5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もっと詩をくれ

1 :爆誕:01/09/24 23:12
ため息、
めん土臭いけれども詩をかきます

ぽえっとかきます

2 :爆誕@いってみよー:01/09/24 23:29

 「健気な癖」

今朝去りし なにもかも
お前は起きるなりすぐ気付く

枕元の思い出も
背中の羽根もなにもかも
しょうがなく
平らに歩くが ぎこちなく
平静を装い座るが ぎこちなく
そのうちに
他人の呼吸さえ真似はじめ
鬱をずらずらと引き連れて
更に失い 今朝へと還る

けれどもと
放り投げるなら そのままさ

3 :爆誕@言ってみよー!:01/09/24 23:54

 「歩けや歩け」

好きな娘と 一緒に歩いた 車から
自動車が 歩けと言うから 仕方なく

夜の風 僕らを舐める 夜のゲル
夜10時 競歩さ進め 笑いあう

好きな娘は トラブル大好き でもぼくは
ならし運転 終えたとこ

そんなこんなで 僕の部屋
初めて来るよね 僕の部屋

4 :爆誕@いってみよー!!:01/09/25 00:18

 「蛆式スタンプ」

音楽を鳴らした途端に秋の気配は消えるから、
禁断症状掻きむしってでも
静かに虫の声聴いていてやるんだ、

じっと座る、知らず知らずにこの部屋の中心に命中

気温の変化、この身の寒さ
絨毯を撫でるな!客観さが吐きつける
電話が鳴るのが愛おしい
電話が鳴る、それだけでさえも、愛おしい、、

5 :爆誕:01/09/25 00:20
ワオ! サゲワスレ !

6 :爆誕@テレホン終リョ!:01/09/25 01:03

 「生きがいなく咲け!」

伏せ目がちな母が生んでしまった伏せ目がちな助動
みなが群がり
みなが蔑み
論駁されずも
痕跡を残し
哲学的パトスとやらを以ってしても
黄昏の極致博打の様に
今吐く吐気
明日に吸う吸気
もしもそれだけが居座ったとしても お前は咲けるから
ただそれだけの生であっても 咲けるようにと心から

7 :爆誕@パステルズ:01/09/25 01:56

 「虚無と充実」

無防備な砦 駅のホームで思い出す

たかがしれた憂鬱なんて笑い飛ばすことが
虚無へと生まれついたプライドさ、

そこはかとなく実験
繰り返される実験の罠が仰ぎ見る
歴史からみるアンチテエゾエ

産まれてきたからには観なければ!
その鬱蒼と根拠なく覆い茂る自信を、
または正反対への感じたはずの陰惨さを、

最悪独りで死んではいける
あながち寂しいことでも無く、、

8 :名前はいらない:01/09/25 05:31
ふ〜む・・なにがしかの「倦怠の漂泊」というものでしょうか??
めんどくさい とのトップのコメントに忠実構築されていますね。
生きるという しがらみをともなう現実を意識的に斜視して書かれ
た詩文といった印象です。

>最悪独りで死んでいける
>あながち寂しいことでも無く、、

うーむ・・なるほど!!

9 :爆誕@呑んでても鬱:01/09/27 02:32

 「パンツを脱ぐ順番」

いらないんだよ、、 並ばないでくれ

素晴らしい!と 平凡な動物達が息を殺して待つ瞬間に

何かが違うと感じた俺は観たんだよ 跳躍をただ果てしなく駆使してさ、

その世俗普通に汚らしい

茶色い髪の根元からどっぷりと

頼むから 暴れるのだけは マニアの処でやってくれ、、

10 :爆誕@ん?>8:01/09/27 02:58

 「24時間の自棄糞」

24時間のやけくそは 一体どこから生まれるのでしょうか?
哀しい世界は別にしてでも 一体どこから来るのでしょうか?
誰かがきっと教えてくれると 15歳から待ってたけれど
答えを見過ごしすぎすぎたのでしょうか?
自分が今だに開放感や充実を
絵空事だと想うのに
なんの肥やしがあったでしょうか、、
丈の合わないこんな世を
誰が斜めに観れたでしょうか、、、

11 :爆誕@ギャロ:01/09/27 03:27

 「チアガールを呼び集めよ!」

群がるんでしょ? まぁ解るし、
黄昏たいんでしょ? まぁしんどいしねぇ?
じっとしていられる? この起きれば好きな色以外見ない眠りでも

あなたにも恋人がもし居たとして
その救いは
朝の日差しにすら勝てるかい?

数珠繋ぎ お前も おめーも 数珠繋ぎ

良くなれと祈るお前も同情に帰すならば
コンテでもってその顔を今すぐにでも 変えてあげようか?
ずらりとオハヨウを繰り返す
そんな誰かが
今鼾をかいて眠るよ、、

応援してくれるんだよ、 生活の臭いを送りつけ、
3人の これでもかとほど
素晴らしく、

12 :1:01/09/27 03:39
その画像ならココ
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

13 :爆誕@迷路好き?:01/09/27 03:53

 「遺書が有るんだ!」

なんじ は 我 よりも 老いた 文化的短足
眠いって そんなに 大事な事なら
早く 寝ないと 台無しになるんじゃない??
苛立たしく叫ぶ事ほど 瞬間の芸術(死語) なんて
思ったお前は 本当に

14 :みみう:01/09/27 04:02
ルギアかよ!おめーわ。(ミムラ

15 :爆誕@るぎあってなんぞ?:01/09/28 01:40

 「無花樹」

行ってしまった焚き木の主の
残す流れ過剰なる白煙の
真正面されど足重く
滅却の罰の如しに立派な根からの
窒息の狭間で唸り茂らせよ
この罰にすら快楽を感ぜよ
かく生命は否定さるるも
地の中の捨てられた中で実を付けよ

16 :爆誕@我無才痛感!:01/09/28 02:39

 「ロックnロール」

価値もない領土に縋り付く言葉が
放たれたとたんに光を放った

そこからは見える
そこに行けたなら見えてしまう

からっぽを産んだからっぽ
その張本人が輝きを無視出来なくなる

17 :爆誕@なんもねーやね:01/09/29 02:04

 「    」

寂しいとき 心が楽になる
心が楽になると 頭が鬱になる
鬱を保てる気力も果てて
すっ飛ばし 体が躁になる

シメチジン ドーパ ハルシオン
アンピシリン サルファ ジギタリス

干からびた 明日を想うと目が腫れて
腫れた目で 見つけた幸福を幸福とし
見当違いの幸福で 素敵だ素敵だ繰り返す

ノルアドレナリン シナプス インパルス
イミプラミン テトラミド
メランコリー...

18 :爆誕@ゲリィ:01/09/30 00:16

 「決断を迫る錠剤」

だいぶ前に飲んだ宿便の薬がききすぎでさ
全然!そこらの下剤の比じゃないって、
”過度の便意をもたらす場合もあります”
もっと大きい字で書いときゃいいのに、、

南米オオヒキガエルから取れた
LSDと同成分の毒をカプセルに詰めて
飲んだわいいが激しく腹下り
膝は常に階段を降りるよう
猫がそこらに寝転んでるはで、つまり早退したって話

肉にめり込む 撃つ錠剤なんてのはどうだろう?

19 :爆誕@ゴッドスピード:01/09/30 01:11

 「ゴム焼き」

やだなあ
じっくり煮込む料理は退屈
沈黙でういてしまったあの席
好きな音楽は続々急死
猫の毛だらけの季節が来るし
日中の眠気と自暴と性欲減退
余ったたくさんのゴム
沈黙の二人は苦悩
毛抜きは苦痛
眉毛ボーボー
糞の苦悩

20 :爆誕@やりたて。:01/10/01 03:00

 「小錦しゃん」

林檎の花をみんなは観たことアール?
今日のジュースの名前はプルシュガーキャット!
ちゃんとメモできたかな〜〜?

21 :爆誕@いってみよー:01/10/01 03:48

 「ポラストビリティー」

ガムを噛むひと
噛む人種
噛む職種
すべてだいきらい
奴らはきっとその体臭や
その醜さをかき消す為にガムを噛む

冗談で消すつもりなら最初から歯を抜いてしまえよ、、

パパが噛む ママが噛む
その横面を殴りつける程には
俺は禁ガムまだ出来てないけれども
昨日読んだ本に書いてあった
すんなりと噛めば噛むほどにって、

全身にその歯垢検査の病院で明日陽性の声を聴くんだ、、

22 :名前はいらない:01/10/01 04:13
ちょっとクラとしたがそんだけ。
まー続けてくれ

23 :私は16歳:01/10/01 19:21
「僕の友達」

おとといから泊めてあげてる男の子♪
僕が目を覚ますと彼はいない♪
本能的にトイレに向かう♪
ドアを開けたままフンバッてる♪
ビックリしたのもつかのま♪
彼は流さず手も洗わず♪
親が怒るのも無理はない♪
「出ていきなさい」と叫ぶ母さん♪
彼はそのまま出て行った♪
ちょっと僕も一安心♪
だけど次の日学校で♪
なぜかみんなが僕を見る♪
なぜだろうと思っていたら♪
僕の机にウンコがあった♪
僕はある意味そいつを尊敬した♪

24 :小虫@はじめまして:01/10/01 22:47
「はじめまして」

電話 無になる
魚  ムニエル
私  アラニス
貴方 ダニエル

こんにちは、こんにちは
はじめてこのスレ訪れました
私も詠っていいですか

さようなら、さようなら
ふたたびこのスレ訪れたいです
私も詠ってみたいです

レスきぼーん

25 :爆誕@ケータイスイボツ....:01/10/02 01:35

 「電気椅子の類似品」

錆びているんだから捨ててもいいんじゃないの?
は?
赤い花で飾られた黒い檻の中でさえ
充分に颯爽と窒息は微睡んでいられるんだけれども?
で、
捨てるって、人が人を捨てるって、
何処に訴えればいいんだろうか、、
なんとなくにでも 思い出のゴミ箱に?

ゴミ箱が満タンです 消去しますか?
ゴミ箱が満タンです 消去しますか?

愛は情のままに
情は愛のままに
それとなくおはようと言うのです

26 :爆誕@オナ禁4日目!:01/10/02 02:34

 「すぐ近くに墜ちてくれ」


抱きしめたい!
その日に話した誰でもを
性欲な妄想に仕立て上げて生きている
現実ならばまだいいが
声や字や妄想やらや跡にさえ
じっと我慢を押しつける
嗚呼、それでも娘にだけは
やがてできるだろう娘にだけは
なにもない、ただ抱きしめたいで居られるだろうか?
そんな見失った時にこそ
カミナリは警告を寄せてくれるだろうか?

27 :爆誕@詩人の末路は哀れと聴くぜ?:01/10/02 02:57

 「まいすいーと君の腰つき、テイストだなー、、」

弾も出ないのに振りかざし
結局は媚びているんだろおな
一日に何食食べているんだかも解らない
そんな適当さが移り住んだらよぉ、、
マウスツーマウスでご臨終じゃんかよ、、
宿主に一瞬にでも縋り付いたなら
退屈な主でも怪訝にでも薔薇のスープを頂こうぜ?
忘れそうなら 途切れそうなら 指でもってもう一度触れてみることだ、
無機質でもなんでもいいけど
よい時間が来るぜ?
どうよ?

28 :名前はいらない:01/10/02 06:39
オマエの マイペースってやつ、他に取り合わず ひとり弧高を
行くって感じ、オマエには悪いが オレは好きだ!やってくれー!

29 :名前はいらない:01/10/02 06:41
もっと詩を・・あげなーい(w

30 :爆誕@孤高?蛆虫さ、、:01/10/03 02:07

 「詩編69」

明るく照らせ
明るく照らせよ!
まるで太陽は役たたず
笑顔に戻せよ!
満面の笑みで残酷な
ニューロードウェイは笑いもしない
そう、、ニューロードウェイは笑いもしない、、

31 :爆誕@白い偽善者:01/10/03 02:30

 「雄を食う雄」

カマキリやスズムシでさえ誰でもが
雌が雄を食らうのに
俺は雄でも食らうので
生物臭いと殴られる
昨日の秋刀魚は雄だか雌だか、
物凄い睡魔の中でも考える
俺は雄だか 雌だか、
おい!駄文よ!
お前は雄だか雌だか、、
何も書けなくなった夜中に
本当に解らなくなる、
明日は休みだ。

32 :爆誕@俺の前世はハトらしい、、:01/10/03 21:02

 「精神は獅子を必要とす」

廃れた街の古本屋のその奥に
物語を全て積め込んだような
一人の初老が座っていたんだ
コクリコクリと微睡みながら
また一つ退屈だろう物語りを
必死に脳裏に刻みつけている
通りには人影もなく
刻みつけるその音だけが垂れ込める
昼過ぎに毎日のようにそこを通るのに
何処へいったのだろう
その音は久しく息を潜めている
今必要なのは勇敢さだ
それはあなたでさえもくれていた
獅子よあなたは何処へいったのだ


33 :爆誕@詩ではないかもしれないが、、:01/10/03 22:28

 「干からびている」

対岸に住むバッジ売りのヨハンは
特攻服のコレクターでした
お気に入りの特攻服を着て
黄色いバッジをたくさんそれに付け
ボート小屋の前に座っていることが彼の仕事です
薄汚れた指先には蟻が群がりますし
地面に歩くコビトを空想するまぶたはうっすらと鬱血し
ブヨが群がります
バッジはひとつも売れたことがありませんから
水道からは水も出ず彼は夕暮れまでにはもうこのまま
動けなくなるだろうと世界にサヨナラを言う
その言葉を無心にまばたきもせずに考えていました
バッジでなくともなにかもっと人々の生活に必要なものでも
売れるはずなどありませんでした
なぜなら村はこの川の向こうにありましたから
いつごろからか彼はそこに小屋を建て
毎日のように日差しの強くなる頃から
そこでそんな商売を始めるのでした
人々はそれを知ってはいましたが
彼は伝染病の保菌者であるのだとか
軍からの逃亡者であるからかかわれば捕らえられるのだとか
そういったような噂がささやかれていましたから
誰も彼に近寄ろうとはしませんでした
彼自身もいつからそこにいるのかのその境界が定かではありませんでしたが、、
虫の声が間近で鳴き
ありとあらゆる草の影から
無数のコビト達が走り寄ってくるのが彼には見えました
その時もう夕暮れがきていて体は動かなくなっていることに
彼は気がつきました
もう眠ろうと彼は目を閉じました
地面で眠ることなど誇り高い彼にははじめてのことでした
自動的に朝が来る、
そんなことが今の彼にはなにかひどく愛おしく
かけがいのないことに思われました
バッジはすっかり錆びはててしまっていて
ほんとうになにもなくなってしまったことに気づいた彼は
それでももう哀しい顔は見せませんでした
最後に森に消えていくコビトがつけた黄色いバッジが見えたような気がして
ほんのすこしだけ微笑んだままで彼は眠りました*、

34 :爆誕:01/10/03 22:40
ナンダカサイゴノモジバケでダイナシ チェ!

35 :爆誕@ポエトな君が好きだった、、:01/10/03 23:38

 「ゆうなぎ」

とおろお
とおろおってなに?
通り抜けのあそこをさ
鬱蒼と茂ったアンテナのハリガネをさ
殺人ロックみたいに巨大なきみのはなうたで
切り裂いたら?もういいって?
バーカ!
でも昔のいつもどおりみたいにしてもう抜けてるから
いつも後ろから追ってくるオバケの恐怖は遠のいててさ
実験!
蚊にやられっぱなしの爪痕の十字いっぱいのきみの足と
いつも嫉妬爆発のきみより奇麗なぼくの足とで
追いかける、逆に追ってくるもの達を永遠!
遊んでられてる、確かに、た〜しかに!!ふんふん、大人子供って?!
急いで帰ろう晩ご飯に遅れちゃう!
先に付いたほうに叱られちゃうぞ!!*

36 :爆誕@またもやモジバケ:01/10/03 23:43
ミミカキエディットのバカや炉〜〜、、、、、、

37 :コス:01/10/04 02:56
「ドリフト」

ドリフトだってさ、ぷっ、笑っちゃうよね
そんな君の横顔が〜まぶしくて〜殴りたくなるのさ〜
ははは、うふふ、ははは、うふふ
ははは、うふふ、ははは、いぇーーーーーーい!
おーれーはー
きーみーとー
明日ーかーらー
心中!心中!心中ごっこだ!!ヘイ!
乾杯!さよなら!

38 :爆誕@俺の前世はハトらしい、、:01/10/05 02:40

 「ベビークラウド」

その山のその輪郭に添うように
ベビークラウドは生まれてきたんだ
仲間もないそんな青空にぷかぷかと
弱く切なく流れてきたんだ
太陽隠せず
雨も降らせず
積乱雲に憧れて
変えるほどの形も持たずに
風にまかせて流れてきたんだ
眼下の紅葉生い茂り
果てなく緑生い茂り
自分にも色が欲しいとじわりとなって、、
地上からはそれを見て
安らぎに満たされた生き物達が
空へと繋がる感覚を白い彼へと抱きはじめているのに、
そしてその時
ベビークラウドのため息が
またもう一つの彼を生んだんだ

39 :爆誕@そう、俺はハトだよ、、:01/10/05 03:22

 「背世界者」

腐ったらアホ 焦ったらバカ
信じたら吉 考えもせず今日
負債を抱えた饒舌が
毒無きウランを吐き出せば
アケビのなかで貯えられた
反則ぎりぎりの肯定が
音をたてパカリと破れる
なにもない
やはり なにもない、、

40 :鳩@そーだよ俺はハトなんだ、、:01/10/06 01:44

 「暗がりで見つけちまった」

当たり前の機器達が
今日はやたらと僕に爪を立て
リモコン反復押す僕に
壊れてますよ? と蔑む目
どうしたんだろう、世に音楽は必要で
せめてもの、ズサンなポエトは無用だと?
もうすぐ最期のラスイチが無くなる
もうすぐ最後の一杯が無くなる
もうすでにこの最期の星の土に同化して
昨日からずっと頭が割れるよう、、

41 :鳩@モイスチャー成分配合:01/10/07 01:53

 「unheilder.. 」

中毒性の有る
独りを殺してしまえる
呑めばのむほどに
そいつは居場所を失い
あたふたとリュックからロープを取り出し
必死でぶらさがるのが観えるようだ
 おい、ばかずら助けろよ
 おいらの居ないおめーなんてよ
 吐き出すだけのあのころだぜ?
 はっずかすぃーあのころだぜ?
その声を聴いた途端に
決まって慌てたように眠りにつく
つぎの朝あかい顔をして
何故酒など呑んだのだろうかと
頻りに掻き消し
独りに縋るようなあくびを垂れる

42 :鳩@全部枠に入ってたよね:01/10/08 02:11

 「握力の有る女は」

今テレビで走り回っている報道部が見える
確認したやら
複数の光やら、、
バカだいとりょがガキの遊(   )を
罰するとか言っている、、
それでも今一番求めることは
ビデオに盗ったワンピスペシャルを観ることだったりするんだよ
日本代表やらワンピにすらすでに負けている戦
また言ったな?
自由自由と屈せぬバカが
落ち着けショッピングモールなバカ、
死んだ奴のことなんて忘れて
Sな女に退屈を委ねなよ

43 :鳩@五円玉の穴:01/10/08 02:59

 「ビートに寄せるなんてなだせ言葉」

ドロドロに自制心はトロケテしまったから
なんて言い訳で
いつも僕は誰かを抱きしめる
ドロドロな奴を見つけては
見つけしだい僕は抱きしめる
光が一瞬当たっただけの
俯き加減の含羞み、、、
そうやってジャンプを繰り返し
久しく肉体をおじゃんする
徹底的テーマ!
愛はロックを越えられるのか?
まぁ越えてるつもりだよ? な?
自無頓着な10憶が
寂しく明日も怪訝さも持たずに眠りにつく世、、
とにかく暗いものが好きですっ!
そんな自分は実は明るかったりするならシネよ
大丈夫 俺さ もうすぐ 時間を取得られそうだから
そうなったら
いつでもこんな
手刀根絶で動けなく
一挙一動がそのまま欲に繋がりたいような
そんな羽根を振り続けるから

44 :鳩@ハゲシク鬱:01/10/09 00:21

 「一日が終わるよ」  

天気予報がもたらした大きすぎる雲のくもりにダルさもすっかり麻痺してしまった
画鋲がなんど刺さったか知れない可哀想な足も
結局なおしておげれなかった首かざりに不機嫌だったあなたも
今日のボクにはとても優しい
工場帰りのおじさん達の表情には競争も駆け引きもなく
どこかで必ず駄目になってしまうはずの未来は消えうせてしまっていた
小石を思い切り放り投げる
いつでも

45 :鳩@ハゲシク鬱:01/10/09 01:13

 「一日が終わるよ」  

天気予報がもたらした大きすぎる雲のくもりにダルさもすっかり麻痺してしまった
画鋲がなんど刺さったか知れない可哀想な足も
結局なおしておげれなかった首かざりに不機嫌だったあなたも
今日のボクにはとても優しい
工場帰りのおじさん達の表情には競争も駆け引きもなく
どこかで必ず駄目になってしまうはずの未来は消えうせてしまっていた
小石を思い切り放り投げる
いつでも

46 :鳩@鬱:01/10/09 01:25

 「生存軽震」

ずっと毎日を邪魔している四角に居ます
でもこれがなかったら自我も便意もなくなりそうです
暗闇に生えたモヤシがさらに小さい四角に
足元にあります

47 :鳩@じだんだ:01/10/09 01:38

 「今さcd聴いて雑誌開けたら二つのポエトが飛び込んできたんだ
  こういう普通な空気のポエトてさどやったらできんだろうな?」

 TOMOVSKY (大木知之) 氏の

 ”僕は僕といる”

くだらない僕のギャグを一緒に聞いてた
素晴らしい彼女を一緒に見てた
僕の良さも悪さも全部知ってる
死ぬまで
僕は僕といる


 ヤマジカズヒデ 氏の

 ”公園”

歩き回る
二人は離れて座る
僕は夜の猫に気を取られ
君は揺れながら僕を忘れる

独りでいすぎたときは
いつも僕が見つけてあげる

48 :鳩@黙殺ってのもいいもんだ:01/10/10 02:11

 「屠殺を仕事でヤッテいます」

信じられないかもしれないが
音も立てずに
部屋の隅から蛙は
扇状に毎晩君を見守っています。
「チャコっていいます、
 首から型式を垂れてます!」
そうなるといったいゆっくりとどうなるんだろうな?
リッター1キロの戦車に乗って
短距離型の逃亡ハカル、、
どこへいこうか?
あー でも明日もたぶん
ある幸せに突然
宣告、しなきゃいけないからさ、、
せめて頭により少ない
少なくなれるもしもって言って、、
今すぐ
試したいな、、

49 :鳩@泥酔なん、、:01/10/10 02:57

 「キッチンスイミングアナザービヘイビア」

麦茶だとおもって飲んだ
中身が暴れる
関西のりの笑い

桃栗三ねん
俺六十年
明日で彼女は19才

月食を待っても
日食を待っても
ずっと微妙なあしらいを受け
中途半端な会話で死亡

でもさこれだけは言っとくなぁ、、
決して
羨ましがってないから、、

50 :鳩@ビーチボーイズ:01/10/11 03:37

 「むちゃ消えナインですけど、、」

むっちゃおもろい
むっちゃ弱すぎ
怖いね他人の血だなんて
どうして?生理の血なんだよ?
めくりめくるめき
銀河万丈
でも悲惨にも
青のシグナルは
点滅を寄せてくれるから
デリばりの尊さを
電車のなかで考えていたんだ
そしていま立ち竦み
そしていま消えていく
それでもジインズが邪魔をする
バスドラムが放課後を打ち鳴らす
ハイハットがかろうじて、、

51 :ハト:01/10/12 02:42

 「ウルトラセクス」

指を咥えて待っていたのに
どうも二人は似合わないような気分になっていた

冷めた心を突くように
肌を這う君の指からイテツク波動を感じていた

どうしてだろうね?君がいう
昇華しないこんな全てがかと問えば
ろくでもない昼間話を聞かされる

それではと
最後なのだ我を忘れ
奇形不具なる戯れで
少し無茶をしてやった

52 :ダライアス:01/10/12 03:00
嘘つきは、嫌いなのさ・・・単にそれだけ・・・・・

53 :ダライアス:01/10/12 03:04
お前の謙遜と・・・・・
お前の嘘と・・・・・
お前の計り知れない頭脳と・・・・
お前の博愛に満ちた精神・・・・・
女版尾崎豊なのか?
我混沌に混沌を重ねる・・・・・

54 :ダライアス:01/10/12 03:10
昇華・・・・・・変化・・・・・・変化を聞いた所で多寡が知れている。
俺を見ないで自分を見てないから、こうやってポエム版を漁りまくるんだろう?

55 :ダライアス:01/10/12 03:20
>>54
見ないで→見て

56 :名前はいらない:01/10/12 03:24
「川口まどかさんの誌です」

たとえるなら君は音のシグナル
そして僕はただの歩行者

暗闇にとつぜん赤のシグナル音

君はいま
死を目撃した

そして
それとほとんど同時に
青のシグナル音

悲しくてやさしい
青のシグナル音

だけどシグナルに
歩行者はみえていない

それは
歩行者がいなくても
点滅しつづける

孤独なシグナルと
にている…

57 :名前はいらない:01/10/12 03:25
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/9445/f002.swf
みて。

58 :ダライアス:01/10/12 03:32
>>56
シグナルを見ているお前・・・・・それこそが矛盾・・・・
じゃあ誰もが見てみぬフリをしているというのか・・・・・

59 :m自:01/10/12 03:58
>>53
いくらなんでも尾崎豊は可哀想だろ (w

60 :ヘラクレス:01/10/12 04:07
>>59
そんな事もいいけどの〜これ解いてくんね〜かなぁ♪
1から100迄の数字が有ったんだよな。それと1000から10000
の数字っつーのも有るんだよ。これらの数字を足して、それを等を場合分
けすると幾つになるかわかるか?

61 :ディオニソス:01/10/12 12:22
>>60
名前欄にfushianasanといれてみ。

62 :ハト@アプラクサス:01/10/13 02:46

 「窓に手をあてて」

窓に手をあてて
列車と共に僕が走りだしますと
農耕婦の戯れや
いらない窓のオフイスの影やらが
僕に同化して今も離れませぬ

ならばどうして
さらばどうして
一刻の投げ上げたライタが還した輝きに類た
窓のフィルタをとおして観た
世間希なるあなたらの奮闘を
どんより曇った空をとおして
力も寄せぬ夕日をとおして
強酸性の2次元をさえとおしましても
すでに観ましたカロリの消費にしか想えませぬ

ですが
窓に手をあてて
列車と共に僕が走りだしますと
やはり畑は肥やされているのが観えますし
労働が僕を落ちこませるのが観えますし

これ居づくまる
氷がカランと鳴るような
かくて冬はまたきたりぬな、、

63 :ザナック@ダラ:01/10/14 02:50

 「あとがき」

願わくば 歴史に残るだろう あの夜やその夜を
毎日の様に 繰り返しては 眠りたいのに
こうも徹底し 明日を見たくもない 夜ばかりがなぜこうも、、

メトロを乗りついで
この部屋の この闇と出会う
毎夜 明日になり そして 毎夜
時は歩く、、

今僕はあの夜の君を思い続ける
六本目の指が産まれた時から欠けている
この痛みは 産まれながらに 備わっていた 伴侶なのか、、

生命は何かを憶えるために生き ささやかに用意された死を迎える
生命は何かを伝えるために産まれ
そして永遠への
そして無力への、、

何処かで聴いた歌を君に聴かせる為にだけ僕は生きている
確かに指はいつでも震えている
毎日たくさん震えている、、

しかもどうだろう
この部屋さえも震えている、、
たとえ空が晴れていても
それは快晴とは呼べないから
抱き締めも出来ないままでいる、、

64 :fushianasan:01/10/14 03:00
?

65 :fushianasan:01/10/14 03:01
やっぱり世のなかばかなのか・・・・・・・・

66 :ハト@?:01/10/14 03:16

 「バk.to.メリヘン」

ちょっとだけあなたを好きになりました
哀しみばかりじゃあ脳が無いから
愛する気持ちも大切にしたい
それは添い寝したあの時の誰かに
肯定されまして ココロ友達に成れました
電話で言われたんだ
その (h) が 余分だよって、、

67 :名前はいらない:01/10/14 23:57
山から灰 灰から灰 ハイカラHIGH.

68 :名前はいらない:01/10/15 00:34
バス停でしゃがみこむ
ちょうどバケツが置いてあったので吐こうとしたら
雨水の底にミニカーいっぱい沈んでた
チキショーなんて洒落たバス停なんだ

69 :させほ@そうだ、本名でいこー!:01/10/15 01:20

 「凍る点」

君はいつでもあのコールテンのズボンをはいていた
そのソバカスが染みついたようなコールテンのズボンはボクも好きだよ、
ぶはっ?..  コーデュロイって言うんだよ?
アー! また恥ずかしい、、

早く死んだあらやっぱり早く生まれ変われんのかな?

知るかっ!おめーが生まれ変われる訳ねーよ!

ガ〜ン!

汚いし...

ガガ〜〜〜ン!!

見るな! もう誰もオレを見るな!

70 :ハト:01/10/16 00:26

「この煙はただ垂直に天ではなく天井をただ目指すのか」

惰性で息を繰り返しては
惰性で煙草を焼き殺す
それは焦りにさえ似ている

無性に息を殺しては
無性に私を深く吸い込んでしまう
それは帰り道に似ている

何処で憶えたのか
蹴飛ばすような歩き方
何処で憶えたのか
笑顔でちっとも楽しくない昼間
それは人間と似ている




ここに一本の煙草が在ります
火をつければ 煙がでることだけは確か

71 :波止場:01/10/17 01:56

 「レインフォース」

静まりかえる
あなたが鉄を打つからだ
水たまりを踏む足
あなたは舞い上がり
そのいくつかはソラへと還る
そしていつかまた私へと降りてくる
豪しいあなた
そぼ降るあなた
通るあなた
五月なあなた
結晶なあなた
今日私に触れたあなたはきっと
久しく再会したあなた
あなたがいると誰もが自分をみつめてしまうよ
So nise..
今日も至る所であなたが優しい

72 :波止場:01/10/17 16:05
君は一人が好きだってだけで
学校にもいけなくなってしまった
やがて優しい時間が横たわる場所に着くまでは
夜の歌に守ってもらっていればいい、、

ひとりが好きな人は
ふたりが好きな人は
正しくありたいということの無意識のなかの素直さです
自分を”すごい!”とおもうことは
生きていこうとする綺麗さ純粋さのすべてを込めた攻撃です
ぼくは部屋のなかに居てこうしていつも音楽を聴いています

73 :波止場 ◆ZNnw4kZI :01/10/18 04:03

 「マーキームーン」

夜道を歩く
タールやら
アルコールやらに
押しつけられて
夜道を歩く
24時間営業の
その店まではあと何分?
話し相手がいないから
斜めに消えかけたおまえを捕まえて
日陰どうしが蔑みあう
太陽にはなれないことを知っている二人の戯れ
おまえは相当に無言だねって月に言われた
おまえだって、と二人の戯れ、、

74 :波止場 ◆ZNnw4kZI :01/10/20 01:57

 「ピンクオレンジ」

良い色いっぱい
定期入れのエナメルに反射

真実をだきしめたいとかいうな! と
このオレが言い放つんだ

呼吸が見つからない
セルロイドの化粧をした
おまえが見つからない、、

75 :波止場:01/10/21 02:55

「CAT WAS DIE」

おまえが死んでしまったあの頃からかな
おれが音響にハマりだしたのは
おまえはひどく優しいやつで
おれが大音量で聴いたエレやらダブやらアコやらさえ
一緒に聴いてくれていたものな
おれの好きな一人の休日ってやつに、、

時々窓から眺めてた
日向のなかで昼間中
目を瞑り
太陽の方角をただ眺めていたおまえ

どうしたんだろう
ここ二三日の
失敗の多い昼間がおまえを羨ましがっている、、

一緒に連れて行ってくれてたなら
こんな今を見ないで済んでた
いんちきだらけのサービス精神も
おまえが居たなら見ないで済んでた
おまえは雄で僕の友達だったよね、、

変に鳴り響く音が
おまえを思い出させて
夢中でおまえの写真を探したんだ

76 :波止場:01/10/22 02:55

 「連想昆虫とバカラック」

マウスポイントに
クモがついてくる
グルグル回すと クモ
グルグル回る

シャクトリ蛾って知ってる?
べつに気持ち悪くなかったよ
葉っぱみたいだったよ
尺取り虫の卵
見たことある?
茶色のボタンみたい
だったよ

77 :波止場:01/10/24 01:38

 「トリプシェン」

生きるのみに生まれて、無心に生きていられる子
髪の毛をも切らない、それは少しの死であるらしい

飼い慣らされ野生を忘れた猫の爪が伸びる
飼い慣らされ野生を忘れた栗鼠の歯が伸びる
ほら、ごらん?
飼い慣らされ野生を忘れた何億達の刹那褐色が伸びに伸び

生きるのみに生まれて、無心に生きていられる子
有りのままを生きてはみるが
未だ髪は戒めを迫る

78 :波止場:01/10/24 03:28

 「よろしくみなさん」

詩を
書くが
詩は
中也なみの
ポップさを
求める、、

歩こうか
晴れや夢でも
溢れてるよ
晴れや夢でも
だんだんと私は死んでしまうの、、
そうだね、

でもな、残したい
もの
何も無い今、とやらを、、

79 :名前はいらない:01/10/24 04:04
好きです
ずっと前から
なんて 
お邪魔しました。。

80 :名前はいらない:01/10/24 15:38
ノリ のわるい奴はキライだ。

81 :テルケルの鳩 ◆5R67mTDc :01/10/26 02:03

 「CYCLE」

異常なし
向上精神化工場のコムベア
あらゆる節をトランキライズ
くるぶしにグリスを
うつむき加減修正ソバト
夜勤工務が毎夜連撲
ブルウワクチンにシロを化合
回れ秘密工場
出荷されずも
決して下見ぬ量産品
異常なし
向上精神化工場のエピナル

82 :名前はいらない:01/10/26 02:16
  「 映画 」

深夜は エロい映画多い
まあ それがいいんだけどよ
たまに 名作があるんだよな
なんか最近 ゴールデンタイムの
映画って つまんないの多いな
これなら 深夜映画流せっての
アホかと 馬鹿かと
まあ 言いたいことは
タイタニックの 吹き替えは選べってこった

83 :ランボーを糞演技で殺したタイの主演は大嫌いてこった ◆ZNnw4kZI :01/10/26 02:27

 「退行過程」

魔法瓶の考案者でさえ
長くは生きられません
98年2月に死去
100年後には
今の誰もがほぼ後退
そして僕ら見ぬ雑踏

84 :テルケル ◆ZNnw4kZI :01/10/26 03:12

 「日のなかで」

諦めた日のなかで
キスをしなけあなりません

無理が祟る ですがそれでも
キスをしなけあなりません

青空に光 無く
夜空に 鳥は無く
切れた小指の血を舐める暇も無く、、

明日は?
在ります。
レスンとやらを
その日のなかで

霹靂の希望を
テンダアの叫びを
緩い緩い日を
モノの分子の幸福を
日のなかで
今こそ語らねばなりあせん

85 :テルケル ◆ZNnw4kZI :01/10/26 03:25

 「開閉」

ばたりとたん
ばたりとたんと
眠りがばたり
陽がとたんと
噎せ返る
ばたりとたんと
胸高く

86 :はと:01/10/27 00:50
>>82
あーそういう意味ね、、
ありがとう。深読みしすぎかもしれないけどさ、

87 :テルケルの鳩:01/10/27 02:36

 「イロハノヨルニ」

ハ行が フロウ

歯がゆさ 非情さ 浮浪さ 平凡さ 放漫さ

ヤ行が フロウ

野蛮さ 許し難さ 幼稚さ

そして ア行が フロウ

暖かさ 偉大さ 嬉しさ 偉さ 大きさ

しかし カ行が フロウ

悲しさ 汚さ 苦しさ 凶暴さ 孤独さ、、、

88 :テルケルの鳩:01/10/27 03:10

 「アイへ」

漆黒を焼き殺すことと
甘い火自体を寒がりにしてしまうことを
同時に吸い込むことこそが
欠伸なんだと
いまさら気づいた
深呼吸なんてやつも
同罪なんだろう
歪にでも吐き出さないと
今を抜け出せやしない
もう少し探している暇なんてない
俺は今絨毯の上でタイプ
所詮吸い込んでいるだけなのさ
コノママは決して誰も乗せられないまま
走るだけのあのトロッコ
勘違いしていた
大勢を乗せた機械に書かれた文字を
アイ とだけ読めばよかったんだ、、

89 :名前はいらない:01/10/27 03:46
カタカナ面白いですね>テルケル

90 :はと:01/10/28 02:13
>>8
そうだね、カタカナでごまかす僕は古いタイプの貧困デス

91 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/10/28 02:39

 「憶測の季節遠く」

ベランダ 踊り婦 萎れ狸
それら 記号の 世間体

どう説明しようか

融通の利く土地がありまして
そこに移り住む
生ぬるい空気が
そこに移り住んだとする
そして
なによりのボトムを探し出す
全閉の脳裏に移り住む
見下げるって言うはずだったマッドから
華が咲く
君のデパートの屋上で
華が咲く
駆け引きと数式の狭間で

緑の中で寝そべる夢を観る
続くはずがない
一瞬博愛の季節

もう
知っているよ、、

92 :ohatu:01/10/28 15:09
非常にメッセージ性の強い詩と感じましたが、
ハトさん意識として、それはあるんでしょうか。
ところでここに詩みたいなの書いていい?

−−−−−
「いみなし」

外の景色から台所のパスタの茹り具合まで
見渡せる部屋で 昨日の続きをしてみる
二人で出来なかったものを
一人でしてみる

何で気付かなかったんだろう
なんて独り言を言いながら
いくつも いくつも 空想を形作る
こんな簡単なことが
どうして出来なかったんだろう

パスタは小さな鍋の中で
回転できずにいる

昨日の二人は
地球が丸いことに気付かず
ぐるぐると回転していたのか


子供たちがあの事を
噂しているのが見える

一人ならこんなに簡単なのに
独り言は少し光って 地面に落ちる

             ペイジェ☆

93 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/10/29 22:01

 「悪意棲めぬは」

すとんきょうな効率の海
変化されよや犠牲とやらで
本来この星、人類は...
や、遂に本来言わしめたぞ
ならば言おう
稽古のように弱々しく吹く木枯らしの晴れ間に
石の下を探して早足な甲虫の五官に
持ちきれぬほどに白菜抱えた婦人の放屁に
厳かに降り始める気配で止んだ異物含まぬ一粒に
それらを驚かせぬようゆっくりと
夢  だと

94 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/10/29 22:10

 「カメラリハーサル」

メロンガスターとオレンジトランポリン
きっとはなれてテレビを観ている
メロンガスターとオレンジトランポリン
処女だけど残した膜は鼓膜だけ
メロンガスターとオレンジトランポリン
冷気はじけるテレビの笑いに
メロンガスターとオレンジトランポリン
ノックノック おや、お次は誰ですか?

95 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/10/29 23:52

 「ためいき」

辟易の息
泳ぐ

東の果てのスピードを見たか
嵐は足下の四角に収まるので私は退屈を小鳥の様にして
何処へでも行けてしまう

貴方の腕の中は
早すぎる胸であっても
大好きだったあの人には
つい、スロウを与えてしまうから、、

あなたをはやしたてた
僕や蓑やその嘘宇宙へ
謝りなさい


辟易の息
落下
当然の様に
非情

96 :名前はいらない:01/10/30 00:09
 『 僕等 』

僕はあなたをおもふたびに
1ばんぢかに永遠を感じる
僕があり あなたがある
自分はこれに尽きてゐる
僕のいのちと あなたのいのちとが
よれ合ひ もつれ合ひ とけ合ひ
混沌としたはじめにかへる
すべての差別見は僕等の間に価値を失ふ
僕等にとっては凡てが絶対だ
そこには世にいふ男女の戦がない
信仰と敬虔と恋愛と自由とがある
そして大変な力と権威とがある
人間の一端と多端との融合だ
僕は丁度自然を信じ切る心安さで
僕等のいのちを信じてゐる
そして世間といふものを蹂躙してゐる
頑固な俗情に打ち勝つてゐる
二人ははるかに其処をのり超えてゐる
僕は自分の痛さがあなたの痛さである事を感じる
僕は自分のこころよさがあなたのこころよさである事を感じる
自分を恃むやうにあなたをたのむ
自分が伸びてゆくのはあなたが育つてゆく事だとおもつてゐる
僕はいくら早足に歩いてもあなたを置き去りにする事はないと信じ 安心してゐる
僕が活力にみちてる様に
あなたは若々しさにかがやいてゐる
あなたは火だ
あなたは僕に古くなればなるほど新しさを感じさせる
僕にとつてあなたは新奇の無尽蔵だ
凡ての枝葉を取り去つた現実のかたまりだ
あなたの接吻は僕にうるほひを与へ
あなたの抱擁は僕に極甚の滋味を与へる
あなたの冷たい手足
あなたの重たく まろいからだ
あなたの燐光のやうな皮膚
その四肢胴体をつらぬく生きものの力
此等はみな僕の最良のいのちの糧となるものだ
あなたは僕をたのみ
あなたは僕に生きる
それがすべてあなた自身を生かす事だ
僕等はいのちを惜しむ
僕等は休む事をしない
僕等は高く どこまでも高く僕等を押し上げてゆかないではゐられない
伸びないでは
大きくなりきらないでは
深くなり通さないでは
一何といふ光だ 何といふ喜だ

97 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/10/30 00:32
>>96
なんだか貴方が時間を止めた
俺は感動したんだ、、
この世のずさんさ
甘い野イチゴ
そんな希望をこの3分でくれた、
融合迫るその小槌で
しっかりと昼間を
忘れないように、、
夢 だとか言ってしまわないように、、
そうだね
そうしようか、、
ありがとう。

98 :名前無し:01/10/30 01:14
また裏切られた。ちょっと傷ついたけど、以前よりもなれた。小さい時からなにもしてないのに兄貴に殴られて、
保育園児の時から自殺を真剣に考えた。今はそうでもないけど。
もういいって。家族が世界で一番信用できない。信用できないような家族にうんざりしてるし、
家族を信用してない自分にもうんざりしてるし、もうどうしようもねー・・・

99 :名前はいらない:01/10/30 01:20
>98
そういうな。君が家庭を築いた時に、その教訓を生かせよ!


100 ::01/10/30 01:40
今日もずっとあいそ笑いみたいな笑いをしていくのかなあ・・・
今日もずっと本当の自分じゃない嘘の自分で人に接していくのかなあ・・・
みんなごめん。俺本当はすごい自己中なんだ。みんなに嫌われたくないからって
嘘の自分作ってんだ。本当にごめん。

101 :名前はいらない:01/10/30 02:06
>>96
素晴らしいです
まずそう思えるあなたの心が素晴らしいです
とても良い詩です
とても良く響きました
そんな心でいたいです
ですから
あなたの詩をもらってかえります
今日の日記に貼り付けておきます

102 :Baby−A:01/10/30 05:39
コンビニで 午後ティー5本購入。
レモン味で、黄色くて。切ないね。
ああ でも店員の大学生と思しき男の子が
きちきちのSSの袋にそれ入れようとして わああ
無理無理。ってんで 様子見てるけど ああ
ゼッ対 ソレに入れきるつもりダア  マジリ−ムーだって
ところがその男の子 袋変えようとしない なんで なんで れれ?
首の表皮直接安全ピン刺して PUNKSのつもりなの?
ダメだよ たまには自分の意見を曲げて 譲歩してくれBOY
反体制かなんかしらないけど れれれ
セックス ピストルズだって一年半で活動おわってんだぜ BOY
もうダメだよ わたしの午後ティー 破裂しそうじゃん
まじリームーだって BOY

 

103 :Clossの弟子 ◆iqCTSZWs :01/10/31 03:19
http://isweb34.infoseek.co.jp/novel/arvel_se/
師匠のためにはりつけはりつけ。

104 :テルケルの鳩 ◆ZNnw4kZI :01/11/01 23:26

 「ミー・イズム」


君は祝いをやり損なった
綺麗な人であるが故に

君は夢をみた


彼方で猟銃はうち鳴らされるのを拒み
作為を持たない空白の時


やがて君は眠りに沈んだ


なんという一日が続いたろう
なんという夜がはびこり
なんという昼間が過ぎただろう


そこでは開けられたドアの軋みが
君を打ち落とした通りの日溜りが
咳き込む季節に届かぬ音域から
忘れ物の箱の様にただけなげに
鳴り響きさえもせず
待っていた


悪疫の時がやむのを

無闇な愛が
無闇な血が命が希望が永遠が
やがて止まってくれる時を


在るようにあれ
君の戒めよ
在るようにあれ
君の呼吸よ

流れ着け
君の記した
一通りの優しさよ

花を育てよ

僕は眠りに戻る

105 :はと:01/11/02 03:37

 「ストライキ」

酒を切らすとこいつは瞬きしなくなる
高熱に溶ける眠り喉の乾き
明日の朝は早く高熱のままに深紅だろう
決して休めぬシミュラークル稼業、、
眠りにつくにはなにかある種の指標が必要だろうか
毎晩なにか在る一定の基準が必要だろうか
それは技術やスキルに属すものだろうか
管理されぬは自然死だけか?
肉体から貰うことはあっても
肉体へ贈ることはないのか

106 :名前はいらない:01/11/02 04:23
>>96
高村光太郎の「知恵子詩」を想わせる。
>>105
良い。

107 : はと:01/11/04 02:24

 「メメントモリ」

冗談を言っているね
最悪
かっこの悪い詩を書いているね
最悪
眠らなきゃ、何において?
最悪!

