5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【作家】ホテルジャンキーズクラブ・村瀬千文【60】

1 :【全身白】著者近影に話題騒然!!【裾綻び】:04/03/07 00:26
===============================================================
待望の沙織第2弾 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
★千文タソ新刊『沙織のなりゆきで上海紀行』(実業之日本社)2月18日発売
伝説の自己陶酔エッセイ!“全裸で平泳ぎ”がついに文庫化!!
★千文タソ新刊『リゾートホテル・ジャンキー』(幻冬舎文庫)2月18日発売
---------------------------------------------------------------
★千文タソ講師「ホテルピクニック」@コミュニティクラブたまがわ 来期も継続決定!
★千文タソ編集「HOTEL JUNKIES」(森事務所)偶数月25日発売!!
★千文タソ登場「宝島Real・まれにみるバカ女との闘い」好評発売中!
===============================================================

『ホテルジャンキーズクラブ(HJC)代表・無断転載ライター・村瀬千文 関連本
&妄想エッセイ&小説家活動の逝く末をマターリと見守り、観察するスレ【60】』

 ★ 基本的にsage進行です。E-mail欄に「sage」と記入お願いします ★

■ホテルジャンキーズ事件(『世界極上ホテル術』無断転載事件)の詳細:
 http://antihjc.s10.xrea.com/a-news/index.html 
■前スレ:http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1075347107/l50
■過去ログ倉庫&検索:http://www38.tok2.com/home/love2001/index.html
■Welcome to チフミピクニック!! >>2-8 あたり
■i-2chR:http://i.chikara.biz/
■i-mode用2ch:http://i.2ch.net/

2 :【Entrance:Please check the Dress Code】 :04/03/07 00:27
【村瀬千文ホテルジャンキーズ監視スレッド倉庫】
 http://www38.tok2.com/home/love2001/index.html
 2chチフミジャンキー達が自腹を切り、爆笑で涙を流し、膨大な入力の
 末に得た生の千文データベース。教えてチャソになる前に一度は検索を!

【2ちゃんねるへの負担軽減のためのエチケット】
★チャットのようにリロードしない。
★話題はHJC雑誌や村瀬の妄想文章、無断転載事件への突っ込み等に限る。
★専用ブラウザ「かちゅーしゃ」「ゾヌ」等の使用奨励(http://www.monazilla.org/
★URLの最後に「 /l30 (最新の30発言を読む)」等を付けて既読発言の転送量軽減。

3 :【Lobby Floor:Concierge】:04/03/07 00:28
─────────────────────────────────────
◆◇インターネット掲示板と著作権 ホテルジャンキーズ掲示板で起きたこと◇◆
      http://antihjc.s10.xrea.com/a-news/index.html
 「ホテルジャンキーズ事件」の全てがここに記録されています。ぜひご訪問を。
─────────────────────────────────────

◆ブルーレター from 裁判所(日本ユニ著作権センターHPより)
 【東京地裁判決主文】
  ttp://www.translan.com/jucc/precedent-2002-04-15a.html
 【東京高裁判決主文】
  ttp://www.translan.com/jucc/precedent-2002-10-29.html

◆原告団の第一審プレスリリース
  http://antihjc.s10.xrea.com/press/index.html

4 :【2nd Floor:Business Center】:04/03/07 00:29
『ネット著作権』を語る上で欠かせない判例となりました。
下記のほか、現在も法律誌をはじめとする雑誌、本、弁護士サイト、
ネット関係のセミナーでもこの事件が取り上げられています。

■Mainichi Interactive:ネット掲示板の匿名発言/東京地裁、著作権認める  
 http://www.mainichi.co.jp/digital/internet/200204/15/01back.html
■日経BP BizTechニュース:ネット掲示板書込にも著作権---東京地裁が初判断
 http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/show/leaf?CID=onair/biztech/inet/180468
■INTERNET Watch:匿名掲示板の書き込みにも著作権はある  東京地裁、無断引用…
 http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0415/hotel.htm
★The Japan Times:Anonymous postings on Net entitled to royalties: court
 http://www.japantimes.co.jp/cgi-bin/getarticle.pl5?nn20020416a6.htm
★なんとイギリスでも…ANANOVA:Japanese court extends copyright to web postings
 http://www.ananova.com/news/story/sm_568107.html?menu=news.technology

ホテルジャンキーズ事件をネタにしてくれていたweb、雑誌など
■別冊宝島Real『まれに見るバカ女との闘い』 ★裁判から沙織までネタに★
■【サイバッチ!】インデプス 010号 村瀬千文の「万引き」判決、速報&解説!
 ttp://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020421092828
 (サイバッチ!HP → ttp://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/)
■その他いろいろ
バトルウォッチャーズパティオ(BWP)、週刊宝島、月刊サイゾー、ダカーポ(村瀬援護記事を含む)、
週刊サイゾー2.0、サイバッチ!、大手小町(発言小町)、アサヒコムwoman、
日経エンタ、別冊宝島Real「ドキュメント!内部告発」、YahooBBマガジンなど。

5 :【3rd Floor:Club Floor】:04/03/07 00:30
■Hotel Junkiesトップページ
 ttp://www.hotel-junkies.co.jp/index.html

■閉鎖後のネオサロン(糞サロ)。過去ログ検索はできます!
 ttp://www.hotel-junkies.co.jp/publishing/neosalon.html

■『WEBアーカイブ』を利用して過去のHJサイトを見る事ができます。
 http://web.archive.org/web/*/hotel-junkies.co.jp/*
 (hotel-junkies.co.jpの検索結果)

■『WEBアーカイブ』を利用してサロンの過去ログを見ることができます。
 http://web.archive.org/web/20010205154400/www.hotel-junkies.co.jp/publishing/salon.html
 (旧サロン最終ログ:2001年7月4日#5310まで)
 http://web.archive.org/web/*/http://www.hotel-junkies.co.jp/_forcgi/past/1.html
 (旧サロン過去ログ#1〜#3049まで:「1.html」〜「21.html」まで指定)
 *残念ながら「騒動」期間の意見・抗議投稿は削除された状態です。

(INTERNET Watch にある 「Webアーカイブ」の説明)
ttp://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2001/1029/wayback.htm

6 :【4th Floor:Chifumi Library】:04/03/07 00:31
■森拓之事務所発行、HJ情報誌『HOTEL JUNKIES』偶数月25日発行

《村瀬千文の本》
■【新刊!】ユーモアサスペンス小説『沙織のなりゆきで上海紀行』(実業之日本社JOY NOVELS)'04.2
■世界のホテルで朝食を(幻冬舎)'03.10 ★寄せ集め
■リゾート&サスペンス小説『沙織のニース誘拐紀行』(講談社ノベルス)'03.2★トンデモグルメ薀蓄本
■世界でつかえるホテルの英語(幻冬舎)'02.12
■世界極上ホテル術―至福の選び方、使い方、楽しみ方(光文社知恵の森文庫)'01.6 ★販売差止
■トーキョウ・ホテル・パラダイス〈2002-2003〉(メイツ出版)'01.11
■ひとり泊まり−女を上げるホテルたち(幻冬舎)'01.4
  【文庫版】女を上げるホテルたち(幻冬舎文庫)'03.2(ひとり泊まり改題)
■OSAKA HOTEL PARADISE−大阪のベストホテルガイド(メイツ出版)'00.12 ★トンデモホテルガイド
■アジアン・リゾート−"女殺し"のホテルたち(三笠書房)'00.8
  【文庫版】アジアン・リゾート−あなたを幸せにする究極のホテル(三笠書房王様文庫)'02.6
■ホテルの英語(森拓之事務所)'99/11 ★当スレ推薦図書
■トーキョウ・ホテル・パラダイス(丸善メイツ)'99.5
■リゾートホテル・ジャンキー−贅沢な休息(光文社)'98.4 ★[公認]全編フィクション
  【文庫版】リゾートホテル・ジャンキー(幻冬舎文庫)'04.2 ★新刊!!!
■ホテル・ジャンキー−ホテルが大好きでやめられない(スターツ出版)'96.12
  【文庫版】ホテル・ジャンキー−ホテルが大好きでやめられない:(三笠書房王様文庫)'00.1

《村瀬千文がエッセイで参加しているソウルメイト森拓之の本》
■世界のホテル&インテリア(日経BP社)'00/4
■世界のリゾート&ホテル−リゾートの達人が選んだ、とっておき70エリア(日経BP)'97/12

7 :【B1:倉庫】:04/03/07 00:32
《連載終了&打ち切り》  
■モダンリビング/アシェット婦人画報社('99)  
■『千文の世界ホテルめぐり』北海道新聞
■『I shall return』ウィンドミル/KLM機内誌('01〜02)  
■『ホテルな生活』『アジアの隠れ家ホテル』gli/講談社('01.1月号〜'02.9月号)
■『世界のホテルで朝食を』共同通信配信コラム('02.11〜'03.6)
■『ミスティック・ホテル』La/オルビス化粧品通販カタログ('03.4〜6月号 3回打切)
■『男をみがく』UA LEADER'S REVIEW/UA機内誌('02〜'03)
■【廃刊】マイホテルズ/C.Hカンパニー発行('94)
■【販売差止】『世界極上ホテル術』光文社知恵の森文庫('01)

8 :【5th Floor:Murase Museum】:04/03/07 00:33
◆NETdeBIZ.com☆Mail
 ttp://www.netdebiz.com/mailback/backno16.html ホテル活用法('02)
 ttp://www.netdebiz.com/mailback/backno38.html 高級ホテル事情('03)
◆講談社gli
 『村瀬千文のアジアの隠れ家ホテル』&『村瀬千文のホテルな生活』バックナンバー
 ttp://www.joseishi.net/gli/stay_frameset2.html('02.1〜9)
 ttp://www.joseishi.net/gli/stay_fset_backissue.html('01.1〜12)
◆Home Clip連載バックナンバー(「極ホ」事件後連載打ち切り)('01)
 ttp://www.homeclip.co.jp/hotel/hotel_top.htm
◆bk-1インタビュー《写真有》('01)
 ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3c648e95da17f0104091?aid=p-
 arisato0003&tpl=dir/00/00000000_0016_0000000114.tpl
◆大手小町インタビュー《写真有》('01.2)
 ttp://www.yomiuri.co.jp/komachi/person/pe122301.htm
◆エコノミスト コメント('00.8)
 ttp://www.mainichi.co.jp/life/family/syuppan/economist/0008/01d.html#06
◆J-WAVE:ANA WORLD AIR CURRENTインタビュー《写真有》('00.7)
 ttp://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/lounge/back/000701/index.html
◆Yahoo!新生活特集・海外マナー コメント('98.4)
 ttp://event.yahoo.co.jp/docs/event/newlife98/jj/maner33.html
◆DATUMSバックナンバー
 ttp://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10murase.html ホームページ作成の視点('95.10)
 ttp://www.net-ric.com/advocacy/datums/94_3murase.html 女のホテル、男のホテル('94.3)

9 :【Penthouse Lounge:SAORI】:04/03/07 00:34
【沙織第2弾】ユーモア&サスペンス『沙織のなりゆきで上海紀行』ジョイノベルス
作者の予言どおりシリーズ化!出版社を変更して登場 2004年2月18日発売
★一般書店でも発見困難。著者近影は必見!

【沙織第1弾】リゾート&サスペンス『沙織のニース誘拐紀行』講談社ノベルス
村瀬千文作家デビュー作、2003年2月5日発売

■講談社BOOK倶楽部 ショボイ表紙
ttp://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/intro/intro.idc?id=35783
■講談社メルマガ・ミステリーの館 痛すぎる大はしゃぎメッセージ
ttp://fresheye.oem.melma.com/mag/74/m00027074/a00000029.html

サイバッチインデプスの編集後記でネタになりました。
読者書評はAmazon、esBooks、bk1、Yahoo!ブックス等でご確認下さい。

10 :無名草子さん:04/03/07 00:37

     ,.r'" ̄ ̄~^~゙ヽ、
   /         \
  /            ゙i
  /    ,,.! ri ハ  .、   i
  !  r'''''"_!i ! !_,,!_!,!,ヽ  l  
  ヽ i ‐''''' 、  ,__,,, ヽ. ,!
  ゙、 l -'エエゝ くエエゞ .V
   .V! ー" ,.  、  ~  ,リ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヾ.   ' 、,r ヽ  ,!"  /   
    \  -=;;;;=‐ゝ /  <        ミステリー作家の
    r'~iヽ ー ‐ ,..イヽ.   \      村瀬千文です。  
   /  ヽ.゙`ー‐'" ,ハ \    \ 
  /    ト--、 _,レ!   ヽ._   \_________________


11 :無名草子さん:04/03/07 00:38


 〜    ∧_∧___    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (´λ` ) / |   <  著者近影は私が撮影したとでも?  
  ~ ⊂ へ  ∩)/ .|    \_____________
   i'''(_) i'''i ̄,,,,,,/
    ̄ (_)|| ̄ ̄   ギコ爺

12 :無名草子さん:04/03/07 01:59
女将さん、乙です〜。
いよいよ【60】スレまで来ましたか。感慨深いものがあります。

13 :無名草子さん:04/03/07 12:04
前スレ911
>自分でも松永真理のEウーマンの記者会見でも、白い服を着てくる
>ようにと言われたので、2000円もしない無印良品の白Tシャツ
>着て逝って大恥かいた話を、HJC会報に載せていたくらいだも
>んね。(多数の出席者は、スタイリッシュな服やブランド服で
>キメキメ状態)

これってチィは白Tシャツだけを取り上げているけど、
全体がダサすぎて大恥かいたって話でしょ。
まさかMUJIの白Tシャツ+著者近影の白スラックス
(勿論ノーアクセサリー&すっぴん同様)で記者会見に登場したのでは
チィタソならやりかねない(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


14 :無名草子さん:04/03/07 17:39
超マジレス。
>>1-9の名前欄のカキコ部分、ホテルの案内掲示板みたいで
工夫が凝らされていて、とても面白いなぁと思いました。
それと毎度ながらチフミ&ギコ爺テンプレのセリフが秀逸で、
思わずプッと吹き出しますた。

15 :無名草子さん:04/03/07 23:50
出版界で、シリーズものが出版社を変更して出されることってよくあるのですか?

16 :無名草子さん:04/03/08 00:07
>>15
長寿シリーズものだと、途中で変わることもあるのでは?

17 :無名草子さん:04/03/08 00:23
でも1巻と2巻の出版社が変わるってのは異例だよね。

『■講談社メルマガ・ミステリーの館』では、著者からの
メッセージも掲載してもらえて、
------------------------------------------
講談社ノベルスで、著者の経歴がホテルジャーナリストというのは
異色中の異色。
ハイソな世界の物語にご期待ください。
------------------------------------------
と、それなりに持ち上げてもらったのに、
出版後、講談社となにがあったんだろうなぁ。

ぜんぜんハイソな世界の物語じゃなかったから?>沙織1

18 :無名草子さん:04/03/08 00:32
>>17
しかも今度のジョイノベルスは、そもそも書店で見つけにくい
マイナーなブランドのようなのですが、都落ちって感じでしょうか。
(ジョイノベルスの戦隊モノみたいのはよく見かけます)

19 :無名草子さん:04/03/08 00:52
>出版後、講談社となにがあったんだろうなぁ。

文三部長K木氏が「ダメダコリャ」と判断されたんでしょうなぁ。


20 :無名草子さん:04/03/08 01:53
講談社ノベルスのミステリーとしては
売れ行きや評判も異色中の異色だったのでは。

21 :無名草子さん:04/03/08 10:38
そもそも1も2も何故出版できるのか。あのレベルで。

22 :無名草子さん:04/03/08 13:43
今覚えば1はまだマシだった。
2は……

本当に何故出版できたのか。

23 :無名草子さん:04/03/08 22:02
沙織2に見るチィの70年代感覚

とっくり、コール天、月光仮面、木枯らし紋次郎、唐草模様の風呂敷、FEN・・・

自分もチィと10歳も違わないけど、こんな言葉なかなか出てこないよ。
まして現代が舞台の小説にこんな言葉使わないよ。
例え頭に思い浮かんでも書くのに躊躇するよ。
チィタソ実は50代?
・・・まさかやはり50代の「ア・ノ・ヒ・ト」が書いているの?


