5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読後すごくいやな気分になったミステリ

1 :名無しさん:2000/02/26(土) 23:43
を教えてくださいませ。

401 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 09:56
黒い仏

402 :犯人7氏:2001/07/04(水) 10:09
397だけど、昨日より読もうと思ったのに、
会社に忘れて、軽く悶絶。まあ寝不足が続いてしまうからなー。

403 : :2001/07/04(水) 21:48
1.ジャック・ケッチャム「隣の家の少女」 14票
2.法月輪太郎「頼子のために」 高見広春「バトルロワイヤル」 6票
4.東野圭吾「白夜行」 5票
5.東野圭吾の「秘密」 我孫子武丸「殺戮に至る病」 4票
7.トリーヌ・アルレー「わらの女」 宮部みゆき「夢にも思わない」
倉知淳「星降り荘の殺人」 貫井徳朗『慟哭』 レンデル「ロウフィールド館の惨劇」
小野「屍鬼」 綾辻行人「殺人鬼」 宮部みゆき「火車」 スコット・スミス「シンプル・プラン」
天童荒太「永遠の仔」 3票

404 :犯人7氏:2001/07/05(木) 17:18
読んだー。ケッチャムの話って読んでると、体強張ってくるね。
後味は悪いけど、面白かった。凄い作家だなー。

405 :馬鹿!ミュスターベルヒ:2001/07/05(木) 19:54
島田先生の「異邦の騎士」。先生の筆力だけに、
ダマされ方のあと味がチョーいやだったんですけど。
高木彬光先生の某作品と同じトリックなのに、そっち
はさわやかだったんですが。

406 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 20:36
風太郎の玄い女神

407 :景子:2001/07/06(金) 01:17
小池真理子「恋」
嫌な気分とは少し違うけれど、解説の通りだと思います。

阿刀田高「怪談」
ストーリーがゆっくり進んだ分だけ、終わり方に悩まされました。
主人公のその後が気になって…。

408 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 03:54
>406
なにそれ? 「黒衣の聖母」のこと?

409 :名無しのオプ:2001/07/30(月) 00:59
貴志祐介の小説。
まっ、読後すごくいやな気分になれなきゃホラーじゃないとは思うけどさ。

410 :名無しのオブ:2001/08/08(水) 17:17
マジックミラー。
有栖川作品の中ではすごく好きなんだけど、あれはかなり沈んだ。

411 :名無しのオブ:2001/08/09(木) 07:43
一週間近く奴のこと考えてて欝状態だったよ…

412 :名無しのオプ:2001/08/10(金) 02:12
>>410
そうかな?
私はさわかな読後感とまではもちろん言わないまでも、
主人公もある意味、本望だろうと、すっきりしたけど。

413 :名無しのオプ:2001/08/10(金) 03:50
「百鬼夜行・陰」(京極夏彦)
陰陰滅滅鬱鬱。特に川赤子と鬼一口には参った。けどヤミツキ。

414 :名無しのオプ:2001/08/10(金) 06:45
「憑流」明野照葉
なんでこんな本読んじゃったんだ!ハゲしく後悔。

415 :410&411:2001/08/10(金) 20:04
確かに嫌な気分とは少し違うかも…。
ただねー、やりきれないんだよなあ。
最後の方の主人公の独り言とか。
儚い感じが…。

416 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 21:44
西澤氏の「彼女が死んだ夜」と、「仔羊たちの聖夜」
すごく後味が悪かった。
嫌だ。面白いのに・・・なんでだろう・・・。

417 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 23:57
「隣の家の少女」ただ今読了。
 鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱になりそう・・・・・。空しいよ〜ひでえよ〜〜〜

418 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 00:48
赤川次郎「招かれた女」読んだんだけど後味とても悪く感じたのは自分だけ??
あの続編「裁かれた女」はどうなの??

