5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者のためのミステリ用語辞典

1 :名無しのオプ:02/02/13 22:13
ご協力お願いします。

194 :名無しのオプ:02/03/26 00:55
age

195 :名無しのオプ:02/03/26 02:15
====本格ミステリ====

法月綸太郎 若桜木虔 綾辻 島田
などの作家が中心となって盛り上げた古典的推理小説。
去年「新本陣殺人事件」が文春5位に輝き、ジャンルの不死を強くアピールした。


196 :名無しのオプ:02/03/31 19:28
>>169-170
法月問題、あるいは後期クイーン的問題について
法月綸太郎が書いた文章って、どこかで読めないでしょうか。

あと「屍蝋」について誰か教えてください。

197 :質問(注文):02/03/31 20:43
・ダイイングメッセージ
・遺言
をお願いします。

198 :動機:02/03/31 21:12
犯罪および意思表示・法律行為を行う際の内的・外的原因。
意識的なものと無意識的なものがある。
多くの場合、なんらかの功利的目的が挙げられるが、動機の無い、或いは理解できない・しにくい場合もある。

クレイトン・ロースンの短編、リチャード・フライシャーの映画に「動機なき殺人」という訳があてられたものがある。

近年、マスメディアは少年犯罪などに「動機なき」という枕詞を使いたがる傾向にある。
なお、立花隆は「キレる」子供と環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)との関係を論じている。
因みに、現在の子供よりも寧ろ、除草剤のDDTが大量散布され食品添加物などの規制も殆どなかった'60〜'70年代に子供だった世代の方が、環境ホルモンに強く毒されている可能性が高いらしい。

「動機」についてはフロム、マズロー、フランクルといった社会心理学者が沢山論じているが知らないので書けない。

199 :名無しのオプ:02/03/31 21:27
>>196
評論集が講談社文庫で出てる。

200 :ダイイングメッセージ:02/04/01 13:09
殺人や自殺、事故など、
なんらかの理由で死に至る直前の人間が残す徴。
犯人(ないし恨みのある人間)の名や特徴などを
血文字や記号、なんらかの物体(例 将棋の駒)で示唆することが多い。

注 食堂で死んだ人間のメッセージを見て
「これはダイニングメッセージだ!」というつまらぬギャグを
世界で最初に書いた恥ずかしい作家の名前きぼんぬ

201 :>200:02/04/01 13:40
森博嗣の作品で、犀川が「ダイニングメッセージ」云々のジョークを言って
萌絵の怒りをかう場面があったなあ。

202 :名無しのオプ:02/04/01 15:05
>200
石崎幸二だったかな?


203 :屍蝋:02/04/01 15:20
 蝋状に変化した死体がのこと。特有のいやな臭気がある。
 屍脂、死蝋ともいう。生化学用語ではadipocere。
 水分が多く空気の流通が悪い場所(水中や湿潤な土中)に置かれた死
体においては、腐敗が妨げられた状態で脂肪が分解して脂肪酸となり、
タンパク質の一部も細菌の作用などで脂肪酸に変化します。この脂肪
酸の一部ないし大部分(5〜97%)が水中のCaやMgと結合して鹸化すると、
屍蝋となる。なお金属石鹸となるので洗濯に使える石鹸ではない。
 未完成の屍蝋は柔らかくチーズ状を呈し、完成したものは硬くて脆
く石膏様である。屍蝋の完成度と脂肪酸量・鹸化程度との間に相関関
係はない。
 高温では屍蝋形成は早く、夏では2〜3週間で一部屍蝋化する。ふ
つうは水中死体で1〜2ヶ月、土中死体で数ヶ月たつと、皮下脂肪織
から屍蝋化がはじまる。全身が完全に屍蝋化するには水中死体なら半
年から一年、土中死体なら2〜3年程度かかる。
 一般に太った人のほうが、また男性より女性のほうが屍蝋化しやす
い。体おそらくは脂肪率の問題かと思われます。

204 :死蝋:02/04/01 15:43
京極や横溝の作品でやけに連呼されることがあるが、
たいていトリックとはあまり関係がないので流してしまおう。

205 :196:02/04/02 23:03
>>199 >>203 >>204
ありがとうございますっ

206 :誤誘導:02/04/03 08:04
作品の中に散りばめられた、案内標識に従って進むと、
落とし穴にはまる。
で、今度はすべて逆に進むと、またはまる。

207 :ホームズ:02/04/03 22:36
コナン・ドイルが生み出したおそらく最も有名な私立探偵。
何故かやたらあだ名として使われる。

208 :名無しのオプ:02/04/04 02:21
ミスディレクションとレッドヘリングってまったくの同義語なんでしょうか。
解説してくれたらうれしいな。

209 :ミスディレクション:02/04/04 10:32
読者の推理を真相とは違った方へ向けること。
一般にワトソン役が少しアホな方が良いと言われるのは
ワトソン役に間違った推理をさせることで
読者をミスディレクションする為である。

210 :レッドヘリング:02/04/04 10:33
読者の推理を真相とは違った方へ向ける為に使われる
ニセの手がかりの事。
元の意味は燻製ニシン。

211 :名無しのオプ:02/04/04 11:54
>>210
俺は最初「そして誰もいなくなった」かなにかでそれ知ったんです。
で、意味がよくわからなくて、「美味そうだな」と思った・・・

212 :208:02/04/04 13:43
ありがてふ。

213 :本格ミステリ:02/04/04 13:45
法月綸太郎 若桜木虔 綾辻 島田
などの作家が中心となって盛り上げた古典的推理小説。
去年「新本陣殺人事件」が文春5位に輝き、ジャンルの不死を強くアピールした。

214 :名無しのオプ:02/04/04 17:54
・名探偵
について解説して下さい。

もしよかったら
・銘探偵
も・・・


215 :名無しの探偵:02/04/04 19:20
>銘探偵
おれはメルカトルが嫌いだ!

