5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

間違えやすい言葉遣いを注意しあうスレ その2

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:09
 このスレは、間違いやすい文章表現を互いに注意しあう事で、
参加者の文章能力を向上させる事が目的です。
互いに謙虚な気持ちで、マターリと議論しましょう。

【前スレ】
− 間違えやすい言葉遣いを注意しあうスレ −
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1045373782/

【まとめページ】
http://sohey.fc2web.com/mistake/index.html



2 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:10
【リンク】
オンライン辞書を紹介するページ
ttp://gassa.fc2web.com/netinfo/info6.html

3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:11
テンプレは以上です。

4 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:14
>>1
good job!

5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:24
乙!

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:30
o

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 00:57
スレ立て乙です。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 13:49
誰かとっととネタを提供しる!

9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 13:51
>>1



10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:42
まとめサイト見てて思ったのですが、

> 適当とゆうのが定説
> 適当というのが定説
> 上と下どっちが、正しいんでしょうか

表記に関しては、
「言います」を「ゆいます」と表記するケースはほとんど見かけませんが
「そういうこと」を「そうゆうこと」もしくは「そーゆーこと」と表記するケースは
よく見かけます。
後者は本来誤用だと思いますが浸透してきている用法かと思います。

発音に関しては
「言います」を「いいます」と発音する人が多いと思います。
「ゆいます」と発音する人もいます。
「そういうこと」はほとんどの人が「そうゆうこと」と発音していると思います。

「言う」は表記は「いう」、発音は「ゆう」が原則だと思っていたのですが、
正しい表記、発音となるとどうなんでしょうか?

11 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:59
>>10
たとえば「てふ」を「ちょう」と表記を改めたように、
平仮名はより発音に近い表音文字として使用するという
時代の流れがある。

そういうポリシーのもとに
発音の通り「ゆわない」「ゆった」「そーゆーこと」と表記するのは
間違いではないし、正しいとも言える。
主流ではないけどね。

ただ、発音については、もとは「いう」だと思うよ。
やや発音しづらい「い-う」の活用のものが、「ゆう」と発音される
ことが多くて、
そこから他の活用にも「ゆ-」が広がったんだろう。

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 14:09
「言う」の発音は「ゆー」になることがほとんどでしょ。口舌の動きが楽だから。
現代かなづかいの制定のときに、「言ふ」の表記を「ゆう」にすべきだという議論が
あったが、結局「いう」とすることになった。しかし、「邑」の字音「イフ」は「ユウ」と
することになった。

発音と表記は一致させるという現代かなづかいの原則は無理のあるもの。
口頭言語と書記言語との間にはどうやっても乖離ができてしまう。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 14:53
>>10
まず大前提として戦後の国語改革は無理があるということ。
具体的に言えば、現代かなづかいは発音と表記とを一致させることを目指したものだが、
そんなことは不可能なんだよね。
たとえばこの原則に従えば、「そーゆーこと」がもっとも良いことになってしまうけど
地の文では誰もつかわないでしょう。

ようするに表記法があいまいな単語は自分で決めるしかないね。
まあ、「いう」にしておくのが無難だとは思うが。

14 :10:04/01/28 18:45
>11-13
いろいろありがとうございます。
表記は地の文では「いう」が無難ですね。
発音に関しては友人にアクセント辞典を見てもらったのですが
その限りでは「ユウ」が正しいようでした。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:08
そういえばみんな「を」ってどう発音してる?
俺はこの歳まで(いくつかは秘密)「うぉ」って発音してたけど
本当は「お」の発音なんだよな。くそぉ知らなかった。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:22
んな奴いねぇ

17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 00:33
前スレで魔女のことについて書いてあったから、亀すぎるけどレス。

witch=魔女と訳されてるけど、witchは女に限らない。
悪魔の力を借りて妙な力を使う奴がwitch。男でもwitch。

魔法使いはもっと広い範囲のものを指すんじゃないか。「魔法」「使い」と言う言葉からしてそうだし。
魔女と対比させるなら学問としての魔術、でも良いけど。


18 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 06:41
>15
ワロタ

19 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 07:14
本居宣長が間違いを指摘するまで、五十音表は
「あいうえを」と綴られていた。

20 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 12:52
>>15

歌なんかじゃ"うぉ(wo)"って発音することが多いね、Chage &ASKA とか。



21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:28
「を」を本来の発音どおり「ウォ」と発音しているやつ、普通にいるぞ。

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 17:46
「を」と「お」の発音は、すでに千年以上前から同じになっていた。
少なくとも京都や江戸では。僻地のことは知らん。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:03
「男」「女」「尾」「緒」「小」「終わり」等々…
「を」を「ウォ」と発音するというのなら、これらも「ウォ」と発音していることになるが。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:46
どっちでも通じればいいんだよ発音は。

25 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 18:55
お願いします
お願い致します
お願い申し上げます


26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 01:07
おkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
wwwwwwwwwwwwwっうぇ

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 05:45
背が『小さい』という言い方は間違いなのでしょうか?