419 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 01:11
宮部みゆき「クロスファイア」
最後の数十ページがなければ良かったとマジで思った

420 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 03:20
最近、後味の悪いミステリって多いよな、と思っていたので、過去ログ読んで
いちいちうなずいてた。

>>53-54
>>59
>>68
激同意。『秘密』は物語の性質上しかたがないとしても、『白夜行』、もう
少し読者にカタルシスをくれー。
あと、『回廊亭の殺人』も、何だか悲しくなってしまった。
(好きな作品もあるんだけどね、東野圭吾。)
若竹七海の『ヴィラ・マグノリアの殺人』は、コージーだといっていたが
やはり真相が明らかになると…ちょっと…違うよね……。

>>252
『Mr.クィン』は、読みたくないところは読み飛ばしてしまった。ははは。
最近、よく読み飛ばします。

>>343
読んでいて嫌な気分になるのはもちろん、ユメ落ちのようで何だかなー。
井上夢人は、どうにも説明のつけられない魅力的な謎を提示してくれるのは
良いのだが、現実的に解決するのではなく、SFやファンタジーの手法で解決
するようになってきていないか?(EQで連載していた「クリスマスの4人」も
そう。)うまく言えないけれど…。

宮部みゆき作品は、もう免疫がついた。友人が『模倣犯』読後、「この嫌な気分
を他の誰かにも味わわせたい」と貸してくれたのだが、感情移入を抑えたり
途中読み飛ばしたりして「おはなし」を楽しみことに徹し、何とか平穏無事に
読み終わった。はあ。でもやっぱり、読んでいる最中は少しつらかったな。

では、読後感の良いミステリ…ってなにかあるかなー? と考えたんですが、
クイーンの「国名シリーズ」なんか、どうでしょう。
けっこう脳天気じゃん。

421 :420:2001/08/19(日) 03:23
読後感が良いっていうのも語弊があるか。
まあ、悪くないってことで。>クイーンの「国名シリーズ」
長文失礼。

422 :名無しのオプ :2001/08/19(日) 04:42
3ヶ月ぶりにミステリー板に来て、いやな気分になった

423 :名無しのオプ:2001/08/23(木) 16:38
京極夏彦の姑獲鳥の夏

以下ネタバレなので未読の人は注意
ミステリー小説だと思っていたので真剣に人物失踪のトリックを考えていたら
彼は失踪してません。彼を見ている人の全員が全員、見た事を脳内あぽーん
していただけです、というオチにはちょっと切れた

単に自分が清流院や京極のメタミステリー系が合わないだけなのだろうけどな

424 :名無しのオプ:2001/08/23(木) 19:54
浦賀和宏の「安藤シリーズ」

425 :にゃんこさん:01/08/28 21:29 ID:tjRK/a42
「夏の滴」桐生祐狩
潤ちゃんがいじめられるシーンがナチュラルすぎて恐い。
あと、赤黒い液体ちゅーのが読んだあともねっとりと体にまとわりつく感じ。
9歳の男の子となんて‥
とドギマギしてしまった自分に鬱

426 :る・パ〜ン ◆LUPIN/wc :01/08/28 21:57 ID:IipUIWIc
「白夜行」は、あの無常感がたまらなく良いんだけどな。
余韻もなんも無くスパッと終わっちゃうのがさ。
藤子不二雄の「ある日…」程じゃないけど。

427 :名無しのオプ:01/09/17 22:56
 うーん・・・。
 以前のスレにもあったけど、ケッチャムの「隣の家の少女」が
ダントツの一位だと思うぞ。ミステリじゃないが。
 気持ち悪さ、後味悪さの桁が違う。3つくらい。

428 :隣の家の少女:01/09/19 00:38
読むべきか、読まざるべきか。

429 :名無しのオプ:01/10/01 20:48
もう出てますが、
歌野晶午の「正月十一日、鏡殺し」
これが1番辛かった。可哀想でないちゃったもん。

>189
「幻の女」は私が小学校の頃(30年ほど前)、昼メロで映像化されています。
当時、私はワクワクしながらみてました。
昔は、結構、海外翻訳物の昼メロ多かったんですよ、
「焼けたトタン屋根の上の猫」も面白かったな〜

430 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

431 :名無しのオプ:01/10/01 21:51
島田荘司の「眩暈」。
読み終わってチョとたってから、一人正体の分からない奴がいたことに気付いて煩悶。

432 : :01/10/01 22:12
SINKER
この本を読んだことが、俺の人生の汚点。

433 :名無しのオプ:01/10/01 22:15
>431
あれはそもそも起こるべきはずだった犯罪がまったく成り立たない

434 :名無しのオプ:01/10/01 23:34
瀬名の「Brain Valley」
子供の殺され方がねぇ・・、あそこまでしなくてもいいじゃんって思う

435 :名無しのオプ:01/10/01 23:35
流水大説

436 :名無しのオプ:01/10/02 00:07
>>403さんが書いてくれたランキングの中の本の、
お値段とページ数が分かる人いますか?
「隣の家の少女」を一度読んでみたいのですが、「永遠の仔」の様な
厚さ・値段の高さは『勘弁して!』なので。
それに、学校指定で「ハリー・ポッターを読め!」と言われているので、
いくら後味悪くても、ハリーで口直出来ると思って。

