5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【超硬派】 新 潮 【純文学をナメるなよ】

1 :一度も応募したことないけど:03/09/07 21:04
新潮新人賞公式HP
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/shinjinsho.html
小説 250枚以内
評論 100枚前後
3/31〆切
予選通過10月号、発表11月号
選考委員 川上弘美、沼野充義、福田和也、保坂和志、町田康
同人誌発表作・他の新人賞に応募済みの作品は厳禁

2 :テンプレ:03/09/07 21:09
3月末締切の純文学公募新人賞

新潮新人賞(新潮社)/ 250枚以内/50万円

選考委員:川上弘美、沼野充義、福田和也、保坂和志、町田康
http://shinchosha.co.jp/shincho/shinjinsho.html

過去スレ:
新人賞(文藝、すばる、新潮)限定スレpart1(03/01/09 - 03/03/10)
http://book.2ch.net/bun/kako/1042/10420/1042074884.html
新人賞(文藝、すばる、新潮)限定スレ §2(03/03/10 - 03/04/10)
http://book.2ch.net/bun/kako/1047/10472/1047286740.html
新人賞(文藝、すばる、新潮)限定スレ §3(03/04/10 - 03/07/20?)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1049960128/
新人賞(文藝、すばる、新潮)限定スレ §4(03/07/20-03/09/07)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1058701033/

主な受賞作家(順不同):

新潮> 山本道子、笠原淳、米谷ふみ子、高城修三、中村文則

3 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 21:16
                 ,!ヽ、    ,!  ヽ
            _,..ィ´ ̄`)-‐‐‐''   ヽ
            /  ´`)'´    _     !、
          /  i-‐'´   , `     `!    つまんね
   lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l
.  l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ
  ,ノ     o   ヽ  l            _,イ
 i'.o  r┐      ヽ、 ヽ、_      ,..-=ニ_
 l   ,!-l、      ノヽ、,           ヽ   
 ヽ        _,.ィ'.  ,!         、   `!、
  `ー-、_    く´    l          ヽ    l    
     ,!    `!   l              ヽ、__ノ
     l   `!  `!  !              l
      l  l. l  , l  ヽ、 、_ ,ィ      ノ

4 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 21:20
>>3
なめるなよ!

5 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 21:49
新潮新人賞と小説新潮長篇新人賞はどう違うの?
具体的に教えて。
スレ始まったばかりだから、今後同じような間違いが
出ないよう誰か教えてくれ。

6 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 21:53
小説新潮長篇新人賞はなくなった。

7 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:04
群像長篇新人賞もなくなった。

8 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:05
海燕新人賞もなくなった。

9 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:09
>>5
あんたみたいな人は純文学雑誌とエンタメ雑誌を全部読みなさい。
理屈じゃないのよ。

文春社 文學界・オール読物
新潮社 新潮・小説新潮
講談社 群像・小説現代
集英社 すばる・小説すばる

この八誌くらい目を通せば見えてくるものがあるでしょ。

10 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:10
町田センセは詩人としては最高だが、小説家としては最…(略

11 :5:03/09/07 22:33
なくなってたのか、それはすまんかった。
それじゃあ間違えようもないわな…。

文學界・オール読物・群像・すばる・小すばくらいは
読んだことある。毎回じゃないけど。
みんなそんなに読んでるのか?

12 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:35
オレは日経コンピュータと、Linux Magazineしか読んでないよ。
文学界と文藝春夏は年に2回読むかな。

13 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:35
文學界 新潮 群像 すばる
定期購読してますがなにか?

14 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:39
文芸誌はめったに買わない。

15 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:39
>>14
それはここでは自慢することじゃない。

16 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:49
新潮新人賞って実績少ないねえ。
笠原淳って、「夾二の世界」の人だっけ?


17 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:50
杢ニの世界、だったと思う。

18 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:56
ゴメン。それだそれ。
あれ、芥川賞作のなかでも五本の指にはいるくらい好きだ。
静かで、つまんなくて。

19 :名無し物書き@推敲中?:03/09/09 14:32
新潮は百周年に向けて何をしてくれるんだろ。
平野の新作一挙掲載だったら、見限る。

20 :名無し物書き@推敲中?:03/09/09 15:34
創刊当時の特集を復刻するのはどうだ。
文学の歴史を紐解くのもいいかもね。

21 :名無し物書き@推敲中?:03/09/09 16:06
各文芸誌の歴史を紐解いてもいいな。
小説はベテランの掌編を並べるくらいでいいよ。

22 :名無し物書き@推敲中?:03/09/09 23:27
>>19
や、やりそう・・・。

23 :名無し物書き@推敲中?:03/09/10 04:19
平野も最初だけだったな。
勉強ができることはいいこだ。
たくさん本を読んで模倣文学に励みなさい。
現代が舞台の私小説風はもうこりごりです。

24 :名無し物書き@推敲中?:03/09/10 14:52
新潮百周年

25 :名無し物書き@推敲中?:03/09/11 02:24
平野ってのも、とんだくわせものだな。
でもあれだけイメージ戦略を打ち立てるのはプロ根性を感じるぞ。
新刊を出すたびに
全国縦断サイン会をやるのも偉い。


26 :名無し物書き@推敲中?:03/09/11 02:25
全国ですか?すごいね。

27 :名無し物書き@推敲中?:03/09/11 15:50
すごいだろ?
北海道から九州まで十箇所やったからね。

28 :名無し物書き@推敲中?:03/09/11 21:02
今書いてる作品は新潮に合ってる感じがするんですが。
あの一次通過者の少なさに応募をためらってます。
どうせ受賞者の人数はどの賞もだいたい同じなんだから、
と割り切ろうと思っても、やっぱりなぁ〜…。

29 :名無し物書き@推敲中?:03/09/13 04:34
記念作ってもしょうがないんだし
予選通過の人数なんて
のえのえぷ〜よ

30 :名無し物書き@推敲中?:03/09/14 18:11
目標が低いっていわれたらそれまでだけど、やっぱり
一次通過とかしてたらうれしいじゃん。
初めて文學界の一次通ってたときはちょっと感激したよ。
それ以降、かすりもしなくなったガナー。

31 :名無し物書き@推敲中?:03/09/15 01:03
文學界の一次が通るのは大したもんじゃ。
だがそのくらいの記念は誰でももってるかもな。俺もあるし。
でもそれを励みにして頑張ってるのも事実。
まあ新潮にはそれが求められないか。

32 :30:03/09/15 12:18
>>31
そうそう、一次通過くらいじゃ何の勲章にもならないけど、
モチベーションUPにはつながる。けど、その後一年くらい
何も通ってないからまたモチ落ち気味…。
6月に出したの通ってないかな〜。

33 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 15:33
六月って文學界か
やっぱり
ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界か
新潮も100枚から枚数変えて正解だよ
同じ枚数じゃ文學界にかなわない

34 :30:03/09/16 22:18
そうです。ぶん・(ry文學界です。
なんだかんだいってもやはりあそこが一番の
目標であることには間違いないので。
スレ違いになってすいません。

でも、今回は新潮も頑張るぞー!

35 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 10:01
第三十五回 新潮新人賞

小説部門
 青木淳悟氏、「四十日と四十夜のメルヘン」
 浅尾大輔氏、「家畜の朝」

評論部門
 松井裕之氏、「〈一〉と〈二〉をめぐる思考─文学・明治四十年前後」

上記三作品に決まった。
選考委員は川上弘美、沼野充義、福田和也、保坂和志、町田康。
賞金は各五十万円。授賞式は行なわれない。

36 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 10:02
受賞者が全員男だ。
さすが新潮!

37 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 12:44
第三五回新潮新人賞は、小説部門に本紙学術・文化部記者の浅尾大輔「家畜の朝」と青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」他に決まりました。〜略
 浅尾大輔氏は、一九七〇年愛知生まれ。日本民主主義文学会員。
「家畜の朝」は寂れた地方で暮らす一群の若者たちの出口のない青春の日々を、不思議な明るさとリアリティーで描き「深沢七郎を思わせる」「登場人物たちのどうしようもなさが魅力」と評価を集めました。

しんぶん赤旗 2003年9月17日(水曜日)

毎年赤旗に寄稿してる町田康つながりかな?


38 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 12:48
共産党の文学誌でデビューしても、注目なんて集めないもんな。
新潮を選んで正解。

39 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 13:03
売れなくなると新潮はすぐに絶版だ。
こいつらがどこまで背伸びできるか観察してやるか(笑

40 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 13:21
河出文庫なんて発売したのに何処の本屋にも置いてないぜ。

41 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 13:39
河出文庫普通にあるけど…中上とか金井とかバタイユとか助かるけど…

42 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 13:58
>>41
そりゃあんたが都市に住んでるんでしょ。
そこそこ大きな本屋があるんやろ。
うちの田舎じゃ河出なんて置いてないよ。

43 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 14:06
田舎に住んでることを自慢すんなよ。

44 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 14:13
>>42
いや置いてるよ。探し方が悪いだけ。「週間少年ジャンプ」の下とかちゃんと
探した? あの平台の下だよ。え? ちがうよ、「週間少年サンデー」じゃない。
コナンとか載ってないやつ…そうそうキン肉マンとか…って古いな! 
ゆでたまごはほんとうは二人組? へえ……ってトリビアかよ! タモさんかよ!
三村だよ! だよ!って断定かよ。もう何話してたんだかわかんねえよ。
そうだ、河出文庫だ。やっぱり見つからない? ガタンゴトンガタンゴトン。
「危ないですから白線の内側におさがりください…」そうそう、ちゃんと
さがらないと危ないもんな、ってキオスクで探してんのかよ! ついでに
都こんぶ買ってきてくれ、うん、あのしょっぱいやつ。
 

45 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 14:51
たいへんだよ三村くん、ぼくら晒されてるよ。つまんないこといったばかりに。
たしかにここは創作文芸板だよ、ジャンプなんかの話をしちゃいけない。
でも博士、乙一や村山由佳はジャンプノベルス出身ですよ。へえ……って
またトリビアかよ! ぜったいさらにつまらないとかいわれるよ! 
アルシンドになっちゃうよ! いじめかっこ悪いBy前園真聖。って
わけがわからなくなってるよ。わけわかめ。そうそう…わかめちゃんと
しずかちゃんの声優が同じ人だって知ってた? へえ……って
二度目かよ。しかも投稿すれば採用されそうだよ! 3000円ぐらい
もらえるよ! いまだからいうけど高橋さんが好きだよ。死ぬほど
好きだよ。たたずまいがダンディだよ。高橋克……………………………
典さん、つきあってください…ってそっちかよ! そりゃそうだろうよ!