24 :無名草子さん:04/03/08 23:16
>>23
主人公に沙織なんて名前つける感覚も、いかにも70年代っぽい。
北山沙織というのも、当時の人気アイドル歌手南沙織のパロディ
みたいな名前だしさ。(ちなみに南沙織は上智大卒で英語が堪能。
沖縄出身でフィリピン人とのハーフだよん)

25 :無名草子さん:04/03/08 23:30
>>24
十数年前の明治生命調査による
その年生まれた子供の名前ベストテンの
女性第十位に「沙織」が入っていたと思いますので
(現在中学生くらい。表記も「沙織」です)
必ずしも古いと言う感覚ではないのでしょうが。。。

26 :無名草子さん:04/03/09 00:52
チーチャソはガールスカウトに入っていたことあるの?
沙織にそういう記述があるので。
沙織は子供の頃、海洋少年団という海版ガール(ボーイ)スカウトクラブに入っていて、
そのとき海軍式敬礼と手旗信号を覚えたんだって。
【大人になっても不思議に忘れない手旗信号は、未だに沙織の得意の宴会芸のひとつである】
だそうだ。
ドラムスといい手旗信号といい中国語といい、沙織タソは器用ね。

27 :無名草子さん:04/03/09 09:53
>>26
チィのことは知らないが、漏れボーイスカウトならやってたyo。
でも手旗は忘れちゃったなぁ。
覚えているのは、右上から左下に向けて振り下ろす「11」だけ。(w
手旗信号が宴会芸って、知ってる人間から言わせると
ハァなんじゃそりゃ?? モノでつ。

あと、こういうスカウト組織では何より「規律」が重視されます。
そういう規律に属することは、自分の血肉になってるつもりです
手旗は覚えていても、社会生活を営む上でのルールを
すっからかんに忘れている村瀬サン、さすが斜め上(ry

28 :無名草子さん:04/03/09 10:51
「実は中国語がわかる」「実は手旗信号が得意」って
あとから登場人物にスペックを付け加えていくのって
シリーズもののミステリー(とは呼べないかもしれんが)としては
なんとなく反則っぽく感じるのは漏れだけ?
最初に「この人はこんな能力や特技の持ち主」と示されて
それを活かして事件を解決していくのが普通だと思うのだが。
この調子だと沙織3でも(もし出版されればだが)
行きあたりばったりでいろいろな特技が出てきそう。

29 :無名草子さん:04/03/09 10:57
>>28
スカウトやってたという設定なら、ナイフの使い方とか
ヒモの結び方(これが数多い)とか、そういう技を使って、
中国マフィアやらアラブゲリラなどの「悪人」を退治する
というハナシの方が面白いのにね。

30 :無名草子さん:04/03/09 10:57
沙織1の時点で、
「ちょっとかじればその言語が話せるような耳を持っている」という説明があったり、
ときどきガールスカウトで身につけた技術を披露したりしていれば、
「ああ、この子はそういう子なのね」と思って読んでいられるんだけど。
ドラムがたたけるいうのも沙織2で唐突に出てきた設定だよね。


31 :無名草子さん:04/03/09 11:10
村瀬自身についての妄想なので、何だってやりたいようにできるでしょう。

32 :無名草子さん:04/03/09 11:18
以前目にしたミステリー作法に、
「主人公をピンチに陥らせたら、すぐに解決せずにもっと困難な状況にしろ」
というのがあったな。
やはり作者の分身という面があるので、つい安直にピンチを切り抜けさせてしまいがちになるらしい。
そうするとグダグダになる。
事実沙織もグダグダだ。

33 :無名草子さん:04/03/09 11:25
>>32
著者はリゾートホテルの中で、グダグダしているのが好きだ
となんかの本で書いていた。


34 :無名草子さん:04/03/09 12:44
>>33
何か意味が違うような

35 :無名草子さん:04/03/09 15:00
中も外もグダグダなんだな

36 :無名草子さん:04/03/09 20:00
なんだかんだって皆さん読んでいらっしゃるの?

37 :無名草子さん:04/03/09 20:00
人生グダグダですから

38 :無名草子さん:04/03/09 23:10
グダグダついでに沙織2の料理ツッコミでもしますか。
少しずつウプしてみます。

★紀伊国屋とトロピカーナにこだわる沙織タソの朝食風景
>これだけはどんなに懐がさびしくても、最後の砦として青山の紀伊国屋で
>買ってくるウィンナローストのコーヒー豆をミルでていねいにひき、
>グラタン皿にバターを塗って卵を割り入れ、イギリスパンと並べてオーブン
>トースターに入れた。オレンジジュースはトロピカーナのプレミアムブレンド
>のがおいしいのだが、現在の財政状況ではここまで手が回らないので省略。

★紀伊国屋のコーヒーやめればタカナシ買える
>もしこの会社に入れたら、給料がいいから、したいこと、何でもできちゃうな。
>オレンジジュース付きの朝食、スパゲッティ・アーリオ・オーリオにアンチョビー
>を加えることもできるし、ホワイトソースを作るときにタカナシの生クリームを
>加えてコクを出すこともできる……

★結局手で裂くことは無いわけで
>厚切りの食パンをかなり高温のトースターで一気に焼き上げているので、
>表面がカリッとしているのに中はしっとりしていて、手で裂くと湯気が立つほどだ。
>食べやすいように半分に切ったのをさらに三等分してあるので新聞を読みながら
>片手でつまむのにちょうどいいと(略)

39 :無名草子さん:04/03/09 23:11
つづきでつ。

★味噌汁うんちく
>たとえば、ミソを溶き入れるのはただのお湯ではなく、出汁であること。
>ミソは最後に入れ、決して煮立ててはいけないこと。日本人にとっては
>あたりまえのことなので、わざわざレシピに書くこともないと思っている
>ことなのだが、外国人が作る場合、出汁は取らずにただのお湯にミソを
>溶かして煮立てるものだから、ミソの香りも何もない、とんでもない
>しろものが出来上がってしまう。

★中華料理なのに
>沙織はアサリの貝殻でスープをすくって食べてみた。ぷっくりとよく太った
>アサリときれいな青葱の鍋で、黒胡椒とニンニクを効かせた味付けだった。
>「これにスパゲッティ入れたらボンゴレ・ビアンコになるっていう感じ」

★超アバウト『緑茶』かよ
>「それは、中国のお茶で、緑茶と言ってな。上等なものだ。うまいから
>飲んでみなさい。茶は人の心を癒す」茶碗を鼻の下にもってくると、
>えもいわれぬ、ほっとするようなかぐわしい香りがたちのぼった。

40 :無名草子さん:04/03/10 00:13
>>39
>「それは、中国のお茶で、緑茶と言ってな。

2,3年前から中国緑茶はブームなので
龍井や碧螺春あたりはみんなフツーに知ってると思うのだが。
チィちゃんは青山界隈では紀ノ国屋しか行かないのか?w
あのあたりは遊茶とか緑碧茶園とか中国茶の有名店がいくつもあるのにね。

41 :無名草子さん:04/03/10 00:18
あと、初台に住んでいる学生やフリーターが
青山の紀ノ国屋にわざわざ買いに行くっていうのがすごく嘘臭いと思う。
(立ち読み組なので定かではないのだが
沙織の大学が青山のあたりという設定でもあるのか?)
新宿伊勢丹の地下とかパークハイアットの1階だったらまだ分かるんだけど。
小説の中でまで、自分の趣味というか日頃の行動を
「ねぇねぇ、こだわってるでしょ、素敵でしょ」と
わざわざ主張するからおかしなことにw

42 :無名草子さん:04/03/10 00:29
>>39
和食を語る時は「ミソ」でなく「味噌」または「みそ」が相応しいと思う。
だしは「出汁」で、「ミソ」「出汁」はバランスが悪い。しかも不味そう。
それから味噌汁は「具」も大事なのになあ。
具によっては具のうまみを生かすためにわざわざ出汁は取らない場合もあるのに。

43 :無名草子さん:04/03/10 00:34
>>40
沙織が中国緑茶について知らないなら「流行ものに興味がない」で済まされるけど
中国人の台詞で「それは、中国のお茶で、緑茶と言ってな」はないと思う・・・。

44 :無名草子さん:04/03/10 00:41
こんなのもありまつ。

★ふぅ〜ん、オムレツ持ってシェフがねぇ・・・
>ロイヤルパークホテル1階のコーヒーショップのビュッフェで
>オムレツが焼きあがるのを待っていると、(沙織が気にしている
>CIAのスティーブに似た男が見えた)。もしかしてスティーブ!
>沙織はお皿を持ったままロビーの方に駆けだした。(略)
>「お客さん、オムレツ……」沙織はロビーに飛び出し、正面のドアを
>出てあわてて左右を見た。けれど、もう影も形もなかった。(略)
>そのとき、「あの、オムレツ冷えてしまいますが」シェフがオムレツ
>の皿を持って、目の前に立っていた。

★こじつけ
《中国マフィアの巣窟(ヘンシャンマーラーヴィラ)に居ることがわかった沙織が》
>ショーンと私は、敵のお鍋に自ら飛び込んだ鴨と葱のようなものだったのだ。
>(略)
>巣の中か……。沙織は「ココット巣ごもり風」という名前がついたフランス
>の卵料理を思い出した。ホウレンソウのソテーと一緒に、卵とホワイトソース
>をココット皿に入れ、チーズをかけてオーブンで焼いたものだ。

45 :無名草子さん:04/03/10 00:41
>>41
履歴書届けるのに切手代と電車代をケチって自転車使うんでしょ?
青山の紀ノ国屋にも自転車で行ってるのか?
そもそもコーヒー豆なんて有名店やブランドものじゃなくても
安く買えておいしい店がいくらでもあるんだけど。
自分のまわりでコーヒーにうるさい人は
無名だけどこだわりを持っている喫茶店や宅配で買ってるよ。
あと豆の銘柄もさることながら炒れ方でかなり味が変わってくる。

46 :無名草子さん:04/03/10 00:42
沙織2で取り上げられたお気の毒な店と品

魚久の銀だらの粕漬
ドーカンの牛肉すしサラダ、ワッフル
ローザ(麹町)のシュークリーム(注:正しくは「ローザー」ですよ!包装紙見ろ>千文センセイ)
村上開新堂の抹茶味の薄いマーブルクッキー
ウエストのドライケーキ
新吉士の糯米赤棗(『なつめやしにおモチを詰めて、甘いシロップで煮たもの』by千文センセイ)

で、ドーカンの牛肉のすしサラダの説明
   ↓
★レッドオニオンは『触感』ナンダロ?
>牛肉のすしサラダは、白ゴマとレッドオニオン、シソを散らしたごはんの上に、
>赤身の牛肉のたたきをのせたもので、お肉でごはんをくるむようにして口に
>入れると、舌の上ではじけるゴマと、シャキシャキしたレッドオニオンの触感と
>共に、隠し味に醤油を入れたドレッシングで思わぬコクを引き出された赤身の
>牛肉のうまみが口の中にじんわりと広がり、最後にさわやかなシソの香りが
>鼻先を抜けてゆく。沙織は目を閉じて味わい、味の決め手はレッドオニオンだな
>と思い、今度自分でも作ってみようと思った。

続きはまた明日にでも。

47 :無名草子さん:04/03/10 00:45
沙織で盛り上がりのところ、すみません。
村瀬と同じような人を発見しました。

格式高いレストランに入ろうとしたとき、ノーネクタイを理由に断わられた。少し癪にさわったので、数歩さがってしゃがみこみ、靴紐をはずして首に巻いた。「これが、俺のネクタイだ。」ボーイは、ニヤッと笑って、「OK、入れ。」と言った。

天下り役人が公式サイトで連載したエッセイです。
本家は削除されてしまってますが…

ttp://www.google.co.jp/search?q=cache:ElHbNB2MuBEJ:www.pari.go.jp/bsh/riji/miniko07.html+%E7%87%88%E5%8F%B0%E3%82%82%E3%81%A8%E9%BB%92%E3%81%97&hl=ja&ie=UTF-8

48 :無名草子さん:04/03/10 00:51
安い豆でも丁寧に扱えば味は格段に変わる。
多少いい豆でも「ぶきっちょでドジで間抜けなアタシ」とやらに扱わせては
激安豆以下の味に陥るだろう。

49 :無名草子さん:04/03/10 00:57
>>44
沙織3ではCIAのスティーブと沙織のロマンスが描かれる予定

50 :無名草子さん:04/03/10 01:03
>>39
> ミソの香りも何もない、とんでもない しろものが出来上がってしまう。

目くじら立てるほどではないが、代物になってしまう、程度の方が読みやすいのでは。相変わらずクドイ文章だね。



51 :無名草子さん:04/03/10 01:05
>>44
> ショーンと私は、敵のお鍋に自ら飛び込んだ鴨と葱のようなものだったのだ。

つまりモマエはショーンと私(沙織)がお似合いの組み合わせだと。鴨ネギの使い方を間違っていないか、此奴。

52 :無名草子さん:04/03/10 01:17
>>50
「とんでもないしろもの」はチィチャンの文章です。

ところで、ageないでぇ〜〜

53 :無名草子さん:04/03/10 02:13
>>47
チィタンとこの元役人ジジイのユーモア(プッ 感覚は
同レベルつーことですな。

・・・やっぱ森爺との合作だろ!>沙織



54 :無名草子さん:04/03/10 09:21
>>38
紀ノ国屋ウィンナローストの解説でつ。→ttp://www.coffee-bijin.com/kensho.html

100グラムで400円。酸味が殆どなく、苦みとコクが強い
ので、寝起きの1杯向けなんだって。

55 :無名草子さん:04/03/10 10:03
だが実際ロマンスを描け、となるとチィには無理だろうな。
何だかんだ言っても声をかけられる程度までしか妄想できてない。

56 :無名草子さん:04/03/10 10:11
>>49
これか。
4章人形町のコーヒーショップより抜粋
>しかし、その時、沙織の胸に思い浮かんだのは、スティーブ
>──ニースで出会ったものの、一度もその顔を見ることが
>かなわなかった男のことだった。スティーブのことを思うと、
>沙織の心臓のポンプを押し下げしている小人たちの動きが、
>まるで酔っぱらいのようにはちゃめちゃになる。胸がキュンと
>なったり、早鐘のようにドキドキしたりするのはどうしてなの
>だろうか。ああ……沙織はため息をついた。(略)
>スティーブがつけていたコロンの香りが思わず鼻先によみがえり、
>ひとり、下を向いて赤くなっていた沙織だったが(以下省略)

その後15章上海でドラゴンダンスを見物中、混雑に流されて
>ショーンとはぐれた沙織はスティーブらしき男に助けられる。
>男の体が離れるその瞬間、鼻先をふっとよぎったコロンの香りに
>沙織はハッとした。あ、この香り……。

あのさーCIAの諜報部員が自分を印象付けてしまうような
コロンなんてつけないと思うんだが。
007のMI5も背景に溶け込む人間でないといけないと
身長制限設けたよね。

57 :無名草子さん:04/03/10 10:19
>>56自己レス
ショーンとはぐれた……の箇所は引用じゃありませんでした、スマソ。

今、スティーブ検索中に見つけてしまった「えもいわれぬ」連発。

>鯛のうまみと海苔のダシが出た汁を、ごはんと一緒に口に入れた時の
>えもいわれぬ幸福感、(38ページ)

>その瞬間、ニースで経験した、あのえも言われぬ胃がせりあがって
>くるようないやな感じが襲ってきた。(104ページ)

>茶碗を鼻の下にもってくると、えもいわれぬ、ほっとするような
>かぐわしい香りがたちのぼった。(144ページ)




58 :無名草子さん:04/03/10 11:22
>>56
MI5も採用条件は、長身男前は不可になったね。(強い印象を
与える容姿はスパイに不向きなんだとか。勿論コロンも駄目)
コロンに関しては、うちの義兄の友人は北朝鮮からの覚醒剤
密輸を摘発するために、日本の某役所からスパイに任命され
たのですが、その仕事に就いてからはオサレな格好をしなくなり、
愛用の資生堂のコロンもつけなくなったって(w。
でも彼はニュースの第1報&大手新聞各紙の第1面のトップ記事
になるような大手柄を立てたと同時に、チョンボをしてしまい
すぐ解任されて、現在は普通の公務員として生活してます(実話。

59 :無名草子さん:04/03/10 12:31
ま、妄想ですから

60 :無名草子さん:04/03/10 14:28
最新号のCREA Due TRAVELLER(噂のホテル全真相)に
森爺とHJC会員M坂氏のコメント、K藤嬢のグラビアページがあるよん。
ttp://202.32.189.64/mag/traveller/

「極楽ベッド」で眠りたい!→K藤嬢のバスローブ姿
「世界のホテルブランド」最新ファイル→森爺コメント
達人に聞いた「ネット予約」4つの心得→M坂氏コメント

当方、立ち読みしただけですが、チィチャソの姿を見つけられませんでした。

61 :無名草子さん:04/03/10 14:40
沙織2、38ページ。
シュミレーションってよ・・・オイオイ。シュミレーション…。

62 :無名草子さん:04/03/10 14:57
>>61
三省堂「カタカナ語辞典」によると、シミュレーション
[simulation]を、シュミレーションと言っても間違い
ではないそうでつ。(つまりどちらも可)
私もコレ、初めて知りますた。(シュミレーションと言う
人は、DQNだと思ってた)

63 :トリビアの泉:04/03/10 15:39
>>60
Q:M坂サン(地方の素封家の御曹子で歯医者)とK藤サン
(トリマー志望の会社員。実家はかなり裕福みたい)の共通点は?


A:どちらも長野県出身。
M坂サン(諏訪地方出身)はお得さを徹底的に追求し過ぎて、
セコい話が多い。
K藤さんはテレ東番組で「仕切りが高い」発言をしたり、
「クレアトラベラー」でも異常にハシャギまくりで、
美人なのにイタい発言多い人なんだなぁと思われている。
・・・・・・、恐るべし長野県。これにホテルクレーマーの
田中康夫知事を加えたら最強、いや最凶だったりして。

64 :無名草子さん:04/03/10 16:44
K藤さん、素人とは思えない登場の仕方だったよ。
4箇所のホテルのベッドを比較するという記事で
どのホテルもバスローブ姿でベッドの寝転がってた。
あれは自分に自信が無くちゃ出来ないよ。

65 :無名草子さん:04/03/10 16:58
あああ、「仕切りが高い」人ね。思い出したよ。アリがd。>>63

66 :無名草子さん:04/03/10 16:59
で、クレアトラベラーのどこかに我らがチィチャマは隠れているのでしょうか?