108 :はと:01/11/04 23:01

 「もできて」

喜怒哀楽は
そのままきどあいらく
なんの意味もなくていい
カタカナ英語の範囲
そうね
なにもなく平和が居心地悪そに居座る
でね好きな娘が言う
なんの才能も無い、って
意中に反して僕はなにをしたんだ?
死んで生まれたどうし
なにしてんだかねぇ?

109 :はと:01/11/04 23:04

 「星降らず」

蛹に19でなってしまったら
引き返すことはおそらくできない
ドープにスラッグしたロープを手に
ひたすら漕ぐ
インデアンボートに横に乗るはずだったのに
君の喜ぶことしてあげたいはず、、
インチキさえ辞めてしまった十二指腸潰瘍が
独りで痛い痛いと吐き
なにげない殺伐とグルになって
格好の悪いモラルをそろりと投げつけてくる、、
そんな今日の夜中
ブラ マンバ ゾーマ

110 :はと:01/11/05 01:57

 「アムス」

記念にと
貴方はくれた
完全な思弁性だけが問題となっている管を
レッスン1
通りに飛び出し人や愛玩犬を殺してしまう。
レッスン2
バッテリイの電流、液に流す毒素。
レッスン3
置き去りの果て、全て捨てる。

バッツの一番利く部分
雄株のなんと弱いことよ、
スカンクとハワイゴールドと富良野草

自律神経破戒賞
なぜこうも薬
119
もしもし、無題の車で来てください、、

111 :hato ◆ZNnw4kZI :01/11/05 02:09

 「遂に」

聞きそびれてしまう若者の為に
壁を塗る
学名は解らないバッタの様にひれ伏すな
外へと漏れてしまわないように
首を振る
90度の角度がお遊びのよう、、
親を食う再曲線
でもそれは出来ないわ、、
より少ない主義
うずいている

112 :はと:01/11/05 02:18

 「郵便受けから、、」

鶏鳴が朝の許しを
排便が正午のゲイ達と
真上の日が帰巣本能とたかる蠅とを、、
その証拠に
ほら
ポキン、

でもかんがえてみりゃこのあなにはおれいがいだれもいないのさ...

113 : :01/11/05 11:43
一体何時からこんな状態なんだろう。
此処にいて良いのだろうか、
もっと先へ行かなければならないのではないか、
同じ場所を何度も、何度も通り過ぎる、
自らの掌を覗けば、苦しみの炎の中で、
藻掻き苦しむ自分がいる。
金色に光るその炎は、
他人から見れば鮮烈なのだろうか、
憧憬を与えるものなのだろうか、
否、それは只の、煙たいだけの、
取るに足らないものかもしれない、
それでも生命の炎を燃やし続ける人は、
何度も何度も同じ道を辿りながら、
迷い、逃げ、そして途方に暮れながら、
人生の終末まで突き進むのか、、

でも、、、
きっと、どんな人生を送ろうとも、
如何に道をはずそうとも、、
最後には彼が来てくれるはずだ。
無限に続く苦悶の果てに、
彼が手を広げて、、待っていてくれるはずだ。

114 :N/W:01/11/05 18:43
作りかけの鶏の煮物に
ふと切った指から赤い水が落ちた

それを拭っていたら
テレビの画面が切り替わった

何でものっぽなビルに
飛行機がつきささったとか……

一瞬 目を奪われたけど
直後には指の痛みで我にかえった

テレビの向こうよりも
今の自分に 必要なこと

煮物の火加減の調整と
切れた指にばんそうこうを張ること

115 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/06 02:28

 「中絶に対して」

この世に生まれてきた
喜びに一言
僕は無事生きています

116 :はと:01/11/06 02:36

 「明日の晴れ間に」

雨が降っている ただ落ちるように
皺が増える額 ただ落ちるように

夢が観たい ただ
そんな呪文をくれたなら
その人の 伴侶になってもいいとおもう

雨があがりたくないと
言っている

スプレーのりが
言い出せない接着を
待ちわびている、、

117 :名前はいらない:01/11/06 02:55
間違えた、まもなく私達は沈むのだ 冷え冷えとした闇の底に。
お別れだ、まぶしい光よ!私たちの夏は短すぎた!

118 :はと:01/11/06 03:14
>>117
なんだよそれ?知ってるよ、、ぼーぼれるでしょが、、
頼むから臭い息吐かないでよ、、

 「ビュイック24/30HP」

叫ぶ闇というのは存在したか
移動手段は逃げることとイコールか
銃殺刑の檻の中
エンジンをただ暖める、、
そのスポーツカーは
少しだけ加速が楽になる
葡萄酒の銘柄を百と八つ
その知識はターボの為にハッカする

水筒が氷を
風邪薬が眠りを
水中メガネが見る
魚たちは眠っている

ハードなハッカ加速する
猫は見送るしかない
照らされたソーラーシステム
ジェットの中のビュイック

119 :はと:01/11/06 03:34
ココて2chのポエム詩版ですよねぇ?
何処笑む買うの?
いったいここ、、
俺は毎日のように詩を書くが
その先 何があるっていうの?
何処へ向かうの?
ハートのポケット??
きっと全部嫌いな空達のハキダメ、、
でも あまりに うれしくて
行き着く先 なんて
考えたくないよ、、
俺のドライブがうねるのが
唯一ウルサいですね、、

120 :はと:01/11/07 01:50

 「

何を書いているのだ、、記憶の無い夜の(ぬいぐるみ)が憎い
何を書いてしまったのか、、昨夜の酒、馴染まぬ銘柄のせいにして済ましてしまう
指先からカタカタ響くは肝の萎縮していく音だろうか

髪型の流行を塊にして
トイレの鏡の前から動こうとしない
若者3人へと投げつけてみる
しかし3人は表情一つ変えはしない
行儀の良い私は結局白線の手前で電車を待つはめに
やがて流れる窓が停車
3人は隣のドアと更にもう一つ隣のドアとに別れて
熱心にやはり硝子を鏡の様にして
ドアが開くその一瞬が訪れるまでの一瞬の中で「大切」なことを育んでいるではないか!
敗北感 と書かれた瞳の前でドアがぴしゃりと閉じ
流れる窓の奥、立体的に立ち位置を決めた二人の表情と一人の後頭部が過ぎた
それらは久方見なかったマネキン人形であった
しかし今思い返すとそれも間違いだったようだ
その時、彼達の一人は確かに音楽を聴いていたのだ!

記憶がとぶことの原因は
毎晩のように
形を変えてしまう
さよなら
彼岸の曙光達よ、

121 : はと:01/11/07 01:59
↑ 題名記入忘れよ、、

「鶏頭の群」ってとこかな

122 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/07 03:24

 「至る所に私の死 夢見る私の死」

異性達喜ばせる為異性達生きている
違星達気づかぬままで異性達の儀式蔓延る
柔らかいと言う理由だけで異性愛していいものか
もうすこしかんがえよう
害のある事柄を羅列したならば
ただ異性という文字ばかりが息をのむ
ならば私はひとつの死であるのか

123 :七氏:01/11/07 07:34
私、オススメの、めぐまっくす嬢のサイト
http://www.d5.dion.ne.jp/~meg_0024
いろんな詩があります。

詩のように綴った日記もあります。
http://www.memorize.ne.jp/diary/25/99529/index.html

124 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/09 02:21

 「公園」

柵をつたう蟻の群が地上なら 小虫舞うこの視点の高度は空だ

空にある頭部と地上にあるかかととを結ぶもの それは何か

それは毛細管の原理だ あの向日葵さえも咲かせている

それら全ての振動が空気を揺らす 長靴の頃いつも眺めた音だ

125 :はと:01/11/11 01:05

 「チーコ」

漫画を読んでいたら
知らぬ間に脳裏に
文鳥が住みついてしまったことがある
カラカラと鳴る天井の隅
きっと幼い頃に飼っていたあいつだと思った
もう一度触れてみたかった
手を伸ばしたけれど
隔たる板が邪魔をするんだ
クチバシはまだ朱色のままか、
羽根は十分に水を弾いて軽いか、
放り出された漫画のページを
後になって探したけれど
中断された物語は遂に
僕に戻りはしなかった
今でも時々その天井の片隅を
ぼーっと眺めることがあるんだ、、

126 :はと:01/11/11 02:42

 「合い言葉はポエム」

足の裏を一度だけ舐めてみたことがある
それは空しいかな、焼けた額の塩辛さの中にあった
乳歯が抜け、新しく生えてくるもの、真っ白な、、
それは白黒の中に在り色は後から与えられるのだろう
朽木に成りきること
そこからは下や上やらの虹が見える
合い言葉はポエム、
残酷な奴らが暇を訳す

127 :はと:01/11/12 02:30

 「握りつぶしたBEER CAN」

今日もビクビクと怯えながら街を歩いた
俺は単なる一歩兵でしかなかった
地下室が欲しくてたまらない
近々シャベルを
何かをきっかけにして、、
大金が欲しい
欲しくて欲しくてたまらない、
街ごと全て買い占めてやるんだ
そしたらさ、独りで真ん中を歩ける、目を瞑ってでもね
アーケードのBGMだけが友達、、
それでもいいよ
他人の臭いを嗅ぎ続けるイヌのような日々よりはね、、
並列ではなく直列に、感情が生きていられる夢のような日々!
一人じゃ無理っぽいけど
そのうち素早く誰かがくれるさ、ってな豆球。
ま、それさえ消えかけてるけどね、、
子供って最高の物だよね
開放感があるもの

128 :ハト#:01/11/13 02:45

 「   」

混乱が僕を
混乱が僕を舐めまわす
今を焼き付け
今を無くしたい
僕は毎晩泥酔だ
症状はただただ重いらしい
予防 予防 躊躇い
グラウンドストック
晴れ間を今日も見た、、
無脊椎動物で雪合戦を
眺めて見ているそんな空気
今のすべて

129 :名前はいらない:01/11/13 03:05
花を喰え
言葉を呑みこみ
ただ花を喰え

腐蝕の進んだ安穏
とした時間を喰らえ
くだらない思想は数珠繋ぎにして
蟻にでも運ばせたらいい

珠のように転がる日々を掠め取り
気が済んだら また血なまぐさい遊びに耽ったらいい

不在だとか畢竟だとか
くらだない言葉は聞こえなくなる

130 :N/W:01/11/13 19:17
飢えた獣が吼えている
男はただただ蹲っている
この両者の間に
求められたものは一つ


運悪く風が向きを変えた
匂いに釣られるように足を回す獣
その目は明らかに男を見つけていた

その時にこの臆病者が考えていたことは何だったのか
過去の思い出
彼女との性交
友達の笑顔
さっき食べた夕飯
いや
初めて生きようと決心した男は
木の棒を握り締めていた

勝負は呆気なくついた
男の行方は誰も知らない

131 :名前はいらない:01/11/14 01:30
ある朝の夢

ただ生きた
一人で生きていた
老人は言う
若い命を残すことが幸せ
みんなの幸せ 親に孫を見せてあげなさい

一つの命は一つの喜び
一つの命は一つの希望
一つの命は一つの歴史

ヒィポコンディリーの叫び
一つの命は錆びた水と透明な綿が
愛でかき混ぜられ作られたタダのカタマリ
それを心と呼んだのは誰?
何を祝福しているの 現実がデカダンスを主張したというのに
強制と自由を自我で守れ
欲望は実現するもの 夢という言葉に置き換え
幸せだったといってごらん

中毒 中毒 あくまで現実中毒・・・「治療法はありません」
僕、パイロットになりたいんだ・・・「ボンジュール」  

聞こえるかい?
老人はイッタ             ハヤク殺シテクレ
          
                   ハヤク助ケテクレ

オレは心を見て笑ってカタマリが生きていた

なんてことだ

魂を隠したまま立体混沌流動球体に身を投げたら
飛んでいったのは何?

132 :みみう:01/11/14 01:51
たとえば
「           
   
 

     
   
     
     
  


     
      
          
    
                」

133 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/14 02:11

 「たとえば」

日々は去り行き私は寝ます
色恋刺し合い
どんどん寝ます
昨日がお休み
はい!
じっちゃんのばかおやすみおたんこなす、
ふーん、大長編ドラマ蛇内科

また明日。

134 :まな:01/11/14 02:16
散り逝くものの中に
永遠を見つけるだってさ
端から決まってたようなゲームに
わざわざ足を突っ込む
泥の眠り 赤いかよ?花びらは

なーい なーい ここにもなーい
ホントは折れ知ってんす
どこにも何にもないって

だけどやっぱり待ってたのは
それでもやっぱり待ってたのは
なんか生きちゃってるから

明日ってあるよねって
だらしなくも爪は伸びてゆくから

135 :七氏:01/11/14 05:02
>>123 再び
私、オススメの、めぐまっくす嬢のサイト
http://www.d5.dion.ne.jp/~meg_0024
いろんな詩があります。
是非、読んでみてください。

詩のように綴った日記もあります。
http://www.memorize.ne.jp/diary/25/99529/index.html

136 :アスファリン:01/11/14 20:10
できることなら
もうすべてわすれてきえさって
どこかへみたこともないそらのしたへきみのうたをききに
うそもまぼろしもこころのいたみもぎきょくですら
しんじられたあのころへきみのかおをみに
てがちぎれてもいいあしがなくなってもいいあたまがふっとんでもいい
もうなにもいらない

すぐにおいつくよ
きみをひとりになんかできないから

だけど きみは きみだけは きっと
からだすべてなくなっても
らくになることを ゆるさないんだね・・・

   ぼくはなんてこんなによわいんだろう
   きみのゆるしをきょぜつするくらい
   きみのかおがみれないくらい
   ごめんね。
   ごめんねごめんねごめんね
   よわくて ごめんね

137 :たねまき:01/11/14 20:26
この野郎!どいつもこいつも!中原中也と谷川俊太郎を読め!

138 :名前はいらない:01/11/14 20:29
>>137
早く卒業しろ。だからいつまでもその程度なんだ。

139 :名前はいらない:01/11/14 21:11
うんこお漏らしします。

飽きたらやめます。飽きなきゃやります。
ひとまず立てます。とにかく立てます。

オナニーみたいなウンコだけれど
なんかあるかもしれないので

ひとまず漏らします。
うんこを垂れ流します。

まさしくクソスレになるだろうけど
でもそんなクソだけが俺の過去を語ってくれる

うんこお漏らしします
うんこを漏らします    

140 :名有りさん:01/11/15 07:52
『ヴァズ』

ヴァズその名を知るものは数少ない

141 :名前はいらない:01/11/15 10:12
そんなこといつまでも一生やってろよ。


ヴァーカ。

142 :名前はいらない:01/11/15 17:37
ふーん

ふーん

ふーん

143 :名前はいらない:01/11/15 21:26
君はいい奴だった
少しばかり無謀だったけれど
そんな君が話し上手になって
ずっと続いてた平和な日々は終わった

小鳥は羽ばたいて見えなくなるし
けものは巣穴にもぐってしまう
そんなふうに話をする君がいて
僕は何も考えられなくなる

それだけの憂鬱な一日

何かが言いたいだけなんだろう
言いたい事は何もないくせに
何もないくせに

おまえに詩を書く資格はない
言いたい事のないやつには

つまり、詩を書きたくて書いてるだけ、
という言い訳

144 :名前はいらない:01/11/15 21:43
「無言電話」

天国に電話をかけたら
留守だった

なんだか不安になった

地獄にも電話をかけてみた
やっぱり留守だった

安心した

電話料金がかからなくて
よかった

145 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/17 00:45

 「辿々しく」

さらさらと流れた清流が
苔や垢やらや、その他の不純物混ざり
濁り、透明度の低い、メノウのゲルとなり押し潰す
中流の川瀬に 中州の輪郭
子供達が石を投げ合うも
私には届いてはくれない、、
川幅は広がり続けて
今ではもう小舟すら仮説をもくれない

アオコに染められた中流のゲルのメカニズムは
橋のたもとに佇み遮るプログラム

ある朝の豪雨に沈み
呼吸を諦めた私は
角の取れた丸い小石の群れとなり
さらに下流へと転がりゆくだろう

目新しい 塩分が 私を 夢中にさせ
漂白さるる 体を 想うたび
辿々しく投げられた石ころが落ちる音や波紋やを
更に不透明なゲルが
私の上を通り過ぎる唄声が
デマゴギーと成り得たと
透明な目覚めをくれる

146 :名前はいらない:01/11/17 02:19
私、ノラネコが 好き。
特に自由なトコロが。

私ね、昔、すごく大好きなネコがいたの。
でも、そのコは もうここには帰ってこないかもしれないの。
かといって、飼い猫におさまったんじゃ そのコの一番の良さが
なくなるような気がして…
でね、私、こう思う事にしたの。

会いたくなったら かえっておいで。

私は いつでも ここにいます。

って…

147 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/17 02:57

「右の分析」

永住権を剥奪された 小動物の様だ
憂鬱な僕ら、、

切ない気持ちはキーボードの闇の果て
憂鬱な僕らは そうさ、、

取るに足らないベルトの軋み
胸囲に悩む彼女や彼女の逆上がりの夢の果て

憂鬱な僕らはいつでも
生産過剰な 愛 を育てては
死の要求に 愛 を捧げる
憂鬱な僕らはいつでも、、、

恋をしたこと
憶えている?
生きる象徴
代用品ではない
恋を
散らかっていない心、、

148 : はと:01/11/17 03:11
>>146
隙のないやり取りをやめましょう。
僕は貴方が大好きなんでさ、、
こんなに即に反応してしまう僕なんてのも
野良猫たりえたいですが
何もかもが、哀しい方向へと
今は向かってしまうのです。
ココへ来た時から
じかにさわりたいと
貴方を
貴方の優しさを
二人で笑い合いたいと
そんな妄想が
やめろと 言います。

149 :アスファリン:01/11/17 15:26
[くらげ]

くらげがゆれる
ゆらゆらゆら、ゆらゆらゆら。
わたしもゆれる
いらいらいら、いらいらいら・・・

ふう、とひとつ、ためいきついて
わたしはあおい水槽の前をさる

くらげがゆれる
いらいらいら、いらいらいら・・・

150 :はと:01/11/18 00:35

 「透き通るヨル」

白い壁を塗る
緑の手の少女
止まって見えるほどに勢いを増す作業

フォーカス1.8
イソ1600
開きっぱなしのレンズが
エロティシズムな妄想を追う
超自我と抑圧の過程、

シアンの白
ネーブルな緑
スライドを焼き
部屋一面に映写する

壁に焼き付いた色を
思い出しているいいわけには
したくないんだ、、

151 :名前はいらない:01/11/18 00:52
あと半年、君と別れるまで

ぼくにはまだ運命を変える力は無い

だからお願いだ、せめて今この瞬間だけは

ぼくの腕に君の運命をゆだねてくれ

152 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/20 00:22

 「ロウ・コンソール」

バスタブの色 沈んだブルウ
オイルを切らしたコックが叫ぶ
君はテレビを 大騒ぎで
読みかけのしおりは夕刊に化けてた

車に火をつけ 沈んだブルウ
君が裸足に気がついた
部屋のロバから 紫を借りた
公園はペンキに塗られてた

日溜まりで 僕らは車をとめた
全面に禁欲の笑顔がならんだ
悪意めいた 支配から
少し時間を稼いだつもりで

僕らは 靴を買わなきゃねって話と
忘れた何枚かのレコードに気づいて
舌打ちをして 笑った
木陰に忘れた 沈んだモーテル

153 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/21 01:00

 「ゆとりの時間を味わおう。」

工事現場の人が使う耳栓をして音の死以後の路地を歩いてみよう。

整髪剤の染みこんだべとべとの枕に、お前汚ねーな、って虐めを寄せよう。

半年くらい前にベッドと壁との隙間に投げ捨てたゴムを探して、虹色の変色に時を見よう。

目糞と鼻糞と耳糞と歯糞の違いを、ソムリエ気取りでテイスティング繰り返そう。

そうこうするうち そうこうするうち そうこうするうち

ゆとりは勝手に時間を味わう

サルと一緒に釣り目で睨むぜ?

154 :名前はいらない:01/11/21 02:10
♪時のないホテル(1980)


夕べロビーのソファーで出会い
愛し合った紳士は
朝焼け前に姿を消した
東側のたばこ吸殻
電話の脇のメモはイスラエルの文字

さっきお昼のカフェで話し
廊下で見たレディは
かつらの色がガラリと違う
こっそり開く窓に仕込んだアンテナ
唇から発信機の音

彼等の写真は新聞を飾る
蜂の巣になり広場に死す


堅いニュースはすべて忘れて
ゴシップだけが残る
回転ドアを少し回せば
外の空気が流れ込むけど
慌てて止めに来るよ
制服着たボーイが

世界のあちこち
目には映らない
激しい河が渦巻いてる
ここは置き去りの時のないホテル
20世紀を楽しむ場所
髭を抜かれたお客はみんな
決してここを出てはいけない
決して出てはいけない出てはいけない
出ては…

155 :名前はいらない:01/11/21 02:18
http://www.toshiba-emi.co.jp/yuming/ra/09/02.ram

156 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/21 21:32

 「休日の過ごし方」

今日はろくすっぽ部屋からも出ないで
本をずっと読んでいたんだ
ベルセバはあんまり好きじゃないんだけども
やっぱりいまだにネオアコ引っぱり出してきて聴いたりしてるんで
どうしてもほっとけなかった。
近所の本屋はまるでダメなのでわざわざ電車に揺られてNalda saidを探しに行ったよ、
僕は本を読むのがほんとに自分でもじれったいくらいに遅いんだ、
集中力が多分だけれどもまるでないから、気がつくと目を滑らせているだけってことがよくあって、
そのたびにまた3ページ位戻って読み始めなきゃならなくなるんだ、、
でもこの本は違ったみたいなんだ、
読み始めてしばらくたった頃、喉が渇いたしタバコも吸いたくなったんだけれど
そんなどころじゃなかったから、読み終えるまでの六時間くらいの間に現実を思ったのは
鼻を一回かんだことと、ついでにルーパーのCDも買ってくるんだったってことくらいなんだ、
一瞬さ(酷くあせったね)、この一人称の主人公がさ
ただ溺愛しているライ麦畑のコールフィールドを越えたんじゃないかってね、、
そしたらラストさ、、猿の惑星どころの騒ぎじゃ収まんねーんだよな、
僕はその本を閉じ、無意識に部屋の壁へ叩きつけたんだよ、それもおもいっきり激しくさ、
涙はもちろん溢れていたけどすぐにはっとして、拾って、抱きしめ、しばらく眠ったんだよ、
そして僕はこう決めたんだ、一人の休日ってやつをこんなふうに月に二回は堪能しようってさ、
今はベルセバを聴きながら、空腹をちょっとだけ感じているんだ
ベースの音を追いながら、、
休日かくあるべき的な始まりと終わりを想いながら、
あとは今日眠るまでの間に糞みたいな詩を書くことを
なんとか我慢できるかどうかの問題だけなんだよね、、

157 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/23 02:24

 「迷信とコイン」

くたびれた春が教えてくれた
何もかもを闇へと沈めるてきぱきとした手順を

背が伸びることに夢中だった 弱い弱い猜疑心は
ひたすら夢中になれる物を探して
マイナスな旋律に飲み込まれてしまう
おきまりってやつかもね、、

黒い仕来りってのが 脳を這ったら
もう一歩も動けなくなる

賭が外れた裏返しのコイン
辺り一面裏返しのコイン

指で弾いてこいつが回っている間の時間だけが
引きずってきたほんの少しのお伽な優しさ

158 :桜島の桜咲く:01/11/23 07:31
菊が繁茂して美しく咲いている夢見た。これって21世紀の
日本の姿かも

159 :眠国眠:01/11/23 07:44
直へ、パソコンは自分で買う。自分の情けなさがわかったよ。
じゃ(^∀^)/

160 :快晴箱型ねこ:01/11/23 12:52
kaxtutekurerunara,
kaxtuteyo pc for christmas present to me i am so poor ,anatani
kuraberuto gomenn iyasikute

161 :快晴箱型ねこ:01/11/23 12:53
(TaT)/

162 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/25 03:26



君が選んでくれたシャツを着て出かけたら
君と歩いてた頃が目覚まし時計の様に鳴った
一緒に歩いた橋をもう一度渡ったら
君と歩いてた頃が笑いながら足下を浚った

世界中が僕抜きで回り続けてる
君が行ってしまったあの日の またね、が
唯一の僕が生きた中の約束で
君の選んでくれたシャツは今では
日差し抜きの朝の憂鬱

時間は残酷
君の顔をも時々思い出せないくらいに
君の面影が薄れてくると
調子はずれな鼻歌で
君がますます山の様に積もる

君が時々この心から
逃げ出そうとすることが正しいのは知ってる
でも僕はそんなとき
一体なにが起こっているのか解らなくなるよ

夢は叶うなんて言ってた人達は
何処へ消えたの?

163 :名前はいらない:01/11/25 04:05

「2chの詩人たち」

今日もやってきました2チャンネル。
マスかきベソかきポエム書き。

揃いも揃ってセンスなし。
陳腐な表現。チンケな感性。

あんたら詩人は向いてない。
それに気付かぬ幸せ者だ。

読むと反吐が出そうだぜ。
マスかきみるのも拷問だ。

逝ってよし。
逝ってよし。
逝ってよし。
愛してる。

164 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/26 02:23

 「幸せの平均」

なにも変化のない毎日だから
頭にはなにも浮かばないよ
毎日が動き出さない消耗品だね
浪費家は気づかないままでいるよ
平常心の部屋から一歩も動けないよ
その言い訳を演技に溶かすよ
毎日規則正しいブランコで揺られてるだけだよ
グッとくるドラマが欲しいよね
土を耕して作物を食べるような実感が欲しいんだ
殺人現場を目撃したいし
知り合いに裏切られたりとかしてみたい
舞台でキャーッとかも言われてみたい
クリスマスソング、こんな時期から歌うなよ
俺の耳にはレクイエムにしか聞こえないんだから
五体満足だからなんだっていうんだ
毎日、明日に怯えては、時計の早さに潰されながら眠る
何の変化もない毎日だから、、

165 :名前はいらない:01/11/26 02:29
『好きだ』『好きだ』と言いながら、ホントの気持ちはどうなのか知れず

実は、この子が好きなのかも・・・いや、やっぱりアイツかな?

自分の気持ちは浮遊して、一体どうなるのか分からない・・・

どれが真実なのか・・・・どれが、嘘なのか・・・・

自分の頭の中では、アイツと思っても、心の中では、実はあの子・・・

『二股かけてる〜!』と罵られても、これが、真実かも知れない・・・

そう、大切な人ほど強い気持ちで現れる!

もう一度、自分を見つめ直し・・・

そして・・・

166 :ぺろきち:01/11/26 02:30
そーいうてめーもせんすねぇじゃないかよ!!>>名前はいらない

167 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/26 02:49

 「立方体」

氷は水よりも密度が低い
みんな知っている。

新しい悲しみほど密度が高いものはない
みんな知っている。

168 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/26 03:02

 「立派なあまりにも立派な」

普通には考えられない程の心拍数
あなたはあの時死にかけてたんだか恋をしてたんだか
ゆっくりと近づく二人に
特に土曜日のバイトの日には
ゆっくりと近づく二人に
あなたはあの時死にかけてたんだか恋をしてたんだか
今になって解るよ
僕が死にかけ
ようやく辿り着いた
素朴なあまりにも素朴な、、

169 :初投稿・・・・:01/11/26 12:42
子どもの頃は夏が来るたび海で遊んだものだった
海のそばには小さな海洋博物館があって
そこに住んでいる友達に僕はよく会いにいった

友達はいつも僕を待っていて
僕にいろいろな話を聞かせてくれた
博物館の一室で
僕らは一緒に波の音を聴いた
海の世界にこころを寄せ
海の時間に思いを馳せて
僕は何度もささやいた
−−−いつか生まれ変わるなら
   海の生き物になりたいな     
友達は海に帰りたいとつぶやいた

がらんどうの展示室で 天井に吊るされながら
くじらの骨は僕を待っていた
友達はもう僕に語りかけない
置き去りにされた舟のようなくじらの骨から
波の音だけが響いてきた

170 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/26 23:51

 「惑星のクローンを」

崩れた岩から呼ばれたので
それを遠心力分離器にかけた
結果が出るまでの14分
廊下は爆発の波動を期待した

崩れた岩肌は優しすぎたから
分析の結果はロールパンだった
そんななら今朝も食べただとか君が言った
僕は奥歯に埋め込まれた金属の種類を考えることで気を紛らした

惑星の破片は今では僕のブックケースの上に在る
十分に加熱したコテを時々押しつけてみたりしているけど
火力不足だ あなたは溶け出さない、、
本当の想いを知ってしまったあなたには、窮屈な此処にずっと居てもらうしかない

水鳥が飛び立とうとする時の水面の波を
朝の食事にピントが合わないそんな幸せを
あなたには見せてあげられない
生まれ得る確信を持った星を夢見た欠片には

171 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/28 03:29

 「丸いモノの持つ転がりやすさは
  太陽が沈む瞬間が世界中で絶え間なく続く
  そんな落ち行くだけの運命と似ている
  ファスナーが開かれたこのカバンを見てみれば
  暗色の躍動が渦巻いている
  夜明けなんてあんなもの
  落ち続けているあんな奴がばつ悪く
  落ちていく情けなさを
  たまたま何度もこの俺に何度も見られてしまった
  醜託だ」

太陽が沈む瞬間は 世界中で絶え間なく続く
この心の塊が沈むのはいつだ

172 :hato ◆ZNnw4kZI :01/11/29 23:45
>>169
クジラって凄く優しいんだってね、、
作り直したやつよりか、こっちのがおれは好きだよ?

173 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/30 00:52

 「銀紙」

兵隊がイヤホンをして音楽を聴いている
明日にもフロントポイントへと向かうらしい
すでに包囲されている気分がどうしても離れない
震えた指先が硝子の中の琥珀色の液体を波立たせている
彼の一番の自慢は記憶力が良いこと
0才の時に天井で回っていたカラカラ時計を憶えていること
 ママはもう眠っただろうか、、
今日始めて顔を合わせた同部屋の少佐とやらは
必死で銀紙を丸めて作った水パイプでマリワナを吸っている
 ママはもう眠っただろうか、、

174 :はと ◆ZNnw4kZI :01/11/30 01:16

「銀紙-2」

日差しは反射して僕らは笑っていた頃
夏休みの工作で君が作った
お菓子の空き箱の水族館の中で
キラキラと輝いたスズメダイの鱗
起用に切り取られていたほんの数ミリの輝き
ラワン材で僕が作った原始空母の遙か海底で
君の魚はきらめいていた、
秋になる頃台風の中を
二人で工作を庇いながら走って帰ったのを憶えている
雨粒や日差しが反射して
草むらが彼方までくぐもって見えていた

175 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/01 03:04

 「友達はふとした時に袖をまくった」

同じクラスになんだか同じ空気を持ってる冷や汗掻いてそうな奴がいた
気になりだしたら最後でやっぱり友達になっていた
囲碁クラブの話を聞かされた、長引いてしまって弁当を残りの4分くらいで急いで食べた
そいつには愛称があった
羨ましかった
ドーモンって呼ばれてた
あいつと遊んでるの?嘘でしょ?
みんなにそう言われた日
家に帰って部屋に入って
邪魔をする殺虫剤とライターとソニックユースと箱船と芳香剤とを破った
俺は平和過ぎて嫌になった
つり革を持った奴の手を見てしまったから
ケロイド状に爛れた鱗のように、、
俺はあいつの裸が見たくてしょうがなかった
感情が高ぶった頂点の印を、、
結局彼とは遊ぶことはなかった
でもドーモンは彼なりのままだろう
俺は俺なりのままだろう

176 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/01 03:28

 「扁桃腺が腫れて俺になり俺は只の腫れた小指の爪になる」

俺の家は昔から仏教徒だったらしいから
俺はずっと腐った言葉に違和感を感じてたことがあった、
平和を願う? あー まじ心事らんないさ
手と手をつなぐ? いつまでそやって 手と手をつなぐ??
風邪をひいたらしい僕等に近づいてくるのは
ハンサムなセールスマンと
欲情した扁桃腺
みんなが一度はきっと困ったことがあるだろう選択肢
悪いけれど俺はこの喉の痛みが邪魔だけど正解だったと想うだけ
そう、嬉しさの中にある

177 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/02 03:05

 「結晶の心」

心は、光、色、輪郭を映し出す まるで四畳半のスクリーン
きっと映画を見終わって心に残るのは いつでも哀しい場面だろう

それはそれでいい それはそれでいい それはそれでもいい

心は、光、色、輪郭を映し出す まるでハゲタカのスクリーン
きっと映画を見終わって心に残るのは いつでも少しづつな場面だろう

何かに怯えながらにも溶け出していくこの心は何なんだろう
土には確かに角は無かったが 確かに触ると指はささくれた

機械じみた原始の結晶の奥を見つめれば
上演までしばらくお待ち下さい との事だった、、

待ちこがれている 焦げてしまってもただ待っている
誰か知りませんか?

178 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/02 03:22

 「その体45度のままだった」

今日確かにあなたに起こされた 夢へと繋ぐ斜め加減
45度のままだった

やりたかったり やめてしまいたかったり
3日後前 前向きな共同ポケット
その体45度のままだった

放流? 絞め殺す?
放流? 絞め殺す?

179 ::01/12/02 17:37
ぼくたちは狂った鳥だった。
闇のなかを飛び回っていた。
何も見えず何も聞こえず…
それでも宙を見つめていた。

なぜだか涙は流れていて…
それを悲しむ言葉はなかった。
だからひとは、時にぼくたちを高貴だという。
哀れな動物だという。

それはそう見えるだけ…
勝手にそう思うだけ。
ぼくたちが飛ぶのに理由はない。
地に堕ちて朽ちていくのも。

180 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/03 03:00

 「悪魔」

家に帰りおれは裸足で過ごした
足の裏を待ちわびては浮上し
こびり付いてくる数々の無機質
むき出しにされた皮膚には引力が未曾有に狂う
朝を待つ線路に置き石
外は強い風が吹いている

夜遅くおれは気まぐれて
ショスタコービチの自作自演のピアノを聴いた
彼の左手が滑るように墓穴をまさぐり
その低音に壁が軋んだ
その時同時に壁へと打ち付けられ思わず声をだした者達
うたた寝の行進を破戒された者達
外は無月の漆黒
強い風が吹いている

181 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/03 03:42

 「今日も夕方」

今日も夕方 不思議な気分だ
鶏が鳴いてる 歪んだ時間
キーホルダーにぶら下げた
絶対安全なライトが照らした
あなたや僕が持て余している
中途半端な白濁と宇宙

昨日は確か鯨を食べてた
何年ぶりだろって家族は笑った
大きくスマートなシロナガスクジラ
彼が泳ぐ 太陽を背にして

今日も夕方が降りてきた
ちんけな地球 一回りしたタンパク質の巨大な鯨
鯨が落とす 巨大な夕焼け

182 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/03 04:07

 「爆心地はいつも晴れ」

昨日から鳴り止まない
今日はとうとうフォルテの勢い
もうずいぶんと連絡は途絶えて
僕は帽子を三重に被る

電話会社様お願いだ
着信履歴の回数を
二千件位に増やしてください

被爆する
何も落ちない
現実に

183 ::01/12/03 11:47
この世界に共に生まれ、共に育ち、共に時を過ごしたち
 そう、同じ環境、心境、思考、素行、そして共に行動
1,2,3,4,5,6,7,8、時折数えるその感動
鼓動強く強く硬く決心、指折り数えて再決心
たびたびに繰り返すこのライム、’smoke the fu*kin fat Blunt'
Blunt片手に持って、吸って吸ってブリ、バリボリ eat フライドチキン
チキンそれが昼食、夕食、主食、胃袋がチープ過ぎにSHOCK!!!

184 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/04 02:46

    「脳味噌爆発」

脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発
 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発
脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発
 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発
脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発 脳味噌 爆発


〜〜〜〜〜**------------------------------------脳味噌 


※爆発※
                 ※

185 ::01/12/05 00:38
>>166
>163は…最後の一行が…私は好きです

186 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/05 03:16

 「大嫌い」

おまえの頬をつたう真珠のような涙のきらめき
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

あなたが去ったこの私には絶えず緑が紅葉のように写ります
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

世に問うべき重度の過労を飽食の時代とてらしあわせてみると
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

君が微笑んでショートパスタが好きって言わなかったらペンネなんて食べちゃいないだろう
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

チョコラBB一粒くんない? やだよ、五十円払え!(笑)
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

気がつけば言葉のおかげで僕は君に惹かれている
嗚呼 嗚呼 ああ おえ

187 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/05 23:06

 「やんなっちゃう@ぽけー」

ひととおり悲しみを知ってしまったおれのこの先に
もうそれほどそれは残っちゃいないだろう
涙を無駄に流しすぎたおれのこの先には
感動の涙くらいしか残っちゃいないだろう
お気楽に生きてきたあいつらのこれからが心配だ
お気楽に生きてきた世代の中盤以降が心配だ
見たくもない、暗くなる
酔った勢いで電話しちゃうなんてごめんだ
うんざりだ、暗くなる
だから全員の番号消去してやった
全員と言ってもたったの2件だけどね、とほほだ
ぐさっとやられたいね悲しみで我を忘れた世代にさ
えぐるようにね、、
それくらいの事でも起きないと
本当に幸せすぎてバカになるんでね
抗鬱剤って昔飲んでたけどさ 誘鬱剤ってどっかにないかなーって思う
それくらいお気楽でやんなっちゃう、ぽけーってばっかり
これだってテレビ観ながら書いてるし、やんなっちゃう
あはは、新庄ベストドレッサー賞だってさ、がんばりすぎ
マライアキャリー戦場なめてんのか!失笑、、
やんなっちゃう

188 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/06 02:11

 「プロレタリアトのラバーのラケットで」

向上心が周りで母艦母艦言ってる
履歴書をしわくちゃにしないように気をつけながら
あの日キノコハウスの住宅街を
駅まで下り坂歩いた
ぐんぐん背が伸びていく道路の標識
足下のアスファルトはおれを転ばせたがっていて
鱗の方向を揃えていたし
奇妙なおっさんは着ぐるみで現れては
バナナの皮を手際よく敷き詰める
直線的にしか動けないオニヤンマが近づいて
グーでおもいきり殴ったけど空振り
警備員は帽子を深く被って冷たい目でこっちを見てた
家に帰りたい気持ち
ふくらんでくると
駅でトイレに隠れてしまう
字余り、、
履歴書で糞をぬぐったっていいじゃないか
家に帰るとそこは
酒宴の宴
南京錠が既に何重にも掛けられている
おれの部屋を返してください
気持ち悪いコレクター物は差し上げますから

189 :はと ◆ZNnw4kZI :01/12/06 02:26

 「バンゲリングベイ」

グットオヤユビニチカラガハイル
Aボタンハレンシャダ
Bボタンハトキヲマツ
Bボタンガオサレルトキ
ナンテイウンダロウ..
ココロトキメクシュンカンダ
Bボタンガオサレルトキ
ココデコナキャァダメダロッテ..
フサギコンダコトオボエテイル
十年前ノハイデンバンニ

190 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/08 02:46

 「色が竜巻 個性が流砂」

陽炎を追う
斜めを微かにみつめて
足下は罠の砂に飲み込まれるみたいだ
生まれた それは良かった
順調に 獲物  それは良かった

最近真面目に詩を書きたいし想いたい
どうやらやっと本当のアホになれる
ハマってきたとか言ってみたい
もうすぐ言えるよ

でも最近 詩らしい物書けない
でも最近 なにがしらの
世間の苛立ちを
絵にすることは出来ている
ただ、詩 は書けない、、
幼稚なモノしか浮かばない、

191 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/09 02:13

 「今日」

動き出せない持論がとぐろを巻く
滑走路 狭い島国 狭い夢
アンテナは確かに3本立っていた
色盲の俺に見えるはただ質量の増減
あなた 笑っているなんて あなた
あなた 感づいているなんて あなた

愛と方舟の愛称を考えているあなた
靴とズボンの愛称を考えているあなた
寝ぼけているのにずいぶん立派だ
昨夜の夢の中腐った銀色の太陽を
昭和のポップアートに置き換えてしまう罪
どれだけ苦しいか?

動き出せない持論がとぐろを巻く
滑走路 狭い島国 狭い夢
今日始めてみたらしい
波打つ入り江を
狭く 狭く 狭く 狭く
屈託極まる
波打つ入り江を

低空ぎみに今日は道理
低く飛んでゆく

192 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/10 02:25

 「ちゅらつほうけら」

その箱の中央
中央でいて目立たない
空間の穴
外人が息を切らせて踊っていた
彼の歌は聴き取りにくい外国語で
咳き込みながらも大きいです
壁際で座り込み見ていたおれに
規則正しくその歌の主旋律が刻まれた
”ちゅらつほうけら
  ちゅらつほうけら”
あんなところ一人で行くもんじゃないし
いつでも帰り道は憂鬱だ
鳴り止んでくれない
波状攻撃
 ”ちゅらつほうけら”

193 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/10 03:04

「有る知人への詩」

妙なトリック貴方の脳欠
狂い咲く午後からの群
汚い言葉遣いへの寓話と
司法上の詩。
知れた言葉じゃ、あなたには伝わらない
観覧車での頂点を連写し、ずらりと並べて
あなたの恍惚と重ねたい
夢であれと想いたい
引き出しの扉をこっそりと開けてるあなたを
ただ同じ場所でゆっくりと眺めたい
テーマパークで480円の冒険をして
今日は疲れた顔をした
そんなあなたを
僕の恍惚と重ねたい
横顔はいつでも無理をしていたはずさ
そんなあなたを
僕の恍惚と重ねたい

194 :西山正人:01/12/10 15:12 ID:???
公安調査庁に捧ぐーイイトモから啓示を受け

 金がなく
   孤独の果ての
     暗闇で
   恥辱続くも
     人は行きるよ
PS 人は可能性がなくなったら死にません。
  可能性を失う恐怖からなら死ぬこともありえます。
  心理学のイロハですわ。
   

195 :いかいか ◆5j89UJuk :01/12/10 15:17 ID:PdEAoJ2/
詩かぁ〜かいてないな、最近。
てっか、俺のは詩じゃないか、、、、、。

196 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/10 21:08 ID:???

 「きみのおもいで」

初夏のひざしが きみの猫背をやわらかくしていく
窓を開け放ったきみは 庭を眺めてこういったよね
 たくさんのひよこたちが眠っているの、、
幼いころのわがままだったきみも
きっといっしょに眠っているんだろうね
それからきみは遠くの河原や電車の音に
かなしい気持ちを溶かしているようだった
透きとおるひるまに ぼくは胸がいっぱいだった

197 :上の詩イィーーーーー:01/12/10 21:25 ID:OtBiNB7H
わたくしめも、
春の雪解け
春のある日地面からふきのとうが見えた、雪の中から
空は青く澄み切っていた、しかし僕の目は近眼で良く見えなかった
でも自然の息吹は充分だった。目覚めた朝は、明るい
僕は思った。ふきのとうは、冬の間どうしていたのだろう
地面の中深く沈黙していたに違いない。極寒の北の大地から
僕は自然のたくましさを知った

198 :上の詩イィーーーーー:01/12/10 21:30 ID:OtBiNB7H
人は旅立ち夜汽車のなかでまどろむ
人生とは権力と言ってしまえば哀しい
私は夜汽車の椅子に身体を沈めまどろむ
外は真っ暗、遠くに街の灯が蛍のよう
僕は蛍を見ながら今日泊まる宿屋を国鉄の時刻表で調べる

199 :亀仙人:01/12/10 21:34 ID:???

 確信す
   君と僕との
     未来なくば

   神いなくとも
     地球は滅ぶ

200 :詩の戦士:01/12/10 21:34 ID:OtBiNB7H
うどんよ、なんじは何故そう白いのか?
なんじは何故そう柔らかいのだ。
うどんは答える。
僕は生まれてから死ぬまで柔らかいのです
そう生きる様にさだめを受けた食べ物なのです
あなたは、なぜそう固いのですか?わたしは信じられません
良いんです。こういう定めですから、生まれてから死ぬまで硬いのです

201 :詩の戦士:01/12/10 21:36 ID:OtBiNB7H
僕はごぼうです。土にあり、食卓へのぼる
みんなごぼうは嫌います。しかしなぜか、みんな食べるのです

202 :詩の戦士:01/12/10 21:52 ID:OtBiNB7H

旅とは疲れるもの東北に出ようと思うと東京を通過せねばならん
鬱、東京は嫌いだから、魔物魑魅魍魎の跋扈する所
西へ行こうとすれば、鬼が島の鬼に暗殺されるやもしれん

大坂と神戸を素どうりして、九州の桜島行きたい

203 :詩の戦士:01/12/10 22:19 ID:OtBiNB7H
俺はなにやってもだめだよ、だめな奴はなにやってもだめというのは
言えてる

204 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/12 02:31 ID:???

