5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蹴りたい背中を真面目に語るスレ

1 :無名草子さん:04/02/23 18:49
真面目に語ってください

2 :1:04/02/23 18:50
自分は面白いと思いましたよ

3 :無名草子さん:04/02/23 18:52
>>1
俺も面白いと思ったよ。

というわけで糸冬 了

4 :1:04/02/23 18:54
>>3
なんだとこの野郎。

とりあえず誰か真面目に語ってください

5 :無名草子さん:04/02/23 18:58
>>4
それでは何がどう面白かったのか1の感想を詳細に書いてください。

6 :無名草子さん:04/02/23 19:19
そうだな。>>5の言うとおりだ。
まず>>1が詳細な感想を書け。話はそれからだ。

7 :1:04/02/23 19:33
わかりました。とりあえず自分が感想書こうと思います。ちょっと待って
ください

8 :無名草子さん:04/02/23 19:43
俺はあんまり面白くなかったと思う。
なんて言うか、武のオナニーシーンはやりすぎだと思った。

9 :無名草子さん:04/02/23 19:57
>>8
???
誤爆?

10 :1:04/02/23 20:04
>>8
たしかに武のオナニーシーンは長すぎましたね。オカズ無しで想像で
オナニーする姿は結構共感でしましたが。って武って誰ですか。

11 :1:04/02/23 20:07
この作品の欠点は、「ハツ」が部活の顧問である「先生」に対して感じる気持
ち悪さの理由がうまく描ききれていないことだ(「先生」の存在がこの小説を
なおさら『ライ麦畑』風にしているのだが)。ファザコン的な男へのまなざし
を禁圧したために「先生」への不自然なこわばりが「ハツ」に生じてしまって
いるが、彼女がオリチャンの幼児性に惹かれる心理と、「先生」に対して感じ
る嫌悪感は、本当は両立しないはずなのだ。もし「ハツ」が天真爛漫な幼児で
いたいなら、「先生」のこそ「背中を蹴れ」ばばいいのだし、「先生」の背中
など蹴りたくないなら、ただ無視すればいい。オリチャンの彼氏にコーンフレ
ークを「鳥の餌」のように与えられて表情がついこわばってしまった自分に対
する劣等感と、「先生」に対するこの悪意の中間にある未整理な部分が、「に
な川」によってちょうどうまい具合に埋められている、というのがこの小説の
構造なのだが、そこだけが図式的で不満を感じる。一種の成長小説だった『イ
ンストール』には、作品を成り立たせる要素として大人へのまなざしが不可欠
だった。でも『蹴りたい背中』はそうではない。堂々と青春小説で行けばよか
ったのだ。中途半端な「先生」への意識過剰さゆえに「ハツ」は「にな川」に
敵わない。だからなおさら「ハツ」は「にな川」の背中を「蹴りたく」なるの
だが、蹴られた「にな川」の側は、ある意味ですでにしっかりと「男」なので
ある。  つまり、『蹴りたい背中』は本来なら最後のシーンから始まるべきなのだ。

12 :1:04/02/23 20:08
その意味でこの小説は舞城王太郎の『阿修羅ガール』と似ている。女を主人公
にした小説が退屈なのは「ここから本当の話が始まる」というスタートライン
までがウダウダと心理過剰に語られるわりに、スタートラインから後はまった
く描かれないせいなのだが、スタートラインにさえ立とうとしない女が多いな
かで、とにもかくにも「始まろう」とした心意気は買える。だからなおさら、
この小説の最後のシーンを心理描写で終えて欲しくなかった。心理描写で終え
たということはまだ「それまで」が終っていないということだから、なんらか
の続きの話が必要になる。「にな川」もオリチャンもなかなか素敵なキャラク
ターなので、ぜひこの小説の続編を読みたい。


13 :無名草子さん:04/02/23 20:09
綿矢っての、作者 蹴りたい

14 :無名草子さん:04/02/23 20:11
改行がめちゃくちゃで読みづらい。
読んでないけど。

15 :無名草子さん:04/02/23 21:20

                     ハニャーン…
                 ∧ ∧ ハニャーン…
                 (*T0゚)
                    U'´⌒ヽ
                〜(,,_つ*つ ズキン… ズキン…
┌────────────────────────────
|ヤター、幼虫でてキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
└────y───────────────────────
                     ハニャーーン!!
                     :∧ ∧: ハニャーーーーン!!!
                     :(;>0<):
                 : U,´⌒ヽ: . .  ,、、
                  〜(_つ;'゙o) . :'((゙0)
                    "'゙;;::゙'';; ズルズル・・

16 :無名草子さん:04/02/23 22:10
漏れは面白くなかった。
以上。

17 :無名草子さん:04/02/23 22:14
>>14
んじゃ語るな

18 :無名草子さん:04/02/23 22:29
YAHOOでかたっとけやヴぉけ>>1

19 :無名草子さん:04/02/23 22:48
>>17
>>1の長ったらしい感想のことなんだけどな。

20 :無名草子さん:04/02/23 23:01
1は「女」と「女の主人公」をごっちゃにしてないか?

21 :1:04/02/23 23:54
まぁ簡単に言うと、面白いけど心に残る作品ではないですね。
金原ひとみの蛇にピアスのほうが個人的に好みです

22 :無名草子さん:04/02/24 09:37
>>21
「蛇(ry」なんて、つまんねーよ。

23 :無名草子さん:04/02/24 11:16
(文芸春秋で言うところの)19行目まで読んだ。
そこまでで一つの疑問が生まれた。
主人公の女の子?がプリントを縦に裂いて、そうめんのように机の上に山盛りにした・・という記述だ。
おそらくこれは教室で配られた資料であると思われるが、そんなに細長く千切る事など出来るものだろうか?
今回はこれについて検証してみた。
会社でコピー機のところに行き、実験用に古紙を探してみたのだが・・・ない!
やむなくまっさらの用紙で実験。
いくら再生紙とは言え、これには心を痛めた。

24 :無名草子さん:04/02/24 11:19
結論から言うと、手、だけでそうめんのように細く切る事は出来ない!
そうしようとすると途中で千切れてしまう。
下敷きでも使ったのだろうか?
だとすればその事も書き加えるべきではないだろうか?
よって正確にはそうめんではなく、「きしめん」と表現されるべきであろう・・と感じた。


25 :無名草子さん:04/02/24 11:22
加えて、生徒がそんなことをしていて、先生はなぜ注意しなかったのだろう?
という疑問を感じたとこも付け加えさせていただく。

「読めなかった単語」
          気怠く・・

26 :無名草子さん:04/02/24 11:47
>>25
そんな餌でクマー(AAry

27 :無名草子さん:04/02/24 12:28
>>11-12

ttp://www.shohyo.co.jp/punch/book/book35senaka.html

恥知らず>1

28 :無名草子さん:04/02/24 12:53
最悪だな>>1は。
いけしゃあしゃあと他人の文章をパクって、自分の感想と言い張るのか。

29 :無名草子さん:04/02/24 13:10
>>23の言うことは一理ある気がする。
比喩の表現が、場面を思い浮かばせるのに
役立ってなく、情景が伝わりにくくて読みにくい。
あと、主人公の感情の表現の仕方が、
作者の独りよがりっぽく感じて、これも伝わりにくい。
>>11-12のコピペも、深読みしすぎな気がする。

30 :無名草子さん:04/02/24 13:53
わりと笑えたので良し。

31 :無名草子さん:04/02/24 14:15
結局>>1は何だったの?

32 :無名草子さん:04/02/24 16:59
にな川

33 :無名草子さん:04/02/25 00:14

 蒸気機関デ ウゴク シィチャンロボ ダヨ!
               〔二〕     ハニャーン♪
     ∧ ∧       /| |ヽ     . ∧ ∧    ∧ ∧ マターリナ
    (*゚ー゚)      (*゚ロ゚)      (゚ワ゚*)   (^ー^*) ロボットダネ!
    ∪  つ      ∪  |      と と |    |  ∪
   〜(  |      〜(  |       |  )〜  |  )〜
     U^U        U^U      . U^U    U^U

             燃料ハ モチロン
          〜・  シィノウンチサン!
         〔二〕 ∫ ・〜       ワーイ        地球ニ ヤサシイ
         /| ,;∬  ∧∧   ∫  シィモ ダス!      マターリエンジンダネ!
       _,ノ(*゚[●;, (ワ゚*)      、、 ∧∧  ∬  、,, ∧ ∧
     〜( UノU<l==と/⌒〜  〜"''´ ゙(*゚ワ゚)   〜´ "(*゚ー゚)
       し´J ,.:,,  (ノ´ヽ) ,.●;し'"゙し-J  ,.●;,しーし-J

34 :1:04/02/25 02:40
そのとおり。僕がリアルにな川です。さーて来週はオリチャンの
コンサートだ。なんか緊張してきちゃったなぁ〜

35 ::04/02/25 02:43
爆笑問題太田光が早速ネタにしてたよ。
「私が小説を書くならタイトルは『蹴りたい田中』です」って。

36 :1:04/02/25 12:42
 

37 :無名草子さん:04/02/25 12:51
にな川とハツのセックス描写が
なかったのが残念
金原はちゃんと描いてた

38 :無名草子さん:04/02/25 13:02
(ミ(、ミミミミミミミミミミミミミミミミミミヾ、
             ̄>ミミミミ``          ヽ
             /ミミミミ              ヽ
             lミミミミミミ            __i_
             〉ミミミミミ   <;;;;===っ  彡=-、、      おやすみなさいっす!
            (;;--.ミミミ===---i'ニニ、)-i"-‐〈=.P
            i|i⌒>`ミ.    ̄|!    ノ~`!、  !ヲ
            (:!:!ヒ,〈      ヽ--,ィ'_, ,_)、ー'i
             !;!、__ノ       ,/ _,,_ij,,_ )  |
             `ーi         <ー';';';';';'>  !
              ハ !          `'''''''"  ノ-、__
            ノ  !|、       ヽ、   ,ノ イ `i  ̄`ー-、、_
        ,, -''/ |  ! `-、       `'''''"/ |  i        ̄`ヽ、
     ,,- ''"  /  l|  ヽ、_ `ー--=====ニニ/  〉  !       i  |.ヽ、
  ,,-‐'"     |  | !   ヽ`ー------‐''ヲ   /|  |        | |   \



39 :1:04/02/25 14:34
>>37
あの物語では背中を蹴ることが性交、いやそれ以上のコミュニケーション
なのです

40 :無名草子さん:04/02/25 14:38
よく見ると可愛くないよなあ。
ハアハアしてる香具師は逝ってよし

41 :無名草子さん:04/02/25 18:53

          オナラサンデ
       ∧∧  オソラヲトブヨ!
       (*゚ー゚)
 ∬   と  つ 
     〜(,,_つつ         ∧∧ ヤッパリ
 ( ⌒`::///::)          (^ー^*) シィハスゴイネ♪
(::⌒` ///::⌒::)          |  ∪
(::⌒///⌒`)  ∫        |  )〜
(⌒:::`从⌒:.)           U"U
ブオオオオォォッッ

シィノ ウンチサンヲドウゾ♪
   ∧∧ ノ⌒ヽ
  (*゚ー゚(  ;;*;; ) ∬
    "U し":`J ,,.●;.: ,.
         `;;,・:';,:'∵ ぶりぶり

42 :41歳会社員・独身:04/02/25 22:04
綿矢
 サークルはしていないです。
 授業は遅刻すもするし、まじめに出ているとは言いがたい。
 教育学部なのに教職課程もやめてしもた。
 アルバイトもしてへんので、家にずっといたり、外に遊びに行ったりして過ごしています。


勉強せいや!!!(藁

43 :無名草子さん:04/02/25 22:07

          ☆彡
          /
    ∧_∧  /
    (*゚ー゚)/)   エーイ!マソコ汚い!
    ⊂   ノ
    ノ0;;*;;つ

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

44 :1:04/02/26 02:44
貴様らもっと語れ。つーか荒らすなボケ

45 :無名草子さん:04/02/26 07:56
【修学旅行の】綿矢りさ、タオル1枚でみんなでピース!【写真を入手】
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news7/1076656479/l50

46 :無名草子さん:04/02/26 08:35
ようするににな川に対してペットみたいな感覚なんだろ?
ハツは優越感を持ってにな川に接してるし
で自分に対して無関心なのも腹が立つ
作者の性格の悪さを想像してしまった

47 :無名草子さん:04/02/26 08:47
綿矢、おまいはボブ・サップの背中を蹴る勇気はあるのか?

48 :無名草子さん:04/02/26 12:39
−−−最年少受賞者ということがさかんに言われますが、意識していますか?

綿矢
 語呂がいいですよね。
 「最年少芥川賞」
 三文字で言えてしまうから新聞や雑誌の見出しにするには最適ですよね。


そうなん?

49 :無名草子さん:04/02/26 13:29
\                           /ヘ\     /
\        、))  キモヲタ厨には      |へヽ  >     /
\      , --"- 、   これで十分!     ヽ  ソ     /
\      / 〃.,、  ヾ                ハヾ|      /
\      l ノ ノハヽ、 ヽ        /⌒⌒ヽノ   |      /
\      i | l'┃ ┃〈リ_   /⌒ノ(  ∧ソ   リ      /
\      从|l、 _ヘ /从 "'y'    ノヽノ 丶/( 丿       /
─   /"''`      / ̄ ̄   ノ ∧_∧  ゝ)       ─
─  ( ヽ  ヽ      (  ソつヾ(    )二/        ─
─   ( ( ヽ。_ ハ__。ハ /川  | i  つ← >> 1     ─
─   ハ リ  ヽミ×彡 ノゝ/      ( (  \          ─
─  /⊃/    |=□==|       し ヽ_ )         ─
─ ( 彡     /  《    |                     ─
─       / ヽ‖/  \     ヽヽ             \
/     / # / \ミ   ヽ  / \ ニ           \
/     (    /    ヾ    )      _/          \
/     |    |    /   /        ヽヽ/ //    \
/     ‖_ _|   (ヾ_/           / o o      \
/     ノ / ソ   ヽぅ ヽヽ                     \
/    // /    ヽ ミ二)                   \


50 :無名草子さん:04/02/26 15:31
2ちゃんでは真面目に語るなんて無理w

51 :無名草子さん:04/02/26 15:37

はばかでつ

52 :1:04/02/26 20:19
てゆーか正直に言いますが、アイドルヲタが二人の女の子とコンサート
行くなんてムカつきます。しかもまったく二人に興味はないといった感じ
じゃありませんか。しかもその後泊めてます。ふざけるな。羨ましくて
途中で読むのやめようかとも思いました。

53 :無名草子さん:04/02/26 21:32
>>1 >>52
そこまで細かいことはあえて感想を述べないにしても、
全体的に見て、女性の細かな観察力と語彙力(言語能力)の優秀さが分かってしまった訳だ。
もしこれが同じ年齢で男性だったら、ここまで深く情景描写や心理描写はできないだろう。
さらには特出した語彙能力で文学的仮想空間を作り上げられないだろう。

そもそも19で男性が文学を目指すかが問題だ。(ひょっとしたら男性の精神構造は単純かもしれない。)

俺は芥川賞授賞式の数日後の読売新聞「編集手帳」で「男性はまだか〜。頑張れ〜。」とかいっているようなコラムを見て
むっときた。そして、俺自身男であることを嘆いた。

 ああ、単純で純粋な代表である若い男性が新聞コラムで白眼視された。
 19なら俺だったら進路を迷っていた。目の前のテストしかやりくりできない。

 そんな俺や他の男性はただ迷い、女性を羨望のまなざしで見るより他ないのか。
 女性と男性という性別が違うだけで。

来年の芥川賞は「デブオタっぽい19の男」を推薦してみろ と思ってしまう。
イケメンじゃだめだぞ。おばさん連中のいい標的になるからな。ぜったい「おばさんが嫌うような19歳の男」だぞ。

そうすれば、芥川賞を再認識してやる。「文壇界の客寄せパンダ」として。(p

54 :無名草子さん:04/02/27 00:12
↑審査員は候補作を読むとき作者の年齢は見ないし気にしないと文学界で龍が言ってたよ

55 :無名草子さん:04/02/27 00:38
太宰がすきっての、しゃにかまえすぎじゃね?



56 :無名草子さん:04/02/27 01:58

             ∧ ∧ ハニャーン…
                  (*゚ー゚)
             /U ヽ
             〜(,, ,, ,,) ヨタヨタ・・
        (( (( ((  (ノ"U

            :∧ ∧: ハニャーーーン!! ハニャーーーーーン!!!!
            :(;>0<):
            :U ,´⌒ヽ: . ,,
           〜(_つ;'゙o) . :
               "'゙;;::゙'';; ズルズル・・

57 :1:04/02/27 03:34
さびしさは鳴る
良い言葉ですね

58 :無名草子さん:04/02/27 03:40
こすりたいちんこ

59 :1:04/02/27 03:42
>>58
そーいうくだらないレスはやめてください。もっと知的なことが言えない
のですか。だいたいこすりたいちんこってなんですか。好きな男の子のチ
ンコをすごくこすりたい女の子の物語ですか?馬鹿らしい

60 :無名草子さん:04/02/27 04:01
ショりさ最高。おはよう。

61 :無名草子さん:04/02/27 06:11
−−−・・「文学界にモー娘。誕生」みたいに言う向きもありますが。

綿矢
 ・・・違和感あると言えば違和感があります。
 腹が立つというほどではないんですけれど、でもそういう見出しを見て、何も思わへんことはない(笑)。

62 :藤本美貴(モーニング娘・乙女組):04/02/27 06:13
ん?
言いたい事あるんなら聞くけど?!

63 :AAA:04/02/27 06:56
私は彼女の文章表現が好きですね。言葉を弄りすぎて少し読み辛いところもありましたけど。
読後感は太宰治の人間失格と似てますね。あまり太宰は好きじゃないんですが、今風にアレンジしてる感じでなかなかいい作品ではないでしょうか。

64 :吾輩は名無しである:04/02/27 11:10
>>61
やや性格に難ありか。。


65 :無名草子さん:04/02/27 12:10
>>59
なんかわらった

66 :無名草子さん:04/02/27 12:27
寂しさは鳴るってなんなの?
意味わかんねーよ。
ああいう格好つけて意味不明な始まり方見てると吐き気がする。
よって一行しか読んでません。

67 :無名草子さん:04/02/27 12:38
花村マン月みたいに三島由紀夫を読んでなくても芥川賞獲れるんだから大学生のブリッコが芥川賞とれてもなんら不思議はない

68 :無名草子さん:04/02/27 12:49
綿矢の顔ってこっこに似てる

69 :sage:04/02/27 12:50
>>66
さびしさは鳴る
なんだか携帯電話みたいだよね(笑)。
読者をひきつけるためにけれんみのある表現を使ったのだろうけれど、革新的な良い表現なのだか
悪い表現なのだか(笑)。



70 :無名草子さん:04/02/27 13:15

            / ̄ ̄|  ̄ ̄ |
            |__l ̄| |セメント .|
        。・∧∧'l;!l'  | |____|  ∧_∧
        ゚(;TO゚)i';!. |      | (´∀` )
        〔二二二〕 | @   | (    )
        〔二二二〕 | _____._| │ │ │
        〔二二二〕 ||.     || (_(__)

    。 °゚ ・ 。  ∧_∧
   ・。∧∧ 。 °  (´∀` )
    (>O<*)・゚彡 (    )
   〔二二二〕彡 (⌒)  (
   〔二二二〕   . ̄`(_)
   〔二二二〕  . | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |
           |
〜〜〜〜〜〜〜ヘ|

71 :1:04/02/27 13:16
>>66 >>69
さびしさは鳴るの意味が理解できないのですか
まだまだですね

72 :無名草子さん:04/02/27 14:13
>>66 あんたにはどんな詩歌も全く理解できんだろうよ、たぶんw

73 :69:04/02/27 15:12
>>71
理解は出来るよ。
ただ表現的に違和感を感じているだけ。


74 :無名草子さん:04/02/27 17:49
今日は文芸春秋375ページを読んだ。
主人公の女の子?とにな川という男の子が、クラスの中でやや仲間はずれ気味である、という事がわかった。

うちの会社ではある作業を行う際、二人ずつのペアを組んで行う仕事がある。
くじ引きでペアを決めるのであるが、どうしても組みたくない相手が二人ほどいる。
もちろん他のみんなも抵抗ある。
そいつとペアになってしまった時は心の中で(チッ!今日はついてねえ是)とつぶやく。
大人の世界でもそういう事は変わらない。

75 :無名草子さん:04/02/27 18:15
処女じゃなかったら芥川賞もらえてないな

76 :無名草子さん:04/02/27 23:15
僕はオオカナダモがこの作品のキモだと思いますね。

77 :1:04/02/27 23:24
>>74
つまりこの作品は日々の中にあることを生々しく描きすぎてるんです。
だから人によってはそんなもの読みたくないという気持ちになったり
するんでしょう。だから好き嫌いわかれる作品なんでしょう

78 :無名草子さん:04/02/27 23:30
なんとか読んでみようとがんばったが、まったく受け付けない。ごみになった。

79 :無名草子さん:04/02/27 23:31
>>77
藻前誰なんだよw

80 :無名草子さん:04/02/27 23:37

 ホイヨ
    ∧∧ 。∧∧゚ マァ!
    (,,゚Д゚) (゚ヮ゚*) 。
    ( つ□ 6)  ヽ
    ( つと) (_(_っ
    ―――――ヘ――――――
     「ダッコ券」ニ 「コウビ券」!?
    ホントニモラッテイイノ?

81 :1:04/02/28 00:25
>>79
このスレの1。童貞さ

82 :無名草子さん:04/02/28 00:29
何歳?
マジで童貞なの?(プクス

83 :無名草子さん:04/02/28 01:31
文章おもしろいじゃん!!!綿谷りさ!!
作家として力があると思いマ〜ス!
一緒に賞取った女とは全然違うとおもいま〜す!!
かわいいしぃ〜。FFのヒロイン系。

84 :1:04/02/28 01:40
>>82
人に向かって(プクスとはなんですか。失礼ですね。親の顔が見てみたいです。
>>83
文章面白いですね。でも人を見た目で判断するのは良くないでしょう。
それにFFのヒロイン系の意味がわかりません。FFのヒロイン系
の定義はなんでしょうか?

