5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【民主主義は】呉スレ10【親の敵でござる】

1 :無名草子さん:04/03/02 00:59
■過去ログ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1071492100/l50
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1067004923
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1060523195
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1054729170
http://book.2ch.net/books/kako/1050/10506/1050631634.html
http://book.2ch.net/books/kako/1048/10480/1048092158.html
http://book.2ch.net/books/kako/1037/10373/1037374249.html
http://book.2ch.net/books/kako/1003/10030/1003053943.html
http://natto.2ch.net/books/kako/975/975487451.html

■関連サイト
All About 呉智英
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA013051/fuzi/fuziFrame.html
以費塾
ttp://ich.jp.vu/
永久保存版
ttp://www.jp.piko.to/


2 :無名草子さん:04/03/02 01:27
>>1

3 :須らく、買うべし。金のないものは図書館で借りるも可也。:04/03/02 02:54
呉智英先生待望の書『現代人の論語』(文藝春秋)好評発売中!
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163655700/ref=ase_eikyuhozombsh-22/250-1327801-9303461
一応宣伝

4 :無名草子さん:04/03/02 03:55
最悪なれどももっともまし=受け入れられる
親の敵=受け入れられない

受け入れられない。立て直せば?

5 :無名草子さん:04/03/02 07:21
洒落なんだからいいと思う。
立て直す必要なし。

6 :無名草子さん:04/03/02 10:16
>>4
立て直して下さい。

7 :無名草子さん:04/03/02 19:18
呉さんて三色ボールペンで読む日本語とか書いてる斉藤孝さんが嫌いなの?


8 :無名草子さん:04/03/02 19:40
>>7
雑誌『文学界』での中条章平との対談(前スレ参照)では、『声に出して〜』について、
「あの本はヌルくてだめだけど、ああいうブームを起こして一般人の日本語への関心を
高めた点はえらい」という趣旨のことを言っていた。

それ以外に「嫌い」らしいと読者に思わせる言及なんてしてたかな? 

9 :無名草子さん:04/03/02 19:47
金井美恵子なんかが、斎藤孝に嫌悪感を示してたね。
たしか、「『競争相手は馬鹿ばかり』の世界へようこそ」の中で。
ま、でも、ブームを起こしたことを事実として受容れようとする夫子
のほうが、まだ「大人げがあって」いいとは思う。金井による批判は
どこか、売れたことに対する嫉妬心があるような気がする。とはいえ、
中野翠によれば、呉さんは「トーテムポール」を学校の敷地に記念と
して建てていることに嫌悪感を示していた、ということだそうだから、
夫子もナカナカ、一筋縄ではいかないお人のようですね。

>>8
「省」平では?

10 :無名草子さん:04/03/02 19:52
>>8
犬儒派読んでたら「声に出して読みたい〜」って言うのが使われてたからさぁ。
なんかの皮肉かと思ってた。俺の誤解だったね、スマソ

11 :無名草子さん:04/03/02 19:52
>>4
>最悪なれどももっともまし=受け入れられる
>親の敵=受け入れられない

「最悪なれどももっともまし」だと冗長すぎるぞ。それにこれだと民主主義擁護に
なってしまうし。たしかにクレさんの民主主義批判は一方的なものではないけど、
タイトルの場合は、誇張も含めて特徴を示すほうがおもしろいんだから。

12 :8:04/03/02 20:08
>>9
>「省」平では?
うああ、やっちまった、失礼。よりによって言葉関係の話題で誤記を。

>>10
>犬儒派読んでたら「声に出して読みたい〜」って言うのが使われてたからさぁ。
>なんかの皮肉かと思ってた。
あ〜、なるほど。たしかに皮肉だね。でもクレさんは嫌ってなくても皮肉を言うこと
あるもんね。

13 :無名草子さん:04/03/02 20:14
呉先生、最近 福澤諭吉について何か言及してる?

14 :無名草子さん:04/03/02 21:53
論語講座・以費塾第13期は4月9日開講です。

15 :無名草子さん:04/03/02 22:51
>>4>>11
思想家なんだから、これくらいいインパクトがあっていい。

ところで、民主主義は最悪の制度だ。しかし他に方法がない。
というようなことをチャーチルがいったんでしたっけ?

チャーチルなら何でそういっているんですか?
また、他には誰が言っていますか?
おしえてクレさい。


16 :無名草子さん:04/03/03 01:08
>チャーチルなら何でそういっているんですか?

