5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者のためのミステリ用語辞典

1 :名無しのオプ:02/02/13 22:13
ご協力お願いします。

144 :死後硬直・弛緩:02/03/06 11:43
ATPの欠乏による筋肉の硬直と軟化の現象。死後2時間で硬直が始まる。
体の上方から下方へと進行していくのが普通で、具体的に言えば頭→上半身→下半身の順。
顎、腕、肢を観察すれば判別しやすいと言われている。
ちなみに弛緩も同様の順番で行われる。死後6時間から8時間程度で全身が硬直し、
10時間から12時間で最強の状態(硬度が最高)となり、48時間で弛緩が開始する。弛緩は1日以上かけてゆっくりと行われる。
ただ、これには例外があって、死亡直前に激しい運動などをして筋肉が疲労していると死後硬直が急激に進む。
よく例として用いられるのが弁慶の立ち往生である。絞死や溺死の場合も痙攣による筋肉疲労が伴うので、
硬直が早く進むことが多い。
また、死後硬直は外気温にも影響を受け、高温下では硬直・弛緩が早く進む。もちろんその逆もありえる。

145 :死斑:02/03/06 11:49
死後、血液は重力の影響を受けて低位へと移動していきます。
死体が仰向けであれば背面に、腹這いであれば前面に、首つりだったら手足に。
移動は毛細血管などを利用して行われますが、一定時間が過ぎると血管から染み出て組織を染めていきます。
外見からは斑模様が浮き出てきたように見えますが、その模様の広がり具合・色から死亡時期・死因を割り出すことができます。
死斑は死後20、30分から現れます。もともと血液ですから非常に流動的で、指などで死斑を圧迫すれば消えてしまいますし、
死体を動かせば死斑の位置が変わってしまいます。当初は斑状だった死斑も、死後2時間から3時間もすると模様が結合し始めます。
時間が経つにつれて死斑は消えにくくなり、死後7時間から10時間で死斑の移動はなくなります(色が薄くなることはあります)。
そして死後12時間で最強の状態となり、新たな死斑の出現がなくなります。
例外として死体が水中にあった場合は、頻繁に体位が変化するために死斑も弱く流動的です。窒息死の場合は通常よりも死斑が濃く出ます。
通常の死斑の色は、赤みを帯びた紫や黒みを帯びた紫ですが、死因・死体の保存状況によって変化します。
死因が凍死だったり、死体を冷蔵庫で保管していた場合の死斑の色は鮮赤色となります。一酸化炭素中毒の場合も鮮赤色で、死斑は早く現れます。
青酸化合物による中毒死の場合も鮮赤色で、硫化水素の場合は緑を帯びた褐色をしています。
死斑と混同しやすいのが皮下出血で、同様に皮膚の染色が起こります。ですが、すぐに組織を染めるので脱色できない点、
低位に出現するとは限らない点などから判別することが可能です。もっとも、解剖すれば容易に判るのですが。

146 :名無しのオプ:02/03/06 11:52
>>143>>144>>145

ミステリ用語では無いなぁ(^^; 雑学だ。

147 :名無しのオプ:02/03/06 11:55
でもものすごくためになります

148 :樹海:02/03/06 12:36
青々と茂った広大な森林の称

あなたが仕事や人間関係に疲れ、絶対に誰にも知られずにひっそりと自殺したいのなら、
迷わず樹海に踏み入ることをお薦めする。樹海ほど死体が見つからず、
なおかつ入り込みやすい自殺場所はまずない。(中略)
 もともと樹海は自殺の名所だったが、その名前が一躍有名になって、
1年に何十人もの自殺者が出るようになったのは、
樹海を舞台にした松本清張の小説『波の塔』がテレビドラマ化された1957年以降だ。
〜鶴見済著「完全自殺マニュアル」 より〜

『波の塔』はミステリではなく恋愛小説なのでsage

149 :マンドリン:02/03/06 12:45
エラリー・クインの「Yの悲劇」で使われた凶器。これがなぜ凶器に使われたのかが、この作品のミソなのだが、翻訳されると理解し難い。

150 : 名無し:02/03/06 19:14
>149
単なるネタバレじゃん・・・ミステリ用語じゃないし。

151 :現代の私立探偵:02/03/08 08:32
国家試験無し。探偵を名乗るのは自由で、自称探偵は誰にでもなれる。
それだけにこの業界は信用と実績が大切。

主な仕事:
弁護士からの依頼で訴訟の為の証拠蒐集
企業からの依頼で社内情報の危機管理等カウンタースパイ
従来から有る一般的な調査依頼

最近では専門化する傾向にある。
盗聴器発見専門、ペット探し専門、電話番号調査専門、車のナンバー専門など。

七つ道具:
「手帳」時間や場所が判別できなくては報告書にならない
「カセットテープレコーダー」ウォークマンタイプで録音できるものであれば怪しまれない
「カメラ」コンパクトスチルカメラ、(デジタルカメラは証拠として不利)AFでない方がいい。
「単眼鏡or双眼鏡」ルーペ兼用の単眼鏡が片手に収まり使いやすい。
「ポケットライト」
「ポケットナイフ」
「PHS or 携帯電話」デジタル式の物、アナログ式の物は傍受されていることを覚悟で。

