バックマンブックス 現在はスティーブンキング名義
痩せゆく男(文)映画化 現在はリチャード・バックマン、実はスティーブン キング名義
レギュレーターズ(新)デスぺレーション関連作品 現在、唯一のリチャードバックマン名義作品


10 :パングボーン:03/08/11 04:11
その他

死の舞踏(福武書店)エッセイ、ノンフィクション 現在絶版状態
スティーヴン・キング 小説作法(アーティストハウス)エッセイ、ノンフィクション

本国での刊行済み作品
Everything's Eventual--14 Dark Tales      
From A Buick 8
Black House

本国での刊行予定作品
暗黒の塔V Wolves of the Calla 2003年11月14日
暗黒の塔VI Song of Susannah 2004年夏
暗黒の塔VII The Dark Tower 2004年11月

「秘密の窓、秘密の庭」はジョニーデップ主演で映画化決定

(注)作品名の後の括弧内の出版社は以下の通り
新潮社(新) 文芸春秋(文) 扶桑社(扶) 学研(学) アーティストハウス(ア)

11 :_:03/08/11 04:30
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

12 :無名草子さん:03/08/11 04:34
すいません
ショーシャンクの原作は何ですか

13 :?:03/08/11 04:38
ショーシャンクの原作
ゴールデン・ボーイ (恐怖の四季、春夏)(新)中篇集、刑務所のリタヘイワース」収録


14 :拳銃使い :03/08/11 09:48
おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい

15 :無名草子さん:03/08/11 10:19
>>1さん乙です。

・"Entertainment Weekly"誌8月8日号から、キングのコラムの連載が始まりました。
月イチで掲載の予定(8月中はもう一回掲載されるらしい)
"Pop of King"という題で、映画、音楽、本などのポップ・カルチャー
をぶった切っています。
映画は"T3"がお気に入りで、音楽ではEminemがけっこう好きなんだとか。
本では、最近全米で話題の"The Da Vinci Code"はクソだと言い切っています。
掲載中止にならないかと心配していまうくらい、過激な内容です。

・"Kingdom Hospital"の撮影がそろそろ開始されるようです。
来年2月から米ABCテレビで放送予定。
ttp://us.imdb.com/Title?0324864

・ブルース・ウィリスが映画化権を買ったというニュース以来
音沙汰のなかった"Bag of Bones"ですが、ようやく製作が開始されたようです。
ttp://us.imdb.com/Title?0372778

・ジョニー・デップ主演の"Secret Window, Secret Garden"は現在撮影中。
ttp://us.imdb.com/Title?0363988

オマケ
・いつ頃の写真かわかりませんが、Rock Bottom Remaindersの雄姿。
キングって背高っ
ttp://www.geocities.com/Athens/7030/

16 :無名草子さん:03/08/11 12:17
>>1さん及び補足の方々お疲れ様です。

おまけ
ttp://www.rockbottomremainders.com/
(The Rock Bottom Remaindersの公式サイト)
ttp://www.dqydj.com/rbr.htm
(所属レーベル?,『"Don't Quit Your Day Job" Records』
("本業を辞めるなよ"レコードw)のThe Rock Bottom Remaindersページ)


17 :無名草子さん:03/08/11 21:53
Everything's Eventualの主人公が
『Breaker』だってのをたったいま知りますた。
Low Men in Yellow Coatsのブローティガンさんと同業者だったんだなー。

ガイシュツだったらスマン。

18 :無名草子さん:03/08/11 22:00
どうも人少なすぎると思ったら新スレ立ってたんだな。おつ

19 :無名草子さん:03/08/11 23:44
以前借りてきたビデオで
「ブロス〜やつらは時々帰ってくる」というのを観ました。
原作がキングと聞いたのですが、原作のタイトルがわかりません。
どなたか教えていただけないでしょうか?

20 :無名草子さん:03/08/12 00:15
「深夜勤務」Night Shift1 短編集に「やつらは時々帰ってくる」が収録されてます。
>>6 >>8 >>9 の作品リストにこれ入ってませんね。

21 :無名草子さん:03/08/12 00:21
>20
サンクス!
早速買ってきます(・∀・)

22 :パングボーン:03/08/12 00:38
アンソロジー

死霊たちの宴 創元推理文庫 スキップ&スペクター編 (キング作品)「ホーム・デリヴァリー」
ナイト・ソウルズ 新潮文庫 J・N・ウィリアムスン編 (キング作品)「ポプシー」
ナイト・フライヤー 新潮文庫 ダグラス・E・ウィンター編 (キング作品)「ナイト・フライヤー」
魔性の猫 新潮文庫 ダン&アンゾワ編 (キング作品)「魔性の猫」
レベッカ・ポールソンのお告げ 文春文庫 (キング作品)「レベッカ・ポールソンのお告げ」
ショックロック 扶桑社 ジェフ ゲルブ編 (キング作品)「いかしたバンドのいる街で」



23 :無名草子さん:03/08/12 07:37
●アンソロジー...
魔法の猫 /扶桑社
  キング作品:魔性の猫
スニーカー /早川書房
  キング作品:リプロイド、スニーカー、献辞
ナイト・フライヤー /新潮社
  キング作品:ナイト・フライヤー
ナイト・ソウルズ /新潮社
  キング作品:ポプシー
死霊たちの宴 /東京創元社 ※上下2巻
  キング作品:ホーム・デリヴァリー
レベッカ・ポールソンのお告げ /文芸春秋
  キング作品:レベッカ・ポールソンのお告げ
ゴーサム・カフェで朝食を /扶桑社
  キング作品:ゴーサム・カフェで朝食を
ヴァンパイア・コレクション /角川書店
  キング作品:新・死霊伝説
サイコ /祥伝社
  キング作品:第四解剖室
ファンタジイの殿堂 伝説は永遠に(1) /早川書房
  キング作品:エルーリアの修道女

24 :無名草子さん:03/08/12 09:15
>>21
>>ブロス〜やつらは時々帰ってくる

おもろかった?
パッケージからB級臭さがにじみ出ててちょっとためらってるんだけど

25 :無名草子さん:03/08/12 21:34
>ゴーサム・カフェで朝食を
プッ

26 :無名草子さん:03/08/13 02:33
キングの作品には沢山のロックミュージシャンの名前や歌詞が出て来て
文章読みながらロックが聴こえて来るようで大好きなんだが、
いくらなんでもブラックサバト、KCとサンシャインバンドはないだろう。
ロック聴かない人にはどうでもいい事だろうけどロック好きな人間には
これだけで萎えてしまうよ。
翻訳者が悪いんじゃなくて、出版社の編集者は一般的に日本で知られている
バンド名、アーティスト名にもう少し気を使って校正して欲しい。
ITの目次の前のページの最後に 青から黒へ ニールヤング ってあるけど
ヤングは Out of the blue,Into the blackって歌ってた。
これを訳すと、突然に暗黒の世界に入り込んだ って意味だと思う
正にITの前フリなのにロックと結び付けて翻訳されてない。

と2ちゃんねるで言ってもしょがないね。

27 :無名草子さん:03/08/13 07:46
>>25
( ゚д゚)、ペッ


28 :無名草子さん:03/08/13 08:28
21っす。
>24
面白かったですよ。
ただ、まだ原作は読んでないので(本屋に行けてない…泣)、
比べてどうとか言うことはわかんないっす。
最後の方もITと比べればなんのその、って感じです。
今日こそは買うつもりです。
でも置いてなかったら(´・ω・`)

29 :無名草子さん:03/08/13 08:49
>>27
氏ね

30 :無名草子さん:03/08/13 10:16
( ゚д゚)、ペッ

31 :無名草子さん:03/08/13 10:19
>>30
おまえは性根が腐ってるな。

誤 ゴーサム・カフェで朝食を /扶桑社
  キング作品:ゴーサム・カフェで朝食を
正 ゴーサム・カフェで昼食を―22の異常な愛の物語 扶桑社ミステリー
  キング作品:ゴーサム・カフェで昼食を

32 :無名草子さん:03/08/13 10:34
┐(゚〜゚)┌ヤレヤレ
題名、副題も分らないのか
それに、扶桑社ミステリーは出版社じゃないだろ

33 :無名草子さん:03/08/13 10:49
>>25 はずかしぃ香具師

34 :無名草子さん:03/08/13 10:59
どうした?
朝と昼の間違いを指摘されたのがそんなに口惜しかったのか?w

35 : :03/08/13 11:30
図書館警察読んでるんですが
失敗したようです。
怖くありません。

36 :無名草子さん:03/08/13 17:13
(´-`).。oO俺も今まで朝食だと思ってたことは秘密だ・・・

37 :無名草子さん:03/08/13 17:40
「ゴーサム・カフェで朝食を」
いいじゃん。なんだかさわやかな恋愛モノみたいだ(禿藁

38 :無名草子さん:03/08/13 18:39
キィィィィィー!

39 :無名草子さん:03/08/13 18:40
キィィィィィー!

40 :籔睨み探偵社2Fへようこそ:03/08/13 20:30
(-_-!!!)…→そういや最近、「スティーヴン・キング絶賛!」って帯、見かけなくなったなあ。
      神通力も衰えたか。それとも、俺が見てないところで・・・。

41 :無名草子さん:03/08/13 20:47
>>28
レスさんくす。
つうか、レス確認する前に借りてきた。これから見る。

42 :無名草子さん:03/08/13 21:46
>>32
┐(゚〜゚)┌ヤレヤレ えらい恥かいちゃったね、アンタ

43 :無名草子さん:03/08/13 22:36
>>42
つまらんレスすんなよ


ブロス〜やつらは時々帰ってくる

おもろかった。今原作をちょっと読み返してみたが、原作よりよくできてるよこれ。
キングテイストも原作以上に出てた。

44 :無名草子さん:03/08/13 23:19
>>43
つまらんレスすんなよ

45 :無名草子さん:03/08/14 00:01
>>40
アメリカのどっかの雑誌でハリーポッター最新作を絶賛してたぞ( ´_ゝ`)

46 :無名草子さん:03/08/14 00:01
まあ、素で「朝食」だと思っていた人は読んでないんだろうね。

47 :無名草子さん:03/08/14 00:25
>>45
前スレ落ちる前に。

・Entertainment Weekly誌に、キングによるHarry Potter 5のレビューが掲載されました。
キングによる手書きの原稿が公開されています。
ttp://www.ew.com/ew/dynamic/imgs/030701/stephenking.pdf
おおむね誉めているのですが、副詞の使い方に苦言を呈しているところがキングらしい。
キングってけっこう字ヘタ?

894たんありがとう。

48 :無名草子さん:03/08/14 01:36
キングって一度来日してくれんかな。
丸善あたりで朗読会やってほしい。

49 :無名草子さん:03/08/14 02:23
何が悲しくて日本なんて来なくちゃいけないんだよ。

50 :無名草子さん:03/08/14 08:49
>>49
ナニイッテンダお前。馬鹿なのか?

51 :無名草子さん:03/08/14 09:33
>>50
┐(゚〜゚)┌ヤレヤレ

52 :無名草子さん:03/08/14 09:36
>>51
お前ははつまんねーんだよ。死ね馬鹿。

53 :無名草子さん:03/08/14 09:41
>>52
┐(゚〜゚)┌

54 :無名草子さん:03/08/14 09:43
>>53
お前はツマンネーんだよ馬鹿。死ね。

55 :無名草子さん:03/08/14 16:47
>>54
あんた背中がすすけてるぜ

56 :無名草子さん:03/08/14 19:04
スリッパの味が知りたいなら手助けするぜ

57 :無名草子さん:03/08/14 19:45
( ゚д゚)、ペッ

58 :無名草子さん:03/08/14 21:16
夏厨ってこんなとこにまで来るのか・・・
キングスレってこんなに荒れてたか?

59 :籔睨み探偵社2Fへようこそ:03/08/14 21:53
(-_-!!!)…→キングって、作家としての地位築くまで、かなり大変だったみたいだね。
      そういう背景が好きになることもあるよね。
      中原中也とか、悲壮な人生歩んだ人の文章って、とてもいいよね。

60 :無名草子さん:03/08/14 22:22
その文脈で中原中也て…センス悪杉

61 :籔睨み探偵社2Fへようこそ:03/08/14 23:46
(-_-!!!)…→すんません。中也は僕のアイドルなので。

62 :山崎 渉:03/08/15 21:54
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

63 :山崎 渉:03/08/15 22:57
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

64 :無名草子さん:03/08/15 23:49
「骨の袋」が9月に文庫で出るんだそうだ。
ttp://www.shinchosha.co.jp/bunko/sokuho.html

65 :無名草子さん:03/08/16 10:09
いらneeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!

スタンド出してくれよ

66 :無名草子さん:03/08/16 11:20
>>64
情報thx!
オレは待ち遠しいんだが・・・

67 :無名草子さん:03/08/17 15:55
http://www3.tokai.or.jp/nob.bitaosi/R3_temp.swf?inputStr=%81@%83r%81@
%83%8A%81@%83x%81@%83x%81@%83%7D%81@%83G%81@%83X%0D%0A%81@%83%8B%81@%
83b%81@%83%93%81@%83%94%81@%83C%81@%83f%81@%83%5E%0D%0A%81@%81E%81@%8
3%60%81@%81E%81@%83@%81@%83N%81@%83B%81@%83%93%0D%0A%81@%83f%81@%83C%
81@%83n%81@%83%8A%81@%81E%81@%81E%81@%81E%0D%0A%81@%83%93%81@%81E%81@%83
%93%81@%81b%81@%83n%81@%83J%81@%83%86%0D%0A%81@%83u%81@%83g%81@%83X%81@%81E%81@%83%93%81@%83
X%81@%83%8A%0D%0A%81@%83%8D%81@%81b%81@%83R%81@%83%7D%81@%83%8D%81@%83v%81@%83X%0D%0A%81@%83E%81@%83W%81
@%83%80%81@%81b%81@%83%93%81@%83u%0D%0A%81@%81@%81@%83A%81@%81@%81@%83V%81@%81@%81@%83%89%0D%0A%81@%81@%81@%81@%81@%81@%81@%83%85%81@%81@%81@%8
3N%81@

68 :無名草子さん:03/08/18 02:51
>>67
おお!

けど、何でそーなるの?
自分で読んでみたら、
 ビ リ ベ ベ ・=@エ ス ル ッ ン ヴ イ デ タ ・ チ ・ ァ ク ィ ン デ イ ハ リ ・ ・ ・ ン ・ ン |
 ハ カ ユ ブ ト ス ・ ン ス リ ロ | コ ・=@ロ プ ス ウ ジ ム |
 ン ブ   ア   シ   ラ       ュ   ク 

となったよ。

69 :無名草子さん:03/08/18 02:53
いや、横書きを縦に読ませるためってのは想像がつくんだけどね、という意味。

70 :無名草子さん:03/08/18 08:53
これからもITを応援してくださいね(^^)

71 :リチャード・バックマン:03/08/19 13:55
これからもバックマンものを忘れないでくださいね(^^)

72 :無名草子さん:03/08/20 11:12
バックマン名義ね。
おまいら何が一番好きだい?

73 :_:03/08/20 11:26
http://homepage.mac.com/yamazaki8/hankaku10.html

74 :無名草子さん:03/08/20 12:41
>>72
卑怯な書き方をすると「痩せゆく男」。ジネリ萌え。


75 :無名草子さん:03/08/20 13:38
ジョバンニ、ラッコの上着がくるよ!

76 :無名草子さん:03/08/20 14:04
ザネリ

77 :無名草子さん:03/08/20 14:47
>>72
今ちょうど、「ロングウォーク」を読み返し中。結構好きだ。

「いつかまた、どこか別の所でな」。

78 :無名草子さん:03/08/20 18:06
>>77
それ誰の台詞だったっけ?

79 :無名草子さん:03/08/21 01:56
フロムビュイック8、どこが翻訳出版するのですか?
やはり新潮社?

80 :無名草子さん:03/08/21 07:25
>>78
アート・ベイカー

81 :無名草子さん:03/08/21 23:47
図書館警察を読む前にランゴリアーズを読んだ方がいいですかね?
なんかランゴリアーズ面白くなさそうな……
もしかして図書館警察も?

82 :無名草子さん:03/08/22 02:03
ランゴリアーズは面白かったぞ

83 :無名草子さん:03/08/22 12:20
「ランゴリアーズ」のラストは元気が出てくるいいラストシーンだぞ。
そんな俺は「デッド・ゾーン」を再読中・・・。

84 :無名草子さん:03/08/22 12:35
 あまり評判良くないけど、「図書館警察」結構好きです。
キングの得意のテーマをあまりひねらずに書いちゃっていて、そのへんが
不評の原因かとも思うけど。
 図書館の本を延滞したことがある人は、結構身近に感じる恐怖じゃない
かと思う。

85 :無名草子さん:03/08/22 17:58
バックマン・ブックス(扶桑社?)は
「ハイスクール・パニック」
「死のロングウォーク」
「ロードワーク」
「バトルランナー」
の4冊でいいんでしょうか? 

86 : :03/08/22 18:00
図書館警察が家の中に入ってきたとこまでは
面白かったけど、それ以後はなんかなぁ

87 :無名草子さん:03/08/22 18:33
>図書館警察
「ニードフル・シングス」と合わせて購入したので、
まずは「サン・ドッグ」から読んだっけ。

88 :無名草子さん:03/08/23 16:04
図書室の本やレンタルビデオを延滞した時のドキドキ感を思い出せば
面白く読めると思う>図書館警察

89 :81:03/08/23 23:07
それじゃランゴリアーズを先に読んでみます!
図書館警察は少し面白さを引き立てるために図書館から借りて来ます!
今回は延滞しないようきちんと返せるかが心配だが…

90 :ゆう:03/08/23 23:49
とうもろこし畑おもしろい?

91 :無名草子さん:03/08/24 02:09
>>ゆう

キングの短編はたいていは面白い。全部読め。

92 :無名草子さん:03/08/24 03:32
「とうもろこし〜」
初めて読んだ時に夢に出てきたよ。
本読んでその光景が夢に出てきた経験なかったんでびびった。
キングって視覚化しやすい気が汁。
単に自分に合ってただけかもしれんが。

93 :無名草子さん:03/08/24 03:36
キング好きって他にどんなの読んの?
クーンツもケッチャムも好きだが、
俺的はハリーポッターが好きだ

94 :無名草子さん:03/08/24 08:30
>>93
マキャモン

95 :無名草子さん:03/08/24 08:56
>>93
ポール・シェルダン

96 :無名草子さん:03/08/24 14:56
>>93
ダン・シモンズ。面白いぞ。

97 :無名草子さん:03/08/24 16:37
このスレのキング作品リストを読んだが、俺いつのまにか9割がた読んでいた。
比較的 初期作品とくに、シャイニング・ペットセマタリー・IT・ザ スタンド
・ファイアスターター ・・なんか好き。
呪われた町 探しても見つからない。タリスマン・クリスティーンも・・

98 :無名草子さん:03/08/24 17:55
>97
アマゾンで扱ってるよ。
1500円以上買えば送料無料になるぞ。
タリスマンとクリスティーンはともかく、呪われた町は必読!


99 :無名草子さん:03/08/24 22:09
グリーンマイル。古本600円で購入。ちょっと読みにくかったかなあ。
それと4巻P94中「ありがたや」に激しく違和感を覚えてしまった。
ついでに巻末の解説?がイライラする。イラネ!!
4巻を半分泣きながら読んで、オールドスパーキーの描写が怖すぎ。
パーシーを本気で罵りたい自分にキングは凄いと思った。

100 :無名草子さん:03/08/25 19:18
Entertainment Weekly 8/22号にキングのコラム連載第二回目が掲載されますた。
"Always, They Come Back"と題し、"Freddie vs. Jason"と80年代の
"Nightmare on Elm Street"や"Friday the 13th"や"Halloween"を対比して、
ホラー映画について語っています。

今回は他にめぼしいニュースもないので、キングの朗読が楽しめる
オーディオブックをご紹介しる。
・The Wavedancer Benefit
ジョン・グリシャム、ピーター・ストラウブ、パット・コンロイとともに
ニューヨークで行ったライブ。キングは3番目に登場し、持ち時間は20分ほど。
"The Body"に出てくる挿話を朗読しています。
(大食い大会でゲロまみれになるやつ)
会場は爆笑のウズ。キングもつられて笑ってしまう場面も。
・LT's Theory Of Pets
ロンドンで行われたライブ。
前半の爆笑の連続から後半はがらっと雰囲気を変え、
聴衆を不安にさせる展開。
この下は全てスタジオ録音
・Blood And Smoke
タイトルにちなんだ三つの短編を朗読。
"Lunch at the Gotham Cafe", "1408", "In the Deathroom"
・On Writing
同タイトルの無削除版。
・Bag Of Bones
同タイトルの無削除版。
・Hearts In Atlantis
同タイトルの無削除版。
キングは"Hearts in Atlantis"と"Blind Willie"を朗読。
その他の部分は俳優のWilliam Hurt。

101 :無名草子さん:03/08/26 01:33
>100オメ
それはみんなキング自身の朗読でつか?
知らなかった。探してみまし。
サンクスコ。

102 :無名草子さん:03/08/26 12:22
>93 ジェフリー・アーチャー。 トマス・ハリス。 宮本輝。 漏れの書棚は殆どキングだが。

103 :無名草子さん:03/08/26 12:43
宮部みゆきや村上春樹だな。
江戸川乱歩とか難しそうだが、読んでみると凄く面白かった。

104 :無名草子さん:03/08/26 15:30
ドロレス・クレイボーン て映画化されてたんだね。
ホラーじゃないけど 密かに好きだったので、「黙秘」昨日借りて見ました。
ミザリーの女優が出てました。


105 :無名草子さん:03/08/26 15:58
「IT」は余計な描写が多すぎ。

106 :無名草子さん:03/08/26 17:26
>>104
黙秘は地味だけど良い作品だと思いまつ

107 :無名草子さん:03/08/26 18:23
>102
漏れの書棚のことかとオモタw
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

108 :無名草子さん:03/08/27 09:21
>>100
乙。こういう報告があるからこのスレっていいよな。

109 :無名草子さん:03/08/27 15:11
今、>108がいいこと言った!w

>100
乙!


110 :無名草子さん:03/08/28 08:10
『死のスワンダイブ』が泣けたのを思い出した。あれって何に収録されてたっけ?

111 :無名草子さん:03/08/28 09:58
>>110
トウモロコシ畑

112 :無名草子さん:03/08/30 01:46
ライディング・ザ・ブリッド 100円でハケン。即ゲット。

113 :無名草子さん:03/08/30 05:10
骨の袋、上下巻、文庫買ってきました

114 :無名草子さん:03/08/30 15:45
みんなは、「暗黒の塔」シリーズはどうですか?
ぽっくんは、どうものめり込めません。
あと文庫本で1冊1,000円とかいうのも勘弁してほしいです。

115 :110:03/08/30 15:59
>111 アリガトン! 書棚を探してみよう。あるはずた。

116 :110:03/08/30 19:16
× あるはずた
○ あるはずだ

117 :籔睨み&The Darkest Tower:03/08/30 23:02
(-_-!!!)…→「骨の袋」って、悪い富豪が出てくるって書いてあったけど、
      まさか勧善懲悪ものじゃないでしょうね。
      買っちゃったけど、上下で。

118 :無名草子さん:03/08/30 23:12
「骨の袋」を「胃の袋」と読んだことがあるのはナイショだ。

119 :無名草子さん:03/08/31 01:28
118にちょっと好感を持ったのはナイショだ。

120 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/08/31 02:27
  おにーにワッチョイ!
     \\ おにーにワッチョイ!  //
 +   + \\ 118さんにワッチョイ!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      (,,*・Д・) (,,・Д・ ) (,*・д・)
 + ((  〜(__) (____丿〜(__)  ))+


121 :無名草子さん:03/08/31 04:01
図書館警察 って日本でいうと トイレの花子さん みたいな
子供たちのあいだで知られている 都市伝説 みたいなもの?
アメリカの子供なら誰でも知っているのだろうか?
それと‘リコリス’だったかな?ってドンナお菓子? これもフツーに
買えるもの? 誰か教えてください。

122 :無名草子さん:03/08/31 08:22
>>118
オイラは店員に「袋の骨ありますた」と聞いてしまった(´・ω・`)

123 :無名草子さん:03/08/31 14:29
>>121
前スレ100か200あたりでリコリスについての話題が続いたよ。
「粘土のような感触のあまり美味しくはない、けれど身体に割といいお菓子」
だったような・・・うーむ忘れてら。

124 :無名草子さん:03/08/31 14:50
>>123
> 「粘土のような感触のあまり美味しくはない、けれど身体に割といいお菓子」
日本でいうと「都こんぶ」見たいなかんじ?


125 :無名草子さん:03/08/31 14:51
キングの本に出てくる食べ物ってマズそうなのが多いような

126 :無名草子さん:03/08/31 21:06
開拓者のばちは旨そうだよね。

127 :無名草子さん:03/08/31 22:49
>>124
前スレから拾ってみた。以下無断で引用を許して>当事者の方々
(更に改行の変更をしたり略したりしてます)

>109 名前:Danae 投稿日:03/03/26 02:31
>>リコリス
>欧米で子供のおやつとして食される
>やや硬いグミの様なお菓子。香料が甘草----だそうだ。

>127 名前:無名草子さん sage 投稿日:03/03/31 13:59
>リコリス買った。喰った。


>まず!甘いとかそういうんじゃなくて、苦い。

>133 名前:127 sage 投稿日:03/03/31 22:06
>>130のリンク先見たけど、多分違うリコリスだと思う。
>会社名である「カッチェス」と商品名「キンダー」で検索してみた。
>ttp://www.alles.or.jp/~levelm/zonvey/ChallengeTaste.html
>いろいろ載ってるからページ内検索して下さい。

>一部転載してみる

>”「リコリス」は3000年以上の長い歴史があり、古代ギリシャやローマでは風邪薬として、インドや中国では
>腰痛や呼吸器系の治療薬として活用されていました。最近では、胃や十二指腸潰瘍・ガンや虫歯の予防など
>医学的研究リポートも多数発表され注目を集めています。カッチェスの「リコリス」は天然のリコリスの根より
>抽出したリコリスジュースを使用しており、脂肪分ゼロ、100%ナチュラルな商品です。”


この後レスはもっとあったかも。読みにくい長文スマソ

128 :無名草子さん:03/09/01 07:29
「死のロングウォーク」でステビンズが食べていた
「ジェリーサンドイッチ」ってどんなもんなんだろう。
ジャムやピーナッツバターなどがべったりと塗ってあってカロリーが高そう、
と勝手にイメージしている。


129 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/01 18:00
骨の袋買おうと思って値段でためらってしまった。
ナンバーワンのファンにはなれなそうだ。
しかし今度は買う予定。

130 :無名草子さん:03/09/01 19:58
>>129
(`・ω・´)ガンガレ!

131 :無名草子さん:03/09/01 22:41
遅ればせながらドリームキャッチャー読んだ。
1巻読んだらクーンツかと思った。読み進むウチにキングらしさが出てくるけど。
キング + クーンツ + ハリウッド映画÷3 てな感じ。
キング中期以降の作品ではまぁまぁ満足でした。

132 :無名草子さん:03/09/01 23:34
>>131
クーンツなら仲間誰も死なない予感・・。
すっかり快復したダディッツの後日談なんぞもありそうなヨカーン・・。

133 :無名草子さん:03/09/02 00:11
骨の袋まだ買おうか迷い中。
で、そんな中書店の棚を見ていたら新潮文庫のスタンドバイミーの表紙が藤田新策になってた。
すげーーー絵がいい!!思わず買いたくなっちまったよ。
翻訳が山田順子のままだったので買わなかったけど。
シャイニングやデッドゾーンの装丁が藤田新策になったら買い直すだろうな。(;´Д`)ハァハァ

134 :無名草子さん:03/09/02 01:47
「ドリームキャッチャー」読み終えた時 Dクーンツだと思い込んだよ。
クーンツ、よくぞキング風味取り込んだもんだなと関心したよ。

でもドリームキャッチャーは面白いよね。

135 :無名草子さん:03/09/02 19:07
ドリームキャッチャー、映画見てから文庫買ってしまった・・・
映画見なきゃよかった! 小説を骨抜きにしてあらずじだけ追った感じ。
映画じゃだたの脇役だったのに、オーウェン格好いい・・・
ちょこっとITとリンク?
デリーが出てくるのは久しぶりに読んだなー。

136 :無名草子さん:03/09/02 19:39
骨の袋買ってきたよ!

137 :キャリーキャリーキャリー:03/09/02 19:59
「フロムビュイック8」いつ出るのー?

138 :ドロレス・クレイボーン:03/09/02 21:45
ブラックハウスもいったいいつ出るんだろうね。
あたしゃ待ちきれないよ。

139 :無名草子さん:03/09/03 02:06
>128
たぶん想像通りかと。

何かの童話にあったレシピだと
パンに無糖のピーナツバターをこってり塗って
間にジャムをタプーリはさんでた。
噛むとぐにょーとはみだしそうな。
薄めに塗るとけっこうおいしかったよ。

140 :無名草子さん:03/09/03 10:24
死のロングウォークといえば、アップルゼリーをかけたパンケーキだぜ

141 :無名草子さん:03/09/03 11:18
>>140
あとスイカ。(料理でなくてスマソ)
アメリカのスイカ、うまそう。

142 :無名草子さん:03/09/03 16:59
ジェリーサンドイッチに西瓜、あと、ステーキの描写もなかったっけ?
食いたいなあと思い浮かべるような場面が。

143 :無名草子さん:03/09/03 17:56
おまいら、メシ食うトンのか?

144 :無名草子さん:03/09/03 18:44
『ドリ・キャ』再読中なのに、『ロンクウォーク』読みたくなたじゃないか(w

145 :無名草子さん:03/09/03 19:02
キングの本で日本で一番売れたのはなんですか?
何万部ぐらい?

146 :無名草子さん:03/09/03 19:10
>>142
あと、「ウェイファのチョコレートバー」もある。

ステーキ食いたいなあ、の部分は
は「ステーキとフライドオニオン、フレンチフライ。それからフレンチフライ。
デザートはストロベリーソースをかけたアイスクリーム。
大皿に盛ったスパゲティとミートボール。イタリア風のパンとバターの中を泳ぐ豆」

だった。思わず、「ロングウォーク」を引っ張り出してしまいました。

147 :146:03/09/03 19:11
あ、フレンチフライが大杉だな

>>145
何だろうな。あまり部数は気にしない方だけど、
「一番売れた」のは何かってのは興味あるかも。

148 :無名草子さん:03/09/03 19:23
スタンド・バイ・ミーでは...

149 :無名草子さん:03/09/03 19:33
ステーキ美味そう…

150 :無名草子さん:03/09/03 19:35
味覚音痴のアメリカ人。そんなうまいモンじゃないだろ。
どんな味なのか、どれくらいうまいのか、不味いのか
確認するために食べてみたいという気持ちなら分かるけど。

151 :籔睨み&The Darkest Tower:03/09/03 20:20
(-_-!!!)…→「生きのびるやつ」でも読んでみたら?