85 :無名草子さん:04/02/28 02:04
なんかね〜題一章だけ読まされた読後感
可愛いから許すけどね。

86 :無名草子さん:04/02/28 02:15
特にこれといって大きな出来事があったわけでもなく、あまり面白みがなかったな。


87 :無名草子さん:04/02/28 02:33
ここのリアル中学生ではあるまいし、
綱淵謙錠(彼は過去の直木賞作家だが)を読み終わった今、

棉矢りさ、ふうん、別に真面目に語ることもないでしょ、という気分。

88 :無名草子さん:04/02/28 03:32
      ∧_∧
   ノ_ハハ(Д`; )
  / パД゚ノ   つ
  (っ  ≡つて ヽ ちーん!
  して_)_ノw (_)

89 :無名草子さん:04/02/28 04:05
ファッキンジャップくらいわかるよ馬鹿野郎(■Д■)

だめだよぉ・・こんな狭いところで刀振り回しちゃぁ(−∀ー)

女の書く本はつまんねえ


90 :無名草子さん:04/02/28 11:26
適当を漢字で書かず、「てきとう」とひらがなを使っているところが新感覚?
てきとーもあっただろうし、テキトーもありえたね。

にな川という文字には違和感を覚える。
蜷川、としなかったのはなぜか。

91 :無名草子さん:04/02/28 13:01
むしろ・・「うざったい」を文章に入れて芥川賞が取れるとはね・・はぁ(´Д`)

それなら・・・
「先生がテキトーに5人組をつくれとかわけわかんないんですけど〜
で、クラスに一人っきゃいない友人の絹代にドタキャンされて、つーかぶっちゃけ裏切られて〜
あまりもんになっちゃって、にな川なんてちょーキモイのと一緒グループになっちゃってチョベリバ」

直木賞受賞

92 :無名草子さん:04/02/28 17:02
慎太郎「ふむ、作者が京都で、蜷川を蹴る話か。気に入った」→受賞

93 :1:04/02/28 17:42
みんなちゃんとどの辺がまだまだなのかちゃんと指摘してくださいよ。
一行で感想書かれてもわかりません。

94 :無名草子さん:04/02/28 17:49
ブクオフに大量入荷された?

95 :無名草子さん:04/02/28 17:57
オマイラが芥川賞受賞作品を語っているのではなく
芥川賞を受賞した蹴りたい背中を
語っているということは明白だな(ワラ

96 :無名草子さん:04/02/28 18:39

      ||
      ||
      ||  シィィィィィィィ!!!
    ∧||∧     ダスゲデーー!!
 。・゚・(*>0<)・゚・。  タスケテーーーオナガイオナガイ !!
.   ∩~~∩         オ  ナ  ガ  イ !!
  〜ヽ *つ                                    ∧_∧
     U:                                     (# `Д´)
       : ジョロジョロ                               (     )
      .                                     人  Y
    ⊂∴⊃                                ((( し'(__)

97 :無名草子さん:04/02/28 19:45
>95
そーなんですよ・・
今回は一種の<フィーバー>なんです。
若い!ってのもありますが、りさちゃんかわいいからみんな買ったんです。
ブサイクだったらだーーれも文芸春秋、買わなかったと思います。

指摘って言われても・・>1さん。
読書感想文書いたのが25年も前、それ以来本なんて一冊も読んでないんですから!
どの辺がまだまだなのかなんて、私ごときが指摘出来るわけありませんよ!

98 :無名草子さん:04/02/28 20:11
今日は文芸春秋の376ページの上の段を読んだ。
余り者の二人が女子3人組にプラスされて5人の班を作った、という記述から、このクラス全員の人数が5で割り切れる数字である、という事が判明した。
それにしてもこの二人だけに木製の壊れかけのオンボロイスがあてがわれたのはなぜだろう?
いや、つまりクラスの人数分のイス(パイプイス)を、学校側が確保出来ていなかった、というこの事実。
私はそこに大変腹が立つ。
つまり、クラスの中に仲間はずれがおらず、みんな仲良しであったとしても、誰かがそのイスに座らねばならんのだぞ。
これは設備担当者の怠慢以外の何物でもない。


99 :無名草子さん:04/02/28 20:27
>>98
たしかに、最初のあたりの学校の場面の、いじめというほどではないが
微妙な仲間はずれのところを見ると、これは小説なんだ、と思いつつも
目の前で実際に見ているように腹が立つね。
わざとらしくいじめを描く重松清のクソ小説なんかより、蹴りたい背中
のあのあたりのシーンのほうがよっぽど心に迫るものがある。
綿矢なんかほめたって仕方ないのだが、良いものは良いと認めざるを
えない。

100 :無名草子さん:04/02/28 20:32

あーあ、よっぽど「いじめ」にトラウマ持ってんだなあんたは >>99

101 :無名草子さん:04/02/28 20:56
おもしろくなかったんです。にな川みたいな変態の話読んでも。

102 :無名草子さん:04/02/28 21:10
男はみんなにな川だ。

103 :無名草子さん:04/02/28 21:24
100の読解力は神レベルですね。

104 :無名草子さん:04/02/28 21:37
>ちょっと動いただけで、椅子の四本の脚はポテトチップスを噛み砕いている時の様な、パリパリした音を出してきしむ。

>・・彼の椅子はプリッツを砕いたような軽い音を出した。

りささん、あなた・・
お菓子ばっかり食べてますね?(^-^)

105 :無名草子さん:04/02/28 21:43
将来結構なデブになるに150へぇ

106 :無名草子さん:04/02/28 22:14

      目元なんかお儀父さん
      \ そっくりですね /
 ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      | |  //        | |  //        | /ありがとう
      | |      ∩ ∩ | |       ∧_ |   ひろし君
      | |     ( ´∀`)| |      (T∀T| \
      | |     (     )| |     と   . |
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   _
 γ'⌒ヽ,    γ'⌒ ヽ,    |   | ダッコシテミマス?
 lヽ  ,、、ヽ,   lヽ  ,、,、 ヽ,.  (   ,,)
   ヽ(o゙)) ヽ    ヽ('o`)っヽ ⊂  .)
     Y´⌒ヾ     Y´⌒ヾ  |  |
     ll ̄ ̄||     ll ̄ ̄||.  し"J

107 :1:04/02/29 03:22
これは、にな川に興味を持てるか持てないかで面白いか面白くないかが
決まってしまう感じですね。自分は凄くにな川ちんに興味が持てたので
とても面白く感じることができました。

108 :三戦板からの拾いもの1:04/02/29 11:57
華容道に雪は鳴る。誰か見分けがつかなくなるほど泥に汚れて、
武器も失ったから、せめて周りを元気付けるように、私は
周瑜孔明の無策を笑う。鞭をあげ、声をたてて。突然の鉄砲の音は、
そんな笑いも消してくれる。馬も少しびびったりするしね。
伏兵? 関羽? げえっ。っていうこのスタンス。
あなたたちは孔明の指示通りここで待ってたみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと見逃してください、だってもう南郡近いし。
ま、将軍と予の信義をここで終わらせることもないじゃん、
どうよ。っていうこのスタンス。


109 :無名草子さん:04/02/29 13:59
なんだ・・
千切っていたのは「不要な」プリントだったのか・・
んじゃあ、
OK!


110 :1:04/02/29 16:07
>>108
歴史に詳しくないから意味はよくわかりませんでしたがなんとなく爆笑しま
した。それのいろんなバージョン作るの面白そうですね。
>>109
必要なプリントを千切ったら下手すりゃ留年ですからね

111 :無名草子さん:04/02/29 16:27
女性ファッション誌か・・
そういやあうちの会社にも一人いるぞ!
oggeとかって雑誌を読んでいる奴。
もう40越えてる。
独身でどうやら女性経験も一回もないらしい・・
キモイといえばキモイ・・・ナ。

112 :無名草子さん:04/02/29 16:30
>>109
でも「千切って」山になんかしてたら、先生に注意されないか?
不要なプリントは普通、ぐしゃぐしゃ丸めて捨てるだろ。。。

113 :拾得物2:04/02/29 20:55
酒を飲んでは歌う。人生は朝露みたいにむなしいから、去った日々はとっても苦いから、
せめて周りも楽しめるように、わしはどうやって鬱を消せばいいかわからないから、
酒でごまかす。一杯、また一杯。酔っ払って麻痺した頭は、孤独を消してくれる。
楽しそうにに見せてくれたりもするしね。敗戦? 斬首? ハッ。っていうこの信賞必罰。
あなたたちは官渡で勝ってはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、わしはちょっと遠慮しておく、
だってもうすぐ丞相だし。ま、あなたたちを横目で見ながら詩でも書いていますよ、
気怠く。っていうこの態度。

賊は暴れる。耳が大きくなるほど高く澄んだ民の悲鳴が鳴り響いて、胸を締めつけるから、
せめて周りには聞こえないように、私は溜め息を高札の前でつく。ゆっくり、大きく。
耳をつく耳障りな声は、自分の血筋を思いださせてくれる。髭に会わせてくれたりもするしね。
筵織り?百姓仕事?ハッ。っていうこのスタンス。あなたたちは褒美をもらってはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう義勇軍だし。ま、あなたたちを横目で見ながら督郵でも殴ってますよ、
気怠く。っていうこのスタンス。


114 :1:04/02/29 23:29
>>113
もっとわかりやすいのにしてくだしさいよ。それじゃ難しくて
笑えませんよ。それとも自分が書きましょうか(苦笑)っていうスタンド

115 :無名草子さん:04/03/01 00:58
蹴りたい背中のガイドライン
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1074921044/

116 :1:04/03/01 02:09
自慰は鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音でクチャクチャ響いて、
胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、TVのボリュー
ムを上げる。細長く、細長く。デーブスペクターの耳障りな声は、恥じらい
の音を消してくれる。「あの格好、アメリカなら100%レイプされます」とか言ってるし。
二次元? 幼女? ハッ。っていうこのスタンス。
あなたたちはエロゲーを見てはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう高校生だし。
ま、あなたたちを横目で見ながらAVで抜いてますよ、
二次元卒業。っていうこのスタンス。







117 :無名草子さん:04/03/01 02:25
哲学、心理学、宗教学、社会学を究めた(修士)俺に言わせれば
彼女は間違い無く上記の学問を俺以上に習得している。
無教養のゴミはタイプするだけ糞だから放っとくが、分かる奴には分かる。一読しただけでね。
嫉妬狂いの勢いゴミはとりあえず導入書だけでも読んでから糞レスしてね。
どっちにしろ糞レスだけどさ

118 :無名草子さん:04/03/01 02:29
それはオマイサンが学問を習得してないからでねーの

119 :1:04/03/01 02:32
>>117
本当の読書好きのみなさんは「蹴りたい背中をほめたら話題になってる
本だけ読む一般人だと思われる」と思い、とにかく否定しかできない状態
が作りあがってしまってるんです。この掲示板全体で。

120 :無名草子さん:04/03/01 03:05
>>119
読んでもないけど、なんとなく気に食わないから叩いてるって奴も多いと思う

121 :1:04/03/01 03:20
>>120
本にさほど興味の無い人が読まないで叩くのはまぁ仕方ないのかも
しれませんが、一般書籍板で同じような人がいるなら幻滅です…

122 :無名草子さん:04/03/01 12:54
>>121
だったら文学板いったほうが良いよ。
一般書籍は冷やかしが多すぎる。
でも、ある意味で文学板も幻滅させられる。

123 :無名草子さん:04/03/01 18:43
>122
文学板ってのもあったのか・・と今ちょっとスレッド一覧をチラッと見てきただけだが。
確かに幻滅させられる・・(「うんこの臭そうな作家は?」・・だって!)
というかここは2チャンか。


124 :無名草子さん:04/03/01 18:47
>>117
彼女の作品のどのあたりにそれらの学問的影響が見られるのか
具体的に語らないと説得力がないと思います。

125 :無名草子さん:04/03/01 18:53
「それから、私、にな川のおうちに招待されました」

受けたのかよ!
あり得ね〜〜〜展開。


126 :無名草子さん:04/03/01 20:50

    ________    _________
   /|  ダッコデマターリ  |   /|  ダッコとコウビが . |
   |!|. ハニャニャニャン♪ |   |!| 地球温暖化を |
   |||   ∧∧     |   |!|  救う日 (゚ー゚*) . |
   |!|   (*゚ー゚)ダッコ♪|   |||          ,、  |
   |||   / つつ    |   |!| ∧∧/⌒`ノ(;::),) |
   ||| 〜/  ノ     |   |!|(*゚ワ゚(´ ノi)) (::; 'ノ |
   |!|  し'し'      . |   |!| U"Uι´`ヽ) |;;| |
   |!|   しぃ出版     |    |!|   ダッコ書店 ^^^ .|
   |/三三三三三三三/ .  |/三三三三三三三/


127 :1:04/03/01 21:04
別に物語を悪く言うのは仕方ないと思うんです。でもこの文章力は
凄いと思うんですよ。みんなそれを無視してストーリーばかりを
叩きすぎてると思います。

128 :無名草子さん:04/03/01 21:15
>>127
要するに表現力はあるけれど、作品としてはだめということでしょ。
さっきYahoo!ブックス 読者レビューの蹴りたい背中のレビューを読んだけれど、感想はおおむねそんな
感じだったよ。
心理描写で才能の片鱗は見せてくれたので、次回作に一応期待を繋げておく。
作家成長物語として綿矢をウオッチしていくのも面白いかも。
でも次回作はいつ出ることやら。

129 :1:04/03/01 23:05
>>128
そうですね。これからどうなるかが面白い作家だと思います。
だからこそ賞あげるの早すぎたんじゃないかと思います。
これがプレッシャーになって次回作に影響しなければいいの
ですが…

130 :無名草子さん:04/03/02 00:23
今日「蛇にピアス」と「蹴りたい背中」同時に購入して一気に読んだよ。
期待してない上に「蛇」の方から読んだんで気分最悪。まじ馬鹿じゃねこいつ。選考委員氏ねとか思った。
そんでそのままのテンションで「蹴りたい」に移ったら、ふつーに面白くてビクーリしたよ。

藻前らもこれ読む前はまず「蛇にピアス」を一気に読んどけ。そしたら芥川賞くらいあげたくなる。

131 :無名草子さん:04/03/02 00:56
なにやってんだかw

132 :無名草子さん:04/03/02 01:38
>>130
めざせ百万部!の工作員さんですか?

133 :無名草子さん:04/03/02 02:56
うんこの臭そうな作家は?ワラタ

134 :無名草子さん:04/03/02 07:50
情景描写が作品の大半を占めていたように思うのだが・・そう感じた人いない?

135 :1:04/03/02 08:27
>>134
それがウリの作家だから当然みんな感じたと思いますよ

136 :無名草子さん:04/03/02 08:49
それがウリなのか・・

137 :1:04/03/02 09:43
まぁそれしかウリが無いってのも寂しいですよね。この文章力に良いストー
リーが加われば誰も文句の言えない作品になると思います。とりあえずそれ
には青臭い物語から卒業…というかもっと一皮向けたような物語を書いて
ほしいです。

138 :無名草子さん:04/03/02 09:46
綿矢はストーリーテラーになる素質はなさそうだ。

139 :吾輩は名無しである:04/03/02 11:22
ひたすら細部の描写にだけ拘ってるんだよ。
ストーリーなんてなくてもいいと思ってる。
むしろないほうがいい。

とはいえ肝心の心理描写はたいしたことない。


140 :無名草子さん:04/03/02 12:14
心理描写の部分教えてちょ??

141 :無名草子さん :04/03/02 12:23
>139
だらだらしたディティールの描写って、ハマル香具師には
わけわからん。綿矢は読者を選ぶタイプだな。
大量の読者を獲得するタイプじゃない。

142 :無名草子さん:04/03/02 12:24
141です。
ハマル香具師にしかわけわからん。です。

143 :無名草子さん:04/03/02 12:28
>>141
同意。
ディテールの描写は捉えようによってはくどいし、綿矢の感性にあわなければ首をかしげるような
ものもある。
綿矢にこれからついていくコアな読者は、感性も含めて作者と共感できる人だけになると思う。
まああと2、3作は注目されると思うけれどね。

144 :無名草子さん:04/03/02 12:49
「と、彼はすばやく私の背後にまわり、来た、ブラジャーを外されるかも」

ありえねーーーー....(-0-)/

145 :1:04/03/02 18:06
いや、わかんないですよ。いきなりまったく違ったタイプ書き方を
する日がくるかもしれませんよ。まだ若いですからね

146 :無名草子さん:04/03/02 19:42

     ΛΛ       ∧_∧____コンニチワ
Σ ヽ( =゚ω゚)ノ  /(゚ー゚*) ./\
    ( η )〜/| ̄∪∪ ̄|\/
    UωU    |____|/
                   ΛΛ ΛΛ     レイープは最高だょぅ
          ____   (=三(=`ω´)
        /      /\ \ /U U ズブッ
..      /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/ 〜(∩■ ⊃
        |____|/    ヽ、⌒ ヽ⊃))
                   (( ∪(*д。)  /ァァァァ--
                      ∨ ∨  \ ィ....ィ....                    

147 :無名草子さん:04/03/02 21:10
だいぶ先まで読んだ。
何なんだ?@@
蹴飛ばしたり、写真盗んだり・・・
「半開きの口からツュンと熱い唾が溢れて・・・」

ハツはドSか?


148 :無名草子さん:04/03/02 21:56
ていうか、あれだな。
リサタソはかなりの2ちゃんねらーだな。
数多くのキモヲタを観察したことが、にな川を産んだとみた。

149 :無名草子さん:04/03/02 22:16
オマエミタイナノヲナー(^0^)/>148

150 :1:04/03/02 22:38
>>147
そうです。ドSなんです。にな川はドMです。
つまりどうしようもないダメ男を好きになる
女の話なんです。

151 :無名草子さん:04/03/02 22:39
難しすぎて理解できませんですタ。(俺。高1

152 :1:04/03/02 22:43
>>151
難しく考える必要はありません。ただヲタクに恋した女の子の話って
なだけです。むしろこれから面白くなるところで終わってしまってるから
残念です。

153 :無名草子さん:04/03/02 22:45
こんなんに1年かけんなよな。っていう漏れのスタンス。

154 :無名草子さん:04/03/02 22:46
>>151

なるほど。けど、描写っていうんですかねえ、なんか表現が難しいような、、

155 :無名草子さん:04/03/02 22:49
「おもしろいの? こんなスレ立てて。」
 >>1タソが顔を上げ、その顔に私は(  ̄ー ̄)ニヤリとした。


156 :1:04/03/02 22:54
>>154
まぁそれは「自分もそんな感じがしたことがある」とマッチしないと意味が
理解できなかったりするので自分が理解できてないなどと思わなくても大丈夫
ですよ。まぁ作者は日々でこんなこと感じてるんだなくらいに思っておけば

157 :1:04/03/02 22:56
>>155
もしPC見てて、いきなり女の子にそんなこと言われたら抱かれちゃいますね。

158 :無名草子さん:04/03/02 23:04
ここまで冷めた、半イジメられっ子に共感。
自分にもこのくらいの気概があったらなぁ。
救いのメロディーは、絹代だな。いい奴だ。

159 :無名草子さん:04/03/02 23:58
       
しぃちゃんはウンコしない 尻の穴はいらない
   ∧_∧
  ( ・∀・)  (,, すぽ
  (    つ━* "つ∧λ
  | |  |  (/ヽ、(*゚д゚)⊃
  (__)_)    ∪
   ∧_∧ ズルズルズルズル
  ( ・∀・)        (,,
  (    つ━∞∞∞∞/⌒ヽ∧λ シィィィ!
  | |  |  ∴     (/ヽ、(*゚д゚)⊃
  (__)_)          ∪
            ∧_,,  シィィィィ
            (#T-゚)
           /;; ;;⊃
  ズルズル   /;; ;;/
   ∞∞∞∞(/8J ヒョコヒョコ

160 :無名草子さん:04/03/03 03:38
実際青臭い奴が書いた小説なんだから内容も青臭くて当然。
文才の無い青二才が小説書いても焚書にしかならない。
ここに両者のポテンシャルを加えれば結果は必然

161 :無名草子さん:04/03/03 04:05
というか、あれだけ短い時間&少ない出来事で、蹴りたいという複雑な感情が芽生えるほどに心が変わるものかね?
と思った。
もう少し起承転結の「承」の部分を長くしても良かったと思うが。

162 :1:04/03/03 07:05
>>160
それは…この作品が焚書という意味ですか?
>>161
蹴りたいって感情が複雑とは思えないのですが。蹴りたいと
そのときパッっと思ったんでしょう。

163 :無名草子さん:04/03/03 08:21
>>161
同意。
ハツがにな川の家に行く前に何か一つエピソードを挟んで、ハツがにな川に対して興味を抱いていく
心情の変化を描けば良かったのではないかと思う。
ハツの蹴りたいという感情は軽い愛憎に近いもので、ハツがにな川に対してそれなりの親近感を抱かな
ければ生まれてこないものだと思う。


164 :1:04/03/03 08:59
>>163
親近感や興味は最初の授業ですでに芽生えたってことでしょう

165 :163:04/03/03 09:29
>>164
教室のエピソードだけではにな川の家についていくほどまでの興味と親近感は持てないと思う。


166 :1:04/03/03 10:37
>>165
たしかに、ちょっとポンポン仲良くなりすぎ感はありましたね。
あと一回くらい、なにかエピソードあったほうが…って結局
>>163さんの意見が正しいですね。今考えると、あまりにも短す
ぎますね。もうちょっと長くしてもよかったのに

167 :無名草子さん:04/03/03 10:41
「舐めたい背中」だったら倍は売れていた。

168 :1:04/03/03 11:04
>>167
剃りたいチン毛
入れたいバナナ
惨めなチンコ
哀れな亀頭

169 :無名草子さん:04/03/03 11:38
>1
君は今日は休みかね?!

170 :!!:04/03/03 11:42
「うそ、やった。さわりたいなめたい、」
ひとりでに身体が動き、半開きの彼の唇のかさついている所を、てろっと舐めた。

チューしちゃったよ!!

171 :吾輩は名無しである:04/03/03 12:15
焚書の意味間違ってないか?


172 :無名草子さん:04/03/03 12:47
       チィ
          /ヽ,,,,,/ヽ
            '     ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           i , o  o i   | マターリしましょ♪ |
          つ"| ー .ノつフ \  ______/
         /  ゝ-‐─''´'ヽ   )ノ
         /         ヾ.
         ;i'   ○    ○ i!
         i! *'""' iー /ヽ,,,,,/ヽ
        ゙:,     ヽ_,i'     ヽ
          ヾ、,    i!  o  o i アニャ〜
          /   _,,. -''つ,.ー .ノ 
          /  "~     ⌒) と⌒ 、
         (_     __,,..ノ´ (__ ,ノ
                 し""`J     

173 :無名草子さん:04/03/03 19:38
蛇と蹴りたい読んだが、正直蹴りたいの方がツマラン。
蛇の方が面白いと思ったし、次回作も読みたい。
蹴りたいは、自分の中では、もういらない。
表現が正直気持ち悪い。「このスタンス」
「ツュン」生理的に受付けない。

174 :無名草子さん:04/03/03 19:42
ツュンってなに???擬態語??? どんなシーンでのセリフ????俺はタイトルとか表紙がいやで
よんどらんけぇ。

175 :無名草子さん:04/03/03 20:06
>113
古い話でごめん。
三国志?