46 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 15:13
博士、やっぱりさらされておりますだって、チクショーわかってるよ。
書くたびに質が落ちてる。
それだから私は第二のYoshiなんてニックネームをいただいているわけだ。
アユの物語ってあれいいか? 女子高生騙されてないか?  Yoshiとか
いって美少女かと思ったらおっさんだったぞ…ってちょっと悪くいいすぎ
たな。アユは好きだよ。え?…どうせ魚の鮎とかいうんでしょ、ワンパターン
ですよだって、ちがうよ。浜崎だろう? わかってるって、たしかに
浜崎も最近は質が…(自主規制)ふー危ない危ない。全国の女子高生
敵にまわすところだった。(椎名林檎は枯れちゃったし)やっぱ悪口は
よくないよ。(小柳ゆきはまったく売れなくなったし)私はインターネットで
悪口を書く連中って嫌いだよ。(TMレボリューションやイザムの将来が
心配だし)って誰か丸括弧で悪口言ってる! 古典的だよ! ドリフだよ!
8時だよ! 「ドリフターズの最初のボーカルは木の実ナナだった」へえ……
ってこのあいだテレビで中山秀ちゃんがいってたよ! こういうの悪質だよ!
2回やったからって無理にトレビアしなくてもいいよ! 義理堅いよ!
もうぜんぜん新潮の話してないから最後ぐらいするよ。「週刊新潮は明日発売です!」
ってCM最近見ないね、あの子供の声が好きだったのに…って新潮だったら
なんでもありかよ!

47 :名無し物書き@推敲中?:03/09/17 22:08
ツマンネ

48 :名無し物書き@推敲中?:03/09/18 07:26
w

49 :            :03/09/18 14:41
佐川光晴は好きだな

50 :名無し物書き@推敲中?:03/09/18 23:44
実家が商売やっていたり、女が食わせてくれるような、
セーフティネットのある人がやることでしょ、純文学なんて。
だから食っていけるか、なんてそういうのは全然問題じゃないんっすよ。


51 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 01:29
喰えないのは当然として、
問題は純文学が文壇や世間で
童貞や鉄道オタク並みの
キモいポジションにあること…。

52 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 04:56
つまり新潮新人賞なんて、ちんこしゃぶしゃぶだって言いたいのか

53 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 11:09
森健「火薬と愛の星」本日発売

54 :名無し物書き@推敲中?:03/10/02 13:29
hosyu

55 :名無し物書き@推敲中?:03/10/02 21:55
☆★☆★本気で月収50万円稼ぎたいならここ↓★☆★☆★☆
http://www.medianetjapan.com/2/17/companies/tsj5195/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

56 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 23:53
選評でたんだし、誰か書き込めよ
スレ立てた奴くらいと思って、思い出した
このスレ俺が立てたんだ

メルヘンを保坂単独で押し捲って無理矢理受賞ってわけだな
これじゃあ多分、芥川賞候補は家畜の朝かな
ぷーたろーたちを家畜扱いする名古屋大卒の赤旗記者は大胆!!

57 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 19:43
新潮新人賞の受賞作がピンチョン並みの大傑作らしいけど
もう読んだって人いる?

58 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 19:45
ピンチョンって有名な人なの?
家畜の何とかは駄作というか、超退屈。

59 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 20:13
 新聞文芸欄に、小説新潮はエンターティメントって、
書いてあったんですけど。


60 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 20:20
そうだよ。

61 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 21:21
小説新潮と新潮は全く別の雑誌
小説すばるとすばるも全然違う
オール読物と文學界くらい違う
小説現代と群像くらい違うぞ

62 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 21:22
ピンチョンが現れた!
のピンチョンとは何か、ザビエル保坂に尋ねる

63 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 21:30
>>59
やっぱ混同していたな。まあ、紛らわしいからな。

「小説新潮」は、新潮社がエンタメ系の小説のために出している雑誌。
「新潮」は、純文系の作品を載せる。この二つは、>>61 も言っているように、
まったく別物。編集部も、執筆者も、そして読者も重ならない。

64 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:00
>>63
ついでに、エンタメと純文では、パーティーも、つるむバーも違う。
エンタメでに君臨している五木寛之や渡辺淳一だって、
純文系のパーティに出ればシュンとしているって言うし、
島田雅彦や福田和也だって、エンタメ系のバーでは偉そうに振る舞えない。

65 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:22
>エンタメでに君臨している五木寛之や渡辺淳一だって、
>純文系のパーティに出ればシュンとしているって言うし、

現状エンタメ系のお金で養ってもらってる純文作家達は
どこいっても文壇地位も低いよ。。
今では数少ない純文系のパーティは実質エンタメ系の大御所&編集たちに
媚び捲くる場になってるそうだ・・・。

66 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:26
>>65
詳しいですね。そうなんだ。

67 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:37
媚びて溜まるか、マルケン道


68 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:46
>>67
丸山健二か。群れず、媚びず、我が道を行く。
マルケンも老けたよな。「新潮」の今月号の巻末の広告に、
マルケンの写真が出ていて、そのあまりの年老いた姿に涙したよ。

文学で一旗揚げようと思う香具師は、すべからく初期の丸山健二を読むべし。

英語圏の作家志望がヘミングウェーから、好き嫌いは別にして、
英語の小説を書く上での一番大切なものを学ぶように、
日本語で小説を書くなら、マルケンを読むべし。

69 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 22:48
 ほんと詳しいですねー。
 小説新潮好きな純文作家未満ですはい、困った・・・。

70 :名無し物書き@推敲中?:03/10/08 23:05
>>69
困ることはないよ。耳年増になるより、
若い感性で突き破れ!!


71 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 00:17
老人と海はええ作品や
あれを読んで
カジキまぐろが好きになった

72 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 00:29
>>71
照焼にしたらうまいしな、ってスレ違いだろうが!

73 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 00:33
鮫じゃね?

74 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 01:25
鮫を釣るために
かじきまぐろを餌でばらまくのさ

75 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 14:31
かじきまぐろはとろみたいなあじでさしみでうまい

76 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 17:35
スーパーのパックしか刺身は食べたことない

77 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 17:37
>>76
醤油をつけ忘れさえしなければ、別に恥じるべきことじゃない。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 18:32
俺達が食べるのは冷凍まぐろだ
だが本当にうまいのは
海で漁師が釣れたばかりのまぐろをさばいて
ずけ丼にして食べる
これが最高

79 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 20:11
まぐろはある程度時間を経って馴染んできてからの方が上手いと聞いたことがありますが何か?

80 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 20:12
とりたての魚をわざわざヅケにしてるわけで、>>78の証言は嘘っぽい。

81 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 20:37
 新潮社は大好きだ

82 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 21:24
>>80
そんなことない
美味しんぼに載ってた

83 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 21:29
>>82
まぐろ船の漁師は、おかずがまぐろばっかだから、
まぐろを使ったさまざまな料理を作るんだ。

とりたてだということと、それをヅケにする相関関係はないぞ。

お前が参考にした本には、その辺の事情は書いてないのか?
そりゃそうだろうな。
自分の知っていることを書いてるんじゃなくて、取材で得た
情報を別角度から検証することもなく垂れ流す漫画だしな。

84 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 22:43
マグロって一本何百万するって本当?
だから、漁師になるにはコネがないと、
儲け話にのらせてもらえないらしい。
噂だけど。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/10/09 23:37
 純文学が売れない?のは、書き手も少ないからでしょう?
 書き手というか書ける人が、だから読めるもの名作なんかも
減少傾向?
 新潮の純文学から出たかったら、250枚要るんだね。
 私は一作100枚単位で書いて来たし、それを超える枚数は
書けるだろうけれど余り書きたくない。
 体力的に今は10枚までの短篇ばかり。
 短篇を250枚にすれば良いのか。
 小説現代は新聞によりますと純文なのっしょ?
 でもやっぱ新潮が良いなあ。
 後5年はいろいろと立ち直れないと思うけど・・・。
 そうするとすっかり年増、きゃはは、お先無しー。
 書いたら直ぐにネットにアップしちまうしー。

86 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 00:47
よくヤクザがマグロ漁船に人を無理矢理送って
逃げ出したりする事件があるよね
やっぱ儲かるんでしょ

87 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 00:49
小説現代なんて赤川次郎系の軽さだよ。
事故で死んだ優等生が馬鹿に乗り移って恋愛する話だったし。
100枚で新潮OKじゃん

88 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 12:21
 最近、どこも年一回募集でつまんないね。

89 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 13:20
>>85
読める作品を書く純文学の書き手がいない、というのには賛成。

新潮は短篇OKだよ。要項にも、250枚以内(短篇も可)と書いてある。
10枚じゃだめだけど、100枚ならぜんぜん問題ないよ。

90 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 21:43
やっぱタイトルからして家畜の朝って感じでないとな
俺も新潮を目指すよ
家畜の朝に続くのはなんだろ
部落の夜ってのはどう?

91 :第九回すばる文学賞落選作家 ◆poAcPU.8i. :03/10/10 21:56
部落じゃ家畜より弱いよね
家畜よりさらに下に落ちなくちゃ
養殖の朝

92 :名無し物書き@推敲中?:03/10/11 12:50
なあ、新潮新人賞の小説。
両方とも、とても読み進められないんだが……

93 :名無し物書き@推敲中?:03/10/19 00:31
部屋掃除したら、懐かしい捜索ノートが出てきた
ほんとなら恥ずかしいはずだろうけど、30代になると懐かしいばかり
もう感受性も彼果てたな〜
そんでこの板に来た
新辞林との一致
⇒ じゅんぶんがく【純文学】
大衆文学・通俗文学に対し,純粋な芸術をめざした文学作品。

これじゃ、さっぱりわからんので私のためにこれが純文学!というのを
3〜4つばかり見繕ってください
古典じゃなくてすっかりブランクのある30代向けみたいなのです、よろしく!




