5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本ホラー大賞 2本目

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:18
前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1010651548/

はりきって逝きましょう・・・・・・・
資料とか>>2-10

2 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:21
2ゲト

3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:29
日本ホラー小説大賞HP
http://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/

4 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:38
第12回募集要項

●日本ホラー小説長編賞 賞金300万円 原稿枚数121枚以上1200枚以内
                  (400字詰原稿用紙)
●日本ホラー小説短編賞 賞金200万円 原稿枚数50枚以上120枚以内
                  (400字詰原稿用紙)
●日本ホラー小説大賞 賞金500万円
 長編部門、短編部門応募作品の中からもっとも優れた作品に授与


●対象 広義のホラー小説。自作未発表作品に限る。

○締め切り
平成16年8月31日(当日消印有効)



5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:40
1さん、乙です!
資料と思しきものを載せてみますた。
あと何かある?

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:44
>>5
過去の受賞作は?

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:53
なぜ、ホラは、今年はここまで人気があるのだ……

一次発表→最終選考に残った者への通知&若干の手直し→最終選考
という手順を考えたら、今年は少し遅いかも。
やはり、賞を出すつもりはないのだと考えてもいいような気がする。
ハアー

8 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:58
1さん乙です。ちょっと気になることを思い出しました。
文芸誌の新人賞は、発表号の発売前にすでに二次通過者には連絡が
いっていると、どこかのスレで見たような・・・。
この時期に何も連絡がないということは、すでに落選
つうことでしょうかね、・・・しょぼん。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 19:12
少なくとも一次選考は、もう終わってるだろうね。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 19:59
受賞作なしでFA

11 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:06
すっごい傑作あり、と見立てた。

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 20:31
>>6
過去の受賞作はホラ大ホームページにあるからいいか、
と思って。載せた方がよかったかな?

>>8
まぁまぁ、まだわかりませんよ。
とある文学賞でいい線までいったことがありますが、
最後の最後まで出版社から連絡ありませんでした。
ホラ大がどうかはわかんないけど、
二次通過では連絡こないこともあるのでは?
とにかく今は待ちましょう(^^)

13 :THE NAMELESS:04/01/16 21:54
>>9
では、何故に発表をしてくれないのだ。
やはり、ホームページ応募要項に「発表」の欄がないからかな…
※そういえば、今日の帰り、「本の旅人」ゲット。
 レジの横で、無料で置いてあったのでもらってきた。
 横溝賞、ホラー賞、NEXT賞の応募要項あり。
 そのほか、少し連載とか、コラムとかあって、角川の発売本一覧とかあって、
 定価は100円(でも、ただ)フリーペーパー?
 あと、野性時代の柴崎こうの顔が、創刊から、2号、3号とだんだんとアップになってきているのが気になる。
 夏までには、鼻の穴だけになるのではと心配。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:16
いちおう、一次の発表が来週あたりあると考えて、この週末何をするか?
次のうちから選べ。
@角川ホラー文庫を読む。
A過去の受賞作を読む。
B12回に向けて、構想を練る。
Cただ寝て過ごす。
Dホラービデオを借りてきて、観る。
E姉を飼ってみる。
Fシャーレで、ミトコンドリアを育ててみる。
G心をなくしてみる。
Hバブルで潰れたリゾートゴルフ場で過ごす。
Iドグラマグラを読む。チャカポコ チャカポコ 脳髄論
Jその他。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:18
オマイラ、とりあえずスレッド1を終わらせてから書き込めよ!

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:21
面白かったからI

17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:36
>14
配偶者と子供を捨てて、ホラーに見切りをつけて、セックス三昧というのも
ありかな。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 22:55
ひょっとして、福田家が火事で燃えちゃって、大賞どころではないんではないか?

19 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 23:00
みなさん、やけになってませんか?

20 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 23:31
旧スレ沈没!

21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 23:32
フフッ……面白いよ。

早く発表してほしいね。

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 23:54
皆さんは長編と短編どちらに応募したの?
自分は短編。
今回落ちても12回も出すつもりでいるけど、今度は長編に挑戦してみようかな、
と考えてます。
121枚以上なら何とかなるかなと。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:07
自分も短編。
同じく次回は長編にいくつもり。
というわけで、少しずつ書き始めてます。
8月末まで、また辛い日々よのう…。


24 :the nameless:04/01/17 00:08
私は長編に出しました。
短編はあまり書いたことがないし、食わず嫌いならぬ、書かず嫌い。


25 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:10
>>22 >>23
次回のことは、一次に落ちてからにしようぜ。
自分の作品に自信を持たないと……
自信のない作品を読まされる下読みが可哀想だ。
(下読みは、最初の読者だから)

26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:14
>>23
その辛さは、自分を生かすための苦労だから。
仕事やその他は、自分を殺すための苦労だから。
自分を生かすための苦労を出来るなんて、幸せだと思わなくては。

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:14
>>25
自信はある!
駄目そうだから次のを書いてるんじゃなくって、
もし受賞が叶った時には出来れば次の作品を仕上げていたいのです。
デビューしたら、もっと過酷な現実が待ってるんだもん。


28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:16
>>27
確かに。せっかくデビューしても、
二作目以降で、沈没していく作家が多いからな。

29 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:18
>>26
レスありがとうございます。
23ですが、26さんの仰るとおりです。
辛い辛いと言いながら、その辛さを楽しんでいる自分もいるのですよ。
少し前まではあまりにも真剣になりすぎて自分を殺してしまいそうでしたが、
最近は少し気持ちに余裕が出来てきました。
辛いよ〜、とはどうしても言ってしまうのですが、まだまだ頑張りますよ!

30 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 00:21
おっと、気が付けば、こんなところに新レスが出来ている。
びっくり。
一次の発表はまだのようですね。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 06:55
今回は、良作揃いだったのかなぁ……。
……それが事実で、一次通っていたら嬉しいんだけど。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 09:43
ホラー大賞は一次通過時には連絡ありませんでしたよ。


33 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 09:53
>>24
長編に出そうと思っていたのですが、6月あたりでもう間に合わないことを
確信しました。それでもどうしても「応募しなかった」という事実を作ること
が嫌で、短編を書きました。短編…すごいですよ。自分でも書いてみるまで
わからなかったのですが、長編を書くのとは全然違う世界・作業です。
とても勉強になりました。
もし機会があるのなら、是非短編も書かれてみては?

34 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:12
>>32
どの文学賞も、普通は一次通過の連絡はないですよね。
最終選考(ファイナリスト)に残った場合にだけ、連絡があるはずです。
このスレは、みんな、角川のホームページでの一次通過発表を待っているんでしょう?
横溝賞は、〆切が1か月遅いけど、すでに、一次の発表が載っていますから。


35 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:23
週末は、角川のホームページ更新はないだろうな。

36 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:28
>>24
私は読むのも書くのも短編が好きなので、短編ばかり書いてますよ。
短編で賞を持っているところが少ないので、ホラー大賞は嬉しい賞なのです。


37 :the nameless:04/01/17 10:42
24です。なぜか私へのレスが朝から2つも?
どうでもいいけど、朝からにぎわっているのはなぜ?
ああ、すいません、説明不足です。私も短編は書いたことがあります。
ホラー大賞では、長編を出した、ということです。
短編は、長編を書き終えて、バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)になっているときに、
構想3日、プロット3日(起承転結の4分割・でも起転結もあり)、執筆10日、校正2日で出します。
もちろん、他の文学賞(小説現代とか、小説推理とか、オール読み物とか……)です。
結構、長編で賞をゲットする人って、短編ですでに賞をゲットして(出版はないけど)いる人が多いのでは?
もちろん、片手間で短編の賞もゲットできるとは思いませんけど。
長編の賞をゲットしないと、なかなか出版にはこぎ着けないし、注目されないから。
(ぼっけえきょうていの志麻子お姉様は別として)
それに、予選通過経験が長編であっても、短編ではなにので、つい、長編の方が向いていると、勝手に思いこんでいるのです。



38 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 10:59
お茶でもいかがとコニーのさそい、毒入りなのねとメリキャット…

39 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:00
>>37
なるほど。かなりの書き手さんでいらっしゃったのですね。
いつも長編を書き終えると本当に燃え尽きてしまって
しばらく何もする気が起こらないので、そこでなお短編を書くという気概を
見習わなくては! でも、構想3日といってもひらめきって中々来るもの
ではないし、きっと日ごろから考えていらっしゃるんでしょうね。
朝からいい刺激を受けました。
しかし本当、朝からにぎわってますね…。



40 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:20
>>38
おじさま? 朝食にしましょう。

41 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:30
>>40
わしは、あの日を忘れないように、執筆しなければならん。
私、お庭に行って来る。お姉さんは?
私は、やめておくわ。メリキャット、気をつけてね。

……何のこっちゃ。山荘奇談、たたりじゃ。

42 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:31
しかし、音沙汰ないなあ。
去年は、1月15日位には、二次選考終わってたみたいだけど…
スケジュールが遅れてるのか、一次発表は、事務処理的に後回しか。
不安だす〜。


43 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:47
第10回選考は、3月13日午後5時より、パークハイアット東京で行われています。
(ホームページより)
選考委員に最終選考作品を渡すことを考えても、やはり、すでに一次選考は決まっていないと……(二次も?)



44 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:53
やはり、一次と二次の同時発表か?
(しかし、二次通過って、最終候補では?)
三次まである賞は、よく、一次と二次の同時発表ってあるけど…

まあ、今日と明日はないな。出版社って組合が強いから(たぶん)、土日出勤って許さないだろう。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:55
一昨年とほぼ同じタイムスケジュールだす。だから受賞作なしかも。

あらかじめ準備した売れそうな作品を大賞にするのかもしれん。



46 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:56
一次選考は毎年ですと、年末には終わっているようですが、
今年はどうなんでしょうかね。


47 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 11:58
>>45
でも、受賞作なしって、編集部でなくて、選考委員が決めるのでは?
真理子たんも、直木賞の発表が終わったから、ホラーの選考に時間が割けるのでは?

48 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 12:15
いい文章を書くには、いいプロの作品を読みなさい!
とか、よく聞くから、どんな本を読むべきか?
(一次の発表もいつになるか未定ですし……)

いままで読んだ中で、最も怖い(恐怖を感じる、ホラーな等)小説って、何ですか?

49 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 12:23
羅生門

50 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 12:27
>>48
隣の家の少女
避暑地の猫
ずっとお城で暮らしてる
くだんのはは


51 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 13:35
『第5回日本ホラー小説大賞の選考会は、去る3月20日午後4時30分より、東京・紀尾井町「福田家」にて、荒俣宏氏、高橋克彦氏、林真理子氏の各選考委員出席のもとに開催されました。』

3月20日に行われたこともあるから、一ヶ月前に選考委員に最終選考作品を渡せばいいから……
そう考えると、まだ発表なくても、間に合うのでは?
たぶん、二次選考は、予選委員と編集部でやるから、素早くできると思うし。


52 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 15:12
いや、編集部はもう、募集した事すら忘れていると思うよ。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 15:18
やはり、角川編集部で、鳥インフルエンザが流行しているにちがいない。


54 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 15:41
>>47
そうね、その関門がある限り編集部が決定できるのは最終候補までだろう。
どっちにしても今年は、このまま消え入りそうな予感。まもなく一次通過者と同時に最終候補の発表はあると思うけど。
他の公募新人賞でも「こりゃ、すげえや」と感じる作品なんて、なかなかないじゃん。
ホラー大賞は、可能な限りそんな作品を出したいんじゃないの。


55 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 17:05
..>>54
一次通過者と最終候補が同時に発表があるの?
去年まで、そんなことなかったんじゃない?
横溝賞も、とりあえず、一次通過者を先に発表しているよ?

56 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 17:32
なんでそんなに焦るのかなあ。
大賞がでるのかはともかく、一次はそのうちサイトで発表されるでしょ?
毎年発表される日にちが決まってる訳じゃないし。
ここで騒いでいる人って初めての投稿?
たかが一次くらいでおたおたしとらんと、もすこし泰然と構えてたらよろし。


57 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 17:47
>>56
きっと、自信作を応募したけど、本当は落選だとも同時に思っていて、
この2つの相反する心のジレンマが、不安を呼び、心の奥底にある恐怖を呼びさませて、
すべての事象の半分しか照らし出してくれない光に別れを告げて、残りの半分を照らし出す闇の方へ向き、
チャカポコ、チャカポコと阿保陀羅経を唱えずにいられない精神状態になり、
脳髄論が理解できない脳髄を捨てたくなっている状態だと思われます。

つまり、確率的に一次に選考に落選する人の方が多いはずなので、一次発表がが過ぎると、
すべては他人事になってしまうので、騒ぐのなら今しかないからです。

58 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 17:50
>>57
一次が発表された後で、自分の作品が最終選考に残るかどうか不安がる輩でスレが溢れかえったら、
それこそ、ホラーだ。

59 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 19:46
>>55 横溝賞も、とりあえず、一次通過者を先に発表しているよ?

今年は該当作なしみたいだね。



60 :名無し物書き@推敲中?:04/01/17 23:26
>>59
去年も、横溝賞は該当作なしじゃなかった?
ホラー大賞もなし?
ダブルなし?
がびょーん…

61 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 00:26
>>55
第10回の受賞から大賞以外は即文庫本だったし、少しずつ変化もするんじゃないかな。
まあ、早く発表されるといいなあとは思うけどね。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 01:11
>>61
良い変化ならいいんだけど……
ジュリエットが大賞で、夏の滴が長編賞の時、
パラサイトや黒い家、ぼっけいみたいに話題性がなく、インパクトもなかったから、
大賞以外、即文庫化になったんじゃないかな。
大賞、長編賞、短編賞、ついでに佳作とか出すと、話題性が分散するし……
ところで、姉飼って、売れているの?
平積みになっているの見たことないけど?
ホラー大賞も曲がり角? 今回(11回)で、パラや黒やぼっけい見たいな話題性がないと、
映像化はおろか、賞の存続も危ないか? 角川は、横溝賞も抱えているし、
最近までは、新潮ミステリー大賞とか、日本推理サスペンス大賞とか(どちらも、ホラサス賞に変更?)、
あと、サントリーミステリー大賞(終了)とか、賞自体の寿命が短くなっているし。
日本ミステリー大賞(光文社)なんて、賞を獲った作品も作者もまったく注目されないし……
まあ、結局、応募する私たち?の実力がないのも一因だけど……

結論としては、ホラー大賞がんばれじゃなくて、ホラー大賞に応募する輩どもがんばれだね。


63 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 01:31
あー、関係無いけど、光文社の6回「アリスの夜」
はそこそこ良かった気がする。他回は読んだ事無いんだけどね……。

姉飼ってあんまよくないよね。これが大賞?って感じ。
シマコシャンならまあ納得出来るんだけど。

2回のセナ、4回のキシ、6回のシマコまでは普通に良かったと思う。
8回から少し下がってしまった気がする。
古川の良さが全然分からなかったし、
夏の滴はネタ的には良いけど、説得力無さすぎだし……。
色々とつっこみたかった。

……62の通り、全ては出版社のせいではなく、応募者のせいだ。
……がんばらねば。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 12:48
>>63
同意。6回までは理解できたけど、8回とか10回ってそんなに良かったかな?
単に自分の理解力が足りないのかもしれないんだけど……。

日本ホラーの傾向を掴もうと思って色々読んでるけど、8回あたりから
どんなものを求められているのか少し分からなくなってきた。
最終的には自分がいいと思うものを書くまでなんだろうけどね。

65 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 14:20
直木賞候補になった朱川氏は期待できるんじゃないの?
つーか、オールの方で書いてるみたいだから、ホラ大出身というより、
オール読物新人賞出身という印象が今後は強くなるんかいな。
志麻子女史より、むしろ朱川氏の方が直木賞に近いのかもしれない。
坂東眞砂子女史も、ホラ大出身って感じじゃないしなあ。
しかし、みんな大人だなあ。11回の受賞者はみんな40才過ぎだし。


66 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 14:25
あーあ、発表って来週の末かなぁ。
末は嫌だなぁ。明けた直後に発表してほしいよ。

朱川さんは良いと思う。でも、普通かな。

67 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 14:59
ホラサス読んだ?裂けた瞳(奇跡の夜)。

主要登場人物が、主人公を愛するためだけに生まれてきたような、
マザコン、自意識過剰のナル小説という印象。
あとから、あとからとってつけたような不幸話にはマジで萎え、萎え。
あまりのあざとさは浅田次郎さえ赤面しそうだ。つーか、腹が立ってくる。
犯人があれじゃなあ。サスペンスなんかいな、これは?
歴代の中で、最高の駄作ではないかと。
リカやギニョルの方がまし。ギニョルは文章いいし。
正直、ホラサスもそろそろヤバイと思う。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 15:11
人生劇場を書き込まなければ怪物があばれまわったり、人のからだを切り刻むだけのアホな小説になるし、
かといって、あざとい人生劇場はうんざりするし、
なんかこう、衝撃があって、ズドンっと切り込んでくるような受賞作はないのだろうか。

お前が書けってか?まあカンガッテみるわい。みんなもガンガレ!


69 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 15:20
>>67
そうなんだ……。ちょっと面白そうとか思ってたのにがっかり。
少なくとも定価で買うことはないな、それじゃ。

ギニョルの文章は良かったよね。内容は単なるホモ? って思ったけど。

70 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 15:33
小説の捉えかた、感じ方は人それぞれだから、それはなんとも。
67はあくまで俺の感想だし、受賞したってことはなんらかの良さがあるのも事実だろう。
単なる消去法かもしれないけどね。
67では書かなかったけど、よい部分もあることはある。
一読者として言わせてもらえば定価で買う価値なしだけど。

71 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 18:07
>>67
そうなんだ。今回、選考委員が綾辻に代わったからどうなるかなと思ってたんだけど。
でもホラサスって特別賞の方がいつもレベルが高いとかって言われてる。
さて、今年どこに送ればいいのか。日本ホラー、ホラサス、メフィスト。。。

72 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 18:17
え?綾辻氏は今年からじゃないの?

73 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 20:50
綾辻さんは次回からですよ。
今回のホラサスは審査員の本音としては受賞作ナシにしたかったらしい。
小説新潮に載った寸評、三氏全員、どれにもこれにもボロクソ書いていた。
結局出版社の意向で無理矢理受賞作を出したという感じみたい。
というわけで、傑作が書けさえすれば来年のホラサスは狙いどころかな?


74 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:19
来年つーか、次回今年でしょ。
選評が単行本に載らなくなったのも選考委員が受賞作を叩くからかな。
乱歩賞も選評が載らなくなってるし。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/01/18 21:45
そうそう、「次回」は「今年」のつもりで書きますた。
そりゃ、今回のホラサスの選評はとてもとても受賞作には載せられない
でしょう。受賞作自身がめちゃめちゃ叩かれてたもんね。
なのに受賞者がモデルみたいにカッコつけてNYかどこかで写真撮影されてた
のが凄く滑稽に思えた(小説新潮ね)。
ま、結局は取ったもん勝ち。次回は頑張ろっと。


76 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 00:12
★私の今後の予定★

☆希望☆
1月中旬 一次選考通過
1月下旬 最終選考に残る。
3月初旬 日本ホラー小説大賞受賞

☆予想☆
1月中旬 一次予選落選(やけ酒)
2月 次回に向けて、構想・資料収集、プロット作成
3月〜7月 執筆生活(昼は仕事、夜執筆、週末引きこもり)
8月 校正・仕上げ・概要作成
8月下旬 出来上がった1200枚の大作を角川編集部へ投稿
9月〜12月 (昼は仕事、夜は賞金の使い道を妄想)
2005年1月 やけ酒………… 

77 :71:04/01/19 00:16
>>72
スマソ。今年からだった。
しかし今回の受賞作も売れそうに無いか。
賞自体の存続も危うくなってくるな。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 03:08
>なのに受賞者がモデルみたいにカッコつけてNYかどこかで写真撮影されてた
のが凄く滑稽に思えた

不細工なゴリラでも黄泉醜女でもいいから、小説がおもろい方がいいな。
だいいち、顔写真なんて載せる必要ないと思われ。りさたんじゃあるまいし。

79 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 03:24
ジュリエットで大賞獲った伊島りすとの「飛行少女」って、どうなの?
読んだ人いる?

80 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 03:46
ぐををををああああああああああ

81 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 08:40
ホラサスの受賞者は、始まりが終わりというやつだな。
受賞しても、売れなきゃ即廃棄処分だ。ま、それは、どの賞でも一緒だが…



82 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 08:40
>りさたんじゃあるまいし。

ああ、でもこの状況、前にホラサス応募した後、夢で見たことある。
自分の作品が最終候補に残って他の作品と接戦するんだけど、
結局受賞したのはハタチの娘っこ。
顔中ピアスだらけで記者会見でも仏頂面、なのに振袖着てきてるような。
ああ、もはやああいった若者の感性にはどう足掻いても敵わんのか…って
この世の虚しさを一気に味わった挙句、泣きながら目が覚め、
それでもどうしてもあれは夢だったと思い切れなかった私は、病んでまつか?

83 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 08:44
今、気づいたのだが、角川ホムペ、インフォメーションコーナーのトップ記事が、
直木賞間連のセールスだ。つまり、ホラの一次発表を載せると直木セールスのニュースが
下になり、目立たなくなる。それで、一次をなかなか発表しない、という妄想は。
連続カキコ、すまん

84 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 08:46
発表が遅いとついあれこれヤな妄想しちゃいますよね。
きっともうじきだよ。
信じて待とう。


85 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 11:31
mada

86 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 11:35
un mada


87 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 14:33
この遅さ、作為を感じる………

ところで、最終選考(ファイナリスト)に残った原稿を、選考委員に渡すときって、
簡易製本するの? でも、よく選評で、誤字や変換ミスの事指摘されていたり、
最近はワープロ原稿が増えて読みやすくなったとか、書いてあるから、
やっぱり、生原稿のコピーだよね。

88 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 14:40
今、ホラー大賞のトップをいじってたら、11年度の募集要項が急に
12年度になった。心臓とまるかと思った。発表、もうすぐだね。

89 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 15:25
そうりゃそうだろ。
第11回の募集は終わってるし。
こんな早い時期から送る奴はいないだろうけど、
第12回の作品を募ってますってことだわな。


90 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 15:37
↑激しく既出じゃ。よく嫁

91 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 15:44
>あれは夢だったと思い切れなかった私は、病んでまつか?

あんまし気に病むな。ホラサスの受賞者はすべて3,40代 。
ホラー大賞も今回は3人とも40代だ。
エンタメは純文学と違って社会経験がものを言う。
ホラーも中高生の読者ばかりじゃない。
ホラー文庫も遠藤周作から、沙藤一樹まで幅広い。
自分の信じる道を、しっかり歩めや。

「まっすぐな道でさみしい」  山頭火


92 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 17:21
今日も発表されないとなると何というか、ホント、予測不能な領域に突入しますね。
しかしその裏で既に最終候補者には連絡が行っているような気もするし……。
興ざめというか、お祭りじゃないんだからこういう楽しみ方は間違っているんだけど。
「応募してたの、忘れてた」的な余裕で構えないとダメなんだろうなぁ。

93 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 18:47
前スレ読んでない人のために。
*年末に、ホラー大賞のホームページの募集要項の回数は12回募集に変更なりました。
*締め切り日も、平成16年8月15日に変更なりました。
*年明けに、作品の応募枚数が、短編50〜120枚まで、長編121〜1200枚までに変更されました。
 (長編は、去年まで200〜1200まで出会ったが、野性時代では、121〜1200枚になっていて、2つの規定枚数が存在した? それをこのスレで指摘していたら、こっそり年明けに変更されたので、このスレ、角川編集部の人も見ているかも知れません)


94 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 18:50
もし、「あなたは一次通りました」「あなたは二次通りファイナリストです」という電話を角川から受けた人は、レスちょうだい。
なお、「あなたは大賞を受賞しました」という電話を受けた人も同時募集です。

95 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 18:54
柴咲コウの「着信あり」って、原作は秋元康なの? ホラー作家?

96 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:02
>>92
発表が遅いと、弱気になるよね。
やっぱり去年は、1月15日には、最終候補者確定してたみたい…
スケジュール的には、妥当な線だよね。
一般向けの発表なんか、ただの事務処理だし。
もう、諦めて12回に備えようかと思う。

97 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:03
>>91
社会経験は関係ないと思う。

98 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:11
どこで見たか忘れたけど、
発表は4月受賞者に連絡って書いてあった(確かに)。
前は三月だったでしょ。
……今回は全て一ヶ月ずれてるのでは?

99 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:25
>>91 >>97
結局、若い時って、自分の周囲のことで勝負してしまうから。この作者は、この先伸びて生きそうだみたいなことが、文章に表れるのではないかな?
自分の周囲のことを書くなら、誰でも書けるし、問題は、その次ではないのか?
2作目、3作目といかに自分の周囲から脱却してエンターを書くかが作家としての資質として問われるのでは。
例えば、芥川賞の綿矢りさちゃんは、学校での変わった主人公や、ある意味自分探しと青春という(純文学の基本中の基本)を書いて評価されたが、
いつまでも、青春自分探し小説なんて何冊も書いていられないのでは?
例えば、若いとか、東大出身とか(作家でなくても)、そういう別のことで注目されると、それを脱却するのって、大変だと思う。
あの(と付けてしまうが……)乙武くんが、雑誌のインタビューで、「いま、スポーツライターとか目指しているけど、どうしても、『五体不満足の乙武』というのが抜けられない」と話していた。
まだ、若くていいけど、スポーツライターは、取材した文章で勝負でビジュアルは関係ないはず。今は彼を使っている雑誌各社は、「あの乙武くんがレポートした……」としてしか使わない。
あと十年経って、彼が中年になって、車椅子で取材した文章を、どの雑誌社が採用するのか?
やはり、実力は大前提で、それを売る手段として若いとか、女とか、その他のオプションが付くのであって、
結局、賞取りは実力だと思う。その次の売る段階でそうするかだと思う。
歌野晶午は、新本格好きの間では知られていたけど、「このミス1位」という武器を使って作品や名前が浸透するはず?だから。





100 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:25
〜〜〜〜チンコサイズ比較表〜〜〜〜
■通常時       .■勃起時
16cm以上…神    26cm以上…神
13〜15cm…巨大  21〜25cm…巨大
10〜12cm…大    16〜20cm…大
7〜9cm  …普通  11〜15cm…普通
4〜6cm  …小    6〜10cm. …小
1〜3cm  …極小  1〜5cm  …極小

101 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:31
直木賞を京極さんが受賞したから、ある意味ホラーが注目されるぞ。
ほら、皆さん、一次通過しなければ、第12回に向けて書かなけばならないし、
一次通過して最終に残って大賞とても、1作目以上の第2作を書かなければならないから、
どちらにしても書かなければならないのです。
ああ、無間地獄……

102 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:35
NEXT賞はいつの間にか、「アナタの作品評価します賞」に変更された模様です。
ハワイッサーの次はグアムッサーとサイパンサーらしい。

103 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 19:49
誤爆か?

104 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 20:16
82ですが、仕事から帰ったらレスつけてもらっていました。
91さん、99さん、ありがとうです。
頭の中ではわかってるんですよね、エンタメ部門はある程度の人生経験と
熟練が必要で、自分の人生にいっぱいいっぱいになってるだけじゃ駄目、
客観性を持てるくらいの年にならないときっと良い作品は産み出せないだろうって。
なのですが、出版社というものも信じきれるわけでなく、話題作りやルックスで作家を
排出することも多分にしてあるだろうなぁとも思うわけで。増してそういう回に
自分が敵役でノミネートされてたりした日には…。考えるだけで恐い。
ただ私も99さんの書かれた「賞取りは実力」を信じたいです。
「若い」を凌駕出来る「話題性」を提供出来る凄い小説を、一度でいいから書いてみたい
ものですよね。自分の本当の実力で。
91さん、
>自分の信じる道を、しっかり歩めや。
この一言、元気もらいました。ありがとう(^^)



105 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 21:18
>>98

そんな耳より情報を今更!
探してみました。ありました。

ttp://compe.japandesign.ne.jp/ap/01/lite/horror11/

うーん、ホラーというよりミステリーな展開ですね。

しかし結局、ホラーな結末が待っているのだろうか???

106 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 21:38
>>105
うーん、登竜門情報だったのかー。
募集内容の原稿枚数からして間違ってるからなー。

107 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 22:20
おい!

ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3f99bb70224240100dc5?aid=&tpl=dir/01/01170000_0045_0000000041.tpl
> ◆日本ホラー小説大賞一次選考作業を終えて、応募原稿の箱を返送。小生の
> 担当分に関する印象だが、今年は短編のほうが豊作のヨカーン。

だってよ!