どの著作という意味です。

17 :無名草子さん:04/03/04 19:31
>>15
西部邁

18 :無名草子さん:04/03/05 12:14
以費塾、一回ぐらい大阪でやってくれー。

19 :無名草子さん:04/03/05 19:13
>>18
特別講義を?
なごや博学本舗さんみたいな
ところが呼んでくれればねぇ...。

20 :無名草子さん:04/03/06 00:47
http://www5e.biglobe.ne.jp/~k-kiga/bungei-yosimoto1.htm
『文藝別冊吉本隆明』

なんでこー吉本隆明は団塊に人気があるのだろう?ノスタルジー?

それはこの本の夫子インタビューを読むとなんとなく分かる。
書店へGOー!  チエイ・・・アンパン屋も登場!

21 : :04/03/06 02:44
対談集出してくれないかな。
本に入ってない対談が結構あると思うんだが

22 :無名草子さん:04/03/06 14:12
前スレで「呉はエヴァンゲリオンが好き」という説があったが、呉智英はウルトラ
シリーズが好きだと書いている。生まれてから今まで50時間くらいしかテレビを
見たことがないが、そのうち半分以上は実はウルトラシリーズだそうだ。どの本に
書いていたか忘れたが。

エヴァンゲリオンは、ガンダム以来のロボットアニメの延長線上にあるようになん
となく思われているが、実際はむしろウルトラマンの系統なので、ウルトラシリー
ズが好きな呉智英がエヴァを好きだといっても全然不思議ではないな。

23 :無名草子さん:04/03/06 17:43
>>20
団塊の一部に人気があるだけ。

24 :無名草子さん:04/03/06 18:11
呉先生は梅図かずお先生の『漂流教室』について評論したことあります?
呉先生は‘『わたしは真吾』が梅図の最高傑作’と書いていましたが
一般的には、『漂流教室』が最高傑作にして代表作、でしょう
あんまり評価していないのかな

25 :無名草子さん:04/03/06 20:56
>>24
× 梅図かずお
○ 楳図かずお

× 『わたしは真吾』
○ 『わたしは真悟』


26 :無名草子さん:04/03/07 12:12
呉の評論て間違いだらけの反則評論ばかりだけど

漫画評論だけは読む価値があるな。

27 :無名草子さん:04/03/07 15:39
んじゃ、何が間違いなのか、具体的に指摘しろや。

28 :無名草子さん:04/03/07 15:41
>>26
馬鹿登場
根拠を示さずに放言するだけ
馬鹿の中でも最下位に属する亜種

29 :無名草子さん:04/03/07 17:47
いや、意外と鋭い矛盾指摘があるのかもしれん。まずは話を聴いてみようや、over.

30 :無名草子さん:04/03/07 20:19
あらゆることが矛盾だらけで、間違いだらけ。
明々白々だから説明する必要は全く無い。

以上!

31 :無名草子さん:04/03/07 21:28
つーか、封建主義の世の中なんて嫌なんだけどね?


32 :無名草子さん:04/03/07 21:55
結局そういうことかい。
はいはい。キミの言う通りだね。おしゃぶりでもしゃぶってな。

33 :無名草子さん:04/03/07 22:55
馬鹿の亜種って何だろう。
真正馬鹿よりは馬鹿じゃないってことかな

34 :無名草子さん:04/03/08 01:50
インテリ大戦争ゲット!

35 :無名草子さん:04/03/08 02:44
阿呆
亜呆

36 :無名草子さん:04/03/08 08:31
呉の本読んで得られるものは虚栄心w

37 :無名草子さん:04/03/08 12:18
ハゲーンしますた。「自著を語る」
http://202.32.189.64/jicho/rongo/rongo.htm

38 :無名草子さん:04/03/08 18:19
>>37
すこぶる面白かった

39 :無名草子さん:04/03/09 00:28
>>37
夫子がベルイマン(正しくはベリィマンw)の映画の内容に触れたのははじめて見た。
両方とも好きなので、少し感激した。