28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 05:48
"声をあらげる"ってみなさんどう?
誤用が定着したか、もろ誤用かの中間っぽく感じてるんですが。
http://www.yomiuri.co.jp/himekuri/020528.htm

29 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 06:13
>>27
間違いとまでは言えないのでは。特に話し言葉では。

>>28
そんな感じだね。かな書きではなく「荒らげる」と漢字で書くことも多いから、
文字から誤って覚えてしまう可能性が高いんだと思う。話し言葉では余り
使わないからね。昔のようにルビが当り前のようにあれば、そんなことも
少なくなるんだろうけど。

30 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 06:19
書き忘れた。同じ音を一つ脱落させてしまうのは、他にも
×味わせる
○味わわせる
というのがあるね。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:12
背が小さいは別に間違いじゃないと思われ。
ちいさ・い ちひさい 3 【小さい】

(形)[文]ク ちひさ・し
(1)容積・面積・身長などの占める場所・空間が少ない。
「―・い入れ物」「―・い円」「―・い順に並ぶ」「―・きものはみなうつくし/枕草子 151」

大体小人、大人だって(背が)小さい人、大きい人、の意だし。
話し言葉でも書き言葉でも平気のはず。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:17
>311 :名無し物書き@推敲中? :04/01/29 22:08
>いや、実際は小すばのほうが選ばれるの限られてない?
>ノンジャンルではあるけどノンジャンルでも偏りがあるっていうか。
>その点文藝賞の受賞作は純文学の建前のもと何でもありの気がするからさ。
>まぁそれこそプロフ込みだからかもしれないね。

>当方20代女性なんだけどそれじゃ大して話題にもならないし
>やはり小すばのほうが無難?

やっぱり「当方」を使うのは9割が女だ。間違い無い!

33 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:37
>>31
背は「高い」「低い」が普通だということだろ。小人大人は身体の大小だとも言えるし。

34 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 22:48
この間まで「おざなり」と「なおざり」を区別できてませんでした・・_| ̄|○

35 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 22:50
>>33
普通かどうかなんて話してねぇだろ?
間違いかって聞いてるから間違いじゃないと言ってるんだが、理解できる?

36 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 23:21
間違いだと書いてないだろ。自分も間違いとまでは思わないし。何一人で昂奮してんだ。

37 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 01:33
>>36
>>27

お前が間違いと書いたなどとは言ってないな。

38 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 01:51
何故そんなに突掛るのかさっぱりわからん。>>33>>31に付け足す感じで
書いたのだが。ただ、小人大人云々は余計だと思ったまで。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 02:08
つまらないことでもめるなよ。>>1にもあるようにマターリと行こう。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 02:21
喧嘩するなよ、と言える自分に、
喧嘩してる人すべてを超越した自分を感じられて

41 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 02:44
「〜する可能性もありうる」はくどい言い廻しで好かぬ

42 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 04:23
>34
おざなりなんて言葉があること自体知らなかったぞ……。
言い回しとセットで覚えればいいのかな。
「おざなりを言う」
「なおざりにする」

43 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 10:23
おざなり【御座なり】
当座をつくろうこと。その場のがれにいい加減にものごとをするさま。
「――の計画」「――にする」「――を言う」

なおざり【等閑】 ナホザリ
1.あまり注意を払わないさま。いい加減にするさま。
かりそめ。おろそか。ゆるがせ。
源氏物語(若菜下)「――のすさびと初めより心をとどめぬ人だに」。
「規則を――にする」「――な態度」
2.あっさりしていること。
徒然草「よき人は……興ずるさまも――なり」

44 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 22:21
>>30
「味わせる」という間違いは、それほどは聞かないけど
「味あわせる」という表現がかなり広まっているように思います。
「味わわせる」ってのはやっぱり発音しにくいんでしょうかね。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 22:26
ほんとだ。
発音に引かれて、味あわせるになりそうだけど、
動詞の活用としては(いや、それ以前に)おかしいなあ。

46 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 22:32

ttp://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k980823.htm


47 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 22:35
それくらいの作家になると「破格の扱い」だよ。

48 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 22:41
>>46
なるほど……勉強になりました。乙です。
けれど個人的にはあまり遣いたく無いな。「味あう」は。
誤用だと思われる可能性が高いし。

49 ::04/02/01 23:12
>>46
参考になった。
面白いね、そのページ。

50 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 12:42
せっそう ―さう 0 3 【節操】

自分の信念をかたく守って変えないこと。みさお。
「―のない男」


今調べてみて思ったが、ひょっとすると俺は節操の意味を取り違えてたかもしんない。

51 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:03
動詞の未然形+助動詞「せる」に代えて、助動詞「させる」をつなげる例
「写真撮らせさせてください」

中居あたりが良く使う


52 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 17:04
失敬、↑は「写真撮らさせてください」のつもりでした


53 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 18:24
>>50
節操のある〜という表現を聞いたことがないのはなぜだろう?

54 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 19:28
気のせいだろ

55 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 22:50
間髪を入れる を読んでみてください。

・・・さっきTVでいろいろやってたね。間違ってる日本語の使い方。

56 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:00
>>54

(´-`).。oO(「かんぱつ」じゃダメポ?)


57 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:40
>56
ダメポ。

「かんはつ」だと俺も初めて知った。
辞書にもそう書いてあった_| ̄|○

58 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:54
(-_-) 「かんはついれずに」よりは「かんぱついれずに」の方が
(∩∩) 言いやすいから「かんぱつ」にしてクレマセンカ?


59 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 00:48
綺羅、星の如く
間、髪を入れる
習い、性になる

このあたりはこの手の話題のときにはお馴染みのものでしょう。
読む時にはひと息入れるから、今なら読点を打つべきかもしれないが、
伝統的には入れない。それゆえ誤読が拡がる。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 01:00
かんぱつ(←なぜか変換できる)

61 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 05:24
発音がしやすいほうに変わるのは自然の流れ。
必ずしも間違いとはいえない。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 05:46
そういう問題じゃないような

63 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 22:39
もう定着してしまった感があるが「生き様」。
個人的には絶対使いたくない。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 23:20
>>63
どういう間違われ方ですか?

