5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【怪奇】プロの伝奇作家を目指す者のスレ【驚愕】

1 ::02/05/16 14:16
まだ伝奇小説系は2ch創作板にないようなので立てました。
マターリと語りませう。

このスレの趣向:プロの伝奇作家を目指している者同士が、
技術論や雑談をしあうスレ。マターリとsage進行で。


25 :名無し物書き@推敲中?:02/05/31 18:38
明確にするのはつらいんじゃない?

■[伝奇]の大辞林第二版からの検索結果 
でんき 【伝奇】

(1)怪奇で幻想的な物語。
(2)中国の小説の一体。一般的には唐・宋代の文語で書かれた、
奇異な題材を特徴とする短編小説をさす。
李公佐「南柯(なんか)太守伝」、陳鴻(ちんこう)「長恨歌伝」、
白行簡「李娃伝(りあでん)」など。
日本にも早くから伝えられ、平安時代の物語に大きな影響を与えた。
伝奇小説。
(3)〔伝奇(2)に材を得ていることから〕宋・元代の戯曲、元代の雑劇。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/05/31 19:23
1だけど、とりあえず過去(平安時代等)〜現代もの中心の世界(ファンタジーなど
の異世界は含まない)で、妖怪・オカルト・超能力などの超自然が出てくるもの、
それがテーマとからんでくるもの、かな?
>>25では、(1)あたりをイメージしている。


27 :名無し物書き@推敲中?:02/06/16 23:55
スレの伸びなさ加減に【驚愕】したよ。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/06/19 01:20
                      

29 :名無し物書き@推敲中?:02/06/24 22:42
小松和彦がとんでもないもの作ったぞ!
http://www.nichibun.ac.jp/youkaidb/search.html

30 :名無し物書き@推敲中?:02/07/01 02:31
【怪奇】プロの伝奇作家を目指す者のスレ【驚愕】



31 :名無し物書き@推敲中?:02/07/16 02:56
                   

32 :名無し物書き@推敲中?:02/08/02 21:45


33 :名無し物書き@推敲中?:02/09/10 03:43


34 :名無し物書き@推敲中?:02/09/10 03:50
杉森久英

35 :名無し物書き@推敲中?:02/09/19 00:23
                                         

36 :女学生:02/09/19 02:30
なんかね、私の弟(19歳)が毎日パソコンにはまってて家から一歩も出ないで、多分このチャットしてる
。やっぱさ、人間って楽しいこと、自分が必要って思ってもらえること大切だよね。そのためにはどうしたらいいか、自分自身で考えることがい
必要よね?

37 :怪人 ◆eYq8n0tw :02/09/19 02:34
>>36 スレ違いですね。雑談スレへどうぞ♪

38 :名無し物書き@推敲中?:02/09/21 23:35
エレキテル

39 :名無し物書き@推敲中?:02/10/28 17:33
AGE

40 :名無し物書き@推敲中?:02/11/15 08:02
SAGE

41 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 00:33
そして俺はハゲ。

42 :名無し物書き@推敲中?:02/12/23 22:41
   

43 :名無し物書き@推敲中?:02/12/23 23:14
わざわざ過去を舞台にしなくても、半村良や高橋克彦などの伝奇ネオロマン
という線もあり、だと思うんだが。

ところで、ムーの受賞小説を読んだことある人いる?
テーマとか出来栄えとかどうだった? 風聞だとレベルは高いみたいね。
それともあまりここはねらっている人いないのかな。

44 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 01:00
>10さん
題材にしたのって大本教かな?ひょっとして。
あれ、「艮の金神信仰」が根っこにあるんだよね。金神っていう、もともと陰陽道でも凄い祟り神
で知られていた神様が、発想の転換で人々を救う神として奉られるようになったのね、金光教や
大本教じゃ。もとは中国の神様なんだけど、西洋の金星信仰=堕天使ルシファーとも共通点が
見出せて、そこから話ひろげていくといろいろ面白そうなんだけどね。
でも金光教も大本教も信者さんがいるからだろうけど、さすがに金神信仰を題材にした小説って
ないのよなあ。難しいやね。

45 :山崎渉:03/01/06 16:05
(^^) 

46 :山崎渉:03/01/19 03:55
(^^)

47 :名無し物書き@推敲中?:03/01/31 03:38
                        

48 :山崎渉:03/04/17 14:41
(^^)

49 :山崎渉:03/04/20 01:41
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

50 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 02:09
依然 として 病 進行 中

51 :山崎渉:03/05/22 03:13
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

52 :山崎渉:03/05/28 10:49
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

53 :山崎 渉:03/07/12 12:24

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

54 :15番:03/07/13 21:21
伝奇っていったら菊地秀行さんの魔界都市シリーズみたいなのを言うと思う。

55 :名無し物書き@推敲中?:03/07/13 22:06
>>54
それはちょっと違う。
戦前から「伝奇小説」というジャンルはあり、夢野久作や小栗虫太郎、
久生十蘭、国枝史郎、海野十三といった作家がいた。その影響にあって
現代風にアレンジした傍流が半村良であり、だから彼の作風は
伝奇ネオロマンと呼ばれた。その流れを受けて自己流のアレンジを
加えたのが、夢枕獏や菊池といった連中だ。だから本来の伝奇小説とは
言い難く、しいて言うなら、やはり傍流というのが本当のところ。

