5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ ☆よくライトノベルなんて読めるね☆ ★ 

1 ::01/12/31 10:28
つまんないし浅いしオタク臭い
読んでる奴は不細工ばっか
インテリ気取りたいけど普通の文庫本は読めないから
あさ〜いライトノベルが限界なんだろ
ぷぷ

851 :イラストに騙された名無しさん:03/07/01 18:43
>>850
乙一でも読んで気を静めとけw

852 :イラストに騙された名無しさん:03/07/01 22:30
パンドラ以降のブギーポップを見て「上遠野、終わったな。」と思ったんだが。
他の作品見る限り、まだ、いけるんじゃないかなあ、と・・・

853 :イラストに騙された名無しさん:03/07/01 22:46
>>852
ハァ?殺竜事件とかのことか?

854 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 01:40
ブギーポップ→マンネリ過ぎ。('A`)イラネ
ナイトヲチ→ますます強まる「上遠野節」(良い意味でも悪い意味でも)
事件→読んだことないからわからない。
しずるさん→一番厨房臭さが薄いかも。

855 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 04:54
かどちんはいい加減、ブギーポップを終わらせて
違うの書いた方がいい。
つーか本人もそー思ってるっぽいが。

856 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 14:34
実際ブギーポップは終わらせに入ってると思うんだが。

857 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 17:28
スレイヤーズSPみたいに終わらせられないと悲惨だよな。
キノの旅はなんかそうなりそうだ。

858 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:05
アンチラノベ派としてスレに参加したい、誰か相手してくれる?

859 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:16
う〜ん。アンチラノベか……

ラ板から(・∀・)デテケ!!

860 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:23
ライトノベル読んでる奴をどうこう
言う前にここにいる奴らはみんな
オタぢゃねーの?

861 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:27
「俺だけは違う」とか思ってんだろう。


862 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:28
むしろ俺だけがラオタと思ってる

863 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:29
あたりまえだろ?

864 :858:03/07/05 22:29
はい、オタです、ガロ系の漫画オタクです。
電車の中で漫画読んでも恥ずかしくないが、電車の中でラノベを読むのは恥ずかしいと思ってます。

865 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:30
>>864
漏れラオタだけど、やっぱり恥かしいよ

866 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:31
みんなオタクなんだよ!開き直って
いこーよ!

867 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:31
上がってて、初めて見たスレなので書いてみます。

個人的には、面白ければ何でもいい。
ライトノベルも本格推理も大河物も純文学もノンフィクションも私の中では同じ。
(挙げたジャンルは気にしないで下さい)
和物も洋物も読むし、本屋で平積みされてるやつも古本屋で50円で投げ売られてるやつも読む。
気分次第。読み分けはあると思うけど。ライトノベルは何も考えたくないときかな?w。マンガに近いっすね

書くまでもないと思うが「ライトノベルばっかり読んでると…」的な意見は、詰まるところ「個人の自由。ほっとけ」って話になる。
存在自体が問題?になる原因として考えられるのは、存在しているだけで他に影響を与えてしまう場合が考えられるが、
ジャンルとしては確立してる(閉じてる)んだから、ライトノベルのせいで本格推理がつまらなくなった、
なんて事は起こりようがない。


868 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:34
>>1
は読んでいてよっぽど後ろめたいんだろうね

869 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:39
オレは今日、電車の中でCCさくらを読んだ。
初めて読んだのだが、ハマったよ。

870 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:41
>>868
まあ、普通の奴がオタに嫌悪感を感じるってのは理解できなくもない。
私も覚醒前wは漠然と気持ちわりーなーとか思ってたし。

>>1はオタという人種はまだ嫌い…というか理解できないけど、
読んでる物に興味を持ったんでしょう。
んで手を出してみたはいいが地雷を踏んでしまったのです。
















…と仮定してみる。

871 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:50
他人の目を気にして、読みたいものも読めないなんて悲しい世の中ですね。


872 :858:03/07/05 22:50
ラノベ読みはラノベをどのように認識してるのかが知りたい。
好きなら堂々と好きと言えと、ラノベ読みと話すといつもそう思う、
やっぱり後ろめたさみたいなのがあるのではないですか

873 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 22:55
堂々もクソも、
ラノベに限らず小説は、当たり前に側にありすぎて、
好きも何もない。

別にオタク趣味なんぞ、本人の受け入れられ方次第で、
周囲は肯定的に受け止めてくれるしなー。

874 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:03
「俺はライトノベルが好きだ! 大好きだ――!」
って窓開けて絶叫して欲しいのか?