67 :無名草子さん:04/03/10 17:34
>>64
クレアトラベラー編集部は、女性ファッション雑誌やティーン雑誌
でよくやるスーパー読者モデルとか、カリスマ読者モデル路線で
長野県民の某女性を売り出すつもりと見た。


68 :無名草子さん:04/03/10 19:50
>>67
それと、森爺がホテルジャンキーズの広告塔として彼女を売り出しているんでしょう。
彼女が出るときは必ず「ホテルジャンキーズ」の名前も出している。

チィタソお払い箱ですか(´・ω・`) ショボーン

69 :無名草子さん:04/03/10 20:18
賢明ではある

70 :無名草子さん:04/03/10 21:12
影が薄くなってしまったチィタソがカワイソ-なので再び沙織2をウプしてみます。

今回はOL生活の短いチィタソの妄想オフィス。どうでしょ?
機内にて。
「新入りスチュワーデス(原文ママ)」が先輩にしごかれている場面。
沙織2 P.68より。

>「あの人、典型お局型だね」
>前の席のOL風女性二人連れが話すのが聞こえた。
>「いじめられる方も、ありゃ、典型的なガイシャ型だわ」
>ガイシャ?いったい何のことだろうと沙織が首を傾げていると、
>「だいたいさ、お局の餌食になるタイプって、決まってるもんね。
>怒りを買わないかと思って顔色ばかりうかがってビクビク、オドオド
>している奴」
>「あとさ、鈍感でいじめられているのすら気づかないタイプって、
>いじめてる方もいじめ甲斐がないから腹がたってきて、どんどん
>手口がエスカレートして残忍になってくるんだよね」
>手口?聞いているとなんだかすごい話だ。
>「そう、そう」
>なんて言いながら楽しそうに笑っている二人の話を聞いて、沙織は、
>うーん、会社勤めって、いろいろ大変なところは大変なんだぁと思った。

71 :無名草子さん:04/03/10 22:43
現役OLとしては、この人会社勤めの経験のあるなしじゃなく、女そのものがまったく
わかってないんじゃないかと思えてくるような描写ですね。
チィ、こんなんじゃあなたの性別すら疑わしくなってくる。

72 :無名草子さん:04/03/10 23:56
>>62
結構「シュミレーション」と誤用が広まっているせいで、カタカナ語としては間違いではない
となっているのしょう。でも、その辺のオヤヂじゃないんだから、「英語が得意」と豪語し、
本まで出していらっしゃる先生が、simulationを「シュミレーション」は無いと思いますがね。

73 :無名草子さん:04/03/11 00:23
次は、男女のこともまったくわかってなさそうなチィタソの妄想痴話ゲンカ
沙織2 P.115より会話部分のみ抜粋しますた。
ヘンシャンマーラーヴィラのレセプションでチェックイン中の日本人の若いカプール。

>「ぜんぜん写真と違うじゃない」
>「だって、古い部屋は絶対いやだから、新しい方に予約してって言ったのは君じゃないか?」
>「ここのいったいどこが、優雅でシックなクラシックホテルなのよ!安っぽいラブホテルみたいじゃないのよ。あたし、やだ」
>「そ、そんなこと言ったって、しょ、しょうがないだろう。き、来てみるまでわからないんだからさ」
>「あたし、あっちの本館がいい」
>「今さらわがまま言うなよ」
>「レトロな上海でロマンチックにすごそうだななんて言ったの、誰よ!」
>「僕だって初めて来たんだぜ!どうしてわかるんだよ!こうなったのは僕の責任じゃないだろうが!」
>「あーあ、最初からいやな予感がしていたんだ、ワタシ」
>「そ、そもそもさ、上海へ行こうって言い出したの、キミじゃないか!」
>「そもそも、そもそも。あなたは困るといつも、そもそも」
>「いつもって、いったい今の状況といつの何とが、同じなんだよ!」
>「いつもったら、いつもよ!」

レセプションに立ち寄った沙織がこのカプールの口争いを見てるんだけど、
名も無い単なる通行人カプールの様子をここまで細かく書くことないよね。
「そもそも〜」のところだけは、チィには珍しく語呂が良くて思わずプッと噴出しちゃいました。

74 :無名草子さん:04/03/11 00:29
れ、レトロな上海……脳内データの更新できないんですか。
「ワタシ」……カタカナ表記、好きね。古い。
「キミ」……同上
「僕」……若い成人男子でプライベートで一人称「僕」って人はまずいませんね


他には同一人物で一連の流れなんだから、「あたし」か「ワタシ」か統一しろっての!
だとか、ロビーでこんなくだらない喧嘩繰り広げるカップルなんかいないだろ、とか、
なんで普通なら漢字表記するものをかな表記やカタカナ表記するの、頭悪く見える
よ、とか……

75 :無名草子さん:04/03/11 00:31
amazonキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408602590/qid=1078628824/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-4983255-5475554

76 :無名草子さん:04/03/11 00:37
>>73
「だぜ!」とか「だろうが!」が藁える。
ラブホテルねェ。どうせ行ったことないんだろうね(プックス

77 :無名草子さん:04/03/11 00:46
>>71
男なんで「女そのものがわかってない」ってのはよくわからんのだけど。
女性はこういう会話はしないってこと?
俺は「〜型〜型」ってお得意の繰り返しと
>沙織は、 うーん、会社勤めって、いろいろ大変なところは
>大変なんだぁと思った。
という小学生作文にグッときますた。

78 :無名草子さん:04/03/11 00:48
今時のラブホテルって充実してるもんねぇ。
田舎の安いところだって室内にゲームやDVDがあるのは当然だし、インテリアも
50年代風とかいろいろ揃えてる。
多分、チィはそんな現実は知らない。描写を見る限りでは。

79 :無名草子さん:04/03/11 01:54
>>74
このレビューは参考になりましたか?

はい(w

80 :無名草子さん:04/03/11 01:58
ここまで時代錯誤な表現満載の小説って、
他に何があるかな?

北村薫の作品にでてくる、女性キャラの服装描写の
ダサさかげん(例:ウサギの耳のついた帽子)に
げんなりしていたんだけど、チィタンには負けるね!

81 :無名草子さん:04/03/11 10:18
>>77
“そもそも”今時普通の会話の中で「お局」なんて言わないよー
嘲る意味であえて「お局」と言う事はあるかもしれないけどさ。

82 :無名草子さん:04/03/11 10:20
>>78
優雅でシックなクラシックホテル風ラブホだってあるよねぇ。
チィタソ知らないんだ(w

83 :無名草子さん:04/03/11 10:20
レビュー投票しておいたよ

84 :無名草子さん:04/03/11 10:21
うああ、ageた

85 :無名草子さん:04/03/11 13:24
がいしゅつかもしれないが、
「沙織1」では“リゾート&サスペンス”になっていたのに
「沙織2」は“ユーモアサスペンス”になっている。

一応、ホテルと旅を売り物に執筆しているはずなのに
「リゾート」が抜けたおかげで間抜け感が増大。
上海じゃぁ「リゾート」にならないのは分かるが、
「沙織2」だけを読んだ人だと、村瀬チフミが何者かさえ分からないという罠。

86 :料理うんちく1:04/03/12 00:42
だんだんウプしたい面白駄文がネタ切れになってきますたが・・・
今夜はチィタソのお料理うんちくでつ。
料理の描写が一番詳しいのがこのシーン。
「おいしいミステリー」たる所以でしょう。沙織は仕事中らしい。

沙織2第5章P.37より
>開いた書類に書かれてあった「SESAMI」という文字を見た瞬間、
>沙織の五感は炒り立てのゴマが口の中でプチッとはじける音、歯ざわり、
>噛んだ瞬間鼻先にたちのぼる香ばしい香り、じんわりと口の中の粘膜に
>広がる滋味をはっきりととらえた。
>そして次には、流れるような場面展開で、麹町のレストランで一度食べた
>マグロのカルパッチョ丼が思い浮かんだ。マグロの赤身をオリーブオイル
>とバルサミコ酢、それにかすかにニンニクを効かせたお醤油に漬け込み、
>挽き立てのブラックペッパーをかけ、たっぷりの細かく刻んだルッコラや
>マスタードグリーンと一緒に、炊きたての白いご飯にのせたものだが、
>あれはほんとうにおいしかったなぁ。隠し味のオリーブオイルが赤身の
>マグロをまるで、トロのようにまろやかでコクのある味にしていた。
>ああ、また食べに行きたい。

87 :料理うんちく2:04/03/12 00:44
>沙織の頭の中ではすぐに次のページがめくられた。
>次に思い浮かんだのは、やはりゴマからの連想で、鯛茶漬けだった。
>ゴマだれに漬けた鯛のお刺身をアツアツのご飯の上にのせて、もみのりを
>パラパラッと散らし、生わさびをちょんとのせ、熱いほうじ茶をそっと注ぐ。
>ちょっと湯通し状態になった鯛の味、鯛のうまみと海苔のダシが出た汁を、
>ごはんと一緒に口に入れた時のえもいわれぬ幸福感、ツーンと鼻に効いて
>くるワサビのさわやかな刺激、海苔からにじみでる磯のかおり。
>沙織はひととおりシュミレーションすると、今度は箸休めの香の物について
>考えた。こういったうまみがしっかりしたものを食べた後は、ぴりっと
>赤唐辛子をきかせた浅漬けのつやつやした白菜のお漬物をつまみたくなる。
>きゅうりの古漬けなんかもいい。きゅうりの古漬けは、できるだけ薄く刻み、
>針ショウガと白ゴマを炒ってひねりゴマにしたのをかける。
>話は飛ぶが、きゅうりの古漬けをお茶漬けにするときのお茶は、ほうじ茶に
>ちょっとそば茶を混ぜるとより香ばしさが増す。これをサラサラとやると、
>もう、たまらない……などと考え、思わずお腹がぐぅーっと鳴った時だった。
>「北山サンっ!」(以下略)

88 :無名草子さん:04/03/12 00:46
以上、本編には何の関係も無い、単にチィが書きたかっただけのお料理うんちくでした。

89 :無名草子さん:04/03/12 01:04
赤身の魚にオイルをかけてコクを出すのはそんなに特別な料理じゃないね。
それにこのレシピだったら、オリーブオイルのどこが「隠し」味なんだよ。そのまんまじゃねぇかよ。

90 :無名草子さん:04/03/12 01:41
>>86>>87
今までちょこちょこ出てきた引用も含めてなんだけど、
くだらない描写がくどくど続くよね。
しかも本筋とは全然関係なかったり。
ただでさえ短い小説なのにいらない部分を削ったら
3分の1くらいになるんじゃない?。
そもそも小説を構築するなんて面倒な事より、こういう脱線が
書きたいだけなんだろうなあ。


91 :無名草子さん:04/03/12 06:50
この程度の知識で料理が得意とはとても思えない……

92 :無名草子さん:04/03/12 08:26
>>87
「古漬を細かく刻み、針しょうがとゴマでお茶漬・・・」
「リゾートホテルジャンキー」か「アジアンリゾート 女殺し
のホテル達」にも出てきたような?

93 :無名草子さん:04/03/12 08:46
>そして次には、流れるような場面展開で、
>沙織の頭の中ではすぐに次のページがめくられた。
>沙織はひととおりシュミレーションすると、今度は
>話は飛ぶが、

設定が、舞台なのか画面なのか本なのか妄想なのか………ハッキリ汁!頭悪ッ

自分でどこで食べて美味しかったのか覚えているものは、
「魚久」「ドーカン」「ローザー」「麹町のレストラン」etc.と具体的なのに
記憶があやふやなものは
「緑茶」「ゴマ」「鯛茶漬」
産地も何も無く、突然表現がアバウトになる。

どこかに角田真弓のセリフで
「村上開新堂の抹茶味の薄いクッキーよりウエストのドライケーキがいい」
というのがあったけど、これもクッキーならクッキーで比較汁。
全然別物じゃん。トホホ

94 :無名草子さん:04/03/12 11:53
>>92
スレ【38】で見つけたよ、これだね。

>460 名前:無名草子さん投稿日:02/06/27 19:51
>しつこくてスマソのアジアンリゾート。
>(でも一人で笑うのは勿体無いので)
>
>>ときどき、ぶらりと行きたくなるホテルというのがある。必ずしも豪華な高級ホテルや
>>名門ホテルばかりではなく、どちらかというと、パッと見には派手さはないけれど、
>>時を経て、その土地にしっかり根を張り、しっとりとなじんだホテルだ。
>>有名シェフがつくるフランス料理にも、凝った懐石料理にも飽きたとき、古漬けを刻んで
>>針ショウガと白ゴマを散らしたのをつまみながら、熱いほうじ茶をかけたお茶漬けを
>>サラサラやりたくなる感じ、とでも言おうか。
>
>さて問題です。上記の文章はどこのホテルの説明でしょうか?
>
>           ・・・・・・正解はシャングリラ・ラササヤン・リゾート(ペナン)でした。


95 :無名草子さん:04/03/12 12:03
「ときどき、フラリと行きたくなる」けど、実際にはどこのホテルにも行かない。
ただ、妄想するだけ。

「凝った懐石料理」「有名シェフがつくるフランス料理」も同じく。
食べ飽きるほど、食べたことはないが、「食べ飽きた」と妄想するだけ。
もちろん、「ほうじ茶をかけたお茶漬け」も。

ホテルも恋愛もグルメも、みんな妄想の産物。安くていいねw

96 :無名草子さん:04/03/12 12:15
>>93
>これもクッキーならクッキーで比較汁。
>全然別物じゃん。トホホ

筆者の頭の中では、クッキーもケーキも同じものなのでしょう。

>>90
>こういう脱線が書きたいだけなんだろうなあ。

同意。チィの駄文もそうだよね。
ホテルジャンキーだの、ジャーナリストだの言いながら、
「ホテル」についてより、脱線話(ホテルにいるアタシの話w)
が書きたいだけだもんね。
しかも「脱線話」のほとんどが妄想なわけで。

97 :無名草子さん:04/03/12 12:30
恋愛話はともかく、うまいもの話だったらいくらでも経験をつめるのにな。
時間に追われるほど忙しい人生であったわけでもなかろうに。

98 :無名草子さん:04/03/12 12:57
>>67
見栄えはするが、あまり賢くない素人がいちばん安く使えるからね。
謝礼ひとつで、顔も名前も誌面に晒した上に、バスローブ姿になってくれるわ、
ベッドの上でハシャいでくれるわ、編集部にとっちゃ恩の字でしょう。

爺もようやく「読者層とかけ離れた、貧相な愛人」をHJCの顔として
ゴリ押しするより、見栄えのするヴァカ会員を使った方が得策だと
理解できたらしいな。理解するまで何年もかかったみたいだけど。

99 :無名草子さん:04/03/12 13:04
なるほどなあ。
そうなるとチィの存在意義って…。
HJ誌ではすっかり過去の人なわけだが、クラブではどうなの?
まだ代表なんだっけ?

100 :無名草子さん:04/03/12 14:15
まだ肩書きは「代表」だと思うけど、代表らしいことやってるわけじゃなし、
このスレが立った当初から「会員からは無視されている」と書かれてたチィ。
結局、ただHJ誌の入稿作業兼雑用をやらされてるだけの「森事務所の役員」でしょw

チィの今までの本も、昔から爺の「代筆疑惑」があるわけだし、
村瀬千文なんていう「著作権侵害」した「バカ作家」より、
実家が裕福で、自腹でホテルに泊まり歩けるK藤さんを新たな代表に据えて、
彼女の名前でHJCの活動を展開した方がいいんじゃない?
若くて見栄えがして、本人もマスコミ露出が大好きみたいだし。

101 :無名草子さん:04/03/12 14:33
役員つっても名前だけだろうし、つまるところ漏り事務所では
『事務員』ってことか。

102 :無名草子さん:04/03/12 15:07
>>101
チィが事あるごとに小馬鹿にしている「下っ端」そのものですな。
天に唾するとはまさにこのこと(w

103 :無名草子さん:04/03/12 15:11
もはやなんだかわからんが居る人、ですな。
こういう人に限っていつまでたっても居座ってたりするんだよな。

104 :無名草子さん:04/03/12 16:24
オイラはK藤さん、チーより嫌いかも。あのスキッ歯が生理的にダメ。頭も悪いし。

105 :無名草子さん:04/03/12 16:49
>>104
まあ、「仕切りが高い」方ですから、
お金には不自由なさってないかもしれませんが、
頭は相当、ご不自由そうですね。
だからこそ、安く利用するにはもってこいなんでしょう。
今どき、HJCに入ろうなんて思う人に、
賢い人はいないので、あの程度がちょうどいい広告塔なのでは?

ま、頭の不自由さでは、チィだって負けてはいませんが、
いかんせん、貧乏くさい上に根性が曲がっている点がねぇ。

106 :無名草子さん:04/03/12 16:58
>>101
実質的には一般OL以下の事務員だろうと、やってる仕事が雑用だろうと、
「役員」「クラブ代表」「副編集長」なんていう肩書きさえ与えておけば、
自分はスゴイんだと思いこめるヴァカだからこそ、利用価値があるわけで。
正確には「あった」ですかね。今の村瀬はただのお荷物。いるだけで邪魔。

>>103
そういう香具師は他に逝くところがないから、死ぬまでしがみつくんだよね。
まあ、漏り事務所というか、爺さん自身もあと数年で還暦。
いつまでくだらん道楽を続けていられるのか、疑問なわけですが。

107 :無名草子さん:04/03/12 17:09
>>86-87みたいな料理ウンチクも、
本筋と絡んでくるならともかく、
まったく無関係なんでしょ?

それに登場人物が実際に「おいしいもの」を
食べている描写……じゃなくて、
「おいしいものを思い出してる(妄想してる)」だけの描写で
「おいしいミステリー」って言われてもなぁ(苦藁

さらに、どこで食べたかわからない
(つまり情報としても役に立たない)
「レストランで一度食べたカルパッチョ丼」とか、
「鯛茶漬け」とか、漠然と持ち出されてもなぁ。

108 :無名草子さん:04/03/12 17:19
そもそも話に出てくる「おいしいもの」の層が薄いよね。
はからずも「一度だけ食べた」と書いてしまっているように、
筆者の「食体験」も、ホテル同様、お粗末なんでしょう。

>>94の指摘通り、お茶漬けの部分は「使い回し」。
体験だけでなく、語彙も表現力も貧弱なのね。

109 :無名草子さん:04/03/12 17:47
>>106
mori爺さんは来年還暦。

110 :無名草子さん:04/03/12 18:03
私もT自動車に勤めていましたが、
海外部門だったので、接待する相手=外人なので、
使う店はいつも美人座近くの木曽路でしゃぶしゃぶですた。
(自分は伝票を回してただけだが)

111 :無名草子さん:04/03/12 18:03
>>110
激しく誤爆、鬱氏。

112 :無名草子さん:04/03/12 18:17
確か、チィの“長年の恋人Jack”は、イギリス人のグルメ(プ で、
世界中のおいしいものを食べ歩いているんでしょ?
(少なくても『ホテルジャンキー』では、そう書いていました)

そんな食い道楽の恋人と20年近くお付き合いしていて、世界中の高級ホテルを泊まり歩き、
ご本人は「大の料理好き」だそうですが、その村瀬さんが書いた「おいしいミステリー」
の内容が、コレですか〜? 
自分で自分の本に「全部デタラメで〜す」って書いてるようなもんですね。

113 :無名草子さん:04/03/12 20:50
村瀬(及び漏れ爺)の致命的な欠点のひとつは、
世の「マニア」とか「愛好家」を舐めくさっているところ。

世の「ホテル愛好家」なるものに目をつけたものの、
肝心の自分たちは「愛好家」のレベルにはまるで達してない。

「沙織」も同様で、こんな程度の記述で
「沙織はグルメで舌が肥えてる女の子」なんて設定が
通る(読者が納得する)と思っているのか?