176 :1:04/03/03 20:24
>>169
自分は今高3なので自宅学習期間なんですって言っても三日後に卒業です。
>>173
自分も蛇にピアスの方がスラスラ読めて読みやすかったです。話も面白か
ったです。ですが綿矢りさのほうが成長性Aだと感じました。あと金原ひと
みは人間的に好きになれません

177 :無名草子さん:04/03/03 22:01

       クンクン
    ∧∧
    (,,  )""ヽ∧∧ ドウ? ギコクン 
    /  つ  ;゚ー゚*)
  〜(__/"U ヽ)ヽ)
                〜:"⌒""ヽ∧_∧  ギコサンガソコマデイウナラ… キャッ
           ∧∧  ( (i) )  (;゚ー゚*)  
           (*´Д`) U"U ヽ)ヽ)
           /  |  ハァハァ(;´Д`)、いい匂いだ。つっこみてえよゴルア
         〜(__)   

178 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:18
そりゃすらすら読めるだろ。
語彙も貧困だし難しい内容もないし
会話ばっかりだし。


179 :1:04/03/03 23:49
>>178
まぁでも良い部分はあると思いますよ。文句たれながら見ると悪い部分しか
見えなくなりますよ

180 :無名草子さん:04/03/03 23:59
俺も高校生だが果てしなくつまらなかったぞ、、、新品で買って損したわ、明日売ってくる。
サッカー前半見れなかったし

181 :無名草子さん:04/03/04 00:09
ショりさ最高。

182 :無名草子さん:04/03/04 00:12
>「うそ、やった。さわりたいなめたい、」
>ひとりでに身体が動き、半開きの彼の唇のかさついている所を、てろっと舐めた。

なんだか作為的なものを感じてしまった。

183 :無名草子さん:04/03/04 00:22
そのあたりに非常にぎこちなさを感じるのは確かだな。
特に、にな川の反応とか。

184 :追撃メルマガ ◆6AkAkDHteU :04/03/04 00:55
日垣スレに来たついでに見たが、青少年諸君、新人賞というのは年寄りの
小説を読み飽きたすれっからしが”いい”と思うものに与えられるのだよ。
若い君たちが受賞作を見て”いい”と思わないのが普通だ。”いい”と本心で
思ったらそいつはただの馬鹿。調子を合わせるために本当は”いい”と思わな
いけど口先だけ”いい”と言っていると本当の自分をなくすからやめた方が良いぞ。
じゃな、あっ、こんなメルマガ出してるから見てくれ。
マスコミにない情報満載 「田中県政追撃コラム」http://members.goo.ne.jp/home/tuigeki

185 :1:04/03/04 01:53
>>180
普通買わないでしょ。図書館で無料で借りれるのに。
>>183
ぎぃぃいぃいいいい

186 :無名草子さん:04/03/04 02:50
面白かったよ。
マニアックな人間を観察したいって欲望がすごく理解できる。
人と付き合いが下手くそなとこも。

>>180
文芸春秋買えばいいのに。

187 :無名草子さん:04/03/04 11:13
活字離れが定着して久しい・・と、
こういう時になるとよく言われるわけだが。
ではいったい、いつだったら活字離れではない状態、であったのか。
過去のどの時点で、多くの日本人が本をたくさん読むような読書家だったのか。
私は問いたい。


188 :無名草子さん:04/03/04 11:19
インストール読んで印象に残ったとこ

「クリトリス」
濡れた

ここだけ
ちなみに上戸彩の感想は
「私のために書いてくれた小説だと思いました」
痛いよ***


189 :無名草子さん:04/03/04 13:22
まぁ結論から言えば、世の中顔が良ければどーとでもなるんだな
もうミリオンいったんだっけ?このまま他の小説も売れるようになり始めたら、
実力はともかく、綿谷は神に認定。

190 :無名草子さん:04/03/04 13:23
表現の仕方は上手いと思いましたが、内容てきにはつまらないかも。
ただの変態の物語りでしょ??って感想でした。

191 :無名草子さん:04/03/04 13:31
物語ではないね。
つか、物語性を求める人には受けないと思う。


192 :無名草子さん:04/03/04 13:31
蹴りたい背中携帯でも配信されているので
読んだ人は200万人超えてると思われる

193 :無名草子さん:04/03/04 13:37
>>1
むしろ人間的に好きになれないのは綿やの方。
すげー腹黒さが見える。
蛇と蹴る完成度的に言ったら蹴るだけど
引き込まれる感じとこれからの事を
言ったら断然蛇。ただ、蛇の女と金原が
微妙に被る所がちょっと、きついな。



194 :吾輩は名無しである:04/03/04 14:12
物語性を求める人にも
思想哲学性を求める人にも
テーマ性を求める人にも
内容を求める人にも
受けないと思う。

195 :無名草子さん:04/03/04 16:42
作者がこれほどクローズアップされてしまうとさ、僕みたいなトーシローは本を読みながらも常にりさちゃんのルックスが頭から離れず、ついつい登場人物の中にりさちゃん本人を捜そうとしてしまうんだ。
だからなんて言うかな・・・
無意識にハツにりさちゃんをかぶせようとしてしまうんだ。
本人はインタビューでは、むしろ自分の性格は「にな川」だって言ってたので、そこんとこは僕の大きな勘違いなんだけど。

196 :無名草子さん:04/03/04 18:06
鳥インフルエンザ
鳥インストール

197 :無名草子さん:04/03/04 18:43
ハツと今の自分との、クラスでの位置がほとんど同じで共感できました。

198 :無名草子さん:04/03/04 18:51
つーか、「蹴り背」にしろ「蛇ピ」にしろ文芸春秋愛読者のオっさんが読む作品では
ない。
これだけは確か。

199 :無名草子さん:04/03/04 18:54
>>195
大月某が「芥川賞もついに日本レコード大賞の域に追い付いたな!」とか
皮肉ってたよ。
「まあ、審査員が村上龍だからな。」ってのに激ワラタ。

200 :無名草子さん:04/03/04 20:26
正直俺も芥川賞狙ってみようかな。

201 :無名草子さん:04/03/04 20:27

                    ∧ ∧
           _        (*゚ー゚、,、 アニャーン…
    /| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \ ハ 。 .U (-゚,,)
     ̄|____|_| ̄(___)[]〜O-c(._,,)~ )) ))

                 ……
                     ∧ ∧
           _        (*゚ー゚) チュッチュッ
    /| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \ ハ 。  U ( ,,)  チュッチュッ…
     ̄|____|_| ̄(___)[] 〜0c(._,,)~

         シィ オッパイ デナイヨ
                     ∧ ∧
           _        (,*゚ー) チュッチュッ
    /| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \ ハ 。  U ( ,,)  チュッチュッ…
     ̄|____|_| ̄(___)[] 〜0c(._,,)~

202 :吾輩は名無しである :04/03/04 21:27
>>198
そうだな。100万部突破といっても
普段から読んでる65万人にとっては
なんだこりゃ?ってな感じだろうな。

203 :1:04/03/04 21:38
>>193
綿矢さんは腹黒さなんてありません。純粋な可愛い女の子です。
ってのは冗談で心のなかですごいおぞましいこと考えていそう
ですね。でも嫌いではありません。金原ひとみは嫌いです。

204 :無名草子さん:04/03/04 23:18
綿矢って何気にナルシストっぽい感じがする。
そういうところが、同世代の女子に受け入れられ無さそう。

205 :無名草子さん:04/03/05 04:42
この作品、原稿用紙にすると何枚ぐらい?100枚ちょい?

206 :無名草子さん:04/03/05 12:12
>200
それは俺も考えていた。
アイデアだけはごまんとある。
だがどういう作品が芥川賞として選考対象になるのか・・・
SFとかでもいいのかな?

207 :1:04/03/05 14:21
>>206
ちょっと小説を舐め過ぎです。小説は物語よりむしろ文章の
書き方が重要なものですから。

208 :無名草子さん:04/03/05 17:21

         ∧∧
        (*゚ヮ゚)  ハイハイハイハイハイ!!
      ,、、(つつ   ,、、
 -=≡`((゙-)  > >≡ `((゙-)

           ∧∧
           (*゚ヮ゚)   コノスレ…
        ,、、 ⊂U⊃ ,、、
       `((゙-)  ∧  (-゙))'
           WW
            ∧∧
          ⊂(*゚ヮ゚)つ  サイコー!!
       ,、、    U_   ,、、
      `((゙0)  /  W  (0゙))'
           W    

209 :あいうえお:04/03/06 00:39
 「蹴りたい背中」ひさびさに面白いと思う本を読めて
心が満たされてますよ。
 ただ最後が心理描写で終わってるので中途半端な感じはあったけど・・・
あとはハツがにな川の唇を舐めたシーンなのですがいくらなんでも
2人の反応が薄すぎな気が・・・
 しかしこの2点を除くと個人的にはとっても良かったですよ♪
とくにハツのクラスでの位置が僕の高校時代と重なる部分が多く
共感できましたね。

210 :無名草子さん:04/03/06 01:16
共感できる文章なら誰にでも書ける様な気がする。
共感できなくても納得できる文章が面白いんだと思う。

211 :無名草子さん:04/03/06 07:28
>1=207
>ちょっと小説を舐め過ぎです

それは俺が芥川賞の選考に漏れてから言ってもらおうかのう?

>小説は物語よりむしろ文章の書き方が重要なものですから

なんてわかりきったことではなく・・

>だがどういう作品が芥川賞として選考対象になるのか・・・

について舐めてかかってはいないあなたのご意見をば伺いたいわけなのであるが。
それについてご存知であれば。

詳しく話を、聞こうじゃないか(^-^)


について教えて貰いたいんだけれども?




212 :1:04/03/06 07:36
>>211
とりあえずここにあなたの短編小説でも書いてみてください。
自分に馬鹿にされるのが悔しいのなら見返すくらいのもの書いて
ください。

213 :無名草子さん:04/03/06 07:48
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ・ 速読
 ・ 論理的思考
 ・ 潜在能力開発(右脳開発)
 ・ 記憶力・脳
 ・ 文章力
 ・ コミュニケーション力
 ・ 東大受験
 ・ 司法試験

皆さん勉強がんばっていますか?
勉強がどうしても進まない・・・
やる気がしない・・・
問題が解けない・・・
勉強法がさっぱりわからない・・・
そんな人は必見!
勉強ができないのは、頭が悪いんじゃない!
勉強方法や、時間の使い方、さらには脳の使い方が悪いんです。
そんな能力開発に超役立つ本を集めて見ました。
限界を感じてるあなた!
もう一度人生やり直すチャンスです!
試験に受かって、思い通りの人生を歩みましょう!!

http://www3.to/nouryoku

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

214 :無名草子さん:04/03/06 07:50
取っちゃったよ・・っていうスタンス?

215 :無名草子さん:04/03/06 18:45
>>211
芥川賞候補にもなっとらんくせによく言うわww

216 :無名草子さん:04/03/06 20:54
りさは男を知らないな。
にな川みたいな男がコラージュ写真を作るぐらいしかしていないわけない。
たとえば、オリチャンの家を突き止め、彼女の家から出るゴミを収集したりするだろう。
ちなみに映画化するなら
ハツ→宮崎あおい オリチャン→小雪 絹代→蒼井優で夜露死苦。

217 :無名草子さん:04/03/06 20:54
こんな小説をいくつになるまで書いてる気だろう。芥川賞とかで無理やり話題にならなければ絶対買ってまで読まないよ。

218 :無名草子さん:04/03/06 21:05
>>207
で、ちなみにSFでもいいの?

219 :1:04/03/06 21:13
>>218
SFでもいいの?と聞いてる時点であなた自身がSFを下に見てるという
ことです。面白ければどんなジャンルでも関係ないと思います。

220 :1:04/03/06 21:19
>>216
オリチャンの家の前に「今日だよね」って書いてある紙と生理用品置く
くらいのことしそうですよね。ってニナ川は純粋な子だからそんなこと
しないでしょう。

221 :216:04/03/06 21:30
>>220
ニナ川は純粋な子

りさは男を知らないっていうのはそういうところ。
りさは男を美化している。
それとニナ川が何故オリチャンに執着するようになったかが説明されていないところも納得できない。

222 :無名草子さん:04/03/06 21:32
>>221
同意。

223 :吾輩は名無しである:04/03/06 21:39
男を美化してるのは確かだな。
インストールの小学生も。
しかしチャット相手の男はキモイ奴らとして描かれていたな。
自分が好きな男だけをとことん美化するタイプか。

でもオタがアイドルに執着することに理由なんてあるの?
自分の好きなタイプだったら執着するんじゃないの?

224 :無名草子さん:04/03/06 21:46
結局この作品は何が言いたかったの?
もしかしてこの作品も、痛めつけたいような気持ちだとか、愛憎とか、
結局は月並みなところに着地してんの?

225 :無名草子さん:04/03/06 21:48
ハツの容姿にもよるな。

226 :無名草子さん:04/03/06 21:48
あのな…
そんなことしらねぇよ

227 :216:04/03/06 21:50
まだまだ?なところがあるんだが
1 絹代がにな川の部屋に泊まるところ
2 にな川がライブ終了後、オリチャンに近づいていって警備員
  に阻止されて初めてオリチャンとの間に越えられない壁があ
  ることを自覚したところ

228 :無名草子さん:04/03/06 21:50
ヲタに池面はいない。
とするとヲタについてっちゃうハツは・・

229 :無名草子さん:04/03/06 21:53
ハツの絹代に対する気持ちがいまいち分からん。


230 :216:04/03/06 22:01
結論として綿矢りさは歌手でいうと小柳ゆきとかMisiaみたいなもの。
歌(=文章)が上手いだけ。
それだけに頼って「これだけは私の魂の叫び」だというものがない。
つんくが良く言う「ロック」な部分を持ち合わせていない。

231 :無名草子さん:04/03/06 22:02
>つんくが良く言う「ロック」な部分を持ち合わせていない。

男“上沼恵美子”に言われたくはネエな。w

232 :無名草子さん:04/03/06 22:05
>>230
彼女は、あまり世間に媚を売るタイプじゃないってことでは?

233 :無名草子さん:04/03/06 22:16
ハツって傲慢w
何か自分だけが孤独、て言ってるみたいでさ。
クラスのあんたらとは違うのよ、みたいな。
誰しも持ってる部分だと思うのにさ。

234 :無名草子さん:04/03/06 22:21
それはわざとしているのでは。

絹代のキャラ謎過ぎ。

235 :1:04/03/06 23:24
すべてフィーリングですよ。難しく考えてちゃ楽しめませんよ
うははははは

236 :無名草子さん:04/03/06 23:43
>>1←こいつ殺していいですか?

237 :1:04/03/07 00:05
>>236
やめてください。本が読めなくなります

238 :無名草子さん:04/03/07 00:13
ショりさ最高。

239 :無名草子さん:04/03/07 00:15
蹴りたいおなか、だったら買ってもよかった

240 :無名草子さん:04/03/07 01:19

     \\ モララーワッシィ  モララーワッシィ モララーワッシィ .//
 +  +\\     モララーワッシィ  モララーワッシィ     // +
                                               +
   +     ∧∧    (( (ヽ∧∧    (( ∩∧∧ /) ))   ∧∧「「/`,、 ))
      (( (ヽ゚ワ゚*)っ ))   ゙l i*゚ー゚)     ヽ(゚ー゚*)/    (*゚ワ゚)/)-ー"     +
       ヽ ,へ ノ     ヽ (( と)      ヽ  ノ   (( ⊂  ノ
   ((( 〜(__人)    . ((( (^) ノ        ) と_)〜     `y )つ ))
        c_ノ         (ノ         ヽ)  )))     ヽ)   )))

241 :無名草子さん:04/03/07 01:19
もっとオタクっぽいコかと思ってた。もう絶対読まないこと決定。




242 :1:04/03/07 07:44
>>241
もっと部屋にイカ臭いティッシュが散らばってたほうがリアルでしたね

243 :無名草子さん:04/03/07 13:28
ついに最後まで読んだ。
つかみの言葉「寂しさは鳴る」は受けが良くなかったが、締めの言葉「はく息が震えた」は良かったねぇ〜〜
要するにテーマは、孤独に身を置く振りをしていても、決してそれが居心地のいいものではなく、必死に何かを求めてもがいている、って事なのかな?
ハツの場合ははっきりしないけど、にな川の場合はアイドルタレント。
ハツはにな川に対して(そんなんじゃいけないよ)と感じつつも、じゃあ自分はどうなんだ?!という所で矛盾を抱えている。

いずれにしろ電車の中吊り広告のおかげで、じつに25年ぶりぐらいに本を読む機会を持つ羽目になってしまったよ。アハハハ

244 :無名草子さん:04/03/07 13:33
三省堂に置いてあるりさたんの写真パネル
欲しいー

245 :吾輩は名無しである:04/03/07 15:26
>25年ぶりぐらいに本を読む


25年間本を読まないってのはどういう人生なんだ?


246 :無名草子さん:04/03/07 15:28
一般書籍ってことでしょ
参考書やマンガ本は読んでるものと思われます

247 :無名草子さん:04/03/07 15:39
大学は一般入試で入る。
自己推薦入試で大学に入るなんて恥ずかしいからせめて周りに馬鹿にされないように、私は一般入試で早稲田の教育学部に入る。
実力で、実力で。一般入試で合格できれば世間も認めてくれる。
頭の良さを自慢気に見せてやれもするしね。
河出書房文藝賞受賞? 「詩のまち前橋 若い芽のポエム」銅賞? ハッ。っていうこのスタンス。
あなたたちは自己推薦入試で早稲田に入れてはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってそんなの学歴ロンダリングだし。
ま、あなたたちを横目で見ながら一般入試で入りますよ。
冷笑。っていうこのスタンス。


248 :1:04/03/07 16:17
>>実力で、実力で。
ここもうちょっと工夫できそう

249 :1:04/03/08 00:30
なんか書けよ

250 :1:04/03/09 00:36


251 :無名草子さん:04/03/09 01:25

放置プレイ
  ∧_∧
  (*T-゚) ハズカシイヨ
  ⊂バカつ
 〜| ω |
   ∪ ∪

   ∧_∧
  (*゜-゜;;)  ヒドイヨ・・・
 ⊂|肉便|つ
 〜|'''*''''|  
   ∪ ∪

252 :1:04/03/09 03:19
 

253 :無名草子さん:04/03/09 03:35
話すことないもん。。薄っぺらい内容だから

254 :無名草子さん:04/03/09 10:27
話題作りのための芥川賞、ってよく言われるけど、本当にそうなのかな?
だって、文藝賞受賞した時、選考委員たちは彼女の顔を知ってて受賞させたわけじゃないじゃん?
確かに、蹴りたい背中で芥川賞はないだろ!とは思ったけど、やっぱり人とは違う何かがあるんじゃないのかな?

255 :無名草子さん:04/03/09 11:19
今しか売れない作品って感じがする。
あのヘンテコな文章じゃ、時代を越えて残るという
わけにはいかない。
田中康夫の「なんとなくクリスタル」だって出た当初は
バクハツ的人気を誇ったけど、今誰も読まないじゃん。

256 :無名草子さん:04/03/09 11:24
田中とか石原って何が凄いの?なんかあいつら批判しかしてる所見た事ないからなんかむかつくねんけど…

257 :無名草子さん:04/03/09 11:35
>>254
人とは違う何か‥だからそれが顔だってば。
本当に"何か"があるなら"文壇のモー娘。"なんて扱いはうけない。


258 :無名草子さん:04/03/09 11:40
>>255
芥川賞って「時代を越えて残る」ようなものじゃないと思うけど。
「なんとなくクリスタル」に関しては、当時の世相と共に語られるほどの
名前が残っているだけでも、かなりインパクトあったんじゃないかな。
(少なくとも、題名も忘れられてる他の受賞作品よりは)


259 :無名草子さん :04/03/09 12:31
>258
それでも、有名どころはそれなりに残ってるジャン。
大江とかドラとか中上とか。
芥川っていってもビッグな香具師と小物がいると思うけど。
綿矢は後者かな。

260 :無名草子さん:04/03/09 14:48
自分のことをいわれてるようで怖かった

261 :無名草子さん:04/03/09 14:50
これ、親にプレゼントした。
正直感想聞くのが怖い。


262 :無名草子さん:04/03/09 15:20
「なんとなくクリスタル」って話題作だったのはたしかだけど
受賞作品だっけ?


263 :無名草子さん:04/03/09 15:34
絹代の行動に一貫性がない。
やおいだ(ヤマなしオチなし意味なし)
確かにこういう奴いるよなって共感は得るかもしれないがもっとそこから
発展させてほしかった。
これだと女子高校生の日記って感じ

264 :無名草子さん:04/03/09 18:27
>262
「限りなく透明に近いブルー」と勘違いしているものと思われる。
しかし、奇想天外なものでなく、この手の小説って全くの想像というわけではなく、ある程度自分の考え方、みたいなものが反映されるわけなんでしょ?
自分で小説を書く、って事を想像してみると、なんというか・・・
ごく身近な人たちに対して(家族とか職場の人達)意識する、ってところはないのかな?
つまり綿矢さん本人は「ハツ」的な性格とは無縁であったとしても、読んだ周りの友達は(あら・・チェリーは私たちと楽しそうにお話しているのに、心の中ではしらけていたのかしら?)って思われる事に・・

265 :無名草子さん:04/03/09 19:05
なんとなく透明に近いクリスタル


266 :無名草子さん:04/03/09 20:25

  この股間から湧き上がる背徳感は一体?

 ハァハァ
   ∧_∧
  (;・∀・) シャー
  ( ヽ ' /, - 、
  │ヽ(⊃'、  、
  (__)_).,,,  、.,,,..,
⌒⌒⌒⌒⌒l;;;;  、;;;; ;l⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
::::: :::::::::::: ::::l;;;;,∧,∧;;;l::::: ::::::::  :::::::::::: :::::::: ::::::::  ::::::::::::
:::::::::::::::  ::::l;:υДx;)|::ヒィィィィィ:::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::
::: :::::::::: ::::::l;:(υ゚。 );l::::::::: ::::::::   ::::::::::::::::  ::::::::::::::::::

267 :無名草子さん:04/03/09 21:48
1の人おもしろすぎる。
私はおとといだか芥川賞受賞の2作よんだよ。
本あんまりよまない私が一日で読みきったんだから
凄いと思う。あ、二人の作品が。
金原さんのは話の内容は普通過ぎるけど
表現とか好き。
わたやさんのは結構おもしろかったし、
私と年が変わらないのに
凄いです。

とにかくそれより1のひとのコメントはどれもわらえる。

268 :吾輩は名無しである:04/03/09 22:25
>>267
君、頭悪いねぇ・・


269 :1:04/03/10 05:51
>>267
女性ですか?女性なら僕のオリチャンになってください

270 :無名草子さん:04/03/10 11:09
>256
特にMXテレビが開局してからは、定例会見の印象が強いからね・・・
前の青島さんもそうだったけど、何で都知事はあの会見で機嫌が悪いのだろう?

271 :1:04/03/10 11:32
都知事まばたきしすぎ

272 :無名草子さん:04/03/10 11:46
>>267
本当に本を読まないんだってことが、よくわかる文章ですね。

273 :無名草子さん:04/03/10 12:31
ハツ=綿矢?とおもたの漏れだけ?