94 :名無し物書き@推敲中?:03/10/19 00:55
小説そのものより、作家名で言うなら。

安部公房。とりあえず、安部公房。

で、吉田修一。川上弘美。このふたりは俺的に外せない。
さらに、舞城王太朗は入れてやりたいところ(これから主流になりそうだし)。

いかがざんしょ。

95 :名無し物書き@推敲中?:03/10/19 01:03
>>94
即レスありがとうさんです
安部公房なら半分ほど読みましたが、あれはたとえ話というか
幻想文学だと思ってました。
>吉田修一。川上弘美。舞城王太朗。
なるほど、名前すら知らなかった、助かります
チェックしてみますわ、ひさしぶりだなー
現役のひとたちにひょいと都合よく教えてもらえるから
ネットってありがたいや、おやすみなさい

96 :新潮も首謀です。:03/10/19 01:17
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その2●●● http://natto.2ch.net/mass/kako/988/988402795.html
864 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/25(金) 02:10
>>860
856じゃないけど、盗聴/盗撮は、トイレの音や、自分の過去、
今日その日思いついた事、買ったもの、自分の体までネタですよ、
気持ち悪いですよ、
本当に大変だから、気軽にそう書かない方がいいですよ。(マジレス)
(笑)って冗談のように書く時あるけど、別に気楽な気持ちで書いているんじゃ
なくて、悲しい事を楽しく表現する事で、重い気持ちを無くしたいんです。
じゃないと、体にくるから・・・

949 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/28(月) 18:46
>>916
直接の実行犯はわからなかった。ただし、その盗聴機関がマスメディア産業の
各方面につながっていることは確認済み。団体名なんか書く必要ないでしょ?
フジ・テレビとか読売新聞社とか電通とか...みんなが知ってるあの会社って
感じ。講談社の週刊誌(現代とかフライデイとか)が政治家の過去を暴露する記
事や写真をよく掲載するでしょ。あの手の記事は、盗聴/盗撮で得た情報で商売
をしている人達がいるという証拠。あういう人達に、オレの個人情報をつかまれ
ているんで非常に心配ですが、現状では、対抗策がない。

97 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/10/19 01:44
たしかに新潮の受賞作はがちっと硬い気がする。
さわりだけ立ち読みしただけだが。w
文学界とすばるは最近ほとんど同じ系統になってきたね。
文学界が軽めにシフト、すばるがそこしシリアスに路線に。

98 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 15:27
川上弘美が新人賞の募集で言ってる「棒」って、あの「棒」?
「棒の先」って「○頭」のこと?

99 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :03/10/20 16:13
それに関しては工藤伸一がうまいこと言ってたなあ。なつかしや。

100 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :03/10/20 16:15
過去

101 :名無し物書き@推敲中?:03/10/22 17:28
グラウンドの人はどこに行ったのか
文則と同時受賞の海外観光の人はどこへ
行方不明続出

102 :名無し物書き@推敲中?:03/10/23 13:41
駆動生きてっかなあ。

103 :名無し物書き@推敲中?:03/10/24 22:29
工藤は銭金出演してから人気大暴落
まさかあんなにキモイとはw


104 :名無し物書き@推敲中?:03/11/05 10:05
家畜の朝が芥川賞とれまんこ

105 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 20:25
新潮新人賞が、文学界や群像とくらべて
いまいち盛り上がりに欠けるのはなんで?


106 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 20:27
>>105
スレタイに答えが。

107 :名無し物書き@推敲中?:03/11/07 20:49
近所の本屋へ行ってみた。
文学界12月号は棚に3冊ならんでいた。
群像12月号は平積みになっていた。
新潮はなかった・・・

108 :名無し物書き@推敲中?:03/11/07 22:30
>>105
俺を落としたから。一次ですっとりと。完璧に。

109 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 13:52
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪

110 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 00:37
やっぱ今度の受賞作もどちらかが芥川賞候補になるのかな。
でもそれより寂しかったのが、
文則の三作目が12月号までに載らなかったことだ。
文則ファイト!これからだよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 01:19
新潮で隔月?連載してる大江健三郎と中上健次はおもしろいね。
あれだけのために買ってる。

112 :名無し物書き@推敲中?:03/11/27 22:56
俺みたいな駄目人間は家畜だよって
家畜の朝を書いたならわかるが
名古屋大卒、新聞記者の作者が
無職、フリーター達を家畜と扱って家畜の朝を書いたのがダイナマイトだ!

113 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 00:24
>>112
えっ、そんな話なんだ。急に読みたくなった。
何月号に載ってるんだっけ?

114 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 15:02
11月号だよ!

115 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 17:52
サンクス!
他スレでたびたび作品名が挙がっていたので
気にはなってたんだよね。明日にでも図書館に
逝ってきます。

116 :名無し物書き@推敲中?:03/12/04 15:41
東京のホテルで行われた第33回新潮新人賞の授賞式で、受賞者が大勢の
来賓を前に姿を現さないという珍事があった。
受賞者の鈴木弘樹氏(37)は静岡県出身で現在アルバイトをしている。
「5人以上の人がいる所に出られない。この三年電車にも乗っていないし
家族もいない。今回、なんとか会場に行こうとしたができなかった。
申し訳ない」とのコメントを発表した。
前田新潮編集長は「受賞者は電話も携帯電話も持っておらず、やっと連絡が
とれて説得したが、人前に出るのが苦手でどうしても式に出られないという。
顔写真を載せたくない、といわれたときから嫌な予感はしていたが・・」 (日経新聞10月28日朝刊)

一応、このスレの話題だと思ったのでコピペさせてもらいました。
芥川賞候補のその後はいかに?

117 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 22:03
新潮の新年号を本屋でぱらぱらっと見てきたよ。
表紙は真っ白だった。
100周年ってちっちゃく書いてあった。
なんか100周年祭りやればいいのに。
新潮社の場合、まさに社を代表する雑誌なわけだから、
群像みたいに講談社の落ちこぼれって大塚に言われずに済む。
だって新潮社の「新潮」だもの!

118 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 13:47
新年号の短編特集に中村文則も名を連ねてるね。
まだ死んでなかった。

119 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 17:41
>>112
午前9時から深夜2時半まで、一食で働いている設計技師のために、
『奴隷の夜』っての書いてくれないかなあ。
涙なしには読めないようなヤツ。
働かなくてもいい生活って、大昔から人間の理想なんじゃないの。
無職は家畜じゃなくて貴族だよ。
奴隷に優越感を抱かせ、それと気付かせないところが現代の貴族の成功の秘訣だね。
ほめたたえよ!月320時間超の労働を!


120 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 17:44
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinotan/sonAA.htm
抱いてよ …先生

121 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 18:14
>>119
なるほどなあ。しかし個人の尊厳や生きがいはどうなるのだろうか。
カート・ヴォネガットのデビュー作プレイヤー・ピアノが
まさにそのことをテーマにしている。

122 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 18:30
>>121
ほめたたえよ! って皮肉じゃないの?

123 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 18:58
>>119
俺もあんたと似たような生活している。
無職の人間が今は貴族でも、将来悲惨なことになることを期待しつつ。

124 :119:03/12/07 21:33
>>123
いや、いま私は貴族だ。
所長が過労で血を吐いて入院した間隙を衝いて辞めた。
「オレは42歳で死ぬ!」が、口ぐせの仕事のできる所長だったよ。
つくづく思ったね。人間、「生きてこそ」だと。
無職・フリーターへの憎しみには賛同できない。自覚的な貴族は少数だからね。

125 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 21:34
http://jbbs.shitaraba.com/anime/276/

( ´A')無職・独身男・オタク・特オタが集まる種スレ
    実況でもなんでもアリ
    
┌──────┐
|         |
|  招待券   | 初めての人は板内の最新スレにこれを貼り付けてね!
|  (   )   | (   )の中にはどこの板から来たかかいてね!
└──────┘

現在の最新スレ
なんでガンダム出さねーんだよ!2573件の苦情
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/anime/276/1070795453/

専用ブラウザ設定スレ
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/anime/276/1051450343/

126 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 10:18
サイデンステッカー氏の「新潮社の世紀」(『新潮名作選・百年の文学』所収、一九九六年刊)は、
一八九六年に始まる小社の百年史を二十五年ごとの四期に分け、
独自の観点で日本近代文学史と重ね合わせる論考です。
第一期(漱石、荷風)、第二期(谷崎、川端、芥川)、第三期(三島)といった具合なのですが、
三島の自決の翌年を起点とする第四期の代表者については、
「大江にしたいという声もあるだろう」と大江健三郎氏の名をあげつつも、
いささか複雑な留保がつけられています。
 小誌は創業者・佐藤儀助(義亮)が
「借家に移転し、浮かせた敷金の差額を唯一の資金に、
雑誌発刊準備に取組む」(『新潮社一〇〇年図書総目録』)ことで、
一九〇四年五月に誕生しました。つまり今年、小誌は創刊百周年。
その最初の号では十五人の書き手による「創作特集・複数の遠近法」を
お届けします。「新潮」第四期が終わり、第五期が始まりました。

(編集長・矢野優)

127 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 16:11
矢野さん、俺の自信作を載せちくり〜

128 :名無し物書き@推敲中?:03/12/10 01:07
 『公募ガイド』最新号で新潮新人賞のことが取り上げられている。3P。

129 :名無し物書き@推敲中?:03/12/10 15:43
公募ガイドを見てきました。
過去に文學界新人賞が取り上げられたときと比べて扱いは小さいなあ。
才能やセンスも磨けば光ってくる。
文章も書けば書くほどうまくなる。
しかし小説化する能力は別だ!というのが矢野氏の意見だね。
一次で落ちるも、最終に残るも紙一重なのが純文学であるそうな。
落ちた人には心の中でエールを送っているそうだ。とほほ。

130 :名無し物書き@推敲中?:03/12/10 16:00
心の中でエールを送られてもちっとも届きません。

131 :名無し物書き@推敲中?:03/12/10 18:53
ワープロと手書き、どっちがいいんでしょうか。

132 :名無し物書き@推敲中?:03/12/10 22:25
点字

133 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 13:49
すばるが小説だけでなく随筆やらで広く受賞者の進路を思い計らっているのに対して
新潮は何もしてくれない。つまり小説にそれだけ真剣なんだな。

134 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 18:16
新潮だけに慎重に

135 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 17:19
>>134
おい、座布団ぜんぶもってけ!