自分の友人で自他ともに「グルメ」な人は、
おいしいものはリピートして食べるし、
ありとあらゆるものを食べたがるし
食べ物への好奇心はハンパじゃない。
もちろん、それに伴う投資をしているし、
おいしいものを食べて太るのは厭わない。
見ていて「そこまでやるか」という感じだからね。

それに比べたら「沙織」なんて
ただ食い意地が張ってるだけの無能女。
つまりはチィそのものw

114 :無名草子さん:04/03/12 21:30
>>73
アマゾンの「沙織2」レビューに「ガイドブック見ながら
家で空想したような話」とあったが、この痴話喧嘩もそんな感じ。
そもそも本筋と何の関係も影響もない出来事を、
たまたま沙織が耳にしたからって、こんなに詳しく書く必要ないのにね。

115 :無名草子さん:04/03/12 22:51
しかしさ、くだらない描写をすべて抜いて、
話の本質だけにした場合、ヘタすると10Pぐらいでおさまったりしないか?

116 :無名草子さん:04/03/12 23:10
村瀬は「HJ」の上海のホテル特集で、ヘンシャンマーラーヴィラ
を(特に新館)をケナしてた。
でもさこのホテルの構造を知らないで発言するのだが、ゲストは
新館だろうが旧館だろうが、レセプション(チェックインする
ときのカウンター)は、ノルウェイ風のお城を模した旧館でする
のではと思うのだが。(理由はとても小規模なホテルだから、
レセプションを2つに分けなくても、1ケ所で処理できると思う
から)
つまり旧館のエントランスにあるレセプションにチェックイン
した段階では、新館の客室のインテリアのショボさが判らないと
思う。
いや、それともレセプションは新館にあるのかなぁ?
普通こういう邸宅を改装したホテルは、ムードのある旧館をレセ
プションにするんだがなぁ?
それともこのホテルはラブホテルみたいに、入口に部屋の写真の
パネルがあるのかなぁ?

117 :無名草子さん:04/03/12 23:16
ほほー、ではいったん部屋にチェックインしたのに、
わざわざ出てきてフロントの前でケンカしていると。

そりゃ不自然だわ

118 :無名草子さん:04/03/12 23:46
>>114
実はこのカップルの痴話ケンカも、「ホテルジャンキー」に書いて
ある南フランスの高級ホテルのプールサイドでの話の焼き直しなんだ罠。

119 :無名草子さん:04/03/12 23:48
つまり、村瀬は「自分はヘンシャンマーラーヴィラに逝ったが、
新館は全然良くないと思った」ということが言いたいためだけに、
ストーリーに何の関係もないこの痴話喧嘩を、わざわざ「創作」した、と。

「村瀬千文の上海ホテル評価」じゃなくて、あくまで自分は「小説」を
書いているんだということが、どうしてもわからない頭なんですね。

120 :無名草子さん:04/03/12 23:57
>>116
仮に、新館には新館専用のレセプションがあったとしても、
チェックインする前に、客室のインテリアまではわからないもんね。

それに、レセプションでアフォ丸出しの喧嘩をする前に、そんなに本館が良いと思うなら、
「部屋を本館に変えられませんか?」と穏やかに交渉するのが普通でしょう。
チィの頭の中では、どこでもお構いなしにキーキー痴話喧嘩を繰り広げるのが
普通のカプール、ってことになってるのかもしれないけど。

121 :無名草子さん:04/03/13 00:07
自分がカプールになったこともなければ、カプールでホテルに行ったこともない
んでしょうね。おまけに本人が書いた物を見るとどうも問題のある人ですか
ら、普通の人は常識的な言動をするということすら理解できない、もしくは
自分の感覚が尋常でないということが受け入れられないんでしょうが。

122 :無名草子さん:04/03/13 00:09
チィたんって、カプールの痴話喧嘩が好きだよね〜。
あと、中年夫婦が陰険にお互いを牽制し合う話とか。


123 :無名草子さん:04/03/13 00:15
このスレでも何度か言われてきたことですが、チィの辞書には
「幸せな結婚(幸せなカプール)」というものは存在しないのです。
なぜなら、自分にはまるで縁がないから。

「結婚なんて所詮こんなもの。だから自分はしない」と
恋愛経験に乏しい負け犬が、遠吠えしてるだけなんだがw

124 :無名草子さん:04/03/13 00:29
結婚したこともないのに、ハナから結婚生活をバカにしたり、
否定的に語る女というのは、長年にわたって両親の不和を見てきたか、
不倫してるか、どっちかでしょう。

125 :無名草子さん:04/03/13 00:29
うわ、海外串規制でずっとだめだったのに、
今日は何年かぶりに書き込めるよ。

記念かきこだけでは何だけど
チェンマイのリージェントがついにFSになったんだね。
チィは焼き直しでネタを使えなくなるかな?

126 :無名草子さん:04/03/13 00:38
>>125
いらっさいませ!
さすがに海外では沙織2なんて売ってませんよね?

>チェンマイのリージェントがついにFSになったんだね。
チィのことだから(旧リージェントチェンマイ)と注つけて、過去の感想をダラダラ書くんじゃないでしょうか。
自分の経験が全ての人ですからね。

127 :無名草子さん:04/03/13 01:29
> >>73
> そもそも本筋と何の関係も影響もない出来事を、
> たまたま沙織が耳にしたからって、こんなに詳しく書く必要ないのにね。

うっかりミステリーだと思って読んでいたら、重大な伏線だと思ってしまう罠。
でも、最後の最後までケアは無しと。有る意味、楽しめる話しかも(嘘)。


128 :無名草子さん:04/03/13 01:38
>>122
仕事やプライベートで月に数回はホテルに泊まったり食事したりするけど、
傍目にもわかるような喧嘩をしているカップルなんて
年に1回遭遇するかどうかだけどなぁ。
普通にホテルに出入りしていれば、幸せそうなカップルを目撃することのほうが
圧倒的に多いと思うんだが、チィちゃんの眼中には入らないのか?
そういえばホテルでの結婚式を話題にすることってまずないよね。


129 :無名草子さん:04/03/13 01:43
>>127
普通のミステリー好きが読んだら、事件の解決に
料理が何らかの形で関係してくると思うだろうね。



130 :無名草子さん:04/03/13 01:54
痴話喧嘩の話にしろ、カルパッチョとお茶漬け妄想の話にしろ、
「沙織のなりゆきで上海」って駄作は、要するに、
村瀬千文の個人的欲求不満とコンプレックスを解消し、
願望充足するため「だけ」に書かれている本だってことですね。
そう思って読むと、ヲ茶にとってはなかなか面白いのだが(大嘘)

131 :無名草子さん:04/03/13 02:04
カプールの熱愛シーンも書けないチィだが、
喧嘩のシーンを書いたら書いたで、陳腐もいいところ。
「恋人と喧嘩」するには、まず恋愛しなきゃならないからなぁ。
“そもそも”恋愛経験が極端に乏しいチィ。
かといって人一倍観察力や洞察力があるわけでもなく、
書けることは「自分の体験」だけだもんな。
カプールの生態をそれらしく描くなんて永遠に無理だろう。

132 :無名草子さん:04/03/13 02:25
>>128
このカプールの口を借りて「このホテルの新館はダサい」と言いたいなら、
「二人はどうも、新館の部屋のことでモメているらしかった」で十分。
ただの通りすがりの沙織が、何の必要も、関係もないのに、わざわざ足を留めて、
他人の喧嘩に、じーっと耳を傾けてるのって、どう考えても変でしょう。
よほど大声で怒鳴り合っていたんでもない限り。

チィが書くカプールの会話は、いつも聞こえるはずのないことがすべてチィには聞こえ、
わかるハズのない言語がすべて聞き取れたりして、実に不自然なんだが。

133 :無名草子さん:04/03/13 10:57
>>132
そーだよね。「もめる」だけだったら、なんらかのきっかけで
ロビーで口論していることは読者も想像しえる。
(たとえば別の話題でケンカしていて、流れでその話題にきたんだろうな、とか)
なまじっか、具体的に会話のセリフまで書くから、不自然になるわけだ、
という計算はフツー作家だったらできるはずだ。

(1行あけ)
だけどいちばんのユーモアミステリーは、
こんな設定も内容も穴だらけの原稿をよく編集者は本にしたな、ってこと。
昔読んだガキ向け小説でも、もうちょっとマシだった、
と思うのは私の気のせいかしら?
そもそもガキ向け小説にしては、言葉づかいなどが70s’なんだけどさー。


134 :無名草子さん:04/03/13 11:46
アマゾンのレビューの参考になった人数は、必ずしも投票した人数全員を反映しているようではないようですね。
とりあえず100%ではあるけど。

135 :無名草子さん:04/03/13 12:18
>>134
投票が反映するまで24時間かかるみたいですね。

>>133
自分が編集者ならまず、筆者の今までの本の
アマゾンのレビューぐらいは読むけどねぇ。
(もちろん、本そのものも読むだろうけど)

「沙織1」がここまでレビューで酷評され、
実際に読んでも噴飯モノなのに、よくもまあ
「沙織2」を出す気になったよなぁ<有楽出版
原稿が上がった時点で、死にたくなったろうにw

136 :無名草子さん:04/03/13 21:15
スーパー遅レスだが…。
★魚久の銀ダラの粕漬 1切 630円
★一番御手頃な値段のご贈答詰め合わせセット
(銀ダラ2切+シャケ2切) 2600円
★切り落としセット(イカのゲソ・シャケ・銀ダラなど5種類
の魚の切り落としが入っているお手頃な自家用のもの) 500円

沙織は貧しいので2600円の贈答用でなく、500円の自家用を
手土産にしたのだろう。
ま、昔に比べて百貨店や本店以外の直営店でも入手できるから、
有り難みは減ったが。

137 :無名草子さん:04/03/13 21:22
>>46 >>86
村上開新堂のドーカンHP
ttp://www.kaishido.co.jp/dohkan/serve/

★牛肉すしサラダ 1120円
★まぐろのカルパッチョ丼 1000円
★ワッフル(メープル&バターなど) 660円より
★サービスセット(ケーキorワッフルorゼリー+コーヒーor紅茶) 760円


138 :無名草子さん:04/03/13 21:34
>>93
麹町の老舗の村上開新堂のクッキーと比べるなら、同じ町内で
同じく老舗の泉屋のそれと比べるほうが相応しいと思う。
しかし裏読みすると、チィの頭の中には村上開新堂のクッキーは
ランチ(最低4500円より)の客か、もしくは常連の紹介者が
いないと買えないという、昔からの上流階級や成金相手に高飛車
な大名商売している割に、大しておいしくもないクッキーより
(戦前の味っーか、素朴な味)、複数の大手デパートなどでも
手軽に買える大衆路線のウエストのドライケーキの方が、よほど
美味しいのにということが言いたかったのだろう。


139 :無名草子さん:04/03/13 22:08
>>138
読み辛いな。
句点を打ってくれ。

140 :無名草子さん:04/03/13 22:18
>>139
スマソ。読み返さすと、たしかに句点が少ない。
まるで句点が少ないところが、チィの文章みたいで自己嫌悪。

141 :無名草子さん:04/03/13 22:23
>>44
またまた遅レス、スマソ。
>ココット巣ごもり風
1970年代後半の料理レシピや、婦人雑誌の料理コーナーによく
出ていた懐かしいメニュー。
でもこれ知っているって、ババァなんだよな。

142 :無名草子さん:04/03/13 23:19
>>141
ひとり暮らしを始めたばかり頃(今から10年くらい前)
「学生向けのお手軽料理」を紹介する本で知った>ココット巣ごもり風。
どっちにしてもありがたそうに説明するようなたいした料理ではないと思う。


143 :無名草子さん:04/03/13 23:23
>>137
ドーカンを出してくる意図がどうもよくわからん。
知る人ぞ知る名店というなら村上開新堂のほうだろうと思うし、
東京で流行のおしゃれなスポットというなら
ドーカンよりふさわしい店がいくらでもある。
ドーカンには何も含むところはないが
どうも中途半端なセレクトという印象。

144 :無名草子さん:04/03/14 00:38
>74
> 若い成人男子でプライベートで一人称「僕」って人はまずいませんね

・・え?そんなことありませんよ。
確かに減ってはいますけど。
ご自分のまわりがぞんざいな口をきく男子ばかりだからといって、
まずいない、などと決めつけない方がよろしいですね。


>81
> 今時普通の会話の中で「お局」なんて言わないよー

・・え?そんなことありませんよ。
頻度は低いですが、確実に使いますよ。

145 :無名草子さん:04/03/14 00:55
>>136
>沙織は貧しいので2600円の贈答用でなく、500円の自家用を
>手土産にしたのだろう。

違うのよ。
朝十時から特別に安売りしているのを買ったのを二人分買って
1つはジョンにあげたのよ。
日本風の魚のマリネでグリルして大根おろしと一緒に食べると
美味しいんだと説明つきでね。

146 :無名草子さん:04/03/14 01:07
アメリカ人へのお土産に魚久って
例によって「愛すべき規格外」を狙ったつもりだろうけど
「ドキュソで迷惑な規格外」としか思えない。
旅行先で生モノもらったら魚久が好きな日本人だって困るだろうよ。
人形焼きでもあげたほうが微笑ましかったのに。

147 :無名草子さん:04/03/14 01:09
>>145に追加。
朝十時からの安売りは「切り落とし」パック500円みたいですね。
プレゼントにするなら普通の自家用切り身にすればいいのにねぇ。

148 :簡単なネタバレ1:04/03/14 01:38
沙織2の目次に簡単なネタバレをくっつけてみました。

1. ラストシーン@上海租界【財宝ルビーをテーマにした映画の撮影現場】
2. 初台のマンション【沙織1のあらすじ、朝は紀伊国屋のコーヒー。仕事探し】
3. 溜池のスターバックス【広告代理店の面接に落ちる、沙織天然ヴァカ認定】
4. 人形町のコーヒーショップ【CIAジョンとデート。魚久粕漬。CIAのスティーブを想う】
5. 銀座・ジャパン・トラベル協会オフィス【角田真弓の紹介で就職。ゴマ妄想。オフィス風景】
6. 麹町・レストラン「ドーカン」【真弓とランチ。牛肉すしサラダ】
7. 一番町・英国大使館・角田の屋敷【角田邸で真弓とお茶。村上開新堂よりウエスト】
8. 真弓の話【真弓自分語り。神童>東大>財務省、私はスゴイ。こんな話に7頁】
9. 銀座・JTAオフィス【英語も仏語も中国語もできる沙織、上海出張決定】
10. 上海行き機内【旧正月元旦。お局&新人スッチー。新年好】
11. ヘンシャン・マーラー・ヴィラ【チェックイン、部屋説明。2頁】
12. ウェスティン上海【書類お届け。手伝いを断られて暇に。今日の行動コース決定。】
13. 旧フランス租界・新天地【新吉士でランチ。糯米赤棗。中国マフィアのアジトに迷い込む】

149 :簡単なネタバレ2:04/03/14 01:39
14. 上海・豫園【人質ショーンに救われる。一緒に逃げる事に。唐草模様の風呂敷がオサレ】
15. 上海・豫園のスターバックス【ショーンと逸れてCIAに救われる。ホテルに戻される】
16. ヘンシャン・マーラー・ヴィラの満月の夜【ショーンと再会、痴話げんかカプール、ホワン爺と出会う】
17. 和平飯店・オールド・シャンハイ・バンド【ドラム披露。ショーン攫われる。投げ縄テキサス爺】
18. またまた、ヘンシャン・マーラー・ヴィラ【CIAから監視。ショーンは何処へ?ホワン爺と緑茶を飲む】
19. 旧フランス租界の洋館【ホワン爺ショーンの居場所を知っている。ホワン爺の手下が角田と友達】
20. 浦東のシャングリラ【アラブテロリストに拉致られたショーンをホワン爺一味と協力してアッサリ救出。】
21. 旧正月の花火の前夜【ショーンが狙われた理由、ルビーの由来と奪取計画。僕は協力します】
22. 旧正月の花火の夜【沙織帰国、ショーンも日本へ。その頃上海ではルビー奪取失敗、でもハッピーエンド】
23. 東京にて【関係者一同の慰労会@角田宅。CIA・麹町警察署長・ヤ○ザが同席】
24. ホテル・ベルエア、ロサンジェルス【アラブテロリストにルビー奪取失敗の知らせ、地団駄を踏む。】
25. CIAオフィス、ワシントン【CIAの要注意人物リストに捜査の邪魔者・沙織が加わる】
26. ラストシーン@JTAオフィス【マンガ入り出張報告書で大顰蹙。今日もがんばろう】

10〜21までは旧正月元旦、1日の出来事です。
一番長い18章が16頁。これは事件の首謀者ホワン爺の独白があるからまだいいとして、
本編と何も関係ない真弓タソの生い立ちに7頁も割くなんてねぇ‥‥

150 :無名草子さん:04/03/14 01:47
ネタバレ追加。

第2章から、沙織の性格をシェイクに語らせている部分
>「いいか。短いつきあいでよくわかったが、キミは目の前に水があれば飛び込むし、
>火があれば手を突っ込む。台風が来れば嬉々としてドアを開けて出かけていく。
>そういう人間だ。危ないことに首をつっこむなとか、やめろと言っても決して
>きかない人間であることもよくわかっている。けれどな、人間には命はひとつしかない。
>今度、またそのアホ面を見るためには、それまで生きていてもらないといけない。
>わかったな。」
チィタソ、他人にそう言われたいのねw
一歩踏み出す勇気があるアタシ、勇気がありすぎるアタシ、好奇心がありすぎるアタシ、
アタシマンセー!!!的な臭いがプンプンするわ。

お次は第20章のアフォらしいショーン救出作戦。
ショーンはアラブテロリストによって浦東シャングリラに監禁され、ルビー奪取作戦の
設計(計算)をさせられていた。
浦東シャングリラのスタッフはホワン爺(中国マフィア)の仲間で固められる。
ショーンから、ホテルスタッフに「部屋でアイロン掛けをして欲しい」
とのリクエストが入る。
幼い頃からグランマのアイロン掛けの香りの中で計算をすると、
集中できて仕事がはかどるのだそうだ。
そこで沙織がハウスキーピングスタッフに変装して、部屋に潜入し、
アイロン掛けをする。
アラブテロリスト一味が見張りをしているが、沙織に気づかない。
シーツのアイロン掛けが終わったところで、不意を付いてホワン爺一味が
テロリスト一味を攻撃、無事にショーンを救い出した
・・・・・らすぃ。ハァ。
浦東シャングリラのスタッフはみんな黒社会に簡単に買収されるみたいじゃないの。
シャングリラに縁切られても知らないわよ。

151 :無名草子さん:04/03/14 01:50
連続スマソ。
>>93
舞台装置としてTVもあるみたいだね。

P.97
>沙織の頭の中には「小龍包!小龍包!小龍包!」というテロップが、
>踊るようなポップ体のフォントで流れていた。

想像するとキモいw
テロップが流れる云々は沙織1でも多用されてウザかった覚えあり。

152 :無名草子さん:04/03/14 02:27
>>151
チィちゃんとしては気のきいたレトリックのつもりなんだと思われw>テロップ

>>149
乙です。
ショーンは一日のうちに上海マフィアとアラブテロリストに攫われているんだね。
監視しているのにそれを防げないCIAってものすごく無能なのでは?


