5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こちらマガーク探偵団!

1 :名無しのオプ:02/10/23 09:38
金田一でも犬ホームズでもずっこけでもなく、俺はマガークだった・・・
探偵になりたいと本気で思ってた、小学校の頃の俺。

87 :名無しのオプ:03/03/26 18:11
マガークシリーズはすべて絶版。
amazon.comでのみ古本を購入できるようです。


88 :名無しのオプ:03/03/26 18:53
絶版なんですか!!!
自分も子供の頃マガーク全部持ってたんですけど
また読みたいかも〜。何故捨てたんだ、かーさん。


89 :84:03/03/26 20:56
>>88
念のため、87で言ってるのは原書(アメリカ版)のことです。
ま、あかね書房のも絶版ですけどね・・・
でっかい図書館に行くと割と揃っていると思いますよ。


90 :名無しのオプ:03/03/27 02:13
読んだ事無いけど、気になって近所の図書館で探して見たところ、
児童書のコーナーにちゃんと18冊揃ってました。
そのコーナーは中学生以下じゃないと駄目らしいので遠慮しておいたけど。

91 :名無しのオプ:03/03/27 22:32
狭量な図書館だな。

92 :名無しのオプ:03/03/27 23:45
>>91
貸すのは貸してくれるんじゃないの?
そうじゃないと親が借りられないでしょ。

93 :名無しのオプ:03/03/27 23:51
借りて読んでみー絶対面白いよ!

94 :90:03/03/28 01:48
以前に別の児童書を借りたので、借りられるのは間違いないです。
でも(季節柄?)子供が大勢集まってたので、その子達が借りるかも……と思って
遠慮しておいたのです。
子供向けミステリーは「ものがたり」の中でも独立したコーナーになっていて、
人気があるのかなーと、ちょっと嬉しくなったりしました。

95 :名無しのオプ:03/03/29 00:24
私も、子供の頃ミステリ好きだったな…
少年探偵団とかさ、子供はなぞが好きなのかもね。

96 :名無しのオプ:03/03/29 13:01
なつかし〜!大好きでした!!!
小学校の工作で本立てを作ることがあり、
表紙の鍵の絵を彫刻して、専用本立てを作りました。
ブレインズが入るまでの巻とそのあとの巻を分けて
中央にブックエンドを作って当時出てた10冊がピタっと入る
特注サイズ。
なんで本ごと手放したのか・・・悔やまれます。

暗号のとこだけ英語が出てくるんで、アメリカに憧れました。
マガークたちが変装して近所のマダムにフランス語で
あいさつするシーンとかありましたよね。
「マジソンスクエアガーデン」とか「モロッコ」って
単語?もこの本で知りました。

97 :名無しのオプ:03/03/29 18:05
「20世紀少年」12巻読んでたら90ページに「マガーク探偵団」が!!
浦沢も読んでたんだな。
ダガジグダガジグ ブンッチャッチャ



98 :ポワラー:03/03/29 19:53
ホームズの誕生日は1854年1月6日みたいだけど、
エルキュール・ポワロの生まれた年しってる?

99 :名無しのオプ:03/03/30 02:13
誤爆ですか?↑

100 :名無しのオプ:03/03/30 04:01
フルーツ入りキャンディーがどんなものかわからんかったけど
うまそうだった

101 :名無しのオプ:03/03/30 20:52
リコリスを知ったのはこの作品からだった
まだ食べたことないけどおいしくないんだってね

100ゲットおめでとう

102 :名無しのオプ:03/04/03 09:50

*The Nose Knows (1974)
*Dolls in Danger (1974 ; AKA Deadline for McGurk)
*The Case of the Condemned Cat (1975)
*The Menaced Midget (1975)
*The Case of the Nervous Newsboy (1976)
*The Great Rabbit Robbery (1976)
*The Case of the Invisible Dog (1977)
*The Case of the Secret Scribbler (1978)
*The Case of the Phantom Frog (1979)
*The Case of the Treetop Treasure (1980)
*The Case of the Snowbound Spy (1980)
*The Case of the Bashful Bank Robber (1981)
*The Case of the Four Flying Fingers (1981)
*The Case of the Felon's Fiddle (1982)
*McGurk Gets Good and Mad (1982)
*The Case of the Slingshot Sniper (1983)
*The Case of the Vanishing Ventriloquist (1985)
*The Case of the Muttering Mummy (1986)
*The Case of the Wandering Weathervanes (1988)
*The Case of the Purloined Parrot (1990)
*The Case of the Desperate Drummer (1993)
*The Case of the Fantastic Footprints (1994)
*The Case of the Absent Author (1995)
*The Case of the Wiggling Wig (1996)

あーらこーんなに出てたのねー。
ちょっとピエール訳しちゃってもいいかしらー

103 :43:03/04/03 20:46
実はこのうち6作が訳されていないという罠。

あとですな、2冊だけだけど「マガーク・ファンタジー」というシリーズがあるようですよ。


104 :名無しのオプ:03/04/06 00:52
>>103
「マガーク・ファンタジー」? なんですと、それは??

