5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武士道BUSHIDO侍葉隠忍者その他もろもろ

1 :無名草子さん:03/12/15 08:04
ハリウッド映画にあやかって立てましたよ。
どこどこ出版のBUSHIDOがいいとか三島の葉隠入門読んだとか
忍者はいいねーとかそういうスレです。はじめ。

2 :無名草子さん:03/12/15 08:05
糞スレ。

3 :無名草子さん:03/12/15 08:08
ていうか最近新渡戸稲造の武士道に興味持って、
読もうと思ってるんですけどどこの出版社のが一番買いですか?
やはり岩波書店?

4 :無名草子さん:03/12/15 09:38
岩波

5 :無名草子さん:03/12/15 10:03
なんで岩波がいいのか教えてくれないか。
大体岩波文庫(それも特に古典)なんてのは前提として
その内容についてそれなりの知識を他から持ってる、
その周辺の本についてもそれなりの知識を持っている、
それ相応の頭のある人向けの本だと思うんだが。
例えで言えば、漫画バガボンドよんで「五輪の書」に興味もった奴が
岩波「五輪の書」買ったのに、古典文法分からなくて読めやしないってのと同じく
「武士道」だって、聖書やら論語やら古今の古典の話を引用しながらかかれてる、
それ相応の頭がないとぶっつけで入っても理解出来ない本だと思うんだが。

まぁ長々書いたが岩波文庫版は初学者には不親切ってこと。馬鹿にする気は全くないが
PHP文庫とか知的生き方文庫とかのかなり頭悪い人向けに説明されてるのを
先に一〜ニ冊読んで見るべきと思う。それで周辺事情を理解してから岩波武士道
・・といいたいところだけど、岩波武士道は単に訳注の甘い翻訳本ってことを
忘れちゃならん。PHP文庫とかの恥ずかしいやつを読み終えたら次は
講談社インターナショナルの原書を読む。これが、俺は、いいと思う。いじょ。


6 :無名草子さん:03/12/15 15:09
マジレス晒しage

7 :無名草子さん:03/12/15 16:40
文法がわからないから五輪の書が読めません、なんてのは次元が違う

8 :無名草子さん:03/12/15 16:47
武士道だけそんなに何冊も読むほど暇じゃ無いんです。

9 :無名草子さん:03/12/19 20:39
昔は葉隠(はがくし)だと思っていた

10 :無名草子さん:03/12/19 21:04
葉隠って外国人の方が読んでそう

11 :無名草子さん:03/12/19 21:36
>>例えで言えば、漫画バガボンドよんで「五輪の書」に興味もった奴が
>>岩波「五輪の書」買ったのに、古典文法分からなくて読めやしないってのと同じく

そんなバカいるのか?
普通は買う前に立ち読みくらいするぞ。

12 :無名草子さん:03/12/20 05:44
バカボンドの読者層を考えれば十分ありえる

13 :無名草子さん:03/12/25 23:49
age

14 :無名草子さん:03/12/31 15:53
駄スレは死ぬることと見つけたり

15 :無名草子さん:04/01/01 21:01
葉隠入門は読んだよ

16 :無名草子さん:04/01/07 19:21
葉隠応用は?

17 :無名草子さん:04/01/08 09:46
武士道や葉隠は読むだけで
「ウヨ厨!コヴァ厨!(プゲラ」
とか言われそうな風潮が2ちゃんにある。



18 :無名草子さん:04/01/10 11:36
「武士道」
武士の家系である日本人が、ヨーロッパの思想等も視野に入れて
語っているところがすごい。
新渡戸稲造ってすごい、伊達にお札になってない!!
・・・と、激しくマンセーマンセーな私なので、ぜひともこの本に対する批判が聞きたいのである。

19 :無名草子さん:04/01/10 13:03
新渡戸稲造「武士道」
岡倉天心「茶の本」
鈴木大拙「禅と日本文化」
内村 鑑三「代表的日本人」

もとは英語で書かれ世界に日本文化を伝えた名著

20 :無名草子さん:04/01/10 13:16
>>18
「台湾の声」:李登輝前総統講演全文
http://www.freeml.com/message/taioan@freeml.com/0000860
メルマガ台湾の声
http://www.emaga.com/info/3407.html