153 :無名草子さん:04/03/14 02:38
>>150
沙織の役割が意味不明。
普通のサスペンス映画や小説では
スタッフ(もしくはスタッフに化けた人間)が客室のドアをノック、
相手がドアを開けたところで突入(もしくは撃ち合い)だよね。
そうでなかったらスタッフに化けて入り込んだ人間が
大立ち回りを演じて人質救出っていうのがセオリー。
沙織がテロリスト相手に戦うのは無理にしても
アイロンがけが終わるのを待つまでもなく、
スタッフに化けた沙織が客室のドアを開けさせた時点で
ショーンを奪還すればいいじゃん・・・。
単に「アイロンがけなんかも得意なアタシ」をアピールしたかったのか?


154 :無名草子さん:04/03/14 02:45
会ったばかりで能力も信用できるかも確かでない日本人に
そんなこと任せなきゃいけないほど上海マフィアは人材不足なのかw

あと、財務省官僚が紹介した就職先が
ジャパン・トラベル協会っていうのもなんだか不思議なんですけど。

155 :無名草子さん:04/03/14 11:18
>監視しているのにそれを防げないCIAってものすごく無能なのでは?

確か豫園のスタバを出てドラゴンダンス見てるときに雑踏に流されて
ショーンとはぐれるんだけど、沙織はCIAに助け出されて、ホテル
(ヘンシャンマーラーヴィラ)に連れ戻されるのね。
本当に狙われているのはショーンなんだから、ショーンはテロリストに
誘拐されるかCIAに助けられたかどちらかと思うでしょ?
それが、そーじゃなくて、ショーンはホントに単にはぐれただけで、
一人でひょっこりホテルにやってくるんだよ。
沙織が無事に戻ってきたか心配だからって。(自分は別のホテルに宿泊)
CIAが無能だしテロリストを全然捕まえようとしないCIAの目的も不明だし、
「沙織はCIAに大事にされてるんだよ」ってことが言いたかっただけかね?


156 :無名草子さん:04/03/14 15:02
>>143
村瀬は麹町のマンションにでも住んでいるのでは?
だから麹町の飲食店や菓子屋が、意味もなく出てくるような・・・。

157 :無名草子さん:04/03/14 17:42
>>150,155
沙織が水に飛び込もうが火に手を突っ込もうが
CIAにとっては何の関係もないはず。
普通に考えたら沙織は放っておいてショーンを保護するだろう。
そもそもCIAの目的は何なの?
単にテロリストを監視しているだけなのか、逮捕したいのか、
ルビーがテロリストの手に渡って資金源になるのを阻止したいのか。



158 :無名草子さん:04/03/14 17:53
チィの脳内ではCIA=正義の味方、なのです

159 :無名草子さん:04/03/14 18:21
>>157
普通なら沙織のようなドキュソはスパイ活動の邪魔なので、
とりあえず豚小屋にでも監禁しておくと思うが。

160 :無名草子さん:04/03/14 18:41
監禁なんて手間がかかるし、沙織だったら地球上からいなくなっても差し障りないような気もする。CIAにとっては。

161 :無名草子さん:04/03/14 21:59
CIAは街のお巡りさんじゃないので、関係ない人は邪魔なら排除、そうでなければ
ひたすら放っておくと思われ

162 :無名草子さん:04/03/14 22:10
>>159
ああいうチキンなキャラの沙織を監禁するなら、
京都府丹波町の浅田農産の鶏小屋が一番!

163 :無名草子さん:04/03/14 22:12
そもそもCIAてのがねぇ・・・
妄想にマジレスすることの虚しさよ

164 :無名草子さん:04/03/14 22:41
>>162
浅田農産はマジかわいそう(浅田が)
沙織3では、沙織が弱小出版社に拾われて同人誌の編集に携わりつつ
CIAのスティーブに会いにNYに行く、ってのでどうよ?

165 :無名草子さん:04/03/15 00:02
英仏中が堪能な上にドラムも叩ける沙織タソ。
次は何が「実はできる」のか!?
といいつつできないのは男とのマジな恋愛だったりする。

なんて書いたりすると、次は「ユーモアミステリー」から
「ラブミステリー」に……ならないだろうなァ。
せめて、自称得意のグルメとホテルを満載にするストーリーを考えなよ。
沙織の脳内妄想だけじゃなくてさ、といいたい。

166 :無名草子さん:04/03/15 00:29
お茶漬けは脳内妄想で済ませないで
沙織のオフィスでのランチは毎日お茶漬け、ということにすればよかったと思う。
冷やご飯を持参し、日替わりでこだわりの具をのせ、
給湯室でお茶を入れてかけるいただく。
呆れつつもちょっと食べてみたいと思ってしまう上司や同僚。
沙織の規格外ぶりと「ケチだけどグルメ」を示す格好のエピソードになるのに。

167 :無名草子さん:04/03/15 00:40
タカナシの生クリームさえ買えない程の貧乏人なのに
マグロのカルパッチョ丼や牛肉のすしサラダを食い、旨い鯛茶漬の味を知っている。
おかしいだろ?絶対!
まだ沙織1の読者なら沙織の両親がグルメで沙織の舌が肥えている(とは思えないが)
設定が多少は頭に入っているだろうが、沙織2だけの読者はワケワカランだろ?

168 :無名草子さん:04/03/15 00:58
実のところ、ヲ茶ではない、村瀬を知らないまっさらの読者っているの?
いるとしたら沙織シリーズを読んでどうなんだろうか。
うー知りたい〜〜。


169 :無名草子さん:04/03/15 01:12
沙織の上海到着はどう早く見積もっても12時過ぎ(ANAが最も早い)。
それからヘンシャンマーラーヴィラにチェックインして、
ウェスティン上海の会議場に資料を届けると、どうがんばっても
午後2時ごろにならない?
それからランチ食ってから、中国マフィアのアジトの忍者扉でしょ?
まあ短時間にたくさんの事件を盛り込みましたね。

それにホテルで開催されるような大きな会議の資料、沙織が一人で
持って行けるものでしょうか?
逆に沙織が持って行ける分量の資料なら、メールで送って現地で
プリントアウトすれば良いでしょうに。
それとも沙織は唐草模様の風呂敷に包んで資料を持っていったそう
だから、重たい荷物を行商のオバチャンみたいに背負っていったん
でしょうか。本当に現実味の無い話ですね、さすが妄想ジャソキー。

170 :無名草子さん:04/03/15 01:16
父は外交官、母は元料理研究家という家に生まれた沙織。
幼いころから海外を転々とするが、明るい性格でどこにいっても人気者。
生まれ持った才能で数カ国語がペラペラ。そして音楽好きだった父から
楽器の、母からは料理の才能を受け継いだ。
しかし幸せな時は長く続かず、沙織が中学生の時に両親はテロの犠牲に。
突然身寄りの無くなった沙織は北海道の叔父に引き取られ帰国。
ところが叔父は事業に失敗し失踪、沙織は無一文になるが苦学して
大学に入学、上京する。
天涯孤独の身でも天心爛漫で誰にでも好かれる沙織の廻りには友達がいっぱい。
持ち前のポジティブな気持ちを武器に困難に立ち向かって行く……


こんな設定にしたらって考えたけど、これって70年代の少女マンガだよなあ。
まあ実際俺は一行たりとも沙織を読んでないんだが、どういう人物設定なの?
ていうか設定なんかあるの?

171 :無名草子さん:04/03/15 02:45
>>169
ウェストサイドストーリーは主人公2人が出会って結婚して死ぬまで2日だから
まあ、短時間でいろいろなことが起こるっていうこともあるんだろうが・・・w

172 :無名草子さん:04/03/15 07:43
>>170
無一文にならなければ西園寺萌絵っぽいなw

173 :無名草子さん:04/03/15 10:34
>>170
テロの犠牲になれば、職務中なら公務員(外交官)なので
数千万円は貰えるし、他にも両親は生命保険にも入っている
だろうから、娘には3億円近くは手元に入る。
またキャリアの外交官は3〜4ケ国回れば、都心に家が1軒
買えるほど(5千〜1億円)蓄財できるので、父親が外交官と
いう設定は無理ではないかと・・・。

174 :無名草子さん:04/03/15 10:37
>>173
そんな環境だったとしたらこんなダメ人間にはなりません

175 :無名草子さん:04/03/15 11:57
>>172
自己レスっす。
西園寺萌絵って誰だよ!
西之園萌絵ですた。
駄レス訂正でスマソ〜

176 :無名草子さん:04/03/15 21:21
中学生以前の数カ国流転。すでに英仏中登場。
もう1ヶ国語ぐらいいけるとしたら
2年ずつだとしても、5歳〜7歳で日本を離れることになり、
そうなると日本語がアヤしくならないか?

177 :無名草子さん:04/03/15 21:40
>>176
まさしく津田梅子状態(w

178 :無名草子さん:04/03/15 23:39
>>172
西之園萌絵のキャラもあのシリーズのストーリーも
現実ではあり得ないものだし好き嫌いも分かれるだろうが
小説としてはあり得ていると思う。
沙織のキャラやストーリーは現実としてはもちろん
小説としても「あり得ない」の一語に尽きる。

179 :無名草子さん:04/03/16 00:19
オカルト板のカキコから本を作った香具師がいて、著作権がらみの問題
に発展しつつあるようです。

『恐怖2ちゃんねる 電網百物語』 その弐
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079343576/

もちろんジャンキーズ裁判の判例がいま注目の的になってます。
チイは悪党として歴史に名を刻んだね。



180 :無名草子さん:04/03/16 23:38
あれ?今日は丸一日カキコ無し?

181 :無名草子さん:04/03/16 23:54
とうとう飽きられたか。

182 :無名草子さん:04/03/17 09:34
たまにはいいじゃん。沙織疲れ。

183 :無名草子さん:04/03/17 10:08
もう露出も減ってるし、新たなネタはそうそう無いよ。

184 :無名草子さん:04/03/17 10:45
これから先は熟女ヌードにでもならないと、もう話題が呼べないな〜。

185 :無名草子さん:04/03/17 13:23
全裸の著者近影を想像して・・・・・


               ぅぉぇっぷ
           〃⌒ ヽフ
          /   rノ
         Ο Ο_)***


186 :無名草子さん:04/03/17 22:51
台湾ナビの掲示板で、書き込みをメルマガに転載されて怒ってる人がいるね。
村瀬千文の判例を出して話してるけど、有料の書籍に転載されるのと
無料メルマガに転載されるのでは違うような・・・?(よくわからん)

187 :無名草子さん:04/03/17 23:37
「無断転載」の事実は間違いないからお怒りもごもっともかも…
でも商売した香具師の方が罪が重いと思う。

週刊文春の出版差し止めニュースを見ると極ホを思い出すね。
極ホは既に出版された後に差し止め処分を食らったわけだけど
係争中に第二版を出版した光文社はもっと罪を問われて欲しかったな。

188 :無名草子さん:04/03/17 23:38
えっと、村瀬とは関係ないんですけど、ちょっと前に話題になった
せきねタンですが、今月号の「月刊PEN」に、対談でドーンと
出てらっしゃいます。お顔と、お座りになった前身のお姿。
自分には50歳くらいに見ますた。対談のお相手は富田氏。

189 :無名草子さん:04/03/18 00:18
せきねタソは若ぶりっ子してないからいいよ。
永遠のドジで可愛いアタシ路線のチィよりよっぽどいい。

190 :無名草子さん:04/03/18 00:53
>>189
そうそう、実年齢から見て、別におかしな言動もないしね。
つか、それが当たり前で、「沙織」に同化してるチィが異常なわけだが。

191 :無名草子さん:04/03/18 00:59
>>186
あれはメルマガじゃなくて、ホテルとかに置いてあるフリーペーパだよ。
広告満載なので、発行元に利益が発生しているのは間違い無し。

台北ナビの担当者も、擁護の書き込みしている人も、
チィタンに負けず劣らず香ばしいですな。

つかこのスレ住人に、台北ナビ閲覧者がいるとは・・(w

192 :無名草子さん:04/03/18 01:53
>>191
あらら。よくわからないで書いてしまってすみません。訂正ありがとうございます。
あそこの掲示板の擁護派が、知り合いの専門家がHJCの判例が変だと言ってるって
書いてたけど、たかだか擁護するのに法律関係者?に聞いてるってのが
用意周到だなー。ナビ側の自演?ってちょっと思った。
やりとりを見ていると、チィもはまったボタンの掛け違いが始まったなって感じ。
あれこそ最初に「到らなくてごめんなさい。これからちゃんとします」って書けば、
双方しこりを残さず済んだと思うんだけども。
あそこは、韓国ナビをヲチしてるのでついでに見てるんだよね。
(ハワイ系掲示板にいるデンパな人が最近韓国ナビを荒らしてるんで…)

193 :無名草子さん:04/03/18 06:59
判例が全てでないとはいえ、原著作権者の権利が保護されている以上、あれはあれ以外の
判決が出ることは(原著作権者が誤解の上に転載を承諾していた、等という理由がない限り)
ないねぇ。残念ながら。(もしこれに反する判決が別件でも出たら、チィは大喜びで自分の正
当性をまたぞろ主張しはじめそうだが)

法律の専門家、という言い方も微妙だから、本当かわからないと思う。
法曹関係者なら、学者なのか、弁護士なのか、司法関係者なのか、そんな部分すらはっきり
させられない「専門家」なわけだし。
そもそも専門家であっても学者なんかは独特の解釈を持論としている人間もいるし、それが
現実には必ずしも反映されてないんだよね。そうでない人ももちろんいるけれど。
だから経験豊富で冷静な弁護士or司法関係者の判断を合わせたものが一番現実に即したも
のになる。判断することや持論を判決で認めさせることが仕事の人は、持論でどうこうじゃ話に
ならないから。

194 :無名草子さん:04/03/18 09:29
>>192
知り合いが言っている、っていうのがもっとも手っ取り早い嘘の付き方だったりする。漏れの知っている「知り合い」(弁護士、弁護士の卵、法律事務所勤務者など)はあれ以外の判決はありえない、と言っていますが。

195 :無名草子さん:04/03/18 09:41
そう考えると、チィは裁判沙汰になった後も(敗訴した後も)
糞サロを続行して、「著作権は放棄します」みたいな規約を
投稿者に押しつけてたんだからなぁ。

あれでもし、糞サロがそれなりに盛り上がっていたら、
また本にするつもりありありだったわけで。
まったく反省もしてないし、罪の意識もゼロ。

196 :無名草子さん:04/03/18 09:49
ただ、台湾・韓国・香港など東アジアのマスコミ関係者は
(一般人もそうだが)、著作権に関する意識が大変低いよ。
台湾ナビのスタッフも、1970〜1980年代後半に、
日本の漫画の転載を無断でやっていた台湾の出版業者のノリ
と大差ない人達なんでしょ、きっと。
台湾人も1990年代に入ってからは、大手出版社の漫画や
小説にはお金を払わなければならないという認識は、やっと
持つようになったが、素人の書いたものに著作権があるなんて
ことは、これっぽっちも考えたこともないだろう。
やっぱ、著作権後進国だもんなぁ。台湾は。(ま、台湾以外の
東アジア&東南アジアもアレだが)

197 :無名草子さん:04/03/18 10:03
>>196
キャンディキャンディも散々やっちまったからね。
その他映画・音楽系の違法VCD・CD・DVD等。
アジア諸国の著作権意識の低さは明らか。
最近になって、アーティスト側からの海賊版廃止運動などがはじまった。

台湾ナビってよく知らないがスタッフは日本人じゃないの?
日本の法律家のHPでも極ホの判例がよく取り上げられているのだし
ちょっとは勉強しろよと思う。知り合いに聞くんじゃなくてさ。

198 :無名草子さん:04/03/18 10:08
>>197
スタッフは元は在日台湾人だが、今は台湾に戻ってきているとか、
台湾に永住している日本人では?(配偶者は台湾人で、台湾式の
考えにドップリ漬かっているとか)

