5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

青春の1ページ

1 :事実です:02/03/14 11:07

 俺は放課後学校へ忘れ物を取りに教室へ戻っていた。橙色の夕焼けが窓から差し込んでいる。
誰も居なくなった教室は、僕の知っている賑やかで皆の声がこだまする学校ではなかった。
僕はさっそく自分の机のところへ行き、忘れ物のお弁当箱を机の中から取り出し鞄へ閉まった。
よかった、さ、家に帰らなきゃ。僕は安心してちょっと周りを見回してみた。
変わらない机の配列、黒板の落書き、乾燥した空気、夕焼けがしんとした教室に並んでいる。
耳を澄ますと校庭からクラブ活動だろうか、生徒達の声が微かに聞こえてくる。バレー部だろうか、ボールの音も聞こえる。
そして僕はなぜかとても強くなった気がした。日中の僕は目立たない生徒で大きな行動は出来ないけれど
今なら何でも出来る気がする。誰にも邪魔されない、僕が王様。ツバだって音を立てて吐ける。
僕は試しに「ぺっ」と床に吐いてみた。ついでにおしっこも教室の隅でしてしまった。

・・・・信じられない。何て気持ち良いんだ。

こんな事出来るのも今だけ。誰にも注意されない。明日になればまたいつものように
学校には何百人という生徒が押し寄せる。僕は少し考えた。何がしたい?何が出来る?
誰にも邪魔されずに、今は学校中が僕のいいなりだぞ。何をしてみよう?
するととっさに頭に入ってきた。前から憧れていた隣のクラスのマドンナ、和歌絵ちゃんだ。

「・・・和歌絵ちゃんも僕の言いなり??」

硬直した僕の足は自然と隣のクラスに移っていた。静かにドアを開けてみると僕の教室よりも少し暗かった。
太陽の角度のせいだろうか。そしてやはり誰も居ない。僕は足を教室へと踏み込んだ。
違う教室というのもあって僕の心臓は少し強く鼓動した。もし僕がここに居るのが見つかれば言い訳のしようが無いのだもの。
でもなぜか僕は逃げ出さなかった。強い欲望が僕を奮い立たしていた。
童貞の僕。そして未知へのねじれた甘い香り。必死に和歌絵ちゃんの席を探した。
 ・・・見つけた。防災頭巾に「山本 和歌絵」とピンク色のマーカーで名前の入った席を見つけた。
僕の緊張は最高点に達していた。形振り構わず机の中を引っ掻き回した。
嗚呼・・憧れの和歌絵ちゃんの机が!!鉛筆が!!お道具箱が!!僕は机に腹ばいにしがみ付き、勃起をしながら表面を舐めていた。
「和歌絵ちゃん・・ハァ・・好き・気づいてよう・・・・こんなに大好き何だようぅ・・」
そして僕の目は机の脇のフックに引っかけてある物に気が付いた。

こ・・これは??・・・リコーダーだ・・・。

駄目だ・・こんな事したら本物の変態だぞ!!これ以上罪を犯すんじゃない!!しかし頭で考えても体はいう事を聞かない。
幼かった僕はその噴き出る衝動を止める事は出来なかった。無造作にリコーダーを奪い取るとズボンの中に隠し込んだ。
そして走った。どこか安全にリコーダーを吹ける場所、、そうだ、あの場所へ!!
僕は屋上へと走っていた。鍵を開け、ピシャリと窓を閉めた。
僕は屋上でも目立ちにくい角へとよろよろと進み、リコーダー入れの中から笛を取り出した。
「嗚呼!!ついに手に入れたんだ!和歌絵ちゃんのリコーダーを!!」
ピィ〜・・ヒョロロロロ・・・乾いた音が鳴る。情けない甘い香りがする気がする。
そしてついに僕はヨダレが滴り落ちている口へ無造作に笛をぶち込んだ。

「フぶぶ、、ちゅぅうぶちゅうちゅぅう・・駄目ェェ。。ワ、和歌絵ちゃんん・・」

べろべろと嘗め回し、笛が自分のツバで臭くなるまで舐めた。そしていつの間にか僕は昇天していた。

「サ、ハァ最低だ・ハァハァ・・僕は・・・なんて、いけない子なんだ・・・」

僕はとてつもない罪悪感に追われながらも、しかしどこかで快感を得ていた。
落ち着きを取り戻すも僕は教室へ戻り、自分の唾でべとべとになった和歌絵ちゃんのリコーダーを
無言で元の場所に戻した。

そして僕はお弁当箱の入った自分の鞄を背負い、眼鏡を中指で上げ、無表情で
日が沈みそうな夕焼けの帰途へと駆け出した。


3 :脱毛博士 ◆85n2MOJA :02/03/14 11:27
逝けない子だな。

4 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 12:58
タモリのネタ

5 :かおりん祭り ◆IidAAeuI :02/03/14 15:37
新スレおめでとうビーム (ノ ^ ▽ ^ )ノ‥‥━━━━━☆ピーー
       



6 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 23:32
       

7 :名無し物書き@推敲中?:02/04/09 14:44


8 :名無し物書き@推敲中?:02/04/09 15:27
青春の2ページ目も教えて

9 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 19:33
ge

10 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 00:04
フーン

11 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 00:06
2、30000ページ書いてくれても構わんさ。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/05/21 21:03


