5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前ら、なんで小説家にならないの?

1 :無名草子さん:03/12/17 11:49
そんだけたくさん本を読んでると、小説家になりたくなるでしょ?

318 :無名草子さん:04/02/07 00:58
いいこといった。まさにそのとおりだと思う。

319 :無名草子さん:04/02/07 01:01
いいこといったってのはもちろん>>316に対してね。

女にモテたいんならスポーツ選手でも目指しとけ。
書く意味をどこかに求めるんじゃなくて、どこに表現すればいいんだって思いから書くんだよ。
順序が逆。ま、これはあくまで文学作品の場合ね。

320 :無名草子さん:04/02/07 01:02
>>317
面白いからいいんじゃない?

321 :無名草子さん:04/02/07 19:31
>>317
面白い名作は読みきれないくらいある」なんてのは敗者の意見。
そんな考え方をしているようでは、それを越える小説は書けない。
俺が書く意味を求めるとすれば、唯一無二の存在を生み出したいと思う追求心だ。

322 :無名草子さん:04/02/07 19:41
>>321
唯一無二の存在なら周りにいるだろ?

323 :無名草子さん:04/02/07 19:51
>>321
いや、実際腐るほどあるし、それは認めてもいいと思う。
それを超える作品を書こうと思えばいいだけの話しだろ。
世の中を知らずに唯一無二のものが書けるわけがないだろ?

324 :無名草子さん:04/02/07 19:52
>>322
大抵は、自分が作ったものじゃないだろう。

325 :無名草子さん:04/02/07 21:05
このスレは、
「小説家になる」ことと、
「小説を書く」ことが混同されている。
 
そして「小説家」という枠を先に決めて、
「なる」「ならない」を議論するのはまったくの無意味だ。

326 :駄文:04/02/07 21:25
あるところに、
国民全員が小説を書く「小説の国」があり、
人々は競って趣向を凝らした小説を書いていました。
その国でもっとも権威ある小説家、
70歳までに500万冊の小説を読み、
1000冊の小説を書いたとされる彼は、
ある日死に際に原稿用紙1枚程度の短い小説を書き残しました。
内容は、
「ある王国に立ち寄った勇者が、さらわれた姫を助けるために邪王を倒し、
救った姫と結婚して時期国王になる」
という単純なお話で、伏線もありませんでした。
この本は出版と同時に大絶賛されました。
人々は単純なお話に新鮮さを感じ、新たな境地を見出した気分になりました。
1000年に一度の大傑作とされ、国をあげてのお祭りになりました。
より多くの人々にこの感動を分け与えたくなった人々は、
大傑作を世界中に輸出しました。
 
その本が今あなたの手元にあります。

読みますか?捨てた方が良いと思いますよ。

327 :無名草子さん:04/02/07 21:28
>>326
もう少し肉つけてオチを少しつければショートショート1本になってると思う。
普通にありそうだ。

328 :無名草子さん:04/02/07 22:27
……。

>>278、かこいい!

329 :無名草子さん:04/02/07 22:52
>>325
じゃあどういう議論ならいいんだ?

330 :無名草子さん:04/02/07 23:43
>326
何で?

331 :無名草子さん:04/02/08 07:53
結局、ここで論じてる人たちは小説家にはなれないということですね。

332 :無名草子さん:04/02/08 18:08
当然のこと言わないでくださいよ

333 :無名草子さん:04/02/08 19:07
そんなことはない!と言いたいけど、そうかもと思う自分が悲しい…

334 :無名草子さん:04/02/08 19:42
プロの小説家になる、ならないは別としても、
時々無性に自分でもなにか物語を書きたくなることがある。
ひたすら他人が書いた物語を「消費している」だけじゃ、すごく
空しい気分になることってない?
そんな時、自分も何らかの創作活動をすると、なんとなくまた意欲がわいてくる。
どうせいつも納得のいく小説なんか書けやしないんだけどね。
「いつか人に読んでもらえるような作品を書けるようになれば」っていうのが、
ささやかな夢だったりするよ。

335 :無名草子さん:04/02/08 20:09
なったけど売れない。誰か買って

336 :無名草子さん:04/02/08 20:26
>>334
そんな小説に命かけてないしな。
つーか、そんなこと言ったら、サッカー選手にも野球選手にも格闘家にもならないといけないし。