40 :無名草子さん:04/03/09 16:06
博打が文化人類学的に見て神聖な儀式であることからうんぬんとは
夫子の十八番だけど、論語での吐く液とは本当にそういう意味なのか疑問だな。
通俗解釈にある頭の体操はあまりにあまりだが、普通に考えて
何にもやる気がないんだかダラダラ寝転がってる奴にいきなり
「ちょっと神社で破魔矢買ってこいよ」とか、もしくは
当時祭政一致であることを考慮に入れて考えて
「自民党の応援演説でも見に行ってこいよ」とは言わないだろう。
やっぱり「お前家でゴロゴロ転がってんならパチンコでも行って外の空気吸ってこいや」
くらいの意味合いなんではないのかなと思う。
いや、孔子ならそのくらい言うだろう。そして弟子がパチンコから帰ってきて
なにかかにかブツクサ言ってるところに、つまり思考が行動が伴いアクティブになった段階で
「己に疚しからざれば何をかもって怖れるかね?ん?」とか言うんだろう。と思う。

41 :無名草子さん:04/03/09 18:56
>>40
>やっぱり「お前家でゴロゴロ転がってんならパチンコでも行って外の空気吸ってこいや」
>くらいの意味合いなんではないのかなと思う

以費塾では、↑と同様の解説だったと記憶している

42 :無名草子さん:04/03/09 20:53
>>20
>書店へGOー!  チエイ・・・アンパン屋も登場!
アンパン屋って何ですか?

43 :無名草子さん:04/03/09 22:02
>>24
うーん、記憶に無いなぁ
自分は『漂流教室』が最高傑作だと思うけどね
『わたしは真悟』とか『十四歳』は、訳分からん終わり方だったしなぁ
読んでいたときは興奮したけど
そういえば、マンガ夜話の『わたしは真悟』の回呉先生出演しなかったね
出て欲しかったんだが・・・

44 :無名草子さん:04/03/10 12:47
呉って漫画なんか読んでるの?信じられない。
思想家としてあるまじき行為!!

45 :呉智英:04/03/10 21:22
セーブしないヤスジ  呉智英 くれともふさ −−エンサイクロペディスト
 天才というものは努力しないものだと思っている人がいたら、それは大まち
がいである。ラクして天才を張ってられるわけはないのだ。天才は努力する。
天才がしないのは、セーブだ。天才は決してセーブしない。天才・谷岡ヤスジ
も、その例外ではない。彼は、二流誌、三流誌、マイナー誌にも、たくさんの
作品をかいている。しかも、そういった日陰の場でも力をセーブしない。ずい
ぶん傑作がある。しかし、それを全部鑑賞することは至難である。というのは、
それらは、大方の読者の目に止まらないうちに流通から姿を消し、その上、谷
岡ヤスジ自身、原稿の整理・保存に無頓着だからだ(この点では、彼は力をセ
ーブしている)。例えば、'78年8月15日号の『ベストコミック』(桃園書房)
という非主要誌では、バロン吉本と協作をやったりしている。劇画作家のなか
で特異な作風と見識の高さを感じさせるバロン吉本とのかけあいが楽しい作品
だが、知る人は少ない。
 谷岡ヤスジは、発表場所の広がりにおいて力をセーブしていないだけではな
い。一作品ごとの表現枠≠ノおいても、ふつうなら、あそこまでやらないこ
とを、あそこまでやってしまう。それは、谷岡ヤスジがマンガ界の新星と認め
られた「メッタメタガキ道講座」('70〜'71)にも、しばしば見られた。例え
ば、「タベルーマン」なんていうめちゃくちゃなキャラクター作りがそうだ。
(続く)

46 :呉智英:04/03/10 21:25
たとえ思いついたとしても、たいていは、やらない。それをやるところが、や
ってしまう踏み込みが、天才なのである。一番新しいものでは、'80年3月25日
『漫画サンデー』のタバコもの≠ナある。これは、ふつう思いつかない。思
いついてもやらない。この作品は、一部の具眼の士には、かなりの衝撃を与え
たようだ。'80年4月11日『週間漫画』のマンガ時評コラムに、ライバル誌作品
であるにもかかわらず(『週漫』にも『漫サン』にも、ヤスジ作品は載ってい
る)「革命的」としてとりあげられた。マンガ史をふりかえると、表現技法・
対象・思想のいずれにおいても、革命的といいうる作品はいくつかあったが、
それらは、たいてい、「革命」といういい方にふさわしく、次代を準備するも
のだった。ところが、谷岡ヤスジの「革命的」タバコもの≠ヘ、以後、いか
なる次代も作らない。ここがまた、何とも革命的ですごいのである。いってみ
れば、徹底的に自己の内部にだけ爆縮≠オていくのだ。
 このタイプの天才は、ド大衆かドインテリに受ける。中かげんはない。それ
が'70年代のヤスジの不幸だったわけだが、'80年代には、ヤスジに幸福が訪れ
る、きっと。
> 週漫サロン MCIA(漫画中央情報局)秘録 二人のスパイの密談 NO.1
>  一本の秘密テープを入手した。
>  場所は東京は渋谷の酒場。時どきカウンンターに百円玉を叩きつける音が入
> る。最近流行の現金引換えの立飲みバーらしい。
>  話している二人の男の素性は現在、MCIA(マンガ中央情報局)で決死の
> 調査中だが、ミヤナガ氏ほどの大物ではあるまい。
>  −−百円玉のチャラつく音。
(続く)