そんな馬鹿みたいな真似をしろと?

好きで読んでる本のジャンルで後ろめたさなんか感じるわけ無い。
何しろ、「誰にも迷惑を掛けていない」のだ。


875 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:06
>858は何がしたいの?

876 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:08
かまって欲しいの。


877 :858:03/07/05 23:08
>当たり前に側にありすぎて、好きも何もない。
はあ、もう生活の一部ってわけですな、無感動に習慣で読んでるわけですか

>本人の受け入れられ方次第で、周囲は肯定的に受け止めてくれるしなー。
単に周囲も同系等の人間なのでは、と下衆の勘繰り。
ああつまり、「俺は回りに受け入れられてるんだぜ」って事が言いたいんですな

878 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:11
>>877
生活の一部や習慣ゴトでも感動しますよ(´∀`)
今日はいつもよりご飯がおいしいとか
今日はいつもより御通じがいいとか
電車で座れてラッキーとか

>>877氏には習慣化するとそういうことがないのかな

ちなみに漏れは>>873ではないよ

879 :858:03/07/05 23:12
>窓開けて絶叫して欲しいのか?そんな馬鹿みたいな真似をしろと?
飛躍しすぎw


880 :858:03/07/05 23:18
>878
873氏は「好きも何も無い」と言っていたので、そのように思ったわけです、
好きも何も無いのにあんな本屋で隔離されてるような本を買うというのは不思議です。

>877氏には習慣化するとそういうことがないのかな
ご飯がおいしいとか御通じを「感動」と言えるほど感じた事はありません、
感動し続けて生きてください、素晴らしい人生ですねw

881 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:20
>858
アンチラノベ派として、ラノベ読みを攻撃するレスをつけないと,リアクションは来ないよ。


882 :867,870:03/07/05 23:21
>>872
まず「ライトノベルならではの面白さ」ってのは確実にあると思います。
たまにものすごくライトノベルを読みたくなるときがある。
恥ずかしい挿絵も私は有った方がいいw

ただ、個人的には「家で読む物」ですね。
例えば電車の中でゲームボーイやってるサラリーマン(というか同僚)とかいますが、
よくやれるなーと思う。
…というか、私が「よくやるよなー」と思っている時点で、同じように思っている人が
少なからず居る(と思える)わけで。
他人からそう思われていると思いながらゲームをする心の余裕wは私にはないわけです。
ライトノベルを読むと言う行為も、私的には同じです。
イラスト少ないのならカバーして読んじゃうけどw

例に出した同僚本人曰く「ふつーだよ」だそうなんですが、これは全くその通りで、
そいつはほんとにふつーです。堂々としてるから。
結局その人のボーダーラインがどこにあるか、って感じなんじゃないでしょうか。
ちなみ見に私は電車内でジャンプなら読めます。w

883 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:29
俺はまだ社会に出てもいないリア工房ですが
電車の中でジャンプサンデーチャンピヨンなどマンガ雑誌は読めません。恥ずかしくて。
でもライトノベルはいたって普通に読めます。なぜならカバーをしてるからです。


884 :877:03/07/05 23:29
>>880
好きも何もないことでも、驚きや感動することが
時にはあるのではないか…といいたかったのです
 
おつむの弱い漏れには、伝えるのが
なかなかむつかしい(´・ω・‘)ショボーン

>感動し続けて生きてください、素晴らしい人生ですね
たしかに素晴らしいね、そうなるようにガンバロウっと(´∀`)

885 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:34
>>884
何で自分にレスしてんの?