「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは
李 登輝 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093873704/qid=1073707642/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-7419936-6331515

21 :無名草子さん:04/01/10 17:29
武士の家訓 桑田 忠親【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061596306.html

これ面白かった。
厳しい現実の生存競争の中で知恵を身につけた武将達が、
その自身の知恵と共に禅の教えや儒学の教えを加え
噛み砕いて後世に伝えた家訓や訓戒状などの集成。

「聖書」や「論語」より遥かにとっつきやすく、且つ身につく道徳の教科書って感じ。

22 :無名草子さん:04/01/11 12:18
>>18です。
>>20さん、貴重な情報ありがとうございます!プリントアウトして読みますた。(`・ω・´)ノ
李 登輝氏がこんなにも日本を憂えてくれるなんて感動です。
「「武士道」解題」、来月注文してみようと思います。(今月はすでに色々注文しちゃったので)
>>21さんの本も読んでみたい

23 :無名草子さん:04/01/15 20:18
もうちょっと続いてくれ

24 :無名草子さん:04/01/15 23:26
「武士道」読んで、孟子も読んでみようとオモタ

25 :無名草子さん:04/01/17 18:13
>>21
黒田如水と毛利元就のが気に入った。
両者とも実に深い。

26 :無名草子さん:04/01/17 19:13
>>1
忍者は汚く生き延びて任務を果たしてなんぼ、
武士は綺麗に死んで甲斐性を見せてなんぼ、
全然違う存在な気がしますが。

つうか今時はニンジャも武士の一種なの?
ハリウッドに毒されてね?

27 :無名草子さん:04/01/18 10:17
忍術(忍法)は本当に廃れてしまったのだろうか?
旅行者向けなどではない本物の忍術は伊賀甲賀のどこかに連綿と受け継がれていないのだろうか?
だとすれば惜しいことだ。
スカパーのナショナルジオグラフィックchかどこかで芸者を真正面から取り上げた番組を
以前見た。たしか下記の著者もも出演していた本格的なものだった。
Memoirs of a Geisha
Arthur Golden
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0679781587/qid=1074388371/sr=1-2/ref=sr_1_26_2/249-7419936-6331515
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163188304/249-7419936-6331515
戦後箱根やその他などで京都の芸者を真似た観光客向けのショーがたくさん出来たとのこと。
芸者とはそういうものではなく、伝統と格式を持つものだとかそんな内容だった。

28 :無名草子さん:04/01/18 15:07
武士道を言葉で巧みに表現した新渡戸さんはすごい

29 :無名草子さん:04/01/18 23:04
>>3
遅レスで申し訳ないが三笠書房のが読みやすくてお勧めね。
それでも分かりにくいなら現代的な例を使って分かりやすく説明してある
「武士道の知恵(著、梅谷忠洋)」がいいかと。
ただ、新渡戸が説明した武士道にちょっと付け加えがあるから、
新渡戸の書いた方も後でもいいから読んだ方がいいかと。

30 :無名草子さん:04/01/21 05:02
やっぱ原文を読めれば一番良いんだろうなあ

31 :無名草子さん:04/01/21 12:44
>>30
丸善で見つけた。パラパラとめくっただけで、購入せずw

32 :無名草子さん:04/01/22 14:01
「武士道」の『義』の定義について

「義」とは・・・
・人に例えると骨のようなものだ。
・才能があっても学問があっても、「義」の心がなければ世に立てない。
・人が通るべき正しい道だ。
・自分が飼っている鶏や犬がいなくなると大騒ぎをして探すのに、
 肝心なこの心を無くしてしまっても、探すことすらしないのは悲しいことだ。
・・・と、人間にとってとにかくものすごく大事なものである、ということは分かりました。
ですが、「じゃあその大切な『義』とはどういうもの?」という問いに対する答えとしては、
・決断する力。
というものしか見つけられない。なんだか消化不良なのです。
もっと、「義」とはなんぞや、ということについて、ページを割いて色々説いて欲しかったなあ〜。
さっさと「義理」にいっちゃうし・・・
もしかして、
・サムライにとって裏取引や不正な行いほどいまわしいものはない。
という文がその答えなのだろうか。

