5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆あなたの思い出を探します☆☆

1 :番組の途中ですが名無しです:03/05/01 19:05 ID:tvOpO9By

子供の頃に読んだ本で、もう一度読んでみたいのに
題名がわからない本ってありませんか?
いつも記憶の片隅にあって内容はなんとなく覚えているものの、
題名だけがどうしても思い出せない、ここはそんな人のためのスレです。
もしかすると貴方と同じ本を読んだ人が題名を教えてくれるかもしれません。
みんなで情報を交換しましょう。

344 :ぎゃー ◆uK0FJbquNE :03/06/22 21:00 ID:5LB6LoOB
これまた偶然ですが、本日は以下な出来事があったのですネ。
もしもの為に、キャンプ用のランタンがありますけど、燃料を切らしている
ので、近いうちに買っておかねば。

列島ライトダウン 札幌時計台、東京タワー、通天閣も
--------------------------------------------------------------------


 夏至の22日夜、全国のライトアップ施設やオフィスビルなど2000カ
所以上で、午後8時から一斉に照明が消された。環境省が「電力消費を控え、
地球温暖化防止につなげよう」と、消灯キャンペーン「CO2削減・百万人
の環(わ)」を実施。賛同した札幌時計台や東京タワー、名古屋城、大阪・
通天閣、広島・原爆ドーム、沖縄・首里城など観光施設や市役所、オフィス
ビルなどが2時間にわたる消灯に協力した。

 キャンペーンのもとになったのは、暗闇の中でゆっくりした時間を楽しも
うとNGO(非政府組織)が呼びかけた消灯運動「100万人のキャンドル
ナイト」。「スローライフ」を提唱する辻信一明治学院大教授らが中心とな
り、賛同者が全国で、ろうそくの明かりをともしてコンサートや食事会など
を開いた。

 東京都港区の増上寺では呼びかけ人のミュージシャン忌野清志郎さんや作
家の立松和平さんがコンサートを開き、午後8時直前から消灯のカウントダ
ウンを開始。境内や近くにそびえる東京タワーの明かりもすべて消えた。
(06/22 20:18)  from asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0622/023.html

345 :ウリノ:03/06/23 13:06 ID:f94IENA/
こんにちは!質問させてください。
20年ほど前で、ポプラ社から出てる文庫だと思うのですが、
いつの間にかなくしてしまうビーダマやおもちゃ…実は屋根裏(?)に棲む何者かが
盗んでいたのだった。
…これだけしか覚えていないのですが、たしか床に敷き詰められたビーダマ
の上を腹ばいになってすべる、なんて描写があったような気がします。
どなたかご存知ありませんか?よかったら教えてください。

346 :なまえ_____かえす日:03/06/23 19:42 ID:1cXN3Mra
>>343
読んだことないので自信がないけど、
チャペックの「こいぬとこねこは愉快な仲間」かも。

347 :なまえ_____かえす日:03/06/23 20:10 ID:60Ng/CZI
>>345
宇野和子「ポケットの中の赤ちゃん」の中に
そんなシーンがあったような気が・・・
検索かけてみましたが、確信はもてませんでした。
ポプラ社じゃなくて講談社から出てたし。
でも一応参考までに。違ったらごめんなさい

348 :なまえ_____かえす日:03/06/23 21:37 ID:9Je3GluE
20年ほど前に読んだ本を探しています。
たぶん高学年向けの児童書だったと思うのですが

主人公の少年は父親の仕事の関係で外国へ行く(たぶん中南米?)。
そこで彼は原住部族の少女と知り合う。
彼女は部族の巫女で、その家系では代々の母親は
娘を産むと同時に死んでしまう。
その娘は母親達の記憶を受け継ぎ、一定の年齢になると
どこか過去の戦争中の時点に戻っていく。
(誰かを守るとか、何かを探しているとか、使命がかせられている)
少年は彼女と一緒に過去に戻り、そして…

という話だったのですが、肝心のラストと使命が分からないのです。
なんとなくインカとかアステカとかのイメージが残っています。

ご存知の方がいらしたら是非お願いします。


349 :ウリノ:03/06/24 04:22 ID:VJxwgyAr
>>347
もしかしたらそれかもしれません!
検索かけてみたら、「ママのポケットの中のゼムクリップ」とか、
「蛍光灯の裏の妖精世界」とか、微妙に既視感が…!
どうもありがとう、さっそく探して読んでみます。


350 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

351 :なまえ_____かえす日:03/06/24 08:37 ID:ClBAMo0G
>>335
ポプラ社 岡本泰生「ぼくたちの旅 5日間だけの自由旅行」ですね。

続編として
「ぼくたちの旅 男のメンツは命がけ」
「ぼくたちの旅 落ちこぼれなんて言わせない」というのも出ています。


352 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

353 :mini:03/06/24 09:56 ID:gPjZ7Z3D
>>346 名前:なまえ_____かえす日さん
ありがとうございました!
その通りです!!
ここ5年ずーと探してましたので、本当にうれしいです!