199 :無名草子さん:04/03/18 10:10
>>192
その知り合いの専門家は日本の弁護士でなくて、台湾の
弁護士だと思う。(台湾は著作権も被害者に対する人権
意識も極端に低い国だよ)


200 :無名草子さん:04/03/18 10:36
台湾ナビBBSを見てきたけどもう事態は終息したの?
ずいぶん穏やかでしたけどね。

201 :無名草子さん:04/03/18 10:55
>>200
おとといの夜だっけな、台湾のWTO加盟にからめて、
台湾でも著作権保護の動きが活発化していて、
台湾だから著作権違反だろうが、海賊版だからOKという
日本人の意見は台湾の人々に対して無礼千万、てな書き込みがあったけど
翌朝にはキレイに削除されてたよ。

どうやら「削除祭り」がはじまったようで・・・・


202 :無名草子さん:04/03/18 11:45
だーかーらー、情報系サイトに書き込みしたら駄目なのよ。
そんなことしたらいつフリーペーパー・雑誌・書籍に転載され
るかもしれなのだから!(ここのスレの住人は知っているだろう
が、そのサイト主宰者だけでなく、単なる閲覧者ですらそこから
ネタをパクって、メシの種にするんだよ)
以前「ハワイの王様」というハワイガイドを書いたライター
なんか、複数のハワイサイトの掲示板からネタを拾いまくって、
それをまとめて1冊の本にしたくらいだしさ。
あとコスメライターも、ネットから素人の書き込んだネタを拾って
それをもとに原稿書いたりしてるという噂があるしね。

203 :無名草子さん:04/03/18 11:51
>>190
仮に50近いとしたら、フツー地道に実績を積んできているので
ぶりっ子する必要もなくなる。
だってさ、仮にリッチなOL同様、年に3回2軒ずつホテル泊まりしていれば、
20年としても120軒のストックができるわけだよ。
もちろん20年前のネタはそのままは使えないけどね。
チイがぶりぶりなのは、実績を積んでない、また積む必要性も感じていなかった証明。
ホテルに自腹で泊まっていない、そして実は批評するほど、ホテル好きでもないし
ホテル業界や利用者のことを考えているわけではない。
単に有名になったり、ちやほやされるのが好きなだけ。
得意なのは妄想とウトーリ系を書くこと、だから実はホテジャーじゃなくても
作家でもいいわけさ。でも作家としてもダメっぽいと気づいた時、次は何に向かうのだろう。


204 :無名草子さん:04/03/18 12:06
>>202
ライターですけど、そんなこと、このネット時代、あったりまえじゃん。
まあ、そのまま書き写すバカはいないと思うよ。
ネットを基に自分の取材を加えたり、ウラをとるだろ。
少なくとも職業でやってる人はさ。
私の場合は自分で見つけたネタが、「一般的にどういう評価なんだろ」という
下調べに使っていて、取材時のインタビューで使ったりするけど、
「お宅は、利用者にはウンタラカンタラと言われてますけど、
それについては初めから計算されてたものなのでしょうか?」とかさあ。
それを「転載」とか言われたら、たまらんよ。

モノ書きだけは旧態依然として図書館で調べて、
知り合いに電話かけまくって聞きまわらないといけないわけ?冗談でしょ!

ネットのカキコをそのまま書き写したもので大もうけする香具師は史ねと思うけどさ。

205 :無名草子さん:04/03/18 12:08
204だけど、チィを擁護してるわけじゃないよ。
香具師は、ほぼまんま掲示板を掲載してるわけだからな。
史ねの部類なわけだよ。


206 :無名草子さん:04/03/18 12:29
>>204

逆ギレ、スルナや。そこのライター君よ。
ハワイの王様は、自分が日頃出没しているネット掲示板の情報を
ハワイへ取材にロクに逝くこともなくモロ使ったらしく、その
問題本を出版後にもネタを拝借した複数の掲示板に平然と出没し
ていたので、投稿者たちから袋叩きにあったんだよ。
つまり極ホ事件以前は、ライターが取材せず掲示板のネタをそっ
くり搾取しても、ライター自体がそのこのに罪悪感ゼロだったん
だよね。


207 :無名草子さん:04/03/18 12:44
チィの場合は著者名を「村瀬千文と“ホテルジャンキーズクラブ”」
とすることで全てが許されると思ったんでねーの?
一応は「アタシは逝ってないからアタシの意見じゃないけど、みんなから
寄せられた意見なのヨ」と意思表示することで。
ま、HJC会員以外のネタも朴リまくったわけだが。

208 :無名草子さん:04/03/18 15:54
せきねが料理王国でインタビュー受けていたのは既出?
二、三ヶ月前の号だったと思うけど。

209 :無名草子さん:04/03/18 16:00
>>208
いや、そのネタは初出。


210 :無名草子さん:04/03/18 18:06
せきねファンが羨ましい。最近露出多くて。

211 :無名草子さん:04/03/18 18:21
村瀬って、最近は全然売れてねぇよな。

212 :208:04/03/18 18:53
グランドハイアット東京がらみの記事の中で1ページ。
最近の東京進出ホテルの分析と、ホテル内レストランについてだったけどほとんど忘れた。
あたり障りのない内容だったと思う。ただチィだったら絶対朝食からの切り口だったろうな、
とニヤニヤした覚えがある。
最近のお勧めは五反田のアリエッタ、だったかな。

213 :無名草子さん:04/03/18 19:28
誰かCREAの最新ホテル事情?買ってませんか?
森爺はどんなコメントしてたんでしょうか?
地元弱小書店で見つからないんです (ノД`)


214 :無名草子さん:04/03/18 20:15
懐かしき大手小町でのチーチャソコメント。
これが本当なら40代、50代とホテル三昧の日々のはず
・・・・・・・・なんですケド

>「また会いたいと思うホテル、まだ行っていないけど、いつか絶対と
>決めているホテル。ホテルにも、行き時があるんです。20代の時には、
>ちょっと波長が合わないんだけども、40代になったら、というホテルとか。
> 時間を経ることでしか得られない雰囲気が、ホテルにも人にもある。
>それは、身に付けようと思って付けられるものではない。40代もいいですよー!。
>今は50代になるのが楽しみ。若さも、使えるものは何でも使いますけど」

ちなみに大手小町に出ている写真の白パソツは、著者近影と同じご愛用のものかな?

215 :無名草子さん:04/03/18 20:28
たださ、せきぬ「ファン」っているの?
ファンというより、「情報を信頼している」といったほうがむしろ正しい。
血ィの場合は、ジャンキーなウトーリ文体のファンがいただろうけど。
もっともジャーナリストの場合は、せきぬ的な信頼のされ方のほうが望ましいんだけどね。

>>214
>若さも、使えるものは何でも
意味不明だ。まだ残っているものを、という意味なんだろうか。
大手小町の記者の日本語が不自由なのか、血ィ自体のコメントがアレなのか(w

216 :無名草子さん:04/03/18 20:29
>>212
アリエッタって、オサレだけれどビジホだ罠。
客室の広さは平均14平方メートル。
サービスはモントレ系と違ってなかなか良いが、
外部からの騒音でうるさくて眠れないってさ。


217 :無名草子さん:04/03/18 20:29
ごめんあげてしまった。

218 :無名草子さん:04/03/18 21:44
>>212
村瀬がご健在だったらお声がかかったのかな。いやどうかなぁ。

219 :無名草子さん:04/03/18 22:45
>>212
グランドハイアットは最近開業したホテルにしてはめずらしく
ホテル直営でいくつもの飲食店をそろえたからね。
やっぱりホテルのレストランを語るのに
切り口が「朝食」だけではね・・・。

220 :無名草子さん:04/03/18 22:57
>>188
pen最新号の「小さなホテル」特集はなかなか面白かった。
せきねタンは山の上ホテルリポと対談で登場。
チィちゃんと比べるとまっとうな年の取り方してるなぁという印象ですた。
HJはいつまでたっても「外資」「国内の老舗」で括れば済むと思っていて、
小規模ホテル、オーベルジュ、国内リゾートには目が行き届いていないよね。
チィちゃんや森爺の苦手ジャンルなんだろうな。
(朝食だけ食べに行くとか無料でロビー利用とか出来ないしw)
そのあたりを補ってくれていた会員が極ホ騒動でごっそり抜けてしまって
一般誌の記事のほうがよほど役に立つ&マニアックだ罠。

221 :無名草子さん:04/03/19 00:17
そういえば、しばらく前の読売新聞夕刊で「ホテルに一人で泊まってリフレッシュする
女性が増えている」みたいな記事が載っていたのは既出ですか?
もしかしてHJ関係者がコメントしているかと思ったんですが、別のホテルジャーナリストの意見が掲載されていました。

222 :無名草子さん:04/03/19 00:40
チィタンは「作家」にシフトしたつもりなんじゃ?
ホテルがらみの仕事が来ても「あたしは作家だから!」と
断っていたりとか・・。

あるいは、森爺が「君は作家なんだから!」と、ホテルがらみの
仕事をまわさないようにしているとか・・(涙

223 :無名草子さん:04/03/19 01:15
>>222
茶噴出しました〜。ぷぷぷ。

224 :無名草子さん:04/03/19 09:38
>>222
作家だと自認してその通り本も出版し続けられるのはある意味幸せものだなぁ。

225 :無名草子さん:04/03/19 13:05
チィの50代。
考えたらコワイ。


226 :無名草子さん:04/03/19 18:07
>>224
チィたんは昔から「幸せ者」だよ〜。

すべての現実を自分に都合良く解釈、妄想の中で生きてるんだもん。
爺は「ソウルメイト」だし、数年前は「ホテル・ジャーナリスト」だったし、
今は「新進気鋭のミステリ作家」なんでしょう、きっと。

他人から自分がどう見えるかとか、他人に迷惑をかけてしまったとか、
著作権を侵害したとか、そんな話は無関係、アタシって最高♪、という人。
多分、死ぬまで「幸せ」を噛みしめて生きるんでしょうw

227 :無名草子さん:04/03/19 18:19
> 時間を経ることでしか得られない雰囲気が、ホテルにも人にもある。
>それは、身に付けようと思って付けられるものではない。

この言い草だと、いかにもチィは年齢と共に魅力を増しているように聞こえるが、
40いくつにもなって、素人投稿をパクって裁判で訴えられるわ、
裾が綻んだ、運動会みたいな安っぽい洋服着てニンマリするわ…。
どんどんだらしくなく恥知らずになっているだけじゃないか、と。

228 :無名草子さん:04/03/19 20:43
馬耳東風

229 :無名草子さん:04/03/19 21:36
一応HJの編集の仕事だけはあるみたいねw
編集後記を読むと↓の新連載はチィが担当しているらしい。
>●新・海外でホテルマンになる!(イギリス編)

何回続く連載なのかは不明
(次号が最終回だったりして)


230 :無名草子さん:04/03/19 22:14
>>229
一応「ホテルジャンキーズ」副編集長ですから。

231 :無名草子さん:04/03/19 22:58
そういやさ、ニコタマ1期、終わったはずじゃ?
誰かレポしてくれよ。

232 :無名草子さん:04/03/19 23:44
>>229
チィより安い給料で、HJ誌の入稿・原稿改ざん・捏造・編集作業を
請け負ってくれる人は、そうそう見つからないからね。
その他、雑用から昼飯まで作ってくれて、
一般誌の原稿(今はほとんどないけど)から印税まで、
事務所に上納してくれるんだから(借金があるからだろうけど)、
便利と言えば便利な存在なんでしょう。

233 :無名草子さん:04/03/20 00:49
>>229
でも書いているのは別の人だよね。チィは企画だけ(ニガワラ

234 :無名草子さん:04/03/20 00:55
>>220
確かにpenは、なかなか充実した特集でしたね。
HJ誌のビンボくさい誌面とは大違いw

せきぬタンは、前から「スパ」にもこだわって取材している。
最近は温泉旅館でもスパやエステがブームだから、
ますます引く手あまたなんじゃないか?

どっかのヴァカみたいに「朝食」「オレンヂヂュース」しか切り口がない上に、
実際にはその「朝食」についても、ロクに取材すらしてない村瀬なんて、
まったくお呼びじゃないって感じですね。
村瀬センセ、ニコタマとミステリ、がんがってねw

235 :無名草子さん:04/03/20 01:07
>>214
>若さも、使えるものは何でも使いますけど

いやに唐突な一言ですが、この「使えるもの」ってナニ?
たかだかホテルに泊まるのに、「使えるものは何でも使う」とか
「若さ(を前面に押し出すってこと?)」っていう発想、どこかオカシイんじゃないの?
普通に、自分の好きなホテルに、相応のお金を払って泊まって、
なおかつホテルの雰囲気をブチ壊さないように、普通に気配りすればいいだけだろ。

236 :無名草子さん:04/03/20 02:49
>若さも、使えるものは何でも使いますけど

まるで若い女の子が、中年のオサーンにタカって、
「援助」を引き出す心得…みたいなセリフですね。
ガツガツした「ゆすりタカり体質」が、
こんな時に思わず顔を出してしまうというかw

実際には「使える」ような「若さ」も美貌も才知もなく、
「これはテニスシューズに見える靴だ」とかの詭弁や、
「コレちょうだいチョーダイ」「アプグレードしてして」くらいしか
芸がないところが泣かせますな。

237 :無名草子さん:04/03/20 09:45
使えるもの……美貌も若さも体もダメだし、知性もね……

つまりチィの使えるものって、理不尽なごね、泣き落とし、ケチつけ、そんなものしかないの?
それって昔で言う……「オバタリアン」そのものじゃない!



238 :無名草子さん:04/03/20 12:35
知性と教養と、それなりの経済力がある人は、
「使えるものは何でも使う」なんて悲壮な覚悟で
ホテルに逝く必要は全然ないのにね。

自分が支払った対価以上のものやサービスを期待して、
多少強引な手段を取っても手に入れたい
…というのが、チィの考える「アタシの正当な権利」。
金さえあれば、ほとんど解決するような「自分の欲求」を、
金を払わずになんとか充足させようってのが、チィの本質。

239 :無名草子さん:04/03/20 14:28
>>229
>●新・海外でホテルマンになる!(イギリス編)

HJ誌の読者で、ホテルマンになりたいなんて人、いるのか?
連中の「ホテルが好き」って、「ゲストになるのが好き」なんだと思うが。
しかし、今どき職種に「マン」をつけて「ホテルマン」、ダサ〜

240 :無名草子さん:04/03/20 16:41
「使えるものは何でも使」って、ヘボ小説モドキも出版してもらったのかな。
チィにしてみたら、旧サロの投稿も「使えるもの」のひとつだったんだろうね。

241 :無名草子さん:04/03/20 18:12
大手小町にこんなのも。
当時の「図に乗ってる」ホテルジャーナリスト時代のインタブーはオモロイね。

>それほどまでに愛するホテル。勤めたいと思ったことは?

>「いいえ。なりたいのは、ホテルのオーナーの妻。大変な部分はGM
>(ジェネラル・マネージャー、総支配人)にやってもらって。90過ぎの
>コロッといっちゃいそうなご老人の後妻に入るとか(笑)。GMの妻は
>絶対なりたくない。むちゃくちゃ大変。GMの妻は皆、生まれ変わったら
>ホテルマンとは結婚しないと言うほどです」


242 :無名草子さん:04/03/20 18:21
>>241
>GMの妻は皆、生まれ変わったら
>ホテルマンとは結婚しないと言うほどです

一体、何人の「GMの妻」と話したことがあるんだ?>チィ
自分の話にそれらしい根拠を示すとき、「皆こう言っている」と
平気でありもしない話をもってくるのがチィの癖。根っからの嘘つき体質w

243 :無名草子さん:04/03/20 19:40
>>242
子供で有名人に知り合いがいるとか親戚だとか、本当なのか嘘なのか分からんが自慢する子がいるでしょ。
あれと一緒だな。

244 :無名草子さん:04/03/20 20:01
>>234
「PEN」買ってきました。
早速うちのママに、富田昭次氏とせきねきょうこ氏の対談写真を
見せました。
そしたらうちのママは、どうもせきね氏のことを村瀬千文だと
勘違いしてしまったようで、「まぁ村瀬サン、激太りしたわね」
と言っておりました。

245 :無名草子さん:04/03/20 20:46
>>234
HJはカラー写真が載せられないから
記事のおもしろさと情報量で勝負しなきゃいけないんだけどね。
今の執筆者と編集方針じゃ一般誌の特集にはかなわない。
「利用者の視点で」というお題目がむなしく響くのみ。

246 :無名草子さん:04/03/20 23:09
>>241
>コロッといっちゃいそうなご老人の後妻に入るとか(笑)

はい、チィたんの名ゼリフですね。
こういうセリフは「男を手玉に取れそう」な魅力の持ち主が言わないと
いくら「(笑)」をくっつけても冗談にならないってことがわからないのか、
もしくはチィ本人は、自分がそういう魅力の持ち主だと思いこんでいるか、
どっちかだろうね。
いくら死にそうな爺さんだって、結婚するとなれば相手を選ぶよw

247 :無名草子さん:04/03/20 23:14
>GMの妻は絶対なりたくない。

その前にだな、GMどころか誰の妻としても望まれなかった結果、
いい年して独身だってことに気づけよな、と。

248 :無名草子さん:04/03/20 23:27
>>241
>それほどまでに愛するホテル。勤めたいと思ったことは?