105 :43=103:03/04/06 01:44
内容読んでないんでわかりません。詳しい紹介もされてないし。
マガーク探偵団が科学で解明できない事件に遭遇するタイプの話だと想像。

ttp://www.thrillingdetective.com/mcgurk.html

ここで触れられているところによれば、ヘスター・ビッドグッドという女性キャラが出てきて、のちに独り立ちしたようですね。

106 :名無しのオプ:03/04/06 05:15
”The Case of the Dragon in Distress”
”The Case of the Weeping Witch ”
おもしろそう
どうでもいいですが、一作目が竜で二作目が魔女ですか…
三作目に海賊とか出ますか?


107 :名無しのオプ:03/04/06 12:18
全部もう一回よみたいなあ。

108 :名無しのオプ:03/04/09 00:26
リコリスキャンデー、ageるよ。

109 :名無しのオプ:03/04/09 19:54
3作目ないんじゃないでしょうか
もう5、6年は経ってるだろうし、作者もそろそろ結構なトシでは・・・

110 :山崎渉:03/04/17 15:34
(^^)

111 :山崎渉:03/04/20 07:16
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

112 :名無しのオプ:03/04/22 18:38
hozen

113 :名無しのオプ:03/05/02 01:08
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1051799383/l50
児童書板にスレ立ってたので報告。

114 :山崎渉:03/05/22 04:51
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

115 :山崎渉:03/05/28 12:30
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

116 :名無しのオプ:03/05/30 09:40
記念パピコ
ブラウンも同時に思い出させてもらって感謝。

117 :名無しのオプ:03/06/07 19:08
うおお懐かしage!!

118 :43:03/06/28 13:50
原書ぞくぞくアメリカから届くのはいいけど全然進まないYO!

119 :名無しのオプ:03/06/28 15:49
子供のときからブンチャッチャで表現される音楽のイメージがわかなくて。
お囃子なのかシャンソンみたいな三拍子なのか。

これは山口太一オリジナルの発想か原作に則ったものなのか。
ああ。

120 :名無しのオプ:03/06/28 23:13
>>119
原作はもっと普通の児童書だよ。
例えていえば、広川太一郎の色つけた吹き替えが何ともいえない味になってるような感覚?
こうなったら山口太一以外のマガークは考えられない。
オリジナリティありすぎ。

121 :名無しのオプ:03/06/28 23:41
>120
そうだったのか…荒馬宗介といいマガーク探偵団といい
山口太一はミステリ絵師といえるかも。

122 :名無しのオプ:03/07/09 02:44
「やっこさん」って言葉、今の小学生にわかるのかしら。
この本で覚えたことばって結構あったなぁ。

おちつきたまえ、サンドフスキー団員。(by マガーク

123 :山崎 渉:03/07/15 10:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

124 :山崎 渉:03/07/15 13:36

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

125 :名無しのオプ:03/07/20 01:25
>>122
同意。

「鼻あらしを吹いた」とか、「○○の大将」とか。

126 :山崎 渉:03/08/02 02:08
(^^)

127 :名無しのオプ:03/08/02 12:53
おお! こんなスレがあったとは!!
懐かしい〜! 小学生のときハマりました。
「木の上のたからもの」まで読んだかな。
確か実家にまだあるはず。急に読み返したくなってきました。
「消えた新聞少年」の、クイーンやヴァン・ダインばりの心理推理や、
「まぼろしのカエル」のディクスン・カーばりのお膳立てなど、
小学生ながら「本格推理だなあ!」と感心していましたよ。
そうか、18巻まで出てたのかー。

128 :山崎 渉:03/08/15 15:44
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

129 :名無しのオプ:03/09/07 11:34
まだだ!まだ沈まんよ!!

130 :名無しのオプ:03/09/07 17:54
児童書板がもうあるからね・・・

131 :名無しのオプ:03/09/08 20:55
懐かしくてワロタage

132 :名無しのオプ:03/09/28 10:16
参照
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/984541588/808


133 :名無しのオプ:03/09/28 14:11
>>132
ないす


134 :復刊ドットコムのメルマガより:03/11/05 13:08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】E・W・ヒルディック著『マガーク少年探偵団』第1期4冊復刊!――□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大ヒットシリーズ『マガーク少年探偵団』がソフトカバー新装版として復刊
いたします。

今回、第1期4冊「こちらマガーク探偵団」「あのネコは犯人か?」「消えた
新聞少年」「あやうしマガーク探偵団」のご予約を開始いたしました。
(第2期は2004年2月に4冊同時発売予定です)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『こちらマガーク探偵団』(最終得票数 75 票)
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=8986
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【著者】E・W・ヒルディック・作/蕗沢忠枝・訳/山口太一・画
【版型】四六判、ソフトカバー【頁数】平均170ページ
【予約締め切り】2003/11/10【発送時期】11月中旬【定価】900円(本体

135 :名無しのオプ:03/12/23 03:47
ギャー!マガークなつかしい!!
小学校の時読んでたよ!ミステリー大好きっこだったから探偵団憧れたー!
高校に入ってから友人と話してマガークで盛り上がってしまって
高校の図書館に何冊か入れてもらった。
まだあるのかな。もうそれも10年前の話か…

136 :名無しのオプ:04/02/15 20:56
>>134
図書館に第一巻が入ってて驚いたよ。
実は去年までその図書館にハードカバーで揃っていて、夏にリサイクルとして
誰かに貰われていった(あるいは貰い手が無くて処分された)のだが…

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)