33 :無名草子さん:04/01/22 14:10
武士道はなんとしてでも生き残って勝ちをおさめること
これに尽きるね

34 :無名草子さん:04/01/22 16:41
>>33
それは違うだろ

35 :無名草子さん:04/01/22 19:39
>>34
じゃあなに?>>33じゃないけど

36 :無名草子さん:04/01/23 00:46
>>32
高い道徳規範を持つ常識では?>>34じゃないけど

37 :無名草子さん:04/01/23 01:15
武士なんてただの人殺しだって

38 :無名草子さん:04/01/23 01:24
>>1
アメリカで妄想しててください。
板違い。終了。


39 :無名草子さん:04/01/23 10:55
三笠書房の「武士道」持ってるんですが、
43ページの「原著補注1」っていう文字、誤植ですよね?
ちなみに第22刷です。

40 :無名草子さん:04/01/28 10:51
ラヴレー氏のように驚きのあまり突然歩みをとめて
「宗教がないとは」と言いつつageてみよう

41 :無名草子さん:04/02/09 17:43
>>21
北条早雲の家訓について谷沢永一が、
現在の勤め人にも役立つといってどこかの雑誌か何かで勧めていた。

42 :無名草子さん:04/02/12 10:38
このスレ見て、「茶の本」と「代表的日本人」買ってしまった

43 :無名草子さん:04/02/12 12:11
オレは築地書館から出てるのがお気に入り。
キリスト教の人が書いてるから宗教的背景がわかりやすい。

44 :無名草子さん:04/02/22 10:25
赤旗日曜版に「武士道」批判のコラムが載ってたな・・・
彼(新渡戸氏)は植民地支配肯定論者であったとか、
彼には日本史や日本の思想に対する深い造詣がなかったとか、
封建社会は終わったのになぜそんな封建社会の遺物が持ち出されたのか?
それは天皇生国家体制の中で「忠君愛国」の精神を教育するため・・・とか。

親が共産党員なのでムリヤリ日曜版を取らされている俺_| ̄|○

45 :無名草子さん:04/02/23 00:39
おいらは高校のころに武士道(三笠書房版)をよんでたが
このごろはちょっと批判したいところがある。

あまりにも商人を下に見過ぎているところ。

もちろん、江戸→明治といった時代背景があったことを差し引いて
読まないといけないのは分かっているが、ここだけは注意したほうがいい。・・と思われ。

46 :無名草子さん:04/02/24 08:35
士農工商で、一番下だもんなあ
権力と富が分離することになるので良いこととなっているが

47 :無名草子さん:04/02/27 22:37
やっと見つけた。
私も買いました。「武士道」 三笠書房のです。
この本は今年の2月22日の朝日新聞の「ベストセラー快読」でさんざんこき下ろされ、
今日の朝日新聞で大きく広告に載っていました。

…読んでみて、書いてある言葉が覚えられません。
ただ、心に伝わる何かを感じることができました。
何回か読んでみて内容がわかるようになりたいです。

48 :無名草子さん:04/03/01 23:32
>>47
おー買われましたか。
この本、左側の人たちが怒りそうなこと、けっこう書いてありますもんね。
頑張って読んでください!