108 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 22:53
ほんとだ!
すごい、よく見つけた!
選考は行われていたのだね〜。ヨカッタヨカッタ。
これが去年の年末の話みたいだから、発表は…。


109 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 22:59
>>107
この東雅夫情報は信頼できる。でもこれを読むと、短編と長編の予選委員は同一人物らしい。
自分の分とあるが、他に誰がいるのか?
返送が12/26なら、予選委員には、編集部が年内に返送をと指示したのでは?
そうすると、年末に編集部でがしゃがしゃやらないだろうから、年明けに、予選委員が選んだ一次通過作品から、
ファイナリストへと進める作品を編集部選考で選んで、webを書き替えるという予定のはず。
きっと、年内返送を年明け返送に頼み込んだ予選委員がいると邪推する。
まあ、どっちにしても、間もなく発表だろう。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:13
>>107
東雅夫が予選いいんなら、ホラー大賞自体、予選選考も含めて、きっと角川が旧幻想文学編集部(アトリエOCTA)(現廃刊)と提携して、
はじめた可能性は大きい。ホラー文庫とか、かつて海外の作品は、かなり通好みを選んで出版していたようだし。
予選に委員の面々って、東雅夫、風間賢二、尾之上浩司、仁賀克雄、中島晶也あたりか?と邪推。
角川のホラー大賞担当には、きっと、郡司聡編集委員が絡んでいるはず?と邪推。
ああ、予選選考って、なかなかメジャーにならない日本ホラーを支えてきた人たちなんだななどと少し感動。
まあ、ともかく、今年こそ、話題作、最高の恐怖作品を大賞に選んでほしい?
……って、自分の作品が選ばれることを夢見て、一人ほくそ笑む。



111 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:17
>>110
お前、誰だ?

112 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:18
大森望氏もそうじゃなかったっけ?>>下読み

113 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:19
>111
ワラタ

114 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:21
井上雅彦は?

115 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:23
>>112
二次からじゃない?

116 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:24
>>107
私の原稿は、きっと、東雅夫担当ではないでしょう と祈る。
だって、長編応募だもーん。


117 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:25
まさか、茶木は入っていないだろうな?

118 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:28
香山二三狼は? 杉江待つ恋は? 

119 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:29
情報に餓えてるなー、みんな。生者に群がるゾンビのようだ。

120 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:32
ホラー大賞の下読みだけど、女性は二人いるよ。
豊崎由美と辛酸なめ子とか聞いたことがある。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:35
このスレ、ホラー大賞の予選委員を邪推するスレ?
今のところ、東雅夫、大森望、豊崎由美、辛酸なめこ?(←誰)の四人は確定的?


122 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:38
あの……、東さんのやつ、なんか繋がんなくて読めないんです。
……書かれてたのは、あの(2つの)文だけですか?

123 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:41

コピペの時、頭にh付けた?

124 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:43
瀬名って、パラサイト以外はどうなのよ?(未読)
貴志は、結構出す作品、出す作品趣向が違って、映画化も多いし、まあ売れっ子作家か?
志麻子お姉様は、結構あちらこちらの出版社で引っ張りだこのようだ。そのうち、ヘアヌード写真集出すのか?(ホラーだ)


125 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:45
>>124
志麻子お姉様は、いったいいくつ?(何歳?)

126 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:47
>123
それでした。
すみません、簡単な事で。

ありがとうございました。

127 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:49
>>125
1964念、岡山お生まれ。熟してる?

128 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:50
>>124
写真集、ちょっと、見たいかも?(お化け屋敷気分)

129 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 23:52
話がどんどんずれている(w

130 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 01:24
今日、1月20日の予報。
発表なし。

131 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 08:41
ホラー板がここまで盛り上がるとは、これまたホラー。
岩井の話でなんだが、ホラ受賞後、即座に夫と子を捨てたことに、主婦として虐げられた生活の
怨念を感じた。だが、行く先はしょせんネタ詰まり。やはり、お決まりの下半身
曝け出しコースになった。ああ、ほんの少しの向学心や教養があれば…


132 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 10:10
……結局さ、遅れてる理由ってなんなの?
どんな場合に、こうなる?
あと、一ヶ月ずれてる説。
ずらす事に、何か意味があるの?

応募作品に何かトラブルを招くようなものがあったのかな?

133 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 10:17
横溝の2次の方が発表早かったりして……

134 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 11:03
お母さん
8月に僕がメールで送ったあの原稿
どこでなにをしているんでしょうね…

135 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 12:53
おまえら 可哀想だな

おまえらにとっては 
誰もいないさびれたあの場所が
ただ一つの世界とのつながりなんだな

自分の実力が まるでオママゴトなことも知らない
お前らの原稿など 下読みに五分も読まれず 机の隅に積まれることを 
お前ら 分かってないんだな 

 気づけ



136 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 12:57
気づいてどうなんの?

137 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 13:34
「杉江松恋は反省しる!」の1/15分に、
横溝正史賞選考会の話が書いてあります。
ttp://note3.nifty.com/cgi-bin/note.cgi?u=YQI04512&n=0623

こちらはもう最終の4作が決まったみたいですね。
ちなみに、横溝賞でいちばんの出世頭は誰か、という言及に
笑ってしまいました。


138 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 16:16
あー、本当、何やってんだろうね、角川は。
今週中には発表あるんだろうね?

……ああ、つい苛々してしまう。
本当、早いとこお願いします。

139 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 17:11
>>137
ワラタ
これであたらしい道が開けた。
my今後の予定
ホラー大賞受賞→ベストセラー5冊→自民党員→衆議院選当選→4期12年代議士をする
→突然会見を開いて辞任→1年浪人して知事選出馬→当選→息子を代議士に→都条例を改正して、都内でのヘアー全面解禁。


140 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 17:28
>>93 前スレ読んでない人のために。
*締め切り日も、平成16年8月15日に変更なりました。

締め切りは8月31日になってませんか?
ttp://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/12th.html

141 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 17:56
>>140
その通り。〆切日 平成16年8月31日だ。

142 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 18:00
>>137
つまりは、年明けは横溝賞の二次選考(ファイナリスト)に忙しくて、
ホラー大賞(編集部一次選考)は、そのあとだってことよ。
たぶん、今週当たり、すったもんだして、一次発表は来週だね。


143 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 18:37
横溝はもう出てるよ。
該当作なしだってよ。

144 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 19:25
23回、該当作なし
24回、一次選考結果発表
25回、募集中
だろ?

145 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 20:04
>>143
まだ角川ミステリーエクスプレス見ている奴いるだろ。それは廃止だよ。
http://www.kadokawa.net/ ←廃止(netに注意)
今は
http://www.kadokawa.co.jp/ ←これだ(関連サイトをクリックして、横溝賞とか、ホラー大賞を探す…next賞もあるよ)

146 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 20:35
そもそも去年の大賞受賞作品の刊行も遅かったしね。

おたおたせずに次回に向けて書こうや。

147 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 20:42
>>142
横溝賞は、担当編集部が違うのでは?
あと、一次選考は、箱で渡されて「最低何本」と選別するだけだから、
東氏が終わってるなら、他の人も終わってると思うよ。

148 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 22:48
>>145
thx
ってか廃止したんならnot foundとかにしとけよ、コラッ!

それはともかく明日の予報はどうなっているのでしょう? 予報士さん。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 23:11
明日の予報
発表なしの確率80%


150 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 23:21
高いッスね。

151 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 23:23
これは?
日本のホラー映画「仄暗い水の底から」のハリウッドリメーク版「ダーク・ウォーター」(原題)に、アカデミー賞女優のジェニファー・コネリー(33)が
主演することが19日、分かった。コネリーは黒木瞳(43)が演じた、女の子の霊につきまとわれる娘を守る母親役。
全米は今秋、日本は来年公開予定。カナダ・トロントで20日(現地時間19日)にクランクインする。
「リング」に続き、ジャパニーズホラーが再びハリウッドを恐怖で震え上がらせる。
やはり、角川は、ホラーで世界選出しようと企んでいる。

152 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 00:02
選出は企んでないだろう。
けどリングはともかく、
仄暗いがなぜハリウッドでリメイクされるのか、わけわかめ。

153 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 00:18
>>137
横溝賞の松木麗は、当時、現職の検事じゃないか。今、参議院議員。
リーガルサスペンスとか、ちらほら書いている。
弁護士と医者は、自分の仕事してろ!

154 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 00:31
ああ、一次選考を待ちながら、自分の応募作品を読み返し、その才能に怖くなる………
一次選考通過、二次選考通過、大賞受賞と、あと3回もやってくる喜びに、胸が震える。

155 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 01:02

もう、そういう独り言はやめようよ。
なんかネタをふるか、情報でも出すか、
ホラー小説や新人賞について議論するとかさ。


156 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 02:26
イカ臭い作品を読まされる下読み職人は大変だのぅ〜


157 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 09:59
宝島社主催(このミステリーがすごい大賞の次回募集コメント)

『本賞では、荒削りでも未知の可能性やオリジナリティの感じられる作品を評価します。第1回、第2回と似たような傾向の作品──犯罪小説・近未来もの・歴史もの──が多くなっています。
 次回は、今までに応募が少ないジャンルの作品──ホラー・伝奇小説・本格──も読んでみたいと考えています。』

第3回は、ホラー作品優遇なのか?
応募する? ちなみに〆切は、5月31日だよ。


158 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 10:20
↑受賞作は売れているのですか。本を出している輩は、みんな名前をあんましきかんのですが

159 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 10:34
下読みは一本いくらで仕事をしてるから、イカ臭い作品はウェルカムだよ
読み捨てといて金はもらえる
今年の下読みの生活は明るいとにらんだ

160 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 10:58
ほ〜んと。待ちくたびれたね。

161 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:04
>>158
このミス大賞 賞金 大賞1200万円(史上最高額?) 優秀賞200万円 ……応募する?

第1回
大賞金賞?「四日間の奇蹟」浅倉卓弥著
 →癒し系ミステリー? というか村上春樹の読後間に近い。ミステリーと思って読むと失望するかも。
  ネタの一部が東野の秘密と被る。茶木の話や帯で10万部と歌っているが、2刷しか見ないので、宝島社の「売れているよ」という戦略か?(だって、半落ちでさえ、32万部だもの)
  すでに、数日前、文庫化されて店頭へ(1年で? 早い……)
大賞銀賞?「逃亡作法」東山彰良著(なぜか、宝島社では、東山魚良? どれが本物の名前?)
 →未読。amazonでの評価を読むかぎり、糞小説らしい。書店でほとんど見かけない。
優秀賞「沈むさかな」武田ティエン著(←名前が変)
 →未読。amazonでの評価を読むかぎり、海洋青春ミステリー? 書店で探したけど、見かけたことない。
その他「そのケータイはXX(エクスクロス)で」上甲宣之著
 →最終選考に残り、受賞を逃すが、なぜか、隠し玉なる名称で出版。サウンドノベルという手法? つまり、ゲームの脚本? ホラーらしい。1冊だけ、本屋の片隅で見た。

第2回
大賞「パーフェクト・プラン」柳原慧 明日1月22日発売
 →この作者、ホラー大賞の第2回、4回、5回と長編の最終選考に残って賞を獲れなかった曰く付きの人物。
  このミス大賞で売れたら、またまた、角川は、バトロワのように、ベストセラーを逃すことになるのか?
優秀賞「ビッグボーナス」ハセベバクシンオー著(←すごい名前?)2月13日発売
 →何でも、本の出だし、冒頭1行目が、「明石家さんまが好きなシチュエーション……」で始まるらしい。すごい、変か? 天才か? 読んでみる?

162 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:05
>>157-158
第一回金賞受賞作「四日間の奇蹟」が
文庫落ちして発売されましたね。
新書で出てから1年。
普通、3年おいてからじゃなかったでしたっけ?

163 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:09
>>157-158 >>161-162
宝島社は、このミス(ランクのムック本)はいいけど、このミス大賞はうさんくさい…
だいたい、まともにミステリーの出版がないのに、作家を育てられるの?

164 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:13
 >161
 >第2回
  大賞「パーフェクト・プラン」柳原慧 明日1月22日発売
  →この作者、ホラー大賞の第2回、4回、5回と長編の最終選考に残って賞を獲れなかった曰く付きの人物。
3回も最終選考に残って、賞を獲れない気持ちって、どんななのだろう? 頭狂わないか? こちとら、一次の発表でこれだけ騒いでいるのに…


165 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 11:45
四日、逃亡、ケータイは読んだ。
四日は文庫なら辛うじて許せる程度。
逃亡は展開がつまらなすぎ(最初はくると思ったのに)。読む価値なし。
ケータイは文章が下手過ぎる。比喩もおかしい。
中だるみする所が多々ある。正直つまらん。

ので、パーフェクトは読まない。選考委員の言葉は信じられん。
つーか、あの選評は本心なのか? 信じられん。
大森さん。正直なとこ教えてよ。

166 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:02
この出版不況の折、売れないものは選ばないほうがよいに決まっている。
しかし、このミス大賞は、一部上場企業をスポンサーにつけ、
宝島社の腹があまり痛まないような経済的仕組みになっているから、
嬉々として選んでいるような…。

よほど特殊化していない限り、40代デビューの作家は一、二発で消えるのが
多いな。体力、知力ともにピークが20代半ばから30代前半にくるようになって
いるから仕方がない。人生のたそがれ時に、後が続かないのである。


167 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:04
じゃあ30代前半までにデビューしていまだに売れてる作家って、
惰性で書いてる&惰性で売れてるってこと?

168 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:18
>>165
大森氏、かなり正直に書いてるよ。一人で反対したそうだ。
あの一行選評は、編集部が部分的に抜き出しただけ。

169 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:23
>>165
第二回のパーフェクトプランについてでしょ?

170 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:28
>>169
そう。
一次からベタボメだったから、本当かなと思ってたんだけど、
大森氏の最終選評読んで、やっぱりそうかと……

171 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:42
ケロロ軍曹、半年持つのか?

172 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:46
自分の作品を自分で読むと、親ばかになって、悪いところとか、客観的に見れないよね。
酷評されると、最初は頭に来るけど、よく考えると結構正しかったりすることあるから、考え直して進歩するよね。
選評を読んでから、本文読むと、ああ、なるほど、選考委員は、ここがだめだって言っているのかと気がつくこともあるから、
べた褒めで送り出すと、先が伸びないのでは。
自分の作品を評価されたいよね、友人とかだと、何か、百害あって一理なしの気がするから。

昔?日本ミステリー大賞を「パレスチナから来た少女」(読んだけど、設定が無理…)で受賞した大石直紀とか言う人が、
先日、小学館文庫大賞?なる賞を「テロリストが夢見た桜」とか言う作品で受賞して、いま、単行本?で本屋に並んでいて、
その巻末に作者の受賞の言葉があるけど、「賞を獲ったけど、二三作で仕事の依頼が来なくなった…」みたいなことが書いてあって、
結構笑えた。(立ち読みするとよいと思う…)つまらない作品を書いている自分に気がついていないのではと突っ込みたくなった。
結局、そこそこ書けるとか、(名前が売れていないうちに)つまらない作品書くと、
干されるけど、それは出版社が仕事の依頼を辞めるのではなく、たまたまある作品を読んでくれた読者が、
次の作品を読みたいと思わないから、仕事の依頼が来なくなるのだと思う。
自分もそうだから……
そう考えると、ちょっとおもしろい話を思いついて、自分だけ喜びながら書いていたんじゃだめな気がする。
それでも、仕事中とか、昼休みとか、通勤中とか、いつも考えていて、誰も考えつかないようなことを書いてやろうと思っている。

ああ、私は、長編に応募して、発表を待っている輩です。

173 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 12:57
>>162
確か、最近、乱歩賞の「脳男」がやっと文庫化されたはず。
宝島社じゃ、文庫化されても、本屋の棚で探すの、ネバーだろ。
角川なら、まだokだ。ホラー文庫は黒いから直ぐ分かる。でも春樹文庫と区別してくれよ。
近くの大型書店、角川ホラー文庫と春樹ホラー文庫がごっちゃになって置いてあるぞ。

174 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 13:03
「ぼっけえきょうてい」は映画化の話進んでるの?
「玩具修理者」が映画化できるんだから、できるでしょう?
主演は、志麻子お姉様本人か? できたら、あやや当たりに主演してもらいたい。
いいぇーい、めっちゃ、ホラーだぜ!


175 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 13:15
>>156 >>159
イカ臭いって、どんな臭い?

176 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 13:55
第6回のホラー大賞で、長編佳作の牧野修って、こんなに賞を獲っていたの?

牧野 修(まきの おさむ)
作家。1958年大阪府生まれ。大阪芸術大学芸術学部卒業。
1976年 第2回奇想天外SF新人賞に『名のない家』で佳作入選。(牧野ねこ 名義)
1985年 第1回幻想文学新人賞に『召されし街』で佳作入選。
1992年 第1回ハイ!ノヴェル大賞を『王の眠る丘』で受賞
1999年 第6回日本ホラー小説大賞(長編)に『スイート・リトル・ベイビー』で佳作入選。
2002年 第23回日本SF大賞を『傀儡后』で受賞




177 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:03
牧野サン、芸風に変化ないうちに45歳か…
今まで何して食っていたんだろ。

日本ミステリー大賞は、作家の墓場か?
大石直紀という人は、ノンフィクションでも書いていたほうが、
よかったのでは。

いくらうまく書いているように見えても、目を弾く作品はダメですと、
ある大手出版社の文芸編集者がいっていた。
志のある者なら、何年か何十年かかけたら、まあ、まともなものの一つは書けるでしょうが、
天賦の才といったものがない作品は、どうしても目を弾く、そうなのです。
ああ、南無三だぁ。


178 :177:04/01/21 15:06
(続き)
仕事でも、研究でもそうだが、できる奴はなにをやってもできる。
小説も、できる奴はなにをテーマにしても、どんな長さでも、できるらしい。
できない奴には、できる奴のことがわからない。ま、実社会も一緒だ。


179 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:07
おーおー、らしいね。
最初は「ホラ大佳作でよく生きてんな」って思ってたけど、
そんな実力者だなんて……。
カマ2の深追い本に載っててビックリしたのが……何年前だっけ?

180 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:15
カマ2ってダレ



181 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:18
……ごめん。「かまいたちの夜2」です。
すんません。思いっきりゲームの話です。

182 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:28
>>176
幻想文学出身で、ホラー大賞がらみの人、結構多いね。
牧野、スイートリトルベイビー(佳作、角川ホラー文庫)
倉坂鬼一郎、赤い羽根の秘密(最終選考、どこだか忘れたけど単行本)
秋里光彦、闇の司(最終選考、ハルキホラー文庫)……

>>172つまらない作品を書いている自分に気がついていないのではと突っ込みたくなった。

同意。その人の2作とも読んだ、図書館で借りて。




183 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:31
>>178
野球とかゴルフとかはわかりやすいけど、やはり物書きにも天才がいるんだろうな。
松井とかうまいの分かるけど、全く名前なしで、例えばゴルフとかテニスとか、バイオリンとか、バレエとか、
素人目には、ある程度のやつはみな同じに見えるものな。
やはり、いい作品(売れているではなく)読んで、なぜにいい作品なのか分かる目を鍛えることだな。

ところで、この前、歯医者の待合室で西村京太郎の本を読む機会があって、笑った。

「……登場人物のしゃべり……」
と、○○は言った。
「……登場人物のしゃべり……」
と、××は言った。

の連続。仕事が立て込んで、出版社依頼が次々にあり、枚数を稼がなければ行けない運命からか、
すごい書き方だな。売れっ子過ぎると、出版界の荒波の中に飲み込まれて、物書きマシーンになるんだとつくづく思った。
でも、売れていると言うことはすごいよ。

184 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:35
予報士ィ〜。
今週末の予報してよ。
ってか、本当にいつ?
来月はさすがにキレるよ。

185 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:39
>>182
倉坂鬼一郎は 第2回
秋里光彦は、第6回(←ハルキホラー文庫で本出してると知らなかった)
ちなみに、
石田衣良(直木賞、池袋ウエストゲート…)は、第4回
     

186 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:43
牧野修氏については、
「忌まわしい匣」だけ、読んだことがあります。
スプラッターな短編集なのだけれど、
それぞれ手の込んだつくりになっていて、
なかなか面白かったと思う。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 15:44
http://award.gentosha.co.jp/top.html
ここと同じ運命を辿るでしょう>>184

188 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 16:17
今週のホラ予報:角川気象台発表。
寒冷前線が近づいてきています。大陸に高気圧、アリューシャンに低気圧があり、冬型です。

1/21日(水)本日:(90%ないでしょう。初大師、ライバルが手を結ぶ日、GHQが人身売買の公娼制度廃止を命令し、1万400人の娼婦が解放される(1946))

週間予定:アメダスホラー確率

1/22日(木):確率40%(飛行船の日、夫婦の日、リンダ・ブレア(女優1959)誕生日) 
1/23日(金):確率70%(根強い週末説、電子メールの日、ふみの日)
1/24日(土):確率20%(編集部休み?、ゴールドラッシュの日、法律扶助の日、全国学校給食週間(〜30日)、市原悦子(女優1936)誕生日)
1/25日(日):確率10%(編集部休み?、初天神、左遷の日、日本最低気温の日、江戸幕府、混浴を禁止(1791))
1/26日(月):確率80%(根強い週明け説、ただし大安のため中止かも、文化財防火デー、有料駐車場の日、ふろの日、長島一茂(元プロ野球選手1966)誕生日)
1/27日(火):確率60%(国旗制定記念日、金賢姫(1962)誕生日) 
1/28日(水):確率70%(初不動、コピーライターの日、にわとりの日、江戸幕府が初めて「生類憐れみの令」を出す(1687))
1/29日(木):確率80%(人口調査記念日、肉の日、上野動物園にパンダ来園(1980))
1/30日(金):確率100%(根強い週末説、みその日、横山ノック(政治家・タレント1932)誕生日)
1/31日(土):確率120%(仏滅なので、土曜日の発表の可能性もあり、路面電車の日、そばの日、鹿児島で初の五つ子誕生(1976))
2/1日(日):確率140%(ここまで来たら笑いましょう、成人病予防週間、テレビ放送記念日、マリリン・モンロー初来日)

以上、お天気でした。

189 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 16:25
>>186
おもしろい作品書いても、いまいち注目されない。
不遇なのね……

190 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:30
なんだか、どうでもよくなってきたな。

191 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:32
前スレのときは、1000レス消化に約2年。
新スレは、わずか、6日で190……
すごいペース……
でも、一次発表が終わると、閑古鳥状態になるんだろうな、きっと。
そして、8月31日が近づくにつれて、また、盛り上がるんだろうな。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:33
>>190
人生、投げたらあかん。

193 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:38
遠足の前日におやつ買うみたいなもので、書いているときが一番楽しいんだろうな。
遠足って、行ってみると、結構詰まらなかったりするから。

ところで、応募回数と、長編、短編ぐらいカミングアウトできる?

私、長編、ホラー大賞初応募。

194 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:40
今日は、もう、発表ないよ。
kadokawa WEBの今日の変化は、トップページのニュースが、

【ニュース】
第130回直木賞受賞作:京極夏彦『後巷説百物語』
webカドカワに重版入荷致しました!

だけだから。


195 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:43
>>194
一応、落選なら落選と確定しなければ、次の作品に正面向いて取り組めないよ〜

196 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 18:22
>>195
気持ちわかる。
そう思うと、プロって凄いよね。
売れるかどうかわかんなくても、次の作品書かないといけないんだもん。
明日は発表あるかなぁ…。

197 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 22:46
>>175
イカ臭い作品は、下読み職人に最後まで読んでもらえません!

成仏できない・・・|||-_||| 貞子


198 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 22:49
>>197
井戸の中は臭そうですね。

199 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 01:18
皆さんは、応募した後で応募作品を何回読み直しましたか?
何回書き直しましたか?
そうか、皆さんは書き直したい気分にならない程の完成された作品を書き上げたのですね。
応募した当時は、確かに私も自分の作品を『凄い!』と思っていました。
でも、何度か読み直す内に「ここをこうすれば」って部分が幾多も出て来ました。
そして、ようやく自分でも納得出来るかたちに仕上がりました。
結果発表が無くとも、ようやくこれで次の文章を書く事が出来ます。


200 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 06:58
何故、書き上げた直後の自分の作品が「唯一サイコー」のものに思えるのか?
「親ばか」の心理に似たものなのだな、と最近子供ができて想ったのだが、っ
ていうことは、作品を評されるのはわが子を評されるのと同じだってことだ。
作品の応募っていうのはわが子を託児所に託しているのと同じ。
結論、編集部は託児所だった。

うちの子は、他の子が「目を弾かれる」ほどの産婦人科のアイドルだった。
ところで「親ばか」って、あれ、本能か? 

ホラー長篇応募者。


201 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 07:44
みなさん、ホラ小説書くのと、ジャンボ宝くじ買うのでは、どっちが当たりそうですか。
何年か前、50過ぎのおやじが大賞を獲った時、囃子が「この人の文章はホラ以外の分野でもやっていける」
とかいってたな。囃子にそこまでいわれるとは、ホラというのはなんたる悲しいカテゴリだ。
ああ、今日も発表ねえんだろな。

202 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 08:11
何年か前まで、新聞系のマイナーな賞の一次選考を手伝っていました。
ほんとに、最初の1枚で実力がわかり、3枚目くらいで脱力感に襲われ、5枚目で作品に
さよならします。
100作応募があったら、92、3作はその手のものです。
編集者や記者など、ふだん文章を扱う仕事をしている人の作品は、バランスやまとまりはよいのだが、
基本的に話が面白くない。
文章を扱わない人のは、そこそこ話は面白いが、おまいら日本語知ってるのか、といいたくなるようなぶざまな
言い回しです。
それと、いろんな媒体からネタを引っ張ってきてアレンジするのはいいんですけど、
そもそも、いろんな媒体そのものを、こちらもある程度知っているわけで、ネタばれの嵐で、
激萎えです。ホラーがかった作品は、特にその傾向が顕著です。
出しても売れねーな、というレベルのものばかり最終に残ることも
あります。その時だけ、受賞者を持ち上げますが、2か月もしたらさいならです。
一次選考の時と同じく、5枚目くらいまで読んで、あとは音信不通にします。

受賞した時が、ある意味、出発点だというのは本当です。
あちこちの賞で連続して最終候補に残るとか、同じ賞で何度も候補になる
といった人材は優遇されますが……。

と、いうことで。



203 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:03
>>202
悪い。あんたの文章もよくわかんね。

>その時だけ、受賞者を持ち上げますが、2か月もしたらさいならです。
>一次選考の時と同じく、5枚目くらいまで読んで、あとは音信不通にします。

特にここ。解説きぼん。


204 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:11
>>202
釣り師じゃないですよね?
マジレスします。少し文章が平坦な感じがしますね。
読点も多用しすぎているきらいがあります。
デスマス調のなかに 〜しまいました とか 〜なのです とかも混ぜましょう。

205 :204:04/01/22 09:13
書き直し
何年か前まで、新聞系のマイナーな賞の一次選考を手伝っていました。
ほんとに最初の1枚で実力がわかり、3枚目くらいで脱力感に襲われ、5枚目で作品にサヨナラすることが多かった。100作応募があったら92、3作はその手のものなんです。
編集者や記者など、ふだん文章を扱う仕事をしている人の作品はバランスやまとまりはよいのだが、基本的に話が面白くない。文章を扱わない人のは、そこそこ話は面白いが、おまいら日本語知ってるのか、といいたくなるようなぶざまな言い回し。
それといろんな媒体からネタを引っ張ってきてアレンジした類の作品、これはネタバレの嵐で激萎えしちゃうことが多々、ありました。何故ってこちらもそれ相当の知識を持っているわけですから。 特にホラーがかった作品にはその傾向が顕著ですね。
出しても売れねーな、というレベルのものばかり最終に残ることもあります。そんな場合にはその時だけは受賞者を持ち上げますが、2か月もしたらさいならです。一次選考の時と同じく5枚目くらいまで読んで、あとは音信不通で放置します。
受賞した時がある意味、出発点だというのは本当です。あちこちの賞で連続して最終候補に残るとか、同じ賞で何度も候補になるといった人材は優遇されますが……。

206 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:16
おいおい、コピペだぜ。釣られんなヨ

207 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:29
力がないと「パレスチナから来た少女」の大石みたいに干されるということかな?
コピペ貼るならもっと有益なもんを貼ってくれ、バカタレ

208 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:33
はぁ、205の直しも下手糞だな


209 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:36
>>199〜202
まあ、発表がいつかはともかく………
このレス、似たようなことが書いてありますね。ある意味、まったく、その通りです。
私は、今回、ホラー大賞の長編へと初参戦したものです。
他の賞には、何回か応募したことがあり、予選通過したこともあります。賞獲得はありません。
以前、まだ、パソコンが普及していないこと、ある同人誌集団に一年ほど所属したことがあります。
その同人誌は、どこにも売りません。仲間内の分だけをコピーして配るだけでした。
みな、短編を書いて、同時に、仲間の批評(ほめてはいけない)を載せました。
今思えば、もっともな批評ばかりですが、当時は、こいつなに言っているんだ!と怒りだし、想像つくとおり、
批評によるいがみ合いで、同人誌自体が空中分解しました。(後に、その中の一人は、作家になったようです)
自分の作品を、良くも悪くも他人に批評されないと、気がつかない所はあります。
頭が冷却して、当時の埃を被った同人誌を読み返すと、みな、他の人の作品を、真剣に批評していたことが分かります。
字が下手なので、人に読ますのが無理と思っていたら、ワープロソフトなるものができて、私には追い風になりました。(汚い字は読みたくないですからね)
中断していた書くことを再開し(結局辞められなかったのです)、それまで目指していた純文系を捨て、エンター系に変更しました(どういう心変わりかは自分でも不明)
年に1作品程度(仕事ありますから…笑)書いて、長編を中心に応募はじめると、面白いように、いくつか予選通過して、麻薬のように取りつかれました。
最近、自分で、自分の上達が、やっと分かるようになりました。(きっと、まだまだなんでしょうけど)
皆さん、人に読ます、読まれることを大前提に書いてますか? まず、小説の体をなしていないと自覚しながら書いていますか?
模倣ではなく、独自の視点を持つことを心がけていますか? 型や枠に嵌ってしまっていませんか?
そういう意識の欠如していませんか?
エンター系は、読者に受け入れられることが、最も大事だと思います。
発表前に、ふと、自らに言い聞かせています。

(私自身は、きっと、最終選考から、賞獲得までの壁が、最も高いと思います。この壁こそが、才能より運ですから……)


210 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:49
>>197
だから、イカ臭い臭いって、どんな臭い? いい匂い?

