5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者のためのミステリ用語辞典

234 ::02/05/07 16:43
>>6
日本語では、毒といえば「毒」以外の言葉は見当たらない。
しかし、英語では毒を表す言葉がいくつか存在する。
まず、頭に思い浮かぶのは"POISON"だろう。これは、「飲む」という言葉が語源にあり、
有毒植物のエキスのように、飲用する毒をあらわす言葉だ。
同じ語源を持つ言葉に"POTION"(水薬、またはその一服の意味。ポーション)がある。
だからといって、毒のすべてが"POISON"ではない。同じように毒を表す言葉に"TOXIN"がある。
毒物の名前で「……トキシン」とつくものがあるのをご存知だろうか。
たとえば、フグの毒は「テトロドトキシン」というが、この「トキシン」が"TOXIN"である。
毒の学問である「毒性学」も「トキシコロジー」という。
この"POISON"と"TOXIN"の間には、明確な区別はないという。
しいて言うならば、"POISON"には人工の毒が"TOXIN"には自然の毒が多いという程度だ。
この二つとは別に、動物の毒腺から出される毒を"VENOM"という。蛇の毒などがこれに該当する。
欧米に古くからある毒薬の文化が、このように複数の言葉を生み出していったのだろうか。

アガサ・クリスティ「蒼ざめた馬」はオーストラリアで起きた金目的の連続殺人事件が
元になっていると言われているが、クリスティの小説以後も同様の手口での殺人事件が起こって居るという。
相手に気取られない毒殺がこれほど容易に出来てしまうのだということは、知っておいて損は無い。
勿論、自己防衛の一助としてだが。

(他、有名な「毒薬」関連の用語や推理小説作品があればご教授ください)

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)