152 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/05 00:23
ITにディック出てくるんだな。
妙に引っかかる名前だと思ったら

153 :無名草子さん:03/09/05 02:03
>>150
実際にウマイかどうかでなく、
どんだけ旨そうかが重要なんだよ文学の世界では。

154 :無名草子さん:03/09/05 02:45
キングって億万長者らしいけど、
赤川次郎とか栗本薫とかのほうが冊数としては売れてないか?
でも赤川や栗本は億万長者という印象はない。
やっぱ日本では、本を売ってもたいしてカネにならんってことか?

155 :無名草子さん:03/09/05 02:56
赤川も栗本も文庫本がメインで単価が安いからでは。
それにキングは自国だけではなく
翻訳されて発売されてる国も多いだろうし。

赤川も栗本もそんなに翻訳されてないでしょ。
最近グインサーガの英訳本が発売になったらしいから
これからどうなるかわからんけど。


156 :無名草子さん:03/09/05 04:16
アメリカというのは一冊売れると一年二年は余裕で食えるらしい。
だから一冊書くのにじゅうぶんの時間をかけて大作を仕上げるそうだ。

キングならほかの作家の追随を許さないくらい本がでている量産作家だ。
売上もベラボーな金額だろう。

日本の場合、印税は一律十パーセントだから計算は簡単。
千円の本が百万部売れても一億円程度ということになるんだが、
高額納税者ランキングとかみると、計算合わないような気がするんだが・・・・

157 :無名草子さん:03/09/05 07:07
少し古い情報でつが。
Forbes誌の2001年の億万長者作家部門(発表は2002年)
ttp://www.forbes.com/global/2002/0708/032a.html

これによれば2001年度のキングの収入は$52.4million。
1$116円として60億円以上。その前の年は51億円くらい。

単純に”売れた”といっても日本とアメリカとでは桁が2つくらい違うようです。

158 :無名草子さん:03/09/05 07:20
映画化もしてるし。

159 :無名草子さん:03/09/05 18:16
>>154
>でも赤川や栗本は億万長者という印象はない。
印象がないだけでじゅうぶん億万長者なんじゃねーの?
変な宗教にハマって巻き上げられてない限り。
キングとの差は他の人が言ってる通り
・20年以上コンスタントに作品を発表しほとんどが本国でベストセラー、かつ世界中に翻訳されている。
・多くの作品が映画化、TVドラマ化されその権利関係
だと思う。
特に後者は馬鹿にならない。映画上映だけでなくビデオ、DVDなどからも金は入ってくるだろうし。


160 :籔睨み&The Darkest Tower:03/09/05 23:12
(-_-!!!)…→赤川次郎は家に映画館があるんだよ。

      いや、だから何ってわけじゃ・・・。

161 :無名草子さん:03/09/06 01:11
栗本はグインで稼いだ金を
劇団とかに回してるからなあ。

162 :546:03/09/07 21:42
「骨の袋」上巻だけ買って読み始めました。100ページほど読んだだけですが、
駄作の臭いが・・・。
初めて読むキング作品ですが、キングの本は傑作と駄作の差が激しいとか。
この「骨の袋」、どうでしょうか。

163 :無名草子さん:03/09/07 22:02
私も「骨の袋」個人的にはあまり面白くありませんでした。映画化(テレビ版含めて)
されいる作品から読んでいっては堂ですか? そんなに地雷はないと思われまつ。
余談ですが、上・下巻一冊づつ購入するひとって結構多いのかな?
上・下で山の減り方がだいぶ異なる本があるので?と面増した。


164 :無名草子さん:03/09/07 22:15
エンターテイメントとして単純で面白かったのはドリームキャッチャーだけど
骨の袋はキング初期の傑作を彷彿とさせる出来でした。
ガツンとした衝撃を食らったよ。読み終わってもしばらくは小説の世界から戻れずぼうっとしてました。
前半は冗長に感じるかもしれないけど最後まで読めばその長さも納得できるかも。




165 :162:03/09/07 22:16
>>163
いえ、駄作だったら止めようと思って、上巻だけにしたんですよ。
もう止めとこうかな、このまま読んだらキング作品はつまらないと、
イメージもってしまいそうだし。

ビギナーへのお薦めはなんでしょうね。やっぱ「IT」「シャイニング」?
「ドリーム・キャッチャー」に乗り換えようかと思うんですが、
どうでしょうか。

166 :無名草子さん:03/09/07 22:54
いきなり「IT」は長すぎるかも。
初めてなら「シャイニング」「呪われた町」あたりがお勧め。



167 :無名草子さん:03/09/07 23:46
>キングの本は傑作と駄作の差が激しいとか。

それは全然違う。駄作はひとつもない。
ただ、読者側の好みで差が出るだけです。
駄作と公然と呼べるほどの作品はないね。

168 :無名草子さん:03/09/08 00:00
>>167
全面的に同意ですね。駄作なんてない。

169 :無名草子さん:03/09/08 00:00
おれは「骨の袋」面白いと思ってますよ。
最近文庫化されたものと比較すると
一番面白いかと思いました。


170 :無名草子さん:03/09/08 00:18
>>168
全体に短編は駄目だと思う。短編褒める奴いるのが不思議。
アイデアストーリーとしても駄目だし、切れの悪さ等々、なんで評価する人がいるのが
不思議。
彼の真骨頂はやはりもう冗長とも言える物量作戦じゃないかな。
でも長編でも「トミー・ノッカーズ」はほんと詰まらんと思う。
「呪われた町」「シャイニング」「ファイアー・スターター」あたりがすごく好き。

171 :無名草子さん:03/09/08 00:19
>>167

> それは全然違う。駄作はひとつもない。
> ただ、読者側の好みで差が出るだけです。
そんなこと言ったら感想を述べ合ったり、批評する意味なんてないんでは?

172 :Danae:03/09/08 00:28
>>165
『ミザリー』を読んでみて感想聞かせて。
『ドロレスクレイボーン』とか。

『骨の袋』の方は、私は買うか買うまいか悩んでいて調べたら
未読で申し訳ないですが、あんまり人気の方は無いです。

173 :163:03/09/08 00:45
>>165さん あくまで個人の感想でいいますが、キャリー 呪われた町
シャイニング デッド・ゾーン ファイアスターター 痩せゆく男
ペット・セマタリー ミザリー ダーク・ハーフ ドロレス・クレイボーン
ローズ・マダー アトランティスのこころ ドリームキャッチャー 
あたりが読みやすくお勧めかと思います。
短編は私もあまり・・・・超長編 ITとザ・スタンド は後のお楽しみに!

また余談で、先日はじめて「炎の少女チャーリー」(原作ファイアスターター)
を見たら、チャーリー役はチャーリーズエンジェルのドリュー・バリモアだったん
ですね。なんかワロタな。 でもかわいかった。 




174 :無名草子さん:03/09/08 01:08
短編パッシングがあろうと何度でも言う。
「生きのびるやつ」は神短編。

175 :無名草子さん:03/09/08 01:39
>>171
>そんなこと言ったら感想を述べ合ったり、批評する意味なんてないんでは?

いや、そういうことではない。
キングの作品は全部、ある一定のレベルを越えてるってことです。
だから、作品にあれこれ優劣を付ける議論はあるかもしれないが、
駄作レベルの作品はひとつもない。

176 :無名草子さん:03/09/08 01:44
>>175
それならその「一定のレベル」というのを分かりやすく説明しないことには、他人が
混乱するだけでは?
俺は「トミーノッカーズ」は駄作だと思うけど、あなたが「一定のレベルを超えている。
駄作ではない」といったら「はあ、そうですか」と気の抜けた返事をするしかない。

177 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/08 02:53
シャイニングはかなり面白いと思った。最近読んだのでは。
「骨の袋」は買ったけど、IT読んでるので放置してある。

178 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/08 02:55
ただ、カタカナいっぱいで用語がわからんものとかわからん場所とか
多いので、翻訳本に慣れてないとやっぱ辛いと思う。

179 :無名草子さん:03/09/08 10:50
(´・ω・`)ショボーン

180 :無名草子さん:03/09/08 12:24
駄作か名作かなんて個人の好みの問題だしな。


181 :無名草子さん:03/09/08 12:55
流れぶった切って質問。
「骨袋」の「妻はこのページを読むことなく死んだ。云々」のシーンを読んでいて
思い出したんだけど、
夫が初夜のベッドで妻の尻の内出血を見て「あの痣ができたとき、彼女は
まだ僕の妻じゃなかったんだ」と思って興奮するシーンがあるのは
「ファイアスターター」?それとも「ペットセマタリー」?それとも
他の別の作品でしたっけ。
キングもの、かなり実家においてきてしまって確認できず。教えて君スマソ。

182 :無名草子さん:03/09/08 12:57
こういう駄作うんぬんの話になるとつくづく思うんだが、
けっきょく駄作かどうかなんて受け手次第じゃないだろうか。
どの受け手がどの作品のどこに反応するかなんて、
その本人の中でさえ気分で変わったりするもんだと思うし。

たしかディレーニィだったと思うけど、
世にいわれる大作家・大作曲家の若い頃を調べてみると、
端からはどうみても駄作としか思えない先人の作品・曲に
異様にのめり込んでいる。その作品に何を見いだすかは
けっきょく受け手次第なんだっていってた。

ま、そんなこんなで、よろすく。

183 :無名草子さん:03/09/08 17:03
ん、そんなこんなで、分かったべ。

184 :無名草子さん:03/09/08 18:20
キングの短編好きな人二人目。
同じく「ミルクマン」に入ってる「浮き台」
「深夜勤務」の「やつらはときどき帰ってくる」等
あとたくさんありすぎて名前忘れてるのも多いけど
面白いよ、短編。

185 :無名草子さん:03/09/08 19:49
>>181
「霧」にそんな場面があったような気がする。

186 :無名草子さん:03/09/08 20:26
>>176
「トミーノッカーズ」
たしかに読んでる途中はあまり楽しめなかったよ。
冗長だしね。でも、例えば、乾電池=人間=宇宙船内部の宇宙人の死体、等、
含みというかメタファーを理解すれば、あれはあれで決して悪くない作品だと
思えてくる。深みがあるというか。主人公の最後もいいじゃないですか。
自殺寸前までいった彼が最後にああいう選択をするという…。

187 :無名草子さん:03/09/08 20:39
>>186
トミーノッカーズは映像版で見ないと・・・・
それでもっと鬱になろう!!!!!!!!

188 :無名草子さん:03/09/08 20:39
あと連投すまんが
ランゴリアースの続編でるね

189 :無名草子さん:03/09/08 20:40
>>187
ビデオも見ました。
主人公、ジミー・スミッツのイメージではなかったんだが…。

190 :無名草子さん:03/09/08 22:03
「ショーシャンクの空に」を観て感動して
原作の「刑務所のリタヘイワース」から入った。
原作も良かったけどそれよりも同時収録の
ゴールデンボーイに取り付かれた。
そして片っ端からキングの作品を読み漁り
現在ファン暦四年の二十歳

191 :無名草子さん:03/09/08 22:08
トミーノッカーズそれなりに面白かったけどな〜。
こないだTVに幼い兄弟のマジシャンが出てきたとき、
弟がアルテア4に飛ばされないかちと心配だった。

192 :無名草子さん:03/09/08 22:40
ダークハーフ、ニードフルシングあたりでキングに見切りをつけたんだが
ここ最近の作品は復調気味だね。
トミーノッカー豆はまだ読んだ事無いけど、自分のキングワースト作品はダークハーフ。

193 :無名草子さん:03/09/08 22:56
私はジェラルドのゲームがダメだわ。
最後まで読んでいない唯一の作品。
何度かトライしたけど、つまらなすぎて先に進めない。
ドロレス・クレイボーンは好きなんだけどなあ。

194 :無名草子さん:03/09/08 23:45
>>190すると「ゴールデンボーイ」を16歳で読だことになるわね。
よくぞまぁご無事で。変な影響を受けないでよかったわね。
あ、でも最初に「ショーシャンク・」で感動するような少年ならそんなことないか。

私はドロレス・・の映画化「黙秘」がとてもスキです。

195 :無名草子さん:03/09/09 00:43
>>191
ああいった独立した短編みたいなの組み込むの、
他の長編でももっとやってほしいよね。
あると楽しい。

196 :無名草子さん:03/09/09 00:49
アルテア4は独立した短編みたいなのではないのでは?

197 :無名草子さん:03/09/09 00:52
>>196
たしかに独立はしてない。書き方が悪かった。すまぬ。許してくれ。

198 :無名草子さん:03/09/09 01:07
>181 そうそう、「霧」でつ。

199 :無名草子さん:03/09/09 01:58
アルテア4はスタートレックかなんかの引用じゃなかったかな。

200 :無名草子さん:03/09/09 03:55
>>199
スタートレックじゃなかった気がする&200ゲータ

201 :無名草子さん:03/09/09 08:53
>>194
> 私はドロレス・・の映画化「黙秘」がとてもスキです。
キャシーベイツの演技いいよね |ω・`)

202 :181:03/09/09 09:44
>>185, >>198さん、レスありがとう!
今度読み直します。

203 :191:03/09/09 11:26
>>195
脇役にもエピソード満載だもんね。
ひとりにつき1個ずつの短編になりそう。
それが冗長と感じる人もいるようだけど、逆にキングの醍醐味だよね。

204 :無名草子さん:03/09/09 13:57
神々のワードプロセッサが欲しい今日この頃。

205 :無名草子さん:03/09/09 22:43
>>204
まず書きたいのは「2ちゃんのキングスレの馬鹿どもが全部死にますように」だな。

206 :無名草子さん:03/09/09 22:44
考えてみると「神々のワードプロセッサ」って捻りのないドラえもんって感じ。
これ傑作だと思っている奴いるのか?

207 :無名草子さん:03/09/09 22:46
キングはドラえもんも梅図かずおも読んだ事ありません

208 :無名草子さん:03/09/09 22:54
レベル低いな。 ドラえもんてなに。 ガキは書き込みするな。

209 :無名草子さん:03/09/10 02:26
「神々のワードプロセッサ」はサスペンスフルな傑作。
願望充足ファンタジーだと批判されるかもしれないが、
俺は読んで感動した。TVドラマ版はイマイチの出来だった。

210 :無名草子さん:03/09/10 02:29
>>203
そうそう!無数のエピソードてんこもり、てところが面白い!
レベッカ・ポールソンの話とかも好きだな。

211 :無名草子さん:03/09/10 17:47
>>208
ドラえもんの名前を出しただけで低レベルとは・・・
高レベルのヒトの考えることは分からんw

212 :無名草子さん:03/09/10 20:59

わかったからどらえもんスレでも自分の好きな作家のスレでも
行きなよ。
空気嫁。

213 :無名草子さん:03/09/10 21:49
>>212
お前の方が雰囲気読めてないだろ。
『神々・・・』がひねりのないワンアイデア小説であるのは間違いない。
バックマン名義だが、『痩せ行く男』もワンアイデアだが、長編にすることでなんとか
持っている。
短編はアイデアの良否がはっきり現れるから怖いんだよ。キングって長編で、だらだら
した描写に含まれる部分が面白いんだと思う。
俺もキングの短編を褒める奴はよくわからん。

214 :無名草子さん:03/09/10 21:56
短編は他にも 山ほど良い作品があるからなぁ。
ただ、ひねりのないドラえもんという表現にどんな読み手かが現れてるな。
議論にならないもの。言わんとすることわからないわけではないが。
掲示板だからありとあらゆるものが出てくるんだな。
場のルールなどあってないようなものだし。

215 :無名草子さん:03/09/11 01:50
今度はジサクジエンかよ・・・

216 :無名草子さん:03/09/11 01:51
これだけ自分の好みに自信たっぷり、他の人の意見は認めんって人には
何言っても無駄無駄無駄

217 :無名草子さん:03/09/11 02:56
突出した長編に比べればということなら。短編がということもあるかも。
どれだけ読んだかしらんが、だらだらした描写など見たコトないな。

だれが何を発言しているかはわからないからなんとも言えん。
もしかして2人ぐらいしか書き込みしてないかもしれないし。

218 :ぽこにゃん:03/09/11 11:55
死のロングウォークは読んでると疲れますな

219 :無名草子さん:03/09/11 20:55
キングの短編はいわゆる「傑作」とは思わないけど、
あの安っぽいB級感に何ともいえない味がある。
グレイハウンドバスの停留所で売っている
ペイパーバックってなかんじ(乗ったことはないが)。

220 :無名草子さん:03/09/11 23:22
↑上手い。ついでにビールでも買って、暇つぶしに読みやがて寝る。
なんだ「週間ポスト・東スポ」と同じということか?

ところで「死の舞踏」なんて厚い本を読破したマニアックなキングファン
なんかいる貝?

221 :無名草子さん:03/09/12 00:26
前にもカキコがあったけど、キングってアメリカではちょっとインテリなら、読んでいると
はちょっと言うのが恥ずかしいというレベルの作家でしょ。
日本なら西村京太郎とか赤川次郎とか。
恥ずかしくげもなく、愛読してる、と言える奴は幸せなんだよ。
日本人は別だと思うけどね。あおりと取られると困るんで。

222 :無名草子さん:03/09/12 00:32
大衆ホラー作家、キングオブホラー、ペーパーバックキング、アメリカのどの
家庭にも一冊はあるとかいってたな。アメリカにはちょっとインテリさえいないん
だ。 しかしちょっとインテリってダンディー坂野ぐらいをいうのかな?

223 :無名草子さん:03/09/12 01:02
>>221
赤川次郎は初期の作品は好きといってもぜんぜん恥ずかしくない
傑作ぞろいだと思うけどね。売れっ子になって粗製濫造でダメに
なった作家の代表格だよなあ…悲しい。
スレ違いすまそ。

224 :無名草子さん:03/09/12 01:10
>221
アメリカのインテリが読んでカコイー作家を教えてください。マジレスキボン。

225 :無名草子さん:03/09/12 01:36
コツウィンクルとか。

226 :無名草子さん:03/09/12 02:08
「メジャー作家かっこ悪い、マイナー作家読んでる俺ってかっこいい」
って奴はアメリカ、日本問わずどこの国にもいるって事だね。
俺は評論家でもインテリでも無いから作品のレベルが高いか低いかはわからんけど
自分が面白いと思う作品や作家の応援だけしてりゃいいや。
自分が好きな物を「つまらん」とか言われたら、ちょっと悲しいけど人それぞれだしね。
「短編つまらん」「長編はだらだらしてる」なんてのも人それぞれだし、自分と意見が違うからって暴れるのはよそうや。
>>222,>>224もアホみたいな煽りしてないでもうちょい落ち着けって。

最後に一言、「生きのびるやつ」は神短編

227 :無名草子さん:03/09/12 02:17
>>224
ジョン・アップダイクとか。

228 :224:03/09/12 02:32
>225-227
ありがd!「アイザック・アシモフ」「レイモンド・カーヴァー」なんてどうでしょうか。

「生き延びるやつ」は読んだ。それが入ってた短編集のなかで一番ぞっとした。
「ミザリー」みたいに、ありえそうなところが…

229 :無名草子さん:03/09/12 03:13
「骨の袋」って、なんか読む前から勝手にイマイチな作品と決めつけてたんだが、
文庫化されて初めて読んでみたら、とんでもない傑作じゃん。
300ページぐらいまでは退屈で退屈でどうしようかと思ったけど、
そのあと最終ページまでは、洪水みたいにひたすら流されどおしだった。
アップアップしながら流されどおしだった。

230 :無名草子さん:03/09/12 06:11
>>229
そう300nまでは退屈。大事な伏線なんだけどね。
全盛期のキングならもっとコンパクトなボリュームにまとめられた気もするけど面白かった。
ちょっと涙した。

231 :ひとし:03/09/12 07:03
私は小学生の頃からS・キング氏の作品を読んできた。最初に読んだ本はシャイニング
というホラーの古典とも言うべきS・キングの代表作品だった。だが正直に言うと
ほとんど内容は理解できなかった。日本ではほとんど使われない固有名詞が
相当数登場し、頭の中で場面を構成することが不可能なのだ。
登場人物の名前も同一人物について複数の呼ばれ方がされていて混乱してしまい
なんども同じ文章を読み直した。確かに、読み終わるまでやめられない
何かがS・キング作品にはあるが、私にとって氏の作品を読むのは拷問だった。

232 :無名草子さん:03/09/12 07:22
>>231は味のある名文だな。

233 :無名草子さん:03/09/12 07:42
>>221
ソースきぼん。
「ちょっとインテリ」ってのはえせインテリのことかね。

234 :無名草子さん:03/09/12 12:32
>恥かしくげもなく 
さすがインテリだなあ、言葉も一味違うよ(w

>キングってアメリカでは〜
さんざんがいしゅつのレスをどうも。
キング自体もウィアードテールズなんかが大好きな人だったからね。
こういうニーズは永遠にあるし、私も熱烈読者ではないけど
ずっと読んでいくので別に何言われてもいいと思ってます。

235 :無名草子さん:03/09/12 14:16
小説を読むために費やすのは数時間。それすら自分の感性で決められないのか?
その時間が自分にとって楽しかったのかどうかが一番重要。
人の評価ばかりを気にし、自分の価値観を信じられない
インテリ万歳、アメリカ絶対、ならブッシュのケツでも舐めてろ。



236 :無名草子さん:03/09/12 14:58
>>234
>>恥かしくげもなく 
>さすがインテリだなあ、言葉も一味違うよ(w

まあまあ、そう言葉尻で揚げ足とらなくても。(w

そんなこといったらキング本人だってタイポはありますぜ。
手許にあるNight ShiftのPB (1979/Signet) では、
「intrauterine device」が「interuterine device」になってるし。
まあSignetってのは誰の本でも誤植が多いんだけどさ。

>221
ソース、ポイントしてくれないの?

237 :無名草子さん:03/09/12 15:48
ふと疑問に思ったんだけど「荒地」の上巻ラストでニューヨークのジェイクが行った所ってひょっとしてローズレッド?
なんか描写がそっくりだった気がしたんで。てもとに無いんで詳しくわかる人教えてください。


238 :無名草子さん:03/09/12 15:52
「ザ・スタンド」のスーパーフリューが蔓延した世界とオモタが。

239 :無名草子さん:03/09/12 16:24
|ω・`) <「死の舞踏」はイイ教科書ですよ!

240 :ひとし:03/09/12 16:42
>>239
死の舞踏を読んだことがないのですが、どんな本ですか?


241 :無名草子さん:03/09/12 16:47
>>240

|・`) <スプートニクが空を飛ぶところから始まる、ホラー全般に関してのテキストです。

242 :無名草子さん:03/09/12 16:48
|`) <…「全般」じゃなかった、キング自身が好きな作品に関しての、ですね。

243 :237:03/09/12 16:49
>>238
そっちに移動する前に行った洋館の事が聞きたかったんです。
説明不足ごめん。やっぱ関係ないのかなあ。

244 :BiQuo:03/09/12 16:54
|ω・`) <自分は「死の舞踏」でマシスンを再評価しました。「地獄の家」最高!

245 :無名草子さん:03/09/12 17:09
>>244はいろいろ読んでいて敬服するが、|ω・`) は 市原悦子も好き
というメッセージか?


246 :BiQuo:03/09/12 17:26
「こ、小梅さんが!落ち武者のさらわれたぁあ!」

今日から「アトランティスのこころ」読みます。

247 :ひとし:03/09/12 18:54
何よりキング作品の装丁はすばらしいですね。

248 :無名草子さん:03/09/12 20:09
キング自身も、自分の本がインテリ受けするとは
思っていないんじゃないかな。

「自分の本がハードカバーで売れるとは思っていなかった。
ペーパーバックの作家になると思っていた」と発言してますよね。

249 :無名草子さん:03/09/12 23:32
>248
うん、キングは自分で重々承知してると思う、自分のスタンスを。

息子は自分の作品全く読まないって苦笑してたしね(w

250 :無名草子さん:03/09/13 00:18
>>247
俺は藤田の装丁が好きです。特に分冊形式で横に並べると一枚絵になる奴はいいね。



251 :無名草子さん:03/09/13 01:48
私も藤田さんの装丁好きです。
扶桑社ミステリーの新しめのは藤田さんの絵なんですよね。
さすがに装丁の為だけに買い直すほどマニアではありませんが、
たまに本屋で手に取りハァハァしていますw


252 :無名草子さん:03/09/13 05:59
Entertainment Weeklyにキングのコラム連載第3回目が掲載されますた。
今回からオンラインでも公開されています。
ttp://www.ew.com/ew/article/commentary/0,6115,484759~7~0~stephenkingrecommendsbest,00.html
また過去2回の連載もアップされています。太っ腹。
ttp://www.ew.com/ew/package/0,12938,472578~7~0~popofking,00.html

今回のコラムでは本について語っています。
キングはRon McLartyという人の"The Memory of Running"というオーディオブック形式でのみでしか
入手できない優れた作品を例に上げ、こういったよい作品が日の目を見ない現状について
読者を挑発しています。

・Book Magazine誌にキングの"My Favorite Movies of 2002-2003"というリストが掲載されますた。
ttp://www.bookmagazine.com/issue30/movies2.shtml#king

・キングの助手で"The Dark Tower: A Concordance, Volume I"の作者である
Robin Furthのインタビュー。
ttp://www.ellsworthamerican.com/thisweek/08-28-03/ea_news8_08-28-03.html

253 :無名草子さん:03/09/13 15:29
サド自殺したのか…。
お話だと分かっててもちとショック。

254 :Danae:03/09/14 00:10
>>248
そうですね。

キングファンも、
フランス料理の様な物より、リコリススティックの様なのが食いたい訳でして・・・。
キングもそのつもり(一般大衆向け)で描いている、と何処かで読みました。


255 :無名草子さん:03/09/14 01:33
>>252
GJ
リンク先のお気に入り映画紹介の所を見て
ハサミで写真を切り抜いた様なキングのカクカク顔写真に吹いた。

256 :無名草子さん:03/09/14 06:20
18歳から26歳までの8年間、学業や仕事の都合で私は日本海側の港町に住んでいた。
故郷はメイン州ほどではないが山奥にあり海まで車で2時間ほどかかる為、年に1度行くか行かないかだった。
港町に住んでいた頃は若かったせいもあったが週に一度は夜の海に出かけた。
街中で飲んで騒いでるよりも、私は親しい友と浜辺で将来の事や恋や仕事の悩みなどを夜通し語り明かす方が好きだった。
夜の浜辺にはなにかあると思う。それを「青春」と呼ぶには恥ずかしいが確かになにかがあった。
だからなのだろうか、私は「波が砕ける夜の浜辺で」を読むと涙がこみあげてくる。
この短編の登場人物があのころの自分と重なってしまうのだ。

こんな事を考えていたらいつのまにか6時過ぎ。ヤバイ、眠いけど眠れない。どうしよう、マジでどうしよう(´・ω・`)

257 :無名草子さん:03/09/14 06:40
>>253
まったくだよ。
レイ・ギャラティなんて連続(幼児?)殺人犯だろ。きびしいよな。

258 :無名草子さん:03/09/14 08:30
>>256
感動した

259 :無名草子さん:03/09/14 11:16
海といえばテレビでメイン州で捕れるばかでかいロブスターの映像を見たことが
ありまして、そのときガンスリンガーが波打ち際にわらわらと湧いて出た人食い
ロブスターに襲われて、指を失った場面を思い出した。
たしかに、こんな大きいのが大群で襲ってきたら殺られちゃうな(実際にはありえ
ませんが)こわいなと思いました。
キングはいろんなところに‘怖さ’の元を見つけるなぁ。そしてそれを上手く
料理して読者に提供する。おいしい(おそろしくまずい)料理を。

260 :無名草子さん:03/09/14 11:42
>>252
乙。
ところで「The Dark Tower: A Concordance, Volume I」って何?
つうか、キングの助手って何?
質問ばっかでスマソよ

261 :無名草子さん:03/09/14 14:18
>260
252ではないが。
リンク先の記事がまんまその質問の答えであると思われ。
ぶっきらぼうでスマソ

262 :無名草子さん:03/09/14 15:20
「ピエロのペニーワイズは生きている」
って誰が書いたんだろ?
やっぱ、あの図書館に勤めてる人かな?

また彼らは集まるのか?
あの倶楽部の面々が…。

263 :無名草子さん:03/09/14 19:12
Itのラストではマイキーも忘れ始めていて、
それでItが間違いなく死んだってってことになってたはずだよね。
みんなデリーでの出来事も昔の仲間のことも 忘れてるのに
そんな記念碑を誰が立てたんだ?って疑問が残る。
どう取り繕ってもデリーのその後を語るには矛盾があると思うんだけど、
もしその後があるなら矛盾に目を瞑って読んでみたいw

264 :無名草子さん:03/09/14 20:12
矛盾追求の急先鋒やな。民主党にでも入党したらええんや。
ITって推理小説でもないのにつまらん読み手やな。学術論文でも読みなはれ。

265 :無名草子さん:03/09/14 20:36

なんじゃこいつ

266 :無名草子さん:03/09/14 20:47
愛する子供とペットの猫、そして、あまり親密でない義理の父をもつ俺には
「ペット・セマタリー」は 怖いというより読んでいていやになった。
身につまされるというやつだ。
もし、あの呪われた土地を知っていて、突然愛する身近なものをうしなったら、
俺はどうするかな。?きっと穴を掘りに逝くだろうな。こわい子愛。

267 :無名草子さん:03/09/14 20:50
>>265 266 どっちも ナンジァ。唐突杉と反応し杉。

268 :10年選手:03/09/14 21:07
俺は糸って しばらくトラウマになった。 雨が振ったときなんか下水溝
を見たくなかった。単純にトイレや風呂がこわかったけっこう大人に近い時期
になっていたんだけどね。 自分以外に認識できない存在って怖い、俺が狂ったか
本物に遭遇したかどちらかだもの。
あるはずのない現象に遭遇した時は、最大の危機に遭遇していることに・・・・

269 :無名草子さん:03/09/14 23:11
短編って人気ないんだねぇ。
洗濯工場のプレス機の話は?
交通事故で首ちょんぱされたけど、呼吸法を続けてた話とか
面白かったけどな。

中編に属すると思うんだけど、
“霧”すんごい好き。何度読んでもぞくぞくする。

今更ですが、最近“デスペレーション”を読みました。
面白かったー!やめられなくて、延々読み続けちゃいました。
やっぱり、底力のある作家だよなぁ、キングって。



270 :無名草子さん:03/09/14 23:32
復活したペニーワイズが図書館へやってきて、
マイキーが思い出したって感じかなぁ。

キングはまだ、デリーにまつわる話を書き続けるんだろうか。
ああ、気になる…。


271 :無名草子さん:03/09/14 23:34
>>269
短編好きですよ、お気に入りは禁煙のやつと無人島のやつです。
好みは人それぞれだからキング好きで短編が好きじゃない人がいても不思議じゃないけどね。
俺はバトルランナー(映画)が好きでIT(原作)が嫌いだし(`・ω・´)

272 :無名草子さん:03/09/14 23:58
>>269
ラマーズ呼吸法のやつですね。
たしかおなじ設定でもう一本短編がありましたね。
あれに登場するスティーヴンスって執事らしき人物、
じつはキングだとか。
なんでもあの倶楽部じたいがキングの頭の中のメタファー
なんだそうです。

273 :269:03/09/15 00:31
>271
禁煙のヤツw
レディースコミックで、あれのパクリで、
すっげしょーもないエロマンガがあってねー。
ひ…ひどすぎる…と、脱力したことがあったっけ。
私はジョウントや、浮き台、猿のおもちゃの話しも好き。

>272
あー、ありましたねぇ。
あれ?握手したら(触ったら)死ぬ、ポーカーのヤツが
それだったっけ…。

メタファー。なるほど。
倶楽部に行くと、極上の話が味わえる、ってことか。
そんな短いスパンでキングの極上品を味わってたら、
仕事なんかできなくなっちうー。
今でさえ確実に私の睡眠時間を削ってるのに〜

274 :無名草子さん:03/09/15 00:38
>271
IT、まだ読んでないんだけど、バトルランナーの原作?
私、バトルランナーってタイトルの文庫持ってるんだけど、
ITはその続編?
だとすると…購入順位は下がるな。
ごめん。バトルランナーは映画の方が好きだった。

275 :無名草子さん:03/09/15 03:55
>>273
>>271
> 禁煙のヤツw
> レディースコミックで、あれのパクリで、
> すっげしょーもないエロマンガがあってねー。
そういうのは読む機会がないから、詳しく知りたいぞ。

276 :無名草子さん:03/09/15 08:07
>「ピエロのペニーワイズは生きている」って誰が書いたんだろ?