274 :無名草子さん:04/03/10 13:42

                           ∧,,∧ カユイヨー  抱っこしたら
                 うえーん    。゚(,,>Д<)        ∧∧ノミがつくぞ
                 かゆいモナー @,uuノ        (;゚Д゚)ゴルァ
    _∧∧__         ∧_∧    ∧,,∧ タチケテー  /⊃⊃
   /(*T0T) /\      。゚(; ´Д⊂   ミ,,;Д;ミ     〜ヽ ⊃
 /| ̄∪∪ ̄|\/      ⊂    ノ 〜ミ,,,,uuミ       (/
   |  しぃ  |/         人  Y          (; ・∀・)ノミだらけカユイヨー
     ̄ ̄ ̄ ̄           し'(_)
                                ホケン(; ・∀・)ジョー!

275 :無名草子さん:04/03/10 14:44
>>273
正直、中高の一時期そういう風だったんじゃないか、と思った。今は、それなりに、年相応におしゃれもちゃんと
気を遣って、あの外見だから、普通に人気もあるだろうけど。
ハツみたいな子の心理って、普通の仲間内で騒いでる女の子たちにはわからないんじゃないかな。
日をおいて客観的に見られるようになってから書いた、実録みたいなものでは。
(いかにもハツっぽい外見でああいう内容を書いたのでは生々しすぎて、デビューも受賞もなかっただろうか)
前作といい、自分の半径2キロの世界から出ていない気がする。
今後それ以上のものを書けるのか?といえば微妙・・・。


276 :無名草子さん:04/03/10 18:23
綿矢はハツを客観的に書いているとは思えない。
インタビュー見ているとどうしても、ハツ≒綿矢に
見えてしまう。

277 :無名草子さん:04/03/10 19:31
>>271
コカインやりすぎると
ああいう過剰なまばたきが止まらなくなるのさ。

香具師も若いころはクスリ使って頑張ったんだろ。w

278 :無名草子さん:04/03/10 21:25
>273
私もそう思った。
でも綿矢りさはかわいいし、クラスで浮くわけも無い気がする。
でも私の頭の中ではハツを綿矢りさで想像して
話が流れてるから、ちゃんとした絵になってる。
ハツが色黒でキモかったら本当ダメ。

279 :無名草子さん:04/03/10 23:15
ちがうよーーー!
綿やん≠ハツなのらー

280 :無名草子さん:04/03/11 00:17
もし、綿矢=絹代だったら、大笑いだな!

281 :無名草子さん:04/03/11 01:51

  U;: ̄~~~゙∵ ̄<                                 ダ・・・コ・・・ダコ・・・・
   | 世界に  ;`| ∬                          キィィィィィ!  ダコ・・・シテ・・・・
  《,"マターリ`@;:#   ∬   ダ・・コ・・・シテ・・・             ,,,_∧   ∧,,,∧,,, 
   》;,,_;:w_,;;ξ __λ_,,,    マターリ・・・・・・              (#゚;;0゚) (#゚;;-゙)#゚;;o゚)
    ∧_,,, | /\;;;;(#゚;;-゚)\    ,,,_,,,,    ,,,_∧キィィィィ・・・     ∪;; ;;|  |;⊃;⊃;; ;|⊃
   (#゚;;-゚)| ゞ;/|~~∪∪ ̄|\  (#゙;;o゙)   (#゚;;-゙)     ,,,_∧_  -|;;; ;;|  -|;; ;;;|-;; ;;|
    |;;;つФ  \#;: ;_,,;゙@U _/__ヽ_|_;;;;|⊃  /(゚-;;゚#)っ;\(/"∪  し'J し'|ヽ)
  〜|;;; ;;;|     ~(/UJ ~ | シィヲ ダ:;~_シヨウ#; |;;;|   | ̄∪'~;' |\/       ⊂ ∴ ⊃
    し'`J     ⊂ ∴ ⊃  ̄ ̄∪∪ ̄ ̄ ̄`J   #;;__;"_゙",;;/         ⊂ ⊃
            ⊆ ⊇                   (/`J~

282 :1:04/03/11 06:15
>>279
なのらーって可愛いですね。でも男だったらぶちのめすぞ

283 :無名草子さん:04/03/11 07:22
遅ればせながら読みました。
最初、驚いた。
頭にすんなり入ってこない表現が多くないですか?
がんばって読んだら、慣れてきて途中であんまり気にならなくなったけど。
最初の段落なんて、どう読んだらいいのかわからんかった。

あとは比喩が え? って思った。
椅子のポテトチップスとか、髪の毛が醤油の黒とか。
読んでて一瞬止まることが多くて、それは気になった。

でも学校の様子とか分かるところ多くて、いい指摘もあって
それはすごいと思った。”伸び行く力”という評価も分かる気がする。

284 :無名草子さん:04/03/11 10:32
メタファーはメタメタな綿矢(w

285 :無名草子さん:04/03/11 12:00
>>255
そうか?

逆においらは、数十年ぶりに次世代まで読み継がれる作家が現れたと
思ったよ。



286 :無名草子さん:04/03/11 12:08
なんか結局、高校生が書いた本、という感じだった。

287 :無名草子さん:04/03/11 13:18
俺今までHR/HMとかjazzとかfusionとかしか聞いた事なかったけど
moveのギャンブルランブルきいてんけど滅茶苦茶いい!!!!!!!!
良すぎる!!!!!!!!!!!!!!
最初のスラップとかマジ決まってた!で後ろでずっとうねってるキーボとかマジ最高!move最強ファンになった!

288 :無名草子さん:04/03/11 13:37
MOTUのラップは本場仕込みなので流石である。
シンセ・超高速ラップ・流麗なボーカルが見事なほどにミックスされた
痛快な名曲である。

289 :無名草子さん:04/03/11 14:25

     ∧∧  ヤメテ…
   ∩*゚ -゚)/)
    ヽ。o∞O
     l:::::::::)
     !::( つ
      !__)
           O∞o。
         ⊂(::::::::)∧∧
            )::ノ(*゚ -゚)⊃ オネガイ…
           (_ノ∪

290 :無名草子さん:04/03/11 14:25

     ∧∧∵
   ∩*゚;;ロ゚)/)
    ヽ。o∞O
     l:::::::::)  ぐりぐり!
     !::( つ
      !__)∴
           O∞o。
         ⊂(::::::::)∧∧
           ∵)::ノ(*゚д゚)⊃
            (_ノ∪ ∴

291 :無名草子さん:04/03/11 15:27
吉行淳之介の『私の文章作法』読んでたらさあ、
「形容詞、とくに目新しい形容詞は、なるべく少なくすること。
なぜなら、文章はそういう部分からまず腐るからである」
って書いてあった。
目新しくて斬新な言葉を用いた文章は、
それが書かれた当時においては世に受け入れられやすいしもてはやされるが、
時代が変わってしまえばそこから文章が腐っちゃうんだってさ。

『蹴りたい背中』は後世まで読まれる作品となるかなー?

292 :無名草子さん:04/03/11 15:37
>>291
これから蹴りたい背中の影響を受けた若い作家が続々と現れて、蹴りたい背中のような
文体や修辞が標準になってしまったらどうしよう(笑)。




蹴りたい背中や黒冷水は時代が下ったら?な作品にしかならないと思う。
これからの小説は文体表現がどんどん自由になっていって日本語は崩れていくんだろうな。

293 :無名草子さん :04/03/11 15:45
綿矢の文章を中村明(早稲田大学教授。文体論研究)が最近の
作家の悪文の例に出して、本人にレクチャーさせたら面白いかも。

294 :無名草子さん:04/03/11 15:47
>>293
綿矢は引き篭もりの素養があるから、それはあまりに酷い仕打ち。


295 :無名草子さん:04/03/11 15:56
>>294
そうか?でも作家と名乗る以上自分の書いた作品に対する
思い入れと責任があるんじゃねえの。
綿矢自身が「言葉にこだわって買いていきたい」と発言していたわけだし。
評論家に「どういうつもりでこの言葉を選んだんですか?」
と問い掛けられて答えられないというものプロ失格のような。

296 :無名草子さん:04/03/11 15:57
スマソ。書いていきたい…ですな。

297 :無名草子さん:04/03/11 16:02
>295
>評論家に「どういうつもりでこの言葉を選んだんですか?」
>と問い掛けられて

感性に頼って言葉選びしてるみたいだから答えられないと思われ。
「えー、う〜ん、なんとなく」が関の山。

298 :無名草子さん:04/03/11 16:41
>>297
それじゃあ、作家としての将来が思いやられるなあ。
新作を出して、「ダ・ビンチ」あたりに紹介されインタビュー
という展開はこれからどんどん出てくるだろうし。
そんな時「言葉につまる」ようじゃダメポ。
これからは作品だけ書いていればいいという時代じゃなく
作家自身が自分の作品をプレゼンしていかなければならない時代。
そうしなくても許されるのは、大江や春樹みたいな大物だけ。

299 :無名草子さん:04/03/11 17:14
受賞の会見のときとかの受け答えから見れば
とっさの判断、臨機応変さに欠けている。会社の面接で苦労しそうなタイプ。

常日頃から真摯に自己に問いかけ、突き詰めていたら
「言葉に詰まる」なんてことないだろう。
『蹴りたい』が私小説だとしたら自己認識が足らないな。

300 :無名草子さん:04/03/11 17:38
>>299
AERAのインタビューで綿矢は「自分探しとかに興味がわいたことは一度もないんです。
自分のことを考えると『わけわからん地獄』にはまりそうで」と答えている。
常日頃から真摯に自己に問いかけるどころか、自己に問いかけることすら考えていない
と思われ。
「言葉に詰まる」どころか、なんとなくその言葉が良かった、あるいはわからないなどと
あっけらかんと答えるかもしれないよ。


301 :無名草子さん:04/03/11 17:44
>>293
それが実現したらぜひ聞いてみたいものだ(笑)。

302 :無名草子さん:04/03/11 17:56
社会的なものも駄目で
論理的なものも駄目で
自己追求も駄目で
コイツはこれから一体何を書いていくつもりなんだ?

303 :無名草子さん:04/03/11 17:59
>>302
思春期小説←本人談(笑)。

304 :無名草子さん:04/03/11 19:11
「小説」に対してがつがつした欲望は持ってない気が。

305 :無名草子さん:04/03/11 19:22
「芸能」に対してがつがつした欲望は持ってる気が。

306 :無名草子さん:04/03/11 20:27
綿矢が今以上にデブで頬骨と歯茎のでっぱった在日な感じの容姿だったら
芥川賞はおろか文藝賞も取れないし、早稲田にももぐりこめなかっただろう

307 :無名草子さん:04/03/11 20:30
綿矢が処女じゃなかったら、こんなに人気出なかったよ

308 :無名草子さん:04/03/11 20:38
昨日よんだよ。
面白かったけどいまいちはまり込めなかった。
なんかヌルヌルしてた。

309 :無名草子さん:04/03/11 20:53
文藝春秋と単行本の違いってなんかあるんですか?
表紙には全文連載とか書いてあったような・・・

310 :無名草子さん:04/03/11 21:16
>>308
もしや中古でつか……ヌルヌルは(ry

>>309
単行本「靴」→文春「サンダル」

311 :無名草子さん:04/03/11 21:22
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | とりあえず、いくつか |
                | 処理してみてよ。   |          輸入肉か…ふだんは
                \______ __/    OK!  使ったことないからな…
  | ̄ ̄ ̄| What?    Hug me...    ∨        (⌒⌒⌒)   (⌒⌒⌒)
  |     |  ∧∧∧∧ ∧∧∧∧   ∧_∧       |____|    |____|
  |     | (*゚ -゚(*゚ -゚(*゚ -゚(*゚ -゚).  ( ・∀・)      (・∀・ )   (・∀・ )
  |    @| ∪  |∪ .|∪  ∪  |  (  V )      と    )   (    )
  |     |〜|  | |  | |  | |  |  │ │ │    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__|___|_U"U _U"U U"U _U"U_ (__)_)____|
                                    |_____________

312 :無名草子さん:04/03/11 21:25
>>283
>髪の毛が醤油の黒とか
昔、醤油は髪の毛から出来ているという噂があって(でも、噂ではないという説もあり)、自分は醤油を見ると髪の毛を連想するんだけど、さすがに今の若い子は違うだろうと。
綿矢って結構感覚古いのかもしれない。というか、古いことを積極的に取り入れている。
だから、若い子には新鮮にうつって、おっさんには懐かしい感じがするのかなあ?

313 :無名草子さん:04/03/11 21:49
>>306
書きまわってるなw

314 :無名草子さん:04/03/11 22:05
たしか文藝に載ってるのは第一部までじゃなかった??違います?

315 :無名草子さん:04/03/11 22:15
>>312
模倣、と呼ぶ

316 :無名草子さん:04/03/11 23:19
蹴りたい〜の文中で、「白墨」が「はくぼく」って書かれてたけど、山田詠美の「風葬の教室」
も「はくぼく」が平仮名で書かれてた。ぱくったのかな

317 :無名草子さん:04/03/12 00:36
蹴りたい背中に感動したのオレだけ?
久しぶりに純な文学読んだ気がしたよ。

318 :無名草子さん:04/03/12 00:40
プレーボーイでキムが宮藤と対談してたけど
また彼氏がどうとか同棲してるんだけどとか言っててうぜえ
1もそう思うだろ?おい

319 :無名草子さん:04/03/12 00:56

       ∧    ∧                        |     i
      / λ    / λ       \  / ─  / ─┼─  /
    ,.-ー'   `ー-'   `ー、       ノ  _ノ   ,ノ   ノ
  /             `ヽ,
  /     ○   γヽ ○  ヽ、   ノ  _|__  .┃┃┃
 ( \|/ ((    |  |  ))   ) ,-イ    | /   ┃┃┃
 ヽ、/|\  ))   |  | ((   ノ   |      |     ・ .・ .・
   ヽ、   ((    ヽノ  ))  ,ノ
    `ー--、_____,-ー'

320 :無名草子さん:04/03/12 02:31
苛着いてなにもなも放りなけたくなるけど そんなの通り雨さ
そそくさっと去って明後日のほう見上げたら大丈夫 でも友にだけは
もしも嘘つきで身勝手なら申し訳ないけど 音が踊りだせば
リリックはトラックに乗せてくれとヒッチハイクすると
陸海空 いづらい国でも as you like
リスクは多く宝箱はミミック
理屈や屁理屈 あといつく数えればたどり着く
日出ずる no reason いずくんぞ僕らは行く
霧に包まれた闇をビリビリに引き裂くキリギリスは時に蟻となり醜くも手にする蜂蜜
ひび割れた日に虹をかける君の耳に響く意味はtimelimit聞き捨てならん事実
知り過ぎて失った裸の眼差し だだしかし差しのべる手は優しさの証
ケシの花で死を掻き消した決死のダイブの 1コマ劇場飛び降りたら景色捉える
兵士の揚げしものナクナッタラ返事も無い  火の粉が劇場触れる戦士も灰に
ならば天使の舞降りるロックスターの悲劇 


321 :無名草子さん:04/03/12 04:03
>>298
オイオイ(w
素人が綿矢に聞くならともかく、プロがそんな恥かしい質問するなよ(w

芥川賞受賞インタビュー読んだら分かるだろ。
あの文体は必然なんだよ。

322 :無名草子さん:04/03/12 04:04
>>312
京都の子やなぁ。

それとちゃうの?

323 :無名草子さん:04/03/12 07:39
>>314
マジ?
全文掲載、ってなってるぞ。
それにしてももう4月号が出ていて、表紙に「芥川賞受賞2作品の衝撃!」なんてタイトルになっていた。
この話題で半年引っ張る気かな?

にしてもよ。
中吊り広告で「3月特別号」ってなってたから、おいらは本屋の店員さんに「(たぶん普通の3月号ではない、それとは別の)特別号が欲しいんです!」って言ったわけさ。
すると店員さんは「いえ・・これは通常の文芸春秋です。特別号となっているは多分・・芥川賞受賞の2作品が取り上げられているからそう呼んでいるのだとは思いますが・・。とにかくこれは通常の文芸春秋です」って言われたんだよ。
ちょっと恥ずかしかったぞ。
ところが4月号もよ!
4月特別号・・ってなってたぞ!!

324 :無名草子さん:04/03/12 07:45
いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや....

特別号って言うのはさ。
ふつーは臨時で増刊したものなんかそう呼ぶわけでしょ?
そうでなくても例えばカラーページが多かったり、内容が増えていたりとか、そういう事でしょーー?
それとも何?
文藝春秋って週刊とかもあんの?
それなら月刊を常に「特別号」って呼んでてもいいんだけどサーーー。
来月も特別号だったら切れるよ!ホント(藁

325 :無名草子さん:04/03/12 08:02
芥川賞特別号
芥川余韻特別号
通常特別号

326 :無名草子さん :04/03/12 09:13
>>321
雑誌でインタビュアーが質問するのって、自分が既知の事柄でも
それを知らない素人に易しく解説するためのものだろ。
(学術雑誌で学者のインタビューじゃあるまいし)
その作家の実像をより一般の読者に解りやすくする、それこそが
最大の目的。作家だってそんなことは十分承知している筈。
自分の作品の売りどころをはっきり伝えなくちゃ。
だが、アエラにしろ、文春にしろ、綿矢のインタビュー読む限り
彼女が何を伝えたいのか意味不明。
20歳にもなって、そんなことも解らないのかと思ったよ。
12歳のHanaeの方がよっぽどその辺をわかってるな。

327 :無名草子さん:04/03/12 09:19
>SFでもいいの?と聞いてる時点であなた自身がSFを下に見てるという
ことです

全くの誤解です。
はやく選考対象について教えてください。

328 :無名草子さん:04/03/12 09:25
>>326
>彼女が何を伝えたいのか意味不明。
>20歳にもなって、そんなことも解らないのかと思ったよ。

キチンと分かってるやろ。
インタビューを読めや。例えば。

「モー娘と言われて怒るほどでは無いが、何も思わんわけでわ無い。」

とはっきり答える分別が有るだろ。
この答えで読み取れない馬鹿は、綿矢の作品読んでもしゃーないやん。

329 :無名草子さん:04/03/12 10:33
綿矢の言い訳
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


330 :無名草子さん:04/03/12 12:45
けだるくて切なくて閉鎖的で
自意識の中でしか生きていない主人公の気持ちは
高校時代のあたしの気持ちと同じで
ほかの子を思いやる余裕がない感じが今っぽかった。
なつかしかった。22歳女

331 :無名草子さん:04/03/12 13:03
綿矢の悲劇は芥川章受賞で全国に
ポストにな川を作ってしまったこと。
蹴りたい背中を読んでおれも綿矢みたいな
美少女と付き合えると思ったアフォが
増えたなりー

332 :無名草子さん:04/03/12 13:21
あれって戦略でしょ?
自分の本に写真載せてるぐらいだから
アイドル作家ねらいなんだよー
まーそれがかわいいんだけど
ストーカーなんて有名税ってかんじ



333 :無名草子さん:04/03/12 13:44
とは言うものの、音楽にはクラッシックをはじめとして、ジャズ、ロック、ポップス、民俗音楽など、さまざまなジャンルが存在している。
文学もそれと同じで(たぶん同じなんだろう)硬い純文学から、ハードボイルド、SF、歴史小説、ノンフィクション、エロエロ、とさまざまなジャンルがあるのだと思われる。
それに例えれば本人の感じ方とは全く意に反しているかもしれないが、モー娘と例えられたのはしごく当然の結果と思われるが、何か?

334 :無名草子さん:04/03/12 14:37

―――――――――
 ・・・すいません、
精神安定剤をくだ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄| ピルはないからな!
Drug Moraler  レ―――――――――――
====∧=∧=∧=∧=  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日日日 (・∀・ ) (・∀・ ) < っていうかウチに、っていうか2ch上にしぃ用商品はないからな!
__ ∧∧ つo⊂) (____.)___  \___________________________
品 (   ) 日日品品品 昌昌
-- /  つ------------------
 〜  ノ 品品 昌昌 日日日
―UU―――――――――-

335 :無名草子さん:04/03/12 14:39
その内読んでみようとは思うけど
前評判がいまいちだとなぁ・・・

336 :1:04/03/12 16:31
>>335
正直物語自体は糞です。キャラクターに魅力があります

337 :無名草子さん:04/03/12 20:46
>>327
自分で調べれば?
芥川賞狙うとか言ってた奴だよな?じゃあこんなとこで>>1をつっつき回してないで
自分から動けよ馬鹿

338 :無名草子さん:04/03/12 21:26

アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!   コノオンナヲツレテイコウゼ     
   ∧_∧ ∧_∧ ))∧ ∧_∧ 
   ( ´∀`).(*>0<) )) (゚∀゚  )              
   ( ゝ つ ⊃⊃ )) ⊂  ⊂)
    |  ⊂   ノ    |   |  |  |
   (__) 'J. ))   (_ (_ (__)
 
    ――――――――――――、、
   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄||| ̄ ||   ブロロロロロォーーー!
  /∧ ∧∧// ∧ ∧| ||  ∧∧|||   ||   
 [/(・∀・ )_(//[ ].゚∀.゚)  (>0<* |||   ||       
 || ̄ ̄ ̄_.|_| ̄ ̄ ∪|.|.   ̄ ̄ |ヽ. _||   
 lO|o―o|O゜.|二二             ||    
 | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l_||    
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'

339 :無名草子さん:04/03/13 08:43
>337
それは是非1にお願いしたいのですよ。
これだけ作品を批評されている方なのですから、そのぐらいのこと朝飯前でしょ?

340 :無名草子さん:04/03/13 11:12
>とゆうか各板の綿矢スレに出没するアンチしぃ厨の方がよっぽど不幸そう。
>過去女に振られまくった挙げ句に女性一般を憎悪することになったらしい。
>もっと普通に人生送らんと永遠に不幸だろうに。


341 :無名草子さん:04/03/13 14:10
>>339
いや、蹴りたい背中を批評してるのは何も1だけじゃないだろう。
むしろ批判的な声の方が多いじゃん



342 :1:04/03/13 20:30
>>339
芥川賞とった作品を批評して良いのは芥川賞を取れるレベル
の作家だけみたいな言い方ですね。呆れて何も言えません

343 :無名草子さん:04/03/13 20:35
>>342
でもさぁ、人間より大きな存在の神様を、人間が具体的に認識する事など
不可能だ、よって神の存在証明を求めるのは愚の骨頂。

っていう人も多いじゃん。

そこはそれで一つの文学だと思う。


344 :無名草子さん:04/03/13 23:13
『蹴りたい背中』で論文書ける研究者っているのかな。
今回の受賞は龍や石原と同じように衝撃的だったって言われてるけどさ、
龍や石原のとき、受賞後どころか作品発表後すぐに作品論が出たのに対して
綿矢全然論じられてないじゃない。
問題点すら未だまともに挙げられていないし

やはり綿矢は客寄せパンダで
作品は論じる価値なしってことですかね?