私がイヤだと思ったのは「眼球奇憚」と言う本。何だか知らんがキモイ。
高校の図書館にあって、「面白いから」と勧められて読んだのが間違い。
眼球が、纏わり付いて来そうな感じがした。

437 :名無しのオプ:01/10/02 00:13
船戸、全部。
ミステリーじゃないか。

438 :名無しのオプ:01/10/02 01:18
新保の「奇跡の人」
始めは美しい話だと思ってたのに、どんどん主人公の造形が
崩れていって、待てゴルァ! と叫びたくなった。サイアク。

439 :438:01/10/02 01:26
新保じゃなくて真保だった。スマソ。

440 :名無しのオプ:01/10/02 01:27
「隣の家の少女」扶桑社の文庫です。500円ぐらいじゃないかな。

既出かも知れないけど、同じ扶桑社文庫の
「シンプル・プラン」と「マザーズ・ボーイ」も、
「隣の〜」ほどじゃないけど、イイ感じに後味悪くてお薦め。

441 :名無しのオプ:01/10/02 01:27
>>438さんと同じく。
主人公があの性格じゃなかったら、まだ読めた。
途中からイライラして、ドラマ化のときも見なかったんだけど
半年前に見たら、山崎まさよしかっこよかった。でも原作は駄目。
ついでに言うとドラマもまさよし好きじゃなかったらツライ。

442 :debi:01/10/02 02:55
>>436
「隣の家の少女」686円扶桑社ミステリー。この作品はそんなに
後味悪くなかったな。東野圭吾の「放課後」の方が嫌だったな、ラ
ストでね。

443 :名無しのオプ :01/10/02 04:41
「隣の家の少女」ブクオフで100円で買ったけど読んでない。

すれ違いだが、家には100円で買った未読の本が大量にある。
ああ、衝動買いした後いやな気分になる。

444 :名無しのオプ:01/10/02 19:46
「古本街の殺人」紀田順一郎
〜本の街神田神保町でビルの所有者でもある古書店主が不可解な死をとげた。
稀覯本を巡るマニアックな収集家の凶行か、地上げ問題にからむ犯行か?〜

イギリス物のような上質ミステリを期待して読んでしまった俺がバカだった。
オタクがオタクのことをわかりにくく、つまらなく書いた本。
ミステリにさえなってなかった。

445 :436:01/10/03 12:41
皆様、ありがとうございますー!
「ひょっとして・・・」と思い図書館に行ったら、ありました!ごめんなさい。
その「隣の家の少女」を探している最中、消防車・救急車・パトカー・ヘリの音
が聞こえて来て、いつまでも止まないので「何だろう?」と思っていたら、
名古屋高速の事故でした。軽傷で済んでいるけど、何か・・・コワイぞ!

446 :446:01/10/04 11:27
桐野夏生「柔らかな頬」
これ以外だと、読者に解釈をゆだねるような作品。

447 ::01/10/05 14:03
沙藤なんとかの「D-ブリッジ・テープ」
テープというから某作品の呪いのテープをイメージしたが全然違った。
なんか生理的に不快感を感じ、読後厭な疲れを感じた。

448 :436:01/10/05 14:53
「隣の家の少女」読み途中。
・・・あんな最低人間が出てくる小説、初めて見た。
100P行く前に、嫌な気分満心中。

449 :名無しさん:01/10/06 17:16
小説現代(月刊宝石か)で西村京太郎が今月号で連載完了した、
会津若松がらみの小説。

だってさ、キーになる女性が
何故悪議員に協力したか動機すらあかされていないんだよ。(怒)

450 :名無しのオプ:01/10/07 11:15
今邑彩『七人の中にいる』
ヒロインが最後の最後まで自己中で超ムカツク。お前が犯人に恨まれてるのは当たり前
だっつーの!!

451 :名無しのオプ:01/10/07 11:50
乾くるみ Jの神話
本当にコモワルー
マジで気分悪くなるつーの
もー訳わかんない!

452 :名無しのオプ:01/10/09 00:09
今邑彩の著作は3、4冊しか読んでいないが、読後感がよかったものなんて
なかったぞ
>450

453 :ぷいぷい:01/10/09 09:26
西辻綾人の「殺人鬼」シリーズ・・・
読んでで吐きそうになりました。
ご飯前には絶対に読まないように・・・・・
しかも絶対こんなことありえへんで〜〜〜〜・・・(-_-メ)

454 :名無しのオプ:01/10/09 11:24
>>453
その作者名はボケたのか?