152 :タイヤ痕:02/03/08 08:46
スキッドマークとも言う。
自動車が急ブレーキをかけた際に路面に残る黒い痕。
車両事故などの際に重要な資料となる。

「タイヤ痕からのスピード算定法」
タイヤ痕の長さをSとする。
路面係数をK。(標準的な乾いたアスファルトでは0.88)
 注意!天候や路面状況によって係数は変わる。
走行速度(q/h)=15.9*S*k
例として、スキッドマークが6メートル残されていた場合。
15.9*6*0.88=83.952q/h(時速約84q)となる。

153 :ヴァン・ダインの探偵小説作法二十則 1〜10:02/03/08 09:34
1.謎を解くにあたって,読者は探偵と平等の機会を持たなければならない。全ての手がかりは明白に記述されていなければならない。

2.犯人が探偵自身に対して当然用いるもの以外のペテン,あるいはごまかしを,故意に読者に対して弄んではならない。

3.物語に恋愛的な興味を添えてはならない。恋愛を導入することは,純粋に知的な実験を,
筋違いな情緒によって混乱させる。当面の課題は犯人を正義の庭に引き出すことであり,恋に悩む男女を結婚の祭壇に導くことは出来ない。

4.探偵自身,あるいは捜査当局の一員が犯人に豹変してはならない。これは厚顔な詐術であり,
ぴかぴかの一セント銅貨を五ドル金貨だと称して人に与えるのと同然である。

5.犯人は理論的な推理によって決定されなければならない。偶然とか暗合とか,無動機の自供によって決定されてはならない。(以下略)

6.推理小説には,その中に,探偵が登場しなくてはならない。そして,探偵は探偵しなくては探偵とは言えない。その任務は手がかりを集めて,
それによって最後に,第一章で悪行を働いた人物を突き止めることにある。(以下略)

7.推理小説には死体が絶対に必要である。死体がよく死んでおればおるだけいい。殺人以下の小犯罪では不十分だろう。(以下略)

8.犯罪の謎は厳密に,自然な方法で解決されなければならない。真相を知るのに瓦占い,コックリさん,読心術,降霊術,水晶占い等々の方法を用いるのは禁忌である。(以下略)

9.探偵は一人だけ――つまり,推理の主人公は一人だけでなくてはならない。一つの問題を扱うのに,三人四人の探偵,
時としては探偵の集団の頭脳をもってくるのは興味を分散させ,論理の直截の脈絡を断ち切るばかりでなく,発端からして,自分の頭脳を探偵のそれと取り組ませて,
知能的闘いをする心構えの読者に,不当な利益を与えることになる。(以下略)

10.犯人だと判明する人物は,物語の中で大なり小なり重要な役割を演じた人物でなくてはならない。

154 :ヴァン・ダインの探偵小説作法二十則 11〜20:02/03/08 09:38
11.作者は使用人――執事,馬丁,部屋男,猟番,料理人等々のごとき――を犯人として選んではならない。
それは崇高な問題の論点をごまかすことである。(中略) 犯罪が召使い風情の下劣な仕事であれば,
作者は,それを記憶に留めるために,本の形にまでする必要はないからである。

12.いかに多くの殺人が犯されるにしても,犯人は只一人でなくてはならない。
もちろん,人は端役の協力者又は共犯者を持っても良い。しかし全責任は一人の人物の双肩にかからねばならない。(以下略)

13.秘密結社,カモラ党,マフィア党等々は推理小説に持ち込んではならない。(以下略)

14.殺人の方法とそれを探偵する手段は,合理的で科学的でなくてはならない。
(中略)また作者の想像の中でのみ総菜する珍奇で,未知の毒物を服用させてはならない。
推理小説の作者は,毒物学的に言えば,薬局方の範囲内にとどまらなくてはならない。(以下略)

15.問題の真相は,終始一貫して明白でなくてはならぬ。(以下略)

16.推理小説には,長たらしい説明の章節,脇道にそれた問題についての文学的饒舌,精緻を極めた性格分析,「雰囲気」の過重視があってはならない。
そのような事柄は,犯罪の記録と推理では重要な地位を占めていない。(以下略)

17.職業的犯罪者に,推理小説中の犯罪の責任を負わせてはならない。押し入りや山賊による犯罪は警察の領分であり,
推理小説の作者は明敏な素人探偵の扱う分野ではない。(以下略)

18.推理小説中の犯罪は,おしまいになって,事故死とか,自殺になってはならない。(以下略)