354 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

355 :なまえ_____かえす日:03/06/24 17:14 ID:XW48/bct
>>343 >>346
「こいぬとこねこはゆかいななかま」に、確かに破傷風の場面あったと思います。
今手元にないので確証がないんだけど、なんだかオレンジ色っぽい線画みたいな絵で、
二本足で立って歩くこいぬとこねこだったかな?

1977年に童心社から出ていましたが、96年に河出書房新社から改訂版が出ていて、
99年には文庫化されているようです。
96年版の抄録は以下の通り。
「こいぬとこねこは大の仲良し。森の中に小さいうちを建て、床を洗ったり、手紙を書いたり、
人間の大人たちと同じように暮らしています。1968年刊の児童書を、ヤングアダルト向け
に増補改訂。大人が読んでも楽しめる。」


356 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

357 :なまえ_____かえす日:03/06/24 19:15 ID:zF0fU+gI
どうしてももう一度読みたい本があって
書き込みさせてもらいます。

女性作者(日本人)の本です。
主人公の女の子はビルの屋上で猫と一緒に暮らしています。
(屋上に出るのに非常階段を使っている)
生活費のためにバイトで封筒の宛名書きをしたりしていて、
時々趣味で梅干しを漬けてみたり、あてもなく電話帳をめくって
みたりと、かなり風変わりな少女。
出かける時は大きなカバンを持って歩いていました。

この本について何か御存じの方がいらっしゃいましたら
情報をどうぞよろしくお願い致します。


358 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

359 :なまえ_____かえす日:03/06/24 22:47 ID:SlyGFQTx
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1051783548/l50
>>357
こっちで聞け

360 :なまえ_____かえす日:03/06/25 00:18 ID:frZnzkO9
もち着け>359
お前がレスすべきは
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1051775738/71だろ。



361 :なまえ_____かえす日:03/06/25 10:03 ID:ZU576Pc+
すみません。
きちんと書きます。
探しているのは、10年くらい前、子供の頃に読んだ児童書です。
(大きいサイズの本でした)




362 :なまえ_____かえす日:03/06/25 10:29 ID:6s3LYDJe
すみません、ご存知の方いますでしょうか。本のタイトルではないのですが・・・。
1981〜1995くらいまで(大体です)自分が持っていた本なんですが、親が訪問販売で購入した、日本の色々な童話(たしか世界の童話もあった)の児童書を探しています。
これは1つの話につき1冊あって、自分はまとめて2、30冊持っていました。色はたしか背表紙が黄緑だったと思います。もしかしたら日本と世界の童話で色が違っていたような気がします。
大きさはそれ程大きくありません。手のひらサイズよりも1〜2周りくらい大きい、くらいの大きさです。
手がかりは少ないのですが、知っている人がいたら宜しくお願い致します。

363 :なまえ_____かえす日:03/06/25 12:09 ID:Cwk+FNpz
>326
調べてみたけど、絞り込めないので。

・創作童話でしたか? 昔話でしたか?
 どんな話が収録されていましたか?
・絵の割合はどうでしたか? 絵本ではありませんでしたか?
・薄い本ですか?
・日本版と世界版別々に、全部まとめて入れるための紙箱がついてませんでしたか?

チャイルド本社 という名前に、記憶はありませんか?
(記憶にあれば、チャイルド本社で、検索ゴー!)

飛び込みのセールスで買ったとなると、書籍として出回っていなかったものである可能性があります。


364 :なまえ_____かえす日:03/06/25 12:20 ID:riW3QLq1
本を探すみなさんへ

わかっていることを、何でも書いてください。
手がかりが多いほど、見つかりやすくなります。

1 本の内容。
どんな話だったか? キャラクターの名前や外見、印象的なエピソー
ドや情景など、思いつくかぎり詳しく書いてください。

2 いつごろ読んだのか?
子どものころ読んだ、といわれても、あなたの子供時代がいつなのかは、
わかりません。3年前とか、10年前とか、30年前と書いてください。

3 本の見た目
ハードカバーだったのか、ソフトカバーだったのか、箱入りか、ぶあつ
かったのか、薄かったのか、絵本のようにたくさん挿絵が入っていたの
か、字ばかりだったのか

4 読んだ状況
学校で推薦図書として購入したとか、図書室にあったとか、書店で買っ
たとか、プレゼントされたとか、友人に借りたとか。
そして、読んだ当時のあなたの年齢。