47 :呉智英:04/03/10 21:25
> 「ビール(とバーテンに)。ところでこの間のヤスジ、読んだ?」
> 「ああ、あれね。読んだ。革命的だったね。六ページのマンガを即興で描きな
> がら、タバコを何本吸ったかがコマの隅に書いてある」
> 「ときどきツジツマあわせや、イメージの発展に困ると吸うタバコの量が増え
> る。数えた?」
> 「二十一本」
> 「彼も命を縮めてる」
> 「あそこまで居直ると一種の清涼感がある」
> 「それは認める。しかし、ここんところストーリーマンガがもの悲しいほど不
> 毛だから、ヤスジのようなセツナ的な快楽に身をまかせるっかない。とくに俺
> は」
> 「ビール(と小銭の音)。原作つきってやつがひどいからな」
> 「君だって書いてるんだろ? なにかひと言あってもよさそうなもんじゃない
> か」
>     (暗号名黒猫)
『谷岡ヤスジのギャグトピア』(白夜書房。編集:呉智英)より
目次 ベロベーマン/ギャグッテル/アギャキャーマン/ケタクソバーカ/ド
ッチラケ節/じゃる気あんのか劇場/仁侠道/ド古事記天国/ドジドジ7/メ
ッタメタガキ道講座
スケスケおじさんのキンタマは茶色だった●亀和田武/谷岡ヤスジは天才なん
だもんね●橋本治/バター犬はバッグズ・バニーである●村上知彦/地平線か
らのメッセージ●バロン吉本/マンガにセオリーなんてないんだ●福地泡介/
漫画はマジック・ミラーである●松田修/10年前の不意打ち●副田義也/谷岡
ヤスジはマン技の名人です●南伸坊/究極の超メチャメチャマンガ万歳!●横
田順彌/無冠の帝王、○○谷岡ヤスジ●ダーティ・松本/361度の絶頂感●糸
井重里/有名になった時はマンネリ?●渡辺和博/漫画が見えてきた天才漫画
家●村山恵一郎/セーブしないヤスジ●呉智英

48 :無名草子さん:04/03/11 01:02
>>45-47
乙、でも、アンタ、外吉氏か洩れ車氏だろ。

49 :無名草子さん:04/03/11 08:46
>>42
『バカにつける薬』文庫版なら、
p158「吉本隆明は何故強いのか」参照。



『SAPIO』最新号書評倶楽部に夫子登場。
 
 『「同和利権の真相」の深層』『現代人の論語』について語る。
  朝日新聞社のことを「ある新聞社」。井上靖のことを「ある高名な作家」と表現されているのが、
  読者には「新鮮!」に思われる!自己規制なのか編集サイドの意向なのか!?
  以前だったら、掲載拒否に出た夫子がどうしたのだろうか!?
  近いうちに支那を「中国」と書く日もあるのか?!
  読者としては、興味津々である。

50 :無名草子さん:04/03/11 09:46
プチ呉智英大量生産はごめんだ。3人くらいでよい。
よってこのスレを削除する。

51 :無名草子さん:04/03/11 11:35
日垣隆と呉智英って仲が悪そうだね。

52 :無名草子さん:04/03/11 19:41
弟子の浅羽通明は、日垣を高く評価してるけどね

53 :無名草子さん:04/03/11 19:45
日垣隆って活字版小林よしのりみたいな感じする。


54 :無名草子さん:04/03/11 23:07
地方版に出てますな。

55 :無名草子さん:04/03/12 01:23
>>54
何が?