211 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 09:53
小学6年生が包茎チンコを初めてむいた時の悪臭さ。

212 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 10:20
ラーメンスープとは「魚介系スープ」と「ほ乳類系スープ」、そして「野菜系」とがブレンドさ
れてできたスープのこと。ようするに、地球上の生物系統がくまなくブレンドされたスープ、
それこそがラーメンスープというわけです。「だし」は「うま味」成分でもあります。日本人が
この「うま味」にたいしてとくに敏感であることは、「umami」が国際語であることからもあき
らかでしょう。ラーメンが日本人の舌に合うその理由とは、ラーメンは「うま味の体系」だか
らに他なりません。「魚介系」だけではだめだ、といいたいんだと思いますね。
あ、「ラーメン」を「ホラー」に置換してみてください。


213 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 10:30
ホラースープとは「魚介系スープ」と「ほ乳類系スープ」、そして「野菜系」とがブレンドさ
れてできたスープのこと。ようするに、地球上の生物系統がくまなくブレンドされたスープ、
それこそがホラースープというわけです。「だし」は「うま味」成分でもあります。日本人が
この「うま味」にたいしてとくに敏感であることは、「umami」が国際語であることからもあき
らかでしょう。ホラーが日本人の舌に合うその理由とは、ホラーは「うま味の体系」だか
らに他なりません。「魚介系」だけではだめだ、といいたいんだと思いますね。
あ、「ホラー」を「ホラー」に置換してみてください。

214 :210:04/01/22 11:17
なるほど、よく分かりました。
嫌な匂いも、いろいろ混ぜれば、香水になるということですね。
>>211
 >小学6年生が包茎チンコを初めてむいた時の悪臭さ。

小学六年生で剥けない人はどうするんですか? 一生剥けない人は、上野整形外科に行った方がいいですか?




215 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 11:21
>>214
ネタレス?

イカ臭い作品ってのはオナヌー小説のこと。

216 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 11:22
イカ臭い・・・

217 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 11:24
ナヌ、オナヌー小説

218 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 11:29
古代統一後の朝鮮半島(百済ない)


219 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 12:28
結局、イカ臭いというのは、自己満足小説?(オナニスト小説? ナルシスト小説? 巨大ロボット魔法RPG小説?)

220 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 12:29
>>219
それだ!

221 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 12:34
横溝賞に協賛している、潟gスカドメイン って、何だ?

発表が遅くて、苦しい〜〜 誰か、福田家に火をつけてくれ〜!!!

222 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 12:36
>>212
新しい脳髄論? 九州大学医学部の方ですか?
胎児の夢は、フロイト的解釈で、どうなりますか?

223 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 13:51
ここまでくると、今月発表なしと思えてしまう。
一ヶ月ずれが正しい気するよ。

224 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 13:52
>>221
http://www.toshiba.co.jp/about/press/1999_04/pr_j2202.htm

どうやら東芝と角川で起こした新会社らすぃ

225 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 14:02
>>222
胎児に夢はあらわれません。彼らのこころはどちらかといえば自然現象に近い
のです。植物の生活現象に似たものです。その生活現象は、生まれ落ちてから
だんだんに可塑化してゆきヒトの意識現象(感情)にいたります。そこでよう
やく彼らはうっすらと夢をみられるようになるのです。その意識現象がそれよ
りも高次で凝固したところで、ヒトは人工(観念)を得ることになります。夢
はそこでリアリズムになっちゃって、紛争とか愛とかになっちゃいます。

お分かりいただけましでしょうか? 


226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 15:18
>>225
マジレスありがとうございます。
夢野久作著作のドグラマグラの正木博士(だったか?)の「胎児の夢」、「脳髄論」のジョークのつもりでしたので………

227 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 15:21
今日も発表なしか。
明日は週末で、1月23日(給料日)だから、ワン、ツー、スリーで発表してくれ。

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 15:22
これで自分のなかったら相当腹立つね。
いや、まあ、自分のせいなんだけどさ。。。

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 15:23
>>224
よく分かりました。サンキュ。
やはり、多角事業家のkadokawaが、一枚絡んでいたのね。

230 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 16:00
とりあえず、これは読んどけってホラー(広義)は?

ケッチャムは俺的にはいまいちだったなぁ。
翻訳がさっぱりしてたのかもしらんけど、映画のシナリオを読んでるような。

乱歩の中の探偵ものじゃなくて、怪奇、幻想、ホラーに分類される一連の短篇群。
これはお薦めかしらん。筒井康隆が、なにげに乱歩の影響を受けているのがわかる。
朱川湊人は、もろに乱歩のオマージュという感じだ、フクロウ男。




231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 16:05
広義としてもホラーかどうかわからんけど、スカーペッタが好き。
各人の切々とした心理描写が特に好き。

乱歩は一度読むと、次書くものが必ず影響されてしまいます。

232 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 16:38
【姫の形見】東殿下と幻想文学の仲間たち10【モノノケ】

2ちゃんねるホラー板のこのスレ行ったことある?

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 16:38
今、小説すばる新人賞に向けて書いてんだけど、
初の恋愛ものなんだよね。ホラーは読んでるから
良いんだけど、恋愛なんてゼロっすよ。
しかも高校生の青臭い話なんだよな、これが。
うーん、悩む。これに時間を注いで良いのかと……。

234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 16:59
小説すばる新人賞の受賞作、何本か読んだことあるが、
ストーリーより文章が重視されているような。
ストーリーはつまんなくても、文章である種の「空気感」を醸せばゲットかと。

235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:14
>>230
「ずっとお城に暮らしてる」 シャーリー・ジャクスン著
古い作品だけど、ホラーというか、狂気というか、ストーリーの進め方が新鮮。

236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:17
>>233
相手のことが好きで好きで、殺してすべて食べちゃうというのは?

237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:18
佐川君か

238 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:21
一次発表の前に、ファイナリストに連絡の予感。
もはや縁のない落選者はいいかげんほっとけばいいわけだし。
てなわけで、次回に向けてかんばろう。

239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:39
本日の発表なし。
kadokawa.webトップページの本日発売が変更されただけ。
本日発売 「着信あり」 定価600円(税別)

仕方がないので、本日発売の隣にある pic up の、
受付締切間近!1/22(木)まで!!「タッキー&翼カレンダー2004→2005」定価:2,000円(税込)
でも買うか……

240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:43
ケロロ軍曹の原作を買え

241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:45
>>234
 >ストーリーより文章が重視されているような。
 >ストーリーはつまんなくても、文章である種の「空気感」を醸せばゲットかと。

改行を多くして、すき間を増やすと言うことか?

242 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 17:48
>>240
驚き!
amazonで探したら、「ケロロ軍曹」というコミック、実在したんだ。冗談かと思った。
それで、買ってどうするの?

243 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 18:02
>改行を多くして、すき間を増やすと言うことか?

その通り。夢枕獏をみならえ。
隙間をふやせば読者は行間も読んでくれる。
きっと売れまくるぞ。


244 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 18:07
>>243
ということは、>>183 の西村京太郎風の文章だな。

「……登場人物のしゃべり……」
と、○○は言った。
「……登場人物のしゃべり……」
と、××は言った。


245 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 18:15
「ぼくらはみんな閉じている」の中の、
肛門。
って書き出しはどうよ。

246 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 19:02
確かに西村京太郎の文章は凄い。
でも、あれを読んで出版界をなめきってしまったら、
死ぬまでデビューできなくなる予感。




247 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 19:44
確かに山田悠介の文章は凄い。
でも、あれを読んで出版界をなめきってしまったら、
死んでもデビューできなくなる悪寒。




248 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 20:08
>>246

西村先生の文は、異様に「、」も多いとおもった。文節に必ず入る感じ。
はじめて読んだとき、かなり衝撃を受けたんだけど。
あれも、文字数稼ぎ?
それとも、文体?

249 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 21:22
>>246
同感。読んではいけない、テレビの二時間ドラマで、船越栄一郎主演で楽しもう。

250 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 21:44
今気が付いたけど、ホラ大賞の第12回応募要項の一番下の主催、
主催=株式会社角川文庫/株式会社フジテレビジョン
になってる。角川書店じゃなかったんだ。でも株式会社角川文庫って、何だ?
誤植か? 編集部の人、見ていたら、こっそり直してちょうだい。

251 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 22:02
われ思うに、
西村京太郎は口述筆記ではないだろうか。
ネタ集めも、何人か活きのいいのを雇えば、なんとかなろう。
まあ、時代劇の盗作爺さんみたいに80才前で元気なのもいるが…。

しかし、乱歩賞以来40年間トップにいるというのは、
まことに恐ろしいもんだ。
わしが字を識ったころから、文壇長者番付に載っていたというわけだ。


252 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 22:13
くっそー
ジャニーズカレンダーは好評なのに、
なぜに一次選考結果は発表されない!?

253 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 22:36
だから、ケロロ軍曹も開いて見てやってくれいって

254 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 23:09
>なぜに一次選考結果は発表されない!?

なぜ、そんなにあせる?
ここに書き込んだからって発表が早まるわけでもないのに。
なぜ待ちきれないのか問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。精神構造が知りたい。
本を読めとか、次作にかかれとか、みんながアドバイスしてるのに。



255 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 01:21
それが人間の性ってもんでしょうに。
本を読んだって、次作を書いたって、
寝る前にここを見ると、やっぱり思い出してしまう。

いや、そこんとこ、コントロール出来る人間が、
……止めとこ。眠くなってきたし。

256 :新参者 ◆EKNnjDCuA2 :04/01/23 01:31
>>250
第11回も「角川文庫」になってました。
プリントアウトしたやつ、まだ目の前の壁に貼ってあります。間違いありません。
「書店」じゃなく「文庫」。なんなんでしょうね。子会社ですか?

121枚〜199枚までの「魔の地帯」が無くなったのは嬉しいです。
じつは第11回、この枚数制限をどうしてもクリアできず、リタイアしたもので。

257 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 02:07
しかし、スレの消費が早いですねえ
なんにんくらいいるんだろ
みんながみんな応募したって訳じゃないですよね?

>>255
本を読んだり、次作にかかっていてもやっぱり気になるものなのですよ

258 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 02:55
明日発表かつ自分の名前がそこに載っている事を願う。
都市伝説セピアを今更ながら読んだ。すごく面白かった。
ついでに「アイスマン」で賞獲れなかった理由が分かった。
短編賞受賞に内容が及んでいなかった(当たり前か)。ただそれだけの事だった。
文章も巧い、作りすぎの感じも正直しない。ただ、ホラ大の短編賞として
出すには、あまりにも作品の持つエネルギーが小さ過ぎた。
上手だが、これに賞金をあげるならやはり40〜50万だと思われる。
200万では大袈裟だ。ふくろう男で50万の賞金は妥当だと思う(もう少し上でも良いかな)。
白い部屋で……は今までにない設定が良かったのだと思う。ホラ大として、まあ出しても悪くない。
そんな風に感じた(正直賞金価値は100万程度だと思うが)。
そもそも、朱川氏の好んでいる(←勝手な推測だが)不思議系、奇妙系はあの程度のまとまり、
オチが良いのであり、それ以上の迫力は望めない(というか要らない)。
ホラ大という大舞台には向いていなかったというだけだった。
(しかしこういった不思議奇妙系は多くあるが、彼のは中でもすごくレベルが高い)
ハードカバーで買う価値は十分にあった。(なーんか、どこかで見た事ありげな内容もあったが)

ふくろう男。これオール読物「推理」新人賞(だっけか?)
受賞作らしいけど、全然推理なんてなかった。
こうゆう奴で良いのだと知って、ためになった。
……そういやオール(推理も)の情報、見た事ないんすけど、
どこにあります? 文藝春秋ホムペにありましたっけ?
オールの情報、知っていたら教えてください。お願いします。
長くなってすみません。

259 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 03:00
ちべん

260 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 07:10
だいぶ前、書き殴った作品がオールの2次を通過していた。
まあ、応募者が多いから、名前が4月号に載っていることくらいで、
いいってことにしたほうが…。
ちなみに、応募者の1割が1次通過、そのまた3分の1が2次通過だった。
結構残るみたいだ。なにかの記念程度に考えるべきだな。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 07:11
↑推理じゃないほうね

262 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 09:01
角川の編集者は、仕事の合間にこのスレ覗いちゃ笑ってるよ。
今も、笑ってる。

263 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 10:16
もしかしたら……
って思ったけど、やっぱりないような気がして来た。

264 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 10:20
漏れは哂ってるゼ

265 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:04
↑白痴

266 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:13
実際のトコもう決まってるんだがな。
応募枠とは別に編集サイドの枠があるから今回はそっちが優先だろう。
夢を奪ってスマンが。

267 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:45
待ち焦がれの心理についてかんがえてみますた。

ヒトの心理をかんがえてみる場合、身近にあって、その究極におかれてある状
態をかんがえてみるとよいかもしれない、と勝手に思ってそうしてみますた。
身近にある「待ち焦がれの心理」の究極といえば……一刻の有余もない便意(と
くに軟質大便)のときに、「先客」がある場合でしょう。
わたしたちの心理はそのとき、「待ち焦がれの心理」の極限にいます。

それは期待と不安との相克どころではなく、また、快感と不快との相克どころ
でもありません。そのときの心理はそれどころではない「怒り」に集約されて
いるはずです。「早くでてきやがれ! このボケっ」と、こころの中で思うあ
の先客にたいする怒りです。
そのことから、そもそも「待ち焦がれの心理」とは、怒りの心理がその根底に
あることが推察されるでしょう。
そんな怒りには、何をもって相殺したらよいのか、それはやすらぎや、くつろ
ぎです。

やすらぎましょう。くつろぎましょう。
しかし、そういわれるとまたよけいに「怒り」がこみあげてきますね。

「早くでてきやがれ! 角川のボケっ」


268 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:43
↑アプリオリな情動障害

269 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:47
くっそー
「真実のホラー」シリーズは配信開始されたのに、
なぜに一次選考結果は発表されない!?

おまけに、眞鍋かをり主演だぞ、をい!

270 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:49
ギャーギャー騒ぐな! ガキ

271 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:00
↑今まさに、犯罪は凶悪化の一途を辿る

272 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:47
でもさ、もう結果は出てるんだろ?
俺はホムペなんて持ってないから分からないけど、
そんなに更新するのは大変なのか?
一次発表なしで二次がある、ってのは、まあ楽かも知れないけど、
今までの事例を曲げてまでする事か?

やっぱ、ちゃんとした理由があるんじゃないか?
……まあ、一次選考が終わってるのは事実で、んで、その理由が
思い付かない俺なのだけれど……。
下読み通過し、集めた(角川に)応募作に問題があったのかな?


273 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 16:44
4000枚を超える大作が多数寄せられているそうです。
下読みは終了し、ただいま編集部預かりとなっているそうです。
ちなみにシード選手は今年はいません、ガセです。

274 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:10
↑上限1200枚を超えた作品をどう扱うのだろう。
即、失格だろうか? それとも、一応読む?
上限がついたのは、確か、第10回からだったっけ?

275 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:13
一次選考が終了し、編集部預かりの段階で、作品数が多いと判断した場合、
編集部である程度読むだろうな。そうすると、一次発表は、大幅に遅れるのでは?
ともかく、今日の発表はないでしょう。
明日、あさっては、編集部はお休みでしょう。’出版社は、組合強いからな……

276 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:18
いいか、やろうども。今日の発表はないぞ。
kadokawa.webのホームページはすでに更新されているんだ。

本日発売のとなり見たか? pick up だよ!!!
緊急!2/1(日)まで予約受付延長!!「タッキー&翼カレンダー2004→2005」定価:2,000円(税込)

受付延長だとよ。これは、全く、ホラーだぜ。 ちなみに、タッキーは何となく分かるが、翼って誰だ?

277 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:26
あああドキドキしています……

278 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:34
>>276
とんがりコーンのCMの子だYO

279 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:36
つか、単純に

横溝賞 12月末一次発表、1月二次発表、2月最終選考。
ホラ大 1月末一次発表、2月二次発表、3月最終選考。

じゃないの?
一か月ずれるから、ネタ被らないし。

280 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:38
>ついでに「アイスマン」で賞獲れなかった理由が分かった。

そうねえ。でも直木賞候補作の冒頭にくる小説だけどね。
あの回は受賞作なしだったっけ。佳作でもよかったんじゃ?という感じかなぁ。


>オチが良いのであり、それ以上の迫力は望めない(というか要らない)。
ホラ大という大舞台には向いていなかったというだけだった。

まあ、良くも悪くもその人らしさ、ということだろうね。個性というか。
朱川氏はホラサスの最終候補にも残ってたから、ホラーを志向しているとは思うけどね。

281 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 18:57
ここで再び27日「本の旅人」説を僕は主張するのであります。

……けどこんなドタバタ、12回の参考にはならないだろうな。

282 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 19:17
ここで再び「該当作なし」説を僕は主張するのであります。

……けどこんなガセネタ、12回の参考にはならないだろうな。


283 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 20:01
>>274
11回からじゃなかいか?
つーか、4000枚こそガセだろう。
書くだけで一年以上かかるぞ。

284 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 20:21
第6回の候補作ペルソナは4000枚近かったというし、
去年の大森氏の日記にも4000枚の応募作を選考したとある。
平気でそのくらいの分量を送ってくるヤシが少なからずいることは間違いない。
「これを読めという主催者もすごい」と荒俣選考委員は書いている。
さすがに鬱陶しいと思う。12回の応募要項には1200枚までと明記してあるね。


285 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 20:27
ペルソナは落選後、他の賞に応募してたよ。
なんかの一次選考を通過してた。

286 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 21:46
>>285
第二回の小松左京賞だね。

287 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 22:02
一次選考結果
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!









ってなった時、ここに「まだかよ」とか「ドキドキ」とか書き込んでるやつ、
どうすんだろう。消えちまうのかな。


288 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 22:03
消えないでくれい。

289 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 23:24
ところで、ホラサスの一次は発表されていたんだっけ???
いきなり大賞だったっけ???

290 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 23:27
ホラサスの発表は最終候補から。
一次通過しても何の連絡もナシ。
8月末にファイナリストが決定して、
10月が最終選考及び大賞発表。

291 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 10:58
シードってさ、最終に残れば良いんだろ?
ならさ、いるよ、今回。
ほら、例の9回高校生の奴。また出したって日記にあった。
読んでないけどね。

292 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:15
シードってのは、編集部が「書いてみないか?」って勧める人のことだ。
角川さんの実状は知らないけど、下読みを通らない編集推薦で最終選考に上がる場合がある。
最終に残っただけの(特にコネクションのない人)は、普通に一次選考から始まる。
前回は最終、今回は一次も通らなかった、とかよく聞くだろ。




293 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

294 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 11:37
>>293
何これ?

295 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:22
最終に残り、編集者から電話があって、
「今回は残念でしたが、次回もぜひ応募してください」
と言われたら、これはシードをもらったってこと?

296 :dd:04/01/24 12:23
◆◆殺人◆◆◆◆◆◆◆◆祭◆◆◆◆◆◆◆◆◆自供◆◆
           逮捕祭り開催中!!!!
殺人告白キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
さすがペット嫌い板です。虐ヲタが人を殺して食べたそうです。
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/cat/1074848484/37

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

297 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:27
>>291
 例の9回って?
 
 前に最終に残ってもシードはないと聞きました。
 ホラー大賞は作者名をけずって一次選考を行うらしい。
 だから以前最終に残った実力者も下読みによっては落とされてしまうとか。


298 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:36
>>297
角ホ編集長、直々に出張して書かせてたみたいだよ。
日記によると。それでもシードされないのかな?

299 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:41
本の旅人は、すでに旅立ってしまい、野性時代は野生に帰ってしまった。
姉に飼われながら、大草原の黒い家に、一人残された僕は、いったいどうすればいいのか。
全財産は、ぼっけえ競艇ですってしまったし、白い部屋で月の歌を歌いながらパラサイト(居候)していたイブモンタンは、フランスに帰国してしまった。
玩具修理者の古川に、修理をお願いしておいた玩具は、相続人にもって行かれてしまった。
明日行く予定のお葬式の、香典もないし……そういえば、以前13番目に転職した会社がISOLA14001を取得したらしい。
仕方がないので、新発売の清涼飲料、夏の滴でも飲みながら、ロミオとジュリエットが、世界の中心で愛を叫ぶのを訊きながら、
この週末は、ホラー大賞第12回に向けての構想を練ることにしました。

300 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:44
>>298
出来レースか? 若いだけで話題をつくって、本を売ろうという戦略か?
おい、みんなでkadokawa編集部に、押しかけようぜ!

301 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:49
>>298
それきっと、next賞だよ。

302 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:51
それはシードだろう。単に最終に残ったってだけじゃないじゃん。
半分依頼されてるじゃないの。
おそらく最終選考まではいくだろうね。
あとは選考委員の壁だ、あの厚い3つの壁だ。
ちょっとジミなのが続いたから編集部も話題性を狙うようだね。


303 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:52
噂、ガセねた、暴動、

情報化社会がうんだ恐怖の縮図…

304 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:54
>ISOLA14001を取得したらしい。

ここだけワロタ。あとはいまいち。

305 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:00
おい、おい、やめとけよ。あの娘が可哀相じゃないか。
せっかく作品読ませてくれたり、情報出してくれてんのに。
ガタガタ騒ぐとみんな警戒して誰も情報出さなくなるぞ。
パワー出して小説そのもので蹴散らせや。

306 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:03
>>305
あの9回の高校生って、女子高生なの?
そりゃあ、話題騒然だ。表の綿谷りさたん、裏の……誰?

307 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:07
>>291

あの、痛々しい子ですか?
ホラー大賞は興味ないけど、以前、「ホラー大賞に応募して浮かれまくっている痛い日記がある」
と教えられ、行った事がある。
落選して、「もう書かねーよっ」って逆切れしてなかった?

308 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:08
アクアリウムの夜 って読んだことある? 怖いの?

309 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:11
おいらの作品の方が、断然上だよ。
心配ご無用。

310 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:14
>>305

あの子は、内情暴露してくれるんで、結構楽しみ。
前回も、「歳を伏せて欲しい」と編集に頼んだのに「年齢は審査上重要だ。特に若いというのは」みたいなことを言われたとかなんとか、
日記に書いてあって、なんてチャレンジャーな子なんだと感心した。

311 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:15
瀬川貴次(少女小説、ラノベ)=瀬川ことび
って知ってた?

312 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:15
このスレに、実際に、第11回に応募したのは、何人いるんだ?
確率的には、十数人いれば、一人ぐらい、一次選考通過するはずだ。

出席を取るぞ。
まず、私、ホラー1号(長編応募)

恥ずかしがらずに、ホラー国税調査にご協力を……

313 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:18
>>312

ホラー大賞に出すつもりで書き始めて、でも夏バテで全然間に合わなくて、
乱歩賞に応募先を変えたっていうのなら、2回ぐらいある。
結局、ホラー大賞には一回も応募したことがない。
だって、8月は暑いんだもん。

314 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:23
>>310
以前に、某の出版社(ミステリー出版して、新人賞公募している)の編集部で、予選通過したとき、
「ああ、三十代ですか? いい年齢ですね」と言われたことがある。
若いと、話題性が選考することの方が多いらしい。
もちろん、貫井 徳郎 とか、乙一みたいなのもいるけど。
逆に、年齢が行きすぎていても、文章に新鮮み(感性みたいなもの)がなくてだめらしい。

315 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:24
乱歩賞に応募先を変えたって?
ジャンルが違うでないの。
両方にチャレンジしてるヤシはいるだろうけど、
全く違うプロット出すだろ。途中で変えるってのは?

316 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:27
その割に乱歩賞、ホラー大賞など40代受賞が多いのはなぜですか?

317 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:27
>>315

黒い家みたいな感じの作品を目指してたんです、
基本はミステリーだけど、ちょっとホラー風味みたいな感じです。
結果的には、まるきりミステリーな作品に仕上がってしまったので、乱歩賞に応募しました。
おかげさまで予選は通過しました。

でも、はじめからミステリーで書けば、もっと完成度が上がったと、ちょっと反省しております。

318 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:34
>>315
結構、自分が目指す分野って、大事じゃない? 得意どころは作っておかないと。
自分の文体とかもあるでしょう? 自分の文体がまだ定まっていないようなら、予選通過は遠いのでは?
例えば、トカジは、あの文体だけど、ホラーに応募したときも、サスペンスアクションを(無理矢理)ホラーにしたような作品で、
最終選考堕ちたらしいよ。
だから、ホラーとか目指す人って、モダンホラーとかの翻訳小説を読むけど、
内容は参考にして、文体は気にしない方がいいよ。結構、ひどい翻訳とかあるからね。
西村京太郎風の……
♪よ〜く考えよぅ 分野は大事だよ〜 うぅぅぅぅ うぅぅぅぅ…♪
リーガルサスペンスで受賞すると、やはり、読者はその分や期待するし、
SFなら,SFだし、新本格なら、新本格、ノアールならノアール……って感じ。
もっとも、名前の作品も売れるようになったら、宮部みゆきみたいにいろいろ書かせてもらえるけど……


319 :317:04/01/24 13:41
>結構、自分が目指す分野って、大事じゃない? 得意どころは作っておかないと。

それは、思いますね。
自分、はじめはホラー目指してたんですけど、どうやら自分が書いているのはホラーっていうよりミステリーだったんです。
それに気付いてからは、ミステリーに絞りました。
一応、ちょっとずつですが、成績も上がってきているので、これからも続けようと思います。
でも、ホラーも大好きなんですけどね。


320 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:42
>>318

生き残れるかどうかってのは、そこだろう。
この作者は「これ」ってのがなけりゃ印象薄いし、ファンもつかない。
もちろん文体は重要だわな。
筒井康隆なんか、若い頃アイデアが高く評価されてたけど、
やっぱ独特の文体を持ってるからね。アイデアを活かす文体。
乱歩なんて、あの文体で雰囲気を創りあげているしね。

321 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:44
>>316
最後は、やはり、実力、エンターなら、イカに面白いかでは? 
あと、既成作品にないような、何かがあるとか?
結局、年齢は、オプションなのでは?
(河出書房の文芸賞は別よ、最初から、センセーショナルで本を売る戦略獲っているからね、
 それが成功している唯一の出版社だよ、なんとなくクリトリスの田中長野知事とか、ベッドタイム合図の山田絵美とか、
 最初に直木賞獲らせた青春デンデケデケデケデケ…、風変わり世界の長野まゆみとか、
 そして、今回の最年少受賞の綿谷りさたんとか…、ちなみに、今本屋の棚に、17才?で受賞したやつの本とか、置いてあるよ)

322 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:47
>>321
 >イカに面白いかでは?
 
