5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【幻想】ファンタジー小説書いてる奴逝け【妄想】

1 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 09:27
難しく考えずに逝ってよし!

前スレ:【幻想】ファンタジー小説書いてる奴逝け 【依存】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1034438628/

693 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 02:11
いや、むしろ書いた本人が
「最初は面白いと思ってたけど、本当にこれ面白いのか??」
って書き終わったときに思うくらいじゃないと。
これは絶対面白いゾ!と自画自賛している方が駄目だと思います。

俺が受験戦争を戦っていたときのエピソードをひとつ。
模擬テスト終了直後、勉強のできるヤツは
「ダメだ!俺全然ダメ!今回のテスト。」って嘆くんですよね。
逆に勉強のできないヤツは
「俺、今回はイケるぜ!結構わかったもん。」って言うんです。

前者は数少ない「誤答」に目がいっているのに対し、
後者は数少ない「正解」に目がいっているって話。
小説だって、面白いのは当たり前で、つまらない要素をあら探しするくらいで丁度良いのでは。

694 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 04:05
勉強は出来ないけど頭のいい奴は、一言も発せずに凹んでるけどなw

695 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 04:59
>>693
>本当にこれ面白いのか??

って思ってるんなら、作品に粗があるって分かってるってことなんでしょ。
推敲しろよ、と思うんだが。

696 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 09:45
>>695
693はまさにそれが言いたいのでは?

697 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 18:25
>>693
そんなの人それぞれだろう。
例えば、上遠野浩平は
「何て自分は面白い小説を書くんだ」
と自画自賛しているらしい。

そもそもさ
面白いと思えないような小説なら
最初っから書くんじゃねーよ。

698 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 20:07
この場合、「作者本人の(キャラクターが)、面白くないと」とも読めるな。


699 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 20:09
理系全般板のとあるスレで、1001ストッパーが壊れ
1001以降もまだ書き込みできている模様。

1001 名前: 1001 投稿日: Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1006 名前: Nanashi_et_al. 投稿日: 03/10/03 18:42 ID:Z0CeMHS7
何これ 

1014 名前: Nanashi_et_al. 投稿日: 03/10/03 18:49 ID:AxlwdY4A
お〜い、まだ書けるぞ?


バグなのかリアルタイムで大祭り中。
1400超えするか?
http://science.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1058032203/l50



700 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:22
自分で自分のこと面白いやつだって思うやつはいない。自分の作品が面白いと
感じるのなら、それは歪んだ見方をしているのだ。とにかく面白いかどうかに
ついては他人の判断に頼るのが一番だな。

701 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 23:13
おまいらの文化には「お笑い」という項目が抜け落ちてはいませんか。

702 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 11:09
んー、抜け落ちてないと思うけど。なんでですか?


703 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 03:42
701ではないが…。
700の言う事がそうだとすると、お笑い芸人は面白くないだろうと思うネタを観客に提供している事になる。
それなりにウケると思うから壇に立つのであって、面白いと思うことが歪んだ見方と言う事にはならないと思う。

…なんて、見解違いだったらスマソ

704 :名無し物書き@推敲中?:03/10/11 12:39
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1065396644/
こいつは熱いファンタジーしてるぜ

705 :名無し物書き@推敲中?:03/10/18 20:29
ネタ振り。
乙一みたいな系統のファンタジーについて皆どう思う?

706 :名無し物書き@推敲中?:03/10/18 21:31
705はどう思うんだ?


707 :名無し物書き@推敲中?:03/10/18 23:28
706はどう思うんだ?

708 :名無し物書き@推敲中?:03/10/18 23:32
ギブアンドテイクが一番健全だろう?話が前にすすまねえ。


709 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 05:08
708はどう思うんだ?