136 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 21:06
町田康のきれぎれはいつになったら文庫化されるのか。
本が売れなくて文庫が出せない他の芥川賞作家と違って
単行本が売れているので文庫が出せない町田康。

137 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 17:56
それにしても、名無し物書き@推敲中?さんとは、さぞやすごい作家先生の匿
名書込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。

   小説現代☆ショートショートコンテスト 優秀賞受賞
   文 学 界 新 人 賞 応 募 2ちゃんねる作家  阿部 敦良


138 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 21:06
家畜の朝は130枚か。この枚数は芥川賞的だな。

139 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 00:19
伊豆文学賞出身作家、新潮新人賞を受賞

140 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 06:53
本になるかね?

141 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 08:23
芥川賞候補になったらなる。

142 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 09:32
そう?

143 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 11:04
うん。

144 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 11:43
かも。

145 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 12:13
問題は家畜とメルヘンのどっちがその権利を得るのか。

146 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 17:53
家畜の朝、候補記念age!

147 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 18:43
>>146
ソースは?

148 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 19:11
いえ、しょうゆで

149 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 19:23
ミックスで

150 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 19:25
>>147
いえません。が…

151 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 19:30
メルヘンか家畜がなるにきまってるから、二つに一つじゃ。

152 :名無し物書き@推敲中?:03/12/29 22:32
書いてる作品がすごい硬派になってきたから新潮に出すよ。

153 :名無し物書き@推敲中?:03/12/31 13:14
どうやら家畜の朝が芥川賞候補になったみたいだな。
130枚とお手ごろな長さだし。

154 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :03/12/31 13:28
>>152
やっぱ硬派なら新潮だよね。
糸山みたいに文学界で先に受賞しちゃって新潮の応募作はそのまま
新潮に掲載されたりするかも(妄想土偶)

155 :名無し物書き@推敲中?:03/12/31 13:29
メルヘン読んだんだが、アレは、そうとう、アレだったな。
誰か仕組みを解説してくれる人はおらんかね。


156 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :03/12/31 13:47
保坂先生に頼むしかなかろう

157 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :04/01/01 00:57
保坂先生ザビエル禿げ

158 :名無し物書き@推敲中?:04/01/01 01:25
新潮が101年目に突入したが予算がないので何もできまへん。

159 :名無し物書き@推敲中?:04/01/01 23:07




160 :名無し物書き@推敲中?:04/01/01 23:47
そろそろ評論でも書いて応募するか

161 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 06:06
評論は100枚。
群像が50枚になったから100枚の評論を送れるのは新潮だけか。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 07:53
新潮だけだ

163 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 08:41
文則がんば!

164 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 08:46
ところで小説は250枚以内だそうだが、
だいたい何枚くらいの受賞者が多いの?

165 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 09:18
前回の家畜の朝は130枚だった。

166 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 10:51
130枚だから芥川賞候補なのか

167 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 12:04
文芸誌は読まなきゃだめだよ。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 13:18
新潮社の新潮なんだから、

169 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 16:10
筑摩書房の筑摩はしょぼいな。

170 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 16:26
太宰治賞も単行本化をやめるとは、財政が厳しいのだなあ。

171 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 19:57
じゃあ、100枚程度書けばいいんだね。
ありがとう。


172 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 23:43
別に気にすることはないさ。250枚までOKだって言ってるんだから。
確かに
新潮は30年以上のあいだ文學界と同じ100枚規定だった前歴はある。
かの海燕も
100枚規定だった。
でも最近はそうでもないね。
群像も40枚くらいの短編が優秀作をGETする例が多い。
群像の優秀作って限りなく当選に近い扱いだけど、
文學界の佳作って限りなく落選に近い扱いだ。
新潮はがちがち。

173 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 01:16
うほっ

174 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 11:18
新人賞とったら最後まで面倒みてくれそうな出版社てどこ?

175 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 15:34
集英社

176 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 16:07
うちの母の知り合いが、新潮の最終候補に残ったそうだ。
「あんたも頑張らなくちゃね」って言うけど、その人の選評みたら、めちゃくちゃ厳しいこと書いてあったよ。
あんなの書かれたら、死ぬわ。
おかん、自分が小説書いてること、言わんといてねって言ってるんだけど、多分、しゃべりまくってんだろうなあ。

177 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 16:56
↑それって落選した人のこと?
カルチャー通いの人には、みんなきつかったよね。
でも、結構、プロになった作家は多い。
すばると新潮、どっちに出そうか迷う。


178 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 19:26
去年の12月下旬に原稿を送ったのですが早すぎましたか。
もっと締め切りギリギリの方が良かったのでしょうか

179 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 20:40
次スレ

新潮新人賞
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1072828250/


180 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 00:18
もう一つ新潮スレが立つなんて、そんなに人気がある賞だとは気付かなかった世。
選評でカルチャースクール系の応募者がぼろくそ言われて種。
あそこまで選者たちがけなすのは
選考会で全会一致の駄作だったんだね。


181 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 11:44
お勧めの純文学作家を教えてください

文春社 文學界・オール読物
新潮社 新潮・小説新潮
講談社 群像・小説現代
集英社 すばる・小説すばる


どれが純な本ですか?

182 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 12:22
>>181
純文学といえば前衛的であることが嬉しい。安部公房なんかええやない?

純な本ねえ。文學界が一番でかい存在だわね。

183 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 14:30
>>182
thx! 本屋で探してきます。

184 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 01:20
芥川の河童も純文なの?

185 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 08:52
よく大手出版社の新人文学賞の格付や人気では
群像と共に最下位に置かれることも多いけど、
毎回芥川賞の候補になるだけでも
群像より少しは良いような気もする・・・


186 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 18:41
家畜もメルヘンも芥川賞候補にならず。
もうだめぽ……

187 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:25
あの芥川賞候補ラインナップに憤った人の数→(1)

188 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:43
芥川賞候補にしてくれないなら新潮に応募する意味が全く亡くなった。

189 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:47
そこは新潮だけに慎重にな。

190 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 19:42
>>189
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )ヒソ


191 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 23:09
三月〆切を目指して書いているのだが、新潮に応募することにしたよ。
すばると文藝は美少女路線だから、絶対俺みたいなおっさんの書いた小説を
最終候補には残してくれない。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 07:41
俺は美少女路線だがチャラチャラしたくないので新潮にする

193 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:01
しっかし新潮新人賞も芥川賞候補にしてくれないんじゃ
踏んだり蹴ったりの賞だな。

194 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:15
唯一の出世作家が文學界新人賞とのダブル受賞とは……文學界のおかげじゃん。

195 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:59
俺は美男子系だが、それでも新潮にだすよ。

196 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 02:45
新潮の新人賞はなぜにこんなに駄目なのか。
せめて文則を見限らずに育ててやってくれ。

197 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 03:05
売り出しもアフターケアも期待できないしなぁ、、、
実際、悪循環で実力ある香具師/プロ志向の香具師からは
敬遠されるのかもなぁ、、、
その点は群○辺りと被るのか、、

198 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 09:40
群像はまだ受賞作を本にしてくれるから。

199 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:32
新潮もなにも受賞者に意地悪をして本にしないわけではないだろう。
一定の基準があってそれが満たされれば本になると思われる。
他の新人賞では本を一冊だけ出して消えていくのも多いしね。

問題なのは、まだプロとは呼べない未熟な受賞者を、
あれこれ飾り立ててそのまま作家に仕立ててしまう出版社のほうで、
それが文学を弱体化させた原因の一つだと言えるのじゃないか。

200 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:36
>>199
平野のことか?

201 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:41
>>200
平野は新人賞じゃないけどさ。確かにきみの言うとおりだね。
新潮も平野がこんなていたらくな香具師だったとは、
デビューの時には思っていなかっただろうな……



202 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:51
まあ、どちらにしても、新潮は自分のところの新人賞受賞者に対して、
その後のハードルを高くしすぎだ。
それを分かった上で応募すればいいんだけれどさ。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 01:35
でも新潮は消えすぎだな。
すばるなんか中央の文壇とは関係ないところで受賞者たちが文筆業で食えてるもんね。
アストリッドもずいぶん短い作品だ。
文則がんば。

204 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 15:27
文春や新潮って堅いイメージだな。編集者も絶対ネクタイしてるし。

それに比べて集英社や講談社や河出ってルーズだ。あいつらがネクタイしてるの
見たことない。

205 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 16:17
女だけど硬派なんで新潮に送る。
綿矢?
ざけんなよ!