イカ臭いってことか?

323 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:52
ここから一次通過が10以上出たら面白いな。
んで、最終に五人くらい。……でないかな?

324 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 13:59
傾向と対策で受賞しているから、先が続かないのでは?
とくに最近の乱歩賞はって、予選委員の豊崎と大森が、どこかで話していたな。
豊崎なんて、13階段もぼろくそだよ(あの恋人が出てくる話はない方がいいと俺も思う)
ほめていたのは、脳男 全く、独自だって(最後の映画みたいな展開はやだけどな)、
あと、笑ったのが、昨年の滅びのモノクロームで、あんなのを本選に乗せること自体、私は大反対。受賞するなんて……って感じ。
たしかに、滅びは、ひどかったな。今年もマッチはプロレス本の盗作だし、もう一つは、滅び以下だな。
いろいろ意見はあるが、パラサイトは、バイオホラーの先駆け、黒い家は、確かに怖い、ぼっけえは、ありそうでなかった伝承的ホラーというように、
新しいものは、評価されるのでは。確か選考委員が、ぼっけえの次の回は、胎児どろどろけいがたくさん応募で来たって言ってたな。
二番煎じは、絶対だめだと思う。
姉飼は、高橋が、判断できない、150点か、75点か不明とか…だから、受賞は賭だな? 読者判断?
ジュリエットは、癒し系ホラー? というところか?

325 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:02
>>312 >>323
ホラー出席とってるぞ…まだ、一人だ(自分)。
十人以上応募していないのに、十人一次通過したら、ホラーだ?
(一人でいくとも応募?)


326 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:07
この前、数えなかったっけ?
7人くらいはいたよ(確か)。

キトウ(9回の人)さんはいいよな、角川編集者に会えて。
……俺も絶対会ってやる(今回ので)。

327 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:09
>(9回の人)

なんか、「ハムの人」みたいだな、その呼び方。
気に入った。

328 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:09
姉飼をフリークスもの、とみる人も、
SMホラーとみる人もいるね。
要は捉えどころの難しい小説ということだろう。
強烈なイメージ喚起力はあると思うけどね。

ジュリエットの作者は過去に文学賞受賞経験のある50過ぎの人らしい。
島文学とか評されたように怖さより「小説部分」が優れていたと考えられる。
俺にはわからんけど。



329 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:13
>>328
ジュリエットは、単行本と文庫本で、全く改稿してあり、別の小説になってるぞ。
文庫では、あの女の子がメインになって話が進んでいく。

330 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:15
おれ、11回の人 キボンヌ。

331 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:17
いや、姉飼は全く自分理解できん。
だってさ、姉って結局なんなのよ?
人間の女のような姿、肉を食う(普通か)、串刺しで三ヶ月も生きる。
わけわかんねーよ。双頭の蛇とかなんたら書いてあったから
現実世界じゃないのはわかるけど、そんな姉みたいなわけわかんねーもん
まで出されたら、読者として戸惑うよ。
強いて言うなら、男の欲望が具現化してるってことか?
小説的解釈で言えば。そんで、こういうのがあったら、幾つかの男は
こうやって狂うんだ、って書きたいのか? バトロワみたいに、現実では
決してありえないけど、もしこうなったら人間は恐ろしい部分を現すんだよ、
とか書きたいのか? 

ヤベ……、こういうのが理解っていうのか?

332 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:18
>>324

だから、下読みがそう思うのなら上にあげなけりゃいいのに。
なんであげるんだろうと。
関口苑生氏も「左手に告げるなかれ」や「八月のマルクス」を、
自著でこきおろしてたし。

今年の「マッチメイク」は最悪のようですな。

333 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:20
講談社で、京極夏彦新人賞ってできないかな?
応募規定枚数2000枚以上……

だってえ、ほらーって、長くなるんだもの……

334 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:26
>>331
会田誠っていう、芸大日本画科でのがっか知ってる?
会田の絵で、雪月花という三部作あるけど、あれ、姉に近いね(犬みたいだけど)
あんな可愛い?姉なら、たくさん飼いたいな?(結構やばいけど)
*渋沢達彦の、最近出た復刊本 ジェローム紳士(マルキド・サド著で一応ホラー)の
表紙とか挿絵が、会田の絵だ。家族とかに見えるように、置いておけないな。彼女にも、変態扱いされる。
でもあれが、縁日で売っていたら……飼う?

335 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:28
だからメフィスト賞だろ、それは。
京極のような大作持ち込み用、京極のあとに続く新人のために設けたのが。

336 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:29
>>323
いま、選考委員軍団仕切ってるの茶木か? 関口苑生さんに帰ってきて欲しい…

337 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:29
関係無いけどさ、今、ウインドの右上で、
「最小化」=0、「元のサイズに戻す」=2、「閉じる」=わけわかんねー形
になっててさ、まあ、そこはあんまり気にならないけど、
こうなってると、ワードの文字もおかしくなってるんだよね。
普通に日本語なんだけど、MS明朝じゃないんだ。
変えようと思っても変えられないし。
PC詳しい人、直し方教えてくれませんか?

338 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:35
>>337
それ、俺も以前あった。ほっといたら、いつの間にか直った。
ひょっとして、ウイルスじゃないか?
鳥インフルエンザウイルス流行っているし…

339 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:39
>>334
ジェローム牧師だろ!

340 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:47
ジェローム神父 じゃない?

牧師って、プロテスタントの呼び方だったような。
サドなら、フランスなんで、カトリックの神父。
違ってたら、すまん。

341 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:50
>>334
会田誠 http://www.bbb-inc.co.jp/aida/
上のURLで、表紙の絵(切腹女子高生の一部)をクリック、
別ウインドウの下の、『会田誠』をクリック、
ウインドウを下げていくと、3番目の絵が『雪』、次が『月』、『花』はまだ未完成?
その下の方にある、『巨大フジ隊員VS キングギドラ』が笑う。
これは、姉か? 縁日でいくら?


342 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:54
>>340
まったく、その通りだ。スマソ
紳士だの、牧師だの、神父だの……何でもいいや。

343 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:54
>>341

なんか、バイオレンス・ジャックを思い出したよ。
犬人間のミキちゃんとか

344 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:56
>>343
よし、12回の構想が出来た。タイトルは、犬人間未来ちゃん
縁日で首輪付きで売っているとか…

345 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:58
>>341
以前、だいぶ前、たけしの誰でもピカソ に出演しているのを見たことあるぞ。
あんな絵を描いて、生活できるなんて、なんてうらやましくて変態なんだ。
でも、芸大出身だいな…

346 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:59
>>344

縁日より、普通にペットショップで売っていたほうがおもしろいよ
で、アイ○ルのあのおじさんのように、未来ちゃんに一目ぼれ。
ボーナスを待てずに、はじめてのサラ金。
そこから、怒涛のサラ金地獄に陥るのさ。
すべて、未来ちゃんのために。

347 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:02
>>343
よし、12回の構想できた。バイオホラー あやや
アイドル歌手ああやの髪の毛を、お宅変態科学者が盗んで、DNAを抽出して、
体細胞核移植して、クローンとして、犬人間あややを大量生産する。
ところが、犬人間あややが、お宅変態科学者に仕返しをする。
タイトルは、パラサイト・あやや


348 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:03
>牧師って、プロテスタントの呼び方だったような。

違ってない、それが正しい。

>犬人間未来ちゃん

人造人間キャサリンって候補にあったな、なにげにおもろそうではある。


349 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:03
>>346

たぶん、そのオチは、
借金地獄で首が回らなくなり、自分の内臓とか体のパーツをひとつずつ売るんだな、そのおじさんが。
で、自分が、犬おじさんになると。
それか、切腹ショーに差し出されるとか。

350 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:06
>>348
第何回? そのタイトル、書店に平積みしてあったら、秋葉ボーンしか買わないのでは?

351 :343:04/01/24 15:08
>犬人間のミキちゃんとか

犬人間じゃなくて、人間犬だったような気もしてきた。
ちょっとバイオレンス・ジャックを引っ張り出して確認してみる。

352 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:12
だんだん、会田誠のスレになってきたな。
ようするに、ホラー小説も、絵画も、誰も思いつかないようなことをはじめると注目されるか?

353 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:35
ああ、スラムキングに逆らって手足切られて、舌を引っこ抜かれた男女ペアか。
鎖につながれてキングに飼われてるやつだな。
お前ら、ホラーっつたら切り刻む方向ばっかだなw

354 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:38
フォントキャッシュが破損してるんじゃないのかな、たぶん。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/fontstrouble.html

スレ違いなのでsage

355 :354:04/01/24 15:39
スマン、>>337ね。

356 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:03
>>353

>お前ら、ホラーっつたら切り刻む方向ばっかだなw

逆に、余計なもんいろいろとくっつけられても、それもソレでホラーだよな

357 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:07
あるはずのものが失くなるより、
あるはずのないものが、突然現れるほうが、
実際怖いもんな。

358 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:19
直ったー!直りました!
ありがとうです、354さん。
感謝。

359 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:07
>>356 >>357
ある日、仲間でハイキングに深くて暗い森の中にいきました。
気がつくと、道に迷い、日が暮れてしまいました。
さて、そのとき、
『ひとり足りない…』と『ひとり多い…』は、どちらが怖い?


360 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:12
>>311
 >瀬川貴次(少女小説、ラノベ)=瀬川ことび って知ってた?

amazonで検索したら、42件もヒットしたぞ。もう、立派なベテランだな。
42件っていう数字がヒットするところが、ホラーだな。


361 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:26
「着信あり」より、「着信なし」の方が怖い気がするのは、俺だけ?

362 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:30
「着信拒否」だと、ちょと悲しいぞ。

363 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:43
今日明日は、じっくりたまっているホラ本を読まなくては。構想プロット決めて、第12回に向けて書くべし。
こたつでミカン……週末引きこもり人生。物書きとは、引きこもりと悟ったり。
シャイニングみたいに、気が狂ったらどうしましょう?

Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
Allwork and noplay makes Jack a dull boy.
 …………………………………………………………





364 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:51
小松左京の『牛の首』って短編知ってる?
聞くところによると、何でも、驚くほどに怖いらしいぞ。
誰もが口をそろえて、「あんな怖い話聞いたこともない」というらしい…
最高の恐怖小説らしい。


365 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:23
俺は牛の首別に・・・って感じだった
ぼっけえは影響受けてると思う

366 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:46
くだんのはは、の方が雰囲気はよかった。

367 :365:04/01/24 18:50
あ、ごめん
俺が読んだのってくだんのははだった
牛の首って別の作品なんだね
勘違いしました

368 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:52
>>359

>『ひとり多い…』
これだけで、ぞくりと来ました。

ちなみに、漏れは、小さい頃山の中歩いていて、気がつくと手の指か一本増えてた。
よくみると、でかい芋虫だったんだが。

あれは、今でもトラウマだ。

369 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:11
『ひとり多い…』
地元の子供か、別のハイカーが紛れ込んだのでしょう。
座敷わらしのような妖怪だったとしても可愛いもんです。

『ひとり少ない…』
マジでやばいです、さがさなくっちゃ…いない、どこにも見あたらない。
山岳警備隊や地元の消防団も動員して…

370 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:16
>地元の子供か、別のハイカーが紛れ込んだのでしょう。

それでも、怖い、生理的に怖い。



371 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:31
別のハイカーがスガメだったら怖い。

消えた仲間を探しているうちにブレアウイッチの森に迷いこんだら怖い。


372 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:35
半村良の「箪笥」。
怖いし、感心させられる。
ほんの数ページの掌編なので、お勧めです。

373 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:46
僕はいま、箪笥の上に正座して書き込んでますが何か?

374 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 19:53
>>373
あなたも、そうだったんですか。
でも、僕を誘わないでくださいね。

375 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 20:49
ホラー2号…‥ってもう出席は終わったの?

9回の高校生の日記ってどこでよめますか?

376 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:00
鬼藤凛で検索すりゃ、出て来る。
THE LITTLE BITCH
……だっけか?

377 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:15
>>376
ありがと
なんか読みにくいサイトだなー

シードかー

378 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:26
...._| ̄|○  シードなんて聞いてないぜ.......

379 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 21:29
>鬼藤凛

なんか、久しぶりに日記読んでみたら、ちょっぴり成長してたんで、ほっとした。
9回のときのジェットコースター並の精神のアップダウンには冷や冷やしてましたんで。
小説と真摯に格闘している様子が、よろしいかと。

380 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 22:02
いろいろ話題になっていた、9回の人?編集部が会いに来たらしいけど、
第9回の選評を見る限り、決して褒めていないよ。
荒俣も高橋も、年齢の割に、書けているけど、それは年齢という視点で述べているのであって、
荒俣曰く「冷血の殺人と、その殺人者を罰する方法を失った社会。そして殺人者はつねに殺人者であることの反省や疑問をもたない。その結果、殺人者は物語が進行しても崩壊せず、かといって発展もしない。不毛な輪廻。」
という作人を描けばいいという作品が多く、小説として成り立っていないと。
そして、それは、コミックの影響だと。コミックは確かに、そういうのが多くある。その典型であるのだと評価している。
16歳としての才能を褒めているのであって、作品を褒めているのではないぞ。
まあ、日記は、どこだか探すのがめどくさかったけど、本当にシードなるものなら、
作品が進歩したのかが問題だ。つまり、バトロワはベストセラーになったが、ホラー大賞には値しなかったということは事実であり、
この賞は、少なくとも選考委員は、違うものを求めている。太田○版なら、活字にするでしょう。
スプラッターなら、綾辻の殺人鬼のように、+α(最後の小説として読者を喜ばすような)が必要では。
しかし、出版社として興業を期待するなら、ジェイソンでも、フレディでもいいと言うことでは。

381 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 22:05
TBSに荒俣先生キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!




382 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 22:11
>>379 とか…
よく分からんけど、鬼藤凛って、あのゴシックロリータの事件と関係あるの?
≪事件の概要≫
大学生の男と高校生の女が、お互いの家族を皆殺しにした上で
一緒に暮らし、その後心中をする計画を立てる。
大学生が自分の母親を刺し殺し、父、弟に怪我を負わせ逃走
高校生と落ち合ったところを逮捕される。
高校生側の家族に怪我は無し。

だから、角川が触手を伸ばしたのでは? きっと、ホラー大賞と無関係に出版するのでは?
なんだか、宝島社みたいでやだな(笑)



383 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:01
できれば、9回の選評書いてほしい。
すごくヒマで、「あ、別に良いですよ」
って気分なら、だけど……。

ネットに載っていないのじゃ。

384 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:16
>>389
何故か知らんが、9回だけ、ネットに残っているよ。
http://www.kadokawa.net/mystery/horror/9th.html
で、下の方の選評を見てちょうだい。

385 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:19
>>383-384

384さんの紹介されてるアドレスの「9」を「8」に変えれば、
第8回分も見られます。それ以外は、駄目なようです。
第9回のには、動画もあるんですね〜。

386 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:21
ホラー小説の新人賞、第9回日本ホラー小説大賞(主催=株式会社角川書店/株式会社フジテレビジョン)の選考会が、4月12日午後5時より、全日空ホテル内「雲海」にて行われました。

9回は、最終選考が4月ジャン。

387 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:25
桐生祐狩の夏の滴って、最初は妙薬っタイトルだったんだ。
どっちでもいい気がするが……

388 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:27
384さんの紹介アドレスを「9」から「11」にしてみると……びっくり!!

389 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:29
>>388
あほたれ!! 脅かすな、ばか!! もう発表のページが出来てるのかと思ったじゃないか…

390 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:34
今年の最終選考の会場を当てようぜ!
@福田家
A全日空ホテル内「雲海」
Bパークハイアット東京
C高輪プリンスホテル「飛天の間」
D日本武道館
E角川編部内
F参議院本会議場
Gその他

391 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:34
人造人間キャサリンがあるじゃん。秋葉ぼーん
水曜日、風は凪のままの水木ゆうか、って人は純文系かな、小すばぐらいか。
2冊ぐらい本出してるよ。

伊島さんは1948年生まれか。
お前ら、おじさん、あばさんに負けっぱなしじゃのう。



392 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:37
>>390
確か、昔は@福田家、8回はGその他(帝国ホテル内「楠の間」)、9回はA全日空ホテル「雲海」、10回はBパークハイアット東京
すると、今回はCかFだな。

393 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:42
>>391
なんか、人造人間キャサリン 無性に読みたくなったぞ〜!!!!
賞獲って、第二作で出版してくれ〜
ところで、人造人間キャシャーン とかいうアニメ、なかったっけ?

394 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:44
人造人間はキカイダーです。
キャシャーンは、新造人間だっけ?
ちょっとうろ覚えなり

395 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:46
キャサリンにも、不完全な良心回路ジェミニーがセットされているのかしら?
ちょっと萌え

396 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:46
今日、bookoff行ったら、姉飼が2冊も並んでいて、ホラー大賞を目指す輩の一人として、何だか悲しくなった。
(でも、未読だから、半額で手に入れてラッキー)

397 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:49
キャシャーンはアニメ? キカイダーって、実写?
悪のハカイダーっていたな、よく考えると、凄い安易な名前だな?

398 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:51
人造人間キカイダーは、漫画と実写のミックス。
セーラームーンみたいな感じのタイアップもの。
キャシャーンはアニメのみ。

ちなみに、人造人間、サイボーグとも、石森章太郎が最初の名付け親だったと記憶している。

突っ込まれる前にいっておくが、漏れはヲタではない。
一応、念を押しておく。

399 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:51
>>381
荒俣先生の鼻の横のほくろ?って、結構ホラーじゃないか?

400 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:52
400ゲット

401 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:53

スレ消化、以上に早くないか? 一次が発表されないからか?

402 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 00:33
少女は処女で猩々蠅で
なぞのどろどろ組
人造人間キャサリン

なんか読みたくないか?
読んでみたら、あぼーんかもしれんけど。

タイトルといえばホラサスのタイトル、みんな糞だな。
奇跡の夜→裂けた瞳、どっちもつまらん
黒髪の沼→リカ、リカの方が少しマシだが
ヘリウム21?→そして粛正の扉を、なんだこりゃ


403 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 00:45
>>399

存在自体がホラーなんじゃ。だからいいんじゃ。
水木先生は荒俣先生のことを「ぬりかべ」とかよんでおったわ。
俺は3選考委員、みんな大好きだぞ。


404 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 00:54
「人造人間キャサリン」は作者のホームページがあります。
でも、キャサリンは読めないんだよね。
読みたかったんだけどね。

405 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 01:23
>>403
俺も、選考委員、結構好きだぞ。

406 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 01:29
でも、次回(12回)から、長編が121枚以上になったから、長編が増えて、短編が減るだろうな。
今までの応募枚数見ると、長編は170前後、短編は400前後だから、長編の応募を増やそうという戦略なのかな。

407 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 08:27
>>403
 俺はあまり好きではない。
 牧野修が長編賞の佳作を取ったときの選評にはあきれた。


 それから、これは編集サイドの問題と思うけどホラー大賞の選評は
どうして全作品に言及してくれないのかしらん。
 候補作を決めるときにはおそらく言及しているのだろうから、選評の
文章に落とす際に削っているのだと思うのだけどな。せっかく最終に
残ってもなんのコメントもなく落選ってのはちょっとつらくない?

408 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 10:50
>>407
選評、多分選考者ご本人が書いてらっしゃいますよ。
選考会を元に原稿にすることを編集部から依頼され、締め切りもあるみたい。
原稿を見たことがあります、ホラサスのだけど。
選考会が紛糾すればするほど、各人に寸評を書きたい作品、
書きたくない作品が出来てくるみたいです。
コメント無しの落選も辛いが、酷評のみの落選もかな〜り辛いかな。


409 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 11:16
>>403
媚びうってるんじゃねえよ。みっともねえ。

410 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 11:19
↑お三方、だれも読んどるわけがあんめえ。藻前も意味不明だな

411 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:05
選評読んだ。教えてくれた人、ありがとう。

鬼藤凛は何だかんだ言って、色々書かれてたね。
あれじゃ、喜ぶのも無理ないね。
……自分のもよんでほしい!!

412 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:16
>あれじゃ、喜ぶのも無理ないね。

いやいや、違う、落選したってことで、かなり凹んでて暴れてた。
浮かれていたのは、発表まで。
「映画化されたら…」「インタビューされたら…」とか、受賞することしか考えてなかったようだ。
なんで、落選が決まったときの落ち込み具合は、まあ、なんというか。
ま、それは普通の感覚なんだろうけど、大人ならそんなこと正直にあらわさないだけで。
ある意味、子供特有の馬鹿正直

でも、よかった。ちゃんと生きてて。
縁もゆかりもないけど、ほっとしたよ。
そして、小説続けていたことにも安心した。

413 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:25
がきは、その後年齢相応の力をつけたのか。
もう何年か、残しては落とすという繰り返しで、
鍛えてやったほうが本人のためじゃ。
がきも書きまくれば乙一のようにうまくなるかもしれん。

414 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:33
あ、そうだったのか。
勘違い(?)ごめん。

でも、本当に羨ましいな。いいないいな。
あー、早く発表されないかな。そんで自分の載ってないかな。
自分、短編応募なんだけど、この前の、東さん(だったかな?)
の話していたやつの一人だったら、凄く嬉しいな。
違うかなー? 
……そういや、発表は明日でしょうか?

415 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:37
>>414

あ、もうまさに、そんな感じ。
発表までの間「受賞したら、授賞式にどんな服着ていこう」とか「マスコミ用の写真をとっておかなくちゃ」
とか、そういうワクワクって誰にでもあるじゃない?
で、鬼藤タンは、それを日記と角川の掲示板でやってたわけなんです。
ある意味、天真爛漫。

やっぱ、何事も、本番前が一番わくわくするよな。
誰かもいってたが、まさに遠足の前。

416 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:39
自分、ガキですからw(ほんとに)

417 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 14:22
>ちなみに、人造人間、サイボーグとも、石森章太郎が最初の名付け親だったと記憶している。
違いますよん。

418 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:37
>それから、これは編集サイドの問題と思うけどホラー大賞の選評は
どうして全作品に言及してくれないのかしらん。

単純に字数制限の問題だと思われ。何枚ぐらいで、という原稿依頼だから。
第5回のように選考会全体の様子がまとめられ、
紹介される記事では全候補作に言及してるよね。
良くも悪くも印象の薄い候補については、あぼーんなんだろう。

419 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:45
5回のやつって「本の旅人」掲載のやつ?
野性時代には載るかな?

420 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 16:12
伝説の選評会を知らんのか。

421 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 16:49
>>420
知ってるよ。ずいぶん以前に読んだので確認。
「本の旅人」手に入れにくいんだよねー。
野性時代にも載っけて欲しい。

422 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:15
高橋 ところで、長編賞の応募原稿の枚数規定は、このまま無制限でいいんでしょうか。千枚あったら、たいていかたはつくんじゃないですかね。
荒俣 はい、かたはつきますよ。千枚ってたいへんですよ。
高橋 長編四編のうち千枚以上が三つあるというのは、やっぱり尋常じゃないですよ。

なるほど。今回の制限、千二百枚だと単行本で上下二巻という感じか。
四千枚とか送ってこられても困るよな。
反対に121枚の長篇ってのはどうなんだろう。120枚の短篇とか。
スパッとキレのある短篇は50枚程度か?

423 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:19
もしかしたら121枚と1200枚が長編賞を争う事もありえるのか…
無理があるよな。

第11回の短編50〜120枚、長編200枚〜1200枚の方が納得できる。

424 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:20
140枚にするべき作品を書いちゃった人が
無理矢理調整させられるよりマシ

425 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:43
200枚でも内容次第で1200枚に勝てるだろう。大部でもつまらん小説はいくらでもあるし。
200枚といえば普通は中編のあつかいだけど、このくらいの量の名作はたくさんある。
どっちにしても内容次第だわな。

てか、4000枚とか3500枚の素人の小説をマジで下読みは読んだのかな。
なんか最終にあげること自体が信じられん。
「一読して首を振らざるをえなかった」とか選評にあるし。


426 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 22:45
本当に次回から121枚を長編にするの?
信じられないんだけど……。


427 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:15
「野性時代」が誤植で、取り消しできないから
そっちに合わせた。とか?

428 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:39
おまえらの作品は、イカ臭い。


429 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:52

もう、それあきた。このスレは凄い勢いで流れてるのだよ、関口君。

430 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:54

失礼な! 僕は有栖川です。

431 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:03
>>427
それが正解です。野性時代が誤植だったのです。
しかし、印刷して市場へと流れたものは取り返しが付かないので、
しかたなく、長編を121枚以上としたのです。

432 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:04
どうでもいいけど、新スレ立てて、まだ、十日だぞ。
どうするつもりだ。別にどうしなくていいが、
俺は一次通過するから、宜しく。


433 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:12
>>426
長編というからには、やはり、500枚程度の作品を送るのがよいと思う。
応募要項が121枚以上だからといって、121枚で長編であるというプロット、人物描写、素晴らしい動機、上手い文章がそろうのならいいが、
500枚の同じ作品があれば、そちらを『長編』として評価するでしょう。
1000枚以上は、だらだら長いという印象を持たれない自信があるならいいが、500枚程度に上手くまとめた方が放火されるのでは。
乱歩賞の上限は550枚だし。ホラサスと、このミス賞、横溝は800枚だっけ?
やはり、1200枚は、許容する最大限枚数でしょう。
二段抜きページで分厚いか、上下刊になるし、当然値段も高くなる。
一般読者が、そんな新人の作品をかわないだろうし…

434 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:12
そんな濁点ばかりの西村京太郎文体で
一次通過できるんでしょうか

435 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:15

俺は、西村京太郎だ。ばれてしまったか。

436 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:30
>どうでもいいけど、新スレ立てて、まだ、十日だぞ。
どうするつもりだ。

明日の朝までに千をめざす。3本目のスレ立てよろしく。

>俺は一次通過するから、宜しく。

まずペンネームをさらせ。





437 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:31
ペンネームは西村京太郎じゃないんですか?
西村京太郎を騙った山村美沙かな
死んでるけど

438 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:35
だったら一次通過は無理だ。
東、大森、豊崎の三氏が通さない。

439 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:38
大森さんは通すかもしれませんよ
ハセノバクシンオーをプッシュできる人ですから

西村狂太郎とかいう感じで

440 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:44
西村康夫とか、内田京太郎ならばれないな。でも、いったい何がばれるんだ?

441 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:48
有栖川有栖って、よく考えたら、右翼から攻撃されないのは不思議だな。
皇族の名前を語りやがってとか。

442 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:49
でさ、明日発表なの?

443 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:49
年齢って、選考に影響するけど、顔ってどうなの?
ブスや変な顔は評価されないんですか?

444 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:51
>>443
荒俣先生より酷いと、一次選考を落とされます。
あと、女の場合、美人と分かると、真理子先生が落とすので気を付けましょう。

445 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:54
ほらー 明日に備えて早く寝ろ。就寝時間過ぎてるぞ。by寮長

446 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:54
怖いですね、そりゃ

447 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 00:56
>>443
原稿に香水を振りかけるのはやめましょう。
あと、原稿の間に小さなチャバネゴキブリが挟まっていると落とされます。

448 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:01
今さら、基本的なことだけど……
応募要項の「…初めに5枚程度の梗概をとじ添え、その末尾に氏名・年齢・略歴・住所・電話番号を明記する。…」
っていうのは、梗概の原稿の最後に氏名などを書くの? それとも、氏名とかのあとに梗概を書くの。
さらに、本文の原稿と、梗概とか氏名の紙って、一緒にして綴じるの? 別々にして封筒に入れて送るの?
一枚目に「ホラー大賞応募原稿」と表紙付けて、二枚目に、氏名とかいろいろ書いて、三枚目以降に梗概付けて、最後に本文原稿で、一生に綴じちゃだめ?
失格か?


449 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:03
荒俣宏だけど、質問ある?

450 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:04
高橋克彦だけど、聞きたいことある?

451 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:04
林真理子だけど、何か質問がありますか?

