5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしもライトノベル作家が一つのクラスにいたら3

1 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 05:03
2回目の校舎建て直し。

一般生徒「あーあ、なんか気が付いたら校舎ボロボロですねぇ。」
一般教師「うむ。まぁ、神が光臨しまくったからね。
     この程度で済んでよかったぐらいだよ。」
生徒「そうですねぇ……また、降りますかね?」
教師「わからないね。ただ、神々とて全知全能の存在じゃないんだから、
   あまり不必要な期待を抱いてプレッシャーを掛けるべきではないよ。」
生徒「その無意味に偉そうな口調は何なんですか?」
教師「深い意味など無いよ。」

2 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 05:03
前々スレ
もしもライトノベル作家が一つのクラスにいたら(html化済み)
http://book.2ch.net/magazin/kako/1030/10302/1030242846.html

前スレ
もしもライトノベル作家が一つのクラスにいたら2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1034748256/

参考スレ
歴史上の人物達が一つのクラスにいたら・・・
http://mentai.2ch.net/history/kako/1015/10150/1015063996.html
歴史上の人物達が一つのクラスにいたら・・・2
http://mentai.2ch.net/history/kako/1019/10199/1019960633.html

漫画家が一つのクラスにいたら@少年漫画板
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1024246673/
漫画家が一つのクラスにいたら@2組
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1028671069/

神光臨 02スレまとめサイト 作家DEバトロワ
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/brlw/brlw.html

3 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 05:15
立てたのか、前スレ埋まるまでまだ時間が有りそうなのに。
それはそうと乙>>1

4 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 05:45
>1

乙〜

5 ::03/07/13 11:18

http://www.sexpixbox.com/pleasant/nude/index.html

6 :先生:03/07/13 11:42
三学期にしろと言ってあったはずだが?
>1は地下の反省房入り決定

7 :1でない奴:03/07/13 12:26
先生!3学期にしたら次で終わってしまうので、これでいいと思います!
(サ○エさん効果w)

8 :先生:03/07/13 12:28
いーんだよ
どうせ誰も卒業できねえんだし

9 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 20:43
( ´Д`)/ 先生! トミノ先輩は卒業したはずです。

10 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 20:56
>6
先生!反省房入りってことは>1は 温 帯 に
*の穴までかっぽじられて食われますか?

11 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 22:19
あんまし出番がないコバルト班はこんな感じか?

前田珠子
レポート提出数は普通だ殆んど未完。趣味女子いじめ(ただし最近は電撃班の中村のおかげで影薄い)
須賀しのぶ
普段着は迷彩服、いつもM16と手榴弾持ってる(最近は日本刀も)複翼機で通学(滑走路は運動場)部屋はミリ本で一杯・・・・本当に女子かよ?
野梨原花南
ギャル
今野緒雪
男子から一番人気があるが殆んど女子としかいない。女子に甘える癖あり

12 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 22:24
先生! コバルト班の桑原さんのレポート完成しそうなんですが
BL班ではうちでは長すぎるからやっぱりコバルトに提出して
欲しいそうです!(コバルト班補足?)

13 :復讐鬼ぎ〇る完結編その1:03/07/13 22:46
                             ∧_∧ …
            水∧             ( ゚ ∀ ゚)
            (=(゚ω)              (  字 )
          〜( x )   ,.輝、 ドシタノ?   | | |
            U U   (;・∀・)つ●    (__)_)
  ┌ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
  l ふふふ、 いまこそ
  l http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1034748256/202-207の復讐の刻!
  └ ─ ─ ─ ○ ─ ┬ ─ ─ ─ ─
                    │ ち、ちょっとぎぐるさん!
                    └────────v──
    _               ∧真∧
  , '´  ヽウーン     ぎ_∧   (´Д`;)
  | ノノハ))      ( Д ,,) [  ( 壊とノ
  | ||; 〜∩      .(|  ,つ  | | |
  |ll fつ ソ       |  |〜   (_(_)
   <__i__!        .し`J
   〈/J

14 :復讐鬼ぎ〇る完結編その1:03/07/13 22:47
                              ∧_∧
            水∧リョウキテキダィヨウ     (  ゚ ∀゚) マッテー
            (=(゚ω)             (  つ つ
          〜( x )   ,.輝、 エ‐!?     人 ヽノ
            U U   (;・∀・)つ●    (__(__)
│ぎぐるさんひとりだとまずいけど
|深見くんもいっしょなら……
└──y──────────────

    _                ∧真∧
  , '´  ヽ       ぎ_∧    (´Д`;)
  | ノノハ))      (゚Д゚,;) [   ( 壊とノ
  | ||; ヮ∩        .(|  ,つ  | | |
  |ll fつ ソ       |  |〜   (_(_)
   <__i__!        .し`J
   〈/J

15 :復讐鬼ぎ〇る完結編その1:03/07/13 22:49
                                    ∧_∧
            水∧リョウキテキダィヨウ           (  ゚ ∀゚) アハハー
            (=(゚ω)                   (  つ つ
          〜( x )   ,.輝、 ナニヲオイカケテ…     人 ヽノ
            U U   (;・∀・)つ●          (__(__)

http://ex.2ch.net/test/read.cgi/vote/1056719512/890-891

         ・ ・ ・ ・ ・ ・

    _                ∧真∧
  , '´  ヽ       ぎ_∧    (´Д`;)
  | ノノハ))      (゚Д゚,;) [   ( 壊とノ
  | ||; ヮ∩        .(|  ,つ  | | |
  |ll fつ ソ       |  |〜   (_(_)
   <__i__!        .し`J
   〈/J                         つづく?

16 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 23:32
↑前スレにもあったがなんだこれ?

17 :イラストに騙された名無しさん:03/07/13 23:50
ぎぐりんの日記を参照。



18 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 00:06
昔すぎて忘れてたw

19 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 00:07
ageてしまった。スマソ

20 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 12:12
>11
>須賀
一個忘れてた携帯の着メロはワルキューレ

21 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 13:25
>11
藤本ひとみ
最近全く学校に来てないが、未だコバルト班の影番。
イケメン男子を多数はべらせていたが、
なぜかフランスにかぶれ、休学して留学中。
一説によればラ校にはもう復学しないと言ったとか言わないとか。

22 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 22:17
前スレ後半の展開はある種の祭りなのであってあれが常態化されても困る。

23 :イラストに騙された名無しさん:03/07/14 23:04
密かに22に同意してみんとす。

24 :イラストに騙された名無しさん:03/07/15 01:24
個人的に羽沢向一と綾守竜樹がこの学校に転入してきてもらいたいな…
彼等が書いているものも、一応ラノベといえるだろうし…




エロいけど。

25 :山崎 渉:03/07/15 11:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

26 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 04:05
いまさらだが山崎うぜえ

27 :イラストに騙された名無しさん:03/07/17 05:03
うざいって言う奴が山崎

28 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:54
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/2364/sakka_saimoe.html

校舎に戦乱の嵐吹き荒れる中、こんなお祭も同時進行中。
悲喜こもごもがあるようです。

29 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:55
6/10
高橋「秋田さんのことは尊敬していますが、富士見班の時代はもう終わったんです。
   渡瀬先輩と戦うためにも、この場は負けられません」
秋田「君が今立つ場を誰が築いたかも知らないようだな。確かに俺の後輩達は不甲斐ない。
   だが、だからこそ! 富士見班の意地にも賭けて、俺は絶対に引けないな!」
高橋「後悔するよ……。燦然! シャンバイザー!」
秋田「我掲げるは降魔の剣! とっりゃあああ!!!」

  高野  ダレモ チュウモクシテクレナイ...
 (´・ω・`) ボクモオナジデンゲキナノニ
  (∩∩)   高野和・地味に9票とって敗退

30 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:55
6/23
生徒A「おい、誰だ? あの高飛車なオバさん」
生徒B「ああ、金蓮花先輩だな。
    昔は清楚な人だったのに、レポートが認められてからはすっかり変わってしまったらしいぜ。」

金「ふん、この私を差し置いて大会などとは無礼千万。
  相手が誰だろうと関係ありません。優美に勝利して、私達の民族の優位性を証明してご覧に入れますわ。
  さあ、相手はどなた?」
おかゆ「あ、どうも、僕です。よろしくお願いします、先輩」
金「ふん、よろしく(ぱっとしない男ね……。私の前に立つのも汚らわしい)」
おかゆ「では、失礼して……」
金「?」
おかゆ「よっ……と。やっぱり、まだ疲れが残ってるな」
金「ちょっ……、ちょっとあなた! そんな危険な野球道具を持って、一体どうするおつもり!?」
おかゆ「あ、大丈夫ですー、すぐに生き返らせますんで。それでは……失礼しまーす」
金「ひ……。ひぃぃぃぃぃっ!」

生徒A「相手が悪かったよな」
生徒B「ああ」
生徒A「早く校舎直そうな」
生徒B「ああ」

31 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:56
6/28
試合終了後……

雑破「ふむ、やはりミステリー校の特待生は強いな。私の母校からも応援を頼めばよかったか……」
清水「あんなネガティブボーイにやられるトハ、まだまだワタシの乳首も甘いデース。ターリホー」
雑破「ふむ、しかし、彼の態度は勝者のそれとは思えんね」

       ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イインダイインダドウセボクナンテ::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧:::::::::::::::::::オタデヒッキーデムネヲタイリクカライッポソトニデレバワライモノニシカナラナクテ:...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::):::::::::::::::::::ミンナボクノコトヲオウエンシテルヨウニミセカケテゲラゲラワラッテルンダ.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃::::::::::::::::::::ゼッタイソウナンダ:::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニシオクンガウラヤマシイヨオ・・・::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::.

32 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:57
高野
|・ω・`)佐藤君……
|o  o
|―u'
|      ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧::::::::::::::::::::...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::):::::::::::::::::::.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::.

33 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:57
高野
|・ω・ )僕も同級生の壁井さんや成田君に比べると地味で、よく忘れられるんだ……。
|o  o でも、それでも僕のことを応援してくれてる人がいっぱいいっぱいいいるんだよ。
|―u'
|      ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧::::::::::::::::::::...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::):::::::::::::::::::.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::.

34 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:57
高野
|・ω・´)だから、だから佐藤君も頑張って!
|o  o君の事を大好きな人だって、きっといっぱいいっぱいいるはずだよ!
|―u'
|      ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧::::::::::::::::::::...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::):::::::::::::::::::.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::

35 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:58
高野
|・ω・`)……余計なこと言ってごめん。
|o  o もう帰るね……
|―u'
|      ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧::::::::::::::::::::...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::):::::::::::::::::::.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::.

36 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 06:58
      ..:.:.:::.:.:.::.:.::.:.:.::..::.:.:.:.::.::..::.::.:.::.:.:.:.:.:.....
    ...::..:.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:.::...:.:.....
   ...:..:.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.::.:.:.:.:.:..:....
   .:.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ユヤ∧::::::::::::タカノクン・・・:::::::::::::::::::...:.:...
   :.::.::.:.:::.:::::::::::::::::::::::::::(::゜A゜::::::)::::::::::アリガトウ::::::::::::::::::.:.:.::...:.
   ::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::(:::::::::::::::⊃:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.::.:.
   :.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::(;,,○;;;;;;;ノ;;):::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::.:.::.:
   ...::.:.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:
    :..:.::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:
      ::.:.:.:.:.::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.::.:.:....
           ..:.:.:.:.:::..:.::.::.:.:.::.:.:.:.::.::.:.:.:..::::...::.

清水「どうも友情が芽生えたようデース。ハーラショー」
雑破「いいことではないかね」

37 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 07:14
6/30
秋山「笹本先輩! 勝ち上がりおめでとうございます!」
笹本「ありがとう秋山君。いやあ、流石にイギリスの留学生は強敵だったね」
秋山「俺も一回戦勝ちあがったんですよ。お互い頑張りましょう!」
笹本「君みたいな弟子を持って、俺は幸せだよ。さて、次の相手は……」
秋山「…………」
笹本「…………」
秋山「……お互い、頑張りましょう、ね、笹本先輩?」
笹本「ああ、お互いに、な」
二人「は、は、は、は、は、は、は」

ローリング「馬鹿ばっか」

38 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 07:15
7/12
折原「今野さん……、あれは?」
今野「…………」

応援団1「いいかお前ら! 我々の今野たんは間違いなくこの学校で一番の才媛だ!
     我々は今野たんのファンとして、何をしてでも彼女を優勝させなければならない!」
応援団2「例え学校を潰してでも! 我々は必ず、今野たんを優勝させる!」
一同「ウオーーーーーーーーッ! 今野たん! 今野たん! 今野たん! 今野たん!」

折原「見たところ、殿方ばかりみたいだけど」
今野「私、そんなつもりじゃなかったのに……。いつの間にかあんな人たちが後ろについてしまって……」
折原「……同情するわ」

〜観客席〜
中村恵「何で私にはああいう熱狂的なファンがつかないのかしら」
一色「自分のレポートに聞いてみい。つか、ついてほしいんか?」
中村恵「死んでもいや」

39 :途中で連投規制に引っかかった:03/07/18 07:15
はてさて、今後はどうなることか。

40 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 08:45
最萌にかけるとはナイスw
バトロワが終わっても、新スレの今後は安泰じゃ。


高橋「燦然! シャンバイザー!」ワラタ

41 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 09:33
( ´Д`)/ 先生! 電撃クラスが十周年を記念して
        合同でレポートを作ろうとしています!

ttp://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/webshop/vunko.html

42 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 11:18
誰か唯一のパーフェクトゲームを達成し、
幾星霜ぶりの新作短編も出たろくごまるに
にスポットライトを浴びせてやっておくれ

43 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 17:22
グループSNEは、すみっこの方で集まってTRPGをしている。

44 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 17:51
水野君や山本君は、会社から飛び出して好き勝手やらかしてるようですが。


45 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 19:37
7/10
野村「……負けちゃったね。乙一くん……」
乙一「仕方ないよ……川上先輩はベテランだし……新しいレポートも出たばっかりだったし……」
野村「……でも、それでも34票だなんて。凄いな……私、そんなに票もらえる自信無いから……」
乙一(野村さんなら……大丈夫だと思うけどな……)
野村「ん?乙一くん、何か言った?」
乙一「!?……い、いや、何も…………野村さん、勝てると良いね……」
野村「うん……これに勝ったら……部員も、ちょっとは増えるかな?……なーんてね。ふふ」

野村「それじゃ、今日も練習、始めよっか。台、出してくるね」

(何故か土門弘幸・鈴木鈴・田中芳樹の横に赤でチェックが入ってるリストを見ながら)
乙一「……でも……これに勝つって事は……野村さんが色んな人の萌え対象になるって……事?」


(一方そのころのかどちん)
上遠野「WRYYYYYY!!34票!34票だな!越えてやる!越えてやるぞッ!
     あの乙一よりこの上遠野の方が上だと言う事を証明してやるゥゥゥゥ!!」

※いつもどおりですた。

46 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 22:37
( ´Д`)/ 先生!「夏と花火と私の死体」は96年10月刊、
       「パンツァーポリス1935」は97年1月刊なので、
       実は乙一君の方が川上君よりも先輩です!

47 :イラストに騙された名無しさん:03/07/18 23:01
( ´Д`)/ 先生!山崎 渉はうえお君が作r

パァン

(;´Д`)「あ、あれ?なんでここに戻って?まあいいか」
がらら
教室から出て行く

ばたっ

(;゜Д゜)先生!!激しい頭痛がします!

48 :イラストに騙されし名無しさん:03/07/19 00:42
( ´Д`)/ 先生!今日の面子怖すぎです!

49 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 00:51
( ´Д`)/ 先生! 蘭世くんの話題はやっぱりタブーですか?

50 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 01:16
今だ!50ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

51 :セイラ:03/07/19 12:54
http://life.fam.cx/a006/




52 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 13:50
新スレでも激しく萌えるユヤタソ。

53 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 15:19
社会科の先生「田中君は、とりあえず中国史に関しては成績良いですねぇ・・・」

54 :イラストに騙された名無しさん:03/07/19 18:48
電撃班班長「はぁ…」
同期生徒A「あれっ、かどちんどうしたの?暗い表情でため息なんかついちゃて」
班長「ああ、あっちーか。いやね、今付き合ってるイラスト校の人のことでちょっとね」
A「あー、噂くらいは聞いたことあるけど、そんなにひどいの?」
班長「うんとっても。そのてんあっちーはいいよな。宮須弥さんとの相性はバツグンだし、矢上君と組んだときのレポートはアニメ化して結構評判いいみたいだし」
A「まあね。でも僕も最初のころは宮ちゃんとの息が合わなかったりしてたんだよ。レギュラーのメガネっ娘にメガネが描かれてなくて次巻からメガネの描写を無かった事にしたこともあるし」
(あっちーも僕とおんなじ様な経験があるんだ。それでもあっちーはがんばって宮須弥さんといい関係を作ってきたのに(あとがきで)緒方さんにお礼を言ったこともない僕がただうらやましがったりしたらだめだよな)
班長「…ごめん、僕だけがつらいみたいなこと言ったりして」
A「まあいいじゃん」
班長「それ、僕のセリフ」


55 :イラストに騙された名無しさん:03/07/20 04:26
カドツィン「くそ……緒方の野郎め……」
西尾「どうしたんですか、師匠。ジェラートの最期の顔みたいな表情で」
カドツィン「ん? あ、ああ……いや何、絵師をな一人炎上しようかと思って」
西尾「え? 駄目ですよ、師匠密室トリック苦手じゃないですか。絶対足がつきますって」
カドツィン「西尾君、君はまだまだ未熟だね……男はやると決めたら殺らなくてはいけないんだ」
西尾「はぁ。……そういうもんなんですか。僕は竹さんと上手くやってますけど……」
カドツィン「何?」
西尾「え、あ、師匠……そんなプッチ神父の最期みたいな顔しなくっても」
カドツィン「まぁいいじゃん」
西尾「そ、そんなの戯言ですぅ!!」


56 :イラストに騙された名無しさん:03/07/20 10:40
進路指導室の前の廊下
阿智「就職したりMF班のレポート書いたりしちゃったからミネ先生に呼び出されちゃたよ。えっと進路指導室はっと…あれっ?」
佐藤ケイ「せ、先輩?先輩クラスの人が何でここに?」
阿智「いや、カクカクシカジカで『この先のキミの電撃班のレポート提出とほかの仕事のかねあいについて話がしたいにょ』って言われちゃてさー。それよりキミのほうこそ何でここに?」
佐藤「恥ずかしい話なんですが今までのレポートを感動させる場面でひねくれたネタを入れたり萌えを入れたりしていたものだから『あまりにも個性的なレポートを提出したものは違う系統のレポートを作成する際に教師の許可を必要とする』って校則にひっかかちゃったんです。
だから天国のレポートが終わったあとでも困らないように今のうちに許可をもらっておこうかとおもって。とは言ってもまだ次にどんな話書くかは決めてないんですけどね」
阿智「ふーん、たいへんだね」
佐藤「申請はメンドイですけど許可自体は結構簡単におりますよ。実際前に一度許可してもらって一冊読切りのレポート出しましたし。あ、でも今申請してる人は多分無理かも」
佐藤がそう言うと同時に進路指導室の扉が開き中から一人の生徒が飛び出しそのまま走り去っていった。
???「ウワァァァーン、お前はぴぴるぴ以外書いちゃダメだなんてあんまりだーっ!!」
佐藤「あー、やっぱり」阿智「あー、なっとく」

57 :イラストに騙された名無しさん:03/07/20 23:16
今日も電撃9期組は坂入の家でペンギンやゲームの話に夢中。

壁井(9期組班長)「ペンギンやゲームの話はいい加減止めて下さい。
 9期組全員揃っていますか?」
成田「えー、高野さんがまだ来ていません」
高野「な、成田君!? 僕は最初からずっとここにいますけど」
壁井「それでは電撃9期組緊急会議を始めたいと思います。
 今日の議題ですが、藤原祐君のことについて……」
坂入「藤原ぁ? 誰、そいつ?」
神野「入校の最終面接で一人だけ落ちちゃった人だよ……」
壁井「そうです。その藤原君ですが、この秋に特別編入するらしいので、我々は彼に
 どのような対応をすればいいのか、と」
成田「別に。普通に接すればいいんじゃないですか?」
坂入「そーそー。ムカつく奴ならやっちゃえばいいじゃん?(ナイフを磨きながら)」
壁井「……判りました。とりあえず最初は様子見という事で……」
神野「それにしても遅いなあ、高野君」
高野「…………」

58 :イラストに騙された名無しさん:03/07/20 23:47
成田ひでえなw

59 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 08:24
ねたがないのかな・・・

60 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 12:15
川上「まロい……まロいぞっ!! どうして君はまロいのかね!?」
野村「え? ……ま、まろいって?」
川上「いや、フフ……君はまロい。その事実だけで十分だ」
野村(どうしよう……乙一君、なんだか怖い人が私の事を……)
――説明しよう! 川上稔の顔はやくざ顔である!
乙一「ム……あれは、川上君と野村さん……まさか……野村さんに恋人が……?」

――吹き荒れる黒乙一の怒気、川上の力! 変する作家の力や如何に!?
――次回、『闇の覚醒』!! 見逃すとドクロちゃん!
上遠野「まぁいいじゃん」

61 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 13:02
乙一と野村がなぜラブという設定なのか、ソースが欲しいのでつが

62 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 13:11
>>61
元は単なる卓球繋がりではなかったかと>乙一と野村

63 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 23:01
ライトノベル校の男女交際は、相手はイラスト校の人って設定が多いから、
そういう意味では乙一の本来の相手は羽住都タンになりそうなんだけどね。

ライトノベル校同士のカップルって、乙一と野村タン以外にいたっけ?

64 :イラストに騙された名無しさん :03/07/26 23:33
つか、川上はさとやすという一心同体なパートナーがいながら何やってんだw

65 :イラストに騙された名無しさん:03/07/26 23:57
一色×中村<ライトノベル校同士のカップル
え、違う?w

なんでソロではあんなにグログロえぐえぐな中村の姐御が、
一色が絡んだ途端あんな萌えキャラになるんだ…。

66 :イラストに騙された名無しさん:03/07/27 17:27
>>65
そりゃー書いた人が違うからだよワトスン君。
で、グログロえぐえぐなのは私が書いたわけですが……

67 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 16:28
あれ?
書くものないときってこのスレこんなに速度遅いの?
まぁスレ的夏休みってことか

68 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 20:32
>67
こないだのおかゆ騒動が異常。普段はこんなもん。

そういやライトノベル校にはいくつ部活があるんだ?

69 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 22:37
神林「え?新入部員勧誘していいの?>68
   猫部を宜しく〜 可愛いですよ、くねくね」

70 :イラストに騙された名無しさん:03/07/29 23:11
最萌トーナメントをバトルにして書くとか・・・
俺は出来ないけどな

71 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 00:06
>70
また同じことの繰り返しじゃねーか。

72 :71:03/07/30 00:07
すまん、それは上半期だったよ。

73 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 00:25
ネタ投下。

夏休みです。
生徒の皆さんはちゃんと自由研究をしてきて下さい。

今年のテーマは「萌え」「電波」「黒」です。

勿論これ以外も可能です。では、頑張って良いレポートを仕上げてくださいね。

74 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 01:22
カドッツァン「僕は自動的ですから、>>73に従う事は出来ない」
ウェーオゥ「まぁまぁ先輩、ここはとりあえず先生の言う事を聞いて、ゴマすっときましょう。ゴマをするといえば先日……閑話休題……(略)」
サカッキィ「夏休みは1/1士魂号を作る予定があるんだ」
ニスィーオ「でも70のトーナメント式の殺し合いも中々良いね。僕は出場辞退するけど」

75 :イラストに騙された名無しさん:03/07/30 11:56
???「ナンパーワン、ポク、ナンパーワン! ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪」

76 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 15:16
高畑「『萌え』『電波』『黒』か……僕には縁のない単語だな」
成田「僕もまるっきりです。どうしたもんでしょうね」

おかゆ「ナンバーワン!ポク、ナンパーワン!ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪」

高畑「おい、あそこで何か撒き散らしてるのって、確か新人の……」
成田「見ちゃ駄目ですっ!」
高畑「おいおい、どうしたんだよ」
成田「あ、いや、その、なんか危険な感じがして」
高畑「……そういえば、なぜか頭が疼くな」
成田「て、手遅れですかっ!?」
高畑「いや、そうじゃなくて、なんか夢を思い出しそうな感じが……」
成田「……その夢で、僕と先輩が組んでませんでしたか?」
高畑「ああ、それで何か大きな事件があって、感染したとかなんとか―――電波?」
成田「……」
高畑「……」

おかゆ「やった!1位だ!もうだれも僕の事を『電波』なんて呼ばせないぞぉぉぉぉっ!!」

成田「―――忘れましょう。きっと悪い夢だったんです」
高畑「そ、そうだな」


おかゆ、何故か全校生徒に避けられる。

77 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 18:08
( ´Д`)/ 先生!
       生徒会が何やら妖しい名前に改名しようとしてます。

78 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 19:36
>>76
初登場時は真面目そうな好青年だったおかゆが・・・( ´Д⊂

79 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 21:18
>>78
2003上半期で大賞を取ったのが増長させたんだな

80 :イラストに騙された名無しさん:03/07/31 22:47
>>56の後……

高橋「先生、何か凄い音がしたんですけど、大丈夫ですか?」
   進路指導室に入る高橋。
高橋「うっ! こ、これは……」
   進路指導室の内側は、まるで一面赤いペンキをぶちまけられたように真っ赤に染まっていた。
   そのペンキの中心に、灰色の物をはみ出させ、白い部分をむき出しにした塊が横たわっている。
高橋「人間? …先生!?」
   あわててそれに駆け寄る高橋。
???「駄目だ……。…こんな、物を書いても、お前は…」
   硬直する高橋。
高橋(そうさ、分かってるさ。俺は萌えで勝負するんだ。そうだ、伸びるには、売れるためには、
   そうしなくちゃいけないんだろ、分かっているさ)
   高橋「ハッ! …さて、これからどうしようか。何か、手がかりとか無いかな…」
   おや、机の上に………、これは、レポート?」
   そのレポートは、欧州の伝承をモチーフに採った物だった。所々にマニアックな知識らしき
   物がちりばめられている。その作風はひたすらにストイックだ。
   高橋「まぁ、荒削りだけど結構面白い。ただ、硬派すぎるというか、読む人を選ぶというか、
   あんまり売れそうにもないな……」
   自嘲的に小さく嗤う高橋。そのレポートの提出者を見てみる。
   末尾には、こう、書かれていた。”おかゆ まさき”


おかゆ「あ、高橋先輩! すみませんね、どーですかやっちゃいましたよ僕! さぁ、僕を誉め崇め
   奉って下さい! さぁさぁさぁ!」
高橋「ああ、大賞おめでとう、おかゆ」
おかゆ「…そうでしょうそうでしょう、僕はただの電波じゃありませんよぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪
   格が違うんですよ僕は、僕は、僕は、、、ぅうぅぅぅっ、うっ、ぐすっ、ぐすっ、うぅっ」
高橋「さぁ、今日はお前の大賞受賞を祝って、飲みに行こうぜ」
おかゆ「…ぐすっ、ずずっ、うぅ、…はい、先輩」

81 :イラストに騙された名無しさん :03/07/31 23:15
おかゆ「ナンバーワン!ポク、ナンパーワン!ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪」

川上「あのセンス、どう思うかね?」
さとやす「え?そ、それは――」
川「正直に言いたまえ」
さ「だ、駄目だよっ。一応あれでも大賞受賞者なんだからっ。言えないよ」
川「……素晴らしい答えだ。奥ゆかしい」

82 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 12:54
おかゆ「ナンバーワン!ポク、ナンパーワン!ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪」

谷川「あかほり先輩、水野先輩。あれ、宇宙人?」
あかほり「どちらかっちゅーと異世界人じゃないかねぇ?」
水野「未来人でないことだけは確かやろけどな」
谷川「……ふむ……」

   谷川流はおかゆの電波にご興味を示されたご様子です。

83 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 16:47
80をみて、高橋×おかゆを想像しまちた

84 :酒屋にて1/3:03/08/01 18:23
勝手に>>80の続き


おかゆ「せんぱぁい。ぼかぁもうどうしていいのかわかりませんよぉ」
高橋 「ああ、そうだな……どうしたら、いいんだろうな」
おかゆ「皆で電波電波って……僕にはもうそれしかないんですか?電波以外に生き残る道はないんですか?」
高橋 「おかゆ……」
おかゆ「僕だって作家の端くれです。いろんなものを書いてみたい。自分が本当に望んだものを書いていきたい。
    そう思うことは、間違っているんですか……?」
高橋 「……」
おかゆ「先輩だって……」
高橋 「おかゆ、それ以上は言うな」
おかゆ「……ごめんなさい」
高橋 「……」

ガラッ

あざの「おやじ、酒だ。神仙酒もってこい」
水城 「ふはははは!今日こそは酒の女神を召還して見せようではないか」
あざの「よう、高橋とおかゆか。何二人して辛気臭い面並べてんだよ」
高橋 「やあ、あざの君に、水城君か」
おかゆ「……こんばんわ」
水城 「やぁ、そこにいるのはおかゆ君か!電波で大賞を受賞するという最高の猟奇を成し遂げた漢!
    さっそく共に祝杯をあげて酒の女神を召還し、更なる猟奇の高みを目指そうではないか!」
おかゆ「でっ、でっ……」
水城 「む、どうした。受信中かね?」
おかゆ「電波っていうなぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

ゴシャッ
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪

85 :酒屋にて2/3:03/08/01 18:25




あざの「なるほど。それでここまでテンパってたってわけか」
おかゆ「ああああの、ごごごごめんなさいぃぃ」
水城 「何、気にすることはない。撲殺されるのもまた猟奇である」
高橋 「本当に、その申し訳ない……」
あざの「気にすんな気にすんな。元々殺しても治らないくらい壊れてる」
水城 「ふん、猟奇を解さぬ男はこれだから……」
あざの「んだとコラ」
高橋 「まあまあ」
おかゆ「……」





水城 「しかし、おかゆ君。こんな事でいちいち躓いている様では、真の猟奇には程遠いぞ?」
おかゆ「え?」
あざの「まあ、猟奇云々は放っておくとして、確かにいちいち悩むようなことでもねーわな」
高橋 「……そう思うかい?」
あざの「俺たちから見りゃ、恵まれたガキの戯言にしか聞こえねーよ。
    忘れたか?俺らはあの富士ミスクラスだぜ」
水城 「うむ。別名地雷の園。いつ沈没するかもわからない、実に猟奇的なレーベルである」
あざの「俺らが言うのもなんだが、実質俺と水城でもってるようなもんだ。俺らがこけたら後はねえ。
    ただ目の前のレポートに、自分のすべてをつぎ込むだけだ」
水城 「その通り。そしてそのレポートが己の魂にそぐわぬ物であれば、猟奇的傑作たりえないのは必然」
あざの「その気もねーのにグダグダ続けさせてもらえるほど、編集も一般生徒も甘くねーよ」
高橋 「要するに、我々はただ駄々をこねているだけだ、と?」

86 :酒屋にて3/3:03/08/01 18:25
あざの「ぶっちゃけちまえば、そーだな。例えば、もしお前が本当にA/Bに全てを賭けるつもりなら、
    編集だって止めやしねー。いや、止めようとしても止めらんねーよ」
水城 「全てを賭けたレポートが不評ならば、それは君がその程度の作家だったということだ。
    その覚悟のない作家は猟奇的ではない」
高橋 「しかし……」
あざの「とまあ、偉そうに語ったところで、所詮金だ。金が稼げないプロはプロじゃねえ。
    編集だって、リスクを負ってまで賭けに出るような青い真似はしないだろーよ」
おかゆ「それじゃあ……」
水城 「だからといって諦める積もりかね?金がないなら貯めれば良い。力がないなら蓄えるのだ」
あざの「不本意であろうと何だろうと、書いて書いて書きまくれ。売って売って売りまくれ。
    そして実績をもって編集を黙らせ、手前の真価を見せ付けてやれ」
高橋 「……」
おかゆ「……」
あざの「言うほど簡単なことでもないし、決めるのはお前らだ。酔っ払いの戯言だと斬って捨ててもかまわねえ。
    ただ、手前らがプロだって事は忘れんなよ」
水城 「……慣れない事をしたら酔いが醒めてしまったな。今回は女神召還は諦めることにしよう」
あざの「俺もだ。今日はとっとと帰って寝るとしよう。おやじっ!お勘定!」





おかゆ「先輩」
高橋 「なんだい?」
おかゆ「僕、やってみます。大賞を取ったこの勢いで、電波だろうとなんだろうと撒き散らしてやります。
    金を稼いで、力を蓄えて、そして、いつか……」
高橋 「今日は、もう帰ろうか」
おかゆ「先輩……」
高橋 「早くレポートを書かなきゃいけないしね」
おかゆ「……はいっ!」


87 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 19:01
>>82
作品の法則をそのまま作者が使うというこのスレの伝統に則って考えるならば、
このスレでの出来事は全て谷川が望んだから起きているという事になるな。

88 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 21:00
>>87
全ての黒幕は、あいつか!(本人自覚なし)

こうして、新たな騒動の前兆は密かに芽吹いた。
だが、その事実を捉えた者はまだ、誰もいない――

89 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 21:02
>>84-86
正直、感動した

90 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 22:29
>>84-86
そうか、10月の新作レポートにぴぴるぴ2巻の名があった裏には
こんなドラマが……(つд`)

91 :イラストに騙された名無しさん:03/08/01 23:57
でも出来上がったものはドクロちゃん。

92 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 03:29
>>84-86、そして>>91

     ど う す れ ば い い ん だ

93 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:38
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

94 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 07:58
>>91
高畑並みにマニアックで硬派なドクロちゃんかもしれないぞ。

95 :イラストに騙された名無しさん:03/08/02 21:28
あ、なんか読みたくなってきた。
飛び散る脳髄を詳細に描写したり、
わっか失って襲い来る腹痛とそれに伴う心理の描写とか。

96 :禁断の数字(偽):03/08/02 22:14
靴ネタないなー、ってことで靴新人ネタ投下してみる。

浅井ラボ「91、92。」
椎野美由貴「むぅ〜、93、94、95。」
岩井恭平「えーと、96、97…………………98。」
浅井「99。」
椎野「100。って…………きーッ!!何で私だけ3回連続で負けなのよっ!!
   ま・さ・か・あ・ん・た・た・ち、」
岩井「いひゃいいひゃい、ひいのひゃん、はへへー。」
椎野「グルになって私をハメてるんじゃないでしょうねーっ!
   特に浅井、アンタ大賞でかなりイイトコいったからって馬鹿にしてるんでしょっ!!」
岩井「いひゃい〜、いひゃい〜。」
浅井「いや全然そんなこと無いよ、それにグルになってるなんて。ドラッケン族の格言にはこうある、
   『竜の首を多くの仲間と分けるならば、それが竜の首かどうかはもうわからない』
   ってね、グルになったっておもしろくもなんともないじゃないか。」
岩井「いひゃい〜(浅井君は非道やなあ、うちはこのルールすぐにわかったけどなー)」
浅井「じゃ、3回目の罰ゲームだけど……魔法少女で放置&羞恥プレイはもう飽きたから……
   電撃班のおかゆくんによる撲殺&復活を食らってそれをまとめる。3枚で。」
椎野「あーもう! わかったわよ、やればいいんでしょやれば!
   つーか浅井はこのゲームの必勝法とか知ってるんでしょ! 教えなさいよ私にっ!」
浅井「ん。」
椎野「なによその手は。」
浅井「初級で100円、中級で1000円、上級で5000円でございます、お客様。」
椎野「……訊いた私が馬鹿だったわ。岩井だって知ってるんでしょ。」
岩井「(やっと解放されたー)うーん、せやなー、3人だとなー……」 
浅井「ちなみに罰ゲームの締め切りは一時間後です。」
椎野「きーッ!! 行けばいいんでしょ行けばーっ!!」


浅井「最後は手ぇ抜いたんだがなー、なんであそこで95まで言っちゃうかねー。」
岩井「せ、せやなー(あ、あかん、サドや、この人絶対サディストや)」

97 :イラストに騙された名無しさん:03/08/03 01:10
>>96
靴ネタ(・∀・)イイ! というか、岩井は大阪口調で確定なのかw  

98 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 00:05
椎野「……と、いうわけでぇ、私をぴぴるして欲しいんだけど……」
おかゆ「も、もう撲殺はいやだぁぁぁぁっ!」
椎野「あ! コラ逃げるな待ちなさいっ! 待ちなさいったらもうっ!」


―――鬼の形相で追いかけております、しばらくお待ちください――――


椎野「……つまり、今日だけで一般生徒に五回同じことを言われた、と。」
おかゆ「うん」
椎野「で、全員『罰ゲームだ』って言ってた、と。…………………浅井め……」
おかゆ「あ、浅井君がどうかしたの?」
椎野「ん? 極悪人がわかっただけよ、うん。
   じゃ、今から浅井をとっちめに行くから、アンタ、付き合いなさい。」
おかゆ「え?」
椎野「え? じゃなくて、いーから付き合いなさい。
   とりあえずヒルルカとターレルクを確保しに行くわよ、人質に。」
おかゆ「それって椅子と棚じゃ……」
椎野「いーのよ、あの極悪変態家具フェチにはそれが一番効くんだって。
   ほら、そこの釘バット持って。」
おかゆ「う、うん……」


浅井ラボの明日はどっちだ!

99 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 00:23
靴もやっと語れるタレントが出てきたか(w

100 :イラストに騙された名無しさん:03/08/04 09:27
  ぼるじょあ兄弟がムーンウォークで100ゲットォー!!
  ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧ ∧     ∧ ∧
       ( ・3メ)    ( ・3・)
      ⊂ ⊂ヽ    / つ つ
        /⌒_)〜(_⌒ヽ
;;⌒´)≡≡≡し´ヽ(     .)ノ `J≡≡≡(´⌒;;
  ;;⌒´)⌒´)         (´⌒(´⌒;;
 ズザザーーーーッ        ズザーーーーッ


101 :_:03/08/04 09:54
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku08.html

102 :イラストに騙された名無しさん :03/08/04 10:00
ラ板屈指の萌えキャラ美月タソは負けてしまいましたか。残念……

103 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

104 ::03/08/04 19:34

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e78670a92e910102759?aid=&bibid=02351101&volno=0000

105 :イラストに騙された名無しさん:03/08/05 20:50
岩井「そして浅井君と私は、罰ゲームの発表先に椎野さんが指定しとる、
   屁理屈の塊が常駐しとる科学室に向かってるわけですがー。」
浅井「誰に向かって言ってるんだよ、ついでに屁理屈の塊って俺か?」
岩井「まあええやん。細かいこと気にしないほうがええねん。」
浅井「後でおぼえてろ。…………椎野ー、来てやったぞー……って、
   なんでそこに俺の可愛いヒルルカとターレルクがいるんだよ。」
岩井「ちゃうねん。そこは『なんでおかゆ君が』やねん」
椎野「い、岩井は相変わらずねー。まあ、それにしても随分と遅かったじゃない、
   それじゃ早速メーンエベント、おかゆ君、お・ね・が・い・♪」
おかゆ「う、うん。……せーのっ!」

ドガバキグシャッ!!

浅井「ヒっ、ヒルルカ――――ッ!!」
椎野「おーっほっほっほっほ、いーい気味ねーっ!スカっとしちゃうわね〜。
   で、次は棚なんだけどさ、アンタ、なんでこの棚何も入ってないわけ?」
浅井「バっ、馬鹿者っ! 馬鹿そのものなことを言うなっ!
   中に物を詰めたら、棚自体の優美さや機能美が損なわれるじゃないかっ!」
椎野「……やっちゃって。」

ドカバギドゴゲシャグシャッ!!

浅井「タァ――レルクゥ―――――ッ!!
   き、貴様ぁ、よくも私の可愛い息子と娘を……」
岩井 (変な家族やなあ)
椎野「♪ふっふーん、いい気味ねーっ、い・い・気・味っ。
   さぁーって、面白いのはこれからよ〜、ねぇ浅井、なんで、なんでよ、
   アンタの可愛〜い椅子と棚をおかゆ君に撲殺してもらったと思う?」

106 :イラストに騙された名無しさん:03/08/05 20:55
浅井「ま、まさか、」
椎野「そのまさかであってるんじゃないかな〜、そ、治して上げてもいいかなってこと〜。
   あー、もちろんわかってると思うけどタダじゃないわよ、
   とりあえず椎野様へのご機嫌伺い講座、初級6980円ってところからでどう?」
浅井「ぐっ…………」
椎野「冗〜談よ、冗〜談。あーまったくいつもの余裕は何処にいったのかしらね〜。」
岩井(非道や、非道ふたりめがおる。でもこれ浅井君の自業自得になるんやろなー)
椎野「ふっふ〜ん、とりあえずまずは私とおかゆ君に謝罪ってやつをしてもらいましょうかねー、
   あ、もちろん土下座ね、土下座。当然だよね〜、当然。ね、おかゆ君もそうだよね?」
おかゆ「え、あの別にそこまでしなくても…… 浅井君もう魂抜けてるみたいだし。」
椎野「あっま〜い! あ・ま・い・わ・よ、おかゆ君っ! 叩ける時は叩くこれ鉄則っ!
   ん、でぇ、次はやっぱり服従かな、服従。定番よね。専属パシリ〜♪」

??「――――異議ありッ!! この要求は期間指定がなされてない以上不当な拘束と思われます!
   正等防衛に終身刑を宣告するのと同じようなものです! 要求の棄却を主張します! 裁判長ッ!!」
岩井「えっ!? うち? うちが裁判長?? せ、せやなー、せやなー、
   確かにそれはちょっと非道いとおもうでー、折角の同期やしなー。」
椎野「ぐっ。つ、つかアンタだれよ。」
??「俺か? 俺は正義と愛(と名誉と金)で動く弁護士、
   富士ミス班期待の新人三羽ガラスが壱、師走トオルとは俺のこと!
   浅井君、俺が来たからにはもう安心だ、君は黙っていれば大丈夫だからなっ!
   くれぐれも余計なこととか変なことをしゃべったり動揺することのないようになっ!」
椎野「ふ、富士ミスかー、しかも弁護士かー。」
師走「あ、なんだそのため息交じりの発言は! 名誉毀損で告訴するぞコラァッ!」


※あと1〜2レスで終わらせようと思うんですが、どうにもオチがないッぽい。鬱だ。

107 :……古橋ファンの人、気分悪くなったらごめん。:03/08/05 22:15

中庭にて

成田「先輩。ちょっとお聞きしたいことがあるんですけど……」
古橋「ん? 成田君か。僕に答えられることならいいが」
成田「簡単なアンケートみたいなものです。電撃9期の皆で、今まで電撃クラスで提出されてきたレポートの
   傾向や成立過程について調査してみようという話になって」
古橋「ほう、それは良い試みだね。喜んで協力させてもらうよ」
成田「ありがとうございます。では早速――――先輩はよく異常に濃いレポートを提出されてますよね?」
古橋「あ、ああ。まあ濃いといえば濃いんだろうね……」
成田「代表としては、実はそんなに売れてなかったケイオスヘキサ3部作、
   ほぼ打ち切りと噂されるソリッドファイター等が挙げられますが――――先輩?」
古橋「……何か悪意が感じられるね?」
成田「他意はありません。ソリッドファイターでの失敗の後、先輩は『タツモリ家の食卓』と言う作品で、
   担当の峰先生との相談の元、現代の主流ともいえる『萌え』を含んだ正統派ライトノベルに挑戦されていますね?」
古橋「……」
成田「この『タツモリ家』では猫、妹、幼女から文字通りの鋼鉄の処女に至るまでありとあらゆる『萌え』を詰め込んだにも関わらず、
   2001年での『タツモリ家の食卓3 対エイリアン部隊』を最後に音沙汰がなくなっています。
   この点を踏まえて、『萌え』と売上の関係についての先輩の御意見をお聞きしたいのですが――――」
古橋「これは嫌がらせだね?そうなんだね?」
成田「繰り返しますが、他意はありません。黒杖はしまっていただけると嬉しいです」
古橋「……」
成田「――――感謝します。では質問を変えましょう。『秋葉原のブックタワーにて古橋先輩のレポートが全て初版で売られていた』
   という情報を我々電撃9期諜報部が掴んだのですが、それについて御意見――――」


黒古橋は呪弾を圧唱圧唱圧唱圧唱圧唱圧唱圧唱圧唱圧唱

108 :色々やりすぎました。ゴメソ:03/08/05 22:47
師走「つまりこの案件は(中略)なのです。裁判長、確かに被告人であるところの浅井君は、
   陰湿にして計算高いところがあります。だがしかしこう考えてはいかがでしょう、
   これは浅井君なりのコミュニケーション術であり処世術なのです。
   個性派が多い軽書校において埋もれないために彼が生み出したこのやり方は、
   非難されることも多いでしょうが認められないものでもありません。
   つまり周囲のプレッシャーに対する」
椎野「待った。それでも私が撲殺されかけたことに変わりはないわ。」
師走「ええ、確かにそうでしょう、その点につきましては被告も非を認めております。
   それを踏まえたうえでこちらは椎野さん側に対し反省文3枚を用意する準備もできています。」
浅井「……っちょ、ちょっと待て! 反省文ってなんだよソレ! なんでそんなハナシになってんの!
   つかそもそも弁護士ってなんだよ! 俺頼んでないぞオイッ!」
師走「異議ありッ!! 被告人は弁護人に対し非常に非協力的です! 被告人の変更を要求します!」
おかゆ・浅井『待て待て待て――――っ!!』
椎野「ア、アンタってさ、もしかして……」
岩井「『異議あり』言いたいだけちゃうんかと。」
おかゆ「問いたい。」
浅井「問い詰めたい。」
椎野・おかゆ・浅井・岩井『小一時間問い詰めたいっ!!』
師走「……」
岩井「…………」
椎野「………………」
浅井「……………………」
おかゆ「………………………」
師走「………………………………いやこうすればオチが付くかなーって。」
岩井「いや全然ついてないねん。しかもその台詞、電撃班の川上先輩のネタやないか。」

109 :イラストに騙された名無しさん:03/08/05 23:43
成田「いてて、危うく存在自体を消滅させられる所だった。
   黒古橋さんが復活しちまったけど、今度は誰が止めるんだろ」
高野「いやーお疲れ様。こうなると解っていたから、不死身のあなたに
   古橋さんへのインタビュアーの役を頼んだんですよ」
成田「……マカオに売り飛ばしてやろうか?」
高野「……。ま、まあまあ、偉大な先達が売れていないという事が確認できれば、
   なんか精神的に優位に立てそうじゃないですか。それが狙いですよ」
成田「俺達も同じ本屋で初版のままなんだが。おかゆ君はもう増刷してたけど」
高野「……」
成田「まー、ハードボイルド校の大沢在昌先輩も新宿鮫までは『永久初版作家』って
   呼ばれてたぐらいだからな、古橋先輩もいつかは直木賞でも取るでしょ」
高野「じゃ、じゃあ私も何時かは村山先輩のように!?」
成田「少なくとも、新刊を出さなきゃ何の賞も取れないと思うけどなぁ」

壁井「なんだか高野君が泣いて走っていったけど……あ、そうそう、成田君。
   2ch大賞の上半期2位、おめでとう!」
成田「よろこんでいいんですよね、それ……?」

110 :イラストに騙された名無しさん:03/08/05 23:54
確か成田はブラックロッドに感動して電撃を選んだとかなんとか言ってなかったっけか?
>107のネタでの行動が悪意無しだとしたら、このスレの成田本当にひでえなw

111 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 00:02
成田は、愛嬌があるという意味での「人が悪い」奴だと言ってみるテスト。
ラボは、悪意があるという意m(ry

112 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 00:10
おい、今度の黒古橋は誰が止めるんだよ本当に!?
以前は川上が全力を尽くして止めてたからな、生半可な奴じゃ止められないぞ

113 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 01:17
今回川上が行ったら余計止まらなくなりそうだよな…。

114 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 03:00
黒古橋と言えども四肢欠損白痴幼女を出したのはヤバかったのか?
ふたなりについてはいつものこととして。

115 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 08:45
 それまで静かな空気につつまれていた校舎に、突如として警報が響き渡る。
「──非常警報、非常警報。古橋秀之が黒古橋を発動した。繰り返す、古橋秀之が黒古橋を発動した。教員、生徒は第一種戦闘配置につけ。
 交戦規則はガンズ・フリー。全兵器、全能力の使用を許可する。全力を持って黒古橋の破壊活動を阻止、拘束せよ。
 場合によっては、「存在」の抹殺も許可する。繰り返す。場合により、「存在」の抹殺も許可する──」
 
 一般生徒に武器庫から運び出された手持ち式火器が一丁ずつ手渡される。校舎の隔壁は閉鎖され、防衛ラインを構築する。
 その校舎の一番重要な場所──職員室では、教員達がいそがしく動き回っていた。
「増援をほかからも呼び寄せるんだ!──そうだ、漫画校、アニメ校からもだ!何を投入してもかまわん!奴を、黒古橋を止めるんだ!」
 指示をほかの教員に飛ばしていたある教員の前に、別の教員が鍵の束を手にあらわれた。
「先生、これを本当に使うつもりですか?」
「ああ」不安そうな表情をしたその教員に、かれはうなずいた。「あらゆる手段が尽きた時には、これを使うしかあるまい。たとえ、多くの教員、生徒の命を犠牲にしたとしても──」
 その束の札には、「空間相転移自爆装置」の文字が、つめたく刻まれていた──。

116 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 12:28
8月8日
軽書校の屋上で男子生徒が二人、女子生徒が一人シートの上に座っていた。
上遠野「えーと、軽書校学内トーナメント、電撃四期生全員の一回戦突破を祝って」
全員「カンパ〜イ」
阿智「いや〜めでたいねぇ、こうして三人で共通のことを祝えるなんて」
上遠野「ホント、でも僕は三人の中で一番最後の試合だったから緊張したよ。あっちーとはーちゃんは通ったのに僕だけ予選落ちなんてかっこ悪いからね」
阿智「またまた、負けることなんかそれっぽちも考えてなかったくせに。相手の人には悪いけどかどちんの圧勝だったじゃない」
橋本「そうよ、そういう台詞は私みたく僅差で勝ったときに言うべきよ」
上遠野「まあいいじゃん。それよりも次の試合だな。はーちゃんは手塚さん、あっちーは夢枕さん、そして僕は古橋さんか…それぞれ手強い相手だけど、でも決して勝てないっていうこともない。がんばれば十分に勝ち目はある」
阿智「うん、そして次も勝ったらその次は…」
上遠野「手は…抜かないよ」
阿智「かどちん、そういう時は『あっちー、俺はお前とも戦ってみたい』って言わないと」
橋本(ナルトネタ?)


そんななごやかな雰囲気の中、突如として警報が響き渡ってきた。



117 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 14:53
ぬお、今回はもうリレー小説突入か、早っw

118 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 15:16
敵が黒古橋一人じゃ味気無い。話の流れからして今回は「売れてる生徒vs売れてない生徒」になるか?

119 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 16:08
乙一「ふぅん、古橋さんか……手ごわそうだね」
けたたましく鳴り響く警報の中、ぽつりと呟く。
ユヤ「うぅ〜ん、どうする? 戦う? 逃げる? 多分先生たちも本気になるだろうし……」
西尾「この程度のハプニング、いつもの事じゃないか……それに佐藤君、君は大塚先輩を護衛しなくていいのかい?」
ユヤ「大塚先輩は……僕の力なんて、必要じゃないですよ」
乙一「そんなことはないよ、佐藤君」
西尾「戦友ってのは、一緒にいるだけで心強い」
乙一、西尾「行って来い、一人の漢として……」
佐藤「……皆……分かった、行って来る。大塚先輩を守り遂げるよ」

タッタッタッタ……

乙一「行ったね」
西尾「あぁ行ったね……さて、僕らはどうする?」
乙一「決まってるじゃないか」
乙一は……黒乙一は、懐から拳銃を取り出し、弾を込めた。
そして西尾の左胸に、軽く指先で触れる。
黒乙「西尾君、君に『心の携帯電話』を渡しておく。これさえあれば、どこでも僕と会話ができる」
西尾「有難う。乙一君。君も……守る人が、いるんだろう?」
黒乙「……うん」
行って来い、と西尾は懐から取り出したナイフを、掲げた。
行って来る、と黒乙は銃を、ナイフの刃に合わせる。
カチン、と冷たい金属音が、鳴る。
それを合図に二人は別れた。

120 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 17:38
>>118
しかし、売れてない作家でネタに出来るほど有名な人ってなかなか思いつかないなあ。
一発屋が大半だし。

121 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 19:34
>>120
いいんじゃない? 文字通り出てきては一発で殺られていけば。

122 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 20:55
──そしてまた、ライトノベル校に戦乱の予兆が吹き荒れ始めた頃。
一人の男が、ぶたさんの焼き物から漂う蚊取り線香のあえかな香りに包まれて、小さく息をついた。
「ああ、平和だなぁ……」
温和で低姿勢そうな顔は、むしむしとする熱気にだらけ、緩み切っている。
「猫の肉球……」
膝の上に抱えた子猫の、ぷにぷにとした肉球を弄りながら、ゆっくりと視線を右にずらす。
「たくさんの『紙』……」
大人買いした某マジックの箱を眺め、今度は逆に首を巡らす。
「そしてガ○プラ……」
そこにはMG・HGなどの略号が刻まれた、某機動兵器の模型の山。
「ほんと、平和だなぁ……」
男の言葉に肯定を返すように、しゃわしゃわというセミの鳴き声が一段と高さを増した。

<神坂一……とりあえず日本の夏を満喫(こらマテ。)>

123 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 21:16
そして彼の傍らには一通の便箋
『退屈だからそっちに遊びにいこうかなーとか思ったり思わなかったり     L 』

神坂「ほんと、平和だなぁ……」

目がイっていた

124 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 22:33
佐々原史緒「野球や卓球に負けてられるか! という事で、
 サッカー愛好会を作ってみました。ジュビロ命の佐々原です」
高野和「じゃあ僕も……生粋の名古屋人です。頑張れグランパス」
名瀬樹「深夜のサッカー観戦が高じて、レポートを落としました」
高野「レポートくらい真面目に書きなよ……」
名瀬「そのお言葉、そっくりそのまま高野さんにお返しします」
佐々原「高野君、無言のまま涙ぐまない……」
浅沼広太「何か賑やかですね! 僕も参加させてくださいよ。
 高野さん同様、グランパス命の浅沼です!」
佐々原・高野・名瀬「……誰?」
浅沼「えええっ!?」

125 :1/3:03/08/06 22:52
警報が軽書校の校舎全体に響き渡った。その音量的にも内容的にも衝撃的な警報は屋上にいた三人の生徒の耳にも入った。
上遠野「……四期生一回戦突破記念パーティーはどうやら一時お預けのようだね」
上遠野は少しだけ残念そうにそうつぶやいた。ポケットの中から細い金属製のワイヤーを取り出すと昇降口へと向かう。
阿智「ちょ、ちょっと待って。僕も一緒に」
上遠野「大丈夫だよ。どうやら今回は前みたく複数の生徒が問題起こしてるんじゃなく、古橋さん一人が暴れてるみたいだからみたいだから。多分そんなに人数は要らない。
それよりもあっちーははーちゃんを守ってやってくれ。一応早期解決は心がけるけど突発的トラブルが起きないとも限らないから」
橋本「ちょと上遠野君、私は守ってもらうようなかよわい女の子じゃないわよ!」
上遠野「はーちゃんの実力は認めるけど、でも相手は古橋さん、しかも黒いほうだ。あっちーはともかく君が直接向かい合ったり一人でいるところを襲われたらしたりしたら無事じゃすまない」
上遠野の言っていることは紛れもない事実だった。そしてそれが橋本のコンプレックスを刺激した。
自分は同期の二人に比べると確実に見劣りする。二人はレポートの人気や長さ提出数だけでなく漫画校、アニメ校とのつながりという自分にはない物も持っている。
『佳作レベル』
自分がそう評価されていることを橋本は知っていた。
上遠野「じゃああっちー、はーちゃんを頼んだよ」
上遠野はそう言って屋上から姿を消した。


126 :2/3:03/08/06 22:52
阿智「とりあえず屋上にとどまるのは危険だね、逃げ道は無いし暗くなったら明かりもつけられないし。とりあえず下の教室にでも行こうか」
上遠野の後姿を見送った阿智はそう言いながら橋本のいる背後へと目を向け、そしてその0.5秒後に強烈な打撃を受けはるか後方にあるフェンスにまで吹き飛ばされた。
橋本「阿智君!!」
橋本が驚愕の声をあげる。とっさの出来事に思考が追いつかない。
???「まぁ肩慣らしとしてはこんなもんか」
自分のすぐ横で声。恐る恐る振り向くとそこにはあの男が立っていた。
黒古橋「本当は上遠野が目当てでここに着たんだがな。どうも行き違いになってしまったらしい。まあ生きの良さそうなのが二人ほどいるからそれで我慢するか」
黒古橋はニヤリと笑い、橋本の方へと視線を向けた。
橋本はその視線に全生涯最大の恐怖と、少しだけの親近感を覚えた。
黒古橋「お前はたしか四期生の橋本か……そうだ、いいことを思いついたぞ」
黒古橋はそう言いながら橋本の首へと手を伸ばした。
なぜか橋本はその手から逃れようとはしなかった

127 :3/3:03/08/06 22:54
黒古橋の不意打ちを受けた阿智は意識を取り戻すのに数十秒の時間を要した。そしてその時間は黒古橋があることをするのに十分な時間だった。
阿智(あれ、何で僕こんな所でうつぶせになってんだろ?それに体中がむちゃくちゃ痛・・・)
そこで阿智は自分がなぜ倒れているかを思い出した。
阿智(そうだ、確かはーちゃんの方を振り向くと橋本さんがいて・・・)
阿智は反射的に起き上がった。自分は黒古橋にやられた。ならば当然この場所に黒古橋がいることになる。黒古橋は自分が動けない間に橋本になにをするか。それを想像すると黙って寝ているわけにはいかなかった。
阿智「はーちゃん!!」
痛みでもうろうとする視界で前を向く。そこには想像していた光景は無かった。
黒古橋「ほう、もう動けるようになったのか。殺そうとまでは思っていなかったが特に手加減したりもしなかったんだがな」
想像した光景の代わりに、黒古橋にぴったりとよりそう橋本の姿があった。
阿智「はーちゃんに何をした」
黒古橋「なあに、俺にも手駒が欲しかったんでな。こいつの軽書校への不満を増幅させた。さすがに俺一人で軽書工生徒全員を相手にするのは無理だからな。こいつの洗脳は簡単だったぞ?」
阿智「……古橋さん。あなたは危険すぎる。少なくとも今のあなたは存在自体がすでに悪だ。軽書校の平和のため僕はあなたを止めます」
黒古橋「君がかい?たしかにお互い万全の状態で一対一ならば君が勝つ目も少しはあっただろうが、今の君は俺の一撃をまともに食らって立ってるのもやっとのはず。しかもこっちは二人。こんな状態で俺を止めれるとでも」
阿智「まさか、そこまでうぬぼれてはいませんよ。さっきのセリフを正確に言うと『僕はあなたをみんなと協力して止めます』です。この場は逃げますよ」
そういうと阿智は懐から紙で包まれた丸い玉を取り出し地面に叩き付けた。次の瞬間屋上全体に真っ白い煙が立ち昇る。
阿智「絶対に助け出すから」
その言葉を最後に阿智は屋上から姿を消した。

128 :イラストに騙された名無しさん:03/08/06 23:53
( ´Д`)/ ミネ先生! 古橋君が暴れてます! 
( ´Д`)/ せっかく先生が「溜めさせている」黒古橋分が消費されているようです!マズいです!