886 :878:03/07/05 23:36
>>885
うち間違えました
877ではなくて878です

877氏、失礼致しました。

887 :873:03/07/05 23:37
好き嫌いなんて最初のウチだけだと思うがな。
なにも常に意識するもんじゃないし、
好き嫌いだけが判断基準になるつーこたぁない。
それでも驚くし感動もするぞ、別に。
普通に肯定しとるだけよ。
まあ、それより858はアンチラノベとして何がしたいん?
他人の揚げ足取りか? 簡単な憂さ晴らしだな。

888 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 23:45
>ラノベ読みはラノベをどのように認識してるのかが知りたい。
>好きなら堂々と好きと言えと、ラノベ読みと話すといつもそう思う、
>やっぱり後ろめたさみたいなのがあるのではないですか
・好きであるにもかかわらずその種類の言明を避ける原因その1
「ライトノベルが好き」というと「全てのライトノベルが好き」とか
「ライトノベルだけが好き」とか勝手に誤変換してくれるアフォがいるから。

・原因その2
会話の相手がライトノベルがどういうものかを理解しておらず、かつ、
どういうものであるかについて興味をもっていないように見えるから。

・原因その3
なぜ自分がライトノベルが好きなことについての確証を他人が得たがるのか、
その点が全く理解不可能だから。

要するに、質問者が会話のキャッチボールが即時に成立する相手として
信用されてないから。

889 :858:03/07/06 00:06
とりあえず憂さ晴らしではありません、
>好き嫌いだけが判断基準になるつーこたぁない。
じゃあ何が判断基準になるのですか、最終的には好き嫌いに集約されると思います、エンターティメントですから
>それでも驚くし感動もするぞ、別に。
ラノベを読む人は良く「感動する」と言う言葉を使いますね、僕もさっき使いましたが
エンタティメントは作り手が「感動」を仕掛けているわけで、それにあっさりはまって楽しんでるわけです。
つまり「感動」と言うのは、安易です、皆本当に感動したがりですね。最後の「別に」の意図が分かりません。
>まあ、それより858はアンチラノベとして何がしたいん?
理由を一つこじつけると、ラノベ好きの人間がラノベ弁護の際に他の物を貶すのが嫌だから、単なる仕返しです、ああ、憂さ晴らしですね、これ。
ブンガクは権威主義の読み物ではないです、キレのいい短編とか、今読んでも楽しめる物いっぱいあります、国語の教科書に載ってるような物は大抵毒が無くてつまらないけど。

890 :_:03/07/06 00:12
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

891 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 00:13
「感動と言う言葉は安易だけど
その言葉を発してしまう経験を安易の一言で語るのは虚無的だ」
という意見は実存的だな。

892 :858:03/07/06 00:22
>勝手に誤変換してくれるアフォ
勝手に誤変換されないように釘をさしておいたら如何でしょう。
そのぐらいの日本語能力は優にあるようにお見受けしますが。
>ライトノベルがどういうものかを理解しておらず
中学まで読んでました、どういう物かと問われたら
「文字比較的大きい、イラスト重視、本屋で隔離されがち」
は客観的事実としてとりあえず言えますね、それは否定できません。
つまりそれがラノベの要素というのは飛躍でしょうか。
>その点が全く理解不可能だから
好きだと言わせるというより後ろめたさがあると言わせたかったですね。
それだと「やっぱりな」って僕が納得いくという、そういう勝手な意図なので。

いやあ、思ってたより皆さん頭が良いなあ、
なんでそこまで頭が回るのにラノベなんかを…やっぱり不思議だあ。

893 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 00:28
>858
リアクション遅いから伸びが悪いじゃないか。もっとガンガレ

>なんでそこまで頭が回るのにラノベなんかを…やっぱり不思議だあ。
賢者は愚者を装えるが、愚者は賢者を装えない。
ラノベは賢者の崇高な趣味だってことが証明されたネ!

894 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 00:31
>>858以外の皆様。
858は暇で暇でしょうがないようです。
以後無視の方向で(微笑

895 :858:03/07/06 00:41
>893
それは飛躍、愚者の比率の方が高いでしょう、つまり愚者が愚者の趣味を…という事です
>891
もっとストレートに書いてくれてもいいじゃないですか
「その言葉を発してしまう経験」に対して安易とは発言していません。
ただそれを誘発する「商品化された感動」を消費する行動が安易だと言っています

896 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 00:52
>勝手に誤変換されないように釘をさしておいたら如何でしょう。
>そのぐらいの日本語能力は優にあるようにお見受けしますが。
これは一般的な話なので、俺が日本語を使いこなせるかどうかは問題ではない。
回答を迫られた人間が日本語を使いこなせるかどうかはわからないからだ。