206 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 18:44
小野正嗣も新潮の出身だが結局原稿を載せてもらえず、朝日新人賞をとって
朝日の雑誌で三島賞もとって、文學界で芥川賞候補にもなり漸く新潮に戻れた。
新潮って敷居が高すぎないか。

207 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 20:20
新潮が芥川賞持ってるならまだいいんだけどね。
新潮も平野以来ないし。
平野以後、文學界が八連覇だったわけだし。
今、すばると文藝が文學界九連覇を阻止したわけですから、
次は群像と新潮にと思っているところで、また文學界の復活なんですわな。

208 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 00:01
新潮、群像はフォローなく無理っぽいけど…
でも、今回群像からは候補が出たし、
売れなくても一応本が出るから
やっぱ群像の方がまだまだマシ。
新潮の地味さと消え率はある意味凄い…

209 : ◆AKIO/30bMI :04/01/19 00:02
辛超……。

210 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 09:04
50枚の短篇でもいいんだよな?短篇可って書いてあるし。
なんとかして選者に読んでもらいたいんだけど枚数で切り捨てられたら泣く。
最終選考に残らなくちゃだめなんだよね・・・

211 :459:04/01/21 21:10
一次選考で落としすぎ

212 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:07
選考の仕方は変わらないと思う。
一次通過が少ないのは、もう一度応募してほしい人だけしか載せたくないのだろう。

213 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 03:06
新潮の1次の残れば、あとは運があれば、
どこの公募新人賞でも受かる可能性があるよ。

214 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 13:56
なわーけないw
実力ある香具師はみんな待遇&業界評価高いメジャーなエンタメ賞や
まだ生き残り率高そーな純文の他所の賞いくやん・・・

215 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 14:50
>>213
「可能性がある」ということで、「絶対に」ということじゃないよ。
どのくらいの「可能性」かと言われたら、
答えるのに困ってしまうけどさ。

216 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 19:24
あのー新潮と文学界ってどっちが業界評価高いんでしょうか?
今度送るつもりですが、迷ってます。

217 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 19:35
そりゃ文學界にかなうところはない。
全ての文学賞がよってたかってきたって文學界が一番だ。

218 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:24
純文学限定なら、やっぱ文学界(但し芥川賞絡み条件)じゃない?
文学新人賞全体なら王者・乱歩賞ほかエンタメ系が
やっぱ業界評価や待遇(筆料部数地位)が純文系より高い。

219 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/27 21:17
やはり童貞には新潮新人賞であろう。
中村文則も童貞だと福田が言うておったしな。
童貞文学が迎え入れられるに違いない。
川上弘美の序文もまさに童貞のいかれる肉棒のことを歌っているに違いない。
我輩は新潮新人賞にかけるぞ。

220 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/27 21:53
このスレが一番しっくりくるな。
本日よりここを童貞貴族スレとさせていただく。
童貞文学を語り合おうぞ。

221 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:59
 >>219、220
 「家畜の朝」の主人公は童貞でしたな。
 「童貞文学」のくくりとは違うかもしれませんが一応。

222 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 00:40
また「新潮」には不釣り合いな香具師が出てきたな。
自分で童貞とか言っているのに限って、遊びまくってたりするんだよな。

223 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 07:09

>>222
そんなことはないぞ。我輩は見も心も童貞である。
詳しくは我輩が追い出された童貞貴族スレを御覧あれ。

224 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 12:24

一月も残り少なくなってきた。年を重ねるごとに月日の流れは早く感じるの。

225 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 17:54

選考委員の町田康は従兄弟のセックスしてしまい地元に居づらくなって
大阪から上京したという。
町田のようなモテ男でも、セックスに関してトラウマがある点では、
童貞貴族魂を持っていると言って過言ではなかろう。
しばしば村上春樹が日本の小説を変えてしまったという発言を聞くが、
町田康の登場は多少なりともそうした意味で津波を起こした。

226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:56
>>従兄弟のセックスしてしまい

ニポンゴおかしいニダ

227 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 18:03

こいつはうっかりしてもうた。
失敬、失敬。

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:04
んで、従兄弟の?とセックスしたん?

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:04
訂正は?

230 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 19:16

訂正を忘れておった。二重に頭を下げねばなるまい。
>>228氏が仰るとおり、のではなくてとである。失礼申した。

231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 23:43
町田は従兄弟っつーか、男とセックスしたんか?
ホモなん?

232 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/28 23:59

従姉妹と書くべきであったか。難しきことよ。

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:03
すばる・文藝と迷った末、新潮に送ることに決めた。
新潮って良い意味で緊張感がありそうなので・・・。
まあ一次突破を目標に書くよ。

234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:28
慎重にな。

235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:37
普通、400字詰め原稿用紙何枚くらいで
一冊の本になるの?

236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:06
金原と綿矢の本はともに150枚くらい。
普通は400枚くらいが多い。
でもエンタメだと2000枚、3000枚でも割と普通。

237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:33
>>236
ありがとう。エンタメって…?

238 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:54
国民の道徳とか、分厚い本やったなあ。。。

239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:07
エンタメっていうのは純文学ではなくて大衆文学や中間小説のことだね。

240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:11
イマイチ線引きが分からんなぁ。
純文学とエンタメの。

241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:20
内容ではなくカテゴライズ先行である。
文學界に掲載されたなら純文学だし、オール読物に掲載されたならエンタメ。
作者や作品に関係なし。

242 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 09:32
新潮社の新潮だから。社を代表する赤字雑誌

243 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 21:27
        _,,,,,,,,
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
. |  |   | l     / /  |  |
 |  |   | ',   / /  l  .l
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



244 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/31 16:29
せちんがらい世の中だけに、小説にはついつい安心を求めてしまう。
だが綿矢氏の作品は非常に殺気だっておったぞ。

245 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/01/31 19:02
中村文則氏の新作に期待したい。

246 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/01 10:30
評論家の福田氏が童貞だと暴露したことで、中村文則はキャラ付けがなされた。
だからと言って、本当に文則が童貞なのか。
素人童貞が多い世の中だからな。

247 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 17:59
こう言ってはなんだが。
あの福田が、やりちんだとはどうしても思えない。

248 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 21:18
正直言って日本人のまんこは汚い

249 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/01 23:44
>>248
我輩にはわからぬ世界だ。最近はビデ洗浄がウォシュレットの普及で
浸透したので、綺麗になったのではなかろうか。
我輩にはもちろん縁がない。

250 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:46
日本人は欧米人よりも匂いは少ないのだが、
匂いのさらに少ない中国人・韓国人は言いたい放題。
(彼らのわきが率は0%)

251 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/02 00:29
>>250
まさかそれはあるまいて。
肉食が多い人ほど体臭も強くなっていくはず。
韓国人の焼肉好きは、我輩も知っているところだ。

252 :250:04/02/02 00:35
たぶんオレは間違っていて、>>251の言う通りだと思う。
他人のために調べるなんて面倒だし、それでいいよ。

253 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/02 14:23
すかいら〜くのガストがカウンター形式で始めた安売り店に行ってみた。
確かに早くて安いのだが、店員の態度が余りに殺伐としていて弱ってしまった。
店員教育をしないのがこの値段なのだから仕様がない。

254 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 00:27
牛丼が食べれなくなってしまうとは寂しいものだ。
しょうがないから寿司でも食べよう。

255 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 02:21
お腹が減ってきたが、今食べると太るから辞めておこう。

256 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 03:39
いよいよ自衛隊が行ってもうたがな。
じぇったい反対なのは殺し合いだが、国際協力は大切である。
我輩が思うに、行くのは童貞でないほうがいい。
むしろ結婚していて子供も居る人間の方がまともにふるまえるであろう。

257 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 03:43
お腹が減ったが今食べたらそのまま脂肪になる。
それは死亡へ繋がるので危険だ。
ダイエット志望であるがなかなかできない。

258 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 16:42
東京のホテルで行われた第33回新潮新人賞の授賞式で、受賞者が大勢の
来賓を前に姿を現さないという珍事があった。
受賞者の鈴木弘樹氏(37)は静岡県出身で現在アルバイトをしている。
「5人以上の人がいる所に出られない。この三年電車にも乗っていないし
家族もいない。今回、なんとか会場に行こうとしたができなかった。
申し訳ない」とのコメントを発表した。
前田新潮編集長は「受賞者は電話も携帯電話も持っておらず、やっと連絡が
とれて説得したが、人前に出るのが苦手でどうしても式に出られないという。
顔写真を載せたくない、といわれたときから嫌な予感はしていたが・・」 (日経新聞10月28日朝刊)

この人が書いたグラウンド(よしわらに改題)は風俗がモデルであり
作者自身風俗ライターを長年やっていた人物なのだが
非常に童貞気質を持っている。

259 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/03 17:49
宮沢賢治は生涯童貞であったが、春画を集めるのが趣味だった。
これこそ童貞貴族としての王道であろう。

260 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:11
ほんとなの?
物凄く趣味のよさげな春画を集めてるイメージが。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:28
浮世絵は知っているが、春絵だったのか。

262 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:28
春絵× → 春画○

263 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 22:00
>>210

迷ったんだけど、自分も50枚の短編を新潮に送ることにした。
250枚以内ってことで、下限は書いてないし。
本になる筈もない枚数だけど、どうしても町田康に読んでもらいたいんだ。

264 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 03:51
町田さんは人気があるからなあ。

265 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 05:37
審査員の首をすげかえた意義があるよね。
町田氏めあての投稿作が増えることは。

266 :210:04/02/04 10:59
>>263
そうだよね。漏れも選者のメッセージがすごく好きだ。
他のちゃらちゃらした文学賞とは違った趣がある。

267 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:54
川上先生のフェラチオを意識したメッセージに、俺の愚息はいきり立った。

268 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 12:12
俺は書く書く書く

269 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 12:50
編集はそれを捨てる捨てる捨てる

270 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 13:44
私はまだ迷っています、どこに出そうかな。
町田さんのメッセージに凄く惹かれるけど、
自分のは果たして新潮向けだろうか。
もう2、3冊文芸誌を見比べる必要がありそうです。

271 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 14:24
にゃんこらしょー

272 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:13
>>270
そういう人は全部の賞に同じ原稿を出せばいいよ。

273 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:00
?それじゃ二重どころか多重投稿じゃん。
ってマジに返事しちゃった。。かわかわれてるだけかにゃあ。。。

274 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 21:38
いいや、三つ以上へ同時に出せば二重投稿ではなく、三重以上となるのでOKである。


275 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 22:18
新潮「未発表の作品に限り、
同人雑誌発表作や他の新人賞に応募済みの作品は対象外です」

すばる「応募原稿は、未発表小説に限ります。(同人雑誌などに既に発表したもの、
及び当文学賞の発表より前に発表予定があるものについては、選考の対象外とする。)

文藝「応募原稿は未発表の小説原稿に限る。」

これを素直に読めば、まず新潮に出して(この時点で他には応募してない)、
しばらくして文藝と、(一番早く結果の分かる)すばるに送れば、OK?
なわけないよな……

276 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 22:47
>>275
いやいやそれでOKですよ。

277 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 22:54
>>275
悩んでるなら全部に出せばいいんだよ。
普通の人は作品が多すぎて三月締め切りがもっとあればいいのにと
なげいているのに。
幸せな人だな。

278 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 00:40
おまいらそーゆー人の人生ぶち壊すようなこと言うのはヤメレ。

279 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 00:41
ていうか金谷は2重投稿で片方受賞なんでしょ