という質問に対して、

>いいえ。なりたいのは、ホテルのオーナーの妻。
って、いきなり自分の「結婚相手」の話に持っていくのもスゴイよなぁ。
誰も「どんな人と結婚したいか?」「ホテルマンと結婚したいか?」なんて聞いてないだろ。
(世間で言うところの)適齢期も大幅に過ぎてるくせに、どういう思考回路になってんだかw

249 :無名草子さん:04/03/20 23:36
チィには「本当になりたいもの(職業)」
「やりたいこと」なんて、実は何もないんだよ。

労せずして他人をコキ使える立場になり、
ダラダラと無責任に、贅沢な生活を送りたいっていう人。
仕事もせずにブラブラしてる爺が人生の手本なんだからな。

250 :無名草子さん:04/03/20 23:43
>>248
>(世間で言うところの)適齢期も大幅に過ぎてるくせに、どういう思考回路になってんだかw

大手小町のインタビュアーも、まさか40過ぎたオバさんから、
振ってもいないのに「〜の奥さんになりたいの〜♪」なんて話を
聞かされるとは予測してなかったろうねぇ。

251 :無名草子さん:04/03/21 00:04
頭の中身は「沙織」そのもの・・・いや、沙織以下かw

252 :無名草子さん:04/03/21 01:06
>>249
それでも爺はケコーンして、子供が居て、会社経営して
(仕事の内容トカ実態は兎も角)
世間的に見たら普通の爺だろう。
チィの場合は仕事は中途半端で、精神的にガキンチョで
見た目は年齢以上の婆の癖に
ダラダラと無責任に、贅沢な生活が送りたい って、
本当に藁わせてくれるよな。

253 :無名草子さん:04/03/21 01:41
ほら吹きチィタソのANAワールドエアカレント吐かせ太郎との会話。
バンコクもシンガポールも一体何回行ったんだ?って(プププ
チィタソの脳内では3倍カウントで物事が進んでるのか?

>最近ではタイですね。
>タイは好きで、実は他のとこに行く時もバンコクでトランジットしたりするくらい。
>時間が余っても空港で遊べるからいいやって(笑)。
>タイ料理も好きなんだけど独特の雰囲気がいいですよね。ほどよいエスニック感。
>適度に洗練され適度に洗練されていないっていう。あんまりのんびりしてるから、
>ビジネスとかでシャキっとしたい時はシンガポールでトランジットするんですけど。

254 :無名草子さん:04/03/21 03:37
>>253
>タイは好きで、実は他のとこに行く時もバンコクでトランジットしたりするくらい。
タイが「好き」なのかぁ、チィたん。
何しろ一度泊まっただけのホテルでも
「お気に入り」とかホザく女ですからね。

>独特の雰囲気
>ほどよいエスニック感。
>適度に洗練され適度に洗練されていない
「独特」「好き」と言いながら、まったくタイ料理の特徴が
表現できず、日本語として意味不明。
これが「大の料理好き」のセリフなのかよと(ry

255 :無名草子さん:04/03/21 12:35
日本からバンコクトランジットって、フツー激安チケットだよな。
激安チケットで豪華リゾホかい

256 :無名草子さん:04/03/21 14:21
>>255
南回りでヨーロッパ逝く格安チケットとか?
今やベトナムだって直行便があるっつーのに。


257 :無名草子さん:04/03/21 14:24
>>256
南回りヨーロッパ(w
学生旅行以外でそんなもん使う香具師いたんだー。


258 :無名草子さん:04/03/21 14:26
>>253
>ビジネスとかでシャキっとしたい時はシンガポールでトランジットするんですけど。

シンガポールでシャキッとして(プ そこから一体、どこへ
「ビジネス」しに逝くんですか?
いつも爺のお供として海外に連れて行ってもらってるだけなのに、
面白いこと言いますねぇ、この人は。

259 :無名草子さん:04/03/21 14:32
>適度に洗練され適度に洗練されていない
応用例:「適度に美しくて適度に美しくない」
    「適度においしくて適度においしくない」

こういう日本語を使って、自分で「?」と思わないんでしょうか。

260 :無名草子さん:04/03/21 14:43
「ビジネス」、ねぇ(ニガワラ

渡航先で会議があるわけでも、取引があるわけでもなく、
ただホテルにチェックインして、バスルームに何時間も
おこもりしたり、ゲストの話を盗み聞きしたり、
泳ぎもしないのにプールサイドでゴロゴロしたりするだけなのに、
わざわざシンガポールでトランジットして、シャキッとするんですか?

261 :無名草子さん:04/03/21 16:23
個人的には激安チケットで豪華リゾホ…でも、別に構わないと思うのだが、
チィの場合は、「タイが好き」なんて大嘘つこうとするから、
話の収集がつかなくなって、「他の国に逝くのにわざわざバンコクでトランジットする」なんていう
トンデモ話が飛び出しちゃうんだよな。

262 :無名草子さん:04/03/21 16:34
「あつあつのタイ風お粥」以外に、チィが書いた「タイ料理」の話ってあったっけ?

263 :無名草子さん:04/03/21 17:02
◎タイでトランジット発言について◎

この時、デュバイ(UEA/アラブ首長国連邦)のホテル
取材で利用した航空会社はタイ航空である。
現在は関空からデュバイへは直行便があるが、当時は日本からの
直行便はなかった。
だからデュバイに逝くには、どうしてもトランジットが必要
だった。
当時日本からデュバイへは、香港経由のキャセイ航空(途中
1〜2回トランジットが有り時間がかかる)、シンガポール
経由のシンガポール航空(曜日によっては直行便もあるが、
トランジットが1回ある曜日もある)、バンコク経由のタイ
国際航空(トランジットがない)を利用するのが一般的であった。
そこで森事務所は、どこかの航空会社とタイアップして、無料
航空券を出して貰おうとしたようだ。
で、その結果、航空券を無料にしてくれたところがタイ航空
だった訳である。
てなわけで、キャセイ・シンガポールの各航空会社からは
断られたか、トランジットがあるので自発的に避けたのでは
ないだろうか??


264 :無名草子さん:04/03/21 17:13
>>263
分析乙です。
なるほど、デュバイね……って、村瀬は何回デュバイに逝ったんだ?
それも「タイが好きだから」じゃなくて、たまたまそうなっただけだし。
ラジオでの喋りっぷりからすると、もう何十回もバンコクに出かけたり、
シンガでトランジットしたりしているように聞こえるよね。
たった1度の経験を3回どころか、10回カウントくらいにしてるんじゃないかとw

265 :無名草子さん:04/03/21 19:02
>>264
デュバイは1回のみ。

266 :無名草子さん:04/03/21 20:07
まあ、デュバイはわかった。
でも他に、どこにいくのにわざわざバンコクで乗り換えるというんだ?

>激安航空で豪華ホテル
別に悪かないけど、学生のように暇はいっぱいあるけど金がない
というのでない限り、時間がムダすぎる。
社会人でも、OLですら使わない(というより休みが少ないから使えない)と思うのだが。


267 :無名草子さん:04/03/21 21:36
バンコクで「わざわざ」トランジットするくらい、タイが好きなら、
トランジットと言わず一泊でも二泊でもすればいいのにねぇ。
そんなチケットを買うくらいなんだから、時間だけはたっぷりあるんだろうし。

268 :無名草子さん:04/03/21 21:48
どうしてすぐ「辻褄が合わない=嘘」だって
バレるような作り話しかできないんだろうなぁ、チィは。

「大の料理好きで、一流レストランで出しても遜色ないような
ランチを、毎日のようにオフィスで作っているアタシ」とか、
「酒は飲めないけど、カクテルを作るのは好きだから、
ホテルのバーテンダーにレシピを教わっちゃうアタシ」とか、
「ホテルではシーンごとに着替えるのが楽しみで、ありったけの
服とアクセサリーを、スーツケースいっぱいに持っていくアタシ」とか、
聞いた瞬間に「ハァ??」って言いたくなる話ばっかりだもんなw

269 :無名草子さん:04/03/21 21:54
辻褄なんてことは考えた事もないです

270 :無名草子さん:04/03/21 22:04
チィの虚言の特徴
……ホドホドの嘘をつけば十分な場面でも、
  自分にハクをつけようとして、
  誰が聞いても「プッと吹き出す」ような
  大げさで陳腐な作り話をしてしまう。
  頭が悪いので、話の前後や日頃の行動と
  まったく辻褄が合わない、ということに気づかない。

271 :無名草子さん:04/03/21 22:17
村瀬の頭の中では成立してる世界なんでないの

272 :無名草子さん:04/03/21 22:23
「ホテルが大好きでやめられない」。チィの場合、そもそも、これからして
大げさな嘘なわけだがw


273 :無名草子さん:04/03/21 22:53
すみません、先生!!
着道楽でもなんでもないんですが、ありったっけの1シーズン分のフォーマルウェアと
小物類はとてもじゃないけれどスーツケース一つにはおさまりません!!


チィのワードロープって一体……

274 :無名草子さん:04/03/21 22:56
だいたいチィはタイに限らず、どんな場所に逝っても、
ホテルの中にいるだけでしょ。名所、旧跡を見て歩くわけでもなし、
博物館や美術館に逝くわけでもなし、繁華街をウロつくわけでもない。

高級ホテルの中で感じられる「地元の文化」なんてのは、
観光客でも抵抗なく受け入れられる程度に都合良く薄められているわけで。
ホテルの中しか知らないくせに、「タイ(料理)が好き」なんて、
よく言うよね。世の中の「タイ好き」のレベルを知らな杉。

275 :無名草子さん:04/03/21 23:08
>タイは好きで、実は他のとこに行く時もバンコクでトランジットしたりするくらい。

タイが好きならついでのトランジットなんかじゃなくて
普通に旅行に行けばいいじゃんねw
タイなんて近いし、割と安く行けるんだし。

276 :無名草子さん:04/03/21 23:10
>>273
お洋服だけじゃないのよ、確かアンアンで披露してたと記憶するけど、
ベトナム式のコーヒードリッパーとコーヒー豆(なぜかバリコピ)とか、
あと「客室を自分仕様に飾る」ためだとかで、
写真立てだの、お気に入りのグラス(でしたっけ?)だの、
なんだかワケのわからんものまで詰め込んで、さらにまたホテルの
ステーショナリーや、バスアメニティはみんな残さず
お持ち帰りになるみたいなのよね。


一体、どんなスーツケースなのかしらね(w

277 :無名草子さん:04/03/21 23:18
国際便って、荷物重量けっこうウルサくない?
あたしなんて一度7万も荷物の分追加でとられたよーTT
チィなんか、そんなに持っていって、持ってかえるなら、毎回いくらとられるんだか。
朝飯食いにいくだけなのにご苦労なことだにゃ〜。

もれは以来、荷物はなるべく日本からは持っていかない。
必要なものはむこうで買う。んで、帰りは腐らないものは郵便で送る。
リゾートでも結構洒落た衣類(特にリゾート着)は現地に売ってるしなー。
あ、そういうこともまさかご存知ないのかしらセンセイったら(w

278 :無名草子さん:04/03/21 23:20
チィの考える贅沢って「スーツケースいっぱいのお洋服」なんだろうな(プックス

279 :無名草子さん:04/03/21 23:21
無印の安物詰めこんでいって超過料金取られるんだったら
その場で捨てた方がマシじゃねーか?>チィ

280 :無名草子さん:04/03/21 23:27
「ありったけの服やドレスを持っていって、とっかえひっかえする」と話すそばから、
「シルクとか自分で洗えない素材のものは避けた方がいい」なんて話が出たり、
(毎日同じ服を着ようとするから、自分で洗わにゃならんのだろう)
「ルームサービスで優雅な朝食を…」「アフタヌーンティーを…」なんて言いながら、
「自分の部屋でおいしいコーヒーを飲みたいから、ベトナム式の
コーヒードリッパーを持ち歩く」なんて節約主婦みたいなセコイ話が出たり、
言ってるそばから、みんな矛盾してくることに、本人だけは気づかないというw

281 :無名草子さん:04/03/21 23:33
すべての物事が10倍カウントで進む村瀬さんの脳内では、
白スラックスと白ポロシャツ、黒タートル、アオザイ、テニスシューズだけで、
もう40着くらいのワードローブが出来上がってしまうんではないでしょうか。

282 :無名草子さん:04/03/21 23:36
シルクの服はホテルのランドリーに出せばいいし、
コーヒーはルームサービスで取ればいい。
そもそも自分で洗濯したり、コーヒー入れたりするなら
家にいるのと変わらないというか、ホテルに泊まる意味ないのでは?
少なくとも自分はホテルにいるときくらいそんなことはしたくありません。

283 :無名草子さん:04/03/21 23:39
あ、確か「コットンのワンピースを脱いで、スッポンポンになり、
海で泳いだ」という話があったので、ワンピースも入れて、50着か。
もしかしたら一張羅のマックスマーラとフェラガモの靴も入れて、60着と。
すごい脳内着道楽だよなw

284 :無名草子さん:04/03/21 23:41
>>282
同意。
豪華ホテルにいるときぐらい、セコい節約意識は忘れたいよ。
といいつつ下着ぐらいは洗っちゃうけどねー風呂ついでに。

でニコタマはどーなったわけ?神は降臨しないのかしら。



285 :無名草子さん:04/03/21 23:44
下着は洗うね。
でもそれは節約じゃなくて下着を他人に見られるのが嫌だから、という人が
殆どだと思う。

286 :無名草子さん:04/03/21 23:48
>>282
堂意。
洗面台で手洗いした、絞りきれない洗濯モノがブラ下がるバスルーム。
どんな豪華なバスルームでも、一挙に所帯じみちゃって、イヤだよなぁ。
で、自分でお湯沸かして、ドリップしたコーヒー淹れて、
飲んだ後はカップ洗って、ゴミ捨てて…ですか。ご苦労さまです。

287 :無名草子さん:04/03/21 23:52
チィなんて一泊しかしないんだから、下着も洗う必要ないよ。
いくらチィだって、下着の替え一枚くらいは持っていくだろうし。

288 :無名草子さん:04/03/21 23:55
チィの駄文では、酒も飲めないのにホテルのバーへ逝き、
エスプレッソ一杯で原稿を書いたり、ゲストを観察したりしているわけだが。
「自分の部屋でコーヒー淹れるためにドリッパーを持ち歩く」ってのと
ハゲシク矛盾してるよね。

289 :無名草子さん:04/03/21 23:57
チィは今何してるんだろ?
専業作家になったとしたら相当な量が書けると思うんだけど。

290 :無名草子さん:04/03/22 00:04

  ☆ チン

        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)<  ニコタマまだー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/


291 :無名草子さん:04/03/22 00:06
潜入■はいなかったのだろうか…<ニコタマ

292 :無名草子さん:04/03/22 00:08
いるんじゃなかったっけ?
んで、でも講習期間中だと、ヤバいから終わるのを待ってレポ、
みたいなこと書いてた人いなかったけー?

293 :無名草子さん:04/03/22 00:24
バンコクトランジットは
ドバイ、チェンマイ、プーケットの計3回と推測。
「わざわざ」バンコクトランジットを選んだのではなくて
バンコクトランジットが「普通」だっつのw
しかも飛行場から殆ど出てねーしw


294 :無名草子さん:04/03/22 00:31
>>293
ドバイはともかく、チェンマイとプーケットは国内線だもんなぁ。

どこか海外から来た外国人が、成田で国内線に乗り換えて沖縄あたりに逝って、
「いやあ、自分は日本好きだから、他のところに逝くときでも
わざわざ成田空港で乗り換えて、空港で遊んでるんだよねー」って言ってるのと同じw

295 :無名草子さん:04/03/22 00:32
>>294
ワロタ

296 :無名草子さん:04/03/22 00:35
空港にいるだけでほどよいエスニック感やタイ独特の雰囲気を
感じ取れるチィタソってスゴイ(・∀・)!

297 :無名草子さん:04/03/22 00:41
>>296
成田空港でほどよい和風、日本独特の雰囲気を感じ取れるガイジン・・・

大笑い。
でもそれを指摘されたとしても、チィの脳内では、
「アタシの感受性は凡人とは違うんだから!」
ってことになるんだろーな。

298 :無名草子さん:04/03/22 00:43
ニコタマ継続した人いらっしゃいます?
どれぐらいの方がされたかお教え下さい。(深くは聞かないで…)

299 :無名草子さん:04/03/22 00:57
普通「アタシは最近、タイが好きで…」と言われたら、
最低でも過去数回、タイに逝ったことがあるんだな、と思う。

履かせ太郎もそう思ったろうに、出てきた話が
「わざわざバンコクでトランジットするほど」じゃなぁ。
(それも実態はドバイ、チェンマイ、プーケットに逝く時の乗り換え、じゃなぁ)

300 :無名草子さん:04/03/22 00:58
>>298
ひょっとして神ですか?
ニコタマは継続する奥様が多そうだったんですか?
んで、継続しない人はお茶と決め付けられそうな雰囲気だったとか?