710 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 07:30
その流れはもういい。

711 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 11:51
ファンタジーってのはきっちり考えて世界を作ってるかどうかで、結構面白さが変わってくるよな。

712 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 21:31
書く立場からすれば、書いていくうちに世界観が出来上がっていく、
っていうのもあるけどな。

713 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 21:58
えてして思わせぶりに付き合うのに疲れて、読み進めるのをやめるがな。


714 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 22:13
 サブカルチャーと呼ばれるもの全てに言えることではあるが、ラノベもまた、
現実社会での劣等感を肩代わりするための救済システムの一つであり、同時に、
クリエイターと一般大衆(読者)の距離が限りなく近いという幻想が発生しやすい場所で
ある。

 一般大衆が必要としているのは、作品のオリジナリティや完成度などではなく、
背後にあるクリエイター自身のサクセスストーリー、クリエイター神話なのだ。

 かつて、SFが熱烈に支持された理由の一つとして、意図的かどうかは分からないが、
SF大会などに作家が積極的に現れて、クリエイター神話というニーズに応えていたこと
がある。

 クリエイターとなることができない一般大衆の自意識は、クリエイター神話に帰属し、
自分がクリエイターのサポーターであるかのような錯覚に陥ることで救済される構造
になっていたのだ。

 しかし、ある時期から、あるいは作家が沈黙し、あるいは作家が「文化人」の仲間入りを
果たしたしまったことで、神話は中断してしまい、その神話を引き継ぐ者がいなかったことが、
現在のラノベファンの潜在的な飢餓感となっている。

 自分の好きな作品を他人に無闇に勧める人間や、自分がある作品を嫌っていること
を声高に喧伝する人間、自分が属している訳でもない 「『業界』の行く先」 を本気で
案じ語る人間がラノベ界隈に多いのはこのためである。


715 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 23:01
そんな憂慮はラノベ以前からあったわけだ。洗いもと子だって吾妻英夫とぶつくさ対談してるべさ?

716 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 23:04
作品数にかかわらずファンタジーを熱心に読んだ読者は、自分のファンタジー世界を夢想することは多いだろう。
書かざる自身のファンタジー世界を年頭に、後発のファンタジー作品を非難する。
といって、自身のファンタジー世界を文章化するほどまでのパワーを持たない者も多い。
「ワナビー」の代名詞になるのはむべなるかなかな

717 :名無し物書き@推敲中?:03/10/22 17:24
こりゃまた、たいしたご高説だ。

718 :名無し物書き@推敲中?:03/10/25 13:51
上遠野氏の作品は新鮮だと思いましたが、今じゃもう飽きられたんですかね?
以前より影ができてきた感じがイタしますが。

719 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 23:01
というか、ファンタジーは「RPGっぽい」ものが求められていて、
現実の地球では出来ないテーマを扱うようなものは、うけないのでは?


720 :名無し物書き@推敲中?:03/10/27 22:47
『詩もファンタジーも読みすぎるとバカになる』これは至言である。

721 :名無し物書き@推敲中?:03/10/27 22:49
つまりファンタジー書いてる奴に限ってイタい作品ばかりなのは、ひと
えに彼らの未熟さではなく、すでに脳を冒されている証拠なのだ。

722 :名無し物書き@推敲中?:03/10/27 22:51
>>720-721
という筋のファンタジーを書いてみるつもりなんですが、通用するでしょうか?

723 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 05:09
辺りを威圧する雰囲気を漂わせその男は静かに口を開いた・・・
「よく来た・・・わが名は魔王マーオウ・・歓迎するぞぉぉぉぉぉおゴバァァァァァア・・」
突如職業ムエカッチュアーのジャガッタはマーオウの鳩尾に深々と右足先蹴りを突き刺した。
「反撃を許すな!徹底的に攻め立てろ!!」
ジャガッタの雄叫びを含んだ鼓舞にも一同はマーオウの威圧感の前に微動だにできない。
「チッ」
舌打ちをしたジャガッタは続けざま右ハイキックを放つがマーオウはすかさず足をとり強引にジャガッタを振り回すと
勢いをつけて地面にたたきつけた。
ドシィィンという鈍い音が響き渡るもジャガッタはすぐさま立ち上がり左ジャブから始まる
ラッシュを仕掛けた。
「シッシシシッシシシシシッ」
呼吸音と共に素早い左ジャブ、右ストレート、右ロー、肘打ち、頭突きを繰り出す。
「グボッ・・・・ガフ・・・」
マーオウの体制がグラりと揺らいだ瞬間を見逃さずジャガッタは渾身の力を込めた右正拳を繰り出した。

 バチィッ!!