280 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 00:43
ごめん金原だったwテヘ

281 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 01:12
同じ作者の同じ作品がすばるにも新潮にも予選通過していたとか
そんなことはたまにあるさ。
向こうも気にしないし、応募者もがっつんがっつん行くしかないよ。
長嶋有なんかは朝日ネットで応募した奴を
枚数増やして100枚にして応募したら文學界で当選だからね。
人生色々。

282 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 01:35
金原は同じ作品だったのかい?
題名は違ったような……

まあ、ともかく応募する側も肝を据えてと言うことか。

283 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 02:22
新潮に出す香具師すごいよね。
ここ受賞しても先暗くない?
授賞式なし出版もちろんなし話題も当然なし芥川賞への遠さは一番…
救いは町田康がいるくらいか…アーメン

284 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 04:00
でも自分が若い女性でなく、しがない中年のおっさんであるならば
ここが一番ひいきしてくれる(泣)

285 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 04:32
あかね雲の人もここで賞獲ったよね。
その後、新潮では鳴かず飛ばずだったので別会社から
本出してブレイクした。
とにかくきっかけになればいい。別に入社試験じゃないのだから、
一生新潮で書く義理を負うわけでもない。

286 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 05:05
新人の原稿なんてどこも載せてくれないのが当たり前で
自分とこ出身の作家だから仕方なく受賞第一作は載せるけど
次からは他の作家と同じ扱い。

287 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 05:09
森村誠一は、江戸川乱歩賞を通ったあと営業に回ったが、
7本めでやっと載せてもらえたとどこかに書いておられた。


288 :田中 ◆bBAvuV5XbY :04/02/05 17:04
新潮で受賞して、芥川取ってやろうじゃないか!
新潮儲けさせたろうじゃないか!
っていう奴いないの?

289 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 17:24
新潮ってのはプロになれた奴が限りなく少ないからなあ。
文學界とダブル受賞だった人以外、ほとんど消えてる。
まあ最近は佐川だったり、そこそこ活躍してるけど。

290 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 18:02
>>288
田中はせめて下の名前で差別化を図ってくれ。

291 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 19:16
620 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 10:58
えっと……。
2日の10時頃に集英社から電話がありました。

内容ですが――3次を通過しました。最終が終わったら連絡します――でした。

あと、最終選考に残った人は審査用に冊子を作るそうなんですが、
送って貰えるようなことを言ってました。ちょっと楽しみです。

何となく公式の更新を待ってましたが、たいした内容でもないですし、
先に書いちゃうことにしました。

621 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 11:09
>>616
29歳です。
受賞したら30歳からの社会復帰です。
ちなみに小説を書き始めてから4年ですね。
最初の駄文に2年、山田飛鴻に2年……かかってます……か。
まあ……体を壊した時期を除けば、半分以下に短縮出来るんですが、
体って勝手に壊れる物ですからねー。



292 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 03:24
かかってこいや!

293 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/06 05:20
童貞はさきっちょが精一杯だ。

294 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:43
小野正嗣の片乳ってジャネットジャクソンかい!

295 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 04:25
文藝はお子様で混むし、すばるは若い女性や芸能人で混む。
もし自分が男性であるか、もしくは若くない女性であるなら新潮しかないでしょ。

296 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 12:46
>>275-282

つまり、同内容の作品を三つの出版社に送ったところで、
大して問題じゃない、ってことか。

297 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 14:14
おまえらバカだなあ
3つちがう作品を書けばいいんだよ、あほ!

298 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 14:22
新潮の応募数が増えたのに芥川賞候補にはならず。
これでまた減るかと思いきや
文藝やすばるはちょっと……という人の需要でまた増える。
若い女じゃなきゃね。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 15:15
50枚ぐらいの短編でもいいかなぁ?

300 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 15:32
>>299
短編も歓迎みたいなこと、募集要項に書いてあるから、OKじゃない?

301 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 15:39
アドバイスthx

302 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 15:51
まあ、いいんでないかい?
それはそれとして、だんだん長編書けるようになれば。
頑張って枚数増やしてみたら?
状況説明とか、自分にしか分からない感じになってない?
まだまだ粘らなくちゃ。

303 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 16:07
セックスも最初は早漏になりがちだ。

304 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 16:07
今となってはチンコが立つまでが大変。

305 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 16:35
>>304
立ってからの方がさらに大変だよ。

306 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 17:23
女だって歳取りゃ若い男がいいのよ。

って荒らすなっ、真面目なんだから!

307 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 17:39
ジャンボッキになれるのは若いうちだけか。
AV男優のジャンボッキが当たり前だと思っている処女が
実際セックスをして
一般の男性のペニス小ささに、病気なのではないかと心配してしまうそうな。

308 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 17:58
今度はじめて新潮に応募するつもりなんですが、
だいたい平均の応募数と一次通過作品数は
どのくらいなんでしょうか?


309 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 18:01
大体1000弱の応募に対して、20も無いくらいだろ?
一次通過最難関であり、最短の作家生命が与えられる新人賞。

310 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 18:07
>309
どうも!き、きびしいっすねえ!
まあやるだけやってみよう。

311 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 18:10
正しい数を補足すると、前年度は、
小説部門応募総数 1275編、
一次通過 17編、二次通過 8編(同時発表)
最終候補 5編。受賞作 2編(同時発表)

「最短の作家生命が与えられる新人賞」かどうかは本人次第。

312 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 20:26
若い女なんですけど、新潮だと落とされますか?

313 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 20:29
>>312
そんなことはないでしょうけど、
わざわざ同じ時期に出せる「すばる」や「文藝」を避けなくても。

314 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 20:31
自称「若い女」ならば慎重にな。

315 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 00:43
短編やったら現代か群像、新潮ぐらいしか選択肢がないのかねえ

316 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 09:20
純文学なら、ほとんどの新人賞が短編だろアホか。

317 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 09:53
純文学ってあらすじ書かないで投稿できるから、
エンタメでも純文学ふうに装って送りたい。

梗概書くのは本文より難しい。ネタばれしないように気遣ったり、
いやネタバレでも何でもいいからあらすじはあらすじとして書くのが
礼儀かと思ったり。揺れます。

318 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 09:56
あらすじはあらすじです。
編集部員や下読みは読者ではありませんよ。
書くべきことはちゃんと書かないと。

319 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 12:03
小説家になりたい人間がなんで100枚程度で、そんなに愚痴をこぼしてるのだ?
お前はアホか?


320 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 12:39
1コ前ならともかく、数コ前のレスにレスしたいんなら、
>>レス番号を指定してくれ。

321 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 18:37
>>320
小説家になりたい人間がなんで100枚程度で、そんなに愚痴をこぼしてるのだ?
お前はアホか?


これでいいか?

322 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 18:39
>>321
おれかよ?w

323 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 15:39
長嶋有さんって、いいよねえ。文芸誌でしか読んだことないけど。

324 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 16:06
長嶋有がめっきり老けこんだな。
たぶん年を上に見られたいのだろう。
作家って売れるまでは必死で若作りをするのに
いざ芥川賞直木賞なんかとると、急に年相応にもしくは年齢以上に
貫禄をつけたがるな。
無精ひげを生やしたり必死。

325 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 17:16
無精ひげで貫禄つくかな

326 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 20:25
出来たから送ろうと思うんだけど、
筆名が思い浮かばない・・・

327 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 20:51
俺がつけてやるよ。
鈴木貴之。
これでいいだろ。

328 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 20:53
和良良夫
綿矢よりも後ろに来る名前

329 :326:04/02/16 01:27
>>327-328
ありがとうございます
でも一応女なので使えなくてスマソ

330 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 20:56
いつ一次発表なんだ?待ちきれないよぅ

331 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 14:42
いつ出したかは知らないが、せめて3月末の〆切が過ぎてからだな。

332 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 17:07
誰かもう作品送った人いる?
もしくは下読みさん、もしここ見てたら
どんな感じのものがあったか教えて!
・・・そんなことあるはずないか。
でももしレスがあったら神だね。

333 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 18:27
>>332
いちおう守秘義務あるよ

334 :330:04/02/25 21:30
>>332
もう送ったけど、ここで言ったらまずくないか。
とりあえず硬派な純文学とだけ言っておこう。

335 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 02:49
硬派っていうが、どれくらいのもんなの?
もう世間では相手にされないようなレベル?
自分的には…イメージね。
硬(カチコチ)           軟(エンタメ) 
新潮>>>>文学界・群像>>>すばる>文藝
気付いたら新潮だけ新人賞作品よんだことないんだよね。
まあそれだけ消えてる証拠だが…
とりあえずまだ生きてる(?)「よしわら」読んでみる。
これ読んだ人いる?

336 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 08:28
しかし新人が育たんなあ、新潮の賞は・・・。
やっぱプロ志向&実力者はみんな妥当にエンタメいくか、
例え純文系でも文学界すばるあたりにいくからか?

337 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 11:53
それでもコテコテのジュンブンを書く香具師はまだ日本に棲息しているのだから、
その受け皿をしての「新潮新人賞」はあり続けてほしいな。
綿矢=金原的なものの対極にあるものとしてね。

338 :330:04/02/27 12:15
>>335
安部公房くらいのレベルです。
私小説は絶対いやなので、純文学らしく前衛に走ってみた。

339 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 22:28
ねね、文学界ってスレないの?

340 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 22:30
>>339
検索も出来ないのか、この糞野郎!

341 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:06
この糞野郎!
この糞野郎!
この糞野郎!
この糞野郎!
この糞野郎!


今どき この糞野郎!っていう虚仮に仕方どうかなあ?


342 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:11
野郎じゃなかったら? どする?

343 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:18
この糞マンコ!
この糞マンコ!
この糞マンコ!
この糞マンコ!
この糞マンコ!

俺って最低。

344 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:44
ぐははははははは座布団一枚

345 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:47
「文学界」スレなどない。「文學界」スレならある。

と、いってみる。

346 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:50
>>345
はいはい。

347 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 11:26
>>339
メジャーな文學界に対してコンプレックスを抱いている。
新潮応募者。
だから、群像もしくはすばるスレに逝って聞きなさい。
あ、群像もやばいかな?