345 :無名草子さん:04/03/14 10:34
んじゃあちょっと目先を変えて・・・
今回の受賞で綿矢さん本人はもとより、小説ってものに興味がなかった人達にも、ある程度小説というものに目を向かせる機会にはなったと思うんです。
が、しかし。
これをきっかけに人々が本を読むようになる、とはとても思えないのですよ。
やはり「活字離れ」の状況は変わらないと思うんです。

346 :無名草子さん:04/03/14 10:37
>>344
金原、綿矢ともに暗い過去を匂わせるってのはあるね。
論文の切り口ならクリエイティブとネガティブの関係ってので書けるよ。


347 :無名草子さん:04/03/14 10:46
私が知りたいのは「小説の存在理由って何?」
「小説でなければ表現出来ない事ってなんなの?」
ってところなんです。
活字から離れた理由は、たぶん映画やテレビなどの動画だったと思うんです。
百聞(百読)は一見にしかず。
どんなに言葉を連ねても、やはりダイレクトに映像を見せられるのにはかなわない。

348 :無名草子さん:04/03/14 11:01
>>345,347
で、『蹴りたい〜』との関連は?

349 :無名草子さん:04/03/14 11:05
>348
なんで、『蹴りたい〜』との関連?

350 :無名草子さん:04/03/14 11:06
>>349
スレタイ読めないの?

351 :無名草子さん:04/03/14 11:08
345が言っているのは、これを機会にもっと大きな視点で文学そのものの存在意義を討論したいってところなんだろ?
細かいちゃちゃ入れないでとりあえず聞こうじゃないか?

352 :無名草子さん:04/03/14 11:10
他に適当なスレがあるんじゃない?

353 :無名草子さん:04/03/14 11:11
援護射撃、ありがとうございます>351さん。

綿矢さんが文藝春秋のインタビューで、かつて読んだ事があると答えていた「果てしない物語」、これは多分「ネバー・エンディング・ストーリー」の事だと思うんですが、この映画では主人公の少年が屋根裏部屋に入って本を読むシーンが冒頭にあります。(開始約10分後)

「荒涼とした森は夜の闇に包まれていた。古い大木のてっぺんで、風がひゅーひゅーと鳴っている。
突然!何か巨大なものが地響きをたてて森の中を突進して来た」

このあと、目に飛び込んで来た映像に当時私は度肝を抜かれました。
つまり、私のつたない想像力、空想力ではその空間といいますか、言葉で語られていた森の様子をまったく再現できなかったんです。
ほとんど何も想像せず、ぼーーーっとしていた、というほうが正しいかもしれません。

354 :無名草子さん:04/03/14 11:13
>>347
小説の最大の利点は映像の再現のしやすさかな、見る側じゃなくて作る側の。
だから小説にはある程度読む技術が必要になるんだけど、作るのは早いよね。

例えば映画等の映像作品を作るには、何らかのフレームワークが必要だよね。
プロデューサー、ディレクター、カメラマン、脚本家等などの人材が居て
作るときにもストーリボード、絵コンテなど様々な書類を作らなくてはいけない。

漫画ですら人気の週刊連載ならアシスタントが5人は必要とされているらしい。
作家がネームを考え、コマを切って、キャラをはめ込む。
アシスタントが背景を書いて、トーンを貼ってと完成させていく。

でも小説は書き手だけいれば作品を残せてしまう。
何故なら映画で言うところの脚本、漫画で言うところのネームしか執筆しないから。


355 :無名草子さん:04/03/14 11:15
つまり、書かれている言葉から実写を想像する空想力。
その、一種の能力とも言うべきものが、映像が広まる事によって失われてしまった。
だから、文学は衰退したのだ、と言いたいのですね!

356 :354:04/03/14 11:19
小説の特徴である「フレームワークが最小規模である」ことのメリットは
作品あたりのクオリティが確実に構想の最大限であると保障されること。
スタッフが多いと情報伝達の制度を高めないとクオリティが落ちるからね。
テレビドラマなどはかなりクオリティを犠牲にしています。

思いつく限りではこんなところ。

357 :無名草子さん:04/03/14 11:20
という事は漫画で言えば週刊誌に載っているような「静止画」が小説で、それが動画アニメになった時点で「映像」・・という図式になるのですか?>354 

小説を読む技術、とは静止画であるマンガ本を読んでいる最中も、まるで動画のアニメを見ているがごとく、活き活きと頭の中で動かす、という事になるんでしょうか?

358 :354:04/03/14 11:22
小説はアイデアの源泉部分とイコールされるから、2次、3次的な商売に流れていくってのもあるね。(ドラマ>小説などの例外もあり)
あとは映画、ドラマ、漫画、ゲームは納期に厳しいってのもある。


359 :無名草子さん:04/03/14 11:23
そーなのかなーー?
小説家って映画みたいにまず動画が頭の中にあって、それを文章で表現している、って作業なのかなーーー?

360 :無名草子さん:04/03/14 11:29
反対に読者側から見れば、小説に書かれている言葉を頼りに、情景や登場人物の感情も含めて、それらを活き活きと心に描いていく、(別に動画に出来なければ静止画でも)(藁、という作業になるの?

それが諸説を読む(楽しむ)・・
って事になるんでしょうか?

361 :無名草子さん:04/03/14 11:30
金原・綿矢の小説が視覚的とかなんとかってのは
文藝春秋4月特別号で誰かが言ってた。
文章によって映像を読者に想像させるのがうまいのは
村上春樹だってよく言われるけど。

362 :無名草子さん:04/03/14 11:30
諸説←×
小説←○

363 :無名草子さん:04/03/14 11:30
>>355
娯楽に苦痛は(一般的には)必要ないからね

>>357
いや、それで言うなら、週刊誌の静止画も映画や漫画と一緒かな。
小説に伴う苦痛ってのは情報の密度の薄さだからねぇ。
情報の複合化に処する時間的コストが小説のデメリットだよね。
あなたの言うとおり「百聞は一見に如かず」


364 :無名草子さん:04/03/14 11:35
なるほど・・・
苦痛、ですか。
じゃあなんで小説という表現方法を用いて小説家は表現を行おうとするの?
もちろん紙とペンだけあれば成り立つから、動画を作るよりはるかに安上がり、という事実はあるけれども。
他の表現方法にはなくて、小説だけがもつ「特殊性」みたいなものがあって、そこをわかる読者は小説を支持し、そして読み続けているんだろうと思うんだけれども。

それは・・何?

365 :無名草子さん:04/03/14 11:37
>>364
>小説の特徴である「フレームワークが最小規模である」ことのメリットは
>作品あたりのクオリティが確実に構想の最大限であると保障されること。
                     ~~~~~~~~~~~~~~~~

366 :無名草子さん:04/03/14 11:38
っと、途中で投稿してしまった。

はやい話がワンマンで有ればあるほど物語としてのクオリティは高いのです。


367 :無名草子さん:04/03/14 11:40
ひとつには先に取り上げられた映画、「ネバー・エンディング・ストーリー」だけれども、読んだ人みんながあれと同じ情景を想像したわけではないと思う。
中には気に入らない人もいたんじゃないかな?
小説好きな人って、映画みたいに誰が見ても同じ映像ってもんを気に入らないのかもしれない。
自分だけの世界観で小説を具体化したいというか・・・
もし、この小説「蹴りたい・・」が映画化されたのなら、たぶん君も想像とは違ったものになるかもしれないよ。
やっぱ日本映画はだめだな・・・と(藁>364

368 :354:04/03/14 11:45
>>363=365=366=354
番コテ消しまくりだな

こっちにも解答。
>他の表現方法にはなくて、小説だけがもつ「特殊性」みたいなものがあって、そこをわかる読者は小説を支持し、そして読み続けているんだろうと思うんだけれども。
私の考えでは小説だけが持つ特殊性というものは無いと考えています。音楽と同じで飽くまで好み。


369 :無名草子さん:04/03/14 11:46
>366
なるほど。
つまり小説の段階が一番クオリティーが高く、映像化されるにしたがってクオリティーが落ちていく(可能性がある)というところが、小説家が小説を書く理由の一つである、というわけですね。
なんとなく理解は出来ます。

しかしではその同じ小説家に十分な資金と時間、そして映像を作るスキルがあったとしたら、その人は最初から動画を作ろうと試みるかもしれませんよね?
小説でなくて。
クオリティーが維持されるなら動画でもかまわない、と思いますか?>366さん。

370 :354:04/03/14 11:52
>>369
(私なら)答えはNOです。
職業の選択は飽くまで自己満足の世界だと思います。

構想>小説化>映像化
と段階を踏むのなら、多くの人は構想で満足します。(作家気取り、監督気取り)
それを小説化して構想を認めてもらうのが小説家。
飽くまで私ならですが、自己満足の世界を商売にするなら小説から先へは行きたくないですね。
誰かに作ってもらうのは嬉しいとは思いますよ。精度はともかくとして構想をより分かりやすく広めてくれるのですから。


371 :無名草子さん:04/03/14 11:57
>369
いや・・それは前提からしておかしい。(というか作るのがおかしいんじゃなくて)
つまり綿矢自身に映画を撮らせたとして、彼女が小説を書いたのと全く同じ感じで映像化に成功したと仮定すんじゃん?
すでに作品を読んでみた読者の想像とはやっぱり違ったものになる。
無印良品店の中の様子とか、にな川のルックスとか・・・

それは綿矢自身にとって正しくても、読者にとって正しくない。
この「差」みたいなものが小説の面白さ、醍醐味なんだと思う。


372 :無名草子さん:04/03/14 12:04
で、蹴りたい背中はどうなったの?

373 :無名草子さん:04/03/14 12:05
やっぱり学校教育が問題なんでしょう・・・
言葉の向こうにあるものを活き活きと想像させることを全くせず、まるで技術マニュアルのような教科書。
子供の頃から「字」の羅列を見せられているだけで「言葉」ではない。
だから文章を読んでも単に記号として見ているだけで、感情を喚起できない。

374 :無名草子さん:04/03/14 12:07
ありがとうございました。
なんとなくですが、これからの参考になるような指針を持てました。
では続きをどうぞ!>372さん。


375 :無名草子さん:04/03/14 12:07
>>373
あれが技術マニュアルか?
逆に、論理的な文章を読み書きできないことが問題になってるんじゃないか?

376 :無名草子さん:04/03/14 12:10
>>361
金原は漫画を小説化した感じだが、綿矢映像に出来る純文学って感じ。
ただ、綿矢の質感を映像に出来る人間がゴロゴロ居るとは思えないけど。

#インストールはこの点で真逆で、漫画の方が似合う感じだった。
#ここに綿矢の驚異的な天才性を垣間見る事が出来るが、天才だ!!
#と騒ぐ以上の言葉を持たない、己の凡才ぶりに身を捻られるような
#情けなさを感じてしまう。



377 :354:04/03/14 12:11
ここら辺からはかなりの当てずっぽうですが、
「自分の世界」と「世間の認知」とのバランスで、職業選択は分かれていくのではないでしょうか。
構想>小説化>漫画化(絵コンテ化)>映像化
右へ推移するにつれて、世間の認知度と情報複合化効率はあがると思います。
もちろん右に推移すると言うことは、自分の世界の劣化を招く可能性を齎しますし、
それを防ぐための情報伝達の労力は、単に読者が小説を読むその労力の何倍にも膨れ上がります。
単に苦痛はヤダっつーことですね。

私はビジネスライクな視点で回答しましたが、小説家が言うと別のことを回答するかもしれません。
では私もひっこみます。


378 :無名草子さん:04/03/14 12:15
>>369
映像を作ることが目標じゃないからね。
音楽家に、「あなたのイメージしているものを伝えるには、映像を作るべきだ」
と言うのと同じくらい馬鹿馬鹿しい。

379 :無名草子さん:04/03/14 12:15
>>376
×金原は漫画を小説化した感じだが、綿矢映像に出来る純文学って感じ。
○金原は漫画を小説化した感じだが、綿矢は映像に出来る純文学って感じ。


380 :無名草子さん:04/03/14 12:17
>>377
映像作ってる奴らが「自分の世界」を劣化させてるという認識が間違い。


381 :無名草子さん:04/03/14 12:22
>>380
間違いではないよ。人の手に渡ると言うことはそういう事柄が現実問題となる。
他人を信用するしないではなく、物づくりというものはそういうものという事実を言ってるだけ。


382 :無名草子さん:04/03/14 12:24
>>364
映像は、絵から登場人物の内面を読み取るという技術が必要だが、
小説の場合は登場人物の内面がそのまま書かれているため、
そういう技術を必要としない。

383 :無名草子さん:04/03/14 12:25
>>381
小説だって、編集とかの手を経てるんじゃないか?

384 :無名草子さん:04/03/14 12:29
>>381
「ほしのこえ」などもあるし、映像だからって「自分の世界」を劣化させる必要はないね。

385 :無名草子さん:04/03/14 12:29
>>383
それで手入れが入るのは下っ端でしょ?


386 :無名草子さん:04/03/14 12:31
>>385
だから?
大物になれないと自分の世界を保てないっていうんだったら、どの道を選んでも同じ。

387 :無名草子さん:04/03/14 12:32
>>384
フレームワークを利用して無いのだから例外以外の何者でもない。


388 :無名草子さん:04/03/14 12:34
>>386
大物になっても映画は確実に劣化します。
全然同じではないです。


389 :無名草子さん:04/03/14 12:34
>>382
それは違うだろ。言語空間の俗人性に訴えかける表現の広がりが小説の魅力でしょ。

映像でしか表現できない事、漫画しか表現出来ないこと、小説でしか表現できないこと、
歌でしか表現できない事、楽器でしか表現できない事。

色々有るんだよ。

小説の場合読み手の感性に委ねられる部分が一番多いから、自分の内的空間を
広げるのに一番役立つ。

#この点で綿矢は革命的とも言える程物凄い小説を書いたと思う。
#多少慣れた本読みなら、綿矢の小説を読んで頓珍漢な批評したら、
#内的空間の貧弱さを他者に晒してしまうので、口を噤んでいるんだ。


390 :無名草子さん:04/03/14 12:35
>>389
またやってしまった。一回書くたびに一回間違えてる。

×それは違うだろ。言語空間の俗人性に訴えかける表現の広がりが小説の魅力でしょ。
○それは違うだろ。言語空間の属人性に訴えかける表現の広がりが小説の魅力でしょ。

391 :無名草子さん:04/03/14 12:36
>>387
でも、映像分野でも自分ひとりで作り込むことが十分可能になったということだ。

392 :無名草子さん:04/03/14 12:39
>>389
> 小説の場合読み手の感性に委ねられる部分が一番多いから、自分の内的空間を
> 広げるのに一番役立つ。
それは個々人がどう読むか/どう見るかに因ってるわけで、一般化することはできない。

393 :無名草子さん:04/03/14 12:42
>>391
映画も漫画も本来ならひとりで作れますよ。
でも自分の構想(妄想)を劣化させずに世間に再現してみせるには
より映像的に成るにつれて労力が激増するんです。
ほしのこえを小説化するなら映像作品の何分の一でも短縮されます。
個人の映像作品を商売にするには現実味が無い。


394 :無名草子さん:04/03/14 12:45
>>393
ただ、小説化した「ほしのこえ」は自分の妄想をかなり劣化させた形になるわけで。

395 :無名草子さん:04/03/14 12:50
>>394
映像志向でコンテを割った作品ならそうなりますね。
例えば星空を凝ったとしても、小説なら(冗長になるから)星が瞬いているって程度になります。


396 :無名草子さん:04/03/14 12:52
作りたいものを作ればいいし、見たいものを見ればいいのに
なんで小説vsアニメとかくだらねぇ議論になるんだ?

397 :無名草子さん:04/03/14 12:52
言い方は悪いけど綿矢にしろ金原にしろ
作品への情熱が内向きだから小説家に成ったんだなって良く分かる

398 :無名草子さん:04/03/14 12:53
>>395
そこに、星空を見た登場人物の感情を記述するのが小説ですよ。

399 :無名草子さん:04/03/14 12:57
個人で表現できる最も優れた映像作品は漫画なんですけどね。
長文でツッコミ入れられるし、心理描写で平気でスローモーションにさせられる。

技術・労力・好み・理解などの取捨選択で個人が何を媒体にするかは変わるでしょう。


400 :無名草子さん:04/03/14 13:00
>>398
映像なら全体描写から顔へ切り替えて目線を映す・・・とかね。

別に映画最強、小説最強って議論には興味ないのであしからず。

401 :無名草子さん:04/03/14 13:04
>>392
否!!
どのように内的空間が広がる(広がらない場合でも鮮明になる)かに付いては
一般化出来ないが、優れた小説と言うもの全て内的空間に影響を与える。

402 :無名草子さん:04/03/14 13:05
>>401
優れた映像作品は無視ですか。


403 :無名草子さん:04/03/14 13:06
綿矢がスタッフとコンセンサス取りながら、作品作ってる姿が思い浮かばない。
インストールはどうやって映画化されるのか楽しみだね。


404 :無名草子さん:04/03/14 13:07
>>399
芸術の中では漫画が一番優れた(融通の利くと言う意味)表現手段なんだけど、
小説程情報量が多くないし、映像程正確じゃないし、音楽ほど心地よくないし、
てなわけで、最悪の表現手段でも有る訳なのです。

405 :無名草子さん:04/03/14 13:08
>>397
この二人がどうかは知らないし興味ないけど、
内向きが悪いことだとは思わないけどな。

406 :無名草子さん:04/03/14 13:09
>>402
優れた映像作品は、「体験」なんだよ。
優れた文学は、「経験」。

407 :無名草子さん:04/03/14 13:10
>>406
「体験」と「経験」の定義が不明なのでなに言いたいのかよくわからんが、
いずれにしろあなたの個人的感想でしかない。

408 :無名草子さん:04/03/14 13:11
>>404
まあ私はビジネスライクな人間ですのであしからず。
どうしても評価基準が平均点でのクオリティになってしまうのです。


409 :無名草子さん:04/03/14 13:11
>>407
>いずれにしろあなたの個人的感想でしかない。
そんな事は当然じゃないか。

芸術を定義付けるなど、糞教師の愚劣な行為。


410 :無名草子さん:04/03/14 13:12
>>409
ふむ、406での定義は愚劣な行為ということですね?

411 :無名草子さん:04/03/14 13:13
>>408
ビジネスライクなら、市場規模で見るべきなんじゃないの?
もし貴方が馬鹿なら、了解。

412 :無名草子さん:04/03/14 13:15
>>411
事実市場では漫画が一番なのだが。

413 :無名草子さん:04/03/14 13:20
>>412
ごめん。貴方の真意が読めない。

私は漫画が一番優れた表現手段と主張してるんだが、
それへの異論じゃないの?>>408

414 :無名草子さん:04/03/14 13:21
では蹴りたい背中を語ろうか
俺はまだ読んでないが

415 :無名草子さん:04/03/14 13:25
>>413
漫画は表現力が平均以上で、単体での商品価値・多目的性、2次3次へと繋がる商売の多様性で総合的に一番だと思ってます。
だからどの視点で捉えようと漫画が一番だと思ってますよ。


416 :無名草子さん:04/03/14 13:28
>>345
活字離れを防ぐために書いたんじゃないし、
「活字離れした人たちにお勧め文学賞」でもないんだから、べつにいいんじゃない?

417 :無名草子さん:04/03/14 13:30
>>415
色んな芸術に触れると、絵画だからこそ表現できる、絵画でかつ、油絵だから
表現できたんだー。と思える作品に出会えるようになると思いますよ。

メディアの持つ表現力は「力」でしかないのです。

418 :無名草子さん:04/03/14 13:31
漫画は勉強の本としても使われるしね
ジャンルによる温度差が少ないとか言い出したら、またややこしくなるけど、兎に角便利なのだ


419 :無名草子さん:04/03/14 13:34
>>417
もちろん。私も表現力が平均以上とは言ったけど、100点を取りやすいのは漫画以外だと思ってるよ。


420 :無名草子さん:04/03/14 13:37
>なんで小説vsアニメとかくだらねぇ議論になるんだ?

おそらく今回の芥川賞受賞が、これまで小説に興味のなかった一群を振り向かせたこと。
加えてこれだけのネット社会時代に入ってはじめて文壇からの強烈なインパクト、であったから・・です。

421 :無名草子さん:04/03/14 13:39
どんな媒体にも得手不得手はあるねって事で終了。


422 :無名草子さん:04/03/14 13:42
じゃあ俺は綿矢とふたりっきりで映像作品の打ち合わせでもするかな。




脳内で。


423 :無名草子さん:04/03/14 13:43
>>421
と、いつもと同じ結論になるしかないわな。

424 :蹴りたい仕事:04/03/14 13:47
小説から見た議論だからvs議論とは違ったけどね
欠点を指摘しただけで、誰ひとりとして媒体否定はしてなかった


425 :無名草子さん:04/03/14 18:39
みんな真面目に語ってて宜しい

426 :無名草子さん:04/03/14 23:25
面白いよ。
俺は金原の適当な感じよりは好きかな。

427 :1:04/03/15 00:55
はぁはぁ…りさちゃんこのスレ見ててくれるかなぁ

428 :綿屋:04/03/15 04:13
見てねーよヴォケ!
今彼氏とSEX中。ハァハァ…あぁっ…

429 :無名草子さん:04/03/15 10:44
>1=427
女の子はそういう発言に最も嫌悪感を持つ、と言う事が貴様にはわからんのか?!

430 :リサリサ:04/03/15 12:38
あンた、背中が煤けてるぜ。

431 :無名草子さん:04/03/15 17:16
われわれ中年にはタイミングが合わなかった。
願わくば「りさ」女史にはいづれどっかの会社に就職してもらい、実社会での体験を通して、
14年もの長きに渡るこの暗澹とした状況、世間を包み込んでいるこの一種の「重圧感」とも言うべき状況を、小説にして欲しかった。


だがそれもかなわぬ夢。

432 :無名草子さん:04/03/15 18:24
>>431
それなのよそれ!!そりなのよーーーーーーーー!!

綿矢は、素晴らしい目と、素晴らしい腕が有る。
このまま作家になると、彼女の目が潰れてしまいそうで
。・゜・(ノД‘)・゜・。

滅び行く待ち工場で、NC旋盤を駆使して、300個とか、
50個単価は高いけど要求精度も高い、少量じゃなく
でも数物とは言えず、なんとも息苦しい注文を
黙々とこなす芥川賞工員をキュートでポップに演じて
欲しいのだ。



433 :無名草子さん:04/03/15 19:11
俺の友達は飛行機の中で『蹴りたい背中』読んで、あまりのくだらなさにそのまま機内に本を放置してきたらしい。
俺はそこまではしないけど、芥川賞を獲るほどの作品でもない気がした。比喩表現の巧みさを
追求し過ぎてる気がして、多少不快感を持った。

434 :無名草子さん:04/03/15 19:14
それはそのお友達に理解力がなかっただけの話でしょ?
反論があるのなら
1/くだらなくない本ってなに?
2/芥川賞を取るのにふさわしい作品って・・なに?
3/比喩表現の巧みさばかりを追及しているのではなく、不快感を持たなかった作品って・・何?

