5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●文學界新人賞に応募 第13章●●●

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 16:11

          人
         (___)
         (___)
  (○)   (∀・,,  )  ユメヲ ソダテテ
  ヽ|〃    (∩∩  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 16:11
前スレ

●●●文學界新人賞に応募 第12章●●●
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1069493192/


3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 16:17
>>1



4 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 18:20
地方文学スレは隔離病棟だな。

5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 18:28
新スレきた!前スレは アンポンタンにやられたからなあ。

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:39
立てるのはいいが、応募要綱くらい書けよ。

>>4
荒らしてるの君だったのね。相手してあげなくてごめんね。

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:57
まあせっかく立ったし上げとくか。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:59
>>6
応募要項なんぞ、文学界の一冊でも買えばわかることだ。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:00
情報欲しさじゃなくて、スレの看板として格好つけたいわけだがや。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:02
>>9
地方文学スレに行け!

11 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:04
やなこった。
あんなとこに行くくらいならアンナヌードで一発抜いた方がましじゃ。ぼけ。

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:08
清水博子は文學界の最終で落ちたがすばるで通った。
蒔岡雪子はすばるの最終で落ちたが文學界で通った。

人生いろいろ。
人生えろえろ。
エロテロリスト・インリン・オブ・ジョイトイ

13 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:55
自作自演の中の人も大変だな。まずは一次通過するところから
はじめようか。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 00:21
ううう、まだ文學界で一次通過したことないのです。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 00:48
>>14
一回や二回の落選で泣くなよ。
それくらいはまああることだよ。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 04:20
つうかどちらか削除以来出せよ。
創作板と文学板の両方にあるだけでも毎回受賞作が決まって祭りになるたびに
面倒なのに。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 07:52
もうひとつのスレ(後から立った方)を気にしてるのはお前だけ。>>16

18 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 08:31
>>16
新人賞応募スレなのだから、創作文芸板にあるのが本筋だと思う。

19 :18:04/01/06 08:33
>>16
教えたんだから、自分でやってね。
俺は二つあってもかまわない。

20 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 11:45
>>18
ばーか!その創作版に二つあるのじゃ。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 11:57
>>1-20
バカばっかりだな・・・

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 12:23
馬鹿になれた奴が楽しめる。
馬鹿になれない奴は酒におぼれて身を潰す。
適度に馬鹿になれなきゃ。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 12:31
つーか、真の馬鹿スレは、現在ひとつ上にあるスレじゃ。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 12:33
>>20
良く読め、馬鹿はおまえだ。

>>16
>創作板と文学板の両方にあるだけでも毎回受賞作が決まって祭りになるたびに
>面倒なのに。




25 :24:04/01/06 12:37
>>20
今見た、そういうことになっていたのか。

>>24 のレスは撤回する。すまそ。

26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 13:23
自演してまで馬鹿に見られたいのか。

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 14:19
ごたごたしてな。
文學界2月号が明日発売かと思ったら、もう本屋に並んでるがな。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 15:27
>>1-27のうち、23レスが自作自演

29 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 15:28
「所ジョージの悲劇」

30 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 17:32
>>29
どんな悲劇にあったんだ。
脱色したわいいけど禿げが進行したとか。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 21:04
>>26
その通りだ。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 22:13
>>30
その通りだ。

33 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 10:13
長嶋有が初の長編に挑戦。

34 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 12:07
自殺志願者は作家になれますか?

35 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 12:17
なれます。誰でもなれます。俺だってなるんだい!

36 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 17:14
保坂の小説書き方本を読めば少なくとも新人賞くらいは突破できると保坂が言ってます。

37 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 17:33
本を売るためなら、もうどんな嘘をついても平気なのですね。

38 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 18:35
そのくらい出し惜しみせずに毎回体当たりで書いてるのさ。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 22:14
あぁ。
やっぱりこっちが本スレになっちゃったのか。わはは。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 22:18
両方 糞スレだから安心するのはまだ早い

41 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 22:55
>>36
そんな嘘、ちょっと考えたら分かる。

仮に1000人の作家志望者が保坂の本を買ったとする。
(実際そのくらいは売れただろ)
ところが新人賞を突破できる人数はそれまでと変わらないわけだから、
彼の本を読めば「少なくとも新人賞くらい突破できる」なんてことはありえない。

42 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 00:00
>>41
マジレスカコワルイ

43 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 00:12
>>42
しまった、みんなネタでやっていたのか。
このスレは難しいね。

44 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 02:36
保坂もザビエル禿げだから。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 05:32
あのザビエル禿げはいろんなことを許せる

46 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 08:41
でもあんまり生意気だと名亜

47 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 09:11
新潮には出したくなくなったのは事実。
町田もいることだしな。

48 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 12:00
いとやんが新潮の方で候補になってるがな。
文藝出身の中村が文學界で候補になるし、変な組み合わせだ。
今回の芥川賞。

49 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 12:38
ハンゴンタンが芥川賞候補になってねえじゃんか。
文學界に応募した1898人の代表をなめてんのか、この野郎!

50 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:09
芥川賞候補にならなかった文學界新人賞はつらい。

51 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:10
>>50
具体的には?

52 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:13
>>51
ん?
何を聞いているのかな?
よくわからないので詳しく質問してください。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:14
スマソ
芥川賞候補にならなかった文學界新人の行方はどうなるのw
干されてまうのかな?

54 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:18
>>53
ああ、そういうことか。別に干されはしないよ。
セールスもかけられないけど。
前回の吉村さんは文學界の受賞作が候補にならなかったけど
三作目で漸く候補になれて一発で芥川賞をとれた。
しかし
文學界受賞後から没の連発でハリガネムシが載るまでが地獄だったようだ。
ハンゴンタンの作者も
同じ道を辿るのは必死で、非常に厳しい。
他にもそういう人はたくさんいるし、中には文學界新人賞受賞作を
河出書房から出版した人もいるくらい
文學界に次に掲載されるためのハードルは高い。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:29
>>54
thx
うむう。
ハソゴソタソ作者も一発で終りぽでつね。

56 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 19:24
おまいら暗すぎます。明るくいきませう。

57 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 19:30
次の文学界新人賞&芥川賞受賞は、そこの君かも知れない!

58 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 21:19
文学界より他の新人賞の方がいいんじゃね?
群像昴文芸と受賞作の単行本でてんのに、
ハンボンタンほっとかれぱなしじゃん。

59 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 21:44
そうやって話を暗い方向に。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 22:25
>>58
すばるや文藝は元々話題性もあるし、生粋の純文というより
半分エンタメの方法論と業界人脈も入ってるから扱いも待遇も良いかもしれんが、
群像なんて本でても売れないし悲惨だろ?
やっぱり幾ら芥川賞に絡めなければ無名のまま消える運命って言われてても、
総合で文学界>>新潮=群像じゃない?
まあ、芥川賞貰っても喰えない奴も多いって言われたらそれまでだけど・・・。


61 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 08:28
age

62 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 09:21
>>61
滑稽だね、君は。
レス時間はずらしたほうがいいよ(藁

63 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 10:41
ハンゴンタンがスルーされてしまったのは、やはり寂しいものだ。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:45
ハンゴンタンでも飲んで気を静めなされ

65 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:45
清水博子だって婚前飽食で文學界最終選考落ちてまんがな。

66 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 21:39
石原が不満なので次回は男性です

67 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 21:51
はい、ハンゴンタン。

      ○○○○○○○
     ○○○○○○○○
     ○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○
○○○○○○○○

これくらい飲めば眠たくなってくるよ


68 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 21:52
あっ、激しくずれた…。
まっ、いっか。

飲むときは呪文も忘れずにね。

69 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 22:14
こちこちうんこ、ふんにょうふにゅう

70 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 07:13
ハンゴンタンの作者は相当頑張らねば生き残れないことを文春からたたきつけられた結果となった。
文學界新人賞を受賞して芥川賞をとれなくても活躍している作家は多い。
しかし芥川賞候補にもしてもらえなくて活躍している作家はいない。

71 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 13:03
なんとか頑張って芥川賞候補にならにゃ。
都築みたいに受賞第一作も出ないんじゃ辛い。

72 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 15:15
もうすでに由真直人はそうなる運命か、編集部よ、見捨てないでやってくれ。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 15:27
応募するのが嫌になってくるな・・・・・・・・・

74 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 09:44
こんなことならハンゴンタンを最終候補に残すなと言いたい。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 13:23
文學界12月号を手に取るとハンゴンタンの次にぐるぐるまわるすべり台が載っている。
文藝賞作家の方を評価する文學界編集部に?

76 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 13:39
だけど、ハンゴンタン読んだ後に、ぐるぐるまわるを続けて
読んだら、「やっぱり既成作家と新人てこんなに力の
差があるのか〜」と思ったけどね。
文章力、表現力、テーマなどなど、すべてにおいて
中村航のほうが明らかに上だとわたしは思った。
差は歴然としていた。
>71
都築さんは一応受賞第一作出てるよ。
HPで書いてたよ。

77 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 17:43
http://betobetosan.hp.infoseek.co.jp/
これだね。都築さんのHP。
新人賞受賞の二年後に第一作が載るも、それから二年また沈黙。
でも作品は量産してるみたいだね。痛い。
絲山さんみたいな出世魚はめったに出てこないのだなあ。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 17:47
出世魚じゃなくて出世頭と書きたかったんだと思う。

79 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 17:56
まあめでてえからいいや

80 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:22
出世魚という言葉は確かにあるぞ。
ぶり? 違ったっけか?

81 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:24
絲山はただのペンネームであって、
出世により名前を変えたんじゃあるまい。

82 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:36
>>77
新人賞受賞者にもいろんな人がいるんだね。


83 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:37
んなこたあ言っとらん!

84 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:41
どうでもいいことで揉めてるな。
西平秋子さんがどうかしたか?

85 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:47
そうそう、どうでもいいのよ、そんなこた。
でもナニゲに都築さん、好感持てるんだけど。
ひろくん。

86 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:56
ホモ小説だよ、うほっ

87 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 19:57
ふと考えるんだが、受賞できたとして、
1年に何作書かねばならないのかな?
200枚程度の小説だと年に3本位しか書けそうにないんだけど。
それじゃ、原稿料だけで食べていくのはつらそうだし。

88 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 20:32
>>87
馬鹿野郎。
年に3冊単行本が出て、各々100万部。
一冊1000円として、印税テンパーセント。
計算分かるか、300万×100円だ。
それだけで年収三億円だぞ。

個人事務所を今からつくっておけよ、うらやましいぞ馬鹿野郎。

89 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 20:34
笙野頼子タソで年収300万だってさ。

90 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 20:40
>>88
200枚×3でやっと1冊出せるかどうかだよ。
たぶん君は釣りじゃなくて本気で言っているようなので、
つい老婆心から注意してあげたくなりました。

91 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 21:16
あのさ、純文学の単行本って5000部とか6000部の世界なのよ。
年に1冊だったら、印税60万円。月で割ると5万円。
それでみんないろいろな仕事をして食いつないでいるわけなのよ。

野垂れ死にする覚悟がなかったら、純文学なんて書いちゃだめだよ。
まして >>88 みたいな香具師は顔を洗って出直しだな。

92 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :04/01/13 00:51
笙野よりたんが年収300万じゃ、ずいぶん辛い世界だね。
エンタメならプロ野球の三番打者くらいいけると石田衣良が言っていた。
やっぱ食えないと厳しい。

絲山秋子 「海の仙人」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/57
金原ひとみ 「蛇にピアス」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/48
島本理生 「生まれる森」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/49
中村航 「ぐるぐるまわるすべり台」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/51
綿矢りさ 「蹴りたい背中」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/53


93 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 08:00
>>90
>>91


釣られた香具師ら。

94 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 10:42
88=93
必死だね。顔は洗ったのかい?フフフ

95 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 11:25

釣られた香具師。

96 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 11:26
釣られた香具師。


97 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 15:09
やっぱり文學界が好き♥

98 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 15:50
やっぱり女好き

99 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 17:24
「純文学」の定義というかそこまで厳密でなくても
「この作品は純文学だな」「これは純文学とはいえない」って
多くの人が思う一般的な基準はどんなもんでしょう?

最低限この要素は外せない、みたいなものがあればお願いします。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 17:29
文学界の同人誌評で読んだ定義だが。。。
「自分のために書き、面白くないのが純文学」

101 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 18:46
図がずれてないといいが。
一般人のイメージを集合で表すと、こんな感じになるんじゃないか?
ある意味、どの要素がかけても、純文学と評価されうる。
だから、一つの定義では記述できない。

┌────────┐
┌────────┐    │
│        │   │        │
│  前衛   │   │妥協しない │
│     ┌────────┐ │
│ │  │     │ │
└────────┘ │ │
│ └────────┘
│    まじめ    │
│            │
└────────┘


102 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 18:48
げっ、ずれまくり。しょぼん。
しかたない。光や色の三要素の図を思い浮かべてくれ。

103 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/13 18:51
>>99
エンタメと純文学の違い。
形式の問題だとは思うんですが。

最低限の要素……
純文学-概念の破壊
エンタメ-概念の共有

かなり大幅に勘違いしていると思われます。

104 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/13 18:51
>>103
あ、いや、私自身が、です。

105 :こんな感じ?:04/01/13 19:03
    ┌──────────┐
┌───────-┐       .│
│           │       │
│  前衛      │妥協しない.│
│.┌────────┐  .  │
│.│ .│        ││   . │
└────────┘│    .│
 .│ .└──────────┘
 .│ まじめ       │
 .│            │
 .└────────┘

106 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 19:28
>>105
サンクス。そんな感じ。

ある人は、妥協しないのが純文学と考えて、
また、ある人は、前衛と考える。
他方、妥協しないで、まじめな主題を取り上げるのが
純文学と考える人もいる。
そして、どの要素でも、一つだけでは、
一般的に純文学に分類されてる小説をカバーできない。
当てはまらない小説がでてきてしまう。

・・・と思ったんだが。



107 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/01/13 19:33
こんなのが読みたかったんだよな、が大衆文学。
よくこんなのが書けるよなあ、が純文学。

108 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 19:35
暇つぶしが大衆文学。
人生が純文学。

109 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 19:40
うまいなあ。。。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 19:46
・・・某芥川賞作家は
文壇・世間で賛美されるのがエンタメ
文壇・世間で哀れまれるのが純文
って言ってたよ。。

111 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 20:53
君たち、純文学とは、ヤオイだよ。


112 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 23:54
文學界に載った作品が純文学なのであって
純文学作品が先にあるわけではない。

113 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 02:49
んなこたあない

114 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 03:02
江国香織とか椎名誠とかの小説が載っているけど、
文学界の読者はそうした書き手を期待してるのかな?
わしはそうではないのだが。

115 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 03:21
新人賞を受賞したとして、出版社から相手にされるのは一年だそうだ。

116 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 03:22
何度も新人賞を取ればいい。

117 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 03:32
それ以降は自分で出版社探せということでつか。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 09:27
でも、純文出身で他分野の仕事取れるのだろーか・・。
業界需要自体低いし、待遇や筆料も極めて低いと聞くが・・。



119 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 09:47
景気の悪い話ばかりだな

120 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 14:37
社会全体の景気がよくて、出版社も潤っているなら、純文学にも金が回る。
原稿料も高くなるし、単行本も次々に出せる。
今、懸賞小説を通さずに文芸誌デビューした作家で、芥川賞候補にも
ならないようなら、まず単行本は出せない。
これがバブルの頃ならみんな単行本が出せていた。
懸賞小説の受賞作を発売するのも当たり前だった。
厳しい世相だ。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 14:58
なんか音楽業界と似てるようで全然違うな・・・

アマ作家の場合一般人に対する発表の場がかなり限られてそうだし、
アマ作家同士の横の繋がりが薄いというか。
国際性も低いし。



英語で文章書ける訓練しようかな・・・

122 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 21:21
>>121
そこら辺はアメリカも同じ。日本の純文学に相当する、
「シリアスなフィクション」というジャンルの作家は、
大学の創作科で教えたりして生計を立ててる。

ちなみに、イギリスは英詩の国。
小説は2つも3つも低いジャンルの芸術とされてる。


123 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 21:53
小説ってのは娯楽であるべきだ。
芸術的な娯楽である純文学もあって、そこは保護しましょうかってことでしょうに。

124 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:19
欧米は出版社からして、エンタメとシリアス系は違うからな。
日本みたいに同じ出版社が2系統の雑誌を抱えて、
2つの文壇を形成しているところなんて、
世界広といえども他にないだろう。


125 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:23
欧米と日本がお前の世界のすべてか。。。アホ

126 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:44
>>125
よく読めよ。
世界広の中から欧米と日本以外の国々を排除していないだろ。

127 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:47
>>126
ガキの言い訳。アホ

128 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:51
>>127
ガキに日本語を教えられ……

129 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 22:59
作家が様々な出版社から本を出すのも日本特有らしいね。

130 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 23:04
欧米では(と書くとまた怒られかな?)エージェントが発達していて、
売れる作家は普通独占契約を結ぶからね。

131 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 00:22
いまの日本は、大卒とそれ以外の割合が4:6という高水準(確か・・)。
だから、(1)多くの人間が本が読める。
しかし、(2)本を読む人間の素養が低い(数が多いから相対的に)。
その結果、その層を対象にしたエンタメがむちゃくちゃのさばる。

それに対して、大卒とその割合が極端になると、
(1)本を読める人間がすくない。
だから、(2)本を読む人間の素養が高い(数がすくないから)
その結果、エンタメ系を読むことは恥になる。

実際、新聞社の文化部にいた知人の親父さんに聞いたら、
日本でも、大昔は「愛読書は?」と聞かれて、
大衆文学をあげると、馬鹿にされていたらしい。

132 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 05:17
でも文学っていつの時代でも大衆のものだったんじゃないかねえ。
そんな気がする朝だった。

133 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 07:15
いつの時代でも・・・といわれても
大衆という階層が存在しはじめたのは大正時代からですが何か?

