5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミステリー小説書いて見ました。

1 :天才作家1:03/04/05 20:20
その日僕は彼女の家に泊まった。
夜になって彼女が「私が食べているときは絶対に部屋にはいってこないでね。」
と言い、別室に行ってしまった。
すると「クチャクチャ、クチュクチュ。」
奇妙な音がする。
そっ、と覗いてみると、、、、
なんと彼女は自分の股間で飯を食べていた!
僕は驚いて、「うひゃぁ!!」
っと、叫んでしまった。

彼女はこちらを見て、「知ってしまったのね。」
僕は一目散に家から飛び出した。


2 :名無しのオプ:03/04/05 20:22
>>1
すげぇ面白い!がんがれ!

3 :名無しのオプ:03/04/05 20:48
>>1
天才!


4 :あぼーん:03/04/05 20:51
   ,.´ / Vヽヽ
    ! i iノノリ)) 〉
    i l l.´ヮ`ノリ <先生!こんなのがありました!
    l く/_只ヽ    
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
http://saitama.gasuki.com/mona/

5 :名無しのオプ:03/04/05 20:51
あれは。
あれは私だ。
私が樹の下に立っている。

6 :自作自演でした:03/04/05 21:05
感動しまつた

7 :名無しのオプ:03/04/05 21:48
−とある解決篇−

 殺人犯に手錠を掛けながら、刑事は憂いに満ちた表情で尋ねた。
「密室トリックもアリバイも兇器も見破った。しかし動機は何だったんだ?」
「読者ならぬ身のあなたには、未来永劫わかりますまい」
 王者のように泰然自若として、殺人犯は嘲り笑う。
 憎悪も利害も嗜虐も信念も狂気もなく、淡々と殺した彼は。

「金目当ての犯行。自分自身は実行犯にすぎない。」
 そう答えたところで、誰も信じやしないだろう。
 奪われるような富などなく、計画犯の影さえ見えない。
 だが、彼の言葉は紛れもない真実だった。

 「犯人」の肩書きと共に生を享けたから、作者に貢ぐため殺した。
 それが唯一の動機。もっともらしい理由など要らない。
 精緻なトリックが暴かれ己が名指しされたのも、すべては予定と計算のうち。

 ……と、彼は信じて疑わなかった。

 事件の終幕・あるいは自らの死刑と共に時が止まり物語が終わるという甘い幻想は、
幾年にも及ぶ懲役の日々によってずたずたに切り裂かれた。
 夢は死に、無残な抜け殻だけが残った。

8 :1:03/04/05 21:53
       ____
       |      |         / ̄ ̄ ̄ ̄\
       | (´・ω・ (    )  <  自分ファイト!
       | (   (    )    \____/
        ̄ ̄ ̄ ̄U U

9 :名無しのオプ:03/04/05 23:35
1=8
必死だなw

10 :名無しのオプ:03/04/05 23:50
悪くは無いスレだ

11 :1の作品をけなすスレ:03/04/06 00:18
-糸冬 了-
↓ココから

12 :名無しのオプ:03/04/06 00:19
1がんがれ。続きよろ。

13 :名無しのオプ:03/04/06 00:28
季節の変わり目にはこの手のスレが必ず立つな

14 :名無しのオプ :03/04/06 00:31
僕らのルールをまるで無視しているとしか言いようがないな

空気読めよ>1

部外者は来るなYO

15 :名無しのオプ:03/04/06 00:34
1をいぢめるな!

16 :名無しのオプ:03/04/08 12:52
このトリックを見破ってください。

昔昔あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おばあさんが川に洗濯にいくと大きな桃が流れてきました。
桃を切ると中から男の子が出てきました。

童話ってミステリー!

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)