                 、、、、、、
そんなもの、ペニーワイズが書いたに決まっている。そうじゃないか?


277 :273:03/09/15 09:24
>275
どっかの待合室で、暇つぶしに読んでた雑誌に載ってたんだけど、

美容院かなんかの女経営者が、娘と2人暮らしで、
若い愛人とよろしくやってるんだ。
んで、軽い気持ちで禁煙株式会社に電話して、
イライラしたからま、いっか。と煙草を吸ったら、
マッチョな男が家にやってきて、
強姦されるんだけど、それが気に入ったんだよねん。

もういっぺんあの官能を味わいたいわー、とばかりに
また煙草を吸ったら、今度は愛人が、
2人のマッチョに姦られる場面を見せられて、
この時は、ひどいわひどいわうう…となったんだけど、
しばらくしてまた吸っちゃった。

そしたら今度は娘がさらわれて、
恥ずかしいことされちゃって、娘は処女だったんで
マッチョに姦られる代わりに禁煙株式会社の創設者の、
煙草が大嫌いなヒステリーおばばにおもちゃにされて、
女に目覚めちゃう、っつー。なんともしょーもない話しでした。

長文すまんね。しかもトピずれでw



278 :271:03/09/15 12:11
>>274
ごめんまぎらわしい書き方だったね。ITとバトルランナーの内容は全く関係ありません。

279 :275:03/09/15 13:27
>>277
サンクス。
わはは。確かにしょーもないですね。そんなとこでキングパロディ? に遭遇するという
のは面白いな。

280 :無名草子さん:03/09/15 13:40
すっげ。キング物のパロなんてあるんだな。

281 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/15 16:51
キングパルサー

282 :無名草子さん:03/09/16 00:22
>>277
ワロタ。処女はやらないあたりがぬるくてイイ!
ていうか愛人がかわいそだろw。

しかし新潮文庫、著者写真いい加減更新してくださいよw。
近影の方が二枚目テイストなんだから。

283 :無名草子さん:03/09/16 01:35
>282 禿同。近影の方が若く見えるし(謎

284 :無名草子さん:03/09/16 04:16
On Writingのペーパーバックの方の近影、事故のあとでガリガリで、
すんごい老けたな〜と思ってたけれど、From A Buick 8の方でまた若がえり。
メガネもかけてないけど、近視回復手術とか受けたのかな?と思った。

285 :無名草子さん:03/09/16 06:32
そういえば、
森真沙子とかいうマイナーなホラー作家がキングをパクってたよ。
「転校生」という連作短編集の第1話「理科室」は、
キングの「電話はどこから……?」の完パクリ。

連作短編集「転校生」は、その後シリーズ化される。
たぶん角川ホラー文庫あたりと思う。

286 :無名草子さん:03/09/16 07:41
「世にも奇妙な物語」で電気椅子ネタがあって、
見ながら、「これってグリーンマイル冒頭のパクリ?」と思うくらいなシーンがあったのを覚えてる。
(詳細忘れてしまってスマソ)

287 :無名草子さん:03/09/16 08:41
キングが2003年度のMedal for Distinguished Contribution to American Letters
を受賞することになったそうでつ。
いわゆる権威あるお堅い文芸賞で、キングのようなポピュラーな作家が
受賞するのは初めて。授賞式は11月。

The National Book Foundationのアナウンス。
ttp://www.nationalbook.org/dcal_2003.html

New York Timesのニュース記事。
ttp://www.nytimes.com/2003/09/15/books/15BOOK.html

キングのオフィシャルサイトのアナウンス。
ttp://www.stephenking.com/pages/news/medal091503.php

オフィシャルサイトのキングに孫が3人いるという記述にビクーリ

288 :無名草子さん:03/09/16 09:32
>287
なんか嬉しいね。
文壇も無視できなくなったという事だもんね。
これだけ長い間良作を書き続けられるのはすごい。

赤川って売れ方は似てるかもしれないけど作品の質は
お話にならないほど違うでしょ。

289 :無名草子さん:03/09/16 10:06
>>287
ハロルド・ブルームが何と言うか聞いてみたいところだな。

290 :無名草子さん:03/09/16 10:08
>>289
ここでニュースを知ってからNY Timesの記事読んだら
出てたね、ブルームどん。
相変わらずコケにしてるわけか。こりゃもう老害だな。

291 :無名草子さん:03/09/16 10:23
>>287情報サンクス!
孫が3人か、私もビクーリ。娘のナオミは同性愛者だから(子供作る人もいるけどさ)、
多分息子達の子供なんだろうね。

ところでオフィシャルサイトに書かれているO.ヘンリ賞受賞の短編
“The Man in the Black Suit”は邦訳出ていないのね(´・ω・`)。

"Everything's Eventual"に所収の模様。


292 :無名草子さん:03/09/16 22:24
禁煙のやつと無人島のやつ、って何に入ってますか?
最近キング離れしてたのでチョトわかりません。
ぜひ読んでみたいので、誰か教えてくださりませ。

293 :無名草子さん:03/09/16 23:23
>>292
「禁煙挫折者救済有限会社」は短編集「トウモロコシ畑の子供たち」収録
「生きのびるやつ」は短編集「ミルクマン」収録
ともに扶桑社文庫です。

294 :無名草子さん:03/09/16 23:51
>>291

> ところでオフィシャルサイトに書かれているO.ヘンリ賞受賞の短編
> “The Man in the Black Suit”は邦訳出ていないのね(´・ω・`)。
ああ、それ、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスが主演で映画になったんだよ。
そんなことも知らないのかなあ?

295 :無名草子さん:03/09/17 02:39
ここは
この板で
一番人気があるね

296 :無名草子さん:03/09/17 06:49
>>294
性格悪そうな香具師だな

297 :292:03/09/17 06:50
>293 おぉ!ありがトン!
・・・・て、あれ?私、どっちも持ってた筈なのにどちらも記憶にない上に
今本棚見たら、本もない。。。。買ったと思ってたのは夢?

表題作はどちらも覚えてるのに・・・大人一人を囲んで子供たちが畑を駆け回る所と
牛乳配達の人がヤヴァイ人な話・・・・・違ってる?
今日、図書館に猛ダッシュしてまいります。情報サンクス!!

298 :無名草子さん:03/09/17 22:50
デスペレーション読み終わったら、
次はやっぱりレギュレイターズですかね?
他の候補は、

IT
トミーノッカーズ
ローズマダー
ダーク・ハーフ
ジェラルドのゲーム
骨の袋
ライディング・ザ・ブレット
ザ・スタンド
不眠症

なんですが、うう…迷う〜どれから読めばいいんだ…
皆さんのお薦めを教えてちょ。

299 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/17 23:25
ITは長いぜ。それなりに連休があった方がいいと思う。時間あるひとなら別だが。
骨の袋は個人的にかなり読みやすい印象をもった。(つっかえないって意味で)

300 :無名草子さん:03/09/17 23:41
ついさっき、ザ・スタンド読み終わりました!
上巻は1ヶ月くらいかかったけれど、下巻はやめられなくて、
3日で読んでしまいました。



301 :無名草子さん:03/09/18 00:23
>>300
よっぽど読むの遅いんですか?

302 :無名草子さん:03/09/18 00:35
読む速さは人それぞれ。いいぢゃないか。 漏れは割りと速読だと思うが、通勤電車でしか読まんので時間かかるしな。

303 :無名草子さん:03/09/18 00:48
301のコメントは、読むのが止められなかったにも関わらず、三日もかかっった
下巻に対してのもの?

304 :マジレス王参上!:03/09/18 01:17
>>301
3日だからって72時間読み続けてるわけじゃないだろ。
早さも人それぞれなら読書に裂ける時間も人それぞれだし。


305 :マジレス王(´・ω・`) :03/09/18 01:18
早さ→速さ

306 :無名草子さん:03/09/18 01:28
>>298
デスペレーション読み終わったら、
次はやっぱりレギュレイターズでしょう。

307 :無名草子さん:03/09/18 01:38
読書ってのは、短時間で読んだなんてのは下らないこと。
読書なんて、読み終えた時どう理解し、どう感動したかが問題でしょ?


308 :無名草子さん:03/09/18 07:46
>>301は馬鹿だから気にすんな。

309 :無名草子さん:03/09/18 17:40
いい本は読み進めるのがもったいないくらいのときがある。

310 :無名草子さん:03/09/18 20:38
私は逆で、キングの本は、面白すぎて、
次はどうなるのか、次はどうなるのか、って
頁ごとに焦燥感を感じちゃうことがある。

かなり読むスピードは早い方だと思うけど、
それでも自分の読むスピードがもどかしくなったり。

んで、一気に読んじゃって、
「あー面白かった」
の次は、
「あーあ終わっちゃった…」
と、思うんだけれどもw

311 :無名草子さん:03/09/18 20:41
>299、306
有難う。レギュレイターズ→骨の袋、で読んでみるよ。
慰安旅行、バスでの移動時間がかなりあるので、
その時IT持っていこうかな。

312 :301:03/09/18 22:27
ついに読み終わった満足感に浸りきっていて、舌足らずでしたね、ごめんなさい。

上巻もおもしろかったけれど、なんだか少しづつしか進まなくて・・・。
でも下巻に入る頃から、ザ・スタンドの世界にどっぷりつかってしまい、
寸暇を惜しんで読み続けたということを言いたかったんです。(今思えば。)

313 :無名草子さん:03/09/18 22:31
車内で「デスペレーション」とか「ライディング・ザ・ブレット」とか「霧」を
読んだら怖そうだな。

314 :無名草子さん:03/09/18 23:48
>>ほんとに怖そうだね。
  車内で読んだら事故リそうだ。)w

315 :無名草子さん:03/09/19 07:32
車の中で活字読んでるとゲロ吐きまつ。
キングでもよく嘔吐シーンあるから、一緒に吐いてしまいそうだ。

316 :無名草子さん:03/09/19 08:42
数年前、近所のショッピングセンターの食品売り場近くの休憩コーナーで
「骸骨乗組員」を読んでいる兄ちゃんがいたなあ。
「『霧』を読んでいるんだったりして」なんて思いながらそこを通り過ぎたっけな。

317 :無名草子さん:03/09/19 09:33
スタンド、終んねっつーの!ゲラゲラ

318 :無名草子さん:03/09/19 16:01
>315
三半規管が発達してるんだよ。

私のは、鈍いのを通り越して、
退化してるんじゃないかとゆーくらい
乗り物酔いの経験なっしんぐです。



319 :無名草子さん:03/09/19 16:09
>316
わざわざ、心理的効果を狙ってそこで読んでるんだったりしてw

でも、実際ありそうで怖い、っつーのがキングの真骨頂だよね!
(冷静に考えたらそんなわけないんだけど)
ひょっとして、もしかしたら、こういうこともあるかも知れない…
と、つい思っちゃうもんね。

スーパーにいる間に、霧がたちこめてきたら…
怖いだろうなー。どうしようかなー。

320 :無名草子さん:03/09/19 18:04
映画版のアトランティスは正直面白くなかった。
買わなきゃよかった…。

321 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/20 04:33
映画版アトランティスはなんか足りないよな。
本持ってるんだが、読むのがどんどん後回しになっていく。
しかしあの少女は可愛かった気がする。

322 :無名草子さん:03/09/20 07:07
アトランティス、原作のほうはすごく面白かったけど…。
映画を先に見たら、確かに読む気失せるかも。

323 :無名草子さん:03/09/20 09:53
漏れはボビー親子が引越していく車中のシーンでキレたね。

なんであそこでボビーがにっこり笑って「The best we can.」
なんて言えるんだ? オメーの母親は、オメーがやっと見つけた
尊敬できる大人、父親代りになってくれそうな大人を金のために
売ったんじゃねーのかよ。頼まれてた見張りの仕事をちゃんと
できなかったって罪悪感はないのかよ。一晩眠ったらすっきり
忘れましたってなまぶしい笑顔が納得できない。

原作じゃあれをきっかけにボビーはグレてって、のちのち
テッドからの手紙でテッドが自由の身だと知って初めて
自分が救済され、母親を許す気になるんだろ?
そこではじめて「The best we can.」っていう台詞が出て
くるんだろ?

まったく、ウィリアム・ゴールドマン脚本、スコット・ヒックス
監督だってのが信じられないよ。

324 :DVD野朗(´・∀・`):03/09/21 01:14
アトランティスの映画って結構好きだな。確かにお世辞にも名画とは言えないだろうけど。
2時間という尺や映画としての表現の都合上、下巻の内容をほぼカットしたのは妥当だと思うし。
>>323さんがキレたシーンは「ボビーの少年から大人への成長」を現すシーンだと思ったから
なんとも思わなかったなあ。
まあ俺がアホなだけかもしれんが。

ラスト近くのおんぶのシーンの音楽良かったなあ。泣きそうになっちゃったよ。


325 :無名草子さん:03/09/21 23:03
>>324
「大人への成長」ってのが健忘症にかかることだとは思わんけどね。
むしろ自分の身中に純粋でない部分が澱のように沈澱していく過程じゃないかな。

ボビーやウィリーのように自分の行動の結果であれ、キャロルの場合
(ウィリーたち悪童ども)やサリージョンの場合(国家による戦争という悪)
のように他者から理不尽に押しつけられたものであれ、その澱が身内に
入りこんだことによってその後の人生が決定的に変わってしまうということ、
そしてその沈澱した澱をどう処理していくか、そのことを描いてるんだと
思うけどね、あの小説は。

326 :DVD野朗(´・ω・`) :03/09/22 02:06
>「大人への成長」ってのが健忘症にかかることだとは思わんけどね。
いや、そういう事じゃないっす。
母親の一連の行動は(ちょい基地外じみているけど)親子の生活の為であるという事を理解し、
テッドとの関係が失われたことは納得いかないだろうけどどうしようも無い事だと理解したうえで
たとえ母親を許せなくても「許さなくてはならない」って事です。
「The best we can」ってのは本気でそう思ってるのではなく、ボビーが自分自身に言い聞かせているのと
「ボビーを傷つけた」と落ち込んでいる母親にたいする気遣いだと思うんですよ。

原作については>>325さんの言うとおりだと思いますが「ニューシネマパラダイス」や「フォレストガンプ」のような
一人の人生を描いた映画ならともかく、下巻のテッド以外の主人公のエピソードを丸々映画化した場合は
よほど上手くしない限り、観客が途中で飽きたり理解できなくなったりすると思うんです。
小説と違い映画は限られた時間の中でテーマを表現しなくてはならないのですから。
だから映画版はテッドとの出会いと別れ、それによるボビーの成長にテーマを絞ったんだと思います。

ヤッベ、妄想長文書いちゃった。

327 :無名草子さん:03/09/22 06:56
9月21日はキングの56回目の誕生日ですた。ハピバースデイ、キング。

328 :無名草子さん:03/09/23 02:05
知らなかった。オメデトン、キング。

329 :無名草子さん:03/09/23 09:11
ありがトン |ω・`)

330 : :03/09/24 17:01
昔、北米の雪山リゾートに一人で行く機会があって、シャイニング持って行きました。
なんか、話として出来すぎなんだけど、何も考えずに持っていきました。
深夜、一人でバーボン呑みながら読んでたんですが、氷が途中で切れてしまって、
廊下にある製氷機まで行く為に部屋を出たとたん小説で読んだ事が既視感となって襲い掛かってきてちびりそうになりました(W
双子の姉妹に出くわすかと思いました。

331 :無名草子さん:03/09/24 17:09
>>330そういう想像力がある人はかわいいな。 行き過ぎるとオブセッションかな。

332 :無名草子さん:03/09/24 20:16
>>330それは映画のほうじゃない? 双子の姉妹って。

333 :無名草子さん:03/09/24 20:45
>331
想像力逞しいほうがいろいろ楽しめませんか?
ま、斜に構えるのもいいでうけどね。

>332
そうでしたかもです(W
なんか、ごっちゃんなってますね。
原作はポンコツのスノーモービルで難儀するんでしたっけ。
そういえばドリームキャッチャーもそうでしたね。
なんか嫌な思い出でもあるんですかね。

334 :無名草子さん:03/09/24 22:29
ポール・シェルダンのモチーフってシドニィ・シェルダンだよね?
二人って仲いいの?

335 :無名草子さん:03/09/25 02:53
ミザリーッぽい小説を書く作家として多少の皮肉をこめてあげつらっているのかな。


336 :ひとし:03/09/25 06:48
鼻持ちならねぇペテン師野郎め

337 :無名草子さん:03/09/25 23:09
「骨の袋」上巻の後半あたりからじわじわ来て
下巻の半ばに差し掛かってきたが盛り上がってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
って感じだ。

338 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/26 00:52
骨の袋漏れも後半に突入しました。


339 :BiQuo:03/09/26 15:36
|ω・`) <「アトランティスのこころ」読んでます。

まだ1/4だけど、「蠅の王」読み終わったところにやってくる
友人とのなにげない会話や雰囲気が、ものすごくいい感じなんです。

テッドがいう
「内容はたいしたことないのにきれいな文章の物語」とは
物語の感じから推測するに、ブラッドベリじゃないでしょか。違ったかな?

ボビーのおかんが変なおっさんらと出かけてしまいました。
心配です。

340 :無名草子さん:03/09/26 17:33
>>339
ブラッドベリの小説は
「内容はたいしたことないのにきれいな文章の物語」
ですかね。

ま、評価は人それぞれだけどさ。

341 :BiQuo:03/09/26 18:18
ああ、いやブラッドベリは嫌いどころか
大好きなんですよ。
初めて読んだSFがブラッドベリだから
年とって最期に落ち着くのはブラッドベリだろなぁ
とまで思ってる。

|ω・`) <けど、よーくストーリー考えたら、どれも、古風でしょ。

たとえば「たんぽぽのお酒」なんて何かすごいことが街におこったのかというと
うーん、何もなかったような…。
けど、「少年の成長」自体が事件なんだ!と。

342 :無名草子さん:03/09/26 18:46
>>341
すまんが、なにをいいたいのかよく分からんぞい (w

343 :無名草子さん:03/09/26 21:41
キングがブラッドベリの書いたものを
「内容はたいしたことないのにきれいな文章の物語」
と表現するとは思えないな。
過去のインタビューや「死の舞踏」なんかを読んだ限りでは。
全然別のベストセラー作家を揶揄した言葉じゃないの?


344 :無名草子さん:03/09/27 06:18
大学でトランプに熱中する章 が好きというかリアルに感じたな。
おれも一時はマージャンばかりしてた。


345 :無名草子さん:03/09/27 07:02
はまって戻ってこれなくなって去る人と
ぎりぎりで踏みとどまる人。

リアルだよな。

346 :(`・ω・´)シャキーンさん:03/09/27 12:37
骨の袋ってねじまき鳥クロニクル思い出すぜ

347 :無名草子さん:03/09/27 19:32
1.トム・ゴードンに恋した少女
2.アトランティスのこころ
3.不眠症
4.ジェラルドのゲーム
5.ランゴリアーズ
6.図書館警察
7.サ・スタンド
8.骨の袋
9.魔道師の虹
10.ナイトメアズ&ドリームスケープス
11.デスペレーション

これを恐ろしい順に並べてください。

348 :無名草子さん:03/09/27 22:05
1.トム・ゴードンに恋した少女   遭難
2.アトランティスのこころ         下衆野郎
3.不眠症                 ぼけ老人
4.ジェラルドのゲーム           SM犬プレイ
5.ランゴリアーズ             妄想飛行
6.図書館警察               リコリス
7.サ・スタンド              風邪と原爆
8.骨の袋                 湖底の怪
9.魔道師の虹               チクタクマン
10.ナイトメアズ&ドリームスケープス    カコイイ楽隊
11.デスペレーション            タックその1


349 :無名草子さん:03/09/28 00:09
「骨の袋」買って来ちゃった。わくわく。
ちょっとだけ、読み始めた所なんだけど、
初めの方で???

VCアンドリューズを皮肉った箇所が出てきたけど、
こんなところで目にするとは思わんかった。
モダンホラーの女王、って煽りが、
キングオブホラーとしてはひっかかってたのかな?

1998年なら、アンドリューズは没後だよね?
本当の幽霊作家として、遺族が色々出版してたけど、
既にマンネリ続きで、飽きられてた頃じゃないのかな?

何で今更…?と思ったのは私だけ??

350 :無名草子さん:03/09/28 01:20
>>349
キングは粘着でシツコイ性格なんだよ。
小説読んでりゃわかるだろ。

351 :無名草子さん:03/09/28 02:45
小説作法の表紙から
キングの写真がきえてた。
キモイから装丁変えたのかな。

352 :無名草子さん:03/09/28 14:10
>>384 私的には
1.リリーフ
2.少年
3.喪失
4.娘
5.異次元
6.トラウマ
7.ラスベガス
8.ゴシック
9.扉の向こう
10.未読・短編PASS
11.警官

353 :無名草子さん:03/09/29 15:10
10ってなんですか?
日本語版はどこから出版されてますか?
教えてください

354 :無名草子さん:03/09/29 15:41
>>353
文芸春秋からで短編集ですね。
各巻あるみたいです



355 :無名草子さん:03/09/29 15:43
>>353
10.ナイトメアズ&ドリームスケープス
のことを聞いてまつか?
この本だったら、以下のとおりでつ

ナイトメアズ&ドリームエスケープス1 単 文芸春秋 2000/02/10 4-16-318980-7 \3000
ナイトメアズ&ドリームエスケープス2 単 文芸春秋 2000/03/20 4-16-318990-4 \3000

356 :無名草子さん:03/09/29 17:53
>>348>>352 は、何が言いたいの? どういうネタ?

>>347が「恐ろしい順に並べてください」と言ってるのに、
遭難、下衆野郎、ぼけ老人、SM犬プレイ〜、などと書く>>348は意味がわからないし、
それを >>352が 
1.リリーフ 2.少年 3.喪失 4.娘〜、
と受ける理由がわからない。

どういうネタなんだ? だれか教えてください。

357 :無名草子さん:03/09/29 18:52
たぶん、一言二言で作品をあらわすとか、物語のキーワードみたいなことではない
のかな。怖すい作品ではないのが多いし、怖さの順番は私もつけにくい。

358 :347:03/09/29 19:24
いろいろとありがとうございます。

実はわが田舎町の図書館には↑に上げた10点しか置いてないんです。
「図書館警察」は借りて読んだんですがたいして怖くもなかったんで
ぞっとするのを読みたかったんですね。

でもなさそうですねぇ、、、

359 :無名草子さん:03/09/29 21:05
この10作品のなかでぞっとするのねえ…難シイ
「いかしたバンド」かな。あえていえば。

360 :無名草子さん:03/09/29 21:07
いちばん怪談話らしいのは骨の袋かな。

361 :無名草子さん:03/09/29 21:38
ランゴリアーズ、映画は笑っちゃったけど、
文字で読むと、どきどきしたよ。
デスペレーションも、結構はらはら。

347さんの、ぞっとくるのはどのあたりなのか、
にもよると思うし。

362 :無名草子さん:03/09/29 23:01
映画の話だけど、今日「黙秘」見たんだよ。
いい映画だった。オカンをはじめとする家族に迷惑かけ通しだった俺には
身につまされる映画でした。

363 :無名草子さん:03/09/30 01:31
>>362
オカンや家族に殺されなくて良かったなw

364 :無名草子さん:03/10/01 00:07
999ってアンソロジーをブクオフで買ってきますた。
キングが入っていたので。
「道路ウィルスは北へ向かう」。
漏れは初期短編のほうがいいなって思った。以上。

365 :無名草子さん:03/10/01 00:30
>>364
絵から抜け出た男が追っかけてくるやつね。

漏れはわりと好きだけどな、トワイライトゾーンとか
アウターリミッツのノリで。

366 :364:03/10/01 00:52
>>365
なんていうんだろ、なんか見たことあるような話でねえ。

367 :無名草子さん:03/10/01 01:03
う〜ん、>>347タソの挙げた中(未読ものを除いて)で、【コワイ】という感じたのは…
『ジェラルド』かな。 予期せぬ事故って起こるもんだ。

短編好きなんで、『スニーカー』とか『第四解剖室』、『カインの末裔』、『マンハッタンの忌憚倶楽部』だっけ?
あたりが【コワイ】よ。
けど大概のキングの本は、読むとむしろ切なくなるんだ、漏れ(´・ω・`)

368 :無名草子さん:03/10/01 01:18
『ジェラルド〜』と『クージョ』だけはダメだった・・・。
ダレるわ。

369 :無名草子さん:03/10/01 05:01
Entertainment Weeklyにキングのコラム連載第4回目が掲載されますた。
"In my book, it's no contest"と題し、クイズを出題しております。
正解者12名に"Wolves of the Calla"のサイン本をプレゼントするとか。

・来年テレビ放送予定の"Kingdom Hospital"の企画本として
" The Journals of Eleanor Druse: My Investigation of the Kingdom Hospital Incident"
が発売されることになったそうです。来年2月発売予定。
作者不詳だそうで、"Rose Red"のときの"Diary of Ellen Rimbauer"によく似た企画のようです。

・ガンスリンガー・コンテストの応募作がひとつだけですが、公開されています。
ttp://www.penguin.com/darktower/gallery.html

・前回のコラムでキングが賞賛したRon McLartyの作品の出版が決まったそうです。
7社による争奪戦の末、出版権はViking/Penguin社に。2冊の本の契約に$2millionを支払ったとか。
まさにアメリカン・ドリーム。
ttp://www.miami.com/mld/miamiherald/entertainment/6841859.htm

370 :無名草子さん:03/10/01 10:12
>>369さん、いつもながら(だよね)情報サンクス!

371 :無名草子さん:03/10/01 19:29
353です。
>>355.356さん
情報ありがd!
早速高価なので図書館で借りてきます。
サンクスです!感謝!このスレ住人は親切だなあ。

372 :無名草子さん:03/10/02 21:08
キング作品で唯一気色悪っ!と思ったのはジェラルドXプリンス。
1日10ページくらいずつしか進んでないが。

373 :無名草子さん:03/10/02 22:39
IT4巻まとめて買ってきました。
しばらく読書の秋を
楽しめそうです

374 :無名草子さん:03/10/02 23:19
ここしばらく、キング離れしていたのですが
このスレ読んで興味がわいて「ランゴリアーズ」読みました。
・・・・久しぶりだったせいか、すげーー怖いーー。
寝られなくなったので徹夜で読んで、その後悪夢まで見てしまった。。。
久しぶりのキングは刺激が強かったデス。。。。。

375 :形態不特定さん:03/10/03 06:49
キングの作品って長時間読んでると
形を変えて夢に出ない?読んでるときはちょっとぞっとする程度なんだが。
読むたび悪夢にうなされてる。

>>373
ITは大長編だけどなかなか冒険チックで面白いよ。
はみ出し者にお勧めの一品ですね。

376 :無名草子さん:03/10/03 07:57
|ω・`)

377 :無名草子さん:03/10/03 08:30
>375
前に同じような事書いたものでハゲド。
映像化しやすいんだろうね、自分の中で。

378 :無名草子さん:03/10/03 13:57
キング読んでみたいんだがこの人作品が多すぎて、
何から読んだら良いのかわからん。
最初に読むなら何が良いんだろう。
どれも面白そうに見える。

379 :無名草子さん:03/10/03 14:21
「デッドゾーン」くらいからはじめてみたらイイとおもう。

380 :378:03/10/03 14:30
>>379
どうも。それって表紙がでかい犬のやつでしたっけ。


381 :無名草子さん:03/10/03 15:13
>>380
それはクージョだ
デッドゾーン今読んでるけど出だしから面白い。

382 :無名草子さん:03/10/03 15:36
映画では、クリストファー・ウォーケンがジョニ−・スミス

そして、ドリュー・バリモア が「○○○○○○○○−」に出ていた。

383 :無名草子さん:03/10/03 15:50
来月の話だけど、BS2で「デット・ゾーン」やるね。
11/19 後8:00〜9:44
ttp://www.nhk.or.jp/bs/guide/g_movie_bs2_n.html

おまけ
耽美なキング写真w
ttp://www.stephenking.s5.net/images/stephen%20pix/htmly%20color/070.htm

384 :無名草子さん:03/10/03 16:14
キング写真のサイトでみたけど「デスペレーション」って映画化してたの?

385 :無名草子さん:03/10/03 16:36
>>384
映像化されてるみたい。
ttp://us.imdb.com/title/tt0129871/
↑テレビのミニシリーズってことかな?