56 :無名草子さん:04/03/12 01:39
>>51
根拠はあるのかい?
『人権を疑え』か何かではそれなりに評価してたみたいだけど。

57 :無名草子さん:04/03/12 03:28
>「子 曰 (のたまわ)く、飽食終日(しゅうじつ)、心を用うる所なし、難(かた)いかな
>博奕(はくえき)なるものあらずや。これを為すは猶(なお)已(や)むにまされり」

孔子の教えに従い、ゴロゴロするのを止めパチスロに行ったところ
大層お金を得る事が出来ました。ありがとうございました。
やはり論語にはいい事が書いてあるなあ。

58 :無名草子さん:04/03/12 19:09
>>57
なんかそういう読まれ方するとムカつく。
論語が穢れる。死ね

59 :無名草子さん:04/03/12 23:15
まあまあ。
余裕がないと思われるよ。

60 :王戎:04/03/13 00:01
おや、それくらいで穢れる論語だったのかね?

61 :無名草子さん:04/03/13 03:26
論語は>>57みたいに使った方が楽しいよ

62 :無名草子さん:04/03/13 11:03
>>57
ワラタ。
>>60
うまいコメントだ。世説新語は面白いね。

63 :孔丘:04/03/13 11:55
>>58
子路よ、思ってくれる気持ちは嬉しいが、それも煩悩の一種なのだよ。あ、
間違えた。これじゃ釈迦だ。どうも彼岸の此岸にいるとマジ彼我同一に
なっちゃうな(またやった)。

俺孔子だけど何か質問ある?
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/978968486/

64 :無名草子さん:04/03/13 13:55
東洋哲学史は論語の注釈史であった

65 :無名草子さん:04/03/13 19:42
ETAとちゃんと略称されるようになったね

66 :無名草子さん:04/03/14 10:08
呉の本て差別を正当化するために読むものでしょ?
それ以上でもそれ以下でもないきがする。
たとえば俺は呉を読んでから口の聞けないやつにオシと言うことに全く罪悪感を感じなくなった。
部落民には部落民と呼ぶし。


67 :無名草子さん:04/03/14 11:08
>>66
低学歴には低学歴と。

68 :無名草子さん:04/03/14 11:09
ホントかよ?
そう言って、相手の反応はどうだった?

69 :無名草子さん:04/03/14 19:09
こうして読解力のないヤツが風評を流して行くわけだ。

70 :無名草子さん:04/03/14 19:59
バカに付ける薬も効かなかったみたいですね


71 :無名草子さん:04/03/14 20:55
>呉の本て差別を正当化するために読むものでしょ?

読むものなのかどうかは知らんが、夫子は
「差別は正しい」とは言ってるけどね。

でも、めくらの人が道で夫子にぶつかってきても
「おい。めくら、気をつけろよ」と言ったりはしないんだな。

ここが理解できる人でないと、呉本を読むのは(ry

72 :3月9日の朝日新聞:04/03/15 23:23
この二月は日露戦争勃発(ぼっぱつ)から百年だった。
それで思い出したことがある。
私は原則的に平和主義者だが、日露開戦が必ずしも間
違った選択だったとは思わない。アジアの新興小国が大
国ロシヤの南下政策を命がけではねのけたという一面が
あるからだ。ロシヤの圧迫に苦しんでいたトルコなどの
国々では、日露戦争の日本の勝利に大きく力づけられた。
 こういう日露戦争観を私は三十数年前の学生時代に既
に持っていた。小田実の『日本の知識人』(筑摩書房)
を読んでいたからだ。小田はこう書く。
 「日露戦争は〔帝国主義同士の戦争であるが〕そうで
ない側面ももっていた」
 それだけではない。こうも言う。
 「太平洋戦争は……最後は徹底的な敗戦に終ったが、
西洋に対して戦をいどみ、曲りなりにも緒戦において
は勝利を収めたことである。この事実は、今日、人々
はまったく無視して語らないが、日本人(あるいは、西
洋以外の他の国々、ことにアジア・アフリカ諸国の人々
)に大きな自信をあたえ……」
 私がこれを読んだのは、元版(一九六四年)から五年
後の筑摩叢書版であったが、その時点でも「この事実は、今
日、人々はまったく無視して語らない」に等しかった。実に
現在でさえ、“良識家”の間ではそうだ。
 その後、北朝鮮問題などで小田批判が続出する。私も批判
者なのだが、日露戦争や太平洋戦争(大東亜戦争)の二面性
を教わった学恩だけは忘れまいと思う。