19.推理小説におけるすべての犯罪の動機は,個人的なものでなくてはならない。(以下略)

20.そして私は,自尊心のある推理小説作家なら誰しも今では使うことに潔しとしないいくつかの手法リストを,ここに掲げる。
(中略)それを使うことは作者の無能と独創性の欠如を告白するものである。
   イ.犯罪の現場に遺棄されていたシガレットの吸いさしと,容疑者のふかしている銘柄を比較して,犯人の正体を決定すること。
   ロ.えせ降霊術で犯人を脅し,自供させること。
    ハ.偽の指紋。
    ニ.替え玉によるアリバイ。
   ホ.犬が吠えないので,侵入者が馴染みの者だと解る。
   ヘ.双生児とか,嫌疑は掛けられているが無実な人物と瓜二つの近親者を最後に犯人として取り押さえる。
    ト.皮下注射器や即死をもたらす毒薬。
   チ.警官が現場に踏み込んだ後での殺人。
   リ.言葉の連鎖反応実験による犯人の指摘。
   ヌ.最後になって探偵が解読する文字,又は数字による暗号。

155 :名無しのオプ:02/03/08 10:08
>>11
ハードボイルドとは語源的には、
昔、アメリカの海兵たちが上司の将校の態度のハードぶりに「あいつは中身までカチカチだ」と思い、
将校の制服の白いカラーから卵を連想し「あいつはハードボイルド(固ゆで卵)だ」と言った事により、
ある種の態度や姿勢を指すようになったのだそうだ。

質問スレからいちおうこちらにも写しておこう。

156 :名無しのオプ:02/03/08 13:02
>>154の14
『存在』の間違い?

157 :本格ミステリ:02/03/08 14:39
法月綸太郎 若桜木虔 綾辻 島田
などの作家が中心となって盛り上げた古典的推理小説。
去年「新本陣殺人事件」が文春5位に輝き、ジャンルの不死を強くアピールした。

158 : :02/03/08 15:46
なんで何度も貼るんだよ。

159 :名無しのオプ:02/03/08 17:13
>>156
あっちゃんと読んでるんだ。書いた本人が読んでないのに(藁

160 :DNA鑑定:02/03/08 20:51
DNA鑑定とはDNAの構造を調べてそれが誰のDNAなのかを同定する技術。
たとえば、事件で犯行現場に残された犯人の体の一部(たとえば髪の毛、血液など)からDNAを抽出し、
容疑者のDNAの構造と比較をして、一致すれば重要容疑者の可能性が高いと推測できる。

以前のミステリーにはこの技術を使えば、一発で真犯人の割れるものが存在した。
近年の作品にも、この技術によるトリックの破綻を避けるため、
わざと事件の設定を開発以前に設定してるものがみうけられる。

161 :遺伝子指紋:02/03/08 22:27
要するに「ちん紋」「ぽこ紋」の事である。

162 :名無しのオプ:02/03/08 23:41
科学捜査の発達は推理作家泣かせ、か。

163 :名無しのオプ:02/03/09 01:00
すいません、質問です。
社会派ってなんですか?
本格やハードボイルドとの違いもわかりません。
よろしければどなたか教えてください。

164 :社会派:02/03/09 12:17
1950年代後半、松本清張の登場を嚆矢として日本ミステリ界を席巻したムーブメント。
以後、綾辻行人をはじめとする新本格の台頭までの長期にわたり主流として君臨する。

それまでのミステリの多くが特定の一族や村を舞台にした財産問題・愛憎のもつれなどの「個人的」な事情を
題材としていたのに替わり、汚職事件や政財界の癒着・横領など所謂「社会的」な問題を背景として
起こる事件を多く描いた。事件の解決に尽力するのは概ね叩き上げの頑固中年警察官であり、
天才肌の名探偵が鮮やかに謎を解くのは子供の読み物、現実味の強い社会派推理は大人の読み物、という
風潮すら生まれた。現実味を重視するあまり、ありがちな「上司が愛人である部下に結婚を迫られて殺した」
系まで社会派のラベルを貼られて売られている。
森村誠一や夏木静子などは、本格は売れないといわれた時代に、「社会派の皮を被った本格」と
後に評される作品をいくつか書いている。

現在では、宮部みゆきなど、特に汚職や政官財の問題だけでなく、現代社会の問題点や
暗部に一石を投じるような作風のミステリを社会派と呼ぶことが多い。

165 :164:02/03/09 12:19
ゴメソ、漢字間違えた。
 ×夏木静子 → ○夏樹静子

166 :164:02/03/09 13:07
>>163
あくまで個人的な見解なのですが。
 社会派:捜査の過程が焦点
 本格 :論理の過程(飛躍を含む)が焦点
作風や作品によっていろいろ程度の問題はあると思いますが、ごく端的にはこんな感じかと。
器とか言い出すとややこしいので。
ハードボイルドはよくわからん。どなたかおながいします。