386 :無名草子さん:03/10/03 16:38
>>383
ちなみにその「デット・ゾーン」については、キングは題名の使用許可を
与えただけで、内容には一切関知していないのでご注意されたし。

387 :無名草子さん:03/10/03 16:40
>383
た、耽美…w

388 :無名草子さん:03/10/03 16:46
>>385
Status: Unknownってなってるじゃん。
4月頃にキングが脚本の執筆にとりかかったっていう噂が流れてそれっきりでつ。

389 :385:03/10/03 16:53
>>388
ほんとだ、ありがとう。
>being in production
ってなっているね。よく読んでいなかったスマン>all

390 :無名草子さん:03/10/03 18:48
「デッド・ゾーン」はラストシーンがいい。キングも作中で「キャリー」の宣伝したり。
映画版を見たいんだが近所のレンタルビデオ屋にないんだよな〜。

391 :無名草子さん:03/10/03 20:28
>>386が言っているのは、今アメリカでテレビ放送中のデッドゾーンのことだろうね。
>>383のデッドゾーンは言うまでも無くキングの原作に基づいたもの。

392 :無名草子さん:03/10/03 23:52
今、IT読んでまつ。
テレビで見たことあったんでおおまかな話の内容はわかるんだが、
本はテレビにないことまであるし(・∀・)イイ!!って当たり前か・・・

393 :無名草子さん:03/10/04 01:33
図書館警察読み始めました。
盛り上がりはまだまだです。

394 :無名草子さん:03/10/04 10:14
犬木加奈子だったっけ
首がついてる気球が飛ぶ話書いてて
それ見てキング思い出した。

395 :無名草子さん:03/10/04 16:42
>>383のサイトで見つけた
ttp://www.stephenking.s5.net/images/stephen%20pix/htmly%20color/011.htm
ウホッw、なキング

396 :無名草子さん:03/10/04 23:39
「骨の袋」読んでます。
2ちゃんに毒されたのか、マッティーが「ヤンキーDQN娘」にしか思えなくて
(本来の意味でヤンキーだけどw)あまり感情移入できずちょっとさびしい。

下巻401〜2ページ読んで爆笑。
キング、名職人だなw。
白石さんもお疲れ様です。

397 :無名草子さん:03/10/04 23:42
WOWOWで「アトランティスのハート」見た。
佳品と言えなくもないけど、少年らのなにげない日常のカットに
オールディーズかぶせたり・・がなんかあざといというかこれ見
よがし。あの長編をうまくまとめたなあとは思った。もちろん
原作ヲタには物足りないが。

398 :無名草子さん:03/10/06 00:29
「IT」四度目の再読中、世紀の石合戦のくだりが大好きで
そこだけは今までに何度も何度も読みました。
「IT」を始めから読む度に面白さが増してます。
でも読み終えて時間が経つと、はみだしクラブの連中と同様に
物語の大事な部分を忘れてしまってる自分に気が付いて唖然と
してます。ようは私がバカって事ですけどね。

399 :無名草子さん:03/10/06 19:33
>>398
ヴァカ度ならわたしも負けませんぜ・・・

400 :無名草子さん:03/10/06 21:32
はみだしクラブってヌルイ訳語だな。あれは「負け犬クラブ」にしないと原語のキツさ
が伝わらないだろう。

401 :無名草子さん:03/10/06 23:12
loser.

402 :398:03/10/07 00:22
「IT」もう少しで終わるところです。
>>399 私だけじゃなかったのね、ヴァカ、なんだか嬉しい。
>>400 骨の袋読み終わったら、「はみだしクラブ」を「負け犬クラブ」に
読み替えて五回目の「IT」を読み返してみます。

403 :無名草子さん:03/10/07 09:49
「アトランティスのこころ」読みました。よかった。
何がびっくりしたって

長編のようにみえるが、連作中短編集だったこと。

いや、話はしっかりつながってるけど…。

やはり一番面白いのは「アトランティスのハーツ」
超能力や幽霊が無い分、奇跡のような物語ですね。

ヴェトナム戦地の描写はちょっと複雑すぎ、分断されすぎて
ヴァカな自分には、あたまに思い描きにくかったのが、ちょっと悲しいです。

404 :無名草子さん:03/10/08 02:39
やっぱキングは超能力や幽霊がない方が良い。

405 :無名草子さん:03/10/08 18:43
オカルト的要素がない作品・・・・。まず「ミザリー」だよなあ。
「クージョ」は入るか?

406 :無名草子さん:03/10/08 19:44
入ると思う。
あとは
「スタンド・バイ・ミー」
「ゴールデンボーイ」
「ロードワーク」
「ハイスクールパニック」
「死のロングウォーク」
「バトルランナー」
「トムゴードンに恋した少女」
「小説作法」


407 :無名草子さん:03/10/08 21:16
追加
「ドロレス・クレイボーン」
「ジェラルドのゲーム」

408 :無名草子さん:03/10/08 21:56
>404
言われてみれば、面白いと思った作品は
404さんの言うとおりで同感かも?

409 :無名草子さん:03/10/08 22:26
初期の代表作は人にはない能力を持った主人公が・・・・・という話多いぞ。
ホラーにモンスターでてこないはずがない。
実際の人間の怖さを描く小説はいやだな。人間不信、人嫌いになってしまう。

410 :無名草子さん:03/10/09 01:52
呪われた町とかめちゃくちゃ面白かったけどな

411 :無名草子さん:03/10/09 12:32
>409
ちょっと同意。
ブルー入ってる時にそういうの読むのきついよね。
モンスターや霊みたいな話で単純に怖がって浮世を忘れたいよ。
そうでない時はそういう話も興味深く読めるんだけどね。
まあ気分で読み分けられるほど幅が広いという事で。

412 :無名草子さん:03/10/09 17:06
>>406
刑務所のリタ・ヘイワースもそうだね。

413 :無名草子さん:03/10/10 03:25
小説作法で質問。
この文の意味がわからない↓
「優れた作品は常に、事件ではなく人物が話を締めくくる。つまり、
状況の展開を担うのはあくまでも人物である。とは言いながら、
二千語から四千語の短編で足馴らしを終えて、
いよいよ長い作品にとりかかるのだとしたら、
いわゆる性格描写小説は感心できない。行き着くところ、
状況の進展それ自体が作品の主役でなくてはならないと思う。
性格描写が目当てなら、伝記を読みあさるなり、
地元の大学の演劇部に注目して、シーズンの通しチケットを買うなりすればいい。考えられる限りの性格描写はそれで間に合うはずである。」

性格描写小説って、具体的にはたとえばどんなの?
アメリカの大学の演劇部ってどんなことしてるんだろう。

414 :413:03/10/10 03:44
224ページね

415 :無名草子さん:03/10/10 06:57
>>413
人物の生涯を追った伝記とか、ってことじゃない?

416 :無名草子さん:03/10/10 10:46
>>413
自分は手元に「作法」ないので当てずっぽうだけど、
・作品中の人物が動いて、物語が進まないといけない。作者が
 「機械仕掛けの神」を放りこんで、無理矢理話を進めていくのが
 見え見えではいけない。

・そしてその「物語」自体に魅力がなければいけない。登場人物の
 性格や人物造形をいくら練り上げても、それだけではいけない。

「魅力的なキャラクターを作れ、でも単なるキャラ萌え小説はいかん。」
ということじゃないかな。

ここで言う大学の演劇部って、
「うざい演劇オタ学生達が、深刻ぶって登場人物の解釈ばかりしている」的な
イメージで持ち出されているんじゃないかと。

浅い解釈スマソ

417 :無名草子さん:03/10/10 12:08
「クリスティーン」上巻を読んでいるところ。

ジョン・カーペンターの映画版「クリスティーン」がお気に入りだったのだけど
小説のほうはなぜかなかなか手が伸びずに今ごろ読むことに・・・。

おもしろい。
メカ好きな自分にはこの悪魔のようなクリスティーン、すっごい魅力的。
汚い言葉を吐き散らしたりするようになるのは日本的オカルト観からすると
美しくなくて嫌なんだけど、身も心も全てなげうって愛せるような魔力を
持った愛車はあこがれるなぁ。

映画版も良かったけど、原作小説のほうもお気に入りになりそうな予感。
これから下巻にとりかかります。

そーだ。クリスティーンのベースになってるプリマス・フューリーって
300馬力もあるんだね。webで性能を調べて驚いた。重さは1.6tほど。
作中で「120mphもスピードメーターが振ってある」なんて主人公が
驚いていたけど、楽にメーター振り切りそう。
2000ccちょっとにターボがついた今の日本車と5200cc OHVのアメ車が
ようやく同じくらいの重さとパワーかぁ・・・。
時の流れを感じるような、あんまり進歩が感じられないような・・・ビミョー

418 :無名草子さん:03/10/10 13:29
クルマを知らないようですね。

419 :無名草子さん:03/10/10 17:44
417サン
私も映画「クリスティーン」でお腹イパーイに
なって小説読んでません。
ヤパーリ読むべきかも・・・

420 :417:03/10/10 22:54
「クリスティーン」下巻読了。

読んでよかった。おもしろかったー。
映画と小説では多少アレンジが加えられていて、雰囲気が違ってました。
相違点は
 ・アーニー(クリスティーンのオーナー)の外見。映画のほうがかっこよくなってる。
 ・映画はクリスティーンの初代オーナーの話は少しだけ。小説ではたくさん登場。
 ・クリスティーンの正体。

映画と小説どっちが良かったかといえば・・・映画先に見ちゃってる自分としては
映画に軍配をあげたいかな。でも、原作小説には映画ではすっぱり省略されて
いる部分をじっくり楽しめて満足しました。

>419さん、原作小説を読んでがっかりするようなことはないと思う。おすすめ。

421 :無名草子さん:03/10/11 01:00
「クリスティーン」といえば、デニスの病室でアーニーが持ち込んできた
感謝祭のご馳走を食べるエピソードでの、
普段家で食べさせてもらえない、白くてふわふわのワンダー・ブレッドが、
小さいころのデニスとアーニーにとって一番のご馳走だったって言うくだりが、
印象的。

うちも親が健康志向で、小さいころは茶色くてぶつぶつの入った胚芽パンしか
食べさせてもらえなかったから、その気持ちすごくわかる。

422 :無名草子さん:03/10/11 03:09
>>413
あくまでもプロットを優先させろ、ということだろうね。
でもキャラにも魅力がなくてはいけない。
どちらもあるキングの小説が教科書としては一番適してる
と思う。やっぱり。

423 :無名草子さん:03/10/11 18:42
>421
わかる。
うちでのワンダーブレッドは
インスタントラーメンと赤いソーセージだった(w

424 :417:03/10/11 23:04
「クリスティーン」原作を読み終えたところで映画を見直してみました。

・・・尺が足りない。

CGなんてものがまだ映画には使われていなかった時代の映画なので
クリスティーンの破壊・再生シーンはとにかく圧巻の名場面なのですが
原作の文庫100ページ分のボリュームは一時間五十分に収まるはずもなく
デニス、アーニー、リーの人間関係の部分がかなり削られていて
物足りなくなっちゃいました。
でも、原作どおりに作ったら三時間を超えちゃうだろうし。

改めて映画と原作を比べるなら
 ・クリスティーン萌えの映画
 ・ちょっぴり切ないドラマ仕立てのホラー
というところかな?
映画見てると「がんばれクリスティーン」と声援を送りたくなるのに対し
小説を読んでいると「くたばれルベイ」って思ってしまう。

とりあえず、映画に「わきの下の匂いのするピザ」が出てこなくて良かった。

425 :417:03/10/11 23:05
うう。訂正。
>原作の文庫100ページ分のボリューム
     文庫1000ページ分

426 :無名草子さん:03/10/13 01:28
>424
匂いのある映画、前日本映画でなかったっけ。
キングの映画でそれはカンベンしてほしい(w

427 :無名草子さん:03/10/13 02:28
キングが怖くない俺は
やばいのかもしれない。
人間として。

428 :無名草子さん:03/10/14 04:33
俺にとっては、
怖いというよりもむしろ救いの文学なんだよねキングの小説は。

キングの小説が怖いというやつは、
死をまともに考えたことがないんじゃないか?
たとえば、手のひらをじっと見つめて、
皺や透けて見える血管を仔細に観察した揚げ句、
「これもいずれ動かないただの肉塊になるわけだな」
というようなことを思い描いたことがないんじゃないだろうか。


429 :無名草子さん:03/10/14 08:56
もうそのへんにしとけ

430 :無名草子さん:03/10/14 13:04
>>413
"性格描写小説"は原文では"character study"になってるね。
この本は翻訳だと理解しにくい。アメリカ文学の話を日本の文芸のタームで
説明しようとしてるから無理もないんだが。
>>416
>>413の引用に関してはその解釈でおおむね間違いないけど、
この本でキングが展開している小説論はそれほど単純じゃありませんぜ。
>>422
キングはプロットというものをこの本で否定していますよ。
>>428
キングのエンターテイメント作品をクソな私小説的文芸のレベルに引きずりおろすつもりですか?
センス悪杉

431 :無名草子さん:03/10/14 13:22
>>430
お、ちょっと骨のあるレス。

原文での「character study」を性格描写小説っていっちゃうのは
おれも無理があると思うよ。だいだい原語の意味を直訳すれば
「(登場)人物の研究」だもんな。

ちょっと質問だけどさ、「キングの小説論」のどこが単純じゃないのか
ご教示いただけるとうれしいな。

プロットについては、キング自身の方法論としてそういうのは使わない
といってるだけじゃない?

私小説って言葉を目にするのも久しぶりだなあ(w

432 :無名草子さん:03/10/14 17:39
"character study"は、アメリカの文学/演芸の文脈では性格描写のことです。
リーダーズあたりの辞書には載っているでしょう。
ここでキングが念頭に置いているのは、性格描写のみで成り立った作品を意味する、
"character sketch"であることは明らかで、翻訳はそれほどおかしくないと思います。
(うまい訳とは思いませんが)

キングはこの本に対する文芸ヲタからの反論を予期していたのでしょう、
非常に慎重に論を進めています。そのため、論旨が複雑になっている箇所もあります。

あとは自分で原書を読むなり努力してくださいな。

433 :無名草子さん:03/10/14 17:56
>>432
「character study 」についてはそうだろうね。べつにちがうと
いってるわけでもないし。
頭悪くてまだわからないんだけどさ、キングが

「この本に対する文芸ヲタからの反論を予期し(略)論旨が複雑になって」

いることと

「キングの小説論」が「それほど単純じゃ」ないことのどこが等価なのかな。

434 :無名草子さん:03/10/14 18:18
等価と考えていいんじゃないでしょうか。

435 :無名草子さん:03/10/14 18:24
>>434
そう? 単純なことを回りくどくいうこともできるんじゃない?

436 :無名草子さん:03/10/14 18:49
その逆で、複雑なことをなるべくわかりやすく書こうとしているとは思うのですが
読者に誤解されないためには、(というか嘘を書かないためには)
ある程度回りくどくなるのもいたしかたないかと。

437 :無名草子さん:03/10/14 18:55
>>436
だからさ、どう複雑なのか教えて下さいよ。

438 :無名草子さん:03/10/14 19:04
どうしても教えてほしい?

439 :無名草子さん:03/10/14 19:06
>>438
お願いします。

440 :無名草子さん:03/10/14 19:09
ええと、ラモーンズはなんと歌ってたっけ?

441 :無名草子さん:03/10/14 19:19
>>440
またまた、ケムに巻こうとしたってだめですよ、
Pet Semataryですか?
それともDanse Macabreですか?
それとも白雪姫ですか?

442 :無名草子さん:03/10/14 19:27
>>439
よっしゃ。まず翻訳でいいから「小説作法」を読め。
読んだあとでキングの小説論に>>416以外の内容が見当たらないと感じたら
ここにそう書け。
薄い本だから4,5時間で読めるよ。今すぐ買いに走れ。

443 :無名草子さん:03/10/14 19:29
>>442
いやだなあ、じらしちゃって。
せっかく魔法の合い言葉だっていったのに。

もったいつけずに教えちゃいなさいよ。

小説作法は持ってますよ、原書も訳書も。


444 :無名草子さん:03/10/14 19:41
>>442
ここにそう書いてもらうときにはIQも教えてもらったほうがいいかな。

445 :無名草子さん:03/10/14 19:42
>>442
お返事ないようだからこっちからクイズ出しちゃおかな。

キングはだれのことを20世紀最大のプロット擁護者といっていますか?

446 :440:03/10/14 19:42
タイミングが悪かったか…

ペット・セマタリーです。
「ヤッホー、やったろじゃないか」って返してほしかった(´・ω・`)

447 :無名草子さん:03/10/14 19:43
>>445
シラネー

448 :445:03/10/14 19:50
4、5時間で読める薄い本に書いてあるんですけどねー。

449 :無名草子さん:03/10/14 19:57
性根の腐った文学ヲタ。晒しage

450 :445:03/10/14 20:01
だからさ、はやいとこ教えろよ。
どこが複雑なんだよ。

451 :無名草子さん:03/10/14 20:03
キングなんて大衆作家じゃーんという
受け売りのアホも嫌だが
こういうのも嫌だよね・・・・

452 :445:03/10/14 20:09
ちったぁ骨があるかと思ったのに、
たいしたことなかったなぁ。

ま、生兵法は怪我の元ってことさね。

453 :無名草子さん:03/10/14 20:22
>>443
原書は持ってるだけなんだね…漏れといっしょだ

454 :443=445:03/10/14 20:26
>>453
うんにゃ。読んでるよ。
最初は訳書で読んでたんだけど、
あんまり意味不明なんで原書に切り替えたら
分かりやすいこと。

455 :無名草子さん:03/10/14 20:32
>原文での「character study」を性格描写小説っていっちゃうのは
>おれも無理があると思うよ。だいだい原語の意味を直訳すれば
>「(登場)人物の研究」だもんな。

うんにゃ。読んでるっちゅうより読んだ気になってるだけだな。

456 :443=445:03/10/14 20:33
>>455
説明きぼん。


457 :443=445:03/10/14 20:44
455さん、お返事ないね。

じゃ、こっちからまたクイズ。

413さんが引用した段落の一つ下の段落に誤訳があります。
どういう誤訳か、それを指摘して下さい。

あっと、最初のクイズの答はEdgar Wallaceね。

458 :無名草子さん:03/10/14 20:49
445ってひょっとしてアマゾンの書評でイタい翻訳批判してるヤシ?

459 :443=445:03/10/14 20:52
>>458
アマゾンにレビュー書いたことはありません。

460 :無名草子さん:03/10/14 20:58
そういえば前スレにも「小説作法」の翻訳を批判する粘着がいたっけな。

461 :443=445:03/10/14 21:01
>>460
別人です。
まあ、あの翻訳はひどすぎですから、
誰が読んでも嫌になると思いますけど。

462 :無名草子さん:03/10/14 21:14
>>460
いたいた! 前々スレにもいた!w
例文あげちゃって誤訳を指摘して。それがいつも「小説作法」w
「小説作法」に怨みでもあるのかとずーと思ってたよ。

463 :無名草子さん:03/10/14 21:25
オナニーもほどほどに。

464 :無名草子さん:03/10/14 21:31
まったくだ。

465 :無名草子さん:03/10/14 21:45
いや、翻訳家か出版社に恨みがあるんだろう。
1.翻訳出版前に自分の翻訳を出版社に持ち込んだが鼻で笑われた
2.翻訳者にサインをねだったが断られた
ネットで翻訳批判してるヤシってだいたいこんな連中だよ。

466 :無名草子さん:03/10/14 22:08
おれは>>413を読んだとき釣りだとピーンときたがなあ…
レスしなきゃいいのに…

467 :無名草子さん:03/10/14 23:11
キティのにおいがプンプンしているな。 

468 :無名草子さん:03/10/14 23:27
ちょうど今日、映画「バトルランナー」見た後なんでちょっと
気分はマッドがかってる。

469 :無名草子さん:03/10/14 23:43
サイコ文芸オタ野郎!(・∀・)イイ!!

470 :428:03/10/15 03:24
>>430
>>キングのエンターテイメント作品をクソな私小説的文芸のレベルに引きずりおろすつもりですか? センス悪杉

悪い悪い、
>キングの小説が怖いというやつは、死をまともに考えたことがないんじゃないか?

ではなくて、正しくは、
「キングの小説が怖くないというやつは、死をまともに考えたことがないんじゃないか?」
だったわ。
そうじゃないと文脈がつながらないよな。
一生懸命答えてもらったのに見当外れになってしまってゴメンな。


471 :無名草子さん:03/10/15 05:10
>>430 :無名草子さん :03/10/14 13:04
>"性格描写小説"は原文では"character study"になってるね。
>この本は翻訳だと理解しにくい。アメリカ文学の話を日本の文芸のタームで
>説明しようとしてるから無理もないんだが。
>"character study"は、アメリカの文学/演芸の文脈では性格描写のことです。

いいから、>>413の質問にさっさと答えてやってくれ。煽りでなく。

>性格描写小説って、具体的にはたとえばどんなの?
>アメリカの大学の演劇部ってどんなことしてるんだろう。

472 :無名草子さん:03/10/15 07:04
さっさと>>413の質問に答えろや。
答えられねえならあやまれ。クズが。

473 :無名草子さん:03/10/15 08:04
おーい>>430よ。逃げる前にひとことくらい何か言えよ。
中途半端な知識しかねえくせにえらそうに語りやがって。

474 :無名草子さん:03/10/15 09:11
>>430は敗走か。腰抜け野郎が。

あとキング通を気取った>>369。いるかい?
てめえがえらそうに書いてるような情報は海外のサイトで簡単に手に入るんだよ。
ここの連中がバカなのをいいことにもったいぶって書きやがって。
あんたくらいの通なら>>413の質問には簡単に答えられるよね?

475 :無名草子さん:03/10/15 09:36
>>471-474
虎の威を借る狐さんでつか?

476 :無名草子さん:03/10/15 09:55
>>474、なんでそう変な場所に絡むかなぁ。

確かに海外のサイト見に行けば情報は大量に入るだろうけど、そこまで熱心な
ファンじゃないけど、知らせてもらったら行くよ。
と思っている人も多いだろうし、ありがたい情報だと思うよ。
特にもったいぶってもいないだろう。

スレが伸びているから楽しみにしてみたら...


477 :無名草子さん:03/10/15 10:06
くだらない自己弁護レスはいいから>>413の質問に答えてくれよ。
無理ならそう言ってもらえればいいから。

478 :443=445:03/10/15 10:09
>>477
見苦しいからやめれ。

479 :無名草子さん:03/10/15 10:31
完全放置でお願いします

480 :無名草子さん:03/10/15 11:03
>>478
自己弁護レスの次はなりすましかよ。
ほんとにどうしようもないな。おまえは。
頼むから>>413の質問に答えてくれよ。

481 :443=445:03/10/15 11:44
>>480
あのー、本人なんですけど(なんだか変なのが出てきちゃったなぁ)。

そんなにアメリカの大学の演劇サークルのことが知りたいの?
じゃ、NHK BS2でときどきやってる『アクターズスタジオ・インタビュー』
でも見てごらんよ。ゲストの俳優たちが若いころどんな勉強をしていたか
わかるから。

この番組にアクセスがないっていうんなら、

http://www.careerupny.com/page043.html

でも見てごらん。おおかた大学でやってることは、これのまねごとだろうからさ(おっと、おれはそっち方面はぜんぜん無知だからね)。


482 :無名草子さん:03/10/15 12:14
>性格描写小説って、具体的にはたとえばどんなの?
こっちは?

483 :443=445:03/10/15 12:20
>>482
それは知らない。「日本語の文芸ターム」なんて
知ったこっちゃないもん。

それからいっとくけどさ、おれは413じゃないからね。
だから466の「ピンときた」とかいうのは大外れ。

きみもさ、煽りじゃなくてほんとに知りたいんだったら、
せっかくウェブにアクセスがあるんだから、自分でググってごらんよ。

484 :無名草子さん:03/10/15 12:30
長〜い自己レスご苦労さん。以降は完全放置で。

485 :無名草子さん:03/10/15 12:37
今年、NHKのBSでメジャーリーグ中継を見ていたらトム・ゴードンが
出てきて感激した、例のポーズは見逃したけど。
確か松井を三振にとってた。

486 :無名草子さん:03/10/15 13:15
>>485「トム・ゴードンに恋した少女」でつな、手元にあるけどまだ10ページ
ほどしか読んでない。まだ全然遭難しそうにないよ。今本を読む気がしないんで。
キング作品にはミュージシャン、スポーツ選手もよく出てきますね。

487 :無名草子さん:03/10/15 15:51
まだ文庫本にはなってないんだなぁ。

>>486
ハードカバーで買ったのなら、もったいない!貸して〜

488 :無名草子さん:03/10/15 21:32
>486
少女にここまで辛い経験させんなよ!かわいそうにと
話そっちのけでキングに怒ってしまったアフォな漏れ。
精神的にはまりこめる時に一気に読むのがいいかも。
飲み物とかあえて絶って読むのもオススメ(w

489 :無名草子さん:03/10/16 06:54
>>430
お前、さっさと>>413の質問に答えろよ。
お前は"character study"が「性格描写」と訳されるという、
当たり前のことしかまだ言ってない。
そんなものは、小説作法と辞書を読めば誰にでもわかることだ。
>>413が聞いているのは、
それが具体的にどんなものなのかということだろう。

>キングはこの本に対する文芸ヲタからの反論を予期していたのでしょう、
>非常に慎重に論を進めています。そのため、論旨が複雑になっている箇所もあります。

何を根拠にそう決めつけてるのか不明。
その箇所がどこなのか是非指摘してほしいものだね。

490 :僕の質問にも答えて:03/10/16 11:27
『魔導師の虹』...既知ぃ超特急降りてから、ラブロマンスっぽいとこはいって
ラブ苦手な自分は斜め読みしてると話見失い、気が付けばチクタクマン倒れていたんです。

で、来月には『暗黒の塔』の新刊が出るらしいのですが、これってもう一回読み直したほうがよいのでしょうか?
それとも特に支障なし?
「作者じゃねえからわかんねーよ!」ってのを承知でお尋ねします。

(1)あぁ...あの辺の昔話はほっといて無問題
(2)ラブ重要。話もっと見失う
(3)うるせえ!今は小説作法の質問に答えろやの方が重要議題なんだよ!

491 :無名草子さん:03/10/16 14:32
サンテックの「人間の土地」みたいなのは
キングは書けない、ということをアンチは言いたいのでは?

492 :無名草子さん:03/10/16 15:15
>>490
> で、来月には『暗黒の塔』の新刊が出るらしいのですが、これってもう一回読み直したほうがよいのでしょうか?
本当でつか?

493 :無名草子さん:03/10/16 16:05
最初の方忘れてるから自分は読み直します。
クスリ飲むとことか細かいディテールは妙に覚えてるんだけど(w

494 :無名草子さん:03/10/16 16:32
今更ですがドリームキャッチャー読破しました。
それも先月初めて「アルジャーノンに花束を」を
初めて読みました。
精薄なウトゥになりました。
両方ともとてもよかったです。でもダディッツが
チャーリーと重なってきて切なかったです

メンヘル板逝ってきます

495 :無名草子さん:03/10/16 20:41
>>492
来月英語で出版、翻訳はいつか知らん

496 :無名草子さん:03/10/16 23:03
カリフォルニア州知事選挙のニュース見てたら、
グレグ・スティルソンを思い出したよ…

497 :無名草子さん:03/10/16 23:48
居酒屋の飲み会のように会話がばらばらだ。

498 :無名草子さん:03/10/17 02:44
>精薄なウトゥになりました。
なろうとしてなれるもんじゃないだろ。
誰も言わないだろうけどうざいだろうけどあえて言う。

そういう事は軽々しく言うもんじゃないよ。

499 :無名草子さん:03/10/17 07:49
>>430
お前、さっさと>>413の質問に答えろよ。
お前は"character study"が「性格描写」と訳されるという、
当たり前のことしかまだ言ってない。
そんなものは、小説作法と辞書を読めば誰にでもわかることだ。
>>413が聞いているのは、
それが具体的にどんなものなのかということだろう。

>キングはこの本に対する文芸ヲタからの反論を予期していたのでしょう、
>非常に慎重に論を進めています。そのため、論旨が複雑になっている箇所もあります。

何を根拠にそう決めつけてるのか不明。
その箇所がどこなのか是非指摘してほしいものだね。

500 :無名草子さん:03/10/17 14:38
そっか。来月出るのは本国の方だったんだな・・・
てっきり翻訳が出るかと勘違いしてた。残念

501 :無名草子さん:03/10/17 14:40
>威圧しすぎ

「ディアス強すぎ」を高速で反復してるように聞こえて韻がいいよな

502 :501:03/10/17 14:43
誤爆

503 :無名草子さん:03/10/17 15:29
ガンスリンガーか、オレもできれば拳銃使いとして男らしく生きていきたい。
現実は毎日人にヘーコラし嘘でかためた態度をとり義務を果たし、僅かな金を得る。
まあ、人生ってこんなものだろうが、つい読書で現実逃避をしてしまう。

504 :無名草子さん:03/10/17 18:23
>>503
現実と戦わなわなきゃ

505 :無名草子さん:03/10/17 18:39
(((( ; ゚д゚))))ワナワナ

506 :無名草子さん:03/10/17 20:45
y=ー(゚∀゚)・∵, . おれはガンスリンガー!ターン!

>カーラの狼
邦訳は2年くらいあとじゃないの?

507 :無名草子さん:03/10/17 22:04
>邦訳は2年くらいあとじゃないの?

何を根拠にそう決めつけてるのか不明。
過去に例があれば是非指摘してほしいものだね。

508 :無名草子さん:03/10/17 23:42




   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(´・ω・`)  『暗黒の塔』まだかな〜
     `ヽ_っ⌒/⌒c

509 :無名草子さん:03/10/17 23:50
レッドソックス負けちゃいましたね
キング悔しがってんだろうな

510 :無名草子さん:03/10/18 09:16
松井が打った時"bull Shit ! "とか言ってたんだろうか
ビール片手に(w

511 :無名草子さん:03/10/18 21:43
>>509
キングが生きている間に因縁の対決に勝つのは無理やね。

512 :無名草子さん:03/10/19 10:19
キングの小説に、「マツイ」とか「イチロー」とか出てきたら相当嬉しいだろうな。
でも出てくるかな。
キングって意外に人種偏見が強そうだし。
とりあえず黒人に対しては罪悪感があるみたいな事を書いているし、
黒人が良い役で出てたりするけど、
東洋人とかインディアンは全然出てこないからな。
レインバードってインディアンだっけ?

513 :無名草子さん:03/10/19 11:30
>>512
>キングって意外に人種偏見が強そうだし。
ときどきそういう書き込みを見るけど、どうしてそう思うの?

514 :無名草子さん:03/10/19 14:39
悪役に激しく差別させてるよね。人種で

515 :無名草子さん:03/10/19 14:45
最近読んだ「骨の袋」がそうだったけどアメリカの田舎特有の村意識と
そこから生まれる人種差別的なものが好きではないように感じられた。
でも必要悪だとも思っているような節も見受けられる。


516 :無名草子さん:03/10/19 15:15
おいおい、差別そのものを書きたいわけではないことぐらいは読み取れよ。

517 :無名草子さん:03/10/19 15:23
リアリティを持たせるために現状を包み隠さず描くことが
必要だと思ってるんだと受け取ってた(現状を知らないが)。
キングの思想が少なかれ入り込んでることはあっても、
本人はことさら表現するつもりがあるとは思えない。


518 :無名草子さん:03/10/19 15:26
なんかで読んだけど、キングが悪役(てかその手の登場人物)に
汚い言葉とか人種差別的な台詞を言わせるのは、そのたぐいの
人間がそういう話し方をするからだってキング本人は言ってたね。
それを自己検閲したら本物の人間らしくなくなるだろうってね。

519 :515:03/10/19 15:28
>>516
彼が差別そのものを書きたかったんだと俺は書いたつもりじゃなかったんだけど。
俺文章読むのも書くのも上手くできないから難しい。

作品に作家の思想とか嗜好が多く反映されたりするものではないの?
作品とその作者はやっぱり全く別物?