129 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 01:44
川上「時雨……いや、シグサウァー後輩。……疼くかね」
シグ「いえ。基本的に無感動ですから、川上先輩」
川上「……シグサウァー、君に足りないのはそれだ。俺達は能力柄、戦法が限られる……ならば何かを、足して行かねばなるまい」
シグ「拳と銃、それだけで良いじゃないですか。魔法やロボット、怪談……そんなもの、邪道ですよ」
川上「その邪道に、俺達はやられかけている……なぁ、シグサウァー」
シグ「……僕なら、古橋にはつきませんよ……電撃の人達が好きですから」
川上「そうか」
シグ「先輩、彼方はどちらなんですか? 古橋派ですか? それとも……?」
川上「……」

ところでパワーアップアイテムはどうだろうか?
上遠野、西尾、川上、乙一……ジョジョニウム
阿智……ドッコイダーベルト
うえお……白い粉

130 :115(1/2):03/08/07 08:45
 ライトノベル校、電撃文庫クラス生徒用ラウンジ。そこは軽書校最大の生徒数を誇るクラスだけあって、かなりの広さを有する。
 そこに、電撃クラスのほとんどの生徒が集結していた。
「なんてことをしてくれたんだね!成田特派員!」
 秋山瑞人の叱責と共に、成田良悟は殴り飛ばされていた。
「いててて……、ひどいことしますね、瑞人先輩。でもこれを言い出したのは高野で」
「そんなことはどうでもいい」秋山はかれの弁解を制止した。「それより、これからどうする?いったん目覚めてしまった黒古橋は手が付けられんぞ?」
「それに関してですが」とそのとき、リュックサックを背負った一般生徒が彼らの前に現われた。
「なんだね?……」秋山は名前を呼ぼうとするが、面識がないので覚えていない。苦笑する。
「とりあえず、『A』とでも呼んでください」そのことに気付いた一般生徒はそう返答した。
「うむ。A特派員。続けたまえ」
「僕は、特別生徒分析班に所属するものですが、特別生徒──いわゆる小説家だけでなく、漫画家、アニメ作家、ゲーム作家などが含まれる、
『創造者(クリエイター)』と呼ばれる方々は、彼ら自身の周辺に、その創造者が持つ『物語世界』を展開することが出来ます。これを『領域展開』と呼びます」
「ふむ、それで?」
「分析班の方で分析してみましたが、今回の黒古橋の持つ『領域』の強度は、半端なものではありません。
いかなる創造者と言えども、黒古橋の『世界の法則』に支配されてしまいます」
「それでは誰も奴には勝てないのか?」特別生徒の一人から声が上がる。
「いいえ、ある程度は、入った方の創造者の世界の法則も適用されるようです。しかし、それは普段ほどの力を持ちません。
例えば、『絶対幸運』の法則を持つ創造者は、黒古橋の領域に入ったとたん、それは絶対でなくなるわけです。しかも」
「しかも?」
「黒古橋の領域にいすぎると、黒古橋の『意志』に支配される危険性が生じます。それは長くいればいるほど高くなります」
「……」かれの説明を聞いていたひとびとは沈黙に支配された。
(続く)

131 :115(2/2):03/08/07 09:03
「しかし、悪い事ばかりではありません。秋山先輩、『ブラックロッド』で、ゼン・ランドーをどうやって封じましたっけ?」Aがやけに明るい笑顔で秋山瑞人に問いかける。
「たしか、最後は札を顔に張られて封印されたはずだが……それか!」
「そうです!」Aはそう叫んだ。「黒古橋のルールに従えばいいんです。あれと同じように、黒古橋を封印してしまえばいいんです。これを見てください」
 そう言って、Aはリュックサックを開け、ラウンジのテーブルに中身をぶちまけた。それは白い紙のかたまりだった。
「これは……」
「『ケイオスヘキサ』で使われている封印用の札です。古橋さんの鞄から発見されたものを、印刷室の魔導印刷機で増刷しました。古橋さんは、この事態を予知して持ち歩いていたんじゃないでしょうか」
「これを黒古橋のひたいに張ればいいのか」成田良悟は札をつまみながら言った。「しかし、ただで効くとは思えないな」
「ええ」Aはうなづいた。「この札が効果を発揮させるためには、黒古橋をかなり弱らせないといけないことがわかっています。最善の策は波状攻撃をかけ、相手を弱らせたところで札を貼る。これしかありません」
「そうか」かれらは次々と札を取り、ラウンジを出ようとした。
「待ってください」Aはさらにリュックから物を取り出した。それは、小さなバッチの集合だった。
「『スタートレック』で使われている『コミュニケーター』です。残念ながら転送は出来ませんが、バッチをつけた者同士での通信や、簡単な位置特定などは出来るようになっています。これで連絡を取り合ってください」
 バッジをAから渡された生徒達は、それを自分の好きなところに張っていった。
「それでは諸君、幸運を祈る」
 秋山瑞人の一言に、お互いうなづきあい、生徒達は、思い思いの場所へと散っていった。

132 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 10:51
古橋が暴走し、電撃四期生が屋上でパーティをしていて、橋本が古橋に洗脳されたのは8月8日。金曜日の出来事だった。そして金曜日は彼女の心の闇が最高潮に達する日であった。

一色銀河「まったく前回のぴぴるに続いて今回は黒古橋はんか。ほんまにかなわんなぁ」
一色はぶつくさ言いながら階段を登っていった。特に黒古橋の居場所に心当たりがあったわけではなかったのだがなんとなく校舎の上の方に何かがある気がしていた。
そしてその予感は見事に的中した。
一色「な、何やこれ?」
三階と四階を結ぶ階段の踊り場に毛布にくるまって座っているだれかを見つけた。
一色「あ、あんた。橋本はんか?」
毛布にくるまれているだれかはゆっくりと顔を一色の方へと向けた。
一色「やっぱり橋本はんや!無事だったん……」
そこで一色は言葉を詰まらせた。橋本の目が普通じゃないことに気が付いたのだ。
一色「あんた、もうすでに古橋はんに…」
うつろな目をした橋本、いや、毛布お化けはゆっくりと一色の方へと向かってくる。
一色「く、橋本はん、かんにんや!!」
一色はそういうとポケットから取り出した硬式野球ボールをしっかりと握った。
一色「くらえっ!!AFJボール!!」
極限までキレとノビを追求したストレート、アドバンスド・ファスト・ジャイロボールが毛布お化けの体に直撃した。だが…
一色「なんやて!?無傷!!??」
ボールのライフル回転は毛布お化けを包んでいる毛布によってあっけなく殺された。ぼてっという音がしてボールが床に落ちる。
一色は自分の必殺技があっけなく敗れてしまったことに一瞬だけ驚愕した。そしてその一瞬の隙が
一色の命取りだった。
気が付いたときには毛布お化けは一色の目前まで迫っていた。




(誰か、ワタシをトメテ)
一色を洗脳しながら毛布お化けの中の橋本はそう思った。
(カドノクン・・・・・・・・・・ア・・チク・・ン)


133 :おかゆVS黒古橋(その1):03/08/07 13:28
 電撃クラスラウンジを出発したおかゆまさきは、たよりになる鋼鉄の棘付きバットと共に、ひとりで薄暗い階段を上っていた。
 他のみんなは一緒に行動しようと、と誘ってきたが、かれはその誘いをすべて断った。かれは一人でやれると自信があったからだ。
おかゆ「だって、ぼくはナンバーワンなんだよ!黒古橋さんぐらいへっちゃらさ!」
 そう思いながら、階段を上りつめたとき、どす黒い感覚が左から襲い掛かった。
おかゆ「キ、キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
 まだ視認したわけではないが、確実に、黒古橋はこの階にいる。おかゆは胸のコミュニケーターを叩いた。
おかゆ「おかゆから瑞人さんへ」
秋山瑞人「どうした?おかゆ特派員」
おかゆ「三号棟、三階の通路に、黒古橋さんがいる模様です。まだ確認したわけではないですが、この感覚は黒古橋さんのものです。向こうはまだ気付いていない模様です」
秋山瑞人「よくやったおかゆ特派員。そちらに川上特派員達をよこそう。そのまま隠れて──」
おかゆ「いえ、このままやっちゃいます。だって、ぼくはナンバーワンなんですよ!」
秋山瑞人「おかゆ特派員!?」
 しかしその時おかゆまさきは既に行動を起こしていた。じぶんの思うがまま、廊下に一気に飛び出し、空気を切り裂いて走る。冷たく、黒い影が視界に入る。同時に重い鋼鉄の棘バットを軽々と振りかぶり──、
おかゆ「うおおおおおおおおおおおおおお!!」

それをけだるげに振り返った、黒古橋の「三つ」の目が大きく見開かれた。
 


134 :おかゆVS黒古橋(その2):03/08/07 13:54
 次の瞬間、秋山瑞人のコミュニケーター、いや、それだけでなく、電撃班のコミュニケーター、そして、学内のスピーカーから響いてきた悲鳴は、慢心を起こした者の末路だった。
おかゆ「ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
 それは男性の悲鳴というよりかは、強姦される美少女が放つ悲鳴のような、甲高い悲鳴だった。女子生徒たちが両耳をふさぐ。
おかゆ「ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
秋山瑞人「おかゆ特派員!?おかゆ特派員!?応答せよ!おかゆ特派員!?」
おかゆ「ま゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー プツン」
 何かが破裂するようなノイズを残し、おかゆの悲鳴は突然途絶えた。
秋山瑞人「おかゆ特派員!応答せよ!……クソッ」
 川上稔たちがその現場に到着したのは、それから十分後だった。

壁井ユカコ「ひ、ひどい……」
 川上稔や、壁井ユカコが目撃したのはまさに悲惨な光景としか言いようがなかった。
 ぼろぼろの制服に身をまとったおかゆまさきが、廊下の突き当たりの壁にのめりこんでいた。その傍らには、エスカリボルグが寂しげに転がっている。そして壁には一面の血文字。
「オ  レ  ノ  ウ  ラ  ミ  ヲ  オ  モ  イ  シ  レ」
壁井「おかゆ先輩!しっかりしてください!おかゆ先輩!!」
川上稔「大丈夫だ。息はある。医務室へ収容しよう」
 医務室へ運ばれていくおかゆを横目に、川上稔と秋山瑞人は話し合っていた。
秋山瑞人「しかし、気になる事がある」
川上稔「なんだ?」
秋山瑞人「なぜ黒古橋はおかゆを仲間にしなかったんだ?かれは戦闘能力もある。電波能力もある。味方にするにはうってつけの人材だ。しかし何故──」
 その時、その回答がコミュニケーターから飛び込んできた。
「こちら電撃班ラウンジ!黒古橋が出現!応援大至急求む!繰り返す、応援大至急求む!!」
秋山瑞人「くそっ!おかゆはおれたちを引き付けるための、おとりだったと言うわけか!!」

135 :134:03/08/07 14:09
上の、川上稔と秋山瑞人の会話シーンの台詞、2箇所の「おかゆ」のあとに、「特派員」をつけるのを忘れてた。

   ∧∧
   /⌒ヽ)逝ってくる・・・
  i三 ∪
 ○三 |
  (/~∪
  三三
  三
三三

136 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 14:18
 競馬研部室にて、岩佐まもるは一人、ラジオに耳を傾けていた。
 珍しく競馬の中継ではない。NHK-FMのクラシックである。
岩佐「暇だなぁ……渡瀬君たちは緊急招集とかでどっか行っちゃうし」
 大きく欠伸をして、岩佐は窓の外に目をやった。
 せわしなく走り回る電撃班の面々の姿が見える。
岩佐「外は何か騒がしいし。またこないだみたいな騒動でも……」
 その時、競馬研のドアを叩く音がした。はっとして、岩佐は顔を上げた。
岩佐「渡瀬君ですか? 開いてますよ」
 ドアの向こうに声をかける。返事もなく、ドアは勢いよく開け放たれた。
 だが、そこにいたのは渡瀬ではない。
岩佐「君は……電撃班の一色君?」
 岩佐はそこに立つ男の姿に、首を傾げる。自分は特に一色と知り合いではないし、
 電撃班はそもそも集合をかけられているのだから、渡瀬や高橋に会いにきた
 わけでもなさそうだ。なら――
一色「……」
 一色は無言のまま、つかつかと岩佐に歩み寄る。その右手に握られたものを
 見て、岩佐は喉の奥だけで悲鳴をあげた。
 ――それは、鮮血に染められた木製バット。
岩佐「い、一色君、それは――」
 狼狽する岩佐の前で、一色は無言のまま、そのバットを振り上げ――

 唐突に、校内のスピーカーから一斉に音楽が流れ始めた。
 聞き慣れたそのメロディーに、渡瀬は足を止める。
渡瀬「この曲……岩佐さんのよく聴いてるクラシックじゃないか」
 だが、何故それが今、スピーカーから流れているのか……
渡瀬「……よく解らないが、とにかく黒古橋さんを探し出さないと」
 渡瀬は一度首を振ると、流れ続ける音楽は気にせずに走り出した。

 スピーカーから流れ続けるその音楽。
 それが、売れない作家たちの、軽書校への不満を増幅させる効果を持つ、
 黒古橋の『領域』に作用する『全性音楽』であること――
 それを知りうる者は、まだいなかった。

137 :115:03/08/07 16:29
経書校の伝言板に、このような張り紙が張ってあった。

重要な連絡:リレー小説作者の皆様へ。

ここに書く際の打ち合わせは
厨房ですか。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/l50
のスレを使用してください。宜しくお願いいたします。

138 :115:03/08/07 16:41
>>137
経書校→軽書校ですた……。

   ∧∧
   /⌒ヽ)逝ってくる・・・
  i三 ∪
 ○三 |
  (/~∪
  三三
  三
三三


139 :川上始動1/4:03/08/07 17:04
 何の変哲も無いただの教室。
 けれど妙な懐かしさを感じる不思議な教室。
 川上稔は一人、誰もいない教室の壁に向かって立っていた。
「古橋さん……」
 殴打。
 壁が重い音を立てる。拳に鈍い痛み。
 しかし、川上の拳は止まらない。
 殴打。殴打。殴打。
 今、電撃班の皆が黒化した古橋を追って行動している。
 見つければ即、戦闘。誰が戦っても相手が黒古橋なのだから、タダではすまないだろう。
 彼を止められる程の戦闘力の持ち主はそういない。
 だが、今、壁を殴る自分の拳にはその力がある。
 恐らく自分が出れば被害は一点集中、最小限に抑える事ができるだろう。
「しかし……しかし……!」
 黒化したから殴って黙らせる、と。本当にそれだけが正しいのだろうか?
 確かに黒化は過ぎた力だ。放っておけば皆が危ない。
 恨みで行動するのは馬鹿げていると皆が言う気持ちも分かる。
 最大多数の為に一人を打ち倒す。その理屈も良く分かる。
「だからと言って古橋さんの恨みまでを黙殺する事が本当に正しいのか?!」
 ひときわ強く殴打。
 壁に穴が空いた。拳からは血が流れている。
 しかし川上は止まらない。
 通信機を切り、誰とも喋らず、ただ自問の為に拳が振るわれる。
「あの人の恨みを叩き潰して、無かった事にして、その上に平穏を立てる事が本当に正しいのか?!」
 血を吐くような叫び。
 川上の拳は止まらない。
 血が流れつづけている。

140 :川上始動2/4:03/08/07 17:07
「川上君、何してるの?!」
 扉が強く開かれ、少女が一人飛び込んで来る。
 長い黒髪をなびかせ、尖った耳の少女が壁を殴りつづける川上の手を握る。
 己の手が血濡れになる事にも構わず、川上の顔を低い位置から強く見上げる。
「さとやす君か……。君も古橋さんを止めるために動いていたのか?」
 壁を凝視し、抑えられていない右拳だけで壁を殴りながら川上が呟く。
「やめてよ川上君! そんな事して……怪我までして!」
「今、ラウンジに生徒達が終結している。彼らが束になれば、いくら黒化した古橋さんとて最終的には捻じ伏せるだろう」
 さとやすの声は川上に届かない。
 ただ、川上は壁を殴り続ける。
「俺も古橋さんもコア作家だった。作品は売れず、強烈な信者だけがいて……」
 そして二人とも少し前、今までに無い売れ行きのレポートを書いた。
 コア作家でいる事が不満だったわけではない。だが、売れるレポートを書けた事は純粋に嬉しかった。
 その喜びを分かち合えたはずの友が、過去の傷を抉られ恨みに任せて動いている。
「俺には古橋さんの気持ちがよく分かる。だからこそ、皆の様にただ彼を捻じ伏せる事が出来ん……!!」
 壁にまた穴が空く。
「川上君が言ってる事、なんとなくボクも分かるよ。ボクは川上君とずっと一緒に絵を描いて来たんだから。
 だから本当によく分かる。川上君が古橋さんと戦えなくても、それでもいいと、ボクは思うよ」
 さとやすが壁に突き刺さった拳に優しく手をそえる。
 川上の両の拳を小さな両手で包み込んで、静かに言葉を紡ぐ。
「皆が古橋さんと戦うのは悲しいね。皆に分かってもらえない古橋さんも悲しいね。でもね……」
 さとやすの見上げる視線が、川上のそれとぶつかる。
「いつも頑張ってる川上君がここで諦めちゃうのは、ボクが悲しいな」
 川上は無言。殴打の音も無く、たださとやすの声だけが響く。
「今までずっと川上君は皆がよくなるように頑張ってきたんでしょ? なら、今回だって、同じ様に頑張ろうよ」
 さとやすの声は優しい。
「戦うだけが川上君の出来る事じゃないでしょ?」
「――!!」
 川上が目の前の少女を見つめる。

141 :川上始動3/4:03/08/07 17:07
 さとやすが言葉を続ける。
「戦うだけじゃなくて、喋ったり、考えたり、変わった事思いついたり、後は……その、えっちな事したり……」
 耳まで赤くしたさとやすを見下ろして、川上の表情がゆっくり変わる。
 緊から笑に。拳はとかれ、さとやすの手を握り返し、何かが吹っ切れた笑い声が教室に響く。
「そうだ。確かにそうだな、さとやす君。俺にはできる事が山ほどある」
「それじゃあ今の川上君は何をしたいの?」
「決まっているだろう」
 川上が胸を張る。笑みを強くし、声を大にして、宣言する。
「皆とまた笑う事だ」
 さとやすが微笑み返す。
「そのために力何か必要なら僕が一緒にいてあげる。川上君がくれた白帝で、何でも描き出してあげる」
「ありがとうさとやす君」
 らしくない。迷うのはいいが、しかし答えを出せずに止まっているなど、自分らしくない。
「俺は行動しよう。この、川上稔という作家の名に恥じぬ行動を」
 川上が血濡れの手で通信機のスイッチを入れる。
 そして宣言する。強く、強く、皆と笑うための、前進のための言葉を。
「こちら電撃班所属作家、川上稔だ」
 さとやすが拳の手当てをするに任せ、一切の妥協も諦めも無い己の詞を全校に向けて叫ぶ。
「今こそ言おう。これより川上の姓は悪役を任ずると!
 いいか諸君! 古橋秀行は理解されぬ苦しみを恨みとして、方や諸君は恨みをぶつけられる苦しみを理由として戦う!
 どちらもが正しくどちらもが間違った戦いだ!
 故に俺はここに命令する! どちらもが正しくあれる答えを探せと!
 理解されぬ恨みを知る売れぬ者よ! 恨みを理解できる売れる者よ!
 このまま一人に不幸を押し付けて全てを是とする事に異論を唱えられる者達よ!
 俺の元に集え!
 妥協という妥協を粉砕し、諦めという諦めを捨て、皆が笑うために力だけに頼らぬ戦いをするために!!
 前進せよ、前進せよ、前進せよ!
 恨みを撒きそれを刈り取る時代は終わった!
 これより先は未来を、正しく未来を信じられる者の時代だ!
 来い! 俺はどちらの陣営にいた者だろうと等しく共に戦う事を誓おう!
 古き時代にしか生きられぬ馬鹿達をこれからの時代に引きずり出せ!!」
 川上の叫びが校舎中に響き渡る。

142 :川上始動4/4:03/08/07 17:08
「かっこいいね、川上君」
「どうだろうな。誰も集まらん可能性もある。だが――」
 さとやすはフフ、と笑って川上の次の言葉を待つ。
「俺は決して諦めない」
「今回は一人じゃないしね」
 うむ、と深く頷く川上。
「それでは戦う準備をしようか。力任せでなく、言葉だけに終わらず、そして皆が笑うための戦いの」
「うん!」
 さとやすの握る神形具『白帝』が光を帯びる。
 短刀にも似た武具たる絵筆が、中空に一枚の絵を書き出す。
 現れるのは一着の制服。白を基調とした、コートにも似た戦闘服だ。
 実体を得て地に落ちようとする制服を川上が手に取る。
「これは?」
「ボク達が、敵も味方も超えて新しい仲間になった人達に渡す服だよ」
「ふむ……さとやす君らしいな。ならば宣言した立場として、俺が一番に袖を通そう」
 言いつつ着替え始める川上。
 さとやすはその光景から目をそらしつつ、もう一着の制服を描き出す。
 それはデザインを同じくした女性用のものだ。
「今から着替えるけど、み、見ないでね? お願いだよ?」
 言いつつ教室の隅に移動してカーテンの影に隠れるさとやすを、川上はまじまじと見る。
「カーテンの長さが足りていないな。脱いだら足に尻に丸見えだぞ。ついでに言うと外から見られたらアウトだ」
「――!!」
「安心したまえ、俺は後ろを向いていよう。遠慮なく脱いで裸身をさらしつつ着替えてくれたまえ」
「なんか言い方がいやらしいなぁ……」
「気のせいだ。早くしないと他の生徒が来るかも知れんぞ?」
 言われ、さとやすは慌てて着替えを始める。川上が後ろを向いたのを確認して、自分も川上に背を向けて。
「しかしなんだな」
 背中越しに、川上の声。
「ナニ?」
「いつ見ても君の尻はまロいなぐぁっ!!」
 涙目で振り向いた真っ赤なさとやすの投げつけた白帝が、男性心理に正直な川上の顎に命中した。

143 :杉原&岩田、暴走:03/08/07 20:46
 校舎奥にある、人のあまり寄りつかないトイレで、杉原智則と岩田洋季は煙草を吹かしていた。
 警報は聞いていたし、電撃班へのラウンジへの招集も聞いてはいたが、そちらに行ってはいない。
「ったく、やってらんねぇぜ。また打ち切りくらうなんてよ」
 吐き捨てるように言って、杉原は半分も吸っていない煙草を足で踏み消した。
「僕だって折角特待生扱いで入学出来たのに……全5巻の4巻で打ち切りなんてあんまりですよ」
 うつむいて、岩田は白い煙を吐き出した。自分は未成年だが、煙草でも吸わなければやっていられない。
 2人は昨年の7月から、同じペースでレポートの提出を続けているうちに親しくなった。
 常に性欲を暴走させているような杉原と、近親相姦願望のある(と思われている)岩田はウマが合ったのだろう。
 あるいは、そのせいで他の電撃班の他の面々から疎まれていることによる連帯感、もあるのかもしれないが……
「まぁ、書けるだけマシなのかもしんねぇけどよ」
「……書きたいものが好きに書けないことがこんなに苦しいなんて思いませんでしたよ」
 ため息混じりに、岩田も煙草を踏み消した。
 ――と、2人の耳に、聞き慣れない音楽が流れ込んできた。
「……? 誰だぁ、妙な音楽流してんの」
 杉原が火を付けたばかりの煙草を踏み消して、トイレの外に出る。
 と、唐突に、杉原はその場にうずくまった。
「杉原さん!?」
 慌てて飛び出した岩田の耳に、その音楽――全性音楽が流れ込む。
「――っ!」
 その“音”、売れない作家全ての精神に訴えかける旋律は、二人の不満を増殖させていく。
(畜生誰も彼も俺のことを強姦魔だとか言いやがって大体エロなら川上が毎回やってるし雑破なんてもっと事細かに描写してんじゃねーか!)
(僕はただあの2人の信頼関係とか家族愛みたいなのを書きたかっただけなのにいつの間にか近親相姦癖があるとか言われてるし
 気に入ってたイラスト校の人はどっか行っちゃうし勝手に天才とか持ち上げられて僕はそんなつもりは全然なかったのに!)
 ――そして、2人は壊れた。

 ライトノベル校の廊下を、2つの人影が疾駆する。
 いや、それは最早人ではなく。
 ライトノベル校への怨念にとりつかれた、2匹の獣に過ぎなかった。

144 :イラストに騙された名無しさん:03/08/07 22:35
ネタ師の皆さん、乙!!

145 :生物部部室にて(1/2):03/08/08 01:01
夏緑「えー、また電撃班の皆さんが騒動を起こしたようなのですが」
草上仁「うむ、と私は頷いた。全く、電撃班にも困ったものだ、と私は内心でため息をついた」
砦葉月「あの、そのブツブツ喋るの、怖いです、草上先輩……」
夏緑「それで、私達生物部としても、対策を講じようと思うのですが」
砦「花壇が踏み荒らされるのは我慢出来ませんっ!」
伊東京一「俺の大事な昆虫たちを殺させるわけにはいかない」
草上「しかし、と私は口を挟んだ。我々生物部にはこれといった戦力がない」
伊東「一応俺のガントレットがあるが、あれだけじゃ心許ないしな」
夏緑「そこで、助っ人を呼びました。ライフル射撃部の名瀬樹君です」
名瀬樹「あ、どうも、名瀬です」
草上「なるほど、と私は納得した。ゴルゴでスナイパー繋がりというわけだ」
夏緑「彼の射撃で遠距離から電撃班の援護をしつつ、こちらに近づく敵を未然に――」
 その時、スピーカーから流れ出したのは、あの音楽。
夏緑「!?」
伊東「な――うぁぁぁぁっ!」
砦「な、何、コレ……!?」
草上「うっ、と私は呻いて、床にうずくまった。頭が痛い。頭の中で何か声がする……」
名瀬「くっ……」

名瀬(――これは……この音楽が……?)
名瀬(そうだ、耳栓……耳栓が……)
 耳栓をはめ込むと音楽は遠ざかり、それとともに奇妙な頭痛も弱くなる。
名瀬(やっぱり……何なんだこの音楽は?)
名瀬(そうだ、生物部の先輩達は――)

146 :生物部部室にて(2/2):03/08/08 01:02
 すぐ近くでうずくまる夏に駆け寄ろうとした名瀬の前で、ゆらり、と夏が立ち上がる。
名瀬「夏先輩……?」
 立ち上がった夏の目を見て、名瀬は喉の奥だけで悲鳴を上げた。
 その目には、正気の光はない。あるのはただ、深い怨念と絶望の、暗い光――
 そして、夏の手が、何の前触れもなく、名瀬の首を締め上げた。
名瀬「ぐぁっ……」
夏緑「ウレナイウラミハラサデオクベキカ」
 ぎりぎりと、信じられない力で首を締め上げる夏の腕。
 その手から逃れようともがく名瀬の手に、腰に差した短銃が当たった。
 反射的にそれを抜き――気がついたときには、二発の銃声が響いている。
名瀬「あ……」
 名瀬の目の前で、額に二つの銃創を穿たれた夏緑が、ゆっくりと倒れていった。
 しかし、名瀬にはそれに呆然とする暇もない。
名瀬「!」
 背後に気配を感じ、振り返って即座に引き金を引く。
 喉を撃ち抜かれた砦葉月が、鮮血をまき散らして前のめりに倒れた。
 それに怯んだのか、伊東と草上は二、三歩後じさると、そのまま部室の外へと飛び出していく。
 名瀬はその背中に向けて三回引き金を絞ったが、いずれも壁に当たって爆ぜるだけだった。
 そしてそのまま、伊東と草上の背を見送って――名瀬は鮮血に染められた生物部部室を振り返る。
名瀬「夏先輩……砦先輩……」
 倒れた夏緑と砦葉月に歩み寄り、名瀬はその瞳を閉じさせると、僅かに黙祷を捧げた。
 それから顔を上げると、耳栓が詰まっているのを確かめ、短銃の弾倉を交換する。
 そして銃口を持ち上げ――スピーカーに向かって発砲した。
 乾いた音とともに、スピーカーが僅かに煙を上げて沈黙する。
 明らかに、夏や砦の暴走は、今もスピーカーから流れるこの音楽によるものだ。
 これを止めなければ、瞬く間に校舎内は暴走する売れない作家たちで埋め尽くされることになる。
 ――そして、この耳栓が無ければ、おそらくは自分も、暴走していただろう。
名瀬「早く止めないと、前回以上の被害が出る……っ」
 名瀬は走った。目指す先は、この狂気の音楽の発信元――放送室。

147 :あざのと水城の選択1/11:03/08/08 06:00
「ちっ……馬鹿どもが」
 
 非常警報発令から1時間が経過。
 富士ミスクラスの教室、そのガランと空いた空間にあざのは一人立ち尽くしていた。
 
 富士見ミステリークラス。
 誘導地雷の異名を持つ弱小レーベルの一つ。
 今回の黒古橋の蜂起は、その富士ミスクラスに大きな波紋を呼んだ。
 
 地雷よ核よと蔑まれて来た我等の怒りを今こそ奴等に思い知らせよ、と叫ぶ深見を筆頭とした過激派。
 電撃、ファンタジアクラスと協力し鎮圧に尽力すべきだ、と主張する葉月を筆頭とした穏健派。
 富士ミスクラスは真二つに割れた。
 激しい論争。飛交う罵声。
 事態は混乱を極めた。
 
 そして師走トオルの華麗な演説により皆の関心が過激派へと傾き始めた時、事件は起こった。
 唐突にスピーカーから流れ出した、何の変哲もないクラシック。
 しかしその旋律は過激派を含んだ多数の生徒の精神に干渉し、何かを狂わせた。
 
 深見の拳が骨を砕き、南房の剣が肉を絶つ。
 突如凶暴化した過激派達に、葉月ら穏健派は為すすべなく蹂躙された。
 傍観していたあざのが介入しなければ、死者すら出ていたかもしれない。
 穏健派を全滅させた過激達はあざのの奇襲で大半が倒れたものの、深見をはじめとした数名が生き延び
 黒古橋の元へと走った。
 
 血臭と破壊の跡に満たされた教室に、あざのは今も立ち尽くす。
 師走の「異議あり!」という叫び声も、深見の暑苦しい気合いも、南房が派手なアクションで奏でる騒音も、
 もう、聞こえてはこない。
 普段どれほど疎んでいたとしても、其処に在る筈のものがないということはそれなりに堪える。
 日常とは失った時に初めてその価値が解るものだ、と何処かで言われたことを思い出した。


148 :あざのと水城の選択2/11:03/08/08 06:03
 富士ミスクラスの生徒は皆、華やかな表舞台から堕ちた闇夜を歩く者どもだ。
 どれほど濃いレポートを書こうとも、どれほど馬鹿馬鹿しいトリックを使っても、
 自分達には日の光の下を歩けない弱さがあった。
 それ故に内の結束は強く、堅固なものだった。
 同朋――――己のレポートに使った単語が脳裏に浮かぶ。
 そう、同胞だ。
 富士見ミステリークラスという『王国』に住まう同朋達。
 その同胞達が分裂し、争い、狂い、傷つけ合った。
 そのとき自分は何をした?
 同朋の争いを止めるどころか激情に身を任せ、カプセルと闘争の狂気に酔い、同朋を己の手で叩き潰したのだ。
 自嘲すらできない。
 なんてジャンキーらしい末路だろう。
 
 あざのはかろうじて形を残している机にグッタリと体を預け、虚ろな目で天井を見上げる。
 全てが色あせて見えた。
 全てがどうでもよく感じられた。
 やがてカプセルの禁断症状が現れ、更なる絶望へと転げ落ちるそうになった時、
 
「やあ、これはまた随分と派手に壊したものだな」
 
 能天気な声が戸口から垂れ流された。
 いつも隣から聞こえてくる、どうしようもないくらいに馬鹿なヤツの声。
 普段は鬱陶しく感じるはずのそれは、何故かあざのに深い安堵をもたらした。
 それが酷く悔しく感じられて、涙ぐみそうになる自分の目玉を刳り貫きたい衝動に駆られながら怒鳴った。
 
「遅いんだよっ! 何処行ってたんだ手前は」
「電撃クラスでまたもや猟奇的な事件が起きたと聞いてな」
「はん。野次馬にはしってたってわけか? ふざけんな阿呆っ!」
「落ち着きたまえ。短気は損気。急いては事を仕損じると言う諺を知らんのか?」

149 :あざのと水城の選択3/11:03/08/08 06:04
 いつも通りのマイペース。
 あざのは無言で“影”を召還。
 仮面男の後ろ頭を、手加減無用でど突かせる。
 
「ぐあっ! な、何をするんだ!」
「五月蝿ぇ役立たず」 
 
 常人ならば二日は寝込む打撃に怯むことすらしない水城は、やはり脳の何処かに異常があるのではなかろうか。
 そんな考えが頭に浮かんだあざのは、その間抜けな思考が一体何処から来たのかを訝しんだ
 
――――シリアスムードが台無しだ。
 
 もしかしたらこれは、水城なりの気遣いなのかもしれない。
 ありがたいと思う反面、それが上手くいっているのは何か癪だが。
 
「ふん。目の前で進行した事態に着いていけず、ただ暴れまわる事しかできなかったジャンキーが言える言葉かね?」
 
 ……どうやら水城の辞書に気遣いという文字は無いらしい。
 馬鹿に過剰な期待は禁物である。
 
「――――上等だ。今すぐ『猟奇的』に解体してやる」
「ふはははは! 役立たずのジャンキー如きが猟奇を語るとは、百年早いわっ!」
 
 荒れ果てた教室で“影”が暴れまわり煙幕がたちこめる。
 殴りあう音が聞こえたかと思えば、何故か気球が宙を舞う。
 羞恥と水城への怒りで顔を真っ赤にして、闇雲に攻撃を仕掛けるあざの。
 そのあざのを嘲るように華麗に逃げ回る水城。
 水城への怒声と共に“影”を使役するあざのの横顔に、先程までの昏い絶望はなかった。
 
 それが果たして水城の狙いどおりだったのかは、神のみぞ知る。
 
                      ◆

150 :あざのと水城の選択4/11:03/08/08 06:05
「――――で、どうするよ? これから」
 
 一頻り騒いだ後、やたらとすっきりした顔のあざのが水城に問い掛ける。
 
「とりあえず退いてくれたまえ。話はそれからだ」 
 
 ムッツリと不機嫌そうに答える水城。
 彼はうつぶせに倒れこみ、文字通りあざのの尻に敷かれていた。
 純白のマントとタキシードも、そこはかとなくボロボロに見える。
 
「いいじゃねーか。中々『猟奇的』な格好だぜ?」
「違うっ!こんなものを猟奇と――――」
 
 唐突に、スピーカーから雑音が流れた。
 あざのと水城の体に緊張が走る。
 
『こちら電撃班所属作家、川上稔だ』
 
 あの『音楽』ではなかった。
 思わず緊張を解く二人。
 
 そこに川上の「中立派宣言」が響き渡った。
 
『――――古き時代にしか生きられぬ馬鹿達をこれからの時代に引きずり出せ!!』
 
 一切の妥協も諦めもない、力強い台詞。
 あざのと水城は顔を見合わせ、やがて俯き、それぞれ川上の言葉をかみ締めた。



151 :あざのと水城の選択5/11:03/08/08 06:06
「どちらもが正しくあれる答えを探せ、か……どう思う」
「理想論だ。すでに争いが起こってしまっている現状にあって、それはあまりにも脆く、意味を持たない」
 
 問うあざのに、答える水城。
 
「そしてだからこそ、川上氏は自ら第三勢力と成り、半ば力ずくで我々に『命令』しているのだ」
 
 そう続けた後、どこか遠くを眺める目で呟く。
 
「余りに強引で、無謀な試みだ。だがあの川上氏だからこそ信じられる、信じたくなる言葉だ」
「中々格好いい台詞だが――――」
 
 あざのは静かに、そのことを告げた。
 
「尻にしかれたまま言う台詞じゃない」
「だから退けと言っているだろう」
 
                      ◆
 
「さて、川上氏の言葉も踏まえた上で、今後の我々の行動プランを立てようではないか」
 
 既に二人で動くことが決定しているような水城の口ぶりに思わず噛み付きそうになったが、
 予想外の戦闘すらありうる現状を鑑みて、単独行は諦めざるをえないという結論に至り、何となく悔しく思う。
 そんなあざのを置いて水城はさらに話を進める。
 
「私個人の意見としては、第三勢力である川上氏の元へ行ってみたい。氏は信用に足る実績の持ち主だ。
 そしてなにより、地雷レーベル・富士ミスの一員として『どちらも正しくあれる答え』という物を探してみたい」
 
 
「――――ならば歓迎しよう!」

152 :あざのと水城の選択6/11:03/08/08 06:06
 驚きのあまり、全身の筋肉が痙攣した。
 数センチ飛び上がり、そのままの勢いで声の発生源――――あざのの真後ろにある出入り口へ、体を捻る。
 軋む体を叱咤し、カプセルを取り出して一瞬で戦闘態勢まで持ち込む。
 
・――惑星は南を下とする。
・――文字は力の表現である。
 
 あれ? と思う間も無く足が滑り視界が流れ、続いて背中に強い衝撃。
 肺の空気が残らず逃げ出し、脳が酸素不足の悲鳴をあげる。
 
 何故か急勾配となっている教室の床に四つんばいになり、咳き込みながら無様に酸素を求める。
 やがて視界から白いもやが消えうせ、呼吸も落ち着いてきた頃、目の前に二つの靴があることに気が付いた。
 
「すまないな。つい概念条文を使ってしまった」
 
 無様に這うあざのに手が差し伸べられる。
 その手を払い、しっかりと踏ん張って立ち上がり、目の前にある顔を睨みつける。
 
「……随分な挨拶ですね。川上サン」
「非礼は詫びよう。しかしその前に、彼は大丈夫なのかね?」
 
 川上が指差す方向に顔を向けると――――案の定、教室の隅で水城がアクロバティックに丸くなって昏倒していた。

                      ◆
 
「で、これは一体どういうことっすか、川上サン」
 
 川上から賢石をもらい、しっかりと地に足をつけたあざのは、改めて目の前に胡座をかいた川上をねめつける。
 ちなみに水城はいまだ昏倒中。
 現在川上と共に現れたさとやすに頭の傷の治療をしてもらっている。

153 :あざのと水城の選択7/11:03/08/08 06:07
「まず一つ。私の目的は黒古橋、対策班とは別の第三勢力を作ることだ」
「それは聞いている。だけど何で俺たちのいる教室に概念条文なんて使ったんすか」
 
 攻撃にしては中途半端で、大掛かりに過ぎる。
 第一自分達に攻撃してくる理由が、川上達にはない。
 
「此処を拠点にしようと思ってね」
「拠点?」
「第三勢力というからには対策班と同じ拠点で動くわけには行くまい。
 そして、私の望みはあくまで『どちらも正しくあれる答え』を皆で探すこと。
 それまでは対策班に黒古橋達を潰してもらうわけにもいかない」
「……つまり、あんたは対策班とも事を構えるつもりだ、と?」
「事を構える、というほど大げさなものではないさ。ただ何事にも例外はあるものだ。
 十分な情報が届かなかった場合、黒古橋派と間違えられて攻撃される可能性もある」
「ふん……」
 
 物騒な話だ。
 だが筋はとおっている。
 
「じゃあ、最期の質問。あんたはなんで此処を選んだんだ?」
 
 その問いに川上はニヤリと笑い、こう答えた。
 
「此処が富士見ミステリークラスだからさ」
「……ちっ」
 
 思ったとおりの答えが返ってきた。
 しかし、まるで川上に踊らされているようで逆に不快だった。
 

154 :あざのと水城の選択8/11:03/08/08 06:08
 富士見ミステリークラス。 
 慢性的な地雷過多に悩む弱小レーベル。
 そこに所属するものの多くは黒古橋と同様の弱さを抱えている。
 多くは黒古橋の一派に加わろうとするだろう。
 
 しかし残ったものたち、つまり富士ミスでも売れている者達の心境は複雑だ。
 弱小レーベルに所属ゆえに黒古橋の心情を理解できる。しかし立場は対策班側。
 彼等こそ、川上の望む『どちらも正しくあれる答え』を最も強く求めるだろう。
 
 水城や、自分のように。
 
「なるほど。あんたは確かにすげーよ」
 
 牙なき理想主義者でも、安易なテロリストでもない。
 この上なく乱暴で無謀なこの試みを、成功させる器がある。
 
「光栄だな」
 
 不敵に笑う川上。
 あざのは何故か、それがひどく気に入らなくて、背を向けて歩きはじめる。
  
「それで、君は何処につくつもりだい?」
「俺はあんたや水城が拝んでる崇高な目的には興味はない。黒古橋も関係ない」
「そうか」
「だが――――」
 
 立ち止まり、静かに振り向く。


155 :あざのと水城の選択9/11:03/08/08 06:09
「師走、南房、そして深見。この三人は俺が仕留める」
「ほう?」
「――――俺も、やつ等も、やっちゃあいけねーことをやっちまった。
 馬鹿は馬鹿同士、決着をつけるさ」
「ならば、対策班へ行くのかな?」
「まさか」
 
 クッと暗鬱な笑いを浮かべる。
 
「これは富士ミスの――――いや、俺とあの馬鹿どもとの問題だ。
 他のヤツの手なんか借りられっかよ」
 
 前に向き直り、再び戸口へと歩き始める。
 その背中へ、川上の声がかかった。
 
「約束しよう。我々は君の行動の邪魔はしない、と」
 
 引き戸に手をかけ、ガラリと開ける。
 
「――――感謝する」
 
 一言の感謝の言葉を残し、あざのは去った。

156 :あざのと水城の選択10/11:03/08/08 06:12
                     ◆

 
「……よかったの?」 
 
 水城に膝枕をしているさとやすが、恐る恐るといった様子で川上に声をかける。
 
「仕方がないさ。彼には彼の用事がある」
 
 そう言って立ち上がった川上は、さとやすの膝の上で暢気に寝ている水城のマスクを覗き込む。
 マスクに隠れて見えないが、目元がピクピク動いているような気がする。
 
「水城君。君はどうするかね?」
 
 試しに言ってみただけだったが、慌てて飛び起きたのを見るとどうも狸寝入りだったらしい。
 水城は微妙に引きつった笑いを浮かべ、それでもひどく尊大に宣言する。
 
「ふ、ふはははは!よくぞ見破った!流石だな。川上氏」 
 
 ここで半分冗談だった、と告げるのは酷な気がしたので、一応黙っておくことにした。
 
「ああ、お褒めいただき光栄だ」
「うむ。さすが私が見込んだ男。実に猟奇的である」 
 
 よくわからない事を言い出す水城。
 この程度で引くのも癪なのであえて乗ってみる。
 
「ああ、君の狸寝入りも中々に猟奇的だったぞ」
「ふふふ、お褒めいただき光栄だ」
「……りょ、猟奇?」

157 :あざのと水城の選択11/11:03/08/08 06:14
 さとやすが早くも遭難した様子だが放置プレイ。
 この程度の怪話についていけないようではまだまだ。
 
「して、水城君。もう一度聞くが、君はどうするかね?」
「ふむ……」
 
 ここでいったん悩むフリをする水城。
 何の意味があるのかはわからないが、おそらく猟奇的な理由なんだろう、と適当に納得する川上。
 
「さとやすくんの膝に未練はあるが……やはりあざのの後を追うことにしよう」
「やはり、か」
 
 予想通りの答えに、しかし些か落胆する川上。
 さとやすが「え、膝?」とか言ってるがやっぱり放置。
 
「彼は私の永遠のライバルだ。勝手に死んでもらうわけにはいかない。それに――――」
「それに?」
 
 水城らしい不敵な笑みを浮かべてのたまう。
 
「あなたやあざのの思い通りになるのは、あまり猟奇的とは言えないのでね」
 

                      ◆ 
 
 
「結局、私達二人だけだね」 
「何、何とかなるさ」 
 
 最終的な予想は外れたが、心情的に同じ者がいるということが解っただけで心強い。
(いささか、富士ミスの灰汁の強さを舐めていたのかもしれないな……)
 川上、ちょっと反省気味。

158 :115・電撃ラウンジ・戦闘後:03/08/08 10:05
 秋山瑞人たちが電撃班ラウンジに駆けつけたときには、すでに遅かった。
 ホテル並みに明るく、清潔だったラウンジは、暗黒に支配され、あたりに生肉が焼けたような匂いが充満している。
 壁には弾痕や手持ち式レーザーライフルのビームのあと。
 ソファは原形をとどめていないほどに焼き焦げ、テーブルは真っ二つに折られていた。
 そして、辺りに充満する人々のうめき声。
秋山瑞人「遅かったか……」
 そうつぶやくと、かれは持ち前のリーダーシップを発揮。生徒達を指揮して、救出活動にあたる。
 けが人、あるいは死者が次々と運び出される中、秋山瑞人はある一人の人物を発見した。
秋山瑞人「A特派員……」
A「瑞人先輩ですか……、黒古橋先輩に奇襲されて、このざまですよ……。残っていた連中で応戦しましたが、まったく武器が効かなくて。」
秋山瑞人「で、何故奴はここに?」
A「兵隊を集めるつもりだったんです」
秋山瑞人「兵隊?」
A「そうです。『兵隊』です。ここにいる特別生徒志望者、通称『ワナビ』たちを配下に置くためにここにきたんです。ワナビ達は、何度も試験に合格できない恨みつらみを先生方に持っていて、その心の隙を黒古橋に突かれて、次々と……」
秋山瑞人「そうか……。『ワナビ』か……」
 かれはおそるべき戦慄をいだいた。特別生徒志望者達は、このライトノベル校では欠かせない存在だが、また頭の痛い存在であった。いわば、「必要とされる問題児」だった。その多くが黒古橋の支配下におかれたのだ。
 しかし、今は戦うしかない。秋山瑞人はそう思うと、目の前の救出活動に心を砕く事にした。


159 :時海結以の災難(1/2):03/08/08 12:37
 息が切れる。頭が痛い。断続的に襲う目眩に、時海結以は壁にもたれて息をついた。
(はぁ、はぁ……どうしよう)
 数十分前まで、彼女がいた場所は地獄だった。過激派と穏健派に分裂した富士ミス班、
同じレーベルで頑張っている仲間たちが険悪な視線を交わし合って、そんなところに
今も流れているこの音楽が――
 暴走した過激派の師走や深見、南房。穏健派はなすすべもなかった。
 穏健派だった彼女は、脇目もふらず必死で逃げ出してきたのだ。
(何なの、一体……葉山さん、上田くん、無事でいるの……?)
 同じ穏健派に立った先輩や同期の仲間を思う。自分は彼らを見捨ててきてしまった――
 しかし、あの場所に戻ろうとすると、足がすくむ。歩けなくなる。
 振るわれる剣、唸る深見の拳、過激派の彼らの目の狂気――
(師走くんも、どうして……? 一緒に富士見ミステリーを支えて行こうって約束したのに)
 辛かった。苦しかった。ともに地雷だ核だと言われながらも頑張ってきた仲間たちが、
殺し合いをしている――そんなの、見ていられない。
(止めなきゃ……でも)
 思い出す。逃げだそうとした自分の手を掴んだ、師走の腕。
 ――自分の能力が、消えている。
 時海は、自分の身体に触れた者を弾き飛ばす能力を持っていた。
 だが、何故か今回暴走した過激派には、その能力が通用しない――
(……頭が)
 そして、スピーカーから流れ続ける音楽は、時海の精神に少しずつ浸食し始めていた。
 売れない作家の恨みを増幅させる『全性音楽』――富士ミス班の作家は、大半がその対象と言っていい。
 時海がかろうじてその影響下に収まっていないのは、富士ミス2期生では一番売れていたからだろうか。
(どうしたら……私はどうしたらいいの……?)
 能力は通用しない。富士ミス班に戻ることは出来ない。
 このままでいたら、いずれ自分もこの音楽に浸食される。
 どうにもならない――

160 :時海結以の災難(2/3):03/08/08 12:41
(!?)
 唐突に、時海はこちらに走ってくる足音を聞いた。
(誰……? 上田くん……葉山さん……?)
 富士ミス班の仲間が、自分を助けに来てくれた――そんな甘い妄想が頭をよぎりかけて、
しかし時海はそれを振り払った。そんなはずはない、彼らに自分を助けに来る余裕などない。
 だとしたら、この足音は――

「犯す犯す犯す犯す犯す犯してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!」
 果たしてそこに現れたのは、黒古橋の配下に入った杉原智則だった。

 その狂気の視線に射抜かれ、時海は一瞬立ちすくむ。
 そしてその一瞬の間に、杉原との距離は絶望的なまでに縮まっていた。
「!!」
 慌ててきびすを返すが、既に遅い。杉原の手が、しかっりと時海の左腕を掴む。
 ――やはり、能力は発動しなかった。
「犯す犯す犯す犯す犯す犯すみんな犯してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」
 涎を流し、目を血走らせた杉原に押し倒される時海。
 上着が引き裂かれ、露わになった乳房を杉原の手が乱暴に鷲掴みにする。
「い、いや、いやぁぁぁぁっ!」
 悲鳴を上げるが、それは誰にも届かない。振り回す腕も、力無く杉原の身体を叩くだけ。
(――どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてこんな――)
 乳房を握りつぶされるかのような苦痛に、時海は呻き、涙を流す。
 痛い、怖い、嫌だ、痛い怖い痛い嫌だ嫌だ嫌だイヤダイヤダ――

161 :時海結以の災難(3/3):03/08/08 12:41
 ――刹那、時海の視界に、疾風のごとくに影が踊った。
 そして次の瞬間――時海の上にのしかかっていた杉原の身体が、宙を舞う。
 杉原はそのまま、窓ガラスを突き破って、外へと落ちていった。

 呆然と、時海はそれを見送り――それから上半身を起こして、影の方を振り向く。
 そこにいたのは――迷彩色の外殻に身体を包み、その上に黒いコートを羽織った、奇妙な人間。
「大丈夫か?」
 その人物は、姿に似合わぬ優しげな声で、時海に手をさしのべた。
 時海は慌てて胸元を隠すと、その手を取って立ち上がる。
「杉原がこちらに気付く前に叩けて良かった。右手の剣を使われていたら厄介なことに――」
「あ、あの……貴方は」
 おそるおそる、時海はその奇妙な改造人間に声を掛ける。
 改造人間は振り向くと、こう答えた。
「私は高畑京一郎――だが、今は“ガーディアン”だ」

162 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 15:28
感想も、厨房ですか?スレに書いた方がいいのかな?

163 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 16:20
そのほうがいいと思う

164 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 17:30
どっちでも

165 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 22:14
さすがに感想まであっちに書かれると、「このスレ」でやってる感が薄れるような・・・
ネタ以外はスレに欲しくないって人の気持ちも解るけどさ、感想やツッコミはここでやってもイイんでないかな。
読む人間が居てこそのネタだろうし。

166 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 23:18
>165に同意。
前回、感想までむこうに書いたのは、容量がやばかったからだしな。

167 :イラストに騙された名無しさん:03/08/08 23:20
川上からの放送後、有沢は迷っていた。
世間的にも本人的にも自分は売れない作家の1人である。
しかし…、売れないが好き勝手にレポートを書いている。
自分は果たして今の自分の立場に不満があるのだろうか…。
「俺って…どれにもあてはまんないなぁ…。…売れないけど不満のない俺はどうすりゃいいんだ?」
自分は売れないのでで叩かれる。しかし、果たして自分は売れたいがために小説を書いているのか?
「…ハイでもあるし、イイエでもあるなぁ…。」
…基本的にネガティブ思考の有沢には、「向上心」が欠けているのだ。
叩かれて当然、売れなくて当然、と考える。なにせ自分は「有沢まみず」なのだから。
勿論、売れれば嬉しいし、叩かれない、あまつさえ面白いと賛同してくれれば感激だ。
しかし、それは現状にある程度満足(絶望とも妥協とも言う)している有沢にとっては
「嬉しいけど続くわけがない」と思っているのだ。
色々考えた挙句、有沢はある考えに至った。
「そうか、全部理解できない立場、完全なアウトサイダーの立場から正解を探せばいいのか。」
それはダメ人間である自分にしか出来ないことだと思う。
ダメ人間であるがゆえに他人が見落としがちな些細な(どうでもいい)事を見付けられるかもしれない。
そう考えた時、ふと自分の中でもっとも大切な「世界観」を思い出した。
「そうだ、俺はハッピーエンドが好きなんだ。今回におけるハッピーエンドは…歩きながら考えよう。」
そうつぶやくと廊下を歩き出した。
なるべく人がいない方向へ、自分しか通れない道を探して。


168 :阿智のゆかいな仲間達:03/08/09 08:12
 黒古橋との接触の後、屋上から逃げ出した阿智は軽書校の中庭に倒れていた。無理もない、黒古橋の攻撃を無防備に受けた上に全力で逃げたのだ。体はとうに限界を迎えていた。黒古橋から受けた傷の
ダメージに加え、屋上から飛び降りたときの体への衝撃、そこから全力で走った体力の消耗。
 はっきりいって数日間はベットの上にいなければならないくらいに消耗していた。


 少しだけ話は変わる。
 現在軽書校の中には黒古橋の手に落ちたワナビと呼ばれる生徒たちが大量にはびこっている。
 彼らは自分の話が教師に、ひいては世間に評価されない恨みによって軽書校特別生徒に襲いかかっている。元々ワナビたちは人気のある生徒を恨んでいた。それが黒古橋によってたがが外れ、嫉妬という名の恨みをほかの人気ある生徒にぶつけるようになったたのだ。

 ここで問題。
 現在軽書校で一番ワナビに恨まれているのは誰か?

 ヒント  
 ワナビが特に恨むのは、それほどレポートの文章力が優れているわけでもないのに人気のある生徒。


 話を戻そう。そして阿智太郎についての描写をもっと詳しくすることにする。
 今阿智は、軽書校の中庭で、傷と疲労によって気を失っていた。
 そして周りには今にも阿智に襲い掛かろうとしている37人もの血に飢えたワナビが立っていたのだった。



169 :阿智のゆかいな仲間達 2:03/08/09 08:13
ワナビA「くっそぉぉぉ、何でこんなやつのレポートが人気なんだっ!!こんなふざけたレポートなのに」
ワナビB「こんなレポートよりも俺のレポートの方が高尚なテーマだろうが!!」
ワナビC「……やっちまおうぜ、こんな奴」
 周りを見渡しながら言ったワナビCの一言にその場にいる全員が頷いた。
 一番近くにいたワナビが、手にしていたやたらと派手な装飾の付いている洋剣を大上段に振り上げる。
ワナビA「くらえっ!!俺の生み出した伝説の剣=レジェ・・・ぐあっ」
 ワナビAの剣が阿智の体に突き刺さる一瞬前、Aの体は不可視の力によって弾き飛ばされた。
 立て続けに二人、三人と阿智の近くにいたワナビ達が次々と後方へと見えない何かに弾かれていく。
???「阿智おにーさんをいじめるなぁっ!!」
 突然の声。ワナビBが目をやるとそこには黒いマントを身にまとった小柄な少女が空中に浮いていた。
よく見ると彼女の口元には鋭く尖った犬歯がはえている。
ワナビB「何だテメーは?だれだかしらねぇが俺達に一人でケンカを売ろうってのか?」
???「一人じゃないわ」
 今度はワナビBのすぐ後ろから声が聞こえた。あわてて振り返ろうとしたが声の主はそれよりも早い動きでBの側頭部にナイフの一撃を食らわせる。そのまま動きを止めずに次の獲物へ斬撃をみまう。
???「安心して、一応死なさないようにはするから」
この声の主も少女だった。身につけているものは黒い長袖の上着に黒い長ズボン、おまけに真っ黒いサングラスと、まるで夜を身につけて出て来たような少女に見えた。
ワナビC「くぅ、なんだか知らねえが俺達の邪魔をするなぁ!!」
 そう叫んだワナビCがサングラスの少女にこぶしを向けたそのとき、
??「はーっはっはっはっはっはっはっはっはっ」
ワナビC「誰だっ!?」
矢上「悪を憎む正義の心、それが呼んだよこの場所に。赤いマフラーなびかせた、青いボディーのイカス奴。株式会社オタンコナス製造超特殊汎用パワードスーツドッコイダー矢上Ver!!
友のピンチにただいま参上!!とうっ!!」
ズボ
ワナビC「な…なんなんだ本当に…」


170 :阿智のゆかいな仲間達 3:03/08/09 08:15
中庭の木の上からまっさかさまに落下したドッコイダ−、いや矢上裕は地面に突き刺さった頭を引き抜くと
何事も無かったかのように叫んだ。
矢上「己のレポートが認められないのを悔しがるのならばまだしもそれを他人、あまつさえ人気のある生徒へと恨みの矛先を向けるとは言語道断。わが友阿智太郎は私が守る」
ワナビC「わかった、こいつらイラスト校の連中だ。たしか矢上裕に宮須弥、それにスズキユカ」
 三人の顔を見渡したワナビCは悔しそうに奥歯をかんだ。
ワナビC「くそっ、阿智が人気なのはどうせこいつらのせいだろ!!こんな時までおんぶに抱っこで……ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう…お前達!!こいつらをぶったおして阿智の奴にトドメを刺そうぜ!!」
 ワナビCの一声でその場にいた30人以上のワナビがいっせいに雄叫びを上げた。
 その光景を目にした矢上は形勢の不利を感じた。相手はただの一般生徒ではなくワナビなのだ。
当然ある程度の能力をそれぞれが持っているはずだ。しかもそれが三十人。さっきは不意を付く形で何とかなったが相手が本気になった以上一筋縄ではいかないだろう。
矢上(……ならば)



171 :阿智のゆかいな仲間達 4:03/08/09 08:17
パワードスーツを着ている矢上は一瞬で阿智のそばへと駆け寄ると片手で阿智の体を持ち上げ中に浮いている宮須弥へと投げた。そして叫ぶ。
矢上「宮須弥君、君は阿智を医務室へ運んでくれ。こいつらの相手は私とスズキ君が引き受ける」
宮須弥「えっ、でも……」
スズキ「見たところ阿智さんの容態はだいぶひどいわ。この場所で戦いに巻き込まれる危険もあるしここは一刻も早く阿智さんを安全な場所に連れて行くのが先決よ」
宮須弥「矢上さん、ユカちゃん……わかった、言うとおりにする」
 宮須弥の言葉を聞いたスズキはにっこりと笑うと上着のポケットから白いなにかを取り出し宮須弥に投げてよこした。
宮須弥「ユカちゃん、これ…」
スズキ「生だから割らないように注意してね。本当は阿智さんがこれを使わないようにするのが一番なんだけど、この状況じゃそうは言ってられないものね」
 宮須弥はそれをポケットにしまうと最後に一言だけ言って校舎の二階の窓へと消えていった。
宮須弥「無理はしないでね」


スズキ「さてと、矢上さん。とりあえず一人十五人って計算でいい?」
矢上「フッ、なんなら私一人ででも十分に…」
スズキ「ハイハイ。じゃ、とりあえず十五人ずつね」

阿智…気絶中  宮須弥…阿智をつれて移動 矢上・スズキ…ワナビと戦闘
宮須弥が阿智をおにーさんと呼ぶくだりは前すれ172あたり

172 :イラストに騙された名無しさん:03/08/09 09:26
その頃

山下卓「さすがに学校の売店ではリカヴィネは売ってないみたいですね先輩」
長谷川敏司「タンクミュージアムやガンダムはあるのにな。学園の購入層を考え
      萌え資料としての価値の高いものも置くべきだろうに」
山下卓「しょうがないのでセブンやファミマ辺りはしごします?」
長谷川敏司「箱買い必須だな」
山下卓「対象年齢15歳以上ですから安心ですよね。じゃあ滝本先輩も呼びましょう」

その頃滝本は
滝本竜彦「リカたんハァハァ」
すでにダース買いして家に引篭もっていた。

173 :掃除屋1/3・矛盾体現:03/08/09 15:52
「――川上先輩、手合わせ願いたい――」

富士ミスクラスを出て、廊下を行く川上とさとやすの前に現れた男が、無表情に告げる。
白いコートを羽織り、右手にナイフ、左手にアタッシュケースを持つ男、
電撃9期の坂入慎一はケースを床に置き、構える。

さとやす「川上君…………」
川上「大丈夫だ。みたところ立場はフリーのようだし、何より純粋な殺気しか見えない……
   最もそっちの方が問題かもしれないが、とりあえず生意気な後輩は殴って矯正させてみよう」

川上も構える。拳による打撃をメインとしたスタンス。
彼我の距離は20メートルほど。どちらからともなく駆け出し、一瞬にして衝突する。
       サバット/ジムナ/ボクステック                 ヒット
――川上・脚術/体術/腕術技能・重複発動・コンビネーション・成功!
初撃は牽制の左拳、だが既に坂入は更にその左に位置し、黒塗りのナイフを振るう。  
       ダッジテック テイク ダッジ ヒット
――川上・回避技能・発動・回避・成功!
一転して回避に移る。が、その回避に成功したはずの川上の右腕に小さな切り傷が入る。
再び距離を離し対峙する二人。何事もなかったかのように川上が口を開く。

川上「……文体の能力化と対比か。奏音の領主と名付けるにはちと違うか」
坂入の表情は変わらない。

さとやす「ど、どういうこと?」
川上「……我々の使う能力はそれぞれの提出したレポートに準拠してる。これはわかるね?
   そしてそのレポートにおいて能力や心情は文字で表現される。これも当然だね?
   私だったら技能や記動力、そして唄を詠んだりだ。もっと単純にいえば振りおろした拳に描写が入る。
   それによって想起されるイメージは、ただ殴ると書くよりも痛い結果になるとは思わないかね?」
さとやす「そ、それは確かにただ殴ったって書くよりも『どりゃー』とか『てりゃー』っていった方が……」

174 :掃除屋2/3・黒ではない闇へ消ゆ:03/08/09 15:54
川上は前を見据えたまま頷く。気が付けばいつの間にか坂入から発せられていた殺気が消えている。
構えと表情に変わりはないが戦闘を仕掛ける意思はないと判断。構えを解いてさとやすに語る。

川上「そう、そちらの方が痛い。そしてそれは実時間にして一瞬だ。振り下ろす拳は拳の速度で動く、
   だがそこには様々な描写が入る、彼はそこを突く。何故そんなことができるかわかるかい?
   彼が文体の特徴自体を能力と解釈してるからだよ。あくまで淡々と綴る彼の文体自体が彼の速度だ。
   速いという表現すら遅い。無心という描写ですら遅い。動くという行為があるだけだ。
   同じ一瞬がそうではない、素晴らしい矛盾だ。確かに意思が介在しない以上、威力には期待できない。
   
   だが、ナイフが急所に刺さったという行為をされた人間が、生きていると思うかね?

   描写の隙を突くまではかわし続け、隙が見えれば打ち込む。威力よりも致死力、まさしく掃除人だ。
   だがしかし坂入君、君にはわかっているのかね? その弱点が」

言葉を続けようとした川上の視界に軽い擦過音と共にアタッシュケースが足元まで滑り込み、止まる。
顔を上げて坂入を見る川上に映るのは、無表情のまま一度だけ頷く坂入。
そのまま窓へ近づき、ナイフの柄で窓ガラスを叩き割る。その行為の意味するところは。

さとやす「い、一緒に戦ってくれないの?」
坂入「さとやす先輩、俺は掃除屋で、暗殺者です」
如何様にも取れる、だから如何様に取ってもかまわないのであろう。
川上「――ならば、存分に行きたまえ。ただし、後悔に獲り殺されぬようにな。」
坂入は答えない。あいも変わらず無表情のまま、外へと身体を躍らせる。


「――9期の恥は、9期が雪ぎます――」



さとやす「(ぼそっ)……ここ……四階だよ」


175 :掃除屋3/3・進撃再開:03/08/09 15:55
川上「で、残ったのはこのアタッシュケースというわけだが」
さとやす「ば、爆発とかするのかな……」
川上「それは開けてみなければわかるまい。というわけで開けるぞ…………どかーん!!」
さとやす「きゃああああああぁぁっ!」
絶叫と共に後ろを向いて耳を塞いでしゃがみこむさとやす。もちろん爆発などしていない。
川上「まロい……なんともまロい。」
さとやす「え? 今何か変なこと言った?」
川上「しゃがむことで強調される尻の曲線がなんとも……いやなんでもない」
さとやす「う、なーんかイヤだなぁ……」

中身はケースの両面にくくりつけられた幾つもの軽金属の箱。
箱には赤いボタンスイッチとマジックによる殴り書き。川上は流し読む

川上「職員棟、部活棟、懲罰棟、本校舎A/B/C……ふむ」
さとやす「あれ? 手紙がついてるよ?」

一枚目には校舎の見取り図が、二枚目は白紙で三枚目にはただ一文。
川上は一瞥すると、少しだけ表情を崩し……折りたたんで懐にしまう。
そしておもむろにケースの蓋を閉じ立ち上がる。

川上「さて、行こうかさとやす君」
さとやす「う、うん。ところで、結局坂入君は何が言いたかったのかな?」
川上「何となくはわかるが、彼の流儀にのっとって、ここは言わないでおこうか」
そう答える川上の顔は、ほんの少しだけ、喜んでいるように見えた。


【川上&さとやす、アイテムゲット。坂入、???】

176 :イラストに騙された名無しさん:03/08/09 17:46
( ´Д`)/ 先生!ふんどし祭りが開催されそうです

177 :イラストに騙された名無しさん:03/08/09 22:43
西尾「悲鳴が、聞こえる……」
耳を澄ませば遠くから、ガラスの割れる音や人の声が聞こえてくる。
自分が戦場に身を宿すのもそう遅くはないな、と人事のように思う。
西尾「僕は生き残れるさ、この前も、昔も……これからも、それは変わらない」
西尾維新――
身体能力、特筆すべきもの無し。特殊能力、事件を作る。
自分がいたら他人を傷つけてしまうから、乙一とも佐藤友哉とも、離れた。
そしてここから……独りで戦わなくてはいけない。
西尾維新は孤独であり、無力であり、最弱であり、塵芥であり、卑小であり、最悪である。
「もうちょっと……作品かいときゃよかったかな……いいや……それこそ――」


――戯言だよ。
西尾維新は、戯言遣いである。

178 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 02:54
 緊張感高まる校内、男は猫を抱いてまるで別世界にいるかのごとくゆるみきっていた

「やっほー」

 男の、猫をなでる手が止まる
「ここ、いー感じに負の感情があふれてるわね♪」
 女はニコニコしている
 男は固まっている

 女は、微動だにしない男の元に歩み寄り
「そういえばさっきからかかってるこの音楽」
 無造作にプラモのモビルスーツを手に取り足を引っこ抜く
「これ聞いてるとふと頭に浮かぶモノがあるのよねー」
 その足を元に戻・・・・・・・・・せない 「足なんて飾りですよ」 放り投げる
「不満っていうか・・・ 不当っていうか・・・」
 そばに積まれた大量のカードを手に取って
「コアなファンは居てくれてるんだけどねー」
 静かにシャッフル
「もっと活躍してもいいんじゃないかなーっていうか」
 猫は男の腕から抜け出し「にゃ〜」ひと声鳴いて駆けていく
「あたしってさー」
 女はそれを見送り


「あたしって出番が少なすぎると思わない?」

179 :高畑の戦い、時海の決断(1/5):03/08/10 05:46
「――成る程、やはりこの音楽が暴走の元凶か」
 時海から一通りの事情を聞き出して、高畑は頷いた。
 杉原によって上着を引き裂かれた時海は、高畑の黒いコートを羽織って力無く座り込んでいる。
「私、怖くて……突然南房さんや師走くんが暴れ出して……私にさわった人は弾き飛ばされるはず
 なのに、今はそれが効かなくなってるし……だから私、みんなを見捨てて――」
 しゃくりあげるように身を震わせる時海。
「過ぎたことは仕方がない。問題は、これからどうするか、だ」
 言われ、時海は顔を上げた。改造人間の外殻に覆われて高畑の表情は解らない。
 ――そしてまるでそれに合わせたかのように、高畑のコミュニケーターから声がした。
 図らずもそれは、川上の中立宣言だった。
 しばしその言葉に聞き入り、それから高畑は僅かに沈黙する。
 それからコミュニケーターを取り出すと、高畑はそれに向かって言った。
「集団暴走の原因は、今スピーカーから流れるこの音楽だ。手の空いている者は放送室に向かえ!
 この音楽を大至急止めるんだ!」
 そして高畑は、座り込んだままの時海へと振り返る。
「さて、時海君。君はこれからどうするつもりだ?」
「これから……」
 ぼんやりと高畑を見上げる時海に、高畑は幾分厳しい口調で言う。
「この戦いは、電撃班だけの問題ではない。ライトノベル校全体の問題でもある。
 私達の書くレポートが販売されるものである以上、売れる者と売れない者がでるのは当然のことだ。
 だからこそ、この戦いの中で自分になにが出来るか、何を為すべきかを考えなければいけない」
「……」
「私は、暴走した後輩たちを止めに行く。それが電撃一期生である私の責務だ。
 時海君、君は何ができる? 何を為すべきだと考える?」
「――わ、私は――」
 何も出来ない、為すべき事なんて無い。
 そんな言葉が漏れかけて、しかし時海は口をつぐんだ。
 本当にそうだろうか? 本当に、今の自分には何も出来ないのだろうか?
 そして、こうして自分が泣いている間にも、彼らは戦っている――

180 :高畑の戦い、時海の決断(2/5):03/08/10 05:47
「!」
 唐突に高畑が振り返り、時海も驚いてその視線の先を追う。
 ――そこに、一つの人影があった。
「……下がっていてくれ。敵だ」
 高畑の言葉に、時海は慌てて後じさった。
 高畑のにらみ据える先――そこから現れた人影は、純白の重厚な鎧を身に纏っている。
 手にした大剣が床を打ち、硬い音を響かせる。
 それは、蟲鎧――ガントレットに身を包んだ、伊東京一だった。

 何の前触れもなく、伊東の身体が加速する。一瞬にして伊東と高畑の距離は縮まった。
 伊東が大剣を振りかぶる。だがその瞬間には、すでに高畑も動き出している。
 轟音とともに横薙ぎに振り抜かれた大剣の切っ先が、後退した高畑の胸元を掠めた。
 高畑の全身を包む外殻に、横一文字の亀裂が走る。
 だがそれに構うことなく、高畑も地面を蹴る。再び接近する二人。
 高畑の右拳が、伊東の顔面に向けて振るわれた。伊東は大剣でそれを受ける。
 だが次の瞬間には、反動を乗せた左拳が伊東のガントレットの腹に炸裂していた。
 ガントレット越しにも衝撃が伝わったのか、伊東が二、三歩後退する。
 それに追撃をかけようとさらに接近する高畑。
 その眼前に突如として、大剣の切っ先が突き出される。
「!」
 しかし、そのまま高畑の顔面を貫くかと思われた切っ先は、その直前で止まった。
 寸前に高畑が眼前で両腕を交差させ、切っ先を受け止めたのだ。

181 :高畑の戦い、時海の決断(3/5):03/08/10 05:48
「くっ……」
 高畑の眼前で受け止められたまま、大剣の切っ先は微動だにしない。
 切っ先を止める高畑の腕は、外殻から染みだした鮮血が伝って赤く染まっていた。
 しかしここで高畑が力を緩めれば、切っ先はそのままたかはたの顔面を貫くだろう。
 その均衡が一瞬だったのか、それとも長時間に渡ったのかは、戦っていた高畑にも、
それを固唾を飲んで見守っていた時海にも解らなかった。
 ただ、確実なのは、均衡というものは確実に破れるものであり。
 ――それを破ったのは高畑だった。
「!?」
 突然、がくりと伊東がバランスを崩す。
 大剣の切っ先を受け止めながらにして、高畑が伊東の膝へと向けて蹴りを放ったのだ。
 そして高畑は、大剣を持つ伊東の右手に拳を振るう。
 伊東はバランスを立て直す間もなく、大剣を弾き飛ばされた。
 そして次の瞬間――伊東の顎に、高畑のアッパーが炸裂していた。

 ガントレットに包まれた伊東の身体が一瞬浮き上がり、背中から床に叩きつけられる。
 そのまま伊東は、喘ぐように二、三度痙攣して、それから完全に動かなくなった。
「――ふぅ」
 伊東が完全に気絶したのを確かめて、高畑は大きく息をつく。
 その右腕、大剣を受け止めた右腕からは、今も鮮血がしたたり落ちていた。

182 :高畑の戦い、時海の決断(4/5):03/08/10 05:49
「……どうして」
 その戦いを見届け、それから時海は呆然と呟いた。
 暴走した敵の前で、自分の能力は完全に無効化されていた。
 だが、高畑は目の前で、改造人間への変身を解かれるわけでもなく、敵を叩きのめした。
 何故? 何故自分の能力は無効化されて、高畑の能力はそうならないのだ?
「――黒古橋の意志は、その領域に足を踏み入れた者の能力に制限をかける」
 まるで時海の心を読んだかのように、高畑が言った。
「だが、こちらが黒古橋に劣らぬ意志の力を持てば、その限りではない」
 そして、高畑は時海を振り返った。
「時海君、君の能力が無効化されたのは、君の意志の弱さゆえだ」
 高畑は鮮血の滴る右腕にも構わず、ゆっくりと時海に歩み寄る。
「さぁ、君はどうする? 何が出来る? これは自分で考えろ。
 自分で辿り着いた結論へと向かう意志は、決して黒古橋の意志には負けない」
 時海はその姿を見上げる。奇妙な迷彩色の外殻に覆われた、改造人間。
(私は……弱い……)
 険悪な空気に包まれた富士ミス班。その中で自分は縮こまっているしか出来なかった。
 そして師走たちが暴走した時には、恐怖に押しつぶされて真っ先に逃げ出した。
 本当に、弱い。自分がレポートのヒロインの、足元にすら及ばないほど。
(……でも……)
 思い出す。富士ミス二期生としてライトノベル校に入学したとき。
 同期の上田と、師走と、自分は約束したのだ。
 三人で、これからの富士見ミステリーを支えていこうと。
 あざの先輩や水城先輩の支えてきたクラスを、三人で盛り上げていこうと。

183 :高畑の戦い、時海の決断(5/5):03/08/10 05:49
「……どうする?」
 自分を見下ろす改造人間――それは自分を助けてくれたが、無条件で護ってくれるヒーローではなかった。
 しかし、だからこそ。
「私は――」
 時海は、迷いを振り払った目で高畑を見上げて、答えた。
「私は、富士見ミステリー班の戻ります。それで、上田くんと一緒に、師走くんを止めに行きます」 
 こんな弱い自分に、富士ミスを支えていこうなどと言う資格はない。
 でも、人は強くなれる。自分の大切なもののために。
 ともに誓い合った大切な仲間たち。自分を育ててくれる大切な富士ミスクラス。
 そのために、自分は強くなろう。戦おう。
 そして、もう一度、上田と、師走と、誓うのだ。富士見ミステリー班の未来を支えていくことを。
「――そうか」
 高畑が頷く。その顔が、時海には満足げに笑っているように見えた。
「では、私はそろそろ行こう」
 きびすを返す高畑。その背に向けて、時海は声をかける。
「高畑さん――」
「うん?」
 振り返った高畑に、時海は笑って、こう言った。
「私、負けません。高畑さんも――負けないでください」
「――ああ」
 頷き、高畑は走り出した。
 それを見送り――時海もまた歩き出す。
 大切なもののため、強くなるために。戦うために。

184 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 06:28
ネタ師さん乙です!

古橋作品全買いしたら(S・F除く)全部初版でしたよ、どうしましょう?
ちなみに場所は秋葉のブックマート

をカキコしたのはおいらっす!使ってくれたのが本当に嬉しくて嬉しくて(泣)
今回も期待してます!でわっ!