337 :無名草子さん:04/02/08 21:27
そうそう何でも見るのは、出来るけどやるのには才能がいるから。
受け手であれこれ言う方が楽しいじゃん。

338 :無名草子さん:04/02/08 21:29
>>335
買うから題名と作者名よろちく。

339 :無名草子さん:04/02/08 21:34
>>334
夢を持つことはいいことだと思うし、おれも同じように思う。
いつかできると信じてがんばってよ。

340 :無名草子さん:04/02/08 23:03
>>337
作り手の楽しさってものは、なかなか他のものでは味わえないものだと思うけどね。

341 :無名草子さん:04/02/08 23:11
ますます死んでしまいたくなりそうだからさ。

342 :無名草子さん:04/02/09 00:57
335だ。名前は片山りさ。題名は、世界の中心で愛をさけぶやつらの背中を蹴りたい
だ。買え。

343 :無名草子さん:04/02/09 01:22
「世界の中心で、声に出して読みたいDeep Love」

344 :無名草子さん:04/02/09 02:11
13歳のあらすじで愛を叫ぶ準備はできていた。

345 :無名草子さん:04/02/09 14:55
ハブのピアスを取る人の背中を蹴りたい

346 :無名草子さん:04/02/09 15:13
心の岸辺四郎に咲いた赤いスイートピー

347 :無名草子さん:04/02/09 15:15
だんだん話がずれて来てるような…

348 :無名草子さん:04/02/09 15:17
あそこのリアル親指鬼ベイビーの席探しごっこ

349 :無名草子さん:04/02/09 15:51
>>346
(・∀・)ダウト!!

350 :無名草子さん:04/02/09 17:23
とりあえず、あたしは小説家目指してるけどな〜。

ところで、感動できる純愛小説なんか良いのない?



351 :無名草子さん:04/02/09 18:29
350さん
あなた、おいくつ?


352 :無名草子さん:04/02/09 18:56
>>351
まだ厨房でつ。14の中2。

353 :無名草子さん:04/02/09 19:02
352さん
三島由紀夫の金閣寺
なんかどうでしょう?
14歳の少年と少女の純愛小説ですよ


354 :無名草子さん:04/02/09 19:19
いくらなんでも純愛小説紹介してくれっていわれて
金閣寺はないだろう。もうちょっとまともなレスしてやれよ。

355 :無名草子さん:04/02/09 21:07
「世界の中心で、愛をさけぶ」「Deep Love」は純愛小説?

356 :無名草子さん:04/02/09 21:49
ああ、そういうの。そういうのを紹介してあげないとね。
まあ純愛って言っていいと思う。

357 :無名草子さん:04/02/09 22:25
○田○菊なんてどお?w

358 :無名草子さん:04/02/10 08:41
でも「Deep Love」は純愛以前に問題提起的な要素も強いよな

359 :無名草子さん:04/02/10 09:42
本気で薦めてるのか釣りなのかは知らんが、『Deep Love』は
『リアル鬼ごっこ』と並んで、過去十年で最低の小説だろ。

360 :無名草子さん:04/02/10 12:28
まあそうはいうけど、女子高生以下ぐらいの年齢の女の子なら
おもしろいと感じるんじゃないか。たぶん。

361 :無名草子さん:04/02/10 13:35
Why don't you guys go become a novelist?

362 :無名草子さん:04/02/10 13:45
今春卒業予定の高3女子ですがなにか?
「女子高生なら『Deep love』程度でも面白いと思うだろ」みたいですごく不愉快。
社会人だって、みんなに認められるような仕事をしているヒトもいれば、バイトに
毛が生えただけのヒトもいるわけでしょ。
同じ女子高生でも『Deep Love』を面白いと言っているヒトたちは、周りから
ちょっとアレに思われてる系統の子が多いですよ?
解りやすく言うと一昔前のヤマンバと同じ扱いで、ホントは少数派なんです。

363 :無名草子さん:04/02/10 14:04
>>362
煽りかもしれないが、お前はレアケース。
さらに言えば、『Deep Love』読んでる奴もレアケースなんだろうな。
本読んでる奴なんてそんないないし。

364 :無名草子さん:04/02/10 14:16
>>362
別にバカにしてるわけじゃない。
ただDeep loveの購買層はそういう年代の人が多いだろ。
出版社の売り方も若年層をターゲットにしてるのはたしかだし。
それに実際火付け役になったのは女子高生だしな。

365 :無名草子さん:04/02/10 15:19
でもDeep Loveってぶっちゃけおもしろくない?
3部作で終わりかとおもったら次はいきなり犬が主役になってるし(笑)
しかも名前がパオだよ
パオだよ パオ
なんだよパオって?
パオ パオ パオ
さあみんなで声にだして言ってごらん
    ぱお
 