216 :名無しのオプ:02/04/05 00:43
>>214
「銘探偵」

214が麻耶雄嵩『翼ある闇』を既読ならば
下記のページの評論を読んでください。
未読ならばネタを割っているので『翼ある闇』を読んでから見て下さい。
十分すぎるほど内容が濃いです。

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend/9492/essay/novel/tsubasa0.html


217 :名無しのオプ:02/04/05 00:56
あるサイトより
>2chねるの「ミステリ初心者向け」スレッドは大変勉強になるなあ。

http://www.diana.dti.ne.jp/~shaka/diary/diary_last.htm

218 :ミスリーディング:02/04/08 21:25
(略

219 :名無しのオプ:02/04/10 22:24
うん、このスレ勉強になります。
ミステリ雑誌に関してなにかきぼん。

220 :5:02/04/11 00:32
駄作について25字でたのむ。
誰か語ってクレイ!

221 :駄作:02/04/13 01:09
読んだ後 思わず壁に 投げつけた

25字じゃなくて五七五になっちゃったけど。

222 :QQ:02/04/13 01:24
駄作
読んだあと、思わず、2ちゃんに書き込んでしまう。
ツマランかったと。

223 :メフィスト:02/04/13 19:41
発行日不明、編集者は激痛、
小銭入れを売ることが最大の目的のミステリ雑誌。

でも漫画はおもろい。。。

224 :名無しのオプ:02/04/26 23:32
良スレage

225 :名無しのオプ:02/04/27 14:55
・ペンション
・別荘
・洋館
あたりの解説をお願いします。


このスレは勉強になりますねー。

226 :ペンション:02/04/28 19:48
湖畔、高原などにある宿泊施設。
ホテルより小規模でアットホームな雰囲気を作りやすく、また登場人物も
・オーナー夫妻 ・常連客 ・女子大生グループ ・カップル ・怪しげな謎の人物
と、総勢10人程度で収まるため、キャラの区分けがしやすく、かつ登場人物どうしが
一見無関係であることもフーダニットには便利。
山中に位置するため、吹雪や土砂崩れなど、外界と隔絶された環境を作りやすいという利点もある。
スキー場近くの場合は雪があって当たり前なので、足跡トリックなども多用される。
ゲーム「かまいたちの夜」は吹雪に閉ざされたペンションが舞台。
東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」は、お約束を逆手にとった設定になっている。

227 :別荘:02/04/28 20:35
持ち主の財力を誇るかのような広大なものとこぢんまりしたものと両極端。
寒冷地や海辺など、立地に即した特殊な仕様であることも多く、トリックにも利用されて
いわゆる館ものの様相を呈する。
孤立させやすいという点においてはペンションや人里離れた洋館とほぼ同じ。
しかし友人や親戚を何人も招待して各々に個室を与えるという豪勢な舞台のためか
物語のどこかに遺産問題が絡むパターンにも陥りやすい。
毎年同じメンバーが集まる、など妙に因縁を感じさせる設定。


228 :洋館:02/04/28 21:14
代表的なのは「グリーン家殺人事件」(J.D.カー)、館シリーズ(綾辻行人)など。
これが舞台になっているものはトリックの如何を問わず「館もの」と呼ばれる。
基本的に住人は、主人、その保護下にある美少女、忠実な執事、料理女、庭師兼下男で
数人の客の訪問があって事件が起こる。
主人は概ね伝説的な人物で、現在は隠棲中。
新本格系の場合、たいてい「現代の日本で執事などという人種に実際お目にかかろうとは」という一文が入る。
辺鄙な場所に突然建っている場合が多く当然孤立するが、一週間分くらいの食料は貯蔵庫にある。

昔は日本家屋で本格推理は不可能といわれていたが「本陣殺人事件」(横溝)「D坂の殺人事件」(乱歩)などで
洋館ばかりが本格でないことを証明したとも言える。
しかし、館と聞くと思わずハァハァする人々がいるのもまた事実であり、
現代日本においては非現実的でありながらも、多くのミステリ好きを魅了する設定であることは否めない。


229 :名無しのオプ:02/04/28 22:34
勉強になるなあ〜
2ちゃんミス板マンセー!!

230 :名無しのオプ:02/04/28 23:51
>>226-228
ありがとうございました〜。
非常にためになります。感激。

231 :ななし:02/05/03 01:14
>>228
「グリーン家殺人事件」か「J.D.カー」のどちらかが間違っていると思われ。
重箱の隅つつきゆえsage

