5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【本の】読書ノート【感想】

1 :無名草子さん:03/09/23 08:34
父親が本屋でこんな小冊子をもらってきました。
人の感想聞いて、今後の購入に役立てたりしる!
ネタバレを含む場合は必ず最初に明記しる!


テンプレ
--------------------------------------
【書名】
【シリーズ名】
【著者/訳者】
【出版社/発行年】
【定価/判型・頁】
【読了年月日/購入書店】
【読後感】
【心に残った言葉】
---------------------------------------

2 :無名草子さん:03/09/23 08:58
2

3 :無名草子さん:03/09/23 09:00
3【終了】
いくつこの手のスレを作れば気が済むんだろうか
はてな?

4 :無名草子さん:03/09/23 09:03
【ISBN】
も追加。

5 :無名草子さん:03/09/23 09:15
【精液発射までの所要時間】
も追加。

6 :無名草子さん:03/09/23 09:49
あぼーん。

7 :1:03/09/23 09:53
>>3
勝手に終わらせないで下さい!!

>>4
いいですね!追加しましょう。

>>5
エッチなのはよくないと思います。

>>6
あぼーんて何ですか?!

8 :無名草子さん:03/09/23 10:34
要求多すぎて書くきしねーよ。>1
タイトルと感想だけで良いだろ。

というわけで
『刑務所の王』
アメリカの伝説的な囚人を人生を描いたノンフィクション。
著者は旧大和銀行社員の井口俊英。1995年、巨額損失事件でNY連邦拘置所に収監。
その時偶然知り合った隣の独房の囚人が実はアメリカの刑務所のドンともいえる伝説的な囚人だった…

*おまけ 
気になった言葉
「敵の血を持って始めて我が同胞となるべし
 我らを去らんとする者、自らの血を持ってあがなうべし」

9 :無名草子さん:03/09/23 10:39
>>8
おお、それ読みたかったけど、何処の出版社かおしえてー。
すげえ、おもしろそう。

10 :ひとし:03/09/23 10:45
【書名】 瞬間伝説
【シリーズ名】
【著者/訳者】岡井 耀毅
【出版社/発行年】 文庫の方は1998年だけど、ハードカバーはもっと前
【定価/判型・頁】見てない
【読了年月日/購入書店】 杉並区立図書館
【読後感】 一枚の写真にどれだけカメラマンの情熱がこめられているか
がよく分かった。ホント興奮しながら読んだよ。
【心に残った言葉】
写真家は時代と寝るものだ

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/402261241X/qid=1064281438/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-3745265-9769963


11 :ひとし:03/09/23 10:56
--------------------------------------
【書名】 魔少年
【シリーズ名】
【著者/訳者】 森村誠一
【出版社/発行年】 1976 12月
【定価/判型・頁】 600円くらい
【読了年月日/購入書店】 小学校の頃オヤジの本棚にあった本
【読後感】 淫靡です。虫殺し小学生が同級生の女の子に悪戯するというのが
なんとも・・・。丸尾末広が異様に好きな人ならはまると思う。酒鬼薔薇や
長崎の12歳の出現を予言するかのような本。

【心に残った言葉】 わすれた。とにかくストーリーがすごい。
---------------------------------------

12 :無名草子さん:03/09/23 10:58
>9
文藝春秋。読んどけ。

13 :ひとし:03/09/23 11:02
今、googleで検索したら出てきた。
AMAZONで購入してみるよ。

14 :ひとし:03/09/23 11:24
【書名】 君主論
【シリーズ名】 中公文庫BIBLO
【著者/訳者】 マキャベリ/池田廉
【出版社/発行年】 中央公論社/1995年
【定価/判型・頁】 781円/234P
【読了年月日/購入書店】 大盛書店 渋谷センター街入り口店
【読後感】一人の中世策略家の脳と今こうやって同化できるなんて幸せだ。
普通の人が読んでも役に立たぬのかもしれぬが、ブッシュにとってはかなり
役に立つだろう。この本は中東などの民主主義が行き届いてない国を統治する場合には
まだまだ通用する。この本を地中海の歴史をより有機的に楽しめる。E・ブロンテの
本を中心にこういう名著を読んでゆくとなおさらいいと思う。名骨董品。
【心に残った言葉】
気前の良さぐらい、あなた自身をむしばむものはない。
他、役に立つ格言多数!