366 :無名草子さん:04/02/10 15:34
>>364
「購買層はそういう年代の人が多い」からといって「そういう年代のヒトになら喜ばれる」こと
にはならないでしょう。
「『Deep Love』の支持層は主にどのような人々か」という質問があった場合、「若い女の子」
ではなく「小説と呼べるものをきちんと読んだことがないヒト」と答えたほうが、より正確で
あるように思います。
普通の本好き――好きな作家さんが何人かいて、評判のいい新刊があると気になるぐらい
の本好き――にとっては鑑賞に堪えない出来ですから。
(私が立ち読みした頁では少女が「シクシク」と泣いてました。カギ括弧付きの台詞で、シクシク)。

新宿コマ劇場の公演には多数のオバハンが詰め掛けますが、相手が中高年女性だという
だけでプレゼントに「瀬川瑛子・中条きよしスペシャルステージin新宿コマ」のチケットを選ぶ
のは、かなりの勇気が必要となるのではないでしょうか。
オバハンは(原則として)全員とも中高年の女性ですが、中高年女性の全てがオバハンな
わけではないからです。
少し言い方が悪いのですが、つまり私の不快感は、2ちゃん用語で言うところのドキュンなヒト
向けの本を、女子高生向けとして紹介されてしまったことからきているんです。

367 :無名草子さん:04/02/10 16:09
>「購買層はそういう年代の人が多い」からといって「そういう年代のヒトになら喜ばれる」こと
にはならないでしょう

これはすべてというわけじゃなくて、割合の問題。
購買層が若いひとに偏るということは若い人に気に入られやすいと受け取っても
決して間違いだとは思わない。だから女子高生向けに紹介されるのは仕方ないだろう。

小説と呼べるものをきちんと読んだことがない人という答えは正確だとは思わない。
文章の良し悪しではなく内容を考えると中高年の人に薦められるものではないと思う。

たとえば宗田理なんかは小説の入門にはいいと思うけど、
入門としてでも高校生以上には紹介しようとは思わない。
あれはあくまで中学生までの入門小説だ。

368 :無名草子さん:04/02/10 17:04
>>366
要するにアレだ。最後の一文は不要。
「女子高生の全てがDeepLoveを好きなわけではない」から、
「DeepLoveは女子高生向けではない」に論理が飛躍しちゃってる。

369 :無名草子さん:04/02/10 17:11
>>365
おっぱお

370 :無名草子さん:04/02/10 17:14
俺はブリーフが男性用下着であることは認める。
しかし、その事実でもって、
全ての男がブリーフ派であると言われたら不愉快になる。

371 :無名草子さん:04/02/10 17:26
>>366
文的にはお前もドキュンだな

372 :無名草子さん:04/02/10 17:27
1.「女子高生向け」
2.「ほっとけば一生に10冊以下しか読まないDQN向け」
3.「女子高生と聞いて援交・携帯・渋谷ぐらいしか連想できないオヤジ向け」

当てはまってると思う順に並べるならどうするよ。俺的には2>3>1だな。

373 :無名草子さん:04/02/10 17:32
>割合の問題
その「割合」というのが実は非常に低い、という話でしょ。
宣伝につられて買う人が多いけど、本気であれに感動するようなドキュンはぶっちゃけ、
20代男性の中で真性オタクが占めるぐらいの割合じゃないのかって話。
実際問題、あの作品に寄せられる評では、「なぜ売れるのか理解不能」というものが
よく目立つんだしさ。
オタクの多くは若い男性だけど、メンズファッション誌で深夜アニメのDVDボックスを
紹介するのは思いっきり場違いでしょ?
2ちゃんの全員が『うほっ! いい男たち』を愛読してるわけじゃないでしょ?
オタク向けの商品はオタク系の媒体に、ブリーフはブリーフ派に、『Deep Love』はドキュンに。
年齢じゃなくタイプで考えようや。

374 :無名草子さん:04/02/10 17:34
普通に1>2>3だろ。
一番読んでるのは、
・話題作なら一応は読んでみる奴
だけどな。

オヤジはあんなの読まないから。

375 :無名草子さん:04/02/10 17:40
>>373
そんな極論しか示せないようじゃ議論にもなりません。

376 :無名草子さん:04/02/10 17:49
買う奴は1>2>3の順に多く、面白がる奴は3>2>1の順に多い。
『プラトニック・セックス』もオヤジ層の受けがよかったしね。

377 :無名草子さん:04/02/10 17:56
>>376
そう?評判悪かったろ。
あれこそ、若者に受けた気がしたが。

378 :無名草子さん:04/02/10 18:08
まあ、作者本人が3だからなあ

379 :無名草子さん:04/02/10 18:15
なぜ「世界の中心で、〜」と「Deep Love」がよくないって前提で話が進んでるの?

