5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マリアさまがみてる奇妙な冒険 第二部

1 :イラストに騙された名無しさん:03/04/21 18:44
祐巳「白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)!
   私の気持ちを聞かせてやる……
   淑女として恥ずべきことだが正直なところ
   この福沢祐巳は……感謝の気持ちとして……
   白薔薇さま! あなたにチューするのだッ!」

前スレ「マリアさまがみてる奇妙な冒険」
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1041858251/

ジョジョネタメインですが、マリみてパロ総合でもあります。
ジョジョネタ以外は元ネタを併記すること。

2 :イラストに騙された名無しさん:03/04/21 18:50
         /.,,, . ~ヽ
        (,´._ヾ、゛ 丶    ふっ・・・このスカリー様が>>2ゲットね・・・
         L_ , ゞ,丿      モルダー、削除依頼は止めなさい・・・
          __`フ ~l."      
       / / / ̄ヽ     >>3 あなたが>>2?笑わせないで・・・
       /〈" ''´〈~~/ /    >>4 あら、居たの?
       (_________(((/ミ)━・~~~ >>5 それは>>2じゃなくて>>5よ・・・
         丿 ..(      >>6 あなた>>6好きね・・・
         /   ヽ:::    >>7 早く寝なさい
         /      ):::   >>8 いつもあたしの後ね・・・
        /__∧/:::   >>9 ・・・
       /  /::::     >>10 あなたが最後の書き込みになるわ・・・
     /  /:::::
    (  く::::::::
     |\  ヽ:::::
     |  .|\ \ :::::
     .|  .i::: \ ⌒iコ::
..\   | /::::   ヽ 〈::
  \ | i::::::   ゚|__ノ:
  .. | i::::::
  。_ノ  )\
 ι__/∪

3 :イラストに騙された名無しさん:03/04/21 20:55
>>1
ベネ。

4 :グレイ:03/04/21 21:01
おら腹へったぞ〜

5 :バフィー:03/04/21 21:03
あ、あの打ち切りの人?

6 :バスタード7巻:03/04/21 23:36
由乃「このかっこいい令ちゃんは誰のためにあるのでもねぇ!
   ただ俺様のためにのみ存在するお姉様なんだぞ!
   そいつをどうするかは妹である俺が決める!」


7 :ガオレンジャー:03/04/21 23:58
銀杏並木が並ぶ、マリアさまの学園。
そこは最強の薔薇が支配する異世界だったのです。

伝説が伝える未知の薔薇たち。
姉妹の愛は天に届くのか。

立て、薔薇の神「ロサ・ゴッド」よ!!

出でよ、気高き薔薇の騎士「ロサ・ナイト」よ!!

劇場版 マリアさまがみてる 火の薔薇、吼える

祐巳「やる気マンマンだぜえっ!!」

8 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 01:38
「おおお」
混乱した祐巳は、いつものごとく乙カレーを作ってしまうのであった。

9 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 02:00
祐巳「ブワァ――ッ
   ワァ――― ハッハハハッハハッハァーッ
   バァッハッハ――ッ!
   ロサーッ ロサーッ カニーッナーッ
   なんだ!?なかなか楽しいヤツじゃあないか!
   あの蟹名静は!
   「黒薔薇」だと!?なんとアヒーッ「黒薔薇」!

10 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 02:06
そのふたりの紅薔薇姉妹の間に生ずるラブラブ状態の
圧倒的百合空間は
まさに今野的姉妹愛の小宇宙!

11 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 02:21
景「祐巳ちゃん……この私のタンスに買ってあるこの下着をあなたに捧げよう!
 S h i r t!(タンクトップ!)
 そして君の下半身にこれを持って行けッ!
 S h o r t s!(ショーツ!)」

12 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 15:25
佐藤聖「うむむむ〜〜〜んんんんんん
   予想どおり祐巳の体はなじむ

この肉体に実にしっくりなじんで パワーが今まで以上に回復できたぞ

なじむ     実に! なじむぞ
すりすりすりすり・・・・っ
   フハハハハハ
すりすりすりすりすりすり
フフフフフハフハフハフハ
フハハハハハハハハハハハハ
すりすりすりすりすりすりすり
フハフハフハフハフハフハフハハ』

13 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 19:12
紅薔薇様「『最高にハイ』ってやつだッ!!」(開放的な山百合会を眺めつつ)

14 :イラストに騙された名無しさん:03/04/22 20:08
>>13
ベネ

15 :イラストに騙された名無しさん:03/04/23 07:58
「お姉さま!」
銀杏並木の中で、祐巳の声は妙にはっきり通った。
するとマリア様のようにきれいなお姉さまは、よく響く声で
「最高に『はい!』ってやつだアアアアア アハハハハハハハハハハーッ !!」
と振り返って、満足げに笑ったのだった。

16 :555:03/04/23 12:12
特報 今世紀最大の衝撃

愛が性別を超えるとき 誰も見たことのない物語が語り始められた。

Standing by!!

由乃「これがロザリオの力」

祐巳「妹になっちゃいけなかったのよ」

存在するのは姉妹の愛のみ

瞳子「ロザリオをよこせ!!」

祥子「早く、祐巳!!」

祐巳「お姉さま!!」

謎に挑め 敵もまた運命によって選ばれた姉妹。

最強の愛が姿を表す。

今夏解禁

今、真の愛の幕が開く。

映画版始動。

劇場版 マリア様がみてる

17 :bloom:03/04/23 12:13
http://homepage.mac.com/ayaya16/

18 :イラストに騙された名無しさん:03/04/23 18:30
::       ヽ、  ヽ、 ←オレ様「おらおら〜」
::        ヽ_   \      
       ゙l,, [\、  ^''ー-,,,,,,,,,,、
.       `′|  `'-、    .、 `゙"''ヽ      「ああッ!くぅぅん…」
`\        |  .,,-'゚'----、,_`''ニミ''ヽ,ヽ、             ↓聖
   ヽ,、     ゙l.,,i´      `゙冖′ ‘、.i、      ,,-ー'''--,,_
    `''-、   .〕             `'''ヽ、    l゙
       ヽ、 .|   、._,,,,--、        ヽ   │
        \'゚'''フ''''~゛             \  ヽ  \
,、        ゙'く、    _,,,,,,,,,,,,,,         ヽ,. )  `ヽ
`゙'-,,,、       `'ー--''"゙--,,-‐'′       ヽ,,、`゚''―----ト
   `''-,,、           `゙゙'''―--.、、     ‘'ー,,,,、
      `'''ー-,,、             ーr=-′        `゙"'―-、
            |゙'-,,、       ヽ  ヽ、




19 :イラストに騙された名無しさん:03/04/23 18:32
常人にレイプされる玉か? >聖

20 :イラストに騙された名無しさん:03/04/23 21:59
>>15
そっちの「はい」かよw

21 :イラストに騙された名無しさん:03/04/24 00:07
由乃「ばかばかばかばかばかばかばかばか
   ばかばかばかばかばかばかばかばか
   ばかばかばかばかばかばか
   ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばか」

  「YuuRYyyyyyyyyyyRYryyyy!!」

  「ばかばかばかばかばかばか
   ばかばかばかばかばかばかばかばか
   ばかばかばかばか
   ばかばかばかばかばかばかばかばかばかばかッッ!!!!」

  「ば っ か じ ゃ な い の 」

22 :イラストに騙された名無しさん:03/04/24 22:06
本スレ過去ログよりコピーぺ。

蓉子「祐巳ちゃんは祥子の申し出を蹴った……!
    憧れの先輩の妹になれるという誘惑を押しのけ、自分の心の中
    にある何かに従った。
    それをファンゆえのプライドとよぼうと
    信念とよぼうとどうでもいい
    ともかく……祐巳ちゃんは姉妹システムに無抵抗なミーハーや
    ロボットじゃないって言うこと。
    人だ……妹になることより上に人をおいている。自分の頭で考え
    動ける、まっとうな人間だ……山百合会に欲しい人間でしょ?」
聖  「なるほど……でも、その欲しい人間は出ていっちゃったのよ?
    いいの? つかまえておかなくても」
蓉子「戻ってくる……祐巳ちゃんは祥子のロザリオを見た……他人の
   ロザリオじゃなく、ひょっとしたら自分が受け取り祥子の妹になる
   ……という思いで、祥子のロザリオを…!
   祥子のプレッシャーは魔力……必ず彼女は受け取る」
(元ネタ:福本伸行『銀と金』1巻より)

23 :イラストに騙された名無しさん:03/04/25 00:34
みなさま、前スレ埋めませんか?


24 :イラストに騙された名無しさん:03/04/26 12:16
祥子「おまえは『奇遇ですね祥子さん』と言う」
祐麒「奇遇ですね祥子さん…はっ」

25 :妹は思春期:03/04/27 00:26
祐巳「志摩子さんにもらった化粧品なんだけど、返すわ」
志摩子「なんで?」
祐巳「使ったら肌荒れちゃったの。使い慣れてないのはだめだよね」
志摩子「そうなの」
由乃「そうよ。そーゆう物は自分に合うもの使わないと」

由乃「私も令ちゃんの下着つけたらサイズ合わなくて…」
祐巳「そんなモノは私の人生には関係ない」

26 :6部:03/04/27 19:06
祥子「どーしたの?ちゃんと言ってよォ、祐巳!
   信頼を築くには冒険は絶対必要よッ!
   あなたの心の中にある言葉を私にぶつけてみせるのよ!祐巳」
祐巳「……」
祥子「どーしたのッ!言いなさいよッ!」
ック・・・ヨロ・・・トトト・・
祐巳「う…うお…」
祥子「なに!『うおお』?」
ガシイィッ
祥子「今何つったッ!
   リリアンの生徒が『うおお』って言うのか!?おいッ!!
   何度教えてもわからねえヤツだな!?」
祐巳「お…お姉さま、お姉さま!お姉さま!お姉さま!」
祥子「おいッ!なんだそれーッ、てめー
   ゴマかそうとしてんのかッ!
   うそくせ〜〜〜んだよ
   もう駄目だ限界だな、おまえとの姉妹関係はよォーー」

27 :2部:03/04/27 19:53
新1年生という立場もわきまえずに紅薔薇さまに手を出した瞳子。
しかし祐巳は逃げてばかりで、現実に目を向けようとしない。
 
 業を煮やした瞳子は、祐巳を公衆の面前で罵倒するという強行策に出た!
ねじまがったか、松平瞳子!
 
瞳子「祐巳さま!私はお前を試す!お前が祥子お姉さまを見捨てて逃げるような奴ならば、
  私も演劇部の活動が忙しいゆえ、
  これ以上お前にかまわん!
  しかし…主人公のお前にそんなマネはできまい!おとなしく私と闘えいィィ!」
 
祐巳「ケッ、愛を誓い合った恋人ならともかく、私がそんなこっちの気持ちを
 ぜんぜん汲んでくれないワガママ宇宙人のために闘えるか、バ〜カ」
 
瞳子「……ッッ!!ならばこれならどうだ!」
 瞳子は、その天才的スリテクで祐巳のロザリオを奪い取った!
瞳子「この瞳子、容赦せん!」

28 :つづき:03/04/27 19:55
祐巳「あ、それ全然平気。どうせ次の巻でお姉さまと仲直りするはずだから」
瞳子「〜〜〜ッッッ!!!ゆるさねえ!てめぇ性根までお嬢さまじゃねェ!」
祐巳「とぼけた一年生だが、やはり激情型の性格であったな」
 
瞳子「姉妹関係を解体してやる、福沢祐巳ィィ!RRRRRR!
 くらえっスペース・リパー・スティンギー・ドリル!!」 
祐巳「あなたは“そんなバカな!”と言う」
 
瞳子「そ、そんなバカな…!」
祐巳「あなたが私に好かれるのが滅茶苦茶苦手ってわかってたからな。
 こうして抱きつくのを思いつくのは簡単だったぜ」
瞳子「はっ離れろォ!NUGAAA!BAAAAAAA!」
 
祐巳「今夜から安心して眠れるぜ、お姉さま」

29 :イラストに騙された名無しさん:03/04/27 20:06
な………
なんだ!?いったい………
こ…こんなバカなッ!
あ…脚に…力が……脚に力が入らんッ!
たっ立ちあがれないッ!
頭痛がする は…吐き気もだ…
くっ…ぐう
な…なんてことだ…この水野蓉子が……気分が悪いだと?
このロサ・キネンシスが生理痛で……
トイレを出ることができないだと!?

30 :イラストに騙された名無しさん:03/04/27 20:14
祥子「『お姉さま』!!私の事を呼ぶならそう呼べ!!」

祐巳「祥子さま〜!」

祥子「『お姉さま』と呼べと言ったはずだッ!知性も何もかもおまえたちより上だッ!」

31 :イラストに騙された名無しさん:03/04/27 20:22
祐巳「教えて下さいダンスの踊り方を!!どんな苦しみにも耐えます
   どんな試練も克服します!」

祥子「いやだと言っても無理矢理教えるわ!」

32 :立ち読みうろ覚えエアマスタ:03/04/27 22:33
祐巳「(姉妹)離散エルボーーーーーーッッ!!!!」




メメタァ

33 :イラストに騙された名無しさん:03/04/27 22:45
「山百合ボンバァ――!!!!」

34 :イラストに騙された名無しさん:03/04/28 00:28
魔少年ビューティーで1つキボン

35 :イラストに騙された名無しさん:03/04/28 04:00
山百合色の波紋疾走(オーヴァードライヴ)!!!

36 :時間vs救急:03/04/28 21:31
祐巳「ああ、福沢時空が…」
祥子「効かない?!」
白蛇「我ガ名ハホワイトスネイク。私ガ授ケタスタンド能力ニヨッテ西園寺ゆかりハ無敵ノオ嬢様ニナッタノダ!」

??「ちょっと待った!スタンド使いが相手とあっては、わたしたちが黙ってるわけにはいかないわッ」
祥子「あなたたちは?」
徐倫「空条ジョリーンとその仲間たち!」
エルメェス「受け取れ紅薔薇姉妹」
エンポリオ「僕たちの…」
徐倫「燃えるジョースター魂を!!」

祥子「祐巳、わたしたちも気合でいくわよ!」
祐巳「福沢時空と小笠原時空とスタンド能力の力を合わせて戦うわ」

2chくらいでしか観られない2大ヒロインの夢の共演!

               マリアさまがみてる
                  VS
              ジョジョの奇妙な冒険

祐巳&徐倫「「観てね」」

37 :イラストに騙された名無しさん:03/04/28 23:46
>36

だ  が  、  こ  と  わ  る  。

つーか脱線し過ぎ。

あと、とあるサイトに“マ リア様!貴様み ているな!!”という漫画があってメチャワラタ。
各自検索すべし。

38 :幕張:03/04/29 00:17
『ロザリオの雫』にて、乃梨子が薔薇の館に来た日。

令「それじゃ、ここに座って。えーと、乃梨子ちゃん、こういうところで仕事の経験は…」
祥子「私が

 小笠原財閥総帥、小笠原祥子である!!」

乃梨子(し、志摩子さん。あの人大丈夫なんですか?)
志摩子(かなりやばいかも…)
令「ここの仕事は」
祥子「だめよだめよだめよ!!」
乃梨子・志摩子「Σ(´д`)ビクッ」
祥子「令、こんな姉妹がモノになると思うの?」

祥子「貴方たち、このまま芸人続けても『バッファロー五郎』どまりや」
乃梨子(芸人?)
志摩子(バッファロー五郎?)
祥子「いや、努力次第では『雨上がり決死隊』までいけるかもしれん…でも、『ナイナイ』までは無理や。あんたら華がない」
乃梨子(何を言ってるんだこの人は)
祥子「もう一度、『ハルオヨシオ』からやり直せ」
乃梨子「待ってください!! 私は山百合会の手伝いに来たんです!!」
祥子「無理や無理!! あんまりわけのわからんこというと、お母はんおまえのこと嫌いになるで!!」

39 :幕張:03/04/29 00:18
乃梨子「雇ってくださいよ……総帥」
 ピク
祥子「ハルオ!! 芸の道は厳しいで!!」
乃梨子「はいわかっとります!!」
志摩子(ハルオって乃梨子のことなのね…)
祥子「よっしゃお前採用や!! ワイがお前ら第二のダウンタウンにしたる!!」
乃梨子「がんばります総帥!!」
志摩子(山百合会の手伝いでどうやってダウンタウンになるんだろう……)

>>36
ワラタ。ちょうどビデオでソレ関係借りて見てるから余計にね。

40 :イラストに騙された名無しさん:03/04/29 22:02
スレの速さはいい勝負かも

41 :僕の彼女はウエートレス:03/04/30 00:39
祥子「乃梨子ちゃんもすっかり白薔薇のつぼみになったわね」
志摩子「でも…ときどきさびしいというか…いや、まあ嬉しいんですけど」
祥子「そうね、あれと同じ心境でしょう。『手のかかる子ほど可愛い』」
志摩子「『妹はモノにするととたんにさめちゃう』……ですかね」
祥子「白薔薇め…」

42 :逆転裁判:03/04/30 21:19
ツキミヤ ミナコが在学中の
リリアンに居る者なら誰もが
この言葉を思い知らされるんだ…

『事 件 の 裏 に は や っ ぱ り 三 奈 子 』


43 :イラストに騙された名無しさん:03/05/02 23:58
ツキヤマ ミナコ

44 :イラストに騙された名無しさん:03/05/03 01:14
乃梨子:わかったよ 住職!!
    住職の言葉の意味が!
   「頭」でなく「心」で理解できた!
    
   仏像を見た時は 住職ッ!
   すでに心は洗われているんだね

45 :既出かも:03/05/03 09:38
あっちいけ、でこちん
蹴り殺すぞ

46 :鉄拳4:03/05/03 21:21
祐巳「私はふられたはずの人間だ」

  (鏡の前で自分に喝を入れる祐巳)

祐巳「姉妹の縁はこちらにある」

  (由乃を伴って登校する祐巳)

祐巳「貴様からは…」

  (廊下でにらみあう祐巳と瞳子)

祐巳「お姉さまを取り戻す!」






瞳子「死にぞこないめ…」

47 :僕の彼女はウエートレス:03/05/04 02:23
電話中
由乃「うん、今日は山百合会の会議で遅くなるからね、お母さん。何? どうしたの? え? ゴキブリが出た? なんだーおどかさないでよ。もー」

令(由乃、電話中か)
由乃「叩き潰しちゃいなさいよ」
令「誰を!?」
由乃「薔薇の館にも時々いるのよ、でっかいのが」
令「え!?」

令(でっかい…私のこと? あわわわわ)

由乃「そーそー忙しいときに限って現れるのよね」
令(どうしようどうしようオロオロ (・ ・;) )
由乃「次ウロチョロしてたら、もー容赦しないわよ」
令「部活行ってきまーす!!」

48 :42:03/05/04 22:27
>43
やっチッたァァァァーッ!!?

49 :マリア様!きさまみているなッ!:03/05/05 14:53
由乃「う〜む。なるほどな…
   たしかに病弱な体で剣道をやるなんて体に悪いことだ。
   とっても危ねーことだな。心臓の痛むことだ…」

令 「そ… そーだろ!? 心臓病を抱えたまま剣道部に入ったら
   イヤーな後遺症がずっと残るぜ〜〜ェ」

由乃「…だと思ってよ。心臓病をすでに治しといた」

令 「え? えっ え!?
   な…? 治って… いる… !?」

由乃「そう… いったん心臓病を治せばよォ〜〜〜ッ」

令 「…………………… はっ!!」

由乃「これで全然病弱じゃあねーわけだな〜〜〜〜〜〜っ」

令 「え? えッ
   うわあああああああああああああああああああああ」

由乃「バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
   バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ!!」

令 「あぶぎゃうううーーっ」

由乃「スゥ〜〜〜〜〜 ハ〜〜〜〜〜〜〜〜

   スゲーッ爽やかな気分だぜ
   新しいパンツをはいたばかりの加東さんちの祐巳さんのようによォ〜〜〜〜〜〜ッ」


50 :イラストに騙された名無しさん:03/05/05 19:48
令 「それにしても、元気ね。本当に手術したの?」
由乃「したよ。痕、見せてあげようか」

令 「なんだそれは………
   (なんだ?その心臓のあるべき胸の形は!?)」

令 「『メビウスの輪』……か…」

51 :イラストに騙された名無しさん:03/05/07 06:28
諸所で「マリアさまがみてる」面白いと聞いて読んでみようという気になったんですが
これはアレ?男の俺が読んでも楽しめる物なの?ノリ的にはあずまんがみたいな楽しみ方で良いのかしら?
スレ違いだったらスマソ でもできたらマジレス希望

52 :イラストに騙された名無しさん:03/05/07 06:32
ageちゃった・・・失礼

53 :吉良吉影:03/05/07 07:08
>51
この場所に… 「その質問」はふさわしくない…
↓にいってきなさい

〜今野緒雪 37〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1052250528/l50

あるいは、

●スレを立てるまでもない質問・疑問・雑談59●
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1051585736/l50


54 :イラストに騙された名無しさん:03/05/07 23:52
>>51
ガハハ誘導開始とくらあ。
君のキャッチコピーじゃが『何かスレちGUY』に決定する。

55 :イラストに騙された名無しさん:03/05/08 02:15
>54
グッジョブ。

56 :イラストに騙された名無しさん:03/05/08 09:47
こんなのはガイシュツ?

ttp://www.sky.sannet.ne.jp/sunface/text/P030429/index.htm

57 :イラストに騙された名無しさん:03/05/08 13:45
よくこういうのみつけられるな。尊敬と感謝の言葉を贈ろ〜。

58 :イラストに騙された名無しさん:03/05/08 18:21
>>53
吉影乙。

由野「おまえはバカ丸出しだっ!!」

59 :イラストに騙された名無しさん:03/05/09 19:20
>>58
「由野」ではないッ!!
「由乃」だッ!!
二度と間違えるな!!

60 :イラストに騙された名無しさん:03/05/10 03:26
>>59
すまんね。

由之「フー心臓に悪いわい!」

61 :イラストに騙された名無しさん:03/05/10 03:29
>61
祐巳「(にやり こいつ名前をわざと間違えて同様を誘いやがった。
     しかも普段はおっとりお嬢様のふりをしている。策士だぜ・・・)」

62 :イラストに騙された名無しさん:03/05/10 20:12
>>37
「マリア様 貴様みているな」でググッたがみつからねえ。

だましたなッ 祐巳ッ!

63 :イラストに騙された名無しさん:03/05/10 23:38
>>62
                サンダー・ロザリオ・スプリットアタック
祐巳「かかったな アホが! 稲妻十字空烈刃!!」

64 :イラストに騙された名無しさん:03/05/11 00:42
>62
ttp://www.rr.iij4u.or.jp/~starwind/top2.htm です。

志摩子「一時の同情で助けるのは、かえって残酷ではないですか」
  聖「痛いところをつくこと……
    けどそれが何だってんだ あぁっ?!」

見た目はハーフ・“RGT(ロサ・ギガン・ティア)”プレジデント・佐藤聖

TWO突風より

65 :エマ:03/05/12 00:56
リリアン女学院はひとつだが、中には二つの学園が在るのだよ。
すなわち姉妹とそうでないもの
このふたつは言葉は通じれども別の学園だ。

66 :イラストに騙された名無しさん:03/05/13 00:57
★○薔薇さまの本音シリーズ

「あの虫唾が走る俗物め、薔薇さまなどとは名が泣く! 真の薔薇さまとは私のような“○薔薇”の事を言うのだ!
愚物め! これが必要な役目でなければあのような塵芥共とは関わりたくないわ!」

67 :名探偵コナン:03/05/13 14:24
見た目は美少年、中身は乙女
たったひとりの妹溺愛
その名は黄薔薇支倉令

68 :Missing:03/05/13 18:20
◯★薔薇さま「初めからこの"妹"と"称号"が目当てだ。愚かも何もないわ」

69 :イラストに騙された名無しさん:03/05/13 20:18
薔薇(ロサ)!薔薇(ロサ)!薔薇(ロサ)!

70 :イラストに騙された名無しさん:03/05/13 20:34
>>69
よろしい、ならば薔薇(ロサ)だ

71 :シュトロハイム:03/05/14 14:31
なかなかの煩悩といいたいッ!
突然の抱きつきの際も祐巳の背中の方にまわり
死角をついている!!

72 :瞳子、数珠物色中:03/05/14 16:01
こっこっこのダボがぁああーッ!
オッ・・・オレッちのジュッジュッジュッ数珠を!!
こっそり忍び込んで盗(ギ)ろォ〜〜ッたって
そうはさせねえぇぞッーーッ うへへへ
てめー やる気かァ〜〜〜 ケケッオイッ
やるってのかよォーーーーーッ

73 :スラムダンク:03/05/14 16:27
春日「佐織がリリアンに入学したとき、彼女はとても愛らしい美少女で一年生にしてすでにアイドルだった
        一方、自慢するわけではないけど、わたしもリリアンに春日せい子ありといわれる女だった
        二人はラブラブだった
        そう…今でいえばわたしが祥子さん、佐織が志摩子さんといったところでしょうか」

令「祥子さん?」
祐巳「志摩子さん?」

由乃「うそだ!」
春日「本当よ」
祐巳「うそだ!」
令「うそだ!」

74 :イラストに騙された名無しさん:03/05/14 16:27
このこえだめで生まれたゴキブリのチンボコ野郎のくせに、
おれの数珠をその尻の穴ふいた指でぎろうなんてよぉ〜〜〜
こいつはメチャ許せんよなぁぁぁぁ

75 :戯言ですが、何か?:03/05/14 20:33
「きみは松平瞳子のことが本当は好きなんじゃないのかな?」
柏木は−−柏木優は、いきなり、
何の前触れもなく何の前置きもなく、
ごく自然のようにごく必然のように、
一つの迷いもなく一つの澱みもなく、
殺那の躊躇もなく微塵の遠慮もなく、
しかし別に高圧な風にでも特に傲岸な風にでもなく、
見上げるように見下すように、
すらりとさらりとまるで当たり前であるかのように
そう言ってのけた。
わたしは答える。
「分かりませんわ」

76 :イラストに騙された名無しさん:03/05/15 05:36
リリアンは実はクビツリ高校だといってみるテスト。

77 :戯言遣いその2:03/05/15 21:39
「そんな聖さまこのとが大好きです」だから「振り向いて欲しかった」

それに対して私が抱いた答えはたった一つ。
静嬢に送りたかった言葉は唯一だ。
それは多分、
お姉さまが私に向けた言葉と同じ。
そしてそれは、
確かに、私にこそふさわしい言葉だった。

『甘えるな』


78 :イラストに騙された名無しさん:03/05/15 23:44
これは折れの知っている祥子さまじゃあない(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ttp://www2.odn.ne.jp/~cau57520/diary.htm

79 :幕張:03/05/15 23:57
志摩子「保科先生、どうでしょうか? 私としては体力の限界千代の富士なので、立候補をあきらめてスパロボでもやってたほうがいいと思うのですが」
保科「貴方…100m10秒で走るでしょう」
志摩子「はあ」
保科「握力とか、100kg超えてるでしょう」
志摩子「はい」
保科「垂直飛びとか1mいけるでしょう」
志摩子「たぶん」
保科「はっきり言って人間じゃない。そのうえギンナン好き」
志摩子「いいたいことを言われてる気もしますが、良しとしましょう」

志摩子「だけど、ちょっと診察しただけでそんなことわかるんですか?」
保科「私はリリアン女学院保険医、保科栄子。顔を見ればそのくらいのことはわかります」

保科「それから、ウルトラマンコスモスの中に人間が入ってるとか言って幼稚園児の夢をぶち壊したわね。さらに中身がマリアさまだと嘘ついたわね」
志摩子「……」
保科「それから最近、なんで初回200円、コンティニュー100円だとかいう理由で。頭文字Dの筐体をM駅前のゲーセンからかっぱらってきたでしょ」
志摩子「貴方、なんで私しか知らないことを知ってるんですか!?」
保科「私はリリアン女学院保険医、保科栄子。顔を見ればそのくらいのことはわかります」

保科「貴方の体は健康そのもの。武富士CMのダンスを一人で踊ることもできます。しかし…貴方は…
ギンナン症候群に犯されている!!」
志摩子「せ、先生ギンナン症候群って…」
保科「ギンナン好きな人にごくたまに現れる症状で。定期的にギンナンを食べ続けないと脳がかわいそうな人になってしまう恐ろしい病気で…」
志摩子「脳がかわいそうって…そんなバカな」
保科「そんなバカなもなにも貴方はまだ気づいてないの!? 貴方は制服の上に袈裟を着て登校しているのよ!!」
志摩子「ほ、本当です…」

80 :イラストに騙された名無しさん:03/05/16 08:57
ワラタ。幕張なつかしいな

81 :ファイブスール物語:03/05/16 10:51
三奈子「惜しい…あの子…取材させてくれないかと誘ったのに断られたよ
 彼女なら“リリアンかわら板”を飾る力を持っていると思ったのだけど…」
真実「無理ですわお姉さま…あんな恐ろしいスールがそばにいますもの…」
三奈子「?恐ろしい?…それはどういう意味なの真実…?」
真実「かつて…とある姉妹がパーティーにお呼ばれしました
 リリアンきっての才女と呼ばれたお嬢様が当代最高の凡人と組み演奏をペアで行ったのです
 そのお嬢様と凡人は完全にシンクロし通常のデータより二ランクも上の素敵な歌声を
 妹に出させました
 これが“マリア様の心”システムです リリアンただひとつのプログラム

 最も特異で最も高貴…そしていちばん残酷なお方
 すべての力を山百合会でなくスールにそそぎ込む…非情なお方…
 最高の姉妹を指す“ベスト・スール”ということばはあの方々のためにあると多くの人はいいます…」

82 :ゼロ戦〜坂井中尉の記録〜:03/05/17 00:48
「だいたいなんなんだよ、ほら、あの、ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンって。
 二度続けて言ってみろ、舌噛んじまうぞ」

                   ――初めてマリみて読んだヤシの魂のぼやき(藁


83 :イラストに騙された名無しさん:03/05/17 01:01
>>81
ワロタ。
最後は姉妹で眠りにつくのか(w


84 :私もそのひとり:03/05/17 12:17
祐巳「聖さま…あなたはっ、そうしてっ、今までにっ、
 いったいいくつの女の子をモノにしてきたっ!?」

聖さま「お前は今までに食ったパンの枚数を覚えているのか?」

85 :イラストに騙された名無しさん:03/05/18 01:15
志摩子「乃梨子はいないのかしら。ちょっとそこのスティンガードリル」
瞳子「私? 私のことですか? 私の名前は松平瞳子ですが」
志摩子「うるさいスティンガードリル(ガス)」
祐巳(出たーブッチャー直伝の地獄突き)

86 :イラストに騙された名無しさん:03/05/18 10:37
薔薇様達の奇妙な冒険 リリアンクルセイダーズ
ttp://www.rr.iij4u.or.jp/~starwind/
既出だったらごめんな


87 :イラストに騙された名無しさん:03/05/18 14:37
>>86
イギー役にワロタw

88 :イラストに騙された名無しさん:03/05/18 14:39
>>86
禿藁w。
本があるとは知らなかった。どこで売ってんのこれ?

89 :イラストに騙された名無しさん:03/05/18 16:58
>>88
まだ出来てない。

90 :泣くようぐいす:03/05/19 12:40
祐巳「私は小笠原祥子さまの妹、紅薔薇のつぼみです」
乃梨子「紅薔薇のつぼみ?」
祐巳「薔薇さまが卒業した後に大輪の花を咲かせるという期待を込められて、つぼみと呼ばれています」
乃梨子「どっちかというと紅薔薇の意味を知りたかったんですが」

91 :イラストに騙された名無しさん:03/05/19 22:32
ttp://www2.odn.ne.jp/~cau57520/3_05_14.jpg

92 :カイジ:03/05/20 00:28
ククク…
初めてやったが……思ったより気持ちがいいな……!
ロザリオの受け取りを拒否するってのは…!
まして それが……憧れの<赤薔薇のつぼみ>祥子さまなら……
さらに格別っ…!
最高だっ………!

93 :幕張:03/05/21 00:32
志摩子「こんなことを言うのは失礼だけど。私のお姉さまも、こんな風に私を抱きしめてくれたことがあったわ」

志摩子「ごめんなさい、お姉さまと比較したりして」
乃梨子「い、いえ。そのお姉さまは…」
志摩子「死んだわ」
乃梨子「ど、どうして?」
志摩子「祐巳という百面相女のせいで」

祐巳「こらー志摩子さん!! 聖さまは生きてるでしょうが!!」

志摩子(邪 魔 す る な)

乃梨子「今なにかあのタヌキ顔が言っていましたけど」
志摩子「あの子はちょっと頭が弱いので、時々わけのわからないことを口走るのよ」

祐巳(今志摩子さんの邪魔をする人が居たら…死ぬな)

94 :イラストに騙された名無しさん:03/05/21 22:09
>>93
乃梨子(゚∀゚)イイ!!

95 :山崎渉:03/05/22 01:38
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

96 :適当にコラボレーション:03/05/23 23:33
もうやだ本スレ。何あれ。ついでに山崎も。

ちよ「祐巳さん、私の身長取りましたね。というより成績以外全部とりましたね。」
祐巳「え?」
ちよ「取りましたね?」
祐巳「あ、あの。」
ちよ「返してください。返して〜」
祐巳「どどどど」

由乃「おー祐巳さん困ってる。」
志摩子「さすが11歳ね。」

97 :泣くようぐいす:03/05/24 01:50
由乃「ともかく私は早急に体を鍛えなくちゃいけないんです」
祥子「なぜ?」
由乃「それは…」

令『退屈しのぎのお遊びなら、家で由乃の気が済むまで私がつき合ってやるから』

由乃「剣道部の支倉令という女を倒すために(ギリリリリリ)」
祥子「剣道部の支倉令って…自分の姉の令?」
由乃「そう」
祥子「貴方、自分の姉をブン殴ったらまた新聞沙汰になるわよ!!」
由乃「いやいや、倒すと言っても剣道で」
祥子「け、剣道? 剣道で負かすってこと?」
由乃「剣道っていうか……武士道で」
祥子「由乃ちゃん……貴方の剣道経験は?」

由乃「司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を全巻読みました」

祥子「お前なめとんのか、だめだこりゃ」
由乃「だめ!? だめですか!? 男性経験ないうえ剣道経験ないんじゃ致命的ですか!? とりあえず祐麒さん相手でもやっとくべきですか!?」

由乃「よし……今から武道館行きますから、後見人としてついてきてください」
祥子「行ったって無駄よ。カスはカスなんだから」
由乃「祥子さま、言葉に気をつけてくださいよ」

由乃「貴方が小笠原グループの令嬢でなければ、私は少なくとも五回は貴方を殺している。明日別荘を五件持ってきてください」

98 :イラストに騙された名無しさん:03/05/24 11:58
「フゥ〜〜〜〜〜。初めて……コバ○トを買っちまったァ〜〜〜〜〜。でも想像してたよりなんて事はないな」

「そしてオレに向かって『ホモ好き』だなんて言えるヤツは、もうこれで誰ひとりいねーからな」

99 :イラストに騙された名無しさん:03/05/24 12:50
              ,.-‐v――.、
            /  !     \
             /   ,イ      ヽ  
           /  _,,,ノ !)ノリハ    i  
          i  jr三ミ__r;三ミ_   ヽ 
          l  ,iヾ二ノ ヽ二 ハ   ノ
          ヽ、.l  ,.r、_,っ、  !_,    
             !  rrrrrrrァi! L.    
             ゝ、^'ー=~''"' ;,∧入  
              />、__,r‐ツ、 ,'^^'' 、
          , -―ー '"   ;   '     7   !)
         / , '"^、 `ー-、 _, -ー   !   /'|
      |'   _ミ7ゝ     ,.    !   / |
         ||  Y'    ::y'     :   |  |
       |.|   |     :     :   |  !
          |'   ! .'o,   |  '.o, !   |,/
       |   ヽ、  ,人     ノ   |
         !    | `゛´  ` ー 'ヽ   ノ
          I    |           ヽ、_, '
          ヽ、__ ノ          /
          /     r       |
         /               I
       /                !
     _o/   `       , '  .|
     //ヾ'~~"''ー、_|__  __/_, -'"~!
    7        |  ̄ / ̄    \
    |          l|  ノ       \
     |           |"~、|        \


100 :イラストに騙された名無しさん:03/05/25 09:25
聖「ワルツだから三拍子だよ。はいもう1回。1、2、3、1、2、3」
祐巳「えーと、1、2、3、4…」

ザグゥッ

祐巳「ぎゃぁァァァーーーーーーーッ!!!!!」
聖「このチンピラがオレをナメてんのかッ!何回教えりゃあ理解できんだコラァ!
ワルツで三拍子って言ったのになんで四拍子で1増えるんだこのド低脳がァーーーーッ!!」

ドグシャァァァァァァ


101 :イラストに騙された名無しさん:03/05/25 18:51
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

102 :由乃は思春期:03/05/26 02:03
令「おっと」
由乃「もー、せっかく洗ったのにスリッパまた汚れちゃったじゃない」
令「ゴメンゴメン。叩いて払っておけば大丈夫よ」

スパーンスパーン

令「なにしてる!?」
由乃「泥を払いつつスパンキング」
祐巳(たのしそうだなぁ)

103 :にゃっき:03/05/27 16:11
おらおらおらおらぽああああああぁぁぁぁぁ!
やれやれやれやれやれやれだぜ


104 :山崎渉:03/05/28 16:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

105 :イラストに騙された名無しさん:03/05/28 23:11
小笠原・S・お姉さまジーパンを買いに行く

祥子「ちょいと止まって祐巳。歩くのを止めてちょうだい。」
祐巳「まさかお姉さま! あの! ハンバーガーショップに寄ろうというのでは
    ございませんでしょうねッ!?」
祥子「そうよ! はじめてのデートですもの! ジーパンを買いに行く前に
    ちょいと食べてみるわッ!」
祐巳「とーんでもございませんお姉さまッ! あれは金のない貧民のための店で
    大富豪はまず利用しないのが日本の常識ッ! 小笠原令嬢ともあろーお方がッ!」

106 :既出だったらスマソ:03/05/30 01:33
令 「由乃、気分が悪いのかい?・・・だったら私も一緒に帰るよ」

由乃「バッキャローッ!!」

  ボ ッ ケ ャ ァ ッ !

由乃「令ちゃん!てめ〜ッ 剣道の練習はどーーなってんだァ〜〜!!」

令 「先生に早退の許可は貰ってあるよ・・・・・・由・・・」

由乃「だったら家で稽古をつけろってんだよォーッ!マヌケがァ〜〜〜ッ!!
  こいつを受け取ってドタマ冷やしてこいィーッ 今すぐだァー!!」

令 「うッ・・・!こ・・・これは私が上げたロザリオッ!!」

由乃「よわっちい女のものなんか用はねぇぜッ!」 グビ 「プハァぁ〜〜」

107 :イラストに騙された名無しさん:03/05/30 13:30
>>106
ワロタ

由乃なに飲んでんだよw

108 :泣くようぐいす:03/05/31 03:38
瞳子「私は人間が嫌いです。できれば外来魚の大量放流によって滅んでしまえばいいと思っています」

瞳子「世の中失礼な人間が多すぎます。たとえば白薔薇さま。私がはじめて薔薇の館に行ったとき、こんなことを言いやがりました」

志摩子『貴方アレでしょう……中学のときいじめられてたでしょう』

瞳子(普通そんなこと聞くか!? 初対面ですよ!! そんなもん転入してきた生徒を紹介するのに『皆さん、彼女は在日朝鮮人だが仲良くしてやってくれな』って紹介するぐらい失礼なことでしょう!!)

瞳子「さらに白薔薇さまに輪をかけたような失礼な女―――黄薔薇のつぼみ」

由乃『志摩子さん、その娘祥子さまの御親戚よ』
志摩子『その娘って誰?』
由乃『だからそこの……ドリルみたいな髪型した娘』
瞳子『ド、ドリルは……はねーでしょう……つ、つぼみだからって私は殴りますよ…』
志摩子『ブラブラ揺らさないでよ。リアルすぎるわ』
由乃『完全な銃刀法違反じゃない』

瞳子「……人間など滅んでしまえばいいのよ」

109 :イラストに騙された名無しさん:03/05/31 09:45
瞳子はエイリアンと共生している

110 :イラストに騙された名無しさん:03/05/31 21:27
どなたか、前スレのログを保存してる方いないでしょうか
ネタを考えようにも既出が怖い・・・

111 :イラストに騙された名無しさん:03/06/01 20:41
サフイズムの舷窓のOP間奏部分を、マリみてキャラに置きかえるネタ、挫折。
挑戦者求む。

112 :イラストに騙された名無しさん:03/06/01 21:41
レズの王子様=佐藤聖
元気いっぱいジャパニーズガール=福沢祐巳
世間知らずなフェアリィ=藤堂志摩子
メランコリックベイビィ=鵜沢美冬
佐藤聖専用風紀委員=小笠原祥子
したたかギャンブラー=築山三奈子
ひきこもりたガール=久保栞
サイケデリックジャンキー=鳥居江利子
背徳の乙女=島津由乃
落ちぶれメイド=支倉令
ビジターズ=山口真美 二条乃梨子 松平瞳子
聖の親友そして名パートナー=水野蓉子

やっつけ仕事でスマソ。

113 :イラストに騙された名無しさん:03/06/01 21:45
やべ…静さまを忘れてたよ…

114 :イラストに騙された名無しさん:03/06/02 00:58
異議あり!
佐藤聖専用風紀委員=水野蓉子


聖の親友そして名パートナー=加藤景と蔦子さんが二人羽織で

115 :イラストに騙された名無しさん:03/06/02 02:52
瞳子 「こいつはくせえッー!線香のにおいがプンプンするぜ―――ッ!!
     薔薇のお姉さま方!そいつは生まれついての仏教徒だッ
     おメダイをいただく資格なんかねえッ!!」 

116 :イラストに騙された名無しさん:03/06/02 15:03
静さまイタリア渡航後→空賊のアイドルに。
空賊「アドリア海の飛行艇乗りは皆カニーナに恋をするのさ。」
静かに、しかし気高く酒場で「アヴェ.マリア」を歌い始める静。
惚れ直す屈強の男達。
静、自宅のプライベートな庭にて、「私、賭けをしているの。あのひとがここに私を迎えに来てくれたら..その時こそ結婚しようって。」
その時、静「来た!?」
上空を旋回する黄色い飛行機(パイロット聖さま。自機コード「黄13」)(w
静「また賭けに負けちゃった..」
聖「いけね。(操縦桿が)折れちまった。景のでっかい尻のせいだ!」(w
出典は「紅の豚」からです。


117 :由乃屋:03/06/02 17:02
そんな事より、ちょっと聞いてくれる?あんまり関係ないんだけど。
昨日の薔薇の館へ行ったの。薔薇の館。
そしたらなんか薔薇さまがたもめているんです。
で、よく聞いたらなんか『シンデレラは紅薔薇のつぼみ』でとか言って言ってるの。
もう、ほんとーに馬鹿かと。
おねえさま方、学園祭の配役のことで、そんなにもめているんじゃありませんよ。
シンデレラだよ。シンデレラ
なんか令ちゃんもたくらみに加わっているし。薔薇さまがたで結託して陰謀ですか。おめでたいわね。
よーしそれなら、このコををスールにするわ、とか言ってるの。もう見てらんない。
お姉さま方、私がシンデレラやるから、ホモじゃなくて令ちゃんが王子さま役やれと。
スール選びってのは、もっと殺伐としてるべきなの。
志摩子さんみたいに、いきなりお断りするかもしれない、
そんな雰囲気がいいんじゃない。
あのね、勢いだけで妹選びなんてきょうび流行らないんです。紅薔薇のつぼみさま。
祥子さまは本当に祐巳さんを妹にしたいかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
本当は誰でもいいだけちゃうんかと。
黄薔薇のつぼみの妹の私から言わせてもらえば今、姉妹の間での最新流行はやっぱり、
ロザリオ返し、これね。
マリアさまの前で突然、ロザリオをつきかえす。これが通のやりかた。
しかし、令ちゃんが使い物にならなくなっちゃう危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。


118 :イラストに騙された名無しさん:03/06/04 20:51
初めて出会ったのは15の時、8年前だ。

祐巳のような妹が欲しいと思った。
聖さまのようにセクハラするのもいいと思った。

時は流れて・・・
ライノベ読者は大人になった。
妹はできなかったけど、
今でも「マリみて」を読んでいる。

オレにとって「マリア様がみてる」は、ライトノベルなんかじゃなかった。
オレの青春そのものだったよ。

「バリバリ伝説」最終回より

119 :イラストに騙された名無しさん:03/06/04 23:40
>>117
ワロタ
ふつうにウマいな

120 :イラストに騙された名無しさん:03/06/06 12:49
白薔薇「祐巳……」
白薔薇「祥子がッ、物陰から出てくるまで抱き着くのをやめないッ!」

121 :イラストに騙された名無しさん:03/06/06 20:27
お姉さまに恥をかかせてはいけない。ここはきちんとご挨拶しないと。
――そう思いながら、裕巳は頭を下げた。
そして頭を上げた時、初めてその人たちの姿をはっきりと目に焼き付けるに至り、
怒涛のような後悔が押し寄せてきた。

お客さまたちは、皆、


 新 手 の ス タ ン ド 使 い か ッ !!!

122 :鳥◯センパイ:03/06/07 01:38
「あっ、蓉子さま!ご、ごきげんよう」
「ごきげんよう、祐巳ちゃん。偶然ね」
「はい、う、えっっと…、
 あっ、お仕事はDoですか?」
「えぇ、大丈夫よ、仕事にも慣れて来て
 ようやく、小 人 も 出 る よ う に な っ て き た わ 」

「………………え?」



あぁ駄目ダメぽ、欝

123 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 07:02
「くっせェ〜〜〜ッ! 銀杏のニオイがプンプンするゼェ〜〜〜〜〜〜ッ!!!」

124 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 10:22
「う〜〜〜〜遅刻遅刻」
今 学校へ向けて全力疾走している私はリリアン女学園に通うごく一般的な女の子
強いて違うところをあげるとすれば薔薇さまに興味があるってとこかナ――
名前は福沢祐巳
そんなわけで通り道にあるマリア様の前にやって来たのだ
ふと呼びかけられて振り返ると上級生のお姉さまが立っていた
ウホッ!いいお姉さま…
(ハッ)
そう思っていると突然そのお姉さまは私の見ている目の前にかばんを差し出し、
両手を首の後ろにまわしたのだ…!
(キュッ…)
「タイが曲がっていないか」
そういえばこのマリア像前はスールの契りの場として有名なところだった
いいお姉さまに弱い私は誘われるままホイホイとタイを直されちゃったのだ
彼女――ちょっとお嬢様っぽい紅薔薇のつぼみで小笠原祥子と名乗った
タイも結びなれているらしく
「よかったのか身だしなみをきちんとしなくて」
「マリア様がみていらっしゃるぜ」
「こんなこと初めてだけどいいんです・・・」
「私・・・祥子さまみたいな人好きですから・・・」
「うれしいこと言ってくれるじゃないの」
「それじゃあごきげんよう」
言葉どおりに彼女はリリアン女学園のスーパースターだった
私はというと初めての出会いがこんなのっていう後悔の波に身をふるわせもだえていた

125 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 10:52
黄薔薇革命には笑えた!
破局1組ごとにカウントしてたのって私だけ?
(よっしゃー5組突破!よーし次は10組突破しろーって)
でも結局はその数倍しか破局してねえんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
黄薔薇革命は笑えた。まじで
リリアンかわら版で知って、手を叩いてわらったなぁ。
おまえらがしくしく泣いてる間、病室で池波正太郎読んでた。
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざリリアンまで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でも黄薔薇革命のおかげで何かしらの利益を得た人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしか令ちゃんが夢遊病者みたいになっていたけどさ、
玲ちゃんって過保護だから立ち直ってほしかったんだよね。
今では復縁してるやつがいるらしいけど、
せこいんだよ! 私らのマネなんだよね。むかつく。
ところで革命中は黄薔薇さまってどうしてたの?
もしかして妊娠疑惑? 汚ねぇなぁー。
どちらにしろ私が悲劇のヒロインに仕立て上げられて壮観だった!
気持ちの良い夕刻でした

126 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 11:18
そんなことより由乃さんよ、ちょっと聞いてくれよ。お姉さまのことなんだけどさ。
このあいだ、お姉さまの別荘行ったんです。別荘。
そしたらなんかお嬢様がめちゃくちゃいっぱいで会話に入れないんです。
で、よく見たらなんか宿題持ってきてて、源氏物語の和訳、とか言ってるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、宿題如きで普段来てない別荘に来てんじゃねーよ、ボケが。
宿題だよ。宿題。
なんか親の見舞いとか嘘つくやつもいるし。一家そろってガーデンパーティーか。おめでてーな。
よーしママを病気にしちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、夏目漱石やるからここからでていけと。
避暑地ってのはな、もっと姉妹でべったりするべきなんだよ。
お姉さまが帰りたいならもちろん一緒に帰るし、、
留まるとお決めになったのなら最後までお付き合いする、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。
成金どもは、すっこんでろ。
で、やっとお姉さまと一緒と思ったら、、隣の奴が、何か演奏を、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、曾お祖母さまの誕生パーティーなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、曾お祖母さま誕生日おめでとう、だ。
お前は本当におめでとうを言いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、家族仲のいいことをアピールしたいだけちゃうんかと。
お姉さま通の私から言わせてもらえば今、お姉さま通の間での最新流行はやっぱり、
ごろごろ、これだね。
お姉さまと思い切り怠惰に昼寝。これが通の過ごし方。
ゴロゴロってのは一日靴を履かないくらいの気持ちで。そんで本も読まない。これ。
で、テラスにシートしいてその上でごろごろ。これ最強。
しかしこれをやると夏休み後半は宿題と学園祭準備に忙殺されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、仏像教会鑑賞か富士登山でも行ってなさいってこった。


127 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 15:49
>124-126
素晴らしい(笑)

128 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 15:57
白薔薇、黄薔薇姉妹は素人なのか(w

129 :FSS10巻:03/06/07 17:09
蓉子「おまえに言っておかねばならぬことがある…」
祥子「……」
蓉子「プティ・スールを決して友人・恋人として扱うな!プティ・スールは
人ではない、『物』じゃ!!プティ・スールは道具にすぎぬ!物として扱い
奴隷のように使いこなすのだ!」
蓉子「恐るるはプティ・スールを心の支えとしたときのロサキネンシス・
アン・ブゥトンの脆さよ!いまのおまえにはわからぬだろうが…」
祥子「…」
蓉子「だが大切に扱え。貴重な労働力なのだ。甘えても頼ってもかまわぬが
心を通わせてはならぬ!!これこそが他の軟弱な薔薇さまにあらず!
リリアン生徒に絶対の信頼あるロサキネンシスなり!私の言うこと間違うて
おるか?祐巳よ?」
祐巳「いえ、紅薔薇さまの仰せの通りにございます」
祥子「…!」

130 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 17:40
2部より。がいしゅつだったらスマソ

瞳子「この学院はあんな焼香クセー仏教女を入れてんのかァアア〜!?」
志摩子「…」
瞳子「ハー、あいつの臭いが制服についてとれねーんだよ!ああいうのを
入れんじゃねえ!つまみ出してくれ」
祥子「瞳子ちゃん…リリアン女学院のオーナーは、いかなる生徒でも受験資格を
クリアすれば入学を認めると言う意向なの。承知してくれないかしら?」
瞳子「なんだとォ―――ッ、この学院は仏教徒がマリア様に祈りをささげても
いいのか―――っ、ハ―――ッ」
志摩子「わ、私……退学するわ」
瞳子、数珠を志摩子に投げつける。バシッ。
志摩子「うっ」
瞳子「フン」
乃梨子(ムッカアアア)
令「乃梨子ちゃん」
乃梨子「黄薔薇さま…まさか止めるんじゃないでしょうね」
令「いいえ!個人の主義主張は勝手!ゆるせないのは白薔薇さまを公然と侮辱した
こと!ほかの生徒に迷惑をかけずにきちっとやつけなさい!」
乃梨子「そうこなくっちゃあな、黄薔薇さま」(ドオオオ)

※「やつけなさい」は原典のままです

131 :幕張:03/06/07 17:43
瞳子「祐巳さま……なぜ私につきまとうんですか。私のことが……好きなんですか?」
祐巳「 嫌 い 」

祐美「しかし私ももう十七歳。下級生にちょっかいかけてみたい年頃じゃない。と、いうわけでいいかな、山百合会のお手伝い」
瞳子「貴方、好きでもないくせに仕事を手伝えとか言うんですか!?」
祐巳「ファーストキスよりファーストフェラの方が先だったという、AV女優のような女を誰が好きになるか!!」
瞳子「AV女優だと〜〜!? 誰がどう見ても清純派じゃないですか!! モー娘。の次は私じゃないですか!!」
祐巳「お前のような清純派がいるか、ボケ!!」

>>125
 途中で由乃の台詞って気づいたのが、一番笑った。


132 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 18:06
同じく2部から。ちょっと下品でつ

志摩子「おい、乃梨子!なんかもよおしてきたのおー。いっちょ!久しぶりに
女の友情!ツレションでもするかあッ!」
乃梨子「??」
志摩子「ほれ!笑え、乃梨子!」(ドジャ―――ッ)
乃梨子「……」
志摩子「大声で笑いながらするのが作法だぞ乃梨子!笑え!笑え!乃梨子!」
乃梨子「志摩子さん…性格変わったんじゃあねーか?前はこんな下品なこと思いつく
ひとじゃあなかったのに…」
(カワハハハ)
乃梨子「ウヘヘ、ヘヘ、カミングアウトしたのが原因じゃあねーだろーな」
志摩子「ワッハハハハ」
(ドッジャ―――ッ)

133 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 18:08
>124-126
素薔薇しい

134 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 19:17
>>133
(・∀・)ミエテルヨー

135 :イラストに騙された名無しさん:03/06/07 21:29
>132
ゴメン冷静にツッコンでいい?

