5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【多作家】カーター・ブラウン【エロ作家】

1 :名無しのオプ:03/06/06 22:32
メイヴィス・セドリッツものの未訳7作出してくれ〜

2 :名無しのオプ:03/06/06 22:39
このスレはエロいな

3 :書斎魔神:03/06/06 22:42
ポケミス絶版のため、HM文庫で「死体置き場は花ざかり」(アル・ウィ―ラーもの)
「女探偵に乾杯!」(メイヴィス・セドリッツもの)の2冊を読んだのみ。
ふざけ過ぎの感もあるが、読んでる時だけは楽しいからOKという類の作品だと思うよ。


4 :名無しのオプ:03/06/06 22:53
魔神帰還sage

5 :B37 ◆WslPJpzlnU :03/06/07 21:53
「乾杯!女探偵」と「女ボーディガード」の2作セドリッツものは読んだな。
頭が弱いけどセクシーで一生懸命なセドリッツはけっこうかわいいね。

しかしエロ作家というほどのもんでもないと思うけど。
赤川次郎をもうちょっとエッチにした感じだと思う。

6 :密室雀:03/06/07 22:17
エロっつーよりオヤジギャグだよな。でも好き(笑)

7 ::03/06/08 00:19
いやでもあのSMは結構エロかった…


8 :名無しのオプ:03/06/08 00:43
土曜ワイド劇場の「混浴露天風呂連続殺人」シリーズは、
もともとカーター・ブラウンの原作で「ピンクハンター」というシリーズ名
(おっと、うまいねぇ……と言っていいんだか悪いんだか)で、

 1979年5月19日に「ピンクハンター 日本に一人しかいない刑事」(原作『変死体』)
 1980年11月22日に「ピンクハンターII 殺人ゆき新婚旅行」(原作『ストリッパー』) 

が作られた。だから古谷一行扮する左近太郎警部は、アル・ウィーラー警部だったというわけ。

9 :名無しのオプ:03/06/08 20:03
あげとく

10 :名無しのオプ:03/06/08 20:26
>>8
何でそのまま続けてくれなかったんだ。
使える原作なんて、いくらでもあるだろうに。

11 ::03/06/13 19:46
フィックリングのハニー・ウェストも復刊してほしいにゃ。
未訳も2作あるし・・・。

12 :名無しのオプ:03/06/14 00:47
「今日もカーター、明日もブラウン」って言われてたな。
小林信彦『地獄の読書録』を読むと、本当にそうだからすごいもんだ。
一番沢山訳された年は、多分赤川次郎よりも沢山本が出てたのでは。


13 :名無しのオプ:03/06/14 01:03
>>10

日本の脚本家と日本の役者を使って、ああいう全編おふざけに満ちた、
しゃれたセリフの応酬といったドラマを作ろうとすると、2本ぐらいで
もう限界がきて、同じことの繰り返しになってしまう――ということらしい。

で、第2話だったかに登場した混浴露天風呂のシーンが受けたので、
一気にそっちへシフトしたとか。結局、強いのは「旅情」と「スケベ」
なんだね。成田アキラの漫画みたいだが。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)