さらに1a)回答を迫られた側が日本語を使いこなせるとしても
彼が「質問者には日本語能力がない」とみなすことで説明が為されない場合もある。
(あらかじめ期待した回答以外は馬の耳に念仏という人間はたしかにいる)
また、1b)両者に日本語能力があったところで、それが質問者側にとって
興味のない情報なら、説明開示はやはり面倒かつメリットがない、
つまり話題をライトノベルに限定する必然性がまるでない。
もちろん興味をもってる人が相手なら話題として適切だと判断することもあるだろう。
2)回答者側にだけ日本語能力がない場合と
3)両方ともアフォな場合については・・・どうでもいいよな?

>「文字比較的大きい、イラスト重視、本屋で隔離されがち」
>は客観的事実としてとりあえず言えますね、それは否定できません。
>つまりそれがラノベの要素というのは飛躍でしょうか。
君がライトノベルをどういうものだと考えているかは問題ではない。
回答を迫られた人間が「君はライトノベルを理解している」と考えたかどうかが問題なのだ。
また、要素を挙げることが対象を理解することだと思っているなら、
それは大間違いだ。そうではないというのなら以下の問いについて考えてみるといい。
「あなたが挙げた諸要素は、その本がライトノベルであるための
必要条件ですか、十分条件ですか、それとも必要十分条件ですか?」
そうそう、この板では定義論は禁止なのでよろしくな。

>好きだと言わせるというより後ろめたさがあると言わせたかったですね。
>それだと「やっぱりな」って僕が納得いくという、そういう勝手な意図なので。
意志疎通を第一の目的とみなしていない人間に対して
わざわざお望み通りの反応を示してやるような人間は
ただの道化か阿呆だけだと俺は思うのだが、君はどう?

897 :858:03/07/06 01:10
>そうそう、この板では定義論は禁止なのでよろしくな。
これは酷い、反論封じでは無いですか。
>理解していると考えたかどうかが問題なのだ
僕がライトノベルに対して肯定的な意見を吐かない限り、
相手は理解していると認識してはくれない、とまあこういうことですね。
>必要条件ですか、十分条件ですか、それとも必要十分条件
こんな事を言っておいて定義論禁止とはね…重ねて言いますが自己矛盾しています。
先ほど挙げた要素は少なくとも必要条件ですね。
>ただの道化か阿呆だけだと俺は思うのだが。
そう、その通り、つまり君たちを阿呆だと認識していました。

898 :888=896:03/07/06 01:10
ああごめん、ノリで書いたらしくじった。
「ライトノベルを理解しているかどうか」というのは、どちらかというと
その人がライトノベルに対してとっているスタンスの問題だろうな。
「ライトノベルの成立条件について正確な認識を持ち言葉にできること」は、
この問題について必要条件でも十分条件でも必要十分条件でもないや。
(その証拠の一例として、定義論が禁止されてもラ板は成立している)


899 :858:03/07/06 01:12
狡い

900 :_:03/07/06 01:13
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

901 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 01:25
>>そうそう、この板では定義論は禁止なのでよろしくな。
>これは酷い、反論封じでは無いですか
>こんな事を言っておいて定義論禁止とはね…重ねて言いますが自己矛盾しています。
反論封じではない。
なぜなら、君がライトノベルを理解していると「回答者に認められるかどうか」
という問題について、それは付帯的なものにすぎない。
(だから杜撰な箇所について訂正するはめになった、というのは言い訳にならんか。どうでもいいな)
また、これが反論封じだとしても、僕が反論を封じたわけではない。
他ならぬこの場所で論戦をふっかけた君自身の思慮が浅かったということだ。

>僕がライトノベルに対して肯定的な意見を吐かない限り、
>相手は理解していると認識してはくれない、とまあこういうことですね。
そのオール・オア・ナッシング式の思考様式、苦しくならないかね。
君が否定的な意見を持っていたとしても、対象を理解しようという姿勢が
ありさえすれば回答者は口を開くかもしれない。
だがまあ、君はまず結論ありきでラベリングに走る人間のようだからね。