455 :名無しのオプ:01/10/10 00:03
「隣の家の少女」ここで紹介されてたから読んだよ。

スマソ……勃っちまった。
後味の悪さもキツいが、勃った自分がイヤすぎる。

回線切って首吊って死にてぇよ……

456 :名無しのオプ:01/10/10 00:28
近藤史恵センセの『ねむりねずみ』…諸悪の根源が反省もせんとのうのうと

457 :名無しのオプ:01/10/10 22:23
既出ですが、私も宮部みゆきの「クロスファイア」
最後が救いようが無い。あれさえ無ければ・・・。

458 :名無しのオプ:01/10/11 23:44
宮部みゆきって、後味悪いのとほのぼので終わるのと、両極端だよなあ。

459 :名無しのオプ:01/10/12 04:43
作者忘れたけど、蠅の王。
消防の時、十五少年漂流記のノリで読んだらかなり鬱になった。
おかげでなーーーんか今になっても忘れられない本の一つ。

確かに、読後嫌な気分ではあるけど、
人間として投げ出しちゃいかんよなと思うものと、
心から壁に投げつけて良いものってあるよねー。

460 :名無しのオプ:01/10/12 06:24
東野圭吾『放課後』

461 :名無しさん:01/10/14 17:21
>>449です。 よーやくその小説の題名思い出した。
 十津川警部 帰郷・会津若松
(月刊の小説現代連載ページ480P〜最終ページまで)

>>459 あれは、十五少年漂流記のブラックパロディーだよ。
でも、読後感については同意。

462 :名無しのオプ:01/10/14 21:02
ガイシュツだと思うけど、東野圭吾の『悪意』
あー、胸糞悪いったらありゃしない!

463 :名無しのオプ:01/10/16 22:36
噂の「隣の家の少女」、読んでみました
……ママン!!怖いよ!助けてー!!

464 :459:01/10/20 02:00
>461
そうだったんですか。
あの15少年たちも一歩間違えたら蠅か、、

465 :名無しのオプ:01/10/23 01:36
>445
「隣の家の少女」気になって読み始めたが断念。
気にいらーん!

466 :名無しのオブ:01/10/23 17:55
隣の家の少女
どれだけ凄いのかと思ったらてんで拍子抜けだった。
確かに酷いとは思うがこれぐらい腐るほどあるじゃん。(虐待の描写に限らず)
スーザンがその後引き取られた先でどうなったのかだけが気になる。

467 :名無しのオプ:01/10/23 19:16
あれ…俺「悪意」は何となく犯人の動機に共感しちゃったんだけど…

468 :名無しのオプ:01/10/23 20:02
「悪意」はそんなに悪くないと思う。

469 :名無しのオプ:01/10/23 21:27
>>462
褒めてるのだとしたらそのとおり。

470 :名無しのオプ:01/10/24 01:53
>438
「奇跡の人」あの主人公は、かなり嫌です。
友人が「捨てたい」と言うほど後味が悪かったです。
「ホワイトアウト」はあんなに面白かったのに・・・。
「隣の家の少女」を今日から読み始めました。
まだ大丈夫です。

471 :名無しのオプ:01/10/24 13:14
奇跡の人ってドラマでやってたよね(山崎まさよし出てた)
あっちはかなり希望のある終わり方だったと思うが。
(原作読んでないんだ・・・・)

472 :名無しのオプ:01/10/25 00:55
ガイシュツだが「シンプル・プラン」
吐きそうになる。

473 :名無しのオプ:01/10/25 00:57
「隣の家の少女」は訳し方が嫌いだ…。

474 :名無しのオプ:01/11/13 21:32
保全age

475 :名無しのオプ:01/11/13 21:43
小説のシンプルプランは終盤はもうグダグダのドロドロだね。
映画は小説に比べると比較的まとまってるしラストも割合感動できるので良かったけど

476 :名無しのオプ :01/11/14 21:11
「隣の家の少女」を本日読了。
ここで読後感が悪いというのを見て、かなり覚悟して読み始めたので、それほど
鬱にはならなかった。
それに(メール欄)で、ほんの僅かな救いはあったし。

