5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【佐藤】コロボックル【さとる】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/02 23:09 ID:VU6BCpAy
「だれも知らない小さな国」にはじまる
コロボックルシリーズについて語らいましょう。

224 :なまえ_____かえす日:03/12/25 01:45 ID:H3V6nmXw
>>223
やっぱコロボックルはハードカバーのがいいよね。
青い鳥文庫は小さい。

225 :なまえ_____かえす日:03/12/25 10:12 ID:13Y/yJya
>>224
漏れは講談社文庫なのでさらに小さい。鞄に突っ込んどくには
いいサイズなんだが。

226 :なまえ_____かえす日:03/12/25 18:42 ID:F4LfMJCr
私は住宅事情もあるので青い鳥文庫版で充分。
ハードカバーはゴロゴロ読みするには重い。
挿絵を楽しむと言う意味でハードカバー読みたかったらいつでも図書館で借りれるしね。
それよりファンタジー全集を早く復刊して欲しい。
あの装丁が一番良い。

227 :なまえ_____かえす日:03/12/25 22:39 ID:N99dsdpr
>>225-226
まあなんでもいいんだけどさ。
子供のファーストコンタクトとしてはなんとなく
ハードカバーのが絵も大きいし良いのでないかと。


228 :なまえ_____かえす日:03/12/25 23:56 ID:Q9MYCpoj
甥っ子喜んでくれるといいねえ。>>223
うちもこないだ甥が出来たんだけどまだ6ヶ月の0歳児だからな。
そういう楽しみはもうしばらく待たないと・・・w

青い鳥文庫でしか読んだことないんだよな自分。
ハードカバーは意外と本屋でも見かけない印象。
「つづきの話」で正子さんがハードカバーを読んでいるのを見て
ハードカバーで順番に読んできた人は嬉しい場面だろうなーと思ったよ。

229 :1:03/12/26 01:01 ID:GqfxIv7n
家は姉の子供にプレゼントしようと思っていたら…


いきなり離婚して子供を手放しやがった > 姉 (涙)

230 :なまえ_____かえす日:03/12/26 01:29 ID:jFl5p50j
(;´Д`) ソ、ソウ・・・

231 :223:03/12/26 10:32 ID:7TRsnWxC
まあ、いろいろあるわな。ドンマイ。

漏れは昔、本を作ってたのだが(今も関わっているけど)、作る
側からするとハードカバーってのは装丁も工夫できるし、イラス
トも大きくできるからやっていて楽しいのだな。文庫のほうが安
いし、手に取りやすいことはわかってるんだけど、「本」として
楽しむのであればぜひハードカバーや大きめの版を選んでほしい。

ハードカバーのほうが単価が高いから出版社が儲かるっていう人
もおるけど、本の値段が高いってことは作者に入る印税も高いの
だよ。漏れは楽しい本を書いてくれた人には感謝の意味も込めて
高めの本を買うようにしている。そういう意味では古本にもちょ
っと抵抗あるんだが、まあこれは図書館で借りても一緒だしな。


232 :なまえ_____かえす日:03/12/26 13:50 ID:dItJ5ZiA
>>231
基本的に禿同だけど、装丁ばっか凝っていて中身が?な
本がなんと多いことか…。それにすぐに文庫になっちゃうし。
なんか出版業界ってもうちっとスマートにできんもんかなと
素人は思う。

233 :223:03/12/26 21:33 ID:lgR6mxbK
>>232
スレ違いになってしまうが……
装丁屋と作家は別もんだしね。装丁屋はある種アーティストだから
自分の仕事は最大限評価を受けたいものにしたがるし、それは中身
とは直接関係なくても許される範囲。編集は本が売れてくれればい
い(極論だけど)。作家はまあ、きれいに装丁してくれれば嬉しい。
とはいえ装丁でそんな滅多やたらに値段が変わるもんでもないのよ。
もちろんハードカバーにすりゃ、文庫よりは遥かに高くなるけどさ。
すぐに文庫になっちゃうのはそれを消費者が求めているから。本の
価値が落ちていると言ってもいいかもしれない。