>先ほど挙げた要素は少なくとも必要条件ですね。
君はそう思ったということだね。
この板にとっても俺にとってもどうでもいいことだが。


902 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 01:30
>狡い
だが君はその狡さすら見抜けなかった。
定義論だけでライトノベルというジャンルについて全て割りきれると考えた。
そこに間違いの種があったに違いないよ。うん、たぶん。

903 :858:03/07/06 02:01
>901
>君はまず結論ありきでラベリングに走る人間のようだからね
まいったな、多少は認めざるを得ないなあ、自分の周りのラノベ読みを「結論」に設定してたからな。
>他ならぬこの場所で論戦をふっかけた君自身の思慮が浅かったということだ
だって、他のところじゃラノベの論戦ふっかけられないじゃん、大丈夫?
>君はそう思ったということだね
思ったと言うか、客観的事実でしょう、アニメ絵じゃ無いですか?文字小さいですか?隔離されてませんか?
>どうでもいいことだが
どうでも良いなら、突っ込むなとw
>902
>だが君はその狡さすら見抜けなかった
そりゃあ、後からひっくり返してくるとは思わんわなw見抜くとかいう問題か?
>定義論だけでライトノベルという云々
「ジャンルについて全て割りきれる」とは考えていない、そんなこと書いていない。
ただラノベと呼ばれている本の共通特長を書いただけですがな。
>あったに違いないよ。うん、たぶん。
違いないと言っておいて多分とは、まあわかって書いてると思うけど



904 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 02:22
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1054434829/l50

905 :どうも!:03/07/06 02:29
いやあ、しかし皆優しいですねえ、こんなつぶれかけの糞スレッドに寄生した暇人をかまってくれて、
心が温まりましたよホント、今夜は良い夢が見れそうです。
いやあ実に良い人たちだ、これからもラノベを読み続けて下さいね、
もう何歳になっても、死ぬまで読み続けてください(悪意は無いです)
いやあ、本当に感じの良い人たちだったなあ!趣味は違うけど。

906 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 02:32
今月後半から増えそうだな

907 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 03:54
>>905
負け惜しみとしては5点の出来だ。
犬は咆えても歴史は進む。
挽歌を聞かせてくれた古き者よ、ありがとう。
出版界におけるライトノベルの流れは、もはやどこからも無視できないことを反語的に
証明してくれたことを、心から感謝する。



908 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 08:49
>>858-907
はいここまでー。いやー良い絵撮れたよー。

909 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 10:26
>>871の意見はホモの主張と似てる、と思った。

910 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 11:21
最近はホモじゃなくてゲイって言うんだよ


911 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 11:57
つまり、好きなら勝手に読めでFA?

912 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 14:26
つまり、>>909-910はゲイでFA?


913 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 16:17
イラストの絵柄によってイメージかわるかな同じ文章でも…
人前で読むには、恥ずかしいイラストもあるので
ライトノベル読むにはカバーははずせないし、イラストも隠します

おたくの癖に、おたくと思われたく無いんだよね漏れは
なんてざまだ…

914 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 20:52
>>912
レズ必死だなw

915 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 20:53
>>913
オカマ必死だなw

916 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 20:54
>>914
ネカマ必死だなw


917 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 21:00
>>913
別に普通だと思うよ。
ラノベをカバー無しで読むのは別にいけなくはないけど、そういう人は
周りの人から「キモイ」と思われるのは覚悟するべきだと思う。

918 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 23:07
自分はカバー無しで読んでるし、他の人が読んでるの見ようとしても
せいぜい表紙の色ぐらいしか見えないんだけど、周りから見えるもん?

919 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 00:15
>918
意外と気づくようだ。
嫌な記憶がある。

920 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 02:36
初めてここに来たとき、まさか900を超えるとは思わなかった。

921 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 03:10
>>917は少年サンデーにもカバーを掛ける人。

922 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 04:41
一番恥ずかしいのはラノベしか読んで無い奴だろ
或いはSFしか読んで無い奴、
ミステリしか読んで無い奴。
純文学しか読んで無い奴。

923 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 06:05
そんな恥ずかしいことかね

924 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 06:14
小説なんか読んでんじゃねーよ、ダセエぜ

925 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 08:21
>>921
そもそも電車で漫画なんか読みませんが

926 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 10:08
カバーかけて読むのがよほど気に入らない人がいるんだな。

927 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 15:58
もしラノベしか読まなかったとしたら将来
電ビにいる様なヤシになると思われ。

928 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 17:06
>>927
電撃ビん庫

929 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 22:44
ライトノベルなSFとか、ライトノベルなミステリとか
SFなミステリーはあるけど
純文学なSFとか、純文学なミステリってある?