「ぐぉ・・・ぉぉぉおぉ・・み・・・ご・・と」
ズシィィィィンというけたたましい音に煽られてマーオウは遂に地面にひれ伏した。




724 :723:03/10/28 05:52
723でつけどできましたら感想とご意見おながいします。
擬音の使い方とかラッシュ時のテンポのとり方とか台詞回しとか
その他諸々のご教授おながいします。


725 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 14:02
つか、世の中全部ファンタジーじゃん。
この世なんて、幻想じゃん。
あーあ。
やってらんねえ。ひまつぶし。

726 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 15:04
・が大杉。

727 :YOSHIKI:03/10/28 15:58
HIDEがあのフーマンチュウ博士だったのか?
そして彼は人工脳でハルマゲドンをおこすのか?
人工脳をめぐる物語。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

★★YOSHIKI様のピアニストを撃て!!★★  

諸君!!
現代世界最高のピアニストで作曲家の
わたくしこと元 X JAPANのYOSHIKI様が
お勧めのピアニストについて熱く語る!
諸君もお勧めのピアニストについても色々書いて
音楽に関する情報を提供しろよ!
ほかにも文学、社会、科学などを熱く語り合おうではないか。
実は私はt.A.T.u.の大ファンだ!
また日本に来てくれよな。
書き込み待ってるぜ。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■

728 :投票ラブストーリー 〜こころ踊る大総選挙〜ダイジェスト:03/10/28 19:08
♪〜あの日あの時あの場所で...♪〜
この一ヶ月、恋人のカンチとは会っていない。
ため息をついたリカは、またいつもの独り言を繰り返した。
やっぱり私が言いすぎたせいなんだわ。
ちょうど一ヶ月前、リカはお気に入りのドリカムの限定版CDをカンチの不注意で割られてしまった。
リカはあまりのショックで我を忘れ激しく怒った。二人は大ゲンカになり、それから一度も連絡を取っていない。
考え事をしながら歩いていたためか、リカは投票所となっている小学校の校門の目の前まで来ていたことにようやく気が付いた。
そして、十何年ぶりに訪れた小学校の校庭を目にしても何の感慨にふけることもなく、
ただ、恋人との関係を悲観するばかりであった。
投票所である体育館の階段を一段一段と重い足取りで上がり、入り口まで来たリカはまた一つため息をついた。
私にとって無意味な選挙。
わざわざ私がしなくても。
そう思い、リカは今来た道を帰ろうと、うつむきかげんの顔をフッと上げ、体を後ろに向きかけた、その時だった。
リカの目に思いがけず飛び込んできたのは恋人カンチの姿だった。
「カ、カンチ!」
リカは目を疑ったが、それはまぎれもなく選挙管理委員として投票所で立ち働いていたカンチだった。
カンチはその声に気づき、仕事を放り出し、受付のテーブルを跳び越え、リカの元に駆け寄った。
「リ、リカ!ごめん。」
カンチは急きょ選挙管理委員を頼まれ、この一ヶ月、選挙の準備で忙しかったことが会えない原因だったのだと説明した。
そして、カンチは思わずその場でリカを抱きしめた。
「す、好きだ、リカ!愛しているよ!」
リカは熱くなった。
心の底からわきあがる感情を抑えられなかった。
「カ、カンチ!カンチ!カンチー!」
リカはうれしさのあまり大声で恋人の名を叫んだ。
そして、胸元で握りしめた投票用紙を涙が静かにぬらした。
館内からは拍手がおこり、そこに居合わせたすべての人が若い二人を祝福していた。
そしてその後、リカは生まれてはじめての投票を終えた。
その夜、テレビは民主党の勝利を伝え、日本は大きく動きはじめたのだった。

一人でも多くの若者に選挙に参加して欲しいです。ぜひ!
...................................................................

729 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 19:48
なんでチョン主党にいれにゃならんのだ?

