5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者のためのミステリ用語辞典

144 :死後硬直・弛緩:02/03/06 11:43
ATPの欠乏による筋肉の硬直と軟化の現象。死後2時間で硬直が始まる。
体の上方から下方へと進行していくのが普通で、具体的に言えば頭→上半身→下半身の順。
顎、腕、肢を観察すれば判別しやすいと言われている。
ちなみに弛緩も同様の順番で行われる。死後6時間から8時間程度で全身が硬直し、
10時間から12時間で最強の状態(硬度が最高)となり、48時間で弛緩が開始する。弛緩は1日以上かけてゆっくりと行われる。
ただ、これには例外があって、死亡直前に激しい運動などをして筋肉が疲労していると死後硬直が急激に進む。
よく例として用いられるのが弁慶の立ち往生である。絞死や溺死の場合も痙攣による筋肉疲労が伴うので、
硬直が早く進むことが多い。
また、死後硬直は外気温にも影響を受け、高温下では硬直・弛緩が早く進む。もちろんその逆もありえる。

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)