185 :ダメ人間に花束を 1/3:03/08/10 09:03
有沢「さて、どうしようかな。」
廊下を歩きながら有沢は次に何をすべきかを考えていた。
しかし、その思考は教室から飛び出してきた3人のワナビによって妨げられる。
ワナビA「なんでお前みたいな劣化コピー小説しか書けないダメなやつが銀賞で、俺が落選なんだ!!」
ワナビB「そうだ!俺の小説のほうがオリジナリティに溢れてるそ!!」
ワナビC「文章力だって僕のほうが上だ!」
口々に好き勝手な事を言うワナビ達をやさしい瞳で有沢は見つめる。
いや、正しくは彼らの後ろに見える嫉妬の炎に焼かれた彼らの魂を見つめていた。
一瞬目を閉じ、再び目を開けた有沢の瞳は精巧な宝石細工のように何も映してはいなかった
ワナビ達がその変化に一瞬たじろいでいる間に、有沢はうわ言のように静かに話し始めた。
有沢「あなたたちのはらだちやいかりやむねんはよくわかるけどだってぼくだってらくせんしたくないからでもこうそくにはずれたおこないはゆるしませんってへんしゅうはいうよいうとおもうよにゅうしょうらくせんはかんけいない」
訪れた静寂にワナビ達は身動きがとれなかった。
何かの能力で縛られているわけではない、有沢が纏う強大な威厳に気おされているのだ。
有沢「ぼくのいうことがきけないの?」
有沢の問いに答えようとしたワナビ達は、自分の中の何かが自分の背後に吸い取られていく感覚に襲われた。
有沢「そう」
何も捉えていなかった有沢の瞳がワナビ達の背後を捉えてとどまった。
霧が晴れるように急速に焦点が定まってゆく。
そして、ワナビ達のほうに向かってゆっくりと歩き出した。
ワナビB「な、なんだよ」
その問いには答えずに無言で指を伸ばし、ワナビ達の額を順番に突いた。
有沢「ならば、あらわれなさい」
そうつぶやくと、突然ワナビ達の体から赤黒い炎が飛び出しひとつになる。
それは有沢によって実体化された「嫉妬の炎」だった。



186 :ダメ人間に花束を 2/3:03/08/10 09:05
ワナビA「う、うわぁ!!」
ワナビB「な、なんだってんだよ!!」
ワナビC「ば、ばけものだ!!」
そう言って後退りしていくワナビ達。
しかし、魂の一部が「嫉妬の炎」に捉えられているためにうまく動けない。
ワナビ達をよそに実体化された嫉妬の炎は有沢を焼きつくさんと彼に飛びかかった。
しかし、有沢は避けようとしない。それどころか両手を広げ飛びかかってくる嫉妬の炎を抱きしめた。
魂が焼けるのをものともせずに。
有沢「おいで、いっしょにいこう」
そうつぶやいた途端、嫉妬の炎は四散しワナビ達の魂を残して有沢の体に吸いこまれていった。
ワナビA「あ、あれ?俺…何にイラついてたんだ?」
ワナビB「…いつから…書くことから入賞する事に目的が変わったんだ?」
ワナビC「昔は書いているだけで幸せだったじゃないか…」
嫉妬の炎が消えたワナビ達に戦闘意欲はもうない。それどころか「向上心」まで一緒に吸収してしまったようだ。
適度の嫉妬は人間の成長に不可欠である。時間が経てばまた心にまた炎が灯るだろうが。
有沢「君達、大丈夫かい?」
声をかけてきた有沢を振り返ったワナビ達は驚いた。
あれだけ澄んでいた有沢の瞳が重油が流れ込んだ海のように濁っていたのだ。
ワナビA「あ、有沢さんこそ大丈夫なんですか!どうしたんですか!その目…」
有沢「あ、これか…心配ないよ、いつもの事だから。
それよりも君たちは秋山さん達と合流したほうがいいよ、そのほうが安全だ。」
ワナビB「…有沢さんはどうするんですか?」
有沢「僕は1人でいたほうがいいんだ、何しろ誰の考えとも違う完全なアウトサイダーだからね、迷いや食い違いは黒古橋先輩の前では命取りになる。さぁ、他の人が来たら厄介だから早く行ったほうがいい。」
ワナビC「…わかりました…有沢さん、お気を付けて…」
有沢「平気平気、これが僕の意思だから。」
そう言って有沢は笑顔でワナビ達を見送った。


187 :ダメ人間に花束を 3/3:03/08/10 09:07
ワナビ達が廊下から消えた事を確認した有沢は勢いよく膝から落ちた。
当然である、何しろ3人分の嫉妬を抱え込んでいるのだから。
有沢でなければ発狂するか黒古橋派になっている所だ。
向上心が皆無である「ダメ人間」有沢だからこそ出来る芸当である。
有沢「…こりゃぁサトーさんにもお願いしないとキツイかな…」
そう言って立ち上がった有沢だったが、すぐにバランスを崩し倒れそうになってしまう。
突然後ろに急に女子生徒が実体化し、倒れそうな有沢を支えた。イラスト校の若月神無だ。
若月「有沢さん、だいじょうぶですか?」
有沢を支えながら若月が少し心配そうに問い掛ける。
有沢「すまないね、若月さん…大丈夫、少し休めば元に戻るから…」
そう言うと壁にもたれかかって腰をおろし、若月に話し掛けた。
有沢「若月さん、僕は大丈夫だから君も秋山さんの所に行ったほうがいい。
僕はこれからも1人でいるつもりだ、つまり君を危険にさらす事になる
…僕は自分を守るので精一杯だから…ダメ人間じゃない君では僕の単独行動についてくるのは危険すぎ…」
しかし、有沢の言葉を遮り若月は首を横にふった。
若月「力を使う度にそんな風になっちゃうんでしょう?そんな有沢さんを置いていけるわけないじゃない!」
有沢が嬉しそうに目を細める。
有沢「…こんな僕を心配してくれるんだ…ありがとう…でも本当に危険だよ?それでも…僕に付いて来てくれるのかい?…僕は洗脳された若月さんなんて見たくないからね?」
若月は頷くと指先に小さな火をともしながら有沢の問いに返事をした。
若月「大丈夫よ、私には有沢君にもらった力があるもん!」
そんな若月を見ながら、有沢は幸せそうに眠りに落ちていった。


188 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 12:03
作者:男主人公、イラスト:ヒロインのコンビが定着しつつあるなー
両方男の場合のほうが多いはずなのに…

189 :金曜日の階段:03/08/10 13:18
黒古橋を探して廊下を歩いていたら偶然黒一色と鉢合わせた志村一矢と佐藤ケイの二人はその場で一色にバットで殴りかかられ、仕方なしに戦闘を開始した。
佐藤「熾天使アブデルの名によって命ずる。闇に心奪われし愚かなる者の動きを封じたまえ」
 校舎内にいた精霊が佐藤の言葉に従い一色の四肢を拘束する。その隙を突き黄金狼へと変身した志村の蹴撃が炸裂する。黒一色の体はそのまま後方にあった階段を転がり落ちた。
志村「よし、これでトドメッ」
 そういうと志村は一色を追い階段を下りる。
志村「くら……え?」
 急に、正確に言うと廊下から階段へと移動した瞬間、何の脈絡も無く志村の変身が解けた。
志村「あ、あれ?なんで」
ごぎゃ。
志村の質問に黒一色はそんな答えを用意した。
佐藤「志村義兄さん」
 その凄惨な光景に佐藤はうかつにも志村のそばまで駆け寄ってしまった。
佐藤「くっ、よくも!!熾天使アブデルの名によって命ずる。我が敵一色の……」
 そこまで唱えたときだった、いつもなら自分のそばに感じるアブデルの霊気が今はまったく感じられないことに気が付いたのは。
佐藤(しまった、この場所は…)
そして、同時にアブデルの霊気が全く感じられないことの理由についても見当が付いた。
佐藤(ここは、いや、ここだけじゃない。校舎内のすべての階段はあの人の世界なんだ。そしてその世界では本人以外はオカルトや未来技術のような非現実的な力は使えないんだ…少なくても今日が金曜日であるうちは)
 気が付いたときにはすでに木製バットという非常に現実的な道具が目の前にあったのだけれど。


 志村・佐藤…リタイヤ

190 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 19:11
このスレに炎上が登場する日は来るのだろうか。

いや、>>188見たら何となく。

191 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 20:44
今回の騒乱、
発刊ペースの速くて、ある程度確実に売れる生徒はどう動くんだろう、
嬉野秋彦とかゆうきりんとか。

192 :イラストに騙された名無しさん:03/08/10 22:40
>>190
川上VS緒方なら考えたけど、今川上のシナリオ書いている人に迷惑かけそうなのでダメッ。

193 :名瀬vs岩田(1/2):03/08/11 13:42
(あれは――岩田さんだ)
 ライトノベル校3階。物陰に身を隠しながら、名瀬樹は放送室の方を伺った。
 ドアの前に、岩田洋季が佇んでいる。岩田が洗脳されたことは既に聞かされていた。
 おそらく、放送を止めに来る者がないように見張っているのだろう。
 幸い、こちらにはまだ気付いていないようだ。
(……チャンスは一発っきりだ)
 手のひらの汗を拭って、オートマチックピストルを握る。
 この距離なら、おそらくここは既に岩田の『領域』だ。
 『領域』の中では、岩田は2種類の蒼種を操る最強の異空眼者になる。
 それに比べ、こちらは射撃が上手いだけの、ただの人間だ。
(一発で……しとめる)
 岩田のこめかみに照準を合わせる。岩田はまだこちらに気付かない。
 名瀬の指が引き金にかかる。そして、その指に力を入れようとした、瞬間。
『集団暴走の原因は、今スピーカーから流れるこの音楽だ。手の空いている者は放送室に向かえ!
 この音楽を大至急止めるんだ!』
 名瀬のコミュニケーターから、高畑の声が響き渡った。
「!」
 ――なんてこった! 電源を切り忘れていたなんて、あり得ないミスを――
 はっとして、名瀬は放送室の前に視線を戻す。既に、岩田の姿はない。
 ――そして、目の前を、捉えきれないほどの速度で、何かが通り過ぎた。
 視界に赤いものが舞う。反対側の窓ガラスが粉々に砕け散る。
 額が熱い。手を当てると、べったりと鮮血がこびりついた。
「な――」
 そして次の瞬間、名瀬は見た。
 窓から外に飛び出していく、エメラルド色の、竜にも似た生物――岩田の使役する蒼種“司悠”と。
 日本刀――蒼種“偽翔”を振りかぶり、こちらへと飛びかかる岩田の姿を。

194 :名瀬vs岩田(2/2):03/08/11 13:43
 それは刹那の判断だった。誤っていれば、名瀬は頭から一刀両断されていただろう。
 名瀬は真横に跳び、ガラスの散らばった床の上を転がった。
 皮膚を切り裂かれる痛みが絶え間なく走るが、それどころではない。
 跳ねるように起きあがり、短銃を再び構える。
 ――が、その時には既に、岩田の姿は目の前にあった。
「くそぉっ!」
 狙いを定める間もなく、引き金を引いた。
 だが、岩田の額めがけて飛んだ弾丸は、偽翔の刃に弾かれる。
 ――最早、名瀬に勝機はなかった。
 尻餅をつくように、名瀬はその場に座り込む。
 一瞬後、横薙ぎに振るわれた偽翔が、先ほどまで名瀬の首があった空間を切り裂いた。
(ダメだ――)
 コミュニケーターの電源を切っていなかった時点で、名瀬の敗北は決まっていた。
 しかし、ここで殺られるわけにはいかない。
 そして――逃げ場は一つしかなかった。
 逡巡している暇は、無い。
 岩田が振り抜いた偽翔を返すよりも一瞬早く、名瀬は窓枠を掴んで跳んだ。
 3階の窓から、外へ。
 一瞬の、重力から解放される浮遊感。
 ――そして、無慈悲な地球の重力が名瀬の身体を引きずり落とす。
 空中にいた司悠が、飛び出したこちらへとぎょろりと視線を向けた。
 落ちながら、名瀬は司悠に向けて一発、引き金を引いて――
(……僕、助かるかな?)
 僅かな苦笑を浮かべた、直後。
 名瀬の身体は、地面に叩きつけられた。

195 :電撃班ラウンジ・男の想い1:03/08/11 18:03
紫煙をくゆらせ、ふっ、と軽く息をつく。
目の前にはただ暗黒と、肉の焼け爛れた臭いと、堆く積み上げられた瓦礫の山。
怪我人がごろごろ転がり、それらに付け替えられる端から包帯は真っ赤に朱に染まる。断末魔の叫びの中、人が物体に変わる。
恨みと苦しみと絶叫と悲鳴と、およそ人の負の感情が発しうる声の全てが木霊する。
電撃班ラウンジ、かつて生徒達が議論に花咲かせ、明日への希望を語り合ったその場所は、誰よりも強く明日を願った者達の手で、地獄と化した。

犯罪者面の男が一人、即席の一般生徒救護班へ全ての指示を出し終え、壁にもたれ掛かり煙草をフカす。
「『ワナビ』、か...」
秋山は呟く、かつては自分もそうだったのだ。ギブスンの圧倒的なまでの描写に惚れ込んでは模倣し、『サターン・デッドヒート』の木星大気中への降下に震えるほど興奮を覚えた。
常に飄々とした態度を崩さない秋山にだって、そういう時期はあったのだ。

196 :電撃班ラウンジ・男の想い2:03/08/11 18:04
現実を見ていない人間が死ぬほど嫌いだった。
だから、リーマンになって働いたこともある。
それでも書くことは止められず、秋山はこうして、この場に立っている。
だから、『ワナビ』の気持ちは、分かる。
けれども、
「フザケンナ」
秋山は呟く。
認められないがどうした、デビュー出来ないがどうした。
ただ、書けばいい。書きたいなら書けばいい。働こうが、時間がなかろうが、金が無かろうが、認められなかろうが、売れなかろうが、書けばいい。
食ってけないから、書かない。売れないから、書かない。
んなもんは覚悟が足りないだけだ。やるべきことは全部やって、その上でさらにやって、まだやって。
それでも駄目なら、最後の瞬間に言えばいい。
「しあわせでした―――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!」

「なぁ、」
紫煙に包まれながら、呼びかける。
『ワナビ』へと向けられていた思考は、何時しか一人の男へと向けられていく。
「そうだったはずだよな」
その先に浮かぶ男の名は、
「フルハシ」
長くなった灰が、ポトリと落ちる。

197 :ぐるぐる渦巻きの中心で(1/5):03/08/11 20:00
 ライトノベル校救護室に辿り着いた時海は、その惨状を見て唖然とした。
 床に座り込んで呻く怪我人。走り回る看護婦たち。血の匂いと薬の匂い。
 まるで、野戦病院のようだった。
「上田くん……?」
 ベッドに寝かされていたり、床に座り込んでいる怪我人の顔を確かめていく。
 ……だが、どこにも上田志岐の姿はなかった。
「おっと、失礼」
 看護士の一人とぶつかりそうになって、時海は慌てて身を避ける。
「あ、あの――」
 そのまま通り過ぎようとした看護士を、時海は呼び止めた。
「富士見ミステリー班の、上田志岐さん、ここにいませんか」
 振り返った看護士は、ちらりと救護室の中を見渡すと、首を横に振る。
「どうも、ここにはいないようだけど」
「え――あ、はい、すみませんでした」
 ぺこりと頭を下げて、時海はきびすを返す。
 救護室に上田はいない。とすれば、彼がいる場所は――
 時海の頭に真っ先に浮かんだのは、あの場所。
 ライトノベル校の中にあり、同時にライトノベル校にはない、不思議な場所。

 ――富士見ミステリー班の中心では、全ての地雷が地雷でなくなり、
   そこにはどんな核地雷でもたちどころに踏んでみせる十傑衆が住んでいる。

 そんな噂とともに語られるその場所。
 彼は、そこにいた。

198 :イラストに騙された名無しさん:03/08/11 20:00
熱い、熱すぎるよ秋山さん……。
二人の激突は避けられないのか……。

199 :ぐるぐる渦巻きの中心で(2/5):03/08/11 20:00
 富士ミスクラスには、未だ暴力と破壊の残滓が漂っていた。
 その、がらんとした空間に足を踏み入れ……時海はその場所を目指す。
 富士ミスクラスの中心。そこに立ったとき、その場所への入り口は生まれる。
 その入り口が“どこ”にあるのかは、時海自身にも解らない。
 ただ、確かに入り口は“ここ”にある。
 時海はその入り口に足を踏み入れる。
 その先は、既に富士ミスクラスではなく――左に傾斜する、螺旋状の道。ぐるぐる渦巻きの道。
 そこを辿り、歩いていくと、一軒の洋館へとたどり着く。
 きしむ床を踏みしめ、時海はそのドアの前に立った。
 ノックをするべきだろうか――わずかに逡巡して、手を振り上げると。
「ようこそ、世界の中心へ」
 そんな言葉とともに、ドアが開く。
 そこに佇んでいるのは、黒瞳銀髪、雪のように白い肌の、中世的な顔立ちの青年。
 ――上田志岐だった。
「おや、時海くんじゃないか」
 まるでいつもと変わらない調子で、彼はそう言った。
「上田、くん……」
 ――無事でいてくれた喜びと、あの場で逃げ出してしまった罪悪感。
 二つの感情が、時海の中でぐしゃぐしゃに乱れて――
「上田くん……っ!」
 時海は、上田にすがりつくようにして、泣いていた。

200 :ぐるぐる渦巻きの中心で(3/5):03/08/11 20:01
 上田志岐と師走トオルは、弾かれることなく時海に触れることが出来る、数少ない相手だった。
 だから今こうして、自分は彼の胸に身を預けて、泣いていられる。
 それが嬉しくて、心地よくて――だけど。
「……上田くん……あの、ごめんなさい」
 時海が顔を伏せてそう呟くと、上田は僅かに首を傾げた。
「うん? 僕は何か、君に謝られるようなことをされたかな? ふむ――この間、
君が僕の分のゆで卵にまでマヨネーズをつけてしまったことかい? いや、
あれはむしろ僕が感謝したいところだな。ゆで卵にマヨネーズというのは盲点だった」
「……え?」
 上田の言っていることが解らず、時海はきょとんとその顔を見上げる。
「おや、違うのかい? なら――以前頼んだクロスワードパズルがまだ出来ていないのかな?
それは別に気にしないよ。君が納得のいくまで作り込んでくれていい」
「あ、いや、そうじゃなくて……私、さっき、真っ先に逃げ出しちゃって……」
 今度は上田が、時海の言葉の意味を掴みかねたように首を傾げた。
 それから少しして、ああ、という風に手をポンと叩く。
「さっきの騒動のことかい? それなら君が謝ることは何もないさ。あの場で逃げたのは賢明な判断だ。
暴走した彼らの前には、僕たちの能力は減退してしまうようだったからね」
「――で、でも」
「それに、君は今“真っ先に”逃げたと言ったが、それは僕のことだよ」
「……え?」
「僕は師走くんたちが暴れ出した瞬間には、もうこの洋館に逃げ込んでいたさ。
正直、体力勝負になると僕は全く自信がないのでね」
 ――時海は目をぱちくりさせて、上田の顔を見上げる。
「だから何も君が気にすることはない。むしろ、君が無事でいてくれて何よりだ」
 ぽんぽん、と上田の手が時海の頭を撫でる。
 そして時海は、ふっと息を抜いて――それから、ぎゅっと上田にしがみついた。

201 :ぐるぐる渦巻きの中心で(4/5):03/08/11 20:02
「ねぇ、上田くん」
 上田の入れた珈琲に砂糖とミルクを入れてかき混ぜながら、時海が言う。
「うん?」
「ここに入学したときの約束、覚えてる?」
 言われ、上田は珈琲に塩を入れながら、答える。
「『三人でこれからの富士見ミステリー班を支えていこう。
あざの先輩や水城先輩の支えてきたクラスを、三人で盛り上げていこう』」
「うん、それ」
 黒から茶色に変わった珈琲を一口飲んで、時海は言った。
「上田くん、師走くんを探しに行こう。探して、止めてあげよう」
 決然とした時海の言葉。上田はその顔、時海の瞳を見つめ返して――ふっと笑う。
「まぁ、絶対に君はそう言い出すと思っていたよ」
「じゃあ――」
 ガタ、と立ち上がりかけた時海を、しかし上田は片手で制した。
「しかし、君の能力は今回の相手の前では弱まるし、僕には戦う能力なんて無い。
 あの時の音楽が彼らの暴走の原因だとすれば、校内は敵だらけだろう。
 そんな中で、どうやって師走くんを捜し出して、止めるんだい?」
「それは――」
 言葉に詰まった時海の前で、上田は優雅に珈琲を飲む。
「時海くん。人海戦術という言葉を知っているかな?」
「え?」
 テーブルの向こうで、上田は白皙の美貌にどこか不敵な微笑を浮かべて、言葉を続ける。
「単純なことさ。師走くんを捜すにも、敵と戦うにしても、味方が多いに越したことはない。
そしてここには、その味方がいるんだよ」
「味方――?」

202 :ぐるぐる渦巻きの中心で(5/5):03/08/11 20:02
 首を傾げた時海の視線の先に、不意に、複数の人影が現れた。
「え?」
 それは、黒いマントに身を包んだ、十人の人間。
 目深に被ったフードのせいで、彼らは性別すらも判然としない。
「時海くん。この洋館の噂を覚えているかい?」
 突然現れた十人の黒マントに呆気にとられながらも、時海は答えた。
「――富士見ミステリー班の中心では、全ての地雷が地雷でなくなり、
そこにはどんな核地雷でもたちどころに踏んでみせる十傑衆が住んでいる」
「そう」
 上田は満足げに頷くと、こう言った。

「彼らが、富士ミス十傑衆――どんな核地雷もものともしない猛者たちさ」

 呆然と黒マントたちを見つめる時海に構わず、上田は言葉を続ける。
「そもそも今回の騒動は、電撃班の古橋さんの『売れない恨み』に端を発する。
それがどうやらあの音楽によって、全校へと拡大してしまったらしい。
ところで、僕たちのいる富士見ミステリー班――ここは悔しいことだが、
ほとんどの作品が『売れない』部類に入る。そして彼らは、その『売れない』
富士見ミステリー班のレポートを常に踏み続けてきた猛者たちだ。
『売れない』相手への対抗手段として、これ以上のものはないだろう?」
 十傑衆はただ黙して語らず、上田は不意に椅子から立ち上がる。
「――さて、行こうか時海くん。師走くんを捜しに」
 その言葉に、時海ははっと顔を上げ、それから、満面の笑みで頷いた。
「頑張ろうね、上田くん」
「ああ」
 そして、二人と十傑衆は歩き出す。師走トオルを探し出し、止めるために。

203 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 00:05
十傑衆キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
富士ミス住民として何か凄く嬉しい。作者さんに感謝。

204 :彼の男、参戦す:03/08/12 01:24
 ふと周囲の空気に異質な何かが混ざったのを感じ、秋田禎信は手を止めた。
彼が今いる学食は警報が出て以来、一般生徒の避難場所となっている。そこかしこから
不安げなざわめきが聞こえる空間のど真ん中で、彼がいったい何をしていたのかというと、
遅れに遅れたレポートの仕上げに追われていたのだった。
腕を組んでため息をひとつ。
ぐるりと周囲を見回してみる。
どうやら今の異変に気づいたのは自分ひとりだけらしい。
これ以上提出を遅らせて遅筆作家の汚名をかぶるのはさけたいところだが、そうもいって
いられそうにない。
前回以上に厄介なことになりそうだ。
秋田「ま、それはそれとして」
あっさり状況を放棄してカバンの中をゴソゴソやりだす。中から取り出したのは唐草模様の
ナプキンに包まれた弁当箱とおぼしきブツ。
秋田「腹が減っては戦はできぬと多分飛鳥時代の人もおっしゃってたし」
無意味に笑いながら包みを開ける。
と、正面に座っていた生徒の目が点になった。
現れたのは梅干がいっぱいに詰まったタッパ。
周りにいた生徒たちに動揺が走る。まさかこれを素で食うのか?
無数の視線が集中する秋田の表情は薄っぺらい笑みのまま固まっていた。
本気で間違えただけのようだ。
秋田「うーん、さすがにぼくとしてもコレをすべて食するのは舌に対する
虐待行為。と、ゆーわけで味覚と生き別れになるのは嫌なのでどなたかぼくに
メシをおごってください。」
期待を込めて送った視線は合わせる端からそらされた。
秋田「ああ、浮世の冷たさが大臼歯にしみるなぁ」
そりゃただの虫歯だろ、と誰かがつっこんだが無視する。
しばらく逡巡していた秋田だったが、やがて割り箸を手に取った。
本当に食うつもりのようだ。
??「秋田さあぁぁぁぁぁん!!」
そのとき、学食のドアをぶち破るようにして一人の生徒が転がり込んできた。

205 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 01:34
さあ今回も登場しますよハゲ親父が。
美女3人といううらやましいシチュエーションの中親父パワー炸裂しています。
縛り付けられた巨乳美女を二人の女性が責め立てその後は
ハゲオヤジのチンチンがぶち込まれていきます。
もちろん無修正!
無料ムービーをいますぐゲット!!
http://www.pinkfriend.com/


206 :彼の男、参戦す その2:03/08/12 02:24
突然の闖入者にその場の全員の視線が集まる。
激しく息をつくその男に秋田は見覚えがあった。記憶を探ることしばし
、ようやく思い出す。
秋田「そうだ! 思い出した! たしか秋口ぎぐる君と同期の吉村夜君
じゃないほうの人!」
日昌「嫌な思い出し方しないでください!」
男はかつて編集サイドから微妙にコアな評価を受けた作品『覇壊の宴』で
デビューをはたした日昌晶だった。 
秋田「はっはっは。気に障ったのなら申し訳ない。後でお詫びの詩を送ろう、
念話で」
日昌「遠慮しときます。ていうか念話?」
秋田「むぅ、それが駄目となると、後君に贈れるものといったらこのタッパ
いっぱいの梅干しかないんだが」
日昌「要りません!」
育ちのよさそうな顔に青筋を浮かべる日昌。対する秋田はいつもの貼り付けた
ような笑みを浮かべたまま、日昌の苛立ちを意に介した風もない。
日昌「なんか頭痛くなってきた…」
秋田「それはよくない、とっておきの対処法を伝授しよう。二重反復ラマーズ法
と螺旋フローラル燃焼法の二通りあるけどどっちにする?」
日昌「結構です!」
秋田「拡大縮小コントロール法もあるけど、あれは上級者向けだからなぁ」
日昌「それどころじゃないんです! 秋口君たちが囲まれてて…、とにかく来て
下さい!」
言うが早いか秋田の襟首をつかんで引きずり出す。
秋田「あーれー」(棒読み)
間延びした悲鳴?を残し、秋田と日昌は学食を後にした。


207 :115・医務室にて1:03/08/12 09:10
 A分析員は人で溢れかえっている医務室にいた。
 黒古橋との攻防で傷ついたひとびとがここに収容され、手当てを受けている。傷がひどく、それでいてある程度生存の見込みがあるものは、2ちゃんねる学園総合病院へ運び込まれる。そこであれば、大規模な手術もおこなえるからだった。
 Aは幸運な方だった。怪我は軽く、すぐにでも復帰できる態勢にあった。運命の女神に魅入られたのであろうか。
 いや、彼は邪神に魅入られていたのであった。黒古橋という邪神に。なぜか。

 Aもまた、「ワナビ」だったからだ。

 黒古橋がワナビ達を次々と「魅了」し、仲間に引き入れていく中で、Aもその魅了の力に誘い込まれた。しかし、Aはそれを「拒絶」した。
黒古橋「何故だ……、何故、拒絶する!」
A「……古橋先輩、あなたがみんなに与えた『ワナビがみんな幸せに暮らす世界』なんて、あるわけがないんです!選ばれるのはごくわずか、そういう世界、それが『現実』なんです!」
黒古橋「だからこそ、私が『夢』を与えようとしているのではないか?」
A「……古橋先輩、あなたは恐れていますね。ワナビの中から、本当の『力あるもの』が生まれ、あなたやその他の作家を引退に押しやるのではないか、って」
 黒古橋、しばしの無言。ブラックロッドを握る指に、力が入る。しばらくAをにらんだ後、
黒古橋「……貴様がそう思うのなら、勝手にしろ。……だがこの次にあったときは、貴様を殺す」
 そう言い放ち、黒古橋とワナビ達は、どこかへ消えていった。

208 :115・医務室にて2:03/08/12 09:31
 Aはその光景を思い出しながら、人で溢れかえっている医務室を歩いていた。

 確かにあの時、かれは自分の信念に従って黒古橋の誘いを拒絶した。しかし、それは正しかったのだろうか?
 ワナビならば、誰もが目指す道は一つ。デビューして、自分の作品が売れること。
 しかし、その「現実」をつかみ取れるものは少ない。ならば、その「夢」に永遠に浸っていた方が、幸せな場合もあるのではないだろうか?
 だが、自分はあえてそれを拒否した。自分の「夢」は戦って掴む。自分はそう決意したからだ。そのためには他の誰が傷ついてもかまわない。例えそれが、ワナビや、どんな特別生徒であろうと。
 かれは右手をみた。そして、強く拳を握る。爪が食い込む。その痛みが、彼の現実であり、かれの決意だった。

 Aが医務室を歩いていると、カーテンの隙間から一つのベッドが見えた。誰かが眠っている。その傍らに奇妙な棒が置かれているのを見て、かれは反射的にカーテンの奥へと滑り込んだ。
 想像したとおり、そこにはおかゆまさきが眠っていた。
 見る限り、以外にも傷の程度は軽そうだった。目覚めたら、そのまま戦線復帰できるに違いない。Aは安堵の溜息をついた。
 Aにとって、おかゆは尊敬に値する人物だった。第二回電撃hp短編賞二次通過からの奇跡とも言えるデビュー。そして快進撃。レポートは売れ行きがよく、ライトノベル大賞でも第一位。かれは、ライトノベルドリームを体現した人物だった。
 しかしそれと同時に、かれは嫉妬の対象でもあった。稚拙で、電波とも呼ばれる文章。安易なキャラクター。ただ撲殺と擬音だけが目立つストーリー。
「これならおれでも書けるじゃないか。」
 ワナビ達はかれを嫉んだ。
 憧れと憎しみがAの中で渦巻いていた。エスカリボルグに視線が行く。かれがそれに手をやろうかと考えた瞬間、人が二人、カーテンの中へと入ってきた。

209 :115・医務室にて3:03/08/12 09:52
 かれらはAにとっても見知った顔だった。ライトノベル校の教員、峯先生と三木先生だった。三木先生はおかゆの担当教員でもある。
A「峯先生、三木先生……」
峯「先客がいたとは以外だったにょ。君は……」
A「ライトノベル分析班のAです」
峯「おお、そうだったにょ。おかゆくんの様子を見に来たのかね?」
A「ええ、歩いていたら、カーテンの隙間からエスカリボルグが見えたので、思わず……」
峯「そうかにょ。……しかし、おかゆくんは意外と無事でなによりにょ。これなら、戦線復帰もできるにょ。……安心したな、三木君」
三木「ええ、担当教員としては、生徒の無事が確認できてなによりですよ。とくに、おかゆくんは手を焼いた、かわいい子供も同然ですし」
A「たしか、おかゆさんを特別生徒に選出しようといったのは……」
三木「そうです。わたしです。第二回電撃hp短編賞で、たまたまかれの試験レポートがわたしの担当になりまして。面白いのでかれを最終選考に出そうと言い出したら、教員の間で大議論が巻き起こって……。
   ……結局、わたしの責任でデビューさせようと言う事になって、それでかれのレポートを手直しさせて、デビューさせたんです。……こうして人気作家になった今となっては、いい思い出になりましたよ。」
 Aは三木先生の話を聞くうちに、おかゆに対し憎しみを持つことが恥ずかしくなってきた。かれがデビューするにあたっては、色々な人の想いがあるのだ。三木先生は穏やかな口調で話しているが、職員室では激論が交わされたに違いない。もしかしたら、土下座さえも。
 そう思いながらAは再びおかゆの顔を見た。緩やかな寝息。目覚めるのは、もうまもなくだった。

峯「ところでA君。ちょっと話があるにょ。医務室の外で話をするにょ」
A「えっ?」
 Aは峯に誘われるがまま、カーテンの外へ、そして、医務室の外へ出て行った。

210 :115・医務室にて4:03/08/12 10:27
 昼間だと言うのに、今の現状を表すかのように薄暗い医務室の廊下。峯先生とA分析員の二人は、そこへと出て行った。
A「話って、なんでしょうか?」
峯「A君。君の傷の程度からすると、他の軽傷者と同じく、戦線に復帰させたいにょだが……君の場合、それができないにょ」
A「なぜですか!?」
峯「君が『ワナビ』だからにょ。ワナビが黒古橋の領域に侵食しすぎれば、ワナビは黒古橋の支配下に置かれるからにょ。それは君が一番分かっているはずにょ」
A「しかし、僕は黒古橋の誘いを断りました。僕だったら戦えるはずです!」
峯「君は戦うに値するレポートを送った事があるかにょ!?」
 Aはそれに強い衝撃を受けた。確かにかれは試験にレポートを送った事がある。しかし、それは一次落ちだった。言い換えるならゴミの山行き。資源の無駄と言うことだ。
峯「それでいて、君は恐ろしい能力を持っているにょ。……そう、『ルールの規定』だにょ。>>130-131で君はルールを規定したにょ。
  それはあっというまに、このライトノベル校の『物語』を支配したにょ。ということはそれだけ君は強い『能力』を持っているということになるにょ。
  ……だとするなら、君にはますますその『能力』を、黒古橋に支配される事は許されなくなるにょ。だから、君はこの校舎をいったん離れてもらうにょ。」
A「しかし……」
峯「君が離れても『ルール』は適用されるにょ。それがまず一点にょ。次に、ここを離れても、君が戦いに参加できなくなるわけではないにょ。
  君の戦い方は、いくらでもあるにょ。それを考えるのが、君の戦いでもあるにょ」
A「峯先生……、わかりました」
峯「ならばゆくにょ。君が必要とされている『戦場』へ」

 Aは峯先生に礼をすると、その場を離れていった。
 かれを待っている、「戦場」へ、と。

 A分析員……いったん戦線離脱。
 おかゆまさき……復活?

211 :ファンタジア教室の夕日(1):03/08/12 11:28
まったりと、そのクラスの彼らは遊戯にいそしんでいた。
ある者は電源不要のゲームに、またある者は要電源のゲームに。
「はい、メリーランド制圧。悲惨なヤンキーのいる戦場はここですか?」
「くそっ。ザマのハンニバルすら勝たせた俺が何故?」
あるボードの上では、アメリカ連合国がアメリカ合衆国を降伏させ…
「ドレッドノート? ドレイク乗ってなくても李・九鬼艦隊じゃ無理。
 それに何で結婚して……子供がヘンリ? ジェームズの息子だろ?」
「内治能力は優遇されてんのよ。技術力マンセー。
 そっちは陸戦最強だからいいじゃん。家康も義弘もいるんでしょ?」
あるテレビ画面内では、エリザベス・テューダーと織田信長の決戦が始まり…
「はい、そちらの番です。そろそろモンゴルあたりで機動戦しませんか?
 海? それは、ちょっとなぁ。所詮大陸国家だし」
「うちの天皇陛下がパットンとマンネルハイムの登用に成功したら
 機動戦だろうがなんだろうが好きなだけ陸戦に応じてやる。核使ってみるか?」
あるPCモニター内では、第三帝国と大日本帝国が核戦争の一歩手前に入っていた…
戦争絡みのゲームが多いのは、クラスの性格からくる気風というよりは
クラスに所属する者たちの個人的な趣味からくるところが大きいだろう。

ゲームの内容を別にすれば、実に平和な光景である。
ライトノベル校の中でも大きいクラスではある。
大きいクラスではあるのだが、先のおかゆまさき事件の際にもその規模の割には
事件にたいした関わりを持つことがなく、結局は電撃クラス主導で事件が解決してしまった。
それを言い出せば角川スニーカークラスも似たようなものではあったのだが、
それならそのスニーカーの安井“疾風迅雷”健太郎に助けられていた彼らは何なのだろう?

そのクラスの名は、富士見ファンタジアという。

212 :ファンタジア教室の夕日(2):03/08/12 11:29
所属する生徒の趣向とは別の理由からではあるが、
富士見ファンタジアクラスでは伝統的にTCGの製作がさかんに行われている。
レポートを書く人間が直接製作に携わることもあるにはある。
しかしながら、外部から出張してきたTCG製作専門のメンバーも少数ながら存在する。
中澤光博は、そんな専門メンバーの一人であった。
「…勝てないなぁ…」
目の前に座る男たちを上目遣いに見やりながら、彼は呟いた。
その時目の前にいたのは、築地俊彦と賀東招二の二人であった。
両人とも、経歴上、カードやメールなど小説以外のエンターテイメントに造詣が深い。
カードゲーム製作を手伝ってもらうにはうってつけの人材である。
「いつも奇をてらったりカードに細工をしたりするからバチが当たるんだよ」
賀東が笑った。
「いや、小レポートも提出しなきゃいけないし…」
中澤が頭を掻きながら、数値だけ書き込まれたダミーカードを回収し始めた。
「たまには堅実プレイのレポートもいいんじゃないですか?」
片づけを手伝いながら築地が言った。
「いや、それじゃハジかれちゃいますよ。やっぱり」
中澤が答えたところで、校内放送スピーカーのスイッチが入る音
――くぐもった、重そうな音――が響いた。


213 :ファンタジア教室の夕日(3):03/08/12 11:31
『黒古橋』

その知らせにも、富士見ファンタジアクラスののんびりとした空気はいささかも揺らぐことはなかった。
「また電撃が解決するんだろ」
「前と同じで、備えだけしておけばいいんじゃないですか」
「あっちと違って、インパクトのある特殊能力が使えるレポートを提出してるやつも少ないし」
教室内でそんなことを言い合って、奇妙な合意が成立する。
しばし平穏の時間。

再びスピーカーが人の声を伝えた。今度は悲鳴。甲高い悲鳴。
「おかゆ君?」
少し心配そうに、築地が賀東を見やった。
「ムショで掘られてるような声だが…」
あまり上品とはいえない表現を持ち出しつつ、賀東は中澤に視線を投げた。
彼は帰り支度を済ませたところだった。
「中澤さん、気をつけて」
ほとんど同時に、築地と賀東が言った。
さほど間をおかずにクラシック音楽が流れ始めた。

築地が、立ち上がった。

214 :ファンタジア教室の夕日(4):03/08/12 11:32
『まロいなぐぁっ!!』
電撃クラス・川上稔の間の抜けた悲鳴――マイクのスイッチを切り忘れたらしい――
が聞こえてくるころには、富士見ファンタジアクラスの教室に残る者がほぼ確定していた。
「……?」
残された者たちはお互いの顔を見合わせていた。

スピーカーからクラシックが流れると同時に、教室を飛び出していった者がいた。
築地俊彦が最初に走り去ったことはクラスの全員が覚えていたが、
それ以外に誰がいなくなったのかをはっきりと覚えている者は誰もいなかった。
去り際に教室内の人間か物体に攻撃を加える者もいた。幸いにも、それで重傷を負った人間はいなかった。
それが本当に幸運であったことを彼らが知るのはもう少し後になってからの話である。

215 :ファンタジア教室の夕日(5):03/08/12 11:35
「状況を整理しましょう」
いつのまにか黒板の前に立っていた榊一郎が、少し語気を強めて教室内に呼びかけた。
「非常警報で黒古橋の発動が宣言された。これが最初。
 このときはこの教室内にまだ何の異変もありませんでした」
『1.黒古橋発動警報 教室内に異常なし』と榊は黒板に書き込んだ。
「次におかゆまさき君のものと思われる悲鳴。
 先の事件以来何かと危険視されがちな彼ですが、
 彼の悲鳴が特にこの教室に影響を及ぼした形跡もありません」
下品なギャグを飛ばしてた人はいるけどね〜、と教室内の数少ない女子生徒から声が上がった。
「あなた方は俺の過去のレポート知らないね?」と賀東招二が軽く返す。
私語には構わず、榊は黒板に『2.おかゆ悲鳴 教室内に異常なし』と書き込み、
続いて『3.クラシック 教室を立ち去る者多数』と記した。
「先ほどの音楽が、出て行ったメンバーに何らかの異常を発生させていたことは明白です。
 問題は、この音楽について何も情報が無いということなのですが…
 なんか思い当たることがある人、います?」
教室内に沈黙の帳が降りる。
「だって今回も発端は電撃クラスだし」
「俺たちが知るわけないよな」
「だが築地たちの問題もある。無関係ではない」
「どうせ秋山あたりが助けにきてくれるでしょ」
「僕たちごときに一軍選手は出してくれないって」
やがて、てんでばらばらに各人が好き勝手喋りはじめる。
自分の言葉も含め、何一つ建設的な話題が出ていないことに、榊は天を仰いだ。


216 :ファンタジア教室の夕日(6):03/08/12 11:37
結局、情報収集から始めるしか無さそうだ、という方向で話が落ち着いた。
単独行動は避けるということになり、
黒板の前に立っていた成り行きで榊がそのままチーム分けを進めた。
素手や刃物――日本刀を取り扱う者が特に多い――による格闘戦を得意とする者と、
魔術や火器などによる射撃戦を得意とする者が各チームに均等に割り振られていく。
富士見ファンタジアクラスは、爆発力のある特殊能力を有する生徒が少ない。
そのかわり、好不調の波が激しい生徒も少ないので、堅実な戦いが可能ではある。
だが…



「欠員が多いですね…」
カラーコンタクトを外しながら、鏡貴也が『編成担当』の榊に声をかけた。
「そうだね。でも、事が事だけに、俺たちは無関係だーとか言ってられない」
<ハード・フレア>を弄りながら榊がため息混じりに答える。
「頼りになる古参の人も少ないですしね…誰か魔法使ってくれますか?」
コンタクトレンズ周りの道具を鞄に収めながら、鏡が周りに声をかける。
『複写眼』を持つ彼は、富士見ファンタジアクラスのなかでは比較的特殊な能力の持ち主である。
「ここでテストは止めておかないか?」
榊が苦笑した。

217 :ファンタジア教室の夕日(7):03/08/12 11:38
「(自分が加入したあたりからか? あるいは自分が加入したときには既に?)」
教室の隅にある出席簿には、かつて富士見ファンタジアクラスで
一度でもレポートを出したことのあるすべての生徒の名が書き込まれている。
それを見つめながら、榊は考えていた。
富士見ファンタジアクラスの戦闘能力は往時に比較して、低落傾向にある。
電撃クラスや角川クラスに比較して、新人の加入が少ないのが大きな理由だ。
採点が遅いことで有名な選考試験をくぐり抜けてせっかく加入してきた新人が
ろくなチャンスも与えられずに消えていってしまうという傾向が、それに追い討ちをかける。
そのうえ、90年代の富士見ファンタジアクラスを支えてきた古参生徒たち
――例えば、あかほりさとる――も最近次々とフェードアウトしてしまっている。
地力の不足は如何ともしがたい。
この場に限って言えば、先ほど鏡が口にした要素、すなわち、欠員が多いことも問題だ。
謎の音楽で築地たちが抜けていく前から既に行方不明になっている者がいるのである。
神坂一や秋田禎信はどうせまたどこかでスネコスリあたりと戯れているのだろうから心配ない。
いつかひょっこり帰ってきてくれる              と思う。あくまで思うだけ。
はっきりいってアテにならんコンビである。
この連中はともかくとしても、温帯調伏の疲労で再び体調を崩して
自宅療養中のろくごまるに――このクラスから出た数少ない英雄である――をはじめ、
数人ばかり学校に来ていない生徒がいたりする。
「(目下校内に敵無しの電撃クラス…そこ発の危機…今の我々には…)」

「はい、皆さん。戦闘の準備はいいですね? コミュニケーターは持ちましたね?」
榊の問いかけに教室内から、うーっす、などと声があがる。
「じゃあ出発。また生きて会いましょう」

富士見ファンタジアクラス、行動開始。

218 :あざのの戦い(1):03/08/12 11:45
あざのは走っていた。富士ミス班の後輩たちを誰よりも先に見つける為に。
「くそ、どこだ!?」
無人の廊下を、あざのは駆ける。目の前には誰もいない。
「……決して侮らぬこと……」
不意に男の声がした。後ろだ。声は高くもなく低くもない。
「!」
あわてて振り返る。声がするまで気配は無かった。だが誰かがいる。
カプセルを口に入れ……ようとして、やめる。相手に殺気が無い。
そこにいたのは平凡な男だった。特筆すべき特徴は無く、どこにでもいそうだ。
あざのの知らない顔だった。記憶に無い、という事は……
「……ただの一般生徒か?」
男は無言。しかし無表情ではない。
泣き笑いの形に彼の顔が歪んでいく。そして空間が黒く染まる。
「たった一匹の小さなネズミが、時に船を沈め、時に国を滅ぼすのだ」
男の言葉を聞きながら、あざのはカプセルを噛み砕いた。
「いや、敵だな」


219 :あざのの戦い(2):03/08/12 11:46
……戦いが始まり、今も続いていた。
男は身動きひとつせず、ただ腕を組んで立っている。
あざのと男の間には、黒い全身タイツを着たワナビたちが出現していた。
「次から次へと出てきやがって! キリが無え!」
ワナビ戦闘員たちは弱い。しかし倒しても倒しても出現する。
男がワナビ戦闘員を召喚し続けていた。特別生徒のみが使用できる高等技だ。
あざのに男を攻撃するヒマは無かった。男が静かに語り始める。
「僕は作家だ。九月にはスニーカー班としてレポートだって発表する。
 七冊目のレポートで、新シリーズの二作目だよ。すごいだろ?
 なのに僕は無名のまま。作家スレさえ無いマイナー小説家さ。
 おかしいよね?
 地雷レーベルの君が、僕よりも認められているなんてさ」
「よそ者が、富士ミス班を馬鹿にするんじゃねえ!」
あまりの侮辱に、あざのは我を忘れていた。もはや暴走寸前だった。
「理解を求めるつもりは無いよ。どうせ僕は秘密結社の首領」
男は空虚な目をして言った。
「所詮は悪役だ」
……その一言が、男の敗因となった。
「はははははははは! ふざけんなよ」
あざのの心から一瞬で怒りが消し飛ばされた。
狂犬のようだった表情が、冷静な魔法使いの鉄面皮となる。
ワナビ戦闘員たちが、あざのの迫力に押されて動きを止めていた。
「悪役だと? 悪役を任ずる覚悟も無い貴様がか? 笑わせてくれる」


220 :あざのの戦い(3):03/08/12 11:47
「な、何をする気だ!?」
あざのの手が、いつの間にか携帯電話を握っていた。
「さすがはセルネット主催の掲示板だ。貴様の正体まで書いてあるぜ。
 名前は伊豆平成……前シリーズは凍結中……」
携帯電話の画面を見つつ、あざのは悪魔を召喚した。
呼び出す悪魔は赤い猫。変幻自在の化け猫だ。
「前シリーズのヒロインは、民を護る正義の少女か」
猫の輪郭が解け、赤い霧と化し、さらに人の形に変わる。
あざののレポートに登場する、探偵少女の姿だった。
『貴方は全てを諦めた。でも本当は諦めたくなかったんでしょう?
 貴方の信じる正しさを、貴方の護りたかったものたちを』
探偵少女の擬似人格が、信じる想いを伊豆へと放つ。
「ぼ、ぼ、僕は、僕は、僕は僕は僕は……!」
伊豆の力が乱れ、薄れていく。探偵少女が優しく笑い、虚空に消えた。
「女王、力を貸してくれ。こいつら全員を王国に御招待だ」
別の少女……最強の悪魔が出現する。少女は金色の目を細め、うなずいた。
『貴方がそれを望むなら』
伊豆もワナビ戦闘員たちも消えた。彼らは事件が終わるまで異世界に封印される。
「眠ってろ。夢も見ずに。ぐっすりとな」
最後に女王の姿も消え、廊下には、あざのだけが立っている。

【あざの耕平、探査再開/伊豆平成、リタイヤ】


221 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 12:30
この十人には個性がない。よって、彼らに名がつくことはない。が、しかし、流石に不便ということで、
集団としてこう呼ばれている。『富士ミスの十人』と。
「まあ十一人いるかもしんないんだがな」「もうちょいスレが進めばね」
辺りには硝煙の匂い。特にきつい匂いの所には、「踏み潰された」としか表しようのない死に掛けどもが転がっている。
みな、富士ミス過激派達である。
「あざの一人じゃ無理そうだしねえ。名前を出すと不都合だから言わんけど」
「………何故だ」『んー?』
声を挙げるは富士ミス作家の一人。多分十人の他には覚えてる者は数えるほどしかいまい。
「これは……チャンスなんだ。俺達が有名になるチャンスなんだ。お前たちは
富士ミスを全部読んでいるんだろう?ファンなんだろう?これが成功すれば、大手を振って歩けるように」
『プッおめでてーな』
「なっ!?」
蔑視の眼差しを向けられうろたえる作家。
「こんなのが世間で有名になる?」「ライトノベルの終焉だよな」「もう言い訳できないね」
「生かしきれない設定」「壊錠した構成」「DQNなだけの登場人物」「エトセトラ」「エトセトラ」
その指摘に耐えられず、
「も…もういい!ようするにおまえらは、富士ミスに対する愛がないんだな!?」
作家の血を吐くがごとき叫びにも、微塵も動ずることも同ずることもなく。
「愛ゆえに、だよ」「可愛い子には旅をさせろ」「出来の悪い子ほどかわいい」「だから」
「もし名作が出せたら」「一生プッシュし続けてやる」「でも今はダメだ」「何を言っても過剰評価になっちゃう」
ここで、十人が一斉に声を出す。
『しかし、安心しろ』
「例え地雷しか書けずとも」「俺達は一生読み続け」「忘れないでおいてやる」「消え行くレーベルの」
「最初にして永遠の読者になってやる」「それが富士ミスの住人にして十人」「だから遠慮なく」「ハジけてこい」
「ぐ…ぐぐ…グウおおをををーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!」
閃光。爆音。そして硝煙の匂い。しかしやはり十人は住人のままで
『もう慣れたよ』

222 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 14:22
十傑集(・∀・)イイ!

223 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 19:32
十傑衆スゴく(・∀・)イイ!
最強の救済呪文詠唱者達だ!

224 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 21:24
なんか泣けた…。

225 :電撃ラウンジ 分かれた道・前編:03/08/13 01:12
『今こそ言おう。これより川上の姓は悪役を任ずると!』
「コミュニケーター」から響き渡る川上の演説に、一般生徒は戸惑いを浮かべる。
しかし、川上の声が、言葉が、戸惑いの顔をすぐに希望へ染め上げていく。
「やってくれるな、川上サン」
秋山が思わずニヤリと笑みを漏らす。全てを聞かずともいわんとすることが分かる、
いや、感じる。
川上を失うのは痛い、痛いが、しかし、
   アヘッド ・ アヘッド ・ ゴーアヘッド!
『前進せよ、前進せよ、前進せよ!』
今までの自分を捨てることなく、しかし全く新しい道を模索している川上の姿勢が、
ラウンジを包む絶望を吹き飛ばす。
絶望からの復帰。それは何よりも今、電撃班の必要としていたことだった。
『これより先は未来を、正しく未来を信じられる者の時代だ!
 来い! 俺はどちらの陣営にいた者だろうと等しく共に戦う事を誓おう!
 古き時代にしか生きられぬ馬鹿達をこれからの時代に引きずり出せ!!』
校舎と生徒に震えを残して、川上の放送は終わりを告げた。
はっきりと『電撃班と袂を分かつ』、川上はそう示したはずだ。
なのに、袂を分かつと宣言された者達は皆笑いあっていた。
「やってくれる、つまりは、」
つかつかとラウンジを横切り、
「まだ、電撃班、黒古橋なぞにかかずらわっておるのかね!!」
部屋の突き当たりにある窓を開け放ち、
秋山瑞人は八月七日十七時八分の青空に向かって対空ミサイルのように叫ぶのだった。
「おっくれてるぅ――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!

「ということか、川上サン」

226 :電撃ラウンジ 分かれた道・後編:03/08/13 01:21
「秋山先輩!」
呼びかけに、一瞬で個人としての秋山から、皆のリーダーとしての秋山の態度に戻る。目の前に幾人かの一般生徒が集まっている。
「どうしたね、...すまない、君の名は?」
「僕の名前は...」一瞬の躊躇のあと。
「いえ、あえて僕等全員『ワナビ』と名乗ります」
「ほう」
彼らは『ワナビ』でありながら「黒古橋」の影響を受けなかった。意志の強靭さが『全性音楽』を弾いたのではない。
その純粋ゆえに試験に合格出来ない恨みを持たず、ただ自らの力不足を悔いた。
そのために『全性音楽』に影響されなかった『ワナビ』達。かつての友を、黒化した『ワナビ』達を止められなかったのは自分達の責任である。
自分達の、力不足のせいである。純粋ゆえに心からそう思う。彼らを止めるのは自分達だと。
「だからぼくらは、行こうと思います。ぼくらだけでも」
『ワナビ』は秋山をまっすぐ見つめて、そう言った。
壁井は、目を丸くして『ワナビ』を見つめていた。
秋山は右手を窓枠の上に乗せたまま、窓ガラスにこびりついた虫の屍骸を見つめていた。不意に『ワナビ』へと視線を投げて、
「行く―――とは川上特派員の下へ向かうという意味かね」
「はい」
「きみらだけでも、かね」
「はい」
「どうしても、かね」
「はい」
そして秋山は笑った。毎年毎年、凶悪そのものに見える笑顔は、見た新入生すべてを恐れさせるが、「イメージ笑顔です。実物とは多少異なります」
「好きにしたまえ」
『ワナビ』も恐れを浮かべた。

「ああ、少し待ちたまえ」
『ワナビ』達に緊張が走る、できれば電撃班と直接事を構えたくない。けれども、自分達はもう、彼等の「敵」となったのだ。
秋山が口を開く、
                         エア
「武運を、君等の行く先に、いつも温かな空気のあるように」
「!」
何も言わずに踵を返し、川上の下へと一歩を踏み出す『ワナビ』達。煤にまみれたその足跡と一緒に、黒い湿った跡が点々と残っているのを見つけて、秋山は微笑む。

227 :電撃ラウンジ 番外編・秋山にだって:03/08/13 01:23
ちなみに、秋山は『ワナビ』達との会話の間、姿勢を変えることなく立ちつづけていた。
川上への賛辞を絶叫で示した直後だった。
完全に不測の事態が起こった。秋山にだってそういうとこはあるのだ。

秋山瑞人は実にハイスペックな男である。1971年生まれ、山梨出身、東京某所在住。主食はSFとミステリー。『E.Gコンバット』(原案・イラスト/☆よしみる)でデビュー。その独自の文体とキャラ描写で人気を博す、が、顔だけは犯罪者面だ。
煙草の火を点ける。
スーパーマンみたいな人だ、と瑞っ子は思っていた。
たぶん、ブラリ厨の言う通りなのだろう。
不測の事態という時など誰にでもあるのだ。
それは、あの秋山瑞人ですら例外ではないのだ。

再びニュータイプになってしまいそうな激痛が。ぎっくり腰が再発していた。
秋山にだってそういうとこはあるのだ。

228 :続・金曜日の階段 1/2:03/08/13 08:11
高橋からの通信で生徒暴走の現況の一つが音楽だということを知った生徒達は皆放送室の奪還を目指していた。だが……
「くっ、力が使えない。」
「通信機も使えなくなってる。仕方がない、ここは一時引こう」
放送室は三階にあり、対策班の生徒のほとんどは一階にいた。一階から放送室のある三階までには大量のワナビの群れが対策班を待ち構えている。放送室までたどり着くにはこのワナビたちを倒して前へと進まなければならない。しかし、その道の途中には鬼門があった。
階段という名の鬼門が。
対策班の生徒、渡瀬草一郎と鈴木鈴は近くの教室に逃げ込むと扉に鍵をかけ、机をバリケードにしてからぐったりとした様子で腰を下ろした。しばらくの間黙り込む二人。はじめに口を開いたのは鈴木のほうだった。
「やっぱり階段ですね」
「ああ、校舎内の全ての階段で僕達の能力がキャンセルされてしまう。どうやらそれは敵の方も同じみたいだけど…」
「…数が違いますもんね」
謎の音楽によって黒化した生徒達は校舎のいたる所にたむろしている。その数はワナビも含むとあきれるくらいたくさんいて、もしかしたら1000人以上いるのかもしれない。
基本的にそういった生徒と遭遇した場合は戦うことになる。階段以外の場所での戦いなら各々の能力を駆使して互角以上に戦えるのだが、階段での闘いになると敵も味方もほとんど生身の状態での戦いになる。
そうなった場合、ワナビという大量に存在する戦闘員のいる敵のほうが圧倒的に有利になる。運良く敵と遭遇しなかった生徒、特殊能力に制限をかけられつつ階段を突破した生徒もいることはいるのだがその数は決して多いとはいえないものだった。
 



229 :続・金曜日の階段 2/2:03/08/13 08:12
毛布お化けと化した橋本の能力『金曜日の階段』は放送室奪還の大きな障壁だった。
 橋本が黒古橋側についたことを知った上遠野は放送室奪還にはまず障壁を破壊する必要があると判断。他の生徒の協力を得るためコミュニケーターに手を伸ばした。
「こちら電撃班所属上遠野浩平。この通信を聞いている中立派を含む全生徒に頼みがある。阿智太郎と橋本紡。この二人を見かけたものは僕に報せてくれ。ただし敵の側についた橋本を見つけても手は出すな。」
 橋本が毛布お化けになっているのならばあらゆる手段を使っても『倒す』ことはできないだろう。ならば毛布お化けのうらみつらみを消し去るなりして金曜の階段を消し去るしかない。
「今から僕は金曜日を終わらせるために動く。以上」
 それができるのは自分と阿智の二人しかいないと上遠野は確信している。
 なぜなら橋本の最大のコンプレックスは自分達なのだから。


230 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 17:24
( ´Д`)/ 先生!ここじゃなくてサイトでまとめてやってほしいのは俺だけですか?

231 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 17:38
>>230
作者が一人じゃなく複数、というかだんだん増えていってるので無理です。
ここ以外の場所でやると新規参入のネタ氏さんが入れなくなってしまうので
完結まで我慢してくださいね。


232 :深見、甲田に攫われる1/5:03/08/13 18:50
 軽書校、中庭。
 軽書校における平穏の象徴ともいえる其処は、今や凄絶な戦場跡と化していた。
 電撃クラスの対策班員――武装した一般生徒たちの屍が、そこら中に転がっていた。
 それらはどれも破壊者の圧倒的な暴力を象徴するかのように歪に拉げ、陥没し、四散している。
 穏やかな風は血臭を運び、噴水は紅く染まった水を吹き上げ、柔らかな光が色鮮やかな内臓を照らす。
 どこまでも悪趣味に装飾された憩いの場。
 穏やかな狂気が満ちる空間。
 そこに、血まみれの青年がいた。
 手入れをしていなさそうな短髪に、野暮ったいカーボンフレームの眼鏡。
 表情は穏やかだが、目にひどく虚ろな光を宿している。
 彼は自らが作り出した惨状には目もくれず、しきりに何かを探し回っているようだった。
 彼の名は深見真。
 富士ミス最狂の地雷作家である。
 
「おかしいなぁ、なんで皆来てないんだろう」
 
 何かを押し潰す湿った音も意に介さずに、座り込んだ。
 そしてポケットから缶詰を取り出し、素手でこじ開ける。
 猫缶だ。
 
「もういつもの時間はとっくに過ぎているのに……何かあったのかな?」
 
 頬杖を付く彼の姿は、変わらぬ日常に生きる人間のそれだった。
 傍らの死体も、赤い噴水も彼には見えていない。
 そのアンバランスな様子は、この中庭に満ちる雰囲気と同質のものだった。
 最狂。
 なかば冗談のように呟かれ続けたその称号は、皮肉なことに今の深見に最も相応しいものとなった。
 
「こうしちゃいられない!あの子達を探しにいかないと!」

233 :深見、甲田に攫われる2/5:03/08/13 18:51
 拳を握り、威勢良く立ち上がる深見。
 それと同時に、草むらがガサリと鳴った。
 
 その瞬間、深見から先ほどまでのアンバランスな雰囲気は消し飛んだ。
 音源である草むらに鋭い視線を浴びせ、弓を引き絞るように体に力を蓄える。
 
「誰だ」
「―――にゃぉ」
「なんだ、猫か」
 
 泣き声と共に現れた白い猫を見て、構えを解く深見。
 危険に敏感なはずの野良猫が、血にまみれた中庭に現れる事の不自然さにも、
 その猫が彼の殺気を浴びても逃げ出さなかった事の異常さにも気が付いていない。
 
 白猫――この中庭にあって血糊すらついていない――は滑るように深見の前まで移動し、行儀良く座ってみせる。
 
「よしよし、いまやるから待っててな」
「いや、結構だ」
 
 轟音。
 深見の腕が霞み、喋る白猫がいた場所が深く抉りとられる。
 
「物理攻撃は無意味だ。そして私は君を害するものではない」
 
 背後から聞こえてきた声に機械のように反応し、またも地面を穿つ。
 
 ――やれやれ……猫の姿をとったのは失敗だったようだね
 
 呆れたような、自嘲するような、どちらともとれぬ響き。

234 :深見、甲田に攫われる3/5:03/08/13 18:52
 今度の声はどこから聞こえてくるのかわからなかった。
 声が直接脳内に響きわたるような感触。
 深見は油断無くあたりを見回した。
 その目には先ほどまでの虚ろな狂気は無く、純粋な闘気に満ちていた。
 
「何者ですか」
 
 ――まずは自己紹介を。
 
 その何者かが、暗鬱に笑った気配が伝わってきた。
 
 ――私は甲田学人。“叶える猫”にして“全ての地雷と電波の肯定者”
 
「あなたが……」
 
 聞いたことがあった。
 電撃クラスでも最も不可解で、最も厄介な存在。
 どこに属する事もせず、ただ『物語』を拡大するためだけに暗躍する“名づけられし暗黒”。
 
「僕に何の用ですか」
 
 ――私を動かすに足る、強い『願望』があったのでね。君にご協力願いたい。
   正式な承諾を得るためにも、君の精神に少々干渉をさせてもらった。
 
 その言葉に深見はわずかに眉をしかめ、しかし毅然として言葉を返す。
 
「何故、そんなことを」
 
 ――此処は黒古橋の領域内だ。私の力は極端に制限されている。君の同意なしに転移を行うことは出来ないのだよ。
 
 肩を竦める様な気配。

235 :深見、甲田に攫われる4/5:03/08/13 18:53

「……僕には僕の願望があります。それを邪魔するつもりですか?」
 
 くつくつと、昏い笑い声が聞こえた。
 
 ――人の『願望』はすべからく人の『願望』によって妨げられなければならない……
   『彼』の『願望』は君の『願望』を妨げること。そしてそれは強い。祝福されるに足る強さだ。
 
「彼、とは?」
 
 ――私が教えなくともいずれわかることだ。君はただ同意してくれるだけで良い。
 
「もし僕が同意しなければ?」
 
 ――君が君の『願望』を追い求め、『彼』が君の『願望』妨げるという『願望』を持つ限り、
   君と『彼』との衝突は避けられないものだろう。
 
「……」
  
 ――今の私には『願望』を叶える力がない。ただより強い『願望』の後押しをするだけだ。 
 
「……」
 
 ――さあ、どうする?
 
 迷いは一瞬。
 決意を込めて口を開いた。
 
「同意します。『彼』の元へ連れて行ってください」

236 :深見、甲田に攫われる5/5:03/08/13 18:55
 ――契約は成った。
 
 その言葉が脳に響いたとき、深見は底知れぬ恐怖を感じた。
 これで本当に良かったのだろうか?
 これは本当に正しい選択だったのだろうか?
 甲田の発した『契約』という言葉が、遅効性の毒のようにジワジワと体を侵す。
 言葉巧みに取引を持ちかけ、契約を成す。それではまるで――
 
 視界が白く染まる。
 体の感覚が無くなる。
 甲田の力によって『彼』の元へ移動させられるのだろう。
 薄れ行く意識の中、深見はくつくつという暗鬱な笑いを聞いた気がした。



        【深見、『彼』の元へ】

237 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 20:17
最近バトル路線ばっかりなんでそろそろ懐かしの卓球部みたいな普通の学園ものきぼんぬ
レーベルが班やクラスで、作風やネタ傾向がクラブ活動でいいのかな?