730 :名無し物書き@推敲中?:03/10/30 17:27
ぬおおお・・もう・・ああ〜ん・・壊れちまうよ!?
ええ・・?  ちがうよ・・馬鹿・・こうだよ・・!!
ええ・・!?  なに・・!?  ああ・・ああ・・ああ・・・・・
     __,,,,... -―‐-、__
=ニ_" ̄-...._,二   ,,..=''"   ""''=-、_
  ~~'''''‐、_ ''=;;;>ー`'―――--、    ヽ、     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       `/         ヽ ヽ‐-、  ヽ   /  .る る と  |
       |エ`l  =''''エヱ,'' ‐/ /\    .l   l.  る る う  〈
       /(・)`|   /(・)  >  ヽ    \|   |.  る る お  〉
       /〈  ̄ "'  ,`ー- ' i   /\    |   〉  .る る る   |
.      l::::ヽ___ヽ  。゚ , ' l  ヽ__  /   〈   る る る  |
      |::::::r〜‐、     /     ,r、`i/    l.  る る る  〈
.       |::::::))ニゝ     /     2り /    _ノ     る る  ,〉
       |::::(_,,   /     (_/|-=二__        る  /
      !::  ""        / 入. |        \____/
       `ヽ、__,,,,........,,,,_/ / || |l|
    \     毛       /
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道
       / / ゚ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *
  \_____/\_____/

731 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 00:56
しかし、なんだかんで、ファンタジーってのは魅力的だ。どういうわけだかわからないが。

732 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 03:59
某ファンタジー系文庫賞やヲタク向けの活字賞だと、
まあ1のいう通り。
文芸誌じゃないところなんて、応募作なんてまともに読まれないよ。
タイトルやプロットに、魔法とかドラゴンとか能力者とか、
そんなワードが入ったら即ゴミ箱いき。
実際そういう作品ばっかり書籍化されてるけど、編集側にいわせると
「だからそういうのはもうおなかいっぱいなんだよー」
だそうだ。

============本当のことです!!================



733 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 10:27
真に恐ろしいのは人間の身体能力ッ!
あの巨躯を……一撃ッ!
背後を取られても……なんら狼狽えずに……体をひねり腕をしならせ……そしてッ!
繰り出される脇腹を抉る渾身のッ!ただ一撃ッ!!!
ハリセンのような軽い音がッ! 激痛と恐怖に歪んだ巨体の男の顔がッ! 全て物語るッ!

       圧 倒 的 ッ !
   こ の 男 ッ ! 圧 倒 的 ッ !

734 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 11:01
まずいッ! 気付かれたッ! 奴が来るッ!
俺絶体絶命ッ! 走馬灯が見えるッ!

「あんた無事か?」

良し! 勘違いッ! 俺も被害者だとッ!
頷くッ! タスケテクレテアリガトウッ!

「よかった……これで遠慮無く殴れる」

は?今何てごぶべらぐべばッ!!!
「無事だったなら……全くどこにも手加減はいらねえな……ッ!」
前歯が飛ぶッ腕が動かないッ腹が重いッ指がッ足が千切れッ首がアギィッ……。

「安心しな。手加減してやったから死にはしない。
だが……一生後悔して生きることだな……俺を邪魔したことを」

735 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 11:10
>>732
もしかして角川の不死身ファンタジアのこと?


736 :名無し物書き@推敲中?:03/11/19 15:40
こりゃまた、名演説のオンパレードだね。

737 :名無し物書き@推敲中?:03/11/19 16:00
えーっと、
マジレスすると本来的なファンタジーの意味とは、
世界観を自分で全て一から構築し、そこで描かれる物語に独自の思想を
盛り込み、難しい説明がわからない子供にもわかりやすく哲学を説く、
とういうのがそもそもの始まりです。

ただ、日本のファンタジーは海外からのパクリや
そのパクリのパクリから構成されている為、正直死んでます。
僕もそうですが、本当のファンタジーファンは海外のファンタジーしか読んで無いでしょ。
(というかちゃんとしたファンタジー読んでるか?)