そのほか、その本についておもいつくことは、なんでも書いてください。

365 :なまえ_____かえす日:03/06/25 13:01 ID:SbjXd0Pq
>364
追加して
外国作品か日本の作品かどうかも分かればかいてほしい。
日本の作品でも設定が外国(風)のものがあったりするけど
翻訳作品かどうかで類似作品が除外できるし。


366 :なまえ_____かえす日:03/06/25 22:38 ID:EKJtpbJZ
素晴らしい、こんなスレあったのですね。
危うく堕スレを立てて、誘導されるところでした。
早速、捜索依頼を出させていただきます。

1 本の内容。
主人公は、小学生の男の子3人くらい。
舞台は近未来の世界の夏休み。
冒頭で主人公の兄(中学生)が、夏休みに友人たちと宇宙ヨットに乗って、
火星(だった思う)に遊びに行くのに隠れてついていく。
しかし、主人公たちが密航した事で、酸素や食糧が足りなくなって…と言うトラブルが発生。
最終的に、それを解決して地球に戻るまでのストーリー。

宇宙ヨットが太陽の光を帆に受けて、その力で航行すると言う設定でした。


2 いつごろ読んだのか?
僕が小学校のときに、学校の図書室で呼んだ記憶があります。
読んだのは、15年ほど前ですが、発行されたのは、それ以前だと思います。


3 本の見た目
ハードカバーでした。(普通の児童向けの本)
挿絵はなかったと記憶しています。


4 読んだ状況
2で示した通り、学校の図書室です。

367 :ですな:03/06/25 23:42 ID:EabWwl+k
「宇宙ヨット 密航」で検索すると
瀬川昌男「宇宙ヨット旅行」と出ましたが 

368 :ぎゃー ◆uK0FJbquNE :03/06/25 23:46 ID:FdvCI+W2
>>366
>>367さんに、ちょっと先を越されちゃいましたネ。
コレっぽいけど、どうなんでしょうネ。
http://ekisai.tripod.co.jp/b/0015.html#sousaku-sf-12

369 :なまえ_____かえす日:03/06/26 12:23 ID:6X/oy3ue
20年ぐらい前に読んだ本です。ハードカバーのおそらく日本の童話で、
主人公は狼の少年で山の中で1人で暮らしています。
心優しい少年なのですがみなに恐れられる狼であるがゆえに山を下りて
他の動物達と一緒に居る事が出来ません。

目の見えない少女(何の動物だったかは忘れました)の為に薬草を探しつつも
見える様になったら怖がられてしまうのではと葛藤する話や、
コソドロ狼のおじさんが泣いた赤鬼の青鬼的に少年を手助けする話がありました。
そのおじさんの名前がものすごく長くて印象に残っていたので
それだけ妙に覚えています。

確か「チキン・パブリカ・グリエール・メートル・ド・テール・フィリップ・
ガンガ・バーバラ・ハンバーガー」です。少年は覚えきれないので
「ガンガさん」と呼んでいました。

御存じの方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

370 :なまえ_____かえす日:03/06/26 15:15 ID:pnR6fdvO
>>367さん、>>368さん、ありがとうございます。
今度、探してみます。

371 :なまえ_____かえす日:03/06/26 16:14 ID:Q7DGmj32
>>351さん

遅いレスになってしまいすみません。

ですが、まさしくこれです!!
しかも、続編の事まで教えていただいて・・・。
続編は一冊しか読んだことなかったので、
今度探してみることにします。
本当にありがとうございました!


372 :なまえ_____かえす日:03/06/26 17:12 ID:eiCDhr8P
>362
もしかして、テレビの「まんが日本昔ばなし」と「まんが世界昔ばなし」を
絵本にしたものではなかったですか?


373 :ぎゃー ◆uK0FJbquNE :03/06/26 19:25 ID:6jF2ogJb
>>372さん
番組として当時あったんですよ。
他にも「まんが日本絵巻」とかもあったかな。(幾度か取り上げられた「渡辺の綱」しか覚えていません)
どれも、大人でも楽しめる出来だったと思います。
いまだと、流行らないのかなぁ。

374 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

375 :なまえ_____かえす日:03/06/26 22:07 ID:j5mVKmDA
落ち着け>>373
>>372は君の>>337へのレスではない。

376 :なまえ_____かえす日:03/06/26 23:35 ID:Vl04AuXv
>>375
ワロタ。このスレは落ち着いた方がいい人たちが多いな。

377 :372:03/06/27 00:17 ID:3P53pxkh
ああ、375のおかげで、意味がわかったよ。
内容が微妙にかぶってたんだね。まぎらわしくてごめん>373

ええと、「まんが日本昔ばなし」のミニ絵本が家にあったんだけど
362の内容とすこーし似てるかな、と思って372にカキコした次第です。
でももっと小さな本だったし、たぶん違うっぽい…