238 :イラストに騙された名無しさん:03/08/13 20:28
問題ねーかと。
マトメサイトを作っていただけるとの事だから、これとはまた別路線でやってもいいでしょ。
容量も残レスもまだあるし。

239 :神無におまかせッ!!:03/08/13 22:49
若月神無「じゃえん×9!!」
若月の指先から9本の炎が放たれ、ワナビ達に確実に命中していく。
若月「すかさずまとめてしゅくち!!」
掛け声とともに校舎の外へ強制転送されるワナビ達。どうやら若月は有沢よりも強いようだ。
その様子を有沢まみずが呆れ顔で眺めている。
有沢「若月さん…いくらなんでも身も蓋も無さすぎだよ…」
そう呟く有沢の瞳は澄んだ宝石細工にもどっている。どうやら前回の浄化の後遺症はすっかり回復したようだ。
有沢「僕は基本的にみんなの嫉妬を浄化して歩くつもりなのに、そう次から次へと圧倒的な火力で撃退されちゃぁ…」
少々げんなりした顔で有沢が話す。しかし、またも話を遮られた。
若月「だって浄化する度に みたいになっちゃうんでしょう?遭う度に浄化していったら有沢君の心が持たないわよ。
それにね、雑魚(ワナビ達の事を指す)なんか仲間にするんだったら黒化した作家さん達を仲間にした方が効率がいいじゃない…
なんてね、…本音を言えば…心が壊れた有沢さんを見るのなんて、私…嫌よ?」
流石に憂いに満ちた表情でそんなことを言われてしまうと有沢は何も言えなくなる。
有沢「その言い方は卑怯だよ。何も言えなくなるじゃないか…。」
照れた有沢の一言に、イタズラっぽい顔で若月が笑った。
若月「…フフ…だから使ってるんじゃない。こんな恥ずかしい事理由も無しに言えるほど乙女じゃないわ」
苦笑いする有沢。
有沢「ひっどいなぁ…それじゃぁさっきの本音って…実は嘘?」
若月「有沢さんって私の事そんな風に思ってたんだ…本気で心配してたのにひどいわひどいわ!」
若月はわざとらしく顔を両手で被い、大袈裟に悲しいそぶりを見せる。
有沢「若月さん…それじゃぁ、どっちかわからないよ…。」
有沢は更に苦虫を噛み潰したような顔になった。
若月「とにかく、ワナビ達は私に任せて!有沢さんには黒化した作家さん達を元に戻すって言う使命があるんだから。」
有沢「そうだね…仕方ないか…。お願いするよ」
有沢が苦笑いのまま若月の提案を了承する。
有沢「さて、放送室に行こうか。これ以上黒化する人が増えるのは僕的には『ハッピーエンド』じゃないからね。」
若月「あ、まってよぉ!」
放送室へ歩を進める有沢を、若月は慌てて追いかけた。



240 :その頃の卓球部というか野村:03/08/13 23:06
かこんかこん…

「…ふぅ。一人だとやっぱりつまらないなぁ…」

かこんかこん…

「…なんか外で騒いでるみたいだけど…何かあったのかな」

かこんかこんかこんかこんかこん

「…はぁ」

かこつんこんこんこんこんこん……

「………暇だよう」

241 :練習をしてみるのだ。:03/08/13 23:17
ひゅん。ひゅん。ひゅん。ひゅん。

野村美月「ふぅ……素振り100回終了……。えっと次は……」

いっちゃん いっちゃん いっちゃん いっちゃん。

野村「……名前を呼ぶ練習……。それから……次は…………」

すきっ。すきっ。す…

野村「(超赤面)こ……告白の練習は……まだ早いよね……うんっ」

野村「…………。乙一くん……練習来ないのかな……?」

242 :彼の男 参戦す その3:03/08/13 23:27
秋田と日昌が2号館と3号館の間を走りぬける。
より正確に表現すると、日昌が秋田を引きずりながら心停止寸前のような顔をして走っている。
日昌「い…いい加減…じ、自分ではしってくれませんか」
秋田「僕としては、このまま郵便局員に配達されるゆうパックの気分を満喫したかったんだけれどなぁ、
まあしかたないか」
日昌「そ…そんな理由で…」
軽く伸びなどしながら、秋田は周囲の気配をうかがう。
遠くから聞こえてくる銃声や爆音。
戦線は徐々に拡大しているようだ。
日昌「こっちです秋田さん」
声に振り向くと日昌が青い顔で階段を指差す。
口元に手をやっているところを見ると、急激な運動で吐き気を催したのかもしれない。
ぼんやりとした影が侵食する照明の落ちた校内は、真夏にもかかわらず墓場のような
よどんだ冷たい空気が漂っている。
日昌「4階に秋口君と吉村君が…秋田さん?」
急に口数の少なくなった秋田を不審気に見やる。
秋田「いやなんでもない。急ごう」




243 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 00:01
>>240-241
正直、8月3日のトーナメントの試合日に投下して欲しかった。

244 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 01:57
>240-241
お、おまっ、お前っ なんつーっ!
こんなもんっ
こんな・・・






(゚д゚)<モエ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

245 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 02:42
>>240-241
この間まで野村と乙一は勝手にやっててくれという気持ちだったが・・・乙一なんて羨ましい奴なんだ。

246 :がんばれ美月たん。:03/08/14 03:46
 最近、いっちゃんが卓球部に顔を出してくれないので、寂しくなってしまった美月たん。
野村美月(……どうしたら好きな男の子がふり向いてくれるんだろう……? 
     ……あ、そのっ、別に乙一くんのことが好きってわけじゃ……ないけど)
 恋愛経験のない美月たんは、学校の友達に聞いてみることにしたのです。

野村「あ……あそこにいるのは、秋山瑞人くんっ。……あんまり話したことないし……
   犯罪者顔でちょっと怖いけど……聞いてみよう」
秋山瑞人「ん? メモなぞ持って、何かの取材か? 野村くん」
野村「あの……好きな男の子をふりむかせるには、どうしたらいいのかなって……思って」
秋山「誰か狙っている男でもいるのか?」
野村「ち、ちがっ…次のレポートで必要だからっ……」
秋山「男を籠絡する方法など、太古の昔から決まっているだろ?」
野村「そ……それって、なに?」
秋山「ちゅーだ」
野村「ちゅ……ちゅー?!」
秋山「うろたえるな野村くん。男なぞ皆同じ。ちゅーをしてしまえばこっちのものだちゅーを」
野村「ちゅーなんて……むりだよぉ……。だって、ちゅーって……くちびるがくっつくんだよ?」
秋山「当然だ。…むむっ、さては野村くん。君はファーストインパクトを経験していないのではないか?」
野村「そ、それはっ……そのっ……あわあわ」
秋山「おっくれてるぅ――――――――――――――――――――――――――――――
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!」
野村「うわぁんっ。酷いよ、秋山くんっ……!」
 美月たんは、泣きながら逃げ出したのでした。

 ☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

    ちゅーは早すぎると思います。まる。


247 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 04:47
卓球台がバラバラにされ床にぶちまけられている。
「な……なに?あなたたち」
野村は震える声でどうにかその言葉を発した。腰が抜けて、女の子座りでワナビたちを見上げている。
野村は何が何だか分からなかった。一人で壁打ちの練習をしていたらいきなり彼らが襲ってきたのだから。
足が、いや体全体が震えているのが自分でも良く分かる。
何故自分が襲われなければならないのか。何故彼らは悪意に満ちた眼差しで自分のことを睨み付けているのか。
「野村美月、だな?」
「売れているわけでもないのに」
「実力があるわけでもないのに」
「何故貴様がこの学校で存在感があるのだ」
「憎い」
「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
複数の人間からの憎悪を一斉に浴びさせられるのはこうまで恐ろしいものだったのか。
自分の体が自分の意志どおりに動かないというのはこうまで恐ろしいものだったのか。
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて
「や、やだ。来ないで!」
ワナビたちの腕が野村に伸びる。
私が何をしたの?ただ卓球をしたいだけなのに。できれば乙一くんと。
ううん。乙一くんと卓球したい。乙一くんとずっと卓球したい。乙一くんといつまでも卓球したい。
「乙一くん助けて―――――」

248 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 04:51
ワナビたちの顔にに下卑た笑いが浮かぶ。
「無駄だよ、叫んでも。ここはもう僕たちの結界のなかっはっぁ」
急に静かになった。身を硬くしていた野村は恐る恐る顔を上げると
「ごめんね…野村さん。結界がちょっと………厄介で」
笑いかけるように、それでいて少し照れているような表情の
乙一が立っていた。
「乙一……くん」
(うろたえるな野村くん。男なぞ皆同じ。ちゅーをしてしまえばこっちのものだちゅーを)
以前秋山に聞いた台詞が頭をよぎる。
「乙一くん……」
「の、野村……さん?」
いきなり野村が目を閉じて動かなくなったのを見て乙一は困惑する。
野村はいつまでたっても行動を起こさない乙一に、少し苛立っって目を開けようとしたとき、
乙一が自分の目の前に膝をついたことを気配で感じた。
そして野村の顔に乙一の手が触れる




「なんて夢が見れたらいいなあ」
と言いながら野村は乙一の写真(隠し撮り)を枕の下に入れた。
「ふふ、なにを考えているんだろう私」
野村の顔が真っ赤になる。
「明日は部活にきてくれるかな。おやすみ乙一くん」

249 :がんばれ美月たん。そにょ2。:03/08/14 05:18
 どうしたら好きな男の子がふり向いてくれるのかな?
 恋愛経験のない美月たんは、今日も学校の友達に聞いてみることにしたのです。

おかゆまさき「僕を踏んで!(もっと!)」
野村美月「…………。おかゆくん。なにしてるの?」
おかゆ「女の子のクツに生まれ変わった場合のシミュレーションをね。なにか僕によう?」
野村「あの……好きな男の子をふりむかせるには、どうしたらいいの知りたいの……れ、レポートだからっ」
おかゆ「それは、ちょうどいい。これを野村さんに貸してあげるよ」
野村「このトゲトゲバットは……なに?」
おかゆ「エスカリボルグっていうんだ。これで好きな男の子を殴るとメロメロになるんだよ」
野村「……メロメロ?」
おかゆ「そっ。メロメロ。メロメロのデロデロのグジャグジャ」
野村「それって……死んじゃわない?」
おかゆ「大丈夫。『ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪』って唱えれば、すぐに復活するからさ!
    さ、野村さんも唱えてみて(ついでに僕を殴ってハァハァ)」
野村「う、うんっ。わかった……ぴぴる…ぺる…ぴろっ…。あれ? ぴぴるぺれ……ぽろ?」
おかゆ「…………。野村さん?」
野村「ぴぴるぱっ…ぺれっ…ぴれっ……あいッ?! …舌かんじゃったよぅ。私、早口言葉苦手で……」
おかゆ「……野村さん、滑舌わるすぎだよ。エスカリボルグは貸せないな」
野村「そ……そんなぁ……私、がんばるから見捨てないでぇっ」
 おかゆくんは、呆れて行ってしまいましたー(涙)。

 ☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

    告白の言葉はかまないようにしたいです。まる。



250 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 07:17
うは、この状況なのにラブコメしてても違和感ないなぁ

251 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 07:52
色々な状況の混在する学校ですね

252 :川上・さとやすVSバーニング緒方:03/08/14 11:52
 始まりは一瞬だった。
 突如、校舎から飛び出してきたワナビ達が燃え上がり灰すら残らず消滅した。
 川上が最後に見たワナビ達の顔に戦意はなくただ燃え尽きることへの恐怖のみだった。
「なっ!?」
 川上の表情に驚きが浮かんだが直後緊張に変わる。
 ――川上・心理技能・自動発動・気配感知・成功。
「…さとやす君、私の後ろについてくれ」
「う、うん。わかった」
 さとやすは怪訝な顔をしたものの川上の表情に気付き後ろに下がる。
 川上はワナビ達が飛び出してきた方向に体を向け一言。
「隠れていないで出てきたらどうかね?」
 わずかな沈黙の後、
 ――川上・視覚技能・発動・目標発見・成功。
 それは現れた。

253 :重記師@名無しさん:03/08/14 11:52
 それは人であった。
 そして火でもあった。
 赤く白く橙色の炎だった。
『燃やす』という概念の言葉全てが具現化し人の形を取っている、そういう印象を受けるほどの圧倒的な熱量を持っていた。
 その存在感に川上達は息を飲む。
「あれってもしかして…」
 さとやすがやや震える声で言う。
「知っているのかね?」
「…イラスト校に噂があるんだ。その人の関わった作品の挿絵はすべて炎上してしまう。そして燃えた後そこには作品の描写とはまったく違う、変わり果てた挿絵が残る」
「…その人物の名は?」
 さとやすは躊躇いながらも一つの名を告げる。
「緒方剛志。もう一つの名前を“バーニング緒方”…」
  ☆
 轟。
 さとやすの声に応えるように緒方の全身を覆う炎――“炎上”――が大きくなる。
 緒方の右手が上がりその先に“炎上”が集まり川上達に向かって放たれた。
「くっ!」
 ――川上・体術/腕術技能・重複発動・抱きかかえ・成功。
 ――川上・体術/回避技能・対抗重複発動・跳躍回避・成功!
 川上はさとやすを抱えあげ左後方に跳躍、すぐ右を“炎上”が通り過ぎていくのを感じつつ、さとやすの尻を触り、着地する。
 さとやすが頬を朱に染めつつ問う。
「…………今、お尻触らなかった?」

254 :重記師@名無しさん:03/08/14 11:52
「しかしなぜ緒方君がここにいるのかね?」
 川上はさとやすの問いを潔く無視。やや強引に話を進める。
 さとやすは、やっぱり触ったんだ…、とつぶやきながら話しに戻る。
「やっぱりこれも音楽が関係あると思う」
「なぜだね? あの音楽は売れていない者を狂わせるものだ。しかし緒方君は売れっ子の描写師だと思うのだが」
 推論だけど、と前置きしてさとやすは言う。
「多分、緒方さんも最初から挿絵を炎上させるつもりはなかったんだと思う。たまたま上手く描けなかったとか、いろんな理由があったと思うんだ。でも読者はそんなことはわからずに叩いてしまった。
そして緒方さんの挿絵も乱れていった。読者はさらに叩く。その繰り返しだったんだ。結局最後には“緒方炎上”なんてネタにされて、今回の事件であんな姿なってしまったんだと思う」
 川上はしばらく黙っていたが、緒方に方に向き直り一言。
「しかし読者を責めることは出来ない」
 何か言おうとするさとやすを制し川上は言う。
「職人という者はどんな状況でもファンと己を納得させるものを作らなくてはならない、違うかね?」
「それはわかってい――きゃっ! か、川上君!?」

255 :重記師@名無しさん:03/08/14 11:52
 再び抱えあげられ後ろに下げられたさとやすは驚きの声をあげるが川上の視線の先に戦闘態勢に入った緒方がいるのに気付く。
「話は終わり、らしいね」
 川上も両の拳を挙げ構える。
「存分に行こう。私は全ての者に等しく寛大だよ? 容赦はしないが」
 言葉と同時に両腕に炎神が宿る。その炎の力は川上の持つ武器の中でもトップクラスの力を誇る。
「さあ、……理解し合おうではないか!」
  ☆
 ――川上・脚術技能・発動・疾駆・成功!
 先に動いたのは川上だった。
 だが機先を制したのは緒方だ。接近する川上に対して“炎上”を放つ。
 しかし、その程度の動きは川上の予測の内だ。
 ――川上・回避技能・発動・回避・成功!
 避けた。
「今度はこちらの番だ」
 ――川上・炎神/腕術技能・重複発動・炎神打撃・成功!
 技能は成功した。川上の炎神打撃は緒方の顎に触れた。しかし、
「!?」
 炎神が喰われた。
 四年前に書かれたOSAKAのレポートにおいては水神すら圧倒した炎神が何の抵抗もなく“炎上”に飲み込まれた。
 川上の顔に驚愕の色が宿る。
 その隙を狙って緒方が再び“炎上”を放つ。
 ――川上・回避技能・発動・回避・失敗!
 避けきれない。

256 :重記師@名無しさん:03/08/14 11:52
 回避に失敗した川上の眼前に“炎上”が迫る。
 だが、それを止める叫びが上がる。
「駄目だよ……っ!!」
 声を放ち、さとやすは“白帝”を振る。
 さとやすの描写により巨大な盾が現れ川上と“炎上”の間に割って入る。
“炎上”とぶつかった盾はしかし、一瞬で燃え尽きる。
「一瞬もあれば十分だっ!!」
 ――川上・脚術/体術・回避技能・重複発動・大回避・……成功!
 今度は躱しきった。そのまま後退、さとやすの元に戻る。
「助かったよ、さとやす君。後で良い事をシテあげよう」
「いいって! それより、何だったの? 今の」
 炎神がああもあっさり負けた。この事実はいくら古橋の影響下にあるとはいえ異常だ。
「おそらく、あれが緒方君、いやバーニングの能力なのだろう」
「能力?」
「そう、バーニングは挿絵を炎上させる、つまりどういう事だと思う?」
 さとやすはしばし考え事実にたどり着く。
「まさか、作者の設定を無視できるって事!?」
 川上は頷き、続ける。
「そう…。挿絵が変わるということは文章を読まないということ、文章とは作者の全て。ならば設定を無視することも簡単なことだろう…」
「な、何か対策はないの?」

257 :重記師@名無しさん:03/08/14 11:52
「通常なら強い意志の力で打ち破れるだろう。しかし今はそれだけでは足りない。この状況ではもう一つの方法を取るしかないのだが…」
「どうしたの?」
「時間が必要だ。最低でも一分を稼がなければならないのだが、そんな暇は与えてくれないだろうね」
 どうしたものか、とつぶやく川上の横をさとやすが抜けて行く。
 慌てて声を掛けようとするが、それより早くさとやすが振り返り言う。
「一分でいいんだよね?」
「何を……」
 言っている、と続けようとした川上を制し繰り返す。
「一分稼げれば川上君が何とかしてくれる。ならボクが時間を稼ぐよ、正論でしょ?」
 川上は沈黙、しかしさとやすはそれを答えととり微笑む。
「ボクだってイラスト校ではベテランだよ。メカも描けるし、…えっちな絵も描ける…。
それにゲームの原画だって描いたことがある。緒方先輩には負けないよ」
 さとやすの言葉に川上は何度も考え躊躇い、しかし一言。
「…頼んだ…」
 それを聞いたさとやすは再び微笑み、前を見る。
 眼前の緒方は既にさとやすを見ている。視線を受け止めさとやすは言葉を放つ。
「TENKY…、“描写師”さとやす」
“白帝”を構え、さらに一言。
「行きます――」
 さとやすの戦いが始まった。

258 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
「動物達よ!」
 さとやすは空中に絵を描く。
 絵は“白帝”とさとやすの描写力によって現実となる。
「行けっ!」
 さとやすの号令により現れた虎と朱雀は“炎上”を展開する緒方へ跳ぶ。
 走る虎の牙は緒方の肩を、疾る朱雀のくちばしは緒方の喉を狙う。
 だが、そこまでだった。二匹が緒方の纏う“炎上”に触れた途端、全身から発火し炎神と同じ運命をたどる。
 さとやすの状況は不利だ。原因は『“炎上”は挿絵を燃やす』だけではない。もともとの実績も緒方の方が上、という事実があるのだ。
「これじゃ一分稼げない」
 焦る心を抑え、さとやすは盾を描き走る。盾は緒方が放つ“炎上”を止めるが防ぐには至らず飲み込まれる。その間に走り“炎上”を躱す。
「あと四十秒…」
 このままでは一分を稼ぐどころかさとやす自身が焼かれてしまう。
“炎上”を抑えるにはどうすればいい? さとやすは思考する。
 出した答えは単純だった。だが最良でもあった。
「ボクも大技いくよっ!」

259 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
 左手の空間固定具を中空のキャンバスに突き刺す。
 右手の“白帝”を振り上げ、空間に呼び掛ける。掛詞外燃詞。
「水よっ!!」
 変化は一瞬だった。さとやすの呼び掛けた範囲内の水が集まり一つの形を作る。
 全長三百メートル超過の大水竜が現れた。古橋領域にいる為本来のものより小さいが姿形はまったく同じだ。
 戦場の中、竜は全身を見せつけるようにゆっくりと旋回。その一動作で満足したのか大水竜は巨大な獣眼を緒方に向ける。
 緒方の表情が緊の字に変わる。その変化を受け“炎上”が大水竜に向け連射される。
 竜は動かなかった。“炎上”が大水竜の身体を捉える。
 それで終わった。
 大水竜はその巨体と密度、なにより水の属性。それをもって“炎上”受けきったのだ。
 初めてさとやすの防御が成立した瞬間だった。
 さとやすは大水竜に微笑み、振り上げた“白帝”を振り下ろし、叫ぶ。
「貫け!!」
 意志に応えて竜が飛んだ。
 続けて放たれた“炎上”が断ち切られる。
 大水竜はさらに加速し緒方にぶつかり吹き飛ばす、
 はずだった。
 事の起こりは緒方の声だった。さとやす達と対峙し最初に出した声だった。
「…紫ジャージ……」

260 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
 一言。その一言で大水竜は沸騰し、爆散した。
「きゃっ!」
 爆散に巻き込まれさとやすは尻餅をつく。
“紫ジャージ”。バーニング緒方の行使した炎上技の中でも広く知られているものも一つだ。
 その威力を目の当たりにしたさとやすは動けない。顔は青ざめ、脚が震え、握っているはずの“白帝”の感触すらない。
 震えるさとやすを見た緒方は嘲笑し、また一言。
「…スタッカート」
「っ!」
 さとやすの目に思わず涙が浮かぶ。
“スタッカート”。炎上技の中でも最強、そして多くの読者を震え上がらせた最凶の技だ。
 炎がさらに増大、戦闘が始まってから最も大きくなる。
 終わらせるつもりだ、さとやすは半ば麻痺した頭で考える。この一撃で後ろの川上ごと自分を炎上させるつもりだろう、
しかしそこまで考えてもさとやすは動けなかった。意志を追い抜き身体が諦めてしまっているのだ。
 緒方は腕を上げそこに炎が収束する。
 さとやすが出来たのは目を閉じることだけだった。

261 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
 その時、目を閉じた為に鋭敏化した聴覚が一つの声を捉えた。
「一分が経過した。お疲れ様、と言わせてもらうよ」
 その声に目を開いたさとやすが見たのは自分の横を駆け抜けていく川上だった。
 さとやすの横を抜けた川上は緒方の展開する“スタッカート”見、己に言い聞かせる。
恐れるな、と。恐れは焦りを生み、焦りは失敗を生む。
 ――川上・心理技能・発動・整調化・成功。
 川上の動きを見た緒方は“スタッカート”を放ち迎え撃つ。
 ――川上・脚術技能・発動・疾駆・成功!
 己の身長を大きく超える炎を目前にしても川上は恐れず、加速。
 両者の距離が一メートルを切った時、川上が新たな動きを作る。
「伊庭式の炎神技奥義を見せよう!」
 炎と共に川上は唄った。

 闇の中に咲く赤い花
 力の中に開く無の宴
  一人の兵は王を助け
  一人の女が后となり
  一人の賢者が追想す
   他人の道を見ず走り
   己の道を選びて疾走
   真の道は未来にあり

262 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
 炎神が発動した。
 火。
 炎。
 焔。
 それら全てに似て、それら全てとは違う赤い火焔。
 揺れる炎が川上の右足の先に宿った。
 炎神の火だ。
「とっておきだ。感謝したまえ」
 ――川上・炎神/体術/脚術技能・対抗重複発動・『ソリッドファイア』・大成功!
 焼。
 蹴りと共に放たれた炎は一声啼き“スタッカート”に襲い掛かる。
「ネタのつもりが本当に使うことになるとはね」
 ソリッドファイア、それはかつて川上がOSAKAのレポートを書いた際に古橋のレポートタイトルをモチーフにして創られた超必殺技である。
さらに古橋の影響下にある今の状況おいてその威力は格段に上がる。
“スタッカート”を喰らい尽くすほどに。
「!」
 緒方の顔に驚愕が走る。
“スタッカート”を破ったソリッドファイアは勢いを緩めることなく緒方が纏う“炎上”をかき消し緒方の後ろに抜けて行った。
 緒方に決定的な隙ができた。
 ――川上・体術/脚術/腕術技能・重複発動・正拳・成功!
 快音が響き、緒方の身体が吹き飛ぶ。

263 :重記師@名無しさん:03/08/14 12:00
 その先は全てが一瞬だった。
 ――川上・体術/腕術/脚術技能・重複発動・バク転・成功。
  ――川上・体術/腕術技能・重複発動・抱きかかえ・成功。
   ――川上・体術/脚術技能・重複発動・大跳躍・成功!
 川上はさとやすを抱きしめたまま一気に跳躍。
 三階の窓を破り、廊下に飛び出した。そしてさとやすの胸を触り、数十メートル走り、周囲を見回し、一息つく。
「何とか逃げ切れたようだね」
 さとやすが頬を朱に染めつつ問う。
「…………今、胸触らなかった?」
「しかし、あれで倒せないとなるとやはりあの音楽を何とかするしかないようだ」
 川上はさとやすの問いを潔く無視。また強引に話を進める。
 さとやすはやっぱり…、とつぶやき何かを諦めたように首を振る。
「しかし収穫もあった、それで良しとするか…」
「え? 収穫って何?」
 さとやすは予期せぬ言葉に驚き問う。
「君の表情だよ。さとやす君」
 川上は当然のごとく答える。
「は?」
「そう、表情だ。大水竜を破られたとき、冷や汗が頬を伝い形のいい顎から落ちていくところ、
そして緒方君が腕を上げたとき思わず涙の浮かんだ瞳を閉じてし――、ぶぅっ!!」
 快音が一つ、廊下に響き渡った。

264 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 15:08
川上はまロイなぁ。

265 :彼の男 参戦す その4:03/08/14 17:41
軽書校3号館4階、その一角にある教室の前に数十人の生徒が群がっていた。
教室には内側からバリケードが作られているのか、何人かの生徒がドアに体当たりを繰り返している。
日昌「あそこです!あの教室の中に二人が!」
階段に続く曲がり角から秋田と日昌が姿をあらわす。
新たな獲物を見つけた生徒たちがゆっくりと、そして不気味なほど統率された動きで二人のほうへにじり寄る。
威圧されたのかおびえながら秋田の背に隠れる日昌
日昌「あ…秋田さん…」
だが秋田は動かない。
その顔にいつもの安っぽい笑みではなくどこか沈痛な表情を浮かべ、やがて口を開いた。
秋田「茶番は止めてくれないかな…」
その言葉が合図だったかのように生徒の群れがぴたりと静止した。
秋田「そこにいる連中はワナビじゃない、おまえの『マンイーター』だろう吉村!」
生徒、いや、マンイーターの垣がすっと割れ
屍たちの向こうから姿を見せた吉村は一切の表情が抜け落ちた顔をしていた。
秋田「秋口もグルなのか?」
秋口「ああ」
声はすぐ左手の教室から聞こえた
そこにはドアに体をもたれながらショットガンを構える秋口。
秋口「さすがってところか。いつわかったんだ?」
背後でガチャリという音。
日昌が六四式小銃をかまえた音だった。そのまま秋田の背に突きつける。
秋田「最初にこの校舎についたとき、中から何の気配も感じなかった。お前らが『大変』なことに
なっているはずなのにだ」
ある程度予想していたとはいえ、最悪の展開に秋田は大きく嘆息する。
秋田「何故だ…」
ほとんど独白のような疑問に日昌が反応した。
日昌「何故?そりゃあなたには理解できないでしょうね!書いたレポートをやれつまらんだのやれキモいだの
と散々にけなされつづけ、起死回生を図った新作を打ち切られた気持ちは!誰もがあなたのように高い評価を
得られるわけじゃないんだ!」
身を切るような日昌の激白に場が一瞬静まりかえる。


266 :戦う者たち(1):03/08/14 21:03
廊下に一人の生徒がいる。黒化して大暴れしている最中だ。
「オレの恨みを思い知れ! オレの名前を思い出せ!
さぁ言え! 今すぐ! オレの名前を言ってみろ!」
無理だ。誰も彼を知らない。なぜならば、彼は一発屋だったからだ。
そんな彼に、いきなり黒い線が高速で巻きついた。不意打ちだ。
「これはワイヤー!? ブギーポップの上遠野か!?」
もちろん違う。そんな有名人が一発屋ごときを相手にするはずがない。
「この野郎、普通に本気で間違えやがった!
畜生! 貴様だけは泣いて謝っても許さねえ!」
一発屋の発言に、青いウィンドブレーカーを着た特別生徒が激怒していた。
状況を理解していない一発屋が、火に油をそそぐ。
「誰だオマエ?」
「富士ミス班、あざの耕平だ! 見りゃ解るだろ!」
「知らん! 消滅寸前レーベルの分際で、オレの邪魔をするな!」
一発屋が、あざのに《何か》を投げる。知名度の低さが能力にまで進化していた。
《何か》とは何なのか、誰にも認識できない。あざのの顔面に《何か》が命中した。
「ぐあぁ何だコレ! ほとんど痛くねえけど腹立つ! 畜生! 全力で泣かす!」
あざのの隣に、金色の目をした少女が出現。女王と呼ばれる最強の悪魔だ。
「女王よ、今こそ扉を解き放て!」


267 :戦う者たち(2):03/08/14 21:04
少女が大きく腕を広げる。異世界と現世を結ぶ《ドア》が実体化した。
女王の力は大きく制限されている。だから、ここから先は『彼ら』の仕事だ。
『目覚めなさい、王国に眠る騎士たちよ』
巨大な扉が、向こう側から開かれる。扉の向こうで声がする。

「無念を力に」「怒りを意志に」「涙を誇りに」「全てを糧に」
「誰もが認める結末を」「誰もが嘆かぬ終章を」
「正しい力を」「負けない意志を」「揺らがぬ誇りを」「笑顔を書こう」

たくさんのワナビたちがいた。彼らの顔に絶望は無く、彼らの心に怨念は無い。
……王国とは異世界に存在する聖域だ。そして王国は女王の領域でもある。
彼らは黒古橋の領域から隔離され、女王の記憶操作能力により初心を取り戻した。
特別生徒の黒化解除には長い時間が必要だが、一般生徒なら短時間でも元に戻せる。
ワナビたちが……いや、あざのの同胞たちが王国から戻ってきた。
「キレイゴトばっかりじゃねえか、このバカ野郎どもめ」
照れ隠しの皮肉っぽいセリフは、喜んでいる証拠だった。
「……だが、今の軽書校で望みうる、最高の戦力だ」
あざのは宣言する。さっきから泣いて謝っている一発屋に向かって。
「反撃するぞ。同情はするが躊躇はしない。それが俺の流儀だ」


268 :戦う者たち(3):03/08/14 21:05
「楽勝でしたね、あざのさん!」
「調子にのるなワナビども。ザコなんざ倒せて当然だ」
「いっしょに戦いましょう!」
「やめといた方がいい。俺が倒すべき相手は半端じゃねえんだ」
「え?」
「好きなところに行け。中立派にでも対策班にでも。
ただし……富士ミス班の仲間入りをしたいやつは、ついてこい」
あざのは目を閉じて待つ。ワナビたちの声が減っていく。そして……
「……まさか一人も残らねえとはなぁ……」
女王が、あざのの肩に手を置いて慰めるように微笑した。

【あざの耕平、ショボーン/ワナビたち、復活/一発屋、リタイヤ】


269 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 21:45
あざの、そりゃ誰も残らないだろ。

270 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 21:54
富士ミスはネタに困らなくていいなあ。
個人的に好きなスニーカーはノベライズくらいしか個性が思いつかん( ´Д⊂

271 :イラストに騙された名無しさん:03/08/14 22:39
やばい、だんだんあざのの本読みたくなってきたw
今度探してみよう

272 :イラストに騙された名無しさん:03/08/15 10:08
「全性音楽」がラノベ校全体に響き渡る。
その中で、もっとも厄介な──そして、もっとも格差の広い作家が今、放送室を目指していた。
それは、漆黒のブルゾンを身にまとった男。
魔玉の使い手、中里融司。

「…くっ…………」
片手で壁を押し支え、頭をもう片手で抑え付け、うめく。
気持ちが悪い……だが、心地いい。
それは危険な前兆だった。彼が『ワナビ』とひとまとめに称される一歩手前。その先へ進めば堕ちる。
限界を超える前に、彼は腰のポーチから銀珠を取り出し
「行けっ!」
放たれた銀の弾丸はあたりのスピーカーを突き破るだけでなくその加速より発生した熱を以って灰へと変える。
発生源を失った音楽は遠ざかる。だが、それだけだ。

273 :イラストに騙された名無しさん:03/08/15 10:08
「…まだ、止まらないか……予想はしていたがただの音楽じゃないな、放送室を抑えても無駄かもしれない」
ラノベ校三階、目的地はその一角にある。
ふと、先ほどコミュニケーターから川上が起こした宣言を思い出す。
第三勢力。中立な部隊。有効な手段かもしれない、だが
「あいにく先へ進まないとボクがどうにかなってしまいそうなんでね……」
呟きながら中里は放送室を目指す。
時間がない。
既に彼は音楽に溺れかけている。それでもなんとか意識を保っていられるのは彼の龍の因子のおかげだ。
彼の中に眠る反逆の種。それがこの音楽という支配者への抵抗力を生み出している。
だが龍の因子は同時に異端の因子でもある。それが彼を支配から解放し、けれど支配を完全に覆せない理由。
「……少しでも気を抜けば、第二のボクが目覚めてしまうかもしれない…」
ポーチを確認する。収められた純質金属の真球は一回や二回程度の戦闘では尽きないだけの量がある。これが尽きない限りは、戦闘力を維持できる。
「…放送室へ」

まだ彼は、名瀬の敗北を知らない。

       【学者体質の男、中里融二 放送室へ】


274 :名瀬の答え(1/3):03/08/15 13:21
 僕は春の拳に僕の拳をぶつけ「じゃあね」と言って一人で歩き出す。
「またね」
 春はそう言った。
 少し歩いて後ろを振り返る。
 春が僕を見て手を振る。そこだけ見ると平和な光景。どこにでもある光景。
僕らはなんで学校の制服を着てないんだろう。なんで戦闘服を着ているのだろう。
なんで銃を持っているんだろう。なんで殺されそうになっているんだろう。

   * * *

 ――目が覚めると、蒼穹が瞼を貫いた。
「……」
 僕は二、三度まばたきをして、それから起きあがろうとし――全身の痛みに顔をしかめた。
「あ、樹、まだ動いちゃダメだよ」
 と、頭上から聞き覚えのある声。それから、見慣れた顔が僕の顔をのぞき込んだ。
「……いずみ」
 それは、僕のパートナーである、イラスト校のかずといずみだった。
 と、そこで僕は、自分がいずみに膝枕されていることに気付く。
「だから、動いちゃダメだって」
 無理に起きあがろうとしたが、いずみに押さえつけられてしまった。
「……ここは?」
 諦めて、膝枕をされたままいずみに尋ねる。いずみは僕の傷に絆創膏を貼りながら、
中庭、と答えた。
「びっくりしたよ、いきなり三階の窓から樹が落ちてくるんだもん」
 視線を動かすと、割れた三階の窓が見えた。そうだ……僕はあそこから落ちたのだ。
暴走した岩田洋季に襲われて。よく生きていたものだ。
「救護室に運ぼうかと思ったんだけど、あそこ、他にもけが人でいっぱいだったし」
 だから消毒薬と包帯と絆創膏だけ貰ってきて、勝手に手当てしているらしい。
「骨も折れてないみたいだし、ラッキーだったね」
「……」

275 :名瀬の答え(2/3):03/08/15 13:22
 僕は息をついて、自分の身体を見る。ガラスの上を転げ回ったせいで、細かい傷が全身に
出来ているようだった。あちこちにぐるぐると包帯が巻かれている。
 でも……僕は生きている。
 名瀬はいずみの手当てに身を任せながら、ふと先ほど見ていた夢を思い出した。
 それは、自分の書いたレポートの夢。僕は狙撃兵で、ただ淡々と、敵を殺していく。
スコープからのぞき込んだ人間を赤く染めていく。何も思わず、何も考えず、何も感じず。
ただ――側にいた彼女だけが、僕のぬくもりだった……そんな夢。
 僕たちは二人きりで、ただ二人だけでいる孤独の中に沈んでいた。
 ――それはあるいは、この現実の、僕自身も。
(僕は……今ここで、何のために戦っているんだろう……?)
 古橋秀之を止める。暴走した先輩たちを止める。ワナビたちを止める。
 ――止めてどうする? 止めたからといって何がある?
 ただ、身を守っていればいい。殺せと言われているわけではないのだから。
自分たちを襲う連中だけ殺していればいい。それでいいだけなのに。
「―――」
 中庭はひどく静かだった。あの音楽すらもすでに遠く、ここには僕といずみしかいない。
 二人ぼっちの世界。小さな箱庭。
「綺麗な空だよね……」
 不意に、蒼穹を見上げていずみがつぶやく。
「戦ってる最中じゃなかったら、もっと綺麗に見えたのかな」
 そして、いずみの手が、僕の頬を優しく包んだ。
「樹、すごく寂しそうな顔してる」
「……」
「どうしたの?」
「…………」
 僕は目を細めて、いずみの顔を見上げた。

276 :名瀬の答え(3/3):03/08/15 13:23
「……僕たち、何で戦ってるんだろう」
 呟いた言葉は、そのまま蒼天に溶けてしまえばいいのに、と思う。
 僕たち二人の存在と一緒に。
「……そんなの、私にもわかんないよ」
 小さく、いずみが答えた。
 どこか泣きそうにも見える、その表情。
「でも、私は樹のパートナーだから」
 だけど、いずみは――微笑んだ。僕に向かって。
「樹と、一緒に行くよ。樹のために、私は戦うよ」
 その答えは、ずるい、と僕は思った。
 だけど……それが僕たちの答えなのだとも、思った。
「じゃあ、僕は、いずみのために、戦う」
 僕は言って、ゆっくりと起きあがる。全身が痛い。でも、歩ける。
 そして、僕たちは、二人並んで、歩き出す。

 ――僕らはなんで学校の制服を着てないんだろう。なんで戦闘服を着ているのだろう。
 なんで銃を持っているんだろう。なんで殺されそうになっているんだろう――

 それはきっと、君を守るためだ。


【名瀬樹、かずといずみと合流。戦列復帰】

277 :本スレで秋田かいてます:03/08/15 15:16
深い沈黙を最初に破ったのは秋田だった。
秋田「君たちの気持ちはよくわかった…」
日昌「見え透いた嘘はやめてください…」
秋口、日昌、吉村の表情は一様に硬い。
彼らが秋田を見る目には嫉妬と憎悪、そして自らを高みに押し上げることのできない無力感がこめられていた。
情念のこもった複数の視線を受けながら秋田は思うところを率直に述べた。
秋田「うん、嘘」
秋口「嘘かよ!?」
キレかける秋口をさえぎるように続ける秋田。
秋田「まあ聞きたまえ、確かに君たちの現状は明るくないかもしれない。でもそれはあくまでも現在であって未来ではない」
吉村「…なにがいいたい?」
秋田「君たちのレポートは一般受けしない。が、書き続けることで作家の実績は築き上げられる。
将来誰かがその実績に目を留め君らのレポートが世に広まる可能性はゼロじゃない。いつか君たちが
遅咲きの成功を噛みしめるときがくるかも知れない」
三人「………」
秋田「やがて結婚、出産。四つ子が生まれて中途半端にワイドショーに取り上げられたりなんかする。
平凡ながらも幸せな日々。だがしかし、遺産分配という悪魔が家族の絆を襲う!肉親同士の骨肉の争い、
欲望と陰謀と打算が家庭内を交錯しさらに愛人の出現によって事態は混迷の度合いを深める。そして
ついに最初の犠牲者が!現場に居合わせた富士ミス作家と警察の壮絶な推理バトル!それで本当に解決
できるのか!?構想三年、制作費十五億円、総出演者四万とんで六人の壮大な…」
秋口「もういい!何でまじめに聞いちまったんだろ…」
日昌「あんた本気でやる気あんですか!?」
秋田「しかしこれ以外に僕ができることといえば、夜な夜な君たちの家の前でサルサを踊りながら
炭坑節を歌うことぐらいしか…」
吉村「…それはただの嫌がらせだ…」
日昌「僕らの窮状にたいしてなにかいうことはないんですか!?」
秋田「うーん、宿命?」
秋口「うわ、あっさり言いやがった!死なす!マジで死なす!」



278 :彼の男 参戦す その6:03/08/15 16:50
秋田「はっはっはっ。ところで日昌君さっきぼくをひきずってきたわけだけど、もう
トリガーが引けるまで指は回復できたのかな?」
日昌「!!」
秋口がフォローするより早く、秋田が妖怪じみた動きで日昌の背後へまわりこんだ。
日昌のいまだ回復しきっていない腕をねじあげ、秋口に向けて蹴り飛ばす。
その結果を確認せずに吉村のほうへとむきなおった。あの二人はとりあえず後回しだ。
吉村はすでにマンイーターの後方へ避難していた。
殺到する屍鬼の群れに向かって駆け出しながら構成を編み上げる。
先頭のマンイーターと接触するまであと五歩。
秋田は二歩目を大きく踏み切り魔力を声に乗せた。
「我は翔ける天の銀嶺!」
魔術が物理法則を書き換え、身体を重力から解き放つ。
眼下になすすべなくうろつくマンイーターたちを見ながら吉村めがけて天井を蹴った。
吉村にとってこの奇襲は予想外だったらしい。パニックに陥ったのか屍鬼を動かすの
も忘れただ硬直している。我に返ったときには喉元に短剣が突きつけられていた。
吉村「くっ……」
秋田「あぁそのままそのまま、楽にしといてください」
群れの向こうからは、復活したらしい秋口たちの声が聞こえる。
その声のするあたりに向けて念糸を放つ。
ごす。
日昌「ごふっ」
鈍い音とうめき声。
足首をねじってやったのだが、うまい具合に後頭部から転倒してくれたようだ。
秋口「テメェこの!」
闇雲に乱射するが弾丸はすべてマンイータの数体を吹き飛ばすだけでこちらまで
届かない。
秋口「うおっ、ちょっ、はなせっ、がっ」
同じように秋口を手際よく昏倒させると、秋田は吉村のほうへ向き直った。



279 :彼の男 参戦す その7:03/08/15 18:20
秋田「さて話を聞こうじゃないか」
唐突に真顔になって訊ねる。
もっともこの男の真面目はいつまで続くか知れたものではないが。
吉村「…いまさら話すことなんて何もない…」
突きつけられた刃に顔色一つ変えることなく突っぱねる。
吉村「…さっき日昌が言ったことが全てだ、僕らは売れているやつが憎かった、
ただそれだけだ…」
秋田「ならなぜ黒古橋の領域内で戦わなかった?」
吉村「……え?」
虚をつかれた様な表情を見せる彼にかまわず続ける。
秋田「君たちの連携にしてもまるでなっちゃいなかった。この計画を立てたのは
誰だ?そもそも黒古橋の影響を受けたのはいつなんだ?」
理解できないようなそぶりを見せる吉村。だがまったく理解できないはずはない。
さらに踏み込んだ質問をしようとしたとき異変は起きた。
吉村「くうっ…おおぉぉぉぉぉぉぉおぉおぉっ!」
突如顔面をかきむしり、床を砕かんばかりにのた打ち回る。
その表情に破滅的なものが浮かんだ瞬間、
とすっ
秋田の手刀が吉村を気絶させた。

その後、三人を縛って手近な教室に放り込むと秋田はその場をあとにした。
廊下を歩きながら考える。あの三人が回りくどい方法で襲ってきた理由はわか
らずじまいだった。彼らの作家としての意地が黒古橋の支配を不完全なものに
したのかも知れないし、ほかの作家の能力を受けたのかもしれない。真相は闇
の中だが、ただひとつ確かなことがある。
秋田「またレポートが遅れるなぁ…」
ため息を一つ大きくついた。

 秋田禎信 参戦    秋口・日昌・吉村 リタイア


280 :場違いですが…。 がんばれ美月たん その3:03/08/15 21:16
どうしたら好きな男の子がふり向いてくれるのかな?
 今日も学校の友達に聞くことにした美月たんは、教室の隅で膝を抱え俯いている人に遭いました。
野村美月「あ、あの…どうしたんですか?」
美月たんの声に振り向いたのは有沢まみずくんでした。
有沢まみず「…野村君か…僕みたいなダメに何のようだい?」
どうやらまた自己嫌悪モード全開のようです。
野村「あの…好きな男の子をふりむかせるには、どうしたらいいのか知りたいの」
有沢「そうか、好きな男の子を振り向かせたいのか……僕に、カップルに嫌がらせする事が生き甲斐の売
れない被害妄想の変態野郎にそんなこと聞いたって無駄だと思うよ…フフ、あははははは……死のうかな」
今日の鬱は相当酷いようですね。おやおや、ポケットからカッターを取り出しましたよ?
…よく見ると左手首にたくさん躊躇い傷がありますね。
野村「あ、あの、そんなんじゃ!レポートに使うだけで…参考まででいいんだけど……」
最初の言葉にテンパってしまった美月たんには有沢くんの心のSOSは聞こえなかったようです。
有沢「…そうだね…「男が守りたくなるような女の子」になることだと思う…でも野村さんなら今のまま
で十分だと思う。…野村さんはもっと自分に自信を持ったほうがいい。君は君が思う以上に魅力的だよ。」
左手首にカッターを当てながら有沢くんは以外にもかなりマトモな答えをくれました。爽やかな笑顔で…。
野村「だ、だから、そんなんじゃ、それに、私、そんなに…あ、あの…あ、ありがとう!」
美月たんは真赤になってうろたえる事に忙しくて自殺寸前の有沢くんに全く気付いていません。
それどころか恥ずかしくなったのか、そのまま振り返って走っていってしまいました。
有沢「恋か…僕には縁の無い話だったなぁ…もし生まれ変われたら僕も誰かから愛してもらえるかなぁ…」
遠ざかる美月たんを遠い目で眺めながら、有沢くんは静かにカッターの刃を滑らせました。

☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

  もっと自分に自信を持ったほうがいいのかなぁ。まる。

そうそう、有沢くんは通りかかった一般生徒に発見され、失血死寸前で一命をとりとめたそうです。


281 :場違いですが…。 がんばれ美月たん その4:03/08/15 21:25
どうしたら好きな男の子がふり向いてくれるのかな?
今日も学校の友達に聞くことにした美月たんはSEGAのロゴと阪神の旗が掲げられた部屋に来ました。
そう、美月たんは一色くんに質問に来たのです。(詳細は前スレ343・344参照)
一色銀河「ワイに質問?何や、次はあの女監督に投手でもさせるんか?そうやな、下手投げで重要
なんは足腰とバランス感覚や。素人には難しいかもしれへんけど、もし本気ならシンカー覚えさしや。」
野村「え?えっと、そういうことじゃなくて…」
一色「何や違うんか。したら何や?周辺視野か?マグナス力か?シンクロ打法?
ツーシームとフォーシームの違い?今ならジャイロボールもうねり打法も教えられるで」
かなり専門的な野球のことを並べられて、美月たんの頭の中は?でいっぱいになってしまいました。
野村「えっと、野球のことじゃなくて…」
一色「…野球やない事ワイに聞いてどないすんねん。他にいくらでも適任がおるやろ?」
野村「えっと、でも、あの、いろんな人の意見を聞きたいなぁって…。次のレポートで使うから…」
一色「…まぁええわ。で、どんな質問なん?」
野村「えっと、あの…好きな男の子を振り向かせるにはどうしたらいいのか知りたいの…」
一色「ははーん、そういうことなんか…なるほどなぁ…次のレポートで使うためでっか…ほほう。」
野村「え、いえ、あの…本当にレポートに使うだけですよぅ」
一色「またまた…ま、そういう事にしといたるわ。せやなぁ…昔から「頑張る人は美しい」言うで。
どうせ卓球部の誰かなんやろ?レポートの主役は。せやったら努力を見せるこっちゃな。」
野村「だ、だからそんなんじゃないってば!!むぅ、一色くんのいじわる…。」
美月たんは真赤になってほっぺたを膨らましながら一色くんを睨んでいます。
一色「ケッケッケ、ワイの事はどーでもええやん。後はオノレの努力次第じゃ。頑張りや。
おっと、悪いんやけどワイはこれから出かけなあかん。夏バテの阪神応援にいかな。」
意地の悪い笑顔を浮かべながら、応援旗を肩に担ぐと一色くんは行ってしまいました。

☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

もっといろんな事をがんばって素敵な女性になろうと思います。まる。

282 :山崎 渉:03/08/15 21:43
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

283 :イラストに騙された名無しさん:03/08/15 22:21
美月たんハァハァ
バトルもいいが、ほのぼのもたまにあると嬉しいね

284 :がんばれ美月たん。そにょ5。:03/08/15 22:28
 どうしたら好きな男の子がふり向いてくれるのかな?
 恋愛経験のない美月たんは、今日も学校の友達に聞いてみることにしたのです。

野村美月「あっ…………。あそこにいるのは、うえおくん。彼にも聞いてみようかな……」

野村「ねぇ……うえおくん……!」







     ヘ( `Д)ノ < 加速ソーチ!!                \
   ≡ ( ┐ノ                            \\   ズバァァァァ!!
  :。;  /                                   \\
         ;;⌒);⌒) 三    ズタタタタタタタタタタ     ヘ( `Д)ノ) )
              ;;⌒);;⌒) 三 。:。:。:。:。::。::。::::。:::。.      ( ┐ノ //
               ;;;;⌒);;⌒) 三 从从从从从从从:。;  /   /
                                    /



野村「………………。行っちゃった……」



 ☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

    急ぎすぎは良くないと思いました。まる。



285 :山崎 渉:03/08/15 23:13
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

286 :ささやかな援軍:03/08/16 01:28
二人の一般生徒が対峙している。傷だらけのワナビと、無傷の黒化ワナビだ。
ワナビが目を閉じ、黒化ワナビが銃を構えた。銃声が響く。
「……!?」
黒化ワナビが気絶していた。電気弾拳銃で狙撃されたのだ。
「誰だ?」
ワナビの問いに答えるのは、小柄な人型自律機械の少女。
「増子二郎メイルサーヴィス社、MMF108-41……シルキーです」
「……増子さんの『ポストガール』か」
ワナビは顔をしかめた。増子のレポートは地味だ。黒化する危険性がある。
「増子さん本人は?」
「あの人なら、わたしが撃ちました。今は戦場の外で気絶しています」
「!?」
「あの人は中立派で……わたしのリミッターを解除した後、こう言ったんです。
『たしかに僕のレポートは地味だ。でも、それでいいと僕は思う。
 だから君の手で僕を撃ってくれ。僕が黒化してしまう前に』……」
「……作者を失った君は、これから、どうするんだ?」
「地味に戦いますよ。人を撃つのは嫌ですけど、人が死ぬのはもっと嫌ですから。
 あの人からもらった、わたしの能力は……『地味であること』そのもの。
 地味だから大活躍は不可能ですけど、地味だからこそ隠密接敵が可能なんです」
殺さない為の武器を……電気弾拳銃を手に、機械の少女は微笑する。

【増子二郎の『ポストガール』、地味に活動開始】


287 :イラストに騙された名無しさん:03/08/16 01:35
ここはスニーカー班の部屋。
その片隅で吉田直が震えていた。
吉田「大丈夫だ…ありえない…でもしかし…」
ガラッ
吉田「うわあああぁぁぁぁっっ!!だっだれだ!?」
安井「おいおい、俺だよ」
吉田「な、何だ、安井さんか…。脅かさないでくださいよ」
安井「お前なにそんなにびびってんだ?」
吉田「い、いやだなあ安井さん、この僕がまさかそんな…」
ガララッ!
椎名「はーい、きましたよー。…吉田さんロッカーに頭突っ込んでなにやってるんですか?」
吉田「し、椎名君!ドアはもっと静かに開けてくれよ!」
椎名「はあ…。何かあったんですか?」
安井「いや、なんかしらねぇけどやたらとビクついててな」
吉田「や、やだなあ安井さん。ぼ、僕はいたって平常ですよ」
安井「顔面蒼白なうえに汗がすげぇぞ?」
椎名「あーひょっとしてアレじゃないですか、先生たちが漫画校に応援を頼んだもんだから
内藤泰○さんとか平野×太さんとか来るかもしれないと思っておびえてるんじゃ」
吉田「ななな何を言うんだ椎名君!僕はけしてそのような…」
椎名「あ、内藤さんと平野さん、校門のところに発見」
ドガッシャアッ!
椎名「あ、逃げた」
安井「自業自得とはいえ…哀れな…」


288 :イラストに騙された名無しさん :03/08/16 09:41
やべぇ、美月たん萌えます。
ところで肝心の乙一はどこに?

289 :合流 1/5:03/08/16 10:23
 阿智が目を覚ますそこは今までいた場所とは違う場所、軽書校二階にある空き教室だった。
「んんっ…あれ、ここは?」
「阿智おにーさん、気が付いたの」
安堵と歓喜と、そして少しだけの落胆の入り混じった声。阿智のすぐ側にはこの場所について
から片時も離れずに看病していた宮須弥の姿があった。
「…宮ちゃん?何でここに」
「イラスト校に連絡があって、黒古橋さんが大変で、おにーさんがピンチだと大変だからって矢上
さんが行くよって言って、着いたら本当に大ピンチで…」
思いっきり要領を得ない説明だったが、付き合いの長い阿智はなんとなくその意味を理解した。
「要するに僕のことを助けてに来てくれたんだね。ありがとう」
 阿智のその言葉に宮須弥は表情を緩ませた。だが次の瞬間その表情は180度変化する。
「おにーさん、まだ立ちあがっちゃだめですよ」
「大丈夫、この位へーきへーき」
体中に広がる激痛を感じながら少しひきつった笑顔で阿智は答えた。
「その傷のどこが大丈夫なんですかっ!!すぐに医務室まで行かないと…」
校舎内にはびこるワナビたちが多すぎて宮須弥は阿智を医務室まで連れて行くことができなかった。そのため阿智にはしないよりはましレベルの応急処置しかほどこされていない。
 しかし阿智は宮須弥の心配をよそに、ふらつきながらも立ち上がると、教室の出口へ向かって歩きはじめた。


290 :合流 2/5:03/08/16 10:24
「ちょ、ちょっとおにーさん、どこ行くんですか」
「行かなきゃいけないところがあるんだ」
 その言葉を聞いた宮須弥は、なぜか悲しそうな顔をしてたずねた。
「それって、『は−ちゃん』って人のところですか?」
「あれっ、何で知ってるの」
 阿智から返ってきた肯定の返答に宮須弥の表情はますます暗くなっていった。
 自分以外の人を阿智が思っているかもしれないと思うと胸が張り裂けそうだった。
「おにーさんが寝言で言ってたんです。必ず助け出すって……その人、おにーさんにとって大切な人なんですか?」
「うん、とっても大切な人だよ。橋本さんっていって、この学校に入学したときにネクタイが結べなくて苦労していた僕に手を差し伸べてくれた人なんだ。それ以来ずっと仲がいいんだよ」
「そのひと……おにーさんのこいb…」
 恋人なんですか?そう続けようとした。が、
「一番の友達かな」
「えっ?」
 予想と異なる言葉に宮須弥は驚きの声をあげた。その声に阿智は何を勘違いしたのか、
「あっ、かどちんも矢上君も一番の友達だよ。同点一位ってやつさ」
「とも……だち、なんですか?」
「?、うん、そうだけど?」
「なーんだ、友達か。うんうん、そうだよね」
宮須弥の顔があからさまに明るくなる。しかしその表情の変化の理由に鈍感ニンジンな
阿智は気づくことは無かった。それどころか、
「あ、そうだ」
「どうしたんですかおにーさん」
「宮ちゃんも一番の友達だからね」
 そんな墓穴を掘って宮須弥を不機嫌にさせてしまうのだった。


291 :合流 3/5:03/08/16 10:25

「とにかく、おにーさんは重傷なんですから橋本さんを助けに行くなんて無茶ですよ!!第一、
橋本さんなら他の人が助けてくれますよ」
「そういうわけにもいかないんだよ」
 背後から突然の声に宮須弥は驚いて振り向いた。
 そこには筒のような体型に見える服を着た一人の男が立っていた。
「はーちゃんの救出にはあっちーが行かなければダメなんだ」
「かどちん、なんでここに…」
「キミ達がこの教室に逃げこむ姿を偶然見かけた生徒がいてね」
「そう……ゴメン、僕ははーちゃんを守ることができなかった。かどちんが僕を信頼して任せたっていうのに、それなのに…」
「そのことに関してはあっちーに責任はないよ。むしろ黒古橋の恨みの深さ、そしてそれが産み出す力の強さに気付かなかった僕の責任だ」
「だったら…」
宮須弥が口を挟む
「だったらなんでおにーさんが行かなければダメなんですかっ!!こんなに傷だらけで、すぐに医務室に行って手当てをしなきゃいけないくらいですよ」
 宮須弥の言葉に上遠野は首を横に振る。


292 :合流 4/5:03/08/16 10:26
「僕とあっちーの二人しか彼女を救い出すことはできないからだ」
「…それってどういう」
「彼女、橋本紡は古橋さんの手で『恨み』が膨れ上がって毛布お化けになってしまった。
あのレポートはかなりよくできた能力でね、校舎内のすべての階段が彼女の世界になりそこには
非現実的レポートの能力が存在できないようになってしまっている。そのせいで暴走した生徒を
とめるために放送室を目指している人たちはだいぶ足止めをくらってるんだ」
「それがおにーさんじゃなきゃだめだっていうのとどう関係しているんですか」
「それを今から説明するんだよ。まず、今回の事件は売れない生徒、打ち切りをさせられた生徒が
音楽なり黒古橋に直接心の闇を広げられたりして暴走するんだが」
 上遠野はそこまで言って一呼吸おいた。一呼吸分の時間を言いにくい内容の言葉を話す心の準備にあてる。
「彼女にはさしあたって不満を感じる要素が見当たらない。特にレポートが売れていないというわけではないし打ち切られたシリーズもない。
それどころかシリーズ終了後に特別追加レポートを提出したり、電撃班の文集に書かれていたレポートが好評のためにそれ単体での発表になったりもしている。じゃあいったい彼女は何に対しての
不満で毛布お化けと化したのか?」
 宮須弥は上遠野の言葉の意図がわからず、
「…恨みや不満が無くても相手に操られているってことはないんですか?」
「それは無いな。佐藤君と志村君が一色君にやられてしまったのだが、敵の手に落ちることは無かったそうだ。もしそれができたならあの二人も自分達の陣営に引き入れたはず。つまり…」
「つまり…僕達の存在がはーちゃんが毛布お化けになった原因…ってことなの?」
 阿智の言葉に上遠野は首を縦に振る。


293 :合流 5/5:03/08/16 10:28
 自分達が橋本が黒化した原因だと思う根拠は互いの呼び名だと上遠野は言った。
「僕とキミは『あっちー』『かどちん』って呼び合っている。いつごろからどっちが先にあだ名で呼び合うようになったかは忘れたけど今じゃそれが普通になっている」
「…でも僕達が『はーちゃん』って呼んでもむこうは『阿智君』『上遠野君』って呼んでる。
はーちゃんの心のどっかで僕達との距離を置いてる。そんな心の隙間を古橋さんに突かれた。
そういうこと?」
「まあこれは僕の憶測なんだけどね」
しかしその憶測は多分当たっているだろうと上遠野は確信していた。
根拠なんて微塵も無いけれど。
阿智は少しだけ上遠野のいったことを考えた後、こう答えた。
「難しいことはよくわかんないけど、でも僕は助けに行くよって約束したんだ。だから行くよ」
 目が覚めたとき本当は逃げ出したかった。宮須弥にとめられた時、正直その言葉に従いそうになった。でも、今はそんな気持ちは微塵もない。
不安と恐怖をほんのちょっぴりの勇気で頭の中から追い出した。
そんなときの阿智の意志の強さは、だれよりもよく知っていた。
「……私も行く」
「えっ?」
 阿智の説得が不可能だと判断した宮須弥は阿智とおんなじくらいの意志の強さでそう主張した。
「おにーさんが行くなら私も行く。とめたって絶対に聞かない。おいてかれてもついていくから」
 そんな宮須弥の説得をはじめた阿智を上遠野は微笑ましく、そしてどこかうらやましそうに見つ
めていた。
(僕のパートナーもこれくらい僕のことを思ってくれればなぁ)


そんなとき上遠野のコミュニケーターに阿智発見に続く第二報が入った。

294 :視聴覚準備室にて 1/2:03/08/16 22:51
普段、誰にも省みられることの無い、視聴覚準備室。
SF同好会の面々は、そこにひっそりと集っていた。
先頃、スピーカーからクラッシックが鳴り響いた筈だが、
そこの4人には動揺すら見られない。

突然ドアが開け放たれた。
「佐藤先輩、こんなところに居たんですか!
大変なんです、黒古橋が侵攻して来て、ワナビたちを洗脳しまくっているんです。
今こそ軍事研の総力を挙げ邀撃しましょう!」
云わずと知れた豪屋大輔である。
紅一点の女子が軽く右手を上げ、宥めるように口を開く。
「えっと、豪屋君・・・」

「それがどうした。俺達には関係ない」
傲然とした声が遮る。

SF同好会会長・神林長平。校内では決して表に立とうとしないが、「言葉」だけで
世界そのものを改変すると言われる実力者である。
威圧され立ち竦む豪屋に、とりなすように火浦が語りかける。
「まあまあ。黒古橋なんざあ君たち若い力にかかればチョックラチョイとパアッと
片付くってなもんだ」

「そんなあ・・・」豪屋は、私淑する先輩に縋るような眼差しを向けた。
「佐藤先輩、貴方は言ってましたね。学校を守るというのは学生の義務であり
僕たちは義務を完遂することに存在意義があると。そして今ここを守れるのは佐藤先輩なんです!」
「買い被りだ。僕はアウエルシュタット伯のような天才的作戦家ではない。
今僕に出来るのは精々ミュラーの役割ぐらいなものだ」


295 :視聴覚準備室にて 2/2:03/08/16 22:54
「つまり・・・」豪屋は頭を巡らせた。「どっちが勝ちそうになるか判るまで、ここに篭っていると」
佐藤は破顔した。
「いやー、君も判ってきたねえ。それでこそ我が一番弟子!」
「・・・もういいです!」豪屋は準備室を飛び出した。

「佐藤君、やっぱりあたし達も・・・」
「新井さん、判っている筈です。・・・僕達には・・・
学園の危機を救う、そんな時間ですら残されていない」
豪屋は気付いていなかった。
佐藤達の前に、膨大な白紙の束が積み重なっていることを。

「埃が眼にしみる・・・涙が止まらない」神林が呟く。

SF同好会。押しも押されぬ実力者が揃ってはいるが
どいつもこいつも遅筆であり、レポートの宿題を山積みしていたのであった。。

新井「それでは、もしもご縁がありましたら、いつの日か、また、お目にかかりましょう――。.」
-fade out-


296 :ワナビ駆逐作戦:03/08/17 02:37
 校舎1階にある、対策班本部の教室。
 現在そこは、重苦しい雰囲気に満ち満ちていた。
 とりあえず、これ以上の黒古橋派増大を防ぐために放送室奪還が目標として決まっているが、3階にある放送室へ行くことができないのだ。
 橋本の<金曜日の階段>によって、校舎内の全ての階段では特殊能力が使えなくなっている。そしてそこにはおそらく数百人にのぼるであろうワナビたちが厳重に封鎖しているのである。無理につっこめば、10倍を越える数の敵に囲まれてフクロにされるのが落ちだ。
 上遠野は橋本を発見して<金曜日の階段>をストップさせようと考えているが、未だコミニュケーターから有意義な連絡は無い。
 とそこに、意外な人物が訪ねてきた。
「新木さん!?」
 渡瀬が裏返った声で言った。隣にいた鈴木が後を引き継ぐ。
「おかゆ騒動の時は顔も見せなかったのに……」
 新木は二人の方をちらっと見て答えた。
「本当は今回も来る予定はなかったよ。でも僕自身が上の階に用があったし、何よりワナビたちがいい加減うざったくなってきてね。僕なら階段を突破できるがどうする?」
 上遠野は即答した。
「もし本当に上の階に行けるのなら願ってもない。しかしあそこではあなたの『超未来技術』も『ありがちな設定』も使えないが……」
 新木はニヤリと笑った。
「ワナビを蹴散らすのにそんなもの必要ないね。

297 :ワナビ駆逐作戦:03/08/17 02:38
 ライトノベル校の、1階と2階をつなぐ階段に、対策班の面々を引き連れた新木が到着した。
 階段には、蟻一匹蠅一匹も通さぬといった様子で幅一杯にワナビたちがひしめきあっている。
「何しにきたんだ特別生徒さん達よ」
「通行止めだぜ」
「放送室へは行かせねえぞ」
「はやく星くずだせこの野郎」
 何人かは先頭の新木に気づいているようである。
 新木は階段のすぐ手前で止まると、臨戦態勢で殺気を放つワナビたちに向かってこう言った。
「お前ら、自分のレポートが試験を通らないのが不満だったり理解できなかったりするようだな。ちょっと僕に見せてみないか」
 ワナビたちにとっては、自分のレポートを読んでくれる人というのは常に貴重な存在だ。新木がそう言うと、ワナビたちは一瞬お互いに視線を交わした後、我先にと自分のレポートの束をつきだした。
 新木はその中からワナビAのものを手にとり、ほんの数秒目を走らせると、レポートの束を突っ返した。
「たわけ」
「……は?」
 間抜けな返事をするワナビAに、新木はもう一度言った。
「たわけ。こんなもの百回やっても1次試験落ちだ」
「な、なんだと! あんたちょっと見ただけじゃないか!」
 突き返されたワナビAはもちろん、その後ろにいる数十人のワナビたちも一緒になって罵声を浴びせる。しかし新木はいささかもひるまずに言った。
「下読みの人はよく、3枚読めば実力がわかるというが、あれはリップサービスだ。実際には段落を2つも読めば1次試験の可否判断はできる」
「お、お、お、俺の作品は原稿用紙300枚の青春レポートだぞ! あたま数行読んだだけでそれが駄目かどうかなんてわかるわけない! いい加減なこと言うな!」
 怒りの余り顔を真っ赤にして怒鳴るワナビA。新木はそれに対し、近くにいた別のワナビBを手招きした。
「おいお前、ちょっと俺に背を向けて向こう側を向いてみろ。そうだ。そのままちょっと待ってろ」
 次いでワナビAの方を向き直り、
「お前のレポートに出てくる登場人物は人間じゃない。それが一次試験落選の理由だ」

298 :ワナビ駆逐作戦:03/08/17 02:38
「俺のレポートは現代ものだぞ。ロボットも妖精も宇宙人も出てこないのに人間じゃないなんて妙なことを言うな!」
「ふふん、どうかな? よく見ていろ」
 すると新木はいきなり、ほっとかれていたワナビBの肩を後ろからがしっと掴んだ。
 ワナビBはビクッと体を震わせ、新木の方を振り返りながら「え?」と言った。
「見たか。これが人間の反応だ。お前のレポートの冒頭部分、登場人物がいきなり後ろから肩を叩かれるシーンを実演してみせたわけだが……お前のレポートには確かこう書いてあったな。
『明弘が黒板を消していると、突然彼の肩が叩かれた。明弘は驚いて「なんだ?」と言った』。突然後ろから肩を叩かれているにも関わらず、反射的に振り返ったとすら書いていない。
つまり明弘は驚きながらも相変わらず黒板を消す作業を続けながら「なんだ?」と返事したことになる。これが人間の反応か? 明弘は本当に人間なのか?」
 ワナビAは言葉に詰まった。新木はさらに追い打ちをかける。
「青春小説だと言ったな! 読者がまったく共感できない、非人間的な行動をする登場人物でお前はいったい青春の何を伝えるつもりだこのたわけが!」
 ワナビAは青ざめた顔で口をパクパクさせていたが、ついに言葉を出すことは出来ずその場に崩れ落ちた。
 それとほぼ同時に、自分のレポートを読み返していたワナビたちの何割かが同じように地に膝をつく。
「さあもう少しマシなレポートを見せてくれる奴はいないのか?」

299 :ワナビ駆逐作戦:03/08/17 02:39
 新木の挑発に、ワナビたちは次々とレポートの束を繰り出した。
 しかし新木はいずれも10秒以上読んだりせず、次々とワナビたちを斬り捨てていく。
「人称が狂っている。一人称で自分の顔についているゴミが見えるわけないだろう」
「視線の動きがおかしい。光の当たっているところにまず目がいくはずだ」
「最初の段落だけで誤字が2つある。推敲をまったくしていない証拠だ」
「文が全て説明だ。小説を書くつもりなら描写しろ」
「使いこなせもしないくせに妙に凝った表現を出すな。ダサイ」
「登場人物の置かれている状況がわからん。最低でも時と場所を記せ」
「『?』や『!』の後ろは1マス開けろ。『……』の代用として『・・・・・・』を使うな。っていうか原稿用紙の使い方くらいマスターしろ」
「タイトルが駄目」
「ペンネームが駄目」
 新木が言葉を発するたびに、ワナビたちにが10人、20人と倒れていく。半時間と経たないうちに、階段は倒れたワナビたちで埋め尽くされ、立っているワナビはかろうじて2、3人となった。
「どうした! この程度の批評で立ち直れなくなるのか? 言っておくが特別生徒への批評はこんなものじゃないぞ。僕のスレを見てみろ! レポートが気に入らなかったら本来何の関係もない人格まで叩かれるんだぞ! その程度の覚悟で試験を受けてきたのか」
 吠える新木に対し、何人かの生徒が立ち上がって向かっていったが、再び一撃で撃沈された。
「す、凄い。外面を気にする僕らにはとても出来ない芸当だ。粘着もイメージ悪化もまるで恐れていない」
 渡瀬がうわごとのようにつぶやいた。
「味方のワナビも倒してるのが問題といえば問題だな」
 後ろを振り返った鈴木が苦い顔で言う。彼の視線の先には、積み重なった対策班側のワナビたち。敵の戦力は壊滅したが味方の数も激減してしまった。

【対策班、階段の一つを確保  陣営を問わずワナビの戦力減  新木伸は目的を達したのでいずこかへと去る】

300 :スニーカー:03/08/17 05:34
「さて、自業自得の恐怖で今にも黒化しそうな吉田が出て行っちまったからここにいるのは新入生同然のお前らだけか……。でも、あいつもまがいなりにも同胞だ、同じ賞のムジナって奴だし黒化する前に助けに行くべきか……」
部屋を見渡し、浅井が逡巡した声を上げる。
「寮長殿、何を迷ってる。心配は要らない。我々対魔班に任せて大船に乗っておいてくれたまえ!」
「谷川か、いや、その前に別に俺はお前の寮長などではないのだが……、まぁ、お前なら任せてもいいか。目標は逃げ出した吉田の保護、捕獲だな。逆に黒化しないこと、危なくなったら逃げを優先すること、それだけを守れ」
二人だけで勝手に話が進んでいることに椎野が非難する。
「何、言ってんのよ。なんで私がこんな面倒なことしなきゃなんないのよ」
「寮長殿の許可は既に得てある。それに美由貴くんもワナビによる澱みの除去ぐらいおこなって置くべきなのでは、担当区域外なので特別報酬がもらえるかもしれんのだが……下手すれば減俸されるかもしれん」
「うっ……、そ、そうねー。まぁついて行ってやってもいいわよー。その代わりあんたが頑張りなさいよ」
椎野は楽しそうに報酬の計算を始める。
「では決まったようだね。それでは寮長殿、枕の高さを80cmオーバーで優雅に昼寝でもしていてくれたまえ。さぁ、キョンも行くぞ」
谷川は椎野の腕をそして、ドアの近くでぼんやりと様子を見ていた岩井の頬を引っ張る。
「いひゃいいひゃい、ふひへふはは、はへへー(たしかにうちは恭平やけど、よおキョンって変なあだ名考え付いたもんやなあ)」

301 :スニーカー2:03/08/17 05:47
 そのまま谷川が二人を引きずるようにして出て行く。
 そのとき安井と谷川の目が合ったとき谷川が唇の端を引き上げるようにして笑った。
 そして谷川たちを見送った後、安井は室内に残った自分以外の影をねめつけるように見た。
「お前は行かねぇのか、ドラッケン」
 浅井は睨み返して答えた。
「貴様と同じ理由だ、私の教えに『獲物と女は強いほど良い』とあるからな。ワナビをいくら蹴散らしたところで何の楽しみもない。そうだろヤスッケン」
「確かにそうだ違いない。流石、殺し合いと、狩猟と、闘争の誇りしか脳神経に存在しない熱狂的戦闘愛好民族だな。後、ヤスッケンなんて民族はいねぇ」
「ふん、疾風迅雷の貴様に言われたら、どんな戦闘愛好家の肩にも白い鳩が止まる。
だが、ヤスッケン族がドラッケンの支流にいなくてこれ以上の歓喜はない。
私のこの喜びを一秒でも長く持続するため、その脳の摘出手術と首の切開をお勧めしておく。なんなら私が特別に今すぐ最優先で実行してやるが」
「それなら、そこで盗み聞きしている奴に思う存分やってやれ。俺は遠慮する」
 その言葉に浅井は咒式でTNT爆薬を合成し、窓を吹き飛ばす。が、その爆炎を潜り抜け、大鎌が浅井に襲い掛かる、しかしそれを安井がラグナロクではじく。
 爆炎が晴れてきて襲撃者の正体が分かった。普段は真っ白な死神が黒化していた。ハセガワケイスケだった。
「おかゆ……いない………。代わりに……谷川を狩る……」
 ハセガワが小声で恨み言を呟き鎌を振り下ろす。それを安井が受け止め浅井に言う。
「お前はとっとと後方援護やってろ。ちっ、谷川も自分が追われてるの分かってたみたいだしな。
……それとハセガワだったか、お前もお前だ、おかゆと谷川は別もんだ、八つ当たりはやめろ」

302 :スニーカー3:03/08/17 05:56
 その言葉に浅井が撃鉄を起こしながら言う。
「あー、別に伊達や酔狂で性格の悪い咒式士第一位を連続受賞したわけじゃない、性格がいい咒式士は無能の別名だ……」
 浅井は背後の気配に気付き身をよじるようにしてかわす、しかし逃げ遅れた左腕にあかつきゆきやの手が触れる。
 その瞬間、ピリッと電気のようなものが走り、間をおかずに黒古橋の思念や、黒化ワナビの憎しみが押し寄せる。
「ぎぎゃ―――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!」
 浅井は自分の絶叫をどこか遠くに聞いたように思え、脳の神経が焼き切れていくのを感じた。
 精神の崩壊を受けながら、あかつきがテレパシーと言う能力を持っていたがゆえに、黒古橋や黒化したワナビの心をまともに読んでしまい、黒化を受けたのだろう。
 そして最初の犠牲者がハセガワだ、とうつろな頭で思いながら、浅井はあかつきに電磁雷撃系咒式第二位<雷霆鞭>の高圧電流を叩き込む。
 そしてあかつきが苦しみから解放されたような笑みを浮かべたのを見届けたところで、浅井の意識はとんだ。
「浅井っ!大丈夫……じゃねえな、まぁ、骨になるまでには埋葬してやるから安心しろ」
 安井は死神の鎌を弾き飛ばし、安井は凶悪な笑みを浮かべそのまま横に薙ぐ、だがそれを後ろに引くことで、ぎりぎりかわす。安井は相手が体勢を整える前に自慢の速さで突きを叩き込む。
不自然な格好で疾風迅雷の突きに対処できるはずもなく、ハセガワは吹き飛び、壁に体を打ちつけ、意識を失った。
「おーい、浅井終わったぞ、起きていいから途中で寝てた分、殴らせろ、……といってる場合でもないか。よし、後で殴らせろ。俺は後輩たちの手助けに行く」
 安井は部屋を飛び出し駆けて行った。

【安井、部屋を飛び出す/浅井、ハセガワ、あかつき、リタイヤ】

303 :金曜日の終焉 1/7:03/08/17 09:04

 軽書校校舎西側の2〜3階を結ぶ階段の踊り場。
 その場所に毛布お化けはいた。
 そして毛布お化けを物陰からみている三人の人影もいた。


「何か作戦はあるんですか?」
 宮須弥の問いに上遠野が答える。
「ないことはない。その作戦に必要なものも用意してきた。でもホントに大丈夫かって思うような内容」
 そういって上遠野は作戦の内容を説明した。
「……えっ?」
「まあ色々言いたいこともあるかも知れないけれどこうするしか思いつかなかったんだ。
もし失敗しても恨まないでくれ」
上遠野はそういいきると物陰から出てきてまっすぐに階段へと歩いていった。阿智もそれに続く。
「ちょ、ちょっと…待ってくださいよ」
 宮須弥も一歩遅れて二人を追いかけた。


304 :金曜日の終焉 2/7:03/08/17 09:05
毛布お化けはきょとんとして目の前の光景を見つめていた。
 急に階段を登ってきた三人の生徒が青いビニールシートを広げてその上にたくさんの料理を並べ始めたのだ。三人のうち二人は男子生徒で、その顔はどこかで見たことがあるけれども思い出せ無かった。
山のようなフライドチキン、ポテトチップス、ピザ、丸ごとの赤いトマト、そしてシュークリームにカステラ、缶ジュースもたくさん用意されていた。
三人は料理を並べ終えると無我夢中で食べ始めた。つられて毛布お化けも目の前の料理に手を伸ばす。夢中で食べた。どれもこれもみんなおいしくて、おなかがいっぱいになっても無理して食べた。
毛布お化けはこの空間と時間のなかに『幸せ』を感じた。料理がおいしかったというのもあるけれど、
それ以上にここは居心地がよかった。
 不意に男子生徒が口を開いた。
「ここはいい場所だ。場所というより空間といった方がいいのかな?和むし落ち着く。どこか透明な感じがする空気がある。お世辞抜きで本当にうまいと思ったよ」
 料理のことかな?
 毛布お化けはそう思ったけど、男子生徒は違う言葉を口にした。
「本当にきみのあのレポートはいいものだったよ、橋本紡」



305 :金曜日の終焉 3/7:03/08/17 09:06

 上遠野に名を呼ばれ、それまでずっと毛布お化けの中で眠っていた橋本の意識は目を覚まし始めた。
「特殊能力を駆使したレポートの多いうちの班の中で金曜日のレポートは異質な存在だったけれど作品の雰囲気のよさで多くの人に評価された」
 毛布お化けの動きが止まる。徐々に橋本の意識が表面に浮かび上がる。
「イラスト校の人との相性も良かったらしいじゃないか。淡い色彩がレポートの内容とよくマッチしていたという話も聞いたし…」
「何よそれっ!!」
突如毛布お化けが口を開いた。
「あなた達にほめられたってちっともうれしくないわよ!!自分達がどれくらいの地位にいるかわかってるの?その場所から私がどれくらい遠い場所にいるのか考えたことある!?」
 やっぱりそこか、と上遠野は橋本に聞こえないくらいの声でつぶやいた。
 すでに毛布お化けはお化けではなく橋本紡という本音を隠さず言い放している人間だった。
「自分のすぐ側の人間が遠い場所に言ってしまった気持ちがわかる?それがどれくらいの劣等感k」
 ぱあぁん。そんな音が聞こえた。右のほほにジンとくる痛み。
 上遠野が橋本の右頬におもいっきりビンタした。