232 :名無しのオプ:02/05/04 09:46
良スレ鯖移転age

233 :228:02/05/04 14:25
>231
ぎゃああああどうも失礼しましたーーー!
言われるまで気づかんかった…逝ってきます。

念のため訂正。「グリーン家殺人事件」はヴァン・ダインです。

234 ::02/05/07 16:43
>>6
日本語では、毒といえば「毒」以外の言葉は見当たらない。
しかし、英語では毒を表す言葉がいくつか存在する。
まず、頭に思い浮かぶのは"POISON"だろう。これは、「飲む」という言葉が語源にあり、
有毒植物のエキスのように、飲用する毒をあらわす言葉だ。
同じ語源を持つ言葉に"POTION"(水薬、またはその一服の意味。ポーション)がある。
だからといって、毒のすべてが"POISON"ではない。同じように毒を表す言葉に"TOXIN"がある。
毒物の名前で「……トキシン」とつくものがあるのをご存知だろうか。
たとえば、フグの毒は「テトロドトキシン」というが、この「トキシン」が"TOXIN"である。
毒の学問である「毒性学」も「トキシコロジー」という。
この"POISON"と"TOXIN"の間には、明確な区別はないという。
しいて言うならば、"POISON"には人工の毒が"TOXIN"には自然の毒が多いという程度だ。
この二つとは別に、動物の毒腺から出される毒を"VENOM"という。蛇の毒などがこれに該当する。
欧米に古くからある毒薬の文化が、このように複数の言葉を生み出していったのだろうか。

アガサ・クリスティ「蒼ざめた馬」はオーストラリアで起きた金目的の連続殺人事件が
元になっていると言われているが、クリスティの小説以後も同様の手口での殺人事件が起こって居るという。
相手に気取られない毒殺がこれほど容易に出来てしまうのだということは、知っておいて損は無い。
勿論、自己防衛の一助としてだが。

(他、有名な「毒薬」関連の用語や推理小説作品があればご教授ください)

235 :名無しのオプ:02/05/08 01:23
ワトスンとも。言わずと知れた大探偵、シャーロック・ホームズの助手。
職業は医師だが、事件の記述者でもあり、ホームズシリーズの小説は彼の書いた記録という形を取っている。
医者という事で検死が可能だが、推理はさっぱりである。

「ワトソン役」という表現は今でも推理助手、探偵の相方という意味で広く使われる。

236 :名無しのオプ:02/05/08 01:24
↑名前入れ忘れた、「ワトソン」。鬱死。

237 :腕時計:02/05/10 12:55
何処に行ったら売っているのだろうか?
竜頭を引っ張ると、ピアノ線が出てくる腕時計。

238 :ねたふり:02/05/10 18:53
・リドル・ストーリー
・覆面作家
・クライム・ノベル
をお願いします。

239 :名無しのオプ:02/05/10 19:01
腕時計さん、復活したかと思ったよ。

240 :リドル・ストーリー:02/05/10 19:02
ミステリーで最も重視される物語の結末部分を敢えて記述せず、
その全て、もしくは主要な部分を読者の判断に委ねた形で終結
させる形式の小説を指す。

この形式をとった小説として、フランク・R・ストックトンの
『女か虎か』が特に有名である。         (A.M.)

241 :覆面作家:02/05/10 19:13
1.正体が明らかにされていない作家。単に作家が個人的理由により
正体を明らかにしたくない場合、純文学など他のジャンルにおける
大家が余技もしくは趣味によってミステリーを書いた場合、すでに
名の知られているミステリー作家が別名義でミステリーを書く場合
などに覆面作家となることがある。

2.北村薫の《覆面作家シリーズ》に登場する名探偵。天上的美貌の
お嬢様。「覆面作家」というペンネームでミステリーを書いている。
本名は新妻千秋。                  (A.M.)

242 :名無しのオプ:02/05/10 22:38
・ファイロ・ヴァンス
・矢吹駆

の的確な説明をお願いします〜

243 :質問:02/05/11 06:39
このスレ「本格」で検索したけど、適切と感じる説明が見られなかった。
本格の定義って何ですか?

「新本格」が衰退した「本格」の復権を目指したもの、は解るのですが、
「本格とはムードである」とか、「読み捨て(一部正しいな)」とか、
なんとなくな説明で、なぜ「本格」なのかが今ひとつ。

ホームズの靴の泥の分析に代表される、
「作中探偵にしか知りえない要素」による推理ではなく、
エラリークイーンに代表される、
「作中探偵と同様の手がかりを読者に与え、推理競争可能なもの」を
「本格(推理小説)」と捉えていたのですが、
それでは説明不可能な意見をよく見かけるので、
自分の意見に自信がなくなってきました。

「本格」の定義を(出来ればソースつきで)説明希望。

244 :名無しのオプ:02/05/11 16:57
>>234
 私の知っている範囲で補足を。

 ポイズンは「毒」、トキシンは「毒素」と区別されることが多いと思います。トキシンは
化学的な表現と言っても良いかも知れません。
 
 トキシンの場合は、ストリキニーネなどのように大量にとると死に至りますが、
量をコントロールすることで「薬」にもなります。ちなみに、ボツリヌス菌が生み出す
ボツリヌストキシンは青酸カリの数千分の一の致死量ですが、なんと美容の為の治療薬
としても使われていたりします(シワ取りだそうですが)。

245 :ギムレット:02/05/11 20:19
私たちは<ヴィクター>のバーの隅に坐って、ギムレットを飲んだ。
「ギムレットの作り方を知らないんだね」と、彼はいった。
「ライムかレモンのジュースをジンとまぜて、砂糖とビターを入れれば、
ギムレットができると思っている。
ほんとのギムレットはジンとローズのライム・ジュースを半分ずつ、
ほかには何も入れないんだ。マルティニなんかとてもかなわない」

マルティニとは?



