5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文章を書くのが苦手な作家をあげるスレ

1 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 01:50
こいつの文章クソすぎ、俺のほうが上手く書ける、という作家がいるはず

2 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 01:56
2もらっとくぞ

3 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 01:59
逆にうまいやつが見当たらんわ

4 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 02:35
下手とかの次元を超えてます。Yoshiとかいう人。
わざと書いてるのか、と思ってしまうほど。
とくに「」『』を使い分けて、話者の違いを出すなんて……、ひどい。
これが何十万部だか売れてしまうんですね……。

http://www.zavn.net/act.1/act1_2.html



5 :こんな感じ:03/09/19 02:36
第3話

目がさめた!健二は横でまだ寝てるあそこがヒリヒリする。
シャワーをあびて学校に行くことにした。アユの学校は商業学校だ。
アユは中学時代トップの成績だった。特別勉強しなくてもいつもテストはとれた。
進路のことも担任が「もったいない」と言いつづけた。

アユがその学校を選んだのは、学校にいかなくても卒業できると聞いたから。
学校は「たるい」と思っている。外に出た。もう昼だ。

あっ昨日のおばあちゃんだ。
おばあちゃんが『こんにちは』とにっこり笑って言った。
「こんちは」
『学校かい?』
「うん」
『頑張ってね』
「えっ、うん」
なんかどう答えていいのか戸惑った。それだけ言って何か土に埋め始めた。
「何うめてんの?」アユは人見知りをする。



6 :こんな感じ:03/09/19 02:37
でもなんかこのおばあちゃんだけは話しやすかった。
『花の種よ、きれいな花が咲くのよ』とカワイイ目をして笑った。
「自分で育てんの?」
『そうよ』
「買えばいじゃん」
あばあちゃんは何も言わず、笑って言った。
『お名前は?』
「アユ」
『そうかい咲いたらアユちゃんにあげようね』『学校いかなくて平気かい?』
ボーっとしてるアユに言った。
「うん行く、バイバイ」
『がんばってね』
アユは思った「何頑張るんだろう」

でも言わず学校に向かった。

7 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 04:16
>>4
「数値をまるっこ本当だとする」ならば、
・ギリギリまで表現を削る(風景描写とか)
・対象とする読者は、明示的に文章中の話者が変わったと
指示しなければ、話者が切り替わったと分からない人間だと
作者は思っておくこと
・ぢょしこーせー辺りの会話内容をメモっておくとか
月刊誌の内容をメチャクチャ参照しておくとかで
文章中の会話内容をそれっぽく仕立て上げておくこと
が、売れた要因になるんだろうな。

ただ、あの数値を鵜呑みにして良いのかどうか正直分からない。
本当に販売本数と数値が分かるのは向こうだけであって、
俺達には絶対に分かるわきゃないのだ。
自費出版だから書店やコンビニで並ぶわけがないし、ランキングで
人気が証明されないような気がするわけだが、どうだろう?
「日経」に取り上げられた、は人気の証明にならない。
記事になることと、購読者が多いことは必ずしも有機連環しない。

1000万アクセスっつったら、個人では「必ずトクする今日の一言」
レベルの内容がいるはずなんだが……。
俺にはぢょしこーせーの月刊誌の内容を引き写したようにしか見えなかった。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)