73 :無名草子さん:04/03/16 00:02
>73 そんな事、夫子書いてましたか。ありがとう。

小田も面白い人だなあ。
そういえば、大江も実はテロリストだし、鶴見もそのマナザシは悪魔のようだ。
(ネタ元 坪内)
みんな、ほんとは「朝日新聞的良識派」などでは、サラサラないのかなあ。
あと10年もすると、彼らの「バサラ」振りが、評価の基準になるのかなあ。

74 :無名草子さん:04/03/16 00:05
>73 そんな事、夫子書いてましたか。ありがとう。(誤)

>72 そんな事、夫子書いてましたか。ありがとう。(正)

すんません。



75 :無名草子さん:04/03/16 11:09
>>72
朝日新聞の記者って自分とこの新聞は読まないの?


76 :無名草子さん:04/03/16 12:24
>>71
>「おい。めくら、気をつけろよ」と言ったりはしないんだな。
>ここが理解できる人でないと、呉本を読むのは(ry

論理と情熱だな。ここが理解できたお前!どんな理解をしたか、解説してみやがれ!
まさか呉がメ(ry www

77 :無名草子さん:04/03/16 14:02
>>72は外吉氏でOKか?

78 :「差別もある明るい社会」:04/03/16 14:35
呉が「差別は正しい」と書いているというのはどこのことですか?


79 :無名草子さん:04/03/16 21:42
【現代人の論語】っていうのは、論語を憲法に置き換えると
憲法の注釈に当たる憲法学じゃなくて、「条文」を読めば面白いよ。っていう事なんですか?

80 :無名草子さん:04/03/16 22:02
>>79
徳治と法治から言って、論語を憲法に置き換える事自体がナンセンスだな

81 :無名草子さん:04/03/16 22:27
>>76
バカに解説する気はないよ。

>>78
著書では述べられていなかったような。
たしか、マガジン「Woooo」とかいうエロ本で見た記憶あり。

82 :無名草子さん:04/03/16 22:49
>>79
 もうちょっと砕いて言うと、むしろ憲法の方が『論語』(でも何でも良いのだが)に
対する注釈であると言った方が分かりやすいかも知れない(近代は否定的注釈の
色彩が強いと言うべきかも知れないが)。
 極めて雑に言うと、核となる理念への注釈(成文化)が憲法で、憲法への
注釈(各論)が法律。裁判では更に注釈(法解釈や運用)が行われる。
 ではこの核となる理念とは何かと言うと、各時代の思想家が哲学的思索の
苦悩を重ねてウルトラ理念に対して行った注釈。
 『論語』や神話や妄想はウルトラ理念の一種。

 憲法から法律が制定される過程には時代背景や関わった人々の
人間模様が色濃く反映されているので、それらを想像しながら法律を
読み解き、活用するのは面白い、みたいな事を田中角栄が言っていた
そうだ(確か『保守反動思想家に学ぶ本』)。

 当方法律は藤四郎ですので用語や内容の誤り等突っ込んで下さい。

83 :あああ:04/03/16 23:34
>>77
違うよ。俺だ。
ただ厳密に言うと著作権の問題にひっかかるから今後はなるべく自粛する。

84 :無名草子さん:04/03/16 23:38
>>83
いつも情報サンクス。
2ちゃんだから著作権は・・・。

85 :無名草子さん:04/03/16 23:38
呉一派って大河ドラマみてんの?

86 :無名草子さん:04/03/17 13:50
『噂の真相』休刊について呉のコメントよろ

87 :86:04/03/18 01:04
え、なんだおい? 俺がスレッド止めたのか?

88 :バカ:04/03/18 02:00
人生が辛くなるとここ見に来てしまうな。
何かに闇雲に感謝したくなる。
ありがと。

89 :無名草子さん:04/03/18 10:12
>>85
夫子は見てるらしいね

90 :無名草子さん:04/03/18 20:38
次期以費塾情報キボンヌ

91 :無名草子さん:04/03/18 23:27
>>14
論語講座・以費塾第13期は4月9日開講です。

92 :無名草子さん:04/03/19 10:52
文芸春秋みたら夫子が芥川受賞者批判を展開してた。論語ひっぱって批判してた。

93 :無名草子さん:04/03/19 20:09
>>92

要約きぼう

94 :無名草子さん:04/03/20 00:19
>>92

何月号の何頁ですか?