 「連帯責任」

昔は昔で素晴らしかった!
この今をさえ素晴らしいと想う
これからの自分を殺したい!
このさきの自分を殺したい!

なんてね ただの ポーズだよ
なんて今の自分は言ってられてる

感謝すべきか、掘り進むべきか

205 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/12 02:50 ID:???

 「駒割りされた会話が進んで」

気持ちが良いよね?
なにが?
羞恥心の塊みたいなちっさい声で歌を歌って街を歩く
無情に時々沈むよね?
なにが?
それはきみが一番良く知っている
恋は突然襲うよね?
なにいってんの?
それもきみが一番良く知っている

涙は塩分 過剰摂取は肌に悪い
目の下のニキビ
あんたの最近の顔見てらんない、
きみに言われる筋合いはないさ、、

206 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/12 03:10 ID:???

 「ベージュ色の浴室」

この世の果ての安物のホテルで
安物のワインを飲みました

安物のホテルで安物が吐く安物の言葉は
安物のワインの押し売りでした

この世の果ての安物のホテルで
安物らしく二人は眠りました

一泊二日の旅の中 あの石鹸の泡やにおい
二人を迎え入れた 安物の香水

207 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/12 04:19 ID:???

 「筋肉を鍛えたら」

渦巻きのよう ちからがみなぎる
君を守って  僕の正義
イカスミのパスタを二人で吐いた

長方形の筋肉が 楕円状だよ今夜は膨らむ

ヤニだらけの瞬発力の無さが 堅い体と反比例
矢印で其処に君がマークしてくれたなら
明日のご飯なんてどうでもいい
筋肉が 殴りたいと言っている

208 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/14 00:20 ID:???

 「終止符」

1.雪解け水に汚水をまぜて
  雪が溶けたがらないまでにしてしまえ、

2.太陽の日差しに椰子殻をまぜて
  乱反射する方向を彼の故郷へと返してしまえ、

3.氷る湖にスケート靴の子供を大勢乗せたままにして
  彼の慈悲を永遠に凍りつかせてしまえ!


  

209 :まーじ ◆DJvODuLA :01/12/14 00:28 ID:Zx2RTyMC
藪鳩さんの「バンゲリングベイ」
という詩が好きです。
懐かしいですね
「ハドソン! ハドソン!」ですね。
藪鳩さんにとってのリアル度の高い詩で
しかも僕もそれに共感しました。
同時代を生きたものとして…

210 :名前はいらない:01/12/14 00:38 ID:GCaj36fg
私のクソゲーランキング10の中にはいってたげーむ
 …奇妙な出会いにしばし戸惑う。

211 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/14 01:00 ID:???
>209
まーじさんどうもです。
泥酔状態で書くとああいうのができます
素で書くと196みたいなのができます
リアル度の高いものとは
脳が微睡みだした頃
それぞれの細胞の境界線が溶け出して
横たわりだした細胞達の
共通点の一番多かった事柄ですかね?
ちょっと思いました。

ところでアレですが、ハドソン、ハドソン叫ばなくても
なんの音でもいいって知ったときの真っ白さ!
同級生達と目を見合わせた、そんな共感にもありがとう。

212 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/14 02:04 ID:???

 「スクラッチ@ローバート.ジョンソン」

おれの目の前真っ暗だ
がっかりくるぜ なんだかんだとうるさいものだ
おれを殺してもないのに 街で出くわす男になびいてほしくない
駅に走り 来あわせたあの女に気が滅入る
おかしいもんだぜ
あいつのことであいつも憂鬱
あのシカゴへせいいっぱいに尽くすんだ

おれの道をふさいでおいて、おれに何をしようというんだ
おれには三本、足がある、
ねぇ頼む
おれの道をふさがないでよ

おまえはおれが目当ての魚釣り
通りの熱く熟したトマトも無視した

死んだ小エビのブルース
靴を手さぐり
ウォーキン・ブルース

213 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/15 03:17 ID:???

 「クリームソーダー」

恋する気持ちは
何物にも代え難い
でも
仕事も手に付かない
なんて理由で
恋を諦めてしまえる
本質を壊してしまえる
弱さ
不変を貫き続ける
強さ
片思い
と言う
恋の一つの完全体
そこには一切の安堵が無い
狂うように恋が有る
飲んでも飲んでも
底が見えない
痛いくらいの炭酸水
でも
いつか
ふと気が付いて
僕はストローをカランと回した
気の抜けた
クリームソーダ

214 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/16 01:43 ID:???

 「卵酒」

黒色色素は心の増悪
だからって
ホクロの多い人が
増悪まみれの人なのか
それを心から追い出した人なのかは
わからない
わからない
心配してくれていたことだけ
わかる

215 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/16 02:12 ID:???

 「しょぼくれ稽古」

寝坊がすぎて
ある日あぜ道で季節はずれに雌をよぶ蛙

一枚見つからないってだけで
ある日戸棚に押し込められたトランプ

翌年も良く採れますようにと
ただ一つ樹に残された熟れた果実
何者についばまれることも無く
ある日一つの腐臭がぼとり

あぁ、つわもの達列挙して
しょぼくれ稽古もままならず

216 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/16 03:14 ID:???

 「エピタフ」

退屈に身をまかし座りこむ
目を開けば
色彩の語り

輪郭も色
影も色

闇を落とした夜の中
この光球は
なんという反骨だろう
色の偽物たちに阻まれた檻のなか
夜が僕を混乱へ導いて
文明が僕を眠らせてはくれない
外套を着込んだ電化製品たちの周波数
床に転がる缶詰の中に蠢くリネン
それを 祈り と言ってしまえていたなら
目覚めの良い朝だっただろうに
座り込み
祈り が輪廻することを
おもっていたい

217 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/17 02:19 ID:6x+Gf77T
油ノドウトク

ガスタンクローリー
挟まれた
高速道路の料金所

鳥肌が立って
前世で俺は
点字を発明したんだなって思った

218 :名前はいらない:01/12/17 05:58 ID:jNr+OWI8
  「鼻毛」

鼻の下からちょっと見える
鼻の上からちょっと見える
白い鼻毛は少しもみえない
それをただもとめているのに
そこにいっていきたいのに
切手は東京を越えて北海道へ遠のく
青森の林檎は食べたかわからない
小さい頃に見たあそこに入ったら
涙もでなくても体は枯れてゆく
鼻毛はのびてゆく
鼻毛の促進をただ願っているの
あなたの青いものをただ見せてほしかった
鼻血は出ない
青くはないよ
くたばったね
死んでもいいよ
鼻毛は促進を保てない
鼻毛は水をやっても枯れる
どこにいけば根元にたどり着けるかわからない
鼻毛はどこまでも
鼻毛の愛はいずこ
鼻毛だって伸びるさ
目だって開くさ
閉じていく目をそっと開けてみた
だって瞳孔はいつ見ても開いてるんだもん

219 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/18 02:41 ID:???

 「すね毛」

世界最長ギネスの男
私はすね毛の代名詞
男のコメント
ズボンはいつもベルボトム
  生まれながらのダスキン男さ

220 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/18 03:06 ID:???

 「BULLET」

背筋がひやりとなるような
誰もが思って
誰もが言わない
そんな言葉で今日奴を打ち抜いた

そしたら空がごうごうと呻って
転誅殺の雲空から
生きることなく還った赤子の産声
再現したような雷雲

罰なんだ
気持ちの悪い罰なんだ
弾丸を秘めた曇空に
打ち抜かれる覚悟は
何処へ行った

221 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/18 03:23 ID:???

 「気持ちよい高度とお似合いの深度」

アナタは風船のように昼間を過ごしているようだ
ボクは釣り堀に沈んだ底の模様のよう
鉛のカタマリ

太陽のヒカリ
かすめたら 今は昼間。
そう教えてくれたアナタは風船
ふわふわと気持ちよさそう
 誰にもさわれない紐のない風船

ボクはアナタに話してきかせた
指折り待ってアナタは数えた
高度と深度の中間の地点で
僕等は出会った

222 :名前はいらない:01/12/19 16:34 ID:shY74n2V
 「羽毛のよな産毛」

強烈な美ほど
純粋なものはない
バラの花びらが散るのを
見つめることの悲しみ

僕の愛は血を流して
雨に濡れた海辺に横たわる
白い歯をみせて良く笑う
あのこは孤独に殉死したらしい

棺の中、僕のためにある僕のための美
腐臭を誤魔化している
芳香剤のしらけた臭いと白衣のマスク

何日も発見されなかったあのこの最後の日々を想う
死に顔はどす黒い紫で
穴という穴に詰め物をされた孤独

223 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/21 00:26 ID:cVuoamGh

 「孤(笑)独」

ウイスキイの空瓶たちが
几帳面に並べられ電気スタンドに
照らされては反射を拒む
一体何処へと向かうのだろう
孤立していたことを
自覚していた日よ
押し潰される間隔に
眠れず涙した夜よ(爆)
図らずも遠き
苦し紛れの禁欲の垣根よ
哀れこの部屋に
どこからか迷い込んだ甲虫よ
僕が見つけてあげられなかった君よ
孤独さに冷凍され艶のないあなた
君の最後と僕の今の
感覚が交錯し同調した時に
僕はかがみ込み
そっと手のひらに掬おうとしたら
君は形を失ってしまった
エアコンの風に吹かれて
君の残像も残らなかった
君のような有る意味
無意味さの中の死に
憧れることはもちろんだが
それまでにせめて
あと幾度かの変化
下を向いたドラマでもいい
せめて虚ろにでもコーダを聴きたい
この分厚い鉄壁に囲まれた孤独を
どうにか外へと連れ出せること
無責任に想うことがある
そんな希望が
いつかこの
空瓶だらけのこの場所に
鍵を持ち
歩み寄ることを
時々想う(マジ)

224 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/21 01:36 ID:4cl7av5A

 「渇望」

ラムネの瓶を叩き割ってでも
手にしたかった
くすんだ薄緑のビー玉
学研の科学と学習の科学のほう
オマケで育ててた
カブトエビの飼育セット
僕は誰かと喧嘩して
やけくそになった
牛乳を流し込んだ
ニヤリと笑って、、
次の朝
昨夜の濁りよりもさらに
乳白色に濁った
飼育セットの水面に
色とりどりの記号を見た、、
平常心が真っ逆さまに
死んでしまえること
欲しがった、

あの時の渇望の本質は見失い
愛を迫り 狂い咲く馬鹿だけが残りましたなら
全面にゴロゴロと鳴る猫の喉のように
どうか、明日に死をください
どうか、死に明日をください

225 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/21 01:57 ID:tRaA0/hd

 「日向雨」

栗毛の嘶くそばの小屋では
昼飯の準備 昼過ぎに目覚めて

牧草という牧草すべて
かき集めること暗意に認めた

重度歩行障害の馬が一匹
頭も痛いよと蟻に喰われて

アワダチソウやらケナフの河原で
君の墓標も雨に喰われる

根を蔓延らせ生き長らう
遠い土地 海岸線の彼方から

やがて集う日向雨に
手綱を握りしめるような気迫を寄せては

やがて集う日向雨にも
尺度と尊さの中に有る
理解しうる術をさえ
慇懃なやり方に帰してしまう、、

226 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/21 02:18 ID:tRaA0/hd

 「紅蓮、歪み、それから」

通りに面した石碑の渦の
 その中 勢いめいた自動車が
夜と夜とを駆けめぐる

クルクル回るコンパスに
 行き先はとりあえず あっちとしか言えずも
ガラクタがN極にくっついては叫び出す

それからは 多分 誰も知らない
それからは 一度 雑踏に溶けたきり

君の部屋ではマリモが上下
左右差負うに餌を螺旋に

227 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/21 02:49 ID:tRaA0/hd

 「膿」

流れ出る膿の臭いに
僕は鼻を歪ませては噎せ返る
僕の目は
日差しの中で眠る街をじっと見つめる
其処で太陽に目が眩んだら
そっと眺める
木の葉が落ちる
努力という言葉がブラウン管から流れたら
もう 一歩も 動けなくなる
ぎこちない顔をしていても
世界にさよならも言えない
おやすみなさい
膿の支配する今夜
おやすみなさい
解体しバラバラにして眠ろう、、

228 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/22 02:21 ID:BPGVJZhk

 「ギョウ虫解雇」

ミシン目に沿うように
規則正しい落日と不安

デリヘルの落目な気分が切符を買っては
この惑星を少しだけ滑る

ニィニィ蝉の腹の中 昔アヒルの腹の中
一定の温度に温々と育つた

キリのない寄生と
規則正しいミシンの縫い目

今夜の飯はいかがでしたか?
貴女にいつ私は解雇されるのだろう、、

229 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/22 02:35 ID:BPGVJZhk

 「西森太郎くん」

西森太郎君
おげんきですか?

僕は引っ越すという意味理解できず
しばらくしてから気づきました

さよならと言ってくれてれば
あの時金魚の一匹でも贈っていたのに、

西森太郎君
君は今思うと
幼い頃の光り輝く宝石だ

230 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/22 02:45 ID:BPGVJZhk

 「黒空」

黒空の真っ黒い黒の中
三人称の黒い小説が黒く読まれた
黒空は意気揚々と更に黒く
黒の果ての果てまで黒く
ひび割れた足下のコップを黒で満たした

231 :≫ZNnw4kZI さんへ:01/12/22 02:46 ID:/wIE4InX
詩を上手に書きますね。感心しました。
いずれも水準以上かとは思いましたが
ただ「はっとさせられる眼から鱗」の
突出した衝撃には希薄かなーとは少し
思いました。でも出来 不出来のブレ
が無いみたいで、その点はスゴイ!!

232 :名前はいらない:01/12/22 02:54 ID:???
>>231 同意です。難しすぎず 簡単すぎずの
絶妙と言える バランスで書いていますよね。

233 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/22 02:55 ID:BPGVJZhk
>>231
アナタにとっての目から鱗を
意地にでも書きたいと思いました。
ありがとう。レス少なすぎて参ってたからありがとう。
またこれでがんばれますんで。

234 :名前はいらない:01/12/22 03:17 ID:???
>>229 同じような想い出が 遠い昔にありました。
でも、その人は もう亡くなってしまいました。
菅原博くんといいましたが、良い人でありました。

235 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/23 01:38 ID:uq6dJihl

 「微粒子」

重さにすれば計り知れない
それほどの食物が日々に費やされ
一次的濾過 酸を通り
二次的濾過はタンクを経て
あるいはぽとりと川面に落ちては
始まりの横たわる引力に吸われるように
流れ出す

僕や君らの放った
僕や君らの手に負えなかったスペクトルは
それからビロード状の過程で濾されては
意志を持つ微粒子となり
広大な海原へとたどりつき出会う

微粒子達はほくそ笑み
満月の夜に珊瑚を祝う

236 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/23 02:58 ID:uq6dJihl

 「眠る瞬間 目に映る全て」

マクドナルドのドライブスルーの標識のよう
象徴的な可能性が虚言的指標となっては
終延を慢性的に売り捌く

遠距離恋愛の苦悩 売り捌く
参加していることに憂いを寄せる
只の恋に空が笑う

今眠ろうとしている目には
退屈のみしか写らない、、

237 :yuu ◆vYueMMw6 :01/12/23 18:14 ID:???
はじめまして鳩さん。
詩的な文章の思考というのはこういうものだと思いました。
まだ全部は読んでませんが、196の詩はとても
美しく思います。

238 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/26 02:40 ID:???
はぢめましてyuuさん。
☆カンゲキしました。
酔って書いた駄詩をまじえて全部読むのは
大変でしょうね、、(w

239 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/26 04:16 ID:oiD9iaZL

 「闇」

暗がりで収縮していく
当たり前の儀式が嫌になってきた

モヤシは炙られていても刻まれていても
随分と水分貯めているだけの細い
ポーズの先駆者達の闇の拘束の
その中でさえ育ち伸びていく

暗がりで萎縮していく
闇の中の当たり前さが果実で
光浴びて育った
この手のひらは農夫か

240 :ハサキ:01/12/26 23:18 ID:aPvVxQ+B
「白い嘘」
今過去を振り返る
廃墟と化した僕の思い
再生なんてこの心は望んでいない
潤いは要らないんだ
もう癒す必要はないんだ

貴方に抱いてた思いは本物だった
それだけは僕の中で一番綺麗だった
真っ白な嘘は美しい
貴方の声が空虚に響く

天使が僕を睨んでるけど
貴方は微笑んでくれた
正義なんて要らないよ
今全て無に 或るべき場所に還して

241 :大阪BEN:01/12/26 23:22 ID:0ZMeUoLj
会社員の一日

朝起家出歩歩驚千拾嬉歩歩転痛歩歩会着首?嗚呼

始めましてーこういう詩は駄目?

242 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/27 02:35 ID:???
>>240
白い嘘とははにかみやさんなあなたでしょうか?
>>241
詩は何でもありだけど
ところであなた 関西ドンさんですか??

243 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/27 02:42 ID:6PmqMj1+

 「困惑」

ハイパーリアリスムの垣根の向こうに
熟練された愛撫を透かした
管理されたナルシスム

管理されたナルシスム
熟練された愛撫を透かした
ハイパーリアリスムの垣根の向こうに

244 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/27 02:59 ID:6PmqMj1+

 「ピクニック」

殺し合う人達にほほ笑みを送り
戦場でレジャーシートを広げては
レタス味のサンドイッチをほうばりあう僕ら
僕ら二人に砲弾は
なんと言って声をかけるだろうか
おやすみなさいをおはようで殺す
場末の安堵がハムを欲しがる

粘着剤の罠に集まった
ゴキブリのような
僕ら二人は
場違いなレジャーシートを
広げるだけの
ピクニック

245 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/27 03:34 ID:6PmqMj1+

 「言語活動アナグラム」

美人が通りを
颯爽と歩く裏通りで
僕はお腹が空いてきた

名作の詩集のページを並べて
路上に広げたら
通りを歩く美人達がこちらに寄ってきては
名だたる詩達を広げている
こんな僕を笑った

詩の文字は小さすぎて
笑われることは無かったが
颯爽と歩く裏通りで
僕はお腹が空いてきた

この街の術が
僕を永遠と
増幅させていく

快楽の嘘と
無意味さの可能性

246 :煤i´Д`||| :01/12/27 03:50 ID:???
【freeze】

「何で離れて逝くの・・・・・?」

・・・心に木霊する声・・・

こんなに私の中で響いているのに貴方には聞こえない?

「どうして棄てるの?」

声にならない声で貴方へ問いかける・・・

でも返ってきたのは冷たい表情だけ・・・

見えない・・・

何も見えない・・・・・

貴方の心すら・・・・・・・

「なんで私を拒むの?」

私は汚れてるから・・・?

心も・・・

体も・・・・・

こんなに想っているのに・・・

どうして気づいてくれないの・・・?

どうして分かってくれないの・・・・・?

この涙が貴方への懺悔になるのなら・・・・・

紅い涙を貴方へ捧げましょう・・・

私の裏切りと共に・・・

すべてを紅く彩りましょう・・・・・・・・

247 :ギルコ:01/12/27 17:37 ID:zE+wfhQ9
これがワタシの本当の気持ち。
本当。本当。
めったに言わない本当の気持ち。
本当。本当。

248 :sage:01/12/28 03:31 ID:yLkhi6fF
透明な画面に激しく叫び出される
ここから弾けたいと苦しむあはれ

無いはずのレンズにいつも見られる
曇りの無い汚い綺麗なそこかしこへ

249 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/28 04:08 ID:???
>>246
浮気してんじゃねよ!
>>247
死にかけてんじゃねよ!
>>248
結婚しよう

250 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/28 04:16 ID:zTpfBARx

 「ひとだかり」

ねぇ あの人 人殺しだよね?
そうだね人を殺したみたいだね、

どうしてあの人笑ってるの?
人を殺したからだよ、

人を殺したらおかしいの?
違うよ、凄く緊張しているからだよ、

凄く緊張したら笑うの?
んー、、笑えないよ、

どうしてあの人笑っているの?
どうしてあの人笑っているんだろうね、、

どうして人は人を殺すの?
多分体より気持ちのほうが大きいからさ、

251 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/28 04:34 ID:zTpfBARx

 「バッドトリップ」

横を向いた矢印が
永遠と左のほっぺを
ベッドにめり込ませてくれている

ワインを一本一人で飲んでからの薬はきつい
「俺みたいにはなるなよ、、」
大槻ケンヂが吐いている
 「僕のことは、忘れていてくださいね」
サーチライトは
 サーチライトは、、

横を向いた左が
永遠と狂う時間のほっぺを
パラダイムにめり込ませてくれている、、

252 :yuu ◆vYueMMw6 :01/12/28 22:45 ID:iN90E0fG
223>「孤(笑)独」の詩。面白いっすねえ。
>押し潰される間隔に
>眠れず涙した夜よ(爆)
大笑いしました。
でもこれで孤独感が増幅されたのかも???

でもその手前、
>ウイスキイの空瓶たちが
>几帳面に並べられ電気スタンドに
>照らされては反射を拒む

この感じは、とっても好きです。

253 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/29 02:44 ID:jdFDXJ9L
>>252

 「愛ってなんだろうね」

愛って一体なんだろうね?
人間達は窮屈じゃないときにはいつも
愛に支配されているって想うんだ
子供には開放感がいっぱいあって
特に自由を意識しないほどに自由だろうから
その意味では子供は愛のカタマリってことになる
でもさ子供ときたら
虫を平気で殺したり
猫をしっぽで持ち上げたりさ
愉快は愛に似ているけれど
愛に必ず愉快が付き添っているとしたら
それはとてもやっかいなことでしょ?
愛を時々考えて
愛が解らなくなってくる
博愛なる気持ちって愛だけど
博愛なる気分の時にたとえば
事故ってる奴見てアホだって笑ったりはしないし
電車で障害者が隣に座って叫んでも
嫌だなぁなんて思わないよね?
愉快のない愛に支配されている状態
それは誰でも持っている愛でさ
いつもそれに支配されていればさ
もう誰も窮屈な思いなんてしなくて済むから
おはよう も愛だし
もしもし も愛だよ
でもね
愉快がときどき愛に付いてきてはさ
愛と愛との対決みたいにさ
傷つけあっているのが現状でしょ?
二重人格って精神病でも何でもなくってさ
愛を持って生まれた生き物ってことの
証明であると思うんだよね、、
愛を時々考えて
愛が解らなくなってくるんだ

254 :名前はいらない:01/12/29 02:47 ID:deh9/3DI
たまに考えてしまう事。

ある晩、急に外に出たくなって人家のあまりないとこで、
ふと、夜空を見上げながら思ったこと…

人は何故生きるのか?

生き物は何故生きるのか?

生き物は何故動くのか?

重力のすごさに何故疎いのか?

俺の意識はどこにあるのか?

死体と生きていることの違いは何か?

死体に息を吹き込む事は出来ないのか?

何故、寿命があるのか?

永遠の命は存在してはならないのか?

なぜ?

なぜ?なぜ?

何故、人は変化する事を望むのか?

変化する事は宿命なのか?

死ぬことを知っていながら何故努力するのか?

それを宿命だと思っているのか?

それとも、思わされているのか?

・・・コンなことって、わかっても、「で?」で終わっちゃう事なのかもしれないよねぇ。
まあ、わからないからこそ、「楽しい」のかもしれない、わかっちゃうと意外につまんなかったりねぇ・・・

255 :名無しさん@1周年 :01/12/29 02:49 ID:P2IwFIW2
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=redcatfood

256 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/29 03:29 ID:jdFDXJ9L

 「カナリヤ諸島は限界の雨量」

地球儀(16年位使って黄ばんでるよ)を回していたら
いつ観たかも解らない
フランス映画とイラン映画とアメリカ映画と
 黄昏と希望と敗退とが
心に飛び込んできたから驚いて
 驚いてサビのシーン達に涙を急かされた
緯度や方位はよく憶えてないけれど
 感傷的になって
涙が落ちたんだ

せめて砂漠の文字の上に
落ちていれば
感涙であり得ただろうにな

257 :はと:01/12/30 01:36 ID:J47JOSKl

 「薔薇色」

キスを何人としたんだろう?

258 :名前はいらない:01/12/30 02:44 ID:BCxprXT2



      (  人____)   〜 プゥーン
      |/  ー◎-◎-)   〜
      ((6    (_ _) )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _| ∴ ノ  3\)< おまえらキモイいどー
    (__/\______ノ  |
    / (  ‖      ll   \__________
   []__| | ( ´D`)ヽ
   |] |_l _______)
    \_(__)===[□]=)
     //__ll \:::::::::::::::::ll:::::::l
    |Hello!.|::::::::::::::l::::::::l
    (_____):::::::::::::l::::::::l
       (______)_)

259 :yuu ◆vYueMMw6 :01/12/30 03:28 ID:ccJAydGg
252>
職場の上司の1歳の子供が
遊びに来ているのを見てこう思ったんです
(その上司はあまり好きな人ではありませんが

その幼い眼に見えたものを
一切の力をもって真剣に愛して
憎いものは真剣に憎んで欲しい
軽はずみな行動だったとしても
その因果応報の全てを両方の眼に
焼き付けて欲しい
眼をその目の前の現実から背けないで欲しい
臆病にならないで欲しい
その小さい両方の足で
小さな一歩一歩を確実に踏み締めて欲しい

260 :yuu ◆vYueMMw6 :01/12/30 18:08 ID:???
↑253に当ててでした。

261 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 00:26 ID:???
>>257
(・ρ・)/ ダレヤネン!

262 :雑念叫犬itao.net中尉 ◆7LYsN.NE :01/12/31 02:17 ID:???
この板初めて来てなんとなく書いた
意味不明だね、詩になってない?

昼が嫌い
何も起こらない
何かを起こす勇気も無い
誰も居ない
居なくなりたい
でも居なくなる勇気も無い
せめて寝たい
眠くない
何も起こらないまま
何も起こせないまま
時間がゆっくり過ぎていく

夜が好き
何か起こりそう
何も起こらない
時間が過ぎるのが怖い
何もせずに時間を過ごすのは嫌

そう

結局何も起こせないまま
夜は逃げていってしまう

何かを見つけるために夜を追う

夜を追うために、昼を歩きつつける・・・

263 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 02:33 ID:dz5ZuKJP

 「一切の子供」

通ずることなく
死んでいく
一歳の子供、

夢は遥かの中耳炎の中に
夢は遥かのぎこちなかった歩みの中に

溶けてゆく
同一性が君と僕には有るんだ

一歳の子供と
この腐った
腹の中、、

264 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 02:54 ID:dz5ZuKJP

 「死んでしまいそうな」

カメラのレンズをのぞき込む僕は
死んでしまいそうな
やや儚い夜だ

昨日がいつも
どうしようもなく
明日を蔑む

今日は無理だ
今日は寝よう
いちいち揚げて
ごめんなそん、、

死んでしまいそうな
やや儚い夜だ、、

265 :ジョー:01/12/31 05:20 ID:horSd8Q1
ほんとに死ね、お前

266 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 11:38 ID:FajKVZE7
>>265
死ねはソフトに氏ねにしてね・

267 :お誘いをふったねーあんた!:01/12/31 12:12 ID:???
>>266 さすがに、>>265 程度のもので乗りませんねー(w

268 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 13:08 ID:dK1dkyu7

 「リスク」

難しい議題を
間違い電話で問われるように
僕らの昼間は混線じみている
あのどんくさい芋虫が
羽根を持つのには避けられない
サナギのあいだの無防備を
いちいち考え
葉を貪るだろうか
芋虫は羽根なんて知らずとも
葉を貪り
朝に起き
知らぬ間に
空を飛びては
羽化の記憶も持たないだろう
僕らの昼間はただ
ゆっくりと流れていく
まだ開けられない
缶詰のままで

269 :K*:01/12/31 13:22 ID:mgyNHwn3
『場所』

ゆびさきから
つめたくなって
あしのさきまで
こおりつき
自分の 声さえ
きこえない
そんな とこに
あこがれた。

270 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 13:33 ID:dK1dkyu7

 「漂流」

カーテンを取り払い
掃除を急ぐ
急かされた年末に
僕の部屋はくすくすと笑った

あまりにも多い雑事に
嫌になった僕は
ごろりとベッドに横になり
窓の枠から
流れる雲を見送っていると
急かされた年末に
僕の部屋が空を滑って
もう地上に降りれない気がしてきたから
空の中で居眠りをしていた

電話の音に目を覚ましたら
窓の外には
ありふれた飛行機
ゆっくりと枠の外へと流れて消えた

271 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 14:08 ID:dK1dkyu7

 「天陽」

君の何気なく巻きなおしたマフラーに
日が差す
交通量の多い都会の脳天に
日が差す
宇宙の果て心の果て出汁をを抜かれた記憶の果て
迷子になって泣いてたあの日の遊歩道に
日が差す
DNAはフランス語でADNだけど
まあとりあえず
日は差す

272 :名前はいらない:01/12/31 15:54 ID:tDQ/hE5b

 「至福の境地(nirvana)」

僕がコンビニでおにぎりの具で迷っているあいだにも
日は西へ傾き
長寿国家の何人かは
この年ぎりぎりに死んだんだよね
サバイバーズバンケットで踊り狂った
チャラチャラとした向こう見ずに
絶対平和を約束したい
絶対の絶対の絶対的に
絶対平和を約束したい

うどんが食べたい、、

273 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 15:56 ID:???
名前わすれた↑(嚔

274 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 16:13 ID:tDQ/hE5b

 「ある意味バナナ」

夢を落とす鳥が飛んだら
イチジクその他果実もろもろ
気の利いた鏡に写らなくなる

アザラシの嗚咽図々しくも
南国の欠伸を
両手で食らう

扁桃腺のpは
膨らんだ第二楽章のp

クイックジャパンさっき読んだら
小沢健二が太っていた、、
小沢健二が太っていた、、

275 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :01/12/31 16:51 ID:tDQ/hE5b

 「いちめんの菜の花」

  春 春 春 春 春

  春 春 私 春 春

  春 春 春 春 春

   ほんとうに春


--ロシア詩って、
   すごい!!

276 :nanasi:01/12/31 17:05 ID:???
>>267
winMXでいっしょに遊ぼう。

277 :吟化 ◆h5y0cRI2 :01/12/31 23:17 ID:???
ああ 快感なんだけど
でも 不快なんだけど
それでも君を求めてしまう
このまま 君を壊しちゃってもいいですか?

278 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/01 03:47 ID:???
>>262
さすが厨房板の奴はポテンサル高い!
良い詩を残してさらりと去る
なんてアートなんだ!
>>277
君ってだれ?おれ?
結婚しようか?

279 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/01 05:29 ID:jAxIFoGs

 「不眠の泉」

命の這うような
今宵の白い白い
眠ろうとする努力があっても
辿り着く先は不眠の泉

バラバラにされた眠りが
一日の中にちりばめられている
信号待ちで襲われて
電車の中で襲われて
エスカレーターの終わりで
驚いたように目が覚めた

なのに
眠るために用意された
そんなベッドのある部屋では
命が這うような
不眠の泉が
横たわっていて
この先の不安と影とが
私を見つめている
見つめている

280 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/03 02:56 ID:ItLU94WY

 「労働とエディプスと肉屋」

表情が硬い と
平手で打たれた
その教官の向こう側
ピントこそは合わないが
あれは確かに
捌かれたのちの
意識など無い
僕等だろう

吊されているこの
腫れた片方のほっぺにも気づかずに
貴方らは必死に
ただ
レジを数えだす

気にしていたここ数日の手首の痛みも
餌と名付けられた食事にも
レーンに吊されているこの今では
何も興味が沸いてはこない
何も興味など沸いてはこない

バラバラにされた
この体でも
動きだせない訳では無いが
ただ
首を絞めだすその前にせめて
僕の吊されたレーンの番号を覚えて
それからレジを
数えて欲しかった、、
統合と言う労働の
パック化された
記号より以前に

281 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/03 03:32 ID:ItLU94WY

 「擬人」

新車を買った位で満足してんなよ
電線で眠る何億とも知れん雀を知らんのか?
封筒は何円の切手で
葉書は一体何円の切手で
電柱は一体何を思って
等間隔で立ち並んで、
雀は一体何に惹かれて、
等間隔で夜を過ごしては
おまえの蔑む
その宛名へと届くんだ
擬人が擬人に
何かを送る
屁の臭いだけ
丁寧に払って、、

282 :俺がポエムだ!!:02/01/03 05:13 ID:VAwVozya
ニュース速報+板からのコピペ。
799 名前:将棋板住人 :02/01/03 04:14 ID:amCftVQX
囲碁・将棋板で、将棋クラブ経営者(所在地自己申告済み)が厨房ぶりを発揮してい
ます。板に来た最初のうちは(去年10月ごろ)しおらしく謙虚に自分のクラブの宣伝・
進展ぶりをカキコしていたが、最近では自分のおそまつな日常・おそまつなギャグなど
をあたかも「2ちゃん」を自分自身の掲示板と勘違いしたような勢いでカキコしています。
いままでは比較的温厚な将棋板住人が温情をかけていましたが、それももはや限界の
模様。中年(40代)にもかかわらず、くだらないカキコを連発、切り番ゲットにも進ん
で参加、はては自分の電話番号までをもさらすドキュンぶり(他人に指摘されても
反省の色なし)。
アボーンされるのも近いので今のうちに見物をどうぞ。

http://game.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1009810851/
ちなみにこれは3スレ目です。過去スレはここの>11にあります。

283 :名前はいらない:02/01/03 06:46 ID:???
>>282
君の、282のカキコだけで、もう充分に面白いよ!
40代で切り番ゲット、なんですかぁ、、わははぁ♪わははぁ♪

284 :カンダダ:02/01/03 17:45 ID:OP8sYsKf
「FLY HIGH」

まるでこの空を自由に飛んでいるみたいだ
空気の中にダイブするように 思い切り高く飛べばいい

今 何も周りを気にしなくていい
まっすぐ前を見て 思い切り突き進めばいい

オマエが思う通りに・・・ オマエが望むように・・・
この空はきっと 無限に広がっている

今とても不思議な場所にいる そしてこの素晴らしい時の中を
浮遊している このままずっと飛びつづけよう

285 :名前はいらない:02/01/03 18:42 ID:8aPBGwOP
何もかも忘れた頃に 夢の終わりがやってきた 
ノックもせず入ってくる友人のように
君と散歩してた時の夕立のように

夢の終わりに 僕は何も感じなかった
只その去っていく後ろ姿を見つめていた
まだその先のことなんて知るはずも無かったから

僕がそれを本当は待っていたんだと
雨降る夜に眠れず朝を迎えたような気持ちの他には
夢の終わりは何も残さなかった
でもそれだけで充分なんだ

何もかも忘れた頃に 夢の終わりがやって来た
何もかも忘れぬように 夢の終わりは去っていった

286 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/04 02:05 ID:gsg1jI9C

 「蓮池」

ガンガンいくぜ
鮒と鯉とタナゴとミズスマシ
俺の水槽 俺の水槽が
気持ち悪いな
泡の立った
てんぷら粉の池
ガスの元栓閉めましたか?
yesっす
おめーは誰だよ
yesっす
おめーは誰だよ!!
なんだこれ?
ねーおもわない?
yesっす
 蓮池は
完全に失敗だ、、

287 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/05 00:06 ID:S5tI9n3n

 「病」

ビルの隙間で冷たさに吹かれ
考えていたことが
ひとつある

バアゲンセールの値札たち
 もみくちゃにされ何も買わずに
考えていたことが
ひとつある

ようやく光の差すのが終わって
考えていたことが
ひとつある

片思いのあなたが側にいたのに
  それでも
考えていたことが
ひとつある

今日しおしおの無欲の空に
考えていたことが
ひとつある

288 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/05 00:34 ID:???
>>284
人間は飛べないよ??
>>285
萌え。
です。

289 :名前はいらない:02/01/05 12:17 ID:???
好き。好き。好き。好き。好き。
今この場所で、「好き」って打つことは幾らでも出来るのに。
あなたの瞳に映る私は、まるで別人。
「好き」の好の字も言えずに、笑顔をひっさげて他愛のないお喋り。
周りにも「仲良い」って言われるのに・・・それでも、あと一押しが足りない。
貴方の前では「好き」なんて言えない。
仲良く見えるからこそ、もしもふられたらって考えたら・・・。
ジレンマばかりが私を襲う。
貴方が好きで堪らないのに、ひとつになりたいのに。
それでも貴方の瞳に映る私は、別人。
もしももう一度だけ会えたら・・・今度こそ、言いたい。
好きって。愛してるって。
笑い飛ばされたって良い。あなたが好き。
この気持ちは1年経っても変わらない。

290 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/05 23:22 ID:???

 「のちに聴くおと」

軽いはだしの足おとに
どうしてこうも驚くか
軽いはだしのそら耳に
僕にも子供ができた夢

それは正月に帰省した
僕の姪ではありました
軽いはだしのおと軽く
のちの幸僕にみせるよう

291 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/05 23:43 ID:???


 「原則の惑星」

栄養を採って元気に歩め
出来る限りの栄養の
君を誰かに捧げる為にも

弱い者は群れを成せ
強き者は雌を追え
興味なき者は穴へと籠れ

急所を憶え
身を守り攻めよ
蛇のしつこさと粘着のあはれ

煽りは虫れ
叩きは凹ませ、、
あれれ なだかちがてきたYO!!

292 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/06 01:16 ID:VofJxiKZ

 「角のとれた四角」

意識が膨張
酒を煽った意識が膨張を果てしなく
この四角の枠組みを越えてしまう
意識が膨張
夜半の半永久のノート 果ては
合理主義者の四隅の蝶番
果ては メトロノームの三辺の音
拍子が転調を迎え入れては
八角形から四角に戻り より柔軟に
十六角形 更には
無数の角を持つ 限りない角の集積の後ち
あなたらの膨張に時を得て
外道の歩きし枠に捕まる
余所の畑でフキを囓った
果ては 憂いの囲いの中に
果ては 自然の丸さの中へ

293 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/06 01:40 ID:???

 「walk'n」

よくわからないよ
君のあばらがいつものように
ぼくとこすれても
2人は違う今日のなかを歩いてる
あの午後2時の百貨店の屋上に
絵にも描けない空気を溶かした
午後がぼくらを急がせて
やせっぽちの2人のあばらが
ギロのような音をたてたら
2人は奇数 ずれた中途半端な
よくわからないよも
午後に軽くて
合ってるんだか どうだかそんな
歩みも軽くて

294 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/07 02:39 ID:???

 「酒と男と煙草と暮らし」

柔軟な癖であってもただ塗り込まれていくよね
あなたの顔に科学尿素防腐剤、厚塗りのクリーム
よく笑うようになったあなた

君やあなた 僕やあなた
苦労は爆笑で毎晩、で、黙殺している
はずなのに
素敵なそれと素敵な
素敵なはずななにかと、動けやしない、
なにかと なにかと、、

拠り所がこんな
こんなところだなんて、
毎日去ろうとしているのに、、
でもこの男が酒をのんで煙草を吸うと
鬱になるから
敗退の場所
求めてしまう

295 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/08 02:03 ID:???

 「キノコ売り」

キノコ売りが訪れる
こんなキノコはいかがですか?と

疑わしくて毒味を勧めた
解りました と
違うキノコをほおばる、、

僕は貴方にそんなことを求めた訳じゃないんだ、

持参した貴方のそのキノコで
泡を吹きそして死にゆく
そんな貴方を描いていたのに
気持ちがよいから
まぁ良しとしてしまう、、

キノコ売りがつきまとう、
そこらじゅうに生えているのに、、

労働力をキノコに例えて
またはアレをキノコ売りに捧げて、、

296 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/08 21:05 ID:???

 「支配者(心)」

誰も何も話さぬ部屋に
千のバイオリンを奏でる愛が
朝焼けの色を纏い降りてきた
痛みをこらえるしぐさもみせず
愛は羽根を引き抜き弓に
誰彼からの心から
凝り固まった憎しみを選び
紡ぎ出すように演奏を続けた
賛辞の言葉が次々に溢れ
フライングぎみなブラボーの後に
それぞれにバイオリンを手にし
言葉を置き去りにした
その飢えた手たちは
夢中で愛の背中から
それぞれに羽根をむしりとり
力まかせに弦を揺さぶった
誰も何も話さぬ部屋で
ついに羽根をなくした愛は
床にころがり
轟音の中にある
いくつもの欲望をただ
ただ眺めているしかなかった

297 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/08 23:29 ID:???

 「今年の冬は」

今年の冬はとても寒くて
えらく威張っているようだから
へんな髪型でおどかして
寒さを引っこ抜いてやれ

今年の僕はひどく荒んで
誰とも会いたくないようだから
へんなリズムでおどかして
洒落た店へと連れ出してしまえ

298 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/08 23:51 ID:rR5cgTrv

 「好みの女性(おれバージョン)」

繊細な人 まずこれ基本
でいて図太い 俺には図太さなんてまるで無いから
身長は気にしない 顔と合ってる背丈の人なら
出好きな人がいい 俺まったく出不精男だから
視力のいい人 車の中からああだこうだと街を景色を語りたいから
天然な人 俺の感情をほぐしてくれるほのぼの
酒が飲める人 これも基本 いつでも二人で酔っぱらっていようね
身長はやっぱり同じ人 ズボンをいっぱい交換しよう
泣かない人 君まで泣いたら僕らいつでも泣いていそう
きりのない人 わがままな人 俺もきりがない人だから
いびきを掻く人 眠っているときも君が居るのを確かめたいから

299 :yuu ◆vYueMMw6 :02/01/09 23:48 ID:cFpCDIWT
絶好調ですね、鳩さん。
この板来るととっても落ち着くんですよね。
難解なものもあって読めないものも
ありますが・・・。
287>人の、考える姿を、克明に描いていて、
なおかつ美しいです。
298>良いなあそんな女性。良いっす、鳩さん。
鳩さん、お幾つなんでしょう。ヒント下さい。
297>今年の冬は
寒くて寒くて
これって気分的な
ものありますなあ
でも風邪は2回も
引いちゃいましたYO
ぶるぶる。

300 :yuu ◆vYueMMw6 :02/01/09 23:51 ID:???
↑板では無くこのスレね

301 : :02/01/09 23:59 ID:dnDEYOSB
あなたに会いたいです、今すぐ、

例えば今、あなたが林檎を食べたいと
思っているなら僕はあなたのその華奢な
腕にいっぱい、いっぱいななるくらい林檎を探してきてあげたい。

例えばあなたが今、ほかの誰かに会いたいと思っている
なら僕は辛いけどその人を探してきてあげたい。

そしてもし、もしもあなたが今、僕に会いたいと
思っていてくれるなら僕はどんなにあなたが
離れていても、会いに行くよ。
(ちょっとパクリ、、、)

302 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/10 02:37 ID:???
yuuへ
俺の中では最近はただのただのただの絶不調
このスレの最初のほうや中盤あたり
そっちのほうが才気が走っていると想うよ
俺の年齢はともかくも
まあ二十代そこそこの
がらんどうのあたりに居ますよ
ところであなたのスレですが
毎晩の様に訪れているんだよ
若いんだろうがよい詩があって
おれだけどなんたらみたいなも
実は俺だったりするんだよ
いっぱいいっぱいハートマークを
レスするかわりに
刻んでいるよ

303 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/10 03:00 ID:Zv+13Cpm

 「ニーチェ」

あなたはぼくに教えてくれた
感情を殺す言葉と
塵取りの拭き駄目の意味と
それからを一切を充実に変える
宗教じみた神々を
夜の果てであなたを愛した
夜も昨日もあなたに捧げた
狂い舞うデュオニソスの交錯と
2002年の陥没と嘘を
日々変化する日々の出鱈目に
あらゆる感情を
内に秘めた貴方に
この瞬間とやらを送りたい
無暗やたらと降りそそぐ神々に
無暗やたらと降り注ぐ貴方に

304 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/10 03:13 ID:Zv+13Cpm

 「夜」

夜は迷子の子供のよう
毎晩のように訪れ消える
軽い涙はインチキで
夜に果てなく車輪を転がす
紫色のあなたの夜が
希望を持たぬ夜にせよ
夜は謙虚に虹色で
あなたの色をさらいます
あなたの色をさらいます

305 :名前はいらない:02/01/10 04:12 ID:???
「壁」

あまり近くに寄らないで
遠くから見ていて
そうすれば
綺麗な真っ白な壁だから
近すぎると
ぼろが見えてしまう
完璧じゃないさ
君が望むような
白さではないよ

306 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/10 23:20 ID:GT43f+HW

 「流れ」

この大きな流れのなかで
無事に生きたという意味を
あなたの墓標に刻みましょうか

あるいはただの流れのなかで
うずくまり泣いたという石を
そこらの街に落としましょうか

ひどくやつれた日向のなかで
絵にもできないみじめな性と
鼻をたらして眠りましょうか

この枯れかけた流れのなかを
のぞき込むような空しさと
このさき夜をともにしようか

307 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/11 01:56 ID:WCqGGtVR

 「嘘」

意味の持つ
バネにはじき飛ばされて
振り返りざまにバネは言う

意味の無い
バネにはじき飛ばされて
振り返りざまにバネは言う

右手がそして右足が
バネの私を放ちましたと、、

308 :名前はいらない:02/01/11 06:04 ID:syqIaIyw
「無題」

静寂な朝
張り詰めた寒気に震える
ぼんやりと何かを想う
孤独に包まれながら

309 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/12 02:04 ID:0/NlLi4y

 「ジャズトラップ」

よい天気だからお昼休みに
少しすました顔をしてパン屋まで歩くことにした
田舎臭い商店街
アーケードの屋根のプラスチック
いたるところひび割れて
鳩の糞だかなんだかが積もりに積もって
正午過ぎなのに夕方投影機みたいに
暮れゆく今日を演出している
その偽物の夕暮れの中で
くるみのパンをほおばっていたら
でっかすぎるヘッドフォンをしたサラリーマンが
ベンチの隣に座ってきて
俺の真似?なんて思ったよ
クリームブリュレ?みたいな
気取ったパンをほおばりだしたんだ
片耳だけしたイヤホンで
俺はハートブレイカーズを聴いてたんだけど
奴ったらギンギンにオープンエアーのヘッドフォンで
シャカシャカシャカとハイハットの邪魔者を
俺の左耳によこしてやがる
立ち上がろうとしたその時耳に奴が一言
「バルネ・ウィランです」
びっくりしたよ本当にさ
愉快犯だか確信犯だか
ネクタイピンは確かサックスの形をしていたんだ
帰り道のアーケードは更に日暮れて
噎び泣く空気を揺らしていたんだ

310 :名前はいらない:02/01/12 02:07 ID:rXEOMDGP
「無題」
誰も生き急げとは言わないから
全てがゆっくりと過ぎていく
蓄積されていく焦燥感に
貴方はどこまでたえられますか?