# 他人に対して使うとか?


65 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 23:43
死に様はあるが生き様などない。

66 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:08
元は誤用なのか?
「定着してしまった感がある」というより、完全に定着してる気がするが。
とりあえずyahoo辞書には載ってる。

67 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:08
>65
人生論か?(;´Д`)

68 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:20
「生き様」は吉川英治の小説で有名になったんだっけ?
この言葉が生まれて50年も経ってないか。「ざま」は悪い意味に使われるから
他人様の生き方を「生き様」とはあまり言わぬほうがよい。

69 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:31
ざまぁみろ、か

70 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 01:41
あと、「振り返りざま」などとも言うように、「ざま」は短い時間そのものや
その時の行動を表す。だから>>65ということになる。妙な流行語が
定着した例でしょうね。

71 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 02:07
>>70
> その時の行動を表す。

だけじゃないよね

(動詞の連用形に付いて)
(1) その時。そうすると同時に。狂、鱸庖丁「今日これへ参り―に、そろりそろりと引き上げて御座れば」。
「すれちがい―に財布を抜き取る」
(2) そのしかた。そのありさま。「書き―」「死に―」


72 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 16:21
参考までに教えてください、っていうのは変ですよね

「まで」は程度の上限を表す言葉だから、
相手の情報に対してつけたら失礼


73 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 19:41
「踏み絵」は、行為でではなく踏まれる絵そのものことで、
踏み絵を踏ませる行為は、「絵踏み」というのが正しい、
と言うのを中学の時の歴史で習ったのだけど、
この使い分けはあまりなされてないと思う。

誤用例)「踏み絵が行われる」「マリア像を踏み絵用の道具として用いる(重複)」など。
上の正解例)「絵踏みが行われる」「マリア像を踏み絵として用いる」など。

74 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 19:59
>>73
「縄跳び」「跳び縄」みたいなもんか。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 20:01
「カレーライス」と「ライスカレー」みたいなもんだろ。

76 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 20:33
>55-60
IMEもATOKは「かんぱつ」でしっかり「間髪」と変換するぞ(゚Д゚)ゴルァ!!

しかしATOKは「かんはつ」も「間髪」とちゃんと変換するが
IMEは「勘発」なんてとんでもない変換をするぞ(゚Д゚)ゴルァ!!

77 :72:04/02/04 20:58
>>72 の自己レスですが、ちょっとぐぐってみますた。

「参考までに教えて」… 約4470件
「参考までにお教え」… 約400件
「ご参考までに教えて」… 約100件
「参考までにご教示」… 約34件

国会の答弁では、「御参考までにお教え頂きたい」なんていうものも。
「参考」と来たら「までに」とくるのが語呂がいいせいなのか。

ちなみに、文脈として適切と思われる「参考に教えて」は約1800件


78 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 21:01
「合力」
物理的には「ごうりょく」と読むが,その他では「こうりょく」が基本で,
「ごうりき」「ごうりょく」とも読むらしい(広辞苑によると)
IMEでは「ごうりょく」でしか変換されない・・・

79 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 23:04
>>77
これは使うシチュエーションによると思う

俺は皮肉として使う場合しか聞いたことがないから

80 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 00:37
どうやら「間髪」とだけ変換する場合は「かんぱつ」のようだ。
この場合「かんはつ」で変換できるほうがおかしい。「髪を容れず」が定型句だから。
詳しくは辞書を見よ。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B4%D6%C8%B1&kind=jn&mode=0&base=1&row=1

81 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 10:42
あの、いちおう足跡だけ残していきますね♪
個人的にこういう馴れ合いスレは嫌いじゃないからsage進行でまったり語り合ってください。

82 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 01:55
血をふく の ふく って 噴く?

83 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 02:27
拭く、かもしれん
ってか文脈から判断せにゃならんでしょ……

84 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 02:44
同じく「吹く」かも知れん(w

85 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 21:08
「立て板に水」

これ、間違って使われてるかも。


86 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 21:53
×「申し分けありません」
○「申し訳ありません」

仕事のメールでも「申し分け」と書いてるやつが多い。

87 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 02:48
何かの番組でやってたけど、
「申し訳ありません」自体も間違いじゃなかった?
正しくは「申し訳ないことでございます」とか何とか…
間違ってたらごめん。

88 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 03:14
>87
「申し訳ない」を一語の形容詞として捉えた場合、「かたじけない」
「はしたない」を「かたじけありません」「はしたありません」とは
言わないように、「申し訳ありません」も間違いということになる。
似たような間違い例に「とんでもありません(ございません)」。

「申し訳」を名詞として捉えて、「申し訳がない」→「申し訳がありません」
となれば、間違いではない。

89 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 03:55
「申し訳ない」を形容詞とするのは無理があるな

90 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 16:04
間違いじゃなく、転用されて定着したってことだろ。

「かたじけない」を
「かたじけないことをした」とも言うし
「かたじけない。」と謝る(礼を言う)場合にも使うように。

91 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 20:26
広辞苑には名詞(申し訳)と形容詞(申し訳無い)の両方出てるが。


もうし‐わけ【申し分け・申し訳】マウシ‥
(1) いいわけ。いいひらき。狂、附子ぶす「まことに微塵になつた。さて―は何とするぞ」。「―がな
い」「―が立つ」
(2) 実質が伴わず、体裁だけであること。「―に本を開く」「ほんの―程度の謝礼」



もうしわけ‐な・い【申し訳無い】マウシ‥ (形)
弁解の余地がなく、相手にすまない。詫びるときなどに言う語。「―・いことをした」「まことに―・い」



92 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 20:27
>>86

今引いてみて気づいたが、

わけ【訳】 (「分け」の意)

とあるぞ。


93 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 22:00
「お怪我の方はいかがですか?」の「方」の使い方は間違え。
敬語だと思って使ってる人が多いけど、辞書で調べると曖昧言葉って書いてある。
上の場合、普通に「お怪我はいかがですか?」が正しい。

もちろん「コーヒーより紅茶の方が好きだ」の「方」も普通に正しい。

結構有名っぽいけど、まだ出てないようなので。

94 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 23:57
>>93

「間違え」は間違い。


95 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 00:01
>>93
釣りか!? 釣りなのか!?