少なくともこれらの事について言及してもらわないと、
説得力ないですなぁ〜〜〜

435 :無名草子さん:04/03/15 19:24

  _______                   ___________
 /......  .. ........../                 /
 ||:::       |         Oヽ ∧_∧ < ゴミを散らかす薄汚い猫め
 | ̄\      \_     /⌒ヽ(´∀` )  \
 |   |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ∧_,,, | (    )     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |   |:          :|    (#゚;;0゚) | | | ・・シィイィィィ罰ぃシィィィι
 |   |:          :|     U U  (_(_)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧_∧∧_∧∧_∧  ジャイアントスイーング!
         (´∀` 三 ´∀` 三 ´∀`)
       ∧_,,, ∧_,,, ∧_,,, ∧_,,, ∧_,,, ∧_,,,
     ⊂(゚0;;゚#)(゚0;;゚#)(゚0;;゚#)(#゚;;0゚)(#゚;;0゚)(#゚;;0゚)つ ・・ウギィィ・・ヤゥアァァ
          三三三三三三三三三
           (_(_(_)_)_)・・・シィィイイイィィ・ィ・ィィィィィィィイ   

436 :無名草子さん:04/03/15 19:34
まあ、そこそこの知性を持った人間からすれば、糞なのは当然だよ。
しょせん、十代の女の子が書いたわけだから。
とりあえず、候補作の中では妥当だったというだけの話でさ。

437 :無名草子さん:04/03/15 19:49
比喩表現はそれほど上手いと思わなかったし、
使ってるとも思わなかったけどな。
俺は心情を書くのが上手かったと思う。

というか、芥川賞にふさわしいとか言ってる奴に限って芥川賞の本を読んでない。
適当に言ってるだけだろ。
そもそも、選考者の村上隆自体そんな文学なんか意識して書いてないだろ。

438 :無名草子さん:04/03/15 19:56
>>437
プリッツは嫌でした(笑)。
そういうのが中年に言わせたら「気取ってない」のかもしれないけど。

文藝春秋に乗ってる「文学とは思えない」って言ってる人の批判、
気持ちは分かるけど言ってることがむちゃくちゃで、読んでて虚しくなった。
人間年を取るとロクな事言いませんな。私の若い頃は戦争で、ってアンタ。

439 :無名草子さん:04/03/15 20:26
>436
それは言い過ぎ。
と言うか質問に全然答えてない。

そこそこの知性を持った人間からして糞でない、と言える作品って、なに?

ちなみにこれは全く煽ってない!
正直文学ってものが良くわからないので素朴に聞いているだけの話。
あなたが何らかの作品を上げたとしても、俺にはそれをネタにさらに煽ったりは出来ない。
だってたぶん読んでないから(藁

だから教えて欲しいんだ。
頼むよ。

440 :無名草子さん:04/03/15 21:16
>>439
それは言い過ぎと言える根拠は何?
教えてほしいんだ。
頼む!

441 :無名草子さん:04/03/15 22:29
>>434だったらこう答えるんだろうな

1/くだらなくない本ってなに?
  綿矢りさ「蹴りたい背中」
  綿矢りさ「インストール」
  みずき水脈「インストール」
  アラン・アレクサンダー・ミルン「クマのプーさん」

2/芥川賞を取るのにふさわしい作品って・・なに?
  著者が『綿矢りさ』である作品。ジャンル問わず。

3/比喩表現の巧みさばかりを追及しているのではなく、不快感を持たなかった作品って・・何?
  綿矢先生の作品。100年後も読まれているであろう青春文学の名作。

442 :無名草子さん:04/03/15 22:37
これは、ハツが可愛いか否かで
物語の印象かなり変わるな・・

443 :無名草子さん:04/03/15 22:42
インストールの方がエッチだって本当?

444 :無名草子さん:04/03/15 22:57
選考委員のコメントの中で池澤のがピントずれまくりだったな。

445 :無名草子さん:04/03/15 23:15
>>442
あまりかわいい印象はもてなかったけどな。
ブスではないが、やぼったい感じだと推測。

446 :1:04/03/16 00:12
>>443
方がもなにも蹴りたい背中は全然エロくないだろ

447 :無名草子さん:04/03/16 00:43
芥川賞にふさわしくないとは別に思わないけど、じゃあ
芥川賞と直木賞の違いは何か、という基準がよくわからなくなってきた。

448 :無名草子さん:04/03/16 00:56

         ∧∧ヽ_∧
       Σ(゚ー゚;)´∀`) 彡
       ━━━╋mm)  サッ…
         |   |  ノ
         U U(_)

     しゅびぃ!!
         ∧∧ヽ_∧  age!
        (゚0 。 )´∀`)
     ゞ;:∵≡━━━╋m
    ;; ∴; |  |  ノ
         U .U(_)

449 :無名草子さん:04/03/16 07:06
>>439
>>436じゃないけど俺から答え様。

綿矢の本は、「そこそこの知性」の人間には受けない。
伝わらない、確かに時間の無駄。

綿矢はそれも含めて書いてる(表現してる)。
本なんか読まないような馬鹿と、本を読み倒して食傷気味の
人間。この両者に受ける。

狭いけど深いんだよ。これって文学だろう。

450 :無名草子さん:04/03/16 10:03
本を読み倒して食傷気味の 人間。

選考委員の連中が本を読み倒した人間ばかりとは思えないなあ。
特に宮本輝・高樹のぶ子あたりは。


451 :無名草子さん:04/03/16 12:26
そこそこの知性じゃなくて、固い考えの人間だな。
そもそも、本は万人に受けるものじゃないし。

452 :無名草子さん:04/03/16 12:40
>>449てゆーかキモオタのツボにキタだけでしょう

453 :無名草子さん:04/03/16 13:37
>>452
そんな風にしか読めない。

だ・か・ら

お前はそこそこなんぢょ。負け犬なんぢょ。


454 :無名草子さん:04/03/16 17:54
haihai, risachan ha kawaiine! tensai dane!

455 :無名草子さん:04/03/16 17:57
295 :名無しさん@恐縮です :04/03/16 16:19 ID:jRZql5xo
>>291
エキサイトニュース編集部 さわだ というキモいフリーターが
書いた文章を記事とか言うな

297 :名無しさん@恐縮です :04/03/16 16:38 ID:Pj79eG7G
真性キチガイ
エキサイトニュース編集部 さわだ

芥川賞作家、綿矢りさタンが東スポの1面を飾る
http://www.excite.co.jp/News/bit/odd/00051077068421.html
綿矢りさ「蹴りたい背中」だらけの本棚
http://www.excite.co.jp/News/bit/odd/00051077239242.html
早大近くのカレー屋に「綿矢カレー」が登場!
http://www.excite.co.jp/News/bit/odd/00051078998880.html

298 :名無しさん@恐縮です :04/03/16 16:43 ID:L5ew9gn1
>>297
素で引きました。
キモ過ぎ・・・

299 :名無しさん@恐縮です :04/03/16 17:25 ID:vwdyH1JM
>>297
おいおい

300 :名無しさん@恐縮です :04/03/16 17:28 ID:DelLoREw
きみきみ


456 :無名草子さん:04/03/16 19:06

      ∧_∧
     ( ・∀・) はぁはぁ・・・クソネコめ
     (    )__
    /|l  l  l/\      ヽ∩
  /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/     ⊂  ヽ、
    |  しぃ  |/         ヽ∧_∧ ベチッ
     ̄ ̄ ̄ ̄        \⊂(*>o<)っ/ シィイィィィ・・ィィイ・・・
                    WWW
            箱の中
      ∧_∧   糞まみれ・・・・
     ( ・∀・;) ・・クソネコだけに・・・・
     (     )_モワー
    /|l ∫∫ l/\              ∫
  /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/             
    |  しぃ  |/           γ⌒ヽ∧∧
     ̄ ̄ ̄ ̄             ヾ⊃っx o*)っ ・・・・ァゥゥウゥ・・・

457 :無名草子さん:04/03/17 00:26
内容は、協調性のない「ハツ」が
クラスにとけ込めなくて、その理由を
あーだこーだ理由をつけ自分を正当化し、
結局自分に近いタイプの「にな川」が好きになっちゃったよ。
で、終りみたいな。
表現が、人生経験のない高校生が自分の目線で
書きました!って感じが出ていると思う。




458 :無名草子さん:04/03/17 01:32
文体がサンプリング調。体言止が多いから北斗の拳のノベル版だとおもった。

459 :無名草子さん:04/03/17 03:37
くだらないとか時間の無駄とか言う前にまず読めない。5ページぐらいで挫折した。
テンポが悪い。余計な描写が多い。読んでいて疲れる。それも、内容にではなく文章そのものに。
絶賛している方は、著者の年齢や容姿を考慮せずとも同じ感想を持つんでしょうか・・(煽りではありません)。
因みに、金原は読みました。

460 :無名草子さん:04/03/17 07:50
>>458
阿刀田高とか、田口ランディに感じた、サンプリング調は感じなかったけどなぁ。
全体で3箇所ほど、ひかかったが気もするけど、物凄く書き直しながら書いたんだろう
と感じた。で、受賞インタビューでそう書いて有ったからがんばれ綿矢としか思わなかった。



461 :無名草子さん:04/03/17 10:46
>>457
あなた年はいくつですか?オサーンですか?
10代の私はかなり共感しましたけど。
それはもう林 真理子の「葡萄が目にしみる」を読んだ時ぐらいに。

462 :無名草子さん:04/03/17 11:00
>>461
逆に言うと10代の人間にしか共感しにくい作品なのかもな。

463 :無名草子さん:04/03/17 11:16
おまいらの中でも、その気になれば書けるやついるんじゃねーの?
誰かやってみろよ。できねーって悟ったとき、綿谷がまた違って見えてくるだろーよ。

464 :無名草子さん:04/03/17 12:11
>>459
まぁ無理にとはいわないが、その先を読んでみな。
出だし5Pは一番つまらん。
ハッとオオカナダモのとこらへんは蹴りたい背中の中で一番ツマランとこ。
そこから、読み進めるとかなり疾走間が出てきて楽しくなる。

文学作品って言われてるものは全般的に出だしが小難しいor読みにくいのが多いねぇ。

465 :無名草子さん:04/03/17 12:17
ハツが全く変らないってのがダメポ。
結局自分の殻の中に閉じこもったまま。
じぶんから人を避けていて、「人からハブられる私って
寂しい」だもんな。
ガキの甘えの垂れ流し。コバルトノベルで十分の作品。

466 :無名草子さん:04/03/17 12:45
>>465
かといって、少女の成長物語ってのもつまんないしなぁ。
漫画週刊誌じゃないんだから。


467 :無名草子さん:04/03/17 12:49
ライトノベルが芥川賞取ったところで何の問題も無い
もともと権威のなくなってる賞だし

468 :無名草子さん:04/03/17 12:53
綿矢って大学に入ってからも生活パターンが激変しなかったのかな?
地味女って結構「大学デブー」して生活変ること多いのに。
二作目も「女子高生ネタ」ってのがやっぱ痛いな。
二作目くらい「大学生活ネタ」にすればまだよかったかも。

469 :無名草子さん:04/03/17 12:54
三作目は政治ネタだから大丈夫

470 :無名草子さん:04/03/17 13:22
>>461
でも、共感だけじゃその先一歩も前進しない。後退すらしない。
共感を得たいのなら、ラノベやコバルトで十分。
…と思う漏れなのであった。

471 :無名草子さん:04/03/17 13:31

            ┏┯┯┯┯┳┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
             ┠∧∧∧∧╂∧∧. ∧∧ .∧∧ .∧∧ ∧∧.┨ /
      / ̄ ̄ ̄ ̄┏━/ ̄ ̄ ̄|||(*゚ -゚)(*>_<)(*T-゚)(*゚ o゚)(*゚ 0゚)O
     /  ∧_∧. i┸i//∧_∧ |||.0─0U┼┼┼┼┼∪┼⊃┼┨
    _./_(´∀` ) | ::|/(´∀` )|||.┿┿┿┿┿┿┿┿┿┿┿┿┫ コワイヨオウワァァン
   |/,,,,,, つ⌒⊂ヽL:::」 (  ⊂ ).|||∧∧. ∧∧ .∧∧ .∧∧ ∧∧..┨
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄||(*゚O゚)(*>o<(*;-;)(*゚ ‐゚)(*゚O゚)┨ オカアサン オカアサン
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄      =。.||┼O┼┼..⊃┼┼┼┼┼┼┼┨
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[| \
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,||   しぃ嬲り殺し        [|
 |====== ;...........|  //  ̄ヽ|~~||.          /,  ̄ヽ |   .{|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''| ―|. (※)|':''''||.'''''''''''''''''''''''''''''''''''''|.(※)|:|'''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ

472 :無名草子さん:04/03/17 14:56
発行部数100万部超えたようだ。
印税入ったら、普通の男には目もくれないだろうな。


473 :無名草子さん:04/03/17 16:11
来年の長者番付作家文化人部門に入るかな。
でも、再来年には「あの人は今」になるかも。

474 :無名草子さん :04/03/17 16:14
>>472
印税ってどれぐらい入るの?

475 :無名草子さん:04/03/17 17:23
うちの近所の本屋、綿矢作品が行くたびに増えている。置くところに困っているという感じ。
その本屋の売れ行きランキングにはベスト10にも入ってないのに、なんであんなに取り寄せるのか不思議。
それとも、黙っていても入荷されるのか?

476 :無名草子さん:04/03/17 17:46
権威失墜で賞だからなぁ,,,,

ウーム,,,,

477 :無名草子さん:04/03/17 18:22
ピンとこない作品でした。
特に目新しい表現もなかったような…。
途中は面白かったけど。
うーん、100万部は内容から見ると間違ってると思う。
持ち上げすぎだ。もっとひっそり成長して欲しい人だった。

478 :無名草子さん :04/03/17 18:35
まあ、河出の編集者さん、企画さんの戦略勝ちってとこですな。
綿矢の本領は第三作目で決まるかな。

479 :無名草子さん:04/03/17 19:19
韓国で販売されることになったんだっけ?
顔が良けりゃ何でもアリってか。あんな駄作でも・・・

480 :無名草子さん:04/03/17 19:34
もう初版3000部が売れたってさ。

481 :無名草子さん:04/03/17 19:39
>>480
ああ、もう販売されてるんだ・・というか韓国人らの反応が見たいな・・・。
まだ情報はないかな。

482 :無名草子さん:04/03/17 19:41
http://www.asahi.com/culture/update/0317/001.html

483 :無名草子さん:04/03/17 19:41
>>481
韓国にもAMAZONは進出しているのかな。
書評を読んでみたいね。

484 :無名草子さん:04/03/17 19:42
「芥川賞受賞作」でそのスゴサ?が韓国の人たちに分かるのかな?
それともやっぱり写真つきで売り出したんだろうか。きっとそうだな。
それがなきゃ売れないからね。

485 :無名草子さん:04/03/17 19:52
(写りのいい)写真つきで出したとしたら売れるに決まってる。
強盗犯が美少女だからってファンクラブができる国ですから。

486 :無名草子さん:04/03/17 20:30
今頃海の向こうでもハァハァされているんだろうな。

487 :439:04/03/17 20:56
>>441
まったくの見当違い。

>>449
そうじゃなくて、それでは434の質問の回答ではないと思います。

批判が途中で終わっている人が多い。

>顔が良けりゃ何でもアリってか。あんな駄作でも・・・

だから、駄作じゃない作品って・・・なに?



488 :吾輩は名無しである :04/03/17 21:18
>>484
新聞に載ってたが
写真がしっかり表紙カバーに載ってたよ。


489 :無名草子さん:04/03/17 21:25
表紙カバー?
ってことは表紙が顔写真?














スゲー。出版社の商魂を見たw

490 :無名草子さん:04/03/17 21:34
>>489
日本でも売れそうだな。

491 :無名草子さん:04/03/17 21:58
・・・その出版社って芥川賞を選抜する文芸春秋だよね?
自分で自分の賞の権威を貶めるとは何事か;


492 :無名草子さん:04/03/17 23:30
>>487
>駄作じゃない作品
そこらの人間じゃ書けそうに無い作品達
具体的にはあえて言わないことにしよう。近代文学と比較するのはあまりに酷だからな。
それに
>批判が途中で終わっている
とは?
アマゾン・2CHetc・・・でさんざんガイシュツだが、要するに
・「一生懸命人と違う表現を考えました」てな感じの疲れた(回りくどい)文章が読みづらかった。
・「蹴りたい」という感情に至るまでの経緯が曖昧。
・尻切れトンボのような結末。「序章」だけを読んだ感じ。主旨が分からず。
などなど・・・だよ。
もちろんこれは批判者らそれぞれの意見だ。面白いという人もいるだろうし、
つまるところ好みの問題なわけだがな。

しかしな・・・「芸能界入りか!?」などというニュースでの騒ぎようとか、>>488を見ると、
どうしても作品よりルックス重視されてるようにしか見えないわけだよ。
大体、蛇にピアスの方が圧倒的支持を得ての受賞、蹴りたい背中はギリギリ過半数での受賞、
にもかかわらず、なぜ蹴りたい〜の方が売れ、さらには海外にまで進出する?
それはもはや、「作品の良し悪しにかかわらず」、「ルックスさえ良ければ」売れると睨んだ
出版社側の策略なわけだ。>>488でも書かれている通りだ。
裏返せば、「ルックスをおおっぴらに明かして、『こんなに可愛い子』が書いた作品なんです」
ってとこを宣伝しなきゃ本は売れない、と分かっているからこその戦略だよ。
そういう意味でもこの作品は駄作。暗黙の了解、てか。


493 :宮部狩り:04/03/17 23:31
かつて・・・
未だ人が魔を畏れ
世界に・・・光と闇が混在していた時代・・・
世の陰に潜み・・・
人々を欺く人外の愚者達が
昼の世界を支配していた・・・
人々はこの未知なる強大な偽善者に隷属した・・・
しかし・・・・・・
己が宿命に導かれ・・・
この虚の眷属を屠ることを生業とする・・・
謎の一族が存在した・・・・・・
虚に生きる者に魔が遣わした虐殺者か・・・
それとも人々の煩悶が彼等を呼んだのか・・・
それは解からない・・・
唯一つ確かなのは・・・・・・
彼等がまるで獣が獲物を狩るように・・・
虚から真を抉り出し蹂躙していったこと・・・
後の世・・・
人々の耳に魔の声が届かなくなり・・・
遍く伝説が風説として語られる時代・・・
この虚祓いの一族を蔑む者も讃える者も・・・
等しく彼等をこう呼んだ・・・
「宮部狩り」と・・・

494 :無名草子さん:04/03/17 23:31
しかしな・・・「芸能界入りか!?」などというニュースでの騒ぎようとか、>>488を見ると、
どうしても作品よりルックス重視されてるようにしか見えないわけだよ。
大体、蛇にピアスの方が圧倒的支持を得ての受賞、蹴りたい背中はギリギリ過半数での受賞、
にもかかわらず、なぜ蹴りたい〜の方が売れ、さらには海外にまで進出する?
それはもはや、「作品の良し悪しにかかわらず」、「ルックスさえ良ければ」売れると睨んだ
出版社側の策略なわけだ。>>488でも書かれている通りだ。
裏返せば、「ルックスをおおっぴらに明かして、『こんなに可愛い子』が書いた作品なんです」
ってとこを宣伝しなきゃ本は売れない、と分かっているからこその戦略だよ。
そういう意味でもこの作品は駄作。暗黙の了解、てか。


495 :無名草子さん:04/03/17 23:41
>>492
批判2つ目禿同
構成失敗した感があるような気がしますた。
>>494
激しく同意。でも金原の方が外人受けしそうな顔だと思うのは漏れだけかな…

496 :無名草子さん:04/03/18 01:28
綿谷みたいなタイプの子、ゲットしてー。
主夫になってもいいよ、マジで。

497 :474:04/03/18 10:16
>>472
印税がどれくらい入るのか早く教えてくれ。
もしかして分からないのに書いたのかな?



498 :吾輩は名無しである:04/03/18 10:39
>>497
んなもん、自分で計算すりゃいいじゃん。
人に聞いてないでさ。

499 :474:04/03/18 10:46
>>498
分からないから聞いてるんじゃん。
知ってるなら教えてくらはい。

500 :1:04/03/18 12:24
百万部超えましたか。やっぱり俺の見込んだ小説だ

501 :無名草子さん:04/03/18 12:30
>>500
受賞前の15万部の頃は、一部のファンしか読んでなかったせいかマンセーな感想ばかりだった。
あのまま15万部どまりだったら、それこそ伝説の傑作になったはず。
でも、100万部も売れちゃ、その化けの皮もはがれると。
売れるにつれて、アマゾンレビューの評価が落ちていくのもなにか興味深い。

502 :1:04/03/18 14:31
>>501
ふん。そんなものは流行に流されまいと必死でけなしてる哀れな愚民どもで
すよ。素直になればええんや

503 :無名草子さん:04/03/18 15:26
>>502
でも賛否両論な作品だよね。
100万部は一過性のブームとしても、1のようなファンも今回のブームで大幅に増えたわけ
だから、次回作も数十万部は売れるのだろうな。
Amazon、Yahooの書評を読む限り、否定的なのは読書経験が豊富な人と、題材に共感を
もてなかった人が大部分なようなので、次回作も共感を得やすい題材をうまく使えれば
普段本を読まないファンがこぞって買ってくれるんじゃない?


504 :無名草子さん:04/03/18 15:28
駄作で流行によって100万まで売れてしまっている本が、村上龍の限りなく透明に近いブルーの記録を抜かれないこと願う。


505 :無名草子さん:04/03/18 15:36
どうにも有名なので、先日読んでみた。
雑誌を読む感覚でさらりと読めた。
個人的には当たり障りのない作品だと思ったんだけど・・・・・

正直、煽りでも釣りでもなんでもなく
なんでこの作品がここまで叩かれてるのかがワカラン。
某鬼ごっこのように禿げ上がる程、文章が壊れているわけでもなし
物語りも、まったくつじつまの合わない怪文というわけでもないのに。
本として出版され、賞まで貰ったくらいだから最低でも「普通以上」レベルの
作品なんじゃないかな。本当にクソだったらいくらなんでも
文庫化されないだろうし、賞だってもらえないと思う。

「ルックスがいいから話題になった。賞がもらえた」とか
そんなのあくまでも第三者の憶測だし、決めつけられないし。
作品が嫌いなのは個人の勝手だけど
作者のあり方や受賞という事実まで否定するのはどうかと・・・・

506 :無名草子さん:04/03/18 15:40
>>505
作品の評価は金原>綿矢であるのに、売り上げはダブルスコアで綿矢の圧勝だからな
世間の文学愛の無さに嫌悪する人らの怒りの飛び火が綿矢を責め立てる


507 :無名草子さん:04/03/18 15:54
そうか・・・・・
でも、綿矢りさの本のほうが売れたのには何らかの理由が
あるんだろうな。理由の良し悪しは別として。
(読者はピアスの数より奇怪なアイドルヲタのほうに興味をそそられたのかも
しれないし、タダ単に作者の顔が好みに合ったのかもしれないし
そこんとこは自分には解らないけれど)

綿矢が無理矢理買わせたわけでもなし、消費者が好きに選んで買った
結果なのに「すげぇ売れやがった」とかいう理由で怒られても
綿矢も困るだろうな。本当、飛び火で怒られてるな。

508 :無名草子さん:04/03/18 16:02
一番いけないのが文学愛が無い者の代表がマスコミってことなんだよな;

509 :無名草子さん:04/03/18 16:46
>某鬼ごっこのように禿げ上がる程、文章が壊れているわけでもなし
>物語りも、まったくつじつまの合わない怪文というわけでもないのに。

でも、そのあまりに破綻のなさ(小さくまとまっている優等生的なところ)に、若者特有のいい子ちゃんぶりっこが見え隠れしていて、それが嫌われるのでは?
怒りというより、ちょっと味気ない感じにがっかりというか。
文学っていってんだから、もっと「うっわー」というのも味わいたいと。
それと、綿矢作品のほうが売れたのは、その値段設定が理由だと思うよ。
二冊買うのはなんだけど一冊買って芥川賞を体感してみたい人には、安いほうがいいんじゃないか?