311 :名前はいらない:02/01/12 02:14 ID:01j501hb
 神を信じる間に
 堕落する精神
 堕落せらる世間体
 神を信じない奴に
 神を信じる奴をけなす資格はないわけで
 勉強しない奴に
 勉強してる奴を貶す資格がないのとおなじ理由で
 神を見捨てたからといって
 おまえに何が残るわけでもなし
 その空しさを
 神以外の何かで上手に埋めたい欲望なんだろう
 神を信じると信じないとに関わらず
 神は、居る

312 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/12 02:29 ID:0/NlLi4y

 「星」

星は何重にも瞬いて
僕のしょんべんを照らしだす
星は鳥にさえ嫌われて
フクロウだけに灯りを灯す
星はいちいち輝いて
僕らをちっぽけに落とし込む

313 :DayGood:02/01/13 18:33 ID:+MZEy4hf
「隔たり」

語る貴女の瞳に私が映らない
私の思いは垣根の向こうの風
暖めあう手があるのなら
扉を開けて抱きすくめるものを

314 :yuu ◆vYueMMw6 :02/01/14 00:26 ID:MsYAWHVw
「深海」

深海の底にて
君を待つ
勇気があれば
潜水艦でも
何でも使って
潜って来い

315 :愛季沙希 ◆LD.UhKwA :02/01/14 00:40 ID:GdxRnJk9
「午前10時」

早起きして 歯磨き顔洗顔 化粧はまあまあのデキ
午前8時に起床して9時までボーっとしてた
9時30分頃におでかけ
今日は収穫はあるのだろうか
これから13時間弱座りっぱなしだ
だけどスリルと快感は癖になって治らない
これが私の収入源 社会に貢献していない
でも潤滑油にはなってると思うの
いつまで続くはわからない
遠い先まで予知する能力でもあればいいのだけれど

316 :yuu ◆vYueMMw6 :02/01/14 00:42 ID:???
312>抽象的ですが、底辺に悲壮感を感じるんですよね。
たまらないです。

317 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/14 02:04 ID:MOTZhZOO

 「白」

まず色のない白が有る
形を持たない膨張する
それだけの白が只有る

狂う様に膨張を繰り返し
効果的なやはり白と出会う

曇り空
黄ばんだ青
その果て這うように
塗り込まれてゆく白

眠気を白に例えたら
今日はおしまい
全ては眠りの中へと
吸い込まれることを
待つだけの
罠の色

318 :Iridium:02/01/14 05:39 ID:???
そこからまわりこむように。
ああ、なんていうかなあ。
君にはなんといったらいいのか。
もう行くよ。

そこからでは間に合わないでしょう。
風が吹いているし。

どうしてかな。
それはなぜそうなっているの?
早くはっきりさせないと。

カラスがそこまできてるじゃない。
何が幸いするかわからないものだわ。

そこに車があって幸運だったわね。
よかったわね。

319 :ねす:02/01/14 11:30 ID:DIbdOKxO
ゆめをみたのです。
真夏の日差しのようでした。
中庭に影がおどっています。
なんの物音もないのでした。
土がむきだしで。
なんだかなつかしい。
そんな気がしたのでした。

320 :ハサキ:02/01/14 22:29 ID:gGMHvxtj
 「何処へ・・・」

あの日以来無くなってしまった日々を返してください
思い出せないあの日々は確かに貴方が存在していたから
眩暈がしそうな程綺麗だった貴方

何処へ 何処へ行ったのでしょうか
貴方に抱いていた愛という名称は
何処へ 何処へ置いていったのでしょうか
愛情が詰まりすぎたあのトランクは

何処へ 何処へ消えたのでしょうか
あの切なく甘い日常は
何処へ 何処へ行けばいいのでしょうか
貴方を無くした私は

どうか日々を返して下さい

321 :PIECE:02/01/15 00:45 ID:dpkHi4od
いつも見る夢の色は
そう ここにあるような
雪と小石と花とかけらの宇宙
眠りをやめた猫たちの
息づく声が支配する
小さな風さえここでは
掟を破らず 夕暮れを待つ
ただ束の間の僕だけが
無重力の嵐の中で
いつか眠りからさめた
いつも見ていた夢の色は
いつもと同じように
冬の空に溶けていく
紅茶からすくいあげた
その手の中の 花と引き換えに

322 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/15 02:51 ID:gVPX7G8F

 「息をする」

リモコンが周波を送る
退屈な蜜柑とテレビとが
コタツにテレビに
足を十字に寄せ合い
くぐもった余楽を取りあう

今晴れた
今晴れたいつもの午後と

多数マンションの奥に
昨日は僕の隣に

円を描いては落ちていく
呼吸の描いた
風呂桶の体積

遠くでテレビが何か話すから
空き瓶の部屋に児玉する
息を吐く
小指の欠点と
春と夏と秋と僕と
百舌と雲雀と吸い込む雪とが
冗談を涙を現実に溜め込み

明日の朝
明日の朝の空気

胸一杯に
吸い込もう

子猫がそういえば生まれた
にゃんといっては
笑う

323 :龍治:02/01/15 03:23 ID:G9l3QEho
「自己嫌悪」

あなたは私のことを「好き」と言う
だけど、私ははぐらかす
本当は、私も好き
だけど、照れくさいのと
あなたの言葉を疑る
自分がいる

324 :PIECE:02/01/15 09:40 ID:dpkHi4od
ガラスの水槽を用意しましょう
それから水を十分入れましょう
それができたら一番大事な
眠り薬と香水と媚薬と幻覚剤も
だけど寂しがらないで
ここでしか生きられないのは
君のせいじゃない

325 :西山正人:02/01/15 11:41 ID:???
公安調査庁の本庁、調2−2、関東総務部及び多数の緑新会メンバー
に感謝をこめて

 あんたらも
   役者やったか
     暗号に

    気がつくのには
      今朝までかかった

PS ご協力ありがとう。同室だったK氏には特に感謝。

326 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/17 02:29 ID:wp03quyj

 「死ぬ」

叫ぶ また 叫ぶ
 夜には君が一辺倒だ
蹲る 毎晩 蹲る
 ららら♪ 一人じゃ冗談も言えない
おなら 謝罪しながらの おなら
 気分はもうとっくに死んでいる
カス軽度、流れるだけの滝の向こう

死ぬのは嫌だから挨拶を練習する

おはよう
又はおはようございます
おつかれさまでしたー
 死んでしまえ、、

327 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/18 02:12 ID:+IH05V5f

 「ララは僕の愛する猫」

雌だ
毛深いよ

うんちも最強だが
臭いと佇まいも最強だ

ごしごし
しこしこ
 綿棒で

多分だけれど
ララはサンリオから取ったネーム
ララはサンリオから取ったんめームさ、、


328 :フォゲッツ ◆SAD9g9QQ :02/01/18 02:17 ID:???
>>327
詩を笑いに来たつもりが
なんなんだよ笑えやしえー(藁
びっくりした。

329 :鬼ころし:02/01/18 02:25 ID:???
「怪物を殺したい」

真実はときに怪物の姿になって
止まらない脳と僕を襲う
硬くまぶたを閉じたとしても
怪物は僕の脳に鮮やかに浸入していく
臆病な臆病な僕の視界は
残酷なまでに鮮明だ
真実という名の怪物は
僕をとてもゆっくりと蝕んでいく
だけどこの一升瓶を飲み干してしまいさえすれば
今日もやりすごすことができるはずだ
僕の止まらない脳を濁らせてしまえば
どんな事実だってメタファーにすぎないのだから


330 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/18 02:50 ID:xSxoJ5u6

 「魚」

あたり一面に蔓延る歩道橋
熱帯の空を運び去った気圧と
黒ずんだ湿度に沈む街
執拗に辺りを囲んだ
何者かを僕は睨みつけたら
ふと 君が目の前を横切った
後ろ姿を互いに見せ合う

河口には腐敗し流れついたザクロ
いつでも僕はしょうがなくほおばる

硝子の囲いの中
飯を食らい歩く
硝子の囲いの中
君を想い失う

けれど街ゆく人が僕を囲んで
何者かを僕は睨みつけた
けれどいつでも僕はしょうがなくほおばる、、

熱帯の魚が君と僕との
   緩い空想におよぎだす

あたり一面に蔓延る歩道橋
熱帯の空を運び去った気圧と
黒ずんだ湿度に沈む街
執拗に辺りを囲んだ
何者かを僕は睨みつけたら
ふと 君が目の前を横切った、、



331 :2枚目の木の葉 ◆5NLeaf2U :02/01/18 03:18 ID:pUIJsYcC
わ〜い、ポエムだ♪@創作文芸版
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/930464733/
というスレから風に舞ってやってきた流浪の旅人
それは1枚の木の葉

自分の意思では動けない木の葉
そんな木の葉を動かせるのは風だけ
風が吹くまで24時間だけ待っている木の葉

あなたにお願いがあります
そんな木の葉を動かす風となってもらいたいのです

木の葉は
URLリンクが貼ってある風の中で
もっとも早く吹いた風に乗ります
でももし
URLリンクのない風しか吹かなかった場合
その時はその中でもっとも早く吹いた風に乗ります

だけどわたしからひとつ言わせてください
木の葉が一度お邪魔した所には
24時間以上経過しなければ行きません
書き込み不可能な所も
木の葉は行くことができないのです

どうかみなさん
風を吹かせて木の葉を舞わせてください
風に舞いながら
この2chを旅していく木の葉を見たいから

332 :名前はいらない:02/01/18 03:22 ID:???
>>331
死ね!

333 :黄金の名無し@放浪中 ◆.JinTAsI :02/01/18 11:45 ID:???
 _G_
( ゚∀゚)ノ < 風を吹かせに参りました。

http://music.2ch.net/test/read.cgi/beatles/1011110353/

334 :名前はいらない :02/01/18 15:54 ID:Q+toszuv
チーズ

ポリポリポリポリと
小気味の良い音を立てながら
食べられてるきゅうりが
羨ましく
妬ましかった

チーズときゅうりを並べてみても
全然似ていない
色が分からない
音が聞こえない
匂いが分からない

だから似ていない

いままで恐ろしい程の輝きを放っていた
透明のきゅうりが
チーズの横に並んでいる

チーズはきゅうりと仲良く星の数を
数えていた


335 :2枚目の木の葉 ◆5NLeaf2U :02/01/18 20:30 ID:???
>>333
ありがとうございます。風に乗って詩が聴こえてきました。
それでは行ってまいります。ひゅるり〜。
あ、あと稚拙なのですが詩を置いていきます。

------------

顔も知らない僕の両親は
僕を産んで姿を消した
誰かもわからぬ子の親になる
その一時の為に僕は生まれた

生まれた時に僕は孤独だった
だから僕は独りで生きた
この広い世界で仲間を探す
その一時の為に僕は生きた

暗闇の中で僕はじっと眠った
生きるための糧を蓄え
この生命の灯を燃やし尽くす
その一時の為に僕は眠った

まだ見ぬ僕の愛する人よ
今から僕は会いに行く
すべてを捨てて君を愛する
その一時の為に僕は飛び立つ

336 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/19 02:55 ID:???
>>331
やだっ、木の葉だ。う〜れし〜♪
>>334
なんだかお久し振りですね。初心に返ろうと思うけふこのごろです。

337 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/19 03:40 ID:TlqYtuNg

 「緑と青と黒と白と」

色はたったの三つだけ
白はおれ色だなんて認めない
ココにいていつもこう思うさ
友達が遊びにきてくれたら
こんなとこには来なくてすむのにって
明日にいつも夢中だったら
こんなとこには来なくてすむのにって
おれは肌色と黒とそばかすと茶色とで出来ている
そばかすは色だなんて認めない
みんな多分そんな色で出来ている
おれはよく頭が痛くなったり
背中が痒くなったりする
色のない世界を夢見てる
おれは真っ白を犠牲にしてしまった色




338 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/19 03:54 ID:TlqYtuNg

 「俺は洋楽邦楽狂っているがベートーベン氏の交響曲第3番「英雄」の第三楽章を越えるポップさを知らない」

但しカラヤンに限る
フルベンはやや自己満だ
クラ板はフルベンまんせーで
俺がなにを言おうと空気扱いだ

氷漬けにされた遺体の第二楽章を
無邪気にいじくっているカラヤン
ヘルベルトフォンカラヤン

なんだこれ、、


339 :柘榴:02/01/19 16:37 ID:xZf4mpEG
あたたかな涙
流れ落ちていく
柔らかな頬をすべり
頬に沿えたこの指にとける
好きだよ
何回も伝えた言葉
今また、まごころを伝える
何度でも
何度でも
だって、好きだから
その笑顔が、声が、何もかも大好きだから
今日、ここにいられることを最高の幸せだと思う
抱きしめる華奢な身体
この世界にしかないたったひとつのたからもの
あふれる気持ちをひとつにして、今また伝えます

好きだよ

340 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/20 02:42 ID:04UbYaW9

 「漆喰の天使」

セエターに長い髪の毛が一本
誰のものとも知れない
火で焼こうか
俺は汚いものを摘むように持ち
屑籠を探した

酒がひとつも無い夜は
冬の不精が毎年くれる
電化製品が泣きだし
周波数の数字達
静寂と馴れあう
目を細め透明に透かした静寂を観る
壁の絵の果て
絵の闇の冬
浸食されていくような六畳間
少女のページでほうりだされた小説
絡まった線と良くわからない湿度
埃を被った誰かの傘



341 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/21 01:03 ID:iu5Ac8Yr

 「ロミオの」

夜の中に息がある
昼を奪われた花の咲く鉢が隅にある
昼の中身は眼球が埋める
僕の頭部を埋める髪がある
気流が揺らすものの一つに髪がある
夜に発情猫の虚勢を加味する
脳に肢体の爛れが宿る
駅ににわかな雨が降る
栗がいがに裏切られ
まな板に昨日の海がある
東に日の出の点がある
昨年よりもおぼろげな
畳に古来の湯気がたつ
四文字熟語の字引の中に
彼岸を現する一文字が住む
ワニは北の半球で
遠い記憶に鳥が住む
愛と憎しみと書いた文字に
鼾をかいてロミオが眠る
夜の誰に誘われようと
遠い基地が思い出される



342 :龍治:02/01/21 02:05 ID:dGM19SF7
ひとりでいる寂しさを
感じるようになったのは
自分以外の温もりを知ったから
だけど弱さを認めるほど
僕は強くない
だから君に弱いところをみせたくない
こんなにも想っているのに
ヘンな自尊心が邪魔をする

343 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/21 02:11 ID:hsTv5iz7

 「納骨」

止まる時間の石の裏に
もがく貴方の咳き込みを聞いた
医学がキリストを殺し
僕は白昼夢を偽って
森の中で気配を殺した
レゴのブロックは配列を無視して
飛び立つバッタの脚力を
バネの有る布で殺す
宇宙 サイパン 日本 六日間
コタツの中で他人の感触
新鮮さ
原色の思い出
木が石が葡萄が他人
回りくどい言い方で
殺すことを憶えた貴方


344 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/21 02:27 ID:hsTv5iz7

 「青い顔(ブルーマスク)」

機嫌の悪いおまえを捕まえては
耳を舐め背を舐め名を舐め
青い顔へと染まってゆく

黒い布団に寝静まっては
指を噛み歯を噛み
死体へと頬をよせ

青い頬の遊ばれた
赤い頬の今となっては
折れた鼻もネジとなっては
腫れた瞼も日食を待ちては


345 :Qたろー:02/01/21 02:27 ID:???
「荒らし」

ペンギンが4体
ガンダムとチョコエッグ
そしてペンギンは言う
「俺はロイターに勤めていた」
中国の携帯電話の契約者・・


346 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/21 02:42 ID:hsTv5iz7

 「僕たちは皆」

朝の眠気を時計のせいにすると
等間隔で進む秒針が
いくつもの部屋で音を刻んで
誰もがきっとがっかりと起きて
急かされ
刻まれたその時間に生きてる
僕たちはまた
体内時計を押し込めて
理不尽さの中に生き
ゲーラーカイトを飛ばした頃の
冒険の中で生きている
僕たちの暗がりは底が浅くて
多分明日には無邪気な会話で
朝の時計を祝福して止める



347 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/21 02:52 ID:hsTv5iz7

 「淡水」

濾過が過ぎた悲しみ
泣くことだけの君と
揺さぶっただけの天気
黄土色
褐色
歯並びの悪い偽物
二重化された結合の持つ意味
濾過され残った二つの原子
パンにバターを塗るように
汗を水道に流し込む
電池の切れたリモコンが
僕の親指に運動を迫る
淡水域
100ボルトの
淡水


348 :龍治:02/01/21 03:06 ID:dGM19SF7
「自己」

何がそんなにおかしい?
よくそんなに笑えるな
本当は足並み揃えているくせに
他人の様子をうかがっているくせに
嫌な奴
自分を隠すなよ
秘めた衝動も
そのうち隠しきれなくなる
今なら間に合うはずだろう
だから俺を眠らせるな
いつまでもお前にけしかけてやる

349 :名前はいらない:02/01/21 03:43 ID:4QZ756VT
散歩をしてたらウンチを踏んだ

家に帰って靴を洗った

それは人糞だった


350 :名前はいらない:02/01/21 11:27 ID:???

>>349 アホ〜ッとしてるからだよ!マヌケ!

351 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/22 00:29 ID:K4z9ttXh

 「アナーキーin The 桶」

前編ぱくりな詩を今からかきます、はい。
レッドツェッペリンからぱくります、はい。

 「ちんこ」

ちんこ。

はい、以上です。



352 :ははは♪:02/01/22 00:50 ID:???
>>351 はとさーん♪
君って、上気しやすい性質の人なんだね・・。
まーた、イライラしたわけなんだぁ(w w

353 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/22 01:22 ID:QEi50V5r

 「だって鬱なんだもん♪>>352

上気って意味わかんねーよ
イライラしてないけどさ
気分はどうやらちんこだねー
お願いだ
俺をただ潰してくれね
俗悪が詩なんて書いて茶駄目なんじゃねーの?
って
最近強く思うしさ
よろしくちんこ!



354 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/22 01:42 ID:QEi50V5r

 「>>352

君の毎日を思い浮かべてみる
それだけで悲しくなる
多分当たってる空想
参列者はどうしようもない
無視と乾いた言葉の一辺倒だ
沈むのはお前か俺か
俺は解っているから
素知らぬ顔で明日から詩を書いて遊ぶ
気分は底辺でありまた
青空に


355 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/22 02:35 ID:QEi50V5r

 「ゴミの詩」

よく見ると
ヘリコプターが飛んで
雲が流れるだけの
空だった
いけない気分が
地べたにはった
緩く締められた
九官鳥が喉を鳴らした
鉛筆や時計に性別を訪ねたら
こんな日常はドイツ語に帰してしまう
または
すごろくの始めに戻るに
似ている
苦しみながらも渡り鳥は
この部屋をきっと
桃源郷だと
言うのだろうか



356 :>352なんだけど・・。:02/01/22 02:46 ID:???
>>354 はとさん♪
うん、僕はそれでいいよ。 別に問題はない。
急がずに スランプを楽しむ事も時に必要かと・・。

「幻想デリバティブ」

壁に向かって つぶやくのと
荒野に向かって絶叫するのと
一体、どっちが
上等なんだろうな

見込み違いも はなはだしいと
今では言わざるを得ないのだが
自分を変えるよりは
簡単なことに思えたのだろう

世界を成り立たせているのが幻想であると
証明できれば、世界は意のままに
姿を変えるはずだった

クエッション NO.1 さて私は幻想かな?
みぞれが、曇った窓が、遠吠えと犬小屋が
入れ替わり立ち現れる


357 :名前はいらない:02/01/22 02:56 ID:???
>鳩さん
無理すんなよ。「ち○こ」なんてさ・・君には 全く不似合いな
言葉だよ。(w w

358 :名前はいらない:02/01/22 14:27 ID:???
>>356
おおぉ、定型14行詩、ソネットですねぇ!
私の知るところでは、この詩型式で詩作を
される方は、詩板では貴方で ふたりめと
思いますが、同じ方なのでしょうか・・。

>みぞれが、曇った窓が、遠吠えと犬小屋が
入れ替わり立ち現れる

当然 ブランクバースで書かれているとは
いえ、それなりに レベルの高さを感じさ
せる良い詩だと想いました。でわでわ m(__)m



359 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/23 02:49 ID:5TJ6W4et

 「木の魚」

眼が覚めるとすごろくが置いてあったから
僕は適当にサイコロを転がした
2戻り4進む、
うち解ける愛の告白に
義務教育の奴隷の窓に
一週間や一生を
僕はサイコロのせいにする
頭はどうやら不安定に流れて
神!を
そして自由!を
木目のある家具の中へと沈める
わたしは魚
鰭を求めて泳ぐ


360 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/23 03:00 ID:5TJ6W4et
このごろどうも胃腸の気配が
僕を殺したがっている
雪の降らない冬にただ
我慢と忍耐並べてる
このはかなさの果てにある
酸欠ぎみの昆虫を見たら
裸足で駆け出すあなたの痛みが
十二指腸に響きます

夜が例え
日の差す夜に
片目の下痢をよこしましても
いつも僕らは
ビーチパラソル
白い肌


361 :詠み人知らず:02/01/23 04:26 ID:FmArajoe
君の香りが消えると朝には何も残らない
窓をすり抜け出て行った君の夢は
空と溶け合う水色

ぼくはなにも聞かない
なにも喋らない
ただ君の眠りの中へ

あの娘は春の風になって
どこか遠くへ飛んでいった
髪をほどいて横たわり
眠りの中で風になる

362 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/24 04:25 ID:lJeIJW1Z

 「とても毎日が楽しいと思うから」

スイカを囓った夏の陽気に
僕ら(俺、タヌ、はらだ、yuu)
三日月のコップで
悲壮や哀れみや
人差し指 天井の象さん
いつも僕らのなかには
夜に迷う学園の中庭
顔可愛くなくなった
布団にくるまる
朝が驚き
鰯が起きては
定期を差し出す
無臭
臭いない言葉のすみに罠
嵐が岩の
毎日が日溜まりの



363 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 00:47 ID:???

 「分散してゆく私」

あなたが私を眺めている屋上
あなたが私を眺めていない中庭
どんどん規制が厳しくなっていく
時代が私と年齢とを閉め出そうとするの
自転車のカゴに新聞紙を丸めていっぱいに詰めて
膨らんだ自転車を私はヌイグルミのように大切にしてる
一人のときはあなたを眺めて
記憶のなかのたくさんのヌイグルミたちと
世界をほうり出して遊ぶの
だれも居なくなった屋上や校舎を
階段の踊り場のコウモリを
思い出してしまうから


364 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 01:07 ID:???

 「声は大きくハキハキと」

声は大きくハキハキとして
相手の目を見て話しましょう
あらゆる事に積極的に
明日を信じてとり組みましょう
あごを引いて腹式呼吸で
体を鳴らすようにして歌いましょう
困っている人には広い心と優しい気持ちで
幸せを少し分け合いましょう
シャツはズボンにきちんと入れて
釣り銭の無いよう気をつけて
朝には切符を買いましょう
満員電車にゴトゴト揺られて
皆で賛歌を歌いましょう



365 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 01:24 ID:???

 「虹色てんとう虫」

ある朝陽気に急かされて
湖の街をザブンと泳いだ
背泳ぎきめて泳いでいたら
(株)虹製作所の
コンビナートが逆さに見えた
随分沖まで来たものだ
更に潜って髪を乾かし
タバコを一本吹かしたあとで
避雷塔まで上がっていって
大の字になって寝ころんでいたら
水面越しの淡い陽光
家には何時に帰れるだろう、、
魚礁に張り付くてんとう虫を
溢れんばかりに両手に抱えて


366 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 02:30 ID:???

 「ただ盛んな雄と雌とで」

ただ盛んな雄と雌とが
互いに腰を振りあいますと
鉄骨や木造ぎしぎしと揺れて
あまたの街を区切る木々やら
丘の上の十字を越えて
世界最大がうたい文句の
あの観覧車を音もなく回します



367 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 02:41 ID:???

 「dalliance」

うずらの卵の中みには
幸せがそれぞれ住んでいて
僕らがそれを割るごとに
キッチンに笑顔が絶えません
無精卵はそれ自体
希望を持たない幸せだから
食べられることを喜んで
特売されても微笑んでいます
いつもの朝のハムエッグを見たら
僕らの心は安心しきって
希望を持たない幸せと
携帯電話をカバンに詰めます



368 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/26 02:49 ID:???

 「零」

唯物論者がこめかみを打ち抜かれた夜に
私はおやすみとは言いだせない
何故ならそれは柔軟さを持たない
アルカイックな零だからだ
唯一で有るべき物が
分身を繰り返し蔓延る
その相対関係を
私は決して逆説などとは
言いたくないから



369 :龍治:02/01/26 15:38 ID:???
「わがまま」

君を想う気持ちからだけど
それは伝えられない
抑えきれない気持ちを
酒で散らす

370 :名前はいらない:02/01/26 16:29 ID:ZmR0URzl
http://www.geocities.co.jp/Milano-Killer/5537/gss.html

371 :カフェイン:02/01/26 16:32 ID:???

吹き荒れる空の下で
私はじっと前を見る

解りかけてきた希望が
もう惑わされないように
もう見失わないように
真実に向かって 歩み出す
人はただ 進むしかできぬとしても
人はただ 悲劇を演じるだけとしても
真実に向かって 歩み出す
もう見失わないように
もう惑わされないように
解りかけてきた希望が

私はじっと前を見る
吹き荒れる空の下で


372 :龍治:02/01/26 17:40 ID:???
「新発見」

こんなに弱いなんてね
ずっとひとりだったから
気づきもしなかった
孤独が好きなのは嘘
本当は傷つきたくないだけ
本当の寂しさを知らなかっただけ

373 :龍治:02/01/26 21:50 ID:???
「渦」

ぐるぐるぐるぐる
まとまらない考えが
渦巻いて
だらだらだらだら
時間は過ぎていく
そして今日も一日終わり
なにも残らない


374 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/27 02:41 ID:8z06+EX5

 「ヒーロー」

また今夜も毛細血管がどうしようもなく膨れあがったのかどうだか
人の影響をうけては徘徊癖のまねごとをして小学校まで歩いてしまった
 僕は病気でなんかあるわけない
と、繰り返すほどに
毎年涙目で挑んだ球技大会の
三振しては情けなく笑った
あの屈託が蘇ってくるから嫌になるよ
目先の栄誉に操られていた子供の心
僕はおもしろいはずの冗談で何度もすべったりしてた
涙目でパンを囓ってはのこした
今日の僕がそれを助けに歩いたのかもしれない



375 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/28 03:01 ID:fWTBp23/

 「底」

鍵を掛けて部屋を出て
鍵を掛けた部屋につく
温存された僕の心は
今日一日を守れましたか?

内側からは自由に開く
その鍵の原理にいつも不安だ
部屋に置いてきた僕が
昼間に退屈に任せては
どんな歌をうたっているのか

何重にも鍵を掛けて
僕は友達の部屋を転々としていた
病院で聞かされた
 急に大声で歌い出して
 ぶっ倒れたんだよ、おまえさ、、
本当の話だ
本当の僕の心だ




376 :龍治:02/01/28 03:03 ID:???

脳内暴挙
壁は殴って壊してしまえ
机上のものは蹴り落とせ
壊せる全てを壊してしまえ
そして自分のなかに閉じ篭れ


377 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/28 03:08 ID:???
>>376
なんだきみ会。
は良いえっちゅーねん!

378 :タヌタヌ ◆TANU2zto :02/01/28 03:10 ID:g+E+IlFz


379 :龍治:02/01/28 03:10 ID:???
「自分勝手」

もう終わりかと思いました
あなたの気持ちを確かめるために
無理なことを言ったから
ただ、かまって欲しかった
あなたにほんの少しでも
気にかけて欲しかった
あなたの中の
私の存在を確かめたかった
自分に自身がない私は
そうしないと落ちつかない
この気持ちを埋めて欲しい
ほんんとうに自分勝手なのは
わかっている

380 :龍治:02/01/28 03:12 ID:???
>>377
え?

381 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/28 03:14 ID:???
え?ですね。すまそ。勘違い。378と379が同一かと、、え?ですね。そう?

382 :タヌタヌ ◆TANU2zto :02/01/28 03:15 ID:g+E+IlFz
同一ぢゃないよ

383 :yuu ◆vYueMMw6 :02/01/28 03:17 ID:???
明日はバイト・・・。もう寝ませうかな。

384 :龍治:02/01/28 03:17 ID:???
…もしや、他の方と
詩の内容が、かぶってましたか?

385 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/28 03:18 ID:???
うん。同分だしね。わかった。もうイイ。俺ももういい。

386 :龍治:02/01/28 03:22 ID:???
いやはや、なんだか申し訳ない…

387 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/28 03:46 ID:fWTBp23/

 「スプーン」

あなたを見つける旅に出た
雑誌の片隅
あるいは壁の胆の染み
うがいをして手を洗って
レンズを外す
コンタクトは僕の目の分身
カプセルの中から僕をみつめている
眠りにつこうとすると
僕を見つめている
夕立が足音を増やした今日を
見つめていたのは僕かレンズか
水筒を落として怒られたのは
汗をかいて泣いたのは
僕かレンズか
犯罪者を僕をプリンを誰が観ていた、、



388 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/29 02:15 ID:eB1oiP5Z

 「目隠し」

どうやら季節が風邪をひいてしまった
咲くはずのない花が咲いている

花は宇宙を季節と間違い
羽虫も居ないこんな季節を
星降る我が身の春だとおもった

痛いくらいの春はまだ何も見えない春で
思わず蕾をひらくしかなかった



389 :nene:02/01/29 02:21 ID:AkK/Tctf
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ayaaya6
嫌な事 吐き場だそうです

390 :名前はいらない:02/01/29 02:26 ID:UFQpHajZ
age

391 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/29 02:44 ID:eB1oiP5Z

 「簡単なことばで」

毎日パックを食べている
そこらのストアで日常を貪る
だがしかし
僕は牛を殺せない
牛なんてあんなもの
僕は何もかもを殺せない
日常が僕を見て笑う
僕は頬張る
骨付きの肉
パック詰めの簡単な食事を


392 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/29 03:16 ID:eB1oiP5Z

 「君を」

ほんの少し指が触れただけで
僕はあなたの恋人になれたんだと錯覚している
指があり爆発がある
恋というのは指先からいつも始まって
死と言う言葉さえ知らない白痴だ
君が死ぬほどに好きな人が居たなら
僕は死以上の存在に必ずなる自身がある
君が誰かと架空の恋をするのなら
僕は君の夢の中へと
君の時間軸さえ粉々にしてみせる事ができる
僕は今、愛の塊ではあっても
君の眠りを覚ますほどの
大きな音では多分無いのかも知れない
それでも
君を弾いてしまう、
君を哀れに思う
そんな明日が来るなら僕は死のう
それほどの覚悟が
今あなたの中に僕の中に
渦巻いているんだとしたら、
愛が有り恋が有り
優しさが無く真実が有る
いつもどうりに僕は枕を抱きしめてこれから眠るけれど
ちっぽけな僕を
ちっぽけな食事を
明日も君に一口で
頬張られるだけだとしたら
僕は君を永遠に
華やぐ街頭から遠ざけて
空の記号の一つにするんだ






393 :死地:02/01/29 04:01 ID:N0ZYWhE6
「声無き悲鳴」
眼の前の直線達が交差する。
カラカラに乾いた喉を鳴らしながら
僕を指差し笑ってる
五感が一感ずつ磨り減っていく
誰か感覚無くなる前に
ざらつく舌で愛撫してくれ

394 :名前はいらない:02/01/29 05:06 ID:t+hvD8p9
>>392
感銘しました

395 :名前はいらない:02/01/29 11:16 ID:???

>>鳩さんは良いね。心が洗われる感じだよ。

396 :reid:02/01/29 18:12 ID:IXxjw5mE
「さらり」
香る薫風が長い髪を揺らす午後
暖かなる日向に心和やかに山道
ささやかな喜びと胸を振う夕方
感情豊かに心を表現しようと暁
花々達の賛美歌が頭に響く晩餐

此処から何かについて正そうか

其処から何かを伝える志しとか

実は初めからある現実だからか

さらり波が打ちつける程の季節
に何かが弾けた。
さらり風に煽られる心地と干渉
に心が掠れた。

遠くへ行こう

何所か遠くへさらりと




397 :はらだ将:02/01/29 20:40 ID:???
>>392
いいなぁ。いいよ!霧吹きかけていいよ!!
鳩くんは詩人だ。

398 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/01/31 01:02 ID:pOR4ZL9U

 「1ミリづつ」

夜をいつ刻もう
平常心は1ミリずつ
毎日一日二回
土曜の夜には
一日三回


399 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/01 00:54 ID:???

「歯ぎしり」

巴里中にウランを降らせて
赤人達の尿道にプルトニウムを埋め込んでやる
世界中のマッチ箱をいっせいに光らせて
大河という大河へ池という池に
黒いアメを降らせてやる
お前は心を
蟻や蜜蜂に運ばせるようにして
これからを忘れる努力だけしていくんだ


400 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/01 02:47 ID:WVNhIMYo

 「冷たく淡く儚く」

何も考えず水泳 泳ぎ
ぼうっとして絵を描き 崩れて
僕の中に生きていることはない努力
頑張らない 斜線に落ちる そんな夢を観るのが怖い
虚勢を張る 虚勢を哀れむ
いろんな意味で増す色の苛立ちだ
何もないことを言葉にはできないから
せめて探してなにか書くことに
僕は夢中になっている

401 :龍治:02/02/01 04:20 ID:s7MICRZZ
「知らぬが仏」

知る前までは
なんでもなかったことなのに
今では、とても気にしてしまう
こんなふうになるのなら
知らないままでいたかった

402 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/02 02:11 ID:XgRGQJYz
>>401 できる限りこのスレでは馴れ合いしないように努力している
頭の中でレスを済ませてから 眠るように気をつけている
でもここには書かない なにも書かない

 「自分にうんざり」

車を買ったんだ
18年前のサーブさ
夜にどうしても垂れ差がった天井を張りたくて
夜にパチンコ屋の水銀灯の下を見つけて
僕はスプレーのりを噴射し続けた
カッターナイフが指に刺さって我に返った
一体何が僕を夢中に出来るんだろうって、、
仲のいい友達達は決してお互いに誘いあったりしないだろうから
僕達は当たり前のようにぽっちだ
生まれたままに一人ぽっちだ
本当の寂しさはいずれ訪れるのかな?
うんざりしてるこの時を越えてまでして
幼稚だ僕は
バラバラ死体だ



403 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/02 02:31 ID:XgRGQJYz

 「二次元の世界」

タバコを一本ふかせてやる
それがお前への死刑宣告さ
曲がり角で揺れてるバスを
4コマ漫画にして笑ってやる
行き先はどうせ
灰皿の中さ
気分も何もかも咳も
灰皿のなかさ


404 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/03 01:30 ID:FkGo3r47

 「リザード」

唇が熱い なにかに取り憑かれているように熱い
例の妄想がまた始まりそうだ 逃げだしたくなる
なにか その時 森を走り抜けるような 古来の音がして
僕の机の引き出しのトカゲは 外に出たがって暴れ出したよ
もう随分とこいつを覗いていない
どんなにか立派に育っただろうか
闇を打ち抜いた奴が 闇を下敷きにして座っていた森から
僕はトカゲをポケットに忍ばせ逃げ出してきた
春はまだ遠く 息を切らせて 足はもつれて
こんなに弱くても そいつは うまいと言っては僕を食べてくれたから
この場所はうまい具合に無邪気さの家へと姿を変えていった
グロテスクな顔にマツゲだけ付けていつも誤魔化していたリザード
そんなお前が今 外へ出たがっている
どんなにか大きく育っただろう
僕は安心している
お前に気づかれぬように既に頑丈な鍵を付けてある
例の妄想が敵であろうが 夢であろうがトカゲよ僕は
このままお前を殺してしまいそうなんだ
心を友達を母を生き埋めにする気持ちだ
辿り着いたはずのこの夢の空は 雪が雨へと変わったのを合図に
大声で笑いつづけるだけの 薄汚れた落書きされた雲に呑まれる
僕の体はウロコに覆われ 鈍く油色に輝き
僕のウロコの一つ一つから
小さなトカゲがポトポトと落ちるだろう



405 :名前はいらない:02/02/03 01:32 ID:???
きっと、しらふのあなたはとても真面目な人なんだろうね。

406 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/03 02:18 ID:FkGo3r47

 「狸」

宝物も魔法も素敵な悲劇さえいらない
ただ退屈な念仏をだけ唱えに
過疎の町を徘徊する
毎日のように
ポこぽこぽ小ポコ木魚を鳴らして
自分の屁の音さえ聞こえない老いた耳は機能しない
ただ ポこぽこぽ小ポコ木魚を鳴らして
合間合間に屁を一発
しかもすかっ屁 音さえしない
残飯は綺麗に食い尽くせと言いたい
そこかしこ蒔き散らかすように喰うな
そのうちビルの隙間に挟まって動けなくなるよ
ワイドショーでお前の救出劇なんか見たくもないし
俺はマッハでスイッチをきっと切る


407 :名前はいらない:02/02/03 02:25 ID:???
しばらくしたら、また食い散らかしに来るかもしれない。
おいしいおもちをごちそうしとくれ。それじゃ。

408 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/03 02:31 ID:FkGo3r47
 
 「鳩」

宝物も魔法も素敵な悲劇さえいらない
ただ退屈な念仏をだけ唱えに
過疎の町を徘徊する
毎日のように
ぽーぽーポー退屈な酒瓶を鳴らして
自分の屁の音さえ聞こえない老いた耳は機能していない
ただ ぽーぽーポー退屈な酒瓶を鳴らして
合間合間に屁を一発
しかもすかっ屁 音さえしない しかも臭う
残飯は綺麗に食い尽くせと言いたい
そこかしこ蒔き散らかすように喰うな
そのうち電線の隙間に挟まって動けなくなるよ
ワイドショーで救出劇なんか放送されたくもないし
俺は顔を赤らめて
マッハでブラウン管ごとゴミ箱にきっと捨てる

409 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/03 03:12 ID:FkGo3r47

 「短いポエム」

爪を夜に切る 僕の欠片が四方に飛び散る
爪を夜に切る 子供の頃の昼間を飛ばす


410 :名前はいらない:02/02/03 03:19 ID:???
>>409
オナニーしてんの?

411 :名前はいらない:02/02/03 03:23 ID:???
>>410
は?

412 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/03 03:53 ID:FkGo3r47

 「地味なカノン」

俺はステレオタイプ
どうしようもなく両耳が均等だ
あほをほじくっては扁桃腺を腫らす
俺はどうしようもなくステレオタイプだ
だから今から眠り見る
夢の内容もたかが知れてる
このとうりにたかが知れてる


413 :名前はいらない:02/02/03 04:05 ID:???
>>411
いや、「僕の破片」って精液だと思ってさ・・・


414 :名前はいらない:02/02/03 04:08 ID:???
>>413
ああ、そういうことですか。しっかしあなた、詩、うまいですねぇ。
とても中学生とは思えない。

415 :yuu ◆vYueMMw6 :02/02/03 04:11 ID:???
412>いやそんなこと無いっすよ。
鳩さんは、自由奔放に空を飛び回ってますが
突然自分の目の前にふわっと降りて来て
鋭いことを呟いてまた飛び去ってゆくようです。

416 :名前はいらない:02/02/03 04:22 ID:???
>>413

貴方は馬鹿なんですか?

417 :龍治:02/02/03 07:17 ID:EAJs4Xye

耳に残る君の声
唇に残る君の感触
思い出しては
途方にくれる



418 :龍治:02/02/03 07:22 ID:EAJs4Xye
「テレビ」

テレビを前にして
ダラダラと時間が過ぎる
リモコンを手にして
チャンネルを変えつづける
それだけの1日
なんの刺激も求めてないさ
わかるだろう?
こうしていれば
面倒なことに
巻き込まれない

419 :龍治:02/02/03 07:33 ID:EAJs4Xye

幸せに満ちた言葉はいらない
取り繕ったお世辞なんてもってのほか
言葉の裏にはなにがあるのか

420 :カフェイン:02/02/03 09:41 ID:???

外側に雨曇り晴れが起きようとも
内側には誰もさわれない

綺麗な朝でも
爽快な昼でも
凍える夜でも

私は何も必要とされないし、しない

421 :アグリアス:02/02/03 11:27 ID:uwU7s0dw
何時までも感じていたこの空白は
いつも貴女に埋められていく
永久に感じている貴女の吐息は
僕を紅く染め上げていく
タバコをふかしていても
貴女が居なければ
只のため息だったね
貴女に縛られてもいい
この危険な香りの愛を
貴女へと刻み付けたい
血だらけのレクイエム

パッとしないね…

422 :アグリアス:02/02/03 17:04 ID:TNXVSp4n
全てが無意味になり
僕は忘れることを覚えた
出来るなら全てを無くしていきたい
ほら爪の先から消えてゆく
信じることさえ出来ず
只立ちすくむだけ
出来るなら消え去ってゆきたい
誰もが知らない振りをしていたことに
目を合わせれば
僕は堕ちてゆく
全ての感情が無くなるまで
僕は何を考えていたら良いのだろう
雪が散ってゆく
散っては水になるように
僕も何か残せたら良いと
下らないことを考えながら
僕は雪のように散ってゆく

423 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 00:01 ID:???

 「空」

空は飛んでいる
この球体の上をぐるぐる
空はひとつの空なのに
朝の空と夜の空いっしょ
空はシャボン玉の形をしていて
僕らはシャボン玉の形をした空の中で遊んでいる
ときどき僕らロケットを飛ばす
空が割れないように実験をかさねて



424 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 00:18 ID:DBodlvdI

 「虫」

機械的な関節を炎の中にくべてみる
煙が上がる、目はレンズ、焼け残る
足が俺より多い時点で俺は虫以下
虫を水割りに浮かべてみる
毎晩のように勝手に浮かんでしまう

425 :愛季沙希 ◆LD.UhKwA :02/02/04 00:19 ID:???
>>424
うまく言葉にできませんが
この詩好きです。

426 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 00:26 ID:DBodlvdI

 「風」

手のひらを流れる風を
握りしめたら
季節がひとつ変わった
風のない日に
手のひらを眺めていたら
快速列車が
駅のホームで髪をゆらした

427 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 00:38 ID:DBodlvdI

 「月」

原案は誰も持ち合わせてはいなかった
ただ鏡のように光だけを写す
そんな存在を浮かべてみたいとだけ
太古の誰もがおぼろげに思っていた

今では当たり前のように
少しの光がいつの夜にもある
月制作者たちの
スタッフロールは
きっと月のどこかに刻まれている

428 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 00:49 ID:DBodlvdI

 「歌」

街中が安物な歌に反乱を起こす日が
いつか来たならいいなと想って
僕は鼻歌を歌いながら
万引きを繰り返す
街中から歌という歌すべてを盗む
恋人達の歌を
親友達の歌を
そして僕の歌にする
僕は常習窃盗犯だ
歌が有る限り盗み続ける


429 :愛季沙希 ◆LD.UhKwA :02/02/04 00:51 ID:BOdSkj3w
「月と飛行機」

夜空に沈む飛行機
まるで月に溶かされてるみたい
光と光の隙間に隠れて
飛行機は目的地を目指す
いつか私も光に溶けてしまいたい

430 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/04 01:13 ID:DBodlvdI

 「空虫風月歌」

空と風と虫と月のあいだで
歌をうたう僕らがいる!
闇なんてあんなものは
僕らが瞼を閉じた瞬間のジョークさ!
世界はやがて労働を求めず
僕らには眠りと狩りだけが訪れるだろう
やっほーーーィ!!って叫んでさ
空と風と虫と月のあいだで
歌をうたう僕らがいる!!
天体の中身は
単純であるほどいいんだ!
空と風と虫と月のあいだで
いつもそれを感じては起き
いつもそれを感じては眠る
僕らは単なる哺乳類だし
乳を吸うことが命だ
泣き喚くことが命だ
自然を愛する人は絶滅したかも知れないが
空虫風月歌と唱えて
少しは野生の芋
囓りだすんだ



431 :龍治:02/02/04 06:57 ID:jSLvP+OO
「お風呂」

憂鬱な気分をひきつれて
のんびりお風呂につかりましょう
入浴剤で気分をかえて
ラジオなんかをかけてみる
憂鬱はお湯に溶けて
少しだけ身軽くなる感じ

432 :龍治:02/02/04 07:16 ID:jSLvP+OO
「I'm somebody」

誰なんだ?
温もりを忘れられないと言っているのは
誰なんだ?
刹那の快楽を求めようとしているのは
誰なんだ?
膝を抱えて外の様子をうかがっているのは

…全てを否定しようとしているお前は誰だ?