378 :351:03/06/27 01:00 ID:0ECsdO7u
>>371
子供の頃からこの話とても大好きで、最近になって買って持ってるんだ。
だからあらすじ読んでピンと来た。
Amazonとかで3册ともまだ扱ってるよ。

379 :なまえ_____かえす日:03/06/27 03:06 ID:V+LNeKSb
ミステリー板でも聞いたのですが、こちらのほうが
雰囲気に合ってると思ったので、改めてお尋ねします。

1 好奇心旺盛な主人公(男、中学生位)が、妹(弟?)
 と共に、海沿いの崖にきりたったお城のような屋敷で起
 こる事件を、探るお話です。ヒロインとして、金髪ショート
 カットの少年のような女の子がおり、主人公と意気投合して
 屋敷の謎に迫っていました。

2 今から、10年位前に読んだ本で、シリーズ物でした。
 たしか、海外の作品だったと思います。

3 サイズは文庫本で、挿絵は覚えていませんが、表紙はわりと
 マンガチックな絵だったと思います。

4 中学生になったかどうかの頃、市立図書館で借りて読みました。

追記としては、ヒロイン?はなかなか態度のでかい性格で、自分が
女であること嫌悪していました。そのため、主人公とは恋愛感情で
はなく友情感情で結ばれていました。
また、舞台の屋敷には、普段ヒロイン?が使用人とすんでおり、
主人公は何らかの理由で、遊びにきていたという設定でした。

その当時では、男として振舞うヒロイン?の存在がとても珍しく
ひどく記憶に残っています。

もし、ご存知の片がいたら教えてください。

380 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

381 :なまえ_____かえす日:03/06/27 19:03 ID:RxpchnQC
警告!

380のリンク先に行かないように! いたずらです。

382 :なまえ_____かえす日:03/06/27 19:28 ID:RxpchnQC
注意 amazon とか、 yahoo とか、見知ったリンク先でないかぎり、
リンクやアドレスは無視すること。

とくに、情報量が少ないものには注意。

教える人も、ブラクラ等と間違えられないように、注意して書き込むべし。

383 :なまえ_____かえす日:03/06/28 00:07 ID:DgTGgmAb
>7ネコが出てくる冒険物
「黒ねこサンゴロウ」?読んだことないので自信なし。


384 :なまえ_____かえす日:03/06/28 08:26 ID:3XT3YhQw
15〜6年前に読んだ本です。
小学校の図書室にあり、日本の話全集みたいな感じの本でした。

覚えているのは
「友達が病気にかかって、顔がふくれておばけみたいになった」
「そのことを友達同士で気持ち悪いとか悪口を言っていた」
「友達みんなで宝物にしていた紅いビーだまを砂場に埋めた」
「最後は自分が病気になって、窓ガラスごしに友達に気持ち悪いと言われ、
 宝物のビーだまも掘り起こして友達のものになってしまった」
くらいしか覚えていません。
なんだかとても恐くていまだに忘れられません。
どなたかよろしくお願いします。

385 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

386 :なまえ_____かえす日:03/06/28 15:11 ID:PVvX6Fki
10年程前に読んだ本です。
記憶がかなり曖昧なんですがお願いします。

少年が主人公で女の子の夢を見る。
夢の女の子を見かける。
後をつけていくと塾に言っている事が分かる(クラスが2つに分かれていてその子は上のクラスにいた気がする)。
親を説得して塾に入る。
会ってみると女の子は男の子だった。
その男の子と親友のようになる。
その男の子は宇宙人に連れて行かれる夢を見る(りんごとか出てきた気がする)。
最後に男の子はいなくなってしまう。

覚えている事を羅列してみましたが、どれも余り自信がありません。
近い話を知っている人がいたらお願いします。

387 :なまえ_____かえす日:03/06/28 18:16 ID:0+qaZAsL
>348
畑山博「アステカの少女」だと思います。
主人公はメキシコ在住の少年・勝男、女の子はティコ。

388 :なまえ_____かえす日:03/06/28 21:41 ID:p838WQFl
>>386
ちょっと自信がないのですが、
「ぼくの・ミステリーなあいつ」 さとうまきこ/作 伊藤良子/絵
ではないでしょうか?

389 :なまえ_____かえす日:03/06/29 00:21 ID:dpu5BFFA
1980年代前半に読んだものです。
小学校高学年向け。
男の子が汽車に乗ってどこかへ行くのですが、その途中、乗客が一人またひとりと
席を立ち、客車の外へ行ったっきり戻ってきません。そうこうしているうちに
客車にはその男の子ともう一人の客が残るだけ。
その客も出て行くのですが・・・
その後の展開は思い出せないのです。ミステリーと空想を織り交ぜたような内容で
どちらかというとファンタジーの色彩が濃かったような。
本の大きさは小さめの児童書サイズ。挿絵はありました。

どうしても最後の結末が知りたいのです。
覚えている方いらっしゃいませんか?