380 :無名草子さん:04/02/10 18:26
「若きウェルテルの悩み」、中河与一「天の夕顔」、ラクロ「危険な関係」、「チャタレイ夫人」、
「老人ふうてん日記」など、純愛小説、いろいろあるじゃん。

381 :無名草子さん:04/02/10 19:04
ディープラブって、やっぱ恋人が死ぬ話?

382 :無名草子さん:04/02/10 19:06
ディープラブってわりと読みやすかった。ひさびさに本読んだ

383 :無名草子さん:04/02/10 19:08
まあ売れたもんがちよ。文学なんかもう古いよ。

384 :無名草子さん:04/02/10 19:10
女子高生向けブリーフ

385 :無名草子さん:04/02/10 19:18
まあ売れたもんがちではあるが、文学は残ってほしいな。
たしかに昔の作品のような硬質な文学作品って少なくなったなぁ。

386 :無名草子さん:04/02/10 19:24
「世界の中心で、愛をさけぶ」は、予想通り、恋人が死ぬ話だった。
「Deep Love」はどうなの、やっぱ恋人が死ぬの?

387 :無名草子さん:04/02/10 20:53
>>385
昔の小説が硬質だったわけじゃないけどね。

388 :無名草子さん:04/02/10 21:22
>>380
谷崎潤一郎「ふうてん老人日記」

389 :無名草子さん:04/02/10 22:24
谷崎の純愛ものとしては『春琴抄』のほうが好きなんだけど、
それはそれとして、純愛を極めると変態になるのかもしれない。

390 :無名草子さん:04/02/10 22:49
ヴェニスに死す・・・

391 :無名草子さん:04/02/10 22:55
>>387
硬質と感じるようになったってことか。
まあどっちでもいいが。

392 :無名草子さん:04/02/11 00:54
矢部美穂「蒼い告白」も純愛だったな。

393 :無名草子さん:04/02/11 15:11
まあ、確かにここは2ちゃんだよ。
だからって、〜ですがなにか? とか書いちゃったらアウトだな。

394 :無名草子さん:04/02/11 15:51
>>389
女のために自分の目まで潰しちゃうしね<春琴抄
タイトルそのまんまで『痴人の愛』もなかなか。

395 :無名草子さん:04/02/14 00:19
俺はならないんじゃなくて、なれないんだ。
なれるものならなりたいよ。

396 :無名草子さん:04/02/14 02:03
>>395
みんな似たようなもんだ。
ところで応募したことはあるのか?

397 :無名草子さん:04/02/15 20:19
逆に面白い話書けそうなのに、その話を書かずに、
墓場まで持っていってしまう人間だっているんだろうな。

単純に興味がない、ってのから始まって、時間がない、
文章にする力がない、もろもろの理由があって。

そういう意味では、この世に出ている小説の全てが、
小説を書きたいと思うような人間によってのみ書かれている、
ってことになるのかな。

ま、だからどうってことでもないんだが。



398 :無名草子さん:04/02/16 00:17
う〜ん……
「結局語られないままの大傑作」みたいなのってホントにあるのかな。
そんなものが有り得るんだろうか?

399 :無名草子さん:04/02/16 20:56
てゆーかーあたし小説かこーてかんじでー本屋一年ぶりにいったんだわさー
でー なによめばいいわけー?
おしえてちょーらい
あたしも芥川賞とっちゃうってかんじー
で?おすすめは?

400 :無名草子さん:04/02/16 21:05
国語の教科書(小学1ねん 上)

401 :無名草子さん:04/02/16 21:08
あーん、もったいないけどーおしえちゃうー。
「ドラエモンの秘密」っていうの。ドラちゃんがじゃんけん弱い理由がすんごーく乙女チックに分析されていてもうーかんげきーなのう。ぜえったい読んで。

402 :無名草子さん:04/02/16 23:11
てゆーかー
なんかあたしのことばかにしてない??
芥川賞とるにはどうすればいいわけ?
だって賞金あるんっしょ?
いくら?
金まぢほしー
で?おすすめは?