246 :マルティニ:02/05/11 20:43
マティーニか?
マティーニなら、ジンとベルモットで作るカクテル。
に多種多様なレシピがある。

247 :とほりがかりのオプ:02/05/11 22:37
>>245 「ロンググットバイ」

>>246 僕も、そうじゃないかと思います。
    
   何語読みなんですか>清水さん


248 :安楽椅子探偵:02/05/12 23:34
関西地方の年一回のお楽しみ。
一度全国ネットで・・・
問題編直後からの予想と、
解答編放送後の罵倒が名物。

249 :名無しのオプ:02/05/13 15:15
英語読みで『マティーニ』
フランス語読みで『マルティニ』
だったと思う

250 :新青年:02/05/22 16:11
博文館発行の震災前の大正九年から戦後の昭和二十五年もの長きに渡って君臨した探偵小説雑誌。
当初のコンセプトこそは、初期の目次を見ていただければ納得いくとおり、日本中の青年の志気を高めるものだったが、
その最初期から増刊号などにおいて、いち早く海外探偵小説の翻訳を我が国に紹介するなど、
その後年の探偵小説総本山時代の可能性の軌跡を既に最初期のころから見ることが出来る。
この探偵小説の道へのジワリとした変貌は初代編輯長だった森下雨村の最大功績であり、
江戸乱歩の颯爽とした登場も大いに関係している。乱歩の登場によって、急速なペースで日本人創作の本格的道が切りひらかれたからである。
むろん、誤解なきように記述しておくと、その乱歩の「二銭銅貨」以前にも日本人の創作は存在した。
例を挙げると、西田政治、横溝正史、水谷準などの処女作が新青年の創作募集で採用されているし、
同じ博文館の「新趣味」でも探偵小説の募集をしていたり、他に松本泰なども存在した。
しかしこの「新青年」及び「新趣味」の募集していたのは、探偵小説といっても、ほんの原稿用紙10枚程度の小品であり、
決して海外の翻訳探偵小説から主役を奪えるような代物ではあり得なかった。だが、大正十二年の乱歩の登場以後、
同年に「新趣味」でデビューした甲賀三郎、元来より探偵小説評論で成らしていた小酒井不木、他に大下宇陀児、城昌幸などに加え、
大正十五年の懸賞募集で秀作を手にデビューした夢野久作、山本禾太郎など大正期の内に随分日本人の探偵作家も随分増えることになり、
その動きは昭和になって加速したといって良い。葛山二郎、瀬下耽、海野十三、渡辺啓助、小栗虫太郎、大阪圭吉、木々高太郎、久生十蘭
などなど戦前の代表的探偵作家を次から次へと生み出し、そして育てることになったのである。
戦後は復活に手間取りすぎたために、その探偵小説誌界の王座を後塵の「宝石」に譲り淋しい退場劇となってしまった。

251 :名無しのオプ:02/05/28 20:26
age

252 :金田一耕助:02/05/31 18:26
作家・横溝正史が生み出した名探偵。
外見は小柄で色白(デビュー当時は、25・6歳)もじゃもじゃの頭に
形の崩れた帽子をかぶり、しわだらけの飛白の対の羽織と着物に縞の細い袴をはき、
ちびた下駄を鳴らす。右手にはステッキ。 
金田一というめずらしい名前は世界的なアイヌ語学者だった金田一京助博士の
名からヒントを得てつけたものである。耕助も博士と同じ東北地方出身で、1
9の時青雲の志を抱いて郷里から上京し、私立大学に入ったが、一年足らずで
日本の大学はつまらないといって中退し、ふらりとアメリカに渡る。
アルバイトに皿洗いをしながら、アメリカ各地を放浪しているうちに麻薬の味を
おぼえて常習者になったが、たまたま、サンフランシスコの在留邦人の間に
おこった殺人事件を見事に解決したのが縁で、その関係者(久保銀造)から
資金を出してもらい、日本に帰って探偵事務所をひらく。
話すとき、もじゃもじゃの頭髪をかきむしるのは初期の明智小五郎に似ており、
興奮すると、どもる癖がある。およそスマートな風体とはいえないが、それが
かえって、相手の警戒心をゆるめて、話を聞き出すのに役立っているようだ。
「足跡の捜索や、指紋の検出は警察の方にやってもらいます。私はそれから得た
結果を論理的に分類し、総合していって、最後に推断を下すのです。これが私の
探偵方法であります。」と自称する直感型の探偵。
デビューした「本陣殺人事件」以降、後援者が岡山の果樹園の主だった関係から、
もっぱら岡山地方の封建色の濃い農村でおきる奇怪な事件の捜査に活躍するのである。

253 :名無しのオプ:02/06/07 16:02
良スレあげ

254 :名無しのオプ:02/06/09 22:51
かーずSP↓の6/9分で紹介記念あげ
ttp://isweb28.infoseek.co.jp/play/karzusp/index.html

255 :索引:02/06/10 02:50
◆ア行
 【赤かぶ検事>>82】 【アリバイ>>4】 【アンチ>>118>>121
 【アンチVSメタミステリー>>123>>124】 【アンボイナ>>86
 【安楽椅子探偵>>7>>248】 【遺伝子指紋>>162】 【糸>>61】 【腕時計>>237
 【ヴァンダインの探偵小説作法20則>>153-154】 【映画化>>65
 【オランウータン>>87】  【オルレアン>>134->>135

◆カ行
 【カー>>109>>110>>111】 【ガードナー、アール・スタンリー>>187】 【怪盗>>9
 【崖崩れ>>114】 【過剰解釈>>100】 【肩を竦める>>91】 【壁本>>38】 【凶器>>120】 
 【ギムレット>>245】 【京極夏彦>>29】 【キング>>113】 【金田一耕助>>252
 【クイーン>>112】 【軍用ウェブレイ銃>>106】  【現代の私立探偵>>151
 【交換殺人>>81】 【後期クイーン的問題>>37>>55】 【コージーミステリー>>39
 【孤島>>67】 【誤誘導>>206