56 :山崎 渉:03/07/15 11:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

57 :山崎 渉:03/08/02 01:41
(^^)

58 :名無し物書き@推敲中?:03/08/07 07:10
:山崎 渉 :03/08/02 01:41
(^^)


59 :山崎 渉:03/08/15 14:13
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

60 :名無し物書き@推敲中?:03/08/21 22:31
>>55
伝奇というのは結局、奇を伝えるということじゃないか?
ムーの伝奇小説大賞に書いてあったと思う。
まあ、あまり細かく考えずに、奇を伝えるぐらいに捉えていればいいんじゃないか。
伝奇という言葉を変換すると、その横っちょに「怪奇・幻想に富む物語」と出るが。
余談になるんだが、おれはありとあらゆる所に原稿を持ち込んだが、片っ端から読まずに捨てられたよ(多分)。
あらゆる賞にも応募したが、相変わらず内容を読まれることなく、いい加減に批評されたよ。
だが、たった2社だけきちんと読んでくれた所がある。
学研ムーの伝奇小説大賞と講談社のメフィスト賞だった。
作家を目指す人にとって、役に立つ情報になったかな?

61 :名無し物書き@推敲中?:03/08/21 23:01
>>60
情報THX。


62 :名無し物書き@推敲中?:03/08/21 23:16
>>60
それは新人発掘をねらってる出版社が新しいものを持ってる新人を
求めてるというだけの、いわば、当たり前の話であって、
それと伝奇小説のカテゴリを考える作業とはまったく別ものだから、
55にレスつけるのも、筋違いに他ならないわけで、結局、60の
作品をさらしてもいないわけだから、60の考えた伝奇小説という
ものがわからないわけで、読み手がわからないまま、話を進める
のも道理にあわないというもので、それはつまり、60の捉える
伝奇小説とは何かを伝えきれてないという前提からまず失敗している
とわかるわけで、60の考える伝奇小説がメフィストやムーに
とってOKであっても、たとえば、61やわしが考える伝奇小説には
NOをつきつける場合だって当然あろう。そこをはっきりさせずに
我が意だけを押し付けるのはいかがなものかと思うが、どうか?

63 :60:03/08/22 05:26
>>62
ちょっと固過ぎないか?


64 :名無し物書き@推敲中?:03/08/22 05:37
>>62
>それは新人発掘をねらってる出版社が新しいものを持ってる新人を
>求めてるというだけの、いわば、当たり前の話であって、
 この当たり前のことを、どこの出版社もやってくれないよ。
 きちんと読んでくれる出版社は、非常に稀有な存在だ。
>61やわしが考える伝奇小説にはNOをつきつける場合だって当然あろう。
 そんなに気になるなら、出版社に電話してみればいいじゃないか。

65 :名無し物書き@推敲中?:03/08/22 06:53
>>64
文意を読み取ってないようだが?

66 :名無し物書き@推敲中?:03/08/22 13:54
>>65
そんなことはない


67 :名無し物書き@推敲中?:03/08/25 19:40
ちょっと話題を一転して、せっかく「プロの伝奇作家を目指す者のスレ」という魅力的なタイトルがついているのだから、
プロの伝記作家を目指す者として、面白い小説を書くにはどうすればいいか、という議論をしてみたらどうかと思うのですが。
やはり、役立つ実用的なカキコが読みたいです。

68 :名無し物書き@推敲中?:03/08/25 20:01
http://bbs.bookstudio.com/
ここで書いてみて


69 :名無し物書き@推敲中?:03/09/05 19:34
みんな、ムー伝奇ノベル用小説書いてる?
これまでの傾向をみると、いわゆる歴史小説風な伝奇と、キクチ風の伝奇ヴァイオレンスの
両方が受かっている感じで間口が広い気がするね
俺は今、いわゆるムー的な感じの話を書いているんだけど、どう現実世界から伝奇的な世界に
引っ張り込むか、構成をちょこちょこ直しているところです

70 :名無し物書き@推敲中?:03/09/05 21:29
何かおれが投稿した頃と応募要項が変わってるようだな。
本屋でちょっと立ち読みしたが、UFOだの幽霊だのUMAだの、色々なジャンルに分かれていて、そのどれに当たるか番号を書かなきゃならないらしい。
おれが送った頃はこんなのなかった気がする。
もっと伝奇の意味が広義で、超常現象に限ってなかったと思うんだが・・・

71 :名無し物書き@推敲中?:03/09/14 21:59
細かいジャンル分けってのもなんかなー


72 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 16:20
番号を書くのは「ムー・ミステリーコンテスト」の方ですね
第四回「ムー伝奇ノベル大賞の方」は別にジャンル分けはないようですが、
「ホラー、ファンタジー、サイコサスペンス、伝奇ロマン、伝奇ミステリーなどを中心」
のようです。以前は「SF」もあったような気がするんですが、無くなったのかな?
ttp://www.gakken.co.jp/mu/magazine/novel.html

うーん、今月末に間に合うか微妙になってきた……

73 :名無し物書き@推敲中?:03/12/23 17:26
保守

74 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 11:33
sd

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★