5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新人賞VS持込営業

1 :kato:02/01/11 09:45
本を4冊ほど出している、作家です。
某社のコンクールに応募したところ、1次もかすりませんでした。
その後、1年ほどたって、ダメモトで同じ編集部に電話をかけてみました。
「持ち込み原稿を見てもらえませんか?」と。
編集者は、あまり気がのらなさそうに「じゃ送ってみてください」と言われたので、
200枚ほどの原稿を送ったところ、すぐ電話がかかってきて、あっという間に出版の話がまとまってしまい、かなり加筆訂正はありましたが、電話をしてから半年もたたないうちに本屋に並んでいました。
しかし、あれでよかったのかと今はときどき思います。
新人賞を受賞した作家と、持ち込み営業からデビューにこぎつけた作家とでは、
出版社が宣伝に賭けるパワーが違うからです。(そりゃそうだ)。
もちろん鳴り物入りでデビューした新人賞作家でも、
本が売れなければ終わりです。
しかし、「新人賞受賞と新聞に出ていたから買う」人は、はっきり言って、
「賞など獲っていなくても、自分が面白いと思ったら買う」人より、
圧倒的に多いのです。数えたことはありませんが。
 では新人賞さえ獲れれば作家として順調なスタートを切れるのかというと、またそうでもない。
新人賞は、持込デビューより博打だ。
なまじ騒がれるので世間に名を覚えられてしまい、
受賞後1年以内に売れる作品を発表しないと、
「手垢がついたタレント」みたいに扱われてどこからも
注文が来なくなる、という話を聞いたことがあります。
でも瀬名秀明氏のように、パラサイト・イブから何年か空いても、
いまだフレッシュな印象で迎えられる作家さんもいらっしゃいますしね……。

実力があり、受賞後、たてつづけに作品を発表できるストック原稿を
お持ちなら、新人賞受賞をめざしたほうが、将来的には作家生活の助けとなるでしょう。

デビューするだけならどうにかできます。
問題は、そこから先、書きつづけられるかどうかだ。

何十年も現役で書いている作家は、それだけで尊敬してしまう。小説の内容がまるで好みでなくても、書きつづけている人というだけで尊敬してしまう。

108 :山崎渉:03/04/17 13:18
(^^)

109 :山崎渉:03/04/20 02:01
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

110 :山崎渉:03/05/22 03:37
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

111 :落ち武者 ◆RumfTuA1Xw :03/05/22 16:59
このスレの1さんは見てるのかな・・・
ハリー・ポッターのビジネスモデルの話しを知りたがって
いらっしゃったようですが、わたしはその営業をやった
本人と直接の知り合いです。

ハリー・ポッターは当初、静山社だけではどーしようも
なかったので、営業は別の会社に頼んでいました。
その会社は元マガジン・ハウスの営業マンだった方が
定年後に起こした会社で、その方が全国の書店を直接
回って、営業したそうです。
具体的にはサンプル本を作って、その他にカタログも
作ってそれを一店一店丁寧に回って説明していく。
勿論、流通の東販、日販にも昔の顔を使ってねじ込んでいく・・・
そんな感じの営業だったようです。


112 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 17:32
ハリポタが日本で売れたのは、外国でハリポタがヒットしたからでつか?
それとも、外国で売れなくても、日本でブレイクしたでしょうか?
いずれにしろ、エゲレス皇室よりお金持ちらしいので、ウラヤマスィ・・・。

113 :落ち武者 ◆RumfTuA1Xw :03/05/22 17:36
>>112
その営業の方から聞いた話しではすでにメディアで取り上げられ
ていたので、既にある程度の認知はあったと言っていました。
ただ、やっぱりハリポタは日本人が好きな軽いファンタジーの作風
ということがあってのヒットと思います。
ハリポタはラノベで開拓すべきだった莫大な市場を
手に入れたということでしょう。


114 :山崎渉:03/05/28 10:34
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

115 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 21:53
age

116 :山崎 渉:03/07/12 11:32

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

117 :山崎 渉:03/07/15 11:59

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

118 :山崎 渉:03/08/02 01:24
(^^)

119 :山崎 渉:03/08/15 13:24
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

120 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 13:19
小説以外でどうしても出版したい原稿があるんだけど、
小説以外はコンクールもない。
したがって持ち込みしかない。
できれば、原則持込不可の幻灯者がいいんだけどね。
うーん、どうしたものか?

121 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 13:30
あの、本一冊って
原稿何枚くらい必要なの?