167 :探偵クラブ 誓言:02/03/10 01:17
1. 探偵は天啓や女性の直観、偶然などに頼ってはいけない。

2. ギャングや陰謀、殺人光線、幽霊、引き窓、中国人、催眠術、
   超能力、狂人などの利用には節度を。未知の毒物は不可。

3. キングズ・イングリッシュに敬意を。

4. 手がかりを隠すべからず。

1928年。

168 :チャンドラー 九つの命題:02/03/10 01:21
1. 初めの状況と結末は納得できる理由が必要。

2. 殺人と操作方法の技術的な誤りは許されない。

3. 登場人物、作品の枠組み、雰囲気は現実的たるべし。

4. 作品の筋は緻密につくられ、かつ物語としてのおもしろさが必要。

5. 作品の構造は単純に(最後の説明が誰にもわかるように)

6. 解決は必然的かつ実現可能なものに。

7. 謎解きか暴力的冒険談かどちらかに。

8. 犯人は罰を受けねばならない。

9. 読者に対してはフェアプレイを(データを隠してはならぬ)

ハードボイルド作家、レイモンド・チャンドラーの言。
1944、1949

169 :名無しのオプ:02/03/15 16:52
>>164さん
ありがとうございます。

あと、よろしければこれもどなたかお願いします。
・幻影城
・法月問題
・SFミステリー

170 :名無しのオプ:02/03/15 17:11
法月問題というのは、>>37 ではないの?

171 :死亡推定時刻:02/03/15 19:45
孤島で元医学生が詳しくはないのだがと言いながら正確に推定する被害者が殺された時間

172 :最悪の毒薬:02/03/15 23:51
無味無臭無色で、死後の検死によって発見することが不可能、しかも致死性が高いという毒薬。
もちろん現実にはこんな物は存在しないが、昔からミステリ作家やファンの間では「いつか発見
されるのではないか」「某研究所がそれに近いものを発明した」といった噂が流れたことがあった。
捜査技術の進歩とは逆の意味で、科学がミステリを脅かした実例とも言えるかもしれない。

なお、初期のミステリには「東洋渡りの謎の毒物」としてこうした毒薬が登場している作品が
存在する。
ノックスの十戒でシナ人が禁止されたのには、これも原因の一つとしてあったのかもしれない。

173 :名無しのオプ:02/03/15 23:58
>163>166
私見なのでアテにはならないが。
ヲレは社会派は「話の内容」、ハードボイルドは「文体」による分類だと思ってる。
だから「社会派ハードボイルド」とか「本格ハードボイルド」とかあっても不思議では
ないんじゃないかと。(後者は難しいだろうが)
感情を削いだ乾いた文体、ってのがハードボイルドなんじゃないだろうか。

ちなみに、菊池秀行なんかはヲレの中ではハードボイルドじゃない(嫌いじゃないが)


174 :名無しのオプ:02/03/16 00:47
本格ハードボイルド
全然あるじゃん
ロスマクドナルドなんかモロにそうだろ

社会派は社会の歪・問題点を浮き彫りにする犯罪小説
ハードボイルドは精神だろ。ストイックさ。

175 :_:02/03/16 02:17
age

176 :名無しのオプ:02/03/16 03:03
京極堂の同人女人気理由
主役系男性が100人の人間が振り向くほど容姿端麗であること。
しかもその男が男の子を愛しているというところでの妄想。

ソースあり。俺の知り合いにいる。

177 :名無しのオプ:02/03/16 05:00
今さら言うことでもないでしょう。

178 :名無しのオプ:02/03/16 10:50
>>174
ハードボイルドって、
推理の無さを暴力と偶然で解決する話じゃないんですか?

179 :名無しのオプ:02/03/16 13:35
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
これだから本格厨房は(w

ドンパチやって臭いセリフ吐いたらハードボイルド
と思ってるんだろ
それは通俗バイオレンス小説だよ

180 :名無しのオプ:02/03/16 15:07
>>179
じゃあ、
パコパコやって臭い息吐くのがハードボイルドですか?

181 :名無しのオプ:02/03/16 15:08
聞き込みしているうちに勝手に犯人側から襲ってきて犯人がわかるのが
ハードボイルドです。

182 :名無しのオプ:02/03/16 15:26
漏れもハードボイルドに>178みたいな認識があった、食わず嫌い
だったけど、ロスマク読んで認識変わりまくりだった。


183 :名無しのオプ:02/03/16 16:04
>>164
社会派って言葉は、昭和40年代ごろにはほとんどなくなっていたと
思うけど。
むしろ、森村誠一あたりが先祖返り的な「社会派」だったような気がする。
もちろん綾辻の登場直前には影も形もなかったです。


184 :名無しのオプ:02/03/16 16:07
>>174
本格味のあるハードボイルドって多いよね。
ロス・マクなんか、氷山の一角ですよ。
タッカー・コウの「刑事くずれ」シリーズなんか、密室から
ミッシンク・リンクと本格パターンのオンパレードだ。


185 :名無しのオプ:02/03/16 16:14
>>169
「幻影城」って、雑誌の方? それとも乱歩の評論集のこと?