301 :無名草子さん:04/03/22 00:59
なるほろ、継続なさっているなら、まだまだ降臨できません罠

302 :無名草子さん:04/03/22 01:02
>>296-297
ドンムアン空港の売店でベンジャロン焼のコーヒーカップや三角枕を見て、
タイ気分を満喫できる感受性。
普通のお粥にパクチーとナンプラーが加わればタイ料理だわ!と感じる味覚。
もっと極端に言えば、タイ文字を見ただけで異国気分を味わえる単純ヴァカ。
チィって英語や仏語(沙織は中国語も出てきたが)に関しての記述は多いけど
タイ語を初めとしてほかの言語の話はあまり出てこないね。
やっぱりホテル内で英語が話せるスタッフとばかり話していて、
余り街中に出て行く余裕が無いのだろうか。
滞在期間が短すぎて、外に出ると言ってもレストランぐらいで、
その国の文化や情緒に触れることが無いのかなとも思う。

303 :無名草子さん:04/03/22 01:04
そーいや、タイトランジットといえば、
学生旅行で、ロスにいくのにタイでトランジットしたチャレンジャーがいたな。
(チケット代が4万とかだったらしい)
しかし、もんのすごい時間がかかって、若いにもかかわらずかなり疲れたらしい。
そこまでやるなら「タイが好きでわざわざトランジット」とほざいてもよい。

あと、インドとかもタイでトランジットできるな。
オーストラリアとか、ニュージーとか南半球方面のトランジットも
できないことはない。でもコストと所要時間のバランスでは結局直行便がお得。


304 :無名草子さん:04/03/22 01:04
ありったけの服を持っていく前に裾のほつれは直そうよ>チーチャソ

305 :無名草子さん:04/03/22 01:06
エメラルド寺院やワットポーすら見てないでしょう。
その土地の文化や芸術、民俗などには、まるで無関心。
ただ食って寝て、「ああ、気持ちいい〜、リラックスできた〜」。
あいつの「好き」ってのは、その程度だよ。

306 :無名草子さん:04/03/22 01:11
>>305
んで、きっと「アタシはチマチマ観光なんかしないの。」
と、のたまうのでしょう(苦笑

でもそれって、つきつめるとタイだろうと沖縄だろうと一緒やん(苦笑

307 :無名草子さん:04/03/22 01:11
>>302
>その国の文化や情緒に触れることが無いのかなとも思う。

ただチャンスがないというだけじゃなくて、
もともと興味がないんだと思うよ。
日本で生まれ育ったくせに(海外生活経験もないくせに)
日本文化に関してだって、ろくすっぽ語れないでしょ。

チィの駄文に出てきた「文化的記述」と言えば、
「頬はボッティチェリのビーナスのようにバラ色に輝き」とか、
そんなのだけだしなw

308 :無名草子さん:04/03/22 01:13
タイが好きと言いながら、アマンプリで「ガムランが響き…」などと書いていた人ですからね。
東南アジアの国はみんな一緒、区別できないけど、「なんとなく好き」なんだろw

309 :無名草子さん:04/03/22 01:14
>>307
苦レアの読者レベルなら「文化に興味なし。ぐだぐだ過ごせりゃいい」で
通用すると思うけど、仮にもジャーナリストを語るには痛すぎるネ
あ、いまはミステリー作家か(w

310 :無名草子さん:04/03/22 01:30
タイ料理だって朝粥の話は出ても、ごくごく普通のタイ料理の
トムヤムクンやヤムウンセンの名さえ出てこないような。
その土地の食い物と行っても上海の小龍包ぐらいなもので、
どこかの国だか島では数キロ歩いてバケット買ってきたよな。
北海道だって豊富な魚介類や野菜などは無視して「バター」。
本当に土地のもの食ってねーな。

311 :無名草子さん:04/03/22 02:27
ただ「(グルメではなく)ガツガツ食うことが好き」ってだけなんじゃ?
「ホテルのレストランでディナー」って場面が出てこないだけじゃなくて、
土地ならではの食べ物は何も出てこないし、もともと知らないみたいだし。
スーツケースはカップラーメンとレトルトお粥で一杯なんじゃないかとw

312 :無名草子さん:04/03/22 11:58
よくよく読み込むとウトーリ系なのは文体だけで
根本的には貧乏系だよねーつくづく。
貧乏だけど、豪華リゾートに殴りこみ。
朝食や部屋などタダで楽しめるものは骨までしゃぶるように楽しむ。
ホテルのディナーや周辺観光など自腹を切らないといけないものはケチる。
・・・・基本的にはオバサンじゃん。

昔の、貧乏なOLさんに向けてであれば
「豪華ホテルでも朝食だけならアタシのように(恥知らずに)楽しめるのよ」
というオピニオンリーダーだったんだろうけど、
豪華ホテルなんて自腹で行けちゃうレベルの女性が増えた2000年代の今に
そんなことをほざかれて、またそれを間に受けるオバサンが大挙して
豪華ホテルに行ったりしたら国辱をさらすことになりそうだからやめてほしい。

313 :無名草子さん:04/03/22 12:12
>>310
タイ料理ならもっともポピュラーな「チキン・グリーン・カレー」や
「カオパッタレー(シーフード炒飯)」ですから出てこないもんね。
バリ(インドネシア)なら「ナシ・ゴレン」「サテ・アヤム(焼き鳥)」、
旅行者だったら一度は食べるでしょ、ってのも出てこない。

旧サロンで「ドンムアン空港のケンタッキーで村瀬さんを見かけた」って話が
出ていたと思うんだけど(本人はYESともNOとも言わず、シラを切った)
そんな程度の「ファーストフード」を召し上がってらっしゃるんじゃないでしょうか。
またはホテルのルームサービスにある「サンドイッチ」とか「ヌードル」とか、
軽食(夜食)メニューでいつも終わらせているとか、ね。

314 :無名草子さん:04/03/22 12:21
ふーん、ひょっとしてここの住人はしっかりした村瀬さんを期待してるのかね。

315 :無名草子さん:04/03/22 12:50
そりゃ少しはしっかりしてもらいたいわよ

316 :無名草子さん:04/03/22 13:09
チィのガリガリ体型は、実は「ロクに食べてないから」という、
非常に単純な理由だったりしてw

317 :無名草子さん:04/03/22 14:43
同じファーストフードでもドンムアンなら、
「国内線と国際線路脇の社員食堂フードコートで見かけた」の方がマシだな。


318 :無名草子さん:04/03/22 14:50
>>313
別にシラを切るほどでないことで、そういう反応するところが(ry

319 :無名草子さん:04/03/22 15:01
>>313 >>318
ミステリアスな部分が多いアタシマンセー!なんでしょうねwww

320 :無名草子さん:04/03/22 15:20
チィが自腹で食べに行くのはケンタッキーに吉牛、あとはスタバですか?
たまに帝国の「ユリーカ」でパンケーキと。
和洋中と各国料理が揃うシンガポールで、わざわざ
デパ地下の「持ち帰り寿司」を勧めてたこともあったっけ。

朝食ひとつで大騒ぎ、何でも針小棒大に書くチィのことですから、
有名レストランで特徴ある地元料理を食べたことがあれば、
何度でもネタにするはず。
駄文をいくら読んでも、そういう料理はちっとも出てこないのよね。
「好き」と公言するタイ料理でさえ、>>310 >>313 だもんなw

321 :無名草子さん:04/03/22 15:41
素人には、実名、いつどこに何日間宿泊した、の情報を書き込ませる癖に
自分がいつどこに逝って何泊したかは絶対言わない。
ドンムアンのケンタッキーに居ても恥ずかしいことでも何でもないのに、
勝手にナイショにしようとする。
漏れ、どこかでチィに会いたいよ。会ったら絶対サインもらって、
○○で村瀬さんに会ってサインもらって握手もしてもらっちゃいました♪
って言ってみたいよ。
ドンムアンでチィを見かけた人も声をかければよかったのにね。

322 :無名草子さん:04/03/22 15:44
シンガポール伊勢丹地下の「持ち帰りの寿司弁当」とか、
歩いてバケット買いに行くとか、激安三昧w
ホテルは高級なところに「泊まらせて」もらってるけど、
食事は爺持ちにはしてもらえないのね。お気の毒。
思うに、チィって食べ物に関してはかなり保守的で、
知らないものはあまり口にしないタイプでは。
東南アジアで「安い、早い、うまい」を狙うなら、
フードコートがいちばんなのに、そういう場所では食べてなさそう。

323 :無名草子さん:04/03/22 15:48
>>321
>自分がいつどこに逝って何泊したかは絶対言わない。

そんなことしたら、「脳内10倍カウント」で
話が進まなくなるからねぇ。

324 :無名草子さん:04/03/22 15:53
スレ【5】には、こんな証言も
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
729 名前:列島縦断名無しさん投稿日:2001/06/22(金) 12:54
会員じゃないけど、実は村瀬さんと一度だけ
面識有りです(詳しくは書けません、ごめんなさい)。
どちらかというと、バックパッカーみたいな感じでしたが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バックパッカーみたいな格好で豪華リゾホ、ですか?

325 :無名草子さん:04/03/22 15:58
過去ログあさってハケーンしたので、ついでに貼り付けておきます。
(ケンタで目撃した××さんへの、村瀬のレス)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[1786] Re[1785]: バンコック目撃情報について。 投稿者:村瀬千文 投稿日:2000/12/18(Mon) 15:52

XXXX様

お帰りなさいませ。

> 私 村瀬さんをお見かけした様な気がするのですが。
> 帰りのバンコクのケンタで。
> もし間違いでなければ どちらに行かれていたのでしょうか。
> 厚かましいですが こちらのBBSに書き込みをさせて頂いていたので 何だか嬉しくなってしまったのです。

同日、モロッコの砂漠にて精悍な風貌のベルベル人と共にラクダに乗っているムラセが目撃されています。
また、別の未確認情報によると、やはり同日、ムラセは若くてハンサムな中国人らしい男性を連れて、
香港のネイザン通りの裏通りを歩いていたそうです「お腹すいた。早くおいしいものを食べさせろ!」と言いながら・・・。

村瀬千文

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケンタ以外の「脳内旅行」では、すべて「男と一緒」にしているところが、
コンプレックス丸出しで藁えますた。

326 :無名草子さん:04/03/22 21:05
>ムラセは若くてハンサムな中国人らしい男性を連れて、
>「お腹すいた。早くおいしいものを食べさせろ!」と言いながら・・・。

ナニ様のつもりなんでしょうねw

327 :無名草子さん:04/03/22 21:18
>>326
横柄な態度。
まさに俺様の弟子だけはある。

328 :無名草子さん:04/03/22 21:36
妄想の内容はともかく、この人を人とも思わぬ言葉遣い
(「早くおいしいものを食べさせろ」)に
ムラセの本質というか、こうありたいという願望が
はからずも顔をのぞかせていると思う。

329 :無名草子さん:04/03/22 21:57
チィって「ハンサムな若者」を引き連れて、
自分がいつも爺にされてるように、
威張り倒すのが夢なんだろうね。


330 :無名草子さん:04/03/22 22:04
>>325みたいな恥ずかしい妄想をあらわにするくらいなら、
「はい、ケンタで食べてましたよ〜、今度見かけたら声かけてね」
くらいで済ませた方がマシだと思うんですけど。空港なんだしね。

誰も、村瀬がいつも高級レストランでメシ食ってるなんて思ってないのに、
自分では「村瀬千文はゴージャスな女というイメージがある」と思ってたのかなw

331 :無名草子さん:04/03/22 22:08
横柄というより「無邪気で元気で素直なアタシ」という
いつものイメージなんでしょう。
それは「若くてハンサムな男性にわがままが言えるアタシ」
であり、ひいては「そんな素敵な男性とステディなアタシ」なのです。
つまり使用人のように男を顎で使っているわけではなく、チィなりの
男とのつきあい方のイメージ(理想像?)ではないでしょうか。





彼女がローティーンなら微笑ましいのですが。

332 :無名草子さん:04/03/22 22:24
>>331
あ、なるほどねぇ。言われてみて初めてそうかと思いました。
中学生くらの女の子が、同級生の男の子を呼び捨てしたり、
男言葉で命令したりする、ああいう「元気さ」ですね。



まさか四十過ぎた女が、そんな自分をイメージしてるとは思いもよらなかったので。

333 :無名草子さん:04/03/22 22:24
>>330
その時(2000年12月中旬)、村瀬は東京にいた。
つまりXXXXさんが村瀬だと思った女性は、村瀬のそっくりさん(藁。
そういや福井県に逝ったとき、私も村瀬にそっくりのオバサンを
見かけた。

334 :無名草子さん:04/03/22 22:32
え、じゃドンムアンに行った回数が1回減るんだ。
はぁ。

335 :無名草子さん:04/03/22 22:36
>>333
だったらそう言えばいいだけじゃんw

やっぱり「世界を飛び回る、ミステリアスなアタシ」って言いたいのと、
「どうせなら“男と一緒”という話にしたい」ってことか。

336 :無名草子さん:04/03/22 22:37
いや単なる虚言癖。嘘がつけそうな時は何のプラスにならなくても嘘をついてしまう習性なんでしょう。

337 :無名草子さん:04/03/22 23:32
懐かしの「見えない相手と」から抜粋してみますた。

>だいたいが、面と向かって「姫」と呼ぱれ、それがどういう意味を持っているかと
>いうことに気づかなかったくらいトロい私のこと。こんなことを言うと、コイツ、
>いったいどこまでトロいのだ、と思われるかもしれないが、この機に乗じてここぞ
>とぱかりにバッシングしてくださった方々に、私は感謝している。というのは、
>今回の騒動を通して、はからずも、私がいつのまにか自分の中で勝手に作り上げて
>いた、「『ホテルジャンキー』の著者であり、『ホテルジャンキーズクラブ』の代表
>としてのムラセとして、こうありたい、こう思われたい」という自分自身のイメージ
>像に気づかせてくれたからだ。なぜ気づいたかというと、彼らがことあるごとに
>執拗に突いてきたのが、このポイントだったからだ。一度会社をつぶし再スタート
>を切った四年前には、何も失うものなくスタートしたはずの私が、いつのまにか
>自分自身で作り上げた虚像(イメージ)に縛られていた。

こうありたい、こう思われたいという自分自身のイメージ像に…
いつのまにか自分自身で作り上げた虚像(イメージ)に…

と相変わらずの重ね文章に加え、重ね文章で強調しているにも拘らず
全く内容が伝わってこない「自分自身のイメージ像」。
(イメージ像か虚像かはっきり汁!)
イメージ像の村瀬千文はドンムアンのケンタに居てはいけないけれども吉野家はOK。
むずかチィw

338 :無名草子さん:04/03/23 00:25
ドンアムンでの目撃情報へのレスは虚言の可能性もあるけど
単に「気のきいたユーモア」を狙ったのかもしれない。
問題はそれがちっとも面白くないことなのだが。


339 :無名草子さん:04/03/23 00:35
40台中盤 独身 女 結婚歴なし 子供無し 不動産なし
体型 よく言えばスリム。悪く言えば凹凸なし。
容姿 普通だが手入れが悪いので老化が早い。化粧下手。
年収400万 職業はライター(自称ホテルジャーナリスト)
数冊の著書あり。著作権侵害で民事訴訟を起こされ敗訴。
取材の海外旅行は年に一度以下。自腹の旅行はなし。



340 :無名草子さん:04/03/23 00:38
>>337
>としてのムラセとして、こうありたい、こう思われたい」という
>自分自身のイメージ像

つまりこれは、見栄っ張りの村瀬が「こうありたい」自分でいるために
大嘘ぶっこいたり、ありもしない妄想エピソードで飾り立てたりして、
自らを「演出」してたってことですよね。
で、当時の読者は、それをまるまる信じてたから、いざ実像に直面したとき、
「え?」ってなったわけで。

嘘で固めた自分の虚像に、自分が縛られていることに気づいた…
なんて殊勝なこと言ってますが、相変わらず「大の料理好き」とか、
「Jackがどうした」とか、嘘つきっぱなしじゃん?
おまけに国内のホテルなんて、まともに取材したことも
泊まりに逝ったこともないくせに、ホテルジャーナリストの肩書きで
ニコタマ講師やったり。
何の反省もしてないってw 以前と同じ、虚言妄想デムパ女。

341 :無名草子さん:04/03/23 00:43
旅館派になったりホテル派になったり、時と場所によって言うことバラバラで、胡散臭さ全開ですし。

342 :無名草子さん:04/03/23 00:57
で、ニコタマは結局、継続派が多くて
リークするお茶はいないのね?

343 :無名草子さん:04/03/23 00:59
>彼らがことあるごとに執拗に突いてきたのが、このポイントだったからだ。

あの削除祭りのときに「村瀬が自分勝手に作り上げた自己イメージ」なんて
誰も「突いて」ないと思うんだけど。
「極道本」のの記述の矛盾(欧米のタクシーは助手席に乗るものetc)は
指摘されていたけど、それは村瀬の「イメージ攻撃」とか「人格攻撃」ではなくて、
本(情報)として信憑性に欠ける点を、著者としてどう思うのか?と聞かれただけで。
本人は最後までバックレてましたが。

どこまで逝ってもズレてるというか、論点が何かわからない不自由なオツムというか。。。

344 :無名草子さん:04/03/23 01:01
ってか、ニコタマは誰も潜入してない気がするです。

345 :無名草子さん:04/03/23 01:04
となると>>298の発言が謎だ…

346 :無名草子さん:04/03/23 01:19
よーく考えよう、お金は大事だよー
うーう、うーううううー  >二個置く

347 :無名草子さん:04/03/23 01:29
>一度会社をつぶし再スタート
>を切った四年前には、何も失うものなくスタートしたはずの私が、いつのまにか
>自分自身で作り上げた虚像(イメージ)に縛られていた。

自分で「長年のパトーナー、英国人グルメのJackと二人で、
豪華リゾホでバカンス三昧」なんてブチ上げておきながら、
なーにが「いつのまにか、虚像に縛られていた」だよ!(プゲラ

「アタシは20年来の恋人がいながら、いつでもどこでも
白人男にモテモテの、英語が堪能なジャーナリスト、
だから、ドンムアンのケンタには、いてはいけないの」ってか?

348 :無名草子さん:04/03/23 10:52
しょーがないから推測。ニコオクはチィなんかどうでもよくて、
ふだんなら金を払わないと見れないホテルの豪華部屋を見学することで満足しているのでは。
チィもなんかしゃべるとかじゃなくて、
単に「ホテルにシロウトのかわりに取材(てか見学)アポがいれられる立場」を利用しているだけ。
小汚くそれでしばらくはそれで金もうけするハラ。

しかし、ニコ奥方よ、ホテルは開かれたサービス世界だよ。
何もチィみたいな中年女にたよらなくても、
フロントで「ちょっと今後のために、お部屋見てみたいんですけど」といえば
よっぽど忙しいか、怪しい身なりでない限り、フツーOKだぜ。
心配だったら「今度知り合いが上京するんでね」のひと言を加える。
別に恥ずかしいことでも常識はずれでもなんでもない。洋服の試着のようなもんだ。
漏れなんて、何度その手口で高級ホテルから高級旅館まで見学したことか。

349 :無名草子さん:04/03/23 11:06
>>348
ホテルの見学申込みだが、こういう風に書くと
「アタシ、ことわられたワ!」と憤慨する人がでそうなので、
いちおう念押し。

いつもOKというわけじゃないですよ。
ホテルにも都合がありますから。
それから、急に申し出た場合は、待たされます(そりゃ準備もあるもんね)。
ラウンジやレストランを利用する前に申し出ておくとベターです。

133 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)