134 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 08:00
散文、というか小説という新しいジャンルととともに
大衆は出現したのでした。

135 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 08:20
大衆文化ってのは江戸時代からあったけどね。

136 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 08:26
庶民に置き換えれば、「センセイ」はきっと満足。

137 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 12:21
芥川賞候補まだ読んでない人はこの梗概くらい見ときなよ。

絲山秋子 「海の仙人」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/57
金原ひとみ 「蛇にピアス」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/48
島本理生 「生まれる森」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/49
中村航 「ぐるぐるまわるすべり台」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/51
綿矢りさ 「蹴りたい背中」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/53


138 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 13:29
糸山〜綿矢は自分の身の回りのことしか書いてないように思えるのだが。

糸山→都会はつかれるから、否かでひっそり暮らしたい。
金原→同棲相手と云々。ピアス。蛇舌などなど。
島本→早くセックスしたい。家庭がごちゃごちゃ。
綿矢→高校生ってたのしかったよね。
中村は知らん。

金原、島本はキャリアが長いから、
こんな作品ばかり書いて来たというのは容易に推測できる。
これからも金太郎飴のような作品を大量生産するのだろうか。

139 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 13:34
梗概だけで言えば、金原のものに興味を持った。

140 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 15:37
葉書まだ来ないんだけど

141 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 15:42
ちゃんと切手は貼ったか?

142 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:05
>>140
何のはがき?

143 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:10
応募作を受領した案内なら、一次通過作品にしか出されないよ。
これくらいのことは、文学界の応募要綱にはちゃんと書いてあるけどね。

144 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:11
葉書が来るのは集英社だけだよ。

145 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:14
年賀状のお返しが誰からも来ませんが何か?

146 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:18
もういいもん、ぷんすかぷん!

147 :140:04/01/15 16:43
そうでしたか。
安心しました。

148 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:53
いまごろ選考か。。。。。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:56
ん? 何? 
結局、一次通過者にはハガキで報せてくれるわけ?
……雑誌で発表あるから、あんまし意味ないと思うけど……。

150 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:59
自分が応募する新人賞の要綱を、
実際に雑誌を読んで確認しない馬鹿を適当にからかっているだけ。
買えとは言わない、せめて図書館でもいいから読め!

151 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 17:09
つーことは、葉書来たのは漏れだけか。

152 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 17:20
ネットにもあるんじゃないの?

153 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 17:33
>>152
ここは文学界のスレだからな。

154 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 18:01
テンプレで貼ってやりゃいいのに。

主要文学賞の要項まとめたページないのか?

ないなら作ってやるぞ。

155 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 18:31
>>154
http://www5a.biglobe.ne.jp/~bunyoko/syou/syou-index.html

156 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:03
もうプロフィール欄に「23歳 男性 職業:会社員」なんて
書いても賞は取れないってこったな。今回の芥川賞で
よく分かったよ。
6月の文學界には「1万23歳 中性 職業:悪魔」って書いて出すよ。
受賞したら顔写真は悪魔メイクで出すからよろしく。

157 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:14
それ、いただき!

158 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:18
オレは溶接用のフェイスマスクみたいなのに、
目のところに真空管貼り付けて記者会見に臨む。

159 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:22
ここにいる全員はりさちゃんの足元にも及ばないのか。君たちも無駄に生きてるね。

160 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:28
言われてみればそうだけど。

161 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:36
芥川賞は年齢だけじゃなくて、容姿も審査の対象になりました。
したがって、しゃくり顎の島本氏、年増の糸山氏は対象から除外されました。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:44
その頃、ハンゴンタンの作者は……

163 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:48
wataya!
否、warota!


164 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 22:01
綿矢は江国を尊敬してるそうな。
とすると、今回、江国は芥川と直木のダブル受賞ということでよろしいですか?

165 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 22:08
>>156のようなアイディアを真剣に検討する時期が来たのかもしれんな…。

166 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 23:15
あの二人が今回受賞した事で、不思議とこのスレにいる人間を見下したくなってきた。
どうしてだろうね。

167 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 00:31
そして今、ハンゴンタンの作者は……

168 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 01:53
放浪していることでしょう。

169 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:05
由真直人って若者が……

170 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:19
綿矢の受賞のコメントいいな。
>好きな作家は太宰治や村上春樹さん
できれば、吉本ばななも付け加えてほしかったところだ。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040116-00000148-mai-soci

171 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 19:26
ほんと子供だね、綿矢は。
これで大勢の少年少女が新人賞に応募して、その中にはマジでいい作品書いてくる奴がいるんでしょうな。


172 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 19:57
都知事もなんだかんだで、二人に△をつけているんだね。

173 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:38
>>172
講評とか採点とかわかるの?

174 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:40
詳しいのは文芸春秋が発売されないとわからない。

175 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 21:16
いつもなら受賞作が掲載された文藝春秋がたくさん売れるのだが
今回は二作とも既に単行本が発売されているので、効果は薄い。

176 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 21:30
文藝春秋一冊と単行本二冊では、どっちが高いの?

177 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 21:35
単行本二冊が高い

178 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:29
今回は、すごく講評が読みたい。
今週のSPA、福田氏の連載、賞予想ではないのね。楽しみにしてたのに。

179 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:42
ぶん。ぶん。ぶぶぶん。文藝春秋に選評のってるけ。

180 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 01:15
毎回載ってる。
石原慎太郎の酷評を是非見たい。

181 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 01:27
石原はどうせ全作に興味なしだろう。
金原はほぼ全員合意だそうな。いったい綿矢を支持した半数の選考委員とは誰なのか。
龍ではない。

182 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 02:36
あの太宰がとれなかった、とか
あの春樹が、あの島田が、あの源一郎が、あの阿部が
とか
とれなかった作家によって賞の価値が決まる。

183 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 02:48
まあ文學界が一番まともだな

184 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 03:53
>>182
取らせなかったことによって芥川賞の価値はどんどん下落してきたわけだが・・・
そんな落ち目な芥川賞に注目して受賞作の購入意志を表明してしまうのは
普段は文学なぞに縁のない生活をしている人たちだから
それはそれで商売として構わんのでしょうけど。

185 :綿矢りさ:04/01/17 03:56
おまえらが何をほざいても芥川賞は芥川賞なんだよw
いくら現実を曲解しても芥川賞はあたしのものなのさ
いいかげん認めろよ
あたしの才能と実力を
悔しいのはわかるけど陰口叩くのはよくないね
あははははは


186 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 07:54
お前ら読んでから言え。
それなりにおもしろいぞ。
少なくとも俺より文才はある。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 08:06
>>177
遅れちゃったけど、レスサンクス。

188 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 09:39
蹴りたい背中は光るものがあるよ。
日々の生活の中に人生をしっかりと見出している。
高校の緊張感も表現されていて素晴らしい。

189 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:03
俺は別に今回のような受賞もアリだと思うけど、

>>185みたいのは正直気持ち悪いな。脳内が
どうなってるのかちょっと覗いてみたい気もするが。

190 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:06
ニセの綿矢って、神シュガーだろ?

191 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:09
おい!こら!神チンカスよ。
いくら冗談でも、りさたむは名乗るな。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:11
>>185
あたしの才能と実力を
悔しいのはわかるけど陰口叩くのはよくないね

りさりす、文章おかしいよ。

193 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:15
倒置法

194 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:29
いくら豪華でも直木賞は、大衆流行文学。受賞作なんて10年後には忘れ去られる。
その点、芥川賞は半年後には作家自身が忘れ去られている。

195 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:49
まんこげつがサイトの日記で今回の芥川賞のこと書いてるね。
芥川賞でも金持ちになれるらしいぞ。

196 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 12:10
もうオラ書くの止める。もういいや。

197 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 14:40
文學界もなにげにモー娘。路線で行こうとしてないか・・・。

198 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 15:34
          人
         (___)
         (___)
  (○)   (∀・,,  )  ユメヲ ソダテテ
  ヽ|〃    (∩∩  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

199 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 21:31
大衆から支持されているので村上春樹さんや吉本ばななさんにも
ぜひ直木賞をあげてくださいね。

200 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 22:12
高源いわく、純文学者は、生活保護もらってるんだそう。

201 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 01:30
中国やフィンランドは作家の公務員制度があって、お給料もらって小説書いてるんだって。

202 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 03:03
小説家って家ってつくくらいだから、まがりなりも生計を立てられるわけだ。
でも詩では食えないから、詩人という。
飯が食えなきゃ家とはつけられない。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 04:03
しかしなんだな
こうしてまんじりと結果を待つのはえぐいのー

204 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 09:29
>>202

よくわからない理由だと思うけど。家がつくのと生計が立てられる
のは別問題。

205 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 09:34
浪費家とか?

206 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 09:54
>>193
氏ね。

>>197
何げじゃないね。あからさま。必死!

207 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 11:50
>>206
何が氏ねだよ。そんなものも見抜けないのに(r

208 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 14:21
ねぇ、直木賞の最年少っていくつ?
教えて。

209 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 14:22
>>208
作家になってからの話だよ
本出してなきゃ

210 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 15:18
浪費家も金があるから浪費できるんであって、充分食えてるな。
まあちょっとした言葉遊びなんだから、真理をつきつめられても困っちゃう。

211 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 16:14
つまり小説を書くってのは難しいことだ。

212 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 16:24
でも誰にでも書ける

213 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 18:40
どっちなの

214 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 20:12
どっち〜も

215 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 20:46
嫌がらせのように村上春樹さんには直木賞をあげてしまおうぜ!


216 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 20:54
ハルキはもうナオキいらないってさ。

217 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:15
テレビ東京で直木賞作家苦節の日々てのやってるな。
まあ関係ないけどな。

218 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:25
藤田って知らないだが、なんか豪華な暮らしをしてそうだな。
エンタメって、知らない作家でもいいくらしできるんだな。

219 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:33
エンタメとジュンブンじゃ初版の数がヒトケタ違うからなあ。
ジュンブンが3000部ならエンタメは最低でも2万は行く。

220 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:59
てきとーなこといっちゃって

221 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 22:50
おちんちんキッス

222 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:27
もうすぐバレンタインデー。
りさたんは誰に上げるの?

223 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:31
社交辞令でフェラチオ!?

224 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:40
人気、収入、文壇地位は
完全エンタメ作家>>純文作家だからな・・・。
ついでに原稿一枚二、三千円だぁ(泣

225 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:40
いとやんも大変

226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:49
文芸誌にものを書いてもたがが知れてる。
やっぱ売れてる雑誌になんでもいいから書けば金になる。

227 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:51
お前ら、金のために小説書いてるんか?

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:52
金になったことが一度もない(泣)

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 23:58
イッツをたくさん買って、
絲山先生に夢の印税生活をプレゼント
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/9882/book.html

230 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 00:12
>>224
まじで一枚2〜3000円かぁ?
知人のエンタメ作家(三流・無名)でさえ、
原稿用紙2枚程度の物語で10万円の仕事が来るというのに。

231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 00:30
だめぽってのはだめっぽいってことか。

232 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 00:33
そのころハンゴンタンの作者は……

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 01:07
由真直人はいずこへ

234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 01:16
アフガニスタン共和国

235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 04:04
まあなんだ、文學界新人賞に応募。

236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 17:35
文春って会社も厳しいなあ。どうして由真を候補にしてやらん。
なぜに絲山は過大評価する。
やっぱ世間は厳しい。

237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 18:43
文學界に綿矢が次回作書くって話、本当だろうか・・

238 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:29
次の賞には、
綿やの二匹目のドジョウを狙う女子高生、女子中学生たちが大挙する模様

239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 20:09
>>230

そんなにもらえるかな?一枚500から1000円ぐらいでしょ。

対談とかでも、村上春樹のエッセイにあるけど、ギャラなし。
そのかわり、普段よりちょっとよい夕食などが提供される。
これは80年代だから、もっと状況はきつくなっているはず。
物書き、特に純文で食おうなんて大きな間違い。
生活保護もらってる人もいるぐらいだから。

240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 21:16
まあ厳しい状況に違いないですな。

241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 21:19
やっぱ作家は自分の単行本が売れて印税で飯を食わなきゃいけないよね。

242 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 22:57
東野圭吾なんか80%が税金で持っていかれてしまうので困ってしまう。
離婚した妻はどう思うか。離婚した途端、売れた東野。

243 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:10
東野の奥さんも困っただろう。
会社勤めの夫が仕事を辞め、貧乏作家に転落。
しつこく十数年も支え続けたのに離婚。
そして離婚した途端、東野ブレイク。

244 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:20
うーん、確かにsageまんのレッテル貼られたようなものだからな。

245 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:31
応募先あたりは記載してよん。

246 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:43
>>243
離婚したなんて知らなかった。
女子高の非常勤講師だったんだよね、奥さんて。
それからは東野圭吾は結婚してねーの?

247 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 01:00
東野さんは猫と結婚しました。横須賀に隠居。
純文学作家と違って金があるんだから、都心に住んでもいいのに、引っ越さないのは
飼い猫たちが横須賀の自然に慣れ親しんでいるから。

248 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 01:20
へー、やっぱり作家って変わり者なんだなあ。
ねえ、ハニー?

249 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 01:58
東野のように苦節十何年で売れることができたのは、実はバブルのおかげ。
バブル経済じゃなかったら、とっくに筆を折っていただろう。
あの頃の新人は恵まれていた。

250 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 02:23
文學界の選考はどうなったやら。
下読みに回されない四分の一は決定したかな。
四分の三は下読みさんが必死に読んでくれてるのかな。

251 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 02:26
最終候補にまた残らないかなー。まぐれでも

252 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 03:04
赤井さん?

253 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 03:14
赤井さんも初っ端ですばるの最終に残ってから、全然駄目だね。
吉野も今回は残ったが、次回また残るのは厳しいだろう。
誰にとっても難しいよ。

254 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 04:53
由真直人ってもう二度と表舞台に立たないのかも。

255 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 10:51
赤井さんって文学界もねらってるんですか。

256 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 14:59
編集長の細井さん、替わっちゃったんだ? 最低だなー

誰か業界関係者の方で、
現『文学界』編集部のメンツを知ってる人いませんか?

257 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 15:49
俺も知りてぇ

別に賄賂贈る気はないけどな

258 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 18:40
細井時代は文學界新人賞から芥川賞にぽんぽん受賞者を出すことができた。
その前が燦燦たる状況だっただけに評価に値するかもしれない。
やっぱ他の文芸誌の新人賞でデビューしたのを引っ張ってきて
文學界で芥川賞とらせるだけじゃ、ちょっと脳がないかもね。
でもいいけどね。

259 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 21:30
細井はアイデアマンだったからなぁ

現編集部、私も知りたいですw

260 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 22:26
編集部って言っても、編集長と副編集長と平部員が三人の計五人だけどね。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 22:30
>>253
俺もそんな感じ。最初が最終、あとはだめだめ。
なんか意識しだして技巧的になると駄目だね。
思うにこの世界、ぽんぽんぽんと勢いよく階段を上がっていく人じゃないとダメなんだと思う。
新人賞なんかで「苦節ん十年」やってちゃどうしようもないってこったよ。

262 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 22:31
五人の名前を指してくれーーーー

263 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 00:11
>別に賄賂贈る気はないけどな
ドラえもんの道具で『Yロウ』ってあったな。

264 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:47
質問ですが、文学界で最終に残った場合、
事前に連絡とかはあるんでしょうか?

265 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:54
3月の20日過ぎに電話があるよ。

266 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 18:42
>265
どうも!

267 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:01
自分で言うのもなんだけど、久しぶりに文学界新人賞に出した原稿を読み直したら
意外に良く出来た作品で、ちょっと泣けたw
とりたいな、文学界新人賞。綿矢さんや金原さんや島本さんには負けたくないなぁ。

268 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:19
>>265
電話だけ? 書面とかはないの?

269 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:20
と言う事は、知らないやつからの着信は無視している漏れは……

270 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:23
>>269
とぅるるるるうるる
ガチャ
「漏れ漏れ!」

271 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:44
泣ける作品かあー、、そういうのがいいんだろか。
オラのは独りよがりの作品なんだよにゃあ。

272 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 18:23
>>267
今回の芥川賞がらみの騒動で色々な意見が出てるけど、
あなたみたいに素直に羨ましがっている人は、
何だか2ちゃんにおいては人間の品位みたいなのを感じるよ。

週刊朝日によると萩原葉子(83)は、
「私も頑張らなきゃ」と思ったそうで、それを読んだ時の爽快感に似てる。

おれも実は応募してるんで、一番応援してるのは自分なんだけど、
>>267も応援したくなる。

273 :267:04/01/22 22:21
>>271
私の場合、作品が感動的というよりは、努力の跡が痛々しくて泣けてくるんですw
純文だから、多かれ少なかれ独りよがりな部分があるのは仕方ありませんよ。
それを踏まえた上で、どれだけ客観的な視点に踏み込めるかが課題だと思うけど、これが難しいんだ…。
>>272
いやぁ…そう言ってもらえるのは嬉しいんですけど、
私の中にももちろん彼女たちへの嫉妬心はありますよ。ドロドロしてて醜い感情も。
でも、そこを乗り越えた先にイイものができるのなら、指くわえて見てるわけにはいかないし。
私は三人娘とタメだけど、彼女達の二番煎じにはならないように日々精進するのみです。
自分にしか書けないものがあると信じて、頑張りましょうね。

274 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 22:27
懸賞小説突破も難しいものだ。
多くの作家のヒット作や文学賞受賞作が、実はデビュー前に書いていた
懸賞小説落選作だというのはよくある話だ。
しつこく狙い続けるより他あるまい。

275 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 23:09
>>273
客観的視点は必要?
主観的視点で十分だと思うのだが。
炭素でさえ純化して生成すれば、グラスファイバーやダイヤになるように、
主観的視点も純化すれば硬度の作品性を保てると思うのだが。

276 :267:04/01/22 23:15
>>275
あくまで自分の中に、客観的視点を拵えるという意味です。
変な言い方をしてごめんなさい。
全く見知らぬ他人が読んだときはどうなのかな、って常に考えて書くってことです。
文章の中には主観的視点が確立していればそれでいいと思います。


277 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 23:31
純文学小説と普通の?小説って、
何がどう違うの?すみません部外者です。
ふと思ったもんで。どなたか心優しい方教えてください。

278 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 00:52
物語が書いてあるのが「普通の」大衆文学。
人間が描いてあるのが純文学。
決めるのは、作者じゃなくて、読者。
色んな見方や考え方があるけど、僕の意見はこんな感じ。
でも今はその境目が極めて曖昧だと思う。

279 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 01:06
>>277
大衆に読まれているのが、「大衆文学」
大衆に読まれてないのが、「純文学」
と辞書に書いてあって愕然。

ひとそれぞれでしょうが、
文字を使った芸術が「純文学」
物語性が強いものが「大衆文学」
と思ってますた。

280 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 03:03
ちょっと面白いから辞書引いてみました。

純文学…純粋に芸術性を目的とする文芸作品
大衆文学…大衆の喜ぶ、娯楽的読み物として作られた文学

まぁ、色々な捉え方があるのかと思うが、>>278の意見に同意。
カルチュラル・スタディーズなんかでも「読みの多様性」なんてことが言われてるし、
そもそも大衆なんて存在しないわけだしな。ある作品を多くの人が読んで初めて大衆が出来るのかと。
さらにいうと、芸術って概念にまで踏みこまなければいけないわけで、本一冊出せるテーマですな。


281 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 03:28
東野圭吾って、大学卒業後にすぐ結婚した理由が、
恋愛なんかに無駄な時間をつかわず作家業に専念するためって言ってたような。


282 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 03:30
まじでか。
結婚された相手もちょっと可哀想かも。
東野さんは高校が私服で女の子達が非常にエロチックで毎日興奮していたそうな。
埼玉の新座に上京して(上玉か?)
安アパートでかつかつの生活。嫌だよな、嫁さんは。
大金持ちになった圭吾をどう見るか。

283 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 09:24
照れ隠しもまじってるかもよ。
作家の言ってる事を額面通りうけとるのはどうかしら?