186 :名無しのオプ:02/03/16 16:27
明らかに読んでいなくて
ハードボイルド語ってる恥晒しがいるな
おおかたビデオシネマかなんかと勘違いしてるんだろ
2時間ドラマになった霧越邸のテレビだけ見て
原作読まずに綾辻語ってるようなもんだ
はたから見てて恥ずかしいよ

187 :ガードナー、アール・スタンリー:02/03/16 17:09
Gardner, Erl Stanley
1889〜1970
代表作:ペリー・メイスンシリーズ
    バーサ&クールシリーズ(A.A.フェア名義)

大ヒット作「ペリー・メイスンシリーズ」で法廷物の面白さを
世に知らしめた元弁護士作家。メイスンが無実の被告を無罪に
持ち込むために作中で使う違法すれすれの巧みな法律テクニック
のうちいくつかは、作者が弁護士時代に実際に行った物だという。
しばしば公判中に劇的な真相究明をやってのけるため検察側から
「裁判をサーカスの見せ物にする男」として忌み嫌われている。
他に、秘書のデラ・ストリートと私立探偵のポール・ドレイクが
レギュラーメンバー。

作者は現実の法律問題にも常に興味を示し、バーサ&クール物の
第1作「屠所の羊」で "殺人犯が自供しても罪に問われない
方法がある" という当時の法律の欠陥を指摘したり、有識者を
集めて「最後の法廷」という裁判・法律制度の欠陥を追及する
組織を作ったりしている。

代表作は「義眼殺人事件」


188 :ハードボイルドだど:02/03/16 17:53
ハードボイルド・ミステリ
社会派推理とともに、本格ミステリ好きの人が砂を噛む思いで読むミステリ。

正統派ハードボイルド
文学だぞ、文学。正座して読めよ。

通俗ハードボイルド
おれたちゃ、どうせ馬鹿だよ。酒と女と殴り合い。それ以外に何か必要かい?

軽ハードボイルド
半裸の美女との楽しい会話。謎ときなんか、やってる場合じゃないよ。

重ハードボイルド
殴れ! 男なら、殴れ! 立て! 立たせるんだ! ヴェルダために!

ネオ・ハードボイルド
軟弱男と笑わば笑え。探偵だって人間だ。ぐちのひとつもいいたいぜ。

私立探偵小説
ハードボイルドぉ? マッチョな男なんてもういらないわよ。わたしたちは自分の道をいくだけよ。


189 :本格ミステリ:02/03/16 20:00
犯人・トリックがわかると
再読の妙味が9割以上失われるという
おそるべき読み捨て小説または謎解きゲーム。

それでも伏線のばら撒きかたを検証するなど
といってパズルのピースを拾い集める
けなげな再読者にはまことに頭がさがる。

190 :名無しのオプ:02/03/16 20:07
>>188
君受け口?

191 :名無しのオプ:02/03/16 20:09
>>186
えっ、ハードボイルドってビデオシネマになってるの?
ビデオ持ってないから関係無いけど。

192 :美術評論家 ハンティントンライト:02/03/18 15:17
1888年ヴァージニア州に生まれた。ハーバード大学を優秀な成績で卒業した後、
ミュンヘンとパリで美術を学んだ。1907年からは〈ロサンゼルス・タイムズ〉を初め幾つかの出版物で、
美術評論家、あるいは文芸評論家として健筆を振るった。
有名な雑誌〈スマート・セット〉の編集長を勤めたこともあり、1916年には『前途ある男』という小説を初めて発表している。
だが元々体が丈夫でなかったこともありコラムニスト兼編集者兼作家という無理がたたって1923年にはついに病に倒れ、
2年以上の療養生活を余儀なくされたが、この間に2000冊以上の探偵小説を読破、ついに自ら筆名を使って探偵小説を書こうと思い立った。
筆名は、母方の旧家名を借り、それに汽船゛Steam Ship"の頭文字を付けた。
その名は、S・S・Van Dine  関連>>153-154

193 :名無しのオプ:02/03/18 16:20
>>192
だからその経歴は真っ赤なウソなんだって。
ヴァンダインスレを見れ。

194 :名無しのオプ:02/03/26 00:55
age

195 :名無しのオプ:02/03/26 02:15
====本格ミステリ====

法月綸太郎 若桜木虔 綾辻 島田
などの作家が中心となって盛り上げた古典的推理小説。
去年「新本陣殺人事件」が文春5位に輝き、ジャンルの不死を強くアピールした。


196 :名無しのオプ:02/03/31 19:28
>>169-170
法月問題、あるいは後期クイーン的問題について
法月綸太郎が書いた文章って、どこかで読めないでしょうか。