96 :86:04/02/12 00:08
>>92
そうなのか。じゃぁ>>86は訂正。

三省堂の辞典だと「申し分け」はヒットしなかったから
間違いかと思ったよ。

97 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 00:13
つーかスレタイが既に間違(ry

98 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 03:18
「すごい」、と「すごく」の使い分けとか。
若い世代の話し言葉では、「すごく」を使うところで「すごい」が
誤ってよく使われているけど。

×「すごい格好いい」
○「すごく格好いい」

うん、文字にするとやはり違和感があるなあ。
「すごい」は形容詞なので、形容詞の前についてその程度を形容することはできないよな。

で、それをふまえて、>>93の「普通に正しい」って表現はどうよ。

99 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 08:09
>>96
語源が同じだからね。でも、表記や読みの違いで意味合いが少々変わるということもある。
「申し分」を「もうしわけ」「もうしぶん」と読むか。元は同じでも、同じようには使えない場面も
ある。

>>98
「形容動詞+形容詞」あるいは「名詞+『に』+形容詞」でおかしいとは思わないが。
それに、連用形で接続しないのがおかしいのであって、形容詞で形容詞を修飾することは
普通でしょう。例: 「小さくかわいい」「細く長い」

英語等の文法と混同しているのでは。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 09:51
>>97

どこがですか?


101 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 14:35
>>100
お前はもう一度このスレをよく読みなおせ。

102 :100:04/02/12 14:51
読み直してもわからないんですが、どこが間違いなんですか?


103 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 15:22
「間違えやすい」はべつに間違いじゃないと思う。
あと「訳・分け」問題はこのスレで散々既出のやまと言葉の漢字当て問題だから、
このスレの話題にはあまりそぐわない。

104 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 16:01
そういえば茨城県とか大阪府茨木市を
「いばらぎ」と言う人が結構いますけど。どちらも正しくは「いばらき」ですよね。
「いばらぎ」でもIMEが変換できてしまいますけど。

105 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 16:44
>104
大阪のほうは「いばらぎ」だと思ってたけど、両方「いばらき」なんですね。

茨木市:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/
茨城県:http://www.pref.ibaraki.jp/

106 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 18:30
きのうまで、「怒り心頭に達する」だと思ってたw
正解を知ってもなお納得ゆかない

107 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 21:34
「間違え」って間違いなの?
辞書で調べたら出たんだけど、私の辞書が駄目なだけ?
間違い→間違え、で定着したけど、日本語的には正しくないってことなのかな……


108 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 21:44
「間違え・た」とか「間違え・る」とかは正解。
だが「間違え」は間違い。

109 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 22:29
例えば、
「まちがう」「とまどう」の名詞形は、「まちがい」「とまどい」
「まちがえる」「おぼえる」の名詞形は、「まちがえ」「おぼえ」
みたいな感じで、「まちがえ」でも間違いではないと思います。

「間違う」、「間違える」の違いに関しては、こんな説明が見つかりました。
http://www.nhk.or.jp/bunken/yougo/b3301-j.html

ここの説明にもありますが、一般的に名詞の形になると
どちらの意味でも「間違い」の方をよく使うので、
「『間違え』が間違いである」と間違う人が出てくるのでしょう。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 22:53
>>109
ためになるページだな。
この板とスレは文字専門だからアクセントについては指摘がないけど、
「あかとんぼ」や「おつきさま」のアクセントは間違ってる人のほうが多いな。

111 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 22:57
>>110
関西人として、標準語アクセントは拒否します。

112 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 02:45
関西人は標準語そのものも否定してるだろ。
正直掲示板で関西弁使う奴はイタイ。だが結構いる。

113 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 04:47
こたえ→「答え」はダセーので「答」にしてくれ
真偽と真意→きちんと使い分けてくれ

岩波の辞書の表記はなんか嫌いだ。「終る」がフツーだぞ、あそこ。
「おわり」の表記は「終わり」にして欲しい。



114 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 06:12
「間違える」は他動詞、その名詞形が「間違え」
「間違う」は自動詞、その名詞形が「間違い」

ただし、近年は「間違う」を他動詞にも使うことが多いので辞書に
そう載ってあるのがほとんどか。

(1)言葉遣いを間違える。
(2)言葉遣いを間違う。

(2)は今や許容の範囲にあるということ。「〜しやすい」の形をとる場合、
自動詞と他動詞とでは意味合いが変わる。例: 「入れやすい穴」と「入りやすい穴」

(3)間違えやすい言葉遣い
(4)間違いやすい言葉遣い

(1)と(3)、(2)と(4)はそれぞれ対応する。(4)を(3)と同格に扱うのは許容ということになる。

115 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 06:16
>>113
送り仮名を云々するのはこのスレではあまり意味がないよ。
それに「終る」と「終える」で十分区別がつくし。

116 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 06:48
>>114
つづき。本来の自動詞・他動詞の対応はこうなる。

言葉遣いを間違える → 間違えやすい言葉遣い
言葉遣いが間違う → 間違いやすい言葉遣い

「間違う」を他動詞に使うことが多いと、両者の意味合いの違いを
とるのが難しくなる。>>114でもそう書いてしまったが、意味合いの違い
というよりは視点の違いというべきか。

スレをageる → ageやすいスレ
スレがagaる → agaりやすいスレ

117 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 08:01
>>113
主観でモノを語るな。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 12:22
「一抹の」が少量であることを表すのはいい。
「一抹の不安」はわかる。

では、「一抹の希望」「一抹の信頼」は使えるのか。
なんだか、皮肉な感じがして使いにくいのだが。

119 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 14:53
>>118
普通に、わずかな希望、信頼の意味で使うだけじゃないの?
それとも、littleとa littleのニュアンスの違いの事を言ってるのかな。