738 :名無し物書き@推敲中?:03/11/19 16:08
とりあえず自分の体験から言わせてもらうと
自分にオリジナリティや個性が無いと気付き始めた奴が
過度に唐突にファンタジーを叩き始める、というケースが何回かあった。

しかし日本のゲーム系ファンタジーや大半のファンタジーノベルしか読んでない奴に
本物のファンタジーを説明してわからせるのはちょっと難しいな。
(もちろん日本でも、一部のファンタジーは素晴らしいものがあるのは事実だけど)

あとファンタジーは金にはならんぞ。


739 :名無し物書き@推敲中?:03/11/20 22:58
どうも、「自分だけの創造力で描いた世界」を書き表すことに、戸惑いというか照れくささが
あるようなんだよな。
だから、既存のゲームに似た世界や、ファンタジー系書物にでてくるモンスターやら魔法やらを
引き写しただけのものを並べてしまう。
完全に自由に書けるはずなのに、他者の作ったルールつか前例に従っていないと落ち着かないということのようだ。
骸骨が動けばスケルトン、エルフは耳が長い、斧を使うドワーフ……固有名詞ごと諸設定も
同じにしてしまってる。そりゃ飽きるわな。読んでいるほうが。

>自分にオリジナリティや個性が無いと気付き始めた奴が
に同意。

いつも思うんだが、ほんと、なんで「地球の神話」や「地球の歴史」に従わなきゃ、間違いなんだろうな?


740 :名無し物書き@推敲中?:03/11/20 23:40
自分が世界を愛するまえに、読者が世界を好きになるようにしないと……

けっきょく、グインと十二国、ライトでロードスとすれいやーず以外は、売れていないから
失敗作。アルスラーンとディルフィニア戦記が、まあ、その真ん中ぐらいかね?


741 :名無し物書き@推敲中?:03/11/21 21:14
ロードスというかソードワールド世界じゃ。>フォーセリア

ゲーム何かだと、この前FF12が発表されたけど凄かったね。
文章であそこまでの世界観を構築するのは難しいだろう・・・・・・

ファンタジーは売れるとでかいけどほとんど売れない罠
アダルトファンタジーなんかだとゴーメンガーストとかあるけど誰も読まないよな・・・

742 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 20:32
741は、もうちょい言いたいことがあるはずだ。


743 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:31
読むやつは読む。しかし、日本ではアダルトといいつつも本当にアダルトである
ファンタシィは少ない。

744 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 09:33
そもそもフィクションを読む、ということは「大人」的ではないのでは?


745 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 10:55
すっげー久々に見たけど、まだ続いてたのね。
最初のスレを作ったものとして、ちょっと感激だよ。

746 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 11:31
嘘つきメ。前スレを立てたのは俺だ。


747 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 16:11
2chでのそういう言い合いは無意味だなw

748 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 03:06
ネットで読めるファンタジーで面白いのってある?

749 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 18:36
好みをいってくれんとなぁ。


750 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 20:16
好みとかは特に無いんだが、ファンタジーで検索して適当に拾って読んでみた所、
全体的にイタ杉、糞杉で読むに堪えられない物ばかりだったので頭の保養をしたいと思ったのです

751 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 23:18
だから具体的にさ、「好みが無い」ってのは、ファンタジーに限らず「オモシロキャいいじゃん」
てなことにしか思えないし。
つか、正直、イタ杉糞杉が多いってのはわかる。だからこそ「どのファンタジー作品と比較して?」
と聞きたいとこやねん。
おめーが面白いと思ってるファンタジー小説て、なんのよ?



752 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 23:47
>>751
スマン、言葉が足りなかった。好みが無いというより正確には自分でも好みが分からない。
というのも今まで読んだファンタジー作品が、指輪とゲド戦記、アンバー挫折、
あと小学生の時にロードス、それ位しか無いのでファンタジーという
世界がどういう物なのかも実際良く分からないという状況。でも好き。

あと、ネット公開で評価されるファンタジーがどんな物なのかという好奇心もあります。

753 :赤い眼鏡:03/11/30 03:04
要は、
技巧的であるか、
すなわち、
隠喩や想像力、脱構築の世界。

創造的攻撃!!