520 :無名草子さん:03/10/19 15:31
>>519
その考え方でいくと、キングの小説の登場人物は
みんなキング本人になっちゃうんじゃない?

521 :無名草子さん:03/10/19 16:16
人間って多面性をもってるからね。
キャラクターには、本人が意識するしないに関わらず作家本人の一面が反映されると思う。
でも、その一面を作家の全体像のように感じたらまずかろう。
人間の中には互いに矛盾するものが存在する(そうでなきゃ葛藤なんて起きない)。
差別主義者を憎悪する者の心のなかにも、同じような差別の心がないとは限らない。
むしろ、理解できないものよりも、理解できてしまうもの、自分の影の部分にあるものに対する
憎悪や嫌悪感の方が激しい気がする。
でも(繰り返しになるけど)その影の部分をその人間の本質と受け取ってはいけないと思う。
人の本質は、おのれの影の部分を乗り越えたところにある(多分)。

522 :無名草子さん:03/10/19 16:23
>>521
そんなに小難しい話とは思わないんだけどな。
たんに下卑た登場人物がそこに必要だったから置いた、
で、その人物が本物らしく見えるようにそういう言葉遣いを
させたってだけの話でしょう。

無意識の部分が出てくるってのは否定しないけど。
たとえばキングが批評家一般に否定的な言及ばかりしている
というところとかね。

523 :無名草子さん:03/10/20 00:23
キング読んでて人種差別的考えの人だなーなんて思った事ないが。
むしろ気を使ってて、その気の使いようがそれなんだと言われたら
あーそういう考えもありますね、とは思うけど
自分ではそういう位置づけはしない。

一番悲惨に描かれてるのって貧乏白人じゃないのかね。
エースもそれに入るけど。

524 :無名草子さん:03/10/20 00:24
そしてそのエースが妙に気にいってたりするんだよな(w

525 :無名草子さん:03/10/20 22:57
骨の袋読んでるとこなんだが、
年々セックスの描写が濃くなってきていると感じるのは
気のせいだろうか・・・

526 :無名草子さん:03/10/21 10:32
キングの人種差別意識は、典型的な白人インテリ程度だと思うよ。
基本的には人種差別反対で、黒人に味方したい心性をもっている。
だがインディアンには全然罪悪感を持ってない。
アジアには関心すらなく、
知っていることといえば日本と戦争して原爆落として勝ったことぐらい。
中国がなんとなく好きで同情的、
そのくせベトナムにも同情的、
インドは神秘的でよくわからない牛糞パイの国ぐらいのものでしょ。

要するに他国の歴史にはインテリ白人なみに無知だと思う。


527 :無名草子さん:03/10/21 21:28
>>526
×インテリ白人
○レッドネック白人
だろ。

528 :無名草子さん:03/10/22 02:00
>>525
骨の袋は金持ち中年が子持ち娘を食いそこねる話だからね。
そりゃあエロいよ。

529 :526:03/10/22 08:43
>>527
いやいや誤解しないでくれ。正しく「インテリ白人」だよ。
大卒以上のインテリ白人のことを言っている。
レッドネック白人が歴史に無知なのは当たり前。

530 :無名草子さん:03/10/24 04:55
骨の袋を読み終えた.面白かった。元旦に今年はキングを全部読むと決めたけど
ほとんど読んでしまったら全部読むのが惜しくなってしまいました。
手許にハードカバーは持ってるけど「スタンド」「トムゴードンに」「不眠症」
「ダークタワーシリーズ」は文庫で全部出るまで読まない事にしようと思う。
#ダークタワーシリーズは完結するまで読まないつもり。
今年の残りはキング再読月間にしようと思います。

531 :無名草子さん:03/10/24 11:14
秋だしのんびり読書いいね。
ハードカバー全部持ってるなんてうらやましい。

532 :無名草子さん:03/10/24 11:21
>>530
俺も以前は文庫待ちをしてたけど、今はブックオフでハードカバーを買っている。
eブックオフを含め。
文庫待ちは時間の無駄だよ。

533 :無名草子さん:03/10/26 19:40
>>507
普通キングの作品って翻訳出るまでにどれくらいかかるの?

534 :無名草子さん:03/10/27 09:58
きみもさ、煽りじゃなくてほんとに知りたいんだったら、
せっかくウェブにアクセスがあるんだから、自分でググってごらんよ。

535 :無名草子さん:03/10/27 13:08
>>525
セックル描写あった?レイプはあったけど、抽象的に書いてたような。

以前、「キングは恋愛(ひいてはセックルシーン)が書けない作家だ」
と批評されて、それが悔しくてそれからそっち方面も頑張って書いている!
っていう話をどこかで読んだけど(以前のこのスレだったかも…うろ覚えスンマソ)。
いちばんキングがそういうのを頑張って書いた!って思ったのは
The Diary of Ellen Rimbauerかなと思う。

From the Buick 8はそういうのがなくて爽やかに安心して読めた。

536 :無名草子さん:03/10/27 16:36
>>535
すまんがThe Diary of Ellen Rimbauerはキングじゃないぞい。

537 :無名草子さん:03/10/27 18:03
>>534は、文面通りの単なる嫌なやつなのか、
ウケを狙ってる奴なのかわからんな。

>せっかくウェブにアクセスがあるんだから、自分でググってごらんよ。

ウケを狙ってるとしても、どう突っ込んでいいのか分からん。
「ウェブにアクセスがあるんだからググッて」って何?
ギャグか? 
でなければ、年寄りか8歳ぐらいのコドモか?


538 :無名草子さん:03/10/27 19:22
>537
言いすぎ。
11歳から56歳くらいだと思う。なんとなく。

ぐぐる、は2chでよく出るがカタカナというのがなんとも。
ウケを狙っていると思いたい。

539 :無名草子さん:03/10/27 21:45
>>535
セックスの描写は「ニードフル・シングス」のがよかったなあ。
保安官が関節炎のヒロインに苦痛を与えないように
魔法のように(手品のように、だった?)やっちゃうところ。

540 :無名草子さん:03/10/28 01:09
「The Diary of Ellen Rimbauer」の執筆者は
キングのバンド仲間のリドリー・ピアスンです。

541 :無名草子さん:03/10/28 18:25
>>538
「ググる」よりも、「ウェブにアクセス」が変なんだよ。
特選街が愛読書でしたって感じだな。

542 :無名草子さん:03/10/28 19:24
Anything goes i guess.

543 :無名草子さん:03/10/29 01:12
ダーク・タワー早く読みてぇが、魔道士がどこで終わったか忘れた。


544 :無名草子さん:03/10/29 23:46
ドロレス・クレイボーン
2日で読み終わりました。
本読んでうるうるきたのは久しぶり。
あのエンディングで本当に良かった。

前のほうで誰か言ってましたが、
オカルトがないほうが自分には合っているみたい。

545 :無名草子さん:03/10/30 11:22
私もオカルトのないキングが好きです
ドロレスクレイボーン
リタヘイワース
ミザリー
ペットセマタリー
以上が好きなのですが、「骨の袋」を書店でみて気になっています。
以前の私ならすぐに買いなのですが、今は職がないので買えません。
キングの本は好きなのですが、デスぺレーションレギュレーションのような
モンスターものなら今回は我慢するつもりです。
内容はどんな感じですか?

546 :545:03/10/30 12:56
レギュレイターズでした・・・

547 :無名草子さん:03/10/30 14:55
なんだか可愛い間違え。

548 :無名草子さん:03/10/30 17:41
「クージョ」おもしろくないんですけど・・・
無駄な描写が多くて読みにくい。

まぁ、古本100円で買ったからいいか

549 :無名草子さん:03/10/30 17:58
「IT」4冊400円で購入!古本だけど意外にきれいでラッキー!

550 :無名草子さん:03/10/31 00:10
The Dark Tower V
Wolves of the Calla 発売さげ

早く届けよゴルァ〜w

551 :無名草子さん:03/10/31 01:51
イットは、映画で見たほうが絶対面白いよ。

552 :無名草子さん:03/10/31 01:56
小説は、長すぎるよ。

553 :無名草子さん:03/10/31 09:24
意図の映画なんてないぞ。 あのくらい嫁。

554 :無名草子さん:03/10/31 10:47
俺は IT の海外ドラマだったら、NHKで見たことある。

年末年始のNHK深夜放送でスティーヴン・キング原作ドラマが放送されたよね。
ランゴリアーズ、Storm Of The Century も見たなぁ〜

NHKBS2でも放送されたみたいだけど。

555 :無名草子さん:03/10/31 17:57
キングの名を見かけると嬉しいこのごろ。
最近みかけたのはダレン・シャン「奇怪なサーカス」と
シドニィ・シェルダン「空が落ちる」。
他にあれば教えてplz

556 :無名草子さん:03/10/31 20:24
"Entertainment Weekly"の10月24日号にキングのコラム連載第5回目が掲載されますた。
"No Pain, No Fame"と題し、全米の"Bennifer現象(ベン・アフレックとジェニファー・ロペスの間のごたごた)"
を例にあげて、加熱するマスコミ及びそれを求める人々をチクリとやっています。

・ジョニー・デップ主演で製作中の" Secret Window, Secret Garden"の公開時期が2004年4月23日に決まったそうです。
ttp://www.comingsoon.net/movies/s/secretwindow.php

・ガンスリンガーコンテストの候補作のうち5作が公開されました。
ttp://www.penguin.com/darktower/gallery.html

・ついにスピルバーグが"The Talisman"の映像化に乗り出した?という噂。
ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/nm/20031015/film_nm/film_perelman_dc_1&session=h5YPcXudRs1DE79IL4V9Pdpku4

557 :無名草子さん:03/10/31 23:46
キングの短編だが「ばね足のジャック」が面白いと思った

558 :無名草子さん:03/11/03 22:12
オフィシャルサイトにバーチャルなキング氏が登場!
キング氏のメッセージを聞きおわったら、彼の回りでマウスを動かしてみよう。

559 :無名草子さん:03/11/04 03:27
目線が動いてから首が動くのがリアルだな。
ぐりぐり動かしてしまった(w

560 :無名草子さん:03/11/05 18:02
作品の中に他の作品の登場人物とかエピソードが出てくることがあるじゃん?
それをできるだけ楽しみたいからなるべく書かれた年代・発行順に読んでいってる
んだけど、ダークタワーシリーズもそれに組み込んだ方がいいのかな?
シリーズが出揃ってから読もうと思ってとばしてるんだけど、
完結するまでに出た他の作品にリンクが登場してたりする?(ダークタワー関連の事柄が)

561 :無名草子さん:03/11/05 18:25
インザナイッ

562 :無名草子さん:03/11/05 22:05
ハズカムッ

563 :無名草子さん:03/11/06 02:30
(うまいっ!)

564 :無名草子さん:03/11/06 12:33
Wolves are coming! Wolves are coming!

565 :無名草子さん:03/11/06 19:03
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
家に帰ったらWolves of the Callaが届いていたage

566 :無名草子さん:03/11/06 21:30
>>560
リンクの方向を矢印で示してみる。修正とかあればヨロシコ。
微妙なリンクは省くとして 

呪われた町←暗黒の塔
ザ・スタンド←暗黒の塔
ドラゴンの眼←暗黒の塔
タリスマン←暗黒の塔
ローズ・マダー←暗黒の塔
不眠症←→暗黒の塔
アトランティスのこころ←→暗黒の塔
ブラック・ハウス←→暗黒の塔

こんな感じ?

567 :無名草子さん:03/11/07 06:40
そういやWolves of the Callaにはキャラハン神父が出るんだっけか?楽しみ。
早く翻訳出ないかな・・・

568 :無名草子さん:03/11/07 09:23
WotCまだ最初の3分の1も読んでないけど、やたらと"19"という数字が出てきますな。
6月に出たGunslingerの改訂版にも出てきてたけど、なんなんだろうねコレ。

569 :560:03/11/07 13:56
>>566
レス サンクス!!!
結構あるんだねー!とりあえず暗黒の塔は読まにゃってことか。。。

570 :無名草子さん:03/11/07 17:01
インソムニア高いんですけど、どんな感じですか?

571 :無名草子さん:03/11/07 19:10
ローラソドに(メル欄)! がんがれローラソド!

572 :無名草子さん:03/11/07 21:01
>>570
おもしろいよ。スペシウム光線出るし。
高いと思うんだったら文庫落ちを待ってもいいかもしれないけど。

573 :無名草子さん:03/11/08 11:46
>>566
暗黒の塔を読めばすべてオッケーってことでいいのか

574 :無名草子さん:03/11/08 15:29
ジェイクが(メル欄)! がんがれローラソド!


575 :無名草子さん:03/11/08 16:03
>>574
あんまりやり過ぎるとウザイぞ

576 :無名草子さん:03/11/08 17:11
専用ブラウザ使ってるから、
見たくなくてもメール欄が見えてしまう。


577 :無名草子さん:03/11/08 17:13
スザンナが(****)! がんがれローラソド!

578 :無名草子さん:03/11/09 12:09
暗黒の塔シリーズは全く読んでない自分。
完全に別物の世界だと思ってたので。

アトランティスの心やローズマダー呼んで
(゜Д゜)ハァ???? 状態に陥って、それらを駄作認定してたよ。

579 :無名草子さん:03/11/09 21:06
自分も暗黒の塔シリーズ未読で、ローズ・マダーはなんかノレなかった。
アトランティスはまぁまぁ好きかな。ただこっちは暗黒の塔を読んでなくとも
それとの繋がりにいやでも気づかされたから読みながら「あぁー暗黒の塔
読んどけばもっと楽しかったかなぁ」と切なくなった。

580 :無名草子さん:03/11/09 22:35
Wolves of the Calla読了。感無量。
>>579
WotCではアトランティス(ロウ・メン…)は重要な位置を占めていますぞ。
>>568
自己レスですけど、全部読んだらなんとなく分かった。
>>571
それはどうだか
>>574
んなこたーない

581 :無名草子さん:03/11/10 03:26
暗黒の塔を先に読むの?(´・ω・`)
止めてアトランティス読み始めちゃった

582 :無名草子さん:03/11/10 19:26
Wolves of the Callaの最初のページにあった暗黒の塔関連の本を刊行年順にまとめてみた。
これが公式見解ということなんでしょうか?
それにしてもどうしてこれが?というのがけっこうありますな。

'Salem's Lot(1975)「呪われた町」
The Stand(1978/1990)「スタンド」
DT1: Gunslinger(1982/2003)「ガンスリンガー」
The Talisman(1984)「タリスマン」
Skeleton Crew(1985)「骸骨乗組員」「神々のワード・プロセッサ」「ミルクマン 」
It(1986)「It」
DT2: The Drawing of The Three(1987)「ザ・スリー」
The Eyes of the Dragon(1987)「ドラゴンの眼」
DT3: The Waste Lands(1991)「荒地」
Insomnia(1994)「不眠症」
Rose Madder(1995)「ローズ・マダー」
Desperation(1996)「デスペレーション」
The Regulators(1996)「レギュレイターズ」
DT4: Wizard and Glass(1997)「魔道師の虹」
Bag of Bones(1998)「骨の袋」
Hearts in Atlantis(1999)「アトランティスのこころ」
Black House(2001)
Everything's Eventual(2002)
From a Buick 8(2002)

583 :無名草子さん:03/11/11 06:22
>>582
この順に読んでいけば問題ないってことだね
ウホっありがとう

584 :無名草子さん:03/11/11 23:54
>>582 塔とのリンク
骸骨乗組員 神々のワード・プロセッサ ミルクマン
がよくわかりませんな。他はまあわかるのですが。

強いてあげるなら
「霧」 :霧=希薄で塔世界と繋がった?
「おばあちゃん」 :クトゥルー系だし
「トッド夫人の近道」 :異世界っぽいのが塔世界?

つか、From a Buick8もそうなんかい。

585 :無名草子さん:03/11/12 12:41
>582
Thanks!
正直、ありがたいよこういうの。
帰りに書店に寄って持ってないの見にいくわ。


586 :無名草子さん:03/11/12 13:35
>>584
うう、今後の塔本で、「霧」とかの怪物が出てくるんかな?
なんだか無理なこじつけになりそうだぞ。
ファンは喜ぶ展開となるか、萎え〜になるか。
きばれやキング!

587 :無名草子さん:03/11/12 18:09
>>584
>骸骨乗組員 神々のワード・プロセッサ ミルクマン
>がよくわかりませんな。

禿同。いちおう再読してみるけど暗黒の塔の次の巻以降にリンクが登場するとかだったら鬱だ。

588 :無名草子さん:03/11/12 23:31
「霧」で誰かの胴体真っ二つにしたのがディダチェックダダチャム?

589 :無名草子さん:03/11/13 02:01
>>586,587,588
明確なリンクでもないのかもね。

それよか「ドラゴンの眼」のトマスとデニス、
「不眠症」のパトリック少年とかの再登場の方が気になる・・・

590 :無名草子さん:03/11/13 23:37
"Night Shift"がないのが意外な気がした。
「呪われた町」と「スタンド」にリンクした短編が入っていたと思うのだが。

591 :無名草子さん:03/11/14 18:39
来週はBSでデッドゾーンか・・・・。楽しみだ。

592 :無名草子さん:03/11/15 04:20
デッドゾーンみてええ
評判きくとイイのにビデオ屋においてないショボ━(´・ω・`)━ン!!
原作は読みましたけどね。ジョン・スミス。ミドルネームはありません

593 :無名草子さん:03/11/17 20:03
今ペットセメタリーの下巻読んでるが「ヤッホー、やったろじゃないか!」に激しくワロタ。
シャイニングの赤子病の仮面?からの引用もなんか笑えた。

594 :無名草子さん:03/11/18 09:36
なんか唐突だけどさ、暗黒の塔シリーズが完結する前に死にたくないなー、と
思ったw別にそんな年じゃないんだけどさ。自分。(21でつ)
『荒地』の解説を担当した養老孟司氏(『バカの壁』著者)が
“私の最大の不幸とは、暗黒の塔シリーズが完結する前に寿命が尽きる場合である”
って書いててなんか「あ、自分だっていつ死ぬかわかんないんだなぁ」なんて
切なくなってしまったw

595 :無名草子さん:03/11/18 16:22
その当時養老氏が案ずべきだったのは自身のことではなく、キングのことだったのだがw
1999年6月19日のキングの事故を知ったとき、ファンが最初に思ったことは、
これで暗黒の塔シリーズが完結することは永遠になくなってしまったということ。

ともあれ、キングは回復したし、既に原稿は書き上げられ
来年の11月に最終巻が刊行されるし、翻訳もそのうち出るでしょう。

596 :無名草子さん:03/11/18 22:26
こんなところにも19が…

597 :無名草子さん:03/11/18 23:27
ガンスリンガーにでもなってみます。

598 :無名草子さん:03/11/19 02:30
>>595
本当ですね。キング死んじゃったら相当キツい。もう今後新しい作品が世に出なく
なるってのも悲しいですがシリーズ途中ってのはあまりにもむごいw

ところで、どなたか“暗黒の塔”シリーズの訳者が最初は池央耿だったのが
途中から風間賢二になった所以をご存知の方はいませんか?


599 :無名草子さん:03/11/19 18:14
20:00からNHK衛星で「デッド・ゾーン」放映ですよage

600 :無名草子さん:03/11/19 18:54
「デッド・ゾーン」は昔から見たくても見れない映画だったんでマジ楽しみだ。
キング映画の中でも評価は高いようだし。
録画の準備して、始まるのを待ってる最中だ。

601 :無名草子さん:03/11/19 20:27
>>596
おおう。本当だ(w

>>598
ちょっと難解な感じだったからじゃない?
でも個人的にはアレでよかったと思う。
作品自体2巻以降イメージ違うし。
でもあの訳で2巻以降読まない、なんて思った読者が
いたかもしれないが。

602 :無名草子さん:03/11/20 10:47
おまえら、マンハッタン奇譚クラブの本棚に、
「破壊者」って本があるの知ってっか?
ブレイカーだよブレイカー。

603 :無名草子さん:03/11/20 17:38
・10月30日Jacob Burns Film Centerでの公演の模様。映画"Cujo"を上演した後、ホラー映画について語ったそうです。
ttp://www.hezimoo.com/sking103003/

・11月4日"Wolves of the Calla"が発売されましたが、"Wall Street Journal"11月3日号によれば
初版部数は66万部とのこと。従来のキング作品の半分以下の数字。
NYTimesのトップセラーリストで現在2位。
ちなみに1位は以前"Entertainment Weekly"のコラムでキングがクソミソにけなしていた"Da Vinci Code"。

・"Esquire"12月号にキングの短編"Rest Stop"が掲載されました。
ふと立ち寄ったハイウェイの休憩所のトイレで、主人公が恐ろしい目に会うというもの。

・"Entertainment Weekly"11月4日号にキングの連載コラム第6回が掲載されました。
"Do Movies Matter?(part1)"と題し、キングの好きな映画について論じています。
手放しで絶賛している"Mystic River"をはじめ、"The Usual Suspects"、"Fargo"、"American Beauty"などに混じって
意外にも"The Matrix"や"There's Something About Mary"などを過去15年間でのベスト作品としてあげています。

・Riding the Bulletが映画化に向けて11月から12月にかけてVancouverで撮影を行うそうです。
監督はMick Garris(TV版Standの監督)

・DreamWorksによるThe Talisman映画化のプロジェクトが動き出したらしいという話。
監督はVadim Perelmanで2005年公開を目指し、来年製作開始するそうです。

・11月19日National Book Award's annual medal for distinguished contribution to American lettersの
授賞式が行われました。
ttp://www.nytimes.com/aponline/arts/AP-National-Book-Awards-King.html

・授賞式当日の朝行われたインタビュー
ttp://www.npr.org/display_pages/features/feature_1510901.html

・その数日前、キング夫妻をつけまわしていたストーカーが逮捕されたという、ぞっとするようなニュース記事。
ttp://www.bangornews.com/editorialnews/article.cfm/ID/411896/action/form

604 :無名草子さん:03/11/20 21:24
ここにもまた19が…

605 :無名草子さん:03/11/21 08:53
>>603 ちなみに1位は以前"Entertainment Weekly"のコラムでキングがクソミソにけなしていた"Da Vinci Code"

どういう作品でキングはどう言及していたのでしょうか?詳細ご存知の方教えてください。


606 :598:03/11/21 08:56
>>601
レスどうもです。やっぱそうですかねー。私も最初はやや読みにくさを感じて、
でも慣れてくるとその堅さが心地よかったのに少し残念です。

607 :無名草子さん:03/11/21 09:20
>>603
>ストーカー
怖っ
「...キングは2階に上がって拳銃に弾を込めた...」のあたりで鳥肌が立った。

608 :無名草子さん:03/11/21 18:34
>>605
Dan Brownの"The Da Vinci Code"は今年3月にアメリカで発売されて以来、
ずっとベストセラーリストの上位に居座り続けているヒット作品です。
ヨーロッパを舞台にしたキリストの聖杯をめぐるミステリーです。
私も読んでみましたが、正直めちゃくちゃ面白かったです。
ただ筋の展開は圧倒的にすごいのですが、登場人物の印象が薄いのが難点なのと、
考古学的な情報をまるで専門書のように羅列してある部分が少し冗長な気がしました。
キングはEntertainment Weeklyのコラムで「ベストセラーリストの本の70%はdreck(クソ、クズ、カスなど)
である。Dan Brownの"The Da Vinci Code"は、その最たるものだ」と書いています。

609 :無名草子さん:03/11/22 11:12
http://news6.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1069338157/431
http://news6.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1069338157/437

610 : :03/11/22 20:42
グリーンマイルやるよ

611 :みんなにおながい!!:03/11/22 20:52
管理人からの熱心なお知らせ
競馬板では今年の有馬記念ファン投票において、シルクボンバイエという馬をプッシュしています。
『白面の貴公子』の異名を取るその姿を、ぜひ年末の大一番で見たいのです。
ぜひシルクボンバイエに1票投じてください。お願いします。

【画像】 ttp://sylphys.ddo.jp/upld2nd/gamble/img-box/img20031122152011.jpg
【戦績】 http://keiba.nifty.com/db/horse.php?hid=2000102376
【投票画面】http://www.jra.go.jp/fan03a/fanent0.html
投票画面では、自分の投票する馬以外に「馬番号は空欄 馬名シルクボンバイエ」を加えて投票してください。
一人10票までいけます。


612 :無名草子さん:03/11/24 03:11
今ゴールデンボーイ読んでる
刑務所のリタ・ヘイワースいいねぇ
映画と原作で二度美味しい+αみたいな感じ
ゴールデンボーイの方はキングらしい怖さがでてきました
時間を忘れるほど楽しい

613 :無名草子さん:03/11/24 11:49
「ここにも19が」というレスがあるけど、
いったいなんのこと? 誰か教えてくれ。

614 :無名草子さん:03/11/24 17:37
>>613
あんたら素人さんは知らんでもいいことですがな

つーのはネタとして、暗黒の塔V Wolves of the Callaに
何度となく出てくるのよ。 「ここにも19」 が。

615 :無名草子さん:03/11/25 00:16
>>614
そういうあんたは何のプロなんだい?

616 :605:03/11/25 12:13
>>608
レスありがとうございました!そういうことがあったんですねー
ためしに読んでみたいと思います>"The Da Vinci Code"

617 :無名草子さん:03/11/25 13:41
>>614
やっぱりそういうネタだったかw
誰も知らないネタを書き込んで、自分の優位性を確保したかったんだね。
ダサいやつだなあw

618 :無名草子さん:03/11/25 17:40
デュ・モーリエのレベッカは読みましたか?


619 :無名草子さん:03/11/25 17:50
グリーンマイル見たけど、キャストが凄く嵌ってたな。


620 :無名草子さん:03/11/25 18:51
漫画系以外の板でバキネタ出しゃあ>>615やら>>617みたいな反応されても仕方ないわな。
どんまい>>614

621 :無名草子さん:03/11/25 21:32
>>620
スマソ(苦笑
ネタなしで書きこみづらい性分でして・・・

ちなみにWolves〜はまだ途中までしか読んでないので
「19」の意味はわかっていませんのであしからずw

622 :無名草子さん:03/11/25 21:34
>>618
デュ・モーリアね。ヒッチコック映画でも有名な『レベッカ』『鳥』の原作者。
『骨の袋』に『レベッカ』の冒頭が引用されていたけど、正直キングのファンが
読んで面白いと思えるかは微妙なところ。
ピーター・ストラウブの純文学っぽいノリが好きなら楽しめるかもしれない。

623 :596=604:03/11/25 22:07
>>621
なんだかおいらの書き込みが迷惑かけたみたいでゴメソよ。

624 :無名草子さん:03/11/26 14:12
>>620-621
スマンがさっぱり意味がわからない。
「19が」というレスはバキネタってことでいいのか?
暗黒の塔V Wolves of the Callaとは関係がないってことなの?

625 :無名草子さん:03/11/26 18:17
>>624
いくらなんでも頭悪すぎ

626 :無名草子さん:03/11/26 18:38
キングの本、かなり誤訳があると思いませんか?

627 :無名草子さん:03/11/26 18:45
>>626
例えば?
該当の箇所と翻訳者名を示しておくれ。
当方英語がからっきしなんで全く見当がつかん。

628 :596=604:03/11/26 18:56
>>618=>>622
文学講義は文学板でどうぞ。
>>626=>>627
翻訳指南は英語板でどうぞ。

629 :無名草子さん:03/11/26 19:00
ぐはっ!名前欄が残ったままだった・・(^^;)

630 :無名草子さん:03/11/26 19:06
>>627
普通に読んでて意味おかしいトコが無いか?
例えばSTAND BY MEの埋葬のあたり。
それとこのスレの初めのほうにあったけど重要なモチーフをうまく伝えきれない例。
「ブルーからブラックへ」

>>628-629
君が黙れば話題も広がる。

631 :無名草子さん:03/11/26 19:30
>630
なるほど、翻訳ものは確かに読んでてしっくり来ない時ってあるね。
そういう時は単に読んでるこちらの頭が鈍ってると思い、深く考えずに流して
しまったりするのでした(^_^;)
今まで読んだ翻訳もので誤訳に気がついたのは一回だけ。
「レッドオクトーバーを追え」でトイザラスがトイズursと訳されていたの
くらいかな。
今だったら「トイザらス」で通るかも・・。
あ、キングネタから離れてしまってすみません。
629さんキング話題なんで良いかなと。
大目にみてやってください。

632 :無名草子さん:03/11/26 19:50
>>トイザラスがトイズurs
それは誤訳なんだろうか(・ω・)

でも、キングみたく現代風俗の固有名詞を山ほど出てくるとこの手の間違いは避けられないだろうね。




633 :無名草子さん:03/11/26 20:52
>>630
俺は「ブルーからブラックへ」って晴天から暗黒へ→おだやかな日常生活の終焉みたいに解釈してたんだけど
重要なモチーフが隠されてたなんて気付きませんでした。よかったら教えていただけませんか?

634 :無名草子さん:03/11/26 21:12
>>629
ちょいと話題がそれただけでその反応は異常だろ。
他の人も妙に気使うようになっちまったじゃん。
ROMってた方がいいよ、マジで。

635 :無名草子さん:03/11/26 21:56
そうじゃなくておいらはあのレスを書いた、文学ヲタ+翻訳ヲタが嫌いなの。それだけ。

636 :無名草子さん:03/11/26 22:07
おまえもおまえも二人とも性格が腐りかけてる。

頭冷やせ。

637 :無名草子さん:03/11/27 00:00
うっかり残した名前欄から追う限り、鬱陶しいレスを乱発してるな。

空気の読めないバカは。

638 :無名草子さん:03/11/27 00:03
とっておきの情報です!ヤフーオークションの検索に

バブル崩壊!

と入れると凄い情報が見られます。
友達から聞き早速私も落札してしまいました!
落札しなくても見られる無料情報もありましたよ!!もちろん中身はもっとすごい情報でした。
とりあえずウォッチリストに入れておけばいつでも見られますね。
ただすごい人気なので、あっという間に落札されてしまうので早いもの勝ちですが・・・。
出品者の方も迅速で安心できる方でした。かなりお薦めです!

http://auctions.yahoo.co.jp/

639 :無名草子さん:03/11/27 00:39
コミュニケーションはグルーミングか喧嘩のどっちかしかないというのが
じつに2ちゃんらしいスレでつね。

640 :再掲:03/11/27 02:06
>>630 ↓これか? 以下コピぺ
26 :無名草子さん :03/08/13 02:33
キングの作品には沢山のロックミュージシャンの名前や歌詞が出て来て
文章読みながらロックが聴こえて来るようで大好きなんだが、
いくらなんでもブラックサバト、KCとサンシャインバンドはないだろう。
ロック聴かない人にはどうでもいい事だろうけどロック好きな人間には
これだけで萎えてしまうよ。
翻訳者が悪いんじゃなくて、出版社の編集者は一般的に日本で知られている
バンド名、アーティスト名にもう少し気を使って校正して欲しい。
ITの目次の前のページの最後に 青から黒へ ニールヤング ってあるけど
ヤングは Out of the blue,Into the blackって歌ってた。
これを訳すと、突然に暗黒の世界に入り込んだ って意味だと思う
正にITの前フリなのにロックと結び付けて翻訳されてない。

641 :無名草子さん:03/11/27 06:03
おーい596=604よ。なんか言えよ。敗走か?
なら二度と来るなよ、鬱陶しいから。

642 :無名草子さん:03/11/27 06:37
やたら伸びてるかと思えばこれだもんな。
もうほっとけって。

643 :無名草子さん:03/11/27 08:14
まったくだ。
"19"とやらに端を発したらしい今回のこの一連の流れだが、
考えてみれば英語で読んでる奴らは5巻以降の翻訳が出る
よりずっと前に「暗黒の塔」の結末を知るわけで。
そのときのことを考えるとぞっとするよ。
面白半分にネタバレするのは本当にカンベンして。

644 :614=621:03/11/27 09:39
(´・ω・`)ごめんなさい。もうしません。

気を取り直して・・・・
ネタバレは許されんだろうなあ。
これだけの年数引っ張った作品であるわけだし。
上のほうでメル欄でなにやら書いてる人いたけど(内容見てない)
あれも専用ブラウザとか使ってると表示されちゃうんだよね、たしか。

>>1 に「ネタバレは慎重に。邦訳前は禁止」とでも追加したほうがいいかも?

