5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2人称で書かれた小説って?

1 :名無しのオプ:03/03/29 22:16
物語が『あなた』とか『君』で進んでいく小説。
読んだ事ないんだけど、どんなのがありますか?
ミステリーに限定しなくても。

2 :名無しのオプ:03/03/29 22:19
すぐ思いつくのは、カケスはカケスの森(竹本健冶)、ターン(北村薫)。
なんか不思議な感じはするよね。

3 :名無しのオプ:03/03/29 22:30
神田川


4 :名無しのオプ:03/03/29 22:54
二人称ミステリで比較的有名なのは
「やぶにらみの時計」都筑道夫
「ニの悲劇」法月綸太郎
この2つがあがるだろうね。

5 ::03/03/29 23:23
なるほどー。

>>2
カケスはカケス?不思議なタイトルだ。
「ターン」は、タイトルだけ聞いた事がありますね。
>>3
誰の作品ですか?
>>4
「一の悲劇」なら読んだ事あるけど。
あの「一」とか「二」ってのは人称の事だったんだ……。


6 :3じゃないけど:03/03/29 23:27
かぐや姫のヒット曲。
ネタとは言え、>>3は二人称視点の意味が判ってないのでは・・・。

7 :名無しのオプ:03/03/30 12:29
J.マキナニー「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」

8 :名無しのオプ:03/03/31 13:42
倉橋由美子の「暗い旅」
「あなた」で進む

9 :名無しのオプ:03/04/02 00:51
ゲームブック


10 :名無しのオプ:03/04/02 01:12
ミステリではないですが、「不思議な猫たち」という短編集(扶桑社文庫)に2人称の短編があります。


11 :名無しのオプ:03/04/02 01:40
二人称の文章ってどんな感じの??

12 :名無しのオプ:03/04/02 02:11
>>11
都筑道夫「やぶにらみの時計」(中公文庫)6ページより

(前略)
きみの目も、ようやく光に馴れてきた。早く起きて、水を飲もう。
二、三度、まばたきしてから、きみはいっぱいに目をひらく。
すると、天井が見える。川底の砂に映った真昼の波の影のように、
木目のきれいな天井板だ。見あげたとたん、きみはたちまち、渇きをわすれる。
いつもの朝とちがうことに、気づいたからだ。
(以下続く)

この小説の解説(海渡英祐)を読み返してみたが、昭和36年に刊行された、
都筑氏の初の長編ミステリだったとは・・・

13 :名無しのオプ:03/04/02 13:07
高校教師。
「あの時ボクは・・・・。」

14 :名無しのオプ:03/04/02 15:34
「そしてふたりだけになった」森博嗣

個人的に「F」より面白いと思います。

15 :名無しのオプ:03/04/03 23:16
一人称(私、僕、俺)や三人称(彼、彼女)に慣れすぎているせいか、
二人称ってのはどーも納得がいかない。
いきなり『君』って言われても。
俺は読者であって、作中人物ではない。
要するに、合ってないって事かな?

16 :名無しのオプ:03/04/03 23:28
「漏れは思った」とか
「ホシはヤシにちがいない」
などといった表現のミステリーきぼんぬ

17 :名無しのオプ:03/04/03 23:33
>>16
「ホシはヤスにちがいない」
だと?
ネタバレだろ、ゴルァ!


18 :名無しのオプ:03/04/03 23:37
>>17
捜査せずにいきなりヤスを叩きまくっても自白しないので却下。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)