120 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 02:26
>>118
一抹=「刷けひと塗り分ぐらいの少ない」の意味で
「一抹の希望」は「駄目かもしれないけど、もしかしたら」といったニュアンスで
普通に使えると思いますが、

「一抹の信頼」は使うのに適した場面が思いつきません。よろしければ例文をお願いします。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 08:14
希望や望みの場合は、闇に隙間から射し込む光になぞらえて「一縷」を使うのが普通だね。
「一抹」では見つけたとしても希望が持てそうにないな(w

122 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 22:26
保守

123 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 14:58
「恋は盲目」って言葉。みんな恋をすると周りが見えなくなるって意味で使ってるよね。
辞書にもたいていそう載ってるし、実際間違いではないけれど、語源を遡ると実は違う。
もともとは古代ギリシャ、あるいはローマで、恋の神エロス(ローマではクピド)は目隠しをされていて
その矢(ささると恋に落ちる)はどこに飛んでくるかわからない、ってことだったらしい。
だから「恋は盲目」=「いつどこで誰に恋をするかわからない」ってなこと。

ちなみに目隠しをされているエロスの例は絵画に多く、有名なのはボッティチェリの「春」

124 :くし:04/02/18 15:32
>>123
古代ギリシャ、ローマで、って言うのは厳密には正しくないんじゃないのかな。
その時代、Eros=Cupido(Venusの息子。クピードーと読むのが正しい。もちろん英語のキューピッドです)は目隠しもしてなかったし、赤ちゃんでもなかった。
時代が下るとともに、そういう姿で描かれるようになって行ったみたいです。
ちくま学芸文庫の「イコノロジー入門(パノフスキー)」に詳しいらしい(僕は未読)。

語学オタクだった時代に聞きかじったはなしです。詳しいことはよく知りません。僕の記憶違いかもしれません。

125 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 15:37
>>123
スレ違いの豆知識として聞き流したい所だが、
ソースきぼんぬ。書籍でもいいので。
ググってもそういうこと書いているサイトが見付からない。
目隠しされて描かれるクピドの絵は「恋は盲目」を表してます――って文章は結構あるのだが。

126 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 16:07
>>124
あー、そこは確かに違うな。ルネサンス頃の話だな。

>>125
大学の講義で聞いた話なんでソースはナッスィン。信憑性にかけるといえばその通りだが。
>>124が挙げてる「イコノロジー研究(入門じゃなくて研究じゃない?)」の
「盲目のクピド」という項目に何か書いてあるんじゃないかな。
まあ俺も未読なわけだが。今度図書館で借りて読んどく。
証明にはならないけど↓のページに概略のようなものが載ってる。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0928.html

127 :くし:04/02/18 16:37
>>126
そうだ。研究だ。

128 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 00:23
「小生」「貴兄」「学兄」「貴殿」は、歳上の人に対して使っちゃいけない。

てのはキシュツ?よくメールでこれ使う人がいるんだけど。しかも、仕事で。しかも、他社から。

129 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 00:46
>>128
「小生」は確かに年輩の人とか、比較的地位のある人が使うのをよく見るけど、
年上(目上)に使っていけないというのは知らなかったな


130 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 14:08
>>128
小生だけなんで一人称?
自分をへりくだる語なんだから普通に使えると思うが。

ところで目上の人間に対する二人称って何がある?日常生活で使えるやつ。
「あなた」とも言えないし、相手の名前がわからないときとかいつも困る。

131 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 15:01
敬語を使うことで大体は問題ないが、初対面かつ名前の知らない目上の人と
話すとき、たしかに困るときがある。どうしても人称を使わないとうまく
表現できないときがあるからね。

自分は「そちら」を使うことが多いかな。これも使いづらいときがあるけれど。

132 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 15:26
「燃えたぎる闘志」
というのは間違っているらしいのだが、ほんとか?
とりあえず「闘志に燃える」と書き直したんだが、、、
う〜んわからない。


133 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 18:04
>>130
昔だと商売人がよく使っていた「お宅様」って言葉がありましたけど
名古屋の呉服屋の息子のSF作家だかが「オタク」という言葉を
アニメがらみで広めちゃったので今は使えませんね。

名前のわからない相手と会話するのに便利だったので
いわゆる「オタク」の人達の二人称として広まったらしいですけど。

134 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 19:31
実家が商売やってたから、いつか「大将」を使いたいなとガキの頃思ってた(w

>>132
液体がぐつぐついっている様を表すものだけど、手元の三省堂国語辞典には
一応載っているよ

135 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 19:40
なんか書き足らなかった。「滾る」のことね <液体〜

136 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 20:37
>>130
>自分をへりくだる語なんだから普通に使えると思うが。
なんか、目上の人が「へりくだってやってる」って意味なんだってよ。
だから、上下関係がハッキリしている場合(自分が上だと確信している時)はかまわない。


137 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 22:22
>>136
そんなこと言い出したらどの敬語も使えないじゃないか
どうして>>128で挙げたのだけダメなのか説明汁

138 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 01:52
>>137
それは小生が間違えやすい言葉遣いと思ったからだよ。w

本で読んだのだが、ここにものてたよー。
ttp://www10.ocn.ne.jp/~kid/mmb030424.html

139 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 09:26
その上、女が使うと笑ってしまう

140 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 13:34
昔どこだかで「第」と「目」は意味が重複するので、「第二回目」のように
両方使うのは間違いだと聞いたのだがどうなんだろう?
辞書で調べても特にそんな注釈は載ってないんだよな。
どこで聞いたんだったか……。

141 :くし:04/02/20 13:47
たしかに第○回目って語感悪いね

142 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 17:38
>>140
第二回目、確かにおかしいですね。

普通は「目」はつけないと思います。

「第○回△△△△会」


143 :142:04/02/20 17:42
あ、でもリーダースの "-th" の説明のところに使ってますね…

・the fifth [thirtieth] 第 5[30] 番目(の).