645 :無名草子さん:03/11/27 12:43
>>644
>>>1 に「ネタバレは慎重に。邦訳前は禁止」とでも追加したほうがいいかも?
ジョーシキでしょ、わざわざ書くようなことじゃない。

646 :無名草子さん:03/11/27 14:15
>>645
もうアイツを相手にするのは辞めよう。

647 :無名草子さん:03/11/27 14:18
>>593を読んで思ったんだけど
「ヤッホー、やったろじゃないか!」って原作じゃなんて書いてあるの?
元ネタとかあるのかな?

648 :無名草子さん:03/11/27 16:53
>>647
"hey ho let's go"
「ラモーンズ」のBLITZKRIEG BOPという曲の一節らしい。

649 :無名草子さん:03/11/27 19:40
>>644
未翻訳のネタバレをしたいのなら、英語板にでもスレをたてればいい。
キングを英語で読んでる人はけっこういそうだし。

650 :無名草子さん:03/11/27 19:49
>>620 :無名草子さん :03/11/25 18:51
>漫画系以外の板でバキネタ出しゃあ>>615やら>>617みたいな反応されても仕方ないわな。
>どんまい>>614

これはどういう意味なんだ? 逃げずに答えろよさっさと。


651 :無名草子さん:03/11/27 20:40
>>650
620さんじゃないけど、意味も何も・・・読んだままだと思うけど?
漫画「バキ」のネタを書いたけど、ここは漫画板ではないので>>615さん>>617さんが煽りと勘違いしたってことでしょ?



652 :647:03/11/27 21:11
>>648
うわぁ…笑。
もう少しうまい訳しかたがあったろうに。



653 :無名草子さん:03/11/27 21:33
今日、清水義範とやらの「ターゲット」を100円でゲットした。
巻末解説で風間賢二が「IT」のパロディと申しているもんで、期待して読んでみたけど・・・
ヒデェ出来だった(´д`) 

654 :無名草子さん:03/11/27 21:42
風間賢二ってよく見る名前なんでキングの解説本買ってみたんだけど
『IT』の解説してるとこでクリステヴァだのバフチンだのもちだして
こじつけめいた分析してるんで幻滅したよ。

655 :無名草子さん:03/11/28 00:30
ビリー・ドッド

656 :無名草子さん:03/11/28 01:47
暗黒の塔シリーズおもしろすぎ。
最新刊日本語訳版の発売に備えて、シリーズの頭から読み返し中。

657 :無名草子さん:03/11/28 08:50
おれは全部出るまで読まない!

658 :無名草子さん:03/11/28 17:58
>>650
>漫画「バキ」のネタを書いた

バキネタを書くこと自体も謎だが、それはまあいい。

だが、>>614が、

>暗黒の塔V Wolves of the Callaに
>何度となく出てくるのよ。 「ここにも19」 が。

と答えてるじゃねーか。
暗黒の塔5のネタバレなのか、バキネタなのか、どっちなんだ?
それをハッキリ答えろつってんのよ。




659 :無名草子さん:03/11/28 18:29
>>654
その意気込みや良し!(`・ω・´)
でもすでに文庫化までされてる作品のネタバレとかする人がいるかもしれないから覚悟しておけよ。
さすがに大筋やオチのネタバレまではまともな神経の持ち主ならしないだろうが、
ある程度ストーリーやセリフを絡めないと語ることすらできない事もあるだろうし。
まあ未翻訳や未文庫の作品のネタバレするやつはチンカスだと思うが。

660 :無名草子さん:03/11/28 19:45
そんなことはいいから暗黒の塔5のネタバレなのか、バキネタなのか、どっちなんだ?
答えろよ。それから>>430
お前、さっさと>>413の質問に答えろよ。





661 :無名草子さん:03/11/28 20:58
>>660
いいかげん粘着キモいよ。

そういえばDVDなんちゃらって雑誌でキング特集みたいのやってたよ。
(立ち読みなので雑誌名はうろ覚えですが)

662 :無名草子さん:03/11/28 21:27
>>661
つまらんレスするよな。

空気の読めないバカは。

>>614
暗黒の塔5のネタバレなのか、バキネタなのか、どっちなんだ?

>>430
お前、知らんふりしとらんで>>413の質問に答えろよ。





663 :州知事:03/11/28 21:46
>>662
もちろんそのDVD雑誌の一番のおすすめは「バトルランナー」だったんだろうな?

664 :663:03/11/28 21:47
ミス
>>662でなく>>661

665 :無名草子さん:03/11/28 23:11
>>663
なわけねぇだろ脳ミソ筋肉野郎 b(´∀`)

666 :無名草子さん:03/11/28 23:49
>>662
空気嫁バカ

667 :無名草子さん:03/11/28 23:52
>>662
ドリームキャッチャーに決まってるよ。なぁ、そうだろう?

668 :無名草子さん:03/11/29 00:27
>>662
こいつってあれだろ、スレが荒れたときだけしゃしゃり出てきて攻撃側の尻馬に乗って粘着かますヘンタイだろ
しょーじきキショい

669 :無名草子さん:03/11/29 01:06
>>668
攻撃側っていうところに微妙なプライドがw

670 :無名草子さん:03/11/29 01:11
>>658>>660>>662は某安置スレにいた粘着コテハソだな。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/975161987/714
知障っぽい文章、改行のクセ、田舎言葉がそっくり。

671 :無名草子さん:03/11/29 06:40
2chにいる以上こういうのが沸いてくるのは仕方ない。放置よろ。

672 :よく 読んで ください ね:03/11/29 06:55
>>662
http://www.2ch.net/before.html

頭のおかしな人には気をつけましょう

利用者が増えるに従って、頭のおかしな人もそれなりに出没するようになって来ています。
頭のおかしな人に関わるとなにかと面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。


頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないが
 プライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、
そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

673 :無名草子さん:03/11/29 16:46
悪魔の嵐だ!w

674 :無名草子さん:03/11/29 17:32
「骨の袋」(文庫本・上巻)を読んでるんですが、
いまいち面白いと思えません。
下巻で面白くなりますかね? >>読んだ人

675 :無名草子さん:03/11/29 17:54
「卑下」の使い方

676 :無名草子さん:03/11/30 01:48
>>654
風間賢二のアホ加減は単行本のグリーンマイル6の
解説のかわりの対談での発言で解るよ。


677 :無名草子さん:03/11/30 04:10
>>674
最初の300ページはストーリーの進展がほとんどないです。
前巻の後半から徐々に面白くなってきます。
一応幽霊屋敷物ってことになってるけど、その方面の描写はかなり
控えめですね。
地味だけど、個人的にはけっこう好きな作品。

678 :無名草子さん:03/11/30 16:56
骨の袋は中盤辺りがじっくり楽しめたと思う。
伏線のほとんどがエピローグで適当に解消されてるのが残念。

679 :無名草子さん:03/11/30 20:53
http://uploads.newgrounds.com/137000/137113__Tetris_.swf
このフラッシュ見たら「死のロングウォーク」思い出した

680 :無名草子さん:03/11/30 21:04
>>676
いちおう読んでみたんだが・・・
この鼎談を読むかぎりではそれほどアホとも思えないな。
キング・ファンらしさが素直に出てるとは思うけど。
メンバー紹介のところに「評論家」とあったのはちょっと「?」(w
前にあげた解説本を読んでなければ目が素通りしたんだけどねー。
変にアカデミズムに色気を出しているのは元フランス文学専攻のせいか。
そんなことしなくても、素直なキング・ファンとして発言してれば
問題ないんじゃないかなあ。
この人って昔SFに関わってなかったっけ?
もしそうなら巽トラウマかもしれない。

681 :無名草子さん:03/12/01 01:34
謹告

一般書籍板の方には、競馬板のごく一部の盲信者が>>611に於いて、
貴板に関連のないレスでご迷惑をおかけしたことを謹んでお詫び申し上げます。
なお、当該レスについては競馬板の総意ではございませんので、
今後同内容のレスがあっても無視していただいて結構でございます。

682 :無名草子さん:03/12/01 12:31
ダークハーフの翻訳は良く出来てた…気がする。
ニードフルシングスはイマイチ…な気がする。

スタークとアランの描写を比べての私見。
やっぱり「格調の高いゲス野郎」だよね。

683 :無名草子さん:03/12/01 21:15
作中でよく出るタイプライターって何のタイプライターだっけ

684 :無名草子さん:03/12/01 21:28
謹告

謹告>>681に引き続いて一般書籍板の方々にお知らせいたします。
貴スレの>>611に於いて、「管理人からの熱心なお知らせ」との文面が
ありますが、当該書き込みは当該投稿者が管理人を詐称したものであり、
2ちゃんねるの管理人であるひろゆき氏、競馬板の総意とも一切関係ない、
一部の盲信者の行動でございます。謹んでお知らせいたします

685 :無名草子さん:03/12/02 02:23
上巻では何も起こらない、というのがキングの仕様だと思う。>>674

686 :無名草子さん:03/12/02 11:53
デッドゾーン読んだ奴いる?今読んでるんだがつまらん。
なんだあのやばい聖書売りは。チャックもいきなり大怪我するし、
wakewakaran

687 :無名草子さん:03/12/02 12:27
>>686
面白さの基準は人それぞれだから何も言うまい・・・

688 ::03/12/02 14:28
デッドゾーンはキングの中でも自分にとってはかなり優位な位置を占めてるよ。
色々状況をばら撒いてそれを結論に向けて収束していくという形式をとることが
キングの作品は多い。今呪われた町読んでるけど、登場人物が多くて
結構混乱する。んだが、下巻が近づくにつれてちょと楽しくなってきた。
デッドゾーンはそれに比べれば散布された状況を読みやすいと思う。
またデッドゾーンは新任教師の青春チックな状況を描いてて個人的にはここが好き。

意見をまとめると、個人的には前半も好きだけれど、一通り読み通してみると
より楽しいと思う。だけれど、感受性は人それぞれなのであまりに期待が持てないなら
投げ出してもなんら問題はないと思う。

689 :無名草子さん:03/12/02 15:00
つまらんなんていうと
今夜窓辺にフランクが化けて出てくるぞおおおお!

690 :無名草子さん:03/12/02 15:15
ttp://sports.yahoo.co.jp/headlines/20031202/20031202-00000012-spn-spo.html
ゴードン、ヤンキースに行くんだね

691 :無名草子さん:03/12/02 16:46
というかおまいら、キング肺炎で入院中ですよ。

手術も済んで、快方に向かっているらしいけど。
ソース、公式ウェブサイトと
ttp://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/ap/20031201/ap_on_en_ot/people_stephen_king_1

生涯功労賞授賞式以前から肺炎気味だったのが、バンゴアに戻った後
悪化したとのこと。

やはり99年の事故の後遺症か、肺が弱っているらしい(´・ω・`)。

692 :無名草子さん:03/12/02 18:42
デッド・ゾーンと言えばこの前BSでやってた映画見たんだが、
最初のあたりの火事を予言するシーンは出来がよく感じられた。
あと、エピソードを駆け足で詰め込んでる感があったけど、
これは映画だけに仕方がない。

693 :無名草子さん:03/12/02 23:55
デッドゾーン、最初は読むの苦痛だったけどがんがって読んでたら
ラストでぼろぼろ泣いたなあ。


694 :無名草子さん:03/12/03 00:01
オレもデッドゾーンのラストで大泣きした。
>>686 最後まで読んで泣けなかったらそれはそれで仕方の無い事。

695 :無名草子さん:03/12/03 17:03
泣くツボ、笑うツボも人それぞれだしね。
無理してこだわらず他探すが吉!

696 :686:03/12/03 21:41
俺は実は>>378でデッドゾーンを奨められて読んでるんだが、
とりあえず全部読んでみることにするよ。
ラストで泣けるってアルジャーノンみたいなやつかな。
あれも途中で何度も読むの嫌になったが、締めは良かった。

697 :無名草子さん:03/12/04 01:52
キングの作品で、ラストで大感動したってのは「デッド・ゾーン」と
「ランゴリアーズ」。あとなんかある?

698 :無名草子さん:03/12/04 02:18
>>697
ラストで大感動ってのは余りないな。刑務所のリタヘイワースくらいしか思いつかないや。
デッドゾーンは感動よりもショックの方が大きかったしw


699 :無名草子さん:03/12/04 06:57
>>697
ドロレス・クレイボーン

700 :10杯目の83:03/12/04 21:55
(・ω・)ノ700☆


701 :無名草子さん:03/12/05 01:18
ラストで感動だったらグリーンマイルだろ。

702 :ずっと順番を待っていたのよ:03/12/05 02:02
地獄のデビルトラックのあまりにしょぼいラストには感動したけどな。

703 :ずっと順番を待っていたのよ:03/12/05 02:03
映画「デッドゾーン」はさあ、キングの映画がまだ駄目なのが多い時期だったから
なんか相対的に評価が上がって、傑作と言われていただけで、実際そんな
たいしたことないと思うよ。
特にクローネンバーグ監督としては。

704 :無名草子さん:03/12/05 12:55
>>702
あれはキングも認める駄作です。(死の舞踏より)

ただ原作は面白い。
キングってネタがダメでも、語り口調やら、話の膨らませ方やらが
異常にうまくて、結局愉しく読める。

705 :無名草子さん:03/12/05 20:55
ジェラルドのゲーム映画化希望。
主演キャシー・ベイツで。

706 :無名草子さん:03/12/05 23:04
キャシー・ベイツが全裸でベッドに縛り付けられたままの二時間

707 :無名草子さん:03/12/05 23:26
全米NO1間違いなしだな

708 :ビル・デンブロウ:03/12/06 15:18
>>697
「IT」

709 :ビル・デソブロw:03/12/06 15:21
ハイヨーシルヴァーそれ逝けー

710 :無名草子さん:03/12/06 20:27
銀輪、銀輪、マッハ、マッハ♪

711 :無名草子さん:03/12/07 00:47
そういえばジョナサンブランディス自殺しちゃったねー>>709
テレビ映画版の話だけど。本当に逝ってしまったー

712 :無名草子さん:03/12/07 12:53
映画「ドリーム・キャッチャー」をDVDで見たけど、キングのインタビューの
特典映像が入ってたぞ。

713 :書斎魔神 ◆CMyVE4SVIw :03/12/07 13:57
836 :書斎魔神 ◆CMyVE4SVIw :03/12/06 12:26
インテリゲンチュア・イン・ジャパン90年5月号に掲載された
キング「呪われた町」に関する書評の一部を紹介しておきましょう。

ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」に対するオマージュとも言える
ホラー大作。パロディではなく、正面からバンパイアの恐怖を描いて間断するところが
ないストーリーは、一読巻を置かせないものがある。
アメリカ東部の架空のスモールタウン(セイラムズ・ロット)を舞台に
多彩な登場人物が織り成す人間模様、そして町の盛衰は、
あたかも一巻の大河ドラマを見る趣もある。
町名セイラムズは、言うまで無く、魔女狩りで有名なセーラムにちなんだ
ものであろう。
古典かつ原典とも言える「吸血鬼ドラキュラ」と読み比べると、面白さが増す。
ヒロイン役のスーザンやヘルシング教授役に相当するマットの途中退場は意外感がある。
もっとも冒頭から、主人公(作家ベン)と少年(マーク)が生き残ることは明らかに
されているため、吸血鬼との戦いによるサバイバルの興味を薄める構成にしてしまったのは残念。
文庫本解説の最後で触れられているキングのある種の暗い余情をたたえた文体が、
翻訳においても本作のラストでは遺憾なくその効果を発揮しているようである。

714 :無名草子さん:03/12/08 06:34
初めてのスティーヴン・キングで『グリーンマイル』読みました。
映画『ショーシャンクの空に』も大好きです。
同じ刑務所ものだし、感動してちょっと泣けてしまって、
物語は読み易くっていいなあと思いました。
できればブラッドでしたっけ? パーシー並みにひどい目に遭って欲しかったです。

私はホラー映画ってダメなんですけど、それは映像が見る人を
ビビらせるからだと思うんですよね。私の場合は。
で、小説の場合、文字で怖がらせるってどんな感じなのか味わって
みたいなと思い、キングを読んでみたのですが、
『グリーンマイル』は怖い思いをしませんでした。
想像力がないんですかねえ。感動の方がでかかったです。

次に私は何を読めばいいでしょうか?
文字での恐怖体験をするにはキングのどの作品がおすすめですか?
『グリーンマイル』よりは怖めでお願いします。
(ショーシャンクとスタンドバイミーもいずれ読みますので、
 今回はそれ以外で、、、)



715 :無名草子さん:03/12/08 08:49
「ミザリー」にいきましょう。

716 :書斎魔神 ◆CMyVE4SVIw :03/12/08 12:34
スティーブンの最高傑作というにとどまらず、歴代ホラー中のベスト5級の傑作との
評価もある「シャイニング」に関して少し書いておきましょう。
本作は、0市で開催されたインテリゲンチュア・イン・ジャパン第1回読者大会に
おいて歴代ホラー小説ベスト作品セレクションにおいて第2位に選出されています。
(1位はブラッティの「エクソシスト」)
セレクションに参加した識者の選評をいくつか拾ってみましょう。

・ 前作「呪われた町」が「吸血鬼ドラキュラ」ネタ、今回はシャーリー・ジャクソンの
「たたり」(ハヤカワ文庫所収、ロバート・ワイズ監督・ジュリー・ハリス主演で映画化され
近年「ホーンテッド」とういタイトルでリメーク)ネタ。
キング流にそれなりに読ませるが、オリジナリティという面では問題を感じざるをえない。
結末も見えるし(28歳 フリーター)

・ 主人公の一家の主「ジャック・トランス」という名前そのものに含むがあるんでは?
あのトランス・ジェンダーのトランスでしょ?
結局、怪奇現象は皆無で、ダニーとの親子2代に渡る精神病という読む方も出来ない?
(38歳 専業主婦)

・ ハローランが活躍するクライマックスは、ホラーじゃなく、まるで「ダイハード」
(原作の方、主人公は黒人の爺)。白けるこの上ないものがある。
(65歳 自営業)

・ 217号室の怪奇を描いたあたりまでの前半の緊迫感はキング作品でも屈指。
デビュー作「キャリー」の終盤のカタストロフィ、前作「呪われた町」のニューシネマ風のクールな幕切れ等に比較して、後半はお約束な展開に陥ったのは残念。
(55歳 自由業)

・ うーん、「呪われた町」でスーザンとマットを死なせたように、ウエンディとハローラン
をあぼーん出来れば傑作になってたかも。
最後は、燃え落ちるオーバールックを見つめるダニーとかで余韻を持たせて終わればいかったかも(25歳 大学院生)

717 ::03/12/08 12:39
715>私も「ミザリー」が好きです。

718 :無名草子さん:03/12/08 19:44
>>714
俺も「ミザリー」に一票。映画版も良い出来っすよ。

719 :ミステリ板住人 ◆hr24ALqEXE :03/12/08 20:56
リアルな恐さなら「ミザリー」、スーパーナチュラルな恐さなら「呪われた町」を推す。
この2作、時を隔てて書かれたせいか別の作家の作品のような感さえある。
特に翻訳ではキングの文体の特徴がわかりにくいしね。
出来れば原書で読むことをお薦めしたい。
図書館や古本屋で、ホラーのキング、SFのマイケル・クライトン、
ミステリのアガサ・クリスティ、コミックのチャールズ・シュルツは別格であり、
簡単に手に入るしね。

720 :無名草子さん:03/12/08 21:06
>>714
俺は「ゴールデンボーイ」を推すなあ。あのじわじわひたひたと日常生活が
破局に向かう描写がたまらん。お化けも吸血鬼も出ないのにこの恐さ。
しかも文庫本は「ショーシャンクの空に(刑務所のリタ・ヘイワース)」との
カップリング。これはおいしい。

721 :無名草子さん:03/12/08 21:27
>>714
『グリーン・マイル』より怖い、という注文がなければ超能力ものの
『ファイアスターター』と『デッドゾーン』を薦めるのだけど。
『グリーン・マイル』みたいにホラー要素薄めで物語重視な作りだし、
キングにしては短くて読みやすい。

722 :無名草子さん:03/12/08 22:31
読みごたえがあるってことでは『IT』なんてどう?

723 :無名草子さん:03/12/08 22:57
>>714
漏れもゴールデンボーイを薦めたい。
あれとショーシャンクの2本立ては贅沢きわまりない。
映画版の2人のキャスティングは完璧だったが、ラストがぬるすぎたな。
ぜひ、ショーシャンク→ゴールデンボーイの順に読んで、前者の後味を台無しに
していただきたい(w

グリーンマイルは読者を怖がらせることを念頭に置いていないから、
怖くなくても気にすることはないと思うよ。

724 :無名草子さん:03/12/08 23:20
ところでグリーンマイルのラスト一行でぞっとしたのは俺だけ?
結局主人公は家族も友達もどんどん死んでいく中、孤独のうちに
いつまでもいつまでも生きなければならなくなったっていう
超バッドエンドだと思うんだが…。

725 :無名草子さん:03/12/08 23:23
>>724 
どっちにも取れる書き方したんだと思うよ。と、ラスト一行忘れ
ちゃったけどカキコ

726 :無名草子さん:03/12/09 00:08
>>724
映画版はその辺をハッキリと表現してるよね。


727 :無名草子さん:03/12/09 00:13
714です。
みなさん、ありがとうございます。
人によっておすすめが違うので迷いますが、、、
得票数は『ミザリー』が一位でしょうか。
それと『ゴールデンボーイ』と『ショーシャンク原作』の2本立てですかね。
明日図書館に行って探してこようと思います。
貸し出し中だと辛い。
先週は『グリーンマイル』しか見当たらなかったから
『グリーンマイル』でキングデビューとなったのです。
他に『呪われた町』と『ファイアスターター』『デッドゾーン』が候補ですね。

>724さん、
私もラストはそういうことなのかなって思いましたけど、、、
なぜポールがそういう目に遭うのでしょうか?

728 :無名草子さん:03/12/09 00:30
ミザリーキカザリー、イワザリー。

>なぜポールがそういう目に遭うのでしょうか?
不条理なことが襲ってくるのが人生だから。

729 :無名草子さん:03/12/09 00:31
>>727
「ゴールデンボーイ恐怖の四季 春夏編」にショーシャンクとゴールデンボーイが収録されてますよ。
うちの文庫版はショーシャンク(映画版)の写真に「ゴールデンボーイ」という表題の珍妙な表紙です(´∀`)


>なぜポールがそういう目に遭うのでしょうか?
コーフィーによる癒しであると同時に、無実の罪の人を殺したことに対する罰でもあるのではないでしょうか。

730 :無名草子さん:03/12/09 00:37
>ミザリーキカザリー、イワザリー。
ワロタw

731 :無名草子さん:03/12/09 00:39
>なぜポールがそういう目に遭うのでしょうか?

コーフィーの力が強かったため、チンコが直っただけでなく長生きできるスーパーボディーまで手に入れた。
しかし、今まで死刑囚を殺しまくりコーフィーまで殺した代償として、大切な人が次々と死ぬ所を見る苦しみを受ける事になった。


732 :無名草子さん:03/12/09 02:29
私もみなさんのようにコーフィーを殺した罰というか代償なのかな
とも思ったのですが、あの時のメンバーは
普通の人間にも起こりうる死期を迎えている。
確かディーンは数カ月後に亡くなって、まだ幼い子供もいるのに
気の毒だった。でも、それも普通に生活している人間にも
起こりうること。

コーフィーは自分が無実の罪で処刑される事を知っているポールを
苦悩から救い出す為か、本音か、
もうたくさんだから、終わりにしたい、早く死にたい、みたいな
事を言っている。そして、前に遡って、水道管を治した時、
「おれはあんたを治した、助けた。そうだろ?」みたいな事も
言っている。あれ、私は単にポールの水道管の苦しみから
救っただけでなく、人生そのものに救いの手を差し伸べた
というような意味なのかなって勝手に深読みしたんですが、

やはり「不条理な事が起こるのが人生だから」なのかなあ、、、

でも面白いですね。キング。早く他の作品も読んで、
みなさんの話についていきたいです。

733 :無名草子さん:03/12/09 03:40
よーするにキリストに槍を突き刺した刑吏がその後どうなったかって話でしょ。
ポールが長生きになったのは罰じゃなくて、
「神の子の重責」を終わらせた直接の当事者に対する祝福だと思うよ。
一般に健康や長生きが人間の望みで、よりよいモノと思われてるけど、
実際いつまでも生きていたらそんだけ不幸を背負うことになるってことでしょ。



734 :無名草子さん:03/12/09 15:39
>>733
明らかに的外れな上に、支離滅裂。

735 :無名草子さん:03/12/09 16:53
>>733
なるほどねぇ。
ポールのチンコ=ロンギヌスの目なのか。

736 :無名草子さん:03/12/09 22:32
>>733
コフィーの処刑の直前のポールのセリフがやっぱり伏線というか含みになってると思うんだが。
やっぱり神の遣わした奇跡を殺した、ってんでバチが当たったんではないのか?
祝福にしてはラストの主人公の台詞「神よ、グリーン・マイル(人生)は長すぎる」は
嘆きにしか取れないんだが。

ところで映画「グリーン・マイル」の準備稿をネットで読んだんだが、
まさに原作同様の6章構成で、各章の最初にサブタイトルが出ることになっててビックリ。
さすがダラボンは原作へのリスペクトが違うなと。

737 :無名草子さん:03/12/09 22:52
みなさんのアドバイスに従い、『ミザリー』借りて来ました。
他に『ゴールデンボーイ』『呪われた町』『キャリー』『図書館警察』。
『デッドゾーン』忘れてて、
『ファイアスターター』は貸し出し中でした。
これでキングにハマッちゃったら、年末年始はキング祭開催です。
どうだろう、ハマるかなあ、、、。
『ミザリー』は今100ページ超えたところです。
この調子でサクサク読んで行きたい。

738 :無名草子さん:03/12/09 23:04
>>737
ウホッいいキング…
今から初めて読めるってのが本気でうらやましい!

739 :無名草子さん:03/12/09 23:13
>>737 ミザリーの犯人は、主人公を救出したオバチャンだよ

740 :無名草子さん:03/12/09 23:15
>>739 ば〜か、犯人はミザリーだろどう考えても!

741 :無名草子さん:03/12/09 23:32
>>737
図書館だと、カバーのお遊び(単行本の場合)ができないんだよね。
ちょっと寂しい。

もし本屋で単行本見かけたら、カバーはがしてみてねw。

742 :無名草子さん:03/12/09 23:41
>>737
一番すごいのは事故で大破したミザリーが勝手に直っていくシーンだぞ。

743 :無名草子さん:03/12/09 23:46
厨のレスをおちゃらけてフォローする優しい人達がいるなあ。

744 :無名草子さん:03/12/09 23:49
初めて読むって経験は一回きりですからね!
十分味わって読もうと思います。
長い本を読む時、速読の技術があったら、、、とちょっと思う。
速読ってあれ、どんな感じなんだろう?
キングのファンで速読やってる人っているのかな?
みなさん、本を読む速さってどれくらいですか?
私は多分遅い方です。今は就職前で時間があるからたくさん読めるだけで。

図書館で借りて来た本は全部表紙のカバー、全部のり付けしてあります。
本屋さんでやってみようと思います。あるかな?
文庫本じゃないんですよね? でっかいハードカバーの方ですよね?
お遊びって何やろ、、、?

745 :無名草子さん:03/12/10 01:02
>>737
クライマックスのミザリーvs偽ミザリーも興奮したよな!
映画版のミザリー役がシュワルツェネッガーってのも雰囲気バッチリでした。


>>744
速読で読む人って内容は理解できても面白さまでは味わえないんじゃないかなあ。
いや、オレ速読できないから妄想だけど。
読む速度は本にもよるけど速くても100ページ/1hくらいです。


746 :無名草子さん:03/12/10 01:57
>>744

> 文庫本じゃないんですよね? でっかいハードカバーの方ですよね?
> お遊びって何やろ、、、?
図書館の本を破損させちゃだめだよ。
変わりに俺が教えてやる。
女装したキングがハーレクインロマンスばりの表紙に写真で載っている。

747 :無名草子さん:03/12/10 01:58
>>728
> ミザリーキカザリー、イワザリー。
これネタバレしすぎ。
ミザリーが三姉妹であることが、この小説の肝なのに・・・。

748 :無名草子さん:03/12/10 02:11
速読の人は、脳内で音声変換してないってなんかの番組でやってた
知識としては覚えられるそうだけど、「味わう」って風にはならないんじゃないか。

ミザリーか、なつかしい。
マジレスだが映画のあのシーンを見られなかった自分…。

749 :無名草子さん:03/12/10 03:13
おまいら面白すぎw

>>748
私もミザリーは最初から怖くて観ること断念しました。
あれを映画でみるなんて、とてもじゃないが・・・。

750 :無名草子さん:03/12/10 07:22
あれだな、ミザリーがハートマン軍曹を××してトイレで××するところ。
「こうするしかないのよ」
「ああああああああああああっ!」


思い出しても痛怖いな。

751 :無名草子さん:03/12/10 09:27
ミザリーがジブシーの呪いでだんだん痩せていく・・・・・
幾ら食べても痩せていく・・・・・ そして絵のなかの別世界での対決。
スズメの大群が・・・・・・・スーパーフリューによって人類の・・・・・
まあ、凡作だったな、メザリー。

752 :無名草子さん:03/12/10 10:37
マジレス。
Miseryの原作をそのまま映画化したら、怪獣モノになるよ。
原作と映画は別物だから楽しみに汁。

753 :無名草子さん:03/12/10 11:44
物語は、パリーグ末期、檻でライト務めていた主人公イチロー・スズキの回想形式で綴られていく。
タワラと婚約し、万年最下位の檻へ送られたヨシトモ・タニー。
地味な外見とは裏腹に子供のように純粋な心を持つ彼は、持てる不思議な力で
イチローの病を治し、閑古鳥の鳴くグリーンスタジアムを奇跡の光で満たしていく。
まるで神様の贈り物のようなこの男が、本当にタワラと結婚したいのか?
疑問にかられるイチローと、チームメイトたち。
やがて真実を知った彼らは、自分自身の果たすべき義務と、人間としてなすべき
正しさのあいだで、激しい葛藤を強いられることになる。
果たして彼らはタニーを救うことができるのか?