754 :名無し物書き@推敲中?:03/11/30 07:54
>>753
言いたい事は判るが、すこし落ち着こう。

755 :名無し物書き@推敲中?:03/11/30 15:01
やべえアルスラーンないよう忘れた

756 :名無し物書き@推敲中?:03/12/01 23:24
>>752
正直、ネットで公開されているアマチュア作品で、イタ杉、糞杉という言葉選びをする君が
満足する作品は無い。

ちょっと目先を変えて、図書館かブックオフで、エルリックサーガか、アルスラーン戦記か、グインサーガの1巻でも読んでみてはどうだろう?
地球じゃない世界、ということを前面に押し出しているし、アクションも豊富。少なくとも、ファンタジーが好き、という感性の琴線に触れることは
請け負う。
(アンチグインたちは、ちょっと黙っててな。まあ、辺境編からだしさ)


757 :名無し物書き@推敲中?:03/12/02 00:50
>>756
レスサンクス。
ファンタジーを書いてネット公開したいな、と思っていたので何か参考になる物があればと思ったのですが…

グインは今読んでます。正統派ファンタジー燃え

758 :名無し物書き@推敲中?:03/12/02 22:36
今読んでるのか、そうか。早い段階で後書きを読むのを止めるのを推奨。本気で推奨。

ところで、逆に聞きたいんだが、グインのどこが気に入った?


759 :名無し物書き@推敲中?:03/12/03 23:23
>>758
まだ1巻の途中なのですが全体的にストイックな雰囲気が特に気にいってます
あとあまり魔法まほうマホウと言って無いのも大きいかも。

760 :名無し物書き@推敲中?:03/12/05 17:11
619 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 03/12/03 14:40 ID:Qeg17yfA
化学物質過敏症でやること無いから小説書いてSDに送ったけど、
受賞パーティーってやっぱり受賞者は参加必須なのですかね?
出たら色々吐くかも知れないです

622 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 03/12/03 18:28 ID:Qeg17yfA
色々吐いた後、農薬系だと半年、たばこ系で数ヶ月、その他香水等でも数週間ほど
体調不良が続くので書けなくなるんですよね。
パーティー出たあと即引退という伝説が残せそうな気もします。
などと夢見てる暇があるので次を書いて電撃にでも送っておきます。

623 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 03/12/03 21:16 ID:pd2p7Mlz
一次選考発表されたぞ。

632 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 03/12/04 20:34 ID:O9jGji6G
>>619は一次はどうだったのだろうか。

633 名前: 619 [sage] 投稿日: 03/12/04 21:34 ID:N/MR1Bh8
あっ、一応通ってました
ぶっちゃけ兵庫もすけです




761 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 04:52
保存age
このスレざっと読んでみたけど、結構楽しい。
もう、人がいない?

762 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 04:20
いない。

763 :名無し物書き@推敲中?:03/12/23 23:53
書けば面白いが、テンションを維持するのが難しい気がするな。設定する量に比べて展開が遅いつーか、説明ばっかだと設定集だか小説なんだかわからなくなる。


764 :名無し物書き@推敲中?:03/12/24 17:06
>>759
そろそろ気がついたころかな。
50巻を超えるあたりからプロットがどんどん壊れて行って書き流しになるということにw

765 :名無し物書き@推敲中?:03/12/24 20:23
しかし、80巻あたりから盛り返す。外伝でグインが活躍し始めた頃から、正気に戻ってな。


766 :名無し物書き@推敲中?:03/12/25 00:17
>>750
実は俺、そういう作品のキャラ設定だけを読んで片腹痛い気分になるのがちょっと好き

767 :名無し物書き@推敲中?:03/12/25 18:47
わかる。
やらないファンタジーRPGの攻略本とか買って設定だけ読んだりもする。
ニヤニヤする。


768 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 03:57
これからこのスレ読むんで存続させてくれ。
最近ファンタジー小説サイト立ち上げたばっかりなんだ  _| ̄|〇 ....。

769 :768:03/12/28 11:45
とりあえずこの現スレだけ読んだ。


      _|\〇_   ....。


書いているうちに進化できればいいな…。

770 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 13:14
>>766
主人公がどっかのスーパー王子とか心に傷があるヒネクレ凄腕剣士とか
ヒロインが謎の魔法使いエルフとかどっかの放蕩王女とかetc

771 :名無し物書き@推敲中?:03/12/31 03:55
>>770
そんなコテコテのが未だに大量に見つかるのですか?