144 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 01:19
なーなー
これは間違いなのか?

 「犬の散歩をする」

犬が散歩するように四つん這いで散歩するバカはいないだろう?
しかもそれを犬のようにと形容して、だ。
「犬の散歩」という言葉が犬を散歩させる事を表してるわけだし
間違ってない気がするんだが……

……スレ的にこの質問合ってる?

145 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 04:06
「犬の糞はさせないでください」とかも微妙だと思う

146 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 05:14
>>144
何がおかしいと言っているのかよく判らん

147 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 08:06
>>145
「犬に糞はさせないでください」にしろと?

まぁ犬の糞は犬にしかできないからね。


148 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 22:58
>146
「犬の散歩」は犬がする散歩だからおかしいと言われたんだ
「正しくは『犬を散歩させる』だ」とかな。

じゃぁ『彼の世話をする』も間違いなんですか?と聞いたら
「世話をする」は他動詞だから間違ってない、と返ってきたよ。
納得はできなかったが反論が思いつかなかった…

149 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 00:13
>>148
「犬の散歩」を「犬がする散歩」ではなく「犬を散歩させること」にしたらどう?
もともと散歩には他動詞の意味は無いけど、今となってはこう考えても問題ないと思う。

150 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 00:42
ここもネタ切れなんだな……

151 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 01:53
ネタ自体はいくらでもあるが、敢えてここでやることもないだろうというのが
多くを占める

152 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 22:19
小ネタでいいから書いてみて。
 
「犬の散歩をする」
で突っ込みが入るっていうことに驚いた。
小ネタでもいいから色々知っておきたいのです。

153 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 12:57
「犬の散歩」は、ヨーヨーの基本的な技。

154 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 20:59
皆さん、「私が行って参ります。」の「行って参ります」は謙譲語として
OKなのでしょうか?本当は「うかがいます」「参ります」が正しいと思いますが
「行って参ります」でも正しいのでしょうか?

155 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:21
的を得ない意見ばかりだな。

156 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:37
>>155
当を射るレスだね

157 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:48
的場浩二

158 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:52
>>154
一度敬意を俳してみろ。「行って参ります」→「言って来ます」・「伺います」→「訪ねます」・「参ります」→「来ます(or行きます)」
ハイ、わかった? わかんなかったら、言葉の表す行動と敬意の対象の違いにも注意してみろ。

やはり最近は敬語の使えん人が多いのだろうか。

159 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 03:03
>>154
行って参りますと参りますとじゃ状況がちゃうやんけ。
どっちが正しいってこともないわ。質問の意図が汲めぬ。

160 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 19:08
無駄な贅肉って重複かな
あと魔女についての話がなんかあったけど日本語の”魔女”はどちらの性も含むけど
英語の”witch”は女性のみ
男性は”wizard”らしい
うちのパソコンの辞書より

161 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 00:35
「魔女」ってどっちの性も含むのか?
女ってついてるぞ、女って。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 02:13
携帯電話をどっちで書けばいいか迷ってます。
「携帯」で書けばいいのか「ケータイ」で書けばいいのか……。
「携帯電話」と略さずに書けばいいのか、わかりません。

163 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 02:17
>>161
男は「魔法使い」だと思うが

>>162
会話文ならともかく地の文なら漢字で書いたほうが良いのでは?


164 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 02:25
>>163
「女」っていうのは「おんな」って意味もあるけど、
性差の区別のない「あなた」っていう意味もある。
だから男でも魔女という。
魔法使い、でも、やっぱり男と女両方入るしね。

>>162
地の文では「携帯電話」と書いたほうが無難。
「携帯」と書くと文脈によって判断つきにくいときがあるかもしれないな。
ま、要するに読者に伝わるように書けば良いんだ。

165 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 03:20
魔女の「女」は普通に「おんな」の意味だよ

166 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 08:21
さりげなく新説を作っている奴がいるな

167 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:11
漢字源の「女」を引くと、「なんじ⇒汝」という意味が書いてある。
だから?
日本語で「女」に「あなた」の意味を持たせている場面を、俺は今までの人生でみたことがない。
そして手持ちの国語辞書を引いてみたが、そんな意味を載せているものはなかった。
というわけで、俺はこれからも「女」に「あなた」なんて意味はないと考えて暮らすし、
魔女に男を含めるのはかなり特殊な用法として認識するでしょう以上。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:38
裸女が女以外だったら切ないだろうな。

169 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 10:52
普通は裸婦って言うけどな。

170 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 11:24
魔女狩りの場合は男も含めるけど、普段は魔女は女でいいのでは。


171 :名無し物書き@推敲中?:04/03/04 17:22
赤狩りも別に赤だけを狩ったわけじゃないしな。だからと言って、白が赤と
いうことにはならない。白は白、赤は赤だ。

172 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 00:14
昔、そういう魔術関係の本を読んだのだけど
魔女=悪魔の下で力を授かって色々やる
魔術師=悪魔を手なずけて(自由を奪って)自分の言いなりにさせる
って分けてあったんだけどどうだろう
ここまでくるともう文学の範疇でもなさそうだし、純粋に日本語として
考えるならちょっと出すまでも無い話かもしれないけど

173 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 04:39
ディズニー映画等を見ても分かるように、
ウィザードにはあまりにも「賢い」イメージが付いてるから
単純にウィッチの男性版とするのはちょっと。

少なくとも文化人類学などの学術的には魔女もウィッチも男性の場合にも使える。
ウィッチドクターなんて大概男性だ。

174 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 07:32
一番のつっこみどころは別にあるしな(w

175 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 10:26
サンドウィッチ

176 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 13:28
イプスウィッチの怪って作品名がでてきたんだがこれって
なんだっけ。ダンウィッチだったかな?
クトゥルフ神話関係だと思うんだが。

177 :sage:04/03/06 13:52
「×ゼロ戦/○零(れい)戦」
というのはあったかな。

ゼロって言う言葉は敵性語なので戦時中使われるはずが無く、
従って「ゼロ戦」ってのは間違いだってのはどっかで読んだ記憶が。

「ゼロ戦」という読みを定着させたのは、漫画「ゼロ戦はやと」(辻なおき)だとかなんとか・・・

178 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 15:32
ルームメイトたちが、ぽつりぽつりと食堂に集まってきた。

この、「ぽつりぽつり」の使い方、間違ってる?