433 :龍治:02/02/04 07:21 ID:jSLvP+OO
「消去」

あぁ、全てを消してしまいたい
私の存在自体も
何もない無の世界を望んでいるのは
私が弱いから
自分に陶酔しているバカなやつ
心の中ではひき止めて欲しいと願っているくせに

434 :龍治:02/02/04 07:29 ID:jSLvP+OO
「風船」

ただただ、涙が滲んでくる
フワフワした気持ちのせい
空に浮かぶ風船みたい
どうか君の手を離さないで

435 :名前はいらない:02/02/05 00:20 ID:???


人生は


君が映って
僕が映って
はじけた

つまらないよるだ

ああ 


436 :龍治:02/02/06 23:39 ID:6UcZo7Gp
勉強、勉強…
目の前のことでいっぱいで
先がまったく見えません
少しでも気をぬくと
猛スピードで追い上げられて
無理やり尻に火をつけられる
いったい
どこに辿りつくのだろ

437 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/07 01:06 ID:FKUq+sW7

 「巻貝」

視力800のこの目で眺める
イカの吐く墨の理由や
バカがバカな事を威張ってる理由や
14才がいつになく
料理に夢中になっている夜がみえる
視力800のこの目で見渡す
文字を孤児を路地を羞恥を
子供心を食べに来るナマコのような存在が怖い
僕はどうしようもなく迫害されているだけの鈍足な海鮮物だ
助けてほしい
視力をカミソリの様な文で、目線で
0にして欲しい、、



438 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/07 01:31 ID:FKUq+sW7

 「変な塊」

毎日を燃やして
颯爽と今晩に帰る
僕は今日も憂鬱だから
ダニに噛まれても
黙っている
イヌのクソをせめて食べて
3分に一回
おえっ、て
苦しむ

439 :名前はいらない:02/02/07 01:53 ID:???
>>鳩さん
あんたが、まぎれもない「詩人」であることを
俺は追認するよ!偉そうな物言いでスマンが・・。

440 :雪乃:02/02/07 20:24 ID:Bjpndbto
もっともっと足りないんだ
もっともっと満たされないんだ

生まれたてのこの私
生まれたてのこの思い
壊れないように 壊さないように
なくさないように なくならないように

心にできた大きな穴
心にできた深い傷
どうやって埋めればいい?
どうやって治せばいい?

パラパラと降る雨はまるで私の心のよう
なにもない空はまるで私の心のよう

決してはたされない思い
決してはたされない願い
どうせならなにも思わなければいいのに
どうせならなにも願わなければいいのに

うまれたてのあなた
うまれたての願い
壊して 壊れて
なくして なくなって

もう一度・・・
なんて言葉聞き飽きた
どんなにきれいごとならべても
どんなに偽りの言葉ならべても
もう私の心には届かないの

441 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/08 01:17 ID:???

 「ベイベ」

夜が鼾をかいて隣で眠っています
僕が眠れない理由の一つに愛があります
他人の愛は僕らからすれば
白亜紀の頃の繁殖の季節でしょう
冷たい水をコップに2杯
透明のドアが引き出しの中 眠っています
夜が鼾をかいて
僕は眠ることを恨んでしまいます



442 :杏奈:02/02/08 01:33 ID:t2KkN1nm
あたしは あなたの ことばを もうふにして 

よるなんて たべちゃうもん

443 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/08 02:11 ID:JtFotBol

 「穴だらけのアンナ」

唇に穴をあけ プランクトンのような穴
大好きなはにかみと その邪魔なピアスと
僕は永劫孤独でいいさ 穴を見失ってしまった
悲しいよ 穴だらけの アンナ
一つになれた父や母やそれから
くつろいだ海岸線とか、、
きっと
おなじみの馬鹿笑いが
明日にはきっと来るから気を付けて 杏奈


444 ::02/02/08 04:13 ID:4MhcFA/H
例えばこんな夜もあるわけで。
噛んだ爪の味は特別なようで。
それでもいつもと同じようで。
君の空白には書けないわけで。
何て読む?失恋とよむわけで。
それでも私はワタシなわけで。
夜が明けたらむかしのようで。
気づかなかったら今のようで。

445 :まきびし:02/02/08 04:40 ID:0ckoDVMx
「よるむし」

先生の机には、先生の引き出しには、
香草が隠されていて、
毎晩ごとに、忍び入っては、
取り出して、苦しんだ。

灰色の誘惑は、忍び寄る黒影よりも
暖かく、
寒空の将来は、身を寄せる悲しみも
包んでいた。

あした、あした、あした。

446 :もなら〜:02/02/08 08:13 ID:ZYpWtE0E
ttp://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ASAGIKO

こんなのいかが?

447 :胤舜@どことなく個性派 ★:02/02/08 16:43 ID:???

『 ★ 』


後ろに隠したそのナイフ
使うんだったら覚悟しろ
逃げも隠れもしないから
躊躇しないで使えばいい

柔らかい感触が腕に伝わって体中に電流が走り回る
俺は知らねぇぞ 癖になっても知らねぇぞ

すらすら しゃりしゃり すらすら しゃりしゃり

上手いじゃないか 馬鹿野郎
見事じゃないか 馬鹿野郎
感動したぜ 馬鹿野郎

次はうさぎを見せてくれ
頼むうさぎを見せてくれ

俺にうさぎを見せてくれ


448 :胤舜@どことなく個性派 ★:02/02/08 22:03 ID:???

『 普通 』


徹夜明けの心地良い眠気に包まれる
遅刻から欠勤へポイントが切り替わる

流行に遅れても君には遅れたくない
格好良いセリフと信じ切って疑わない

月曜の約束を火曜に変更したのは彼
月曜は元彼と朝まで遊びますが何か?

彼女は両親に僕を会わせたいらしい
僕は彼女の母親とは何度も会っている

歌って聞かせられなくて本当に残念
普通に考えれば説明は必要ないですね


449 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/09 02:20 ID:J3rZOA+I

 「形のみない愛の形」

形の見ない愛の形だ
いとこの夫婦が子供が出来なくて困っている
それはつまり
形の見ない愛の形だ
僕は子供として生まれて
これからを知らないが
いとこの男女が息を切らしては毎晩
命を作ろうと交錯し合う
形の観ない愛の形だ


450 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/09 03:01 ID:f4Bamjh0

「ベッド」

全てを飛び越えたいんだ

いったい何を恐れてるんだ?
ベッドの上だけが自分の世界
布団をかぶって、枕に話しかけて
居心地のいい空想の世界に浸ってる
そんなことじゃ
眩しすぎる太陽は憎くおもえて
闇を照らす月も敵になる

そう、全てを飛び越えたいんだ

451 :まきびし:02/02/09 14:16 ID:ztpZ8knj
「孤独の肖像」

春うらら。
道が砕けた。
ナンセンスの虜。
静脈の紫に溺れる。
忍び寄る恍惚に怯える。

春うらら。
とばっちりの快感。
不条理の虜。
スピードを飛び越す世界。
迷宮は色彩の狂気。

逸脱する、独りよ!

452 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/10 02:13 ID:KAWO0qO1

 「ドナドナトラックはいつまでも」

バス停が確かに叫んでいたんだ
交差点の混沌を
俺は見て見ぬふりをした
バス停でコーラを飲んで
運ばれていく子牛に目を閉じた
炭酸が喉で暴れて
俺は背中がかゆいことに意識を紛らわせた
そしたら道路がブンブンと回ること回ること
今日地下鉄が天王寺駅で
大阪弁の家畜を乗せた
ゆらりゆらゆら電車は運んだ
子羊のソテーと子牛のスープを
俺は大阪弁で発狂して叫んだ
地下室の中の出来事
どうやらドナドナに
支配されている



453 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/10 02:23 ID:KAWO0qO1

 「おなかがすいた」

ちょうど都合のよい
裸足の足を見つけました
これからはこの足に
歩いてもらおうと思います
リボンで飾られた親指を見て
きっと誰もが笑うでしょうが
感染力がないことに
僕は誇りを誓っています

夜に足音に油をかけて
ビタミンを毎晩炒めています



454 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/10 02:29 ID:KAWO0qO1

 「ミス・バレンタインデー」

チョコが食えないこの体の痛み
夢か愛か
夢か愛か
チョコが食えないこの体の痛み
夢か愛か
夢か愛か


455 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/10 02:51 ID:U8uQJgPX

 「性なる館」

俺はいつでも誰かとセックスをしたい
連れ込んでは犯す
何色にも例えられないほどの繁殖を妄想しては瞬きを繰り返す
男とでも女とでも
毎晩毎晩セックスをしたい
歪んだクチビルで舐めてやりたい
液を液を寄り添うように
摩擦熱を生み出すほどに
僕達には明日が無いから
せめて誰かとセックスをしたい
生みだすように
消すように
性というものを
太いストローで吸い尽くす
此処に立つ塔があり
そこには深い井戸がある
僕は蠍座に生まれついた
けれど
独針を持たない一個の性だ
突き進む
突き進む
バラッドを聴いては
ベランダで性を爆発させている






456 :ヒト:02/02/10 03:31 ID:ySHR3Zwx

 「受け皿」

おとすな
膝は悲しみの受け皿ではない
そして地は その受け皿の
受け皿では さらにない
それをもし悲しみと呼ぶなら
おれがいまもちこたえているのは
錐ともいえる垂直なかなしみだと
おそれずにこたえるがいい

457 :名前はいらない:02/02/11 00:59 ID:VPjUuwnm
>>456
うん?
これはもしや、石原吉郎?
田村隆一も入ってる?

凄まじいデジャヴに襲われているのだが、
引用なのかパクリなのか、
そこんところ、はっきりしてもらいたい。

458 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/11 01:21 ID:kx8J01Y3
「勘違い」

勘違いの連続で
今の私がここにいる
空の上に気持ちを投げて
落ちてくるころには
さようなら

459 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/11 03:09 ID:d5mvXTjF

 「木」

木は何気なく立っている
明日の昼間にも木は木だろう
二酸化炭素を差別しないで
木は昼夜反対の息を吐き出している
僕がところでタンパク質を食べたなら
ビデオテープが巻き戻される音と
胸の痛みがひび割れるそんな音とを
弱アルカリ性な植木鉢の中心へ植え込んでみたりする

なんだ?これ、、、

460 :太郎:02/02/11 03:34 ID:KCxVZ6Tm
「携帯」        
今も携帯を見てる。
メールがきてない事、知ってるくせに。


でも、なんかバイブしてる気がするんだよなぁ

461 :愛の伝道師:02/02/11 03:55 ID:KCxVZ6Tm
「イマジネーション」

まずはウォッチング
腰が揺れる 胸がゆれる
やわらかい
濡れる唇
濡らす下唇
たっぷりと

ビューティフルと言う
俺はフランス育ち

俺の男は反抗期
セクシーガールに牙を剥く
漂う香り
あんま好きじゃない

一応、避妊

求め合う

清原コスッてホームラン





462 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/11 07:32 ID:bEHIcJsO
「KISS&KISS」

抱きあうのは
自分を忘れるため?
わからないけれど
KISS&KISS
ゆっくりとゆっくりと
あなたの世界にひきこまれる
どんな言葉より
KISS&KISS・・・・・

463 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/11 07:52 ID:YxbT2a0V
「BLUE」

今日も僕はBLUE
君の声も聞こえないし
君の温もりも忘れそう
いったい、どうしたんだろう

きっと明日も僕はBLUE
こんな気持ちの僕なんて
きっと君は知らないから
君は君の楽しみでいっぱい
僕のことを考える暇もないだろう

464 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/12 04:01 ID:rFI8h0JP

 「裸足」

血のりのついた
裸足の足

人恋しい
裸足の足

僕の名前を
この裸足の足に
被せたら

血のりが僕のまごころになり
裸足は僕の凶器になる

随分と気違いめいている


465 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/12 04:19 ID:rFI8h0JP

 「降」





本格的に
始めよう




何もかも
飲み込もう




おもしろいのは
それくらいだから
カメラ
ガメラ
キメラ
呑メよ
どうせココは舞台でしかない
儚い鬱な幻×640






466 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/13 04:11 ID:nmgwr+FR

 「朝」

いろんな猫がいる
毛も指もなにもかもが
それぞれに違う

いろんなウンチがある
それぞれがそれぞれに
二度とは生み出せないオブジェ

ザリガニは無数の命を抱き
真夏の焼けたコンクリートに
ほうり出された

何者も何者も
いつになく凍りつく地面に顔を埋める朝

芸術と鑑賞とが互いに睨み合い
無限の中の何ラウンド目だかに
舌打ちをした




467 :Mew:02/02/13 04:43 ID:Sv4+be33
無臭の花 黒い鎖 眠るピエロ 真っ白な歌
片腕の悪魔 バラバラの絵本 歪んだ空
壊れた脳 何もない僕

468 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/13 05:03 ID:nmgwr+FR

 「ゲーテに禿げ同!!」

一歩地面を踏むたびに
幾億の
団子虫や蟻
更には
バクテリアやらプランクトンやら鞭毛虫
殺戮の一歩一歩に僕はぞっとしながら歩いた

部屋に帰り
更に
蚤、そしてダニ

万歩計の恐ろしい桁違いな数字
殺戮の一歩一歩に僕はぞっとしながら歩いた

いつからか
僕は
足を十字に縛ったまま
キーボードにダニが居ないことを
祈っては
hageと書き変換する




469 :Mew:02/02/13 06:47 ID:Sv4+be33
頭蓋に埋められた銀貨が
物語を語る
青い写真が映写機に流れたら
僕は理由を失い
消えてしまうの?
鳥篭に繋いだ神経から
唄が聴こえる 唄う君の声…
瞳を閉じれば蒼い薔薇が咲き乱れ
むせるほどの君の香り
バイバイ…


470 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/13 09:52 ID:pvPvx7+F
「高揚」

一晩中眠れなくて
妙な気分の高まり
まるで自分が支配者になったよう
笑いから殺意を抱くまで
数秒あればいい
ちらちら見え隠れする狂気は
嘘じゃない
言葉のウラをよまないと
命取り

471 :794:02/02/13 10:46 ID:/mU7JijJ
http://www.puchiwara.com/hacking/
           __,,,-‐――‐-、__   ヽ、
        __=ニ-―''''"""゙゙`‐-、_`ヽ、  ヽ.
      __,/ ,.--ヾ/''''''"'''"''ー、、ヽ、ヽ、  ヽ.
    / / /            ミ `ヽヽ  i
   / / i /              ヾ__ヽヽ  |
  / / ,| |             __L i |  |
  / /| |ヽ |        ,,,,-∠''''""  ミ  i|  |
  { | { |-+ヽ,,,,,,,    ,,illニ-==三`゙`‐---+  |  |
  ||  i |┼'"三三ヽ    ;/(ソ::ノ T´  ヽ-、.| |
   ヽ ヽー'"(ソ:)` !     ‐‐-‐'´    ∧`}| .|
       .| ``''"´ /            ヽ. { !| .|
       .i    <             '´/ | ||
       !    ヽ `          ○  | ||
       ハ.    _,=---         /   | |.|
       .| ヽ.   `'''''''´      / | |  | | |
       | | ヽ         ,. ' /  .| .| || || |
      .| |  / ヽ      ,/ /   |  | || || |
      | | /   `_t‐‐‐'"´,.----―''''''7 | || || |
      .| | / / <"ヽj  /    __. /┐| || || |
     ./ // /,.-‐ゝ->‐/-‐ヽ__/‐‐‐/ ヽ|_ || |.| |
     ./ // //,.-〈 〈‐、  \--/    ``ー、!_|

472 :胤舜@どことなく個性派 ★:02/02/13 19:38 ID:???

『 Common 』


酔った
宇宙も
へちゃむきょ

知った
君を
ぐちゅもきゃ

愛してます
愛しています
いしか違わないよ

そんなに悩むなよ

夢見た
人々の評価
自分で何とかします
何とかします

へちゃむきょぐちゅもきゃ

愛しています


473 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/14 02:58 ID:aoekG7+l
>>↑
おえは、胤舜さんあ好きげす。
三枚目でありストイックであり
さらに良い詩、時々書く、
好きげす。
今夜から違う部屋で書かなくてはいけなくなった
引っ越し後ってやつです。
ここは南の部屋だから
何でもかんでも
ただ好きげす。



474 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/14 03:23 ID:aoekG7+l

 「埃のランジェ」

時々僕らドキドキしたり
明日を想って眠くなったり
悲しいことを強火で炒めたり
新しいことをヌルい湯船で膨らませてみたり

いつでも僕らハラハラしたり
損をすることに敏感になったり
横たわる陽に鈍感になったり
自分を失うごとにバラバラに爆笑したり

眠りの中
観る夢は、そう埃のランジェ
バス停で明日必ず君を止めてみせる

ドキドキするのはなにかな?
理由を持たない
ナルシストかな?


475 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/14 03:30 ID:aoekG7+l

 「色」

ネズミはピンク
はにかみは蒼
こたつはオレンジ
泣き顔は緑

そろそろこんな適当捨てて
色のある始まりに戻りたいよ、、

俺はネズミ?
雑食性が
灰色?


476 :Mew:02/02/14 03:37 ID:abYEKgg8
鼓動 血流 吐息
そのすべてが愛しい
I'm in your music As if we are the one.


477 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/14 03:37 ID:aoekG7+l

 「ゾーン」

新しくて腹が立つ
昔見た
こめかみに銃口を立てる
ほじくりかえした土に
ばらばらにその瞬間の駆け引きがある
くたばれ今よ
狂い咲け今よ



478 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/14 03:54 ID:aoekG7+l

 「ブラックリスト」

探してみなよ
きっとお前の名前も黒い百合の隣に有るよ
心当たりがもし有るのなら
少しはお前も大人に成ってしまったって事だよ
苦しいだろ? 何もかもが
いいんだよ、それで
誰もが誰かを意識しすぎている
この時代の決め事だから

もし
今日が一日
明日が一日中
何事もなく過ごせると思うのなら
インターネットで検索してみるがいい
普通の処には
お前の名前など
有りやしないことに気づいて
脳味噌が吹き出る程の
鼻をかんで眠るだけだろ?

どうせそんなところじゃないかい?



479 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 00:25 ID:jtapFFEp
身も心も穏やかに晴れだ、空気がおいしい、
家を建て替えているから、猫が家出しないか心配でしょうがない。
家を建て替えるにあたって、いろんな物を捨てた。
小さいときに集めたガンダムだとか、牛乳キャップとか、
懐かしくってじんわりと泣けた。
お風呂に入って、歯磨きしたら、ちょうどテレビが爆笑の場面。
くすっと笑ってあくびをしながら背伸びをしたら、
なんて空気がおいしいんだろう、

みたいな。




480 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 00:35 ID:jtapFFEp
よれ動く回廊に私とよく似た消えかけの篝火を見つけた
少し足を休めて眺めてみると
炎は実は鏡に映っているだけの過去であった
するとどうだろう
この回廊のこの先に
囂々と燃ゆる炎はこの先の私か
それとも過去の日の苛立ちか
そしてこの手に今持つ
この松明は
驚きに戸惑う現在の驚きの火か
又は捨て去った筈の偽善の火か
燃ゆる恋は先を照らせず
回廊は無論
出口を見せず


 みたいな。


481 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 00:47 ID:jtapFFEp
人体にナイフで手紙を書いて
赤裸々な僕の心の内側
君に送り届けよう
手紙はいい出来
幾分アートだ
でもちょっとだけ疑問が残る
例えば何処に切手を貼るか
 額か!
例えばコレは君のポストに入るのか
 スライスですか?
コーヒーを濃いめに作って
ゆっくりと呑んでから考えよう
でも
コーヒーが冷めてしまう事よりも
この手紙が新鮮さを失う(腐敗する)ことが
心配だ

みたいな、



482 :   :02/02/15 01:02 ID:???
1 名前:ネオ烏龍茶 02/02/14 21:24 ID:zHyIVVi4
今から刺し違えてきます
その後、彼女とともに心中する予定です
これが最後のこの世での言葉になります
もしニュースでこの書き込みが見つかったらネタにでもしてください
さようなら

「彼女が他の男にやられました」
http://life.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1013689472/l50
やっと出た殺人予告、彼女に振られて行き場のない男。
ネオ烏龍茶を名乗る彼はバカか変態か?

マッタリモードから、現在、祭り的人生相談展開中。
よかったら記念カキコしてくれ。こいつへ一言くれてやっても可。
この板から来たことを宣言してくれるとベター
こいつの狂気は詩そのもの!!

483 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 01:12 ID:u5x2uPyQ

 「詩」

ひねくれた文章、ワサビ入りの
心の鏡、読み手側も写す
時に刺す静止、死体役者
ぽっかりと浮かんだ迷路、誰だかのラビリンス
見開いた瞳孔、暗闇をも照らす
曖昧な千鳥足、枠を知らない
犬にでも猫にでもなれる、僕らのペット
世界中で絶え間なく生まれる、手作業ではあれ
大いなる宇宙への皮肉、又は肯定


484 :名前はいらない:02/02/15 01:39 ID:???
>>482
どんな形にせよ死にたい奴は死んでくれ。
死にゆく奴の自己満足などに興味はない。


485 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 02:27 ID:u5x2uPyQ

 「ひどい結果」

結婚前
性格面□ 活動的な彼女に、尻に敷かれます。男のプライドを理解し、彼を立てよう。
恋愛縁△ 気持ちのカラ回りに注意。相手に合わせることも必要です。
結婚縁× 縁がありません。
結婚後
夫婦愛△ 気持ちのカラ回りに注意。相手に合わせることも必要です。
夫婦縁○ トラブルが絶えないかもしれませんが、お互いを必要としています。
恋愛縁(2人は恋人になるか)
彼 の気持ちは、彼女の、人生、本能、家風 面とつながっています。
彼女の気持ちは、彼 の、どこともつながっていません。
結婚縁(2人は結婚するか)
彼 の結婚縁は、彼女の、どこともつながっていません。
彼女の結婚縁は、彼 の、どこともつながっていません。
夫婦愛(結婚後の2人の愛情)
彼 の愛情 は、彼女の、本能 面とつながっています。
彼女の愛情 は、彼 の、どこともつながっていません。
夫婦縁(2人は夫婦でいられるか)
彼 の夫婦縁は、彼女の、生活 面とつながっています。
彼女の夫婦縁は、彼 の、人生、生活 面とつながっています。
 
     診断結果が悪くても悲観することはありません。

はあ?


486 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/15 03:03 ID:u5x2uPyQ

 「てのり鳥」

スウプのように僕の空しさをすう
いつも鳥籠はいつでもかざり
飛べない君を縛ることは罪だ
だからこの低空でゆっくり
おたがいにまつげをパチクリさせよう
松の木にとまった君の写真
細い枝だからすぐに降りてきたこと
僕は最近ぼうしを被りだした
目の上を飛ぶ君を思い出さないようにと
羽根を切られた哀れな君と
水も飲めない眠る僕とが
低く低く飛んでゆく
そんな夢を観たくはないが
飾りにされたあの籠で
じっと一緒にまばたきしないで
羽根が伸びるのを静かに静かに
ただ静かに待ちつづけたい
空気のようにお互いにすう
涙をなくすのは
大空の中でなくては




487 :名前はいらない:02/02/15 09:17 ID:???
教育ママは キッチンドリンカー
現代音楽の教祖さま
クラフトワークもリミックス
投稿写真の常連さ
ヤンママのだまし絵を 版画で出版
スタジアムではフェアプレー
ゾーンディフェンスかましたれ
フロントガラスに野グソして
やっと満たした 性への好奇心
「カーテンの色でも変えてみようかしら?」
盗品売りさばくブティックで
鼻毛抜きつつ 与太話
(店員と意見が政治的に対立、気まずい雰囲気に)
息子と一緒にアニメ鑑賞
レジでも平気で順番抜かし
スラム街出身 たたきあげ
たまたま訪ねた 生保レディ
縛り上げられ 裸にされて
「卑猥な4文字いってみろ!!!」
浣腸しながら ハンディカムまわす
息子と一緒に大爆笑
最近ピアスあけた


488 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/16 01:06 ID:Gm/Ml5qs
冬なのに子供の頃から遠くで風鈴が聞こえてる
どこの家だかいまだに知らない
台風のなか風にのってチリーンて綺麗に鳴ってたかと思うと
冬の風もない日にガラガラとデカい音で鳴りつづけたりする
ただ、ほんの少しだけ聞こえてくる
どこか遠い家だ
ご近所さんたちは、黙認してんのかなぁ、、


489 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/16 01:11 ID:Gm/Ml5qs

 「ヤァ」

ヤァ君はクールだね
家に帰ってもクールかい
ヤァ君はおならをしないらしいよね
家に帰ってもしないかい
ヤァ君はブランド君だね
庭の草木もフランス製かい
ヤァ君は落とし物まで素敵だね
琥珀じたてのヒゲ剃りだなんて


490 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/16 02:21 ID:Gm/Ml5qs

「イパラ」

ぶち壊したい!
なんて想ったりしない丈夫な子供がどんどん産まれて
丈夫な子供はすくすく育ってぶち壊し探知機を手に
こんなこころはすぐに捕らえられてしまうけど
逃げるのもなんだね、ますますこもって
太く短くいぬいぬねこねこ
一緒に居ててねいぬいぬねこねこ
恋人もう捕らえられてて
家族のんきに平和だし
発見されたら勇ましく
一緒に吠えよういぬいぬねこねこ、 おいおい、、
ちゃんと順番で眠らない?



491 :名前はいらない:02/02/16 02:42 ID:J3CS8AV3
古い爪は折れていく
脳細胞は矧がれて行く
景色は黒で空は白
なんていう
コントラストなんだろうと
自分の置かれている身に
置き換えてみた

下を見下ろせる高さは

私には危険だと思った。

492 :名前はいらない:02/02/16 04:48 ID:XurLMwfX
綺麗だった
凄く綺麗だったんだ


ぷつんと摘みとって
持って帰ったけど
みるみる萎れて
今は土の中

綺麗だった
凄く綺麗だったんだ

493 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/18 00:00 ID:y6GmfFNJ

 「爪の鳴る淵の宴」


その日は朝から風ひとつ無く
轟々と鳴る常が嘘のような草むらを
私が増満し転移する点を支えにして
風を生んでは捨てる昼を見る
瞼がこの世にただひとつしかなく巨大な瞼が太陽にのみ備わっている
巨大なシャッターが切られる
私もあなたも切られる
随分といい環境が燃やされている狭い世界だ
腹を上にして浮かび上がる肥え太った金魚だ
その様の醜くはなく滑稽であることは
全ての演じる物達には欠伸以上に侮辱だから
轟々と鳴る常が嘘のような草むらを
私が増満し転移する点を支えにして
風を生んでは捨てる昼を見る



494 :名前はいらない:02/02/18 04:47 ID:/wyGORZk

[野菜生活]


     耳かきを捕まえた
     怪我をした耳かき

     ぬるま湯で洗い
     パウダーをまぶす
     ポンポンが美しい

     恋人は白雪姫
     戦場の勇者
     ペットボトルで玉乗り

     舞い降りる黄昏の白熊
     幸せの三つボタン

     立派に生きてください
     君はまだやり直せる
     だって程よい口当たり

     友達も連れてこよう
     銀杏を置いておこう
     誰かがこいつで転ぶまで


     街なかで暴れる耳かき
     君たちも綺麗になれるさ


495 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/19 00:08 ID:+fzMYOKV

 「三人は出目金で繋がっていた」

こないだ雑誌で僕と共通する事柄を見つけて
N芸術のY編集長との思わぬ共通点にほくそ笑んだと思ったら
さっきテレビでまた見つけてしまった
木村拓哉も出目金を飼っているらしい、
こんどはほくそ笑んだりしない
その黒い三匹を結んで三角形を描くと
その中心に位置する家に巨大な出目金が思われてならない
なんだか怖い
僕ら三人は決してお互いの出目金の大きさをフォルムを
くらべる気になんかならないだろう

僕は一体何様のつもりなんだろう、、




496 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/20 00:20 ID:88qajNOv

 「垂れ下がる夜と噎せ返るグラス 」

名前: 呑んべぇさん
E-mail:sage
内容:

明日の朝の早さを思うと
明日の仕事が脳を走ると
ため息がグラスに注がれた
氷が小さくひび割れる音に比例するように
グラスが汗をかく
投げ置かれたヘッドフォンからは
若々しいざわめきが部屋を包んでいく
僕は眠れない
酒が僕を裸足にした頃に
やっと部屋に帰れた気がしてくる



497 :名前はいらない:02/02/20 01:46 ID:FES06BPU
薬をいっぱい飲む、いっぱい飲んでも効かなくなった僕は象のように鈍感だ、愚鈍だ、小さな錠剤で毛穴を埋めていく
左腕はオレンジやミドリで彩られた像
右頬は汗で希釈され溶け出した砂浜、
僕の精神に大きく波があるように
外海の鏡のようにしらけた水面には底がない
セスナ機に乗って陽気に旅する者には
その底の黒さに満ちた気配が見えないのだろうか
本当に何も光が届かなくなった闇では
人や何かはどんなことを考えだすのだろう
海のない大きな大陸の真ん中に居たい
動かずじっと日に焼かれて
大きく深い湖もない

498 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/20 02:13 ID:FES06BPU

 「ぼうふら」

ふらふらしたぼうふら
コップの中にぼうふら
ふらふらしたぼうふら
ペットボトルの中にぼうふら
遠足の水筒の中にぼうふら
シチューの中にぼうふら
結露の中にぼうふら
涙の中にぼうふら
あのこのうぶ毛もぼうふら
イチゴミルクの中にぼうふら
ヌイグルミの中味もぼうふら
電柱の中味もぼうふら


499 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/20 02:39 ID:FES06BPU

 「鼻」

あのこが僕をにおい
僕があのこをにおう
キスをするときにおう
におい合う
あのこはビー玉のにおい
僕はきっと洗濯のにおい
レコードをならす僕のにおい
その後ろ姿をみていた
あのこのにおい
ふたりでにおう春もちかい



500 :藪鳩 ◆ZNnw4kZI :02/02/20 02:44 ID:FES06BPU

 「羽化」

半分だ
それではそろそろ生まれてみる





501 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/20 10:22 ID:eUOtmz23
「音」

ベースとドラムの音にあわせて
君は踊りだす
ギターの音も加わって
さらに君は踊りだす
シアワセな音楽に
君は満足
僕はいったいどうすればいい?

502 :名前はいらない:02/02/20 13:36 ID:Q1Ycieby
「鼻と口の間」
君はやわらかくてやさしかった
君はいつもふわふわと風にそよいでいた
裸で寝転んでいる僕の胸で君はよくダンスをしたね
もうずいぶん昔のことのようだ
君を失ったとしても
光は輝き続けるのだろうか





503 :よぼよぼ:02/02/20 22:02 ID:???
もっと詩をくれスレより
456 :ヒト :02/02/10 03:31 ID:ySHR3Zwx

 「受け皿」

おとすな
膝は悲しみの受け皿ではない
そして地は その受け皿の
受け皿では さらにない
それをもし悲しみと呼ぶなら
おれがいまもちこたえているのは
錐ともいえる垂直なかなしみだと
おそれずにこたえるがいい



#いやまあ、457の方がそそるわ。
#おとしまえつけな。

504 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/22 00:43 ID:aQBpCqpt
「掃除」

過去は全て消してしまおう
そして
過去は残さないようにしよう
たくさんの思い出も
これからの僕には無意味

505 :名前はいらない:02/02/23 22:51 ID:sTd1XHF2
詩でケンカしませんかスレより
210 :名前はいらない :02/02/20 16:56 ID:???
>>503
漏れは幸せだ。
子供の病気も治ったしな。

おまえは、どうだ?


506 :名前はいらない:02/02/23 23:19 ID:P6cGKaIy
野球ヲタワラタ

http://ime.nu/www.baseball-lover.com

507 :r i o:02/02/24 16:03 ID:???
弟よ、女王の心臓を握り潰せ

弟よ、その右手に持っている聖なる槍を

弟よ、さっさと女王の子宮へとブチ込むがいい

弟よ、何を躊躇っている?

弟よ、何故震えているんだ?


508 :r i o:02/02/24 16:04 ID:dNDwzsYI
うーん、駄作だにゃあ。

509 :ぢゃんぐるじむ:02/02/27 01:11 ID:???
君がときどきしらけるように、あいつもときどき絶望してる

なにしろその他大勢同士、たいした違いなんかない

遺伝と環境しだいなら、僕もきっと誰でもないね

510 :名前入れろってよ:02/02/27 01:20 ID:???
おちょんぱ?
朝鮮人が言った。
おちょんぱ?なにそれ?
朝鮮人は私の目の前にその平板な顔を突き出して聞いた。
おちょんぱ、って言うのは・・・
私は言いよどんだ。
この答えは彼を傷つけてしまうかもしれない。

少しだけ勇気が必要だった。
けれど私は言った。

ただの擬音だよ。
“ちょん“が真ん中に入っているけど、
それは擬音の中の一つの音に過ぎないの。
ちょん、という音に過剰に反応しないで・・ね?

わたしは言った。
朝鮮人は分かったのか、分からないのか。

とにかく彼が気に入らないのは、
“ちょん“というその音の響き、
ただそれだけのようだった。


511 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/02/27 01:21 ID:DNWzETLZ

刹那の暖かさを感じた時
その時の言葉は信じていいの?
それとも
暖かさに溺れて口走ったと
思っていたほうがいいのかな?
言葉には限りがあるから
もっと態度で示して欲しい
刹那を永遠にしてほしい

512 :ぢゃんぐるじむ:02/02/27 01:27 ID:???
 「アル中」

ブランクバースな日々を送ってるんだ

どんなに辛い現実も
お酒を飲んだらメタファーです

都合のいい価値観だけを残して、僕の世界をパラダイムシフト

気がふれたっておかまいなしさ

513 :名前入れろってよ:02/02/27 01:32 ID:???

韻のない日々?
それって具体的に言葉にしてみ?
てめえがバカに思えるぜ?




514 :名前はいらない:02/02/27 01:54 ID:VFAwu51r
ブランクバースとかえらそうに言ってる時点ですでに馬鹿だろ
相手にすんな

515 :名前はいらない:02/02/27 02:27 ID:???
「ブランクバース」って偉そうな言葉なのか?

516 :名前はいらない:02/02/27 18:28 ID:PgkmKqyI
おい!おまえら!もっと優しくして下さい。

517 :名前はいらない:02/02/27 20:12 ID:???
ふーん、>>じゃんぐるじむ、ですか・・。

君は、もう詩板には来ません、って
言わなかった? 何してんの? こんなところで・・。

518 :ぢゃんぐるじむ:02/02/27 20:20 ID:???
久しぶりに当てられちゃったね。

519 :ぢゃんぐるじむ:02/02/27 20:31 ID:???
ブランクバースは韻の無い日々ってことで、波乱万丈な日々を表現したかった
んだけど、わけわからなさすぎたね。メタファーは「何々のような」
みたいな意味で、パラダイムシフトは「価値観の革命」みたいな意味です。
不必要にマイナーな単語を使いすぎたかもしれません。
わけのわからん詩でスマソ。

520 :名前はいらない:02/02/27 20:55 ID:???
>>518 >>519

ウ ソ つ き

521 :名前はいらない:02/02/27 21:11 ID:???
>>518 タヌタヌ=じゃんぐるじむ

久しぶりに当てられた?? なに言ってんの・・。

オマエのことは、名無しだろうが、別ハン
だろうが、追跡してっから みーんな判るよ!
いままで不思議だとは思わなかったのか??
そうとう アタマにぶいのと ちゃーのかい(w w


522 :名前はいらない:02/02/27 21:25 ID:???
>タヌタヌ
なりすましの嘘つき野郎!

523 :タヌタヌ:02/02/27 21:30 ID:???
多分、新城の留守電を別ハンで使ってたコテハンさんは、もうすぐ
自分から告白すると思うよ。
味噌翁はみみうだしさ。お前はもう少しよく考えて煽れよ。
ちなみに、いかいかがギルドで晒してたメアドに「kojiro」ってあった(w
偶然かな?



524 :天使さん:02/02/27 22:03 ID:TPD5n+jH
心はピュアに
足は前に踏み出し
歯は噛み締め
口は閉じる
鼻から大きく大気を吸い込み
目は常に輝かせ
両手を大空に届かせ
俺は生きている


525 :わんこ:02/02/27 23:07 ID:5xDIJeau
a Water Pistol

あんたの目がみれないよ
 あたしの周囲をダーツで打ち抜く
なんてさ
 あんたにはできっこないって言ったでしょ?

あんたの吐くつばは
薄汚さを更に汚して歩くだけ
あんたのドライヤーは熱い風ふかせてたって
 いうのにさ

あたしはズルいことしたかないから
かすめたピストル
あんたのポストに放りこんどく

526 :名前はいらない:02/02/27 23:23 ID:???
>>523
バーカ! また誰か代理人でも立てんのか?
ご苦労なこってす。ムキんなって頑張れ、馬鹿が・・。

527 :タヌタヌ:02/02/27 23:27 ID:???
代理人?

528 :名前はいらない:02/02/27 23:30 ID:???
>>523 タヌ公
お前は なぜ詩板にいるの?
もう来ないんじゃ〜なかったのか?
ま〜た ウソついたのか?


529 :わんこ:02/02/27 23:31 ID:lqbLSnR+

困った人達だね
どこにでも居るんだね
あ〜ねむい

530 :タヌタヌ:02/02/27 23:33 ID:???
また気が変わっちゃったよ。

531 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/02 02:47 ID:???
テスト

532 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/03/05 00:38 ID:9KL+55Ek
「待ち」

すごくながく感じるけれど
実際はそうではないね
同じような毎日を繰り返して
ふと気づくともう目の前
今まで一体何をしていたのか
まったく形になっていない
目の前 目の前 目の前・・・・
待っていたつもりが
いつのまにか迫ってきているよ

533 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/06 03:40 ID:pW4fUqhQ

 「鼻糞」

顔に反比例する
綺麗なメールが届いた
汚いココロがこっちに有った
確信する
鼻糞のココロいえい!
ところで
タラちゃん、やめてください、、
僕じゃないです。
飽きた。なんだよ?

534 : :02/03/06 04:27 ID:???
「天の贈り物」

瓦は静かに受けとめる
 梁は乱暴に突き落とす
  天井板を破り
   ぼくの頭に
    うんこがボトリ

535 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/07 01:12 ID:VM8Y9Khb

ミミズを結ぶ ミミズを結ぶと庵 ちろちろ燃える
      
崖にぶら下がるプードルの電話番号

グリス擦り込む グリス擦り込むと母 ばたばた騒ぐ
      
ジャブを忘れた手打ち職人の囚人記号

答えを焦る 答えを焦るとアネモネ 締まり良くなる



536 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/07 01:34 ID:alSEimW7

 「アネモネボックス」

公衆電話のボックスごとあいつをセメント詰めにして
晴れた日に海の底深く
世紀明けのこんな時代に沈めてやるんだ
沈める前にはボックスに
酸素をおもいきり充填して
冷たい海底であいつが恐怖に苦しむ時間を
たっぷり用意しておいてやるんだ
ついでにあいつが大好きなセブンスターも
4日分くらい入れてやろうか
恐怖を紛らわせるようにタバコを吸って
クリーム色した四角の中で
煙の涙と恐怖の涙と
それから後悔の涙と糞尿
ははは、お笑いだ
苦しめもっと!果てが無いほどに!
繋がるはずもない電話をあいつが
必死にかけているのが目に浮かぶ
どうしたお前のIQは猿以下か?
死ね!!



537 :WIZ:02/03/07 02:05 ID:???
なんか 死ね!!で終わるってるし こんなんはじめて見た

538 :藪鳩:02/03/13 09:54 ID:???

 「ひとまね」

気密性の悪いサイコロを靴を履くついでに玄関先で転がしては
その出た目に驚いたふりをしてみせている僕だが
レモン消防隊の月面歩行を駆使したパフォームを真似ては
花粉予報などに目を凝らしては鼻をかむ夜ですから
時計が80度に傾いた釣り天井のような銀河だが
せめて犬を連れた老人達に出会いを与えてくれますようにと僕は
真夏が焼いた焼きすぎのマルゲリータのような斜面に犬を連れて遠回りしながら
乗り換えの駅の喫煙コーナーに脚力を持たないバッタのような人だかりを横目に
街のパズルを解くことなど考えもせずに今日を会社員然としたアイロンをあてた感情に
週刊誌を立ち読みしているいつもの長身のミケランジェロの影で
ビタミン剤をしこたま食して防波堤を築いていくのですけれども
どうもこんな入り江の中のしょぼくれたかまぼこ工場の作業よろしく
無添加などと偽ってはしばしば外海の骨を砕くほどの着色料に
すっかり騙されてしまうこともしょうがありません
家に帰ると毎晩のように母が今日は彗星が一番近くを通る日だから
誰に電話をするのかよく考えてから眠りなさいと
すっかり夢中になったようすのグァバを囓りながら手を何十分と洗い続けている



539 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/13 18:34 ID:???

 「苔をとる仕事」

今日の俺のスマイルを顧客とのやり取りを精算したうえ原価にすれば
8万6千スマイルあたりだろうか、どうだろう、わりに合わない
こいびとは卒業旅行とやらでリスボン経由のウィーン、ベニス、リバプールらしい、、
2週間も部屋に帰れないなんて正直ぞっとする、このまま帰ってこないことを祈る
相変わらずの避難所生活だが、今日ヒマだったのでプレステ2を無理やり繋いだ
これでレンタルビデオ生活くらいは出来そうだ、部屋が変わったせいだか知らないが
酒とタバコを同時にやめた。一週間経過、もう大丈夫そうだ、これで俺もクリーン
な人に戻れたってわけだ、あと詩が書けなくなった。
やはり今日は暇だったので図書館でマッタリした、雑誌をひととおり読んでから
やはり詩が気になって、まどみちおを読んでいた。
はら すべすべで ばら とげとげ
夕方車を洗っていると昔の恋人から電話があった、
おかしなものだ、タバコが無性に吸いたくなった。


540 :yuu:02/03/14 01:27 ID:???