772 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 14:22
そこが検索猿人の怖いところよ。

設定が派手だと、連載が続かない傾向がある分余計になー

773 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 19:13
ファンタジー小説かく前に実存主義を知るべし!


774 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 01:41
なぜに実存主義

775 ::04/01/08 22:41
これを友人に晒したところ、ファンタジーじ
ゃないとの感想を受けてしまった
http:// www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/1708/carrier.html

776 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 08:58
行間あけてくれい

777 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 00:07
>>775
とりあえず日本語がところどころ間違っている。

778 :775:04/01/14 18:38
>>777

とりあえず、ありがとうと返事させてもらう。

779 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 03:09
誰か775を最後まで読んだ香具師はいないのか

780 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 23:33
ネットでのファンタジーというのはどうも読む気が起きない。
このジャンル特有の、まとわりつくようなイタさを克服した作品は無いものか

壮大かつ緻密に組み込まれた設定に、現実的に抑えて大きく魅力を放つ
キャラクターが活躍し、文面からは著者の知性がにじみでて来るような、
そんなの。

781 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 00:01
ライトノベル以外のちゃんとしたファンタジーって読んだ事ないけど、全然違うよね?
FFやドラクエみたいな世界観で書こうとしたらやっぱハードカバーになるような物じゃなくてライトノベル
になっちゃうわけ?

782 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 22:18
>>781
作者によるだろ。トールキンとラノベ作家って違いしかないと思うぞ

783 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:06
何でもアリだからと言ってファンタジーの登場人物にやたらと
美〜をつけるのは頂けない。読む気が失せる。
どうせやるなら菊地秀行くらい突き抜けてれば良いのだが

784 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 14:11
http://babu.com/~jouti/bnote/novel/rensai/santhology.cgi?action=html2&key=20031114220949&sakusha=犬麻呂←これどう思う?
こういうのも一応ファンタジーの範疇に入るのかな。


785 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 12:21
世界観は重要だと思うよ。
現実だったら緊迫感は出るけど、
別世界の出来事なんて普通の人はどうでもいいと思うし。
そこをどうでもいいと思わせないような世界を作らないと。

786 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 14:37
宮部みゆきのファンタジーって面白い?

787 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 20:28
>>785
今そこら辺で行き詰まってる。現実→別世界パターンだと楽は楽なんだけど、そうしなくても
引き込めるような世界を作りたい

788 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 23:48
たまーに、「現実逃避」としてゲームっぽいファンタジーを書きたくなる。
書きたくなるというか、いたずらに設定を山積みしたくなるというかな。地図書いて、神々考えて、王国と主要人物想像して〜という作業に
没入したい時期がやってくる。考えてる時は本当に楽しいよなファンタジー世界。

789 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 00:38
以前、たまたま行ったどこかのサイトのファンタジー小説で、
登場人物が異様に多くしかもそのほとんどが、どっかの王子とか公女とか
天才魔術師とか天才剣士とか20歳の若さで将軍とかそんなんだった。
しかも、そいつらが何故かパーティー組んで旅してるっていう設定。

・・・俺は、今までにあれほど痛い小説は読んだ事がない。
凄かった。

790 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 02:21
>20歳の若さで将軍
うわ〜、イタタタタタタ・・・

791 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 10:48
>>789
ちょっと読みてぇ…

ネットで晒してるファンタジー小説は作者が女性の比率が妙に高いのは何故だろう

792 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 15:48
>>789
人物設定に関しては指輪も大差ないもんだ(王や執政の息子だったり大魔術師だったり)
ようは魅せ方だな。その設定をしてしかるべき理由がありゃ誰も文句は言わないし、
設定を引きずり回すほど文章がうまけりゃ許容する(原書ハリポタとか)

793 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 01:34
>>792
そうか、魅せ方か。・・・確かにそうかな。
取ってつけたような設定と厨な文章と痛いキャラが渾然一体となって織りなす凄さだ。
今にして思えば。
つけ加えるとキャラの性格は、優秀な将軍や王子・公女のくせして論理的な思考能力ゼロで、
厚みが全く無かったな。まるで中学生日記だったよ。

また読みたくなって探したんだが、見つからなかった。
閉鎖しちまったのかな。勿体ない。

256 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★