256 :索引:02/06/10 02:50
◆サ行
 【最悪の毒薬>>172】 【さて、皆さん>>88(88の川柳>>89】 【三大奇書>>10
 【鹿爪らしい顔>>93(例>>94)】 【時効>>48】 【時刻表トリック>>42(裏>>47】 
 【死後硬直・弛緩>>144】 【ジサクジエーン>>74】 【自称ミステリ通>>28】 
 【死体>>68>>69】 【執事>>15】 【死斑>>145】 【死亡推定時刻>>18>>143>>171】 
 【社会派>>164-166】 【樹海>>148】 【叙述トリック>>26】 【地雷>>12(参考例>>27
 【屍蝋>>203-204】 【信者>>95】 【新青年>>250】 【新本格>>41
 【推理小説>>63】 【少し遅い朝食>>92】 【ストゥール>>107】 【ストリック>>97

◆タ行
 【タイヤ痕>>152】 【駄作>>221-222】 【巽昌章>>51】 【探偵>>59】 【探偵クラブ 誓言>>167
 【探偵小説>>62】 【チャンドラー九つの命題>>168】 【ダイイングメッセージ>>200-202
 【中国人>>16】 【倒置叙述>>19】 【動機>>198】 【読者への挑戦>>78
 【毒>>234>>244】 【毒薬>>6

◆ナ行
 【名無しのオプ>>14>>49】 【猫>>85】 【ネタにマジレス>>71】  【ネタバレ>>20(参考スレ>>21
 【ノックスの十戒>>31】  【ノワール>>99】 【法水と法月>>108

257 :索引:02/06/10 02:51
◆ハ行
 【ハードボイルド>>11>>155>>188】 【バカミス>>76】 【パスティシュ>>24】 【早業殺人>>43
 【犯人>>5>>136】 【ハンティントンライト>>192-193】 【バツリ>>127】 【百円ミステリ>>35
 【フーダニット>>54】 【覆面作家>>241】 【富士見ミステリ文庫>>36(要約>>38
 【プロバビリティの殺人(犯罪)>>44】 【別荘>>227】 【ペンション>>226】 【ホームズ>>207
 【本格>>117】 【本格ミステリ>>119>>126>>189】 【本歌取り>>104

◆マ行
 【マルティニ>>246>>249】 【ミステリーの起源>>80】 【ミスディレクション>>209
 【見立て>>70>>73>>75】 【密室>>8】 【見取り図>>79】 【無残>>30
 【銘探偵>>215-216】 【メタミステリ>>25>>125】 【メフィスト>>223】 【メフィスト賞>>34
 【萌え>>72】 【モダンホラー>>98

◆ヤ行
 【山風>>50】 【愉快犯>>46】 【洋館>>228>>233

◆ラ行
 【ラビ>>138】 【リドルストーリー>>240】 【リノリウム>>90】 【流水大説>>23
 【ルミノール反応>>133】 【レッドヘリング>>210】 【レトリック>>58>>60】 【レナード・タッチ>>102
 【ローカルルール>>64】 【ロジック>>53

◆ワ行
 【公魚>>115】 【ワトソン>>235

◆英数
 【DNA鑑定>>161】 【JDC>>142

258 :名無しのオプ:02/06/10 17:02
すみません。どなたか、「ミステリ(音引きなし)」の解説お願いできませんか?

259 :名無しのオプ:02/06/11 10:06
>256-257
索引乙カレー!

260 :名無しのオプ:02/06/12 10:18
>>258
ミステリーは>>62に似た許容範囲に対して、ミステリは>>63に似た意味合いで
使われるものというか、ミステリーと差別化する意図で使われるものでは
ないだろうか? 自信が無い答えなのであえて項目には・・・(;´Å`)

261 :失踪宣告:02/06/12 10:36
生死が長期間明らかにならない不在者(行方不明になった人)を、法的に死亡したとみなし、財産などの処理を可能にする制度。
それが民法第30条以下にある「失踪宣告」である。
これは、行方不明になった者の家族などを救済することが、大きな目的の一つである。失踪宣告の確定は2つの種類がある。

1 普通失踪
生存を確認できた最後の時から7年間、生死が不明である場合、死亡と見なすことができる。

2 特別失踪
戦地に臨んだ者、沈没した船舶に乗っていた者、その他死亡の原因になるような危難に遭遇した者が、戦争終結後、
あるいは船舶が沈没した後、あるいはまたその他の危難が去った後、1年間、生死が分からない場合、死亡したものとみなすことができる。

申立てができるのは、不在者の利害関係人(配偶者、法定相続人、法律上の利害関係を有する者)に限られる。
ただし、債権者などは認められない。
申立人が、その居住地を管轄する家庭裁判所に失踪宣告の申立てをすると、裁判所はそのことを公示催告する。
公示は裁判所の掲示板、官報で行われる。期間は、普通失踪の場合6カ月以上、
特別失踪の場合は2カ月以上。
公示の催告期間が満了するまでに不在者の生存が確認されない場合、失踪宣告の審判が確定し公告され、
本籍地の市町村長に通知される。
確定後は、不在者は法律上、死亡したものとみなされる(*)ため、不在者の財産などを相続・処分できるようになる。
また配偶者は婚姻も許される。 (* 特別失踪の場合は事変や危難の去った時に死亡したものとされる)
不在者の生存が確定後に確認された場合、「失踪宣告の取消」を申立て、審判が確定すると、
失踪宣告は取り消され、宣告そのものがなかったこととされる。また、確定後に相続された財産などは本人に返還される。
ただし返還方法・返還額などについて例外は認められている。
(失踪宣告は不在者の従来の住所・居所における法的な処理であるため、本人が失踪確定後にも別の場所で生存している場合には、
その不在者は権利能力(私権)を奪われることはない。)