13 :名無し物書き@推敲中?:02/05/30 14:22


14 :名無し物書き@推敲中?:02/06/15 15:03
uuiuiuiuiuiuuiui

15 :名無し物書き@推敲中?:02/06/15 17:55


16 :名無し物書き@推敲中?:02/06/27 23:41


17 :1:02/06/28 10:25


18 :名無し物書き@推敲中?:02/06/28 11:43
使い古されたネタだから、もっと工夫しないと。

19 :名無し物書き@推敲中?:02/07/02 20:29
                       

20 :名無し物書き@推敲中?:02/07/02 20:53
実際は大して興奮しないよな。リコーダーを口に含んだ瞬間に冷める。


21 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 15:27


22 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 16:27
>20 
やったのか。

23 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 17:36
>>22
するどい突っ込み^^

24 :20:02/07/17 18:48
やるだろ。
漫画なんかでよく出てくるし、すんげー興奮するんだろうなーと、
消防ながら胸ときめかせてくわえてみたが、なんてことはなかった。
「こんなはずはない!」と心の中で叫んだよ。
でもやっぱ興奮しなかった。リコーダーは乾いたツバの匂いがするし。
「女の子でもリコーダーの口は臭うんだな」と確認して、
静かにケースに戻した。

消防ではフェチは楽しめないんだな、と今になって思う。


25 :20:02/07/17 19:01
しかしどうにもモヤモヤが晴れず、厨房の頃に再挑戦。懲りてねえし。
だけど結果は同じでした。
むしろリコーダーを口にする前に、
「誰かに見つかるんじゃないか? でも絶対しゃぶりてえ!」
と思いつめていたときの方がギンギンでした。
まあ貴重な体験ということで、その夜は無理矢理おかずにしましたが。

高校の頃はロッカーだったので、さすがに挑戦する気は起こりませんでした。
犯罪(器物損壊)はやりたくなかったので。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 19:50
じゃあ、女の子が一人、放課後の教室で好きな男の子のリコーダーを突っ込むと言う話は
斬新じゃないか?
どうだ?

27 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 20:12
この人物が舐める前にすでに、男ど急逝が舐めまわしたあとだったとか、
リコーダー返したら、いきなりど急逝の男がやってきて主人公が慌てて
ロッカー隠れて見てたら、いきなり舐めたしたとか、そんなオチがあると
思ってたのに。

気体はずれでした。



28 :20:02/07/17 20:19
>>26
凡百のエロ漫画でさんざん出たネタかと……。

>>27
こういうネタは見たことない。さして面白いとは思わないけど。

29 :名無し物書き@推敲中?:02/07/28 08:43


30 :名無し物書き@推敲中?:02/07/28 09:05
>>26
リコーダーの口に毛が挟まってて口の中に含んじゃった罠。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/08/07 18:32


32 :名無し物書き@推敲中?:02/08/07 21:09
>>1
僕、僕、と主語を連発せずに書くように心掛けると、文章は上達します。
あと、なるべく語彙を蓄えて、同じような表現を何度も使わないこと。

>落ち着きを取り戻すも僕は教室へ戻り、(略)無言で元の場所に戻した。

幾ら馬鹿でも、三回も「戻」って使うこたあないだろ。



33 :名無し物書き@推敲中?:02/08/07 21:14
韻をふんでるんだよ
わからないか?

34 :>>>>>1:02/08/08 05:07
匂ってこない文章ですね。10点中2点。てにをはレベル。

 
                             角川ネクそト賞

35 :名無し物書き@推敲中?:02/09/10 03:58
青春

36 :名無し物書き@推敲中?:02/09/19 00:23
                               

37 :名無し物書き@推敲中?:02/09/19 02:19
あ1


38 :名無し物書き@推敲中?:02/10/24 07:23


39 :名無し物書き@推敲中?:02/12/06 15:02


40 :山崎渉:03/01/06 16:14
(^^) 

41 :山崎渉:03/01/19 03:48
(^^)

42 :名無し物書き@推敲中?:03/02/18 10:41
>>1
>俺は放課後学校へ忘れ物を取りに教室へ

「学校へ」「教室へ」がかぶってる。変な文章。

43 :山崎渉:03/04/17 14:13
(^^)

44 :山崎渉:03/04/20 01:47
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

45 :山崎渉:03/05/22 03:24
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

46 :山崎渉:03/05/28 10:44
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

47 :山崎 渉:03/07/12 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

48 :山崎 渉:03/07/15 11:46

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

49 :山崎 渉:03/08/02 01:37
(^^)

50 :山崎 渉:03/08/15 14:00
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

51 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 12:40
山崎に50げとをとられた〜

52 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 23:22
52を取ればいい

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>58>>60 レナード・タッチ>>102
ローカルルール>>64 ロジック>>53 gt;>27)
信者>>95 新本格>>41 推理小説★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)