348 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 16:25
中村文則君という童貞の青年が非常に頑張っている。
彼なら新潮の閉塞した空気を打ち破ってくれるかもしれない。
佐川光晴さんという屠殺場のおじさんも頑張っている。
彼ならえんやこりゃ。

349 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 21:23
ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、そうなんだ〜〜。

350 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 10:12
>>346
はいはい。じゃねーよ!この糞赤ん坊!

351 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 10:16
>>350
はいはい。。。

352 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 10:43
>>350
いまいち

353 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 15:25
本当を言うなら触れたくはないのですが、ことの発端としてどうしても触れなければならない問題がひとつあります。
平野啓一郎氏の『日蝕』の問題です。
平野氏自身に対して含むところは全くない、ということは、お断りしておかなければなりません。
「文句」の方でコメントした通り、つぶれずに頑張ってほしい、というのは、掛け値なしの本音ではあります。
にもかかわらず、『日蝕』の評価については多少の留保をおかざるを得ないというのも、また、正直なところです。
ファンタジーノベル大賞を受賞した翌年から去年までの七年間、私は同賞の下読みをやっていたので、
作家を志望する若い人が習作段階でどのようなものを書くか、ということには些かの知識を持っております。
極めて高い頻度で、既成の作品の部分・全体を問わない「ぱくり」が現れます。
私の作品の場面や台詞をそのまま使った応募作に出会して気恥ずかしい思いをしたのも一度や二度ではありません。
「ぱくり」は文学には必要不可欠である、と私は考えております。
シェイクスピアなりダンテなりをぱくるのは、小説の極めて古典的な技法であり、
たとえば私の私淑するナボコフの『ロリータ』での、すさまじく迂遠なメリメのぱくり方ともなれば、
それだけで一見に値すると言うべきでしょう。
通常のぱくりは、一般に古典と見なされ、読んだふりくらいはしていないと恥ずかしい、とされる作品に対して行われます。
従って、自作を習作段階の書き手にぱくられたら、そこまで高く買ってくれるかと言って喜んでもいいのではないか、と思わないでもありません。

354 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 15:26
尤も、現存する作家の、たかだか四、五年以内の作品をぱくるのは、些かまずいのも事実です。
さらに言うなら、ぱくる書き手が必ずしも才能のない書き手とは限らないのです。
才能のある書き手が、習作段階での補助輪として、既成の作品を使うのはよく見る風景です。
いつかは補助輪なしで書くこともできるだろう、という期待を以て大目に見てやるのも悪いことではありません。
ただし、万が一最終選考に残ったりした場合には、私は担当者に問題の部分を指摘して、
事前の書き直しをさせた方がいいのではないか、と忠告することになると思います。
公にされない段階においては、ぱくりは些細なことです。ただ、それが活字になるのはやはりまずい。
ぱくりで書く段階にある書き手をデビューさせてしまうことのまずさはおくとしてもです。
平野氏の『日蝕』を雑誌掲載で読んだ時に私が考えたのは、まさにそういうことでした。
他人事ながらちょっと心配になったくらいです。
誰かに、あれって佐藤さんの『鏡の影』でしょ、と言われたらどう庇おうかと思いましたが、
幸い、当人が十分以上に注意深かったのか、或いは編集部にその辺を忠告する人がいたのか、
なるほどあそこをこんな風に料理しなおしたんだね、と思われる部分はあっても、
盗作事件の報道でよく見るように、作品Aの文章の抜粋とA'の文章の抜粋として比較対照できそうな箇所はありません。
限りなくに近い灰色という線でしょう。

355 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 15:27
ただ、これを公にしてしまった編集部に対してはちょっと呆れました。
せめてもう一作書かせて、補助輪なしで走行できることを証明してからデヴューさせても、遅すぎることはなかった筈です。
事態がややこしくなってきたのは、その年の十二月からです。
平野氏の『日蝕』が芥川賞の候補になってから幾らもしないうちに、『鏡の影』の絶版を通知されました。
『日蝕』に対する私の反応の、常軌を逸した(現代思想的に破壊的な)寛大さに疑問を感じる方もおられるでしょうが、
それはあくまで、『鏡の影』と『日蝕』が読み比べられることを前提にしております。
テクストそのものの入手が不可能になるなどとは考えてもいませんでした。
おまけにこのタイミングでは、まかり間違っても読み比べられたりしないよう、
テクストそのものを消滅させるために絶版にしたのだ、と考えたくもなります。
そこまで深読みすると精神衛生に悪いので、つとめて考えないようにはしていますが。

356 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 15:33
やっぱ新潮といえば平野君だからね!
こればっかりはワイドショウみたいな事件だね。むふふ。

357 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 18:39
平野も面白いやっちゃ。
新潮の編集長も最高。
やっぱ歴史が違うものね。

358 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 18:49

>平野問題

その文章、大昔にだれかのHPで見た記憶がある。

359 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 23:10
まぁ、硬い硬いと言っても四十日と四十夜のメルヘンみたいのも許されるってこった

僕にあれは理解出来ませんでした・・

360 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 00:17
>>355
デヴューって何だよw

361 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 15:10
>>358
佐藤亜紀氏本人HPだよ。
http://home.att.ne.jp/iota/aloysius/tamanoir/idata/iken13.htm

362 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:17
新潮と群像はもうダメかもね。

363 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:20
山田詠美が一度きりで降りた新人賞って新潮なんじゃないの?
いやゆる昔の新潮。
文學界と同じ100枚だった頃。
それかもしくは海燕。
これも100枚だね。
ちょっと前までは文學界・新潮・海燕が100枚で三つ巴だったのだ。
それで
若い女性を優先となると、海燕ではなかろうか。
すばるという意見があったので
バックナンバーを調べたのだが、まったくそのような事実がなかった。
今度、海燕を調べるか。
たぶん新潮ではないな。すまん。

364 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:21
でも今は川上さんもやられていて、となると今は亡き海燕では
筋が通らない。
やっぱり新潮なのか。

365 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:22
>362、その「駄目」と思える根拠は?

私には、ちっとも駄目には思えません。
群像はあんまり読んだことがありませんが、
新潮は定期購読しています。

366 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:30
詠美女史が一度きりで降りた新人賞ネタって文藝との噂もあるね。

>>364
「今は川上さんもやられていて」という発言は、
その賞に対してではなくて、詠美女史のように若くして
選考委員をする作家がいなかったというような発言をどこかでしていた
ハズ。それに対しての流れなんじゃないのかな?
オイラはそう読んだ。

367 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:31
>>365
ズボリ!つまらない。から。

368 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 18:08
新潮も方向転換だな。
ジャニ系のイケメン作家路線で逝け。

369 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 05:32
それが中村文則君ですか?

370 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 18:47
風が止んだ。

371 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 23:39
現在の、新潮の選考方法は違うけどね。

372 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 04:34
新潮の予選通過は極端に人数が少ない。
これは編集部に言わせると、レベル的には最終候補と全く引けをとらない
作品なのだそうだ。
だが編集部の意向で最終に残るのはさらにごく僅か。
予選通過しているならば、技術や完成度は問題なし。
だがそのセンスが求められていないそうだ。

373 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 09:16
そうなんだ〜ふ〜んふ〜ん。

374 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 10:31
だ〜ふ〜んだ〜。

1次に残ったって何の音沙汰もないのに意味ないじゃ〜ん!

375 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 11:05
長篇の賞がなくなったから少しは多くなるのかな
漏れのも通過してほしい

376 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 12:51
新潮、つまんない?
楽しいのになあ。

377 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 22:31
>>376
どこがあ?

378 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 22:42
「新潮」な人にお聞きしたなですが、〆きりが「すばる」や「文藝」と同じ3/末ですよね。
川上弘美なんて新潮とすばる両方の審査員だけど、ちょっと変くないすか?
「文学界」「新潮」「すばる」「文藝」「群像」
各誌の新人賞の特徴とか判るひといます?
おれ、いますばるに応募しようと思って書いてますが、
べつに「すばる」にする動機があるわけじゃないんだよね。


379 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 22:48
>>378
選考委員は最後に残った数作を読むだけだから、
同じ時期に複数の賞に関わることは可能だよ。

あなたが何歳くらいで、どんな作品を書いているのか、
それによって「すばる」に出すのが良いのか、
別の方が良いのかのアドバイスもできると思われますが……

380 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 23:06
公募初挑戦で40代っす。
つかMJっす。
とりあえずすばるにしようと思ってますが
動機がないんで詳しい人に聞きたかったっす。

381 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 23:33
>>380
年齢的には「新潮」でしょうが、
やっぱ「すばる」かな。下読みのときはプロフィール隠すらしいし。

382 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/05 23:41
>>380
おお。ありがd。
やっぱ「すばる」かな。
最新の新潮新人賞「四十日と四十メルヘン」
1/4で投げた。
舞城もピンとこないし。。。w

383 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 00:59
すばるって純文?
じゃーないよね。

384 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 01:32
>>383
すばる文学賞、純文
小説すばる新人賞 エンタメ

385 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 10:06
新潮、群像→陰
文學界、すばる→陽
文藝→ミーハー

個人的にはこんなイメージ

386 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:18
辻さんですね、今月は。おもしろそうです。
早速読んでみることにします。

387 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:40
辻仁成の私小説か。
ミポリンとの出会いから結婚までをラヴラヴに。
まったくええのう。

388 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 22:45
「やっとあえたね」
こんな台詞をあの青ヒゲもじゃ太郎がいう。
私なら、笑い死にしてしまうだろう。
美人というのは時に悲しい生き物だなあ。

389 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 01:20
新潮、群像→硬派
文學界、すばる→人気あり
文藝→幼稚

390 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 02:27
文学界→赤レンジャー
群像→青レンジャー
すばる→黄レンジャー
新潮→緑
文藝→桃レンジャー


391 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 15:55
刀ってもろにシモネタだよな。

392 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 11:36
新潮社R−18
大賞&読者賞ダブルで受賞
吉川トリコ 「ねむりひめ」

選考委員の判断と読者のクリックが一緒になったのは驚き!
この人はいけるでしょう。

393 :20歳:04/03/08 13:58
極道ものを新潮に応募したいんですが、ハネられますか?
別に極道ものだけで終わるんではないんですが、そういうのって

下世話とか言われて終わっちゃうのかな?あと、オブラートした部落ネタも入ってるんですが

僕みたいな子供ならすばるとかのほうがいインでしょうかね?