179 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 15:44
いや、別にいいと思う。
本当はいなくなる時の表現かも知れないけど。

180 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 19:07
>>177
んなアホな。ゼロ戦はずっとゼロ戦だ。零式は「れいしき」「ぜろしき」とも言ったが。
ただし、一般国民には名称そのものが余り知られてなかったらしいけどね。

それに、敵性語云々は都市伝説的なものが多い。日清戦争中でも漢籍を教えて
いたように、アメリカとの戦争中でも学校では英語の授業があった。

181 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 20:09
ミリオタ降臨

182 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 22:04
>>180
爺さん、知らんことに口出すな。

183 :178:04/03/07 02:44
179
アリガd

184 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 03:05
ちなみに英語の授業がなされなくなったのは敵性語だからではなく
単に授業をやる余裕がなくなったかららしい。
だから実際には英語以外の授業も廃止になっていた。

185 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 03:05
「ぽつぽつと集まってきた」じゃねえの?

186 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 05:59
『ぽつりぽつり』でもOKに思える。『ぽつぽつ』は「『ぽつ(り)ぽつ(り)』
と『り』を省略したかたち。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 10:33
擬態語に省略なんてあるのかね…

広辞苑では

ぽつぽつ
_水滴が規則的に一粒ずつ落ちて打ち当る音。また、そのさま。「雨が―降り出す」
_物の表面に小さく丸い突起や穴が幾つもあるさま。また、その突起や穴。「服に―と虫の食った穴
がある」
_時間をおいて物事が出現するさま。空間的に物が点在するさま。「民家が―と並んでいる」

ぽつり
_雨・雫などの滴るさま。
_点または穴の生ずるさま。「―と小さな穴があく」
_他と離れて孤立しているさま。「野原に―と家が建っている」
_糸などの切れるさま。ぷつん。
_一言ものを言うさま。「―とつぶやく」

となっていて、「ぽつりぽつり」そのものは載ってない。

一定の間隔で人が現れる様子を「ぽつぽつ」、
不定期に現れる様子を「ぽつりぽつり」てところかなぁ

「ぽつり」の方が孤立感が強い感じがする


188 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 16:37
ああ、たしかに程度の差のニュアンスはあるかもしんない。

>>187で正解ぽ。

189 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 01:56
つまり、”ぽつぽつ”と”ぽつり”はまったく独立した言葉であって
”ぽつりぽつり”は似た言葉を勝手に混ぜてしまっていて
”間違え”と”間違いやすい”をあわせて”間違えやすい”としてしまったのと一緒って事?

190 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 02:20
そもそも擬態語、擬声語、擬音語の類に「間違った」使い方があるかどうか自体少々疑問です。
作者の感性で使ってかまわないものだと思いますけど。
簡単な例を挙げると宮沢賢治あたりでも、けっこう独創的な使い方してますし。

191 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 06:19
俺も最初はそう思ったんだけど、ある擬態語ってある程度の形式はあるんじゃね?
擬声語みたいに音をそのままもってきたんじゃないから、それ自体に意味がありそうだし
作者がどう言い張ったってどういう感性をもっていたって月がさんさんと輝くとか書かれたら
違和感バリバリだし、だからといってすんすんと輝くとか書かれても はっ?って感じじゃないかな
擬態語は形容詞の一種みたいなもんだと思ってたんだけどどうだろ。勝手に作っていいものだろうか。
まあオノマトペって奴は苦手だから使わないけど

192 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 07:30
> ”間違え”と”間違いやすい”をあわせて”間違えやすい”としてしまったのと一緒って事?
何だこりゃ

193 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 21:01
くらむぼんはかぷかぷ笑ったよ

194 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 22:14
>>191に同意。
ただ、詩などの文学作品に関してのみで言えば、作者が勝手に作ってもある程度許されると思う。
はぁ?っていうのは読まなければいいだけだし。
日常で使うには普通使われるのと同じように使ったほうが分かりやすくていいと思う。

195 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 22:24
胸を打つ
_感動する。感動されられる。

胸を突く
_@びっくりする。
_A気がかりになる。

広辞苑によると、↑のようだが、漏れはいままで同じことを表すのに
「胸を打たれる」、「胸を突かれる」って使ってた・・・やっぱり広辞苑が正しいの?

196 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 05:37
訊きたいことがよくわかりませんが…
主体が人なら受身の形になるでしょう。

197 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 12:51
とある企業から商品サンプルモニターに対して
「皆様の素直なご感想を是非お聞かせ下さい」
と意見を求めるメールが送られてきました。
よく「率直な感想をおきかせください」とは聞くけれど
この場合の「素直な感想」って正しい使い方ですか?
なんだか「素直に言え」と上からものを言われている
ような気がしてしまうのですが……。

198 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 14:31
>>197

たしかに変ですね。

そのままではひねくれた感想が集まってくる状況なんでしょうか。

遠回しな言い方を諌めるなら「率直」でしょう。

単純な間違いかと。


199 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:22
一行ずつ空白あけんな!!

200 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 18:00
>>196
つまり、「私は胸を打たれた」→「私は感動させられられた」(?)となり、意味が通じなくなるのです。
「胸を打つ」が「感動させる」なら受身はありえますが、「感動する」なら受身はありえないのです。

201 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 18:41
「私はその話に胸を打たれた」



「私はその話に胸を打った」

はどっちが正しいかということ?