「21」

俺は情けないことに
タバコを吸い出すタイミングを
なんか探ってるところが
あるんですね

5人くらいの喫煙者に
俺 タバコ吸ったら良いでしょうかと
聞いてみたら
5人が5人皆やめた方が良いと
言うんですね

まあそのうちむしょうに吸わざるを
得ない心境になったら吸いますよ

そんなわけでもう21ですよ


541 :龍治 ◆KOUYCe4Y :02/03/15 00:37 ID:C0J028mT
「歌」

さぁ、歌おう
何もかも忘れさせてくれるさ
うつむいたままでは先には進めない
そんなことはわかっているだろうけど
そう簡単なことじゃないこともわかってる
だからせめて
雨雲を散らすように歌ってみよう

542 :名前はいらない:02/03/15 00:40 ID:???
氏ね

543 :d:02/03/16 05:06 ID:uBx/4u9H

もしもぼくが鳥だったなら
飛び去ることができるだろうし
もしもぼくが列車だったなら
遅れてくることもできるだろう
そしてもしもぼくが良い人間だったなら
これまでよりもっともっと
君と話し合うことができるだろう

もしもぼくが眠っていたなら
夢みることができるだろうし
もしもぼくが恐がっていたなら
隠れることもできるだろう
もしもぼくがキチガイになってしまっても
どうかぼくを
苦しめないでおくれ

もしもぼくがひとりぼっちだったなら
泣くだろうけど
でももし君といっしょだったなら
涙もかわいて家に帰っただろう
けれどもしもぼくがキチガイになってしまっても
君はまだぼくを
遊びの仲間に入れてくれるだろうか

544 ::02/03/16 05:11 ID:RwP9kLMr
「よげん」
ノストラダムス嘘ついたから
今日はあたしが予言しよう
あした晴れたら
あたしは寝てるし
明日が雨なら
あなたは来ない

日曜なんて永久に壊れてしまえ

545 :雪乃:02/03/16 20:31 ID:cX7+uxaP
『もう誰も来ないんだね
さみしいね
ボクはもう独りぼっち
涙を流すことさえも
笑うことさえも
忘れてしまった
感情をなくしてしまった
ただのがらくた人形
灰色の空だけ
ボクの目の見えるのは灰色の空だけ
どうしてこんなことになっちゃったんだろうね
ボクはまだ生きてるのに。
こんなになってもまだ生きているというのに。
きらきら輝く太陽が欲しかった
手をのばせばすぐに届くような太陽が欲しかった。
あったかい光が欲しかった
輝く未来が欲しかった
今はもう全てムリだって分かってるから
無い物ねだりはもうやめたけど時々思ってしまうんだ
全てじゃなくてもいいから、一つだけで良いから手にしたかったと。
声を出そうとしたけれど出なかった・・・。
涙を流そうとしたけど出なかった・・・。
笑おうとしたけど笑えなかった・・・・。
哀しかった。苦しかった。
無性に自分に腹がたった。
どうしてここまで自分をこんなにしたのだろうかと。
どうしてここまで自分をほったらかしにしたのだろうかと。
今になって気づいたんだ。』

がらくた人形
灰色の空を見つめながら君は何を考えてたの?
がらくた人形
灰色の空を見つめながら君は何を願ってたの?
もうきっと分からないけれど
          君はボクの宝物だよ。



546 :雪乃:02/03/16 20:33 ID:cX7+uxaP
不器用すぎる僕らだから
人は傷つけあうことしかできないの
自分勝手だから何も知らないの
僕らはただなんとなく生き
    僕らはただなんとなく死ぬ
  それが今の僕等
傷つけたくないの 悲しませたくないの
喜ばせたいの   笑わせたいの
いつも正反対のことをやって
     いつも後悔ばかり
心の傷はひろまるばかり
 人を信じない  裏切られるから
心を開かない  嫌われるから
1人になれない こわいから
臆病すぎる僕等は
     傷つくことが怖い
いつ涙を流しただろう いつ笑っただろう
そんなことさえも忘れてしまった
    自分の表情(かお)さえもなくしてしまった
それが現代(いま)の僕達・・・・


547 :雪乃:02/03/16 20:34 ID:cX7+uxaP

何故生きているのだろう
そんな問いを自分自身に問う
何故人を殺したらいきないのだろう
そんな問いを君に問う
君は答えられず
涙を流す
ボクは答えられず
苦しくなる
意味もなくただなんとなく生き
意味もなく人を殺さずに生き
ボク等の存在価値などあるのだろうか
生きていても意味がない
どうせなら殺してしまえ
   ドウセナラ殺シテシマエッ・・・・!!
そんな思いがボクの心に浮かんでは消え・・・。
生きてる意味などわからずに・・・
殺してはいけない意味などわかずに・・・
   あなたは何故生きてるの?
       アナタハ何故生キテルノ?

それはきっと永遠のテーマかもしれない。。。。。


548 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/18 01:16 ID:/TIv9dD7

 「左利き」

夜中にそっと 小さな池まで歩いて
 小石を 放り込むことができる

月のない夜に 三日月の夜だと
 言ってみる ことはできる

この世界の どこの小屋にも
 樹木にも  いったい 
  嘘を見つけだすこと なんてできない

熱もないのに 花を贈って
 帰りにブランコに乗ったり なんて
できない


549 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/19 00:48 ID:+q/U1KVL

 「二トリトロン」

サビたる鉄の樽に臭う
あさはかさと時のデンプン質と

積み木にされたひとりのココロ
クシも通らぬため息のわだち

私の街には少し知られたヒナタがあります
それは不思議な二十四時間の日溜まりです
黒猫が黒い仔猫を連れては温度の外へと消えてゆく
そんな映像がただ繰り返し映し出されるだけの日溜まりです

映画のチケットを山羊に喰わせて
斜面に隠したピアノを今こそ

白球に照らされた部屋の中に
白球の弾き飛ぶほどに熱をもつ空球

鵜呑みにされていく震線予報と
映し出されたポケットの中味


550 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/19 01:09 ID:+q/U1KVL

 「春の人」

春と 口にする人それぞれに
それぞれの春という魔物がそれぞれ
喰らいついている春の人

とても大きな日照りが春と
    桜の夜をしたがえて
  僕の小さなホクロをひとつ
   と 僕の大きなあくびをひとつ
鳥が枝にて臆するものは
春のやがておさまりきらぬ
山より枝垂れるあの桜の
咲く夜にすべて忘れることか

春の人と鳥の住まぬ春
鳥の春のとけこめぬ原の案山子



551 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/19 01:29 ID:+q/U1KVL

 「ポーキュパイン」

リーゼントの鬼がギターを弾いてる
MCで
 リボルバーがズキューン! とか言う
ライブハウスの出口には夜中なのに
資生堂のお姉さん達が延々ならんで
 新発売の化粧惑星です
とか言って試供品配ってる
 僕の皺は増えるばかりだ
時代遅れの美容師が
 ハリネズミ
と そっと手帳に走り書きをする
ソビエトの山奥で
僕の妹が飼っていたインコ
コンパクトの鏡を閉じたら
彼女とインコは視力を失い
僕の耳元でズキュンと聞こえた


552 : ◆VabUhato :02/03/19 01:51 ID:???
 
 「火の宴」

好きな女を火にくべて
極部がこんがり焼けたころ
女の耳から記憶が溶けて
落ちる俺やら男の臭み

仮性ハピネス
逆手にとって
自前のもも肉喰らう宴
蛇に尻尾をくわえさせ
世界が輪だとは証明できるが




553 :mixi ◆mixiK.U. :02/03/19 02:54 ID:???
「独り寝」

貴方を想って眠れない
貴方を想って眠れない
貴方の隣にいる女性(ヒト)は
貴方のヌクモリ感じつつ
貴方を独占できる人

その頃私は1人きり
貴方を想って戯れる
寂しい夜に寂しい時間
誰と過ごせば良いのでしょう

濡れる指先 揺れる時間
失した恋の代償は
寂しいサビシイ独り寝の時間(トキ)

行きずりの恋も 一夜の夢も
虚ろな時間を埋められず
丑三つ時に独りきり
想うは貴方の白い肌

神さまどうかもう一度
あの時 あの夢 あの肌を
取り返す術を教えてください
けれども夜はただの闇
何も答えてくれはせぬ

何も答えてくれは せぬ


554 :名前はいらない:02/03/19 03:32 ID:???
>>548〜550 鳩さん
鳩の詩は良いと想う。その言葉の飛翔が、詩板の誰にも見あたら
ない独自のもので したがって他にはない たったひとつの>>鳩の
世界を形成しているように感じるのは オレだけか・・。


555 :名前はいらない:02/03/19 11:07 ID:QcX6Di4W

自分の言葉が探せない
右に左に上に下に
どこに自分があるのか
死んでいるのか

鋼鉄に囲まれた有機物は無機物となって
踏みしめる土に
やさしく絶望が吹きかかるときは
癒しの言葉も無く
宇宙の果てに流された心を
引き戻すには
泣き叫ぶしかないのか
大きく息を吸って
いざ
自分よ、戻れ


556 :はらだ将:02/03/20 12:14 ID:???
今頃お返しポエム。すんまへん。


『最果てへの視線』

鉄気球が夜の青空に
正立方体の小さな穴をあけた
秋雨前センの雲がたなびいている
色彩りどりの風さえ
この地上一寸ウエを
四方八方それぞれの速度で
吹き荒れる――ただの夢日記
僕は巨大なノミ(♀)に追われ
鉄気球から隠れるようにしただけ
僅か数百の数に脅えてただけ

丁度いま
お前は一本の歩行者道路を歩いている
自身に満ちた目で最果ての獣をにらみ
そのホコリが被っていた足で
まっすぐに歩いている
何かを切り裂くように
そこには道がある
お前にだけ道がある


557 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/20 13:47 ID:AwJUhHFj

 「山裾の実家から」

光は山より斜めにさして
昼過ぎのそのそとおきだす
いのしし親子はそっちにのけて
平野部の点滅信号に
おはようといって交代をする

僕は昼うつろとしてまどろんで
ことしはじめて聴くうぐいすの
鳴りやむボタンを手さぐりでさがした

かくれんぼしたまま
コタツで眠ったような
そんな山裾を揺りおこす
僕の手はまだ切符を買ったところ
駅までお出迎え だけど
駅で眠った おばあちゃんが
ほほ笑むようす


558 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/20 18:15 ID:UevCwO9G

 「ココア」

時計が回るのを見ていた休日
白いシーツにココアの染みが
 2つ 3つ 4つ
フィレンツェから絵はがきが届いた
イタリア人はロリコンだとか
桜が咲いてこっちでもお花見するんだだとか
汚い字で書いてよこす君
こっちは午前に車をぶつけて
保険会社と4回電話
ストローが大忙しな
ベッドの横のさんかくスペース

ココアを飲んでほっこりとする
犬に噛まれても
猫にひっかかれても


559 :名前はいらない:02/03/20 18:59 ID:0M8nm5jk
553=554

560 :ノイ人:02/03/22 00:02 ID:wyYjdQH5
「非・詩人」

人の言うことを聞きすぎて、自分が話せない
走るトラックの騒音がうるさいからじゃない

何冊もの本が書けるくらい言葉は渦巻いてるのに
しかし気軽な一言が、ポッと口をついて出てきてはくれない

ほんの小さなキッカケで、親と口を聞かなくなることだってできてしまう
悪いニュースを聞いて暗澹としている顔が、目に浮かぶ

ねえ、
ところで僕の好きな人、

何であいつのことが好きなんだい?
何であいつに、そこまで入れあげることができるの?

君の言いたいことを、代わりに言ってくれる気がするから?
しかもカッコよく拍手が湧き上がるように……

窓の外には日差し、

誰も僕のことなんか好きじゃないんだ

561 :ノイ人:02/03/22 00:12 ID:+bq/11+B
「女」

声はいつでも裏返り
彼はいつでも寝返ることを思ってる

いつもの部屋の中で
話す必要もないことをいつまでもしゃべってた

そしてそれは悲しいことに
とても楽しかったの

562 :名前はいらない:02/03/22 00:24 ID:xinD2law
「イス」

おまえの座っている
その黄色いイスは

長い話は聞かない
指を曲げてる人にも近づかない

短い言葉だけ使っていい

それから
ずっと黙ってる

563 :ノイ人:02/03/22 00:25 ID:xinD2law
>562は自分ね

564 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/25 22:22 ID:+B/KKJz+

 「国道沿いの池のフェンス」

言葉もない ひとりの春に
山麓のあかりをひとりながめた

 風がなく 音がなく
神社の森には リスの姿
 今はもうなく

月が山へと沈んでゆくのを
いちばん静かな夜とみていた


565 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/25 22:28 ID:+B/KKJz+

 「+水色の」

きれいだから 大地をけって
ダムに沈んだ おとぎの谷へ
枕をもって (きれいだから)
ひっこしをしたい

宙に浮かぶ君のこくはく
  僕は不適に笑っていたい

地下を流れる水の音と
僕らが生きるマガジンの街の
排気の音

きれいだから光をあびて
僕は
曜日を染みこませた土を洗う

 君は?



566 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/26 00:30 ID:HYglwiGA

 「 Eeyore 」

感情を持ってしまった事が そもそもの 焼却される理由だった

もし何もかもがよそ見をしながら 僕に枕元を許してくれたら

綻んだ目の下の綿も 穴も 涙も出ない 背中の印も ボタンも

風邪薬よりもっと 眠気を誘う 僕の希望も 生殖機能も

戸籍を現す レシートが ひらり 僕 何 僕 無し

回りが騒がしいと 僕はつられ笑った 僕 何 僕 無し

無くなる方法 本棚で知った けれど 血も何も流れない 僕を知った 僕も知った






567 :Jey-J:02/03/26 00:42 ID:rD4sgqz7


哀しみだけを抱き 此処まで歩いてきた
苦しみだけを感じ 今まで逃げ続けてきた

今からそれらも必要ない

弱さ隠さず歩いていける これからはきっと



568 :ノイ人:02/03/26 01:46 ID:3DP2rsIf
「月と白い額」

沈む月、
すれ違う人々は足を動かし始めた

足組む人々は忙しく、
あたりにうごめくは敵ばかり

おう、女子供よ
廃れたケムリを吐き出して

捨てるドールを買い漁る
よっくきけ、つまらなさがそもそもの原因だ

そのなめらかな額は白く、
つまらなさを選んだ君の純粋な笑顔

求めてる? 求めてない?

胸の奥で目をあわせ、
ほっこり脚を投げ出して、

無人の月が消えるまで
ああ もう何も その姿 言わない

569 :名前はいらない:02/03/26 01:52 ID:pStSv1oU
何ていい日
タンポポがぽんぽん笑って
太陽がくるくる回る
恋と愛のストライプ
ありがとう
あなたのこと 忘れない


570 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/30 22:51 ID:6K3QXP7Q

 「偏西風」

ポプラ並木なんてもともとなかった
私が泣きながら歩いていたのは 
晴れとも雨とも葉とも茎ともしれない
矯正金具の2ミリのずれに
ぶら下がった
ただの小骨だったから
ロータリーに集まって
泣きやまない私を見つめていたのは
バスの窓ガラスの意識
水溜まりに写らなかった 偽物の太陽
みんなが帰ってしまうまで
私は勘違いをした鬼のふりをして
隠れ続けた
呼吸は昼間の上昇気流にむせかえり
私のうぶ毛をなまぬるくなでた
太陽のしっかりと写るほどの
アテネの巨人の鎖骨の窪みほどに大きな
星々がゆったりと泳いでいられる
そんな水たまり
片足でけんけん
次の一歩ぱしゃり どこまではしゃげば終わるのかな?
いいえ先生
忘れはしません
ポプラ並木のポプラはどれも
偏西風にざわざわ騒いで
メガネを外してもとても
大きかったことを




571 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/30 23:20 ID:6K3QXP7Q

 「心の水分」

死んで生まれた言葉の渦
死んで生まれた五体満足
楽譜のように劣悪に跳ぶ
油を弾くように平行線を
心の棺をマッチ箱で作った
死んで生まれた心のために



572 :藪鳩 ◆VabUhato :02/03/31 00:37 ID:L2sAHfUe

 「エニグマ賛歌」

石を形にして遊びたい
積み上げてゆく

はだし三角
鰯長らく
扁桃腺は紫芋の様な楕円を描いて
言葉四角 愛玩犬丸
おなら クレパス 馬糞 銅像
ライカのカメラ 心臓とおんなじ
悪魔じみた形 菱形
悪魔じみた眠り 石形

私このまま うつろう木の葉
下痢の言い訳 持たない形
動流体 儚い 逃げ道が示す
可能性と 化膿と
おならと おならと

今し方 こづかれた 虫笑う 虫大笑う 今し方
8ミリで 世界の歯磨き 上映会
君の 君の 君もの歯茎から
血が出る 血が出る 生理でもないのに
溢れる

記憶は裂けた
 今こそが 道理だ





573 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/07 03:33 ID:dyw/q7i/

 「命」

幽霊に
教えられた
お母さんに言ったら
怒られた
すごろく大好き
正月だった頃
花火の臭いも
ただれていたかな

大好き
大好きな あの子
命を百個集めても
あの子の昨日
気分で買った首飾りにも勝てない

命を朝から
永遠数えた
キャラメルのオマケの
ビー玉の虹色
僕のスニーカーの
申し訳なさそな栗色

裸足 演出?
あはは!!




574 :名前はいらない:02/04/07 03:37 ID:???
何でそんなのしか書けなくなったのさ?

575 :マリー・ドナラキア ◆w4luft92 :02/04/07 03:37 ID:hOg9iN0O
「ラヴ・ミー・チョコレート」

はぁ。。。
素敵ですわ。。。
このポエム。。。
メルヘンにまで達していますわ。。。

ラヴ・ミー・チョコレート。。。

ああ! とろけてしまいますわ!
asもlikeも必要ないほどの輝きですわ!

電話が鳴った。
うるせーな、いいとこだったのに、このクソ電話が!!

576 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/07 03:41 ID:???
>>574
六月からまた書ける予定なんですよ
今はある事情でちょっと無理です
いつもありがとう。
俺は謙虚です
藁藁 ですよ。


577 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/10 00:48 ID:???
・・・

 「詩の練習をしよう」

詩が書けなくなったとかなんとか
言い訳している暇があるなら
仮設ブロックの中の人のいびきの暫音の中でも
それなりの言葉で遊べばいいこと

猫の毛にクシャミして  クシュン
カメムシの挟まった洗濯物に  ポワリ
録画予約を犬に消されて
足のない十手持ちに追われる時代劇の一場面に チラタラ

僕はパソコンで詩を書く 時代も進んだもんだて
カチャリカチャ キーボード 僕は詩を打ち出す練習をしよう

っだ、だれにも
みつかんない
空気のように
詩と死のう
カチカチカチ
時に置き去りを喰らう詩人気取りが
失明しそうな最後の灯りを喰らいます



578 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/10 01:13 ID:4uJWGY4c

 「僕という白いため息」

4時過ぎに坂を下るのは
いつものように4時を過ぎた頃の僕だろう
きっと白いため息を吐いては
無理矢理に晩ご飯の献立に
意識を紛らわせようとしては失敗している

人のふりをしては
吊革にぶら下がった右手を眺めている
いつもどうりに
観覧車のある池の横を走る時
白いため息と僕の右手とをへて
数人の釣り人を見ることが出来た今日の平和

休日にジェットコースターに乗った
君のため息と僕のため息
太陽の光の角度が少しずつ変わって
ため息は全ての色を溶かした
透明に変わる

全ての街を陰鬱に染めてしまう
僕のスニーカーの濁った色彩
その靴ひもがほどけるほどに
雑踏にうずくまる
僕という白いため息



579 :名前はいらない:02/04/10 01:28 ID:???
>>554 同意します。
藪鳩さんの詩は(まだ578しかじっくり読んだ事無いケド)
読み手のすべてをゆっくりにしてくれて、
ハッとするような........なんかイイ!(・▽・)です。

馴れ合い禁止でしたっけ?
馴れ合いっぽく聞こえちゃいますよね、誉めれば何でも。

そんでは。頑張ってください。

580 :はちじゅう:02/04/10 01:42 ID:RiegUagK
暗くて深い闇に
飲みこまれて
今日も掃き溜めの中
腐ってゆくけど
痛い思いは


モウシタクナイノニ


私はここから出られないから
ひたすら 掻き毟る
ねえ、私は醜いですか?


ね、私は醜いですか?

それでも、わたしは此処から出られない


581 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/10 01:44 ID:4uJWGY4c

 「くぐもりを称えた水色を見ていた」

高校生だった教室の隅で
確かに僕はひとりぽちだった
ダルい空気を装ってはいたけれど
漫画と一緒に震えていたんだ
僕はドフトエフスキがお気に入りのくせに
夢の中ではグラムロッカーだった
震えている足下に
バスドラムがちらちらと見えた
不意に
セロファンの僕が
プラットホームを跳び降りる
彼の背中を押したのは僕じゃあない
いつも付きまとわれている
外套を深く着込んだロシアの男だ

家に帰り毎日のように見た映画
一度だけ夢想したことがある
レンタル映画屋に放火して
エチレンとナイロン
黒一色のプラスチックのくすぶる
濁煙のスクリーンに映し出される名作達を

そこではエデンをハーレーダビットソンが翔け
戦艦ポチョムキンは禁じられた墓場に身を沈めるだろう

教室の隅でひっそりと描いたイラスト
その目線を追っていくといつでも
くぐもりのある水色を見ていた

セロファンの僕は
今でも時々
僕より先に眠りにつく
僕のとなりで



582 :はちじゅう:02/04/10 01:55 ID:RiegUagK
あからさまに、君はぼくをみて笑うけど

君は笑うけれど

ぼくには君に対抗する術がない

きみは、此処にはいないから
ぼくが犯した罪は

きみを溶かして、腐らせた

ねえ、そこで何をしてるの?




暗い、暗い土の中


583 :月子:02/04/10 03:04 ID:QmH341bI
乾いた貝の背よりも
かつて在った
水の波紋の揺らぎの奥在る
海の蒼に重なる背に映る
桃や若草の柔らかを
あなたはむしろ
わたしというモノより
知っているはず

何を云われても
あなたは輝く星
舞う霧
透き通る水滴を
雲いっぱいに含ませる
青々とした空

通り過ぎる
旅する風の行方は
誰もが知りたがる

ただ風は

流れているからこそ風

今は静かにそっと
けれどもうすぐきっと
こんな風に





おやすみを君に
ありがとう

584 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/12 02:24 ID:8KXl70CX

 「生きてるふりをしているなんて」

爪が伸びている僕をみて
あなたは僕を不潔だといった

世界に事件があった日で
テレビが砂煙を上げていた日だ

茶色の瞳で爪の垢を眺める
琥珀に光る労働の堆積

あなたのサンダルが夢に出てきた
ある島へと行く途中の船だった





585 :名前はいらない:02/04/12 02:41 ID:???
>鳩さんへ
貴方の詩文は良いね。間延びとかスキというものがない。
文面構成が充実しています。





586 :都立家政 ◆76fFko5o :02/04/12 15:25 ID:???
>>540 前半コノミ
>>544 他の作品ミタシ
>>560 期待!!
>>562 イイ!!ノイ人イイ!!
>>569 他の作品ミタシ

主観です。個人的意見なのでお気になさらず。

587 :名前はいらない:02/04/13 15:57 ID:???
ああ今日も面白くない、最近いい事ないなぁ
でも明日に向けて頑張るか。君は頑張っているかなぁ負けな
いように僕も頑張ればいいのかなぁ、でも俺は君に負けても
悔しくないや。それじゃあ情けないダメなのかなぁ、。君って
勝つと嬉しいの?僕は勝っても嬉しくないなぁ。勝ち負けを比べて
みても回りを見まわすとどっちも些細な事だどっちでも変わらないよ
勝ちにこだわるの?勝つと何が得られるの?君にとってその得られたも
のはどんな価値があるの?一二年もすればその価値なんて無くなり勝った
事も忘れてしまうよ。勝ち負けじゃなくてもっと大切な物があるような
気が俺はするが今はそれが何なのか俺には分からない、いつか分かるの
かなあ。希望を絶やさず重い一歩を踏みしめ歩く、いつか幸福に満たさ
れることを。

588 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/21 00:51 ID:DSvny7OB

 「動力線」

ガスをぶちこんだ 洗いざらしのメタンの風船

流れる小川と小学校の雇ったバスの運転手

蚊トンボが秋に春に 同時に意味を持たない行間に

君がいつでも極論を言うのに 僕は浅瀬をpの字に歩く

疲れたよ どこに火を付ければいいのかさえわからない

君のクリトリスが六角レンチの斜めさに音をたてている夜にでも

僕の目は宙を舞うショウジョウバエを明日の弁当箱の蓋の裏側に貼り付けている

妄想でフルーツの名前をデジタル暗算機に放り込む

夜は丸く全く角を持たない円だから

僕に 手に 何も触れない 





589 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/23 01:20 ID:GFksIk4J
詩なんて書いていてもきりがないだけです
だいたい詩ってなんだろーな
暇つぶしに書き始めたのはいいけれども
はまってしまって、詩集とか借りてきているしまつ
下の方で誰かがフィクションについて語ってる
僕はまったくもって同意だけれども
何もレスが出来なかったよ、、
苦悩が有るふりしてる(w
苦悩が無いふりしてる(x
この板のみなさんは詩にまつわるエトセトラにどんな思いを寄せ得れますか
詩と恋人と生活と仕事、大切な順に並べ替えてみてください
漠然とした詩の完成型が横たわる
それは未だ誰も書いた試しのない擬音が自己紹介を始めた様な文章だ
真っ直ぐそちらへ向かえるようにと
詩を本気で掘り下げてみたい。


590 :ロムビト:02/04/23 01:29 ID:???
仕事>恋人>生活>>>>>>>>>>>>詩

ハトさん アリは何のためにいきてるんでしょう?


591 :dg:02/04/23 01:30 ID:IbAfJPG1
http://www.memorize.ne.jp/diary/86/05561/index.html

592 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/23 01:47 ID:GFksIk4J
>>590
蟻は何の為に生きてるかって、、
あなた解ってるはずなのにね、、
貴方の為に
生きているんですよ??
これ、哲学でもなんでもなくって、あたりまえのことですよ。。

593 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/23 02:05 ID:GFksIk4J

「瞼」

日曜が乾電池で動いている
そして月曜が舶来製の木箱に詰められている
僕は毛が伸びる振動でだけ動いている
指先の感触は記憶よりも脳味噌に近くて
瞬きするアニメのように
人混みも草木も星々も
乾電池で動く昼間の罠の中



594 :俺の詩をやるよ:02/04/24 05:41 ID:qlcOTsQn

カタストロフィー 


虚ろな哄笑は目鼻を穿たれ
黒ずむ肺臓の奇妙な安らぎ、
渦巻く悔恨、憂いの夜、
鈍色の煙管を川面に落し嘆く娼婦

地鳴りのベンチに身をもたせ、
シャム猫は瞳孔を見開いた、
背後の城郭から堕ちる
男の左手は真昼間よりも白く

北方、四等星の女神の
胸元に抱いた、瑪瑙の杭が滑り落ちる
それは微かに燐光を放ち
そうして大地を目指す箒星となり

やがて空へと伸ばした無数の指先が
箒星のきらめく殻を裂き
現世の遍く不幸を仕舞うため
ハート型の小箱を綺麗に飾り付けてゆくのだ

595 :俺の詩をやるよ:02/04/24 05:46 ID:qlcOTsQn
>>589の質問に答えてみる。

生仕恋詩人事活。

てのは…ダメ??
まあ、深く考えないで、ね。




596 :はらだ将:02/04/24 09:48 ID:obfednE8
お久しぶりです。
『瞼』好きです。
今の気持ち的にはこうかな。でも実際はどうだろ?
まず、この言葉たちはほとんど同義で捕らえられるからね。
微妙です。そのときそのときで変わるだろうね。

詩≧生活≧恋人≧仕事

恋人がそばにいれば恋人が一番大事だし(笑)。

597 :名前はいらない:02/04/25 05:36 ID:ko5tnBWQ
「毎日」

謙虚のなりかたを忘れて
友達も恋人もできんようになってしもうた

いつもみたく中途半端な朝方に目が覚め
スタンドのそばにある記念品の古い鉛筆立て

うーんと、なんかアルペジオが弾きたいなあ
pるば

〜おはり〜


598 :名前はいらない:02/04/25 05:48 ID:???
チョソと書いたら怒りだした馬鹿

599 :三木(東京):02/04/25 06:28 ID:???
自分の人生もう終わり、と思う方は見ないで下さい!!
いやこれからだ、まだまだと思う方のみ、ご覧下さい!!
あなたの意欲を現実に展開していく方法論をお見せ致します!!

http://www.dream-express-web.com/mog.htm

600 :名前はいらない:02/04/25 19:19 ID:???
ここの1はまじめなのか馬鹿なのかなんなのかよくワカランね
何故かここに書き込む時は名無しにしてしまうわたし


601 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/26 01:41 ID:IXCpicwi

ロボコミックをバイク便で配達 子供達の喜ぶ顔が目に浮かびます

蓮池の渡りを順々に跳んでゆくと 基地めいた古バイクの家があるのです
そこの奥のさらに小さい小屋で 皆がチマツさんと呼ぶおじいさんに
年代物のキーホルダーを渡すと チマツさんは古びたホンダやスズキと書かれた
キーをそれに付けてくれます 

子供の見る夢は
欲望だけだよ あるいはおませな恋のしっぽさ

チマツさんは家庭を捨てて 自前のハーレーの中古車ひとつで
子供達へ専用のバイク便会社を立ち上げたのだと聞きました
若い頃には女ったらしで腹には何個も刺された跡が有ると聞いたり
子供が出来ないことを理由に 家を追われたとも聞きました

子供の笑顔を乗せて走る こんな素敵な仕事をくれたチマツさんが好きだ





602 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/26 02:15 ID:???
>>594 頑張りすぎですよ、好きですけども。
>>596 ぶりです!俺の詩を褒めてくれる人がたまにいるんだけど、なにがいいの?
   正直わかんないです。酔ったときに適当書いてる。俺は詩に対して不真面目だ。
   詩に対して恥ずかしい。推敲ってわからんしできんよ。鬱です。。
   ところではらださんのスレ明日にも1000ですね、おめっとーさん♪です。
   今晩は3時まで頑張って起きてあのスレを全部表示でスクラップしようと
   おもいます。
>>598 結局あなたの書き込みは削除人さん相手にしてくれませんでした。敗北感でいぱいです。
>>600 お前こそよくわからんですよ(失w


603 :名前はいらない:02/04/26 02:31 ID:fxGQKBCM
ささくれ

嘘をつくとささくれが出来る
ささくれの指先が嘘を語る
剥くと痛い
でも
僕は毎日ささくれを剥く




604 :名前はいらない:02/04/26 02:42 ID:???
チョソのなにが気にいらないのか?


605 :名前はいらない:02/04/26 03:57 ID:???
age

606 :yuu:02/04/26 04:01 ID:hmVlG5l9

午前3時45分。

木村屋總本店の砂糖塗れの
マロンアンドーナツが
奥歯に染みる

昨晩この時間は田口ランディの
真っ暗な小説を真っ暗な部屋で読み出して
もう不吉だった

そろそろ良い子は寝ましょうや



607 :名前はいらない:02/04/26 15:28 ID:vndqzt4F
マニキュアなんて塗ったりして
ご機嫌だね
今日はお台場に
買い物だったっけ?
僕もちょっとはお洒落しなくちゃね

心に余裕がある
心に余韻がある

今は微かな感じだけど
二人で生きていけそうな気がする

608 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 00:03 ID:uw6oDHjK

 「夕暮れ台」

公園のジャングルジムが夕日に照らされて実を付けている
その果実は子供達だ
今 緩やかに大地に根を降ろすように
それぞれの鉢へと還ってゆく

それを公園を形作るもののすべてが眺めている
僕も例外ではない 眺めている

すっかり実の落ちた枝には
角度を無くした直角が垂れ下がる 眠っているのだろう

暮れかけの公園には順々にうつろう異次元が住む
僕はひとりしてブランコを漕いでいる
いつかここに揺れていた寂しさをかすめた気がした
誰かが小石をけ飛ばした跡を見つけた




609 ::02/04/27 00:15 ID:rJvxtX73
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/8162/

610 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 00:58 ID:DTc/B/8m

 「モルタル」

苛立ちを包装紙でくるんで
百貨店のお姉さんが
膝の裏を掻いている

その苛立ちはおいくらですか?
その梱包はおいくらですか?
その退屈はおいくらですか?

僕は病弱だから 百貨店の階段をすべて
包装紙でくるんでエスカレーターに乗せた

梅田の阪神百貨店のチーズ売り場で
バイトをしていた地下一階の精霊
間を隔たるチーズが邪魔だった

すべては箱の中での出来事
ラジオからのしらけた話題
木造故に
ありがちな 残響



611 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 01:29 ID:DTc/B/8m

ぶらさがる ぶらさがる

脳を落とすと 指が拾う

処女を失う明日の朝の少女

とおざかる とおざかる

恋文の連鎖が太古に生き詰まる




612 :名前はいらない:02/04/27 02:27 ID:???
とてもがっかりしていると
嘘がつけなくなってしまう
目も見えなくなる
私ががっかりしているのは
私が嫌いだから
なんて書いたら
誰かいじめにくるのかな
どうでもいいや
そんなこと



613 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 02:37 ID:???
>>612

いつも僕が心配している
君の引っ越した新しい場所
距離がどんどん恋で無くする
僕は一度だけ
あなたに合った夢をみたことがある、、、


614 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 02:58 ID:DTc/B/8m

ブルースリーの アチョーを 無事に変換出来たら
眠ろうと おもう

血管が赤いことと一緒だ

僕は眠る寸前に アチョ〜 言う。



615 :ごった煮:02/04/27 03:35 ID:JpIjA97o
いびつでひよわで
腐ってしまった私の爪は
ひとごとみたいにくっついておる


616 :名前はいらない:02/04/27 03:53 ID:???
藪鳩さん

お節介かも知れないが、落ちこむな、気にするな。
このままマイペースでいきな。
君はまだ若いんだから、年寄りに翻弄されることはない。
君の書きたいものを君のやり方で表現していけばいい。
じゃあな。

617 :名前はいらない:02/04/27 05:56 ID:t2Kk/CIp
> 201 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 02:33 ID:???
> >>199
> そうですよね?ここの人達の浅はかさは、まるでグリムかトマスのようです。
> お伽の国に時々迷い込む
> 戦闘機で死んだ
> 亡霊達が
> またこれが、いい阿呆さで調和するのですよ
>
> 226 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 03:25 ID:DTc/B/8m
> >>224
> 文面上のリアルにだけ
> 捕らわれているおまえ(けんちゃん)が爆笑なだけす。。
> 手垢にまみれたって、お、お前、誰に言ってんのか??(ww
> 俺が腐っている以上に お前は
> あらゆる意味で 腐っているよ?、、


藪鳩さん、あなたはかなりな電波だね。

618 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/27 23:23 ID:???
>>617
彼は僕の別人格です。>>611から後、全く記憶にありません、はい。

619 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/28 01:10 ID:tVboRrUD

 「ゆらゆら」

片目だけ見えていたことが
今でははるかな夢に感じる
もう片方の目も垂れ落ち
光を完全に失った魚が
ゆらゆらと泳ぐ
ゆらゆらと沈む
ゆらゆらと死に向かいさまよう
僕は手首の傷を眺める
僕はどうしても
何もかもを終わらせたい時には
庭にある魚の墓を掘り返してみる
巨大な目玉が僕達を萎縮させてゆく
その気配
そのたたずみに
僕は生け贄をささげなければならない
僕の手首の傷を眺める
人という鋭利さに
実を裂かれる思いで生きていること
そして死ぬこと
眠る魚をながめて
目を覚まさないように祈る
光を無くした魚は
どんな夢の中を泳ぐ




620 :名前はいらない:02/04/28 02:16 ID:???
>>618
幼女を4人殺した宮崎勤クンも法廷であなたと全く同じ事を
述べていますよ。別人格のやった事だから主人格である自分
は知らないってね。

621 :502:02/04/28 18:32 ID:qkC8CBGi
「裏切り」
遠くから歌が聞こえてくる
藤圭子なんて歌手が昔いたっけ
たて読みは最初だけさ
きにするなよたったの二万だ
こづかいにもならない
はっきりいって
どんなに装丁をきれいにしたところで
ろくでもない文章じゃあ
ぼろくそにけなされるだけで
うれやしないぜそんな小説


622 :Takara:02/04/28 18:50 ID:???
さぁ泣こう さぁわめこう
にわとりが空飛んでもいんじゃない?
人類の進化は恐ろしいものです 
あぼーん×20

623 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/28 22:19 ID:FKwUOeYj
>>620
診て貰おうと考えたことは、ないのですけども
僕の中に3人居ることは確かなことなのですよ
ネタでもなければあがきでもなくね。。。
確かにあなたの言うように、僕は彼を使って幼女を何人となく
殺してしまえる様な人格の持ち主ですね、3つの平均を僕だとするならね、、
3番目の僕は1番目の僕が嫌いだから
時々僕を辱めようとしてスキを見計らっている
ちなみにこのスレを立てている1は2番目に現れやすい僕で
憎むべきいい奴です。
全部ホントだからageます


624 :名前はいらない:02/04/28 22:39 ID:???
解離性人格障害ってヤツですかね。
言いにくい事をオープンにされたのですから
人格ごとに名前をかえても許されるかと思います。


625 :はらだ将:02/04/28 23:19 ID:???
>>602
レスあんがとう!!
>俺の詩を褒めてくれる人がたまにいるんだけど、なにがいいの?
>正直わかんないです。酔ったときに適当書いてる。俺は詩に対して不真面目だ。
>詩に対して恥ずかしい。推敲ってわからんしできんよ。鬱です。。
この姿勢がいいんだと思う、鳩くんの場合。

>>623
マジで?天性のマイノリティなんやな。


それと俺のスレッドのコピペは正解。なんちて(笑)。

626 :名前はいらない:02/04/28 23:41 ID:???
>623
早く病院いって診てもらってください。あなたのためにも。

627 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/29 00:34 ID:???
>>625
はらださんこんばんはです、どっかであなたがこれが本当の最後の詩って
言ってたんで消えちゃうんだとか想っててちょっと弱ってた、、
そしてはらださん、僕のマイノリティーぶりはきっとあなたの想像を絶する。>>
>>624
無理です、みんな、俺だから




628 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/29 01:01 ID:gFuMrBgA

 「ドアウェイ」

徘徊する 午前3時のジギタリスが
さざ波に 泡に 呑み込まれる様に眠りにつく

この隅を見つめる 先祖達の角質が うとい眠りを古井戸へ沈める
この部屋で 足は 歩くことから遠巻きに
また 腕は 投げることから身を引き

寝転ぶ僕を 真正面から見つめる
眠たげな 午前3時のジギタリスが はっきりと見える








629 :はらだ将:02/04/29 01:06 ID:???
>>627
いえい!こんばんは。
俺は人のことをあんまり想像しません、否、限定しません。
積み重ねと瞬間の印象です。


630 :匿名希望:02/04/29 01:15 ID:???
僕の中には15人くらい居ます。
この板では4人の全くの別人格、
他の板では8人の別人格(かぶってるのあるけど)、
あるチャットでは13人の別人格やってました。
どれも僕です。
真剣に荒らしを好むし、真剣に荒らしを嫌うし、
真剣に愛を完全肯定するし、真剣に愛を完全否定します。
真剣に詩が大好きだし、心の底から詩なんてキモいと思います。

631 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/29 01:21 ID:A5YM/IZo

 「根に尻に」

根に尻に あなたを震わせ
根に尻に あなたを憶える

言葉という 嘘のただ中で
根に尻に 狂う記憶
根に尻に 擦り傷を探す


632 :はらだ将:02/04/29 01:45 ID:IHODftba
鳩くんがどっかのスレで遊んでたのを
ざっと見たよ。結構おもしろかったです。

633 :名前はいらない:02/04/29 03:32 ID:???
>>626 おまえのほうがイカレテるよ。

634 : :02/04/29 06:41 ID:???
笑顔って素敵だなって本当に思う・・・
そんな瞬間があれば詩にして教えてください。


635 :名前はいらない:02/04/29 07:17 ID:???
イカレチンポ

636 :藪鳩 ◆VabUhato :02/04/30 21:43 ID:???

 「イバラの首飾り」

果てのない言葉と
果てにある言葉とを 混ぜあわせる
首には
自虐の首飾り 揺らして

若さを順に溶かした日々
手もとを狂わせてはいけない
歪んだ行為に
やがて罰があたえられ
薄汚い優しさに
形を持たない老いが住みつく

遊んだことも揺れる
汚れたことも揺れる
すべて美しいいつかとこすれて腫れる


637 :藪鳩 ◆VabUhato :02/05/01 01:10 ID:kehhtlUY

 「ジェリー」

眠りが 丸いゼリーになって
天井裏に ならんでいる
ネズミが2匹住んでいて
1匹は天井に穴をあける役目
1匹は眠りを落とす役目
天井裏がすこし騒がしくなると
僕は眠る用意をはじめる
きっと空にもネズミが2匹住んでいて
いろんなきっかけを僕らに落としてくれている
急いでないのに走り出したり
本屋で雑誌をそろえだしたり
農夫が休憩する瞬間だとか
アフリカの湖に飛び込む衝動





638 :名前はいらない:02/05/01 02:39 ID:UGIUS1Aj
とぴぽりぽわーずでおしいれあけながら
TVでみたのだあとりぽりああとりぽり
うつせよおまえうつせよとかなど

639 :藪鳩 ◆VabUhato :02/05/04 23:53 ID:RRLP2jfv

 「コンテンポラリー マインド」

飛行草がカンナビスの覚醒に一瞬感 舞う
裸足でベランダへと急いだ 僕らに関わるなにか
飛行船があの突端をふわりと飛び越えてしまうまで
炭酸水のビンをそれはかたときも離せないでいる
壊れたシャワーは夕べから僕の源流となり 幾つもに裂かれた僕は
排水溝の汚物入れに一瞬プールされ 落ちる
ヒイラギの庭が
順に地軸に蓄えられた季節を 汲み上げる
僕は直視できないでいる
眠たげな瞳孔にいつかの夢を 写したままに



640 :藪鳩 ◆VabUhato :02/05/08 02:25 ID:KKHAeqBU

 「ネコのミンチ」

溢れ出る様に毛穴が全て摩擦を拒んでいる
5時にはニャンと鳴いていた

人間の女の脹ら脛と
そのむこう側にピンぼけに写る猫

家族が笑う 猫が鳴く
その食卓に近い内に並ぶメニューは?


641 :藪鳩 ◆VabUhato :02/05/08 02:32 ID:KKHAeqBU

 「イカレチンポ」

深夜の時計は
秒針だけが
やたらと早い

シックハウスの壁と
部屋に居座る悪い風
小皺の増えた兄弟

生殖機能が
誰かに目をつけたら
僕の理性は先に眠る

洗濯機の俯いた音を
喘ぐ誰かと
間違えて目覚めるまで



642 :藪鳩 ◆VabUhato :02/05/08 03:05 ID:KKHAeqBU

 「巣隠れ」

俯くことを
裸足のせいにして
歩いたら
白い陽光溜まる
踊り場で
ずっと昔の
足音が聴こえた
白亜紀の息と
魚のウロコ
僕の体の
関節が
次々に
孵化する

幼少からの
体の染みを
木目の本棚に
ならべる

ドミノの様に
自分を殺した
次々と建つ墓標のよう

春に目を吹く
毛穴から伸びる
影をすり抜けるような
アウト




643 :名前はいらない:02/05/14 14:26 ID:???
70 :名前はいらない :02/03/06 23:51 ID:???

最初から、ここにはろくな詩を書ける人間なんかいなかったでしょ。
一時期、なんとか鳩ってコテハンがまぁまぁの詩を書いてたけど、
今はしょうもない詩しか書かなくなったしね。キャラ的に面白いのは
いたかもしれないけど、詩のレベルは全体的に低かった。他のサイト
と比べてね。


書け、おまえのことだろ?


644 :名前はいらない:02/05/17 00:09 ID:EQODjTvO
age

645 :名前はいらない:02/05/21 03:42 ID:???
保守

646 : :02/05/23 22:36 ID:???
age

647 :名前はいらない:02/05/23 22:38 ID:/8ZiFpQv
僕らは、風のように、海のように、空のように
そして、雪のように、あっけなく、広がっていくだろう
じわじわと侵蝕するみたいに、満ちたりた笑顔で
人の心の中に無遠慮に踏み入り、やがて消えてしまう

648 :名前はいらない:02/06/02 01:08 ID:AvjGo6xv

 「リジウム」

左手が半分だけ薄い色をしている
はっきりと見えない
始末の悪い置き手紙のような左手だ

けれどもその手はマスクメロンの皮を剥ぎ
片方だけで器用に動く
そっと口元に運ばれる繊維質のかたまりに
僕のぎくしゃくとした口が開かれる

そうしているのとおなじ頃に
僕の友達は首を吊って死んでいた
在日韓国人の女のことの結婚を
親に反対され、そして死んだ

僕は果実の熟れるのを待ってから
哺乳類一の愚鈍さで
それを唇へと運ぶ
その果実と唇との間には、なにも存在していない
科学の利益も
人の世の条理も
僕のポーズも
果実の配線も

ゆっくりを寝転び背骨を延ばす
唇を舐めると少し甘い

宛先のない手紙を書くけれど
間違った化学式と同じで
大多数の人には見えない無意味さしかない





649 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/02 01:12 ID:AvjGo6xv
↑名前忘れー。。

650 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/02 01:45 ID:AvjGo6xv

 「テレビ番組」

新聞を眺めて退屈で
やっぱりテレビ番組を見てしまう
そこには少しの猶予もない
僕は頭が混乱してきて新聞を閉じる
1チャンネル2チャンネル3チャンネル
僕の指先一つで選択可能
テレビの電源をショートさせたら
明日からテレビ番組表なんてただの引き込みチラシだよ
僕の頭もショートしていて
こちらがブラウン管の内側なのか外側なのか
時々解らない、、
ニュースに自分が出ていないか
確認するようにあちらを覗く






651 :yuu ◆vYueMMw6 :02/06/02 02:22 ID:???
鳩さんこんばんわ。
突然ですが朗読会来ませんか?
都立家政さんのやる企画ですけど。

652 :名前はいらない:02/06/02 18:05 ID:???
久しぶりに更新。チェックしますた

653 :はらだ将 ◆SI1b/Jus :02/06/02 20:33 ID:???
>>648
鳩くん、久し振り。

元気?

この詩、ちょっとだけ届いちゃったよ(苦笑)。
で、トリップテスト。ごみん。

654 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/02 23:43 ID:???
>>651
yuuさんこんばんは、
僕もはらださんと同じでですね、朗読会行きたくても行けんのです
関西なのですよ、あと、土日もおしごとだしね。。大阪でやっておくれ
>>653
はらださんひさしぶりすー
648のはノンフィクションだよ〜、チョソに思わず切れちゃったのもそのせいなんだよ〜♪
いや、650がちょっとだけ届いたのかな?解らんけども元気だよ〜♪
あと、ラグビーやってたことってあります?