あとね、スマートにちゅーても、何をどうスマートにすりゃいいの
かな。編集プロセスはかなり電子化されたけど、結局人が目を通し
たりする作業というのは昔から変わらんからね。あとは編集以外の
ところ……営業も取り次ぎも本の中身のことなんてわかってないし
なあ。
漏れは読者の質も落ちてきた(あるいは読者の数が減っている)と
感じるけどね。自分の周りを見ても。

234 :223:03/12/26 21:39 ID:lgR6mxbK
まあ何がいいたいかというと、出版業界、ひいては作家先生たち
の明日を支えるのはお前らですよ、というこってす。
読者の目が肥えて、かつ、いいものには相当の対価を払ってやっ
てくれ。どうでもいいクソみたいな本がベストセラーになるのは
なんとかしてくれ……。悪貨良貨を駆逐す、の典型例だよ。

コロボックルみたいないい本は次世代に受け継いでいきたいし、
そのためには売れなきゃならんのですよ。
我らはモチノヒコ老人に倣って、次の世代の心に水をまくべきな
のですよ。



235 :なまえ_____かえす日:03/12/26 23:29 ID:9LI50DIz
本の装丁て大事だ。初見は装丁とタイトルで選ぶ。
図書館で本選ぶ時、本屋で厳選する時、
本全体から漂ってくるオーラを真剣に読み取ってる。
そっけない装丁で内容が損してるものも多いんだろうなと思う。

自分はとにかく本に触れることが大事だと思うから、
古本は良い、と思ってるよ。普通の書店だとどうしても内容偏るしな・・・

図書館・古書店・新刊書店・作り手、
それぞれみんな他にない機能があってメリットを持ってる。
補い合いながら上手いことやっていって欲しいなと思うのだけどな。

236 :232:03/12/27 00:05 ID:OII5obrh
>>233-234
それはわかってます。読者の質が落ちているのも感じます(自分含む)。
でも、卵が先かひよこが先かみたいな話じゃなく、読者は出版されて初めて
その本に出会うわけで、供給が先ですよね。もちろんマーケティング調査も
ありますし、他の娯楽に奪われた客を取り込むのに必死だから悠長なことは
言ってられないのでしょうけど。

偏った書評や広告を出し、ネームバリューに頼り、チェーン系の書店や
駅構内でプッシュして無理矢理話題作ればある程度売れるでしょう。
ベストセラーだけを読む人は一定数いるでしょうし、「今売れてます!」
「重版出来」「○○氏絶賛!」とかポップ付ければいいわけで。
読者は売り物しか買えないわけですし、書店の本棚が偏っていれば
それしか買えないわけですし。

そういうのがなんだかなぁって感じているので「スマートに」って表現しました。
でもそうやって売れる本がないと出版社の体力が無くなってしまい、
数は出ないけど良質な本も出せなくなってしまう現実があるわけで
難しいんでしょう。でもやっぱり良い本を増やして書店に並べるしか
ないですよ。出版業界然り音楽業界然り、悪貨を蔓延させたのは
基本的に業界側のモラルの問題だと思います。農業・工業のように
外国勢に押されてるわけじゃないのに。

237 :223:03/12/27 00:49 ID:Skw1zuJs
>>236
スレ違いなんでこのくらいまでにしとこうかとは思うんだが……

まあいわゆる大衆文学とでも言うべきジャンルが売れるのはある意味
当たり前の話で、多かれ少なかれ、そういう本に業界が頼っていると
ころは大きいのでそれを否定するつもりはないのね。

ただ、そういう「軽い」(残らない)本があまりに売れすぎると言う
か、そういう本しか売れない土壌になってしまったのはどういうこと
なのかと。そりゃ作る側が競って乱発したという反省はあるんだが、
読む側もそういう本しか読まなくなってしまってないかな、と。
「良い本」と信じて出している本の数自体は減っていないはずだし、
それなりに大きな書店なら手に入るはずなんだけど。
作る側(今、正確には書く側なんだが)としてできることはやってい
るはずと信じているんで、あとは良貨を見つけた人たちがそれを宣伝
してくれると非常に助かるのよ。