390 :なまえ_____かえす日:03/06/29 00:47 ID:acJW5EL5
>>389
「銀河鉄道の夜」ではあるまいね・・・?

391 :なまえ_____かえす日:03/06/29 00:51 ID:dpu5BFFA
>>390
宮沢賢治著ですか?
いや、そんなに有名な話ではないです。
なにかのフェスティバルで出店していた絵本屋でたまたま手にとって
親にねだって買ってもらったものなのですが・・・もうとっくに捨ててしまっていて。
ちび○サンボはあるのに・・・。

392 :ほし:03/06/29 07:16 ID:TM5XVT8V
どうしても読みたい本があるので、質問させてください。
1 ある国の魔法使いがある日突然に魔法が使えなくなってしまう話
です。その魔法使いは結構偉い人でおじいさんだった気がします。

2 14年前に読みました。

3 本の見た目・厚さなどは申し訳ないのですが覚えていません。
 挿絵はありました。挿絵で憶えているのは魔法使いが朝起きた所くらいです。
 
4 小学校の図書館で読みました。一年の時読んだので
 低学年向きだと思うんですが。

日本か外国かもわかりません。でも挿絵は外国のぽかったような。
絵本ではないと思うんですが…。
ご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

393 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

394 :なまえ_____かえす日:03/06/29 09:55 ID:Uk5lAfyj
>>387さん

ありがとうございます!
ティコという名前だったんですね。
お互いの名前を呼びながら戦場を走っていくシーンを思い出しました。
さっそく今から探しに行って来ます。
本当にありがとうございました。


395 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

396 :なまえ_____かえす日:03/06/29 14:08 ID:Q0DJMaUO
>>389
「風力鉄道にのって」?



397 :なまえ_____かえす日:03/06/29 14:15 ID:Q0DJMaUO
>>392 絵本板よりコピペ

98 名前:さく・え/ななし 投稿日:03/04/12 00:23 ID:P6OMs3rO
魔法使いの話でシリーズものがあって面白かったのですが、思い出せません。
主人公の名前はマリーンか何かだと思います。

1作目は、国中の仕事をすべて魔法で解決してあげていた魔術師。
自分のベッドメイクも魔法でやってました。
でも、突然魔法が使えなくなりました。
王様も国民も突然魔法が無くなって、大パニック。
慌てて、魔術師、先生の所に相談に行く。
先生「何でも魔法に頼っちゃいけないよ、今度だけは元に戻してあげる」
その頃、敵が国に攻めてきた。ちょうど戻ってきた魔術師。
「今こそ魔法を使うときだ!」敵はみんなロバ?になって逃げてった。
国民「やったー!さぁ、たまった仕事を片付けてくれ」
魔術師「自分の事は自分でやらなきゃ駄目!私は私でやることがあるから」
魔術師は毎朝、自分でベッドメイクをやるようになりました。

2作目以降も全部このパターンですが、面白かったです。


99 名前:さく・え/ななし 投稿日:03/04/12 10:13 ID:aNW3pB7y
「まほうつかいメルリックのはなし」?


398 :ほし:03/06/29 14:36 ID:QTpE5WsV
>397
あれ、絵本だったんですね!すみません。
今から調べてみます。話の内容はだいたい合ってるので
これだと思います。本当にありがとうございました。

399 :なまえ_____かえす日:03/06/29 18:39 ID:ocFuZ2Nf
>>396
違うと思う。

400 :なまえ_____かえす日:03/06/29 21:16 ID:AF7DCDSl
低レベル民間の人って嫌いじゃないんだけど、
報われてないっていうか、ダサいって言うか・・・生理的に受け付けない。
退職金なし、給料・ボーナスもろくなモンじゃない、なんか一緒には居たくないイメージ。
嫉妬の塊で生きてるようなところも好きになれない、
というか、はっきり言って人間的に気持ち悪い。
こういうふうに思っている人、意外に多いと思います。

401 :なまえ_____かえす日:03/06/29 23:34 ID:un9W4666
ど、どうした。
誤爆にしても負のオーラキツイな

402 :389:03/06/30 04:43 ID:WL4x/qY8
>>396
googleと東京都の図書館横断検索で調べてもヒットしなかったので
その書名の本の内容と一致しているか確かめられません。
出版社・著者を知っていたら教えてください。