284 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 10:40
なるほど〜、278様、279様、280様ありがとうございました。
深いですね〜。東野さんの話も出てますね、ちょっと聞き耳立ててます^^。
お邪魔いたしました。

285 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 10:44
作家にとっては結婚生活も単なる取材活動に過ぎないでしょう。
重松清みたいにファミリーベタベタの小説書かれるとバカにされたような気がする。


286 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 11:02
清水博子『ドゥードゥル』に「医者と結婚したのは小説書くためよ」
とほざく女が出てきます。
早稲田文芸出の小説家志望の女にはホントに居そうだが。

287 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 11:03
>>286
ヒロポンはどうして結婚しないの?

288 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 11:04
小説なんて暇なときに書く余技以上のものではないでしょう?
寿司が高級料理に成り下がってしまった以上の馬鹿馬鹿しさ。
ここいらで少しガス抜きをしないと本当にダメになってしまう。

289 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 11:09
早稲田の文芸専修に居る女も、すでにその年では余りメリットがないな。

290 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:21
>>289
結婚には有利なのかな?早稲田卒女って肩書きは。
>>287
言い寄る男が多過ぎるから、かどうかは知らないが結婚・出産とは無縁の
生涯を送ってほしいな清水には。で、適当に男つくりながら犬か猫を飼う。
素敵な生活。

291 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:44
ヒロポンは自分勝手だからペットは飼えないよ。
それに下北沢の狭い部屋に住んでるし。

292 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:47
トリビアかどうか分からんが・・・。

世の中から超絶して、髪の毛をむしりながら執筆するという、
一般的な作家のイメージは
フランスではフロベール、日本では芥川龍之介から始まる。
ちなみに、初めて職業的作家で名前を残す作品を書いたのは、
フランスではバルザック、日本では夏目漱石。
この時代の特色は新聞小説。
バルザックも夏目漱石も新聞小説で金を稼ぎ、有名になった。
そして、新聞の発行部数が飛躍的に増加したのも、
この新聞小説のおかげ。

293 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:56
>>291
亀飼ってます。
鳴かないし、狭いお部屋でも快適。たまに脱走して
ヒロコの蒲団のなかに入ってきます。

294 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:58
新聞社から金を取る、つまり間接的に搾取するわけだ。
同様に本を売る前に作品を売るのが成功の秘訣。
ただ良い作品というのは存在しない。
なにかのネタになって映画、テレビにならないとダメよ。
マンガでも良いけど原作は儲からない。

295 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:01
>>293
その亀の頭をよからぬところに入れたりしなければいいが。

296 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:06
っていうか、もし噛まれたらヒロポンのあそこが大惨事に。
これは危険だ。
もし同じ理由で亀をペットとして飼おうという女子がいたらやめろ。

297 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:32
荻野アンナって三田文学新人賞の選考委員もやってるんだね。
文学部の先生だっけ?


298 :297:04/01/23 15:33
スレ違い。スマソ。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:35
>>297
そうだよ、教授だよ。

300 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:47
荻野先生のダジャレには苦しめられました。
我慢できないんだねアレは。

301 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:59
化学兵器なみに国際機関で取り締まって欲しいよな。

302 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 16:00
荻野はしょうがないよ。
ラブレーの専門家だから。

303 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 23:54
落語の専門家だと思っていた。

304 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 03:12
早く三月になれ。

305 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 08:50
内密に・・・ですが
私が受賞するらしきことを伝えられました。
みなさん、ごめんなさい。悪く思わないでね。
(まるでデンパのような書き込みだな)
卑屈になったりせず
精進してくじけずがんばっていると
文学とは無関係かもしれないけれど
何かいいことに恵まれたりもするかもよ。

306 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 08:53
>>305
おめでとう!
やっぱりスレからプロの作家が生まれるのは嬉しいよ。
頑張ってね。

307 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 08:56
やったー! おめでとう!

308 :文学?無駄無駄 早稲田のコネのある奴以外は絶対に不可能だぜ ゲラ:04/01/24 09:17
タレントのタモリ(54)=本名・森田一義さん=が今月6日、東京・目黒区八雲の都道で車
を運転中に人身事故を起こしていたことが13日、分かった。碑文谷署によると、現場は信
号機がない交差点。同日午前10時50分ごろ、タモリ運転の乗用車が左折した際、2人乗
りのオートバイに接触。バイクに乗っていた男女が転倒し、自営業の男性(24)が足に
軽いけがをした。同署ではタモリに過失があった可能性もあるとして、近く事情を聴いた
上で書類送検する方針。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2000/05/14/04.html


309 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 09:18
いいなあ。軽く一年は遊んで暮らせるもん。

310 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 09:19
待て、ずいぶん昔の話じゃねえか!

311 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 09:58
>>305
とりあえずスタート地点に立てただけなのだから慢心は禁物だよ。
初心を忘れずに活躍してください。

312 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:07
選考会は形ばかりで、結局編集部の意向で受賞作が決定するのか。
応募したオレの関心は、自分がどこまで残るかにかかっているんだが、
どう勝ち進んだ場合でも、最終選考に残るところでおしまいなんだな。

とっても残念だよ。頑張って書いたのにな。

313 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:14
>>305
よし、受賞者が出たらこのスレを編集部宛に送ろう。
で、本当に本人かどうかおおやけにしてやる。
2ch中を巻き込んでやるからな。書いた奴は覚悟しとけ。

314 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:18
男は全員切って、未成年の女の投稿からかたちになっている作品を
選べばすむ話だから、選考に時間なんかかかるわけがない。

中高年の期待だった文学界新人賞も、こうして文藝化するのさ。
>>313はちと見苦しい。
デビューはエンタメ系で行くしかないんだよ。おっさんには。

315 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:22
ただハンバーガー爺さんや飴玉ばあさんを残したとこだからな。

316 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:30
綿矢・金原ショックで方向転換したんじゃねえ?

今の時期に内定を通知しておいて次回作に着手させる。
文学界新人賞の翌月には、新作発表。
芥川賞の候補になった時点で、すでに単行本出版済み。

文藝春秋社も商売だからねえ。


317 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:34
ん? もう、おれは島田と浅田にメールしたよ。
「文学界新人賞、決定したとよ。
 どうせお前らは決定権のない、張り子の虎だ」ってな。

何か問題が起こったら、>>305の責任にすればいいし、
気楽なもんよ。
そうそう、何なら文学界編集部のメルアドでも晒そうか?

318 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:38
>>305のタイトルがわかったよ。

「延焼」

319 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:40
そりゃまた、しょぼいタイトルで。。。

320 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:48
筆名は?

321 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:53
まだ下読みすら終わっていないだろう。

322 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:20
延焼か。これはどうとでもとれるタイトルだな。
やはり小説全体を見渡すようなタイトルをつけるのがいいみたいだ。
延焼を早く読みたいものだ。

323 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:28
508 名前: 吾輩は名無しである [sage] 投稿日: 04/01/24 10:09
創作板のスレによると文学界の受賞者、もう決まったみたいだよ。
新着レス 2004/01/24(土) 11:42
509 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 04/01/24 11:24
イトヤンのときは三月下旬だったから、ずいぶん早いね。
都築さんも早かったんだ。
やっぱいい作品があれば即受賞なのだろうね。

324 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:31
>>320
古賀潤一郎

325 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:37
317 名前:名無し物書き@推敲中? :04/01/24 10:34
ん? もう、おれは島田と浅田にメールしたよ。
「文学界新人賞、決定したとよ。
 どうせお前らは決定権のない、張り子の虎だ」ってな。

何か問題が起こったら、>>305の責任にすればいいし、
気楽なもんよ。
そうそう、何なら文学界編集部のメルアドでも晒そうか?

326 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:49
もしかして、あの選評も編集部が作っているのか?

327 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:51
古賀君、「延焼」はどんな内容だったの?

328 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:00
締め切りから二十日ほどで、二千近くの応募原稿がシュレッダーか。

329 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:08
古賀君、無視してないでさー。
あっちの古賀君みたいにちゃんと話してくれよう。

330 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:17
>>305が事実だとして、
(公式発表がなければ、たとえ事実であっても
 現時点ではそう判断するのって出来ないし
受賞ほぼ間違い無し!なのは
とてもおめでたいことだけど、
>>312みたく、「どうなるんだろうワクワク」という人たちの
楽しみを削ぐようなことって…どうなのかなあ…と思ったり。
いずれ判ることだから早いか遅いかだけ、
と言われてしまえばそうなのかもしれないけど。


(…ひょっとしてマジレスしちゃいけない?

331 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:20
書き逃げの>>305には激しい憤り。
どうせ一作で消えるパターンだろうな。

332 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:37
シュレッダーなんかに掛けませんて、面倒臭い。
業者に処分してもらうだけですわ。

333 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:40
なんで大阪弁?

334 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:51
さっきまで綿矢スレでニセの綿矢を演じていたから。

335 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:30
でも綿矢がギャルって言われてもちょっとなあ。
ジャニーズ萌えなんて、めちゃくちゃ奥手の女の子じゃん。
ミニスカ&ルーズも女子生徒の九割がそうしてるわけだし。
ありふれた感じしかうけないなあ。

336 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:38
328 :名無し物書き@推敲中? :04/01/24 12:00
締め切りから二十日ほどで、二千近くの応募原稿がシュレッダーか。

337 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:40
受賞作が一つ決まっただけで、まだまだチャンスはあるだろ?
二作受賞もしばしばあることだし。

338 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:46
いいよ、別に。
>>305のように選考委員の審査も受けずに賞が決まるんだろ?
正式ルートの情けにすがる気はないね。

さっさと書き直して、すばるにでも送ろうっと!

でもなあ、万が一、万が一、>>305がウソだとしたら、
許さねーからな。。
おとしまえはきっちりつけてもらうぞ、アホが。

339 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:09
いや、ウソだろ。
そんな出鱈目な選考だったら、会社死ぬよ。

340 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:26
まあケース・バイ・ケースだろうし、有望な才能ならほっとかないのだろうなあ。
でもまだ諦めていないよ。一作受賞が決まったとしても、まだまだだ。

341 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:43
328 :名無し物書き@推敲中? :04/01/24 12:00
締め切りから二十日ほどで、二千近くの応募原稿がシュレッダーか。

342 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:46
本気で >>305 を信じる香具師がいるのか?
絶句。

343 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:07
>>342
ネタで遊んでそういってるだけだよね?

344 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:09
だって、>>305は受賞報告ばかりでなくて、
叱咤激励までしてるんだぜ。
いくら釣りでも、ここまで厚顔無恥なやつはいないと思うぞ。
本物と見たね、おれは。

345 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:10
この程度のネタでここまでレスがつくのも
今時2chでは珍しいかもしれない。
結構純粋な人が多いのか、サービス精神旺盛な人が多いのか・・・

346 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:13
      | Hit!!
      |
      |
   ぱくっ|
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(,,゚Д゚)::| そんな餌でこのオレが釣られるとでも思ったか!!
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'

347 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:34
文學界編集部 社員各位

下読みに回す作品を選ぶ過程で、卓越した作品が見つかった。
十年に一度出るかの正真の新人だ。
そこできのう本社役員を交えた緊急会議を開いて、
その作品を受賞作とすることにした。
下読みに応募作品を渡す前に受賞作が決まることは、
賞の公平性の根幹にかかわることので、
絶対に情報が外部に漏れぬよう、細心の注意を払っていただきたい。

一月二十四日、編集長

348 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:59
おまえら最高

349 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:17
公募ガイドに確認だ!

350 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:16
あっはっは。君たち、面白いこと言うね。

351 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:25
文学界編集部のみなさま。
>>305が賞とは別にフライング掲載されるのも仕方ありません。
芥川賞候補に最優先で選ばれるのも我慢します。
しかし、しかしですよ。
我々の楽しみをこんなにも早く奪わないで下さい。
天才、>>305を除いた作品で、どうか審査を始めて下さい。
お願いします。お願いします。お願いします。。。
12月末の激闘の末、疲れた心身は次の作品を生むほどには、
まだ回復したおりません。
大相撲の結果も、大阪女子マラソンの結果も気になります。
このショックから立ち直り、明日から小説を書くわけにはいかないのです。
嘘だと言って下さい。冗談だと言って下さい。
明日はきっと晴れるよと、いつものように笑って下さい。
残りの作品で審査を開始して下さい。
渋井陽子がアテネを目指すように、僕も文学界を目指します。

352 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:52
これで「延焼」がとったらまじビビるな……。

っていうか、このログを然るべき所に送れば既に終了では?

353 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 20:33
お前ら……









ピュアですね。


354 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:17
>>305のショックで自殺未遂した奴が出たらしいよ。

355 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:27
おれはちょっと前、「文学界11月号に中間発表は載る」と書いて、
信じてもらえなかったことがある。本当に辛かった。
いくら2ちゃんでも、他人から信じてもらえないなんて。。
だから、こんなおれには>>305を疑うことなんて出来ないよ。

よかったな、>>305
心の底から、おめでとうを言わせてくれ。
あっ、いや、内密の話だったか。悪かった。あははは。

356 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:35
受賞が決まってしまったのは事実だとして、
いま >>305 が一番悩んでいるのは、
それを喜びのあまりうっかりここに漏らしてしまったことだろう。
最悪の場合、彼の受賞は取り消しになるかもしれない。


357 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:37
まあ、お詫びの書き置きでも残して自殺すれば、
こういう場合、楽勝で許してもらえそうだけどな。
でも、飛び込みはやめてくれ。会社に遅れる。

358 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:02
305じゃないんだが、と一応、前置き。

実際のところ、
選考委員の作家と仲が良いとか、弟子みたいなものだったりすると、
あらかじめ決まってることがあるらしいけどな。
選考委員の作家と他の選考委員の仲の良さとか力関係もあるらしいが。
事前にその作家に読んで貰いアドバイスを貰ったりするという話。
そりゃ、事前に選考委員の作家からアドバイスを貰って書けば、
受賞レベルの作品にはなるよな。

359 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:09
いや、だからありえないって。
358のは分かるけど、
もし選ばれても、こんなとこには書かないって。
書いたら、よほどのアホだ。

360 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:53
>>358はよくあることだ。
星野智幸や若合春侑は島田雅彦と一緒に仕事をする間柄で、小説以外の企画本を共同で執筆することも多く、
文藝や文學界の最終選考にかかっている。もちろん島田は強く推した。当然受賞。

361 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:53
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinotan/sonAA.htm
きれいなジャイアンって元ネタあったんだな

362 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 02:54
>>360
マジレスだが、文學界新人賞の選考は公正である。
星野智幸はインタビュー本で島田雅彦と仕事をした経歴があるにしても
『文藝』の選考では却って公正な判断の邪魔になったかもしれず、
若合春侑も島田の読者であったにしても読者以上の事実はなく
文學界新人賞受賞以前の島田雅彦との関係は皆無であったらしい。
たとえ2ちゃんねるであっても真実ではない情報を流すのはよろしくない。
コネやツテは文學界新人賞には通用しない。実力で頑張りたまえ。
今回の最終候補者への連絡は3月中旬の予定。
ガセに踊らされるような貧弱な魂の愚かさを素直に書いて
6月末日締切に応募するがよろしい。待っています。

363 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 03:13
>>362
そうだといいなぁ。私にはコネもツテも当然ないから。
あぁぁぁ。早く三月になれ。

364 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 03:23
ところで「ハンゴンタン」って、そんなに出来悪いかなぁ??
私、けっこう好きだったんだけど。あのテンポの良い独特の文体が。
なので、由真氏のことは密かに応援しています。

365 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 03:56
ハンゴンタンはするする読みやすい作品なのだが、訴えかけるものがないようにも思うし
一番の難点は作者の色が見えてこない。絲山のようにどうにも作者の色が
良い意味でも悪い意味でも背景にある思想が覗えなくては
プロとして厳しいのではないか。

366 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 08:31
にゃるほどねー。

367 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 09:04
この板見てると、
純文学志向って、なんだか壇上からモノを言う印象あるね。
夏目も太宰も売れて一時は大衆文学だったはず。

売れてナンボなんだから、エンタメの方が上と言ってみるテスト

368 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 09:06
付けたし

実際、夏目や太宰はエンタメ志向の俺が読んでも面白い。
純文を隠れ蓑にして訳分からん文章書いてないで、分かりやすい
の書いてくれ

369 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 09:59
言いたいことがよくわからん……
印象で訳わからんとか語るエンタメ志向の方が
よっぽどわけわからん。

370 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 14:28
367のほうが明らかに壇上からモノを言ってるように見える。
すくなくともこのスレじゃ誰もエンタメを馬鹿にしてないんだし
いきなり乗り込んできてエンタメが優れてる宣言されても…
何て返したらいいんですか?

