5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ファンタジー小説「nightmare」

145 :miki:02/06/04 19:33
「ここだな・・・ 」
岩山のふもとに立ち、つぶやいた。
無骨な岩道が、らせん状に頂上まで続いているようだ。
足を踏み出そうとすると、馬のはしる音と鳴く声がこだまする・・・
2匹の馬は俺のすぐ後ろで止まった。
「手伝ってやるよ。あんた一人じゃ不安だからな。名前は何だ?」
女が大きな声を発し、2人の男女は馬を降りた。
後をつけていたらしい。最初から一緒に来るほど素直ではないということだろう。
こういう人間は少々骨が折れる。
「俺はガイ。別に手伝ってもらわなくてもかまわんぜ?」
今度は男が口を開く。
「私たちもここには用があるのだ。頂上には村長を襲ったデスウイングが数十匹いる。
たまに村を襲ってきて、困っているんだが、どうせお前一人では食われておしまいだ。」
「わかったよ。さっさといこうぜ。」
俺は不気味に聳え立つ岩山に一歩足を踏み出した。

179 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)