403 :なまえ_____かえす日:03/06/30 07:30 ID:e0xDcCTg
風力鉄道に乗って 童話パラダイス
斉藤 洋 (著), 佐々木 マキ
単行本: 189 p ; サイズ(cm): 210 x 148
出版社: 理論社 ; ISBN: 4652004710 ; (1990/10)
内容(「BOOK」データベースより)
進学教室の模擬テストに通う渉くん、まちがえてヘンテコリンな列車に
乗ってしまった。毛むくじゃらの車掌さん、キツネの顔、ネコの顔、
つぎつぎ現れる不思議な乗客たち。車内には食堂車もあれば、おふろもある。
どうなってんの、これは。


やっぱ違うっぽいな。



404 :なまえ_____かえす日:03/06/30 13:57 ID:PJUUEwRZ
ひとつお願いします。

1 本の内容。
 少年は鳩を飼っている。えさはいつも缶にいれて振って、その音を鳩に聞か
せていた。やがて火事(たしか空襲)の焼け野原の中、鳩が腹をへらしている
だろうと思い帰宅、いつもどおり缶にえさを入れて振って音をさせると鳩が帰
ってきた。

2 いつごろ読んだのか?
 1979〜1981年頃

3 本の見た目
 たしかソフトカバー。ページ数は子供の手にも薄かった気がします。
差し絵は数枚程度。

4 読んだ状況
 図書館で読みました。小学校5、6年ごろ。

 どうかよろしくお願いいたします。

405 :なまえ_____かえす日:03/06/30 16:28 ID:C8L4r5PO
'80年前後に小学校の図書室で読みましたので、
発行は70年代だと思います。

オペラやバレエを子供向けに物語化したシリーズもので
「アイーダ」「ローエングリン」「さまよえるオランダ人」
などがあったのを覚えています。
恐らくハードカバーで、1冊に2〜3話程度収録されていたと思います。

現在入手できる類似の本がありましたら、それも教えていただきたいです。
どうかよろしくお願いいたします。

406 :なまえ_____かえす日:03/06/30 17:25 ID:dqR9VciH
>>405
偕成社の少女名作シリーズ・40「名作オペラ物語」では?
と思ったけれど、シリーズでオペラ作品を扱っているのは
この一冊だけなので、405さんのお探しのものとは違うかも。
(でも私もこのシリーズでバレエものを読んだ記憶が)

一応詳しく紹介してあるサイトを。
ttp://www.geocities.jp/daidu_bebop/kaisei.htm

407 :406:03/06/30 17:28 ID:dqR9VciH
おっと見落としてた。
「バレエ物語」もシリーズにはいっておりました。

408 :405:03/06/30 18:05 ID:sxEfrZtq
>>406-407
ありがとうございます!これです!
間違いなくこのシリーズの「バレエ物語」と「名作オペラ物語」です。
他の作品もほとんど覚えがありますし、
「悲しみの王妃」などは後から岩波文庫版を改めて買ったものです。
同じシリーズだったのですね、ますます嬉しいです。
表紙を見て一気に思い出が蘇ってきました。
本当にありがとうございました。

409 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

410 :なまえ_____かえす日:03/06/30 21:11 ID:UClNNxPb
お願いします。
1 内容
日本のお話でした。ものすごく長い寿命を持ったウミガメがいて、自分の
時間を少女に分けてあげる(1日に1時間)。少女は毎日、海の上を歩いて
遠くの病院に入院しているお母さんに会いに行く。
ある日、1時間を超過してしまって海にのまれてしまう。
漁師の青年もカメから時間をもらって、網の修理や太鼓の練習をしたりする。
この青年がカメの時間を使い切ったとき、少女は助かる。
短編集だったかもしれません。

2 読んだ時期
1980年から90年くらい。出版はそれより前かも。

3 本の見た目
挿絵、装丁など全然覚えていません。ハードカバーだったのは確かです。

4 読んだ状況
知り合いの家で一度読んだきりです。

内容はよく覚えてるのですが、題名が全然思い出せないんです。
検索しても何だかうまくいかなくて。
御存知の方いらっしゃったら、よろしくお願いします!



411 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

412 :ですな:03/06/30 22:15 ID:ThQaFuvl
安房直子「南の島の魔法の話」ではないですか>410

413 :なまえ_____かえす日:03/06/30 22:19 ID:q8O8Aqe2
『はとよひろしまの空を』?>404

414 :ですな:03/06/30 22:20 ID:ThQaFuvl
正確には「だれも知らない時間」という短編の模様

415 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

416 :なまえ_____かえす日:03/06/30 22:48 ID:/by1Qy3c
タイトルはわかるのですが、内容が…。
もう今から20年近く前、メキメキエンピツという本を読みました。
最初のページに「この本は怖い本です」と書かれていて、
本当〜に怖かったので、途中でやめてしまいました。

でもどんな風に怖い話だったか全く覚えてないのです。
今読んだら、なんて事ないと思うのですが…。
気になるので、話を覚えてる方いらっしゃったら簡単に教えてください!
あれ、ほんとに怖かったですよね〜?