あと「屍蝋」について誰か教えてください。

197 :質問(注文):02/03/31 20:43
・ダイイングメッセージ
・遺言
をお願いします。

198 :動機:02/03/31 21:12
犯罪および意思表示・法律行為を行う際の内的・外的原因。
意識的なものと無意識的なものがある。
多くの場合、なんらかの功利的目的が挙げられるが、動機の無い、或いは理解できない・しにくい場合もある。

クレイトン・ロースンの短編、リチャード・フライシャーの映画に「動機なき殺人」という訳があてられたものがある。

近年、マスメディアは少年犯罪などに「動機なき」という枕詞を使いたがる傾向にある。
なお、立花隆は「キレる」子供と環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)との関係を論じている。
因みに、現在の子供よりも寧ろ、除草剤のDDTが大量散布され食品添加物などの規制も殆どなかった'60〜'70年代に子供だった世代の方が、環境ホルモンに強く毒されている可能性が高いらしい。

「動機」についてはフロム、マズロー、フランクルといった社会心理学者が沢山論じているが知らないので書けない。

199 :名無しのオプ:02/03/31 21:27
>>196
評論集が講談社文庫で出てる。

200 :ダイイングメッセージ:02/04/01 13:09
殺人や自殺、事故など、
なんらかの理由で死に至る直前の人間が残す徴。
犯人(ないし恨みのある人間)の名や特徴などを
血文字や記号、なんらかの物体(例 将棋の駒)で示唆することが多い。

注 食堂で死んだ人間のメッセージを見て
「これはダイニングメッセージだ!」というつまらぬギャグを
世界で最初に書いた恥ずかしい作家の名前きぼんぬ

201 :>200:02/04/01 13:40
森博嗣の作品で、犀川が「ダイニングメッセージ」云々のジョークを言って
萌絵の怒りをかう場面があったなあ。

202 :名無しのオプ:02/04/01 15:05
>200
石崎幸二だったかな?


203 :屍蝋:02/04/01 15:20
 蝋状に変化した死体がのこと。特有のいやな臭気がある。
 屍脂、死蝋ともいう。生化学用語ではadipocere。
 水分が多く空気の流通が悪い場所(水中や湿潤な土中)に置かれた死
体においては、腐敗が妨げられた状態で脂肪が分解して脂肪酸となり、
タンパク質の一部も細菌の作用などで脂肪酸に変化します。この脂肪
酸の一部ないし大部分(5〜97%)が水中のCaやMgと結合して鹸化すると、
屍蝋となる。なお金属石鹸となるので洗濯に使える石鹸ではない。
 未完成の屍蝋は柔らかくチーズ状を呈し、完成したものは硬くて脆
く石膏様である。屍蝋の完成度と脂肪酸量・鹸化程度との間に相関関
係はない。
 高温では屍蝋形成は早く、夏では2〜3週間で一部屍蝋化する。ふ
つうは水中死体で1〜2ヶ月、土中死体で数ヶ月たつと、皮下脂肪織
から屍蝋化がはじまる。全身が完全に屍蝋化するには水中死体なら半
年から一年、土中死体なら2〜3年程度かかる。
 一般に太った人のほうが、また男性より女性のほうが屍蝋化しやす
い。体おそらくは脂肪率の問題かと思われます。

204 :死蝋:02/04/01 15:43
京極や横溝の作品でやけに連呼されることがあるが、
たいていトリックとはあまり関係がないので流してしまおう。

205 :196:02/04/02 23:03
>>199 >>203 >>204
ありがとうございますっ

206 :誤誘導:02/04/03 08:04
作品の中に散りばめられた、案内標識に従って進むと、
落とし穴にはまる。
で、今度はすべて逆に進むと、またはまる。

207 :ホームズ:02/04/03 22:36
コナン・ドイルが生み出したおそらく最も有名な私立探偵。
何故かやたらあだ名として使われる。

208 :名無しのオプ:02/04/04 02:21
ミスディレクションとレッドヘリングってまったくの同義語なんでしょうか。
解説してくれたらうれしいな。

209 :ミスディレクション:02/04/04 10:32
読者の推理を真相とは違った方へ向けること。
一般にワトソン役が少しアホな方が良いと言われるのは
ワトソン役に間違った推理をさせることで
読者をミスディレクションする為である。

210 :レッドヘリング:02/04/04 10:33
読者の推理を真相とは違った方へ向ける為に使われる
ニセの手がかりの事。
元の意味は燻製ニシン。

211 :名無しのオプ:02/04/04 11:54
>>210
俺は最初「そして誰もいなくなった」かなにかでそれ知ったんです。
で、意味がよくわからなくて、「美味そうだな」と思った・・・

212 :208:02/04/04 13:43
ありがてふ。

213 :本格ミステリ:02/04/04 13:45
法月綸太郎 若桜木虔 綾辻 島田
などの作家が中心となって盛り上げた古典的推理小説。
去年「新本陣殺人事件」が文春5位に輝き、ジャンルの不死を強くアピールした。

214 :名無しのオプ:02/04/04 17:54
・名探偵
について解説して下さい。

もしよかったら
・銘探偵
も・・・


215 :名無しの探偵:02/04/04 19:20
>銘探偵
おれはメルカトルが嫌いだ!