306 :金曜日の終焉 4/7:03/08/17 09:07
「甘ったれるな、キミはなんでこの学校に入学した?入る前にはこの学校が完全実力制だって聞いていなかったのか?いやそれ以前にキミがこの学校に入りたいと思った動機は何だ?
人気者になりたかったからか、それとも金が欲しかったからか?そうなのか!?」
 上遠野は本気で怒っていることが橋本にはわかった。
「誰にだって不満はある!僕はパートナーとの関係が最悪に近い、あっちーはあるレポートが打ち切られた!でも、それでもがんばってレポートを書き続けるんだよ。なんのために?書きたいからだ、書いて一人でも多くの人に読んでもらいたいからだよ!
キミは、はーちゃんはちがうのか!?」
 なんで本気で怒っているのか、その理由も橋本にはわかった。
 自分のことを心から思ってくれているから、友達だと思っているから、だから上遠野はこんなにも怒っているのだ。
「キミと僕は志が違うのか?僕達は仲間じゃないのかっ!?」
 橋本の目から涙がこぼれ落ちた。上遠野と阿智は自分を仲間だといってくれている。かってに劣等感を感じていた自分が馬鹿らしくなった。
「もしキミが僕らの仲間なら、この学校の仲間だというなら、この学校がなくなってしまうような悲しいことに手を貸すまねはしないでくれ」
「……上遠野君……でもいまさらそっち側にはいけないよ。私はみんなに迷惑をかけた…私のせいで傷ついた人がたくさんいる、だから……」


307 :金曜日の終焉 5/7:03/08/17 09:08
涙を流しながらつぶやく橋本を見てそれまでだっまって二人を見ていた阿智が口を出した。
「あー、やっぱりそーゆーこと言う。そんなに難しく考えないで洗脳解けたんだったらすなおに
仲間になってよ」
「…阿智君、でも…」
「じゃ、こうしよう。いまからここにある空き缶を廊下の曲りかどんとこにあるゴミ箱に階段の下んとこから投げて入ったら何もかもがうまくいく。はーちゃんがめいわくかけた事件は全部解決して僕達の友情も復活でオールオッケー」
「え、でもしたからゴミ箱まで10メートルもあるのに入るわけ…」
「いいからいいから、じゃあ投げるよ」
 阿智は言いたいことだけ言うと階段を降りてにしていた空き缶を思いっきり振りかぶって投げた。
(高すぎ!!)その場にいたすべての人が心の中でそう叫んだ。そしてその心の叫びどうりに缶はゴミ箱の上空を通り過ぎ、カラーンという乾いた音を廊下に響かせ、壁にはねて曲がり角の向こう側にとんでいった。
「……外れちゃったね」
 阿智の側にかけよった宮須弥は本当に残念そうにつぶやいた。
 その光景を見ていた橋本もとても残念そうな顔をしていた。
 と、そのときだった、
「あー、だれなの廊下で空き缶なんて投げたのはー?」
 曲がり角の向こう側から少女の声が聞こえたのは。


308 :金曜日の終焉 6/7:03/08/17 09:09
廊下の曲がり角から姿を現したのは右手に空き缶をもったさとやすだった。
「さっちゃん?」
予期せぬところでイラスト校の知り合いの姿をみた宮須弥は驚きの声をあげた。
「あっ、宮ちゃん。宮ちゃんも軽書校にきてたんだ」
「おや、さとやす君の友達が来ているのか?」
 さとやすに続いて川上も姿を現した。
「おや、そこにいるのは四期生三人組とイラスト校の宮須弥君ではないか。どうやらパーティーをしていたようだね」
「えっ、えっ、こんな状況なのに?」
「せっかくのパーティーのおじゃまはヤボってものだ。さとやす君、この場はおいとましよう」
「え、ちょっと川上君待ってよ…あ、じゃあね宮ちゃん。川上君が行っちゃうから行くね」
そう言ってさとやすは川上のあとを追いかけようとして、
「あ、これ捨てとくね」
 空き缶をゴミ箱に捨てていった。
 宮須弥が去っていくさとやすの背中を見つめていると、
「ほらね」
 なぜか阿智が誇らしげに胸を張っていた。
「なにがほらねなんですか?」
「空き缶、入ったでしょ」
一瞬何のことだかわからなかった。
「え、でもあれはさっちゃんが…」
「ぼくはただ投げて入れるとしか言ってない。もし空き缶が壁に跳ね返って入ってたらそれはありでしょ?」
「それはありだけど……」


阿智と宮須弥が言い争ってる最中、橋本の側にいた上遠野は彼女の呟きを聞いた。


「ありがとう…かどちん、あっちー」
 その言葉と同時に橋本は気を失い、金曜日は終わりを告げた。


309 :金曜日の終焉 7/7:03/08/17 09:10
最後の最後でまたもめた。
 何の話かというと、だれが橋本を医務室まで運ぶかという話だ。

 阿智が橋本を宮須弥にまかせ、自分は校舎内の事件の解決にむけて上遠野と行動を共にすると言い出した。
 当然宮須弥は散々反対したが結局は阿智の意思の強さに押し切られた。


「せめてこれ使ってください。ユカちゃんからのせんべつです」
そういって宮須弥はポケットから真っ白な生卵を取り出した。
「ありがとう。早速使わせてもらうよ」
 阿智は手馴れた手つきで卵を割るとピザの容器に中身をいれた。そして、それを見る。
 究極の快楽と至高の激痛が阿智の体を駆け巡った。体中の怪我が見る見るうちに治っていき、
銀色の毛が急激な勢いで伸び始めた。
 十数秒後、その場にいたのは銀色の毛並みの、どこか優しそうな顔の狼男だった。
「じゃあ、行ってくる」
 阿智はそういうと上遠野とともに上の階へと向かっていった。


【阿智・上遠野…事件解決のため行動/橋本…リタイヤ/宮須弥…戦線離脱】

310 :復活の六甲おろし:03/08/17 20:43
(…ワイは何をやっとるんや?)
佐藤ケイを木製バット(八木モデル)で殴り倒しながら、一色銀河は自問自答していた。
(…確か毛布お化けになってもうた橋本はんに襲われて…あぁ、ワイも黒化してもーたか)
確かに一色には黒化するだけの材料は揃っていた。
一部の野球好きにしかうけないレポート、しかもコアな野球ファンには
「中途半端な野球モノ書きやがって!!」
と罵声を浴びせられてきた。
しかも、新しいレポートの音沙汰もなく、作家としては死んだも同然の存在だ。
しかし、完全な黒化を免れている自分がいる。
(…確かに足元に転がっとる売れてる先輩や後輩は憎い。せやけど…ものごつぅ憎いわけやない…
…こんな事で黒化してまうとはワイもまだまだやな…十八年間ずっと待ち続け、耐え続けられたやんか!!)
トラキチにとって耐え続けること、諦めない事、見限らない事など朝飯前どころか日課なのだ。
生まれた時から阪神ファン。いくつものシーズンで裏切られてきた。それでも一色はトラキチを辞めなかった。
そんな自分が今、自分に絶望し、他人を嫉妬し、黒一色に染まっているのだ。
(…ワイに黒一色は似合わん。足りへんのや、一色な。)
心で静かに歌を歌い出す。そう、六甲おろしを!!!
♪六甲おろしに颯爽と 蒼天翔ける日輪の 青春の覇気美しく 輝く我が名ぞ阪神タイガース 
オウオウオウオウ阪神タイガース フレフレフレフレ♪
一色「ワイに一番似合うとるのは黒と黄色の縦縞や!!!」
その高らかな雄叫びとともに一人のトラキチが復活した。


311 :失態とオトシマエ:03/08/17 20:54
足元に転がっていた(自分で殴り倒したのだが)志村一矢と佐藤ケイを医務室へ放り込み、一色は廊下を歩きながら思考をめぐらせていた。
一色(ワイは電撃班…へたすりゃラノベ校「最弱」の世界観を持つ作家や。せやけど、今回はそれが最大の武器になる。
ワイの「若草」の世界観内やったら、物理法則の無視、超人化、リミッター解除とかの超能力、魔法系どころか
日本国憲法で近代兵器からチャカやポン刀すら無し(持てるが使用不可)にできる。
ワイの世界観にはワイ以上の実力者はそうはおらんのじゃ!!)
少し大袈裟に聞こえるが、あながち間違えではない。
一色の世界観は
「宣誓!!我々は!スポーツマンシップにのっとり!!最後まで!!正々堂々と!!戦い抜く事を誓います!!」だ。
大抵の生徒は「現実離れした能力」を主軸に戦う。それを根本から断ち切れる世界観。
そう、橋本と同等の能力を持っているのだ。
いや、「スポーツマンシップ」という縛りがある以上、橋本以上かもしれない。
しかも一色は超高校級の野球選手の能力を保持している。
スポーツものでレポートを出している生徒が極端に少ない以上、一色の世界観では彼の一人舞台となるのだ。
一色「放送室の制圧はワイの仕事や。ワイの失態で引き起こした事やからな…。」
そう呟くと、放送室への階段を上り始めた。しかし、一色は気付いていなかった。
その時すでに橋本の「金曜日のお化け」が消えていたことを。


312 :イラストに騙された名無しさん:03/08/18 23:10
 パソコンのディスプレイから顔を上げ、彼は軽く肩を回した。マグの中の"カウボーイ・スタ
イル"のコーヒーはすっかり冷めている。苦笑いをして、彼――富士見ファンタジアクラス 麻生
俊平は簡易キッチンに向った。――レポートは順調に進んでいる。エッグノッグの1杯でも作って休んでも、バチは当たらないだろう。
 ここは富士見クラスの特別自習室――言い換えればカンズメ部屋である。ビジネスホテルと
ワンルームマンションを足して3で割ったような造りだ。そっけない据え付けの家具の他に、
段ボールがいくつか壁に寄せて置かれていた。英語劇のポスターやら一見使い方の分からない
物体やら、ヘルメットやアクアスキュータムやスコップその他が溢れている。
 麻生が取り組んでいるのは、富士見ファンタジアでの久しぶりのレポートだった。執筆に
専念するためと特別自習室への移動を願ったのは麻生本人であるが、一人でいると、この荷物
をファンタジア教室へ戻せる日が来るのか不安にかられるのも事実だった。
「始めてのレポートを出してから、12年にもなるのか……」
 エッグノッグを飲みながら、段ボールの中身を手に取る。懐かしさに浸っていたその時、
スピーカーから音楽が流れ始めた。
「くっ……」
 黒古橋の全性音楽が、麻生の頭の中を掻き回す。手のひらからグラスが滑り落ち、膝をつく。
支えを求めてのばされた指先が、段ボールにかかり……。
 横倒しになった箱からこぼれた『それ』に麻生は目を見開き、そしてゆっくりとその手に
握りしめた。

【麻生→参戦?】

313 :彷徨える穏健派筆頭1:03/08/18 23:13
 ようやく黒ワナビ5人を廊下に転がし、富士見ミステリークラス葉山透は額の汗を拭った。
投げたナイフを回収し、足音を立てないようにその場から去る。仲間が倒されたと黒ワナビ
達に気付かれては大変なことになる。葉山には、特殊能力と呼べるものがない。
 葉山のレポートでは、ファンタジー的世界を舞台にしても魔法は登場せず、失われた技術が
存在してもその産物は戦闘とは別の方を向いている。初めてのレポートで編集部から褒められ
た点が、葉山の力を規定していた。
 身軽さもある程度の体術も、人外や一応人類のようなものの壁に日々挑戦している面々には
遠くおよばず、ワナビの集団にすら手間どる始末だ。指先の器用さや贋作作製に関しては、完
全に役に立っていない。
(せめて、電撃のレポートが出ていれば……っ)
 考えて、唇を噛む。穏健派の皆と離ればなれになってしまったことより、過激派がいきなり
襲いかかってきたことより、半ば怒鳴りあいになった議論の最中に放たれた一言が、葉山の胸
に突き刺さっていた。

314 :彷徨える穏健派筆頭2:03/08/18 23:15
 ――『そうやって優等生ぽくコビ売ってりゃいいさ! お前は電撃に行くんだからな!!』

 あざののライトノベル大賞入賞の祝いに開かれた、富士ミスクラスのささやかなパーティ。
そこで葉山が次回のレポートを電撃から発表することを報告した時、みんな自分のことの
ように喜んで応援してくれた。『電撃しか知らない連中に、富士ミスの力を見せてやれ!』
『先輩は、俺達の代表です!!』 ……そう言ってくれたのに。
 机と椅子が散乱した空き教室に身を潜め気配を殺し、葉山は深く息を吐いた。
 単一ジャンル(一応)クラスにどーしろってゆーんだヽ(`Д´)ノウワァァン と叫んだ体育祭、
あざのが戦いに出ていると聞き、全員で千人針をしたおかゆ騒動。あざのと水城のどつき
漫才にチャレンジャーな師走が「双方静粛に!」と飛び込んで返り討ちにあったり、猫道部
から葉山の溺愛する金魚を守る方法を朝まで生討論したこともあった。
 みんなと笑いあった日々が、遠く感じられる。葉山は、進むべき道を見失っていた。

【葉山→ヘコみ中】
 *電撃のレポートが非バトルものでも見逃してください。

315 :卓球部の悲劇 1:03/08/19 01:00
 かこん、かこん、かこんっこんっこんっこんこんこんここここ……

「乙一くん……いっちゃん……私、寂しいよ……」
 たったひとりの卓球部。野村美月は練習も続けられず、涙まじりのタメ息を吐いた。
「部活に来てくれるどころか、こんなに長い間、乙一くんの顔すら見られないなんて」
 ダランと垂れた腕の力が抜けて、ラケットとボールが床に落ちる。
 そして、腕のみならず全身の力が抜けて、美月はその場に座り込んでしまった。
「乙一くん……乙一くん……っ!」
 くすん、くすん……と、美月の口から漏れる嗚咽。
 寂しさに濡れる美月に、しかしそこでさらなる苦しみが訪れる。

 バキャッ!

「え……?」
 突然、木の割れるような音がして、美月はビクンッと肩を強張らせ、振り返った。
 すると……

 卓球台がバラバラにされ床にぶちまけられている。
「な……なに?あなたたち」
 野村は震える声でどうにかその言葉を発した。腰が抜けて、女の子座りでワナビたちを見上げている。
 野村は何が何だか分からなかった。
 が、やがてあるひとつの記憶に思い当たる。

316 :卓球部の悲劇 2:03/08/19 01:01
(これは、私が>>247-248で夢見た未来だ)
 
 それと、まったく同じ展開だった。
「そんな、これ、どういうこと……?」
 足が、いや体全体が震えているのが自分でも良く分かる。
 何故自分が襲われなければならないのか。何故彼らは悪意に満ちた眼差しで自分のことを睨み付けているのか。
「野村美月、だな?」
「売れているわけでもないのに」
「実力があるわけでもないのに」
「何故貴様がこの学校で存在感があるのだ」
「憎い」
「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」「憎い」
 複数の人間からの憎悪を一斉に浴びさせられるのはこうまで恐ろしいものだったのか。
 自分の体が自分の意志どおりに動かないというのはこうまで恐ろしいものだったのか。
 怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
 誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて誰か助けて
「や、やだ。来ないで!」
 ワナビたちの腕が野村に伸びる。
 私が何をしたの?ただ卓球をしたいだけなのに。できれば乙一くんと。
 ううん。乙一くんと卓球したい。乙一くんとずっと卓球したい。乙一くんといつまでも卓球したい。
「乙一くん助けて―――――」

317 :卓球部の悲劇 3:03/08/19 01:02
 ここで、乙一くんが助けに来てくれる。
 結界を破るのにてこずって、でも、必ず来てくれる。
 照れたみたいに、笑いながら……
 私の夢見た未来では、そうなのよ――!

「乙一くん――っ!」

 しかし……

「……どうして……」
 美月はついに、壁際まで追い詰められてしまった。
 そして、結界の中に充満した無数の憎悪が、美月の心に侵食し始める。
 ワナビたちの手が、ついに美月の体に触れる。
「い…や……!」
 乙一は現れない。
「野村美月……お前は、こっち側の存在だ……」
 乙一は現れない。
「やめて!」
 乙一は現れない。
「身の程を、思い知れ」
 乙一は、
「いやあああああああああああっ!」

 現れない――

318 :卓球部の悲劇 4:03/08/19 01:04
「乙一くん、乙一くん、乙一くん、乙一くん」
 先ほどまでの地獄が嘘のように、美月を残して誰の姿もなくなった卓球部。
 壁に背中を預け、崩れた美月の口からボソボソと漏れる、大好きな人の名前。
 その名前を絶えずつぶやき続けることが、黒いものに支配され尽くそうとしていた美月の心の、最後の抵抗だった。
 心の中に残る彼のはにかんだ笑い顔が、美月が美月のままでい続けるための、最後の希望だった。
「……ちくん……乙……ん……ついち……くん……」
 しかし、その声は次第に聞き取りづらいものになっていく。
 乙一の笑顔が、だんだん滲んで、薄れていく。
「あ、あ、あ……」
 美月は顔を上げ、震える手を虚空に伸ばした。
 逃げていく乙一との思い出に、手を伸ばそうとした。

 しかしそこで、突然ぷっつりと美月の意識は途絶する。
 美月は糸の切れた操り人形のごとく、その場にバタリと倒れた。

 そして、数分後。
 美月は再び、立ち上がる。
 ラケットを拾い、ありったけのボール(爆弾)をポケットの中に突っ込んで、ふらふらと酔っ払ったような足取りで、美月は卓球部をあとにしていく――
「乙……一……く……」




 ☆☆☆ 本日の美月たんめも ☆☆☆

    「                      」

【野村美月――――発症。】

319 :サトーさんと、とある“彼” 1:03/08/19 01:11
若月神名「しゅくち!!」
天井を透過した若月が有沢まみずをしゅくちで呼び寄せる。
有沢まみず「おっと、若月さんありがとう。おや?「金曜日のお化け」が消滅したみたいだね。
そうだな…放送室に行くのはやめようか」
階段のほうに視線を向けながら唐突に呟いた。
若月「え?な、なんでよ!高畑先輩が言ってたじゃない、「集団暴走の原因は、今スピーカーから流れるこの音楽だ。
手の空いている者は放送室に向かえ!この音楽を大至急止めるんだ!」って」
若月の当然の疑問に、有沢が微笑みながら答える。
有沢「橋本先輩の「金曜日のお化け」が消えた以上、他の生徒たちも簡単に放送室に辿り着けるだろう?
僕はダメ人間である僕にしか出来ないことをするつもり。今なら僕が放送室に行かなくても誰かがやってくれるさ」
そんな無責任とも、他の生徒への信頼とも取れる曖昧な返事を返しつつ、有沢は歩き出した。
若月「わかったような…わからないような…って、どこに行くのよ!!」
あわてて有沢を呼び止めた。
有沢「この階のどこかで助けを求める声が聞こえたんだ。多分あっちの方だと思う」
若月「…私には何にも聞こえなかったわよ?聞き間違いじゃない?」
有沢「若月さんには聞こえないよ。この世に有らざる者の声だったからね」
そう返答して、有沢はある教室に真っ直ぐ向かう。
その教室にはスニーカー班の対策本部があった。


320 :サトーさんと、とある“彼” 2:03/08/19 01:12
有沢がスニーカー班対策本部に入り、教室を見回す。
そこには、浅井、ハセガワ、あかつきの三名が倒れていた。
有沢「…どうやら浅井君やハセガワ君はあかつき君の仕業みたいだね。
あかつき君もテレパシーから流れ込んでくる負の感情を制御しきれなくなったのか」
気絶中の3人――正確には炎に焼かれている彼等の魂――を見回し、しばし考え込む。
有沢「うーん、こんなに高密度の「嫉妬の炎」じゃ、流石の僕もキツイな…仕方がない、サトーさんに頼むか」
しかし、その言葉に若月が渋い顔をした。
若月「サトーさんなんか召喚したら、有沢君もしばらく動けなくなっちゃうじゃない!!」
しかし、大丈夫、と有沢。
有沢「その間は“彼”に出てきてもらうよ。今回の事態なら、実は“彼”のほうが適任だからね」
その“彼”という言葉に、若月は露骨にイヤな顔をした。
若月「え〜?!!!アイツなの?!!!絶対イヤ!!!!」
“彼”が誰なのか知っていれば――特に女性ならば――当然の反応である。
有沢「大丈夫、“彼”は根はいいやつだから」
若月「…わかったわよ…」
若月が渋々了承する。涙目になりながら…。


321 :天使と悪魔(1):03/08/19 01:49
二人組が、たった今無力化したワナビたちを見下ろす。
刃傷を受けている者もあれば、頭などに銃弾を撃ち込まれて息絶えている者もある。
両方食らっている者も少なくはない。
「もう平気?」
「はい。全員無力化したみたいっす」
「一般生徒の暴走は以前にもあったけど、今回はなんだか凶暴性が増してるわね」
「おかゆの時とは違う性質の暴走だと思ったほうがいいんじゃないすか?」
「そうね。掘られてるみたいだったし」
「女性もいる場所でその表現が不適切だった事は認めますし、謝罪もしました」
「冗談よ。…そろそろ行きましょうか?」
二人組は再び廊下を歩き始める。
前衛は短剣を持った髪の長い女子生徒。
後衛はグロック19を右手に、スタンガンを左手に持ち、背中にはAK74を背負った男子生徒。
「先輩、いつの間にその髪染めたんですか?」
後衛の賀東招二は目の前を行く女子生徒に声をかけた。
今の彼女の前髪は、綺麗に一房だけ赤く染まっている。
教室を出たときからずっと疑問に思っていた事だったのだ。
今朝見たときの彼女の髪には赤いところなどどこにも無かったのに。
「あなたや榊くんが武器の準備に手間取っている間よ」
私は基本的にこれ一本だもの、と前衛の女子生徒――冴木忍は賀東に短剣を示してみせた。
「はぁ。……手間取るというよりは、慌ててたんですけどね」
賀東は背中のAKを気にしながら答えた。

322 :天使と悪魔(2):03/08/19 01:50
榊についていえば、確かに冴木の「手間取る」という表現は当たっていた。
彼は保有する武器が極めて多い。
富士見ファンタジアクラスはもとより、ライトノベル校でもここまで大量に武器を持つ者を探すのは難しい。
シャムシールとも日本刀ともつかない剣や、一説にはナマクラだとされる長剣<モナド>といった刀剣類。
<ハード・フレア>カスタム、<ウルフ・ハウンド>カスタム、<リバース・ペット>などの火器類。
果ては<貫くもの>とだけ榊本人が呼んでいる馬鹿でかすぎる対戦車ライフル
――これより大きい火器は、現在行方不明の星野亮が保有する<ドラゴン・バスター>くらいで、
しかも<ドラゴン・バスター>は人間が扱うように作られた火器ではなく、小型の機動兵器用の火器である――
まで、彼は多数取り揃えている。これを全部チェックしていた。
おまけに、魔法関連の簡単な復習までやっていたような気がする。
「(几帳面なやつなんだよな。レポートもたくさんこなすし)」
しかし、賀東の場合は「手間取る」という表現は必ずしも当てはまらない。
教室のロッカーに放り込んである武器の量そのものは榊とさして違わないが、
賀東は榊と違い、それらを全て取り出して動作チェックを始めるほどには几帳面な人間では無い。
では何故武器の準備に時間を食ったのかというと、あるはずの武器が一つ無かったからである。
FN-P90である(当然ながら、ロッカーのカギも壊されていた)。
そのP90を探したり、代わりの長物をAKにするかショットガンにするかで
迷ったりしているうちにだいぶ時間が経ってしまった、というのが実情である。
「(やだなー、AK重いから…)」

などと賀東が考えていると、冴木が彼を振り返った。
小声で
「なんか悲鳴が聞こえない?」

323 :天使と悪魔(3):03/08/19 01:53
確かに、何者かの声が聞こえる。
廊下の曲がり角――左に曲がっている――の先から聞こえるようだ。
冴木と賀東の身体に少し力がこもる。もともと小さかった足音がさらに小さくなる。
曲がり角の手前で冴木が壁に肩をつけた。賀東に左手で「3つ」を示してみせる。
賀東が頷き、左手の装備を持ち替えたのを確認すると、
彼女はゆっくりと、立てていた三本指を一つずつ折っていった。
ニイ イチ ゼロ
まず賀東が冴木を追い越して飛び出し、左手のフラッシュライトの光を
声がしていた方向に向けて容赦なく浴びせる。右手のG19がターゲットを追い求める。
10メートルほど離れた、視線の先に
「(築地…!)」
撃つべきか、撃たざるべきか。奴は友達少なかったけど俺とは親しくて…
賀東の左肩に風が触れた。冴木が短剣を構えて築地に突っ込んでいく。
逡巡はできなかった。賀東はグロックのトリガーに力をこめた。
一度目は普通にトリガーを引き、二度目と三度目は、トリガーを完全に戻さずに引く。
「(…!?)」
9ミリ弾頭は築地俊彦には当たらなかった。
弾が間違った方向に飛んでいったわけではない。
築地と弾の間に、障害物が割り込んだのだ。
その障害物は人であった。正確には、人型に近いシルエットをした何か。
腕にあたる部分が頭よりも太かったり身長ほどの長さを備えているそれを
素直に人間と呼ぶのは、そのときの賀東には少し難しい作業だった。
と、賀東がそこまで認識したときには、冴木がその人型を間合いに収めていた。
刃、一閃。人型は、異様なサイズの両腕をクロスしてガード。左腕から鮮血が飛ぶ。
ぜんっぜん効いてねんじゃねぇのか冴木姐さん
思う前には既に賀東は立ち上がり、
冴木を射線から外して人型に弾倉内の9ミリを全て叩き込む。
グロック19のスライドがオープンホールドする頃には、
冴木の身体は人型の右拳によって5メートルも吹っ飛ばされていた。
賀東は舌打ちしながらグロックの弾倉を替え、スライドを引いて離し、構えなおす。

324 :天使と悪魔(4):03/08/19 01:54
よく見ると、その人型には腕が三本生えていた。
左右から、大きいものが一本ずつ――左はその太さが目立ち、右はその長さが目立つ――
と、右腋下から、こちらはごく普通の、人間サイズのものが一本。
なにもんだ? と賀東は記憶を探る。
あいつだ…富士見クラスの…。だが、名前がうまく出てこない。
答えはその人型の背後から、築地によってもたらされた。
「助かった。年見」
年見――年見悟。富士見ファンタジアクラスの生徒――の左脇に出てきながら、築地俊彦は言った。
もともと自己陶酔的な色彩を湛えていた目を、さらにとろんとさせて年見は頷いた。
「(あの長い右が<アンジュ>で、太い左が<イブリス>か。違うほうにくっついてるが…)」
賀東にも、自分の向き合っている状況が飲み込めてきていた。
10メートル弱ほど離れたところに立っているのが、築地と年見の二人。
その足元には、何人かの一般生徒が転がっている。
生死は不明だが、少なくとも皆、自力では動けなさそうだ。
立ち上がっている一般生徒も見受けられる。
築地や年見の周りで、賀東と、そして未だ起き上がれずにいる冴木を見ている。
「レポートの、鮮度の差だよ、冴木、先輩」
年見がゆっくりとした口調で呟いた。笑っている。やはり目の色がおかしい。
「クスリの利きはばっちりみたいだな。年見」
賀東は築地から完全に視線を外さないよう注意しながら年見に話し掛けた。
「あざの君のを、参考にさせて、もらった、部分もある。勝手に、だけどね」
そこで初めて、賀東は年見をすぐに思い出せなかった理由を悟った。
こいつミステリークラスと行ったり来たりしてて、だから記憶に残らないんだ。
「で、単刀直入に聞くが…お前たちいったい何してんだ?」
その問いに築地は少し首を傾げ、そして薄く笑った。

325 :天使と悪魔(5):03/08/19 01:55
「…ちょっとした革命の準備だよ」
掌中の、刃の無い剣――太陽の剣――を弄びながら築地は答えた。右腰には晶銃も見える。
「君とはやりあいたくないな。そこのご老女と違って今の君は
 富士見ファンタジア最強クラスの力を持っている。僕では太刀打ちできない」
「もう俺のことは敵扱いか?」
望んだ結果ではないのだけれども、と築地はため息をついた。
「多分、君は僕の目的と折り合わない」
「目的?」
「以前にも似たことを考えた人はいるようだ、とだけ教えておこうか。
 全く同じではないにせよ、ね。そのうち分かるさ」
築地はくるりと賀東に背を向けた。賀東がその背中をエイミング。
次の瞬間には、賀東の狙いの先には年見が割り込んでいた。
「ここは、僕が」
無理はしないでほしい、と言い残して
築地は立っていた一般生徒を連れて廊下の奥の方へ歩き去っていった。
残されたのは、賀東と年見、そして倒れている一般生徒たちと冴木。
賀東は眉をしかめながら、その冴木を横目で見やった。
まだ立ち上がれていない。年見の打撃が相当に効いているようだ。
「もう少し、時間が、必要だ」
年見が言った。
「まだクスリが頭に回りきってないってのか?」
賀東が答える。

326 :天使と悪魔(6):03/08/19 01:56
年見が、走る。速い。
賀東は5発撃ち、やはりその銃弾が有効打にならないことを悟った。
せめて瀧川の1911改ならな、と思い、彼は舌打ちをした。
すぐに左のフラッシュをスタンガンに持ち替える。本当はAKを撃ちたいが間に合わない。
格闘戦の間合い。体格のわりに、賀東はこの距離が得意ではない。技術が無いのだ。
年見の左拳に、賀東は左のスタンガンを合わせる。
スタンガンが賀東の手から弾き飛ばされ、廊下のガラスにひびを入れて床に落ちる。
が、年見の左腕にも一定のダメージがあったとみえ、
彼の左腕から力が抜けていくのが賀東の目にもはっきりとわかった。
問題は、年見がもう一本強力な腕を持っていたことだった。
その右腕が、賀東の左腕――肘のあたりをしっかりと掴んでいた。
「くぅ……あ……」
左肘をつかんだまま、年見はゆっくりと賀東の体を持ち上げた。
身体の構造上、肘を強く掴まれて身体ごと持ち上げられると、肘には逆方向の力がかかる。
賀東が苦悶の声を漏らす。
自分のレポートではヒロインが主人公によく関節技を極めていたが、
実際食らってみると、単純な逆関節でもこれほどの痛みがあるとは意外な事実だった。
あの寡黙な主人公にはだいぶひどいことをしたものだ、と彼は思った。
「(もし生き延びられたら、関節技の描写は少し控えよう)」
そうこうしている間にも、賀東の身体はどんどん持ち上がっていく。
背中のAKを右手で撃てばいい。ありったけ。
理性では分かっていたが、実際には左肘の痛みが痺れとなって身体全体を支配していた。
くそっ、あと1センチ上げられたら…
突然、年見の右手から力が抜けた。
賀東の身体がいましめを解かれ、どさりと崩れ落ちる。
忌々しげな年見の顔が、ゆっくりと右を向く。
それにつられるように、賀東も左を向いた。
「(…先輩…)」

327 :天使と悪魔(7):03/08/19 01:57
冴木が薄笑いを浮かべながら、年見の右腕を見ている。左の頬を床につけたままの姿勢で。
年見は冴木に向き直ろうとした。
「この…」
が、それは叶わなかった。
彼の身体が宙に浮いた。
そのまま空中をゆらゆら動いたかと思うと、足をばたつかせて床をもとめながら、
彼の身体は突然加速し、ガラスを突き破ってそのまま飛んでいってしまった。
直線ではなく放物線を描いて飛んでいったところを見ると、やがてどこかへ落ちたのだろう。
廊下に、静寂が訪れる。
二人――賀東と冴木は長く黙っていた。
最初に口を開いたのは賀東で、それは肘の痛みが鎮まってきたからだった。
「生きてますか?」
ややあって、冴木が答える。
「死んでるかも」
「……ともかく、助かりました」
「どういたしまして。腕は大丈夫?」
「おかげさまで。先輩に比べりゃどってことないっす」
賀東は立ち上がった。未だ起き上がれずにいる冴木の側に片膝をつく。
ん、と気合の声とともに、彼はそのまま冴木を抱きかかえた。
「あら嬉しい。この年になってお姫様抱っこなんて」
「……医務室まで生きててくださいよ」

328 :天使と悪魔(8):03/08/19 01:59
「しかし、魔法、ですか? あんな力、使えたんですね」
「そ、魔法。しかも万能。便利でしょ」
「確かに便利っすね。俺も一発きちっとした魔法もの提出してみようかな」
「でも、その分精神力は消耗するわ。手軽な万能なんてものはありえない」
「万能って言葉にこだわりますね」
「神坂くんや私たちの世代が提出するレポートと、
 賀東君たちの世代が提出するレポートの違いの一つよ」
「今のところ、俺には関係ない違いのような気もしますが」
「確かにそうね。端的なのは榊くんかしら」
「…聞きましょうか」

「私たちの世代のレポートに魔法や魔術が出てくるとき、
 それはろくな理論体系のない、まさに『魔法』でしかないことが多いわ。
 何にでも使えて、いくらでも強力。それが私たちの魔法。
 それに比べて――秋田くんあたりから顕著になってきた傾向だけど――
 榊くんあたりになってくると、魔法が、いわば科学化してるのよ。
 何がしかの制限がかかってることが多くて、用途も限られてる。
 でも、そういう魔法って、使うほうとしては気が楽なのよね。物理法則化してるから。
 それに引き換え、私たちの魔法は、理論に縛られてなくてとても便利。
 でも、便利だからってそんなものを無制限に使えば、
 レポートにとんでもない破綻をきたすのは目に見えてるわよね。
 だから使いどころは慎重にして、気を使わなきゃいけない。必然、疲れる。
 神坂くんは経験でそこを補ってる面があるけど、
 クラス機関誌の長期連載なんてやってない私にはとてもムリ。すぐ疲れちゃう。」

「魔法も大変なんすね」
「新城くんと組んであんなレポート出してた賀東くんの言うことかしら?」
「……さて、医務室が見えてきましたよ、と」
「だいぶ混み合ってるみたいね…」
「その分何か役立つことが聞けるとは思いますよ」

329 :天使と悪魔(9):03/08/19 02:01
「年見くんか…まだまだ、暴走した生徒はいるんだろうな…」
コミュニケ―ターの向こうで榊がため息をついた。
賀東は、左腕の治療を受けながら榊に事の次第を話していた。
「とりあえず、冴木先輩脱落と賀東くんの一時離脱の件は了解しました。
 …それと、負傷なり行動不能状態に陥るなりした普通の一般生徒を見つけたら
 速やかに適切だと思う処置をとってください。
 今回のように、置き去りにしてきたことを後で思い出した、なんてことでは
 富士見ファンタジアクラス全体の校内評価にも関わります」
「すまん。完全に俺のミスだ」
賀東はうなだれた。
校内ではたわけた西海岸ノリの男だと思われているが、実のところ、この男はかなり責任感が強い。
「まあ、慣れない状況ですから仕方ないですよ。次から気をつけてもらえれば」
「慣れたくはないと思うが」
「いや、まったく。
 …じゃあ、左腕の目処が立ち次第連絡ください。
 賀東くんの次の行動はそのとき相談しましょう」
「いや、その、次の行動というやつなんだが…」
賀東は榊に自分の見通しと考えを打ち明けた。
榊は少し逡巡したが、結局は納得した
「……分かりました。くれぐれも気をつけて」

330 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 05:17
 ──その頃、戦場から程近い物陰で。

「手軽な万能はありえない、ですか」

 場にそぐわない、のんびりした声だった。

「確かに普通はそうなのかもしれませんね」
「しかし何事にも例外はあるのだよ」

 純白のタキシードに身を包んだ男が、口元を押さえて笑った。

「ある意味、ファンタジアの弱みはそこにあるとも言えるだろう。
 彼らは我らのように、ミステリー要素のないミステリーをレポートにすることはできん。
 枠を壊し、枷を外す力。そしてそれゆえに、我らはあらゆる限界を越える。
 わかるかね…これが、猟奇ということだ」

 恍惚すら混じる表情で、最初の声の主に声をかけた。

「…はい、水城師匠。
 今は雌伏に甘んじていますが、戦況が煮詰まったときには…ですね」

 水城は深々と頷いた。

「そうだ。その時には、君にも動いてもらうことになるぞ。
 いかなる覚悟も代償もなく、真に魔法を“遣う”者の強さ、奴らに教えてやるのだ」

 最初の男は、そのとき初めて、笑顔を浮かべた。
 そして、言った。

「はい、心を込めて…」

【枯野瑛──水城配下にて傍観中】

331 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 05:19
ふと思いついたんで、勝手につなげてしまった。
>321-329さん、スマン。

332 :イラストに騙された名無しさん:03/08/19 21:20
>>315-318

エロゲのような白濁液まみれの美月たんを想像してしまった_| ̄|○


333 :サトーさんと、とある“彼” 3:03/08/19 21:43
若月の様子を見届けた有沢は、ポケットから水晶で出来たネックレスを取り出し首から下げた。
そして、反対側のポケットから袋に入ったポップコーンを取り出す。
有沢「久し振りだな、サトーさん呼ぶのも。…それだけ僕がゼロを書いてないってことか…。」
少々自虐的だが、その宝石細工の瞳には決意の光が灯っていた。
そして、ひとつかみのポップコーンを空高く放り投げる。
有沢「さとーさん、さとーさん、ひさしぶりだけど、おねがいします。」
一陣の風がポップコーンを流れに乗せ、一点に収束し始めた。低く、深い、獣の遠吠えのような風の音。緩やかに、
はげしく乱舞したポップコーンが形を取り。
そこにホノカワヌシの姿があった。
「ヒサシブリニオロサレタトオモエバズイブンヒドイジョウキョウダナ」
ホノカワヌシの言葉が頭に直接響いてくる。
有沢「まぁ、そういうわけなんで宜しくお願いしますよ。」
ホノカワヌシ「マァイイダロウ」
床に転がっている3人の魂から巨大な「嫉妬の炎」が剥がれるように離れた。
有沢「と、言うわけで…さとーさん。ごー」
その言葉がきっかけとなってホノカワヌシが大きく顎を開いた。
その途端、台風クラスの暴風が吹き荒れ、サトーさんの口へ収束してゆく。
「嫉妬の炎」はなす術もなく吸い込まれた。
すべての炎を吸い込み終わる頃、有沢は酷い頭痛と眩暈、意識の低下を併発していた。
有沢「さて、僕はとりあえず休もうかな…とりあえずは“彼”が動いてくれるだろう」
そして、すべての工程を見届けた有沢はゆっくりと前のめりに倒れ、若月に抱きとめられる。
そして、“彼”が
目覚めた。


334 :サトーさんと、とある“彼” 4:03/08/19 22:04
いつの間にか黒マント、黒頭巾を身につけた有沢…いや、栄沢汚水が教室の中央に仁王立ちしている。
栄沢汚水「ふはははははは!!!久しぶりである!!…おや?若月君、何故よそを向いているのかね?」
若月は当然の行動をしたまでだが、栄沢はそれを少しも理解していないようだ。
若月「うるさい!!私に話しかけないで!!!」
栄沢「ふははは、どうやら未だに私は嫌われているようだな。まぁ、それも致し方あるまい」
仁王立ちのまま高笑いをする栄沢。
若月「…どうして怨念の塊であるアンタが古橋先輩側に付かないのよ…」
流石に疑問に思ったのだろう。若月は渋々栄沢に尋ねた。
栄沢「ふむ、それは我が半身である有沢の意思だ。彼はこの場の収集を私に託した。
自称なりとも私も貴族を名乗る身だ、約束は違わない。
それにだな、この事態は我が思想を広める絶好の機会でもある。利害の一致であるな。」
腕組みをし大袈裟に頷くと、突然栄沢は教室の窓を開け、外に飛び出そうとして若月の方に振り返る。
栄沢「若月君、そこにいる3人を医務室まで運んでおいてくれたまえ。…なぁに、私のことは心配無用だ。
外で面白い光景を見つけたのでな。少々私の偉大なる思想を彼等…ワナビと言ったかな?に広めてくるだけだ」
若月「誰がアンタの心配なんか!!!」
心底嫌そうに叫ぶ若月。
栄沢「おや、手厳しいな。では、あでぃおす!!ていくおふ!!!ふははははははは!!」
高笑いをしたまま栄沢は窓から飛び立った。
若月「…早く戻ってきてよ…有沢君…」
教室に1人(足元に3人転がってはいるが)残された若月がウンザリした様子で呟いた。


335 :高畑vs麻生1:03/08/19 23:11
 ――その音は、背後から届いた。

 高畑――ガーディアンが振り返った時には、走ってきた長い廊下の端に、見知らぬ奇妙なオブジェ――おそらく椅子
に使われていたものだろう、捩じれた鉄パイプに貫かれたワナビが張り付けられていた。
 ワナビ達の苦悶の声と、少しずつ大きくなる足音がガーディアンの鼓膜を振るわせる。
(……どっちだ?)
 黒化しなかったワナビが川上の側についたと、高畑は秋山から連絡を受けていた。敵になったとはいえ川上側ワナビ
は、対策班に無用な攻撃はしてこないだろう。ならば彼らを手にかけたのは、黒化した『敵』である可能性が高い。
 黒ワナビか、川上側か。廊下に面した窓から強い西日が差し込み、濃い陰影がワナビの造作を隠している。判別は、
つかない。
「君は、誰だ!」
 高畑の誰何に答え、足音の主が姿を現す。艶を帯びた黒い毛皮とプロテクターのようなもので覆われた身体。その姿
とどこか不釣り合いな、昆虫の複眼に似た赤味を帯びたレンズ状の目。
「イレギュラー……、麻生くん」
 廊下の両端、――二人の改造人間が対峙する。

336 :高畑vs麻生2:03/08/19 23:12
 電撃クラスの高畑と、富士見ファンタジア・角川スニーカークラスからレポートを出して来た麻生。二人の間に直接
の繋がりはない。だが、同じ題材を取り上げたもの同士、共感めいたものはあった。
 久しぶりに見た麻生に、高畑は場にそぐわぬ感慨を微かに抱いたが、イレギュラーは高畑に向き直ることなく、ワナ
ビを貫き壁にささった鉄パイプを抜いた。支えを失ったワナビの身体がずるりと崩れ落ちる。
 そしてふいにレンズ状の目がガーディアンを捉えた次の瞬間、鉄パイプが西日を切り裂きながら凶悪な速度で飛んで
きた。血にぬれた凶器を躱し、ガーディアンは1歩踏み込んだ。既にイレギュラーが距離を詰めている。殴りかかった
伸びきる前の腕に反転しながら手を添えて、勢いを殺さぬよう壁側に押し出し、自分はそのまま飛び退る。
 軌道をそらされたイレギュラーが体勢を立て直し、その背後で突き当たりの壁が鉄パイプに破られる。高畑は、麻生の
「壊す」という小さな声を、交錯の一瞬に聞き取っていた。
 初代スレ264あたりで『仮面ライダーネタはやめたほうがいい』『今の情勢は「燃え」でなく「萌え」だ』と、苦しげ
につむがれた忠告を聞いた。震える手で差し出されたドラゴンマガジンを見た。
 けれども麻生は最新のレポートで、再び改造人間をテーマとした。漠然と「帰って来た」と思った。――麻生の、望ん
でいた道だと。
 しかし麻生は黒化し、高畑にその力を振るっている。
「麻生くん、目を覚ませ!」
 イレギュラーは答えない。ガーディアンは強く、拳を握りしめた。

【高畑・麻生 交戦中】

337 :掃除屋2  1/4:03/08/20 00:29
軽書校の敷地の中でも外れに近い、本校舎と懲罰棟の間にある林、その林の外縁部の木に背をもたれ、空を見上げる男がいる、電撃班9期の坂入。
夜の空はただ暗く、星ひとつも見えない。そんな、見る行為をを拒絶するかの様な闇一色を坂入はただ見上げる。
(やはり、実戦闘には向かない……か。出鱈目にも程があるからな)
文体の拡大解釈によるカウンター、川上の前で披露したそれは、あまりに体力を消耗することを実感していた。
電磁力を操る魔力を持つ坂入ではあるが、それだけで生きていけるほど電撃班は、軽書校は甘くはない。
だからこその『拡大解釈』だが、現状を見るに、逆に非力を実感しただけにしか思えなくなる。

そんな物思いを断ち切るかのように、鈍い振動音が坂入の懐から響く。携帯電話を取り出すと着信表示はnagiとある。
そのフィクサー ――情報屋とでも斡旋屋とでも呼んで、とはnagi本人の弁―― からの着信を通話に切り替える。

「坂入? いるんでしょ? 電話取ったらちゃんと名乗りなさい、私は慣れたからいいけど。まずはこっちの状況、の前に、あのね、コミュニケーター付けて頂戴。
何処にいるかわからないじゃないの、連絡は携帯で取ればいいけどさ、ね? まあとにかくこっちも大わらわよ、
さとやすさんにはもう会ったんでしょ? こっちで確認したのは阿智さんチームと若月さん、あと緒方さんが炎上化してそっちに――」

携帯電話からの声がよく通る、そこに坂入は突如違和感を感じる。通りがよ過ぎる声、つまりは周りが異常に静か過ぎる。
虫すらも息を潜める気配がある証拠、裏付けのように林から人間の足音が幾つも聴覚に届く。
葉を踏む音、枝を折る音、微かな金属音。

「――他にも何人か、あとマンガ校なんだけ」

通話を切る。携帯電話を懐にしまい、代わりに黒塗りのナイフを出し、右手に握る。
柄が極端に短く、逆に刃が通常のものより長いナイフ。
腕の延長であるかのようにしっくりと収まったそれは、闇と同色でありながら凶器としての鈍い輝きを持ち、
その輝きは一直線にひとつ目の足音へ向かう。坂入がワナビとの戦闘に突入する。

338 :掃除屋2  2/4:03/08/20 00:32
ワナビにとって、恨みをぶつける相手として新人は最適だ。
投稿と言う同じ一年を過ごした同士、そして残酷に分けられる天と地の圧倒的な差。
栄光と埋没。世に出るレポートと出ないレポートの差。
そのレポートが賞賛をもって迎えられるのならば、ワナビたちも多少は落ち着くだろう。
あきらめて去るか次作への推進剤にするか。
しかしそれの評価が芳しくなければ、まさしくそれは格好の恨みの的になる。坂入はその的となるに充分な資格があった。
上がらない評価、そして先の学内投票においても同期の中で最下位。これだけの条件が揃えば充分であろう。
「貴様よりも俺の方が」「なんでオマエなんかが」、その怨嗟と、純粋な殺気が夜の林に交錯する。

3人目、頸部を切り裂きざまに坂入は左へ跳ぶ。
一瞬前までの影をワナビの発するエネルギー塊が通過し、後方の木を砕き折る。
長銃と杖の中間のフォルムを持つ武器を構えるワナビたち。
その武装の銃口とも石突とも取れる場所から、発光する槍の穂先を生成したふたりが更に斬りかかってくる。
坂入は突きかかってくるひとり目の穂先をかわしざまに、手首を切り落とす。
そのまま転がり、起きたところを切りかかってくるワナビをかわし、脇腹に一閃。
これで5人。近くに他のワナビの姿は無い、が、気配は濃密に漂っている。つまりこれは……罠。

――突如、坂入の立つ大地が真上方向に爆発する。――

爆発の大きさと向きから見るに、砲撃ならばありえない角度、真上からの攻撃。
身体を貫くはずの弾体も無く、ただ地面が爆発する。ありえないはずの攻撃。
吹き飛ばされた坂入は叩きつけられた地面に瞬時に反応、一転し身体を起こす。
が、そこに追撃の手が入る。

――「天陣弾(ゲントルブルト)」

かすかな声が聴こえた瞬間には坂入は横に飛んでいる。
半瞬前の影を通過するエネルギー、法力弾。呟くのはただ一言。

「伊都先輩……っ」

339 :掃除屋2  3/4:03/08/20 00:34
伊都工平ならば爆発にも納得がいく。真上からの攻撃ではない。
法力波を用いた集団魔法によって真下から突き上げたのだ。
そしてその集団とは、それぞれ杖――主に中司杖――を構えた、幾多もの、黒ワナビ。

ダメージは大きい。
撤退は不可能、逃げるだけならば背後から狙い撃ちにされる。徹底抗戦はあまりにも分が悪い。
ならば全力で突破し、そのまま突きぬける。そう判断した坂入は躊躇無く動き出す。
目標はワナビ一体。あまりにも鋭利な直進から交差、法力刃を張った中司杖をかいくぐり手首を切り裂く。
返り血も付かないほどの速度で瞬いたナイフ。三歩進んだ所で絶叫が耳を突く。
そのまま林を抜けてその先にある懲罰等へ転がり込む。扉を閉じて施錠し、奥へ向かって走る。

懲罰棟、地上部分は三階建で更正室として使用、
地下部分は懲罰室として教員特秘事項のため事前の調査不能。
まっすぐな廊下、壁には幾つもの鉄扉。付きあたりには上階への階段。
足をかける寸前に破砕音と共に扉が倒れ落ちる。坂入は振り向きざまにスローイングナイフを投げる。
30メートルはある距離を失速することなくナイフが走り、飛び込んだワナビの口蓋に刺さる。
倒れるワナビを見ることなく坂入は二階へ。

狭い屋内においては長司杖は扱いにくい。
そう判断した伊都は、手勢のワナビのうち、7人を追撃に出す。
残りの5人は手元に置き、更に2人を外からの監視に当てる。
追撃隊が階段を昇るのを見送った後、黒化している伊都はつぶやく。

「――何が選考員奨励賞だ。虫唾が走る」

そして自らの長司杖から對法石を外し、背中にくくってあった中司杖に付け替え、ゆっくりと歩き出す。
止めを刺すために。

340 :掃除屋2  4/4:03/08/20 00:38
二階に上がった7人のワナビのうち、2人は声を上げる事すら許されなかった。
三階への昇り階段そばの天井の隅にナイフを使って張り付いていた坂入は、
警戒するワナビの列が7人で切れたのを確認したところで最後尾に落下。
振り返るワナビの首筋にナイフが吸い込まれる。散開を許さぬ速度でふたり目の胸部を突く。


伊都が階段から二階の廊下が見える位置、その位置で惨劇が終焉を向かえた。
咽喉から血を噴き出し倒れるオブジェの様なワナビを背に廊下の中心に立つ坂入。
階段を駆け上がった伊都は当たり前のように杖を構える。遅れたワナビも続く。

「賞持ちにはわかるまい、入学時に受ける外様のような扱いは、貴様にはわかるまい。
 あの金色の帯への憧れ、刻まれる栄誉の“賞”と言う文字。貴様にはわかるまいっ!
 …………さあ、逃げ道はないぞ、おとなしくここで果てるがいいさ。」

坂入は動かない、表情すらも変えない。

「俺の帯だって金色じゃあない。
 それに、賞が有ろうと無かろうと、――伊都工平は伊都工平だろうに―― 」
                         センパイ    センパイ

坂入の袖口から金属製の小さな箱が現れる。伊都とワナビが法力弾を放つ。坂入は構わずに箱に付いたボタンを押す。
直後。
懲罰棟が迷い無く爆発した。


【懲罰棟崩壊/伊都・坂入、共に生死不明?】

341 :掃除屋2 番外「人間失格」:03/08/20 00:41
崩壊した懲罰棟を見るワナビ2人にひとつの影が声をかける。
殺気が放たれているわけではない。
危険は無い、無いはずだが全身が、それを、影を危険だと警告する。

「いや近くですげえでけえ爆発音がしたから来てみればこの有様、まったくもって ――傑作だな。
で、アンタ、俺に敵対する気、ある? ん、無いのか、そりゃあ残念だ。ま、どうでもいいけど。」

そう言って影は身をひるがえし、そのまま歩きだす。
その瞬間にワナビは見た。影の手元に光る何か。それは糸のようなもの。

「あ、あちゃ、悪い。殺しちまった。」

ワナビの身体が分断される。腕が、脚が、顎が、肩が、頸が、胴が。

342 :一色の誤算:03/08/21 21:30
一色銀河「何でこうなるんやああああああ!!!」
大勢のワナビに追いかけられている一色が絶叫する。
橋本の「金曜日のお化け」がなくなった今、一色の計画していた「黒化した奴らを階段におびき寄せて殴り倒す」は
完全に破綻していた。(この計画自体が既に「スポーツマンシップ」に則っていない気がするが、気のせいである。)
こうなってしまうと一色はただの「ラノベ校最弱世界観作家」である。
黒化していない一色では、ワナビ達を「若草」の世界観に完全に引きずり込むことは出来ない。
辛うじて捕まらずにいるのは「50m5秒7」という超高校級の俊足と
移動系の特殊能力をかろうじて無効化できたおかげである。
一色「1対1やったら何とかなるんやけど…流石に多勢に無勢や…しゃーない予定変更グラウンドや。
あそこならワイの世界観に完全に引きずり込めるはず!!」
そう呟くと(最後のほうは完全に叫んでいたが…)一色は1階の昇降口からグラウンドに向けて走り出した。

343 :発動!地獄の猛特訓!!:03/08/21 21:33
大勢のワナビを引き連れたまま、一色は計画通りグラウンドの奥に設けられた野球場に駆け込んだ。
そしてホームベースの横に止まると、どこからともなく籠に入った大量の硬球を取り出し、ワナビ達のほうへ振り返る。
一色「ここに来てまえばワイのもんや。…教えたるで、ワイとオノレらの違いっちゅーもんを!!」
そう叫ぶと、籠に入った白球を次から次へとバットでワナビ達のほうへ飛ばしていく。
要するにノックをしているのだ。
ワナビA「野球ボール如き、俺の能力を持ってすれば簡単にブゴッ!!」
避けようとしたワナビAのみぞおちに硬球がライナーで突き刺さる。
腹を抑えながらワナビAは驚愕した。
ワナビA「な、何故力が発動しない!?今の球如き、俺の世界観を持ってすれば簡単にかわせグガッ!!」
疑問をぶちまける間にも次から次へと白球はワナビ達を襲いつづける。
白球が底をついた頃、ワナビ達はグラウンドに倒れていた。
一色「ワイのメインの世界観、つまり「野球場」に入ったのが運の尽きじゃい。
「野球場」におる限りは「スポーツマンシップ」に則った能力しかつかえへんのや!!
殺戮どころか殴り合いすらも無効化できるっちゅうこっちゃ」
それを聞いたワナビ達は絶望感に襲われた。今自分たちの中に一色を越える運動選手がいるわけがない。
いや、ラノベ校全体を見ても彼と同じ舞台に立てる人間はほぼ皆無と言って良いのだから。


344 :厚さの違い:03/08/21 21:37
一色「ケッ!情けない奴らやな!!自分の世界観が封じられたらそれで打つ手なしかい!!」
額の汗を拭いながらワナビ達に怒鳴り散らす一色。
ワナビA「そ、そんなこと当り前だ…。「作家力」を封じられたら…アンタだって何も出来ないだろう!!」
ワナビAの反論を、一色は鼻で笑った。
一色「はん!!その考えがオノレらとワイの違いや!作家力なんざあらへんでもいくらでもできる事はころがっとる。
オノレらに決定的に足らへんのは「アイディア」でも「オリジナリティ」でもない!「人間力」や!!」
聞き覚えの無い言葉にワナビ達は眉をひそめる。
ワナビA「な、なんだよ…人間力って…聞いた事ねぇよそんなもん!!」
すっかりワナビ代表になっているワナビAが言葉を返す。
一色「人としての器量や知識。つまり「人生におけるフトコロの深さ」や。
要するにワイが言いたいんは経験が足らんっちゅうこっちゃ」
今までの人生を総否定されるような事を言われ、ワナビ達は激昂して立ち上がった。
ワナビA「なんだと!!好き勝手いいやがって!!テメェのレポートだって自分で実際に経験したことを
書いてるんじゃねぇだろう!!」
自分の足元に転がっている白球を掴むと、反論とともに一色めがけて投げつける。
その白球を素手で掴むと、呆れ顔でワナビAに説教をはじめた。
一色「体験談をそのまま書いたらドキュメンタリーやがな。そないな事言うとるんやない。
自分が体験した事をレポートに反映させるっちゅうことや。
オノレ等が薄っぺらいからオノレ等が創った世界観も薄っぺらくなるんじゃい!
オノレ等の世界にもっと厚みがありゃ、ワイの世界観に完全敗北することは無い。
他人に嫉妬しとるヒマがあったら少しでも色んなことを体験するんやな。だいたい最近の若い連中は…」
一色の説教は延々と続く。

一色の説教が終わる頃には、ワナビ達は一人もいなくなっていた。
一色「ケッ!逃げおったな、あのアマども…まぁええわ。」
そう呟くと、一色は1人で球拾いをはじめた。

345 :高畑vs麻生3:03/08/22 00:07
 戦いの舞台となった廊下、窓ガラスの大半は既に割れ、壁も所々砕けている。壁の奥から古い、淀んだ空気が漏れていた。
 相手の力を計りながら何度も打ち合う、掴み、払い、位置を入れ替える。パワーもスピードもほぼ互角。対策班として動
いて来た"ガーディアン"高畑より、"イレギュラー"麻生の方がスタミナと蓄積ダメージの面では有利、身体制御と相手の動き
の読みは高畑が勝っている。
 一見イレギュラーが押しているようだが、双方共に大きなダメージはない。ガーディアンは巧に攻撃を受け流し、一撃必
殺の隙を窺っていた。
 瓦礫に足を取られてガードのあいたイレギュラーの胴に、渾身の蹴りを放つ。充分な手応え。ふっ飛んだイレギュラーは
それでも尚、壁を蹴って飛び込んでくる。しかしそれは直線的な動きだ。高畑は、左右の拳を強く握り締めた。前腕部外側
に起き上がる刃が黒い毛皮に突き刺さる、予測した未来を引き寄せる好機が高畑の前にあった。
 微かな呟きとともにイレギュラーが変身を解く、その時まで。
 ―― っ!
 始めから"麻生"が相手ならば、高畑は過たず勝利を掴みきっただろう。だが、改造人間同士の戦いに割り込んで来た"生身
の人間"という認識が、取り戻せぬ空白を生んだ。そして気付く――麻生の手に握られた『それ』――波型の短剣に。
 鞘走った青白い刃が眼前に迫る。身体をひねったが避けきれず、外殻ごと肩の肉が削がれていった。
 痛みにバランスを崩した高畑に追い打ちをかけることなく、麻生は剣を青眼に構える。平坦な声と感情の消えた顔は、イ
レギュラーのレンズ状の目より無機質な印象を与えた。
「……僕は、ライトノベル校を、壊す。ただ萌えさせればいいとしか考えていない人間たちのライトノベル校を」
 夕日を受け廊下に転がる鞘は、かの主人公の物とは違う――青い色をしていた。

【高畑・麻生 戦闘続行】

346 :彷徨える穏健派筆頭3:03/08/22 00:12
 あちこちで繰り広げられる戦闘を避け、黒ワナビたちを撒き、葉山は手近な部屋に飛び込んだ。額から流れる汗を体
にそった黒いシャツの袖で拭い、息を整え、顔を上げて部屋を見渡し、瞬きをする。
 そっけない家具と最低限のキッチン、ビジネスホテルとワンルームマンションを足して3で割ったような造りに覚え
があった。背中を預けていたドアのプレートを確認する――『富士見クラス特別自習室』――レポートを2か月連続提
出した時に泊まり込んだ部屋だ。
 葉山が使っていた時に水槽を据えていた壁際には、いくつか段ボールが置かれている。端の箱が横倒しになって、中
身が外に出ていた。ポスターの先が、床にこぼれている甘い匂いのする白い液体に浸かっている。
「……もったいない」
 広げて、ついため息をつく。一部色のにじんだポスターは、ライトノベル校生徒憧れ絵師の一人である弘司の手によ
るものだ。ふと思い立って別の段ボールから覗くコートをひっぱり出す。ところどころ折れ線の付いたトレンチコート
のブランドはアスキュータム。
「麻生さん、かな」
 『無理は承知で私立探偵』はハードボイルドを応用したとライトノベルの一形態として、富士ミスクラスの課題図書
の一つになっていたはずだ(しかし実際のところ、応用以前にハードボイルドの基礎知識のある生徒は少ない)。葉山
にとっても話をしてみたい人の一人である。
「そういえば、『たんてーさん』ってスニーカークラスのレポートだっけ」
 しかもファンタジアクラスのレポートと並行して書かれている。――彼は、どう考えていたのだろう。
 ぼんやりとした後ろ向きな思考は、低い振動で破られた。上の階で戦闘が起きている?――とっさに天井を見上げ、
轟音とともに激しく揺れた床に思わず手をつく。
 指先に冷たい金属が触れる。転がる鈍い銀色に光る円筒や懐中時計。麻生のレポートを思い起こし息をのむ。『遺産』、
超文明の産物――ちからをあたえるもの。

【葉山 まだヘコみ中】

347 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 12:05
 女はカードの束をきりながら
「紙で切った傷口って痛いのよねー」
 猫に逃げられ呆然としていた男の顔が恐怖に歪んだ

「ま、まて! それだとカードが血で汚れるから------」


348 :帰ってきた男1:03/08/23 13:04
男は一時期その生存を疑われた。
富士見班の間には戦闘民族河内人として生まれたこの男のためのみに新たな賞
が設立されたと伝えられている。
横文字を使わないSF作家と呼ばれ、定期的にレポートさえだしていれば富士
見班の看板と呼ばれてもおかしくない男。
たった一本の短編レポート集でラノベ校でも権威あるテストでトップ成績を獲得し、
長い沈黙を破り季節ごとにではあるが定期レポートも提出し始めた。
その男がライトノベル校に帰ってきた。
おとこはぷかぁと煙管をふかす。
己の持つ宝貝の力で往事の体力と執筆力を取り戻した男の前に一人のワナビが
襲いかかってくる。
「キシャアアアアアアア!」
もはやワナビはそれが無害であった一般生徒であったとは信じられないほど変容し
ている。
「ほぅ、『領域』の浸食か。『支える者のいない』一般生徒ではひとたまりもないのぅ」
男はワナビの強烈な一撃を一流の武術家の動きでかわすと、直立した人差し指と中指で
ワナビの首筋を数回突いた。
それだけでがくり、とワナビが糸の切れた人形のように崩れ落ちる。

349 :帰ってきた男2:03/08/23 13:05
「ほい、起きないか」
すたすたと崩れ落ちたワナビに歩み寄ると、男はその背筋に活を入れて意識を取り戻させる。
ワナビの瞳には理性の光が戻っていた。
「あ、あなたは!」
ワナビ……否生徒の表情が驚愕に彩られる。
「何があったかはだいたい想像がつくが、詳しい話を聞かせてもらおうか」
「黒古橋の領域浸食です! すでに何人もの特別生徒が黒化し、このままではラノ
ベ校は崩壊してしまいます。ラノベ校を助けてください! 古橋の額に封印の札を貼
ればラノベ校は助かります!」
「ワシにラノベ校を助けて欲しいと?」
「はい、この戦いを終わらせて欲しいのです」
    
「いいよ『戦いを終わらせてあげよう』」
「あなたが古橋を倒してくれるんですね?」
「頼まれるといやとはいえん性分なのでな。ただし古橋を倒す気はさらさらないぞ」
言葉の意味が生徒にはいまいちよく分からない。古橋を倒すことが戦いを終わらせ
る唯一の手段ではないのか?
「ふむ、まずは偵察といくか」
ろくごまるには、腰の瓢箪型の宝貝『断縁獄』から靴の宝貝『俊地踏』取り出し履くと
地を蹴って駆けだした。

【ろくごまるに自宅療養より復帰】 

350 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 21:13
ろくごキタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!

351 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 21:52
ろくごキタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!
今回は最後まで絡んでほすい。
宝貝も殷雷刀も含めてたくさん出ると良いなあ。

352 :イラストに騙された名無しさん:03/08/23 22:55
幾多のワナビが、雑然と歩きながら医務室に向かっている。その狙いはただ一つ。
ワナビA「ケッ、一発ネタ野郎の分際で調子に乗りやがって」
ワナビB「身の程知らずなんだよ、くっだらねーレポート上げて、なーにがナンバーワンだ」
ワナビC「てめーのような屑がこの学園を腐らせているんだよ」
ワナビD「な〜にがぴぴるだ、寒いんだよ」
おかゆまさき。定型を無視した文と突き抜けたギャグ、ストーリーテリングというものを放棄したそのレポートは、
ワナビにとっては嫉妬の対象以外の何ものでもない。
医務室が見えた。ワナビ達が、取り囲み押し入るため散開しようとしたその時、一陣の風、いや炎が片端のワナビ達をなぎ倒した。
???「ふん」
ワナビC「炎髪、灼眼…高橋弥七郎か!」
炎と砂塵が収まると、そこには刀を無造作に構えた一人の男がいた。その眼は、色とは逆に、ひたすら冷たい。
ワナビA「チッ、…あんな媚びまくったレポで売れて、嬉しいかこの野郎」
ワナビE「A/Bの続きはどうしたよ、オラ」
ワナビC「イヤだねー、信念を捨てた浅ましい作家って」
ワナビ達は最初の衝撃から立ち直ると、口々に高橋を挑発し始める。
が、高橋はただ一気に踏み込み、まず一番手近なワナビを切り捨てた。
ワナビ達は慌て、高橋を取り囲もうとするが、高橋は素早く後退し、後ろに回り込もうとしたワナビを牽制する。
そして、こう言い捨てた。
高橋「お前らの惨めな事情など、俺の知ったこっちゃない。ただ、迷惑なんだよ、お前ら」
激高したワナビ達が一斉に襲いかかる。が、高橋には全くひるむ様子はない。
高橋(……おかゆ、おまえはおれが守るから。)


医務室‥‥‥‥‥当面使用不能

353 :黒美月、彷徨。 1:03/08/24 13:10
「乙一くん、乙一くん、乙一くん……」
 戦いの始まった医務室には目も向けずに、彼女はフラフラと廊下を歩き続ける。
 右手には鉄のラケットを持ち、左手には爆弾のボールを掴んだ彼女。
 長い前髪をダランと垂らし、伏せた顔から表情を窺い知ることはできない。
 ボソボソと漏れるその声から、感情のようなものを掴むこともできない。
 今の彼女に、『感情』と定義されるものがあるのかということすら、わからないのだ。
「乙一くん、乙一くん、乙一くん……」
 彼女は操り人形のように不確かな足取りで歩く。
 そして、角に差し掛かったときだ。
「お、女だ」
「オマエは、俺たちの仲間か?」
「これから一緒に、思い上がってる奴等をブチのめしにいかねぇか?」
 獲物を探していた醜きワナビたちが向こうから歩いてきて、彼女の前に立った。
 彼女は、顔を上げない。
「おい、なんか言えよ」
 ワナビのひとりが訝しげに彼女の顔を覗き込む。
「あーん?」
 彼女の前髪を荒々しく掴んで、顔を上げさせ……
「……!」
 ワナビは、表情を凍りつかせた。
 そして、彼女の口から幽かな言葉が漏れる。
「……乙一くん……?」

354 :黒美月、彷徨。 2:03/08/24 13:10
「ハァ!?」
 ワナビたちがその名前に反応した。
「乙一くんは、何処?」
 彼女の声が、少しだけ明瞭になる。
 ワナビたちは顔を見合わせ、そして大声で笑った。
「乙一だぁ!? あの、ラノベとミステリーをフラフラしてるヤツのことか?」
「あんなやつ、ラノベ校には必要ねぇよ。あっちでダラダラやってりゃいいんだ」
「乙一を殺りたいのか、オマエ?」
 口々に乙一を罵る言葉を吐くワナビたち。
「何かおもしれぇから、俺たちゃ乙一のヤツを血祭りにあげてみっか」
「そりゃいい! この姉ちゃんとな」
 ワナビのひとりが、そう言って背後から彼女の肩に手を、
「乙一くん……」
 置こうとして。
「乙一…くんを……」
「?」
 彼女が、振り返った。
「乙一くんを……」
 そのワナビは、彼女の目を見てしまった。
「……うっ!」

「乙一くんを、馬鹿にするなあっ!」

 次の瞬間、彼女のラケットが唸りをあげながら、ボールを弾いた。
 上から叩きつけるように……そう、スマッシュさながらの激しさで。
 ボールは至近距離にいたワナビの喉元に刺さり、同時に破裂した――!

355 :黒美月、彷徨。 3:03/08/24 13:11
 パアンッ!

「グワアアアアアアアアアアアアッ!」
「ヒッ!」
 他のワナビたちが、一歩後ずさりする。
 しかし、すぐに咆哮をあげた。
「キサマぁ!」
「仲間じゃないなら、殺る!」
「うおおおおおあっ!」
 一斉に飛び掛るワナビたち。
 だが……

 パパラパパパアンッ!