417 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

418 :なまえ_____かえす日:03/06/30 23:06 ID:Ie4zgnmP
男の子が、魔法使い(だったかな?)からチョコレートの苗木を手に入れる。
男の子は半信半疑だが、教わった通り、毎日ミルクを土に与え続ける。
すると、銀紙に包まれた丸いチョコレートの実がなる…

…という話を読んだことがあるんです。
このチョコレートがまた、美味そうなんですよ!(w
また読んでみたいのですが、題名も作者も思い出せません。
誰かご存じの方はいらっしゃいませんか?

419 :なまえ_____かえす日:03/06/30 23:56 ID:wxnC/2IO
>>416
大海赫の「メキメキえんぴつ」だよね。まだ手に入るみたいよ

420 :なまえ_____かえす日:03/07/01 00:35 ID:zXC1mYYb
>>418
「チョコレートのたねあげます」木暮正夫 作 黒井健 絵 岩崎書店
じゃないでしょうか。

421 :418:03/07/01 01:02 ID:XV6BSbYD
>>420
ああ!それです!(゚∀゚)
題名聞いたらグワッと思い出しました。
苗木じゃなくて種だったんですね…記憶違いでした。
あのかわいい絵は黒井健さんの絵だったんですねぇ。
男の子がチョコレート食べてる絵、美味しそうで大好きだったんです。
教えてくれてありがとうございました。早速探してみますね!

422 :389:03/07/01 01:09 ID:wX+WBlPa
>>403
> 毛むくじゃらの車掌さん、キツネの顔、ネコの顔、
この辺が違います。不思議な乗客ではあるんですが、動物系統でなぞらえてはいませんでした。
車掌は出てきていたかどうか覚えていません。

> 車内には食堂車もあれば、おふろもある。
その客車一両だけの範囲での話だったような。
最後の方は、たしか・・・異次元かトンネルを抜けた先の別世界に
つながっていて、そこから誰かがやってきて・・・その先・結末が
わからないのです。

423 :なまえ_____かえす日:03/07/01 01:48 ID:SenBS0H5
20年くらい前なのですが、もうすぐ休刊になる「詩とメルヘン」という雑誌の
付録(綴じ込みで、小冊子)で、やなせたかしさんがイラストと共に書いたお話
をもう一度読みたいので、もしご存じの方がいましたら教えて下さい。
その童話は出版物となってその後売られたかどうかも不明なんですが。

お城に住んでいる雪のような少女。登場するおじさんとダンスを踊ったりして体が
暖まり、抱きしめると溶けて無くなっていた、、、と言った感じでした。

424 :410:03/07/01 02:07 ID:VcKM1fdk
>>412、414
間違いなくそれです。ほんとにほんとにありがとう!
この話すごく印象的で、何かの拍子に思い出すことが多かったんです。
当時の自分は欧米系の名作みたいなのばっかり読んでまして
和風ファンタジーしかも恋愛感情あり、というのがとても新鮮で。
少女の孤独感なんかも胸に迫る感じだったし。

検索して紹介文など読んでいるうちに、他の話もわーっと記憶に蘇ってきて
なんか嬉しいです。
絶版が多いようなので、古本屋で探してみようと思います。
どうも有り難う!!

425 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

426 :まとめ人:03/07/01 15:49 ID:CzzyS3rV
400までまとめました。
情報が全然ないのはこれぐらいでしょうか。

>>3 >>7 >>10 >>12 >>32 >>61
>>101 >>105 >>134 >>161 >>164
>>183 >>192 >>208 >>257 >>263
>>314>>340>>357>>369>>379>>384

427 :なまえ_____かえす日:03/07/01 19:19 ID:PurtUlE4
>>423
サンリオに直接聞いたほうが早いのでは?

編集部がなくなる前に聞かないと一生後悔しそうな予感....


428 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

429 :なまえ_____かえす日:03/07/02 02:09 ID:oiyRb8Bk
すみません、絵本ではないのかもしれませんが...。
80年代始めに、NHK「お話の国」の様な番組で放送された話だったと思います。

 1 館の女主人の名前が「さんにゃっつう」。
 2 箪笥の引き出しの中に畑が有り、農夫が作業をしている。
 3 その館に迷い込んだ男が、開けてはならないと約束した部屋を覗いてしまい、
   すべてが消え失せ、梅林のなかに立ち尽くす。

うろ覚えで思い違いもあるかもしれません。
なにしろ、この女主人らしき人物の、名前の響きが忘れられないのです。
なお朧な記憶では、実はこの女性はウグイスだったような気も...。
せめてお話のタイトルだけでも、どなたか教えて戴けないでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。