122 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 14:17
>>60
コネがなくても平野某のように嘘でもイイから「○大生です」と言えば、目を
通してくれる可能性アリ。
その後「ここはどうか?」「この文体はどうか?」と編集との親近感を
高めておくのも重要。最後に「実は○大生です」と告げて編集がキレたら
「でもそうしないと読んではくれなかったですよね? 作品の内容よりも
肩書きが重要なのですか?」
「あったりめえだ!」
・・・まあ、彼のプロデュース能力は評価に値しますよね。

123 :たー坊:03/08/16 14:18
>>122コンクールが無いってことは漫画みたいなんでもないんかな?
>>122さんが、小説やないって思ってるもんでも、新人賞とかで
「これはかつてない斬新な形の小説だ」と受け止められたら
かなり強いと思うけど。あ、これ高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」を例に
受け止めてもらったらええんやけど。明らかに小説や無かったら、
頑張って持ち込みに(持ち込み不可でも相談してみるとか)かけるしか、
自分にも思い浮かばんけど←って、力になってない、ごめん。

>>121はっきり決まってるわけでもないと思う。かといって、50枚くらいで
一冊とかは厳しい。新人賞とかで受賞したやつをそのまま単行本化して
出版するつもりのとこは200、250、300枚以上のを募集ってなってるから、
それくらい、またはそれ以上の枚数が必要なんやと思うで。

124 :120:03/08/16 20:22
強いて分野に入れるとすると評論で、
書店では教育書に並べられると思う。
ルポルタージュならコンクールもあるけど。

125 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 20:37
>>122
いまどき、大学生ということに特別扱いなんてあるの?
とても、あるとは思えないんだけど。

126 :たー坊:03/08/16 21:11
ごめん、前半>>122さんやなくて>>120さんへのレスです。

127 :微妙:03/08/16 21:38
>>123
ありがとうございます。
高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」は以前読みました。
アメリカ放浪中に読み、シュールでありましたけど、面白い作品でした。
今、書いている小説で困った箇所がありまして、
「あなたの文章真面目に酷評しますPART10」の838、839に「微妙」とコテハン
で意見を求めています。
以前歯牙にもかけられなかったのか無反応でした。123さんの意見もお聞き
したいです。わがままな意見で申し訳ないですが、お目汚しとの反応を覚悟で
拝聴したいです。
>>125
どの世界でも共通した物差しとしての肩書きを考えると、
学歴偏重社会批判があるとは言え、編集者はやはり権威に弱いです。
その世界でその地位にいることを考えると、自分より権威のある学校にいる
というのは(前に大中で「高卒の物書きって恥ずかしくない?」を叩いた私
でも)、「一考の価値あり」と思わせるのに十分なものである事は、認めざるを
得ません。
今は簡単な文体で書くことをを、心がけています。ただ。持ち込みにしても
どこに行けば良いのか分からず。書き上げてしまうまで棚上げ状態です。
何かアドバイスがあればお聞かせ下さい。

128 :たー坊:03/08/16 22:15
>>127マジで?自分でええのん?
というよりそこ一回書き込んだことあるんやけど、あんまりいい酷評、
というよりアドバイスにしかならんくて、ありゃ、もうちょい慎重にならなあかん
てな感じでちょい遠慮しようと思ってたんやんかぁ。>>127微妙さんが
自分の批評の仕方でええっていうんやったら、喜んで意見させてもらうけど、
自分の評価、そのスレのちょっと前にあるんやけど、見てみて?
それでよかったらうれしゅうさせてもらうけど、どない?

129 :名無し物書き@推敲中?:03/08/23 03:35
katoちゃんは?

130 :名無し物書き@推敲中?:03/08/23 03:46
「さようなら、ギャングたち」俺も最近読んだ。
途中だるくなって飛ばし読みしちゃったけどw

131 :名無し物書き@推敲中?:03/08/25 20:22
http://bbs.bookstudio.com/
みんなここに書き込みだ!

132 :オレイン喩(前は微妙):03/09/04 11:13
現在描いているモノを、角川NEXTに投稿しようと思っていたのですが(
ちょうど200枚くらいを目安に2/3ほど描き上げたところです)、やっぱり他の
賞か持ち込みも考えて方が良いのでしょうか? よく音楽や絵画で題材にされ
るものですけれど、マンガや小説でお目にかかったことがないのでキチンと描
いてみようかと。
ミステリーが描ける人が少ないとスレにあったので次はミステリーかマンガに
挑戦などと分不相応なことも・・・。以前グラフィック・デザイナーだったの
でビ○ターや、元角川系(ちょうど分裂期のアレで)のコネなど、使えるモノ
はとことん使った方がいいのでしょうか?