356 :黒美月、彷徨。 3:03/08/24 13:12

 十数秒後、彼女は再び空っぽな彼女に戻り、歩き出す。
「……乙一くん、何処にいるの……?」
 真っ黒になったその場所に背中を向けて。
 小さなくちびるから、唾液とともに漏れ出す言葉。
「乙一くん……」
 床に落ちたのは、しかし唾液だけではなかった。
「……乙一くん……」

【美月の彷徨は続く――】










「……殺して……」

357 :「黒美月、彷徨。」を書いた者:03/08/24 17:19
ごめんなさい、「3」がふたつありますね……_| ̄|○

358 :トマトをめぐる攻防 1:03/08/24 21:28
  スピーカーから妙な波動を伴なった、クラシックな音色が流れてきた。
黒古橋(全性音楽か、岩佐はうまく放送室を稼動できたようだな)
  ここは校舎管理棟の警備担当室である、だがなぜかまったく人影が無い。
 数分前までは確かに人がいた形跡があるのだが……。
黒古橋(なぜだ? システム上ここが無人になるなど、有り得ないはずだが)
  キィ……、扉がきしむ音を聞き、直ちに戦闘準備に入る。
声「ようやく会えましたね、古橋先輩」
  振り返ったその先には、黒いマントを羽織った見知った男が扉に手をかけていた。
黒古橋「うえおか、そういやラウンジにいなかったが……。一人で散歩か? 
   わざわざご苦労だな、それともまた殺されに来やがったのか?」
うえお「いえ、もちろん先輩に復讐するためですよ」
黒古橋「フン。それ以上進めば完全なるオレの領域だ、イーチャーリンクが無ければ
   話にもならんぞ、くろすけ」
  躊躇無く領域内に踏み込むうえお、マントが消えないところを見ると、
 どうやら自前で用意していたようだ、律儀なやつである。
うえお「この前の事件での借りが返せていませんでしたからね、やられっぱなしは
   称に合いません」
  無言で黒杖を構え呪弾の圧唱に入る。
うえお「まあ焦らないでください。先輩はライトノベル校地下の特別隔離室を
   知っていますか? かなり有名な話だと思うんですが」
黒古橋「地下牢のことか、それがどうした?」
うえお「この警備担当室は隔離室の制御も行っています。もっともあまり役に
   立っていませんけどね」
黒古橋「何が言いたい? 時間稼ぎか?」
うえお「先輩の探している、栗本先輩の行方を教えてあげようと思いましてね」

359 :トマトをめぐる攻防 2:03/08/24 21:30
黒古橋「……なぜ分かった? いや愚問だったな、謎解きが貴様の力だ」
うえお「栗本先輩の度重なる暴走は、古参生徒や編集部でさえ制御できませんでした。
   古橋先輩が知らなかったのも無理はありませんが、今は数名の生徒からなる
   封印機構に組み込まれています。表向きは地下での幽閉ですがね。
   ケイオスヘキサ東方編、ソリッドファイター三部作、タツモリ家四巻、
   ついでに\二巻、先輩のコンプレックスは打ち切りとシリーズ未完です。
   単独シリーズでのギネス記録を持ち、百巻に手が届きかけている栗本先輩には
   怨みも並ではないでしょう。さらに彼女はライトノベル校最強の戦闘技能を
   保有しています。憑依の対象としては理想的でしょう。」
黒古橋「外れてはいないと言っておこう、だがここでの謎解きに何か意味があるのか?
   貴様から情報を引き出して、さっさと殺せばいいだけの話だ。
   コミニュケーターも所持していないしな」
うえお「僕一人でけりを付けなければ復讐になりませんから」
黒古橋「くろすけ、事件解決の謎解きならば、貴様に匹敵するキャラはこの高校
   にはほとんど居るまい。だが直接的な戦闘能力でオレにかなうと思うか?」
  マントをはだけるうえお、わきの下に携帯用スピーカーが取り付けられている。
うえお「異世界構築系の能力ならば、領域内でも少しは効力を発揮できます。
   ちゃんと自分の力は把握していますよ」
黒古橋「パーフェクトワールドに閉じ込めるつもりか? 無駄だ」
  黒杖から絶え間なく呪弾を放出し、一気に距離を詰める。
うえお「掛かった。開けパーフェクトワールド!」

  突如として吹き荒れる旋風、赤い夏の香りと、奇怪な叫び声がこだまする。

謎の声「ホヒィ! ホヒィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!」
黒古橋「?!」

360 :トマトをめぐる攻防 3:03/08/24 21:32
黒古橋「馬鹿な……」
うえお「これで詰みです。素直に投降してください」
  手にトマトを持ったまま、じりじりと近づいてくるプレッシャーの塊。
黒古橋(オレの領域内のはずなのに、なんて力だ)
黒古橋「クソッ」
  ただひたすら呪弾を圧唱。しかし撃つたびにトマトで迎撃される。
うえお「今度はこちらのセリフですね。無駄です。投降してください。温帯に
   一対一でかなう者は存在しません。少なくともこの高校ではね」
黒古橋(まさか、うえおにこんな隠し玉があったとは……。ん?)
  温帯の左手首にうっすらと銀色の輝きが見える。
黒古橋(なるほど、グレイテストオリオンか!)
黒古橋「さっきから投降を勧めるのは妙だと思ったが、その温帯、本人ではないな」
うえお「!」
黒古橋「アストラル体を化けさせてんのか? 詰めが甘かったな」
うえお「こんなに早く見破られるとは! やはりイーチャーリンクなしでは難しかったか」
黒古橋「よく考えてみりゃ、貴様如きが温帯を制御できるわけが無ねえな。
   なかなか驚かせてもらった。何かと厄介だし、殺しても無駄そうだから
   封印してやるよ。新人いや、ひよっ子」
  机に置かれていた飲み掛けの烏龍茶(350mlアルミ缶)を逆さにして空にする。
うえお「また負けるのか……、いやまだ望みはある」
  うえおは偽温帯を前面に配置して再び攻撃を開始した。

361 :トマトをめぐる攻防 4:03/08/24 21:34
うえお「高畑先輩と同じハードカバーデビュー、しかも大賞受賞、同じく大賞受賞した
   絵師の田中正樹先輩とコンビを組む。電撃第二期唯一の生存者」
黒古橋「皮肉か?」
うえお「高畑先輩は二作目三作目もハードカバー、筆が遅く、hpでの連載も
   落としがちなのに打ち切られる気配も無い。穴埋め原稿からおかゆまさき、
   電撃大賞の審査員までやっている。この差は何でしょうね、古橋先輩?」
黒古橋「一つ妙なのが混ざってねえか?」
  その間にも呪弾とトマトが行き交い、警備担当室のモニターがズタズタにされる。
うえお「先輩のレポートはマニアックすぎるんですよ。僕のようにシリーズ十巻
   刊行を行うにはね」
黒古橋「あとがきでアホみてえに『悪魔のミカタ@〜I、発売中!』とか
   やってんじゃねえよ。銀賞ふぜいが」  
うえお「レンズマンは電撃では出せかったんですか? 結構評判いいですが」
黒古橋「全自動バックドロップは止まらないは、何がやりたくて発表したんだ?」
うえお「あと黒化黒化ってそれしかネタ無いんですか? 毎回毎回」
黒古橋「職人さんに言え!」

  etc.etc ……

362 :トマトをめぐる攻防 5:03/08/24 21:36
  数時間が経過した、うえおはグレイテストオリオンを手に崩れ落ちている。
黒古橋「つまらん時間をとらせてくれたが、終わりだな」
  うえおのそばに近づいていく。
黒古橋「これは貰っておくか」
  イーチャーリンクから切り離され、エネルギー不足になったグレイテストオリオンを
 うえおから剥ぎ取る。
黒古橋(しかし、温帯化は中止した方がよさそうだな。不確定要素が増えすぎた。
   うえおの言っていた、封印機構も本当か嘘か分からんしな)
  封印の呪法をしかけ、うえおを捕らえる。
黒古橋(まだまだ甘いな、所詮は新人に過ぎないか)
  うえおを封印したアルミ缶を備え付けのダストシュートに投げ込む。
黒古橋(人質ぐらいにはなるかもしれんな)
  思いとどまって、グレイテストオリオンと共にアルミ缶をしまいこむ。
黒古橋(やはり、続刊発行のためには編集関係者か)
  そしてさらに力を強めながら警備担当室を後にした。

 黒古橋→編集部(職員室)へ / うえお→封印

363 :古橋信者:03/08/24 21:44
Bで始まる、ケイオスヘキサはちゃんと完結してるもん
シクシクシクシクシクシクシクシクシク

364 :彷徨える穏健派筆頭4:03/08/24 23:53
 ――これがあれば……っ
 続きを思う間もなく、再び足下が揺れた。身体が動いたのは、無意識の、直感の領域だった。
 目の前の壁が、破裂するように砕ける。庇った腕の隙間から、手を伸ばそうとしていた段ボールが、割れた壁材と
人影に潰されるのが見えた。褪せた色合いの茶と緑、迷彩色の外郭に包まれた異形の人物。
「――ガーディアン。高畑さんっ!?」
 高畑京一郎。今をときめく電撃クラスの記念すべき第一期生。『タイムリープ』はその完成されたパズル的構成から、
富士ミスクラスの課題図書の一つになっていたはずだ(しかし実際のところ、メモを付けつつ本を読むパズラーな生徒
は以下略)。
 身を起こした高畑が、葉山の方へ顔を向ける。
「……君は」
『9月からお世話になります。葉山透です』
 口から出て来たのは、決まって以来練習していた挨拶ではなかった。
「富士見ミステリークラスの葉山です!」
「ああ……、時海君を見たよ」
「結以ちゃんを!?」
 新設故に所属生徒の少ない富士ミスクラス。そのなかでも生粋の、富士見ヤングミステリー賞という看板を背負って
いる生徒は5人しかいない。時海結以は葉山にとって、始めての後輩で妹のような存在だ。
 葉山と同じく穏健派の彼女が、過激派についた同期――師走の演説を泣きそうな顔で聞いていたのを思い出す。大人
しい時海はこの騒動の中無事でいるのか……?

365 :高畑vs麻生4+葉山:03/08/24 23:54
 動揺のまま発せられようとした問いは、驚愕に飲み込まれた。ガーディアンの外郭の至る所に、刀傷と高い熱で焙られ
たような爛れた痕がついている。
 崩れた壁の奥から、粉塵に煙る青白い光が近付いてくる。葉山が声をかける前に、高畑が口を開いた。
「葉山君、君は自分の身を守る力があるか?」
 ガーディアンにこれだけの傷を負わせられる相手では、葉山は首を横に振るよりない。横目でそれを確認し、高畑は膝
立ちになると、壁の奥へ視線を向けた。
 陰から夕日の中へ身をさらした人物に、葉山は目を見張る。青白く光る剣を持ち、血に赤く染まったアイボリーのコー
トを翻し、麻生俊平は深見や南房とは違う静かな――しかし同種の闇を湛えてそこにいる。
「そんな……」
 場に満ちる戦意が何よりの返答だった。――10年以上の時をライトノベル校で過ごし、葉山の何倍ものレポートを提出
して来た先達であっても、黒古橋の狂気に捕われる。その事実が葉山を戦慄させる。
 高畑は覚悟を決め、前腕部外側に刃を起き上がらせた。麻生は歩みを止めると、刃を掲げた。
 ほぼ同時に床を蹴る。青白い光が鋭い奇跡を描き、3本の刃が夕日を受けてきらめいた。一瞬の後――

 ガーディアンの刃が麻生の胸を貫いていた。

366 :高畑vs麻生5+葉山:03/08/24 23:55
 一番呆然としたのは高畑だったかもしれない。刃を引き抜き逃れるように背中から倒れた身体を支え、力の抜けた手の
ひらから抜け落ちそうになる剣の柄を、麻生の手の上から握る。
「麻生くん。どうして……」
 ぶつかる寸前に麻生は剣を下げた。ゆっくりと焦点を結ぶ目に、確かな感情がある。
「……すまない」
 こほ、と血の固まりを吐いて、麻生は言った。
「高畑くん。君が、古橋くん……黒古橋の影響から、みんなを助ける方法を知りたいのなら。僕は、役に、立たない」
 剣の守護神としての機能が傷を癒しているのを確認し、高畑は麻生が話すを止めずにいた。今までの沈黙を取り戻すか
のように、麻生は続ける。
「僕が影響を振り切れたのは、個人的経験の所為でしかない。……僕が、かつて編集者、売り上げを秤にかけて、レポー
トを突き返す立場だったからだ。だから、古橋くんに同調しきれなかった。それに……」
 麻生は言葉を切って、手当に使えそうなものを部屋からかき集めて走り寄る葉山を見た。視線の意味を察して、葉山は
今日2度目の自己紹介をする。
「葉山くん。そこの、パソコンを確認してくれないか」
 電源のランプを確かめ、葉山はマウスに触れた。パソコンが眠りから覚め、ディスプレイが並んだ文字列を映し出す。
「大丈夫。無事です」
 麻生は詰めていた息を吐いた。
「よかった……」
 見る者の胸を突く、心からの安堵の表情だった。

367 :高畑vs麻生6+葉山:03/08/24 23:57
「これから、どうする」
「本当なら剣を封じなきゃいけないと思う。多分君たちが想像するより、これは危険なものだ。僕は、完全に古橋くんの
影響から逃れられている訳じゃない」
 活力を与える剣は同時に、黒古橋を始め黒化した特別生徒、ワナビ達の強い思念を麻生に送り込んでいる。麻生には口
に出さない危惧もあった。
「申し訳ないけれど。剣を畳んで僕の意識がなくなったら、地方行きの特急にでも放り込んでくれないかな。そうすれば
僕は……しばらく黒歴史として封じられる」
「それでいいのか?」
 高畑が眉をひそめる。麻生の剣を握っていない方の手に、バックアップされたCDがあった。
「事態が収まったらすぐに戻ってくるよ、無駄な時間なんてないさ。……僕らはここに帰ってくるしかないんだ」
 励まし競い合う仲間と、何より自分のレポートを待っていてくれる一般生徒のための場所――このライトノベル校に。
 無言で頷く高畑に、麻生はどこか苦い表情を浮かべた。
「高畑くん。黒化していなかったとしても、僕は対策班より川上くんに共感しただろう。……彼ほど豪気ではないけどね」
 だから戦ったことを気に留めなくていい。声に出されなかった言葉を理解して、高畑は微かに笑って言った。
「勝負は、レポートで」
 麻生は目を見開いた。そして「冊数勝負?」と冗談めかして呟きながら、CDを胸の上に置いて握り拳を持ち上げる。
高畑は「それは少し」と口ごもりつつ、握った拳を軽くぶつけた。
 複雑な表情で、葉山はそんな二人を眺めていた。

368 :高畑vs麻生7+葉山:03/08/24 23:58
 剣を畳んで仮死状態になった麻生を、高畑より先に葉山が手を伸ばし背負いあげた。
「平気です。麻生さん小柄な方だし、車で来てますから駅まで送ります」
 だから高畑さんは休んで下さい。そう続けた葉山の、よく見れば気の強そうな顔立ちを見遣って高畑は大丈夫だと判断する。
葉山の心配する通り自分の身体も、致命傷こそ避けているものの傷だらけだ。
「わかった。ただ玄関までは送らせてもらうよ」
 確かに葉山の足取りは、高畑の予想よりしっかりとしたものだった。黒化した生徒に遭遇することもなく玄関にたどり着く。
「時海君は、クラスの仲間を止めに行くと言っていた。――いい顔をしていたよ」
 高畑の言葉に、葉山は何故か泣きそうな顔で、笑う。
「自慢の、後輩なんです」
 ありがとうございました。と、頭を下げて麻生を背負った背中が外へと歩み出す。高畑は争乱の続く校舎を振り仰いだ。
 一刻も早く誰もがレポートに集中できる環境を取り戻さなくてはならない。高畑は拳を握り締めた。それはなにより、自分
のためでもあるのだ。

【高畑→戦線復帰】

369 :そして穏健派筆頭:03/08/25 00:00
 葉山は高畑の言葉を思い出していた。自分の言葉を思い出していた。自分が守らなきゃいけないと思っていた時海は、
やるべきことに立ち向かう強い後輩だった。
 唇を噛む。なんて腑甲斐ない先輩だろう。過去に遡って行く意識が後悔で埋め尽くされる。今日だけじゃない。ずっと、
自分のことしか考えていなかった。
 電撃でレポートを提出すると決まってから、富士ミスクラスをおざなりにしていなかったか? 応援してくれたみんな
に、きちんと感謝していたか?
 水城先輩が新シリーズを開始し、あざの先輩のレポートもクライマックスを迎えようとしている。富士ミスクラスは過
渡期に向かっていた。その中で、3冊でレポートを止めている自分が電撃に行く。不安があったのではないか? 過激派
が古橋へつこうとした原因の一部は自分にあるのではないか? もっとしっかりしていれば、あの言葉に胸を張って答え
られたのではないか?
 葉山はかぶりを振った。まだ間に合うはずだ。みんなの前で、誇りに胸を張って言うのだ。
 ――自分の帰ってくる場所は富士ミスクラスなのだと。
 葉山は顔を上げて前へ進む。答えを教えてくれた人の重みごと――今日のことは、絶対に忘れない。

【葉山→立ち直り、一時校外へ  麻生→黒歴史の旅へ?】

370 :遭遇 1:03/08/25 00:25
 しかし、黒古橋が向かおうとしていた職員室には、そのとき黒古橋とは別の手が伸びていた。
 パァンッ!
 職員室の扉の取っ手部分が、甲高い破裂音とともに激しい火花を放つ。
「……っ!?」
 机の裏に潜んでいた職員たちの警戒が、一斉にその扉に向けられる。
 扉の前には机を積み上げたバリケードが拵えられていたが……
 まず、かけられていた鍵が脆くも吹っ飛んだ。
 そして、
 ガラガラガラッ
 扉が開き、次いで、
 がらがらがしゃあああんっ!
 机のバリケードが、一撃で崩された。
 隠れている職員のひとりが、手鏡を使って扉を見る。
 そこに立っていたのは、ひとりの少女だった。
「……?」
 その職員は、目を大きく見開いた。
 目を伏せたその少女は、至る場所を引き裂かれた黒いTシャツと同じ色の短パンを身につけ、右手には卓球のラケットを、左手にはボールを3つ持っていた。
 そして、ヒクヒクと小さく震えているのだ。
 それはまるで、泣いているように見えた。
「君は……野村美月くん……っ!」
 その職員は、そこで警戒を解いた。

371 :遭遇 2:03/08/25 00:26
「いったいどうしたんだ、何をされた!」
 ヨロヨロと立ち上がった彼が、あわてて彼女――野村美月の前に駆けていった。
「美月くんっ!」
 彼は美月の肩を掴んで、強く揺すった。
「……つっ!」
 美月の肩が強張る。
「あ……スマン……」
 彼はパッと美月から離れた。
 しかし、そこで美月は沈黙してしまうのだ。
 彼は、そんな美月に違和感を抱いた。引っ込み思案だが常に優しさを湛える野村美月の気配が、今目の前にいる彼女からは感じられなかったのだ。
「美月くん……大丈夫かね?」
 彼は再び、うつむいたままの美月に語りかけた。
 すると美月は、今にも消え入りそうな声で、一言。
「乙一くん…は……?」
「乙一くんだって?」
 彼は、机の下から顔だけ出した別の職員と、顔を見合わせた。
「卓球部仲間の乙一くんだね? いや、悪いが何処にいるかは……」
「乙一くん……」
 美月が一歩、前に足を踏み出した。
「あ、いや……」
 そんな彼女に言い様のない寒気を感じて、職員は逆に一歩後ろに下がる。
 そこに、机があった。
「!?」
 彼の顔が、蒼白の色に染まる。

372 :遭遇 3:03/08/25 00:27
「乙一くん」
 美月の動きは、とてもゆっくりで。
 なのに彼は、美月から逃れることができない。
 手が、足が、動かない――!
「乙一くんは……」
 そして、美月の右手の親指と人差し指が、職員の服を掴んだ。
「み、美つ……!」
「何処!?」
 美月が、顔を上げた。
 美月の目が、彼をにらみつけた。
「…………ッ!!!!!!」
 そして……

 パァンッ! パパラパァーンッ!!


373 :遭遇 4:03/08/25 00:29

「!!!」
 そのとき黒古橋は、視線の先にある職員室の扉という扉が倒れ、激しい爆風が一斉に吹き出すのを目にした。
「何があった……!?」
 黒古橋は、走り出した。
 とてつもなく、嫌な予感がする。
 編集たる職員がいなければ、レポートを一般に頒布することはできないのだ。
 黒古橋は煙の激しい職員室に飛び込む。
 前が見えない。目に煙がしみる。息が苦しい。
 職員室の中はまさに、地獄絵図と化していた。あちらこちらに職員が転がっている。
「……な、何ということだ!」
 黒古橋が声を絞り出す。
 その声に、
「乙一くん……?」
 彼女は顔を上げた。
「……お前は……」
 黒古橋は、目を剥いた――

【職員室、壊滅。黒古橋、黒美月に遭遇。】

374 :115・おかゆ復活:03/08/25 09:59
 医務室。
 先程から外が騒がしくなっていた。ワナビ達が侵攻してきているのだ。
 高橋弥七郎が駆けつけ、必死に応戦しているが、いつまで持つか分からない。

 その中で、おかゆまさきは目覚めた。ベッドから起き上がると、峯さんと三木さんがそばにいた。
おかゆ「峯先生……、三木先生……」
峯「目覚めたようだね。よかったにょ。黒古橋にやられたと聞いたときはどうなるかと思ったけど……」
おかゆ「そういえば、みんなはどうなったんですか!?」
峯先生と三木先生は手短に今の状況を話した。そして、医務室にワナビ達が侵攻して来ていることも。
おかゆ「わかりました……。行かせて下さい、先生」
三木「大丈夫なのか、おかゆ君、あれほど黒古橋にやられたというのに……」
おかゆ「……黒古橋さんは、可哀相な人なんです。せっかく作ったレポートも、それほど売れず、打ち切りになったものもあります。……その悲しい心が、あのとき、痛みと共に伝わってきたんです。
    ……だから行かせて下さい!黒古橋を、いや、古橋さんを、僕の手で救ってあげたいんです!」
峯「……わかったにょ。それほどまでに言うなら、これを使うがいいにょ。三木君、例の物を」
三木「はい」
三木先生は一個のトランクを持ち出すと、それを開けた。中には大きな「ベルト」が入っていた。
おかゆ「これは……?」
峯「『ライターのベルト』だにょ」
おかゆ「どう見ても某『ライダーのベルト』にしか見えませんが?」
峯「『ダー』じゃなくて、『ター』だにょ。つまりは『小説家のベルト』だにょ。これをつけると……」
 その時、轟音と共に医務室の扉が打ち破られた。

375 :115・仮面ライターおかゆ1:03/08/25 10:16
 轟音と共に打ち破られた扉から、高橋弥七郎が倒れるように飛び込んできた。
「ぐわっ!」
 一人で必死にワナビに応戦していた高橋だったが、多勢に無勢、ついに医務室への突破を許してしまった。中になだれ込む不気味なワナビ達。
 その轟音を聞きつけ、峯先生、三木先生、そしてエスカリボルグを持ったおかゆまさきが駆けつけてきた。
おかゆ「高橋先輩!」
 高橋の体を支え、叫ぶおかゆ。
高橋「……おかゆくん、目覚めたのか……。これで、約束を、守れ、た、な……」
 そういい残し、気絶する高橋。
おかゆ「高橋先輩、高橋先輩!」
 そう叫ぶと、視線を入り口のワナビ達の方へ向けるおかゆ。ワナビ達のその瞳には、おかゆへの「悪意」が溢れていた。
ワナビA「おかゆ……、お前さえいなければ……」
ワナビB「おかゆ……、憎い。お前が憎い!」
ワナビC「おかゆ……、お前を倒せば、俺は作家になれるんだ!」
 以前だったら、おかゆはその視線に目をそむけて逃げ出していたかもしれない。しかし、今の彼は違っていた。
おかゆ「三木先生、峯先生、高橋先輩を頼みます」
 そう言って静かに高橋の体を床に横たえ、立ち上がるおかゆ。その腰には「ライターのベルト」が巻かれていた。
おかゆ「ぼくは、逃げない。作家である限り、ぼくは、戦う!」
 そういってポーズをとるおかゆ。
おかゆ「変身!」
 そう叫んだ瞬間、おかゆの体はベルトを中心に閃光に包まれた!

376 :115・仮面ライターおかゆ2:03/08/25 10:38
 ワナビ達が、先生達が、そして、周辺にいた人々たちがその閃光に目を覆う。その閃光が収まった時、おかゆが立っていたその場所には、天使のような、悪魔のような鎧に身をまとった、仮面の騎士がいた。
三木「あれが、『仮面ライター』……」
峯「そうにょ。『ライターのベルト』を身にまとって変身すると、その作者に相応しい姿になるにょ。おかゆ君の場合は、悪魔のような天使──ドクロちゃんやサバトちゃんが作品中に登場しているから、ああいう姿になるにょ」
 そのまがまがしい姿に圧倒されていたワナビ達だったが、我に返ると、
ワナビ「やっちまえ!今がチャンスだ!」
 そう叫び、一斉に襲い掛かってきた。
 しかしおかゆは冷静に身構えると、鋼鉄の棘付きバットを構え、大きく振った。誰かの声があたり一面に響く。
『エスカリボルグ』
 エスカリボルグが赤く灼熱化し、そのレーザーのような赤光があたり一面を薙ぐ。次の瞬間、十人以上いたワナビ達が、医務室の壁ごと粉砕される。刹那のうちに、ワナビ達は殲滅された。
三木「す、すごい……」
峯「あれがライターのベルトの能力の一つ、その装着者の能力を何十倍にも増幅する能力にょ。そのほかにも、原稿を数十倍の速さで書き上げる能力や、何日眠らなくても平気な能力など、小説家なら一度は欲しい能力が満載にょ。その代わり」
 そう言って峯は視線を仮面ライターおかゆに向ける。変身が解ける。元に戻った瞬間、足元がふらつくおかゆ。
三木「大丈夫か、おかゆ君!?」
峯「変身が解けると、その反動が装着者本人に返ってくるにょ。その誘惑と反動に耐え切れず、破滅した小説家が何人もいるにょ。だからライターのベルトは厳重に封印されてきたにょ」
おかゆ「大丈夫です、三木先生。すぐに慣れますから……」
 しかしその声に含まれるものは、正反対の性質のものだった。
三木「……」
おかゆ「それでは、行ってきます。高橋さんやみんなを、頼みます」
 そういって、おかゆはエスカリボルグを手に、ライターのベルトを腰に、再び戦場へと旅立っていった。

【おかゆまさき、戦線復帰。高橋弥七郎、気絶(リタイア?)】

377 :小ネタ:03/08/26 07:20
コバルトクラス避難所、薔薇の館にて

一般生徒新人「お姉様。『黒化』というのは、売れなかったり打ち切られたりした方がなられるんですよね」
一般生徒古株「ええ。そのようだけれど、何かあったの?」
一般生徒新人「前田珠子先輩のレポートリスト。随分と途中で止まっているシリーズが多いように見えるんですが」
一般生徒古株「……それは杞憂よ。それより心配しないといけないのは……」
一般生徒伝令「緊急連絡です! 前田先輩が黒化した生徒に連れ去られて行方不明っ。生徒は口々に『ホウチホウチーシロイシローイ』と叫んでいた模様!」

一般生徒古株「……今、藤本先輩が校舎にいらっしゃったら大変ね……」
お姉様は遠い目をして、お茶をすすられたのでした。

378 :ろくごまるにVS山門敬弘1:03/08/26 22:14
「ふむ」
 ろくごまるには顎をなでて、耳をすまそうとしそれが意味のないことに気がついた。
 耳に付けた装備、低周波治療装置を改造したぶるぶると震え続けるそれは元来聴
覚魔術を防ぐためものであったが予測通り『全性音楽』にも効果を発揮している。
 すくなくとも聴覚魔術並みに厳密な(それこそ当代きっての音楽家達が死力を尽く
さねば演奏できないような)周波数による繊細な音の波は、それゆえにこんな些細な
道具で効果を減ずることが出来るのだ。
とはいえ、自分で聴覚魔術を使用することもできんのであるがこれは、ま、しょうがな
いのぅ」
 聴覚魔術とは『音』を厳密な周波数で再現するモノであることは前述した。
 小さいとはいえこんなものを身につけていれば聴覚魔術など使えようもない。
「とはいえ、君が相手にするのに不足があるわけではないと忠告させてもらおうかの
う……山門敬広くん」
 風がろくごまるにの対峙する男の前でうねった。
「いやいや、君が黒化することは想定済みだ。とはいえ、当面のところ一番やりあい
たくなかった相手ではあるがな」
「……」
「『最もワナビに近い特別生徒』山門敬弘くん、君はあらゆる意味において特殊だのう。君のレポートを支持する一般生徒の評価を聞いたことがあるかね? 曰く『素材を生かした……』」
「うるせぇよ、とっとと死ね」
 あまりといえばあまりな言葉とともに、風の刃が打ち出される。
 ろくごまるにの胴があっさりと真二つ分かたれた。

379 :ろくごまるにVS山門敬弘2:03/08/26 22:15
 だが廊下にたたきつけられろくごまるにの姿は泥になって廊下にばらまかれる。
 山門の眉根がよる。
「常に異様な力を誇る主人公。あらゆる危機的状況を強力な力で粉砕し、ピンチに
おいてはさらなる力を発揮する。その性格は傲岸不遜にして自己中心的、ただしたま
に人間らしいところを見せないでもない。ヒロインはその主人公に敵愾心を抱いてい
るが、その力は主人公には遠く及ばないしかも些細なきっかけで主人公を気になる
ようになる。子供のような論理で力を振りかざす敵を驚異的な力のみで駆逐し、あま
つさえ最新レポートでは暗躍していた敵役を主人公があまりに単純な不意打ちで倒
すという離れ業をやってのけて見せたわけだ……」
 背後から聞こえる声に向かい振り返りもせず旋風を放つ山門、だが再び泥が弾け
る音。
「そんな君に一般生徒が与えた評価は『素材を生かした懐石料理にはもう飽きた、見
た目からして体に悪い駄菓子を食う快感』だ、どうかのぅこの評価は? 君を支持する
生徒は信者と呼ぶにもおぞましい、中毒者だ」
 幾人ものろくごまるにが廊下からそそり立つ。
「だまれ!」
 山門の手から炎がそそり立つ。
「君は成長することを望まれていないのぅ。それは特別生徒にとって、幸福なのか不
幸なのかどっちだと思うかね?」
「だまれぇぇぇぇぇぇぇっ!」
 全てを浄化し、焼き尽くすような炎が山門の手から放たれ廊下を埋め尽くした。
 そして静寂。
 パラパラと、壁と言わず天井と言わず『砂が』こぼれ落ちる。
 そして一際大きな砂山が爆散したかと思うと、その中からろくごまるにが飛び出した。
 驚愕に引きつりながら、山門は風による攻撃を繰り出そうとする。
 ほんの半瞬差で、ろくごまるにの拳より早く山門の攻撃が発動するかと思われた
刹那、何か堅いモノに突かれたように山門の体が折れる。
「ぐぅ……」
 意識を失いそうになりながら、発動した風の一撃はろくごまるにの手に握られていた
『見えない何か』を、そしてその顔面を砕いた。
 ろくごまるにを倒した満足の中で、山門の意識はゆっくりと消え失せていった。

380 :ろくごまるにVS山門敬弘3:03/08/26 22:16
「やれやれじゃのう。熱に弱いとはいえ、こう簡単に宝貝が壊れるとは『一桁級』とは
いえ恐るべしじゃな」
 完全に砕かれた仮面、泥を操る変化術系宝貝『皮杯面』の残骸を断縁獄に回収しな
がらろくごまるには肩を落とした。
「『力押しはワシには似合わない』とはいえ、こういう形で制約が加えられるとは思っ
ていなかったのぅ。とはいえワシら特別生徒は『彼ら』の意向にむやみやたらに逆ら
うわけにもいかんしのぅ、いやはやまったく困ったことであるな。幾らワシがこの学校
で何人もいない『二桁級』の特別生徒とはいえ」
 倒れ伏した山門をしばし見下ろして、何かを思いついたようにろくごまるにはぽんと
手を打った。
「ふむ、次のワシの相手は『彼』に決定しておるしのぅ。ここは一つ細工をしておくとす
るか」
 そうつぶやいて、ろくごまるには断縁獄から一つの宝貝を呼び出した。

【ろくごまるに、運命づけられた相手『彼』の下へ。山門敬弘気絶(リタイア?)】

381 :宿命の戦い1:03/08/29 02:00
「ろくごまるに先輩! 戻ってきてたんですか!」
 腰に瓢箪をつけたろくごまるにを見つけたとき、正直地獄に仏を見つけた気持ちが
した。
 電撃に比べ明らかに勢いで劣り、チームワークに劣る、個々の実力において比肩
しうるものがないわけではない。
 丁寧に描かれた作品、練り込まれた世界観、魅力的な物語。
 だが電撃に比べて「何か」が足りない。
 それを補える人材を挙げろと言えば、富士見班の中で確実にその中に入るであろ
う一人。
「よぉ、榊君」
 関西ライクな発音でろくごまるには手を挙げてにこやかに近寄ってくる。
「えらいことになってるな。さっきもそこで黒化した生徒と一戦やりあったんだが、い
やいや病み上がりには応える」
 確かにろくごまるにの体からは、黒化した生徒独特の電波は感じられない。
「ろくごまるに先輩がこちらについてくれるなら……」
 喜色を顔に浮かべた榊に対し、ろくごまるにはひどく辛そうな笑顔を浮かべた。
「いや、そうもいかんのだよ。『彼ら』がワシと君が戦うことを望んでいるからな」
「……『彼ら』」
 今回の事件の原因は黒古橋ではないのか。
 榊の思考がわずかに混乱する。
「ワシを倒せたら教えてやろう。まずは小手調べだ。『二桁級』のワシとはいえ、いま
この『定められた戦い』においては君との条件は互角。『立野徳湖の弁当(戦闘用)
』!」

382 :宿命の戦い2:03/08/29 02:16
 自分で描写しておいてなんだが、弁当の味は筆舌しがたいモノがあった。
 だがろくごまるには地獄巡りにも匹敵するその苦難を、食って、食って、食い倒れ
るまで、食い倒すことで、食い破ろうとする。
 『地面に落ちた飴玉に向かって行進する蟻の通ったアスファルト味のイカリング』を
たいらげ、『見敵必殺と書かれた鉢巻きを締めて敵陣につっこむ特攻兵だと思いこん
だ卵焼き』噛み砕き、あまつさえ『浄水場を逆流してついには家庭の下水へと帰還し
た名水味のお茶』すら飲み干して見せた。
 榊はそれを呆然と見守っていたが、慌てて<貫くもの>と呼ばれた人が使うには
あまりに非常識すぎる対戦車ライフルを……

・ワシの方に向けられる銃を目が知覚し耳が榊の指が引き金にかかるおとをききな
がらワシは廊下を蹴って跳ね上がる安全圏はその衝撃波の届かない範囲に逃げな
くてはと考えている瞬間にも銃口はワシの方を追尾してくるのでやむえず彼我の距
離を計算し・

榊の指に力がこもり一発の銃弾が<貫くモノ>から放たれた。
ともリアル

383 :宿命の戦い3:03/08/29 22:56
・ワシの唇がゆがむ側を弾丸が通り抜けて衝撃波にしたたかにたたきつけられて右
てを窓枠にひっかっけひっかっけひっかっけ・

 ろくごまるにがすさまじい動きで運動し、嘲弄するように榊に襲いかかる。
 一撃一撃が見えないわけではない、だがかわせない。
 死角からの攻撃ではなく、回避不可能な方角からの攻撃。
「ぜやぁっ!」
「なぜだ!?」
 榊は自らの迷いを断ち切るように剣を抜き打った。
「なぜにあなたが黒の側につくんだ!?」
「くははくはは、それは間違いというモノであるな榊君」
 一瞬の遅滞も許さず、微塵の隙も許さずろくごまるにが笑う。

「『裏切っているのは君たち』だ」

384 :宿命の戦い4:03/08/29 22:57
 何を言っているのか榊に分からなかった。
 剣と拳の間合いすら無視して、ろくごまるにの攻撃が榊を圧倒する。
「なぜこんな力の差が!?」
 ろくごまるにと榊は同じ富士見班に所属する。
 その力量にそれほど大きな差があるとは思えない。
 自分の作品の刊行ペースはろくごまるにを遙かに上回り、きちんと定期レポートすら出しているではないか。
 なのになぜ、なのになぜ、ろくごまるには榊を圧倒するのか。
「一般生徒のAくんはルールを定義した。だがそのルールが全てだと誰が言ったかね?」
 もはや榊にろくごまるにに耳を貸すいわれはない。
 耳を貸せば惑わされ、耳を貸さねば陥れられる。
 もはや圧倒的な力でうち砕くのみ。
 奧の奥の手。榊の持ちうる最強の力。
「『竜……』」
 そこでろくごまるにが榊を指差す。
「それ以上動くなよ、動けばズドンだ」
 榊はそれをはったりだと判断した。
 ろくごまるにの戦闘の本分は緻密な駆け引きだ。
 榊のような圧倒的な力を振るうことにはなれていないはず。

 榊は忘れていた。かつてろくごまるにが提出したレポートがなんであったかを。

385 :宿命の戦い5:03/08/29 23:57
「『竜機神』!」
 榊は叫ぶ。己の持つ最強の名を。
「動いたな、じゃズドーンだ」
 ろくごまるにの指が拳銃を撃つ仕草をまねし、そして何も起きなかった。
「りゅ、竜機神は!?」
 うろたえる榊にろくごまるにはひたすら優しく笑いかける。
「融合宝貝『大崑崙』は異界すら渡れる、どうやらあちらで相打ちになったせいでこ
ちらには来られそうもないのぅ。何、おぬしの竜機神にも『大崑崙』にも再生機能は
ある……いずれ復活するだろうな」
 一歩、ろくごまるにが踏み出し、一歩榊は後ずさる。
 ろくごまるにはそれを見て、あきれたような悲しむような表情を作って見せた。
 そして榊にくるりと背を向ける。
「ま、待て! 何処へ行くんです!?」
「決まっているな。黒古橋のところだ、君との勝負は『もう終わった』。ワシはワシの
義務を果たすのだ」
 がくりと膝をついた榊を後目に、ろくごまるには悠然と歩き出した。

【ろくごまるに、黒古橋の下へ向かい移動。榊一郎、一時的戦意喪失?】

386 :あざのと深見1/11:03/08/31 21:46
「ったく、ワナビどもめ……」
 ブツブツと文句を垂れつつ、無人の廊下をあざのが行く。
 ――富士ミスは少しでも有望な人材が欲しいというのに、やつ等ときたら……
 ワナビにすら見捨てられる富士見ミステリークラスの境遇を思い、何度ついたかわからない溜息をついた。
 弱小地雷レーベルの自覚は合っても、面と向かってそう言われればやはり傷つく。
 徐々に怒りが薄れ、波打つ心が静まってくると、黒い感情が澱のように貯まり始める。
 やがて澱は鬱という名の臭気を放ち、あざのの心を蝕む。
 あざのはいつしか愚痴を言う気力もなく、只無言で歩を進めていた。
 
 豪快で粗暴な振る舞いが目立つあざのだが、意外なことに躁鬱の気がある。
 中毒者であるが故か、それとも生来のものかは解らないが、一度陰にこもると自分ではどうにもならない。
 先程の戦闘でカプセルを服用し、悪魔を――しかも女王――を召還し、使役したことで、
 あざのの精神が酷く消耗しているせいもあった。
 
 いつの間にか、彼は立ち止まっていた。
 鬱の毒気が脳にまわり、鈍い痛みがあざのを襲う。
 無意識の内に考えることを避けていた事、「迷い」が溢れ出した。
 ――深見や師走は本当に狂っていたのか?否。狂ってなど居なかった。正気を失っていたならば初撃で仕留めていたはずだ。
 奴等は自分の意志で黒古橋を、戦いを選び、同胞を傷つけた。それは自分も同じ。同罪だ。
 罪は償わなければならない。ではどうやって?彼等を倒して。倒してどうなる。
 彼等の思いをただ踏みにじるだけでいいのか。
 虐げられ、嘲笑われる者をさらに叩き潰すことが本当に解決になるのか。わからない。ならば自分の罪はどうだ。
 どうすれば償いになる。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからな――
「……くっ!」
 唇をかみ締める。口内に鉄の味が満ちる。
 痛みを媒介に己の生を感じ、葛藤を心の片隅へと押し込む。
 ポケットに突っ込んだ手をカプセルごと強く握りこむ。
 ――今は、やるべきことがある。
 絶望の谷に転げ落ちそうになる自分を、仮初の目的意識で繋ぎ止めた。
 未来は想像ではなく行動で決まる。
 そう信じなければ絶望してしまうから。

387 :あざのと深見2/11:03/08/31 21:47
 身を引きずるようにして進む内に、自分を取り囲む空気が変質していることに気がついた。
 ――これが、黒古橋の領域か……
 肌に突き刺さるような空気。
 恐らくは末端であるはずの此処ですら、濃密な気配が充満している。
 ――まったく、とんでもない化け物だな。
 黒古橋。電撃クラス最狂最悪の作家。
 この領域の根源である魔人の実力はどれほどのものか、あざのには想像もつかなかった。
 ――まあいい。俺は俺のやるべき事を果たすまでだ。
 葛藤を放棄し目的にしがみつく以外に、この領域に抗う術は、今のあざのにはなかった。
 妄執とも呼べる執着は、やがて純粋に強い『願望』となる。
 領域内の濁った空気を掻き分けるようにして、あざのは進む。
 足取りは半ば意識を失っているかのように危なげで、しかし決して倒れることは無く、
 その目はカプセルを服用している時よりさらに濁り、しかし奥に強く鋭い光を宿している。
 餓えて死にかけた肉食獣のように、あざのは深見たちの姿を求めて彷徨った。
 
 ふと、何かを察知した猫のように立ち止まる。
 そして過敏をもいえる反応で、カプセルを用意し臨戦体勢に入った。
 微かな違和感。
 あちこちの壁に傷がつき、窓ガラスは全て割られている。
 人気が全く感じられないのは避難が完了していたのか、それとも全滅したのか。
 薬物で鋭敏になった感覚をもってしても、何の動きも感じられない。
 だが、何かが違う。
 一体何が。

388 :あざのと深見3/11:03/08/31 21:48
「……」
 背中だ。
 何かが、後ろに居る。
 “影”は召還していないはずなのに。
 気が付けば、空気がまた変質している。
 領域の重苦しく攻撃的な気配から、底知れぬ“闇”の気配へと。
 それまで何処か不鮮明だった頭が一気に冷却される。
 背後に在る、血液のような粘着性をもった雰囲気。
 僅かに芽生えた恐怖は抑える間もなく膨張し、それに比例して背後の気配も膨らむ。
 毛穴の一つ一つから、冷たいナニカが侵入してくる気がする。
 背中に何かが触れた気がする。
 視界の端を何かが横切った気がする。
 何かが足の隙間を通り抜けた気がする。
 世界の半分が自分を押しつぶそうとしている気がする。
 振り向いたら全てが終わる気が――
 
 あざのはカプセルを噛み砕いた。
 一度声をあげれば制御が利かなくなる事を理解し、泣き叫ぶ本能を薬物で麻痺させる。
 そして背後に横たわる己の“影”を具現化し、振り向きざまに背後の空間をなぎ払わせた。
「――っ!」
 “影”の爪が虚空を裂く。
 異常な空気の源は、其処には無かった。
 それでも警戒を怠らず、“影”の制御をしっかりと握ったまま、ゆっくりと周囲を見回す。
 感じた“闇”は振り向いた瞬間に消え失せた。しかし気配はまだ消えてはいない。
 肌を羽毛で撫でられるような、毛の逆立つ感触があざのを襲う。
 何かが、居るはずだ。
「……誰だ」
 無駄とは思いつつ、呼びかける。
――やれやれ。富士見ミステリークラスは物騒な生徒が多いね?

389 :あざのと深見4/11:03/08/31 21:49
 揶揄するような言葉が、脳に直接入り込む。
 その不快感に眉をひそめつつ、あざのは問うた。
「なんなんだお前は。」
 ぞんざいな問いに、しかし気配はくつくつと暗鬱に笑って答えた。
――はじめまして、あざの耕平。私は甲田学人。“叶えるもの”だ。 
「甲田学人……」
 聞いたことがあった。
 個性派の多い電撃クラスの中でも、特に厄介な問題児の一人。
 『願望』を叶える為だけに在る魔人。
 その特性ゆえに事件を拡大する手助けをすることが多いが、基本的に何処にも属さないという。
「何の用だ。何をしにきた」
――君の『願望』を叶える為に。
「……なに?」
――君の『願望』はこの軽書校の中で最も強い。そして私は“叶えるもの”。ならば私の為すべき事は一つだろう。
「……何が目的だ」 
 この問いに、甲田は笑いながら答えた。
――『願望』を持ち、『物語』を紡ぐ資格があるのは人間だけだ。私は“名づけられし暗黒”。その資格はとうに失った。
「……」
 無言のあざのの脳に、謳うような甲田の言葉が響く。
――さあ、君の『願望』を叶えよう。そして私に『物語』を見せておくれ。
 悪夢のように暗鬱で、桜のように狂おしく、時計のように精密な『物語』を――
 その言葉が終わった瞬間、あざのは浮遊感を感じた。
 体が徐々に消えていく。召還していたはずの“影”の気配も消えうせ、何も感じられなくなった。
 焦りの感情も、自分の叫び声も。全てが虚ろになっていく。

390 :あざのと深見5/11:03/08/31 21:49
 気がついた時、あざのは廊下に立っていた。
 甲田と出会った場所とは異なり、闘争の跡も残っていない。
 しかし空間に満ちる圧迫感は、此処が黒古橋の領域内であることを示している。
 どうやら甲田に空間転移をされたらしい。
 あざのはそう結論し、体と装備に何の害もなかったことを確認した後、待った。 
  
 正面の曲がり角からコツ、コツと規則正しい足音が聞こえてくる。
 それの音の主が誰なのか、あざのにはわかっていた。
 カプセルを口に含み、待つ。
 油断はできない。
 甲田は願いをかなえるといったのだ。
 狂おしいほどに会いたいと願った相手。
「会いたかったぜぇ……深見!」

391 :あざのと深見6/11:03/08/31 21:50
 角から姿を現した男、深見真。
 体格はよいが、眼鏡と穏やかな表情がどこか気弱な雰囲気を醸し出している。
「あざのさん……」
 躊躇うような響き。
 何かに耐えるように顔を歪ませ、苦いものを吐き出すように言葉を紡ぐ。
「できれば、貴方に会いたくはなかった」
「おいおい、つれないこと言うなよ。こちとらリベンジの為に永い道のりを歩んできたんだぜ?」
「何故放って置いてくれないんですか」
「おいおいおいおいおい、随分白ける事言ってくれるじゃねーか」
 ふざけた調子は消さないまま、しかし瞳に剣呑な光が宿る。
「わかっているはずだ。お前は同胞を傷つけた」
「あなたがその罪を裁くと言うんですか?カプセルに溺れ、力に酔い、葉山達にすら牙を剥いた貴方が」
「てめえが……てめえがそれを言うな!」
 激情を込めて叫ぶ。
 道化の仮面をかなぐり捨てて、あざのは激しく否定した。
「てめえらがトチ狂ったりしなければ……いや、責任の所在なんざどうでもいい。
けじめってもんをつけるべきなんだよ。俺も、お前も」
 その言葉を受けた深見は一瞬迷い、それでも断言した。
「ただの感傷です」
「……なら、その感傷に付き合ってもらうまでだ」
 憎憎しげに深見を睨みつけ、カプセルを噛み砕く。
 あざのの影から鉤爪を携えた巨大な鬼が、ウッソリと立ち上がる。
 “影”は無数のワイヤーで拘束されており、その下では獲物を目の前にした猛獣のように筋肉を撓め、
 爆発寸前と言った様子で唸り声を上げる。
 あざのが手を横に振ると、ワイヤーが緩み、待ち構えていた“影”がワイヤーを引き千切る。
 
 戦闘が開始された。

392 :あざのと深見7/11:03/08/31 21:51
 構えも取らずに立つ深見に、“影”は得物を前にした獣の雄叫びを上げ、襲い掛かる。
 その突進はこの世に存在するどの生き物よりも疾く、鋭い。
 “影”の一撃。爪が深見に触れる寸前、深見は後ろに倒れこんでそれを避ける。
 二撃目が深見の頭を砕くかと思われた瞬間、深見はさらに地に手をついて後転し、
 逆立ちすると腕を交差させ、捻りをくわえた蹴りを放って“影”の腕を払う。
 “影”が動物的な反射行動で払われた手を引き戻そうとすると、深見はさらに独楽のように回転。
 “影”の肩、わき腹にニ連蹴撃を加える。
「ガッ」
 “影”の受けたダメージがフィードバックし、あざのはハンマーで殴られたような衝撃に襲われる。
 主人からの命令が途切れ、“影”の行動に一瞬の淀みができる。
 深見はその隙に立ち上がり、“影”鎧の隙間を狙って左手で順突きを放つ。
 それをブロックされた深見は、ニヤリと笑う。
 ブロックの上に左掌を置いたまま、右手を大きく後方に引き力を貯め、放つ。
 ズドン、という重い音と共に影の背中に衝撃が徹る。
 深見の足元は強烈な踏み込みでタイルがめくれ上がった。
 “影”はその衝撃の巨大さに悲鳴も無く砕け散り、あざのは致死量に近いダメージを受けた。
「グ、ガ、ァ……」
 深見はのたうちまわるあざのを捕まえ、片手で襟元を捻りあげて持ち上げる。
 血を吐いて苦しむあざのを冷静に見つめ、呟くように語り掛ける。
「どうですか?武田新陰流『岩笛』、柳生心眼流『重ね当』の連撃は」
 あざのは答えられない。
「不思議でしょう?なぜ貴方の“影”がこんなに弱くなっているのか。何故受けきれたはずの攻撃が効くのか」
 ギリギリと締め上げつつ、深見は淡々と語る。
「ここは黒古橋の領域。貴方の“影”は弱くなり、僕の力が上がっているんです。いくらあざのさんでも、
 この領域内で僕に勝てるはずがないんです」
 表情を変えぬまま、静かに問う。
「何か遺言はありますか?水城さんあたりに伝えておきますよ」

393 :あざのと深見8/11:03/08/31 21:54
 それまで沈黙していたあざのが、喉からうめきを漏らす。
 深見は襟を捻り挙げていた手を緩め、あざのを地面に落としてからその口元に耳を傾ける。
「こ……が…」
「なんですか?もう一度お願いします」
「こ…れが、あの伝説の、馬鹿トリック……『重ね当』だと、思うと……笑えるぜ」
 途切れ途切れのその言葉に、それまで無表情だった深見は一気に激情をあらわにした。
 怒りに震える手でもう一度あざのを吊り上げ、底知れぬ憎しみを込めてうめく。
「あなたまで……あなたまで僕を侮辱するんですか」
 先までの冷静さはかけらも無く、ただ感情に任せて叫んだ。
「いいじゃないですか!古武術で密室殺人と言ったらこれしかないでしょう!?僕はこれで大賞を獲ったんです!
 数多在る応募作を押しのけて、貴方が馬鹿にする『重ね当』トリックが富士ミス編集部に認められたんですよ!
 貴方に何がわかる?処女作のブートレガーズからずっとコアなファンに支えられてきたあんたに何がわかる!?
 『富士ミスの良心』なんて呼ばれるあんたに『核爆弾』とまで言われた僕の何がわかるって言うんだっ!!」
 罵声はいつしかあざのへではなく、何処の誰へと向けられたのかも解らない支離滅裂なものへと変わっていった。
「僕は『強い女性』を描くことが第一の目的なんだ!レズだの腹筋だの猫だのはその副産物に他ならないんですよ!
 なのになぜ其処にしか目が行かない!?どうして理解してくれない!?深見汁ってなんだよ!
 誰もやらないから僕がやってるんだ!僕の哲学が気に入らないなら読むな!僕はまだこれからなんだ!
 僕は、僕は、僕は、僕は、僕は、僕は、僕は……」
 富士見ミステリークラス最狂の地雷作家、深見真。
 その独創性と破天荒さで最狂の名を欲しいままにした男。
 しかしその基地外じみたトリックを生み出す頭脳は、理解されぬ苦悩と嘲笑への昏い憎悪に満ちていた。
 壊れたレコードのように同じ言葉を繰り返す深見。
 その腕の先であざのが痙攣を始めた。
 ダメージゆえの痙攣ではない。
 笑っていた。
 痛みに身をよじり、乱れる呼吸に顔を青くしながら、それでも笑っていた。
「くくくく、くっひひひははははっ!」

394 :あざのと深見9/11:03/08/31 21:54
「……何がおかしいんですか」
 その笑い声に反応したか、先程までの狂態から一変した酷く冷たい声で、深見が問う。
 問いに答えずなおも笑いつづけるあざのの首に手をかけ、同じ言葉を繰り返す。
「何が、おかしいんですか」
「ああ、楽しいさ。実におもしろい。深見、俺は今までお前を誤解していたよ」
 首にかけられた深見の手に力がこもるのもかまわず、あざのは続けた。
「こんな甘ったれだとは思ってなかった」
 言葉が終わったと同時に、何か黒い塊が目の前に現れる。
 次の瞬間、深見の視界が白く染まった。
 目の奥に痛みすら覚える。
 何が起こったのか解らない。
 いつの間にか腕の中からあざのの感触が消えている。
 状況についていけず、それでも雄叫びをあげて拳と足を振り回す。
 隙だらけになった後頭部に鉄球がぶち当たったような衝撃が生まれ、顔面から倒れこむ。
 それでも何とか手をつき、バネのようにはねあがって距離をとる。
 まだハレーションを起している視界を捨てて、呼吸を整え、意識を集中し、敵の場所を感じ取る。
 あざのは深見が立っていたところから数メートルも移動していなかった。
「お前の古武術には目を鍛える方法ってのはなかったのか?」
 からかうような声。
 カッとなりそうなところを自制し、己の圧倒的な有利を確認する。
 恐らくあざのが使ったのは自家製の閃光弾だろう。
 主に“影”の瞬間移動のために使われるものだが、目潰しに使われることを失念していた。
「無駄ですよ。いくら粘ったところで、貴方の“影”や女王に僕を倒す力はない」
 冷静にさえなれば、視界が戻らなくても相手の場所が手にとるようにわかる。
 初歩の訓練さえ受けていない人間の殺気や、野獣そのものの悪魔の気配を捉えることなど、
 深見にはたやすいことだ。もう少しすれば視界も晴れる。そうなれば、あざのに勝ち目はない。
「ああ、そうだなあ」
 どこか高揚したあざのの言葉。
「普通なら、な」

395 :あざのと深見10/11:03/08/31 21:55
 瞬間、悪魔の気配が膨れ上がる。
 反応する間もなく、腹に衝撃が生まれた。
 深見には何が起こったのか理解できない。
 車との衝突に近い衝撃を受けて、慣性にしたがって後ろに吹き飛びそうになる深見の腕を何者かが捕まえる。
 腕がちぎれそうな勢いで引き戻されたと思うと、さらに顔面に打撃。
 掴まれている腕を支点に深見の頭が弧を描く。
 激突したタイル張り床が陥没し、バウンドした体を更に鷲掴みにされ、吊り上げられる。
 ニ撃。
 たったニ撃で深見の鍛えぬかれた体が再起不能になった。
 
 ハレーションが治まった、しかし今度は意識の混濁で見えにくくなった深見の視界に、“影”がうつる。
 闇色の鎧の隙間から黄金の光を吐き出していて、その力が無尽蔵に膨れ上がっていくのが感じられた。
「これはあんまり使いたくなかったんだがな」
 声の方向に目を向けると、そこにあざのが浮いて――否、堕ち続けていた。
 地上2mを漂うあざの。青いウィンドブレーカーは下から風であおられているかのように蠢き、
 その目は黄金の混じった紅という複雑な光を放っていた。
「あ、が……」
 深見は口を開くが、意味の無い言葉が垂れ流されるばかり。
「堕落コントロール。失敗すれば俺もお前もあの世逝きの危なっかしい技だが――馬鹿の体罰にはもってこいだ」
 言いながらあざのは徐々に高度を下げ、目の光も、悪魔の力もゆっくりと元に戻っていった。
「お前は結局甘えてるだけなんだよ。手前のトリックは誰がどう見ても間違いなくイカれてる」
 グッタリとした深見を“影”で吊り上げたまま、続ける。
「深見、手前はさっき『どうして理解してくれない』とほざきやがったな」
「……」
「てめーの馬鹿トリックは、どういうわけだか編集部に好かれていやがる。フジコや壊拳はまだ続いている。
 チャンスは与えられているんだ。
 そんな恵まれた立場のてめーが『どうして理解してくれない?』だと?はん、笑わせるぜ」
「……」

396 :あざのと深見11/11:03/08/31 21:57
「作家は理解してもらうもんじゃない。理解させるもんなんだよ。
 てめーの表現したいものは『強い女性』とか言ってたが、
 お前の書く『強い女』は、ありゃどうみてもチンコのついてねー男にしか見えねーよ。
 実力がある作家が売れてないなら、そりゃ暴れたくもなるだろうさ。
 だがてめーの場合は違う。チャンスはあるのに自分の下手糞さ加減で逃してるだけだ」
「……」
「おまえはさっき『ぼくはまだこれからだ』とかいったなぁ?
 本当にそう思っているなら何故富士ミスの仲間を傷つけてまで黒古橋についた?
 自分で信じてもいない言葉を吐くな、甘ったれた糞馬鹿が!」
 はき捨てるように言うと、“影”に深見を投げ捨てさせる。
 倒れこんだ深見は一度うめくと、今度こそ意識を失った。
 あざのも堕落の高揚で忘れていた痛みを思い出し、危うく失神しそうになる。
「ここで倒れるわけにはいかねーんだよな……」
 黒古橋の領域内でのんびり昼寝などしたら、あっという間に侵食されるだろう。
 今は深見をつれてここを脱出するのが最優先事項だ。
 
「ったく、世話の焼ける後輩だぜ……」




           【あざの、戦闘不能の深見を引きずり、黒古橋領域内を移動】

397 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 00:52
濃いなぁ、富士ミスクラス…

398 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 02:55
あざのすげえなw
深見の恐ろしいところはトリックが明らかにされても
どこからも文句がこないところだなあ

399 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 03:03
なんかトリックだけ聞くと面白そうなんだが…

やっぱやめといた方がいい?

400 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 05:35
>>399
突っ込め。十傑衆への第一歩だ。最強の地雷耐性を手に入れられるぞ。

401 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 09:26
>>398
まあ、深見の本は推理小説じゃなく深見小説だし。トリックに止まらず作者そのものを楽しむ本。

……こういう事書く読者がいるからブチ切れたんだろうなあ、深見。

402 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 12:11
これからの深見は腹筋と猫とレズの真髄を、その手の趣味ではない人間にも理解できる作品を作ってくれます。
深見なら、いつかきっとやってくれるはずだ。

403 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 14:19
>>400
地雷に突っ込んでいって死ななければの話だけどナー

386-396氏,大変楽しく読ませていただきました。乙。カタルシス感じたよ。


404 :ペドの憂鬱1/6:03/09/01 22:03
 人形の顔をマジックで黒く塗りつぶし四肢を切り離さなければならないという強迫観念の元にそれを実行した。
 幼稚園時代の記憶だ。
 
 
 乙一は走っていた。
 乱れた呼吸は意識を朦朧とさせ、汗で張り付いた制服から必要以上の熱が奪われていく。
 上履きのまま長距離を走ったために肉刺がつぶれ、踏み出すたびに激痛が走る。
 体育館は真っ先にのぞいた。
 体育館裏も探した。
 念の為校舎裏も行ってみたが、転がっていたのは不良生徒の屍だけだった。
 今は裏門前を捜索していたが、捜し人は見つからない。
 ――野村さん、何処へ……
 野村美月。卓球部部長。
 白黒の落差の激しさと根暗な性格が災いし、校舎内でも孤立しがちだった乙一の、数少ない大切な人。
 気弱で優しい彼女に戦闘技能などあるはずもなく、おかゆハザードの時のように守護者が必要だった。
 
 ミステリー校の盟友達と道を分かち、彼女を探し始めてもう何時間経っただろう。
 走り詰めの乙一は焦燥感と疲労を募らせるばかりで、普段の冷静さは欠片もない。
 ――野村さん、野村さん……
 脳に十分な酸素が行かない。
 薄れた意識は体力温存と言う言葉も忘れさせ、ただ焦りのままに走ることしかできない。
 脳裏に浮かぶのは美月の面影。
 卓球初心者である自分に、真剣に教えてくれる美月。
 ただ無言で打ち続けるだけなのに、何故か酷く楽しそうだった。
 スピンをかける時のラケットの持ち方などを、ゆっくりと実演して見せてくれた。
 間違って手が触れてしまったときなどは、何故か泣きそうな顔で真っ赤になっていた。
 ラケットを持つ、透き通るように白い手。
 磁器のように滑らかな肌。
 すらりと伸びた指。
 形の良い爪。
 手。
 美月の、手。

405 :ペドの憂鬱1/6:03/09/01 22:04


 視界の端で何かが光った。
 遅れて聞こえてきた破裂音が、妖しい妄想から乙一を引き戻す。
 足元の土が爆ぜた。
 今度ははっきりと聞こえる、銃撃。
 疾走の勢いを殺さず、地面を転がる。
 そのまま植え込みの後ろに転がり込み、受け身を取って体を丸める。
 呼吸を整え、意識をクリアに。
 数十秒後、冷静になってみれば周りの空気が変質していることに気が付く。
 知らない内に黒古橋の領域内に入ってしまっていたらしい。
 ――失敗した。
 持ち合わせの装備は数本のナイフのみ。
 美月捜索の途中に出会ったワナビ達を相手にする時は、それで十分だった。
 気配を察知し、忍び寄り、掻き切る。それだけで済んだ。
 しかし今の相手は飛び道具。
 しかも先制をとられている。
 焦りと疲労のあまり周囲の警戒を怠ったのが拙かった。
 ――どうする……
 得物が飛び道具というだけでは、相手が何者なのか特定できない。 
 ワナビならば「天帝妖狐」の力を使えばあっさりと片がつくだろうが、
 相手が特待生徒――それも黒古橋側の――だった場合は、分が悪くなる。
 切り札は残しておいてこそ役に立つものだ。
「君は……乙一君、だね?」
 呼びかけ。襲撃者の声だろうか。
 乙一は慎重に茂みから顔をだし、声の方向を除き見る。
 ――あれは……確か山下卓。
 BLOODLINKの作者。
 乙一の友人である滝本の同好の士だと紹介されたことがある。
 ――彼が、黒化したのか?

406 :ペドの憂鬱3/6:03/09/01 22:04
 乙一の疑問に答えるように、山下の声が響く。
「ああ、すまない。君に銃を向ける気はなかったんだ」
 その明るい調子に、ホッと息をつく。
 だが、乙一の体は動かない。
 ――信用できるんだろうか?
 此処は黒古橋の結界内。
 近くにワナビもいないし、気配を消しているのでなければ他の特待生もいないはず。
 山下が対策班側の人間だったとしても、此処に居る理由は無いはずだ。
 それとも、自分と同じように誰かを捜しているのだろうか。
「大丈夫、もう撃たないよ」
 山下がこちらに歩いてくる。
 ――どっちだ、どっちなんだ。
 迷いを捨てきれず、汗ばんだ手でナイフの柄を握り締める。
「信用できないかい?」
 あと10メートル。
 迷う間にも山下は近づいてくる。
 鼓動が意志の力では抑えられない。
「無理もないか……いきなり撃っちゃったしね」
 あと8メートル。
 敵か。
 味方か。
「でも、もう君だとわかっんだから――」
 あと5メートル。
 
 
「――銃なんて無粋なもの、使うわけないじゃないか」

407 :ペドの憂鬱4/6:03/09/01 22:05
 言葉と同時に巻き起こった殺気。
 乙一は咄嗟に体を前に投げ出していた。
 物騒な風斬り音。
 一瞬前まで乙一の頭があった部分の茂みが、削り取られたように無くなっている。
「やあ、流石にいい反応だね」
 薄ら笑いを浮かべた山下が、茂みの向こうに立っていた。
 その手首から白銀に輝く剣が生えている。
 表面には鱗のような模様があり、まるで生きた蛇のようにヌラリと光る。
 ――確か、ヴルド、だったっけ。
 得体の知れない武器だ。
 能力は未知数。只の剣と思えば、きっと取り返しのつかない事になる。
「どうしたんだい?折角間合いを詰めてあげたのに」
 楽しげに語りかけてくる山下に、乙一は最初から抱いていた疑問をぶつけた。
「……何故、僕を襲うんですか?」
 その言葉に、山下は薄ら笑いを引っ込め、透明な表情を浮かべた。
「うん、どうしてだろうね。僕にもわからないんだ」
 剣――ヴルドを素振りするように振り回し、どこかズレた調子で話し出す。
「僕は、長谷川先輩と売店に行ったんだ。そして帰り道にワナビに襲われ、先輩とは別れてしまった。
 それからずっと、どこへ行けば安全なのかも解らないで、ただ歩き回っていた」
 山下の目は何処か遠くへ向いていた。
 乙一に、というよりも自分自身に語りかけるように、静かに続ける。
「そしたらさ、いつの間にか嫌な空気がする場所に入り込んでしまったんだ。
 どうにかして抜け出そうと思ったんだけど、上手くいかなくて。その内に、声が聞こえてきた」
「声?」
 思わず口をはさんだ乙一に向かって、気の抜けた笑顔を返す。
「そう、声だ。最初は何を言っているのか解らなかったけれど、段々とはっきり聞こえるようになっていった。
 それはこういっていた。『何で俺が』『どうして駄目なんだ』『俺はこれが書きたいんだ』って。
 最初はそれは古橋さんの声だけだったんだ。それが、慣れていくごとにどんどん声が増えていった。
 橋本、一色、杉原、岩田、深見、南房……知っているやつ等の声もあったし、それ以外の声も何百とあった」
 話すうちに山下の顔は強張り、唇の端が、笑みを浮かべるのを失敗したように痙攣する。

408 :ペドの憂鬱5/6:03/09/01 22:07
「最期はさぁ……自分の声が聞こえて来るんだよ。『つまらないなら読むな』『ペドで悪いか、迷惑かけたか』
 『王道の何が悪い』『なんであいつは何も言われていない』『憎い』『憎い』『憎い』『憎い』……憎いっ!!」
 言葉の最期は絶叫になった。
 癇癪を起した子供のように白剣を何度も地面に叩きつけ、やがて自分の体を抱きしめるようにしてしゃがみ込む。
 顔の筋肉は本人の意思を無視して痙攣を続け、山下は笑い顔とも泣き顔ともつかない表情で涙を流す。
「俺だって人間だ……少しくらい恨みに思ったことはあったさ……一般生徒が嫌になったこともあった……
 でも、でもだよ?こんなに殺したいと思うことなんて……」
「山下君……」
 歯を食いしばり、嗚咽をかみ殺し、凄絶な目で乙一を見る。
「頼む、乙一君。僕と戦ってくれ。でないと僕は……」
 身の震えるような憎悪と直向な哀願。

 乙一は、無言でナイフを構えた。
 
 

「――流石に、強いね」
 5分後、山下は四肢の間接部から鮮血を流し倒れていた。
 壮絶な斬り合いの末、乙一はどうにか山下の右足の腱を切断することに成功し、それでもなお戦おうとする
 山下の左足と両手の腱を躊躇無く切断。完全に自由を奪った。
「……僕のほうも、あと数分長引いていたら……負けていました」
 傍らに立つ乙一も、息絶え絶えだった。
 元々走り回って疲労が蓄積しているところに、長時間の無呼吸運動。
 乙一の言葉通り、あと数分長引いていれば立場は逆転していただろう。
「なあ、乙一君……一つ、教えてくれないか」
 真剣表情で問い掛ける。
「……何ですか?」
「少女を愛でる事は、犯罪かい?」
 乙一は目を閉じて俯き、


「一桁は、まずいと思います」

409 :ペドの憂鬱6/6:03/09/01 22:09
「応急処置をしないと……電撃クラスの対策班にいきましょう」
 そう言って山下を抱え上げ、負担を掛けないようにゆっくりと背負う。
「ああ……迷惑をかけっぱなしだな。本当にすまない」
 いいんですよ、といって歩き出す。
 しばらく歩くと、眠ったかのように見えた山下が口を開いた。
「乙一君。君はあんなところで何をしていたんだい?」
「……人を、捜していました」
「そうか……誰だい?」
「野村美月さんです」
「野村……ああ、卓球部の部長さんだね」
 背中で山下がモゾリと動く。
「そういえば君も卓球部だったね。部員は一人しかいないらしいけど」
 なにか含むところがあるような物言いに、乙一は何故か赤面する。
「彼女かい?」
 あからさまなからかいに、慌てて言葉を返そうとする。
 
 ――野村さんは僕の大事な……
 
 ――大事な?
 
 ――大事な……
 
 ――手
 
「ああ、すまない。命の恩人を茶化すもんじゃないね」
 山下の言葉で、我に返る。
 いえ、大丈夫ですと返事をし、あとは無言でただ歩く。
 
 ――僕は今、何を考えていた……?
 