430 :なまえ_____かえす日:03/07/02 04:52 ID:F0ScZe8e
>>429
あー、それタイトル忘れちゃったけどNHKオリジナルではなくて
有名な民話です。
私はその話が収録されているマンガ日本昔話のアニメ絵本を
持っていました。
429さんの書かれているものと多少細部は違いますが・・。

431 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

432 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

433 :なまえ_____かえす日:03/07/02 07:49 ID:zIMnAL9z
>>429
「二月の扉」とか「見るなの座敷」と呼ばれる民話の類話ですね。
季節の箪笥があったり、二月の部屋を開けると女房が鶯になって去ってしまう
ところはそうです。
その女房の名前が特徴だと思うんですが、採話した作者のオリジナルなのか、
その形で伝わっている話があるのかがわかりません。
お話自体は、「見るなの座敷」で探せばいろいろ見つかるかと思います。

434 :なまえ_____かえす日:03/07/02 08:08 ID:zIMnAL9z
>>426
まとめお疲れさまです、ありがとう。
>>105は解決済みでしたね。

時々貼っておこう。まとめサイトさんのページです。
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Homeroom/9413/index.htm

435 :なまえ_____かえす日:03/07/02 11:15 ID:HS3HbM2E
>>388
レス遅れましたが、ありがとうございます。
ぐぐってみたら見覚えのある表紙でした。
でも絶版中(´・ω・`)なんで図書館回って見ます。


436 :なまえ_____かえす日:03/07/02 12:19 ID:9KRFGaI4
こちらも参考までに。
【うろ覚え】わからないタイトルの本ある?【教えて】 (@暫定板)
http://members.tripod.co.jp/juvenile_2/pastlog/1035180277.html

437 :なまえ_____かえす日:03/07/02 17:57 ID:4UxU56qY
>430,433,436
早速教えていただき有り難う御座いました。
大まかに話の内容は掴めました。
ただ、肝心の女性の名前の合致を目指し、もう少し調べてみたいと思います。
どうも有り難う御座いました。



438 :なまえ_____かえす日:03/07/02 18:35 ID:BDlCyrFY
>>429

私もアニメは見ていないのですが(というか、自分の地域では恐らく放送されていなかった…)、
それを絵本にしたものを持っていました。>430さんと同じだと思います。

「まんが世界むかし話」の「ろばになった旅人」に似ています。

話の内容は若干違っていて、タイトルのとおり、男はろばになってしまいます。
ジオラマみたいな畑で何かを栽培していて、
それを使ってつくった、肉まんのようなものを男が食べてしまう→ろばになる→農作業する
のような話だったと思います。
ただ、女の名はやはり「さんにゃっつう」のような名でした。

なんだか激しくあいまいですみません。
私のもっていた絵本の元アニメは多分これです。
http://store.yahoo.co.jp/iimono/yy814-0000001.html
見つかるといいですね。


439 :なまえ_____かえす日:03/07/02 19:29 ID:kGkVgCeM
「三娘子」を中国語読みすれば「さんにゃんつ」になると思うのですが。
絵本「ふしぎなやどや」の女の名前が三娘子らしいですよ。

440 :なまえ_____かえす日:03/07/02 20:04 ID:ICB3tkHo
>419
遅くなりましたが、レスありがとうございます。
そう、題名と作者はわかったのですが、
どんな内容だったかな〜と思って。
なかなか図書館でも見当たらないし、書店に注文する程でもないのですが…。
機会があれば読んでみようと思います。

441 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

442 :なまえ_____かえす日:03/07/02 21:53 ID:BXMBBK+K
>>439
それのもとは板橋三娘子ですね。中国唐代の小説。
ttp://members.tripod.co.jp/huameizi/text/sanniangzi01.htm

443 :なまえ_____かえす日:03/07/03 01:29 ID:6wRX/LdR
>>430 >>438
懐かしアニメ板にこんなスレが。
世界昔ばなしを語る!
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1032275426/l50

そのスレのまとめサイト
http://ilove2ch.hp.infoseek.co.jp/msmb/

私も絵本のみでアニメは見たことないのですが
「エミリーの赤い手袋」というトラウマ童話を探してて
アニメ板のスレにたどりつきました。
まとめサイトに画像があって、それが挿絵そのままなので
結構懐かしいです。興味あったらどうぞ。スレ違いスマソ。

444 :なまえ_____かえす日:03/07/03 01:37 ID:6BCCg7bi
>>427
アドバイスありがとうございます。サンリオのHPでは、商品などに関する
質問をメールで行うアドレスはなかったのですが、あちこち検索しましたところ
やなせたかしさんご本人に関する質問を受けつけているアドレスを見つけ
ましたので、メールしてみました。返事が来ることを祈るのみです。

335 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★