    それ第3部。

136 :うろ覚え第一部:03/06/07 23:14
由乃「私は妹をやめるぞ令ちゃああああああん」

137 :イラストに騙された名無しさん:03/06/08 00:27
ホムーラン打たれて・・・inシャア板第3号
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1051340684/525-

困惑するガノタ達


138 :イラストに騙された名無しさん:03/06/08 16:50
>>135
ぐはッ!恥ずかしー!!

139 :ナイン:03/06/08 17:00
紅薔薇さま(蓉子)に呼び出されて薔薇の館に向かう祥子。
会議室のビスケット扉を勢いよく開けながら宣言する。
祥子「ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン、小笠原祥子入りますっ!!」
待ち構えていた紅薔薇さまは振りむきざま叫んだ。
蓉子「主役だっ!!」
突然の宣告に驚愕する祥子。

『逆境とは――思うようにならない境遇や不運な境遇のことをいう!!』

祥子「そっ、それは…決定ですか!?」
蓉子「去年の文化祭の手伝いをしていない、ましてや妹さえいない…。
そんなつぼみには発言権はないと圧力がかかってな…。」
祥子「じ、じゃあ……」
蓉子「だが!そんなみじめな目にあってまで男嫌いをつづけることもあるまい。
ゆえに主役であるっ。私の独断だ!!」
祥子「おっ、王子役を…王子役を変更してくださいっ!!」
蓉子「ばか者おっ」
バキッ。蓉子の右ストレートが祥子にヒットする。

『これが逆境だ!!』


140 :ナイン:03/06/08 17:03
祥子「フッ。フッフッフッ、フハハハハハハッ。ウワ―――ッハッハッハッ――ハーッハッ」
狼狽していた祥子がいきなり大声で笑い出した。
蓉子「!!」
ひとしきり笑った後、鋭い眼光で紅薔薇さまを睨みつける祥子。
祥子「お姉さま!!」
蓉子「ほう…目が生き返ったか!!さきほどまでの負け犬の目とはうってかわって
狼の目になっとる…よろしい!!」
どかっ!と椅子に腰掛ける紅薔薇さま。
蓉子「話を聞こうじゃないか……。話してみろ!!」
祥子「お姉さま。この山百合会、白薔薇も黄薔薇も役員が決まっていますが――。
ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールがいませんねえ…」
しばしの沈黙――。
祥子「わたくしが」
蓉子「むおっ」
祥子「あ…、いや」
蓉子、緊張で呼吸が乱れる。

141 :ナイン:03/06/08 17:04
『この少女は今、大きなふろしきを広げようとしていた。だが、このふろしきはあまりにも
大きい…!!無責任に、なんの根拠もなしに広げるわけにはいかないのだ』

祥子(いや、見える。プティ・スールが見える!!)
(ふろしきを広げるイメージ)ばっ。祥子、蓉子に向かい合い大声で叫ぶ。
祥子「お姉さま。山百合会にロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールを
置きたいとは思いませんかっ」
蓉子「う…うむっ」
ふんぞり返る祥子。
蓉子「ふっ。ふっふっふ。いきなりプティ・スールときたか。この大ボラ吹きめ…。だが、
口先だけではわしは納得せんぞ。」
祥子「承知!!ぶっ、文化祭までには…証拠をみせてごらんにいれましょう…」
蓉子(ふふふ。いいぞいいぞ、その目その汗そのふるえ…。命をはってしゃべっておるな
こいつ…)
蓉子「いったことにいつわりがあったときは、死ぬ覚悟がありそうじゃな。
わしはそれを待っていたんじゃよ!!」
(くわっ)紅薔薇さまが目をむいた。

142 :イラストに騙された名無しさん:03/06/08 18:28
>>139
ワラタよ、説明しすぎだけど。

聖「それはそれ!」
ユミ「!」
聖「これはこれ!」
ユミ「そうかっ!」

143 :イラストに騙された名無しさん:03/06/08 20:58
あ…あの女の目…養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。
残酷な目だ…“かわいそうだけど明日の朝にはご自分のお姉さまに叱責される運命なのね”って感じの!

144 :続ナイン:03/06/09 13:43
祐巳「祥子さま。祥子さま、がんばって!!祥子さまの不屈の精神力ならできます!!」
祥子「みんなと稽古してても、なにも頭に入ってこないのよ…!!」
祐巳「でも、やるだけやってもみないで弱音をはくなんて」
祥子「いいえ。やったって結果はおなじよ!!もう、わかっているのよ。主役(シンデレラ)よ。
ふっ、ふっはははっ、ふぁっはっはっはっ」
祐巳「そんなことをいうなんて、祥子さまらしくない!」
祥子「ははははっ。これが本当のわたしなのよ!!」
祐巳「学園祭までまだ3日間もあるじゃないですか」
祥子「3日…、3日…。ふっ、あと3日間しかないのよおおっ!!」
祐巳(プツン)
祐巳「祥子さま!!もう…、やめてください。変に重荷を背負うのは…。わたし、祥子さまが
わたしをプティ・スールにしてもうらみません!!ううん、それよりも…。それだけ自分を犠牲に
して今までわたしのためにやってくれたんだもの…!!そんな祥子さまに申しわけないって
思ってるんです。祥子さまが稽古の最中に逃げてしまっても…そうよ!!誰も文句のいえる
筋合いはないわっ!!舞台劇のことなんか気にしないで。ただ、体調には気をつけてのび
のびとシンデレラを演じてください…!!」
祥子「それは……。それはちがうわ、祐巳!!」
祐巳「!!」
祥子「わたしはロサ・キネンシス・アン・ブゥトンよ……!!紅薔薇のつぼみとして……。いや、
小笠原祥子個人としても。目の前の敵に立ち向かわずに逃げるってことは、卑怯者のやること
なのよ!!」
祐巳「でっ、でも…」
祥子「わたしはやる!!もう逃げてなんかいられないわ。絶対に妹にしてみせる!!
ぶつかってもみないで弱音をはけるものですか―――っ!!」
祐巳(あまのじゃくっ!)

145 :続ナイン:03/06/09 13:44
祐巳「祥子さま、ちょっと。いつからわたしたちってスールだったんですか?」
祥子「ええい、だまってっ!!」
祐巳「おねがい、こたえてください!!」
祥子「しかたがないわ…。薔薇の館でぶつかりあったときからよっ!!あのときからあなたと
わたしのドラマは始まったのよ。気づかなかったの!?」
祐巳(き、気がつかなかった!!)
聖「祥子。それって祥子のひとめぼれでしょお?ただの片想いじゃない!!」
祥子(はうっ!!ただの、片想い?そ、そういえば…。そういわれてみれば、そうだ!!)
(ガ―――ン)
聖「ね、みんなきてきて。祥子がおもしろいの!!」
蓉子「なんですって」
江利子「どうしたの!?」
聖「それがなんと!!片想いの相手つかまえてスールだっていいだしたのよ!!」
蓉子「なんてことっ」
江利子「はやまったわねっ、祥子」
蓉子「それは見ておかないとソンだわ」
(どたどたどた)
江利子「どれどれ」
蓉子「あ――っ、ほんとだ。やってるやってる」
祥子「ち、ちがう!!わたしはこんな会話をするために出てきたんじゃあないわっ。なぜ、
こうなってしまったの!?」
聖「祥子、教えてあげよか…。祥子は祐巳ちゃんと熱い仲だってみんなに誤解されてる
うちに、だんだんそんなよーな気になってきたんでしょー!!まったく、思いこみがはげしい
んだから…」
祥子(ガ―――ン)「うわあああああ」

146 :イラストに騙された名無しさん:03/06/09 13:47
>>142
元ネタのあのシーンはセリフが少ないからついト書きが
多くなってしまいますた…

147 :第三部+第二部:03/06/09 21:10
聖 「わたしのかわいい
   福沢祐巳ちゃんは…

   抱きしめると
   狂いもだえるのだ
   歓びでな!」

祥子「図に乗るんじゃあないッ
    アメ公がアアッ!」

148 :へるしんぐ:03/06/09 23:15
「最も恐るべき薔薇さまとは誰か わかるかね祐巳ちゃん」
「・・・・祥子さま」
「そうその通りだよ私の元妹、紅薔薇さまだよ祐巳ちゃん」

「では何故祥子はそれほどまでに恐ろしい?
 祥子は弱点だらけだ。アスパラを嫌い梅干を嫌い
 ヒステリーや嫉妬で身を焼く 
 冷めた紅茶を飲めず桜に目をそむけ銀杏に鼻をそむけ
 低血圧で朝は動けず安息のねぐらは唯一つ薔薇の館だけ
 それでも祥子は無敵の紅薔薇さまと呼ばれる
 祐巳ちゃん何故だかわかるかな?」


149 :幕張:03/06/10 00:11
祥子「乃梨子さん……おとなしく数珠の本当の持ち主を言いなさい。で、ないとチリになるわよ」
乃梨子「紅薔薇さま……何も言わずに数珠を返してくれませんか?」
祥子「な、何を言っているの。返すわけないでしょう」
乃梨子「もちろんタダとは言いません。このピョン吉Tシャツと交換というのはどうですか?」

祐巳(ど、どこにピョン吉が……)
由乃(そのまえにTシャツですらないじゃない)
志摩子(いくらなんでもそれは無理よ乃梨子……)

祥子「そ、それは本当にピョン吉Tシャツなの?」
祐巳「いかんお姉さまがだまされかけている!!」
令「祥子だまされるな!! 心にジオンの精神を持て!!」
由乃「第一どこにピョン吉が居るんですか!!」
祥子「そ、そうよね。ピョン吉が居ないのにピョン吉Tシャツだなんてありえるわけがないわ。フフフ」

乃梨子「裏返しに着ているんですよ」
祥子(やっぱり!!)

150 :幕張:03/06/10 00:11
祐巳「お姉さま、だまされないで!!」
令「もう勝利は目前よ!!」
祥子「そ、そうよ。この小笠原祥子をだまそうとしても無駄よ……」

 ヒロシ〜あちーよ〜ヒロシ〜

祥子(えっ!?)
乃梨子「根性〜根性〜ド根性だ〜い」

祐巳(あ、あからさまに)
由乃(自分の口で……)
志摩子(しゃべってる……)

祥子「やっぱり本物よ……絶対……」
令「嘘だって、口で喋ってたじゃない!!」
祥子「本物じゃないかしら……」
祐巳「超ヘタクソな腹話術にだまされないでください!!」

 ピョーンピョーン

祥子「はうっ!? ほら、飛んでるわよ!?」
祐巳「手を服の中に入れて、自分でジャンプ゚してるだけですって!!」

151 :ファイブスール物語:03/06/10 10:56
祥子「貴方ね!男を呼んできたのは!祐巳とぐるになって!この紅薔薇を騙しに来たの!

  花寺の狸め!」

祐麒「で……どうなさいます?逃げられるか?それとも この場で男嫌いらしく気絶なさるか?」

祥子「いっ…いやよ!いやよ!!私は男の中にいたくない!」
祐麒「脱出ならば間に合いませんよ 急がないと…」

祥子「なぜ!今日は文化祭の打ち合わせよ!!なぜ私がここを出なければならないの!
 これは私のしごとよ!他人の勝手にさせてなるものですか!
 貴方も花寺の役員ならば解るでしょう…え?」
祐麒「…ごもっとも…」

祐麒「他人事とて男に囲まれるところは気持ちのいいものではない
 我が貞操とて狙われる時がこないという保証などないものな」

2003
文化祭二日後…
リリアン女学院は花寺に降伏しその行政を一手に委ねる
100年後リリアンは花寺学院付属校となる…

152 :funfun工房:03/06/10 11:22
聖さま「ま、『面白い女生徒ランキング』じゃ祐巳ちゃんがダントツだけどね」
祐巳「なッ!?なんですかソレっ(汗)」(百面相)
聖さま「そういう所がいちいち可愛いってホメてんの。私としては君を見ている方がずっと面白い」
祐巳「え…っ」(ドキッ)
聖さま「実に興味深いよ…」(ククク…)
由乃&志摩子&令(確信犯…)

153 :funfun工房:03/06/10 11:23
蔦子「静さまの独唱会の整理券?私も持ってないよ。つーか、取れなかったもん。お御堂は狭いから
配布少なかったみたいだし――」
祐巳「そっか…」(ふ―――…)
蔦子「祐巳さん、蟹名静さま好きだったっけ?」
祐巳「ううん…。今日初めてその存在を知った」
蔦子「…まあ、そんなもんか。カッコイイでしょ、蟹名静さま。静さまって美人系なのに声に迫力があって。
…と、どーした祐巳さん」
祐巳「どうしよう、蔦子さん。静さま、『黒薔薇』だよ…」
蔦子「…ほほう?」

154 :funfun工房:03/06/10 11:24
令「由乃。おとなしく寝てた?由乃?」
由乃「なに?令ちゃん」
令「!?由乃!どこに行ってたの!」
由乃「ちょっと、コンビニまで」
令「あなたっ、カゼをひいているのに、そんな薄着でっ…。変質者にさらわれたいんかァ―――ッ!!!」
由乃「いまのところ令ちゃんが一番変だよ。こほ。令ちゃん、会議どうしたの?夕方まで帰らないんじゃ
なかったっけ」
令「そりゃ…、由乃が心配だったから…。ちょっと、抜けてきた」
由乃「大袈裟なんだから。ダメじゃない、ロサ・フェティダ・アン・ブゥトンが仕事サボっちゃ」
令「大丈夫だよ。お姉さま(江利子)に全部おしつけてきたから」
由乃「え」
令「どっちが由乃を見舞うか、ジャンケンで勝負をつけたのさ!」(キュピーン)
由乃(レベル低…)

155 :ギレン総帥がみてる:03/06/10 14:39
1 名前: 通常の名無しさんの3倍 投稿日: 03/04/13 00:13 ID:kDAg+UT8

「ジークジオン!」
「ジークジオン!」
屈強な戦士たちの挨拶が、艦橋にこだまする。
ムサイ級に集うパイロット達が、今日も戦士の凄みのある表情で、数多の難局を潜り抜けていく。
負けを知らない戦士たちが纏うのは、緑色のモビルスーツ。
部隊の和は乱さないように、憎き連邦の旗は翻らせないように、慎重かつ大胆に戦うのがここでのたしなみ。
もちろん、敵を前にして逃げ去るなどといった、情けない者など存在していようはずもない。
ジオン公国宇宙軍。
宇宙世紀0062年から続くこの組織は、もとは国防隊という、
伝統はないが一年戦争開戦まで10年近く連邦軍との対決のため鍛えぬかれた軍隊である。
サイド3。地球から最も遠い位置にあるこのサイドで、総帥に見守られ、
士官学校から主席でルウム戦役では金的5個という飛びぬけた者も輩出するエリートの園。
戦局は移り変わり、勢力図が2回も改まった星一号作戦発動直前の今日でさえ、
ソロモンという宇宙要塞さえ覗けば特別あつらえの純粋戦力モビルアーマービグ・ザムが
足付きで出撃される、という仕組みがいまだに残っている貴重な軍隊である。


156 :既にジョジョではないですが:03/06/10 19:19
その日、祐巳はマリア様の像の前で
われ知らず深い吐息を洩らした。
と、うしろで、
「乙女一匹、曲がったタイを直そうとも
しないで、溜息をつくとは何事だ」
と大音におめく者がある。
「はい」と返事をしながら身体全体で
振りかえってみれば、身の丈6尺、
人形のごとき面につぶらな目、肉づき
あくまで豊かな胸から腰まで烏の濡れ
羽のごとき黒髪をたくわえ、その声万雷
のはためくが如く、その勢い奔馬の如き
淑女である。


スミマセン三戦板に帰ります

157 :イラストに騙された名無しさん:03/06/10 21:37
祐巳「薔薇の館における2m四方立方体分の室中面積を
    一学期の間瞳子ちゃんに作業場として与えるとのことです」
瞳子「は・・・・!?」
祐巳「新たなお願いについてですが、リリアン学園の学園祭に向けての
    山百合会へのお手伝いとのことですよ!!」
瞳子「そッそれは、それは一体どういう事ですの!!」
祐巳「あら。ちょっとわかりづらかったかしら
    お馬鹿なあなたにもわかりやすくいうわね」
 
   「用がなければちゃっちゃと手伝え ド リ ル 野 郎」


                       ヘルシングより


158 :ビーティー:03/06/11 11:57
>>151

祥子「……あなたたちに、ひとつだけはっきりいっておくわ!」
花寺生徒会「?」
祥子「いいかしら!あなたたちと私は精神的に身分がちがうのよ!私は精神的貴族に位置する!
したがって私への命令はゆるさないわッ!あなたたちのような花寺生徒に命令はされないし、
かかわりももたないッ!」

花寺オタク「なにを言ってるかわからないが、紅薔薇さまッ!」
祐巳(た、たいへんだ……!)
花寺ヤンキー「フフ…ヘヘヘヘ。だからどうだってんだ………よ」

(ギ―――ン)

159 :ビーティー:03/06/11 11:57
荒木飛呂彦的あとがき

わたしはよく人に「祥子さまにそっくりだ!」…と、言われます。そのとおりだと思います。
でも、あえて言わせてもらえるなら、美人でお嬢様な主人公を描けば、みんな似てしまうのです。

マリア様がみてるが本になるまで、多くの人の応援とご苦労があるのを知った。その人たちへの
感謝と友情を一生忘れないようにしたいと思います。
では、祐巳ちゃんと祥子さまの青春譚をどうぞ。

160 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 18:39
皆さーん、ごきげんようー!!
それでは早速、いってみよ〜!! ハイ!
「1・2・3・スール!!!」

「きれいで潔癖、頭が良くて。わがままだけど優しくて」
ドキドキ 止まらない
「瞳子・柏木・蓉子さま。嫌いじゃないのに嫉妬をしちゃう」
ズキズキ 恋わずらい 多分……

肩に指が 触れるたび 胸が 胸が 疼くのよ
イ・ヤ・シ・テ・ホ・シ・イ カイカン 愛のリハビリで (I Want You)

熱いハートの微熱 今すぐ奪ってよ
誘って 攫って 大事な別荘につれてって

心も 身体も全部あなただけのもの
眠れないの セツナイ刺激 All Night Long (I Miss You)

きっと変われる 素敵な私 シンデレラ
声も吐息も視線も 感じる仕草も あなた次第
愛してください 十年 百年 一億光年!!

「お姉さま。……大好き!」

らぶらぶスール!

161 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 18:39
「まだまだいくよぉ〜〜〜!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「生麦 生米 らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「由乃ピョコピョコ らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「セクシャルギガンティア らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「レイニーブルー らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「志摩子さん仏閣 らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「お姉さま一喝 らぶらぶスール!!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」
「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」

「らぶらぶスール! らぶらぶスール!」

「最後にもいっちょー、ハイ!」
「ら・ぶ・ら・ぶ・スール!!」

162 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 19:37
>>160-161

元ネタ ・∀・)/きぼんぬ


163 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 19:46
>>162
160-161じゃないけど…
ttp://www.tactics.ne.jp/index2.html
ttp://www.tactics.ne.jp/download/mikoop_short.mp3

164 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 20:20
>>163
 ・∀・)/ありがd。

…楽しい曲だね。

165 :ファイブスール物語:03/06/11 20:54
 聖 「私を『お姉様』と呼ぶか?この私を?
    こりゃイカス…学校中の無能な上級生ども
    が妬み悔しがる…私ワクワクしてきた…。
    おいで!!」
志摩子「イエス、お姉様!
    ロサ・ギガンテイア!」

祥子 「志摩子…!待って!行かないで…!
    嘘…よ…志摩子が…私を…見ない…
    嘘…」

三奈子「『妹』候補にごめんなさいされてしまった
    ようですけど、取り返そうなんて思わない
    ほうがよろしくてよ。
    あれはリリアンの誇る白薔薇さま、佐藤聖
    さまよ。エロ薔薇さまともいうわ。ガチン
    コ百合道をつっぱしる山百合会の幹部よ…」
祐巳「おばさん!!そんなこといいから祥子さま
   を運んで!妹には私がなるから急ぐのよ!!」

166 :イラストに騙された名無しさん:03/06/11 22:06
>>165
滅茶苦茶ワラタ。
一連の「ファイブスール物語」って一人なのか複数の人が書いてるのか知らないけど、
今回のが一番傑作だ。(w

167 :特攻野郎Aチーム:03/06/11 23:40
山百合会で鳴らした俺達マリみて部隊は、濡れ衣を着せられレイニ―ブルーになったが、
次の巻で脱出し、別荘地にもぐった。
しかし、休暇先でくすぶっているような俺達じゃあない。
お姉さまさえいれば萌え次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし巨大な悪を粉砕する、俺達、マリみて野郎Aチーム!

俺は、主人公、福沢祐未。通称祐未。突っ込みとたしなめの名人。
俺のような天才どじっ娘でなければお姉さまの妹は務まらん。

俺は藤堂志摩子。通称志摩子さん。自慢のルックスに、女子生徒はみんなイチコロさ。
ハッタリかまして、仏像から銀杏まで、何でもそろえてみせるぜ。

島津由乃。通称由乃。わがままの天才だ。令ちゃんでもブン殴ってみせらぁ。(ばかばか言いながら)
でも田沼ちさとだけはかんべんな。

よぉ!お待ちどう。俺様こそ松平瞳子。通称瞳子ちゃん。
役者としての腕は天下一品!やきもち?おせっかい?だから何。

俺達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する。
頼りになる神出鬼没の、マリみて野郎 Aチーム!
助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。

168 :イラストに騙された名無しさん:03/06/12 00:22
乃梨子「
 わたしは晒されることなんかこれっぽっちも怖くないわ…
 フフ
 子供のころから仏像が大好きな性格だったわ
 どんな仏像だって観に行ったし校則違反の数珠を持っていることも平気だった
 入学試験ギリギリだって全く怖くなかったわ

 そんなわたしが初めてこの人の妹になりたいと心から願う気持ちになった
 その人はあまりに強く、深く、大きく、美しい…
 そしてわたしの趣味をこの学校で初めて理解してくれた…
 この人に出会うのをわたしはずっと待っていたんだ

 晒されるのは怖くない
 しかし
 あの人を巻き添えにするのだけはいやだ

 仏教徒には仏教徒のマリア様が必要なのよ


169 :イラストに騙された名無しさん:03/06/12 02:53
祐巳「ちょっとー!開けなさいよー!お姉さまー!いるんでしょー!」

瞳子「なっ、どなたですか…」

祐巳「お姉さま、出しなさいよ!ここにいるってわかってるのよ!」

瞳子「おねえ…?ちょっ、誰…うわ、三時前だわ…」

祐巳「お姉さまよ!小笠原祥子さま!三奈子さまに頼んで調べてもらったのよ高いお金だして!
 人の大切な物盗らないでよ!この…泥棒ドリル!」

170 :イラストに騙された名無しさん:03/06/12 13:11
>>160-161
由乃ピョコピョコに激しく萌えた

171 :うろ覚えろ!!マリみて:03/06/12 17:59
私は祐巳 たぶん百面相
 祥子「ねえ祐巳」
 祐巳「なんだい宇宙人」
 祥子「私はなぜあなたのような庶民と姉妹なの?」
 祐巳「私が聞きてーよ」

私祐巳 なぜか狸顔 <死にてー
 祥子「祐巳 別荘の滞在費払ってくれない?」
    (なぜかここ 使用人とかいて大変だし…)
 祐巳「狸にそんな金あるか!!」

私祐巳 マブで紅薔薇のつぼみらしい
 祥子「祐巳 どうやら旅行編はとっくに終わっているらしい!!」
 祐巳「いまさらいうな!!」<せんない

私ドリル(仮)祥子お姉さまの親戚らしい
 ドリル「というわけで 祐巳さまかくごー」
 祐巳「お前百合姉妹とかの読みすぎや…」
 ドリル「…」

172 :うろ覚えろ!!マリみて:03/06/12 18:00
 蓉子「祐巳ちゃん リリアンの学費とか払いなさいよ!」
こいつお姉さまの姉 うざい
 祐巳「お前は払ってるんか?」
 蓉子「払うわけないでしょ 私大学行ってるし…」
 祐巳「妹離れできない奴がえらそうに!!」<ペ
 蓉子「〜〜〜…!」

私祐巳 傘がなくなった!
 祥子「祐巳 どうやらお祖母さまがなくなったらしい!!」
 祐巳「(イライラ)いいから傘探してこい!」<はやく!!

私祐巳 現在学園祭の準備
 乃梨子「どいてください 祐巳さま(ガツガツ)」  祐巳<ヤメテー
 志摩子「乃梨子 祐巳さんは山百合会のお荷物なので役に立てないのです いじめてはいけません」
 乃梨子「わかったわ志摩子お姉さま」
 祐巳「…………」

 祥子「祐巳 あなたなんかタイヘンなことになってるわよ?」
  <足付きぃー!
 祥子「ねー 聞いてる?」
 祐巳「SEED中話しかけるな 殺すぞ…」<最高の総集編だな…

(カチカチ)
 志摩子「何なのさっきからカチカチと…」
 乃梨子「お姉さまが銀杏を嗅いでニヤニヤした数をチェックしてました」

       志摩子<よこしなさい!
                       乃梨子<うー

173 :バルバルバルッ:03/06/12 22:45
「白薔薇さま」は感じていた!志摩子のかすかな秘密のにおいを!
今ならロザリオを渡して姉妹になれる!
しかし卒業がせまる今姉妹になって何になろう!
別れの寂しさを再び味わうだけだ!

聖は考えていた
「誰に誓った?自分に誓った妹は持たないと自分に誓った!
 望みは捨てない!自分は最強のガチンコレズの生物なのだ!」


174 :第二部:03/06/12 23:06
江利子 「私が休んでいたあいだに
     どんな下らない噂が播かれたか…
     この低俗な『リリアンかわら版』の
     記事を読めば想像できるな…

     相手もおらずにこの黄薔薇さまが
     妊娠できると思うかッ!!」 

175 :第二部:03/06/12 23:12
令   「よーーし見てなよしのん、
     この令さまが太中の大将をブチ負かして
     今度の『リリアンかわら版』の
     主役になってやるぜ!!!」
由乃  「あーん頼もしいわ
     私の令ちゃん…」  

176 :第三部 女帝のお言葉:03/06/12 23:17
蓉子  「スールさえ確保すりゃ
     キャスティング変更してもらえる
     とでも思ったのかい!!  
     させねェよッ!!!!」

177 :イラストに騙された名無しさん:03/06/12 23:29
「(す―――――っ)ぐォう゛ら゛あ゛あ゛あ゛ッッ!!! てッめぇら何様だ―――ッ!!!」
「おッ嬢ッ様でぇ―――す!!」
「どッこの女子校だ――ッ!!」
「リッリッアンッでぇ――す!!」
「気合入ってんかぁぁぁ!!」
「入りまくりの魔栗魔栗の苦離酢魔酢ナイト〜!!」
「うおおおし行くぞ〜〜ッ 紅! 白!! 黄薔薇!!!」
「山 百 合 会―――――ッ!!!!」

ツートップ最高w

178 :イラストに騙された名無しさん:03/06/12 23:30
深見様がみてる

179 :Marimite Mystery Reportage:03/06/12 23:46
>>174
「俺たちはとんでもない思い違いをしていたようだ…
 相手がいなければ妊娠はできないという理由でそれ以上の調査を諦めたわけだが、その前提が狂っていたとすればどうなる?
 お前達も知っているだろう。歴史上最も有名な母である、「相手もいないのに妊娠した」女性のことを!」
「ま、まさかそれは…」
「そう!キリストの母、聖母マリアだよ!」
「待ってくれ、聖母マリアが処女懐胎したからといって、黄薔薇さまに何の関係が…あっ!」
「気付いたようだな。そう、この物語はカトリック系お嬢様学校、リリアン学園を舞台とする。
 タイトルの『マリア様がみてる』は、このことを暗示していたのだ!」
「だとしても!それは偶然に過ぎないかも知れません!
 リリアン学園は明治34年創立の学校。その仮説が正しいなら、他にも処女懐胎した生徒はいるはずです!」
「いや、黄薔薇さまこと鳥居江利子が選ばれたのには意味があるんだ。
 鳥居江利子、特に名前に注目してみろ」
「江利子?えりこ、えりこ、えりこ、…、えんりこ。エンリコ!?」
「そう。エンリコだ。パドヴァの富裕な大商人エンリコ・スクロヴェーニが自邸の脇に建立した私的な家族礼拝堂。
 この礼拝堂はある作品に捧げられたものなのだ」
「『受胎告知のマリア』…」
「その通り。さらに言うと、聖母マリアに受胎告知をした大天使の名はガブリエル。
 幼い頃に読んだ「THE モモタロウ(にわのまこと)」の影響で、今でも俺はガブリエルと聞くと熊の名前にしか聞こえない」
「熊…熊男!?」
「そうだ。黄薔薇さまが処女懐胎して熊男と付き合うことになるのは、2000年の昔から定められたシナリオだったんだよ!」

*随所に「な、なんだってー」が入ると思ってください。


180 :174:03/06/12 23:51
>>179
スゲエ
お見事であります

181 :ファイブスール物語:03/06/13 00:03
祥子 「何もない…
     これから
     起こるのだ…

     わが山百合会の
     「シンデレラ」の
     主演女優交代劇がな…

     教室やクラブハウスで
     相手を見つけるのも
     面倒になってな
     この場でロザリオを受けて
     いただこう」

祐巳 「貴様か
     リリアンの潔癖お嬢様ってのは
     このところ有名だぜ!
     申し訳ないがあんたの妹になる
     気はないね
     バカげてる!」
祥子 「そうか…
     ならばこの場で
     白薔薇さまの餌食にしてやる!」
祐巳「正気か…貴様…(汗)」    

182 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 00:18
瞳子:ワタシは毛虫が嫌いだ!怖いんじゃあない へこへこする形態に虫唾が走るのだ!
    あのアメリカシロヒトリとかいう毛虫をワタシに近づけるなよ!

気色悪いだけで実害は無いのだが
イラガのが痛くて嫌いだw

183 :エアマスターートラウマ(?)・ブロッサムー:03/06/13 00:27
瞳子「これで決定よ、コレで さっき(歓迎会を中断した時)の
   何百倍の衝撃を与えられるわ」
乃梨子「……じゃあ、ソレで私を仕留メられなかったら
    あなたのクビがとぶかもね」
   「最初に会った時から分かってたでしょ、瞳子…
私があなたに負けるワケ 無い 」
乃梨子「ヤってみろよ」
瞳子「………ハッタリがぁ…」
乃梨子「ヤれよ オラ」
   「ヤれよ」
   「オラ」

   「 オ ラ 」

184 :エアマスターートラウマ(?)・チェリ〜ー:03/06/13 00:28
瞳子 ぶわっ(汗)
  (私は…薔薇さまの妹の座を乃梨子さんに奪られた…)
  ぶぅわ(滝汗)
  (な…なんでこの人が…、
  乃梨子が
  乃梨子さんが目の前にいるの)
  (私はなんで…なんで乃梨子さんにこんなに近づいてしまってるの)
  (私…乃梨子さん怒らせてしまってるじゃない)
  (やっぱり…乃梨子…怖…)
   コ
瞳子( 怖 ェ エ エ )
  (乃梨子怖ェエエ)
  (乃梨子さんコェエエよ)
乃梨子「どうしたの瞳子?あなたの言う何百倍の衝撃とやら」
   「ヤ っ て み ろ よ」
瞳子(…………!、…………)
  「乃梨…そ…」
  「そっそんなの出せないわよ」
  「のりこさん…」
to be continued

185 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 00:55
瞳子「失礼します」(脱兎)
祐巳「君は松平瞳子だね?」
瞳子「そういう君は福沢祐巳さま」
ササ・・・、(瞳子の肩に手を伸ばす祐巳)
ガシィッ!(瞳子が祐巳の腕をひねり上げる)
祐巳「!?うあぁ!……う……う!」
瞳子「何してんだ?気安くワタシの肩にさわるんじゃあないぜ!」
祐巳「え?」
瞳子「この 小汚い手で触るな!と言ったんだ マヌケがッ!!」
祐巳「話を・・・」
瞳子「けっこう!ここは毛虫の糞でベトベトだァ!それに話は直接祥子さまに聞いてもらう!」
ズンッ(祐巳に肘鉄をくらわす)
祐巳「くげッ!……ぐぐぐ」
瞳子「いいか!祐巳さま 最初に言っておく!これからリリアン女学院にやっかいになるからといってワタシにイバったりするなよな
   ワタシ一番が好きだナンバー1だ!誰だろうとワタシの前でイバらせはしないッ!」
祐巳「そんな……わたしは仲良くしようと」
瞳子「もうひとつ!ワタシは毛虫が嫌いだ!怖いんじゃあない へこへこする形態に虫唾が走るのだ!
   あのアメリカシロヒトリとかいう阿保毛虫をワタシに近づけるなよ」

186 :185:03/06/13 00:56
前後関係がわかんなくなりそーなので、書き足しますた

187 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 10:10
>>179
>幼い頃に読んだ「THE モモタロウ(にわのまこと)」の影響で、今でも俺はガブリエルと聞くと熊の名前にしか聞こえない」
お見事な発想。イカスー!!

>>182
>イラガのが痛くて嫌いだw
テレビアンテナのようなトゲは痛いよね.。

188 :マリア様がみてる:03/06/13 16:42
チュイーーン、ズガガガ
「どどど? どどどですってぇぇ?」
瞳子ちゃんはとうとう回転を始めてしまったドリルを
勢いよくテーブルの上に突き立てた。
「本物の道路工事は何百倍もすごい音がするって、どうしてわからないの!」

189 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 17:04
連邦の白い薔薇さまは化け物か!?

190 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 17:04
笑うなよ・・・。マリア様が見ている。

191 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 18:21
そうそう、関係ないですけど、山百合会のメンバーをストーキングすることで、自分は
優秀な報道者だと錯覚する人ってよくいますよね。
そういう人に限って、常に根拠なきコメントを書いてスクープだとか言ってるんですよ。
やってることは薔薇さまたちの姉妹関係をかき乱しているだけなのに。
そういう人たちって、それで有意義な学園生活を送った気分になるんでしょうね。

192 :イラストに騙された名無しさん:03/06/13 20:39
祐巳「ねんがんの ロザリオを てにいれたぞ!」

瞳子
「 メハ
 木又してでもうばいとる 」

193 ::03/06/13 23:16
私の名前は祐己。犬だ。ある意味。
茶色でツインテールな、萌え萌えの髪を持っている。いつも百面相をしているが別に変な薬をキメている訳ではない。たぬき顔は生まれつきだ。

194 :クロマティ高校:03/06/14 18:11
由乃「いやなんかロザリオがなくなるとまた姉妹に戻りたく
    なってくるんだよ」
令  「え?本当に姉妹になりたくなったのかい?
    じゃロザリオを元に戻すよ」
由乃「あ〜また令ちゃんが重荷になってきた・・・」
令  「・・・いい加減にしなよ まったくもう!!
    じゃ また返してもらうからいいよ」
由乃「あ・・・また姉妹になりたくなってきた・・・」
令  「また渡す」
由乃「あ〜〜やる気がなくなってきた〜〜」
令  「もう一回返すフリしてまた戻す」
由乃「あ〜またなりたく・・じゃなくて・・・え〜とどっちだっけ?」
令  「さて どっちでしょう?」
由乃「スマン・・・・本当は最初から返す気ないんだ・・・」

195 :マリア様!きさまみているなッ! :03/06/14 20:40
ジーンズショップにて

いつもスカートの下から見慣れているはずなのに、
ストッキングを穿いているだけで祥子さまの足は大人の女性の足に見えた。
こういうきれいな足を見ると「足フェチ」の人の気持ち、わからないでもない。

祐己「なんだか!なんだか!
   すっごく楽しい事をしている気がするけど、
   妹だからわからないッ………ケハハハハハハ」

196 :マリア様!きさまみているなッ!:03/06/14 20:52
蓉子「あっ…
   その手ぬぐい、そのかご、まさか…まさかッ!
   てめえ…………お…おんななら恥ずかしくって絶対にできねえ!

   でええええええ〜〜〜〜〜〜っ!!
   その鼻をつぶした面白顔わッ!! !! やっぱりッ

   あは!

   しやがったああーっ」

祐己「ハァ ハァ ハァ
   マジックも日舞も出来なかったけど
   宴会芸してやったぜ!ざまあみろ!」

蓉子「な…なんてことしやがる――――――――ッ
   て…てめえ女性の嗜みというものがないのか?
   主人公なら絶対に考えもしない行為だぜ……
   ぜんぜん、エラくないッ!エラくないッ!」

197 :イラストに騙された名無しさん:03/06/14 20:54
>>193
ゴメン、笑いすぎて死ぬ(w

198 :泣くようぐいす:03/06/15 01:19
聖さま、受験勉強中。

聖「努力なくして大学合格はありえないのよ。浦島景太郎だって血のにじむような思いをして東大に合格したに違いない。こういう努力してる姿が美しいのよ」

聖(努力してる姿が美しい!!)
トゥルルルル
聖「あ、私よ。聖よ。寝てた?今さぁ、大学に合格するために努力してるのよ」
蓉子「……」
聖「やっぱ努力してる女ってのは」 
 ガチャッ ツーツー
聖「あ、志摩子。私ずっと勉強してるのよ…受験勉強…なんつーのかなーアレですよ。『努力』って言うの。…人知れずの…努力…」
志摩子「頭強く打って死んでください」
 ガチャ
聖「ちょっと」

聖「あ、祐巳ちゃん」
 ツーツーツー
聖( 着 信 拒 否 に し て や が る)

聖「この私が陰で努力してるのに!! 少しは誉めてくれてもいいじゃん!! チューさせてくれたっていいじゃん!!」

聖「絶対合格してやる…そして一人ずつディープかましてやる」

199 :エクセル:03/06/15 23:57
祥子  「世界は・・・・・!腐っている!
     この世界は須らく是正されねばならない!しかし!
     唐突に世界を統べても愚民共にはまずついてこれまい!
     そこで一国!しかし息切れを回避するためにあえてもう一超え!
     これでもう安心!無理なく世界征服への第一歩!
     すなわち我々の目標とは-----
     学園征服!!!!!」

祐巳  「ハーイル!お姉さまーーッ!」

    そう!ここは某市某学園!−−−−−の某薔薇の館

祥子 「大衆は自らを救わず!また他を救うことも無い!」
祐巳 「そのとーりでーす」
祥子 「我々だけが世界を正しき道へと導ける事を・・・」
祐巳 「最高です!お姉さま!」
祥子 「それはつまり!」
祐巳 「ああっもーこの福沢祐巳!火の中だろーが水ンなかだろーが」
祥子 「行って来たまえ(ぐいっ)」
祐巳 「(ドポォ!)キャーー!足がつきませーんっ!
     うわーーっドリルがっ!何かドリルな生き物がーーーっ!!」



外出ネタで無ければいいが・・・

200 :イラストに騙された名無しさん:03/06/15 23:58
ごめん、エクセル・サーガネタね

201 :そんな奴ァいねえ!! :03/06/16 00:23
聖    「銀杏食べる?」
志摩子  「あら、ありがとう。わたし銀杏好きなの。バケツ一杯でも食べたいわ」
聖    「それはいけないな・・・
      銀杏の実にはデンプン・タンパク質・脂肪・ミネラルの他にヒスチジンというアミノ酸が含まれている。
      ヒスチジンは分解するとヒスタミンを生じ、それが大量の場合アレルギーを起こすから短時間に多食するのは危険だ。
      最悪の場合は死ぬしね」
志摩子  「・・・・・・・・」

202 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 01:38
リリアン女学園で鳴らした私たち一年生は、プリーツを乱さずカラーを翻さず、無事に進級し二年生になりました。
しかし、ただの二年生でくすぶってるような私たちじゃありません。
お姉さまが許せばその場のノリ次第でなんでもやってのける女子高生。可能を不可能にし、平和な学園生活を粉砕する、私たち二年松組四人組!

私は福沢祐巳。通称「ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン」。
安来節と百面相の名人。私のような一般庶民でなけりゃ、お姫様すぎるロサ・キネンシスの妹はつとまらないと思います。

私は島津由乃。通称「ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン」。
自慢の癇癪に、令ちゃんだけはイチコロよ。先手必勝で、編集部への突撃からデートの尾行まで、何でもやってみせるわ。

武嶋蔦子、通称「眼鏡」。
カメラの天才よ。女子更衣室でも盗撮してみせるわ。でも、ロサ・カニーナのピンぼけ写真だけは勘弁して。

おまちどうさま。山口真美、通称「七三」です。
かわら版記者としての腕は天下一品。ストーカー? 体力に自信が無い? だからなんですか?

私たちは、平和なリリアン女学園に敢えて波風を立てる、あんまり頼りにならない神出鬼没の二年松組四人組!
助けを借りたい時は、私たちじゃなくてロサ・ギガンティアに言ってください!

203 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 05:26
> 通称「ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン」。
長げーよ(w

204 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 10:03
>203
最後の一行で吹いた
あんたすげぇよ


205 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 12:18
>>202
あの四人組は可能を不可能にしちゃうのか。(;´Д`)

206 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 13:32
志摩子さんの助けでどうにかなるのか。

207 :由乃:03/06/16 17:45
ヤバイ。令ちゃんヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
令ちゃんヤバイ。
まず男前。もう男前なんてもんじゃない。超男前。
男前とかっても
「宝塚の男役くらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろボーイッシュ。スゴイ!なんかスカートとか持って無いの。唯一のスカートは制服ぐらい。ボーイッシュだし超男前。
しかもお菓子作りがプロ級らしい。ヤバイよ、プロ級だよ。
だって普通はお菓子作りとか上手く行かないじゃない。だって自分の手作りが好評で毎年リクエスト来たら困るじゃない。お返しとか超多いとか困るでしょ。
ケーキが毎年大きくなって、一年のときはホール2/8だったのに、三年のときはホール丸々二個とか泣くでしょ。
だから普通そこまでしない。
けど令ちゃんはヤバイ。そんなの気にしない。上達しまくり。そこら辺のケーキ屋のケーキよりずっと深い味がした。ヤバすぎ。
お菓子作りがプロ級って言ったけど、もしかしたら編み物もプロ級かもしんない。でもプロ級って事にすると
「じゃあ、今年のバレンタインに何渡すのよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。従姉妹の私にも分からないなんて凄すぎる。
あと超やさしい。約1ミスター・リリアン。志摩子さんで言うと272ギンナン。ヤバイ。やさし過ぎ。
令ちゃんが自転車で帰ってくる暇もなくちさとさんが家に来る。怖い。
それに超髪が短い。超ベリーショート。それに超うっかり屋。平気で江戸の物価とか言う本にカード隠してくる。江戸の物価て。なんでそんな所に隠すのよ、令ちゃん。
なんつっても令ちゃんは馬力が凄い。富士登山とか平気だし。
うちらなんて富士登山とかたかだか下山するだけで息切れちゃうからからリタイアしたり、杖使ってみたり、馬に乗ったりするのに、
令ちゃんは全然平気。富士登山を富士登山のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかくあなたたち、令ちゃんのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ令ちゃんの妹になった私とか超幸せ。ずっと一緒にいてね。大好きだよ。

漏れにはこれが限界(´д`;)
既出だったらゴメソ。

208 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 19:28
>201
藻前がアフタヌーン読者ということはお見通しだぜ。

209 :川原泉:03/06/16 20:25
祐巳「ごきげんようっ」
祥子「(じろっ)」
祐巳「あ…こ…これは祥子さま
   今日もお早いですねお姉さまはっ」
祥子「あなたが遅い」
祐巳「すいませんね ちょっちクラスでなんだかんだと…」
祥子「時間にルーズなのは山百合会役員として最低よ
   あなたの全人格を疑われても文句は言えなくてよ」
祐巳「(むか)ちょっと!だから謝ってるじゃないの
   わざと遅れたわけじゃなし
   たかが5分やそこらがあんだっつーんだよっ」
祥子「たかが5分!?
   あなたね ちょっと計算してごらんなさい
   その5分がひと月続けば5×30で150分もの
   時間が失われるのよ!」
祐巳「そんな毎日遅刻するわきゃねーだろーが
   成績優秀な皆様と違って凡人は何かと多忙なんだ
   補習とかそーじ当番とかわんさかあって…」

 入学式以来の先入観と凛とした美貌にだまされた…
 複雑な家庭で育ち男を信じられないシリアスな人だとばかり思って
 今まで気ィ遣ってたんだが
 こっちが気ィ遣えば遣うほど甘えんぼになるタイプだったとは…!
 学園祭の時の感動がうそのよーだ  

 …だめだ>>202には勝てねぇ

210 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 20:34
いや207も209も上手いよ。ワロタよ。
特に209には「わはは」と笑った。

211 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 22:20
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Rook/2572/noriko.htm

これってガイシュツですか?

212 :イラストに騙された名無しさん:03/06/16 22:25
キモーイ

213 :フルーツバスケット:03/06/16 22:27
祐巳「え?なんでしょう?」
祥子「だから・・・良かったら今度うちの別荘にこない・・って
    これからはもっと祐巳のこと理解していけたらって思って・・」
令  「祥子・・・祐巳との関係も変えていこうとして・・・」

   たっ

祐巳「聞きたまえ由乃さん!!」
由乃「はい?」
祐巳「祥子さまが!!あの祥子さまが!!是非とも小笠原の別荘に
    遊びに来て欲しいと涙を浮かべて請うてきたよ!!
    こんな良き日が他にあろうかっ いいや無いねっ」
祥子「・・・祐・・・・」
祐巳「おおっとっ こうはしておれないっ
    聞いてくれたまえ蔦子さん祥子さまが!!あの祥子さまが!!」
祥子「やめなさいっ!」

214 :AT:03/06/16 22:44
蟹名静「また…会えるよね?」

佐藤聖「猫はね、寂しい人がわかるんだって。」









ゴロンタ「手をあげてヨぉ!!ワイの名はゴロンタ!
     ってなんやワレ!猫が喋ったらいけないんかいっ
     前に出ろや、南港に沈めんぞ!!」

215 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 01:10
>211
初めて見た。禿しくわらた

216 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 11:45
やばい207の最後の行でおもわずくらっときた。

217 :サチコやん:03/06/17 14:35
祥子「妹が欲しいい―――――――――――ッ!!!」
蓉子「いも……ああ、キョーダイが欲しーのね?」
祥子「ちがうよドラお姉さま!!キョーダイってゆーか、い も う と が ! !
    12人くらい居てね、そんで私を慕ってるの!!
    うっかりおフロのぞいちゃったりしてね、「んもう、お姉さまのエロス人!!」とか
    それはもう!!」
蓉子「祥子……不治の病がとうとうそこまで……!!」


218 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 14:41
>>217
それはどちらかと言うと「蓉子やん」では(w

219 :スペースリリアン伝説:03/06/17 14:55
祐巳「キスした!キスしちゃった!!てゆーかキスしちゃってた!!!
    しかもどーやら一方的にムリヤリやっちゃったっっっ!!!どーして!!?
    
    なんでキスなんてしちゃったんだろう?
    白薔薇さまのコト気にはなってるけど、それはただ人間的に興味があるってだけで……
    場の雰囲気でつい……だよね……
    
    そもそも山百合会に入ったのだってお姉さまの妹になったからであって、
    別に白薔薇さまが好きってワケじゃ……………ワケじゃ……………

    …………!!
    いきなりキスした私ってば、いったいどんなヤツって思われてるのカシラ、そーゆえば!!
    『変な女!!!!!!!?』」

    @イカレた女だぜドララ―――
    Aやれやれだぜドララ―――
    Bカメ苦手なんスよドララ―――

祐巳「ああああああああ」

220 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 15:23
いかん、お姉さま分が不足してきた

221 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 15:27
瞳子「外部から入学してきた二条乃梨子さんです」
瞳子「乃梨子さんは入試の前日に京都へ行ってしまったため、
    リリアンに入学してきました。」

 一同(オオーッ)

瞳子「仏像好きだからっていじめないでくださいね」

 一同(瞳子さんが一番いじめそうな気が・・・)

222 :イラストに騙された名無しさん:03/06/17 15:33
>221 ちゃんと調べてからカキコしる

瞳子「はい、新入生を紹介しまーす。二条乃梨子さんです」
乃梨子「に、二条乃梨子です。よろしくお願いします」
瞳子「乃梨子さんは外部からだけど、入試の前日に京都へいっちゃったので、
    リリアンに入学してきました」
一同「おおー」
瞳子「仏像好きのくせにミッション系だからっていじめないで下さいね」
一同(瞳子さんにいじめられなきゃいいけど・・・)


223 :由乃独白:03/06/17 23:52
ククク……初めてやったが……思ったより気持ちがいいな……!
ロザリオを返すってのは……!
ましてそれが……黄薔薇のつぼみ 令ちゃんなら……
さらに別格っ……!
最高だっ……!

224 :宇宙船レッドドワーフ号:03/06/18 00:04
私立リリアン女学院。
明治三十四年創立の伝統あるカトリック校。
予期せぬ事件で、いつも学校は大騒ぎ。

偶然紅薔薇のつぼみになった私は祐巳。

相棒は改造人間になった由乃さんと、銀杏から進化した志摩子さん。

それにホモ王子から救助した宇宙人、祥子さま。

私たちいったい、どこへ行くんだろうね?

225 :令ちゃん:03/06/18 00:20
「胸にかけたロザリオは返したほうがいい・・・・・・」
「でなければ黄薔薇革命が出きぬではないか。由乃 そうだろう?」


226 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 00:26
>>224
      ∧H∧
      ( ・∀・)
 クルクル(づ ))  )
      | | |
      (__)_)

      ∧H∧
      ∩・∀・)
バッバッ⊆三⊇ )
      | | |
      (__)_)

      ∧H∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ビシ!Σ∩ ・∀・) < 由乃式敬礼!
    └    )   \______
     | | |
     (__)_)


227 :仕置人:03/06/18 00:56
「姉妹」 法によって同じ両親を持つ女を日本ではこう呼んだ。
しかしここに言う「姉妹」とはロザリオの譲渡によってはびこる
先輩後輩の間のちょっとした百合関係のことである。
ただしこの存在を規定する校則規則の類は一切残っていない・・・

228 :北斗:03/06/18 01:23
乃梨子「探したぞ」
祥子「フッ…わざわざさらし者になるためにか」
乃梨子「志摩子さんは!?」
祥子「ここまであがってくることができたら教えてやろう」
(ピタ・・)乃梨子「タヌキを飼っているのか?」
祥子「フッフフ途中入学者ごときでは私の相手には不足すぎるのでな」
祐巳「え?え?えっ!?」
祥子「紅薔薇のつぼみをタヌキ扱いするとはいい度胸じゃない!」
乃梨子「やっぱりタヌキか・・・タヌキは置物にでもなれ!」
祥子「久しぶりにイキのいい獲物ね、殺りがいがある」
祐巳「(え?え?なに?なんなの??私のセリフはー!?)」

229 :AirMaster:03/06/18 02:00
祥子さま スゥ…
祐巳「マ…マイマイク?」

オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ
オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ
オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ オッガサッワラ
オッガサッワラ!!
オ ッ ガ サ ッ ワ ラ !!!

230 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 02:14
>>229
やめろー、やめてくれー、漏れの祥子さま脳内ボイスが土井美加になってしまうー。つДT)

231 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 02:21
ドイミカいいじゃーんカツキよかましだろうに

232 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 06:16
エアマスターか。

233 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 06:19
金田朋子でも怖いがな。

234 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 08:14
本スレ終わったな
こっちのほうがおもろい

235 :山百合会 ゆみちゃん:03/06/18 09:28
「紅薔薇のつぼみ、福沢祐巳
紅薔薇の祥子さまは、自分が守ります!」

「白薔薇、藤堂志摩子
白薔薇の座は、わたしが防衛するであります!」

「黄薔薇のつぼみ、島津由乃
黄薔薇の令ちゃんは、本官のものやで〜」

236 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 10:09
>>227
渋い。芥川隆行のナレーションが頭に浮かんでくるね。

237 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 11:47
薔薇のつぼみ心得の条

我が命我が物と思わず。
マリア様の議あくまで陰にて。
己の器量を駆使し、お姉さまの命いかにても果たすべし。
尚、
死してロザリオ拾うものなし。
死してロザリオ拾うものなし。


238 :装甲機兵:03/06/18 17:03
祐巳の飲む、午後のコーヒーは甘い。

239 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 17:12
甘いのかよ(w
名まえ順に読んだんで、ちょっと意表衝かれた。

240 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 17:13
名前欄から順に、だ。


241 :老師トンペティ:03/06/18 17:32
我々にはそのような習慣は無くてな。
これが挨拶じゃ。


ご き け ん よ う

242 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 19:47
>>241
シンプルにワロタ。

243 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 21:51
「・・・・・だっ だめだっ・・・!!
どんなに信用しようとしても・・・どんなに無様にすがりついてもっ・・・!!
まるっきり・・・・お姉さまはふりむいてくださらない・・・!!!
・・・フッ・・・フフフッ・・・!!
・・・考えて見れば わたしと同じ幼稚舎上がりとは言え
瞳子ちゃんは子供のころから薔薇さまにあこがれているお姉さまのいとこ
言ってみれば 薔薇さまになるために生まれたサラブレッドだ
志摩子さんは超絶美少女!令さまのお母さまとおばさまはどちらもリリアンのOB!!
由乃さんは生まれたときから令さまとラブラブなプティスールのプロだっ!!
・・・わたしだけがっ・・・
・・・わたしだけが みんなと違うっ・・・!!違うんだっ!!!」




244 :フルメタ:03/06/18 23:04
山百合会より早くマリア様はこの世にあった
心はマリア様に捧げてもよい
だが貴様らのロザリオは山百合会のものだ
分かったか百合娘ども!
分かったら返事をしろ!