15 :無名草子さん:03/09/23 11:26
★新作をどこよりも早く更新/無修正DVD販売★

初々しい女の子や、(゜Д゜;三;゜Д゜) 痴女のお姉さんがいっぱい!!

       http://book-i.net/moromoro/

     ☆安心後払いの迅速発送でお届け致します☆

  ロリ/お姉さん/熟女/女優モノ何でもあるよ(*´∀`*)ハァハァ

もちろんあの娘も━━━━ヾ(。Д゜)ノ゛━━━━!!!!!!!!

       http://book-i.net/moromoro/




16 :無名草子さん:03/09/23 11:50
本当に、どれだけ似たようなスレを乱立させれば気が済むのだろう。
>>1、最近になって読書を始めたからって、板くらい検索してからスレ立てしろバカ。

17 :無名草子さん:03/09/23 23:03
>>16
重複なら素直に削除依頼するので、URL貼って下さい。
ちなみに最近になって読書を始めたわけじゃ・・・

18 :無名草子さん:03/09/26 20:10
>>14
君主論読んだが、経験的哲学の極みという感じの本だった。
観念哲学のデカルトと読み比べれば面白いかも。

19 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/09/28 21:25
これと重複気味かな。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1061672377/
 
ただ、1さんの作ったテンプレ分かりやすくて良いねぇ。

20 :無名草子さん:03/10/02 22:16


21 :無名草子さん:03/10/04 02:37
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

22 :無名草子さん:03/11/19 12:49
あげ

23 :吾輩は名無しである:03/12/26 22:45
「ファーストフードが世界を食い尽くす」
語りの下手さで疲れる。ノンフィクション作家ってみんなこんなもんなのかな。

24 :無名草子さん:03/12/27 00:43
【書名】69 sixty nine
【著者】村上 龍
【出版社】集英社
【定価】438+税
【読後感】なんか鳥肌がたつくらいくさい部分がところどころあったが、
     10代のときに読みたかったなぁって感じがしました。
【心に残った言葉】ゴリラの鼻くそ


25 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/12/29 21:11
【書名】 深紅
【著者】 野田尚
【出版社】 講談社
【定価/判型・頁】 文庫
【読了年月日】 2003・12
【読後感】 一家惨殺の被害者の心理を描いたものなんですが、
      前半部分、ものすごい引きつけられてぐいぐい読めます。 
      読み応えのある本でした。

26 :トリ ◆AqSQUBSJwA :04/01/15 23:11
【書名】 まどろむ夜のUFO
【著者】 角田光代
【出版社】 講談社
【定価/判型・頁】 ハードカバー
【読了年月日】 2004・1
【読後感】 なんだか不思議なお話ですた。
      


27 :無名草子さん:04/02/11 03:02
「発掘捏造」毎日新聞旧石器遺跡取材班

世間を驚かせた大スクープのドキュメンタリー。
内容は、毎日新聞のサイトにUPされてるものと大体同じ。
確かに大スクープなのだからしょうがないが、書き手から
「鬼の首を取った」感があふれてて少々シャクに触る。
一応、「調査者の発表を鵜呑みにしたマスコミの責任」も
付け足して、バランスととろうとしてるようだw

毎日新聞旧石器捏造特集サイト
ttp://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/iseki/200011/14-01.html
【捏造】藤村新一さんって、今、何してるの? @考古学板
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1066222528/

28 :無名草子さん:04/02/15 09:16
【書名】寡黙な死骸 みだらな弔い
【著者】小川洋子
【出版社】実業之日本社
【価格】1500円(文庫もある)
【読後感】短篇集だけど、それぞれの短篇に伏線が張られてて、後になってから前の理由が分かる仕掛けになってる。不気味なものが好きな人には良いかも。
【印象に残った言葉】私の死骸だ。こんな窮屈な暗い場所で、毒草を食べて、誰にも看取られずに私は死んでいたのだ。

29 :無名草子さん:04/02/16 19:57
EXCEL管理がいいのか、ACCESS管理がいいのか・・・

30 :無名草子さん:04/02/16 23:44
「五衰の人 三島由紀夫私記」 徳岡孝夫 文芸春秋

著者は三島と付き合いのあった、サンデー毎日の記者。
三島という対象に、一定の距離をおいて、冷静に観察
しているように思える。文章も平易で読みやすい。
いろいろおもしろいエピソードもあって、三島に興味が
ある人なら読むべきだろう。映画「Mishima: A Life In Four Chapters」
とあわせて読むともっと楽しめる。
ただ、三島の家へ取材へ行った著者が、庭で鰻重を振舞われ、
三島自身は立ち去ったときのことを「植木屋の扱いを受けた」と
憤慨したり、終わりのほうで古本屋のことをあれこれ書いてたり
するのは、やっぱりエリート意識があるのかな?とは思った。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)