452 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:13
>>437
山村美沙の娘は今、女優だ。

453 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:51
>>452

山村紅葉…絶対犯人ではない女。。。

454 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 04:23
純文にこだわってたけど、今回の芥川賞でバカバカしくなってきた。
賞金とかデビュー後の状態考えると、ホラーの方が全然良さそうだね。



455 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 07:23
1・29号の週刊文春の記事を読みましたか、
「両親が語ったわが娘を芥川賞作家にした『教育』」
という見出し。

この時点で、芥川賞は地に落ちていますね。

なぜなら、親がうまく教育したから、娘が賞を取れたという文脈ではないですか。
大人社会が小娘を曲芸回しに使ったというのが見え見えです。

コピペだが…


456 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 08:19
芥川賞なんて新人賞だろ。そもそも受賞規定にそう書いてある。
今だに芥川賞を権威だと思ってる奴が騒いでるだけ。

記事を読んでみたけど、
 純文は小説だけしか読ま(め)ないやつでも書ける。
 ホラーを含むエンタ系は小説しか読めない奴には書けない。
と思いマスター.

457 :お蝶夫人:04/01/26 08:23
子供は親のオモチャじゃありませんことよ。

458 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 09:20
ジュンタが何故、エライのかとかんがえてみマスタ。
エンタもジュンタももともと「物語」のうちにあるもので、その物語を「様式」
と「伝達媒体(メディア)」という二つの視点からみてみると合理的かな、と
勝手におもってそうしてみますた。

その「様式」には以下がありますた。順不同。
神話、昔話(呪力をもった伝承)、伝説(ある程度、現実におきた出来事の考
証がなされた物語)、歴史物語(史実にもとづく物語)、伝記……(略)戯作、
小説、スカース、私小説、メルヘン、スペースオペラ、ブィリーチカ、サイバ
ーパンク、ホラー(以下省略)

上記に分類される物語は、以下の「伝達媒体」を通して発信されます。
口承、浪曲、演劇、映画(省略)書物、草紙、地本、草双紙、読本、小説(文
字のみを媒体とするもの)雑誌、マガジン、アニメ、ゲーム、シュールフィク
ション、飛び出す絵本(以下省略)

注目すべきは、「小説」の存在でしょう。それは「様式」でありかつ「メディ
ア」でもあるという特異な存在であることに気付くのです。
小説は「文字のみ」の媒体です。「文字のみ」は「文字に特化することができ
た」というメリットであったのかもしれません。それによって、それまでは茫
漠としていたような「人情(心象風景)」が格段にえがきやすくなったのです
ね。ジュンタがエライと思われてしまうのは、「心象風景の特化」イコール「芸
術的!」だからかもしれませんね。
でも今、芸術は売れません。


459 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 09:49
↑キティか?

460 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:24
>>448

僕も、氏名等の書き方は迷いました。
通常、表紙のタイトルのあとに氏名・住所などを書き、
そのあとに梗概を続けるのが普通だと思います。
でも、この賞では明確に「末尾に」書くようにと指定されてますので、
僕の場合、
一番最初の紙にタイトル・氏名・住所・電話番号・略歴、などを自分流で書き、
その次のページから梗概を書き、
梗概のあとにもう一度、
氏名・年齢・略歴・住所・電話番号を、
応募要領に書かれているとおり、この順番で、書きました。
一緒に綴じるかどうかについては、
「初めに5枚程度の梗概をとじ添え」と応募要領にありますので、
梗概を綴じることは明白だと思います。
表紙タイトルなどを含めるかどうかは明記されていませんが、
原稿を送られた側の扱いやすさを考えれば、
全てを一緒に綴じるのが妥当だと考えます。
僕も、全部を一緒に綴じて送り、封筒には
これ以外のいかなる紙も入れていません。

448さんのやり方で、大きな問題はないと思います。
そもそも、原稿を募集する側がもうすこし明確に
応募規定を提示するべきだと、いつも思います。
そうでないと、作品そのもの以外に、
いつも苦労させられます。
フォントの種類や大きさ、余白の長さ等まで
ガチガチに規定してもらったほうが楽だと思うことさえあります。

461 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:25
460の続き。

梗概にミステリーの謎解き部分まで含めるかどうかなど、
よく取り沙汰されますよね。
あれも結局、主催者や下読みの人によって意見が違います。
謎解きまで書いてほしいと思う人もいれば書かないでくれという人もいるなかで、
「梗概を添えること」とだけ書かれた応募要領に
どう対応しろというのか、と言いたくなります。
そうやって不明瞭な募集をしておいて、
「梗概を最後まで書かない奴がいる」
などと、批判されたくはありませんよね。

言葉を扱う世界の公募なのだから、
もうすこしなんとかしてほしいと、いつも思います。
ホラー小説大賞は、まだ明確に書かれているほうだとは、
思いますけれど。
「とじ添え」という言葉があるだけでも、マシです。

462 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:34
>>457>>452へのレス

463 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 10:36
ま、みんな最初は体裁を気にするわけだが、そのうち審査は内容本意じゃんとわかり、
冷や汗を流すアルね

464 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 12:17
発表マダー?

465 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 12:40
明日本の旅人手に入れれる人!!

……ってか、今日ないかな? どこかに。

466 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 16:08
>>454 純文にこだわってたけど、今回の芥川賞でバカバカしくなってきた。
賞金とかデビュー後の状態考えると、ホラーの方が全然良さそうだね。

漱石、鴎外、谷崎、川端もホラーと呼べる作品を遺してるぞ。
芥川だって地獄変などはホラーだ。藪の中も微妙にホラー。
荒俣先生は蟹工船などプロレタリア文学をホラーとして再読せよと言っている。

俺がホラーに惹かれたのは、最高の文学がめざせるのではないかと想ったからだ。
もっとも俺の志向するのは最高の「大衆文学」だけどな。


467 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 16:17
ホラーは、恐怖である。
恐怖は、ヒトの心の奥に眠る基本的な原動力であると思う。
普段は理性の壁の向こうで静かにしているけど、ふとした時に表に出てくる。
だから、恐怖と向き合って対話してはいけない。夜、一人になったときに、ちらっと覗いてほくそ笑むものである。


468 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:13
「古川」の人はあれからどうしたんだろう。
なんか書いてるのかな。


469 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 19:51
ホラサスは途中経過なしで、いきなり最終候補の発表だよね。
ホラ大もそれでいいんじゃない。
自分がどのレベルだったか知りたいって?一次通過のレベルではあったとか。
関係ないんじゃない。
プロが一次で落とされたり、最終経験者が一次で落とされたりしてるってことはだよ、
文章がちゃんとしてるとか、小説の体をなしているとか、
巷で言われる一次選考の基準なんてあてにならないんじゃないの。
場合によってはアイデアだけは面白いから一次通過、でもそれまでとか?
そんなの寸評もないんだし、わかんないじゃないの。
ある下読みが書いてたけど、要は受賞できそうにない作品は最初から全部落としたんだって。
編集から1割程度は残せとか指示があるから、仕方なく残すことが多いんだって。
点数をつけて一応は選考したというかたちにはするんだろうけど。
ほんとうは自分にまわってきた応募作、全部落としたいときもあるらしい。
最終の連絡がこなきゃ、今回は終わり。プロになりたかったら次に取りかかる。
それでいいんじゃないの?

470 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 21:03
423が良いこと言った!

角川さんよ、早く発表しちくり。
五月蠅くてかなわん。

471 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 21:16
くだらないことだけど、
原稿の形態は、ワープロ印刷原稿が一番読み易いだろうか?
手書きで字がきたないと不利だと聞いたことがあるが?




















472 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:05
ふぅ〜、とりあえずホラサス用がとりあえず書き終わりました。
まだ書き足したりとか色々あるけど
とりあえず書き終わったということで。
これを一通り修正したら5月くらいまでホラ大にとりかかります

473 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:14
>>472
 乙!
 何枚くらいでどんな話ですか?

474 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:16
>>473 ありがとう
えと、最終的には300くらいになると思います。
内容はサスペンス系っす

475 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:32
>>471
私は字が汚いです。昔、純文系の新人賞に応募していたことだ数年ありました。
次のせいとは思いませんが、賞を獲ったことはありません。
しかし、十年近く立ち、ワープロ、パソコンソフトが出来て、同じ土俵に乗れたと思います。
物書きと無縁だったその十数年には、いろいろとあり、純文で書きたかったことはエンター系でも表現出来きると気が付きました。
文体も変化し、私自身も変化しました。
新人賞に応募すると、予選を通過するようになり、もしかしたら、賞を取れるかもと思うようになりました。
学校の作文では、一生懸命書けば字の上手い下手は関係ないと言いますが、
人に読ませるという今ゲームでは、今、ワープロというものがある以上、利用するべきであると思います。
よく、ワープロの弊害として、だらだら文章が指摘されますが、それは確かです。
しかし、その弱点を逆手にとって、何回も読み直し、その場で修正して、文体の統一、設定の矛盾、誤字脱字の追放をすることが出来ます。
ワープロで書いて、読み返さないで応募は最悪です。
私は書く時は、めい一杯プロットを書き込む。最初の読み返しは、無駄を削る。二回目は、全体の文体などの統一。最後に、紙に印刷して客観的に読む。
と、書き上がった文章を、最低二週間は掛けて、校正などをするように心がけています。
なんといっても、下読みさんは、最初の読者ですから。


476 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:35

ワープロで思うままに書くと、誤字脱字や、変な表現がある見本です。(ほらね)

477 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:31
明日発表あると思う人、てぇー上げて。

478 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:34
発表は今週中だな。

479 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:41
今週なかったらマジどうかなりそうだよ。
なんつーか、栄養がほしい。
発表してくれなきゃ、次進めない。

まあ、八月から今にかけて二つ(少ないか)応募してるんだけどね。

480 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:47
正直、来月の15日まで可能性はあると思う。
第9回だと大賞選考が4月だったらしいし。
(ちなみに魔の奇数回ということで今回と一緒ってのも気になる)。
つまり一ヶ月遅れ説。
だれか9回の一次発表のこと、分かる人、いないかな?

481 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:58
ホラー 明日に備えて早く寝ろ。就寝時間過ぎてるぞ。by寮長


482 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:31
>ワープロで思うままに書くと、誤字脱字や、変な表現がある見本です。(ほらね)

意地悪なこと言うな。ご老体かもしれんぞ。

>ホラー 明日に備えて早く寝ろ。就寝時間過ぎてるぞ。by寮長

寮長よ勝手に仕切るな、わしが塾長である。


483 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:39
>>479
短編?オールか現代?

484 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:51
>>479
小説推理と小説現代でしょう。今月〆切が乱歩賞。

485 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:54
ホラサスの特別賞「アクセス」も酷いらしいね。
なんでも山田悠介なみのト書き調文体とか。新潮社がそんなん出すかね。
どうなるんだろうね、ホラサス。


486 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:54
第9回の一次選考結果は、1/15には既に発表されていたようです。
↓にあります。
ttp://cafe.don.am/heaven/diary/?200201b&to=200201151#200201151

なお、この方は、第7回と第10回で最終選考に残られています。
日記には、第10回(前回ですね)のことも書かれています。

↓一次選考結果(2002年12月28日)
ttp://cafe.don.am/heaven/diary/?200212c&to=200212282#200212282

↓最終候補選出(2003年1月16日)
ttp://cafe.don.am/heaven/diary/?200301b&to=200301161#200301161

↓最終選考落選(2003年3月13日)
ttp://cafe.don.am/heaven/diary/?200303b&to=200303131#200303131


487 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:05
↑東殿下と幻想文学の仲間たちスレにも出てくる人だね。

488 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:22
>>486
thx
やっぱ最終残る人は違うね。日記なんかでも文のキレが違う。
で、1/15にもう結果、出ていたってことは今年は異常なわけだ。
唯、それは一般への対応の違いとも考えられて、編集部的には既にファイナルも選んでいて、彼らに連絡している可能性もあるわけだ。


……やっぱ鬱。

489 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:25
彼もシード選手?

490 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:35
>>486
ふと思いついたが、毎日日記を書くというのは文章の上達にいいかも。
しかも、自らのサイトで(人に読んでもらう前提で書くから)
2ちゃんねるで、がちゃがちゃやっていても、文章は上達しないだろうな。
(…といいつつ、書き込む私は…)

491 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:39
>>488
よく、一次発表の二週間後に最終選考通過者には電話が来るとか言うじゃない。
そう考えれば、前回は、12/28日一次、1/26日二次だから、
まだ一次が発表されていないから、ファイナリストは決まっていないよ。

492 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:40
誤字脱字、誤用、意味不明な部分などを瞬時に指摘されるから、
2ちゃんねるは緊張感があっていい。

493 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:42
>ファイナリストは決まっていないよ。

ふふふっ。

494 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:43
>>491
すでに、二次1/16日で間違ってるよ

495 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:44
ホラー 誰だ、起きている奴は。今から見回りに行くぞ。by寮長


496 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:48
>>488
よく読めば、こう書いてあるぞ。最終選考を知ったこと。
>先にサイトで知ってしまっていたので、角川の方から電話を戴いたときに、異様に低いトーンで応対してしまった。
つまり、サイトが先だ。もしくは同時。

497 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:49
ホラー 誰だ、起きている奴は。廊下で正座だぞ。by寮長


498 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:50
寮長、廊下に女の人影が…

499 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:51
俺は怖いから、お前が見てこい。

500 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:52
あたいこそが500マンゲット


501 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:55
>>496
うーん、なんともなあ。
その年によって順番が異なることもあるだろうし。

502 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 01:59
「女の影ならそれだけで人の影ってわかるのに人影はヘン」
とか指摘されるのは不快なだけ

503 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 02:16
>>502
女の赤影だったら、もっと変だ。
きっと正しくは、寮長、廊下に仮面の忍者赤影が…というのが正解だと思う。

504 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 02:17
ヒトカゲだろ
ttp://www.wakuwaku.ne.jp/jun/pokemon/ani011.html

505 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 02:20
>>496
15日に二次選考の編集会議。翌日、連絡。
二次選考が終われば、次の日には連絡行くってことだね。
一次は終わってても発表はないからなあ。二次も終わってるかもよ。

506 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 08:53
ttp://cafe.don.am/heaven/diary/?200401c&to=200401221#200401221

僕としては、このかたが先週の木曜日、
福田屋に出かけてることが、
激しく謎なのです……


507 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 09:27
ほんまにいい作品がないのかも知れん
売れる見込みのないものを出しても仕方がない
見込みのないやつに受賞させてもしょうがない
大賞以外は文庫にするというのも、
薄らさぶいコスト削減策だしね

前回の受賞3作は、どんくらい売れてるの?


508 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 09:46
福田屋違い。
その人の行った福田屋は池袋の蕎麦屋みたいだ。
選考会のある福田屋は紀尾井町の高級料亭だよ〜ん。
あせってもしようがないからおちつきんしゃい。
……って。自分の方が、ナチュラルハイになってるね……。
なんか本気で胃を壊しそうなのが情けないよ。

509 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 09:53
すんません。池袋じゃなくて渋谷の蕎麦屋だった。

と、これだけではあんまりなので。
家の近所では『姉飼』はみかけないが、ホラー文庫のほうの二冊は平積みになってた。
文庫の方が小さい本屋に入れやすいのかもよ。
近所の図書館には『姉飼』だけ入ってる。
そこ。ここで話題になった作品を読もうと思って行くと必ず借りられてるんだよね。
近所にお仲間がいるのかもしれないと思うとちょっとおかしい。

510 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 10:12
個人の日記まで出してきて、あれこれいうのにはワラタ
実力が伴っていないと、高額の宝くじ当てるより難しいのにね
まあ、漏れもその口だが…



511 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 12:32
ホラーを書く人って、達観しているというか孤高の人というか、
そういうイメージがあったので、
ここの住人の右往左往がちょっと微笑ましく思いました。

512 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 12:32
んで、誰か本の旅人ゲットした人いる?
今日、発売らしいんだけど……。

513 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 16:36
いない?

514 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:15
>>511
私は孤独です。平日は、仮面を被り、本来の自分を殺して、黙々と仕事をして、残業せずに帰ります。
週末は、恐怖小説を黙々と読み、ひとりパソコンに向かう引きこもり生活です。
一緒に暮らしているのは、黒猫のポーです。

515 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:48
今日も発表なしか。
「本の旅人」の2月号更新もされてないし。
マジ、水面下で何が行われているのだろう。

516 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:50
>>515
水面下では、外来魚のブラックバスが、モロコやフナの稚魚などを食べ尽くしています。

517 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 18:08

もっと気のきいたこといえよ、アフォ



518 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 18:43
モロコってのは知らなかった。

519 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 18:54
ブラックバスの意味するところ。
モロコやフナの稚魚が意味するところを答えよ。

520 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:04
魚ばか必死だなw

521 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:10
>>509 ここで話題になった作品を読もうと思って行くと必ず借りられてるんだよね。
近所にお仲間がいるのかもしれないと思うとちょっとおかしい。

このスレに限らず、2ちゃんで紹介された作品は、なぜか貸出中が多い。
偶然だと思うけど。


522 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 21:41
本の旅人って無料?

523 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:40
タダ、らしいよ。

俺、ぜってぇ今月発表ねぇし、って思ってる。
来月でしょうか?

あ、そういややっと相続人読み終わった(クソ遅い)。
気を惹く文章展開だけにラストがつまらなすぎた。
なんだありゃ? もっと、捻ってくれよ。
あんなのが長編とるとは……。
やたら長いだけで中身が少な過ぎ。残念。

ってえらそうに書いてるけど、あれより面白い話を書く自信は
正直俺にはある。しかし、文章がダメだ。後、展開の仕方。
長編を書いた事がないからか、どうしてもどこかで行き詰まりそうな気が
してならない。どう転がしていこう? ずっと悩みそうだ。
そこは巧い、よく最後まで書けたな、と思った(短編なら俺も書ける)。

……やはり、いつかは長編にも挑戦してみるべきだな。。。

524 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:44
>気を惹く文章展開だけに

意味がよくわからん。

525 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 00:15
文章「、」展開じゃない?

526 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 03:13
「相続人」、かなり評判悪いね。
短編賞の「白い部屋で月の歌を」は、概して評価が高い。
短編と長編の違いはもちろんあるけど、
読み比べると小説書きとしての資質(才能といってもいい)の違いがよくわかる。


527 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 09:02
>>508
福田家違いは、ワラタ

528 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 09:16
>>524
文章(文体)がうまくて、プロット(ストーリー)が面白いということ?
褒めているってこと?

529 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 10:27
朱川は確かに文うまいな
内容は温めだが

文は、車の運転と同じかもな
習うより慣れろ
書いているうちにいろいろわかってくるのかもしれん

さて、ブレーンがついても伸びん岩井シマ孤
手当たり次第男と体液を交換していても、しょうがねえだろ
そんなのみんなやってることだしよ
作家としてやっていくためには
学歴うんぬんは別にして
ある程度の頭のよさも必要さ





530 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 11:13
>>529
>習うより慣れろ
それはあるかも知れない。はじめて書いて、賞獲りデビューしても、二作目以降でボロが出ると、
読者も、編集者も離れていくから、どのような依頼が来ても、ある程度以上の文章を書ける力は必要だな。
でも、そこそこ書けるじゃ、二三作で消えるし、難しいところだな。
何かの機会で、せっかくデビューできることがあったのなら、伸びていきたいしな。
書かなくなった作家って、おそらく半分以上は、編集者のだめ出しで、次作が出版できないのだろうな。売れない本を出版した実績が出来ると、それを覆すのは、新人賞獲るより難しいかも。

531 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 11:17
>>529
志麻子お姉様は、売れていないの?
すでに、角川以外から、多くの出版していると言うことは、仕事の依頼がたくさんある証拠では?
本屋でも、最近の著作を結構見かけるよ?
関係ないけど、貴志は次に何を書くのか、結構楽しみにしている。
あと、天童荒太が、新作を出版するらしい。新潮社が、ものすごい押しているぞ。

532 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 11:20
俺、天童荒太って普通にヘタだと思う

533 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 11:20
岩井は内容がつまらんという意味さ
あと、やってることもつまらん

無茶苦茶売れた連中は、間合いを取って本を出せるからいいな


534 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 12:22
誰か本の旅人見付けた?

535 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:09
岩井はテレビには出ない方がいいな
ホラー書いていくなら、作家自身のイメージを大切にした方がいい

536 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:54
大賞を取って夫と子を捨てる
岩井は田舎でよっぽど抑圧されていたんだろ
なんか勘違いしたまま生きてゆきそうだな
それも選ばれた者の特権かな



537 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 14:57
テレビの岩井って、山田美保子みたいだよね。

538 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 14:58
tesu


539 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:03
私も大賞とったら離婚したい。
子どもは連れてく。夫はいらね。

540 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:07
ダメじゃん!!

541 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:12
子供捨てられるぐらいじゃないと!
怖い女にならないと!

542 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:15
子ども捨てるのは、怖い女じゃない。
非道い女だ。
虐待女もしかり。


543 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:16
第二の森瑤子を狙っている主婦は昔から多いが、最近、さらに増えたような気がする。
なら、結婚する前に作家になればいいのとは思う。
会社(仕事)から逃避するために結構→結婚生活から逃避するために作家→締め切りから逃避するために男漁り→…最後には、どこに逃避するんでしょう?

544 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:17
×結構
○結婚

ま、いずれにしても、今の生活から逃げるために他を選んでも、また逃げたくなるだけってことで。

545 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:20
>私も大賞とったら離婚したい。

それだけはやめたほうがいい。
大賞は終点ではない
大賞という肩書きがあなたの生活を保障してくれるわけでもない。


546 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:23
とりあえず安田成美主演のあのドラマ(タイトル忘れた)
でも見てじっくり考えればいいんじゃないですか

547 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:25
岩井も食ってけるとわかったから、捨てたんじゃけーの
と怪しげな岡山弁。

寂聴も、似たような経歴じゃなかったかな。

あ、それと分野違いだが、時実なんとかというヒト。
元夫が二枚目だから、騙されて家に縛りつけられて…とか仄聞。

自分で納得できるなら、どいつも好きにせい。




548 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:28
岩井も瀬戸内も、そのかわり、自分そのものを切り売りしていかなきゃならなかったよね。
瀬戸内の出家なんか、まさに、自己演出の最終手段だ。

岩井なとんかは、昨日のさんま御殿で見た。
あのぐらいの開き直りがないと、作家は難しいよ。
厳しい世界だなぁぁ。

549 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:33
そういえば、岩井の受賞後、
しがないわしの勤務先(非上場弱小企業)に千枚くらいの大作を送って、
「嫁」といった女性がいたな。
残念ながら、うちは活字を扱っているが、出版社ではない。
送り返したら、電話で……

550 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:35
>>549

それ、なんかホラーになりそうなネタですね。
ミザリー風に仕上げれば、おもしろそう

551 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:55
寂聴(晴美)は逆に
食わせてやってたのに逃げられたんじゃなかったっけ

552 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:59
>>551

瀬戸内の嫁ぎ先は、結構裕福だったと記憶しているが。
で、瀬戸内が外に男を作って、家出。
結果的に、娘と夫を捨てることになる。
娘を捨てたってことで、「そんな鬼畜を育てた覚えがない」と実父に詰られたと、どっかのトークショーでいってた。

553 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:03
作家同士で結構というのはどうだ。
DIKS(ダブル 印税 ノウ キッズ)
今独身で、作家なのは…
宮部みゆき、高村薫…やめた。
小池真理子ぐらいならいいが…すでに、軽井沢夫人だし。


554 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:10
女って、有能な編集者と性愛関係ができたら無敵だね
知能の低さや、発想の陳腐さを、ことごとく寝物語で修正
してもらえる
そこに到るまでが、また大変だけどね

555 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:14
>>553
室井佑月 というのはどうだ?
最新刊のタイトルは、『ああ〜ん、あんあん』だぞ。by集英社文庫
テレビのコメント、馬鹿丸出し…


556 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:16
そりゃ、あの鼠顔見ていたらわかる
室井を押してるのはだれだ?

557 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:17
志麻子姉(飼)は、少女小説で鍛えているから書き続ける力はあると思う。
テレビに出て、あの顔で痛いことしゃべってるホラー作家って方が生き残りにはいいのかと。
夫を捨てた、元ガス屋の嫁ってのも、なんかワロタ。
真理子先生も昔、めちゃめちゃ痛いこと書きまくってて人気があった。
テレビにもよく出てたよ。

貴志タンは4年くらい書いていない。
完全主義者の弊害なのかもしれんねえ。


558 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:17
>>554
鼠顔…ワラタ

559 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:19
無敵なのは、編集の方じゃないかな。
今や、編集にもビジュアルは必要だと思う。
女流作家に書かすには、それしかない。

560 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:20
では、室井=鼠という共通認識で…

561 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:23
貴志タンが書かなくなったのは、金ができたからかな。
バトロワの原作者も書かない。
バトロワ2を名前だけ売り飛ばした。
それにしても、あんな駄作を書かれて平気なのかね。
大人と、子供の戦争になってのには、心底、ワラタ。

562 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:25
綿矢りさタンと、金原ひとみタンはどうだ?
純文とエンターのカップル?

563 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:25
>室井を押してるのはだれだ?

小倉とかいうズラ親爺じゃないか。

564 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:28
周りが酷いから、綿矢も金原もラッキーみたい。
これが普通の環境なら、話題にもならない。

565 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:29
あいつらも、そのうち腰ふり文学逝きでつか

566 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:31
今腰を振らないと、そのうちでは遅い。
今ならぎりぎり、できそうだ。

567 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:32
金原のミニスカくらいで「文壇はキャバクラか?」とか、
文学板で騒いでいたが、
キャバクラ逝って、あんなの指名せんぞ。

568 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:33
まあ、人口の半分は女だから、女による女のための腰ふり文学も
成立するってこったい
男のための腰ふりも書いてね



569 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:33
天童荒太の著作の紹介写真て、すごいイケメンなんだけど、実物もそうなの?
ちなみに、村上龍の限りなく透明に近いブルーの写真は、北京原人?
ホラサス佳作?の「火群の館」の春口 裕子は、写真写り気にしすぎ。

570 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:38
作家のブロマイドって、何でないの?
荒俣先生のが欲しい?(厄よけ)

571 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:45
発表が遅いばかりに、人気スレになってしまったな
ところで、伊島とかいうおさーんは、超遅筆らしいな
晩成で遅筆
うーん、なんともいい難い
本業がちゃんとあるんだろうが、作家では食ってけんぞ

572 :綿矢りさ:04/01/28 17:47
>>564
綿矢りさだけど、バカにしないで!

573 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:52
ホラー 定時だぞ。残業しないで帰れ。by寮長

574 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:07
伊島氏は、結構評判いいぞ。
亀の歩みではあるが、ファンがじんわり増えているようだ。

575 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:09
腰ふり文学ってなんすか?

576 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:09
文章うめーからな
生理学的に不確かな記述もあったけど
まことに引き込む文章を書く


577 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:17
>>572
バカにしてるわけじゃない。事実をいってるの。
膝下のダサいスカートが計算のうちなら、きっとこの先も生き残れるよ。

578 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:18
遅筆だが、文章にはそれなりの個性がある。
貴志タンも4年も書いてないし、烈しく遅筆だな。
女流って、なんか脊髄反射でさっささっさ書いていくイメージがある。

579 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:19
今日はまともなレスが続いてる。
ガキどもはふて寝してるのかw

580 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:21
>>575
筆をふれば、分かる。

581 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:23
わけわかめの寮長とかいうの、そろそろウザい。
空気読めっつーの。

582 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:29
寮長って、どうせくずガキ

583 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:56
なぁ、願おうぜ。
明日、発表だって。

……シマコタンなんてのはどうでもいいんだよ!!

584 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 20:51
このまま何も途中経過が報告されないのを願う。
で、いきなり受賞作なしか、大賞の発表かでいい。

585 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 21:14
なんだその受賞なしっていうのは。
心臟が破裂しそうに気持ちいいのか。
途中経過なしで鼓動を止めてしまえ。

586 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 21:14
出たー!!!!!
トリビアに荒俣宏!!!


587 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 21:29
お前の心臓が破裂する様子を克明にレポートしてくれ。ぼん!
俺がそれをパクって次作に活かす。

588 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 00:17
俺は今回のでホラ大受賞して、綿矢でも貰いに行くかな。
若いものドウシということで……(ただの妄想ッスよ)。


589 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:34
妄想と現実の区別がつきません。
タスケテクダサイ

590 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 02:17
さて、いよいよ魔の奇数回である11回も予選が終わりそうだね。
験を担いで応募せず、他の賞へ送った人もいるとか。
果たして大賞は出るのか。

591 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 07:36
綿矢は写真で見る限り骨が太そうだから、
結婚および出産したら、急激に太るかもな

受賞作家の育成のスパンを考えたら、二年に一度選ぶっていうのは理に
かなっているんじゃないか。毎年三人ずつ選んどったら、
たちまち溢れかえるぞ

592 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 08:50
つか二年に一回しか賞は出ない。
そういう角川の戦略だって大森望か誰かが書いてる。
今年も受賞作なしだよ。
一次はもちろん発表されるだろうが。

593 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 10:00
そう見えるだけだろ?
俺が大森でも同じこと書くよ。
つーか、選評で林が
「ジンクスのつもりじゃない。良い作品が出ればあげたい」
って書いてるじゃん。
……さて、今日かな?