95 :無名草子さん:04/03/20 01:00
>>89
呉さんはテレビ見ないんじゃなかったの?

96 :無名草子さん:04/03/20 05:14
>>81
お前さん、理解してないよ

97 :無名草子さん:04/03/20 10:37
>>92
それもしかして早坂茂三じゃない?
あいつの論評は読んでてはらが立つ

98 :無名草子さん:04/03/20 18:24
呉智英の「センス」からしても、今回の芥川賞を批判したりはしないだろう。
批判するとしたら、綿矢より金原を批判しそうだ。特に金原のおやじ。
「落ちこぼれの娘を『手作り教育』で救った父親」という、いかにも戦後民主主義
チックな「物語」を、呉智英は批判するかもしれない。

あるいはまったく逆に、中学に数日しか通わなかったような「不良の小娘」が芥川
賞を取ったということで、これまた近代主義・民主主義の産物である現在の教育制
度の批判につなげるかもしれない。
といっても、「教育の空洞化」がどうたらという普通の評論家みたいな言いかたで
はなく、いかにも呉智英的といえるような、ひねくれた言いかたをするのだろう。

99 :無名草子さん:04/03/21 00:20
いかりや長介が亡くなりましたね・・・。
せめて夫子だけでも長生きしてほしい。

100 :無名草子さん:04/03/21 00:58
長さん。゚(゚´Д`゚)゚。

101 :無名草子さん:04/03/21 00:58
長さん。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

102 :無名草子さん:04/03/21 15:31
参院選出馬ってマジかよ!!!

103 :無名草子さん:04/03/21 16:26
>102
誰が?

104 :無名草子さん:04/03/21 16:55
蓮鳳?

105 :無名草子さん:04/03/21 17:01
>>103
こういう話題だと食いつきが良いなw


長さん。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

106 :無名草子さん:04/03/21 19:34
日本封建党

107 :洩れ車:04/03/21 23:39
>>99 実は前スレの924が目に入った時ちょっとした勘違いを致しまして背筋が約1秒間に亘って凍り付きました。
>>99-101 洩れは「8時だよ全員集合」→「キーハンター」の世代でした……。合掌。
>>102-106 当面夫子には唐突ですが貨幣みたいな純粋知性であり続けて頂ければ嬉しいと個人的には感じます。

108 :無名草子さん:04/03/22 02:55
ドリふについて論評書いてくれー。
漫画についてかけるんだから今度はお笑い評論もやってくれよ。

109 :無名草子さん:04/03/22 03:26
蓮舫だろ

110 :無名草子さん:04/03/22 03:27
選挙は中野翠がOKって言わなきゃダメらしい....。

111 :無名草子さん:04/03/22 07:11
連邦は青山高等部時代かなり○○○○で、
尾崎ユタカとか高橋カツノリと○○○○しまくっていたと。

日刊プチパチで取り上げられてましたが、
民主党は党首からして下半身がお元気というか・・・
自民も変態が幹事長でしたが・・・
共産は酒乱だし・・・

それにしても公明の女性議員は美人が多いのは、
大ちゃんの好みなのかな?
そうだとしたら、美人優遇政策をとる公明に一票入れたい。
末端の創価はすごく不細工なだけに、差別があっていい。
それにしても、大ちゃんは長生きですね。
さすが獄中何十年、そういや宮けんさんも生きてはいるよな。


112 :無名草子さん:04/03/22 11:39
夫子も立候補して( ゚д゚)ホスィ…

113 :無名草子さん:04/03/22 23:33
SAPIO見たら吉本隆明みたいな目つきの写真でびっくり。

114 :無名草子さん:04/03/22 23:47
『吉本隆明』文藝別冊(河出書房新社)にも出ててるらしい。隠れ吉本派?

115 :無名草子さん:04/03/23 00:55
今年度の「以費塾」を受講します。
他にも受講される方はいらっしゃいますか?

116 :無名草子さん :04/03/23 15:37
以費塾って『現代人の論語』出た今って、呉・浅羽両氏の
ご尊顔を拝見するっていう以外のメリットってありますか?
『現代人の論語』出るときに発行された流行神号外見ると、
講義聞くよりも本読んだ方が真意が伝わると言っておられる様に
思われるのですが…。(しかも安上がりだし)

ガイシュツだったらすみません。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)