(Sir, Yes Sir!)

ふざけるな! 大声だせ!

245 :イラストに騙された名無しさん:03/06/18 23:13
ライトノベルのフルメタを考えてしまった(w
映画の方だね。

246 :ノリコン:03/06/18 23:55
皆さんこんにちわ、わたし二条乃梨子。高校一年生。
リリアン学園に入学したんだけど、この学園の人はみなお嬢様だったの。

紅薔薇さまの祥子さま、黄薔薇さまの令さま
紅薔薇のつぼみの祐巳さま、黄薔薇のつぼみの由乃さま
白薔薇さまの志摩子さん
そして蔦子さまに真美さまに三奈子さまに聖さま
あ、瞳子さんもいたんだわ。
とにかく大変なの。これからどうなるのかしら・・・?



こんじょだこんじょ(w

247 :哭きの竜:03/06/19 00:03
祥子:あンた、タイが曲がっているぜ
裕巳:なにぃ〜、タイが曲がっているとはどういうことじゃい!!
祥子:あンたのタイには一人の妹も背負えない やめなよ、姉無しは
裕巳:さっきからゴチャゴチャうるせぇ〜!!
祥子:(抱きっ) ・・・姉一色

248 :イラストに騙された名無しさん:03/06/19 00:15
>>246
タイムリーなネタだけにワラタ

249 :甲斐正三:03/06/19 00:32
>>247
祐巳:祥子〜〜〜〜〜っ、おめぇの財力をワシにくれやぁ〜〜〜〜親父にくれや〜〜〜〜っ


エラく荒んだ祐巳が出来上がってしまった…

250 :ファイトクラブ:03/06/19 02:31
ひとつ、山百合会のことは他言するな
ふたつ、山百合会のことは絶対他言するな
みっつ、ロザリオをあげたり、もらったり、返したりするのは個人の自由
よっつ、姉、妹はそれぞれひとりづつ
いつつ、薔薇は紅白黄の3種類
むっつ、紅茶、お茶菓子は会員の自前
ななつ、決着がつくまで別の姉妹に干渉しない
やっつ、最初に山百合会に入ったものはその夜―――必ず芸をする

まぁ祥子様は祐巳が脳内で作った理想の姉なんですが。

251 :イラストに騙された名無しさん:03/06/19 15:56
>>249
ロザリオじゃぁぁ〜〜!!

252 :うえき:03/06/19 21:12
瞳子「“美しい髪”を“ドリル”に変える能力(ちから)!」

253 :ブリュンスタッドは振り向かない:03/06/20 00:04
純白のリリアン学園長は微笑む

上村佐織「私を殺した責任、とってもらうからね」

254 :白薔薇のクロニクル:03/06/20 00:29
「―――諸君!」
「今こそ言おう。……白薔薇の姓は百合をもって任ずると!」
隣、志摩子が歌を口ずさみつつ微笑を見せた。

255 :ドラドラ:03/06/20 02:37
見たでしょ、お姉さまと仲直りしたんだよ、私ひとりで

これで もう安心して卒業できるでしょ

白薔薇えもん……

256 :国崎最高:03/06/20 04:30
【祐巳】「いやぁ、退屈な日舞だったな」
【祐巳】「さてお次は俺様の安来節で大いに笑ってくれ」
【山百合会一同】「いやっほーぅ! 福沢最高ー!」
【白薔薇さま】「あら、わたし惚れちゃいそう。うふ」

257 :皇帝の握ったもの:03/06/20 09:00
乃梨子:「お瞳ちゃんを返せ!」
福沢皇帝:「貴様……、 black ou...」
乃梨子:「僕は虫ケラじゃない!」
福沢皇帝:「おまえ、俺が怖くはないのか?」
乃梨子:「怖くなんか……、怖くなんか、あるものか!」
福沢皇帝:「撃ってみろ……、もう一度、虫ケラでないことを証明してみろ!」

(銃声、水鳥のはばたく音、よろめきつつ池に追いつめられる皇帝)

福沢皇帝:「知って…、知っているか、世界ではじめての皇帝は…、皇帝は……」

(祐巳、そのまま池の中に倒れ込み、絶命)

258 :イラストに騙された名無しさん:03/06/20 10:22
>>256
>いやぁ、退屈な日舞だったな

ヒドイw

259 :水戸黄門?:03/06/20 11:26
(お御堂にて)
柏木:一年ぶりにさっちゃんと二人っきりでハァハァ出来るぞ・・・さっちゃ〜ん(抱きっ)
聖:あら優さん、嬉しいわ(台詞棒読み)
柏木:何だこのナオンは!?さっちゃんじゃなかったのか!?かわまんお前で我慢してやる!!野郎共出やえ出やえ〜
(バタバタバタ・・・)
聖:おのれ柏木、両刀使いだったとは・・・ 裕巳ちゃん、志摩子、懲らしめてやりなさい 
裕巳&志摩子:はっ!
(しばらくお待ちください・・・)

裕巳:静まれい、静まれ〜い
志摩子:このロザリオが目に入らぬか!!
裕巳:こちらにおわす方をどなたと心得る、恐れ多くも先の白薔薇様、佐藤聖様に在らせられるぞ!!
裕巳:皆の者頭が高い、控えおろう〜!!
野郎共:へへ〜

聖:かっかっか

260 :にったじゅん:03/06/20 19:29
         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  1 妹    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   ス え
  学 無    L_ /                /        ヽ   |  |
  期 し    / '     白          '       紅   i   ル マ
  ま が    /                 /           く   無 ジ
  で 許    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶, し
  だ さ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ!?
  よ れ   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね る   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l の  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
    は   ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「   シ L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  ケン   了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  テデ  |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |レ   > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イラ  (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ   !!役    >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       



261 :装甲「騎」兵:03/06/20 19:37
由乃は小さな核弾頭
自爆 誘爆 ご用心

262 :イラストに騙された名無しさん:03/06/20 19:58
(「百合は世につれ、世は百合につれ。
時は平成、東京都。
 数多の元号くぐり抜け、神に見守られる少女達。
 ロザリオ一つを胸に秘め、走ったりしません卒業までは。
 では、張り切って歌っていただきましょう、
 『みつめて☆山百合会』です、どうぞ〜」)

 あなたを見かけた並木道 あなたは私に気づかない
 高鳴る胸を押さえつつ そっとあなたに近づくの
 祐巳の操を守るため 白薔薇さまをたたき斬れ!
 ひとかどの薔薇にするために 情けは無用のシンデレラ

 一つ 代役不覚悟切腹よ
 一つ 練習をサボったら切腹よ
 一つ 無断の会議切腹よ
 一つ 遅刻をしても切腹よ
 一つ 同情をしても切腹よ

 一つ 顔だけで振り向くと切腹よ
 一つ 私の前でタイをゆるめると切腹よ
 一つ ピンクとブルーを一緒に暗記できなくても切腹よ
 一つ お芝居で王子役を選ぶとき花寺から招待すると切腹よ

(薔薇さま「ねえ、まだ歌ってるわよ祥子…」
(薔薇のつぼみの妹「ちょっと、誰か止めてくださいよ…蓉子さま、駄目ですか?」)
(薔薇さま「いや、私怖いしさぁ…あの子」)
(薔薇のつぼみの妹「私も駄目ですよぉ…」)

263 :イラストに騙された名無しさん:03/06/20 19:59
 ちょっと待って最後まで歌ってないのに〜!

(薔薇さま「こっちはとっくに終わってるのに…」)
(薔薇のつぼみの妹「終わってますよこっちも」)

 …なんか言った?

(薔薇さま「うっ!」)
(薔薇のつぼみの妹「うわっ!」)

(薔薇さま「き、聞こえてるよー!?」)
(薔薇のつぼみの妹「聞こえてるよー!?」)

(【SE:斬殺音】「うわー!」)

 一つ 私と祐巳を茶化すと切腹よ
 一つ 私を妬かせたら切腹よ
 一つ マリア様の心は青空や樫の木は解るとしてサファイアに疑問を持たないと切腹よ
 一つ 桜湯を出したら切腹よ
 一つ 銀杏の焼いた臭いも切腹よ
 一つ ココナッツ自体で切腹よ
 一つ お姉さまって呼んでくれないと、切腹よ…?

264 :祐巳:03/06/20 22:22
17歳。
去年の学園祭まで姉無しだったけど、山百合会の手伝いとシンデレラの姉B役で
後夜祭で紅薔薇さまのつぼみの妹になった。一度やってみなよ。
初回のみだけど、反省会に遅刻して空腹のあまり蛙の独唱やれば祥子さまに飴(のど飴)貰える。
クリスマスにはおそろいのハンカチもらうだけもらって代わりに自分のリボンを差し上げることもできるし、
バレンタインにびっくりチョコレートを思い切って渡してしまえば50パーセントで半日デートできる。
仕事なきゃ薔薇の館で薔薇さま方とお茶すればいいだけ。暇つぶしになる。
クリスマスパーティーとか合宿とか色々あるのでマジでお勧め。
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-614459-X&mode=1

265 :白薔薇の理:03/06/20 22:42
「あなたが・・・・白薔薇さまだったのですね」

低い、落ち着いた声だった。
一本の桜である。
一面の銀杏の只中である。
・・・・

その桜の霞の中にひと際白き影がある。
生きているマリア像。それは・・・・色白の女
対峙するのは桜色に染まった市松人形である
・・・・

「私はもう隠しません。隠しては乃梨子が立ち行かぬ。
こうなった以上はリリアンで己の居場所を探します。
負けません。負けてなるものですか。
お姉さまよりも祥子さまよりも、強く生きて見せましょう。
仏教の寺の娘として、私は悲しくとも辛くとも祈っていなければ
ならぬのでしょう。それが・・・」

女は、静かに、毅然として云った。

「それが・・・・ロサ・ギガンティアの理ですもの」

266 :イラストに騙された名無しさん:03/06/20 22:50
JoJoネタ限定じゃ無くなったとたんに元ネタが分からん濃いカキコが増えた…

キモーイガールズがこのスレに出てくるとは思わんかったがw

267 :イラストに騙された名無しさん:03/06/20 23:02
メール欄に元ネタ書き込みキボン

かな?

268 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 00:11
ここ最近では
〉256 エロゲー「AIR」(Key)
〉262 エロゲー「行殺(はぁと)新撰組」のOPソング(ライアーソフト)
〉265 ミステリ「絡新婦の理」(京極夏彦)
……というところか<元ネタ

269 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 00:21
>>257 特撮番組 「超光戦士シャンゼリオン」 

マイナーにも程が・・・(w

270 :かみ様がみてる:03/06/21 00:49
「やっときましたね。おめでとう!
このゲームをかちぬいたのはきみたちがはじめてです」
「ゲーム?」
「わたしがきかくしたそうだいなしゅこうの ゲームです!」
「どういうことだ?」
「わたしは へいわなリリアンに あきあきしていました。
 そこで ロサ・カニーナをよびだしたのです」
「なに かんがえてんだ!」
「ロサ・カニーナは リリアンのへいわをみだし おもしろくしてくれました。
 だがそれもつかのまのこと かのじょにもたいくつしてきました」
「そこでゲーム……か?」
「そう! そのとうり!!
 わたしは くろばらをうちたおすヒロインが ほしかったのです!」
「なにもかも あんたがかいた すじがきだったわけだ」
「なかなか りかいが はやい。
 おおくのモノたちが ヒロインになれずに きえていきました。
 ちっぽけなそんざいが ひっしにカードをさがしていくすがたは 
 わたしさえもかんどうさせるものがありました。
 わたしは このかんどうをあたえてくれたきみたちに おれいがしたい!
 どんなねがいでも かなえてあげましょう」
「おまえのためにここまでしたんじゃねぇ!
 よくもあたしたちを つぼみを おもちゃにしてくれたな!」
「あねにケンカをうるとは……どこまでも たのしいひとたちだ!
 どうしてもやるつもりですね これもいもうとの サガか……
 よろしい しぬまえにべにばらのちから とくと めに やきつけておけ!!」

271 :福沢祐巳:03/06/21 01:12
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも私を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      福沢祐巳

272 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 06:36
>>ピュー
すまん。ワロテもたw

273 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 11:25
>>265
志摩子さんカコイイ

274 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 12:37
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1045223266/398

ざわ…ざわざわ

275 :水野蓉子の演説:03/06/21 19:42
友よ、私は今日あなたがたに言いたい。
山百合会は、今日も、明日も、多くの困難に直面するでしょうが、それでも、私には夢があるのです。

私には夢があります。
それは、いつの日か、この山百合会が立ち上がり、
「われわれは、すべてのリリアンの生徒は平等であることを、自明の真理と信じる」
という信条を、真の意味で実現させることです。

私には夢があります。
それは、いつの日か、高等部校舎の中庭の薔薇の館で、極普通の一般庶民の妹と、
大グループのお嬢様の姉が、姉妹として同じテーブルに腰をおろすことです。

私には夢があります。
それは、いつの日か、冷房が無いため夏には熱く蒸しかえる薔薇の館でさえも、
多くの生徒たちで賑わう場所へと変わることです。

私には夢があります。
それは、いつの日か、私のたった一人の可愛い妹が、その美貌によってではなく、
人格そのものによって評価される学園に生きられるようになることです。

私には夢があるのです!
われわれが、すべてのクラブや委員会で、すべてのクラスや部室でマリア様の心を歌い響かせるとき、
そのときこそ、われわれは、姉も妹も、上級生も下級生も、山百合会幹部も一般生徒も、
すべての生徒たちが手を取り合って、薔薇の館へ訪ねてくる日が来るのを、早めることができるのです。
でもどうしましょう! でもどうしましょう! 一度に百人もの生徒が押し寄せてきたら床が抜けてしまうかもしれないわ!

276 :薔薇の匣:03/06/21 20:04
「自由になることは簡単なことなんだ」
由乃さんが遠くを見た。
「妹を辞めてしまえばいいのさ」

捻くれた奴だ。ならば、いちばん自由から遠いのは君だ。
そして、私だ。
・・・・・(略)

私は想像する。
リリアンの広々としたキャンパスをチャラチャラと行く聖さま。
聖さまの周りには綺麗な娘が群がっている。
聖さまは満ち足りて、どこまでも、どこまでも歩いていく。
それが
私は、何だか酷く・・・・聖さまが羨ましくなってしまった。

277 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 20:50
>275

カコイイ!!
ぜひ英語版も。

278 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 21:04
カコイイ・・・のか?
(;´∀`)サイゴノイチギョウガ・・・

279 :イラストに騙された名無しさん:03/06/21 21:47
>(;´∀`)サイゴノイチギョウガ・・・

そこは流せ(w


280 :佐藤研究員 1/2:03/06/22 00:43
佐藤「あははは、見ろ。生徒たちが入ったぞ」
佐藤「だがまだまだだ」
佐藤「ほら、入ってゆくだろ。見えるだろ」
佐藤「どかどかと入ってゆくぞ」
佐藤「見ろ、薔薇の館に入ってゆくぞ」
佐藤「信じられるか。リリアンの、役員でもない一般生徒だぞ」
佐藤「いいのか、おまえは。そんなどこの輩ともわからない女に入られてるんだぞ」
佐藤「とても大事なところに、入られようとしてるんだぞ」
佐藤「くおぉ…」
佐藤「ほら、入った!」
佐藤「一階の部屋まで入ったぁっ!」
佐藤「うおお、すごい…」
佐藤「ほら、カード目当ての生徒たちがが密着している。志摩子のモノはどこにいった?」
佐藤「そうか、委員会ボードかっ!」
佐藤「見えないと思ったら、そんなところに隠れていたのかぁっ!」
佐藤「志摩子のデート権が一階のそこに貼られているのかっ!」
佐藤「見ろ、隙間もないっ!」
佐藤「ぶっすりと刺さっているぞっ!」
佐藤「環境整備委員会だよりの上に刺さっているっ!」
佐藤「ぐああぁっ……すごい事実だ…!」
佐藤「いいのか、おまえは!?」
佐藤「お前と選挙で戦った女とデートするんだぞっ!」

281 :佐藤研究員 2/2:03/06/22 00:44
佐藤「いいのかっ!」
佐藤「とても大切な部分じゃないのか、そこはっ!」
佐藤「そんな女と簡単にデートしてしまっていいのかっ!」
佐藤「それとも静のことが好きなのかっ!?」
佐藤「違うだろっ!」
佐藤「立候補を決断させられて、嫌いだろっ!」
佐藤「そんな女に見つけられてるんだぞっ!」
佐藤「そんな女に快楽を与えてしまっているんだぞっ!」
佐藤「これ以上ない快楽だっ!」
佐藤「おまえの可愛い顔もそれを助長しているっ!
佐藤「おまえのような女と妹にしている事実が俺を興奮させているっ!」
佐藤「いいのかっ!」
佐藤「それでいいのかっ!」
佐藤「何が悲しくておまえは俺のようなゲスと姉妹になっているっ!」
佐藤「悔しくないのかっ!」
佐藤「惨めじゃないのかっ!」
佐藤「ぐああぁっ…!」
佐藤「うぐあぁっ…すごいぃ…!」
佐藤「参ったぁっ!」
佐藤「俺は参ったぁぁっっ!」

282 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 01:00
聖さま高槻かよ・・・

283 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 01:23
>>214
いや、誰もわからんだろソレ。


しかもゴロンタの設定オフィシャルじゃなくって猫天仕様だし…

284 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 01:28
>>275
いっそ、他の古今色んな人の演説でも頼む。
終戦玉音放送も可。

285 :ジェットマン:03/06/22 01:43
祥子「私の名を言ってみろ祐巳」
祐巳「…祥子…さま…」

祥子「さぁちぃこぉだとォォォォ?」
祐巳「お…お姉さまア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!」

286 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 02:28
>>285
祐巳廃人かよ…

287 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 11:33
>>261
ネタをパクってるわりにえらそうな指摘だな・・・

288 :ロサ・ギレンシス:03/06/22 12:38
我が忠勇たるリリアン生徒たちよ。今や、カニーナ陣営の半数が、我がプティ・スールによって学園に消えた。
この天然ボケこそ、我らつぼみの正義の証である。
決定的打撃を受けたカニーナ陣営にいかほどの戦力がのこっていようと、それは、既に、形骸である。
あえて言おう、勝つであると!
それら軟弱の集団がこの薔薇の館へ入る事はできないと、私は断言する。
リリアン生徒は、我ら選ばれた優良種たる山百合会に管理運営されて初めて、永久に生き延びつづける事ができる。
これ以上、戦いつづけてはリリアン学園そのものの危機である。
カニーナ陣営の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならぬ。
今こそ、リリアン学園は、明日の未来に向かって立たねばならぬときである!

ジーク・リリアン!(ジーク・リリアン!!)


289 :ロサ・ギレンシス:03/06/22 12:39
あ、こんときはまだ「ロサ・ギレンシス・アン・ブゥトン」だったw

290 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 13:08
「ちゃんとした指摘なら、ある程度認められる行為だと思うわけ。
 でもさ、ここの>>261みたいにイヤミにあげつらったり、さらに
 ネタをパクったりはちょっといただけない」

291 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 13:19
喪前も人の尻馬に乗るな>>290

292 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 13:32
古いファイル眺めてたら思いついた。
元ネタ↓(swf直リンはhtmlのあどれすが無いから)
ttp://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/monku.swf

今日はあなた達にとても大事な話があります。よく耳を傾けておききなさい!
あなた達の中に私のことを「しょうこ」だと思ってる方がいるでしょう。
いいですか。
試験に出るからメモをおとりなさい。
私の名前は「しょうこ」ではなく「さちこ」なんですよオバカサン!
S。A。T。I。K。O.。
「セィティコ」とか読むんじゃありませんわよ。
「さちこ」ですよ「さちこ」

その他「おー」

「おー」じゃありません。今更お気づきになって?
ともかく。私も紅薔薇のつぼみ長いことつめていますけど、
はっきり言ってあなた方間違えすぎ。
GoogoleとかInforseekとか、どっちで検索してもびしばしHitするじゃないの。
これはちょっと笑えないわね。
私はクロマティ高校のオギワラですか?
「リリアンかわら版」に投稿されてしまうでしょう!

もう一回言いますわよ。「さちこ」ですからね!
次は薔薇の館いれますわよ!

裕巳「キャー!ショウコ様最高!すてきー!」

…わかってないわね。

293 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 13:34
祥子 「祐巳、ロザリオを受け取れよ」
祐巳 「たまたまそこにいたからっていうのは
     悲しいですよー」
祥子 「悲しいとか悲しくないとかはいい
     ロザリオを受け取るんだ」

294 :イラストに騙された名無しさん:03/06/22 21:06
>262-263,>274,>280-281
こういうバカなのは大好きだ。
特にMOONの高槻ネタを考えた奴は天才かアフォかのどっちかだな。

295 :初音島のリリアン女学院:03/06/22 21:52
白薔薇さま「小笠原。お前の悩みは分かるが、つね日ごろから
       祥子さま、祥子さまと言われているお前では答えは出せないだろうさ」
祥子「そうですか? ……と言いますか、あなたに悩みを
   見透かされたことが凄くいやなんですけど」
白薔薇さま「では、実験してみようか?」
祥子「ん?」
祐巳「なんだか分からないけどご飯買いに行きましょう。
   美味しいの売り切れちゃいますよ?」

制服の裾をひっぱって、祐巳が無警戒な――い
わゆる、抱きしめて光線を発している瞳で白薔薇さまを見上げる。

白薔薇さま「福沢嬢、今日の小笠原はその程度の破壊力ではつ
       いてきてくれないぞ」
祐巳「うにゃ?」
白薔薇さま「もっと、その一言だけで小笠原を欲情させるような
       特殊な呼称でなければ反応しないそうだ」
祐巳「うにゃにゃ!?」
祥子「白薔薇さま……その説明はどうかと思います」

私の呟きなぞ露知らず、2人はこそこそとなにか
メモのような物を見つつ話あっている。

296 :初音島のリリアン女学院 続き:03/06/22 21:52
白薔薇さま「やはりシンプルに攻めるなら、姉上様とか
       姉くんとかが最近の流行のようだが……」
祐巳「この、おねえたまとか姉チャマって?」
白薔薇さま「……その辺は素人にはお薦めできない」
祐巳「チェキ?」
白薔薇さま「それはセットだ。必ず一緒に使わなくてはならない
       上級者向けだな」
祥子「…………」

漏れ聞こえる言葉が、なんと言うか……聞きたい
ような聞きたくないような……。
いや、逃げよう。
色々な意味で危険すぎる……。
私は足音に細心の注意を払いつつ、教室のドアに
手をかける。

祐巳「じゃあ……これ」
白薔薇さま「それか……使い方を間違えなければ、破壊力は 高いな」
祥子「…………」

そ〜っと扉を閉める。
祐巳「あれ? 姉や〜、姉や〜、どこ〜?」
祥子「…………」
祥子「うわ〜ん!」

私は耳をふさいで、全力でその場から逃げ出した
のだった。

297 :ゴルディオンロザリオ:03/06/22 22:53
 祥子「妹になれぇぇぇぇぇ!!!!!」

298 :H×H:03/06/23 01:33
蓉子「面白い素材だ。聖が見守りたいって気持ちがよく分かるよ」
聖「でしょ◆」
蓉子(それだけに私からみれば危険人物なんだよな。できれば祥子を取られる前に・・・)
聖「・・・祐巳は私の獲物よ●手出ししたらただじゃおかない▲」
蓉子「わかってるよ。長い付き合いだから聖の好みは把握してる
――――で聖、あなたこれからどうするの?」
聖「じっと待つよ■果実が美味しく実るまで・・・★(ゾクゾクゾク)」
蓉子「・・・・・・」

299 :十二国記:03/06/23 13:52
祐巳「マリア様の心をもってグランスールにお迎えします。
   お側を離れず、お言葉に背かず、忠誠を誓うと誓約申しあげます」

祥子「許す」

300 :美貌の果実:03/06/23 16:04
《祐巳》「でもさっき図書館の脇の道に入っていったでしょう」
《祥子》「いかないわ」
《祐巳》(うしょら! 祥子しゃまうしょついてる)
《祐巳》「祥子しゃまお(ry」
《祥子》「我慢できないの?」
《祐巳》「できない! 出る! もれる! おどりをやめろ!!」
《祥子》「あ、ちょっと、祐巳? ……どうしたのかしら突然」

301 :美貌の果実:03/06/23 16:04
    うしょつき祥子しゃまなんかきらいだ……
《由乃》「あ、祐巳さんその先は崖……!」
    ずるっ
《祐巳》「うわぁぁっ!」
 《聖》「あ、祐巳ちゃん忘れ物」
    シュルルルルル、パシ
 《聖》「ふふん、すげぇだろぉ。聖さまはこんなこともできるんだぞ」
《祐巳》「うん、しゅげぇ。しゅげぇ、聖しゃま」
    落下中の人間に正確に財布を投げ渡せるなんて
《祐巳》「ってそれどころじゃなくて、助け…うわぁぁぁぁl」

302 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 18:44
>>301
「武道野 聖」さまでつか

303 :302:03/06/23 18:45
スマソ「葡萄野」だ

304 :薔薇の館の空に笑え:03/06/23 19:50
蔦子    「…やはり山百合会の皆さんは
        評判どおりすごいですね
        リボンの結びから違う」
黄薔薇さま「いや〜それほどでも
        ははははは…」
祐巳    「ばらさまたちって
        れべるがたかいんだな〜」
蔦子    「動作もきびきびしてるし
        言うことがまた いちいち
        たまんなく垢抜けている」
紅薔薇さま「そ そーかな?」
令     「そんなことないよ〜やだな〜」
祥子    「私たち単に
        薔薇さま方の妹ってだけで…」
  
  薔薇さま方の妹…それだけでも尊敬できる
       

305 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 20:10
祐巳は心をこめて歌った!
「…私たちに力を、力をかしてください。
 マリア様がいるのなら、マリア様…。……………誰か…。」

(よしのさん達は、今だかつてない気持ちの高ぶりを感じて)
(祐巳達の無事を強く祈った)
西園寺ゆかりさまの自信が不安定になった。

…オ家ハ…? 成績ハ…? アーアーアー
京極貴恵子さまの詮索の真意がつかめない!
 
祐巳は心をこめて歌った!
「……どうぞ、わたし達に力をかしてください!
 わたし達の思いが届いた人…誰か…。」

(白薔薇シスターズの志摩子は
 突然、祥子に呼ばれたような気がして)
(祐巳達の無事を強く祈った)
京極貴恵子さまに57のダメージ!
 
……ウレシイ……カナシイ…ユミサマ。
……サチコオネエサマ…
綾小路菊代さまからの嫉妬の正体がつかめない!

祐巳は心をこめて歌った!
「…わたし達に力をかしてください!
 この祈りをどうぞ、山百合のみんなに届けてください。」

(祐巳のママは突然、大きな胸騒ぎを感じて)
(娘達のところへお米を送った)

 祐巳に1410のダメージ!

306 :マリみてD:03/06/23 20:43
祐巳「ねえねえ」

瞳子(無視しても無視しても絡んでくる!! 百面相のタヌキに取り憑かれた気分だわ!! 
私は祐巳さまと仲が悪いはずなのに!! それなのに仕事を手伝ってるなんて、本当は仲が良いと思われるんじゃない!?
 そんなことは死んでも認めたくないわ!! 何のとりえもない平凡な祐巳さまと噂になるなんて……祥子さまの親戚として最大の屈辱よ!! 
どうしたの今日に限って白薔薇さまも乃梨子さんも小声で囁きあっているし!! クソッタレが会話まる聞こえじゃねーのか!!)

>>305
母親?

307 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 21:05
母だねぇ。旬だし、おもろかた。オチを二行にわけたとことか。w

308 :Gマリみて:03/06/23 21:28
祥子さまはどこにいるのだろう。祐巳は目を凝らして探した。

祥子「どこを見ているッ、私はここだ!!ここにおるッ!!」

(バアアアアァァァアアアンッッ)

祥子「応えろ祐巳!!名家!!小笠原家はぁッ!!」
祐巳「王者の風よッ!!」
祥子「全新!!!」
祐巳「系裂!!!」
祥子&祐巳「天破侠乱!!!見よ!!薔薇はは紅く燃えているっっっ!!!!!!!」

島本和彦にマリみて描かせたらこうなるかもねw

309 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 22:02
>>308
ワロタ。

祥子「だぁからあなたはアホなのよ!」
祐巳「お姉さまッ!」


310 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 22:22
×祐巳「お姉さまッ!」
○祐巳「おぉ姉さまあぁぁッ!」



311 :プロジェクトX:03/06/23 23:00
裕巳に妹になることを拒否された祥子はただその場に立ち尽くした
・・・完全な敗北だった

312 :ヘルシング:03/06/23 23:02
「リリアンが見えるか、嬢ちゃん」
「見えます!!」
「祥子も令も志摩子も姉になっちまった
「あのリリアンがよ 今じゃ百合と同意語だ
「俺はリリアンなんて嫌いだ
「古くせえ学園だと思ったよ 俺にゃ全然合わねえ学園だと思ったよ
「でもな 俺達が放課後にくり出して行ってた薔薇の館はお茶が冷えててうまかったし
「黄薔薇の姉ちゃんもくっだらねえやおいネタが大好きなバカな奴でさ
「紅薔薇の姉妹たちは愛に疎くてノロケも多かったけど
「でもな みんな優しかったし みんなかわいそうな目の奴ばっかりでよ
「白薔薇のつぼみの志摩子は 頼んでもいねーのに俺が行くと銀杏や百合根をいつも勝手につけやがる
「俺がお姉さまだからっつって好物だからっつって毎度毎度
「俺 アレ 味がこすぎて食えないっつってんのに 志摩子に悪いから毎度無理に食うのがつらくってさ
「俺はリリアンが嫌いだ
「でもな あいつらは 志摩子や黄薔薇達や乃梨子は
「このレイニーブルーとやらと何の関係もねえ
「ロザリオも姉も妹も 何も関係がねえ
「三奈子って奴も 新聞部ってのも 写真部も 俺達 山百合会も
「知ったこっちゃなかった
「でもあいつらは 今 姉になって妹を食ってる
「それが俺には勘弁ならねえ
「祐巳 仇討ちをしようぜ
「やっちまおう あいつら やっちまおうぜ」
「……うん わかってる わかってるよ 聖さま
「わかってる!!」
「目標!!祥子さま!!紅薔薇革命用意!!」

313 :Nanashi_et_al.:03/06/23 23:12
誰か夢野久作の『ドグラ・マグラ』してくりゃ

314 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 23:15
よお〜〜〜こそ よお〜〜〜こそ ククックク
よお〜やく来てくれたなあ 西園寺ゆかりの独壇場 西園寺邸へ…

315 :イラストに騙された名無しさん:03/06/23 23:49
瞳子「おまえの顔をして祥子さまを慰めるのも悪くないが、
   やっぱりお互いもとの姉妹関係の方がいいだろ?」
祐巳「……」
瞳子「だから元に戻ろう」
祐巳「奪われたものは戻らない」
瞳子「……じゃあ仕方がない。殺し合おう」

316 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 01:14
小笠原祥子。小笠原財閥会長の孫娘。年齢17歳。容姿端麗。
知能指数300。学年、高等部二年生。特技、豪華絢爛。
その他何でもできるので特に示めさん。
相棒、面打ち0.3秒の支倉令、及び何でも信仰心、カトリックの名人藤堂志摩子。
紅薔薇のつぼみの妹、福沢祐巳。但し、聖のおもちゃに廻ることがあるので十分注意されたい。
以上、リリアン女学園高等部、新聞部部長、築山三奈子

317 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 01:20
>>315、ちゃんとFACE OFFと書いとけ!

318 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 01:21
俺の名は小笠原祥子。かの名高き小笠原財閥会長の孫娘だ。
リリアン中の女が俺に血眼。
ところがこれが妹にしないんだなぁ。
まぁ、自分で言うのはナンだけど、言ったわがままは必ず通す豪華絢爛のお嬢様。
それがこの俺小笠原祥子だ。

支倉令・・・俺の相棒。面打ち0.3秒のプロフェッショナル。
クールな剣道少女。
その上乙女チックで頼りになる女。

藤堂志摩子・・・いにしえの寺院、小寓寺住職の末裔。
カトリックの達人。何でも信仰心で通しちまう、怒らせると恐い女。

築山美奈子・・・御存知リリアンかわら版。高等部の新聞部長。
俺を取材するのを生きがいとする、俺の最も苦手なネェツァンだ。

紅薔薇のつぼみの妹福沢祐巳・・・女狸か、女どじょうすくいか、
この俺にもわからない謎の女。いつもひどい目にあうが、憎めないんだなあ。
俺は可愛い子ちゃんに弱いからねぇ。

さあてさて、この一癖も二癖もある連中に囲まれて、今週はどんな癇癪を巻き起こしてやろうかな。

319 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 01:38
【紅薔薇の詔書(玉音放送)】

朕深く武蔵野の大勢と学園の現状とに鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し茲に忠良なる爾会員に告く
朕は山百合会をして黒薔薇に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
抑々山百合会会員の康寧を図り万邦共榮の楽を偕にするは薔薇様代々の遺範にして朕の拳々措かさる所
曩に黒薔薇に宣戰せる所以も亦実に学園の自存と武蔵野の安定とを庶幾するに出て
黒薔薇の攻勢を排し白薔薇を犯すか如きは固より朕か志にあらす
然るに交戰己に一週を閲し朕か会員の勇戰朕か会員の励精朕か一億会員の奉公各々最善を尽せるに拘らす
戰局必すしも好転せす世界の大勢亦我に利あらす
加之敵は新に淫猥なる接吻を使用して頻に白薔薇を誘惑し惨害の及ふ所眞に測るへからさるに至る
而も尚交戰を継続せむか終に我か学園の滅亡を招來するのみならす延て人類の百合文明をも破却すへし
斯の如くは朕何を以てか億兆の会員を保し薔薇様代々の神霊に謝せむや是れ朕か山百合会をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり
朕は学園と共に終始武蔵野の解放に協力せる諸盟校に対し遺憾の意を表せさるを得す
山百合会会員にして戰陣に死し職域に殉し非命に斃れたる者及其の遺族に想を致せは五内爲に裂く
且戰傷を負ひ災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては朕の深く軫念(しんねん)する所なり
惟ふに今後学園の受くへき苦難は固より尋常にあらす
爾会員の衷情も朕善く之を知る
然れとも朕は時運の趨く所堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍ひ以て万世の爲に太平を開かむと欲す
朕は茲に國體を護持し得て忠良なる爾会員の赤誠に信倚し常に爾会員と共に在り
若し夫れ情の激する所濫に事端を滋くし或は会員排擠互に時局を亂り爲に大道を誤り信義を世界に失ふか如きは朕最も之を戒む
宜しく挙國一家子孫相傳へ確く百合の不滅を信し任重くして道遠きを念ひ総力を將來の建設に傾け道義を篤くし志操を鞏くし
誓て國體の精華を発揚し世界の進運に後れさらむことを期すへし
爾会員其れ克く朕か意を體せよ

御名 御璽

   昭和○×年一月△□日

    白薔薇黄薔薇 副書


>275とは別人だし出来もあまりよくないけど一応

320 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 02:33
先日、ファーストフード店に行ったのよ、初めてね。
そこで、生まれて初めて店内でハンバーガーを頂いたの。
正直に申しますと、最初は食事の作法など簡単だと思ってましたの。
みなさま普通に召し上がっておられるから。
けれど、私が間違ってた。あれは私のような不慣れな人間がいただくものではございません。
祐巳のように食べ慣れている人間が気軽につまむためのものだわ。
まずテーブルに目をやって、すごく緊張しながらナイフとフォークを探したの。
10秒くらいかけてね。で、なぜか違和感を覚えて目を上げたの。
そしたら祐巳が「お姉さま。ファーストフードのハンバーガーには
ナイフやフォークは付きません」って言うのよ。
同じ過ちを2度繰り返しちゃったのよね、私。
不覚だったわ。以前、サンドイッチで懲りていたはずなのに。
えぇ、そうよ、悪かったわね。
うちではサンドイッチもナイフとフォークで食べるのよ。
ピクルスだけ抜き取って食べ終えた後、ジーンズショップに望んだわ。
お祖父様が泣くかもしれないとか、そんな事は全て忘れてね。
だって祐巳がジーンズを穿いていたんだもの。
でもショップに入ったときは少し怯んだわね。
もうすごい品揃え。セーターとかトレーナーもある。
何を買っていいか解らない。ブティックでなら何でも買えるのに。
それで横を見たら祐巳が気を遣ってアドバイスをしてくれるの。
ごめんね、スニーカーとか借りちゃって。
正直「買い物くらいなんとかなる」なんて考えずに素直にオーダーメイドにしておけば良かったわ。
心の底から祐巳に心配をさせてしまったことを後悔したもの。
でも試着を終えて「スニーカーって、普通の靴屋さんでも売っているの?」とか聞いているの。
本当、私って負けず嫌い。祐巳が側にいるから、なんとでもなるでしょうけど。


321 :戯言シーリズ:03/06/24 20:49
佐藤聖(さとう・せい)−−−−−−−−−人類(福沢祐巳限定)最強の請負人。

322 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 23:19
2ちゃんねる リリアン板

1: 今、薔薇の館で流行っている言葉 (272) 2: 黄薔薇って正直どうよ? (123) 3: 今からロザリオ渡します (522) 4: 紅薔薇総合スレッド394 (771) 
5: 福沢祐巳Uzeeeeeee!! (1001) 6: お姉さま…私が女の子だからダメなの…? vol.2 (602) 7: 【正しい】ロザリオ授受質問スレッド【渡し方】 (42) 
8: 佐藤聖さまに食われた人数→ (500) 9: 白薔薇ですがなにか質問ありますか? (254) 10: ☆★水野蓉子を卒業させない同盟★☆ (70) 
11: リ リ ア ン の 怖 い 噂  (130) 12: テスト勉強中の妹に勉強を教えてあげるスレ (493) 13: 尋ね人 (127) 14: お姉さまに振られました…… (848) 
15: 福沢祐巳の中の人って誰ですか?  (662) 16: ひっそりと……801好き集まれー(631) 17: 明日紅薔薇さまに愛を告白しに行きます(230) 

323 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 23:40
コラ!ロザリオが返されてしまうゾ!!!ミッション1:黄薔薇革命を止めろ!!(572)
やはりあなたもロサ・カニーナが大好きですか!!(310)
こんな妹に誰がした・その3 (548)
なっちもみてるよ( ● ´ ー ` ● ) (18)
抱かれたいお姉さま第一位は「白薔薇さま」(1001)
姉妹喧嘩のガイドライン(273)

324 :イラストに騙された名無しさん:03/06/24 23:52
私は右手でピストルを持って、
白いマリア様の像に向ける。
「バーン」
心の中で「アーメン」と呟き、

……あれ、逆だった。
ま、いいや、えーと、この後は笑いながら走って逃げ……


『シィィィィィイ……』

「!?」
マリア様の像についた傷が治っていく。

『エイメン』

「再生者……!」

325 :イラストに騙された名無しさん:03/06/25 03:28
裕巳「びっくりチョコレート…これが貴様を半日デートに連れていくものの名だ」

祥子「フフ…背中を走るものがあるぜ」

326 :ベアード校の宗教裁判:03/06/25 22:37
祥子「何とか言いなさい、乃梨子さん。さっきまでの元気はもうおしまいなの?
    あなたは隠蔽の天才でうそつきだわ」

志摩子「だが密告屋じゃありません」

令「いまなんとおっしゃった?」

志摩子「はっきり聞こえたでしょう」

祥子「志摩子さん!」

志摩子「まったくクソまみれの集会ですこと!」

令「言葉にお気をつけなさい、ここは山寺ではないのですから」

志摩子「なんですかありゃ。ここのモットーは何ですか。
志摩子「“少女よ級友を売って自分を守れ、出来ないものは厳罰に処す”ですか。
志摩子「いいですか!厄介ごとに出会ったとき、あるものは逃げ出しあるものはとどまります。
志摩子「そしてこの乃梨子は戦い、瞳子さんは祥子さまの大きなロザリオに隠れてる。
志摩子「そしてあなたは瞳子に褒美をやり、乃梨子は潰す気だ。」


327 :ベアード校の宗教裁判:03/06/25 22:37
祥子「もう終わったかしら」

志摩子「今のはほんのウォーミングアップです!
志摩子「だれがここの卒業生か知りませんが、佐藤聖、水野蓉子、鳥居江利子様たちの
     精神は死んで過去の亡霊になりつつあります」

令「馬鹿げたことを言わないで」

志摩子「馬鹿げてるのはあなた達の方です!
志摩子「あなた達はこの傷ついた純粋な少女をただ宮崎に帰すだけだと考えておいででしょう。
志摩子「だが私に言わせれば、あなた達は、彼女の!魂を処刑なさった!!
志摩子「もしこれ以上彼女を傷つけようとおっしゃるなら、ただじゃおきません。
志摩子「そして祐巳さん、由乃さん、瞳子さん。どこにおられようとあなた達も、クソ野郎どもです!」

祥子「席におつきなさい、志摩子さん!!」

志摩子「まだ終わってません!」
志摩子「私には分からない、今日の乃梨子の沈黙がいいことか悪いことか私はマリア様ではないから。
志摩子「だがこれだけは言える。彼女は自分の学生生活を買うために私を売ったりはしなかった!!
志摩子「こういうことを私たちは高潔という。勇気といいます!これを備えた淑女こそが作られるべきです。

志摩子「……学業を続けさせてやってください。彼女の未来はあなた方の手中にあります!全校生徒の皆さん。
志摩子「価値ある未来です。潰さないで下さい。取り囲んで……守ってやってください。
志摩子「……いつか、誇りに思う日が必ず来ます」


328 :デビルマンの曲でどうぞ:03/06/25 23:20
阿久悠作詞/三沢郷作曲

あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれは祥子 祥子さま〜 祥子さま〜
紅薔薇さまの名を受けて〜 癇癪起こして闘う女〜
祥子アローは超美声 祥子イヤーは地獄耳
祥子ウインクは妹を飛ばし 祥子ビームは八つ当たり  
スールの力身につけたリリアンのヒロイン〜
祥子さま〜 祥子さま〜

ちゃらっちゃっちゃっちゃちゃ〜ん、ちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜ん、ちゃららららららっ

329 :デビルマンの曲でどうぞ:03/06/25 23:53
阿久悠作詞/都倉 俊一作曲

だーれも知らない、知られちゃいけなーいー
祥子さまの弱点をー
何もー言えないー、知らせちゃいけなーいー
祥子さまの弱点をー
あの人は「や ら な い か」 あの人は「ウホッ、いい男」〜
ただ小笠原家を守りたいだけー
今日も何処かで男嫌い
今日も何処かで男嫌い〜〜

330 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 08:16
>>327
>この傷ついた純粋な少女をただ宮崎に帰すだけだ
なぜ突然そこで栞さんが?

331 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 08:36
>なぜ突然そこで栞さんが?

あ、千葉の間違いだった……。
でもつまらない長文に目を通してくれてありがとん。

332 :デッド・シスター:03/06/26 10:27
祐巳どこにかくれたの?
出ておいで〜〜………
どこにかくれても絶対絶対
見つけ出してやるわぁ〜〜…
前に連れてきた子もやっぱり
あたしから逃げようとしたわ…
あたしの妹になるのいやだって…
だから…だから…
首を切り刻んで引きちぎってやったわ!!
だから祐巳もその子みたいに…
首をもぎとってやる……!!
あ〜〜あ あたしに逆らわなかったら
こんなことにはならなかったのに…

333 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 10:49
山寺には誰もつっこまないのか。

334 :ゆめきゅー:03/06/26 13:36
>>313
んだば、リクエストにお答えして。


 ……すると、それとほとんど同時に薔薇の館の厚いビスケット扉を隔てた外の廊下から、魂切るような
甲高い少女の声が起った。
「お姉さまお姉さま……お姉さまに会わして下さい。今お帰りになったようです。あの扉の音がそうです。
お姉さまに会わして下さい……イイエイイエ……あたしは百合じゃありません……お姉さまの妹です。妹
です妹です……お姉さまお姉さま。返事して頂戴……私です、私です、私です、私です」

 …………………………………………………………………………………………………

 ……これがマリア様の夢なのだ……………………。
 ……と私はハンカチを絞り上げたまま天蓋付きのベッドの上に仰臥して考えた。
 ……何もかもがマリア様の夢なんだ……あの少女の安来節も……この不味いアスパラガスも……あの魚
 沼産のコシヒカリも……否々……夏休み中の出来事はみんなそうなんだ……。
 ……私はまだお祖母さまのお屋敷にいるのだ。こんな恐ろしい「マリア様の夢」を見てもがき苦しんで
 いるのだ……。
 ……そうしてこれから登校すると同時に大勢の下級生のタイを片っ端から直そうとしているのだ……。
 ……しかしまだ誰も、そんなことは知らないのだ……ただ私のモノスゴイ癇癪を、蓉子さまが笑って見
 ているだけなのだ。
 私の寝ている横のビスケットのような扉を向う側からたたく音がし始めた。
「……お姉さまお姉さま。祥子お姉さま。あなたはまだ私を思い出さないのですか。私です、私です……
祐巳ですよ……祐巳ですよ。返事して下さい……返事をして……」
 と二、三度連続して問い詰めたと思うと、痛々しい泣き声にかわって、聖さまの胸に飛び込んだ気はい
である。
 私は土砂降りの中に長々と立ち尽したまま、死人のように息を詰めていた。ハンカチばかりを大きく絞
り上げて…………………………。
 ……まりあさまのこころ、それは……
 という天使さまの歌声が、急勾配の階段の下から聞えて来た。

335 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 17:30
>>334
「痴人の愛」(谷崎潤一郎)はどう?
できない?

336 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 18:08
「チャカポコ」
「チャカポコ」
チャカポコがすみきったチャカポコにチャカポコ

337 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 18:18
>>336
わ、わけわかめ

元ネタはなんだ??


338 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 18:36
ドグラマグラ

339 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 18:42
ドグラマグラといわれてチャカポコ以外のことを思い出せる334は神

340 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 20:02
祐巳「ぎゃう!」
聖 「成程これはいい。いい妹(スール)だ。あの祥子がいれこむのもわかるというものだ」

341 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 21:12
・・・・・ブウウーーーーンンンーーーーンンンン・・・・・。

山百合会にも、ようやく扇風機が。

342 :イラストに騙された名無しさん:03/06/26 22:44
>>332
あんたマイナーすぎw
でも読んでて妙に露出度の高い祥子さまが脳内に召喚されたので問題なし。
むしろグッジョブ。


343 :ゾンビ屋祐巳さん:03/06/26 23:06
「何て言うか、男女の、その恋愛のようなお話はご不快そうだったので」

「ご不快? ご不快ですって?…いうにこと欠いてこのガキャア!!
後からこういう形で耳に入った方が、何百倍もご不快だってなぜわからないのっ!
あ〜せっかく!! せっかく妹にしてやったのに!! 遊園地デートしようと思ったけどやめにするわ!!
今ここでブッ殺してやる!!」

>332さん、どうよ?

344 :イラストに騙された名無しさん:03/06/27 00:47
>>341
ワラタ

345 :あずまんが:03/06/27 01:44
タクヤ「それじゃあお別れだ」
真美「えっ!?なんで!?」
タクヤ「実はこう見えても俺は甲之進じゃない
    甲之進の祖父です孫がいつもお世話になっております
    君は本当の甲之進を探すんだ
    今の君には無理だが」
真美「え!?ど、どうすれば」
タクヤ「俺に聞かれてもなぁー」


346 :イラストに騙された名無しさん:03/06/27 09:50
>>342
マ、マイナーだったのか
「じゃ、ここはやっぱり祥子さまの……」
「あったりー」
「今日はうちはお休みで、お祖父様もお父様もいないの」
「何? じゃ、清子おばさまと二人っきりか、祥子、そりゃおまえ
ぜいたくだ! ぜいたくだ! いってやれ祐巳ちゃん」
「ぜいたくだ!」
「へいへい」

>>343
当然他の人はみんな死んでるんだよね。
江利子さまと祥子さましかいない薔薇の館というのも見てみたい気がする。

347 :ファイブスール物語:03/06/27 21:02
静 「ロサ・ギガンティア、ごきげんよう!
   まあっ!『妹』なんてお持ちにならないと
   思っておりましたけれど、
   志摩子さんよ〜くお似合いですこと!!」
聖 「何?君しっとしてるの?」
静 「い〜え それはちがいます!!
   私は早くイタリアに旅発ちたいだけですの
   学園祭のアリアだって張り切ったのに
   顔も覚えててくださらないんだもの失礼こいちゃうわ
   ただちに出発致しますからね
   ごきげんよ〜だ!!」

348 :イラストに騙された名無しさん:03/06/27 21:11
こいつ・・・

349 :ファイブスール物語:03/06/27 21:38
そうだ! どうせバレルなら、バラしてやるさ!
ユキチ!好きだァー! ユキチ! 愛しているんだ! ユキチィー!
小笠原家にお泊まりする前から 好きだったんだ!好きなんてもんじゃない!
ユキチの事はもっと知りたいんだ! ユキチの事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
ユキチを抱き締めたいんだァ! 潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
心の煩悩は 煩悩の叫びでかき消してやる! ユキチッ! 好きだ!
ユキチーーーっ! 愛しているんだよ!
ぼくのこの心のうちの叫びをきいてくれー! ユキチくーーん!
花寺に入学してから、ユキチを知ってから、ぼくはきみの虜になってしまったんだ!
愛してるってこと! 好きだってこと! ぼくに振り向いて!
ユキチがぼくに振り向いてくれれば、ぼくはこんなに苦しまなくってすむんです。
お人好しのきみなら、ぼくの心のうちを知ってくれて、ぼくに応えてくれるでしょう
ぼくはきみをぼくのものにしたいんだ! その美しい心と美しいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!恋敵がいるなら、今すぐ出てこい! 相手になってやる!
でも祐巳ちゃんとさっちゃんが怖い顔で睨んでるから戦いません
ぼくはユキチを抱きしめるだけです! きみの心の奥底にまでキスをします!
力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!
キスだけじゃない! 心からきみに尽くします! それがぼくの喜びなんだから
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!
ユキチ! きみの布団に素っ裸で飛び込めというのなら、やってもみせる!



350 :キングゲイナーでした:03/06/27 21:40
>>349

351 :ファイブスール物語:03/06/27 22:11
祥子「令と由乃ちゃんを助けていただきたいの…
    祐巳や志摩子だって…そう望んでいますわ…」
聖 「めんどくさい話はイヤね
   私ゃあお節介じゃないから余所のお家騒動に首
   つっこみたくないの そもそもロサ・フェティダは
   どうしたの?」
祥子「ロサ・フェティダは今使えないのです…
   他の手を打つにも時間がないし…
   も…もし引きうけてくださるなら…
   ロサ・ギガンティア好みの…美少女を…」
聖 「私は祐巳ちゃん以外の取引はしない!
   一日一回だっこしてスリスリかそれ以上!
   相手を見て言葉を選びなさい!
   ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン!」 

352 :じゃぁマイナーネタで:03/06/28 00:36
「とにかくね」
言いながら、祥子さまがワイングラスに指をかけて、すぐに離した。
「あ、お代わりですね。今、入れます」
祐巳は立ち上がって、ワインラックに急いだ。

「赤ワインにレモンにメロン、それに利尿剤を少々…。ククク…」

353 :ゾンビ屋祐巳さん:03/06/28 01:04
「レイニーブルー」終了後

聖「なんの理由があってそんなにふくれっツラするんだ?」

祐巳「………。次の3つから選びなさい。

 1.今回は私の話だけがハッピーエンドにならなかった
 2.さらにデートをキャンセルされたり 嫌味言われたりさんざんな目にあった
 3.さらにその上あんたに泣き顔見られた」

聖「ぜ…全部じゃねえか…!?」

>>346さん 江利子はビクトリーカニナを召喚しますがなにか?w

354 :マリライド原作版:03/06/28 02:50
令「私の言う事を…」
バァッ!!
令「聞きなさ〜〜〜〜〜い!!」
ドカッ!!

令「一緒に…」
シュッ!
令「ついて…いかせなさい〜〜〜〜〜〜〜い!!」
ブーン!!

グッ…ガシュン・・!!
―――ロザリオに信念を込め―――突き返す!!

由乃「令ちゃんの―――バカブリット!!」
ドッゴオオオオオオォォォォォォ!!!!!