原作、スティーブン・王  監督、仰木彬


754 :無名草子さん:03/12/10 16:49
751と753

ウケたよ。長編をどっかでうpしなよ

755 :無名草子さん:03/12/10 17:40
751=753=754必死だな

756 :無名草子さん:03/12/10 21:08
キングは、特に「音」に関する比喩がすごいと思う。
グリーンマイルの「コインがなだれ落ちるような」(だったっけ)
鎖の音とか。誰にでもわかる比喩で、自分の世界に引きずり込む。

757 :746:03/12/11 00:54
>>756

> グリーンマイルの「コインがなだれ落ちるような」(だったっけ)

たった一つの例証しか挙げないのにかかわらず、「だったけ」というような自信の
なさをあらわす言い切り方をするようでは、読み手に説得力をもって何かを伝える
などということがまったく期待できないのは明らかだろう。
−スティーブン・キング『ノンフィクション作法』より

758 :無名草子さん:03/12/11 01:51
印象的な比喩は結構あるよ。
状況を如何にうまくビジュアライズ、または抽象化するかって観点から見ればキングはとても巧いと思う。
ただし、音に関してはアメコミ調の擬音が多いような気がするのは気のせいか?
( ´・ω・`)

759 :無名草子さん:03/12/11 04:31
どうだろうね、受け取り側の感性にも関わってくるもんね。

私は想像力が足りないのか、映像として浮かんでくるのはあるにしても
スケールが違うんだよなぁ。
アメリカって広くて建物とか大きいから(行ったことない)、
自分の想像力じゃ日本的スケールになってしまって、
距離感がつかめなくて何度も脳内で修正・訂正することが多いのがもどかしい。

映像化されたものを見ても、色彩が全く違ってたりすることも。
キングに期待するものが大きすぎるからなんだろうか、と
とんでもないこと考えてみたりしてw

760 :無名草子さん:03/12/11 05:10
まぁそれは比喩云々よりは、文化的土壌の違いだわな。

761 :無名草子さん:03/12/11 05:20
うっ、その言葉が出てこなかったワケなのよ>文化的土壌

762 :無名草子さん:03/12/11 05:38
>>736
オイオイ大丈夫か?
罰なわけないじゃん。
キリスト=コーフィとして、
キリストが人間を罰するはずがないだろ。
どんな人間だって、たとえ自分を殺した人間だってな。
それがキリスト教ってもんだろ。

763 :無名草子さん:03/12/11 06:22
まぁ、アレだ。

736に一票。
( ゚Д゚)ノ□

764 :無名草子さん:03/12/11 07:05
>>736
>やっぱり神の遣わした奇跡を殺した、ってんでバチが当たったんではないのか?
>祝福にしてはラストの主人公の台詞「神よ、グリーン・マイル(人生)は長すぎる」は嘆きにしか取れないんだが。

だからさ、人間にとって、
祝福が呪いと同質だってことをキングは言いたいんだよ。
罰が当たるなんて感性は日本人のものだぜ。わかってるか?

まあ小説の解釈なんて人それぞれと言われるが、
君ほど浅い理解をされたらキングも気の毒だな。
超訳でも読んでりゃいいのに。

765 :無名草子さん:03/12/11 07:55
小説作法、および作品中に語られるキングの論によると、↑みたいな奴は相当疎まれてるよな。

766 :無名草子さん:03/12/11 08:14
>>765
グリーンマイル1巻の著者まえがきでキング自身が言ってんじゃん、
そもそもの出発点に、
死刑囚に直接手を下す人間が何を失うのか、
あるいは何かがもたらされるのか? という疑問があったってさ。

だいたい死を望んだのはコーフィであって、
電気椅子のスイッチを入れただけの人間に罰が下るはずがないんだよ。
神の遣わした奇跡を殺したから罰が当たったというが、
三位一体って知らないのか?

767 :無名草子さん:03/12/11 08:41
せっかく優しい人達がゴマかしてくれてたのに…

768 :無名草子さん:03/12/11 10:15
>>764

> 罰が当たるなんて感性は日本人のものだぜ。わかってるか?
いや、そんなことないだろ・・・。

>>762
>キリストが人間を罰するはずがないだろ。
こういうのこそ「日本人的な感性によるキリスト教理解」の典型だと思う。

769 :無名草子さん:03/12/11 11:42
聖書は全編通して罪と罰のオンパレードですが?

770 :無名草子さん:03/12/11 11:53
>>ALL
相手にするのやめようね。

771 :無名草子さん:03/12/11 12:42
了解。で、閑話休題。

「ミザリー」の冒頭の擬音、原語では「アイム・ナンバーワン・ファン」という
音が混じってるらしいね。声に出して読むとわかるとか。
訳者はなんとかその響きを日本語に置き換えようとしたけどできず、
結局は草野心平のオノマトペを引用したそうな。

772 :無名草子さん:03/12/11 13:03
>>771
>「ミザリー」の冒頭の擬音、原語では「アイム・ナンバーワン・ファン」という
>音が混じってるらしいね。声に出して読むとわかるとか。

umber whunnnn
yerrrnnn umber whunnnn fayunnnn
These sounds: even in the haze.

773 :無名草子さん:03/12/11 13:25
>>772
それって映画の冒頭で再現されてなかったけ…。
良く覚えてないけど。

774 :無名草子さん:03/12/11 13:29
>>772
それ>>758が言ってる「アメコミ調の擬音」かと思ってた。

775 :753:03/12/11 18:53
>>754
長編書く力はない。俵ネタで他のドラマや小説のあらすじ改変バージョンはある。
スレ違いさげ。

776 :無名草子さん:03/12/11 18:58
みなさん、本当に色々と詳しいですね。
私は日本語で読んでいるので、当然「アイム・ナンバーワン・ファン」なんて
気付くはずもなく、、、。

今、『第三部 ポール』を読んでます。
第二部のあのシーン、ちょっと怖かった。
ちょうど冬で、足が冷え易いんで、足首が絶対零度にまで
さがる思いでした(ってそんな低かったら痛みもなんも感じないかな?)。

速読って単に読むペースが速いわけじゃなくって、
脳の認識の仕方が違うから、読みながら足がすくむような感じとか、
「ダメだダメだ、想像したら、、、あー!!!」って読んだのを
ちょっと後悔する感じとか味わえないんですかね。
じゃ、結局時間がかかってでも普通に読めってことか。
でもたまに集中力なくなって、単に目で文字を追ってるだけで、
全然中身が入ってこないという状況に陥る。

777 :無名草子さん:03/12/11 20:42
>第二部のあのシーン、ちょっと怖かった。

ちょっとかよ!

778 :☆777☆:03/12/11 20:44
777ゲト。なんかイイこと起こったらいいな。

>>776
キングは比較的速読しやすい部類の作家だと思うです。
描写が丁寧だから考え込まなくてもいける。
ホント「読む映画」って感じですよね。

779 :77G:03/12/11 20:45
あ゛あう(´・д・`)

780 :無名草子さん:03/12/11 21:07
>>778
ワロタw
まあ元気出せ。778でもいいことあるさ。

781 :無名草子さん:03/12/11 21:18
777より一歩いいことがあるかも知れませんw

782 :無名草子さん:03/12/11 21:19
あ〜、何か違う意味に取れますね。
777さんより、という意味ではございません〜〜〜〜〜!
ふたりともいいことがきっとあるに違いない。

783 :77八:03/12/11 22:55
いいヤチラだ…
・゚・(ノД`)・゚・.

そう言ってくれるだけで嬉しいよ。ホント。

Ψ(゚∀゚)ψ
キャンタックオ〜ラッ♪

784 ::03/12/11 23:29
ダークタワー読んでるが展開も激しく流転してるな

785 :無名草子さん:03/12/11 23:32
速読などやったことないが、「ミザリー」って1時間チョットで読んでもうた。

786 :無名草子さん:03/12/11 23:58
でーぶいでー買ってようやくドリームキャッチャーを見られた。
本編は予想どおりの出来だったけど、特典映像でキングの
インタビューが見られたのが収穫。
キーボードも叩けない状態なのに手書きで執筆したそうな。
曰く「ぼくにとっては書くことがドラッグだから。書いてる間は
痛みを忘れていられる」
う〜ん、すごいっ。

787 :無名草子さん:03/12/12 00:27
>>786
素直に「かっちょいい」と思ってしまった…。

「クリスマスと誕生日以外は毎日執筆してる」ってどっかのインタビューにあったな。

788 :無名草子さん:03/12/12 01:05
ミザリーを1時間で、、、凄い。私から見れば神業です。
今日は色々やることがあったので、まだ読み進んでません。
借りて来た本、読み終わるのいつになるんだろう?
サクサク読まないと、怖い描写がいつまでも頭に残ってしまいますね。

第二部のあの素敵な?シーンは、読んでて痛かったので、
なるべく細かい言葉が残らないようにして読みました。
おかげで「ちょっと怖かったな」という程度で済んでます。
ポールはよく恐怖で死ななかったな。
あの人の生きる事への執着って凄いですね。
あんな事故での痛みにも耐えて、アニーの拷問にも耐えて、、、
それでも生きて帰ろうとするなんて。
私だったら、、、バスルームで大量の薬のサンプル見つけた時点で、
大量に服用して楽に死ぬ方を選ぶかも、、、。
アニーの恐怖と足の痛みに耐えるなんて凄い。
まだ結末は知らないんですけどね。

789 :無名草子さん:03/12/12 01:48
早く読めば感動も増大するなら早く読むけど
ゆっくり味わうって楽しみもあるだろうし



790 :無名草子さん:03/12/12 03:19
グリーンマイルの話だけど、
「救いと呪いは同じものだ」というのはキングの作品に通底しているもので、
そんなのは誰でも言ってることだよ。
別に新奇な意見でもなんでもない。
「ポールにもたらされたのは救済であって、同時に呪いである」
というのはだから普通に納得できる意見だな。
罰ではないに一票。

791 :無名草子さん:03/12/12 03:59
>>ALL
相手にするのやめようね。

792 :無名草子さん:03/12/12 04:11
>>791
そういうのやめないか?
議論に負けるのが怖いのかな。
小説の解釈の話なんだから、べつに勝ちも負けもないと思うよ。

793 :無名草子さん:03/12/12 05:06
>>792
プッ
>議論に負けるのが怖いのかな。
って自分で勝手に言い出しておいて
>べつに勝ちも負けもないと思うよ。
ですか…

アタマだいじょうぶですかぁ?

おっと。相手しちゃったヨ…

794 :無名草子さん:03/12/12 05:11
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
 ||  与えないで下さい。                 Λ_Λ
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \ (゚ー゚*) キホン。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(  ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ  〜(___ノ

スルーできないのも荒らしと一緒


795 :無名草子さん:03/12/12 05:25
>>793
君はやっぱ、本当に議論に負けるのが怖いのか?
俺は小説の解釈に勝ちも負けもないと思うよ。
つーか悪い、>>791も俺が書いたんだ。
釣れてくれてありがとう。

796 :無名草子さん:03/12/12 05:33
「祝福と呪いが同じということをキングは表現している」というのは、
グリーンマイル6巻の巻末座談会で風間賢二も言っているね。
風間の名前を出すまでもなく、ごく一般的な意見だよ。
上の方で
それを支離滅裂だとか意味不明とかわからんとか言う人がいたけど、
「その意見に反対」というのならともかく、
意見自体がわからんつーのは……
そんなにわからん意見ではないと思うよ。

797 :無名草子さん:03/12/12 06:08
<ポールの長生き=ポールに下された罰>だと考えると、
コーフィの上にいる(と思われる)神がちょっと人間クサすぎるんだよね。
わかりやすすぎるつーの?
「お前は悪いことしたから罰する!」とは、
キングの神は言わない気がするんだよ。
キング作品に出てくる神はずっと、
もっとワケのわからない、
人知を完全に越えたものとして書かれてるからね。
キング当人がキリスト教を捨てたことからもわかるように、
キングはキリスト教的なわかりやすい人格神を信じてないんだよ。

798 :無名草子さん:03/12/12 06:29
まあキングはキリスト教の残酷さと神の全性の間で悩んだ作家だからな。


799 :無名草子さん:03/12/12 07:34
731を書いたのは五時ごろから早起きしてバカなレスつけるやつじゃないよ。
それだけ

800 :無名草子さん:03/12/12 07:41
>>799
それは当たり前でしょ。
五時ごろから早起きしてる人は、>>731に反対してるわけじゃん。
ナニイッテンダ? 800

801 :無名草子さん:03/12/12 07:43
>>799
反論があるなら堂々としろ。
お前がこのスレのレベルを下げてるとそろそろ気づけよ。

802 :無名草子さん:03/12/12 08:11
おまえら消えてくれませんか。

803 :無名草子さん:03/12/12 08:28
>>799
バカなレス?

……ここまで懇切丁寧に説明しても「バカなレス」の一言で一蹴なのか。
まあいいや。
論点を整理してあげよう。
要するにグリーンマイルでポールが長生きになったのは、
「神の罰なのか? 祝福なのか?」
って話だろ。
で、どっちだって間違いじゃないんだよ。
「俺はこう見る」ということをああだこうだ言うだけの話だろ。

なんで「お前は支離滅裂」とか、
「コイツ無視しようぜ>>ALL」とかになるんだ?

反対意見を聞きたくないというその心性って何なの?
やっぱ怖いのか?

804 :無名草子さん:03/12/12 08:34
怖いんだろ。

805 :無名草子さん:03/12/12 08:43
怖いんだよ。

806 :無名草子さん:03/12/12 08:50
怖くないもん

807 :無名草子さん:03/12/12 08:56
とっくに終わってる話題を蒸し返して自分の意見を主張することを「議論」というらしいよ。

808 :無名草子さん:03/12/12 09:02
>807
だまれよ知障。

809 :無名草子さん:03/12/12 09:04
はい、失礼しました。

810 :無名草子さん:03/12/12 09:05
怖いのさ。

811 :無名草子さん:03/12/12 09:06
荒れてますね。

812 :無名草子さん:03/12/12 09:16
荒らすなよ、オマエ

813 :無名草子さん:03/12/12 09:17
所詮、追い詰められたらAAコピペするような奴だもんな。

814 :無名草子さん:03/12/12 09:20
ほお、それはそれは。

815 :無名草子さん:03/12/12 09:26
所詮、追い詰められたらAAコピペするような奴だもんな。

816 :無名草子さん:03/12/12 09:38
    r-、,,ミ`''" __,,.r-_,,.-'',r-、、r'''ヽ、__,,,,,_ー-、,,_''"ヽ,>'i
    |   \''",.'--/ ̄ ̄/::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ--、ヽ/  レ''i
   !"|    /::::::'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   |  i
   _i,,_i  /::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::\ ノ -く
 r'" r'\/:::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::Y ヽ  `ゝ
 \ i,ノ7::::::::::::::::;':::::::i:::::!::|::::::i::::::::::::::::::i:::|:::i::::;:::';::::::::::::;:::'i、ノ,,.ノ
  ,.`/ /::;:::::;'::::::::i::::::メ、:/';:|、::::|:::::::::::::i::/:/ヽレ'::::::i::::::::::::';::::iヽ, \
 / ,! !::;!:::::!::::::::|:::/ レ'\,,_\|;::::::::://リ,.∠;;_';:::::|:::::::::;::::!:::| ',_',
 `''7 .レ',!:::::i::::::::|:::|,.r'"~ r、`  \:ソ/. "r、.  `、ノ!::::::::i:::i.レ'  `、
  └'''"|ハヽ、ト、::::|`.|    |;;|.       |;;|    | .|::::::/ノ:::`r─'"
      ヽ|`i. \|. 'i,   |;;|.       |;;|   ノ .レ'"i::::';レ' 
      i::i:::'、`ヽ!.    ~         ~    /ノ /::::::',  追いつめられなくてもコピペだよ〜
      ,!::i::::::`r-'、                /-i":::i::::::'、 
     ./::;':::::::::|:::::::ヽ,r‐、     ○      /::::::|、:::'!::::::`、
    /::;':::;:r''"|:::::::::::|'、 ヽ,_        _,,.rl"|::::::::::::|;;`ヽ、::::::`、
   ./:::;';r';;;;;;;;;|:|:::::::::|;;!.  !;;`r-、、,,..-7 : : |;;|::::::::::::|;;;;;;;;;;\:::::`、
   /::::;'/;;;;;;;;;;;;レ';::::::i:|::|.  |;;;r''ヽ. / : : ,':!;|::|:::::;レ';;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::::',
  ./::::::i;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、:/⌒''ーV  /,r': : : : /::|;レ|:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'!::::::',
 .,':::::::!.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  \ ヽ .!/: : : : :/:::::|;;;;レ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::'!


817 :無名草子さん:03/12/12 09:40
まあ、キチガイどうしで頑張ってくれたまえ

818 :無名草子さん:03/12/12 09:44
敗北宣言が出ましたよ(ワラ

819 :無名草子さん:03/12/12 09:46
敗北宣言と来たもんだw


820 :無名草子さん:03/12/12 10:06
傷ついたのか?

821 :無名草子さん:03/12/12 17:36
>797-798の、キングがキリスト教に対する不信感?を抱いているというような話、
初めて知りました。
確かに全作品にそれっぽいものが漂っているような気もしますが、
作品とキング自身の思想とがすべてイコールになるとは考えてなかったのです。
というか、とても信心深い人だと思ってました・・・
(すみません、おバカな質問で。)

822 :無名草子さん:03/12/12 20:25
>>821
キング作品を読んでてわたしは、キングはキリスト教徒っぽくないな〜、と
感じました。実際はどうなのか知りませんが。

そういうのを一番感じたのは「デスペレーション」ですた。

823 :無名草子さん:03/12/12 21:12
「死の舞踏」のなかで
普通のメソディストとして育てられ、
自分なりに神を信じていると語っていたような気がするが…

824 :無名草子さん:03/12/12 22:58
何をもって信仰とするかにもよるかもね。
たしかどっかで「神は信じるが組織化された宗教には関心がない」
といってたと思う。
ただし、デスペレーションやグリーンマイルなんかは「神がいるならなぜ
悲劇は起こるのか」がテーマだったともいってた思うので、無条件の信仰という
わけでもないみたいだ。

825 :無名草子さん:03/12/12 23:20
キングの神が「恩寵」を示すことなんてほとんど無いからね。
常に打ちひしがれてアイロニー。

そういう意味じゃ「アトランティスのこころ」のテッドと坊主の別れの時に、
母親について言うセリフに一脈通じるものがあるかもしれん。

寝起きで妄想カキコ。手元に文献すらない。
良くわからんから聞き流してくれ。



826 :無名草子さん:03/12/12 23:25
キングの宗教観か・・・
そういう観点からデスペレーションやグリーンマイル、アトランティスを
もう一度読んでみようかと思い始めた。
1度目よりていねいに読まないとダメかなあ。

827 :無名草子さん:03/12/12 23:28
「死の舞踏」って文庫ではまだ発売されてな・・・
と思ってアマゾンで検索してみたら、在庫切れだけど既刊だった。
何か知らないタイトルの作品がいくつかあって、少し(´・ω・`)です。

828 :無名草子さん:03/12/12 23:31
>キングの神が「恩寵」を示すことなんてほとんど無いからね。

うーん。善と悪(白と黒?)の戦い、みたいなものでも
悪の方は超自然的な力を駆使した化け物みたいのがよく
登場するけど、善側は、そういうのがほとんどない・・・・

829 :無名草子さん:03/12/13 00:03
>>827
「死の舞踏」
エッセイ。
普通の人は引用資料についていけないと思う。
暇なときに斜め読みするとそこそこ面白い。


830 :無名草子さん:03/12/13 00:08
>>829
>普通の人は引用資料についていけないと思う
巻末にリストがついてたっけな。
いまぱらっと見てみたら、映画が約百本、書籍も約百冊・・・

831 :無名草子さん:03/12/13 00:25
ぱらっと見ながら気がついたんだが、クラーク、アシモフ、ブラッドベリ、
スタージョン、エリスン、ウィンダム、その他SF作家の名前が
たくさん出てくるんだが、ディックの名前が見当たらないな。このあたりがちょとおもしろい。

832 :無名草子さん:03/12/13 00:58
奥タンのタビサはけっこう敬虔は信者だけど
キングは違うってどこかに書いてたような。

話変わるけどBlog廻ってて見つけた、がいしゅつならスマソ。
ttp://www.stephenkingshop.com/bookcovers.htm

キングの本のカバーギャラリー。
キャリーのカバー、日本だけ激しく浮いてるような。

833 :無名草子さん:03/12/13 00:59
敬虔な、でしたスマソスマソ
バケツで血浴びにいってきます

834 :無名草子さん:03/12/13 01:10
>>825
> キングの神が「恩寵」を示すことなんてほとんど無いからね。

というか、聖書とかでも神が「恩寵」とやらを示してくれる話は
あまりないような(詳しくないので、違ったらごめんなさい)。
聖書の話って、神を信じるものがいかに苦しみに耐えながら信仰を貫いたか
という、苦労話ばっかりの気がする…
苦しみに耐えることに、信仰上の価値を見い出してるというか。
神様はひどい、でも、信じずにはいられない(…究極的には神は正しいから?)
みたいな感じなのかな。

835 :無名草子さん:03/12/13 01:35
>>832
単行本?の方はもろ『フォーカス』の表紙だねw。

でもあの血まみれの顔が並ぶ諸外国のも激しくいやだw。

ファイアスターターの表紙は日本(非映画版)のが群を抜いてるぜ!と思うのは
身びいきってもんですかねぇ。

ところで
http://www.stephenkingshop.com/covers/TheDeadZone.htm
のデンマーク版はひどすぎないかw。

836 :無名草子さん:03/12/13 01:42
自分はむしろ「ミザリー」のロシア版につっこみを入れてしまいました
ttp://www.stephenkingshop.com/covers/Misery.htm

837 :無名草子さん:03/12/13 03:10
>>829
ありがとう。
興味津々。。。

838 :無名草子さん:03/12/13 04:52
ふー、さっき読み終わって寝ようと思ったんですが
眠れなかったので、ここに来てしまいました。
『ミザリー』面白かったです! 満足!
『グリーンマイル』よりはホラー感が強く、
でも私に読めない程ではなかった。
最後の方、何回も『えっ!』って声を出しそうになりながら読んでました。
そして『グリーンマイル』のような「なぜ?」はありませんでした。

あとがきにあったんですが、キングがある講演会の後、
ファンにポラ撮影とそれへのサインをせがまれ、
そのファンに対応したら1年後そのファンはジョン・レノンを殺した
っていうエピソード、そっちの方が怖かった、、、
それでも世界中のファンに向けて作品を出し続けるなんて
凄すぎます。いくら書く事が好きとは言え、、、
だってキングは意外と恐がりなんでしょ。
暗闇が怖いとか、子供達がどこにいるか把握出来ない状況が怖いとか
インタビューで言ってました。

あと、『図書館警察』の表紙が怖くて怖くて、、、読めるのかなあ。
表紙の絵でビビらせるのやめてほしい。
ホラー小説は純粋に文字だけで怖がらせて欲しい。
図書館で借りた本だから、表紙のカバーはずせないのよ!!!

839 :無名草子さん:03/12/13 05:32
『図書館警察』そんなに怖くはないですよ。
でもあの本をわざわざ"図書館"で借りるのは
怖がりさんにはオススメできません(w

840 :無名草子さん:03/12/13 06:14
ほんとだね。
笑えたけど、あれを図書館で借りるってのは
また味わいが違うんだろうなぁとも思ったw

適当にカバーかけたらどうかしらん?>>838

841 :無名草子さん:03/12/13 06:39
キングもタビサも、
どっちも、それまで信じてたキリスト教の宗派は捨てたらしいよ。
「悪魔の種子」のインタビューでそう答えてた。
だがキングは、キリスト教は捨てても、
神自体はまだ信じてるらしい。
「だって地球はいろんな偶然が重なって、
太陽から降りそそぐ放射線から守られてるじゃないか?
そのおかげで人間は生きていられるんだ。
その奇跡的な偶然が神の存在の証明だ」
みたいに言っている。

842 :無名草子さん:03/12/13 07:18
きょうは五時の人来なかったな

843 :無名草子さん:03/12/13 10:45
「神を信じる」ってこと自体が日本人には理解しにくいかもしれないね。
共同体のモラルとしてキリスト教が浸透してるなかで、無神論者になるなんてよっぽどなことだよ。
信仰や宗教とは別にしても、自分の根っこに「神様」があることは少し羨ましい。

844 :無名草子さん:03/12/13 10:59
>835
デッドゾーンの表紙、デンマーク版はなんとなく分かるんだけど、

スペイン版は、

   あのぉ…これなんですか?

845 :(TДT):03/12/13 13:29
「IT」のドラマにビルの役で出てたジョナサン・ブランディス様が11月に死んでしまった。
鬱だ・・・

846 :無名草子さん:03/12/13 13:38
街のドナルド=マクドナルドが襲ってくることを考えた。

怖。

847 :無名草子さん:03/12/13 22:00
>>845
既出

848 :無名草子さん:03/12/14 01:02
カバーをかける! いいアイディア!
私はカバーを外して読む習慣があって、
カバーをかける習慣ってないんですよね。
だって、カバーって読んでるとズレて来ませんか?
図書館の本はカバーがズレないように、外されないように
のり付けされてあるのでそのまま読んでました。
図書館側からすると本の維持の為に、ちゃんと上から別のカバーつけて
読んで欲しいのかなあ? 本屋さんがつけてくれるようなの。
明日、明るい内にチラシか何かで簡単にカバーつけようと思います。

『図書館警察』は私自身が最近図書館に通い始めたので
タイトルに惹かれて借りたんです。怖さ倍増ですかね?
でも買って、ずっと家にあるのはイヤです!
せっかく買ったのに捨てるのは勿体無いし(貧乏性なので)。

今日から『刑務所のリタ・ヘイワース』を読み始めました。
これは読み易くてよい。映画を先に見てるので、
あの役者さんたち(主役の2人)が頭の中で動いてくれます。
この作品は映画の方が好きかも知れない。
「ブルックスここにありき」(でしたっけ?)と
アンディーの奥さん殺しの犯人を知ってる人のエピソードは
映画の方がかわいそうだったな。

みなさんは最近、何を読まれてるんですかね?

849 :無名草子さん:03/12/14 01:09
>>848
>この作品は映画の方が好きかも知れない
映画のほうが小説よりイイとは滅多に言ってもらえない、
そんなことを言ってくれるのはせいぜい義理の母親ぐらいだって
キングがボヤいてましたねw

いまはタリスマンの続編ブラックハウスを読みちう。

850 :無名草子さん:03/12/14 03:41
やっぱり原作読んでから映画観ると違和感あるんだよね。
読む間に頭の中に無意識にイメージしてる絵があるから。
だから「ショーシャンクの空に」観たときもなんか違和感があったというか。
特にアンディー役のティム・ロビンスが…。

ところで図書館警察に出てくる「リコリス」って、最近日本の薬局にも売ってるんだね。

851 :無名草子さん:03/12/14 05:37
リコリスの宣伝を初めて見たとき、このスレを思い出したw

852 :無名草子さん:03/12/14 17:14
ボンタンアメやんけ!>リコリス

853 :無名草子さん:03/12/14 18:50
でもリコリスは甘草だよ。
ボンタンアメは水あめとボンタン・・・?

ボンタンアメのパズルを見つけた。
ttp://www.hasimotoya.co.jp/07pazuru/0602-7_10-bontan-puzzle.htm
完全なスレ違いで申し訳ない

854 :無名草子さん:03/12/14 21:38
刑務所のリタ・ヘイワースは、最後の5行のためだけに、小説を薦めている。あと、映画が多少冗長なのも。 細かいエピソードとかは映画がいいかな。バイブルのくだりとかは、小説になかったからあれっと思った。

855 :無名草子さん:03/12/15 01:08
 「図書館警察」を図書館で借りて読んだけど。
 図書館警察って概念自体は,非常に怖いと思う。図書館で借りた
本をなくさないかというのは,私自身,強迫的にいつも心配だから。
 でも,キングの本作は,今ひとつ乗れなかった。


856 :無名草子さん:03/12/15 06:43
図書館警察はやっぱアメリカ人じゃなきゃ乗れないんじゃないか?
日本では図書館の本を返さなかったからって罰金取られたりしないし。
文化が違うよな。俺も図書館警察はピンと来なかった。
面白かったけど。

857 :無名草子さん:03/12/15 06:44
>>848
今スタンド読んでるんだが、一旦カバーはずしてから手作りのブックカバーつけるといい感じ。
カレンダーやらなんやらで、ずれない様に被せるといい。

ところでスタンド面白すぎるな・・・
ビデオ見た後で読んでも全く問題無いし。

858 :無名草子さん:03/12/15 17:36
このスレすげ〜。
キング読者は熱心だな〜。

859 :無名草子さん:03/12/15 22:42
『The Stand』の文庫化はまだぁ?

860 ::03/12/16 00:24
今日ローズマーダーを読み始めたんだが半分ほど読んだところでだ
髪の毛が混入してるじゃありませんか。古本屋で半額で買ったからこういう
こともあると思うけどさ、と思い次のページに進んだらまたしても、次のページに
にも次にも次にも・・・って感じで総計20本くらい入ってた(1Pにつき1〜2本でやや縮れ)
晩飯食えませんでした。こんなに恐怖を覚えたのははじめてシャイニングを読んだとき以来だった。

861 :無名草子さん:03/12/16 00:30
>>860
そこで終了してもいいかも。
あ、タリスマンが好みなら我慢して読む価値はあるが。

862 :無名草子さん:03/12/16 01:42
>>860
きもっ!
1本くらいならまだ許せるけど・・・
20本となる後やっぱ故意、だよね・・・

>>861
タリスマン?

863 :無名草子さん:03/12/16 07:18
>>862

タリスマン 新潮文庫 スティーヴン キング

少年が母親の病気を直すため、異世界を旅し、
タリスマンを手に入れるまでを描いた長編。
ピーター・ストラウブとの共著。

864 :無名草子さん:03/12/16 08:51
>>854
>最後の5行
うおー。読み直そう!

タリスマンすげーよかったなあ。
「ドリームキャッチャー」読み終わった。作品の最後でJ・グールド
に触れているけど読んだことない人は「ワンダフルライフ」おすすめだよー
こんなに面白いノンフィクションめったにない。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150502366/qid=1071532127/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-3244689-6976213
偶然が神の証明、っていうのが腑に落ちるかも。

865 :無名草子さん:03/12/16 09:01
>>854
>最後の5行
ありえないよ。
キングがそんな安っぽいオチのために書き進めるものか。

866 :無名草子さん:03/12/16 09:10
>>865
ワラタ。君はなんでそう必死なの?