216 :名無しのオプ:02/04/05 00:43
>>214
「銘探偵」

214が麻耶雄嵩『翼ある闇』を既読ならば
下記のページの評論を読んでください。
未読ならばネタを割っているので『翼ある闇』を読んでから見て下さい。
十分すぎるほど内容が濃いです。

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend/9492/essay/novel/tsubasa0.html


217 :名無しのオプ:02/04/05 00:56
あるサイトより
>2chねるの「ミステリ初心者向け」スレッドは大変勉強になるなあ。

http://www.diana.dti.ne.jp/~shaka/diary/diary_last.htm

218 :ミスリーディング:02/04/08 21:25
(略

219 :名無しのオプ:02/04/10 22:24
うん、このスレ勉強になります。
ミステリ雑誌に関してなにかきぼん。

220 :5:02/04/11 00:32
駄作について25字でたのむ。
誰か語ってクレイ!

221 :駄作:02/04/13 01:09
読んだ後 思わず壁に 投げつけた

25字じゃなくて五七五になっちゃったけど。

222 :QQ:02/04/13 01:24
駄作
読んだあと、思わず、2ちゃんに書き込んでしまう。
ツマランかったと。

223 :メフィスト:02/04/13 19:41
発行日不明、編集者は激痛、
小銭入れを売ることが最大の目的のミステリ雑誌。

でも漫画はおもろい。。。

224 :名無しのオプ:02/04/26 23:32
良スレage

225 :名無しのオプ:02/04/27 14:55
・ペンション
・別荘
・洋館
あたりの解説をお願いします。


このスレは勉強になりますねー。

226 :ペンション:02/04/28 19:48
湖畔、高原などにある宿泊施設。
ホテルより小規模でアットホームな雰囲気を作りやすく、また登場人物も
・オーナー夫妻 ・常連客 ・女子大生グループ ・カップル ・怪しげな謎の人物
と、総勢10人程度で収まるため、キャラの区分けがしやすく、かつ登場人物どうしが
一見無関係であることもフーダニットには便利。
山中に位置するため、吹雪や土砂崩れなど、外界と隔絶された環境を作りやすいという利点もある。
スキー場近くの場合は雪があって当たり前なので、足跡トリックなども多用される。
ゲーム「かまいたちの夜」は吹雪に閉ざされたペンションが舞台。
東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」は、お約束を逆手にとった設定になっている。

227 :別荘:02/04/28 20:35
持ち主の財力を誇るかのような広大なものとこぢんまりしたものと両極端。
寒冷地や海辺など、立地に即した特殊な仕様であることも多く、トリックにも利用されて
いわゆる館ものの様相を呈する。
孤立させやすいという点においてはペンションや人里離れた洋館とほぼ同じ。
しかし友人や親戚を何人も招待して各々に個室を与えるという豪勢な舞台のためか
物語のどこかに遺産問題が絡むパターンにも陥りやすい。
毎年同じメンバーが集まる、など妙に因縁を感じさせる設定。


228 :洋館:02/04/28 21:14
代表的なのは「グリーン家殺人事件」(J.D.カー)、館シリーズ(綾辻行人)など。
これが舞台になっているものはトリックの如何を問わず「館もの」と呼ばれる。
基本的に住人は、主人、その保護下にある美少女、忠実な執事、料理女、庭師兼下男で
数人の客の訪問があって事件が起こる。
主人は概ね伝説的な人物で、現在は隠棲中。
新本格系の場合、たいてい「現代の日本で執事などという人種に実際お目にかかろうとは」という一文が入る。
辺鄙な場所に突然建っている場合が多く当然孤立するが、一週間分くらいの食料は貯蔵庫にある。

昔は日本家屋で本格推理は不可能といわれていたが「本陣殺人事件」(横溝)「D坂の殺人事件」(乱歩)などで
洋館ばかりが本格でないことを証明したとも言える。
しかし、館と聞くと思わずハァハァする人々がいるのもまた事実であり、
現代日本においては非現実的でありながらも、多くのミステリ好きを魅了する設定であることは否めない。


229 :名無しのオプ:02/04/28 22:34
勉強になるなあ〜
2ちゃんミス板マンセー!!