これまで読んだ本の中で読後感が悪かったのは
安部公房の「獣たちは故郷を目指す」
かな。
最後が、「え!?ここで終わるんかい!?」て感じで・・・。
その後主人公たちはどうなったのか問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
私は単純な性格なもんで、できれば物語には白黒はっきり決着をつけてほしいのよ・・・。
その辺は個人の好みだろうけどさ〜・・・。

477 :名無しのオプ:01/12/13 20:24
ストーンシティ。
  後味悪すぎ。

478 :名無しのオプ:01/12/13 21:42
ヴァン・ダイン「カナリア殺人事件」
犯人がニヒリストというより屑野郎にしか見えんのにヴァンスが賛美するような
ことを言う。ペダントリーは気にならんがこれでヴァンスが嫌いになった。

479 :名無しのオプ:01/12/19 09:45
『すべてはEになる』

480 :名無しのオプ:01/12/25 15:32
あげ

481 :名無しのオプ:01/12/25 15:39
「トリック狂殺人事件」吉村達也
あまりの酷さに読後破り捨てた。

482 :名無しのオプ:01/12/25 17:14
小池真理子の短編で、題名は忘れたけどそれぞれの連れ合いが亡くなったら将来結婚しよう、と誓い合った二人がいざそのときが来て、おたがいそのことを実行しようとするのに、ある人物の気分で、
決して悪意は無いのだが、果たされなくなってしまう、という話。
もう、かわいそうでどうしようもなかった。
どなたか、読んだことありませんか?

483 :名無しのオプ:02/01/05 19:08
綾辻の殺人鬼かな・・・綾辻がこの辺書くと思ってなかったから何の心構え無しに読んでショックだったよ

484 : 7:02/01/05 20:21
綾辻の「殺人鬼」を読んで本気で吐きかけた。
でも、懲りずに『2』も読んだ。
『3』もでるのかな?買わないけど。

485 :   :02/01/05 20:23
あげ

486 :名無しのオプ:02/01/13 17:41
原寮「私が殺した少女」
どうしてこれが直木賞???
作者の自己陶酔っぷりがイタかった。
読後に「投げ捨てろ!」のモナーAAが浮かんだYO。
ゴミの日に出したけどさー。
 

487 :名無しのオプ:02/01/13 19:23
新津きよみ「愛読者」

理不尽なラストに腹が立った。あ、「壁に投げつけた」スレ向きか。

488 :スレ違いsage:02/01/14 00:10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |   つまらない本は
       ____.____    |   まとめて
     |        |        |   |    投げ捨てろ
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |
                        |  \\\
                                       >>486はこのことかな?

489 :名無しのオプ:02/01/19 21:47
島田荘司の「ロシア軍艦」
(メール欄)の描写で吐き気がした

490 :名無しのオプ:02/01/19 21:57
井上夢人「おかしな二人」
徳さん…ううう

491 :名無しのオプ:02/01/19 22:15
「読後いやな気分になったミステリ」と、
「つまらなさに腹が立ったミステリ」を混同しているカキコが多いな・・・

492 :名無しのオプ:02/01/20 20:47
>>491
どちらも当てはまる作品もあったりして・・・

493 :名無しのオプ:02/01/26 16:12
綾辻行人 「殺人鬼」
通学途中の電車の中で読んでいたら、吐き気をもよおし
途中下車せざるをえなくなった。
あと、一駅だったのに…

494 :名無しのオプ:02/01/26 16:20
読後、じゃないなそれは>493

495 :名無しのオプ:02/01/26 17:37
バリー・シーゲル「潔白」誰が犯人なのかいまいちわからない。
こんな曖昧な終わらせ方するなー!


496 :名無しのオプ:02/01/26 18:32
清水義則(だっけ?)の「催眠術師」(かな?)
「精神を病んでいる人の手紙」の文章を読んで、気持ち悪くなって、吐いて、
熱が出た。もともと風邪気味だっただけ?

497 :シスター・ジョン:02/01/27 14:02
ジョン・ソール「殉教者聖ペテロの会」
後味悪すぎ。気持ち悪いし。

498 :名無しのオプ:02/01/27 15:20
黒い仏*殊能 将之

…ミステリにそれはないだろう、それは。
と読んだ後突っ込んでしまった…。

499 :名無しのオプ:02/01/27 16:27
「殉教者聖ペテロの会」に一票。





500 :被服従民族を見せしめに獣姦:02/02/09 10:58
島田御大の「ハリウッド〜」、まだ読んでる最中ですが、序盤のメール欄で
すでに気分悪いです。このまま読み進めて大丈夫だろうか、不安。

189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)