由乃「これが―――反逆だ!!」

355 :マリライド原作版2:03/06/28 03:05
祐巳「は、花寺学院の生徒会長をお連れ致しました」
聖 「ふぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。おう……・・・ゴクローさん
   この''山百合会''の佐藤聖さまの言うことをよくきいたな
   ――では、そろそろ……」

ドン!ドン!
祐巳「なっ……!!なにを……!?」
聖 「フン…。ギンナン王子は……薔薇予備軍なんだよ!!
   それを事前に抑制するのが、特殊任務用生徒会''山百合会''の・・…
   つまりこの、聖さまの仕事なんだよ!!」
ドン!ドン!
祐巳「しかし彼は何も……!!」
聖 「何かしてからじゃ遅えんだよ。今してね〜〜〜から!」
クルッ!ドン!!
聖 「ずっと薔薇行為しね〜〜わけね〜〜〜だろ〜〜〜が!!!」
ドン!!

聖 「私は無駄が嫌いな女でね…フフ…。
   犯罪の芽をつみ取る…ヘヘっ…。それは立派な…正 義 だ ! !」
ドシャァッ!!
聖 「そうだろォお兄ちゃん。お前もそう思うだろ……!!」
柏木「は……はああ……あ……」
聖 「ア イ ム ・ ジ ャ ス テ ィ ス ! !」
ジャキィッ!!
柏木「はああああぁあ…」

356 :マリみてD:03/06/28 23:47
江利子「わかったわムカツキの理由……親知らずなのに歯医者に行きたくないジレンマなんかじゃない。本当の理由は別にあるのよ……黄薔薇革命のときからうすうす気がついていたことなのよ……認めたくないひとつの事実……」

江利子「私が……黄薔薇ファミリーの中で浮いているということよ!!」

357 :嘉門達夫「UFO」:03/06/29 00:24
裕巳「アレは文化祭の前だったわ・・・私は白薔薇様といっしょにお茶をしていたの
   お約束どおり白薔薇様が私を抱きしめたときに窓の外でこの世のものとは思えないものが立っていて
   私にこう言ったの・・・」




祥子「私  は  あ  な  た  の  何  だ  っ  た  の 〜 〜 !!!!!!」 

358 :エアマスタ 柏木ジュリエッタ:03/06/29 09:13
聖さま「"ユキチ"って誰だ?」
王子「…、…」
聖さま「おいヨダレ出てるぞ」
王子「きっかけは忘れた。なんで今夜ユキチを抱くと決めたか
   お前がなんで目の前にいるかも知らん」
聖さま「はぁっ???」
王子「ど け よ 」
聖さま「はああっ!???」




俺 の 卑 し き 魂 を こ の ×××× に 乗 せ てっ

と ど け 

ユ キ チ の 中 に !!!!

359 :イラストに騙された名無しさん:03/06/29 13:52
>>356
ワラタ

360 :中島敦の名人伝:03/06/29 14:26
ある日聖が祐巳に声をかけたところ、その場でもう一人の生徒と出くわした。
どうも見憶えのあるような生徒だが、どうしてもその名前が思出せぬし、何処で
会ったかも思い当たらない。聖は祐巳に尋ねた。彼女は何という生徒で、また
どんな人物かと。祐巳は、聖がまた冗談を言っているのかと疑って「へ?」と
とぼけた返答をした。聖は真剣になってふたたび尋ねる。それでも祐巳は曖昧に
「はあ」といって、聖の心をはかりかねた様子である。三度聖が真面目な顔をして
同じ問いを繰返したとき、初めて祐巳の顔に驚愕の色が現れた。祐巳は聖の眼を
じっと見つめる。相手が冗談を言っているのでもなく、気が狂っているのでもなく、
また自分が聞き違えをしているのでもないことを確かめると、彼女はほとんど恐怖
に近い歓びを示して、吃りながら叫んだ。
「ああ、ロサ・ギガンティアが、−古今無双の百合の実践者たるロサ・ギガンティアが、
ロサ・カニーナを忘れ果てられたとや?ああ、蟹名静という名も、ご自分の妹候補と
して騒がれたことも!私の仲間だあ!!」

361 :マリみて555:03/06/29 23:14
マリアさまがみてる 特別映画版

帝王のロザリオをめぐる薔薇さま伝説

一万人の姉妹部隊、出現

「お姉さまー!!」

劇場版「マリアさまがみてる」

この夏解禁!!

362 :イラストに騙された名無しさん:03/06/30 08:03
>361
帝王じゃなくて女帝の方がよくない?

363 :イラストに騙された名無しさん:03/06/30 21:05
三奈子「私達はとんでもない勘違いをしていたんだ。これを見てみろ。
 山百合を英訳すると『Lily』。

 その語源は原初の人間を誘惑した悪魔、聖書のLilithの中にみる事ができる。

 つまり……
       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _| 山百合会とは
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  取材意欲を駆り立てるネタで
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 私を受験勉強から引き離す、
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__ 悪の秘密組織
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / だったんだよ!!
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i

364 :イラストに騙された名無しさん:03/06/30 21:22
>>363
      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    な なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`

365 :イラストに騙された名無しさん:03/06/30 21:26
            祐巳、タイが曲がっていてよ
     \\\
    (⌒\  ∧__∧
    \ ヽヽ( ´_ゝ`)
     (mJ     ⌒\
      ノ ∩祥 / /
      (  | .|∧_∧
  /\丿 | (    ) OKわかった!もちつけお姉さま!
  (___へ_ノ ゝ__ノ

366 :イラストに騙された名無しさん:03/07/01 06:35
↑一番ワロタw

367 :2ch リリアン板:03/07/01 06:35
【9:545】ヤオイ好きな人いるんでしょ?

1 名前:名無しさま 03/06/20 18:25
匿名なんですし、語り合いましょう。
マリアさまもここなら見ていません。

536 名前:名無しさま :03/07/01 01:32
まあユキチは受けで確定って感じだよね。
柏木さんとはもちろんのこと、日光月光先輩に陵辱されるのも萌え!

537 名前:名無しさま :03/07/01 01:33
>>536
激しく同意! あー、本当に見てみたいーーー!
きっとギンナン王子の目の前で日光月光先輩に・・・・
そしてそのあと王子が優しく慰めて・・・・vvv

538 名前:名無しさま :03/07/01 01:33
あなたたち、いい加減にしてください!

539 名前:名無しさま :03/07/01 01:43
福沢祐巳ハケーン!

540 名前:小笠原祥子◆ReD4Lilienx :03/07/01 01:50
あなたがた、いい加減になさったら?

541 名前:名無しさま :03/07/01 01:56
べ、紅薔薇さまハケーン・・・・

ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ

368 :イラストに騙された名無しさん:03/07/01 21:59
>>367
 激しくワラターヨ

369 :野望のリリアン王国:03/07/01 22:04
三奈子「山百合会役員の薔薇様方はみんな華やかな話題を振りまく立場にいる。
    どいつもこいつもこのリリアンを百合色に染めている張本人だが取材する分には便利だぜ」

真美 「全くだ。連中をうまく記事にするとなかなか役に立つ。
    ただそれだけの価値しかない連中だが…」


370 :ネタバレ:03/07/02 00:02
祐巳さまを花寺の学園祭に行かせないスレ

1 名前:名無しさま 03/06/20 18:25
花寺の男たちが、祐巳さまを狙っています!!だって祐巳さまはかわいいもの!!

371 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 00:55
午前2時近くまで 2chやってる、ネット廃人な祥子さまに萌え萌え

372 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 01:10
 

373 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 18:54
いいこいいこ

祐巳「そう言えば今誰が入ってるの?」

   「はい」

                      ウ ソ だ ! !

374 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 19:33
>>373
だ、誰だ。誰が入ってたんだか気になるじゃないか。
д ←この口が出来るキャラなんてマリみてにいたっけ?

375 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 22:24
>>374

376 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 23:15
祥子:
卒業式の前の晩、お姉さまが言っていたわ。
これからの山百合会はあの3人だって。
イケイケな由乃、おっとりしている志摩子、百面相の祐巳。
この3つがせめぎ合っているのが山百合会なのよ。
3人の持つジレンマをわざと残したのね。
実は接し方も微妙に変えているのよ。
あたしは、おっとりした性格にはなれそうにないから、
志摩子はよくわからないわ。
だけど、令を黙らせるイケイケな由乃は尊敬もしていた。
でもね、百面相の祐巳は憎んでさえいたの。

令:
今日はおしゃべりじゃない?

祥子:
たまにはね…。
安来節にはね、百面相としての芸がインプットされてたの。
いつまでも百面相であることを守ったのね。
ほんと、祐巳らしいわ。

377 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 23:27
>白薔薇さまに追いつめられた祐巳は小動物のようにぷるぷると震えていた。
>「ふふ、私がAパーツなら貴女はさしずめBパーツ、さあ合体よ!
>「い、いやーっ!!」
>ああっ、ボクのドジっ娘がのっけから大ピンチ!
>祥子さま緊急カタパルト発進だ!
>サブタイ「白薔薇さま大地に立つ」。

ここまで好き勝手なレビュー書いてる通販サイトも珍しいよなw

ttp://www.mangaoh.co.jp/topic/maria.php
まんが王倶楽部

378 :イラストに騙された名無しさん:03/07/02 23:27
>>377
何を今更…

379 :イラストに騙された名無しさん:03/07/03 00:10
我はロザリオ突き返す 我はロザリオ突き返す REICHANG REICHANG ロザリオ突き返す
(呼べ!フェティダ!)
ロザリオ突き返す 我はロザリオ突き返す REICHANG REICHANG ロザリオ突き返す
鼻血!?即手術!!
(ひんけつダ〜ウン)
 
フリル ついた エプロンつけて 夜通しテーブルクロス編んでそう
先手 必勝! 話題絶えず振り
イメージを消す事 危険に発表
攻めと罵倒のインサイド弁慶
手術跡 アバラに 極めつけの勲章
LET’sGO青信号 唾ぺっぺっぺっぺ
ケンドウ始めた 三日三晩
やつあたりにクッションは強烈

スクワットを100回 道場で黙々と続けまくる 
黙々と続けまくる
左ワキ腹 すきっ腹
スクワットを100回 道場で黙々と続けまくる 
黙々と続けまくる

テリトリー荒らす!!

我はロザリオ突き返す 我はロザリオ突き返す REICHANG REICHANG ロザリオ突き返す
(呼べ!フェティダ!)
ロザリオ突き返す 我はロザリオ突き返す REICHANG REICHANG ロザリオ突き返す
ちさと!?即ジェラシー!!

ばかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!

380 :イラストに騙された名無しさん:03/07/03 00:24
新キャラ「祐巳さまは男の恐ろしさを知らんと見える」

新キャラ「この世は今や男によって支配されている。すでに男はあらゆる分野に入り込み、人類をたくみに操っているんじゃよ」

新キャラ「有史以来あらゆる重要な舞台に登場し、人類の歴史に干渉してきた謎の組織……男(説得力)。花寺学院の生徒すべてが男だとともいわれている」
祐巳「そりゃ嘘じゃないけど」

381 :戯言シリーズ:03/07/03 00:54
「つまり、あなたと仲直りをしようかしらとか思ってい
るわけなのよ、わたしは」
祥子さまはそう言った。わたしは本当に素直にそう
言った祥子さまに目茶苦茶驚いて一瞬言葉につまっ
た。だけどそのすぐ後に、すごく嬉しい高揚したよ
うな気分になりーーーけれど同時に、なんだか物足り
ない気分になる。
うーーん、違う。こうじゃない。ぼく達わたし達の
小笠原祥子は、もっとこうーー
「だからあなたに謝らせてあげる」
祥子さまは堂々と悪びれることなくそう続けた。
       GOOD!
わたしは右拳をぐっと握り締める。それだ。それで
すそれですそれなんです。それでこその紅薔薇さまです。

382 :山百合の城:03/07/04 00:22
祥子「ごきげんよう。久しぶりの来客と思ったらまたかわいい子が来たわね。
   薔薇の館の中がどうなっているか知りたくない?」
乃梨子「興味なし!」

383 :喜びの歌:03/07/04 01:44
「妹はいいねぇ。妹は心を満たしてくれる。
妹はリリアンの産み出した文化の極みだよ」

384 :ピンポン:03/07/04 11:19
祐巳「リリアンのベスト・スールになりたいの!! 祥子さまとっ!! 私は!! そんだけっ!!」

由乃「令ちゃんなんて死ぬまでの暇つぶしだよ」

真美「こんな記事を載せるくらいなら、人間やめたほうがマシだ」

志摩子「お寺の娘も居るってことだ」

蔦子「けっして私のカメラから逃げられると思うな」

385 :イラストに騙された名無しさん:03/07/04 14:53
>382
惜しい、正しくは「山百合の城U」

386 :イラストに騙された名無しさん:03/07/04 15:12
メール欄読んでやれ

387 :イラストに騙された名無しさん:03/07/04 19:17
祥子 「この写真をご覧のとおり
    私たちは大変親しい間柄であると…」
祐巳 (祥子様…
    ベッタベタです!
    しかし…私的にはOKです!)

388 :Gunslinger Girl:03/07/04 19:53
  「では姉の言う事を良く聞き…表情をコントロールする自信がある?」
祐巳「はい…努力します…」
  「君の置かれた状況でこんな事言うのも酷な話だが…
   そうしなきゃいけないのはわかっているね?」
  「はい」


祐巳「……、…」
「祐巳
 表情の
 コントロールだ」

祐巳「あ…」



銀杏の国の王子樣(前編)より

389 :仮面ライダースピリッツ:03/07/04 20:23
祐巳「どうすればいいの!
   令さま…どうなっちゃうの
   由乃さん…なにを考えているの」

祥子「姉妹…喧嘩」

祐巳「!!」

祥子「祐巳…わたしたちが幾度も経験してきた言葉よ
   姉妹ならば決して屈してはいけない言葉よ」

祐巳「でもお姉さま!けたが違います!
   由乃さんはロザリオを返しちゃったんですよ!」

祥子「確かにリリアンの姉妹には血のつながりも法的なつながりもない
   ロザリオを返されたら他人になるしかないのかもしれない
   でも中には…お互いに血や法にも勝る絆を得た者もいる…
   わたし達のように」

390 :頭文字M:03/07/04 22:56
真実「運は一流でもお姉さまはアタマが悪い」

391 :さちこ 1/3:03/07/04 23:30
告白は…まぶしい。
温室の中にいた。
見上げれば…まど
真っ白にかがやくまど。
そこにはまだいけない…
あしもと…
くさい…
ぎんなんのように…
どこにもまだいけない…
なら、もどらなければ…
だが、どこへ…?
くさい…
あたまがゆらぐ…
まだなれていないんだ…
なにもかもに。
ぱたぱたぱた…
音がする。
なにかが近づいてくる音だ。
逃げなければ。
だけど、逃げずにいた。
その音が、なつかしいような気がして。
【声】「えいっ」
ぴと。
背中に、温かなものがさわった。

392 :さちこ 2/3:03/07/04 23:31
【声】「触ったっ」
【声】「にははっ」
【声】「よしよし」
ごしごし。
背中をこすられる。
見上げても、まぶしくてよく見えない。
ただ、声だけが聞こえる。
【声】「かわいいかわいい」
ごしごし。
気持ちがいい。
いつまでも、そうしていてほしい。
【声】「あ…」
背中の温かいものが、はなれた。
【声】「遅刻する…」
【声】「でも、祥子さま、逃げないし…ずっと触っていたいな…」
【声】「どうしよ…」
【声】「ね」
【声】「どうしてきたの?」
なにか言ってる。
ドウシテキタノ?
…よくわからない。
【声】「帰るところある?」
…これもよくわからない。
【声】「お姉さまは?」
オネエサマ?
これなら知っている。
お姉さま。
あたたかくて、いいにおいがするもの。
いろいろなことを教えてくれるもの。
いつでもそばにいてくれるもの。


393 :さちこ 3/4(ペース配分間違えた):03/07/04 23:33
あれ?
お姉さまがいない。
なぜだろう?
よくわからない。
【声】「うーん、どうして逃げたのかな」
【声】「まぶしい…」
………。
いっしょに、窓を見る。
まぶしい。
長いかざり髪の毛が、風にゆれてきらきらしている。
思い出した。
これは、ゆみだ。
たぬきの様な顔なのがゆみで、嫌いなのが男の子。
男の子はいじめるから、近づいてはいけない。
ゆみは…。
………。
よくわからない。
【声】「大丈夫?」
また、女の子の声。
【声】「ホモとでもシンデレラできる?」
………。
【声】「よし、ちょっと歩いて、振り向いてついてきてなかったら、ここでお別れ」
【声】「いい?」
【声】「じゃ、いくよ」
ぱたぱたぱた…
ゆみがどこかに消えた。

394 :さちこ 4/4:03/07/04 23:34
【声】「んっ」
ゆみがふりかえる。
【声】「わ、ついてきてるっ」
その下に、わたしはいた。
【声】「うーん…」
【声】「ね」
【声】「わたしと一緒にいく?」
………。
【声】「ついてきたってことは、そうするんだよね?」
………。
【声】「覚悟できてる?」
………。
【声】「じゃ、一緒にいこう」
ぐい。
うでを組まれた。
ろさきねんしすが遠くなって、体がかるくなった。
ゆみの肩にふれる。
…ふしぎな感じがした。
この子のすぐ近く。
そこが、わたしのいるべきところ…
しあわせなところなんだ。

マリア様が見てる -AIR-

395 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 00:41
>>391-394
凄くいいね

396 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 02:04
長文レス四つでこの程度か。>391-394

397 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 02:14
>>391-394
葉鍵ウゼーって香具師もいるかもしれないが、
最近クリアしたばっかりなので泣ける…

398 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 03:34
>>396に同意。端的にまとめるということも魅せるポイントだし、
悪いけど延々引っ張るほどよくできたネタとも思えない。Airは最後までやったし、好きだけど。

399 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 06:24
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i     (お前も、ここに座ってポーカーを)
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     や ら な い か
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


400 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 06:41
や ら な い よ !

401 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 07:09
>>399
ウホッ いいお姉さま・・・

402 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 12:18
>>396>>398
こういうスレで出来不出来を言うのは不粋というものですわ皆様。

403 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 13:01
>>402
>>396>>391-394の同級生
>>398>>391-394の姉
>>395>>398の姉

404 :部落羅じゃないよ:03/07/05 14:31
http://rosachinensis.yoll.net/404.html

405 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 14:51
>>404
タイミングも天才的だ…もう少し近づいていたら(略)

406 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 18:30
ストーンオーシャン最終巻ゲッツ!
前スレ891がセツネー

JOJOネタはもう枯渇かなー

407 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 19:04
>>404
ttp://page.freett.com/champion/img/404.jpg
コレしか思いつけなかった漏れは逝ってよしでつか?

408 :イラストに騙された名無しさん:03/07/05 19:45
>>326-327は白眉だな。志摩子さんカコイイ。

409 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 13:00


410 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 14:51
イイネタ思いついた…っと思っても
たいがい誰かが既にやってるんだよね>>JOJOネタ

411 :イラストに騙された名無しさん:03/07/06 15:34
三奈子 「この美しいオールカラーの仕上がり
     読者の嗜好を完璧にキャッチした話題
     過去の先輩たちを凌駕する取材度胸と文章力・・・
     
     私ってエライねえェ〜」 

412 :仮面ライダースピリッツ:03/07/06 16:09
「柏木先輩・・・・あんたへの伝言だ
 「狸」は・・・「この部室に狸はいたのか?」」

「ナニ・・・?」

「狸の弟だ!祐麒君が知りたがっているんだよ!」



「よぉしユキチ!!終わったらバッチリ話してやる!!
 いたぜ狸がな!話のとおりバカがつくぐらいお人よしの狸だ!!
 だがな・・・そいつはスゲェイイやつだ・・・・
 パンダの中に入ったって絶対に倒れはしねぇ!!
 話してやるぜユキチ!!学園祭が・・・終わったらなぁ!!」

413 :ヘルシング:03/07/06 23:32
「雑用は私がしよう。濡れタオルも私が持ってこよう。
 学ランを着て、下駄を履き、タオルも頭に巻こう。
 だが
 櫓にのぼるのはお姉さまの意思です。
 さあどうする決断を!!
 リリアン学園山百合会ロサ・キネンシス小笠原祥子!」


414 :仮面ライダースピリッツ:03/07/06 23:43
ソフト百合という物を知っているだろう
その文章は完全な描写をせず、その想像の余地のためさらに妄想を働かせる
しかも18歳未満でも読めるうえに不純異性交友と言われることもない
スバラシイ発明だと思わないか!!
今や日本中の本屋で息をひそめているのだ!!
そして我々は今夜、極上の本を作り出すのだ
クククク……
姉妹とは可愛いものだなあ
仲良く…愛らしく…いつも側に居る……
どんなにツンツンしたお嬢様でも心を許すほどに……な
そして……受け入れた途端……クク
クククククククク
ロザリオの授受による姉妹制度!!
これはソフト百合につぐ革命になるぞ!!

415 :マリみて555:03/07/07 00:48
聖「なぜわかってくれないの!? 栞には私が必要なのよ……私に栞が必要なように」
栞「ちょっとやめて……離して……離して!!」

蓉子「やめなさい」

蓉子「こういうことは適当な所で切り上げるものよ。じゃないとかっこわるいわよ」
聖「なにがわかる……なにがわかるのよ、貴方にっ!!」
蓉子「わからないの? 似合わないのよ!! 貴方と栞さんじゃ!!」
聖「私は……必ず栞を手に入れて見せる!! 栞は……栞はなぁー!! 私の母親になってくれるかもしれない女なのよ……私を救ってくれるかもしれない女なのよ!!」
蓉子「救うって……なにから貴方を救うというのよ」
聖「貴方の……知ったことじゃないわよ」

416 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 01:40
ロザリオを受けた小笠原祥子の肉体は紅薔薇のつぼみとして生まれ変わった。
そして習い事をすべて辞めさせられることにより山百合役員としてのパワーを発揮するのだ。
ロザリオに含有されていたお姉さまの愛情は、ロザリオに含まれる重みと結合して
小笠原祥子の体内をかけめぐる。
そして血液の中で練られていた百合の第一物質が小笠原祥子の男嫌いによって分解され
お姉さまを慕う気持ちとマリア様の心に分かれるのだ。
一方マリア様の心は歌の中で青空と樫の木と百合とサファイアを作り出す。
この際サファイアは違和感によって分解され消滅するが、その残滓が祐巳の抱く疑問に同調させて
紅薔薇のつぼみの妹に変化させるのだ。
そしてお姉さまと祐巳によって生成された思い出により小笠原祥子は鵜沢美冬に出会った記憶を無くすのであった。

>>415
仮面ライダー405(よおこ)?

417 :仮面ライダースリピッシュ:03/07/07 01:42
襲い来る花寺生徒会とギンナン王子!
そして、それに立ち向かうは我らが聖さまっ!!

柏木「ほほぉ…いい度胸だな」
  「キサマの目的と役職は!?」


佐藤「  ガ  チ  百  合  (祐巳タソ(;´Д`)ハァハァ)」

  「白薔薇(ロサ・ギガンティア) 佐 藤 聖 」

418 :アキラ(劇場版):03/07/07 09:54
>>417

「"元"を付けろよアメリカ野郎ぉぉ!」

419 :栞は英雄:03/07/07 12:44
栞「聖は私にとって一番大事な人だった。
 だから犠牲になってもらわないと。
 私がシスターになる為に。
 ごめんなさい聖、ごめんなさい……」


420 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 12:47
>>416
この板でシャンゼネタが分かる奴がいるのか…?

421 :_:03/07/07 13:04
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

422 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 13:45
>>420
わからない香具師は「テレビブロス」でフォローしよう!w

423 :イラストに騙された名無しさん:03/07/07 22:32
>>420
DVDも出るよ!

424 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 00:56
「ライダーネタはスレの住人によって滅ぼされるでしょう、ジョジョネタを脅かす存在として」

「あなたは2チャンネラーでありながらこのスレの住人を全く理解していない。
 住人はライダーネタを受け入れるだろう、スレの新たな可能性として」

「……もう少し様子を見ましょう」

「きっと……僕が勝つさ……」

425 :スールU:03/07/08 03:31
祐巳「ジョジョネタが沈黙しました。いかがいたしましょう、お姉さま」

祥子「ライダーネタとやらがどこまでやれるのか見てみることにしましょう」

426 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 13:14
だ、誰か…龍騎ネタで書いてくれ…
漏れは資料がないから、だめぽ

427 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 13:37

祥子様ぁ〜は〜金持ちだぁ〜

男が恐くて逃げ出したぁ〜…

428 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 20:14
君望茜シナリオの遥と別れるところのコピペが見たい。
孝之=祐巳
遥=祥子様で。
ああ、考えただけでも震える♪

429 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 22:28
祐巳 「祥子さまは何処へ行ったんだろうな
    姿が見えないぜ…
    うん?…白薔薇さま、見ろ!
    柏木とやらがいやがる祥子さまの
    手首をつかんで、今にも襲いかかろう
    としているぜ
    なんたる無礼、なんたる破廉恥!
    もう許せねえ!」
聖   「祐巳ちゃん、どこへ行く」
祐巳 「しれたことよ、あの衣装に火をつけて
    やらァ」

430 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 22:41
江利子  「ある種の事がらは死ぬことより恐ろしい
       歯医者のあのキーンというドリル音そのものや
       ロサ・フェティダがこの歳にもなって
       歯医者を恐れていると知られる屈辱がそれだ……
       それもこれも同じだ…「親不知」なのだ!!
       (ゴゴゴゴゴ…)
       診断書と一緒に治療跡を見せてやろう
       苦しみはもう…ない…

       ムウ!なんとッ!!
       ご飯粒が入っちゃって大変とは!!」

431 :イラストに騙された名無しさん:03/07/08 23:23
歯医者「痛かったら言ってくださいね」









江利子  「(どうやってー?!)」

432 :仮面ライダーストロンガー:03/07/08 23:45
マリア様が呼ぶ……
薔薇の館が呼ぶ……
二年藤組が呼ぶ……

山百合会を倒せと私を呼ぶ……
聞け ブゥトンども……

私は美声の歌姫 蟹名静ロサカニーナ!!

433 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 01:02
祥子姉さん「飴をやろう」

434 :ダブルダウン祐巳:03/07/09 01:14
祥子「機会を一つあげましょう。
   あなたがこれからの人生を、わたしのためだけに生き、
   わたしのためだけに行動し、わたしのことだけを思い、
   わたしのことだけを愛すると誓うなら
   ――あなたを妹にしてあげましょう」
祐巳「ふっふっふっふ……
   なるほど……あなたみたいなお嬢様から、
   あなたみたいな紅薔薇のつぼみからお誘いを受けるっていうのは
   すごい格好いいことですね、これは」
蔦子「…………」
祐巳「しかしあれですね。あなたみたいなお嬢様から、
   あなたみたいな紅薔薇のつぼみからのお誘いを断るっていうのは、
   更に格好いいことだとは思いません? 蔦子さん」
蔦子「ま、その通りですね」

435 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 01:49
>>433
祐巳がツインテール呼ばわりなされるのかΣ(゚Д゚ )

436 :君が望む永遠:03/07/09 15:07
可南子「どうすれば……福沢さんは、私を愛してくださるんですか?
    どうすれば……どうすれば……っ」

祐巳「そういう……問題じゃないんだ」

可南子「えっ……」

祐巳「あなたがどれだけ、私に尽くしてくれたとしても……ダメなんだ」

可南子「…………………」

祐巳「あなたが、私を想ってくれるように……私も、お姉さまを想ってる。
   だから……ごめん」

可南子「い、いや……行かないで!」

祐巳「………………………」

可南子「行かないで……私を、一人ぼっちにしないでえっ!」

可南子「………いやぁあああ〜〜〜っ!!」

ドンッ!

ドサッ。



437 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 15:11
>>436
うわ、痛っ(笑)

438 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 16:12
「お姉さまどいてっそいつ殺せない!」

439 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 16:15
>>438
可南子の台詞?

440 :君が望む永遠:03/07/09 16:50
支倉令様

この手紙が、令ちゃんの手に届くとき
      (中略)
………愛しています。
愛しています、令ちゃん。
あなただけを………永遠に、愛しています。
……令ちゃん、笑っていてください。
どんなことがあっても、笑顔をたやさないで……。
令ちゃんの笑顔は………私の、笑顔です。

                島津由乃

黄薔薇革命 TRUE END

441 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 17:33
>>436
可南子は祐巳ちゃん監禁して「お仕置きが必要ですね」とか言うんだろうか
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガクガクブルブル

442 :ダイレンジャー:03/07/09 17:34
一巻『ロザリオだアアッ』
二巻『手術だアアッ!!』
三巻『感動!!君も泣け』
四巻『カッカニーナ』
五巻『びっくりチョコ大爆発!!』
六巻『イヨッデートぢゃ』
七巻『さらば!三薔薇』
八巻『マジで卒業!!』
九巻『嫌な嫌な嫌なドリル』
十巻『出ました新つぼみ』
十一巻『お姉さまアッ!!』
十二巻『祥子大昇天』
十三巻『ガクラン少女狩』

443 :イラストに騙された名無しさん:03/07/09 18:40
>442
十二巻『別荘初体験』
十三巻『祥子大昇天』
十四巻『ガクラン少女狩』

444 :キカイダー(原作版):03/07/09 23:56
「祐巳・・・あ、あなた!?」
「そうですわ祥子さま。あなたに頂いた"ロザリオ"です」
「ん・・!?」
「たしかにこのとおり作用しているのです。あなたの望んだ
 "マリアさまの御心"が・・。」

(中略)

「わたしはこれで・・・祥子さまと姉妹になった・・・!!
 だがそれとひきかえにわたしはこれから永久に"お姉さま"と
 "妹"の心のたたかいに苦しめられるだろう・・・」

・・・・祐巳は紅薔薇のつぼみになりましたメデタシメデタシ・・・


・・・・だが、祐巳は紅薔薇のつぼみになってほんとうに
   幸せになれたのだろうか・・・・? 

445 :ヘノレシング:03/07/10 11:31
裕巳「セッ セッ セクハラッ セクシャルハラスメントッ
   あのオヤヂな女子高生が何かにつけてヒワイな大変態行動をッ!!」

446 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 11:32
スマソ。sage忘れた。

447 :_:03/07/10 11:39
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

448 :君が望む永遠:03/07/10 12:58
平凡な女子高生でありながら、妹に迎えられ薔薇の館の一員となった紅薔薇のつぼみの妹。
そして同じ高校に通う姉妹でありながら、旧家出身のお嬢様度の高い上品な紅薔薇のつぼみ。
アンダーウェアにはシルクの揃いを主に、ジーンズはビンテージ。
暴力的なパワーを叩き出すお嬢様の特性はピーキーでヒステリー。
周囲を圧倒するわがままな性格は山百合会の……

449 :軽井沢〜:03/07/10 20:32
何かあるとは警戒していたが、まさかこんな方法で攻撃されるとはッ

祥子「勝ちなさい 祐巳!われわれは勝たなくてはならないッ!引き分けはないッ」
ゆかり「わたくしはきさまのすばらしい演奏(ナイスファイト)を期待するぞ……コシヒカリ姫!!」
祐巳「まりあさまのこころッ!それはぁぁぁあああああぁッ!!」
祥子「よし!祐巳ッ!それでいいっ!それがBEST!」

450 :イラストに騙された名無しさん:03/07/10 23:02
>>449
超ワラタ

451 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 01:47
元ネタなんだ?凄まじいイキオイだが。w

452 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 03:06
>>451
お前は今どのスレにいるのか分かっているのか?

453 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 08:08
にわかJOJOファンはわからないだろうね。

454 :o:03/07/11 11:18
由乃「このイカ!!」
令「あう……」

455 :Air:03/07/11 11:36
【聖】「待てい」
【聖】「祐巳にいかがわしい薬をかがせて、ふらちな行為に及んだな」
【聖】「組み手の稽古だと偽って、嫌がる祐巳にあんなことやこんなことを強要したんだな」
【聖】「そうして、やおらズボンから自慢の…」
【柏木】「ちょ、ちょっと待てッ!」
【聖】「…殺す」
【柏木】「はいっ?」
【聖】「くそっ! 真性の同性愛者だと思って情けをかけた私がバカだった」
【聖】「貴様だけは私がたたき斬ってやるっ!」
【柏木】「な、なにを言ってるんだ、あんた」
【聖】「黙れっ!」
【聖】「私の大切な祐巳(ぬいぐるみ)を傷物にして、無事で済むと思うなっ」
【聖】「観念しやがれいっ!」

456 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 11:37
イカといえば・・・いや、なんでもない

457 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 11:58
>>456
     ノヽ
     ,i'  `、
    /   ヽ、
   /      ゝ
   ""'l ̄'''' ̄l"       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. (~ヽ l (,,゚Д゚)|  /~つ < 祐巳、触手が乱れていてよ。
.   l l | ∪  つ l l   \________
  丶`li     il/ /
 (~ヽ_ノ l-、ヽ ヽ"二ヽ
  丶_ノノ ノヽヽ、丶 丶ヽ
     / /'  ) )`J  し'
     し'  (_/


458 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 12:07
祐麒「姉とは世代が同じなのでございます」

459 ::03/07/11 13:49
祐麒「柏木先輩、先に俺の部屋に行っといて」
柏木「はーい! エヘヘ、やった! ついに本邦初公開!
   ユキチの秘密の花園が見れるのね〜!」
祐麒「…やめてください、その言い方」
柏木「じゃ、先におじゃましてまーす!」
祐麒「祐巳〜っ!」
懇願するような顔で、祐麒が私の腕にすがってきた。
祐麒「おまえも一緒に部屋に来てくれ〜」
祐麒は情けない顔をして言った。
祐巳「はあ? なんで男の子同士の間に私が入るんだよ」
祐麒「…俺、あの先輩、苦手なんだよ〜。ねぇ、お願い。
   いつものスケベヅラで先輩にセクハラみたいなこと
   してさ、とっとと追い返しちゃってくれよ〜」
祐巳「アホか! なんで私がそんなことしなきゃいけない
   のよ!? それに私のどこがスケベヅラだ!」
祐巳「何をそんなに嫌がってるの。いい先輩じゃない。
   明るいし、素直そうだし、…まぁ、私はちょっと苦手
   なタイプだけど、何よりおんたを慕ってるみたいだし」
祐麒「そこなんだよ〜ッ!」
突然、祐麒が情けない声を出した。
祐麒「あの先輩、俺のこと気に入ってるみたいなんだ〜。
   それが問題なんだよ〜」
祐巳「いいじゃない。仲良くしてやれば。あの先輩のこと
   嫌いなの?」
祐麒「…き、嫌いじゃないけど…」
祐巳「だったら、いいじゃない」
祐麒「ちっともよくなあぁーーーーいッ!」
祐麒は、突然大きな声で叫ぶと、はっと我に返って、
またすぐ声を落とし、私に近付いた。
そして、ヒソヒソ声で…、
祐麒「…あの先輩、モーホだって噂なんだよ〜〜〜〜〜〜!」
蒼い顔でそう言った。

460 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 14:06
>>459
ワラタ
しかし大きな違いは「あの先輩」がエルクゥにさらわれても全然かまわん、というとこか(ぉ

461 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 14:47
男言葉・女言葉変えてないのがワラタ
さつさつネタならカナ子になるんだろうけど、こっちの方がイイ!

462 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 16:41
>>459
祥子「祐麒さん、モーホとは何ですの?」




463 :マリみてロックンロール:03/07/11 17:03
可南子「あそこに居るのは祐巳さま!! 祐巳さまの肌と私の肌が触れ合ってぶつかって……ギューン!! そいやっ!!」
祐麒「え?」
可南子「男かよっ!!」

464 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 17:57
>>463
ワラタ

465 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 22:37
「女子校が最後に勝つとでも思っていたのか!」
せせら笑う祐麒。傷つき、追い詰められた令。

 パ ン

しかし倒れたのは祐麒の方。戻ったはずの由乃が背後から撃ったのだ。
倒れた祐麒に銃を突きつけ、令は言う。
「男子校が最後に勝つとでも思っていたのか!」



こんな感じ?

466 :星界の戦旗:03/07/12 00:29
聖「意外に思われるでしょうけど、わたし、可愛い女の子が大好きなの」

なにを意外に思えばいいのかな・・・・祐巳は悩んだ。

聖「可愛い下級生や同級生を蹂躙することこそが白薔薇の華よ。
  そうお思いにならない、祐巳ちゃん?」
祐巳「まあそれは・・・好みの問題かと存じますが」
聖「あら祐巳ちゃん、わたしの好み以上に大切なものがこのリリアンにあって?」

白薔薇さまは冗談をいっているのだ・・・祐巳はそう思いこもうと努力した。 

467 :イラストに騙された名無しさん:03/07/12 00:57
祥子「お姉さまと呼ぶがよい!」

468 :灰羽連盟:03/07/12 03:12
聖「私はね、祐巳ちゃん。ずっと、よい白薔薇であり続ければ、この罪悪感から逃れられると思ってた。
お笑いぐさだ。私にとってこの学園は牢獄だったんだ」

聖「壁が意味するのは、死だ。
  ここは、死によって隔てられているんだ。そしてこの部屋は――
  この部屋は、繭だ。この暗い夢から、私はとうとう抜け出すことが出来なかった。
  在りもしない救いを求めて、3年間もずっと・・・」

聖「誰かを信じる度に、必ず裏切られた・・・。だからいつか信じるのをやめた・・・。
傷つかないで済むように。私は只の、石ころになった・・・。
ふふっ、皮肉なもんだね。心を閉ざして親切に振る舞えば、みんな私をよい白薔薇だという。
  私の心のなかは、こんなにも暗く、汚れているのに・・・」

祐巳「嘘だよ・・・聖さまはいつだって優しかった・・・。
   私、信じてます――」

聖「祐巳ちゃん、祐巳ちゃんは気づかなかったんだね。
  私が、どれだけ祐巳ちゃんのことを妬んでいたのか」

祐巳「・・・嘘、嘘だ!聖さまは、祥子さまに怒られたわたしを捜しに来てくれた!ずっと慰めてくれた!
   苦しいとき、聖さまはいつだって側にいてくれた!」

聖「そうだよ、どうしてだと思う!?
  私はただ救いが欲しかったんだ!
  誰かの役に立っているときだけ、私は自分の罪を忘れることが出来た!
  そしていつか神様が来て、赦しを与えてくれるんじゃないかって・・・そればかり考えていた」

祐巳「やめて!やめて・・・」

聖「祐巳、私にとって祐巳は祐巳で無くても良かったんだ」

祐巳「やめてーーーーっ!!」

469 :イラストに騙された名無しさん:03/07/12 20:40
>>468
今日、妹ができた。よかった。よかった(ry

470 :イラストに騙された名無しさん:03/07/12 21:14
マヌケ獣サイオンジ 「もけー」

祐巳 「スーパーコシヒカリだ!」

471 :イラストに騙された名無しさん:03/07/12 21:16
>>470
あ〜るネタがちょくちょく来るな(w
しかし光画部は現在蔦子のみ…

472 :究極超人す〜る:03/07/13 02:58
蓉子さまファン「なぜだ!? なぜ蓉子さまが卒業しなきゃいけないんだ!?」

由乃「蓉子さま三年生だものあたりまえじゃない!!」

祥子「卒業とはなんだ?」

祐巳「蓉子さま この学校からでていくのよ!」

祥子「?」

皆 「ああっ!あいつなにもわかってないぞ!」

祥子「はあっはっはっはっは。
   お姉さまがいなくなれば・・・・この山百合会は名実共に私の天下。
   私の天下となった以上・・・・築山三奈子の前に、山百合会はひとたまりもないだろう!」

志摩子「どうにかならんのか、君のお姉さまは!」

祐巳「どうにか?」

473 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 03:12
せめてキャラを考えてネタ作りしてくれ

474 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 04:44
「可南子がストーカーであるかぎり祐巳の行動はヤツにつつぬけじゃ。しかし、可南子の考えを逆に覗くことも可能じゃ」
ガガーッ・・・バシ!バシバシッッ

   「−−山百合会の・・・
        中に・・裏切り者 −がいる」
「なんだと?いまの文章は?」
   「サ チコ・に 気を つけろ
        可南子− の 手下 だ!」
バリッバシバシバシッ
「う!?」
ゴオオーーーーーーーッ
「蔦子!きさま!見ているなッ!」
シュゴオオオーーーッ
「可南子!」
「ばれた!あぶないッ!」
ボゴオオオオッァ!

「盗撮していることを感じて妨害してきたか!」


475 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 04:45
−山花学院 櫓上−

祐巳「よお祥子 そのロザリオ誰かにあげるのかい?」
祐巳「妹がいないならくれよ 腹がすいてしょーがねーぜ!」

祐巳「おおっとーあぶないッ!祥子さん!」
  ドン!
祥子「ううっ」
  グオオォン
祐麒「きゃああーーっ」
祐麒「祥子さんッ!」
祐巳「じょうだんッ!ハハハハ?じょうだんですよぉ〜〜〜っ祥子サン」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
「あっ」
ベチョン
祐麒(祐・・祐巳・・人が違ったみたい)

祐巳「また!なにバカづらしておれをにらんでいるんだよぉ祥子先輩!」
パク
モグモグ チュパチュパ

476 :スールをねらえ!:03/07/13 12:59
蓉子「あなた達一人一人は単なるリリアン生にすぎない。
   だがリリアン生が二人揃えばスールとなる。
   スールとなった紅薔薇ファミリーは・・・」

  「・・・・・・無敵よ。」

477 :スールをねらえ!:03/07/13 13:05
江利子「(左頬を押さえつつ)このことは誰にも言わないで。
     言えば祐巳ちゃん、私はあなたを・・・殺す!」

478 :sabe:03/07/13 22:49
>466
ワロタ



479 :エアマスター:03/07/13 23:02
忘れられるわけないのに 忘れようとしてたんだ

忘れられるワケ…

忘れられるわけないよなあ じっさい!!!
あん時からアタシは男性恐怖症なんだもんなあ!!!
なのに忘れようとしてたんだよ 
ビビってよォ
ビビってたんだよ このアタシが!!!
そんなのゆるせるかぁ!?
そんなアタシゆるせるかぁ!?
ゆるせねーよ!!!
誰だと思ってんだ!!!!
アタシが あの 小笠原祥子だぞ!!!!!

480 :キネンシス☆こねくしょん:03/07/14 03:24
ビッグマック。
フィレオフィッシュ。
マックシェイク。
コカコーラ。
「ご注文は、他にございませんかァ?」
にこにこにこ。
カウンターの女の子は、判で押したような愛想笑いを、満面に浮かべてみせた。
「マックポテトなどは、いかがでしょう」
にこにこにこ。
「ただ今、コーラとセットでお求めいただきますとォデジタル時計の当たるゲームカードが
ついておりますがァ」
にこにこにこのにこ。
――よく顔が痛くならないものね。
祥子さまは、感心した。
しかし、一方、にこにこも、ここまで連発されると、なんとなく、脅迫されているような気分になってくる。
こうまで愛想がいいのは、ひょっとしたら、裏に何かあるのではないかしら。
「えーと……」
祥子さまは、苦笑した。
紅薔薇のつぼみこと小笠原祥子さま。
またの名を、日本一のお嬢様。
リリアン女学園では、知らぬもののない(まァ、たしかにその通りだ)、
ピカ一のスゴ腕山百合会幹部だ(と、祐巳は固く信じこんでいる)。


481 :キネンシス☆こねくしょん:03/07/14 03:27
「ポテト、おつけしますかァ」
女の子は、祥子さまを絶好のカモと思ったか、さらに、にこにこをパワーアップした。
どれぐらいパワーアップしたかと言うと。

| ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬ | ̄ ¬
|_ _ |_ _ |_ _ |_ _ |_ _ |_ _ |_ _ |_ _

これくらいパワーアップしたのである。
祥子さまに、抵抗できるはずがなかった。
「ええ。そうね……」
祥子さまが、思わずうなずいてしまいそうになった、まさにその瞬間。
横から、祐巳が口を出した。
祐巳は言った。
きっぱりと。
「だめです」

482 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 07:37
>>480
あっはっは ながーいこと新刊見てないだけに大笑いしちまったw

483 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 09:30
>>480
久々に読みたくなった。


484 :みんなでリルカ様:03/07/14 11:48
【祥子】「クイーン祥子をおなめでないよ」
【志摩子】「…プリンセス志摩子をおなめでない…よ?」
【祐巳】「シッ、シンデレラ祐巳をおなめでないよ!」
【令】    −わたしはよしのを…

485 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 12:45
>>480
あー、たしかにコバルトだw

どこにしまったかなぁ、元ネタ…

486 :ギガンティア☆だんでぃ:03/07/14 19:13
瞳子は、鞄を開けて、その中に入っている、赤い表紙のノートを取り出した。
山百合会のアシスタントが使う、暗号表(コードブック)だ。
ギンナンが枯れたって程度で、あの白薔薇さまが顔色を変えるはずがない。ましてや、3人もの
アシスタントが行方不明になる事件に発展するなんてことは、なおさら考えられない。
たかがギンナンだ。
しかし、もしも、これが何かの暗号だとしたら?
「ギンナン、ギンナン……」
瞳子は、コードブックをめくった。
「あった!」
信じられないことに、しっかりギンナンの項は存在していた。
瞳子は、勢いこんで、そのページを読みあげた。
___________
|コードNo.86       |
|『ギンナンが、枯れた』 |
|   ↓          |
|<意味>        |
|「ギンナンが、枯れた」 |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
瞳子は、コードブックを床に叩きつけた。

487 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 23:46
祐麒「祐巳、おまえどこ行っちゃったんだよ。

 ・・・でも、こうなることちょっとはわかってたっていうかさ。
 祥子さんが櫓の上で待ってるとき、そりゃ暴れてね…」

祥子『祐麒さん、離して!私は祐巳の側にいなければいけないのよ。祐巳は私が守る!
 私がいないと祐巳は迷子になって理科室の化学実験ミスで事故に遭うのよ!』

祐麒「なぜか、信じられたんだよ・・・
 …祐…巳」


488 :イラストに騙された名無しさん:03/07/15 00:15
>486
ワラタ

489 :仮面ライダー祐麒:03/07/15 01:04
祥子「ここかぁ…祭りの場所は…?」

祐麒「!?」

祥子「おまえ…!そうだ…おまえだぁ…(ニヤリ」

490 :イラストに騙された名無しさん:03/07/15 01:17
>>489
聖「ずいぶん妙なことになってるな
ん?あれは背後霊か?
ま、どっちでもいいけど…
久しぶりにかっこよく決めてみようか」

聖「うわっ!?」

柏木「ん?佐藤聖」
聖「よっ」

491 :イラストに騙された名無しさん:03/07/15 01:30
志摩子「食うか?」

銀杏を祥子に差し出す

志摩子「ま、食わんだろうな」

492 :野望のレイニーブルー王国:03/07/15 01:42
祐巳「聖様… おまえの顔を見たら気がゆるんだらしい…」
聖 「しっかりしろ…」
祐巳「俺は見捨てられたんだぞ… 自分の姉に!」
聖 「十分間だけやる。十分経ったら泣きやめ。そして今後二度と動揺するな!」
祐巳「す すまん…。こんな見苦しい姿はもう二度と見せんからな…」


493 :山崎 渉:03/07/15 11:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

494 :ファイブスール物語:03/07/15 20:39
桂さん 「小笠原祥子さまだと…?
      スペックばかり大層な
      実生活には役立たずの
      世間知らずのお嬢様よ!
      分不相応なお姉さまを
      持つと苦労ばかりよな
      祐巳さんよ!」

495 :クウガ:03/07/15 22:53
蓉子「山百合会も変わったな」
祥子「なに?」
蓉子「祥子はやがて祐巳ちゃんと等しくなるだろう・・・」


496 :リリアンボール:03/07/15 23:07
三奈子「こんどエッチな本やるからさ つぼみたちを説得してくれよ〜」
 聖 「ふんっ そんな本みんでも、わしは入浴シーンとか着替えとか見えるもーん」
三奈子「じゃあそのうちホンモノの女のオッパイやシリをさわらせてやっから」
 聖 「ほ…ほんとか!? ほんとだな!?」
三奈子「ああ! バッチリさ!」
真 実「お、お姉さま…そんなこと言っちゃって、ど、どうするつもりですか?」
三奈子「おめえの友達いたろ 祐巳って娘 こんどさわらせてやってくれ」
真 実「じょ じょうだんじゃないっすよ!! なにいってるんですか!」
三奈子「こまったな…なあ…ちょっとだけ年増女でもいいかな…」
 聖 「う〜〜〜ん…まあ色気があればよしとするか」
三奈子「よし! 静さまにしよう おまえ蓉子さまに事情いってたのんでくれ」
真 実「わっわたしが静さまにそんなこと頼むんですか!?」
三奈子「その説得ならよ つぼみたちを説得できるかなあ」
 聖 「まあ絶対とは言えんがよ いけると思うな〜」
三奈子「みろよ シリやオッパイさわらせるだけでバレンタイン企画が救えるんだぜ!」
真 実「わ…わたしが頼むんでしょ? 企画は救えてもわたしが静さまに殺されますよ…」

497 :フルーツバスケット:03/07/16 00:12
令  「ところで由乃、私は先刻お姉さまから助言を受けてね。
    これからは強気な態度であなたとの絆を深めていくよっ
    これこそ最大の法なりっ」
祐巳「強気・・・ですか?つまりどのような・・・?」
令  「それはだ!!由乃は私の妹であり私は由乃の姉であるっ
    その事実の上でこう宣言するのだっ
    由乃!姉であるこの私に 服 従 し た ま え!!」

由乃「・・・・っ いっぺん死んでこい!!バキャッ」

江利子「令のやつ・・・・わかってないな」
聖   「わかってないね」

498 :イラストに騙された名無しさん:03/07/16 00:14
>>496
ワレンティーヌスの裏事情かよ(w



499 :超乃梨子:03/07/16 00:19
「信仰って、心の核に関わることだから結構複雑なものなのよ。
特に、うちなんて古い寺だし」
「いいですか志摩子さん、よく聞いてください。
あなたが今、信心している信仰心は精神的疾患の一種です」。
鎮める方法は私にもわかりません。
ど う す れ ば い い ん だ」

500 :マリみて龍騎:03/07/16 01:06
聖「帰ってきて!! 帰ってきて!! 栞!! 栞!!」

聖「帰ってきて!! 帰ってきてよ!! 私は貴方と一緒に居なくちゃならないのよ!!」

聖「い……いや!! なんで……なんでこうなるのよ。私は……ただ……」

 栞と一緒に居たかっただけなのに……

501 :イラストに騙された名無しさん:03/07/16 10:24
龍騎ネタが読めてうれすぃんだけど、できれば何話のどのシーンかも
書いてくれないかな?いや、無理ならいいけど…

502 :イラストに騙された名無しさん:03/07/16 13:46
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1058029178/365
いや、なんかこっちに書き込むべきだったかも、と思って。

503 :イラストに騙された名無しさん:03/07/16 17:24
勝ち誇ったような笑みを浮かべ、祥子さまはそのまま流暢に、その場にいた全員の度肝を抜くような言葉を発した。
私は、今ここに福沢祐巳を妹とすることを宣言いたします、と。

                                5

由乃「どうぞ。ミルクとお砂糖は?(狸…?)」
蓉子「まあ。妹を置いてきぼりにするなんて、しょうがないお姉さまね(狸…よね、どうみても)」
祥子「断っておくけれど、私たちは個人的な努力で快適な空間を作っているのだから、
 その辺誤解のないように
 (誰も何も言わない…やはり、この子が狸に見えるのは私だけなのかしら…)」

504 :帰ってきたウルトラマン:03/07/16 23:59
祐巳「推理小説同好会よ。この私をお姉さまのもとに帰してくれ。
お前等がお前等の会の存続を思うのならば、どうすれば私がお姉さまの元に
帰れるか考えてくれ。」
「祐巳ちゃん。これ以上そのままの格好でここから出てはならない。」
祐巳「誰だ!?私を呼んでいるのは!?」
「一般の生徒に姿を見られたら推理小説同好会の最後だ。引き返せ!
引き返すのだ祐巳ちゃん!!」
で、現れる柏木

祐巳「柏木さん!」
柏木「君にこれを与えよう。パンダの着ぐるみだ。これさえあればいかなる
生徒の目をもごまかす事が出来るだろう。さあ、さっちゃんの所へ戻るのだ
祐巳ちゃん!!」



505 :私の彼は隠れキリシタン:03/07/17 09:40
わたしの姉は ロサ・ギガンティア
今日も校庭の隅で こっそりギンナン拾う
ある日瞳子さんに 数珠を持ち出され
マリア様のお祭りで 裁判にかけられた

キレようかな?でも薔薇さま怖い
庇おうかな?だって志摩子はお寺の娘さん
結局みんなにバレちゃて 拍手を受ける

神と仏は紙一重 紙より重いこの思い
仏像マニアの妹いる事 ナイショにしテア
約束しテア 指切りしテア ギガンティア〜

506 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 10:07
>>496
・・・マリカ様がみてる

507 :リリアンかわら版号外:03/07/17 15:11
祐巳「黄薔薇会戦! バレンタイン追撃戦! マリア祭の宗教戦争等々によって薔薇の館は崩壊し、
   間借りしていたクラブハウスも追い出されてしまい、我々は遂に流浪の山百合会となってしまいました!」

  今 年 度 学 園 祭 に お け る 山 百 合 会 の 演 目 決 定 !