230 :名無しのオプ:02/04/28 23:51
>>226-228
ありがとうございました〜。
非常にためになります。感激。

231 :ななし:02/05/03 01:14
>>228
「グリーン家殺人事件」か「J.D.カー」のどちらかが間違っていると思われ。
重箱の隅つつきゆえsage

232 :名無しのオプ:02/05/04 09:46
良スレ鯖移転age

233 :228:02/05/04 14:25
>231
ぎゃああああどうも失礼しましたーーー!
言われるまで気づかんかった…逝ってきます。

念のため訂正。「グリーン家殺人事件」はヴァン・ダインです。

234 ::02/05/07 16:43
>>6
日本語では、毒といえば「毒」以外の言葉は見当たらない。
しかし、英語では毒を表す言葉がいくつか存在する。
まず、頭に思い浮かぶのは"POISON"だろう。これは、「飲む」という言葉が語源にあり、
有毒植物のエキスのように、飲用する毒をあらわす言葉だ。
同じ語源を持つ言葉に"POTION"(水薬、またはその一服の意味。ポーション)がある。
だからといって、毒のすべてが"POISON"ではない。同じように毒を表す言葉に"TOXIN"がある。
毒物の名前で「……トキシン」とつくものがあるのをご存知だろうか。
たとえば、フグの毒は「テトロドトキシン」というが、この「トキシン」が"TOXIN"である。
毒の学問である「毒性学」も「トキシコロジー」という。
この"POISON"と"TOXIN"の間には、明確な区別はないという。
しいて言うならば、"POISON"には人工の毒が"TOXIN"には自然の毒が多いという程度だ。
この二つとは別に、動物の毒腺から出される毒を"VENOM"という。蛇の毒などがこれに該当する。
欧米に古くからある毒薬の文化が、このように複数の言葉を生み出していったのだろうか。

アガサ・クリスティ「蒼ざめた馬」はオーストラリアで起きた金目的の連続殺人事件が
元になっていると言われているが、クリスティの小説以後も同様の手口での殺人事件が起こって居るという。
相手に気取られない毒殺がこれほど容易に出来てしまうのだということは、知っておいて損は無い。
勿論、自己防衛の一助としてだが。

(他、有名な「毒薬」関連の用語や推理小説作品があればご教授ください)

235 :名無しのオプ:02/05/08 01:23
ワトスンとも。言わずと知れた大探偵、シャーロック・ホームズの助手。
職業は医師だが、事件の記述者でもあり、ホームズシリーズの小説は彼の書いた記録という形を取っている。
医者という事で検死が可能だが、推理はさっぱりである。

「ワトソン役」という表現は今でも推理助手、探偵の相方という意味で広く使われる。

236 :名無しのオプ:02/05/08 01:24
↑名前入れ忘れた、「ワトソン」。鬱死。

237 :腕時計:02/05/10 12:55
何処に行ったら売っているのだろうか?
竜頭を引っ張ると、ピアノ線が出てくる腕時計。

238 :ねたふり:02/05/10 18:53
・リドル・ストーリー
・覆面作家
・クライム・ノベル
をお願いします。

239 :名無しのオプ:02/05/10 19:01
腕時計さん、復活したかと思ったよ。

240 :リドル・ストーリー:02/05/10 19:02
ミステリーで最も重視される物語の結末部分を敢えて記述せず、
その全て、もしくは主要な部分を読者の判断に委ねた形で終結
させる形式の小説を指す。

この形式をとった小説として、フランク・R・ストックトンの
『女か虎か』が特に有名である。         (A.M.)

241 :覆面作家:02/05/10 19:13
1.正体が明らかにされていない作家。単に作家が個人的理由により
正体を明らかにしたくない場合、純文学など他のジャンルにおける
大家が余技もしくは趣味によってミステリーを書いた場合、すでに
名の知られているミステリー作家が別名義でミステリーを書く場合
などに覆面作家となることがある。

2.北村薫の《覆面作家シリーズ》に登場する名探偵。天上的美貌の
お嬢様。「覆面作家」というペンネームでミステリーを書いている。
本名は新妻千秋。                  (A.M.)

242 :名無しのオプ:02/05/10 22:38
・ファイロ・ヴァンス
・矢吹駆

の的確な説明をお願いします〜

243 :質問:02/05/11 06:39
このスレ「本格」で検索したけど、適切と感じる説明が見られなかった。
本格の定義って何ですか?

「新本格」が衰退した「本格」の復権を目指したもの、は解るのですが、
「本格とはムードである」とか、「読み捨て(一部正しいな)」とか、
なんとなくな説明で、なぜ「本格」なのかが今ひとつ。

ホームズの靴の泥の分析に代表される、
「作中探偵にしか知りえない要素」による推理ではなく、
エラリークイーンに代表される、
「作中探偵と同様の手がかりを読者に与え、推理競争可能なもの」を
「本格(推理小説)」と捉えていたのですが、
それでは説明不可能な意見をよく見かけるので、
自分の意見に自信がなくなってきました。

「本格」の定義を(出来ればソースつきで)説明希望。

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)