371 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:24
都築なんとかは辻原の弟子だったでよ。
ググったら出てきたでよ。

372 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 02:51
>>305
の対処方法としては
1)文學界編集部に直接問いただす
2)他のマスコミ(文春と対立してそうなところ)にちくって変わりに問いただしてもらう
3)無視

まー煽りだとは思うが、本当だったら理解できん
別に早めに受賞作決めてしまうのはいいのだが
それを本人に伝えてしまう意味はないもんなー

373 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 07:30
しっかしあの程度の煽りでなぜこれ程のレスがつくのだろうか。
読み返す度に謎である。

374 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 08:39
自作。

375 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 08:56
あのていどのからかいで動揺してたら小説家になんか
なれませんってば。

376 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 08:58
>>305の才能を素直に評価出来ない馬鹿どもが。

377 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 09:26
>>373
しかし、文学賞の選考過程が不透明であるのも事実なわけで
あの程度の煽りで疑われる仕組みにも問題はあろうかと……

378 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 09:56
みんな分かった上で楽しんで書きこんでいるのに、
無粋なことを書いてくるやつがたまにいるな。

379 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:16
うそつくタイミングも悪いね。
文學界スレじゃなくて、群像スレで煽ったら
もっと面白かったのに。
いくらなんでも、まだ最終選考までいってるはずがないし・・・

380 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:22
だから、下読みに出す前に編集部でチェックするでしょ?
その時に目に止まったんだと思うよ。
文学界新人賞は別にしても、応募作を別格扱いして
もらったという話なら充分にありえる。

381 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:56
>>379
だからある意味絶妙なタイミングを吟味して書き込んでいるわけです。
ネタとか煽りだとすばやく判られてしまっては
いけないわけで・・・

382 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 11:03
夢見過ぎちゃうか・・・
阿呆としかおもわれへん。


383 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 12:21
これは完璧煽りネタですよ。
少しは落ち付いて考えろよ。


384 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 12:22
>>305が受賞となると
次の芥川賞候補か?
あの賛否両論の嵐となった130回の次ってぇ
注目されるのか?サ│││   
ただでさえ地味な介ノ │賞・・・



385 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 12:23
ア、ズレタ・・・

386 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 13:28
>>383
だから、落ち着いて遊んでるんだってば。
383こそ落ち着け。

387 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 19:28
洒落が分からんやつが多すぎるぞ。
気持ちに余裕がないというか、
ただ単にナイーブだというか……

388 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 20:11
どうせみんな三月〆切で忙しいんだろ。

新潮すばる文藝→文學界6月→群像→文學界12月→

と延々ぐるぐる回っているが何週目でゴールできるんだ?

389 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 20:34
3週目でリタイアする。

390 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 21:57
三週目でリタイアか。ちょうど今、三週目だよ。
結局、最初は闇雲だったのが、次第に力がついてきて、
自分の作品に対する正当な評価を自分自身が下せるようになってしまう
三週目なのかもしれないな。

391 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:13
何週もエンドレスで回っても怖いなあ。

392 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:44
自分なんてまだ1週目ですから、自分の力量が
分からないんですよ。早く、結果出てほしいです。

ところで、一次ニ次通過は雑誌じゃないと分かりませんか?
ネットには出ません?

393 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:44
つうか、一般知名度・業界待遇・消える確立等を考えるに
新潮群像と芥川賞候補にならん文学界じゃ
ゴールって気が全然せんのが純文の辛いとこやなあ・・

394 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:02
>>392
毎回のことだが、1次を通った香具師が、喜びのあまり、
または感謝の気持ちで、このスレに雑誌から転載してくれるよ。
文学板の方になるかもしれないけどね。

395 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:05
>>394
あれは高山昇ファンの女の子がやったこと。
彼女はファンでなくなったので、予断は許さない。

396 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:08
>>395
今回はきみに頼む!

397 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:11
おれは遅れて発売される地域だからなあ。

398 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:17
それは問題だな。
まあ、一人くらいは1次を通るだろう。

399 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 03:32
今回はじめて応募した者ですが、
文学界で1次通過って、どれくらいのものなんでしょうか?
自信を持っていいレベルなんでしょうか?

400 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 03:36
最終候補に残らない限り、一次落ちと同じこと。
読んだ人のセンスで評価は当然大きく変わる。
新人の原稿など長所と短所の入り乱れた未完成なものばかりで、
果たしてその応募者の長所を理解できる能力のある人に当たるか
否かで予選通過など変わってくる。
だが最終候補に残るような作品は誰でも残すし、それ以外なら意味がない。

401 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 11:27
とも言えるし、やはり1次とぜんぜん引っかからないとの間には、
大きな壁があるとも言える。何年やってもまったく名前が出ないと、
書くモチベーションも下がってくるしね。

402 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 13:45
でもかのイトヤンも応募し始めてから三年間一次通過すら一度もなく、
いきなり文學界で受賞だしなあ。

403 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 14:37
>>402
確かに。
なまじ万年1次止まりよりはいいのかもしれないが……

でも難しいところだ。
まったく実力がなくて1次に上がれないのがほとんどなのだが、
自分でそうだとは思いたくないものな。
1次にも引っかからないと、かえって受けた傷が浅くて進歩がない。
そこが一番問題だ。

404 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 14:49
まあ、分類するとこんな感じでしょ

最終候補・・・編集者も「どうしようかな」と考えるレベル
一次通過・・・下読みさんが「どうしようかな」と考えるレベル
予選落ち・・・@どうしようもないレベル、OR A下読みには分からない作品

405 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 16:21
9割以上は@。

406 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:53
B非常に素晴らしい才能が光っているのだが、まだ作品として形になっていない。

407 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:59
そして@の多くの者が、自分はAやBだと勘違いしている。

408 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 19:19
C応募要項を無視した。
Dすばる用の300枚を送ってしまった。

>>407
勘違いするヤツは、作品として形になっていると思ってるはずだから
やっぱりAだ。Bはあり得ない。
で、俺はどっちかって言うと@を自覚するだ。

409 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 19:41
E運が悪い

410 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:34
F下読みが、燦然たる才能の輝きに猛烈に嫉妬して落とす。
俺の場合、これしかない。

411 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 21:13
審査員の作品傾向は?(←読め)

412 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 21:52
>>410
だったら持ち込みにしろ。

413 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:25
>>412
そうすると今度は、作家志望(隠れ)の編集者が、……。
という訳なのだよ。才能ある男はつらいよ。

414 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:33
G小学生の時から仲の悪かった郵便局員が原稿を破棄。

俺の場合これかもね。


415 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:34
小学生の頃から仲悪かった人が郵便局員になったってことね。
寝ぼけまなこでスマン


416 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 07:06
H原稿を書いて出したと思っていたが、全て妄想だった。

417 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 08:04
Iあぶりだしの原稿に気付いてもらえなかった。

418 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 11:24
間違って違う文学賞にだしてしまった

419 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 12:49
で、俺はこれから二週目に入る。

420 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:09
もう三週目だよ。新人賞事情を知らなかった頃が懐かしい。

421 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 14:41
大体プロの作家は三週目でデビューしている人が多い。
この周回が命だがや。

422 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 15:18
419-421
全員「周」を「週」に間違えてるのは、そういう流れなのか。
それともジサクジエーン疑惑が明らかになったのか。

423 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 15:28
420と421は両方俺だけど、419は知らないよ。

424 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:28
一周目とか、初応募で文學界とった人っているの?
「才能がない」と嫌でも納得せざるを得ないのは何周目終了後?

425 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 19:18
初応募で受賞と言えば、綿矢がインストールでとったときも、金原も初応募だよね。
でも二人とも応募したのが初めてなだけで、キャリアは長いようだ。
特に金原は筋金入り。

426 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 20:40
>>424
賞レースの周回数はさておき、五年間「箸にも棒にも」だったら
(プロ志望は)諦めてようと僕は思ってますよ。
単純に年数じゃなくて、書いた枚数とか本数とかによるかもしれないけど、
一つの目安として僕は五年にしてる。今二年目だけど。
純粋に書く楽しさを求めるなら才能無くても死ぬまで書けるよ。

427 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 21:25
文學界は最難関だけど、若い女でないなら一番いいのかもね。

428 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 23:53
>>425
変な筋金が入ってるんだな、金原には。ひん曲がってる。

429 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 00:05

      ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界 (死語)


430 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:15
子供だって大人だって文學界

431 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:21
しかし、引っかければ、金原はつくすぞ。
変な信念もってるからな。

それに対して、綿矢は計算高いからな。
絶対つくさんだろ。今頃、印税の計算だけじゃなくて、
投資先や金利の計算をしてるとみた。

432 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:51
>>431
綿矢引っ掛けようと思うならイケメンwでないと駄目。
あと雲行き怪しい文学青年じゃなくて、
将来有望そうな(自分の小説が売れなくなっても食わしてくれそうな)男を
選ぶと思われ。
金原は…別れ際に兇器持ち出しそうな…

433 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:23
男に頼って生きようなど彼女達は思うまい。
むしろ金銭的に裕福であるので、相手の収入に関係なく男選びが出来る。

434 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 17:19
意外に専業主婦願望強そうだが

435 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 17:51
>>434
どっちが? 

綿矢の専業主婦願望は到底信じられんな。

436 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:11
一流企業に勤めてるイケメンがいいなあ。

とか本気で考えてそう。何にせよ肩書きが重要。

437 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:54
某フェミ学者の調査によれば若い女の結婚・主婦願望が強まってるそうだから
綿矢も例外じゃないと思うが。436の言うような男に一生食わしてもらいつつ
遊びまくり、と。
まあ、こんな感じのスタンス。

438 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:55
一流企業よりも公務員選びそう。

439 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:05
りさたんはマンションを買ってほくほく顔の模様

440 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:16
そのー、作家兼業を志望する弁護士なんだが、
綿矢ちゃんとケコンできる可能性はあるんだろうか?
年収3500万の年齢38歳なんだが。

441 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:32
>>440
つらいことだが、
>きもい
の一言で振られる可能性が99.99999999%

442 :440:04/01/29 19:47
>>441
感涙あふれるアドバイス有り難う。
まだ20代にしか見えない、しかも結構イケメンなんだけどね。
では、金原ちゃんにターゲットシフト。

次は6月締め切りだったな。頑張るぞ。

443 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:35
>>442
その顔半分よこせ。

444 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:37
38歳で20代にしか見られないとしたら、
成長ホルモンのバランスがきっとおかしいんだよ。
自慢することじゃない。
中3虐待のババアと同い年だな。。

445 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:57
星野智幸さんみたいに40歳でも20歳くらいに見られるイケ面もいます。

446 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:59
>>444
30〜40代は贅肉で老けて見える香具師が多い。
適度な筋トレと食事制限で若さを保つことは難しくはない。
さすがに50代になると痩せていても皮膚の弛みが出てくるから、
若く見せるにはDNAレベルでの素質が必要だと思うけど。

447 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 21:50
まあ、何にしてもあれだ、
年上とのつきあいOKなタイプの女は金原だな。
情熱的に口説き落とせば、
>これが運命の出会い!?
とか誤解してくれるかもしれん。
まあ、りおおなら100%そう誤解するだろうが。

綿矢は普通の女子高生と同じのりだろ。
告っても、
>え〜、440さんをそんな風に見たことなかったんです
とか言われて終わるだろ。普通。

>きもい
と言われるかは、アプローチ次第。

448 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:11
りさたんのハッピーぶりに比べて絲山センセの苦労は。


449 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:17
文学界って不幸が似合うよね。

450 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:44
>>440
ネタにしてはよく出来てる....と言いたいところだが......

・弁護士
・高年収
・イケメン

が38歳まで独身だった理由を200字以内で説明せよ。


451 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:54
りさが現れるのを待ってたんだろ?

452 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:58
ま、3500万の年収が、綿矢にとって別に魅力ではないことだけは確かだな。

453 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:10
弁護士やっていて、3500万も稼いでいたら、
とても小説を書いている時間なんてないはずだが……

454 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:11
>>453
やったことあんのか?

455 :440:04/01/29 23:29
>>450
今まで、月曜日に裁判所に提出する答弁書を書いていたんだが、
なんだか盛り上がったね。
弁護士、高年収そしてイケメンの男に対する女達の態度を
想像されたい。結婚適齢期の女に対する不信感を醸成する
のに、さほど時間はかからないのです。それが一番の原因です。

>>453
その通りです、とにかく忙しい。でもその合間に書くわけですよ。

あまり書くと特定されかねないので、ここまで。

456 :453:04/01/29 23:44
>>455
身体壊さないように、頑張ってくださいな。

457 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:03
友達禁止?

458 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:43
いいよなあ。
弁護士ならジョン・グリシャムっぽい作品のみならず、一般的な推理ものにおいても
欠かせない知識があるんだろうし、女性経験も豊富となると。

小説を書くにあたって、経験してればプラスになることを
これだけ持ってる人ってそうはいないぞ。

459 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 01:08
みんな優しいんだね。
単にヒマなだけ・・・じゃないよね?

460 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 03:18
>>455
その程度の女としか出会っていないのが、君の人生の敗因だ
本当の自分を愛してくれる相手をさがし、逆転勝利に向けて頑張りたまえ
そういう女性を引きつける魅力が必要なのはいうまでもない

最近の「結婚していないキャリア女性は負け犬か」という論争の構図に似ているな

461 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 09:31
ウルフルズのいい女♪って曲を思い出すワイ

462 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 10:09
イケメンという言葉を使っちゃう当たり幼稚だし、それをためらいもなく
自分に使う当たりは見ていて恥ずかしい。というより本当にキモい。

463 :ICMcd-01p31.ppp.odn.ad.jp 名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:44
ヤシ

464 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:17
↑これってどうやるんだい?

465 :ICMcd-01p31.ppp.odn.ad.jp 名無し物書き@推敲中? :04/01/31 00:41
>>464
こうやるんだ、分かったか。

466 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 01:11
>>464
名前欄に
fusianasan
って入力するとできる

467 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:01
それ、わけ分からずやってしまったんだよね。
ごめんなさい。

468 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:38
巨人、大鵬、文学界

469 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:49
江川、ピーマン、文学界

470 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:50
黒人、白人、文学界

471 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:55
右や左の文学界

472 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:33
ランちゃん、ミキちゃん、文學ちゃん。 あれ?違ったな。

473 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:44
二木ゴルフのこぶ平の歌はなぜむかつくのか。
それはSWINGを「スゥイン」と発音すればいいのに、
「スイング」としっかり発音することで字余り感を出してしまったことにある。

474 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:59
その頃ハンゴンタンの作者は……

475 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:04
このスレ終わってない? 大丈夫?

476 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:51
>>475
懐中電灯の電池が切れていないか、
朝昼晩といつもいつも確認してたら、
本当に必要な時に電池が切れてしまってた、
ということになりかねない。

心配症もほどほどにな。

477 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 22:51
>>445
っていうから見てきたら、星野さんステキ!
わたしの心にストライク〜。まじでこれで40歳?
ファンタジスタ読まなきゃ。

478 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:05
星野が文藝賞をとったとき同時受賞だった鈴木清剛もなかなかイケ面の男で活躍している。
二作受賞で両方とも出世している珍しいケースだ。

479 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:22
時代はイケメソだな。いよいよ、イケメソの俺に出番が廻ってくるはずだ。
そうだ次回応募作には、写真を添付しよう。

480 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:32
星野の新刊って書き下ろしみたいだけど
何でかな?

481 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:37
鈴木清剛もかっこいいんだ。
ぐぐってくる。

482 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:50
>>480
長編だから。もう芥川賞狙いで短編を文芸誌に掲載するのは控えるって。

483 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:26
>>480
星野は年齢的にもキャリア的にも直木賞シフトを志願。
名誉や作家価値を考えれば懸命な選択か。

484 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:30
清剛さんもなかなかだったけど、星野さんがやっぱステキ。
作品的にはどうなの?彼。

485 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 10:09
星野作品は道具立てだよね。
フリージャズ的な散文がだらだら続くことはなく、
かちっと枠に嵌められた計算された作品が多い。

486 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:17
文學界が一番オーソドックスなんですかね。

487 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:32
>>484
批評空間周りの人って印象だね
今まともに文学してる数少ない作家のうちの一人でしょ

488 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:40
清剛って保坂和志にちょっとストーリーを足したような味わいかな。

489 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 14:19
コムデギャルソンだからお洒落だもっ

490 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:19
やっぱ小説家はお洒落でないと。
なけなしの金で生活費をきりきりに切り詰めてでもいい服を買うのだ。

491 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:21
>>490
その格好を誰に見せるんだ?

492 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:42
サイン会でファンに見せる。

493 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:43
服なんかより、いいカツラでも用意しとけ。

494 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:45
どうしてわしが禿げてるのを知っているのだ?