262 :名無しのオプ:02/06/12 19:57
>258
「ミステリ」は創元と早川が好んで使っているというだけで
基本的には「ミステリー」と変わらない(はず)。
瀬戸川猛資氏なんかは、こだわりがあるみたいだけど。
人によって定義が変わってくるので
普遍的な定義を提起するのは難しいよ。

263 :日常の謎モノ:02/06/12 23:53
殺人などの犯罪ではなく、
「あの人はなぜあのときこんな行動をとったのか」など、
日常のふとした疑問を解決するのメインとしたものを呼ぶ。
短編や連作に多く、
北村薫、北森鴻、倉知淳、加納朋子、永井するみ、などに良作がある。

264 :名無しのオプ:02/06/21 00:04
よく推理の方法で
「演繹法」
「帰納法」
という言葉が出てきますが、よくわかりません。
解説キボーンです。


265 :名無しのオプ:02/06/21 00:34
演繹法・・・小○首相はバカであらねばならない→よって小○家の人間はバカに違いない

帰納法・・・小○首相と会話をしたらバカだと分かった。○太郎と討論したらバカ丸出しの議論だった。
      他の家族もバカだと知った
      →よって、小○家の人間は皆バカである

266 :265:02/06/21 00:36
ちょっと違うな

演繹法・・・小○家の人間はバカであらねばならない→よって小○首相はバカである


267 :名無しのオプ:02/06/21 00:38
お前ら、ボロクソだなw

268 :名無しのオプ:02/06/28 22:26
保守揚げ。
作家の解説もEEんじゃない?どんな作風とか。。

269 :名無しのオプ:02/06/28 22:46
演繹法と帰納法ってよく出てくるけどいまいちわかんなかったんだよね
なんとなくわかったありがとう
でも、もちょっとミステリーよりの例で説明キボン

270 :演繹法・帰納法:02/06/28 23:13
【演繹法】一般的な原理から論理的な手続きを踏んで個々の事実を推論すること        
真理(法則)――→ ☆(具体例)

【帰納法】ここの特殊な事例から一般的原理や法則を導き出すこと
☆☆☆☆
☆☆☆☆ ――→  真理(法則)
(具体例)

例)1吹雪の山荘では外部者はとても立ち寄れない→山荘の中の誰かが犯人だ(演繹法)

2孤島の島で外部者を探したがいない。
 隠し部屋も見つからない        →我々の中に犯人がいる(帰納法)
 誰も島に我々以外立ち寄った形跡がない

 
 


271 :ハードボイルド:02/06/28 23:24
作者の一定の視点から社会全体の状況を切り取ることを目的とした小説のこと。
特徴としては市井の犯罪が扱われ、暴力や性などの衝動がむき出しに描かれている。
海外のハードボイルドの御三家
ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルド

272 :名無しのオプ:02/06/28 23:53
>>270
理解しますた
ありがと!

273 :名無しのオプ:02/06/29 00:47
メタってなんですか?
メタ殺人、メタ化、とかとくに森博嗣のはむずかしい用語がいっぱいでわかりません。


274 :名無しのオプ:02/06/29 01:40
>273 >>125 >>25
[Meta] 英語の接頭辞で、もともと「背後の、後ろの、より包括的な、超えた」といった意味


275 :名無しのオプ:02/06/29 01:58
>>274
すでにガイシュツだったんですね、すいません、ありがとうございます

276 :IRA:02/07/01 09:30
-Irish Republican Army. アイルランド共和軍
北アイルランド6州はプロテスタント系の住民が多数だったため、英国からの
独立協定からは除外された。その結果、カトリック系の住民はかなりヒドイ差別を
受け、1969年を機に過激派が蜂起する。 彼等はIRAを名乗り、英国からの独立を
要求、英国にとってはテロ屋のIRAは、アイルランド国民にとっては当時としては
独立解放軍といったところ。 ただ、次第に破壊活動がエスカレートし、
アイルランド系住民からの支持も得られなくなり、現在は活動を休止。
ただし、ココに至るまでかなりの死闘を英国MI5やSASとくり返し、図らずも英国の
危機管理機能の向上に役立つ、という見方もアリ。
現在では1970年に若手の急進派がIRAより脱退して組織化したPIRAや和平に反対し
1997年9月にIRAから分離して結成したRIRA、そして対カトリック過激派(UDA/UFF・
Ulstar Defence Association/Ulstar Freedom Fighter)プロテスタント系住民
による過激派ロイヤリストを問題視する必要性もある。
北アイルランド問題は宗教的衝突というよりロイヤリスト vs ナショナリスト
(女王陛下の下の統治 vs 英国からの分離・アイルランドへの併合)と捉えるべき
でしょう。

277 :KGB:02/07/01 09:42
-Komitet Gosudarstvennoi Bezopasnosti. ソ連邦国家保安委員会
冷戦中はCIA(Central Intelligence Agency)と暗闘を繰り広げた機関
も、ソ連邦崩壊後は解散。機関員達は職歴を生かし、保安会社に転職したり
と一苦労のようだ。
海外情報部門はSVR(Sluzhba Vneshney Razvedki)として
国内保安部門はFSB(Federal'naya Sluzhba Bezopasnasti)として
それぞれ分離・独立。