乃梨子「わたしの趣味の仏像コレクションが消滅したとだけ云っておきます」

  な ん と 今 年 は 三 薔 薇 と そ の 妹 達 が 大 暴 れ の 活 劇 巨 編 !

令「人呼んでリリアンの流れ星(ミスター・リリアン)!」
由乃「令ちゃん、しっかりするのだ」(ポカポカ)

  明日の絆はロザリオ次第! 薔薇の姉妹に情けは無用!

  『 魍 魎 遊 撃 隊
             < 薔 薇 と 百 合 >
                            編 』 ! !

  敢然! 愛の嵐を征く山百合会、天下御免の無頼帖!

令「吶喊! 剣道は火力!! 流れ星は黄色が最強!!!」
由乃「令ちゃん、しっかりするのだ」(びしびしびし)

  手 芸 部 、 美 術 部 、 発 明 部 な ど の 全 面 的 バ ッ ク ア ッ プ を 受 け 練 習 、絶 ! 好 ! 調 !

祥子「ロザリオは契約! マリア様は神! 嫌なら妹を作りなさい!」
志摩子「ん」

  特 別 出 演 に 花 寺 学 院 生 徒 会 長 の 福 沢 祐 麒 氏 を 招 き 、 学 園 祭 に て 大 公 開 !

祐麒「こんな生徒会、辞めてやる〜!」

508 ::03/07/17 17:53
どぉーおせ おいらぁーは ヤクザぁな 姉貴
なぁーいて くれるぅーな いもおーとよぉー

509 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 21:58
>507
>剣道は火力!!
ワラタ。火力じゃねーよ(w

510 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 22:12
このスレの住人だろ、本スレや嫌だスレを荒らしてるのは。
マジ死ねや。

511 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 22:48
>510
ジエーン

512 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 23:47
祥子さま「お待ちなさい」
>>510「あの……。私にご用でしょうか」
祥子さま「性格が、曲がっていてよ」
>>510「えっ」

513 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 23:59
柏木「すまない祐巳ちゃん。でもけじめだけはつけさせてもらう。
>>510!!そこに立って歯を食いしばれ!!」


514 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 00:55
『あの「>>512」が>>510をネタにした「内容」・・・あれ・・・・・・
初めて見た時・・・・・・なんていうか・・・・・・その・・・下品ですが・・・フフ・・・・・・
爆笑・・・・・・・・・しちゃいましてね・・・・・・・・・・・・』

515 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 01:27
>>508の元ネタってなに?

516 :508:03/07/18 01:36
わかりにくくてスマヌ、渥美清のアレです。

517 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 03:21
一作家で四つもスレ立てんな!氏ね今蟲!!

518 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 03:23
※ライトノベル板のルール※
●「1作家1スレッド、1レーベル1スレッド」が原則です。
●スレッドの乱立は板に負担をかけます。重複スレッドは削除対象です。
 ★スレッドのタイトルには作者名を入れましょう。
 ★立てる前に、似た趣旨のスレッドがないかどうか確認しましょう。

519 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 13:28
>507
社長→祐巳
眼鏡→乃梨子
流れ星→令
運転手→由乃
経理→祥子
子猫→志摩子
田波→祐麒
ってことか。
さしあたり米軍のスパイは瞳子ってことで。
チューブトップ&ジーンズで化け猫と格闘する祥子さま(;´Д`)ハァハァ


>518
3ヶ月も前にたてられたスレに今さら言われても困るな。(w

520 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 13:51
その瞬間、福沢祐巳は覚悟を決めた。
瞳孔散大!平滑筋弛緩。
花寺に代々受け継がれてきたお笑いの血が血管をつたって細胞組織を変化させ…
鼻に5円玉を押し当てるッ!
ほっかむりを頭に装備するッ!

これがッ!

これがッ!

これが「どじょうすくい」だッ!

そいつを見ることは爆笑を意味するッ!
お笑い隠し芸ッ!

521 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 17:30
>>519
じゃ、ついでに
厚生省の役人→柏木さんですか。

柏木「美少年の被害は二%までです」

522 :マリア真実の世界:03/07/18 23:45
江利子「マーダチームリリアーーーーーーーーーンっっっっっ!!!!! 」
聖「ホルモンくれ」

523 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 01:28
あげ

524 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 08:45
>>522
誰がバラバラにされますか?w

525 :ヲタ。:03/07/19 13:57
最近読み始めたんだが、最初の方の巻が本屋に全然置いてない。
2巻まで読み終わったけど、3巻が見つからなくて先に進めねぇよ。
今いくつまで出てるの?

526 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 15:11
基本的に1巻完結っぽいから飛ばしてもあまり不都合はないよ。
続き物は「ウァレンティーヌス」の前後巻、「いとしき歳月」の前後巻くらいかな。
ただし、「レイニーブルー」は「パラソルをさして」とセットで買わないと駄目。
レイニーブルーだけ読んじゃったら、それはもう恐ろしいことになるから。


527 :ヲタ。:03/07/19 15:21
>526
なるほど。参考にしときやす。


つうかよく見たらここ本スレじゃねぇのかよ!
奇妙な冒険て!
本スレは作者名だたーね。

528 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 19:46
>>527
江利子「0.025秒遅い」

529 :楽園の魔女たち:03/07/19 23:28
薔薇の館 −リリアン女学園−

「いけないわ。わたくしたちは先輩後輩なのよ。こんな感情は持ってはいけないのよ……」
長い髪のロサ・キネンシス、美しき祥子は白薔薇の蕾にむかって囁く。
「これはまちがいだわ。決してあってはならないこと」
「では夢でもかまわない。だれも見てはいない。ここにいるのは貴女と私だけ」
「これは罪よ」
「それはちがう、これは私の罪……」



「なんなの、それは」
怒りの声に音読を中断され、乃梨子はページをめくる手を止めた。
血が沸騰しているのではあるまいか。普段は色白の祥子の顔が真っ赤になっている。ヤカンのようにいまにも耳から湯気をふきそうだ。
あわてずさわがず<日本人形>乃梨子は質問に答えた。
「−『禁断の薔薇さま〜赤い誘惑〜』初版。あ」
祥子が乃梨子の手から本をむしりとり、床にたたきつける。
バシッ!
「こんなものこんなものこんなもの」
「ロサ・キネンシス。いまさらそんなに照れなくても」
「なにがいまさらで、だれが照れているですって!?。あたくしは激怒しているのよっ。こんな有害図書がこの世に一冊でも存在するなんて、がまんならないわ!」


530 :楽園の魔女たち:03/07/19 23:30
「ロサ・キネンシス」
「なんなの!?」
「本はまだある」
と、無表情に乃梨子は机の上をゆびさす。
事実であった。
祥子がいうところの<有害図書>が何十冊とそこにある。くらくらと立ちくらみをおこして祥子は卒倒しそうになった。なんということだろう。これらの本がすべて自分たちをモデルにして書かれていると……?
「あ、悪夢だわ……」
祥子とおなじように内容をチェックしていた<ミスターリリアン>令など、むかいの席でさめざめと泣いている。顔色はきゅうりのように蒼い。
いったいどんな中身を読んでいるのだろうか。
昼間であるが、なぜか室内のカーテンはすべてしめきってあった。
薄暗い空間が、一種異様な雰囲気をかもしだしている。



529,530の元ネタは「楽園の魔女たち〜ミストルテインの矢〜」


531 :イラストに騙された名無しさん:03/07/21 15:57
聖「ロサギガンティアの名に未練も愛着も無いが」

ギャル子「グハァ!」

聖「それでもお前のような奴には譲れんよ」

532 :イラストに騙された名無しさん:03/07/21 16:02
聖「命拾いしたな」

江利子「お前がな」

シスター「鳥居!」

江利子「任務報告、佐藤聖は全く使い物にならない…しかしロサギガンティアならそこそこいける模様…以上」



533 :イラストに騙された名無しさん:03/07/21 16:07
学園長「短刀直入に言おう…佐藤さん、藤堂が京都で暗躍している」

景「全然短刀直入じゃないわ、オッサン 藤堂って子は誰なの?」

シスター「貴様は黙ってなさい!」

聖「藤堂志摩子…言うなればロサギガンティアの後継者でござる」

一同「ロサギガンティアの…後継者…」

534 :イラストに騙された名無しさん:03/07/21 16:09
聖「お主が藤堂志摩子でござるか」

志摩子「ちゃんくらいつけろよ、無礼な先輩だな」

聖「気にするな、無礼はお互い様でござる」

志摩子「なるほど、そうだったな」

535 :555:03/07/21 20:54
聖「その子を妹にするの?ふーん。
  (わざとらしく机の下にペンを落して)あ、ペン落しちゃった。
  祥子、拾って」

祥子「…(ペンを拾おうと身を屈める)」

聖「(机の下で祥子を捕まえて)そういうことなら協力するわ。
  通りすがりの女の子で間に合わせようとするあなたの性根はどうかと思うけど
  それであなたが志摩子を忘れられるならずっといいわ」

536 :イラストに騙された名無しさん:03/07/21 21:10
アボカドの苗を植えた。3つ植えて東側から
「アボちゃん1号・2号・3号」と名付けた。(緒雪)

この間、突然植木屋さんがやって来て、
「う〜む、このアボカドは失敗する」と予告された。(緒雪)

537 :555:03/07/21 21:39
聖「あなたの気持ちはわかる。
  いきなり蕾候補にされてさぞびっくりしたことでしょうね
  でも退学することはないでしょ、退学することは」

志摩子「でも、わたしどうすればいいのかわからなくて
      だれにも相談できないし」

聖「バカ、もっと前向きに考えなさいよ、前向きに
  山百合会のメンバーになるってことは、すっごい素晴らしいことなのよ
  なにしろわたし達はリリアンの頂点に立つ存在なんだから」

志摩子「そうでしょうか」

聖「そーよ
  一般人であることを捨てなさい
  山百合会のメンバーであることを楽しみなさい
  そうすればきっと素晴らしい人生がひらけるわ
  ああ、それから
  間違っても恋だけはするんじゃないわよ、ろくなことにならないから」

志摩子「すごい、あなたみたいな前向きな人は見た事が無い
     お姉様って呼んでいいですか」

聖「ウンウン、呼びなさい」

538 :ゾンビ屋祐巳さん:03/07/22 00:06
SHIZUKA
「俺は…イタリア留学なんてこれっぽっちも怖くねえと思ってた。
ある生徒が修道院に行った時も くそかたっるい程度にしか考えてなかった。
だが 餞別(キス)を貰った瞬間…ひとつだけはっきりとわかったぜ。
それは…

 諦めることとフラれることは全然ちがうってことよ!!

演奏を続けろ!! 『マリアさまのこころ』だ!!
俺に最後の一花咲かさせてくれよ!!」

539 :アギト:03/07/22 01:14
令「由乃、私決めたわよ。今日、大仲の大将に勝ってさ。ちゃんと由乃と手をつないで生きていこうって」
由乃「そうだね令ちゃん。私たちならできるよ」
令「うん、私がんばるわよ!!」
由乃「ねえ、令ちゃん」
令「え?」
由乃「コーヒーをちょうだい」
 令、病室の外へ消える。
祐巳「……どうしたの由乃さん」
由乃「……」
祐巳「由乃さん!? 由乃さん!!」
 
 パタッ(時代小説が床に落ちる)

 黄薔薇革命BAD END

540 :イラストに騙された名無しさん:03/07/22 15:33
>>537
蛇聖とウサギ志摩子ワロタ。

541 :レザード・ヴァレス(原文そのまま):03/07/22 19:10
聖「身を削り、寿を削り、心を削る。
  その為ならば、我が身焦がすことも厭わぬと欲するも、願い叶う事能わず…
  故に我、禁断の秘法に手を染めん。
  例え我が身穢れていても、例え我が心穢れていても、
  其を思う力、虚にして空。
  神韻の如き響きと我は誓う――」

542 :イラストに騙された名無しさん:03/07/22 23:07
祥子 「ヲ〜ッホッホッホ
     優さん!あなたあたくしがダンスがイヤで
     逃げ出すなどと思って!?
     あたくしにはリリアンの生徒たちという
     強い味方がついておりますのよ!」
祐巳 「そうですわ祥子さま!
     なんといっても祥子さまは」
祥子 「そう あたくしは」

祐巳・祥子 「「このリリアン女学園の
          スタアなんですもの!!!」」 

543 :イラストに騙された名無しさん:03/07/23 00:03
import ラノベ.コバルト文庫.マリア様がみてる;
interface 山百合会幹部 {
void 薔薇さま();
}
class 水野蓉子 extends 紅薔薇さま implements 山百合会幹部 {
void 薔薇さま( ) {system.out.println( "蔦子さん。隠してもいいことないわよ" );}
}
class 佐藤聖 extends 白薔薇さま implements 山百合会幹部 {
void 薔薇さま( ) {system.out.println( "愛しているよ、祐巳ちゃん。" );}
}
class 鳥居江利子 extends 黄薔薇さま implements 山百合会幹部 {
void 薔薇さま( ) {system.out.println( "山辺さん。私と結婚してください" );}
}
public class マリア様がみてる {
public static void main( String [] args ) {new マリア様がみてる();}
マリア様がみてる( ) {
山百合会幹部 rosa;

水野蓉子 youko = new 水野蓉子();
佐藤聖 sei = new 佐藤聖();
鳥居江利子 deco = new 鳥居江利子();

rosa = youko;
rosa = sei;
rosa = deco;

youko.薔薇さま();
sei.薔薇さま();
deco.薔薇さま();
}
}

544 :イラストに騙された名無しさん:03/07/23 23:10
ドリル少女すぱいらる瞳子…のネタを考えてたら先を越されちまったよチクソウ

ttp://www.unou.net/info/index.html

545 :イラストに騙された名無しさん:03/07/24 00:39
>>542
ワラタ。でも今どき夢幻紳士に反応できるヤシってどれくらいいるんだろうか。(w

546 :イラストに騙された名無しさん:03/07/24 01:41
>542には及ばないが懐かしいのでやってみる。

「祐巳ちゃん
 財閥のお嬢さんをお姉さまにしてるんだって?」
祐巳「そォ〜なのよォ」
   「何たって大財閥の御令嬢だもんね
    ワガママだし好き嫌いなんか多くってさァ」
「へ〜ぇ別荘だって?」
祐巳「いや〜財閥のお嬢さんとつきあってるもんだからさァ
    お弁当なんか なにつくっていいんだか
    まいった まいった」

547 :イラストに騙された名無しさん:03/07/24 20:19
「やァ君が小笠原くんかァ
 娘から話はきいとるぞォ
 桜が嫌いで銀杏が嫌いで
 男も嫌いで祐巳が大好きと
 評判だそうだな」
「……」
「わたし何も言ってませんよぉ…」 

548 :イラストに騙された名無しさん:03/07/24 22:41
>>546
ワラタ。この祐巳だったら白薔薇様にセクハラされても
「あにすンだよォ」とか払いのけそうだ。

549 :イラストに騙された名無しさん:03/07/25 01:00
>543
せめてこれぐらい……

public マリア様がみてる( )
{
 山百合会幹部 rosa[] = new 山百合会幹部[3];
 rosa[0] = new 水野蓉子();
 rosa[1] = new 佐藤聖();
 rosa[2] = new 鳥居江利子();
 for( int i = 0 ; i < rosa.length ; i++ ) rosa.薔薇さま();
}

クラス設計も間違えてるくさい

550 :なまえをいれてください:03/07/25 12:01
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

551 :最近、よく見るねコレ:03/07/25 16:36
ハッキリ言ってマリみてではリリアンが花寺よりもずっと立場は上だよ。
貧相で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜い花寺生はお嬢様のストレス解消のいい的。
リリアンは有名小説家、仲良しお隣さんを多数輩出してるし、花寺はかなり彼女らに見下されている。
(リリアン生は薔薇には頭があがらないため花寺文化祭の露店相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、花寺生はすぐ車に乗せてくれるねずみの御者としてとおっている。
「銀杏でどうだ?(仏像を買え)」とを持ちかけるリリアン生も多い。)
彼女らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない花寺の男は滑稽。

>>550
荒らしの分際で、きっちりsageる貴方が好きニダ。

552 :イラストに騙された名無しさん:03/07/25 19:11
荒らしじゃないからだろ。スレ違いだとは思うが。

553 :イラストに騙された名無しさん:03/07/25 21:13
いや、かなり多くのスレで見かけるぞ、これ。

554 :イラストに騙された名無しさん:03/07/25 22:33
>>551
似たようなネタを考えていたんだが、うまくいかなかったよ。
きっちり完成させた君を尊敬するよ。

555 :マリア様のミカタ:03/07/27 03:47
「…ほら、かわいいな」
「いけません祐巳さま!」可南子は祐巳のそで−−真夏であるにもかかわらず、
祐巳はそでの長い制服を着ていた−−を引っ張った。
ちなみに可南子は黒い色したワンピース。
「へ?」
「女ならともかく、男はダメです! ……いえ本当は女だっていけないと思うん
ですけど、男はもっといけません!」
「……なんの話だ?」
「さらわれてもこもこになるつもりなんでしょ?」
「ななな、何言ってんだ? そんなことしねぇよバカ!」

556 :ブラックラグーン:03/07/27 09:21
祐巳「祥子様って名前のお姉様が一人。
   彼女はお姉様のくせに桜も銀杏も嫌いなんだ。
   でも−」
祐巳「お姉様はお前なんかより、よっぽど強いぞ。」
推理小説同好会員A「ぷっ」
推理小説同好会員A「言うに事欠いてそれかよ!
   小卓子でも投げてくるンじゃねェだろうなぁ、オイ?
   ゲヒャヒャヒャ」
推理小説同好会員B「…君、戦ってるところを見たのかい?」
祐巳「ないよ。でも…思い当たることがあるのさ。」
祐巳「私はよく腕相撲をして遊んでもらった。
   勝負はいつもお姉様の負けだったよ。」
祐巳「あの日も僕は、腕相撲に付き合ってもらってた。
   僕はまったく気付かなかったけれど、
   花寺の男共がマリア様のお庭に入って悪さをしようとしていたのさ。」
祐巳「結局あとで聞いたんだけど、お姉さまだけは気付いてたみたいなんだ。
   連中が入り込んだのを見つけた瞬間彼女は固まり−
   僕はいつもと同じ力で彼女を倒そうとしてたのに、腕はまるで鋼のようだった。」
祐巳「その時わかった。
   お姉様はわざと負けてる。
   弱いお姉様のふりをしなきゃいけない理由があったんだって、ね。」

557 :イラストに騙された名無しさん:03/07/27 13:22
>>556

生徒のために施しを。
卒業生には花束を。
雑務のためにペンを持ち、
学園祭には演劇を。
しかして我ら──
 薔薇の列に加わらん。
サ ン タ マ リ ア の 名 に 誓 い 、 す べ て の 姉 妹 に ロ ザ リ オ を 。

558 :マリア様!きさまみているなッ!:03/07/27 17:43
祥子「じゃ、そろそろ行きましょうか」
祐巳「は?」
祥子「は、じゃないわよ。いったい、私が何をしにこのスレまで来たと思っているの?」
祐巳「そういえば祥子さまはなぜここに」
祥子「もちろん、あなたを誘導しに来たのよ」

祥子さまは当然でしょう、と片眉を上げて斜に構えた。
どちらに、とは聞かずに済んだ。その前に、祥子さまが前スレが過去ログ倉庫に格納された事を教えてくれたからだ。

前スレ「マリアさまがみてる奇妙な冒険」
http://book.2ch.net/magazin/kako/1041/10418/1041858251.html

祥子「いい? これからこのスレに書きこむ時は必ず、前スレ(↑)を見てネタの重複を確認してからにするのよ。それはあなたの義務ですからね」


559 :イラストに騙された名無しさん:03/07/27 18:14
>>558
やっと過去ログ見れる〜

さて、いくつ自分のネタがだぶってるか確認するか…(自虐的)

560 :イラストに騙された名無しさん:03/07/27 20:52
何度かこのスレに書き込んだけど、結構前スレとネタがかぶってた…鬱氏

やめときゃよかったぜ、このスレに手を出すのはよォ

561 :おねえさまへ・・・:03/07/27 21:31
祥子「ではさいごにもうひとり
   二条乃梨子さん」
二条乃梨子「ええっ!?」

わ…わたし…!?
どうして!?
どうして!?

瞳子「なっとくできませんッ!!」
志摩子「なにがよッ!?」
瞳子「きまってるじゃない!!二条さんのどこが
   山百合会にふさわしいっていうの!?」
志摩子「はん!じぶんならふさわしいっていいたいの!?」
瞳子「おだまり
   住職の娘!!」

なんですってえ………!?

562 :イラストに騙された名無しさん:03/07/27 23:54
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1059306311.jpg

563 :559:03/07/28 10:50
過去ログ読んだ…ごっつ疲れた

以外にも自分はネタがかぶってなかった
…にしてもスレが立ち上がったときのパワーは凄かったなァ…

564 :イラストに騙された名無しさん:03/07/28 21:43
ttp://www.dab.hi-ho.ne.jp/~inabake/sakura/Software/TakuSpeech/

このツールでマリみての序文を再現しようとしたが、挫折したよ。
思ってたよりもかなり難しい。頼むから誰か作ってくれ〜

                        !?


565 :幕張:03/07/28 23:24
蓉子「それより聖。あなたの元彼女の2chねらーだった女のことだけど」
聖「栞のことはもう過ぎたことよ。私はもう気にしてない」
蓉子「あなたのその栞さんだけど……2chでコテハンデビューしてたわよ〜〜『神と呼ばれるコテハンになりたいでーす』とか言って。頭おかしいのかしら彼女は?」
聖「それがどうした」
蓉子「別に〜〜ただ、オチ板にもスレ立ってたわよ〜」
聖「蓉子〜〜」
蓉子「あなたは飴タンの彼氏にあたるわけね」
聖「許さん」
蓉子「許さなかったらどうするのかしら。このズーレー野郎」

566 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:57
前略 小母様───
リリアン女学園に入学してはや二ヶ月が過ぎました…
けど…けど…あいかわらずココの雰囲気にはなじめません…
「テメ──ぶっ殺すぞコラ!!」
「うお〜〜銀杏食いて〜〜!!」
「うひゃ〜〜〜〜〜」
…ですがそんな私でもこの場になじめる方法がひとつだけあるのです
リリアン女学園高等部には「スール制度」という
画期的なシステムがあることを先日知りました
このシステムはたとえ中学時代にフツーの生活を送っていた人も
あらためて天使として再出発できるというモノなのです

567 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:58
[レッスン1]
リリアンの生徒というのはまず見た目が勝負です
礼拝が苦手な人でも見た目を変えるのは簡単にできるハズです
まず制服をきっちりしておくのが大切ですが毎日やるのは大変です
注目を浴びるためわざとゆるめておくという手もありますが
上級生(主に紅い人)にむちゃくちゃ怒られるキケン性もあります
初心者はまず鏡の前で身だしなみを厳重にチェックしてみましょう

20分後

丁寧にやりすぎると遅刻してしまうので注意しましょう
「しまった…」

568 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:58
[レッスン2]
たぶんアナタは自分が淑女になった気でいますがそれは錯覚です──
あくまで「なんちゃってお嬢様」だということを忘れないで下さい
「そ、そうか、あぶないトコだった──」

[レッスン3]
タイは曲げたままにしないようクセをつけましょう
ブラの中にパットを入れてはいけません 高級なシルクの下着
または100円で買える安物を着て個性をアピールして下さい
「ウン…勉強になるな…」

569 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:59
[レッスン4]
カバンに物を入れてはいけません──
金具で補強して常に鍵をかけてガッチガチにしておいて下さい
「え?それじゃカバンを持ってる意味がないじゃん」
淑女初心者のアナタは「それじゃカバン持ってる意味ないじゃん」…と思うでしょう
「そうだよ…意味がわからないよ──」
そう思うアナタはカバンに特大クリップを入れておいて下さい
カバンの中を物色された時に役立つでしょう
「なるほどそういうことか!頭いいこと考えるなあ──」

[レッスン5]
昔友達だった普通の人たちとは縁を切って下さい
仲間だと思われたらすべてバレてしまいます
声をかけられてもシカトしましょう
「う〜〜んレッスン5は少々つらいなあ…
 タクヤくんなんかは大親友だし!」
どうしてもできない場合は新聞部に見つからないようこっそり会って下さい
昔の写真は処分しておくこと──歯の見えてる写真などもってのほかです
「だんだんスパイみたいになってきたな…」

570 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:59
[レッスン6]
歩き方です スカートのプリーツは乱さないように
白いセーラーカラーは翻らせないようにゆっくりと歩いて下さい
そしてガンをつけられたら「ごきげんよう」とかえします
[補足]
街中を歩く時はできるだけ綺麗な人と一緒に歩きましょう
(綺麗・可愛い・強そう・タヌキなお友達をいっぱい作りましょう)
「なるほど…これはリリアンだけでなく
 社会に出てからも通じることかもしれない──」
ここまでくればスールまであと一歩──
──では最終レッスンです

571 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 11:59
[レッスン7](最終レッスン)

──以上のことをマリア祭前にすませておいて下さい
「え!?じゃ…もうダメじゃん」
「乃梨子さん、よろしかったら、これからクラブ活動の見学にいらっしゃいません?」

ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトンへの道
終了

572 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 12:33
>566->571
神山かよ!w

573 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 14:58
そんなことやってたのか、乃梨子。

574 :紅薔薇さんお静かに!:03/07/29 19:48
聖 「あらやだ やっぱり家事は自分でやるのよ」
景 「でもお手伝いさんを呼ぶとこう──」
聖 「わたしお嬢様じゃありません」
景 「お嬢様も白薔薇さまもたいして違わないような気もする」
聖 「あら 白薔薇さまは人間だけどお嬢様はお嬢様でしょ」


575 :終わりのクロニクル:03/07/29 20:34
「祐巳は言ってたよ、変わった人だって」
「ああ、いきなり身体を調べたりしたせいだろうね。少々早まったことをした」
「少々って基準はどこなんだかなー……」
「気にしないでくれたまえ。祐巳ちゃんのことを、君ではないかと思ったものでね」
え? と問うた祐麒に、柏木は言う。
「昨夜、君かどうかを調べるために、寝ている祐巳ちゃんの下着を脱がそうと思ったのだがね」
「か、柏木先輩? ……頭、大丈夫?」
「失敬な。……大体、君こそ何を笑顔でネクタイ締めようとしているのかね?」
「……しちゃ駄目だよ? 祐巳は、その、女なんだからね? 解る? ボクの言葉」
「ああ、解るとも。まだつき合いも浅いことだしね。代わりに君に頼みがあるのだが」
「え? 何?」
「うむ。昨夜、祐巳ちゃんの脚から尻へのラインを記憶した。君の身体と照合したいのだが――」
言い終えるまでもなく、ネクタイが限界まで絞られた。


576 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 21:24
>>574
まさかこのスレで竹本ネタが出るとは思わなかった。
ありがとう。

577 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 21:48
祐巳「黄薔薇さま!? な、何で!?」
祥 子「いや、違う…全体的に高笑っておる」
祐 巳「あっ…ホントだ」
バ ッ タ も ん か よ 。
三奈子「ふはははははは! そう! これが我輩の新作、スーパーリリアン無敵かわら版28号DX−−通称『島井利江子』! イエローローズである!」
祐 巳「うわあ! 本気でバッタもんくさい名前!」

578 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 23:37
蓉子「どうぞ」
  湯気の立ち上る赤い液体が白いカップに七分目ほど注がれ、目の前に置かれた。
  これは、紅茶という飲み物だ。
由乃「ミルクとお砂糖は?」

祐巳「飲 ん ど る 場 合 か ー ッ」

579 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 00:20
「Amen!!」
「黙示の日まで(アポカリプス ナウ)!!」
さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
マリア様のお庭に集う死徒たちが、今日も天使のような残酷な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。
異教を知らない心身を包むのは、深い色のカソック。
異端からの挑戦は引かないように、言葉が通じなければ横合いから殴りつけるように、
じっくりと神罰を与えるのがここでのたしなみ。もちろん、眼前に敵を放置するなどといった
はしたない死徒など存在していようもない。
サンピエトロ寺院イスカリオテ機関。
西暦313年創立のこの機関は、もとは神罰の代行のために作られたという、
伝統あるカトリック系絶滅機関である。
バチカン市国下。16世紀の面影をいまだn(ry

580 :第2部deさつさつ:03/07/30 00:39

我々はこの学生を知っているッ!
いや、このタオル頭と破れ制服を知っているッ!

10秒後 部員たちが『はなすなよ』を13回言ったあと、拉致に成功!

 ………

「やっチッたァァァァーーーーーッ!!」
「ヌウウウ!! な…なまじ目が見えたから視力にたよっていたから……ヤツに虚をつかれた」
「う…うろたえるんじゃあないッ! 推理小説同好会員はうろたえないッ」

「タフな男たちよ! ちっぽけな根性が実にタフだ!」

「祐巳ィィィィィ おまえはひっこんでろォーーーーーー! おれが片をつけるッ!
片を付けなきゃあああーーーーッ 気がすまない!
てめえらぁぁぁ こっちをふりむけいッ!!」

「オーノーだズラ もうだめズラ 逆に脱がされちまったズラ けじめをつけられてしまったズラ」

581 :泣くようぐいす:03/07/30 01:13
志摩子「ねえ祐巳さん。お姉さまのお友達の加東景さんって。どんなおかた? オッサン?」
祐巳「聖さまよりは全然まともだって」
由乃「で、その人はどこに住んでるの?」
祐巳「今日、挨拶にいくつもりだから。いっしょに加東さんの家に行く?」
志摩子、由乃『行きたい』

祐巳「あれ? 留守みたい。ちゃんと連絡したはずなんだけど」
志摩子「中で死んでるんじゃないかしら」
 ガチャ
祐巳「ちょっと二人とも!! 勝手に入らないで!!」
 ガサガサ
祐巳「志摩子さん!! 金目の物を物色しないで!! 由乃さんも筋トレしない!!」

景『なんであなたも来るの?』
聖『それは祐巳ちゃんに会いたいからに決まってるじゃない』

志摩子「お姉さまもいっしょにきやがった」

582 :泣くようぐいす:03/07/30 01:13
景「まあ、入りなさいよ」

祐巳(思わず隠れてしまった)
由乃(この状態じゃ加東さんになんて……)

聖「ところでさあ……高校の時の制服とか持ってないの?」
景「なんで制服が居るのよ」
聖「いや、もしよかったら私が着てた制服持ってこようか?」

祐巳・志摩子・由乃『( ゚д゚)ポカーン』

由乃「なんで!? なんで制服がいるの!? なんで大学生なのに、高校生の制服を着なくちゃいけないの!?」
志摩子「聞くな…この世には『知らなければよかった』と思うことがあるのよ」
祐巳(せ、聖さま……やっぱりノストラダムスの予言があたって地球なんか滅んじゃえばよかったんだ。聖さまもろとも地球なんて滅んじゃえばよかった)
志摩子「薔薇といえども所詮は人間……私にはその気持ちはわかるわ」
由乃「目を輝かせて言うな」

景「制服とか……そういう趣味は無いんだけど」
聖「ヤダってこっちだってヤダよ。マジだと思ったの? はっははは」
景「あっ冗談だったの…」
聖「冗談に決まってるじゃない。もう私たち大学生よ。大学生にもなって女子高生の制服なんて……マジで言うわけないじゃない」

祐巳(聖さま……ごめんなさい……私、聖さまを疑ってしまいました…)

聖「―――というわけでさ。私を信じて」

聖「ブルマーをはけ」

祐巳・志摩子・由乃(地球なんて滅んじゃえばいいんだ)

583 :リリアンに涙はいらない:03/07/30 02:16
祐巳「で、何故白薔薇さまがついてくるのだ」
聖 「何故って、だって祐巳ちゃんにこんな仕事させるわけにはいかないじゃない」
祐巳「阿呆! 一体わたしが何故率先して掃除に来たと思っている!」
聖 「志摩子パシらせるのは可哀想だからという建前だったかと」
祐巳「志摩子さんの事などどうでもいい! 自発的に掃除に行ってきた『いい子』なわたしを、お姉さまに褒めてもらうためだぞ!
なのにお前と話していては、せっかく出てきた意味がなくなるではないか!」
聖 「もちろん祐巳ちゃんの気持ちは充分わかった上の事よ。祐巳ちゃんこそ、私が何のために来たと思ってるの?」
祐巳「な、何のためだと……?」
祐巳は意表を突かれたように立ち止まった。その目が大きく見開かれる。
祐巳「はっ……! ま、まさかキサマ! このわたしが褒めてもらえないようにするどころか、お姉さまを避けたと怒られるよう
仕向けようと……!」
聖 「あらやだ。祐巳ちゃんったら、私の気持ちは全てお見通しなのね。もしかして私たち、心で通じ合ってるのかも?」
祐巳「ふざけるなキサマ! そんな事をしてお姉さまに嫌われたらどうしてくれる!」
聖 「それこそ私の思う壺! 好きな人に嫌われて孤独に陥ったところを慰めに入るのは、最も有効な落とし方の一つ!
祐巳ちゃんが祥子にチョコを贈れないと知った以上、これからの私は攻めに出るわよ!」


584 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 05:19
なるほど!
「薔薇の館」ってそのための施設だったんですね!!
ずーっと前から、なんのための建物なんだろう建物なんだろうって
不思議に思っていたんですよ

585 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 11:53
紅薔薇さま〜、紅薔薇さま〜
白薔薇さまが道路に腐ったバナナの皮を置くんです〜

586 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 13:08
>>564
こんなツールあったのか・・・。
試しに使ってみました。

「そこの1年ちょっと“乃梨子”呼んでこい!!
薔薇の館から“祥子”さまと“令”さまが
お見えになりましたってよ?」

587 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 19:39
由乃  「反対!そういう圧力のかけ方汚い!
      令ちゃんも嫌なら嫌って…」
令    「由乃、ちょっと黙ってて」
江利子 「ああ、いやだいやだお子ちゃまは…
      汚いだの嫌だの言ってたら人生損しちゃうわよ?
      …黄薔薇姉妹、心得!」
令・由乃「エ、エンジョイアンドエキサイティング!!」
江利子 「そういうこと
      忘れちゃダメよ?」  

588 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 22:31

祥 子 「祐巳を見てる時ね、なぜだかドキドキしてくるの。
最初は失敗しちゃったらどうしようかと思ってハラハラしてるのかなあって思ってたけど
……なんだか少しちがうみたい。なぜだと思う?」
祐 巳 「えっ? さあ、よくわからないな……」
祥 子 「必ずなにかかおきるからよ。それを待っててドキドキするの」
祐 巳 「なにか?」
祥 子 「どんなに手強いひととあたっても、はじめのうちは負けてるのに……いつのまにか互角に
戦っていて、いつも最後はひょっとしたらって思っちゃう。そういうのってやっぱり……
才能があるからじゃないのかな……」
祐 巳 「……」
祥 子 「来年の選挙はきっと当選しちゃうね。だって、祐巳って天才なんだもん」
祐 巳 「……」
祥 子 「祐巳?」
祐 巳 「そ、そうか……当選しちゃうっていうのはいいな、わたしらしくて。しちゃあマチガイ
みたいなとこが」
祥 子 「もう、マジメにいってるのに」
祐 巳 「……お姉さま(よ、よし!)」

 聖 「わっはっはっは! 私の目の黒いうちはぜーったいにラブコメにはさせんのよ!」


589 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 23:05
>>580
久々に正統派ありがとう
ハゲワロタよ

590 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 23:17
>>589
そういえば最近なかったね>>JoJoネタ

591 :動物のお医者さん:03/07/30 23:42
祥子「わたしを外見で判断してほしくないわ」

江利子「外見からすると…いいところのお嬢様よね」

祥子「そうだけど」

聖「そしていろんな習い事をしている」

祥子「う」 <している

蓉子「お父さんは家庭を顧みず、お母さんは泣いてばかりとか」

祥子「う」 <そのとおり

「「「プライドが高くてツンツンしてるけど本当は寂しがりや。
   なんだ外見のとおりじゃない」」」

祥子「ほっといて」

592 :りりあんめーわく:03/07/31 07:17
1人間メートルは、2リリアンメートル。

593 :ファイブスール物語:03/07/31 15:00

祥子「曲がっているならそのタイ私が直そう!!
    今よろそなたその血を我にささげよ!!
    唯一人、我一人を姉とし、我唯一人にその忠誠を誓え!!
    その見返りとして我が与えるはリリアン最高最強の地位とお茶と名誉と快楽!!
    力と恐怖!!
    我が名を憶えよ!!
    祥子!!
    小笠原祥子なる!!
    我が妹としての命を渡す!!
    ロザリオと共に受け取れ!!」   
祐巳「ははーー〜〜っ!!」

祐巳「軽いっ!!
    軽いぞ!!
    何という心の軽さ鎖の解かれた鳥のようだっ!!
    生まれて初めて感じるこの充実感は一体何だ?
    一体何だ!!
    祥子さま・・・!
    小笠原祥子さまかっ!!
    あの方ならばあの美しいお方のためならっ!!
    私は死ねる!
    そうだ!!今・・・私は初めて本当の姉を得たのだ!!

594 :細川可南子は恋をする:03/07/31 15:41
可南子「祐巳さま。これからあなたはわたしのことをうらむ気持ちになるかもしれない…。
     でもきっと、花寺文化祭に行かなかった時、以前と変わらない天使のような姿を鏡で
     見て………わたしに感謝するわ。
     『ああ自分にはこの女性が必要なんだ』ってね…。『細川可南子がいなくては
     これから生きて行けない』ってね」

祐巳「………………」

595 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 19:42
>>594
ハマりすぎてコワヒ…

596 :可南子の望む永遠:03/07/31 20:27
可南子「・・・ウソ、ついたんですね。
 お仕置き・・・しなくちゃいけませんね。
 私だって、こんな事したくないのに・・・
 どうして、わかってくれないんですか?

 どうして!  どうして!  どうして!」

597 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 22:49
>596
そしてエンディング、
祐巳ちゃんの胸にありえない膨らみが……!!

598 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 00:30
>>597
ありえないのかよ(w

599 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 00:31
マリア様の心は、青空であり、樫の木であり、ウグイスであり、山百合であり、そして四月に降る雪のようなものなのである。それは、幼稚舎に入ってまず最初に覚えさせられる歌にあった。
(しかし、どうして四月に降る雪のようなものなんだ……?)
子供心に不思議に思い、未だにそれは引きずっている。なぜ四月に降る雪のようなものなのか、と。


600 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 03:00
「用件を聞こうか……」
「何か曾お祖母さまのために演奏してくださらない?」
「報酬はスイス銀行に……」

601 :猫の地球儀:03/08/01 03:06
「何してるの?」
「……あ、祐巳さん」
「ごきげんよう。……何してるの?」
「ごきげんよう。いや、ちょっと天気予報をね」
「で、どう出たの」

「 は れ る で し ょ ―――――――――― !」

602 :ビッグオー:03/08/01 11:19
"マリア様の名においてロザリオを進呈する。汝らに罪なし"

私の名は佐藤聖。このリリアン学園には必要な仕事をしている。
リリアン学園はお嬢様の学校。この私は2年生のある日を境に自分の半身を失っている。
しかしそれでも人間とはなんとかしていくものだ。
どうすれば山百合会が動き、下級生の尊敬が得られるのかが判れば妹などなくても
白薔薇さまとやらは装える。
過去に何があったのか、何が無かったのか。気にせずに生活だって出来る。
いや、そう努力してきたのだ。栞を失って哀しんでいるのは、この私の内面だけだ。
しかし――、妹は志摩子のように、いきなりその姿を現す時がある――。

「ロサ・ギガンティア!ショウ・ターイム!!」


603 :レイニーブチャラティ聖:03/08/01 17:22
「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
 なにも知らぬ無知なる妹を泣かせることだ……!!
 自分の都合だけで泣かせることだ…

 姉がなにも知らぬ『妹』を!!
 てめーだけの都合でッ!

 ゆるさねえッ!
 祥子は今 再びッ!
 『私の自制』を『裏切った』ッ!

 紅姉妹は見守るつもりだったが…
 予定がかわったッ!
 祐巳はいただく!今ッ!」

604 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 20:52
「福沢祐巳ですって!? 自分で選んでてなんだけど、この子ブタより遅いわよッ」

605 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 23:33
―祥子は―
2度と祐巳の元へは戻れなかった……。
鬱と引きこもりの中間の生命体となり
永遠にお祖母さまの家をさまようのだ。
そして仲直りしようと思ってもできないので
――そのうち祥子は考えるのをやめた。


606 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 23:53
「ごきげんよう」
「ごきげんよう」
 さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
 マリア様のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。
 汚れを知らない心身を包むのは、深い色の制服。
 スカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻らせないように、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。もちろん、遅刻ギリギリで走り去るなどといった、はしたない生徒など存在していようはずも――

「こちら雷電。現地の制服を入手した」
「制服は……愛だ。心をこめて扱えば、必ず想いに応えてくれる。大事に使え」

607 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 01:50
「お姉さま……」
「あなたが好きなの」
 あの雨の中で、自分が消えていいなんて何で思ったんだろう。消えてしまったら、もう祥子さまからこんなすばらしい言葉を受け取ることができなかった。
「私も、お姉さまのこと大好きです」
 祥子さまに、大切な言葉を伝えることもできなかった。
 もう二度と、瞳子ちゃんと自分とを比べたりしない。
 こんな涙を見せられたら、嫌でも信じてしまうだろう。
 私しかいないんだ、って。

 「や か ま し い ッ ! う っ お と し い ぜ ッ !! お ま え ら ッ !」

人の性格がそんなに簡単に変えられ、成長できるなら誰も苦労はしません。
祐巳は前以上に平凡な性格のまま、祥子さまと仲よく入院したのでした…!


608 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 02:00
>>605
日はそのように巡った。月はそのように巡った。
記憶はしだいに褪せていった。
そうしてある日、祥子は若く快活な祐巳のことを忘れた。

609 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 03:33
>>606
お弁当を早く食べないとフナムシが…ブルブル

610 :うさぎバラダイス:03/08/02 04:22
今野先生「志摩子が唯一の白薔薇の蕾でライバルがいないのが問題なんだ」
      「そうだ カニを生徒会役員選挙に立候補させよう!!」

611 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:36
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

612 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 05:51
>>610
natukasikute warata

613 :細川可南子は恋をする:03/08/02 10:31
可南子「祐巳さま、思い切っていいます」
祐巳「え? 思い切っていうことか〜。何かあるかな〜?」
可南子「わたし、祐巳さまのことが好きなんです」
祐巳「えッ?」(ドン!)

三奈子「なんだってェ―――っ!!」
蔦子「…………」

可南子(私の気持ち…。言ってしまったわ……。告白…してしまったわ…)

蔦子「おいおい! たしかに聞いた、いまの言葉は〜〜〜。マジかよ〜〜、
   たまげたぜ、祐巳さんー」

祐巳「あ…あの…その、えとあの…えとあの、な…なんですって?」
可南子「わたし、一日中、祐巳さまのことばかり考えているわ。
    祐巳さまに素敵な妹(プティ・スール)がいたらどーしようだとか、わたしなんか相手に
    してくれるはずない…と何度も何度も思ったり…。この気持ちを打ちあけるのがこわくて…。
    でも言わないでいると胸がはりさけそうだし…。嫌われてもいいから勇気を出して告白しよう
    って思ったんです」
祐巳「………」

614 :細川可南子は恋をする:03/08/02 10:31
祐巳(こ…この事態は…ひょっとして恋の告白されてるの? このわたしが…?
   聞きまちがいかな? いや…たしかにそーいっているよな…信じられないけど、そーいった
   よな…今。うっ…、うれしい!)
可南子「妹がいるに決まってますよね」
祐巳「え! い…、いませんけど」(当然ですけど)

三奈子「なんで祐巳さんが〜〜。ウソだろォー、ウソだろォー。ワタシだって、あんなこと言われた
    こたねーのに〜〜〜」
蔦子「おい、泣くこたねーだろー、なにもよォー」

祐巳(でも…待てよ…。ひょっとして、からかわれてんのかな……? あとで笑いもんにするとか…)
   「あの、ひょっとして、わたしをからかっているんですか? 宗教はいれとかいうんじゃないの?」
可南子「わたしまじめですッ!! 祐巳さま、ここ最近急に、顔がひきしまりました。勇気と信念をもった
     薔薇の蕾の顔って感じです。でも笑うと…その…カワイイし」

蔦子「う〜ん!そいつはいえるぜ、たしかによお」
三奈子「わたしだってひきしまってるよな〜〜、蔦子さん〜〜」

可南子「わたし、女の人の魅力って天使のような愛らしさだと思うんです。完成された人っていっしょに
    いてつまらないと思うんです。祐巳さんはそれが輝いている! いつも見てたからわたしには
    わかるんです。そして、そんな…祐巳さまのこと全部好きなんです」

615 :細川可南子は恋をする:03/08/02 10:32
祐巳「そ…そんなにも…持ち上げられると…、こ…困るな…」
可南子「わたしのようなカワイクない女の子、嫌いでしょうね?」
祐巳「え? カワイクないだなんて……。そんなこと……ないけど」
可南子「わたしのこと、嫌いですか?」

蔦子「!!」(ゴクリ)
三奈子「おお〜〜っ」

祐巳「え? あ…あの、嫌いって? いきなり…そ…そんなことは……。ないですけど」
可南子「好 き で す か ?」
祐巳「えっ! ちょっ、ちょっと待って…そうじゃなくて…。まだ、その、なんていうか突然、好きだとか
   嫌いだとか…は」
可南子「やっぱり、嫌いなんですね」
祐巳「え? ちがいますよ。ですから、イキなりそんなこと聞かれても…」
可南子「どっちなの!? あたしのこと! 愛しているの!? 愛していないの!? さっさと答えてよっ!
     こんなに言ってるのにっ!!」(ドン! ガシャン!)
祐巳「えっ!」

616 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 12:23
ヘブンズドアァァァ こいつを妹にしろぉぉぉぉぉ!!

617 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 12:34
聖  「読んだよ、文庫」
祐巳 「文庫一冊一時間、ですか」
聖  「伊達に東大は出ていない」
由乃 「東大…って…」
聖  「だから出ていない」

ダメダー修行してキマツ

618 :ロサ・キネンシス・アンブトゥン:03/08/02 14:40
可南子「たとえば一年後の祐巳さまに何が起こるのか?わたしたち全員がそれを知っている
 『期待するイメージ』の中のつぼみがいつ事故に会い、いつ病気に会い、いつ美しい花を咲かせてくれるのか?
 すでにイメージしてリリアンに入学して来た
 お姉さまといつ出会い…そして妹にされるか?
 革命がいつ起こり世代がいつ変わるのか?
 祐巳さまが誰を恋し誰を憎むのか?
 祐巳さまはいつ妹を作り、妹はどんな成長をするのか?
 誰が祐巳さまを盗撮し誰が取材や喧嘩をふっかけるのか?
 祐巳さまの自我や本質は関係なく、わたしたちがそれをイメージしてそう演じさせるのだ!
 そしてそれこそ幸福であるッ!独りではなくリリアンの全員が祐巳さまを愛せるからだッ!
 『愛せる者』は『幸福』であるッ!
 妹にはなれないという矛盾もはらむ事は『絶望』と思うだろうが
 逆だッ!
 明日卒業してしまうとしても『姉妹関係』がないから幸福なんだ!
 わたしはそんな先の話をしているんじゃないからだッ!
 リリアンはこれで変わるッ!
 これがわたしの求めたものッ!『ロサ・キネンシス・アンブトゥン』だッ!

 覚悟を決めろッ
 愛されることは『幸福』だぞッ!祐巳さま!」

619 :辺境警備:03/08/03 02:51
聖「祐巳ちゃん……」
祐巳「あなたのことを……姉とも、母とも思っていました。お別れするのは……つらい――」

聖「いくらなんでも母はないだろ! 2歳しか離れてないんだよ!」
祐巳「そう見えるんだから仕方ないでしょ!」


620 :イラストに騙された名無しさん:03/08/03 16:50
祐巳「は〜い、来週の『マリア様がみてる』は――
祥子「祥子です。最近は急に暑くなってきたわね。全く、私が快適に過ごせる時期というのは無いのかしら。
さて、来週は
「羊が一匹さく越えて」
「白薔薇さまご乱心」
「カツオ タイが乱れていてよ」
の三本よ。それではごきげんよう」

621 :イラストに騙された名無しさん:03/08/03 19:18
>>620
シンプルだがわらた。

622 :55V:03/08/04 13:57
愛の重さを知るものが、姉妹のために立ち上がるとき。
人は誰でも薔薇になれる!!

623 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 15:22
「解って、聖。私の定めなの。私でなきゃいけないのよ。
 そうでないと、私たち、堕ちる所まで堕ちてしまうわ」

「……堕ちちゃ、駄目なの? 栞も、私も、堕ちちゃ駄目なの?
 それで添い遂げられるなら……二人ずっと一緒にいられるなら、私は、いっそ……」

624 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 16:15

 「祐巳!」

 「お姉さま!」

 瞳子が鎖ガマを握った!



625 :ヤマユリンガーガール:03/08/04 20:05
「お姉さまのためには『やらなきゃ』って感じ
 由乃のためにすることは『したい』って感じなのよ」
(これは…令さまって胸にも背中にも苦労を背負い込んでるのね)

626 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 23:58
ゆみ「おねえさま・・・」

へんじが ない
ただの しかばねの ようだ。

627 :イラストに騙された名無しさん:03/08/05 09:17
お姉さまの3乗(きゅーぶ)

628 :姉妹王:03/08/05 16:03
姉A「妹ある限り!」

姉B「妹を信じて!」

姉C「妹を忘れないで!」

姉D「妹とともに!」

姉E「妹よ、力を!」

姉F「妹は不滅だッZE!」

            スール
これがぁ!血縁を超えたっ!!姉妹のっっ!!!
 
  絶  対  勝  利 だぁぁああ!!!!


629 :姉妹王:03/08/06 10:44
祐巳「解っているはずだ!祥子様に必要なものは男嫌いや高所恐怖症を直すことじゃない!!」
志摩子「しかし、危険が伴います」
由乃「やりもしないで諦めるのか!」
祐巳「忘れたわけではあるまい。山百合会憲章第5条125項」
乃梨子「山百合会会員はいかに困難な状況であろうとも!」
志摩子「けっして諦めてはならない!」
乃梨子「私たちはまぎれもなく山百合会の会員です」
志摩子「『諦める』なんて言葉はメモリーから消去してやるぜ!」
祐巳「ならば、迷うことなどない!」

630 :シャドウゲイト:03/08/06 20:53
栞が行ってしまった!!
栞と離れ離れになるのは、私の運命だったのかもしれない……

残念!!
私の青春はこれで終わってしまった!!

631 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 15:50
祥子「諸君! 親愛なる山百合会の姉妹諸君! 諸君らは今日、この時間に……新しき姉妹誕生の輝かしい瞬間を目撃する!
   先の学園祭前において白薔薇の狡猾な妨害の前に失われたロサ・キネンシス・アン・ブゥトンの回復、その瞬間である!!
   真の愛校者は薔薇のつぼみの後継者であるつぼみの妹に期待する!
   それは厳格たる規律と愛校的精神! そして学年的階級を正常な姿へと復元する英雄的行動である!」

蓉子「山百合会敬礼ッ!!」

祥子「福沢祐巳! 貴女は私の妹に選ばれた生徒だ!! 貴女こそリリアン的貞淑さを体現する者である!!
   このような歓喜の瞬間があろうか!! 私は……私は……感動と感涙の中たとえる言葉を見つけることができないッ!!」

祐巳「感無量であります、お姉さまッ。一命に代え妹の義務を遂行したしますッ」

蓉子「゛マリア様のこころ″斉唱始めっ!!」


聖「おいおいおいおい。江利子、見てよ。コンサートを開いてる。趣味の悪い歌だ」

江利子「聞こえてる。紅薔薇が歌好きなのは昔っからよ」

聖「まったくね。セレモニー好きも昔っからさ」

江利子「優等生が自分の近寄り難さを棚上げして、手軽に妹を得ようとしたら、あっという間に歌好きの薔薇が一輪出来上がる。
    いつになっても変わらない法則よ。どう思う。白薔薇さまは?」

聖「ああいう偽百合は個人的に合わない。それに私は白薔薇だよ、ガチンコ百合が白薔薇の伝統だ」

632 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 17:01
>>631
>聖「ガチンコ百合が白薔薇の伝統だ」

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         | |   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦  乃梨子   ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦    志摩子       ヽ
      i.    / 先代白薔薇 ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー        



633 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 23:30
み、皆!漏れたちはとんでもない勘違いをしていたのかも知れないっ










先(々?)代白薔薇さまも

 ガ   チ   百   合   だ   っ   た   ん  だ  !!!!!


634 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 12:09
聖「どがははははっっ。
  修行の足らん三薔薇共めが!!
  まだまだ百合が浅いぜっ!!
  耳の穴かっぽじって、よぉく聞きやがれ!!
  普く十方窮盡利利案周辺法界耳口王。
  所有学土の一切生徒に含識されし念号の、冠は山百合、衣は白薔薇。
  ガチンコ百合のロサ・ギガンティア、佐藤聖たぁ、私のこった!!」

祐巳「あははははははは、あなたはもう卒業生にすぎないのよ、聖さま!!」
祥子「祐巳?!! 何てこと! はしたないバカ笑いはやめなさい!!」

635 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 13:12
>>634
そのキャストに祥子さまを持ってくるのはカンベンしてくだちぃ

636 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 14:08
「こんな操作って本当に必要なんスか?」

こうやって時々討論させとくと
「薔薇の蕾の反乱」
なんてないと思うけど
予防にもなるし状況の目安にもなるでしょ?