133 :名無し物書き@推敲中?:03/09/04 12:12
>>132
コネがあるなら躊躇せずに持ち込むのがいいと思うよ。

134 :オレイン喩(前は微妙):03/09/04 15:13
>133
そうですね。とりあえず、人目につかないことには・・・。ですね。
端や外聞を恐れていては何もできないでしょうから。
ご意見感謝いたします。

135 :名無し物書き@推敲中?:03/09/05 07:50
コネがある人はいいなあ。

136 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 21:37
age

137 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 09:32
age

138 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 11:16
age

139 :名無し物書き@推敲中?:03/12/19 22:40
作者のプロフィール紹介で、××新人賞受賞云々と書いてない場合は、持ち込み
orコネと見ても良いのかね?
結構、多いぞ。

140 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 00:18
プロフィールで受賞暦が省略されることも多いから、一概には…

あと、賞では落選したけど、落選原稿が編集者に見込まれて指導を受けて、
一年ぐらい経ってからデビューするってケースも多いよ。
「受賞は無理だけどそのまま落とすには惜しい」とか
「規定違反で選考外だけどおもしろい」とか、そういう場合。
ある意味、コネかもしらんけど。要するに応募したことでコネができるってパターン。

141 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 01:43
それ考えると、やっぱり、地方文学賞とかより、
出版社系の賞のほうが仕事への近道なんだろうな。
地方文学賞だと、受賞できてもそれきり。

142 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 23:37
新人賞への応募には名前(ペンネーム)は統一した方が良いって話を聞いた。
ころころ変えてたら、編集部の記憶に残らないんだと。

143 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 23:47
浅田次郎が言ってたね。
PNを統一させて、何回か同じ新人賞に応募すると、
「常連さん」扱いになり、少なくとも一次は顔パスならぬ
ネームパスで通るという……。
浅田次郎は、毎回かえてたので、一次が通るまでに「十年かかった」
とかいっていた。でも、「名前を変えても通ったということは、常連
さんへのサービスではなく実力で通ったということが明らかなので
自信がついた」とすごい前向きな解釈をしていた。
ベストセラー作家になる人は執念が違う。

144 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 00:07
いやあ、常連さん扱いはまずいでしょ。
「あ、あの下手糞また送ってきてるよ」

145 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 00:07
一次通るのに十年か…。
すげえ執念だ。
しかしその執念があるから今の浅田氏があるんだろうなあ。

146 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 15:11
>「あ、あの下手糞また送ってきてるよ」

そないなこと考えても仕方がない。
あの下手くそが、こんどは格段に進歩してると思わせれ。
根性あるなあ、と思わせれ。


147 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 17:31
良いこというじゃん

148 :マジレスおぢさん ◆gdjEowoico :04/01/05 15:25
メジャージャンルは新人賞。
マイナージャンルは持ち込みか、同人誌。
SF&ファンタジーなら、SF大会で編集者と出会い、酒飲んで意気投合の
可能性もあり。著名なSF作家に媚を売って、弟子入りさせてもうらう手も、
昔はあったらしい。今はどうだか知らない。SFも新人賞が復活したからなぁ。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 22:42
>SF&ファンタジーなら、SF大会で編集者と出会い、酒飲んで意気投合の
可能性もあり

いい話ですね。なんか情景が浮かびます。
SFマガジンの短編コンテストが復活してくれないかなあ……。

150 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 19:38
ほしゅ


151 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:32
ゴミは送らないで下さい



152 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:09
イマドキ切ない系の恋愛小説(非ライトノベル)書いてる♀なのですが…。
やっぱりそういうジャンルは新人賞がいいんでしょうかねえ。

しかし、持ち込みとかについてなーんにも知らない素人だった私は、
ここで「持ち込み厳禁」扱いされてるG冬社に、あまつさえタブーな
「いきなり原稿送付」しようとしてた…。(地方なもので)
今日初めてこの板見たんだけど、見といてよかった。本当によかった。

153 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:20
若桜木センセって誰のこと?
ググッてみる価値のあるセンセなの?

154 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 16:27
>>153
ないね

155 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 19:32
誰か持ち込んでよ

156 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 16:12
ゴミは送らないで下さい


157 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 19:54
コレもあげておこう


41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★