594 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:34
明日だろ。ま、ここまできちまったら、
どこでも2次どまりの漏れは、どうでもいいけどな


595 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:44
あさって、31日土曜説はどうだ?
仏滅:すべてのことをするのに不吉な日。

596 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:46
>>592
このミス大賞じゃないんだから、大森は、あくまでも予選委員だ。本選は、荒俣、高橋、林だ。

597 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:52
このミス大賞の方こそ、作為的な選び方に思えるけどな
賛否両論(賛が2割で否が8割)の作品が必ず混じってるじゃん

598 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:56
荒俣宏先生は、88年に作家・杉浦日向子氏と結婚していたのか? 知らなかった。
でも、半年で離婚……。


599 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:58
このミス大賞出身も、みな伸びなさそうだな
創作の過程と弱点を、あからさまに書かれたら、萎えて
読む気も起こらんわい
それはそうと
編集者、相手に手持ちがあるかどうかは、どうやってわかるのか
朱川みたいな最終選考常連者はストックが多そうで、やりやすいだろな




600 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:01
荒俣の離婚は、当時いろいろいわれてたな
もう16年も前か、当時6歳のくそがきが、大学卒業
するまでに育っている

601 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:02
>>598
現夫人は、ヤスコ夫人です。(←誰?)
荒俣本人段(某雑誌インタビュー)によると、「妻はガマとか毛虫とかヘビが大好きなんですよ」
化け物か?


602 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:07
>>600
16年前に結婚、半年で離婚。当時6才のクソガキ、16年後の現在大学卒業?
誰の子だ? 結婚、3回目?

603 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:10
>>601
 >「妻はガマとか毛虫とかヘビが大好きなんですよ」
まさか、毛虫をガマが喰って、そのガマをヘビが喰って、そのヘビをヤスコ夫人が喰うのか?
こりゃ、ホラーだ!

604 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:31
>>599
所詮、宝島社だからな。
だいたい、このミス(順位のムックの方)は、自社の本は順位に入れないから、このミス大賞の本が順位にないのは分かるけど、
各地のネットでの2003年ベストミステリーや、最古参の週刊文春年間ベストミステリーにも顔ださないからな。
あれだけ褒めておいて……どうなってるんだって感じ。(読めば分かるけど…)
もっとも、他の新人賞もランクインしていないからな…。
このミス大賞の作家たちは、これから、宝島社に育ててもらえるのだろうか? 近々第2作が出ると、今年のこのミスに載っていたけど…

605 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 12:35
手持ちって、いい作品なら出版するけど、だめ出しが多いんじゃない?
要は、これから書き続けることが出来るか?ってことじゃないの?
文章とか、文体の完成度、アイデアなんかで、この作者はどうか? とか、分かるんじゃないの。
でも、やっぱり、ある程度、博打だろうな、作家選びって。

606 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:25
故景山民夫が書いていたけど、
第一回の選考委員筆頭ともいえる故遠藤周作大先生が、
本選当日、一番先に来ていて編集長となにやら密談めいた会話を交わしていたらしい。
で、景山氏登場。遠藤は開口一番、
「景山さん、今回は大賞なしですね。これは出せない」
「は?はぁ」
他の選考委員もまだ到着していないのに、ちょっとマズイのではと、
景山は思ったらしいが、後に来た荒俣、高橋、林の各選考委員も遠藤に賛同したという。

この時、ホラー小説大賞の方針が決まったのだろう。
つまり遠藤の文学観がハードルを高くしたのだ。
二回に一回しか出さないなどというセコい方針ではない。
下読みと選考委員の小説観がまるっきり違う場合もある。
互いに不満を持ちあうことも多い。ちょこちょこ漏れてくる情報などあてにならない。
選考委員に決定権がある。選考委員が読むまでわからない。大賞はいつでも出るのだ。
しかし今回は
 ∧_∧
(´∀`) <どーなんだろう?    

607 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:35
>>606
>下読みと選考委員の小説観がまるっきり違う場合もある。
確かにそれはあるかも知れない。もちろん、選考委員が読むのは、すべて下読みが選んだものだが…
選考委員が代わるよりも、下読みが代わった方が新人賞を獲る作品の質が変わるのかも知れない。
今回、大賞が出るかどうかは別として、少なくともホラー大賞は、下読みよりも選考委員の力が強い賞であることは、間違いないだろう。
応募する側としても、ハードルの高さを肝に銘じて、一語一語紡ぎ出す作業をする覚悟が必要なのかも知れない。
そう考えると、お亡くなりになった景山先生、遠藤先生は、今も選考に参加していると考えることが出来るのでは?
これこそが、ホラー大賞たる由縁なのかも知れない。

608 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:44
ま、どっちにしろ3月か4月にはわかるこった。
漏れはまた出ないと思ってるが。

609 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 13:56
第11回………ぞろ目………おお、怖い………

610 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:17
>>606
つか第一回に林はいなかったんじゃ

611 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:18
>景山先生、遠藤先生は、今も選考に参加していると考えることが出来るのでは?

良い発言だ。
最終的に遠藤先生をうならせる力をもった作品なら、
下読みもなにもかも、すべての壁を突き破って出てくるだろうね。



612 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:24
>>611
ブレイクスルーが必要だ、何事にも。誰が再び壁を突き破るのか?

613 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:24
遠藤周作って構成力なかったけどね

614 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:27
俺だ。俺が壁を突き破る。

615 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:33
古今東西の怪奇、博物学に精通した怪人、現代の南方熊楠、荒俣宏。
東北を根城にホラー、ミステリ界に独自のポジションを持つ高橋克彦。
直木賞選考委員でもある林真理子(夢見る葡萄は、すてきな青春小説だ)。

相手にとって不足はない。
選考委員の度肝を抜き、全国100万の読者の魂を揺さぶるのは俺だ。
君たちは俺のあとに続きなさい。俺が道を開いておこう、新しいホラーの道を。


616 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:33
なあ、文学観とかじゃなくて
密談で二回に一回ルールになっちゃったって話ちゃうの?

単にハードルが高いだけだと
あからさまに二回に一回になってる理由が説明できないんですけど・・・

617 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:34
>遠藤周作って構成力なかったけどね。

何十年間も作家稼業で生き残った人にそれをいえる君がすごいよ。
とても、遠藤周作がうなるはずがない。うならすなら、まず、下読みさんだろ。
そこから上へいかなけりゃ、話にも何もならない。

618 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:37
遠藤周作の「蜘蛛」は怖いというか、背中が痒くなる。

619 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:38
俺も壁を突き破る。しかも、今回の応募作品でだ。
キーワードは、K.K.Kだ。

620 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:39
第4回
■長編賞
「レフトハンド」
 著:中井拓志

これって面白い?

621 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:41
下読みをべこのかわにするでねぇ。
ダテに何千本も糞みたいな応募作を読んでるわけじゃない。
いいものは必ず上げる。信用と生活がかかっているのだ。

622 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:41
甘ぇって!
俺しか突き破れねぇんだよ。

俺もキーワードを。
「S・Y・K」だ!

623 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:42
読者が作家を批評できないとしたら危険なことだ
みたいなことは村上春樹も言ってたよ

構成力ないじゃん、ホントに
海と毒薬とか途中で投げてるし
歴史小説に逃げたのも、自分で構成力ないってわかってたからだろうし

624 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:43
>>620
烈しくつまらん。まだ書いてんの?そいつ。

625 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:46
まー、ホラーは構成力いらないのかもね。

626 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 14:52
じじばばは先がない
ただし、高卒の■本●力センセイの
ような方は、知らないことだらけだから、
イマジネーションが膨らんで、創作可

627 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:02
↑なんだコイツ。便所の落書きはいらねーんだよ、すっこんでろ。

628 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:07
山本一力ってホラーも書いてんの?

629 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:11
悪質なコピペだ
一々反応する奴もイタイな


630 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:16
四行程度のコピペ?
高卒は事実だよ。俺の高校の先輩だから知ってる(世田工)。

631 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:17
 __∧_∧_  ■ ∧_∧ ≡ オ薬ドゾー
 |( TωT)|   \ (・ω・)丿 ダダー 
 |\⌒⌒⌒\    \羊\ ≡  
 \ |⌒⌒⌒~|      く ̄し ≡ 


632 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:25
作家の経歴に学歴が書いてあるのも考えもんだ。
新人さんの場合、特に偏差値が頭に浮かび、
おいおい、こいつ大丈夫かと思って、
買うのをためらうこともある。
ま、編集者がぐちゃぐちゃに触っているから、
かんけねーともいえるがな。


633 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:31
>>632
学歴は詐称すればよい。ただし、ばれて自分探しの旅に出かけないように。
ちなみに、俺の学歴は、
ペパーダイン大学未入学。
ISOLA(岩井志麻子お姉様大学ロサンゼルス校)

634 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 15:57
>>620
『レフトハンド』は、「感染者の左腕を捕獲し脱皮する、まったく未知のウイルス」LHV(レフトハンド・ウイルス)が埼玉県にある広大な製薬会社研究所で漏洩するバイオ・ハザードもの。
……などと紹介すると、内容が分かったつもりになるかもしれないが、このウイルスの発現に、カンブリア紀の古代生物を結びつけることによって、秘密裡に封鎖された研究棟が、
まるで映画『エイリアン』のノストロモ号のように、モンスターが跋扈する恐怖空間へと変貌していく……
そして、このウイルスの正体をつきとめるのが主筋……しかし、登場する厚生省の役人、研究所の副所長、その他学者たちに、読んでいて全く感情移入できないし、彼らには正義が欠如している。
アンチ・ヒーロー小説として良しとするか、悪とするかは難しい……
まあ、結論としては、映画のエイリアンとケームのバイオハザードを設定として、どちらからも主役を引っこ抜いたような小説というか、ノベライズみたい…
作者は若い(受賞時二十代)ので、ありがちな感じ…next賞の方が似合うかも。



635 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:00
実力者はもう奇数回には送ってないんじゃないの?
真偽はともかく、精魂込めて作り上げた作品が主催者側の理由で却下されたらたまらんて。
んなリスクはとらんでしょ。
逆に偶数回には必ず大賞・長編賞・短編賞が出るんだから。
今回送ってるのは、俺俺言ってる程度の低いガキだけだとみた。


636 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:01
つーかさ、リングとパラサイト・イヴがある以上
ウイルスネタとか避けないとダメだろ
確かに超常現象説明するのに使いやすいんだろうけどさ

637 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:05
>>635
俺俺をなめてはいけない。全国で俺俺詐欺の被害が昨年42億円に上ったのだ。

638 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:09
俺の最初の恐怖の読書体験は小学校の高学年だった……
夏休みの読書感想文の宿題で、先生が
『キュリー夫人の伝記を読んで感想文を書いてきなさい』
といったのに、間違って、
『チャタレイ夫人を読んで、思わず、マスをかいてしまった』
怖い……


639 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:13
>>635
上の方で引用されてる下読みさんによると
今年は短編賞の方に有望なのが集まってるようだが

640 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 17:03
あのー
なんだかんだ言ってもう11回は終わったようなものだと思うんですけど……

641 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 17:53
まだだ!まだ終わらんよ!
ってセリフ思い出しました

642 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:01
一次通過した人は、必ずカミングアウトしてちょうだいね!
私も、するから……


643 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:06
一次の発表前に、応募した人は、みんなでキーワードカミングアウトしようぜ!!
イニシャル+タイトル  例:岩井志麻子 ぼっけえきょうてい → I.S.B
発表されて一次に名前があったとき、邪推できるから……やだ?




644 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:09
>>643
まずお前がカムアウトしなさい

645 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:12
643
私の正体は、619の K.K.K だ。

646 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:15
そんなもん、アシがつくから、とんずらに決まってるぜw

647 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:17

k.k.kだけど、ここではふざけているけど、執筆するときは真剣ですから。
予選通過経験も、いくつかあります。真面目にエンターに取り組んでます。以上。

648 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:32
クークラックスクラン

649 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 18:40
カスクズキンタマ

650 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:01
だから一次発表なんかは問題ではなく、
つまり一次発表は事後報告でしかないのではないかと言っているのです。

一次はまだかと騒いでいることは今となってはとても無意味なことだと思うのです。

651 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:03
>>635
>精魂込めて作り上げた作品が主催者側の理由で却下されたらたまらんて。
んなリスクはとらんでしょ。

噂か妄想に踊らされて、程度の低い発言しとるのは君の方とみた。

652 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:07
>>629
いちいち得意がって解説しとるお前が痛いのだがw

653 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:07
でも1次通ったら嬉しいよね。

654 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:25
うん、嬉しいです

655 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 19:30
ところでさ、よく「発表前に本人に報告あるに決まってる」って言うじゃん。

でも報告なんて別にあとでも先でもいいでしょ。
発表会(っていうの?)までに知らせればいいことなんだし。

656 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:22
それより、明日発表なかったらと思うと、もう……
どうなるんだ、俺?



657 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:27
>>651
はいはい。まあ発表まで甘い夢でも見ててねw

658 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:34
内紛するなよw

659 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 20:35
ケイオウケイザイカメンロウニン

660 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 21:14
ハサミ男

661 :綿矢りさ:04/01/29 21:19
綿矢りさだけど、あんたら少しはまともな怖い話書きなさいよ!!
私は、蹴りたい背中の印税で、十代でマンション買うからね。

662 :綿矢りさ:04/01/29 21:30
重力ピエロ

663 :綿矢りさ:04/01/29 21:31
メールで原稿送ったのに、古いメルアドに送って、まだ気が付いていないそこの奴。
お前は幸せだよ。

664 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 21:35
ごめん、枚数制限は10回からあったんだっけ?
「白い……」は120枚以上あるような気がする。
どうでしたっけ?

665 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 21:44
>>664
どっちにしろ出版時に手を加えるだろうから刊行されたものの枚数数えても意味がないと思われ。

666 :635:04/01/29 21:51
>>651
程度の低いガキ云々発言は言い過ぎた。
しかし、逆に藻前さんに聞きたい。奇数回に受賞者がサパーリでないのは偶然だと
断言できるのかと。
9回までもだぜ? 偶数回は大賞以下全部出てるってのに。
まあ、今回の発表はそういう意味でも楽しみだな。
今回、もし受賞者が一人も出なかったら偶然で済ませられるかどうか。
勿論、漏れだってそんな変なジンクスは無い方がいいに決まってる。ただでさえ狭き
門をさらに狭められてるんだからな。

しかし、逆に一次突破を目指している椰子らはねらい目になるかもね。サイトに
名前が載るんだし良い記念になるかも。

667 :綿矢りさ:04/01/29 21:58
一次突破を目指して書いている奴はいないと思うけどな。
自分の文章を活字にするために書いているんじゃないかな?
でも、それは、新人賞を獲ることであり、自費出版じゃないぞ。

668 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 21:59
>>666
お前、666じゃねえか! キモ!

669 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:00
>>668
程度が低いガキだ

670 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:03
>>667
なんでここへ棲み着くんだ。

671 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:06
>>669
うわっ、今度は最後の6をひっくり返してる!

672 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:51
>>666
 651じゃないけど俺も、なんか裏に力があるというのはないと思うな。
 ただ、選者側が意識し始めて、その回には無意識的に厳しい評価を下しがちだったりする
ような、そんな影響はあるかもしれないから、偶然というのは違うかもしれない。

 あと大賞が出た後の回はパクリが多くなりがちで、投稿全体のレベルが下がるとかそういう
のはあるかも。

673 :綿矢りさ:04/01/29 23:02
皆さん、奇数回に大賞がでない原因を、精神科学的に考えてごらんなさいよ。
わたしより、ホラーに詳しい皆さんの方が知っているでしょう。
心理遺伝が原因なのよ。わたしのお祖父ちゃんのお爺さんのいとこが、九州大学医学部の正木教授なのよ。
本当は、わたしが芥川賞獲れたのも、心理遺伝が原因なのよ。
わかった? わかったなら、ちゃんと返事しなさいよ、もう、男でしょう?

674 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:07
今日は何故だかふざけたいの。

>>もう、男でしょう?

ここの台詞は「もぉ、男でしょ?」の方が情感が伝わると思います。



675 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:07
>>672
>あと大賞が出た後の回はパクリが多くなりがちで、投稿全体のレベルが下がるとかそういうのはあるかも。
ああ、そういう傾向はあるな、たぶん。でも、二番煎じはオリジナルせいがないから、きっとだめだな。
たとえ、文章上手くて一次通過しても、賞はゲットできないだろうな。
あまり、応募する新人賞で賞を獲った作品って、読まない方がいいのかも?
読んだら、なんだかんだ言って、影響されやすいからな。


676 :綿矢りさ:04/01/29 23:09
>>674
わたし、アイドルじゃなくて、作家だから!!
どうでもいいけど、金原タンと、わたし、どっちがいいのは、ハッキリしてよ、ダーリン!!!

677 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:12
>>676
蹴り飛ばすぞ、背中。

678 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:20
近くの本屋で、「本の旅人あります?」って訊いたら、「おとりよせになります」だって。
100円のもの取り寄せるのはずかしいから、「いいですって、断ったよ」。

679 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:34
作家の朝松健って、アーサー・マッケンのもじりなんだ? 知ってた?

680 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:40
だからといって倉阪鬼一郎はアーサー・キラ=クーチのもじりではない。知ってた?

681 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:50
乙一のGOTHの単行本のカバーって、裏にも女が樹海のような森で寝ている?写真があるの知ってた?
隠れたところに金かけてるな……びっくり!!

682 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 23:55
儲かってるからさせてもらえるんだろうなー
内容も面白かったしね

683 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:00
乙一名前の画数が二画。凄すぎる……

684 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:01
綿矢って人はそんな有閑マダムみたいなしゃべり方なのかね

685 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:11
おっさんが頑張って女口調にしようとして書いてるからな。

686 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 01:10
ちょっと前にレフトハンドの話題が出てたけど、
そんなにひどいかな。
俺は中井拓志かなり好きだよ。
アリスは期待しすぎていまいちだったけど、
クオータームーンは気味の悪さがよかった。

687 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 01:49
今日かなぁ?

688 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 02:09
あのさ、2次発表って
1次の二週間後(辺り)電話でって聞くけど、
ネットではいつなの? 

689 :レフトハンド:04/01/30 04:54
チンコいじってたらヌルヌルしてきたよ

690 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 09:58
内容が劣化の一途を辿ってきたな。
待ちくたびれ、大脳新皮質が麻痺してきたのだな。
まあ、今回はこんだけ騒げたんだから、
もう、いいではないか。
諦めて次を目指せ。

691 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 10:20


 綿矢の唯一の弱点は口が臭い事。




692 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 10:27
なんか、今日もなしのように思えてきた。

693 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 10:52
オレ:「絶対発表してやんねぇ」って思ってるでしょ?

角川:うん。

694 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 10:57
どんな都合があって発表しないのだ。
パラサイトの時みたいに、ズルやろうとして、
書かせているヤツがなかなか伸びなくて、
気の利いた題名すら決まらずに、
澱んだ状態になっているからか。
ま、好きにしてくれ。

695 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 11:42
そうだよなぁ。理由が全く思い当たらないよね。
東さんが正しいなら一次選考なんてとうの昔に終わってるはずだし。

1、今年から一次発表がなしになった。
2、バイクが事故って原稿が燃えてしまった。
3、下読みから集めた原稿に全く同じ内容の物が多々あった(名義がバラバラなのに)。
4、編集部内部でボヤ騒ぎがあった。
5、原稿を盗まれた、コーヒーで濡れた、シュレッダーにかけられた。
6、おじいちゃんがやって来た。
7、今年から二月発表にした。
8、元々募集なんてしてなかった。応募者の夢だった。
9、選考委員が逃げた。
10、何だってアリのような気がしてきた。

わけわかんねーな、ほんと。

696 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 11:57
>>695
ワロタ。11に編集部の一人が下痢でおまけにトイレットペーパーが無くて、原稿
で拭いてしまった…というのを加えてくれ。

697 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 12:28
漏れもだが、
だれもカドカワにいつ発表かきく度胸ねーんだろな
そんでもって、ここで空騒ぎ、ハアー

698 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 12:42
まあ、4時までは待ってるよ。

そういや、横溝二次ってそろそろじゃない?

699 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:01
素朴な疑問なんですが、
角川は、一次通過発表を事前にやるんですか?
たいがいは、受賞発表のときに、ついでに一次、二次通過を発表するものですけど、
角川だけは違うの?

700 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:35
やるんですよ、角川は。

701 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:38
>>700
「やっていたんですよ」に変えなくてもいいのかな?

702 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:42
結論、どうなんだ!

703 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 14:56
>>694
へー、そんなことがあったんだ。
第一回目に大賞が出なかったから、編集部も必死だったのかもね。
今回は…どうだろ? 
例年のごとく該当作無しで済ませりゃいいんだし。

704 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 15:19
ジンクスを面白がれるのは作為が見えないとはっきりしてるときだけ
この状況が続くのは、賞が出来レースだと世間に知らしめているようなもんだ

705 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 15:56
今日も発表なし?

706 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:00
ジンクスジンクスっていうけど、一次選考の発表がないのとジンクスとは何の関係もないでしょ?
ってか、ジンクス的にいうのなら「一次選考通過作なし」とかでも発表すればいいんだよ。
発表がないのは編集部の怠慢か、広報方針の変更かってことしか考えられないけど。
いや、マジで「一次選考通過作なし」って発表すりゃいいんだよ。
なかったことにすりゃいいんだよ。

707 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:10
>>ジンクスジンクスっていうけど、一次選考の発表がないのとジンクスとは何の関係もないでしょ?
そこまでわかっていて、
>>704が「2年に一度しか受賞がない」方の話題だと気づかないかね

708 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:32
>>703

その話なんだけど、噂が広がってたんだね。
編集者との合作だとかなんとか、たしか雑誌にも書かれていた。
瀬名さんはその件に関して否定している。
「なんでそんな話になってるんだろう」と。

709 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:33
瀬名が理系だったから言われたんじゃないの

710 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:04
瀬名さんの件に関しては、確かな情報はなにもないんだ。
編集部との合作ったって、受賞後に大幅に加筆、修正したのかもしれん。
でも編集者が見込みがあるとみて、ぜひ2回にも挑戦してくれとアドバイスしたとは考えられる。
そんなことはあってもおかしくはないと。

この賞、選考委員が強い力を持ってるのは間違いないだろう。
角川も大賞を出せとは要請できないのだろう。
そこで貴志タンのように佳作を獲って再度挑戦とか、
第1回の板東氏のように編集が声をかけて書いてもらうとか、
いい作品が集まるように努力するのだと思う。
東氏も幻想文学の面々に声をかけたりするのかもしれん。
そうしてプッシュした作品を最終候補に上げたいと考えるのは人情だろう。
ただし、公募作品との競合によって最後は決まる。
さらに大賞、各賞が受賞できるかは選考委員の判断による。

みんな1回おきに大賞とは、偶然とは考えられないと言ってるけど、
二年も三年も受賞作がでない賞だってあるんだよ。
要はいい作品が集まらないんだと思うよ。
編集もいろいろ声をかけたりして努力している、そういうことだろう。
なんとか二回に一回は賞を出せてるんだ、と考えてもいいんじゃない。
前回大賞がでなかったら、選考委員もちょっとは基準を甘くする。
これも人情だと思う。そんなところだろう。

711 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:11
たまに三回に一回の時があれば
そういう風に納得できなくもないけどね

今回受賞作が出れば納得できるし、
もし今回でないならもう次回も出さない方がいい
不信感が根強くなってきてる

712 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:16
んで基準を甘くしすぎたのが第八回だったということか。
なら選考委員も潔く二年だろうと三年だろうと大賞ださなけりゃいいんだよ。
なら主催者側の作為だの何だのと、勘ぐられずにすむだろ。

しかし瀬名、貴志、しまこ等大賞受賞者にはビッグネームを輩出したけど、長編・
短編ではダメだね。
角川ホラー文庫以外に書かせてもらってる人っているの?

713 :712:04/01/30 17:25
なら×2


714 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:28
>>712
受賞前から、他の出版社で書いていた人ならいっぱいいるが……
しかし、8回のジュリエットの伊島さんは、いまいち、話題にならないな。
作品はジュリエットだけ読んだけど…まあ、本屋に並んでいてもいいけど、どこが評価されたの?ってかんじだし。
姉飼はどうなのよ? 一般読者の間で話題になっているの? 本屋で山積みになっているのみないどころが、棚にない本屋もあるぞ。
それにしても、世界の中心で…と蹴りたい背中が、新宿の青山ブックセンターで、俺の棟の高さまで、三段で積んであるのを見たときは、
さすがにパワーを感じたよ。こりゃ、すげーって…しかも、売れてるし、立ち読みしてるやつもいっぱいいた。
次は、俺の番だな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

715 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:31
このスレが、再び1000超えると発表らしいぞ。
みんなで、ageようぜ。

716 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:45

一週間で、700レス越え…
前スレは2年で1000レス…
呪われている………

717 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:46
>今回受賞作が出れば納得できるし、
もし今回でないならもう次回も出さない方がいい

今回受賞作がでると、2回連続となるから、
12回では選考が思いっきり厳しくなるような悪寒。


718 :綿矢りさタン:04/01/30 17:50
     、))
   , --"- 、
  / 〃.,、  ヾ
  l ノ ノハヽ、 ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i | l'┃ ┃〈リ<  綿矢りさだけど、あんたたち、ぐだぐだ言ってないで、次の作品でも書きなさいよ!!!
  从|l、 _ヮ/从 \__________________________
  .∬φ___⊂)_
./旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|.りさタン.|/


719 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:58
毎回出したってなんら問題ないんだけどな
受賞者きちんと面倒みてるわけでもないんなら出し惜しみするなっての
春樹だったらどんどん出してるよ

720 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:59
あと一分で今日の営業時間は終了
予報士さん予報士さん。
来月の予報をお願いします。

721 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:03
実はホラ大、ホラー文庫の企画は春樹前社長がたてたものらしい。
そのうちハルキホラー文庫でも対抗企画がでてくるかもね。


722 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:04
>受賞者きちんと面倒みてるわけでもないんなら

 なんの根拠があるんでしょうか?
 きちんと面倒見ようとしているのに、受賞者側の問題で続きが出ないだけかもしれないのに。



723 :綿矢りさタン:04/01/30 18:05
>>710
瀬名の話はうさんくさい。少なくとも、貴志と志麻子は、編集と協同何とかしてないだろう。
ほとんど無名の少女小説作家に声を掛けるわけない。佳作の貴志に、もう一度なんて言わないだろうし。
次回は大賞をとるように間張っては、ぐらい言うかも知れないが。その後の佳作者は、佳作のまま。
昨年は、横溝賞もなかったし、今日のニュースによると、トスカドメインと、大映と角川の映画部門が合併して、正式に角川映画になるらしい。
映像に力を入れる角川らしい。ホラー大賞は、映像化とうたっているのだから、いいものがあれば、そうなるだろう。
パラサイト、黒い家、玩具修理者と映画化したし……(興行成績はどうなのだろうか?)
ぼっけえはどうなっているのか? もう話題の最盛期は過ぎたので、今さら映画化?って気もする。
でも、リング、呪怨、着信アリ、仄暗い…とヒットしてるし、呪怨、仄暗いもリングに続いて、ハリウッドでリメークするから、
…………………何が言いたいのか分からなくなった。ああああああああああああああああああああああああ…自爆!!!!!!


724 : :04/01/30 18:06
>>723
おめえ、名前が、りさタンになってるよ!!

725 : :04/01/30 18:09
>>721
ハルキ(角川春樹事務所)は、小松左京賞と、あと、何かなかったっけ?

726 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:09
長文の人は読みにくいけどヘタなだけかと思ったら
やっぱり荒らしなんだね。

727 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:15
>>717
言えてる。

728 :お天気お姉さん:04/01/30 18:22
>>720
ズバリ、当てましょう。長期予報です。
2月に横溝賞の最終選考が予定されてます。その結果と、ホラーの一次発表は同時で、ダブル発表になるでしょう。
それは、ずばり、2月17日です。週末は、原稿を印刷所に入れるので、出版社は大忙しです。
したがって、2月16日に、横溝賞決定、webで17日発表、そのとき、すでに決まっていたホラー一次をweb発表。
ホラー二次は、3月1日に決定(web発表なし、本人たちに連絡)そして、3月発売の野性時代、3月末日発売の本の旅人で、横溝賞の選評印刷発表。
4月13日、先生たちにより、ホラー大賞最終選考、大賞など決定。翌週当たり、選評、受賞のことばなどをwebで発表。5月発売の野性時代、本の旅人に、ホラー大賞印刷発表。

729 : :04/01/30 18:25
>>728
おまえ、誰だ?