510 :無名草子さん:04/03/18 16:48
>雑誌を読む感覚でさらりと読めた。
>個人的には当たり障りのない作品だと思ったんだけど・・・・・
↑これが、叩かれる一番の理由ね。
文学は、すくなくとも使い捨ての雑誌じゃいけないんだという幻想。
文学なんて、ずいぶんと前から雑誌以下なんだけど、今回で明るみになった。

511 :無名草子さん:04/03/18 16:54
>綿矢も困るだろうな。本当、飛び火で怒られてるな。

ま、自業自得ですから。
有名になりたいという思いだけで書いた作品なわけですから、それだけ火の粉もとんでくるってもんです。


512 :無名草子さん:04/03/18 17:49
>>510
あまり頭いいタイプじゃなさそうだし、がちがちなものは書かないんじゃないかな。
世間も、選考委員も難しいのは読めないってのもあると思うけど。


513 :無名草子さん:04/03/18 19:39
はやりのかぜはやはりやばい だったっけ。わたやの標語に感動した。

514 :1:04/03/18 20:53
>>511
マスコミが有名にさせたんでしょ。有名になりたいって思いだけじゃ
ここまでの作品は書けません

515 :無名草子さん:04/03/18 21:04
>ここまでの作品は書けません

ここまでってw
有名になりたいって下心があるから、あの程度の作品なんでしょ。
インストールもそうだったけど。

516 :無名草子さん:04/03/18 21:09
>>510
確かに、叩いてるのは読書感想文でしか本読んだことないような奴が多い気がする。
普段から読んでたら、あれが「結構いい線」いってることは実感できるのでは?

517 :無名草子さん:04/03/18 21:10
513 はやりやまいはやはりやばい。かぜじゃ全然韻踏んでねーわな

518 :無名草子さん:04/03/18 21:40
>>516
>「結構いい線」
わたしもそう思った。
女同士のアレな部分をするどく書いてあるところがいい。
最初は私も10代でかわいいから話題づくりで選ばれたのか?
という偏見をもって読んだ。(読んだら違うってわかったヨ)

友人はわたしといるときは自然な笑顔なんだけど
女の子グループにいるときには不自然な笑顔をするみたいな内容を書いてある。
結果的に10代の女の子グループのありようを否定。
そのあたりが、周りとのコミュニケーションに悩んでいたり、容姿で悩んでいたり
する10代の子のコンプレックスを刺激するから叩かれるのかなーと。
かわいいからっていいきになってる!私たちのことバカにしてる!
バカにしてるからグループに入らない! みたいな。(^^;

林真理子系の容姿だったらこんなことされないんだろうけどね。


519 :無名草子さん:04/03/18 21:44
 「蹴りたい背中」は表紙のイラストがいいね。「インストール」のイラストは
駄目だが。

520 :無名草子さん:04/03/18 22:32
      !              ∧_∧ 雨あめ降れ降れ
     ∧ ∧__         (´∀` ) もっと降れ〜♪
    /(*゚д゚)/)/\       (    )
  /| ̄∪∪ ̄|\/        Y 人
    | ギコニャン.|/         (__)__)
    ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧
    ( ´∀`)  し〜〜〜〜〜
    ( ヽ)っ,。-、・
     ) ) )°。ヽ゚   
    (__)_) ,.;_λ..λ・゚,、_ ヤメテー!
          ノ,n(>-<*n::/\
         ノ! ゙̄~;"´~ ̄i\/
          |;, ギコニャン,_|ノ
            ̄ ̄ ̄ ̄

521 :無名草子さん:04/03/18 22:50
>504
「限りなく・・」って何万部売れたの?
というかこれまで小説で一番売れたのって誰のなんていう作品なの?

522 :無名草子さん:04/03/18 23:19
>>521
小説はわかんないけれど
本ということなら「窓ぎわのトットちゃん」らしいね
参考
http://www3.ocn.ne.jp/~sitemm/column13.html



523 :無名草子さん:04/03/18 23:34
>>522
>本
> 一冊ものに限れば、黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』(81年・講談社)が累計579万部以上とトップ。
>90年代最大のベストセラー、乙武洋匡著『五体不満足』(講談社)でさえ現在までに419万部(歴代三位)で、
>まだ100万部以上の差をつけられている。

こーゆう事書かれると、じゃあ歴代2位はなんなんだよーーーーーーーー!!
気持悪いよ〜ーーーーーー!!
教えてよ〜〜ーーーーーー!!

と思う。



524 :吾輩は名無しである:04/03/18 23:38
>>516
逆だと思う。日頃から名文に触れてる香具師だったら、あのリズム感の
悪い比喩のメチャクチャな文章はとてもじゃないが受け付けないだろう。

525 :無名草子さん:04/03/18 23:39
>>518
禿げが烈しく同意!!

あの誰でも通った道を誰もが通ってるからと、だれも書けなかった事、
ほんまの十代を書きたかった綿矢が見事に描ききったと思う。
絶賛されてしかるべき作家なのに、純文学という制約ゆえの物語、
奇抜さが無かった為に、キチガイ変態と同時受賞との憂き目に遭った
のは可哀想としか言い様が無い。

芥川賞選考委員会は、綿矢だけでは賞が持たないと、尻込みしたのだろう。
恥かしい話だ。



526 :無名草子さん:04/03/18 23:41
>>524
お前の言ってるのは、クラシックが好きな奴は、ロックが聞けない。
と言うようなもの。中途半端な本読みで、しかも自分は本が読めると
勘違いしてるような馬鹿に多んだ。

死んでくれ。

527 :無名草子さん :04/03/18 23:54
>>526
ラノベレベルの駄作に入れ込むアフォに言われたくねぇな(w
どうせ綿矢くらいしか読んでないんだろ?

528 :無名草子さん:04/03/18 23:56
>>527
はぁあああああ。

ラノベは中学の時赤川二郎20冊ほど読んで卒業しました。

529 :無名草子さん:04/03/18 23:58
りさたんはおとなしい男のコを見るといらいらするんだね。
でも、それは近親憎悪のようなもの。
男の子の背中は自分を写す鏡なんだ。
うまく大人になれない、イケてない自分自身に対しての苛立ちをそこに見ているんだよね。
主人公の女の子=りさタンと思って間違いないだろう。

530 :無名草子さん:04/03/19 00:01
『蹴りたい背中』に関して思うのは、夏に夏の話の本を出せて本当に嬉しい、
ということです。
といっても今年は冷夏ですが……。それでもみんな半袖のTシャツやら
ブラウスやらを着ているし、日焼けしている子供もたくさん見かけるし、
夏っぽい雰囲気はあると思います、多分。この話には夏のいいところが
ちっとも出てきません。夏の描写といえば、光化学スモッグを含む有害な
暑さ、もしくはエアコンの室外機から放出される熱気にまみれた蒸し暑い夜、
などほこりくさく不快なものばかりです。
でも本当は私は、夏のまっすぐで爽やかさを感じさせる暑さ、青春の夏を
信じています。あだち充の『タッチ』に出てくる夏、S・キングの小説に
出てくる少年の回想の夏を。でも実際そういう夏を味わったことがないので
(今回の登場人物くらい、私も家の中で夏を過ごしがちなので)屈折した
書き方になってしまいました。
せめて本物の夏の空気の中で読んでもらえたら、私の中にある夏が好きな
部分がちょっと伝わるかもしれないと思っています最後の場面とかの。
楽しんでもらえればうれしいです。
それでは。(綿矢りさ)

なんか幼稚な作文だなあ。大学生、それも早稲田の学生の書いた文章とは
到底思えない…。


531 :無名草子さん:04/03/19 00:03
>>529
多少違うような気もするが、引きオタの高校生が喜ぶ話でも、
虐められっこの話でもないと思う。だから君は良い線行ってる。

キチガイが大好きな売文屋の中には、SEXの話だとか、
暴力の話(この線は否定しないけど)、純愛だとか、虐められっこ
とか頓珍漢な話を解説してるけど、そんなものは聞くな読むな。

自分と向かい合え。

532 :無名草子さん:04/03/19 00:04
>>528
ゲッ…赤川次郎を厨房時代に読んでいたんだ。なるほどねえ(w
それじゃ君の愛読書も押して知るべしだな。
純文学って他に読んだ事無いんだろ?
で、今は工房?まさか大学じゃないだろうなぁ。ひょっとして
早稲田の学生じゃないよねぇ(w
「蹴りたい背中」、生協でベスト10内に入っていたそうだけど。

533 :無名草子さん:04/03/19 00:05
自分も十代だけど、正直よくわからなかった。周りにも
いいと言う人とおもしろくないという人がいたから、世代は
関係ないように思う。自分から見ると、こんなに書けてすごい!と
いうより、悪い意味ではなく高校生が書いた感じだなと思った。

534 :無名草子さん:04/03/19 00:08
自分の世代より若い頃のことしか書けないこと自体が
餓鬼っぽくて受け付けない。
どうせなら、今の自分の自画像を書けばいいのに。
でもバイトもしてない、勉学に勤しむわけでもない
中途半端な綿矢にはリアルタイムの自画像なんて書けない罠。

535 :無名草子さん:04/03/19 00:10
>>532
赤川二郎を読まない本読みは、偽者、本読みじゃないよ。

CDのクラシックしか聞かないで、ロックを否定し、ポップスを否定して、
実はクラシックも分かってない馬鹿。



536 :無名草子さん:04/03/19 00:14
>>535
自分だけの価値観で語るなよな。
別に赤川読まなくても恥じゃないし。

537 :無名草子さん:04/03/19 00:17
>>536
文学の話してるのに、一般論話してどうするば〜か。
文学とは自分の価値観と文学との相対化だ。

ば〜か、ば〜か、ば〜か、ば〜か、ば〜か、ば〜か、

538 :無名草子さん:04/03/19 00:17
>535
煽る言葉もボキャ貧な香具師だな。もう少しヒネリ入れろよ。
オチもない煽りなんて痛すぎだぜ。

539 :無名草子さん:04/03/19 00:17
>>538
おまえもなー

540 :無名草子さん:04/03/19 00:19
535の愛読書は綿矢と赤川ってことか。
アフォラシヤのカネが鳴るだな。
赤川が文学とは知らなかったな。


541 :無名草子さん:04/03/19 00:20
535が綿矢を純文学の傑作だと思うなら
赤川を引き合いに出した時点でヤバイ。

542 :無名草子さん:04/03/19 00:22
>>530
大学生の書いた文章だとして見ると、日本語になってるだけでも稀有だと思う。

543 :無名草子さん:04/03/19 01:10
この作品は芥川賞の及第点を知る上ではいい指標になるさ


544 :無名草子さん:04/03/19 01:33
>>525

>あの誰でも通った道を誰もが通ってるからと、だれも書けなかった事、
>ほんまの十代を書きたかった綿矢が見事に描ききったと思う。

だから、マンガではガイシュツなんだって。
マンガ読みから見ると、「なんで今更、これ?」って感じだよ。


545 :無名草子さん:04/03/19 01:34
綿矢作品はまあまあだと思ったけど、
でも、桐野夏生の『グロテスク』とか読んじゃうと、綿矢作品はまだまだだと思った。
まだまだというか、足元にも…って感じだな。

546 :無名草子さん:04/03/19 01:40
>>530
>せめて本物の夏の空気の中で読んでもらえたら、

自分が「本物の夏」がどういうのか知らなくて、またそれを表現しきれないからといって、読者に『本物の夏の中で読め』と委ねるのはどうかと思う。
夏を知らない人でも、夏でない季節に読んでも、『本物の夏』を体感させることが小説家の技量だと思うんだけどね。


547 :無名草子さん:04/03/19 02:38
            ∧_∧
            (・∀・ )
          /´/⌒ヽ ヽ
         (_(_)__ノヽ)
"""""""""""""""""""""""""""
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  。 0°
    。゚  o°゜
  。 o゜ ・゚。°
   。°゚ヘ,ノi  °
  //(`(゙^ ゙::/)ヾヽ
  (( と,  ,つ ))。
     O_ __)〜 ゚
       し||
       . __||___
       |;;;;]];;;|
         ̄ ̄

548 :無名草子さん:04/03/19 03:34
щ(゚∀゚щ) カモォンッ!!

549 :無名草子さん:04/03/19 18:28
>>547-548
こっちは真面目スレですよ〜。

>>547はなんか可愛くて好きだけど。


550 :1:04/03/19 19:22
>>547を見るとダイの大冒険のポップがルーラの特訓してた時を思い出します

551 :無名草子さん:04/03/19 20:32
>>518
> 林真理子系の容姿だったらこんなことされないんだろうけどね。

もしそうなら文藝賞の最終選考時で落ちてます。
最終では顔写真付きだから。

552 :無名草子さん:04/03/19 20:34
>>547
俺の父親は祖父からこれをやられてた。
トラウマの連鎖は俺にまで及んだ。
今が平和なのが嘘のよう。ふふふ。

553 :529:04/03/19 21:21
>>531
あなたの書いた評論を読みたいな。

554 :無名草子さん:04/03/19 21:22
100万部も売れたのかぁ。
20歳にして頂点、そこから転落の一途、あの人は今の典型的人生ですね。

555 :無名草子さん:04/03/19 21:30
>>544
だから、マンガではガイシュツなんだって。
マンガ読みから見ると、「なんで今更、これ?」って感じだよ。

いいこと言ったね。

556 :無名草子さん:04/03/19 21:31
>554
ばっかじゃねーの
新作も当然100万部こえるだろ
蹴りたい背中は何度も読んで味わう作品だ。
読むたびに違う感情が生まれる。
そもそも、綿矢りさのおかげで
本を読むようになった人間がくさるほどいるっつーのw


557 :無名草子さん:04/03/19 21:32
↑でも、それは当分禁句にすべきだな。
それを言っちゃあおしまいよって感じ。

558 : :04/03/19 21:35
綿矢りさは、神です。
あの授賞式の笑顔は、一生忘れません。


559 :無名草子さん:04/03/19 21:37
まあ、それほどうまいとも思わないが、漏れはりさタンがいていいなと思う。
というのも、おっさんが女子高生(いまどきのね)書いたりし始めてきて鬱陶しく思ってたから。
たとえば舞城王太郎って人が阿修羅ガールってのを書いたんだよ。
読んだことないけど、なんかやだな。
読まずにこんなこと書くのもなんだが。
でもや何だよね。おっさんが女子高生をねたになんか書いたり、するのって。
リさタンが出てきたお陰でそいつらがおとなしくなりそうな気がする。
なんたって、現役(女子高生ではないが、まだ若い女のコってこと)だからね。
おっさんたちがどんなにがんばってもりさタンや金原ひとみタンにはかなわないって気がする。
これで、おっさんたちはおとなしくなるだろう。

560 :無名草子さん:04/03/19 21:38
女子高生ねたの小説といえば、ドラゴンのラブ&ポップがあったな。
アイツも鬱陶しいね。

561 :無名草子さん:04/03/19 21:56
次回作がノーベル文学賞受賞作でないかぎり10万売れればいいほう

562 :無名草子さん:04/03/20 01:49
>>492
 天才とおんなじ時代に生きている人達ってさ、天才と自分の間にある計り知れない「差」ってものがなかなか理解できずにいるんだよ。
だから、「あいつと俺の間にそんなに能力差があるはずがない。言いたいこといっちゃえ〜〜〜」ってな感覚で批判したりしちゃうんだよね〜〜〜。

 逆に過去に存在した天才達、いわゆる君の言うところの「川端康成」とか「夏目漱石」?、もちろん僕も入れてもらってもいいんだけど(^^;)
(おおむね死んじゃった人達が多いよね)
そういう人達に対してはもう!
盲目的に崇めちゃうんだよ。(僕としては、ホント・・たいした玉じゃあねえ是、ぐらいに思ってて欲しいんだけどね)

そんなわけだから同時代の批評家(君達もそれをやっているんだ)は彼女を(結果的には)痛めつけていることになるし、逆に過去の作家に対してはお線香を焚いて、ナンマイダー・・って拝んでいるんだよ。

盲目的にね・・・


芥川龍之介「侏儒の言葉」・・・より
  「天才」に関する記述を現代風に約してみました。

563 :無名草子さん:04/03/20 01:51
>>562
どこを縦読み?

564 :無名草子さん:04/03/20 01:54
>>562
ただのエロじいさんにしか思えないけどな。
推敲の文学というわりには、リズム感もイマイチ。
夏目漱石は、ラノベの祖師ってことではすごいと思う。

565 :無名草子さん:04/03/20 01:55
564の前半は、川端康成についてね。

566 :無名草子さん:04/03/20 02:02
「トロッコ」って・・・

 いいよねぇ〜〜〜

  (7ページしかないけど)

567 :無名草子さん:04/03/20 02:15
        天才

天才とはわずかに我々と一歩を隔てた者の事である。
ただこの一歩を理解するためには百里の半ばを九十九里とする超数学を知らねばならぬ。
     by.Ryuuchan.

568 :無名草子さん:04/03/20 02:36
綿矢は天才かもしれんが、でも今のところその才能に見合った努力はしてなさそうだな。
努力なくしては、せっかくの原石も石のままでしょう。
それにしても、綿矢って、エッセイやコメント文になると、凡人以下なんだよな。

569 :無名草子さん:04/03/20 02:41
若くてかわいい(あくまで作家レヴェルでだけど)ってだけで天才だよ。
ホントブスばっかジャン。しかもおばさんの。
何で今までこういう子が現れなかったかね。

570 :無名草子さん:04/03/20 02:42
ライバルは鬼ごっこのやつか。
男では。

571 :無名草子さん:04/03/20 02:43
>>518
>「結構いい線」
わたしもそう思った。
女同士のアレな部分をするどく書いてあるところがいい。
最初は私も10代でかわいいから話題づくりで選ばれたのか?
という偏見をもって読んだ。(読んだら違うってわかったヨ)

友人はわたしといるときは自然な笑顔なんだけど
女の子グループにいるときには不自然な笑顔をするみたいな内容を書いてある。
結果的に10代の女の子グループのありようを否定。
そのあたりが、周りとのコミュニケーションに悩んでいたり、容姿で悩んでいたり
する10代の子のコンプレックスを刺激するから叩かれるのかなーと。
かわいいからっていいきになってる!私たちのことバカにしてる!
バカにしてるからグループに入らない! みたいな。(^^;

林真理子系の容姿だったらこんなことされないんだろうけどね。


やっぱかわいい子が書いたってのが大きいな。
ブスでいじめられっ子ってのはちょっと悲惨。

572 :無名草子さん:04/03/20 02:46
>>569
すでに椎名桜子という実験は行われたんだが、まだ機は熟してなかった。。

今まで、どこか屈折してコンプレックスのかたまりみたいものがモチベーションになって文学は成立していた。
要するに、容姿に自信があり現実に不満はない香具師は文学は無用だった。
そういう意味では、「世の中に疑問がない」という香具師がブンガクになだれ込んで来たということはかなり画期的だよな。

573 :無名草子さん:04/03/20 02:49
今売れてる本っていうと(女で)
酒井順子の負け犬の遠吠えがあるな。
ずいぶんと違うタイプの二人。
コイツもブスなのにたいした文章書くわけでもないし。

574 :無名草子さん:04/03/20 02:54
どんなに容姿に恵まれていても、ブスでも、お金持ちでも、貧乏でも、人間には平等なものがある。
生老病死の苦しみだ。
これだけは、どんな人間にも平等に訪れるってことだ。
だから、美人や金持ちを妬むな。

575 :無名草子さん:04/03/20 05:21
そんなのウソだろ。
5歳で交通事故で即死なら、
老と病は無いじゃないか。

576 :無名草子さん:04/03/20 14:01
>>575
馬鹿だな。5歳でもちゃんと老いているじゃないか。
生まれたことそのものが「苦」ってことなの。
綿矢なんか読んでないで、ちょっとは高校生レベルの哲学でも勉強しれ

577 :無名草子さん:04/03/20 14:07
>>575
5歳までって、なにかしらよく病気するよね。
病気しないほうが稀だ。

578 :無名草子さん:04/03/20 14:16
>>575
「病死」じゃなくて、『病と死』ってことでよろぴく。

579 :無名草子さん:04/03/20 17:41
出版社に金が入って良かったな、と

>>574
・・・あのよ
何時の時代の言葉だよ
金があれば長生きできるだろ実際
病気に対してだって、同じ薬にもランクがあるからなー
日々も食い物や、細胞の寿命を延ばす薬だって でてきてる
死ぬって事だって、もしかしたら その内金でなんとか なるかもよ
小説の中だけじゃなくて、随分リアルに感じられる程になってきたよなー 実際

五歳の子供が生とか死なんて感じるかよ
哲学なんて、肥溜めに集るハエ位の価値しかねぇよ、実際
後は、その人間の心持しだい
まあ、その人によって価値観が違うなんて、言葉 いい金づるがいますよって事だよな

580 :無名草子さん:04/03/20 18:08
>>579
君は、まだまだ若いんだね…。ママおっぱいをまだ吸っている2歳児ぐらいだろうか。
生きていることじたいが、「苦」なんだよw
君には、『祇園精舎の鐘の声…』を送っておこう。

581 :無名草子さん:04/03/20 18:08
生まれてすみません・・・。

582 :無名草子さん:04/03/20 18:11
>金があれば長生きできるだろ実際

世の中には、長生きしたくない人もいるってことだよw
自分の5メートル範囲だけで価値観を普遍化するな。
それじゃ、綿矢とおんなじじゃないか。

583 :無名草子さん:04/03/20 18:14
>>579
>後は、その人間の心持しだい
そうだよ、君だって、哲学持ってるじゃない。
生老病死も、とどのつまりは、「その人の心次第」ってことなんだ。

584 :無名草子さん:04/03/20 18:16
>>579
まあ、もちつこう。
あなたの最後の行には同意ですね。
人は生まれたら最後、死に向かって進むのみですから
色々な哲学(詭弁とも)があるわけで、それが慰めになってきたんだと思います。
お金も勿論必要ですが手段の一つです。死を目前にしていかに使うべきか、じゃないでしょうか。


585 :無名草子さん:04/03/20 18:18
ま、生きているってだけで、食欲と性欲との戦いだからな。
食べ過ぎたら食べ過ぎたで、今度は肥満との戦い。
セックルやりすぎたら、今度は病気の恐怖。
人生は、いろいろと大変ってことだよ。

586 :無名草子さん:04/03/20 18:19
セックルしたら眠くなるしねw
睡眠欲全開。

587 :無名草子さん:04/03/20 18:24
でもさ、純文学=哲学って、思ってたんだけど、最近は違うよね。
これってちょっとしたニヒリズム?
ま、ニヒリズムじたい哲学なんだけど。


588 :無名草子さん:04/03/20 18:26
現代文学は哲学的問いかけを含むものが多いと思うが、
純文学は必ずしも哲学と結びついてたとは限らんぞ。

589 :無名草子さん:04/03/20 18:31
>>588
というと、純文学ってなんなんだろう?
娯楽でもなければ哲学的要素もない。
その存在意義とは?……と結局この疑問に立ち戻るんだよな。

590 :無名草子さん:04/03/20 18:31
生きてる事が 苦ね
そんな事考えてる奴は大抵 甘ったれてるんだよ
口に出すのも恥かしいぐらい当たり前なんだよ
ズハリ 言うとね
言ってる自分に酔いすぎだよ

まあ 基本的に俺は現実主義だから しょうがないんだが
哲学というか、現実に的に考えて

>>582
んとね それに関しては
あくまでも可能性を示唆してるだけだからさ
生老病死は 誰もがあるけど、 程度が違うって事を言いたいから
そういう言葉使っただけ
重箱の隅つつっく様な真似は、自分のプライド削るぜ

591 :589:04/03/20 18:32
書き込んだあとふと思ったが、純文学の意義って、他人の人生を覗き見して得る快感みたいなもんなのかな?
ワイドショー的な。

592 :無名草子さん:04/03/20 18:34
>>590

>ズハリ 言うとね
>言ってる自分に酔いすぎだよ

それは、お釈迦様に言ってくれw
つか、チミはなかなかの哲学者だの。偉い偉い。


593 :無名草子さん:04/03/20 18:36
>そんな事考えてる奴は大抵 甘ったれてるんだよ

だそうです、ゴータマ・ブッダさん。

594 :無名草子さん:04/03/20 18:37
>>590が必死になればなるほど、それがストレスになって苦しまないかと、心配です。

595 :無名草子さん:04/03/20 18:38
>>592
あ、あんた 人が何か言うたびに
「ああ、それは哲学だねー」とか 言うのかよ
余程の事でもないかぎり 使わないだろ
いや 言うんだったら しょーがないが・・・

596 :無名草子さん:04/03/20 18:40
>>595
いや、あなたはなかなかいろいろと考えていると思いますよ。
考えることじたい、『哲学』だと思いますよ。
哲学なんて、そういうものでしょう? 難解なことを言うのではなく。

597 :無名草子さん:04/03/20 18:40
哲学ならキルケゴールがいいよ
深くは無いけど程よく整理がなされてる


598 :無名草子さん:04/03/20 18:53
>>594
必死というか、これが俺の普通なんだよ
哲学語るより、人一人騙す詐欺師の方が上等だと考えるタイプでね

じゃ、なんで俺みたいな人間が書き込んだかと言うと
蹴りたい背中を、無理やり読まされて頭にきてるから書いたんだ!!