930 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 22:55
>>929
純文学なSF→上遠野、秋山、
純文学なミステリ→西尾、乙一、ユヤタン

931 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 23:13
>>930
ちょっと待った


932 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 23:18
ちょっと待ったキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

933 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 23:20
ちょっと待てよ。
いくらなんでも、ユヤタンはミステリじゃない。

934 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 01:10
んじゃなんだろ?

935 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 08:16
だから文学だって

936 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 13:55
じゅんぶんがく 3 【純文学】

(1)大衆文学・通俗文学に対して、読者に媚(こ)びず純粋な芸術をめざした文学作品。
(2)哲学・史学を含む広義の文学に対し、美的形成を主とした詩歌・小説・戯曲などの類。

「読者に媚びずに純粋な芸術を目指した」って、聞こえはいいけど
悪く言えばただのオナニー作品ってことだろ。
読者に読ませる事を最初から考慮して無いんだから、そりゃつまらんわ。


937 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 21:16
>>936
語弊がありそうだけど

他人のオナニーみて(;´Д`)ハァハァって状態なのか
純文学をたしなむ連中ってのは

938 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 21:23
安心して、お前らは読者じゃないから。

939 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 00:11
>>936
じゃあやっぱり佐藤友哉は純文学作家ですね。

940 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 00:31
「主要登場人物にあだ名がついている」=ライトノベル
これだ!

941 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 02:13
>読者に読ませる事を最初から考慮して無いんだから、そりゃつまらんわ。

「読者」に想定しているのが「ある程度小説を読みなれた人」であるだけ。
考慮はしている。
ただ、あまり本を読まない大衆には「ツマラナイ」としか思えないのは仕方無い。
そういった人々に、ラノベ等の通俗小説が用意されている、と。

942 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 08:26
つまり、「俺様は無知蒙昧な一般大衆とは格が違うぜ!」と思ってる人が読むのが文学なわけだな。

943 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 08:39
文学はだな。
娯楽じゃなくて教養のために読むんだ。
娯楽というのは、読む人間のルールの中で展開するものだから、
その人間に革新的な物の見方というのを与えない。
どんでん返しというのともまた違う。
例えばAという主役がBという敵にどう勝つか、というストーリー
の場合、「予想もしなかった勝ち方」「無惨にも負けた」という
のが娯楽だが、文学はAが戦いもせず、かといってストーリー
も進まず、ようするに読者をおいてけぼりにしている。
その中から自分なりの見方を抽出するのが文学の読み方だ。
それが面白いかつまらんかは人による。
まあストーリー性の強い文学もたくさんあるけどね。
読み方としては読者はぼんやり読んでないで、何かを読みとる
努力が必要になってくる。
そういう違い。

なーんてマジレスする俺は文学論習い始めのだめな人。

944 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 11:47
文学は針の穴ほど狭い情緒を満たすモノ。
だから読者層を狭く想定したものほど面白い。
三島のせよ、太宰にせよ、長い年月を経ているから多く売れているが、
年単位でみれば、普通に売れてない。
だが、それでいい。
売れてる本が好きなら春樹を読めばいい。
売れっ子になりたければ春樹を目指せばいい。
ただし、角川春樹を目指したらタイーホだ。

945 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 17:35
「オナニストである自分を嘲笑できる俺ってカッコイイ!」
って人もいるんじゃないかと。

946 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 20:23
そりゃ日本に数人は居るだろうけど、文学愛好家に比べると、少数派だろうな。

947 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 12:39
ラノベ読者はラノベやアニメで抜くからキモイ。
純文学読者は群像で抜いたりしないよね?

948 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 12:47
「ノルウェイの森」なんてエロ小説じゃねーか!!

949 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 12:58
俺は変態だから村上龍の小説でよくオナニーするぜ

950 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 13:04
そこでバタイユでハァハァですよ

951 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 14:18
志賀の短編で抜ければ純文者として一人前

251 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★