655 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/03 01:20 ID:OddZG9aD

 「番号」

宇宙から届いた
人と ままと 黄昏の 順番の封筒
足の裏が狂うように痒い
木製の憂鬱をはきこなせたら
深夜は絶えず軋む音を見せるだろう

八人が八人ともに
ママである
わけがない‥



656 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/04 01:49 ID:bL4gdQa6

 「再生」

僕は最近頭がおかしい、真剣に悩んでいる
食べることを忘れたり、大声で叫んだりしている
妄想が止まらないから、部屋から出られないでいる
僕を縛り付けていたものたちが、僕という器を捨ててしまった
こんなに寂しい毎日なのに、心には一つの徴もない
光のない目玉しか写らないから、この部屋の鏡は割ってしまった
外へ出て雨に打たれたい、視力の雨に晒されてみたい
人には1ダース分の輝きが与えられているとして、僕はまだ一つも使ったつもりはない
それなのに窓に段ボールを、張り巡らせたのはどうしてだろう
いい薬を手に入れた日に、僕は僕を終了することをためらった
その日からこの世の悪意が、薄ら笑いをぴたりとやめた
無意味だという真実だけを確信している、けれど無意味さが時計を回せるなんて思えない
疎外されているのに、逃げ場所だと思える
助けるな、と大声で叫んでもなにになるのか解らない
ただ叫んでいる、助けるな、とこの世に向かって小さな部屋から






657 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/04 02:34 ID:bL4gdQa6

 「新しい駅」

新しい駅が出来た
空が笑っていた日っていう名前の駅だ
どこにあるのかなんて知らない
でも1度降りてみたいなって
考え出したら止まらなくなる
どんなところかなぁ
ワクワクしてくる
車掌さんのアナウンスの声も
いつもより少しだけトーンが上がるらしいよ
空が笑っていた日で迷子になりたい
そしたら歳をとることとお腹がへること以外に
なんの悲しみもなくなる
いつも笑顔でいられるだろうし
そしたら僕にも友達が出来るかもしれない
旅立つよ本気さ
僕は本気さ



658 :名前はいらない:02/06/04 12:01 ID:???
いい詩だなと思いました。
なんでいい詩だと思ったのか分からないんですが。

659 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/05 01:30 ID:0YYVCOK6

 「寸胴」

机の上に感情をならべて
鉛筆削りでガリガリとやる
痛みを感じることはない
僕のこころは鉛筆よりもか細い
すべてが素通りしてしまう
ガリガリと鳴っているのは
僕の存在ただそれだけだ
ヒリヒリとみみず腫れして寸胴
痛みさえこころに届かぬ寸胴



660 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/05 01:55 ID:0YYVCOK6

 「進数癖」

6の字になるように足を組んで
3の字になるように鼻をほじくる
悪い癖はいつも我慢を諦めて
8の字のように僕をくすぶる
1の字のような植物が
0の字のような葉をつけるなかを
2の字になるような猫背をよそおい
切符を買うための暗算に咳き込む



661 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/05 02:11 ID:0YYVCOK6

 「アルビノ」

うつむいて歩いていて何かにぶつかる
目を背けられない何かに
この世に空気がなくなって
すべては圧縮されて保存される
でも 君と僕とは逃げ出せるはず
ぶつかりたくなくても
ぶつかってしまうくらいだから、、




662 :yuu ◆vYueMMw6 :02/06/05 02:40 ID:???
>>657
素敵な駅ですね
凄く良い詩だと思いました


663 :名前はいらない:02/06/07 00:27 ID:???

 「火」

ボク という2文字は ボクじゃなかった
だから 死んで 生まれた
オレ という2文字は オレじゃなかった
すぐに死んでしまう 癖 悪い癖

屋上の水滴に 太陽が眩しい植え込み
当たり前の2文字が しゃがみこむ
ボクは沈む太陽の火であり
オレはカバンから昇る日をとりだす

犬 犬が笑うほどの未来に
花と火が 悲劇名詞になる
ポリカーボネイトで出来た避妊具のほんの先っちょ
ボクの非が音をたてずに 爆発する

ボクのランニングシャツに
太古の龍が 焼け付いた
すぐに火に任せる 癖 悪い癖



664 :名前はいらない:02/06/07 00:31 ID:???

 「直径のない輪」

君は生きる カロリーを燃やして生きる
君の涙腺がほんの少し開くのに
必要なカロリーの燃焼量は
遙かに僕と一緒に食べた
豚の耳のスープの思い出で
足りるだろうか
僕は生きる 君を燃やして生きる
死んでしまおうと思うとき
少し君をちぎって炙り
コップの酒に浸して眠る
距離が意味が
時間が渦が
僕らに直結していた頃
独りを忘れていられた頃



665 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/07 00:40 ID:???
↑名前忘れ。以上2点、YKHさんのスレに書き込んだものです、
YKHさん、撫子さん、残念、僕ですね。

666 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/08 01:13 ID:???
>>662
良い詩だなんて、ありがとう。実は俺もそうおもう(笑)。
泣きながら書いてたなんて言ったら爆笑かな(笑)?

667 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/08 02:24 ID:8weA1nL1

 「コミュニカシオン」

何気なく 恋をする
何気なく恋をしている 体に
ビタミン剤など 与えたり
している
あなたという言葉の 中に
何億をいう意味を かいまみる
パンを愛してやまない あなた
その ふさぎ込んだ肉体が
ときめいた肝を 皮膚に見立てる
何気なく恋 をする
何気なくそれ は
プレハブの中の 出来事
永遠に誰かを 失ないつづける
ただ 接点は晴れた日に
狂うように 窓から覗いている
ふつうにしあわせに なるために
ビタミン剤など
飲みこんで みる



668 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/08 03:14 ID:???
 
 「個人的な挫折に向けて」

息をすると心臓が鳴るのか
心臓が鳴るから息をするのか
僕は盛んに生きている
異性にも同性にも胸が高鳴る
僕は人一倍に生きている
僕には残像もなければ影もない
生きることには実体がまるでない
僕の生は時々実体もないのに骨を折るけど
意地悪だということ以外では
全てにおいて前向きだろう
溢れ出る涙ほどに
行動に繋がるものもない



669 :n:02/06/08 11:36 ID:bW2CdAPW
「悲しみ」
あたしとの関係に終わりを選んだあなただけど
それでもまだこの物語が終わったわけじゃないのよ

あたしもあなたも
まだこの空の下
同じ次元を生きている

たとえあなたが天使になったとして
そしたらあたしは神様になってみせるわ

670 :名前はいらない:02/06/08 13:38 ID:kAEk8Cze
みんな神様になりたがるんだね。

671 :n:02/06/08 14:06 ID:bW2CdAPW
なれないもののひとつだから
なりたがるのよ

672 :名前はいらない:02/06/08 14:07 ID:???
>>670 というより変身願望という現実逃避

673 :n:02/06/08 16:23 ID:bW2CdAPW
>672
あたしの頭の中なんて
現実逃避の世界でしめられてるわ

674 :Canopus ◆j1h.j3e. :02/06/08 21:31 ID:???
>>663-664 ここでは、はじめまして。
うーん、これはマジで作者がわからなかったです。
いろんな人が参加していて、腕自慢大会のようで、面白いですね。

即興詩人スレ、私が進行役で再開しました。鳩さん、もしよろしかったら、
審査員やりませんか?お待ちしてますよう。

675 :名前はいらない:02/06/09 00:28 ID:jw8fWGAZ
http://desertisland.kay-n.com/?REFID=1210

676 :撫子さん ◆eEr7LE3I :02/06/09 00:35 ID:???
あー!なるほど>>663、鳩タンかぁ〜!☆
そーいえば、壊れてるのに正確な表現のしかた、いかにも
鳩タンぢゃん。気づかなかったあたしの負けだぁ★
また抜群にイカレた詩見してね〜☆楽しみにしてるよっ♪

677 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/09 02:12 ID:???
 
 「ポエム・スーサイド」

落ち行くだけの運命をたずさえて
断崖の淵を独りのぞき込んでいる
漆黒の淵に波の音も呑まれ
胃の中で強酸性の祈りを詰められた
黄色と緑のカプセルが溶け出す音も呑まれる
熱心に死を夢想しながら
間近に迫ったそれを
先に崖から落とそうとした
時計を見やれば正午は過ぎた
されど明けぬ夜これは夢か
目が覚め夢かと汗をぬぐうか
闇に呑まれて目も覚めぬか
時計を投げれば命を越えた
場所を持たない時間の影
詩は特に死に場所を知らない



678 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/09 02:16 ID:???
つまんねー詩だなぁ、、我ながら糞だ、
流作業で詩作しちゃいかんだろってなぁ、、、
根性叩き直して出直してもいいですか?

679 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/10 03:21 ID:OupzOaoT

 「忘れられた恋に対して」

無声映画のように僕らは 存在だけが意味を持つ
安定しきった思い出を 持っている
君の少女性を電車に揺らせて
僕は沈黙をただ揺らせて
だらしなく雨が降る
君のことは忘れてしまった
ただ心にのしかかる
ノイズ混じりの映像については
うっかりと忘れて
ポケットの中 洗濯され溶けた走り書きの紙切れのように
曇り空の多かったひとつの恋を思い出させる
始めて会った台風の日に
ほとんど無言で僕らは別れた
そこからすべては始まったけれど
君のことは忘れてしまった




680 :人形使い:02/06/10 03:55 ID:wVS+puJr
「恋のこと」

恋は僕らの体温を2,3℃上げて
素敵な幻を見せてはくれるけれども
冷めた後にはぽっかりと穴の開いた自分があるばかりです
そこに残された言葉はひどくバカバカしく夜に響きます

681 :名前はいらない:02/06/10 05:48 ID:???
>>680
とてっも 同感したよ なるほどなぁって…

682 :名前はいらない:02/06/10 07:16 ID:???
けだるさの朝と富士子たん(ローカル版)

683 :n:02/06/10 19:56 ID:???
「退屈な」
退屈っていい
って、あたし しばらくこの言葉わすれてた
栄養剤の飲みすぎで
肌がてかってる
いらなくなったものは
惜しげもなく捨てて
新しいものがたとえ手に入らなくても
それでもいいやって気持ちでいる
夏になったら
なんだか虫がやたら増えてきて
わたしの周りはうざくなった
特にあたし
蚊なんて大嫌い
中学のころから
蚊がきらいできらいで
笑をこめた意味でそれを作文にしたことを思い出す
先生はただ口をあけて笑っていたけど
あの先生も
おにゃんこクラブのファンをやめてからは
今となってはひとりのだんな様やってるの
それが人の道かな;;;
(・_・)(・_・)

684 :n:02/06/10 19:59 ID:???
「しょぼい詩」
あ〜おぅ!
あ〜おぅ!
ねぇ夏ねぇ・・・
人々はいまさら春がきたような騒ぎだけど
実は今は夏よ
衣替えも終わったし、
日差しも昼間はつよいはず
あたしは朝日をみたら寝てしまうから
または
日差しのあたらないところでのんびりしてるから
日差しがつよくてもわからないけど
そとが真っ白く明るいから

685 :n:02/06/10 20:05 ID:???
「つれづれなるままに」

つれづれなるままに適当に
なんだか生きてるわ あたし
ああ あたし
ああ あたし
なんだか つれないわ
この気持ち
なんだか つれないわ 
この気持ち
釣りに行ったけど つれないわ
この気持ち
釣りに行ったけど つれないわ
この気持ち

(・_・)


686 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/12 23:00 ID:IvHZ6IxD

 「目をこする」

歯ブラシを握りしめたまま
時々僕は動けなくなる
新しい朝だというのに
心がとても重たいからだ
口は開かれたままで
よだれを少し垂れている
歯茎の色は年を負うごとに赤く
紅葉した四つ葉のクローバーのように不吉だ
再度手首をくねらせながら
洗面台の鏡に写る
くたびれた眩暈を引き寄せてくる
足は根を張ったように重い朝の底で
時間を虫籠に捕らえた夢を思い出す
いってらっしゃい
僕は誰に言ったのか
空を見ることも思い出せない
そんな瞼をこすりつけて
歩き出すことを考えはじめる
 


687 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/12 23:44 ID:IvHZ6IxD

 「バラクーダ」

魚雷の群れ
核弾頭は女性冠詞
何故なら狂気を膨張させるから
そしてダツが泳ぐ
南太平洋内蔵肥大の水玉の島の近海
水温はずっと暖かかったけど
群れの後を泳ぐ泡波は
孤独すぎて魚を選んだ
黄色い海底船で
光を集めた童謡を口ずさむ
水面付近でバラクーダーは
世界の終わりまで直進していく



688 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/13 00:05 ID:???

 「解放」

ただ水が運ばれるだけの川のあちこちで
老人たちが水を注ぎいれている
上流からは巨大な何かが流れだす

突然の夕立に老人たちは大きな瓶をそれぞれに持ち出し
それぞれの病的な過去を熱心に蓄えている
村のあちこちで今日も葬儀が行われ
村のあちこちで今日も家畜が引きずられた

異常なほどの可能性とそれを取り巻くレクイエム
日差しが強くなるほどに、私は夜の夢を観る

鉄砲水が夜更けを襲う
明け方、村は無力に沈む
上流は加害者ではなく被害者だった
老人たちに急かされて
ありふれた夜にも眠れなかった

何も無くなった河原に立ち
一人鼻をかむ少女を見た



689 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/15 01:50 ID:XLemnytE

 「100%」

生きてることが満点ならば

死んでいることも満点さ

どちらも互いにさげすみうらやむ

意味のない100%の事柄だからさ

すなわち僕は生きている

死んでいることに躍起になって


690 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/15 02:03 ID:XLemnytE

 「戸がぴしゃり」

雨が降る 夕立だ

家路を急ぐ 足下は水彩

手紙を運ぶ 郵便屋さん

スタンプが滲む 封筒も水彩

子供たちも急いで ご飯がまってる

それぞれの戸に 幸せが帰る

瓦屋根に 雨が流れて 

いつかの流砂も 水彩絵の具
 
 
 

691 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/15 02:09 ID:XLemnytE

 「パントマイム」

パントマイムで壁を作って

自分をどんどん小さくしていく

パントマイムで綱引きをして

ない物ばかりをたぐり寄せてる

パントマイムで階段を下って

ひどい世界だと咳き込んでいる
 

692 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/15 02:16 ID:XLemnytE

 「涙」

涙なんて流さない

密度の高い水滴だから

涙の中味をみたことがあるかい?

きみやあの日がいっぱい詰まってる

だから涙は流さない

これ以上きみを忘れたくない
 

693 :ゲロ吐きそうなんだヨ。。:02/06/18 19:03 ID:???
お前の両手は真っ赤っ化。

どうやっても綺麗になんかなりっこない。

でも足掻いてんだろ、綺麗になろうと。

綺麗になんかならなくていい。

真っ赤であろうが、お前のままでいろ。

それが唯一のお前なんだ。

694 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/18 22:28 ID:sQsNl17q

 「ヴィールス」

すべてを見たいと思ったことはないか
俺は瞳孔が開ききる魔法で
瀕死の病人へと急ぐような早さで
暗闇の果てに咲くと聞く
ルフレの華を摘みにいくつもりだ
  
誰の言葉をも腰に巻かずに
ひとつこの口を手足のように結び
無月の夜に鶴を肉にし
操作される欠片の中から
その殻の外側へと急ぐのだ
  
発光する蝶を追う衛星の傾きが
俺の位置を占うように滑っていく
しかし俺はそれをも射落とすほどの
眼光をすでに手に入れたのだ
  
母体としての眩暈がととのうまでには久しく待った
俺は顔面が疲労する程にのたうつ想いで
言葉という言葉を吐き出してきた

今踏み出された片足の音は
不気味な程の静寂であろうと
気体の無い海原にまで響くだろう
 



695 :名前はいらない:02/06/18 23:02 ID:sIbRBfRq
スゴイ!鳩さん。暗示的だし格調高いし・・。

696 :n:02/06/18 23:17 ID:???

 「目をこする」

歯ブラシを握りしめたまま
時々僕は動けなくなる (機械じかけか?)
新しい朝だというのに
心がとても重たいからだ

口は開かれたままで
よだれを少し垂れている(脳が麻痺したのだろう?)

歯茎の色は年を負うごとに赤く(歯槽膿漏だ、磨いてありったけの血を流せば治る)

紅葉した四つ葉のクローバーのように不吉だ(化学物質のしわざか)

再度手首をくねらせながら(おやじ)
洗面台の鏡に写る (パジャマ姿で)
くたびれた眩暈を引き寄せてくる(ミネラル不足です)

足は根を張ったように重い朝の底で
時間を虫籠に捕らえた夢を思い出す
いってらっしゃい (いってきますではない)
僕は誰に言ったのか
空を見ることも思い出せない
そんな瞼をこすりつけて
歩き出すことを考えはじめる (-_-;)→(*゚‿゚ )

697 :名前はいらない:02/06/18 23:25 ID:???
>696
なんかよくわかんないですが、
元気出してください 
しょんぼりは似合わないような気がします

698 :名前はいらない:02/06/19 00:01 ID:???
>>696
へー、結構うまいじゃん。
どっかで君がいかいかだってレスを見たんだけど、もしそれが本当ならいかいかのことを見直すな。
多分、別人なんだろうけど。

699 :名前はいらない:02/06/19 23:02 ID:???
それは多分、うまいひとの文を見た後で書くと、自分もうまく書けてしまうん
だ。悪いことではないけどね。

700 :名前はいらない:02/06/19 23:04 ID:???
>>699
ハァ?
日本語になっていませんが。

701 :名前はいらない:02/06/19 23:08 ID:???
なんで上がったんだろうと思ったらsが全角になってたんだね、ごめん



702 :n:02/06/20 00:24 ID:???
>696
これは、あたしのつくったものではなく
藪鳩さんのを、勝手に引用し、あたしが(・・・)←これだけ
付け加えたものです。
藪鳩さん、ここにて、勝手に引用したことをお詫びいたします。

703 :名前はいらない:02/06/20 01:12 ID:???
>>702 トリップつけてください。

704 :n ◆GpD4VZDY :02/06/20 01:15 ID:???
>703
これでいいですか?

705 :n ◆GpD4VZDY :02/06/20 01:15 ID:???
ちゃんとついたーーー!!!やっぴーーーーー

706 :n:02/06/20 01:16 ID:???
>703トリップって何ですか?
あほですいません。

707 :n ◆GpD4VZDY :02/06/20 01:16 ID:???
>706だれですか?

708 :名前はいらない:02/06/20 01:18 ID:???
>>704 イイ!(・▽・)です。

>>707

>>706は騙りと言います。放置してください。
害をなします。

709 :n:02/06/20 01:19 ID:???

>704n◆さん了解

710 :n ◆GpD4VZDY :02/06/20 01:20 ID:???
あたしが二人いるーーー

711 :n ◆GpD4VZDY :02/06/20 01:21 ID:???
なんっで??

712 :はちまき ◆DM7hlrsA :02/06/20 01:22 ID:???
うーむ、トリプとは、
名前欄に、名前いれて、半角の「#」と、好きな数字八桁以内。
で、おーけー。



はちまき#22222222
としてみた。

713 :はちまき ◆DM7hlrsA :02/06/20 01:24 ID:???
あら?まーいーや。どっちが本物でも。

とりあえず、独り言でのスレ汚しは勘弁してください。
雑談スレでおながいします。

といいつつ自分も汚してしまったという罠。


714 :n#:02/06/20 01:32 ID:???
トリップ?!

715 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/20 01:33 ID:???
トリップ?!trip!?


716 :はちまき ◆QJXoDZ6w :02/06/20 01:34 ID:???
騙りかと思われますが、まぁ、>>713を参照くださいませ。


717 :いかいか=n:02/06/20 02:20 ID:???
オマエは何こんなとこで適当に荒らしやってるわけ?
どうかしたのか? いかいか。

718 :jake:02/06/20 16:59 ID:ni1vwK/i
「自分」

昔の自分が今目の前に現れたらどうするだろう...

学校に行かない毎日
 外にくりだし喧嘩した毎日
 信じるものは誰もいない
 自分に似た奴とばかりつるんでいた頃

夜の車道バイクのケツに乗っかり
 ポリに追われ捕まった奴等もたくさんいた
調子こいてバイクふかして撃破した奴
 薬やってからんだ奴に刺されて死んだ奴

そんな中に混じった俺
 バイクまたがりスッ飛ばし死のうかと思った時もあった

だがそんな荒んだ時代にケリつけた俺

今ここにいるのは親の支えやダチの支え
 甘ったれた昔の自分はもういない

これからの先
 暗いドアをケリ破って生きてやる 



719 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/21 01:36 ID:???
 
「若葉のように」

うぜーんだよ ガラガラの内職費で
どうやって光熱費払っていけっていうんだよ 坊や?
梨も苺も好きな果物ってだけで
心の中で想い忍ぶだけ 買えやしねーよ
先月は先月でマホガニー材のティッシュボックスカバー買っちまってよ
今月は今月でワンランク上の化粧水買っちまって
どこにも甘酸っぱい快楽を楽しむ余裕なんて残ってねーよ
あ? 男が化粧水にこだわったら悪いかよ? 阿呆が!!
梨の礫だよ! なしのつぶて!
あぁ?どういう意味かって??
しるかっ!!
 


720 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/21 01:38 ID:???

「無題」

手にまつわる詩を書けといわれた
あと26時間以内にだと
締め切りまでに書かないと、と焦る
明日の夜は書き込めないし
もう眠ろうとしていたところだけど
しょうがない
今書かないと書くときがない・・・

『手』
ソロバンを弾いたあなたの指も
今では遥か骨壺の隅
この巻くツタの墓石の下で
握りしめられるか、開かれたままか
あなたの握った鍋の柄を持ち
昨晩あなたを思いだし
今こうして墓石を見やる
空の色もこうして見ると
いつの世からも変わらぬだろうし
昨年までは当たり前に在ったあなたも
伸びをして眠った昼過ぎのままのあなたでしょうし
帰り道、老夫婦が手を繋ぐのをみたら
私の中でなにかが微笑んだ
帰ってから誰かに電話をしようと
いつのまにかそんなことを考えていた

 ・・詩なんてものはいつでも適当を強要されて出来上がる
そうして書いた詩には、いつでも自分で納得がいかないことが多い
手をどう捕らえて詩にするのかなんて、この眠さでは放棄するしかない
手をじっと眺めている、若々しい手がある
それだけのことだけれど、この眠さでは喜びを感じる
 


721 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/21 01:47 ID:???
これら2点もあそこで書いた詩です おやすみ 

722 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/22 00:22 ID:???
こんばんわ
えぶりわーん!
犬の鳴き声はわーん!
いろいろなもの壊しちゃったみたいで
ごめんなさい「わーん!」
今日はほんと眠いわーん!
以上

723 :名前はいらない:02/06/22 00:23 ID:???
えぶりわーん!sine

724 :タニシ:02/06/22 00:42 ID:???
ジャラリジャラリ 僕の鍵が揺れる
普通に歩いてる 世間知らずに歩いてる

月を見上げて おびえているのは今
見られてる 今 月が僕を見ている

歩きかたが変なのを ため息つくのを
歯をいじってるのを 寝たふりしてるのを

カツンカツン 僕の靴がなる
青い顔してる 伏目がちの顔してる

力強い人から 逃げ出したい今
囁いてる 今 太陽が囁いてる

猫背で歩くのを ため息つくのを
歯並び変なのを 寝不足気味なのを
夢見がちなのを 低血圧なのを

ズルリズルリ 僕の影がゆれる
フラッフフラッフ 花が咲いている

フラッフラッフラフラッフ

725 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/22 01:20 ID:Lze1VbK3
>>696
nさん、ありがとう、アナタのスレに書き込んだのに一向にレスがなかったので
この書き込みはすげー嬉しいです!!ありがとう。
お礼ですが何がよいですか? nさんは何が嬉しい?言いにくいならメール下さい、
出会いです。はっきり言って出会いです! nさん、、顔写真送りますよ!
是非是非、粘っこい関係を築きませんか?




726 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/22 01:26 ID:???
メアドいれとく。俺 奈良県です。詩人と会いたいです。誰でもメールください
切実です。。ため息が 止まらない 人 が好きです。。
 

727 :名前はいらない:02/06/22 01:29 ID:FNKkbusz
どしたい?

728 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/22 01:32 ID:???
>>727
新しいクーラーが欲しい。

どしたい? 勝手な世界で どしたい? どしたい?
  

729 :名前はいらない:02/06/22 01:33 ID:???
ちょっと顔がよいとすぐ 「顔写真送りますよ」か。顔なんて遺伝でしかないのだから
そんなんで勝負されてもねー

730 :名前はいらない:02/06/22 01:34 ID:FNKkbusz
うんこひがみまくり(w

731 :名前はいらない:02/06/22 01:36 ID:???
粘っこい関係

732 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/22 01:40 ID:???
http://profile.www.infoseek.co.jp/PView?sv=CP&pg=prf_member.html

ここで俺の顔が見れるよ! ホントだよ!

鬱  躁  鬱  躁  鬱  。
  
  

733 :名前はいらない:02/06/22 01:43 ID:???
みれないじゃん

734 :名前はいらない:02/06/22 01:46 ID:???
>>732
本当ならニックネームとユーザーID教えれ。
検索するから。

735 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/22 01:51 ID:???
みんなさピーズってしってる?カステラの弟のやってるピーズ、、
大体さ2チャンネルに来てる人達ってアフォばっかだよね、、知るはず無い。。
詩板はアフォでマンセーだ
詩板はアフォでマンセーだ
言いたいことなんてなんもねーよ
死語と眠るほがいいよ
計画滅茶苦茶。


736 :名前はいらない:02/06/22 02:02 ID:???
邦楽板にピーズのスレあったよ。
アホというか、板違いの話題じゃん、単純に。

737 :まどか:02/06/22 02:15 ID:8XUiUP4P
−妄想'95−
薄く、均等に積もった白い埃は
すべての映像を濁らせ
私の気狂い染みた妄想を
よく吸収している。
少しずつ厚みを増し
やがては私自身をも吸収してしまうだろう。
太陽や土やあなたの体液の匂いのする
温かなそれらに溺れるのは
どんなに心地の良いことだろう。
先ず口に、頼りなげに忍び込み
私はいつしかあなたの舌の形になることを確信するだろう。
次に耳に、
今となっては役立たずのこの耳に
耳殻にも、外耳にも、そして中耳や内耳にも
凍えるほど均等に
積もって体内の音だけを
聴くことができるだろう、
もう外の音に惑わされることもなく。
そして鼻に潜り込んでくると
いよいよ私は満足し、
それらが吸収してきた柔らかな匂いとともに
肺の奥まで吸い込んで
瞼の上の微かな重みと
日の暮れるような感覚に
小さな恐怖を大切に育てながら
あなたの居場所を
そっと両手で覆い隠して
あとはこのカラダが鎮められ
白い粉々に軽くなり
迎える風と
その行く先々を
夢みるばかり

738 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/23 01:46 ID:CD3zrKbb
昨夜またまた記憶無し、、壊れてくいっぽうの自分、、気にしないで下さいね、ハァァァ--
>>737
この詩すごく好きです、膨張を経て感覚と心中。

739 :名前はいらない:02/06/23 02:31 ID:???
>鳩くん
くすりはのんだ方がいい
効かないなら、もう少し強いのを貰った方がいい
2chの人間関係は密度が限られてるけれど、リアルだと色々まずいだろ?
お節介でごめん
でも、本当に心配になったんだ

740 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/23 02:46 ID:???
リアルでどうなったっていいじゃん
ちなみに、あたしも薬のんでない
鳩君、薬のまずにあたしと大自然で死ぬまで一緒にいよう
長いか短いかは別として

741 :名前はいらない:02/06/23 02:50 ID:???
飲まなきゃ必ず再発しますよ。
今の薬が苦しいなら、変えてもらいなさい。

742 :名前はいらない:02/06/23 02:56 ID:???
こいつら、キモイ!


743 :739:02/06/23 02:57 ID:???
>>741に同意

>nちゃんのはただの自暴自棄
本当に、他人に口だしされたくないなら、何処にも吐き出したら駄目さ
何もかも、終わった話なら、想い出話としていくらでも聞くかもだけど

おっと、これ以上には雑談だね、鳩くん邪魔してごめん!

744 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/23 03:04 ID:CD3zrKbb
なんだかとても幸せです、こんな気分は久しぶり。
一応メジャーは飲んでるけども、かけがいのない嬉しさからはほど遠いのです。
僕は嘘をついています、僕は嘘をついています、
英語でおはようが抗菌加工です、
きもくったていいじゃないか
僕はジャイロをなくした案山子です、
 

745 :名前はいらない:02/06/23 03:13 ID:???
メジャートランキライザー?

746 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/06/23 03:14 ID:???
死にたくなければ
生き方も考えるだろう

生きたくなければ
死に方も考えるだろう

どちらも
それほど変わりはなく

死なないことは
わりと簡単で
生きていればいい

生きることは
わりと簡単で
死ななければいい

選ぶことは
わりと簡単で
悩まなければいい

助けてほしければ
わりと簡単に
たすけてくれと
叫べばいい

747 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/23 03:25 ID:CD3zrKbb
>>746
微熱くんはじめまして
貴方の詩はとても簡単な言葉で
とても深くていつも関心させられます。(ロムってます)
計算がない分真っ白なので
誤解を受けやすい微熱くん
俺は好きです微熱くん
  

748 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/06/23 03:40 ID:???
>>747
藪鳩さん、はじめまして。
ロムってくれてたん、ありがとうね。
これからも、ぽつぽつ書いていくから、
またロムしててな〜。

藪鳩さんの詩も描写が
キメ細かくて好きですよん。

749 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/23 03:54 ID:CD3zrKbb
関係ないけれど
俺はバイですう、
危険、近寄るな、、


750 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/23 05:14 ID:???
「攻撃」

攻撃をしかけることを考えた
とりあえずナイフを片手にと考えた
しかし
ガソリンで放火も捨てがたい
そうやって私は犯罪を犯すことを
夢見
そして平穏にくらすことから
脱出したいと思い
しかし
なにもかも
何か憂鬱な
しかしなにもかも
悲しい
結末がある
ということに気づき
だけども
許しがたい感情を
解き放てない今の状況下の私に
何ができるというのだろう

751 :名前はいらない:02/06/23 07:52 ID:???
merchak mesti cmak cik mitsuko.alasan ubah jaatung
lebih melawat moslem july 01.


752 :名前はいらない:02/06/23 09:46 ID:oe5NnoL/
多重でバイでヒッキーかよ。あぶねえな。

753 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/23 11:10 ID:???
バイって何!?
ばい菌?
バイアグラ?
バイセクシャル?

754 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/24 02:34 ID:w76o8wyH
>>753
バイセクシャルです、男の人を好きになったことがあります。
でも同性と性交したことはないです。
>>752
はい、友達居ませんし、、
>>750
改行をあてにして詩を馬鹿にした感じの走り書きレベル。
>>748
描写がきめ細かいってどんなだろ?多角的ってことですか?
>>749
だれやねん

755 :名前はいらない:02/06/24 02:36 ID:???
マジで分裂気質なん?

756 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/24 02:44 ID:w76o8wyH
>>755
分裂気質って分裂病のことじゃないよね?あれは顔も変わるらしいから違うとおもう。
病院行ってないから解らんけれど、昼間でも時々記憶が無いのね、、病気?俺病気?(w
決してネタでは無いことは解って欲しい。。


757 :755:02/06/24 02:46 ID:???
酔っ払ってんじゃないの?

758 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/24 02:51 ID:???
そう思ってたけど違うみたい、、脳の問題だとおもう、、病気かな?
眠くなると寝たはずなのにここに書き込みしてたりする、酒も飲んでない日に
確かに1時に寝たのに4時に書き込んでたりするから、怖いんだ、、

759 :名前はいらない:02/06/24 02:52 ID:???
詩人なんだョ。

760 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/24 03:18 ID:w76o8wyH

 「ニレデカクキレ」

ニレデカクキレ騒々しくて
言葉をキイロにしては笑う

配線がハジク コモドアータス
ニレデカクキレ 緑の内側

緩やかに波打つ
群れをながめる
シアンのコンテで
眼差しを描く

溶け始める ムラガラタンに
きこえ始める 横断歩道の4次元に
  


761 :名前はいらない:02/06/24 04:10 ID:???
だからそれ多重人格だって。
「24人のビリー・ミリガン」って本を読んでみ。
いろいろ思い当たるんじゃないか?

762 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 05:29 ID:???
「24人のビリー・ミリガン」本下巻だったか上巻だったか買ったなぁ・・・。
そういえば、だけど、それを読んでる最中に、あたしは病院に入院させられて、
本も取り上げられた。あなたみたいな病人がこういうたぐいの本を読んだら危険だって
言われて。そんなこんなで自由を奪った母親だが、彼女と私はもうかなりの年数を
重ねて愛し憎しみ合って来た。お互い、もうこの関係に、ピリオドを打ちたいと
思っていることはあるのだが、父親が、そういうお互いのぶつかり合いを
見てきて、本人も心労のため、荒れている。
そうして家族が壊れ始めて、そうこうしてる間に、あたしはいつしかこの家を出ることに
なるんだわ。きっと。
あたしは家を出るときには、一人で大事な物だけをかばんにつめて
逃げ出すように去るつもり。だけど、不安でいっぱいなのを家族にはわかって欲しい。
不安で、もうしかたなくて、あたしの行く先は、やはり精神病院か
あるいは海岸のがけっぷちか。
それとも誰もいない山林のなかでひっそりと土とともにくらすのか。
そこで男をつかまえて、あたしはわがままほうだいを言って、トラブルを起こし、
第一の家族同様の状況に頭をかかえて、あたしはやはり自殺を考えたりするのだろうか。

763 :名前はいらない:02/06/24 08:53 ID:???
>>735
弟ではなくて兄です。
ピーズ復活うれしいな♪板違い?でもいい詞だよ。

764 :名前はいらない:02/06/24 09:58 ID:???
鳩くんがね、以外だよ。

765 :名前はいらない:02/06/24 09:59 ID:???

>鳩はその性状と引換に詩人なのだと・・。

766 :名前はいらない:02/06/24 10:02 ID:vEMzZHvB

鳩の詩は「言葉の配置の感触」だよね。
あまり意味内容にとらわれるとその良さを見逃すのでは?

767 :名前はいらない:02/06/24 10:05 ID:???
自己の有り様を自覚できている内は大丈夫。
無自覚になってきたら問題だけど。はと君。

768 :名前はいらない:02/06/24 10:10 ID:???
>>766
>鳩の詩作品は仮に>鳩自身に説明されたとしても
なかなかその飛翔は理解しがたいのではないかな。



769 :名前はいらない:02/06/24 10:17 ID:???
>はとさんって・・。

この人の詩人性? の水準は高いのだと思う。
だからこそ内面が不安定なのです。そういうものなのです。

アートに関わる人の宿命みたいなものですよ。


770 :内面の不安定というと・・。:02/06/24 10:25 ID:???
>>769
絵画の世界で言えば、ゴッホみたいなものですか? 鳩さんは?

771 :名前はいらない:02/06/24 10:28 ID:???

>>769 文学は心の健全性を阻害すると言う人もいますからね。

772 :名前はいらない:02/06/24 10:30 ID:7A8F60g9
確か、ゴッホという画家は「書簡文学」の旗手でも
あったような・・・。

773 :名前はいらない:02/06/24 10:32 ID:???
文学を学ぶ人間と路上で汗を流している人間とどっちが
りっぱかね糞詩板の住民ども考えよ。

774 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 11:02 ID:???
>>735
   ↑あたしの本名

775 :755:02/06/24 11:32 ID:???
一度、念のために病院いってみたほうがいいと思うけどね。

776 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 11:56 ID:L+7pjrb/
精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)

いわゆる内因性精神病の一つで、精神病院に入院している患者の6〜7割は
この病気であるというほど、人口の0.6〜0.8%くらいの発現率です。
この病気は、病気自体が遺伝するというよりは、この病気にかかりやすい体質
的な因子が遺伝することはありますが、前にも述べたように実際に発病するた
めには、状況因、心因などのかかわりがあるのです。
ところで精神分裂病とは、いったいどのような病気なのでしょうか。
精神分裂病という病気の概念は、オイゲン・ブロイラーによって提唱されたも
のですが、それ以前にエミール・クレペリンは「人生の早期に発病し、ついに
は痴呆に至る」一群の病気をまとめて、“早発痴呆”という病気の概念を提唱
しました。そしてその下に破瓜病、緊張病、妄想痴呆をまとめたのです。
そしてこの早発痴呆は、気分の周期的変動を示すが、それに対して人格の
くずれを残さない“躁うつ病”に対するものとしたのです。
この考えかたは、病気の経過を含んだ概念ですが、この早発痴呆が必ず
しも人生の早期(思春期)に発病するとは限らず、またこの病気の示す痴呆も
脳の器質的な病気にみられる痴呆と異なることから、早発痴呆の概念に対する
批判が起こってきました。
オイゲン・ブロイラーは、この群の患者の基本症状として、観念連合機能の
障害と呼ばれる特有の思考のまとまりのなさ、自閉性をあげ、“精神分裂病”
概念を提唱したのです。クレペリンの考えかたは経過を含んだ縦断的な考えで
すが、ブロイラーの考えかたは横断的といえましょう。
この病気は破瓜型、緊張型、妄想型の3つに分けられます


777 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 11:59 ID:L+7pjrb/
>776
私はずばりこの病気にあてはまるでしょう。軽度だということですが。

778 :名前はいらない:02/06/24 12:02 ID:???
いかいか出所

779 :名前はいらない:02/06/24 12:19 ID:???
>>776
興味のあることについてコピペ(?)ありがとう。
いまさらだけど、やっぱり俺は当てはまりまくるなぁ、と実感。
思考にまとまりがないから、読むひとが「どーしてそーなる?」
とビックリするような詩が書けるわけだ、とも思うんだけど。

老人性痴呆も、分裂気質の人間はとてもなりやすいらしいね。
ていうか、もともと俺たちは痴呆なわけなのか。年をとると
急速にそれが進行するわけなのか。欝だ。

780 :名前はいらない:02/06/24 12:20 ID:???
ヒッキーを主体とする2チャンネラー中毒なんかみんな当てはまる

781 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 12:22 ID:L+7pjrb/
>>780
国民の0.6から0.8%がかかるんだから、2chの利用者がほとんど
分裂病でもおかしくはないよね。

782 :名前はいらない:02/06/24 12:22 ID:???
日本人の100%は病気だよ。こんな国で正常な精神では生活出来ない。


783 :名前はいらない:02/06/24 12:24 ID:???
たとえば氏にたい気分に誰もなる。投薬では治らないね。
自殺した人間にインタビューしてみたい。

784 :名前はいらない:02/06/24 12:27 ID:???
自殺未遂の患者は少し感傷的というか感受性が高い
だから鈍感な性格の方が良い。詩板の住民は危険性
が高い。
(精神医学都立家政談)

785 :名前はいらない:02/06/24 12:28 ID:???
わたしも明日にも気が触れるかも知れない。それだけ
不安定である。この文章が遺書になるかも。

786 :名前はいらない:02/06/24 12:29 ID:???
>>785 ぢゃあ国民の為に逝っちゃえよ

787 :名前はいらない:02/06/24 12:30 ID:???
うるせぃー馬鹿

788 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 12:30 ID:L+7pjrb/
>>785
それは現実にありえる可能性大な話ですね。
遺書や遺品になりそうなものがあたしのまわりには
あふれていますわ。

789 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/24 12:33 ID:L+7pjrb/
ところで逝く前にあの世へ
子供一人くらいは作っておきたいもの
来月あたり仕込んどこうかしら

790 :名前はいらない:02/06/24 12:35 ID:???
「シゾーさんと遊ぼう」

ぼくにとりついているシゾーさん
おかげでぼくは ボッケボケ
幽霊いるよ とか言い出してみたり
猫はぼくだ とか言い出してみたり

世界はすべて ぼくの妄想なんだ
シゾーさんが 教えてくれたよ

シゾーさんと遊ぼう
シゾーさんは素敵なひと
ぼくを世界から自由にしてくれる

シゾーさんにお礼がしたいよ
シゾーさんにお礼したら
お返しに
ぼくの知らない世界を教えてくれるかな

明日は
もっと楽しいことして遊ぼうね

791 :名前はいらない:02/06/24 12:44 ID:???
自分を愛すること
すべてはそこから始まる
(俺って、かっこいい)

792 :名前はいらない:02/06/24 13:33 ID:???

暇なんだな。すべきことがないのだ。

793 :名前はいらない:02/06/24 13:37 ID:???
>>792 はい。いかいかのいつもの暇つぶしです。

794 :名前はいらない:02/06/24 13:37 ID:???
>>789
だからおまえはあぶねーんだよ!!
産むほうの負担も考えろ。ば〜かば〜か>a

795 :名前はいらない:02/06/24 13:40 ID:???

この時間帯はいつも >いかいかが自演で盛り上がる時間帯です(笑


796 :名前はいらない:02/06/24 13:42 ID:???
>いかいか
オマエはアタマがアレなんじゃないのか?

797 :名前はいらない:02/06/24 13:43 ID:Ow5JdLfG
357 :朝まで名無しさん :02/06/16 15:07 ID:X3Amzc5O
2chと他の掲示板を一括りにされて同じ規制を受けるようになるのはどうにも納得できないな。
2chの問題はいわゆる「掲示板の問題」とは別物であって管理人の定めたルールと管理人の人格
の問題だと思う。
裁判官はどんな結論を出すにしても、そのところは明確にしてもらいたい。
一人の馬鹿のせいで他の掲示板まで使いにくくなるのは腹立たしい。


798 :名前はいらない:02/06/24 13:43 ID:???
詩板のニワトリ。

799 :名前はいらない:02/06/24 13:46 ID:???

ケコケコケコとウルセェ〜ぞ!! >いかニワトリ!!


800 :名前はいらない:02/06/24 13:58 ID:???
800

801 :名前はいらない:02/06/24 14:03 ID:???
うひひひ

802 :名前はいらない:02/06/24 20:58 ID:???
>>801はスペランカー

803 :はらだ将 ◆SI1b/Jus :02/06/24 22:59 ID:???
>>654 >>754
おひさしぶり。発見してくれてありがと。
そんでもってナイスつっこみ(笑)。
それとぼくの事を多少なりとも知ってるみんなにも
この場を借りて今晩は。

ぼくは元気です。

そうそう、yukiが提案してくれた「お深い」行きませんか?
俺も仕事終わってからだし、次の日も仕事が朝早いから
そんなに長居は出来ないけど、鳩くんが来るなら行ってみようかと思い。
多分、(実生活で)ホントに大変なことさえ起こらなきゃ行くと思うし。

俺のファーストキスは男の子だったよ。小学生のとき。
俺はゲイにもバイにもなれなかった男だけどね(笑)。
やっぱ女が好きだし(苦笑)。
最近、好きな子が出来たんだ。へへへ。
女にうつつヌカシテマシタ。

ラグビーは高校の体育のときだけやと思う?何で?
ではまたね。



804 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/25 02:33 ID:5wdQG1WB

 「むらさきのリンゴ」

まずは一握りの青色と
バスタブに一杯分のリンゴとを用意します

空が晴れているとき公園に
バスタブの位置を決めましょう

それからみんなでそれを眺めて
ニコニコニコニコしていましょう

夕焼けになる頃 発酵が終わって
コノ世ノ平均がバスタブに浮かびます

ソレをそれぞれの水筒に入れて
明日も低気圧を下りましょう

むらさきのリンゴは息絶え絶えに
あかいリンゴを眺めるだけです
  






805 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/25 03:01 ID:???
>>803 はらだタン
時間が許せば行きますよ、お深い。9時以降とかでもよいのなら。yukiさんに
メールしてきますよ。やめとくつもりだったけど、殻を裂いてみるのもいいかもね
>>777
nさんも来ませんか?メールずっと待ってるのにまだですか?好きです。


806 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/25 03:26 ID:5wdQG1WB

 「耳アトピーで僕恥じらう」

耳アトピーで僕恥じらう
耳アトピーで僕恥じらう
指を指してはいけません
換気扇の注意書きにも
記号は溝へと急ぎます
耳アトピーで僕恥じらう
 

807 :名前はいらない:02/06/25 09:41 ID:VpeviuU2
      ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  ロマンティックageるよ
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ|||||||||ロマンティックageるよ
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄| ホントの勇気 見せてくれたら
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / ロマンティックageるよ
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/ ロマンティックageるよ
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \トキメク胸に キラキラ光った
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_夢をageるよ
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─



808 :yuki i043103.ap.plala.or.jp:02/06/25 10:27 ID:???
うわわわ。
藪鳩くんと、はらださん見つけた。
>はらださん
メールした日にちは、変更になったので
いい日知らせてください。電話でもいいので。
>藪鳩くん
今、メール見ました。
ちょっと入れ違いになってたので、二通いってます。(笑

オフスレの書き込みは、少ないです。ショボーン。
けど、参加者は、10人ぐらいかと予想。

では、お邪魔しました。スレ汚しすんまっそ。

809 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/25 13:53 ID:???
藪鳩たん、はじめまちて。nたんより。MAILおくった。BUT不通。

Nov_8th_Birth@hotmail.com

こちにどZO!