599 :無名草子さん:04/03/20 18:55
>>598
>必死というか、これが俺の普通なんだよ
>頭にきてるから書いたんだ!!

・・・日本語大丈夫?

600 :無名草子さん:04/03/20 18:58
>>598
いや、自分は生老病死を言い出した香具師だけど、実は蹴りたい背中にはがっかりした口。
まさか、こんなところで君と禿同とは(笑

601 :無名草子さん:04/03/20 19:10
>>598
でも、意味は通じるだろ
金も貰えない文章なんか、一々見直すかよ

がっかりかねー
毎年無理やり、受賞者みつけてるんだし
最近の物に期待してもしょーがないでしょ
宮部みゆきが賞とって、高村薫が全く駄目だもんなー
仕事じゃしょーがないが


602 :無名草子さん:04/03/20 20:05
>>601
高村は直木しょうとかいろいろ獲ってたよね。
宮部が最近とった賞って
何の賞?


603 :無名草子さん:04/03/20 20:21
ん むしろ
マークス以降なんか賞とったか?
高村は、それで嫌気が差したと聞いたが
例の書かない宣言

まあ、流行作家と比べても仕方のない事だが

604 :大物評論家:04/03/20 20:34
現代において、これほどまでに大衆の関心を文学に向けうる作家が
どれだけいるだろうか。戦後日本文学界において、異なる記号論と
その機能性の対立において、世代間の成熟と意味を何に求めるかと
いう問題をもたやすくクリアしてしまうという芸当を成し遂げたことは
特筆に価する。
カント、ヘーゲルでさえも、純粋たる理性の批判に耐えうる擁護論を必要とあらば、宗教論への変換が可能である。

605 :無名草子さん:04/03/20 20:40
>>604
自分で何言ってるか良く分かってないでしょ?

606 :無名草子さん:04/03/20 21:35
>605
そんなことをいうのは筋違いだ。

607 :無名草子さん:04/03/20 21:44
おめーら喧嘩すんなよ。スレタイちゃんと読め。
哲学ヲタ。

608 :無名草子さん:04/03/20 22:37
>>607
綿谷ヲタは黙ってろよ。

609 :無名草子さん:04/03/20 22:44
>>608
逆ギレか?(  ̄ー ̄)
綿谷?誰?それw
つうか、哲学引っ張り出すような作品じゃないだろ。
知識ひけらかすなら板違いだって言ってんだよ。

610 :無名草子さん:04/03/20 22:46
>>609
流れが読めないなら出てこないでね(w

611 :無名草子さん:04/03/20 22:50
(・∀・)ニヤニヤ

612 :無名草子さん:04/03/20 23:11
綿谷ヲタ・・・プ

613 :無名草子さん:04/03/20 23:14
でも、いまだに大半の人が、谷と矢を間違えている。
所詮、その程度の認知度。
「芥川賞をとったかわいいねえちゃん」ぐらいの認識しかないのでは?

614 :無名草子さん:04/03/20 23:21
綿矢ヲタにはそんくらいの認識でいいんだよ。
角川スニーカーから出すくらいが妥当。

615 :無名草子さん:04/03/20 23:26
>>612
613を見て気づいた。本当にそのくらいの認識だ。
全体的にどの世代の読者が多いのだろう。
自分のイメージでは中高生が多いのかと思っていたけど、そうでもないのか。

616 :無名草子さん:04/03/20 23:32
・ルックス&話題で中高生が惹かれる。
・芥川賞のネームバリューで、とにかく読まずにいられない人間もいる。
漏れは後者。今後、自戒の糧とするよ。


617 :無名草子さん:04/03/21 10:59
「美」は常に・・・
        勝利する。

618 :無名草子さん:04/03/21 11:03
「美」は常に・・・注目され、

      「美」は常に・・・賞賛される。

「美」は常に・・・優れており、

       「美」は常に・・・奪い合いとなる。

619 :無名草子さん:04/03/21 11:04
「美」は常に・・・尊く、
     
      「美」は常に・・・優先される。

「美」は常に・・・与えられ、

      「美」はさらに・・・その美しさを増す。

620 :無名草子さん:04/03/21 11:05
「美」は常に・・・
 
      うつくしい。

621 :無名草子さん:04/03/21 11:42
で、綿矢は「美」なの?
写真で見た限りはかわいいと思ったけど、動画見たら、がっかりだったけどな、漏れは。


622 :1:04/03/21 12:26
インストールで騒がれたときはもっと可愛かったですよ。今じゃ大人っぽく
なっちゃって興ざめですね。

623 :無名草子さん:04/03/21 13:26
大人の女性とは怖くて付き合えない、ロリコン1・・・
なのであった。

624 :無名草子さん:04/03/21 14:09
どうでもよろしいが、あんなもので芥川賞をとってしまうなんて・・・龍之介の遺志はどこへやら・・・これはもはや悲劇だ。
いや・・むしろ喜劇か???


625 :無名草子さん:04/03/21 15:01
どうして、若い子は、わざわざこんな本買ったりするのかしら?
クラスで一人が買って、貸してもらえばいいのに。と思う。
どうせ読むのにそう時間かからんだろ。

他人の才能(←疑問形だが)が羨ましい、
何者にもなれなかった人間の感想でした。


626 :無名草子さん:04/03/21 16:28
>>625
ヲタに支持された場合、ひとりで何冊も買うわけよ。
保存用、観賞用、その他いろいろ用。
たぶん、買った人数からいったら、金原と変わらないんでは?
ヲタの支持を受けると一気に売れるが、ヲタが離れると一気に寂れる。

627 :大物評論家:04/03/21 19:21
こんなこというのもなんだけど、舞城王太郎って人が阿修羅ガールってのを書いたんだよ。
読んだことないけど、なんかやだな。
読まずにこんなこと書くのもなんだが。
でもや何だよね。おっさんが女子高生をねたになんか書いたり、するのって。
リさタンが出てきたお陰でそいつらがおとなしくなりそうな気がする。
なんたって、現役(女子高生ではないが、まだ若い女のコってこと)だからね。
おっさんたちがどんなにがんばってもりさタンや金原ひとみタンにはかなわないって気がする。
これで、おっさんたちはおとなしくなるだろう。

628 :無名草子さん:04/03/21 19:24
>>604
>カント、ヘーゲルでさえも、純粋たる理性の批判に耐えうる擁護論を必要とあらば、宗教論への変換が可能である。

しかし、ポスト構造主義との共存は可能であるという認識を楽観的に表層だけで
とらえるのはどうかと。

629 :無名草子さん:04/03/21 20:15
蹴りたい背中を実現。
 ↓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/pict/fight/020413_kak_zen_main03_500.jpg

630 :無名草子さん:04/03/21 22:20
>>622
あら、>1タンがそんなこと言っちゃ、このスレ意味ね〜な。所詮見た目かよ。

631 :無名草子さん:04/03/21 22:26
>>628
ヲタウザ

632 :無名草子さん:04/03/21 22:54
蹴りたい背中を真面目に語るスレ


スレ立てた1の発言が真面目でもなんでもないものばかりだが。

633 :無名草子さん:04/03/21 23:12
整形前写真拾ってきますタ
http://no.m78.com/up/data/u031435.jpg





634 :無名草子さん:04/03/22 00:57
↑その程度は整形とは言わないと思う・・・

635 :無名草子さん:04/03/22 01:38
>>633
そっちのほうが萌える。

636 :無名草子さん:04/03/22 01:48
>>633
目の幅が違う

637 :1:04/03/22 02:41
>>623
何を言う。私は肉体は若い子のほうが好きだが精神は年上のほうが好きだ。
勘違いしないでもらいたいね。

638 :ぞう・19才:04/03/22 06:00
はじめまして。今ちょうど読み終えました!寝る前に少しずつ読んでいこうと思っていたのですが結局徹夜で読んでしまいました(>_<)率直な感想は、面白かったです。いまっぽい比喩が気持ちよかったかな。女って観察力スゲーって思いました。

639 :ぞう・19才:04/03/22 06:02
普段あんなに細かいこと考えてんのかって。わかるわかるって場面も結構多かったけど。展開がもうちょいテンポよかったらいいなぁとは思った。実ははじめの方は芥川賞ってこんなんでいいの?的な感があったんだけど読んでくうちにめっちゃ文うまいなって思いました。

640 :ぞう・19才:04/03/22 06:10
まぁ俺は文学に不案内なんですけどね(^_^;)あと、疑問に思ったことあります。ハツはにな川のこと好きになったんですか?自分で気づいてないだけで好きなんだと思うんですが。

641 :無名草子さん:04/03/22 09:21
>>640
オリチャンを見ているにな川が好きだ という表現があったから
それで「自分」で判断してくれ、小説なんてみな曖昧なもの多い

しかし今回の芥川賞で歴代芥川賞作品読んでいるけど
最初に綿矢の見ると他の作品がちょっと高度に思えてくる
「蹴りたい背中」の次に「日蝕」読むと
若いやつは面食らうんじゃ・・・?

642 :無名草子さん:04/03/22 10:44
>>633
ちょっと・・・斜視?
モー娘の田中とおんなじ。

643 :無名草子さん:04/03/22 12:35
内容に伴ったスレになってるな、これ

少なくとも売れ過ぎた後の反動がでかそうだな
次回作、かわいそうやね
まあ、もしかしたら自分でも賞取れると勘違いしてる人間は 確実に増えてそう

太宰でさえ「私欲しいんです」て手紙出すほどだったのに
地に落ちた賞だな

644 :無名草子さん:04/03/22 12:56
単なるアダ花=蹴りたい背中

綿谷が悪いんではなく、若い奴にやれば注目浴びるかもと考えた頭の悪い
選考委員が悪いと思います。
綿谷は1秒経つごとに付加価値が下落していっています。
さらに悪いのは文学界ではなく、「若き天才」発掘に血道を上げる空気です。
ジャンルを問わず、過去に実力が伴わないうちに持ち上げられ、過度な人気を
まとってしまった「若き天才」が潰れてしまった例は枚挙にいとまがありません。
なんにしても才能を伸ばすにはある程度の無名性とハングリー精神が必要なのです。

645 :無名草子さん:04/03/22 13:01
つぎは野間新人文学賞取らせる戦略だべ

646 :ぞう・19才:04/03/22 13:24
>>641返事ありがとう!確かに読者それぞれの見方があると思うんで。俺はそういう表現からも好きなったんじゃないかって…641さんやみんなはどう思いました?

647 :無名草子さん:04/03/22 13:32
絹代はハツがにな川を好きだと思っていて
にな川はハツに嫌われていると思っていて
ハツはオリちゃん好きなにな川をいじめるのが好き
そんな微妙な心理を描いてる

648 :無名草子さん:04/03/22 13:33
私は高校生の頃までは文学少女だったのに、大学入ってからは
遊び呆けて活字離れが甚だしかったのですが
久しぶりに綿矢ちゃんと金原さんの読みました。

また本がいっぱい読みたくなったよ。思春期の頃のこまかな
心理描写が今風にされていて、懐かしい気持ちになりました。
いまは少し大人になって、鈍感になったけど
昔はこうやっていろんなことを斜めから考えてた気がする。

649 :無名草子さん:04/03/22 13:50
>>641
日食は筒井系の文学で大嫌いだ。
写真展に行ったらヨウ化銀が展示してある感じ。


650 :無名草子さん:04/03/22 20:36
ハツに嫌悪感を持ったけど一気に最後まで読んだ。
インストール同様、半年も経てば内容忘れそう。
あー、インストールの主人公もなんか嫌いだなー。
文章は良いんじゃん? ??なところもあったけど。

651 :無名草子さん:04/03/22 21:31
>>650
その「嫌悪感」を言葉にするのが、国語力なんだけどなぁ.。o○
まぁ文系だから仕方ないか。



652 :無名草子さん:04/03/22 21:34

★大学受験板で祭り!!!!!★

ここまでのあらすじ
綿矢りさの高校生時代の同級生(156◆i3ugQtl.ds)が写真をうp。

祭り発生

156氏調子に乗ってさらにネタ投下

祭り状態のまま次スレへ

【修学旅行】綿矢りさ、タオル1枚でみんなでピース!2枚目
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1079955289/

653 :綿矢です。こんばんわ:04/03/22 21:41
みんな、私を宣伝してくれてありがとう。
「蹴りたい背中」100万部突破しました。皆さんの宣伝活動のお陰です。
200万部突破の目標のために、下の文章をコピペしてあちこちに貼ってね。


1.芸能関係のスレに
さてと、読みかけの綿矢りさの「蹴りたい背中」を読もうっと。
みんな読んでるからな。読まないと流行に乗り遅れちゃう。

2.クルマ板に
こういう車には綿矢りさちゃんみたいなかわいい子を乗せたいなあ。

3.映画板に
主役の女の子は綿矢りさちゃんにちょっと似てるね。


などなど、あなたのアイデアでいろいろアレンジしてもよし。
どんどん貼ってね。ひとりノルマ、一日100スレッド。
いろんな板に貼ってね!!


654 :赤忍:04/03/22 21:43
報告します。
拙者、クルマ板に貼ってまいりました。

655 :青忍:04/03/22 21:43
報告します。
拙者、アニメ・漫画スレッドに貼ってまいりました。

656 :緑忍:04/03/22 21:44
拙者、社会ニュース速報版に貼ってまいりました。
さっそく、自転車板にも貼ってまいりまする。

657 :綿矢:04/03/22 21:45
うむ、ご苦労。みなのものもがんばってくれ!

658 :忍者一同。:04/03/22 21:45
了解しますタ。

659 :無名草子さん:04/03/22 21:49
ライブのあと、弐名川の部屋で3Pすればよかったのに、という
このスタンス

660 :無名草子さん:04/03/22 22:25
(苦笑)

661 :無名草子さん:04/03/22 22:38
まあ 編集者も苦しい所だよな
今何が売れるか分からない時代に入っちゃったし
ハリーポッター 大手が蹴ったってのも実際頷ける話
売れ線分からなきゃ >>644 みたいな理想論 通るわけないし
昔の人間は過去の遺産食い潰し、若手は有象無象あふれ出す
そういう時期なんのかもねー今は

さくらももこ みたいに読んだ後に何も残らず、読んでる最中 なんか楽しく感じる
みたいな作品が売れ線のようなきもするが、それだけじゃ随分あやふやだなー

100%言い切れる事は、フォントはでかくなきゃ駄目って事かw
始め詩集かなと思えるぐらい、スラスラと斜め読み、それがいいのかな。

662 :無名草子さん:04/03/22 23:11
暇だったから、実家に帰省するときに買って読んでみたけど、つまんないってのが感想でした。
小学生時代からだいたい月に20冊くらい本読んだりしてたけど、久々に、二度と読みたくなくなる本に出会いますた。
文章の表現とかは上手くまとまってるなって思ったんだけど、ストーリーがついていってない感じ。
なんで芥川賞受賞できたのかが理解できん。

作品って、文章とストーリーが上手く混ざり合っているものだと思っていたんだけどな。
こんなガタガタな作品の主人公にも何の共感も得られないわけで。
女の気持ちとかはこと細かに書かれてあるけど、書かれすぎっていう感も否めませんでした。
可愛い子が書いた、そこそこ可愛い子の一匹狼の心境はリアルに書かれていると思う。
でも、可愛くない一匹狼の子が読んだら、腹立たしい限りかと。
実際読んでてイライラしたしな。

ベタ褒めする人が理解できんと思ったよ。
まぁ好き嫌いはあるだろうけどさ。
これをきっかけに本を読むようになった人がいたら、それはそれで凄いと思う。

663 :1:04/03/23 02:01
>>662
自分が可愛くないからってそんなに嫉妬しなくても…。
女の嫉妬って怖いね

664 :無名草子さん:04/03/23 02:14
ツマラン

665 :無名草子さん:04/03/23 02:28
別に怖くないよ 大丈夫だからコッチオイデ

666 :無名草子さん:04/03/23 03:42
蹴りたい662

667 :無名草子さん:04/03/23 08:57
利用者が増えるに従って、(特に春になると)頭のおかしな人もそれなりに
出没するようになって来ています。頭のおかしな人に関わるとなにかと
面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。

頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人も
そう思ってると力説する人
他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が
通らないとコピペや荒らしなど無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めて
もらう機会がないがプライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手の
いない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
 「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思って
いる人です。何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が
読んでも意味のある文章になりますが、そういった論理的思考の出来ない人
です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。


      

668 :無名草子さん:04/03/23 09:11
667ha to 1 or 666

669 :無名草子さん:04/03/23 10:30
次作は1年後くらいですか?

670 :無名草子さん:04/03/23 11:09
そっとしてれば消えるよ。

671 :無名草子さん:04/03/23 12:57
印税は売上の10%。だから今んとこ約1億やね。

感想。女だな〜って感じだ。よくそこまで自分の身の回り「だけ」を
輝かせて書けるもんだと。よくそこまで自己肯定的になれるもんだと。
俺はもっとスケールのでかい話のほうが好きだから、面白かったけど、
「女だな〜」って思ってしまう。

672 :無名草子さん:04/03/23 13:15
>>671
ハゲドウ。
正しい日本の女流作家って感じがした。
選考会ではのぶこちゃんだけがイチ押しだったらしいけど、なるほどなーと。
ツボが同じ人には大傑作にも感じるかもしれないけど、ちょっとでもツボがはずれると「は?」としか終えない白々しい話だよ。

673 :無名草子さん:04/03/23 13:22
>>661
ディープラブが売れて、大手出版社も大慌てで「そうか、若者をターゲットにすればいいんだ、分かりやすい言葉で」みたいな気になったんじゃないの?
いずれにしても、最近のヒット作は、大手出版社が見向きもしなかったものばかりだよね。
ビートルズがデビュー前に大手レコード会社に馬鹿にされまくって門前払いされたようなものだよ。
で、ビートルズが大売れして、大手レコード会社が「第二のビートルズを探せ」とばかりに、リバプールの悪がきたちを大量デビューさせたのと同じなんだよ、今回の芥川賞は。
後追いなんて、ミトモナイ。


674 :671:04/03/23 13:22
白々しいとまでは俺は言わねぇなあ。
ただ、ハツが他のクラスメートを「幼稚だよね」とにな川に同意を求める
ところで「おいおい本気かよ」と思った。お前の視線が正しいなら
なぜお前の理想とする集団に全体をもっていこうとしない?自ら
集団に入って?と。
「現実的な左翼に進化する」っつう本を前日に読んでいたためかちょっと
運動家ライクな俺の感想wでも、ハツ=綿矢みたいな後輩(人生の)の
受け皿を維持できなかった俺自身にも忸怩たる思いは残る。そんなことを
考えさせてくれただけでも「面白かった」。

675 :671:04/03/23 14:00
もっと語るなら、俺の世代(三十代)ってムーヴメントの起こし方
四十代から学んでいながらそれを蹴っていたところに省みるよな。
で、花の十代は苦悶していると。まあ俺たちも「汚れたくない、でも
事は起こしたい」って贅沢なハードルを自らに課しているから
まだ大爆発起こせないんだろうけど。

てな書き込み、共感薄そう!wでも、90年代って「失われた十年」
なんだろ?

676 :無名草子さん:04/03/23 14:12
とりあえず、牡丹と薔薇はおもしろいよ。
今の文壇は、牡丹と薔薇に学ぶべきだ。

677 :無名草子さん:04/03/23 15:45
私と同じ、三十代でも、このような本を購入してまで読むのですか。
また、若い人達には、もっとほかに読むべき古典があると思うのですが。
(たとえばどんな?と聞かないでね)

678 :671:04/03/23 15:54
んにゃあ後悔はしてない。俺は遠藤周作・北杜夫・井上靖・筒井康隆・
星新一などなどで育ったけど、今の子供たちが興味ないっていうのなら
それは作者の限界かなぁと。ま、こんな折に触れ紹介はしたいけれど。

180 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)