403 :無名草子さん:04/02/16 23:14
芥川の賞金って100万くらいでしょ?自分でなんぼでも稼げるって。
こんなふざけた日本語使う人が本書くなんて無理。
慣れないことはしない方がいいでちゅよ。

404 :無名草子さん:04/02/16 23:17
だからー
おすすめはあああああああ??

405 :無名草子さん:04/02/17 08:59
・でぃーぷらぶ
・ぷらとにっくせっくす
・せいびょうけんさやく
・へびにぴあす
このへんがおにあいでは?

ちなみに芥川賞や直木賞はすでに出版されているものが選ばれる賞なので
芥川賞を取るにはまずは本を書いて、出版しなければなりません。出版せずとも
どこかの雑誌には載らないといけません。あなたには無理でしょうが、
どこか別の賞に応募して下さい。万が一奇跡が起これば大賞を取って、
それが芥川賞につながるかもしれません。
この中で読めない漢字がありましたら懇切丁寧にお教え致しますので、ご一報下さい。

406 :無名草子さん:04/02/17 13:49
シュッパン と コンセツテイネイ? は振り仮名がひつようんだと思う。
そもそも、懇切丁寧?ってなんか日本語おかしくねぇか?
いや、おかしくないのかもしれないが実際に掲示板で使用するには不適切だと思うな。
優しく丁寧に、の方が良いと思われ。

407 :無名草子さん:04/02/17 17:10
てゆーかー
またあたしなんだけどぉー
しょーかいされたでーぷらぶって外国のしょーせつ??
だって作者の名前英語ぢゃん
横文字って苦手なんだよねー
てゆーかぶっちゃけ金がほしいわけさー
んで芥川賞とるには何よめばいいのさー??
おしえてちょーらい

408 :無名草子さん :04/02/17 17:20
誰か小説投稿できるサイト知らない?

409 :無名草子さん:04/02/17 18:44
>>408
ネット小説でぐぐれ。いちいち人に聞くより自分で探したほうが早いぞ。

>>407
お前もそんな暇なことやってないで、もっと有意義なことに時間を使え。
金が欲しいんなら、銀行にある。いってこい。

410 :無名草子さん:04/02/17 20:40
407さんはひとの作品を読んで勉強するより自分のやりたいように
やったほうがよさそう。なんか極めたらすごいとおもう。
受ける人には受けそうだ。

411 :無名草子さん:04/02/17 20:52
てゆーかー
またしつこくあたしなんだけどぉ
本心は楽して金ちょーらいってかんぢ
ヒッキーみたいな音楽の才能ないからぁ
だからとりあえず芥川賞みたいなぁ
しょーせつは馬鹿でもかけるよって彼氏がゆってたから
みんな本たくさんよんでるならおすっすめおしえてぇぇぇぇ

412 :無名草子さん:04/02/17 21:35
あーん、すごーく受けちゃったから教えちゃうー。
ぜえったい秘密なんだからー。あのね。小説のなる木ってあんのよぅ。
なんで知ってるかって、だってあたし金原さんのママの友達の知り合いの親戚のとなりなのぅ。
見つかることをいのってるぅー。ばいばい。


413 :無名草子さん:04/02/17 21:43
>408さん
『作家でごはん』がおすすめです。
けれど、酷評される場合があるので覚悟のほどを。
もし酷評されたいむきには『またり文庫』『アリの穴』
いずれにしても、つまらない文章には感想がつきませんけど。

414 :無名草子さん:04/02/18 07:51
ってゆーかぁ、もういいってかんじぃ。
はっきりいってぇ、あきちゃったぁ。

バカでも書ける小説は売れません。っていうか、バカに小説は書けませんw
さようなら

415 :無名草子さん:04/02/18 13:51
411と414は同一人物か?

416 :無名草子さん:04/02/18 15:56
勿論違います。ちょっと真似してみただけw


417 :無名草子さん:04/02/18 17:23
自分は、書くだけなら小学生の頃から書いてる。
その場しのぎのオナニー的な物ばかりだけど、子供の頃は読むことと共に書くことだけが快楽
だったから、ノートやパソコンには文章だけは山のようにある。
文間を埋めることも苦じゃないし。
でもプロになって食っていけるのかって言われたら…。
自分はライトノベルだって立派に作品だと思うし(いい物だってたくさんある)、
漫画的だったりするからってどうとも思わない。どちらかと言えば娯楽的な作品の方が
好きだからなんだけど。

今いくつかネタがあって作ろうとしてるけど、まとまるかな…。

135 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)