637 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 14:18

 赤 薔 薇 姉 妹 だ け は ガ チ !

638 :スピードワゴン、リリアン生徒を語る:03/08/08 17:17
こいつはくせえッー!
友達以上のにおいが
プンプンするぜッ─────ッ!!

こんな関係には出会ったことが
ねえほどなァ────ッ

制度に従って姉妹になっただと?
ちがうねッ!!
こいつらは生まれついての百合だッ!

639 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 23:26
聖「綺麗事はきらい。
  綺麗好きもきらい。
  少しくらい汚れている方が、部屋も世の中も住みやすいってもんよ。

  色白は七難を隠す、なんて言うけど隠しごともきらいなの。
  シミ、ソバカス、いいじゃない。
  誰もかれもが同じ肌、同じ顔じゃ、どれが自分か分かんなくなるわよ。

  私はただでさえ自分が分からない。だから手掛かりを消しちゃいけないの。
  全部自分の道標だからね」


640 :イラストに騙された名無しさん:03/08/09 17:51
山田ちゃん「矢張り内緒ですの? ガチンコ百合である事は」

聖「殊更、秘密にするつもりは無いのだけど、どんな女でも良いと思われるのは困るかな」

山田ちゃん「御苦労されておりますのね。
        でも、わたくし聖さまのもっとプライベートな事の方にも興味がございますのよ。
        本来、常に学年十位以内の成績をキープしていた方がこんな女子大で何をしてらっしゃるのかとか。
        敬虔なクリスチャンだった、クリスマス・イブの晩を境に消えた女子生徒の行方であるとか。
        ホント、不思議です事」

641 :イラストに騙された名無しさん:03/08/09 21:34
志摩子「いい? 山百合会でやっていこうと思うなら、まず仲間は当てにしないことよ。ハッタリと押しの強さだけでリリアン支配してる連中だから」

志摩子「たとえば紅薔薇さまの祥子って人。ただのヒステリーに見えても経済的には山百合会は彼女に支配されている。実質上のナンバー1よ」

志摩子「黄薔薇さまはヘタレが服着て歩いているような人だし。由乃さんは病気かキレてるかのどっちかで、三つ編み以外は使い物にならない」

志摩子「OBも時々来るんだけど、セクハラかガチ百合。祐巳さんに至っては外見どおりの天然ボケと云っていい」

志摩子「つまり。山百合会は暴力的な人格破綻者の集団に等しい」
乃梨子「この王子さまは?」
志摩子「ギンナンよ。いい? 学校生活のすごし方は他にいくらだってあるんだし、もう一度よく考えて―――」

642 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 00:43
>>641
OB(藁
聖さま♂説でつか

643 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 06:35
>641
乃梨子ちゃんが悪魔憑き・・・
 Σ(´Д`) ッハ(目をさませ)

644 :祥子:03/08/10 20:01
最近・・・
・・・・・・・
気づいて来たが・・・
この福沢祐巳
・・・・・・・
妹のくせに・・・
いつの間にか・・・
祐巳の言っているように
・・・そのとおりに事が動く・・・
今の「覚悟」は・・・
祐巳の「覚悟」でもあった!
それが知らず知らずのうちに
私の心に伝わった・・・
まるで蓉子様以上に私の姉であるかのように・・・
私を動かした


645 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 21:44
祐巳 「祥子さま・・・・妹って何でしょう?」

祥子 「妹とは何か、と考える瞬間にだけ人間の思考に現れる幻覚よ」
    「普段はそんなものは存在しない」

646 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 22:56
 ああっ………
 それにしても
 妹が欲しいっ
 ………っ!!
[薔薇の館設立60周年記念パーティ]
「ククク……むろん…と言うか………言うまでもなく……私は持っておるっ……!
 このリリアンの誰よりも………持っておるっ………!妹をっ……!
 シスターで…寺の娘で……!優等生で………タヌキで…!持っておるっ…!
 ククク……どこに鼠……彼女らの本当の姉が潜んでおるか知れんから
 大きな声では言えんがそれぞれ………100はくだらぬ妹を持っておるっ…………!
 最近では………高等部にばかりを集中させるのもどうかと思い……大学部も手にした……
 ほんの眼鏡っ娘ほどだが…………転ばぬ先のなんとやらだ…………!
 常にリスクの分散は怠らないっ…………!」
 ざわ…
          ざわ…
「白薔薇さまっ…!」   「白薔薇さまっ…!」 ワー
   「白薔薇さまっ…!」 ワー 「白薔薇さまっ…!」
  ワー  「白薔薇さまっ…!」 ワー
「バカがっ……!」
 ビクッ
「足らんわっ…まるで…!!
 私は……もっともっと……欲しいんじゃっ………!
 妹を…!姉を…!恋人を………!邁進せよっ………!
 掻き集めるんじゃっ…!世界中の百合をっ…!
 人間の欲望はつまるところ百合につきるっ…………!
 それを牛耳る薔薇さまこそ…………王っ…!
 築くんだっ………!王国をっ……!」

647 :イラストに騙された名無しさん:03/08/11 00:25
祥子「まあ、祐麒さん」
祐麒「あの、えっと」
祥子「こんな所で奇遇ね」
 そうだよ「奇遇」だったよ、って、おい。

どうやらおびきだされてナイスキャッチされたのはわしらの方らしいぞ!

648 :555:03/08/11 22:36
祐巳「待ってよ、何で逃げるの」
瞳子「別に、ただ貴女とは話したくないだけですよ」
祐巳「そう冷たくしないでよ」
瞳子「いえ…」
祐巳「どう、最近なんか面白い事あった?ねぇ、どうなの?ねぇ〜( ´∀`)σ)´д`)」
瞳子「やめてください!」


649 :ドラゴンボール:03/08/11 23:21
由乃「よしの!!!」
祐巳「ゆみ!!!」
志摩子「しまこ!!!」
令「れい!!!」
祥子「さちこ!!!」

「みんなそろって」

「リリアン山百合会!!!」


乃梨子「・・・・・・・」





650 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 00:29
聖「さあて、私も卒業の時だぜ
  さらばだ薔薇姉妹! また会おう!!」

※本来のセリフは「ごきげんよう」である。

651 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 06:33
>>650
渋いね・・・わざわざORIONから持ってくるあたり渋い。
俺もあれ大好きだ。

652 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 17:31
瞳子「勝った!レイニーブルー 『完』」

祐巳「ほお……で、誰がこの祐巳の代わりをつとめるんだ?」

653 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 18:02
マリみての起源は韓国

654 :可南子の奇病な冒険:03/08/12 22:07
YUMIさまはあまりにも可愛くわたしにはとてもかなわぬ
だから忠誠を誓った………
男ッ! てめえを絶っ………対にぶっ殺すッ くたばれ男オ――ッ!!

 ヒ ョ イ   ガ ン

にゃにィ――っ!! しまったーっハズレたぁーッ猫につまずいたァーっ なんで猫が出てくるんだァーっ!!
由乃「おっ!ランチじゃねーか 拾い食いなんかしやがってイヤシイ猫だぜ!」
ゲェーッ あ…あの場所はッ! 花寺学院だァ――ッ
あああ! ま…まさか! うそだろお――っ
このままだと花寺に飛び込んじまうぜ――っ
花寺に落ちたら! わたしはもうおしまいだッ! サレちまうッ!
誰か止めてくれーッヒェーッ!!
あっ! 瞳子だ!
やったッ! この軌道だと瞳子にあたって止まるぜ!ラッキーッ

 ス カ !

ニャニィ――ッ
しまった! あんまりアワてていたので瞳子をシカトする能力をうっかり使ってしまった!

655 :可南子の奇病な冒険:03/08/12 22:13
うおわあ――っ やった赤いオープンカーがあらわれたッ!このままだと車体にぶつかるッ!助かったッ!
バスにぶつかってくれれば! 運転手が……わたしを不思議がって抜こうとするだろうッ! そしたら心をのっとってやる!!
運転手の心をのっとって男に反撃開始だーっ
ドス!
ゲ――ッ男がのっていた――ッ

ガ ズ ! ド ゴ ! ガ ツ ン ド ゴ ッ

なにィ――ッ ま…まて待て!あばれるなッ!落ちつけーっわたしィィーっ
そ…そうだ! わたしの心をのっとってやるッ!

バ ギ バ ギ バ ギ バ ギ

ギャーッ 心を乗っとるのが…間にあわねーっ
ヒエエエエエエ! 助けてくれーっ

656 :655:03/08/12 22:17
やっチッたァーッ!
バスって何だよ…承太郎に右か左か聞いてくるYO

657 :戯言シリーズ・ヒトクイマジカル:03/08/12 23:49
一人で二人、二人で一人。
一人が二人、二人が一人。
最百合師弟の紅薔薇姉妹。
姉と妹は同じ学園で時を過ごしている。
秘められた(姉妹)関係を、過ごしている。
秘められた(肉体)関係を、過ごしている。
彼女はマリアさまで彼女もマリアさまだ。
二人で一人、一人で二人。
二人が一人、一人が二人。
(肉体)関係にバれた痕(後)はない。
(姉妹)関係に貼られた、跡(籍)が二つ。
 ロサキネンシス      ロサキネンシスアンブゥトン
《紅薔薇》の祥子に、《紅薔薇の蕾》の祐巳。
同じ学園に対極の性質場。
姉と妹の、対局の立 場。
姉の顏は放蕩無頼の超御嬢様。
彼女は臨む。
世界の裏の裏まで圧倒的に君臨する。
妹の顏は荒唐無稽のたぬき顔。
彼女は生かす。
人間を表の表まで圧倒的に生存させる。
姉妹というにはあまりに似合っていない妹。
姉妹というにはあまりに似合っていない姉。
スールというにはあまりに似合い過ぎた姉妹。
ガチ百合指定の紅薔薇姉妹。


この百合をまつ(祭&奉&祀)った物語に、なぜか序章は必ずある。
それでよければ、始めよう。

658 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 02:08
>>655
可南子必死だな(禿藁

659 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 05:24
そういえば、ガチ百合って表現、誰が最初に使ったんだっけ?

660 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 09:58
>>659
俺はマンガ王の解説だと思う

661 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 10:04
「姉貴ィィィィィィイィィィイィィィィィィィィィィィィィ


 本当に…姉貴………ううっ
 そのとおりだったんだね
 『いったんロザリオを交わしたら
  真っ暗闇だろうと包帯グルグル巻きだろうとも
  決して「妹」は…………………………見失わないと』
 オレに言った事は!!

 あ…姉貴
 ギリギリのところで櫓にしがみついてた…………
 あんな眩暈起こすほどの重症の高所恐怖症じゃあ
 も…もうどうしようもないッ!

 一生の付き合いになると悟るのも時間の問題だ

 だのに姉貴はオレの為に恐怖を克服してくれた…

 何があろうとも姉妹の絆は絶対なんだね姉貴
 オレたちはもう百合を貫くしかないんだねッ!

662 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 10:07
 ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ギョロ

 わかったよ祥子姉ィ!!
 姉貴の覚悟が!
 「言葉」でなく「心」で理解できた!

 抱き締めるって思った時は姉貴ッ!

 メリ メリ メリ メリィ

 すでに行動は終わっているんだね

 ゴキン

 フゥゥーー…・・
 初めて………………人前で抱き合っちまったァ〜〜〜〜♪

 でも想像してたよりなんて事はないな

 そしてオレに向かって「祐麒」だなんて言えるヤツは
 もう これで誰ひとりいねーからな…」

663 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 10:12
>>661-662
ヤバイ、オモシロスギ

664 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 12:28
攻めより受け、それがこの小笠原祥子の人生哲学
モンクあっか!

665 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 03:40
こんなマリみてが嫌だスレがもうすぐ1000逝くんだが
向こうの住人をこっちに誘導してきてもいい?





質が下がりそうではあるけれど

666 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 04:13
>>665
私は一向に構わんッ!

667 :そんな訳で:03/08/14 04:34
難民板
マリアさまがみてるネタ・パロ総合スレ

ネタ・パロディは基本的に何でも有りですがエロパロはエロパロスレでやるが吉。
元ネタが分かり辛い場合メール欄に書いとくと素敵。

2chマリみて関連スレッドリンク
http://dempa.2ch.net/prj/page/marimite/

暫定テンプレ案
補足有ればよろ

668 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 05:19
こんなマリみてが嫌だスレの次スレが立った。
ノリと勢いでガンガン進行させたい人はこちらへ。
マリアさまがみてるネタ・パロ総合スレ ※難民板
http://that.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1060804352/l50

669 :重複扱いされるより統合のがいいか…人少ないんだし:03/08/14 08:02
「つまりこういうことか?」
『我々はおまえを受け入れない限り先へは進めない……』
「Exactly(そのとおりでございます)」

670 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 09:42
白薔薇「私は姉様を守るための『盾』となる!」
      
     武技言語開始

     我は無敵なり
     我が百合技にかなうもの無し
     我が愛撫は無敵なり!

     リリアン流伝統芸百合門死殺技   二点攻め!


聖「志摩子・・・・・・強くなったね。」

671 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 13:45
「合意と見てよろしいですね!?」



ウルチ様がみてる

672 :イラストに騙された名無しさん:03/08/15 01:09
祥子「おい!! ”ロザリオ”持って来い"ロザリオ”!! "姉妹”にしちゃうよぉ!?」

673 :イラストに騙された名無しさん:03/08/15 01:13
!?

674 :山崎 渉:03/08/15 22:02
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

675 :山崎 渉:03/08/15 22:50
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

676 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 00:09
加奈子「今から昼食の時間を変更して男を滅ぼす。 奴らは許せぬ!!」
祐巳 「花寺生徒会に怒るのはわかるが、なんで男を滅ぼすんだ?」
加奈子「何い? てめえは何も知らんのじゃよ。おカマ野郎は校門で待ち伏せするし…
    花寺生徒会は男の末端組織に違えねえ。そしてそして、ギンナン王子のバック
    というのも男じゃよーーーー」
祐巳 「お前…  地球上の男が結託して組織だった活動をしているという妄想は
    どうにかならないのか?」

677 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 00:11
「山崎、山崎って。見ていて、あまり気持ちがいいものではなかったわね」
「でも、あちらはお一人ですもの」
「わかっているわ。ただ、不快だって言っただけよ」


678 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 00:24
由乃「>>677さんもそうだけど、そういう消極的な態度、良くないと思うのよね。戦いを挑まれたら受けて立つ。私たちつぼみの妹が気弱になったら、ネタ師さまたちが力一杯戦えるわけないでしょ」
祐巳「あ、はい」
 よくわからないうちに、お説教されてしまった。

679 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 02:08
山崎「住人ったら冷たいのねぇ。山崎、悲しいわ」
 ぺったりコピペすると、住人は、
住人「やめてくださいよ」
 削除依頼版に飛んで、山崎をアク禁にした

680 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 12:46
>>679
不覚にも笑ってしまった

681 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 21:33
蓉子「お逃げください! 栞様」
聖 「な!なんだあーッ!この女はッ!」
蓉子「栞様!わたくしには事情はよくわかりませぬがあなたの身をいつも案じておりまする!
   それがわたくしの生きがい!お逃げください!早く!」
聖 「こ…このアマあ!はなせ!なに考えてんだあ!」
栞 「よく言ってくれたベイビー!おめーの気持ち!ありがたくうけとって生きのびるぜ!」
                       フォーエバー
栞 「逃げるのはおめーを愛しているからだぜベイビー 永遠にな!」

682 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 23:27
ネタ考えてたんだけど、あまりにも性格が酷似してたんであきらめた。

福沢祐巳=森村あゆみ
「リリアンへ行く船」

683 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 23:38
吠えろペン

長 沢「私か!?」
ひびき「お前だ!!」
長 沢「………すまん。もし私がやると…!!
   いや言いづらいんだが……」
ひびき「なんだ、言って見ろ!」
長 沢「全力でやるぞ!!」
ひびき「当たり前だっ!!」
長 沢「お前のより……面白くなっちゃうぞっ!!」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−!

長 沢「……」
ひびき「……」
長 沢「フ……」
ひびき「フフッ……」
長 沢「ウフフフフフフ!!」
ひびき「グワハハハハハハハハ!!」

ひびき「そうはいかん!
   いくら長沢智!きさまでも…………
   私を超えることは残念ながら不可能!!!
   マリみては私の作品だからな!!」

長 沢「いやっ、私にならできる!
   その後自信を失ってひびき玲音!!お前がもう挿し絵ができなくなる…
   それが逆に心配だ!!」

684 :由乃さん@更科柚子:03/08/17 00:09
由乃「朝の光に まばゆく輝く長い髪 ふんわり波打つ栗毛色」

ううむ

由乃「こーして髪をほどいたまま自然になびかせていると
    実に華やか… 天使よ 天使!
    …が一旦 きっちりとおさげに結わえたが最後
    何故にこーも地味になるのだろう
    フシギだ」

685 :イラストに騙された名無しさん:03/08/17 02:16
「一年生の皆さん。まずは、入学おめでとう」

挨拶はいいから、さっさと終わらせてくれないものだろうか。

「いらっしゃいませっ………
 リリアン女学園へようこそっ………!
 当校は受験敗け組も仏像マニアでも誰でもウェルカムっ……!!」

こ……こいつっ……!

686 :イラストに騙された名無しさん:03/08/17 21:38
>>683
ひびき「殺しやがった―――っ!!」

…挿絵じゃ殺せないか


687 :イラストに騙された名無しさん:03/08/18 00:20
乃梨子「これを」
志摩子「???」
瞳子「乃梨子は仏像が大好きなのです。
    特にその仏像は乃梨子のお気に入り。
    乃梨子の心をぜひ、受け取ってください」
志摩子「う、う───ん」

688 :ろさきね来訪者:03/08/18 08:57
祥子「失礼!少し、おたずねしたいのですが…」
祥子「コスモス文庫の新刊みかけませんでしたか?」
店員「知らないねぇ…」
カッ(祥子ふら〜っしゅ!
祥子「あのですねぇ。店内もろくすっぽごらんにならないで知らないとはどういうことですかねェ」
祥子「いいですか… 耳が真っ赤で見にくいでしょうけど、もう一度よーく見てください」
店員「あ…、は、はいッコスモス文庫ですねッ」


アリガトゴザイマース

689 :ろさきね来訪者:03/08/18 09:13
蓉子「ロサキネンシス!」           清子さま
蓉子「リリアン女学園に住む小笠原祥子を小母さまが種の改良をおこないわたしが観賞用に訓練したのだッ!」
ドギャーーーーー
蓉子「強靭な意志と高度な知能に加え!残忍な性格を身につけているッ」
蓉子「祥子を訓練中、ちょいとこいつにじゃれつかれさわられただけで わたしの顔面はごらんのとおりメロメロさ!」
蓉子「しかしカワイイやつよ…」
祐巳「あ…、悪魔だわッ!」

690 :ろさきね来訪者:03/08/18 09:25
「祐巳」の触覚に におってきた!彼女の大好きな『におい』がッ!
            ’’                   ’ ’ ’
蓉子「食えっ!祥子!ヤツを食うことを許可するッ!」

691 :イラストに騙された名無しさん:03/08/18 23:10
魔李身帝(マリみて)……
その発祥は古代中国において、李吏暗(リリアン)と呼ばれる牢獄に何人もの罪人を押し込み、櫓坐李麻(ロザリオ)と呼ばれる十字型の剣で殺し合いをさせる処刑方法である。ただ一人生き残った者は馬羅(バラ)と呼ばれ、無罪放免となった。
これが『マリアさまがみてる』のモチーフとなったのは言うまでもない。

民明書房刊『世界の拷問・処刑 志摩子さんズセレクション』

692 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 11:11
>>691
男塾?

693 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 11:33
「<FONT size="+6">わたしがリリアン女学園ロサキネンシス、小笠原祥子でェあるッッ!!</FONT>」
ドォォォォオオオオオオオンッ

FONTタブは気分だけでも味わってもらおうかとw

694 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 12:05
>693
えーと、これも男塾かな?
できればJOJOネタ以外は名前欄かメール欄に元ネタキボンヌ。

695 :黒人知事:03/08/19 12:20
祐巳「なんだか知らねーけどよ あんたは小狸顔で天然のわたしに対して『タイが曲がっていてよ』って言ってくれた。
    あんたに借りを作っちまったな わたしの名は福沢祐巳 名前を聞かせてくれよ」
祥子「祥子 小笠原祥子 ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンと呼んでくれ」

696 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 14:06
志摩子さん争奪戦

聖「ねえ、祥子。
  ・・・・・・・
  志摩子のこと…」
祥子「…えっ?」

聖「志摩子のこと…、…好き?」
祥子「・・・・・・・・・・・」

聖「私は、私は好きだよ。志摩子のこと」
祥子「今更おっしゃることでもないと思いますが。
 ですが、白薔薇さまの口からお聞きしたのは今日が初めてですわね」

聖「口にして言わなかったのは、なんだかずるい気がしたから。
 私は、ちゃんと言ったよ。
 だから…、祥子もちゃんと言ってほしい」
祥子「私は…、私は志摩子のこと好きでも何でもありませんわ。
 そんなことより、もうじき始業チャイムが鳴りますわよ」
聖「あっ。
 ・・・祥子、ありがとう」

─────そして授業を放っぽり出して
志摩子さん拉致に成功するロサギガンティア

祥子「あの方らしいわね」

697 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 22:47
かわいいリボン付けた だから見て欲しい
勝負リボンは 貴女堕とすリボンだもん
ねぇ 美冬のリボンはね 大人用
イチゴ模様のリボンだから 子供に見られちゃう
姉妹の行方は リボンが握ってる
最後の砦 すぐには取らないで
ああ 白も黄色も 赤も黒も 水玉 ストライプ
リボンだもん

「だってリボンだもんっ!」

698 :ネスト様がみてる:03/08/20 22:10
「ごきげんよう」
「ごきげんよう」
 さわやかな朝の挨拶が、濁りきった空にこだまする。
 地下複合都市ビーハイブに集うカラスたちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、ネットワークに飛び込んでいく。
 恐れを知らない心身を包むのは、鋼鉄の装甲。
 自分の存在を悟られぬように、そして一切痕跡を残さぬように、ゆっくりと接続するのがここでのたしなみ。もちろん、依頼の内容を覗かれるなどといった、間の抜けた者など存在していようはずもない。
 レイヴンズネスト。
 地球暦百十年創立のこの機関は、もとは百年計画のためにつくられたという、伝統ある秘密主義の依頼斡旋ネットワークである。
 アイザックシティ郊外。地上の面影を未だに残している自然の多いこの地区で、電子端末に見守られ、新人からプロフェッショナルまであらゆるレイヴンが登録される渡り鳥の巣。
 時代は移り変わり、運営がクローム社から独立するまでになった今日でさえ、報酬さえ払えばどのような依頼でも必ず遂行するレイヴンが鉄の箱入りで出荷される、という仕組みが未だ残っている貴重な機関である。

 彼女――、福沢祐巳もそんな平凡なレイヴンの一人だった。

699 :イラストに騙された名無しさん:03/08/20 22:54
 わかるぞー>>698
 
瞳子「まだわからないの祐巳様! やりすぎたのよ! イレギュラーなのよあなたは!」

 こんな感じか? 元の正確な台詞失念。

700 :イラストに騙された名無しさん:03/08/20 23:11
ランカーAC「ロサ・ギガンティア」です

701 :イラストに騙された名無しさん:03/08/21 03:04
マリア様が見てる −マスターオブリリアン−

702 :イラストに騙された名無しさん:03/08/21 03:06
マリア様がみてる -プロジェクト ロサ・カニーナ-

703 :イラストに騙された名無しさん:03/08/21 06:13
マリア様がみてる2 -アナザースール-

704 :イラストに騙された名無しさん:03/08/21 10:50
正確にはこうだね。

祥子「まさか祐麒さんまで尾けるとはね。でもこれで終わりよ。
    まだ分からなくて? ストーカーなのよ。やり過ぎたのです、あなたはね!」

705 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 03:30
マリア様がみてる   パラダイス・リリアン

706 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 04:58
マリア様がみてる  ファントム・キネンシス
マリア様がみてる  薔薇潮流
マリア様がみてる  リリアンクルセイダーズ
マリア様がみてる  お姉さまは砕けない
マリア様がみてる  ロザリオの旋風
マリア様がみてる  スールオーシャン


707 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 09:01
とりあえず「リリアンクルセイダーズ」は実在するんだが(笑)

708 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 09:13
\500くらいのやつな。
ちょっと、買うか迷ったw

709 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 18:23
ジョナサン=蓉子       ディオ=聖
ジョセフ=祥子
承太郎=裕巳
丈助=瞳子
ジョルノ=志摩子
ジョリーン=裕麒

710 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 18:34
蔦子「ちくしょう! こんなことを信じろというのか………
   正気の沙汰じゃあね―― こっこんなこと!」


 ジ ャ ン !

ついに見つけたぞ 令! 志摩子! 由乃! 乃梨子!
チクショー! 小笠原家の別荘からどんどん遠ざかっているじゃあねーか! スカタンどもメ――ッ
蔦子はドロドロに思いました

お姉さまのカタキだ――ッ
真美もブリブリ思いました

でも蔦子 別荘地でカメラを使うことを考えてはいけません
さあ! 蔦子! 由乃の鼻の穴に指をつっこみーの!
アーンド! くすぐりーのするとォ!
 や っ た ー ッ   血 を 流 し て 気 絶 だ ッ !
ラッキー蔦子! 取材のチャンス到来だーッ


蔦子「……取材のチャンス到来というのはわかったが……
   由乃のハナに指をつっこめば血を流して気絶だとお〜〜ッ!?
   なんじゃあ! これはァ! ええ真美さんよッ」


711 :イラストに騙された名無しさん:03/08/22 19:54
祐巳「当事者としてひとつ教えてくんない?
   栞って誰
   あんたの何」
聖 「そいつぁ難しい質問だ
   あたしも他の連中同様、昔話は苦手なんだけどねぇ
   ま、引き込んだ手前話さない訳にもいかないやね
   云っとくがハズかしいぞ」
祐巳「か――〜結構ですなぁ」
聖 「あれはあたしがまだ何も知らないネンネだった頃の話さ」
祐巳「ほほう ネンネだったか!」
聖 「その日は恐ろしく春だった…」
祐巳「ネンネか! そりゃまたどんな感じにネンネか!」


712 :幕張1:03/08/22 23:01
聖「おっぱいが見たいの!! おっぱいが見たいの!! おっぱいが見たいんだ〜」
江利子「……」
聖「え、江利子頼むわ……私に今すぐおっぱいをワンペアー見せてくれ」
江利子「はい」
聖「誰が貴様の使用済みのおっぱいを見せろと言った!!」
江利子「見せろといったり見せるなといったり訳のわからない奴だ」
聖「だ、か、ら!!」

聖「一年生のおっぱいが見たいの!!」
江利子「ナメてんのかボケ!! そんなもん三年生の九割がそう思ってるのよ!! 見たくて見られるようなもんなら、とっくに私が整理券貰ってるわよ!! 薔薇というのは見たい、もみたい、吸い付きたいの三原則を常に我慢して生きなければならないのよ!!」
聖「違う〜そんなことはわかってるのよ!! 今の私はピーク時の三倍は見たくなってるのよ!! 今おっぱいを見られなければ、神父になって時間を一周させてしまうかもしれん……ガクガクブルブル」
江利子「それじゃ、祐巳ちゃんに一肌脱いでもらいましょう。今こそ主人公としての役目を果たしてもらう時だわ」

713 :幕張2:03/08/22 23:01
江利子「祐巳ちゃん、こんなとこでさぼってんじゃねーよ」
祐巳「だって、誰も仕事してないじゃないですか」
江利子「それより聖がえらいことになってるのよ。地球を救えるのは祐巳ちゃんしかいないわ」
祐巳「なんですか、それ」

江利子「聖、祐巳ちゃんを連れてきたわよ」
聖「よー祐巳ちゃん」
祐巳「な、なんですか?」
聖「 乳 見 せ な 」

 バキャッ!!

祐巳「次は殺しますよ、白薔薇さま」
江利子「鼻に思いっきり…」
聖「いい拳持ってんじゃん、世界狙うかい……」
江利子「祐巳ちゃん行っちゃったわよ」
聖「ぜったいにあの女のおっぱいを見てやる」

聖「いやがる祐巳ちゃんのおっぱいを無理矢理にでも拝見してやる!!」
江利子(嫌がる祐巳ちゃんのおっぱいを無理矢理に)
聖「江利子? どうしたの?」
江利子「ぜったいに祐巳ちゃんのおっぱいを見てやろうじゃない、聖!!」
聖「江利子、やっとわかってくれたのね!!」

江利子は『嫌がる一年生を無理矢理に』というシチュエーションが大好きだった。

714 :くろふね:03/08/22 23:43
スールになてくださーい
スールになてくださいよー、もうー、誠意見せてくださいよー
ねえ…!もう
なに…!もう
こ、この、ツインテール!
何それ、武器?
何それ、何の意味があるの?!
何を表現しようとしてるの、あなたは… 怒り?悲しみ?喜び?喜怒哀楽?

ohなしのつぶてですかぁ…?
教室行ったら銀杏の下行け
銀杏の下行ったら桜の下行け
桜の下行ったら、わぁ弁当食ってる!なにそれ!!

ねぇ、そっちのはじっこに座ってるひと、そ、そう、あなた
あなたどう思うの?シンデレラ派?姉B派?
ねぇ…ちょっと、喋ってよ
ねぇ…もう
さっきから黙って、もう、喋ってよぉ…
シカト?シカトですか!?

じゃぁ、わたしはあなた方がそうやってわたしをシカトする様を
シカト見守ることにします…

715 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 01:26
一年生遊奉(いちねんせいあそびたてまつる)!
現実は祐巳!!
だけど瞳子こそ主役!!
ドリル・オブ・マツダイラー!!

716 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 22:10
>714
リリアンのひと みんな親切
でもそれ うその親切
リリアンのひと みんなロザリオ
でもそれ うそのロザリオ

717 :イラストに騙された名無しさん:03/08/24 00:27
http://13cm.product.co.jp/game/demo/pb/prinop_s.lzh
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/6684/kashi/pb_kashi.html

You shall be my subject! You shall be my subject!
Tell me my subject what can I do for you (can I do for you?)

今から胸ドキドキ 薔薇の館の前
カメラなんかせっせっせっせ 仕舞ってる場合じゃないって
撮影欲メラメラ 待ってるだけじゃ駄目だって
勇気を出してclick! click! 小さな小さな大盗撮

撮影の進度どれほど ここの学校はノーガード
好感度は フォトカード 一世何度も大撮影
暗室は一人の愛ランド これでリード Photgrapher road.
私にはEarly? それでもこのさい 祐巳さん!

お見通しよ山百合会のbooby trap 齧るなら甘いforbidden fruit
勝手に覗くわレンズよレンズ 隠し撮りでキャラ作りtake a photo!

718 :イラストに騙された名無しさん:03/08/24 00:27
乙女のPride カメラちゃんのspectacles
seeing watching feeling hearing
looking eavesdropping!

秘密に触れるよ もう震えない
朝も昼も夜も ずっと撮影会

潜むよ真美さん 音がしないくらい
stealing sneaking stalking hiding
peeping shotting heroine!

こっちを向いてよ そっと収めるから
朝も昼も夜もカメラ抱きしめて!

719 :ゴゴゴゴゴゴ:03/08/25 23:28
祐巳「は、花寺の男の中に… おお… な、なんてことだ
    い…いかァんッ!ああ 大変なことに!絶対にまずい!」
祥子「フフフフフフフ」
祐巳「究極のお嬢様とは… あらゆる性別の… 全ての能力を身につけ 全ての生命を兼ねる
    そして あの! 美しい! なんという輝き! 今まで見たなによりもすばらしい…」
祥子「あの”男”をついに… ついに……克服したぞ!」
祐巳「お、お姉さまは無敵になった! 弱点はもうお姉さまにはない! おそらくヲタクもお姉さまにはきかないッ!
    ガチ百合! リアルやおい!誰も倒せない!」
祐巳『究極お嬢様(アルティメットシィング)ロサ・キネンシスの誕生だッーーっ』
祥子「フン!」
キュイイイイィィイイン

720 :イラストに騙された名無しさん:03/08/25 23:40
Q1「あなたの名前はなんですか?」
A1「佐藤聖」

Q2「お仕事は?」
A2「主に祐巳ちゃんへのセクハラ」

Q3「セクハラする時、気持ち良くはないのですか?」
A3「正直、めちゃくちゃ気持ちいい。一度抜いた」

Q4「嫌いな人は誰ですか?」
A4「ギンナン王子」

Q5「本当ですか?」
A5「はい」

Q6「本当の事を言って下さい」
A6「2年の時の担任」

Q7「それはどうしてですか?」
A7「成績が落ちた次の日、私と栞の仲を裂いたから」

Q8「それはどうしてですか?」
A8「たぶん嫌がらせ」


721 :イラストに騙された名無しさん:03/08/25 23:41
Q9「祐巳さんをどう思いますか?」
A9「声も顔もカラダも可愛い」

Q10「ロサ・カニーナをどう思いますか?」
A10「どっちかというと、祐巳ちゃんか志摩子にキスしたかった」

Q11「須賀星という偽物がいますが」
A11「意味わかんない」

Q12「一番苦手な生徒は?」
A12「瞳子ちゃん」

Q13「それはどうしてですか?」
A13「いや・・・誰でもあれはヒク」

Q14「ロサ・フェイダに一言」
A14「あなただけ百合じゃないぞ」




722 :イラストに騙された名無しさん:03/08/25 23:41
Q15「いやな思いでとかありますか?」
A15「前に一度ガチレズだった関係の子がいて、一生一緒にいようと思ったらシスター目指してる子で、一緒に逃避行しようとしたら捨てられた」

Q16「誰にですか?」
A16「栞」

Q17「それはどうしてですか?」
A17「たぶんお互いを傷つけないため」

Q18「長かった髪を切ってしまいましたが、それから何か変わったことは?」
A18「おやじキャラになった」

Q19「では髪の長さはどのくらいになりましたか?」
A19「君達の肩のあたり」

Q20「でも、その髪をロサ・カニーナが真似をしたという情報もありますが」
A20「えっ!!??」



723 :イラストに騙された名無しさん:03/08/26 02:09
>>720-722
盛大に誤爆ってましたね。ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
あっちのスレでも指摘されてましたが、
×:ロサ・フェイダ
○:ロサ・フェティダ

724 :イラストに騙された名無しさん:03/08/26 17:41


725 :イラストに騙された名無しさん:03/08/26 17:55
おやおや、連続投稿規制にかかったみたいですね(・∀・)ニヤニヤ

726 :イラストに騙された名無しさん:03/08/26 19:23
蔦子 「この親しげっぷりはすごい!
    実はほんとに姉妹なのかな?
    偶然キャッチしたにしちゃ上出来だね」
祐巳 「…新聞部に流すの?」
蔦子 「新聞部に?何で私が…?
    私は自分の趣味で撮影しただけよ。
    新聞部から依頼は受けてないし、私は特派員でもない。
    祐巳さん!私は写真部のエース武嶋蔦子なのだよ?
    隣の部室で芸能レポーターの真似事をしている
    三奈子さまのごときの仲間ではない。
    記事集めなど奴の二流の部員たちで十分だよ。
    私は少女たちの美しくも無防備な姿を隠し撮りするのが
    
    “全て”だ!!!」 

727 :イラストに騙された名無しさん:03/08/27 22:33
三鷹の土地にそびえ立つ
我が学び舎はでっかいぞ!(リリアン!)
姉妹にあこがれ数年目
今日からここでお勉強
山百合!薔薇様!最高〜
カラーも羽ばたきたい感じ
リリアン女学園

728 :イラストに騙された名無しさん:03/08/28 11:49
モエモエ(・∀・)キュンキュン

729 :723=725:03/08/28 20:21
 しかし、今や>>721さまが自分勝手にボンポン誤っているのを聞くのが気持ちいい、というヘンタイさんに成り下がった私である。
 あはれ、これぞ夏厨に鍛えられた効果なりけり。

730 :イラストに騙された名無しさん:03/08/28 21:25
聖    「私は卒業してもリリアンだぜ
     時々顔も出す」
在校生 「えっ、そうなの!?(驚&厭)」
聖    「なんだてめェらイヤなのか!あァ!?」
志摩子 「いえ別に…」

731 :第4部:03/08/28 23:34
祥子「つぅ」
祥子「いきなりドア開けたんだ〜〜っ
    ロザリオが肺に刺さってるかもしれない 死にそうだァ〜〜
    は…、早く妹になってくれぇェ〜〜」
祐巳「早く…?
    早く『妹になれ』って祥子さまがなんでわたしに『妹になれ』って頼むんだ?
    ほ〜〜っ このわたしが『お嬢様』に見えるってわけか?おまえ
    このどっから誰が見ても『たぬき顔』にしか見えねぇ このわたしに
    なぜ『妹になってくれ』と頼む?
    このナリだと薔薇の館にも入れねえ〜〜んで苦労してるっつーのに…
    てめーはこのわたしがシンデレラ役を外してくれる『藁しべ』にでも見えたって
    そーいうわけか?あ?
    ひっかかりやがって てめーはわたしの『タイを直した』のを忘れてたな
    つまり てめーが『ヒステリー』で
    『相討ち』になったんだ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

732 :イラストに騙された名無しさん:03/08/30 12:39
 藤堂志摩子が犬を飼いたいと思ったのは、女性であるならば、表立っては決して認めたくない潜在的欲求の影響だった。
 彼女は、愛情を注ぐ対象が欲しくなっていた。
 姉妹に対するそれを失った訳ではない。
 もともと、彼女と乃梨子の関係は通常の姉妹と呼ばれるようなものではなかった。乃梨子は普通の妹という人種が姉に求めているもの以上の何かを彼女に要求していた。それはおそらく、普通の女性であれば耐え切れぬほどの重圧となっただろう。
 が、つぼみの頃から姉に対して保護者的な役割を演じてきた志摩子にとっては、慣れ親しんだ常態に過ぎなかった。乃梨子の姉となり、恋人となり、妹となり、母親となることについて、彼女は何の疑問も持たなかったし、今もそれは変わらない。


733 :イラストに騙された名無しさん:03/08/30 12:41
 つぼみたちの成長は、彼女に全く異なる影響を与えた。祐巳は世間に流布した平凡な女子高生に関する偏見を体現したような学生として育った。そんな彼女が、なぜ紅薔薇のつぼみを志したのか志摩子には解らなかった。
 けれども、祥子と別荘地から一緒に帰ってきた祐巳は、全く違う行動を取るようになったのだった。無論、志摩子はそれを喜んだけれども、内心のどこかで、何か、喪失感を味わったことは否定できなかった。ある意味で、志摩子は自分が育てるべき最後の妹を失ったのだった。
 それでも、聖が学校にいる間は、まだ良かった。しかし、聖が卒業して以来、志摩子の無意識下にある喪失感は堪え難いまでに膨らんでいった。白百合会の日常も、それを埋めてはくれなかった。
 おそらくは満足すべき妹の乃梨子は、愛し、まもるべき存在ではあったが、育てるべき対象ではなかった。

 藤堂志摩子には、犬が必要だった。


734 :イラストに騙された名無しさん:03/08/30 13:20
儀式です。
最近は儀式のことばっかり考えてます。と言っても儀式したいわけじゃなくて、
例えば夕方に窓の外を覗くと寂しそうにうつむき加減の木の枝を弄びながらひとりで下校中の
幼いツインテールのおとなしそうな小さい高校1年生の幼い美少女が
いつそこらへんの人に儀式されるか心配で心配でたまらなくなってだって
そんなの儀式するに決まってる!あんなに幼くて可愛くて小さくて幼いんだもん
ワタシはそんなのしたくない、そんなの可哀想だひどい、心の触れ合いが大事なのに…
っていつも思っているっていうのはただ単に
自分が少しでもマトモな人間ぶりたいだけの低能である証拠にどうだワタシは!
あの幼いツインテールのおとなしそうな小さい高校1年生の幼い美少女が儀式される、
違う!それはワタシだ!ワタシは、ワタシは

735 :第5部:03/08/31 00:18
聖 「あれ、祐巳ちゃん、これなーに?」

ジャラァァ〜〜ッ

聖 「うむ、本物じゃ
   このロザリオひとつだけでリリアン女学園の生徒は7〜8千万で買うじゃろう
   祐巳ちゃん… おまえがどうやってこのロザリオを手に入れたかを聞くのはやめよう……
   組織(山百合会)としては『ロザリオ』を見せてもらえば それで文句はないのだからな……」
蓉子「あれ!もっ… もう しまっちゃうの?」
由乃「ちょ… ちょっと さわらしてもらえます? ニオイだけでも…」
聖 「この『ロザリオ』が示す事実はッ!!……
   その者に しかるべき『百合』と『萌え』があったという証!
   おめでとうッ!祐巳ちゃんッ! 君を『山百合会』の地位に昇進させようッ!!」
蔦子「や… やった……祐巳さんッ
    山百合会だ!! ついに祐巳さんが山百合会に入ったぞッ!」    

736 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 02:19
祥子「山百合会、紅薔薇やらせてもらってる祥子だけど。今日もガンガンブッこんでいくのでごきげんよう!!」
『ごきげんよう!!』
由乃「ウッホーイ!! 山百合会のー黄薔薇のつぼみの由乃だけど!! 好きな言葉は『イケイケ青信号!!』ごきげんよう!!」
『ごきげんよう!!』
乃梨子「山百合会、白薔薇のつぼみの乃梨子だけど。この前、薫子さんに『尊敬してる人って誰』って聞かれたけど、無視しました!! バカヤロー!! 貴方に決まってるでしょう!! ごきげんよう!!」
『ごきげんよう!!』
志摩子「山百合会、白薔薇の志摩子だけど。お寺の娘でありながらリリアンに通っている私に一言!! あかんあかん!! 貴方なんてDondokodonのツッコミよ!! ごきげんよう!!」
『ごきげんよう!!
令「山百合会黄薔薇、令ー!! すいませんが〜剣道部入ってもいいから仲直りしてくれませんか〜ごきげんよう!!」
『ごきげんよう!!』
祐巳「山百合会、紅薔薇のつぼみ、祐巳!! 私、朝寝坊してスカートを翻しながら全力疾走して、お姉さまに『はしたないわよ』と注意されて、タイを直されるのが好き!! ごきげんよう!!」

737 :736:03/08/31 02:23
元ネタ、数取団。
令=スモウライダーなら、関取団=卒業生だろうか。

738 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 02:28
>令=スモウライダー
お人よしで損してそうだが、
個性のきつい相方のフォローをさせたら右に出るものが居ないからか?

739 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 04:19
だれかハートマン軍曹で書いてみてくれないか。

740 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 08:48
>>739
言葉が棘過ぎるので合わないと思う。

741 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 09:03
>>734
あんな幼いツインテールのおとなしそうな小さい高校1年生の幼い美少女の
お姉さまと叫ぶ声を聞きたくなんかないという自分の葛藤をあざ笑いながら
とんてもなくロザリオを差し出している見てるんだもう何十回何百回と見続けて病まない自分を!

もうイヤだ。

742 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 09:10
1年生ぐらいの色白で髪がツインテールで大人しい、リボン
と百面相の可愛い顔がトレードマークの学校一
の人気者美少女高校生が私の妹で、
なんでこんな私と付き合ってくれるのかな?
って思いながらもせめてこの子に好かれる
優しいお姉さまでいようと思うんです。
だって嫌われたくない。
でも私にはそんなの無理で、無理してるから
しわよせが来て、そしたら
1年生ぐらいの色白で髪がツインテールで大人しい、リボン
と百面相の可愛い顔がトレードマークの学校一
の人気者美少女高校生のいもうとはそれを察してくれて
無理しないで甘えていいんだよって言ってくれるんです。
ボクは泣きながら胸に抱かれて眠るんです。
すごく、何一ついやなことのない、完璧な幸せがそこにあるんです。

743 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 15:35
>>736
これいい!

744 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 22:47
>>739

「ところで、祐巳。今後私は祐巳に『祥子さま』と呼ばれても、返事をしないことに決めましたから」
「祥子さまぁ」
「口でクソたれる前と後に『サー』と言え!分かったかウジ虫!」

やめときゃよかった…

745 :マリア様がみてる龍騎:03/08/31 22:59
令「由乃、今日のデートはどっちの…?」
由乃「令ちゃん、私、やっぱり田沼とは決着つけてやんなきゃいけないと思うのよ」
令「でも由乃、今の体じゃ…」
由乃「勝ち負けの問題じゃないよ。奴が剣道部員になった事には多少なりとも責任があるワケだし
    ロザリオ、出してくれる?」
令「由乃…やっぱり無理じゃない…」
由乃「行かせてよ…お姉さま。このままじゃ私、何か一つシミを残していく感じで…嫌なんだよね。

  それにしても今日は天気が悪いね…

  令ちゃんの顔が…見えないよ…」

746 :イラストに騙された名無しさん:03/08/31 23:12
祥子「私はセクハラから女生徒を守る為に紅薔薇さまのつぼみになったの
    その為だけに戦うつもりだったし、これからも…」
聖「すばらしい」
祥子「けど、あなただけは許せないと思う。
    戦わなきゃいけないと思う」
蓉子「あなたには無理よ」
祥子「お姉さま!でも私は…」
蓉子「セクハラが許せないから戦うんじゃない。薔薇さまだから戦う、それでいい」
聖「お前は相変わらず話が早い。いいだろう、一対一で…」

蓉子「変身!」
聖「変身!」

蓉子「【ソードベント】薔薇さま圧力ランサー」
聖「【ストライクベント】失恋髪切りピンチ」
蓉子「くっ、【ナスティベント】しつこい小言」
聖「甘い!…私の勝ちみたいだね」
蓉子「何の!」
ガキィン!
蓉子「【ファイナルベント】紅薔薇斬」
聖「くっ…【ファイナルベント】シザースギガンティア」

聖「ふん…これで邪魔者が一人減ったな。さて、祐巳ちゃんを…」
バリン!
聖「な…ロザリオが!? ばかな、契約が…
  や、やめろボルカニーナ! 私は栞と…
  離せ! 私は…絶対に…生き残…」

ピー…(X指定)

747 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 00:37
>>745
その展開だったら・・由乃・・・・

748 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 03:13
>747
田沼ちさとの運命は大きく変わりそう。
(相手が相手だし)
そして、ボルカニーナと契約して
文字どおりピー…される聖さまワロタ。

749 :マリア様がみてる - 13 MARIAR -:03/09/01 23:13
仮面マリアー龍騎:福沢祐巳
契約スール:ドラグキネンシサー
愛嬌のあるタヌキ顔が特徴のリリアン女学生。
人を護るために仮面マリアーとなったが、その性格ゆえ致命傷のまま戦い続け、死亡。

仮面マリアーナイト:支倉令
契約スール:コスモスフェティダー
剣道部主将。従妹を護るために戦っていたが、その対象がいなくなってしまい途方にくれるも
戦いに勝ち残って従妹を蘇らせる事を決意。最終決戦でオーディンのファイナルベントを食らい死亡。

仮面マリアーシザース:蟹名静
契約スール:ボルカニーナ
聖に近付くために戦う一途な歌姫。選挙で破れた腹いせにナイトに襲い掛かり
ファイナルベントの撃ち合いでロザリオを破壊され契約スールに食われて死亡。

仮面マリアーゾルダ:佐藤聖
契約スール:マグナギガンティア
悪徳生徒会長。修道院に入った恋人を引きずり出すためにマグナギガンティアと契約しマリアーとなった。
恋人との実録レズ小説の出版がバレて脱落するも、ロザリオを志摩子に託して二代目ゾルダを襲名させ、死亡。

仮面マリアーライア:水野蓉子
契約スール:ネックダイバー
マリアー同士の戦いをやめさせるためにバトルに参加。
ちょくちょく他人の話に首を突っ込んだりしていたが、メインの話が回ってこないうちに死亡。

750 :マリア様がみてる - 13 MARIAR -:03/09/01 23:14
仮面マリアーガイ:島津由乃
契約スール:イケルゲラス
従姉が戦っているのを見て自分もやりたくなったらしく、仮面マリアーとなって戦いに参加した。
猪突猛進いけいけGOGOな性格がたたって、瞳子に盾にされて死亡。

仮面マリアー王蛇:松平瞳子
契約スール:ベノジョユーカー・ネックダイバー・イケルゲラス
トラブル起こすのが大好きなはた迷惑な仮面マリアー。策略と実力で次々とライバルを脱落させている。
由乃から奪ったファイナルベント・ドリルプレッシャーを得意とするも、柏木家のお茶の間で毒殺され死亡。

仮面マリアータイガ:鳥居江利子
契約スール:ヤマノベワイルダー
面白い思いをするためにマリアーとなった女。
恋人ができてバトルどころじゃなくなったので脱落したが、契約した熊に食われて腹上死、死亡。

仮面マリアーインペラー:小笠原祥子
契約スール:オガゼール・ガガゼール・サガゼール・ワガゼール・ラガゼール
大企業のお嬢様だが、社会勉強を兼ねて戦いに参加。瞳子に仲違いをした祐巳の事を告げられ
動揺した隙にロザリオを破壊され、現実世界に戻ることなく向こうの世界に引き篭もったまま塵となり死亡。

仮面マリアーオルタナティブ:福沢祐麒
契約スール:カイチョローグ
唯一男性の変身する、擬似マリアー。花寺生徒会の面々を率い戦いを終わらせるために奮闘するが
協力していたはずの江利子に背後からファイナルベントを食らわされ、死亡。

仮面マリアーオーディン:今野緒雪
契約スール:ヒビキフェニックス
いろいろ不明。

751 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 00:41
面白いけど、原作の人物相関盛り込んでほしかったなあ。

752 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 01:45
こっちにも立ててくれたみたいです。

今野緒雪 『マリア様がみてる』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1062275546/


753 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 02:10
宣伝すんな

754 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 02:14
激しくワロタw

755 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 09:29
聖「栞!…栞!来てくれ……来てくれ!来てくれ……来てくれぇっ!!栞!栞ぃっ!!」

 電車の切符を手に、駅のホームで願う白薔薇のつぼみ。

聖「来てくれぇ!栞!栞!栞ぃぃぃぃっ!…栞!来てくれ…来てくれよ…
  私は帰らなくちゃいけないんだ二人の世界に!」

 やがて最後の電車が発車し始める。

聖「嫌だ……嫌だぁっ!来てくれ……来てぇぇぇ!」

 後には一人残される聖。

聖「なんでこうなるんだよ……私は……私はぁ……あなたのそばにいたかっただけなのに………………」



756 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 10:58
隆起ネタ
キタ―――!!!

757 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 12:56
そのシーンの前で、瀕死の聖さまにベノクラッシュ叩きこんだのは誰カナ?