まあ、他社さんの悪口はいいたくないけど、ベストセラーを無理矢理
作ってくるヤクザみたいなところが増えたからなあ……。

漏れはそんなわけで、地道に「いい本」を子供に配ったり読ませたり
することにしたのね。20年後に芽が出てればいいやと思ってさ。


238 :236:03/12/27 02:33 ID:5FgzHNri
>>237
でもやっぱり読む側の質の前に供給側の質ありきだと思いますよ。
良書でも近所の店に無ければ普通の人には届かないわけだし売れないでしょう。
全体的に本が売れてないのなら消費者の眼がある程度正しいのだと思っています。

結局書く側・売る側・読む側それぞれが意識を高くするしかないですね。
いい本を作ってください。みなさんスレ違いすいませんでした。

239 :なまえ_____かえす日:03/12/27 12:54 ID:2TOXvmFr
そんなにコロボックルがいい本だとゆうのなら、
もっと書店で子供が普通に見掛ける様に売る方も努力しなよ。
全く見掛けないよ。
結局自分にとって都合の良い(儲け主義)ことしかしないのでしょ?
本のテーマと相反する行為主張に感じる。

240 :223:03/12/27 18:19 ID:Skw1zuJs
>>238
質の問題というかね、量が増えすぎて、いいものが目立たなくなって
いるというのが最大の問題。時代を問わずいいものはいいわけだし、
昔から連綿と売り続けられている本はあるわけよ。
ただ、書店にも限界はあるから、古い本から消えていくのは止むを
得ない。これは書店を責める訳にはいかない。
雑誌や新聞の書評は半分くらいは広告も同然だし(全部ではない)。
結局、ある程度古いもの(書店にない場合)は読む側(実際に読む
必要はなくて、本を買う人)が「この本を読ませたい!」という良
書を脈々と受け継いでいくしかないと思う。

>>239
そりは講談社さんに言っとくれ。あと書店の児童書担当にも。
もっとも今は佐藤さとる先生自体があまり顧みられていないという
状況なんだよなあ……。まあ、作家も増えてるから、すでに投資分
を回収したと考えられている大御所は特に新作でも出なければ、あ
まり宣伝費をかけないのが常識的な判断。
極端な例だけど、よほどブームにでもならなければ夏目漱石やら
芥川やらの本を全面に押し出したフェアなんてやらないというのと
同義。新しい作家をプロモートするのが出版社の仕事なんだし。

あとな、「出版社は営利企業だ」っつーのを忘れてないかい。
儲けしか頭に無い企業があったとしても、それはその企業の方針
なんよ。ただ、それを選別するのは消費者が知恵を付けないと。
ヤフーBBとかの問題と根は同じなんだけどな。


241 :なまえ_____かえす日:03/12/27 19:53 ID:2TOXvmFr
>>223
スレ違い&無駄に長い文。いい加減にしろ!
自己中さらけ出し、ホントにコロボックル読者とは思えん。

242 :223:03/12/27 21:51 ID:Skw1zuJs
>>241
もう消えるけどさ、読者であることと、なんか関係あんの?

7カ月で240しか行かないスレで何吠えてんのやら。

243 :なまえ_____かえす日:03/12/28 00:08 ID:qZGAEliN
>>242
・・・最後の一文に Σ(;´Д`) グサー ときた。
事実なのになんでだろな。

人の少ない板だからこそ気遣いは大切よ。
主張から離れた無為な争いはやめれ。

244 :なまえ_____かえす日:03/12/28 00:30 ID:f61v0Dg+
まったりと話したいのならそもそも2ch以外にも掲示板はあるわけだし、
ヒートアップ気味だけどまったく無関係な話でもないからいいんでないの?
ちゃんと会話も成立してるし、佐藤さとるを貶めてるわけでもないじゃん。
他の話題があるなら自分で切り出す、無いなら生暖かくヲチでいいっしょ。
今回の場合気遣いとかスレ違いとか言ってる方がおせっかいな気がする。
ゆとり持とうよ。