【山下卓、戦闘不能。乙一とともに電撃対策班へ】

410 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 22:10
>「一桁は、まずいと思います」
ごめん、爆笑。
>僕の大事な……
何だーーっ!!と、無粋な突っ込み。

411 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 22:13
1/6が何故二つある _| ̄|○

まあちょいと短めな感じだけど、相方がアレだけ活躍しているんだから、いい加減乙一動かさんとねー。

412 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 22:36
>410
いまさら気が付いたけどツッコミはやー。
楽しんで頂けて幸いです。

413 :この世の本当のこと 1/2:03/09/01 23:23
 半壊状態の医務室で、
「行くのかね」
 三木教諭が、ボロボロの体を起こした教え子に言った。
「ええ。強い回復力も、俺の特性ですから」
「そういう意味じゃない」
「……はは」
 教え子は苦笑しつつ、杖のように刀を突いて立ちあがる。ややあって、口を開く。
「どうも、今回の騒ぎは気に喰わないんですよ。嫉妬とか、憎しみとか……
 くだらなすぎる。要するに皆に受け入れられるレポートを書きゃいいだけでしょうが」
「……」
「そうすれば、チャンスも増える。余裕もできる。経験もつめる。本当に書きたいと
 思っていることなら、寄り道くらいで見失うもんですか」
「……その寄り道を我慢できない人もいるんだよ」
「ふん、そうやって『なぜなんだなぜなんだなぜなんだ』と叫び苦しみ続けるんですか?
 そんなの、思考停止ですよ。不幸自慢に同情するのは餓鬼だけです」
「君にしては卓見というか、良識的な意見だな。それを正し、諭しに行くのかね」
 担任のからかいに、ボロボロの生徒はニヤリと笑って見せた。
「もっと単純な話ですよ。ちょいと大人気ない古橋先輩の起こした騒動、特にワナビども
 への仕返しです」
「その傷への?」

414 :この世の本当のこと 2/2:03/09/01 23:23
 生徒は首を振り、炎髪灼眼と黒衣を表す自身を親指で差した。
「俺がこのレポートを、魂を売ったとか嫌々書いてるとか、好き勝手抜かしたことに対してです。
 つまらないと言うのはいい。でも、俺がこれを愛していないと言うことは、許せません。他の
 誰に、それを言われる筋合いもありませんよ。チャンスをつかむため精一杯書いた、こいつへの
 愛情を侮辱することは、許せません」
 深い怒りにきらめく炎髪灼眼に、三木教諭は目を細めた。
「しかし、戦えるのかね、その体で」
 生徒は刀を黒衣に収め、代わりに狙撃銃を取り出した。
「直接戦闘はきついでしょうが、大丈夫。彼の援護に徹しますよ。愚痴を聞かされた立場とか、
 守ってやると言った責任とか、いろいろとしがらみがあるわけですよ、この世には」
 生徒は銃を小脇に抱え、歩き出した。医務室を出てゆく背中越しに言う。
「先生、アクション娯楽作品の鉄則を知ってますか?」
「ありすぎて分からないな」
 別れる二人の間に、笑いが交わされる。
「仮面ライダー始め、ヒーローのピンチにはどっかから助っ人が現れるってことですよ」
 その生徒、高橋弥七郎は不適に言い放った。

【高橋弥七郎復活、おかゆと合流?】

415 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 23:43
飽きた。

416 :イラストに騙された名無しさん:03/09/01 23:57
>>415
同意。

417 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 01:17
>>415-416
なんか反応欲しいわけ(w

418 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 08:40
>>415-416
20日の例の椰子はどう転んでも大物になるからそれまで我慢(w

419 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 13:02
「つまらん」とか「痛すぎ」とかなら大いに結構だが、「飽きた」ってーのは反応に困るなぁ。
とりあえず20日までには完結させたいから、それまで勘弁してほしい。

420 :富士ミスの行く先へ(1/5):03/09/02 17:09
 十傑衆の後を追うように歩きながら、時海は思う。
(でも……どうして、師走くんが?)
 この騒動は、売れていない人間が暴れているものだと思っていた。
 だが、師走のレポートの売り上げは、自分と同じぐらいか……おそらくこの間の新作で抜かれただろう。
 それに……悔しいが、評価では自分のものよりも、師走のレポートの方が上だ。
 それなのに、なぜ、師走が黒化してしまったのか――?
「?」
 ふと、前を歩く十傑衆の足が止まった。時海と上田も足を止める。
「おや、どうしたんだい?」
 上田が言うと、十傑衆が同時に振り返って、言った。
『富士ミスの匂いがする』
 ――富士ミスの匂い?
「この匂いは」「DQNな弁護士」「薄いヒロイン」「滑ってる共産娘」「アホな検事」「逆転裁判」
「半分以上が法廷」「異議あり」「異議あり」「異議あり」「異議あり」「異議あり――」

『――師走トオルの匂いだ』

 はっと、時海は顔を上げた。十傑衆の視線が見据える先――階段の上。
 そこに。
 師走トオルが、いた。

「師走くん……!」
 階段の上に佇む、師走の姿。
 ――その姿は、血にまみれている。
 そして、その手に握られているのは――ボウガン。

421 :富士ミスの行く先へ(2/5):03/09/02 17:10
「!」「!」「!」
 師走がボウガンを構えるのと、十傑衆が銃口を上げるのは、ほぼ同時。
「――なんで」
 そして、不意に師走が口を開く。
「なんでお前らが邪魔をするんだ、時海、上田ぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!」
 師走が、吠える。
 矢が、放たれる。
 それと同時に、十傑衆の銃口が、火を――
「撃たないで」
 それを押しとどめたのは、時海。
 そしてその、時海へと向かって飛ぶ、矢が。
 ――時海に突き刺さる。
「――っ!」
 左手に鋭い痛み。手のひらから甲へ、矢が貫通していた。
 それでも、時海は悲鳴を上げず。
 流れる血をそのままに、階段を上り始める。
「な――」
 師走は動かない。動けないのか。左手から血を流して、それでも自分に向かってくる時海を見つめたまま。
 そして、時海は。
 師走の前に立って。

 ――パァン、と乾いた音が響いた。

「もう……やめようよ、こんなの」
 頬を叩かれた師走は、呆然として。
 叩いた時海は、なぜか目尻に涙を浮かべて。
 正面から、富士ミス二期生の二人は向かい合う。

422 :富士ミスの行く先へ(3/5):03/09/02 17:10
「どうして……どうして師走くんがこんなことするの?」
 あの、地獄絵図と化した富士ミス班。暴れ回った師走。
「――時海」
 不意に、師走が口を開く。時海の顔を見据えて。
「お前は、富士ミス班にいて、それで満足なのかよ?」
「……え?」
「あんな沈没しかけた、いつ無くなるかも解らない班の作家で、お前は満足なのかよ!」
 師走が叫ぶ。どこか、悲痛な叫び。
 ――それは、暴走した富士ミス班の作家の、全ての心の代弁のごとく。
「本を書いても電撃班や本家のファンタジア班に比べれば全然売れねぇ、おまけに地雷だ何だと騒がれて、
もはや地雷であることだけにしか存在意義のない班にいて、それでいいのかよ!」
「師走、く――」
「いつか富士ミス班は無くなる、おそらく遠くない未来に。あざの先輩や水城先輩のレポートが終わってしまえば、
富士ミス班には何も残らねぇ、いずれ班自体が無くなり、レポートは全て焼却処分されて、誰の記憶からも消え去る……
それが解ってる班に、何の意味があるんだよ! 何もねぇじゃねぇかよ!!」
「そんな――約束したじゃない! 三人で、富士ミス班を支えていこうって、忘れちゃったの、師走く――」
「覚えてるよ」
 時海の叫びに、師走はまるで吐き捨てるかのように、返す。
「あぁ、このライトノベル校に入学したときは、俺だって希望に満ちあふれていたさ、たとえ地雷班と名高い
富士ミス班でも、いつか俺たちがそれを変えてやるんだって、そう思っていたさ――」
「だったら――」
「だけどな!」
 時海の抗弁は、師走の怒声にかき消される。
「俺たち程度の力じゃ何も変わらねぇんだよ! 所詮は富士ミスでそこそこ売れたってだけの話だ、
何も変わらねぇ、富士ミスが地雷レーベルなのも、沈没寸前なのも――何も変わっちゃいねぇんだよ!
富士ミスに必要なのは俺たちじゃねぇ――電撃班の上遠野先輩みたいな、もっと名の知られている
有名作家やメディアミックスの起爆剤なんだよ……どこの馬の骨ともつかねぇ新人じゃねぇんだ」
 吐き捨てるように、師走は叫ぶ。
「俺は必死でやった、必死で書いた、だけど何も変わらねぇ、富士ミスは富士ミスのままだ――
だったら俺たちのやってることに何の意味がある? 俺たちの書いたレポートに何の意味があるんだ!?」

423 :富士ミスの行く先へ(4/5):03/09/02 17:11
『――甘えるな』

 唐突に、無個性な、無機質な声。
 そして、師走へと突きつけられる、十個の銃口。十傑衆の銃口。
「富士ミスは」「沈没寸前」「地雷レーベル」「そんなのは百も承知だ」「そんなものだ」
「だが」「かつては電撃も」「地雷レーベルと呼ばれていた」「地雷の山に埋もれていた」
「それを」「一大勢力まで」「育て上げたのは」「名もない新人たちの力だ」
「甘えるな」「売れないからなんだ」「地雷レーベルだからなんだ」
「認められたかったら」「ただ書き続けろ」「命を削って書き続けろ」
「富士ミスを変えたいと願うなら」「変えられるレポートを己の手で書き上げろ」
「お前も」「曲がりなりに」「作家の一人だろう」「師走トオル」

 まるで十人が一人となったかのごとくに、十傑衆の言葉は続く。

「新人が」「自分のレポートの意味を問うなど」「十年早い」「片腹痛い」
「悔しければ書き続けろ」「書いて書いて書きまくれ」「書けなくなるまで書きまくれ」
「そして書けなくなったなら」「それでも自分の名前が忘れ去られていたら」
「今度こそそう叫んで見せろ」「そうしたら」「俺たちはこう答えてやる」

『俺たちは、お前のことを覚えている』

「――――」
 がくりと、師走が膝から崩れ落ちる。
「師走くん!」
 それを支える、時海の手。
「……時海、俺は……」
「ううん、何も言わなくていい」
 時海は首を振る。そして、左手の痛みを堪えながら、それでも満面の笑みを浮かべて。
「まだ――頑張ろう?」
 そして、時海は師走の身体を抱きしめた。

424 :富士ミスの行く先へ(5/5):03/09/02 17:12
「……やれやれ、とりあえずは一件落着なのかな」
 それを見上げながら、上田が肩を竦めて慨嘆する。
「まぁ、師走君の気持ちも解るけどね」
 独り言のような上田の言葉に、答えたのは、十傑衆。

「確かに」「富士ミスは消えゆくレーベルだ」「電撃のようになる前に」「消えてしまう可能性は高い」
「だが」「どんなレーベルも」「いずれ消える」「失われる」
「どんなレポートも」「いずれ再版はかからなくなる」「消えていく」
「どんなものも、いつかは確実に失われていく」

『だが』

「俺たちはそれを覚えている」「富士ミスというレーベルがあったことを」「一つの地雷レーベルの存在を」
「そこで書かれた数々の地雷を」「数々の駄作を」「そしてごく一握りの良作を」「傑作を」
「いつまでも覚えていてやる」「愛し続けてやる」「俺たちの本棚に残し続けてやる」


『――それが富士ミスの住人にして十人だ』


【師走、黒化解除。時海ルート終了】

425 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 19:58
か、かっこいい…かっこ良過ぎるぞ!富士ミスの十人!!(滝涙)

426 :イラストに騙された名無しさん:03/09/02 20:21
ここしばらくで、俄かにというかようやくというか、テーマらしきものが出てきた感じ。

427 :序曲1/7:03/09/03 15:02
 ラウンジは戦場だった。
 無線中継機が所狭しと並べられ、分析役を負った生徒たちが充血した目で計器を睨む。
 医務室から溢れた患者が床を埋め尽くし、出入り口からはさらに新たな怪我人が運び込まれる。
 中継機からは軽書校各地に散らばった一般対策班員からの情報が流れ、
 オペレーター席に座った壁井が矢継ぎ早に指示を出す。
「まだ階段を突破できないの!? たかがワナビでしょう!」
『新木さんが突破口を開きました! しかし巻き添えで味方の大半が重傷。救護班を呼んでください』
「くっ……上の階に向かう事ができる特待生徒は近くにいないの?」
『上遠野、阿智は黒化した橋本の撃破に向かいました。
 渡瀬、鈴木は消耗した部隊を再編する為に撤退中。高橋、おかゆも今こちらに向かっています。
 単独行動中だった有沢、高畑、うえおの三人ですが……有沢は栄沢化し、行動が読めません。
 高畑は富士見クラス特別自習室にて麻生と戦闘中。うえおは独断で黒古橋に戦闘を仕掛け、その後の応答がありません。』
「まるでバラバラじゃない! ……他のクラスの生徒はどう? まだ連絡は取れないの?」
『富士ミス、スニーカーは生徒の黒化による混乱でバラバラです。ファンタジアクラスは辛うじて組織化が
 確認されましたが、やはり黒化した特待生徒との交戦に苦戦しているようで、連携は不可能と思われます』
『ファンタジアクラスのろくごまるにが復活しました! しかし何故か榊と戦闘し、その後行方をくらました模様!』
「なんですって!? 詳細な情報をあつめて!」
『懲罰棟が倒壊! 特待生徒同士の戦闘と思われますが、詳細は不明!』
「あーもう! 川上先輩は、あの人は今何処に居るの!? なんとか協力を頼めないか……」
『領域の侵食を受けたと思われるバーニング・緒方と交戦しているとの情報が。
 協力を頼むどころか、近づくだけで炎上してしまいますよ!』
『職員室との連絡が途絶えました。保健室にいる三木先生、峰先生に至急連絡を。
 未確認ですが、野村美月と黒古橋の姿が同時に目撃されているようです』
「あああああああ」
 思わず体を丸めて耳を塞ぎたくなった。

428 :序曲2/7:03/09/03 15:03
 ただでさえ、色々な意味で無茶な生徒が多い電撃クラス。
 戦闘能力が高い奴等は、まさに選び抜かれた濃厚さを誇る。
 そんな連中が部隊行動など取れるはずもなく、大半は勝手に動き回っている。
 単独行動中の生徒が黒古橋の『領域』のために、本来の戦闘能力を発揮できず撃破されるというケースが非常に多い。
 ようやく階上への道が開けたとはいえ、職員室まで落ちたとなっては、状況は最悪といってもいい。

「秋山先輩。もう予備戦力を投入し、一刻も早く黒古橋を止めるべきでは……」
 憔悴しきった様子の壁井がヘッドホンを外し、壁際でタバコを吸う秋山に意見する。
「……いや、まだだ。黒古橋の位置を確認してからでなければ、我々が行くわけにはいかない」
「しかし……」
「考えても見ろ。今我々が全力でワナビを駆逐し黒化した生徒を叩きのめしたとしても、黒古橋は健在だ。
 消耗した我々に彼を拘束する力が残っているとは思えない。原因を取り除かない限り悲劇は続く」
「……」
「壁井特派員。待つしかないのだよ」
 壁井は下唇を噛み締め、痛みに耐えるようにして俯く。
 しかしそれも一瞬のことで、すぐさまオペレーションに戻った。
 その背中を見つめながら、秋山はただ無言でタバコを吹かす。
「本当にまだいかなくていいのかい?」
 すぐ隣から聞こえてくる声。
「行けば、我々の負けだ」
 秋山は振り向きもせずに答える。
「でも先輩、今なら階上への道も確保できています。僕達全員で捜せば……」
「手分けして、か? それこそ奴らの思うつぼだ。かといって固まって移動していたのではたいした情報も得られず、
 無駄に消耗するだけだろう」
 持っていたタバコを乱暴に捻り潰し、発言者たちに向き直る。

429 :序曲3/7:03/09/03 15:03
「時雨沢特派員、成田特派員、君たちは電撃最期の砦なのだよ」
 狙撃の名手、時雨沢。
 ナイフ戦闘の達人、不死身の成田。
 秋山は黒古橋封印に最も適した人材を残し、あとはすべて局地戦に投入した。
 どうせ団体行動などとれはしないと考えての行動であったが、明らかな失敗だった。
 今の状況は不確定要素があまりにも多すぎる。
 黒古橋の居所は未だ不明。
 黒化した生徒は予想以上の力を発揮し、実力者であるはずの佐藤ケイ、志村などがあっさりと倒されている。
 他レーベルも当てにできず、むしろより大きな不確定要素が出現してしまった。
 ろくごまるに。彼が何を考えて榊を襲ったのかが解らない。黒化したにしては妙だ。
 ろくごが敵に回ったとしたら、勝ち目は万に一つもないだろう。
 仮にすべてがうまくいって黒古橋との戦闘にこぎつけることが出来たとしても、今居る最低限の戦力で勝てるとは思えない。
「こちらに向かっているおかゆ、高橋、渡瀬、鈴木に連絡。同4名で隊を作り、階上で黒古橋の捜索に当たれ。
 特に職員室周辺を重点的に。見つけても手は出すな。我々の到着を待て」
「はい」
 壁井に指示を出し、新たなタバコに火をつける。
 ――戦力が足りん。
 せめて、特待生クラスがあと3人は欲しい。
 高畑が麻生に勝利すれば、あと2人。
 伊達や中村が居ないことが本当に悔やまれる。
 ここまで来ると川上の助力がどうしても欲しいが、あの緒方と戦闘中だ。しばらく手は空くまい。
 ――空いていたとしても、『答え』をださん限りは貸してくれんだろうが……
 ガリガリと頭を掻く。
 見れば、時雨沢も成田も落ち着かない様子で室内をうろついたり、手当たり次第に怪我人の治療に当たったりしている。
 ――こういうの、似合わんな。
 焦燥感が数ミリ単位で身を焦がしていく。
 疼く体をなだめるために、もう何本吸っただろうか。

430 :序曲4/7:03/09/03 15:05

「秋山先輩! 乙一さんと山下さんがこっちに向かってるそうです!」
「……ほう、何故ここへ?」
 乙一と山下。
 ミステリー校特待生とファミ通特待生とは、なかなか変わった組み合わせだ。
「山下さんが負傷してて、乙一さんが運んできたみたいです」
「なるほど」
 少しガックリ来たが、乙一だけでも十分な戦力だ。
 ――何とか説得せにゃならんな。

 山下の傷は、幸い重要な血管を傷つけることもなく、綺麗に腱のみを切り裂いていた。
 乙一は山下の診断と処置を見届けるとすぐに出て行こうとしたが、秋山がそれを引き止める
「乙一くん、君も休んでいきたまえ」
 茶を勧める秋山に、乙一は無言で首を振る。
「む、急いでいるのかね?」
 やや躊躇して、首を縦に振る。
「何か用事でも?」
 ボソリと呟くように、
「……人を捜しているんです」
「ほう」
 これは望み薄かもしれない、と秋山は思う。
 この状況下で人探しとなれば、乙一にとって重要な絆なのだろう。
「もしかしたら情報があるかもしれない。誰を捜しているんだ?」
「野村、美月さん、です」
 壁井に目配せする。
「野村さんの目撃情報なら、未確認ではあるがはいってきている」
 乙一はいきなり立ち上がり、どこか興奮気味の声で、
「教えてください。お願いします」
「もちろんいいが、条件がある」
 乙一の目が細くなる。
 かすかな殺気まで漂う。

431 :序曲5/7:03/09/03 15:06
「我々と行動を共にして欲しい」
「お断りします」
「野村さんが黒古橋と同時に目撃されたとしてもか?」
 乙一の目が見開かれる。
「いいか乙一くん。我々の目的は黒古橋。君の目的は野村さん。
 これでは確かに行動を共にする意味は無いだろう。しかし――」
 立ち上がって身を乗り出し、乙一の目を覗き込むようにして、
「――野村さんが黒化していた場合はどうなる?」
 無表情だった乙一の顔が僅かに歪む。
「黒古橋と同時に目撃されたとなれば、その可能性はきわめて高い。
 君が野村さんを見つけたとしても、野村さんが攻撃をしかけてきたら――君は野村さんを傷つけられるか?」
「僕は……」
 乙一は俯く。
 その顔に浮かぶのは悔しさと――
 ――葛藤、か?
 些か意外に思いながらも、秋山は言葉を続けた。
「そも、この騒動の発端は黒古橋の解放にある。つまり黒古橋を封印を施せば、全ては終わる」
 ――自分でも信じていない言葉でも、意外とすらすらと出てくるものだな。
 心中で自嘲しながら、秋山はもう一度言った。
「我々と行動を共にして欲しい」
 俯き、拳を握りこんで押し黙っていた乙一だが、やがて諦めたように体から力を抜き、しかしはっきりと言った。
「……わかりました」
 それを聞いた秋山はニヤリと笑い、

「電撃クラス対策本部へようこそ。乙一特派員」

432 :序曲6/7:03/09/03 15:06

「秋山さん、ちょっと」
「なんだね、A特派員」
 分析に回っていた生徒Aの呼びかけに答え、なにやら複雑な計算が為されている画面に目を向ける。
「先ほどから霊的エントロピーがとんでもない勢いで増大しています。しかもその分布が……」
 カタカタと画面を操作し、軽書校の見取り図を出す。
「山下さんや橋本さんのように自力で領域の侵食から抜け出した生徒は殆どいません。
 ワナビにしても特待生徒にしても、殆どは何らかの形で撃破されています。で、問題はその後なんです」
 Aの操作によって見取り図の下に時計が出る。
 その時計が進むごとに、まるで紙の地図上に雨が降り注ぐように黒い染みがぽつぽつと出来ていった。
「倒れた黒化生徒の怨念が時間ごとに増大。そのスピードは領域に近いほどに早くなります」
 やがて大小さまざまな円形の染みが校舎の内外を埋め尽くす。
「この怨念の分布、そして山下さんの証言から考えて、黒古橋の領域の正体は怨念増殖炉に使われる結界の一種
 と考えられます。立ち入った者のマイナス感情を引き出し、増殖させる。単独で無謀な行動に出る生徒が多いのも、
 この作用による冷静さの欠如が原因かもしれません。そして、ここからが重要ですが……」
 さらに時計を進める。
 すると増大しつつも円形を保ったままであった怨念の塊が、渦巻く風に巻き込まれるように少しずつ流されていくのが分かる。
「怨念が徐々に渦巻き、集約し始めています。そしてその集約地点にいる者こそ……」
「古橋、か」
「恐らく。今の古橋の力は、歴代の黒古橋の中でも間違いなく最強でしょう」
 Aはさらに時計を現在から未来へと進める。
「このままいけば、あと10時間以内に軽書校の霊的エントロピー耐久限界を超え――」
「――ひゅう、ズドン」
 未来予想図の中で集約した黒点が一気にふくらみ、校舎を覆い尽くした。
「堕落。軽書校は跡形もなく消滅し、周囲にも甚大な被害がでるでしょう。これほどの怨念を払うことはほぼ不可能。
 となれば封印か、あるいは……」
「空間相転移自爆装置で周囲に被害が及ばぬように自爆するのみ、だな」
「……」

433 :序曲7/7:03/09/03 15:08
 慣れぬ搦め手まで使って戦力を補強し、性に合わぬとぼやきながらも待って、待って、待ちつづけて――ついに目標を補足した。
 しかもパワーアップと制限時間のおまけつき。
 強大な戦力を持つ不確定要素が跋扈し、こちらの戦力は最低限。
 秋山は笑った。
「くっ、くくくくくくく」
 笑いが、止まらない。
「……秋山さん?」
「はーっはっははっはっはっはっはっはっはっ!!」
 貯めに貯めていた『何か』を一気に爆発させるように、秋山は笑いつづける。
 秋山は神に感謝した。
 今ここに、最高の破壊の季節を用意してくれたことを。
 周囲の人間が何事かと視線を向けると、狂ったように笑っていた秋山は突如豹変し、

「ATTENTION!!」
 
 時すら止める大喝を放った。

 ラウンジに存在するすべて人間が反射的に立ち上がり、敬礼する。
「たった今から三時間、対策班長の権限において第一種休暇を与える。
 今のうちだ、書きたい奴は遺言書いとけ。金借りてる奴は返しとけ。
 どこへでも行って好きなだけハメ外してこい。ゲロ吐くまで酒飲んでこい!
 だがな――――、三時間たったら、お前らのケツはひとつ残らずおれのもんだ!! 返事!!」 」
「Yes,sir!!」
 三時間でなんとか残存戦力をかき集め、黒古橋のもとへ。
 作戦と名づけることもおこがましいほどに大雑把な作戦。
 硬直する壁井に指示を出した。
「壁井特派員、全対策員に通信。黒古橋の位置が特定できた。直ちに本部へ戻り、最終戦に備えろ。
 それと、各連絡員へ。なんとしても他レーベルとの連絡を繋ぎ、一人でも多くの戦力を確保しろ」
「は、はいっ!」 

434 :序曲8/7:03/09/03 15:10
 対策員の硬直が解け始め、ラウンジはにわかに騒がしくなる。
 敬礼したせいで激痛に見舞われ、のたうち回る怪我人。
 気合をいれるべく大声をあげる者。
 他レーベルとの連絡に走るもの。
 装備を確かめる者。
 逃げ出すものは、一人も居ない。
 
 そんな混乱の最中、秋山はワイヤーブレードを握り締め黙考する。
 迷いはまだ、ある。
 しかし動かなければすべてが終わる。
 第三の道を模索する暇はもうない。
 ブレードを強く、握り締める。

「フルハシ……」
 
 決戦の場は屋上。
 デストロイの季節が訪れようとしていた。
 
 
 

 
                  【乙一、山下、電撃対策班と合流。 電撃対策班、最終決戦へ向けて最後の準備】 

435 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 15:11
8/7って何…… _| ̄|○

最近こんなんばっか。

436 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 17:42
内容はいいが、最終決戦はまだ早々のような気がする
物語の根幹のストーリーは一度話しあって、調整した方がいいのでは

437 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 18:17
Aって誰?

438 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 18:26
最終決戦の前に放送室奪還戦もあるだろから、それをつなぎに。

439 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 18:51
>>436>>438
職人さんが居る楽屋はこっち。

厨房ですか。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/

>>437
ワナビという裏設定が有るただのエキストラ(多分)。

440 :閑話休題:03/09/03 19:10
……なお、この騒動で職員室に提出してあった
「コガレ」
「自動的だよ!ブギーさん」
「邸園」
「抹殺者」
「死神と呼ばれた男」
の五つの短編レポートの表紙がボロボロになり、
誰が書いたかさっぱり判らなくなってしまったのはまた別のお話である。


441 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 19:15
閑話休題は
『さて脱線はここまでにして』
っつー意味なんだが……

442 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 20:12
つまり元のネタスレに戻そうと

443 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 20:14
なんと壮大な脱線か!
むしろこのネタのために今までの騒動があったと言う事で万事OK。

444 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 22:00
あざの、南房は放置ですか?ケリをつけると言ったのに。

445 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 22:10
いや、ここまで来たら最後まで見てみたい。ネタ氏さん達頑張って。

446 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 22:44
炎上もう出ないのか?待ってるのに。

447 :イラストに騙された名無しさん:03/09/03 23:59
ちょっと問題になっているようですし、今後混乱しないためにも楽屋(舞台裏)から一言。

上の「序曲」は時系列的にもう少し後の話とし、他の作家のストーリーにある程度ケリがつくまで
最終決戦は保留することになりそうです。(この措置もまだ決定ではないですが)
なにしろ音楽も止まっていませんから。

448 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 00:10
そういえば、藤本とマエタマはどうなった?

449 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 01:01
いつまで続くんだよ。

450 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 02:17
>>449
450が目標だったようですが、この調子だと650くらいかなぁ?
もちろん、これだけでスレが終わっちゃうのは由とはしませんが。

451 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 18:09
  まぁとりあえず、日常が書きたいなら書けばいいんじゃないのか?


452 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 21:21
別に気にする必要は無いわな。
美月たんのあれだって当初は日常を書いていたんだし。

453 :イラストに騙された名無しさん:03/09/04 23:28
つーか「目標」で終わらせようとするな。そんなことしたって無駄だってのは書いてるワナビどもが一番よく知ってるだろうが。

454 :イラストに騙された名無しさん:03/09/05 16:05
煽りや文句は裏で聞くから、下までおいで。

厨房ですか。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/

455 :時期モノにつき日常ネタで乱入失礼1:03/09/05 23:42
葉山 「くー、ぬー……」
上田 「どうしたんですか、頭を抱えて。僕らでよければ相談にのりますが」
葉山 「そろそろ電撃でレポートの発表でしょ。ラウンジに挨拶に行きたいんだけど、
    服装、どうしようかって」
時海 「その……いつもの黒の上下のハンタールックじゃダメなんですか……?」
葉山 「あ? ええと、イメチェンしたい訳じゃなくてね。この前行った時
    『牙の塔ワナビが何の用だよ。ファンタジアクラスはあっちだぜ』って
    あしらわれちゃったから……」
水城 「それですごすごと引き返して来たと? なんと非猟奇的な!!」
葉山 「先輩。みんな……」
あざの「仕方ないヤツだな。ま、気持ちはわからないでもない。そこで、だ。
    俺たちがエールのひとつでも送ろうと思ってな」
深見 「僕はこのあらゆる概念を破壊する拳を捧げるよ。君が富士ミスの代表である限り
    僕の力は君とともにある」
師走 「じゃあ俺は、どんな糾弾にも立ち向かう、『異議ありっ!!』という魔法のコトバだ」
水城 「ふむ。ならば私はただの黒ずくめとはひと味違うインパクトとかもし出すであろう
    猟奇的に華麗なマントとシルクハットのセットを」
あざの「俺からはコレだ。葉山、手ぇ出せ」
葉山 「これは……カプセルっ」
あざの「俺も上遠野サンと間違えられたことがある。最後に物を言うのは己を貫く我の強さだ。
    ハッタリでもいい。テンションあげてイってこい」
葉山 「わかりました。負けません……全力で行きます!」

456 :時期モノにつき日常ネタで乱入失礼2:03/09/05 23:43
うららかな昼下がり。電撃班ラウンジを不審者が襲った。
壁をぶちこわし「異議ありいぃぃぃっ!」と叫びながら現れたその人物は、
黒ずくめの服にマントを纏いシルクハットをかぶっていた。
一部の生徒は、空中を泳ぐ2本の黒い角と鋭い歯を持つ魚影を見たという。

明らかに常軌を逸し薬物を摂取している様子のこの不届き者に対し、
強者揃いの電撃班特別生徒達がどのような処断を下したかは明らかになっていない。
ただ、ラウンジの片隅にこっそりと、拘束具をつけられた人間が転がされていた
ということが伝えられている。

457 :未確認情報の真相:03/09/06 16:24
傷だらけのワナビを引きずるようにして、機械の少女が歩いている。
増子二郎の創った人型自律機械、『ポストガール』だ。
「しっかりして、もうすぐ医務室だから……」
返事が無い。ワナビは息をしていなかった。
『ポストガール』は無言で地面にワナビを横たえ、彼のまぶたを閉じさせる。
思わず天を仰いだ視線の先には、「職員室」と書かれたプレート。周囲は静かだった。
「血と肉と火薬の匂い……ここも襲われて……」
誰か生存者はいないかと、『ポストガール』は職員室の中に入り――見た。
殺戮の中心に一人の女子生徒がいた。
「野村美月さ――」
言葉が終わるより早く、『ポストガール』の右肩で卓球のボールが爆発した。
「どうして……敵には、わたしが認識できないはず……」
『ポストガール』のステルス能力は『地味であること』を原動力とする。
「……そうか……普段、目立たない彼女には、効かないんだ……」
機械の少女は、最後の力をふりしぼってコミュニケーターのリダイヤルボタンを押した。
「こちら増子二郎の『ポストガール』……職員室に、野村美月さんが……」
そのとき、廊下の向こうから一人の男が現れた。
「あ、あれは黒古は――」
電撃班ラウンジに繋がっていたコミュニケーターごと、『ポストガール』は爆破された。

【増子二郎の『ポストガール』、機能停止。増子ルート終了】

458 :イラストに騙された名無しさん:03/09/08 14:08
時雨沢「出撃だ」
成田「りょーかい」
腰に2丁の拳銃、背中にライフルを背負いバイクに跨る時雨沢。
バイクの後部に座る、帽子とトレンチコートといういでたちに銃剣を取り付けたショットガンを持つ成田。
二人合わせて所持したナイフの合計が50本近いという、電撃きっての組み合わせ。
時雨沢「ところで成田君、拳銃は持たなくていいのかい?」
成田「マカオでナイフに慣れましたから、サーカスにもいたんで」
時雨沢「そうか、じゃあ行こう」
バイクを廊下へと発進させる、彼らの任務は炎上した王――上遠野を倒すこと。
ただひたすらに疾走する、バイクは時雨沢にとっては手足と同じ造作も無い事だ。
そして、廊下の端で鎌を掲げたハセガワと遭遇した――。




459 :イラストに騙された名無しさん:03/09/08 15:22
ハセガワ「ぴぴる・・・・・・」
時雨沢「世界はぴぴるなんかない!!」
カノンをバイクに跨ったまま抜き出して射撃。
44口径ホローポイントが鎌を弾き飛ばす。
成田「この振動でも余裕で撃てるなんてさすが」
そのまま横をすり抜ける瞬間、成田はハセガワの襟首をひっつかみ羽交い絞めにする。
そのままバイクの後部座席で無茶苦茶な体勢変更をして、時雨沢とは背中あわせの形になる。
当然、ハセガワは足がバイクにひぎずられる形になり――すでに両足首は存在していない。




460 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 10:55
「入学はまだまだ先だけど、学校見学ぐらいはしておいた方がいいよね」
「線」をそっと封筒の角でなぞる。
と、レーザーの乱射で切断されたかのような校門の切り身が完成する。

「……なんで閉まってたんだ?」

【那須きのこ 最悪の状況での学校見学開始】

461 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 11:46
きのこ「――案内してくれる先輩の虚淵君を探さないと」


462 :裏の662:03/09/09 14:27
告知

楽屋裏で検討を重ねた結果、フィナーレまでの流れと真相が決定しました。
ある程度作家個別のストーリーにケリをつけたあと、
大まかな部分はそれに沿って進む予定です。(細かい部分は書く職人任せです)
今後書く予定の人は楽屋裏(>>137)の>662を見てください。
書かない人にとってはネタバレなので、見ないことをお勧めします。

463 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 15:43
もういいかげん、普通のに戻して欲しいわけだが。
イマイチ流れも掴みづらいし。

464 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 16:23
>463
早く終わらせるために今後の展開を決定したのです。
もう少し待っていてください。
ここまで来て中途半端に打ち切るのが一番良くありません。

465 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 16:30
>もう少し待ってください
聞き飽きた

466 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 16:50
>>465
とりあえず気の済むまでやらしといてやれば?
一応あと少しだって言ってるんだし。だいぶ前から聞いてるけどナ。
漏れはもうあきらめたよ。

467 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 17:31
変なシリアスバトルネタ連載のお陰で、一発ネタが書けません。
そこから始まる自然発生的なネタ連鎖も楽しめません。

468 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 17:38
気にせず書けくのだ。
そんな規制は一切ないぞ。己の先入観と殻を破れ。

469 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 18:01
巫女巫女ナース!!

470 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 18:56
なにこれ?

軽書校の平和な第二校舎。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1063101104/

471 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 19:00
これも現状の為せる悲劇か・・・・・・。

472 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 19:15
秋山瑞人「新刊の予定はどうだい? 中国武術スキー。
       わしはまあシリーズ完結してメディアミックスも果たしたが・・・・・・これまで
       通り、仲良くしようじゃないか?」
古橋秀行「うるさいッ!! ラジオドラマ化がそんなに自慢か!?」

473 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 20:12
どうせ次スレでも次々スレでも同じことするなら、
分けたほうがお互いのびのびかけていいような気もするがな。

両方ごっちゃにする方法もあるが、
読み手としては混乱するので分かれていたほうがありがたいが…

474 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 20:15
まあ、必要かつ周囲に認められてなら二スレ体制も良いが、

リレー小説で頑張ってる人、少しは自重しねえ? そうして一
スレで回すのが一番角が立たんと思うし。

475 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 20:20
正直、もう自重するほどの勢いもない。
このまま一気に書いてもらってキレイなかたちで終わるのが一番いいと思う。

476 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 20:23
もう一ヶ月以上も続けているし、
纏めるにはしばらくかかるからな…

市販の小説と同じで、書こうと思っても時間がかかる。
納得いくまでやるならなおさら。

とりあえずこれ以降は
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/l50
で話し合うのがいいと思う。

477 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 22:41
>>469
二つ目はひらg(略

478 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 23:18 ID:+NDVGEQF
那須きのこは、校門に入った瞬間に黒い影にはじき飛ばされた
その黒い影は「ブモモォォォォーーーーンンン」と叫んでいるように聞こえた

きのこは、はじき飛ばされた後も影の蹄の前に投げ出され
揉みくちゃにされたまま校門の外に蹴り飛ばされていった

その光景を視た人間に拠れば、
「謎の獣は、熊の皮を被った牛のようであった」
極一部の不幸な人間には、獣の雄叫びが
「何で私の作品と違って、作品が出る前に一スレ消費されるのよーーーー!」
と、聞こえたと言う

どちらにせよ、その光景を視た教職員はその瞬間に逃げだし
生徒たちは、その場に倒れ臥した

蹄の残る校庭では、雀が「チュンチュン」と鳴いていた

【那須きのこ 謎の獣と共にラ板外へ】


479 :イラストに騙された名無しさん:03/09/09 23:21 ID:HOJ0h93m
>>478
最初に「ぶもももーっ」か「やでやで」を入れとけ。

480 :終末に至るための幾つかの序曲1:03/09/10 00:59 ID:UMIhUB4y
 屋上へと至るための道。
 進む電撃班の面々は異様な光景を目にすることになった。
生徒達が倒れている。
 ワナビも、黒化した特別生徒も、それ以外の特別生徒も、富士見班も、角川班も、
コバルト班も、区別無く、容赦なく生徒達が倒れている。
 電撃班の面々の背筋に、ぞっとしたものが走る。
 誰がいったいこんなまねを?
 屋上に近づくにつれ、ますますと増える倒れた生徒達を乗り越えるように進む電撃
班の面々はついにその元凶に出会うことになる。
「……ろくごまるに」
 電撃班の戦闘を行く、秋山瑞人の口からその名がこぼれ落ちる。
 ろくごまるに。その名を持つ特別生徒は腰に欠けた瓢箪を揺らしながらおっくうそう
に腰掛けていた階段から立ち上がると、見下ろすように電撃班と対峙した。

481 :終末に至るための幾つかの序曲2:03/09/10 00:59 ID:UMIhUB4y
「ようやく本命のお出ましであるか。いや、結構結構。もうすでに古橋君と美月さんは
この上に行った。他にも何名か通したが、ふむおぬしたちは少し数が多すぎる」
 ろくごまるには手に携えた模造刀……刃を落とした稽古用の刀を構える。
「なぜこんなまねを?」
 電撃班の誰かの問いに、ろくごまるには猫のような笑みを浮かべた。
「わからんかのぅ? いや分かっておるはずだ。気づかないのか? それとも気づか
ない振りをすることで目を背けているのか? ふむ、まあどちらでもいい。ワシの目
的を端的に言うならば、お主達が阻止しようとしている『奈落落ち』と呼ばれる現象の
達成じゃのう」
「なぜあなたほどの特別生徒が、黒古橋に組みする!?」
 電撃班の血を吐くような叫びにも、ろくごまるには微塵も動じた様子はない。
「そこよ。おぬしたちとワシの最大の違いは。おぬしたちは『黒古橋を敵として見てい
る』。ワシは、正確には『彼ら』は『黒古橋を望んでいる』。ゆえにワシは黒古橋を助け
る、ま他にも理由はあるが大きな理由はそんなところであるな」
「『彼ら』?」
 黒古橋の降臨を望み、ろくごまるにを動かす者達……いったいどこにそんなものが
いるというのだ。
「ワシを倒せたらヒントくらいは教えてやろう」
 どう猛な気迫とともにギリギリとろくごまるにの体がねじれていく。
 咄嗟に散開しようとしてして気づく、ここが狭い屋上へ続く階段であると。
 裂帛の気合いとともに、ろくごまるにが飛び降りるように階段から宙に舞った。

482 :終末に至るための幾つかの序曲3:03/09/10 01:06 ID:AVeU/Kjq
 戦いはわずかの間にかわされたが、被害は甚大であった。
 櫛の歯が抜けるように、一人、二人と電撃班の人間がうち倒されていく。
「くは、くははは、レポートは何も本文だけが全てというわけではないのだ。『あとがき』
と言うものもあることを忘れてはいかんな!」
 攻撃力の高い電撃班の面々に模造刀をへし折られたろくごまるには、手から謎の怪
光線を放ちつつ太極拳を繰り出し、さらに電撃班に向かっていく。
 しかし最初の不意打ちの混乱から立ち直れば、軽書校最強班とうたわれる電撃班。
 数の有利もあって、ろくごまるには逆に追いつめられていく。
「うぬぬ、ええいこうなれば手段を選ばぬ」
 腰の瓢箪『断縁獄』に手をかけ、事態を打開する宝貝をろくごまるには呼び出そうと
し……。
「させん!」
 生き残った生徒達が一斉に自分の手にある武器を断縁獄とろくごまるにに向ける。
「ぐはぁっ!」
 妙に芝居じみた悲鳴とともに、ろくごまるにの体が吹き飛び断縁獄がうち砕かれた。
「これで終わりだ。ろくごまるに」
 ゾッとするような冷たい光と怒りをたたえた目で秋山はろくごまるにを見下ろした。
「教えてもらおう。『彼ら』とやらのことを」

483 :終末に至るための幾つかの序曲4:03/09/10 01:06 ID:AVeU/Kjq
「いいだろう教えてやろう。『彼ら』は我々にとっての最強の敵だ」
 敗北を目の前にしてもろくごまるにの声色は初めて何ら変わることは無かった。
「そして『彼ら』は我々の最強の味方だ。誰が見ても、聞いても、知っても、それを覆
すことは出来ない。なぜなら『彼ら』の名は……」
 そこでろくごまるには口をつぐんだ。
「『彼ら』の名は?」
 鸚鵡返しに問い返す秋山と目を合わせて、それからろくごまるには天井を、その上
にある屋上を視線で示した。
「それはあそこに行けば分かるな」
 秋山はこれ以上ろくごまるにに関わり合って時間を消費することを恐れ、その後頭
部をいささか手荒に叩いて意識を失わせると、電撃班の面々を振り返りぎりりと歯を
食いしばった。
 傷つき倒れたもの多数。
 ただでさえ最低限の戦力が大きく割り込んでいる。
 それでも、再び屋上へ向かって一歩無言で足を進められたのには理由があった。
 生き残った者達の目には絶望はなく、ただ強い意志の光があったからだ。
 前へ、前へ。
 白いレポート用紙を前にして、そこに物語を書くことを恐れぬように。
 前へ、前へ。
 それこそが特別生徒である。

【ろくごまるに、意識を失いリタイア。電撃対策班、戦力を大幅に減らしつつ最終決戦場へ】

484 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 01:28 ID:pPKeFx6W
正直、正直一つだけ言いたい


ろくごはこんな喋り方じゃないやい。・゚゚(ノдT)゚゚・。

485 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 16:54 ID:ACadGlpL
まあ各作者の口調は再現できない部分があってしかるべしだが、
自他を、捻った視線で客観的に眺める軽妙さと、
小気味よいリズム、がろくごであって、
「〜じゃのう」ばかりしゃべるジジイではないのじゃよ。

まあこういうことを他所まで遠征して書き散らすから「ろくご住人は」
といわれるのかもしらんが、違うものは違うのじゃよ。
お邪魔してすまぬな。

486 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 19:06 ID:US14UR4/
どうせ名前しか作家を知らんやつが自分の好きな小説家を活躍させたいためだけに書いてるんだろ。
期待するほうが馬鹿。

487 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 19:13 ID:/wzupJCO
頭の悪いリレーばっかで話にならないので、別スレ立ちました。
以後、http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1063101104/l50でね >普通の住人さん

488 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 20:11 ID:a3BspSOu
>487
っていうかそのスレの存在がOKなら
軽書校の801な第三校舎。
とか
軽書校の山百合な生徒会室。
とか
軽書校の淫靡な体育倉庫。
とか
軽書校の陰謀渦巻く花いちもんめ。
とか
を勝手に立てちゃうのもOKになっちゃわないか?
そのスレだけは違うと言い切れるものがなにかあるのか?

489 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 20:31 ID:TWJcnQIi
>>488
てか、お前の言っているものは全部21禁な。
逝って戻ってくるな。
あと議論はこっちでやれよ、厨房。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/l50

490 :イラストに騙された名無しさん:03/09/10 20:33 ID:U+phR6vT
>488
もう決まったことなんだから、ごちゃごちゃ口出しすんなよ。
向こう行って見れ。ココよりはるかに有意義な内容だよ。

491 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 22:48 ID:9xx7epOt
最終決戦場へと赴く電撃班。だが突如として彼らを取り囲むようにざわめきとともに多数の気配が出現した。
戸惑う彼らに向かって大きく声がかけられた。
「わはははは。良くぞ奴を倒したな。いやあ感心感心。
だが貴様らの倒した「いち」はワシらら六五〇二人のろくごの中では一番の未熟者だったのだ。
次はこのワシ「に」が貴様らの相手をしてくれよう。」
「そしてその次はこの「さん」が。」「さらにその後ははこの「よん」が」「ご!」「ろく」中略
「いちまる」略「さんに」略「ごろくよん」略「いちにさんし」略「よんよんよんよん」略「ごまるまるまる」略
「そして最後にこの「ろくごまるいち」が相手をしてあげよう。」
一日一ダースのろくごを倒したとしても1年以上かかる計算に電撃班たちはあごが外れそうになった。
その中の一人が呆然としながらつぶやく。
「……それだけ居て誰も下巻を書かないのか……?」

「ぶぞげあ!」「ぐはあ!」「ぶべっ!」「はばあ!」「ぐばぁ!」「ぎゃふん!」
「ギャヒョーン!」「それはスネ夫だ馬鹿者。てめえは宝貝の代わりにヒミツ道具でも回収してやがれ!」
次々に血を吐きつつ珍妙な断末魔を上げ倒れて行く6500人のろくご達に電撃班は唖然とするしかなかった。

492 :何よりも大切な事:03/09/11 23:08 ID:yxXN+LiH
一色銀河「アカン!!こないなとこで油売っとる場合やない!!」
耳にイヤホンを差し込んでグラウンドを整備していた一色が突然叫んだ。
一色「知らんうちにマジックがもう3やと?何やってたんじゃワイわ!!!」
あわただしくグラウンドを出た一色を数人のワナビが取り囲んだ。
ワナビA「テメェがグラウンドを出る瞬間をねらってたんだ!!そこを離れちまえば
テメェはタダのトラキチだからな!!」
そう叫び、手に持っている思い思いの武器で一色に襲い掛かるワナビ達。しかし、
一色「ジャマじゃボケェ!!!!!!!!!」
ワナビA「な!!なにぃ!!!!!」
その一言とともに繰り出された神速の木製バット(片岡モデル)によって全員が星になった。
一色「邪魔もいなくなったことや、とっとと名古屋にいかな…」
こうして一色銀河は狂乱のライトノベル校を後にしたのだった…。

教訓:阪神の応援に行く一色銀河を邪魔してはいけない。特にマジックが一桁になっている場合は…

493 :イラストに騙された名無しさん:03/09/11 23:21 ID:9xx7epOt
唖然とする電撃班にを前に、血の海に沈む6500人のろくごの一人『ごごごご』は言った。
「くはあ。だがこれで勝ったと思うなよ。ワシら六五〇二人のろくごのうち、
いまだ姿を見せぬ最後のろくご『ろくごまるに』こそが真のろくご。
奴は今ある場所で『下巻』を完成させようとしている。
奴は必ずや『下巻』とともに貴様らの前に再び姿を現すであろう。
奴が『下巻』を完成させたその時こそすべては決するのだ。
『下巻』さえ完成すれば貴様らは敗北するのだ!
『下巻』を読むすべての読み手は感動のあまり発狂するかもしれん。
『下巻』を読んだすべての書き手は『ろくごまるに』と同じ時代に生まれたことを呪うのだ!!」

「……いや、その前に終わると思うが、この話。」

「なんてこったい」
血の海に沈む『ごごごご』は最後にふかくふかく、息をつき、言った。
「ふう……、悪大刊。」

「……さっさと行こうか。」
「……そうだな。」
【ろくごまるに、今度こそリタイア。電撃対策班、果てしない疲労を感じつつ最終決戦場へ】

494 :イラストに騙された名無しさん:03/09/12 01:05 ID:a7m3v8vi
……えーと、ろくごファンとしてはどう突っ込めばよいのでせうか。
……決着がつくまで待ったほうがいいですか?

(ぼそっと)下巻は「夏」発売予定を目指してがんばっております。
下巻が発行されるまでが「夏」です。

495 :イラストに騙された名無しさん:03/09/12 06:13 ID:yRRg7Hc1
すまぬ。
[奴が『下巻』を完成させる夏の涯、その時にこそすべては決するのだ。]
とか入れようと思っていたのだがついうっかりと忘れてしまった。不覚。

後、私も戦闘民族ろくごスレ住人の一人。
ネタをっ振ったからには突っ込まれる覚悟は出来ている。
むしろ突っ込まれるはネタ氏の誉れ、
どうにでも、思う存分突っ込んでくだされ。さあさあ。

496 :イラストに騙された名無しさん:03/09/12 10:24 ID:frAJeIAT
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1028912917/
ここの622からを見ろ馬鹿者

497 :イラストに騙された名無しさん:03/09/12 13:07 ID:ZF+0s6rO
      ↓>>495
      ○
     .∵  ○ ノ
     ':.  | ̄
  _| ̄|  / >

498 :富士ミス班、集結(1):03/09/13 17:55 ID:md6P7HTr
 戦いの跡が残る教室に、あざのと水城がいる。二人の足下には、気絶した深見と南房。
 水城以外の三人は、あざのも含めて満身創痍だ。
「なんとか勝てたようだね。私の助太刀が無ければ危ないところだったが」
「うるせえ、この猟奇バカ。だいたいテメエは今まで何してやがったんだ」
「情報収集と級友の捜索だよ――さぁ、出てきたまえ」
 富士ミス穏健派を率いて葉山が入ってくる。どこからともなく枯野が顔を出す。
 そして、十傑衆に囲まれ、時海と上田に手を引かれた師走が現れた。
「師走……テメエ、こんな所に――」
「落ち着きたまえ。今の彼は我々の味方だよ」
「何ぃ!? そうなのか?」
「ああ。……というか、そんな状態で戦えるのかね? 今にも倒れそうに見えるが」
「いや、まぁ、確かに疲れちゃいるが――」
「だったら、さっさとアレを使って回復すればいいだろうに」
「うわ、こら、ちょっと待て! テメエ、俺の服のポケットを勝手にあさるな!」
「富士ミスの教室で、君は川上氏から賢石を渡されたはずだ。どうして使わない?」
「こんなもの使わなくても勝てたんだ! それだけのことだ!」
「使わないなら、私にくれ」
「あぁもう、いい加減に離れろ! 俺には野郎と密着する趣味なんか無え!」
「……おや? これは、富士ミス文庫のフジコの“しおり”……?」
「ライトノベル板大賞入賞記念パーティーで、深見からプレゼントされた“しおり”だ」
「それで持ち歩いているのか。……ほほぅ……これは……かなり役に立ちそうだ」
「? 何だと?」
「知らなかったのか? この“しおり”は、富士ミス作家の能力を増幅するのだよ」
「……!」
「我が弟子よ、いよいよ出番だ。今こそ魔法を“遣う”がいい。
 賢石を利用し、癒しの力をこのジャンキーに炸裂させ、
 その上で、“しおり”の増幅効果を魔法で更に増幅するのだ」
「おいおい、そんなのアリなのか?」
「何でもアリだ。それが富士ミスの強さだよ」

499 :富士ミス班、集結(2):03/09/13 17:56 ID:md6P7HTr
 賢石と“しおり”が光の粒子と化し、あざのの体に降りそそいだ。枯野の魔法だ。
「もう無茶苦茶だな……完全にって訳じゃねえが、本当に回復してやがる……」
「そうでなくては困る。まだまだ君には働いてもらいたい」
「まだ何かやるつもりなのかよ」
「葉山君の情報によると、電撃対策班が最終決戦の準備を始めたそうだ。
 このままでは我々と無関係に事件が終わってしまう。あまりにも非猟奇的な結末だ」
「…………」
「私は、軽書校の皆に富士ミスの強さを知らしめてやるつもりだ。
 他レーベルと協力するのではない。我々が他レーベルに力を貸してやるのだよ」
「……続けろ。詳しく聞かせてもらおうじゃねえか」
「まず我々も含め、最終決戦に参加しない者たちにカプセルを配り、飲ませる。
 カプセルは君のレポートを象徴するもの……いわば君の作家力そのものだ。
 体内のカプセルを通じて、我々の精神は、君の精神に同調できるようになる」
「で、俺は何をすりゃいいんだ?」
「女王の力で我々の作家力を集め、そして――王国を現世に召喚したまえ。
 一時的にではあるが、黒古橋の『領域』を押し戻し、全性音楽を相殺できるはずだ。
 地雷レーベルと呼ばれた我々が、軽書校を救うカギとなるのだよ。
 ――実に猟奇的な作戦だろう?」
「その作戦、誰よりも俺が大変じゃねえかよ!」
「ラリって暴れた罪滅ぼしだ。それくらい我慢したまえ」
「畜生! 解ったよ! やるぞ、テメエら! 覚悟はいいな!?」
『おうっ!』

【富士ミス班、作戦開始】

500 :イラストに騙された名無しさん:03/09/13 19:29 ID:rietBQ3e
あれ、南房っていつやられたっけ
それと、なんかご都合主義過ぎるような…
それに、回復アイテムは神前酒(ブートレガーズ参照)の方が良かったじゃないだろうか
文句ばかりでスマソ

501 :イラストに騙された名無しさん:03/09/13 22:22 ID:utHXAm7V
あれって回復アイテムか……?
どっちかっていうと加速装置に近い気が。

502 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 00:54 ID:au8SwfdU
電撃、富士見F,富士見M、角川Setcに跨っているわけですけど、全部の作家や元ネタが分かっている人間はどれほど居るんでしょうね?
そりゃあ上記は全部角川だといえばそうですが。

503 :イラストに騙された名無しさん:03/09/14 12:18 ID:bYZBbQQ0
>>472

以前ラジオドラマ化された『ブラックロッド』の配役。

ブラックロッド ………… 大塚明夫
ビリー・ロン …………… 神谷明
ヴァージニア9 ………… 富沢美智恵
ヴァージニア7 ………… 岩男潤子
ナオミ・J・ジェニスン … 笠原留美
ゼン・ランドー ………… 若本規夫

主題歌 ………………… 影山ヒロノブ

あと「古橋秀之」な。

504 :イラストに騙された名無しさん:03/09/16 12:56 ID:4Ik/GXus
書き込みないけど、スレが分裂した事によりこれで終了?
職人だか何だか知らないが、話を完結もさせられない奴が調子乗ってんじゃねぇ。

505 :イラストに騙された名無しさん:03/09/16 13:25 ID:CrjCme1H
職人の充電期間だか何だか知らんが、こっちもほのぼの色に染めちゃうのはどうか。

506 :イラストに騙された名無しさん:03/09/16 13:49 ID:4bHF08mn
もう隔離スレでいいんじゃないの?

507 :イラストに騙された名無しさん:03/09/16 17:01 ID:GGr8gqbW
煽るのはどうかと思うが、さすがに間が空きすぎではないかなあ。
最初のバトロワは一気呵成にラストになだれこんだから、余計にそう思う。
職人さん方、頑張って終わらせてくだされ。

508 :「暴挙」1:03/09/17 14:21 ID:pHMaAYCy
 ――屋上にて。
 美月は古橋の腕の中で、目を閉じていた。
「空が回り始めたな。いよいよ、この時が来るか……」
 古橋は赤と黒がぐちゃぐちゃになった空を仰ぐ。
「私が引き金を引いた混沌が、この校舎を黒く黒く染めていく。
 ……それが、この場所からはよくわかる」
 華やかだったラノベ校舎も今ではあちこちから炎が上がり、ところどころ欠け崩れた場所もある。
 怒号が聞こえる。
 それは古橋の『呼びかけ』に応じて黒化した者たちの声であり。
 あるいはそれに打ち勝とうと戦いを挑む作家たちの声である。
 あちらこちらで、まぶしい光も立ち上がる。
 それはきっと、抵抗する作家たちの起こした光だ。
 これが、古橋の呼び起こした混沌。
 古橋が作り始め、数々の作家たちによって広げられていった『物語』である。
「これが、私の物語だ」
 黒と白が死力を尽くして鬩ぎ合い、そして最後に残るもの。
 それを、古橋は見てみたいと思った。
 そしてそれを、古橋は『書いてみたい』と思い始める。
 古橋は、自らに言い聞かせる。
「これは、傑作になる」
 混沌――何という素敵な響きであることよ。
 一部の作家たちが古橋の居場所に気づいたらしい。そして、仲間をかき集めてこちらに向けて猛進をかけんと息巻いている。
 時間はかかったが、ついに最終章の幕が開くか。
「楽しませてくれ。私の良き題材となれ」
 古橋は嗤う。

 しかしそのとき、古橋は気づいていなかった。
 いつの間にか、校舎中に流れていたはずの音楽が途切れていたことに。
(それは富士ミス班の必死の作戦が功を奏した賜物である)
 そして……

509 :「暴挙」2:03/09/17 14:22 ID:pHMaAYCy
 美月はひととき、奥の奥に頑丈な鍵をかけられ閉じ込められていた感情を思い出していた。

   乙一くんは、来てくれなかった。
   そして今、わたしはそれまで話もしたことのない人の腕の中にいる。
   これはいったい、どうしたことだろう?
   卓球場で怖い人たちに襲われて、乙一くんは来てくれなくて、それから……
   それから……なにがあったんだ?
   なんでわたしの体は、こんなに重たいのか。
   気持ち悪い。
   こめかみの内側で、無数のかなぶんが暴れている。
   魑魅魍魎。
   わたしはこれを漢字で書ける。
   魑魅魍魎、阿鼻叫喚、驚天動地、終末思想……
   頭が痛い。頭が痛い。頭が痛い。
   周囲の音が、どんどん遠ざかっていく。
   乙一くん。
   乙一くん。
   来てくれなかった――
   どうして?
   どうしてわたしばっかり、待ち続けなきゃならないの?
        ムカつく。
   乙一くんが来てくれないから、わたし……

          『乙一くんを、馬鹿にするなあっ!』
          『乙一くんは……どこ!?』

     <パァンッ!>

510 :「暴挙」3:03/09/17 14:23 ID:pHMaAYCy
「……っ!」
 古橋の腕の中で、突然美月の体が固く強張った。
「?」
 古橋は訝しげにその小刻みに震える肩を見下ろし……
 そして、胸の奥の動揺に気づいた。
(これは、何だ……?)
 そのとき、別の異変が古橋の目の前で起こり始める。
 校舎のあちらこちらから、雲のような黒い塊が吐き出される。
 それらはしばらく、何かを探すかのように空中を右往左往した後……
 一瞬だけ、動きを止め。
 そして、『獲物』を見つけて一斉に飛び掛った。
「――!!!」
 古橋は戦慄し、狂喜した。
「そうか、私が始めた物語は、私が閉じよということか!
 ならば私のもとへ来い! 最高のクライマックスを演出しようではな……!!」
 古橋はそこで、凍りついた。

 黒い塊は、古橋の胸へと一直線に飛び込んでいく。
 古橋の胸。
 そこに在るものは……

511 :「暴挙」5:03/09/17 14:24 ID:pHMaAYCy
「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!」

「……こ・れ・は……!?」
 黒い塊に押し退けられた古橋が、黒い闇と赤い炎に包まれ悲鳴をあげる美月を呆然と見つめ、
「そんな、馬鹿な……!」
 しかしやがて、目を剥いて絶叫する。
 そして古橋は、次第に自らの肉体が軽くなっていくのを感じる。
「消えるのか? 私が、消えるのか……ッ!?」
 古橋の思い描いていた最高の物語が、音もなく消し飛んでいくのを感じる。
 激しい風に晒された、砂の城のように。
 『消えていく』のを、感じる。
 美月から伸びるものが、古橋の全身を包む。
「違う! これは、私の物語ではない!!
 なぜだ! なぜ、こんなことになった……!?」
 古橋は叫ぶ。
 黒と赤がごちゃ混ぜになった空に向かって叫ぶ。
 しかし、その声が美月に届くことは、なかった――

【古橋・美月:????????】

512 :「暴挙」4−1:03/09/17 14:26 ID:pHMaAYCy
   わたし、とんでもないことしちゃったじゃないか……!
   いろんなひとを傷つけた。
   誰のために、こんなことになったと思っているの。
   ムカつく。
   こめかみの内側で、かなぶんたちがわたしにささやく。
   『もっと憎め』
   『もっと憎め』
   『全て、乙一が悪い』
   『乙一を、憎め!』
   怒り……?
   違う、これは。
   憎しみだ。
   体中で荒れ狂う、どす黒い負の感情。
   乙一くんが憎い。
   憎くてたまらない。
   わたし、わたし……
   自分で、自分の気持ちが止められない。
   どんどん、どんどん。
   私の中が、黒くなって、
   そして、赤くなって……

  なにかに引き寄せられるみたいに。

513 :「暴挙」4−2:03/09/17 14:26 ID:pHMaAYCy
 「あ、あ、あぁ……!」
  目の前に、とてもとても黒いものが迫る。

 それから、

突然、爆発した。
熱い!
痛い!
重い!

     ――すべてが、憎い――

514 :「暴挙」4→5:03/09/17 14:27 ID:pHMaAYCy
すみませんが、>>511>>512>>513の後にお読みください。

515 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 15:04 ID:VaMhA9jz
美月たんをどうする気ダー!