495 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:47
おれの2ちゃん専用ブラウザにはモニターもついているのだ。

496 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:48
だがわしのいる漫画喫茶にはカメラがないぞ。

497 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:50
気付いてないだけであるんだよ。

498 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:50
まじでか、とんずら〜

499 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:57
漫画喫茶では素直に漫画でも読んでなさいってことだ。

500 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 19:13
500冊くらい漫画は読め。

501 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 01:10
そういえば、小説は1万冊は読んでないけど、
漫画だったら、下手したら、1万冊近くよんでるかもしれない・・・。
ガキの頃は、図書館にあった漫画を全部読んだし、
いまは、漫画喫茶の漫画を端から読んでるもんな。

漫画の方が消費量が多いだろうから、
小説より漫画の方が進化するよな。そりゃ。

502 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 10:45
最終選考通知まで、あと50日前後……

503 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 11:03
糸山の日記によれば昨年の授賞式は4月17日。
全日空の「特割」の期間に該当するので、
チケットの予約をすべきかどうか悩んでいる。

504 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:03
>>502
あれ? 五十日前後って三月の下旬?
五月号に一次ニ次発表じゃないの?(雑誌いわく)

ごめん、教えて。

505 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:20
一次通過→二次通過(ここまでが五月号)→最終選考→受賞
このような経緯を辿ると思うのだが、
>>504は一体何が気に入らないのだろうか。

506 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:35
あれ? 寝過ぎてアホになったか(自分が)?
最終選考通知って何するの?
最終に残った人に連絡するよって事じゃないの?
それが三月下旬なら五月の発表(雑誌)の時までに連絡なかったらもうダメって事?

いや、自分は五月号見て、残ってたらドキドキしながら連絡(最終、もしくは受賞)が
来るのを待つのだと思ってたから……。

507 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:41
あっ、503に4月17日授賞式って書いてあるね。
ってことは、すべてが終わった後に、
「今回は、こういう経過でしたよ」って感じで、
一次ニ次を発表するわけか。ふーん、ホラ大とは大違いだ。

続けて書いて、ごめんなさい。

508 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 15:58
うなうなうな。こんな感じだと思う。

3月下旬 最終選考の通知、残った人はここから再度推敲
4月7日 文学界5月号発売、1・2次通過者のお知らせ
4月下旬 選考会、受賞者決定、授賞式
5月7日 文学界6月号発売、受賞作を掲載

つまり。
1・2次の通過者が判明した時点で、最終選考に残った人は既に決定。
しかし受賞者までは決まっていない。

ならば文学界5月号に、最終選考に残った人も掲載しろよ。
と思わなくもないが、まーそりゃ向こうの自由だ。

509 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 16:29
今回は残るだろう、と思っている人が全国に1500人いるそうじゃ。

510 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 16:37
なるほどぉ。教えてくれてありがとう。

うーん、今回初応募なのだけど、残るだろうか……。
不安だ。
そういや(ここには関係ないけど)、ホラ大スレでは最近みんなキレてる。
今回は例年通りの運びじゃなく、一次さえも発表されてないから。
文学界ではそんな事はないだろうけど。

ところで、508さん。
「うなうなうな」ってなんですか?
それも2ちゃん用語ですか?
さりげに、面白いのですけどw

511 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:50
ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界

512 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 22:13
うなちんって長くてにょろ〜んとしたちんちんのことだよ。

513 :508:04/02/03 22:23
意味はないよ。
ただなんとなく、そんな気分だっただけ。

514 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 23:52
ちんちんって男の子のシンボルだものね!

515 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 03:50
純文学のシンボルは文學界。

516 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 05:24
>>440
綿矢が外人とケコーンしない限り、あなたには最低でも6500万分の1の可能性がある。

517 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:04
>>516

その計算はまちがってるな。
綿矢が独身主義者ないしはレズビアンの可能性を除外している。
作家を志すなら、そういう少数派の可能性も常に考えないといけないな。

518 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:05
父親の数は最低でも引いておけ。

519 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:09
20才で1億円、印税持ってたら独身でも何でも苦労せんわ。

520 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:26
イケメンのヒモ男でも飼ったらいいんじゃないか。

521 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:52
ヒロスエじゃないけど、そのうちイケメンのヤリチンが寄ってくるよ、
「僕文学が好きなんです」といいながら。

522 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 10:01
でもベッドで写真だけは撮るなよ、別れた時に売られるから。

523 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 10:39
出来ちゃった婚は普通女が結婚するのに使う方法だが、
金持ってる女のケースは男が使う方法だ。

524 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:48
綿矢さんは作風が老成していて凄く大人な割りに、
実は何も経験しないでここまできてしまったのではないかと思えてしまう。
もちろん経験や何かをしなくても、成長はあるのだが
どうもそんな気がする。

525 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:52
綿矢はクレヨンしんちゃんだろ。
なにも知らん。ただ、ちゃかしてるだけで。
根が同じものは2冊もいらん。


526 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:54
綿矢は多分これからエンタメに行くね。
ファンタジー系の冒険物。
長編の書き下ろし単行本のみ、文芸誌はなし。
純文学は卒業です。

527 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 19:38
卒業って、純文学とも思えないが。

528 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 21:37
じゃあ何だったのか?

529 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 21:44
ファンタジー系の冒険物。

530 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 23:40
選考委員の冒険・・・・。


もしくは、ただのご乱心。

531 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 23:42
老大家たちは呆けが始まったようだ。

532 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 09:49
綿矢よりも金原の方が萌えなんだがな、漏れは。
まだ抜いてないけど。

533 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 10:43
あの、いちおう足跡だけ残していきますね♪
個人的にこういう馴れ合いスレは嫌いじゃないからsage進行でまったり語り合ってください。

534 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 18:10
イッツ・オンリー・トークが明日発売。

文學界応募してるやからは当選買うよな。

受賞作は買うのが当たり前。

それが主催する出版社に対する仁義だな。

535 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 18:30
>>534
先生の御期待に添えなくて残念です

536 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 18:59
>>535
そんなこと言って、買ってくれるくせに、このこの〜(笑)

537 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 19:21
620 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 10:58
えっと……。
2日の10時頃に集英社から電話がありました。

内容ですが――3次を通過しました。最終が終わったら連絡します――でした。

あと、最終選考に残った人は審査用に冊子を作るそうなんですが、
送って貰えるようなことを言ってました。ちょっと楽しみです。

何となく公式の更新を待ってましたが、たいした内容でもないですし、
先に書いちゃうことにしました。

621 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 11:09
>>616
29歳です。
受賞したら30歳からの社会復帰です。
ちなみに小説を書き始めてから4年ですね。
最初の駄文に2年、山田飛鴻に2年……かかってます……か。
まあ……体を壊した時期を除けば、半分以下に短縮出来るんですが、
体って勝手に壊れる物ですからねー。

538 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:01
>>537
今の時期、集英社ってなんか賞をやってたっけ?

539 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:02
裏すばる文学賞だ。
裏すば出身作家は多いぞ。
懸賞小説を経ずにデビューしている作家はみんなこの裏すばだ。

540 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:06
2ちゃんから裏すばの最終候補が出たか。とにかく頑張れ。

541 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:18
裏すばってどういう意味ですか?

542 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:21
http://dash.shueisha.co.jp/sinjin/sd_3.html
これだろ?

543 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:56
小説を書きたいけどなにをどう書けばいいのかわかりません。
どうすればいいのか教えてください。

544 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:58
>>543
保坂和志と高橋源一郎が小説の書き方の本を出しているから
買って読めばいいよ。

545 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 22:42
>>543
いや保坂や高橋みたいなの役にたつか…
それよりシナリオ入門(宝島)とか脚本本の方がいいよ。
たとえ純文でも役に立つ。

546 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 22:57
>>543
「書き方本」は、ある程度書けるようになってからじゃないと、意味がないよ。
きみは好きな作家がいるか? こんな風に書きたいんだ、という作家が?
いたら、その作家の短篇を筆写しなさい。
すべてそのまま、できれば原稿用紙に書き写す。べつにPCでもかまわないよ。
そうしたらそれをプリントアウトして、自分の小説のように読んでごらん。

とりあえず、まずそれだけをしてごらん。少しだけ前に進めるから。

547 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:08
それをするとその作家の文体しか書けなくなり
一生二番煎じで新人賞に受かりません。
という人もいるが、清水ひろぽんや室井Uが素人時代には
書き写しで大変勉強になったと申しておるぞ。

548 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:10
>>547
大丈夫だよ。自分の作品を書くまでは先が長いから。
まったく小説の書き方が分からない香具師の第一歩として勧めているんだよ。

549 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:27
書き写しするのなら、三島由紀夫の「潮騒」がいいと思う。
簡潔でいきいきとした美しい文章だ。

550 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:27
>>549
そう、文体に変な癖もつかないし。

551 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:44
赤川次郎を書き写すのが一番いい。
文章は必要なことだけを簡素に書くべきだ。
仰々しい表現など真似してはいかん。

552 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:47
赤川次郎の文章で、文学界新人賞は通らない。

553 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:49
皆さん色々薦めてくれいているけど、
大切なのは「自分の好きな」作家であることと。
そして最初から最後まで全部を筆写できる長さであること。
全部を写してこそ、小説を書くことの様々なことが見えてくる。
途中で投げだしてしまったら意味がないからね。

もちろんある程度書いている人だったら、
一部を研究するだけでいいんだけど。

554 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 00:24
町田康から入ればいい。ああした文体しか書けなくなるのもいいじゃないか。

555 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 00:27
ところで >>543 はどこへ行ってしまったんだ。
みんなあれこれ書きこんでくれているのに。

556 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 00:50
書き写しで、その作家の文体しか書けなくなるというが。

そうなれば、他の作家を書き写せばいい。
何人も書き写している内に、微妙にコラージュされた文体が完成されるはず。
それを個性と言うかは・・・。

557 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 01:33
ちんこは切ってから小説は書け。
クリトリスは切ってから小説は書け。


558 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 01:46
だが童貞や処女は切っちゃいかん

559 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 01:56
処女はおれにくれ。
頼む。いや、まじで。

560 :童貞貴族 ◆1NYUmU2m/2 :04/02/06 05:20
俺がほってやろうか。

561 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 17:40
>>560
新山中学校の同級生の釜野堀男さんですか。

562 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 18:33
蒲田に住んでて

563 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 19:39
イッツ・オンリー・トークが発売ですわ。
いよいよ次はハンゴンタンの発売だね。

564 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 20:33
安部公房がむかし、書き写すという作業は文学修養としてはまったく無意味である、と
言っていて、
書き写した充実感とか達成感とか満足感とかを
文学的なにかと勘違いしているだけだよ、
と言っていた。

565 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 20:41
そんな安部もごく初期には、
リルケの「マルテの手記」をそのまま訳したような文体で書いていたんだよな。
小説家の言うことは信じちゃいけないよ。

566 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 20:48
>>564
決して生きて帰らない友人のために、千羽鶴を折るような気持ちで、
「そうせずにはいられない」からそうする人間の気持ちを彼は理解していない。
成果を伴わない実践しか、意味を持たないのか。
安部公房が心酔していたマルクス主義の観点から見ればそうかも知れない。
しかし、人々の多様な感性はマルクスの物差しでは測れないのだ。

書かずにはいられない。
そんな情熱が現在の文学を生み出すのだ。

早稲田の綿矢。西の旭橋。

567 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:00
>>566
安部がマルちゃん? ハッハ! おいおい止めてくれよ。
それこそネタにマジレスだ。もちろんネタだよな? な?

568 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:13
>>567
私が「壁」とかを読んで抱いた感想です。
これは個人的な感想ですが正直な気持ちです。
真面目に文学を愛する人たちを愚弄するつもりはありません。

569 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:19
>>567
「壁」とか書く前の習作時代の作品読んでごらんよ。
年譜にもリルケの影響は書いてあるよ。

570 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:24
とりあえず、567は次のサイトを読んでごらんよ。
http://www.melma.com/mag/40/m00031740/a00000127.html

571 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:25
何はともあれ、安部公房に関しては俵万智に似たような、
一般読者を観客とした「物書きを演じる俳優」としてのいやらしさを感じる。

572 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:29
幸運にして、私たちは生前他人から認められることのなかった、
多くの作家の作品を読むことが出来る。
作家のあざとさなぞは簡単に察知してしまうものなのだ。
安部公房、坂口安吾、壇一雄にはあざとさを感じる。

573 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:29
>>旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI

話は逸れるが、「早稻田の綿矢。西の旭橋」ってどういう対比だ?


574 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:32
>>573
私の出身大学を書こうとしたのですが、無名なので私個人の
振る舞いで大学そのものの評価を下げるには忍びないと。

575 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:35
>>574
そうだったのか。
しかし、綿矢も学力で早稻田に入ったのではないからなあ。

576 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:37
法政じゃなかったのか。

577 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:43
>>576
法政は、金原の親父が教授をやっているところだろ。
情報が混乱しているな。

578 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:46
いやいやワタルが法政。

579 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:47
法政の通信教育部は学士入学なので、
その前に学士号を私に授与した西日本の大学があったのですね。えへへ。

580 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/06 21:49
お前ら、おれの愛読者か?
書いた記憶のないことまで、よく知ってるな。
だけど、このスレ、コテハンで出ないことにしてたことを、
急に思い出したので話はここで終了ですね。
身勝手でごめんなさい。

581 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 21:52
>>578
了解。


582 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 06:12
今月の文學界は織田作之助賞が発表だね。
川上先生によしよしって頭をなでてもらいたいなあ。

583 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 14:17
川上先生に説教されたいんです。

584 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 16:48
僕も

585 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 17:39
川上先生の長い髪をめちゃくちゃにしたいのです。

586 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 22:07
web日記書く暇があったら小説かけや

587 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 00:05
あれ? 文学界受賞作品って本にしてくれるの?

588 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 00:15
ならねーよ。
100枚程度で本になるわけねーだろ。
他の短編と合わせて始めて本になるんだよ。
ここ数年の受賞者で、まだ1冊目にたどり着けてない奴もいるぞ。

589 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 00:59
蹴りたい背中とか蛇にピアスって
マジで、150枚前後しかないの?
だったら、インストールってすっげー少ないんだな
(実際、短かったけど……)。

590 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 01:29
文學界新人賞がそれでも一番生き残ってるよ。
単行本は出せてなくても、文學界に定期的に新作を発表している人は多い。

591 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 03:27
数で見るか割合でみるかだな
文學界は年に2回もあるけん

592 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 08:16
おちんちんが寂しいのでどなたか咥えてくださらんか。そこの少女。

593 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 08:24
ボクデヨケレバナメテアゲルヨ

594 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 01:26
ボクって篠原一さんですか?

595 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 02:18
いいえ、三田誠広です。

596 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 11:02
正直、こういう糞スレばっかりしてる奴は、知らないうちに
そんなことしか書けなくなってるんだろうなぁ。可哀相…。
2ちゃんもほどほどにね。どうせ、もうすぐ閉鎖ではあるけど。

597 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 12:19
うん?このスレ見てて笑えるし。さっきまじ腹いたくて苦しくて死ぬかと思った。

598 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 12:19
最終選考通知まであと45日前後

599 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 15:16
>>598
それって、どのくらい当ってんの?
というか、何日までのずれなら
期待しててもいいの?
50日までとか……。

600 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 16:04
どうせ絲山秋子の日記と若合春侑の日記の二つだけがソースだろ。
都築はもっと早く連絡をもらって
書き直しを命ぜられたし、アバウトだよな。

601 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 18:00
>>596
閉鎖すんの?

602 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 21:14
>>600
都築は辻原の弟子だから特別だと思うが。

603 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 22:26
記念カキコ

604 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 23:02
イッツ・オンリー・トーク読んだよ。
いい小説だね。私にはこういうのは書けない。
個人的に、蒲田とか五反田とか池上とか、出てきた地名が悉く私の地元だったから郷愁を誘われてしまった。

605 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 23:25
>>604
吉田修一とかもそうなんだけど、
なんつーか、キャラクターは立ってるけど、ある程度リアリティのあるみたいな人間が書けない・・・
あれはみんな実体験から取ってるの?
少女漫画とかの影響かね? 俺友達少ないしよくわからんよ
しかもこれまで実験的なものばっか書いてて、その方向じゃたとえレベルが高いのが書けたとしても
新人賞通りにくいし。

606 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:29
俺の作品「芳賀隆之と所ジョージ」が最終に残ったらしい。
お願いだから受賞して!

607 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:37
>>606
同じ嘘でも群像スレに書いた方が、信憑性があるぞ。

608 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 12:34
>606
>お願いだから受賞して!
という言葉に嘘は無さそうだ。切実ぽい。
>605
実験性高いもの(て、どんなんだ?)が書けるなら
早稲田文学とかの方がいいかもしれないが。どうせ賞狙いなんだし、
と妥協してみるとか・・。

609 :605:04/02/10 14:41
>>608
まあ書いてるのはどっちかと言えば早稲文系なんだけど、それがレベル高いかどうかは置いといて、
普通にリアリティのある人間つーかイマドキの日本人ぽいのが書けないんだよ。
だから吉田とか絲山とかすげー尊敬する。
語りの構造とか物語構造とか意識的にいろいろやったりとかして、選考するテクストを解体してみたりとかね。
でもそれって、結局オーソドックスな小説を書けないから逃げてるだけなのでは?とか思い始めた・・・
まずフツーな小説を書書けるようになった上で、実験的なものを書きたい。
やっぱ実体験が大事なのかなあ?


610 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 14:44
「芳賀隆之と所ジョージ」是非読みたい。どんな内容なのだろう。

611 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 18:03
文学の名誉age!

612 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 23:10
ところで今月発売の文芸春秋は読んだか?
芥川賞が2作とも掲載で¥780、お得だよ!