758 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 13:56
たぶん蓉子

759 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 14:20
 聖 「みんなよけろ。かなこだけはゆるせない。」
可奈子「へん、ばかめが。やれるものならやってみろ!
    おまえがくらえ!」
アリス「ぐわーっ」
祐 巳「なんてやつだ!」

760 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 16:15
たのしい女学園

761 :ゴーゴーV:03/09/02 17:36
タイの乱れていた祐巳は祥子のタイ直しによって、紅薔薇のつぼみとして生まれ変わるのである。
つぼみとなった祐巳は天然ボケに磨きがかかり、一万倍の百面相を誇る。

762 :マリア様が見てるKanon:03/09/02 18:17
聖「本当に、これでお別れなのか…」
栞「…ええ」
聖「ずっと、この街にいることはできないのか?」
栞「…ええ」
聖「そうか…」
栞「…ええ」
聖「だったら、せめて、最後の願いを言ってからにしてくれ」
栞「……」
聖「約束したから。3つだけ願いを叶えるって…
  だから、せめて…私に、最後の願いを叶えさせてくれ…」
栞「そう…ね…」
栞が、人形を抱きしめて、僅かに悲しそうな表情を見せる。
だけど、それも一瞬のことだった。
栞の表情が、いつも通りの、本当にいつも通りの笑顔にかわる。
栞「それでは、私の最後のお願いです…聖…私のこと…私のこと、忘れてください
  …私なんて、最初からいなかったんだって…そう…思ってください…」

763 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 19:28
>>762
あゆなのにしおり

764 :夢十夜:03/09/02 19:34
こんな夢を見た。
雪の降る森に座っていると、仰向けに寝た女が静かな声でもう死にますという。
自分も確かにこれは死ぬなと思った。
女はまたこういった。
「死んだら埋めてください。十六歳のあなたの心と一緒に。
 そして森をいばらで閉ざしてください。また逢いにきますから。
 五十年待っててください。リリアンで五十年待っててください。
 きっと逢いに来ますから」
自分はただ待っていると答えた。
すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れてきた。
静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。
長い睫の間から涙が頬へ垂れた。―――もう死んでいた。
自分はそれから森に女を埋めた。十六歳の自分の心と一緒に。
そして森をいばらで閉ざし、リリアンで五十年の時を待ち続けた。
日が東から出た、やがて西に落ちた。一つと自分は勘定した。
しばらくするとまた日が昇ってきた。そうして黙って沈んでしまった。二つとまた勘定した。
自分はこういう風に一つ二つと勘定して行くうちに、赤い日をいくつ見たか分からない。
勘定しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日が頭の上を通り越して行った。
それでも五十年がまだ来ない。しまいには自分は女に騙されたのではなかろうかと思い出した。
ある雨の日、リリアンの古い温室で寄り添って眠る二人の女生徒を見つけた。
それは、女と十六歳の自分だった。
「五十年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。

765 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 20:23
漱石キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* しかもウマー

766 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 20:24
なんか太宰風東鳩スレ思い出した

767 :ピンポン:03/09/02 22:07
ちさと「どうして貴方なのよっ! 私は努力したわっ!!貴方の10倍、いや100倍1000倍したわっ!なのに・・・」
由乃「それは貴方が令ちゃんの従姉妹じゃないからだよ」


768 :ゴーゴーファイブ:03/09/03 01:14
可南子「自分の操を懸けて姉を助けたいのか?愚かな。姉妹などと俗っぽい物にそんな価値などない」
祐巳「……まるで解ってねぇようだな。お嬢ちゃんよ」
可南子「お、お嬢ちゃん!?」
祐巳「姉妹だから助けたいんじゃ、操を懸けるんじゃねぇ。それだけじゃねぇんだ!! リリアンを守るために
一緒に戦ってきた仲間だからだ!! 楽しいこと……苦しいこと……嬉しいこと……悲しいこと……どんなときも、いっしょにぶつかって味わってきた仲間だからだ!! それが解らねえ可南子ちゃん、お前には姉妹も居なければ仲間もいねぇっつーことだ!!」
可南子「ぐっ!!」
祐巳「あら? 図星だったかな? お嬢ちゃんよ」
可南子「ほざけ紅薔薇のつぼみが!!」

769 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 03:13
>>764
思わず保存しますた。
すげー・・・。

770 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 11:25
志摩子「今度の山百合会役員選挙・・・

この藤堂志摩子も立候補しようと思う!!」

771 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 20:26
マリア様がみてる〜愛・姉妹〜
マリア様がみてる〜めぐりあい薔薇〜

772 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 21:02
>>759だけよくわからん…

773 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 21:04
>>772
仮面(かめん)ライダー(らいだー)龍騎(りゅうき)

774 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 21:38
マリア様が見てる〜リリアンの中の戦争〜
マリア様が見てる〜逆襲の黄薔薇〜

775 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 22:58
>>749,750
ファム、リュウガ、ベルデがいないな・・・?

776 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 23:36
漱石ウマー
すげえ。

777 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 01:29
>>775
劇場版だし…
敢えてあてはめれば
ファム:真美(冷凍保存中の姉は美奈子)
リュウガ:オルタナティブに柏木ブチこんで祐麒をスライド
ベルデ:…乃梨子?蔦子?可奈子?

778 :幕張:03/09/04 15:16
令「祥子、悪いけど、今日から一人で帰ってちょうだい」
祥子「なんで」
令「由乃が一緒に帰りたいっていうから」
祥子(こ、この女……完璧に勝ち誇ってやがる)

祥子「なによそのデュエルガンダムを見るような目は!!」
令「痛い痛いよ祥子くん。お詫びにこの金で『百合姉妹』でも買って充実した妄想ライフを過ごしなさい」

779 :ヒトクイりりかる・:03/09/04 20:34
スールになる方法は大きく分けて二つあり、
  一つは「妹の気持ちを獲得する」、
もう一つは「他の姉候補を排除する」です。
 姉妹には表と裏があるというお話です。


        F
        r
        o
        m
      NISI◯IZIИ

780 :ヒトクイりりかる・・:03/09/04 20:39
スールになる方法は大きく分けて二つあり、
  一つは「ロザリオを強奪する」、
もう一つは「姉の心の支えと成る」です。
 姉妹には裏の裏まであるというお話です。


        F
        r
        o
        m
      NISI◯IZIИ

781 :マリみて龍騎:03/09/04 23:42
マリアさまがみてる

『薔薇のつぼみ達が』

最終回

『あと三日のうちに妹を作らなければ』

先行映画化

『彼女達はリリアンを退学になる』

愛する者のために戦い合う

由乃「甘いね……死ぬよ? 令ちゃん」

マリみての結末

782 :マリみて龍騎:03/09/04 23:43
祐巳「お姉さまを守るためだけに妹になればいいじゃない!!」

乃梨子「今の私に迷いはない。相手が誰であろうと、妹にする」

可南子「祐巳さまはそのままでなければいけないのよ!!」

蔦子「戦えばいいじゃないで。いい写真が撮れるまでね」

今野「おまえ達の欲望がマリみてを作ったのだ」

映画だけの新たなる妹たち

瞳子「あの女はノーマルじゃない」

残された期間はあと三日

命ある限り愛しあい、壮絶に散る

劇場版 マリアさまがみてる Episode Final

祐巳「死ぬなよ、瞳子ちゃん」

783 :イラストに騙された名無しさん:03/09/05 00:09
劇場版 マリア様がみてる パラダイス・ロスト

驚異の一万人スール部隊出現!「山百合会のロザリオ」をめぐる姉妹の物語。

784 :イラストに騙された名無しさん:03/09/05 00:23
>>783

>>361もチェックしときな。

785 :イラストに騙された名無しさん:03/09/05 09:53
レイニーブルー中
祥子「ここまで拒絶すれば、祐巳も私を悪党だと信じるでしょう。
  うっとォしかったのよねぇ。あの甘ちゃんの目……」
聖 「……」 
祥子「これで瞳子ちゃんを側に置けば…
  あのお人好しも私の正体にようやく気づくでしょうよ。
  私が最悪のお姉さまだってねェ」

聖 「けけ… けけけ けけ…」
祥子「何がおかしいんですの」
聖 「なーんだ祥子よ…なんのコトはねぇ…
  おめえは祐巳ちゃんの目に耐えられなかっただけじゃねえか。
  けけけっ」
祥子「…」
聖 「そんな目で見ないで。私はそんなに良いお姉さまじゃない。
  そんなんじゃない……ってな。
  けけっけっけっ。けけえ、けっけっけ、けけっけ」
祥子「………」
聖 「笑わせるぜ。ロサ・キネンシスとやらのくせによォ」 

祥子「だまれええ!!」
ドカドカドカドカ!!!!!
聖 「ひゃははは。紅薔薇さまが怒りやがった」
祥子「だまれだまれだまれだまれだまれだまれーーっ!!!!」

聖 「私にゃ聞こえるぜえ。おまえの中からの声がな。
  祐巳ぃ、あなたの目が、重荷なのよォってな。
  祐巳ちゃんが本当のおまえを知らないのが…お嬢様でもつれーかよ!」
祥子「お嬢様じゃない!!!私はお嬢様なんかじゃない!!!!」

786 :すごいよサチコさん:03/09/06 19:05
瞳子「私は高等部1年生…縦ロール 頭ドリル子であーる!!」
祐巳「た…縦ロール!?」
由乃「何よその名前はー!?」


全員(でも言われてみればどことなく…)


全員が納得するほど縦ロール頭ドリル子であったという

787 :ゾンビリベンジ:03/09/06 21:21
志摩子
「何かいる!?」

乃梨子
「何?」


「この邪気は…!?」

788 :イラストに騙された名無しさん:03/09/06 23:19
これは聖という女子高生と栞との話である。
この出来事以来聖と栞とは縁が切れてしまったが、
まもなく聖には栞に代わるものができた。
それは祐巳を抱くことで、彼女はかつて栞に熱中したように今はそれに熱中している……

789 :イラストに騙された名無しさん:03/09/06 23:33
どんなに望んでも妹でない私は祐巳さんにはかなわない・・・
かといってどんなに腕を磨いたところで婚約者である柏木さんにはかなわない・・・
男としても女としても、私は祥子さまの一番になれない半端者
「だからこそせめて与えられた任務は完璧に遂行する。愛しい思いをただただ込めて
祥子さまの力になることがこの美冬のすべて! ここは絶対に譲れないわよ!」


・・・だいぶ無理があるな
てかこれだと美冬オカマじゃん(´Д`;)


790 :イラストに騙された名無しさん:03/09/07 00:23
>789
何かと思ったら、るろ剣の鎌足かw

791 :ギンガマン:03/09/07 01:07
『リリアン転生!!』

蓉子『紅薔薇、ヨウコ!!』
祥子『紅薔薇のつぼみ、サチコ!!』
祐巳『紅薔薇のつぼみの妹、ユミ!!』

『リリアンを貫く伝説の薔薇!!』

『山百合会、紅薔薇姉妹!!』

792 :カレイドスター:03/09/07 09:35
祐巳「さてさてさて、みんなはかわいい妹っている?
胸がキュンってなっちゃうの
タイを直したりデートしたりキャ〜
いつか私も素敵な妹が欲しい、しい、しい、し…あれお姉様、何泣いてるんですか?」

793 :イラストに騙された名無しさん:03/09/07 13:03
     /_/__/_/_|_ | | |. | | |  紅薔薇のつぼみともあろう者が…
     (]_|_|_|__ | |ーi. || |||  どういうわけか…
    /   /\ヘ\丁┴、| ゝ| | ||.|  妹に困っていましてね…
  /    ヘ\    //l\/ゝ| ||.|   このままじゃ逆立ちしたって
  |/|/V|_ゝl|_lK∠___\/ゝ.|| |   シンデレラの役を降りることなんて
      |::::::::::;;;;;;;;::::::::::::::  / | lゝ/ゝ| |    出来ねぇんスよ……!
.      |;;;;;;;/  l;;;;;;;;;;;;;;;/ :|:|ーヽ∠ヽ_|
.       | /      /ノ   ||〇| ヽ∠__|  紹介して下さいよっ……!
      //__, -ヽ  / ι  l_ノ    ヽ   妹っ……!
.     / ヽ――――一'     |   |\ \
      フ  /ヽ ≡      ./|   | \ ̄― _ たぬきでも百面相でも……
    ∠―./ | ヽ        / /   |丶. \ ― _ 何でもいいですよオレは……! 
 ― ̄_―/ | ヽ    /   /   |丶丶 \       
   ̄    /  |  |ヽ_/    /    | 丶  ヽ   
            祥子

794 :AA無いや、ていうか車だし:03/09/07 14:50
>793
聖様「降ろへません……!」

795 :イラストに騙された名無しさん:03/09/07 16:41
>>785

good!!

796 :イラストに騙された名無しさん:03/09/07 19:19
瞳子 「ねぇねぇ祐巳さま、紅薔薇さまを『お姉さま』ってお呼びするの、
    どんなお気持ちですの?」
祐巳 「そうね、瞳子さんにはおわかりにならないでしょうね♪」
瞳子 「ふ〜ん…あっ祥子お姉さま〜!」
祐巳 「!!!
     (あンのドリルゥ…よくもこの福沢をコケにしやがったな〜)」



797 :小笠原祥子:03/09/07 21:30
……萌えだわ。祐巳萌え。(;´Д`)ハァハァよ、ほんとに萌え死にそうだわ。
「私の」祐巳すけ(;´Д`)ハァハァ。
まずタヌキ顔。もうタヌキ顔なんてものじゃなくってよ。超タヌキ顔だわ。
タヌキ顔といっても 「ちょっと愛くるしいくらい?」 とか、もう、そういうレベルじゃなくってよ。
何しろ百面相。スゴイわ! とても無表情な顔とは縁がないの。
唯一の欠点は落ち着きがないぐらい。お姉さま病だし。 本当に愛い奴なの。
しかも安来節は玄人はだしですし。ほんとうよ、やたらと笑えるのよ。
だって普通は女生徒がカゴなんてかぶらないじゃない。だってそんな姿を蔦子さんに激写されてしまったら困るじゃない。
恥ずかしくて次の日から学園を歩けないと困るでしょう?
「紅薔薇姉妹の面汚し」とか言われて、一年のときはそんなに目立たなかったのに、三年のときは学園中から村八分とか泣くでしょう?
だから普通ではとてもそこまでできないわ。
けれど私の祐巳はすごい。そんなのは気にしないの。上達がとにかく早いの。そこら辺の凡百の芸人の安来節よりずっと深い趣がある。巧すぎだわ。

798 :小笠原祥子:03/09/07 21:31
安来節が玄人級って言ったけど、もしかしたら人を和ませる才能もプロ級かもしれないわ。でもプロ級って事にすると
「じゃあ、久々にこの聖さまがイタズラしちゃおうかなv」
って事になるし、それは私が許さない。まずいわ。お姉さまの私にもつなぎ止めておけないなんて凄すぎる。
それから、むやみに姉想い。約1ミス・シンデレラ。志摩子で言うと272ギンナン。姉想いすぎるわ。
私が引きこもりから覚める暇もなくお姉さまと家に来る。愛してるわ。
それに今すぐタイを直したい。ほんの少し乱れているだけだけれど。それにひどくうっかり屋。平気でキラキラ明日乱とか言う本を学校に持ってくる。キラキラ明日乱って。なんでそんな本を持ってるのよ、祐巳。
なんと言っても祐巳はお嬢さま度が低い。素手でハンバーガーとか平気だし。
私なんてハンバーガーでもわざわざナイフとフォークを使って食べていたくらいだから慣れてなくて笑われてしまったり、店員に唖然とされたり、高慢にトレイもとらずに座席に行っちゃったりするのに、
祐巳は全く平気。ハンバーガーを素手で食べるものとして扱っている。凄い。さすがだわ。
とにかくあなたたち、祐巳の可愛さをもっと知るべきだと思います。
そんな可愛い祐巳の姉になった私はとても幸せよ。ずっと一緒にいてね。……「あなたが、好きなの」。

799 :イラストに騙された名無しさん:03/09/07 21:35
>207を祥子さま風味にしてみました。
祥子さまが(;´Д`)ハァハァなんてなさるはずはないですけど、そこはご愛嬌で。

ちなみにキラキラ明日乱というのは
ttp://www.vt.sakura.ne.jp/~ccc/marimite.html←これね。

800 :花の慶次:03/09/07 22:49
祐巳「あ、あの人は!!」

祐巳「志摩子さん!!」

聖「ふ・・・」

志摩子らしいな。
聖はそう思った。
志摩子は、当然のように聖の通る道を察して
悠然と待っているのである。

祐巳(志摩子さんが、聖さまに別れを!?)

蔦子「白薔薇姉妹はええなあ」

祐巳「え?さっきからただ一緒にいるだけじゃない」

蔦子「ううん」

なんも喋らんでもうちにはわかる・・・
二人は心の中でいっぱい話をしてはるわ・・・

801 :ネタスレの割に福本が少ないな…:03/09/08 03:11
                , -─- .、
        _,/ ,;;    '' \    志摩子を妹にするんだっ…!
        \ \ ,;      ,, ヽ
        ,イ,.へ、 ヽ、         |  長い間…
      ,ノ//-、// ヽ、 ヽ、    ;!  私はこのスール制度ってやつが
      ノ i/、.7/ r‐ 、| |ヽ、 @ 、./  苦手だった…
.   /   lし'/. ヽ。 ル' ∠=、ゝ、!   なんか…
 /   ,.H'´ 〜 r   く・-イ┘ `   (栞に対する)かるーい裏切りのような
 ‐r‐''"´ :|.! u r= 、 `   〈 r'´      気がして……
. │    |! ,. `ヾミ: 、 Yゝ
  ト、   ::\  ' ,   `''<._      しかし…… もうそんな…
.   ヽ\ :::::::\  '  ,  /      ひっかかり… こだわりからも
    \ヽ、 ::/,> 、 /\       飛び立たなきゃいけない…
l|  .;:  \'V/  |l`´ \ \
.!|     //!;リ|`\ ||  ;:   \冫、    いけないんだ…!
      聖様

802 :それじゃあ続けて福本ネタ:03/09/08 21:34
      ./                      \
       /                         ヽ 一体「誰」を「いつまで」
.     /                八        \ 待つつもりだ・・・・・・?
.       |        /V八/| || |ヽ |‐-‐))'´|,|ヽ    ヘ
     |        |`‐- ノ_|/ ヽl |/`‐-/‐'´ | /〃ヘ\ こんな薄暗いホームで
     |       |::`‐-、_ `‐-、_     /::/ |/  バレバレな家出少女のなりをして
     |     |, | ノ     `‐-、_|||  ||:::/   |
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓ 半ば眠ったような意識で
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|  鬱々とベンチに座って
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/ :::::: ..\ :::iillllllllllノ   「待つ」・・・・・・?
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ ::::::::::::::; |:iillllllllノ
     |.  \_.l |::::    ̄ ̄ ̄   :::::::::::::::::; | ̄   |   冗談だろ・・・・・・?
.   ./|     N::::::::::  __,ノ (::::_::::::::::::; |   |
  ./::: |    /: :|:::::::::/              ‐┘ヽ | そういうのを無為っていうんだ
 / :::::: |.  ./:: ::|::::/:   (二二二二二二二二) ,|  そんなことをしても
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::        __     |  放置されるだけの話だろ・・・
: : :::::::::::::|.../:::    ::\::::       ::::::::    |    クズがっ・・・・・・!
::::::::::::::::::|\       ::\ l  l  l l l l l l  |:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       :::::\_______|::::::::::::::::栞に捨てられたのは
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::  おまえなんだよ・・・・・・!
             先々代白薔薇さま

803 :いけないユミ先生:03/09/08 21:53
祥子様は男嫌い
 ↓
結婚できない
 ↓
人生の落伍者
 ↓
オバ厨
 ↓
押しかけ
 ↓
逮捕
 ↓
死刑

祐巳「ガ〜ン」

804 :イラストに騙された名無しさん:03/09/08 23:13
「私、思い切って可南子さんに質問をぶつけてみたんです。
 紅薔薇のつぼみの妹になるんですか、って」
「うんうん」
それからどうした、と真美さんが促したところ、ルーキーはフッと冷ややかに笑った。
「一笑にふされてしまいましたわ。こんな風に」
「ど、どういうこと?」
「『そんな俗っぽい野望は持っていない。両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!
  貴様は厳しい私を嫌う。だが憎めば、それだけ学ぶ。
  私は厳しいが公平だ。品種差別は許さん。
  紅薔薇、黄薔薇、白薔薇を、私は見下さん。
  すべて―――
           . .
  平等に価値がない!』
 と」


805 :おまえの顔を見たら嫌になる!現代美術の醜さだ! :03/09/08 23:19
わたくしが訓練教官の小笠原祥子紅薔薇のつぼみである
話しかけられたとき以外は口を開くな
口でクソたれる前と後に“お姉さま”と言え
分かったか、ウジ虫ども!
(Sir,Yes Sir)
ふざけるな! 大声だせ! ロザリオ落としたか!
(Sir,Yes Sir!)
貴様ら雌豚どもがわたくしの訓練に生き残れたら―――
各人が薔薇さまとなる マリア様に祈りを捧げるリリアンの司祭だ
その日まではウジ虫だ! 地球上で最下等の生命体だ

貴様らは人間ではない
銀杏並木のギンナンをかき集めた値打ちしかない!

貴様らは厳しいわたくしを嫌う
だが憎めば、それだけ学ぶ
わたくしは厳しいが公平だ 姉妹差別は許さん
百面相豚、貧弱豚、ギンナン豚を、俺は見下さん
すべて―――
         . .
平等に価値がない!

わたくしの使命は役立たずを刈り取ることだ
愛する山百合会の害虫を!

分かったか、ウジ虫!
(Sir,Yes Sir)
ふざけるな! 大声だせ!
(Sir,Yes Sir!)

806 :805:03/09/08 23:24
>>804
ケコーン・・・

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

807 :804:03/09/08 23:29
待て。
時間見て、俺のがあってから805かと思ってたら

どういう偶然だこれは
おまいさん、俺の運命の人か

808 :805:03/09/08 23:35
六分遅れの双子なのでしょう・・・

ごきげんよう。お姉さま。


809 :これまでかぶったらマジ姉妹だ。:03/09/08 23:57
地上で最強の武器は―――

姉妹だ・・・ 彼女のロザリオだ

リリアンで生き残りたいと思うならガチ百合本能を研ぎ澄ますことだ
ロザリオは道具にすぎん
姉妹宣言は鉄の心臓がやる


810 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 01:37
>>805
本ネタ知らんが、イエスサーの使い方間違ってる…

811 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 06:57
懲りずにまた立ててくれたみたい

今野緒雪 マリア様が見ている
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1062757812/


812 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 07:03
今野「あははは、見ろ。新しい話が始まったぞ」
今野「だがまだまだだ」
今野「ほら、書いているだろ。見えるだろ」
今野「ガリガリと書いてゆくぞ」
今野「見ろ、白紙の画面が埋まってゆくぞ」
今野「信じられるか。今、さっき思いついたような書き出しだぞ」
今野「これでいいのか、俺は。俺は何処の誰とも分からない視点で書き始めてるんだぞ

今野「しかも大事な薔薇様が、この話では死んだところから始まるんだぞ」
今野「くおぉ・・」
今野「ほら、死んだ!」
今野「妹まで死んだぁっ!」
今野「うおお、すごい・・・」
今野「ほら、姉と妹が寄り添うように倒れている。前の薔薇様はどこにいった?」
今野「そうか、今回の主人公かっ!」
今野「誰だか分からないと思ったら、そんなところに隠れていたのかぁっ!」
今野「あんな目立つ薔薇様が妹を刺殺したのかっ!」
今野「見ろ、血も涙もないっ!」
今野「ぶっすりと刺さっているぞっ!」
今野「苦しげに歪んだ表情のすぐ下に刺さっているっ!」
今野「ぐああぁっ・・・・・・すごい事実だ・・・!」
今野「これでいいのか、俺は!?」
今野「今初めて思いついた出だしで人が死んでるんだぞっ!」
今野「いいのかっ!」
今野「とても大切なキャラじゃないのか、それはっ!」
今野「そんなキャラを簡単に消されてしまっていいのかっ!」
今野「それとも先代薔薇様はキ○○イなのかっ!?」
今野「違うだろっ!」
今野「狂ったふりして、普通だろっ!」

813 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 07:03
今野「そんな薔薇様が主人公なんだぞっ!」
今野「そんな薔薇様が原稿を埋めつくしてしまっているんだぞっ!」
今野「これ以上ない冒涜だっ!」
今野「近頃引き籠もりがちな生活もそれを助長しているっ!」
今野「いつものような原稿がなかなか進まない事実が俺を錯乱させているっ!」
今野「いいのかっ!」
今野「それでいいのかっ!」
今野「何が悲しくて俺はこのような下らない話を書き始めているっ!」
今野「悔しくないのかっ!」
今野「惨めじゃないのかっ!」
今野「ぐああぁっ・・・!」
今野「うぐあぁっ・・・すごいぃ・・・!」
今野「詰まったぁっ!」
今野「俺は詰まったぁぁっっ!」
今野「なぜなら構成が適当過ぎたからだぁっ!」
今野「俺の思いつきはなんて使えないいんだぁっ!」
今野「ほらあっ!」
今野「無理に続けると、自分の張った伏線が回収出来ずに詰まっているっ!」
今野「消そうとすると、書いた文章が名残惜しそうに絡んでくるっ!」
今野「どうすりゃいいんだ、俺はっ!」
今野「こうやって今まで書いた文を消して一から練り直すしかないだろうっ!」

814 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 15:12
>>810 ↓元ネタ

ttp://www.hcn.zaq.ne.jp/ganso/neta/sergeant02.htm

815 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 15:23
>812-813
ワロタ。乱暴な口調だが実は良心的なんじゃないのか高槻w

816 :死刑執行中:03/09/09 20:10
こ・・・
ここの土・・・
ここのところだけ・・・・・・
しめってて柔らかいぞ
掘れるどんどん掘れるぞ!
みつけてやるチャンスだ!
ガッガ 
カードを見つけるぞ!
ガッガッガ
プヂイイイイン
おあ!?おあ!?
ボルボルボル
おああーー!?
おあああ
ボルボルボルボル
ボトンボトン
え?え?
ブワン
ギィやああああああ
つ・・・土の中に
ひき肉ミンチマシーンがッ!
私の手が!私の指がァアアア!!
うぎゃあああああああ!!
わ・・・私をだましやがったなッ!



817 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 21:29
>>816
ワラタ

818 :スラムダンク:03/09/09 22:46 ID:JXHRetP0
山百合会入会当時の祐巳は何も持たない娘だった・・・
少なくとも私にはそう思えた
特に美人な訳でもない
礼儀作法もふつう
華やかさという点では
祥子や今年の志摩子などとは比べものにならなかった

案の定 薔薇の館で
何度も何度も祥子に怒られる祐巳を見て
紅薔薇の蕾の妹は とうていムリだと私は言った
・・・高校生にはショックな言葉だ
(悔しくないのか・・・?)
そうではなかった
その日から祥子のため、山百合会のために
一生懸命働く祐巳を見て
祐巳が何も持たない生徒であることに改めて気づいた
あいつは生まれ持ったタヌキ顔と
天然ボケを持っていた

819 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 08:51 ID:aNHgO5Ex
>>818
その割り当てでいくと祥子様が牧さんなんだがw

820 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 18:44 ID:FU9Oo073
>>819
祥子 「蔦子さんのほうが老けていてよ!」
蔦子 「祥子さま!!(ガーン)」
祐巳 (気にしていたのね…でもなんで蔦子さん…?)

821 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 21:29 ID:+kXQ6zxK
大昔オールナイトニッポンというラジオ番組で
たけしが軍団から小説の話をふられてマリみての話を
延々していた。人物描写とか背景についてえらくマニアックな
分析していたっけ、丁度その男〜撮影中の時期だった。
リアルな百合小説をかいてみたいみたいなことを
本気でいってたようだが…


822 :第2部:03/09/11 00:08 ID:XMSdcLCV
祐巳「ヌッ」
   「ヌウ!シンデレラ姫の台本を いつの間に……」
   「フン!こんな小細工ゥ!」
バシイッ
祥子「フハーッ だから姉妹になれっていったのによ」
   「よく見ろ いま渡した台本にはロザリオが挟まってるだろ…」
祐巳「ン…… こいつ〜〜〜〜〜 MMMMMMMOOOOOHHHHHH!!!!」


823 :しつこく第2部:03/09/11 00:30 ID:XMSdcLCV
山百合会!
2003年のリリアン学園!それはすでに薔薇様率いる山百合会が隣丘の花寺学院を併合侵略
戦果をあげていた!まさに花寺夏の陣が勃発しようとしていた年!
山百合会!
この奇妙な集団は もともと自分たち-薔薇たち-がリリアンの中でもっとも進化した生徒との旗印をかかげ
それを根本の戦略とした!
そしてすぐれた生徒は精神世界をも百合的理論的に支配しなければならないとした!
「姉妹制度」!「マリア様信仰」!「ロザリオ授受」!「ガチ百合」!をも武器として拝礼にとり入れようとしたのだった!

ちなみに ロザリオ---十字架は世界各地の遺跡にみられる運命や生命を象徴する魔術の記号からデザインされたものである!(大嘘)

824 :レイニーブルーの祐巳:03/09/11 00:55 ID:qDo4NXUW
ヤバイ。祥子さまヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
祥子さまヤバイ。
まず遊園地キャンセル。もうキャンセルなんてもんじゃない。ドタキャン。
キャンセルとかっても
「デート待ち合わせ20分前くらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無期延期。スゲェ!なんか単位とか無いの。何回とか何?fとかを超越してる。無期だし超長い。
しかも妹に隠し事してるらしい。ヤバイよ、隠し事だよ。
だって普通は妹に隠し事なんてしないじゃん。だって自分の姉妹がだんだん離れてったら困るじゃん。ヴァレンタインとか会話なしとか困るっしょ。
縁遠くなって、妹が一年のときは会話2時間だったのに、二年のときは会話10分とか泣くっしょ。
だから妹に隠し事とかしない。令さまなんてしたくてもできないよ。
けど祥子さまはヤバイ。そんなの気にしない。隠し事しまくり。捨てられたってことにしても問題ないくらいお姉様が遠い。ヤバすぎ。
お姉様に捨てられたっていたけど、もしかしたら捨てられてないかもしんない。でもまだ脈ありって事にすると
「じゃあ、デートキャンセルしてドライブってナニよ?」
って事になるし、それは私にもわからない。ヤバイ。お姉様の気持ちがわからないなんて悲しすぎる。
あと超お姉様が横取りされる予感。約1人。親戚の子らしいんだけど。ヤバイ。悲しすぎ。ロザリオを返す暇もなく取られる。怖い。
それに超学校欠席。病欠じゃないのに。それに超ほったらかし。「祐巳は聞き分けがよくて助かるわ」とか平気で出てくる。聞き分けて。そんなこというお姉様じゃなかったのに…最近は…。
なんといっても祥子さまはわがままが凄い。デートキャンセルとか平気だし。
私なんてキャンセルとかたかだか3、4回言われただけですごく悲しいから枕に顔を埋めて泣いたり、祥子さまの理由を考えてみたり、がんばってあきらめようとするのに、
祥子さまは全然平気。私を妹とは思えない扱いをしてる。凄い。ヤバイ。
とにかくあなたたち、祥子さまのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ祥子さまに一生ついて行くと決めた私とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ……。

825 :ユリマスター:03/09/11 02:28 ID:vTSJ0uAQ
目にとまりたい一心で、わざとタイをゆるめて祥子さまの前を通り過ぎるという、
大胆な行為を実行した一年生がどのような末路をたどったか。
蔦子さんは、まるで舞台中央でスポットライトをあびる主演女優さながらに、朗々と語った。
                          ・
                          ・
                          ・
祥子「たとえばあなたがその昔…幼き頃…捨てられて凍えている仔狸を助けた事があるとしよう…

                  で     も     死     ね     」


一年生「なんでよ キャアアア!」

祥子「私に向かってその汚い口を開かないで
 死ぬ前に教えてあげる
 下心たっぷりの某オヤジ女子高生相手にするぶんには鼠の脳ミソ同士OKよ
 でも相手によっては30mも蹴り飛ばされるの」

一年生「ヒッイイッ…やっ…やめて…」

祥子「もし生きてたら(マリア様に)悔い改めなさい」
                          ・
                          ・
                          ・

祐巳「祥子さま、……怖い」

826 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 06:08 ID:MNIZEeUX
祥子「ならばいまよりあなたは私の妹です、祐巳」

827 :ヘルシング:03/09/11 19:03 ID:9Rob+/UT
祐麒「やあーどうもどうも お待たせしちゃったみたいで」
祥子「それ以上近付くな。
   花寺が一体何の用だ しかも泣く子も黙る柏木優の後継者が!」
祐麒「あぁこれはいけない。ずいぶんと嫌われたものですなぁ
   まずはご挨拶を 生徒会の長をやっております福沢と申します 以後よろしく」
祥子「用件はなんだ!自己紹介など無意味だ!」
祐麒「まぁそう目くじらを立てずに。今日は別に君達と争いに来た訳じゃないんだ」
祥子「信じられるか!!
   おまえ達は重大な機密規約を交わして学園校門前に機関員数名を派遣し
   我々の機関員と接触し会合を図った!
   この私ですら失神する一歩手前だった!忘れたとは言わさない!!」
祐麒「それがどうした」
祥子「! …なんだと!?」
祐麒「こちらがしたてに出ていれば調子に乗りやがる
   レズビアンのクソ雑巾共が一人死のうが一兆人死のうがどうなろうが知ったことか
   我が姉直々の頼み事でなければうす汚い貴様らなどと話をするか
   グダグダぬかさずに話を聞け 山百合会のメス豚共」

828 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 19:43 ID:8nMaanAu
可南子「祐巳様、誘拐されないんですか?」

祐巳「私は誘拐されるんですか?」
可南子「されるかもしれません」
祐巳「そうなの?」
瞳子「何を言いだすかなこいつは・・・」


829 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 19:49 ID:8nMaanAu
可南子「だって家お金持ちだし、ちっこいし」
   「狙われやすそうだと思いません?」
瞳子「まあ・・・そうよね」
きゅっ
可南子「つかまえやすいし」
瞳子「それは・・・」

830 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 19:55 ID:8nMaanAu
祐巳「で でもいざとなったら柏木さんが守ってくれるんです」


バーン
瞳子「柏木さんは撃たれました」
祐巳「えーーつ!!」


831 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 20:00 ID:8nMaanAu
祐巳「じゃあ私はどうすれば・・・」
可南子「うーーん」
   「ドラマみたいに、その天才的な頭脳をいかして」
   「無駄な抵抗をして」
   「殺される」
祐巳「えーーつ!!」

832 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 20:06 ID:8nMaanAu
令「大丈夫、いざとなったら祐巳ちゃんのお姉様が」
祐巳「きゃー助けてー」
祥子「まてーい」
令「きっととんできてくれる」
祐巳「そ そうかな」

833 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 20:11 ID:8nMaanAu
可南子「バーン」
祐巳「ああ!!お姉さまも!!?」


ガイン ガイン
令「大丈夫、はね返した」
可南子 祐巳「うそ」

834 :スラムダンク:03/09/11 20:19 ID:hA15B5+N
祐巳「妹…辞めさせてください…」

祥子「だれでも一度はそう思うものよ…」

祐巳「毎日思っています!!…3年も続けられません」

祥子「……涙を拭いなさい」

祐巳「自分はただドジなだけって陰口たたかれてるのも知ってる…」

祥子「この小笠原祥子が紅薔薇の蕾に就いて半年
   初めて山百合会の中心になれる妹を得たの、それがあなたよ祐巳」

祥子「ドジなだけ?結構じゃない。
   礼儀や作法を身につけさせることはできる…
   でもあなたに天然ボケは身に付けさせられない
   たとえ私がどんな優秀な姉でもね、立派な才能よ」

祥子「あなたが3年になった時、山百合会初の萌えドジっ子紅薔薇−
   私はそんな夢を見ているの…」

祐巳「…!!」

祥子「ん? おかしい? こんな姉が」

祐巳「い…いえ!いいえ!!」

祥子「よろしい 、行きましょうか」

835 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 22:29 ID:BWi16jdO
>834
おかしいわ!(w
山百合会はまさにビッグ・ボケという中心を得るわけでつな…

836 :イラストに騙された名無しさん:03/09/12 03:06 ID:E5kMzPP4
狸じゃない
狸じゃない
本当のことさ


みんなが寝静まった夜 
窓からお姉さまを見ていると
とっても すごいものを見たんだ
薔薇様方は誰も笑いながら
落ち着きがなさ過ぎと言うけど
私は 絶対に絶対に
百面相なんかしてない

常識と言う眼鏡で
私たちの世界は
のぞけやしないのさ
ガチを忘れた 古い山百合会よ


狸じゃない 狸じゃない
素敵な世界
狸じゃない 狸じゃない
現実なのさ
狸じゃない 狸じゃない
不思議な気持ち
狸じゃない 狸じゃない
本当のことさ



837 :ダイレンジャー:03/09/12 21:46 ID:MJZvm/Fw
聖「ガチ百合星、白薔薇社長!!」
江利子「地味星、黄薔薇先生!!」
蓉子「弁護士星、紅薔薇大将!!」

『山百合会三ちゃんズ!!』

838 :ダイレンジャー:03/09/12 21:55 ID:MJZvm/Fw
 リリアンだァァッ! マリみてだァァッ!

 ロザリオよ 舞え 姉妹よ うなれ
 ロサ・キネンシス ロサ・ギガンディア
 ロサ・フェティダ ロサ・カニーナ

 姉妹契約!  キャスト変更!
 泣いてる姉の微笑み見たくて

 姉妹契約! ロザリオ返却!
 燃やし尽くすぜ 嫉妬の炎

 館に輝け 三つの薔薇
 マリみて マリみて
 マリアさまがみてる

 マリアさまがみてる 

839 :サイコりりかる 戯言シリーズ便乗:03/09/13 17:23 ID:NuPOUgrR
 ……そんなことを考えながら玄関のドアを開けると、そこでは見るも奇妙な光景が繰り広げられていた。
リビングのドアの前で家族たちが、まるで部屋の中を覗いているかのような姿勢でドアに張り付いているのである。
皆一様に真剣な表情で、ドアの隙間から部屋の中を窺っている。

「……なにやってんの? みんな」
「あ、祐巳。今ね、中に変な女の人がいるんだよ」祐麒が説明してくれた。
「それでちょっとなんていうのかな――中に入りづらいっていうの?」
「変な女の人? お客様じゃなくって?」

「そうなの! でもすごく格好いいの!」「うん! ほんとにすごいよ」「すっごい美人で」「背が高くて――髪も綺麗なの――」
「脚長くて――」「何ていうかワイルドっぽくて」「すっごく強そう!」「好きにしてって感じ感じ?」「――紅くて――」
「近寄りがたい雰囲気というかオーラというか――」「凛々しいというのか雄々しいというのか、びっとしていて――」

「待って」
 祐巳は一同を止める。
「今誰か《紅くて》って言ったね?」
「うん? 言ったけど、何?」
「――心当たりがある。みんな、ちょっとそこをどいて私を通して」

 途端、皆の目がきらーん! と光る。そして待ってましたとばかり声を合わせて、
「さすが祐巳ちゃんっ! 俺達にできないことを平然とやってのけるっ! そこに痺れる! 憧れるぅ!」
 快哉を叫んだ。
 嫌な家族達だった。

840 :続サイコりりかる:03/09/13 17:26 ID:NuPOUgrR
 祐巳は無視して扉を開ける。
 そこには勿論、お約束。
「――まあ」
 尊大すぎる態度で、ソファーに腰掛けくつろぐリリアン最強のお嬢様、小笠原祥子のお姿があった。
相も変わらず1ミリの狂いもなくリリアンの制服に身をつつみ、全身から威圧感を放っている。
その姿だけで、すでに一個の芸術作品。

「こんなところで会うなんて偶然ね、祐巳」
「――これが偶然だっていうんなら、誰もサイコロなんて振りませんよ……」
「ほほ。それはそうね」
祥子さまは優雅に笑って、そのままの姿勢で跳躍した。テーブルを越えて、そして祐巳の前に着地する。

「ええ。実を言うと祐巳に会いに来たの」
「はあ……いいですけど、座った姿勢のまま跳躍しないでください」
「固いこと言わないの。今更じゃない」
馴れ馴れしげに、祐巳の肩に手を回してくる祥子さま。顔と顔、頬と頬が異様に接近する。そして祥子さまは家族の方を向いて、

「というわけで、ご家族の皆様。少しの間、この花嫁を強奪させてもらいますわね」
「どうぞご自由に」
 皆の声はびしっと揃っていた。
 嫌すぎる家族達だった。

841 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 00:40 ID:xplwlfRm
>>839-840
パロの連鎖コンボがGJ

842 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 05:37 ID:IGIfWgtG
江利子「やっときましたね。おめでとう! この選挙を かちぬいたのは きみたちがはじめてです
志摩子「選挙?
江利子「わたしが つくった そうだいな ストーリーの 選挙です!
由乃「どういうことだ?
江利子「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。 そこで栞をよびだしたのです
令「なに かんがえてんだ!
江利子「栞は 聖をみだし おもしろくしてくれました。 
   だが それもつかのまのこと かのじょにもたいくつしてきました。
祐巳「そこで 選挙‥か?
江利子「そう!そのとうり!! わたしは 静を うちたおす ヒロインが ほしかったのです!
志摩子「なにもかも あんたが かいたすじがきだったわけだ
江利子「なかなか りかいが はやい。 おおくの モノたちが ヒロインになれずに きえていきました。
   しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいが ひっしにいきぬいていく すがたは
   わたしさえも かんどうさせるものがありました。わたしは このかんどうを
   あたえてくれた きみたちにおれいがしたい! どんなのぞみでもかなえてあげましょう
由乃「おまえのために ここまできたんじゃねえ!よくも わたしたちを みんなをおもちゃにしてくれたな!
江利子「それが どうかしましたか?すべては わたしが つくった モノなのです
志摩子「わたしたちは モノじゃない!
江利子「凸に ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとたちだ!
   どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか‥‥
   よろしい しぬまえに 凸のちから とくと めに やきつけておけ!!



843 :4部:03/09/14 09:13 ID:7QctKvzY
背後霊可南子「焼いて・・・ねっ!写真焼いてッ!」
    蔦子「写真ッ!!何の事だッ!私の撮っている写真の事かッ!」
背後霊可南子「焼いて ね?焼き捨てて・・・」
    蔦子「どの写真だ!?」
      「まさか私の撮った写真の中に細川可南子に迫る写真があって
       それを消すのがおまえの目的か!?」
背後霊可南子「いいから全部焼いて」



828-833あずまんが大王ね

844 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 10:33 ID:xCo4Nw2J
>>843
こ、コワイよー(;´Д`)

845 :灰薔薇連盟:03/09/14 10:48 ID:Z214y4M8
聞こえますか、私の名前は小笠原祥子
妹を見つけたの初めてだから嬉しくてドキドキしています
姉妹(スール)は普通の学園生活を無くしてしまうから
最初は寂しかったり不安になったりすると思うけど
私がいつも一緒にいるから、何があってもあなたを守るから

だから、私の最後の希望をあなたに託す事を許して…


私は最初からお姉さまに守られていたんだ
私がお姉さまを救う
妹(プティスール)になるんだ

846 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 12:19 ID:xplwlfRm
なんたるボケっぷり…!
ここまでくるとイヤ味よりその反応のよさにほれぼれとしてしまう
天賦の才……!
祐巳の本質 それはまぎれもなくボケ…!
それも最上級最高峰の資質 天然…!

847 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 21:22 ID:qa/TncG2
         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ 起
         // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     ) こ  革 え
  黄 革    L_ /                /        ヽ し 命  |
  薔 命    / '                '           i た   マ
  薇 が    /                 /              く の   ジ
  だ 許    l           ,ィ/!    /    /l/!,l   /厶, !?
  け さ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  だ れ   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  よ る   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
  ね の  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
  l  は  ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!


848 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 21:40 ID:+0Nq1jMq
                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
        蓉子→ |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
   聖         `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
   ↓      _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,−=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      山百合会就任おめでとう・・・・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|      祐巳          祥子→ /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|      ↓                |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡


849 :最強伝説島津:03/09/15 01:08 ID:shPvuX+X
由乃「あの日… ロザリオを受け取ってしまった……! 私は…唐突に…… 妹になってしまった………! 感動などないっ…!」

850 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 01:11 ID:jcsoLCBv
遊園地行きを延期する
    ↓
祐巳の機嫌が悪くなる
    ↓
優しく別荘へ招待する


祥子「これだっ…! これこれ…!
   切り出せる…! これなら切り出せる…!
   美しい日本語の流れ…展開が… ここにあるっ…!」

851 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 05:39 ID:DiiH7bYt
祐巳「お姉さまを返して お姉さまを返して
   お姉さまを返して 小笠原祥子を返して」

852 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 16:52 ID:vkN5U6mm
志摩子「知ってますか、乃梨子…銀杏を食べると… 恋が実るのよ…!」

乃梨子「は…?」

志摩子「ほら… イチョウの葉って… ハートの形してるでしょ…!」

乃梨子「う… うわ〜〜〜…!
     な…なにを言い出すんだ、志摩子さん…!」

853 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 16:54 ID:vkN5U6mm
     _フ                      ヽ
     フ                       |゛
    ´Z,. ,ィ ,.,.,., ,r'ナノ''v'″'7   /`ソ'-ァ_         |
  <´ `<〃 〃 〃 u ./  ./ u   `>     N
   \  \  i |   /  /〃´`l    〉     .|
    / \  \ U  ./  /〃  .|   / .r'⌒'i   |   言っちゃうか
   / {´\\  |i  .i| ./〃   l  l .|⌒i l   |
.  /  l.   \\|!  .!レ'〃    .!l.   l .|⌒| |   l   そんな事も・・・・・・!
  \  l    \    /     !!l.   l |⌒l l    l
    \ ゝ __o/   ゞo _ ノ〃   l .|_ノ /    l
.     )ミ三|     三=彡´ _u_  リ__ノ     ゝ
.   /   /  .|j   --、 -‐'´,r‐、` |\       \
.  (  .|j /         )  /ヽ,イ] .|  \        \
   ヽ  ./     ==   /ヽ/∧! |   \           \
  _ ) ( __,、    .U_..、ィ´`>´ ,、ヘ/ |     \__        \
  ` ‐┬‐┬ ''T''''T´ | __.ゝ'´,、へ冫 ノ .|     /|::::::″ '' ‐ 、 .._ \
.    └‐┼┬'=,='-〒‐r‐ヾ__ゝ'´u~ .|     / l:::::::::::::::::::::|::|::::::::: ̄
  f . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〜U   .|    /. ,'::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::
.  l  U   J             |    / /::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
  l            ,  ,  i  l   |    / /:::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
_..、-l   l  l  !  '  '  u      |   / ./:::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
:::::::::::l      |j    __ ... 、 --‐ '' ´   /  /:::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
::::::::::::::l __ .. 、 -t‐ ''ヾ,            /  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::    ←志摩子

854 :6部:03/09/15 17:29 ID:wmfF3VFl
 令「あなたのレポートの件だが・・・
   要所要所ピックアップしておきましょう」
瞳子「本当ですか令さま!」
  「ありがとうございま

   ドグシャ

 令「気に入ったよ・・・」
  「君の その手クセの悪さを・・・」
  「いつの間に盗ったのか・・・性悪な本性はなおらない
   だが この才能は否定してはいけない」
  「使わせてもらいましょう・・・・このわたしが
   1年椿組をうろつくわけにはいかないから」
  「志摩子の数珠をこの学園から持ち出させる
   わけにわいかないから・・・」

   ズブズブ




855 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 22:07 ID:shPvuX+X
祥子「甲子園球場で阪神ファンが取り巻きみたいに星野監督に付き添って。優勝優勝って。見ていて、あまり気持ちがいいものではなかったわね」
志摩子「でも、あちらは十八年ぶりの優勝ですし」
祥子「わかっているわ。ただ、不快だって言っただけよ」

856 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 23:18 ID:9emC7utM
祥子さま巨人ファン説。

857 :イラストに騙された名無しさん:03/09/15 23:42 ID:eF7tW48B
「車を用意して。渡辺にはもう任せておけないわ」

858 :つーとっぷ:03/09/16 00:06 ID:s4CdIqJ9
ポンチョの周りを飾るぜフリル
薔薇の館で揺らすはドリル
リリアンR&R(ロックンロール)害悪(ガール)、松平瞳子 参上だぜBeby
ジーンズ姿の祥子お姉さまも最高!

859 :イラストに騙された名無しさん:03/09/16 11:19 ID:TE87Chas
>>845
百ぺん泣いたシーンなので反射で泣きそうなってもた(笑)

860 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 03:18 ID:yARgL8o+
      (⌒\ ノノノノ
       \ヽ ( ゚∋゚)  
可南子 →  (m \/.⌒\
          ノ   / /
         (\ ./ ̄ >
      ミヘ丿 ∩|   l|  ←祐巳
       ヽ_ノゝ _ノ

        
      


   ノノノノ⌒ヽ    ,;⌒⌒i.
  (゚∈゚ )  ミ)  (   ;;;;;)  ________
 /⌒\/|  |      ,,:;;;). | .          |
 ( ミ   \_> ヽ| |/ |;,ノ   | 薔薇の館  |
  ノ  /         ,| /  .,i .|_______|
 ( \/ヽ        | | ,,i; ,, . ,;⌒‖
  \ ) )      | |,,,;.    ;i,  .‖ヽ
  /// ,,,;.     ..,,  . ´ヽ ( . ... ‖丿.,,,
 `ヾ ヽミ ,,,;     ,,   . .. ´ ヽ ..  ‖,,, ..,
 ,   ヽ . ヽ丶 ,   ヽ .   ヽ丶,.ヽ .‖、,,


861 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 09:37 ID:q0cVBHK4
OK、姉ゲット。

          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 流石よね祐巳さん。
   ( ´_ゝ`) /ツタコ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

862 :私のマリアさま:03/09/17 15:42 ID:jB3VeFOw
蔦子「ところでさ 今日は祥子さん来ないの?」
祐巳「来ないよ!女子たちに見つかったらどうすんのさ」
蔦子「そっか そうだよなー
   それに今度こそお前クラスの女子の連中にフクロだしねー」
祐巳「そうよー」
志摩子「…祐巳
    来てるわよ」
ごんっ                                ガターン!
志摩子「それもたくさん」                        ドゴォオオ
女子ら(ああ…お父さんお母さんごめんなさい
    私たちは今…一人の人間を殺めようとしています)
蓉子「なんなの 狭苦しい」                      ああ〜  今はじまるゥウー
祥子「ほら、祐巳またタイが緩んでるわよ」             制裁のォォオオ  フェスティバー

女子(…いたりつくせりかい…) 蔦子「おぉお…」

蓉子「あれ?」                       祭りじゃ…・ 祭りじゃぁああ…
聖 「祐巳どうしたの?」                  祐巳を囲んで…     お祭りじゃぁああ

863 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 15:50 ID:AEd/oZ9p
>>862
すまんがどういう状況なのかさっぱり判らない

864 :スラムダンク:03/09/17 18:20 ID:6AOfC8M7
白き花びら後

聖は髪を切った
意地もプライドも捨てて山百合会に戻ってきたんだ
皆とうちとけるには まだ時間がかかるだろうが
そして2ヶ月(くらい?)のブランクを埋めるのは大変だろうが
いつかリリアンになくてはならない女になると信じてるよ 私は…

蓉子(がんばれよ聖…!!)

パスッ(聖、志摩子と姉妹になる)

蓉子「はいっ…!?」

聖「アプローチあめーよ 祥子」

蓉子(くそ…こいつを並の人間と同じに考えたのがマチガイだ!
   同情なんてするんじゃなかった!!)

江利子「蓉子〜祥子まだ妹できないの〜?」

865 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 19:51 ID:0QeRl2TW
>>862
元ネタはガソガソ連載のメシアか?


866 :イラストに騙された名無しさん:03/09/18 02:20 ID:BkKbjyQJ
>864
なるほど、蓉子さまはメガネくんポジションであったかw

867 :イラストに騙された名無しさん:03/09/18 22:22 ID:8EF7PvCv
祐巳「アハハハ 遊園地 遊園地」
祥子「ほらほらあんまりはしゃがないの」
祐巳「だってお姉様いつもドタキャンドタキャンで
   久しぶりのデートなのですもの
   私 うれしくてうれしくて・・・

   おもわず獣人化!!!!!」
祥子「私も!!!!!」
祐巳「ガルルルル」
祥子「グルルルル」

ガガガガガ ガッ

868 :イラストに騙された名無しさん:03/09/19 00:30 ID:uuwtl6Cr
>867
チクショウ
ワラタ

869 :イラストに騙された名無しさん:03/09/19 14:06 ID:qmUjxWUh
令 「コバルト……発表遅いわね、情報統制してるのかしら…?
   公式ページ更新してくれてもいいのに」
由乃「…………」

令 「あ…由乃、先コスモス文庫の新刊読んでていいよ
   あたしは雑誌の詳細を見てからにするから」
由乃「…………う………うっ、私も……待ってる……よ…
   私も……マーガレット版マリ見てが……
   本屋さんに並ぶのを…いっしょに待つよ……」

令 「そう。ところであんた、最近身体強くなった?」


私―――(福沢祐巳)と祥子さま……そして由乃さんの……『黄薔薇姉妹』は、とても深く傷ついた……。
正確に言えば、
『私たちが待ち望んだ{長沢智版マリみてキャラデザイン}によって、私たち自身は傷つけられた……』

傷の痛みが、深くあらわれてくるのはマーガレットで始まってからなのだろう……
いったい…この『痛み』はどうやって癒せばいいのだろう?
私にはわからない…、このメディア展開が命取りになるのか
さもなくば、いずれ消え去るのだろうか、私にはわからない

870 :じょーすたー:03/09/19 23:09 ID:IUqIlDxM
心配か?>>869
他に まだアニメ版のような 「原作壊し」がいるかもしれないのに……
このスレを去ってしまっていいものかと……


871 :イラストに騙された名無しさん:03/09/20 11:51 ID:XrDDjSRO
黄薔薇 「貴様ら雌豚どもが学園生活に生き残れたら―――各人が“お姉さま”となる。
マリア様に祈りを捧げる百合の伝道師だ。その日までは妹(スール)だ! 地球上で最下等の生命体だ!
貴様らは人間ではない。両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない! 」
令 (あっちがタチ、こっちがネコ?)
黄薔薇 「誰だ! どのクソだ! 紅薔薇(アカ)の手先のおフェラ豚め! ぶっ殺されたいか!? ・・・・・・答え無し?
魔法使いのババアか!」
令 「自分であります、お姉さま!」
黄薔薇 「そっちのクソか・・・・・・正直なのは感心だ。気に入った。妹になって私をファックしていいぞ。(←言いつつ、火を噴くようなボディブロー)
・・・・・・さっさと立て!」
令 「はい、お姉さま!」
黄薔薇 「何故リリアンに入学(はい)った?」
令 「山百合会の一員になるためです、お姉さま!」
黄薔薇 「薔薇志願か。・・・・・・つぼみ(プゥトン)の顔をしろ!」
令 「お姉さま・・・・・・」
黄薔薇 「私の妹(スール)の顔だ! やってみろ!!」(←絶叫)
令 「〜〜〜ッ!!」(←絶叫)
黄薔薇 「ふざけるな! それで薔薇の館に入れるか! 気合を入れろ!!」
令 「〜〜〜〜〜ッッ!!」(←さらに絶叫)
黄薔薇 「萌え度ゼロ。練習しとけ」

872 :イラストに騙された名無しさん:03/09/20 16:51 ID:TcHkKOKM
>871
フルメタルジャケットですか…

873 :イラストに騙された名無しさん:03/09/20 19:38 ID:Bknmikf/
ブワシイイイン
激しい平手打ちの音が銀杏並木に木霊した
祥子「調子に乗るの、おやめになったら!」

柏木「スゴクいい!いいビンタだ!!」
  「手首のスナップといい腰の入れ方といい」
  「こういう元気なビンタをくり出せるんなら
   君の健康状態はまちがいなく、良好だ!」
ぺロリ
祥子「ヒイイッ」

874 :イラストに騙された名無しさん:03/09/21 14:48 ID:weaEi+Dq
聖と栞が別れてから3ヶ月が経とうとしていた…

「聖 お前も早く妹つくれよ
 まだ 昔の妹のこと引きずってんのか?」
「いえ 自分もうふっきれてますから」
「よく言うよ 別れた時は「栞ーーーー!」て泣いてたじゃねーか」
「あの頃は自分も若かったッスから
 妹と別れて泣く姉なんてクズですよ」
「ギャッハッハッハ 聖 お前も言うようになったじゃねーか」

「「ん!」」

「栞…」
「お姉さま♪…」

「栞ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーーー!!!!!」

875 :神聖リリアン王国:03/09/21 15:08 ID:RrA2lH/6
聖「さあ志摩子。今回の作戦は古式ゆかしき伝統のあれで…あのー…あれ?」
志摩子「お姉さま、人と話すときには内容をよく吟味してからにしてください。何ですか、作戦って」
聖「あれじゃよー。わしが乃梨子ちゃんを襲って、そこへお前がかっこよく現われるってやつ」
志摩子「…そんないい役をくれるんですか?まあ、確かにお姉さまなんかが助けに来たら乃梨子は
   さらに怖がりますが…」
聖「ふざけてるときではない」

聖「とにかくわしは乃梨子ちゃんを襲う今回の任務に、命懸けでとりくみます。クアー」
志摩子「……一つ言っておきますが……襲うのに夢中になって、乃梨子を助けに来た私を 刺 さ な い で くださいよ」
聖「(・3・)」
志摩子「返事はどうした!?」

876 :イラストに騙された名無しさん:03/09/21 21:54 ID:HMlxxlL3
聖「店主、コーヒーってなんだ!?」
志摩子「(吹く)」

tp://www.hat.hi-ho.ne.jp/asfactory/oyatsu/drink/drink_daisen.html

877 :賭博黙示録カイジ:03/09/22 11:14 ID:pK1H+ZFf
三奈子「なんだっ・・!
     このつぼみたちの半日デートはっ・・・・・・・・!
     写真一枚・・・写真一枚撮れなかったじゃねえかっ・・・・!
     特集記事書けるかっ・・・・こんなもん・・!
志摩子「書けるっ……念押しした筈だっ……! 
     私達が……互いに相談して……!
     前もって決めた……デートコースは………
     新聞部には教えないと……! 
     そしてカードを見つけた人がレポートを出すと・・・・!
三奈子「そんな〜〜〜〜〜!
     ダメ〜〜〜〜〜〜!
 聖  「三奈子とやら・・・・
     よく考えたな こんな蜘蛛の巣みたいなこと・・・・
     まず・・・・宝探しという発想が素晴らしい・・・・!
     そして誰でも宝を見つけられる可能性があるという・・・・
     このエセ平等 博愛的ごまかしが秀逸・・・・!
     こうすることによって ごく自然に
     自分もリリアンかわら版の記事を手にすることができるのだから・・・・!
     まさに・・・・新聞部のための企画といえる・・・!
     この企画が素晴らしい・・・・!