867 ::03/12/16 09:13
>>861
暗黒の塔(荒地まで)読んだのでその周辺も知ろうと思い
1ヶ月ほど放置してたのを読み始めたんです。
関わりのある本読んだあと魔導師の虹を読むのが楽しみ。

暗黒の塔3巻はじまったところ誤植が凄かったな。9歳でコートを倒したってあんた・・
14歳?だよね

868 :無名草子さん:03/12/16 09:24
>865
必死かどうかは知らないけど意味不明。
854さん、最後の五行が(・∀・)イイ!!と思ってすすめてるだけで
キングの思惑とは関係ないのでは?


869 :無名草子さん:03/12/16 12:19
他人には想像もできない思い入れがあるんだろうな。>865
(他人から見るとチョト変だけどw)

870 :無名草子さん:03/12/16 18:54
リタ・ヘイワース読み返し中…
やっぱり原作のアンディもイイ

871 :無名草子さん:03/12/16 19:46
>865
アイムナンバーワンファーン

872 :無名草子さん:03/12/16 19:59
>>864
>「ドリームキャッチャー」読み終わった。作品の最後でJ・グールド
>に触れているけど読んだことない人は「ワンダフルライフ」おすすめだよー
>こんなに面白いノンフィクションめったにない。
どこで見たかいまちょっと思い出せないが、
故グールド(そう、個人になっちゃったんです)大先生のことは
キングの本を読んでると時々目にするね。ドーキンスでないのがなぜかうれしい(w


873 :872:03/12/16 20:01
個人 -> 故人 (鬱&祈御冥福

874 :無名草子さん:03/12/16 21:34
>>864
反対にグールド先生は「ワンダフルライフ」のなかでキングの作品について触れているよね。
4章の終わり近くで、『最近の小説でダーウィン進化論を主なテーマとしている作品』として
ボネガットの「ガラパゴス」とともに、キングの「トミーノッカーズ」を挙げている。
これらの作品では、多くの科学者が軽視しがちな、『進化における「偶発性」の重要さ』が
描かれている、とかなんとか…

875 :無名草子さん:03/12/16 21:48
>>874
「そんなのあったっけ」と思い探したところ、
P431にありました。

ワンダフルライフ日本版
出てからもう10年になるんだ、と読み返してしみじみ。

876 :872:03/12/16 22:15
>874
うおぉぉっ、ほんとやー!
ぜんぜん覚えてなかった。

>875
ハードカバーのほうですね。
文庫本だとちょっとページがちがうし(w

う〜ん、なんか今日はすごく得した気持ちになったぞ。

877 :872:03/12/16 22:19
そーいえばブラックハウスにもグールドが出てくるんだった
(グレン・グールドって・・・すまん、はずした)

878 :無名草子さん:03/12/16 23:54
グールドってナイトメア・・・のカセットブックで朗読もやってなかったか?

879 :無名草子さん:03/12/17 00:09
>>872
ただ、故グールド大先生はヤンキースファンだからいまひとつ信用できないw。

880 :無名草子さん:03/12/17 00:47

えーと、つまり865は、「薦めている」と「進めている」が区別できなくて、

「最後の5行のためだけに、(他の人間に対して)小説を薦めている。」

という文章を

「最後の5行のためだけに、(スティーブン・キングは)小説を(書き)すすめている。」

と誤解したということでオッケーでしょうか?


881 :無名草子さん:03/12/17 00:53
>>879
>>>872
>ただ、故グールド大先生はヤンキースファンだからいまひとつ信用できないw。
グールド師がご存命であれば、松井をどう評価されただろうか
それとも今頃は草葉の陰でイチローを穫りそこねたヤンキースのフロントを
呪っていらっしゃるのだろうか・・・(w

882 :無名草子さん:03/12/17 00:58
>>878
>グールドってナイトメア・・・のカセットブックで朗読もやってなかったか?
まさかとは思ったけど検索しちゃったじゃないかw

ttp://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0453008917/ref=lpr_g_2/104-9291399-7572745?v=glance&s=books

883 :無名草子さん:03/12/17 01:39
タリスマン2、来月下旬に新潮文庫より発売ですね。

884 :無名草子さん:03/12/17 06:41
>>883
ブラックハウスだよね? それともタリスマン2に改題されるの?
どっちにしろサンクス。

885 :無名草子さん:03/12/17 09:39
>880
なるほど!
薦めてるを進めてると解釈するなんて思いもよらなくてわからなかったよ
ごめんね865さん。

でももうちょっと国語勉強しようね。

886 :無名草子さん:03/12/17 10:29
>>854
>刑務所のリタ・ヘイワースは、最後の5行のためだけに、小説を薦めている。

ああ、なるほど、>>854は、
「最後の5行を読んでほしいためだけに、
<刑務所のリタ・ヘイワース>を人にすすめてるよ」
って意味か。わかりにくすぎるよw。

887 :無名草子さん:03/12/17 11:18
たしかにわかりにくい部分はある。

888 :無名草子さん:03/12/17 15:28
888☆

889 :無名草子さん:03/12/17 15:33
正月の「読み初め」は
本日古本屋で買った(…100円)
「ドロレス・クレイボーン」に決定いたしました。

890 :無名草子さん:03/12/17 18:03
>>886-887
必死だな(w
薦めてる=進めてると間違う人なんてまずいない
わかりにくいとかそういう次元じゃないぞ

891 :無名草子さん:03/12/17 19:27
実際にいるんだったら「まずいない」なんて言えないんじゃない?
2chだからってあんま煽ってると顰蹙買うぞ。普通に。

892 :無名草子さん:03/12/17 20:02
ここは二人の厨房による自己レス合戦で成り立っているスレでつ。
二人はときどきこのように喧嘩をしまつ。

893 :無名草子さん:03/12/17 21:34
なっかっよぉ〜くけんかしな

894 :無名草子さん:03/12/17 22:13
>>889
面白すぎて正月番組が見れない罠

895 :878:03/12/17 22:20
>>882
> >グールドってナイトメア・・・のカセットブックで朗読もやってなかったか?
> まさかとは思ったけど検索しちゃったじゃないかw
>
> ttp://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0453008917/ref=lpr_g_2/104-9291399-7572745?v=glance&s=books
ん? そのページでオーディオブックの朗読者って全部分かった。
あんな書き方をしたけど、実はこのカセットブック持っていて、グールドは朗読してますよ。
http://www.co.fairfax.va.us/library/reading/adult/celebrec2.htm#s_gould
なんか見てちょーだい。

896 :無名草子さん:03/12/17 22:22
>>895
↑全部分かった

全部分かった?

と疑問文ね。

897 :無名草子さん:03/12/17 23:04
>>894
げ、ロバート・B・パーカーまで? なに読んでるんだろ。Umney's Last Case?
The Doctor's Case? ひょっとしてThe Moving Fingerだったりしてw
グールド先生はなにかな。どーぶつネタでThe Rainy Seasonかな。それともシブく
My Pretty Pony?

アマゾンで検索してみます。さんくす!

898 :無名草子さん:03/12/18 01:02
>>897
場所取るんで、この本捨てようかと思っていたんで、あげちゃってもいいけど、
ここ2ちゃんだしねえ・・・。ま出会いが悪かったってことで。

グールドが何を読んでいるのかは、お楽しみですね。黙っときます。

一つだけ教えると、Rainy Seasonはヤードリー・スミス(シンプソンズのリサ役
の女優)が朗読してます。

私はキングの短編って長編に比べるとあんまり好きではないんだけれど、
こういう遊び心のある企画は面白くて、つい衝動買いしてしまいました。

カーステレオで聴きながら、アメリカの東海岸を一人ドライブしたりすると、
ほんとに怖くていいかも。

899 :無名草子さん:03/12/18 01:28
>893
トムとジェリーやなw

900 :無名草子さん:03/12/18 01:34
>>898
> カーステレオで聴きながら、アメリカの東海岸を一人ドライブしたりすると、
> ほんとに怖くていいかも。

確かに、ストーリーに気をとられていつ事故を起こすかと思うと
怖くてたまりません…

いや、元・交通事故の被害者(さいわい軽傷ですんだけど)なもんで…
車を運転する人には油断しないで欲しいのです。
もちろん歩いてる側も注意しなきゃだめですが。

901 :無名草子さん:03/12/18 08:50
>>898
>グールドが何を読んでいるのかは、お楽しみですね。黙っときます。
わかったぞー、野球ネタでHead Downだ、きっと。

>一つだけ教えると、Rainy Seasonはヤードリー・スミス(シンプソンズのリサ役
>の女優)が朗読してます。
なるほど。あの声なら絶叫シーンにぴったりか。

>私はキングの短編って長編に比べるとあんまり好きではないんだけれど、
たしかに食い足りない感じがあるかな。でも身につまされるもの(Luckey Quarter/
Everything's Eventual)とかしみじみしたの(My Pretty Pony)とかは
好きだなー。My Pretty Ponyなんてフォークナーとまではいかないけど、
スタインベックでも読んでるような雰囲気だし。
あと、短編は遊びがあって楽しめる。題材にあわせて文体まで変えてくるのには
感心するね。その時代にあわせた言葉をちりばめたりして。Crouch Endなんて書いてる本人が楽しみながらラブクラフトの文体をなぞってるのがよくわかる。


902 :無名草子さん:03/12/18 10:16
>2chだからってあんま煽ってると顰蹙買うぞ。普通に。
最後の普通に。が意味不明
ほんと日本語不自由だな

903 :無名草子さん:03/12/18 10:22
まあまあ、この辺にしとこうぜ。

904 :無名草子さん:03/12/18 20:49
>>902
しつこいって

905 :無名草子さん:03/12/18 20:52
ここは二人の厨房による自己レス合戦で成り立っているスレでつ。
二人はときどきこのように喧嘩をしまつ。
でも生活サイクルが違うのでなかなか大喧嘩にはなりません。

906 :無名草子さん:03/12/18 21:11
ああ、ここってやっぱ2ちゃんなんだな。って再認識させられるね。
変なのが2〜3人いるのを確認すると。

907 :878:03/12/18 21:16
カセットブック買っているような俺みたいなのも変な奴なんだろうな。
確かにキモイ。

908 :無名草子さん:03/12/18 21:21
Hearts in AtlantisをiPodにいれて外出のお供にしてる場合はどうでつか?

909 :無名草子さん:03/12/18 21:29
スタンド・バイ・ミーって秋冬編ってなってるけど、
これってゴールデンボーイ春夏編から読めってこと?

910 :無名草子さん:03/12/18 21:35
んなわきゃない。
つうか「春夏編」「秋冬編」って日本版特有のなんじゃないの?


911 :無名草子さん:03/12/18 22:00
>>906
それは違うな。
確認できるのは自分以外に少なくとも一人いるってことだけじゃん。

912 :無名草子さん:03/12/18 22:17
やっと『ゴールデンボーイ』読み終わりました。
そんなに長い話ではないのに結構時間かかりました。
読むの遅い方ですが、やはり最後の方、
「どうなるの、どうなるの、どうなるの???」ってスピードアップしますね。
面白かったです。
先日、殺人サイトを見ていて人を殺してみたくなったと
中三の男の子が妹を殺した(未遂だったのかな)事件があったから、
何だか重なるものがあって怖かったですね。

次は『キャリー』を読んでみます。面白いかな?

913 :無名草子さん:03/12/18 22:41
大昔、初めてキングに触れたのがキャリーだったので、
キャリーを基準に考えてしまいます。
深夜に読み終えたときは、魂が抜けたようになった記憶がある。

>>912楽しめるといいですね。

英語が堪能な方々がとても羨ましい。
テープやらiPODを聞きながら・・・とか、文体が云々・・・なんて別世界だ。

914 :無名草子さん:03/12/18 22:53
>>900
キングを轢いたおじさん、キングのカセットブックを聞いていたとかだったらおもろい。

915 :無名草子さん:03/12/18 22:54
「キャリー」はやや癖があるというか、キングワールドへの入門としては勧められない気がする。
処女作といっても。

916 :無名草子さん:03/12/18 23:04
>>906
ほんとうにそう思う。
自分で話題をふってそれにレスつけるなんてのはキ○ガイのすることだもんな。

917 :無名草子さん:03/12/18 23:05
しかしキングの読者って男が多そうだな

って読んでていつも思う。

言葉づかいがあれなのでレディに勧めるのが辛い。

918 :無名草子さん:03/12/18 23:11
>>917
う〜ん、儂はオンナだがのう。
怖い話が好きなのは、むしろ女のほうが多いような気が。

919 :無名草子さん:03/12/18 23:30
怖い話つーよりじーんとくる話が読みたくてキング買うわしみたい男もおるよ。
オンナ関係ではドロレス・クレイボーンあたりからフェミニズムにも
受けがよくなってたと思う。あんましどっちでもいい話だが。


920 :無名草子さん:03/12/18 23:45
>>919
「ローズ・マダー」もいいと思うが、普通の女の子である妹は
「ファンタジー?になったあたりから読めない」と言って途中でやめてました

しかし女を主人公にしても説得力あるあたりがキングってすごい作家だと思います
けど、男性というか父親が変。って話多くないですか。そうでもない?
キング本人の生い立ちはどういう感じだったんだろう…。

921 :無名草子さん:03/12/18 23:54
>>920
「On Writing(『小説作法』だっけ?)」では、母親の話は非常にいきいきと書かれていたけど、
父親についてはなんかかいてたっけ?
うろ覚えの上に、本をどこにしまったかすぐにはわからない…

922 :無名草子さん:03/12/19 00:02
>>921
>父親についてはなんかかいてたっけ?
たしかキングが子供のころにじょーはつしたはず
おれもうろ覚えだが、母親の話ではよいよいの婆さん相手に
真夜中に掃除機を売りつけちまうほどオンナにはもてたとかなんとか、
そんなような話だったかなあ


923 :無名草子さん:03/12/19 00:12
不妊症と診断されて養子をとった後妊娠(その子供がスティーヴン)。
そのあげく夫に蒸発されて2人のガキを育て上げたかーちゃんはえらいよなぁ。

キングのブレイク直前に癌で死んじゃったのがやっぱり気の毒(キングにとっても)。

>>922
以前、NHKで放映されたキングの番組中のインタビューで、「シャイニング」の主人公が羨ましい、
自分には父親がいなかったから...」とか言っていたね。

924 :無名草子さん:03/12/19 00:21
でもキングの作品で、ヒロインとその母親(もしくはそれに相当する人物)の間の確執が
悲劇へと転じていく、って話がけっこうない?
彼女なりに愛情深いのだが、閉塞的な信念のためにヒロインとの亀裂が深まり…みたいな。
儂がよんだ数少ないキング作品のなかでは「キャリー」「スタンド」「魔導師の虹」とか。

925 :無名草子さん:03/12/19 00:31
>>924
>でもキングの作品で、ヒロインとその母親(もしくはそれに相当する人物)の間の確執が
>悲劇へと転じていく、って話がけっこうない?
ん? そーいう話もあるってくらいじゃないかな。
母親関連だとけっこう泣ける話もある。今思いつくだけでもライディング・ザ・ブレットとか
Different SeasonsのなかのA Winter's Tale (首がとんでも出産に成功したオンナの話) とか、あと
Night ShiftにはいってるThe Woman in the Roomなんてキング自身が母親の死に際を看取った体験
そのものらしいし


926 :無名草子さん:03/12/19 00:54
>自分で話題をふってそれにレスつけるなんてのはキ○ガイのすることだもんな。
文章を読んでると、一見まともそうに見えるとこがよけいに怖いね

927 :無名草子さん:03/12/19 00:54
>>921-925 サンクス!
すごい納得しました。
「僕は母さんの味方だよ」っていう視点に説得力のある理由が腑に落ちたっす
「ドリームキャッチャー」の母子の別れのシーンも、よかった

928 :無名草子さん:03/12/19 00:55
>>925

> Different SeasonsのなかのA Winter's Tale (首がとんでも出産に成功したオンナの話) とか、あと
ネタバレしすぎ。

929 :無名草子さん:03/12/19 01:00
>>928
>ネタバレしすぎ
すまん、すまん。たしか前スレでこの話はオチが既出だったと思ったんで。
あといま思いついたがNightmares & DreamscapesにはDedicationとかLuckey Quarterなんて
泣ける母親の話もあるデヨ。

930 :無名草子さん:03/12/19 02:32
すごいな、このスレ。いったい何人いるんだろ。
しかも生活パターンがみんなぴったり同じなんだな。

931 :無名草子さん:03/12/19 02:40
>>930
なんか妄想狂がいますなあ…
たんに興味ある話題が出てきたから、それに対し書き込みするやつが出る
そんだけのことと思うが。

932 :無名草子さん:03/12/19 06:44
>>950あたりで次スレ移行?

933 :テンプレ:03/12/19 06:52
     ■□ スティーヴン・キングPart5 □■
     “ Its the tale, not he who tells it. ”
     < 語る者ではなく、語られる話こそ >

前スレ   ■□ スティーヴン・キングPart4 □■
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1060497629/
三代目  ■□ スティーヴン・キングPart2 □■ (実はPart3)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1047536319/
二代目  ■□ スティーヴン・キングPart2 □■
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1031371052/
初代スレ スティーヴンキングについて語りませう
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1013792417/

■キングオフィシャルサイト
ttp://www.stephenking.com/
ガンスリンガーコンテスト
ttp://www.penguin.com/darktower/contest.html

○国内ファンサイト
スティーヴン・キング研究序説
ttp://village.infoweb.ne.jp/~tkr/king/kingtop.htm
暗黒の塔への道
ttp://www5.plala.or.jp/roland/
HIGH TONED SON OF A BITCH !
ttp://ww5.tiki.ne.jp/~go_mad/king/kingtop.htm


934 :無名草子さん:03/12/19 08:50
>>931
なんか必死ですなあ、このキ○ガイ。

935 :無名草子さん:03/12/19 09:51
>>933
>HIGH TONED SON OF A BITCH !
>ttp://ww5.tiki.ne.jp/~go_mad/king/kingtop.htm
これはいらないんじゃないかな。
上の2つの国内ファンサイトに比べたら内容が貧弱だし。

936 :無名草子さん:03/12/20 00:06
ファンサイトであるんだったらあってもいいんじゃない?
ローズマダーを2つ並べて置くと(文庫の上下巻)なんか素敵な景観
になった。

しかしノーマンの短絡な思考回路がなんか好き。
こんな人物結構いるよね。
ベヴの夫とか輝きのジャック様とか

937 :無名草子さん:03/12/20 08:09
>暗黒の塔への道
>ttp://www5.plala.or.jp/roland/
さっそく5巻のネタバレやってるね。
「ネタバレ注意」と書けば人の本の内容を引き写してもいいと思っているのだろうか。
著作権の感覚は厨房レベル。

>HIGH TONED SON OF A BITCH !
>ttp://ww5.tiki.ne.jp/~go_mad/king/kingtop.htm
キングの肖像を使う。人の書いた研究本の内容をパクる。
本のカバーをスキャンする。海賊スピリットはもはや中国人レベル。

938 :無名草子さん:03/12/20 11:17
>>933お疲れ様です。
ただ、

初代スレ
http://book.2ch.net/books/kako/1013/10137/1013792417.html
二代目スレ
http://book.2ch.net/books/kako/1031/10313/1031371052.html
はhtml化されているのでこちらにしてみては。

題字は、

“ It's the tale, not he who tells it. ”

  ↑と、アポストロフィーを入れて欲しい(昔から気になっていた)

国内のファンサイトのアドレスを2ちゃんねる上に載せるのは反対です。

もし載せるのでしたら、こちらはどうでしょう。海外のファンサイトで、
調べ物に結構役立つので(管理人は、公式サイトの作成にもかかわっているらしい)
登場人物一覧
共通登場人物(作成途中らしい)
など載っています。

ttp://www.horrorking.com/

939 :無名草子さん:03/12/21 14:41
おまえとみっちり話したい。
ああ、みっちりとな。

940 :無名草子さん:03/12/22 00:35
>>939
ノーマンキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!

941 :無名草子さん:03/12/22 00:42
ドリームキャッチャー読み始めたんで、
とりあえずあげ。

942 :無名草子さん:03/12/22 06:56
スタンド読んで、すったんだ!!

943 :無名草子さん:03/12/22 14:08
ミザリー読んでみザリー

944 :無名草子さん:03/12/22 19:03
ミザリー読み終わりました。
ラストどうなるんだろうかとハラハラドキドキしながら読めて
よかったです。
あとがきにあったジョンレノン殺した人にサイン
してたって話も怖かった。

次はペットセマタリーかシャイニング読もうと思ってます。
どっちにしようかなぁ

945 :無名草子さん:03/12/22 21:01
>>944
ミザリーは意地の悪い話なので好きです。
恐いけど、結構笑いながら読んだおぼえあります。

ペットもシャイニングもどっちも「家族」の話ですね。
読みやすいのはペットかな。
ほかの人の意見は?

946 :無名草子さん:03/12/22 21:49
映画のスタンド・バイ・ミーから入って、
ゴールデンボーイ、ミザリー、呪われた町、IT、死のロングウォーク、バトルランナー、
デッドゾーン、ハイスクールパニック
と読んできたファン暦3年の20歳だがんだが次は何読んだらいいかな。
オススメキボンヌ

947 :無名草子さん:03/12/22 22:29
>>946
ここはいっちょ軽く

 「デスペレーション」

948 :946:03/12/22 22:58
だがんだが って何だ?

…逝ってくる

949 :無名草子さん:03/12/22 22:59
漏れも映画スタンドバイミーから入ったな
あと5作ほど読めばようやく一通り全ての作品を網羅しきる。
(自分の知ってる限りでは)

950 :無名草子さん:03/12/22 23:02
>>946
デスペレーションもいいがクージョやシャイニングいくのもよいと思う。
だがしかし、もっと短編を読むのもいいかもしれない。

951 :無名草子さん:03/12/23 00:58
>>950
スレ立てよろ

952 :無名草子さん:03/12/23 09:34
>>946 ここらで短編集

953 :無名草子さん:03/12/23 10:26
>>946
ペットセマタリーが抜けてるな。
恐怖の四季シリーズの、片割れにあたる、
刑務所のリタヘイワースとかは読んでると思っていいのかな?

ペットセマタリーはいいよ。
後半の墓場のくだりは、文章から異様なプレッシャーを感じる。

954 :無名草子さん:03/12/23 14:05
>>946
短編集の『骸骨乗組員』に収録されている中篇「霧」がダントツ。
この作家のホラー小説では一番面白い。

955 :無名草子さん:03/12/23 14:55
>>954
「霧」ってプロット、ストーリーとも中途半端だし、人物描写も凡庸な、習作みたい
だと思うけど。
これが一番なんていうのはちょっと頭を疑う。

956 :無名草子さん:03/12/23 15:10
霧の評判の良さが今いーちわからぬ。
キングスレでは確かにちやほやされてるが、
個人的には普通の短編でももっと個人的に好きなのあるな。
最後の方の何行かは好きだ。

しかしキングの作品読んでると本当に悪い夢ばかり見るw

957 :無名草子さん:03/12/23 18:52
みんな、何が一番かなんて人それぞれなんだから(略)。

わたしも個人的に「霧」は好き。
短編では「ジョウント」「生きのびるやつ」が好きかな。

「ザ・スタンド」(スタンド・バイ・ミーじゃなくてね)のDVDって出てないのかな。ホスィ。

958 :無名草子さん:03/12/23 21:55
結局、「クリスティーン」が一番良いという人が上級者で、
「最後の抵抗/ロードワーク」が超級者だ。

959 :無名草子さん:03/12/23 22:04
優れた短編というのは「ほら、虎がいる」のような作品をいうのだろう。
キングは長編に尽きるし、短編にはもっともっと名手がたくさんいる。

初期の長編がいい。 もう最近の作品はなにかパワーを感じない。
ライフワークのダークタワーシリーズを完成させてくれたらそれでいいよ。

960 :無名草子さん:03/12/24 00:29
>>958
一番ではないがクリスティーンは大好きだ。
ロードワークは・・・・どうやら俺は超級者にはなれないようだ(´・ω・`)

961 :無名草子さん:03/12/24 15:31
ランゴリアーズ読み終わった。なんか楽しかった

962 :無名草子さん:03/12/24 20:10
ドリームキャッチャーは本当につまらんかった。
使い捨ての四人組、あざとすぎるダディッツのエピソード。
そもそもムダに長い。

963 :無名草子さん:03/12/24 21:35
どうして「呪われた町」はないの?
私はあまりに怖くて眠れなかったよ。
キングの中ではB級かもしれないけど、怖さは一品だと
思います。

タリスマンも読んでね。続編出るし。ストラウプの
書いてる部分が新鮮な感じします。

964 :無名草子さん:03/12/24 23:09
>>962
>使い捨ての四人組、あざとすぎるダディッツのエピソード。

なるほど、そう見るのか。
俺は四人組を使い捨てにしたところがハリウッドぽくなくて良かったな。
キングがハリウッド映画に感じてるイラつきが
素直に出てて良かったよ。


965 :無名草子さん:03/12/25 06:55
ドリキャチはアイーン

966 :無名草子さん:03/12/25 09:27
同じく、ドリームキャッチャーはあんま面白くなかった。
少年時代の部分は傑作なんだけど、本筋の方がどうも退屈だった記憶がある。

子どもの頃からの親友同士達がどんどん死んでいくのはITからあったから気にならなかったけど。

967 :966:03/12/25 09:27
「どんどん」でも無いや

968 :無名草子さん:03/12/27 00:32
通勤電車で読んでたIT読み終わっちゃった。
今度は何読もうかな?
なんかお勧めないですか?


969 :無名草子さん:03/12/27 01:10
そんな事より>>968よ聞いてくれ。
どうやら>>950が新スレ立てる気ナッシングみたいなんだがどう思う?

970 :950:03/12/27 01:43
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1072116461/

せっかく立てたのに(´・ω・`) 書き方間違ったかな

>>968
ITの後には自分は骨の袋読んだ
ちょっとITに比べると静かな流れだが。
序盤にちょっと嬉しいことが。

971 :950:03/12/27 01:45
あとドリームキャッチャーか。
漏れの場合ITより先に読んだが。

972 :無名草子さん:03/12/27 01:54
>>970
>新スレ
ま、そういうこともあるさ。np


973 :969:03/12/27 02:17
>>970
ごめん、すでに立ててたんだね。


974 :無名草子さん:03/12/28 02:54
ジャンプ8号から荒木の新連載始まるよー。
キング好きそうだし、ここの住人も要チェックだー

975 :無名草子さん:03/12/28 07:27
映画「ミザリー」が好きな人は、クリント・イーストウッド主演、ドン・シーゲル
監督の「白い肌の異常な夜」を見るとヨロシ。おそろしい映画です。
脚に関するエピソード、この映画からキングは、インスパイアされてるんじゃないか?

あ、あと文庫本で初めて「ミザリー」を読んだ人は、古書店とかでハードカバーの
カバーをはずしてみてみてください。

976 :無名草子さん:03/12/29 00:29
>>975
>「白い肌の異常な夜」を見るとヨロシ。おそろしい映画です。
Danse Macabreで触れてるね。
映画のほうはほめてるけど、原作はちょっと点が辛い。
The Beguiled (by Thomas Cullinan) ってやつ。
南部文学について書いてる部分でこれにも触れてる。
評価は「そこそこいい」
ソール・ベローとかバーナード・マラマッドほどのもんじゃないが、
かといってハロルド・ロビンズやシドニー・シェルダンほどひどくもないってある。
アマゾンで探してみたけど翻訳はとっくに廃刊か、もともと出てないみたいだ。
しかしキングって人はほんとに幅広いね、守備範囲が。何でも読んでるって感じ。

977 :無名草子さん:03/12/30 00:36
「白い肌の異常な夜」って
すごいタイトルだなw

978 :無名草子さん:03/12/30 01:06
しかし、結局はキング絶賛はあてにならん...というかキングが褒めてると
読みたくなくなる。な印象を与えた日(米?)の出版業界マンセーw。

ていうか、まじマラマッドファンなだけに、マラマッドとシェルダンの間の壁は
2ちゃん的には>>>>>>>>>状態で笑っちまう。

その間って、なんなんだよ。


979 :無名草子さん:03/12/30 01:29
>>978
お前はいったい何言ってんだ? 全然わかんないぞ。

まあ、このスレはもう終わりだから、
この機に、言いたいことを存分に言ってほしい。
全部吐きだしてしまえ。

980 :無名草子さん:03/12/30 02:04
キングはいいんだけど、少し冗長だよな。
それを楽しめるかどうかで、評価も分かれるんだろうな。
読み終われば、普通にひとつ、大作を読み終えた+感動で、
なんか満ち足りた気分になれるし。

でも、グリーンマイルみたいな感動の拾い方はもう、
二度とやらないでほしいな。
せこいよ。

981 :無名草子さん:03/12/30 02:14
>>980
グリーンマイルだめでつか?
どの辺がダメ?

982 :無名草子さん:03/12/30 10:04
グリーンマイルって純真で無垢な黒人、という、一昔前の黒人差別を
単にひっくり返しただけの「白人からみた都合のいい黒人」みたいな、
差別意識丸出しのところが駄目じゃない?
というか普通黒人ならそう感じるでしょう。
キングってブルーカラーに受けるのは分かるとして、人種別ファン構
成(アメリカにおける)ってどうなっているのだろう?
アンケートとか調査とかあるのかなあ。

983 :無名草子さん:03/12/30 23:03
>>982
前スレだったか前々スレだったか忘れたけど、以前大暴れしてた人ですか?


984 :無名草子さん:03/12/30 23:16
>>981
いや、普通に読んだんだけどね、と前置きした上で。

最後に、感動を誘うために配置した言葉の数々が、
いまいち本筋に関係ないような気がしたから。

最後の電気椅子のシーンで、
その場にいる人間のそれぞれの行く末を書いてみたり。
奥さんの死んだときの回想をいれてみたり。
それまでの話がずっと積み重なってきて感動に結びついているんじゃなくて、
それまでは話とは別に、さあ、ラストだから盛り上げるぞ、
という感じで、感動を誘うようなエピソードを配置してきている気がした。

ぶっちゃけ、ほかの話でも、ラストのエピソード数点を入れることは可能で、
それだけで感動の物語だったように化けさせることができたんじゃないの、とか。

985 :無名草子さん:03/12/31 03:47
>>984
なるほど、そうかもしれないな。
とくに奥さんのエピソードは、
キングが思ったほど読者は感動しないんじゃないだろうか。
たぶんキングは、
タビサが自分を残して先に死ぬのが怖くてしょうがないんだろうな。
骨の袋でもそのテーマで書いてたけど。

986 :無名草子さん:04/01/01 02:28
>982
あなたは何人なのよ。
普通〜って言い方とかすごい狭い見識をお持ちのようで。

>983
やっぱりそうなのかね。

987 :無名草子さん:04/01/01 05:28
>>986
オマエは誰だよ。党派性が強くて気持ち悪いぞ。

250 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)