613 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 03:29
今回はうまく行って一次通過どまりだろうな

614 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 04:02
綿矢と金原のおかげで、受賞作が掲載される文藝春秋のお得さも
多くの人々に伝わったのではないか。
こればっかりはいいことだ。

615 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 11:19
2月もあと半月とちょっとだね。
あとひと眠りすれば3月で、もうひと眠りすれば4月!
新人賞の月♪

616 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 18:52
俺は、一次落ちか受賞かのどちらかだろうな。

617 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 19:23
じゃあ一次落ちでしょう

618 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 21:20
受賞しました。

619 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 21:28
中途半端なつりはやめよう

620 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 02:08

おまえらのイカ臭い作品は、最初の数ページしか読まれていませんw
  
         Ω\ζ°)チーン



621 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 14:10
今回の吉村萬壱、なかなかだった。

622 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 16:57
「サングラスの奥の所ジョージ」

623 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 00:45
「チンカスを食った所ジョージ」

624 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 10:07
「ハニロウたんの中の所ジョージ」

625 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 15:09
がんばれ、僕の作品。

626 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 17:43
今から何を頑張るのだ。
原稿を送った時点ですでに勝負は決まっているのだよ。

627 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 17:52
芥川賞候補になった時、人々から「頑張って下さい」と声援を受けたら、
お前はそのような返答で相手を困らすのか?

それに、すでに送った作品であるとも書いていない。
今書いている最中の作品だったらどうなのだ?

628 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 19:25
まあまあ、怒んない、怒んない

629 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:03
審査員に特殊なデムパを送り続けたその成果が成就することによって「受賞」
なんてこともあるかもしれないし
やっぱ、がむばらなくちゃ、ね。

630 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:07
えっ、今回は四作受賞?

631 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:13
>>630
エッ!?

632 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:15
嘘だよ。

633 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:38
あいかわらず、すぐはらはらしたりあっさり騙されたり
そんなナイーブなんでは永久におまいら小説家なんぞになれんよ。

634 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:42
ぼく、山下清のような作家になるんだもん!

635 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:52
>>633
作家になれないのはお前も同類にくせに、
大した理由で他人を小馬鹿に出来たもんだよ。

636 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 22:07
作家などにならんよ、アホだなあ。
ただのとおりすがりに熱心に反発したりして、プッ。


637 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 22:09
ボク、脳内作家。

638 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 22:33
なるほど太宰の「女生徒」に出て来る労働者のようなもんだな。>>636

639 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 23:06
>>636
文芸創作板のスレにカキコする「ただのとおりすがり」、プップッ。


640 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 03:01
ヘイ、みんな同じチンカスだ
仲良くしようぜ

641 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 03:09
>>627
お前が芥川賞候補になった人(結果待ち)に向かって
「頑張って下さい」などと言ってしまう白痴であることは良くわかった

今書いている最中の作品であれば、作品に向かって「がんばれ」
などとしょうもないことを言っている間にも文章を磨くべし

642 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 06:50
>>641
お前がつまらん皮肉屋であることはよくわかった。

「お湯沸かす?だって? アホか!
 水を沸かしたら、お湯になるんじゃい!」
なーんて言って友達に嫌われまくってないかい?

文章云々よりも人間としての品性が大事なんだよ。

643 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 08:27
>>640
イカ臭い奴だなぁ〜
これからも、よろしくな!

644 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 11:14
>>641
人間としてのチン性を大事にしたいですな。

645 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 13:04
>>642
必死だな ぷ
品位でとれるほど甘い新人賞ではなかろうに

646 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 13:11
芥川賞候補になり、「頑張れ!」と応援したくれた人を
白痴扱いするくらいなら、まだまだ受賞できなくていいよ。

647 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 13:25
ぷんすかぷん!

648 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 17:00
芥川賞候補になり、「頑張れ!」と応援したくれた人を
白痴扱いするくらいの悪人でなきゃ
綿矢金原レヴェルの作家にしかなれませんよ。

649 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 17:43
おれの今回の応募作には、悪人がひとりも出て来ないんだよね。
それでも悲しい出来事はいくらでも起こってしまうのであった。
読みたいか?
どうせ一次落ちだから、おめーらには読めねーよ。ぬはははは!

650 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 17:46
執念深く読みますから貼り付けてよw。

651 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 17:50
4月7日になったらうpするよ。
前回、一次を通った人がうpしてくれていたので、そのお返しを含めてね。

652 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 18:20
>>651
よく言った。えらい。
俺の応募作は群像に載ると思うから、そっちの方も読んでみてくれ。

653 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 18:20
と言う人が全国に1500人いるそうな。

654 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 19:42
>>653
達観を装ったそういういいぶりがいちばん醜いからやめておけ。

655 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 20:35
  ∧_∧__フムフム・・
 ( ´ー`/  /
 (   ,/_〇                   ♪
 |   |旦                ♪   ∧∧ ドウデスカ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|            ヽ(゚∀゚)ノ   ボクノシンサク?
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |             (  へ)
  |              |             く


   ∧_∧  デストローイ!!
 |\ΦДΦ)   /|
 ○ <  ζ) <  ○                   人人
 | >  旦  > |               <   ∧∧  キュワアアアアア!!!
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|              ヽ(゚Д゚ )ノ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |                (  へ)
  |              |                 く

ナーヴァスな雰囲気の中AAをはってみるテスト。。

656 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 20:55
ぬるい文学的概念を破壊する作品こそ望まれていますものね。
「感情移入」できるか、とか同世代の「心理」とか
そういうのに心血をそそぐのが文学だと勘違いしている輩ばかりですから。

657 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:16
>>656
おまえ、本当の恋愛したことないだろ?www

658 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:25
ホストやってるから、そうとも言えるが
「本当の恋愛」などという抽象概念には
私は注意深い態度を怠らないのでね。
でも、錯覚とか自己肯定ではなしに私は
「本当の恋愛」の経験者であるw。


659 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:25
恋愛はないが結婚生活は8年目だ。

660 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:28
インターネットの時代になってパソコンの前でオナニーするようになるとは夢にもおもわんかったな。

661 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:30
ホストで文芸 ナンカソレイイd(゚▽゚*)ネッ♪

662 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:30
行きつけのソープのお気に入りの娘の写真を、
毎日インターネットで見られるとはねえ。

663 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:30
>>660
織り込み済みだよ、そんな空想。ナイーブすぎるぜ。


664 :655:04/02/14 21:31
ナンダコノナガレハ!!? テスト失敗?

665 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:34
「注意深い態度」の言い回し ワロタ

666 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:34
>>657が書いているような恥ずかしい書き込みは
文学板の属性ですか?
とおりがかりで、ちょっとまちがえてココに来てしまったのですが
あまりの稚拙さ醜悪さに
あられもない興味を覚えてしまいました。

667 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:38
>>666
ありがちなルサンチマン厨ですよ。気にしないでください。

668 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:40
>>666
おまえ、本当の恋愛したことないだろ?www

669 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:41
657ふうの書き込みは他所の板だと「釣り」ってことになるんだが
文学板ではマジだから意気阻喪するよな。

670 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:43
お互いの傷をペロペロ舐め合うスレはここですか?

671 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:43
マジでは恥ずかしいから釣りふうに見せかけるくふうをしてるのだろうが、
ちょっと遅すぎたんぢゃないか?

672 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:48
生物学的にも純文学的にも、じつは「傷」ですらないという罠。
準文学では「傷」かもねー。

673 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:48
>>671
チョコ貰えなかったからって、そう怒るなよw

674 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:50
>>672
わかったようなフリをするのも大変ですね。
一次通過したことあるの?

675 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 21:53
>>674
ここに来るような基地外たちは、一次通過すらしたことないんだろうな。

676 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:13
で、おまえらは「本当の恋愛」したことあるの?

677 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:19
ついさっきまで厳粛な雰囲気だったのに。。

678 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:29
あと1ヶ月半だねぇ

679 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:30
なにが?

680 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:49
そんなことより綿矢の写真がどかーんと載った文芸春秋の中吊り広告は、おったまげたぞ。
売る気まんまんだべさ。
やっぱ文學界もこの路線で逝くだべか?
今度の新人賞の受賞者も積極的に若い女を推しそうだべ。


681 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 22:53
そこまで単細胞でもないでしょ

682 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 23:56
いまのところ、ワシがネットで見つけた文學界応募作は1次通過が最高。
2次通過した作品とか、最終選考に残った作品を読んでみたいなあ。
「このぐらいのレベルなら1次」というのはわかったけど、2次や最終は
サンプルがない……。

683 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 00:28
>>682
じゃあ今回僕が2次通過のサンプルを提供するよ。

684 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 00:44
つーか、受賞するつもりなのでサンプル云々言ってるヤツの相手などするつもりがない。

685 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 00:48
みんな、自分が受賞すると思ってるわけだよね。僕もそうだけど。
そうじゃなきゃ送んないよね。これって普通にすごい状態だよね?
なんか人間社会の縮図みたい。戦争も起こるわけだ。

686 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 01:12
>>685
世界平和のために死んでくれ

687 :天然パーマ アムロ:04/02/15 01:16
>>684
キミの相手は僕だよ。
さぁ、かかってきなさい。

688 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 01:37
芸術は戦争じゃない。
文学を戦いだと思ってる時点で新人賞という戦いには勝ち残れないというアイロニー

689 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 01:40
マターリマタリトイキマセウ

690 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 02:03
本物の恋愛をしたことがない奴に、良い作品が書けるわけがない。

691 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 02:15
ホンモノの恋愛なんて平気で書ける人の書くものを読んでみたい。
辻クンみたいなのかな。

692 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 02:29
辻の作品は糞、うんこ、イカ臭い。
辻作品はイカ臭くて、読めたもんじゃない。
つーか、手に取るのも汚らわしいわ!

693 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 02:32
>>692
中山美穂の大ファンだったんだね。ボクもそうだから気持ちよくわかるよ。

694 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 05:09
ロックンロールだぜ

695 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 09:56
はい、全員基礎からやり直し

696 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:29
とにかく、モーニング娘。から卒業しろw
話しは、それからだw

697 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:47
なっちと一緒に卒業したさ。

698 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:48
僕は、加護ちゃんと辻ちゃんが大好きで卒業できませんw
どーしたら、いいですか?

699 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 10:52
>>699
なぜ卒業する必要がある?
君は君らしくあればいい。
そういう俺はSAYAKAファン。

700 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 11:05
サイレンス グレイブ!

701 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 12:08
SAYAKAってあの鼻でか娘か。
鼻が非常に大きい。
こいつは顔と言うより鼻だ。

702 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 12:51
非現実的というか、自分で作った世界って駄目なんですか?
そうすると純文学じゃなくなるんでしょうか。
たとえば、なんでも良いんだけど、
高校まで義務教育になるとか。

703 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:08
>>702
吉村萬壱が受賞したときの「クチュクチュバーン」を読むべし。
非現実きわまりない。
中途半端な非現実はいかん。勉強不足と思われるのがオチ。

高校が義務教育でもよいが、最初からそうなっていたら設定として不自然。
ストーリーの展開でそうなるのはかまわないのではないだろうか。

704 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:08
>>702
問題提起の仕方も幼稚だが、持ち出してきた例もクソつまらんな。

705 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:19
クチュクチュバーン路線は持続するのがキツイ。
まずオーソドックスな設定なり物語なりをつくって
それを壊していく方向のほうがいいと思うけど。

706 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:30
>>705
同意。

おそらく吉村は受賞前にそれを済ませてしまって、
今になって逆に「日常の中の暴力」みたいなのを
書くようになっているのではないだろうか?

707 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:32
文學界がヤケになって、3作(あるいは4作)受賞とか言い出したら面白いな

708 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 14:05
>>704
こんなとこで面白い(と自分で思ってるのが自分だけだとしても)
アイディアを出す人なんていないと思うけど。

709 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 14:08
岬行は面白かった。クチュクチュ、ハリガネ、今回、と
着実にうまくなってるな、彼。正直悔しい。

710 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 15:30
なぜ彼のような堅実なタイプが奥さんとの間に子供を設けないのか不思議だ。

711 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 15:31
吉村もそうだが長嶋も一向に餓鬼は作らんな。
できちゃった結婚ブームの中
作家業だけは逆の方向か。

712 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 17:07
>>710
マジで言ってるのか? デリカシーの欠片もない餓鬼だな。
わからないなら黙っていろよ、アホ。

713 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 17:11
先生はカブトムシの養殖が忙しくて、
自分の子作りになんか時間が裂けないんだ。

714 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 17:27
人生いろいろ。
子作りも人それぞれ。

715 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 17:30
子供は天からの授かりもの。自然に任せるのが一番。
排卵誘発剤なんか使うのは邪道ですよ、邪道。

716 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 18:06
理が先に立つから

717 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 19:10
>>682
ttp://www.sh.rim.or.jp/~suzukaze/
このサイトにある。トップの「小説」っていうコンテンツの中に。

718 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 23:13
ジャンルって不問?
ホラーでもいいんでつか?

719 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 23:15
質問ageしとくの巻

720 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:28
ちょっと通して読んだところ
このスレってレベル低い人の溜まり場なんだろうなという印象はぬぐえないから
きっとそのとおりなんでしょうけど
通りすがりの私を含めた誰が見たって
ここに書き込んでる人が、まことに残念なことに
文学とか小説には一生無縁そうにみえてしまいます。
なんていうか
馴れ合い、とか、心の通いあい、とか、
感情移入、とか
ぬるいこと言っているようでは
ヤッパ駄目駄目で、認めたくないでしょうけど
アナタたちは文学とか小説とは無縁ですよ。

721 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:36
>>720
とりあえずお前が無縁なのは、痛いほど理解出来た。

722 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:39
>>720
君のような人が一番文学から遠い
なんてことに気づいてるわけないねw

723 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:43
>>720
キミのイカ臭い作品を読んでみたいw

724 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:50
>>720 どこを縦読みすればいいんだろう。

725 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:54
ていうか「通りすがり」で小説家志望でもない輩に向かっての
>>721-723の返答を読んでいると
このスレの本当の駄目さぐあいが露呈しているようで
ときどきマジレスしていた俺は落ち込むよ。

726 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:55
落ち込めや、勝手に。

727 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 00:58
>>724
そういう痛い悪あがきみたいなのは
好意的にみて痛々しい、と済まされるものではなく
端的に惨めだから、もう止そうぜ。

728 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:02
オマエは小説家になんぞなれんよ、と
率直に言われてしまったときにのみ
盛り上がるんだなココ。めでたいというか醜悪というか
純粋に水準が低いだけというか・・・

729 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:04
君たちに問いたい……

本当の恋愛をしたことがあるのか、と……

730 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:06
>>720は通りすがりと言っているけど、実は>>656なんだよな。


731 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:06
ま、スレタイ見てもわかるとおり
「応募」することに
なにがしかの生きがいを見出しているスレですから
真っ当なことを言って
死者に鞭うつようなのは
悪趣味と言うものです。

732 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:08
盛り上がってますね!!!

733 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:13
このスレに書き込むと自動的に「作家志望」にされてしまうんだよな
僕ちんも「それでも作家志望か?」と、くってかかられて困ったことありぞなもし

作家志望であろうと無かろうと
人間はみんな同じウンコのカス

2chでくだらん言い合いするも良し
切磋琢磨するも良しりんぽん

734 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:19
モリアガッテマイリマスタ!!!!!(・∀・)

735 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:22
まあ、打たれ弱いスレっちゅうことですね。
いいじゃないですか、ここに書き込んでる人は
本人の思い込みとはウラハラに
文学とか小説にやはり徹底的に無縁な人たちなわけです。

736 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:25
いわゆる無敵キャラというか
純粋に基礎学力が足らん奴が多そうだ。

737 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:26
すばるのスレには最終選考経験者がいる
このスレもぼちぼち一人ぐらいでると良いが

が、最終選考に残ったり、あるいは受賞しても
このスレでは名乗らないのであろうna

738 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:30
陰で哂われているわけです。このスレは。
無論、陰でないところでも
哂われ哀れまれていますが・・・

739 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:31
>>736
高卒批判、(・A・)イクナイ!

740 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:31
名乗ったりしたらココに関わっていたことがバレて
汚点にしかなりません。

741 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:32
そっかー。別板だけど、絲山のスレってもう消えちゃったの?

742 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:37
>>739
基礎学力不足と高卒であるという事実はまったくムカンケーだろ。
いまどきのアホ私立大学を出ている人が
進学校出の高卒に知性に敵うわけはない。

743 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:40
基礎学力不足を低学歴とすばやく結び付けてしまうようなアホを
基礎学力不足者、と呼ぶわけです。

744 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:46
基礎学力、ですか
別に足らなくてもどうということはないと思いますが

745 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:57
>>744
せっかく盛り上がったのにそういうまともなことをいうな

746 :赤ペン先生:04/02/16 02:00
呼んだ? 君たちの原稿用紙が真っ赤になるよw

747 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 02:14
「まとも」ですらないのだが。
基礎学力なんて訓練の同義語ですから、そいつあ必要だ。

748 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 02:17































イカ臭いスレだな。

749 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 02:20
基礎学力のない奴に小説なぞ書けないのだが、
たいていのやつは基礎学力を
因数分解とか微積分だとか文章力だとか文学的感性だとか
なにかしら地道な努力によって報われるなにかだと
かん違いしているわけで・・・

750 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 02:32
>>749
違うの?

751 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 03:27
みんなで仲良く文學界読みながらオナニーしようよ
女の子も大歓迎!

752 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 13:16
んで、由真直人の受賞第一作はいつよ?

753 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 13:38
由真に次はないよ。悲しい事に。もう涙が止まらない。

754 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 14:06
いやいやいや、いちお聞いてみるべ。

>>656
>「感情移入」できるか、とか同世代の「心理」とか
>そういうのに心血をそそぐのが文学だと勘違いしている

チミの考えでは、なにに「心血を注ぐ」(ちょっと旧いか?)のが文学だ?

>>720
>馴れ合い、とか、心の通いあい、とか、
>感情移入、とかぬるいこと言っているようではヤッパ駄目駄目

じゃ、どんなことを言ってれば、打目打目じゃないのか?

どーせ聞いても、陳腐なゴタク並べるだけの厨房かもしんねーw

文学の基礎体力って、何打ぁ?