878 :イラストに騙された名無しさん:03/09/23 06:19 ID:HmbxrCQe
やっとゲッター以外にも赤黄白の組み合わせが

141 名前: 風の谷の名無しさん sage 投稿日:03/09/22 15:23 Gs+JHesf
実はすでにTV化して放送中、さらには映画化までされてるぞ

紅→ファイズ
黄→カイザ
白→デルタ
ローズオルフェノク
コバルトスマッシュ

キネンシスロザリオ:適性がないとエラーではじかれる
フェティダロザリオ:誰でも使用できるが適性がないと使用後に灰化
ギガンティアロザリオ:誰でも使用可、使用後は通常時でも特殊な力を使えるが精神に異常をきたす

田沼ちさとあたりがフェティダロザリオを使用後に灰化
由乃さんは草加雅人キャラに (にやり)「いけないなぁ…」
白薔薇さんちにルシファー(ズハンマー)とか似合うな

879 :イラストに騙された名無しさん:03/09/23 08:02 ID:mBVoej7r
フフ……
へただなぁ真美さん、へたっぴさ…!
欲望の解放のさせ方がへた…
真美さんが本当に取材したいのは…
こっち(紅薔薇姉妹)……!
二人の別荘にうまく忍び込んで、写真撮ってさ…
紅薔薇姉妹のプライベートをスクープしたい…! だろ…?
だけどそれじゃあまりに危険だから、こっちの…
しょぼい仏像展巡りでごまかそうって言うんだ…
真美さん、ダメなんだよ…!
そういうのが実にダメ…!
せっかく夏休み明けにスクープであっと言わせようって時に、その妥協は傷ましすぎる…!
そんなんで記事を書いても気持ちよくないぞ…!
嘘じゃない、かえってストレスがたまる…!
書けなかったスクープがチラついてさ…
全然スッキリしない…!
心の毒は残ったままだ
校内新聞の取材の仕方としちゃ最低さ…!
真美さん…、報道ってやつはさ…
小出しはダメなんだ……!
出す時はきっちり出した方がいい…!
それでこそ次の新聞の励みになるってもんさ…!
違うかい…?

880 :イラストに騙された名無しさん:03/09/23 14:50 ID:m+Um3Ql8
どうでもいいから、いろいろ散らばってる読みきりもはやいとこまとめて文庫化してくれ〜
売るなら今だぞ集英社!

881 :イラストに騙された名無しさん:03/09/23 20:03 ID:ADcrT5sZ
祐巳「もーさっきふざけないって言ったでしょ!!!!
   二人とも大キライ!!!!」
ガーーーーン

蓉子「貴女のせいでキラわれちゃった」
祥子「アナタのせいでしょ」
聖 「蓉子様 紅茶の用意が出来ました」
蓉子「あら…もうそんな時間…
   さて…明日2人で謝りに行きましょうか…」
祥子「そうね それがいいわ…」
聖 「3人でしょ」

三人「ゴメーヌ」

祐巳「わかったからちゃんと真面目にやって」

聖 「さすが祐巳さん お優しい」
蓉子「祐巳さーん」
祥子「祐巳さーん」
江利子「祐巳さーん」
蔦子「祐巳さーん」

全員「私たちの祐巳さーん!!!」



祐巳「山百合会キライ」

882 :イラストに騙された名無しさん:03/09/23 20:05 ID:ADcrT5sZ
[メール欄]に↑の元ネタ

883 :イラストに騙された名無しさん:03/09/24 23:13 ID:Pu+46TAb
ツインテールじゃない祐巳 「あなたひょっとして瞳子ちゃん?」
ドリルのない瞳子      「あ…祐巳さまっすか?」

884 :イラストに騙された名無しさん:03/09/25 01:23 ID:J2zS/+4C
可南子「祐巳さまは私の天使だ!私だけの薔薇様だ!!」
ガッ!!
聖「苦しいか…貴方はまるで…私だ。もし栞を吹っ切れなかったら…私も…貴方のように…
だからお前のその掻きむしるような苦しみ……私が止めてやろう!!

ギガンティア―――――きりもみシュ――――ト!!」

885 :イラストに騙された名無しさん:03/09/25 21:44 ID:x1OZuaUz
佐藤聖「はあ…、はあ…
    お姉さま…
    お姉さまは… 
    栞が…、栞がどこに行ったのか知っているの!?」
白薔薇「知らない……。
    私にわかることはたった一つ…。
 
    あなたが今刻んでいるのは最悪の記憶よ」

佐藤聖「!!
    う…、お、おおおおお!!!!!!!」

886 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 01:43 ID:zUIBlFh/




        原作:今野緒雪        

887 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 11:54 ID:wrvqXC8r
祥子「いくわよ!祐巳!」
祐巳「はい!お姉さまだけを見て・・・!」
祥子「いらっしゃい・・・!祐巳!」
祐巳「お姉さまのところへ!」

祐巳「全然怖くない・・・ お姉さまと一緒だから・・・
   すごい幸せな気持ち・・・ 涙が出そうなくらい・・・
   ずっとこのまま・・・演じつづけていたいくらい・・・」


祐巳「アラエッサッサー!」

888 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 11:56 ID:wrvqXC8r
↑カレイドスター

889 :イラストに騙された名無しさん:03/09/27 19:20 ID:p/bvqTe/
http://www.sky.sannet.ne.jp/sunface/text/P030429/

890 :カレイドスター:03/09/28 21:39 ID:38DRyPbM
>>887
柏木「…凄い!俺ごときが(ふたりの仲を)邪魔できるわけがない」

891 :新シリーズおめ:03/09/28 22:52 ID:l0XgOAuc
ハーイみんな、私福沢祐巳!私と祥子さまのロザリオ授受、どうだった?
すっごい大変だったし、すっごい泣いたし、すっごい頑張ったけど
祥子さまの夢は私、私の夢は祥子さま、
祥子さまのためにも私、本当の紅薔薇さまになる、なる、なるーっ

892 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 00:33 ID:8eyP1uKu
       __
     , '´   ヽ
.   i  /ノノハ 〉
    ノ (||゚ ー゚ノ)
.  ( <( つ⌒0  すいません
    ) く/ ´_ゝ`) スレが止まっているようなのでこの隙に志摩子さんは貰っていきますよ
     |     /
     ( ヽノ
     ノ>ノ
     しU

893 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 01:11 ID:/uFnqRS0
祐巳「私はたぬき顔の天然ボケだから、こんな風にしか言えない。
    私は…お姉さまが
    …お姉さまが…
    お姉さまが好きです!
    お姉さまがほしい!
    おねえさまーーー!」

祥子「祐巳ーーー!」
祐巳「お姉さま!」
祥子「祐巳、ごめんなさい
    でも、私もう離れない」
祐巳「離しはしません。ずっと…」

二人「ずっと一緒よ!」




894 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 20:26 ID:wdodRnbM
き・・・来た!
      白 薔 薇
連邦の 白 い ヤ ツ だ !

895 :555:03/10/01 00:36 ID:7DclU+SM
祐巳「可南子ちゃん……私はあなたを倒す!! 花寺の学園祭に行くために!!」

 祐巳、ラクーンオルフェノク(タヌキ)に変身。

896 :イラストに騙された名無しさん:03/10/01 01:18 ID:WBDjRJLE
令「・・・もう黄薔薇辞めます・・」
凸「・・・誰でも一度はそう思うものよ」
令「毎日思ってます! うっ!おえっ・・・ 気合だけでは通用しません・・・
  サブ役ばかりでメイン張れないし、ネタキャラになるだけです!」

897 :894見て思った:03/10/01 11:13 ID:hs8W7qHT
き・・・来た!
          白 薔 薇
ガチ百合の 白 い ヤ ツ だ !

898 :イラストに騙された名無しさん:03/10/01 11:50 ID:pCfucqP7
私が祐巳を一番うまく扱えるんだぁぁー!

899 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 01:52 ID:1lz+JHDc
殴ったね・・・?
ユキチにも殴られたことないのに!

900 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 02:20 ID:F8ARU4B/
「見せてもらおうか、リリアンの白薔薇の性癖とやらを!」


901 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 02:25 ID:IUmYYvnC
タクヤ「甲之進とは違うのだよ・・・、甲之進とはっ!」

902 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 03:48 ID:mhcYPZMY
妹をいじめないでいただきたい

903 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 05:56 ID:HItL3pZC
あの数珠は良い物だ・・・

904 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 08:28 ID:8nXDI2eg
「諸君の愛してくれた聖さまはふられた!なぜだ!」
「ガチについていけなかったからさ」

905 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 12:34 ID:c4vJsPFx
むしろ「ガチだからさ」

906 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 20:02 ID:9f5wu5fV
薔薇さま専用ガンダムローズ

907 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 20:28 ID:HItL3pZC
ロザリオなど飾りです
偉い連中にはそれが解らんのです

908 :Gネタは止まらんな:03/10/02 21:56 ID:ep5E3tLG
祥子「それにしても、妹な。私に扱えるのか」
志摩子「分かりません。祥子さまの姉としての性能は全くの未知数ですから」
祥子「ハッキリ言ってくれる。気に入らんな」
志摩子「どうも(ぺこり」
志摩子「気休めかもしれませんが、祥子さまならうまく扱えますよ」
祥子「ありがとうw」

909 :フルメタルジャケット:03/10/02 22:19 ID:bTzy8tJa
このスレ気に入った!家に来て妹(スール)をファックしてもよろしくてよ?

910 :Gネタは止まらんな2:03/10/02 22:25 ID:ep5E3tLG
蓉子「貴公、知っておるか”ナオミお姉さま”を」
聖「20世紀のアニメですな。確か”くりぃむれもん今夜はエスカレーション”とか…」
蓉子「うむ…ガチ百合でな、時代を先取りしてしまったアニメだ。貴公はその”ナオミお姉さま”の尻尾だな」
聖「私とて白百合会に参加した者です。”ナオミお姉さま”の尻尾のガチ百合をご覧ください」

蓉子「言い草はいろいろとあるものよ。栞さんは何を考えているのか。”ナオミお姉さまは”ペット(リエ)に調教されたのだぞ!」

911 :イラストに騙された名無しさん:03/10/02 23:52 ID:geoznrS/
めぐりあい百合

912 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 00:44 ID:ckzvrlRe
祥子さま、あなた…『覚悟して来てる人』…………ですよね
人を「妹」にしようとするって事は
逆に「ごめんなさい」されるかもしれないという危険を
常に『覚悟して来てる人』ってわけですよね…

913 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 03:11 ID:yDoFs91Z
汝の名は
スールなり

914 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 09:58 ID:h59thNi6
あれれ?いつのまにか、
「機動戦士マリアさまが すごい みてる〜めぐり愛、そら」に
なってるー?るー?

蔦子「よっ、ロサキネンシス・アン・ブゥトン、ロサキネンシス・アン・ブゥトン!」
祐巳「やめてくださいよ、蔦子さん」

915 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 12:21 ID:UFgOHpZZ
薔薇のつぼみはビタミンCを多く含むので食べると身体にいいです

916 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 17:53 ID:QlU8EwJy
「ローズヒップティー」という単語を聞いて頬を赤らめる志摩子さん


917 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 19:41 ID:VUkvk0iC
祥子「生徒会の面子、花寺の権威、それらすべてが失われても祐巳が見つかればよろしい!」

918 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 01:24 ID:s51AI+Zy
「紅薔薇の蕾の妹候補をキャッチしました」

919 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 08:43 ID:S8H1syt3
ROSA・CRUCISさま、唐突に登場。
「祐巳さん、あなたはアキハバラという街が好きですか?」

920 :イラストに騙された名無しさん:03/10/05 13:04 ID:ySyaOk9p
白薔薇さまから選挙落選を告げられ「あじゃぱアーっ!」と悲しみをアピールする静さま

921 :イラストに騙された名無しさん:03/10/05 14:09 ID:sfYgJhrO
おのれ柏木、ふたなりだったか!

922 :ピューと吹く!ジャガー:03/10/05 14:13 ID:Fz+cUpfy
女生徒「そんな事より志摩子さん…コチラ!!わざわざ貴方に会いに来て下さったのよ!
     あの山百合会のロサ・キネンシス・アン・ブゥトンよ!!ホラご挨拶を…!!」
祥子 「ごきげんよう久しぶりね、志摩子」
志摩子「えっ!?ああ〜ひ、久しぶりですねぇ〜〜え〜〜と……
     タ……タブッ…!え〜〜と……あっははは…ねぇ?もう久しぶりですよホントに……」
祥子 (ええ〜〜忘れてるよこの人…「たぶっ」て言ってたよ!完ペキ忘れてるよこの人ーーー!!)
女生徒「それでね志摩子さん!もうビッグニュースよ!
    今申し出があったんですけどね!なんとこちらのロサ・キネンシス・アン・ブゥトンが…
    志摩子さんのお姉さまになってくださるとおっしゃっているのよ!!」
志摩子「わっ…私のお姉さまに!?
    ホントかいそれ!?コイツが……私のお姉さまに!?」
−祥子の頭をぱつんぱつんぱつんぱつん
女生徒「きゃーーーーー!!」
志摩子「あの…でもね気持ちはありがたいんですが…
     お互いに求めるものが違うし…えと言いにくいんだけど…」
−祥子のアゴをぺちぺちぺちぺち
女生徒「な…何言ってるの!?なにやってんのーーー!?」
志摩子「丁重にお断りいたします」
−祥子の頭に仏像を乗せる
女生徒「なっ何乗せてんのーー!!?
    すいませんっ…すいませんロサ・キネンシス・アン・ブゥトンーー!!」
祥子「い…いやぁいいのよ…ホホ…ホ…」
祥子(フフ…断られる事くらい予想はしてたわ…
   ……まぁ……こんなに激しく侮辱されるとは思ってなかったけど…)


923 :イラストに騙された名無しさん:03/10/05 20:08 ID:XVtW6B3b
>>922
腹いて―w

924 :イラストに騙された名無しさん:03/10/06 22:43 ID:fXDfuyAL
祥子 おまえが今度の紅薔薇のつぼみの妹だ
    志摩子にロザリヲをかける
祥子 これでお前は女と百合を手に入れた
    
    ぶちっぶち

志摩子 なんだこのロザリヲ小さいぞ こりゃほかのやつらのロザリオをうばわないとな


925 :イラストに騙された名無しさん:03/10/07 09:49 ID:IuSrCIOw
「祥子サマァァァァァァァァァァ」
「行くわッ!ワタシも行くッ!行くんだよォーーーーーーッ!」
「ワタシに『来るな』と命令しないでーーーッ!」
「祥子様はワタシなんだッ!」
「ワタシだ!」
「祥子様の腕のロザリオはワタシのロザリオだ!!」

926 :リリアンの戦旗:03/10/07 10:34 ID:mJQm91Tb
蓉子「これで残る重大問題は一つです」
祥子「何でしょう?」
蓉子「あなたといきさつがあったのが、志摩子か祐巳ちゃんかという問題よ」
  「どっちなの?」
祥子「お姉さま!」
蓉子「まさか……」
  「両方ということはないでしょうね?」
  「それとも……」
  「あなたにもどっちだったか分からなかったとか」
祥子「お姉さま、私は半生をリリアン女学園に捧げてまいったつもりです」
蓉子「あなたの忠誠と献身を疑う者がいたらここにつれてきなさい」
  「私がその思い違いをただしてあげましょう」
祥子「さらに山百合会にも敬愛の念を抱いておりますわ」
蓉子「それは嬉しいことをいってくれるわ」
祥子「ですから、リリアン女学園3年生にして山百合会紅薔薇様たるお姉さまに」
  「こんなことを申し上げるのはほんとうはつらいのですが……」
蓉子「はい?」
祥子「お黙り!!!」

927 :イラストに騙された名無しさん:03/10/08 02:08 ID:s8CvfZGQ
あげ

928 :イラストに騙された名無しさん:03/10/08 23:10 ID:s8CvfZGQ
マリみてファソはウィスキー何呑めば良いか、分かるよな

929 :イラストに騙された名無しさん:03/10/09 04:45 ID:Ld+YsrZr
金とか黒でも良いのか?

930 :すごいよ!!マサルさん:03/10/09 10:44 ID:hJbtatln
瞳子 「ただし、ロサ・キネンシスがお休みの間だけです」
祐巳 「…ホ…ホント!!?」
由乃 「いいえ!その必要はないわ!」
瞳子 「え?」
祐巳 「よ…由乃さん何を……!?」
由乃 「その子には山百合会の手伝いが出来ない…大きな理由がある!」
祐巳 「……!?」
志摩子「理由…?」
由乃 「……髪型がドリルーーーッ!!!」
祐巳 (か…髪型がドリルー!?
    な…なんてこと…もう…何で髪型がドリルなのよ…!!
    髪型が…髪型が…ドリルだなんて…!髪型……髪型…!?)
祐巳 「関係ないじゃないかーーーっ!!」
由乃 「果たしてそうかしら…ドリルな髪型=リリアン最強クラスの戦闘力…
    こう言っても過言ではないでしょう…?」
祐巳 「エッ!?だ…だったらなおさらいいじゃない!?」
由乃 「…わからないの?この子の戦闘本能が筋金入りで
    けっしてお姉さまたちに鍛えられたものではない事が…」
由乃 「最初から最強だったら…一年生をもてあそぶ楽しみがないでしょっ!!!」
祐巳 「はぅあ!!」
由乃 「ドリルな子に山百合会を手伝わせるなど…
    真ゲッター2におっぱいミサイルを搭載するようなもの…」

931 :イラストに騙された名無しさん:03/10/09 23:50 ID:qX8PIDKQ
age

932 :イラストに騙された名無しさん:03/10/11 00:09 ID:NQvnyMEs
     ____
    /       \
   / /二二二| |   \   
  / /( ノ   | |    ヽ  
  |  |⌒  ⌒  | |    |   ダレモイナイ…
■■■■■■■■■■■  キバラスルナライマノウチ
  │/ _     リ ノ /
   \____/ /_/

     ____
    /       \
   / /二二二| |   \   
  / /( ノ   | |    ヽ  デコチン デコチン デコチン フーン
  |  |⌒  ⌒  | |    |   レイ レイ レイ レイ レイ レイ フーン
■■■■■■■■■■■ ヨシノチャン ヨシノチャン ヨシノチャン フーン  
  │/ _     リ ノ /
   \____/ /_/





933 :イラストに騙された名無しさん:03/10/11 01:49 ID:mtg1nlze
ろ、黄薔薇さまキタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)n゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

934 :イラストに騙された名無しさん:03/10/12 13:55 ID:lx8lx8P8
これはがいしゅつか?
「さわやかな朝の挨拶のガイドライン」
ttp://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1064422969/

935 :イラストに騙された名無しさん:03/10/13 10:19 ID:E8UJx+8r
ごきげんよう

936 :すごいよ!!マサルさん:03/10/13 12:14 ID:QNTisbWS
祥子「何だか、お腹が空いてきたわ」
祐巳「あ…あのお姉さま…よかったら蓉子さまが買ってきた鍋焼きうどんいかがですか?」
祥子「えっ!?わ…悪いよ…でもいいのかい!!?」
祐巳「は…はい!お腹空いていらっしゃるんでしょう?」
祥子「やったぜ祐巳!!いやぁ君はいい妹だ!うん!うまい!うまいよ!」
…ばくばく…
   「ああ…こんなうまいもの食ったの二ヶ月ぶりだァ!」
…ガツガツ…
   「二ヶ月間ろくなもん食べてないからなァ!」
…ガツガツ…
   「とにかくこの二ヶ月間はいろんな事があったなァ!!」
祐巳(は…話したがってる!!イヤだなァ!!気がすすまないなァでもなァ…し…しかたない…!)
祐巳「に…二ヶ月間……何してらしたんですか?」
祥子「え!?何だい急に二ヶ月間かい?」

祥子「そればっかりは言えない」

祐巳(…チクショー…)



937 :イラストに騙された名無しさん:03/10/13 17:52 ID:htlaNEYk
>>936
パラソルをさしての結末がそれだったら、きっと本を破く







でも笑うと思う

938 :イラストに騙された名無しさん:03/10/13 19:18 ID:w4xuZQrx
>>936
ワラタ

939 :イラストに騙された名無しさん:03/10/14 12:16 ID:N2zvrzii
http://v.isp.2ch.net/up/4069693a7a8c.JPG
仲間

940 :イラストに騙された名無しさん:03/10/14 17:59 ID:xfO5fTO4
全然似てないのに素でドキリとした

・・・何度か行った事あるからなぁ・・・

941 :555:03/10/15 01:15 ID:EQRLDmdY
柏木の写真をカッタ−で切り刻む祥子さま。

祐巳「ちょっと、なにやってるんですかお姉さま!?」
祥子「ハァハァ……別に……( ̄ー ̄;)」

SUPER マリみてタイム
祥子「新刊も買ってくれるって解釈していいのかしら?」
祐巳「きっと買ってくれるって、私は信じてます」


942 :イラストに騙された名無しさん:03/10/16 21:07 ID:rptEZavG
ごきげ尿

943 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 00:41 ID:0jbgT5c4
次スレ?
こんなマリみては嫌だ4 〜激写!蔦子さん編〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1066491456/l5

944 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 07:22 ID:o1Zez34O
>>943
いや、ここは「奇妙な」だし。
次があるなら第三部だし。

945 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 10:51 ID:O4qPCbMf
祥子 「なぜあの方々が薔薇さまなの!!
    あんなに横暴な薔薇さま方がいていいものか!!
    まさに目の上のタンコブ!!」
祐巳 「はあ」
祥子 「どう、手を組まない祐巳!!
    私たちには共通の目標があるわ!!
    打倒・お姉さまよ!!」
祐巳 「…はあ…?」
祥子 「結構、さ、これを…」
祐巳 「は…へにゃ!?
    なんですかこりゃ祥子さま!!
    姉妹の証のロザリオじゃないですか!!
    どさくさに紛れてこのヒキョウ者!!」  

946 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 15:35 ID:EqsrQISI
祥子 「『速攻山百合会』計画… 一緒にやらない?」
祐巳 「…いいぜ!」

−−−

柏木 「紅薔薇〜〜!! 今日でてめへもオダブツよ〜〜!!」
祐巳 「ざけんなテメーッ!」(ガッ)
祥子 「まったくよーっ!」(ゴッ)
(ドサッ…)
祐巳 「 悪 党 に 祈 る 言 葉 は 無 い ・・・ 」
        ヘッド
正念 「ヘ… 頭が一撃で…」(二撃だ)
祐麒 「い、いやぁあああ!」(うれしそう)
祥子 「覚悟することね… 紅薔薇のつぼみと」
祐巳 「その妹が相手だからな馬鹿野郎共!」

−−−

「福沢対空!」「ぎゃぁぁああ」
「サチコスラーッシュ!」「ひぃいいい」
学園長 「祥子ちゃんのウソツキ !」

947 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 20:13 ID:wBpX2A2/
>946
ナイスジョブ!(造語)
だとすると、閃光は花寺・・・(えー)

948 :イラストに騙された名無しさん:03/10/19 20:17 ID:wBpX2A2/
>祐麒 「い、いやぁあああ!」(うれしそう)



あっ(えー)

949 :すごいよ!!サチコさま:03/10/19 21:28 ID:RDRKZ0pi
サチコ三連発

「(ブツブツ)『フーミン』か…『ゲロしゃぶ』ね…」

「○番と○番は…甘党ね!」

「令…あなたは立派な『負け女』よ!」

950 :すごいよ!!マサルさん:03/10/20 09:35 ID:0Llqq4n7
祐巳「祥子さま…?気分でも悪いんですか?」
祥子「いえ…そうじゃないんだけど…今日の弁当…なにかイヤな予感がするのよ…」
   「私のキライなアレが入っているような気がして…」
祐巳「ア、アレ…?」

カパ…

祐巳「何ィーーーーー!!?」
祐巳(う…梅干しがあんなにゴロゴロとー!!)
   (しかも本来梅干しがあるべきところに魚沼産コシヒカリが…)
   (好き嫌い以前の問題だーーー!!)
祥子「そ…そんな……ひどいやキヨ…」
   「梅干しはキライだって…あれ程言ったじゃないかあああぁ!!」

カリポリコリパリムシャカリポリコリパリムシャ

祐巳「食ってるじゃないか!うまそうにーーーーー!!!」
祥子「うまいよ」
祐巳「キライなんじゃなかったのかー!!」
祥子「キライさ!毛の生え具合とかね…」
祐巳「なんだそりゃー!!」

951 :速攻生徒会:03/10/20 20:58 ID:+zRaJGsf
祐巳「タヌァ!!」
 ド  ゴ ー ン
祐巳「連打なら…負けん!!」

祐巳「タヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌ」[福沢連打]P連打

    ドゴ ドゴ ドゴ ド ド

祐巳「タヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌ」

    ガ ガ ガ ガゴ ガゴ ガゴ  ガゴン

祐巳「タヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌ
   タヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌ」

祐巳「タヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌタヌ」

    ボン  ボ ボ ボ ボ ボ

祐巳「タ ヌ キ ィ!!」
    バ ゴ ォ ッ    ドカァ


         100HITCOMBO!



…せっかくの眼鏡ッ娘は蔦子さんに、と思ったけど会長なんだよナ

952 :イラストに騙された名無しさん:03/10/21 00:55 ID:GZnl8Yvt
ゴロンタ→頑駄無丸 で超決定??

953 :それでも第1部:03/10/21 23:00 ID:PmN6QC1G
スール!!
リリアン学園のスール!
それは精神的な意味において今日のそれと少し違っているッ!
山百合会や学校は学問以上にソフト百合を鍛錬することを望み 単なる姉妹を越え 宗教に近かった!
そのため この時代 スールは ルールやテクニックにおいて 大発展をし 高貴なものになっていくッ!
その意味は薔薇の館にいる子供たちとて 例外ではなく、お姉さまは英雄だったッ!

954 :イラストに騙された名無しさん:03/10/26 10:39 ID:rY3CHcnv
景サマー

955 :イラストに騙された名無しさん:03/10/26 18:26 ID:N0lPLQDQ
聖さまダダッダ!!

956 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 00:41 ID:mr1sD6bc
栞が振るぜ 静せまるぜ 祐巳ちゃんちゅーして〜 Da Da Da!

957 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 15:57 ID:DeH8pH28
祐 巳「駄目だよ可南子ちゃん、そんなんだから敵だけを作るんだ」
可南子「あんたもそんなことを言う。
   だからあんたみたいのを生んだ姉妹関係を壊さなくっちゃ、救われないんだよ」
祐 巳「可南子ちゃん、そこにいるんでしょ?わかっているよ、心を開いて。
   顔を見れば、そんなイライラすぐに忘れるよ」
可南子「子供は嫌いだ、ずうずうしいからっ」
祐 巳「あっ」
祥 子「祐巳、どきなさい、その子は危険よ」
可南子「嫌な女。お前がいなければ祐巳さまは天使のままでいられたのに」

958 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 16:00 ID:DeH8pH28
祐麒「祐巳、お前・・・なんでそんな一生懸命なんだよ」
祐巳「お姉さまを持つとね、時々すごく切なくなるけど・・・
   時々すごく熱くなるんだ」
祐麒「よくわからんけど・・・贅沢だよお前」

959 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 16:01 ID:DeH8pH28
乃梨子「話は聞かせてもらった・・・なぜ志摩子さんの秘密を暴いたんだ?」
祥 子「フン・・・私を振った下級生には罰を与えなければならん。わかるかね?
 そういう人間はただ手にかけるだけではつまらない。
 さらし者になって惨めに生きてもらわなければな」

乃梨子「知ってるかな・・・秘密は呪いと同じなんだそうだよ
 一度暴露された人間はずっと呪われたまま・・・・らしい・・・・
 あなたの罪は・・・重いッ!」

960 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 22:18 ID:UfIhjpgD
>>958
>>959
そのへんのファイズネタは2度ほど既出なのだが

961 :イラストに騙された名無しさん:03/10/27 22:22 ID:0MtiKP6U
キャラ違うからいいんでない?

962 :スーパービックリマン:03/10/28 05:46 ID:C1ycfeMz
江利子
 「こっ…これが聖なの?」
紅薔薇さま
 「いや、聖の意思はもはやどこにも感じられない。
  おそらく久保栞は聖に別れを告げなかったのでしょう。」
祥子
 「残酷だわ」

 「意思が無いって…死んじゃったってことなの? 体だけ残して…」
紅薔薇さま
 「そうね。
  肉体も精神も久保栞に捧げきっていたのよ。死んだといっても良いかもしれない。
  いや、死よりももっと恐ろしいかも」
白薔薇さま
  「フン、栞と共にどこかで幸せになるとほざいた結果が、
   栞にいいように逃げられただけだったとはね。
   バカめ!
   …せっかく私が見てやっていたものを…
   久保栞め!」
蓉子
 「こっ…こんな風に…聖を弄ぶなんて…
   許せない!」

963 :イラストに騙された名無しさん:03/10/28 09:31 ID:y9rxo+va
聖「栞──。私は、貴女を──貴女を──」
 「帰れ」
聖「いや、そうはいかない。私は──」
 「帰れと言うのに」
聖「しかし私は貴女に──」
 「今更何しに来たのかお姉さま」
聖「え?」
 「お姉さまの子供なんか流れてしまったわ」
聖「わ、わあああ!し、志摩子?──しまこお!?」
志摩子「せっかく静かに過ごして追ったものを
 今更に訪れても知るものか。お姉さまなんか大嫌いだ。
 時が──時が流れてしもうた」
聖「う、うわあああ!!!」
蓉子「落ち着きなさい聖!あれは栞さんなんかじゃない。
 あなたの妹の志摩子よ!ちゃんと見るのよ!」

964 :機動警察パトレイバー2 the Movie:03/10/28 14:07 ID:iWlIv5md
真美 「はい、山口」
志摩子「俺だ。リリアンかわら版拝見してるよ。新聞部員は辛いってとこか」
真美 「妹の冷静なツッコミに引っ込みがつかなくなって頭に血がのぼったのさ」
    「馬鹿なお姉さまの下にいると苦労するよ」
志摩子「こちらも同じさ」
    「悪い姉妹なんてものはない…あるのは悪いお姉さまだけだってね」
    「…どうしても男と踊るのは嫌だってことで、祥子さまが福沢祐巳さんを妹にしようとしたよ」
真美 「本当か!?」
志摩子「30分程前だ。じきに校内で噂されるさ」
    「祥子さまはこれで天下晴れてシンデレラを降ろしてもらうつもりだが…
    「遅すぎたよ…ここまでこじれた後じゃな。薔薇さま達が掌返せばそれまでだ」
    「主役を交代するタイミングを逸しただけでなく、祐巳さんにもロザリオを拒否られちまった」
    「また一つタガが外れたのさ………おい、聞いてるのか?」
真美 「ああ…聞きたくなくなってきたがな」
志摩子「聞いて貰うさ。ここからが本題なんだ」
    「薔薇さま達は自分達のことは棚に上げて、ここまで事態を悪化させた祥子さまを逆恨みしている」
    「頼るに値せず、ってな」

    「で、シナリオは変えずに主役を交替することにしたって訳だ」
真美 「おい、まさか!」
志摩子「そのまさかだ」
    「舞台はミスキャストで一杯。誰もその役を望んじゃいないのにな」
    「素敵な話じゃないか。これが俺達の山百合会ってやつさ」
    「薔薇さま達は1年前自分達がハメられたのと同じルールで」
    「今度は俺達がどんな芝居をするのか…それを見たがっているのかもしれんな」

965 :イラストに騙された名無しさん:03/10/28 19:30 ID:QEmteldW
「学園長注目の美少女。「カラーを直したら君への合図」で落とした少女 星の数 佐藤聖!!」
大学卒業までに300人。

「リリアン1の男前との声も多いが女関係は真面目 支倉令!!」
つーか由乃一筋ですから。

「おとなしそうな顔に似合わずギンナンが大好きな 藤堂志摩子!!」
潰れたものは拾いませんよ。

「術後の回復いまだ二割。しかし勢い八割増し 島津由乃!!」
座右の銘 先手必勝。

「蓉子が更生したにもかかわらずそのヒステリーはなんなんだ 小笠原祥子!!」
私、気が短いから。

966 :イラストに騙された名無しさん:03/10/28 19:34 ID:QEmteldW
「中等部入学を脅威のリーダーシップでカバー!!努力の天才 水野蓉子!!」
オス、光栄ッス。

「納得いかなきゃ先輩だろうが余裕でぶっ飛ばす!!リリアンの核弾頭 二条乃梨子!!」
やっぱあたし チンピラ扱いか。

「ストーカーのかくれファン急増中!!「聖さまの目が怖い」と訴える!!得意の天然で逃げ切れ 福沢祐巳!!」
かんべんして下さいよ。

「そしてマリみて影の薄さランキング 堂々2年連続ナンバーワン!!
(主な理由 目立たない やる気がない デコを通り越してハゲっぽい)多分 来年もぶっちぎり!! 私 鳥居江利子!!」

「そんな私がぞっこんな花寺の熊 山辺先生」
だから私は周りにどんなに馬鹿にされたって構わないのさっ

鳥居父「それが信じられないんだって!!」

967 :イラストに騙された名無しさん:03/10/29 11:56 ID:MDO0Zzyz
>964
設定と台詞がハマリすぎ…グッジョブ

968 :イラストに騙された名無しさん:03/10/29 12:15 ID:La/VxFYc
>>965-966
祥子と乃梨子は入れ替えた方がいいような。

969 :イラストに騙された名無しさん:03/10/30 18:14 ID:njO5gbNk
ドリル「これぞ我が数珠!数珠は数あれど・・」
志摩子「どぶつぼみが俺の講堂で何やってる!何故ドリルが新歓にいる!何故ドリルが俺の数珠を持っているのか!?何故貴様はドリルの腹ワタをえぐらんのか?」
乃梨子「白薔薇さまに報告致します!ドリルは仏が装填された数珠を所持しております!」
志摩子「ドリル、いい子だからそいつをこっちに渡すんだ・・」
志摩子「思考回路がショートしたか!祥子と祐巳の愛情が足りなかったか!!」
GEBOBOBOBO!!志摩子「グゥオワァアアアァァァ・・・」
das-end


970 :イラストに騙された名無しさん:03/10/30 18:18 ID:njO5gbNk
お、すまね。「フルメタルジャケット」です↑

971 :イラストに騙された名無しさん:03/10/31 00:02 ID:fBPqoHtV
他人かもしれない…
でも、スールかもしれない…

次回もスールです!

972 :イラストに騙された名無しさん:03/10/31 18:43 ID:bLsd5s/N
 わたしは追われていた。
 ……いや、だからどーしたといわれると、とても困るんですけど……
 確かにこんなことは、体育祭ではさして珍しいことではないわけだし、
運動系の部活にしてみればそれこそ日常茶飯事である。
 しかしそこはそれ、話には筋道とか盛り上がりとかゆーものがあるのだから、
ま、仕方がないとでも思っていただきたい。
 それはまーともかく、追手は間近にまで迫ってきているはずだった。
 黄薔薇のつぼみである。
 わたしはついにはじまった『玉逃げ』──のため、カゴを背負う役を任されたのである。
クラスメイト達が私の白薔薇としての威光、を期待したのだが。
 それがいけなかった。
 わたしの威厳などほんっとに、微々たる量である。
 桂さんの台詞の量ほどもあるまい。
 それを気にくわなかったのかしつこくしつこくしつこくしつこく
追いかけてきているのだ、彼女は。
 ……遠慮のない人。
 もっとも、遠慮のある人がロザリオを返したことがある、
などという話はとんと聞かないが。
 まあ、『静様と校内を走ったとき』ほど事態が切迫しているわけではなかったが、
やはりこちとら華奢な環境整備委員。赤信号でも突き進む彼女の気迫にはかなわない。
追いつかれるのは時間の問題。
 ああ、可憐なる白薔薇、藤堂志摩子の運命やいかに!
 ……わたしのことよっ。わたしのっ!

973 :イラストに騙された名無しさん:03/10/31 23:05 ID:kxHblI91
>>971
令「いや〜由乃のお弁当は本当に美味しいなあ〜」
由乃「全部令ちゃんが自分で作ったんだよ」
令「だから美味しいのか〜」

974 :イラストに騙された名無しさん:03/10/31 23:28 ID:czxlfHdR
―志摩子は… 二度と表舞台へは戻れなかった…。
サブキャラとギャグキャラの中間の生命体となり、
話の筋とは関係の無いところで永遠に道化を演じ続けるのだ。
そしてメインに返り咲こうと思っても既にネタは出尽くしていたので

―そのうち志摩子は、考えるのをやめた。

975 :イラストに騙された名無しさん:03/11/01 08:11 ID:61uxk4Rz
>>974
志摩子「ああああっ」

976 :祐巳:03/11/01 16:57 ID:s5G7x+uA
由乃さん。
鳥居江里子さまと無茶な約束をしたとか
令ちゃんをはさんで対抗できるのはひとりだけとかさかんに言ってますが
江里子さまに台詞なんてありませんよ…
いとしき歳月じゃあないんですから


977 :イラストに騙された名無しさん:03/11/02 13:46 ID:l1Hxwn5p
こんなので埋めてみる
http://homepage1.nifty.com/suzuake/marimite/simako.jpg

978 :逆襲のシャア:03/11/02 16:06 ID:AdlLUTZD
祥子「志摩子は私の妹になってくれたかもしれない女性だ!」

979 :クロマティ:03/11/02 16:38 ID:THG7SjLr
放課後リリアン女学院薔薇の館

志摩子「それじゃお姉さまはお父さんに顔が似てるんですか……会ってみたいですね」
聖「ええ……でもオヤジはガチ百合じゃないわよ」
蓉子「ふふ……当たり前よ」
志摩子「そう言えば紅薔薇さまは絶対お母さん似ですよね?」
祥子「え、ええ……みんなも知ってのとおりよ」
聖「ハハハハスゴイわね」
志摩子「そういえば……え〜〜と……」
江利子「……」
志摩子「……前黄薔薇さまはお父さんとお母さんどっちに似てるんですか?」

江利子(ぜ……前黄薔薇さま……!?)

江利子「いや……私はおばあちゃんに似てるから…」
聖「なぁ〜〜〜んだ、おばあちゃんかあ。ハハハハハハ」

980 :クロマティ:03/11/02 16:39 ID:THG7SjLr
聖「ところでさ、子供の時の夢ってあったでしょ? 蓉子、貴方はなんだった?」
蓉子「私は……ジオン軍人……かな―――」
志摩子「ウフフフフ」
聖「栞、貴方は子供の頃どんな夢があったの?」
栞「……」
志摩子「ウフフフ、栞さんに話しかけても何も言いませんよ、ウフフ。生存しているのかすら怪しいし…」
聖「―――それでえ〜〜〜と」
江利子「………」
聖「元黄薔薇さまは…」
江利子「ちょっと待て!!」

江利子「さっきから貴方達、私のことを『前黄薔薇さま』だとか『元黄薔薇さま』だとか呼びやがって!! 頼むからちゃんと名前で呼んでよ!!」

江利子「まさか…私の名前知らないなんてことないでしょうね……?」
祥子「……」
志摩子「…すいません…」
江利子「え、ウソ!? 知らないの!? 私、幼稚舎からリリアンにいるのよ!?」

江利子「…聖と蓉子は長い付き合いだし、いくらなんでも知ってるわよね?」
聖・蓉子『…忘れた』
江利子「マ・・・マジで!? しかもそんな堂々と言わないでよ〜〜〜!!」
志摩子「なぜ貴方の名前を知らなかったというと…それは……」
江利子「それは……?」
志摩子「…別にどうでもいい事だと思いましたから……」
江利子「…貴方、冷静な口調で、けっこうヒドイ事言うわよね……」

981 :イラストに騙された名無しさん:03/11/03 04:33 ID:bP522q8p
http://www.h4.dion.ne.jp/~huwabird/sub4.html
なんだこりゃ。

982 :イラストに騙された名無しさん:03/11/03 05:17 ID:MAMj/TCN
>981
意味はわからんがとにかくすごい自信だ

983 :瞳子:03/11/03 19:54 ID:GanZDYrG
このあいだ、学校行ったんです。リリアン女学園。
そしたらなんか可南子がめちゃくちゃやる気で練習してて気持ち悪いです。
で、よく聞いたらなんか祐巳さまが、勝ったら1つ言うことを聞く、とか言ったらしいんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
可南子な、そんな約束如きで普段来てない練習に来てんじゃねーよ、ボケが。
1つだよ、1つ。
なんか祐巳さまとかもいるし。ストーキングされていて仲直りか。おめでてーな。
よーし祐巳なんでも言うこと聞いちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
祐巳さまな、俺が代わりに学園祭の手伝いしてやるから可南子の前から消えろと。
体育祭ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
棒引きの棒を掴んだ同じチームの奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。祐巳さまは、すっこんでろ。
で、やっと体育祭が終わったかと思ったら、可南子が、ツーショット写真で、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ツーショットなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、ツーショット写真で、だ。
お前は本当にツーショット写真を撮りたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、ツーショットって言いたいだけちゃうんかと。
祐巳さま通の俺から言わせてもらえば今、祐巳さま通の間での最新流行はやっぱり、
ロザリオもらって紅薔薇ファミリー入り、これだね。
馬鹿なんじゃないですかと言いつつロザリオゲット。これが通の頼み方。
祐巳さまってのはボケが多めに入ってる。そん代わり胸が少なめ。これ。
で、それに学ラン祥子さま。これ最強。
しかしこれを頼むと次から由乃さまにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ可南子は、火星にでも行ってなさいってこった。


984 :イラストに騙された名無しさん:03/11/04 00:48 ID:9B7G1UXD
このあいだ、学校行ったんです。リリアン女学園。
そしたらなんか瞳子がめちゃくちゃ陰口言ってて気持ち悪いんです。
で、よく聞いたらなんか、祐巳さまが負けたら私の言うことを何でも1つ言うことを聞く、とか言ったって息巻いてるらしいんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
可南子な、そんな約束如きで普段無視してる祐巳さまを呼び止めてるんじゃねーよ、ボケが。
1つだよ、1つ。
なんか祥子さまに告げ口とかもしてるし。ストーキングしといて告げ口か。おめでてーな。
よーし瞳子、祐巳さまを紅薔薇の妹として認めないぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
瞳子な、俺が代わりに学園祭の手伝いしてやるから祐巳さまの前から消えろと。
体育祭ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
棒引きの棒を掴んだ同じチームの奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。ドリル女は、すっこんでろ。
で、やっと体育祭が終わったかと思ったら、瞳子が、手伝いはお任せ下さい、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ツーショットなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、演劇部とは両立させますから、だ。
お前は本当に白百合会の手伝いがしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、祐巳さまと私の邪魔をしただけちゃうんかと。
祐巳さま通の俺から言わせてもらえば今、祐巳さま通の間での最新流行はやっぱり、
ロザリオもらって紅薔薇ファミリー入り、これだね。
ロザリオもらったとしてもお断わりしますと言いつつロザリオゲット。これが通の頼み方。
祐巳さまってのはボケが多めに入ってる。そん代わり胸が少なめ。これ。
で、それに学ラン祥子さま。これ最強。
しかしこれを頼むと次から由乃さまにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ瞳子は、トランスフォーマーか勇者シリーズにで加わってなさいってこった。

985 :可南子:03/11/04 00:50 ID:9B7G1UXD
このあいだ、学校行ったんです。リリアン女学園。
そしたらなんか瞳子がめちゃくちゃ陰口言ってて気持ち悪いんです。
で、よく聞いたらなんか、祐巳さまが負けたら私の言うことを何でも1つ言うことを聞く、とか言ったって息巻いてるらしいんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
瞳子な、そんな約束如きで普段無視してる祐巳さまを呼び止めてるんじゃねーよ、ボケが。
1つだよ、1つ。
なんか祥子さまに告げ口とかもしてるし。ストーキングしといて告げ口か。おめでてーな。
よーし瞳子、祐巳さまを紅薔薇の妹として認めないぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
瞳子な、俺が代わりに学園祭の手伝いしてやるから祐巳さまの前から消えろと。
体育祭ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
棒引きの棒を掴んだ同じチームの奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。ドリル女は、すっこんでろ。
で、やっと体育祭が終わったかと思ったら、瞳子が、手伝いはお任せ下さい、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ツーショットなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、演劇部とは両立させますから、だ。
お前は本当に白百合会の手伝いがしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、祐巳さまと私の邪魔をしただけちゃうんかと。
祐巳さま通の俺から言わせてもらえば今、祐巳さま通の間での最新流行はやっぱり、
ロザリオもらって紅薔薇ファミリー入り、これだね。
ロザリオもらったとしてもお断わりしますと言いつつロザリオゲット。これが通の頼み方。
祐巳さまってのはボケが多めに入ってる。そん代わり胸が少なめ。これ。
で、それに学ラン祥子さま。これ最強。
しかしこれを頼むと次から由乃さまにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ瞳子は、トランスフォーマーか勇者シリーズにで加わってなさいってこった。

986 :イラストに騙された名無しさん:03/11/04 10:56 ID:bAtEcKXg
>>985
修正しきれてないよ。

987 :攻殻機動隊:03/11/05 01:09 ID:2+fYhEK7
乃梨子「山百合会ごときに囲まれたのか?バカめ!!」DADADA!!乃梨子「やめんか!誰が撃てと命じた!?」
「新入生免責特権だ!責任者を呼べ!」祥子「志摩子お気にいりの仏像マニアか…」
乃梨子「貴様か紅薔薇!」祥子「この様子は黄薔薇つぼみ達も見とる‐やっと貴様を山百合会に引き込める証拠(数珠)を手に入れたというわけだ」乃梨子「入る義務はない。従って新入生は規則に基づき数珠を確保し連れ帰る権利を有する!」
祥子「いいのか二条乃梨子暗殺されるぞ」「私は木像派の一仏マニアだぞ」ドリル「あらそう!?」BAMBAM!「ぐわっっ!」


988 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 01:38 ID:NcwdzLuL
このスレまだあったのね、しかも二部のまま・・・

989 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 10:50 ID:izbl+yMI
可南子「私の魂を賭けよう!」
祐巳「グッド!」

990 :マリアさまの空、お姉さまの夏:03/11/05 14:55 ID:UKxVN18W
祥子「鉄人定食ひとつ!!」
祐巳「お姉さまとおなじのっ!!」


991 :百合のススメ:03/11/05 18:53 ID:sxWQEnYh
21世紀の初めに全世界を襲った地球規模の地殻変動は三年に及び多くの生命と秩序を破壊した

新東京武蔵野エリア

空に舞う巨大蝶の撒き散らす鱗粉は電磁波を妨害し 電子機器を狂わせる

地を蹂躙する巨大猫群の主食は汗臭い者全て 武蔵野エリアに男性の生存不可能

旧リリアン女学園校舎 マリア城

城主専用生命維持装置

一同「紅薔薇さま」

一同「神聖なる祥子さま」

【マリア城城主 紅薔薇さま・祥子】

祥子「…」

黄薔薇さまの蕾・由乃「差し出ずる朝日の如きその御眼で我らを照らして下さい」

白薔薇さま・志摩子「漆黒の闇さえ澄みゆくその御声で我らを導いて下さい」

白薔薇さまの蕾・乃梨子「永遠なる紅薔薇さま あらゆる事物は祥子さまのお姿をお待ち申し上げております」

マリア城衛兵・ドリル鎧「「「祥子さまの仰せのままに 仰せのままに」」」

992 :百合のススメ:03/11/05 18:54 ID:sxWQEnYh
由乃「万物に優れる祥子さま どうかお目覚め下さい」

乃梨子「祐巳さまもお待ち申し上げております」

【紅薔薇さまの蕾・祐巳】

祐巳「案ずる事無し マリアさまの御心は青空 祥子さまも暫しの御行脚を楽しまれておる

    この様な時は祥子さまの仰せ無くとも 我ら協同して祥子さまの御意思継がねばならぬ

    見よ 祥子さまの御意志」

祐巳『 十 字 架 再 生 』

一同「おおおお 祥子さま」

祥子「祥子は人間では無い! 性別を越えた不退転の薔薇さま!

    祥子の夢は唯一つ! 瀕死のこの星に百合の境地成し遂げる事!

    青空と樫の木とお前達と 鶯と山百合とサファイア!

    天地の正気澱み無く 朝霧晴れて万物一体!

    其の為に成さねばならぬ事唯一つ

    男性の抹殺! お前達を迫害し 物言わぬ弱者に残虐を尽くす悍ましき三本足!

     男 性 無 用 」

993 :百合のススメ:03/11/05 18:54 ID:sxWQEnYh
志摩子「聞いたか祥子さまの御決意!」

乃梨子「確と!」

黄薔薇さま・令「我らもまた人間に非ず!」

由乃「祥子さまに選ばれし不退転の戦乙女!」

祐巳「許すまじ男性!」

ドリル鎧「「「抹殺! 抹殺!」」」

一同「許すまじ! 許すまじ柏木優!」

銀杏王子・優「え、僕だけ?」

994 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 21:49 ID:S1VDP/p2
>>990むしろ、

「……まけない」

「とうこには、ぜったいまけない」

「ぜったいまけない!」
瞳子がカウンターする。
「上等ぉっ!!」
二条乃梨子が頬の裂けるような笑みを浮かべる。


995 :マリアさまの空、お姉さまの夏:03/11/05 23:28 ID:F4ECdZvY
>>994
なるほど、その線もあったか。

とりあえず真美or美奈子には「おっくれてるぅー」を言って欲しい(ぇ

996 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 23:58 ID:CUfebXYr
貧弱、貧弱ゥ〜〜

997 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 23:58 ID:CUfebXYr


998 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 23:59 ID:CUfebXYr
百合

999 :イラストに騙された名無しさん:03/11/05 23:59 ID:CUfebXYr
銀杏

1000 :イラストに騙された名無しさん:03/11/06 00:01 ID:3Jplnbqj
次スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1066491456/l50

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

408 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)