730 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:28
綿矢りさタンだろ

731 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:28
ハルキタン、ハグしてもいいからホラー大賞の対抗馬でも企画してくれよ。
賞金1000万くらいで。ジンクスも無しね。
選考委員は
貴志、鈴木光司、小池真理子(ビジュアル面)あたりでどうや。

732 : :04/01/30 18:29
話題が重ならないように、単に横溝賞の決定発表と、
ずらしているだけじゃないか? 〆切は近いけど…


733 : :04/01/30 18:35
>>728
本物?

734 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:37

のわけ、ないだろ!

735 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:39
日本ファンタジーノベル大賞って、どうなのよ?

736 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:44
スレタイの読めない馬鹿が混じっています

737 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:45
>>731
ハルキ文庫、結構、怖いのもあるよ。
角川社長と、春樹タンは兄弟だろう?
どの程度、関係あるの? 全く、交流なし?
春樹監督映画、もう見られないのか?

738 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:46
春樹と歴彦は犬猿の仲
っつーか歴彦に追い出されて立てたのが角川春樹事務所

739 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:50
>>723-724
ワラタ
遅レス失礼

740 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:00
>>735
恩田陸 最終選考作品、六番目の小夜子。
あそこ、ホラーも受け付けるんじゃない?
たしか、選考委員に荒俣宏大先生が…(出たー)、
他に、小谷真理?、鈴木光司、椎名誠、井上ひさし…
何でもアリで、主催:読売新聞社・清水建設 後援:新潮社 
って、出版社が主催じゃないのよ。不思議?
まあ、読売も本出すけど。
大森が予選委員にいて、いっていたけど、出版は新潮社だけど、
賞は何でもアリで、自由に選考するから、変わったのが出てくるって。
最初が後宮小説で、二回の優秀賞が、鈴木光司…リング、あとは、よくわからん。

741 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:04
分かった!!!

>おびただしい情報が一瞬のうちに世界中を駆けめぐり、
>近代の枠組みは音を立てて崩れ去ろうとしています。
>科学技術の進歩が、かえって私たちが抱える闇を際立たせ、

つまりこの情報技術の進歩した時代において、あえて発表を控えることによる
混乱=闇を編集部は2chにおいて現出させようと目論んでいるのです。

742 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:05

あんまし、脳内モルヒネ出すなや

743 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:05
>>740
毎回、400以上の作品が寄せられる…なぜかは不明?

744 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:10
>>742
いったい、ホラー大賞は何を求めているんだ?
どうでもいいけど、webバックの黒やめてケレ、
応募要項印刷すると、プリンターのインク大無駄使い……
貧乏なんだから……

745 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:15
>>740
いったい、荒俣大先生は何人なのだ?
怪人か? 変人か?
まず、そこの当たりをはっきりしてほしい。

746 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:44
>>745
変人は正解。

747 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 20:32
>>744
メモ帳にでもコピペし…ハァマンドクセ

748 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 20:58
>応募要項印刷すると、プリンターのインク大無駄使い……
貧乏なんだから……

はぁ?テキストだけワープロソフトにコピペ。
字が見えにくかったら色変換して出力する。
みんなやってんじゃないの?


749 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 21:12
↑したり顔でいうな


750 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 21:12
春樹氏は薬物使用、拳銃所持等で収監。
このため角川書店は弟の歴彦氏を社長に迎えた。
春樹氏は保有していた角川の株を売却、その資金をもとに角川春樹事務所を設立。

父、源義氏のことばが角川文庫巻末に載っている。
素晴らしい発刊の言だ。
第二次大戦の敗北は若い文化力の敗北だったのだ。


751 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 21:20
今気が付いたんだけど、しまこの回って長編賞も短編賞も出なかったんだな。
佳作だけだった。
逆に大賞が出ない回に、長編・短編は出しにくいのかな。


752 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 21:28
>逆に大賞が出ない回に、長編・短編は出しにくいのかな。

なんか出しにくそうだな。
大賞なしの年は佳作しか出てないね。


753 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 22:04
第8回日本ホラー小説大賞短編賞
「古川」吉永達彦  
候補作「あとは若い者同士で」山崎康弘
「浮首」壷居まさみ
「最初に母が殺された」一故晶夫
「は」 高野紀子
「アイスマン」あけがた元

「は」ってタイトルはどうなんだろうね。
「あとは若い者同士で」こうタイトルでホラーとはおもしろそうだな。
「最初に母が殺された」これも読んでみたいな。
「アイスマン」これは読んだ。あけがた元ってペンネーム、漫画家みたいだ。




754 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:02
ずっと先月号のままだった「本の旅人」のページが
ようやく更新されてましたね。
でも、やはりなにも書いてなかった。
たぶん、載ってはいなかったんでしょう。
ttp://www.kadokawa.co.jp/mag/tabibito/index.html

755 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:39
753の「浮首」って2年位前2chの虎の穴?(アリの穴の前にあった奴)
に投稿されてたのと同じのかなぁ。
なんか首のお化けをトイレに流しちゃう話。
確か浮首って題名だったような。。。

756 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 01:00
>>755
もうちょっと詳しいあらすじをきぼん。



757 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 03:47
虎の穴の浮首を書いた椰子はデビューしたんだろ?

758 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 09:14
本日、仏滅……

759 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 09:38
本の旅人ゲットした人いる?
ホラー大賞の一次は載ってないだろうな……
横溝の一次は、載っていない? 載っている?

760 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 11:27
>>755

本の旅人ホームページ インタビュー久間十義……俺がまだ、          
青臭い純文学目指していたときに、文芸(河出書房新社)で、          
新人賞獲ったやつだな。そのとき、俺は、一次で落選だった…              
(それが、俺の唯一の最初で最後の純文での予選通過だった)              
自分の作品のタイトルは忘れたが…、久間の受賞タイトルは、               
確か、『マネーゲーム』(今じゃあ、死語?だ)だったな…。              

当時バブルの頃でみんな浮かれていて、文芸は元気良かった。
田中康夫が、文芸で、『なんとなくクリスタル』でデビュー、
山田詠美が、『ソウルミュージックラバー……』?でデビュー             
当時は、青臭い自分探し純文学なんてあほらしい時代だった。               
ハングリーという言葉は、『プアー』と同意語の時代だった。          

その後、自分は大学に進学して、就職し、リーマンになった、             
しかし、毎日仕事で本来の自分を殺して、気がつくと社畜……             
※社畜とは、会社、社会の家畜様にして生きるという意味だ。
いつの間にか、滅多に、CD買って、音楽など聞かなくなり、               
ぴあ等を見て、ゲットしたチケットを持って出かけなくなり、               
文章書くことはもちろん、好きだった本など読まなくなった。               
そして、気がつくと、いつの間にか、三十代という大人?…。
これこそが、本当のホラーだな…(気がついていない奴多い)             
           
but、万年筆をキーボードに変え、再び昔の自分に再会に……
純文学やめてエンター参戦。何度か予選通過but受賞歴なし。             
そして、ついに、狂気の果てに、ヒトの心の奥底にあるのは、
…恐怖…であると気がつく。あの画家(ゴヤ)の言う通りに。
ホラーを目指す輩なら、肝に銘じるべきであると私は思う…

       『理性の眠りは怪物を生む』  


761 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 11:30

>>754 の間違いだった。

762 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 12:01
綿矢りさタンの禿おやじ、
恥かいて逃げたようだなw

763 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 12:11
貴志の黒い家は、サイコホラーといえるのだろうか?
サイコホラーを書いてみたいんだけど、参考になる本ある?
トマス・ハリス(羊たちの沈黙の作者)や、サイコ以外に?
日本人作家だと、誰? あるいは、どんな作品?

764 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 12:14
今日は、発表ないよ。

765 :トシちゃん:04/01/31 12:33
みなさん、忘れていないかい?
>>239 >>279

タッキー&翼 ジャニーズカレンダー
好評につき予約受付期間延長!!
締切は2/1(日)まで!今スグ予約!!

明日までだよ。

766 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 12:58
本当に、二月突入しちまうな。
なんだったんだ、一月の31日間は。

もう、「今度はいつだ?」とか話したくないよ。

767 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:03
つーか、スレ自体が無駄に終わりそうだな。

768 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:09
ま、全くだ!
まあ、でも、終わったら立てりゃいいし……。


……はぁ。

769 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:17
>>766
1月の総括は、狂騒(オルギー)だったということで。

770 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:31
>763さん
サイコホラーとはちょっと違うのだが、『ぢんぢんぢん』(花村萬月)を
読んでほしい。
中年の女性編集者が、惚れた男の為に自分を変えようと躍起になる姿が
物凄くホラーだ。
――そして悲しいのだ。

オレは

771 :770:04/01/31 13:33
やべ、書いてる途中で実行キー押しちゃった。
「オレは」の続き。
オレは人が壊れる事を描く時、ついつい参考にしちゃいます。

772 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 13:48
>>770
レスをありがとうございます。早速、読んでみます。

773 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:00
>>760
詠美は「ベッドタイムアイズ」で文芸賞デビューだ。とにかく黒人とやりまくる話だ。
「ソウルミュージックラバーズオンリー」は直木賞受賞作だわいな。
社蓄はすでに死語。左高信とかいう奇形左翼の造語だし気にする必要はない。
どんな業種のリーマンかは知らんが、ひとつの仕事にプロとして取り組むことはいいことだ。
本を読まない時期は誰にでもある。人生のすべて時間は無駄ではない。

774 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:46
あーあ、去年は1月16日には分かってたんだよね、最終まで。
……姉飼とか発売が遅いから、こっちも遅くしたとか(まさかな)?

……もしさ、一次発表なしになっただけだったらさ、
ファイナリストにはもう連絡いってるんだろうね。
イコール、自分落ちって事になるんだけど……。


775 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:26
>>760
>そして、気がつくと、いつの間にか、三十代という大人?…。
>これこそが、本当のホラーだな…(気がついていない奴多い)             
           
>but、万年筆をキーボードに変え、再び昔の自分に再会に……

昔の自分に再会に出かける奴は、きっと少ない。
それはある意味、幸せだ。
どこかの前レスで、受賞者に四十代云々が多い…とあったが、
その要因の一つのが760の独白?なのか?

自分で書いた文章読み返すとき、「すごく良く書けた…」と喜ぶ自分に、
もうひとりの自分が言うんだよ…もっと、理性を殺せと。

776 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:34
>>774
前回は、1/16の時点で、
最終選考作品まで発表(webで)されてたの?
一次通過作品じゃなくて?

777 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:38
ほら、前さ、ファイナリストの日記がここにあがってたでしょ?
名前は……忘れたけど、「頭蓋幻灯」書いた人のやつ。

それだと、16日には発表されてたみたいだね。
まあ、その時の一次は12月末と早かったみたいだね。


778 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:40
>>777
なるほど…つまり、一次発表(web)、
二週間後ファイナリスト連絡(tel)だな。

しかし、肝心な一次発表はどこに行った?

779 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:42
ああああああああああああ………
2月に入ったら、気が狂ってしまう………
俺は、人生の落伍者なのか????

780 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:41
↑狂気太郎か?お前は。

781 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:46
>2月に入ったら、気が狂ってしまう………

だんだん気が狂っていくとこがみたい。
最後廃人になるまで。
「ぢんぢんぢん」より何倍も面白そうだ。

782 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:51
狂気太郎って何だ?

783 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:53
ぐぐれ。おもろいぞ。

784 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:56

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

ttp://www.kadokawa.net/mystery/horror/10th-first.html














                     ……去年の12月だけど

785 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 19:01
↑ここにある「みんな落ちるだろう」は、
ネットで読める。

786 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 19:03


本物はこっちだよ
ttp://www.kadokawa.net/mystery/horror/11th-first.html



787 :755:04/01/31 19:49
>>756
うーん、ごめん。よく覚えていないんだ。
主人公は女性で、自宅の洋式トイレの中に生首が住みついちゃうんです。
んで、それを流したり、最後には飛んでったりって・・・
男への情念だか、同僚の女の子への嫉妬だかが首を出現させたんだっけなぁ??

>>757
やっぱりそうなんですかね。
作者が女性っぽかったのでその可能性高そう。


788 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 19:56
>>784
これ10回だけど、一次と最終が両方あるじゃない?
去年は、まず一次発表…
日にち置いて、最終選考発表…
日にち置いて、大賞発表なの?

789 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:02
>>785
「みんな落ちるだろう」…この題名やめてケロ。
でも、どこで読めるの。
これを読んだものは、必ず応募作が落ちるって本当?
リングか?

790 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:05
>>789
編集者曰く。落選作より、よい本を読め。

791 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:18
>>788
そんなこと俺に聞かれてもわからん。
それよりもあついすいか氏は二編も応募していたことを発見!
短編の人って複数応募とかするんだ。
それとあついすいか氏はマジで物語作家目指そうとしているのかなぁなんて訝ったり。

792 :本物の りさタン:04/01/31 20:18
>>789
     、))
   , --"- 、
  / 〃.,、  ヾ
  l ノ ノハヽ、 ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i | l'┃┃〈リ< …あんたたち、大賞目指してるなら、落選作より、わたしの本を読みなさいョネ まったくモゥ
  从|l、 _ヮ /从 \____________________________
  .∬φ___⊂ )_
./旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|. risa .|/





793 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:20
>>792
risaタン 顔が崩れてますよ!

794 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:22
>>791
東大卒、同志社大学教員。
これ以上何がほしい?

795 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:26
↑その程度ざらだよ、気にすんなよ。
大沢、宮部、京極って高卒トリオが最強じゃん


796 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:30
>>794
あついすいか氏の受賞の言葉。
『あついすいかのアナグラムは「あいつ、いかす」であります。
 皆様へのオマージュとお受け取りいただければ幸いです。』

わけ分かんないよ〜だけか解説してケロ。

797 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:32
>>795
高卒トリオ………ああ、なんてなんて素晴らしい希望の言葉だ。
神は死んでいなかった。

798 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:36
大極宮ねえ。
みんな40歳過ぎで、高卒のどうのと言われてもなあ。
時代が違うし。いまの高卒はどうかんがえても…
そういや、直木賞制覇だね3人とも。

799 :ユイスマンス:04/01/31 20:37
>>760
ああ、俺も経験ある。
仕事が激務で毎日が数字との戦い。そして気がついたら胃潰瘍w
入院はせずに薬で治すことになったんだけど、まず人間らしさを
取り戻そうとCD買いまくったりコンサート行きまくったり。
勿論、神田に出かけて書籍も大量購入。
それでやっと人間らしさを取り戻した。自分を見つめ直す良い機
会にもなったよ。
ホラーを書きたいと思ったのもその頃だったな。


800 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:41
大極宮の時代でも、大学や短大進学率は40パーセントだったというぞ。
まあ、大沢は中退だけどな。宮部は「速記サン」(結構、底辺労働者)だし、
京極はなんだが出自がワカラネー。
今も高卒は半分ぐらいいるのだし、そいつらをたぶらかせれば、
奇跡のベストセラー作家になれるかもな。


801 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:45
>編集者曰く。落選作より、よい本を読め。

そりゃそうさ。
でも受賞作と落選作を読みくらべることも大切。
どこが違うのか、考えてみるのも勉強だと思われ。
よい本を読む、新人の受賞作を読む、落選作も読む。
いわゆる、ふつうの読書じゃないんだからね。


802 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:47
京極はデザイン研究所かなんか出てるはず。
大沢は慶応中退だから、バカ大卒よりは威厳があるw


803 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 20:54
>>800
京極は桑沢デザイン出身のグラフィックデザイナーだ。
なんか大極宮の小説は高卒しか読まんような言い方だなw


804 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:03
藻前ら、高卒でつかw

805 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:03
赤川次郎が高卒だ
西村京太郎もそうだったような

806 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:04
金稼いでいるのは、すべて高卒というテスト


807 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:05
>大沢は慶応中退だから、バカ大卒よりは威厳があるw

大沢先生は顔が大きいから、学歴に関係なく威厳がある。



808 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:06
ほかならぬ高橋克彦先生は
すごい留年してるんじゃなかったか?

809 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:10
わが勤務先でも、高卒はど汚く立ち回り、金を使いまくり、
一流大卒を抑えて出世している。このコンプレックス怨念わだかまりの無学
の糞力こそ、成功の秘訣なのかもな。
いきすぎて、古賀みたいになんなよ。

810 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:11
おい、くだらん話しとらんで、
「みんな落ちるだろう」読んだのか?
はよ読め。

811 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:14
>>809
なんだかわからんけど、藻前さんが一番コンプレックスの固まりのようなw

812 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:16

頭悪そうw

813 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:21
では、本来なら、脊髄反射で書きまくる大極宮は排除すべきで、
国語を麻痺させている重罪人だが、
出版社の都合上、国語壊滅工作員として臆面もなくうろついているといった
共通認識で、よろしいか。

814 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:29
>>812
ぷっ。言語障害?
君、この板場違いじゃないの?

815 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:44
荒俣こりゃまたも慶応だっけ?
鈴木光司も慶応だし。ケイオウも多いな。


816 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:54
昔、フェリスのおなごとつき合ったことあるけど、やっぱお嬢だったよ。
おっとりしてるというか天然というか。


817 :816:04/01/31 21:57
スマソ。誤爆。

818 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 22:31
>>817
ああ、発表も無いし、構わんよ。つか、遊んでけよ。
で、どうよ?フェリスは。

819 :sage:04/01/31 23:17
やっぱ1ヶ月遅れなのかなぁ。
2本目終わるまでに発表あるんだろうか。

820 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:39
姉飼いてぇ〜〜〜〜

821 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:40
発表まだかとイライラしてるより、なんか怖い話でもしないか。
ホラー書いてる位だから、一つや二つの体験談でもあるんでないの?

俺は大学の合宿の時、布団の周りをグルグル誰かが夜中中歩き回ってた。
合宿の部屋だから一部屋に5・6枚の布団を敷き詰めた状態でね。
朝、起きたらみんな気が付いてたらしくあれは何だったんだ?って話に
なったんだけど。
あと、別の合宿地では夜中に誰もいないところで歌声が響いてた。
なんかか細い声でさ。でもへたくそだったw

822 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:43
夜中の12時、便所の戸がギィーと開いた……
白い手が、ニューと出た……





「かあちゃん、紙!!」

823 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:49
百物語か!

聞いた話。
民宿だったかアパートだったか。
天井がカサコソ五月蝿いんで屋根裏覗いてみた。
そしたら生首がゴローン。身元不明。

ほい、次。

824 :821:04/01/31 23:49
常々思うんだけど、よく体験談とかでおどろおどろしい幽霊が出たとかって
あるだろ。自分の首で鞠つきしてたとかさw
あれって、全部創作なんだろうなあ。
実話だと強調してあるけど、有名どころで「超怖」シリーズとか「新耳袋」とか。
本物の幽霊話ってあまり怖くはないが、なんか不思議な話だくらいのような気がする
んだけど。

825 :村の祭り:04/01/31 23:55
わたしの田舎は、まだ土葬の習慣が残っていて、
村の誰かが死ぬと、村の中心の墓場に、火葬しないで埋めるんだ。
わたしが、小学生の頃、お姉ちゃんと慕っていた、
隣の家の、十四歳の女の子が死んでしまって…可愛い子だったんだ…

でも、寂しくはなかったよ、翌年の春の祭りには、また会えるから。

「そろそろだべ……」
春になり、村人総出で、墓場で待ったんだ。
「出てきたぞ…」
やはり、隣のお姉ちゃんは、屍者として、土から出てきたんだ。
でも、可哀想なんだ、この祭り。
「それー!」
かけ声とともに、村人総出で、お姉ちゃんを捕まえて、再び土に埋めるんだ。
でも、お姉ちゃんは、懸命に地上に出ようとして…
わたしは、その光景を見て、涙が止まらなかったのを憶えている。
墓に埋めた屍者は、一度だけ蘇るんだ、だから、翌年の春の祭りで、
村人総出で埋め戻すんだ。

今年ももうすぐ、生まれた村に帰るんだ。去年は、父が死んだからね。

826 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:01
座敷童子に遭遇したことがある。
有名な金田一温泉の旅館で。
今ほどまだ有名じゃない頃、二泊とまった。出るというえんじゅの間。
夜中に何回か金縛り(まあこれは疲れてるからだろう)。
んで、ウトウトした後明け方に目が覚めると、障子が開いていた。
絶対に閉めて寝たはず。これは間違いはない。
無理矢理こじつければ、宿の人が開けていったとしか思えん。
それからもの凄く幸運と言うことは無かったけど、そこそこ良いことは
ありまふ。

827 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:03
>>826
遭遇してないじゃんw

828 :箱の中身:04/02/01 00:05
先週のこと、近くのコンビニ行くのに、近くの公園を通ったら、
砂場の横に、ピンク色の綺麗な包装紙に包まれた小さな箱が落ちていたんだ。
しかも、蒼いリボンが掛かっていて、ぱっと見は、指輪いれたプレゼントみたいで。

周りを見たんだけど、誰もいなくて、悪いと思ったんだけど、
そっと近づいて、それを拾うと、ポケットに入れたんだ。
すごく、ドキドキしたよ…だって、ある意味、泥棒だからね。
「きっと、指輪か、ネックレスだな…」
コンビニに行くのはやめて、急いで家に帰ったんだ。
「箱の中身は、何なんだろうな?……」

家に帰ると、部屋に入って、鍵を閉めて、リボンを外して、箱を開けたんだ。
その中身は……………



なんと、犬のうんこだった。
          
          ごめん怖い話と、笑い話と間違えた…失敬。

829 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:08
昔、友達に聞いたやつだけど……

サッカーの合宿でボロ宿に泊まった事があってさ、んで、一日目の夜中、
オレはトイレに行きたくなってまあ、トイレに行ったんだな。普通に。
みんな起さないように、注意して歩いたっけ。
さっさと話すと、そこのトイレがクソぼろくてさ、もう雰囲気ありまくりで、
ビクビクしてたんだよ、正直。でも、しねーとはじぃ目にあうだろ?
だから気合入れて(?)したんだよ。なんか都合が悪いんだよな。
そーゆー時に限って長いんだよ。ジャアーって。
もう早くしろ早くしろって心の中で無駄に焦ってたな、そんときゃ。

ふと、視界の端で何かが動いた気がしたんだ。
すっげー、背筋がぞくぞくした。でも、勝手に首が回ってた。
確めなきゃ、いけないような気がしたんだ。
視線の先には、くたびれた窓があった。普通の、どこにでもある窓さ。
そこがさ、少し開いてて、その真っ暗な隙間には目が浮かんでた。
マジビビって、悲鳴が出そうだったよ、ほんとに。でも、金縛りにあったみたいに
動けなかった。そいつの目から顔を背ける事がどうしても出来なかったんだ。

でも長く見つめてると、ふと数時間前の事を思い出したんだ。
友達のナガオが、誰かを脅かそう脅かそうってはりきってたのをさ。
オレはほっとした。なんだ、ありゃ、ナガオか。そう思うと、全然怖くなくなって、
気が抜けたというか、ほんと、無性におかしくなって、含み笑いをしてたな。
ズボンのチャックをしめると、オレは笑いながら近づいて、
窓に手かけて言ってやったんだ。
「出て来い!クソナガ!」って。

やべーって思ったよ。別に、そこに誰もいなかったからじゃないんだ。
地面が遥か下に静かに沈んでた。思い出したんだよ。

そこが、二階だったって事にさ……。


830 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:09
>>827
まあ、気配を感じたと言うことで勘弁してくれw

前にオカ板で拾った話。
ぢいさんが山に仕事しにいったら、川縁にもの凄い量の蛙だのイタチだの
トカゲだのの死骸が積まれて祭壇のようになってたとかって話。
それだけなんだけど、不気味。

831 :怖い話:04/02/01 00:20
「友達から聞いた話なんだけど、それは怖い怖い話で…」
「どんな話なの?」
「誰も聞いたことがない、怖い話なんだ…」
「教えてよ?」
「本当に、誰も聞いたことがない、怖い話なんだよ…」
「ねえ、お願い、教えてよ」
「でも、本当に、誰も聞いたことがない、怖い話なんだ…」
「もったいぶらないで、教えて、お願い」
「だから、本当に、誰も聞いたことが、怖い話なんだよ…」
「誰も聞いたことがない話?」
「そうなんだ、誰も聞いたことがないほど、怖い話なんだよ………」

832 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:23
中学の時、マウンテンバイクで近くの山を走り回ってた。
で、ある日山の中腹あたりの獣道を登っていると、電線の鉄塔
みたいなのが建っているちょっとした広場みたいなところに出た。
そしたらその鉄塔の周り一面に女性の下着が並べてあるんだよ。
何千枚もあったんじゃないかな。ほんと異様な光景。
全身が総毛立つって初めて経験したよ。
そこらの茂みから変質者が飛びかかってくるような気がして、マジ
怖かった。そっこーで逃げ去りマスタ。
怖くて親にも話せなかった。


833 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:25
>>821>>831
うう〜ん……人に読ませる文章で、
既にこれだけ短い話なのに、文体や文章の違いが出ている。
下読みが、多くの原稿から、選考に通過すべき作品を選ぶのは、
意外に簡単なのかも……

834 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:25
静かになったな。
みんな、寝ちゃったの?

835 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:29
いや、言い訳じゃないけどさ、
そんな文章気にせずに書いたよ。

応募したやつは、ちゃんと書きました。
……信じてよ。

836 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:30

信じるよ。

837 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:34
ああああああああああああああ………
2月だ〜〜
気が狂う……
俺は人生の落伍者なんだ。

838 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:37
ってか、マジメに書いてるの少なかったな。

ねぇ、みんなどんな話を送った?
自信ある?
○○系とか曖昧でいいから教えてよ。

839 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:38
>>838
長編応募 幻想ミステリーホラー? 愛と恐怖の黙示録。

840 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 00:42
あと一つあった。
学生の頃、夜中にトラックを運転するバイトしてた。
時間は深夜2〜3時頃かな。とある住宅街の角を曲がったときだ。
ウインカーを出して普通にハンドルを切る。
変だ。異様にトラックのスピードが出てる。
それもそのはず、思いっきりアクセルを踏んでる。
普通ならアクセルから足を離しブレーキを踏みながら減速をして角を曲がるよね。
それが足がまるで接着剤でくっつけられたように、アクセルから離れない。
うわ。曲がりきれない。
と思いながらもアクセルは思いっきり踏ん張ったまま。頭で理解していても体が
制御できないような感じだった。
案の定、道路際の街路樹に激突。それほど太い木では無かったけど、三本くらい
薙ぎ倒しますたw
トラックのライトやウインカーはグシャグシャ。フロントガラスもいったと思ったん
だけど、それは大丈夫だった。エンジンもエンストしてない。
それだけ確認すると、即逃げたw
後で死亡事故多発地帯アーンド出るという噂のある交差点と知ってガクブルしますた。

841 :838:04/02/01 00:49
短編応募 ホラーミステリ 

……書けると思ったけど、これだけしか書けないね。
ごめん。自分のは全てがどんでん返し(?)だあるから何も書けない。

書いてもいい、という人は教えてください。

842 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 02:08
皆さん、突然ですが、山田ゆー介という作家をご存知でしょうか?
リア鬼で話題(?)になった作家さんです。
今、眠れなくてだらだらネットを見てたのですが、とある場所で、
彼の新刊「あそこの…」が8万部を突破したと書かれてました。
自分は読んだ事ないのですが、デビュー作が随分酷いらしいので、
クソ作家が調子こくなアホとか、今まではそんな酷い事を考えてました。
正直、嫉妬していたのです。
でも、書評を見ると、内容はまだまだだけど文章は確実に上達してるので
これからに期待する、などと書かれています。

結局、自分は何が言いたいか(訊きたいか)というと、もし彼の「あそこの……」
がホラ大に送られたら、何次まで通過出来るのか? ということです。
やはり出版はされているので、1次は楽に通過出来るのではないか? と
自分は思ってます。2次だって行くかもしれません。
そして、今回、自分の作品が1次通過さえ出来ていないとしたら、
自分のは皆さんが酷評するあの作品にさえ勝てていない、ということになります。
自分のが世に出たら、もっと叩かれる。「山タよりすごい新人が出たw」などと
笑われるのではないか?
そう考えると、すごく怖くなりました。

さきほど、(訊きたい)と書いたけど、訊いてどうなる話でもないので、
このまま流してください。
ガキ臭い話ですみません。

843 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 08:27
>>842
その山田って評判悪いけど、どーいった経緯で作家デビューしたんだろ?
なにか受賞したのかな?