755 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 14:42
>>753
受賞してしまったがために作家への道を閉ざされるというのも、悲しいものだな。

756 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 20:12
案外、由真、好きなんだけどな。

757 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 21:17
大丈夫。彼は20年後に臭い恋愛小説で
華麗なる復活を遂げるはずだから。

758 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 21:43
本当の恋愛したいね

759 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 22:25
今からでも妻と恋に落ちることができるのだろうか。

760 :くし:04/02/17 11:29
奥さんとの恋の記憶のほうが宝物

761 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 12:37
ちんちん ちちちん チンカス会

762 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 14:35
勘違い発言で申し訳ないのですが、
もしデビューして賞取って、
テレビでのインタビューなどは
絶対に出なきゃいけないんでしょうか?

763 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 14:40
>>762
単独インタビューは断ってもいい。

764 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 14:51
            / / }
           _/ノ.. /、
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です


765 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 15:38
文學界新人賞をとってもインタビューなどされないよ、誰からも。

766 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 15:46
最年少、だったら分からないな。
どうなるか。

767 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 16:14
>>765
以前、週刊朝日かどこかでインタビューされていた。

768 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 16:15
あと地方在住者ならば、地元マスコミに取り上げられる可能性はある。

769 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 21:29
投稿者で二重投稿する者は多いと思うんだよね。
例えば受賞者では金原は文藝とすばるで、すばる当選。
出版社もダメっていってるわりには受賞させたよね。
なんで?社交辞令てき台詞なの?
ああ、一応言っておくがオレはする気ないから。

逆にこいつは二重投稿の常連とかいわれマークされるとかもあるの?

もし詳しい人いたらよろしく。

770 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 21:33
金原さんが二重投稿だと言う話、どこから出できたのでしょう。
ご本人がおっしゃったんでしょうか。

771 :くし:04/02/17 21:40
>>770
僕もその話の詳細希望。

別に詳しいわけじゃないけど、二重投稿は受け付けないって出版社が言うのは万一才能のあるやつだった場合他の出版社にとられたくないからでしょ?
同じ理屈で、二重投稿原稿でもいい作品なら競って評価がつくだろう。無視とかはありえない。
あくまでいい作品ならっていうのがネックだけどね。

違うかな。

772 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 21:57
金原の件は有名でしょ…
すばるが当選で文藝が二次止まり。もちタイトルは変えてる。
詳しくは過去ログへ。

773 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 22:00
金原さんに関しては、題名や彼女の創作歴から考えて、二重投稿ではないだろう。
すでに出ている受賞第一作の元になっているのが、文藝に出したものだとは考えられる。
もっともストックはいくらでもありそうだね、彼女の場合は。

774 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 01:28
俺も二重投稿説の方が濃厚だと思っていたが、
金原父のインタビューでは、父がすばる向けの原稿を読んだ際に
「これから文藝に送る原稿を書く」と言っていたらしい
後からのつじつま合わせかも知れないから、なんともいえんが
わざわざ二重投稿のことを隠すためにそんな発言するとも思えん

775 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 01:30
>>774
それは逆。
文藝に応募したあと、同じテーマで短めのすばる作品を書いたとされている。

776 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 01:32
俺も二重投稿説の方が濃厚だと思っていたが、
金原父のインタビューでは、父がすばる向けの原稿を読んだ際に
「これから文藝に送る原稿を書く」と言っていたらしい
後からのつじつま合わせかも知れないから、なんともいえんが
わざわざ二重投稿のことを隠すためにそんな発言するとも思えん

777 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 01:32
みんな、今回の芥川賞二作読んで負ける気しないよね……?


778 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 01:58
>>777 (ラッキーナンバーだね)
内容的にはね。でも、
彼女たちの書くもの以上に時代が求めているものを書けるかと言われたら……


779 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 02:33
時代が求めているものって????

780 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 02:42
本物の恋愛が書けるか否かだな

781 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 08:19
金原はもう何年も前に文學界の同人誌評に取り上げられたベテラン。
彗星のごとく現れたわけではない。
二重投稿に関しては日常茶飯事で編集も気にしていないそうな。
自分のとこで落とした作品が他所で受賞することも
多く、その場合も平気で原稿依頼をするそうだ。
ただ下読みのバイトたちはあほな原稿が何度も送られてくると怒っている。

782 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 10:43
>>779
物事を深く問いつめず、軽薄で、刺激だけが価値のある時代。
そんな時代には、それにあった文学が求められるということ。

783 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 18:04
じゃあ、今安部公房や大江健三郎とかの作品が初めて
応募されたとしても、受賞はしない時代ってこと?

784 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 18:09
たぶんね。

785 :くし:04/02/18 18:16
>>783-784
レスが速すぎる。ジエン? 別にいいけど。おせっかいごめんね。
時代ってもっと構造的に個々人のあり方を決定しているものだから、大江とかが今の人だったらそもそも形のある作品を書き上げることすらできないと思うな。引きこもりとかなってそう。

このスレから受賞者が出るといいな。

786 :くし:04/02/18 18:20
レスが速すぎる。よりも、レスが早すぎる。のほうがいいかな。。
微妙なところだな。

787 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 18:29
人物のことじゃなくてそのような作品がってことでしょ

788 :784:04/02/18 18:34
レスの間隔が詰まっていたら「自演」認定かい? アホくさ。

789 :くし:04/02/18 18:40
だから、そのような作品の生成を可能にする構造自体がすでに存在しないのだ。といいたかった。
屁理屈を捏ねてみたかっただけです。
なにを信じればいいのかわかんなくて怖いのは僕も同じ。
でも愚痴ってても何も始まんないよ。

790 :くし:04/02/18 18:47
>>788
だって、>>783の直後に賛同表明書こうとして念のためにリロードしたらもう「たぶんね。」とかっつってるんだもん。
しかもここでレスしてるのは不特定の人物ではなく>>778氏と思われ。
あ、でもよくみると五分も間が開いてるんだな。
まあ、僕も君も相当の暇人だね。それが結論。

791 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 20:51
>>790
半端な知識で、知ったふうなことをぬかす香具師か?

792 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 21:36
こら、くし。
こんなところでダベっていないで、酷評スレで一つでも多く批評せい(w

793 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 01:22
くしは糞

794 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 02:20
糞はウンコ

795 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 09:18
ウンコでマンコ

796 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 09:29
くしは無職

797 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 22:21
無職は自由

798 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 23:52
お金に不自由

799 :綿矢りさ :04/02/20 00:28
どうでもいいけど醜い争いやめたら?
ブス・ブオトコの言い合いは酷いわよ。


800 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 00:45
りさタンは処女ですか?

801 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 03:32
>>800
処女ではありません
僕が2年前に破瓜しました

802 :綿矢りさ :04/02/20 05:20
>>800-801
ちょっといい加減なこといわないで頂戴。
あなたたちみたいな醜い男に興味ないの。
面食いなのよわたし。
その顔鏡でみたら私と付き合うレベルじゃないのわからないの?

そうそうちなみに今の彼氏は、オダギリジョーです。
どうあなたたちとは格が違うでしょ。ウフッ

803 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 07:07
すげー、本人の書き込みだあ!!!降臨バンザーイ

804 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 10:27
文學回スレもここまで落ちたのかよ。
本来の話題に戻ろうぜ。

805 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 10:40
時間おいて書かないと「自演だ!」とか言って、
絡んで来るやつがいるんだぜ。やってやれるか!

806 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 10:58
>>805
だって自演だろ。

807 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 11:03
最近、キチガイが多いな。

808 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 11:12
このスレには二人しかいないってこと、はやく理解しろ。
俺とお前の二人だ。このスレには俺とお前しかいないのだ!!

809 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 11:29
ビリーの中には24人もいるのに

810 :くし:04/02/20 12:41
>>805
絡んでごめんね。でもジエンも浮気と同じだと思うよ。
器用にばれないようにやってください。

811 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 18:39
>>894
ブンガク会スレがここまで落ちた、ってアンタ・・・
もともと水準の低いひとたちのつどうところだという認識すら
もてなかった君の存在に鈍い衝撃を覚えるよ。

812 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 18:54
>>894
とにかく頑張れよ。

813 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:08
実験作 だしていい?? たぶんこれで佳作にはなると思う。

814 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:22
出してみいや、ゴルァ!

815 :くし:04/02/20 22:36
実験作は文学界に向いているのか?

816 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 22:59
文学界じゃなければ新潮だ。

817 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 00:38
      ∧_∧  ツカマエタ!!
   ⊂(´∀` )
  / ̄⊂   )
  |^◇^ ヽ( 丿
 (     )(_)
  ''ゝ'''ゝ´



 ぴよぴよ
      ∧_∧
  / ̄(´∀` ) ウフフ・・アッタカーイ!
  .| ^◇^) ⊂ )
 (   ,ゝ',) | |
  ''ヽ'''ノ''(_(_)

818 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 00:54
>>817
か、かわええ……

819 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 02:06
>>817
急にほんわかしたな
いい感じだ

820 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 07:56
実験作!と本人が思い込んでいるだけで
うんざりするお決まりのパターンのものばかりです。


821 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 15:59
          人
         (___)
         (___)
  (○)   (∀・,,  )  ユメヲ ソダテテ
  ヽ|〃    (∩∩  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

822 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 17:41
実験的作品というのは、いい作品を書く能力はないけど、自分ではいい作品を書けるに違いないと信じている自意識過剰の人が、「分かる人には分かる」、「個性・アイデアが重要」などと言って、本当は書く能力がないことを隠すために書くそうです。
そして、ほとんどの場合、そうした試みは、結局実験的というほどの目新しさもないということで終わります。

823 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 17:49
福永信に聞かせたい言葉だ。

824 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 19:28
そもそもこんなとこにうっかり書き込んでしまうような人は
小説とは無縁な人にちがいなく
なにが彼、彼女らをして「自分は書く人間だ」などという
勘違いに導いてしまったかを社会学的(あるいは生物学的)に
研究するのは有意義かもしれませんけど。

825 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 21:23
し、しまった!!
うっかり書き込んでしまった!!

826 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:18
>>822
純文の賞にはエンタメに比べ才能が集まらないと嘆いてた
某編集長の苦言と提言に酷似。。

827 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:57
ていうか、おまいらそんなありふれた認識すらもたずに
小説家になろうとしていたのか、ハァ〜
無邪気には“ほど”があるから許されるのであって
それのない無邪気とか無知は純粋に醜いだけだぜ。

828 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 23:01
>>827
たぶん悪口を言われているんだと思うのだが、
文章が下手すぎて意味がわからんので、一向に傷つかない。

829 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 23:37
>>828
いい大人が無邪気なフリをしてるのはゆるせるが、
ホンモノの天然バカなのは迷惑なだけだ、ということでしょう。
わからないときは素直に人に聞いてみましょうね。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいますから。

830 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 09:34
一生涯にわたって恥をかいていることにすら気付かぬめでたい人たちによって
このスレは維持されている、ということでしょう?

831 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 09:37
そんな連中を日曜日の朝から哀れむ奇特な方々もいらっしゃるようで。w

832 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/22 09:41
>>827
>無邪気には“ほど”があるから許されるのであって
>それのない無邪気とか無知は純粋に醜いだけだぜ。

下手な文章だなあ。。。

833 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 09:51
いくら無邪気さが許されるとはいえ限度があって、
それを超えた無邪気さは無知と同じくただ醜いだけ。

こんなんでどう?

834 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 10:50
827は蓮實重彦の文章のパロディなわけだが
そんなこともわからんような輩によって繰り広げられる
文章がどうだああだという話し合いは
見ていて純粋に痛ましい光景と思われる。

835 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/22 10:57
下手は下手。

836 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:08
「純粋に醜い」とか、「純粋に痛ましい」って、
とんでもない田吾作文章だな。w

837 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:12
あの駄文から蓮実を連想する奴がいたらキチガイ。

838 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:14
みんな必死だなあ。涙ぐましい。

839 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:20
827必死だなあ。涙ぐましい。

840 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 11:33
蓮實重彦なんか知りませんよw
誰ですか?

841 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 12:13
小説家になるんだったら「物語から遠く離れて」くらい読んでおけよ。

842 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 12:14
読んでも小説家になれないお前って、
一体何なんだろうね?

843 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 12:18
おとなげないので書かないでおこうと思っていましたが、
私は受賞者ですよ。小説家になりたいなら蓮實重彦くらい読んでないと
駄目です。読んだからといって駄目な人は駄目ですけど。


844 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 12:20
何の受賞者?
蓮實重彦の本を売りたいん?

845 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 12:32
おれ、読んでないけど受賞したよ♪

846 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:13
なにをかくそう俺も受賞者だよ

847 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:14
私もなんだけど。

848 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:17
文学界新人賞の受賞者でしたが今はもう新人ではありません。

849 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:18
で、蓮實くらい読んでないとやはり駄目です。

850 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:19
>>848
そういう台詞は芥川賞、野間新などを取ってからほざきなさい。
それともうひとつ、「2ちゃんを卒業」しないとね。

851 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:21
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる
なんか変なやつがいる


852 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 13:22
お前よりはるかに売れている綿矢は、そんなやつの
本など読んでないと思うんだが。

853 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 15:14
綿や礼賛のスレってここですか?

854 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 15:20
このスレの住人は皆、ワタヤさんのような作品を書いてちやほやされたい、と
誰もが熱く息巻いているのだと、
>>852のレスを読んだ通りすがりの人は
強く思ったことだろう。

855 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 15:33
そんなこと思うのはバカしかいないだろうな

856 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 15:34
蓮實重彦の一冊や二冊、喜んで読んでやるから、
自称・受賞者はもう来るなよ。

857 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 15:38
ハンゴ(ry

858 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 17:24
827の名文
>ていうか、おまいらそんなありふれた認識すらもたずに
>小説家になろうとしていたのか、ハァ〜
>無邪気には“ほど”があるから許されるのであって
>それのない無邪気とか無知は純粋に醜いだけだぜ。

蓮實重彦の引用例文(『小説から遠く離れて』冒頭)
>あらかじめ謀しあわせていたわけではなかろうし、ましてや
>模倣への意思が等しく彼らの筆をつき動かしていたとも思えないのに、
>資質も違えば方法意識も異なる何人もの作家たちが、いつとはなしに
>同じ物語を語り始めている。

どうやって蓮實を感じ取ればいいのですかw?

859 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 17:34
>蓮實

なんて読むの?

860 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 17:43
はすさねさんじゃないの?

861 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 17:53
はすちち

862 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 17:56
最終選考通知まで、まだ一ヶ月もアルのカー

863 :くし:04/02/22 17:58
れんじつ。

864 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:05
hasumi dayo !!
minna uso ittya damedayo

865 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:09
>>862
そだねー
まちどーしーねー

866 :くし:04/02/22 18:20
みんな落ちるんだろうねー

867 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:42
そだねー

868 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:44
何を今さら。

869 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:57
これって100枚越えてもいいんだろうか?
150枚でも受賞した人いるのかな?

870 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 20:26
何をいまさら。

871 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 20:43
>>869
ワシは110枚で出した。1次通過していれば、
少なくとも枚数の問題で落とされることはない、
と考えて良いだろう。

872 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 00:19
まだ文學界は早いのでござるよ。

873 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 01:22
締め切りから1ヶ月と22日が過ぎた
文学界の下読みさんは1人どれぐらいの作品を読むんだろうね
そろそろ1次から2次へのふるい落としがかけられている頃だろうか
2週間後ぐらいには、2次通過から最終選考への選別がある頃だろうか
もんもんと待つ日々の辛さよのぉ

874 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 07:29
>>858
馬鹿が許されるのは、それが休み休みいわれる時に限られるはずで・・・
(「知」的放蕩論序説)のことだろう。

875 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 13:40
結局文学界って一次ニ次最終で終り?
なんかどこかで、
発表されないけど
三次はあるとかきいたけど……。

876 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 18:56
>>875
2次を通過した作品が3次選考を受け、3次を通過した作品が
最終選考に残り、最終選考で受賞作が決定する、ってことじゃないか?

877 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 19:04
1次でいいから残してくれ。

878 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 19:49
すべての応募原稿を編集部員がぱっと目を通して、
明らかに駄目な作品四分の一を捨てる。
四分の三を下読みに出す。
戻ってきた作品が一次通過。
そこから全員で五人の部員が三班に分かれて、三分の一ずつ原稿を読む。
残った作品が二次通過。
さらに別の班がその原稿を読んで残ったものが最終候補。
だがいい作品があれば上記の課程は関係なくそのまま最終候補に残る。

879 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 15:59
なんか間違いなく自分の落ちてそう。
鬱だ……。

いま、やっと少し目が開いてきた感じ。
書き始めて一年経つ、長かった。

880 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 10:17
電話連絡きました!ちょっと早すぎるんではないか?とも思うのですが
誰かのイヤガラセかしら。
「本気にしてるぜ、あのバーカ」とか言われて
陰で笑われているのかしら。といいつつ早速書き直しに取り掛かる。

881 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 14:39
おめでとう。

がんがれ。

882 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 14:59
その人にとって釣るのは初めてでも、
釣られる方はすでに食傷気味だから、
「釣られてやろう」という気概も失せている。

883 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 17:34
>>880
楽しみにしてるよ。

884 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:18
ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界

885 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 22:29
やはり、不可欠だなあ。

ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界

886 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 16:49
ちん・ちん・ちちちん・ちんかす会

887 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 20:15

本物のチンカス先生か?