394 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 14:59
日本ファンタジーノベル大賞

395 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 15:02
オール読物とか、小説現代の方が・・・。

396 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 15:09
いやいやここでしょ。
ファミ通エンタテイメント大賞

397 :20歳:04/03/08 15:31
反社会的な人物の出てくる話というのはやはりその時点で没なのでしょうか。
選考員や、下読みの方々にも「なんだヤクザが出てくるのか」と足きり食らってしまうのでしょうか。
別に組織の話が中心の実録物みたいに抗争が起きまくって兄貴がどうのこうのというのではなくて、登場人物の一人が弱小組織に所属しているというだけです。
その暴力団員は主人公ではありません。どでかい抗争も起こりません。それでもアウトでしょうか?アウトローは。


398 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 15:47
純文学ならなんでもありだよ。

399 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 16:31
>>397
小説の話じゃなくて、俺自身が反社会的なので、どうしても社会的な話を書いてしまう……。

400 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 16:44
>>399
もういい
がたがたいうな
これがベスト、迷わず行け、行けばわかるさ、ダーッ!

電撃ゲーム小説大賞

401 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 16:55
反社会的ぶってる引きこもりが書いたヤクザ小説なんて、
まともな出版社に送っても相手にされないと思うけどな。

402 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 17:00
>>400でFA

403 :20歳:04/03/08 17:16
>>401

えっと、ヤクザ小説ではないです。そういう人が出てくるというだけです。

404 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 18:25
よくわからないけど、
まー、
リアルにかけてると思ったら、送ったらいいと思うよ。
落とすのは向こうなわけだし

405 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 18:28
女子高生が出て来たら「女子高生小説」。
医者が出て来たら「医者小説」。
魚屋が出て来たら「魚屋小説」だ。

406 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 19:28
>20歳君、責任は負えませんが、いいと思いますよ。
 先月の創作には幽霊のようなおばあちゃんが登場した作品
 もありましたし。
 せめて3か月分くらい読んで、自分でもいける!と思うなら、
 応募してもいいんではないでしょうかね。
 新潮って、何か、ポリシーを感じるのですよ、他のに比べて。
 うまく言い表せなくて悔しい限りですが。
 要は、おもしろけりゃいいんだよ^^、基本をしっかりして。

407 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:05
イッツ・オンリー・トークにヤクザの脇役でてきたよね?

408 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:41
新潮やないやん

409 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:55
ヤクザを出すのも構わないが、そこは新潮だけに慎重にな。

410 :20歳:04/03/09 01:32
>>406
ありがとうございます
3ヶ月分?新潮を三ヶ月分ということでしょうか?

僕もなんか新潮って重いって言うか、偉そうって言うか、そういうイメージがあります。
なんかヤクザとかって
「世俗的ね」とか、不真面目とか言われちゃいそうな気が。

僕の話の中に出てくる人は、リースもやってないし、刺青も入ってないし、水商売の女もいない。代紋すら怪しい。
組事務所というか、会社です。象牙の置物もないし、まして代紋、神棚なんて。
拳銃も、ドスも、襲名披露も、日本庭園も、事務所当番もナシ。
暴力団といわゆるフロント企業の中間の人です。ネオアウトローが出てくる話です。
金原さんみたいに暴力団が出ても芥川賞もらえてますしね。
まあでも人通りが多く、交番のすぐ傍のスカウト通りで10代のカップルにインネンをつけるヤクザって…
しかもそれを撲殺する青年…そして逮捕されないし…
本当にそんな事がありえるかなあ?というのが正直な感想でした。
生意気言いました。
>>409
うまい。

411 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 01:41
>>410
きみはいい奴だな。この板は歳食ってひねくれた香具師ばかりだから、
きみのような書き込みを読むとホッとする。
若いことに甘えないで、書きつづけてください。

412 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 03:00
新潮ってのは中年の男ばかり最終に残す点だけは素晴らしい。
これで受賞者が生き残ってくれれば言うことなし。

413 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 08:54
>410!あったりめーよ、普通は半年分は読むぞ。

しかし、おもしろそうじゃありませんか。あなたの作品。
エンタメのほうが受けそうな気がするけど。


414 :20歳:04/03/09 13:03
そうか…それだけ読めば、クセとういかそういうものが分かりますよね。
大沢在昌さんなんていう人もいますし…って僕は素人ですが

415 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 22:31
小説すばる新人賞に出せばいいんじゃないですか。>20歳

416 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 00:18
>>412
漏れ中年じゃないんだけど残らないかなぁ・・・

417 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 17:44
載る作品、載らない作品って、雑誌の傾向で決まるの?
いいものはいい、悪いものは悪いのだから、良いものなら
どんなものでも採用すればいいと思うんだが。

418 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 17:47
>>417
それは選考委員の言う台詞であって、
最終選考に残すかどうかは、私企業たる出版社に勤務する編集員が決めることだ。

419 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 22:00
織田信長

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり」
(人間の一生は五十年、この世の営みに比べれば、人生などほんの一瞬のまどろみに過ぎない、夢幻のごとくはかないものである)

「死のうは一定、しのび草には何をしよぞ。一定かたりをこすよの」
(人生たった一度。後世の語り草となるような何かを成しとげたいものだ)


     信長再臨・「平成三十年」
     http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/

420 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 01:00
今回のは気合入れて書いてて、これは良いのができるぞって思ってたのに、
書き終わって読み返してみると、まるでラノベのようだ。。。

421 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 02:46
>>420
内容がラノベなの?
よかったら軽くプロット云ってみて。
それとも文体が緩いとか?
これは硬度を上げればいいだけかと。

422 :sage:04/03/11 03:43
22歳で早慶生なら、すばるでいいのかな?
120枚くらいしかないけど。

423 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 04:16
ha?
baka?

424 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 04:28
女ならいいけど、男なら新潮にしといた方がいいかもね。

425 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 05:24
>>424
何で?

426 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 11:22
他の出版社は若い女性の受賞が多い。
したがって男は受賞しにくい。

427 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 17:45
新潮が女を受賞させた過去はないのですか?

428 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 22:21
いくらでもあると思う。
特に文學界新人賞とW受賞だった人は有名。
というかその人しか生き残ってないがな。

429 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 00:04
鼻がでかくなっていき火山となり噴火する話で受賞した人が
それっきりで消えている。
だったらそんな話を受賞させんなや。
むちゃくちゃでっせ。

430 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 00:05
>>428
誰?

431 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 00:34
>>430
米谷ふみ子。ついでに言えば芥川賞も含めてトリプル受賞だよ。


432 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 00:38
>>431
すげーな。じゃあ俺もそれになるわ!

433 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 02:08
みんなそうすればいいのにね!

434 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:36
選考委員は新潮が一番多様性がある。
特に外国文学に素養のある沼野氏がいるのが心強いな。
もっともファイナリストになるのは、
どの賞でも大変なことなのだが……

435 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 18:08
「刀」読み終わりました。
ちょっと飛ばし読みしちゃいましたが、
全体的に見ておもしろかったです。
なんと言いますか、人のプライバシー覗いた感じで。
ナナが出てくるところばかり注目して読みました。
単行本買おうとは残念ながら思いませんでしたけど。
あ、でも作家としての苦悩を学びました。読んで良かったです。
みなさんもどうぞ^^。

436 :名無し物書きちゃん:04/03/14 02:57
ためし深川

437 :名無し物書き@推敲中?:04/03/16 04:44
>>418

じゃあ選考委員なんてわざわざ雇うの辞めたら(藁)

438 :名無し物書き@推敲中?:04/03/16 17:47
>>437
賞に箔を付けるためと、
売れない作家への救済策の一環。

439 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 00:06
新潮ってここんとこ50枚以下の短い作品受賞してないね。
やっぱ新潮と言えど本にする事を意識するか。


440 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 01:21
本になるならないの基準って何かあるの?
前回賞取った二作はまだなってないよね

441 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 05:45
家畜の朝なんて130枚だし、それほど長くはない。
一応、芥川賞候補にならないと単行本化はしないみたい。

442 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 13:16
>>439
短篇の方が完成度上げるの難しいからじゃないかな。
さっさと一次の発表してほしい。

443 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 21:25
>439
一次の発表って…まだ締め切ってもいないのに。

444 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 15:36
短編可、を短編集も可、に曲解しても良いんだろうか。

445 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 15:55
そりゃ250枚以内ならいいんじゃない。

446 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 16:05
じゃあ、送ってみます。
二〇枚前後の短編、やり場がなくて溜まりに溜まっているので。

447 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 16:31
日本ファンタジーノベル大賞の前々回の受賞作が、
「ショート・ストーリーズ」といって同じような構成。
短編の集まりが一つの作品を築き上げている。
新潮社から一昨年出版されているだけに、
「またか」と思われ評価が下がること、請け合いである。


448 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 16:59
そうか……。でも、構成としては二番煎じになったとしても、内容的には「またか」
とは思われない自信がある。良い悪いは別として。いやそもそもファンタジーノベル
と純文学の内容が被る、なんていうこと自体ありえないか。
忠告サンクス。心得つつも敢行致します。

449 :名無し物書き@推敲中?:04/03/22 11:13
20枚くらいって素人には本当に難しいと思う。
短篇ならせめて50枚はないと厳しいな。
20枚だとどうしても陳腐になりがちだし。

450 :名無し物書き@推敲中?:04/03/22 22:43
プロになる積もりなんだったら、素人には難しい、なんて言っていられないと思う。……いや嘘ごめん、調子に乗りすぎた。
短編を書こうと思ったら、大抵一〇〇枚前後になるのだけれど、偶に二〇枚くらいのが出来上がる。そういうのって短いだけに表現やら語感やらの
完成度はかなり高められるんだけど、確かに上滑りしていて陳腐さは拭えないかもしれない。どちらにしても内容の詰め込みが売りだから、下手に
引き伸ばすわけにもいかないし、そうなると二〇枚の短編を送るのに丁度良い文学賞もないしで、結局は持て余すことになる。
だからと言ってそういった代物を新潮に送りつけるのは無謀だろうか。

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)