245 :なまえ_____かえす日:03/12/28 00:59 ID:qZGAEliN
出版社について語るスレッド
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1072540001/l50

こんなん立ててみますた(立ててもらいました)。
出版業界の話、興味ある話題だ。
スレの主旨との違いを気にせずに話せたら良いよなと。
ドウゾご利用ください。

246 :なまえ_____かえす日:03/12/28 08:46 ID:nd8Dkrse
でも、大々的にフェアとかやられて、
ダヴィンチとかで芸能人に「ずっと好きだったんです」と語られるよりは
今のままひっそりと…という気持ちもないではないな。自分勝手な思いだけど。


247 :なまえ_____かえす日:03/12/30 00:12 ID:kVe17wSj
誰も知らない小さなスレ

248 :1:03/12/30 18:45 ID:zvnQbV2x
地道に紹介するのは悪いことじゃないですよ。

249 :1:04/01/01 11:12 ID:2kNLGLRb
イメージクリップ社から、村上画伯の年賀イラスト付き年賀メールが届きました。
2通も (笑)

250 :なまえ_____かえす日:04/01/01 17:17 ID:EGsLqA1K
ホントだ二通w

251 :なまえ_____かえす日:04/01/03 15:08 ID:XFooxgB9
読んだ事あります。

252 :1:04/01/03 15:19 ID:N+s7SC0l
>251
ご感想は?

253 :なまえ_____かえす日:04/01/05 09:58 ID:J0gjrYX1
随分前なもんで、内容をはっきり憶えて無いのですが、コロボックルが夢に出て来た憶えがある。

254 :1:04/01/05 22:25 ID:Rj3zmH5I
夢と言えば、私の周辺の「誰も…」読者は巨木に脅される夢を見たがる輩が多いなぁ。

255 :なまえ_____かえす日:04/01/06 20:39 ID:NDVZ6g73
1はもう名無しに戻れば?コテハンにする意味ないし

256 :なまえ_____かえす日:04/01/06 22:57 ID:RAczR3oD
いいじゃんそのくらい。
次スレも率先して建ててくれるよきっと。

257 :なまえ_____かえす日:04/01/17 10:33 ID:7ujmRYBz
次って5年くらい先か?

258 :なまえ_____かえす日:04/01/23 09:24 ID:63oxQ1/s
保守がてら。スレとはそれほど関係ない...こともないが。

この板がしたらばで仮運営の時から参加してるが、児童書好きって心が狭くて排他的で
自分からは滅多に動かず、そのくせ誰かが率先して動こうとすると嫉妬なのか知らんが
叩く傾向があるのかと思った。一言でいえば女々しいのが多そう。

この板の、ごく一部だけであって欲しいのだが。

259 :なまえ_____かえす日:04/01/23 16:58 ID:ZfMrAV65
えーい、そんな人間ばかりじゃない。

小学3年生のとき「赤んぼ大将」が生まれて初めて買った文庫本で
それから中学生までは、佐藤さとる+村上勉漬け。
(矢野顕子の「ト・キ・メ・キ」のLPまで買った)
しかし、なぜかコロボックルシリーズには手を付けなかった。
6歳年上の兄貴は読んでたのに、自分は読まなかった。

今、35歳になって「だれも知らない」から読みはじめた。
ここまで、読まずにおいてよかったのかもしれない。
ものすごくしあわせな気分になった。

年末から正月にかけて、「豆いぬ」よんだ。
兄貴の訃報を聞いて、黒いスーツ持って乗った電車の中で読み終えた。
とてもいい本だった。しあわせな気分になった。
ただし、兄も同じ本持ってたこと思い出して、やっぱり悲しくなった。
今年の正月は、そんな感じだった。