888 :886:04/02/26 23:31
>>887
違うぞ、俺はマンカス先生だ

まん・まん・まままん・まんかす会



889 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 01:09
おねぇちゃん、ぼくのもなめて

890 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 13:40
おめーら文學界スレを汚すなよ。

891 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 18:27
さいしょから本スレはこの程度のもんだってことに気が付けないのは
深刻な問題ですよ。

892 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 21:19
ぶん・ぶん・ぶぶぶん・文學界


893 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 09:13
文学界(この号)を持ってないのだが。
親切なお方よろしく…
「ハンゴンタン」だっけ?
あの作者さんは、いくつぐらいの男性なんでしょうか。
ちなみに、やはり無職?
なら、最強だな。無職は…

894 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 09:21
1976年生まれ。現在、無職。東南アジアを放浪中。

895 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 09:26
>>894
早レスTHX!
あなたいい人ですね(涙

無職でアジア放浪中か。
金持ちボンボンなのかなあ。<羨ましい…


896 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 10:02
この人イツまで放浪する気なんだろう?
帰ってきたら、アジアン放浪記でも書くつもりか。

897 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 14:08
ハンゴンタンの作者はもう二度と現れまい。
群像は落ちたし、文学界が頼みの綱だよ。

898 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 14:51
日本では仕事ないから出稼ぎにでてるんだよ。

899 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 16:04
そっか、日本に出稼ぎに来る時代はもう終わりか。
文学界が一番ええわい。
色んなジャンルがありだし、回数も多いし、性別年齢関係なしだ。
それができるのも芥川賞を持っているおかげだけど。

900 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 16:27
群像が落ちた今となっては、文学界の結果が凄く楽しみ。
両方出しといてよかったワイ。
元々250枚の長編よりも100枚の短編の方が
得意な気がしておったんじゃ。
金原ひとみも短い方がうまくいったようだし
わしも多分短い文学界の方がうまくいのだろう。

901 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 18:15
>>899
>色んなジャンルがありだし
そうなの?設定だけSFチックにした、
でも人間関係がテーマの作品を書きたいんだけど
文學界出して大丈夫(内容がよければ受賞できる)かな?


902 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 18:32
>>901
文学界なら基本的になんでもありだよ。
他の賞は個性がわかれるのだけれど。

903 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:40
>>902
その個性(傾向?)と言うものを簡単に教えてもらえませんか?

904 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:58
>>903
一年間、各文芸誌を読んでいれば(特に新人賞の発表号)わかる。
そうまでしなければつかめない雰囲気を、
生意気な高校生の口調で「教えてもらえませんか?」だと?
「あなたは本当に知っているのか?」という響きしか感じないのだが。

905 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 22:33
煽りをする為によく四行も書けるな。。。

906 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 22:54
文學界……なんでもあり(?)
群像……セックスがたくさんでてくる小説
すばる……若者が主人公の成長小説
新潮……ひたすら暗い話
文藝……高校生(書き手が)


907 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 22:57
そうか、俺はセックスが出てこない作品を群像に送っているから駄目なんだ。(ツッコミ不要)

908 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 00:03
907と同じこと考えた。エッチなんてまったくでてこない。
906の分類をみると、新潮におくるべきだった。

909 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 00:14
>>908
こんなのあてにすんなよ。

910 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 01:03
>>906
ネタ情報(・へ・)ヨクナイ!

911 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 02:51
>>910
ちょっとした皮肉だな
と、納得したりして

912 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 08:27
性描写は、退屈なのが多いからなあ。


913 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 09:48
性行為自体が退屈なものだからしょうがない。

914 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 16:49
X day は3週間後だ。
そろそろ、そわそわしようぜ。

915 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 18:59
そわそわそわそわそわそわそわそ

916 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 20:23
え?群像ってそうなの?
それって森チンだけじゃなくて?

917 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 20:41
ざわわ……ざわわ、ざわわ、ざわわ……

918 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 21:16
>>917
× ざわわ……ざわわ……
○ ざわ……
          ざわ……

919 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 23:49
>>916
ダブル村上とかは、そうかもな。

920 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 01:22
3週間後?
15日あたりだと思ってた。

921 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 06:38
>>920
じゃあ、2週間後にしとけよ。

922 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 07:51
自分の出した作品が文学界新人賞とって本になった







…という夢をみました。

923 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 08:08
>>922
じゃあ、そういうこおにしとけよ。

924 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 17:47
 へ へ
 の の 
  も じ? 
  へ
       

925 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 17:50

三る

。。



926 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 17:51
。。
ム る
し 


927 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 20:20
く く
す す
 く
 ん

し し
め め
 う
 ひ

928 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 20:31
平成新顔文字!

929 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 21:21
文 文

 學

 会




何か?

930 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 00:06
す す

 ば
     < いえ別に。
 る  


余裕

931 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 12:19
てめーら、いいかげんにしとけよ、この糞野郎ども!




って、オカルト板の人が言ってましたよ。

932 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 14:12
>>931
なんでオカルト板とこのスレが関係あるの?

933 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 20:23
>>932

それでは聞くが、>>924-930 とこのスレは何か関係があるのか?
その疑問が出てこないのか、この田吾作 !!
まあ、お前のような脳味噌の足りない香具師には、
これは理解不能かな(プゲラヒャゲラも一つプップッ プリッ

おっと、屁が出ちゃったぜ。

934 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 22:16
このスレにいかにもふさわしい未熟さというか拙劣さだったから
疑問なぞちっとも出てこず納得すらしていたよ。

935 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 22:22
>>934
日本語、もう少しなんとかならんか。

936 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 00:26
ねぇ、文学界に最年少はあるの?
というより、「最年少!」ってでかく宣伝するか否か。

937 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 02:05
質問の意図がわからんぞな

938 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 02:54
篠原一が最年少だろう。
これをさらに下回るには中学生でないと。

939 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 03:05
新スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1078337095/l50

940 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 03:07
おめ

941 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 03:36
篠原一かぁ。

ちっ、最年少は無理か。

942 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:00
最年長も電通退職のハンバーガー爺さんがいるから
これまた難しい。

943 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:02
まあでも文學界が一番公平だよ。
逆に言えば賞としての個性が薄いかもしれない。
最難関であると同時に、誰にでも門戸が開かれている。

944 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:03
よく、こんな作品が当選するならこの賞は容易いだろうという
話を聴くが、まったく逆だと思う。
誰でもいいならまず自分に順番は回ってこない。

945 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:06
こんな作品が受賞なら、自分の作品は絶対受賞だと思うかもしれないがそうもいかない。
受賞した人は別のものさしで測れば非常にレベルが高いのだ。
それは女子高生であるとか、そういうことかもしれないが。

946 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:36
篠原一離婚秒読みか。
別居してるけど仲は良いって言ってもなあ。
結局お互いの発展のために別れるだけだべ。

947 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:38
絲山秋子や若合春侑などの出世頭に比べて
他の受賞者はどうしてだめなのだろうか。
飴玉おばさんなんかはすばるの最終候補にも残ったことがあるから
結構作品ストックは多いはずなのだが。


948 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:40
文學界新人賞受賞作を河出書房から発売する時点で
デッドエンドスカイの作者は芥川賞も何もかもをすべて諦めたのか。
鈴木正剛は河出書房から出した単行本を
新潮文庫から発売した時点で河出と縁を切ったのか。
星野も文藝掲載を集英社から出して河出に見切りをつける。
やっぱ河出文庫って弱小すぎるわ。
会社別に本屋に陳列されるのはおかしいわな。
それこそアダルトビデオか文庫くらいだよ。会社別なんて。

949 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:43
中央公論は廃刊になった作品を文庫でよく出しているが
どういう金回りでやっているのだろうか。

950 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 09:44
保坂や池澤の作品も殆んどが中央公論に移ってしまった。

951 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:34
カウパー恐くて中出しできるか、って意見が強いみたいだけど
エイズや性病のことを思うとコンドームはつけたほうがいいと思う。
結局被害に遭うのは女性なんだしね。
男は無責任。せめてゴムをつけるよ。

952 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:36
文學界ってのは純文学のホームラン王だな。
野球でいえば西武ライオンズ。
サッカーでいえばジュビロ磐田ってとこだろう。

953 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:37
吉田修一の作品が読める純文学誌は文學界だけだ。
他社は全部エンタメ誌。
それくらい文學界新人賞のストライクゾーンは広い。

954 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:42
吉田修一→文學界、小説すばる、小説新潮、小説現代
山本周五郎賞受賞。
この人の80%はエンタメだ。

955 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:43
森永ラヴもみんなどんどん安くなる♪
って曲を歌っている人が絲山秋子は好きらしい。

956 :文學界4月号 3/6発売:04/03/04 10:49
創作
夕餉 山田詠美
ペティの行方 藤野千夜
め - くるめ・く 王国記7 花村萬月
夫婦の悪戯 吉田修一
醜女蔓 椎名誠
ゴルフと遊園地 江國香織
連載完結
ナラ・レポート 津島佑子
エセー

109(2)からはじまる 高橋源一郎
詩的境界線の狭間で 到津伸子

■第34回九州芸術祭文学賞発表■
糸〔受賞作〕上原輪
(選評)秋山駿・五木寛之・白石一郎・立松和平

957 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:50
吸収芸術祭といえばダイドーたまちゃんだな。
出世してる人がいるというのは心強い。

958 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 13:56
群像はさすがに最終候補が決まって連絡があっただろうが、
文學界はいよいよこれからだ。
わくわくしているのだろう。みな。

959 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 13:57
花村の王国記は芥川賞をとってしまったので仕方ないのかもしれないが
これ以上、文學界には載せてほしくないのが正直なところだ。
書き下ろしか、オール読み物か、別冊文藝春秋にしてくれ。

960 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:02
12月号が受賞作発表の三月〆切は8月に連絡があることが多い。
群像は3月〆切よりも一ヶ月期間が短いのだよね。
これは結構きついのではないか。
文學界は割とどんぶり勘定なところがあるから
さらさらと適当に決めてしまうかもしれないが。

961 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:04
過去の文學界予選通過欄を見ると
今をときめく芥川賞作家たちが
最終候補に残らず落選している。
なかには文學界新人賞を取れた人もいるが
意外ととれないままデビューしてる人も多い。
まあ大変困難ですわ。

962 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:06
野性時代新人賞や海燕新人賞という
少し前まであった文芸誌の出身作家は
母体の文芸誌がなくなってがっくりきたかな。

963 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:07
絲山秋子はどの文芸誌も自分のホームグラウンドであると主張する。
非常に世渡り上手だ。
前回の芥川賞では新潮新人賞からノミネートがなかったが
実は
海の仙人が前回の新潮新人賞応募作の中ではダントツの
作品であり
海の仙人が家畜やメルヘンを抑えてのノミネートと考えてもいいのではないか。

964 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:08
もし文學界の下半期の受賞であったらなら
文學界と新潮のダブル受賞もありえただろう。
過去にそういう人もいたしね。
でも文學界上半期だったから、まあそれは仕方ない。

965 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:09
文學界っていつの間に6日発売になったのだろうか。
昔は7日じゃなかったけっか。

966 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:10
たけもとオカマちゃんのロリロリが載った新潮が
完売したそうだ。
新潮社の新潮だものな。
平野がらみの佐藤醜聞では暗いイメージが強いけど
やっぱトータルとしてまあまあの文芸誌ではなかろうか。

967 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:14
島田雅彦の連載小説。
たぶん原稿料が高いのだろうな。
島田は自意識を消してしまえとよく言うが
島田の小説は自意識が消えすぎてしまい味がない。

968 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:15
高橋源一郎が朝日新聞誌上で絲山秋子の海の仙人を批評していた。
ブラッシュアップしすぎて
米で言えば精米をしすぎて栄養分まで全部そぎ落とされてしまったのでは
ないかと言っていた。
なるほどの意見だ。
確かに旨過ぎて読者が付け込む隙がない。
逆の言い方をすれば読者がこの作品を好きになれる隙がない。
高橋は大したもんだ。

969 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:17
山田詠美もこれからずっと芥川賞選考委員に加わり続けるわけだ。
彼女が言う文学賞の素晴らしさは納得できる。
コンペティションを通じて生み出される文壇や切磋琢磨は意味がある。
だが
終身で選考委員を続けられる制度はいかがなものだろうか。
せめて5年任期くらいにすべきだ。
山田詠美は芥川賞の素晴らしさをアピールするし、それは正論だ。
だが死ぬまで同じ人がやり続けるっておかしいわ、やっぱ。

970 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:19
石原慎太郎は自分のことをたいした文学者だと思っているようだ。
確かに文学賞をしこたまとっているし
芥川賞選考委員の中でも古株だ。
だが世間が彼の作品をどう評価しているか知ったら、ぶっ倒れるかもね。

971 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:22
選考委員の誰かが死んだら、次からは任期を決めて付かせよう。
詠美と龍を説得して、しばらくしたらやめてもらおう。
と言っても10年くらいならやっていいけどね。

972 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:22
なぜ文學界新人賞の選考委員は変わらないのか?
彼らはもう10年もやり続けている。
そろそろ次の世代にバトンタッチしてもいいのではないか。

973 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:23
辻原みたいな地味ポジに任せたのは面白かったが。

974 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 14:25
本物だからこそ、この小説。

975 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:00
群像がダメでも文學界があるぜよ。

976 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:01
文學界は半年に一度と言うペースのせいか
同じ人が連続して最終候補に残る場合が多い。
だが多くの場合はトーンダウンして不評だ。
吉田修一は一回休んで二度目で受賞だった。

977 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:04
多くの小説家が口にする言葉に「小説らしきものを書き始めて何年経った頃
デビューできた」というのがある。
高橋源一郎は高校生の頃から小説を書き始めて、
三十過ぎでデビューした。
自分は絶対小説家になれるという確信があったようだ。
吉田修一もらしきものを書き始めて5年でデビューしている。
だが最近のインタビューではウォーターという処女作でいきなり
最終候補という経歴に変わっている。
それ以前はカウントされていないようだ。
小説を書くのが好きで、賞など関係なく書いていて、
いざ賞を意識して書いたらそのまま受賞というケースが多いようだ。
作家になりたくて鼻から賞に応募することを目的としている人が少ないように思う。

978 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:05
賞ありきで小説を書き始めるんじゃやっぱ邪道かな。

979 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:06
金原ひとみも一向に文学賞へ応募しようとはしていなかったようだ。
5枚くらいの作品が多かったらしい。
それ以前は。
吉田や高橋も同じようなことを言っている。
その辺からはじめたほうがいいかな。

980 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:22
よし、このままだらだら落選し続けてもしょうがないから
俺も5枚の作品を書こう。

981 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:23
エルビスコステロとミスチルの声が似ていることはよく指摘される。
これと同様だが
夏目漱石の作品と現存する殆んどの作家の作品が似ている。
これはどうしたものか。

982 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:25
ロックは70年前後が一番良かったな。
他は無理しすぎ。
文学も明治が一番良かったか。答えは否。
海辺のカフカは素晴らしかった。
だがドラクエ風で醒めるとの声も有り。
特に親父がねばねば液体で現れる辺りはどうよ。粘菌道楽。

983 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:26
京極夏彦の作品は資料の丸写しではないかとの批判がある。
だが資料そのものを見ればわかるが
一般人が到底読めた類のものではない。
それを庶民レベルまでくだいてくれるので非常にありがたい。
知識を得ることは快楽だ。
象のようにためこめよ、

984 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:27
篠原一からハンバーガー爺さんまで、年齢は多彩。
消えるなかれ。

985 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:28
エルビスコステロのインタビューをしにいったNHKの膳場アナは
スリットがパンツぎりぎりまで入ったきわどいタイトスカートをはいていた。
あれは下品だ。
同じように道具立てで盛り立てる作品を下品と評する作家は多い。
逆に評論家にはもてる。

986 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:46
次スレを立てた馬鹿が必死に埋めているが、
いかんせんセンスの悪さは拭いがたい。

987 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:54
救いがたい馬鹿だ。

988 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:55
さよなら愛しのバレンタイン、マイファニーバレンタイン♪
ロッテにバレンタイン監督が復活した。
このことはオキナワの少年で芥川賞を受賞した東が復活したことのようだ。

989 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:56
馬鹿というよりセンスが異常に悪い。
レスを読むに、吐き気がしてくる。
そいつの思想というか興味の対象が恥ずかしいような内容ばかりだ。

990 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:57
ただ絲山秋子が最低センスのレスを重ねていたが
受賞したことを思うと、受賞できないとは言いがたい。

991 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:58
保坂和志が指摘していることだが、こうした文章は頭を使わずに書ける。
対照的に小説はしこたま頭を使わないと書けない。

992 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 15:59
センス悪すぎ。
だがセンスの悪い人間には逸れ相当の文章が書けるものである。
それが作家の個性にも繋がってくる。
馬鹿じゃないと作家になれないとはよく言ったものだ。

993 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:07
ヒステリックブルーのベースが逮捕されたようだな。
てっきり麻薬や覚せい剤の類かと思ったら、
痴漢の常習犯だったようだ。
ヒステリックブルーのファンはボーカルの娘目当ての野郎が多いから
女に飢えていたのだろうか。
若くして成功するとこうした行動に走ってしまうのだろうか。
痴漢は立派な犯罪です。

994 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:09
高橋源一郎は何回結婚すれば気が済むのか。
その疑問に少しだけ答える、今回のヒステリックブルー逮捕だったかもしれない。
レイプもいつかは摑まるよ。


995 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:11
島田雅彦が妻と一緒の写真が文藝に載っていた。
まるで母と子供みたいだ。
島田が一向に老けないせいだ。
その現象を僅かに説明するヒステリックブルーの逮捕であった。
最後までジュディマリとどこが違うのかわからなかった。
繰り返すうちに犯罪行為は露呈して御用になる。
相手に損害を与えることは事実だが、そのことで自分が利益を得られるわけではない。
逆に自分が利益を得ていないせいで犯罪がエスカレートしてしまう側面もある。

996 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:12
禁煙の場所が増えてきた。
街で煙草を吸っていけない土地も増えてきた。
それはまるで居場所を追われていく純文学のようだ。

997 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:13
陽が伸びてきた。
春だ。
花粉症だ。
そして文學界の四月号が発売される。
九州芸術祭の受賞作も掲載される。
時間は確実に流れるよ。

998 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:16
陽が延びる。○

日中の時間が長くなることだから、延びるだと思うが。

999 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:24
>>998
あんたの言う通りじゃ。
こいつは一本とられたわい。
日々勉強。

1000 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 16:25
世界中の子供達に花束を贈りたいよ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

174 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)