「胸を打つ」主体は話の方じゃないかな…

「胸を打つ話だった」


202 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 20:42
その話はわたしの胸を打った。
その話にわたしは胸を打たれた。

だと思うけど。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:48
まず「感動されられる」の間違いを指摘するのよ鳴歩堂クン!

204 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:16
「胸を打つ」をそのまんま「感動する」に置き換えてみろよ

胸を打つ話だ → 感動する話だ
胸を打たれた → 感動した

あれだな。
英語でshockだのsupriseだのの用法と一緒だな。

205 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:56
>つまり、「私は胸を打たれた」→「私は感動させられられた」(?)となり、意味が通じなくなるのです。
「私は感動した」と元の形に戻るだけだろ(w

206 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 17:13
結局広辞苑が間違ってるってことでいいの?それならすっきりするんだけど。

「感動する話」と言っても、「人のように感動することの出来る話」と「読むとその人が感動することの出来る話」
の二種類あるけど、「感動させられる」と併記されていることから、「胸を打つ」の広辞苑訳の「感動する」は前者だと考えられる。

>>203
_| ̄|○

>>204
「胸を打つ」をそのまま「感動する」に置き換えたら
「胸を打たれた」→「感動された」になりますが。

>>205
元に戻るとしたら「感動させた」になると思いますが。
「Aが(Bのことで)感動する」≒「Bが(Aを)感動させる」≒「Aは(Bに)感動させられる」≒「Bは(AがBに感動させられることを)される」



いや、私も広辞苑が間違ってると思うんですけどね。辞書見てびっくりしてしまったので。
少なくとも、本来は誤用だがいまはこっちの解釈の方が優勢って所でしょうけど・・・

207 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 22:23
「顔の表情」って不思議な言い回しだと思うんですが、正しいと思います?

208 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 22:25
こども電話相談室かよ。最近のこのスレはよお。

209 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 23:03
まぁ息抜き程度だと思って見ててチョーダイ

「感動させられる」
 この言葉は一見するとタダの受け身の言葉です
……ですが、じつは「可能」を表す言葉なのです!
つまり「感動させる事が出来る」という意味!

そして感動は対象なくしてあり得ません!
感動するの受身形は感動させられるになります

うん、ボロ出そうだけど見事な推理だ。

210 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 23:32
胸を打つのも
胸を打たれるのも一緒だ。
表現が違うだけで、その人は感動させられていることに変わりはない。

211 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 23:40
「献血する」

212 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 01:27
慣用句の活用を、意味の活用で考えるのが間違いだと思うけど。
「私は胸を打たれた」という文章は、受身ではあっても、結果として私の胸を打っていることに変わりはないのはわかるだろう。
つまりはそういうことだ。
でもまあ広辞苑の表記も不適切な気はするがな。

213 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 05:46
> 「胸を打つ」をそのまま「感動する」に置き換えたら
> 「胸を打たれた」→「感動された」になりますが。
主体が変っているからだろ。主体を変えなければ、
「胸を打つ」は「感動させる」、「胸を打たれた」は「感動する」でいいではないか。

214 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 05:48
最後は「感動した」だった

215 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 21:11
サルでも分かる数学的解説

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%E0%A4%CD&kind=jn&mode=0&base=1&row=1
より
胸を打つ=感動させられる

∴胸を打つ話=感動させられる話

つまり
 (私の)胸を打つ話=(私が)感動させられる話=私を感動させる話

よって
 私はその話に胸を打たれた=私はその話に感動させられた(感動した)
                  ∵(私の)胸を打つ=私を感動させる

Q.E.D(証明終了)

216 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 18:26
「反語的」
本日の朝日新聞夕刊より
「…雑音性(略)と並んで(略)叙情性も要求(略)。この反語的な
在り方の両方を満足させるのは難事(略)。」
吉田秀和ともあろう御方が…

217 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 01:04
うーんと……対義語的とか書くべきなのか?

218 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 01:46
反対語とか反意語とか反義語とかもね


219 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 01:58
ようするに反語って「〜だろうか、いやそうではない」
ってやつだってことが言いたいんだよな?

220 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 10:40
>>216
それを読んだ子供が間違って覚えていくのですね。
つーか校正者はなにやってんだか。

221 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 10:51
吉田秀和もひび割れた骨董品に堕してしまったか。

222 :名無し物書き@推敲中?:04/03/21 14:58
「いみじくも」

「偶然に」とか「奇遇に」の意味で使ってる例をよく見る気がする。


223 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 11:25
水菓子

水羊羹や葛餅のことだと思ってるヤシいねーか?

224 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 13:45
裏番組

同じ時間に放送している他局の番組


狐の嫁入り

天気雨


俺の友人の間違えた単語より
友人は語彙が少なすぎる・・・
おめぇは手淫と飲酒の区別もつかねえのかYO

225 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 13:54
>>224
どう間違えてたのかも書いておくれYO

226 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 14:16
裏番組を裏ビデオみたいにヤヴァめな番組だと思ってた友人
狐の嫁入りをスコールみたいにパッっと降ってパッっとやむ雨だと思ってた友人

「引きこもりたくてもする事がない」
「趣味でも見つけろよ」
「手淫とか?w」
「酒も飲めねえ癖に何言ってんだよw」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「あのな、手淫ってのは手に淫らって書くやつでな」
「ああ、なるほど」
「別名自慰、またの名をオナーニ」
「……痴漢の事かと思った」

イメクラ大好きな奴だけどこれでも一応友人です

227 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 14:29
大学の時、友人がやたら「じい、じい」と言っていた。
おれには「G」と聞こえたのだが、「何の略?」と尋ねたら、
「自慰だよ、知らないのか?」と呆れられた。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)