844 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 10:33
>>843
自費出版。

どうでもいいけど、このスレの奴ら(って括るのもなんだが)
って自分で情報収集する気ないの?

作家目指してるんだろ?
小説とネットしか読めない奴に小説なんて書けないと思うぞ。

845 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 11:27
当たればくそみそ。
当たるのも運のうち。

軽くて馬鹿馬鹿しいもんが売れると踏んだから、
宝島社も、前回のこのミス大賞で、
あのふざけた筆名のやつの作品を選んだのだろ。


846 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 11:38
運が悪いんです。
そこそこ才能はあると思いますw

847 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 16:39
運こそが最も大きな才能だと思うが。

848 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:19
なんか、しんみりしてきたな。
昨夜のホラー話大会も、ツマラナクてがっかりだし…


849 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:22
運って才能なのかよ!
どうなってんだ。神様!

850 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:23
また、狂気太郎の弟子が生まれた

851 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:05
落ちてるなぁ。明日は週明けだってのに。
誰も発表、期待しないところまで行っちゃったのか?

いろんな意味を込めてage

852 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:30
みんな頭悪そう。大学でてるわりには。
高卒の方がましかも。

853 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:40
大卒とか高卒とかオレはあんま関係ないと思うよ。
高校の友達にすっげー頭いいやついたけど(マジ)、
なんか、勉強が面倒臭いとか言って就職しやがった。

ようは、才能だよ。例えば三浪して東大入っても、
才がなきゃ意味ないんだよ。
就職で高卒よりは有利になるだろうけど、根っこのとこで劣ってる奴は
どこいったって惨めな思いをするだけだよ。

よく知らないけど、
高卒の売れっ子作家は実際そこそこ普通に頑張って受験勉強すりゃ、
いい大学に入れたんじゃないの?
ってか、受験勉強ってそう難しくないし(さすがに東大京大はムズイけど)。


854 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:55
ここは、キチガイの巣窟ですね。


855 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:08
宝くじ買うより、頑張って新人賞獲る確率の方が、高いかな?

856 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:15
原点に戻りましょう。

●日本ホラー小説長編賞 賞金300万円 原稿枚数121枚以上1200枚以内(400字詰原稿用紙)
●日本ホラー小説短編賞 賞金200万円 原稿枚数50枚以上120枚以内(400字詰原稿用紙)
●日本ホラー小説大賞 賞金500万円 長編部門、短編部門応募作品の中からもっとも優れた作品に授与


これ↑目指しているということで、共通点。



857 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:23
2ちゃんが3月いっぱいで閉鎖するそうだから
それまでには選考結果が知りたいね

858 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:45

そうなの?

859 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 01:32
一ヶ月ずれって発想が分からん。
理由もね。一次が決まってんのはもう確かだから、
それで発表しないのは、やっぱり
「今年から一次発表は二次と同時に」
だからでしょ?
それ以外あるかっつーの。

まあでも、今日発表してくれりゃ、嬉しいな。

860 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 05:56
激同 & おきますたage

12月で下読み選考、終わってるんだからね。

861 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 08:06
単に担当編集者がルーズなんじゃねえ?

862 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 08:36
今まで連絡のない奴は、もう諦めろ
次回の準備をするほうが、精神衛生的にもよろしいぞ

863 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 12:02
つーか、この中で、
「先週連絡あったよ」
っていう奴がいそうで怖い。

「ネットで喋っちゃだめだよ」
とか言われてそう。編集者から。

864 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 12:41
さすがに2月になると、みんな諦めムードだな。パート3は立つけど、
開店休業だろうな

865 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 12:52
ほんと、どうにかしてくれ。

気が狂いそうだ。

866 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 13:33
ほんとだな。気が滅入るわ

867 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 14:03
誰か連絡きたら言ってくれ。

「待たせずぎだ、ゴルァ!!」

868 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:10
待っているのはここの我々だけで、
連絡いっている奴はちゃんといる(かも)

869 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:39
>>862
激しく同意。

大賞獲れば、1作目以上に次作が必要だし、
逃せば、第12回に向けて書くべし。

なんだ、どちらにしても、次が必要だ。

もっとも、諦める奴は、とっとと退場すべし。

870 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:43
俺は「結果」ってやつを見たことがない。
ホラ大が初応募だからだ。

今日まで幾つか別の賞にも応募した。
もちろん、それらの結果もまだ出ていない。

自分の力が分からない。
そろそろ教えてほしい。

そう思う今日この頃ですた。

871 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:47
俺の親指、返せ〜〜〜〜〜〜〜〜

872 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:50
>>870
誰でも最初は、初応募。
ビギナーズラックで、後に苦しむか?
先に苦しんで、あとから笑うか?
一生苦しみ続けるか?

いずれも無間地獄。

決して目指してはいけない職業は、それは、作家〜〜〜〜〜

それでも、目指すあなたは、いったい、何もの?
でも、その問いは、そのまま、自分に向けられたもの。

873 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:51
>>871

1行ホラー? なんか、怖い。

874 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 16:01
>>870
不思議なもので、一生懸命書いたものが、
(仮に)落ちて、受賞作などを読むと、
自分の欠点の一つが見えてくるものです。
(落ちたことに対する謙虚さは必要)
そして、再び、落選……自分の欠点がもう一つ見えます。

欠点が無限にあると、いくら応募しても受賞しない。
では、自分に、いくつ欠点があるのか? 誰も教えてくれない。

どうする? アイフル………

875 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 16:04
俺の心臓、返せ〜〜〜〜〜〜^

876 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 16:27

図に乗ってんじゃねえよ

877 :870:04/02/02 16:52
870だが、今回ので最終行ったら
真剣に作家を目指そうと思っている(今は8割方のやる気)。
1次通過なら最終に残るような作品を次までには書こうと思っている。

しかし、1次落ちなら……どうするべきか……。

みなさんは、今まで何次まで行ったことありますか?
ホラ大じゃなくても、メジャーなやつならなんでもよいです。
良かったら、教えてください。

878 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:14
>>877
前スレにあったような気がするぞ………
某大賞1次……(エンター初参加で、一次通過、運がいいのか悪いのか?)
落ちてから、すご〜〜〜く、自分の欠点が分かった。
予選委員に指摘されたから。
ちなみに、わたしの欠点
(動機に説得力がない、人物描写が薄い、構成が散漫、文章が下手すぎる…)
と、てんこ盛り。つまり、まるで小説になっていない、ということ。
なのに、一次は通過だよ。プロの厳しさを痛感した。


879 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:18
>>877
難しい問題だが……
真剣に作家を目指したから、書いて応募したのでは? それとも、
何となく書いて、いいとこまで行ったから、真剣に作家を目指すのか?

例外はあるとしても、前者じゃなければ、受賞は無理だ…と思う。


880 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:21

このスレで、一次待ちの奴で、真剣に作家目指している以外の奴いるか?
(自分の胸に聞いてみよう)


881 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:23
>>878
 >予選委員に指摘されたから。
そんな賞、あるの? 教えてケロ。


882 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:37
僕は、角川さんから、バレンタインデーのプレゼントをもらえるのを、
楽しみにしてるんだ。うふふふ。いやだ、もう。

883 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:48
才能は必要か? 
という話があるけど、少なくとも、二世作家が跋扈していないので、
才能が重要だろう。
政治家、コネもしくはカネもしくはウラもしくはオンナ。
歌手、若さと、コネ。
マスコミ入社、ほとんど、コネ。
文壇は、コネは無理。あっても、才能あっての、コネ。

884 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:53
マスコミ入社、ほとんど、コネ。
ドキリ、業界のことよく知っている

885 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 18:37
883は面白かったス。

886 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 19:20
ああ、だんだん過疎化してきている

887 :870:04/02/02 20:05
>>879
宝島でしょ? 覚えてるよ(ちなみに、あんときの奴じゃない)。

……確か答えてくれた人、少なかったよな。
つーか、ここの奴らホラ大初投稿ばかりか?

それともみんな一次通過はしたことない?(バカにしてるわけではなく)

888 :870:04/02/02 20:06
↑ごめん、>>878だった。

889 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 20:21
>>887
わたしは、ホラー大賞は、初参戦だ。
……ていうか、エンターでも、
新本格、リーガル、モンスター、推理、ノアール、サイコ、ホラー……
沢山分野あるじゃないですか。
純文系も入れたら、もっとあるし。
みなさん、何を描きたいか、明白ですか? 文章書く前に、
何を文章を通して描きたいのか? そして、
自分の目指す文章、文体は…つまり、大きい意味で技術。
この二つは両輪ではないかと思うんですか?
わたしは、以前、ミステリー(誘拐もの)の長編書いて、
買い上げて応募もしたけど……
あっ、これ、俺が書きたいのと違うな…などと思ったことあります。
つまり、恥ずかしながら、自分が目指すべき方向さえ見えていなかった。

水泳だって、バタフライ、自由形、背泳ぎとあるじゃないですか?
陸上だって、短距離、長距離、フィールド…
音楽だって、バイオリン、ピアノ等々、
野球も、投手、打者、内野…サッカーだって、DF、MF、FD、GKとか、
少ししつこくなったけど。下手な鉄砲も数打ちゃ、当たらないと思うのですか。

890 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 20:35
横溝賞の一次通過した人たちって、
当然、二次の連絡来ていて(落ちた人は、いま、自失呆然)、
今月のたぶん、中旬から下旬頃の最終選考待ってるんだろうな。
ホラーはどうだ。今月中に、一次発表、二次通過者にも連絡来るよ。
最終選考が、3月か、4月か知らないけど、まあ、きっと、まだ、
最終選考作品(二次通過)は決まってないから、
安心していいと思うよ(何を安心するのか?)
編集部内では、一次は決まっていると思うけど、発表がまだなだけだよ。
これは、前スレのように、編集部の怠慢じゃなくて、単に、忙しいだけだと思うな。
ハッキリいて、大賞獲らなきゃ(佳作とかも)意味ないよ。
予選通過は、自分には励みになるけど、意味はない。
リセットして、ゼロからはじめるという意味では、
落ちれば、すべて、同じ穴の狢だ。

891 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 22:51
最終選考に名があれば未来はある。

892 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:04
>>890
佳作だったとしても、作家としてデビューできるんだったら意味はあるんじゃないの?
新人賞なんてのは、作家になるための手段にすぎないんだし。
大切なのは、デビューした後も質の高い作品を書き続けられるか、という点にあると思う。
中井拓志も坂東眞砂子も、ホラー大賞は受賞していないけど、その後成功しているし。

893 :892:04/02/02 23:17
>>890
ああごめん。
大賞じゃないとデビュー出来ない、という前提で書き込まれていたんですね。
それならあなたの言うとおりですね。失礼しました。

894 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:29
>>891
確かに、名が残れば、未来はあるな。
難しいのは、実際、自分に未来はあるかを判断するのが、
自分だと言うことだな。そう考えれば、
名がなくても未来はある。名があっても未来はない。
自分の可能性は、自分が信じなきゃならないし、
自分が信じない、自分の可能性なんてないからな。

895 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:35
スマップの歌は嫌いだ。世界で一つだけの花。
オンリーワンは個性だけど、ナンバーワンにならないとデビューは出来ない。
まずは、予選通過して、最終選考残って、賞を獲らなきゃ。
オンリーワンを競う難しさ…大学入試のように、点数では出ない。
歌手だって、映画だって、アカデミー賞だって、
みんな、オンリーワンだけど、よりいい作品を作るという競争をするからこそ、
認められるんじゃないか。
ナンバーワンを目指すことは悪い事じゃない。
あんな、みんなで手を繋いで仲良く平和見たいな、気持ちで、
社会を生きていけると思ってるのか、ばかもん。
作詞作曲のマッキー槇原敬之は、麻薬で捕まったのに、すぐにカムバックして、
そんな甘い事だから、あんな曲作るんだよ。ばか。

896 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:38
>>891
しかし、最終選考で落ちたら、
またリセットして、ゼロからだ。
やはり、同じ穴の狢。

897 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:40
>>896
大賞獲って、やっとゼロだよ。
大賞獲る以前は、最終選考落ちだろうが、
一次通過なしだろうが、ゼロ以下だ。

レス・ザン・ゼロ

898 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:46

ブレット・イーストン・エリス原作。
あれは、クレイジーな若者の話だ。ある意味、狂気、ホラー。

次作、アメリカン・サイコ
これこそ、狂気だね。あの狂気は、
ニュヨーカーエリートの心の中には、あるな。
狂気だ、ホラーだ。映画見た?
あの曲の解説の場面、ぞぞ〜〜〜〜〜〜〜〜
まったく、すげえ。狂気を描きたい人は、原作読むべし。
読むの面倒なら、映画(ビデオ)見るべし。
日本の呪怨とか、まだまだ、古典のお化け映画だな。

899 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 06:20
http://juji.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/viewer.cgi?p=howto&q=1
なんでしょうこの人

900 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 09:21
>>891
私も賞金1000万円クラスの賞で最終に残ったことあるけど
落ちたら未来はみなと同じだよ。別に優遇されることもないし、
結局は次の作品がだめならだめ。リセットされたと同じことです。
ほんの一時的な自信にしかなりませんでした。

901 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 09:49
大手のつまらん賞で最終に残ったから、次回はシードだと思って臨んだら、
次の年は二次で落とされた。そしてその次は一次すら通らなかった。
作家になりたい人間はいっぱいいるから、最終に残ったからといって、
ほとんど優遇はされない。
出版社は、どれくらい売れるか、冷静に値踏みしながら選んでいるわけだし、
選ばれなかったら、ああ売れないものを書いたんだな程度に諦めて、
次を書くしかない。
何度も最終に残って、受賞できないのは、やはり、売れる売れんの部分で
売れないと判断されたのだと思う。大きな賞は、出版の費用も含め、億か
億近い経費がかかるし、出版社もそれだけの事業で、失敗するわけにはいかない。

何度も最終に残って、力尽きて消えていくというのも、いやなものだ。
文章の技能や展開は限界まで仕上がっているのだが、ネタが悪い、という
ことにつきるのか。ネタのセンスがないってことか。


902 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 09:59
読む人によるんだよ。
いい悪いじゃない。一定のレベルを越えれば、あとは個性だ。
それは何も書く側だけの個性じゃない。選ぶ側の個性もある。
売れる作品を世に出す文学賞は、応募作にいいものがあったからではなく、
選ぶ側に優秀な人材がいたからだ。

903 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 10:44
選ぶ側に優秀な人材がいると思われる賞で、
応募作が歯牙にもかけられないというのは、もう終わりか。
売れ筋を狙う幻冬舎の噛んでいるホラサスのていたらくは、
どうなんだ。
と、いってみても中途半端な話にしかならん悪寒






904 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 10:58
そのホラサスで最終、あるいはそれ以前に蹴落とされた数多くの作家志望は、
それこそ、どうにもならん原稿を送りつけて怨念漂うゴミの山を築いているのか。
それともゴミの中にあるいは……

905 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:04
あるに決まってるだろう。
ゴミの中にあるんだよ。売れる小説は。

906 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:05
そうか、だから今、本は売れないのか。

907 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:23
>>895
激しく同意

908 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:32
しかし、最終で落とされても別の賞に送ったらデビューという話もあるからなあ。
選考委員だって人間なんだから、作品の魅力を正確に見抜く力があるかどうかはわからん。
実際、アホな事言ってる選考委員もいるわけで。
最終まで行く実力があるのなら、あとは運のような気がする。
もちろん、運が悪かったんだと自分の技量を磨く努力を怠っては、デビューしてか
ら続かないだろうが。


909 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 15:01
ホラ大みたいな大舞台はよく知らないけど、
50マン100マン単位の賞なら、最終に残れば後は運次第だって
よく言ってるね、選考委員の人達。
でもやっぱりホラ大はエンタメだから
これが絶対落ちるわけねぇ、って自信作を送れば大丈夫でしょ。


910 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:13
みんな待ちくたびれて、書くことも尽きたようだな
しかし、ここんとこは、いい話が続くな

911 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:26
いい話は待ちくたびれたときにあらわれる。
懸賞小説の法則だといいけどなぁ。


912 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:29
そろそろ、3本目準備してね。異常に消化の早い日があるから

913 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:30
絶対短編賞獲るんじゃーーーーー!!!!!

914 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 18:16
おうよ、獲ってみんかい、われ。
わいのタマを獲ってみんかい

915 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 20:23
映像化のしやすさってのも、審査の基準らしいですね。

916 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 22:59
短編の方が長編よりもレベルが高いことを皆、気付いていない……


917 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 23:00
はっきり言って、井戸の中は臭い!

918 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:08
映像化か……。
そういや、そんなのもあったね。
自分のは、幽霊とかでないからやりやすいぞ、角川さん!



919 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:23
イカ臭い作品は映像化されませんよw

920 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:29
BSEに感染している原稿や、
鳥インフルエンザに感染している疑いのある原稿は、
読まずに土の中に埋められます。

921 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:32
ああ、網タイツや胸の大きい女の子見ると、
むらむらします。
これって、病気ですか?
こんな僕を主人公に、サイコホラー書いてくれる人
募集中。

922 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:33
正常すぎてサイコに描けません

923 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:34
つーか、映像化されてないのありすぎだろ。
なぜだ? そんなに難しいか?

924 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:34
だいぶ、イカが腐った野郎が増えてきた。

925 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:38
世界の中心で、愛を叫ぶ
160万部突破。億万長者だ。
これこそホラーだ。
俺がホラー大賞獲ったあかつきには、
柴咲コウタンに、帯にコメント載せて。
怖くて、涙が止まりませんでした。

926 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:41
ホラ大ほしいよなぁ〜。
あーあ、くんねーかな、早く。

>>925
160万か。サイコーだろうな、そいつ。
そいや、今朝の新聞に綿矢が2作で90万突破ってあったな。
クソ野郎が。

927 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:44
りさタンと結婚して、ヒモになり、小説家書くのはどうだ。
売れっ子作家小池真理子と結婚して、苦節した藤田のように。

928 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:46
社会現象になるような作品書けば、億万長者だ。
編集者や作者が死ぬとか? 自分が死んだら意味ないな。

929 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:52
突然悪いけど、ホラー関係のページ読んでたら、

(いまや「夢オチ」にも等しい、あのトリック……)

って書いてあった。どんなトリックか分かる人いる?

930 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:02
定価1400円×160万部=22億4千万円の売り上げ
一割印税で、2億2千4百万円。
税金に40%持って行かれて、手元に、1億3千440万円

俺は、今さら、プロ野球選手にも、jリーガーにも、プロゴルファーにもなれないし、
生涯年数計算できるし(少なねー)、宝くじ買っても、最下等以外当たったことないし、
一番可能性あるのは、作家だな。

ハイリスクハイリターンの気もするが…っいうか、ローリスクハイリターンか?

仮定@作家を続ける。会社行きながら、文章を書く。
   →落ちても、現状のまま。
   →賞獲れば、万々歳。
仮定A作家を諦める。会社行くだけ。

おお、書いてもリスクない。すごい単純なことに気が付いた。

頑張ろうっと…

931 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:02
>>929
精神病の幻覚オチとか?

・・トリックなぁ。
叙述トリックとか。

932 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:03
犯人はヤスかな?
つまりワトソン役or「私」
ぱっと思いつきで。

933 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:04
>>930
ランニングコストがクソ安い、ってのも忘れずに・・

934 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:06
あーぁ、なるほどね。

……うーん、不安になってきた。

935 :932:04/02/04 01:06
ああ、ホラー系ってことはひょっとしてシックスセンスだろうか。
そんな気がしてきた

936 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:07
>>929

実は、犯人は自分。
実は、犯人は主人公。
実は、犯罪自体がなかった。
実は、犯人はいなかった。
実は、宇宙人の仕業。(あっ、これ、スティーブンキングのドリームキャッチャーだ)
あの宇宙人落ちには、映画館の座席から転げ落ちたぜ。
何でもありは、絶対、ヤバイ、熱い、間違いない。

937 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:08
>>936
キングは許してやってください・・
ホラーの人なんですから。(宇宙人が出てくるとあの人はダメですから)

他の作品では見事なんだけどねぇ・・

938 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:09
うおードリームキャッチャーってそんな話なのか!
逆に興味わくな。

939 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:09
とにかく、今年の受賞者は漏れだ!

940 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:09
前スレであったが、
シックスセンス落ち、アザーズ落ち、ジュリエット落ち、これ同じ。

941 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:09
今覗いてる奴らさ、
結局、発表はいつだと思う?

後、自分の残ってる自信あるか?(正直なところ)

942 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:11
929はメル欄にでも作品名書いておいて。気になる

943 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:12
ドリームキャッチャーは、予告では、
何だか、大人になったスタンドバイミーみたいな話かと思ったのに…
だから、彼女と見に行ったら、変な怪獣、宇宙人、ストーリー適当で、
私は今独身。このホラーへの恨みを、ホラー大賞獲って取り返してやる。

944 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:12
>>931>>936あたりか、おそらく。
自分、すごい微妙なやつ送っちゃったよ。
大丈夫かなぁ。

945 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:14
>>941
俺は、きっと長編で大賞を取るぞ。
キーワードは???だ。
誰もカミングアウトしないから、俺もしない。


946 :929:04/02/04 01:15
直で書くのは恥ずかしいので、
キーワードで(?)。
つーか、結構そのまんま(後は、平仮名を付け足すだけ)。

947 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:16
>>944
はい、ひとり消えた。by関口宏。

948 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:17
俺は前に書いただろ。
キーワードは、K.K.Kだ。

949 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:17
いったい、何を夜中に、急に盛り上がっているのだ。


950 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:17
>>943
>私は今独身。

キング原作は分かれるからなぁ・・
「スタンドバイミー」「ショーシャンクの空に」「デッドゾーン」(感動系)

「地獄の少女チャーリー」(超能力で炎を出す)「クリスティーン」(地獄の車が襲ってくる)
果ては自分で監督した「地獄のデヴィルトラック」(タイトルまんま)。

この二系統に別れるので注意が必要かと・・
「キャリー」とか「シャイニング」は傑作だが。

951 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:18
ってか>>950にワラタと書こうとして忘れた。

>>943
キングを訴えるべきだな。

952 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:19
>>945よ!
自分はカミングアウトしたぞ(ちょこっとだけど)!!

なんていうか、今思ったんだけど、942が下読みさんだったらどうしよう。
「ああ、あのクソ作品ね」って思われてるのか?
……いや、自分のなんて覚えてないか……。

953 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:19
キングの主人公って、子どもの時に、
空から巨石を降らす奴多くない?

954 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:21
>>953キャリーしかわからん

955 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:26
>>925
柴咲コウの一声で160万部ですか!
すごいですね。ホラーですね。

とりあえず、秋元康 氏ね


956 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:29
>>953
ビデオのローズレッドの女の子も石降らすな、たしか。

957 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:31
今のとこ、カミングアウトは二人だけか。
あんたらは自信ないのか?

俺? 書くわけねぇだろ、そんなもん。

958 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:34
このスレから、大賞出たら、授賞式で、
「2ちゃんねるで、励まされました」とか、言う気ある?

959 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:34
よく考えたらキングって洒落ならないほど稼いでるんだよな。
球場買ったりとかしてるし。
一冊数十億だっけか・・?

ホラー目指してる人には一番頂点にいる目標でない?

960 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:35
キングは、ホラーの西村京太郎だな。

961 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:36
>>958
そんくらい肝が据わってなきゃ、面白くないな。

キングが羨ましい。

962 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:36
他作の模倣でも、売れれば価値よ。
宇多田ヒカルと倉木麻衣のように。

963 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:39
2ちゃんのやり過ぎは、
目や頭によくないよと妹に叱られましたので、
もう寝ます(妄想)。
明日も早いしね。

964 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:39
キングはいい作品書いてると思うよ。
俺はファン。

965 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:42
アメリカは日本みたいにマンガだらけじゃないから、そのへんの層が小説読むのだろうか。
それとも、何も読まないのだろうか。
パイの大きさはどうなってるのだろう。

966 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:43
>>965
米の場合はパイは国内だけでなく

   全   世   界

ってことなんだろうなぁ・・

967 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:51
鈴木光司みたいに逆で儲けてる人もいるから
日本人でもチャンスはあるよ。

968 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:14
>>930 >>933
必要なのは、強い精神力か?

969 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:17
>>965
 >パイの大きさはどうなってるのだろう。

アメリカは、デカパイが多い。
人工ものも多いが。

970 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:39
ここんとこの急激な人口増加は、カドカワの発表があまりに遅いので、
いろいろくぐって初めて2ちゃんねるに辿り着いたヒトが流入し続けているから
だと思われ。
2月は「逃げる」というぞ。発表はまだか?

971 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 09:57
自分が、2ちゃんに漂着したのは、
そういや、ホラ大応募前だな。

972 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:11
俺は12月。
そろそろ発表か? なんてことで情報を集めにやって来た。
あれから三ヶ月。
最近では11回の存在すら疑わしい。

973 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:17
カドカワは最近たるんでいるな。
NEXT賞も第三回の発表ないし

974 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:42
>>964
知ってる?
『桐野夏生さん「OUT」、米エドガー賞最優秀作品候補に 日本人初』
アニメ、ゲーム、ホラー映画に続いて、小説も進出か?
http://www.asahi.com/culture/update/0204/001.html

975 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:44

間違えた>>967だ。

976 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:47
>>974
これからは、主人公の名前やニックネーム、英語で呼びやすくしなくちゃ。
英訳に備えて。


977 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 11:48
横溝賞の最終候補もまだ発表されてないな。
にしても横溝賞の一次通過者、なんかどこかで見たような名前ばっか。
応募者があちこちかぶりまくってるな。
ホラ大は、なんの変化もなしか。

めしでも食ってこよう。

978 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 13:47
>>974
エドガー賞(桐野夏生)、
アカデミー外国語映画賞(たそがれ清兵衛)、
助演男優賞(渡辺謙)
呪怨、仄暗い…(ハリウッドリメイク)、
東京ゴッドファーザーズ(今敏監督)ドリームワークスが全米公開、
などなど、日本人が海外で賞獲ったりして、がんばって欲しいものだ。

979 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 13:50
君たちが、ホラー大賞を獲らなくても、地球は回る。

980 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 14:08
年に、いくつの新人賞に応募してますか?
ホラー大賞と併願?するとしたら、どんな賞ですか?
やっぱ、〆切日が離れている賞どうし?

981 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:13
…………………静か?………………………

982 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:15
若いツバメが多そうだ。
何となくそんな気がして来たぞ。



……発表は今週の金曜かなぁ。

983 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:20
若いツバメというのは、ホラ、あれだ。
どんな意味で使っとるんじゃぃ

984 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:24
>>982
若いツバメとは……

妖艶なマダムが、自宅マンションに囲う、
十代から二十代の経験少ない男の子。

985 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:29
>>974
これすごいな

986 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:43
なんでこんなに気になるんだろう。
すごく、胃が痛いのですけど……。


うう……。

987 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:51
>>986
それは、ホラーと関係なく胃潰瘍だと思う。
病院へ行ってください。

………て、いうか、誰か新スレ立ててくれ。
わたし、立て方わからない。

988 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:54
残り13本で、新スレのタイトルを考えよ。
無難…日本ホラー大賞3本目

989 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:22
>>988
次のうちから選んでとか……投票せよ。
候補その1 環境に優しい★日本ホラー小説大賞★3番目のISOLA14001取得
候補その2 角川★日本ホラー小説大賞3本目★荒俣宏と恐怖の仲間
候補その3 めざせ★日本ホラー小説大賞3本目★夢落ち禁止

…誰が立てるの?
 

990 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:29
>>989
候補1 環境に優しい★日本ホラー小説大賞★3番目のISOLA14001取得

に1票。これからのホラーも時代に合わせて環境に優しくなくては。


991 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:49
>>989
今日も発表なし。スレもなし。
ISOLA14001 何かワラタ

992 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:56
【?ジンクス?】日本ホラー小説大賞3本目【?嫌がらせ?】

993 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:57
とりあえず普通に立てました

日本ホラー大賞 3本目
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1075884925/l50

994 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:58
おい、三本目がふたつできてるぞ

995 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:59
日本ホラー大賞スレ 3本目 立ったよ。

賞獲るまで、がんばりましょう。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1075885040/

996 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 17:59
二つできてる!!
どっちに書きこめばいい?

997 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:00
どっちか削除依頼しる!

998 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:02
二本あるぞ、あとスレも3つだ。
まったく、ホラーだぜ。

999 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:03
すごい盛り上がってるなw

1000 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 18:03
1000GET!!!


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

254 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)