(*゚д゚)(~_~メ)

810 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/25 13:58 ID:???
むらさきの鏡ならきいたことある。むらさきのりんご。これはあやし。


811 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/25 15:05 ID:???
>>794
生むのはアタシ

812 :名前はいらない:02/06/25 17:05 ID:???
nはおれのもんだ

813 :うにれもん ◆unil/dMM :02/06/25 18:05 ID:???
│Д゚)ピーズ知ってる。弟のトモユキのファンでし。


814 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/25 20:23 ID:???
>>812
あたしと結婚しなさい


815 :ヽ(*´ー`)ノ りゅんりゅん♪ ◆mjdO.VgI :02/06/25 21:03 ID:Zb6IqlW7
パーツ・オブ・ラブ

君のつん、と上を向いた唇が好き

パーツ・オブ・ラブ

君の柔らかくて暖かい耳が好き

パーツ・オブ・ラブ

君のいつも少し潤んでいる目が好き

パーツ・オブ・ラブ

君の華奢で硝子細工のような手が好き

パーツ・オブ・ラブ

君の細くて光を宿した髪の毛が好き

君は尾頭つきの鯛

何一つ無駄が無い

パーフェクト・パーツ・オブ・ラブ

816 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/25 22:38 ID:???
きもい
きもいわ 
まじできもい
鳥肌たつからまじ

817 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/26 02:02 ID:u7OGMEYm
>>809
なんで不通なんだろ、自分で送ったらいけてたよ?罠*?罠*??
送ったけどね、意味不明にしといた。好きです。
>>813
うにさんこんばんは。俺はそー言えば兄と弟間違えていた。
コアラとか金魚とか死ぬ やだな〜
とか好きですよ。
>>808
10人も来るんだ!
リアルと仮想とをまぜあわせるんだ?10人分の
凄くとろみに満ちたミネストローネの月夜になればいいね
 



818 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 06:44 ID:???
>>817
藪たんあなたのからだがほしいわ(MAJIで
頂戴・・・頂戴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カラダカラダカラダ
カラダヲタベルト
カラダカラダカラダ
カラダガヨクナル〜

819 :名前はいらない:02/06/26 07:02 ID:???
もう一歩も動けやしないんだから
片足だって無くなったから
もう片方はあんたにくれてやるよ
終わってる俺の足だって野良犬の腹ぐらい満たせるだろう

獣の血となり肉となり
俺の足

獣が地獄へ還るとき、それまでに蓄えておくよ
獣もろとも飲み込んで、またもや君を俺の一部にする力です
そんな風にどこまでも矛盾した力をです

820 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 09:16 ID:???
言葉が出ないとはこのことなんだろうな
だんだんみんな言葉をうしなっていく
そして自分さえもうしなって
最後は何もなくなる
誰でもいいから遊びたい
いっそ
ひとりで海の波に飲まれてそこで静かに息をひきとりたい
美しい情景の中で
あたしはひっそりとごみにちりにプランクトンに・・・
ああ
海へ行きたい
海であなたと死にたい
ただはげなじじぃだけはごめん
あなたは墓石の掃除でもしていて


821 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 11:24 ID:???
s53・11・8・9:30AM
福島県郡山市生まれ
さそり座
A型
父・母・私・妹・双子の弟の家族構成で育つ
学歴・栃木県立O高校卒業・U短大美術学部中退
職歴・警備員1年弱
現在・家事手伝い・アルバイト
趣味・ネット・ドライブ・犬の散歩
特技・なし
資格・某検定3級・普通免許
病歴・気管支炎・精神分裂病
失恋回数・30回
成就回数・記憶なし
性格・飽きっぽい
好きなこと・ストーカー
嫌いなこと・なめくじが降ってくること
将来の夢・幸せな家族とともにくらすこと
お気に入り・パワーストーン
欲しいもの・希望


822 :はらだ将 ◆SI1b/Jus :02/06/26 14:01 ID:???

『ロメオの結婚』

さんとすが外すショットを
ロッキンチェアーで二人眺めてた

代理母に守られて育つ
ボリジの花が藍からピンク色に染まり
雨が降る日々は枯れている
雨が降る日々は、枯れている

キスキスキッス
キスしておくれ、ぼくの目のまえで
このぼくの目のまえで

こむにちま。
>>805
鳩ポンイク行くんだね。こりゃ俺も行かねばねばね。
ほんまにほんまに。(ドキドキ←どっかからパクリました)
九時以降でも酔い良いです。
>>808
ういっそ!yuki、久し振りこむにちは。
目メールか手テレフォンした方が良いのですか?
また返事クダサイ。

nチャンと鳩ポンのヤリトリー。面白イくて素敵キだな。
見てるこっちもドキドキする。
こんな二人に不実と憐憫の美しい音楽を!!

そしてキッスしておくれ。


823 :名前はいらない:02/06/26 15:07 ID:???
>nチャンと鳩ポンのヤリトリー。面白イくて素敵キだな。

本心からか?

824 :名前はいらない:02/06/26 15:24 ID:???
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| つよい電波がでています |
|____________|
               /
              <
             / ビビビ
        \_\_\ 
   _     \ \ \
  /||__|∧   __|___
 (O´∀`)  | |::::::::::::::::::::::|
 (つ   つ/ |::::::::::::::::::::::|
 / ̄ ̄ ̄≡ .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
 |        |::::::::::::::::::::::|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

825 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 16:02 ID:???
>823
>824
どちらもどもな〜
家きたらお茶でもだすzzzz
布団も余分にあるから家とまりにおいで
他人に厳しい家族が目つりあげて(*゚д゚)キー(*゚д゚)キー
言うだろうけど
あたしの部屋でぬくぬくやろう

826 :名前はいらない:02/06/26 16:06 ID:???
わかったよ。じゃあ今から行くから住所教えて。

827 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 16:32 ID:???
T県N町T沼だよ
最寄駅は JR、U線N駅

828 :名前はいらない:02/06/26 16:39 ID:???
あんた、30越えてたんじゃなかったの?
嘘つきは嫌いだよ>a

829 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 16:42 ID:???
30こえてるなんていつ言った


830 :名前はいらない:02/06/26 16:45 ID:???
わたし、30だも〜ん。
嫌だよ、年下は。めんどくさい。
40くらいでなくっちゃ。

831 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 17:30 ID:???
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ーーーーーーーーーーーーーーーーーふーん

832 :名前はいらない:02/06/26 17:35 ID:???
おじんごのみなんだよ。初恋の人は11年上だったし。
やだねったら、やだね♪
包容力なくっちゃ。

833 :名前はいらない:02/06/26 17:37 ID:???
きけよっ。

834 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/26 18:09 ID:???
てかあたしは女だって



835 :名前はいらない:02/06/27 00:51 ID:???
【スレッドの止め方】

 名前欄:停止&rf&rusi&ran&ras&ran書けませんよ

 本文:真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


コピペしてもいけるよ。100で止まります。

836 :名前はいらない:02/06/27 01:25 ID:pJe7pI64
人の噂もなんとやら。半日もてば、40ぐらいでいい。

837 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/27 02:31 ID:raPuOQch

 「ねぐせ」

ねぐせが決まったところに毎朝できているので
毎朝鏡を覗く角度も同じだ
僕はその角度が僕の顔の正面だと思いこんでしまっているから
斜めを向いてでしか君と会話もできなくなった
 



838 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/27 03:35 ID:raPuOQch
>>821
歳は 秘密です
大阪府堺市生まれ
さそり座
B型
父・母・俺・姉の家族構成で育つ
学歴・N県立S高等学校中退・その後2年間引き籠もる
職歴・独立したいがため、パン屋、イタリアン屋、服屋、などを貪る
現在・ペットショップ勤務
趣味・自虐・絵描き・ネット・詩作
特技・新しい出会い
資格・普通免許
病歴・虫歯
失恋回数・1回
成就回数・7回
性格・嘘つきであり自堕落
好きなこと・料理と睡眠と愛
嫌いなこと・人間関係
将来の夢・生きている人に優しくすること
お気に入り・女の子の臭い
欲しいもの・鈍感さ、、



839 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/27 13:29 ID:???


840 :名前はいらない:02/06/27 20:21 ID:???
B型は、自分の話しかしないから、嫌いです

841 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/27 20:40 ID:???
あなた何型?
あなたくわがた?
あなたがたがた?
あなたぜにがた?
あなたひがた?
あなた

842 :名前はいらない:02/06/27 20:43 ID:???
>>840

ほほう・・・(^ .^)y-~~~



843 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/28 02:54 ID:aXQpXa8y

 「ヒキってた頃の手紙」


             hello mr

さすがのあなたも毎夜くり返される凍結寸前の狭く重苦しいテリトリイには
屈託さを伴った焦りや寂しさを隠しきれない様子ですね。その頭の中で回転
し続ける自己を昇格させ続けている言葉のすべてはどれもどこかから引用さ
れたか、他の何ものかの意志で頭の中へと投げ込まれたものでしかないので
しょう。
勝手な意志や憶測は禁じられていることをあなたはもうずっと昔から知って
いらっしゃるのに、どうしようもなくとまらない自信回復の為の自己暗示に
自殺的に陥っておられる様子だ。どうか寒がりな人とのやりとりを。 36℃

寒がりな人とのやりとり 拝啓サンクトペテルブルグ 非常事態が若者振る
時に必ず現れる単語、ベックのニュ-アルバム  恐くて聴けない

たいへんおひさしぶりです。あなたは、まだ一人の世界の中に存在できていま
すか?少し昔にその中にいたたったそれだけの空気の中にです。暗いぼくの世
界は、少し変わりまたもとどうりでいます。雲も天井も夢で笑う人の顔もすべ
て重いままでいます。あなたとぼくとは何度か手紙のやりとりをしました。あ
なたは自分の中のただ半分の世界を少しだけぼくに明かしました。ぼくもそれ
とおなじことをしてそのまま自分の中のたそがれた部分を忘れて過ごしていま
した。
そおしてただ、何も変わってはいないのです。瞬間瞬間がいろいろな欲望にと
らわれているだけの、ある、決められている基準の上に成り立っているすばら
しい日常でいます。前にも増してひどい現状の中にいます。公式は、必ず潰れ
てしまうものなのでしょうか?この行為は、みっともなくすばらしくどうしよ
うもなくひとりであなたに送られたものです。
 
 


844 :名前はいらない:02/06/28 12:27 ID:???
838 名前:藪鳩 ◆VabUhato :02/06/27 03:35 ID:raPuOQch
>>821
歳は29歳
大阪府枚方生まれ
さそり座
A型
父・母・俺・姉の家族構成で育つ
学歴・N県立S高等学校中退・その後2年間引き籠もる
職歴・独立したいがため、パン屋、イタリアン屋、服屋、などを貪る
現在・ペットショップアルバイト
趣味・自虐・絵描き・ネット・詩作
特技・出会いサイト
資格・普通免許
病歴・一重瞼
失恋回数・測定不能
成就回数・0回(素人)
性格・嘘つきであり自堕落であり小心者
好きなこと・料理と睡眠とメガネ
嫌い(と思わなきゃやってらんねー)なこと・人間関係
将来の夢・友達をつくること
お気に入り・女の子の臭い
欲しいもの・一般人並のルックス

マジレス


845 :名前はいらない:02/06/28 12:47 ID:???

あっそう


846 :名前はいらない:02/06/28 14:39 ID:???
出会いサイトの特技とはわからん

847 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/29 01:20 ID:lp5xnxES
>>844
マジレスタン
笑った
>>834
n
メールに付いてきた
画像のカワイイ女の子はnですか?
俺の顔の画像はやっぱり送った方がいいのかな?
冗談のつもりで書いたんだけどさ
実際顔画像が(きみのではないかも?)送られてきたら
すごい責任感感じるよ、、
送っても良いけどどうするさ??
>>822
はらだタン
恋愛に重きをおきつづける限り
恋愛は空気の軽さを保つものだよ
電気のような女の子と出会ったら
世界の重さは漏電するだけの欠陥品
でさ、貴方の詩集持っていったらサインしてくれる?



848 :名前はいらない:02/06/29 01:31 ID:???
>>834
n
メールに付いてきた
画像のカワイイ女の子はnですか?
俺の顔の画像はやっぱり送った方がいいのかな?
冗談のつもりで書いたんだけどさ
実際顔画像が(きみのではないかも?)送られてきたら
すごい責任感感じるよ、、
送っても良いけどどうするさ??


そういうやり取りはメールでしる!

849 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/29 01:34 ID:???
>>848
そんな常識はわかりきってるさ。。
緻密な計算なんだ解ってくれ、、
てか、これはあんたのメアド死卵ので
ここの書くしかないよね、


850 :♂23才:02/06/29 11:17 ID:???
鳩さん愛してしまいました、僕と付き合ってください!!よろしくお願いします!!

サッ(手

851 :ゆり ◆olJZZGWw :02/06/29 18:56 ID:???

 「近し追憶」

去年の今頃は
さやさやと子供である私達と
どこかの名無しの山どもが 遊んでくれたりもしたのだ

どこかの野原を駆け回り
額に長時間太陽を浴び 熱に浮かされたように
跳ね回った

それがどういうわけか今の牢獄の私に
働きかける

精神の暗いところに
働きかける

大人にもなれない
幽閉された遊べない
子供のそのさびしさを

誰かがどうしてくれるというのだろうか




852 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/29 20:19 ID:???
   

853 :名前はいらない:02/06/29 20:27 ID:???
私の画像をばらまくな!!
私は出会い系サイトに用はないんだよ。
許せない男だ〜
私は会ってやらねーよ。
というかブスだって。

854 :名前はいらない:02/06/29 20:27 ID:???
nのHPのアド教えれ

855 :名前はいらない:02/06/29 20:32 ID:???
>>853
nさん?

856 :名前はいらない:02/06/29 20:34 ID:???
HPなんて作ってねーよ。
n、ばらまくなよ!!

857 :名前はいらない:02/06/29 20:36 ID:???
nは信用できない貧乏な男だ〜
悪い男にひっかかっちゃいけないな。

858 :名前はいらない:02/06/29 20:38 ID:???
nはネカマのn?

859 :名前はいらない:02/06/29 21:03 ID:???
nはネナベ

860 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/29 21:18 ID:???
HPアド
7695http://www.giocities.co.jp/Milkyway-Gemini/7695

861 :名前はいらない:02/06/29 21:18 ID:???
Nって誰????

862 :名前はいらない:02/06/29 21:18 ID:???
>>860行けないんだけど

863 :名前はいらない:02/06/29 21:23 ID:???
ふん! 2度と

864 :名前はいらない:02/06/29 21:24 ID:???
家の兄は弁護士志望です。
さらしたらただじゃおかねー
1000万くらいはとるからな。

865 :名前はいらない:02/06/29 21:25 ID:???
>>864だれやねん!! こじんまりした精神病院でおひるねしてろ

866 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/29 21:28 ID:???
yahooのHP作成→ジオシティ→ミルキーウェイ→ジェミニ通り→7695


867 :名前はいらない:02/06/29 21:34 ID:???
ねーじゃねーかジェミニどおり 7695ない。心霊現象 ?

868 :名前はいらない:02/06/29 21:47 ID:???
>>866 偽者たん、おてやわらかにね

869 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/29 21:52 ID:???
ttp://tools.geocities.co.jp/cgi-bin/homestead/hood?Milkyway-Gemini7600

870 :名前はいらない:02/06/29 22:00 ID:???
わかったよ。ってか、ばらまくなよ。さらすなよ。
ばらまくのは身内だけにしてネ。ブスより

871 :867:02/06/29 22:11 ID:???
n、ありがとね。絵が気に入った。。 仕事が俺と同じ棚卸しだった。びくーりちょんまげ。
まだ未完成だね、ページ。がんがれ

872 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/30 02:10 ID:???
>n
偶然だな、俺もマウス絵を描いたことがある、あなたのほうが絶対才能あるとおもた。。。鬱ーだ。
俺のも晒しとく。あなたの絵だけ見たんじゃ失礼だからな。
www1.linkclub.or.jp/~mokuzu/
昔やってたHPの残骸だ、チャットは残してあるんだ、n、こんど話そうな。
それからあなたの顔画像だけどな、俺は絶対に晒したりしないよ。安心してくれてていい。
あなたの目は節穴ですか?俺はそんなことする奴じゃあない。
ていうか、可愛いんだしそんなに騒ぎ立てることもないだろ?おかしな人だ、、
これだってあなたの顔だけ見たんじゃ失礼だから、俺のも晒しとく。
メールチェックしてみてくれ。


873 :藪鳩 ◆VabUhato :02/06/30 02:58 ID:???
>>851
ゆりさん
サイゴノヒトは最期の人に直訳可能でしょうか?俺と同じ事を君が考えてたから笑った。
アナタの声はいつでも聞こえていますよ。
 寂しそうに笑うだろうアナタの昼間が気になります
  

874 :名前はいらない:02/06/30 03:24 ID:???
やぶはとは単なる欲求不満の***だとおもわれ る

875 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/30 18:22 ID:???
2000年8月27日に書かれたメモより〜(思い返せば意味不明)

今朝は泣いた。久々でした。私は、一人になって。
しかし、夢で彼を想うことで目覚めた後は、すっきりしていた。
別れは悲しいのだ。
何よりも、沸き立つ心。ふさわしい言葉は生と死。喜びと悲しみ。孤独と愛情。
きちんとした夢がはっきりと私の前に立ちはだかる。
時が流れたのだと。神聖なるものと、私の病。
この間にはさまれて、ゆっくりと眠り、浅はかなものはすこしだけ。
できないのか、これはとてつもなく。
完成。は無の始まり。未知の世界は始まる。また。ふたたび。
夢の形は続く、指先つめたい風のつよい日三日月はそっと耳元で
LOVE YOU と言う
なんだかくすぐったくて、微笑むけれど、気がつくと温かくて、眠っていた

藪TAN・・・好きDEス(・・・・・・∞)


876 :名前はいらない:02/06/30 18:24 ID:???
いいな〜〜ネットで恋愛 むかつくけど

877 :名前はいらない:02/06/30 18:34 ID:???


てか こういう雑談オッケーなの? へっ?

878 :名前はいらない:02/06/30 19:40 ID:???
おいおいネット恋愛かよ・・

879 :n ◆KfuZJ.Tk :02/06/30 21:24 ID:???
ttp://www22.big.or.jp/~15ch/oekaki/picture.cgi


880 :名前はいらない:02/06/30 21:26 ID:???
わかったよ。ふぅ。

881 :名前はいらない:02/07/01 01:27 ID:???
精神分裂病新名称、「統合失調症」に――学会が正式決定

 日本精神神経学会(理事長、佐藤光源・東北福祉大教授)は29日、東京都内で
臨時評議員会を開き、精神疾患の一つである精神分裂病を「統合失調症」という
新名称に変更することを正式に決めた。

 精神全体が分裂しているような印象を与える名称を変えることで、
患者への差別や偏見を解消していくのが最大の目的。
(略)
----
※以上引用。全文・詳細は原典記事参照。
※原典記事:http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20020629CIII068929.html
※日本経済新聞社のNIKKEI NET(http://www.nikkei.co.jp/)2002/06/29配信


882 :名前はいらない:02/07/02 18:59 ID:???
nは一体何人の男とやりまくって来たのだろう

ブルルルルルル

883 :名前はいらない:02/07/02 22:56 ID:???
ネット恋愛する人達を見るのって初めて

884 :名前はいらない:02/07/03 00:05 ID:???
nはヤリマン

885 :n ◆KfuZJ.Tk :02/07/04 17:10 ID:???
そうともいう>>884
言いたいことあるなら、come on baby!な感じで行きましょ。。。。。って
スレッドでよろしく。ここ鳩さんの部屋だ。


886 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/06 02:23 ID:???
 
「joker」

ジョーカーを引きぬく才能を
コインランドリーに落としてきた
シャツが並んだ純白の丘
始めて空を見上げ
始めて鳥の群をみた
太陽が カードを と迫る
僕は風も吹かぬなか
惑星がハッキングされ沈む さ中を
シャツを掻き分け 走ってきた
意地悪が過ぎたのは
僕か 空か 
行き場のない仔猫ほど
自由に眠れるものもない  
   


887 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/06 16:52 ID:???

藪鳩さん、こんにちは。以前、私のスレに来ていただいてありがとうございました。
(ずいぶん前の話ですが、、)

ところで、私は、ゆりさんのスレで、このような発言をしてしまいました。

>ここよりも藪はとのとこのほうが入りづらくない? >オール
>nウザイ

これに関しては、ほんとに不快感を与えるレスですし、藪鳩さんとnさんに対して
失礼極まりない煽りとなってしまったことを
深くお詫びしたいと思います。

どうも申し訳ございません。
ごめんなさい。




888 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/07 02:17 ID:???
>>887
たりーことしてんじゃねーよ、
謝って正義ズラかよ、かんべんしてくれよ、、
おまえは荒らしてた自覚がないとかぬかしてるがなぁ
んなウゼー偽善さらしてるくらいならよ、どっちかってーと
コテハン捨てて荒らし煽りに徹してろよ、な?まーじさんよ。。
>以前、私のスレに来ていただいてありがとうございました。
荒らしのくせして敬語かよ、なーにぬかしてんだかこの糞は、、(ハァァー..
 素直でイイ....??  誠意はわかりました....??
アフォかよ、これはこいつの世渡り術にすぎないのはみんなわかってるだろーが?
それからタヌキ、おまえにも言っとく
 おれはななしなんかであらしはしてねー。
俺を陥れようとしてる奴が前から居るんだがしらねーのか?
あーーぁ、、はらが立って詩もかけねーよ。。
  








 とかいってみるテスト。。


889 :n ◆NeLaacwk :02/07/07 05:38 ID:???
(^o^)ノ

890 :名前はいらない:02/07/07 09:39 ID:???
なんだよこりゃ!

891 :名前はいらない:02/07/07 09:51 ID:???

↑まんまと >いかn の思うつぼにはまったな。鳩よ。(ゲラ

892 :名前はいらない:02/07/07 09:54 ID:???
鳩も、けっこうヒッキーやね〜。

893 :名前はいらない:02/07/07 09:59 ID:???

>>888

ほほう・・・(^ .^)y-~~~



894 :名前はいらない:02/07/07 10:03 ID:tr6b4rbt
あんまり知的ではないな。

895 :名前はいらない:02/07/07 10:04 ID:???
ははは♪

896 :名前はいらない:02/07/07 10:25 ID:???
かっこいい

897 :ゆり ◆olJZZGWw :02/07/07 15:51 ID:???

藪さん 来ました…

あなたの詩は私が思った以上に、
純文学の匂いがきついほどしました。
(あなたがそう言う類のものを目にしているかは分かりませんが…)
私は軽薄+純文学をミキサーで混ぜ込んだのを目指してますが、
なかなかです(苦笑)

最初から、さっと読みました。
とくに気に入ったのは…
「ベージュ色の浴室」 「クリームソーダー」
「渇望」 「黒空」
「眠る瞬間目に映る全て」 「闇」
「漂流」 「のちに聴くおと」
「夜」 「ゴミの詩」「零」
「二次元の世界」「月と飛行機」 「てのり鳥」
「生きてるふりをしているなんて」「バラクーダ」「ねぐせ」
で、その中でも「クリームソーダー」が
私の中でベストです。
「上手さ」で言ったら、他にももっとあるんだろうけど、
「好き」なのはこれです。

>>873 でレスを下さってたのですね。
    気付かなくてスイマセン…(汗)
「サイゴ」は最後でも最期でも、お好きなほうで。
あーあ、でもこんなこと考えてる私たちはきっと、

早く死にますね。



898 :名前はいらない:02/07/07 19:29 ID:???
ほほう・・・(^ .^)y-~~~

899 :名前はいらない:02/07/07 20:52 ID:???
総合失調症

900 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/07/07 21:03 ID:7PHjqr9M
あふれだす言葉を
うまく選べない

僕の選択は
本当に

詩になっているだろうか


あふれだす感情を
うまく語れない

僕の形容は
本当に

伝わっているだろうか


あふれだす諦めを
うまく受け入れられない

僕の人生は
本当に

かつて在り
今も在り
これからも

在りつづけるのだろうか

901 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/07 21:09 ID:???

>>888
こんばんは。
藪鳩さん、アンタの目には、俺が偽善者に写っているのか?
俺はアンタに対して、素直に謝りたくてここに来ただけだ。
沈黙は出来なかったんだよ。
胸がほんとに苦しくて、言わずにはいられなかった。
後悔している俺の真意が伝わらないのか?

それでも俺は謝るよアンタに。
申し訳なかった。
ごめんなさい。

902 :名前はいらない:02/07/07 21:14 ID:???
荒らしがバレちゃったから、仕方なしに謝ってるだけじゃんか、、

903 :名前はいらない:02/07/07 21:14 ID:???
まーじは遊び心のあるやつだ。
だから遊ばれないよう注意したのに。
鳩さん、もてあそばれちゃった?
ざんね〜ん。そういうの薔薇体験ってゆうんだって。

904 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/07 21:17 ID:???
>>902
自分からバラしました。

905 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/07 21:17 ID:???
今回に関しては。

906 :名前はいらない:02/07/07 21:21 ID:???
見てれば、大体どこで荒らしまくってるのかわかるのにね。
勘違いは直感型。わりかし勘がいい。
まーじは憎めない嘘つき男。

907 :名前はいらない:02/07/07 21:23 ID:???
>>906


908 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/07 21:26 ID:???
>>906
俺、嘘つきましたか?

もし何かあれば、雑談スレでうかがいます。

909 :名前はいらない:02/07/07 21:51 ID:???
まず、まーじは
嘘つき男に決まっているのだ!!
証拠がないけど、
まず、年を偽ったのは間違いないだろう。エッヽ(`д´)ノ
違うってゆうのかよ。
自称女性なのも間違いがないだろう。
まーじは、○村を
ホストクラブに通うような女だといっただろう。
おちゃめさんなのだ。
雑談スレはめんどい。よいしょ。腰が重たい。

910 :まーじ ◆.CkkM01U :02/07/07 21:54 ID:???
>>909
雑談スレに来て。

911 :n ◆Cobyzimo :02/07/09 22:55 ID:???
just take it

どこか行きたいな
仕事やめっちゃったし
ゆっくりしたい
どこか遠くで幸せにくらしたい
引越しの費用を預かったあたしだけど
本当はこのまま夜逃げしたい
このままどこかへ連れ去られたいと思ったりもした
今日、電車でごとごとゆられて
ちょっぴし楽しかった・・・・
住むなら下北沢
  ジブンヨシネ・・・・・・・・・(∞)

912 :名前はいらない:02/07/09 23:15 ID:???
下北沢ってどこ?食べれるの?

913 :名前はいらない:02/07/09 23:25 ID:mjtc7Ir/
912>>うん。食べれるよ、ねばねばするけどね。

914 :名前はいらない:02/07/09 23:46 ID:DJq7x20Z
下手糞な詩晒してんじゃねーよ、ボケガキが!

915 :名前はいらない:02/07/09 23:50 ID:???
>>914

916 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/10 00:00 ID:???
オマエラ俺のnになんてこと言うんだ、まったくけしからんよ
オマエラ俺のnにかまってもらいたいだけちゃうんか?
正直俺は困っているよ
外は台風でひどい雨だよ

917 :名前はいらない:02/07/10 00:02 ID:???
....................

918 :◆jGYDgKtM :02/07/10 00:19 ID:???
もういい。

919 :POCHmarkU:02/07/10 00:23 ID:tsrmpIOz
もし季節がかわる
いや、絶えず。絶えず
・・・・・・まだだ
いやもっと。  ・・・そう

 もう帰ってくれ
              だ
              か
              ら
              な
              ん
              な
              ん
              だ
              ?

920 :POCHI markU:02/07/10 00:25 ID:tsrmpIOz
Everywhere i look
The whole senario is obscene and explicit
illcit (is it?)
yes it is

921 :名前はいらない:02/07/10 00:30 ID:???
このすれも、もうじき1000だなぁ。

922 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/10 00:58 ID:???
>>897
ゆりさん
1から読んでくれただなんて、ものすごく嬉しい。
俺は読むのが遅いから、これからあなたのスレ読んだとしても
4日はかかるよ、
純文学がどうのってのに対しては
俺こそが純文学だ!って思ったりしたり しなかったり、、
ありがとう。。「クリームソーダー」が好きだってことは
ゆりさんは恋が昇りっぱなしなのでしょうね(w
恋を場末に沈めても 恋じたいが広がりなんですよね。


923 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 05:08 ID:???
>>918却下
あたしのトリップは、それじゃないし、nも大文字じゃない
 
そいえば、台風来るなんて、誰かいってたナ・・・・
今日は、朝からすごい雨・・・・
最後のお仕事、無事終えてきました////
これから一人暮らし
収入も決まったわけじゃないから不安・・・



924 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/07/10 05:10 ID:???
>>923
おきばり。(関西弁でがんばれの意)

925 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/10 08:54 ID:3PHwHtlx
 「朝のおもい 」

土星のように輪のある惑星でも
夕暮れや夜明けが一瞬途切れるなんてことは無いだろう
コタツでよだれを垂らしていた
遥か輪の下の生き物に
今見たCMを念波で捧げる
生きたいのか死にたいのか
そんな極限の選択だけを迫るこの星にあって
始めて見るCMの
ジュースの味を想像している
   
  


926 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/10 09:18 ID:3PHwHtlx

 「通勤」

別な想いがそれぞれ
隣あわせにある頭の中に並んでいる
夕べ見た夢に対して
僕らはなんて無自覚なんだろう
すぐに忘れて すぐに別のことを考えている
白線の後ろに下がれと言われても
言うことをきかない数人の強者
僕もそのうちの一人だけれど
それぞれの朝だから
いらだちだってそれぞれだろ
  



927 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/10 09:32 ID:3PHwHtlx

 「チキン・ジョージ」

熱湯に漬けても真っ直ぐ伸びない
やっかいな物を拾ってしまった
部屋に持ち帰り じっと眺める
根を張ったように動かなくなった
そいつに耳をぴったりとつけると
自動小銃の音が微かにきこえた
トカゲが腹をこするのがきこえた
子供が泣きやんだ後の静寂がきこえた
油臭い工場の前にそいつは落ちていた
需要の途絶えた
古い古い合成素材
劣化しない特性だけが
でかでかと書かれた生き物
  


928 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 18:46 ID:???
こんばんちは。(造語失礼)

おじゃまします。

鳩さんが今朝みた、ジュースのCM、どんなんだろ
あたしのダイスキだった、ダイスキな郁子さんの出ているウサギの登場する
カゴメ野菜生活だったらいいのにな
って思ってしまいました・・・・・・・・・・・

ところで嫉妬深いあたしは
いろいろ寂しい思いをしています

これから いろんなことが待っているな・・って期待して
劣化しないように気をつけて、生きて行こうかなぁ・・・・なんて考えたり
して、
あたしは、またすぐ忘れて行く

今朝食べたチキンのにんにくの香りが残る  PCの前から
フロムn・・・
・・
アラニス・モリセットが好きデス・・・・・・
ライブが好きです・・・・
祭りが好きです・・・・
山が好きです
海も好きです
あなたも好きです
でもそんな自分がまだあいまいに嫌いだったり
ストレスにさらされてナイフを振り回したり・・・・・
一生あいまいで 子供で行くんだ・・・あたしは


929 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 21:07 ID:???
鳩ちゃん、ありがとーーーーーん
またねーーーーばいばい
あはははぁぁっぁぁっぁっぁっぁぁぁ
殴りたかったら殴っていーよ
あはっはhっはははははは
殺してもいーよ
遊んでもいーよ
なんかどーでもよくなっちゃった
いろんなもんこわしてごめんねぇ
あたしはやっぱり犯罪者でした
そーだよね
だって犯罪犯した会社に勤めるサラリーマンの娘だもんね
なんか
結局
才能なんかそんなの見つからないんだよ
あなたはあたしに才能あるとかいったよね
だけどソレは嘘でもあるって思うよ
別な意味で真実でもあるとは思うけどね
まーーーあたしは
鳩さんがどんな人かはしらないけど
あたしにかかわらせちゃって悪いなってのがあったよ
だけど
これもどれも
もうなんでもいいって感じにまでぶっとんじまったあたしがいるからさーーー
これからは
もっと自由にやっていってもいいと想うよ
あたしは実は男でも女でもないかもしれないわ
そうそう
かみさまに性別なんかないからね
そうあたしはかみさまだったのよ
そうそう
だから大切に扱って
もう壊れまくれば、ダレだってかみさまになれるんだよ
ああああああああそういうことなんだ
あたしは
でもでもでもね
あたしは
あなたのたてたこのスレッドで
好き勝手にやらせていただいたことを悔やんではいないよ
だって楽しかったし、なんか得たような気もする
とか言って、結局は何も得てなかったりね、、、、するんだ
あああああああ
なんでもいいけどさ
これからあたしたちはどうなるんだろうね

あたしたちってこともないけどね
あたしたちを取り巻くすべてのものの行方がしりたいわ



930 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 21:08 ID:???
そんなもん知って
なにか判るかなんて判らないけどね
ってゆーか哲学はいってるかな????

もうなんでもいいよ
もう

なんでもいいってかさ
あたしってうざい?
うざくない?
てかさ
てかさ
あたしって馬鹿かな?
てかさ
本当荒らしてごめん
荒らしてるつもりもなかったからあたしはなおさら罪だよね
だけど
人のスレッド汚すのは快感だよね
自分のものを汚された時、よくあたしは 怒りくるってたけど
本当は鳩たん、怒ってたよね
(゚ー゚o)(。_。o)(o゚-゚)(o。_。)ウンウン
やっぱり殴られるべきだね
あたし
ああ

なんでもいいんだ
あたしのことなんか
どうでもいいって

ねぇ

あははははは
喘息で息ができなくて
苦しいよ
咳がでるよ

ああああああああああああああああああああああああああああああ
かみさまになりたい
かみさまは
すばらしいに決まっている
絶対きっと、、、、すばらしいんだ
絶対きっとすばらしいんだ
ああああああ

931 :名前はいらない:02/07/10 21:08 ID:???
>>929
分かったからもう出てってくれ・・・
ここは電波板じゃねえし、メンヘル板でもないの。
くだらねえ書き込みする前にとっとと病院逝け。

932 :名前はいらない:02/07/10 21:12 ID:???
nって可愛い、、

933 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 21:45 ID:???
あんたダレよ>931
鳩さんの何なの?

なに?恋人?
え?え?え?


934 :931:02/07/10 21:47 ID:???
そうよ!
私が鳩さんの恋人だったんだからね!
私から鳩さんを奪ったアンタを絶対に許さない!
この泥棒猫!!!!

935 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 21:48 ID:???
あ ダレあなた、名前くらい言いなさいよ
言えば友達くらいになってあげてもいいわよ?

え?

負け犬のくせに・・

936 :931:02/07/10 21:50 ID:???
こんなブスになんか負けたくない!
nなんか死んじゃえばいい!
私の鳩さんを帰してよっ!

937 :名前はいらない:02/07/10 21:51 ID:???
つーか931って俺なんですが(藁

いい加減空気読めな、nさんよ。
病院逝くなりした方が、身のためだぞ。

938 :931:02/07/10 21:52 ID:???
>>937
アナタ誰よっ!嘘言わないで!!!

939 :ジェニファー(931):02/07/10 21:54 ID:???
>>935
私の名前はジェニファー。
アンタが土下座して頼むんなら友達になってあげてもよくってよ。(オホホ

940 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 21:57 ID:???
病院か
明日でも行くか
あはははは

きれーな先生の白衣姿に・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・

あはははははあ

941 :ジェニファー:02/07/10 21:59 ID:???
>>940
アンタ、私のことを無視したわね!
もう泣いたって友達になってあげないからっ!!

942 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 22:03 ID:???
(^。^)なんかすごい展開になってきたね

あたしてひょっとしてもてるん?

あははは

943 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 23:03 ID:???
ダレも反論しないこの恐怖にまけたので、

944 :名前はいらない:02/07/11 00:44 ID:???
とんだ糞スレに成り下がったな、

945 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 00:48 ID:???
あたしがしちゃったみたいね
こうなることははじめの一歩を踏み出した時から気づいていたけど
あたしみたいなどうしようもないわがまま娘には
抵抗することが無駄ということも
多くの人が気づいていたから
ここまで荒れたんだと思うよ
きっとね
あたしのおろかさを晒せたことが
あたしは快感だったけれど
何よりおろかだったとも言えるわね
情けなさをここまで見せ付けられた鳩さんは
あたしが責任をもつことになるのかな
そうね、あたしももうこの年だから、
いい加減、責任逃れをするようなみっともないまねはできないわね
何をしてこの罪を償えばいいのか、
今のあふぉなあたしには判りません
誰か判決をお願いいたします・・・・・
すいません
お手数おかけします

946 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 00:49 ID:???
詩系、、いや死刑

947 :名前はいらない:02/07/11 00:52 ID:???
( ゚Д゚)ゴルァ

948 :名前はいらない:02/07/11 01:01 ID:???
糞スレのまま終わりそうだ、

949 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 01:03 ID:???
それが運命なら仕方ないでしょう
腐ってしまった物は
もう処分する以外にないのです
ここまでくると
もう治療法はありません

950 :名前はいらない:02/07/11 01:04 ID:???
では、このスレは処分ですか?

951 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 01:08 ID:???
はい
処分しましょう
処分方法の提示願います
というか
主さんなしに勝手にスレの処分を決定してしまってはならないような気がします
そろそろ1000になるので、
過去スレはいずれ、処分は決定ということで、
どうにかならないものでしょうか

952 :名前はいらない:02/07/11 01:10 ID:???
nは1000getしろ。
せめてnの手でこのスレに引導を渡してやってくれ。

953 :名前はいらない:02/07/11 01:11 ID:???
速攻、雑談に移動しなさい、nちゃんと、その他の人々
おいらはただの忠告屋です、じゃ!

954 :名前はいらない:02/07/11 01:47 ID:???
nは自分が荒氏で厨房だと自覚があるなら、自スレに引き篭もって出てこないでくれ。
ホント頼む。

955 :名前はいらない:02/07/11 01:53 ID:???
807 :n ◆Cobyzimo :02/07/10 22:01 ID:???
あはっは
荒らしって楽しいな


一種の犯罪を軽くおかしてる気分だよw

あははは


956 :藪鳩 ◆VabUhato :02/07/11 02:40 ID:xhi/7yuS
nって荒らしだったんだなぁ、、(シミジミ...
いけないなー荒らしはさ
人が悲しむのをおもしろがってるんでしょ?荒らしの人って
そんなnのことは当然大嫌いですよ、いまじゃあね
さよならn。俺はすごく残念な気分です。

それから今まで長い間このスレを読んでくれてた人達へ ありがとう。
 


957 :名前はいらない:02/07/11 02:41 ID:???

次スレはどうするんです?
勿論立てられますよね?


958 :名前はいらない:02/07/11 02:47 ID:???
終了?

959 :名前はいらない:02/07/11 02:49 ID:???
鳩君だけど、多分昨日の鳩君とは別人な気がする・・・

960 :名前はいらない:02/07/11 02:52 ID:???
さすがの鳩君もnを見捨てたか・・
案外、冷たいんだね

961 :名前はいらない:02/07/11 03:02 ID:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■□□□□■□□□□■■■■■■□■■■■
■□■■□■□■■□■■■□□□□□□□■
■□□□□■□□□□■■■□■■■■■■■
■□■■■■■■■□■■■□■■■□■■■
■□■■■■□■■□■■■□■■■□□□■
■□■□□□□□■□■■■□■■■□■■■
■□■■■□□■■□■■■□■□□□□□■
■□■■□■□■■□■■■□■□■■■□■
■□■□■■□■■□■■□■■□□□□□■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


962 :sage:02/07/11 03:36 ID:???
nのトッリプ途中から変わってない?

963 :名前はいらない:02/07/11 09:44 ID:???

>nって、いかいかだものさ・・・荒らしだよそりゃー(苦笑


964 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 12:59 ID:???
sayonara 鳩さん(^.^)/~~~

965 :名前はいらない:02/07/11 14:29 ID:???
965

966 :名前はいらない:02/07/11 14:30 ID:???
966



967 :名前はいらない:02/07/11 14:30 ID:???
967

968 :名前はいらない:02/07/11 14:30 ID:???
968

969 :名前はいらない:02/07/11 14:30 ID:???
969


970 :名前はいらない:02/07/11 14:31 ID:???
970

971 :名前はいらない:02/07/11 14:36 ID:???
ageちゃん?

972 :名前はいらない:02/07/11 14:42 ID:???

いかいかの夏休み

独り部屋で命の液を放出
近くのスーパでビールを
購入。時々テックジャイ
アンを見る。そんな無駄
な人生好・きですか?



973 :名前はいらない:02/07/11 15:12 ID:???
失せろ

974 :名前はいらない:02/07/11 15:14 ID:???
友達から聞いてこの2ちゃんねるとか言うインターネットに来たんですが、
ここは本当に酷いですね。
目を覆うばかりの醜いですね。
見てて吐き気がします。
匿名だからって・・ みなさんは人の痛みがわからないんでしょうか

だいたい匿名で発言できることに問題があると思います。
だからここのインターネットのように中傷を助長したり
差別を仄めかす発言しかできない人がどんどんふえていくのだと思います。
このようなインターネットを作ること自体が間違っていると思います。
ここのインターネット製作者の方は日本に与える悪影響を考えた上で、
このインターネットを破棄すべきだと思います。
無責任に発言する人を増長させている責任は重いと言わざるを得ません。

匿名で人を中傷するのが楽しいって言うなら、それは病気です



975 :名前はいらない:02/07/11 15:30 ID:???
文芸春秋に載ってた奇跡の詩人さん?
もしかして?

976 :n ◆Cobyzimo :02/07/11 15:31 ID:???
>>974
ありふれた書き込みだ。
せめて・・・・

977 :名前はいらない:02/07/11 16:03 ID:+4a2I2DD
974>わかりました、で、なにか?

978 :名前はいらない:02/07/11 16:16 ID:???
ハーゲンダッツが食べたい

979 :名前はいらない:02/07/11 16:37 ID:???
 お供は800人、出費は1カ月で約50億円――。5月後半からジュネーブ近郊の別荘で
静養しているサウジアラビアのファハド国王一行の豪華な生活が、スイス国内で
話題を集めている。地元経済界は「特需」大歓迎だが、米同時テロの遠因ともい
われた「イスラム圏の貧困」とはおよそ対極の光景だ。
 国王は約20年前、レマン湖周辺を気に入って「宮殿」と呼ぶ豪華な別荘を建てたが、
滞在するのは初めて。スイス紙によると家族、親せき、医師、警備要員、サービス
係ら約300人に加え、お付きや訪問客がジュネーブの9つの最高級ホテルの計500室
を「占拠」している。
 800人の1日の食費だけで8万スイスフラン(約650万円)。随行の料理人がホテルの
キッチンに待機し、故郷の味もいつでも味わえる。約300台の高級リムジンを借り
切って宝石店やブランド店、一流レストランに連日繰り出しており、スイス紙は
「1カ月の消費総額は6000万スイスフラン(約50億円)」と伝えた。
 最高級ホテルの客室稼働率率はそろって9割超。この大繁盛のあおりで、市内で
は中級ホテルまで予約が取りづらくなった。ある最高級ホテルの支配人は「夏の
お祭りが終わる8月半ばまでは、ぜひとも滞在してほしい」と特需が長引くこと
を期待している。


980 :名前はいらない:02/07/11 16:42 ID:qMzNveDh
979>日本の貧困 おれ

981 :名前はいらない:02/07/11 16:46 ID:???
おっぱいなんかいらない

982 :名前はいらない:02/07/11 16:58 ID:qMzNveDh
雰囲気的にバイト クビになると思われ

983 :はらだ将 ◆SI1b/Jus :02/07/11 17:32 ID:???
kinen!!
鳩くん、お疲れサマンサ。一先ず。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
あなたはキレイ過ぎるから、その指を、その爪を。
意味不明でも良いでしょ?愛なんて。


984 :名前はいらない:02/07/11 18:09 ID:???
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。

985 :名前はいらない:02/07/11 18:10 ID:???
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。
nちゃん、自虐的過ぎてかっこ悪いね。ぷぷぷっぷ。

986 :名前はいらない:02/07/11 18:13 ID:???
はらだ氏煽るバカいてます

987 :名前はいらない:02/07/11 18:15 ID:???
n

988 :名前はいらない:02/07/11 18:15 ID:???
はらだ詩ねや

989 :名前はいらない:02/07/11 18:30 ID:???
お疲れサマンサ?


990 :yuki i043103.ap.plala.or.jp:02/07/11 18:30 ID:???
藪くん終わり?
私、明日退職するんだー。
なにかの縁ってことで、記念カキコ☆
お疲れサマンサ(パクったったw)




991 :名前はいらない:02/07/11 18:42 ID:???
サマンさ

992 :うにれもん ◆unil/dMM :02/07/11 18:45 ID:???
│゚ー゚)ノ おつかれー

993 :名前はいらない:02/07/11 18:46 ID:???
モツかれ!

994 :名前はいらない:02/07/11 18:47 ID:???
994

995 :名前はいらない:02/07/11 18:47 ID:???
1000は取るな!999で止めろ!

996 :名前はいらない:02/07/11 18:48 ID:???
つまんねえなここ

997 :名前はいらない:02/07/11 18:48 ID:???
敷鳩ってなんて読むのれすか?

998 :名前はいらない:02/07/11 18:48 ID:???
なぜ詩をあげなきゃいけんのですか

999 :名前はいらない:02/07/11 18:49 ID:???
999

1000 :名前はいらない:02/07/11 18:49 ID:???
1000


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

344 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)