また、別の本をいくつか読んだら、次のコロボックルを読む予定。(もう買ってるよ)
兄のかわりに再読します。

260 :なまえ_____かえす日:04/01/23 21:16 ID:1KKGyNGq
・・・お悔やみを。

大人が読んでも古びない。そんな児童書がいい児童書。
コロボックルは胸を張ってそういう本だと言えると思う。
259さんが楽しんで読めるといいな。

261 :とてた ◆0Ot7ihccMU :04/01/25 19:36 ID:UFbIpd7n
今更ながら、ブック1で「コロポックル童話集」を入手しました。

これで、全部そろえた…ハズ。

262 :なまえ_____かえす日:04/02/04 20:39 ID:BN1+9Voh
ハードカバー買ってみようかな。。。

263 :とてた ◆0Ot7ihccMU :04/02/07 14:04 ID:e0ID3Gye
…「昔のはなし」がありました。

264 :なまえ_____かえす日:04/02/07 20:37 ID:CAmYLJwZ
「だれもしらない小さな国」の話だけど、
ここに来る人はみんな知ってるちょっといい話

誰もが持ってる子供心の好奇心部分をくすぐる
よい題名ですね

265 :なまえ_____かえす日:04/02/18 18:25 ID:MjBBR5qD
秋葉神社のカラスの巫女さんに(;´Д`)ハァハァしまつた

266 :なまえ_____かえす日:04/02/24 19:17 ID:tprY4HrA
>>265
一瞬考えてすぐわかりました。
素敵ですよね。あのお弟子さんの気の使い方も
その一瞬に京極氏かぁとゆれましたが〜

267 :なまえ_____かえす日:04/03/03 15:35 ID:mwm3R4UF
現在発売中のMOE、佐藤さとるさんの特集だぞよ。

268 :なまえ_____かえす日:04/03/04 22:51 ID:f67GNkua
MOE、買ってきました。
偶然書店で見かけ、嬉しさやら何やらでその場で固まってしまいましたよ。

コロボックルに出会って三十年になりますが、小山への憧憬は未だ色褪せません。
娯楽すなわち刺激であると世の中が偏狭になって久しいですが、だからこそ
この物語の中に紡がれた様々の優しい「繋がり」が光を放つのだと思っています。

それにしても、青春小説としての「だれも知らない〜」のまぶしさたるや。
あんな出会いを得られたセイタカさんは本当に羨ましいw

269 :なまえ_____かえす日:04/03/06 12:53 ID:Ibgr8vkq
わんぱく天国が一番好き。

270 :なまえ_____かえす日:04/03/08 09:14 ID:YCOFBTdi
MOE買いました。
小冊子がグー。新作をもらったようで、なんだか得した気分。
村上師匠の絵、今回は緑の色が多いですね。
同じポーズのコロボックルが多いのが気になりました?

コロボックルシリーズを読んでいると
だんだん、文章にパワーが無くなっているような感じがしました。
「ふしぎな目をした男の子」は本編の半分が
老人が主人公だけに、そんな気がしたのかな。
著者が歳とったのがわかるような文章でした。

271 :なまえ_____かえす日:04/03/10 12:06 ID:puSVUQYr
元々3部作のつもりを、ファンの声に答えて延長した物だからな。
4部も5部も短編をリライトして長くしたものだし、特に5部は
作者の中でも「やっちゃいけないこと」をやったものだから
迷いがあったんだろう。
でも4部は好きだな。

>>269
今の子供にはわかりづらそうな遊びも結構多いんだが、いい話だよな。
最後がちょっと切なくて好き。
てのひら島とかジュンと秘密のともだちとか、物語の続きを連想させる
ような終わり方も好き。世界が広がるというか。うまいよなあ。

272 :なまえ_____かえす日:04/03/10 15:33 ID:rAs0yW1F
>>267
情報ありがとう。
早速買ってきたよ。

正直、あんまり期待してなかったから
予想外の充実っぷりにハァハァ
このシリーズは古いのに色あせないね。

273 :なまえ_____かえす日:04/03/23 09:15 ID:6so2vRiY
>>267
本屋さんでコロボックル表紙を見てドキドキしました(´∀`*)
購入後、即読んで懐かしい気持ちに浸りました。

今は友人(26歳にして初めて小説を読む男)に「だれも知らない」を貸してます。
大の小説嫌い・・文字嫌い?・・なのですが、毎晩寝る前に10pほど読んでいたのが
先が気になって読むペースが早くなってるそうで、貸したこっちも嬉しい限りです。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)