278 :スコットランドヤード:02/07/01 09:54
Scotland Yard.ロンドン警視庁(刑事捜査部)のこと。
その昔、ロンドンのスコットランドヤード街にあった為の通称

279 :誘拐と拉致:02/07/01 13:15
「誘拐」とは誘うという文字が含まれているように、被害者を騙して自らついてくる
ようにし向けて連れ去るもの。騙されている間は被害者は合意の上でつくから「監禁」
の必要がないこともある。これは物や楽しそうな話に釣られやすい子供が被害者の
場合が多く、身代金目当てなど営利目的であることが多々ある。
法律上の定義
「誘拐とは、詐欺または誘惑の手段により、他人を自己の実力支配内におき
その居所を移させることをいう。」

「拉致」の場合、被害者の身柄を力尽くで強引に連れ去るもの。無理矢理連れ去って
きたわけだから「監禁」しておかないと逃げられるというわけで、大抵の場合拉致と
監禁はセットになる。こちらは大の大人が被害者であることが多く、暴行目的あるい
は政治的・軍事的な目的で行われることが多い。
ちなみに「拉致」は、主な法律の条文の中には一切出てこない。
「拉致」の意味である「暴行・脅迫が絡んでの連れ去り」は法律では「略取」という
言葉になる。

新聞等の報道では「誘拐罪」と表記されたりするが、法律用語としては誘拐に関する
罪を総称して「拐取罪」と言う。

280 :名無しのオプ:02/07/01 20:49
誰か伏線の定義お願い

281 :伏線:02/07/01 20:56
(1)小説・戯曲などで、のちの展開に必要な事柄をそれとなく呈示しておくこと。
また、その事柄。
「―を張る」


(2)のちの物事の準備として、前もってひそかに設けておくこと。
また、その事柄。
「―を敷く」


282 :詰将棋:02/07/02 09:15
室町時代に出来上がった通常の将棋から、江戸時代に江戸時代に入って独立した形で
ル−ルが完成したもの。

詰将棋で使用される駒は、通常は、普通の将棋で使用される駒40枚のうち、攻め方の
王を除いた39枚。駒の動かし方は、普通の将棋と同じ。但し、以下のような独特の
決まりがある。

1.初形で、盤面に配置された駒と攻方の持駒として示された駒以外は全て玉方の持駒
とみなす。
2.攻方が常に先手。
3.攻方の手は必ず王手であること。
4.攻方の手はあらゆる玉方の手を考慮した上で、最も早く詰めることの出来る手を
選ぶこと。
5.玉方は、必ず王手を避けること。王手を避ける手段がなくなった時点で詰みとみなし終了。
6.玉方の手は、攻方のあらゆる手段を考慮の上、詰みを避けられるか、詰む場合でも
最も手数の長くなるような手を指すこと。
7.6で、最も手数が長くなる手順が複数存在する場合、その中で攻め方に駒が余る手順と
余らない手順があれば、余らない手順を採用する。
8.玉方は、単に手数を伸ばすだけの無益な合駒(*注意1)はしないこと。
9.その他、二歩、打歩詰、行き所のない駒などは通常の将棋と同様に禁じ手。
以上のルールに基づいた上で、ある詰将棋の図面に対する詰め手順を探し出す作業を
「詰将棋を解く」という。

「解く」というそのパズル性から、マジック(奇術)同様、愛好者が本格ミステリと
重なる点が多々ある。
本格にも長編、短編それぞれ別の面白さがあるように、詰将棋にも長手数、短手数
それぞれの面白さがある。長編に伏線が張られるように、長手数の詰将棋にも伏線が
張られる。短編の切れ味と同様に、短手数の詰将棋には会心の一手がある。

283 :文三:02/07/03 09:44
講談社文芸第三出版部の略

284 :密室トリックの分類:02/07/03 10:52
1935年、不可能犯罪の大家ディクスン・カーが
自作「三つの棺」の中の一章を「密室講義」に割いたものが起源とされる。
「密室講義」は、「密室」ということばとその概念を
ミステリに定着させた点においても重要な意味をなす。
日本でも、江戸川乱歩の「類別トリック集成」をはじめ、
多くの作家・評論家たちが密室トリックの分類に腐心してきた。
昭和36年に発表された天城一の「密室作法」(昭和55年改訂)のように、
密室の「純度」に従った分類や、
昭和59年に浜田知明が「地下室」に発表した
密室犯罪を行う側から見た分類など、
さまざまな概念の分類法がこれまでになされてきている。
それらの分類法の要点をまとめ、昨今の密室犯罪の潮流を鑑みた場合、
以下のような分類が成り立つものと思われる。
註)作品名、具体例の記述は避け、
なるべく一般的な手法を示したつもりですが、
それでもネタバレに繋がる恐れはあると思われます。
気分を害された方がおられましたら、あぼーんしてやってください。