516 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 19:15 ID:mKQk7zPZ
気に喰わん
なんでボスが消えるだよ

517 :イラストに騙された名無しさん:03/09/17 19:37 ID:IujsbCnd
>>516
それできちんと完結するなら文句言わん。
打ち合わせした事とか全部どっかに行っても、完結さえするならな。

518 :露出郷の主張:03/09/19 23:44 ID:D4u28WOH
軽書校の中庭の上空にいる栄沢汚水の眼下には、
大勢のワナビ達に囲まれている青いパワードスーツの男と全身黒ずくめの少女が映っている。
阿智太郎を宮須弥に託し、ワナビ達と戦っている矢上裕とスズキユカだった。
矢上「裏返しいらずの炭火焼きファイヤー!!」
ポーズを決め、掌から炎を発する矢上、その背中を守るようにスズキがナイフを振るっている。
ワナビは少しずつその数を減らしてはいるが治癒能力を持った物がいるらしく、倒しても倒しても復活してくる。
明らかに多勢に無勢だった。
しかし、栄沢はそんなことは気にも…少し留めたようだ。
栄沢「ふむ、かなりの人数が集まっているな、我が主張を広めるのには絶好の状況だ。
おや?あれはイラスト校の矢上君とスズキくんではないか。…彼等には我が魔術が及ばないようにしておこう。
あとで有沢の自殺未遂の原因になってもいただけないからな。」
30人以上のワナビ達の中から2人だけを対象から外すということなど、
カップルの男だけをピンポイントで裸にすることのできる栄沢にはたやすいことだ。
頭巾をとり両手を広げる。
そして、自分の主張をワナビ達に布教(強要?)するために、ピンク色の巨大な瘴気をワナビ達に向ける。
栄沢「さあ!!我が思想を体現し、そして受け入れるがいい!!!」
栄沢の叫びと共にその「ある意味非常に強力な魔術」が発射された。


519 :露出郷の主張:03/09/19 23:45 ID:D4u28WOH
矢上とスズキは困惑していた。
何せ、謎の叫び声と共に突然上空から降って来た巨大なピンク色の雲に包まれた途端、
周囲にいた30人ほどのワナビ達全員が丸裸になったのだ。
スズキ「これだけの人数がいながら私達だけを対象から外すなんて…かなりの手だれね…」
頬を赤く染めながら周りを警戒する。
矢上「…瞬間すとりっぷレーザーか?いや、あれはピンポイントで1人にしか効果がない上に、
1発しか撃てないはずだし…」
上空に目を移しながら矢上が呟く。
と、そこには黒マントから男の象徴を覗かせた男が空中で仁王立ちをしていた。
矢上「…スズキ君、絶対に上を向いてはいけないぞ、絶対に絶対だ。」
空を見上げたままで固まってしまった矢上がスズキに警告する。
スズキ「…どうして?」
矢上「露出狂が浮いてる。」
スズキは無言で状況を把握しようとしている。
スズキ「…(露出狂が…浮いてる?矢上さんは何当り前なことを言っているのかしら?
露出狂が周囲から浮かない状況など、銭湯にいくか無土器時代あたりまでさかのぼらないと存在しないはず。
でも、この状況での「浮いている」という言葉は、明かに「空中浮遊している」という意味よね。
…………矢上さん………着地の衝撃でおかしくなったのかしら…?)」
空中浮遊する露出狂など、彼女の認識内には存在しないのだ。
…当然と言えば当然である。
理解不能な状況に耐え切れず、警告を無視してスズキも空を見上げた。
そこには矢上の言葉通り、露出狂が…浮いていた。
スズキ「………イヤァァァァァァァァァァァ!!!!!!!」
どんな状況にも冷静に対応してきたスズキだったが、流石にこの状況には精神が耐え切れなかったようだ。
当然である。なにせ、彼女の脳内認識内に存在しなかった映像が突然網膜に飛び込んできたのだ。
しかもその映像は人に(特に女性に)生理的、精神的嫌悪感を抱かせるものだったのだから堪らない。
しばらく絶叫が続いた後、スズキはその場に倒れこんだ。
矢上「………………だから言ったのに………」
耳(が本来あるべき場所)を両手で塞ぎながら矢上はため息を漏らした。



520 :イラストに騙された名無しさん:03/09/19 23:46 ID:/eaCMkov
最終決戦は、乙一vs美月タンが卓球の神様の力で戦うのですね。


521 :露出郷の主張:03/09/19 23:46 ID:D4u28WOH
栄沢「ふむ、スズキ君は疲労でたおれてしまったようだな。」
大いなる勘違いをしたまま、栄沢は矢上の傍に降り立った。
栄沢「この場は私にまかせるがいい。矢上君はスズキ君を医務室へと運んでやってくれたまえ。」
自分の脇に降り立った露出狂にもっともらしい事を言われ、矢上は混乱している。
とりあえず一番無難な質問をぶつけてみた。
矢上「…あんた誰?」
栄沢「おや?…はははははは!これは失礼した、私は栄沢汚水。
人は皆私の事を「裸体の貴族」「露出郷」などと称えるがな」
3分の2ほど嘘の情報が含まれているが、自己紹介としては一応機能しているだろう。
矢上「…はぁ」
なんと答えていいやら、と言った感じで矢上が返事をする。
栄沢「さて、自己紹介も終わった事だ、矢上君達はここから去ることをお奨めする。
それとも、貴公たちも我が思想に興味がおありかな?」
矢上は、肉眼では捕らえきれないほどのスピードで首を横に振る。
全力で首を横に振りながら矢上は心の中で思った。
絶対に係わり合いになりたくないと。


522 :補足(不必要かも知れませんが):03/09/19 23:53 ID:lhJVWTz+
518、519、521は時事系列的に言うと334直後の出来事です。


523 :放送室奪還1/5:03/09/20 03:19 ID:pjTHBkMm
 破裂音と共に、障害物が一つ弾け飛ぶ。
 それは赤黒い粘液と灰色のゼリーのようなものを撒き散らしながら倒れた。
「……よしっ」 
 放送室は目前だった。
 まばらにうろついているワナビを駆逐しつつ、どうにかここまでやってくることが出来た。
 ――これで、なんとかなりそうだ……
 一瞬の気の緩み。
 そこに廊下に響きわたる場違いなクラシック――全性音楽――が中里の心に侵入してくる。
 熱と冷たさを併せ持つ何かが、体の奥から湧き上がってくる。脳髄が焼ききれるほどに熱い。
「くぁ……」
 音源に近づいたことで影響力が増したのだ。
 中里は思わず頭を抱え、膝をついた。
 間の悪いことに、前方の曲がり角から十数人ものワナビが姿を現す。
 先ほど始末した奴が呼んだのだろうか。
 ――あと一歩だというのに……!
 歯を食いしばって衝動を押さえ込み、目の前に立つワナビどもを睨みつけ、腰のポーチに乱暴に手を突っ込む。
「どけぇっ!」
 怒声と同時に中里の手の内にあった銀珠が加速、一瞬で音速に近い速度を得てワナビの群れへ突き刺さる。
 瞬間、金属の悲鳴のような快音が響いた。
 中里の魔玉は床に穴を穿つだけに終わった。
 不意打ちに近い状態で迫り来る弾丸を打ち落としてのけた人物。
「……岩田か」
 刀――蒼種“偽翔”――を振り切った状態で、岩田はジッと中里を見つめていた。
 岩田洋季。電撃の中でも最年少の新人ではあるが、そのレポートは強力無比な戦闘モノ。今の中里では明らかに分が悪い。
 その上後ろにはワナビが大勢控えている。雑魚とはいえ岩田と同時に相手をしては5秒ともたないだろう。
 中里の心を昏い絶望がよぎる。
「岩田、そこを通してくれないか?」
「お断りします」
 期待していたわけではないが、その声にひそんだ殺気の強さに、中里は思わず苦笑してしまった。

524 :放送室奪還2/5:03/09/20 03:20 ID:pjTHBkMm
「何故……」
 この血みどろの戦場にはまったく相応しくない平坦な声で、岩田は呟いた。
「何故、あなたは黒化しないんですか。中里先輩」
「お前とは鍛え方が違うのさ」
 頭痛に顔をしかめながらもおどけた返事をする中里に、岩田は一方的にボソボソと続けた。
「おかしい。おかしいですよ。こんなの不公平じゃないですか……」
 チャキリ、と音を立てて偽翔が構えられる。
「そう思いませんか? ねえ、思いませんか?」
 中里は答えない。岩田から発せられる殺気が膨れ上がる。
 応じて中里もポーチから珠を取り出すが、音楽のせいで手が思うように動かない。
「もういいです――殺してあげます」
 言葉の後半は後ろから聞こえた。
 視界に岩田の姿がないことを確認する暇もない。とっさに倒れこむと、頭上を物騒な風斬り音が通過した。
 そのまま前転し、標準さえせずに後方めがけて魔玉を放つ。
 手ごたえがない。避けた方向は――
「上だ!」
 叫んで撃つ。手ごたえは――ない。絶望的な確信と同時に、中里の体を強い衝撃が貫いた。悲鳴もなく吹っ飛ぶ。
「惜しかったですね」
 岩田が蹴りをいれたのだ。偽翔で切り裂く余裕は十分あったにもかかわらず。
 苦痛にうめく中里にゆっくりと近づき、その傍らに偽翔を突き立てた。
「まだですよ」
 中里の髪を乱暴に掴み、ぐっと持ち上げて耳元に口を近づける。
「僕はあなたが憎いんです。立場は僕達と同じはずなのに、あなたは何故そこにいられるんですか?」
 そして睦言のように甘く囁いた。
「これからあなたの体を少しずつ切り取ってあげます。爪を剥ぎ、皮を引き千切り、肉を切り刻み……」
 クツクツと病んだ笑いを込めて、岩田の囁きは続く。
「汚らしい内臓は引きずり出して、体に巻きつけ綺麗に飾り立てましょう。この美しい眼球を口の中に、空いてしまった眼窩には抜いた歯を入れてみるのもいいですね。それからもう一つの眼球は――」

 永遠に続くかと思われた岩田の狂気を、一発の銃声が遮った。


525 :放送室奪還3/5:03/09/20 03:21 ID:pjTHBkMm
 岩田は人間離れした速度と動きで偽翔を引き抜き、腕ごと体に巻きつけるようにして銃弾を弾いた。
 さらに連続して銃声が響きわたり、そのこと如くが岩田に襲い掛かった。
 その内3発を弾き、残りは後ろに跳び退ってかわした。そのまま放送室に駆け込んだ。
 それでも銃声は止むことなく、突っ立っていたワナビ達の頭が次々と破裂していった。
 やがてそれが止んだ時、廊下には累々たるワナビの死体と中里だけが残されていた。
 ――なんだ、何が……
 中里は状況を把握しようと務めたが、体どころか脳味噌すら言うことを聞いてくれない。
 ――銃撃……時雨沢?
 床に手をつき、軋む体を無理矢理持ち上げる。援護者の姿を求めて首をめぐらすと、
「よう、生きてるか」
 目の前に妙な刺青男がいた。いつ近づいたのかまったくわからなかった。
 その顔には見覚えはあったが、面積の半分を占める刺青には覚えがなかった。
「西尾くん……か?」
「ああ、まあそれはそうなんだけどちょっと――」
 西尾は歯切れの悪い返事の途中で、突然反射的な動きで放送室に向き直った。
 その視線の先にあるのは、偽翔を携えた岩田。
 緩んでいた空気が一気に張り詰める。西尾の口の端が挑戦的に上がっていくのが見えた。
「刀か……引くか? やるか?」
「……」
 舌なめずりでもしていそうな西尾の言葉に、岩田は無言で答える。
 そして次の瞬間中里の視界から二人は消えうせ、廊下に甲高い金属音が鳴り響いた。
 一瞬の交錯。最速の殺人鬼と最強の異空眼者は同時に飛び退り、ほとんど元の位置に戻る。
 この間1秒足らず。
「かはは、傑作だな」
「……」
 凄まじい殺気をぶつけ合いながら、西尾は平然と笑って見せた。
 対する岩田はやはり無言。しかしその体から立ち上るものが、何よりも雄弁に彼の心の内を語っていた。
 戦いに目を奪われていた中里がはっと我にかえり、銀珠を撃とうとポーチに手をやろうとしたが――
「手は出すな。こいつは俺が殺してバラして並べて揃えて晒してやる」
 西尾の嬉々とした宣告によって手が固まった。

526 :放送室奪還4/5:03/09/20 03:22 ID:pjTHBkMm
 そしてあっという間に、二人は再び切り結び始めた。
 ナイフを持った西尾がほとんど瞬間移動に近い速度で間合いをつめれば、岩田が偽翔で華麗に迎え撃つ。
 まるで高度な舞踏のような戦い。いつしか中里は完全にこの芸術的な光景に完全に目を奪われていた。
「……あの、大丈夫ですか?」
 突然背後から聞こえてきた声に、銀珠を構えたままで慌てて振り返った。
「あ、その、脅かす気はなかったんです。ごめんなさい……」
 酷く腰の低い男だった。中里はその手にライフルがあるのを見て、
「君が助けてくれたのか」
「……僕はただ、自分だけ安全なところから撃っていただけで……」
 このネガティブさ。そしてライフル。間違いない。西尾と共に現れた彼は――
「佐藤友哉くんか」
「……僕なんかの事、知っててくれたんですね」
 照れたように俯く佐藤。
「あれは西尾くん……でいいんだよね?」
「ああ、いーちゃんは今ちょっと『人間失格』になってて……」
 ――二重人格のようなものだろうか。
 中里は持ち前の学者体質を発揮して分析し始める。
「中里さんはこんなところで何してたんですか?」
 佐藤に言われて初めて気が付いた。今なら放送室はがら空きだ。間違いなくとめられる。分析などしている暇はない。
「そうだ、僕はこの全性音楽を止めに来たんだよ。これを止めれば――」
「うひょー」
 中里の言葉は西尾の奇声によって阻まれた。
 見ればエメラルド色の、竜にも似た生物――岩田の使役する蒼種“司悠”が窓を突き破って侵入し、
 西尾に攻撃を加えている。流石の殺人鬼も2対1では辛いらしく、あっという間に逃げ出してこちらに向かってくる。
「なんだよあれ、龍か? あんなん反則だろおい」
「……中里さん、あの音楽を止めればどうなるんですか?」
「あの全性音楽を止めることができれば、少なくとも音楽で汚染されたワナビや特待生の支配は解けるはずだ」
 その言葉を聞いた佐藤は無言でライフルをかまえ、中里も銀珠を取り出す。そして西尾はボリボリとナイフで頭を掻いて、
「やっぱ電撃は無茶苦茶だわ。おれらみたいな貧弱ミステリー校生には荷が重いぜ……」

527 :放送室奪還5/5:03/09/20 03:29 ID:pjTHBkMm
 漂う緊張感に、喉がひりつく錯覚さえ起こす。
 相手の細胞一つ一つの動きさえ感じ取れてしまえそうなほどに、研ぎ澄まされた感覚。
 動けば全てがはじまり、あっというまに全てが終るだろう。そのはじまりの動きを誰も起こせない。起こしたくない。
 そんな3対2の睨み合いも、長くは続かなかった。
 一触即発の空気を破ったのは――何処からともなく飛んできた黒コート黒頭巾の変態さんだった。

「ふははははは! 悩める若人達よ! つまらない争いごとは止め、今すぐに私の思想を――」

 世界が一瞬凍りつく。 
 いち早く精神ダメージから立ち直った佐藤が発砲。しかし手元を誤り変態さんのジョンソンMen棒に直撃する。
「ぐほぁあぁぁぁ!?」
 気の毒な変態さんに目もくれず、西尾が走り中里が撃った。
 反応が遅れた岩田は西尾の攻撃を防ぐだけで手一杯になり、司悠は中里の集中砲火で身動きが取れなくなった。
「佐藤くんっ! 放送室の装置を撃てっ!」
「だいじゃえん!」
 佐藤が答える前に変態さんの魂の叫びが空を裂いた。
 風船が破裂するように、変態を中心として炎が飛び散った。
 その場にいた全員が巻き込まれ、凄まじい勢いで燃え上がる。
「き、き、きさまらは俺に2丁目人生を歩ませる気かぁぁぁ!?」
 最もな主張ではあるが、この状態で言っても無駄である。今や誰が敵で誰が味方かすらもわからない。
 炎が渦巻き銃弾銀珠が飛交いナイフと刀が宙を裂く。全性音楽も結界もない。もはや完全なバトルロワイヤル。
 そして最後に立っていたのは――
 

「ふはははは! 何だか知らんが勝った!」
 
 変態さんこと栄沢汚水だった。
 
 
 
  
                        【放送室、どさくさまぎれで壊滅し全性音楽ストップ】

528 :イラストに騙された名無しさん:03/09/20 14:32 ID:5BjBnLOe
これからフィナーレ製作に入りますので、容量節約の為にも以後の書きこみは御遠慮していただければ幸いです。
御意見、御要望は「厨房ですか」まで。

529 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:33 ID:dZmc5HAR
「残ったのはこれだけか……」
 四階の踊り場で、秋山は戦闘を生き延びた生徒達を改めて見まわした。
 ろくごとの戦闘と近隣に潜んでいたワナビの襲撃によって、数多くいた一般対策員はほぼ全滅。
 さらに渡瀬、鈴木までもが重傷を負い、戦闘不能となった。
 負傷者を戦線離脱させるために残りの一般対策員もラウンジへ向かい、最前線に残った生徒はたった九人。
「なんでもいい。さっさと行って終わらるぞ」
 電撃ラウンジで合流したスニーカーの撃墜王・安田は体に残った傷をものともせずに立ち上がり、一人で先に進もうとする。
「待て、安田特派員。一度態勢を立て直さなければならん」
「なに悠長なこと言ってやがる。ここで休んでる間もカウントダウンは進んでるんだ」
「待ってください! 高畑先輩の手当てがまだ済んでいない」
 唯一まったくの無傷――というか不死身――の成田が、安田をにらみつける。
 最終召集の時点で二連戦をこなしていた高畑の体には、すでにかなりのダメージと疲労が蓄積していた。
 もともと肉弾戦が主体で再生能力も低いので、長期戦には向いていないのだ。
 そこにろくごとの激戦のダメージが加わり、今の高畑はこの面子の中で最も消耗している状態だった。
「その程度の怪我で動けないようなら足手まといだ。置いていけばいい」
「戦闘気狂いのあなたと一緒にしないでください。先輩にはあなたみたいな化け物じみた再生能力はないんだ」
「……不死身の小僧が俺を化け物呼ばわりか? つまらんジョークだな」
「唯一の長所を誉めたつもりだったんですが」
 安田の目が細まり、剣呑な光を放つ。
「無礼なガキだ。この騒動の発端もお前の口の悪さだと聞いたが、反省の色が見えねえな」
「……論点をずらさないでください。今の問題はそこじゃない」
「はん、賢い小僧は口が達者だなあ。それだけ賢いのに恥ってもんを知らねーのか。どういう教育受けたんだ?」
「ふざけないでください!」
「やるか?」
 安田は獰猛な笑みを浮かべ、剣を持つ手に力をこめる。その体からは冗談ではすまない濃度の殺気が立ち上っていた。
 成田も応じるように腰に手をやり、ナイフの柄を握る。
 空気が張り詰める。全員の間に緊張が走った。
 
「――いい加減にしろ」

530 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:33 ID:dZmc5HAR
 声と共に何かが空気を切り裂いた。
 それは一瞬にして成田と安田の体に巻きつき、その肌を薄く切り裂く。
「この非常時に何を考えているんだい? ここで暴れるつもりなら、このまま輪切りにしてあげるよ」
 上遠野は冷たく言い放ち、ワイヤーをさらに締め上げる。
「……ちっ」
 安田は舌打ちしつつ殺気をおさめる。
 すると二人を絡め取っていたワイヤーがあっというまに上遠野の手の内に戻った。
「……すいませんでした」
 頭が冷えたか、恐縮した様子で成田が頭を下げた。
 踊り場になんともいえない空気がたちこめる。
 緊迫した空気に気圧されフリーズしていたおかゆが、緩んだ空気に触れて再起動した。
「あああああああの! けっ、喧嘩はよくないと思います!」
「おかゆ、遅い」
 律儀に突っ込みを入れる高橋。
 彼らはこの中でも比較的軽傷だった。
 先の戦闘でも阿智、上遠野に次ぐコンビネーションを発揮し、本来の力以上の成果をあげてきた。
「先が思いやられるね」
 ため息をつく時雨沢。
 唯一の後衛専門である彼はほぼ無傷。この小休憩の間に銃器の手入れをするつもりらしい。
「で、これからどーします? 秋山さん」
 能天気に聞いてきたドッコイダー・阿智は、スーツと本体共にかなりのダメージを負っているようだが、
 独特ののらりくらりとしたペースが消えていない分、この中で一番元気そうに見える。
「……ここで十分の休憩。高畑特派員の手当てと各装備の点検が終わり次第、屋上へ向かう」
 むっつりとした顔でそう宣言すると、秋山はその場にどっかりと座り込んだ。
 
 まず戦力の低下が著しい。
 電撃班内でも最も団体行動に向いた渡瀬と鈴木の離脱は大きな痛手となった。
 安田の参入は大幅な戦力UPではあるが、彼はもともと団体行動には向かない。
 今見たとおり、扱いを間違えれば味方に危害を加えかねない、狂戦士だ。
 先ほどから一言も発することなくナイフの手入れをしている乙一の存在も恐い。

531 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:34 ID:dZmc5HAR
 ろくご戦をもほぼ無傷で戦い抜く彼。大きな戦力にはなるが、野村美月が古橋についた場合にどうでるかわからない。
 ――結局、頼りにできるのは身内だけということか……
 まとめ役なんかひきうけるんじゃなかった、と嘆いてももう遅い。
 奈落落ちまでの予想残り時間は、三時間。この休憩が終れば、この先立ち止まる事は許されないだろう。
 ワナビはともかく、黒化した特待生などと出会ったりしたら最悪だ。これはもう運に任せるしかない。
 ろくごの最期の言葉も気になる。『彼ら』とは? 複数の黒幕がいるという事だろうか。
 ――わからないことだらけだ。くそっ!
 拳を床にたたきつける。
 
「秋山先輩」
 
 呼ばれて我に返った。
 見れば成田が立ち上がり、腕時計をコツコツと叩いている。
「十分たちました」
「わかった」
 手当てが終った高畑に、質問ではなく確認といった具合で、
「高畑特派員、戦えるかな」
「……大丈夫だ。これでも電撃最古参だぞ」
 立ち上がってニヤリと笑ってみせる高畑に、秋山も不敵な笑みを返す。
「――よし!」
 気合を入れて立ち上がった。他のものもそれにならい、緩んだ空気が引き締まってくる。
 皆の視線を受け、秋山は最期の通達をする。


532 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:35 ID:dZmc5HAR
「これより黒古橋封印作戦の最終段階に入る。残り時間は三時間を切った。もはや立ち止まる事は許されない。
ひたすらに屋上を目指せ。途中黒化した生徒と遭遇した場合は極力戦闘を避けろ。黒古橋を封印する事こそが
最大の目的であることを忘れるな」
 いったん言葉を切り、全員の目を覗き込むようにして見渡す。
「なお、交戦状態に陥った場合その特派員は置いていく。全員で殲滅した方が効率はいいが、今は何よりも時間が惜しい」
 異論を唱えるものは居なかった。
 秋山は最後に、最も重要な確認をする。 

「諸君、覚悟はできたかな」

 答える者はなかった。
 愚問であった。
 秋山はワイヤーブレードを握り締め、その手を掲げて階段を示し、
「行こう」
 最初の一歩を踏み出した。
 
 
                            ◆

533 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:38 ID:dZmc5HAR
 富士見ミステリークラス。誰もいなくなってしまったはずの教室にも、今ではほとんどの生徒が帰ってきた。
 教室は以前の活気を取り戻し――否、それ以上の活気に包まれている。
 時海はケラケラと笑いながら上田と話し込み、葉山は何故か師走と楽しそうに殴り合っている。
 南房、深見はKOされたまま運び込まれており、その介護に当たっていたはずの夏緑、太田は二人の顔に落書きをはじめている。
 最初に攻撃された恨みを晴らすつもりなのかもしれない。その他の生徒も、奇妙なほど陽気に歌い、踊り、笑いあう。
 まるで宴会場である。
「ファンタジア、スニーカー、電撃、その他一般生徒、そして我らが富士ミス。カプセルは十分に行き渡った。
今、軽書校はかつてないほどにラリっておる。――猟奇的であるなあ」
 相変わらずの調子で水城がウンウンと一人頷き悦に入っている。
「カプセルって素晴らしいですね、師匠! もうなんていうか新しい世界が開けちゃいましたよ!」
 見事にアッパー入った様子の枯野がはしゃぎまわる。
 その目の中に渦巻き模様が見えたような気がして、あざのはこめかみに手をやり、顔を覆った。
「なあ……これってちょっと洒落にならないんじゃねーか? これ一応ドラッグだぞ?」
「年中キマリっぱなしのジャンキーが道徳を語るな。猟奇とは法や道徳をも超越した崇高な観念であるからして何の問題もない」
「さっすが師匠! ぼかぁ一生あなたについていきます!」
 頭を抱える気も起きない。
 あざのは深く、ひたすらに深くため息をつく。
「さあさあ、もう十分だろう。さっさと『王国』を召還しようではないか」
「……気軽にできるもんじゃねーんだよ」
 ぼやきつつ、自らもカプセルを噛み砕き、集中する。
 本来ならば全校生徒が心を一つにする必要があるのだが、この状態で無理はいえない。
 幸い生徒達の力は常人とは質の異なるもので、カプセルという切欠があればあざの一人で力を集めることができそうだった。
 失敗は許されない。
 精神を統一する。周囲の雑音が消えた。
 鏡のように静まり返った心に、『王国』を思い浮かべる。
 ――見える……
 深緑に満たされた『王国』。
 そのイメージを体に渦巻く力で引っ張り上げようと――

534 :フィナーレ序盤:03/09/22 23:39 ID:dZmc5HAR
 ふと、集中していたはずのあざのが目を開ける。
 その様子が気になったか、「どうした?」とこちらを覗き込んでくる水城に向かって、
「……おい、全性音楽っての、もう止まってないか?」 
 水城はキョトンとしたあと、あざのと同じように耳を済ませる。
 馬鹿騒ぎのせいでわかりにくいが、確かにあの忌まわしいクラシックは途絶えていた。
「むう……どうも先を越されたな。放送室を直接破壊することに成功した者が居るんだろう」
「……」
「……」
 二人で教室を見回す。
 時海は笑い上戸らしく涙を流しながらもゲラゲラと笑いつづけ、上田の背中をバシバシ叩いている。
 その上田は俯いてブツブツとなにか呟いている。おそらくバッドトリップだろう。
 葉山と師走のガチンコ勝負は葉山に軍配が上がったらしい。勝利の雄叫びを上げる葉山に、こんどは枯野が挑戦するようだ。
 気絶中の深見は夏緑に素っ裸に剥かれ、体中に落書きされた 挙句逆さに吊るされている。ほっといたら死ぬかもしれない。
 同じく気絶中の南房は太田に足を掴まれ勢い良く円運動。ジャイアントスイングが決まる前に助けたほうがよさそうだ。
 もはや宴会の域を越えたドラッグパーティー。今、軽書校のいたるところでこれと似たような光景が展開されているのだ。
 主に自分達のせいで。
「……どーすんだよ、これ」
「うぬう」
 脱力の極地というものを、あざのは初めて体験した。
 思わずへたり込んだあざのの隣。水城はしばし唸った後、ポンッと手を打ち、
「まあ、これはこれで」
 水城の猟奇的な思考回路がいっそ羨ましかった。
 ――もう疲れたよ、俺……
 このまま何もかもを忘れて楽しむのもいいかもしれない。どうせ目的は果たされた。あとは電撃班がかたをつけるだろう。
 そんな感じで適当に理由をでっち上げ、この脱力感を忘れるためにカプセルを口に運ぼうとする。
「あいや、待った待った。暇なら協力してくれんかの?」
 どこかで聞いた声だった。しかしやさぐれたあざのにはもはや興味のないことだった。
「あんだよ?」
 声の方向を振り向き、思わず目を剥く。
 
「あ、あんたは――」

535 :フィナーレ中盤:03/09/25 00:59 ID:Ujr99Tfj
                       ◆
 
「ハッハッハ! カンフ―――――ファ」
「邪魔だ」
 通路から飛び出してきた身長175センチくらいの幼女を、先行していた安田が無造作に切り捨てた。
 ピンクの三歳児用ワンピースが無残に切り刻まれ、儚くも美しく宙を舞う。
 倒れる姿も確認せずに、安田はただ走り抜けた。
 後続の者達も、幼女を省みることなく先を急ぐ。
「……今のは酷くありませんか? 名乗りも途中だったのに」
「今の俺の前に立つ奴は全部敵だ」
 隣を走る成田のあきれたような声に、無茶な言葉を返す。
 細い通路を通るための二列縦隊。危険が多い最前列には特に再生能力の強いこの二人が配置されたのだ。
「そんなに気になるなら拾って来い」
「別にそんなこと……絡まないでくださいよ」
「Oh〜、喧嘩は良くアリマセンヨ?」
 二人は痙攣するような動きで左右に飛びのいた。
 斬られたはずの幼女が、いつのまにか二人の真ん中に割り込んでいたのだ。
 後続のものも唖然としながら立ち止まり、幼女を半円型に包囲する。
「ノンノンノン。いけませんネェ安田サン。いたいけな幼女にいきなり攻撃を仕掛けるナンテ!」
 チッチッチッ、と指を左右に振って片目を瞑る。
 黒覆面に辮髪、ボディービルダーと見まがうほどの体格、そしてピンクのランジェリー。
 大人の魅力にみちた彼は、とても幼女には見えなかった。
「ついにでましたね……清水良英、いや、カンフーファイター!」
 皆が硬直する中、戦慄しつつも叫ぶおかゆ。
 耐性があるのかもしれない。いろいろと。
「フッフッフ……いかにも!」
 マスキュラーポーズで胸筋を痙攣させるカンフーファイター。
 滲み出る汗で乳首が透け、凄まじい色気が全員の脳を汚染する!

536 :フィナーレ中盤:03/09/25 00:59 ID:Ujr99Tfj
「くっ……最後になって何故……!」
「ハッハッハ! ワタシに恨み辛みなど関係アリマセーン。しかしこのカンフーファイター、出番がないのは嫌いなのデス!」
 解説しながらもカンフーファイターの胸筋は止まらない!
 おかゆのかたくなな心をもみほぐすかのようにやさしく、あくまで紳士的に動きつづけていた!
「みんな、ここは僕たちにまかせて先へ進んでください!」
 おかゆの叫びで、ようやく我に返る秋山達。
 カンフーファイターの色気は黒古橋の領域以上に彼らの心を侵食していた。恐るべしカンフーファイター!
「うえ、あ、ああ……」
「わ、わかった。行くぞ、皆!」
 慌てて階段を上ろうとする秋山達。それを庇うように、高橋とおかゆがカンフーファイターの前に立ちはだかる。
 おかゆに腕をつかまれた高橋は、文字通り必死で抗議していた。
「離せ! 離してくれ!」
「僕一人じゃ勝てませんよぉ! 見捨てないでください!」
「嫌だぁ! これは俺の分野じゃないんだ!」
「ハッハッハ! Let'sカンフー!」
「うわぁぁぁん!!」
「泣かないでください! 泣いたら負けです!」
「泣き虫ケムシ〜挟んでステロ〜」
「ほら、歌われてますよ」
「もういやだああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」 
 
 
「許せ、高橋……」
 階下から響く悲痛な叫びに、最後尾の秋山は沈痛な面持ちで黙祷をささげた。

537 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:00 ID:Ujr99Tfj
「なんだったんださっきの……」
 六階への階段をかけ上りながら、珍しく憔悴した様子で呟く安田。
「清水良英。『カンフーファイター』という前代未聞のレポートで一躍有名になった男だ」
 後ろを走る上遠野がその呟きに答えた。毎度おなじみの筒のような衣装の下には、何故か汗ひとつかいていない
「おかゆがいてくれて助かったよ。僕たちの中で彼に対抗できるのは彼とあっちーくらいだからね」
「いや、僕でも無理っぽい……」
 隣の阿智が自信なさげに言う。
「色物には色物ということだな」
 何気に酷いことをサラリと言う時雨沢。
「あと三階だ。気を抜かずにいこう」
 高畑がそうしめて、一同は黙々と階段を進んでいく。
 
――ィィ……
 
「ん?」
 成田が突然立ち止まり、耳に手を当てる。
「どうした」
「何か見つけたのかね? 成田特派員」
「シッ、何か聞こえます」
 秋山達の声をさえぎり、口元に指をやる。
 阿智が声を潜めて聞く。
「……何か、戦闘の音かい?」
「いや、どっかで聞いたことがあるような……」
 
――ヒィィ……
 
「……確かに聞こえるね」
「何でしょうね」
「さっきより大きくなっている」

538 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:01 ID:Ujr99Tfj
「何かが近づいているのかもしれん。早く進もう」
 秋山の言葉に頷き、階段を踏み出そうとした時。
 
――ホヒィィィィ……
 
 戸惑いと戦慄の混じった沈黙が場を支配した。
「……ぉぃぉぃ」
「……そう言えば、懲罰棟が倒壊って……」
 全員、思わず青ざめる。
「は、早く! 早く進むんだ!」
 珍しく慌てた秋山の指示に、皆無言で従う。
「クソッ……何故ここで!」
 理不尽なアクシデントの連発。
 秋山は血が出るほどに歯を食いしばった。
 『彼女』が下の階層にいるなら追いつかれはしない。だがもし――
 
――ホヒィィィィィィィィ……
 
 全員の足が止まった。          
 声の響いてきた方向は、明らかに上だった。『ヤツ』は上にいる。
「どうする」
 皆の意見を代弁するように、高畑が秋山に問うた。
「……もしあの声の主が我々の予想通りなのだとしたら、状況は最悪だ」
「交戦は避けられないのか?」
 
――ホヒィィィィィィィィィィィィ……
 
「……避けられると思うかね?」
 口元に自虐的な笑みさえ浮かべて、上を指差す。

539 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:03 ID:Ujr99Tfj
「……『彼女』は黒化しているのか?」
「まず間違いないだろう。レポート売上はともかく評価が、な」
 沈黙する高畑の代わりに、成田がかすかな期待を込めて、
「上手く誘導して黒古橋にぶつけることができれば……」
「確かに、『彼女』平静から懲罰棟に閉じ込められているようなヒト、作家力も電波度も最強クラスといっていいだろう。
それが黒化しているとなれば、その力は想像を絶する。誘導できれば黒古橋との相打ち、あるいは撃破さえ狙えるだろう。
いいアイディアだ、成田特派員。しかし――」

――ホヒィィィィィィィィィィィィィィィィ……

 『彼女』の声が不気味に響き渡った。
「我々の目的は黒古橋の封印であって、古橋の消滅ではない。もし『彼女』が黒古橋を消滅させてしまったら、
怨念が爆発的に増加しその場で奈落落ちだ。『彼女』をぶつけるのは危険すぎるのだよ」
「そんな、じゃあどうすれば……」
 唇を噛み締める成田。
「どうやろうと『彼女』がすぐそこにいるのは確かなんだ。やるのか、やらないのか」
「……」
 イラついた口調で言う安田に、しかし秋山は沈黙を守った。
 ラスボスがいきなり二人に増えたようなものだ。ほとんど反則。TRPGならテーブルをひっくり返しているところである。
 しかもボス同士を合わせれば何が起こるか解らない。つまりやり過ごすだけでは駄目なのだ。
 ここで戦力を二分し、『彼女』の足止めをしなければならない。最悪――この言葉を何度使っただろう。
 神という存在はどこまでも自分たちを苦しめたいらしい。
「――クッ!」
 壁に拳を叩きつけ、そのままの勢いで叫ぶ。
「阿智、上遠野、安田、高畑の四名は『彼女』の撃退に当たれ! 時雨沢、成田、乙一は俺と共に黒古橋の元へ向かう!」
 一瞬の沈黙。
「――異論はあるか?」

540 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:03 ID:Ujr99Tfj
「いいや」
 安田が凄みのある好戦的な笑みを浮かべた。
「封印なんて面倒臭いことより、そっちのほうが俺向きだ」
 高畑が苦笑する。
「正直きついが……まあやるしかないんだろうな」
 阿智が緊張感のない笑顔で、上遠野に目くばせする。
「アノ人と黒古橋じゃあ、どっちとっても……ねえ?」
「まあ、いいじゃん」
 上遠野はいつも通りだった。
 すぐさま秋山の指示どおりのグループに分かれる。
「幸運を」
 秋山がワイヤーブレードを捧げ持った拳を突き出し、静かに告げる。
「そっちこそな」
 高畑がそれに応じ、差し出された拳に自らの拳をあわせようと――
 
 
「ホヒィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!」 
 
 
 『彼女』は予想もできない所から現れた。

541 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:04 ID:Ujr99Tfj
 最初に反応したのは時雨沢だった。
 即座に腰の『カノン』に手を伸ばし、次の瞬間に装弾数を全て撃ちつくしていた。
 弾は全て赤い物体に当たり、それは水っぽい音を立てて潰れた。腐ったトマトだ。
 溶けた天井から降ってきた『彼女』は、爆撃するようにトマトをばら撒いた。
 強烈な腐食性をもつそれを、上遠野のワイヤーと秋山のブレード、さらに時雨沢の『森の人』が弾き飛ばす。
 それらをかいくぐり、降り注いだトマトを阿智、高畑、乙一、安田が素早くかわす。
 最も反応の遅れた成田がトマトを避けそこない、腐食作用により空いた床の穴に足をとられた。
「うわっ!」
 あわてて振り仰げば、目の前には腐ったトマトが。
 次の瞬間に襲いくる衝撃と痛みを覚悟し、ぎゅっと目をつぶった。
 ベチャリ、という音が耳元で聞こえた。
 しかしいつまでたっても痛みが来ない。
「おい、なに座り込んでんだ」
 トマトの代わりに労わりの欠片もない声がかけられ、腕を掴まれ無理矢理立たされる。
「小僧。てめえは封印役だろうが。こんなとこでいちいち死なれてちゃ迷惑なんだよ」
 声の主は安田だった。“疾風迅雷”の二つ名の通り、人外の動きで成田に降りかかるトマトを剣で弾き落としたのだ。
「とっとと動け。ここは俺らが食い止める」
「は、はいっ!」
 トマトの第一波を全て迎撃し終えた時、『彼女』は踊り場に降り立った。
 秋山が呻くように名を呼んだ。
 
「栗本、薫っ……!」
 
 応じて、栗源が吠えた。
 
「我が グィンの 寿命は 世界一ィイイイイイイ!」
 
 想像以上に電波ってる様子。 

542 :フィナーレ中盤 栗源→栗本 ごめん:03/09/25 01:05 ID:Ujr99Tfj
「どうにかして彼女にトマトを投げさせてくれ。横をすり抜ける」
「了解」
 秋山の声に高畑が答える。
 安田がいきなり正面から突っ込んだ。その後ろを阿智が追い、上遠野が中距離からワイヤーを振るう。
「ボーイズラブは純愛なのよぉぉぉぉぉぉ!!」
 魂の叫びとともに第二波。腐ったトマトが広範囲に撒き散らされる。
 一つ一つが必殺の威力を秘めたこの攻撃を前に、阿智はおろか安田でさえ近寄ることができない。必死で回避行動を取る。
 高畑が生体ブースターの逆噴射によって大量のトマトを防ぎ、上遠野のワイヤーが残りのトマトを確実に打ち落としていく。
「今だ、行くぞ!」
 大技を放った直後の栗本は硬直状態。
 その隙に階段を駆け上る。
「小僧!」
 怒鳴り声に、成田が振り向く。
 戦闘の興奮に彩られた笑顔で、安田が言った。
「てめえの尻はてめえで拭いて来い。しくじんなよ」
「――そっちこそ!」
 成田は不敵な笑顔で返し、階段を駆け上った。
「ホヒィィィィィィィィィ!!」
 おぞましい奇声と共にトマトの第三波が残った者たちを襲う。
 それらをどうにかかいくぐり、高畑たちは階段の前に立ちふさがった。
「さあ、ここは通しませんよ。栗本さん……」
「ホヒィ! ホヒィ! ホヒィィィィィ!」
「……もはや怪獣だね」
 呆れたような上遠野の台詞に、安田がニヤリと笑う。
「怪獣――上等じゃねえか」
「粘土か機械なら戦いなれてるんだけどなあ」
 この期に及んでまだのほほんとした口調の阿智。
 仲間のどこか緊張の足りない様子に、高畑は苦笑いしながら拳を握る。
 
「まあ、せいぜい頑張るとしようか」

543 :フィナーレ中盤:03/09/25 01:05 ID:Ujr99Tfj
                  ◆
「さあ、いよいよだ」
 巨大な鉄扉を前に、秋山が振り返った。
 この扉の先に、黒古橋が居る。
「作戦は簡単だ。俺と時雨沢は後衛から援護射撃。成田がこの封印の札をもって古橋の突撃。以上」
「ちょ、ちょっとまってくださいよ」
 いくらなんでも簡単すぎる、と抗議する成田。
「案ずるな」
 秋山がニヤリと笑う。久々の、彼らしい不敵な笑み。
「屋上ならば俺の最強兵器が使えるのだよ」
「ブラックマンタですね」
「その通り」
 冷静な時雨沢の答えに対し、秋山は鷹揚に頷いた。
 ブラックマンタ。UFOの技術を取り入れた最強の戦闘機。
「時雨沢はともかく俺の援護はかなり過激なものになるだろう。足の四、五本もなくなるかもしれんが、そのあたりは気合だ。
不死身の君にしかできない役目だよ。誇りたまえ」
「……足は二本しかありませんよ」
 機銃が当たれば足どころか胴体が消し飛ぶような気がしたが……恐らく、これが秋山なりの責任のとらせ方なのだろう。
 成田は己の過ちを今更ながらに悔い、現状を嘆いた。
「さて、乙一君は――」
 秋山の台詞で、成田は初めて気がついた。
 その視線を追えば、扉の前にもたれかかってナイフをいじる乙一。
 今まで一言も発しなかった上、援護にも攻撃にも回ろうとしなかったため、成田はその存在自体を忘れかけていた。
 未知数の力とミステリアスな言動を備えたミステリー校からの特待生。頼もしくもあり、恐ろしくもある。
「黒古橋と同行しているであろう野村さんの身柄の保護を頼む。それが君の望みだろう」
 乙一は無言で頷く。
「では、一、二の三で突撃だ。成田、俺、時雨沢の順で。見つけ次第攻撃しろ。反撃する暇など与えるな」
 秋山が押し殺した声で言う。その胸中には何が渦巻いているのか。

「いくぞ、一、ニの―――」

544 :イラストに騙された名無しさん:03/09/25 09:41 ID:CNR7Ctlm
ココで1つでっかい訂正。

安田=安井健太郎

ファンの人、すまん。

545 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 10:53 ID:+1xKY9eJ
栗本ファンにはあやまらんのか?
まあいいけど。

546 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 13:35 ID:JD/jTXlF
温帯スレ住人には大ウケですよ(w

547 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 17:01 ID:7JBc3wDo
温帯はこの板、っつーかこのスレじゃこーゆー扱いがデフォだしな

548 :イラストに騙された名無しさん:03/09/26 23:13 ID:L5E0l9YX
すみませんここでは青心社の電撃組の人や
角川春樹事務所のレーベルってなしなんでしょうか?

それと中村うさぎとあかほりさとるなんかも

549 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:51 ID:UDlDI2m2
「三っ!」
 合図と共に扉が蹴り開けられ、成田が飛び込んだ。
 間髪いれずに秋山、時雨沢が左右に展開した。
 水の中を泳ぐような感覚。凄まじい濃度の怨念だ。
 広い屋上。三人は瞬時に体の向きを変えて視線をめぐらせ、黒古橋の姿を求めた。
「……?」
 構えたパースエイダーをそのままに、時雨沢が疑問符を浮かべる。
 フェンスの端に、人影が二つ。
 一つは倒れ、一つは頼りなげにゆれながら立っている。
 その人影が何者かを確認した時雨沢は、一瞬目を見開いた。
 そして内心の混乱を抑えながら秋山に呼びかける。
「秋山さん」
 応じた秋山は、しかし呆然とした様子で呟いた。
「……どういうことだ」
 隣の成田も固まっている。
 無理もなかった。
 立っているのは野村美月、そして倒れているのが――古橋秀之。

「一体、何が……」
 成田の呟きが、時雨沢に僅かな冷静さを取り戻させた。
 ――痛がるのも、恐がるのも、疑問に思うのも、全て後で……
 己のレポートの力を思い出す。疑問と混乱を打ち捨て、状況の把握に努めた。
 
 ――地に伏す古橋の体に力が宿っていないのは、遠目に見ても明らか。
 あれがこちらの油断を誘うための死んだふりだったの ならば、秋山たちは今ごろ消し炭になっているはずだ。
 つまり、手段も相手もわからないが、黒古橋は何者かに倒されたという可能性が高い。
 これは我々にとって不利なことではない。黒古橋の封印という目的からすればむしろ有利になっている。
 問題は黒古橋以上の力を持った何者かが存在しているということだ。
 自分達が来る前に屋上にいたのは古橋と美月の二人。ならばその何者かとは――
 
 ここまで考えた時、野村美月がこちらに注意をむけていることに気が付いた。
 その目は虚ろで、酷く危険な匂いがした。

550 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:52 ID:UDlDI2m2
 成田と秋山は未だ混乱している。
 時雨沢は己の判断を信じ、野村に向けてパースエイダーを構えなおす。
 その指が引き金にかかった瞬間。
 ガギュッ、という鈍い金属音と共に、時雨沢の手元からパースエイダーが弾き飛ばされた。
 ――野村美月の攻撃、ではない。伏兵? 違う、気配が無かった。
 湧き上がる驚愕と疑問を飲み込み、海老のように後ろに跳ねる。
 時雨沢の動きに、成田と秋山も反射的にその場から飛びのいた。
 まるでビリヤードの玉のような動きで、三方向に散らばる。
 時雨沢は背中の『森の人』に手を伸ばしながら、襲撃者に疑問を投げかけた。
「何故だい? 乙一くん」
 
「……野村さんは僕が守ります」
 影のように気配を消したまま、たたずむ乙一。
 秋山と成田はようやく状況を把握したか、険しい視線を乙一に送る。
「待て、乙一特派員」
 秋山は混乱が色濃く残った顔で、しかし真摯に呼びかけた。
「野村くんは明らかに黒化している。しかし古橋に封印の札を張りさえすれば黒化は解けるはずなのだ。我々は野村くんを
傷つけるつもりはない」
「……では何故、時雨沢さんは彼女に銃を向けたんですか」
「それは……」
 説明している暇はない、という言葉が口をつく前に、
 美月が動いた。
 
 両手がかすみ、無数の白球が投擲される。
 ――ピンボール?
 時雨沢は高速で迫る白球の中央に刻印されたマークを確認し、一瞬反応に困った。
 しかし美月が古橋を倒した疑いがある今、それがただのピンボールである可能性はゼロに近い。
 そう判断した時雨沢は『森の人』を抜き放ち、迫り来る白球をクレー射撃のように打ち落とした。
 その瞬間、凄まじい熱波が押し寄せた。

551 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:53 ID:UDlDI2m2
 白球に込められた力はどれほどのものだったのか、手榴弾ではきかないほどの爆発力。
 しかし時雨沢は動じることなく『森の人』の引き金を引きつづける。
 連続する爆音。
 十ほども打ち落としただろうか。
 やがて爆発が止んだ時には、削れたコンクリートと爆煙が舞い上がり、完全に視界が閉ざされてしまった。
「成田、時雨沢、乙一特派員! 無事か!?」
 秋山の怒鳴り声。彼もなんとか凌ぎきったらしい。
「右手が吹き飛びました! 十秒もあればもどります!」
 成田の声。大分遠くに離れたらしい。
「こっちも無事です!」
 返事をして、爆煙を抜けるべく後退する。
 すると前方から爆音が聞こえてきた。
 ――恐らく、乙一くんと野村さんか……
 状況がこんがらがり過ぎている。何が、何故、どうやって……疑問が湧き出てくる。
 ――考えるのも、後だ。
 時雨沢は走った。今はただ目的のためだけに。
  
 
 
 
 
 
          ◆

552 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:53 ID:UDlDI2m2
「……野村さん……」
 白球爆弾を全て避けた乙一は、困惑と悲しみに満ちた目で美月を見つめた。
 美月は虚ろな目つきのまま呟いた。
「乙一くん、来てくれたんだ……」
「野村さん、どうして……」
「……乙一くんが、悪いんだよ」
 その目から、つうっと一筋の涙が零れ落ちる。
「乙一くんが、来てくれなかったから……わたしは……」
 その言葉に、乙一は愕然とした。
「ぼ、僕はっ……!」
「うるさい!」
 叫びと共に白球が放たれ、爆風が乙一の頬をなぶった。
「乙一くんがいてくれれば! こんな事にはならなかったんだ!」
 癇癪を起した子供のように泣き叫ぶ。
 噴出した憎悪は止まらず、油をそそいだ炎のように燃え上がる。
「あの怖い人たちだって殺さなかった! 先生たちだって殺したりしなかった!」
 叫び声と共に美月の体から黒い靄が滲み出る。
「みんな、みんなあなたのせいでっ……!」
 美月は体の奥から出てくる靄を抑えるように、両手で肩を抱く。
 荒い息をはいて、膝をついた。
 やがて黒い靄の噴出がとまった。小刻みに震える体。
 下を向いたまま、深い悲しみに満ちた言葉を。
「わたしは、あなたを待っていたのに」
 座り込み、俯いた美月の膝が濡れた。
「あなたは来てくれなかった」
 空っぽの涙。
 虚ろな言葉。
 
「あなたがいてくれればわたしは……」

553 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:54 ID:UDlDI2m2
 自分の罪の重さに気が付いたとき、それはもう手遅れだった。
 大切な人の心は引き裂かれ、誰にも癒すことはできない。全ては、手遅れ。
 美月の悲痛な言葉に肺腑を抉られ、乙一はただ己の不甲斐なさを噛み締めるだけだった。
「あなたが憎いの」
 俯いたままの美月が、ポツリと呟く。
 その言葉は酷く悲しげで、それでいて冷たい憎悪が篭っていた。
「このままでは、わたしはきっとあなたを殺してしまう」
 面を上げて、乙一の目を見つめる。
 その目の奥にあるのは昏い憎悪と――
 
「わたしは――あなたのことが、好きなのに」
 
 その言葉は乙一の時間を九秒止めた。
 
「あはは……言っちゃったね。ずっといえなかったのに……」
 照れたように、寂しく微笑む。
 乙一は錯乱した。
 美月は自分のことが好きだといった。憎くて、でも好きだといった。
 こんな根暗で、殺人鬼で、彼女のことも守れないような自分を。
 嬉しい。素直にそう思った。
 自分はどうだろう? 自分は美月のことを――
 ――僕は、野村さんのことが……
 割り込んでくる『手』のイメージ。美しい手。美月の手。
 ――僕は……
 好きか。嫌いか。それとも――
 無表情のまま錯乱する乙一に、美月が微笑を浮かべたまま、
「もし……もし、わたしのことをちょっと好きだっていってくれるのなら」
 最後の願いを告げた。
 
「わたしを、殺してください」

554 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:55 ID:UDlDI2m2
「僕は……」
 美月を殺す。
 その考えが頭に浮かんだとたん、全てを理解した。
 ――ああ、僕は……
 簡単なことだったのだ。
 鳥が空を飛ぶように、魚が水の中を泳ぐように、当然のこと。
「僕も――」
 瞳に浮かぶのは虚無と純粋な欲望。
 ――僕が感じているのは愛情なんかじゃない。
 ナイフを、構える。
 
「野村さんのこと、好きだよ」
 
 ――ただの執着だったんだ。
 
 言葉と同時に地を蹴る。
 目の前に迫った乙一を見て、美月は柔らかい微笑を浮かべ、恋人を迎え入れるかのように両手を開いたまま。
 乙一のナイフは迷いなく美月の心臓へ――
 
「……いっちゃん……」
 
 いつか決めた、親しみを込めて呼び合う字。
 その呟きと頬を流れる涙が、乙一の心を乱した。
「――っ!」
 一瞬の戸惑い。
 乙一の躊躇を見透かすように、美月はスッと目を細めた。
「嘘吐き」
 その言葉には、微かな悲しみの響きがあった。
 しかし、白球の爆発で吹き飛ばされた乙一には何もわからなかった。

555 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:56 ID:UDlDI2m2
「いっちゃん、嘘ついたね」
 無感情な声と共に、地べたに仰向けに倒れていた乙一は無理矢理引き起された。
 ぼやけた視界の内で、美月が淡々と語る。
「いっちゃん、わたしのこと好きなんかじゃないんだ」
 その瞳に憎悪も悲しみも無く、
「殺したかっただけなんだ」
 ただ、虚ろだった。
「ごめんなさい。無理を言っちゃって。あなたに人は愛せないのに」
 惜しむように乙一の頬を撫でる。
 その手にはピンポン球が握られていた。
 
「さようなら。やさしい殺人鬼さん」
 
 はじめはドスッ、という音が聞こえた。
 続いて緑色の光が視界に溢れた。
 獣のような叫び声を上げて、美月がのけぞった。
 朦朧とした意識の中で、乙一は美月の体から何かが抜け出ていくのを感じた。
 ――泣いている。
 美月が泣いていた。痛いのか、悲しいのか。
 ただ慰めたかった。傷ついた腕を無理矢理持ち上げ、その頬に手を触れた。
 ――もう、大丈夫。
 その手を頭に回し、グッとひきつけて抱きしめる。
 美月の体が一瞬強張ったが、すぐに力が抜けた。
「いっちゃん……」
 字で呼ばれ、ギュッと抱きしめられた。
 このとき、乙一はやっと理解した。何故あの時、ナイフが止まったのかを。
 人間は黒だけではない。白もある。みんな灰色なのだ。
 自分は人を普通に愛せる。そして、多分この人のことを――――
 
                ◆

556 :フィナーレ終盤:03/09/28 06:57 ID:UDlDI2m2
「ふう……どうにか間に合ったようじゃな。いや、よかったよかった」
 暢気なことを言いながら、美月の影に突き刺さっていた怪吸矛を抜く。
 彼が屋上についたとき、そこはワンダーランドの真っ只中であった。出口付近にはもうもうと爆煙が立ち込め、
 そこらじゅうにクレーターのような跡が残り、ちょっと離れたところでは男女が絡み合ってなにやらボソボソと。
 幸い彼の活躍のお陰で、男女は仲良く気絶した。これでお子様も安心である。
「ああ! なんでろくごさんがここに!?」
 未だおさまらない爆煙から、文字通り煙に巻かれていた三人が姿をあらわす。ちと因縁の在る相手だった。
 説明するのが面倒ではあるが、ある意味このためだけにこれまで苦労してきたともいえたので、まあ仕方がないと諦める。
「やほー。元気にやっとるかね、諸君」
 ひらひらと手を振ってみる。
 そんな彼の名はろくごまるに。 
 
「……どういうことか説明していただけますかな、ろくごさん」
 こめかみを抑えつつ、秋山。
「そのために来たようなものでな」
 飄々とした態度で、ろくご。
「もうわけがわかんないですよ……」
 脱力したのか、座り込んでため息をつく成田。
「乙一くんたちは無事ですか?」
 やたらと冷静な時雨沢。
「うむ、彼らならそこで寝とる。問題も解決済みだからして、危険はない」
 槍で指す方向に、確かに二人の姿があった。
「さて、何から話すかな……」
「まずは何故あなたがここにいるのか、『彼ら』とは何か……いや、そのまえに何故あなたがあんなことをしたのかを教えてく
ださい」
「ああ……すまんのお。ありゃちょっとした手違いだ。まあうまくいけば全てが元の鞘に収まる故、我慢しておくれ」
 その言葉に、思わず成田が噛み付いた。
「手違いって……」
「まあ落ち着け。全ては奴――黒幕を追い詰めるためのことよ」
「……野村さん、ですか?」

557 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:02 ID:UDlDI2m2
「野村くんも、そこに倒れておる古橋くんも、完全な黒化などしておらんよ。古橋くんは切欠を作ったに過ぎず、野村くんは
とり憑かれておっただけだ」
「それはどういう――」
「そう慌てるな。苦労してここまでこじつけたんだ、もう少し語らせてくれんか」
 槍をコンクリに突き刺し、自分もドカリと座り込む。
「立ち話もなんだ、まあ座れ。茶はでんがな」
 三人は顔を見合わせたあと、渋々と腰をおろした。
 そんな彼らの顔を見回し、ろくごがさて、と膝を叩いた。
「まずはわしの先までの行動の説明からいこうかの。わしの言った『彼ら』とは――」
 
「一般生徒達の事だ」
 
「待ってくれ。一般生徒にそんな力があるはずが……」
「君は重要なことを忘れておるよ、秋山くん。確かに一般生徒一人ひとりの力は弱い。しかし我等の力の源であるレポート
を支えるのは彼らの力だ。古橋くんの暴走を引き起こしたのも、一般生徒たちの力が大きな要因といえる」
「……仮にそうだとしても、一般生徒がそんなことを望むはずないのでは?」
「まあ正確に言うと一部のもの。それも無意識の願望によるものじゃ。古橋くんの支持者には過激なものも多いからのお…
…しかしそれ故に、彼らの意に沿った行動をとれば黒古橋領域内でも自由に動けた。だからわしは黒古橋領域内で状況をコ
ントロールするために、あのような行動をとっておったのだ。人手が足りなかったので甚来旗でわし自身を召還してみたり
もしたが……ありゃ失敗じゃったな。所詮欠陥宝貝、少々イカレたわしまで召還してしまいおった」
 決まり悪げな表情で、ボリボリと頭を掻いた。

558 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:03 ID:UDlDI2m2
「黒幕の裏をかくために、今の今まで道化を演じてきたのだ。おかげで君ら電撃班や榊君にはとんだ迷惑をかけてしまったが」
 すまない、と頭を下げた。
「……いや、納得はできんが理解はできた。それはあなたが選んだ道だ。謝る必要はない」
 秋山の言葉に、ろくごは素直に頭を上げる。
「本当に上手くいっておればあそこまで迷惑をかけることもなかったのだが……」
「計画なんか上手くいかないものですよ。僕等の計画はもう滅茶苦茶ですからね」
 あはは、と笑う成田だが、あまり力が入らない様子。
「それで、その黒幕とやらはどんなものなんですか?」
 時雨沢の質問に、ろくごはポンッと膝を打った。

「うむ……それではそろそろ核心に迫ろうか」
 
「そも、この軽書校には膨大な数の世界観が混在しており、それ故に校舎の構造は閉鎖的にできておる。なにしろこの狂っ
た空間が外部に漏れたら大惨事だからの――しかし、それが今回仇となった。通常ならば拡散し消え去るはずの負の力まで
もが校内に充満してしまったのだ……これは明らかに編集のミスだからして、指摘すれば後で図書券がもらえるかもしれん」
「へえ……この学校ってそんな造りだったんですか」
 成田が感心したように言う。
「しかし、何故そんな重大な欠陥がいままで気がつかれなかったんですか?」
 時雨沢の指摘に、ろくごは大きく頷いた。
「そう、設立当初より少しずつ溜め込まれてきた負の力、それは通常の空間におけるそれの何倍もの濃度をほこったにもか
かわらす、この構造的欠陥に誰も気が付けなかった。なぜなら特待生徒たちのレポートが生み出す正の力によって、どうに
か均衡が保たれておったからだ。まあ、正の力を生みだすレポート――中には怪談や残虐劇もあったりするが――を作るこ
とこそが我等特待生徒の使命なのだから、当然のことといえば当然のことではあるが……まったく上手くいかないものだのぉ」

559 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:06 ID:UDlDI2m2
「何故、あなたがそれを知りえたのだ?」 
 秋山の質問に、
「九天象という宝貝があってな。有効範囲は界一つ。全ての事象が読み取れるという優れもの。未来や過去の検索ができなかったり、その膨大な情報を人間では処理できなかったりするのが玉に傷。この場合は『軽書校という一つの界』を見とおしてみたわけじゃ。
過去が見えぬので少々梃子摺ったが、何しろ全ての事象を読み取れるのだから推理もはかどる」
「なるほど……」
 それぞれが解答を得て納得した様子の三人を見て、ろくごがにやりと笑う。 
「さて、ここからが本題。なんの偶然か、軽書校の正負の均衡がちょいと負に傾いた時、古橋くんの怒りが爆発した」
 ドカーンとな、と手振りでおどけた表現をしてみせる。
「先も言ったように、この時の黒古橋化は一般生徒達の願望によるもの。つまり不完全なものじゃった。これだけならば本
当に些細なことだ。それこそちょいと小突けば正気に戻る程度のことのはずだったのだが――均衡が崩れた事により一気に
膨れ上がった負の力が、切欠となった古橋くんの中へ流れ込んでしまった。そして彼の世界観を侵し、彼の内に一つの存在
を作り上げた。彼のレポートにはうってつけのキャラクターがあったからのぉ。たしか……ランドーとかいったかな? 実
体のない怨念の塊、影男よ」
「ああ、僕ブラックロッド好きなんです。ランドーはブラックロッドの悪役、人蠱の一種ですね」
 ろくごの説明に、成田が補足した。


560 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:07 ID:UDlDI2m2
「その古橋くんの内に生まれた存在――仮に『ランドー』と呼ぼうか――は軽書校の生徒一人ひとりが少しずつ生み出して
いった悪意の集合体。それは全てを呪うことを望み、軽書校を奈落落ちへと導くべく動いた。……奴は生まれた瞬間から破滅
へと突き進むことしか選べなかった、哀れな存在でもあるのだ」
 そこらへんはレポートとは違うな、と付け加える。 
「『ランドー』は古橋くんの怒りと願望を利用し軽書校に戦乱を巻き起こした。怒りが憎しみをよび、憎しみがさらなる憎
しみをよぶ。それは古橋くんの能力によって生み出された『領域』という怨念増殖炉によってさらに加速した。しかし生徒
たちも黙っては居ない。対策班がつくられ、どうにかこうにか『ランドー』を依り代に封印する手立てが立てられた」
 三人は口をはさむことなく、ただジッとろくごの話に耳を傾けた。
「あとはもう言わずともわかるじゃろ。『ランドー』は古橋くんの体を捨てて野村美月くんにとり憑くことでまんまと電撃
班の虚を突き、乙一くんをも退けかけた――そこへわしが颯爽と登場し華麗な技で奴を叩き出したというわけじゃな」
「ちょっと待ってくれ」
 秋山が何故か右手を上げて発言する。
「うむ、何かね?」
「『叩き出した』って……」
「はっはっは、いやそれがな」
 えらく爽快な笑顔。
「怪吸矛で野村くんから追い出したは良かったものの、奴めは元の依り代にもどりおったようでな」
 その言葉の意味を秋山達が理解する前に、ろくごは何気なくこう言った。
 
「そろそろ起きてもいいんではないかのぉ? 『ランドー』よ」


561 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:07 ID:UDlDI2m2
「うっふう、うっふう」
 ろくごの声に答えて、不気味な笑い声があがった。
 元の依り代――つまり古橋の体がゆらりと起き上がる。
「まずは礼を言おう。よくぞ無駄な長話をしてくれたものよ……して、これよりうぬらはなんとする? 奈落の蓋が開くまで、
もう半刻を過ぎた。よもや儂を半刻足らずで封じられるなどと考えておったのではおるまいな?」
 『ランドー』はニヤニヤと笑いながら言葉を紡ぐ。
 その口からは、空気の振動と共に吐き気がするほどの瘴気が発せられた。
「なっ……これはどういうことだ!」
 秋山が慌ててワイヤーブレードを構える。
 成田、時雨沢もそれに続きそれぞれの武器を『ランドー』に向ける。
「無駄じゃよ。うぬらがいくら強かろうとも半刻では儂は殺せぬし、封ずることもかなわぬ」
 クツクツと嗤いながら、『ランドー』はろくごを見た。
「ぬしは何を考えておったのだ? 儂があの程度で滅びるとでも思ったかよ」
 ろくごは答えず、笑顔のまま。
「……気に入らぬな。ぬしは何故笑うておる」
「何、可笑しくてしかたがないのさ。なにしろ――」
 ろくごは会心の笑みをうかべて言った。

 
「貴様はもう終わっているのだから」
 
 ろくごの言葉の意味を『ランドー』が問いただそうとした瞬間、異変が起きた。 
 校内にポツポツと植えられた樹木の緑。それが急激に増殖したのだ。
 緑の波は瞬く間に校内を埋め尽くし、文字通り樹海を形成した。
 それと同時に空気が変質する。
「……これはっ!?」
 狼狽する『ランドー』に、ろくごはかかと大笑する。
「甘い甘い。わしが意味もなく長話をしていたとでも思ったか? これは富士見ミステリークラスを中心とした全校生徒に
よる『王国』の召還、一つの新世界を作り出す荒業よ。新たな世界に塗りつぶされ、全性音楽もとっくに鳴り止み、これ以上
の怨念は発生せん。払いきることこそできんが――もはや奈落落ちには足りぬよ」

562 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:08 ID:UDlDI2m2
 ろくごの言葉どおり、立っているのが辛くなるほどだった怨念が、今では殆ど感じられないほどに弱まっていた。
「うぬらは……!」
 強い風が『ランドー』の頬を叩いた。
 見れば、いつの間に現れたのか、巨大な黒い戦闘機が音も無く屋上の真上に滞空していた。『ブラックマンタ』。
「終わりだ。『ランドー』」
 秋山は冷たく宣告する。
 成田がナイフと符を構え、時雨沢はパースエイダーの狙いを絞る。
「まだ……まだ終わらぬ!」
 打ちのめされ、それでもなお消えぬ妄執を込めて、『ランドー』は叫んだ。
「かくなる上は貴様等を滅し、『王国』を潰し、もう一度怨恨を集め、何度でも奈落の蓋を開いてくれるわ!」 
「壮絶なまでの芸のない台詞じゃな……」
 呆れたように頭を掻くろくごは、腰の断縁獄に手を伸ばす。
 そして後ろの秋山達に向かってこう言った。
「ここで『ランドー』を封印するのは簡単なのだが――それをすると怒る者が居てな。この場は彼に任せようと思うのだが」
 瓢箪を前に突き出し、その名を呼んだ。
「のう、『川上稔』よ」
 途端、一陣の風と共に一人の白服の男が瓢箪から現れ、風の勢いのままに『ランドー』へ突進する。
 虚を突かれた『ランドー』の胸に、男の持った神形具が突き立った。
「ぐぁ……」
 神形具は『ランドー』の胸を貫通。しかし血は出ない。
「話は全て聞かせてもらった。ここは俺に任せてもらおう」
 『ランドー』を貫いた神形具をしっかりと持ったまま、川上は静かにそう宣言した。
「……ぬしは儂を封じるか。それとも殺すかよ? どちらにせよ変わらぬ。うぬらは自身の穢れを打ち捨て、省みぬのだから。
儂は打ち捨てられたうぬらの穢れの塊よ。一度捨てられ二度目は殺され、されど三度目は必ず来る。うぬらがうぬらで在る限りな」
 『ランドー』の捨て台詞に、川上が笑って応じる。
「ならばその穢れ、我々が受け止めようではないか。貴様の怨恨も呪詛もまとめて整調化し、風水して皆に返してやる。それで全てが元通りだ」
 その言葉に『ランドー』は一瞬呆けた後、嘲笑った。
「ぬしにその力があるのか? 我が身は膨大な呪に因って成る物。その貧弱な神形具で風水仕切れるものか」
「“救世主”は莫大な遺伝詞の流れを全て見切る。貴様如きの呪なぞ物の数ではない」

563 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:15 ID:PsR+JWff
 言葉どおり、川上の左眼が碧眼になっている。
 自らの目を抉り取り、そこにこの義眼を埋め込んだのだ。
「……愚かな。この学び舎に我が怨恨、我が呪詛をすべて受け入れる器が在るのなら、何故儂は生まれた? ぬしが儂を産みの
親どもに返せば、彼奴等の肉は溶け、骨は腐りおちようぞ」
「受け止めきれないのならばそれまでのこと。そんな器の小さいものはこの軽書校にはいらん」
 川上のあまりの言い草に、『ランドー』はさらに大きく笑った。
「気に入ったぞ、最悪の偽善者よ! ぬしは儂すら足元に及ばぬほどの悪党よ。この学び舎を滅ぼすは怨恨に狂った儂ではなく
目先の偽善を振りかざす者。それこそこの学び舎に相応しい終焉。呪われよ、呪われよ、呪われよ!」
 高らかに呪詛を叫ぶ『ランドー』に、川上はさらなる覚悟を言い募る。
「悪役を任ずる覚悟などとうにできた。舐めるな、影男。貴様如きの呪いを飲み込めずしてなにが作家だ。我等は貴様を受け入れて前にすすんでみせる……!」 
 
「よ――――――――――――くぞ言ったぁ!! 川上特派員! 今すぐそのいじけた野郎を我等の中へ戻すがいい!」
 秋山が最高テンションで叫ぶ。
「いや、僕は安全な封印のほうが……いや、なんでもないですハイ」
「……まあ、なんとかなるさ」
 不死身のくせに妙に気の小さい成田にパースエイダーを突きつけて『説得』する時雨沢。
 ろくごは秋山のテンションが感染ったか、かなりのハイテンション。
「はーっはっはっは! わしの人選に狂いはなかったようじゃな! 行け川上よ! これで全てが元通りじゃ!!」

564 :フィナーレ終盤:03/09/28 07:15 ID:PsR+JWff
「くっははははっ! 愚かものどもめが! 我が恨みの深さを思い知るがいい!」
 応じて叫ぶ『ランドー』。心なしかテンションが感染ったように見える。
 
「貴様こそ、作家の懐の深さを思い知るといい……!」
 
 川上は壮絶な笑みを浮かべ、朗々と詞を謳う。
 
 ≪誰もが、そのままで≫
 
 ≪ずっとずっと、そのままでいられるために――≫ 
 
 叫びと共に“救世主”が装着者の意思を飲んだ。
 言葉が、アというハミングになって停まらぬ中、右の目が強く赤の光を放ち、駕発動の力を発揮した。
 “救世主”が川上の目に全ての遺伝詞を見せてくる。
 このときだけの、しかし全ての答えを。
 
 『ランドー』の姿が光と化し、やがてそれが全てを飲み込んだ。
 光の破裂。それだけで全てが決着した。

565 :イラストに騙された名無しさん:03/09/28 09:12 ID:g153i5s2
救世者じゃなかったか?

566 :LOVE:03/09/28 16:57 ID:jD3MLZA1
 乙一が目を覚ますと、隣には美月の幸せそうな寝顔があった。
「野村さん……」
 ここはどこかの教室らしい。しかし、壁、天井、床などは無数の草花に覆われ、まるで緑の箱の中にいるようだ。
「目覚めたか、乙一特派員」
 不意に声がかけられ、乙一が振り返ると、教室の入口に秋山がいた。
「終わったよ」
 秋山は小さく笑って、しかしさらにこう続けた。
「しかし、私たちの物語はまだ何も終わっていない」
 乙一は、うなずいた。
 自分も立ち上がろうとして、気づいた。
「……野村さん……」
 眠れる美月の左手は、けれどしっかりと乙一の手を握り締めていたのである。
「乙一特派員、訊いてもいいか」
 秋山の言葉に、乙一は小さなうなずきで応じた。
「何故、野村さんを殺そうとした?」
「野村さんが好きだから」
「何故、野村さんを殺せなかった?」
「野村さんが、好きだから」
 そう言い切る乙一の目に、もはや何の迷いもないことを秋山は確認し、乙一の肩を軽く叩いて部屋を辞した。
「君たちにとって、これは『始まり』だな」
 乙一はそして、再び壁に寄りかかって眠り続ける美月の顔を見つめた。
 先ほどまでの迷い雲が、嘘のような晴天。

 ああ、よかった。
 僕はこの人を、きっと愛せる――

 乙一の顔が、好きな人の寝顔に吸い寄せられていく。
 そして、ついに重なるとき。
 音もなく。
 美月の両手が、乙一の背中に回された――

567 :115・おかゆ編エピローグ1:03/09/29 09:46 ID:BiGNii2E
 ライトノベル校職員室。
 黒野村によって壊滅したそこでは、出来るだけの修復作業と、後片付けが行われていた。
 おかゆまさきは、峯先生と三木先生と共に、その職員室のさらに奥にある「ライトノベル校大金庫」の中にいる。
 そこには、「ライターのベルト」の他、様々な「禁断のアイテム」が収められている。本来、これらの道具は、このような事件の時に使われるものだ。
 しかし、これらの「危険すぎる」アイテムを使用するためには、様々な方面に許可のあれこれをとることが必要であり、今回はあまりにも話が急だったため、峯先生たちが持ち出せたのは、おかゆが使った「ライターのベルト」だけだった。

 おかゆは、金庫を満たす闇を覆うには、あまりにも不足な蛍光灯の明かりを頼りに、峯先生たちと共に歩いていた。まるで図書館のように並べられた棚には、その力を封じられた道具たちが、眠っているかのように置かれている。

 三人は、ある場所で立ち止まると、その棚の空白に目をやる。「ライターのベルト」が入ったケースが置かれていた場所だった。
「よっこらせ、っと」おかゆは背を伸ばしてケースを持ち上げ、ケースをもとあるべき場所に収めた。その瞬間、おかゆはベルトの声を聞いた気がした。よくもまあ、わたしを使いこなせたものだな、と。

568 :115・おかゆ編エピローグ2:03/09/29 10:25 ID:BiGNii2E
 ん、と耳を傾けるおかゆ。心のアンテナの感度を高めると、様々な声が聞こえてくる。
「これでひと段落……、と。どうした、おかゆくん?」不思議そうな声で三木先生が問いかける。おかゆは本当の声が突然聞こえたので、亡霊が突然現われた時のような顔で、先生の方を向く。
「あ、先生……。い、いや、なんか、ベルトのケースを置いたら、ベルトの声が聞こえて、それから、色々な声が聞こえたので……」
「ここにあるアイテムが持つ心の声にょね」峯先生は始めから分かっているような声で答える。
「それより、おかゆ君、高橋君の様子はどうにょ?」
「え、ええ……」おかゆは背中に後ろめたいものを感じながら答えた。
「高橋先輩はかんふー……、もとい、清水さんのあのおぞまし……、いえ、激しい攻撃をボクの身代わりに受けて、体はなんともないんですが、精神的に……。保健室のベッドではZZのカミーユ状態で……。」
 実際には、おかゆは高橋先輩を盾にして清水の攻撃を凌ぎ、ライダーエスカリボルグの一撃で倒すという、ある意味卑怯な手を使ったのだった。
「そうか……。高橋君はおかゆ君を守るために、自身を犠牲にしたのか……」三木先生が沈痛な面持ちで言う。おかゆが言った事が、全部真実だと思っているらしい。
「そうです、高橋先輩には、申し訳ないことをしました……」
「まあ、回復したら高橋君にはレポートの続きを書いてもらわないとにょ。……そういえば、おかゆ君、10月発表のレポートはどうしたにょ?未発表分はまだ職員室に来ていないにょ?」峯先生が、さらりと特別生徒の死活問題を語った。
「え゛」そう言われて初めておかゆは気がついた。騒動が始まる前、かれはまったく未発表分のレポートに手をつけてなかったことを。
「あの〜」恐る恐る問いかけるおかゆ。
「ん?」声をそろえる二人。
「ライターのベルト、もう一度使わせてもらえませんか?」
 しばらくの沈黙。

「だめにょ」
 峯先生の一言が、弔鐘のように大金庫内に響いた。
 この後、おかゆまさきが10月10日に最新レポート、「撲殺天使ドクロちゃん2」を無事発売できたかは、神のみぞ知る。


569 :イラストに騙された名無しさん:03/09/29 11:29 ID:HYCsg6y3
マジで言わせて貰うが駄作だな
美月萌えに追求した時点でもう終わってたし

570 :イラストに騙された名無しさん:03/09/29 19:44 ID:z2/TmJQP
ここまで引っ張って綺麗に終れるはずがない
デブのマラソン大会みたいなもんだ もはや終らせる事に意義がある状態
それでも拍手の一つもしてやるか そうでなきゃ無視するくらいはしとけ
わざわざ鞭打つのは悪趣味だ ネタなんだからつまんなきゃ見るな


何はともあれ おつかれさん>ネタ師

571 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 02:37 ID:lFmqjPhG
まあ、どこかに着陸しなきゃならん訳だし・・・

572 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 22:43 ID:ODWNVfUn
温帯はどうなった?

573 :イラストに騙された名無しさん:03/09/30 22:46 ID:gsCML2A/
>>572
気になるのはそれだけだな。
誰が止めるんだ、あんなの。週刊文春にでも止めてもらうのか?(すでにラノベじゃねぇ・・・)

574 :イラストに騙された名無しさん:03/10/01 12:38 ID:bizNmhA9
>572
そんなもの作者が忘れ…(以下略

575 :574:03/10/01 12:41 ID:bizNmhA9
フィナーレ中盤の作者さんへ

あなたに悪意があるんじゃないのよ〜。
ゴメソ

576 :イラストに騙された名無しさん:03/10/01 13:14 ID:VoVYlOlT
そうやって勢いが命のネタスレに整合性だの綺麗なオチだのが
つけられると勘違いするから、現状みたいなことになったんだ罠。


577 :イラストに騙された名無しさん:03/10/01 14:32 ID:8E6mrzSB
栗本関係のヤツはどこ行っても毒をまき散らすんだな・・・
気持ちはわからんでもないが自粛しれ。

578 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 20:07 ID:KRRhLLox
ま、温帯だしな

579 :イラストに騙された名無しさん:03/10/03 21:59 ID:mfuL9BJj
ここでかどちんから一言があるようです。

『まあいいじゃん』

以上、ありがとうございました。


580 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

581 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 00:43 ID:OyXajiHo
(瞳をうるませて)
・・・いく・・・イキます・・・ごしゅじんさまぁ!

(前よりも大きな声をだすとぐったりとして、
大きな胸を上下させながら呼吸をした)

はぁはぁ。
ご主人様、どうでしたか?
気持ち、良かったですか?
(潤んだ虚ろな瞳で大介さんに感想を求めた)

582 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 00:45 ID:k0IpctEl
……誤爆、か? それとも続くんだろうか?

583 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 00:54 ID:OyXajiHo
すみません、誤爆です
すごく、鬱
いってきます


584 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 03:30 ID:/egegnEx
>>581
大介って誰だ!
豪屋大介か!?

585 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 03:32 ID:/WsuEC5q
川口大介を忘れるな

586 :イラストに騙された名無しさん:03/10/04 13:57 ID:mEBA/Rsh
オコノミーナか!?

587 :イラストに騙された名無しさん:03/10/05 15:32 ID:e2DQratP
続きが気になるぞ
>>581は責任持って俺を該当スレに誘導してくれ。

588 :イラストに騙された名無しさん:03/10/05 18:34 ID:UcGLJ6c+
そろそろ次スレの時期ですね

492 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)