49 :無名草子さん:04/03/02 18:32
>>47
もう出だしからバカっぽい…

新渡戸稲造著 奈良本辰也訳『武士道』
二面性の「サムライ」像  本紙掲載2004年02月22日

米映画「ラスト・サムライ」のトム・クルーズが愛読した本というので
バカ売れしてるって聞いたけど、ホントかね。
だってその程度のサムライ現象なら、
バブルがはじけ始めた九一年にも、
米米CLUBの「FUNK FUJIYAMA」って歌が大爆発してたぜ。
「えびばでぇ、SAMURAI、SUSHI、GEISYA/カミカゼ、HARAKIRI、HA!HA!HA!」。
結局さ、日米経済戦争で優勢の時も対米従属の時も、
われらがアメリカに対置する最強のナショナル的価値が《武士道》だと言えまいか。
http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=5315

吉田司っていかにも米米クラブ聞いて大喜びしてそうな趣味の悪い、カッコ悪い人だということは良く解った。


50 :無名草子さん:04/03/06 11:20
>>49
言ってる意味が分からんな、この人ww

51 :無名草子さん:04/03/07 14:05
昨日の朝日新聞14面の「私の視点 ウィークエンド」にある人が「武士道ブーム」と題して
武士道と新渡戸稲造について語っていました。

記事を持っている人はぜひご覧下さい。
主義主張はともかく、>>49よりはマシなことを書いていると思われます。

52 :無名草子さん:04/03/07 14:20
DTIの1000轢き

AMZNDTGCNCLY

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003311817/cats-22

53 :無名草子さん:04/03/07 22:37
>>44
日清戦争の勝利を称えてる部分だよね。まぁ、昔の社会情勢を現代に照らし
合わせる事は無理だよな。

武士道の言わんとしている事は分かるけど、現代で会社勤め、役所勤めしてたら
本音と建前で暮らさなければならないのが現実・・・
やはり武士道は消え去るものなのか?

54 :無名草子さん:04/03/08 00:30
かつて 日本人は 清らかで美しかった
かつて 日本人は 親切で心豊かだった
アジアの国の誰にでも 自分のことのように
一生懸命つくしてくれた

何千万人もの 人の中には
少しは変な人もいたし おこりんぼや
我が儘な人もいた 自分の考えを 押しつけて
威張ってばかりいる人だって 
いなかったわけじゃない

でも、その頃の日本人は 
そんな少しの嫌なことや 不愉快さを越えて
大らかで 真面目で 希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は 自分達日本人のことを
悪者だと思い込まされた 
学校でも ジャーナリズムも
そうだとしか教えなかったから 
真面目に 自分達の父祖や先輩は
悪いことばかりした 残酷無情な
ひどい人達だったと 思っているようだ

55 :無名草子さん:04/03/08 00:31
だから アジアの国に行ったら ひたすら ペコペコ謝って
私達はそんなことはしませんと 言えばよいと思っている

そのくせ 経済力がついてきて 技術が向上してくると
自分の国や 自分までが 偉いと思うようになってきて
うわべや 口先だけでは 済まなかった 悪かったと 言いながら
独りよがりの 自分本位の 偉そうな態度をする
そんな 今の日本人が 心配だ

本当に どうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を 知っている 私達には
今は いつも 歯がゆくて 悔しい思いがする

自分のことや 自分の会社の利益ばかりを考えて
こせこせと 身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人は これが本当の日本人なのだろうか

自分達だけでは 集まって
自分達だけの 楽しみや 贅沢に耽りながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを 蔑んだ眼でみたり バカにしたりする

こんな 人達と 本当に仲良くしてゆけるだろうか
どうして どうして日本人は こんなになってしまったんだ

           マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック

56 :無名草子さん:04/03/12 20:40
名誉と順応 サムライ精神の歴史社会学
http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/4016.html
「名君」の蹉跌 藩政改革の政治経済学
http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/4065.html


57 :無名草子さん:04/03/12 21:06
>>54-55
ちくしょう、アメ公め・・・

58 :無名草子さん:04/03/14 18:07
紳士道と武士道  コモンセンスの思想、サムライの伝統
トレヴァー・レゲット 著/ 大蔵雄之助 訳

英国人が見た日本の伝統、日本人の生き方の美しさ、深さ。
講道館柔道7段、将棋5段、仏典と書道を愛し、坐禅を組む
――日本人より日本を知る著者による「日英比較文化論」の古典。

[主要目次]
T 紳士道――ジェントルマンシップの系譜
U イギリス人のものの見かた――フェアプレーと美徳の伝統
V 日本人のものの見かた――私のニッポン文化論


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)