285 :密室トリックの分類(つづき):02/07/03 10:53
1. 犯行が行われた「密室」に、犯人が実際に出入りした場合
(1) 犯行現場から出た後、そこが密室であったように細工する
(2) 凶器を隠すなどして、密室から出ないか、堂々と出入りする
(3) 不可能と思われる場所から脱出する
(4) 密室から出る姿を監視者に見咎められないように工夫
2. 犯行現場が「密室」であった間に、犯人が全く出入りしない場合
(1) 隙間からの犯行
(2) 密室内に仕掛けられた自動殺害装置を用いる
(3) 密室そのものに及ぼされる外的要因
(4) 現場が密室であった時間帯に犯行が行われたと錯覚させる
(5) 犯行時、目撃者が犯人の姿を見た部屋(密室)と、実際の犯行現場は別
3. 密室内だけで事件が完結する場合
(1) 被害者が密室内で自殺
(2) 被害者は、密室内で自殺以外の理由で絶命
4. 密室を構成する要素自体に欠陥があった場合
(1) 物理的な意味で、本当は密室ではなかった
(2) 監視者・発見者の証言に、故意あるいは無意識に欠陥があった
(3) 「密室内の死体」そのものが死体ではなかった
(4) 密室内にいた人間の数が誤認されていた

286 :暗号:02/07/04 12:59
一定の規則に従って文章・数などを他の表現に変えて、その規則を知らない人には
元が何かは判らなくするためのもの。

大きく分けると
・換字系:他の文字や記号・図に置き換える暗号
・転置系:読む順番を変えるタイプの暗号
・混合:換字と転置をする暗号
・その他:上記以外の暗号

これまでミステリに使用されたものとして
・サイファ(一つの語を一つの語・記号・絵に変える)
・アナグラム(文字の入れ替え)
・編と旁を別々に読む
・2語置きによむ
・決められた本の決められたページにおいて上下段や行数で作る
・対応させるするとと点字として読める
・書き手と読み手が違う言語を用いて暗号に取り組んだために読み違い
などがある。

287 :綾辻行人:02/07/06 23:15
自由人。
または過去の業績にあぐらをかいている人間やそんな状態のこと。

 

288 :名無しのオプ:02/07/09 09:44
あの、恥ずかしい話ですが、『ポケミス』が具体的に何なのかよく判らないんです。
なので、よろしかったら解説お願いします。

289 :ポケミス:02/07/09 10:05
ハヤカワ・ポケット・ミステリの略。早川書房刊行。
1953年9月5日、欧米のミステリを幅広く紹介するためスタートし、
現在も刊行され続けている世界有数のミステリ・シリーズ。
通常の文庫サイズとは異をなし、ペーパーバック・スタイルを取り入れ、
本格物はもちろんスリラー、サスペンス、ハードボイルド、スパイ、
警察物、法廷物などミステリ全般に渡って出版されている。
ビニールカバーが付いているのも特徴。

かつてのポケミスには函がついていたことがあった。ごく薄いボール紙を針金
で留めただけの函で、昭和33年6月に300巻突破を記念して作られたものである。
その際には片隅に「お手元に綺麗なままの本をお届けしたくこんな簡単な函を
作ってみました。お買い上げ後にもしご不要でしたらお捨て下さって結構です」
と刷り込まれた。この言葉はやがて後半部が「いわば包装紙がわりです。お買い
上げ後にはお捨てください」と変わる。昭和46年3月ごろを境に、函から現在の
ビニールカバーに変わったと考えられる。「お捨て下さい」などといわれると、
逆に意地でも捨てるものかと思うのが人情で、この函がささやかながらコレクター
ズ・アイテムとなっている。一方、その間に函の代わりに色刷りのジャケットの
ついたものもいくつかある。その最初のものはNo.898「フォン・ライアン特急」
(昭和40年8月)ではないかと思われるが、これらは映画やテレビドラマの原作や
ノヴェライゼーションがほとんどで、表紙や裏表紙にはスチル写真が配されている。
昭和41年と42年に集中しており、「007」「ナポレオン・ソロ」「ハニー・ウエスト」
などのシリーズや「逃亡者」「サンセット77」などのタイトルが並んでいる。
(長谷部史親「ポケミスの秘密」より抜粋) 

290 :288:02/07/09 10:17
>>289さん
早いレスありがとうございます。
とてもよくわかりました。

291 :密室雀:02/07/09 10:32
>>289
>「お捨て下さい」などといわれると、 逆に意地でも捨てるものかと思うのが人情で、

この長谷部史親という人はかなり性格悪そうだね(w

292 :名無しのオプ:02/07/09 10:50
>この長谷部史親という人はかなり性格悪そうだね(w
当たっていると思われ(w
だってこの人、書評で『黒い家』のネタ割った人でしょ。

293 ::02/07/09 15:17
水が氷点以下で固体化したもの。それ自体が即凶器になりえる硬度、
気温の上昇により液化、さらに蒸発して消滅してしまうという特性、
飲食物に入れることにより人体に摂取される点、周辺の物の温度を
下げる効用などから、【糸>>61】と同じくらい頻繁に登場してきた
古典的トリックアイテムの王様。           (A.M.)

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>215-216】 【メタミステリ>>25>>125】 【メフィスト>>223】 【メフィスト賞>>34
 【萌え>>72】 【モダンホラー>>98

◆ヤ行
 【山風>>50】 【愉快犯>>46】 【洋館>>228>>233

◆ラ行
 【ラビ>>138】 【リドルストーリー>>240】 【リノリウム>>90】 【流水大説>>23
 【ルミノール反応>>133】 【レッドヘリング>>210】 【レトリック>>58>>60】 【レナード・タッチ>>102
 【ローカルルール>>64】 【ロジック>>53

◆ワ行
 【公魚>>115】 【ワトソン>>235

◆英数
 【DNA鑑定>>161】 【JDC>>142】 t="_blank">>>1>>1>>1>>1>>1
/test/read.cgi/mystery/1013605996/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)